08_水野.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "08_水野.indd"

Transcription

1 関 西 大 学 社 会 学 部 紀 要 第 43 巻 第 2 号,2012,pp ISSN 研 究 ノート メディアの 中 の 私 性 と 公 共 性 広 告 を 可 能 とさせる 社 会 的 環 境 条 件 に 関 する 検 討 資 料 水 野 由 多 加 Public and private spheres among media; Investigative documents on social fundamentality to allow advertising can be done Yutaka MIZUNO abstract Some contemporary social phenomena have been occurred concerning allowance and conditions that can be advertising done, according to the changing new socio-technological environments and mass media. These are some investigative documents edited by the author to prepare the further discussions. Keyword: Advertising, Advertising and society 抄 録 新 しい 社 会 情 報 環 境 とマス メディアの 変 化 によって 広 告 を 可 能 とさせる 社 会 条 件 に 関 わる 今 日 的 な 社 会 現 象 が 生 起 してきた 本 研 究 ノートは 今 後 の 議 論 のために 準 備 編 集 された 調 査 資 料 である キーワード: 広 告 広 告 と 社 会 157

2 関 西 大 学 社 会 学 部 紀 要 第 43 巻 第 2 号 はじめに 多 くの 広 告 は 営 利 私 企 業 によってなされる 端 的 に 言 えば 広 告 は 自 社 の 製 品 を 売 り 手 が 語 るのだから 誇 張 や 演 出 はありえること と 思 いながら 日 常 広 告 に 接 することになる 方 や その 際 に 利 用 されるマス メディアは 多 くの 人 々に 共 通 の 社 会 的 環 境 である 情 報 環 境 であり 様 々に( 程 度 の 差 はあるが) 公 共 性 を 期 待 されている 端 的 に 言 えば 新 聞 には 嘘 は 書 いていない と 日 常 的 に 思 えるのは その 期 待 のひとつである このように マス メディアを 利 用 した 広 告 は 私 的 な 営 利 を 目 的 に 公 共 に 開 かれ た 仕 組 みを 利 用 するという 不 可 避 な 二 面 性 を 社 会 的 に 持 つことになる 本 稿 では こうした 二 面 性 をめぐる 論 点 を ネット 環 境 も 視 野 に 入 れた 今 日 的 なメディ アと 広 告 実 践 の 中 の 社 会 現 象 事 例 を 基 に 列 挙 する そして その 予 備 的 考 察 の 中 からなか なか 論 じられることのなかった しかしながら 基 底 的 な 広 告 を 可 能 とさせる 社 会 的 環 境 条 件 にアプローチしようとするものである 1. 広 告 退 治 (Ad buster) 運 動 が 日 本 では 未 だ 起 きていないこと 東 京 銀 座 やアメリカのニューヨーク タイムズスクエアなど 都 会 の 風 景 の 中 に 広 告 看 板 は 自 明 である しかしながら もし 広 告 を 取 り 去 れば と 考 えれば ヨーロッパ 系 の 景 観 を 厳 しく 守 る 都 市 が 逆 に 思 い 浮 かべられる 教 育 学 者 の 上 杉 嘉 見 (2008)は アメ リカ 的 な 考 え 方 とフランス 的 な 考 え 方 が 交 錯 するカナダにおける 反 コマーシャリズム 運 動 として 広 告 に 関 して 学 校 内 問 題 と 都 市 の 景 観 問 題 の 2 つを 記 述 理 解 している 都 市 の 景 観 問 題 について 上 杉 は 広 告 退 治 (Ad busters) (カナダ バンクーバー 1989 年 以 降 同 名 の 雑 誌 を 刊 行 )を 専 門 のメディア リテラシー 研 究 の 中 で 紹 介 する 広 告 退 治 とは たとえば 具 体 的 には 都 市 の 道 路 を 占 拠 する 商 業 主 義 からの 解 放 を 訴 える ストリートを 取 り 戻 せ 運 動 がある 上 杉 によれば この ストリートを 取 り 戻 せ 運 動 は 人 々が 目 にするものを 誰 が 決 めるべきなのか と 都 市 景 観 の 所 有 者 計 画 者 決 定 者 について 広 告 主 の 大 々 的 な 広 告 展 開 を 批 判 するものとしている 大 々 的 な 広 告 展 開 とは あらゆる 公 共 的 な 場 所 で 広 告 キャンペーンを 展 開 すること 多 くの 店 舗 を 構 えていること そうした 行 為 が 黙 認 されていることを 指 し 都 市 というメデ ィアを 介 して 広 告 主 以 外 の 他 の 存 在 がコミュニケーション 上 不 平 等 なあり 方 であると する こうした 広 告 主 企 業 の 多 くは ナイキ シェル マクドナルド ギャップ などで あるが それらが 広 告 やロゴで 都 市 空 間 を 占 拠 する 行 為 に 批 判 的 な 姿 勢 をとるだけでなく 158

3 メディアの 中 の 私 性 と 公 共 性 ( 水 野 ) 武 器 製 造 遺 伝 子 組 み 換 え 人 権 問 題 などの 企 業 活 動 そのものについての 倫 理 にまで カ ナダのメディア リテラシー 教 育 の 視 野 が 及 んでいることを 上 杉 は 教 材 の 内 容 を 挙 げて 指 摘 する トロントにおける 同 種 の 運 動 には 銀 行 の ATM に 借 金 を 楽 しんで 貧 困 を 無 視 せ よ といったステッカーを マクドナルドのカウンターには 商 品 はあなた 自 身 といっ た 皮 肉 を 込 めたメッセージを 貼 っていく 運 動 がある と 紹 介 される またトロントでは トイレの 個 室 にまで 取 り 付 けられている 映 像 広 告 の 画 面 があるとされ ここに 逃 げ 道 は ない とペンで 書 きこむ 運 動 がなされる さらに 店 のショウ ウインドウには いつから 私 たちの 目 は 賃 貸 されてしまっているのだろうか? と 書 かれたステッカーを 貼 る これ らの 運 動 は 本 来 公 共 的 であるべき 都 市 空 間 の 企 業 の 私 的 な 商 業 活 動 による 独 占 と カ ナダのメディア リテラシー 教 育 の 中 では 解 されるのである こうした 社 会 運 動 は 地 理 的 に 隔 たっていて 時 空 間 を 共 有 しない また 文 化 圏 の 異 なる 者 には 報 道 を 通 じてもなかなか 情 報 に 接 する 機 会 がない 2012 年 1 月 1 日 付 けの 朝 日 新 聞 ( 9 面 )の 特 集 記 事 は 日 本 語 でこの 件 に 触 れた 稀 有 な 資 料 ともなった その 記 事 に よれば 雑 誌 アドバスターズ は 隔 月 刊 誌 現 在 約 12 万 部 を 発 行 する 発 行 人 のカレ ラースン(Kalle Lasn) 氏 は2011 年 9 月 17 日 の 草 の 根 デモ 米 ウォール 街 占 拠 ( 反 格 差 社 会 運 動 )の 呼 び 掛 けによって 注 目 を 集 めた とされる 他 にもカレ 氏 は 無 買 日 (No buy day) 運 動 として30 秒 のテレビ CM を 制 作 米 加 日 他 のテレビ 局 を 訪 ね 今 日 買 わないことで 過 剰 消 費 にストップを との CM であることを 説 明 したところ 日 本 では TBS( 東 京 放 送 )がオンエアを 断 った と 同 記 事 では 氏 のイン タビューの 形 で 紹 介 している また デジタル 解 毒 週 (Digital detox week) という 運 動 では 2011 年 4 月 18 日 から25 日 までの 一 週 間 一 切 のデジタル 機 器 を 使 わないよう 呼 び 掛 ける 運 動 も 行 った と 同 誌 HP(http://www.adbusters.org/)ではされている この 種 の 運 動 は 日 本 では 顕 在 化 していない せいぜい 広 告 ポスターへの 落 書 き とい ったレベルの 散 発 的 例 外 的 な 事 象 である しかしながら 他 方 で ニコニコ 動 画 のような オリジナルの 動 画 に 野 次 を 入 れる 楽 しみが 一 般 に 享 受 され また 佐 々 木 (2011)の 認 識 するブログ SNS 等 におけるキュ ーレーター( 学 芸 員 ) 認 識 が 有 効 なネット 状 況 においては また 違 った 解 釈 の 可 能 である ように 思 われる キューレーターとは 引 用 編 集 によるオリジナルの 楽 しみ 方 であり 佐 々 木 によれば 無 数 の 情 報 の 海 の 中 から 自 分 の 価 値 観 や 世 界 観 に 基 づいて 情 報 を 拾 い 上 げ そこに 新 たな 意 味 を 与 え そして 多 くの 人 と 共 有 すること である 意 味 付 与 共 159

4 関 西 大 学 社 会 学 部 紀 要 第 43 巻 第 2 号 有 の 中 には 揶 揄 (やゆ) 風 刺 批 判 などの 引 用 側 編 集 側 また 見 る 側 ( 多 くのページ ビューや 様 々な 賛 意 の 表 明 支 持 コメント が 可 能 である)の 主 張 があり 得 る 誰 もがパロディーを 楽 しめる 環 境 があり それをまた 誰 もが 観 察 可 能 な 環 境 が 現 出 してい るのである デモンストレーション(いわゆる 日 常 用 語 で 言 う デモ )も フランス 革 命 以 来 の 暴 力 革 命 につながるような 過 激 さではなく 近 年 仮 装 行 進 楽 器 を 演 奏 しながらの 行 進 といったカーニバル 的 なものになっているという( 伊 藤 2011) この 文 脈 に 照 らせ ば 広 告 退 治 は 現 代 の 日 本 社 会 においては ニコニコ 動 画 への 批 判 的 つまり 退 治 的 書 き 込 み ということになるかもしれない たしかに 若 林 (2010)が 検 討 する 違 反 広 告 物 を( 落 書 き 消 しと 並 べて) 行 政 と 市 民 (ボ ランティア 団 体 NPO など)が 協 働 して 解 決 する という 文 脈 に 一 部 重 なりを 持 つ Ad busters を 接 合 して 見 れば 認 知 カテゴリーがまったく 変 わる 日 本 の 屋 外 広 告 法 の 定 め る 簡 易 除 去 は2004( 平 成 16) 年 の 改 正 で 相 当 の 期 間 を 経 過 しなくとも 管 理 され ずに 放 置 されていることが 明 らかな 場 合 簡 易 除 去 が 可 能 と 対 象 が 拡 大 され あわせて 法 制 化 された( 都 道 府 県 市 町 村 が 定 めることができる) 景 観 計 画 に 即 して 屋 外 広 告 物 条 例 を 定 められる と 分 権 化 され ボランティア 団 体 NPO が 日 本 でも 景 観 行 政 団 体 である 市 町 村 と 協 働 できる 素 地 ができている とされている 2.アメリカ 広 告 研 究 の 認 識 する 広 告 と 社 会 についての 近 年 の 論 点 近 年 のアメリカ 広 告 研 究 の 中 では 2005 年 以 降 の 版 を 重 ねた 大 学 で 使 用 される 7 冊 ( 種 )のテキストの 内 容 分 析 を 行 ったものがある 1) 7 冊 の 各 々は16 版 10 版 7 版 ( 3 冊 ) 4 版 2 版 と 版 を 重 ねるもので そのカバレッジは 広 く 英 語 圏 で 広 告 を 大 学 の 学 部 で 講 じられる 地 域 学 生 と 考 えられ おおよそ 今 日 的 な 広 告 についての 大 学 教 育 の 標 準 を 知 る 素 材 と 中 身 といいうるように 思 われる そのような 主 要 なテキストが 経 済 社 会 規 制 と 倫 理 問 題 に 関 して どのような 点 で 言 及 しているか を 点 検 したものでは ( 7 冊 中 )7 冊 が FTC(Federal Trade Commission 連 邦 公 正 取 引 委 員 会 ) 6 冊 が 社 会 的 論 争 問 題 ステレオタイプ 批 評 対 象 としての 大 げさ タバコ アルコー ルなどの 有 害 な 製 品 5 冊 が (FTC による) 欺 瞞 不 公 正 訂 正 命 令 アメリカ 合 衆 国 憲 法 ( 商 業 的 なものも 含 めた 言 論 の 自 由 ) 子 ども ティーンエイジャーをターゲッ トとすること FDA(Food and Drug Administration 食 品 医 薬 品 局 ) 州 その 他 の 地 域 的 法 条 例 CARU(The Children s Advertising Review Unit. BBB [Better 160

