豊 富 な 天 然 資 源 世 界 第 4 位 の 人 口 東 西 約 5200 キロの 広 大 な 国 土 に 1 万 3000 の 島 々が 点 在 する 多 民 族 国 家 インドネシア スハルト 政 権 が 崩 壊 した 1998 年 5 月 以 降 民 主 化 の 道 を 歩 み 始 め

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "豊 富 な 天 然 資 源 世 界 第 4 位 の 人 口 東 西 約 5200 キロの 広 大 な 国 土 に 1 万 3000 の 島 々が 点 在 する 多 民 族 国 家 インドネシア スハルト 政 権 が 崩 壊 した 1998 年 5 月 以 降 民 主 化 の 道 を 歩 み 始 め "

Transcription

1

2 豊 富 な 天 然 資 源 世 界 第 4 位 の 人 口 東 西 約 5200 キロの 広 大 な 国 土 に 1 万 3000 の 島 々が 点 在 する 多 民 族 国 家 インドネシア スハルト 政 権 が 崩 壊 した 1998 年 5 月 以 降 民 主 化 の 道 を 歩 み 始 め 2 期 目 に 入 ったユドヨノ 政 権 下 で 経 済 も 着 実 に 成 長 を 遂 げています 日 本 と 強 い 結 びつきを 持 ち 世 界 の 注 目 を 浴 び 始 めているインドネシア 首 都 ジャカルタのいまを 紹 介 します

3 写 真 提 供 スナヤン トリカルヤ スンパナ 社

4 第 1 章 全 般 ジャカルタ 全 図 ( 特 集 )ジャカルタの 人 々 新 興 国 の 代 表 格 に 第 2 章 衣 市 民 集 うショッピングモール 若 若 手 デザイナーに 飛 躍 の 機 会 何 でもそろうパサール 男 性 化 粧 品 市 場 が 急 成 長 世 界 無 形 文 化 財 バティック 第 3 章 食 料 理 伝 統 料 理 民 族 や 地 域 ごとに 違 い 中 華 料 理 コタに 集 まる 数 々の 料 理 店 日 本 料 理 本 物 の 日 本 食 に 関 心 流 行 日 本 語 がブランドに 多 様 な 子 ども 向 けビジネス 健 康 おしゃれ でヒット フローズンヨーグルト コーヒーブーム カフェでゆったり Wi-Fi も スーパー 大 型 店 舗 が 拡 大 食 材 色 とりどりの 南 国 フルーツ ジャカルタのお 魚 事 情 アルコール 宗 教 尊 重 し 楽 しむ 6, 7 8, 9 10, 11, 12 14, , , 目 次

5 第 4 章 住 北 から 南 に 開 発 進 む/ローラー 作 戦 に 個 別 包 装 多 様 な 住 宅 スタイル 内 需 ブームの 兆 し 高 機 能 携 帯 利 用 者 急 増 中 間 層 以 上 は 自 家 用 車 庶 民 はバイク 派 が 急 増 バス 専 用 レーンは 定 着 自 転 車 ブームに 湧 く 第 5 章 余 暇 娯 楽 欧 州 サッカーが 人 気 国 技 はバドミントン 年 中 泳 げる 南 国 の 娯 楽 / 地 元 ゴルファー 増 加 中 ジャカルタの 娯 楽 施 設 安 い 人 件 費 でサービス 産 業 拡 大 多 彩 なナイトライフ 第 6 章 文 化 宗 教 寛 容 性 の 国 6 宗 教 を 公 認 1カ 月 間 2 億 人 のイスラム 教 徒 が 断 食 音 楽 好 き 映 画 好 きの 多 い 街 / 日 本 のサブカルが 人 気 千 を 超 える 民 族 多 様 な 伝 統 文 化 第 7 章 医 療 教 育 高 まる 教 育 熱 公 文 500 教 室 を 展 開 学 研 モールに 開 校 ヤマハの 音 楽 教 室 世 界 2 位 の 生 徒 数 に 医 療 設 備 近 代 化 進 む 36, 37 38, ,

6

7

8 全 般 8 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

9 Jakarta Style Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 9

10 全 般 G 20 のメンバーとなり 新 興 国 の 代 表 格 として 注 目 を 浴 びるインドネシア 新 興 国 の 代 表 格 に 世 界 4 位 の 人 口 2010 年 調 査 による 全 人 口 は 約 2 億 3750 万 人 で 中 国 インド アメリカに 次 ぐ 世 界 第 4 位 人 口 の4 割 が 20 歳 以 下 で 若 年 人 口 の 比 率 も 高 い 人 口 ボーナス の 期 間 が 中 国 タイ ベトナムよりも 長 続 きすること が 見 込 まれる イスラム 人 口 は 世 界 最 大 ジャワ 島 の 人 口 は1 億 3656 万 人 で 日 本 の 約 1.1 倍 ジャカル タの 人 口 は 969 万 人 で 東 京 都 の 約 4 分 の3となって いる 宗 教 別 人 口 比 率 イスラム(88.6%) プロテスタント(5.8%) カトリック(3.1%) ヒンドゥー(1.7%) 仏 教 (0.6%) 儒 教 (0.1%) その 他 (0.1%) ( 出 典 :2010 年 中 央 統 計 局 資 料 ) 貿 易 額 の 推 移 外 国 投 資 実 現 額 の 推 移 ( 出 典 : 中 央 統 計 局 ) ( 出 典 : 投 資 調 整 庁 ) 10 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

11 Jakarta Style 広 い 国 土 インドネシアの 国 土 は 191 万 km 2 で 日 本 の 約 5 倍 東 西 は 約 5200 キロと 米 国 の 東 海 岸 か ら 西 海 岸 とほぼ 同 じ その7% 日 本 の 約 3 分 の1ほどの 大 きさのジャワ 島 (13 万 km 2 )に 日 本 とほぼ 同 じ 人 口 を 抱 える ジャカルタは 664km 2 で 東 京 都 の 約 3 分 の1 人 口 密 度 は 日 本 の 約 3 分 の1で 124 人 /km 2 ジャワ 島 は 1055 人 /km 2 で 日 本 の 約 3 倍 ジャ カルタは1 万 4440 人 /km 2 で 東 京 都 の 約 2.6 倍 となっている 政 治 の 民 主 化 進 む 年 のアジア 通 貨 危 機 スハルト 政 権 の 崩 壊 後 民 主 化 の 道 を 歩 み 始 めたインドネシア 2004 年 にスシロ バンバン ユドヨノ 大 統 領 = 写 真 =が 誕 生 2009 年 の 総 選 挙 大 統 領 選 挙 も 平 和 裏 に 成 功 ユドヨノ 政 権 は 現 在 2 期 目 (2014 年 10 月 まで) 2000 年 代 前 半 にはイスラム 過 激 派 による テロも 相 次 いだが 近 年 は 封 じ 込 めが 進 み 治 安 も 改 善 している 続 く 経 済 成 長 2010 年 のインドネシアの 名 目 GDPは 対 前 年 比 で 6.1% 成 長 し 6423 兆 ルピア( 約 7000 億 ドル) 2009 年 時 点 で 世 界 18 位 ASEANの4 割 弱 を 占 める 規 模 となっている 名 目 GDPと 経 済 成 長 率 の 推 移 国 民 一 人 当 たりのGDPの 推 移 ( 出 典 : 中 央 統 計 局 ) ( 出 典 : 中 央 統 計 局 ) Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 11

12 Jakarta Style 全般 国内自動車販売台数の推移 国内二輪車販売台数の推移 出典 インドネシア自動車製造業者協会 内需の潜在力の高さ 出典 インドネシア二輪車協会 世帯当たりの耐久消費財普及率 1人当たりGDPも 2010 年に耐久消費財の エアコン 6.7 冷蔵庫 25.1 普及が加速する目安とされる 3000 ドルを突破 カラーTV 86.5 洗濯機 28.0 自動車 二輪車や家電製品の一層の普及も期待 乗用車 7.8 電子レンジ 22.8 される 輸出額のGDPに対する比率も 20 台 パソコン 14.6 と 内需への期待が高まっている 出典 2009 年 Euromonitor International 2010 豊富な天然資源 石油 ガス 石炭のほか 森林 海洋資源も豊富 日本はLNGの 20 をインドネシアから 輸入し 最大の供給国となっている 主な天然資源の埋蔵量等 石油 億 bbl 天然ガス tcf 石炭 億トン CBM tcf 潜在埋蔵量 , 埋蔵量 Proven+Possible 生産量 2008 年 LNG 換算 5500 万トン 可採年数 出典 インドネシア エネルギー鉱物資源省石油ガス総局 世界でも有数の親日国 英BBC系調査機関の 2010 年調査では 日本に好意を持つと答えた人の割合が 主要国中 フィリピンの 77 に次ぐ 71 で世界2位 製造業における日系メーカーのシェアは 二輪車 販売で 99 超 四輪車販売で 95 超を誇る 12 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

13

14 衣 市 民 集 うショッピングモール ジャカルタとその 周 辺 には 近 年 ショッピングモー ルが 次 々と 新 設 され 建 設 ラッシュが 続 いている イ ンドネシア モール 経 営 者 協 会 によると 2010 年 末 時 点 でジャカルタ 州 内 で 協 会 に 登 録 されているモールは 67 カ 所 周 辺 のバンテン 州 タンゲラン 西 ジャワ 州 デ ポック ボゴール ブカシを 含 めたジャボデタベック( 首 都 圏 )ではその 数 は 100 に 上 る 2011 年 には 新 たに4つのモールが 開 設 予 定 その 結 果 全 体 の 売 り 場 面 積 の 合 計 は 18 万 平 米 になるという この 10 年 ほどの 新 設 モールの 急 激 な 増 加 で モー ル 同 士 の 競 争 も 激 化 しており 既 存 のモールとの 差 別 化 を 図 るため 新 設 モールは 高 級 ブランドを 揃 えたり より 凝 った 内 装 にする 傾 向 にある 6 割 以 上 の 人 がレストランやカフェを 利 用 すること を 目 的 にモールを 訪 れるなど モールが 単 に 買 い 物 を 楽 しむ 場 所 でなく 快 適 な 時 を 過 ごす 場 へと 変 化 し ライフスタイルの 一 部 として 定 着 しつつあるという ほとんどのモールが 富 裕 層 や 中 間 層 の 家 族 をター ゲットとしているため モール 内 に 子 ども 向 けの 室 内 遊 園 地 や 映 画 館 が 入 居 していることも 多 い 鹿 島 建 設 が 管 理 運 営 にかかわる 中 央 ジャカルタの ショッピングモール プラザ スナヤン では 敷 地 内 にあるオフィスビスも 含 め 平 日 には1 日 約 3 万 人 週 末 には1 日 5 万 人 近 くの 市 民 が 足 を 運 ぶ グッチや プラダなどの 高 級 ブランドも 入 居 するモール 内 には 国 内 外 の 約 250 店 が 店 を 構 え 家 族 連 れや 友 だちと 訪 れた 人 々が 買 い 物 を 楽 しんでいる 14 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

15 Jakarta Style Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 15

16 衣 富 裕 層 が 集 まる 中 心 部 のモール 若 Jakarta ジャカルタの 若 者 たちは ジーンズと ティーシャツ 姿 が 目 立 つ 週 末 のショッピングモールやクラブで は ミニスカートやホットパンツ タンク トップなどにアクセサリーを 身 に 付 けたお 洒 落 な 女 性 も 見 かける また イスラム 教 徒 の 女 性 の 中 には 頭 にジルバブ(スカー フ)を 巻 く 人 も 多 い ここ 数 年 で 次 々と 建 設 されたショッピン グモール 内 には カジュアルブランドから 高 級 ブランドまで 人 気 の 海 外 ブランド 店 が 入 居 する 海 外 ブランドの 品 揃 えは 他 国 と ほぼ 変 わらず ジャケットやセーターなど 秋 物 や 冬 物 も 売 られている 華 人 が 多 い 地 域 の モ ー ル 中 間 層 を ターゲットにした モール 16 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

17 Jakarta Style モールでスペース 貸 し 出 し 若 手 デ ザ イ ナ ー に 飛 躍 の 機 会 海 外 ブランドの 市 場 参 入 が 進 む 一 方 近 年 国 内 の 若 手 デザイナーへ 飛 躍 の 機 会 を 提 供 しようという 動 きも 始 まっ ている 海 外 ブランドも 多 く 入 居 するショッピングモール グランド インドネシア は 2010 年 6 月 に 国 内 の 若 手 デザイナーの 商 品 を 揃 える レベル ワン を 開 設 した レベル ワン では モー ル 内 の 一 部 スペースを 若 手 デ ザイナーに 貸 し 出 し ハンド メイドの 洋 服 アクセサリー 靴 帽 子 や 家 具 などの 店 28 ブランド 22 店 舗 が 参 加 して いる(2010 年 7 月 現 在 ) も ともとは 趣 味 として 腕 を 磨 い てきた 人 や 海 外 で 勉 強 した 人 など 様 々なデザイナーたち の 意 気 込 みが 感 じられる 若 手 デザイナーの 中 には 自 分 の 商 品 を 知 ってもらおう と インターネットで 販 売 を 行 う 人 も 多 いが 客 と 直 接 交 流 する 機 会 を 設 けようとの 動 きも 目 につく インドネシア 人 デザイナー を 中 心 としたインディーズ ファッション ブランドに 場 を 提 供 する ブライト スポッ ト マーケット は 期 間 限 定 でジャカルタ 市 内 の 各 モール で 定 期 的 に 開 催 最 近 はプラ ザ インドネシアに 固 定 店 グッズ デパートメント ストア も 設 置 されている 販 売 価 格 の 一 例 レディスボトムス(ワンピース サロペット 含 む) 30 万 70 万 ルピア( 約 円 ) レディストップス(アウター 含 む) 15 万 80 万 ルピア( 約 円 ) レディスシューズ 25 万 40 万 ルピア( 約 円 ) メンズボトムス 50 万 70 万 ルピア( 約 円 ) メンズトップス T シャツ 類 10 万 40 万 ルピア( 約 円 ) バッグ 15 万 300 万 ルピア( 約 万 円 ) 子 ども 服 20 万 50 万 ルピア( 約 円 ) アクセサリー(ネックレス ピアス サングラス) 5 万 40 万 ルピア( 約 円 ) ジャワの 水 牛 を 使 った 大 きいボストンバッグが 300 万 ルピア レトロな 皮 製 アタッシュケース が 100 万 ルピアほど 皮 小 物 が 日 本 と 比 べかなり 安 価 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 17

