日本 香港で成功した日本企業

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "日本 香港で成功した日本企業"

Transcription

1

2 さあ 先 に 進 みませんか? N E W Y ORR O K H O N G KON G L O NN D D O N N 香 港 それはアジアにそして 世 界 に 通 ずるチケットです 国 際 都 市 香 港 あなたのビジネスに 必 要 なもの 全 てが 揃 います アジア 全 域 への 容 易 なアクセス 最 新 鋭 の 通 信 インフラ 優 秀 な 人 材 インベスト 香 港 がスムーズなビジネスセットアップに 何 が 出 来 るか お 試 しください! investhk.gov.hk/ja

3 Content 2 香 港 特 別 行 政 区 政 府 投 資 推 進 局 局 長 からのメッセージ 3 香 港 日 本 人 商 工 会 議 所 会 頭 からのメッセージ 4 香 港 投 資 推 進 局 (インベスト 香 港 )について 5 香 港 日 本 人 商 工 会 議 所 の 活 動 について ケーススタディ 6 econtext Asia Ltd 7 ABC Cooking Studio International Limited( 愛 美 食 有 限 公 司 ) 8 Japan Dining World Co Ltd 9 エバラ 食 品 工 業 株 式 会 社 10 K.O. ダイニンググループ 11 こひつじ 幼 稚 園 12 Hitachi Maxell Global Ltd 13 久 保 田 米 業 ( 香 港 ) 有 限 公 司 14 株 式 会 社 商 船 三 井 15 ベクトルグループインターナショナル 社 16 エーワンベーカリー( 香 港 ) 17 株 式 会 社 上 組 18 三 井 不 動 産 株 式 会 社 19 日 産 自 動 車 株 式 会 社 20 イタリアンレストラン サイゼリヤ 21 Miss Paris Group Ltd 22 東 京 エレクトロンデバイス 香 港 23 NTT Com Asia 24 ヤマト 運 輸 株 式 会 社 25 インベスト 香 港 顧 客 プロフィール 41 インベスト 香 港 東 日 本 西 日 本 事 務 所

4 香 港 特 別 行 政 区 政 府 投 資 推 進 局 局 長 からのメッセージ 2,500 社 以 上 の 日 本 企 業 が 香 港 に 拠 点 を 持 ち 毎 年 新 たな 日 本 企 業 が 進 出 してきます また 世 界 中 から 7,449 社 以 上 の 企 業 が 香 港 に 進 出 し 拠 点 を 構 えていま す 香 港 への 進 出 の 理 由 は 共 通 しており 自 由 なビジネ ス 環 境 や 税 制 が 挙 げられています これにより 企 業 は 地 道 な 努 力 や 創 造 力 で 得 た 収 益 を 一 定 割 合 確 保 すること ができます 2014 年 上 半 期 香 港 への 投 資 案 件 数 において 日 本 は 3 番 目 の 投 資 国 でした インベスト 香 港 は 香 港 で 事 業 を 設 立 あるいは 拡 大 する 日 本 企 業 を 20 社 支 援 しました インベスト 香 港 が 支 援 した 日 本 企 業 は いずれも 香 港 は 海 外 ビジネスを 発 展 させるための 重 要 なプラットフォー ムであると 言 います 日 産 自 動 車 株 式 会 社 株 式 会 社 商 船 三 井 日 立 マクセル 株 式 会 社 など 海 外 事 業 統 括 の 機 能 を 香 港 に 移 転 した 日 本 の 大 企 業 もあります 他 にも 様 々な 分 野 の 日 本 企 業 が 香 港 に 進 出 しています 例 えば 農 機 最 大 手 の 株 式 会 社 クボタの 子 会 社 である 久 保 田 米 業 ( 香 港 ) 有 限 公 司 (Kubota Rice Industry (H.K) Co Ltd) そして 最 近 では econtext Asia や ABC クッキング スタジオが 挙 げられ いずれの 企 業 も 香 港 で 成 功 を 収 めています 香 港 は 長 年 にわたり 世 界 で 最 も 自 由 な 経 済 体 制 が 維 持 されている 場 所 として 認 知 されてきました また 多 くの 富 裕 層 (HNWI)や 多 国 籍 企 業 が 拠 点 を 持 つ グローバルな 金 融 センターでもあります 更 に 香 港 の 立 地 は 世 界 各 国 とりわけ 中 国 本 土 のビジネス パートナーとの 連 携 に 最 適 です インベスト 香 港 の 使 命 は ビジネス 拠 点 としての 香 港 の 利 点 を 広 く 説 明 し 日 本 企 業 の 香 港 での 事 業 展 開 が 迅 速 かつ 円 滑 に 行 われるよう 支 援 することです 皆 様 に 香 港 の 持 つビジネス チャンスをより 詳 細 にご 説 明 する 機 会 を 戴 ければ 幸 甚 です 皆 様 の 香 港 へのご 来 訪 を 心 よりお 待 ちしております 投 資 推 進 局 局 長 サイモン ガルピン 2

5 香 港 日 本 人 商 工 会 議 所 会 頭 からの メッセージ 香 港 経 済 は 個 人 消 費 と 共 に 輸 出 の 回 復 が 底 支 えして きました 2013 年 は 大 陸 の 香 港 旅 行 解 禁 10 周 年 にあた り 年 間 を 通 じて 大 陸 からの 旅 行 者 で 香 港 は 大 きく 賑 わ いました 2013 年 に 香 港 を 訪 れた 海 外 からの 旅 行 者 は 前 年 比 11.7% 増 の 5,430 万 人 でしたが その 内 大 陸 か らの 旅 行 者 は 4,075 万 人 つまり 全 体 の 75% を 占 めて います 今 や この 大 陸 からの 旅 行 者 が 香 港 経 済 を 活 性 化 する 大 きな 要 素 となっていると 言 っても 過 言 ではあり ません 一 方 香 港 は 中 国 と 成 長 するアジアの 国 々の 交 差 点 とし て 人 が 行 き 来 し 物 が 往 来 し 情 報 が 集 まるゲートウ ェイとしての 役 割 を 増 してきており 今 後 は 中 国 のみな らず アジア 各 国 との 連 携 もより 重 要 になってくると 感 じております このような 状 況 下 香 港 日 本 人 商 工 会 議 所 は 香 港 政 府 関 係 団 体 他 国 商 工 会 議 所 との 連 携 を 通 じて 現 地 情 勢 の 把 握 に 努 めると 共 に 会 員 企 業 の 香 港 における 業 容 拡 大 のみならず 中 国 やアジアへの 進 出 の 一 助 となる 役 割 も 果 たしていきたいと 考 えております 香 港 への 進 出 を 検 討 されている 皆 様 は 香 港 のどのような 価 値 を 生 かされるのでし ょうか 香 港 の 価 値 で 最 も 大 切 な 価 値 は 国 際 人 材 です 広 東 語 を 母 国 語 として 普 通 語 や 英 語 をも 自 由 に 使 いこなし 中 国 本 土 や 国 際 ビジネス 社 会 を 理 解 して 活 躍 する 人 々です さらに 日 本 語 も 使 いこなす 人 材 も 多 く 親 日 的 な 環 境 は 魅 力 的 です 皆 様 の 香 港 への 進 出 をお 待 ちしております 香 港 日 本 人 商 工 会 議 所 会 頭 下 山 陽 一 3

6 香 港 投 資 推 進 局 (インベスト 香 港 ) について 2000 年 7 月 に 設 立 されたインベスト 香 港 は 海 外 直 接 投 資 を 誘 致 する 香 港 特 別 行 政 区 政 府 (HKSAR)の 一 部 局 です インベスト 香 港 の 使 命 は アジア 有 数 の 国 際 ビジネス 拠 点 であり また 世 界 の 金 融 センターである 香 港 の 優 位 性 をさらに 強 固 なものにし 諸 外 国 中 国 本 土 台 湾 の 企 業 による 香 港 進 出 を 促 し 戦 略 的 事 業 展 開 を 支 援 することです 2014 年 6 月 現 在 インベスト 香 港 は 3,300 件 を 超 える 投 資 案 件 を 遂 行 しました それらの 事 業 立 上 げまたは 事 業 拡 大 は 初 年 度 に 36,400 件 以 上 の 新 規 雇 用 を 創 出 し 690 億 香 港 ドルの 投 資 を 誘 致 しました インベスト 香 港 では 以 下 の 主 要 部 門 の 専 門 チームを 擁 しています 更 に 世 界 の 主 要 都 市 28 箇 所 に 事 務 所 を 構 えており 直 近 では 中 国 本 土 の 武 漢 に 事 務 所 を 開 設 しました 主 要 部 門 :ビジネス 専 門 サービス 業 消 費 財 小 売 業 クリエイティ ブ 産 業 金 融 サービス 業 情 報 通 信 技 術 産 業 科 学 技 術 産 業 接 客 サービス 旅 行 業 および 運 輸 工 業 香 港 のスタッフと 海 外 のスタッフとが 緊 密 な 連 携 を 取 りながら 支 援 企 業 の 香 港 での 事 業 設 立 並 びに 事 業 拡 大 を 迅 速 かつ 丁 寧 にサポー トしております インベスト 香 港 は 香 港 への 事 業 進 出 に 関 し あらゆる 段 階 において 企 業 ごと にカスタマイズされた 方 法 で 無 料 で 支 援 サービスを 行 います また 守 秘 義 務 にも 細 心 の 注 意 を 払 っております 計 画 拠 点 設 立 始 動 拡 張 事 業 計 画 や 事 前 評 価 に 不 可 欠 な 情 報 の 提 供 事 業 所 用 地 ビザ 申 請 支 援 ライセンス 申 請 学 校 教 育 等 多 岐 にわたるアドバイ スの 提 供 PR およびマーケ ティングに 関 する 支 援 ビジネス 交 流 会 各 種 専 門 家 の 紹 介 等 Website: Tel: (852)

7 香 港 日 本 人 商 工 会 議 所 の 活 動 について 香 港 日 本 人 商 工 会 議 所 は 1969 年 に 香 港 日 本 人 倶 楽 部 の 経 済 部 から 分 離 して 設 立 された 香 港 政 府 から 認 められた NPO です 当 商 工 会 議 所 は 香 港 政 府 主 催 で 定 期 的 開 催 される 各 国 商 工 会 議 所 が 集 まる IBC(International Business Committee) に 出 席 し 香 港 の 発 展 や 会 員 企 業 に 資 する 意 見 交 換 を 行 なっています 当 商 工 会 議 所 は 660 社 近 い 企 業 会 員 で 構 成 されています 産 業 別 に 13 の 部 会 に 分 かれて 会 員 相 互 間 のネットワーキングを 推 進 しつつ ビジネスの 現 況 共 有 課 題 や 関 心 事 項 について 講 演 会 現 場 の 見 学 や 視 察 旅 行 などを 実 施 します 全 会 員 に 共 通 した 事 項 は 年 間 20 回 前 後 開 催 (2013 年 度 の 場 合 )されるセミナーを 通 じて 取 組 んでいます 会 員 の 業 容 拡 大 に 繋 がる 中 国 を 含 むアジアビジネス 拡 大 のヒントになるセミナー 会 員 が 共 通 して 押 さえるべき 経 営 上 の 重 要 事 項 に 関 連 するセミナーを 毎 年 積 極 的 に 開 催 しています 在 香 港 日 本 国 総 領 事 館 InvestHK を 筆 頭 に 関 係 団 体 各 国 商 工 会 議 所 や 日 本 各 地 の 商 工 会 議 所 と 連 携 や 協 力 関 係 にあります 香 港 社 会 への 貢 献 も 念 頭 に 日 々の 活 動 を 行 なっています 会 員 企 業 の 発 展 へ 日 々 取 り 組 んでいます 5

8 アジ ア に 新 た な コン テ クスト を 提 供 オンライン 決 済 技 術 サービス プロバイダーの econtext Asia は 香 港 をベッドクォーターとして アジア 全 域 の 電 子 商 取 引 市 場 での 事 業 拡 大 を 図 ります econtext Asia は オンライン 決 済 サービスや 電 子 商 取 引 を サポートする IT 企 業 です 同 社 は オンライン 商 取 引 を 活 用 する 企 業 と 金 融 機 関 との 架 け 橋 としての 役 割 を 担 っており 日 本 のオンライン 決 済 サービス 企 業 の 大 手 2 社 VeriTrans お よび econtext を 含 む 8 社 の 子 会 社 を 通 し ソリューションを 提 供 しています econtext Asia の 主 要 株 主 は 日 本 のインタ ーネット 先 進 技 術 の 企 業 グループ Digital Garage です 同 社 は 広 いビジョンを 持 ち 日 本 よりはるか 先 の 世 界 を 見 据 えています 業 界 のイノベーターになるためには グローバ ルな 事 業 提 携 が 必 要 であると 判 断 し 同 社 は 2011 年 に 日 本 に おける 証 券 取 引 所 での 上 場 を 廃 止 し 2013 年 12 月 19 日 に 香 港 証 券 取 引 所 メインボードに 再 上 場 しました 同 社 は 香 港 市 場 で 5 億 香 港 ドル 以 上 の 資 金 調 達 を 行 い その 半 分 以 上 を インド インドネシア 中 国 本 土 を 含 むアジアでの 事 業 展 開 に 投 下 し 数 年 後 に 全 アジアをリードする 企 業 の 一 つとなるた めのステップを 確 実 に 踏 んでいます 香 港 は 金 融 センターの 中 心 に 位 置 して いるので 戦 略 上 非 常 に 有 利 であ り また 合 弁 や 買 収 により 当 社 の アジアにおける 事 業 拡 大 計 画 を 推 し 進 めるための 優 れた 金 融 決 済 プラ ットフォームを 提 供 していきます 香 港 は 金 融 センターの 中 心 に 位 置 しているので 戦 略 上 非 常 に 有 利 であり また 合 弁 や 買 収 により 当 社 のアジアに おける 事 業 拡 大 計 画 を 推 し 進 めるための 優 れた 金 融 決 済 プラットフォームを 提 供 していきます このことは グロー バルで 優 れた 事 業 提 携 先 のポートフォリオを 確 立 するのに 有 利 に 働 きます と econtext Asia Ltd. 取 締 役 執 行 役 員 CFO 山 口 智 宏 氏 は 述 べました 香 港 ドルは 非 常 に 安 定 しており また 通 貨 交 換 性 も 高 いので 円 安 による 影 響 の 一 部 を 長 期 的 には 相 殺 してくれます と 同 氏 は 付 け 加 えました 香 港 当 局 による 金 融 機 関 電 子 決 済 リスク 管 理 への 規 制 は 大 変 厳 しいが そのことが econtext Asia のアジア 太 平 洋 地 域 における 企 業 戦 略 にプラスに 働 いている と 山 口 氏 は 考 えています 香 港 は 上 場 企 業 に 対 し 決 済 および 監 視 手 法 に 関 する 厳 しい 規 則 や 規 制 を 設 定 しております しかし こうした 厳 しい 規 制 の 下 で 事 業 を 展 開 しているという 事 実 が 当 社 の 評 判 を 高 めてくれるのです 香 港 証 券 取 引 所 への 上 場 後 事 業 提 携 の 提 案 を 多 数 頂 いております と 山 口 氏 は 述 べました 成 長 戦 略 サイバーポート 内 にある 香 港 本 社 は アジアでの M & A や 合 弁 に 関 する 事 業 戦 略 を 統 括 しています 香 港 本 社 は また 企 業 財 務 戦 略 コンプライアンス 対 策 IR 活 動 も 担 っています 同 社 は 上 場 後 従 業 員 数 を 増 やしてきました 山 口 氏 による と 優 秀 かつ 適 切 な 人 材 の 獲 得 が 同 社 の 成 長 戦 略 には 欠 か せません この 点 において 金 融 の 専 門 知 識 や 国 際 市 場 の 知 識 を 持 つ 人 材 を 採 用 することは 香 港 では 優 位 であると 山 口 氏 は 考 えます 香 港 には 海 外 からの 多 くの 駐 在 員 に 加 え 海 外 で 教 育 を 受 けた 優 秀 な 地 元 香 港 の 人 材 も 豊 富 に 存 在 する ため 才 能 があり 専 門 性 の 高 い 人 材 が 揃 っています ここ 香 港 で 当 社 がこれほど 優 秀 な 人 材 に 恵 まれるということは 素 晴 らしいことです と 同 氏 は 述 べました 同 社 は 更 なる 成 長 に 向 けて 3 つの 事 業 戦 略 を 設 定 しました 日 本 市 場 における 持 続 可 能 な 成 長 と 小 規 模 企 業 へのアプロー チ 既 に 実 績 を 持 つ 企 業 との 合 弁 事 業 を 通 じたアジアの 新 興 市 場 と 中 国 本 土 での 事 業 の 水 平 展 開 そして 小 規 模 企 業 向 け スマートフォンの POS アプリケーションを 使 用 したクレジッ トカードやデビットカードによる 支 払 いや 受 け 取 りを 可 能 と するオフライン 決 済 処 理 サービスなどのより 高 度 な 技 術 の 開 発 これら3 戦 略 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいます 山 口 氏 は 数 年 前 に 東 京 で 香 港 のセミナーに 参 加 しました それ 以 来 インベスト 香 港 の 東 京 事 務 所 並 びにインベスト 香 港 本 局 の 情 報 技 術 通 信 産 業 チームは econtext Asia の 香 港 進 出 ばかりでなく 山 口 氏 ご 自 身 やご 家 族 の 香 港 移 住 がスム ーズに 行 われるよう きめ 細 かくサポートしてきました econtext Asia Ltd 2013 年 12 月 に 香 港 証 券 取 引 所 に 上 場 香 港 本 社 は 当 社 の 全 アジア 地 域 における 事 業 推 計 画 を 立 案 する 地 域 本 部 6 発 行 日 :2014 年 7 月

