????? 1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "????? 1"

Transcription

1 旧版 余命3年時事日記 第3部 IDリスト osted by 日本再生 at 2015年08月15日殿へ 日教組リストのあの形への作成は大変な作業だったろう 教育現場の国籍条項撤廃による在日 汚染は極限に達している 通名教師が当たり前に小中学校に群れている状況に子供たちが対応 するには有事の時に逃げるしかない 在日教師のあぶり出しは喫緊の課題であった これは第4次リストになるな ニコッ 貴殿のご苦労は無償だが知る人ぞ知るだ ありがとう ちなみにIDリストであるが現在保守速報さんの リストを例にとると 484. 名無しさん ほしゅそく 2015年08月11日 00:47 ID:mJyyb.a40 という形だが ラストのID:mJyyb.a40をコピーして先頭にもってくる形がありがたい そしてもう一点 ヤフーとか保守速報等のサイトごとにまとめてアップしていただけると大い に助かる お手数をかけるが急ぐことはないのでよろしくお願いしたい 以下の資料は余命削除のスレッド約2000の在日が疑われる書き込みを整理したものである 複数の件は一件として通報することになる ID通報は名前がIDに変わるだけで通報側は一 緒 あとは入管側が処理する 集団企業 組織通報は公表がなくてもばれてしまうがID通報の方は有事の際までわからな い ただし その場合は殲滅戦状況であるから いわばテロゲリラ予備リストと言ってもい い すでに余命ブログが切断という攻撃を受けている以上 戦闘は始まっていると認識する必要 がある この関係はメディア自身が大きく絡んでいるため全く報道しないが 8月10日すでに ソフトランディングを放棄した組織がいくつかでているようだ いい加減なことは言えないし 実際には極秘に進められるであろうから知るよしはないが状 況を勘案すると かなり危険なゾーンに近づいているようだ 気をつけよう ちなみに余命側の情報はすべて漏れているようだ 削除以降 新規立ち上げのスタッフ情報 を保守速報書き込みにあげてから NewsUSさんともども書き込みが切断された アップ 状況の連絡が遅れたのはそれが理由である 両サイトとも系列は向こう側なので 大変な圧力を受けていることは間違いない いざとい う時はご協力ご支援をお願いしたい 以下は編集途中の参考例である データーが集まり次第 また報告する オリジナルでは 以下にIDリストが掲載されていますが 約2000の在日が疑われる書き 込み と表現されていることからも明らかなように 無関係な一般市民のIDが含まれている可 能性があるため 削除します 興味のある方は オリジナルサイトで確認してください OSINT JAPAN事務局 投稿日: 2015年8月19日 日教組リスト② 将来の日本を背負って立つ若者を正しい方向に舵取りして下さる日教組さんに心の中でエール を送りましょう 名前等(敬称略)(新 旧 過去在籍 代代表含む) 組織名 都道府県名 市区町村名の順 1

2 旧版 余命3年時事日記 第3部 オリジナルでは 以下に個人名とともに 在籍していたとされる組合の所在地が掲載されて いますが 無関係な一般市民の氏名が誤表記されている可能性があるため 削除します 興味 のある方は オリジナルサイトで確認してください 日教組=日本教職員組合の概要は Wikipediaをご覧ください 5%93%A1%E7%B5%84%E5%90%88 OSINT JAPAN事務局 投稿日: 2015年8月18日 余命25号 教育に関する在日特権について テーマ 余命25号 教育に関する在日特権について 要望 1 朝鮮学校 インターナショナルスクール卒業者に対する大学入試での高等学校卒業程度認 定試験免除は廃止すべきである 2 朝鮮大学校卒業者の司法試験1次試験免除は廃止すべきである 3 大学センター試験へ韓国語 朝鮮語 の導入は廃止すべきである 以上は異様な優遇措置であって 不当であるばかりでなく国益に反する すべて直ちに廃止さ れるよう要望する 小泉政権は日本人の強い反対の中 朝鮮人の理不尽な要求に屈して朝鮮学校卒業生 への国公立大学受験資格を認めた 拉致被害者問題が絡んでいたとはいえ まさにテロ国家と の取引であった 朝鮮学校 インターナショナルスクール卒業者に対する大学入試での高等学校卒業程度認定試 験免除は教員資格も持たないただの専門学校にただ資格を与えるという暴挙である 教育とは国の根幹に関わるものであって 結果 今日のような反日教育界を醸成してしまっ た 鳩山は飛び抜けていて論外だが 情けないリーダーを選ぶとこういうことになる という典型例だ 遅きに失した感はあるが 放置はできない 大学センター試験へ韓国語 朝鮮語 の導入に関しては以下の資料がある 平成23年度センター試験 本試験 平均点等一覧 外国語 平均点 最高 最低 標準偏差 英語 ドイツ語 フランス語 中国語 韓国語 たったの27.11点差なので当然得点調整なし 年のセンター試験において ハングル 朝鮮語 韓国語 は英語に比べて平均点が51点 200点満点 高くなっているが 得点調整は例年通りに全く行われなかった このように在日天国になりつつある教育界であるが ここに頼もしい助っ人がいる 2

3 旧版 余命3年時事日記 第3部 ことを忘れてはならない それが将来の日本を背負って立つ若者を正しい方向に舵取りしてく れる日教組である NewsUSにリストがアップされた 頼もしい限りである 余命は各サイトにアップされたデーターをリストアップしただけで削除されたが今回は日教 組応援リストであるから問題はなかろう 将来の日本を背負って立つ若者を正しい方向に舵取りして下さる日教組さんに心の中でエール を送りましょう 名前等(敬称略)(新 旧 過去在籍 代代表含む) 組織名 都道府県名 市区町村名の順 オリジナルでは 以下に個人名とともに 在籍していたとされる組合の所在地が掲載されて いますが 無関係な一般市民の氏名が誤表記されている可能性があるため 削除します 興味 のある方は オリジナルサイトで確認してください 日教組=日本教職員組合の概要は Wikipediaをご覧ください 5%93%A1%E7%B5%84%E5%90%88 OSINT JAPAN事務局 投稿日: 2015年8月18日 余命24号 在日朝鮮人の帰化について テーマ 余命24号 在日朝鮮人の帰化について 要望 韓国民団には帰化に関するマニュアルがあるという その関係を仲介する司法関係業者も多 く 正規の手続きのサポートであれば問題はないが 実態はかなり危ないそうだ 最近 行政書士 司法書士 弁護士等 帰化に関わる関係職に不正が相次いでいる また在日犯罪の増加は警察庁発表では看過できないレベルになっている このような事態に鑑 み 在日朝鮮人の帰化が正規の手続きで行われ また正規に完了しているのか 再度確認をお 願いしたい 在日朝鮮人の帰化問題はほとんどが二重国籍にかかわるものであるから 国籍離 脱証明書の再提出で確認できる 韓国国籍法における韓国籍抹消手続きが完了しておらず 二重国籍になっている者が多数存 在する状態は看過できるものではない 日本は二重国籍を認めておらず これは帰化取消しとなる重大事案である 早急に対応されるよう要望する 以下は過去ログの関連から抜粋した資料である Q 在日韓国人の帰化の取消しはできますか A 個々の事例についてはさまざまあるであろうから 帰化全員について考察する 韓国国籍法では自分の意思でもって他国籍を取得したものはその時点で韓国籍を喪失するとあ るから 日本での帰化の際必要な国籍離脱証明書は韓国からあらためてとる必要はない よって日本が帰化を認めた場合には問題のおきようがないはずだ ところがという話だな 詳細は過去ログで再三取り上げているから国籍法関係をググっていただければわかる 今回はわかりやすく韓国戸籍を保持していたケースを見てみよう 上述の通り 日本への帰化の際には自動的に韓国籍を喪失するから日本は韓国人については国 籍離脱証明書はなくても帰化に問題はおきなかった 3

4 ところが 韓 国 国 籍 法 には 事 後 処 理 の 規 定 があって 他 国 へ 帰 化 して 国 籍 を 喪 失 したものは 本 人 あるいは 関 係 者 が 戸 籍 の 抹 消 届 けを 出 さなければならないことになっている しかし もう 帰 化 が 認 められている 以 上 普 通 はだれも 面 倒 なことはしない 結 局 韓 国 籍 が 残 っている 場 合 があったということだ しかし 帰 化 の 時 点 で 韓 国 籍 を 喪 失 しているのだから まあ 単 なる 戸 籍 整 理 手 続 きの 問 題 だ ところが 韓 国 憲 法 学 者?の 中 には 韓 国 籍 の 抹 消 届 けをもって 帰 化 手 続 きが 完 了 するのだ と 解 釈 するものがいて これが 論 議 となっているのである 今 まで 韓 国 はつんぼ 桟 敷 で 帰 化 の 実 態 がわかっておらず この 関 係 に 手 をつけることができな かった では もし 日 本 が 帰 化 済 みの 韓 国 人 の 国 籍 離 脱 状 況 の 照 会 をした 場 合 にいったいどんなこ とが 起 きるだろうか おそらく 韓 国 籍 を 離 脱 していないと 回 答 するだろうな この 場 合 は 二 重 国 籍 となって 帰 化 は 取 消 しとなる 国 籍 離 脱 は 韓 国 の 問 題 だ 安 倍 総 理 が 帰 化 韓 国 人 の 手 続 きの 再 チェックをした 場 合 かなりの 取 消 しがあるだろう この 場 合 は 帰 化 手 続 き 再 点 検 の 要 望 メールを 官 邸 に 集 団 通 報 するだけで 官 邸 は 動 く まあ とりあえず 今 回 の 集 団 通 報 が 一 段 落 してからの 話 になるが これまたスケールが 大 きい なあ 多 分 だが 少 なくとも 帰 化 した10 万 人 以 上 は 対 象 となるだろう 現 実 にそんな 可 能 性 はあるの?ということだが それが 充 分 あるのである 今 回 の 集 団 通 報 は 改 正 法 の 未 更 新 者 つまり 不 法 残 留 者 のチェックということで 付 随 し て 在 日 のあぶり 出 しと 特 定 が 期 待 されていた 9 日 ヤフーのトップ 記 事 にあるような 強 制 送 還 云 々が 流 れる 中 安 倍 総 理 の 真 の 狙 いを 指 摘 したメディアやサイトはひとつもなかったようである 7 月 8 日 までにカード 更 新 してください そうしないと9 日 からは 不 法 残 留 ですよ ということで 結 局 5 万 人 弱 の 在 日 が 未 更 新 だったようだが 安 倍 総 理 のねらいはその 未 更 新 の 不 法 残 留 在 日 ではなかった 約 50 万 といわれる 在 日 全 部 がターゲットだったのである 未 更 新 の 不 法 残 留 者 は 法 で 縛 りがかかっている 更 新 在 日 は 国 籍 の 確 定 と 居 住 が 特 定 されて しまった これによってすべての 在 日 が 一 括 で 処 理 できる 形 が 整 ったのである この 一 括 処 理 の 際 に まとめて 帰 化 人 も 一 緒 に という 可 能 性 がありそうだというのが 前 述 の 話 だ 遅 かれ 早 かれ 処 理 される もう 少 し 我 慢 が 必 要 だ 先 ほど 日 本 からの 国 籍 離 脱 証 明 に 関 する 照 会 についてふれたが この 件 について 早 速 火 消 し が 登 場 していることに 気 がついているかな? 彼 ら 帰 化 人 にとってこれはまさに 脅 威 なのである >>0 Posted by ダブルアラーム at 2015 年 07 月 20 日 02:30)さんへ 4

5 意 味 あるよ 日 本 で 帰 化 手 続 きするとき 申 請 者 ( 外 国 人 )の 出 身 国 に 問 い 合 わせない 問 い 合 わせないことが 正 式 な 規 則 になっている 問 い 合 わせするとしたら 外 務 省 その 国 の 在 京 大 使 館 という 正 式 な 外 交 ルートで 問 い 合 わせ ることになるが 全 ての 外 国 人 の 身 元 問 い 合 わせで 外 交 ルートをパンクさせるわけにはいかな い 重 要 な 政 治 経 済 治 安 案 件 を 中 心 に 優 先 順 位 を 全 省 庁 間 で 調 整 し 総 数 に 制 限 をかけ て 質 問 を 出 す だから 個 々の 外 国 人 の 帰 化 手 続 きに 関 する 質 問 は 排 除 されてしまうんよ Posted by ななし at 2015 年 07 月 20 日 02:44 過 去 ログでもふれているが 先 般 帰 化 問 題 が 大 きくなって 国 籍 離 脱 届 けが 話 題 となった とき 韓 国 大 使 館 は 国 籍 離 脱 届 けに 関 するHPを 閉 鎖 してしまった これは 日 本 への 帰 化 の 際 に 事 実 上 国 籍 離 脱 証 明 書 は 意 味 がないということで 関 係 の 施 行 規 則 そのものがいい 加 減 であったことによる 先 述 の 通 り 戸 籍 抹 消 手 続 きは 必 要 とされてはいたものの 期 限 は 定 められていなかった 理 屈 から 言 えば5 年 後 でも10 年 後 でもOKということであるから 帰 化 手 続 きに 不 安 を 覚 えた 帰 化 済 み 元 韓 国 人 の 問 い 合 わせと 手 続 きが 殺 到 したため 対 応 できな かったということだ 現 在 は 復 旧 しているが 知 る 限 りでは 法 改 正 はしていない 対 応 は 施 行 規 則 内 規 扱 いのようだ この 対 応 を 見 ると 戸 籍 抹 消 届 けはほとんど 受 理 されていないようだ まあ 棄 民 だからな 今 回 は 韓 国 籍 を 持 つ 帰 化 の 例 であるが 日 本 生 まれ 日 本 育 ち 規 定 年 齢 までに 日 本 国 籍 を 取 得 しない 場 合 自 動 的 に 韓 国 籍 となるが 韓 国 に 未 届 けの 場 合 は 無 国 籍 となる この 場 合 以 前 は 韓 国 はまったくこの 関 係 は 部 外 者 であった その 関 係 も7 月 9 日 以 降 はっきりすることになる 帰 化 した 以 上 は 日 本 人 とはいえ 彼 らの 生 き 様 を 見 ると 応 援 する 気 にはなれない よって 関 連 記 事 は 止 めていたということである 1. 韓 国 への 国 籍 照 会 2. 韓 国 籍 離 脱 証 明 書 の 提 出 これだけで 彼 ら 帰 化 人 全 体 が 窮 地 に 陥 る 結 果? 余 命 は 関 知 しない 現 状 帰 化 人 全 体 の 扱 いは 安 倍 総 理 に 任 せておけばいいと 思 うが 回 答 になったかな 大 韓 民 国 国 籍 法 では 父 又 は 母 が 大 韓 民 国 の 国 民 である 者 大 韓 民 国 で 出 生 した 者 大 韓 民 国 で 発 見 された 棄 児 は 大 韓 民 国 で 出 生 したものと 推 定 され 国 籍 を 取 得 する 在 日 の 場 合 日 本 国 では 外 国 人 の 子 が 生 まれたら 国 籍 選 択 ができる 期 限 は22 歳 まででそれま でに 日 本 国 籍 を 選 択 しないと その 在 日 は 韓 国 人 になる つまり 自 動 的 に 日 本 国 籍 を 失 う そ の 間 は 在 日 は2 重 国 籍 者 というわけだ 2 重 国 籍 の 在 日 韓 国 人 が 日 本 国 籍 を 選 択 した 場 合 日 本 では 韓 国 の 国 籍 離 脱 が 必 要 だ 出 生 と 同 時 に 先 天 的 二 重 国 籍 になった 場 合 の 韓 国 籍 を 放 棄 する 手 続 きが 国 籍 離 脱 である 国 籍 離 脱 をするためには 法 務 部 長 官 に 国 籍 離 脱 申 告 をしなければならない 二 重 国 籍 者 は 国 籍 離 脱 申 告 を 行 うまでは 韓 国 国 籍 も 持 っているという 点 で 韓 国 国 民 としての 処 遇 を 受 け 同 時 に 兵 役 など 国 民 としての 義 務 も 当 然 負 わなければならない 5

