目 次 概 要 3 パターン ダンス 課 題 の 発 表 4 パターン ダンスの 音 楽 5 必 須 のシークェンス/セクション 7 パターン ダンス 全 般 の 要 求 事 項 8 シークェンス/セクションのコール(キー ポイント 判 定 なし) 10 シークェンス/セクションのコール(キー ポイ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 概 要 3 パターン ダンス 課 題 の 発 表 4 パターン ダンスの 音 楽 5 必 須 のシークェンス/セクション 7 パターン ダンス 全 般 の 要 求 事 項 8 シークェンス/セクションのコール(キー ポイント 判 定 なし) 10 シークェンス/セクションのコール(キー ポイ"

Transcription

1 Judging System Handbook for Officials Pattern Dances 競 技 役 員 用 ハンドブック パターン ダンス アイス ダンス 2015 年 7 月 27 日 版 ( 日 本 語 版 第 1 版 2015 年 9 月 9 日 )

2 目 次 概 要 3 パターン ダンス 課 題 の 発 表 4 パターン ダンスの 音 楽 5 必 須 のシークェンス/セクション 7 パターン ダンス 全 般 の 要 求 事 項 8 シークェンス/セクションのコール(キー ポイント 判 定 なし) 10 シークェンス/セクションのコール(キー ポイント 判 定 あり) 11 全 般 11 追 加 のコール 原 則 11 定 義 12 追 加 の 定 義, 定 義 の 詳 細, 注 記 15 キー ポイント 16 レベルの 特 徴 18 レベルの 調 整 18 質 問 と 回 答 (コールの 仕 様 ) 19 シークェンス/セクションの GOE 採 点 基 準 24 定 義 24 GOE の 特 徴 25 GOE の 調 整 26 構 成 要 素 (コンポーネンツ)の 採 点 基 準 27 定 義 27 構 成 要 素 の 特 徴 29 衣 装 31 減 点 責 任 者 は 誰 か 32 パターン ダンスの 説 明, 表,ダイアグラム(ノービス 国 際 競 技 会 ) 33 フォーティーンステップ 33 フォックストロット 35 ロッカー フォックストロット 37 ヨーロピアン ワルツ 39 アメリカン ワルツ 41 スターライト ワルツ 43 キリアン 46 タンゴ 48 ブルース 50 質 問 と 回 答 52 音 楽 52 衣 装 54 その 他 55 日 本 語 訳 改 訂 履 歴 2015 年 版 第 1 版 2015 年 9 月 9 日

3 Subject: 概 要 1. パターン ダンスは 音 楽 すなわちリズムとテンポに 合 わせて 規 定 のパターンを 滑 走 しなくてはならない. 2. 競 技 部 分 にパターン ダンスを 含 む 国 際 競 技 会 では 滑 走 されるパターン ダンスは 以 下 の 中 から 選 ばれる. 1. フォーティーンステップ 13. ヤンキー ポルカ 2. フォックストロット 14. クイックステップ 3. ロッカー フォックストロット 15. フィンステップ 4. ヨーロピアン ワルツ 16. パソ ドブレ 5. アメリカン ワルツ 17. ルンバ 6. ウェストミンスター ワルツ 18. チャ チャ コンゲラード 7. ヴィニーズ ワルツ 19. シルバー サンバ 8. オーストリアン ワルツ 20. タンゴ 9. スターライト ワルツ 21. アルゼンチン タンゴ 10. ラベンスバーガー ワルツ 22. タンゴ ロマンチカ 11. ゴールデン ワルツ 23. ブルース 12. キリアン 24. ミッドナイト ブルース 国 際 競 技 会 のためのパターン ダンスのステップ 系 列 の 説 明, 表 およびダイアグラムは ISU ハンドブック-アイ ス ダンス 2003 に 記 載 されている. 男 性 は 男 性 のステップを, 女 性 は 女 性 のステップを 滑 走 しなければならな い. 出 典 Rule 707, 1 & 2 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 3 of 56 D Introduction

4 Subject: パターン ダンス 課 題 の 発 表 共 通 事 項 国 際 ノービス 競 技 会 国 際 ノービス 競 技 会 のためのパターン ダンス 課 題 はアイス ダンス 技 術 委 員 会 から ISU コミュニケーションによっ て 毎 年 6 月 1 日 以 前 に 発 表 され, 発 表 の 翌 年 の 7 月 1 日 から 発 効 する. 競 技 部 分 にパターン ダンスを 含 む 他 の 国 際 競 技 会 では,パターン ダンス 課 題 (1 つまたは 複 数 )は 主 催 者 が 決 定 し 要 項 で 発 表 してよい. 抽 選 が 必 要 な 場 合, 最 初 の 公 式 練 習 の 前 に, 滑 走 されるパターン ダンスが 抽 選 され 発 表 される.この 抽 選 は,レ フェリーによって,もし 可 能 ならば 1 組 の 参 加 選 手 の 立 会 いの 下 で 行 われる. ベーシック ノービス: グループ1: # 1 フォーティーンステップおよび # 4 ヨーロピアン ワルツ グループ2: # 2 フォックストロットおよび# 5 アメリカン ワルツ シーズン2014/15 以 降 2 年 ごとに:グループ2 シーズン2015/16 以 降 2 年 ごとに:グループ1 アドバンスト ノービス: グループ1: # 4 ヨーロピアン ワルツおよび# 20 タンゴ グループ2: # 3 ロッカー フォックストロット および# 9 スターライト ワルツ グループ3: # 12 キリアンおよび # 23 ブルース 競 技 会 の 最 初 の 公 式 練 習 より 前 に,そのシーズンの 課 題 として 発 表 された2グループの 中 から1グループ2 課 題 を 抽 選 する. シーズン2014/15 以 降 3 年 ごとに:グループ1および2 シーズン2015/16 以 降 3 年 ごとに:グループ2および3 シーズン2016/17 以 降 3 年 ごとに:グループ3および1 出 典 Rule 711, 1 Communication 1886, 1947 パターン ダンスの 順 番 パターン ダンスは 規 程 第 707 条 第 2 項 に 記 載 の 順 番 で 滑 走 されなくてはならない. Rule 707, 2 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 4 of 56 D Announcement of Pattern Dances

5 Subject: パターン ダンスの 音 楽 共 通 事 項 シーズン 2015/16 国 際 競 技 会 のパターン ダンス 競 技 には 現 行 の ISU 公 式 アイス ダンス 音 楽 を 使 用 するものとする.ただし,アイス ダンス 技 術 委 員 会 が 1 つまたは 複 数 のパターン ダンスについて,ISU コミュニケーションで 発 表 された 要 件 を 満 た す 音 楽 をカップルが 提 出 すると 決 定 した 場 合 を 除 く.この 場 合, 要 件 に 従 わないパターン ダンス 音 楽 は 減 点 により 罰 せられる( 第 353 条 第 1 項 n)を 参 照 ). 現 行 の ISU 公 式 アイス ダンス 音 楽 を 使 用 する 場 合 は, 国 際 競 技 会 においては,ISU コミュニケーションによる 別 段 の 指 示 が 無 いかぎり, 各 パターン ダンスに 対 して ISU 課 題 曲 1 番 から 5 番 までの 5 曲 が 用 いられる. 音 楽 は 滑 走 グループ 毎 に 上 記 の 番 号 順 で 演 奏 される. 各 ダンスに 用 意 されている 6 番 の 曲 は, 滑 走 グループごとのウォームア ップ 中 にのみ 使 用 する. 2015/16 シーズンにおいては,カップルは 以 下 のパターン ダンスの 音 楽 を 各 自 で 用 意 するものとする. 国 際 ノービス 競 技 会 - ベーシック ノービス:#4 ヨーロピアン ワルツ - アドバンスト ノービス:#9 スターライト ワルツ #23 ブルース 他 の 国 際 競 技 会 および 国 際 アダルト 競 技 会 : 大 会 の 要 項 での 組 織 委 員 会 の 発 表 に 従 う. 音 楽 はそのパターン ダンスのリズムに 沿 ったものを 選 ばなければならず ボーカル 入 りでもかまわない 必 要 なシー クェンス 中 のテンポは 一 定 でなければならず,またそのパターン ダンスに 要 求 されたテンポ(ISU アイス ダンス ハ ンドブック 2003 を 参 照 のこと)±2 拍 / 分 に 従 わなければならない. 注 : ISU アイス ダンス 音 楽 から 1 曲 を 選 ぶのでもよい.この 場 合, 選 んでよい 曲 は 1 番 から 5 番 の 曲 のみであり,カッ プルは 規 程 第 343 条 第 1 項 に 従 って 競 技 会 用 の 音 楽 を 用 意 するものとする. 上 記 の 音 楽 要 件 やテンポ 指 定 の 違 反 は 規 定 353 条 第 1 項 n)に 従 って 罰 せられる カップルが 用 意 した 音 楽 に 対 して 規 程 708 条 第 1 項 d)を 適 用 する 際 は,そのダンスの 最 初 のステップが 1 小 節 内 の 第 1 拍 で 開 始 しなければならないと 定 める(ただしダンスの 説 明 において 別 途 指 定 されている 場 合 を 除 く). ベーシック ノービス パターン ダンス レベルの 説 明 キー ポイントの 説 明 はなく レベルの 評 価 は 行 わない.テクニカル パネルは パターン ダンスの 名 称 を 決 め シー クェンス/セクションがベースレベルの 要 件 を 満 たすことを 確 認 する ジャッジはGOEでパターン ダンスを 評 価 する 出 典 Rule 707, 5 Communication 1932, 1947 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 5 of 56 D Required Sequences and Sections

6 Subject: パターン ダンスの 音 楽 パターン ダンスの 構 成 要 素 はすべて 採 点 する. 構 成 要 素 の 係 数 は 0.7 である. 2つのパターン ダンスを 滑 走 する 競 技 会 では, 規 定 353 条 第 1 項 b)により 各 ダンスの 合 計 点 に 係 数 0.5 をかけるも のとする. フリー ダンス レベルの 説 明 ベーシック ノービスのフリー ダンスでは 全 ての 必 須 要 素 において レベル2までの 特 徴 だけ 数 えられる. 追 加 の 特 徴 はレベル 要 件 として 数 えることはなく,テクニカル パネルによって 無 視 される. 演 技 構 成 要 素 はすべて 採 点 する. 演 技 構 成 要 素 の 係 数 は 1.0 である. アドバンス ノービス パターン ダンス レベルの 説 明 2つのキー ポイントが 定 められ,レベル3まで 評 価 される シーズンのキー ポイントおよびキー ポイントの 特 徴 はコミュニケーション 第 1937 号 にて 定 められている. ジャッジは GOE でパターン ダンスを 評 価 する. パターン ダンスの 構 成 要 素 はすべて 採 点 する. 構 成 要 素 の 係 数 は 0.7 である. 2つのパターン ダンスを 滑 走 する 競 技 会 では, 規 定 353 条 第 1 項 b)により 各 ダンスの 合 計 点 に 係 数 0.5 をかけるも のとする. フリー ダンス レベルの 説 明 ベーシック ノービスのフリー ダンスでは 全 ての 必 須 要 素 において レベル3までの 特 徴 だけ 数 えられる. 追 加 の 特 徴 はレベル 要 件 として 数 えることはなく,テクニカル パネルによって 無 視 される. 演 技 構 成 要 素 はすべて 採 点 する. 演 技 構 成 要 素 の 係 数 は 1.0 である. ウォーム アップ 音 楽 4 分 間, 音 楽 無 しで1 分 間 の 後,ISUアイス ダンス 音 楽 の 最 後 (6 番 目 )の 曲 を3 分 間 流 す. Rule 514, 2.c) File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 6 of 56 D Required Sequences and Sections