9 アジアでのビジネス 展 開 を 考 えるなら 香 港 に 拠 点 を 持 つことは 必 須 でしょう まるでABCのように 易 しくクッキング 洗 練 された 日 本 の 料 理 教 室 が 香 港 の 生 徒 を 魅 了 ボウルをカシャカシャと 鳴 らし 手 早 く 卵 をかき 混 ぜる 音 焼 きたてのパンが 放 つ 香 ばしい 香 りや デコレーションを 施 したかわいらしいケーキ 平 日 の 午 後 の 料 理 教 室 の 光 景 です ショッピングモール 内 にあるこの 教 室 は 明 るく スタイリ ッシュな 空 間 です 大 勢 の 生 徒 たちが キッチンテーブルで パンやケーキ 作 りに 取 り 組 んでいます 備 え 付 けられた 30 台 のオーブンの 前 には 焼 きあがりを 待 つ 生 徒 たちのおしゃ べりや 笑 い 声 が 絶 えません 2013 年 11 月 尖 沙 咀 (Tsim Sha Tsui) のアートモール K11 に ABC クッキングスタジオ が オープンしました 半 年 足 らずで 1,200 人 以 上 の 生 徒 を 獲 得 し 40 人 を 越 える 雇 用 を 創 出 しました ABC Cooking Studio International Limited( 愛 美 食 有 限 公 司 )の 創 業 者 兼 取 締 役 横 井 啓 之 氏 によると 今 年 前 半 には 2 号 店 のオープンが 計 画 さ れており スタッフ 数 の 倍 増 が 見 込 まれています 横 井 氏 は 世 界 中 に 笑 顔 のあふれる 食 卓 を という 企 業 理 念 のもと 料 理 教 室 を 運 営 しています 生 徒 たちがこの 教 室 か ら 持 ち 帰 るのは 料 理 のスキルや その 日 に 教 室 で 作 ったパ ンやケーキだけではなく 友 達 や 家 族 と 分 かち 合 う 幸 せも 持 ち 帰 って 欲 しいのです と 同 氏 は 述 べました 香 港 は 多 くの 日 本 企 業 にとって 海 外 進 出 の 拠 点 とするの に 最 適 な 都 市 です 横 井 氏 の 香 港 への 転 居 自 体 がそのことを 雄 弁 に 物 語 っています 香 港 は 当 社 の 海 外 事 業 拡 大 におい て 重 要 な 拠 点 となることでしょう あらゆる 点 において 香 港 は 非 常 に 便 利 な 都 市 です と 同 氏 は 述 べました アジア でのビジネス 展 開 を 考 えるなら 香 港 に 拠 点 を 持 つことは 必 須 でしょう 革 新 的 で 笑 顔 があふれる 料 理 教 室 香 港 では 多 くの 料 理 教 室 が 商 業 ビル 内 で 運 営 されています 一 方 日 本 国 内 で 運 営 されている ABC クッキングスタジオ の 大 半 はショッピングモール 内 にあり 人 目 を 引 く 洗 練 され たインテリアデザインを 特 徴 とします メニューは 料 理 パン ケーキの3コースがあり 和 食 の 定 番 から 様 々なパン の 製 法 生 地 作 りに 始 まりデコレーションまでのケーキの 技 発 行 日 :2014 年 5 月 術 などを 学 ぶことができます また これまでの 経 験 から 選 別 された もしくは 独 自 に 開 発 された 調 理 器 具 がスタジオで は 使 用 され 料 理 を 学 ぶ 最 適 な 環 境 が 用 意 されています さ らに オンライン 予 約 システムが 導 入 されており 生 徒 は 事 前 にクラスの 選 択 や 予 約 ができます 同 社 の 成 功 のカギは 常 に 顧 客 に 満 足 してもらうことです お 客 さまの 声 に 耳 を 傾 け ご 要 望 に 対 応 することで 当 社 は 料 理 教 室 の 環 境 サービス レッスンやコース 内 容 など 商 品 の 向 上 に 常 に 取 り 組 んでいます と 横 井 氏 は 述 べました 最 も 大 切 なことは フレンドリーでカジュアルな 環 境 のもと 楽 しく 笑 顔 あふれるレッスンを 提 供 することです と 同 氏 は 付 け 加 えました 香 港 の 地 域 統 括 本 部 を 拠 点 に 海 外 事 業 拡 張 を 目 指 す 横 井 氏 は 香 港 にさらに 4 つのスタジオと 調 理 器 具 等 の 小 売 店 舗 そして タイ シンガポール ベトナム 韓 国 マレーシア インドネシアにそれぞれの 地 域 拠 点 を 開 設 する 予 定 です 台 北 の 店 舗 は 今 年 オープンします ABC クッキングスタジオ では 料 理 を 学 びながら 生 徒 同 士 が 親 交 を 深 めていく 雰 囲 気 がありますが 横 井 氏 も 同 様 に 香 港 での 新 たな 出 会 いを 楽 しみにしています 日 本 人 のコミ ュニティは 強 い 絆 で 結 ばれており 非 常 に 活 動 的 です イン ベスト 香 港 のフレンドリーなアドバイスとサポートのおかげ で この 進 出 がもたらす 機 会 を 最 大 限 に 活 用 できそうです と 同 氏 は 熱 く 語 りました ABC Cooking Studio International Limited ( 愛 美 食 有 限 公 司 ) 日 本 中 国 香 港 で 130 箇 所 以 上 のスタジオ 運 営 パンやケーキ 日 本 料 理 などのコースを 提 供 abc-cooking.com.hk 7

10 峰 寿 司 が 見 る 香 港 市 場 の 大 きな 可 能 性 峰 寿 司 を 傘 下 に 持 つ 持 株 会 社 Japan Dining World Co Ltd は 先 日 日 本 の 焼 き 肉 レストラン 焼 肉 ふたごを 世 界 各 国 の 料 理 が 楽 しめるアジアの 食 の 都 香 港 にオープンしました 峰 寿 司 は 2014 年 香 港 進 出 10 周 年 を 迎 えました 昨 年 持 株 会 社 Japan Dining World Co Ltd の 売 上 高 は 日 本 の 親 会 社 の 売 上 高 の 1.5 倍 超 を 記 録 しま した 10 年 前 にはスタッフ 20 人 だった 同 社 は 香 港 で 250 人 を 擁 するまでに 成 長 し 日 本 の 親 会 社 の 2 倍 の 陣 容 に なりました 2004 年 香 港 に 初 めて 峰 寿 司 をオープンし 職 人 が 握 る 本 格 的 な 寿 司 を 香 港 の 人 々に 提 供 して 以 来 次 々に 店 舗 をオープンし 現 在 香 港 では 7 店 舗 の 峰 寿 司 を 営 業 してお り そのほとんどが 大 規 模 なショッピ ングモールの 中 にあります 香 港 での 売 上 高 は 一 貫 して 計 画 を 上 回 ってきました そして 常 に 事 業 拡 大 を 視 野 に 入 れてきました と Japan Dining World Co Ltd 社 長 林 昌 純 氏 は 述 べました 香 港 の 人 々の 間 で 日 本 食 の 人 気 は 益 々 高 まっています 当 社 の 戦 略 は 常 に 新 鮮 な 素 材 を 使 い 高 級 感 のある 職 人 が 握 ったすしを 手 頃 な 料 金 で 提 供 し お 客 さまに 喜 んで 頂 くことです 中 国 本 土 からの 渡 航 者 による 需 要 の 高 まり レストラン 事 業 は 香 港 と 日 本 の 7 人 のパートナーとの 合 弁 事 業 です 林 氏 は 香 港 での 飲 食 事 業 の 成 功 の 要 因 を 日 本 か ら 直 接 本 物 の 情 報 と 技 術 を 得 たこと 更 には 醤 油 などの 調 味 料 を 厳 選 し 現 地 の 人 々の 好 みに 合 わせていることだと 述 べました 中 国 本 土 の 観 光 客 からの 需 要 拡 大 も 重 要 です 顧 客 の 約 10%は 中 国 本 土 からのお 客 様 です 中 国 本 土 からのお 客 様 は 香 港 ではどこよりも 美 味 しい 日 本 食 を 食 べられるこ とを 知 っています 従 って 高 価 な 料 理 を 注 文 します と 同 氏 は 説 明 しました 他 の 寿 司 チェーン 店 とは 異 なり 峰 寿 司 は 会 員 制 は 導 入 せ ず また 積 極 的 な 販 促 活 動 も 行 っていません 品 質 と 信 頼 性 を 重 視 したメニューを 用 意 し 旬 の 食 材 を 使 ったプロモーシ ョンメニューも 提 供 しています 同 社 は 中 国 本 土 への 進 出 や 日 本 での 新 店 舗 のオープンは 考 えていません 中 国 本 土 市 場 への 参 入 や 日 本 での 新 規 出 店 は 容 易 ではありません それ らの 市 場 では 品 質 よりも 価 格 設 定 に 照 準 を 合 わせた 競 争 が 展 開 されています 日 本 では 多 くのレストランが 低 価 格 競 争 に 苦 しんでいます と 林 氏 は 述 べました 新 しいフランチャイズビジネス 香 港 では 美 味 しい 焼 肉 店 がまだまだ 少 なく 林 氏 は かね てより 日 本 の 焼 き 肉 を 是 非 提 供 したいという 情 熱 を 持 ち 続 け てきました 2 年 半 の 交 渉 期 間 を 経 て 焼 肉 ふたごのフランチャ イズ 契 約 を 獲 得 し 香 港 での 出 店 を 実 現 しました 林 氏 による と 焼 肉 ふたごは 日 本 で 大 きな 成 功 を 収 め 3 年 間 で 20 店 舗 を 展 開 しました 香 港 の 店 舗 は 本 年 4 月 銅 鑼 湾 (Causeway Bay)にオープンし 15 人 の 現 地 スタッフを 採 用 しました 林 氏 は 2020 年 までに 峰 寿 司 と 焼 肉 ふたごを 合 わせて 香 港 に 20 店 舗 の 出 店 を 目 指 しています Japan Dining World は 2004 年 に 日 本 商 工 会 議 所 の 紹 介 で インベスト 香 港 のサービスを 知 りました インベスト 香 港 の 接 客 サービス 旅 行 産 業 部 は 長 期 的 なパートナーであり ビザ 申 請 などの 諸 手 続 きの 迅 速 な 対 応 香 港 市 場 の 最 新 情 報 のタイムリーな 提 供 など 万 全 なサポートをしてくれます と 林 氏 は 述 べました 香 港 で 築 き 上 げた 基 盤 をさらに 強 固 な ものにしていきます そのためにも あらゆる 経 営 資 源 を 集 中 的 に 香 港 に 投 入 していきます それが 私 たちの 戦 略 です Japan Dining World Co Ltd 峰 寿 司 1 号 店 は 1971 年 に 熊 本 でオープン 香 港 では 峰 寿 司 7 店 舗 と 焼 肉 ふたご 1 店 舗 を 展 開 中 香 港 で 築 き 上 げた 基 盤 をさらに 強 固 なものに していきます 8 発 行 日 :2014 年 5 月

11 拠 点 開 設 後 わずか 6 ヶ 月 で 国 際 的 なバイヤーとの 商 談 の 機 会 に 恵 まれました 日 本 の 新 しい 味 を 提 供 ソースやケチャップ 等 の 調 味 料 及 び 加 工 食 品 の 製 造 販 売 を 行 うエバラ 食 品 工 業 株 式 会 社 は 香 港 を 拠 点 に 東 南 アジア 市 場 の 開 拓 を 目 指 します 数 年 前 に エバラ 食 品 工 業 は 上 海 に 生 産 工 場 を 設 立 し 業 務 用 並 びに 一 般 家 庭 用 に 主 にバーベキューソースや 調 味 料 の 生 産 を 開 始 しました そして この 度 香 港 に 支 店 を 設 立 しま した 同 支 店 は コントロールセンター 並 びに 販 売 マーケ ティングの 拠 点 としての 役 割 を 果 たし 自 社 ブランドの 認 知 度 向 上 と 販 売 促 進 を 目 指 します 香 港 は 情 報 収 集 の 面 で 非 常 に 優 れた 都 市 であり また 物 流 の 中 心 でもあります 域 内 外 の 移 動 が 非 常 に 便 利 であること に 加 えて 税 率 が 低 く 税 制 も 安 定 しています と 荏 原 食 品 香 港 有 限 公 司 董 事 関 進 氏 は 述 べました 香 港 事 務 所 の 開 設 に 伴 い 上 海 支 店 から 赴 任 した 関 氏 は 現 地 スタッフの 質 の 高 さに 驚 きました 香 港 の 人 々は 勤 勉 で 信 頼 でき 責 任 感 が 強 く 先 を 見 越 した 行 動 ができ 仕 事 に 対 する 態 度 も 素 晴 らしく また 高 いコミュニケーション 能 力 を 持 っています オフィスを 留 守 にする 時 も スタッフに 安 心 して 任 せられます 他 の 土 地 ではこんなことは 考 えられま せん と 同 氏 は 述 べました 理 法 を 紹 介 しています とりわけ 肉 料 理 の 味 付 けに 関 する 提 案 に 力 を 入 れています と 関 氏 は 述 べました 国 際 的 なバイヤー 香 港 の 魅 力 は 地 元 の 人 々に 愛 される 数 々のレストランやワ インバーの 存 在 ばかりでなく 世 界 中 からバイヤーが 集 まる Food Expo や Food Festival などの 幅 広 い 食 品 イベントが 開 催 され ビジネスチャンスがもたらされる 点 にもあります 拠 点 開 設 後 わずか 6 ヶ 月 で アジア 太 平 洋 地 域 特 に 台 湾 オーストラリア シンガポールの 国 際 的 なバイヤーとの 商 談 の 機 会 に 恵 まれました こうした 機 会 こそが 香 港 の 持 つ 大 きな 強 みだと 思 います と 関 氏 は 述 べました 香 港 に 赴 任 した 関 氏 は 自 然 豊 かな 香 港 の 環 境 に 感 銘 を 受 け ました 香 港 では 市 街 地 から 非 常 に 近 いところにカントリー パーク( 郊 野 公 園 )がありますので 都 心 の 喧 騒 を 逃 れ ゆった りとした 時 間 を 過 ごすことができます こうした 点 も 香 港 の 大 きな 魅 力 です と 同 氏 は 述 べました ニッチ 市 場 日 本 の 家 庭 では 各 種 調 味 料 が 豊 富 に 揃 っています 香 港 で も 数 社 の 総 代 理 店 を 通 して 同 社 商 品 を 香 港 のスーパー マーケットや 小 売 店 で 販 売 してきましたが 荏 原 食 品 香 港 有 限 公 司 は 香 港 市 場 での 今 後 のターゲットを あえて 一 般 家 庭 の 食 卓 にはしませんでした 香 港 の 外 食 文 化 を 踏 まえ 同 社 は レストラン とりわけ 中 華 料 理 店 や 香 港 式 カフェレスト ラン 茶 餐 廳 (チャーチャンテン) への 商 品 販 売 に 力 を 入 れて いきます 当 社 は 地 元 のシェフの 方 々を 対 象 に 当 社 の 事 務 所 キッチ ンを 使 って 実 際 に 調 理 をしながら 各 種 ソースを 使 った 調 エバラ 食 品 工 業 株 式 会 社 東 京 証 券 取 引 所 上 場 焼 肉 のたれ 等 肉 料 理 用 調 味 料 の 製 造 販 売 日 本 で 開 発 製 造 された 300 種 類 を 超 える 商 品 を 提 供 発 行 日 :2013 年 11 月 9

