(第10報)東日本大震災レポート――震災時におけるCSR(企業の社会的責任)事例

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(第10報)東日本大震災レポート――震災時におけるCSR(企業の社会的責任)事例"

Transcription

1 NKSJ-RM 56 東 日 本 大 震 災 レポート ( 第 10 報 ) 震 災 時 における CSR( 企 業 の 社 会 的 責 任 ) 事 例 吉 崎 敦 子 Atsuko Yoshizaki 研 究 開 発 部 主 任 研 究 員 はじめに 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 戦 後 最 大 規 模 の 死 者 行 方 不 明 者 を 出 す 未 曾 有 の 大 災 害 であり 現 在 でも 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 を 巡 る 状 況 は 予 断 を 許 さない 状 態 が 続 いています こうした 中 で 企 業 による 被 災 地 への 緊 急 援 助 や 復 興 に 向 けた 支 援 に 対 する 期 待 が 高 まっています すでに 震 災 発 生 直 後 から 数 多 くの 企 業 が 義 援 金 の 拠 出 や 募 金 活 動 の 実 施 を 表 明 しています また 携 帯 電 話 各 社 や 大 手 スーパーマーケット 食 料 品 メーカーなどは 自 社 製 品 を 中 心 とした 物 資 の 提 供 を 行 うなど 各 企 業 の 本 業 に 関 連 した 支 援 が 実 施 されています 本 稿 では 各 企 業 が 具 体 的 にどのような 支 援 を 実 施 発 表 しているのか 紹 介 すると 共 に 今 後 組 織 の 社 会 的 責 任 に 関 する 国 際 規 格 である ISO26000 の 観 点 からどのような 対 応 が 求 められているのかを 述 べます 1. 企 業 による 支 援 の 概 要 震 災 発 生 後 多 くの 企 業 が 数 日 の 間 に 何 らかの 支 援 体 制 を 打 ち 出 しました 企 業 による 支 援 活 動 の 中 心 となるのは 義 援 金 や 社 内 での 募 金 活 動 といった 金 銭 的 な 支 援 や 救 援 物 資 の 提 供 ですが 地 域 に 根 ざした 支 援 活 動 を 実 施 する 例 もあり 本 業 を 活 かした 支 援 活 動 も 数 多 く 見 られます また 震 災 を 機 にボランティア 休 暇 制 度 を 新 設 活 用 し 社 員 のボランティア 活 動 を 後 押 しする 企 業 も 相 次 いでい ます ここでは 具 体 的 な 支 援 内 容 別 に 各 企 業 の 対 応 事 例 を 紹 介 します 1.1. 義 援 金 等 金 銭 的 な 支 援 活 動 震 災 発 生 後 の 企 業 の 対 応 は 素 早 く 多 くの 企 業 が 震 災 発 生 から 数 日 以 内 に 義 援 金 の 拠 出 決 定 を 発 表 しまし た その 後 さらに 追 加 の 資 金 援 助 を 発 表 する 企 業 も 数 多 くありました 特 に ユニクロを 傘 下 に 擁 するフ ァースト リテイリングの 支 援 規 模 は 突 出 しており グループでの 義 援 金 やヒートテックなど 同 社 商 品 の 提 供 に 加 えて 会 長 兼 社 長 の 柳 井 正 氏 が 個 人 で 10 億 円 の 寄 付 を 申 し 出 たことは 話 題 になりました こうした 支 援 は 普 段 からトップが 率 先 して CSR の 取 組 みに 力 を 入 れてきたからこそできる 支 援 内 容 であり 企 業 オ ーナー 双 方 から 支 援 を 行 うという 考 え 方 は 今 後 のオーナー 経 営 のひとつのモデルケースになるとの 見 方 もあ ります( 参 考 資 料 1) また 従 業 員 からの 寄 付 を 募 って 集 まった 資 金 を 被 災 地 へ 送 付 する 動 きも 多 く 見 られます 従 業 員 からの Copyright 2011 NKSJ Risk Management, Inc. All rights reserved. 1

2 募 金 を 実 施 した 企 業 の 中 には 集 まった 金 額 に 対 して 企 業 側 が 金 額 の 上 乗 せを 行 う マッチングギフト 1 と いう 制 度 を 取 り 入 れて さらに 資 金 を 拠 出 した 企 業 もありました 義 援 金 等 の 送 付 先 は 日 本 赤 十 字 社 や 中 央 共 同 募 金 国 際 的 な 人 道 支 援 組 織 であるジャパン プラットフ ォーム(JPF)が 中 心 となっていますが 中 には 県 や 自 治 体 に 直 接 寄 付 を 行 うケースも 見 られました また 三 菱 商 事 では 自 ら 三 菱 商 事 東 日 本 大 震 災 復 興 支 援 基 金 を 設 立 し 奨 学 金 の 給 付 や NGO NPO 等 への 寄 付 を 行 うことを 発 表 しています 義 援 金 や 募 金 のほかにも 小 売 業 などを 中 心 として 店 頭 での 募 金 活 動 やポイントを 利 用 した 寄 付 プログラ ムを 実 施 しているケースも 見 られました 銀 行 各 社 は 被 災 した 個 人 または 法 人 向 けに 低 金 利 などの 優 遇 措 置 を 盛 り 込 んだ 復 興 支 援 融 資 の 実 施 を 発 表 しています 表 1. 銀 行 大 手 3 行 による 復 旧 支 援 融 資 の 取 り 扱 い 状 況 銀 行 名 みずほ 銀 行 内 容 個 人 向 けの 災 害 復 旧 ローンおよび 法 人 向 けの 災 害 復 興 支 援 融 資 の 取 り 扱 いを3 月 14 日 から 実 施 三 井 住 友 銀 行 個 人 向 けの 特 別 金 利 ローン( 住 宅 ローン 住 み 替 えローン リフォームローン)および 法 人 向 けの 特 別 ファンドの 取 り 扱 いを3 月 14 日 から 実 施 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 個 人 向 けの 住 宅 ローン 無 担 保 証 貸 しローン 無 担 保 カードローンおよび 法 人 向 けの 災 害 復 旧 支 援 資 金 融 資 の 取 り 扱 いを3 月 14 日 から 実 施 1.2. 本 業 に 関 連 した 支 援 活 動 金 銭 的 な 支 援 に 加 えて 多 くの 企 業 は 本 業 に 関 連 した 支 援 活 動 も 実 施 しています 各 種 メーカーや 小 売 業 者 等 を 中 心 とした 食 料 品 日 用 品 医 薬 品 等 の 提 供 に 加 えて 医 療 機 器 発 電 機 建 設 機 械 の 提 供 などとい った 物 資 の 援 助 を 打 ち 出 す 企 業 が 目 立 ちます また 自 社 の 業 務 を 通 して 培 ったノウハウを 提 供 して 被 災 者 支 援 に 活 用 する 事 例 も 見 られました ここでは 本 業 に 関 連 した 支 援 活 動 を 物 資 援 助 とその 他 の 援 助 に 分 けて 見 ていきます 物 資 援 助 表 2 に 主 な 企 業 が 打 ち 出 した 物 資 支 援 の 事 例 を 公 表 日 順 に 示 しています(5 月 18 時 点 で 企 業 のホームペー ジに 公 表 されている 情 報 を 元 に 作 成 ) まず 目 立 つのは 食 料 品 メーカーや 製 紙 メーカー 電 気 機 器 メーカーなどが 自 社 製 品 を 提 供 する 動 きです 食 品 飲 料 紙 おむつ トイレットペーパーや 発 電 機 ラジオ 懐 中 電 灯 乾 電 池 などの 提 供 がいち 早 く 発 表 されており 被 災 地 ですぐに 必 要 となる 物 資 を 迅 速 に 提 供 する 内 容 となっています 1 企 業 や 団 体 が 社 会 貢 献 のために 寄 付 を 募 る 際 に 集 まった 金 額 に 対 して 企 業 団 体 側 が 金 額 の 上 乗 せを 行 った 上 で 寄 付 を 行 う 取 組 みのこと 企 業 が 従 業 員 に 対 して 寄 付 を 募 る 場 合 の 制 度 として 導 入 されることが 多 いが 最 近 では 企 業 が 一 般 個 人 からマッチングギフトの 方 式 で 寄 付 や 義 援 金 を 募 る 例 も 登 場 し 注 目 を 集 めています Copyright 2011 NKSJ Risk Management, Inc. All rights reserved. 2