5 メディアの 中 の 私 性 と 公 共 性 ( 水 野 ) Business Bureau]の 組 織 で 日 本 の JARO に 相 当 する 業 界 の 自 主 規 制 組 織 ) 4 冊 が 操 作 に 触 れているとされる 一 方 Pardun(2009)は 近 年 のこの 広 告 と 社 会 に 関 する12の 論 点 について 編 者 の Pardun の 担 当 章 ( 表 1. 中 の 1 章 )を 別 として22 人 の 書 き 手 が11の 論 争 点 について 反 対 側 と 賛 成 側 の 立 場 に 立 って 1 章 ずつ11 章 を 書 き 起 こす というきわめて 創 意 に 富 んだ 論 文 集 としての 一 冊 である また その 人 選 は ほとんどがアメリカ 広 告 学 会 (American Academy of Advertising)の 有 力 な 会 員 であり 会 長 経 験 者 3 人 が 含 まれることでもその 議 論 の 適 切 さが 傍 証 されている 表 1.はその 論 争 点 と 各 章 建 ての 中 の 議 論 と 反 論 を 示 す 論 文 タイトルの 一 覧 表 である 表 1.アメリカにおいて 広 告 を 巡 る 論 争 が 設 定 される 例 章 論 争 点 議 論 (Argument) 反 論 (Counterargument) 1 広 告 は 嫌 われていない 人 は 質 の 悪 い 広 告 を 嫌 う 2 広 告 の 経 済 的 インパクト: 何 が 問 題 なのか 広 告 は 商 品 の 価 格 を 高 くする 広 告 は 消 費 者 のために 価 格 を 安 く する 3 子 どもへの 広 告 : 子 どもは 広 告 からもっと 守 られるべきか 4 政 治 広 告 : 必 要 悪 か 悪 が 必 要 とするものか 5 タバコ 広 告 :いつ 人 はことを 見 限 るのか 子 どもは 広 告 の 爆 撃 から 当 然 守 られるべきである 広 告 はアメリカの 有 権 者 に 対 し て 重 要 な 役 割 を 果 たしている タバコ 広 告 は 合 衆 国 憲 法 修 正 第 一 条 に 基 づく 合 法 商 品 の 販 売 促 進 の 権 利 6 アルコール 広 告 : 天 国 の 競 技 か アルコール 飲 料 はすべてのテレ 悪 魔 との 契 約 か ビ 放 送 からどのような 形 式 にお いても 禁 止 されるべき 問 題 広 告 である 7 広 告 とプロダクト プレースメ ント: 今 後 のショーの 主 役 8 セックスと 広 告 : 広 告 がセクシ ーすぎるのか それともそう 見 る 私 がそうなのか 9 広 告 のステレオタイピング:コ ンセプトを 素 早 く 理 解 する 助 け か 世 界 を 見 る 眼 を 歪 めるのか 10 消 費 者 向 け 医 薬 品 広 告 : 処 方 箋 がすべてか 今 日 のメディア 環 境 の 中 でプロ アクト プレースメントは 多 く の 意 味 を 持 っている それそのものには 罪 はない メッセージのクリエイティブ インパクトに 素 早 い 理 解 を 消 費 者 に 与 える 一 番 いい 方 法 我 々が 考 えているよりも 子 どもは 賢 く 充 分 大 人 は 子 どもを 大 事 に している アメリカの 民 主 主 義 に 広 告 は 正 当 な 居 場 所 を 持 たない タバコの 悪 害 未 成 年 が 飲 酒 する 怖 れがあるから テレビでの 広 告 を 排 除 するのは スピード 違 反 で 運 転 するから 車 の 広 告 を 止 めるのと 同 じ 誤 った 方 法 である アメリカのメディア チャンネル の 中 でのプロダクト プレースメ ントは 娯 楽 以 上 のものだ 広 告 表 現 にセックスを 使 うのはけ して 良 いアイディアではない 広 告 の 中 のステレオタイプの 害 と は 何 か 医 者 が 一 番 分 かっているから 薬 のことを 知 ろう 健 康 関 連 の 知 消 費 者 向 け 医 薬 品 広 告 が 介 在 す 識 を 増 やそう ることは 患 者 のためにならない 161

6 関 西 大 学 社 会 学 部 紀 要 第 43 巻 第 2 号 11 広 告 における 大 げさ 大 げさ は 欺 瞞 ではない 話 はそんなに 単 純 ではない 12 広 告 と 社 会 的 責 任 表 現 戦 略 に 社 会 的 責 任 を 使 える ほど 十 分 に 広 告 主 企 業 は 賢 いし 倫 理 的 である ビジネス 戦 略 としてコーズ リレ ーティッド マーケティングを 通 じて 社 会 的 責 任 を 果 たそうとする のは 非 倫 理 的 である Pardun, Carol J. (ed.)(2009)の 目 次 から 筆 者 翻 訳 一 部 意 訳 等 の 加 工 を 行 った 概 括 的 に 言 って Pardun(2009)の 挙 げる 多 くの 論 点 は 日 本 の 同 種 の 議 論 よりも 具 体 的 で 顕 在 的 であり 深 掘 り されている と 言 える そもそも 広 告 は 嫌 われていない 人 は 質 の 悪 い 広 告 を 嫌 う という 第 1 章 の 論 点 す ら 日 本 では 顕 在 化 しない 21 世 紀 には ほぼ 同 種 のテレビ CM 表 現 が 1 日 に 平 均 でも 各 民 放 一 局 あたり10 回 それを365 日 毎 日 さらに 連 続 してその 高 密 度 なテレビ 広 告 に 晒 され る 期 間 が10 年 続 く ある 特 定 の 業 種 ( 広 告 主 の 業 種 ) として 保 険 業 が 立 ち 現 れた この 量 的 なテレビ CM のあり 様 は 20 世 紀 末 の 当 該 業 種 の 本 数 の 3 倍 に 相 当 し(データはビデオ リサーチ 社 による 詳 細 は 水 野 (2012 近 刊 )を 参 照 ) 広 告 主 として 外 資 系 企 業 が 増 加 し かつ 訴 求 内 容 は テレビ 通 販 型 ダイレクト 販 売 で 保 険 料 の 安 さとフリーダイヤル の 番 号 という 定 型 的 なものが 多 く 含 まれる こうした 中 HDR(ハードディスクレコーダ ー)での 録 画 再 生 視 聴 時 の CM スキップが 顕 在 化 一 般 化 し テレビ 等 マス 広 告 費 の 減 少 が 報 じられる しかしながら 未 だ 広 告 は 嫌 われていない 人 は 質 の 悪 い 広 告 を 嫌 う ( 結 論 は 逆 であったとしても)といった 議 論 が 顕 在 化 しない 送 り 手 にとっても 劣 悪 化 す るメディア 状 況 に 晒 される 受 け 手 にとっても テレビ 放 送 という 社 会 資 産 としても 重 要 にして 手 つかずなのはなぜか とはいえ Pardun(2009)の 8 章 (セックス) 10 章 ( 処 方 薬 )といったアメリカの 文 化 社 会 の 文 脈 においての 問 題 化 と 日 本 の 状 況 との 差 異 が 大 きなものもある インターネ ットの 一 般 化 は 1999 年 から 暴 力 セックス の 自 動 的 排 除 のために14インチ 以 上 のテ レビ 受 信 機 には 義 務 付 けられた V チップ も アメリカはもちろん 世 界 的 にももはや 論 点 ではなくなったが 少 なくとも 日 本 の 地 上 波 テレビにおいては 性 の 問 題 は こと アメリカの 状 況 と 比 べれば (V チップが 問 題 化 しないほどに)もっとも 自 主 規 制 が 及 んだ 実 践 と 考 えられよう 処 方 薬 問 題 は アメリカにおいての 健 康 保 険 制 度 改 革 (Healthcare reform) に 絡 む 社 会 問 題 の 一 環 である 医 薬 品 製 造 業 の 広 告 は 日 本 とは 段 違 いに 処 方 薬 (prescription drug) に 集 中 し 市 販 薬 (OTC;Over the counter drug)のウエイ トがきわめて 低 い 国 民 皆 保 険 の 伝 統 のなかったアメリカでは 結 果 として 高 額 な 保 険 料 を 支 払 うことのできる 階 層 では 市 販 薬 に 頼 らず 経 済 的 に 貧 しい 階 層 が 市 販 薬 に 頼 る と 162

7 メディアの 中 の 私 性 と 公 共 性 ( 水 野 ) いうこととなっている その 状 況 で ではなぜ 処 方 薬 のテレビ 広 告 が 多 いのか と 言 うと アメリカでは 患 者 が 医 師 に 処 方 薬 のメーカー ブランドを 名 指 しで 依 頼 する 行 為 が 一 般 的 であり その 行 動 促 進 のために マス 広 告 が 有 効 という 論 理 があると 聞 く 処 方 された 薬 品 の 名 前 を 知 らないような 患 者 は 自 己 リスクが 管 理 できていない とされる 価 値 観 がベースにあると 推 定 されるが これは 日 米 の 医 療 に 関 する 文 化 差 医 者 との 関 係 における 差 異 の 大 きな 点 であろう 本 稿 との 関 連 で 言 えば 少 なくとも 処 方 薬 のマス 広 告 が 社 会 的 に 有 効 で 可 能 な 状 況 は 日 本 よりもアメリカで 従 来 より 今 も 引 き 続 いてい る 2) 3.アフィリエイトという 対 価 を 貰 って 商 品 等 を 誉 める こと ネット 社 会 ならではの 現 象 として 挙 げられるものに アフィリエイト がある 直 訳 に 成 果 報 酬 型 広 告 というものがある ブログ 等 の 自 分 のページに 広 告 挿 入 をすること で ページを 訪 問 した 人 によって 商 品 の 購 買 が 生 じた 際 に その 売 れた 商 品 個 数 に 比 例 した 額 の 成 功 報 酬 が ブロガー 側 (メディア 側 )の 収 益 となる 販 売 拡 大 のアイディアであ る 多 くの 人 には ネットでお 小 遣 い 稼 ぎ といった 荒 っぽい 理 解 がなされたし( 事 実 ノウハウ 本 が 多 数 出 版 される) 売 り 手 送 り 手 側 も WOM(Word of mouth) と 呼 ぶけ れども 未 だ 倫 理 上 やらせ とどこが 違 うのか と 言 われがちな 部 分 もある 多 数 のブロ ガー を 自 社 販 売 促 進 販 売 装 置 にしてしまう という 製 品 マーケティングとしては 画 期 的 な しかしメディアとしては その 公 共 性 を 明 らかに 失 う 広 告 形 式 の 新 たな 仕 組 みで ある 要 は 対 価 を 狙 ってあたかも 自 分 自 身 の 感 想 のように 特 定 の 製 品 なりサービスなり を 推 奨 する のである 弁 護 士 の 金 井 (2010)によれば こうした 新 しい 現 象 ではあるが 例 えば このタブレ ット( 健 康 食 品 )を 飲 んでいるだけなのにすごく 痩 せました といったブログ 記 事 が 薬 事 法 違 反 (その 他 景 品 表 示 法 食 品 衛 生 法 等 が 関 連 する)に 問 われる 場 合 ブロガーだけで なく 広 告 主 であるメーカーにも 責 任 が 及 ぶ 可 能 性 を 法 律 家 として 言 う こうした 新 たな 社 会 現 象 は しかし 翻 って 20 世 紀 では 広 告 の 常 識 であったことを 覆 すような 強 いアンチ テーゼまであと 一 歩 のところにまで 我 々を 連 れて 行 く それは 通 常 の 広 告 においても 出 演 している タレントは 対 価 を 貰 って 推 奨 しているのである ということに 広 告 に 接 触 する 際 に 思 いを 致 しやすくなっている 広 告 の 受 け 手 には そ ういった 思 いが 生 じやすくなっていることである ハーバーマスやブルデューの 商 業 主 義 批 判 広 告 批 判 は 本 質 的 だが 日 本 全 体 のこ 163