12 エンターテイメント 大 手 企 業 が 高 級 レストランの 概 念 を 変 える K.O. ダイニンググループは 株 式 会 社 ユニバーサルエンターテインメント( 東 京 証 券 取 引 所 上 場 )のグループ 会 社 であり 香 港 の 高 級 レストランに 革 命 をもたらします エンターテインメント 業 界 で 培 った 親 会 社 の 経 験 を 活 かし 2012 年 初 頭 に K.O. ダイニンググループは 香 港 の 海 に 面 し た 25,000 平 方 フィートのハーバーフロント ランドマーク (Harbourfront Landmark) にレストランの 複 合 施 設 を 開 設 しま した ビクトリア ハーバーが 見 渡 せる 複 合 施 設 には ワイ ンセラーが 常 設 されており また 世 界 で 名 高 いシェフを 起 用 し 日 本 料 理 岡 田 和 生 上 海 料 理 玉 蕾 (Yu Lei) イタ リアン Messina(メッシーナ) の 3 店 舗 の 高 級 料 理 レストラン を 運 営 しています K.O. ダイニンググループ 中 国 の 地 域 統 括 責 任 者 中 村 洋 平 氏 は 世 界 の 市 場 への 進 出 にあたり 香 港 をグループのグローバル 本 社 の 拠 点 であると 捉 えています 同 グループは 約 100 名 の 従 業 員 を 擁 し 米 国 中 国 およびフィリピンにもレストラン を 展 開 しています 香 港 は 紛 れもなくアジアの 食 の 中 心 です 東 京 よりも 国 際 化 が 進 んだ 都 市 であり 英 語 がごくあたりまえに 話 されていま す 多 様 な 国 籍 の 人 々がおり 中 国 本 土 市 場 に 隣 接 している ため 当 社 の 高 級 レストランの 概 念 をテストするための 条 件 がすべて 整 っています と 中 村 氏 は 述 べました 食 のイベント 香 港 の 人 々に 興 味 を 持 って 頂 くために 同 社 のレストランで は 1 2 カ 月 に 一 度 食 に 関 するイベントを 行 っています 料 理 教 室 愛 好 家 や 食 通 のお 客 様 に 向 けた 食 の 写 真 撮 影 講 習 会 ワインペアリング 夕 食 会 などの 幅 広 いイベントなど レ ストランをプロモートし 文 化 を 紹 介 するようなテーマを 用 意 しています 香 港 では 全 店 でイベントを 行 っています メディアの 注 目 を 集 められるように 店 舗 責 任 者 は イベントの 開 催 に 大 変 力 を 入 れています と 中 村 氏 は 述 べました 異 なる 層 のお 客 様 にもレストランを 知 ってもらうために ビ ジネスパートナー 及 び 他 社 とも 協 力 し テイラーメイドのプ ロモーションイベントを 開 催 します 開 店 わずか 6 ヶ 月 で 上 海 料 理 玉 蕾 (Yu Lei) は その 洗 練 さ れた 料 理 が 評 価 され ミシュラン 1 つ 星 に 輝 きました 日 本 料 理 岡 田 和 生 では オープンキッチンを 採 用 して 懐 石 料 理 を 提 供 していますので お 客 様 は 調 理 の 過 程 も 楽 しめます イタリアン Messina(メッシーナ) では オープンキッチンで 調 理 します 魅 力 的 なデザート ゲリドンからはお 好 みのデ ザートを 選 び 美 味 なデザートを 味 わいながら 大 切 な 方 と 素 敵 な 時 間 を 過 ごすことができます 香 港 は 紛 れもなくアジアの 食 の 中 心 です 野 心 的 な 目 標 K.O. ダイニンググループは 今 後 5 年 間 で 北 京 や 上 海 など 中 国 の 大 都 市 への 展 開 を 目 指 し その 後 の 10 年 で 国 際 展 開 し 世 界 中 に 最 大 50 軒 のレストランの 運 営 を 計 画 しています 各 レストランで 採 用 するシェフの 専 門 料 理 に 応 じ 様 々な 国 の 料 理 を 幅 広 く 提 供 していきます グループは 親 会 社 である 株 式 会 社 ユニバーサルエンターテインメントが 生 み 出 すビジ ネスチャンスを 活 用 し マニラ 湾 にリゾートコンプレックス を 開 設 し 2 つのホテル カジノ 各 種 レストランの 運 営 に 乗 り 出 します 香 港 市 場 に 関 しては 多 くのお 客 様 からさらなるレストラン の 開 店 を 促 されており 不 動 産 会 社 と 相 談 しながら 香 港 島 側 でもう 一 箇 所 最 適 なロケーションを 積 極 的 に 探 しています と 中 村 氏 は 力 強 く 語 りました インベスト 香 港 の 積 極 的 な 支 援 には 大 変 感 謝 しております また インベスト 香 港 主 催 のビジネス 交 流 会 は 香 港 におけ る 日 本 企 業 のビジネスパートナーを 探 すのに 有 用 で 当 社 を 知 っていただくのに 絶 好 のチャンスです と 同 氏 は 付 け 加 え ました K.O. ダイニンググループ 株 式 会 社 ユニバーサルエンターテインメント( 東 京 証 券 取 引 所 上 場 )のグループ 会 社 2012 年 香 港 にオープン 日 本 料 理 中 華 料 理 イタリアンの 高 級 レストラン 3 店 舗 を 運 営 従 業 員 数 約 100 名 10 発 行 日 :2013 年 9 月

13 こひつじ 幼 稚 園 が 在 香 港 日 本 人 家 族 に 新 たな 選 択 肢 を 提 供 香 港 の 日 本 人 駐 在 員 の 要 望 に 応 える 形 で 日 本 の 幼 稚 園 が 香 港 九 龍 に 開 園 しました こひつじ 幼 稚 園 は 園 長 富 田 由 美 子 氏 と 共 同 創 設 者 富 田 浩 志 氏 の 創 案 で 設 立 されました 由 美 子 氏 は 香 港 の 日 本 人 幼 稚 園 で 10 年 以 上 にわたり 幼 児 教 育 に 携 わっており 香 港 九 龍 に 日 本 人 幼 稚 園 の 設 立 を 望 む 日 本 人 駐 在 員 の 声 を 受 け 小 学 校 教 育 に 繋 がる 幼 児 教 育 を 提 供 すべく 日 本 人 幼 稚 園 を 開 園 する ことを 決 意 しました 幼 稚 園 開 設 認 可 の 取 得 手 続 きは 明 確 かつ 公 正 でした 認 可 取 得 でお 世 話 になった 政 府 機 関 のスタッフの 方 々もみなさん 親 切 で フレンドリーな 方 たちばかりでした 手 続 きに 訪 れ るといつも 丁 寧 かつ 迅 速 にご 対 応 頂 きました と 富 田 園 長 は 語 りました 2013 年 9 月 に 開 園 するこひつじ 幼 稚 園 ではホンハム(Hunghom) の 黃 埔 花 園 (Whampoa Garden)にある 3,000 平 方 フィートの 教 育 機 関 の 用 地 を 引 き 継 ぎ 最 大 66 名 の 幼 児 を 受 け 入 れます 本 園 の 教 育 の 柱 はキリスト 教 です 子 供 たちはそれぞれ 個 性 を 持 っておりますので 一 人 ひとりの 発 達 に 応 じた 保 育 を 目 指 しています 小 グループで 活 動 する 際 には 実 際 の 経 験 を 通 して 一 人 ひとりの 成 長 を 促 し 知 的 好 奇 心 が 芽 生 えるよ う 心 がけています と 富 田 園 長 は 述 べました 幼 児 期 にエコ 感 覚 を 身 につける こひつじ 幼 稚 園 の 教 室 には リサイクル 素 材 やカラフルな 色 紙 を 使 って 子 供 が 作 った 作 品 が 飾 られています また 段 ボ ール 製 の 椅 子 ペットボトルで 作 った 果 物 の 木 が 配 置 され ボードには やはり 子 供 たちが 描 いた 絵 が 飾 られています 本 園 では 子 どもの 創 造 性 を 育 み 自 尊 心 を 持 って 物 事 を 考 え 問 題 を 解 決 できる 能 力 の 開 発 を 目 指 しています 今 日 の 子 供 たちは 本 来 必 要 とされる 以 上 のものを 与 えられていま す 次 世 代 を 担 う 子 供 たちには できるだけ 早 い 時 期 に 自 然 や 環 境 に 配 慮 できるような 姿 勢 を 身 につけさせることが 大 変 重 要 です 独 自 の 工 作 おもちゃや 装 飾 品 を 作 成 するこ とにより より 成 熟 した 思 考 を 身 に 付 けられます また 本 園 では 道 徳 教 育 家 族 との 関 係 や 家 庭 内 での 子 供 の 役 割 につ いての 指 導 にも 重 点 を 置 いています さらに 本 園 では 親 子 で 参 加 できる 多 くの 活 動 を 実 施 していますが 父 兄 の 方 々に も 大 変 好 評 です と 富 田 園 長 は 述 べました 富 田 園 長 は 更 に 5 名 の 教 師 の 採 用 を 計 画 していますが 香 港 の 大 学 で 日 本 研 究 を 専 攻 した 現 地 の 学 生 やインターンシップ やワーキングホリデーの 機 会 を 活 用 しようとうする 日 本 人 学 生 を 対 象 に 考 えています 本 園 のスタッフとの 良 好 なコミュ ニケーションを 維 持 することは 円 滑 な 運 営 に 不 可 欠 です 香 港 での 事 業 設 立 を 検 討 する 投 資 家 の 方 々は 香 港 の 文 化 ライフスタイルや 経 済 について 十 分 理 解 されることが 大 切 です と 富 田 園 長 は 述 べました こひつじ 幼 稚 園 は インベスト 香 港 にとって 初 の 日 本 から の 教 育 機 関 の 支 援 案 件 です 同 園 の 開 園 は 香 港 における 日 本 人 の 増 加 を 示 すもので また 日 本 人 コミュニティーによる 香 港 への 支 援 の 表 れでもあります インベスト 香 港 のタイム リーな 支 援 やフォローアップには 大 変 感 謝 致 しております 開 園 計 画 の 初 期 段 階 から ステップバイステップでご 支 援 頂 き 最 適 な 用 地 を 探 し 各 種 認 可 を 申 請 する 過 程 でも 丁 寧 に ご 対 応 頂 き インターンシップの 導 入 方 法 など 実 践 的 な 情 報 もご 提 供 頂 きました と 富 田 園 長 は 述 べました こひつじ 幼 稚 園 2012 年 富 田 浩 志 氏 と 富 田 由 美 子 氏 が 設 立 日 本 式 の 幼 児 教 育 カリキュラム 並 びに 広 東 語 および 英 語 で の 授 業 を 提 供 従 業 員 数 10 名 2013 年 9 月 新 学 期 開 始 kohitsujiyouchien.com インベスト 香 港 のいつも 変 わらない タイム リーな 支 援 やフォローアップには 大 変 感 謝 致 しております 開 園 計 画 の 初 期 段 階 から ステップバイステップでご 支 援 頂 きました 発 行 日 :2013 年 9 月 11

14 香 港 が 中 国 本 土 に 隣 接 するという 事 実 が グローバル 本 社 を 設 置 する 決 定 的 な 要 因 です 日 立 マクセルが 香 港 にグローバル 本 社 を 開 設 Hitachi Maxell Global は 香 港 を 世 界 市 場 への 発 信 地 と 位 置 付 け グローバル 機 能 を 集 約 します 当 社 の 受 託 業 者 や 下 請 業 者 の 多 くは 中 国 本 土 に 拠 点 を 設 けて います 従 って 香 港 が 中 国 本 土 と 隣 接 するという 事 実 が 当 社 が 当 地 にグローバル 本 社 を 設 置 する 決 定 的 な 要 因 でした と Hitachi Maxell Global Ltd. President 亀 本 優 氏 は 述 べました 同 氏 は その 他 の 要 因 として 香 港 特 別 行 政 区 の 低 率 でわか りやすい 税 制 政 府 の 支 援 および 世 界 の 金 融 センターであ ることを 挙 げています グローバル 本 社 の 使 命 は グローバルな 事 業 計 画 マーケテ ィングならびに 戦 略 の 策 定 です そして 主 要 な 機 能 は グ ローバルな 消 費 者 マーケティング 新 規 事 業 や 商 品 開 発 グ ローバルな 宣 伝 広 告 活 動 生 産 管 理 ならびに 国 際 調 達 などで す また 新 規 ビジネスの 創 出 並 びに 全 ての 関 連 企 業 への 財 政 面 でのサポートも 担 当 します 新 製 品 の 開 発 は すでに 香 港 で 行 われました 販 売 面 では 日 立 マクセルの 米 国 地 域 統 括 本 部 欧 州 中 国 本 土 アジア 太 平 洋 地 域 ならびに 日 本 のすべての 拠 点 が 香 港 の 地 域 統 括 本 部 の 管 轄 下 に 入 りました ビジネスソリューション 乾 電 池 に 始 まったマクセルブランドは 今 日 では 光 記 憶 媒 体 磁 気 記 憶 媒 体 といった 製 品 をカバーするまでに 成 長 しま した 進 化 し 続 けるマルチメディア 時 代 のニーズに 対 応 する ため 同 社 は データ エネルギー 音 声 ならびに 視 覚 とい った 専 門 分 野 におけるキーデバイスの 研 究 開 発 に 経 営 資 源 を 継 続 的 に 投 入 しています 同 社 の 製 品 およびサービスは 人 々の 生 活 をさらに 快 適 なも のにし 企 業 にビジネスソリューションを 提 供 することを 目 標 としています 同 社 の 持 つ 既 存 技 術 を 応 用 することで 顧 客 に 革 新 的 な 提 案 をしていきます 具 体 例 としては 放 送 事 業 者 に 対 する 記 録 保 管 サービス 粘 着 テープの 自 動 車 産 業 や 建 設 業 界 への 転 用 車 両 の 広 角 ビューを 可 能 にする 特 殊 レン ズユニットの 開 発 が 挙 げられます 今 後 も 日 立 マクセルは ブランド 戦 略 にさらなる 経 営 資 源 を 投 入 し より 多 くの 分 野 で 同 社 製 品 を 使 用 して 頂 けるよう 研 究 開 発 ならびに 販 売 促 進 を 継 続 していきます 香 港 は 世 界 市 場 への 情 報 発 信 拠 点 です と 亀 本 氏 は 述 べました 赴 任 して 数 ヶ 月 ですが 亀 本 氏 は 香 港 は 大 変 コンパクトで ショッピングや 外 食 をするのに 大 変 便 利 な 都 市 だと 感 じてい るそうです また インベスト 香 港 が 同 社 に 提 供 する 継 続 的 な 支 援 を 高 く 評 価 しています Hitachi Maxell Global Ltd 2013 年 1 月 1 日 設 立 香 港 の 従 業 員 数 60 名 主 な 事 業 内 容 :コンピュータ メディア 電 池 オーディオ ビジュアルメディア 光 学 部 品 電 子 機 器 およびアクセサリー 12 発 行 日 :2013 年 4 月