6 国 籍 離 脱 の 手 続 きは 国 籍 離 脱 申 告 書 と 共 に 具 備 書 類 をそろえて 法 務 部 国 籍 業 務 出 張 所 に 国 籍 離 脱 申 告 を 申 請 しなければならず 国 外 居 住 者 は 在 外 公 館 に 申 請 すればよい 国 籍 離 脱 申 告 を 行 うのに 制 限 事 由 はなく ただ 韓 国 の 戸 籍 に 編 入 されている 男 子 で 第 1 国 民 役 ( 満 18 歳 になる 年 の1 月 1 日 付 け 編 入 )に 編 入 された 人 は 兵 役 を 終 えるか 免 除 を 受 け るまでは 申 告 ができない 従 って 男 子 も 第 1 国 民 役 に 編 入 される 以 前 に 国 籍 離 脱 をしようとする 場 合 は 兵 役 事 由 に 関 係 なく 申 告 だけで 国 籍 離 脱 が 可 能 である ただし 兵 役 免 除 の 目 的 で 韓 国 国 籍 を 離 脱 した 人 は 後 で 韓 国 国 籍 を 回 復 しようとする 時 国 籍 回 復 許 可 を 受 けられないこともあるという 点 を 留 意 する 必 要 がある つまり 生 まれたまま 韓 国 籍 を 維 持 して18 歳 になる 年 の 元 旦 を 超 えてしまった 人 そして 満 37 歳 の 元 旦 に 至 ってない 在 日 は 兵 役 を 果 たさなければ 国 籍 離 脱 ができないのだ 在 日 韓 国 人 の 家 庭 で 両 親 のどちらかが 日 本 国 籍 の 場 合 22 歳 までに 日 本 国 籍 を 選 択 す れば 日 本 国 籍 を 取 得 できる よって 在 日 韓 国 人 男 性 への 兵 役 実 施 が 決 まると 日 本 国 籍 選 択 者 が 間 違 いなく 増 える すでに 韓 国 籍 を 選 択 した 在 日 韓 国 人 男 性 の 場 合 は 韓 国 での 兵 役 が 終 了 しない 限 り 国 籍 離 脱 を 認 めないよう 法 律 が 改 正 されたため 日 本 への 帰 化 はできなく なった...まとめると 22 才 未 満 が 日 本 国 籍 を 取 得 して 日 本 人 として 生 きる 場 合 当 然 すべての 在 日 特 権 は 剥 奪 され る 彼 ら 特 権 はないといっているのだから これについては 文 句 はないだろう 韓 国 人 として 生 きる 場 合 兵 役 義 務 は 永 住 の 許 可 取 り 消 しとなる 在 日 韓 国 人 として 生 きる 場 合 今 後 は 韓 国 のあらゆる 棄 民 的 嫌 がらせと 日 本 における 不 安 定 な 地 位 生 活 保 護 や 一 銭 も 払 わぬ 年 金 支 給 などの 特 権 剥 奪 が 目 に 見 えている 日 韓 関 係 が 険 悪 化 する 中 ではこれが 一 番 危 険 な 選 択 だろう 以 下 資 料 として 改 正 大 韓 民 国 国 籍 法 を 部 分 掲 載 しておく 1997 年 11 月 18 日 国 会 で 国 籍 法 を 全 面 的 に 改 正 し 1998 年 6 月 14 日 から 施 行 されて いる 従 来 の 国 籍 法 が 出 生 当 時 の 父 の 国 籍 を 基 準 に 子 の 国 籍 を 決 定 する 父 系 血 統 主 義 を 採 用 し ていたのに 対 し 改 正 された 現 行 の 国 籍 法 は 憲 法 に 規 定 されている 男 女 平 等 の 原 則 に 符 合 す るよう 父 母 両 系 血 統 主 義 に 転 換 した また これにともない 韓 国 国 民 と 結 婚 した 外 国 人 の 国 籍 取 得 手 続 きを 簡 易 帰 化 に 単 一 化 し 妻 の 隋 伴 取 得 条 項 および 単 独 帰 化 禁 止 条 項 を 削 除 した 国 籍 法 による 国 籍 の 取 得 と 喪 失... 出 生 による 国 籍 取 得 出 生 による 先 天 的 国 籍 取 得 に 関 して 各 国 がとっている 原 則 は 大 きく 血 統 主 義 と 出 生 地 主 義 に 分 けられる 血 統 主 義 とは 父 母 の 国 籍 に 従 って 出 生 者 の 国 籍 を 認 定 する 原 則 であり 韓 国 日 本 中 国 等 のアジア 圏 の 国 とドイツ フランス 等 のヨーロッパ 地 域 の 国 が 主 に 採 用 して いる 一 方 出 生 地 主 義 は 自 国 の 領 土 内 で 出 生 した 人 に 自 国 の 国 籍 を 付 与 するもので 米 国 カナ ダなど 北 米 中 南 米 地 域 の 大 部 分 の 国 が 採 用 している... 先 天 的 二 重 国 籍 になる 場 合 韓 国 が 血 統 主 義 を 採 択 している 関 係 で 米 国 カナダなどの 出 生 地 主 義 国 で 韓 国 国 民 を 父 ま たは 母 として 出 生 した 人 父 母 のどちらかが 韓 国 国 民 で その 片 方 が 日 本 などの 父 母 両 系 統 主 義 国 の 国 民 として 出 生 した 人 は 生 出 と 同 時 に 二 重 国 籍 となる 6

7 但 し 先 天 的 な 二 重 国 籍 者 の 場 合 は 原 則 的 に 満 22 歳 が 経 過 したら 国 籍 を 選 択 しなければな らない 選 択 しなければ 韓 国 国 籍 を 喪 失 し 永 久 的 に 二 重 国 籍 状 態 を 維 持 することはできな い... 後 天 的 事 由 による 国 籍 取 得 過 去 に 韓 国 国 民 であったが 韓 国 国 籍 を 離 脱 した 人 ( 二 重 国 籍 だった 者 に 限 る ) や 外 国 籍 を 取 得 した 関 係 で 韓 国 籍 を 喪 失 した 人 が 再 度 韓 国 籍 を 取 得 するには 法 務 部 長 官 の 国 籍 回 復 許 可 を 受 けなければならない 韓 国 は 国 籍 回 復 制 度 とは 別 に 帰 化 制 度 も 運 用 しているが 帰 化 制 度 は 出 生 以 来 一 度 も 韓 国 民 になったことがない 純 粋 な 外 国 人 が 法 務 部 長 官 の 許 可 を 受 けて 韓 国 民 になる 手 続 きをさして いる 既 婚 者 で 配 偶 者 が 外 国 籍 の 場 合 従 来 は 配 偶 者 と 一 緒 に 国 籍 回 復 許 可 申 請 をしなければならな かったが 現 行 の 国 籍 法 では 単 独 で 国 籍 回 復 が 可 能 である 一 方 国 籍 法 は 国 籍 回 復 不 許 可 事 由 を 規 定 しており 法 務 部 長 官 は 国 籍 回 復 の 対 象 者 であっ ても 1. 国 家 または 社 会 に 危 害 を 及 ぼした 事 実 がある 者 2. 品 行 が 方 正 でない 者 3. 兵 役 を 忌 避 する 目 的 で 韓 国 籍 を 喪 失 したり 離 脱 した 者 4. 国 家 安 保 秩 序 維 持 または 公 共 福 利 のため 法 務 部 長 官 が 国 籍 回 復 を 許 可 することが 不 適 当 であると 認 めた 者 に 対 しては 国 籍 回 復 を 許 可 していない 国 籍 回 復 許 可 を 受 けた 者 は 国 籍 回 復 後 6カ 月 以 内 にそれまで 所 持 していた 外 国 国 籍 を 放 棄 しなければならない もしその 期 間 内 に 外 国 国 籍 を 放 棄 しない 場 合 韓 国 国 籍 は 喪 失 する ま た 国 籍 回 復 許 可 を 受 けても 住 民 登 録 証 と 旅 券 を 取 得 するには 外 国 籍 を 放 棄 した 事 実 を 証 明 しなければならない 韓 国 国 籍 を 取 得 した 外 国 人 で 外 国 国 籍 を 有 する 者 は 韓 国 国 籍 を 取 得 した 日 から6カ 月 以 内 に 外 国 国 籍 を 放 棄 しなければならない これを 履 行 しない 場 合 には その 期 間 が 経 過 した 時 点 で 韓 国 国 籍 を 喪 失 する... 韓 国 国 籍 の 喪 失 と 国 籍 喪 失 申 告 韓 国 国 民 で 自 ら 進 んで 外 国 に 帰 化 するなど 外 国 国 籍 を 取 得 した 者 は その 外 国 国 籍 を 取 得 し た 時 に 自 動 的 に 韓 国 国 籍 を 喪 失 する 国 籍 喪 失 の 申 告 前 述 した 事 由 で 韓 国 国 籍 を 喪 失 した 者 に 対 しては 本 人 かその 親 族 が 所 定 の 具 備 書 類 をそろえ て 法 務 部 国 籍 業 務 出 張 所 か 出 入 国 管 理 事 務 所 または 在 外 公 館 ( 大 使 館 または 総 領 事 館 )に 国 籍 喪 失 申 告 書 と 次 の 書 類 を 揃 えて 国 籍 喪 失 申 告 をしなければならない 多 くの 人 は 外 国 国 籍 を 取 得 しても 国 籍 喪 失 申 告 をせず 国 内 の 戸 籍 がそのまま 残 っていれ ば 韓 国 国 籍 を 喪 失 せず 二 重 国 籍 になると 誤 解 している 場 合 が 多 いが 事 実 はそうではない 即 ち 外 国 国 籍 を 取 得 した 人 は 国 籍 喪 失 申 告 に 関 係 なく その 外 国 国 籍 を 取 得 した 日 に 韓 国 国 籍 を 自 動 的 に 喪 失 する 国 籍 喪 失 申 告 はただ 単 に 戸 籍 を 整 理 するための 手 続 きにすぎない... 二 重 国 籍 者 の 国 籍 離 脱 二 重 国 籍 者 は 国 籍 離 脱 申 告 を 行 うまでは 韓 国 国 籍 も 持 っているという 点 で 韓 国 国 民 としての 処 遇 を 受 け 同 時 に 兵 役 など 国 民 としての 義 務 も 当 然 負 わなければならない 国 籍 離 脱 の 手 続 きは 国 籍 離 脱 申 告 書 と 共 に 具 備 書 類 をそろえて 法 務 部 国 籍 業 務 出 張 所 に 国 籍 離 脱 申 告 を 申 請 なければならず 国 外 居 住 者 は 在 外 公 館 に 申 請 すればよい 国 籍 離 脱 申 告 を 行 うのに 制 限 事 由 はなく ただ 韓 国 の 戸 籍 に 編 入 されている 男 子 で 第 1 国 民 役 ( 満 18 歳 になる 年 の1 月 1 日 付 け 編 入 )に 編 入 された 人 は 兵 役 を 終 えるか 免 除 を 受 け るまでは 申 告 ができない 7

8 旧版 余命3年時事日記 第3部 従って 男子も第1国民役に編入される以前に国籍離脱をしようとする場合は 兵役事由に 関係なく申告だけで国籍離脱が可能である 但し 兵役免除の目的で韓国国籍を離脱した人は 後で韓国国籍を回復しようとする時 国 籍回復許可を受けられないこともあるという点を留意する必要がある 国籍選択 国籍法では 韓国国籍と外国国籍を共に保有している者で 20 歳以前に出生 その他の事 由で二重国籍になった人は満 22 歳になる前まで 満 20 歳以後に二重国籍になった人はその 時から2年以内に 必ず一つの国籍を選択しなければならず これを履行しなければ 原則的 にその期間が経過した時に韓国国籍を自動喪失する 但し 兵役義務を終えていない人が兵 役を免除される目的で韓国国籍を放棄したり あるいは国籍選択義務を故意に回避して韓国国 籍を離脱することを防ぐため 例外的に大統領令が定める人は兵役を終えるか免除されなけれ ば 韓国国籍を放棄できず 国籍選択期間内に国籍を選択しなかったとしても韓国国籍が自動 喪失せず 兵役事由が解消された後 2年以内に国籍選択を終えなければならない :14 投稿日: 2015年8月17日 余命23号 在日韓国人への警告について テーマ 余命23号 在日韓国人への警告について 要望 ここ1年 日韓関係は悪化の一途である すでに日韓双方の国民の間では 日韓断交 が当た り前のように叫ばれている 皮肉なことに日韓はここだけ一致しているのである この状況下 でまた懸案の竹島演習が実施された 今後 日韓関係はますます悪化エスカレートする可能性 が高い これとは別に通名禁止やマイナンバー制度導入その他 在日特権にメスが入りつつある これは在日韓国人だけではなく 当然 北朝鮮人民も含まれる 今では彼らの戦後からの集団 の力と恫喝の手法が通じなくなっている 少なくとも 南北朝鮮の組織に在日に対して 有事の対応を示した動きはみえない よって南北朝鮮国民は日本で7月9日から外国人に対する対応が大きく変更されている数々の 内容が周知されていないと思われる 一般在日朝鮮人は通名使用の危険性を含め 韓国の有事動員法も知らない可能性がある 老 若男女総動員令は常識を越えていて あまりにも危険である 本来 南北朝鮮政府が周知させることであるが 知らないことによる双方の無用の犠牲を減 らすために何らかの措置がとられんことを要望する ソウル聯合ニュース 韓国国防部の金珉ソク キム ミンソク 報道官は21日の定例会 見で 日本政府が2015年版防衛白書で独島の領有権を主張したことについて 独島は韓国の領 土 とした上で 日本の船舶 特に軍事力は韓国の承認無しに独島に進入できない と従来 の立場をあらためて示した 国防部は同日 在韓日本大使館の武官を呼び 防衛白書で独島の領有権を主張したことについ て抗議する文書を渡した 抗議文では 日本政府が独島の領有権に関する不当な主張を続ける 限り 未来志向的な韓日の軍事関係の発展は期待できないことを深く認識しなければならな 8