7 Subject: 必 須 のシークェンスおよびセクション シークェンス 順 序 と 内 容 が 定 められた 複 数 のステップ/ターンのことで,パターン ダンスの1パターン(シークェンス)を 構 成 する Rule 703, 3 セクション パターン ダンスのシークェンスの 一 部 Rule 703, 5 必 須 の シークェンス および セクション 採 点 とビデオ リプレイのために, 各 パターン ダンスのパターンは 複 数 のセクションに 分 割 されうる. 各 ダンスのセクションの 数 は, そのダンスの 長 さ(ステップの 数 )とシークェンスの 回 数 によって 異 なる. 各 パターン ダンスのセクションとその 配 点 はISUコミュニ ケーションにより 発 表 される. Fourteenstep 4 シークェンス Foxtrot 4 シークェンス Rocker Foxtrot 4 シークェンス European Waltz 2 シークェンス 出 典 Rule 708, 2 Rule 707, 3 American Waltz 2 シークェンス Starlight Waltz 2 シークェンス 第 1セクション ステップ 1-17 第 2セクション ステップ Yankee Polka 2 シークェンス with 第 1セクション ステップ 1-25 第 2セクション ステップ Rhumba 4 シークェンス Argentine Tango 2 シークェンス 第 1セクション ステップ 1-18 第 2セクション ステップ Westminster Waltz 2 シークェンス 第 1セクション ステップ 1-12 第 2セクション ステップ Ravensburger Waltz 2 シークェンス 第 1セクション ステップ 1-19 第 2セクション ステップ Quickstep 4 シークェンス Cha Cha Congelado 2 シークェンス Tango Romantica 2 シークェンス 第 1セクション ステップ 1-27 第 2セクション ステップ Viennese Waltz 3 シークェンス Golden Waltz 2 シークェンス 第 1セクション ステップ 1-22 第 2セクション ステップ Finnstep 2 シークェンス 第 1セクション ステップ 1-33 第 2セクション ステップ Silver Samba 2 シークェンス 第 1セクション ステップ 1-27 第 2セクション ステップ Blues 3 シークェンス Austrian Waltz 2 シークェンス 第 1セクション ステップ 1-16 第 2セクション ステップ Kilian 6 シークェンス Paso Doble 3 シークェンス Tango 2 シークェンス Midnight Blues 2 シークェンス 第 1セクション ステップ 1-13 第 2セクション ステップ File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 7 of 56 D Required Sequences and Sections

8 Subject: パターン ダンス 全 般 の 要 求 事 項 スタートの 位 置 中 断 パターン ダンス 全 般 の 要 求 事 項 レフェリーはパターン ダンスをスタートすべき 大 体 の 位 置 を 発 表 する.レフェリーからの 別 の 指 定 やアイス ダンス 技 術 委 員 会 からの ISU コミュニケーションによる 別 の 指 示 がない 限 りは, 全 てのパターン ダンスは,パターンの 前 半 部 分 のステップをジャッジ 席 側 で 滑 走 するようにスタートされなければならない.レフェリーがスタートのサイドを 変 更 す る 場 合 には, 最 初 の 滑 走 順 抽 選 の 際 に 発 表 しなければならない. パターン ダンスで 中 断 が 起 こった 場 合,ステップ シークェンス 中 の 技 術 的 に 実 行 可 能 な 最 も 近 い 場 所 から 続 ける ものとし,かつその 再 開 地 点 は 中 断 の 起 こった 地 点 よりも 後 ろでなければならない.カップルは 中 断 によって 行 ない 損 ねたステップを 滑 走 してはならず, 滑 走 した 場 合 にはジャッジは 当 該 セクションの GOE で 減 点 を 行 なう. パターン ダンスの 滑 走 中 に 従 うべき 事 項 は 次 の 通 り. a) 正 確 さ - ステップ,エッジ, 要 素 / 動 作,およびダンス ホールドは, 各 ダンスの 説 明 と 規 程 に 従 わなければな らない. 全 体 として 最 低 限 の 要 件 に 従 っているならば,その 範 囲 内 でカップル 独 自 のスタイルを 示 すことは 許 さ れる.これは 通 常 腕 や 脚 の 動 作 に 変 化 を 使 うことによって 行 われる. 要 求 されているダンス ホールドの 説 明 と 異 なる 腕 や 手 の 動 作 や 位 置 も, 男 性 のリードする 手 が 定 められた 位 置 にあるならば 許 される. b) 配 置 (プレースメント) - 各 ダンスのパターンは 規 程 に 従 わなければならない. 氷 面 を 最 大 限 有 効 に 利 用 する ことが 望 ましい.そのためにはディープ エッジと 十 分 な 流 れが 必 要 である.フラット エッジや 浅 い(シャロウ)エッ ジによる 滑 走 で 大 きなパターンを 滑 走 してはならない. 正 規 のサイズのリンク( 第 342 条 )では,リンクのロング アクシスを 横 切 ってはならない. 正 規 のサイズより 小 さいリンクでは, 小 さくなったリンクの 幅 の 分 だけ 横 切 っても よい. c) スケーティング 技 術 (スケーティング スキル) - 基 本 的 なスケーティングの 質 がよいことが 要 求 される.ディー プ エッジで 滑 走 すべきで,その 際 にスピードや 流 れ, 滑 らかさを 失 ってはならず,また 無 駄 な 力 なく 楽 々と 行 わ れなければならない.ステップ,エッジ,およびローブの 移 り 変 わりははっきりとわかるくらいに 正 確 かつ 確 実 でな ければならない.フットワークは 乱 れることなく,かつ 正 確 でなければならない. 両 足 滑 走 は 要 求 されない 限 り 行 ってはならない. 両 パートナーには 等 しく 高 い 技 術 力 が 求 められる.スケーティング レッグの 膝 の 動 きはリズミカ ルな 屈 伸 運 動 を 伴 った 柔 軟 なものでなければならない.シャッセやプログレッシブにおいては,フリー フットをで きるだけ 低 く 氷 面 から 上 げるべきである. d) タイミング - 各 ダンスは 厳 密 に 音 楽 に 合 わせて 滑 走 しなければならない.また( 別 途 パターン ダンスの 説 明 で 指 定 されない 限 り,またはアイス ダンス 技 術 委 員 会 によって 別 途 指 定 され ISU コミュニケーションで 発 表 され 出 典 Rule 707, 4 Rule 707, 6 Rule 708, 1 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 8 of 56 D General requirements

9 Subject: パターン ダンス 全 般 の 要 求 事 項 ない 限 り) 第 1 歩 はその 曲 の 第 9 小 節 の 第 1 拍 に 踏 み 出 さなければならない. 各 ステップ/ 動 作 にあてる 拍 数 は 規 程 に 定 められたとおりに 従 わなければならない.すべてのステップが 流 れを 中 断 せず 行 えるように,あら ゆる 動 作 は 音 楽 のリズムに 合 っていなければならない. e) スタイル - 姿 勢 はまっすぐで, 硬 直 しておらず, 頭 を 上 げていなければならない.すべての 動 作 は 無 理 なく 流 れのあるもので,かつ 優 雅 に 行 われるべきである.ダンス ホールド( 第 605 条 参 照 )はしっかりとしているべきで あり, 指 を 広 げたり, 握 りしめたりするべきではない.スピードを 得 るために 努 力 しているのが 明 らかにわかるのは 避 けるべきで,よいスタイルを 犠 牲 にしてスピードを 得 るべきではない.フリー レッグは 伸 ばし,フリー フットは 外 転 させ,つま 先 は 下 に 向 けるべきである. f) ユニゾン - カップルは 出 来 るだけ 互 いに 接 近 して 滑 走 し, 互 いの 距 離 を 一 定 に 保 つべきである. 脚 のスウィン グ, 膝 の 曲 げ,および 体 の 傾 け 具 合 などのすべての 動 作 は 等 しくかつよく 調 和 しているべきで,またその 出 来 映 えもバランスが 取 れているべきである.パートナー 同 士 は 一 体 となって 動 作 すべきである. 男 性 はリードする 能 力 を, 女 性 はフォロウする 能 力 を 示 すべきである. g) 解 釈 ( 表 現,インタープリテーション) - 各 ダンスはその 音 楽 の 正 確 を 正 しく 解 釈 した 上 で,スムーズかつリズミ カルに 滑 走 しなくてはならない. 解 釈 はダンス 動 作 に 変 化 を 付 けることによって 示 される. 音 楽 のリズム パター ンはダンス 動 作 に 反 映 されるからである. 各 コンパルソリー ダンスがはっきりと 違 う 特 色 を 持 つように 演 技 しなく てはならない.パートナー 同 士 は 互 いに 理 解 し 合 うべきである. File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 9 of 56 D General requirements

10 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 なし) コールの 仕 様 パターン ダンスのシークェンス/セクションはそのシークェンス/セクションの 75%が 両 パートナーにより 完 了 された 場 合 認 定 される. Communication 1937 出 典 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 10 of 56 D Calling Sequences/Sections without Key Point procedure

11 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 あり) 全 般 何 らかのレベルを 与 えるためには シークェンス/セクションはレベル1の 要 件 をすべて 満 たさなければならない Communication 1937 出 典 追 加 のコール 原 則 1. テクニカル パネルがキー ポイントそのものとそれらが 正 確 に 実 施 されたかを 認 定 する 際 のプロセスは, 必 須 要 素 とそのレベルを 認 定 する 際 のプロセスと 全 く 同 じである( 例 : 多 数 決 ).キー ポイントの 実 行 が 正 しいか 正 しくないかは 競 技 組 ごとのジャッジズ ディテイル に 以 下 のように 示 される: Yes : キー ポイントの 特 徴 がすべて 満 たされ, 全 エッジ/ステップが 要 求 された 拍 数 の 間 保 たれた,または Timing : キー ポイントの 特 徴 がすべて 満 たされたが,1つまたは 複 数 のエッジ/ステップが 要 求 された 拍 数 の 間 保 たれなかっ た,または No : キー ポイントの 特 徴 が 満 たされなかった,エッジ/ステップが 要 求 された 拍 数 の 間 保 たれたかどうかに 依 らない 2. パターン ダンス 要 素 の 入 りや 最 中 に 転 倒 や 中 断 が 生 じたが 直 ちに 復 帰 した 場 合, 転 倒 または 中 断 の 前 後 に 満 たされた 要 件 に 従 って その 要 素 は 認 定 され,レベルが 与 えられる.レベル1の 要 件 が 満 たされない 場 合 はノーレベルとされる. 注 :ステップの 最 後 の 拍 でのチェンジ エッジは 次 のステップへのプッシュ/ 移 行 の 準 備 動 作 であれば 許 される 出 典 Communication 1937 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 11 of 56 D Calling Sequences/Sections with Key Point procedure