8 関 西 大 学 社 会 学 部 紀 要 第 43 巻 第 2 号 とを 考 えれば そうした 社 会 学 者 の 醒 めた 眼 を 知 り 主 張 を 理 解 する 人 は どの 程 度 居 るの だろうか おそらくきわめて 少 数 ではないか しかしながら 通 常 の 広 告 においても 出 演 している タレントは 対 価 を 貰 って 推 奨 しているのである という 冷 徹 な 気 付 きとと もに 広 告 に 接 する 受 け 手 は 実 質 的 に 商 業 主 義 批 判 広 告 批 判 までもうあと 一 歩 にま で 至 っているのではないか この 広 告 懐 疑 心 あるいは 白 々しい 思 い を 伴 いながら アフィリエイト は 引 き 続 く 法 的 な 対 応 ( 少 なくともアメリカでは このブログ 記 事 の 書 き 手 は 広 告 報 酬 を 得 ている 旨 の 表 示 責 任 がある( 後 述 ) )にもまして こうした 見 方 によれば 広 告 への 成 熟 した 態 度 が アフィリエイト の 日 本 の 広 告 事 情 にもたらした 最 大 のことなのではないか と いう 言 い 方 もありえよう 受 け 手 としてアフィリエイト 的 なことに 気 付 くと 送 り 手 側 の 複 雑 な 手 法 が 相 まって 進 行 している という 認 識 もありえる たとえば YK( 当 該 俳 優 のイニシャル)は 長 年 に わたって 映 画 や 音 楽 で 活 躍 する 俳 優 であるが 自 身 が 映 画 で 主 役 を 務 めた 役 名 であり シ リーズ 化 した 映 画 タイトルであり また 自 身 が 歌 を 歌 った 歌 の 題 名 でもあるその 言 葉 を パチンコ 台 に 使 用 する 許 諾 を 行 い 自 身 もテレビ CM に 出 演 した 折 からの 不 況 を 理 由 に 東 京 大 阪 の 地 上 局 ( 旧 VHF 局 )でも パチンコ 台 の CM のオンエアがなし 崩 しに 始 まっ ていた そのことと 軌 を 一 にして こうしたことが 生 じたように 思 われるが このパチン コ 台 の CM にはCマークが 付 せられており 映 画 会 社 等 著 作 権 権 利 保 持 者 に 並 んで YK 自 身 の 名 前 も 画 面 から 読 み 取 れた(メーカー 三 洋 2008 年 12 月 発 売 ) すなわち このパチンコ 台 が 販 売 されれば 自 動 的 に 一 台 当 たりいくら といった 形 で YK 自 身 の 著 作 権 収 入 となるのである つまり YK は CM の 中 の 商 品 の 推 奨 を 行 うタレン トとして 出 演 しているのではなく 広 告 主 に 連 なって 当 該 商 品 の 広 告 を 行 っているのであ る アニメのキャラクターがパチンコ 台 に 描 かれたテレビ CM も 同 種 の 仕 組 みが 推 定 され る 要 はアニメーターがこの 場 合 広 告 主 側 なのである このように 出 演 対 価 を 得 て 有 名 人 が 広 告 に 登 場 する といった 当 たり 前 とされる 行 為 も いったん では 対 価 を 得 るために 当 該 の 人 間 が 広 告 に 登 場 する と 読 み 替 えれ ば 広 告 における 推 奨 的 な 人 物 登 場 や 物 言 いの 有 効 性 も 急 激 に 疑 わしいものになる 場 合 が ある アフィリエイト 広 告 とは その 限 界 性 を 顕 わにした 事 象 であり その 送 り 手 側 業 界 団 体 として WOM マーケティング 協 議 会 (WOM は word of mouth 口 コミ)が2009 年 ( 平 成 21 年 ) 7 月 業 界 の 健 全 なる 育 成 と 啓 発 に 寄 与 するため ( 同 HP より) 発 足 組 織 されて いるが 倫 理 問 題 への 見 解 は 未 だに 曖 昧 である 164

9 メディアの 中 の 私 性 と 公 共 性 ( 水 野 ) 米 国 では 連 邦 取 引 委 員 会 (FTC)が2009 年 12 月 に 広 告 における 推 薦 及 び 証 言 の 使 用 に 関 するガイドライン を 公 表 しており この 中 で FTC は 広 告 主 からブロガーに 対 し て 商 品 サービスの 無 償 での 提 供 や 記 事 掲 載 への 対 価 の 支 払 いがなされるなど 両 者 の 間 に 重 大 なつながり(material connection)があった 場 合 広 告 主 のこのような 方 法 による 虚 偽 の 又 はミスリーディングな 広 告 行 為 は FTC 法 第 5 条 で 違 法 とされる 欺 瞞 的 な 行 為 又 は 慣 行 に 当 たり 広 告 主 は 同 法 に 基 づく 法 的 責 任 を 負 う との 解 釈 指 針 を 示 してい る 3) こととの 間 での 日 米 の 差 異 はきわめて 大 きいと 言 わざるを 得 ない 4.WHO(World Health Organization. 世 界 保 健 機 構 )のアルコール 飲 料 マーケテ ィング 規 制 2010 年 5 月 WHO が アルコールの 有 害 な 使 用 を 低 減 するための 世 界 戦 略 を 採 択 し た 基 本 的 な 視 点 は アルコールが 年 250 万 人 の 死 因 に 関 係 する 本 人 の 健 康 だけでな く 交 通 事 故 や 暴 力 自 殺 などにも 関 係 する というのが 有 害 な 使 用 の 低 減 を 根 拠 付 ける 理 由 である この 採 択 の 中 で 低 年 齢 層 をターゲットとする 活 動 につながるプロモー ションを 制 限 または 禁 止 すること (WHO, 2010, 31(a)(ⅳ))を 加 盟 国 に 求 めていること は 重 要 である たとえば サッカーのスポンサードが かなりの 未 成 年 者 の 来 場 テレビ 視 聴 を 踏 まえて 行 われている 日 本 でのこの 条 項 について テレビ 及 びラジオのスポンサ ーは 視 聴 者 の70% 以 上 が 成 人 であるという 企 画 のもとに 制 作 されたことが 確 認 できた 提 供 番 組 において 酒 類 の 広 告 を 行 うよう 配 慮 する との 自 主 規 制 が 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 8 団 体 で 構 成 する 飲 酒 に 関 する 連 絡 協 議 会 によってなされていることが 対 応 する しかしながら ワールド カップなどは 予 選 においても 高 視 聴 率 を 獲 得 し 視 聴 者 の 比 率 の 問 題 よりも たとえば10 代 男 子 全 体 へのカバー 率 の 大 きさが 問 題 ではないか また 酒 類 を 提 供 する 飲 食 店 において 飲 み 放 題 などが 低 価 格 で 設 定 されていること も 一 般 に 観 察 可 能 な 事 象 である 一 義 的 には 当 該 の 料 飲 店 居 酒 屋 チェーンの 経 営 マ ーケティングであるが 背 後 にはビール メーカーなどの 販 売 促 進 費 用 補 助 (あるいは 協 賛 ) 金 が 支 払 われ この 値 引 き 原 資 となっていることは アローワンス(allowance, 流 通 業 者 の 販 売 活 動 に 対 して メーカーが 実 施 する 割 引 価 格 や 販 売 促 進 協 賛 金 の 支 払 い) として 対 流 通 販 売 促 進 として 理 解 されることの 一 具 体 例 と 理 解 可 能 である また いわゆ るディスカウント ショップの 中 には 酒 類 典 型 的 にはビール 類 のケースを 特 売 する 小 売 店 舗 も 一 般 に 観 察 可 能 である この 点 についても WHO(2010, 34(c))では 直 接 間 接 の 価 格 プロモーション デ 165

10 関 西 大 学 社 会 学 部 紀 要 第 43 巻 第 2 号 ィスカウント セール 原 価 割 れの 販 売 そして 一 定 金 額 での 飲 み 放 題 または 他 の 数 量 を 多 く 買 うことで 得 になる 売 り 方 は 禁 止 または 制 限 されること と 特 定 し 望 ましくない 行 為 としている 居 酒 屋 チェーン 酒 類 ディスカウント という 業 界 自 体 が 柱 とするような 売 り 方 自 体 が WHO から 指 摘 され 国 内 では 問 題 視 する 議 論 がほとんど 手 つかずであること が 指 摘 可 能 である テレビ 広 告 からたばこ 広 告 が 姿 を 消 したことと 日 本 政 府 の 国 連 中 心 主 義 (WHO は 国 連 の 一 機 関 ) とは アルコール 飲 料 の 広 告 実 践 という 自 由 市 場 の 経 済 行 為 にも 大 きな 抑 制 を 迫 る より 上 位 の 社 会 システム パワーであると 認 識 されよう 業 界 財 務 省 ( 酒 税 は 大 きな 国 税 財 源 )などとの 擦 り 合 わせの 結 果 いずれかの 時 点 で 何 らかの 規 制 は 強 化 さ れる 可 能 性 が 高 い 5. 打 消 し 表 示 という 法 的 な 便 法 水 野 (2010)でも 言 及 した 広 告 事 例 に 警 視 庁 が 同 定 した 体 験 談 商 法 があった ダイ エット 食 品 健 康 食 品 ダイエット 関 連 機 器 サービス アンチエイジング 化 粧 品 英 会 話 教 育 学 習 塾 など 広 範 に 観 察 される 一 般 の 利 用 者 が 登 場 する 推 奨 広 告 である 事 件 化 した 事 例 では その 体 験 談 自 体 がねつ 造 であった 詐 欺 的 なものであったが 統 計 学 に 言 う 代 表 性 の 誤 認 という 解 説 もなされた 4) 国 民 生 活 センターもこの 体 験 談 商 法 を 受 付 件 数 統 計 に 取 り 入 れており 2003 年 509 件 2004 年 398 件 2005 年 613 件 2006 年 647 件 2007 年 682 件 2008 年 619 件 と 一 貫 して 社 会 的 に 存 在 し 続 けていることが 推 定 できる 内 野 田 中 (2008)は この 打 消 し 表 示 について 景 品 表 示 行 政 に 携 わる 立 場 として 個 人 的 見 解 と 断 りながらも 強 調 表 示 にたいする 打 消 し 表 示 の 見 やすさ 明 瞭 な 表 示 方 法 ( 配 置 箇 所 文 字 の 大 きさ 色 等 への 配 慮 )を 保 険 サービス( 入 院 日 額 と 年 齢 等 のサービス 例 外 条 件 ) 携 帯 電 話 ( 割 引 料 金 適 用 条 件 ) 航 空 券 ( 付 加 的 費 用 )について 例 を 挙 げて 見 やすさ を 言 う また 公 正 取 引 委 員 会 のモニターにアンケートを 行 い 見 や すい 表 示 が 求 められている ことにも 触 れる したがって 実 務 に 近 い 法 律 家 である 高 橋 (2010)なども 強 調 表 示 と 打 消 し 表 示 の 大 きさ や 配 置 について 適 法 性 を 述 べるに 至 る 笠 原 (2008)も 同 様 であるが この 点 について 打 消 し 表 示 がなされていながら それ が 明 瞭 でない あるいは 表 示 の 意 味 するところを 一 般 消 費 者 が 認 識 することが 困 難 であ るとして 全 体 として 消 費 者 を 誤 認 させる 表 示 であると 認 定 されているものがある とす 166

11 メディアの 中 の 私 性 と 公 共 性 ( 水 野 ) る 行 政 の 執 行 は 法 と 事 実 による しかしながらその 事 実 が 受 け 手 の 認 知 の 中 にあれば 実 はなかなか 手 が 届 きにくいところに 問 題 の 中 心 があることとなる なぜならば 打 消 し 表 示 は⑴ 見 やすい 表 示 のために 大 きさ や 配 置 などの 強 調 や 明 瞭 さが 言 われなが らも むしろ 肝 心 な⑵ 表 示 の 意 味 するところを 認 識 することが 困 難 かどうか については 論 者 は それ 以 上 は 立 ち 入 らないのである つまり 仮 に 個 人 の 感 想 です と 大 きく 書 か れていても 一 般 の 受 け 手 がそれをあまりに 多 く 見 かけるものだから 脱 感 作 状 態 にな って 結 果 個 人 の 感 想 と 書 かれていようといまいと 同 じ ならば 認 識 が 困 難 なの である あるいは 個 人 の 感 想 なのだから 本 当 なのかもしれない などといった 受 け 手 の 理 解 が 生 まれていたらばどうだろうか 打 消 し 表 示 は 契 約 上 の 事 前 説 明 であるから 近 年 の 現 象 という 訳 ではない 旧 来 か ら たとえばインスタント ラーメンのパッケージには 卵 や 野 菜 の 入 った 写 真 が 使 わ れ そこには 必 ず 調 理 例 と 打 消 し 表 示 があった つまりは 卵 や 野 菜 はこのインスタ ント ラーメンのパッケージの 中 には 入 っていません ということをメーカーが 購 買 前 か ら 説 明 しています という 証 憑 だったのだ 下 って 現 在 ではテレビ CM においても イ メージ 印 刷 物 では イメージです という 打 消 し 表 示 がある CG(コンピューター グラフィクス)などを 含 めた 合 成 された 写 真 はもちろんなのだが 購 買 者 が 広 告 (マン ション 乗 用 車 等 のカタログ 類 広 告 主 の HP などこの 日 常 用 語 での 広 告 の 範 囲 は 広 い)と 違 った とクレームを 発 した 際 には 売 り 手 は イメージ( 写 真 )ですから と 購 買 事 前 説 明 を 行 った 配 慮 済 みであることを 言 える 証 拠 とすることが( 民 法 上 の 用 語 である) 打 消 し 表 示 なのである たしかに 打 消 し とは 日 常 用 語 では 必 ずしもそうではない 今 のは 冗 談 だった ハズレもあります などもっと 幅 広 い 意 味 を 持 つ 言 葉 である とはいえ たとえばこの 日 本 のテレビ CM を 英 語 で 説 明 する 際 に イメージ と 字 が 添 えられた 動 画 をいかに 説 明 するか と 考 えれば どうか おそらくは 実 際 以 上 によく 写 っているけれども といった 英 語 を 添 えて 解 説 せざるを 得 ないだろう イメージ (image 映 像 表 象 ) などと 英 語 で 解 説 しても 意 味 はなさないのだ したがって いか にこの 打 消 し が 常 套 句 となっていて 意 味 を 失 ったこと その 意 味 を 失 った 状 況 を 送 り 手 は 逆 手 にとって 多 用 するのではないか と 推 論 できるのである 個 人 の 感 想 です も 同 じ 慣 行 の 中 にある と 言 えるのではないか 誤 認 をさせないものか 誤 認 をさせないものでないか つまり 打 消 し が 誤 認 を 避 け るために 有 効 か 有 効 ではないか といった 広 告 表 現 の 倫 理 問 題 は 広 告 効 果 と 同 じ 論 理 の 167