9 い とした これについて 金 報 道 官 は これまで 日 本 は 独 島 が 日 本 の 領 土 であるように 記 述 し 韓 日 間 の 軍 事 協 力 に 相 当 の 支 障 をもたらした と 指 摘 今 後 そういう 主 張 を 続 けると ( 悪 い) 影 響 を 与 える と 説 明 した また 現 段 階 で 情 報 保 護 協 定 や 軍 需 支 援 協 定 と 関 連 した 議 論 や 締 結 に 向 けて 進 められてい ることは 何 もない と 述 べた...また 竹 島 演 習 だ すべて 安 倍 シナリオの 通 り 進 んでいる 今 回 の 余 命 23 号 メールを 奇 異 に 感 じた 方 がおられるかもしれないが これは 日 本 人 対 策 である 棄 民 在 日 に 対 しては おそらく 南 北 朝 鮮 は 何 の 対 応 もしないだろう また 在 日 が 認 識 したとしても できることは 帰 国 するか 通 名 を 本 名 に 切 り 替 えるくらいだ 彼 らは 朝 鮮 人 であって 日 本 人 ではない...2 年 前 の 遺 稿 記 事 だが 当 時 の 彼 らの 考 え 方 がうかがえる 日 韓 開 戦 在 日 朝 鮮 人 の 動 向 は 年 10 月 3 日 ( 原 文 のまま) 人 間 を70 年 もやっているとたいていのことには 驚 かなくなる ところが 昨 日 は 驚 きの 連 続 の 一 日 であった 小 生 の8 月 27 日 投 稿 ブログ 日 韓 戦 争 はもはや 必 至 が 通 常 アクセスの300 倍 を 超 え 総 閲 覧 数 が4 倍 を 超 えるという 異 常 というか 異 様 な 状 態 となったのだ そもそも 余 命 幾 ばくもない 老 人 の 言 いたい 放 題 遺 言 日 記 のような 感 覚 であったから 設 定 も 一 方 通 行 にし て 極 力 煩 わしさをさけ 諸 氏 の 華 やかなりし 陰 の 一 隅 で 満 足 していたのであるが さすがにこ れには 驚 いた 日 韓 戦 争 という 語 句 は 再 三 にわたって 使 用 しているので 突 出 したアクセス の 理 由 がわからず 一 時 は 実 際 に 開 戦 したのかと 疑 ったくらいであった 勢 いは 止 まったが 今 日 も 異 常 なアクセスが 続 いている 一 体 何 が 理 由 だと 思 って 日 韓 戦 争 必 至 でググってみ ると 凄 まじいヒット 数 そして その 投 稿 者 と 内 容 にはひどく 驚 かされた もともと 資 料 チ ェックか せいぜい2ch 東 亜 版 くらいしか 見 ないのでそう 感 じたのであろうか 今 回 はその ブログ 内 容 を 考 察 する まずブログ 全 体 で 特 徴 的 なことは 圧 倒 的 に 在 日 朝 鮮 人 あるいは 帰 化 朝 鮮 人 か 日 本 人 なりすま しが 多 いということである 日 韓 双 方 の 問 題 であるのに 日 本 人 には 危 機 感 が 薄 いということか もしれない 逆 に 日 韓 戦 争 ともなれば 彼 らは 敵 国 にいるわけだから 猛 烈 な 危 機 感 を 持 って 当 然 といえば 当 然 だ しかしどういう 意 図 で 日 本 のサイトで 誰 に 何 を 伝 えたいのかが 不 思 議 なこと に 漠 然 としていてどのブログもよくわからない みなインパクトのないいわゆる 人 畜 無 害 の 内 容 である ざっと30 程 度 あたってみたが 何 かマニュアルがあるがごとく 徹 底 して 彼 らの 普 段 主 張 してい る 問 題 テーマが 除 外 されている 問 題 テーマというよりは 語 句 そのものが 一 切 出 てこない ちなみにランダムにあげておくと 通 名 捏 造 仏 像 謝 罪 日 王 補 償 自 衛 隊 大 統 領 名 歴 史 問 題 核 問 題 慰 安 婦 竹 島 やくざ 民 主 党 公 明 党 共 産 党 政 治 家 名 日 本 政 権 批 判 参 政 権 政 治 活 動 差 別 嫌 韓 デモ しばき 隊 在 日 特 権 マスコミ 憲 法 改 正 反 対...ざっとこんな 語 句 つまり 日 本 人 の 神 経 に 少 しでも 障 るような 語 句 は 徹 底 して 避 けて いる 個 々のブログのこの 統 一 性 は 組 織 の 関 与 が 疑 われるレベルだ おそらくかなりの 確 率 で 関 与 しているであろうと 思 われる ところでこれらのブログを 注 意 して 読 んでいくと 様 々なことが 浮 き 出 でくる 日 韓 戦 争 と いうようなテーマになると 立 場 が 正 反 対 での 投 稿 であるから 実 におもしろい 小 生 のブログは 日 本 の 立 場 で 日 韓 戦 争 の 可 能 性 と 万 一 に 備 える 警 鐘 を 意 図 しているが 在 日 朝 鮮 人 側 も 彼 らの 立 場 で 記 述 しているのである 9

10 小 生 過 去 ログにおいて 予 測 していた 事 象 が 次 々と 実 証 されてくるとある 種 の 満 足 感 を 覚 え る 韓 国 発 でない 在 日 朝 鮮 人 ブログは 明 らかに 立 場 の 違 いを 示 している 後 述 するが 以 前 在 日 が 戦 時 国 際 法 の 勉 強 を 始 めたようだと 記 述 した それは 彼 らのブログの 中 のいくつもの 戦 時 国 際 法 に 関 する 文 言 によって 立 証 された 保 護 拘 束 収 容 所 収 監 等 具 体 的 に 対 応 策 を 考 え ていたらしい また 韓 国 が 帰 国 を 受 け 入 れない 拒 否 されるので 帰 れないとか 中 国 同 様 日 韓 開 戦 となれ ば 即 国 防 動 員 法 を 施 行 して 在 日 朝 鮮 人 は 無 条 件 で 動 員 され 捨 て 石 棄 民 となる 恐 れとか が 予 測 していたとおり 現 実 に 存 在 していたことが 確 認 されたのだ 韓 国 本 国 でわめき 散 らす 反 日 運 動 と 同 様 新 大 久 保 嫌 韓 カウンターデモが 在 特 会 の 啓 発 デモ を 威 圧 してそのデモは 押 さえ 込 んでも 在 日 朝 鮮 人 は 日 本 の 固 定 住 所 でずっと 生 活 しているので ある 外 国 人 登 録 制 度 改 正 により 住 民 登 録 が 義 務 づけられ 住 所 の 特 定 と 同 時 に 通 名 が 使 いづら くなった 以 前 のように 通 名 をいくつも 持 つことも 転 居 も 不 自 由 となった この 改 正 は 日 韓 戦 争 における 在 日 朝 鮮 人 テロゲリラ 対 策 に 決 定 的 な 意 味 を 持 つ なぜなら 外 国 人 登 録 カードに 通 名 は 記 載 されない 通 名 で 拘 束 され 在 日 朝 鮮 人 であることが 発 覚 した 場 合 は 戦 時 国 際 法 にお けるゲリラとして 即 決 裁 判 即 処 刑 が 世 界 の 常 識 だ 戦 時 国 際 法 を 勉 強 した 彼 らは 当 然 そのこ とを 知 っているだろう さらに 韓 国 では12 年 国 籍 法 を 改 正 し15 年 からは 本 国 住 民 登 録 制 度 を 施 行 しようとしている つまりあと1 年 で 在 日 朝 鮮 人 は 日 韓 から 両 ばさみとなるのだ こういう 状 況 を 踏 まえて 彼 ら は 日 韓 戦 争 勃 発 の 場 合 の 対 応 をブログに 記 述 している まず 全 ブログをざっと 読 んで 思 うのは 彼 ら 在 日 朝 鮮 人 の 思 考 回 路 の 異 常 性 である 戦 争 勃 発 ともなればまず 敵 国 内 からの 脱 出 一 目 散 に 母 国 へ 帰 国 と 思 いきや なんとなんと 韓 国 帰 国 はゼロである そしてまた 日 本 に 残 留 し テロゲリラで 日 本 と 戦 うというのもゼロ 日 本 人 に は 理 解 できない 思 考 回 路 まさに 驚 きの 連 続 である 以 下 彼 らの 対 応 策 を 分 類 して それに 対 し 予 想 される 日 本 の 対 応 策 を 記 述 することにする 脅 し 恫 喝 型... 日 本 の 警 察 はたかだか25 万 人 自 衛 隊 は 治 安 拘 束 などできやしない 我 々 在 日 朝 鮮 人 は 帰 化 を 含 めると100 万 を 超 える 勢 力 だ 武 装 勢 力 も10 万 はいる 黙 ってみているだけで 警 察 も 自 衛 隊 も 手 が 出 せない そのうち 韓 国 軍 が 日 本 を 殲 滅 する さすがに 表 だってこのようなブログはあまりみないが 全 体 の 感 じからは 在 日 朝 鮮 人 の 大 部 分 はこの 考 え 方 のようですな ところが 在 日 朝 鮮 人 のこの 対 応 は 実 に 勇 ましいとは 思 うが 致 命 的 な 欠 陥 がある そして 日 本 にとってこれは 日 本 側 にも 凄 まじい 犠 牲 が 出 る 恐 れがあるもの の 一 番 ありがたい 考 え 方 でもある 一 般 的 なデモとか 騒 擾 事 件 等 の 国 内 治 安 問 題 であれば 確 かに 治 安 拘 束 して 法 によって 裁 くと いう 形 をとるから 大 変 だが これは 戦 争 だ 1000 人 だろうが10000 人 だろうが 一 人 残 らず 殲 滅 すればいいだけの 話 で25 万 対 100 万 の 戦 闘 にならない どこかの 在 日 暴 力 団 が 立 てこもればミサイルか 戦 車 砲 で 吹 っ 飛 ばせば 終 わりだ 各 地 の 武 装 勢 力 に 対 する 対 応 は 交 戦 資 格 を 持 つ 敵 に 対 しては 投 降 拒 否 宣 言 をしてからの 殲 滅 となる そ れ 以 外 はテロゲリラとして 対 応 することとなる いずれにしても 殲 滅 戦 だ 在 日 朝 鮮 人 が 非 武 装 文 民 である 場 合 は 戦 時 国 際 法 によって 拘 束 保 護 されるが それが 万 一 通 名 であった 場 合 は 偽 名 ゲリラの 扱 いとなり 即 決 処 刑 となる 可 能 性 が 高 い ましてや 中 国 同 様 韓 国 本 国 では 戦 時 動 員 法 で 外 国 居 住 韓 国 人 は 強 制 動 員 される 可 能 性 が 高 く その 場 合 は 文 民 扱 いとはならない このような 在 日 が 発 見 された 場 合 国 民 は 戦 わざるを 得 ない 全 日 本 国 民 が 在 日 朝 鮮 人 テロゲリラと 対 決 することになる こういう 場 合 にかなりの 犠 牲 がでるのでは 10

11 旧版 余命3年時事日記 第3部 ないかと危惧されているのだ この犠牲を最小限におさめるため自衛隊は治安対策特別部隊を 検討しているようだ 開き直り型 このグループが一番戦時国際法を研究しているようだ 開戦時には韓国国内法による戦時動員 法がどうあれ ひたすら日本に対し 戦時国際法による拘束保護を求め 強制送還はあくまで も拒否し終戦まで収容所で暮らすという対応策だ どうにでもしてくれという対応は実は日本にとってはこれが一番手間がかかってやっかい だ 開戦と同時に武装勢力とは戦闘が始まるし 拘束収容までには時間がかかる また強制送 還や永住権喪失の問題等があって全在日がこういう対応をすることはありえない また時間 がかかるということは不慮の衝突発生の可能性が高くなって対自衛隊とか治安部隊ならともか く一般日本人との対峙となれば惨事は避けられないだろう 日韓戦争が1年も2年も続くことはまず考えられないので 彼らのこの対応策は終戦後に問 題が多そうだ ただしこの対応を選択するものはほとんどが犯罪者 暴力団 ヤクザ等の帰国 拒否リスト対象者といわれており 彼らの思惑通りに日本が対応してくれるかは不透明だ い の一番に殲滅すべき在日朝鮮人とマークされていては彼らの意向を無視しての殲滅戦まである だろう 逃走型 祖国から帰国を拒否され 日本においても不良外国人として永住権も帰化もできない者が米や 東南アジアに避難するパターンだが再入国がきくかどうか 日本はノータッチ 友好型 日韓戦争になって祖国に帰らず敵国日本にいたいというのには驚いたし 敵国日本にいて日本 とは戦いませんというのにも驚いた ところがさらに上の仰天サプライズがあった 日韓戦 争勃発時には日本側について祖国韓国と戦うというのだ 第二次世界大戦時 米では在米二世 が日本と戦ったのと同じだというが それは全く違う 彼らは日系米国人であって 国籍は米 であった 在日朝鮮人は国籍は韓国なのである また戦場は日系米国人は欧州戦線であって対 日戦ではなかった このままでは韓国人が韓国人と戦うということになる 世界戦史のどこに もこんなパターンはありえない 在日朝鮮人ブログを見る限りでは 開戦後も国内でテロゲリラ戦を仕掛けてくることはなさ そうだ 敵は本能寺にあり 安倍の真の敵 日本の真の敵は反日売国奴日本人であり最近は日 本国民の誰もが目標をはっきりと認識し始めている 日韓戦争が始まれば安倍はまず国内の大 掃除をはじめる 韓国や在日朝鮮人などどうにでもなるというのが安倍戦略 今のところ事態 は阿部のシナリオ通り進んでいるようだ 投稿日: 2015年8月17日 余命21号 日本メディア 余命22号 NHK課金 テーマ 余命21号 日本メディアについて 要望 最近の新聞 TVにおける報道は常識をはるかに超えて偏向している すでに国益を害するレ 11