12 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 あり) 定 義 アメリカン ワルツ, AW1Sq, AW2Sq ブルース, BL1Sq~BL3Sq セクションの 図 を 参 照 AW1Sq,AW2Sq: アメリカン ワルツの 第 1, 第 2シークェンス セクションの 図 を 参 照 BL1Sq, BL2Sq, BL3Sq: ブルースの 第 1, 第 2, 第 3シークェンス 出 典 ISU Handbook Ice Dance 2003, I-5 Communication 1936 ISU Handbook Ice Dance 2003, I-24 Communication 1936 チェンジ オブ エッジ 片 足 のブレードの 目 に 見 える 軌 跡 で,ある1つのカーブとエッジから 別 のカーブとエッジに 変 わるもの. Rule 704, 1.b) チョクトー クローズド チョクトー クローズド モホーク クロス ビハインド クロス フォーワード クロスト オープン チョクトー 一 方 の 足 から 他 方 の 足 へ 行 われるターンで, 出 のエッジは, 入 りのエッジとは 反 対 の 方 向 になる. 足 換 えは,ア ウトサイド エッジからインサイド エッジあるいはインサイド エッジからアウトサイド エッジへと 行 われる. 特 にダンス の 説 明 にない 限 りは,フリー フットはスケーティング フットのすぐそばで 氷 におかれる. 入 りのエッジと 出 のエッジ の 深 さは 等 しくなる. フリー フットの 甲 がスケーティング フットの 踵 に 寄 せられ,スケーティング フットの 踵 の 後 ろでフリー フットが 氷 におかれるチョクトー. 体 重 の 移 動 の 後, 新 しいフリー フットの 最 初 の 位 置 は, 新 しいスケーティング フットの 前 になる( 例 :ブルースのステップ 12 と 13). フリー フットの 甲 がスケーティング フットの 踵 へ 寄 せられ,スケーティング フットの 踵 の 後 ろでフリー フットが 氷 におかれるモホーク. 体 重 移 動 の 後, 新 しいフリー フットの 最 初 の 位 置 は, 新 しいスケーティング フットの 前 に なる( 例 :ロッカー フォックストロットのステップ 11 と 12). フリー レッグがスケーティング レッグの 後 ろでクロスして,スケーティング フットのアウトサイド エッジ 側 の 氷 上 に フリー フットが 置 かれるステップ.( 注 - 脚 は 膝 よりも 下 でクロスする) フリー レッグがスケーティング レッグの 前 でクロスして,スケーティング フットのアウトサイド エッジ 側 の 氷 上 にフ リー フットが 置 かれるステップ.( 注 - 脚 は 膝 よりも 下 でクロスする) フリー フットのアウトサイドがスケーティング フットの 前 方 に 直 角 に 構 えるチョクトー.ターンの 後 のヒップはオープ ンなポジションとなる.ワイド ステップで 行 うこともある.( 例 :ルンバのステップ 11 と 12) Rule 704, 11.b) (ii) Rule 704, 11.b) (ii) Rule 704, 11.b) (ii) Rule 704, 5 Rule 704, 4 Rule 704, 11.b) (ii) エッジ 片 足 のブレードの 目 に 見 える 軌 跡 で1つのカーブをなすもの. Rule 704, 1.a) File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 12 of 56 D Calling Sequences/Sections with Key Point procedure

13 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 あり) 定 義 ヨーロピアン ワルツ, EW1Sq, EW2Sq フォーティーンステップ, FO1Sq~FO4Sq フォックストロット, FT1Sq~FT4Sq キリアン, KI1Sq~KI6Sq モホーク オープン モホーク プログレッシブ ロッカー ロッカー フォックストロッ ト, RF1Sq~RF4Sq セクションの 図 を 参 照 EW1Sq, EW2Sq: ヨーロピアン ワルツの 第 1, 第 2シークェンス セクションの 図 を 参 照 FO1Sq~FO4Sq: フォーティーンステップの 第 1~ 第 4シークェンス セクションの 図 を 参 照 FT1Sq~FT4Sq: フォックストロットの 第 1~ 第 4シークェンス セクションの 図 を 参 照 KI1Sq~KI6Sq: キリアンの 第 1~ 第 6シークェンス 一 方 の 足 から 他 方 の 足 へ 行 われるターンで, 入 りのカーブと 出 のカーブは 一 続 きの 同 じ 深 さのカーブである. 足 換 えは,アウトサイド エッジからアウトサイド エッジあるいはインサイド エッジからインサイド エッジへと 行 われる. フリー フットの 踵 がスケーティング フットの 内 側 で 氷 におかれるモホーク. 両 足 の 角 度 は 自 由 である. 体 重 の 移 動 の 後, 新 しいフリー フットの 最 初 の 位 置 は, 新 しいスケーティング フットの 踵 の 後 ろになる( 例 :フォーティーン ステップの 男 性 のステップ 8 と 9 および 女 性 のステップ 12 と 13). フリー フットが 氷 に 下 ろされる 前 にスケーティング フットを 通 り 越 すステップまたはステップの 連 続.これによって 新 しいフリー フットは 新 しいスケーティング フットのトレース 上 で 氷 から 離 れる. アウトサイド エッジからアウトサイド エッジ,またはインサイド エッジからインサイド エッジへ 片 足 で 行 なうターン で, 入 りのカーブと 出 のカーブは 異 なるローブとなる.スケーターは 入 りのカーブの 方 向 にターンする. セクションの 図 を 参 照 RF1Sq~RF4Sq: ロッカー フォックストロットの 第 1~ 第 4シークェンス 出 典 ISU Handbook Ice Dance 2003, I-4 Communication 1936 ISU Handbook Ice Dance 2003, I-1 Communication 1936 ISU Handbook Ice Dance 2003, I-2 Communication 1936 ISU Handbook Ice Dance 2003, I-12 Communication 1936 Rule 704, 11.b) (i) Rule 704, 11.b) (i) Rule 704, 7 Rule 704, 11.a) (viii) ISU Handbook Ice Dance 2003, I-3 Communication 1736 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 13 of 56 D Calling Sequences/Sections with Key Point procedure

14 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 あり) 定 義 スターライト ワルツ, SW1Sq1Se, SW1Sq2Se, SW2Sq1Se, SW2Sq2Se スウィング モホーク スウィング ロッカー またはカウンター スウィング ロール スウィング スリー ターン タンゴ, TA1Sq, TA2Sq スリー ターン セクションの 図 を 参 照 SW1Sq1Se: スターライト ワルツの 第 1シークェンス 第 1セクション SW1Sq2Se: スターライト ワルツの 第 1シークェンス 第 2セクション SW2Sq1Se: スターライト ワルツの 第 2シークェンス 第 1セクション SW2Sq2Se: スターライト ワルツの 第 2シークェンス 第 2セクション フリー レッグがスケーティング レッグのすぐそばを 通 って 前 方 にスウィングされ,ターンを 行 うためにスケーティ ング フットのそばに 戻 ってくる,オープンまたはクローズド モホーク( 例 :タンゴのステップ 20 と 21). ターンの 前 にフリー フットがスケーティング フットのすぐそばをスムーズにスウィングされて 通 り,ターン 後 のフリ ー フットは,スケーティング フットを 通 り 越 してトレースの 上 の 後 方 に 保 たれるか, 前 方 にスウィングされるような ロッカーまたはカウンター. 音 楽 の 数 ビートにわたる 長 いロール.バックワード 滑 走 の 場 合 には,フリー レッグを 揚 げ, 初 め 前 方, 続 いてスケ ーティング フットを 通 り 越 して 後 方 にスウィングし, 次 のステップのためにスケーティング フットの 横 に 戻 す.フォ ワード 滑 走 の 場 合 にはフリー レッグは 初 め 後 方 に,それから 前 方 にスウィングする. 脚 のスウィングによって ロー リングする 動 き が 感 じられる. アウトサイド エッジで 始 まり,その 際 フリー レッグは 伸 ばされ,つま 先 と 腰 がよく 回 外 されてトレースの 上 に 保 たれ る.フリー フットの 甲 をスケーティング フットの 踵 まで 引 き 寄 せてターンを 行 う. 続 いてターンの 後 インサイド エッ ジに 乗 り,フリー フットは 伸 ばし,トレース 上 に 保 っておき, 次 のステップに 踏 み 出 す 際 にスケーティング フットの そばまで 引 き 寄 せる. セクションの 図 を 参 照 TA1Sq, TA2Sq: タンゴの 第 1, 第 2シークェンス アウトサイド エッジからインサイド エッジあるいはインサイド エッジからアウトサイド エッジへと, 片 足 で 行 うターン で, 入 りのカーブと 同 じローブで 出 のカーブへと 続 く.スケーターはカーブと 同 じ 回 転 方 向 へターンする. 出 典 ISU Handbook Ice Dance 2003, I-9 Communication 1736 Rule 704, 11.b) (i) Rule 704, 11.a) (x) Rule 704, 8.a) Rule 704, 11.a) (ii) ISU Handbook Ice Dance 2003 I-21 Communication 1936 Rule 704, 11.a) (i) ターン スケーターが 前 進 から 後 進 または 後 進 から 前 進 へと 変 化 する 回 転 動 作. Rule 704, 11 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 14 of 56 D Calling Sequences/Sections with Key Point procedure

15 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 あり) 追 加 の 定 義, 定 義 の 詳 細, 注 記 キー ポイントおよび キー ポイントの 特 徴 ベーシック ノービス-テクニカルパネルは パターン ダンスの 名 称 を 決 め シークェンス/セクションがレベ ル B の 要 件 を 満 たすことを 確 認 する ジャッジはGOEでパターン ダンスを 評 価 する アドバンスド ノービス- 各 パターン ダンスに 対 し2つのキー ポイントが 定 められ キー ポイントはレベル3 まで 認 定 される ジャッジはGOEでパターン ダンスを 評 価 する 出 典 Communication 1937, 1947 関 連 するキー ポイントの 特 徴 がすべて 満 たされ,かつそのすべてのエッジ/ステップが 要 求 された 拍 数 の 間 保 たれている 場 合,キー ポイントが 正 しく 行 なわれたものとする. 注 :ステップの 最 後 の 拍 でのチェンジエッジは 次 のステップへのプッシュ/ 移 行 の 準 備 動 作 であれば 許 さ れる 注 :ステップおよびステップの 追 加 の 説 明 は 規 程 704 条 およびISUハンドブック アイスダンス2003の I-1 (フォーティーンステップ) I-3(ロッカー フォックストロット) I-4(ヨーロピアン ワルツ) I-9(スターライト ワル ツ) I-12(キリアン) I-24(ブルース)で 定 義 / 掲 載 されている パターン ダンスの 教 育 DVD( 注 文 番 号 ID5)はISU 事 務 局 から 入 手 できる File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 15 of 56 D Calling Sequences/Sections with Key Point procedure

16 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 あり) ロッカー フォックストロットのキー ポイント ( 出 典 : Communication 1937) 各 シークェンス (RF1Sq, RF2Sq, RF3Sq, RF4Sq) キー ポイント1 女 性 のステップ (LFO ClMo, RBO, XF-LBI, RFI) キー ポイント2 男 性 のステップ (LFO ClMo, RBO, XF-LBI, RFI) キー ポイントの 特 徴 1. 正 確 なエッジ 2. ClMo(#11): 正 確 なターン 3. ClMo(#11): フリー フットの 正 確 な 配 置 1. 正 確 なエッジ 2. ClMo(#11): 正 確 なターン 3. ClMo(#11): フリー フットの 正 確 な 配 置 スターライト ワルツのキー ポイント ( 出 典 : Communication 1937) 各 セクション1:ステップ 1-17 (SW1Sq1Se, SW2Sq1Se) キー ポイント1 男 性 のステップ 9-10 (LFOI, RFO-SwR) キー ポイント2 女 性 のステップ (LFO ClMo, RBO) キー ポイントの 特 徴 各 セクション2:ステップ (SW1Sq2Se, SW2Sq2Se) 1. 正 確 なエッジ 2. 正 確 なチェンジ エッジ(#9) キー ポイント1 女 性 のステップ (LFI, OpMo, RBI) 1. 正 確 なエッジ 2. ClMo: 正 確 なターン 3. ClMo: フリー フットの 正 確 な 配 置 キー ポイント2 男 性 のステップ (CR-RFO, CR-LFO3) キー ポイントの 特 徴 1. 正 確 なエッジ 2. 正 確 なターン 3. フリー フットの 正 確 な 配 置 1. 正 確 なエッジ 2. 正 確 なターン File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 16 of 56 D Calling Sequences/Sections with Key Point procedure