12 関 西 大 学 社 会 学 部 紀 要 第 43 巻 第 2 号 中 にある 受 け 止 めた 者 の 受 け 止 め 方 を 確 かめずに 議 論 は 出 発 できないのである 行 政 の 扱 う 広 告 と 社 会 現 象 である 広 告 との 差 異 はここに 大 きく 裂 け 目 を 示 している 事 実 が 受 け 手 の 認 知 の 中 にあれば 実 はなかなか 手 が 届 きにくいところに 問 題 の 中 心 があ ることとなる とはこのようなことなのである 6.ネット 上 の 内 容 連 動 型 広 告 の 新 聞 社 サイトの 掲 出 例 Google の Ads by Google に 代 表 される 内 容 連 動 型 広 告 は 検 索 結 果 表 示 画 面 に 自 動 的 に 配 信 される( 検 索 結 果 以 外 の 情 報 である) 検 索 連 動 型 広 告 に 並 んで 20 世 紀 に は 考 えられなかった ネット 状 況 を 作 り 出 した 今 や 検 索 抜 きには 街 も 歩 けず ものも 買 えず 食 事 も 作 れず といった 状 況 が 多 くの 人 々には 自 明 になっている ビジ ネス 的 には その 結 果 もさまざまな PR の 仕 方 ものの 売 り 方 を 生 んだけれども 何 より も 当 事 者 の Google 社 を 世 界 最 大 の 広 告 会 社 にしたのが この 2 つの 仕 組 みである 上 場 企 業 で 創 業 14 年 目 である Google は 2010 年 度 売 上 高 276 億 ドル( 1 ドル=77 円 として 2 兆 1 千 億 円 ) 純 利 益 79 億 ドル( 同 6 千 億 円 ) 時 価 総 額 1899 億 ドル( 同 14 兆 6 千 億 円 ) の 大 企 業 である しかしながら 世 界 中 で 収 益 を 上 げるその 広 告 とは 機 械 化 された 露 出 小 規 模 な 広 告 主 の 自 由 な 出 稿 自 動 化 された 配 信 という 利 便 性 の 一 方 で 反 社 会 的 なものも 含 み 結 果 表 2.に 掲 げたように 日 本 の 二 大 新 聞 社 の Web 版 にまで 怖 ろしい 内 容 の 広 告 を 露 出 させた Overture 社 は Google 社 の 同 業 である 大 手 企 業 の 事 例 表 2. 内 容 連 動 型 広 告 の 新 聞 社 サイトの 掲 出 例 Ads by Google 事 例 アサヒコム ヨミウリオンライン 東 日 本 ) ぷらら) 168

13 メディアの 中 の 私 性 と 公 共 性 ( 水 野 ) 情 報 商 材 英 語 は 外 国 人 に 教 わるな(19800 円 ) 91% 間 違 っている 新 卒 就 活 法 (9800 円 ) 高 血 圧 を 簡 単 に 下 げよう(14700 円 ) 検 索 エンジンで 1 位 になれる(20000 円 ) 債 務 整 理 大 阪 / 弁 護 士 / 多 重 債 務 専 門 ( 完 全 成 功 報 酬 制 ) 不 当 表 示 の 疑 い クリニック の 広 告 健 康 商 品 クリニック の 広 告 消 費 者 金 融 運 用 ** 温 泉 と 同 じ 効 果 の 鉱 石 偏 差 値 37から 医 学 部 合 格 ****アクセントの 効 果 ( 脂 肪 除 去 円 ~) 口 臭 が 臭 い 人 の 共 通 点 (マウスウォッシュ 一 般 商 品 ) 夜 中 トイレに 起 きない 秘 訣 (ノコギリヤシ サ プリメント) 日 経 225で 負 けない17の 手 法 (27800 円 ) 高 血 圧 は 治 ります(12800 円 ) 不 合 格 になる 人 の 勉 強 法 (19800 円 ) 英 語 は 外 国 人 に 教 わるな(19800 円 ) 情 報 商 材 を 格 安 提 供 ( 数 十 種 類 の 情 報 商 材 を 1 万 円 台 ~ 十 数 万 円 までで 卸 売 り) ダイエットしないで53Kg 減 (14800 円 ) 偏 差 値 37から63の 記 憶 法 ( 無 料 体 験 版 以 降 は 情 報 商 材 か) 糖 尿 病 の 本 当 の 原 因 とは?(クロムフェリ ン 食 品 ) 下 腹 ペッタンコで 噂 のお 茶 ( 健 康 茶 ) Overture 事 例 最 先 端 医 療 で 驚 きの 部 分 痩 せ! 注 射 だけでメソセラピーの 数 倍 の 効 果 痛 みも 少 なく 腫 れは 短 い 審 査 が 不 安 な 方 でもご 安 心 下 さい( 各 社 へ のリンク) ネットでお 小 遣 い 稼 ぎ( 登 録 口 座 開 設 な どで 合 計 41 万 5000 円 がキャッシュバック) 情 報 商 材 年 利 124%サヤ 取 り 投 資 法 どんな 株 式 相 場 でも 利 益 が 出 る 投 資 法 無 料 でノ ウハウ 全 貌 プレゼント( 利 殖 商 法 )(58800 円 ) ネットショップを 無 在 庫 で 開 始 ( 起 業 支 援 情 報 商 材 円 で 起 業 ) ネット 起 業 で 月 50 万 円 稼 ぐ 方 法 ( 起 業 支 援 情 報 商 材 円 ) 自 分 を 変 える 脳 工 学 で 自 分 を 変 える CD プログラム 特 殊 音 源 を 聞 くだけでリセット( 情 報 商 材 980 円 ) 薬 事 法 違 反 自 宅 で 癌 治 療!? 癌 が 治 る 温 泉 のお 湯 を 自 宅 の 疑 い で 再 現 する 奇 跡 の 石 とは 痩 身 エステが 驚 きの 5 円 から! ( 痩 身 マシン 体 験 ) 健 康 商 品 下 半 身 太 りを 解 消 する 器 具 下 半 身 太 り 解 消 法 の 器 具 本 気 でダイエットしたい 人 向 け/ 提 携 ( 健 康 器 具 円 ) 出 会 い まじめな 出 会 系 ランキング 管 理 人 が 厳 選 した サイトを 紹 介 確 認 日 2010 年 5 月 26 日 2010 年 6 月 1 日 筆 者 観 察 による 169

14 関 西 大 学 社 会 学 部 紀 要 第 43 巻 第 2 号 この 新 聞 社 の 持 つ 社 会 的 信 頼 性 の 抜 け 穴 のような 現 象 は 水 野 (2009)でも 批 判 し た 広 告 費 を 受 け 取 って 自 社 サイト 読 者 の 記 事 からこれらの 広 告 への 誘 導 を 行 い 責 任 はない と 明 言 する 反 社 会 的 な 姿 勢 を 批 判 したのである 法 学 研 究 者 では 櫻 井 (2004)が 子 細 にこの 掲 載 広 告 内 容 についての 新 聞 社 の 掲 載 責 任 を 法 理 と 判 例 の 突 合 せによって 議 論 し 従 来 の 新 聞 社 免 責 という 通 念 を 批 判 して いる 水 野 の 立 論 は 物 理 的 時 間 的 心 理 的 に 連 続 する 記 事 内 容 と 広 告 という 効 果 面 から その 責 任 を 言 い 櫻 井 と 同 じ 結 論 に 至 る そして 新 聞 紙 面 にもまして 内 容 連 動 を 仕 組 み(テクノロジーであり ビジネスであり 意 図 しての 選 択 であり 職 業 と してである) として 行 う 連 続 性 はさらに 問 題 である と 認 識 する 水 野 (2009)の 中 には 職 業 を 通 じて 反 社 会 的 行 為 を 行 う という 文 言 での 批 判 もある その 後 現 在 (2011 年 12 月 時 点 )では 少 なくとも 観 察 の 限 りでは 朝 日 読 売 毎 日 日 経 産 経 の 5 大 全 国 紙 では 新 聞 社 の 考 査 が 効 くようになっている 7. まっとうな 怒 り と 静 寂 権 につながる 事 例 心 理 学 の 知 見 に 詳 しい 哲 学 者 であり 倫 理 学 者 の 河 野 哲 也 (2011)は (マーサ )ヌスバ ウムも 民 主 主 義 を 支 える 感 情 として 共 感 と 怒 りをあげていた ( 中 略 ) まっとうな 怒 り という 感 情 を 育 てる 教 育 がもっとあってもよいのではないだろうか と 共 同 体 を 支 える 感 情 の 中 で 常 に 中 心 に 考 えられる 好 ましい 共 感 だけではなく 怒 り にも 応 分 の 注 意 を 払 う 社 会 に 許 される( 水 野,2011) 皆 が 共 視 共 感 し 共 同 体 へのストー リーを 感 じる( 水 野,2009)という 広 告 の 肯 定 的 側 面 は 広 告 研 究 者 からしばしば 触 れ られるけれども その 裏 側 の 怒 り に 目 配 りのない 視 点 が いまひとつ 手 前 味 噌 に 聞 こえたうらみがあるのではないか 同 じくカント 哲 学 者 の 中 島 義 道 ( )は 静 寂 権 を 明 示 する 広 告 研 究 者 ロッ ツオルとサンデージら(1976)も 言 及 する 静 寂 主 義 は 原 語 では Quietism である Quietism とは 心 の 平 和 あるいは 静 けさ 穏 やかさ 無 関 心 無 気 力 冷 静 さ 邪 魔 され ない 状 態 無 為 などを 一 般 的 な 意 味 で 表 現 する 言 葉 としても 使 われるが キリスト 教 にお ける 様 々な 背 景 を 持 つ 言 葉 でもある しかし 現 代 的 にはロールズの 正 義 論 の 原 則 に も 多 大 な 影 響 を 与 えた 思 想 的 淵 源 と 解 釈 可 能 である なぜならば それは 無 碍 (むげ) の 状 態 を 指 すからである したがって これらの 論 点 をつなぐと 個 人 の 無 碍 という 自 由 を 犯 すうるさい 広 告 への 正 義 に 裏 付 けられるまっとうな 怒 り ということとなる はたしてそれは 何 か 170