12 ベルである とくにフジ TBS NHKに 顕 著 である 総 務 省 は 切 り 捨 てを 含 めた 総 チェッ クをお 願 いしたい 今 や 既 存 の 局 がゼロとなっても 何 の 障 害 もない 時 代 となっている 報 道 の 速 度 はネットに 及 ばず 情 報 の 真 偽 は 大 量 のネット 情 報 によるネット 民 の 判 断 が 可 能 で 意 図 的 な 捏 造 やスルーは 通 じなくなっている 彼 らが 常 に 掲 げる 言 論 や 表 現 の 自 由 は まさに 見 せかけであって 今 般 の 余 命 三 年 時 事 日 記 のネット 切 断 などは 自 分 たちはいいが 相 手 には 許 さない というあからさまな 言 論 弾 圧 で あろう 余 命 10 号 で 要 望 しているが ネット 規 制 の 見 直 しと 同 時 に 国 民 の 納 得 できる 対 応 を 早 急 にお 願 いしたい テーマ 余 命 22 号 NHK 課 金 について 要 望 現 状 のNHKの 有 り 様 は 日 本 の 政 治 経 済 軍 事 すべてにおいて 日 本 という 国 の 立 場 が 全 く 見 え てこない とくに 政 治 における 論 説 解 説 は 異 様 というレベルである すでに 特 権 的 企 業 に 成 り 下 がり 公 共 放 送 という 偽 看 板 を 掲 げた 営 利 企 業 になっている 実 態 では NHKに 受 信 料 支 払 強 制 の 大 義 名 分 はない 受 信 料 の 支 払 いは 任 意 とするか 廃 止 が 妥 当 だろう これは100% 民 意 である しかるべき 早 急 な 対 応 を 要 望 する 以 下 は 遺 稿 記 事 引 用 である 2013 年 7 月 30 日 日 本 のマスメディアを 考 察 する から 安 倍 のメディア 規 制 とかメディア 戦 争 とかいう 話 はさておいて 客 観 的 に 日 本 のマスメディア の 有 り 様 を 考 察 してみよう まずはTVである 小 生 あまりみる 時 間 がないので 細 かいところ まではよくわからないが 聞 き 及 ぶところではいろいろと 問 題 があるようだ NHKの 料 金 は 自 動 的 に 銀 行 口 座 引 き 落 としで 別 に 気 にしていなかったのだが 偏 向 報 道 云 々とか 重 要 情 報 スルーとか 伝 わってくると 当 然 ちょっと 待 ったということになる 有 事 VIP300 名 なんて 名 前 があがってから たまに 見 るニュースを 注 意 深 く 聞 いていると 確 かにネットのガセでは なく 間 違 いなくやってますな NHKでそうなら 他 の 民 放 もフジをはじめとして 右 ならえでし ょうな 番 組 のキャスター コメンテーターもひどすぎる 視 聴 者 の 目 も 耳 も 今 はあふれる 情 報 で 肥 えているのだ ごまかしはきかない にもかかわらず 知 ってか 知 らずか 改 善 の 様 子 はま ったくみられない しらけるばかりだ まあTVにでるくらいの 人 ならそれなりの 教 養 と 知 識 は 持 っていよう ならば 確 信 犯 ということになる 恐 ろしい 話 だ 安 倍 がまとめて 整 理 という のも 無 理 はない 先 般 フジは 日 韓 サッカーを 韓 日 サッカーと 呼 称 したという 韓 国 で 開 催 した からだという ならば 日 韓 首 脳 会 談 を 韓 国 でやれば 韓 日 首 脳 会 談 か ふざけるのもいい 加 減 にしろ こんなことでは ごく 近 い 将 来 NHKはじめ 全 TV 局 認 可 取 り 消 しも 当 然 だ デジ タル ケーブルの 時 代 こんなTV 局 などなくてもちっとも 困 らない さて 新 聞 である 社 説 やコラムで 主 義 主 張 を 発 信 し 内 外 の 情 報 を 報 道 する このメディアも 画 面 と 紙 面 の 差 があるだけで 本 質 は 同 じものである よってTV 局 と 運 営 は 同 系 列 だ 昨 年 自 民 党 総 裁 選 で 安 倍 再 登 板 の 可 能 性 が 出 てきた 時 の 新 聞 雑 誌 のパッシングは 異 常 であっ た そして 衆 院 選 都 議 選 参 院 選 とパッシングは 続 いてきた 橋 本 はネガキャンに 屈 した が 安 倍 はしぶとかった というよりは 民 主 党 が 朝 鮮 傀 儡 勢 力 であることが 国 民 の 知 るところ となり 同 時 にパッシング 勢 力 の 本 質 もばれてしまったというのが 凌 げた 大 きな 理 由 だろう 参 院 選 自 民 党 圧 勝 後 新 聞 各 紙 元 気 がない ネットでも 朝 日 は 消 え 毎 日 が 目 立 つくらいだ 朝 日 の 南 京 報 道 慰 安 婦 報 道 は 今 もって 現 在 進 行 形 で 日 本 に 悪 影 響 を 与 え 続 けている こういう 12

13 ケースを 今 こそ 本 来 国 のあるべき 姿 で 国 益 本 位 にただす 必 要 があるだろう ところでネットといえば28 日 2チャンネルの 東 アジアサイトが 実 におもしろかった 例 によ って 日 本 は 袋 だたきなのだが スレッドを 見 ただけではどこの 国 だかわからない メディアソース39のうち25まで 明 らか そこで 残 りの14のソースの 国 当 てクイズだ も し 全 正 解 なら 東 亜 のプロ 認 定 だ 小 生 の 成 績 は 二 択 でも 恥 ずかしながら3 割 であった 以 下 問 題 と 小 生 の 解 答 1 海 兵 隊 敵 地 攻 撃 能 力 無 人 偵 察 機 等 記 載 の 防 衛 大 綱 専 守 の 原 則 から 外 れ 中 国 等 疑 念 中 国 か 韓 国 2 第 二 東 京 弁 護 士 会 在 日 韓 国 朝 鮮 人 への 嫌 韓 デモ 規 制 を 議 論 するシンポジウム 開 催 韓 国 3 尖 閣 問 題 が 日 中 ナショナリズムの 象 徴 に 制 空 権 確 保 や 艦 砲 射 撃 の 方 が 有 効 オスプレイは 有 事 に 不 要 軍 事 的 に 見 れば 中 国 ただのオスプレイ 不 要 論 であれば 日 本 4 在 日 韓 国 人 へ 嫌 韓 デモや 殺 せ 出 ていけ 等 の 脅 迫 が 増 えている 韓 国 の 反 日 デモは 一 般 日 本 人 へは 脅 迫 はしない 韓 国 5 日 本 の 繁 栄 は 朝 鮮 を 南 北 に 分 断 した 民 族 の 悲 劇 の 上 に 成 り 立 ったもの 韓 国 6 米 識 者 韓 国 が 中 国 やロシアでなく 日 本 に 支 配 されたのは 幸 いだった 日 韓 の 間 の 真 実 の 話 日 本 か 7 南 京 で 日 本 軍 が 百 人 斬 り 戦 争 で 東 京 を 攻 撃 したい 日 本 は 中 国 の 物 抗 日 記 念 館 の 憎 悪 中 国 8 新 防 衛 大 綱 海 兵 隊 敵 基 地 攻 撃 能 力 などで 北 朝 鮮 中 国 との 対 話 が 難 しくなる 韓 国 か 日 本 か 9 対 中 国 でフィリピンへ 巡 視 船 供 与 武 器 三 原 則 を 素 通 りするな 中 国 10ワンコリアフェス 主 催 の 在 日 韓 国 人 チョン 氏 民 団 総 連 が 南 北 一 丸 で 地 方 参 政 権 獲 得 し 朝 鮮 戦 争 終 戦 を 徴 兵 は 無 駄 韓 国 11 大 阪 生 野 の 在 日 韓 国 人 嫌 韓 デモで 根 を 下 ろした 街 はびくともしない 在 日 コリアンではな く 在 日 関 西 人 と 名 乗 ってる 韓 国 12 安 倍 首 相 のアジア 外 交 東 南 アジア 重 視 だけで 中 国 刺 激 は 日 本 の 国 益 でない 日 中 関 係 改 善 に 本 腰 を 日 本 か 中 国 13 在 日 韓 国 朝 鮮 人 への 嫌 韓 デモを 規 制 する 人 種 差 別 禁 止 法 を 検 討 せよ 言 論 での 対 抗 は 不 可 能 韓 国 14 敵 基 地 攻 撃 能 力 海 兵 隊 的 機 能 確 保 の 新 防 衛 大 綱 専 守 防 衛 を 捨 て 中 国 と 尖 閣 で 戦 闘 するつも りなのか 中 国 か 日 本 さてさて 正 解 は1から14までなんと 全 部 日 本 メディアだ 6 以 外 はまったく 以 外 というより は 日 本 のメディアの 主 張 というにはかなりの 違 和 感 がある 実 際 のところ 日 本 メディアという 感 じはしない もし 中 国 や 韓 国 で 逆 の 立 場 でこんなことを 書 いたら 少 なくとも 無 事 では 済 むま い 一 字 一 句 そのままソース 元 と 日 付 けを 記 載 しておく 1 朝 日 新 聞 / 社 説 海 兵 隊 敵 地 攻 撃 能 力 無 人 偵 察 機 など 記 載 の 防 衛 大 綱 専 守 の 原 則 から 外 れ 中 国 など 疑 念 [07/27] 2 NHK 第 二 東 京 弁 護 士 会 在 日 韓 国 朝 鮮 人 への 嫌 韓 デモ 規 制 を 議 論 するシンポジウム 開 催 [07/27] 3 沖 縄 タイムス 尖 閣 問 題 が 日 中 ナショナリズムの 象 徴 に 制 空 権 確 保 や 艦 砲 射 撃 の 方 が 有 効 でオスプレイは 有 事 に 不 要 [07/26] 4 熊 本 日 日 新 聞 在 日 韓 国 人 へ 嫌 韓 デモや 殺 せ 出 ていけ 等 の 脅 迫 が 増 えている 韓 国 の 反 日 デモは 一 般 日 本 人 へは 脅 迫 はしない[07/26] 5 高 知 新 聞 日 本 の 繁 栄 は 朝 鮮 を 南 北 に 分 断 した 民 族 の 悲 劇 の 上 に 成 り 立 ったもの [07/27] 13

14 旧版 余命3年時事日記 第3部 ⑥ 産経新聞 米識者 韓国が中国やロシアでなく日本に支配されたのは幸いだった 日韓の 間の 真実の話 07/26 ⑦ 産経新聞 南京で日本軍が百人斬り 戦争で東京を攻撃したい 日本は中国の物 抗日 記念館の憎悪[07/24] ⑧ 信濃毎日新聞 新防衛大綱 海兵隊 敵基地攻撃能力などで北朝鮮 中国との対話が難しく なる[07/26] ⑨ 信濃毎日新聞 対中国でフィリピンへ巡視船供与 武器三原則を素通りするな[07/28] ⑩ 毎日新聞 ワンコリアフェス主催の在日韓国人チョン氏 民団 総連が南北一丸で地方参政 権獲得し朝鮮戦争終戦を 徴兵は無駄 [07/25] ⑪ 毎日新聞 大阪 生野の在日韓国人 嫌韓デモで根を下ろした街はびくともしない 在日コ リアンではなく在日関西人と名乗ってる [07/26] ⑫ 南日本新聞 安倍首相のアジア外交 東南アジア重視だけで中国刺激は日本の国益でな い 日中関係改善に本腰を[07/26] ⑬ 宮崎日日新聞 在日韓国 朝鮮人への嫌韓デモを規制する人種差別禁止法を検討せよ 言論 での対抗は不可能[07/25] ⑭ 琉球新報 敵基地攻撃能力 海兵隊的機能確保の新防衛大綱 専守防衛を捨て中国と尖閣で 戦闘するつもりなのか[07/27] 一日のネットで拾ってもこれだけある かの有名な北海道新聞や 神奈川新聞等 ローカル紙 もまったく同様の傾向だ 有事VIPメディア2000名とかいわれているそうだが本当なんだ な これじゃ安倍が全部まとめて整理整頓というわけだ 明日はMRIです ではまた 投稿日: 2015年8月17日 余命20号 新弁護士会の設立について テーマ 余命20号 新弁護士会の設立について 要望 現状の日本弁護士連合会は 本来の弁護士業務から逸脱し 一般国民には常識から外れ 偏向 した政治組織にしか見えない もしそうでない自由だというのならば 加入義務は必要ないこ とになるし 弁護士活動にも制限はいらないことになる まさか弁護士が詭弁を使うことはないだろうから 問題を提起した弁護士が弁護士会を訴え るという裁判を起こしたこの機会に弁護士法を改正して 複数の弁護士会の設立を認めるべき であると考える すでに強制加入の弁護士会が一つという現状は 国民にとって百害あって一 利なし 意味がなくなっている ちなみに訴訟案件の概要は以下のとおりである 日本弁護士連合会や弁護士会による特定の政治的な主張について 弁護士自治とは全く無縁な 目的外行為 であり違法だ などとして 南出喜久治弁護士が1日 日弁連や所属する京都 弁護士会 それぞれの会長などを相手取り ホームページ上の意見書や会長談話の削除と10 0万円の慰謝料を求める訴訟を東京地裁に起こした 問題となったのは今年6月の 安全保障法制改定法案に反対する意見書 や平成26年7月の 集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 など計15本 原告側は訴状で 弁護士法で弁護士は日弁連と弁護士会への強制加入が義務づけられている とした上で 声明として出される 文書は正規の機関決議を経たものではなく 文章を作 成して発信する権限は日弁連や京都弁護士会にはない と主張している 14

15 提 訴 後 に 会 見 した 南 出 弁 護 士 は 日 弁 連 は 特 定 の 意 見 を 表 明 する 政 治 団 体 になっている 主 張 したいならば 強 制 加 入 の 団 体 ではなく 賛 同 者 を 集 めて 任 意 団 体 を 作 ってやるべきだ と 訴 えた 以 上 について 早 急 な 対 応 を 要 望 する この 余 命 20 号 案 件 は 余 命 2 号 案 件 の 要 望 事 項 を 具 体 的 に 弁 護 士 法 改 正 の 要 望 と 特 定 化 したも のだ また テーマ 余 命 2 号 弁 護 士 の 日 弁 連 と 弁 護 士 会 への 強 制 加 入 の 義 務 づけは 違 法 の 記 述 については 誤 解 の 恐 れがあるということで 違 法 を 問 題 ということに 訂 正 した さて 追 記 という 形 をとったが いきなりの 削 除 に 対 応 した 処 置 ここ20 号 までで 基 本 的 な 要 望 事 項 はピックアップした いざという 時 は 段 取 りに 従 って 粛 々と 進 めていただきたい これで 勝 てる まだいろいろとたまっているので 申 し 訳 ないがコメントまで 手 が 回 らない 手 当 たり 次 第 フ ァイルの 整 理 をしているが 時 間 がない まあ ないないづくしの 中 で 必 要 なQ&Aである Q... 自 然 施 行 されるテロ 口 座 凍 結 法 案 の 前 倒 しってどういう 意 味? A... 余 命 では 官 邸 メールとパブコメどちらでもという 対 応 をした 目 指 すところは 一 緒 でも 方 法 が 違 うのだ 官 邸 メールはグローバルに 警 察 庁 パブコメは 施 行 政 令 への 公 開 意 見 聞 き 取 りの 場 である 野 党 左 翼 が 自 民 党 を 政 令 政 治 とよく 言 うが 確 かにそういう 面 はある 今 回 のパブコメで 大 きな 問 題 はないと 思 うが テロ3 法 がそろい 踏 みした 威 力 を 正 確 に 理 解 している 反 日 や 在 日 はたぶんいないと 思 われる というのもテロ3 法 +1のどの 法 律 も 実 際 に 適 用 されたことがほ とんどなかったからだ 今 回 の 凍 結 法 施 行 により 形 が 整 うことになった まず 何 故 10 月 に 前 倒 し?ということだが 簡 単 に 言 えば 環 境 が 整 ったということだ テロ 資 産 凍 結 法 適 用 の 際 の 必 須 事 項 は 本 人 の 居 住 と 口 座 の 特 定 である 従 前 に 存 在 していた 改 正 テロ 資 金 提 供 処 罰 法 改 正 犯 罪 収 益 移 転 防 止 法 は 日 本 人 が 対 象 だったが このテロ 法 案 は 在 日 も 対 象 となる 7 月 9 日 からはその 国 籍 も 確 定 している 通 名 の 一 本 化 で 名 寄 せが 進 み 口 座 凍 結 に 漏 れがなくなったということである 10 月 からのマイナンバー 試 験 運 用 にはこ の 関 係 のデーターが 使 われるようだ まだマイナンバー 改 正 案 は 参 院 を 通 過 していないので 金 融 口 座 の 処 理 はできないのだが テロ 組 織 捜 査 関 連 ということであれば 壁 はない この 件 法 が 成 立 すれば2016 年 1 月 から 施 行 される イスラム 人 質 事 件 で それをネタに 安 倍 総 理 を 叩 きまくった 連 中 は あちこちで 逃 げをうっ ているようだが 彼 らが 言 っているとおり 遡 及 しての 個 人 への 適 用 はないだろう ただし テロ3 法 が 絡 むとつながりから 組 織 でまとめられる 可 能 性 はあるだろうな この 件 は 政 権 が 動 かなくても 国 民 の 間 には 彼 らに 対 して 売 国 奴 という 意 識 が 高 いからテロリ ストとして 告 発 される 可 能 性 はある それ 以 前 に 猛 烈 にあぶり 出 されるだろうから 数 も 多 いの で まあ 現 状 では 成 り 行 きは 民 意 次 第 だとしかいいようがない 安 倍 しねとか 人 質 を 殺 したのは 安 倍 だとか 好 き 勝 手 言 っている 連 中 がヘイトスピーチ 反 対 規 制 せよ 言 論 弾 圧 とか 叫 んでいるが その 仲 間 が 余 命 のブログを 削 除 している 何 が 言 論 弾 圧 だ ふざけるな!という 話 だな... 以 下 その 関 係 についてテロ3 法 +1から 抜 き 書 きしておいた ( 中 略 ) 改 正 テロ 資 金 提 供 処 罰 法 改 正 犯 罪 収 益 移 転 防 止 法 は 共 に 改 正 案 で 法 律 はす 15

