YUHO

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "YUHO"

Transcription

1 有 価 証 券 報 告 書 本 書 は EDINET(Electronic Disclosure for Investors' NETwork)システ ムを 利 用 して 金 融 庁 に 提 出 した 有 価 証 券 報 告 書 の 記 載 事 項 を 紙 媒 体 とし て 作 成 したものであります 株 式 会 社 アイスタイル (E26301)

2 目 次 表 紙 1 第 一 部 企 業 情 報 2 第 1 企 業 の 概 況 2 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 2 2 沿 革 4 3 事 業 の 内 容 5 4 関 係 会 社 の 状 況 7 5 従 業 員 の 状 況 8 第 2 事 業 の 状 況 9 1 業 績 等 の 概 要 9 2 生 産 受 注 及 び 販 売 の 状 況 11 3 対 処 すべき 課 題 12 4 事 業 等 のリスク 13 5 経 営 上 の 重 要 な 契 約 等 23 6 研 究 開 発 活 動 23 7 財 政 状 態 経 営 成 績 及 びキャッシュ フローの 状 況 の 分 析 24 第 3 設 備 の 状 況 27 1 設 備 投 資 等 の 概 要 27 2 主 要 な 設 備 の 状 況 27 3 設 備 の 新 設 除 却 等 の 計 画 28 第 4 提 出 会 社 の 状 況 29 1 株 式 等 の 状 況 29 (1) 株 式 の 総 数 等 29 1 株 式 の 総 数 29 2 発 行 済 株 式 29 (2) 新 株 予 約 権 等 の 状 況 29 (3) 行 使 価 額 修 正 条 項 付 新 株 予 約 権 付 社 債 券 等 の 行 使 状 況 等 39 (4) ライツプランの 内 容 39 (5) 発 行 済 株 式 総 数 資 本 金 等 の 推 移 39 (6) 所 有 者 別 状 況 40 (7) 大 株 主 の 状 況 40 (8) 議 決 権 の 状 況 41 1 発 行 済 株 式 41 2 自 己 株 式 等 41 (9) ストックオプション 制 度 の 内 容 42

3 2 自 己 株 式 の 取 得 等 の 状 況 46 株 式 の 種 類 等 46 (1) 株 主 総 会 決 議 による 取 得 の 状 況 46 (2) 取 締 役 会 決 議 による 取 得 の 状 況 46 (3) 株 主 総 会 決 議 又 は 取 締 役 会 決 議 に 基 づかないものの 内 容 46 (4) 取 得 自 己 株 式 の 処 理 状 況 及 び 保 有 状 況 46 3 配 当 政 策 47 4 株 価 の 推 移 47 (1) 最 近 5 年 間 の 事 業 年 度 別 最 高 最 低 株 価 47 (2) 最 近 6 月 間 の 月 別 最 高 最 低 株 価 47 5 役 員 の 状 況 48 6 コーポレート ガバナンスの 状 況 等 51 (1) コーポレート ガバナンスの 状 況 51 (2) 監 査 報 酬 の 内 容 等 57 1 監 査 公 認 会 計 士 等 に 対 する 報 酬 の 内 容 57 2 その 他 重 要 な 報 酬 の 内 容 57 3 監 査 公 認 会 計 士 等 の 提 出 会 社 に 対 する 非 監 査 業 務 の 内 容 57 4 監 査 報 酬 の 決 定 方 針 57 第 5 経 理 の 状 況 58 1 連 結 財 務 諸 表 等 59 (1) 連 結 財 務 諸 表 59 1 連 結 貸 借 対 照 表 59 2 連 結 損 益 計 算 書 及 び 連 結 包 括 利 益 計 算 書 61 連 結 損 益 計 算 書 61 連 結 包 括 利 益 計 算 書 62 3 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 63 4 連 結 キャッシュ フロー 計 算 書 65 注 記 事 項 66 セグメント 情 報 86 関 連 情 報 88 報 告 セグメントごとの 固 定 資 産 の 減 損 損 失 に 関 する 情 報 89 報 告 セグメントごとののれんの 償 却 額 及 び 未 償 却 残 高 に 関 する 情 報 89 報 告 セグメントごとの 負 ののれん 発 生 益 に 関 する 情 報 89 関 連 当 事 者 情 報 90 5 連 結 附 属 明 細 表 93 社 債 明 細 表 93 借 入 金 等 明 細 表 93 資 産 除 去 債 務 明 細 表 93 (2) その 他 93

4 2 財 務 諸 表 等 94 (1) 財 務 諸 表 94 1 貸 借 対 照 表 94 2 損 益 計 算 書 96 売 上 原 価 明 細 書 97 3 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 98 注 記 事 項 附 属 明 細 表 107 有 形 固 定 資 産 等 明 細 表 107 引 当 金 明 細 表 107 (2) 主 な 資 産 及 び 負 債 の 内 容 108 (3) その 他 108 第 6 提 出 会 社 の 株 式 事 務 の 概 要 109 第 7 提 出 会 社 の 参 考 情 報 提 出 会 社 の 親 会 社 等 の 情 報 その 他 の 参 考 情 報 110 第 二 部 提 出 会 社 の 保 証 会 社 等 の 情 報 111 監 査 報 告 書 巻 末

5 表 紙 提 出 書 類 有 価 証 券 報 告 書 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 第 1 項 提 出 先 関 東 財 務 局 長 提 出 日 平 成 26 年 9 月 26 日 事 業 年 度 第 15 期 ( 自 平 成 25 年 7 月 1 日 至 平 成 26 年 6 月 30 日 ) 会 社 名 株 式 会 社 アイスタイル 英 訳 名 istyle Inc. 代 表 者 の 役 職 氏 名 代 表 取 締 役 社 長 吉 松 徹 郎 本 店 の 所 在 の 場 所 東 京 都 港 区 赤 坂 一 丁 目 12 番 32 号 電 話 番 号 03(5575)1260 事 務 連 絡 者 氏 名 取 締 役 CFO 菅 原 敬 最 寄 りの 連 絡 場 所 東 京 都 港 区 赤 坂 一 丁 目 12 番 32 号 電 話 番 号 03(5575)1260 事 務 連 絡 者 氏 名 取 締 役 CFO 菅 原 敬 縦 覧 に 供 する 場 所 株 式 会 社 東 京 証 券 取 引 所 ( 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 兜 町 2 番 1 号 ) -1-

6 第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 (1) 連 結 経 営 指 標 等 回 次 第 11 期 第 12 期 第 13 期 第 14 期 第 15 期 決 算 年 月 平 成 22 年 6 月 平 成 23 年 6 月 平 成 24 年 6 月 平 成 25 年 6 月 平 成 26 年 6 月 売 上 高 3,257,692 3,832,205 4,455,579 6,410,015 7,141,247 経 常 利 益 240, , , , ,186 当 期 純 利 益 156, , , ,372 14,149 包 括 利 益 259, , , ,801 純 資 産 額 1,308,614 1,514,453 2,263,814 3,984,669 4,246,406 総 資 産 額 1,974,749 2,378,107 3,389,698 5,523,629 5,758,651 1 株 当 たり 純 資 産 額 ( 円 ) 23, 株 当 たり 当 期 純 利 益 金 額 ( 円 ) 2, 潜 在 株 式 調 整 後 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 金 額 ( 円 ) 自 己 資 本 比 率 (%) 自 己 資 本 利 益 率 (%) 株 価 収 益 率 ( 倍 ) 営 業 活 動 による キャッシュ フロー 投 資 活 動 による キャッシュ フロー 財 務 活 動 による キャッシュ フロー 現 金 及 び 現 金 同 等 物 の 期 末 残 高 従 業 員 数 ( 外 平 均 臨 時 雇 用 者 数 ) 335, , , , , , , ,003 1,028,769 1,167, ,446 94, ,246 1,628,318 56, ,982 1,130,348 1,653,490 2,707,881 1,950,540 ( 名 ) (15) (20) (34) (34) (28) ( 注 ) 1 売 上 高 には 消 費 税 等 は 含 まれておりません 2 潜 在 株 式 調 整 後 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 金 額 については 新 株 引 受 権 及 び 新 株 予 約 権 の 残 高 がありますが 第 12 期 までは 当 社 株 式 は 非 上 場 であり 期 中 平 均 株 価 が 把 握 できないため 記 載 しておりません 3 株 価 収 益 率 は 第 12 期 までは 当 社 株 式 が 非 上 場 であるため 記 載 しておりません 4 従 業 員 数 は 就 業 人 員 ( 当 社 グループから 当 社 グループ 外 への 出 向 者 を 除 き 当 社 グループ 外 から 当 社 グル ープへの 出 向 者 を 含 む )であり 臨 時 従 業 員 数 (パートタイマーのみ 人 材 会 社 からの 派 遣 社 員 は 除 く )は 年 間 の 平 均 人 数 を( 外 数 )で 記 載 しております 5 第 13 期 より 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 に 関 する 会 計 基 準 ( 企 業 会 計 基 準 第 2 号 平 成 22 年 6 月 30 日 ) 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 ( 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 4 号 平 成 22 年 6 月 30 日 公 表 分 ) 及 び 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い ( 実 務 対 応 報 告 第 9 号 平 成 22 年 6 月 30 日 )を 適 用 しております 平 成 23 年 12 月 16 日 付 で 普 通 株 式 1 株 につき100 株 の 割 合 で 株 式 分 割 を 行 ってお り また 平 成 24 年 7 月 1 日 付 で 普 通 株 式 1 株 につき2 株 の 割 合 で 株 式 分 割 を 行 いましたが 第 12 期 の 期 首 に 当 該 株 式 分 割 が 行 われたと 仮 定 し 1 株 当 たり 純 資 産 額 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 金 額 及 び 潜 在 株 式 調 整 後 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 金 額 を 算 定 しております -2-

7 (2) 提 出 会 社 の 経 営 指 標 等 回 次 第 11 期 第 12 期 第 13 期 第 14 期 第 15 期 決 算 年 月 平 成 22 年 6 月 平 成 23 年 6 月 平 成 24 年 6 月 平 成 25 年 6 月 平 成 26 年 6 月 売 上 高 1,759,322 2,106,162 2,524,159 3,296,960 3,435,399 経 常 利 益 220, , , , ,698 当 期 純 利 益 138, , , ,241 71,685 資 本 金 748, , ,638 1,560,781 1,578,002 発 行 済 株 式 総 数 ( 株 ) 56,770 56,850 6,135,000 14,659,200 14,873,000 純 資 産 額 1,408,628 1,555,588 2,258,814 3,851,473 4,174,663 総 資 産 額 1,757,864 2,173,442 3,016,179 4,951,832 5,299,295 1 株 当 たり 純 資 産 額 ( 円 ) 24, 株 当 たり 配 当 額 (1 株 当 たり 中 間 配 当 額 ) ( 円 ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 金 額 ( 円 ) 2, 潜 在 株 式 調 整 後 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 金 額 ( 円 ) 自 己 資 本 比 率 (%) 自 己 資 本 利 益 率 (%) 株 価 収 益 率 ( 倍 ) 配 当 性 向 (%) 従 業 員 数 ( 外 平 均 臨 時 雇 用 者 数 ) ( 名 ) (8) (9) (10) (10) (9) ( 注 ) 1 売 上 高 には 消 費 税 等 は 含 まれておりません 2 潜 在 株 式 調 整 後 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 金 額 については 新 株 引 受 権 及 び 新 株 予 約 権 の 残 高 がありますが 第 12 期 までは 当 社 株 式 は 非 上 場 であり 期 中 平 均 株 価 が 把 握 できないため 記 載 しておりません 3 株 価 収 益 率 は 第 12 期 までは 当 社 株 式 が 非 上 場 であるため 記 載 しておりません 4 従 業 員 数 は 就 業 人 員 ( 当 社 から 社 外 への 出 向 者 を 除 き 社 外 から 当 社 への 出 向 者 を 含 む )であり 臨 時 従 業 員 数 (パートタイマーのみ 人 材 会 社 からの 派 遣 社 員 は 除 く )は 年 間 の 平 均 人 数 を( 外 数 )で 記 載 しております 5 第 13 期 より 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 に 関 する 会 計 基 準 ( 企 業 会 計 基 準 第 2 号 平 成 22 年 6 月 30 日 ) 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 ( 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 4 号 平 成 22 年 6 月 30 日 公 表 分 ) 及 び 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い ( 実 務 対 応 報 告 第 9 号 平 成 22 年 6 月 30 日 )を 適 用 しております 平 成 23 年 12 月 16 日 付 で1 株 につき100 株 の 株 式 分 割 を 行 っており また 平 成 24 年 7 月 1 日 付 で1 株 につき2 株 の 株 式 分 割 を 行 いましたが 第 12 期 の 期 首 に 当 該 株 式 分 割 が 行 われたと 仮 定 し 1 株 当 たり 純 資 産 額 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 金 額 及 び 潜 在 株 式 調 整 後 1 株 当 たり 当 期 純 利 益 金 額 を 算 定 しておりま す -3-