17 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 あり) キリアンのキー ポイント ( 出 典 : Communication 1937) 各 シークェンス (KI1Sq, KI3Sq, KI5Sq) キー ポイント1 女 性 と 男 性 のステップ 3-4 (LFO, RFO) キー ポイント2 男 性 のステップ 9-11 (XB-LFI XF-OpCho, RBO, XB-LBI) キー ポイントの 特 徴 1. 正 確 なエッジ 1. 正 確 なエッジ 2. XF-OpCho(#9): 正 確 なターン 3. XF-OpCho(#9): フリー フットの 正 確 な 配 置 各 シークェンス (KI2Sq, KI4Sq, KI6Sq) キー ポイント1 女 性 と 男 性 のステップ 3-4 (LFO, RFO) キー ポイント2 女 性 のステップ 9-11 (XB-LFI XF-OpCho, RBO, XB-LBI) キー ポイントの 特 徴 1. 正 確 なエッジ 1. 正 確 なエッジ 2. XF-OpCho(#9): 正 確 なターン 3. XF-OpCho(#9): フリー フットの 正 確 な 配 置 ブルースのキー ポイント ( 出 典 : Communication 1937) 各 シークェンス (BL1Sq, BL2Sq, BL3Sq) キー ポイント1 女 性 のステップ (LFI ClCho, RBO) キー ポイント2 男 性 のステップ (LFI ClCho, RBO) キー ポイントの 特 徴 1. 正 確 なエッジ 2. ClCho(#12): 正 確 なターン 3. ClCho(#12): フリー フットの 正 確 な 配 置 1. 正 確 なエッジ 2. ClCho(#12): 正 確 なターン 3. ClCho(#12): フリー フットの 正 確 な 配 置 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 17 of 56 D Calling Sequences/Sections with Key Point procedure

18 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 あり) レベルの 特 徴 ( 出 典 : Communication 1937) レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 シークェンス/セクションの 75%を 両 パートナーが 滑 走 シークェンス/セクション 内 で, 躓 き, 転 倒 または 他 の 理 由 による 中 断 が 合 わせて 4 拍 以 下 かつ 1 つのキー ポイントを 正 しく 行 なう シークェンス/セクション 内 で, 躓 き, 転 倒 または 他 の 理 由 による 中 断 が 合 わせて 4 拍 以 下 かつ 2 つのキー ポイントを 正 しく 行 なう シークェンス/セクション 内 で, 躓 き, 転 倒 または 他 の 理 由 による 中 断 が 全 くない かつ 3 つのキー ポイントを 正 しく 行 なう レベルの 調 整 出 典 なし File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 18 of 56 D Calling Sequences/Sections with Key Point procedure

19 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 あり) 質 問 (コールの 仕 様 ) 回 答 備 考 キー ポイントのコールの 仕 方 について,テ クニカル スペシャリストとアシスタント テク ニカル スペシャリストの 間 でどのように 分 担 すればよいか. キー ポイントはどのようにコールすればよ いか. キー ポイントの 特 徴 における 正 しいエッ ジ とはどういう 意 味 か. 男 性 と 女 性 のキー ポイントが 別 々に 行 なわれる 場 合 : テクニカル スペシャリストがコールする 男 性 と 女 性 のキー ポイントが 同 時 に 行 なわれる 場 合 : 女 性 のキー ポイントをテクニカル スペシャリストがコー ルし, 男 性 のキー ポイントをアシスタント テクニカル スペシャリストがコールする 男 性 と 女 性 両 方 によるキー ポイントの 場 合 :テクニカ ル スペシャリストがコールする.アシスタント テクニカ ル スペシャリストがパートナーの 一 方 をダブルチェック し,テクニカル コントローラーがもう 一 方 をダブルチェッ クするというようにテクニカル パネルで 分 担 する. キー ポイントが 正 しく 行 なわれたかどうかはそのキー ポ イント 完 了 後 ただちに イエス か タイミング か ノー とコー ルされ,データ オペレーターにより 参 考 情 報 としてシス テムに 入 力 される. キー ポイントのレビューも 要 求 してよい. ステップの 間 中 ずっとエッジがクリーンでなければならな いという 意 味 である. 男 性 のキー ポイントで, 女 性 のキー ポイントと 同 時 に 行 なわ れ,アシスタント テクニカル スペシャリストがコールするもの は 以 下 の 通 り: ブルースのキー ポイント1と2 ロッカー フォックストロットのキー ポイント1と2 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 19 of 56 D Calling Sequences/Sections with Key Point procedure

20 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 あり) 質 問 (コールの 仕 様 ) 回 答 備 考 キー ポイントの 特 徴 における フリー レッ グの 正 しいスウィング 動 作 とはどういう 意 味 か. エッジの 定 義 は, 片 足 のブレードの 目 に 見 える 軌 跡 (トレース)で 1 つのカーブをな すもの である.もしキー ポイントの 特 徴 が 短 いステップ 上 の 正 しいエッジ とされて いる 場 合,カーブがはっきり 見 えない 場 合 はどうなるのか. キー ポイントの 特 徴 における 正 しいター ン とはどういう 意 味 か. クローズド モホーク/チョクトーの 定 義 に, フリー フットがスケーティング フット の 踵 の 後 ろで 氷 上 に 置 かれる とある.テ クニカル パネルは,この 要 件 に 対 してど れほど 厳 密 でなければならないのか. 以 下 の 意 味 である: フリー レッグが 途 切 れずに 動 かされる, フリー フットが, 前 ( 前 向 き 滑 走 時 )または 後 ろに( 後 ろ 向 き 滑 走 時 ),スケーティング フットからブレード 一 個 分 以 上 離 れたところへ,スイングする, さらにスウィング スリー ターンにおいては,ターンがな される 際 にフリー フットの 甲 がスケーティング フットの 踵 のすぐ 近 くに 引 き 寄 せられる( 足 同 士 が 触 れていなく てもよいが,できる 限 り 近 くになくてはならない). 短 いステップでは 氷 上 に 描 かれたカーブはほとんど 見 え ないだろう.スケーティング フットが 正 しい 方 向 に 傾 いて いるならば,ステップの 始 めから 終 わりまで 明 らかな 強 い トレースがなくとも,テクニカル パネルは 明 確 なカーブが 描 かれたものとして 扱 う. ターンの 入 りと 出 のエッジがクリーンでなければならず(た だしこれらのエッジはステップの 間 中 ずっと 保 たれている 必 要 はない),ジャンプやスリップしてはならない,という 意 味 である. テクニカル パネルは,もし 足 が 甲 とつま 先 の 間 のどこか で 氷 上 に 置 かれるならば,この 要 件 を 満 たすものと 考 え ることができる. 両 足 が 互 いに 触 れている 必 要 はないが できる 限 り 近 くになければならない. ステップ/エッジが 要 求 された 拍 数 の 間 保 たれること は, フリーレッグのスウィング 動 作 の 基 準 とは 無 関 係 である. 2015/2016 シーズンのノービスでは フリー レッグの 正 しい スウィング 動 作 が 含 まれるキー ポイントの 特 徴 はない. クローズド モホーク/チョクトーが 含 まれるキー ポイント: フォックストロット:キー ポイント 2 ロッカー フォックストロット:キー ポイント1と2 スターライト ワルツのセクション1:キー ポイント2 ブルース:キー ポイント1と2 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 20 of 56 D Calling Sequences/Sections with Key Point procedure

21 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 あり) 質 問 (コールの 仕 様 ) 回 答 備 考 オープン モホーク/チョクトーの 定 義 に, フリー フットがスケーティング フットの 内 側 で, 氷 上 に 置 かれる とある.テクニカ ル パネルは,この 要 件 に 対 してどれほど 厳 密 でなければならないのか. XF(クロス フォーワード)やXB(クロス ビ ハインド)を 含 むキー ポイントの 特 徴 にお いて,フリー フットがスケーティング フット のトレースを 横 切 って 氷 上 に 置 かれるが, スケーティング フットから 離 れている 場 合,できたものとしていいのか. スケーティング フットのすぐそばから 滑 り 始 める というキー ポイントの 特 徴 につい て, 両 足 が 互 いに 触 れていなくても 認 めら れるか. キー ポイントの 間,カップルがキー ポイ ントの 特 徴 に 記 載 されてない 点 で 失 敗 し た.テクニカル パネルは,キー ポイント の 認 定 の 上 でこの 失 敗 をどう 考 慮 すれば よいか. ターンの 定 義 で フリー フットが 近 づく と いう 表 現 と フリー フットが 置 かれる とい う 表 現 が 用 いられているが,これらはどう 違 うのか. テクニカル パネルは,もし 足 が 甲 とかかとの 間 のどこか で 氷 上 に 置 かれるならば,この 要 件 を 満 たすものと 考 え ることができる. 両 足 が 互 いに 触 れている 必 要 はないが できる 限 り 近 くになければならない. いいえ.クロス フォーワード( 第 604 条 第 4 項 )とクロス ビハインド( 第 604 条 第 5 項 )の 定 義 は, フリー フットが スケーティング フットの 外 側 のエッジ 側 の 氷 上 に 置 か れ, 脚 は 膝 より 下 でクロスする となっている. 両 足 は 互 いに 触 れている 必 要 はないができる 限 り 近 くになけれ ばならない. 両 脚 とも 曲 げていても 伸 ばしていてもどちらで もよい. はい.ただし, 両 足 がブレード 1 個 分 より 離 れている 場 合 は 認 められない. テクニカル パネルはこの 失 敗 を 無 視 し,キー ポイントが できているかどうかを 決 めるために,キー ポイントの 特 徴 だけを 考 慮 する. フリー フットが 近 づく とは 氷 から 離 れているときのフリ ー フットの 位 置 を 述 べている. フリー フットが 置 かれる とはフリー フットが 氷 に 触 れて スケーティング フットとなるときのフリー フットの 位 置 を 述 べている. オープン チョクトーが 含 まれるキー ポイント: キリアン:キー ポイント2 2015/2016 シーズンでは クロス イン フロントやクロス ビハ インドが 含 まれるキー ポイントの 特 徴 はない. ジャッジは 採 点 の 中 でこの 失 敗 を 考 慮 に 入 れうる. File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 21 of 56 D Calling Sequences/Sections with Key Point procedure

22 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 あり) 質 問 (コールの 仕 様 ) 回 答 備 考 1つのステップで 部 分 ごとにそれぞれ 拍 数 が 指 定 されているもの( 例 : 片 足 でのター ン,チェンジ オブ エッジ)を 含 むキー ポ イントがある.そのようなキー ポイントにつ いて,キー ポイントの 特 徴 がすべて 満 た され,そのステップについても 全 体 で 要 求 されている 拍 数 の 間 保 たれた.テクニカ ル パネルはこのキー ポイントをどうコー ルすればよいか. キー ポイントにおいて,アウトサイド エッジ が 要 求 されているステップ(またはステッ プの 一 部 )で, 片 方 または 両 方 のパートナ ーがステップ(またはステップの 一 部 )の 終 わる 前 にインサイド エッジに 変 わってし まった 場 合,どうすればよいか. キー ポイントのステップ/エッジが 要 求 さ れた 拍 数 の 間 保 たれたかどうかについて テクニカル パネルはどのようにレビューを 行 なえばよいか. イエス ー そのステップのすべての 部 分 についても その 要 求 された 拍 数 の 間 保 たれた 場 合 タイミング ー そのステップの1つ 以 上 の 部 分 につい て 保 たれた 時 間 が 要 求 された 拍 数 よりも 短 いか 長 い 場 合. ステップの 最 後 の 拍 でのチェンジ エッジは, 次 のステ ップへのプッシュ/ 移 行 の 準 備 動 作 であれば 許 される. もしステップ(またはステップの 一 部 )の 終 わる 前 に, 他 の 理 由 または1 拍 を 超 えてエッジが 変 わった 場 合,テ クニカルパネルは 正 しいエッジ というキーポイントの 特 徴 ができたものとしない. もしキー ポイントの 特 徴 を 満 たしているが, 要 求 されたビ ート 数 の 間 エッジ/ステップを 保 つことに 明 らかに 失 敗 し ているかどうかをテクニカル パネルがレビューする 必 要 がある 場 合,リプレイ 機 能 を 使 ってキー ポイントの 前 後 の ステップを 含 めてビート 数 を 数 えることができる.これは, 要 求 されたビート 数 の 間 エッジ/ステップを 保 つことに 明 らかに 失 敗 しているかどうかをテクニカル パネルが 決 め るのに 十 分 な 情 報 と 言 える. 例 : スターライト ワルツ セクション 1 のキー ポイント1 ( 拍 数 の 指 定 は 3+3) スターライト ワルツ セクション 2 のキー ポイント 2 ( 拍 数 の 指 定 は 2+1) 例 : キリアンのキー ポイント 1:ステップ3と4 スターライト ワルツ セクション1のキー ポイント2(RBO) 音 楽 のレビューはできない. File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 22 of 56 D Calling Sequences/Sections with Key Point procedure