15 メディアの 中 の 私 性 と 公 共 性 ( 水 野 ) 日 本 社 会 で 判 例 という 形 をとって 顕 在 化 したものに 渋 谷 (1989)を 参 照 資 料 とできる 大 阪 市 営 地 下 鉄 商 業 宣 伝 放 送 差 止 等 請 求 事 件 [ 最 高 裁 昭 和 63 年 12 月 20 日 第 三 小 法 廷 判 決 ] がある この 判 例 は 1988 年 の 最 高 裁 での 上 告 棄 却 として 大 阪 市 営 地 下 鉄 電 車 内 の 商 業 宣 伝 放 送 の 差 止 等 を 求 めたが 認 められなかったものであり その 結 果 だけを 見 れば 受 け 身 の 静 寂 権 は 少 なくともこの 公 共 交 通 機 関 の 車 内 では 確 立 していないけれども その 解 釈 議 論 の 中 で とらわれの 聴 衆 (captive audience) という 主 題 が 憲 法 理 論 として 扱 われた 点 は 事 象 と 議 論 の 経 緯 上 本 稿 と 深 い 関 係 を 見 出 せる 大 阪 市 営 地 下 鉄 は1973 年 以 降 車 内 放 送 の 自 動 化 とその 費 用 補 てん さらには 収 益 化 を 図 るために 次 の 駅 の 案 内 などの 業 務 放 送 にあわせて 広 告 放 送 を 実 施 した この 広 告 主 に は( 当 時 の) 専 売 公 社 などの 全 国 展 開 するメーカーがあり 広 告 内 容 としては 生 活 情 報 ( 日 常 生 活 に 役 立 つヒントや 生 活 の 知 恵 の 類 ) がなされていた と 渋 谷 (1989)も 当 時 の 案 内 放 送 基 準 を 引 きつつ 解 説 する 次 の 駅 周 辺 に 立 地 する 小 売 業 広 告 よりも 広 範 囲 な 広 告 が 当 時 なされていたことは マスコミ 等 の 批 判 もあったようで 1977 年 1 月 以 降 は 広 告 主 は 駅 周 辺 の 企 業 広 告 内 容 は 企 業 案 内 と 限 ることと 案 内 放 送 基 準 が 変 更 さ れた しかしながら この 変 更 前 の 煩 (うる)さ の 程 度 は 他 の 鉄 道 ではこのような 放 送 が 稀 であったことと 1973 年 以 前 には 大 阪 市 営 地 下 鉄 でも 存 在 しなかったことから 相 当 程 度 のものであったことは 差 止 め 運 送 契 約 上 の 債 務 不 履 行 または 不 法 行 為 責 任 さらに 慰 謝 料 請 求 という 訴 訟 の 生 起 したこと また 当 時 のマスコミ 等 の 批 判 から 類 推 され る 出 訴 の 理 由 は 人 格 権 の 著 しい 侵 害 であった なぜならば 原 告 は 大 阪 市 営 地 下 鉄 御 堂 筋 線 を 利 用 する 通 勤 客 であるが 走 行 中 の 列 車 内 に 乗 客 として 拘 束 された 状 態 にあるこ とを 利 用 して 聴 取 する 義 務 のない 広 告 放 送 を 一 方 的 に 強 制 するからである とするから である 慰 謝 料 は1977 年 1 月 以 前 の 広 告 主 は 駅 周 辺 の 企 業 広 告 内 容 は 企 業 案 内 と 限 る 前 である1976 年 5 月 以 降 1 ヵ 月 あたり1000 円 と 請 求 されたことも 変 更 前 の 煩 (うる)さ の 連 続 上 に 変 更 後 の 広 告 放 送 も 受 け 止 められたことを 示 唆 する 1983 年 の 第 二 審 判 決 では 次 のような 解 釈 がなされた 旅 客 運 送 は 物 品 運 送 と 異 なり 旅 客 を 人 格 ある 存 在 として 輸 送 すべきものであるから 運 送 人 が 旅 客 をその 人 として 生 理 的 精 神 的 特 性 に 相 応 する 一 定 限 度 の 快 適 さ をもって 輸 送 すべきことが 契 約 上 当 然 の 前 提 とされていると 解 される ただしだからといって 広 告 放 送 が 債 務 不 履 行 にはならない としている これに 不 服 として 原 告 は 最 高 裁 にまで 上 告 し 判 決 は 上 告 棄 却 となったもの 171

16 関 西 大 学 社 会 学 部 紀 要 第 43 巻 第 2 号 の 伊 藤 正 己 裁 判 官 の 補 足 意 見 が 付 され この 快 適 さ についての 考 察 が 深 められてい る ただしこの 補 足 意 見 は 子 細 であるから 渋 谷 (1989)の 解 説 とむすびを 以 下 に 要 約 し ここでの 議 論 に 利 用 する 伊 藤 補 足 意 見 は 広 告 放 送 を 聞 かない 自 由 をより 一 般 的 に 他 者 から 自 己 の 欲 しない 刺 激 によって 心 の 静 穏 (repose)を 乱 されない 利 益 とし 広 い 意 味 でのプライバシーと 呼 ぶことができる とし 一 人 でほっておいてもらう 権 利 (the right to be let alone) と いう 私 的 事 項 のマス メディアによる 公 表 に 対 抗 する 権 利 としてアメリカで 構 想 され そ の 後 私 的 事 項 の 自 己 決 定 権 に 変 化 したプライバシーの 権 利 に 接 合 する 形 の 解 釈 を 行 っ た 点 が 画 期 的 である アメリカ 合 衆 国 には1950 年 代 にこの 裁 判 と 同 種 の 公 共 交 通 機 関 内 の ラジオ 放 送 が 問 題 となった 事 例 があり この 判 決 文 中 の 裁 判 官 の 解 釈 に 登 場 するのが と らわれの 聴 衆 である それは 必 然 の 問 題 であり 選 択 の 問 題 ではない 市 街 電 車 の 乗 客 は 席 に 着 き 聞 く あるいは 席 に 着 き 聞 かない 努 力 をする 以 外 に 選 択 の 余 地 はない 我 々 が 人 に 他 者 の 考 えを 聞 くことを 強 制 したとき 宣 伝 者 に 強 力 な 武 器 を 与 えているのである 欠 陥 はシステムそのものにある ひとたびプライバシーが 侵 害 されると プライバシーは 消 え 去 るのである プライバシーの 権 利 は 競 合 する 娯 楽 競 合 する 宣 伝 競 合 する 政 治 思 想 から 捜 し 出 し 選 択 する 権 利 を 含 むべきである と ただし 聞 かない 自 由 をどのよ うに 基 礎 付 けるのかについては 日 米 の 間 や 論 者 の 間 で 差 異 がある プライバシーの 権 利 か 表 現 の 自 由 かといった 分 類 もそうであるが 現 実 の 紛 争 においては 抽 象 的 な 権 利 がまず あってそこから 具 体 的 な 利 益 が 導 き 出 されるのではなく 逆 に 具 体 的 な 利 益 の 侵 害 がまず あって それをどの 規 定 によってどう 保 護 するかが 問 題 となる 日 本 国 憲 法 の13 条 ( 幸 福 追 求 の 権 利 ) 19 条 ( 思 想 及 び 良 心 の 自 由 ) 21 条 ( 表 現 の 自 由 )などが 関 係 する しかしながら 伊 藤 (1989)のむすびも 音 に 対 する 感 覚 も 人 それぞれに 多 様 であって 変 に 無 神 経 なわが 国 の 社 会 のあり 方 自 体 に 問 題 提 起 されたこの 事 案 は 広 告 研 究 にも 重 要 な 議 論 の 土 台 を 提 供 しているといえる 8. 字 幕 付 きテレビ CM 聴 覚 障 がい 者 にとっても 聴 覚 障 がい 者 を 受 け 手 としたい 送 り 手 にとっても 長 らく 絵 に 描 いた 餅 であった 字 幕 付 きテレビ CM が 現 実 となってきた 以 下 は 業 界 紙 報 道 のひとつであるが いかにこの 字 幕 付 きのテレビ CM の 本 格 普 及 が 遅 れているかの2012 年 時 点 での 証 拠 ともなっている 172

17 メディアの 中 の 私 性 と 公 共 性 ( 水 野 ) 花 王 は13 日 から 一 社 提 供 番 組 A-Studio (TBS 系 列 )で 字 幕 付 きのテレビ CM を 出 稿 する 地 上 デジ タル 放 送 の 一 機 能 として 視 聴 者 が 字 幕 の 有 無 を 選 べる クローズド キャプション 方 式 を 採 用 した 放 送 予 定 期 間 は 3 月 末 日 まで 同 期 間 に 放 送 されるブランド 数 は50 程 度 を 想 定 している ( 中 略 )しかし 各 局 で 字 幕 方 式 が 異 なったり 考 査 の 段 階 が 増 えたりするなど 新 たなワークフローを 設 ける 必 要 があるため 字 幕 付 き CM を 一 般 的 な CM 同 様 に 放 送 するには まだ 道 のりは 遠 い 花 王 は 社 内 の 制 作 部 署 で 字 幕 を 入 れる 位 置 書 体 色 など 仕 様 の 試 行 錯 誤 を 重 ねてきた 字 幕 付 き CM 普 及 に 向 け 他 社 にも 必 要 があれ ば 制 作 ノウハウを 公 開 する ( 同 社 広 報 )としている (2012 年 01 月 13 日 掲 載 アドバタイムズ Web 版 ) テレビは 免 許 事 業 であり 公 益 性 を 持 つ したがって ロールズの 正 義 論 では 第 二 原 理 である 最 も 不 遇 な 人 々の 利 益 の 最 大 化 す る ことが 目 指 されるべきである 地 上 波 テレビの 地 デジ 移 行 (アナログ 停 波 )において も 地 デジ 化 によって もっとも 不 利 益 を 被 る 低 所 得 者 層 山 間 部 住 民 などの 議 論 があ ったことは 電 波 の 公 共 性 と 言 われるこの 論 理 から 必 然 的 なことであった その 後 東 日 本 大 震 災 ( )を 経 て 災 害 緊 急 情 報 が 放 送 の 公 共 性 公 益 性 の 中 で 再 度 確 認 さ れたことも 記 憶 に 新 しい この 同 じ 論 理 が 技 術 的 には 可 能 で 業 界 的 には 遅 い テレビ CM 字 幕 なのである 高 齢 社 会 は 誰 もが 聴 覚 機 能 の 低 下 を 身 を 持 って 知 る 社 会 でもある 疾 病 あるいは 障 がいとしての 聴 覚 ハンデキャップよりも 広 範 な 理 解 が 顕 在 的 な 障 害 と 連 続 してなされる べきである さらに 日 本 語 を 母 語 としない 日 本 に 生 活 する 外 国 人 にとって 十 分 に 日 本 語 運 用 能 力 が 獲 得 される 前 には この 字 幕 がきわめて 重 要 な 情 報 伝 達 方 法 であることも 忘 れるべきで はない 日 本 とは 対 照 的 に 一 貫 して 人 口 の 増 加 するアメリカで CM を 含 めて 放 送 の 字 幕 が 一 般 化 し 日 本 ではなおお 座 なりであることは まさにこの 人 口 の 国 際 的 移 動 と 密 接 に 関 係 する したがって この CM 字 幕 の 問 題 は 情 報 化 高 齢 化 国 際 化 という 前 世 紀 が21 世 紀 を 何 とか 見 通 そうとした 際 に 手 掛 かりとされた 社 会 変 化 の 重 なりの 中 に 位 置 付 けられる その 意 味 で 象 徴 的 な 社 会 問 題 である と 認 識 可 能 な 社 会 的 事 象 のひとつである 9.ファッション モデルのデジタル 処 理 痩 せすぎの 示 唆 週 刊 朝 日 2011 年 12 月 16 日 号 (p.125 6) )に 次 のような 記 述 があった 173

18 関 西 大 学 社 会 学 部 紀 要 第 43 巻 第 2 号 今 年 の 夏 には ジュニア ロバーツがモデルとして 起 用 されたランコムのファンデーション TEINT MIRACLE の 広 告 がイギリスの 女 性 議 員 から 英 広 告 基 準 局 (ASA)に 告 発 される 騒 ぎがありました 画 像 がデジタル 処 理 されており 実 際 の 広 告 商 品 の 効 果 を 表 現 していない というのです 女 史 は 同 時 にスーパ ーモデルのクリスティー ターリントンが 出 演 するメイベリンのアンチエイジングファンデーション The Eraser( 直 訳 すると 消 しゴム です 凄 い 商 品 名 です)の 広 告 も 告 発 し 両 方 の 広 告 とも ASA から 雑 誌 掲 載 禁 止 処 分 が 言 い 渡 されました こうした 問 題 は 少 なくとも 日 本 では 問 題 が 顕 在 化 しないが 欧 米 ではこの 数 年 報 じら れることである 2009 年 にはフランスで ただし 書 き を 広 告 に 記 載 させる 法 案 が 国 会 に 提 出 されたり 7) カナダ ケベック 州 のファッション 小 売 ラ メゾン シモンズ(La Maison Simons) が 8 月 末 極 度 にやせた 体 型 の 女 性 モデルをカタログに 起 用 したとし て 抗 議 を 受 け 謝 罪 したり 8) している 前 者 は 言 葉 以 外 の(ファッション モデルの 体 形 という) 画 像 による 虚 偽 であり 虚 偽 によるミスリーディング であり 言 葉 以 外 の 虚 偽 等 は 社 会 的 には 生 起 しながらも 日 本 の 広 告 研 究 では 手 付 かずの 論 点 である 9) 後 者 は そのミスリーディングとファッション モデル 業 界 の 健 康 被 害 への 圧 力 が 問 題 となっている 実 際 フランスでは 2008 年 フランスで 拒 食 症 やせ 過 ぎを 助 長 する ようなインターネット 雑 誌 広 告 を 違 法 とする 法 案 が 採 択 された 8) がこれは 2005 年 11 月 に 拒 食 症 で 死 去 したブラジル 人 モデルが 認 識 されて 以 降 様 々に 議 論 を 呼 んだことの 一 環 である 食 品 業 界 の 実 務 家 である 富 田 (2006)は この 事 情 を 他 業 界 と 同 じく(ジョルジオ アルマーニなどの 欧 米 ファッション) 業 界 も 製 品 に 責 任 をもたなければならないとする 意 見 も 多 く デザイナーやモデルエージェンシー スタイリスト 編 集 者 の 間 で 責 任 の 押 し 付 け 合 いになっているという ファッション 業 界 が 理 想 とするのは ありえないほどスリ ムな 身 体 を 持 つ 人 間 であり それが 若 い 女 性 に 与 える 影 響 については 長 年 問 題 であると されてきた とまとめている 各 国 政 府 やファッション 協 会 は 少 女 たちに やせている= 美 しい という 誤 った 美 の 観 念 を 与 える 危 険 性 があると 指 摘 されたモデルたちの 対 処 を 問 われることになった これ を 受 け スペイン イタリアでは 一 定 の 体 格 基 準 に 満 たないモデルのランウェイ( 水 野 注 : ファッションショーでモデルが 歩 く 花 道 舞 台 のこと) 出 場 を 禁 止 アメリカ フランス ロンドンは 規 制 ではなく 認 知 度 向 上 運 動 や 教 育 といった 方 面 から 痩 せすぎモデル 問 174