8 2 沿 革 年 月 平 成 11 年 7 月 平 成 11 年 12 月 平 成 12 年 1 月 平 成 12 年 4 月 平 成 12 年 6 月 平 成 12 年 7 月 平 成 12 年 12 月 平 成 14 年 11 月 平 成 15 年 6 月 平 成 17 年 4 月 平 成 17 年 5 月 平 成 17 年 7 月 平 成 18 年 4 月 平 成 19 年 3 月 平 成 20 年 1 月 平 成 20 年 2 月 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 3 月 平 成 22 年 1 月 平 成 22 年 9 月 平 成 22 年 10 月 平 成 22 年 12 月 平 成 23 年 5 月 平 成 24 年 3 月 平 成 24 年 5 月 平 成 24 年 8 月 平 成 24 年 10 月 平 成 24 年 11 月 平 成 24 年 11 月 平 成 25 年 2 月 平 成 25 年 6 月 平 成 26 年 7 月 平 成 26 年 8 月 ( 注 )1 ECとは 電 子 商 取 引 (eコマース)のことであります( 文 中 において 以 下 同 様 といたします) 事 項 化 粧 品 に 関 する 消 費 者 情 報 をデータベース 化 し 企 業 の 各 種 マーケティング 活 動 を 支 援 することを 目 的 として 有 限 会 社 アイ スタイル( 東 京 都 世 田 谷 区 資 本 金 3,000 千 円 )を 設 立 インターネットのコスメ 情 報 をオープン ネットイヤー インキュベーション キャピタル コンソーシアムより 出 資 を 受 け 資 本 金 を5,950 千 円 へ 増 資 株 式 会 社 アイスタイル( 資 本 金 23,800 千 円 )へ 組 織 変 更 化 粧 品 メーカーへの 各 種 マーケティング 支 援 サービスを 本 格 始 において 広 告 枠 の 販 売 を 開 始 し メディア 事 業 の 運 営 を 開 始 本 店 を 東 京 都 渋 谷 区 へ 移 転 株 式 会 社 エヌ ティ ティ ドコモの 運 営 するi-modeの 公 式 サイトとして i-mode をオープン 化 粧 品 オンラインショッピングサイト cosme.com(コスメ コム) をオープンし EC( 注 1) 事 業 の 運 営 を 開 始 モバイル 版 cosme.com をオープン 本 社 を 東 京 都 港 区 に 移 転 株 式 会 社 サイバーエージェントより 出 資 を 受 け 資 本 金 423,218 千 円 へ 増 資 リサーチアンドコンサルティングサービスに 係 る 事 業 を 会 社 分 割 により 別 会 社 化 し 株 式 会 社 アイスタイル マーケ ティングソリューションズ を 設 立 ( 資 本 金 50,000 千 円 当 社 出 資 比 率 100.0%) 女 性 向 けサイト 専 門 の 広 告 代 理 業 を 目 的 として 株 式 会 社 サイバーエージェントとの 合 弁 により 株 式 会 社 フラウディ ア コミュニケーションズ を 設 立 ( 資 本 金 100,000 千 円 当 社 出 資 比 率 45.0%の 持 分 法 適 用 関 連 会 社 ) メディアの 企 画 開 発 を 目 的 として 株 式 会 社 アイメディアドライブを 設 立 ( 資 本 金 205,250 千 円 当 社 出 資 比 率 51.1%) 店 舗 支 援 業 務 で 提 携 をしていた 株 式 会 社 たしろ 薬 品 出 資 の 株 式 会 社 コスメネクスト ルミネエスト 新 宿 cosme store(アットコスメストア) 第 1 号 店 をオープン 転 職 求 人 Career をオープン 子 会 社 株 式 会 社 アイスタイル マーケティングソリューションズ を 吸 収 合 併 ヤフー 株 式 会 社 より 出 資 を 受 け 資 本 金 を673,958 千 円 へ 増 資 EC 事 業 を 目 的 として 子 会 社 株 式 会 社 コスメ コム 設 立 ( 資 本 金 30,000 千 円 当 社 出 資 比 率 100.0%の 連 結 子 会 社 store の 運 営 会 社 である 株 式 会 社 コスメネクストに 資 本 参 加 し 連 結 子 会 社 化 ( 当 社 出 資 比 率 98.5%) 店 舗 事 業 の 運 営 を 開 始 株 式 会 社 講 談 社 より 出 資 を 受 け 資 本 金 を733,958 千 円 へ 増 資 株 式 会 社 アイメディアドライブの 全 株 式 をデジタル アドバタイジング コンソーシアム 株 式 会 社 に 譲 渡 し 非 子 会 社 化 コスメ 情 報 のPCサイトを より 幅 広 く 女 性 の 美 容 をサポートする 美 容 系 総 合 ポータルサ イト へとリニューアル 株 式 会 社 コスメネクストを 完 全 子 会 社 化 モバイル で 新 サイトオープン 検 索 投 稿 機 能 等 PC に 合 わせた 機 能 強 化 を 実 施 i-mode にて 有 料 サービスであるプレミアム 会 員 サービスを 開 始 美 容 に 特 化 したSNS( 注 をオープン 東 京 証 券 取 引 所 マザーズ 市 場 に 株 式 を 上 場 持 分 法 適 用 関 連 会 社 である 株 式 会 社 フラウディア コミュニケーションズの 全 株 式 を 株 式 会 社 サイバーエージェントに 譲 渡 海 外 展 開 の 本 格 化 を 目 的 として istyle Global (Hong Kong) Co., Limitedを 設 立 ispot の 運 営 会 社 である 株 式 会 社 サイバースター( 現 株 式 会 社 アイスタイルビューティソリューションズ)に 資 本 参 加 し 連 結 子 会 社 化 ( 当 社 出 資 比 率 88.8%) その 他 事 業 運 営 を 開 始 株 式 会 社 アライドアーキテクツと 業 務 資 本 提 携 契 約 を 締 結 シンガポールにistyle Global (Singapore) Pte. Limitedを 設 立 中 国 にistyle China Co., Limitedを 設 立 インドネシアにPT. Creative Visions Indonesiaを 設 立 東 京 証 券 取 引 所 市 場 第 一 部 へ 市 場 変 更 株 式 会 社 ノンストレスに 出 資 株 式 会 社 バイバースと 業 務 資 本 提 携 を 締 結 ビューティー トレンド ジャパン 株 式 会 社 の 全 株 式 を 取 得 子 会 社 株 式 会 社 アイスポットの 商 号 を 株 式 会 社 アイスタイルビューティソリューションズへ 変 更 し 本 店 所 在 地 を 東 京 都 港 区 へ 移 転 2 SNSとはソーシャルネットワーキングサービスの 略 称 であり インターネット 上 において 人 と 人 とのつなが りを 促 進 サポートする コミュニティ 型 のWebサイトのことであります 3 資 本 金 について 千 円 未 満 は 切 捨 てて 表 記 しております -4-

9 3 事 業 の 内 容 当 社 グループは 当 社 連 結 子 会 社 7 社 ( 株 式 会 社 コスメ コム 株 式 会 社 コスメネクスト 株 式 会 社 アイスポット ( 現 株 式 会 社 アイスタイルビューティソリューションズ 以 下 同 様 ) ISMM 設 立 準 備 株 式 会 社 istyle China Co.,Limited istyle Global(Singapore)Pte. Limited. PT. Creative Visions Indonesia) 非 連 結 子 会 社 及 び 関 連 会 社 で 構 成 の 運 営 により 構 築 した 事 業 基 盤 をプラットフォームとして 確 立 し 化 粧 品 美 容 業 界 に 特 化 した 業 界 横 断 型 のサービスを 展 開 しております 当 社 及 び 当 社 の 関 係 会 社 の 事 業 における 位 置 付 け 及 びセグメントとの 関 連 は 次 のとおりであります なお セグメ ントと 同 一 の 区 分 であります (1) メディア 事 業 メディア 事 業 では 株 式 会 社 アイスタイルを 中 心 として 化 粧 品 美 容 の 総 合 をメディアと した 広 告 枠 の 販 売 等 を 主 に 行 っております (2)EC 事 業 連 結 子 会 社 である 株 式 会 社 コスメ の 姉 妹 サイトである 化 粧 品 オンラインショッピ ングサイト cosme.com を 運 営 しており 当 該 サイトにおいて 化 粧 品 医 薬 部 外 品 食 品 ( 健 康 食 品 ) その 他 の 商 品 を 仕 入 販 売 しております (3) 店 舗 事 業 連 結 子 会 社 である 株 式 会 社 コスメネクストにおいて ネットとリアルが 融 合 した 新 しい 化 粧 品 小 売 業 態 の 企 画 開 発 運 営 を 行 っており 平 成 26 年 6 月 末 時 点 store(アットコスメストア) を5 店 舗 展 開 しており ます オープン 平 成 19 年 3 月 平 成 20 年 11 月 平 成 21 年 4 月 平 成 24 年 4 月 平 成 26 年 2 月 店 舗 store ルミネエスト 新 宿 store 上 野 マルイ store マルイシティ 渋 谷 store ルミネ 池 袋 store ルミネ 有 楽 町 店 (4)その 他 事 業 連 結 子 会 社 である 株 式 会 社 アイスポットにおいて エステサロン 等 の 情 報 サイト ispot(アイスポット) を 運 営 し 各 種 掲 載 サービスや 予 約 代 行 サービス 広 告 サービス 提 供 等 を 主 に 行 っております -5-

10 [ 事 業 系 統 図 ] ( 注 )1 連 結 対 象 のISMM 設 立 準 備 ( 株 ) 及 び 海 外 現 地 法 人 はメディア 事 業 に 含 まれております 非 連 結 子 会 社 及 び 関 連 会 社 については 記 載 を 省 略 しております 2 株 式 会 社 アイスポットは 平 成 26 年 8 月 より 商 号 を 株 式 会 社 アイスタイルビューティソリューションズへ 変 更 しております -6-

11 4 関 係 会 社 の 状 況 名 称 ( 連 結 子 会 社 ) 株 式 会 社 コスメ コム ( 注 )1 ( 連 結 子 会 社 ) 株 式 会 社 コスメネクスト ( 注 )1 4 ( 連 結 子 会 社 ) 株 式 会 社 アイスポット ( 注 )1 5 ( 連 結 子 会 社 ) ISMM 設 立 準 備 株 式 会 社 ( 注 )1 ( 連 結 子 会 社 ) istyle China Co.,Limited ( 注 )1 ( 連 結 子 会 社 ) istyle Global (Singapore)Pte Limited ( 注 )1 2 ( 連 結 子 会 社 ) PT.Creative Visions Indonesia ( 注 )1 住 所 資 本 金 主 要 な 事 業 の 内 容 議 決 権 の 所 有 割 合 (%) 東 京 都 港 区 60,000 EC 事 業 東 京 都 港 区 95,000 店 舗 事 業 大 阪 市 中 央 区 98,000 その 他 事 業 91.1 東 京 都 港 区 51,000 メディア 事 業 関 係 内 容 役 員 の 兼 任 従 業 員 の 出 向 施 設 の 賃 貸 借 等 プロモーションサー ビスの 仕 入 役 員 の 兼 任 従 業 員 の 出 向 施 設 の 賃 貸 借 等 プロモーションサー ビスの 仕 入 役 員 の 兼 任 従 業 員 の 出 向 施 設 の 賃 貸 借 等 役 員 の 兼 任 従 業 員 の 出 向 施 設 の 賃 貸 借 等 プロモーションサー ビスの 仕 入 中 国 上 海 市 70,000 メディア 事 業 役 員 の 兼 任 シンガポール インドネシア ( 現 地 通 貨 ) 2,685 千 S$ ( 現 地 通 貨 ) 580,000 $ メディア 事 業 役 員 の 兼 任 メディア 事 業 役 員 の 兼 任 ( 注 ) 1 主 要 な 事 業 の 内 容 欄 には セグメント 情 報 に 記 載 された 名 称 を 記 載 しております 2 特 定 子 会 社 であります 3 有 価 証 券 届 出 書 または 有 価 証 券 報 告 書 を 提 出 している 会 社 はありません 4 株 式 会 社 コスメネクストについては 売 上 高 ( 連 結 会 社 相 互 間 の 内 部 売 上 高 を 除 く )の 連 結 売 上 高 に 占 める 割 合 が100 分 の10を 超 えておりますが セグメント 情 報 における 店 舗 事 業 及 びその 他 事 業 の 売 上 高 に 占 める 当 該 連 結 子 会 社 の 売 上 高 (セグメント 間 の 内 部 売 上 高 または 振 替 高 を 含 む )の 割 合 が100 分 の90を 超 えたため 主 要 な 損 益 情 報 等 の 記 載 を 省 略 しています 5 株 式 会 社 アイスポットについては 平 成 26 年 8 月 1 日 付 で 株 式 会 社 アイスタイルビューティソリューシ ョンズに 商 号 変 更 し 本 店 所 在 地 を 大 阪 市 中 央 区 から 東 京 都 港 区 に 移 転 しております 6 議 決 権 の 所 有 割 合 欄 の 内 書 は 間 接 所 有 であります -7-

12 5 従 業 員 の 状 況 (1) 連 結 会 社 の 状 況 セグメントの 名 称 従 業 員 数 ( 名 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 現 在 メディア 事 業 247(9) EC 事 業 7(3) 店 舗 事 業 42(12) その 他 事 業 92(4) 合 計 388(28) ( 注 )1 従 業 員 数 は 就 業 人 員 ( 当 社 グループから 当 社 グループ 外 への 出 向 者 を 除 き 当 社 グループ 外 から 当 社 グ ループ への 出 向 者 を 含 む )であり 臨 時 従 業 員 数 (パートタイマーのみ 人 材 会 社 からの 派 遣 社 員 は 除 く )は 年 間 の 平 均 人 数 を( 外 数 )で 記 載 しております 2 前 連 結 会 計 年 度 末 に 比 べ 従 業 員 数 が60 名 増 加 しております 主 な 理 由 は 業 容 の 拡 大 に 伴 い 期 中 採 用 が 増 加 したことによるものであります (2) 提 出 会 社 の 状 況 平 成 26 年 6 月 30 日 現 在 従 業 員 数 ( 名 ) 平 均 年 齢 ( 歳 ) 平 均 勤 続 年 数 ( 年 ) 平 均 年 間 給 与 203 (9) ,185 セグメントの 名 称 従 業 員 数 ( 名 ) メディア 事 業 203(9) 合 計 203(9) ( 注 ) 1 従 業 員 数 は 就 業 人 員 ( 当 社 から 社 外 への 出 向 者 を 除 き 社 外 から 当 社 への 出 向 者 を 含 む )であり 臨 時 従 業 員 数 (パートタイマーのみ 人 材 会 社 からの 派 遣 社 員 は 除 く )は 年 間 の 平 均 人 数 を( 外 数 )で 記 載 しております 2 平 均 年 間 給 与 は 賞 与 及 び 基 準 外 賃 金 を 含 んでおります (3) 労 働 組 合 の 状 況 当 社 グループには 労 働 組 合 は 結 成 されておりませんが 労 使 関 係 については 良 好 であります -8-