16 でに 存 在 していたのですが 機 能 していなかったのです それを テロ 資 産 凍 結 法 と 組 み 合 わ せることによって 法 意 の 実 現 を 図 っているのですが フル 稼 働 には 段 階 を 踏 む 必 要 がありまし た とりあえず 第 1 段 階 として テロ 資 産 凍 結 法 の 成 立 を 優 先 させました こんな 死 活 法 案 がほとんど 抵 抗 なく 成 立 したのは 表 向 き 彼 らには 無 害 なかたちにしたからです ちなみに 凍 結 法 第 3 条 では 国 連 安 保 理 で 設 置 された 委 員 会 の 作 成 する 名 簿 に 記 載 されたと きは 国 家 公 安 委 員 会 は 遅 滞 なく その 旨 その 者 の 氏 名 または 名 称 その 他 の 国 家 公 安 委 員 会 で 定 める 事 項 を 官 報 により 公 告 するものとする また 改 正 テロ 資 金 提 供 処 罰 法 から 部 分 抜 粋 しますが 第 4 条 では... 次 の 各 号 のいず れにも 該 当 する 者 を その 財 産 の 凍 結 等 をとるべきこととされている 国 際 テロリストとして 3 年 を 超 えない 範 囲 内 で 期 間 を 定 めて 指 定 する ここの 第 二 号 に 次 のいずれかに 該 当 する 者 とあってそのイ 項 に 今 回 改 正 された 公 衆 等 脅 迫 目 的 の 犯 罪 行 為 の 実 行 を 容 易 にする 目 的 で 係 る 前 項 の 罪 を 実 行 しようとする 者 に 対 し その 実 行 に 資 するその 他 利 益 を 提 供 した 物 は 7 年 以 下 の 懲 役 または700 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する その 提 供 を 受 けたときも 同 様 とする また 資 金 その 他 利 益 の 提 供 を 勧 誘 要 請 提 供 させたときは10 年 以 下 の 懲 役 または1000 万 円 以 下 の 罰 金 がはいっています またハ 項 では 国 際 的 テロリズムの 行 為 の 防 止 及 び 抑 止 をはかる 上 で 我 が 国 と 同 等 水 準 に あると 認 められる 制 度 を 有 していると 国 として 政 令 で 定 めるもののいずれかにより この 法 律 に 相 当 する 当 該 国 の 法 令 に 従 い 当 該 措 置 がとられている 者 とあります この 法 案 の 質 疑 において 野 党 反 対 派 が 何 度 も 言 質 をとろうとしたのが 安 保 理 の 作 成 名 簿 に ないものは 凍 結 等 の 措 置 の 対 象 外 という 確 認 で また 現 状 日 本 において 対 象 者 がいるかとい う 質 問 に 政 府 担 当 機 関 は いない と 答 弁 しています これではFATF 対 応 の 日 本 においては 全 く 実 行 性 のない 骨 抜 き 法 です ならばいいん でないの ということだったのでしょうが ここにとんでもない 大 きな 落 とし 穴 がありまし た ここで 話 の 続 きの 前 に 少 し 寄 り 道 をいたします 余 命 では 過 去 ログで 何 度 も 安 倍 戦 略 に ついて 触 れてきました また 政 治 手 法 については とにかく 時 間 をかける ストレートには いかない 保 険 をかける 処 理 処 分 は 自 分 ではやらないというような 特 徴 があります 外 国 人 登 録 法 関 係 では 約 7 年 在 日 対 策 では 韓 国 住 民 登 録 制 度 通 名 使 用 制 限 強 制 送 還 北 朝 鮮 窓 口 在 日 資 産 競 合 化 反 日 勢 力 あぶりだし 党 内 分 子 を 野 党 仲 間 に 処 分 させ 売 国 奴 議 員 を 今 回 の 選 挙 で 国 民 に 駆 逐 させる 等 まあ 策 士 ですね 俺 に 万 一 のことがあれば 後 は 頼 むよ と 頼 んでいる 先 が 自 衛 隊 ですからね 地 獄 を 見 た 人 は 強 いですね それでは 本 題 に 戻 りましょう 今 回 成 立 したテロ3 点 セット+1でも かなりの 線 まではい けるでしょうが どうも 無 理 矢 理 という 感 じですね 極 左 過 激 派 にしても あるいは 在 日 暴 力 団 にしても 現 状 目 立 ったテロ 活 動 をしているわけではありませんからテロ 指 定 は 難 しそうで す これについては 先 般 日 弁 連 がコメントを 出 しています... 本 法 案 は 国 際 テロリストを 定 めるに 当 たって 国 連 安 保 理 決 議 第 1267 号 決 議 及 びその 後 継 決 議 に 基 づき 安 保 理 制 裁 委 員 会 が 指 定 する 国 際 テロリストをそのまま 公 告 する 方 法 と 国 連 安 保 理 決 議 第 1373 号 決 議 を 受 けて 国 家 公 安 委 員 会 が 独 自 に 指 定 して 公 告 す る 方 法 を 認 めている 前 者 の 方 法 に 異 存 はないが 後 者 の 指 定 制 度 には 国 家 公 安 委 員 会 によ る 恣 意 的 な 指 定 がなされる 余 地 があり 問 題 が 大 きい すなわち 本 法 案 では 国 家 公 安 委 員 長 は 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 16 条 1 項 の 規 定 によ り 閣 議 決 定 ( 同 法 10 条 )か 主 務 大 臣 の 判 断 ( 同 法 16 条 )によって 本 邦 から 外 国 へ 向 け 16

17 た 支 払 等 について 許 可 を 受 ける 義 務 を 課 せられることとなる 者 で この 公 衆 等 脅 迫 目 的 の 犯 罪 を 行 った 場 合 や 行 おうとしたり 助 けた 場 合 で 将 来 更 に 公 衆 等 脅 迫 目 的 の 犯 罪 行 為 を 行 った り 助 ける 明 らかなおそれがあると 認 められる 十 分 な 理 由 がある 自 然 人 や 法 人 その 他 の 団 体 さ らにこれらの 者 が 影 響 を 及 ぼす 自 然 人 や 法 人 その 他 の 団 体 等 を 国 際 テロリストとして 指 定 で きる しかし 当 連 合 会 がかねてから 指 摘 しているとおり ここでいう 公 衆 等 脅 迫 目 的 の 犯 罪 行 為 は 公 衆 等 脅 迫 目 的 の 犯 罪 行 為 のための 資 金 の 提 供 等 の 処 罰 に 関 する 法 律 第 1 条 に 規 定 す る 行 為 とされ これがいわゆる テロ 行 為 の 定 義 となっているところ 同 法 が 国 連 のテロ リズムに 対 する 資 金 供 与 の 防 止 に 関 する 国 際 条 約 を 国 内 法 化 するために 制 定 されたものである にもかかわらず 同 条 約 と 比 べて 処 罰 範 囲 が 著 しく 拡 大 されている(2002 年 4 月 20 日 付 け 公 衆 等 脅 迫 目 的 の 犯 罪 行 為 のための 資 金 の 提 供 等 の 処 罰 に 関 する 法 律 ( 案 ) に 対 する 意 見 書 ) したがって これらの 条 文 をそのまま 準 用 する 本 法 案 においても テロ 行 為 とされ る 対 象 犯 罪 は 広 汎 に 過 ぎる 日 弁 連 そこで 再 び 安 倍 さんの 得 意 技 です 今 回 外 圧 が...といって 凍 結 法 案 を 通 しました 今 回 は 米 の 圧 力 を 使 います テロ 資 産 凍 結 法 を 丁 寧 に 読 んでいくと エッ!と 気 がつくと 思 います 最 初 から 最 後 まで 国 際 テロリスト 用 の 法 律 ですね この 法 律 には 安 保 理 の 作 成 名 簿 に 登 録 されているものが 対 象 で 米 が 日 本 人 や 日 本 ヤクザ 暴 力 団 に 対 しての 口 座 凍 結 の 記 述 は 何 もありません 米 の 指 定 につい て 何 もふれていないのです しかし これこそ 全 くおかしな 話 で 日 本 においてはこの 案 件 は アラブ 中 東 パキスタン 等 のテロリスト 対 策 というよりは 一 般 的 には 在 日 暴 力 団 や 反 日 勢 力 対 策 として 認 識 しているのではないでしょうか ところが 現 在 米 が 口 座 凍 結 している4 大 暴 力 団 組 織 と 個 人 は 安 保 理 制 裁 委 員 会 の 名 簿 には 記 載 されていません よって 自 動 的 に 口 座 凍 結 という 措 置 がとれません 国 家 公 安 委 員 会 が 独 自 に 指 定 手 続 きをとらなければならない 形 になっています ところが 現 実 を 考 えれば 安 保 理 の 作 成 名 簿 リストメンバーだけがテロリストではありません では 国 際 テロリストとは?とい う 話 になります これについては 実 はこの 法 の 中 に 隠 されて 記 述 があるんですね それが 第 4 条 2 項 のハで す 国 際 的 テロリズムの 行 為 の 防 止 及 び 抑 止 をはかる 上 で 我 が 国 と 同 等 水 準 にあると 認 め られる 制 度 を 有 していると 国 として 政 令 で 定 めるもののいずれかにより この 法 律 に 相 当 する 当 該 国 の 法 令 に 従 い 当 該 措 置 がとられている 者 とあります この 部 分 が 米 によって 口 座 凍 結 されている 日 本 人 国 際 テロリストということになります よって 凍 結 法 第 3 条 の1を... 安 保 理 決 議 により 設 置 された 委 員 会 の 作 成 する 名 簿 に 記 載 されたとき また は... 我 が 国 と 同 等 水 準 にあると 認 められる 制 度 を 有 していると 国 として 政 令 で 定 める もののいずれかにより この 法 律 に 相 当 する 当 該 国 の 法 令 に 従 い 当 該 措 置 がとられたと き...は 国 家 公 安 委 員 会 は 遅 滞 なく その 旨 その 者 の 氏 名 または 名 称 その 他 の 国 家 公 安 委 員 会 で 定 める 事 項 を 官 報 により 公 告 するものとする と 追 記 法 改 正 すればOKです ね また この 場 合 において 当 該 公 告 された 者 の 所 在 が 判 明 しているときは 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるところにより その 者 に 対 し 当 該 公 告 に 係 る 事 項 を 通 知 するものとする と あるので 聴 聞 手 続 きは 関 係 ありません 米 国 が 指 定 即 日 本 も 指 定 という 事 務 的 な 作 業 で す 米 国 がどのような 理 由 で 指 定 したのかは 関 係 ありません この 法 案 の 凄 みはここですね 米 発 のテロリスト 指 定 は 無 条 件 スライドで 日 本 は 公 告 します 日 本 では 聴 聞 手 続 きをはじめ として 明 らかなテロ 行 為 をする 組 織 であっても 指 定 は 大 変 です Aという 明 らかなテロリス 17