19 メディアの 中 の 私 性 と 公 共 性 ( 水 野 ) 題 に 取 り 組 んでいくと 発 表 した 問 題 は 出 場 モデルのみに 留 まらず スペインでは 大 手 アパレルチェーンの ザラ(Zara) が 政 府 のガイドラインに 同 意 すると 発 表 した 10) とそ のようなことの 報 じられない 日 本 との 差 異 を 感 じさせる やはり この 島 国 に 生 きていると 世 界 の 中 心 で 何 かが 起 きていても ここは 辺 境 ( 内 田 2009)と ことを 国 内 の 同 種 の 事 情 に 関 係 付 けずに 眺 めているのであろうか デジタル 化 による 修 正 は それ 以 前 にもまして 言 語 によらない ビジュアルによる 説 得 であるから 虚 偽 とは 何 か ミスリーディングとは 何 か といった 潜 在 的 な 論 点 の 扱 い 方 が 未 だ 確 立 していないし 注 意 喚 起 すらなされていない ちなみに BMI(Body Mass Index; 体 重 (kg)を 身 長 (m)の 二 乗 で 割 る) 指 数 が 体 脂 肪 率 とよく 相 関 することが 明 らかにされ 肥 満 度 の 代 替 指 数 としての 有 効 性 ゆえに 厚 生 労 働 省 でも 利 用 するが この 指 数 18.5 以 下 は 低 体 重 とされる 人 の BMI はプライバシ ーでもあり とりわけタレントが 公 表 している 身 長 と 体 重 の 真 偽 は 基 本 は 不 明 であ る にもかかわらず BMI といった 数 値 が 数 多 くのタレントにおいて 推 定 され る また 身 長 はともかくも 成 人 にもかかわらず 体 重 が30キロ 台 というタレント モデ ルも 存 在 している このことと メディアに 登 場 する 人 間 全 般 における 低 体 重 が ダ イエットを 商 業 化 する 産 業 と 相 互 に 影 響 し 合 っていることは 谷 本 奈 穂 (2008) 美 容 整 形 と 化 粧 の 社 会 学 ( 新 曜 社 )にも 通 じる 論 点 である そう 考 えれば 広 く 健 康 食 品 アン チ エイジングなどとも 同 じ 構 図 ではないだろうか 医 療 と 健 康 に 関 する 適 法 であるけれどもはたして 倫 理 的 かどうかが 疑 わしい グレー ゾーンの 拡 大 は 著 しい それは ひとつには 常 に 新 たなビジネス チャンスを 開 拓 しよう とする 企 業 活 動 の 旺 盛 さと 研 究 努 力 の 結 果 である より 大 きくは 資 本 の 運 動 であり 市 場 経 済 のダイナミクスも 失 敗 もこの 結 果 である もうひとつには メディア 社 会 における 欲 望 や 関 心 の 恣 意 的 な 構 築 である とりわけ 地 上 波 民 放 テレビにおいては 暴 力 と 性 はも っとも 避 けるべき 領 域 であるから いきおい 芸 能 お 笑 い スポーツ バラエティとい ったジャンルを 串 刺 しにするような グルメと 健 康 が 安 全 な 領 域 となる ここに 様 々 な 広 告 主 業 種 が 少 子 高 齢 化 長 寿 社 会 また 人 口 減 少 社 会 や 国 際 化 を 見 越 して 医 療 と 健 康 を 事 業 領 域 とするのである こうしたマクロ ミクロな 傾 向 に 対 し 制 度 的 な 規 制 は 論 理 的 に 難 しいものとなってい る たとえば 人 類 が 食 べるモノ は 近 代 の 法 制 度 に 先 行 するから 人 体 に 毒 であるモ ノは 法 的 に 規 制 できようとも 何 を 持 って 食 品 であるか ないか の 定 義 そのものは 不 可 能 である 筆 者 は 土 が 人 体 に 毒 ではない ゆえに 規 制 がないことと 土 をソースにし 175

20 関 西 大 学 社 会 学 部 紀 要 第 43 巻 第 2 号 たフランス 料 理 の 存 在 を 知 り 驚 いたことがあった したがって 健 康 食 品 は 法 的 に 定 義 できない また 長 寿 自 体 健 康 自 体 単 一 の 要 因 で 達 成 されるものとも 考 えにくい し かしながら 癌 罹 患 者 ほど 代 替 医 療 あるいは 民 間 療 法 と 呼 ばれる 医 科 学 の 外 にある 手 法 に(も) 単 一 の 手 法 で 治 癒 が 難 しいだけに 頼 ることになる 多 くの 高 額 な 健 康 食 品 は 少 数 の 重 篤 な 患 者 によって 消 費 されていると 推 論 できる これらが 適 法 であるけれども はたして 倫 理 的 かどうかが 疑 わしい グレーゾーンの 拡 大 の 仕 組 みである また ファッション モデル という 職 業 が 拒 食 症 を 引 き 起 こすことは 社 会 が メデ ィア 社 会 のマネジメント を 行 えるかどうか という 論 点 の 一 つと 考 えられる この 点 に も 日 本 社 会 がナイーブであることがよく 分 かるのではないか 送 り 手 内 部 のある 職 業 に 対 して ( 究 極 の 圧 力 となっている) 受 け 手 が 同 じ 人 間 性 を 持 つファッション モデルに 対 して 行 動 を 起 こす ということは 送 り 手 受 け 手 を 貫 く 公 共 性 の 問 われる 問 題 ではな いだろうか 10. 行 動 ターゲティング 広 告 の 倫 理 問 題 一 般 に PC 等 のネットの 閲 覧 履 歴 メールの 履 歴 またネット ショッピングの 購 買 履 歴 さらに 携 帯 でのアクセスにおける 地 理 情 報 履 歴 などプライバシーの 多 分 に 含 まれる 行 動 履 歴 情 報 を 売 り 手 側 がマーケティング 行 為 に 利 用 することが 行 動 ターゲティング と 呼 ばれ 実 践 されている 新 保 (2010)は そうした 人 間 の 活 動 を 記 録 した 情 報 をネ ット 以 前 からの 個 人 情 報 保 護 やプライバシー 侵 害 ( 三 島 由 紀 夫 の 宴 のあと 事 件 1964 年 )につなげ 内 外 の 法 制 度 に 照 らし また 進 行 中 の 事 象 も 踏 まえて 整 序 し ライフロ グ と 定 義 し 問 題 を 焦 点 化 法 的 責 任 問 題 を 検 討 する 新 保 はこの ライフログ を 多 くの 新 サービスの 実 践 を 踏 まえて 1 特 定 の 自 然 人 の2 特 定 の 活 動 に 関 する3 特 定 の 情 報 を 4 特 定 の 記 録 媒 体 に 5 自 動 的 に6デジタルデータ として7 包 括 的 または 連 続 的 に 記 録 ( 蓄 積 )し それによって 取 得 された 8 特 定 の 個 人 に 関 する 個 人 情 報 ( 個 人 識 別 情 報 )および9 個 人 に 関 連 する 個 人 情 報 に 該 当 しない 情 報 ( 非 個 人 識 別 情 報 )の 総 称 をいう と 定 義 することを 提 唱 している 非 個 人 識 別 情 報 とは た とえばカメラに 写 った 顔 のうち 眼 鼻 口 などはあきらかに 個 人 識 別 情 報 であるが 一 見 非 個 人 識 別 情 報 である 肌 の 色 から 人 種 情 報 が 抽 出 されるおそれがあることから 個 人 と 非 個 人 の 線 引 きが 相 対 的 で 変 化 する ものであることが 論 じられる アメリ カには AOL による 検 索 クエリー 漏 えい 事 件 が 既 に 存 在 し 一 見 個 人 情 報 を 含 まない と 考 えられる 約 65 万 人 の 会 員 が2006 年 に 行 った 約 2000 万 件 の 検 索 クエリー データが 誤 っ 176

21 メディアの 中 の 私 性 と 公 共 性 ( 水 野 ) て Web 上 にアップされ 検 索 キーワードに 含 まれていた 個 人 情 報 が 問 題 となった 本 来 は 個 人 特 定 情 報 ではない キーワード だが 入 力 された キーワード から 直 接 または 間 接 的 に 特 定 の 個 人 を 識 別 できる 情 報 が 取 得 されることがあり AOL 事 件 では 多 数 そのよ うな 情 報 が 存 在 した とされる 総 務 省 は2009 年 から 利 用 者 視 点 を 踏 まえた ITC サービスに 係 る 諸 問 題 に 関 する 研 究 会 でこの 件 を 検 討 するが 総 務 省 は(さらにその 後 技 術 の 進 化 した)ディープ パケット インスペクション(DPI)の 広 告 利 用 に GO サインを 出 したとされる ( 総 務 省 の 報 道 資 料 利 用 者 視 点 を 踏 まえた ICT サービスに 係 る 諸 問 題 に 関 する 研 究 会 第 二 次 提 言 ( 案 )) DPI とは プロバイダに 専 用 の 機 械 を 接 続 し 利 用 者 がサーバーとの 間 でやりとりする 全 情 報 を(パケットのヘッダだけでなく 中 身 も 全 て) 読 み 取 るとされる asahi.com の 記 事 10) に よれば 作 業 部 会 に 参 加 した 一 人 は 総 務 省 の 事 務 方 は 積 極 的 だったが 参 加 者 の 間 では 慎 重 論 がかなり 強 かった ただ 利 用 者 の 合 意 があれば 良 いのでは という 意 見 に 反 対 す る 法 的 根 拠 が 見 つからなかった と 話 している とされる まさに 法 的 根 拠 が 見 つからなければ 新 たに 実 用 化 される 基 本 的 人 権 にかかわること が 否 定 できない そうしたマイオピア( 近 視 眼 ) 状 況 が 政 府 によって 正 当 化 されようと しているのである とはいえ ミクロには では 行 政 は 恣 意 的 に 必 ずしも 現 行 法 規 に 違 反 していないビジネ スを 制 限 するべきでもなく マクロには 当 面 そうした 法 の グレーゾーン を 積 極 的 に 意 識 して 起 業 者 を 萎 縮 させるべきではない( 大 野 2010) といった 見 方 もある 経 済 ビ ジネス 論 理 と 人 権 論 理 はこのような 点 でも 緊 張 関 係 にある 注 1 )Drumwright and Murphy(2009) 2 )Donohue ら(2007)によれば 1996 年 からの10 年 間 で 製 薬 業 界 の 全 米 年 間 広 告 費 は114 億 ドルから299 億 ドル(263%)に 増 加 したが 消 費 者 に 向 けられた 広 告 はこの 間 330% 増 加 したとされる 3 )この 邦 訳 に JARO(2009)がある 4 ) 朝 日 新 聞 記 事 データベースによれば 体 験 談 商 法 の 初 出 は1993 年 2 月 5 日 の 夕 刊 の 調 査 報 道 である 5 )マーケット アナリストのフェルディナンド ヤマグチ 氏 のコラム 最 後 の 審 判 251 回 話 し 言 葉 の 記 述 は 氏 のコラムゆえである 6 )2009 年 09 月 23 日 16:45 発 信 地 :パリ/フランス AFP 通 信 配 信 記 事 7 )2008 年 09 月 04 日 16:52 発 信 地 :ケベック/カナダ AFP 通 信 配 信 記 事 8 )2006 年 11 月 16 日 19:48:15 AFP/Simone LINS 配 信 記 事 9 ) 例 えば 日 本 でも 出 版 社 B の 女 性 向 けファッション 月 刊 誌 J などには 広 告 に 登 場 する 女 性 モデル 177