13 第 2 事 業 の 状 況 1 業 績 等 の 概 要 (1) 業 績 当 社 グループは 平 成 26 年 6 月 期 を 転 換 期 と 位 置 づけ 事 業 改 善 や 新 規 事 業 への 投 資 を 積 極 的 に 行 ってまいりま した 以 上 の 結 果 当 連 結 会 計 年 度 の 業 績 は 下 記 のとおりとなりました 売 上 高 7,141,247 千 円 ( 前 年 同 期 比 11.4% 増 ) 営 業 利 益 473,617 千 円 ( 前 年 同 期 比 35.9% 減 ) 経 常 利 益 460,186 千 円 ( 前 年 同 期 比 35.5% 減 ) 当 期 純 利 益 14,149 千 円 ( 前 年 同 期 比 96.7% 減 ) 各 セグメントの 業 績 につきましては 以 下 のとおりです 1メディア 事 を 運 営 するメディア 事 業 では 下 期 よりクライアントの 出 稿 抑 制 もみられたことから 平 成 26 年 5 月 に 業 績 予 想 の 修 正 を 行 いました その 後 営 業 強 化 やサービス 設 計 の 改 善 に 努 めた 結 果 翌 月 の 広 告 売 上 は 大 きく 伸 長 いたしました 課 金 サービスにつきましては 他 社 とのアライアンスによる 会 員 増 を 見 込 んでおりましたが 当 該 施 策 経 由 の 入 会 者 が 想 定 を 下 回 りました 結 果 目 標 とする 会 員 数 には 至 らず また その 施 策 に 関 連 する 費 用 も 計 画 を 下 回 りました 一 方 で 海 外 事 業 や 新 規 サービス ちぢまる のローンチなど 積 極 的 な 事 業 投 資 を 行 ってまいりました 以 上 の 結 果 当 連 結 会 計 年 度 における 売 上 高 は3,617,411 千 円 ( 前 年 同 期 比 9.6% 増 ) セグメント 利 益 は242,225 千 円 ( 前 年 同 期 比 49.6% 減 )となりました 2EC 事 業 EC 事 業 においては 計 画 に 対 しては 若 干 の 未 達 となりましたが 前 年 の 売 上 高 は 上 回 りました 一 方 で 人 員 抑 制 や 物 流 コストの 見 直 しによる 費 用 削 減 に 努 めた 結 果 利 益 は 計 画 を 上 回 る 結 果 となりました 平 成 26 年 6 月 には 当 日 発 送 のサービスも 開 始 し ユーザーの 利 便 性 向 上 に 努 めております 以 上 の 結 果 当 連 結 会 計 年 度 における 売 上 高 は639,766 千 円 ( 前 年 同 期 比 12.9% 増 ) セグメント 利 益 は71,234 千 円 ( 前 年 同 期 比 35.0% 増 )となりました 3 店 舗 事 業 店 舗 事 業 においては 平 成 25 年 9 月 に 上 野 店 をリニューアルし 売 場 面 積 を 拡 大 いたしました また 平 成 26 年 2 月 末 には 売 場 面 積 の 小 さい 銀 座 店 を 閉 店 し 有 楽 町 店 を 開 店 いたしました 消 費 税 率 変 更 後 の 大 きな 影 響 もなく 売 上 は 順 調 に 推 移 し 全 店 舗 で 売 上 計 画 を 達 成 いたしました 以 上 の 結 果 当 連 結 会 計 年 度 における 売 上 高 は2,302,304 千 円 ( 前 年 同 期 比 23.0% 増 ) セグメント 利 益 は 205,681 千 円 ( 前 年 同 期 比 103.7% 増 )となりました 4その 他 事 業 エステサロン 情 報 を 提 供 する ispot を 運 営 するその 他 事 業 では サービスの 変 更 により 上 期 は 収 益 が 落 ち 込 ん でおりましたが その 後 戦 略 を 見 直 し 下 期 から 徐 々に 売 上 が 改 善 してまいりました 一 方 で 第 4 四 半 期 におい て 一 部 ソフトウエアの 耐 用 年 数 を 変 更 したことにより 一 時 的 に 費 用 が 増 加 し 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 が 増 加 いたし ました 以 上 の 結 果 当 連 結 会 計 年 度 における 売 上 高 は581,764 千 円 ( 前 年 同 期 比 13.3% 減 ) セグメント 損 失 は80,744 千 円 ( 前 年 同 期 はセグメント 利 益 63,872 千 円 )となりました -9-

14 (2) キャッシュ フローの 状 況 当 連 結 会 計 年 度 末 における 現 金 及 び 現 金 同 等 物 ( 以 下 資 金 という)の 残 高 は 前 連 結 会 計 年 度 末 より757,341 千 円 減 少 し 残 高 は1,950,540 千 円 となりました 当 連 結 会 計 年 度 における 各 キャッシュ フローの 状 況 と 要 因 は 以 下 の 通 りであります ( 営 業 活 動 によるキャッシュ フロー) 当 連 結 会 計 年 度 において 営 業 活 動 の 結 果 得 られた 資 金 は 433,197 千 円 ( 前 年 同 期 は447,311 千 円 の 収 入 )であり ます この 主 な 要 因 は 売 上 債 権 の 増 加 170,633 千 円 法 人 税 等 の 支 払 額 265,359 千 円 があったものの 仕 入 債 務 の 増 加 91,636 千 円 税 金 等 調 整 前 当 期 純 利 益 の 計 上 267,114 千 円 減 価 償 却 費 の 計 上 399,173 千 円 等 があったことによ るものであります ( 投 資 活 動 によるキャッシュ フロー) 当 連 結 会 計 年 度 において 投 資 活 動 の 結 果 使 用 された 資 金 は 1,167,828 千 円 ( 前 年 同 期 は1,028,769 千 円 の 支 出 ) であります この 主 な 要 因 は 投 資 有 価 証 券 の 取 得 による 支 出 401,160 千 円 及 び 有 形 無 形 固 定 資 産 の 取 得 によ る 支 出 845,838 千 円 等 があったことによるものであります ( 財 務 活 動 によるキャッシュ フロー) 当 連 結 会 計 年 度 において 財 務 活 動 の 結 果 使 用 された 資 金 は 56,144 千 円 ( 前 年 同 期 は1,628,318 千 円 の 収 入 )で あります この 主 な 要 因 は 長 期 借 入 れによる 収 入 370,000 千 円 株 式 の 発 行 による 収 入 34,349 千 円 等 があるもの の 長 期 借 入 金 の 返 済 による 支 出 459,389 千 円 等 があったことによるものであります -10-

15 2 生 産 受 注 及 び 販 売 の 状 況 (1) 生 産 実 績 当 社 グループは 生 産 活 動 を 行 っておりませんので 該 当 事 項 はありません (2) 仕 入 実 績 当 連 結 会 計 年 度 における 仕 入 実 績 をセグメントごとに 示 すと 次 のとおりであります セグメントの 名 称 仕 入 高 前 年 同 期 比 (%) EC 事 業 380, 店 舗 事 業 1,430, 合 計 1,811, ( 注 ) 1 上 記 の 金 額 には 消 費 税 等 は 含 まれておりません 2 セグメント 間 取 引 については 相 殺 消 去 しております 3 金 額 は 仕 入 価 格 によっております (3) 受 注 実 績 当 社 グループは 概 ね 受 注 から 役 務 提 供 までの 期 間 が 短 いため 受 注 状 況 に 関 する 記 載 を 省 略 しております (4) 販 売 実 績 当 連 結 会 計 年 度 における 販 売 実 績 をセグメントごとに 示 すと 次 のとおりであります セグメントの 名 称 販 売 高 前 年 同 期 比 (%) メディア 事 業 3,617, EC 事 業 639, 店 舗 事 業 2,302, その 他 事 業 581, 合 計 7,141, ( 注 ) 1 上 記 の 金 額 には 消 費 税 等 は 含 まれておりません 2 セグメント 間 取 引 については 相 殺 消 去 しております 3 主 な 相 手 先 別 の 販 売 実 績 及 び 当 該 販 売 実 績 の 総 販 売 実 績 に 対 する 割 合 相 手 先 前 連 結 会 計 年 度 当 連 結 会 計 年 度 販 売 高 割 合 (%) 販 売 高 割 合 (%) ルミネ 1,115, ,456, 丸 井 , サイバー コミュニ ケーションズ 787, ( 注 ) 1 前 連 結 会 計 年 度 の 丸 井 に 対 する 販 売 実 績 は 当 該 販 売 実 績 の 総 販 売 実 績 に 対 する 割 合 が 10% 未 満 であるため 記 載 を 省 略 しております 2 当 連 結 会 計 年 度 の サイバー コミュニケーションズに 対 する 販 売 実 績 は 当 該 販 売 実 績 の 総 販 売 実 績 に 対 する 割 合 が10% 未 満 であるため 記 載 を 省 略 しております -11-

16 3 対 処 すべき 課 題 当 社 グループは 創 業 当 初 より 化 粧 品 美 容 の 総 合 を 中 核 に 事 業 を 展 開 してまいりまし た 現 在 代 の 女 性 の 約 過 半 数 が 毎 月 利 用 するサイトにまで 成 長 いたしました しかしながら インターネット 業 界 はスマートフォンやタブレット 端 末 の 普 及 やアドテクノロジーの 伸 展 等 によ る 変 革 期 にあり 新 たなユーザーニーズやクライアントの 課 題 に 応 えていくことが 今 後 の 継 続 的 な 発 展 に 必 要 だと 考 えております 当 社 グループでは 以 下 の 事 項 を 今 後 の 事 業 展 開 における 主 要 な 課 題 として 認 識 し 事 業 発 展 を 図 る 方 針 です 1 領 域 の 拡 大 対 象 領 域 を 化 粧 品 に 限 らず 拡 大 し 女 性 が 求 める 幅 広 い Beauty に 出 会 える 場 所 を 創 出 することが 今 後 の 事 業 の 発 展 にとって 不 可 欠 であると 考 えております ユーザーだけでなく Beauty に 関 わる 企 業 や 個 人 事 業 主 が 集 う 場 所 になるべく 新 しいサービスの 開 発 やデータベースの 強 化 を 図 ってまいります 2(BtoC)ユーザーニーズの 把 握 とサービスへの 反 映 ユーザーへのサービス 提 供 においては グループ 全 体 を 俯 瞰 したグランドデザインを 踏 まえたうえで 展 開 するこ とが 重 要 だと 考 えております グループの 連 携 を 強 化 し ユーザーファースト の 視 点 でサービス 開 発 に 取 り 組 んでまいります 3(BtoB) 新 規 サービスの 反 映 クライアントの 課 題 を 把 握 し マーケティングに 関 するトータルソリューションを 提 供 していくことが 必 要 だと 認 識 しております そのため クライアントとの 関 係 強 化 はもとより 従 業 員 の 教 育 や 機 動 的 な 組 織 体 制 を 整 備 し よりよいサービスの 提 供 に 努 めてまいります 4 スピーディな 開 発 目 まぐるしく 環 境 が 変 化 するインターネット 業 界 においては サービスを 随 時 提 供 していくことが 不 可 欠 である と 認 識 しております そのため 多 様 なデバイスに 対 応 できるシステム 構 造 へ 移 行 し スピーディな 開 発 体 制 の 整 備 に 注 力 してまいります -12-

17 4 事 業 等 のリスク 以 下 に 当 社 グループの 事 業 展 開 上 リスク 要 因 となり 得 る 主 な 事 項 を 記 載 しております また 当 社 グループ は 当 社 グループでコントロールできない 外 部 要 因 や 事 業 上 のリスクとして 具 体 化 する 可 能 性 が 必 ずしも 高 くないと みられる 事 項 を 含 め 投 資 家 の 投 資 判 断 上 重 要 と 考 えられる 事 項 については 積 極 的 に 開 示 することとしております 当 社 グループは これらのリスク 発 生 の 可 能 性 を 認 識 した 上 で その 発 生 の 予 防 及 び 発 生 時 の 対 応 に 努 力 する 方 針 ですが 当 社 グループの 経 営 状 況 及 び 将 来 の 事 業 についての 判 断 は 以 下 の 記 載 事 項 を 慎 重 に 検 討 した 上 で 行 われる 必 要 があると 考 えています なお 文 中 における 将 来 に 関 する 事 項 は 当 連 結 会 計 年 度 末 ( 平 成 26 年 6 月 30 日 )において 当 社 グループが 判 断 し たものであります (1) インターネットを 取 り 巻 く 環 境 について 当 社 グループは インターネット 上 における 美 容 系 総 合 の 運 営 を 事 業 基 盤 として おり インターネット 及 び 関 連 サービス 等 の 更 なる 発 展 が 当 社 グループが 今 後 成 長 を 図 る 上 で 重 要 であると 考 えて おります これまで インターネット 利 用 者 は 増 加 を 続 けており 総 務 省 の 平 成 25 年 通 信 利 用 動 向 調 査 ( 平 成 26 年 6 月 公 表 ) によれば 日 本 国 内 のインターネット 利 用 者 数 は10,044 万 人 ( 対 前 年 比 392 万 人 増 )と 人 口 に 対 する 普 及 率 は82.8% と 推 計 されております また インターネット 業 界 では 新 たなビジネスモデルの 開 発 や 技 術 の 革 新 が 活 発 に 行 われ ております しかしながら インターネットの 普 及 に 伴 う 個 人 情 報 の 漏 洩 改 ざん 不 正 使 用 等 や 社 会 道 徳 又 は 公 序 良 俗 に 反 する 行 為 等 への 対 応 としての 新 たな 法 的 規 制 導 入 や その 他 予 期 せぬ 要 因 によって インターネット 及 び 関 連 サービ ス 等 の 発 展 が 阻 害 される 可 能 性 があり これらの 動 向 等 により 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります (2) 化 粧 品 関 連 市 場 に 係 るリスクについて 当 社 グループは 化 粧 品 関 連 市 場 を 主 たる 事 業 領 域 として 事 業 を 展 開 しております 化 粧 品 関 連 市 場 は その 広 告 宣 伝 活 動 や 消 費 動 向 等 について 比 較 的 景 気 変 動 等 の 影 響 を 受 けにくい 特 徴 があるものと 認 識 しておりますが 今 後 において 当 該 市 場 の 動 向 に 大 きな 変 化 が 生 じた 場 合 には 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります (3) 美 容 系 総 合 について への 依 存 について 当 社 グループは 美 容 系 総 合 の 運 営 を 事 業 の 中 核 として 化 粧 品 関 連 市 場 に 特 化 した 各 種 サービスを 展 開 しており 当 社 グループが 提 供 する 各 種 のページビュー(PV) 数 総 会 員 数 累 計 クチコミ 件 数 等 を 背 景 としたものとなっております したがって 新 たな 法 的 規 制 の 導 入 等 の 予 期 せぬ 事 象 の 発 生 によりサイトの 利 便 性 が 低 下 し 又 はユーザーの 嗜 好 に 応 じきれず PV 数 総 会 員 数 累 計 クチコ ミ 件 数 等 の 各 種 指 標 が 著 しく 減 少 の 広 告 媒 体 としての 魅 力 及 び 価 値 が 低 下 した 場 合 には 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります 2 ソーシャルメディアの 動 向 のサイト 規 模 の 拡 大 については 他 社 が 運 営 するサイトや 個 人 が 運 営 するブログやクチコミサイ トを 含 めたソーシャルメディアの 利 用 拡 大 を 前 提 としております 足 元 の 状 況 では Facebook や Twitter などのソーシャルメディアの 利 用 拡 大 に 伴 い 企 業 がソーシャルメ ディアを 活 用 したマーケティング プロモーションを 促 進 していること 等 から 当 社 グループでは ソーシャルメデ ィアの 利 用 拡 大 が 今 後 においても 加 速 するものと 想 定 しております しかしながら ソーシャルメディアの 利 用 拡 大 が 当 社 グループの 想 定 通 りに 推 移 する 保 証 はなく 新 たなメディ ア 市 場 の 登 場 等 によりソーシャルメディア 市 場 が 縮 小 した 場 合 やソーシャルメディアを 参 考 にした 購 買 消 費 という 行 動 様 式 に 変 化 が 生 じた 場 合 等 には ソーシャルメディアの 利 用 が 低 迷 する 可 能 性 があり これらソーシャルメディ アの 動 向 等 によっては 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります -13-