15 新 潟 米 を 香 港 で 精 米 国 内 農 機 のトップメーカーである 株 式 会 社 クボタは 高 品 質 の 日 本 米 を 好 む 中 間 層 および 富 裕 層 を ターゲットに 香 港 市 場 で 日 本 米 の 販 売 を 始 めます 同 社 はニーズに 柔 軟 に 対 応 することで 新 たな 事 業 を 開 始 し ます 香 港 に 拠 点 を 開 設 し 精 米 したての 新 鮮 な 最 高 品 質 の 米 を 現 地 の 消 費 者 に 提 供 します 精 米 機 メーカーとして 長 い 歴 史 を 持 つ 同 社 は 香 港 の 人 々に 新 鮮 な 米 を 提 供 するこ とが さらなる 日 本 米 の 海 外 での 需 要 拡 大 に 向 けた 新 たな 一 歩 になると 信 じています 当 社 は 香 港 以 外 にも 多 くの 候 補 地 を 進 出 先 として 検 討 しま したが フィージビリティー 調 査 の 結 果 香 港 が 海 外 拠 点 と して 最 適 であると 判 断 しました 香 港 は 米 の 輸 入 規 制 が 少 なく 広 大 な 中 国 本 土 市 場 に 隣 接 しているという 好 条 件 に 加 え 日 本 食 が 広 く 浸 透 してします 現 在 日 本 の 米 輸 出 の 約 50%が 香 港 向 けであり 香 港 市 場 は 日 本 の 米 輸 出 にとって 大 変 重 要 な 市 場 です ( 久 保 田 米 業 ( 香 港 ) 有 限 公 司 (Kubota Rice Industry (H.K) Co Ltd) 代 表 取 締 役 住 中 卓 史 氏 ) 安 全 で 新 鮮 な 食 品 に 対 する 世 界 的 需 要 同 社 は 日 本 から 精 米 機 を 輸 入 し 沙 田 (Shatin) での 食 品 工 場 の 建 設 をもって 香 港 への 投 資 を 開 始 しました 19 年 連 続 で 日 本 米 の 中 で 最 高 品 質 に 格 付 けされる 新 潟 県 産 コシヒカリの 玄 米 を 日 本 から 輸 入 し 鮮 度 を 保 つべく 香 港 に 設 置 した 工 場 で 精 米 します 小 売 製 品 は キロあたりおよそ 60 香 港 ドルで オンラインにて 注 文 できます また 同 社 は 香 港 の 多 くの 日 本 食 レストランに 精 米 したての 新 鮮 な 新 潟 米 を 提 供 しています グローバル 市 場 では 新 鮮 で 安 全 な 食 品 を 求 めています 昨 年 の 拠 点 設 立 以 来 業 績 は 当 初 予 想 を 越 えるものです 香 港 へ 進 出 する 日 本 企 業 の 数 は 増 え 続 けており 当 社 にとって は 流 通 ネットワークを 更 に 拡 充 する 大 きなチャンスとなっ ています ( 住 中 氏 ) 中 国 市 場 への 玄 関 口 香 港 政 府 による 政 策 が 非 常 に 安 定 しているおかげで 同 社 は スムーズに 事 業 の 立 ち 上 げを 行 えたばかりでなく その 後 も 政 策 変 更 に 煩 わされることがなく 本 業 に 集 中 することがで きています ビジネス 環 境 は 概 して 非 常 に 友 好 的 であり 政 策 も 効 果 的 に 機 能 しており 変 更 されることはありません 香 港 の 持 つライフスタイルやインフラは 海 外 の 投 資 家 に とって 便 利 で 快 適 なものです 情 報 が 効 率 的 かつ 自 由 に 収 集 できるため 中 国 本 土 の 市 場 動 向 に 関 する 情 報 収 集 や 調 査 に 当 たって 香 港 は 理 想 的 なロケーションです ( 住 中 氏 ) また 同 社 では 強 い 購 買 力 を 持 つ 中 国 本 土 並 びにアジアの 近 隣 諸 国 への 進 出 も 視 野 に 入 れています 香 港 は 地 域 の 貿 易 と 流 通 ネットワークを 統 括 するのに 最 適 な 都 市 です 従 って 当 社 の 国 際 的 な 認 知 度 を 高 めるのに 最 適 な 拠 点 とも 言 えます 香 港 で 成 功 を 収 められれば 他 の 地 域 でも 大 丈 夫 だと 思 います 新 たな 投 資 家 のためのワンストップ サービス 大 阪 のクボタ 本 社 によるサポートもありましたが インベス ト 香 港 の 支 援 なしには この 事 業 を 立 ち 上 げることはできま せんでした インベスト 香 港 は 当 社 のような 新 規 参 入 企 業 にとって 非 常 に 有 益 であり わかりやすいサービスを 提 供 し ています インベスト 香 港 のスタッフの 方 々とは 定 期 的 に 会 合 を 持 ち 公 的 手 続 きや 必 要 な 許 認 可 の 申 請 に 関 し 有 効 なアドバイスを 頂 くことができました インベスト 香 港 を 通 してすべての 疑 問 が 解 消 され 複 数 の 政 府 の 担 当 部 門 を 訪 れ るといった 煩 わしさは 一 切 ありませんでした ( 住 中 氏 ) 久 保 田 米 業 ( 香 港 ) 有 限 公 司 株 式 会 社 クボタ( 本 社 大 阪 1890 年 創 業 )は 農 機 のトップ メーカー 卸 売 およびスーパーでの 販 売 に 加 え オンラインショップも 運 営 香 港 で 精 米 された 新 鮮 なお 米 は ご 発 注 後 3 日 以 内 に 届 けら れる 当 社 の 国 際 的 な 認 知 度 を 高 めるのに 最 適 な 拠 点 とも 言 えます 香 港 で 成 功 を 収 められれば 他 の 地 域 でも 大 丈 夫 だと 思 います 発 行 日 :2013 年 3 月 13

16 商 船 三 井 の 定 航 事 業 にとって 香 港 は 最 適 な 事 業 拠 点 商 船 三 井 の 定 航 事 業 本 社 機 能 を 香 港 へ 移 管 香 港 は 組 織 人 材 面 でのグローバル 化 を 果 たす 為 の 最 適 地 商 船 三 井 は 世 界 各 地 で 900 隻 以 上 の 貨 物 船 を 運 航 する 外 航 海 運 会 社 です 同 社 は 鉄 鉱 石 石 炭 ウッドチップ( 製 紙 原 料 と なる 木 片 )などを 輸 送 する 不 定 期 専 用 船 (ばら 積 船 ) 原 油 原 油 製 品 を 輸 送 する 油 送 船 (タンカー) LNG( 液 化 天 然 ガス) 船 など 幅 広 い 分 野 での 国 際 海 上 輸 送 に 従 事 しており 保 有 船 舶 数 総 載 貨 重 量 のいずれにおいても 世 界 トップクラスです 同 社 の 定 航 事 業 は 現 在 100 隻 以 上 のコンテナ 船 を 運 航 全 世 界 に 約 4,000 名 のスタッフを 配 置 2012 年 の 売 上 高 は 60 億 米 ドルと 商 船 三 井 グループの 中 核 業 務 のひとつです 同 事 業 の 屋 台 骨 となるのは 本 社 地 域 統 括 会 社 各 国 にある 現 地 法 人 ( 代 理 店 ) システム 関 係 会 社 ロジスティクス 事 業 会 社 の 6 つに 大 別 できます かねて 進 めてきた 定 航 業 務 の 香 港 への 移 管 により 現 在 本 社 機 能 だけで 160 名 の 従 業 員 を 擁 しており スペースコントロール ネットワーク 計 画 船 隊 管 理 マー ケティング 営 業 コンテナの 調 達 及 び 管 理 本 船 運 航 管 理 など 必 要 とされる 業 務 の 殆 どを 香 港 で 行 っています( 香 港 には 本 社 業 務 含 めて 総 勢 640 名 が 配 置 されています) また 香 港 に 設 置 されたデータセンターは 米 国 のデータセン ターのデータをリアルタイムでバックアップする 機 能 を 有 し ており システム 面 での 統 括 を 行 う Chief Information Officer も 在 香 港 とするなど ソフト 面 ハード 面 共 に 香 港 を 重 要 拠 点 としています 人 的 資 本 の 活 用 外 航 海 運 業 を 取 り 巻 く 外 部 環 境 は 不 安 定 な 世 界 経 済 動 向 も あり 益 々 厳 しさを 増 しています このような 状 況 下 で 同 社 が 目 指 すのは コストを 合 理 化 しつつ 高 品 質 の 海 上 輸 送 サー ビスを 提 供 すること であり 具 体 的 には オンタイムでのカー ゴデリバリーや 顧 客 の 要 求 に 対 する 迅 速 且 つ 適 切 な 対 応 が 挙 げられます 一 方 これを 進 める 為 には 優 秀 な 人 材 の 確 保 育 成 が 重 要 となります 香 港 への 業 務 移 管 の 理 由 として 優 秀 な 人 材 を 確 保 できる 点 と 指 摘 するのは 定 航 事 業 を 率 いる 池 田 潤 一 郎 氏 ( 商 船 三 井 常 務 執 行 役 員 )です さらに 池 田 氏 は 香 港 の 大 学 では 海 運 物 流 サプライチェーンの 学 士 課 程 修 士 課 程 が 充 実 しており 優 秀 な 人 材 が 継 続 的 に 社 会 に 送 り 出 されています と 続 けた 上 海 運 業 界 に 対 する 確 固 たる 歴 史 と 実 績 成 長 地 域 に 隣 接 した 地 理 的 条 件 良 好 で 整 備 されたインフラ 効 率 的 な 行 政 法 順 守 が 確 保 された 商 習 慣 なども 移 管 した 理 由 とし 香 港 には 商 船 三 井 の 定 航 拠 点 として 必 要 な 条 件 が 全 て 整 っていると 述 べました これまでの 業 務 移 管 により 約 30 名 のスタッフが 東 京 から 異 動 昨 年 後 半 からは 池 田 氏 本 人 も1 年 の 半 分 を 香 港 での 陣 頭 指 揮 にあて 残 り 半 分 を 東 京 で 執 務 をとる 体 制 へ 移 行 しまし た 池 田 氏 は 香 港 は 仕 事 をするにも 生 活 をするにも 非 常 に 安 全 で 快 適 な 都 市 と 結 んでおり 香 港 を 拠 点 に 更 なる 定 航 事 業 の 強 化 を 行 う 意 欲 を 新 たにしました 株 式 会 社 商 船 三 井 1884 年 設 立 本 社 は 東 京 保 有 船 舶 数 は 世 界 中 で 900 隻 以 上 同 社 グループ 従 業 員 数 9,000 名 その 内 約 4,000 名 が 定 航 事 業 に 従 事 14 発 行 日 :2013 年 3 月

17 日 本 の 大 手 PR 会 社 ベクトル(ベクトルグループ)が 東 南 アジア 地 域 統 括 本 部 を 開 設 日 系 大 手 PR 会 社 株 式 会 社 ベクトル(ベクトルグループ)が 急 成 長 を 遂 げる 東 南 アジアにおけるビジネス 統 括 のために 香 港 に 地 域 統 括 本 部 を 設 置 香 港 は 生 産 性 が 高 く かつ 英 語 を 話 す 人 材 を 多 く 抱 える 市 場 として 知 られていますが PR 業 界 におい ても 優 秀 な 人 材 を 容 易 に 採 用 でき ます こうしたことが ベクトル グループが 香 港 に 拠 点 を 置 いた 大 きな 要 因 です 香 港 の 地 域 統 括 本 部 は 東 南 アジアにおける 関 係 各 社 ネットワークの 統 括 を 目 的 に 開 設 されました ベクトルグループ はここ 数 年 で アジア 地 域 で 急 速 な 拡 大 を 遂 げました 2011 年 開 設 の 上 海 事 務 所 を 皮 切 りに 北 京 事 香 港 の PR 業 界 の 人 材 は 日 本 の PR 業 界 の 人 材 の 務 所 が 開 設 され その 一 年 後 に 香 港 レベルに 匹 敵 します しかも 国 際 的 な 視 点 を 持 ち 合 オフィスが 開 設 されました わせています 高 品 質 のサービスを 求 める 中 国 本 土 のクライアントから 当 社 が 香 港 に 支 店 を 持 っているのかとよ く 尋 ねられました と ベクトルグループインターナショナル いと 思 います 日 本 国 内 で 提 供 するクオリティと 同 レベルのサ 代 表 取 締 役 長 谷 川 創 氏 は 述 べました 香 港 の PR 業 界 の ービスを 提 供 することで お 客 さまにご 満 足 頂 けると 考 えてい 人 材 は 日 本 の PR 業 界 の 人 材 のレベルに 匹 敵 します しかも ます と 同 氏 は 付 け 加 えました 国 際 的 な 視 点 を 持 ち 合 わせています 従 って 香 港 でも 高 品 質 のサービスを 提 供 できることに 疑 いの 余 地 はありません 情 報 実 際 20 年 前 に 当 社 の 日 本 本 社 が 事 業 を 始 めた 時 当 社 の 多 くの 日 本 人 駐 在 員 が 香 港 を 第 二 の 故 郷 と 表 現 します 東 南 アジアにおけるビジネス 拡 大 の 最 初 の 計 画 策 定 時 点 ですで 香 港 で 提 供 されるサービスレベルは 日 本 と 同 等 で 中 国 本 に 香 港 が 視 野 に 入 っていました 我 々が 求 める 生 産 性 の 高 い 仕 土 のどの 都 市 と 比 べても 香 港 はより 安 全 でリラックスでき 事 ができる 人 材 が 得 られる 都 市 です と 同 氏 は 付 け 加 えました る 快 適 な 都 市 でもあります と 同 氏 は 述 べました 従 業 員 の 採 用 に 苦 労 することは 無 く また 大 変 コンパクトな 日 本 が 誇 る 戦 略 PR の 専 門 知 識 技 術 を 香 港 に 都 市 ですので 移 動 も 便 利 です また 東 南 アジアの 中 心 に 位 置 戦 略 策 定 からの 宣 伝 デジタルマーケティング PR イベン していますので 各 国 の 顧 客 へのアクセスも 容 易 です と 同 トやインストア プロモーションまで ベクトルグループは 氏 は 熱 心 に 語 りました 多 くの 多 国 籍 企 業 や 日 本 企 業 に 対 しワンストップで 包 括 的 な ベクトルグループは インベスト 香 港 の 提 供 する 包 括 的 なサー マーケティング ソリューションを 提 供 しています 同 グルー ビスを 活 用 しています インベスト 香 港 主 催 の 交 流 イベントを プは 親 会 社 である 株 式 会 社 ベクトルおよび 傘 下 の 各 事 業 会 社 活 用 し 口 コミによって 同 社 を 知 って 頂 き 同 社 のサービス によって 構 成 されています ANTIL Platinum および INITIAL 内 容 を 潜 在 顧 客 の 方 々にご 紹 介 することができます 今 後 は 総 合 PR 事 業 を SIGNAL はデジタル WEB マーケティング 5 年 間 で 同 社 はグループ 全 体 の 規 模 を 10 倍 に 拡 大 する 計 画 事 業 を VECKS は 映 像 制 作 事 業 を 運 営 しています 一 方 です PR TIMES により 日 本 最 大 のプレスリリース 配 信 サービス も 行 っています 長 谷 川 氏 によれば こうした 各 事 業 会 社 の 強 力 なバックアップにより ベクトル 香 港 は 運 営 されてい ベクトルグループインターナショナル 社 ます アジア とりわけ 中 国 本 土 で PR 事 業 を 成 功 させるには PR デジタルマーケティングおよびインストアプロモーショ ンの 組 み 合 わせが 重 要 です 当 社 は PR 戦 略 立 案 メディア リレーションおよび Web ソリューションの 仕 組 みを 提 供 し お 客 さまのプロモーション 活 動 を 効 果 的 に 運 営 するお 手 伝 い をしています と 長 谷 川 氏 は 述 べました 日 本 が 誇 る 戦 略 PR の 専 門 知 識 及 び 技 術 を 香 港 へ 持 ち 込 みた ベクトルグループの 100% 子 会 社 世 界 中 に 280 名 の 従 業 員 を 擁 する 2012 年 6 月 香 港 に 設 立 幅 広 い 顧 客 層 : 飲 食 業 界 自 動 車 観 光 局 ファッション スポーツ イベント 生 活 用 品 ブランド 現 在 2 人 の 日 本 人 駐 在 員 を 含 む 8 名 で 運 営 発 行 日 :2013 年 3 月 15

18 エーワンベーカリー 成 功 の 秘 訣 A-1 Bakery Co(HK)Ltd( 以 下 エーワンベーカリー)の 香 港 市 場 での 成 長 は 目 覚 ましく 過 去 27 年 間 で ベーカリー 40 店 舗 レストラン 21 店 舗 を 展 開 するに 至 りました 同 社 は 香 港 を 拠 点 とし 中 国 本 土 更 にはアジア 全 域 の 飲 食 産 業 への 拡 張 を 見 据 えています エーワンベーカリーは ドイツの 製 パン 技 術 を 受 け 継 ぐ 日 本 の 株 式 会 社 エーワンベーカリーの 完 全 子 会 社 です エーワン ベーカリーの 飛 躍 の 立 役 者 である 楊 井 元 伸 社 長 は 株 式 会 社 エーワンベーカリーの 創 業 時 から 長 年 にわたりドイツの 製 パン 技 術 の 習 得 に 努 めてきました また 各 種 パンや 洋 菓 子 を 海 外 の 味 そのままではなく 現 地 消 費 者 の 好 みに 合 わせた エーワン スタイルにアレンジし 提 供 しています 事 業 戦 略 香 港 日 本 とも 現 在 の 小 売 産 業 はすさまじい 速 さで 変 化 して おり 激 しい 競 争 を 勝 ち 抜 かなければ 生 き 残 れません 香 港 市 場 での 競 争 は 日 本 で 展 開 されている 競 争 と 大 差 ありません が 香 港 には 当 社 が 目 指 す 食 品 の 品 質 やサービスレベルに 達 しているライバルが 少 なく 競 争 に 打 ち 勝 つ 余 地 は 十 分 にあり ます こうした 状 況 を 踏 まえ 香 港 市 場 には まだ 当 社 に 大 き なチャンスがあると 考 えます と 楊 井 社 長 は 述 べました 香 港 という 大 都 市 で 店 舗 を 構 える 小 売 店 にとっては 家 賃 と 人 件 費 が 採 算 性 の 決 め 手 になります そこでエーワンベーカ リーでは それぞれの 地 域 の 特 性 に 見 合 った 店 舗 展 開 をする マルチブランド 戦 略 を 採 用 しています エーワンの 店 舗 は 郊 外 住 宅 地 や 駅 周 辺 の 庶 民 層 をターゲットとし ダス グーテ バレンシアおよびラ クレアシオン ドゥ グーテの 店 舗 は エーワンベーカリーと 使 用 材 料 を 変 えるなどして 販 売 商 品 を 差 別 化 価 格 も 高 めに 設 定 し 高 級 ショッピングモールや 住 宅 地 のお 客 様 をターゲットにしています また 最 大 限 の 効 率 化 と 結 果 を 追 求 し エーワンベーカリーで は 売 場 面 積 に 見 合 った 3 つのタイプの 店 舗 を 展 開 しています 大 型 店 舗 では ミキサーを 設 置 し パン 生 地 から 焼 き 上 げま でを 一 貫 して 店 舗 内 で 行 います 中 型 店 舗 では 工 場 で 製 造 したパン 生 地 を 店 舗 で 焼 き 上 げます キッチンのない 小 規 模 店 舗 には 最 寄 りの 大 型 店 からパンが 供 給 されます 最 大 の 目 的 は 売 り 場 面 積 の 最 大 化 とキッチン 面 積 の 縮 小 です と 同 氏 は 述 べています 楊 井 社 長 は 香 港 での 飲 食 店 の 経 営 に 関 し 香 港 は 日 々めまぐ るしく 変 化 しています 取 扱 商 品 メニュー 店 舗 デザイン 企 業 イメージ 運 営 方 法 を 顧 客 ニーズに 合 わせて 随 時 変 更 し ていかねばならない と 考 えています 香 港 の 利 点 飲 食 業 界 で 長 年 活 躍 してきた 楊 井 社 長 は 香 港 は 飲 食 業 者 に とって 計 り 知 れない 可 能 性 を 秘 めた 市 場 であり 飲 食 ビジネ スを 運 営 するのに 最 適 なロケーションだと 考 えています 海 外 展 開 に 当 たり 香 港 を 最 初 の 拠 点 として 選 んだのには い くつも 理 由 があります と 同 氏 は 述 べました 香 港 はフリー ポートであり 原 材 料 を 世 界 中 から 輸 入 するのに 有 利 です また 自 由 な 環 境 下 でビジネスを 行 うことができ 事 業 所 得 税 等 低 税 率 な 事 有 能 な 労 働 市 場 中 国 本 土 に 隣 接 した 好 立 地 といった 数 々の 好 条 件 により 現 在 まで 当 社 が 香 港 で 発 展 を 続 けてきたのだと 思 います 拡 張 計 画 2009 年 に 香 港 内 でのエーワンベーカリーの 発 展 独 自 の 経 営 方 法 及 び 販 売 商 品 に 着 目 した 中 国 投 資 家 との 合 弁 事 業 で 深 圳 にベーカリー 7 店 舗 をオープンしました 更 に 年 内 にバンコク に 2 店 舗 をオープンさせる 計 画 をしています 香 港 中 国 本 土 の 経 済 状 況 に 大 きな 変 動 がなければ 中 長 期 的 にビジ ネスを 更 に 拡 張 する 自 信 があります と 楊 井 社 長 は 確 信 をも って 述 べました 一 方 で 香 港 市 場 の 拡 張 も 計 画 しています ターゲットは 住 宅 地 とりわけ 比 較 的 安 定 した 収 入 を 得 てい る 人 々が 集 まる 新 界 地 区 です エーワンベーカリー( 香 港 ) 日 本 の 株 式 会 社 エーワンベーカリーの 完 全 子 会 社 香 港 でベーカリー 40 店 舗 レストラン 21 店 舗 を 展 開 16 の 異 なるベーカリーおよび 飲 食 ブランドを 開 発 経 営 従 業 員 数 900 人 16 発 行 日 :2012 年 9 月