3 メーカー 以 外 の 企 業 でも 食 料 および 飲 料 紙 おむつや 生 理 用 品 医 療 や 毛 布 医 薬 品 など 震 災 直 後 に 被 災 地 で 不 足 していた 物 資 の 提 供 を 決 めた 企 業 も 多 数 ありました 表 2. 物 資 援 助 の 状 況 3 月 11 日 ( 地 震 発 生 当 日 ) 小 売 業 A 建 設 業 A ミネラルウォーター2L 3 万 本 菓 子 パン1000 個 緊 急 支 援 物 資 ( 非 常 食 飲 料 水 簡 易 トイレ シート 発 電 機 工 具 等 )を 送 付 3 月 12 日 食 料 品 メーカーA 小 売 業 A 電 気 機 器 メーカーA 小 売 業 B おかゆ5000 食 とスープ10 万 食 を 提 供 毛 布 10,000 枚 ごはん200g 4,800 個 給 水 車 1 台 食 パン 4,225 袋 ロールパン 1,693 袋 を 追 加 提 供 ラジオ1 万 台 懐 中 電 灯 1 万 個 乾 電 池 50 万 個 を 提 供 水 (2L) 本 菓 子 パン6000 個 3 月 13 日 電 気 機 器 メーカーB パソコン 通 信 機 器 ITネットワーク 関 連 機 器 を 提 供 飲 食 料 メーカーC 市 役 所 や 避 難 所 などに 随 時 茶 系 飲 料 やミネラルウォーターなどの 飲 料 水 の 提 供 ( 約 60 万 本 ) 飲 食 料 メーカーD 電 気 機 器 メーカーC 食 料 品 メーカーE 自 社 製 品 の 飲 料 2,304ケース (55,296 本 )を 岩 手 県 災 害 対 策 本 部 向 けに 発 送 ラジオ3 万 台 寄 贈 飲 料 30 万 ケース 提 供 3 月 14 日 化 学 メーカーA 子 ども 用 紙 おむつや 生 理 用 品 などの 緊 急 支 援 物 資 の 提 供 を 開 始 金 融 業 A 被 災 地 区 に 向 けて 支 援 物 資 ( 第 1 便 )を 発 送 (4 月 6 日 までに 合 計 18 便 実 施 ) 化 学 メーカーB 食 品 包 装 用 ラップ50 万 本 パルプ 紙 業 A 食 料 品 メーカーF 機 械 メーカーA 紙 おむつ トイレットペーパー ミネラルウォーター トイレ 用 衛 生 固 化 剤 絆 創 膏 など 清 涼 飲 料 約 20 万 本 など 飲 料 食 品 を 提 供 小 型 建 設 機 械 20 台 (オペレーター 派 遣 含 む)の 提 供 機 械 メーカーB 診 察 所 集 会 所 用 プレハブハウスの 寄 贈 建 設 機 械 フォークリフト 仮 設 ハウス 発 電 機 など 保 有 する 機 材 の 無 償 貸 与 食 料 品 メーカーG 化 学 メーカーC 電 気 機 器 メーカーD ミネラルウォーター550ml 100 万 本 提 供 水 のいらないシャンプー 10,000 個 ハンドソープ 10,000 個 速 乾 性 手 指 消 毒 剤 大 10,000 個 避 難 場 所 への 液 晶 テレビ 寄 贈 を 検 討 Copyright 2011 NKSJ Risk Management, Inc. All rights reserved. 3

4 3 月 14 日 続 き 化 学 メーカーD 医 薬 品 メーカーA 繊 維 製 品 メーカーA 輸 送 用 機 器 メーカーA 化 学 メーカーE ゴム 製 品 メーカーA 輸 送 用 機 器 メーカーB 化 学 メーカーF 化 学 メーカーG 水 や 食 糧 14,000 食 分 カセットコンロ100 台 カセットボンベ600 本 毛 布 130 枚 などを 各 被 災 地 災 害 対 策 拠 点 に 向 けて 発 送 を 開 始 医 薬 品 の 提 供 災 害 対 策 用 小 型 造 水 機 6 台 シート 等 を 提 供 救 援 車 両 (トラックおよびフォークリフト)の 無 償 貸 与 生 活 医 療 物 資 ( 毛 布 消 毒 液 マスク)の 提 供 献 血 活 動 の 推 進 サポート 医 療 用 機 器 マスク100 万 枚 を 寄 付 自 転 車 及 び 寝 具 (1 億 円 相 当 )を 被 災 者 の 皆 様 に 寄 贈 ガソリン 発 電 機 を 家 庭 用 ガスセットを 使 用 する 発 電 機 を 合 計 100 台 カセットガスボンベ5000 本 に 加 えて 発 電 機 の 操 作 説 明 をする 要 員 を 派 遣 携 行 型 太 陽 電 池 充 電 器 200 台 食 品 包 装 用 ラップフィルム10 万 本 ソーラー 充 電 式 LEDライト2,000 個 を 提 供 子 供 用 大 人 用 の 紙 おむつ 生 理 用 品 マスク ペットフード 等 自 社 製 品 を 提 供 3 月 15 日 食 料 品 メーカーA 電 気 機 器 メーカーA 輸 送 用 機 器 メーカーC 清 涼 飲 料 水 500mlペットボトル 19 万 2 千 本 スポーツ 飲 料 500mlペットボトル 4 万 8 千 本 ソーラーランタン4000 個 を 提 供 インバーター 発 電 機 500 台 ペットボトル 飲 料 水 (1.5リットル) 4,000 本 アルファ 米 / 缶 詰 パン/ 豚 汁 など 5,000 食 サージカルマスク 30 万 枚 3 月 16 日 食 料 品 メーカーC ミネラルウォーターなどの 飲 料 水 40 万 本 電 気 機 器 メーカーE 家 庭 用 体 温 計 計 125,000 本 家 庭 用 血 圧 計 計 5,000 台 医 科 向 け 体 温 計 40,000 本 生 体 情 報 モニタ 20セット 携 帯 型 心 電 計 50 台 食 料 品 メーカーD 食 料 品 メーカーH 自 社 製 品 の 飲 料 2,304ケース (55,296 本 )を 宮 城 県 青 葉 合 同 庁 舎 宛 に 発 送 菓 子 111,500 個 カレー 幼 児 食 などのレトルト 食 品 および 常 温 保 存 可 能 なソーセージ 47,460 個 粉 ミルク 4,800 缶 Copyright 2011 NKSJ Risk Management, Inc. All rights reserved. 4

5 3 月 17 日 電 気 機 器 メーカーD 化 学 メーカーD 輸 送 用 機 器 メーカーC 中 小 型 液 晶 テレビ200 台 中 型 冷 蔵 庫 200 台 全 自 動 洗 濯 機 200 台 単 機 能 電 子 レンジ200 台 ジャー 炊 飯 器 200 台 空 気 清 浄 機 200 台 被 災 地 向 けソーラー 発 電 システム250セット 提 供 プラスチック 製 バケツ1 万 個 ポリタンク1 万 個 敷 物 として 使 用 可 能 な 樹 脂 発 泡 体 約 2500 畳 分 防 塵 マスク10 万 枚 提 供 飲 料 水 ペットボトル 飲 料 水 (1.5リットル) 4,000 本 毛 布 170 枚 簡 易 トイレ 5,400ヶ 電 動 アシスト 自 転 車 139 台 3 月 18 日 金 融 業 A 電 気 機 器 メーカーF 機 械 メーカーB 化 学 メーカーG タオルやティッシュペーパー など 生 活 用 品 の 物 品 支 援 置 時 計 掛 時 計 診 察 所 集 会 所 用 プレハブハウスの 寄 贈 建 設 機 械 フォークリフト 仮 設 ハウス 発 電 機 などを 提 供 マスク300 万 枚 犬 猫 用 ペットフード10トン(8 万 個 )を 提 供 3 月 19 日 から3 月 25 日 小 売 業 A 婦 人 衣 料 (コート セーター 等 ) 約 30,000 点 紳 士 衣 料 (ジャンパー スエット 等 ) 約 85,000 点 子 ども 衣 料 (ジャンパー パジャマ 等 ) 約 28,000 点 肌 着 関 連 ( 婦 人 紳 士 子 ども 用 ) 約 163,000 点 靴 下 タイツ 約 235,000 点 小 売 業 C 電 気 機 器 メーカーE 食 料 品 メーカーD 電 気 機 器 メーカーG 金 属 製 品 メーカーA 食 料 品 メーカーI 食 料 品 メーカーD 化 学 メーカーC 電 気 機 器 メーカーC 肌 着 タオル 衣 類 等 を 寄 贈 トレーナー ダウンジャケットおよびタオルなどの 衣 料 類 をJOC 経 由 で 提 供 自 社 製 品 の 飲 料 27,576ケース (661,824 本 )を 農 林 水 産 省 宛 に 発 送 食 糧 日 用 品 テレビ パソコン 乾 電 池 ラジオ 洗 濯 機 照 明 器 具 などの 物 資 提 供 に 加 えて 医 療 機 器 を 提 供 1000 万 円 相 当 の 救 援 物 資 を 提 供 飲 料 水 約 48 万 本 加 工 食 品 約 5 万 食 防 寒 着 家 庭 用 医 薬 品 使 い 捨 てカイロ 等 5000 万 円 相 当 自 社 製 品 の 飲 料 10,799ケース (265,176 本 )を 農 林 水 産 省 他 に 発 送 洗 顔 ボディーシート 91,000 個 ハンドクリーム 10,000 個 マスク 40,000 個 を 追 加 提 供 キャラクター 毛 布 1,200 枚 を 送 付 し 子 ども 向 けアニメーションDVD400 枚 を 準 備 Copyright 2011 NKSJ Risk Management, Inc. All rights reserved. 5