18 衣 何 でもそろうパサール ジャカルタには ショッピン グモールやスーパーのほか 市 内 の 各 所 にあるパサールと 呼 ば れる 伝 統 市 場 でも 買 い 物 ができ 食 品 や 衣 類 日 用 品 などを 買 い 求 める 庶 民 で 賑 わう 中 央 ジャカルタのタナアバン 地 区 は 東 南 アジア 最 大 級 と 言 われている 衣 類 の 伝 統 市 場 があ ることで 知 られている 市 場 に はTシャツやジーンズに ドレ スや 下 着 子 ども 服 に 靴 鞄 ムスリムが 着 用 するスカーフ ジ ルバブ までが 揃 う 屋 外 や 衣 類 専 用 のショッピングビル 内 に 構 える 多 くの 店 で あらゆるも のが 売 られている 中 国 からの 輸 入 品 が 多 く 価 格 はジーンズ が 10 万 ルピア( 約 1000 円 ) T シャツが1 万 ルピア( 約 100 円 ) ほどとかなりの 低 価 格 だ デザインや 種 類 も 豊 富 ショッ ピングモールで 販 売 される 商 品 に 見 劣 りすることのないデザイ ン 品 質 の 洋 服 もより 安 い 価 格 で 売 られている 日 本 のアニメ キャラクターのTシャツや 地 元 ジャカルタのサッカーチーム のユニフォームも 人 気 があり ワールドカップの 開 催 中 には 各 国 の 代 表 ユニフォームのレプ リカなども3 万 ルピア( 約 300 円 )ほどから 販 売 されていた 市 場 は 1 年 を 通 じ 朝 早 くか ら 夕 方 まで 買 い 付 けの 業 者 や 庶 民 で 溢 れている 1 年 で 最 も 混 雑 するのは 大 型 連 休 のレバラ ン( 断 食 明 け 大 祭 ) 前 の 時 期 ジャ カルタで 働 く 地 方 出 身 者 が 帰 省 する 際 に 故 郷 に 衣 類 をお 土 産 として 持 ち 帰 るため 大 量 に 衣 類 を 買 う 姿 が 見 られる 低 価 格 で 庶 民 の 味 方 東 南 ア ジ ア 最 大 級 18 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

19 Jakarta Style 成 長 する 多 子 社 会 で 男 性 化 粧 品 市 場 が 急 成 長 魔 法 の 香 水 で 髪 型 や 洋 服 を 次 々と チェンジし 移 り 気 な 女 の 子 を 口 説 く 男 性 インドネシアで 最 近 放 送 され た 男 性 用 コロンのテレビコマーシャル だ ジャカルタのドラッグストアでは 男 性 用 化 粧 品 売 り 場 の 拡 大 が 著 しい 元 々 男 性 用 化 粧 品 市 場 で 制 汗 剤 が 早 くから 成 長 してきた 熱 帯 地 域 で 体 臭 を 気 にする 男 性 が 多 いという 事 情 もあ るようで 数 年 前 までは 商 品 棚 には ロールオンタイプ(わきに 塗 るタイプ) の 制 汗 剤 がメインだった しかし 最 近 ではスプレータイプ 制 汗 剤 や 制 汗 剤 以 外 の 化 粧 品 も 多 様 な 商 品 が 並 び 始 め た ヘアスタイリングへの 関 心 も 高 い インドネシアで 20 歳 前 後 の 若 者 をター ゲットにしたブランド ギャッツビー を 30 年 前 に 投 入 し 主 力 のヘアスタ イリング 剤 では 80%のシェアを 獲 得 し ているマンダム インドネシア 社 は イ ンドネシアの 男 性 用 化 粧 品 市 場 は 潜 在 需 要 が 底 知 れない 巨 大 市 場 子 どもが 非 常 に 多 いこの 国 には 将 来 的 に 日 本 の 倍 以 上 の 市 場 が 広 がっており 若 者 をターゲットにしている 会 社 にとって は 非 常 に 有 望 と 期 待 をかける 同 社 は1 袋 6グラムで1 回 使 い 切 り の 300 ル ピ ア( 約 3 円 ) の も の か ら 1 万 6800 ルピア( 約 168 円 )の 300 グラムのボトルまでそろえ 同 じ 整 髪 料 でも 価 格 帯 を 幅 広 く 設 定 することで 限 られた 金 でスタイリングを 楽 しめ るように している 経 済 成 長 で 拡 大 する 中 間 層 が イ ンターネットを 通 して 世 界 中 の 最 新 ファッションに 触 れるようになったこ となどもあり 洗 顔 剤 や 美 白 クリーム など 男 性 用 フェイシャルケア スキ ンケア 市 場 も 急 速 に 拡 大 し ここ1 2 年 で 多 くの 海 外 メーカーがこぞって 新 商 品 を 投 入 おしゃれな 広 告 やイベ ントなど シェア 争 いは 激 化 している 女 性 化 粧 品 は 欧 米 やアジアの 各 ブ ランドが 進 出 安 価 なメイベリンやロ レアル ピクシーなどの 外 国 メーカー が 人 気 なほか ムスティカ ラトゥや サリ アユなどの 地 場 メーカーも 健 闘 している 日 本 と 同 様 大 半 のモール には1 階 に 化 粧 品 売 り 場 が 設 けられ クリスチャン ディオールやシャネル エスティローダーなどの 海 外 コスメ メーカーのほか 資 生 堂 やカネボウと いった 日 本 ブランドのカウンターも 設 置 されている Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 19

20 衣 Jakarta Style インドネシア 伝 統 のろうけつ 染 め 布 世 界 無 形 文 化 財 バティック インドネシアの 伝 統 的 な 蝋 纈 (ろうけつ) 染 めの 布 バ ティック は インドネシア の 生 活 に 根 付 いた 伝 統 的 な 布 2009 年 に 国 連 教 育 科 学 文 化 機 構 (ユネスコ)から 世 界 無 形 文 化 財 に 認 定 され 再 び 注 目 が 集 まっている バティックは 専 用 の 道 具 などを 使 ってろうで 模 様 を 描 き さまざまな 染 料 で 色 を 付 けていく 各 地 域 ごとに 地 元 の 風 習 や 歴 史 に 基 づいた 独 特 の 模 様 を 持 つのが 特 徴 花 や 植 物 動 物 など 自 然 のも のをモチーフにした 柄 や 幾 た 何 学 模 様 柄 が 多 いが 華 人 また ティッシュケース の 多 い 西 ジャワのチルボン やタペストリーなど バ では 華 人 文 化 の 影 響 を 受 け ティックを 使 った 製 品 も 数 虎 や 龍 をモチーフにするこ 多 とあり 日 々の 生 活 に 根 ともある 付 いている シャツやワンピースと 政 府 は 金 曜 日 を バティッ いった 衣 服 に 仕 立 てられ ク デー と 定 め 職 場 で 正 装 として 官 僚 が 着 用 す のバティック 着 用 を 推 奨 るのはもちろん バティッ 価 格 は 廉 価 品 で 10 万 ルピ レス シャツ 各 ファッショ バイなど 中 東 での 展 示 会 で クを 身 につけて 商 談 をする ア( 約 1000 円 )を 切 るも ンアイテムを 発 表 する 国 内 も バティックを 使 ったも 人 も 多 い かつては 一 つ 一 のから シルクを 使 い 500 のファッションデザイナー のは 人 気 が 高 く 海 外 での つが 手 作 りのバティックは 万 ルピア( 約 5 万 円 )を 超 も 登 場 している 販 売 会 でバティックを 使 っ 高 価 で 庶 民 の 手 の 届 かない える 有 名 デザイナーの 商 品 イスラムファッション たドレスが 売 れ 残 ったこと ものだったが 1970 年 代 か までさまざまだ デザイナーのディアン プ はない と 語 り バティッ らバティック 柄 をプリント バティックのデザイン ランギさんは バティック クが 世 界 に 通 用 するもので した 服 が 売 られるようにな 性 潜 在 力 創 造 性 に 気 付 を 取 り 入 れたイスラムドレ あることを 示 した り 庶 民 にも 広 まっていっ き バティックを 使 ったド スを 多 く 制 作 している ド 20 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

21

22 食 民 族 や 地 域 ごとに 違 い 1 伝 統 料 理 3 6 4サテ アヤムはココナツやピーナツのソースで 食 べる5 餅 米 ココナツ パンダンなどを 使 用 した 伝 統 菓 子 6 屋 台 で 大 きな 鍋 を 使 ってナシ ゴレンを 作 る 人 多 様 な 民 族 が 暮 らすインドネシアでは 民 族 や 地 域 ごとに 料 理 も 少 しずつ 違 いがあり 種 類 も 豊 富 だ ジャカルタでは あらゆる 種 類 の 料 理 を 食 べること ができる 価 格 帯 も 幅 広 く 屋 台 であれば1 食 5000 ルピア( 約 50 円 )ほどで 済 む 一 方 1 人 数 十 万 ルピ ア( 数 千 円 )かかる 高 級 レストランもある パダン 料 理 =1=は 人 気 料 理 の 一 つ パダン 料 理 レ ストランで 席 に 着 くと ご 飯 と 一 品 ずつおかずが 乗 っ た 数 十 皿 が 運 ばれる 鶏 肉 や 魚 料 理 のほか ゆで 卵 を 唐 辛 子 であえた 料 理 などがある 目 の 前 にずらりと 並 ん だ 皿 から 好 きなものを 選 び 手 をつけた 皿 のぶんだけ 支 払 いをするというユニークな 仕 組 みになっている アチェ 料 理 は 独 特 な 香 辛 料 の 辛 味 があるミーゴレ ン アチェ=2=などが 定 番 アチェのパン ロティ チャネにカレーをつけて 食 べるなど インド 料 理 が 由 来 と 思 わせる 部 分 もある スンダ 料 理 は 味 付 けが 他 の 地 方 の 料 理 と 比 べ 辛 す ぎず 日 本 人 にも 食 べやすいとされている キュウリ セリ インゲン ナスなどの 野 菜 をふんだんに 使 い 健 康 的 なイメージもある 淡 水 魚 のグラメを 使 った 揚 げ 魚 のグラメ ゴレン=3=なども 有 名 国 民 の 大 半 がイスラム 教 徒 のインドネシアでは 通 常 豚 肉 を 食 べることはなく 調 味 料 などにも 豚 のエキ スは 一 切 使 用 されない しかし ヒンドゥー 教 徒 が 多 いバリやキリスト 教 徒 が 多 い 地 域 では 豚 肉 を 使 った 料 理 も 珍 しくないし ジャカルタでも 中 華 料 理 屋 など 外 国 料 理 店 で 豚 肉 を 使 用 した 料 理 が 食 べられる マナド 料 理 はとにかく 辛 い 犬 肉 やコウモリを 食 べ ることでも 知 られている バリでは 豚 の 丸 焼 きバビ グリンなども 食 べられるが ジャワ 島 などで 好 まれる 牛 肉 は 使 用 されない 民 族 によって 食 の 好 みも 傾 向 があるが インドネ シア 人 の 間 では 総 じてサンバルと 呼 ばれるチリソース が 欠 かせず 海 外 渡 航 時 には 大 量 に 持 ち 運 ぶ 人 もいる という 22 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

23 Jakarta Style コタに 集 まる 数 々の 料 理 店 中 華 料 理 17 世 紀 から 始 まったオランダによる 植 民 地 政 策 で ジャカルタに 住 む 華 人 は 居 住 地 を 北 部 のコタ 地 域 に 指 定 された その 名 残 りで コタには 数 々の 中 華 料 理 店 が 集 まっている 民 主 化 時 代 を 迎 え 中 国 文 化 が 開 放 された ことから 近 年 は 北 部 以 外 の 高 級 ホテルやモー ルにも 多 くの 中 華 レストランが 進 出 広 東 料 理 や 四 川 料 理 ハトやアヒル ヘビやカエル を 使 った 北 京 料 理 と 多 種 多 様 で 日 本 にも 店 舗 を 持 つチェーン 店 や 中 国 本 土 から 移 住 し てきた 華 人 による 店 舗 まで さまざまな 地 方 の 料 理 を 味 わうことができる 昼 から 夜 まで オフィスビルの 間 を 縫 うよ うに 大 きな 肉 まん 大 包 (ターバオ) や シ オマイ を 売 り 歩 く 行 商 人 の 姿 も 見 られる 1 食 5 万 ルピア( 約 500 円 )に 満 たないB 級 グ ルメ 店 から 1 人 で 30 万 ルピア( 約 3000 円 ) を 超 える 高 級 中 華 店 まである 北 部 以 外 では 韓 国 やインド フランス アラブ 系 など 多 様 な 国 の 料 理 も 堪 能 すること ができる Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 23

24 食 本 物 の 日 本 食 に 関 心 ジャカルタでは 数 多 くの 日 本 食 レ ストランがあり ジャカルタの 富 裕 層 の 間 では 高 級 レストランで 寿 司 や 天 ぷらを 味 わうことが 一 種 のステータス にもなっている ジェトロが 主 催 した 日 本 の 食 材 の 試 食 イベントも 高 い 関 心 を 集 めた アメ リカ 経 由 の フュージョンスシ を 取 りそろえた 寿 司 バーや 揚 げ 物 中 心 の 日 本 料 理 弁 当 などインドネシア 人 向 けに 味 付 け された 日 本 料 理 も 多 いが 近 年 日 本 食 に 対 する 本 物 志 向 も 高 まってお り 元 々 日 本 人 向 けだったレストラ ンで インドネシア 人 顧 客 の 比 率 が 上 がっているところも 多 い シンガポール 系 の 寿 司 チェーンは 必 ずしも 日 本 人 向 けではないが バー を 思 わせるようなおしゃれな 店 内 に 多 くの 中 間 層 が 集 まっている 値 段 は1 皿 2 万 ルピア( 約 200 円 ) 台 が 中 心 で 日 本 とほとんど 変 わらない 吉 野 家 や 大 戸 屋 モスバーガー ペッ パーランチなどの 日 本 のチェーン 店 も 進 出 している 24 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

25 Jakarta Style 新 興 中 間 層 を 取 り 込 め 新 興 中 間 層 の 増 加 を 背 景 に 巨 大 市 場 を 取 り 込 もうと 日 本 の 飲 食 品 関 連 メーカーも 奮 闘 している 1960 年 代 後 半 に 現 地 法 人 を 設 立 した 老 舗 の 味 の 素 は 小 袋 入 りの 調 味 料 が 庶 民 に 圧 倒 的 な 知 名 度 を 誇 り 近 年 は 飲 料 品 の 販 売 も 行 って いる ヤクルトは 独 自 のノウハウで 3000 人 のヤクルトレディーを 育 成 し 市 場 の 拡 大 を 図 っているほか 大 塚 製 薬 は 需 要 の 増 加 に 対 応 するためにポカリスエットの 新 工 場 を 2010 年 稼 働 させた スーパー やコンビニでは 日 本 のスナックも 陳 列 され 消 費 者 の 関 心 を 引 いて いる 日 本 の 飲 食 品 関 連 メーカーが 奮 闘 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 25

26 食 流 行 日 本 語 がブランドに 世 界 でも 有 数 の 親 日 国 で 四 輪 二 輪 市 場 で 日 本 ブランドが 95% 以 上 のシェアを 占 めるインドネシア 親 日 的 な 感 情 を 感 じることができ るのが 日 本 語 の 氾 濫 だ 日 本 のものであることが 高 品 質 を 保 証 するかのように 日 本 語 というブランドの 人 気 が 高 い 街 を 歩 けば インドネシア 人 向 けのお 店 であっても 日 本 語 の 看 板 を 見 かけることがしばしば 2006 年 から 2010 年 までの4 年 で インドネシアの 日 本 語 学 習 者 は 27 万 人 から 71 万 人 に 急 増 韓 国 中 国 に 次 ぐ 世 界 第 3 位 の 日 本 語 学 習 者 を 抱 える 国 になった 街 では 意 味 がおかしかったり 漢 字 の 変 換 が 間 違 っている 日 本 語 も 数 多 く 見 かけるのはご 愛 敬 だが 新 たな 日 本 語 学 校 も 増 え 日 本 語 熱 もまだまだ 高 まっていくようだ 26 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