23 Subject: シークェンス/セクションのコール(レベル 判 定 あり) 質 問 (コールの 仕 様 ) 回 答 備 考 パターン ダンスにおいて,カップルが 独 創 的 なフリー レッグの 動 かし 方 をした 場 合 どうなるか? キー ポイントのステップの 中 に 足 の 配 置 / 動 きが 指 定 さ れたものがあり, 独 創 的 なフリー レッグの 動 かし 方 によっ てその 指 定 された 足 の 配 置 / 動 きが 満 たされなくなった 場 合,テクニカル パネルはこのキー ポイントを 認 めない ものとする. もしキー ポイントのステップでの 指 定 された 足 の 配 置 / 動 きのいずれも,フリー レッグの 独 創 的 な 動 かし 方 によ って 影 響 を 受 けないならば,テクニカル パネルはそれを 無 視 する. File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 23 of 56 D Calling Sequences/Sections with Key Point procedure

24 Subject: シークェンス/セクションの GOE 採 点 基 準 定 義 概 要 すべてのジャッジは,パターン ダンスのセクションごとに 出 来 の 質 を 採 点 する. 採 点 は, 出 来 のよい 点 とエラーに 応 じて,7 段 階 すなわち+3,+2,+1, 基 礎 値,-1,-2,-3 で 採 点 する.+あるいは-の 各 段 階 には 価 値 尺 度 表 (SOV 表 )に 示 す 固 有 の+あるいは-の 点 数 がある.この 点 数 が 要 素 の 基 礎 値 に 加 点 または 減 点 され る.セクションの 採 点 基 準 は ISU コミュニケーションにより 発 表 および 改 定 される. 出 典 Rule 708, 3. a) (iii) 採 点 シークェンス/セクションの GOE はグレードを 選 ぶことで 決 定 され,グレードは GOE の 特 徴 の 平 均 値 が 適 用 さ れる.このグレードはその 後 必 要 に 応 じて GOE の 調 整 に 従 って 調 整 される. Communication 1937 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 24 of 56 D Marking guide for Grade of Execution of Sections

25 Subject: シークェンス/セクションの GOE 採 点 基 準 GOE の 特 徴 ( 出 典 : Communication 1860) 観 点 非 常 に 劣 る 劣 る 並 まずまず よい 非 常 に 良 い 傑 出 / 優 秀 パターン ダンスの シークェンス/セクション パターン ダンス 要 素 全 体 を 通 してのエッジ/ステッ プ/ターンの 質 と 正 確 さ 基 礎 値 クリーンなステップ/ ターンが 40% 以 下 エラーが 多 い クリーンなステップ/ ターンが 50% 重 大 なエラーが 2 つ クリーンなステップ/ ターンが 60% 重 大 なエラーが 1 つ クリーンなステップ /ターンが 75% 重 大 なエラーがない クリーンなステップ /ターンが 80% 重 大 なエラーがない クリーンなステップ /ターンが 90% 重 大 なエラーがない クリーンなステップ /ターンが 100% エッジの 深 さ 非 常 にフラット だいたいフラット いくらかフラット 浅 い よいカーブ 深 い 非 常 に 深 い 正 しいホールド 40% 50% 60% 75% 80% 90% 100% 正 しいパターン ( 正 しいコース 取 り,および 2 シークェンス 以 上 滑 走 す る 際 の 正 しい 再 スタートとコ ース 取 りの 繰 り 返 し) 40% 50% 60% 75% 80% 90% 100% File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 25 of 56 D Marking guide for Grade of Execution of Sections

26 Subject: シークェンス/セクションの GOE 採 点 基 準 GOE の 調 整 ( 出 典 : Communications 1860) パターン ダンスのセクション/シークェンス 最 大 下 げる 規 定 された 拍 で 開 始 されない ISU アイス ダンス 音 楽 が 要 求 されるパターン ダンスの 場 合 : 助 走 が 指 定 された 音 楽 の 序 奏 部 で 終 わらない( 短 すぎる)または 序 奏 部 を 越 えてしまう( 長 すぎる) カップルが 音 楽 を 用 意 しなければならないパターン ダンスの 場 合 : 最 初 のステップが 小 節 内 の 指 定 された 拍 で 行 われない 最 初 に 行 われたシークェンス/セクションで 1 段 階 最 初 に 行 われたシークェンス/セクションで 1 段 階 パートナーの 一 方 または 両 方 が 必 要 な 拍 数 の 間 エッジ/ステップを 保 てていない 1 つのエッジ/ステップからパターン ダンス 要 素 のステップの 10%まで +1 パターン ダンス 要 素 のステップの 10% 超 20%まで 0 パターン ダンス 要 素 のステップの 25% 超 で -1 パターン ダンス 要 素 が 中 断 によって 要 素 の 1/4 までが 失 われた -1 躓 きや 転 倒 により 滑 るべきステップが 失 われた -1 バランスの 喪 失,つまずき, 転 倒 最 大 下 げる 1 人 がバランスを 失 う 1 段 階 2 人 ともバランスを 失 う 0 1 人 がつまずく 0 2 人 ともつまずく -1 1 人 が 転 倒 -2 2 人 とも 転 倒 -3 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 26 of 56 D Marking guide for Grade of Execution of Sections

27 Subject: 構 成 要 素 (コンポーネンツ)の 採 点 基 準 定 義 概 要 スケーティング 技 術 定 義 : パフォーマンス/ エクセキューション 各 ジャッジは, 技 術 点 (テクニカル スコア)に 加 えて,スケーターの 演 技 全 体 を 4 つの 構 成 要 素 に 分 けて 採 点 する.パターン ダンスの 4 つの 構 成 要 素 とは,スケーティング 技 術,パフォーマンス/エクセキューション, 音 楽 の 解 釈,タイミングのことである. カップルがダンス ステップを 踏 む 際 の 技 術, 氷 上 での 動 き,ならびに 十 分 なスピード, 流 れおよび 氷 面 の 利 用. 評 価 項 目 : 全 体 的 なスケーティングの 質 流 れと 滑 り スピードと 力 強 さ 技 術 とスケーティング 能 力 のパートナー 間 でのバランス 氷 面 の 十 分 な 利 用 定 義 : パターン ダンスにおける,ユニゾン, 体 の 向 きの 一 致, 身 のこなし,スタイル, 出 来 具 合 のバランスを 示 す 両 パ ートナーの 能 力. 調 和 のとれた 動 作, 体 の 使 い 方 および 表 現 を 通 じて 好 ましいアピールを 行 うためのもの. 評 価 項 目 : ユニゾンと 体 の 向 きの 一 致 パートナー 間 の 距 離 身 のこなしとスタイル パートナー 間 でのパフォーマンスのバランス 出 典 Rule 708, 3.b) (i) Rule 708, 3.b) (i) Rule 708, 3.b) (i) File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 27 of 56 D Marking guide for Components

28 Subject: 構 成 要 素 (コンポーネンツ)の 採 点 基 準 定 義 音 楽 の 解 釈 定 義 : パターン ダンスのリズムの 雰 囲 気, 感 情 および 性 格 を 表 現 する 両 パートナーの 能 力. 各 ダンスの 体 の 動 き,ス テップおよびホールドはその 音 楽 の 構 造 と 性 格 を 反 映 するので,これらを 活 用 して 表 現 する. 評 価 項 目 : タイミング 定 義 : 採 点 リズムの 性 格 が 表 現 できているか パートナー 同 士 の 関 係 がダンスの 性 格 を 反 映 しているか 音 楽 に 厳 密 に 合 わせて 滑 り,かつパターン ダンスのリズム パターンと 定 められた 拍 数 を 反 映 する 両 パートナー の 能 力. 評 価 項 目 : 音 楽 に 合 った 滑 走 強 拍 での 滑 走 各 ステップで 定 められた 拍 数 を 滑 走 しているか 最 初 のステップの 開 始 構 成 要 素 はダンスの 終 了 後,0.25 刻 みで 0.25 から 10 までの 点 数 でジャッジにより 採 点 される.ジャッジにより 与 えられる 得 点 は, 以 下 に 示 す 構 成 要 素 の 各 段 階 に 対 応 する.1 未 満 : 極 めて 劣 る,1: 非 常 に 劣 る,2: 劣 る, 3: 弱 い,4:まあまあ,5: 平 均 的,6: 平 均 以 上,7:よい,8: 非 常 によい,9~10: 傑 出.0.25 の 刻 みは,ある 特 徴 は 一 つの 段 階 にあり, 他 の 特 徴 はその 上 の 段 階 にあるというような 演 技 を 評 価 する 際 に 用 いる. 採 点 基 準 は ISU コミュニケーションにより 発 表 および 改 訂 される. 構 成 要 素 それぞれの 点 数 は, 満 たされた 構 成 要 素 の 特 徴 の 過 半 数 にしたがって 決 定 される. 出 典 Rule 708, 3.b) (i) Rule 708, 3.b) (i) Rule 708, 3.b) (ii) Communication 1937 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 28 of 56 D Marking guide for Components