6 3 月 26 日 以 降 電 気 機 器 メーカーH 電 気 機 器 メーカーI 医 療 用 機 器 ステンレス 製 魔 法 瓶 300 本 建 設 機 械 や 薄 型 テレビ 乾 電 池 自 治 体 向 け 被 災 者 支 援 システムの 無 償 提 供 などを 含 む 総 額 6 億 円 相 当 の 支 援 を 決 定 化 学 メーカーG 海 外 のパートナー 企 業 からの 支 援 物 資 提 供 輸 送 用 機 器 メーカーD 車 両 50 台 を 宮 城 県 内 の 自 治 体 団 体 に 無 償 で 提 供 電 気 機 器 メーカーA ライフイノベーションコンテナ1 台 を 追 加 提 供 (ソーラーパネルと 蓄 電 池 を 備 えた 発 電 機 ) 電 気 機 器 メーカーA 懐 中 電 灯 4 万 個 を 追 加 提 供 電 気 機 器 メーカーJ ポータブルX 線 デジタル 撮 影 システム 5セットを 提 供 卸 売 業 A 電 気 自 動 車 30 台 その 他 緊 急 支 援 物 資 の 提 供 その 他 の 援 助 (ホンダ&グーグルの 例 資 生 堂 の 例 など) 物 資 援 助 以 外 に 本 業 に 関 連 した 支 援 を 行 った 事 例 としては グーグルと 協 力 して 被 災 地 周 辺 の 通 行 可 能 な 道 路 マップを 公 開 したホンダの 例 避 難 所 で 化 粧 やマッサージ 等 を 行 うビューティーボランディアを 実 施 し た 資 生 堂 の 例 が 挙 げられます ホンダは 3 月 14 日 からカーナビゲーションシステムから 収 集 した 走 行 軌 跡 データを 基 に 被 災 地 周 辺 で 前 日 の 間 に 通 行 実 績 があった 道 路 や 渋 滞 が 発 生 していた 道 路 を グーグルの 運 営 する Google マップ Google Crisis Response 2 上 に 公 開 し 毎 日 更 新 しています ホンダの 技 術 力 が 発 揮 された 情 報 提 供 手 段 であると 同 時 に 1 社 単 独 では 実 現 が 難 しいことが 他 社 と 協 力 して 実 現 されたという 点 で 特 徴 的 な 取 組 みであると 言 えます 資 生 堂 は 福 島 仙 台 盛 岡 の 避 難 所 においてビューティーコンサルタントが 無 料 で 化 粧 サービスを 行 う ビューティーボランティア 活 動 を 行 っています 女 性 のみならず 男 性 や 子 供 にはハンドマッサージを 行 った り 女 性 にはフェースマッサージ 男 性 にはドライシャンプーの 実 習 を 行 ったりするなど 化 粧 品 会 社 なら ではの 活 動 を 展 開 しています ここで 紹 介 した 支 援 活 動 は 各 企 業 の 本 業 を 活 かした 事 例 であり 企 業 の 持 つノウハウや 人 的 資 源 を 効 果 的 に 活 用 した 社 会 貢 献 活 動 と 言 えます 1.3. 地 域 に 根 ざした 支 援 活 動 企 業 が 所 在 する 地 域 の 地 元 住 民 への 支 援 に 乗 り 出 すケースも 見 られました 液 状 化 被 害 が 深 刻 だった 千 葉 県 浦 安 市 では オリエンタルランドが 運 営 する 東 京 ディズニーシーの 施 設 メ ディテレーニアンハーバー の 水 を 近 隣 の 小 中 学 校 のトイレ 用 水 として 使 用 することを 発 表 しました 浦 安 市 では 断 水 が 発 生 しており トイレは 地 域 住 民 にも 解 放 されたということです デンソーは 完 成 間 近 だった 福 島 県 のデンソー 東 日 本 の 建 屋 を 地 域 住 民 約 2000 人 が 避 難 する 避 難 所 として 開 放 しました 加 えて 防 災 備 蓄 食 料 と 毛 布 の 提 供 も 実 施 しました また 東 芝 は 被 災 地 に 近 い 岩 手 東 芝 エレクトロニクス 株 式 会 社 や 北 芝 電 気 株 式 会 社 の 社 有 寮 の 入 浴 施 設 を 避 難 住 民 に 提 供 することを 発 表 しています 企 業 にとっては 地 元 地 域 が 大 事 なステークホルダーのひとつであり 上 記 のような 支 援 は 地 域 に 根 ざし た CSR の 取 組 みとして 地 域 住 民 から 大 いに 評 価 されることと 思 われます 2 Copyright 2011 NKSJ Risk Management, Inc. All rights reserved. 6

7 1.4. 社 員 のボランティア 活 動 震 災 をきっかけに 企 業 の 間 ではボランティア 休 暇 制 度 を 新 設 する 動 きが 広 がっています 各 企 業 が CSR を 前 面 に 打 ち 出 すと 同 時 に 社 員 からの 要 望 も 相 次 いでおり 企 業 が 果 たす 新 たな 役 割 に 期 待 が 高 まっていま す トリンプや SMBC 日 興 證 券 富 士 重 工 業 などでは 震 災 を 受 けてボランティア 休 暇 が 新 設 されました ま た オリックスグループではゴールデンウィーク 中 にボランティア 休 暇 も 組 み 合 わせたボランティアを 募 集 しました これは 会 社 側 が 費 用 や 備 品 の 準 備 や 現 地 での 手 配 を 行 っており 企 業 の 後 押 しが 際 立 った 事 例 です ボランティア 休 暇 制 度 自 体 は 以 前 から 導 入 している 企 業 もありますが 大 手 企 業 が 中 心 となっているのが 現 状 です 厚 生 労 働 省 が 実 施 した 平 成 19 年 就 労 条 件 総 合 調 査 3 ( 図 1)によると ボランティア 休 暇 があ ると 答 えた 企 業 は 4178 社 中 約 2.8%にとどまりました 従 業 員 1000 人 以 上 の 規 模 の 企 業 では 約 17.7%ですが 100 人 未 満 の 企 業 では 約 1.8%と 10 倍 近 い 開 きがありました また 平 成 21 年 に 厚 生 労 働 省 が 実 施 した 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 の 促 進 を 通 じた 仕 事 と 生 活 の 調 和 に 関 する 意 識 調 査 4 の 結 果 ( 図 2)を 見 ると 労 働 者 の 約 3 分 の 2 が 年 次 有 給 休 暇 取 得 にためらいを 感 じていることが 分 かり 休 暇 が 取 得 しづらい 環 境 にあるこ とも 問 題 視 されています 今 回 の 震 災 で 高 まったボランティア 活 動 への 関 心 をきっかけとして 企 業 側 も 従 業 員 が 積 極 的 にボランテ ィア 活 動 に 取 り 組 める 環 境 を 整 備 することが 望 まれます 従 業 員 数 30~99 人 1.80% 従 業 員 数 100~299 人 3.30% 従 業 員 数 300~999 人 6.60% 従 業 員 数 1000 人 以 上 17.70% 全 企 業 計 (4178 社 ) 2.80% 図 1. ボランティア 休 暇 制 度 の 導 入 状 況 0% 5% 10% 15% 20% Copyright 2011 NKSJ Risk Management, Inc. All rights reserved. 7

8 あまりためらいを 感 じない 25.6% まったくためらい を 感 じない 9.8% 無 回 答 0.5% ためらいを 感 じる 22.0% ややためらいを 感 じる 42.1% 図 2. 有 給 休 暇 取 得 に 対 する 意 識 について 1.5. その 他 上 記 以 外 にも 継 続 的 な 支 援 策 や 被 災 地 域 での 雇 用 創 出 を 打 ち 出 して 中 長 期 的 にわたる 復 興 支 援 に 乗 り 出 す 事 例 も 見 られました 1.1 でも 挙 げた 三 菱 商 事 の 三 菱 商 事 東 日 本 大 震 災 復 興 支 援 基 金 は 2015 年 3 月 末 までの 4 年 間 にわた る 復 興 支 援 計 画 を 発 表 しています キリンホールディングスでも 同 様 に 今 後 3 年 間 にわたる 資 金 提 供 を 発 表 し 被 災 地 の 復 興 にグループを 挙 げて 継 続 的 かつ 柔 軟 に 取 り 組 む 方 針 を 打 ち 出 しています また 日 興 ア セットマネジメントでは 2012 年 3 月 までの 間 運 用 する 投 資 信 託 ふるさと 紀 行 2020/ 正 式 名 称 : 日 本 公 共 債 ファンド 2020 から 受 け 取 る 委 託 者 報 酬 のすべてと 一 部 の 日 本 株 投 信 の 委 託 者 報 酬 の 50%を 支 援 金 とし て 供 出 することを 決 定 しました すかいらーくグループのように 震 災 発 生 後 から 継 続 的 に 避 難 所 への 食 料 支 援 活 動 を 行 う 例 もあります 被 災 地 において 雇 用 創 出 に 乗 り 出 す 企 業 も 現 れています 東 芝 は 東 北 地 方 でのコールセンター 機 能 の 強 化 などを 含 めて 様 々な 形 態 での 雇 用 を 創 出 するとしています また 住 友 林 業 やクボタなどが 被 災 地 支 援 の 一 環 として 被 災 地 域 での 採 用 枠 を 設 けて 雇 用 を 創 出 することを 発 表 しました 多 くの 企 業 が 相 次 いで 支 援 を 打 ち 出 したことは 社 会 的 責 任 社 会 貢 献 に 対 する 意 識 が 高 まっていること の 現 れであると 考 えられます また 多 くの 企 業 が 迅 速 な 対 応 策 を 打 ち 出 した 背 景 には 平 時 から 緊 急 事 態 に 備 えた 準 備 や 体 制 整 備 を 行 ってきたことがうかがえます 2. 今 後 企 業 に 求 められる 災 害 支 援 体 制 の 整 備 について 2010 年 11 月 に 組 織 の 社 会 的 責 任 に 関 する 規 格 である ISO26000 が 発 行 されました 規 格 の 名 称 は 社 会 的 責 任 に 関 する 手 引 き(Guidance on social responsibility) であり 企 業 に 限 らずあらゆる 種 類 の 組 織 が 推 奨 すべき 事 項 を 記 載 した 手 順 書 となっています この 中 で 組 織 が 果 たすべき 社 会 的 責 任 は 7 つの 中 核 主 題 ( 1. 組 織 統 治 2. 人 権 3. 労 働 慣 行 4. 環 境 5. 公 正 な 事 業 慣 行 6. 消 費 者 課 題 7. コミュニテ ィへの 参 画 及 びコミュニティの 発 展 )に 分 類 して 示 されています 災 害 時 の 復 興 支 援 活 動 も 企 業 が 果 たすべき 社 会 的 責 任 のひとつと 考 えることができます 企 業 は 災 害 の 状 況 を 的 確 に 把 握 し 被 災 地 のニーズに 柔 軟 かつ 継 続 的 な 支 援 を 行 うことが 求 められます また 自 社 の 本 業 と 関 連 した 支 援 活 動 を 行 うことで 被 災 地 と 企 業 双 方 にとって 効 果 的 な 対 応 を 行 うことが 可 能 となり 企 Copyright 2011 NKSJ Risk Management, Inc. All rights reserved. 8