19 上 組 が 香 港 に 地 域 本 部 決 め 手 は 低 税 率 と 自 由 な 経 済 環 境 上 組 は 香 港 にアジアの 地 域 本 部 設 立 を 決 めました アジア 全 域 にある 海 外 拠 点 を 統 括 し 情 報 の 集 約 を 図 り 同 地 域 本 部 で 意 思 決 定 を 行 います 同 社 は アジアビジネスにおける 香 港 への 集 約 の 背 景 には 香 港 の 自 由 度 の 高 い 各 種 政 策 環 境 があります 2012 年 1 月 に 香 港 にアジアの 地 域 本 部 を 設 立 したことで 意 思 決 定 が 効 率 的 になり 顧 客 への 対 応 が 迅 速 になりました さらに 同 地 域 の 子 会 社 間 の 経 営 資 源 の 活 用 がより 効 率 的 になり ビジネ ス 展 開 において 大 変 有 利 に 稼 動 しています アジアにおける 当 社 の 各 拠 点 は 以 前 は 複 数 の 事 業 部 支 店 の 管 轄 下 にあり 個 別 に 本 社 に 報 告 する 体 制 でした 香 港 に 地 域 本 部 を 設 立 することで 各 拠 点 からの 情 報 を 集 約 し より 体 系 的 にまた 効 率 的 に 本 社 へ 報 告 が 行 われる 体 制 を 目 指 していま す と 上 組 アジア 統 括 支 社 長 中 村 雅 洋 氏 は 述 べました 同 地 域 本 部 では 現 在 現 地 採 用 の 従 業 員 2 名 を 含 む 数 名 の 従 業 員 を 抱 えています また 各 拠 点 に 関 する 経 営 上 の 意 思 決 定 の 権 限 が 与 えられています 香 港 はアジアの 中 心 に 位 置 していますので 他 の 子 会 社 へ 移 動 する 際 の 飛 行 時 間 が 大 幅 に 短 縮 されました また 意 思 決 定 が 速 く 行 えるようになり 顧 客 への 対 応 も 迅 速 でタイムリーなものになりました と 同 氏 は 付 け 加 えました CEPA の 恩 恵 香 港 での 事 業 拡 大 を 考 える 際 に 中 国 本 土 市 場 の 存 在 も 重 要 な 要 因 になります CEPA( 経 済 貿 易 緊 密 化 協 定 )の 恩 恵 により 中 国 本 土 に 独 資 会 社 を 開 設 できることも アジアの 他 の 都 市 ではなく 香 港 を 選 択 した 大 きな 理 由 でした 中 国 市 場 での ビジネスは 現 在 当 社 ビジネスの 60% を 占 めます 香 港 と 中 国 間 には 優 遇 税 制 があり また 上 組 香 港 は 株 式 会 社 上 組 の 完 全 子 会 社 ですから 香 港 を 地 域 統 括 本 部 とすることはご く 自 然 な 決 定 でした と 同 氏 は 述 べました 情 報 センターとワンストップ ショップ 物 流 業 界 では 近 年 製 造 業 の 顧 客 と 共 同 で 新 規 市 場 を 開 拓 する 傾 向 があります 香 港 に 地 域 統 括 本 部 を 持 つことは 事 業 開 拓 において 大 変 有 利 に 働 きます 地 域 本 部 の 存 在 を 顧 客 に 知 って 頂 けると 新 市 場 の 開 拓 や 投 資 計 画 を 共 同 で 推 進 す ることができます 織 物 ならびに 服 飾 産 業 ではこうしたケー スが 多 く 見 られます と 中 村 氏 は 付 け 加 えました 発 行 日 :2012 年 5 月 一 方 香 港 の 急 速 な 発 展 や 大 型 インフラ 整 備 プロジェクトを 考 慮 すると 同 社 の 複 合 一 貫 輸 送 ターミナル 運 送 及 び 重 量 物 運 搬 の 専 門 技 術 には 大 きな 需 要 が 見 込 まれます 中 村 氏 は 各 拠 点 を 束 ねる 地 域 統 括 本 部 の 役 割 は 非 常 に 重 要 で 顧 客 への 総 合 的 な 物 流 ソリューションの 提 案 において 大 きな 役 割 を 果 たすであろうと 考 えています 地 域 本 部 は 全 ての 拠 点 を 統 括 し 人 材 の 配 属 と 教 育 人 材 の 確 保 や 特 殊 な 輸 送 に 対 応 できるように 顧 客 にワン ストップでサービス 提 案 を 行 います と 中 村 氏 は 述 べました 中 国 本 土 市 場 への 参 入 支 援 インベスト 香 港 は 多 くの 市 場 への 参 入 を 含 め 上 組 と 緊 密 に 連 携 してきました 中 国 本 土 やバングラデシュに 事 務 所 を 設 立 する 際 に インベスト 香 港 には 多 大 な 支 援 をして 頂 きま した インベスト 香 港 は 政 府 の 一 部 局 ですから 政 府 が 設 定 した 要 件 を 非 常 に 分 かりやすく 説 明 してくださり また 各 要 件 に 対 する 対 処 法 も 明 確 に 示 してくれ 大 変 助 かりました インベスト 香 港 の 支 援 サービスには 大 変 満 足 しています と 中 村 氏 は 述 べました 株 式 会 社 上 組 本 社 神 戸 創 業 145 年 を 越 える 歴 史 を 誇 る 東 証 及 び 大 証 でそれぞれ 1 部 上 場 日 本 の 顧 客 に 対 し フォワーディング 3PL バイヤーズコン ソリ 重 量 物 運 搬 ターミナル 運 営 小 口 配 送 サービスを 提 供 2012 年 3 月 現 在 従 業 員 数 3,700 人 以 上 上 組 ( 香 港 ) 有 限 公 司 は 株 式 会 社 上 組 の 完 全 子 会 社 であり 1985 年 以 来 香 港 で 営 業 しており 香 港 で 約 100 人 の 従 業 員 を 擁 す 上 組 アジア 統 括 支 社 が 新 設 され 地 域 の 23 社 の 海 外 拠 点 を 統 括 17

20 三 井 不 動 産 戦 略 的 ビジネスパートナーを 求 めて 香 港 進 出 日 本 市 場 で 培 った 専 門 技 術 を 携 えて 三 井 不 動 産 が 香 港 進 出 を 決 めました 日 本 国 内 で 不 動 産 取 引 や 都 市 開 発 の 分 野 で 確 固 とした 地 位 を 持 つ 同 社 は 中 国 本 土 における 土 地 開 発 の 主 要 なパートナーとの 戦 略 的 な 関 係 を 確 立 し 維 持 するには 香 港 は 最 適 なロケーションであると 捉 えています 香 港 は 中 国 本 土 でのビジネス 展 開 における 戦 略 的 パートナー と 出 会 うのに 最 適 な 都 市 です と 三 井 不 動 産 株 式 会 社 香 港 支 社 長 加 賀 陽 一 氏 は 述 べました 香 港 の 高 級 オフィスビルが 建 ち 並 ぶ 太 古 廣 場 三 座 (Pacific Place Three)の 洗 練 されたエグゼクティブ センターで 加 賀 氏 は 小 さなチームを 率 いています しかし 加 賀 氏 は 慎 重 ながら 楽 観 的 な 見 解 を 示 しており 将 来 はビジネスを 成 長 さ せ 独 自 の 事 務 所 を 構 える 意 気 込 みです ここでは 不 動 産 開 発 業 者 のパートナーと 容 易 に 英 語 でコミ ュニケーションが 取 れます 彼 らは 通 常 ビジネスに 対 して 率 直 な 態 度 で 臨 みます 香 港 のシュイオン グループ( 瑞 安 集 団 Shui On Group)との 高 所 得 者 向 け 住 宅 といった 共 同 開 発 プロ ジェクトはそのいい 例 です と 同 氏 は 述 べました 中 国 本 土 への 進 出 70 年 を 超 える 長 い 歴 史 の 中 で 三 井 不 動 産 は 日 本 国 内 に 多 く の 実 績 を 残 してきました 東 京 ミッドタウンを 初 めとする 数 々 の 都 市 開 発 小 売 店 舗 事 務 所 住 宅 用 建 物 といった 幅 広 い 分 野 に 実 績 があります その 一 方 2000 年 に IT バブルが 崩 壊 すると 三 井 不 動 産 は 果 敢 に 海 外 進 出 へ 舵 を 切 りました 中 でも 中 国 のいわゆる 大 都 市 へ 積 極 的 に 進 出 しました 中 国 の 市 場 開 放 政 策 に 伴 い 2008 年 には 正 式 に 中 国 本 土 市 場 への 進 出 を 果 たしました それ 以 来 共 同 開 発 を 進 め まずは 寧 波 に 海 外 初 のアウトレット パーク 続 いて 上 海 天 津 に 環 境 に 優 しい 居 住 区 そして 大 連 でソフトウェア パークの 開 発 を 行 いました と 加 賀 氏 は 述 べました 当 社 は 香 港 の 大 手 開 発 企 業 と 共 同 で 中 国 プロジェクトへの 投 資 機 会 を 探 るという 戦 略 を 取 っています 日 本 の 不 動 産 市 場 への 投 資 誘 致 共 同 での 投 資 機 会 を 活 かすために 香 港 の 大 手 開 発 企 業 と 戦 略 的 関 係 を 構 築 する 一 方 で 三 井 不 動 産 の 所 有 する 日 本 国 内 の 物 件 を 香 港 の 投 資 家 に 紹 介 することも 同 社 の 狙 いである と 加 賀 氏 は 述 べました 当 社 は 機 関 投 資 家 並 びに 個 人 投 資 家 を 対 象 に 東 京 の 物 件 を 紹 介 するイベントや 活 動 を 展 開 して 参 りました と 同 氏 は 付 け 加 えました 最 近 香 港 で 開 催 した 東 京 都 心 の 住 居 用 建 物 を 紹 介 するイベントは 大 変 盛 況 でした そのイベントで は CB Richard Ellis を 総 代 理 店 として 指 名 しました 新 しいビジネスチャンス 中 国 中 央 政 府 が 農 村 部 の 都 市 化 を 促 進 し 減 速 気 味 とは 言 え 経 済 成 長 が 継 続 する 中 国 民 生 活 の 質 的 向 上 のため 高 級 品 を 扱 うショッピングセンターに 対 する 高 い 需 要 が 見 込 まれます と 加 賀 氏 は 熱 く 語 りました インベスト 香 港 との 経 験 を 回 想 しながら インベスト 香 港 の 東 京 事 務 所 で 担 当 者 と 会 ってから 香 港 での 事 務 所 設 立 に 対 して 大 きな 自 信 を 得 ました と 加 賀 氏 は 述 べました インベ スト 香 港 には 法 律 の 専 門 家 や 不 動 産 業 者 を 紹 介 して 頂 き 香 港 事 務 所 設 立 に 向 け 力 を 貸 して 頂 きました 事 務 所 の 設 立 の 各 過 程 で 多 岐 にわたるやり 方 があり インベスト 香 港 の 支 援 に 助 けられました と 彼 は 結 論 付 けました 三 井 不 動 産 株 式 会 社 1941 年 東 京 に 設 立 15,900 人 以 上 の 従 業 員 を 擁 する 日 本 で 3 番 目 の 大 手 不 動 産 開 発 業 者 1970 年 代 初 頭 以 来 米 国 本 土 ハワイ ロンドン シンガポール 等 へ 進 出 中 国 本 土 には 上 海 北 京 広 州 に 事 務 所 を 持 つ 2011 年 香 港 支 店 設 立 大 型 商 業 施 設 ららぽーと 三 井 アウトレット パークなど の 大 規 模 ショッピングアウトレットを 開 発 View Video 18 発 行 日 :2012 年 5 月

21 日 産 自 動 車 高 級 車 ブランド インフィニティ の グローバル 本 社 機 能 を 香 港 に 移 転 日 産 環 球 股 份 有 限 公 司 (NGL)は 2012 年 4 月 に 主 にインフィニティブランドの 本 社 機 能 として 香 港 に 設 立 されま した インフィニティブランドの 成 長 戦 略 の 一 端 は 今 後 中 国 をはじめ 急 速 に 拡 大 するアジア 市 場 に 支 えら れることを 見 込 んでおり 関 連 する 様 々な 機 能 を 香 港 に 集 中 させることで より 効 果 的 に 事 業 運 営 することが 可 能 になります インフィニティは 高 級 車 市 場 におい て 欧 州 ブランド 日 本 ブランドに 対 抗 できる 新 たな 高 級 ブランドの 創 造 を 目 的 として 発 売 されました 日 産 自 動 車 にとって インフィニティブランドの 拡 大 は 経 営 計 画 を 支 える 柱 となって います 香 港 市 場 には 計 り 知 れない 可 能 性 があ ります 多 様 な 分 野 で 活 躍 する 人 財 が 豊 富 であり 国 際 的 に 開 かれた 都 市 であ る 香 港 は グローバル 経 済 のハブとして の 役 割 を 果 たしています 中 国 本 土 と 隣 接 し アジア 諸 国 の 中 心 に 位 置 する 地 理 的 好 条 件 は アジアの 需 要 に 対 応 するた めに 最 適 な 都 市 だと 考 えています と 日 産 自 動 車 株 式 会 社 インフィニティ 事 業 本 部 コントロール コーポレートプラン 部 部 長 中 島 健 氏 は 述 べました 今 回 の 日 産 環 球 股 份 有 限 公 司 の 設 立 は 日 産 自 動 車 の 6 ヵ 年 中 期 経 営 計 画 ( ) 日 産 パワー 88 を 支 え 地 域 内 に おける 発 展 に 大 きく 貢 献 していきます 日 産 環 球 股 份 有 限 公 司 (NGL)は グローバル 市 場 における 市 場 調 査 商 品 戦 略 マーケティング そして 広 報 機 能 の 一 部 も 担 います 中 島 氏 は 2012 年 末 までに 約 100 名 の 従 業 員 採 用 を 計 画 し ています 日 本 米 国 欧 州 から 一 部 の 社 員 が 異 動 してきま すが 大 半 の 従 業 員 は 香 港 で 採 用 され 販 売 マーケティン グに 加 え 事 務 管 理 部 門 といった 主 要 な 業 務 を 担 当 します と 述 べています 日 本 人 にとって 落 ち 着 ける 都 市 香 港 香 港 で 生 活 していると 海 外 にいるという 感 覚 がありませ ん 国 際 感 覚 あふれるアジアの 都 市 香 港 ですが 日 本 食 も 日 本 のファッションも 香 港 では 大 変 人 気 があります その ほか 街 には 漢 字 が 溢 れており 日 本 人 にとって 馴 染 みやす い 都 市 です 香 港 は 国 際 都 市 でありつつ 週 末 には ハイキ ングや 緑 あふれる 空 間 を 楽 しむことができるのは 嬉 しいこと です と 中 島 氏 は 熱 く 語 りました 同 氏 は 香 港 でのビジネス 設 立 は 非 常 にスムーズに 進 んだと 考 えています 中 心 街 での 事 務 所 設 立 は ごく 短 期 間 に 手 続 きを 完 了 し 運 営 を 始 めることが 可 能 でした インベスト 香 港 の 東 京 事 務 所 並 びに 香 港 本 局 の 運 輸 工 業 部 には 実 用 的 な 情 報 を 提 供 して 頂 きました 商 業 登 記 手 続 きやビザ 申 請 子 女 の 教 育 に 関 しても 適 切 なアドバイスをもらい オフィス の 立 ち 上 げが 順 調 に 進 みました と 同 氏 は 述 べました 日 産 自 動 車 株 式 会 社 本 社 横 浜 ルノー = 日 産 アライアンスを 構 成 従 業 員 数 248,000 人 64 モデルの 豊 富 な 製 品 ラインアップ View Video 発 行 日 :2012 年 5 月 19