27 Jakarta Style 多 様 な 子 ども 向 けビジネス 遊 び 場 スパ 美 容 院 ジャカルタをはじめとする 都 市 部 を 中 心 に 近 年 所 得 水 準 の 上 昇 や 一 世 帯 当 たりの 子 どもの 数 の 減 少 を 背 景 と して 子 どもをターゲットとしたビジ ネスが 急 速 に 拡 大 している 代 表 的 なものは モール 内 やカフェ レストランなどに 併 設 された 子 どもの 遊 び 場 ジャカルタでは 子 どもが 安 心 して 遊 ぶことができる 公 園 は 一 部 の アパートの 敷 地 内 などに 限 られている ため 中 間 層 より 上 の 家 庭 の 子 どもた ちが 遊 ぶ 場 として 支 持 が 広 がってい る ジャングルジムや 滑 り 台 ブランコ などが 設 置 されているところが 多 く メリーゴーランドやミニ 機 関 車 を 設 置 しているところも 1 回 の 利 用 料 金 は 数 百 円 割 引 付 き の 会 員 制 にするなどして 各 施 設 が 工 夫 を 凝 らしている 職 業 訓 練 型 テーマパークのキッザニ アも メキシコ 日 本 に 次 ぐ3カ 国 目 の 施 設 として 2007 年 11 月 にジャカル タに 進 出 入 場 料 は 年 齢 や 時 期 により 5 万 15 万 5000 ル ピ ア( 約 円 )と 庶 民 にとっては 高 価 だが 金 銭 的 に 余 裕 がある 富 裕 層 の 子 どもた ちで 連 日 にぎわっている また 子 ども 専 門 の 美 容 院 やスパ 写 真 館 も 大 盛 況 だ 高 級 モールに 入 居 する Spa Baby の 価 格 一 例 ヘアカット( 通 常 ) 10 万 ルピア( 約 1000 円 ) アクアスイム 20 万 ルピア( 約 2000 円 ) マニキュア ペディキュア 各 8 万 ルピア( 約 800 円 ) オーガニック オイルマッサージ 20 万 ルピア( 約 2000 円 ) 顔 パック 15 万 ルピア( 約 1500 円 ) ナチュラル オイルマッサージ 12 万 5000 ルピア( 約 1250 円 ) 男 の 子 用 ネイルケア( 手 足 ) 各 5 万 ルピア( 約 500 円 ) Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 27

28 食 健 康 おしゃれ でヒット フローズンヨーグルト ここ3 4 年 でモールに 一 気 に 増 え たのが フローズンヨーグルト 専 門 店 人 気 の 火 付 け 役 になった サワー サリー は 米 国 留 学 帰 りの 若 社 長 が 米 国 から 持 ち 込 んだ 売 りは 脂 肪 分 ゼロ であること 首 都 の 学 生 や 会 社 員 にも 健 康 志 向 が 広 がり ダイエット を 気 にせず 楽 しめる 低 カロリーおやつ として 一 躍 支 持 を 得 た 味 はプレーン グリーンティー イ チゴの3 種 類 で フルーツやチョコチッ プなど 数 十 種 類 のトッピングが 選 べ 1カップ2 万 ルピア( 約 200 円 )ほど この 健 康 ブームで 最 近 和 スウィー ツ も 脚 光 を 浴 びている 特 に 餅 は M OCHI の 名 で アイスのトッピン グにもなっている 斬 新 健 康 おしゃ れ をキーワードに ジャカルタのス ウィーツも 進 化 を 遂 げている ドーナツ 屋 オーガニック コンビニ パン 屋 28 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

29 Jakarta Style コーヒーブーム カフェでゆったり Wi-Fi も 2000 年 にスターバックスが 参 入 した のを 契 機 に ジャカルタでは 外 資 系 や 地 場 系 が 入 り 乱 れ カフェ 戦 争 とも 言 えるコーヒーブームの 様 相 を 呈 してい る モール 内 には さまざまなコーヒー チェーン 店 が 並 ぶ ほとんどの 店 がW i Fiを 完 備 しており ノート 型 パ ソコンを 持 ち 込 み インターネットを 楽 しむ 人 も 多 い 街 角 では 仲 間 たちとタバコをふかし コーヒーをすすりながら のんびり 会 話 を 楽 しむ 庶 民 の 姿 も 至 るところで 見 かけ る このように 座 ってのんびり 会 話 をす るのも インドネシア 人 の 習 慣 の 一 つ 庶 民 は お 湯 を 入 れたポットに イン スタントのコーヒーとプラスチックの カップを 積 んだ 自 転 車 をこぐコーヒー 売 りから 2000 ルピア( 約 20 円 )ほどの コーヒーを 買 い 求 める その 一 方 で 富 裕 層 は 庶 民 の 昼 食 代 の 数 倍 にもなる2 万 3 万 ルピア( 約 円 )ほど を 出 して 高 級 なコーヒーを 楽 しんでい る コーヒーブームにあやかり バリスタ スクールも 人 気 地 方 でもカフェを 開 き より 良 いコーヒーを 提 供 できるよう にと 各 地 から 生 徒 が 集 まっている コピ ルワック 国 内 でも 愛 好 者 増 える 世 界 で 最 も 希 少 価 値 が 高 く 高 価 と 言 われる コピ ルワック の 原 産 地 はインドネシア コーヒーの 木 から 一 番 おいしい 実 を 選 んで 食 べる 習 慣 を 持 つといわれるジャコウネコ(ルワック) = 写 真 =が 食 べたコーヒーの 実 を 体 の 中 で 発 酵 させた 後 糞 と 一 緒 に 排 出 した 実 を 洗 って 用 いる 海 外 市 場 に 存 在 をアピールするのと 並 行 し ジャカルタをはじめとする 国 内 大 都 市 でもコピ ルワックを 扱 うカ フェチェーンが 増 えつつあり 1 杯 10 万 ルピア( 約 1000 円 ) 前 後 とかな りの 贅 沢 品 にもかかわらず 店 舗 では 市 民 が 友 人 たちと 楽 しむ 様 子 も 見 られ る Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 29

30 食 スーパー 大 型 店 舗 が 拡 大 かつては パサールと 呼 ばれる 伝 統 市 場 が 小 売 りの 中 心 を 担 っていた ジャカルタ しかし 近 年 は 食 料 品 や 日 用 品 を 売 るスーパー 家 電 や 家 具 なども 取 りそろえる 外 資 系 の 大 型 スー パー ショッピングモールの 地 下 にあ る 高 級 スーパーなど 様 々な 形 態 の 小 売 店 が 見 られるようになっている 1998 年 の 仏 系 の 小 売 り 大 手 の カル フール がジャカルタに 進 出 最 近 で は 韓 国 系 ロッテマートの 店 舗 拡 大 も 進 んでいる ジャカルタに 住 む 富 裕 層 の 間 では 輸 入 食 材 を 多 く 取 り 扱 う 高 級 スーパー も 人 気 を 集 めている 欧 州 産 や 日 本 産 の 食 料 品 や 青 果 生 鮮 類 は 他 の 小 売 店 と 比 べると 割 高 だが フロアには 多 く の 買 い 物 客 が 溢 れている 青 果 や 生 鮮 には 産 地 の 明 記 はされて いないのが 普 通 だが 店 員 に 産 地 を 尋 ねるインドネシア 人 の 買 い 物 客 もお り オーガニックを 取 り 扱 う 店 舗 も 増 パ サ ー ル 衰 退 の 原 因 に えつつあるなど ジャカルタでも 徐 々 に 食 の 安 全 に 関 心 を 向 ける 消 費 者 が 増 え 始 めている 在 留 邦 人 を 主 なターゲットとした 日 本 食 スーパーでも 日 本 の 商 品 を 求 め るインドネシア 人 の 顧 客 が 見 られる 一 方 で 大 型 スーパーの 急 激 な 拡 大 により パサールの 衰 退 も 目 立 ってい る 自 由 な 競 争 を 阻 害 しないよう 政 府 には 難 しい 舵 取 りが 求 められている 30 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

31 Jakarta Style 新 鮮 で 種 類 豊 富 な 果 物 食 の 安 全 に 敏 感 な 消 費 者 も 日 本 食 も 人 気 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 31

32 食 色 と り ど り の 南 国 フ ル ツ 果 物 インドネシアには マンゴー パ パ イ ヤ マ ン ゴ ス チ ン な ど 日 本 では 高 価 で 食 べる 機 会 が 少 ないフルーツが 市 場 やスーパー などで 手 ごろな 値 段 で 入 手 でき る 黄 色 で 角 張 ったスターフルー ツはその 名 の 通 り 横 に 切 った 切 り 口 は 星 型 皮 も 食 べること ができ みずみずしくてほのか に 甘 い サボテン 科 で 赤 い 皮 を 持 ち 外 見 がいかついドラゴンフルーツ は 厚 い 皮 を 剥 くと 白 い 果 肉 に 黒 くて 小 さい 種 が 散 らばっている 味 や 歯 ごたえはキウイに 似 てい る 果 肉 が 赤 い 種 類 もある 常 夏 のインドネシアだが 1 年 は 乾 期 と 雨 期 に 分 かれるため 市 場 に 多 く 出 回 るフルーツにも 気 候 に 合 わせて 変 化 がある 赤 い 毛 が 生 え 変 わった 見 ため が 特 徴 のランブータンは 雨 期 になると 登 場 するライチの 仲 間 中 には 白 くて 水 気 を 含 んだ 果 肉 が 詰 まっている 果 物 の 王 様 と も 言 われるドリアンも 雨 期 にな ると より 多 く 出 回 るが タイ からの 輸 入 ものも 目 立 っている 販 売 価 格 の 一 例 ( 中 央 ジャカルタのベンヒル 市 場 2011 年 1 月 ) バナナ(1kg)1 万 5000 ルピア( 約 150 円 ) パパイヤ(1kg)6000 ルピア( 約 60 円 ) リンゴ(1kg)2 万 5000 ルピア( 約 250 円 ) スイカ(1つ)6000 ルピア( 約 60 円 ) マンゴー(1kg)2 万 5000 ルピア( 約 250 円 ) メロン(1つ)9000 ルピア( 約 90 円 ) ドラゴンフルーツ パッションフルーツ スターフルーツ ドリアン ランブータン 32 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

33 Jakarta Style ジャカルタのお 魚 事 情 レストランや 屋 台 で 気 軽 に 島 しょ 国 インドネシアは 魚 の 種 類 も 豊 富 だ 年 間 漁 獲 量 は 約 500 万 ト ンで 中 国 ペルーに 次 ぎ 世 界 第 3 位 (2007 年 ) 首 都 ジャカルタもジャワ 海 に 面 しており 多 くの 木 造 漁 船 が 漁 港 を 出 入 りする 特 に 日 本 の 円 借 款 で 完 成 したジャ カルタ 漁 港 は 日 本 や 米 国 EUなど 世 界 各 地 にインド 洋 産 の 新 鮮 なマグ ロを 輸 出 しており ジャカルタは 世 界 のマグロ 中 継 地 点 となっている 市 民 も 屋 台 やレストランで 安 価 で 手 軽 に 魚 を 食 べることができる 調 理 法 は ゴレン( 揚 げ 魚 )とバカール( 焼 き 魚 )が 主 流 で 良 く 食 べられる 魚 は スズキの 仲 間 の 淡 水 魚 グラメ やフ エダイの 仲 間 の カカップ メラ な ど エビやイカを 甘 辛 のソースで 絡 め た 料 理 も 人 気 だ そんな 世 界 を 代 表 する 漁 業 大 国 イ ンドネシアだが 意 外 なことに1 人 あ たりの 魚 介 類 の 消 費 量 は 世 界 平 均 は 上 回 っているものの 日 本 人 から 見 る と 決 して 多 くはない 年 間 の1 人 当 たりの 消 費 量 は 23.4 キロ(2007 年 ) と 日 本 の 60.8 キロを 大 きく 下 回 る しかし ジャカルタでは 近 年 健 康 志 向 や 食 生 活 の 変 化 などで 寿 司 レス トランが 急 増 し 新 鮮 な 魚 を 味 わう 富 裕 層 が 増 えつつある 今 後 も 消 費 量 が 増 加 することもありそうだ Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 33

34 食 Jakarta Style 宗 教 尊 重 し 楽 しむ ワインブームも 到 来 イスラム 教 徒 が9 割 を 占 め るインドネシアだが ジャ カルタではホテルやレストラ ンに 行 けば 比 較 的 気 軽 にアル コールを 楽 しめる 首 都 に 急 増 するコンビニでは 国 産 ビー ルの ビンタン から 輸 入 ビー ル 手 ごろな 価 格 のカクテル 類 まで 24 時 間 購 入 できる 便 利 さだ 一 方 で イスラムの 断 食 月 前 後 など 神 聖 な 期 間 になると アルコールは 店 頭 から 消 え ビールを 飲 む 際 はマグカップ に 入 れて 周 りから 見 えないよ うにするなどの 工 夫 をしてい る イスラムと 非 イスラムの 人 々が 互 いを 尊 重 しながら 酒 類 を 楽 しむ 術 を 身 に 着 けてき たということだ 最 近 では 健 康 志 向 の 人 々 ア ル コ ー ル の 間 でワイン について ポリ フェノールを 含 む 美 と 健 康 の 飲 み 物 だ と 新 たな 認 識 も 広 がっている 拡 大 する 中 流 層 を 狙 い オースト ラリアやフラン ス チリなど 各 国 のワイナリーも 大 規 模 な ワイン 展 やセミナーを 開 催 最 近 は 外 国 人 に 観 光 を 呼 び 掛 けるためにアルコール 飲 料 は 必 須 との 論 理 で 一 部 政 界 人 も 支 援 しているが ワイン の 銘 柄 もまだ 限 られ まだま だ 日 本 のような 品 揃 えになる のは 難 しそうだ 34 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

35

36 住 ジ ャ カ ル タ の 街 並 み 北 から 南 に 開 発 進 む インドネシアの 首 都 ジャカルタは 300 年 以 が 建 ち 現 在 のジャカルタの 街 並 みの 骨 格 がで 上 続 いたオランダ 植 民 地 時 代 に 交 易 都 市 とし きた て 繁 栄 した 沿 岸 部 の 北 部 には 商 人 が 多 い 華 首 都 を 南 北 に 走 る 目 抜 き 通 りのタムリン ス 人 が 集 まる 旧 市 街 のコタの 歴 史 的 な 街 並 みを ディルマン 通 り 沿 いには 高 層 ビルが 林 立 近 年 見 ることができる 歴 史 的 には 南 部 に 開 発 地 も 建 設 ラッシュが 続 いている 域 が 広 がってきた ジャカルタを 数 年 ぶりに 訪 れる 人 はその 発 1945 年 の 独 立 を 経 て 60 年 代 には ジャカ 展 振 りに 驚 く ルタのシンボルである 独 立 記 念 塔 (モナス)が しかし ビルのすぐ 裏 には なおカンプン( 庶 そびえる 中 央 部 周 辺 に 日 本 の 戦 後 賠 償 で 建 て 民 街 )と 呼 ばれる 下 町 の 景 色 が 広 がる 貧 困 と られたサリナデパートやホテル インドネシア 発 展 の 混 在 を 象 徴 する 風 景 だ ( 現 在 のホテル インドネシア ケンピンスキ) 36 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