18 トの 指 定 をする 場 合 一 番 簡 単 な 方 法 は 米 国 にテロリスト 指 定 通 告 して 米 の 指 定 後 に 指 定 す ることです これなら10 人 であろうが100 人 であろうが1000 人 であろうが 米 にリストを 渡 すだ けですから 簡 単 です 口 座 凍 結 は 金 融 機 関 の 事 務 作 業 だけで 終 わるので 静 かに 駆 逐 できます ね オウムとか 日 本 赤 軍 とかを 米 にテロ 指 定 してもらうだけですべて 終 了 なんて 怖 い! このように 法 の 一 部 改 正 が 必 要 ですが 米 と2 月 の 国 際 組 織 金 融 活 動 作 業 部 会 (FAT F)と 日 本 政 府 の 折 り 合 いがつけば2015 年 7 月 9 日 以 降 に 施 行 という 可 能 性 がないわけではあ りません でも まあ 限 りなくゼロに 近 いでしょう 日 本 に 求 められているテロ 案 件 は 武 装 テロリストの 問 題 はほとんどなく マネーロンダリ ングをはじめとする 金 融 問 題 ですから さすがにここまでくれば 待 ったなしでしょう それだ けに 米 の 日 本 人 テロ 口 座 凍 結 問 題 について 野 党 の 抵 抗 は 無 理 でしょう まず 改 正 法 案 はあっと いう 間 に 成 立 しますが その 瞬 間 からとにかく 猛 烈 に 危 険 になりますね ご 承 知 のように 韓 国 経 済 は 破 綻 寸 前 です サムスンや 現 代 という 主 力 企 業 の 落 ち 込 みは 半 端 ではありませんし それにもまして 中 韓 奴 隷 的 FTAで 韓 国 は 完 全 に 終 わりました 2 月 の 日 韓 スワップは 確 実 に 終 了 です 韓 国 の 在 日 に 対 する 基 本 方 針 はすでに 棄 民 ですから 在 日 が 頼 りにすることはできません 八 方 ふさがりの 中 で7 月 8 日 がせまってきているので 在 日 暴 力 団 関 係 者 は 憂 鬱 でしょう すでに 巷 間 ネットで 流 れていますグレーリストは 使 用 漢 字 をみても 内 部 情 報 ですね 組 織 崩 壊 が 始 まっているのでしょうか ところで 余 命 の 再 三 にわたっての 警 鐘 は 7 月 8 日 の 在 日 問 題 は 国 内 問 題 ですがテロ 事 案 で の 衝 突 は 戦 争 であって 内 容 が 全 く 違 うということに 対 するものです 安 倍 さんはこのことある を 考 えて 無 理 に 通 名 を 廃 止 しませんでした おそらく 反 日 メディアはよほど 大 きくならないか ぎり 在 日 との 衝 突 は 報 道 しないと 思 われます 手 段 があればネット 情 報 を 活 用 していただきた いですね とにかく 在 日 がらみの 場 所 には 近 づかないことが 肝 心 ですね Q... 日 弁 連 はつぶせますか? A... 余 命 20 号 に 記 述 しておいたが 日 弁 連 をつぶすのが 目 的 ではない 別 に 自 由 に 活 動 できる 弁 護 士 会 を 作 るだけの 話 である ハードルはたいしたことはない 官 邸 メール100 万 件 で 民 意 は 通 るだろう それでもだめなら?500 万 件 メールすればいい( 笑 い) この 余 命 ブログだってこのたった1 年 で1400 万 人 の 読 者 だからな (つぶされたけど) Q... 訴 訟 ラッシュの 意 味 がわからないのだが? A... 強 制 加 入 の 条 項 があるので 基 本 的 に 反 日 在 日 に 不 利 な 案 件 は 自 由 に 動 けない よう 規 制 されているのが 現 状 だ これがなくなれば 自 由 に 訴 訟 が 起 こせる 朝 日 の 捏 造 問 題 か ら 福 島 植 村 などは 本 命 外 患 罪 で 売 国 奴 は 一 網 打 尽 となる そんな 事 案 が 山 にあるというこ と 日 弁 連 との 闘 いは203 高 知 なのだ Q 名 無 2015 年 08 月 16 日 12:03 ID:CBcgFPO50 このコ メントへ 返 信 今 日 は 6 号 と16 号 を 官 邸 メールすればいいのかな? A...だめ とりあえず25 号 まであるから 終 わってからね 現 在 あげてるものはどんど んメールしていただいて 結 構 それか 余 命 がまたつぶされたときに 発 動 ね! Q... 中 韓 新 しい 情 報 はありますか? A...この 質 問 は 多 いな ソースの 関 係 だと 思 うが... 18

19 旧版 余命3年時事日記 第3部 ここ2年で中国から7家族が引き揚げた 天津は家族5人昨年帰国した 命拾いだった 環境 汚染状況は悪化の一途 もうだめ 経済不況も深刻化して暴動事案もすさまじいようだ 落ち 着いたら中国事案はまとめて報告する 一方 韓国だが予定通り破綻の道をまっしぐらという状況 この展開は過去ログで記述した シナリオ通りである 安倍総理の中韓放置作戦は大成功で 唯一の懸念材料であった韓国のすりよりも乗り切った 竹島問題もまた韓国の軍事演習ということで順風満風という状況である 米韓の関係も想定通 りでこの関係も早期にまとめてアップするつもりだ 投稿日: 2015年8月16日 余命19号 不正手段による入国者の罰則強化は当然 テーマ 余命19号 出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案 における罰則の強 化等に強く賛成する 要望 この件については2015年に関東弁護士会連合会理事長から反対声明が出ている 3点あるが いずれも反対理由にはならない 不正手段による入国者の罰則強化は当然必要 反対はまさに犯罪者擁護である 声明 1 偽りその他不正の手段により 上陸許可や在留資格変更許可等を受けた場合に 3年以下の懲役若しくは禁錮若しくは300万円以下の罰金 等を科する規定を新設するこ とについて かかる規定の新設は不必要なばかりでなく 庇護申請者らに顕著な萎縮効果を与 える虞のある不当な厳罰化であるため 反対する 不正手段 営利目的で実行を容易にした者に対する罰則規定の強化も当然である 声明 2 上記の行為を営利目的で 実行を容易にした者 に 3年以下の懲役若しくは30 0万円以下の罰金 等を科する規定を新設することについても 不当な拡大解釈による濫用に よって 弁護士の職務への不当な介入の行われる危険性があり また 外国人が弁護士から法 的支援を受ける機会を奪う危険性があるため 反対する 他の活動を行い又は行おうとして在留している 場合を在留資格取消しは当然 在留外国人の地位の問題ではない 声明 3 在留資格取消の対象について 現行法に定められた 所定の活動を継続して3か月 以上行わないで在留している場合に加え 所定の活動を行わず 他の活動を行い又は行おう として在留している 場合を在留資格取消事由とすることについても 日本に在留する外国人 の地位を過度に不安定にするものであるため 反対する 戦後から今日まで ある勢力により法が異常に改悪され 集団の力と恫喝で行政が ねじ曲げられてきた この罰則強化規定は 出入国管理及び難民認定法の一部を改正 である が 偽りその他不正の手段により 営利目的で実行を容易にした者もという部分は上陸許可や 19

20 在 留 資 格 変 更 許 可 等 を 受 けた 場 合 に 限 らず 行 政 の 手 続 きその 他 の 行 為 において 共 通 するもの である 外 国 人 の 受 け 入 れに 関 する 在 留 資 格 を 設 ける を 削 除 して 進 むよりははっきりとし た 新 法 として 戦 後 続 いてきた 違 法 行 為 に 断 を 下 すべきである 少 なくとも これ 以 上 弁 護 士 の 横 暴 を 許 してはならない 以 上 要 望 である 資 料 過 去 ログ 余 命 3 号 の 悩 み から 早 速 御 三 方 からご 意 見 をいただいた 失 礼 ながらAさん Bさん Cさんとさせていただく... 余 命 の 意 見 ではなく 民 意 とするにはハードルがある 今 後 の 官 邸 メールは 日 本 の 国 は 良 くも 悪 くも 日 本 人 の 手 で 日 本 を 取 り 戻 そう という 方 向 である そこには 在 日 特 権 問 題 が 立 ちはだかる その 中 に 通 名 問 題 があるが これを 大 上 段 に 振 りかぶって 違 法 廃 止 といくか 余 命 4 号 で 予 定 しているタクシー 運 転 手 の 乗 務 員 証 の 本 名 記 載 の 要 望 という 搦 め 手 からいくかは 大 変 難 しい 選 択 である テーマを 大 きくまとめるには 個 別 あるいは 細 部 の 問 題 は 粗 っぽく 切 り 捨 てするしかないと いうことをご 理 解 願 いたい...できうる 限 り 内 容 に 論 議 がないように 簡 便 化 するので 当 初 は 物 足 りないと 思 わ れるかもしれないが 受 ける 官 邸 側 は 専 門 の 関 係 省 庁 に 割 り 振 るので 問 題 点 の 把 握 について の 心 配 はいらない 必 要 な 場 合 には 添 付 なり 解 説 という 対 応 をするつもりである 以 上 2 件 は 前 回 ブログの 記 事 である まずBさんの 法 律 案 の 理 由 を 見 てみよう 明 らかに 外 国 人 の 受 け 入 れに 関 する 在 留 資 格 を 設 ける 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 の 一 部 を 改 正 する という 異 なった 法 案 が 合 体 している どちらに 比 重 を 置 くかで 賛 否 が4パターン も 生 じる Aさんが 悩 むわけだ ではなぜ 官 邸 メールに 取 り 上 げたかというと もちろん 大 変 重 要 だったからである この 法 案 の 狙 いは 後 半 部 分 にあって 前 半 部 分 は 従 来 からの 東 南 ア ジアからの 医 療 介 護 看 護 士 の 受 け 入 れについての 見 直 し 法 案 であって 実 施 には 大 きな 制 限 を 付 けている まあ 本 来 であれば 別 々に 扱 うものであった それを 出 入 国 管 理 の 現 状 に 鑑 み 偽 りその 他 不 正 の 手 段 により 上 陸 の 許 可 等 を 受 けた 者 等 に 適 切 に 対 処 するため 罰 則 の 整 備 在 留 資 格 取 消 事 由 の 拡 充 等 の 措 置 を 講 ずる 必 要 がある として 無 理 やりくっつけたというわけだ その 理 由 については 後 半 部 分 に 再 掲 してある 2015 年 第 4 回 会 議 において 日 弁 連 の 対 応 が 報 告 され このまま 改 正 法 を 進 めていけば 出 入 国 管 理 法 改 正 はできても 肝 心 な7 月 9 日 からの 集 団 通 報 は 警 戒 されて 何 らかの 対 抗 措 置 を とられる 可 能 性 を 指 摘 する 声 が 出 ていた とあるように そこには 外 国 人 受 け 入 れの 話 など 一 切 出 てこない 狙 いは 東 南 アジア フィリピンでもインドネシアでもなく 恒 常 的 に 出 入 国 の 不 正 を 繰 り 返 す 在 日 不 法 集 団 の 取 り 締 まり 罰 則 強 化 の 法 整 備 であった したがってCさんの 対 応 も 一 つの 案 件 としては 扱 えないことになる 賛 否 を 併 記 するような 要 望 は 複 雑 すぎて 集 団 通 報 には 使 えない このような 場 合 は 賛 成 は 送 信 反 対 は 送 信 しないと いう 対 応 になる それが 民 意 である 基 本 10 万 人 としてそれより 多 ければ その 事 案 に 関 する 関 心 が 高 いということで 少 なければ 関 心 が 低 いというだけの 話 だ これは 官 邸 での 判 断 材 料 にもなる 賛 否 はこちらで 操 作 するものではない... 偽 りその 他 不 正 の 手 段 により 上 陸 許 可 や 在 留 資 格 変 更 許 可 等 を 受 けた 場 合 に 3 年 以 下 の 懲 役 若 しくは 禁 錮 若 しくは300 万 円 以 下 の 罰 金 等 を 科 する... 上 記 の 行 為 を 営 利 目 的 で 実 行 を 容 易 にした 者 に 3 年 以 下 の 懲 役 若 しくは30 20

21 0 万 円 以 下 の 罰 金 等 を 科 する 上 記 の 規 定 の 新 設 は 彼 らが 今 も 堂 々とやっている 不 法 行 為 の 取 り 締 まり 原 点 であった この 法 は 別 途 記 述 しているが いろいろな 福 祉 手 続 きにおいて たとえば 生 活 保 護 支 給 案 件 のような 場 合 恫 喝 的 なアドバイザーを 排 除 する 目 的 もあったのである 法 案 提 出 時 に 全 てを 明 らかにしていい 場 合 もあるだろうが まず 与 野 党 一 致 の 案 件 などありえ ない とくにこういう 案 件 は 徹 底 的 に 抵 抗 されるだろう まあ こういうことがいろいろとあって テーマを 大 きくまとめるには 個 別 あるいは 細 部 の 問 題 は 粗 っぽく 切 り 捨 てするしかない できうる 限 り 内 容 に 論 議 がないように 簡 便 化 す る とした 結 果 が... 余 命 3 号 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 早 期 成 立 を...になりましたということである 本 日 は 忙 しいのでここまで ご 意 見 ありがとう 余 命 のメール 悩 むなぁ 出 入 国 ~の 偽 装 滞 在 者 対 策 については 賛 成 してもいいが 介 護 に 従 事 する 外 国 人 の 受 け 入 れ は 賛 成 出 来 ない Posted by at 2015 年 08 月 05 日 23:03 衆 議 院 HP( 第 198 回 国 会 閣 法 第 31 号 ) 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 理 由 介 護 の 業 務 に 従 事 する 外 国 人 の 受 入 れを 図 るため 介 護 福 祉 士 の 資 格 を 有 する 外 国 人 に 係 る 在 留 資 格 を 設 けるほか 出 入 国 管 理 の 現 状 に 鑑 み 偽 りその 他 不 正 の 手 段 により 上 陸 の 許 可 等 を 受 けた 者 等 に 適 切 に 対 処 するため 罰 則 の 整 備 在 留 資 格 取 消 事 由 の 拡 充 等 の 措 置 を 講 ずる 必 要 がある これが この 法 律 案 を 提 出 する 理 由 である ちなみに 余 命 号 の 送 信 完 了 しましたよ Posted by 余 命 3 号 に 関 する 参 考 at 2015 年 08 月 06 日 00:24 > 前 の 余 命 3 号 についてお 悩 みの 方 へ 例 えば: (テーマ) 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 について ( 意 見 要 望 ) 反 対 意 見 及 び 要 望 として 介 護 の 業 務 に 従 事 する 外 国 人 の 受 入 れを 図 るため 介 護 福 祉 士 の 資 格 を 有 する 外 国 人 に 係 る 在 留 資 格 を 設 けることについては 反 対 である 理 由 は 外 国 人 の 受 け 入 れを 拡 大 すれば 結 果 として 不 正 行 為 や 犯 罪 行 為 を 増 大 させることになりかねないから 不 安 である この 不 安 を 解 消 してほしい 賛 成 意 見 及 び 要 望 として 出 入 国 管 理 について 偽 りその 他 不 正 の 手 段 により 上 陸 の 許 可 等 を 受 けた 者 等 に 適 切 に 対 処 するため 罰 則 の 整 備 在 留 資 格 取 消 事 由 の 拡 充 等 の 措 置 を 講 ずるこ とには 賛 成 である この 措 置 を 一 刻 も 早 く 講 じてほしい 余 計 なことかもしれませんが こんな 感 じにしてみてはどうでしょうか (ご 参 考 まで) Posted by 余 命 3 号 についての 参 考 at 2015 年 08 月 06 日 01:10... 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 についてNews USさんのコ 21