18 3 競 合 について 現 在 インターネット 上 において 化 粧 品 等 を 対 象 としたクチコミを 特 徴 とする 女 性 向 けサイトは 会 員 登 録 数 ク チコミ 件 数 サイト 閲 覧 件 数 及 び 認 知 度 等 の 状 況 から 国 内 と 同 規 模 以 上 の 化 粧 品 クチコ ミサイトは 存 在 しないものと 当 社 グループは 認 識 しております 当 社 グループは 今 後 のサイト 規 模 拡 大 と 質 的 な 充 実 を 図 ることにより 当 該 サイト の 一 層 の 強 化 を 推 進 していく 方 針 でありますが 当 該 分 野 における 大 手 企 業 の 新 規 参 入 や 既 存 の 他 社 サイトの 規 模 拡 大 等 によりユーザーの 獲 得 競 争 が 激 化 した 場 合 には 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼ す 可 能 性 があります また 化 粧 品 分 野 及 びそれ 以 外 の 大 手 の 女 性 向 けサイトも 複 数 存 在 していることから これら サイトとの 競 合 が 発 生 した 場 合 にも 同 様 のリスクが 発 生 する 可 能 性 があります 4 サイト 運 営 の 健 全 性 等 では 登 録 会 員 が 化 粧 品 等 の 使 用 感 や 商 品 の 評 価 (クチコミ)を 自 由 に 投 稿 することが 可 能 です が 当 社 グループでは サイト 運 営 に 関 して 利 用 規 約 ガイドラインを 策 定 し サイト 上 に 明 示 することによって 登 録 会 員 の 適 切 な 利 用 を 促 すよう 努 めております また クチコミは システム 上 同 一 登 録 会 員 による1 商 品 に 対 する 投 稿 が1 度 に 限 られる 等 の 仕 様 とするほか 外 部 委 託 を 含 む 投 稿 内 容 の 全 件 監 視 体 制 を 構 築 しており 登 録 会 員 の 実 際 の 商 品 評 価 に 基 づかない 恣 意 的 な 投 稿 や 当 社 グループとしてサイト 運 営 上 容 認 できない 誹 謗 中 傷 いやが らせ 知 的 財 産 権 の 侵 害 及 び 社 会 道 徳 公 序 良 俗 に 反 する 内 容 等 の 不 適 切 な 投 稿 等 を 発 見 した 場 合 には 当 該 投 稿 を 削 除 するなど 一 定 の 規 制 を 実 施 することにより 健 全 なサイト 運 営 を 維 持 におけるクチコミ 以 外 の 情 報 の 投 稿 (コミュニティ 機 能 における 投 稿 等 )においても ガイドラ インの 策 定 監 視 体 制 の 構 築 等 の 一 定 の 規 制 を 実 施 することにより 健 全 なサイト 運 営 を 維 持 しております しかしながら サイト 内 の 不 適 切 な 投 稿 について 当 社 グループが 十 分 に 対 応 できず 又 は 対 応 が 遅 れる 場 合 に は 法 的 責 任 が 問 われる 可 能 性 があり また サイトの 健 全 性 を 維 持 できなかった 場 合 には サイトに 対 するユーザ ーの 支 持 低 下 等 が 生 じる 可 能 性 があり 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があ ります また 当 社 グループが 行 う 投 稿 内 容 の 削 除 や 修 正 等 の 規 制 がユーザーに 受 け 入 れられなかった 場 合 にも 同 様 のリスクがあるものと 考 えられます 5 サイトにおける 新 サービス( 機 能 ) 導 入 について 近 年 インターネット 業 界 においては SNSやブログ 等 の 新 たなコミュニケーションサービスが 拡 大 しつつあり 今 後 もインターネット 上 において 新 たなサービスの 導 入 やその 手 法 等 の 多 様 化 が 進 むものと 想 定 されます 当 社 グループでは ユーザーのニーズにあわせて 継 続 的 に 新 たな 機 能 の 追 加 を 行 っており サイトの 活 性 化 及 びユ ーザビリティーの 強 化 を 図 っておりますが それらの 施 策 が 当 社 グループの 想 定 どおりに 進 捗 しない 又 は 想 定 どお りの 効 果 が 発 揮 されない 場 合 には 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 がありま す また 今 後 においても 既 存 サービスの 強 化 と 新 規 サービスの 導 入 を 図 るとともに そのために 必 要 なシステムの 拡 充 を 継 続 的 に 行 う 方 針 でありますが 適 切 な 対 応 ができずにサービスの 陳 腐 化 が 生 じた 場 合 又 は 新 サービスがユー ザーに 受 け 入 れられなかった 場 合 等 のユーザーの 流 出 を 促 し サイト 規 模 拡 大 の 阻 害 及 び 各 サービスにおける 競 争 力 低 下 が 生 じ 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります -14-

19 (4) メディア 事 業 に 関 するリスク 1 インターネット 広 告 市 場 について 株 式 会 社 電 通 発 表 の 2013 年 日 本 の 広 告 費 ( 平 成 26 年 2 月 公 表 )によれば 平 成 25 年 のインターネット 広 告 市 場 は 7,203 億 円 と 前 年 比 108.7%で 伸 長 していると 推 計 されており インターネット 広 告 はテレビに 次 ぐ 広 告 媒 体 と なっております しかしながら 広 告 市 場 は 企 業 の 景 気 動 向 に 敏 感 であるため 今 後 急 激 な 景 気 の 変 化 等 により 広 告 需 要 及 びインタ ーネット 広 告 需 要 に 影 響 が 及 ぶ 可 能 性 があります そのような 事 態 が 生 じた 場 合 や クライアント 企 業 における 広 告 媒 体 別 の 予 算 配 分 方 針 に 変 更 が 生 じた 場 合 には インターネット 広 告 への 広 告 出 稿 量 の 減 少 や 単 価 の 低 下 等 を 要 因 と して 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります また インターネット 広 告 市 場 の 拡 大 に 伴 い インターネット 広 告 媒 体 間 の 広 告 獲 得 競 争 は 激 化 しており 広 告 媒 体 としての 魅 力 及 び 価 値 の 低 下 の 集 客 力 及 び 競 争 力 が 低 下 した 場 合 には 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります 2 メディア 事 業 に 関 する 収 入 への 依 存 について 当 社 グループの 主 たる 収 入 は メディア 事 業 に 関 する 収 入 によるものであり 当 連 結 会 計 年 度 の 連 結 売 上 高 (7,141,247 千 円 )に 占 めるメディア 事 業 の 売 上 高 (3,617,411 千 円 )の 割 合 は50.6%と その 依 存 度 は 高 い 状 況 にあ ります したがって メディア 事 業 における 競 争 激 化 によるクライアント 企 業 の 広 告 出 稿 量 の 減 少 等 を 通 じて メデ ィア 事 業 の 収 入 が 減 少 する 事 態 が 生 じた 場 合 には 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 重 大 な 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります また 当 社 グループは 更 なる 事 業 成 長 を 図 るため EC 事 業 店 舗 事 業 その 他 事 業 の 拡 大 によりメディア 事 業 へ の 依 存 を 低 減 させていく 方 針 でありますが 今 後 におけるそれら 各 事 業 に 関 わる 事 業 計 画 が 当 社 グループの 想 定 どお りに 推 移 しない 場 合 は メディア 事 業 の 収 入 の 変 動 が 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 重 大 な 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります 3 広 告 代 理 店 への 依 存 について 当 社 グループのメディア 事 業 においては インターネット 広 告 の 販 売 につき 複 数 の 広 告 代 理 店 を 活 用 しておりま す 現 状 においては 主 要 な 広 告 代 理 店 に 対 しての 依 存 度 が 特 に 高 く 総 販 売 実 績 に 対 する 販 売 代 理 店 上 位 3 社 への 販 売 実 績 は 当 連 結 会 計 年 度 において 連 結 売 上 高 の15.8%と 高 い 水 準 となっております これら 特 定 の 広 告 代 理 店 に 対 する 依 存 度 が 高 い 状 況 においては 当 該 各 広 告 代 理 店 における 営 業 戦 略 の 変 化 や 取 引 条 件 の 変 更 等 により 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります 4 化 粧 品 関 連 市 場 における 季 節 変 動 について 化 粧 品 関 連 市 場 においては 一 般 に 新 製 品 は 季 節 変 化 に 応 じて 夏 期 及 び 冬 期 向 けに 発 売 されるため これら 発 売 時 期 に 合 わせたマーケティング 活 動 が 行 われております よって 発 売 前 のプロモーション 時 期 に 化 粧 品 メーカー 等 において 広 告 宣 伝 等 に 多 くの 予 算 が 投 入 されるという 特 性 があります したがって 当 社 グループにおけるメディ ア 事 業 の 売 上 高 についても 3 月 ~5 月 及 び9 月 ~11 月 に 集 中 する 傾 向 があります このため 当 該 時 期 の 販 売 動 向 によっては 当 社 グループの 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります -15-

20 (5) EC 事 業 に 関 するリスク 1 EC 市 場 について 経 済 産 業 省 の 平 成 24 年 度 我 が 国 情 報 経 済 社 会 における 基 盤 整 備 ( 電 子 商 取 引 に 関 する 市 場 調 査 ) 報 告 書 ( 平 成 25 年 9 月 公 表 )によれば 平 成 24 年 の 国 内 のBtoC-EC 市 場 規 模 は 対 前 年 比 112.5%の9 兆 5,130 億 円 に 達 していると 推 計 されており その 中 でも 当 社 グループのEC 事 業 と 最 も 関 連 性 が 高 い 医 薬 化 粧 品 小 売 業 のBtoC-EC 市 場 は 対 前 年 比 119.3%と 推 計 されており 商 取 引 の 電 子 化 が 伸 展 していることが 窺 えます しかしながら 今 後 においてECサイトの 利 用 者 が 増 加 せず EC 市 場 が 当 社 グループの 期 待 通 りに 拡 大 しない 場 合 等 には 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります 2 取 扱 い 商 品 の 差 別 化 について 当 社 グループは EC 事 業 において 卸 業 者 又 は 化 粧 品 メーカー 等 の 仕 入 先 と 販 売 する 商 品 の 品 揃 えや 独 自 商 品 の 企 画 を 共 同 で 行 っており cosme.com において 他 社 が 運 営 するECサイトに 先 行 した 販 売 や 限 定 商 品 の 販 売 を 行 う こと 等 により 他 社 が 運 営 するECサイトとの 差 別 化 を 図 っております しかしながら 商 品 の 品 揃 え 及 び 独 自 商 品 企 画 に 関 して 卸 業 者 又 は 化 粧 品 メーカー 等 の 仕 入 先 からの 協 力 が 得 ら れない 等 の 事 象 が 発 生 し cosme.com で 販 売 する 商 品 の 特 色 がなくなった 場 合 又 は 他 社 が 運 営 するECサイトと の 差 別 化 が 図 れない 場 合 には 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります 3 物 流 関 連 業 務 の 外 部 委 託 について 当 社 グループは EC 事 業 において 卸 業 者 又 は 化 粧 品 メーカー 等 の 仕 入 先 から 納 品 される 商 品 の 在 庫 管 理 業 務 商 品 の 梱 包 発 送 等 に 関 する 業 務 顧 客 への 商 品 受 け 渡 し 商 品 代 金 回 収 業 務 等 の 物 流 関 連 業 務 を 外 部 業 者 に 委 託 して おります このため 外 部 業 者 のサービスの 遅 延 及 び 障 害 等 が 発 生 した 場 合 には 外 部 委 託 先 との 契 約 に 基 づき 直 接 的 な 損 害 は 外 部 委 託 業 者 に 賠 償 請 求 できるものの 当 社 に 対 する 顧 客 の 信 用 低 下 が 発 生 した 場 合 等 においては 当 社 グルー プの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります (6) 店 舗 事 業 に 関 するリスク 1 出 店 政 策 について 当 社 グループでは 当 社 の 子 会 社 である 株 式 会 社 の 情 報 を 活 用 した 化 粧 品 等 の 小 売 業 態 store を 運 営 しております 当 社 グループでは 本 書 提 出 日 現 在 において 東 京 都 内 に5 店 舗 を 有 しております 当 社 グループでは 当 社 グループの 定 める 出 店 基 準 に 基 づき 店 舗 の 出 店 につい ては 商 業 集 積 地 区 等 で 高 い 集 客 が 見 込 める 物 件 を 選 択 しております しかしながら 賃 料 等 の 出 店 条 件 に 見 合 う 物 件 や 販 売 員 の 確 保 ができないこと 等 により 出 店 政 策 が 当 社 グループ の 想 定 どおりに 推 移 しない 場 合 には 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があり ます -16-