9 業 のさらなる 発 展 信 頼 向 上 につながります ここでは ISO26000 の 考 え 方 に 則 り 今 後 企 業 に 求 められる 災 害 支 援 体 制 の 整 備 について 7 つの 中 核 主 題 のうち 特 に 関 わりの 深 い 組 織 統 治 労 働 慣 行 コミュニティへの 参 画 及 びコミュニティの 発 展 の 3 側 面 から 述 べていきます 2.1. 組 織 統 治 と 災 害 支 援 ISO26000 で 示 されている 組 織 統 治 とは 組 織 の 意 思 決 定 および 実 施 する 際 に 従 うシステムであり 組 織 が 社 会 的 責 任 を 果 たす 上 での 基 本 です 組 織 には 透 明 性 や 説 明 責 任 を 果 たすための 意 思 決 定 を 行 うことが 求 められています 今 回 の 震 災 においては 前 述 した 通 り 様 々な 企 業 が 様 々な 形 態 の 災 害 支 援 策 を 発 表 しました 多 くの 企 業 が 震 災 後 迅 速 に 何 らかの 対 応 を 打 ち 出 したことは 企 業 の 体 制 や 意 思 決 定 プロセスが 整 備 され 緊 急 時 にも 迅 速 に 対 応 できることの 現 れであると 言 えます 普 段 からトップが CSR を 意 識 し その 実 現 体 制 が 構 築 され ているからこそ 迅 速 かつ 的 確 な 対 応 が 可 能 となるのです 透 明 性 や 説 明 責 任 という 点 から 考 えると 企 業 には 拠 出 した 義 援 金 や 物 資 がどこでどのように 利 用 され それが 本 当 に 被 災 者 のためになったのか 効 果 を 測 定 し ステークホルダーに 対 して 情 報 提 供 を 行 うことが 重 要 になります 多 くの 企 業 は 義 援 金 や 物 資 の 規 模 や 送 付 先 をホームページ 上 などで 公 表 していますが 中 には 具 体 的 な 送 付 先 を 明 言 していないケースも 見 られました また 支 援 を 打 ち 出 したものの その 支 援 が どのような 影 響 を 与 えたのか インパクトを 評 価 したり 結 果 を 公 表 したりする 動 きは 現 時 点 では 見 られませ ん 大 々 的 に 支 援 を 表 明 したものの 後 から 振 り 返 るとただやみくもに 資 源 をばらまいていただけ という 結 果 になっては 本 末 転 倒 ですので 透 明 性 や 説 明 責 任 を 意 識 した 意 思 決 定 が 求 められます 自 然 災 害 が 多 発 する 地 域 で 操 業 する 企 業 の 中 には あらかじめ 災 害 の 際 に 寄 付 をする 金 額 や 送 付 先 を 決 め ておくなど 緊 急 事 態 に 対 応 する 体 制 を 事 前 に 整 備 している 例 があります 緊 急 事 態 に 適 切 な 支 援 策 を 指 示 するためのマニュアルや 仕 組 みが 事 前 に 整 えられていること 支 援 によってもたらされる 効 果 を 把 握 してス テークホルダーに 説 明 する 体 制 が 整 えられていることが 企 業 がこの 先 CSR に 取 り 組 む 中 でますます 重 要 視 されていくでしょう また 平 時 にもどのように 緊 急 事 態 に 取 り 組 むべきかを NPO 等 様 々な 組 織 と 意 見 交 換 し 準 備 することも 重 要 です 2.2. 労 働 慣 行 と 災 害 支 援 災 害 時 に 労 働 慣 行 の 面 から 企 業 が 対 応 すべき 課 題 は 社 員 のボランティア 参 加 を 推 奨 するなどといった 人 事 面 での 仕 組 みづくりや 被 災 地 での 雇 用 創 出 が 例 として 挙 げられます ボランティア 休 暇 制 度 については 1.4 でも 触 れた 通 り 企 業 がボランティア 休 暇 制 度 を 新 設 して 社 員 のボ ランティア 活 動 を 後 押 しする 動 きが 見 られたことは 喜 ばしいことです しかし 一 方 では 今 までも 制 度 は あるものの 一 部 企 業 のみでの 導 入 にとどまって 普 及 が 進 んでいなかった 実 態 や 休 暇 をとりづらい 雰 囲 気 が あることも 現 実 です 震 災 を 機 にボランティアに 対 する 意 識 は 高 まったことと 思 われますが これが 一 時 的 なものではなく この 先 震 災 復 興 支 援 以 外 のボランティア 活 動 にも 広 まるきっかけとなることが 望 まれま す そのためには 企 業 の 理 解 と 後 押 しが 重 要 となります また 被 災 地 の 復 興 には 雇 用 の 確 保 が 重 要 な 課 題 となります 1.5 でも 挙 げた 通 り 被 災 地 でのオペレー ション 強 化 という 意 味 も 含 めた 雇 用 創 出 や 被 災 地 域 での 採 用 枠 を 設 けて 雇 用 支 援 を 打 ち 出 す 企 業 も 現 れて います 今 後 復 興 関 連 産 業 の 需 要 拡 大 に 連 動 して 被 災 地 での 雇 用 が 拡 大 されていくことを 期 待 します Copyright 2011 NKSJ Risk Management, Inc. All rights reserved. 9

10 2.3. コミュニティと 災 害 支 援 自 らの 活 動 場 所 であるコミュニティと 良 好 な 関 係 をもつことやコミュニティの 発 展 に 貢 献 することは 組 織 にとって 重 要 な 課 題 です ISO26000 では コミュニティなど 組 織 と 関 わりのあるステークホルダーを 特 定 し コミュニティへの 参 画 教 育 および 文 化 の 振 興 雇 用 創 出 と 技 能 開 発 富 や 所 得 の 創 出 健 康 増 進 社 会 的 投 資 の 促 進 といった 具 体 的 なアクションが 求 められています 1.3 で 示 した 地 域 に 根 ざした 支 援 活 動 は 地 域 コミュニティと 良 好 な 関 係 を 築 いてコミュニティの 発 展 に 貢 献 した 例 です このほかにも 資 金 援 助 や 物 的 援 助 など 支 援 活 動 の 全 般 は 広 い 目 で 見 ればコミュニティへ の 貢 献 であると 言 えます 企 業 には 今 後 も 継 続 的 な 復 興 支 援 が 求 められます 震 災 直 後 は 資 金 援 助 や 物 的 援 助 など 被 災 地 の 窮 状 を 救 う 支 援 策 が 必 要 ですが 将 来 的 にはコミュニティの 自 立 発 展 を 後 押 しする 姿 勢 が 望 まれます 今 後 コ ミュニティの 要 望 調 査 を 行 うなどして 自 身 に 何 が 求 められているのか 本 業 で 培 ったノウハウをいかに 役 立 てることができるのかを 把 握 した 上 で 適 切 な 復 興 支 援 を 行 っていくことが 重 要 です おわりに 東 日 本 大 震 災 をきっかけに 企 業 として 社 会 に 貢 献 できることは 何 か という 課 題 を 強 く 意 識 した 企 業 が 多 いことと 思 われます 震 災 後 の 企 業 の 対 応 からは 多 くの 企 業 の 間 に 本 業 を 通 じた 支 援 活 動 を 行 うという 考 え 方 が 根 付 いていることがうかがえ CSR に 対 する 意 識 が 広 く 浸 透 していることが 分 かりました 今 回 の 震 災 は 地 震 津 波 原 発 事 故 の 多 重 災 害 であり 復 興 には 相 当 の 期 間 を 要 することが 予 測 されることから 今 後 とも 継 続 的 に 支 援 を 行 っていくことを 期 待 します 海 外 では 企 業 の 社 会 貢 献 活 動 をチャリティ( 慈 善 )ではなくコミュニティへの 投 資 と 考 え コミュニテ ィが 活 性 化 することが 様 々な 分 野 でリターンを 生 むとする コミュニティ 投 資 という 考 え 方 が 浸 透 してい ますが 今 回 の 震 災 で 企 業 が 行 った 支 援 活 動 も コミュニティ 投 資 のひとつであると 考 えることができます 企 業 がその 資 源 を 使 って 投 資 を 行 うからには 資 本 の 使 い 道 や 資 本 投 入 の 効 果 についての 透 明 性 や 説 明 責 任 が 重 要 な 課 題 となります 企 業 には 地 域 のニーズや 課 題 を 把 握 した 上 で 継 続 的 な 支 援 活 動 を 実 施 すること により 社 会 的 責 任 を 果 たすという 役 割 が 期 待 されます 参 考 資 料 : 1. 東 洋 経 済 オンライン, 経 営 実 務 災 害 時 に 見 る CSR のあり 方 1/2(2011 年 3 月 24 日 掲 載 ) (http://www.toyokeizai.net/business/management_business/detail/ac/8279a570715e15a65f1363b99c505e8c/page/3/) 2. 関 正 雄, 2011 年 4 月, ISO26000 を 読 む, 日 科 技 連 出 版 社 3. 日 本 経 団 連 社 会 貢 献 推 進 委 員 会 編, 2008 年 7 月, CSR 時 代 の 社 会 貢 献 活 動, 日 本 経 団 連 出 版 4. サンケイビズ, 東 日 本 大 震 災 ボランティア 休 暇 続 く 需 要 企 業 の 対 応 必 要 (2011 年 5 月 18 日 掲 載 ) (http://www.sankeibiz.jp/econome/news/110512/ecd n1.htm) 5. 東 洋 経 済 オンライン, ただ 寄 付 するだけではダメ! 企 業 の 社 会 貢 献 にはコミュニティ 投 資 という 考 え 方 が 必 要 (2011 年 5 月 6 日 掲 載 ) (http://www.toyokeizai.net/business/management_business/detail/ac/3fe17fd7b7463c5a4aa373d330dc9e3a/) Copyright 2011 NKSJ Risk Management, Inc. All rights reserved. 10