37 Jakarta Style 都 心 の ビ ル 裏 に 下 町 ローラー 作 戦 に 個 別 包 装 常 夏 のインドネシアでは 必 需 品 の 殺 虫 剤 年 々 拡 大 する 市 場 で 日 系 のフマキラー インドネシア 社 が 奮 闘 している スプレーや 電 気 マット リキッド 油 剤 などを 含 めた 市 場 で 同 社 は 昨 年 全 体 の 半 分 程 度 の 売 上 を 占 める 蚊 取 り 線 香 分 野 で 推 定 25%のシェア を 獲 得 し 初 めてトップとなった インドネシアの 蚊 は 日 本 に 比 べ 5 10 倍 の 抵 抗 力 があることから 同 社 は 日 本 の2 倍 も 強 力 な 処 方 にし ている 現 地 の 競 合 他 社 と 比 べても 製 品 の 優 位 性 は 高 いが 消 費 者 が 体 感 しにくいのが 悩 みだ これまで ジャワ 島 以 外 では 40% 以 上 のシェアを 誇 るが 人 口 の 半 数 以 上 を 占 めるジャワ 島 では 他 社 との 蚊 取 り 線 香 のケース 競 争 も 激 しく シェアは 低 率 にとどまっており ブラ ンドの 認 知 度 向 上 などが 課 題 だった そこで 同 社 は3 人 で 構 成 されるキャンバス バン 部 隊 をいくつも 編 成 ジャワ 島 を 郡 単 位 に 分 け 島 内 に 150 万 店 あるとされ る 極 小 店 を 約 1000 軒 で 一 単 位 とし ジャワ 島 専 用 として1 巻 きごとに 個 て 車 で 回 り 3カ 月 かけて 攻 略 して 別 包 装 し 500 ルピア( 約 5 円 )で いくというローラー 作 戦 を 仕 掛 けて 販 売 を 開 始 庶 民 は1 巻 きごとに 購 いる 入 する 比 率 が 高 いため ニーズに 応 また 通 常 は5 巻 き1 箱 で 2500 えるとともに 他 社 との 差 別 化 を 図 ルピア( 約 25 円 )の 蚊 取 り 線 香 を る 工 夫 を 凝 らしている Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 37

38 住 インドネシアの 住 宅 には 一 戸 建 て タウンハウス 日 本 のマンションに 当 たるアパートメント ホテルに 併 設 されたレジデンス コンドミニアム ルマ ススン( 団 地 ) コス( 下 宿 )などがある インドネシア 人 の 住 宅 スタイルは 大 きな 所 得 格 差 を 反 映 している 日 本 人 の 平 均 所 得 を 遙 かに 上 回 る 富 裕 層 はジャカルタ 中 心 部 の 大 邸 宅 中 間 層 は 郊 外 の 一 軒 家 や 集 合 住 宅 庶 民 は 高 層 ビルの 真 後 ろにひしめく 人 口 過 密 地 域 の 長 屋 などさまざまだ 多 様 な 住 宅 スタイル アパートメント アパートメントは 日 本 の 賃 貸 マン ションに 当 たる プール スパ テニ スコート ジムなど 設 備 が 充 実 し レ ストランやスーパーなども 併 設 してい る サービス アパートメントは 掃 除 洗 濯 シーツの 取 り 替 えなど ホテル と 同 等 のサービスが 受 けられるため 賃 貸 料 は 高 いながらも 独 身 者 やカッ プルでの 居 住 が 特 徴 高 級 アパートは 通 常 ドルで 支 払 い 1ヵ 月 2000 ドル( 約 16 万 円 ) 以 上 の ものが 大 半 近 年 は 中 間 層 の 増 加 に 合 わせ 1ヵ 月 500 万 ルピア( 約 5 万 円 )を 切 る ような1ルームマンションも 増 えてお り 物 件 の 売 買 も 盛 んだ タウンハウス 住 宅 地 の 周 囲 にゲートと 警 備 員 を 配 置 し 万 全 のセキュリティを 備 えた 敷 地 内 に 建 て られた 一 戸 建 て 群 共 用 スペース 内 にはプー ルやテニスコートはもちろんのこと 広 々と した 公 園 緑 地 もあり 住 人 がリラックスし て 敷 地 内 を 歩 いている 姿 が 目 につく 賃 貸 価 格 は 大 半 が 3000 ドル( 約 24 万 円 )を 超 える 38 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

39 Jakarta Style 富 裕 層 の 大 邸 宅 ジャカルタ 中 心 部 やポンドック インダなどの 南 ジャ カルタ 華 人 が 多 い 北 ジャカルタのクラパ ガディンな どに 富 裕 層 はプール テニスコートなどの 付 いた 大 邸 宅 を 持 っている 敷 地 面 積 が 300m2を 超 えるものが 大 半 で 価 格 は 30 億 ルピア( 約 3000 万 円 ) 以 上 が 相 場 10 億 ルピア( 約 1000 万 円 )を 超 えるような 高 級 車 を 持 っている 人 もざら で 大 会 社 の 役 員 や 自 営 業 者 政 府 高 官 が 多 い コス 都 心 部 の 若 い 独 身 者 の 間 では 1ルームの 部 屋 がいくつも 並 ぶ コス が 主 流 1カ 月 の 家 賃 が 50 万 ルピア( 約 5000 円 )ほど の 安 価 なものから 掃 除 や 洗 濯 サービスのほか ベッド シャ ワー 冷 房 などの 設 備 が 整 った 300 万 ルピア( 約 3 万 円 )ほど の 高 級 コスも 最 近 はオートロック Wi - Fi 薄 型 テレビ 図 書 館 を 完 備 した アパートメントと 遜 色 ないコスも 登 場 している 庶 民 の 住 宅 街 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 39

40 住 内 需 ブームの 兆 し 国 民 所 得 の 上 昇 に 伴 い 家 電 製 品 需 要 も 急 速 に 拡 大 している 日 本 をはじめ 中 国 韓 国 やヨーロッパの 各 メーカーは インドネシア 人 の 生 活 習 慣 に 合 わせ 機 能 も 絞 った 製 品 の 開 発 に 比 重 を 置 き 各 社 がしのぎ をけずっている テレビは 依 然 としてブラウン 管 が 多 く 普 及 している が 液 晶 テレビに 代 表 される 薄 型 テレビもここ 数 年 で 売 り 上 げが 伸 びている 洗 濯 機 冷 蔵 庫 クーラーは 比 較 的 小 型 のものが 売 れ 筋 のようだ 普 及 率 がまだまだ 低 く 初 めての 購 入 という 庶 民 が 多 いこともあり 洗 濯 機 であれば 二 槽 式 で 200 万 ルピア( 約 2 万 円 ) 前 後 冷 蔵 庫 であれ ば 200 リットルの1ドア 式 で 300 万 ルピア( 約 3 万 円 ) を 切 るような 商 品 の 人 気 が 高 い インドネシアの 電 力 事 情 に 合 わせ 低 電 力 でも 動 くように 開 発 された 商 品 が 目 につく 首 都 圏 の 若 者 の 間 では 写 真 撮 影 を 趣 味 にする 人 が 増 え デジタル 一 眼 レフカメラを 首 からぶら 下 げ 週 末 になると 夜 遅 くまで 仲 間 同 士 で 撮 影 をして 楽 しむ 姿 も 見 られる 撮 影 後 は 人 気 SNSのフェイスブック でより 多 くの 仲 間 に 公 開 する 町 中 では 簡 易 ゲームセンターとしてテレビにゲー ム 機 をつなぎ 1 時 間 1 万 ルピア( 約 100 円 )もし ない 低 価 格 で 子 どもや 若 者 を 集 める 民 家 も 見 かける 一 方 で 密 輸 製 品 やゲーム 機 海 賊 版 DVD ゲー ムソフトなどのコピー 商 品 も 依 然 として 市 場 に 氾 濫 今 後 の 対 策 が 課 題 となっている 40 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

41 Jakarta Style 高 機 能 携 帯 利 用 者 急 増 安 価 かつ 高 機 能 な 携 帯 電 話 など 通 信 機 器 の 急 速 な 普 及 で インターネッ トに 接 続 する 環 境 を 有 する 国 民 は 約 4000 万 人 に 達 するとも 言 われ 若 者 を 中 心 に ソーシャル ネットワーキ ングサービス(SNS)の フェイス ブック や 簡 易 ブログ ツイッター の 利 用 者 は 急 増 フェイスブック 加 入 者 は 世 界 第 2 位 の 3500 万 人 に 達 する 2009 年 11 月 には フェイスブックで の 呼 び 掛 けで 数 千 人 が 集 まり 汚 職 撲 滅 を 求 めた ジャカルタでは ビジネスマンを 中 心 にスマートフォンの ブラックベ リー が 大 人 気 1ヵ 月 10 万 ルピア( 約 1000 円 ) 前 後 でインターネットが 使 い 放 題 ブラックベリー 同 士 の 文 字 通 信 が 無 料 という 価 格 設 定 がチャット 好 き のインドネシア 人 に 支 持 されている 最 も 安 い 機 種 でも 140 万 ルピア( 約 1 万 4000 円 )ほどで ジャカルタの 1カ 月 の 最 低 賃 金 である 129 万 ルピア ( 約 1 万 2900 円 2011 年 )を 上 回 る にもかかわらず 月 賦 で 最 新 機 種 を 購 入 し 四 六 時 中 利 用 する 市 民 が 至 ると ころで 見 られる アップル 社 のiPhoneは 販 売 価 格 が 高 く 通 信 などの 維 持 費 もかか ることから 日 本 ほどの 人 気 にはなっ ていないが 流 行 に 敏 感 で 金 銭 的 に 余 裕 がある 若 者 の 間 でじわじわと 広 がっている 街 中 ではカフェなどでi Padを 使 う 人 の 姿 も 見 かけるように なり サムスンのギャラクシーも 発 売 時 には 大 行 列 ができたほどの 人 気 だ 大 半 の 携 帯 電 話 ユーザーは 日 本 の ような 後 払 い 方 式 とは 異 なり プル サ と 呼 ばれるプリペイドカードを 購 入 し 通 話 やSMS(ショート メッ セージ サービス)で 通 信 する プリ ペイドカードは1 万 ルピア( 約 100 円 ) から 10 万 ルピア( 約 1000 円 ) 分 の 通 話 やSMSができるものが 主 流 だが 1000 ルピア( 約 10 円 ) 台 で 購 入 でき るものもある 新 たに 携 帯 電 話 を 購 入 する 庶 民 を 取 り 込 もうと 大 手 携 帯 電 話 オペレーター3 社 のテルコムセル インドサット XLアクシアタが 熾 烈 な 競 争 を 繰 り 広 げている 国 内 に 普 及 するパソコンのほとんど は 輸 入 のため 値 段 はドル 建 てで 取 引 されることが 多 く ルピアベースの 値 動 きは 激 しいが 堅 調 な 経 済 成 長 を 背 景 に 所 有 者 も 増 え USB 端 末 型 の 移 動 体 通 信 端 末 も 急 速 に 普 及 月 払 い でなく 日 払 いのプリペイド 方 式 で インターネットを 楽 しむ 人 も 出 てき た インターネットの 通 信 代 は 月 払 い であれば 通 信 速 度 や 容 量 の 制 限 付 きで 10 万 ルピア( 約 1000 円 )から 30 万 ルピア( 約 3000 円 ) 日 払 いでは1 万 ルピア( 約 100 円 )を 切 るものもある オンライン ショッピングも 徐 々に 増 え 始 め 楽 天 が 市 場 参 入 を 決 めたほ か フェイスブックを 通 じた 個 人 売 買 なども 盛 ん パソコンを 介 さずに 携 帯 電 話 からインターネットにアクセスす る 層 も 増 えつつある 安 全 面 での 課 題 はあるが 銀 行 は 携 帯 電 話 を 通 じた 決 済 サービスも 提 供 しているため 携 帯 電 話 が 一 つあれば 商 品 の 選 別 から 決 済 までが 可 能 になっている Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 41

42 住 中 間 層 以 上 は 自 家 用 車 庶 民 はバイク 派 が 急 増 ジャカルタは 庶 民 は 鉄 道 や バスを 利 用 する 人 が 多 く 所 得 が 増 加 するにつれ 二 輪 車 や 自 家 用 車 を 利 用 する 人 の 比 率 は 高 まる 電 車 バス 公 共 輸 送 機 関 の 運 賃 は 近 距 離 の 通 勤 列 車 がエコノミークラ ス で ル ピ ア( 約 円 ) 冷 房 のあるクラ スでも ルピア( 約 円 )ほどと 安 価 だが 路 線 が 限 定 されているため 市 内 の 移 動 では 2000 ルピア( 約 20 円 )からのバスを 使 う 庶 民 が 多 い タクシー タクシーも 多 くの 企 業 が 参 入 している 初 乗 りは ル ピ ア( 約 円 ) 最 近 は 新 しい 車 両 も 増 え 高 級 車 を 用 い 付 加 価 値 を 付 けたサー ビスも 登 場 するなど 選 択 肢 が 増 えている 二 輪 車 一 方 中 間 層 の 増 加 を 背 景 に 二 輪 車 の 販 売 が 年 々 増 えてお り 中 国 インドに 次 ぐ 世 界 3 位 の 市 場 となっている 排 気 量 は 125 cc 前 後 で 価 格 は 1000 万 ルピア( 約 10 万 円 ) 台 の 機 種 が 主 流 価 格 の1 割 に 満 たない 頭 金 を 払 い 2 3 年 のローン で 月 々 50 万 70 万 ルピア( 約 円 )の 返 済 をする 人 が 多 いようだ 自 動 車 自 動 車 販 売 も 好 調 だが 自 動 車 の 急 激 な 増 加 に 対 し 道 路 整 備 が 追 いついておらず 公 共 交 通 網 も 整 備 が 遅 れているため ジャカルタは 激 しい 渋 滞 に 悩 ま されている 2014 年 には 二 輪 車 四 輪 車 の 道 路 占 有 面 積 が 道 路 の 総 面 積 を 超 える グリッド ロック の 状 態 となり 交 通 機 能 がまひす るとの 予 測 も 上 がっており 首 都 の 渋 滞 対 策 は 待 ったなしだ 42 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