21 2 減 損 損 失 の 発 生 について 当 社 グループは 経 済 環 境 の 著 しい 変 化 等 により 店 舗 の 収 益 性 が 低 下 し 事 業 計 画 における 店 舗 の 収 益 計 画 に 対 して 大 きな 乖 離 が 発 生 した 場 合 等 には 店 舗 において 使 用 する 固 定 資 産 に 関 して 減 損 損 失 を 計 上 する 可 能 性 があり 当 社 グループの 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります (7) その 他 事 業 に 関 するリスク 1 サイト 運 営 について ispot では サロン(エステティックサロン ネイルサロン 等 ) ヘアサロン クリニックの 店 舗 情 報 ( 営 業 時 間 所 在 地 サービスメニュー 診 療 内 容 等 )や 株 式 会 社 アイスポット( 現 株 式 会 社 アイスタイルビューティソ リューションズ)のスタッフが 店 舗 に 取 材 して 作 成 したレポート ユーザーからの 評 価 情 報 (クチコミ)を 掲 載 して おります 当 社 グループでは サイトの 健 全 性 を 維 持 するため 店 舗 情 報 及 びレポートの 作 成 にあたっては 当 社 グループに おいて 一 定 の 基 準 を 設 定 し 店 舗 情 報 の 確 認 等 を 行 うとともに サイト 等 における 表 示 についても 関 係 法 令 に 照 らし て 不 適 切 な 表 現 等 の 防 止 に 留 意 しております また クチコミは 投 稿 内 容 の 全 件 監 視 体 制 を 構 築 し 登 録 会 員 の 実 際 の 利 用 評 価 に 基 づかない 恣 意 的 なクチコミや 当 社 グループとしてサイト 運 営 上 容 認 できない 誹 謗 中 傷 いやが らせ 知 的 財 産 権 の 侵 害 及 び 社 会 道 徳 公 序 良 俗 に 反 する 内 容 等 の 不 適 切 なクチコミを 発 見 した 場 合 には 当 該 情 報 を 削 除 するなど 一 定 の 規 制 を 実 施 することにより 著 しく 信 憑 性 の 低 いクチコミや 他 者 の 権 利 を 侵 害 するようなク チコミがサイトに 掲 載 されることがないよう 健 全 なサイト 運 営 を 維 持 しております しかしながら サイト 内 の 不 適 正 不 適 法 な 掲 載 情 報 について 当 社 グループが 十 分 に 対 応 できず 又 は 対 応 が 遅 れる 場 合 には 法 的 責 任 が 問 われる 可 能 性 があり また サイトの 健 全 性 を 維 持 できなかった 場 合 には サイトに 対 するユーザーの 支 持 低 下 等 が 生 じる 可 能 性 があり 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります 2 脱 毛 施 術 を 提 供 するエステティックサロンの 掲 載 基 準 について 当 社 グループが 運 営 している サロン(エステティックサロン ネイルサロン 等 ) ヘアサロン クリニックを 紹 介 する 情 報 サイト ispot では エステティックサロンに 関 する 店 舗 情 報 等 を 掲 載 しております ispot で 掲 載 しているエステティックサロンが 提 供 する 脱 毛 施 術 については 厚 生 労 働 省 医 政 局 医 事 課 長 から 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 宛 の 通 知 文 である 医 師 免 許 を 有 しない 者 による 脱 毛 行 為 等 の 取 扱 いについて( 厚 生 労 働 省 医 政 医 発 第 105 号 平 成 13 年 11 月 8 日 ) において 用 いる 機 器 が 医 療 用 であるか 否 かを 問 わず レーザー 光 線 又 はその 他 の 強 力 なエネルギーを 有 する 光 線 を 毛 根 部 分 に 照 射 し 毛 乳 頭 皮 脂 腺 開 口 部 等 を 破 壊 する 行 為 は 医 師 免 許 を 有 しない 者 が 業 として 行 えば 医 師 法 第 17 条 に 違 反 する との 見 解 が 記 載 されております その 一 方 で 日 本 エステティック 振 興 協 議 会 が 平 成 24 年 5 月 25 日 に 公 表 した 光 脱 毛 行 為 による 医 師 法 違 反 容 疑 者 逮 捕 の 報 道 について においては 当 該 協 議 会 の 定 めた 自 主 規 制 に 沿 った 光 脱 毛 を 医 療 の 光 脱 毛 と 明 確 に 区 別 するために 美 容 ライト 脱 毛 と 呼 び エステ ティックサロンで 行 う 美 容 ライト 脱 毛 を 医 療 行 為 である 光 脱 毛 と 明 確 に 区 別 している との 見 解 を 公 表 しておりま す 当 社 グループでは 上 記 の 通 知 文 及 び 公 表 文 等 を 参 考 にし 法 令 に 違 反 するレーザー 脱 毛 施 術 及 び 光 脱 毛 施 術 を 提 供 していると 判 明 したエステティックサロンは 掲 載 対 象 としない 方 針 を 取 っております しかしながら 今 後 関 係 法 令 の 改 正 解 釈 の 変 更 等 の 理 由 により エステティックサロンが 提 供 できる 脱 毛 施 術 の 範 囲 が 変 更 され 美 容 ライト 脱 毛 が 違 法 と 判 断 された 場 合 には ispot に 掲 載 しているエステティックサ ロンのうち 美 容 ライト 脱 毛 を 提 供 するエステティックサロンとの 契 約 を 解 消 せざるを 得 なくなるため 当 社 グ ループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります -17-

22 (8) システム 等 に 関 連 するリスクについて 1 システム 障 害 及 びセキュリティ 対 策 について 当 社 グループが 営 む 事 業 は インターネット 環 境 におけるサービス 提 供 が 主 体 であり サーバー 等 の 各 種 機 器 及 び 通 信 回 線 等 を 利 用 しております 当 社 グループは サービスの 安 定 供 給 を 図 るために 地 震 に 対 応 可 能 な 耐 震 構 造 を 備 えたデータセンターを 利 用 し また システムの 構 造 について ファイアーウォールソフトの 導 入 により 当 社 サー バーへの 外 部 からの 不 正 アクセスを 遮 断 するとともに サーバー 上 で 稼 動 するOSレベルでのセキュリティを 設 定 する 等 の 二 重 の 防 護 策 を 実 施 した 上 で 定 期 的 に 脆 弱 性 の 点 検 を 行 い 不 正 アクセスやウィルスへの 感 染 への 対 策 を 実 施 しております また サーバー 上 で 保 存 しているデータについては 毎 日 バックアップを 取 得 し 定 期 的 に 複 製 して おり データ 保 全 に 努 める 等 のセキュリティ 対 策 を 講 じております しかしながら アクセス 集 中 による 一 時 的 な 過 負 荷 や 電 力 供 給 の 停 止 通 信 回 線 の 遮 断 ソフトウエア 又 はハード ウエアの 不 具 合 自 然 災 害 人 為 的 なミス 事 故 及 び 外 部 からの 不 正 な 進 入 等 の 犯 罪 行 為 など 当 社 グループの 想 定 しないシステム 障 害 等 が 生 じた 場 合 には 当 社 グループの 事 業 活 動 に 支 障 をきたす 可 能 性 があります また サーバー 等 の 作 動 不 能 や 欠 陥 等 に 起 因 して 重 要 なデータが 消 失 又 はサービスが 利 用 できなくなった 場 合 や 予 定 通 りに 広 告 を 掲 載 することができなくなった 場 合 には 信 用 低 下 や 損 害 賠 償 等 により 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります 2 技 術 革 新 への 対 応 について インターネット 関 連 分 野 においては 活 発 な 技 術 革 新 が 行 われており 当 社 グループとしても 技 術 革 新 に 応 じたシ ステム 拡 充 及 び 事 業 戦 略 の 修 正 等 を 迅 速 に 行 う 必 要 があるものと 考 えており 業 界 の 動 向 を 注 視 しつつ 専 任 のシス テム 部 門 を 中 心 として 迅 速 にシステム 開 発 を 行 う 体 制 を 敷 いております しかしながら 予 期 しない 技 術 革 新 等 があった 場 合 その 対 応 に 係 る 追 加 のシステム 開 発 費 用 が 発 生 する 可 能 性 が あります また システム 開 発 等 の 適 切 な 対 応 に 支 障 が 生 じた 場 合 には 各 事 業 における 競 争 力 低 下 及 びユーザーの 流 出 等 を 招 く 可 能 性 があり 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります 3 システム 投 資 等 について 当 社 グループは 新 たなインターネット 技 術 を 活 用 したサービスの 台 頭 やコミュニケーション 手 法 の 多 様 化 に 対 応 すべく 既 存 サービスの 強 化 及 び 新 規 サービスの 導 入 を 図 るとともに 今 後 の 会 員 数 及 びサイト 閲 覧 件 数 の 増 加 に 備 え システムプラットフォーム 等 への 継 続 的 なシステム 投 資 を 計 画 しております しかしながら インターネットにおける 技 術 サービス 等 の 急 激 な 変 化 や 当 社 グループの 計 画 を 上 回 る 急 激 な 会 員 数 及 びサイト 閲 覧 件 数 の 増 加 があった 場 合 システム 投 資 の 時 期 内 容 規 模 について 変 更 せざるを 得 なくなる 可 能 性 があります このような 事 態 が 生 じた 場 合 には システム 投 資 減 価 償 却 費 負 担 の 増 加 や 減 損 損 失 の 計 上 が 想 定 さ れ 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります (9) 組 織 体 制 について 1 特 定 人 物 への 依 存 について 当 社 の 代 表 取 締 役 社 長 である 吉 松 徹 郎 は 創 業 者 であり 当 社 設 立 以 来 最 高 経 営 責 任 者 として 代 表 取 締 役 を 務 めて おります 同 氏 は インターネット 業 界 を 中 心 とする 人 的 ネットワーク 等 を 通 じて 現 在 の 事 業 基 盤 を 構 築 してきた 経 緯 から インターネット 関 連 業 界 に 精 通 しており 同 業 界 に 事 業 基 盤 を 有 する 当 社 グループの 経 営 方 針 や 事 業 戦 略 の 決 定 及 びその 遂 行 に 重 要 な 役 割 を 果 たしております 当 社 グループにおいては 取 締 役 会 や 経 営 会 議 等 における 役 員 及 び 幹 部 社 員 の 情 報 共 有 や 経 営 組 織 の 強 化 を 図 り 同 氏 に 過 度 に 依 存 しない 経 営 体 制 の 整 備 を 進 めておりますが 何 らかの 理 由 により 同 氏 が 当 社 グループの 業 務 を 継 続 することが 困 難 になった 場 合 には 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 がありま す -18-