11 執 筆 者 紹 介 吉 崎 敦 子 Atsuko Yoshizaki 研 究 開 発 部 主 任 研 究 員 専 門 は CSR, 自 然 災 害 リスク 評 価 NKSJ リスクマネジメントについて NKSJ リスクマネジメント 株 式 会 社 は 損 保 ジャパンと 日 本 興 亜 損 保 を 中 核 とする NKSJ グループのリスクコンサルティ ング 会 社 です 全 社 的 リスクマネジメント(ERM) 事 業 継 続 (BCM BCP) 火 災 爆 発 自 然 災 害 CSR 環 境 セ キュリティ 製 造 物 責 任 (PL) 労 働 災 害 医 療 介 護 安 全 および 自 動 車 事 故 防 止 などに 関 するコンサルティング サー ビスを 提 供 しています 詳 しくは NKSJ リスクマネジメントのウェブサイト(http://www.nksj-rm.co.jp/)をご 覧 くださ い 本 レポートに 関 するお 問 合 わせ 先 NKSJ リスクマネジメント 株 式 会 社 研 究 開 発 部 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 エステック 情 報 ビル TEL: Copyright 2011 NKSJ Risk Management, Inc. All rights reserved. 11

(3) 事 前 対 策 リスト( 自 助 ) 家 の 中 の 安 全 避 難 救 水 や 食 料 避 難 生 活 用 品 家 具 が 転 倒 しないように 固 定 する 耐 震 診 断 耐 震 補 強 をする 寝 室 には 家 具 を 置 かないか 寝 床 に 向 かって 転 倒 しないようにする

(3) 事 前 対 策 リスト( 自 助 ) 家 の 中 の 安 全 避 難 救 水 や 食 料 避 難 生 活 用 品 家 具 が 転 倒 しないように 固 定 する 耐 震 診 断 耐 震 補 強 をする 寝 室 には 家 具 を 置 かないか 寝 床 に 向 かって 転 倒 しないようにする 6. 事 前 対 策 リスト 災 害 時 の 応 急 対 応 を 効 果 的 に 行 えるよう 1 事 前 対 策 リスト( 自 助 )と 2 事 前 対 策 リスト( 共 助 )を 考 えましょう 2 事 前 対 策 リスト( 共 助 )は 第 3 回 ワークショップの 議 論 をもとに 災 害 対 応 の 特 に 優 先 度 の 高 い 活 動 とそのための 事 前 対 策 をテーマ 毎 に 検

More information

Microsoft Word - 01_表紙.doc

Microsoft Word - 01_表紙.doc 都 内 区 市 町 村 の 妊 婦 乳 幼 児 に 関 連 した 防 災 対 策 調 査 平 成 19 年 2 月 東 京 都 < 調 査 の 概 要 > 本 調 査 は 都 内 区 市 町 村 の 妊 婦 及 び 乳 幼 児 に 対 する 防 災 対 策 事 業 の 実 施 状 況 について 把 握 し 今 後 の 区 市 町 村 における 地 域 防 災 計 画 の 改 訂 や 各 種 マニュ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031323039313494F093EF8F8A8C9F93A288CF88F589EF91E688EA959482CC8C9F93A28C8B89CA816991E6825489F18C9F93A288CF88F589EF8E9197BF816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031323039313494F093EF8F8A8C9F93A288CF88F589EF91E688EA959482CC8C9F93A28C8B89CA816991E6825489F18C9F93A288CF88F589EF8E9197BF816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 第 5 回 三 条 市 避 難 所 検 討 委 員 会 資 料 三 条 市 避 難 所 検 討 委 員 会 避 難 所 検 討 委 員 会 第 一 部 の 検 討 結 果 命 を 守 る 避 難 所 のあり 方 1 見 直 しにあたっての 基 本 的 な 考 え 方 2 選 定 基 準 3 選 定 方 法 4 開 設 運 営 方 法 5 物 資 及 び 機 能 三 条 市 三 条 市 避 難 所 検

More information

災 害 対 策 マニュアル 災 害 への 対 策 として まず 事 前 にさまざまな 準 備 をしておくことが 挙 げられます ここに 災 害 への 事 前 対 策 として 確 認 しておくとよい 項 目 をまとめました いざという 時 の 備 えを 万 全 にしておくために ぜひご 活 用 くださ

災 害 対 策 マニュアル 災 害 への 対 策 として まず 事 前 にさまざまな 準 備 をしておくことが 挙 げられます ここに 災 害 への 事 前 対 策 として 確 認 しておくとよい 項 目 をまとめました いざという 時 の 備 えを 万 全 にしておくために ぜひご 活 用 くださ 徳 島 県 看 護 協 会 災 害 対 策 マニュアル 災 害 対 策 マニュアル 災 害 への 対 策 として まず 事 前 にさまざまな 準 備 をしておくことが 挙 げられます ここに 災 害 への 事 前 対 策 として 確 認 しておくとよい 項 目 をまとめました いざという 時 の 備 えを 万 全 にしておくために ぜひご 活 用 ください 1 施 設 設 備 の 点 検 表 1 平

More information

広 域 振 興 局 等 避 難 所 の 状 況 避 難 所 として 設 置 されたのは 学 校 の 体 育 館 地 区 集 会 所 等 の 施 設 であった が 毛 布 ストーブ 等 の 備 えがない 所 が 多 数 あった 避 難 施 設 の 床 に 直 接 寝 るため 眠 れる 環 境 でなかっ

広 域 振 興 局 等 避 難 所 の 状 況 避 難 所 として 設 置 されたのは 学 校 の 体 育 館 地 区 集 会 所 等 の 施 設 であった が 毛 布 ストーブ 等 の 備 えがない 所 が 多 数 あった 避 難 施 設 の 床 に 直 接 寝 るため 眠 れる 環 境 でなかっ 1 食 料 品 生 活 必 需 品 等 供 給 県 市 町 村 ~ 何 があったか どう 対 応 したか ~ 県 本 庁 速 やかな 物 資 供 給 が 困 難 発 災 当 初 においては 通 信 が 途 絶 し 避 難 者 のニーズはもちろんのこと 避 難 者 がどこに 避 難 しているのかさえ 把 握 が 困 難 であったことや 道 路 の 寸 断 市 町 村 職 員 の 被 災 等 により 被

More information

別 表 1 緊 急 事 態 発 生 時 の 対 処 救 急 及 び 緊 急 連 絡 体 制 事 件 事 故 発 生 大 切 なポイント 1. 子 どもの 安 全 確 保 生 命 維 持 最 優 先 2. 冷 静 で 的 確 な 判 断 と 指 示 3. 適 切 な 対 処 と 迅 速 正 確 な 連

別 表 1 緊 急 事 態 発 生 時 の 対 処 救 急 及 び 緊 急 連 絡 体 制 事 件 事 故 発 生 大 切 なポイント 1. 子 どもの 安 全 確 保 生 命 維 持 最 優 先 2. 冷 静 で 的 確 な 判 断 と 指 示 3. 適 切 な 対 処 と 迅 速 正 確 な 連 防 災 マニュアル 別 表 一 覧 緊 急 事 態 発 生 時 の 対 処 救 急 及 び 緊 急 連 絡 体 制 ( 別 表 1) 災 害 時 の 役 割 分 担 表 ( 別 表 2) 職 員 緊 急 連 絡 体 制 ( 別 表 3) 緊 急 連 絡 先 一 覧 表 ( 別 表 4) 職 員 召 集 参 集 基 準 ( 別 表 5) 園 児 情 報 一 覧 表 ( 別 表 6) 避 難 経 路 図