22 関 西 大 学 社 会 学 部 紀 要 第 43 巻 第 2 号 の 体 型 がありえないほど 細 く 変 形 されていることが 観 察 される 10)2010 年 5 月 30 日 4 :50 Asahi.com 記 事 ネット 全 履 歴 もとに 広 告 総 務 省 容 認 課 題 は 流 出 対 策 参 考 文 献 安 彦 一 恵 谷 本 光 男 編 (2004) 公 共 性 の 哲 学 を 学 ぶ 人 のために 世 界 思 想 社 別 所 直 哉 (2010) インターネット 検 索 の 諸 相 サービス 技 術 ビジネス 法 とコンピュータ 学 会 No.28 pp 法 とコンピュータ 学 会 土 場 学 盛 山 和 夫 (2006) 正 義 の 論 理 公 共 的 価 値 の 規 範 的 社 会 理 論 勁 草 書 房 Donohue, J. M., Cevasco, M, and Rosenthal, M. B. (2007)A decade of Direct-to-Consumer Advertising of Prescription Drugs, The New England Journal of Medicine, No.357, pp Drumwright, E. M. and Murphy, P. E. (2009)The Current State of Advertising Ethics, Industry and Academic Perpective, Journal of Advertising, Vol.38, No.1, pp 藤 垣 裕 子 (2003) 専 門 知 と 公 共 性 東 京 大 学 出 版 会 古 橋 清 二 (2009) 弁 護 士 司 法 書 士 の 広 告 報 酬 問 題 消 費 者 法 ニュース 79 号 pp 今 川 嘉 文 (2011) 多 重 債 務 整 理 の 広 告 と 報 酬 開 示 問 題 消 費 者 法 ニュース 88 号 pp 石 田 英 敬 (2003) 記 号 の 知 /メディアの 知 東 京 大 学 出 版 会 伊 藤 昌 亮 (2011) フラッシュモブズ 儀 礼 と 運 動 の 交 わるところ NTT 出 版 JARO(2009) 国 際 レポート No.25 日 本 広 告 審 査 機 構 非 売 品 金 井 高 志 (2010) 新 たな 流 通 広 告 形 態 アフィリエイト ドロップシッピング 等 Business Law Journal No.28 pp 笠 原 宏 (2008) 最 近 の 景 品 表 示 法 をめぐる 諸 問 題 Business Law Journal No.9. pp 片 桐 雅 隆 (2006) 認 知 社 会 学 の 構 想 カテゴリー 自 己 社 会 世 界 思 想 社 河 野 哲 也 (2010) 道 徳 を 問 い 直 す リベラリズムと 教 育 のゆくえ ちくま 新 書 黒 田 勇 編 (2005) 送 り 手 のメディアリテラシー 世 界 思 想 社 楠 根 重 和 (2002) マス メディアと 公 共 性 ドイツ 報 道 評 議 会 と 日 本 型 苦 情 委 員 会 金 沢 法 学 第 40 巻 第 1 号 pp 水 野 由 多 加 編 著 (2009) 広 告 表 現 倫 理 と 実 務 宣 伝 会 議 水 野 由 多 加 (2010) マス 広 告 の 公 共 性 ( 上 下 ) 共 視 共 感 共 同 性 というマス 広 告 環 境 維 持 責 任 の 観 点 から 日 経 広 告 研 究 所 報 水 野 由 多 加 (2012) 広 告 の 公 共 性 ( 仮 題 ) 近 刊 予 定 御 手 洗 潤 (2007) 屋 外 広 告 法 の 理 念 と 運 用 をめぐる 諸 問 題 ( 一 ) 自 治 研 究 第 83 巻 第 7 号 pp 第 一 法 規 宗 像 勝 年 (2004) 広 告 と 人 権 新 風 社 長 田 弘 子 (2009) 広 告 問 題 消 費 者 法 ニュース 80 号 pp 中 河 伸 俊 (1999) 社 会 問 題 の 社 会 学 構 築 主 義 アプローチの 新 展 開 世 界 思 想 社 中 島 義 道 (1999) うるさい 日 本 の 私 新 潮 文 庫 中 島 義 道 (2006) 醜 い 日 本 の 私 新 潮 社 仲 正 昌 樹 (2002) 法 の 共 同 体 ポスト カント 主 義 的 自 由 をめぐって 御 茶 の 水 書 房 仲 正 昌 樹 (2005) 自 己 再 想 像 の 法 生 権 力 と 自 己 決 定 の 狭 間 で 御 茶 の 水 書 房 ノンバンク 問 題 研 究 会 (2010) 社 会 問 題 化 する 弁 護 士 等 の 高 額 報 酬 や 過 剰 広 告 の 実 態 月 刊 消 費 者 信 用 第 28 巻 第 6 号 pp

23 メディアの 中 の 私 性 と 公 共 性 ( 水 野 ) 堀 泰 夫 (2009) 広 告 問 題 消 費 者 法 ニュース 80 号 pp 堀 部 政 男 (1977) 最 近 の 判 例 Bigelow v. Virginia, 421 U.S. 809(1975) 広 告 と 言 論 の 自 由 営 利 的 言 論 における 公 共 の 利 益 と 州 の 規 制 の 必 要 性 との 比 較 衡 量 アメリカ 法 1 号 pp 日 米 法 学 会 1911 Encyclopedia Britannica 岡 部 真 勝 桑 原 博 道 (2009) 医 療 に 関 する 広 告 規 制 小 児 科 臨 床 第 62 巻 増 刊 号 pp 岡 田 米 蔵 (2007) 広 告 倫 理 岡 田 米 蔵 梁 瀬 和 男 (2003) デジタル 時 代 の 広 告 法 規 日 経 広 告 研 究 所 大 野 幸 夫 (2010) 情 報 文 化 革 命 の 進 展 とネット 検 索 サービス 事 業 の 諸 問 題 法 とコンピュータ 学 会 No.28 pp 法 とコンピュータ 学 会 Pardun, C. J. ed. (2009)Advertising and Society, controversies and consequences, Wiley-Blackwell Rotzoll, K. B., Haefner, J. E., and Sandage, C. H. (1976) Advertising in Contemporary Society Perspective toward Understanding. 邦 訳 小 林 保 彦 現 代 社 会 の 広 告 広 告 理 解 のための 問 題 提 起 東 洋 経 済 新 報 社 櫻 井 圀 郎 (2004) マスメディアの 信 頼 と 広 告 責 任 名 古 屋 大 学 法 政 論 集 201 号 pp 佐 々 木 俊 尚 (2011) キュレーションの 時 代 つながり の 情 報 革 命 が 始 まる 筑 摩 新 書 渋 谷 秀 樹 (1989) 地 下 鉄 車 内 放 送 と とらわれの 聴 衆 大 阪 市 営 地 下 鉄 商 業 宣 伝 放 送 差 止 等 請 求 事 件 [ 最 高 裁 昭 和 63 年 12 月 20 日 第 三 小 法 廷 判 決 ] ジュリスト No.938 pp 清 水 英 夫 (1986) 広 告 をめぐる 法 と 倫 理 の 諸 問 題 青 山 法 学 論 集 第 28 巻 第 3 号 pp 週 刊 国 保 実 務 平 成 23 年 11 月 7 日 号 記 事 医 療 情 報 検 討 会 が 広 告 規 制 で 議 論 pp 新 保 史 生 (2010) ライフログの 定 義 と 法 的 責 任 個 人 の 行 動 履 歴 を 営 利 目 的 で 利 用 することの 妥 当 性 情 報 管 理 第 53 巻 第 6 号 pp 杉 原 周 治 (2007) 職 業 の 自 由 意 見 表 明 の 自 由 プレスの 自 由 ( 一 ) 商 業 広 告 をめぐる 基 本 的 競 合 の 問 題 広 島 法 学 第 30 巻 第 3 号 pp 高 橋 善 樹 (2010) 打 消 し 表 示 ( 注 記 表 示 )の 用 い 方 Business Law Journal No.26.pp 富 田 勉 (2006) 世 界 におけるヘルシーフードマーケット ファッションモデル EU 肥 満 問 題 Food style 月 号 pp 内 野 雅 美 田 中 玲 美 (2008) 見 にくい 表 示 に 関 する 実 態 調 査 について 打 消 し 表 示 の 在 り 方 を 中 心 に 公 正 取 引 No.696 pp 内 田 樹 (2009) 日 本 辺 境 論 新 潮 新 書 内 田 恒 久 (2011) WHOのアルコール 有 害 使 用 低 減 世 界 戦 略 から 見 た 日 本 における 現 状 と 課 題 日 本 精 神 科 病 院 協 会 雑 誌 第 30 巻 第 4 号 pp 上 杉 嘉 見 (2008) カナダのメディア リテラシー 教 育 明 石 書 店 宇 都 宮 健 児 (2009) 弁 護 士 司 法 書 士 広 告 の 問 題 点 消 費 者 法 ニュース 78 号 pp 若 林 英 治 (2010) 協 働 型 事 業 における 行 政 と 市 民 の 関 係 性 フェニックス 市 の 落 書 き 違 反 広 告 除 去 プ ログラム を 事 例 として コミュニティ 政 策 8 号 pp コミュニティ 政 策 学 会 東 信 堂 World Health Organization (2010), Global strategy to reduce the harmful use of alcohol, WHO Press 受 稿 179

24

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

( 過 剰 な 贈 答 接 待 等 の 禁 止 ) 第 8 条 従 業 員 は 直 接 の 取 引 関 係 がなくとも 常 識 の 範 囲 を 超 えるような 贈 答 や 接 待 を 慎 まなければならない 意 図 せず 問 題 あると 思 われるような 事 態 に 陥 った 場 合 そ の 事 実

( 過 剰 な 贈 答 接 待 等 の 禁 止 ) 第 8 条 従 業 員 は 直 接 の 取 引 関 係 がなくとも 常 識 の 範 囲 を 超 えるような 贈 答 や 接 待 を 慎 まなければならない 意 図 せず 問 題 あると 思 われるような 事 態 に 陥 った 場 合 そ の 事 実 グループ 従 業 員 行 動 規 範 ( 総 則 ) 第 1 条 本 行 動 規 範 は 当 社 及 び 当 社 グループの 従 業 員 が 職 務 上 の 義 務 として 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 就 業 規 則 等 服 務 に 係 わる 規 程 と 併 せて 運 用 し 会 社 の 社 会 的 信 頼 の 維 持 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 従 業 員 の 定 義 )

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73>

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73> 1/6 利 用 規 約 株 式 会 社 オークション トランスポート 利 用 規 約 標 準 内 航 利 用 運 送 約 款 ( 平 成 十 八 年 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 六 号 ) 株 式 会 社 オークション トランスポート トランスポートWEB 利 用 規 約 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 および 輸 送 サービス 利 用 規 約 において 用 いられる 字 句

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49> 長 寿 大 国 日 本 の 予 防 医 療 ~ 健 康 に 長 生 きしよう~ ( 資 料 )http://www.sakucci.or.jp/pinkoro/index.html 公 益 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター 岡 圭 佑 ( 日 本 生 命 保 険 ) 松 木 拓 ( 八 十 二 銀 行 ) 皆 川 篤 (JR 東 海 ) 綿 貫 剛 ( 横 浜 銀 行 ) 高 齢 化

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

講 演 1 等 の 一 部 を 改 正 する 律 ( 関 係 ) 講 師 : 総 務 省 情 報 通 信 国 際 戦 略 局 情 報 通 信 政 策 課 課 長 補 佐 影 井 敬 義 様

講 演 1 等 の 一 部 を 改 正 する 律 ( 関 係 ) 講 師 : 総 務 省 情 報 通 信 国 際 戦 略 局 情 報 通 信 政 策 課 課 長 補 佐 影 井 敬 義 様 第 80 回 電 波 利 用 懇 話 会 等 の 律 改 正 について 日 時 : 2011 年 1 月 31 日 ( 月 ) 午 後 2 時 ~3 時 30 分 場 所 : 社 団 人 電 波 産 業 会 会 議 室 ( 日 土 地 ビル 11 階 ) 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1-4-1 TEL: 03-5510-8592 主 催 社 団 人 電 波 産 業 会 講 演 1 等 の

More information

個人会員規約

個人会員規約 九 州 しんきんカード 会 員 規 約 第 1 部 一 般 条 項 第 1 章 会 員 の 資 格 第 1 条 ( 本 会 員 ) 株 式 会 社 九 州 し ん き ん カ ー ド ( 以 下 当 社 と い う ) に 対 し 本 規 約 を 承 認 の う え 入 会 申 込 み を し た 個 人 の う ち 当 社 が 適 格 と 認 め た 方 を 本 会 員 と し ま す 第 2 条