22 旧版 余命3年時事日記 第3部 メント欄で 少々論議があるようなので捕捉させていただく 結論を先に言うと 3月9日を過ぎたので出稿したということだ この件は現在 衆院予備付託委員会3月6日提出 同日受理という段階で凍結されている この改正案は 現行の入管法の弱点を埋めるだけでなく 大きく強化するもので 在日や関 係反日組織には脅威になるものである 安倍政権にとっては在日処理には欠かせないツールに なる予定であった この法のねらいは7月8日期限の未更新在日とその支援その他の関係者対 策で自作自演の通え報対応まで真剣に検討されていたのである この経緯については例のごとく 余命は各所にヒントをばらまいておいたから 気づいてい た方もかなりいたのではないかと思っている 在日 反日対策シンポにおける質疑応答では明 らかに政府関係者 入管関係者であったし 情報漏洩に戸籍謄本提示 結局秘密会となり 第 5回本会議をもって発展的に解散となっている この関係は過去ログをご覧いただくとして 2015年第4回会議において 日弁連の対応が報告され このまま改正法を進めていけば 出入 国管理法改正はできても 肝心な7月9日からの集団通報は警戒されて何らかの対抗措置をと られる可能性を指摘する声が出ていた 結局のところ 政府は法案を付託委員会止まりとし て 死んだふりをすることとなった これに日弁連をはじめ各野党はそっくりだまされたとい うわけだ その影では民間で通報への準備が着々と進められていて7月5日から一気呵成の集 団通報になだれ込んだという流れであった 従前から 余命は自民党の広報かといわれているそうだが この件を含め自民はじめ各政党 ともメールや電話一本の関係もない シンポについては余命としては参加していない ただ政 府が手詰まりであれば こっちで段取りをとろうかというだけの話だった 興味のある方は時 系列で動きを並べてみるといい 驚くほど流れがよくわかる この改正案は 今国会中には提出されることになるだろう もう気が抜けている野党は抵抗 する力もないだろう 以下に この関係の資料を付記しておいた 前回ブログ記載の みなさんご苦労様 の関係箇所も記載しておいた 比較されると面白いと思う 議案審議経過情報 議案名 出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案 の審議経過情報 衆議院予備付託年月日 衆議院予備付託委員会 衆議院議案受理年月日 平成27年 3月 6日 衆議院付託年月日 衆議院付託委員会 投稿日: 2015年8月16日 余命17号選挙関連の国籍条項, 18号不正選挙 テーマ 余命17号 選挙関連の国籍条項について 要望 以前から買収をはじめ様々な手段で違法行為は行われていたが 大量の票の操作は不可能だっ た それを可能にしたのが 国籍条項 である 民主党が政権を取ってから真っ先に取り組ん だのが この国籍条項の廃止で これは民主党と公明党による強行採決 賛成多数で2010年5 月24日可決された これにより 汚染された地方自治体による意図的な選管体制と非日本人 あるいは反日勢力 による開票作業が可能となって異様な大量票の操作が行われるようになった 総務省選挙課 選挙の開票作業員に国籍条項はありません 22

23 問 題 となった 法 律 は 民 主 党 政 権 時 の 強 行 採 決 が 原 因 である 法 律 名 は 国 会 議 員 の 選 挙 等 の 執 行 経 費 の 基 準 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 国 政 選 挙 経 費 削 減 法 案 ) である 元 々あった 国 籍 条 項 がこの 法 改 正 でなくなってしまった 他 にも 様 々な 資 格 や 仕 事 の 募 集 要 項 からも 国 籍 条 項 が 抜 き 取 られている 日 本 の 生 き 様 を 決 める 選 挙 に 国 籍 条 項 は 必 須 である 即 刻 改 善 されるよう 要 望 する テーマ 余 命 18 号 不 正 選 挙 について 要 望 総 務 省 選 挙 課 選 挙 の 開 票 作 業 員 に 国 籍 条 項 はありません 問 題 となった 法 律 は 民 主 党 政 権 時 の 強 行 採 決 が 原 因 である 法 律 名 は 国 会 議 員 の 選 挙 等 の 執 行 経 費 の 基 準 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 国 政 選 挙 経 費 削 減 法 案 ) である 元 々あった 国 籍 条 項 がこの 法 改 正 でなくなった 他 にも 様 々な 資 格 や 仕 事 の 募 集 要 項 からも 国 籍 条 項 が 抜 き 取 られている 事 業 仕 分 けの 成 果 に 基 づく 法 案 は 国 が 自 治 体 に 支 給 する 国 政 選 挙 の 経 費 を80 億 円 削 減 自 治 体 はアルバイト ボランティア 大 量 導 入 でその 穴 埋 めをするというもので つまり 日 本 国 にとって 重 大 な 国 政 選 挙 の 開 票 作 業 は 民 間 企 業 によって 募 集 されたアルバイトによってなさ れ しかもその 応 募 資 格 に 国 籍 なしという 売 国 奴 法 であった まさに 工 作 員 入 れ 放 題 である その 結 果 以 前 ではあり 得 なかった 不 正 投 票 不 正 開 票 が 行 われるようになった 選 挙 は 国 の 存 立 の 問 題 である 即 刻 対 応 されるよう 要 望 する 2014 年 衆 院 選 挙 不 正 開 票 今 回 のテーマは 不 正 開 票 です 以 前 から 買 収 をはじめ 様 々な 手 段 で 違 法 行 為 は 行 われていま したが 大 量 の 票 の 操 作 は 不 可 能 でした それを 可 能 にしたのが 前 回 のテーマ 国 籍 条 項 で す 民 主 党 が 政 権 を 取 ってから 真 っ 先 に 取 り 組 んだのが この 国 籍 条 項 の 廃 止 で これは 民 主 党 と 公 明 党 による 強 行 採 決 賛 成 多 数 で2010 年 5 月 24 日 可 決 されました これによって 汚 染 された 地 方 自 治 体 による 意 図 的 な 選 管 体 制 と 非 日 本 人 あるいは 反 日 勢 力 による 開 票 作 業 が 可 能 となって 異 様 な 大 量 票 の 操 作 が 行 東 大 阪 市 小 選 挙 区 次 世 代 西 野 こういち 61,1 36 比 例 次 世 代 の 党 8,512 pref.osaka.lg.jp/senkan/date/h2 5 万 票 が 消 えている pref.osaka.lg.jp/senkan/date/h2... こんな 不 正 が 可 能 となったのです また7 月 に 行 われた 参 議 院 選 挙 の 開 票 結 果 で 香 川 県 高 松 市 の 投 票 所 では 比 例 代 表 選 出 の 参 議 院 議 員 の 衛 藤 晟 一 氏 の 得 票 率 が0 票 だったという 明 らかな 不 正 も 発 覚 しています 安 倍 さんはこのような 状 況 を 踏 まえて 今 回 の 選 挙 ではあちこちに 罠 をしかけました それ が 不 正 開 票 の 監 視 です いろいろな 手 口 があるので まずその 確 認 からはじめているようです ね 知 ってか 知 らずか どこかの 政 党 はやりたい 放 題 やってましたね 東 京 12 区 では 不 正 操 作 がビデオで 撮 影 され 即 ネットで 拡 散 という 状 況 となって まあ 関 係 機 関 が 事 件 としてすぐ 対 応 するかどうかはわかりませんが 告 発 されれば 動 かざるを 得 ない でしょう この 関 連 安 倍 さんが 次 回 選 挙 までに 法 改 正 することは 間 違 いありませんが 来 年 4 月 の 統 一 選 挙 に 間 に 合 わせるかはわかりません ブーメランで 自 民 党 の 強 行 採 決 がみられる かもしれませんよ しかし 前 回 在 日 との 関 係 で 賛 成 した 公 明 党 はどうするんでしょう 過 去 選 挙 に 関 する 不 正 事 件 は 法 廷 で 争 われ 知 る 限 りでは 公 明 党 関 係 はすべて 勝 訴 していま すが 共 産 党 よりは 話 題 が 多 かっただけに 興 味 がありますね 今 回 発 覚 している 不 正 開 票 事 案 23

24 は 氷 山 の 一 角 です これ 一 つをみても 反 日 勢 力 や 在 日 武 装 勢 力 との 衝 突 は 不 可 避 として これ からは 常 に 用 心 していただきたいと 思 います 今 回 は 巷 間 流 れている 関 係 記 事 をピックアップしました まず 国 籍 条 項 を 廃 棄 した 民 主 党 と 公 明 党 の 強 行 採 決 事 案 からです 総 務 省 選 挙 課 選 挙 の 開 票 作 業 員 に 国 籍 条 項 はありません 問 題 となった 法 律 は 民 主 党 政 権 時 の 強 行 採 決 が 原 因 である 法 律 名 は 国 会 議 員 の 選 挙 等 の 執 行 経 費 の 基 準 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 国 政 選 挙 経 費 削 減 法 案 ) です 元 々あった 国 籍 条 項 がこの 法 改 正 でなくなりました 他 にも 様 々な 資 格 や 仕 事 の 募 集 要 項 からも 国 籍 条 項 が 抜 き 取 られています 事 業 仕 分 けの 成 果 に 基 づく 法 案 は 国 が 自 治 体 に 支 給 する 国 政 選 挙 の 経 費 を80 億 円 削 減 自 治 体 はアルバイト ボランティア 大 量 導 入 でその 穴 埋 めをするというもので つまり 日 本 国 に とって 重 大 な 国 政 選 挙 の 開 票 作 業 は 民 間 企 業 によって 募 集 されたアルバイトによってなさ れ しかもその 応 募 資 格 に 国 籍 なし 工 作 員 入 れ 放 題 ですね 国 政 選 挙 の 経 費 削 減 法 案 が 可 決 審 議 1 時 間 強 自 民 反 発 2010/05/24 国 政 選 挙 での 投 開 票 事 務 などの 経 費 として 国 が 地 方 自 治 体 に 交 付 する 額 を 減 らす 法 案 が24 日 衆 院 倫 理 選 挙 特 別 委 員 会 で 与 党 と 公 明 党 の 賛 成 多 数 で 可 決 されました 政 府 は 成 立 を 見 込 み 夏 の 参 院 選 での 地 方 への 交 付 額 として 今 年 度 予 算 に 前 回 比 90 億 円 減 の436 億 円 を 計 上 しています 高 松 事 件 香 川 県 高 松 市 最 高 裁 裁 判 官 の 国 民 審 査 の 用 紙 が 投 票 者 数 より117 票 少 ないこと が 発 覚!!! 高 松 市 選 挙 管 理 委 員 会 高 松 不 正 選 挙 サヨク 職 員 が 参 院 選 で 白 票 300 票 増 やした 疑 いで 高 松 市 幹 部 らが 逮 捕 され る 高 松 不 正 選 挙 当 選 した 参 議 院 議 員 の 得 票 数 が0 票 7 月 に 行 われた 参 議 院 選 挙 の 開 票 結 果 で 香 川 県 高 松 市 の 投 票 所 では 比 例 代 表 選 出 の 参 議 院 議 員 の 衛 藤 晟 一 氏 の 得 票 率 が0 票 だった 全 国 で20 万 票 獲 得 した 衛 藤 氏 の 得 票 数 が 0 というのは 考 えられず 高 松 市 の 自 民 党 支 持 団 体 も 衛 藤 氏 に 投 票 した と 証 言 衛 藤 議 員 は 0 票 はありえない と 憤 っています ソース:NHK e76fbf b5b29ab5a6b 補 足 NHKのコメント 少 し 面 倒 な 事 態 になっています 高 松 市 0.000? 丸 亀 市 坂 出 市 善 通 寺 市

25 衆 院 選 投 票 総 数 が 投 票 者 上 回 る= 長 崎 と 沖 縄 でミス 長 崎 県 諫 早 市 選 挙 管 理 委 員 会 は15 日 衆 院 選 比 例 代 表 の 開 票 作 業 で 投 票 者 数 と 投 票 総 数 が 一 致 しないミスが 生 じたと 発 表 した 投 票 者 数 が5 万 7482 人 だったのに 対 し 投 票 総 数 が5 万 7488 票 で6 票 多 かった 沖 縄 県 選 管 も 同 日 伊 平 屋 村 の 衆 院 選 小 選 挙 区 の 投 票 総 数 が637 票 で 投 票 者 数 636 人 を 上 回 ったと 発 表 した 同 村 選 管 が 複 数 回 数 え 直 したが 原 因 は 不 明 という 比 例 票 日 本 共 産 に 秋 田 大 館 市 選 管 他 に 該 当 政 党 ない 14 日 から15 日 にかけて 行 われた 衆 院 選 開 票 で 秋 田 県 大 館 市 で 投 票 された 比 例 代 表 の 票 の 中 に 日 本 とだけ 書 かれたものがあり 共 産 党 の 票 になったことが 分 かった 市 選 管 によると 14 日 午 後 10 時 48 分 に 県 選 管 に 開 票 結 果 速 報 を 報 告 した 際 には 無 効 票 にカウントしていたが 協 議 した 結 果 開 票 管 理 者 である 選 管 委 員 長 が 共 産 党 の 票 と 訂 正 し た 記 入 欄 の 中 央 付 近 に 日 本 と 書 かれていたという 比 例 代 表 届 け 出 政 党 で 日 本 が 付 くのは 日 本 共 産 党 しかなく 筆 致 などから 総 合 的 に 判 断 した としている 前 回 衆 院 選 のときは 日 本 が 付 く 比 例 代 表 届 け 出 政 党 が 日 本 共 産 党 日 本 維 新 の 会 日 本 未 来 の 党 だったため 日 本 とだけ 書 いた 票 は3 党 で 案 分 されたとみられるが 今 回 は 全 国 的 に 共 産 党 の 票 になったとみられる 公 選 法 は 投 票 した 選 挙 人 の 意 思 が 明 白 であれば その 投 票 を 有 効 とするようにしなければ ならない と なるべく 無 効 票 にしないよう 定 めている 総 務 省 選 挙 課 は 公 選 法 に 基 づいて 開 票 管 理 者 が 判 断 しており 総 務 省 としてマニュアルは 示 していない としている 産 経 ニュー ス :36 京 都 市 伏 見 区 の 選 挙 管 理 委 員 会 が 衆 議 院 選 挙 の 比 例 代 表 で 次 世 代 の 党 に 投 じられた1 500 票 を 共 産 党 の 票 として 誤 って 集 計 していたことが 分 かりました 選 挙 管 理 委 員 会 はいったん 開 票 作 業 を 終 えていましたが 京 都 府 の 選 挙 管 理 委 員 会 から 指 摘 を 受 け 集 計 をやり 直 したということです 京 都 市 の 伏 見 区 選 挙 管 理 委 員 会 は 衆 議 院 選 挙 の 比 例 代 表 で 次 世 代 の 党 の 票 を381 票 と 集 計 し 京 都 市 選 挙 管 理 委 員 会 に 報 告 しました これに 対 し 京 都 府 の 選 挙 管 理 委 員 会 から 極 端 に 少 ないのではないか という 指 摘 が 寄 せら れ 区 の 選 挙 管 理 委 員 会 は 開 票 作 業 を 終 えていたものの 職 員 や 立 会 人 などを 再 び 集 めて 午 前 5 時 すぎから 票 の 確 認 を 行 いました その 結 果 次 世 代 の 党 に 投 じられた500 票 の 束 3つ 合 わせて1500 票 が 誤 って 共 産 党 の 票 として 集 計 されていたことが 分 かり 集 計 し 直 した 結 果 を 改 めて 報 告 しまし た 伏 見 区 選 挙 管 理 委 員 会 によりますと 集 計 ミスの 原 因 は 次 世 代 の 党 と 共 産 党 の 票 の 集 計 を 同 じ 職 員 が 担 当 していたため 混 同 したとみられるということで 内 山 修 書 記 長 は 多 くの 方 々 に 迷 惑 をかけ 申 し 訳 ない と 話 しています 12 月 15 日 12 時 37 分 25