More information

平成25年台風18号の特徴と防災気象情報――初の特別警報発表

平成25年台風18号の特徴と防災気象情報――初の特別警報発表 95 平 成 25 年 台 風 18 号 の 特 徴 と 防 災 気 象 情 報 初 の 特 別 警 報 発 表 水 田 潤 Jun Mizuta リスクエンジニアリング 事 業 本 部 主 席 コンサルタント 佐 々 木 亮 Ryo Sasaki リスクエンジニアリング 事 業 本 部 主 任 コンサルタント はじめに 2013 年 9 月 16 日 午 前 8 時 前 愛 知 県 豊 橋 市 に

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信 災 害 時 透 析 業 務 支 援 ボランティア 活 動 マニュアル ver.1.10 2014 年 6 月 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 災 害 対 策 委 員 会 < 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 事 業 計 画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 ( 以 下 慶 福 苑 という )は 利 用 定 100 床 の 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 及 び 利 用 定 4 床 の 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 所 としての 認 可 を 受 け 施 設 運 営 を 行 っています 平 成 27 年 度 国 の 介

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

Microsoft Word - 新規 Microsoft Word 文書.docx

Microsoft Word - 新規 Microsoft Word 文書.docx ss 震 災 と 生 活 保 護 制 度 Q&A 作 成 : 生 活 保 護 問 題 対 策 全 国 会 議 Q1( 避 難 所 での 生 活 保 護 受 給 ) 私 は 今 避 難 所 で 生 活 しています 生 活 保 護 の 申 請 に 行 ったら 炊 き 出 し 配 給 等 に よって 最 低 生 活 が 確 保 されているし 居 住 地 ( 被 災 地 )と 離 れているからダメと 言 われま

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477>

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477> 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 編 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 推 進 計 画 の 目 的 1 第 2 防 災 関 係 機 関 が 地 震 発 生 時 の 災 害 応 急 対 策 として 行 う の 大 綱 1 第 2 章 関 係 者 との 連 携 協 力 の 確 保 11 第 1 資 機 材 人 員 等 の 配 備 手 配 11 第 2 他 機 関 に 対 する

More information

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分)

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分) ( 別 表 ) 日 本 標 準 産 分 類 の 分 類 項 目 と 類 似 種 比 準 価 額 計 算 上 の 種 目 との 対 比 表 ( 平 成 21 年 分 ) A B C 農, 林 01 農 011 耕 種 農 012 畜 産 農 013 農 ( 園 芸 を 除 く) 014 園 芸 02 林 021 育 林 022 素 材 生 産 023 特 用 林 産 物 生 産 (きのこ 類 の 栽

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73>

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73> 資 料 2-5 岩 手 県 地 域 防 災 対 策 見 直 し 素 案 に 係 るパブリック コメント 意 見 件 数 及 び 対 応 状 況 1 意 見 件 数 受 付 方 法 人 数 ( 人 機 ) 意 見 件 数 ( 件 ) 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 郵 便 ( 持 参 を 含 む) 0 0 ファクシミリ 1 2 2 5 1 4 2 7 電

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874638332D38392091E68251959481408755814082A282AB82A282AB82C682B582BD8CC290AB82A082E982DC82BF8171825081728CC290AB82F08A8882A982B582BD82DC82BF82C382AD82E882CC9084906920355F315F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874638332D38392091E68251959481408755814082A282AB82A282AB82C682B582BD8CC290AB82A082E982DC82BF8171825081728CC290AB82F08A8882A982B582BD82DC82BF82C382AD82E882CC9084906920355F315F2E646F63> . 防 災 () 災 害 救 助 物 資 備 蓄 状 況 [ 行 政 計 画 ] ア. 集 中 管 理 分 ( 区 備 蓄 倉 庫 等 保 管 ) 食 糧 品 その 他 避 難 所 清 川 清 車 上 野 7 丁 目 台 東 複 合 生 涯 学 習 浅 草 公 会 堂 橋 場 忍 岡 中 庫 災 施 設 防 災 施 設 防 災 センター 防 災 防 災 防 災 備 蓄 施 設 防 災 備 蓄 倉 庫

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

中 期 経 営 計 画 に 示 されている ゆうちょ 銀 行 のビジネスモデルの 方 向 性 中 期 経 営 計 画 ( 平 成 27 年 4 月 )に 記 載 されている ゆうちょ 銀 行 の 様 々な 方 策 を 大 きく 分 類 すると 以 下 の3つの 方 向 性 となる 1. 資 金 運

中 期 経 営 計 画 に 示 されている ゆうちょ 銀 行 のビジネスモデルの 方 向 性 中 期 経 営 計 画 ( 平 成 27 年 4 月 )に 記 載 されている ゆうちょ 銀 行 の 様 々な 方 策 を 大 きく 分 類 すると 以 下 の3つの 方 向 性 となる 1. 資 金 運 資 料 137-1-2 ご 説 明 資 料 平 成 27 年 9 月 11 日 金 融 庁 中 期 経 営 計 画 に 示 されている ゆうちょ 銀 行 のビジネスモデルの 方 向 性 中 期 経 営 計 画 ( 平 成 27 年 4 月 )に 記 載 されている ゆうちょ 銀 行 の 様 々な 方 策 を 大 きく 分 類 すると 以 下 の3つの 方 向 性 となる 1. 資 金 運 用 リスク

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交 平 成 22 年 度 寒 河 江 市 一 般 会 計 当 初 予 算 ( 案 )の 概 要 予 算 規 模 (22 年 2 月 19 日 現 在 ) 一 般 会 計 当 初 予 算 額 対 前 年 度 比 147 億 6 千 万 円 7 億 円 5.0% 増 (3 年 連 続 で 増 ) 平 成 22 年 度 予 算 のポイント 予 算 編 成 上 の 重 点 テーマ 緊 急 雇 用 創 出 事 業

More information

<95CA8DFB825795C52E656337>

<95CA8DFB825795C52E656337> 1 各 会 当 初 予 算 の 概 要 町 には 一 般 会 のほか 3つの 特 別 会 2つの 企 業 会 があり 平 成 26 年 度 において は 3 月 6 日 開 会 の 第 1 回 定 例 町 議 会 に 提 案 され 3 月 13 日 に 可 決 成 立 しましたので そ の 内 容 をお 知 らせします はじめに 一 般 会 やそれぞれの 会 の 内 容 について 説 明 します 会

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

久留米市地域防災計画

久留米市地域防災計画 久 留 米 市 地 域 防 災 計 画 ( 地 震 対 策 編 ) 平 成 26 年 8 月 久 留 米 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 節 災 害 体 制 の 確 立 第 1 体 制 の 設 置 配 備 動 員 1 第 2 災 害 警 戒 本 部 3 第 3 災 害 対 策 本 部 4 第 2 節 情 報 の 収 集 関 係 機 関 等 への 伝 達

More information

申 告 書 の 書 き 方 1 収 入 金 額 等 欄 所 得 の 種 類 ごとに 前 年 中 の 収 入 金 額 を 記 入 します 収 入 金 額 とは 収 入 する 権 利 が 確 定 した 金 額 のことで 未 収 入 金 や 自 家 消 費 分 も 含 まれます なお 給 与 事 業 専

申 告 書 の 書 き 方 1 収 入 金 額 等 欄 所 得 の 種 類 ごとに 前 年 中 の 収 入 金 額 を 記 入 します 収 入 金 額 とは 収 入 する 権 利 が 確 定 した 金 額 のことで 未 収 入 金 や 自 家 消 費 分 も 含 まれます なお 給 与 事 業 専 平 成 27 年 度 の 申 告 の 手 引 き 申 告 の 必 要 がある 方 平 成 27 年 度 1 月 1 日 現 在 において 市 内 に 住 所 がある 方 は 次 の(1)から(3)に 該 当 する 方 を 除 き 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分 ) 申 告 書 を 市 役 所 に 提 出 していただく 必 要 があります (1) の 確 定 申 告 書 を 提 出 した

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 ( 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 分 ) 事 業 災 害 時 における 特 別 養 護 老 人 ホームの リスクマネジメント 調 査 研 究 事 業 報 告 書 別 冊 資 料 公 益 社 団 法 人 全 国 老 人 福 祉 施 設 協 議 会 / 老 施 協 総 研 はじめに 本 書 は 災 害 時 における

More information

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4)

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4) 経 営 強 化 計 画 (ダイジェスト 版 ) ( 金 融 機 能 の 強 化 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 第 12 条 ) 平 成 28 年 6 月 目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3)

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

協働推進計画(案)

協働推進計画(案) 第 2 章 施 策 の 展 開 基 本 方 針 Ⅰ 協 働 のまちづくりの 担 い 手 を 育 成 します ねらい 協 働 のまちづくりでは まちを 構 成 する 様 々な 主 体 が 各 々の 役 割 を 認 識 して 行 動 するこ とが 必 要 です まちづくりの 担 い 手 としては 条 例 で 定 めた4 者 ( 市 民 市 民 活 動 団 体 事 業 者 市 )のほかにも 大 学 などの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A> 西 原 市 の 防 災 体 制 現 況 体 制 施 設 設 備 市 役 所 は 市 中 央 部 の 市 街 地 にある 庁 舎 は 東 棟 ( 昭 和 54 年 建 築 のRC5 階 建 ) と 西 棟 ( 平 成 10 年 建 築 のRC7 階 建 )に 分 かれてる 災 害 対 策 本 部 は 西 棟 2 階 の 共 用 会 議 室 に 設 置 される 職 員 数 :600 名 (うち 消 防