22 香 港 の 外 食 習 慣 は 日 本 のレストランチェーンに とって 大 きなビジネスチャンス 香 港 では 世 界 中 のバラエティに 富 んだ 料 理 を 楽 しむことができます イタリアンレストラン サイゼリヤ ( 本 社 : 埼 玉 )はこうした 多 様 な 食 文 化 に 注 目 し 躍 動 する 香 港 市 場 への 参 入 を 決 めました サイゼリヤは 2008 年 に 第 1 号 店 を 開 設 して 香 港 へ 進 出 し 2012 年 までに 7 店 舗 へと 急 速 な 成 長 を 遂 げました 競 争 は 始 まったばかりです 当 社 は 日 本 国 内 で 年 間 40 店 舗 というス ピードで 店 舗 を 開 設 し 成 長 を 続 けています 香 港 市 場 でも 5 年 以 内 に 少 なくとも 20 店 舗 の 運 営 を 目 指 しています と 香 港 サイゼリヤ 株 式 会 社 社 長 佐 藤 友 保 氏 は 述 べました 当 社 の 強 みは 低 価 格 で 本 格 的 なイタリア 料 理 を 提 供 してい る 点 です 香 港 で 競 合 する 飲 食 チェーンは 最 低 賃 金 制 の 導 入 を 理 由 に 昨 年 3 度 にわたって 値 上 げを 行 いました しか しながら 当 社 は 品 質 を 落 とすことなくコスト 削 減 を 実 現 し 料 金 の 値 下 げにより お 客 様 の 支 持 を 得 ています と 佐 藤 氏 は 説 明 しました 日 本 オーストラリア 中 国 にある 食 品 工 場 生 産 ラインお よび 倉 庫 を 連 携 させ サプライ チェーンの 構 築 により 食 品 をお 客 様 に 届 けています その 過 程 で 品 質 や 安 全 を 確 保 し さらに 規 模 の 経 済 を 実 現 して 利 益 の 最 大 化 も 可 能 にしてい ます 佐 藤 氏 によると 日 本 およびアジアにおいて 2011 年 に グループ 全 体 で 1,000 店 舗 達 成 2012 年 からはアジアへの 展 開 を 更 に 加 速 させていきたいということです 香 港 の 外 食 文 化 と 大 きな 市 場 が 機 会 を 生 み 出 す サイゼリヤは 海 外 初 の 店 舗 を 上 海 に 開 店 し その 後 2008 年 に 香 港 に 店 舗 を 設 けました 香 港 市 場 への 参 入 に 際 し サイゼ リヤでは 人 口 動 態 調 査 や 食 習 慣 に 関 する 調 査 を 行 ないまし た その 結 果 香 港 の 人 々は アジアの 他 のどの 国 地 域 よ りも 頻 繁 に 外 食 する 傾 向 があることがわかりました たとえば 日 本 人 の 場 合 通 常 朝 食 と 夕 食 は 家 で 取 りま す 一 方 香 港 では ピークの 時 間 帯 が 昼 食 時 および 夕 食 時 の 時 間 帯 にあり 当 社 の 店 舗 はいつも 満 席 です と 佐 藤 氏 は 述 べました こうした 状 況 から 当 社 の 成 長 はまだまだ 持 続 すると 見 ています 日 本 を 含 めて 当 社 グループ 内 で 香 港 の 店 舗 が 最 も 高 い 来 客 頻 度 を 記 録 しました と 同 氏 は 付 け 加 えました 課 題 とそれに 対 する 支 援 インベスト 香 港 の 支 援 サービスは レストランの 拡 張 にも 有 用 です 香 港 進 出 の 準 備 段 階 から 支 援 して 頂 きました 店 舗 に 適 した 用 地 探 し 許 可 申 請 日 本 語 を 話 せる 弁 護 士 や 税 理 士 のご 紹 介 をして 頂 きました と 佐 藤 氏 は 述 べました 飲 食 産 業 では 人 手 不 足 に 加 え 従 業 員 の 定 着 率 の 低 さが 長 年 問 題 となっていますが サイゼリヤも 例 外 ではありません でした そうした 状 況 下 では 従 業 員 教 育 が 重 要 であり そ れが 上 手 く 機 能 しないと 業 務 拡 張 の 足 かせともなります 当 社 では 新 規 店 舗 の 運 営 を 任 せられるマネジャーが 必 要 です 日 本 の 基 準 に 従 うと 新 しいマネジャーを 育 成 するのに 6 年 は かかります と 同 氏 は 述 べました 香 港 の 同 チェーンで 最 も 長 く 勤 務 している 従 業 員 でも その 勤 務 期 間 は 3 年 です しかし 佐 藤 氏 は 同 社 の 教 育 研 修 お よび 将 来 性 が 従 業 員 に 長 く 同 社 に 勤 めさせるよう 機 能 して いると 信 じています 一 方 で 当 社 では 正 規 従 業 員 の 人 手 不 足 を 解 消 するために 多 くのパートタイム 従 業 員 を 雇 用 して います と 同 氏 は 付 け 加 えました 物 流 の 中 心 としての 香 港 規 模 の 経 済 を 実 現 し コスト 管 理 を 行 う 上 で 新 規 店 舗 の 開 設 がサイゼリヤにとって 生 命 線 です 佐 藤 氏 は 香 港 の 賃 貸 料 および 人 件 費 をカバーするためには 新 規 店 舗 拡 張 が 大 事 だ と 考 えています 香 港 の 店 舗 では 食 材 供 給 を 当 社 の 工 場 か ら 調 達 するシステムをまだ 活 用 できていません しかし 40 店 舗 を 超 えれば サプライ チェーン モデルの 活 用 が 効 力 を 発 揮 します と 同 氏 は 述 べました 香 港 はアジアの 中 心 に 位 置 し インフラも 充 実 していますの で 近 い 将 来 当 社 の 物 流 拠 点 になるでしょう と 同 氏 は 付 け 加 えました イタリアンレストラン サイゼリヤ 東 証 1 部 上 場 日 本 国 内 に 900 店 舗 を 展 開 農 場 経 営 ならびに 食 品 加 工 工 場 を 日 本 国 内 に 4 箇 所 中 国 広 州 に 1 箇 所 オーストラリアに 1 箇 所 所 有 海 外 支 店 は 中 国 に 100 店 舗 香 港 に 7 店 舗 台 湾 に 4 店 舗 シンガポールに 3 店 舗 を 展 開 香 港 現 地 法 人 では 正 社 員 90 名 パートタイム 社 員 100 名 を 雇 用 20 発 行 日 :2012 年 3 月

23 エステ 業 界 を 惹 き 付 ける 中 国 の 可 能 性 エステ 業 界 屈 指 の 大 手 サロン ミスパリが 香 港 を 拠 点 に 中 国 本 土 への 展 開 を 図 り ます 香 港 を 拠 点 とする 理 由 は 税 率 の 低 さ 優 れたビジネス 環 境 さらに 中 国 本 土 の 市 場 としての 魅 力 です Miss Paris Group Ltd. の 創 業 者 で CEO の 下 村 朱 美 氏 は アジ アと 欧 米 では 人 々の 美 容 に 対 する 捉 え 方 が 異 なると 見 てい ます 従 って 同 社 は 最 初 の 海 外 店 舗 を 欧 米 ではなく 香 港 にオープンしました 2009 年 に 設 立 されたミスパリは 日 本 国 内 に 130 を 超 える 店 舗 を 展 開 する 大 手 ビューティ サロン チェーンに 成 長 し 現 在 香 港 に 4 箇 所 中 国 本 土 に 2 箇 所 の ビューティ センターを 運 営 しています 当 社 では 西 洋 の 美 も 大 切 にしていますので 最 初 はスイスや フランスの 都 市 も 検 討 しました しかし 西 洋 と 東 洋 では 美 容 に 関 するコンセプトが 全 く 異 なることが 分 かりました たとえば アジアの 女 性 たちは 美 白 を 追 い 求 めますが 西 洋 ではそうではありません と 下 村 氏 は 説 明 しました 一 方 中 国 のお 客 様 の 美 容 に 対 する 捉 え 方 は 日 本 のお 客 様 と 非 常 によく 似 ています そういう 意 味 で 香 港 は 自 然 な 選 択 でした 急 成 長 を 続 ける 中 国 本 土 市 場 を 視 野 に 中 国 のお 客 様 のニーズを 知 るのに 香 港 は 最 適 な 市 場 です と 下 村 氏 は 付 け 加 えました 香 港 は 世 界 有 数 の 国 際 都 市 ですから 世 界 中 からお 客 様 が 集 まって 来 られます 当 然 激 しい 競 争 が 繰 り 広 げられますが そうした 香 港 市 場 で 当 社 のサービスが 認 められれば 中 国 本 土 でも 必 ず 成 功 できると 信 じています と 同 氏 は 付 け 加 えました 世 界 中 どこを 探 しても 香 港 ほど 容 易 に 店 舗 の 用 地 を 確 保 し オープンできる 場 所 はありません と 同 氏 は 言 います 香 港 は 政 情 が 非 常 に 安 定 しており 税 率 が 低 く またビジネ スを 行 う 環 境 に 非 常 に 恵 まれ ていますので 進 出 拠 点 とし て 申 し 分 ない 土 地 です また 進 出 にあたっての 手 続 きが 明 瞭 で 効 率 よく 進 められます と 同 氏 は 付 け 加 えました ビューティケア ビジネス 一 連 の 手 続 きが 極 めて 円 滑 で 効 率 的 に 行 えましたので ミスパリは 迅 速 に 営 業 を 開 始 できました そして 同 社 が 誇 る 美 容 技 術 とおもてなしを 地 元 香 港 のお 客 様 に 理 解 して 頂 き 受 け 入 れて 頂 くのにさほど 時 間 はかかりませんでした さらに 同 社 が 日 本 と 香 港 の 両 市 場 で 高 く 評 価 され 受 け 入 れられている 理 由 として 同 社 が 果 たしてきた 社 会 的 責 任 を 挙 げることができます 昨 年 の 東 日 本 大 震 災 で 地 震 や 津 波 で 大 きな 被 害 を 被 った 地 域 に ミスパリはいち 早 く 同 社 の 学 生 ボランティアを 派 遣 し シャワーや 各 種 サービスを 提 供 し 避 難 所 では 快 適 なマッサージを 行 って 被 災 した 方 々の 心 と 身 体 を 癒 しました もちろん すべて 無 償 で 行 われました こうしたボランティア 活 動 は 地 域 社 会 に 貢 献 したいという 当 社 の 強 い 思 いの 表 れです 当 社 の 努 力 に 対 し 被 災 者 の 方 々 が 感 謝 の 気 持 ちを 示 して 下 さることは 当 社 にとって 何 より の 喜 びです と 下 村 氏 は 述 べました もちろん 課 題 もあります すべての 新 規 事 業 と 同 様 に ミスパリにも 機 会 だけではなく 課 題 も 見 えていました 現 地 スタッフとの 間 には 当 然 ある 程 度 の 文 化 的 な 違 いや それに 基 づく 問 題 がありました し かし 香 港 の 自 由 な 感 覚 とダイナミックな 特 質 を 持 ってすれ ば どのような 課 題 も 取 るに 足 らないと 私 は 感 じました 香 港 経 済 の 自 由 さと 柔 軟 さは この 地 域 の 他 の 国 とは 比 較 になり ません と 下 村 氏 は 熱 心 に 語 りました 美 容 に 対 する 意 識 が 非 常 に 高 い 香 港 の 富 裕 層 には 美 容 業 界 にとって 大 きな 将 来 性 があると 下 村 氏 は 見 ています 最 後 に 同 氏 は 香 港 を 拠 点 に アジアを 美 容 の 発 信 源 にしたいと 思 います と 述 べました Miss Paris Group Ltd 1982 年 設 立 同 社 の 親 会 社 である 株 式 会 社 シェイプアップハ ウスは 800 名 を 超 えるスタッフを 擁 し 日 本 国 内 に 130 の 店 舗 を 展 開 現 在 香 港 では 20 名 のスタッフを 雇 用 し 男 性 向 けのダン ディハウスおよび 女 性 向 けのミスパリを 中 環 (セントラル) 銅 鑼 湾 (コーズウェイ ベイ)および 尖 沙 咀 (Tsim Sha Tsui)で 運 営 Miss Paris The Beauty School Ltd. は 美 容 コースおよびシェ イプアップハウス チャイナの 海 外 事 業 を 中 国 本 土 で 展 開 し 上 海 に 2 箇 所 のサロンを 運 営 エステ 業 界 で ISO 9001 認 証 を 受 けたビューティサロン 発 行 日 :2012 年 1 月 21

24 東 京 エレクトロンデバイス 株 式 会 社 が 香 港 現 地 法 人 の 役 割 を 強 化 円 高 と 中 国 本 土 への 工 場 移 転 により 半 導 体 商 社 である 同 社 は 一 躍 脚 光 を 浴 び 新 たにアジア 太 平 洋 統 括 本 部 となった 香 港 現 地 法 人 からのオペレーションは 別 の 局 面 を 迎 えています 横 浜 に 本 社 を 置 く 東 京 エレクトロンデバイス 株 式 会 社 ( 以 下 TED)は 1965 年 に 半 導 体 ビジネスを 開 始 し 2003 年 には 東 京 証 券 取 引 所 に 上 場 を 果 たしました TED 初 の 海 外 子 会 社 で ある Tokyo Electron Device Hong Kong Ltd.(TED Hong Kong) は 戦 略 的 な 布 石 として 2005 年 に 香 港 に 設 立 され その 判 断 は 正 しかったと 証 明 されました TED Hong Kong はスタッフを 2005 年 の 4 名 から 本 年 は 22 名 にまで 増 員 しました また 営 業 開 始 初 年 度 に 総 売 上 高 2500 万 米 ドルを 達 成 しました 2012 年 度 の 業 績 予 測 は 2006 年 度 の 6 倍 増 で 1 億 5 千 万 米 ドルに 達 する 見 込 みです このように 業 績 が 伸 びたのは 円 高 の 影 響 で 安 価 なコストで 生 産 できる 中 国 本 土 に 日 本 の 工 場 を 移 転 したことによるでし ょう と TED 香 港 の 総 経 理 百 瀬 泰 清 氏 は 説 明 しました 同 氏 によると 同 社 では 総 勢 37 名 のスタッフが 香 港 シンガ ポール クアラルンプール 上 海 および 大 連 に 配 置 されてい るそうです この 数 年 TED 香 港 の 役 割 は 純 粋 な 販 売 事 務 所 から 同 地 域 の 一 切 の 販 売 契 約 を 担 当 する 収 益 拠 点 へと 変 化 し てきました 主 要 取 引 先 は 東 芝 やパナソニックといったエ レクトロニクスの 最 大 手 企 業 で 集 積 回 路 の 設 計 段 階 から 生 産 までを 支 援 しています 最 終 製 品 の 例 としては プロジェ クターやコピー 機 プリンターなどが 挙 げられます 香 港 の 子 会 社 は 新 代 表 により 地 域 統 括 本 部 へ と 昇 格 します 百 瀬 氏 によると TED の 海 外 事 業 は これまで シンガポールで 統 括 され ていましたが 増 加 する 香 港 支 社 経 由 の 顧 客 の 要 望 および 香 港 の 魅 力 的 な 運 用 コストの 面 から TED は 地 域 統 括 本 部 を 香 港 へ 移 転 すること にしたそうです 2011 年 7 月 に TED は TED 香 港 の 新 社 長 となる 徳 重 敦 之 氏 を 含 む 4 名 の 幹 部 社 員 を 日 本 から 送 り 込 み アジア 太 平 洋 業 務 の 統 括 にあたらせました 徳 重 氏 は 次 のように 述 べています 香 港 は 当 社 クライアン トの 大 半 が 拠 点 を 置 く 中 国 本 土 への 比 類 なきアクセスを 提 供 します 整 備 されたインフラ 優 れた 法 秩 序 および 優 秀 な 人 材 を 有 する 香 港 こそ アジア 太 平 洋 地 域 における 販 売 強 化 に 最 適 な 場 所 と 言 えるでしょう 私 が 香 港 にいるのは より 包 括 的 なオペレーションの 陣 頭 指 揮 を 執 り 業 績 を 更 に 向 上 さ せるためです 徳 重 氏 がまず 着 手 するのは TED 香 港 におけるサプライチェー ン マネジメント 人 材 および 提 携 業 務 の 一 元 管 理 です また 東 南 アジアビジネスを 強 化 するためにバンコクに 営 業 所 を 新 設 する 計 画 もあります 当 社 の 主 要 事 業 の 95% が 半 導 体 製 品 貿 易 で 残 りの 5% は 中 国 本 土 と 日 本 に 拠 点 を 置 く 設 計 および 量 産 受 託 (OEM)サービスです と 同 氏 は 語 りました 米 半 導 体 工 業 会 によると 2011 年 第 2 四 半 期 累 計 期 間 にお ける 半 導 体 の 売 上 高 は 前 年 同 期 比 3.7% 増 で 2011 年 度 通 期 で は 5.4% の 伸 びを 予 測 しています アジア 太 平 洋 地 域 は 現 在 世 界 市 場 のシェアの 約 55% を 占 めており 徳 重 氏 はこの 10 年 はこのまま 上 位 をキープすると 見 ています 以 上 から 同 社 の 収 益 は 堅 調 に 推 移 すると 同 氏 は 前 向 きに 考 えています 東 京 エレクトロンデバイス 香 港 2005 年 香 港 で 設 立 東 京 エレクトロンデバイス 株 式 会 社 ( 通 称 :TED 本 社 : 横 浜 上 場 : 東 京 従 業 員 :880 名 )の 貿 易 部 門 及 び 海 外 初 の 子 会 社 である TED Hong Kong の 大 株 主 である 東 京 エレクトロン 株 式 会 社 はその 半 導 体 製 品 のマーケットシェアが 2009 年 時 点 で 世 界 第 2 位 50 種 類 以 上 の 半 導 体 製 品 は 工 業 自 動 車 機 器 消 費 財 コン ピュータ ネットワーキングなど 様 々に 応 用 でき 中 国 本 土 および ASEAN 諸 国 に 工 場 を 持 つ 製 造 業 者 に 提 供 されている 2008 年 に ISO9001 及 び ISO14001 を 取 得 22 発 行 日 :2011 年 9 月