29 Subject: 構 成 要 素 (コンポーネンツ)の 採 点 基 準 構 成 要 素 の 特 徴 ( 出 典 : Communication 1522 の 第 7 章 および 1738) 点 数 の 範 囲 スケーティング 技 術 の 特 徴 パフォーマンス/エクセキューションの 特 徴 音 楽 の 解 釈 の 特 徴 タイミングの 特 徴 傑 出 非 常 によい よい - ローブの 変 わり 目 での 正 確 な 体 重 移 行 - 膝 の 動 きは 深 く 滑 らか - ステップ/ターンは 優 雅 で 正 確 - 両 方 向 への 滑 らかなターン 能 力 - かなりのスピードとパワー - 2 人 とも 広 範 な 技 術 範 囲 - 2 人 とも 秀 逸 - 深 く 柔 軟 な 膝 の 動 きと 力 強 いストローク - 形 良 く 精 確 できれいなステップ/ターン - 両 方 向 へ 無 理 なくターン - 2 人 とも 広 範 な 技 術 - 強 く 柔 軟 な 膝 の 動 き - 洗 練 されクリーンなステップ/ターン - ほどほどのスピードと 力 強 いストローク - 2 人 とも 幅 広 い 技 術 - 調 和,ユニゾン,ホールド 変 更 欠 陥 が 無 く 一 体 で 動 く - スタイルが 優 雅 で 洗 練 されている - 身 体, 手 足 の 線 が 洗 練 されている - 2 人 とも 魅 惑 的 - 2 人 とも 比 類 ないほどの 投 射 - 調 整 のとれた 動 作 と 優 れた 調 和 - 何 の 苦 も 無 いホールド 変 更 - 非 常 によい 身 のこなしとライン - 2 人 とも 強 く 投 射 - カップルとして 動 く - 調 和 あり 楽 にホールド 変 更 - 良 い 身 のこなし/ライン - 2 人 とも 殆 どの 時 間 投 射 あり - 広 範 な 見 事 な 動 作 / 作 り 物 で 無 い 心 か ら 発 した 身 振 り - 全 演 技 を 通 して2 人 の 借 り 物 でない 持 ち 味 が 出 て いる - 2 人 が 一 致 したニュアンス 表 現 - リズムの 特 徴 を2 人 が 一 体 として 表 す 稀 有 な 能 力 - スケーターと 音 楽 が 融 合 内 的 な 動 機 - 非 常 に 広 範 な 興 味 深 い 動 作 / 身 振 り - 一 体 となって 音 楽 のリズムを 映 し 出 す 非 常 によい 能 力 - 滑 走 / 音 楽 は 統 合 動 機 付 けに 揺 らぎ - 殆 どの 時 間 はリズム 特 性 に 合 致 - ニュアンスを 表 現 - パートナー 関 係 は 良 い - タイミング:100% 正 しい - フットワークのタイミング 傑 出 - 強 拍 にのっている:100% - 全 ての 身 体 動 作 がリズムにシンクロ - タイミング:100% 正 しい - フットワークのタイミング 秀 逸 - 強 拍 にのっている:80% - 殆 どの 身 体 動 作 がリズムを 反 映 - タイミング:70% 正 しい - フットワークのタイミングが 非 常 に 良 い - 強 拍 にのっている:70% - 身 体 動 作 は 大 体 リズムにのっている 平 均 以 上 - 普 通 よりましな 膝 の 動 き - ステップ/ターンは, 演 技 の 60% は 大 体 良 い - スピードとフローを 良 く 保 っている - 2 人 とも 普 通 よりましな 技 術 範 囲 - 普 通 よりましなユニゾン 演 技 の 60% はカッ プルとして 動 く - 身 体 や 手 足 の 線, 身 のこなしは 普 通 よりまし - 2 人 とも 演 技 の 60% は 投 射 できる - 演 技 の 60% はリズム 特 性 に 合 う - ニュアンスを 幾 分 反 映 している - 演 技 の 60% はパートナー 関 係 有 り - タイミング:60% 正 しい - フットワークのタイミング 正 確 - 強 拍 にのっている:60% - 身 体 動 作 にはリズムを 反 映 しているものがある 平 均 的 - 幾 らかの 膝 の 動 き - 両 方 向 へのステップ/ターン, 回 転 に 幾 らかの 能 力 あり - 全 体 に 一 様 なスピードとフロー - 2 人 とも 普 通 の 技 術 範 囲 - 時 としてユニゾンが 崩 れる - 時 として 崩 れるが 普 通 の 身 のこなし/ライン - 一 貫 して 心 地 良 い 身 体 および 手 足 の 線 - 投 射 能 力 はむらがあるが,2 人 とも 認 められる - 1 人 には 動 機 ある 動 きが 見 られる - アクセント/ニュアンスをそこそこ 使 っている - リズム 表 現,アクセント/ニュアンスの 使 用 は 普 通 - 音 楽 との 情 緒 的 結 びつきが 普 通 - まずまずのパートナー 関 係 - タイミング:50% 正 しい - 時 にタイミング エラーが 有 るが 殆 ど 合 っている - 強 拍 にのっている:50% - 身 体 動 作 にリズムを 反 映 していないものが 幾 ら かある File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 29 of 56 D Marking guide for Components

30 Subject: 構 成 要 素 (コンポーネンツ)の 採 点 基 準 構 成 要 素 の 特 徴 ( 出 典 : Communication 1522 の 第 7 章 および 1738) 点 数 の 範 囲 スケーティング 技 術 の 特 徴 パフォーマンス/エクセキューションの 特 徴 音 楽 の 解 釈 の 特 徴 タイミングの 特 徴 まあまあ 弱 い 劣 る 非 常 に 劣 る 極 めて 劣 る - 膝 の 動 きにむら 有 り - ステップ,ターン 技 術 はまあまあ - 技 術 のレベルは 同 等 - 演 技 の 40% のみスピード,フローに 一 貫 性 - 確 実 性,フローにむら - 膝 の 動 きに 限 度 時 に 硬 い - ターン 能 力 にむら - スピードとパワーにむら - 2 人 とも 技 術 にむらあり, 時 に2 人 に 差 - 弱 いパワー 80% 以 上 トウ プッシュ,また はワイド ステップ - 楽 に 出 来 るのは 簡 単 なターンのみ - 技 術 にむら 有 りセクションによって2 人 に 差 - スピード 遅 く,フローは 小 さい - しばしばトウ プッシュまたはワイド ステップ - 1 方 向 へのストローキングが 弱 い - 基 本 の 技 術 が 非 常 に 弱 く1 人 が 運 ばれる セ クション 有 り - オフバランス - ステップ/ターンで 苦 闘 - スピードもフローも 欠 如 - 2 人 とも 基 本 技 術 が 極 めて 貧 弱 - 時 々ユニゾンに 崩 れ - 身 のこなし/ラインはむら 有 るがほぼ 心 地 良 い 姿 勢 - 身 体, 手 足 の 線 はまずまず - 1 人 投 射,または2 人 が 40% の 時 間 のみ 投 射 - ホールド 一 貫 せずしばしば 別 々に 動 く ユニゾ ンにむら - 身 体 や 手 足 の 線 / 身 のこなしは 時 にまずまずだ が,むら 有 り - 演 技 の 30% しか 投 射 無 し - ホールドの 安 定 性 が 一 貫 せず,ユニゾンの 崩 れ もある - 身 体 手 足 の 線 / 身 のこなし/(FL 等 の) 伸 ばしが 劣 る - 投 射 能 力 に 限 界 2 人 ともおよび 腰 - ホールド,ユニゾンで 格 闘 - ユニゾンに 欠 け 調 和 無 し - 身 体 手 足 の 線 / 身 のこなし/(FL 等 の) 伸 ばし 非 常 に 拙 劣 - 非 常 に 限 られた 投 射 能 力 - 不 安 定 なホールド, 制 御 の 無 いユニゾンや 調 和 - 身 体 手 足 の 線 / 身 のこなし/(FL 等 の) 伸 ばしが 極 めて 拙 劣 - 投 射 能 力 無 し 2 人 とも 苦 闘 - 正 しいリズム 表 現 - 動 機 有 る 動 作 も 見 られる - 演 技 の 40% はパートナー 関 係 有 り - リズム 利 用, 表 現 の 適 切, 不 適 切 な 部 分 が 綾 なしている - 動 機 ある 動 きが 幾 分 見 られる - 幾 分 かはパートナー 関 係 あり - 音 楽 に 合 わせたステップもあるがリズムと の 関 係 が 無 い - アクセント,ニュアンスの 使 い 方 が 劣 る - 所 々でパートナー 関 係 みられる - 動 きとリズム/ 曲 想 とが 無 関 係 にみえる - ニュアンスへの 気 遣 いは 極 小 - パートナー 関 係 は 有 っても 極 小 - 曲 想 /ニュアンス/アクセントに 脈 絡 の 無 い 明 らかに 成 り 行 き 任 せな 身 振 り - パートナー 関 係 無 し ソロ 2 人 - タイミング 少 なくとも 40% 正 しい - 軽 いタイミング エラーが 幾 らかあるが 殆 どは 合 っている - 強 拍 にのっている:40% - 身 体 動 作 の 多 くがリズムを 反 映 していない - タイミングは 高 々30% 正 しい - 幾 つかの 部 分 はオフタイム - または 強 拍 :30% のみ - 身 体 動 作 にオフタイムの 箇 所 あり - タイミングは 20%のみ 正 しい - または 弱 拍 :20%のみ - ほとんどの 身 体 動 作 がオフタイム - タイミングは 20%のみ 正 しい - または 強 拍 :20%のみ - ダンスの 大 部 分 がオフタイム - 身 体 動 作 のタイミングは 制 御 されていない - 完 全 にオフタイム - 強 拍 にのっている: 皆 無 注 : 転 倒 がダンスの 残 りの 全 部 もしくはダンスの 一 部 に 影 響 した 場 合 は,1つまたは 複 数 の 構 成 要 素 の 特 徴 が 影 響 を 受 けうる. File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 30 of 56 D Marking guide for Components

31 Subject: 衣 装 制 限 明 確 化 1. ISU 選 手 権 大 会 および 冬 季 オリンピックおよび 国 際 競 技 会 においては, 競 技 者 の 衣 装 は 節 度 と 品 位 のある ものでスポーツ 競 技 会 に 適 するものでなければならない. 芝 居 じみていたり,けばけばしいデザインのものは 許 されない.しかしながら, 衣 装 は 選 んだ 音 楽 の 特 徴 を 反 映 するものであって 良 い. 本 競 技 種 目 にふさわし くないほどの, 過 剰 に 肌 が 露 出 している 印 象 を 与 えるものであってはならない. 男 性 はタイツではなく 長 ズボ ンを 着 用 しなければならず, 男 性 の 衣 装 は 袖 なしであってはならない. 加 えて,アイス ダンスにおいては 女 性 はスカートを 着 用 しなければならない.アクセサリーや 小 道 具 は 許 されない. これらの 規 定 に 従 わない 衣 装 は 減 点 により 罰 せられる( 第 353 条 第 1 項 n)を 参 照 せよ). 2. 衣 装 の 飾 りは 取 り 外 せてはならない. 衣 装 の 一 部 または 飾 りが 氷 上 に 落 ちた 場 合, 減 点 により 罰 せられる ( 第 353 条 第 1 項 n) を 参 照 せよ). 規 程 第 501 条 で 述 べられている 衣 装 の 制 限 を 下 記 の 通 り 明 確 化 する: 女 性 のスカート 腰 回 りの 全 周 囲 をくるんでいなくてはならない.ただしスリットがスカートの 一 箇 所 または 両 側 に 腰 まで 入 っていてもよい. 過 剰 な 肌 の 露 出 上 半 身 の 半 分 以 上 が 覆 われていなくてはならない. スポーツ 競 技 会 に 適 したもの いずれのパートナーの 衣 装 も 身 体 の 線 が 見 えなくなるほどの 生 地 や 装 飾 を 付 けてはならない. アクセサリーおよび 小 道 具 衣 装 の 一 部 でダンス リフトの 補 助 に 使 うものも 含 む. 出 典 Rule 501 Communication 1860 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 31 of 56 D Clothing