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

注 記 事 項 (1) 四 半 期 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 無 (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 有 2 1

注 記 事 項 (1) 四 半 期 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 無 (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 有 2 1 平 成 29 年 2 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 非 連 結 ) 平 成 28 年 7 月 8 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 薬 王 堂 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3385 URL http://www.yakuodo.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 西 郷 辰 弘 問 合 せ 先

More information

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する 第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 )の 適 用 申 請 及 び 救 助 等 の 実 施 を 適 切 に 行 うことを 目 的 とする 第 2 節 災 害 救 助 法 の 適 用 県 は

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

自転車事故の実態と安全な乗り方

自転車事故の実態と安全な乗り方 NKSJ-RM 65 Mikogami Masami 20 1. 1.1. 22 2010 15,000 15 10 12 2000 15.1 16 2004 16.0 16.812 22 24 14 10 Copyright 2011 NKSJ Risk Management, Inc. All rights reserved. 1 NKSJ-RM Issue 65 2011 12 20 60%

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

Microsoft Word - Ver最終.doc

Microsoft Word - Ver最終.doc 災 害 支 援 薬 剤 師 のための 手 引 き 平 成 25 年 3 月 埼 玉 県 薬 剤 師 会 職 能 対 策 学 薬 委 員 会 災 害 支 援 検 討 部 会 目 次 1 災 害 医 療 支 援 体 制 について 2 頁 2 支 援 する 活 動 地 域 について 2 頁 3 災 害 医 療 支 援 本 部 について 2 頁 4 先 遣 班 について 3 頁 5 現 地 派 遣 班 :

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

ウ 都 市 計 画 税 エ 軽 自 動 車 税 オ 国 保 税 カ 入 湯 税 2 終 期 設 定 されている 補 助 金 交 付 金 は 原 則 終 期 をもって 終 了 する ( 補 助 対 象 外 経 費 ) 第 4 条 補 助 対 象 外 経 費 は 次 の 各 号 に 掲 げるものとする

ウ 都 市 計 画 税 エ 軽 自 動 車 税 オ 国 保 税 カ 入 湯 税 2 終 期 設 定 されている 補 助 金 交 付 金 は 原 則 終 期 をもって 終 了 する ( 補 助 対 象 外 経 費 ) 第 4 条 補 助 対 象 外 経 費 は 次 の 各 号 に 掲 げるものとする 飯 山 市 補 助 金 等 交 付 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 市 が 支 出 する 補 助 金 等 について 補 助 金 等 の 透 明 性 公 共 性 及 び 公 益 性 の 一 層 の 向 上 を 図 ることにより 補 助 金 等 の 適 正 化 と 効 果 的 かつ 効 率 的 な 運 用 を 確 保 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 基

More information

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実 社 会 福 祉 法 人 やまゆり 福 祉 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 1. 法 人 経 営 の 原 則 の 遵 守 当 法 人 は 平 成 25 年 度 事 業 を 執 行 するに 際 し 法 人 定 款 第 3 条 に 規 定 する 法 人 経 営 の 原 則 を 遵 守 する 法 人 定 款 ( 経 営 の 原 則 ) 第 3 条 当 法 人 は 社 会 福 祉 事 業 の 主

More information

資 産 の 種 類 1 資 産 の 種 類 5 構 築 物 建 物 附 属 設 備 車 両 運 搬 具 構 築 物 細 目 耐 用 年 数 構 造 用 途 細 目 耐 用 年 数 舗 装 道 路 及 び コンクリート ブロック 敷 15 フォークリフト 4 舗 装 路 面 アスファルト 敷 10 ト

資 産 の 種 類 1 資 産 の 種 類 5 構 築 物 建 物 附 属 設 備 車 両 運 搬 具 構 築 物 細 目 耐 用 年 数 構 造 用 途 細 目 耐 用 年 数 舗 装 道 路 及 び コンクリート ブロック 敷 15 フォークリフト 4 舗 装 路 面 アスファルト 敷 10 ト 主 な 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 表 ( 固 定 資 産 税 における 耐 用 年 数 ) 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 )における 耐 用 年 数 は 総 務 大 臣 の 告 示 である 固 定 資 産 評 価 基 準 で 定 められており 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 ( 昭 和 40 年 大 蔵 省 令 第 15 号 )の 別 表 に

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

(連結)調査レポート2014・12_No171_cs5.indb

(連結)調査レポート2014・12_No171_cs5.indb 2014.12 No. 171 県 内 勤 労 者 の 消 費 貯 蓄 動 向 ~ 第 52 回 くらしのアンケートから~ 要 約 1 1 家 計 の 状 況 3 2 今 冬 の 買 物 計 画 4 3 おけいこ 事 塾 サークル 6 4 貯 蓄 7 5 ローン 等 の 利 用 9 6 冬 季 ボーナス 10 7 お 歳 暮 12 8 冬 休 み 年 末 年 始 の 過 ごし 方 14 要 約 1.

More information

会 津 美 里 町 災 害 時 備 蓄 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1 1. 本 計 画 の 位 置 付 け 2. 基 本 的 な 考 え 方 3. 行 政 備 蓄 の 対 象 人 口 Ⅱ. 備 蓄 品 目 4 1. 食 料 飲 料 水 2. 生 活 必 需 品 3. 避 難 所 資 器 材 4.

会 津 美 里 町 災 害 時 備 蓄 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1 1. 本 計 画 の 位 置 付 け 2. 基 本 的 な 考 え 方 3. 行 政 備 蓄 の 対 象 人 口 Ⅱ. 備 蓄 品 目 4 1. 食 料 飲 料 水 2. 生 活 必 需 品 3. 避 難 所 資 器 材 4. 会 津 美 里 町 災 害 時 備 蓄 計 画 平 成 27 年 3 月 会 津 美 里 町 会 津 美 里 町 災 害 時 備 蓄 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1 1. 本 計 画 の 位 置 付 け 2. 基 本 的 な 考 え 方 3. 行 政 備 蓄 の 対 象 人 口 Ⅱ. 備 蓄 品 目 4 1. 食 料 飲 料 水 2. 生 活 必 需 品 3. 避 難 所 資 器 材 4. 水 防

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A> X 県 の 防 災 体 制 現 況 体 制 県 庁 は 東 川 市 中 央 部 の 市 街 地 にある 庁 舎 は1 号 庁 舎 ( 平 成 5 年 建 築 のRC11 階 建 ) 2 号 庁 舎 ( 平 成 10 年 建 築 のRC8 階 建 )に 分 かれている 1 号 庁 舎 1 階 に 災 害 対 策 本 部 室 を 常 設 災 害 対 策 本 部 は 災 害 対 策 本 部 室 に 設 置

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

⑵ 事 務 所 内 の 緊 急 連 絡 網 1 事 務 所 職 員 全 員 の 住 所 緊 急 時 の 連 絡 先 電 話 番 号 ( 携 帯 電 話 も 含 む) 番 号 等 の 一 覧 表 を 作 成 する 2 知 り 合 いの 税 理 士 の 一 覧 表 を 作 成 する (1の 一 覧 表

⑵ 事 務 所 内 の 緊 急 連 絡 網 1 事 務 所 職 員 全 員 の 住 所 緊 急 時 の 連 絡 先 電 話 番 号 ( 携 帯 電 話 も 含 む) 番 号 等 の 一 覧 表 を 作 成 する 2 知 り 合 いの 税 理 士 の 一 覧 表 を 作 成 する (1の 一 覧 表 事 務 所 編 第 1 章 広 域 災 害 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 現 在 東 海 大 地 震 の 切 迫 性 が 叫 ばれ また 風 水 害 や 火 災 もいつ 発 生 するかわからない 状 態 にある 従 って 会 員 一 人 ひとりにおいても 災 害 を 想 定 した 広 域 災 害 対 策 を 講 ずる 必 要 がある ものと 思 われる そこで 本 会 は 以 下 の 基

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 に 関 する 要 望 平 成 23 年 3 月 31 日 日 本 商 工 会 議 所 去 る3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 巨 大 な 津 波 を 伴 い 沿 海 部 を 壊 滅 的 に 破 壊 するとともに 東 北 から 関 東 にわたる 広 い 範 囲 に 甚 大 な 被 害 をもたらした 地 震 津 波 原 発 事 故

More information

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,796,000 千 円 と 定 め る 2 歳

More information

の 事 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 2 宅 配 給 食 サービス 事 ( 尾 張 旭 市 委 託 事 ) 尾 張 旭 市 旭 ヶ 丘 町 濁 池 11-18 平 成 13 年 12 月 1 日 1 介 護 保 険

の 事 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 2 宅 配 給 食 サービス 事 ( 尾 張 旭 市 委 託 事 ) 尾 張 旭 市 旭 ヶ 丘 町 濁 池 11-18 平 成 13 年 12 月 1 日 1 介 護 保 険 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホームペー ジアドレス 代 表 者 氏 名 林 幸 雄 国 祉 法 人 旭 会 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 27 年 月 1 日 現 在 88-008 愛 知 県 尾 張 旭 市 旭 ヶ 丘 町 濁 池 11-18 電 話 番 号 061-1 - 222 FAX

More information

88

88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 87 88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 1 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 (1) 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活 用 生 活 に 関 する 不 安 の 解 消 や 寝 たきりにならないための 予 防 事 業 を 推 進 する 場 として 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 業 12 12 にしき 園 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 あさぎりホーム 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 球 磨 郡 錦 町 大 字 木 上 北