25 NTTコミュニケーションズは 香 港 に3 番 目 となる データセンターを 建 設 NTT コミュニケーションズの 香 港 事 業 への 関 心 は 現 在 も 高 まり 続 け 近 年 の 発 表 では 30 億 香 港 ドルを 投 じる 10 ヵ 年 計 画 で 香 港 に Tier III 基 準 以 上 (Tier IV ready)を 満 たす 7 万 平 方 米 のデータセンターを 建 設 予 定 です 香 港 に 投 資 するかどうかではなく 香 港 にいつ 投 資 するかで した と NTT コミュニケーションズ 株 式 会 社 の 子 会 社 であ る NTT Com Asia Ltd の 取 締 役 副 社 長 李 名 輝 氏 は 述 べました アジアの 国 際 金 融 センターである 香 港 は 中 国 本 土 と 西 洋 諸 国 間 に 2 通 りのプラットフォームがある 上 データセンターと しても 主 要 なハブとなっています この 3 年 間 の 当 社 の 経 験 か ら 分 かったことは 需 要 が 供 給 を 上 回 ったということで 人 民 元 による 事 業 が 増 えれば この 状 況 は 更 に 深 刻 化 する でしょう と 李 氏 は 付 け 加 えました 3,000 件 の 雇 用 2010 年 10 月 の NTT コミュニケーションズの 発 表 は 環 境 に 配 慮 した Tier III 基 準 以 上 のプレミアム データセンターを 建 設 するために 将 軍 澳 (Tseung Kwan O)に 3 万 平 方 米 の 土 地 を 購 入 したという 内 容 でした 同 データセンターは 完 成 すると 総 床 面 積 7 万 平 方 米 5 階 建 てデータセンター ビル 2 棟 6 階 建 てのオフィス ビル 1 棟 で 構 成 されます 投 資 額 は 10 年 間 で 30 億 香 港 ドルを 予 定 し 第 1 フェーズの 3 年 間 で 7 億 5 千 万 香 港 ドルが 投 じられます 同 社 は このプロジェクトが 創 出 する 雇 用 機 会 は 直 接 的 または 間 接 的 を 含 めて 3,000 件 に 上 ると 見 ています 香 港 はニューヨーク ロンドン 東 京 など 他 の 主 要 国 際 金 融 センターと 比 べて 現 在 最 高 の Tier 基 準 を 満 たすデータセ ンター 資 産 が 不 足 しています 当 社 の 新 データセンターは 日 本 を 除 くと 当 社 最 大 となり 2013 年 に 操 業 を 開 始 して 要 求 される 容 量 の 一 部 を 供 給 する 予 定 です と 李 氏 は 述 べました 桁 外 れの 需 要 NTT コミュニケーションズが 香 港 に 初 めて 進 出 したのは 1999 年 のことで 2000 年 には HKNet を 葵 涌 (Kwai Chung)にある データセンターと 共 に 買 収 しました 2005 年 にテレコミュニ ケーション サービス プロバイダーから ICT サービス プロ バイダーに 転 身 すると 決 め データセンターやホスティング サービス クラウド サービスといったこれまでにないサー ビス 分 野 にまで 進 出 しました 2009 年 前 半 には 同 社 は 大 埔 (Tai Po)に 自 社 設 計 の NTT コミュニケーションズ 香 港 データ センターをオープンしました 同 センターは NTT グループの 中 でも 最 大 級 のプレミアム データセンターです 7 階 建 ての 同 センターは 総 敷 地 面 積 19,695 平 方 米 を 誇 り Tier III 基 準 以 上 を 満 たすインフラ 設 計 が 施 されている 他 国 際 標 準 化 機 構 (ISO)/ 国 際 電 気 標 準 会 議 (IEC)2700:2005 情 報 セキュリ ティマネジメントシステム(ISMS) 認 証 及 び ISO 9001:2008 品 質 マネジメントシステム 認 証 の 適 格 審 査 にも 合 格 しています 同 データセンターは 中 期 的 に 顧 客 の 需 要 を 満 たす 容 量 で 設 計 されましたが 想 定 外 の 需 要 の 大 きさに 対 応 するために 同 社 の 計 画 は 更 に 拡 張 されました 顧 客 には 金 融 サービス テ レコミュニケーション 物 流 及 びテクノロジー 部 門 の 多 国 籍 企 業 だけでなく 中 国 本 土 など 15 カ 国 以 上 の 国 々から 集 まっ 発 行 日 :2011 年 1 月 た 小 規 模 な IT 企 業 や Web 企 業 も 含 まれます 同 社 ではこの データセンターは あと 2 3 年 のうちに 予 定 よりかなり 早 く 容 量 を 上 回 ると 見 ています 当 社 が 大 埔 データセンターを 開 設 した 時 世 界 経 済 はアジアにシフトしていている 最 中 で 当 社 はタイミング 良 くその 波 に 乗 ることができました と 李 氏 は 語 りました 香 港 は NTT コミュニケーションズにとって 戦 略 的 な 市 場 で す 当 社 ではその 前 途 について 非 常 に 強 気 な 考 えを 持 っており 香 港 に 更 に 投 資 していく 計 画 です と 同 氏 は 述 べました NTT Com Asia NTT Com Asia は NTT 株 式 会 社 ( 東 京 ロンドン 及 びニュー ヨークの 証 券 所 取 引 所 に 株 式 を 上 場 する 世 界 最 大 のテレコミ ュニケーション 企 業 の 1 社 )のグローバル データ IP サー ビス 及 びボイス サービス 部 門 である NTT コミュニケーショ ンズの 100% 出 資 子 会 社 NTT グループは 1952 年 に 設 立 本 部 東 京 NTT コミュニケーションズは 全 世 界 で 8 千 人 以 上 の 従 業 員 を 擁 し 海 外 の 73 都 市 と 29 の 国 と 地 域 に 現 地 事 務 所 を 設 置 す る 他 データセンターは 20 の 国 と 地 域 の 31 都 市 以 上 でサー ビスを 提 供 NTT Com Asia は 1999 年 に 香 港 で 設 立 され 現 在 の 従 業 員 数 は 350 人 以 上 2010 年 10 月 の 発 表 によると 同 社 は 10 年 間 で 30 億 香 港 ド ルを 投 じ 7 万 平 方 米 から 成 る Tier III 基 準 以 上 のデータセン ターを 建 設 このデータセンターは 2013 年 に 営 業 を 開 始 し 約 3,000 件 の 直 接 的 あるいは 間 接 的 な 雇 用 を 見 込 んでいる 23

26 日 本 の 宅 急 便 が 香 港 に 利 便 性 を 提 供 香 港 ヤマト 運 輸 株 式 会 社 は クロネコのロゴが 日 本 同 様 香 港 の 路 上 で 第 一 級 の 宅 配 サービスとして 広 く 認 知 されることを 目 指 します アジアへの 進 出 計 画 の 一 環 として ヤマト 運 輸 は 香 港 の 一 般 家 庭 向 けにこれまでになかった 迅 速 かつ 融 通 性 の 高 い 宅 急 便 を 展 開 していきます ヤマトグループの 理 念 は 社 会 的 インフラとしての 宅 急 便 ネ ットワークの 高 度 化 より 便 利 で 快 適 な 生 活 関 連 サービスの 創 造 革 新 的 な 物 流 システムの 開 発 を 通 じて 豊 かな 社 会 の 実 現 に 貢 献 することです 香 港 市 場 でも 同 じ 理 念 のもと 邁 進 して 参 ります と 香 港 ヤマト 運 輸 株 式 会 社 取 締 役 社 長 前 島 淳 太 氏 は 述 べました 700 万 人 の 在 港 の 人 々の 大 半 が 自 家 用 車 を 持 っていないため この 新 たな 宅 配 サービスにより 初 めて 香 港 内 で 安 く 手 間 なく かさばる 物 を 運 べるようになるでしょう 香 港 の 人 々は 鮮 魚 等 の 冷 凍 食 品 や 傷 みやすい 食 材 を 家 に 直 接 配 達 してもらうの にヤマトのクール 宅 急 便 も 利 用 するだろうと 前 島 氏 は 考 えま す 香 港 の 人 々は 高 い 生 活 水 準 を 享 受 しています から 生 活 の 利 便 性 を 向 上 させる 第 一 級 の 宅 配 サービスへの 出 費 を 厭 わないでしょう と 前 島 氏 は 語 りました なぜ 香 港 なのか? 同 社 が 香 港 市 場 を 第 一 のターゲットに 定 めた 理 由 は 他 にも 多 々あります 第 一 に 消 費 者 への 直 接 宅 配 市 場 にまだ 競 争 の 余 地 があると 確 信 した ことです また 香 港 は 地 理 的 にも 比 較 的 狭 く 道 路 網 や 輸 送 インフラが 広 範 囲 に 整 備 されているので 費 用 効 果 の 高 いドア ツー ドア 宅 配 サービスを 日 々 展 開 できます 平 等 な 競 争 条 件 や 自 由 経 済 法 規 制 の 点 からも 香 港 は 事 業 を 営 みやすい 場 所 といえます ヤマト 運 輸 には 同 地 域 において 野 心 的 な 事 業 計 画 があります 2010 年 1 月 の 上 海 及 びシンガポールでの 事 業 開 始 を 皮 切 りに この 2 年 内 に ASEAN 諸 国 及 び 中 国 南 部 へも 進 出 する 予 定 です 24 香 港 が 中 国 への 理 想 的 なゲートウエイと 考 えられているのは その 地 区 だけが 中 国 本 土 と 経 済 連 携 緊 密 化 協 定 を 締 結 してい ること またアジアで 将 来 性 のある 市 場 を 調 査 し 必 要 な 実 行 可 能 性 を 検 討 する 拠 点 であることもその 理 由 として 挙 げられ ます 2011 年 2 月 までに 運 転 手 70 名 と 従 業 員 30 名 体 制 を 計 画 して いますが アジアで 計 画 中 の 支 部 全 てのオープンが 完 了 する 約 5 年 後 には 香 港 は 同 地 域 の 混 載 センターとなり 香 港 を 拠 点 に 倉 庫 スタッフ 200 名 及 び 事 務 員 70 名 を 含 む 約 1000 名 の 従 業 員 を 擁 する 見 込 みです と 前 島 氏 は 述 べました インベスト 香 港 は ヤマト 運 輸 が 香 港 で 事 業 展 開 する 際 に 架 け 橋 となってくれました 他 の 日 本 企 業 にも 香 港 へ 進 出 し インベスト 香 港 のサービスを 利 用 するようにと 間 違 いなく 勧 めていくつもりです と 同 氏 は 付 け 加 えました ヤマト 運 輸 株 式 会 社 1919 年 設 立 のヤマトホールディングス 株 式 会 社 は 子 会 社 45 社 と 関 連 会 社 9 社 から 成 る 総 合 輸 送 サービスグループ そ の 事 業 部 門 は デリバリー BIZ ロジ ホームコンビニエン ス e- ビジネス トラックメンテナンス フィナンシャル 及 びその 他 の 事 業 香 港 ヤマト 運 輸 株 式 会 社 はデリバリー 事 業 部 の 傘 下 にあり 一 般 家 庭 から 企 業 に 至 るまで 信 頼 効 率 プロ 意 識 をモット ーとしたドア ツー ドア サービスを 提 供 2011 年 2 月 に 香 港 ヤマト 運 輸 株 式 会 社 は 香 港 で 宅 急 便 を 開 始 同 社 は 1 億 7 千 万 香 港 ドルの 香 港 進 出 のための 投 資 と 従 業 員 100 名 の 雇 用 を 決 定 5 年 後 にアジアのネットワークが 完 全 に 整 備 された 折 りには 香 港 ヤマト 運 輸 株 式 会 社 は 香 港 で 約 1,000 名 の 従 業 員 を 擁 する 見 込 み 香 港 ヤマトペイメントサービス 株 式 会 社 は 香 港 ヤマト 運 輸 株 式 会 社 と 連 携 し 代 金 決 済 業 務 を 行 う 発 行 日 :2011 年 1 月

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 国 の 海 外 展 開 販 路 拡 大 支 援 施 策 について 東 北 経 済 産 業 局 産 業 部 国 際 課 1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 中 小 企 業 海 外 展 開 一 環 支 援 事 業 (F/S( ) 支 援 事 業 ) F/S(フィージビリティ スタディ) : 新 規 事 業 への 参 入

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて

第3章 観光産業振興プランの実現に向けて 第 3 章 観 光 産 業 振 興 プランの 実 現 に 向 けて 本 プランの 計 画 期 間 である5 年 間 において より 大 きな 成 果 を 生 み 出 していくた めには 行 政 や 観 光 協 会 等 の 観 光 関 連 団 体 民 間 事 業 者 都 民 等 の 総 力 を 結 集 した 複 合 的 な 取 組 が 必 要 である そこで 本 章 では 第 2 章 の 戦 略 を

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

平成21年4月1日

平成21年4月1日 各 位 2009 年 5 月 15 日 会 社 名 林 兼 産 業 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 橋 本 鉄 志 (コード 番 号 2286 東 証 大 証 第 1 部 福 証 ) 問 合 せ 先 管 理 本 部 総 務 部 長 宮 﨑 一 郎 TEL(083)266-0210 < 中 期 経 営 計 画 アクションプラン 策 定 について> ( 2009 年 度 ~

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 ) 平 成 27 年 12 月 中 小 企 業 庁 < 主 な 改 正 事 項 > 新 たな 機 械 装 置 の 投 資 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 の 創 設 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 損 金 算 入 の 特 例 の 延 長

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Global Advisory Department 香 港 アウトルック 2016 年 7 月 グローバル アドバイザリー 部 本 資 料 は 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 取 引 の 勧 誘 を 目 的 としたものではありません 本 資 料 は 一 般 に 信 頼 できると 思 われるデー タに 基 づき 作 成 致 しておりますが その 信 憑 性 正 確

More information

PowerPoint 簡報

PowerPoint 簡報 アジア 太 平 洋 布 陣 勝 機 の 第 一 選 択 台 湾 自 由 経 済 示 範 区 2/34 要 綱 台 湾 : 投 資 の 最 良 選 択 台 湾 投 資 の 目 玉 : 自 由 経 済 示 範 区 示 範 区 の 特 長 と 優 遇 措 置 示 範 区 の 発 展 重 点 示 範 区 園 区 の 紹 介 示 範 区 の 連 絡 先 3/34 台 湾 : 投 資 の 最 良 選 択 台 湾