23 2 人 員 の 獲 得 及 び 育 成 について 当 社 グループは 今 後 想 定 される 事 業 拡 大 や 新 規 事 業 の 展 開 に 伴 い 継 続 した 人 材 の 確 保 が 必 要 であると 考 えてお ります 特 に 事 業 基 盤 を 拡 大 成 長 させていくための 高 度 なマネジメント 能 力 やシステム 技 術 分 野 のスキルを 有 す る 人 材 確 保 に 努 めるとともに 教 育 体 制 の 整 備 を 進 め 人 材 の 定 着 を 図 るよう 努 めていく 方 針 であります しかしながら 当 社 グループの 求 める 人 材 が 十 分 に 確 保 育 成 できなかった 場 合 や 人 材 の 流 出 が 進 んだ 場 合 には 経 常 的 な 業 務 運 営 及 び 新 規 事 業 の 拡 大 等 に 支 障 が 生 じる 可 能 性 があり そのような 事 態 が 生 じた 場 合 には 当 社 グル ープの 事 業 展 開 等 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります 3 内 部 管 理 体 制 について 当 社 グループは 企 業 価 値 の 持 続 的 な 増 大 を 図 るためにはコーポレート ガバナンスが 有 効 に 機 能 することが 不 可 欠 であるとの 認 識 のもと 業 務 の 適 正 性 及 び 財 務 報 告 の 信 頼 性 の 確 保 さらに 健 全 な 倫 理 観 に 基 づく 法 令 遵 守 の 徹 底 が 必 要 と 認 識 しております 当 社 グループでは 役 職 員 等 の 内 部 関 係 者 の 不 正 行 為 等 が 発 生 しないよう コンプライアンス 規 程 を 制 定 し 当 社 グループの 役 職 員 が 遵 守 すべき 法 令 ルールを 定 めており 内 部 監 査 等 により 遵 守 状 況 の 確 認 を 行 っております し かしながら 法 令 等 に 抵 触 する 事 態 や 内 部 関 係 者 による 不 正 行 為 が 発 生 するといった 事 態 が 生 じた 場 合 事 業 の 急 速 な 拡 大 により 内 部 管 理 体 制 の 構 築 が 追 いつかないという 事 態 が 生 じる 場 合 には 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 与 える 可 能 性 があります (10) 法 的 規 制 について 1 インターネットにおける 法 的 規 制 について 当 社 グループは インターネット 上 の 事 業 展 開 において 各 種 法 的 規 制 等 を 受 けており その 主 な 内 容 及 び 当 社 グル ープの 対 応 状 況 は 以 下 のとおりであります ア) 電 気 通 信 事 業 法 電 気 通 信 事 業 者 に 対 して 通 信 の 秘 密 の 保 護 等 の 義 務 が 課 せられております 当 社 は 同 法 に 基 づき 電 気 通 信 事 業 者 として 届 出 を 行 っております イ) 特 定 電 気 通 信 役 務 提 供 者 の 損 害 賠 償 責 任 の 制 限 及 び 発 信 者 情 報 の 開 示 に 関 する 法 律 (プロバイダ 責 任 制 限 法 ) 同 法 における 特 定 電 気 通 信 役 務 提 供 者 として 不 特 定 の 者 によって 受 信 されることを 目 的 とする 電 気 通 信 による 情 報 の 流 通 において 他 人 の 権 利 の 侵 害 があった 場 合 には 権 利 を 侵 害 された 者 に 対 して 損 害 賠 償 義 務 及 び 権 利 を 侵 害 した 情 報 を 発 信 した 者 に 関 する 情 報 の 開 示 義 務 を 課 されております ウ) 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 ( 不 正 アクセス 禁 止 法 ) 同 法 におけるアクセス 管 理 者 として 努 力 義 務 ながら 不 正 アクセス 行 為 からの 一 定 の 防 御 措 置 を 講 ずる 義 務 が 課 されております エ) 特 定 電 子 メールの 送 信 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 特 定 電 子 メール 法 ) 営 利 団 体 等 が 個 人 ( 送 信 に 同 意 した 者 等 を 除 く )に 対 し 広 告 宣 伝 の 手 段 として 電 子 メールを 送 信 する 場 合 に 一 定 の 事 項 を 表 示 する 義 務 等 が 課 されております 当 社 グループは 会 員 向 けメールマガジン 等 の 配 信 にお いては その 送 信 につき 事 前 に 同 意 した 会 員 等 に 対 してのみ 配 信 する 方 針 をとっております 近 年 インターネット 上 のトラブル 等 への 対 応 として インターネット 関 連 事 業 を 規 制 する 法 令 は 徐 々に 整 備 さ れている 状 況 にあり 今 後 インターネットの 利 用 や 関 連 するサービス 及 びインターネット 関 連 事 業 を 営 む 事 業 者 を 規 制 対 象 とする 新 たな 法 令 等 の 規 制 や 既 存 法 令 等 の 解 釈 変 更 等 がなされた 場 合 には 当 社 グループの 事 業 が 制 約 を 受 ける 可 能 性 があり その 場 合 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があり ます 2 メディア 事 業 における 法 的 規 制 について 当 社 グループのメディア 事 業 における 広 告 掲 載 に 関 しては サイトの 特 性 上 主 たる 広 告 主 として 化 粧 品 メーカー からの 広 告 出 稿 がその 多 くを 占 めております 当 社 グループでは サイトへの 広 告 掲 載 について 以 下 の 法 令 に 抵 触 しないよう 法 令 に 準 じて 基 準 を 定 め 運 用 を 徹 底 しております -19-

24 ア) 薬 事 法 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 等 についての 取 扱 い 広 告 等 に 関 する 規 制 等 が 定 められており 虚 偽 誇 大 広 告 の 禁 止 効 能 効 果 等 に 関 する 表 現 の 規 制 等 の 遵 守 が 求 められております イ) 食 品 衛 生 法 食 品 についての 取 扱 い 広 告 等 に 関 する 規 制 等 が 定 められており 虚 偽 誇 大 な 広 告 等 の 禁 止 等 の 遵 守 が 求 めら れております ウ) 健 康 増 進 法 食 品 についての 取 扱 い 広 告 等 に 関 する 規 制 等 が 定 められており 健 康 保 持 増 進 効 果 等 について 著 しく 事 実 に 相 違 する 表 示 又 は 著 しく 人 を 誤 認 させるような 表 示 の 禁 止 等 の 遵 守 が 求 められております エ) 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 過 度 に 高 額 な 景 品 等 の 不 当 な 景 品 類 の 禁 止 優 良 誤 認 有 利 誤 認 等 不 当 な 表 示 の 禁 止 等 の 遵 守 が 求 められており ます 当 社 グループでは 広 告 掲 載 前 に 広 告 内 容 の 審 査 を 行 い 広 告 の 内 容 が 法 令 に 抵 触 する 恐 れがある 場 合 や 公 序 良 俗 に 反 する 内 容 である 場 合 には 速 やかに 掲 載 停 止 等 の 措 置 を 講 じる 体 制 を 敷 いております しかしながら 予 期 せぬ 人 的 ミスの 発 生 等 により 法 令 に 抵 触 する 恐 れのある 広 告 等 の 誤 った 情 報 を 掲 載 してしま う 可 能 性 は 否 定 できず ユーザーからのクレームや 行 政 当 局 からの 指 導 勧 告 を 受 ける 可 能 性 があり これらに 起 因 してユーザーや 取 引 先 の 信 頼 の 低 下 等 が 生 じた 場 合 や 化 粧 品 及 び 健 康 食 品 等 に 係 る 広 告 に 関 する 規 制 が 強 化 される 等 の 不 測 の 事 態 が 生 じた 場 合 には 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 がありま す 3 EC 事 業 及 び 店 舗 事 業 における 法 的 規 制 について 当 社 グループが 運 営 しているECサイト cosme.com 及 び 小 売 販 売 store においては 化 粧 品 医 薬 部 外 品 及 び 食 品 ( 健 康 食 品 ) 等 の 販 売 を 行 っており これら 商 品 の 販 売 者 として 主 に 以 下 に 掲 げる 法 律 等 の 規 制 を 受 けております ア) 薬 事 法 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 等 についての 取 扱 い 広 告 等 に 関 する 規 制 等 が 定 められており 無 許 可 無 認 可 医 薬 品 の 販 売 等 の 禁 止 原 料 や 表 示 等 に 関 して 法 令 の 要 件 を 満 たさない 商 品 の 販 売 等 の 禁 止 虚 偽 誇 大 広 告 の 禁 止 効 能 効 果 等 に 関 する 表 現 の 規 制 等 の 遵 守 が 求 められております なお 食 品 等 についても 医 薬 品 的 効 能 効 果 等 を 標 榜 して 販 売 等 を 行 った 場 合 には 無 許 可 無 認 可 医 薬 品 の 販 売 等 にあたる 恐 れがあるものとされておりま す イ) 食 品 衛 生 法 食 品 についての 取 扱 い 広 告 等 に 関 する 規 制 等 が 定 められており 原 料 や 表 示 等 に 関 して 法 令 の 要 件 を 満 たさな い 商 品 の 販 売 等 の 禁 止 虚 偽 誇 大 な 広 告 等 の 禁 止 等 の 遵 守 が 求 められております ウ) 健 康 増 進 法 食 品 についての 取 扱 い 広 告 等 に 関 する 規 制 等 が 定 められており 健 康 保 持 増 進 効 果 等 について 著 しく 事 実 に 相 違 する 表 示 又 は 著 しく 人 を 誤 認 させるような 表 示 の 禁 止 等 の 遵 守 が 求 められております エ) 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 過 度 に 高 額 な 景 品 等 の 不 当 な 景 品 類 の 禁 止 優 良 誤 認 有 利 誤 認 等 不 当 な 表 示 の 禁 止 等 の 遵 守 が 求 められており ます オ) 特 定 商 取 引 に 関 する 法 律 cosme.com においては 通 信 販 売 を 行 う 事 業 者 として 広 告 における 一 定 事 項 の 表 示 誇 大 広 告 の 禁 止 等 の 遵 守 が 求 められております -20-

25 当 社 グループは 商 品 の 取 り 扱 いやサイト 上 の 表 示 方 法 販 売 方 法 等 について 各 種 法 規 制 を 遵 守 すべく 適 宜 行 政 当 局 に 相 談 するとともに 法 務 の 体 制 強 化 を 推 進 しております 具 体 的 には 当 社 グループが 取 り 扱 う 商 品 については 必 ずしも 大 手 製 造 業 者 の 商 品 とは 限 らず 中 小 製 造 業 者 の 商 品 や 輸 入 商 品 等 も 取 り 扱 っていること 等 から 当 社 グループにおいては 一 定 の 基 準 及 びマニュアルを 策 定 し 取 扱 商 品 の 選 別 確 認 等 を 行 うとともに サイト 等 における 表 示 についても 法 規 制 に 照 らして 不 適 切 な 表 現 等 の 防 止 に 留 意 しております 当 社 グループにおきましては このように 適 切 な 事 業 運 営 に 努 めており 現 時 点 において 重 大 な 法 的 問 題 は 生 じて いないものと 認 識 しております しかしながら 薬 事 法 等 の 法 規 制 に 関 しては 個 別 事 象 にかかる 明 確 な 判 断 が 困 難 な 場 合 があることに 加 えて 今 後 法 規 制 が 変 更 された 場 合 には 当 社 グループの 人 員 体 制 の 限 界 等 から 当 該 法 規 制 が 求 める 対 応 等 が 十 分 に 実 施 できない 可 能 性 があることから 行 政 機 関 からの 指 摘 又 は 処 分 や 購 入 者 からのクレーム 又 は 損 害 賠 償 等 が 生 じる 可 能 性 があり その 場 合 には 当 社 グループの 信 用 低 下 等 が 生 じ 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります また 将 来 において 薬 事 法 食 品 衛 生 法 健 康 増 進 法 その 他 の 法 規 制 における 解 釈 運 用 の 変 化 や 規 制 の 強 化 新 たな 規 制 の 制 定 等 により より 厳 格 な 対 応 を 求 められる 可 能 性 は 否 定 できず 当 該 規 制 の 動 向 により 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります 4 その 他 事 業 における 法 的 規 制 について 当 社 グループが 運 営 している サロン(エステティックサロン ネイルサロン 等 ) ヘアサロン クリニックを 紹 介 する 情 報 サイト ispot においては エステティックサロンやクリニックに 関 する 店 舗 情 報 等 を 掲 載 しており 主 に 以 下 に 掲 げる 法 律 等 の 規 制 を 受 けております ア) 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 過 度 に 高 額 な 景 品 等 の 不 当 な 景 品 類 の 禁 止 優 良 誤 認 有 利 誤 認 等 不 当 な 表 示 の 禁 止 等 の 遵 守 が 求 められており ます イ) 特 定 商 取 引 に 関 する 法 律 広 告 における 一 定 事 項 の 表 示 誇 大 広 告 の 禁 止 等 の 遵 守 が 求 められております ウ) 医 療 法 病 院 診 療 所 助 産 所 等 の 医 療 施 設 についての 開 設 管 理 広 告 等 に 関 する 規 制 等 が 定 められており 虚 偽 誇 大 比 較 広 告 の 禁 止 効 能 効 果 等 に 関 する 表 現 の 規 制 等 の 遵 守 が 求 められております エ) 薬 事 法 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 医 療 機 器 等 についての 取 扱 い 広 告 等 に 関 する 規 制 等 が 定 められており 虚 偽 誇 大 広 告 の 禁 止 効 能 効 果 等 に 関 する 表 現 の 規 制 等 の 遵 守 が 求 められております 当 社 グループでは 店 舗 情 報 を 掲 載 する 前 に 店 舗 情 報 の 内 容 の 審 査 を 行 い 店 舗 情 報 の 内 容 が 法 令 に 抵 触 する 恐 れ がある 場 合 や 公 序 良 俗 に 反 する 内 容 である 場 合 には 速 やかに 掲 載 停 止 等 の 措 置 を 講 じる 体 制 を 敷 いております しかしながら 予 期 せぬ 人 的 ミスの 発 生 等 により 法 令 に 抵 触 する 恐 れのある 情 報 を 掲 載 してしまう 可 能 性 は 否 定 できず ユーザーからのクレームや 行 政 当 局 からの 指 導 勧 告 を 受 ける 可 能 性 があり これらに 起 因 してユーザーや 取 引 先 の 信 頼 の 低 下 等 が 生 じた 場 合 や 上 記 の 法 的 規 制 が 強 化 される 等 の 不 測 の 事 態 が 生 じた 場 合 には 当 社 グループ の 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります -21-