43 Jakarta Style バス 専 用 レーンは 定 着 バスウェイ 渋 滞 対 策 の 目 玉 は バスウェイ(バス 専 用 レー ン)を 走 る 公 共 交 通 機 関 トランスジャカルタ 2004 年 に 運 行 を 開 始 したトランスジャカルタ は 渋 滞 知 らずの 便 利 さと 安 全 性 や 清 潔 さ ど こまで 乗 っても 3500 ルピア( 約 35 円 )という 安 価 な 運 賃 で すっかり 市 民 の 足 として 定 着 し ている 3イン1 平 日 の 通 勤 時 間 帰 宅 時 間 に 幹 線 道 路 で 自 家 用 車 の 乗 車 人 数 を3 人 以 上 に 制 限 する 3イ ン1 もユニークな 制 度 だ 朝 夕 には 数 合 わ せとなる 代 わりに 数 百 円 をもらう ジョッキー と 呼 ばれる 人 々が 列 を 成 して 手 を 挙 げる 光 景 が 見 られる 問 題 の 多 い 3イン1 に 代 わり 州 政 府 は 混 雑 する 時 間 帯 に 特 定 の 道 路 に 進 入 する 際 の 電 子 課 金 システム(ERP)を 導 入 することも 視 野 に 入 れている バイクタクシー オジェックと 呼 ばれるバイクタクシーも 活 躍 している 運 賃 は 交 渉 次 第 だが 朝 夕 ラッシュ 時 や 渋 滞 時 の 利 用 には 高 値 をふっかけられ ることも 多 いが 歩 いて 10 分 程 度 の 距 離 だと 5000 ルピア( 約 50 円 )ほど 近 場 の 移 動 は オジェックのほか バジャイ と 呼 ばれる 三 輪 タクシーがだいたい 500 メート ルから 5000 ルピア( 約 50 円 )ほどで 乗 れ 庶 民 の 貴 重 な 交 通 手 段 になっている 地 下 鉄 も 建 設 高 速 道 や 高 架 橋 の 建 設 が 街 の 至 る 所 で 行 われ ているが 工 事 による 交 通 規 制 が 新 たな 渋 滞 を 生 んでいるのが 現 状 だ 日 本 の 支 援 で 建 設 される 国 内 初 の 地 下 鉄 部 分 を 含 むMRT( 大 量 高 速 交 通 システム)は 2016 年 の 開 通 を 目 指 す 中 心 部 を 縦 断 する 鉄 道 が 人 の 流 れを 変 えることが 期 待 されている Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 43

44 住 Jakarta Style 毎 月 のカーフリーデーが 人 気 自 転 車 ブ ー ム に 湧 く 渋 滞 や 洪 水 地 下 水 くみ 上 げ による 地 盤 沈 下 など 発 展 のス ピードに 都 市 開 発 が 追 いつかな い 首 都 ジャカルタ ジャカルタ 特 別 州 が 都 市 問 題 への 決 定 的 な 対 策 を 実 施 できずに 市 民 の 不 満 が 鬱 積 しているが 評 価 の 高 い 政 策 もある その 一 つが 2007 年 9 月 から 市 内 を 南 北 に 走 る 目 抜 き 通 りのタムリン スディル マン 通 りで 始 めた 歩 行 者 天 国 カーフリーデー だ 州 は 好 評 を 受 け 2010 年 8 月 ごろから それまで 行 っていた 月 の 最 終 日 曜 に 加 えて 第 2 日 曜 日 にも 実 施 するようになった カーフリーデーが 浸 透 した 一 つ の 理 由 に 首 都 圏 を 中 心 に 巻 き 起 こっている 自 転 車 ブームが 挙 げられる 高 度 成 長 期 とも 言 われるほど 経 済 の 成 長 が 続 く 中 で 富 裕 層 の 増 加 や 中 間 層 の 台 頭 で 市 民 の 娯 楽 も 多 様 化 そのほか 健 康 志 向 への 高 まりとカーフリー デーのタイミングが 重 なって これまで 交 通 手 段 としてほとん ど 利 用 されていなかった 自 転 車 が 徐 々に 人 気 になっている カー フリーデーの 際 には 日 が 昇 り きる 前 の 朝 に 自 転 車 の 渋 滞 が 起 きるほどのにぎわい さらに 自 転 車 ブームは 週 末 の 楽 しみを 超 え ホワイトカラー の 通 勤 手 段 として 定 着 渋 滞 す る 車 列 の 脇 をかけぬけていく 姿 を 頻 繁 に 目 にするようになった ショッピングモールや 大 手 企 業 も 自 転 車 用 に 駐 輪 場 の 整 備 を 進 め 市 民 の 新 たな 足 として 根 付 きつつある 44 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

45

46 余 暇 娯 楽 国 技 は バ ド ミ ン ト ン 欧 州 サ ッ カ ー が 人 気 インドネシアで 一 番 人 気 が 高 いスポーツはサッカー 欧 州 リーグの 試 合 が 重 なる 週 末 の 夜 になると 地 上 波 では 英 国 やスペイン イタリアなど の 試 合 が 放 映 され 庶 民 から 富 裕 層 に 至 るまで 数 千 万 と もいわれるファンがテレビ 観 戦 に 熱 中 する アジアでも 有 数 のサッカー ファンの 数 を 誇 るインドネシ アでは ファンの 取 り 込 みを 見 込 んだビジネスも 盛 んだ ジャカルタ 中 心 部 には 英 などのビッグマッチのテレビ 放 映 が 行 われる 日 には 街 の 至 るところでパブリック ビューイングも 開 かれる 地 元 企 業 も 大 金 をつぎ 込 ん で スペインのレアル マド リード 所 属 のクリスティアー ノ ロナウドや 英 国 アーセナ ルのセスク ファブレガスと いった 欧 州 の 人 気 選 手 をCM に 起 用 アーセナルはジャカ ルタでサッカースクールを 開 校 するほか リバプールも 育 成 組 織 の 設 立 を 検 討 してい 代 から 親 しまれている 国 技 と もいわれる 存 在 で 近 年 でも 北 京 五 輪 で 男 子 ダブルスが 金 メダルを 取 るなど 世 界 王 者 を 頻 繁 に 輩 出 している サッカー 人 気 を 背 景 に 手 軽 に 取 り 組 めると フットサ ルも 人 気 サッカーなどと 比 べ 大 きなスペースを 取 らな いと ジャカルタ 内 では 近 年 フットサル 場 が 急 増 して おり 1 時 間 20 万 ルピア( 約 2000 円 )ほどでプレーが 楽 しめる 国 の 名 門 マンチェスター ユ る スポーツウェアやシューズ ナイテッドの 公 認 レストラン 競 技 スポーツとしてインド は 欧 米 ブランドに 人 気 が 集 があるほか ワールドカップ ネシアが 世 界 に 誇 るのはバド まっている や 欧 州 チャンピオンズリーグ ミントン オランダ 植 民 地 時 46 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

47 Jakarta Style 年 中 泳 げる 南 国 の 娯 楽 ウォーターパークが 続 々 ジャカルタでは スライダーな どのアトラクションを 完 備 した 近 代 的 な 大 型 プール 複 合 施 設 の ウォーターパークが 大 人 気 だ 娯 楽 にお 金 を 使 う 中 間 層 が 増 えていることを 背 景 に 一 年 中 屋 外 で 泳 ぐことができる 南 国 らし く ジャカルタ 北 部 にオープンし たウォーターボムなどこの5 年 ほどで 新 施 設 が 次 々とオープン 入 場 料 は4 万 ルピア( 約 400 円 )から 高 いものになると 18 万 ルピア( 約 1800 円 )にもなる が 超 高 速 スライダーやアジア 初 のアトラクションなどを 備 えた 施 設 もあり 数 少 ない 国 際 水 準 の テーマパークを 楽 しむ 市 民 でに ぎわっている ウォーターボム 提 供 首 都 の 約 30 のゴルフ 場 地 元 ゴルファー 増 加 中 ジャカルタ 周 辺 には 約 30 のゴルフ 場 が 点 在 値 段 は 日 本 に 比 べ 手 ごろで 高 速 道 路 沿 いに 立 地 していることから アクセスも 良 い これまでは 富 裕 層 や 外 国 人 が 中 心 のスポーツだったが 経 済 成 長 を 背 景 に ゴルフを 楽 しむイン ドネシア 人 も 増 加 している 北 ジャカルタ 湾 岸 の 高 級 住 宅 街 に 位 置 するダマイ インダ ゴルフ 場 は 料 金 がビジターは 平 日 約 60 万 ルピア ( 約 6000 円 ) 土 曜 日 が 約 160 万 ルピ ア( 約 1 万 6000 円 ) 約 30 万 ルピア( 約 3000 円 )でプレー できるゴルフ 場 もある 練 習 場 は 都 心 部 にもあり 高 層 ビル 群 の 真 ん 中 でスイングを 楽 しむことが できる 値 段 は 100 球 で5 万 ルピア( 約 500 円 )ほど 屋 内 で3D 画 面 を 使 ってゴルフを 楽 しむ 施 設 も 登 場 20 万 ルピア( 約 2000 円 )ほどでラウンドを 体 験 できる ため プロゴルファーを 目 指 す 子 ども も 通 っているという ジャカルタ 中 心 部 のゴルフショップ ではクラブのフルセットが 500 万 2000 万 ルピア( 約 5 万 約 20 万 円 ) ほどで 売 られている セールス 担 当 者 によると 顧 客 との 商 談 のためにゴル フを 始 めるというインドネシア 人 ビジ ネスマンが 増 えているという Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 47

48 余 暇 娯 楽 中 央 の 人 造 池 ( 左 )やインドネシアの 各 地 の 伝 統 家 屋 ( 右 )などでインドネシアの 多 様 性 を 体 感 できる タ マ ン ミ ニ アトラクションのモール のアンチョール 公 園 毎 週 様 々なイベントが 開 催 されている ア ン チ ョ ー ル ジャカルタの 娯 楽 施 設 ジャカルタの 娯 楽 施 設 として 長 い な 娯 楽 が 提 供 されている 間 市 民 に 親 しまれてきたのは 北 ジャ 多 様 な 民 族 が 住 むインドネシア 各 地 カルタのアンチョール 公 園 と 東 ジャカ の 文 化 を 再 現 しているのはタマン ミ ルタのタマン ミニ インドネシア ニ 人 造 湖 に 造 られたインドネシアの インダなど 約 1 万 3000 の 島 々のミニチュアと 周 552 ヘクタールの 広 大 な 敷 地 を 誇 る 囲 を 取 り 囲 むインドネシア 各 州 のパビ アンチョール 公 園 内 では ボーリング リオンは インドネシアが 多 民 族 国 家 場 サーキット ヨットハーバーなど であることを 再 認 識 させてくれる を 備 えた アンチョール ドリームラ インドネシアの 象 徴 として 都 市 の 中 ンド や 子 どもたちに 人 気 のある 遊 央 部 にそびえ 立 つ 独 立 記 念 塔 (モナ 園 地 ドゥニア ファンタジー 50 ス) スマトラ 象 など 野 生 に 近 い 動 物 人 を 超 える 画 家 彫 刻 家 陶 芸 家 らが が 見 られるラグナン 動 物 園 なども 人 気 アトリエを 構 え アートフェスティバ スポットだ ルが 開 催 される パサール スニ ア 博 物 美 術 館 も 充 実 現 代 芸 術 博 物 ンチョール ( 芸 術 村 )など 多 種 多 様 館 のタマン イスマイル マルズキで は 国 内 外 の 有 名 アーティストの 作 品 が 楽 しめ 国 立 博 物 館 は 国 内 各 地 の 芸 能 道 具 や 家 具 の 模 型 さらに 古 代 の 化 石 から 現 代 まで 長 い 歴 史 を 網 羅 した 展 示 品 など インドネシア 随 一 の 所 蔵 を 誇 る 郊 外 に 足 を 運 べば ベンガルトラや カンガルーなどで 人 気 のサファリパー ク タマンサファリ 193 年 の 歴 史 を 持 つボゴール 植 物 園 や ゴルフ 場 周 辺 に 点 在 する 火 山 国 特 有 の 温 泉 施 設 など もある モールに 併 設 されたシネコンプレッ クスは 巨 大 スクリーンにゆったりと したシートが 設 置 されている 入 場 料 は2 万 5 万 ルピア( 約 円 ) 前 後 で 10 万 ルピア( 約 1000 円 )を 超 える 高 級 カップルシートも 人 気 だ 48 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

49 Jakarta Style ギャラリー ナショナル ラグナン 動 物 園 タマン サファリ 安 い 人 件 費 で サービス 産 業 拡 大 最 低 賃 金 が 月 129 万 ルピア( 約 1 万 2900 円 2011 年 )とまだまだ 人 件 費 が 安 いジャカルタでは 散 髪 や マッサージなどが 安 価 で 提 供 されている 散 髪 の 価 格 は 50 万 ルピア( 約 5000 円 )を 超 え るような 高 級 店 がある 一 方 シェアの 大 半 を 占 める ショッピングモールの 地 場 系 チェーン 店 では5 万 ルピ ア( 約 500 円 ) 程 度 から 安 いところで3 万 ルピア( 約 300 円 )ほどのヘアトリートメントと 頭 皮 マッサージ を 合 わせたクリームバスを 利 用 する 市 民 も 多 い マッサージも1 時 間 ~1 時 間 半 で5 万 ~ 15 万 ルピ ア( 約 500 ~ 1500 円 ) 程 度 が 相 場 ケンコー や コ クオー などといった 日 本 語 から 名 前 を 取 ったような リフレクソロジーのチェーン 店 も 店 舗 数 を 増 やしてい る Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 49

50 余 暇 娯 楽 Jakarta Style バ ー で 水 パ イ プ? 中 華 街 で 火 鍋? ク ラ ブ で 朝 ま で? 多 彩 なナイトライフ 飲 酒 が 御 法 度 のムスリムが 大 材 と 融 合 したユニークな 中 華 料 半 を 占 めるインドネシアだが 理 に ビールや 紹 興 酒 などのア 国 是 に 多 宗 教 をうたっているこ ルコールが 楽 しめる ともあり ジャカルタではお 酒 最 近 増 えているのが 店 舗 数 を 飲 む 場 所 には 事 欠 かず ナイ を 急 拡 大 するセブンイレブンに トライフは 多 種 多 彩 だ 代 表 されるコンビニエンススト 南 ジャカルタのクマンには ア 夜 には 若 者 らが 集 まり 店 ファッショナブルなカフェや に 設 置 されたフリースペース(W バーなどが 集 まり 外 国 人 にも i - Fi 完 備 )でリラックスし 定 番 の 地 域 欧 米 風 のスタイ て 酒 を 飲 んだり おしゃべりし リッシュなオープン バーや 露 たりするのもトレンドだ 天 風 の 店 舗 にはデザイナーズブ コタや 中 心 部 のホテル ショッ ランドの 服 を 身 にまとった 外 国 ピングモール 内 には 数 多 くの 人 や 富 裕 層 の 若 者 らが 夜 毎 集 い ディスコやクラブがある 南 ジャ 水 パイプを 吹 かしたりしながら カルタのショッピングモール ジャカルタの 夜 を 楽 しむ プラザスナヤンにある X2 ジャカルタ 北 部 のコタは 中 国 は 収 容 人 数 5000 人 を 誇 る 巨 大 ナ 語 の 看 板 が 並 び 中 華 料 理 の 店 イト クラブ 週 末 には 若 者 や や 屋 台 がひしめくジャカルタの 外 国 人 が 大 挙 し 5つのフロア 中 華 街 深 夜 まで 営 業 している で 朝 まで 踊 り 明 かしている 飲 食 店 も 多 く インドネシア 食 50 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