26 関 連 記 事 不 正 集 計 疑 われても 仕 方 がない 投 票 用 紙 仕 分 け 台 で 菓 子 食 べる 衆 院 選 開 票 所 バイト 職 員 ~ 総 務 省 選 挙 部 管 理 課 は( 開 披 台 で 菓 子 を 食 べたという 話 は) 聞 いたことがない 岡 山 市 市 内 4 区 すべての 開 票 所 で 集 計 ミス 岡 山 市 選 管 は 市 内 4 区 すべての 開 票 所 で 集 計 ミスがあったと 発 表 した 東 区 では 比 例 区 で 投 票 総 数 が 投 票 者 数 を 上 回 った 中 区 の 小 選 挙 区 では 476 票 の 束 を500 票 と 数 えていた 南 区 では 国 民 審 査 の 票 に 小 選 挙 区 の 票 が 混 在 15 日 午 前 2 時 になっても 数 え 直 しの 作 業 に 追 われた 今 月 14 日 に 投 票 が 行 われた 衆 議 院 選 挙 の 福 島 市 の 開 票 所 の 撤 去 作 業 中 に 候 補 者 の 名 前 な どが 書 かれた 小 選 挙 区 の 福 島 1 区 の 投 票 用 紙 80 枚 が 票 を 分 類 するために 使 った 籠 の 中 から 見 つかりました 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 は 見 つかった80 枚 が 有 効 票 かどうか 調 べることに しています 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 によりますと 衆 議 院 選 挙 の 開 票 所 となった 民 間 のイベントホールで 16 日 撤 去 作 業 をしていたところ 票 を 分 類 するために 使 った 籠 の 中 から 複 数 の 候 補 者 の 名 前 などが 書 かれた 小 選 挙 区 福 島 1 区 の 投 票 用 紙 80 枚 が 見 つかったということです 福 島 市 は 14 日 の 開 票 の 際 投 票 した 有 権 者 の 数 よりも 集 計 した 票 の 数 が80 票 少 なかったため 投 票 しないで 持 ち 帰 った 票 として 扱 っていました 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 は 見 つかった80 枚 について 投 票 用 紙 に 書 かれた 名 前 を 自 動 的 に 読 み 取 る 機 械 で 読 み 取 ることができず 本 来 は 開 票 所 の 職 員 が 手 作 業 で 分 類 する 票 だったとみて います 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 は17 日 開 く 福 島 1 区 の 選 挙 会 で 見 つかった80 枚 の 投 票 用 紙 が 票 として 有 効 かどうかを 調 べ 有 効 なら 候 補 者 の 得 票 に 加 えることにしています 福 島 1 区 には3 人 が 立 候 補 し 80 枚 が 有 効 票 となった 場 合 でも 当 落 には 影 響 はないという ことです 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 の 本 田 和 主 事 務 局 長 は あってはならないことが 起 きてしまい 有 権 者 と 候 補 者 におわびします と 話 しています 第 47 回 衆 院 総 選 挙 (2014 年 12 月 14 日 投 票 )で 比 例 代 表 の 開 票 判 定 を 巡 って 選 挙 管 理 委 員 会 の 判 断 にインターネットで 異 論 が 出 ている 秋 田 県 大 館 市 で 投 じられた 比 例 代 表 で 日 本 と 書 いたら 共 産 党 こんなの 無 効 だろ ブラックジョークすぎる 選 管 判 断 に 異 論 続 出 BIGLOBEニュース ホタル2014 政 治 と 霊 埼 玉 の 創 価 地 区 部 長 が 偽 票 書 きを 泣 きながら 告 白? 創 価 学 会 の 中 にも 自 分 の 偽 票 書 き 加 担 がど れだけ 卑 劣 で 非 道 な 事 か 理 解 し 後 悔 している 人 がいるのでしょう 偽 票 書 きの 結 果 は 日 本 経 済 の 破 綻 と 日 中 戦 争 そんな 最 悪 の 事 態 を 宗 教 者 が 招 こうとしている とんでもない 話 です (R コシミズ) 26

27 @mitchan_6348 選 挙 の 日 を 選 んで 遊 びに 行 く 人 は 居 な い 期 日 前 投 票 は 受 け 取 った 票 を 丸 ごと 偽 票 に 入 れ 替 える 不 正 選 挙 の 手 口 と 考 えられます 最 近 毎 回 期 日 前 投 票 の 票 数 が 増 加 しているのは 不 正 選 挙 の 為... 愛 Web 検 索 システム 不 正 選 挙 aixin.jp/axbbs/kzsj/csf 記 事 番 号 ー1 国 民 の 信 頼 失 墜 参 院 選 不 正 開 票 元 高 松 市 選 管 職 員 3 被 告 に 懲 役 繰 り 返 し 行 っている 不 正 開 票 は 票 の 抜 き 取 りと 偽 票 の 投 入 です 今 回 の 総 選 挙 では 前 例 のないほど 低 い 投 票 率 で 不 正 が 容 易 になる Lulu 19 不 正 選 挙 衆 参 不 正 選 挙 : 創 価 学 会 員 の 方 から 幹 部 からの 指 令 で 偽 票 を 書 いた との 内 部 告 発 です youtu.be/xo7wttvzlei 選 挙 管 理 委 員 会 関 係 者 が 身 分 証 明 も 持 っていない!!!おかしくないですか??? 日 本 人??? 1214 不 正 選 挙 死 角 観 覧 席 船 橋 市 開 票 所 選 管 警 察 VS さゆふらっとまうんど 1214 不 正 選 挙 カメラを 持 ち 投 票 所 に 行 くと 入 場 を 拒 否 され 投 票 出 来 ない 開 票 作 業 の 参 観 と 不 正 選 挙 幅 魔 王 の 真 実 拡 散 ブログ よその 街 の 人 は 選 挙 の 開 票 所 には 入 れない 公 職 選 挙 法 第 69 条 の 奇 怪 さ(1)~まさに お 上 の 政 治 だ!~ 参 観 人 と 言 うのが 有 るのを 初 めて 知 りました 吉 田 ネット 保 守 連 合 大 阪 所 東 大 阪 市 小 選 挙 区 次 世 代 西 野 こういち 61,136 比 例 次 世 代 の 党 8,512 pref.osaka.lg.jp/senkan/date/h2 5 万 票 が 消 えている pref.osaka.lg.jp/senkan/date/h2 なぜ 今 回 開 票 重 大 ミス 多 発? 原 因 疑 惑 QT:. 民 主 党 政 権 になってから 法 改 正 がされ 開 票 スタッフは 日 本 人 以 外 でもなれるようになってしまいました 木 卯 正 一 bit.ly/13tgcsr pic.twitter.com/0a0sxzjkh7 不 正 選 挙 ならば 南 関 東 と 東 京 は 次 世 代 が 比 例 で 取 れる 可 能 性 があります 日 本 を 愛 する 日 本 国 籍 の 日 本 国 緊 急 速 報 次 は 愛 媛 県 で 不 正 集 計 が 発 覚 キタ ( )!! 次 世 代 の 票 がごっ そり 共 産 党 への 票 に!!!!! blog.livedoor.jp/toua2chdqn/arc 真 相 は 解 らないが 共 産 27

28 党 の 小 選 挙 区 と 比 例 の 当 選 者 の 差 は 前 々から 不 自 然 と 思 っていた 選 挙 違 反 で7 人 逮 捕 買 収 など 約 70 事 件 捜 査 へ : 読 売 新 聞 (YOMIURI ONLINE) yomiuri.co.jp/national/20141 全 国 の 警 察 本 部 は 今 後 買 収 など 約 70 事 件 で 本 格 的 な 捜 査 を 始 め 約 130 人 を 取 り 調 べる 予 定 # 事 件 中 韓 嫌 共 産 党 が 伸 びてることに 不 信 感 今 回 の 選 挙 かなり 見 えないところでも 選 挙 違 反 や 不 正 が あったんじゃないかと 感 じてならない 共 産 党 は 公 示 前 からビラ 配 ってるし ポスター 破 りとかをしていたのは 共 産 党 員 の 噂 がある 特 亜 党 pic.twitter.com/txi3x9ncoz 手 品?トランプ??いいえ 開 票 所 の 開 票 スタッフの 手 元 です! youtube.com/watch?v=vtups7 衆 院 選 票 どこへ? 国 民 審 査 用 紙 投 票 者 数 より 少 なく 不 正 開 票 あった 高 松 市 選 管 産 経 WEST sankei.com/west/news/1412 pic.twitter.com/xtlfy9ixpk どうやら 日 本 中 で 不 正 起 こってるね ランバ ラル 大 緊 急 拡 散 次 世 代 の 党 の 票 が 不 正 に 隠 される 瞬 間 が 激 写 される!!この 動 画 はガチで 全 国 民 に 拡 散! 太 田 あきひろ 田 母 神 と 書 かれた 紙 の 上 に 池 内 さおり と 書 かれた 紙 を 載 せてその まま 束 ねる youtube.com/watch?v=vtups7 pic.twitter.com/p4x8uctjfy 中 韓 嫌 次 世 代 の 党 の 戦 いはこれからです! 結 果 をみれば 次 世 代 の 党 潰 し 選 挙 だったと 疑 いたくなるような 選 挙 でした 安 倍 政 権 というより 安 倍 さんに 強 力 な 助 っ 人 が 現 れたような 次 世 代 の 党 の 誕 生 でした pic.twitter.com/adtj3vyivx 訃 報 俺 が 入 れた 比 例 次 世 代 の1 票 が 何 故 か 共 産 党 への 票 へ 代 っていた 件 alfalfalfa.com/archives/76870 #2chmatome #news #newsjp pic.twitter.com/vwxe18l6zn 開 票 作 業 途 中 で 既 に 次 世 代 に1500 票 という 数 字 が 出 ています で これが 開 票 作 業 終 了 する と 何 故 か381 票 に 減 ったと あるワケねーだろそんなこと!( 笑 ) recollectionsummer.blog72.fc2.com/blog-entry-223 # 衆 院 選 #MPJ pic.twitter.com/epnqipchjn フリ( 旧 集 団 ストーカー 撲 2014 年 12 月 緊 急 拡 散 ついに 次 世 代 の 党 への 不 正 選 挙 の 実 態 が 激 写 された! 期 日 前 投 票 は 廃 止 すべし! quasimoto.exblog.jp/ / 田 母 という 紙 の 上 に 太 田 な 28

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 監 査 結 果 報 告 書 ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 給 付 金 返 還 差 止 に 係 る 住 民 監 査 請 求 ) 枚 方 市 監 査 委 員 枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

Microsoft Word - 20150609-270609yousei.doc

Microsoft Word - 20150609-270609yousei.doc 福 岡 国 税 局 派 遣 国 税 庁 首 席 監 察 官 福 澤 宏 文 殿 国 税 局 職 員 による 犯 罪 行 為 の 申 し 立 て 及 び 犯 罪 捜 査 の 要 請 平 成 27 年 6 月 3 日 島 根 県 松 江 市 東 本 町 5 丁 目 16 番 地 9 山 根 ビル3 階 株 式 会 社 山 根 総 合 事 務 所 内 山 根 治 税 理 士 事 務 所 税 理 士 山 根

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

Microsoft Word 制裁強化の動きについて

Microsoft Word 制裁強化の動きについて 最 近 における 制 裁 強 化 の 動 きについて 2013.4.23 連 合 会 館 金 東 鶴 1. 制 裁 期 間 を2 年 に 拡 大 し 継 続 決 定 2. 再 入 国 許 可 の 不 許 可 対 象 の 拡 大 3. 高 校 無 償 化 から 制 度 的 に 締 め 出 すための 省 令 改 正 4. 補 助 金 固 定 資 産 税 についても 締 め 付 け 強 化 か!? 1 [

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大 パブリックコメントに 対 する 回 答 ( 石 狩 市 国 民 保 護 計 画 ) 意 見 の 要 旨 回 答 9 月 発 行 石 狩 市 による 国 民 保 護 計 画 の 素 案 を 一 読 して 二 度 と 再 びそのようなことにはならないと 信 じてきた 戦 争 が すぐそこま で 迫 ってきているような 恐 怖 を 感 じ 子 や 孫 たちの 未 来 に 強 い 不 安 を 覚 えましたので

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

160801TOKYO 辰 已 法 律 研 究 所 &リーダーズ 総 合 研 究 所 行 政 法 実 力 診 断 テスト 試 験 問 題 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 開 いてはいけません ( 注 意 事 項 ) 1 問 題 は 1 ページから 9 ページまで 10 問 あり 時 間 は 30 分 です 2 解 答 は 別 紙 の 答 案 用 紙 に 記 入 してください 3 答 案 用

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

社労士合格 弾丸合格セミナー

社労士合格 弾丸合格セミナー 第 37 回 目 国 民 年 金 法 法 改 正 傾 向 と 対 策 それでは 第 37 回 目 の 講 義 国 民 年 金 法 法 改 正 の 解 説 を 進 めていきます 平 成 26 年 度 から 消 費 税 が 5%から 8%に 上 がり その 増 加 分 を 社 会 保 障 関 係 の 維 持 に 充 てる ことが 可 能 になったこともあり 多 くの 箇 所 で 改 正 があります 1

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番 マイナンバー 制 度 と その 対 策 と 対 応 評 議 員 経 営 労 務 コンサルタント 部 部 長 大 阪 兵 庫 支 部 長 靱 隆 幸 マイナンバーは 国 内 に 住 所 のある 人 に 割 り 当 てられる12 桁 の 番 号 です 制 度 の 開 始 にあたり 個 人 も 企 業 も 準 備 が 要 ります 各 世 帯 には10 月 に 入 るとマイナンバーを 記 載 した 通 知

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

Taro-下関署(確定版).jtd

Taro-下関署(確定版).jtd 平 成 2 6 年 度 第 2 回 下 関 警 察 署 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 7 日 ( 木 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 45 分 まで 開 催 場 所 下 関 市 細 江 町 2 丁 目 3 番 8 号 下 関 警 察 署 5 階 講 堂 出 席 者 福 井 会 長 林 副 会 長 児 玉 委 員 松 村 委 員 松 浦 委 員 藤 原 委

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用 シリーズ インドの 投 資 関 連 法 制 1 インドの 法 制 度 の 概 要 /インド 企 業 と 契 約 する 場 合 の 留 意 点 琴 浦 諒 * 1.はじめに 近 時 成 長 市 場 としての 将 来 性 を 見 込 んで ま た 中 国 に 次 ぐ 戦 略 的 な 進 出 先 として インドに 投 資 進 出 する 日 本 企 業 が 増 加 してい インドに 投 資 進 出 するに

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

税務セミナー「FX取引の所得申告ノウハウ」

税務セミナー「FX取引の所得申告ノウハウ」 ~ 税 務 セミナー ~ FX 取 引 の 所 得 申 告 ノウハウ 公 認 会 計 士 税 理 士 玉 置 栄 一 氏 セミナーに 先 立 って(その1) 脱 税 は 犯 罪 行 為 である!! 2005 年 までの3 年 間 で4 億 円 の 所 得 がありながら 確 定 申 告 せず1 億 3,900 万 円 を 脱 税 したとして 東 京 の 主 婦 が 懲 役 1 年 6 月 執 行 猶

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

精神保健福祉相談業務

精神保健福祉相談業務 精 神 保 健 福 祉 基 礎 研 修 ( 基 礎 知 識 編 ) ~ 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 施 策 と 社 会 資 源 ~ 平 成 25 年 4 月 25 日 こころの 健 康 センター 技 術 指 導 課 三 上 政 和 1 今 日 お 話 させていただく 内 容 1 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 (1) 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information