32 Subject: 減 点 責 任 者 は 誰 か 減 点 表 内 容 罰 則 責 任 者 1 衣 装 / 小 道 具 違 反 規 程 第 501 条 第 1 項 および ISU コミュニケーション 第 1860 号 プログラムごとに -1.0 レフェリー+ジャッジ* 2 衣 装 の 一 部 / 飾 りが 氷 上 に 落 ちた 規 程 第 501 条 第 2 項 プログラムごとに -1.0 レフェリー 3 転 倒 パートナーの 一 方 の 転 倒 ごとに 両 パートナーの 転 倒 ごとに 転 倒 とは, スケーターがコントロールを 失 い,その 結 果, 体 重 の 過 半 が 身 体 のブレード 以 外 の 部 分, 例 えば 片 手 または 両 手, 片 膝 または 両 膝, 片 尻 または 両 尻, 腕 の 一 部,によって 氷 上 に 支 えられた 状 態 と 定 義 され ている( 規 程 第 503 条 第 1 項 ) テクニカル パネル** 4 演 技 開 始 の 遅 れ 規 程 第 350 条 第 2 項 1 秒 から 30 秒 遅 れて 開 始 した 場 合 -1.0 レフェリー 5 10 秒 を 超 える 演 技 実 施 中 の 中 断 10 秒 を 超 え 20 秒 まで -0.5 レフェリー 中 断 とはスケーターがプログラムの 演 技 を 中 止 した 瞬 間 からプログラムの 演 技 を 20 秒 を 超 え 30 秒 まで -1.0 中 断 が 40 秒 を 超 えた 場 合 レフェリーによって 再 開 した 瞬 間 までに 経 過 した 時 間 と 定 義 される( 第 503 条 第 2 項 ). 30 秒 を 超 え 40 秒 まで -1.5 合 図 が 発 せられそのカップルは 棄 権 となる. 6 中 断 地 点 から 再 滑 走 することが 許 された 場 合 の 演 技 の 中 断 第 515 条 第 3 項 b) -2.5 レフェリー これら 減 点 の 値 は 規 程 第 353 条 第 1 項 n)および 第 843 条 第 1 項 n)で 定 められた 標 準 の 値 とは 異 なるの で レフェリーはシステム 操 作 者 に 特 別 な 指 示 を 出 さなければならず かつ 逐 一 入 力 値 が 正 しいか 確 認 しなけ ればならない. 7 音 楽 要 件 違 反 プログラムごとに 規 程 第 707 条 第 5 項 および ISU コミュニケーション 第 1860 号 (リズム) 音 楽 は 指 定 されたパターン ダンスのリズムに 沿 ったものを 選 ばなければならない. 音 楽 は ISU 公 式 アイス ダンス 音 楽 から 選 んでもよい.この 場 合 選 んでよいのは 1 番 から 5 番 の 曲 のみである. 8 テンポ 指 定 違 反 プログラムごとに 規 程 第 707 条 第 5 項 および ISU コミュニケーション 第 1860 号 (テンポ) 必 要 なシークェンス 中 のテンポは 一 定 でなければならず,またそのパターン ダンスに 要 求 されたテンポ(ISU アイス ダンス ハンドブック 2003 を 参 照 のこと)±2 拍 / 分 に 従 わなければならない. 中 断 開 始 後 40 秒 以 内 にパートナーの 一 方 がレ フェリーに 申 告 しない 場 合,あるいは 与 えられた 追 加 の 3 分 間 以 内 にカップルが 演 技 を 再 開 で きない 場 合,そのカップルは 棄 権 とされる レフェリー+ジャッジ -1.0 レフェリー *レフェリー+ジャッジ: 全 ジャッジとレフェリーを 含 むパネルの 多 数 意 見 により 減 点 を 適 用 する. 意 見 が 50:50 に 割 れた 際 は 減 点 されない.スクリーン 上 のボタンを 押 すことで 減 点 を 適 用 する. **テクニカル パネル:TS が 特 定 し,TC が 認 定 あるいは 訂 正 し, 減 点 を 行 う.ただし TC による 訂 正 要 求 に 両 TS が 賛 同 しない 場 合 は TS と ATS による 当 初 の 決 定 が 維 持 される. File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 32 of 56 D Deductions who is responsible

33 Subject: パターン ダンスの 説 明, 表,ダイアグラム(ノービス 国 際 競 技 会 ) フォーティーンステップ ( 出 典 : ISU Handbook Ice Dance 2003, I-1) 音 楽 テンポ パターン 時 間 - マーチ 6/8 または 2/4 拍 子 - 2 拍 子 56 小 節 / 分 - 4 拍 子 28 小 節 / 分 - 毎 分 112 拍 - セット - 4 シークェンスで 43 秒 ステップ 1 から 7 の 間, 女 性 が 後 ろ 向 きで 男 性 が 前 向 きのクローズド ホールド を 組 む.ダンスの 始 まりは 中 心 線 に 向 かうカーブを 描 く 3 つのステップからなる プログレッシブのシークェンスである.ステップ 4 はフェンスに 向 かう 4 ビートの スイング ロールである.このスイング ロールで 2 人 のフリー レッグが 調 和 して いることとパートナー 同 士 が 近 い 位 置 を 保 てていることが 大 切 である. 次 にステ ップ 5 から 7 で 両 パートナーはもう 1 つプログレッシブのシークェンスを 行 う.ス テップ 7 はステップ 3 よりやや 浅 く 滑 り,その 後 ステップ 8 において 女 性 はフォ アへ 踏 み 出 しターンし, 男 性 がモホークをし 終 えるまでオープン ホールドで 男 性 の 傍 に 接 近 して 滑 る. おいて 男 性 はステップ 14 のために 前 方 に 向 きを 変 える.ステップ 14 で 両 パー トナーは 元 のクローズド ポジションに 戻 る. 音 楽 のリズムに 合 わせた 柔 らかい 膝 の 曲 げ 伸 ばしと, 優 雅 で 楽 々とした 流 れが 必 要 であるが,これはフォーティーンステップを 歩 いたり, 走 ったりするのではな く 踊 るためである. 要 求 されたエッジに 乗 って 速 い 滑 走 を 行 うためには, 身 体 の 十 分 な 傾 斜 が 必 要 である. テストや 競 技 会 では,このダンスはルール 指 示 されたとおりに 滑 らなければなら ないが,ダンスの 集 い 等 で 同 時 に 多 数 のカップルが 氷 上 にいる 時 には,もし 水 面 が 十 分 であるならば 片 側 に 2 つのロールを 行 うことをすすめる. 考 案 者 初 演 公 開 フランツ シュラー 1889 年 ウィーン テン ステップまたはシュラー マーチとして 滑 走 された. ステップ 1 から 7 は 氷 面 のコンティニュアス アクシスに 沿 って 滑 り,ステップ 8 から 14 ではパターンの 両 端 でカーブを 描 く. 男 性 はステップ 9 のオープン イン サイド モホークの 後, 肩 で 体 の 回 転 を 止 め, 両 パートナーの 肩 がこの 部 分 のト レースに 対 してだいたい 平 行 になるようにしなくてはならない.ステップ 8 から 12 の 間, 両 パートナーは 女 性 の 右 のヒップが 男 性 の 右 のヒップの 脇 にあるオフ セット(ずれた) クローズド ポジションで, 女 性 は 前 向 きに, 男 性 は 後 ろ 向 きに 滑 る. 女 性 のステップ 9 はクロス ビハインド シャッセ,またステップ 11 はプロ グレッシブである. 男 性 のステップ 10 はスケーティング フットのごく 近 くからス テップを 行 い,ステップ 11 と 12 ではプログレッシブのシークェンス,さらにステ ップ 13 ではクロス イン フロントを 行 う. 女 性 は,ステップ 12 と 13 のオープン モホークを 滑 るために 徐 々に 男 性 に 先 行 するように 動 く.ステップ 13 の 終 りに File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 33 of 56 D Description, chart and diagram of Pattern Dances (Novice International Competitions)

34 Subject: パターン ダンスの 説 明, 表,ダイアグラム(ノービス 国 際 競 技 会 ) フォーティーンステップ ( 出 典 : ISU Handbook Ice Dance 2003, I-1) ホールド 番 号 男 性 音 楽 の 拍 数 女 性 クローズド 1 LFO 1 RBO 2 RFI-Pr 1 LBI-Pr 3 LFO 2 RBO 4 RFO-SwR 4 LBO-SwR 5 LFO 1 RBO 6 RFI-Pr 1 LBI-Pr 7 LFO 2 RBO ややオフ 8 RFI 1 LFO セットの OpMo クローズド 9 LBI 1 XB-RFI 10 RBO 1 LFO 11 LBI-Pr 1 RFI-Pr 12 RBO 1 LFO 13 XF-LBI 1 RBO クローズド 14 RFI 2 LBI Op Mo File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 34 of 56 D Description, chart and diagram of Pattern Dances (Novice International Competitions)

35 Subject: パターン ダンスの 説 明, 表,ダイアグラム(ノービス 国 際 競 技 会 ) フォックストロット ( 出 典 : ISU Handbook Ice Dance 2003, I-2) 音 楽 テンポ パターン 時 間 - フォックストロット 4/4 拍 子 - 4 拍 子 25 小 節 / 分 - 毎 分 100 拍 子 - オプショナル - 4 シークェンスで 1 分 07 秒 両 パートナーは 互 いの 肩 とヒップを 接 近 したオープン ホールドでダンスを 始 め る.ステップ 2 は 2 人 ともクロス シャッセである. 男 性 のステップ 4a はクロス ロールからのスリー ターンであり,その 後 両 パートナーはクローズド ホールドに なる. 女 性 のステップ 4 はクロス ロールで 始 め,フリー レッグは 4 カウントの 間 中, 後 ろへ 伸 ばし,カウント 3 で 男 性 の 足 換 えと 調 和 するように(スケーティン グ レッグの) 膝 を 曲 げてアクセントをつける. 女 性 はランジ( 剣 を 突 き 出 すような 動 き)しないように 注 意 しなければならない.ステップ 4b と 5 では, 男 性 はフリ ー フットを 前 方 で 氷 から 離 し,その 後 次 のステップの 準 備 をするためにスケー ティング フットのそばに 引 さ 寄 せる. ステップ 5 において 女 性 はクロス ロール スリー ターンを 行 うが, 男 性 は 単 な る RBO である.ステップ 7 は 両 パートナーによるプログレッシプである. 両 パー トナーはステップ 8 の 終 りまでクローズド ホールドを 続 ける. 次 に 男 性 がクロス ロールのスリー ターン(ステップ 9)をするために,2 人 の 右 肩 が 向 き 合 った 位 置 で, 男 性 は 女 性 の 横 (はとんどアウトサイド ホールド)にいるべきである. を 容 易 にするためには,ステップ 10 と 11 を 正 確 なエッジで 滑 らなければなら ない. ステップ 12 において 両 パートナーは 同 時 にフリー レッグを 上 方 にスイングし, それから 滑 らかに 引 き 寄 せ,カウント 4 の 終 りにはステップ 13 の 踏 み 出 しに 備 えて,スケーティング フットの 踵 につける.ステップ 13 はスケーティング フット の 踵 の 近 くから 滑 り 出 すべきである.ステップ 14 はスケーティング フットの 近 く から 滑 り 出 すオープン ストロークである.ステップ 13 と 14 は 強 いインサイド エ ッジで 滑 るべきである. フォックストロットは 踊 らなければならず, 歩 いて 進 んではいけない. 柔 らかい 膝 の 動 きと 流 れがなければならない.フリー フットは 常 にスケーティング フットの ごく 近 くで 氷 上 に 下 ろさなければならない.このダンスは, 半 円 形 のローブをディ ープ エッジで 滑 るようにデザインされたものである. 考 案 者 エリック バン デァ ワイデン,エバ キーツ 初 演 公 開 1933 年 ロンドン ウェストミンスター アイスリンク ステップ 10 で 再 びクローズド ポジションに 戻 る. 男 性 はステップ 11 でプログレ ッシブを 滑 り,この 間 に 女 性 はモホークに 備 えて 準 備 する.ステップ 11 におい て 女 性 はフリー レッグをスイングはせず, 後 ろに 伸 ばした 後,ただ 単 にフリー フットをスケーティング フットの 踵 のそばに 引 さ 寄 せ(フリー フットは 十 分 に 外 側 へ 開 いて 保 つ),カウント 1 でクローズド モホークを 行 う. 女 性 のこのモホーク File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 35 of 56 D Description, chart and diagram of Pattern Dances (Novice International Competitions)