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 業 12 12 にしき 園 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 あさぎりホーム 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 球 磨 郡 錦 町 大 字 木 上 北 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 http://nisikien.com/ 氏 名 洋 香 会 田 中 澄 子 年 齢 公 表 / 非 公 表 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 7 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 28 年 月 1 日 現 在 868-31 熊 本 県 球 磨 郡 錦 町 大 字 木 上

More information

防災年報

防災年報 知 多 市 防 災 年 報 平 成 28 年 版 ( 平 成 27 年 度 実 績 ) 知 多 市 総 合 防 災 訓 練 ( 新 知 小 学 校 ) 目 次 Ⅰ 災 害 の 記 録 1 風 水 害 編 (1) 東 海 地 方 の 気 象 の 概 要 1 (2) 知 多 市 の 災 害 ( 風 水 害 )の 記 録 3 2 地 震 編 (1) 愛 知 県 内 における 地 震 の 概 要 4 (2)

More information

広島市こども文化科学館受入案内業務仕様書

広島市こども文化科学館受入案内業務仕様書 広 島 市 こども 文 化 科 学 館 受 入 案 内 業 務 仕 様 書 1 業 務 実 施 日 時 (1) 業 務 日 及 び 業 務 体 制 別 表 のとおり 注 1) 配 置 人 員 は 業 務 実 施 期 間 中 における 当 該 業 務 の 最 低 人 員 とし 必 要 な 配 置 人 員 については 発 注 者 及 び 受 注 者 協 議 のうえ 決 定 すること 注 2) 発 注 者

More information

実 施 場 所 いきいきサロン: 大 阪 市 立 南 市 岡 小 学 校 多 目 的 室 ネットワーク 委 員 会 : 大 阪 市 港 区 南 市 岡 2 丁 目 7 番 18 号 南 市 岡 会 館 老 人 憩 の 家 実 施 日 時 いきいきサロン: 毎 月 第 2 火 曜 日 13:30~15

実 施 場 所 いきいきサロン: 大 阪 市 立 南 市 岡 小 学 校 多 目 的 室 ネットワーク 委 員 会 : 大 阪 市 港 区 南 市 岡 2 丁 目 7 番 18 号 南 市 岡 会 館 老 人 憩 の 家 実 施 日 時 いきいきサロン: 毎 月 第 2 火 曜 日 13:30~15 初 年 度 事 業 計 画 書 成 立 の 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 まで 特 定 非 営 利 活 動 法 人 南 市 岡 地 域 活 動 協 議 会 Ⅰ 事 業 の 実 施 方 針 設 立 初 年 度 にあたり 法 人 としての 組 織 基 盤 を 確 立 するため 法 人 の 活 動 内 容 について 積 極 的 な 広 報 活 動 を 行 ない 会 員 の 拡 大 を 目

More information

外国人技能実習制度について

外国人技能実習制度について ( 別 添 ) 外 国 人 技 能 実 習 制 度 について 技 能 実 習 生 の 受 け 入 れを 希 望 する 場 合 実 習 実 施 機 関 ( 病 院 等 受 入 れ 施 設 )には 次 の 業 務 及 び 費 用 等 が 発 生 いたしますので 以 下 の 事 項 にご 留 意 ください 以 下 は 現 在 の 法 令 等 に 基 づいたものであり 今 後 法 令 等 の 改 正 により

More information

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 入 居 案 内 11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 点 から 日 本 人 学 生 及 び 外

More information

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc 平 成 22 年 3 月 18 日 三 田 市 議 会 議 長 檜 田 充 様 予 算 特 別 委 員 会 委 員 長 厚 地 弘 行 予 算 特 別 委 員 会 審 査 報 告 書 本 委 員 会 は 平 成 22 年 3 月 4 日 に 付 託 された 議 案 を 審 査 の 結 果 下 記 のとおり 決 定 した ので 会 議 規 則 第 77 条 の 規 定 により 報 告 します 記 議

More information

H28知事・国立あて

H28知事・国立あて 28 文 科 初 第 409 号 平 成 28 6 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 殿 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 長 小 松 親 次 郎 ( 印 影 印 刷 ) 平 成 28 度 学 校 給 食 表 彰 に 関 する 被 表 彰 候 補 者 の 推 薦 について( 依 頼 ) 文 部 科 学 省 では 学

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

koureisya28_honbun_アウト前_e_PDF.indd

koureisya28_honbun_アウト前_e_PDF.indd サービス 食 事 サービス ( 食 の 自 立 支 援 事 業 ) 1 越 前 市 の 高 齢 者 福 祉 サービス 週 1 回 弁 当 を 自 宅 までお 届 けし その 際 に 体 調 に 異 常 がないか などの 安 否 を 確 認 します 事 業 者 水 仙 園 27-2155( 火 曜 金 曜 祝 日 可 ) 第 2 和 上 苑 25-6400( 水 曜 祝 日 不 可 ) 和 上 苑 23-1114(

More information

公 益 事 業 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 業 者 等 との 連 絡 調 整 を

公 益 事 業 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 業 者 等 との 連 絡 調 整 を Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 社 会 福 祉 法 人 美 照 福 祉 会 氏 名 伊 東 勉 年 齢 / 非 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 66 77-871 徳 島 市 金 沢 一 丁 目 5 番 79-7 号 電 話 番 号 88-664 - 281 FAX 番 号 88-664 - / 非 社 会 福 祉 法 人

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

核攻撃等(N攻撃)

核攻撃等(N攻撃) 核 兵 器 攻 撃 ( 放 射 性 物 質 を 用 いた 攻 撃 を 含 む ) 資 料 2-1 国 民 の 保 護 に 関 する 基 本 指 針 ( 基 本 指 針 )における 核 兵 器 攻 撃 の 際 の 避 難 のポイント( 国 民 保 護 室 で 整 理 ) 特 徴 核 爆 発 による 熱 線 爆 風 及 び 初 期 核 放 射 線 によって 被 害 を 受 ける 熱 線 爆 風 などで

More information

mono【集約版】熊本地震に係る支援状況(H28.05.13 1430時現在)

mono【集約版】熊本地震に係る支援状況(H28.05.13 1430時現在) 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 係 る 支 援 状 況 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 県 ( 被 災 地 への 支 援 ) 区 分 依 頼 元 担 当 課 支 援 内 容 対 応 状 況 1 人 的 厚 生 労 働 省 医 療 政 策 課 県 立 病 院 課 DMAT( 災 害 派 遣 医 療 チーム)の 派 遣 島 根 DMAT1 次 隊 4/16:10 隊 52 名 を 派

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及 (2) 安 全 安 心 なまちト 目 的 (めざす 姿 ) あらゆる 災 害 事 故 等 から 市 民 の 貴 重 な 人 命 と 財 産 を 守 ります 戦 略 的 視 点 と 目 標 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 を 踏 まえ 災 害 や 緊 急 事 態 を 想 定 したハード ソフト 両 面 の 防 災 緊 急 対 策 を 講 じるとともに 日 々の 暮 らしにおける 安 全 と 市 民

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CDG CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 4 日 株 式 会 社 CDG 代 表 取 締 役 社 長 大 平 孝 問 合 せ 先 :06-6133-5200 証 券 コード:2487 http://www.cdg.co.jp Ⅰコーポレート

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 質 問 通 告 書 平 成 28 年 6 月 定 例 会 1 番 松 尾 数 則 議 員 1 山 陽 小 野 田 市 病 院 事 業 改 革 プランについて (1) 市 民 病 院 の 果 たすべき 役 割 を 聞 く (2) 医 療 水 準 の 向 上 について 聞 く (3) 救 急 医 療 について 聞 く (4) 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 について 聞 く (5) 経

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

宮 城 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 目 次 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 等......... 1 1-1 計 画 の 目 的 と 策 定 の 背 景...... 1 1-2 計 画 の 位 置 づけ......... 2 1-3 計 画 の 期 間......... 3 2 高 齢 者 の 住 まいの 現 状 と 課 題......

More information

1 各 サービス 共 通 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 Q1 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 について A1 あらかじめ 利 用 申 込 者 又 は その 家 族 に 運 営 規 程 の 概 要 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 事 故 発 生 時 の 対 応 苦 情 処

1 各 サービス 共 通 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 Q1 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 について A1 あらかじめ 利 用 申 込 者 又 は その 家 族 に 運 営 規 程 の 概 要 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 事 故 発 生 時 の 対 応 苦 情 処 実 地 指 導 等 における 主 な 指 摘 事 項 に 関 するQ&A ー 介 護 保 険 居 宅 サービス 事 業 所 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 ー こ の Q & A は 平 成 2 7 年 度 までの 実 地 指 導 等 で の 主 な 指 摘 事 項 に つ い て Q & A 形 式 で 分 か り や す く 解 説 作 成 したものです 指 定 基 準 報 酬 算 定 基

More information

【様式1】

【様式1】 様 式 1 避 難 施 設 運 営 組 織 ( 事 前 対 策 ) < 運 営 管 理 責 任 者 > 氏 名 所 属 又 は 住 所 TEL 備 考 会 長 副 会 長 避 難 施 設 従 事 職 員 ( 市 職 員 ) 施 設 管 理 者 < 避 難 施 設 運 営 班 > ( 印 : 班 長 印 : 副 班 長 ) 氏 名 自 治 会 名 住 所 TEL 備 考 総 務 班 名 簿 班 食 料

More information