51

52 文 化 宗 教 イスラム プロテスタント カトリック ヒンドゥー 仏 教 儒 教 寛 容 性 の 国 6 宗 教 を 公 認 インドネシアは 信 教 の 自 由 を 保 証 し イスラム プロテスタント カトリック ヒンドゥー 仏 教 儒 教 の6 宗 教 を 国 家 公 認 の 宗 教 と 定 めている 東 西 貿 易 の 要 衝 として 発 展 して きたインドネシアには 歴 史 的 に 世 界 の 主 要 な 宗 教 が 交 易 とともに もたらされた 国 内 最 大 の 宗 教 はイスラム 世 紀 にインド ペルシア( 現 イラン)から 渡 来 した 商 人 たちが 伝 導 師 になり スマトラ 島 北 部 の アチェに 伝 播 し ジャワ 島 やカリ マンタン 島 スラウェシ 島 など 各 地 にも 広 まったという インドネ シアは 世 界 最 大 のイスラム 人 口 を 抱 え 人 口 全 体 の 90% 弱 の 約 2 億 人 に 上 る スペインやポルトガルが 香 辛 料 を 求 めて 訪 れた 大 航 海 時 代 にカト リックがもたらされた プロテス タントを 合 わせると 人 口 の 約 9% の 約 2150 万 人 がキリスト 教 徒 北 スマトラのほか インドネシア 東 部 のフローレス 諸 島 やマルク 北 スラウェシに 信 者 が 多 い 仏 教 とヒンドゥーはインド 商 人 が 伝 えたとされる 仏 教 は 人 口 の 0.6% ヒンドゥーは 1.7%で バ リ 島 の 人 口 の 90%がヒンドゥー 教 だ ジャカルタには 東 南 アジア 最 大 級 のモスク イスティクラル モスクとオランダ 植 民 地 時 代 の 1901 年 に 再 建 された 由 緒 あるカ トリック 教 会 カテドラル( 大 聖 堂 )が 向 かい 合 う その 様 子 は 国 是 多 様 性 の 中 の 統 一 を 掲 げ るインドネシアにおける 宗 教 の 寛 容 性 の 象 徴 でもある イスティクラル モスク カテドラル 52 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

53 Jakarta Style 1 カ 月 間 2 億 人 の イ ス ラ ム 教 徒 が 断 食 文 化 民 族 宗 教 が 多 様 なイン ドネシアでは 多 彩 な 行 事 が 国 内 各 地 で 行 われる 各 地 から 人 々が 集 まるコスモポリタンのジャカル タでは 宗 教 施 設 でそれぞれの 催 しがみられるほか 州 内 のショッ ピングモールでは 大 掛 かりな 飾 り 付 けで 祝 日 を 盛 り 上 げる 宗 教 関 連 の 祝 日 はそれぞれの 暦 に 基 づいて 決 められるため 年 に よって 日 付 が 変 わり イスラムの 行 事 は 毎 年 1カ 月 弱 ほど 早 まる 2011 年 の 宗 教 や 民 族 に 関 連 す る 祝 日 は 以 下 のようになる 2 月 は 中 国 正 月 春 節 (イムレッ ク) 中 国 大 陸 にルーツを 持 つ 華 人 たちが 中 国 寺 院 で 祈 りを 捧 げ 街 では 獅 子 舞 などが 練 り 歩 く 3 月 にはヒンドゥー 教 の 元 旦 ニュピがある ヒンドゥー 教 徒 は 当 日 精 神 修 養 のため 断 食 と 瞑 想 に 専 念 し 一 切 の 活 動 を 行 わな い 5 月 は 仏 教 徒 最 大 の 祝 祭 ワイ サックが 行 われる ブッダの 聖 誕 盛 大 に 祝 われる 2011 年 は8 月 に 断 食 月 (ラマ ダン)を 迎 え 国 民 の 人 口 の9 割 で 約 2 億 人 のイスラム 教 徒 たちは 断 食 (プアサ)を 行 う 預 言 者 ム ハンマドが 啓 示 を 受 けたイスラム 暦 の 第 9 月 で 信 徒 は 期 間 中 欲 望 を 抑 えることで 自 己 修 練 日 没 とともに 食 事 を 開 始 する 断 食 月 開 始 から 約 1ヵ 月 後 の8 月 末 には 断 食 明 け 大 祭 (レバラン) を 祝 う イスラム 教 徒 の 家 族 や 親 戚 一 同 が 集 う 日 本 の 正 月 にあた る 日 である 祝 日 前 夜 は1ヵ 月 の 断 食 を 達 成 した 喜 びとして 伝 統 行 事 を 行 い 大 通 りではパレードが 繰 り 広 げられる 12 月 のクリスマスには キリ スト 教 徒 が 教 会 に 集 い ろうそく に 火 を 灯 し 平 穏 に 祈 りを 捧 げる 祭 として 世 界 最 大 級 の 仏 教 遺 跡 で 世 界 遺 産 のボロブドゥールなどで Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 53

54 文 化 宗 教 音 楽 好 き 映 画 好 きの 多 い 街 ジャカルタでも 近 年 大 規 模 な 音 楽 祭 が 開 かれるようになった ジャズの 祭 典 ジャワ ジャズ フェスティバル には 2005 年 の 開 催 以 来 日 本 から 渡 辺 貞 夫 渡 辺 香 津 美 日 野 皓 正 小 野 リサ 元 カシオペアの 櫻 井 哲 夫 など が 出 演 世 界 のトップ 歌 手 も 参 加 する ビッグイベントになった ロックやR&Bフェスティバル ア メリカをはじめとする 外 国 人 歌 手 のコ ンサートもある 日 本 ほどの 頻 度 では ないが 近 年 徐 々に 著 名 歌 手 のインド ネシア 公 演 も 増 えている 価 格 は 日 本 と 変 わらず 2011 年 2 月 に 行 われた ジャネット ジャクソンの 公 演 では C Dやサイン 食 事 付 きで 1500 万 ルピ ア( 約 15 万 円 )という 高 額 チケットも まだまだ 外 タレ の 公 演 が 少 ないこと もあり それでも 多 くの 富 裕 層 が 詰 め かけ 若 者 から 中 高 年 と 客 層 も 幅 広 い 一 般 の 音 楽 シーンはロックバンドが リード パンクやヘビメタなども 含 め さまざまなバンドがあるが ヒットす るのはメロディアスな 曲 携 帯 電 話 の 着 うただけで 数 百 万 円 の 売 上 のある 歌 手 も 増 えている また インドやアラブ 音 楽 の 影 響 を 受 けて 生 まれたインドネシア 独 自 のミ クスチャー 音 楽 ダンドゥットも 低 所 得 者 層 を 中 心 に 根 強 い 人 気 ガムラン ( 青 銅 製 打 楽 器 )やキーボードを 使 い ジャワ 語 で 歌 うチャンプルサリなど 地 方 言 語 のポップスも 多 種 多 様 だ 元 々 音 楽 に 親 しみのある 国 民 性 で カラオ ケも 人 気 なほか 生 演 奏 のあるバーで 飛 び 入 り 参 加 し プロ 顔 負 けの 美 声 を 披 露 する 市 民 の 姿 も 見 られるほどだ 映 画 は 近 年 日 系 企 業 もスポンサー になるなどして 活 気 付 いている 毎 週 1 本 は 国 内 作 品 が 封 切 られ ホラーや ラブコメを 中 心 に 人 気 がある 海 外 の 映 画 祭 で 賞 を 受 賞 する 作 品 も 増 えてお り 国 際 舞 台 を 目 指 すアート 系 の 映 画 にも 注 目 が 集 まっている 上 映 作 品 は ハリウッド 映 画 が 多 い が 昨 今 外 国 映 画 の 輸 入 が 厳 しくな る 動 きも 見 られ 映 画 ファンをやきも きさせている 54 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

55 Jakarta Style マンガ アニメ Jロック 日 本 のサブカルが 人 気 面 に 出 す 女 性 歌 手 も アニメの 登 場 人 物 のコスプレ インドネシアでは 若 者 を 中 心 に 日 本 の 漫 画 やアニメ Jロックなど 日 本 のサブカルチャーが 根 強 い 人 気 を 誇 っ ている マンガは ドラえもんやキャンディ キャンディなどに 始 まり テレビでは クレヨンしんちゃんが 子 どもの 間 で 大 人 気 となり 社 会 現 象 になったことも ある かつて マンガは 海 賊 版 が 大 半 だったが この 20 年 ほどで 地 場 系 大 手 出 版 社 のエレックス メディア コ ンピューティンド 社 が 日 本 の 出 版 社 か ら 版 権 を 買 い 取 り 単 行 本 のほか イ ンドネシア 語 版 のマンガ 雑 誌 も 出 版 し ている 地 場 系 大 手 チェーンの 本 屋 に 行 くと マンガコーナーが 設 けられており ナ ルト や 名 探 偵 コナン といった 少 年 向 けのマンガから ガラスの 仮 面 など 少 女 マンガまでがずらりと 並 んで おり 販 売 価 格 は 大 半 が1 万 6500 ル ピア( 約 165 円 ) 最 近 では One Piece が 人 気 で 10 巻 を1セッ トにした 商 品 も 登 場 している 地 上 波 のほか 衛 星 放 送 やケーブル テレビでは 日 本 のアニメが 頻 繁 に 放 映 され 日 本 のサブカルチャーや 日 本 語 への 関 心 を 高 めるのに 役 立 っている インドネシア 人 に 人 気 のウェブサイト の 掲 示 板 では MANGA ANI ME といったカテゴリーが 設 けられ 愛 好 者 たちの 間 で 活 発 な 情 報 交 換 が 行 われている アニメの 主 題 歌 にも 多 い ビジュアル 系 のバンドも 人 気 で X JAPANといった 元 祖 から ラルク アン シエルやラクリマ クリスティー マリスミゼルなどの 定 番 最 近 ではア リス ナインやガゼットまで 幅 広 く 支 持 されている 一 部 の 熱 狂 的 なアニメやJロックの ファンの 間 では コスプレも 人 気 があ り 愛 好 者 によるコミュニティーが 形 成 され 日 本 のサブカルチャー 関 連 の イベントなどに 参 加 している テレビドラマはかつて おしんが 国 民 的 な 人 気 となったほか 東 京 ラブス トーリーなども 放 映 されたことがある が 近 年 は 韓 国 や 台 湾 の 進 出 が 目 覚 ま しく 今 後 の 挽 回 に 期 待 したいところ だ インドネシアで 知 られている 日 本 ン ソロ は 日 イを 結 ぶ 友 好 の 歌 日 本 のビジュアル 系 を 真 似 たグルー の 歌 というと 1980 年 代 にラジオ として 歌 い 継 がれている プなども 人 気 を 集 めている を 通 じて 大 ヒットした 五 輪 真 弓 の 最 近 では 日 本 の 男 性 歌 手 Sou また 原 宿 ファッション を 前 心 の 友 60 年 代 にアメリカで 大 ヒッ トした 坂 本 九 の 上 日 イを 結 ぶヒット 曲 を 向 いて 歩 こう(スキヤキ) も 有 名 だ 第 二 次 世 界 大 戦 後 に 日 本 で 大 ヒッ トしたインドネシアの 曲 ブンガワ lja(ソルジャ)の 曲 ここにい るよ がインドネシア 語 でカバーさ れ 大 ヒットした 歌 ったのは 日 本 で 働 いていた 元 研 修 生 らのバンド ファッションでテレビ 番 組 に 出 演 し たり ステージに 立 つ 芸 能 人 も 増 え るなど さまざまなところで 日 本 の サブカルチャーが 浸 透 している Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 55

56 文 化 宗 教 Jakarta Style 千 を 超 える 民 族 多 様 な 伝 統 文 化 インドネシアには 千 を 超 えるともいわれる 民 族 があり それぞれ 固 有 の 文 化 を 持 つ 人 口 の 約 40%を 占 める 最 大 民 族 のジャワ 人 の 伝 統 文 化 からは ユネスコの 無 形 文 化 遺 産 に 認 定 されているものも 多 い ワヤン クリット( 影 絵 芝 居 )は 千 年 にわたる ジャワの 英 知 を 集 約 した 伝 統 芸 能 牛 革 から 作 られ た 人 形 を 遣 い インド 起 源 の 古 代 叙 事 詩 の 演 目 に 現 在 の 話 題 を 交 えながら 一 夜 を 徹 して 演 じられる クリス( 短 剣 )はジャワやマドゥラ バリなど 各 地 にあり 美 しい 装 飾 が 施 されている 武 器 として よりもむしろ 超 自 然 的 な 力 を 宿 すと 信 じられ 厄 除 けとして 民 家 にも 飾 られている ジャワ 以 外 の 芸 能 で 初 めてユネスコに 認 定 された のが 西 ジャワのスンダ 人 のアンクルン( 竹 製 打 楽 器 ) 簡 単 に 演 奏 できるよう 工 夫 されており 学 校 の 音 楽 教 育 にも 採 用 されている ほかにも ガムラン( 青 銅 製 打 楽 器 )など 世 界 的 に 知 られている 楽 器 を 使 った 伝 統 音 楽 から インド ネシアの 国 民 音 楽 として 発 展 したポルトガル 起 源 の クロンチョンなどもある ジャカルタでは 祝 事 の 際 などに 飾 られるブタ ウィ(ジャカルタ 土 着 の 民 族 ) 伝 統 の 巨 大 厄 除 け 人 形 のオンデル オンデルが 知 られている オ ン デ ル オ ン デ ル ワ ヤ ン ク リ ッ ト ク リ ス ブライダルフェア 大 盛 況 多 様 な 民 族 が 共 存 するインドネシア 結 婚 式 はそれぞれの 民 族 の 慣 習 を 反 映 したものになり これは 首 都 ジャカル タなど 都 市 部 のカップルにも 当 てはま る 例 えば キリスト 教 徒 の 多 いバタッ ク 人 大 規 模 な 披 露 宴 を 行 うことで 知 られ 新 郎 新 婦 双 方 の 親 族 ら 招 待 客 は 800 人 を 超 す 専 用 の 式 場 を 貸 し 切 り 料 理 楽 団 踊 り 手 などを 含 めた 費 用 は 3000 万 4000 万 ルピア( 約 30 万 40 万 円 )が 相 場 高 級 ホテルの 大 会 場 などで1 億 10 億 ルピア 以 上 ( 約 100 万 1000 万 円 以 上 )を 費 やし 盛 大 に 祝 うカップルも 急 増 国 民 の 所 得 増 加 に 伴 ってか 近 年 は 結 婚 ビジネスが 大 盛 況 頻 繁 にブ ライダルフェアが 開 かれ 200 社 を 超 え る 関 連 企 業 が 出 展 する プロのウェディ ング プランナーによる 個 性 的 な 挙 式 にしようと 3 日 間 で1 万 人 を 超 える カップルが 訪 れ 成 約 総 額 は 600 億 ル ピア( 約 6 億 円 )に 達 するという 56 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