More information

日本 香港で成功した日本企業

日本  香港で成功した日本企業 日本 香港で成功した日本企業 世 界 を 繋 ぐスーパーコネクター 香 港 戦 略 的 立 地 と 世 界 クラスのインフラを 兼 ね 備 える 香 港 は アジアの 拠 点 としての 条 件 を 全 て 満 たしています 自 由 な 情 報 の 流 れ 低 率 で 簡 素 な 税 制 豊 富 な 資 金 調 達 方 法 急 成 長 するアジア 市 場 へのアクセスの 良 さ 等 貴 社 の 海 外

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

Microsoft PowerPoint - 第14回 香港

Microsoft PowerPoint - 第14回 香港 第 14 号 (28 年 12 月 11 日 ) 香 港 の 基 本 情 報 香 港 の 総 面 積 は 東 京 都 の 約 半 分 ほどで 九 龍 香 港 島 新 界 周 辺 諸 島 の4つの 区 域 で 構 成 されて います 15 年 程 前 には 不 毛 の 岩 山 と 呼 ばれた 香 港 は 今 や 世 界 で 最 も 自 由 な 経 済 地 域 であり 世 界 屈 指 の 金 融 貿 易

More information

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ

東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特 例 資 な ど 各 種 支 援 を 実 施 し 皆 さま 資 相 談 返 済 相 談 に 迅 速 かつ 9 取 組 み 震 災 へ 対 応 実 施 総 合 力 を 発 揮 したお 客 さまサービス 向 上 取 組 み 3 平 成 3 年 度 業 務 概 況 及 び 決 算 概 要 5 資 調 達 7 JFC 東 大 震 災 から 復 旧 復 興 を 支 援 しています は 全 国 支 店 に 特 別 相 談 窓 口 を 設 置 すると ともに 東 大 震 災 復 興 特 別 貸 付 及 び 震 災 特

More information

アクション・プラン解説文

アクション・プラン解説文 2014 年 度 東 京 電 力 グループ アクション プラン に 関 する 機 関 投 資 家 アナリスト 向 け 説 明 会 ご 説 明 内 容 開 催 日 :2014 年 4 月 4 日 出 席 者 : 代 表 執 行 役 社 長 廣 瀬 直 己 常 務 執 行 役 村 松 衛 常 務 執 行 役 住 吉 克 之 常 務 執 行 役 フュエル&パワー カンパニー プレジデント 佐 野 敏 弘

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 )

1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 ) 人 件 費 平 成 25 年 4 月 16 日 東 北 電 力 1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 ) 1 今 回 (H25~27 平 均 )

More information

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版)

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版) 産 物 部 経 営 ビジョン 横 浜 化 の 丁 番 地 へ < 概 要 版 > 平 成 27 年 5 横 浜 市 中 央 卸 売 市 場 本 場 産 物 部 次 ページ はじめに 2 Ⅰ 基 本 理 念 6 Ⅰ-1. 経 営 理 念 7 Ⅰ-2. 行 動 規 範 8 Ⅰ-3.スローガン 9 Ⅱ 内 外 部 環 境 概 要 10 Ⅱ-1. 外 部 環 境 概 要 11 Ⅱ-2. 内 部 環 境 概

More information

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態 建 設 分 野 における 競 合 国 に 関 する 調 査 研 究 概 要 (1) 調 査 研 究 の 目 的 技 術 力 等 の 強 みを 活 かした 海 外 展 開 の 取 組 が 進 められているところ 日 本 の 技 術 力 品 質 信 頼 等 に 関 する 定 評 に 拘 わらず 受 注 に 結 びつかない 状 況 が 生 じている また 人 口 減 少 に 伴 う 日 本 国 内 市 場

More information

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4)

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4) 経 営 強 化 計 画 (ダイジェスト 版 ) ( 金 融 機 能 の 強 化 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 第 12 条 ) 平 成 28 年 6 月 目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

会 社 名 合 資 会 社 岡 田 珈 琲 インタビュー 相 手 代 表 社 長 岡 田 佳 子 様 インタビュー 地 国 内 日 時 2010 年 11 月 30 日 Q. 御 社 が 海 外 進 出 をされた 理 由 を 教 えてください 地 元 ( 熊 本 県 )のマーケットに 閉 塞 感 が

会 社 名 合 資 会 社 岡 田 珈 琲 インタビュー 相 手 代 表 社 長 岡 田 佳 子 様 インタビュー 地 国 内 日 時 2010 年 11 月 30 日 Q. 御 社 が 海 外 進 出 をされた 理 由 を 教 えてください 地 元 ( 熊 本 県 )のマーケットに 閉 塞 感 が サービス 産 業 の 国 際 展 開 調 査 合 資 会 社 岡 田 珈 琲 ( 国 内 ) 2011 年 3 月 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 海 外 調 査 部 免 責 条 項 ジェトロは 本 報 告 書 の 記 載 内 容 に 関 して 生 じた 直 接 的 間 接 的 あるいは 懲 罰 的 損 害 および 利 益 の 喪 失 については 一 切 の 責

More information

地 域 産 品 輸 出 商 談 会 ( 瀬 戸 内 産 品 輸 出 商 談 会 in 香 港 ) 1. 日 時 : 12 月 27 日 ( 金 )14:00-18:30 2. 場 所 : 香 港 日 本 人 倶 楽 部 3. 概 要 参 加 企 業 数 : 14 社 来 場 者 : 29 社 (46

地 域 産 品 輸 出 商 談 会 ( 瀬 戸 内 産 品 輸 出 商 談 会 in 香 港 ) 1. 日 時 : 12 月 27 日 ( 金 )14:00-18:30 2. 場 所 : 香 港 日 本 人 倶 楽 部 3. 概 要 参 加 企 業 数 : 14 社 来 場 者 : 29 社 (46 今 月 のトピックス 香 港 における 日 本 食 品 関 連 市 場 調 査 産 業 部 国 際 課 TEL 082-224-5659 日 本 食 への 関 心 が 高 まっている 香 港 において 自 治 体 JETRO 等 との 連 携 による 地 域 産 品 の 輸 出 商 談 会 物 産 展 が 開 催 されました 中 国 経 済 産 業 局 では 中 国 地 域 産 の 加 工 食 品

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン という )は 株 式 会 社 三 井 住 友 フィナンシャルグループ( 以 下 当 社 と いう )が 実 効 的 なコーポレートガバナンスの 実 現 を 通 じて 不 祥 事 や 企 業 としての 不 健 全 な 事 態 の 発 生

More information

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 消 防 庁 訓 令 第 7 号 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 め る 平 成 27 年 11 月 30 日 消 防 庁 長 官 佐 々 木 敦 朗 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

行動計画シート(下半期)

行動計画シート(下半期) シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

イオン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 第 1 章 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 目 的 と 位 置 づけ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 は イオングループ( 以 下 イオン といいます)の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿

イオン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 第 1 章 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 目 的 と 位 置 づけ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 は イオングループ( 以 下 イオン といいます)の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿 2016 年 4 月 13 日 イ オ ン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 制 定 について イオン 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )は 当 社 の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿 勢 並 びに 企 業 統 治 システムに 関 する 方 針 を 示 した コーポレートガバナンス 基 本 方 針 ( 以 下 当 方 針 )を 制 定 しました

More information

<32303135303932348E9E935F5F938C8B9E834B835895AA90CD2E786C7378>

<32303135303932348E9E935F5F938C8B9E834B835895AA90CD2E786C7378> PEST 項 目 顧 客 のビジネスを 取 り 巻 く 動 向 変 化 要 するに 顧 客 にとってどのような 環 境 か?( 顧 客 にとっての 機 会 / 脅 威 ) Political ( 政 治 法 制 度 動 向 ) 地 域 独 占 の 弊 害 をふまえた 電 力 ガス 自 由 化 の 加 速 2017 年 ガス 参 入 全 面 自 由 化 ( 電 力 会 社 は 発 電 所 燃 料 としてLNGを

More information

資 料 3 新 たな 沖 縄 振 興 の 枠 組 みと 展 開 について 平 成 26 年 2 月 7 日 沖 縄 県 企 画 部 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 沖 縄 振 興 計 画 )の 進 捗 について 平 成 24 年 3 月 28 日 第 63 回 沖 縄 県 振 興 審 議 会 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 仮 称 )( 案 ) の 答 申

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし)

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし) 日 本 銀 行 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) 平 成 27 年 月 日 日 本 銀 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という )

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

宮 城 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 目 次 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 等......... 1 1-1 計 画 の 目 的 と 策 定 の 背 景...... 1 1-2 計 画 の 位 置 づけ......... 2 1-3 計 画 の 期 間......... 3 2 高 齢 者 の 住 まいの 現 状 と 課 題......

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費

More information

総務部元気宣言

総務部元気宣言 福 井 新 々 元 気 宣 言 推 進 に 関 する 政 策 合 意 私 は 知 事 の 政 策 スタッフとして 福 井 県 民 の 将 来 ビジョン に 基 づき 福 井 新 々 元 気 宣 言 の 元 気 な 産 業 元 気 な 社 会 元 気 な 県 土 元 気 な 県 政 に 掲 げられた 政 策 等 を 実 現 するため 県 民 の 理 解 と 参 加 を 得 な がら 責 任 を 持 って

More information

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 採 用 案 内 事 務 / 電 気 / 土 木 ( 平 成 26 年 4 月 採 用 ) 公 社 の 使 命 首 都 東 京 の 都 市 再 生 と 都 市 機 能 の 維 持 増 進 都 民 生 活 の 向 上 に 貢 献 する 道 路 行 政 推 進 への 貢 献 総 合 駐 車 対 策 の 推 進 収 益 の 都 民 社 会 への 還 元 公 社 の 事 業 の 仕 組 み 全 事 業 を 通

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

講 演 1 等 の 一 部 を 改 正 する 律 ( 関 係 ) 講 師 : 総 務 省 情 報 通 信 国 際 戦 略 局 情 報 通 信 政 策 課 課 長 補 佐 影 井 敬 義 様

講 演 1 等 の 一 部 を 改 正 する 律 ( 関 係 ) 講 師 : 総 務 省 情 報 通 信 国 際 戦 略 局 情 報 通 信 政 策 課 課 長 補 佐 影 井 敬 義 様 第 80 回 電 波 利 用 懇 話 会 等 の 律 改 正 について 日 時 : 2011 年 1 月 31 日 ( 月 ) 午 後 2 時 ~3 時 30 分 場 所 : 社 団 人 電 波 産 業 会 会 議 室 ( 日 土 地 ビル 11 階 ) 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1-4-1 TEL: 03-5510-8592 主 催 社 団 人 電 波 産 業 会 講 演 1 等 の

More information

( 別 添 1) 東 南 アジアにおけるメディア 事 業 等 展 開 の 検 討 に 関 する 基 本 合 意 のお 知 らせ 株 式 会 社 海 外 需 要 開 拓 支 援 機 構 ( 以 下 )は スカパー JSAT 株 式 会 社 ( 以 下 スカパーJSAT )と 共 同 で 東 南 アジア

( 別 添 1) 東 南 アジアにおけるメディア 事 業 等 展 開 の 検 討 に 関 する 基 本 合 意 のお 知 らせ 株 式 会 社 海 外 需 要 開 拓 支 援 機 構 ( 以 下 )は スカパー JSAT 株 式 会 社 ( 以 下 スカパーJSAT )と 共 同 で 東 南 アジア News Release 事 業 支 援 に 関 する 基 本 合 意 等 のお 知 らせ 株 式 会 社 海 外 需 要 開 拓 支 援 機 構 ( )は 日 本 の 魅 力 ある 商 品 サー ビスの 海 外 需 要 開 拓 に 関 連 する 支 援 促 進 を 目 指 し 2013 年 11 月 に 設 立 されました 日 本 の 魅 力 (クールジャパン) を 事 業 化 し 海 外 需 要

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及 千 葉 市 市 長 部 局 消 防 局 病 院 局 行 政 委 員 会 及 び 議 会 事 務 局 における 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 の 推 進 に 係 る 対 応 要 領 第 1 目 的 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

表紙.ai

表紙.ai 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 機 構 1-1- 3-3- Ⅱ 職 員 数 分 掌 事 務 5-5- 7-7- 8-8 - 9-9 - Ⅲ 事 業 概 要 11-11- 23 23 27 JAPAN EXPO - 13-13 EV&ITS - 14-14 in 4,184 594 2,631 8.5% ODA - 15-15 22 26-16 - 16 27 1.17 0.02 11 0.96

More information

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は 教 員 の 資 質 向 上 に 関 す る 国 際 動 向 中 国 に お け る 教 員 の 現 状 と 課 題 張 揚 ( 北 海 道 大 学 ) 1 はじめに 1980 年 代 に 入 っ て 以 降 中 国 政 府 は 教 育 の 拡 充 発 展 に 努 め た が 教 育 水 準 は 低 迷 し 続 けた 1983 年 教 育 部 は 小 中 高 等 学 校 教 員 陣 の 調 整 整 理

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CDG CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 4 日 株 式 会 社 CDG 代 表 取 締 役 社 長 大 平 孝 問 合 せ 先 :06-6133-5200 証 券 コード:2487 http://www.cdg.co.jp Ⅰコーポレート

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部 2015 年 度 事 業 計 画 ( 2 0 1 5. 4. 1 ~ 2016. 3.31) 一 般 財 団 法 人 少 林 寺 拳 法 連 盟 目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する

More information

会 社 名 株 式 会 社 峰 寿 司 事 業 内 容 寿 司 店 の 運 営 等 出 店 国 地 域 中 国 ( 香 港 ) インタビュー 相 手 代 表 取 締 役 宮 崎 智 章 様 インタビュー 地 国 内 日 時 2011 年 10 月 12 日 Q. 御 社 が 海 外 進 出 された

会 社 名 株 式 会 社 峰 寿 司 事 業 内 容 寿 司 店 の 運 営 等 出 店 国 地 域 中 国 ( 香 港 ) インタビュー 相 手 代 表 取 締 役 宮 崎 智 章 様 インタビュー 地 国 内 日 時 2011 年 10 月 12 日 Q. 御 社 が 海 外 進 出 された サービス 産 業 の 国 際 展 開 調 査 株 式 会 社 峰 寿 司 ( 国 内 ) 2012 年 3 月 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 海 外 調 査 部 免 責 条 項 ジェトロは 本 報 告 書 の 記 載 内 容 に 関 して 生 じた 直 接 的 間 接 的 あるいは 懲 罰 的 損 害 および 利 益 の 喪 失 については 一 切 の 責 任

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担 平 成 26 年 度 防 府 市 商 工 業 振 興 施 策 に 関 す る 要 望 1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 に ついて (2) 消 費 税 増 税 に 伴 う 効 果 的 な 経 済 対 策 事 業 について 1 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 の 継 続 実 施 に ついて 2 中 心

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財 様 式 1) 計 画 書 目 次 [ 経 済 局 ] 5 款 1 項 2 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 28 年 度 27 年 度 増 減 28-27) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 企 誘 致 促 進 3,174,89 3,173,552 3,158,145 3,157,191 15,944

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A>

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A> 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが 事 務 総 長 達 甲 第 5 号 平 成 27 年 11 月 10 日 人 事 院 総 裁 は 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 めたので 命 により 通 達 する 人 事 院 事 務 総 長 永 長 正 士 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差 気 象 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 12 月 2 日 気 象 庁 訓 令 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法

More information

2 しまねのものづくり 381,450 ものづくり 企 業 の 経 営 管 理 生 産 管 理 技 術 369,420 事 業 費 精 査 商 工 労 働 部 産 業 活 性 化 プロジェ 力 の 強 化 新 規 取 引 先 の 開 拓 新 分 野 への 進 出 一 部 を 前 倒 して 実 施 [

2 しまねのものづくり 381,450 ものづくり 企 業 の 経 営 管 理 生 産 管 理 技 術 369,420 事 業 費 精 査 商 工 労 働 部 産 業 活 性 化 プロジェ 力 の 強 化 新 規 取 引 先 の 開 拓 新 分 野 への 進 出 一 部 を 前 倒 して 実 施 [ 平 成 27 年 度 当 初 予 算 の 要 求 の 概 要 ( 主 な 事 業 ) Ⅰ 1.ものづくり IT 産 業 の 振 興 1 ものづくり 産 業 生 産 235,526 ものづくり 企 業 のグローバル 競 争 への 対 応 や 235,526 要 求 どおり 商 工 労 働 部 力 受 注 力 強 化 緊 急 国 内 成 長 産 業 への 参 入 に 向 けた 取 組 を 支 援 [ 産

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378> 福 岡 空 港 の 民 間 委 託 について( 案 ) 福 岡 空 港 運 営 検 討 協 議 会 平 成 26 年 10 月 1 福 岡 空 港 の 現 状 について (1) 空 港 の 概 要 1 (2) 就 航 路 線 利 用 状 況 3 (3) 福 岡 空 港 の 需 要 予 測 及 び 滑 走 路 処 理 容 量 について 5 (4) 福 岡 空 港 の 整 備 ( 滑 走 路 増 設

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information