26 5 個 人 情 報 の 保 護 について 当 社 グループは サービスの 提 供 に 際 して 登 録 会 員 の 個 人 情 報 ( 名 前 メールアドレス 性 別 住 所 職 業 生 年 月 日 肌 質 髪 質 クチコミ 履 歴 化 粧 品 購 入 履 歴 等 )を 取 得 していることから 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 が 定 める 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 としての 義 務 を 課 されております 当 社 グループでは 個 人 情 報 の 保 護 の 徹 底 を 図 るべく 平 成 18 年 3 月 にはプライバシーマークを 取 得 し このプラ イバシーマークの 運 用 規 程 に 従 い 個 人 情 報 の 保 護 の 方 針 を 定 め 当 方 針 の 遵 守 を 徹 底 するよう 努 めるとともに 社 内 情 報 のアクセス 権 を 制 限 管 理 し かつ 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 する 社 内 教 育 を 行 うなど 管 理 運 用 面 についても 慎 重 を 期 しております しかしながら 当 社 グループが 保 有 する 個 人 情 報 等 について 漏 洩 改 ざん 不 正 使 用 外 部 からの 不 正 アクセ ス その 他 想 定 外 の 事 態 が 発 生 する 可 能 性 が 完 全 に 排 除 されているとはいえず これらの 事 態 が 発 生 した 場 合 適 切 な 対 応 を 行 うための 相 当 なコストの 負 担 当 社 グループへの 損 害 賠 償 請 求 当 社 グループの 信 用 の 低 下 等 によって 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります 6 知 的 財 産 権 について 当 社 グループは 第 三 者 の 特 許 権 商 標 権 等 の 知 的 財 産 権 に 関 して 外 部 の 弁 護 士 等 を 通 じて 調 査 する 等 その 権 利 を 侵 害 しないよう 留 意 するとともに 必 要 に 応 じて 当 社 グループの 知 的 財 産 権 の 登 録 等 について 申 請 することで 当 該 リスクの 回 避 を 検 討 しております しかしながら 当 社 グループの 認 識 していない 知 的 財 産 権 が 既 に 成 立 してい る 可 能 性 や 当 社 グループの 事 業 分 野 で 第 三 者 による 知 的 財 産 権 が 成 立 する 可 能 性 があること 等 から 当 社 グループに よる 第 三 者 の 知 的 財 産 権 の 侵 害 が 生 じる 可 能 性 は 否 定 できず 万 が 一 当 社 グループが 第 三 者 の 知 的 財 産 権 を 侵 害 し た 場 合 には 当 該 第 三 者 より 損 害 賠 償 請 求 使 用 差 止 請 求 ロイヤルティの 支 払 い 要 求 等 が 発 生 する 可 能 性 があ り その 場 合 には 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります また 当 社 グループは 会 員 が 投 稿 したクチコミを 広 告 又 は 販 促 物 等 に 使 用 することを 目 的 として 有 償 で 提 供 す る 場 合 があります この 場 合 において 当 社 グループでは 当 該 クチコミについて 弁 護 士 その 他 の 専 門 家 の 意 見 をふ まえて 会 員 登 録 時 に 投 稿 したクチコミを 当 社 が 利 用 することを 定 めた 利 用 規 約 への 同 意 を 得 ておりますが 当 該 クチコミの 利 用 において 権 利 処 理 に 関 連 した 投 稿 者 本 人 からのクレーム 等 に 起 因 する 風 評 問 題 等 が 発 生 した 場 合 に は 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります (11) 新 規 事 業 の 展 開 について 当 社 グループは メディア 事 業 におけるスマートフォンやタブレット 端 末 等 の 新 しいデバイスへの 対 応 プレミア ム 会 員 サービスの 拡 大 等 新 規 事 業 の 展 開 を 推 進 することを 計 画 しておりますが 新 規 事 業 の 展 開 に 当 っては 当 社 グループにおいて 大 規 模 な 事 業 開 発 及 びシステム 開 発 を 行 う 必 要 があり 当 該 開 発 が 人 員 不 足 等 の 原 因 により 対 応 が 遅 れた 場 合 や マルチデバイス 展 開 やプレミアム 会 員 サービスにおける 会 員 数 の 獲 得 が 想 定 どおりに 進 捗 しなかった 場 合 等 には 当 社 グループの 利 益 を 減 少 させる 可 能 性 があります また 事 業 開 発 及 びシステム 開 発 等 が 想 定 どおり に 進 捗 した 場 合 であっても 安 定 して 収 益 を 生 み 出 すにはある 程 度 の 期 間 を 要 する 可 能 性 もあり 結 果 的 に 当 社 グル ープの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります (12) 訴 訟 発 生 リスクについて 当 社 グループでは コンプライアンス 規 程 を 制 定 し 役 職 員 に 対 して 当 該 規 程 を 遵 守 させることで 法 令 違 反 等 の 発 生 リスクの 低 減 に 努 めております しかしながら 当 社 グループ 及 び 役 職 員 の 法 令 違 反 等 の 有 無 に 関 わらず ユー ザーや 取 引 先 第 三 者 との 間 で 予 期 せぬトラブルが 発 生 し 訴 訟 に 発 展 する 可 能 性 があります また 特 許 権 等 の 知 的 財 産 権 による 訴 訟 についても 前 述 のとおり 訴 訟 発 生 リスクがあるものと 考 えております 提 起 された 訴 訟 の 内 容 及 び 結 果 によっては 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります また 多 大 な 訴 訟 対 応 費 用 の 発 生 や 企 業 ブランドイメージの 悪 化 等 により 当 社 グループの 事 業 展 開 財 政 状 態 及 び 経 営 成 績 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 があります -22-

27 (13) 配 当 政 策 について 当 社 は 設 立 以 来 配 当 を 実 施 した 実 績 はありませんが 株 主 に 対 する 利 益 還 元 を 重 要 な 経 営 課 題 であると 認 識 して おり 事 業 基 盤 の 整 備 状 況 業 績 や 財 政 状 態 などを 総 合 的 に 勘 案 のうえ 配 当 をしていきたいと 考 えております ただし 当 面 は 事 業 基 盤 の 整 備 を 優 先 することが 株 主 価 値 の 最 大 化 に 資 するとの 考 えから その 原 資 となる 内 部 留 保 の 充 実 を 基 本 方 針 とさせていただく 所 存 であります (14) ストック オプション 行 使 による 株 式 価 値 の 希 薄 化 について 当 社 グループでは 取 締 役 従 業 員 に 対 するインセンティブを 目 的 としたストック オプション 制 度 を 採 用 してお ります また 今 後 においてもストック オプション 制 度 を 活 用 していくことを 検 討 しており 現 在 付 与 している 新 株 予 約 権 等 に 加 え 今 後 付 与 される 新 株 予 約 権 等 について 行 使 が 行 われた 場 合 には 保 有 株 式 の 価 値 が 希 薄 化 する 可 能 性 があります 5 経 営 上 の 重 要 な 契 約 等 該 当 事 項 はありません 6 研 究 開 発 活 動 該 当 事 項 はありません -23-

28 7 財 政 状 態 経 営 成 績 及 びキャッシュ フローの 状 況 の 分 析 文 中 の 将 来 に 関 する 事 項 は 当 連 結 会 計 年 度 末 現 在 において 当 社 グループが 判 断 したものであります (1) 重 要 な 会 計 方 針 及 び 見 積 り 当 社 グループの 連 結 財 務 諸 表 は わが 国 において 一 般 に 公 正 妥 当 と 認 められる 会 計 基 準 に 基 づき 作 成 されて おります 会 計 方 針 の 選 択 適 用 財 政 状 態 経 営 成 績 及 びキャッシュ フローの 状 況 の 相 対 的 な 開 示 には 経 営 者 による 過 去 の 実 績 等 を 勘 案 し 実 態 に 即 した 合 理 的 な 見 積 り 判 断 をしております 特 に 当 社 グループの 主 要 資 産 であるソフトウエアに 関 しては 管 理 系 のものを 除 き 急 速 なインターネッ ト 業 界 の 成 長 を 勘 案 して 償 却 年 数 を2 年 ( 有 税 償 却 )としております (2) 財 政 状 態 の 分 析 1 資 産 の 部 当 連 結 会 計 年 度 末 における 資 産 の 額 は 前 連 結 会 計 年 度 末 より235,022 千 円 増 加 し 5,758,651 千 円 とな りました これは 主 に 流 動 資 産 において 現 金 及 び 預 金 が 前 連 結 会 計 年 度 末 より757,341 千 円 減 少 したものの 受 取 手 形 及 び 売 掛 金 が 前 連 結 会 計 年 度 末 より174,922 千 円 増 加 したこと 並 びに 固 定 資 産 において 有 形 固 定 資 産 が 前 連 結 会 計 年 度 末 より236,414 千 円 ソフトウエアが 前 連 結 会 計 年 度 末 より85,413 千 円 増 加 し たこと 投 資 有 価 証 券 が656,396 千 円 増 加 したこと 等 によるものであります 2 負 債 の 部 当 連 結 会 計 年 度 末 における 負 債 の 額 は 前 連 結 会 計 年 度 末 より26,714 千 円 減 少 し 1,512,245 千 円 とな りました これは 主 に 流 動 負 債 において 1 年 内 返 済 予 定 の 長 期 借 入 金 が 前 連 結 会 計 年 度 末 より22,920 千 円 減 少 したこと 賞 与 引 当 金 が 前 連 結 会 計 年 度 末 より47,300 千 円 増 加 したこと 並 びに 固 定 負 債 において 長 期 借 入 金 が 前 連 結 会 計 年 度 末 より66,469 千 円 減 少 したこと 等 によるものであります 3 純 資 産 の 部 当 連 結 会 計 年 度 末 における 純 資 産 の 額 は 前 連 結 会 計 年 度 末 より261,736 千 円 増 加 し 4,246,406 千 円 と なりました これは 主 に その 他 有 価 証 券 評 価 差 額 金 が216,735 千 円 増 加 したこと 等 によるものであります -24-

29 (3) 経 営 成 績 の 分 析 1 売 上 高 当 連 結 会 計 年 度 における 売 上 高 は7,141,247 千 円 ( 前 年 同 期 比 11.4% 増 )となりました このうち メディア 事 業 においては 下 期 よりクライアントの 広 告 出 稿 抑 制 もみられましたが 月 額 固 定 型 のブランドファンクラブサービスや 海 外 法 人 の 売 上 が 伸 びたこと 等 により 前 年 同 期 比 9.6%の 増 加 とな りました EC 事 業 店 舗 事 業 においては 消 費 税 率 変 更 後 も 大 きな 落 ち 込 みが 見 られず 順 調 に 成 長 いたしました アイスポット を 運 営 するその 他 事 業 では サービスの 変 更 により 上 期 から 収 益 が 落 ち 込 みました その 後 戦 略 を 見 直 し 下 期 から 徐 々に 改 善 してまいりましたが 前 年 並 みに 回 復 はできず 前 年 同 期 比 13.3% 減 となりました 2 売 上 原 価 売 上 総 利 益 当 連 結 会 計 年 度 における 売 上 原 価 は 2,559,288 千 円 ( 前 年 同 期 比 24.8% 増 )となりました これは 主 に EC 事 業 及 び 店 舗 事 業 における 売 上 高 増 加 に 伴 い 商 品 仕 入 が 増 大 したことによります この 結 果 当 連 結 会 計 年 度 における 売 上 総 利 益 は 4,581,958 千 円 ( 前 年 同 期 比 5.1% 増 )となりまし た 3 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 当 連 結 会 計 年 度 における 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 は 4,108,341 千 円 ( 前 年 同 期 比 13.5% 増 )となりまし た これは 主 に 本 社 移 転 に 伴 う 賃 借 料 が 増 加 したこと 等 によるものであります この 結 果 当 連 結 会 計 年 度 における 営 業 利 益 は 473,617 千 円 ( 前 年 同 期 比 35.9% 減 )となりました 4 営 業 外 収 益 営 業 外 費 用 経 常 利 益 当 連 結 会 計 年 度 における 営 業 外 収 益 は 7,956 千 円 ( 前 年 同 期 比 18.0% 増 )となりました これは 主 に 受 取 手 数 料 の 計 上 によるものであります 当 連 結 会 計 年 度 における 営 業 外 費 用 は 21,387 千 円 ( 前 年 同 期 比 31.7% 減 )となりました これは 主 に 為 替 差 損 の 計 上 及 び 投 資 有 価 証 券 評 価 損 の 計 上 によるものであります この 結 果 当 連 結 会 計 年 度 における 経 常 利 益 は 460,186 千 円 ( 前 年 同 期 比 35.5% 減 )となりました 5 特 別 損 益 当 期 純 利 益 当 連 結 会 計 年 度 における 特 別 損 失 は 193,072 千 円 ( 前 年 同 期 比 212.7% 増 )となりました これは 主 に 減 損 損 失 を 計 上 したこと 等 によるものであります この 結 果 当 連 結 会 計 年 度 における 税 金 等 調 整 前 当 期 純 利 益 は 267,114 千 円 ( 前 年 同 期 比 59.0% 減 ) となりました また 当 連 結 会 計 年 度 における 法 人 税 住 民 税 及 び 事 業 税 ( 法 人 税 等 調 整 額 を 含 む)は 260,333 千 円 ( 前 年 同 期 比 21.6% 増 )となりました この 結 果 当 連 結 会 計 年 度 における 当 期 純 利 益 は 14,149 千 円 ( 前 年 同 期 比 96.7% 減 )となりました -25-

30 (4)キャッシュ フローの 状 況 当 連 結 会 計 年 度 末 における 現 金 及 び 現 金 同 等 物 ( 以 下 資 金 という)の 残 高 は 前 連 結 会 計 年 度 末 より 757,341 千 円 減 少 し 残 高 は1,950,540 千 円 となりました 当 連 結 会 計 年 度 における 各 キャッシュ フローの 状 況 と 要 因 は 以 下 の 通 りであります 1 営 業 活 動 によるキャッシュ フロー 当 連 結 会 計 年 度 において 営 業 活 動 の 結 果 得 られた 資 金 は 433,197 千 円 ( 前 年 同 期 は447,311 千 円 の 収 入 )であります この 主 な 要 因 は 売 上 債 権 の 増 加 170,633 千 円 法 人 税 等 の 支 払 額 265,359 千 円 があったものの 仕 入 債 務 の 増 加 91,636 千 円 税 金 等 調 整 前 当 期 純 利 益 の 計 上 267,114 千 円 減 価 償 却 費 の 計 上 399,173 千 円 等 があったことによるものであります 2 投 資 活 動 によるキャッシュ フロー 当 連 結 会 計 年 度 において 投 資 活 動 の 結 果 使 用 された 資 金 は 1,167,828 千 円 ( 前 年 同 期 は1,028,769 千 円 の 支 出 )であります この 主 な 要 因 は 投 資 有 価 証 券 の 取 得 による 支 出 401,160 千 円 及 び 有 形 無 形 固 定 資 産 の 取 得 に よる 支 出 845,838 千 円 等 があったことによるものであります 3 財 務 活 動 によるキャッシュ フロー 当 連 結 会 計 年 度 において 財 務 活 動 の 結 果 使 用 された 資 金 は 56,144 千 円 ( 前 年 同 期 は1,628,318 千 円 の 収 入 )であります この 主 な 要 因 は 長 期 借 入 れによる 収 入 370,000 千 円 株 式 の 発 行 による 収 入 34,349 千 円 等 がある ものの 長 期 借 入 金 の 返 済 による 支 出 459,389 千 円 等 があったことによるものであります -26-