57

58 医 療 教 育 高 まる 教 育 熱 堅 調 な 経 済 成 長 が 続 くイ 将 来 国 際 社 会 で 活 躍 する 層 を 中 心 に 教 育 熱 が 高 まり ンドネシア 人 向 けのイン ンドネシアでは 子 ども 大 人 になってほしい との つつある ターナショナル 校 も 増 えて に 質 の 高 い 教 育 を 受 けさせ 願 いを 込 め 富 裕 層 中 間 所 得 の 増 加 などで 多 く いる の 費 用 を 教 育 費 に 充 てるこ ジャカルタではさまざま とができる 層 が 拡 大 幼 い な 留 学 フェアも 開 催 される ころから 高 度 な 英 語 教 育 を 欧 米 豪 州 日 本 中 国 受 けさせようと 首 都 圏 に シンガポールなど 多 くの 国 ある 英 国 系 豪 州 系 シン の 高 校 大 学 専 門 学 校 な ガポール 系 インド 系 など どがブースを 出 展 国 際 社 さまざまなインターナショ 会 に 羽 ばたく 夢 を 抱 く 多 数 ナル 校 に 通 わせる 親 も 少 な の 若 者 でにぎわいを 見 せる くない また 英 語 がネイ など 留 学 熱 も 高 まってい ティブの 先 生 をそろえたイ る 国 立 インドネシア 大 学 学 生 数 人 入 学 金 500 万 ~ 2500 万 ルピア( 約 5 万 ~ 25 万 円 ) 半 期 の 授 業 料 500 万 ~ 750 万 ルピア( 約 5 万 ~7 万 5000 円 ) 私 立 ナショナル 大 学 学 生 数 7000 人 入 学 金 600 万 ~ 800 万 ルピア( 約 6 万 ~8 万 円 ) 半 期 の 授 業 料 300 万 ~ 460 万 ルピア( 約 3 万 ~4 万 6000 円 ) 私 立 プリタ ハラパン 大 学 学 生 数 1500 人 入 学 金 6700 万 ~2 億 1500 万 ルピア( 約 67 万 ~ 215 万 円 ) 半 期 の 授 業 料 700 万 ~ 3100 万 ルピア( 約 7 万 ~ 31 万 円 ) 58 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

59 Jakarta Style 1993 年 にインドネシアに 進 出 した 公 文 は 2011 年 1 月 現 在 国 内 11 都 市 に 500 教 室 を 展 開 うち 60%が 首 都 圏 に 開 校 している 授 業 料 は 算 数 英 語 ともに 首 都 圏 が 月 額 32 万 ルピア( 約 3200 円 ) ほ かの 都 市 が 月 額 27 万 6000 ルピア( 約 2760 円 ) 園 児 から 高 校 生 まで 計 約 9 万 5000 人 が 学 んでいる 公 文 500 教 室 を 展 開 学 研 は 2010 年 5 月 南 ジャカルタ のショッピング モール ダルマワン サ スクウェア に 第 1 号 教 室 を 開 校 科 学 教 室 のほか 2011 年 からは 算 数 教 室 を 開 催 予 定 2011 年 1 月 現 在 約 400 人 ( 出 張 授 業 の 参 加 者 含 む)の 子 どもたちが 学 んでいる 80%がインド ネシア 人 残 りが 日 本 人 を 含 む 外 国 人 授 業 は 英 語 で 行 われる 学 研 モ ー ル に 開 校 教 育 関 連 市 場 広 がる 英 会 話 や 算 数 などの 塾 ジャカルタでは 英 会 話 や 算 数 の 学 習 塾 など 教 育 関 連 市 場 が 拡 大 している スハル ト 政 権 崩 壊 後 の 経 済 成 長 で 2000 年 ごろから 中 間 層 を 中 心 に 学 習 塾 に 通 うインドネ シア 人 の 子 どもたちが 増 加 し ている 南 ジャカルタ クマンには 日 本 人 の 漫 画 家 が 主 宰 するイ ンドネシア 初 の 漫 画 スクール もある 日 本 独 特 の 描 き 方 を 身 に 付 け 将 来 漫 画 家 として 活 躍 しようと 子 どもから 大 人 まで 多 くのインドネシア 人 が 通 い 腕 を 磨 いている Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 59

60 医 療 教 育 ヤマハの 音 楽 教 室 世 界 2 位 の 生 徒 数 に 習 い 事 で 最 も 人 気 を 集 め ボーカルなどのクラスを 用 ているのが ピアノやエレク 意 し 3 歳 からの 幼 児 クラス トーンなどの 音 楽 1970 年 や 小 中 高 生 学 生 仕 事 帰 り 代 からインドネシアに 進 出 の 大 人 まで 幅 広 い 年 齢 層 の しているヤマハは 全 国 各 地 生 徒 がレッスンに 励 む に 音 楽 教 室 を 開 設 し インド 月 謝 は 40 万 ルピアから ネシアの 生 徒 数 は 2008 年 60 万 ル ピ ア( 約 4000 円 か 少 子 化 が 急 速 に 進 む 台 湾 を ら 6000 円 )ほど 抜 き 日 本 に 次 ぐ 世 界 2 位 に エレクトーン 大 会 やバン 躍 り 出 た ド 大 会 各 種 発 表 会 なども 開 高 級 ショッピングモール 催 入 賞 者 はインドネシア 代 で 音 楽 教 室 と 楽 器 店 舗 を 表 として 国 際 大 会 に 参 加 し 併 設 した 特 約 店 ヤマハ 世 界 一 の 栄 冠 を 手 にする 生 ミュージック スクエア を 徒 も 相 次 いでいる インドネ 展 開 ピアノやエレクトー シアの 生 徒 の 技 量 が 向 上 し ン ギター ドラム フルー ていることが 実 績 として 表 ト バイオリン サックス れ 始 めているようだ ヨガの 指 導 が 人 気 習 い 事 古 くから 交 易 都 市 として 発 展 し 国 際 色 豊 かな 首 都 ジャカルタは 欧 米 南 米 中 東 などのさまざま な 在 留 外 国 人 が 居 住 する 人 種 のるつぼとしての 顔 を 持 つ 多 種 多 様 な 文 化 が 息 づき 近 代 都 市 のライフ スタイルの 一 部 として 受 け 入 れられている 舞 踊 ダンスが 代 表 的 近 年 は インド 映 画 に 見 られるダンスを 取 り 入 れた ボリウッド も 人 気 だ 精 神 心 身 の 向 上 にとヨガ 教 室 も 開 講 され イン ド 文 化 会 館 では 現 地 で 修 行 を 積 んだインド 人 が 指 導 している 格 闘 技 もエクササイズを 行 うスポーツとして 評 判 近 代 的 な 設 備 を 有 し 人 気 となっているのはタイの ムエタイ ストレス 解 消 にとボクシング 熱 も 高 まっ ている 民 間 療 法 施 すドゥクン インドネシア 各 地 には その 土 地 ご とに 伝 統 的 な 民 間 療 法 が 受 け 継 がれて いる 近 代 的 な 医 療 施 設 が 整 備 されて いない 遠 隔 地 だけでなく ジャカルタ のような 大 都 市 でも ジャワの 漢 方 薬 ジャムーとともに 代 替 医 療 として 定 着 している これを 施 すのが 霊 力 を 持 つとされ る ドゥクン ( 祈 祷 師 )だ 外 科 や 内 科 産 婆 など 多 様 な 分 野 のドゥクンが 活 躍 している 南 ジャカルタ チランダッ クには 骨 接 ぎ 専 門 のドゥクンがいる 事 故 で 脱 臼 したり 骨 折 した 患 者 に 対 し ツーンと 臭 いのきつい 秘 薬 を 患 部 に 塗 り 込 みながら 突 然 グキッ とひねる あまりの 痛 みに 悲 鳴 を 上 げ る 患 者 も 次 の 瞬 間 患 部 が 楽 になっ ていることに 気 付 く 高 級 住 宅 も 多 い 地 区 にあるが 診 療 所 は 簡 素 な 民 家 診 察 代 ではなく あ くまで 患 者 が 払 いたい 金 額 の お 布 施 のみ 受 け 取 る このドゥクン 一 族 は 代 々 地 元 の 名 士 として 知 られている という 60 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved.

61 Jakarta Style 医 療 設 備 近 代 化 進 む ジャカルタでは 最 近 近 代 的 な 医 療 設 備 を 持 つ 病 院 が 増 え インドネシア 人 の 富 裕 層 中 間 層 だけでなく 欧 米 日 本 など 先 進 各 国 からの 多 くの 駐 在 員 旅 行 者 などが 利 用 している 日 本 の 医 療 設 備 に 匹 敵 する 高 性 能 なM RIやCTスキャンなどの 医 療 機 器 が 充 実 している 病 院 もある また インフルエンザ A 型 肝 炎 狂 犬 病 デング 熱 など 多 様 な 感 染 症 へ の 対 策 として 多 くの 病 院 やクリニッ クでは 様 々な 予 防 接 種 も 受 けられる 一 方 頭 痛 や 腹 痛 発 熱 やせきなど といった 軽 い 症 状 には 大 衆 薬 が 活 躍 する 大 部 分 の 庶 民 は 通 常 病 気 に 罹 っ た 場 合 には 大 衆 薬 で 済 ませることが 多 い 日 本 のように 規 制 が 厳 しくない こともあり 薬 局 やコンビニエンスス トアだけでなく 村 々の 隅 々まである 雑 貨 店 でも 取 り 扱 っている これらの 大 衆 薬 は 基 本 的 に 特 許 の 切 れたジェネリック 医 薬 品 主 に 地 場 の 製 薬 会 社 が 製 造 し 4 錠 前 後 の 個 別 包 装 で 売 られ 価 格 は 2500 ~ 3000 ル ピ ア( 約 25 ~ 30 円 ) ほ ど 雑 貨 店 では 頭 痛 薬 や 下 痢 止 め 熱 冷 ましなどの 薬 のほか 酔 い 止 めや 便 秘 薬 なども 売 られている 近 代 的 な 病 院 だけでなく 市 内 には 治 療 費 が 安 価 な 保 健 所 (プスケスマス) も 多 く 庶 民 向 けの 医 療 サービスを 提 供 している Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 61

62

63 Jakarta Style ジャカルタスタイル 発 行 発 行 者 2011 年 3 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 東 京 都 港 区 赤 坂 1 丁 目 アーク 森 ビル( 総 合 案 内 6 階 ) TEL: 制 作 ジェトロ ジャカルタセンター Summitmas I, 6th Floor, JI. Jend. Sudirman Kav Jakarta 12190, INDONESIA TEL : 撮 影 編 集 協 力 じゃかるた 新 聞 Copyright 2011 JETRO. All rights reserved. 本 書 の 一 部 または 全 部 の 複 写 (コピー) 複 製 転 訳 載 及 び 記 録 媒 体 への 入 力 等 は 著 作 権 法 上 での 例 外 を 除 き 禁 じます これらの 許 諾 については ジェトロまでご 照 会 ください ジェトロは 本 報 告 書 の 記 載 内 容 に 関 して 生 じた 直 接 的 間 接 的 あるいは 懲 罰 的 損 害 お よび 利 益 の 喪 失 については 一 切 の 責 任 を 負 いません これは たとえジェトロがかかる 損 害 の 可 能 性 を 知 らされていても 同 様 とします

64

暮 らし 交 通 事 情 年 々 深 刻 化 する 渋 滞 交 通 網 整 備 追 いつかず ジャカルタの 渋 滞 は 年 々 深 刻 化 している 経 済 成 長 による 車 両 数 の 拡 大 に 交 通 網 の 整 備 が 追 いつ かない 2014 年 には 二 輪 車 四 輪 車 の 道

暮 らし 交 通 事 情 年 々 深 刻 化 する 渋 滞 交 通 網 整 備 追 いつかず ジャカルタの 渋 滞 は 年 々 深 刻 化 している 経 済 成 長 による 車 両 数 の 拡 大 に 交 通 網 の 整 備 が 追 いつ かない 2014 年 には 二 輪 車 四 輪 車 の 道 暮 ら し 市 民 生 活 は 近 年 近 代 化 を 背 景 に 徐 々に 変 化 を 遂 げてい る 自 家 用 車 の 普 及 高 等 教 育 の 発 展 通 信 網 の 急 速 な 拡 大 若 者 の 流 行 が 多 様 化 する 一 方 で イスラムが 多 数 派 の 宗 教 や 数 百 の 民 族 がそれぞ れに 持 つ 文 化 などの 伝 統 的 な 価 値 観 も 依 然 人 々の

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

掲 将 像 然 笑 寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君 戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 --

掲 将 像 然 笑  寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君  戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 -- 標 準 減 村 免 許 盆 環 境 算 己 直 滞 納 康 孫 標 常 欠 努 己 診 越 康 振 存 敬 老 祝 敬 老 祝,,,,, 敬 老 祝 歳 昭 和 米 寿 昭 和 歳 白 寿 歳 密 ュ ニ 拠 点 増 注 緊 率 著 影 響 緊 則 頃 維 持 努 況 オ cc 白 乙 cc 黄 色 甲 cc 従 型 希 望 諸 線 告 皆 移 末 屋 般 執 候 候 案 田 井 砂 宮 馬 己 食

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

(連結)調査レポート2014・12_No171_cs5.indb

(連結)調査レポート2014・12_No171_cs5.indb 2014.12 No. 171 県 内 勤 労 者 の 消 費 貯 蓄 動 向 ~ 第 52 回 くらしのアンケートから~ 要 約 1 1 家 計 の 状 況 3 2 今 冬 の 買 物 計 画 4 3 おけいこ 事 塾 サークル 6 4 貯 蓄 7 5 ローン 等 の 利 用 9 6 冬 季 ボーナス 10 7 お 歳 暮 12 8 冬 休 み 年 末 年 始 の 過 ごし 方 14 要 約 1.