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

2007年4月10日

2007年4月10日 関 西 大 学 法 科 大 学 院 法 と 社 会 2 法 とメディア 第 2 回 2009 年 10 月 1 日 メディアと 名 誉 プライバシー(その1) 弁 護 士 弁 理 士 近 藤 剛 史 tsuyoshi@kondolaw.jp Ⅰ. 名 誉 に 関 する 法 的 保 護 1 社 会 的 名 誉 民 法 703 条 にいう 名 誉 とは 人 がその 品 性 徳 行 名 声 信 用 等 の

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の 平 成 2 0 年 草 加 市 議 会 1 2 月 定 例 会 議 員 提 出 議 案 草 加 市 議 会 平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

Microsoft PowerPoint - ITS20130617.pptx

Microsoft PowerPoint - ITS20130617.pptx 情 報 産 業 と 社 会 第 11 回 : 個 人 情 報 保 護 法 住 基 ネッ トシステム マイナンバーシステム 2013.6.17 宿 南 達 志 郎 薬 ネット 販 売 自 粛 解 除 (ドラッグストア 協 会 ) 日 本 ドラッグストア 協 会 は14 日 会 員 企 業 に 対 するインターネット 販 売 自 粛 要 請 を 解 除 厚 生 省 の 方 針 が 定 まっていない 第

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は いわゆる 密 約 問 題 に 関 する 有 識 者 委 員 会 報 告 書 ( 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 9 日 序 論 密 約 とは 何 か (1) 狭 義 の 密 約 とは 両 国 間 の 合 意 あるいは 了 解 であって 国 民 に 知 らされて おらず かつ 公 表 されている 合 意 や 了 解 と 異 なる 重 要 な 内 容 ( 追 加 的 に 重 要 な 権 利 や 自

More information

廿日市市広告掲載基準

廿日市市広告掲載基準 廿 日 市 市 広 告 掲 載 基 準 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 基 準 は 廿 日 市 市 広 告 掲 載 要 綱 ( 平 成 19 年 告 示 第 45 号 )に 規 定 する 基 準 として 定 めるものであり 広 告 媒 体 への 広 告 掲 載 の 可 否 は この 基 準 に 基 づき 判 断 を 行 うものとする ( 広 告 全 般 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番 マイナンバー 制 度 と その 対 策 と 対 応 評 議 員 経 営 労 務 コンサルタント 部 部 長 大 阪 兵 庫 支 部 長 靱 隆 幸 マイナンバーは 国 内 に 住 所 のある 人 に 割 り 当 てられる12 桁 の 番 号 です 制 度 の 開 始 にあたり 個 人 も 企 業 も 準 備 が 要 ります 各 世 帯 には10 月 に 入 るとマイナンバーを 記 載 した 通 知

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

今 後 調 査 担 当 委 員 の 私 の 下 に 九 州 電 力 第 三 者 委 員 会 でも 調 査 チームの 総 括 を 務 めた 赤 松 幸 夫 弁 護 士 梅 林 啓 弁 護 士 を 中 心 とする 弁 護 士 調 査 チームを 組 織 し 委 員 長 や 他 の 委 員 の 意 見 も

今 後 調 査 担 当 委 員 の 私 の 下 に 九 州 電 力 第 三 者 委 員 会 でも 調 査 チームの 総 括 を 務 めた 赤 松 幸 夫 弁 護 士 梅 林 啓 弁 護 士 を 中 心 とする 弁 護 士 調 査 チームを 組 織 し 委 員 長 や 他 の 委 員 の 意 見 も 激 変 する 環 境 思 考 停 止 する 組 織 ~ 郷 原 信 郎 が 斬 る 2011.12.14 オリンパス 監 査 検 証 委 員 会 設 置 の 目 的 と 今 後 の 課 題 12 月 12 日 午 前 10 時 から 新 日 本 監 査 法 人 の オリンパス 監 査 検 証 委 員 会 の 初 会 合 が 開 かれ 終 了 後 記 者 会 見 が 行 われた 委

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

(17)その 他 市 長 が 不 適 当 であると 認 めるもの ( 広 告 の 掲 載 基 準 ) 第 5 条 次 に 定 める 内 容 を 有 する 広 告 は 掲 出 しない (1) 次 のいずれかに 該 当 するもの ア 人 権 侵 害 差 別 名 誉 毀 損 のおそれがあるもの イ 法 律

(17)その 他 市 長 が 不 適 当 であると 認 めるもの ( 広 告 の 掲 載 基 準 ) 第 5 条 次 に 定 める 内 容 を 有 する 広 告 は 掲 出 しない (1) 次 のいずれかに 該 当 するもの ア 人 権 侵 害 差 別 名 誉 毀 損 のおそれがあるもの イ 法 律 敦 賀 市 庁 舎 広 告 掲 出 基 準 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 基 準 は 敦 賀 市 庁 舎 広 告 事 業 実 施 要 綱 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものであり 市 庁 舎 への 広 告 掲 出 は この 基 準 に 基 づき 判 断 を 行 うものとする ( 広 告 全 般 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ) 第 2 条 市 庁 舎 広 告

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

スライド 1

スライド 1 DI-VEメディアガイド 2015 年 4 月 ~ 株 式 会 社 ファーストペンギン 151-0053 東 京 都 渋 谷 区 代 々 木 1-35-4 代 々 木 クリスタルビル5 階 TEL:03-6630-4972 FAX:03-6630-4971 Mail:: ad@first-penguin.co.jp ダイブメディアガイド Ver. 11.11 1 メディア 概 要 DI-VE(ダイブ)とは

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用 シリーズ インドの 投 資 関 連 法 制 1 インドの 法 制 度 の 概 要 /インド 企 業 と 契 約 する 場 合 の 留 意 点 琴 浦 諒 * 1.はじめに 近 時 成 長 市 場 としての 将 来 性 を 見 込 んで ま た 中 国 に 次 ぐ 戦 略 的 な 進 出 先 として インドに 投 資 進 出 する 日 本 企 業 が 増 加 してい インドに 投 資 進 出 するに

More information

ハラスメントの防止等のために認識すべき事項についての指針

ハラスメントの防止等のために認識すべき事項についての指針 ハラスメントの 防 止 等 のために 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 平 成 23 年 4 月 1 日 ハラスメント 対 策 委 員 会 この 指 針 は 公 立 大 学 法 人 福 島 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )ハラスメント 防 止 規 程 の 目 的 に 基 づき 本 法 人 におけるハラスメントの 防 止 等 のために 本 法 人 の 役 職 員 等 (

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴ 概 病 院 医 師 手 術 中 医 療 器 操 患 死 亡 逮 捕 毛 静 岡 秋 魁 以 際 元 医 師 低 死 亡 故 翌 医 療 諸 故 器 操 ミ 器 良 旨 書 所 無 1 医 師 低 請 訴 訟 起 女 子 医 病 院 英 郎 研 究 日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患

More information

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 労 働 契 約 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) ( 文 責 : 連 合 雇 用 法 制 対 策 局 ) 1 第 18

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ----------------------------------------

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ---------------------------------------- 平 成 28 年 より 運 用 開 始 マイナンバー 制 度 の 概 要 と 企 業 に 求 められる 対 応 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 2 法 人 におけるマイナンバー 制 度 3 マイナンバーの 取 扱 いに 関 する 留 意 点 Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 --------------------------------------------------

More information

2 借 地 権 の 更 新 終 了 1 地 主 と 借 地 人 の 合 意 あり 合 意 更 新 借 地 期 間 の 満 了 2 借 地 人 から 更 新 の 請 求 あり 3 借 地 人 からの 更 新 の 請 求 な しに 土 地 の 使 用 継 続 4 借 地 上 に 建 物 なし 借 地 上

2 借 地 権 の 更 新 終 了 1 地 主 と 借 地 人 の 合 意 あり 合 意 更 新 借 地 期 間 の 満 了 2 借 地 人 から 更 新 の 請 求 あり 3 借 地 人 からの 更 新 の 請 求 な しに 土 地 の 使 用 継 続 4 借 地 上 に 建 物 なし 借 地 上 営 ViewPoint 相 談 地 主 家 主 のための 借 地 借 家 法 のポイント 吉 田 覚 部 東 京 室 賃 借 人 の 保 護 を 図 りつつ 賃 貸 人 賃 借 人 の 利 害 の 調 整 を 図 るため 民 法 の 賃 貸 借 の 特 別 法 として 借 地 借 家 法 が 設 けられています 同 法 が 適 用 となるのは 建 物 の 所 有 を 目 的 として 土 地 を 借

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

二輪自動車業における表示に関する公正競争規約及び同施行規則

二輪自動車業における表示に関する公正競争規約及び同施行規則 二 輪 自 動 車 業 における 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 及 び 同 施 行 規 則 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という )は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 以 下 景 品 表 示 法 という ) 第 11 条 第 1 項 の 規

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 このご 案 内 書 は 上 記 保 険 およびこれに 付 帯 する 特 約 条 項 の 概 要 を 紹 介 したものです 上 記 保 険 に 関 するすべての 事 項 を 記 載 しているものではありません 詳 細 につきましては 保 険 約 款 によりますが 保 険 金 のお 支 払 い 条 件 ご 契 約 手 続 その 他 ご 不 明 な 点

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に ライフティポイント 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) ライフティ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)は ライフティポイント 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という)に 基 づき 当 社 指 定 の 方 法 により 当 社 に 対 して 登 録 を 行 ったお 客 様 ( 以 下 会 員 と いう)に 対 して 当 社 が 発 行 するポイントである ライフティポイント に

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

Taro-【222】H23表紙.jtd

Taro-【222】H23表紙.jtd 律 ま 律 律 律 百 号 ま 左 記 ま 記 経 緯 律 以 麻 原 彰 晃 智 津 夫 教 祖 創 始 者 オ ウ ム 真 教 教 義 広 現 目 主 宰 教 義 従 者 以 付 以 ぞ 号 掲 ず 引 続 継 続 聴 上 後 段 付 以 予 根 拠 令 由 陳 述 先 限 陳 述 機 付 与 陳 述 ど 遂 由 示 効 力 1 加 え 中 計 わ 有 管 土 建 延 べ 箇 箇 ち 備 帳 簿

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思 第 4 章 電 子 商 取 引 (10 月 10 日 ) 1 授 業 のねらい 電 子 商 取 引 において 事 業 者 がどのような 事 柄 について 情 報 提 供 を 行 うべきであるか について 理 解 する 電 子 商 取 引 には どのような 法 令 が 適 用 されるのか? 事 業 者 はどの 範 囲 のものをさすのか ネットオークションで 私 人 が 出 品 する 場 合 はどう か?

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島 民 放 連 放 送 基 準 条 文 対 照 表 現 新 第 10 章 犯 罪 表 現 第 10 章 犯 罪 表 現 (70) 鉄 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注 意 する (70) 銃 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

より安全な分娩をめざして ~患者側弁護士の立場から

より安全な分娩をめざして ~患者側弁護士の立場から 東 京 女 子 医 大 エヴァハート 治 験 訴 訟 について 弁 護 士 安 東 宏 三 (2014/6/27J&T 治 験 塾 ) 東 京 地 裁 H26.2.20. 判 決 東 京 地 裁 平 成 23 年 (ワ) 第 21738 号 民 事 30 部 ( 医 療 集 中 部 ) 判 決 判 例 秘 書 ウエストロージャパン 掲 載 済 み (おって 判 例 時 報 判 例 タイムズ 掲 載

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 ( 主 席 令 第 22 号 ) 中 華 人 民 共 和 国 主 席 令 第 22 号 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 は 中 華 人 民 共 和 国 第 12 期 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 第 14 回 会 議 にて 201

中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 ( 主 席 令 第 22 号 ) 中 華 人 民 共 和 国 主 席 令 第 22 号 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 は 中 華 人 民 共 和 国 第 12 期 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 第 14 回 会 議 にて 201 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 2015 年 4 月 24 日 公 付 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 事 務 所 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した 情 報 などの

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)  

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)   会 計 監 査 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価 の 算 定 に 関 す る 研 究 資 料 非 金 融 商 品 の 時 価 算 定 の 概 要 公 認 会 計 士 こ 小 ぼり 堀 かずひで 一 英 はじめに 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 平 成 25 年 7 月 9 日 付 けで 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

Microsoft Word - 新HOT-13-03.doc

Microsoft Word - 新HOT-13-03.doc 2013.3 月 ( 323) UMS 税 理 士 法 人 ユーマス 会 計 株 式 会 社 ユーマス 経 営 新 今 月 の 視 点 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 行 方 自 民 党 税 制 調 査 会 ( 平 成 25 年 1 月 29 日 閣 議 決 定 ) 現 在 の 経 済 情 勢 を 踏 まえて 成 長 と 富 の 好 循 環 の 実 現 に 向 けて 民 間 投 資 喚 起

More information