31 第 3 設 備 の 状 況 1 設 備 投 資 等 の 概 要 当 連 結 会 計 年 度 の 事 業 拡 大 のために 行 った 設 備 投 資 ( 無 形 固 定 資 産 含 む)の 総 額 は 856,799 千 円 であります セグメントごとの 設 備 投 資 について 示 すと その 主 なものは 次 のとおりであります (1)メディア 事 業 当 連 結 会 計 年 度 の 主 な 設 備 投 資 に 係 るシステム 開 発 に 伴 うソフトウエア 開 発 費 用 および 本 社 移 転 費 用 などを 中 心 とする 総 額 706,864 千 円 の 投 資 を 実 施 いたしました なお 重 要 な 設 備 の 除 却 又 は 売 却 はありません (2) 店 舗 事 業 当 連 結 会 計 年 度 の 主 な 設 備 投 資 は ルミネ 有 楽 町 店 新 規 出 店 費 などを 中 心 とする 総 額 73,947 千 円 の 投 資 を 実 施 いたしました なお 重 要 な 設 備 の 除 却 又 は 売 却 はありません (3)その 他 事 業 当 連 結 会 計 年 度 の 主 な 設 備 投 資 は ispot に 係 るシステム 開 発 に 伴 うソフトウエア 開 発 費 用 などを 中 心 とする 総 額 75,987 千 円 の 投 資 を 実 施 いたしました なお 重 要 な 設 備 の 除 却 又 は 売 却 はありません 2 主 要 な 設 備 の 状 況 (1) 提 出 会 社 平 成 26 年 6 月 30 日 現 在 事 業 所 名 ( 所 在 地 ) セグメントの 名 称 設 備 の 内 容 建 物 帳 簿 価 額 ソフト その 他 ウエア 合 計 従 業 員 数 ( 名 ) 本 社 ( 東 京 都 ) メディア 事 業 業 務 施 設 171, ,389 72, , (9) ( 注 ) 1 現 在 休 止 中 の 主 要 な 設 備 はありません 2 上 記 の 金 額 には 消 費 税 等 は 含 まれておりません 3 帳 簿 価 額 のうち その 他 は 工 具 器 具 及 び 備 品 等 であります 4 従 業 員 数 欄 の( 外 書 )は 臨 時 従 業 員 数 であります -27-

32 (2) 国 内 子 会 社 平 成 26 年 6 月 30 日 現 在 会 社 名 事 業 所 名 ( 所 在 地 ) セグメン トの 名 称 設 備 の 内 容 建 物 帳 簿 価 額 ソフト ウエア その 他 合 計 従 業 員 数 ( 名 ) コスメネ クスト 本 社 ( 東 京 都 ) 店 舗 ( 東 京 都 ) 店 舗 事 業 業 務 施 設 店 舗 施 設 55,781 7,451 55, ,877 42(12) アイスポ ット 本 社 ( 大 阪 府 ) 支 社 ( 東 京 都 ) ( 愛 知 県 ) ( 福 岡 県 ) その 他 事 業 業 務 施 設 2,522 54,499 6,797 63,818 92(4) ( 注 ) 1 現 在 休 止 中 の 主 要 な 設 備 はありません 2 上 記 の 金 額 には 消 費 税 等 は 含 まれておりません 3 帳 簿 価 額 のうち その 他 は 工 具 器 具 及 び 備 品 等 であります 4 従 業 員 数 欄 の( 外 書 )は 臨 時 従 業 員 数 であります 5 アイスポットについては 平 成 26 年 8 月 1 日 付 で アイスタイルビューティソリューションズに 商 号 変 更 し 本 店 所 在 地 を 大 阪 府 大 阪 市 より 東 京 都 港 区 に 移 転 しております 3 設 備 の 新 設 除 却 等 の 計 画 (1) 重 要 な 設 備 の 新 設 等 会 社 名 当 社 アイス ポット 事 業 所 名 ( 所 在 地 ) 本 社 ( 東 京 都 ) 本 社 ( 東 京 都 ) セグメン トの 名 称 メディア 事 業 その 他 事 業 設 備 の 内 容 投 資 予 定 額 総 額 既 支 払 額 資 金 調 達 方 法 ソフトウエア 373,277 自 己 資 金 ソフトウエア 22,499 自 己 資 金 ( 注 ) 1 上 記 の 金 額 には 消 費 税 等 は 含 まれておりません 2 アイスポットについては 平 成 26 年 8 月 1 日 付 で アイスタイルビューティソリューションズに 商 号 変 更 し 本 店 所 在 地 を 大 阪 府 大 阪 市 より 東 京 都 港 区 に 移 転 しております 着 手 予 定 年 月 平 成 26 年 7 月 平 成 26 年 7 月 完 成 予 定 年 月 平 成 27 年 6 月 平 成 27 年 6 月 完 成 後 の 増 加 能 力 既 存 サービス の 改 良 及 び 新 規 サービス への 対 応 既 存 サービス の 改 良 及 び 新 規 サービス への 対 応 (2) 重 要 な 設 備 の 除 却 等 経 常 的 な 設 備 の 更 新 のための 除 却 等 を 除 き 重 要 な 設 備 の 除 却 等 の 計 画 はありません -28-

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 3 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

 

  第 4 経 理 の 状 況 1. 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 方 法 について 当 社 の 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 平 成 19 年 内 閣 府 令 第 64 号 )に 基 づいて 作 成 しております 2. 監 査 証 明 について 当 社 は 金 融 商

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 22 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 ADインベストメント マネジメント 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

Microsoft Word - 結果・異動プレス_ _clean.doc

Microsoft Word - 結果・異動プレス_ _clean.doc 各 位 平 成 21 年 12 月 17 日 会 社 名 古 河 機 械 金 属 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 相 馬 信 義 (コード 番 号 5715 東 証 大 証 第 1 部 ) お 問 合 せ 先 取 締 役 上 級 執 行 役 員 企 画 推 進 室 長 松 本 敏 雄 (TEL.03-3212-6570) 株 式 会 社 トウペ 株 式 に 対 する 公

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 11 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称

連 結 注 記 表 1. 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 (1) 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 1 連 結 子 会 社 の 数 及 び 名 称 連 結 子 会 社 の 数 0 社 連 結 子 会 社 の 名 称 第 18 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての イ ン タ ー ネ ッ ト 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 株 式 会 社 Eストアー 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 及 び 計 算 書 類 の 個 別

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

(2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 該 当 事 項 はありません (3) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 当

(2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 該 当 事 項 はありません (3) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 当 定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 会 計 期 間 ( 以 下 当 四 半 期 という)では 米 国 のサブプライムローンに 端 を 発 した 金 融 危 機 が 世 界 的 に 連 鎖 する 中 想 定 をはるかに 超 えた 円 高 株 安 雇 用 環 境 の 悪 化 や 個 人 消 費 の 低 迷

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 アドバンス レジデンス 投 資 法 人 ( 以 下 本 投 資 法 人 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 金 額 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 59,772 流 動 負 債 30,678 現 金 及 び 預 金 7,239 支 払 手 形 121 受 取 手 形 1,047 買 掛 金 22,341 売 掛 金 43,230 短 期 借 入 金 5,506 商

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 15 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 14 期 会 計 期 間 自 平 成 26 年 4 月 1 日 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 6

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 15 期 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 14 期 会 計 期 間 自 平 成 26 年 4 月 1 日 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 6 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 関 東 財 務 局 長 提 出 日 平 成 26 年 8 月 14 日 四 半 期 会 計 期 間 第 15 期 第 1 四 半 期 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 6 月 30 日 ) 会 社 名 トレンダーズ 株 式 会 社 英 訳 名 Trenders,

More information

平成29年2月期 第2四半期決算短信

平成29年2月期 第2四半期決算短信 平 成 29 年 2 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 9 月 30 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 メディカル 一 光 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3353 URL http://www.m-ikkou.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 南 野 利 久 問 合

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 昭 和 38 年 大 蔵 省 令 第 59 号 )ならびに 同 規 則 第 2 条 の 規 定 に 基 づき 金 融 商 品

委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 昭 和 38 年 大 蔵 省 令 第 59 号 )ならびに 同 規 則 第 2 条 の 規 定 に 基 づき 金 融 商 品 マニュライフ インベストメンツ ジャパン 株 式 会 社 第 7 期 自 : 平 成 25 年 4 月 1 日 至 : 平 成 26 年 3 月 31 日 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

第 41 期

第 41 期 決 算 公 告 平 成 24 年 6 月 28 日 各 位 大 阪 市 中 央 区 南 船 場 一 丁 目 17 番 26 号 株 式 会 社 アプラス 代 表 取 締 役 社 長 野 口 郷 司 第 3 期 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 個 別 注 記 表 貸 借 対 照 表 損 益 計 算

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303130944E91E6318E6C94BC8AFA925A904D8354837D838A815B8BA693AF8E9497BF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303130944E91E6318E6C94BC8AFA925A904D8354837D838A815B8BA693AF8E9497BF2E646F63> 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 7 月 30 日 上 場 会 社 名 協 同 飼 料 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 2052 URL http://www.kyodo-shiryo.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 村 井 弘 一

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

疑わしい取引の参考事例

疑わしい取引の参考事例 ( 別 添 ) 疑 わしい 取 引 の 参 考 事 例 記 号 記 号 記 号 記 号 預 金 取 扱 い 金 融 機 関 保 険 会 社 証 券 会 社 外 国 証 券 会 社 及 び 投 資 信 託 委 託 業 者 証 券 金 融 会 社 貸 金 業 者 抵 当 証 券 業 者 商 品 投 資 販 売 業 者 小 口 債 権 販 売 業 者 不 動 産 特 定 共 同 事 業 者 金 融 先 物

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

1_2013BS(0414)

1_2013BS(0414) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 三 井 住 友 金 属 鉱 山 伸 銅 株 式 会 社 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 25,869,002 流 動 負 債 9,707,274 現 金 及 び 預 金 987,167 買 掛 金 3,612,919 受 取 手 形 1,225,710 短 期 借

More information

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc 計 算 書 類 第 1 期 平 成 24 年 7 月 31 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 1. 貸 借 対 照 表 2. 損 益 計 算 書 3. 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 4. 個 別 注 記 表 株 式 会 社 あきんどスシロー 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

第316回取締役会議案

第316回取締役会議案 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 30,235,443 流 動 負 債 25,122,730 現 金 及 び 預 金 501,956 支 払 手 形 2,652,233 受 取 手 形 839,303 買 掛 金 20,067,598 売 掛 金 20,810,262

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E68E4F8ED28A84939682C982E682E98EA98CC88A948EAE8F8895AA82C98AD682B782E982A8926D82E782B92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E68E4F8ED28A84939682C982E682E98EA98CC88A948EAE8F8895AA82C98AD682B782E982A8926D82E782B92E646F6378> 各 位 平 成 26 年 10 月 31 日 会 社 名 都 築 電 気 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 日 浦 秀 樹 (コード 番 号 8157 東 証 第 2 部 ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 総 務 統 括 部 長 鈴 木 康 史 ( 電 話 番 号 03-6833-7702) 第 三 者 割 当 による 自 己 株 式 処 分 に 関 するお 知 らせ 当

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者 労 災 レセプト 電 算 処 理 システム 利 用 規 約 ( 目 的 及 び 定 義 ) 第 1 条 本 規 約 は 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 ( 以 下 労 働 基 準 局 という )が 運 営 する 労 災 レセプト 電 算 処 理 システムを 利 用 する 場 合 に 必 要 な 事 項 を 定 めるものです 2 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 意 義 は 次

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

損 益 計 算 書 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 鉄 道 事 業 営 業 収 益 99,036 営 業 費 75,997 営 業 利 益 23,039 そ の 他 の 事 業 営 業 収 益 7

損 益 計 算 書 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 鉄 道 事 業 営 業 収 益 99,036 営 業 費 75,997 営 業 利 益 23,039 そ の 他 の 事 業 営 業 収 益 7 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 69,417 流 動 負 債 91,626 現 金 及 び 預 金 1,528 短 期 借 入 金 33,638 未 収 運 賃 4,523 リ ー ス 債 務 471 未 収 金 13,533 未 払

More information

建設特別・資産運用の基本方針

建設特別・資産運用の基本方針 建 設 業 退 職 金 特 別 共 済 事 業 資 産 運 用 の 基 本 方 針 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 変 更 平 成 22 年 12 月 27 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 変 更 平 成 28 年 3 月 1 日 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

6. 概 要 コメント 本 法 は 社 会 保 険 関 係 を 規 範 化 し 公 民 の 社 会 保 険 への 参 加 社 会 保 険 待 遇 を 享 受 す る 権 益 を 保 護 し 公 民 に 国 家 発 展 の 成 果 を 共 同 で 享 受 させ 社 会 の 調 和 と 安 定 を 促

6. 概 要 コメント 本 法 は 社 会 保 険 関 係 を 規 範 化 し 公 民 の 社 会 保 険 への 参 加 社 会 保 険 待 遇 を 享 受 す る 権 益 を 保 護 し 公 民 に 国 家 発 展 の 成 果 を 共 同 で 享 受 させ 社 会 の 調 和 と 安 定 を 促 20101129-1 中 国 法 令 調 査 報 告 書 社 会 保 険 法 報 告 日 :2010 年 11 月 29 日 管 理 番 号 :20101129-1 今 回 のご 報 告 のポイント 本 法 は 社 会 保 険 制 度 ( 養 老 保 険 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 生 育 保 険 )に ついて 定 めるものである これまで 外 国 籍 従 業 員 については 社

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

当社の法人関係情報の管理態勢およびその強化に向けた今後の対応策について 20120928

当社の法人関係情報の管理態勢およびその強化に向けた今後の対応策について 20120928 2012 年 9 月 28 日 各 位 みずほインベスターズ 証 券 株 式 会 社 当 社 の 法 人 関 係 情 報 の 管 理 態 勢 およびその 強 化 に 向 けた 今 後 の 対 応 策 について 今 般 当 社 は 2012 年 8 月 24 日 付 で 日 本 証 券 業 協 会 東 京 証 券 取 引 所 自 主 規 制 法 人 お よび 大 阪 証 券 取 引 所 より 法 人

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 29 年 2 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 10 月 7 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 オンワードホールディングス 上 場 取 引 所 東 名 コ ー ド 番 号 8016 URL http://www.onward-hd.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 保 元

More information