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

スライド 1

スライド 1 訪 日 旅 行 の 全 体 像 4 ( 単 位 : 千 人 ) 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 訪 日 旅 行 者 数 訪 日 旅 行 マーケットの 全 体 像 -199 年 以 降 の 訪 日 旅 行 者 数 の 推 移 - 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)がまとめた 訪 日 旅 行 者 数 の199 年 からの 推 移 をみると 24 年 から 急 速 に 訪 日

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近 東 京 のブランド 力 ~ 世 界 が 憧 れる5つの 魅 力 ~ 概 要 版 この 研 究 報 告 書 は 外 国 人 から 見 た 東 京 の 魅 力 が 何 であるかを 探 り それを 東 京 の 都 市 ブラ ンドとして 世 界 から 認 知 されるための 課 題 と 戦 略 を 研 究 したものである 東 京 の 魅 力 向 上 によって 国 際 競 争 力 を 高 め 東 京 を 訪 問

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 臨 号.. 写 真 : 玄 7 各 程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 辰 昇 谷 川 也 副 彦 坂 伸 川 7 作 谷 川 崇 谷 寿

More information

1 基 本 情 報 日 本 からの 農 林 水 産 物 食 品 輸 出 2 億 円 (2015 年 ) 国 地 域 別 順 位 64 位 1. 基 礎 データ 人 口 :54 百 万 人 ( 人 口 増 加 率 0.8%) 面 積 :68 万 km2 ( 日 本 の 約 1.8 倍 ) 宗 教 :

1 基 本 情 報 日 本 からの 農 林 水 産 物 食 品 輸 出 2 億 円 (2015 年 ) 国 地 域 別 順 位 64 位 1. 基 礎 データ 人 口 :54 百 万 人 ( 人 口 増 加 率 0.8%) 面 積 :68 万 km2 ( 日 本 の 約 1.8 倍 ) 宗 教 : 国 地 域 別 の 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 拡 大 戦 略 () 105 1 基 本 情 報 日 本 からの 農 林 水 産 物 食 品 輸 出 2 億 円 (2015 年 ) 国 地 域 別 順 位 64 位 1. 基 礎 データ 人 口 :54 百 万 人 ( 人 口 増 加 率 0.8%) 面 積 :68 万 km2 ( 日 本 の 約 1.8 倍 ) 宗 教 : 仏 教 (

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

−yfiÅflI−zfi−ŁìŒ§—£“‡ŁU–¬??−i25_12ŒŽ•ÏfiX−j−iH25−`34−j

−yfiÅflI−zfi−ŁìŒ§—£“‡ŁU–¬??−i25_12ŒŽ•ÏfiX−j−iH25−`34−j 小 豆 島 地 域 振 興 計 画 1 第 1 章 離 島 の 現 状 と 課 題 1-1 概 要 本 地 域 の 有 人 島 は 平 成 22 年 現 在 小 豆 島 ( 土 庄 町 小 豆 島 町 30,167 人 153.29km2) 沖 之 島 ( 土 庄 町 75 人 0.18km2) 豊 島 ( 土 庄 町 1,018 人 14.50km2) 小 豊 島 ( 土 庄 町 15 人 1.09km2)の

More information

会 議 録

会 議 録 会 議 録 会 議 の 名 称 第 1 回 行 田 市 産 業 交 流 拠 点 整 備 基 本 計 画 検 討 委 員 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 23 日 ( 木 ) 開 会 : 18 時 30 分 閉 会 :20 時 30 分 開 催 場 所 産 業 文 化 会 館 2 階 2 A 会 議 室 氏 出 席 委 員 名 小 林 乙 三 ( 行 田 市 環 境 経 済 部 長 )

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す 平 成 21 年 度 第 4 回 知 事 とのタウンミーティング パネルディスカッション 発 言 録 ~さらなる 観 光 振 興 へつなげるために~ 日 時 平 成 2 1 年 1 2 月 2 1 日 ( 月 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 3 時 3 0 分 会 場 魚 沼 市 地 域 振 興 セ ン タ ー ( 魚 沼 市 吉 田 1 1 4 4 ) 目 次 1 知 事 あ い さ つ 1

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

[ 広 報 ].. ネ 繁 殖 制 補 助 ネ 避 妊 去 勢 推 進 繁 殖 制 意 識 広 普 及 適 正 飼 図 費 一 部 助 補 助 額 一 匹 避 妊 去 勢 共 円 予 数 匹 補 助 愛 病 院 施 南 信 州 広 域 医 師 域 医 療 充 格 皆 録 願 指 協 運 営 紹 介

[ 広 報 ].. ネ 繁 殖 制 補 助 ネ 避 妊 去 勢 推 進 繁 殖 制 意 識 広 普 及 適 正 飼 図 費 一 部 助 補 助 額 一 匹 避 妊 去 勢 共 円 予 数 匹 補 助 愛 病 院 施 南 信 州 広 域 医 師 域 医 療 充 格 皆 録 願 指 協 運 営 紹 介 .. [ 広 報 ]... 康 更 新 現 在 使 康 被 有 効 福 祉 世 帯 該 可 能 性 宅 郵 送 続 済 福 祉 点 住 票 度 住 扶 養 除 類 的 身 明 免 許 預 通 帳 ピ 世 帯 児 童 続 済 得 児 童 得 制 度 額 未 満 福 祉 除 類 配 布 児 童 状 況 明 預 通 帳 ピ 先 庁 舎 治 振 興 窓 口 郵 送 福 祉 福 祉 世 帯 援 新 下 旬 元

More information

スライド 1

スライド 1 2016 年 10 月 6 日 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 参 考 資 料 1 DBJ JTBF アジア 欧 米 豪 訪 日 外 国 人 旅 行 者 の 意 向 調 査 ( 平 成 28 年 版 ) 地 域 別 の 特 徴 1. 韓 国 2 温 泉 への 入 浴 3 自 然 や 風 景 の 見 物 4 現 地 の 人 の 普 段 の

More information

草 む 座 語 話 題 ね(ね) び 鬼 火 焚 呼 び 名 言 鬼 追 払 五 穀 豊 穣 無 病 息 災 祈 願 小 正 月 火 祭 毎 1 月 炎 囲 竹 弾 音 厄 払 ぐ 央 竹 柱 立 竹 倒 向 幸 福 豊 作 恵 言 風 向 せ 毎 体 同 じ 向 倒 ( 笑 )ね 夜 カッポ 酒

草 む 座 語 話 題 ね(ね) び 鬼 火 焚 呼 び 名 言 鬼 追 払 五 穀 豊 穣 無 病 息 災 祈 願 小 正 月 火 祭 毎 1 月 炎 囲 竹 弾 音 厄 払 ぐ 央 竹 柱 立 竹 倒 向 幸 福 豊 作 恵 言 風 向 せ 毎 体 同 じ 向 倒 ( 笑 )ね 夜 カッポ 酒 馬 頭 観 音 馬 農 耕 用 使 切 馬 安 全 祈 願 馬 頭 観 音 言 現 在 牛 無 病 息 災 安 産 祈 願 主 毎 5 月 畜 産 農 以 前 丘 上 馬 頭 観 音 酔 ぱ 下 迫 落 続 ( 笑 ) 安 全 下 畜 産 繁 栄 発 展 願 焼 酎 酌 交 盛 上 前 以 外 時 期 内 各 前 拝 む 祭 林 管 理 歴 史 百 以 上 言 木 材 薪 取 林 管 理 重 要 視

More information

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川 天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 ( 第 8 回 アシ ア 選 手 権 ペ ナ ン 大 会 最 終 代 表 選 考 会 ) 開 催 要 項 開 催 期 日 平 成 19 年 7 月 15 日 ( 日 ) 08: 45~ 17: 30 予 定 練 習 会 7 月 7 日 ( 土 ) 8 日 ( 日 ) 1 4 日 ( 土 ) 午 前 10 時 ~ 午 後

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

◇◆県営住宅◇◆

◇◆県営住宅◇◆ 知 っておきたい!! 住 宅 制 度 ~ 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 貸 したい 方 へ~ ~ 融 資 を 受 けたい 方 へ~ ~ 建 物 の 改 造 改 築 を 考 えている 方 へ~ 新 座 市 都 市 整 備 部 まちづくり 計 画 課 住 宅 制 度 のご 案 内 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 方 貸 したい 方 県 営 住 宅 1 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 3 UR

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 フ ォ ガ プ 期 会 開 み ョ コ 箱 秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 多 ビ ネ ソ ふ ざ ハ グ ぶ 多 簡 単 ふ 書 籍 時 代 多 哲

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

3.2.2 テレビ (バンコク) 3 万 9,371~4 万 2,600 円 (1 万 3,990~1 万 5,000バーツ) 流 行 お 洒 落 デザイン 高 級 感 がある バンコク 3 万 9,371~4 万 8,251 円 (1 万 3,990~1 万 6,990バーツ) 流 行 丈 夫 音

3.2.2 テレビ (バンコク) 3 万 9,371~4 万 2,600 円 (1 万 3,990~1 万 5,000バーツ) 流 行 お 洒 落 デザイン 高 級 感 がある バンコク 3 万 9,371~4 万 8,251 円 (1 万 3,990~1 万 6,990バーツ) 流 行 丈 夫 音 3.2.1 テレビ 各 国 売 れ 筋 商 品 各 都 市 でブラウン 管 から 液 晶 テレビへの 移 行 がみられる 売 れ 筋 は32インチ が 競 合 北 京 では 中 国 が 優 位 北 京 46 型 25 万 液 晶 2,520 円 中 国 クアラルンプール ニューデリー 42 型 液 晶 4 万 9,735 円 液 晶 4 万 428 円 伝 統 的 市 場 バンコク マニラ 液 晶

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

Microsoft Word - 56.2016GWの旅行動向.doc

Microsoft Word - 56.2016GWの旅行動向.doc JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796-5833 FAX.03-5796-5848 http://jtb.jp/ 2016 年 ゴールデンウィークの 旅 行 動 向 2016 年 第 56 号 (2016.4.5) 節 約 志 向 はあるものの 旅 行 の 意 欲 は 堅 調 海 外 旅 行 人 数 は 昨 年 より 2.8%

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E!

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 第 章 -Jin 出 会 46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 47 第 章 -Jin 出 会 書 看 板 探 本 通 貨 別 通 貨 替 ア メ リ カ $ ( ) ヨ ロ ッ パ ( ユ ロ ) 中 国 元 ( げ

More information

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796 -5833 FAX.03-5796 -5848 http://jtb 2013 年 第 109 号 (2013.12. 4) 年 末 年 始 (2013 年 12 月 23 日 ~2014 年 1 月 3 日 )の 旅 行 動 向 国 内 旅 行 海 外 旅 行 共 に 過 去 最 高 国

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 3テーマ Dブロック 中 小 企 業 における 資 金 調 達 について 1 2 30 大 阪 経 済 大 学 樋 口 ゼミナール 野 田 班 1 1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4

More information

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分)

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分) ( 別 表 ) 日 本 標 準 産 分 類 の 分 類 項 目 と 類 似 種 比 準 価 額 計 算 上 の 種 目 との 対 比 表 ( 平 成 21 年 分 ) A B C 農, 林 01 農 011 耕 種 農 012 畜 産 農 013 農 ( 園 芸 を 除 く) 014 園 芸 02 林 021 育 林 022 素 材 生 産 023 特 用 林 産 物 生 産 (きのこ 類 の 栽

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

平 成 え 丘 青 空 取 新 鮮 野 菜 販 売 商 品 次 第 終 了 分 毎 第 開 催 総 セ え 丘 側 議 盆 踊 公 開 練 習 各 地 域 自 治 平 盆 民 催 盆 踊 曲 公 開 練 習 ぜ ひ 越 土 分 分 健 康 ド ム ア リ ナ 持 ち 物 靴 リ ッ パ 容 春 音 頭 師 勝 音 頭 明 ふ 音 頭 郡 上 節 炭 坑 節 馬 盆 唄 河 音 頭 花 火 音 頭 企

More information

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464>

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464> 主 澁 信 郎 藤 惠 想 像 質 恋 駆 引 答 垢 抜 色 分 世 実 近 仲 軽 横 囲 新 道 ぼ 横 丁 細 石 畳 路 歩 野 暮 限 対 極 憧 世 邪 魔 居 ド キ ド キ 正 攻 法 道 ロ 主 渋 信 郎 氏 伺 感 発 祥 げ 創 暮 丁 肴 丁 ア 層 マ 近 残 願 茶 茶 済 女 発 祥 周 先 親 父 法 学 朝 鮮 台 湾 持 坊 留 学 植 民 勢 エ 学 正 関

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 2 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 渡 仏 90 周 年 記 念 蕗 谷 虹 児 の 描 く ド ラ マ チ ッ ク 絵 本 原 画 展 婚 活 イ ベ ン ト 和 ス イ ー ツ を 囲 ん で 楽 し い ひ と 時 を 新 庁 舎 駅 前

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4995F18D908F915F8F4390B38CE35F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4995F18D908F915F8F4390B38CE35F2E646F63> 和 歌 山 県 観 光 統 計 調 査 報 告 書 平 成 21 年 (2009 年 )3 月 和 歌 山 県 目 次 1.はじめに... 3 1-1. 調 査 目 的...3 1-2. 実 施 調 査 内 容...3 2. 調 査 結 果 と 分 析 ( 単 純 集 計 結 果 )... 6 2-1. 県 内 アンケート 調 査 結 果...6 2-1-1. 回 答 者 プロフィール...6 2-1-2.

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再

暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再 広 報 暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再 除 与 訳 男 性 下 女 性 現 在 現 在 そ 他 件 新 規 報 酬 末 万 万 副 万

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使 東 震 災 被 災 舞 2 5 25 リ バ サ ド ホ 連 迎 在 10 近 ぞ 各 向 図 欲 揚 指 志 賛 法 賛 助 協 得 昨 12 4 ユ ネ コ 遺 護 条 約 8 政 我 伝 統 記 載 登 録 決 追 風 朗 重 性 再 確 財 ロ フ ェ ナ 集 団 重 性 寄 引 続 広 責 重 受 止 不 可 欠 影 響 及 ぼ 改 途 影 響 視 常 深 係 直 接 施 設 通 健 康

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察 与 歌 劇 役 比 較 試 傍 数 対 傾 係 及 国 各 地 巻 起 追 運 動 連 焦 モ チ セ 入 七 並 名 詞 存 提 示 焦 部 t F 連 週 刊 レ ッ 他 げ 言 及 反

80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察 与 歌 劇 役 比 較 試 傍 数 対 傾 係 及 国 各 地 巻 起 追 運 動 連 焦 モ チ セ 入 七 並 名 詞 存 提 示 焦 部 t F 連 週 刊 レ ッ 他 げ 言 及 反 79 博 要 旨 審 報 告 押 美 位 請 求 Ⅰ 要 旨 押 美 切 口 探 要 月 付 与 設 定 読 支 持 受 今 至 繰 返 定 番 対 設 定 バ シ ョ 彩 ワ 言 過 言 言 換 機 能 7 始 せ 専 攻 研 究 数 限 絵 姿 着 L t 組 合 せ 重 置 試 個 々 80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察

More information

平成23年度福知山市企業会計決算審査意見書

平成23年度福知山市企業会計決算審査意見書 平 成 26 年 度 福 知 山 市 一 般 会 及 び 各 特 別 会 歳 入 歳 出 決 算 並 び に 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 福 知 山 市 監 査 委 員 監 査 発 第 54 号 平 成 27 年 9 月 2 日 福 知 山 市 長 松 山 正 治 様 福 知 山 市 監 査 委 員 芦 田 芳 樹 福 知 山 市 監 査 委 員 大 谷 洋 介 平 成 26

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

ブ じ じ 失 言 続 間 I T ブ 景 気 浮 揚 チ ャ 波 何 話 各 傾 向 全 体 繁 栄 謳 歌 先 進 景 気 後 退 実 感 数 過 ご 戦 後 数 十 続 党 長 期 権 終 焉 迎 主 党 権 担 東 震 災 機 再 度 党 へ 権 戻 権 劇 的 変 化 見 中 内 口 見 不 況 4 東 震 災 影 響 福 島 原 子 力 発 電 所 放 射 能 汚 染 問 題 み 各

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

001-014扉〜目次.indd

001-014扉〜目次.indd 嘘 1 枚 紙 知 装 丁 bookwall 診 断 タ イ プ 同 著 名 誰!? 診 断 結 果 次 ペ ジ へ 林 田 子 様 6 22 タ イ プ 003 3ペジ 特 徴 下 探 ょ 同 ぐ 持 著 名 診 断 結 果 ペジ 記 載 ペジ 内 ご 覧 華 や 志 向 タイプ 左 払 長 芥 川 龍 之 介 P74 林 リダ 気 質 横 線 大 突 出 エジソ P102 突 出 石 川 遼 P39

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information