36 Subject: パターン ダンスの 説 明, 表,ダイアグラム(ノービス 国 際 競 技 会 ) フォックストロット ( 出 典 : ISU Handbook Ice Dance 2003, I-2) ホールド 番 男 性 音 楽 の 拍 数 女 性 号 オープン 1 LFO 1 LFO 2 XB-RFI 1 XB-RFI 3 LFO 2 LFO クローズド 4a CR-RFO CR-RFO 4b LBO 2 5 RBO CR-LFO3 6 LFO 1 RBO 7 RFI-Pr 1 LBI-Pr * 8 LFO 2 RBO クローズド 9 CR-RFO CR-LBO 10 LBO 2 RFO 11 RBO 1 2 LFO a 11 LBI-Pr 1 ClMo b オープン 12 RBO 4 RBO 13 LFI 2 LFI 14 RFI 2 RFI *ステップ 8 の 終 わりではパーシャル アウトサイド ホールド File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 36 of 56 D Description, chart and diagram of Pattern Dances (Novice International Competitions)

37 Subject: パターン ダンスの 説 明, 表,ダイアグラム(ノービス 国 際 競 技 会 ) ロッカー フォックストロット ( 出 典 : ISU Handbook Ice Dance 2003, I-3) 音 楽 テンポ パターン Duration - フォックストロット 4/4 拍 子 - 4 拍 26 小 節 / 分 - 毎 分 104 拍 子 - セット - 4 シークェンスで 1 分 05 秒 スイング ロッカーの 間 に.カップルはクローズド ポジションになり,ステップ 7b で 再 びオープン ポジションに 戻 ってダンスの 残 りのステップを 続 ける. 男 性 の ステップ 6 の 踏 み 出 しはオープン ストロークでなければならず,LFO からのス リー ターンを 行 うためにこの 最 初 の 部 分 でパートナーのちょうど 真 向 かいのポ ジションをとるべきである. ロッカー フォックストロットはリンクの 端 の 中 央 線 上 からスタートし,フェンスに 向 かって 3 つと 中 央 線 に 向 かって 2 つのローブをリンクの 長 辺 に 沿 って 作 る.リン クを 1 周 するにはダンスのシークェンスを 2 つ 滑 走 する 必 要 がある. ステップ 1 から 4 は 両 パートナーとも 同 じステップをオープン ポジションで 滑 る もので,クロス ビハインド シャッセの 後 にプログレッシブが 続 く.ステップ 5 では, 男 性 が 2 つのアウトサイド エッジを 滑 っている 間 に, 女 性 は 4 ビートの LFO ス イング ロッカーを 行 う.このスイング ロッカーはフリー レッグのスイングを 伴 っ て 行 われ,フリー レッグをスケーティング フットのそばを 通 し, 前 方 へ 伸 ばした 後 にターンする.ロッカーはクリーンなアウトサイド エッジからアウトサイド エッジ へとビート 2 で 行 われるべきで,それによってターン 後 に 女 性 が 膝 を 柔 らかく 曲 げて 沈 み 込 む 動 きが,ビート 3 における 男 性 の RFO の 膝 の 曲 げとちょうど 一 致 するようになる.スイング ロッカーの 後, 女 性 のフリー レッグは 男 性 のフリー レッグと 調 和 するように 前 方 へ 振 らなければならない. 女 性 のスイング ロッカ ーの 後 も,パター ンは 中 央 線 に 接 近 し 続 け,その 後 カーブを 描 いて 中 央 線 か ら 離 れて 行 く. 両 パートナーともアウトサイド エッジで 滑 走 するよう 注 意 しなけれ ばならない. ステップ 8 はクロス ロールである.ステップ 10 と 11 は 力 強 いアウトサイド エッ ジである.ステップ 11 と 12 は 両 パートナーによるアウトサイド クローズド モホ ークである.フリー レッグは 最 初, 後 方 へ 開 いて 伸 ばし,それからちょうどモホ ークに 合 わせたタイミングで,スケーティング フットの 踵 のそばにつける. 男 性 はステップ 11 のカープがあまり 深 くなりすぎないように 注 意 しなければならない. なぜなら, 女 性 はターンを 行 う 際 に 男 性 のそばに 居 られるようにするには, 男 性 と 少 なくとも 同 等 の 探 さのカープで 滑 走 しなければならないからである. 正 し いポジションをとるために,ターンに 入 るところで 肩 の 回 転 を 十 分 にチェックしな ければならない.パターンの 最 後 がきちんと 丸 くなりダンスを 再 び 中 央 線 で 始 め るには,モホークはロング アクシスに 向 いて 行 われなればならない.モホーク の 後, 二 人 はステップ 12 から 13 までゆっくりとした 右 回 転 を 続 ける.これはダ ンスの 再 スタートのためのステップ 14 を,フォワードで 滑 走 するためである.ス テップ 13 は 両 パートナーともおよそセンター ラインでクロス イン フロントで 始 める. ロッカー フォックストロットは 十 分 な 膝 の 動 き, 傾 斜 の 変 化 と 流 れを 伴 って 滑 る べきで,これによりフォックストロットの 性 格 を 十 分 に 表 現 できる. 考 案 者 初 演 公 開 エリック バン デァ ワイデン,エバ キーツ 1973 年 ロンドン ストリーサム アイスリンク File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 37 of 56 D Description, chart and diagram of Pattern Dances (Novice International Competitions)

38 Subject: パターン ダンスの 説 明, 表,ダイアグラム(ノービス 国 際 競 技 会 ) ロッカー フォックストロット ( 出 典 : ISU Handbook Ice Dance 2003, I-3) ホールド 番 号 男 性 音 楽 の 拍 数 女 性 オープン 1 LFO 1 LFO 2 XB-RFI 1 XB-RFI 3 LFO 1 LFO 4 RFI-Pr 1 RFI-Pr クローズド 5a LFO LFO-SwRk 5b RFO 2 6 LFO RBO オープン 7a RBO 2 4 LFO 7b LFO 2 8 CR-RFO 2 CR-RFO 9 LFI-Pr 2 LFI-Pr 10 RFO 2 RFO 11 LFO 2 LFO ClMo ClMo 12 RBO 2 RBO 13 XF-LBI 2 XF-LBI 14 RFI 2 RFI File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 38 of 56 D Description, chart and diagram of Pattern Dances (Novice International Competitions)

39 Subject: パターン ダンスの 説 明, 表,ダイアグラム(ノービス 国 際 競 技 会 ) ヨーロピアン ワルツ ( 出 典 : ISU Handbook Ice Dance 2003, I-4) 音 楽 テンポ パターン 時 間 - ワルツ ¾ 拍 子 - 3 拍 子 45 小 節 / 分 - 毎 分 135 拍 子 - セット - 2 シークェンスで 48 秒 ヨーロピアン ワルツの 基 本 ステップは, 男 性 の 場 合 はクロス ロール スリー タ ーン,バックワード アウトサイド エッジ,フォワード アウトサイド エッジ, 女 性 の 場 合 はバックワード アウトサイド エッジ,スリー ターン,もう 1 つのバックワード アウトサイド エッジである.これらの 3 つのステップの 半 円 形 のローブはリンクの 長 辺 に 沿 って 行 われ, 最 初 のローブは 中 央 線 に 向 かって 初 め,2 番 目 はフェン スに 向 かって 滑 る.これらのローブが 完 全 な 半 円 形 となるように,それぞれのス タートを 直 角 に 中 央 線 に 向 かって,あるいは 直 角 に 中 央 線 から 離 れていくよう に 注 意 しなければならない. スリー ターンとバックワード アウトサイド エッジの 連 続 から 構 成 されている 大 き なローブが,リンク エンドの 部 分 で 上 述 のローブをつないでいる. 通 常 この 大 き なローブでは,それぞれのパートナーが 4 つのスリー ターンを 行 うが,しかし 水 氷 面 が 広 いときにはそれ 以 上 でもさしつかえない(ISU ジャッジング システム において,リンク エンドでのスリー ターンの 数 がいくつでもこのダンスのセクショ ンは 変 わらないものとする).この 点 が 唯 一 許 された 変 更 である. ダンスは 全 体 を 通 してクローズド ポジションで 滑 り,パートナー 同 士 は 近 接 して いなければならない. 両 パートナーともに 同 じ 軸 の 周 りで 回 転 するべきであり, 回 転 は 連 続 的 で, 新 しいローブのスタートのたびに 回 転 の 方 向 が 逆 になる. 例 えばリンクのフェンスに 向 かうローブではカップルの 回 転 は 左 回 り, 中 央 線 に 向 かうローブではカップルの 回 転 は 右 回 りである.この 回 転 はどれも 良 くコントロー ルされていなければならない.その 為 にはフリー フットをスケーティング フット の 近 くに 保 つことが 最 も 良 い.すべてのスリー ターンにおいて, 回 りすぎないよ うにチェックが 必 要 である. 真 っ 直 ぐな 姿 勢 や 常 に 力 強 いストローキング,つりあいのとれたフリー レッグの 伸 ばし 方, 規 則 正 しい 膝 の 曲 げ 伸 ばし 等 によって,このダンスにワルツの 味 わ いを 与 えることが 出 来 る. 考 案 者 初 演 公 開 不 詳 1900 年 以 前 場 所 不 詳 それぞれのローブの 開 始 において, 男 性 のスリー ターンはクロス ロールで 滑 るべきである.しかし, 女 性 のバックワード アウトサイド エッジはオープン ストロ ークで 始 める.すべてのスリー ターンは 3 拍 目 で 行 う.この 種 のターンは ヨー ロピアン ワルツ 型 のスリー ターン として 知 られている.すべてのエッジは 3 ビ ートの 長 さである. File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 39 of 56 D Description, chart and diagram of Pattern Dances (Novice International Competitions)

40 Subject: パターン ダンスの 説 明, 表,ダイアグラム(ノービス 国 際 競 技 会 ) ヨーロピアン ワルツ ( 出 典 : ISU Handbook Ice Dance 2003, I-4) ホールド 番 号 男 性 音 楽 の 拍 数 女 性 クローズド 1 CR-RFO LBO 2 LBO RFO3 3 RFO 3 LBO 4 CR-LFO RBO 5 RBO LFO3 6 LFO 3 RBO 7 CR-RFO LBO 8 LBO RFO3 9 RFO 3 LBO 10 CR-LFO RBO 11 RBO LFO3 12 LFO RBO 13 RBO LFO3 14 LFO RBO 15 RBO LFO3 16 LFO RBO 17 RBO LFO3 18 LFO 3 RBO File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 40 of 56 D Description, chart and diagram of Pattern Dances (Novice International Competitions)

41 Subject: パターン ダンスの 説 明, 表,ダイアグラム(ノービス 国 際 競 技 会 ) アメリカン ワルツ ( 出 典 : ISU Handbook Ice Dance 2003, I-5) 音 楽 テンポ パターン 時 間 - ワルツ ¾ 拍 子 - 3 拍 子 66 小 節 / 分 - 毎 分 198 拍 子 - セット - 2 シークェンスで 58 秒 アメリカン ワルツは 半 円 形 のローブの 連 続 から 成 り 立 っており,このローブは 交 互 に 中 央 線 に 向 かったり, 離 れたりしている.これらのローブはリンク エンドにお いて 6 ビートのアウトサイド スイング ロールによってつながれている. 最 もリン ク エンドに 近 いローブは 他 のローブよりも 中 央 線 に 近 いところで 終 わるように 位 置 するが,これは 6 ビートのローブ 1 つで 両 サイドのローブを 結 ぶことを 可 能 に するためである. 他 のすべてのローブのスタートとフィニッシュは 中 央 線 から 等 距 離 で 行 われるべきである.すべてのステップは 同 じカーブで 滑 るべきで,そ の 結 果 それぞれの 3 つのステップのグループは 大 きいセミ サークルを 形 作 り, 各 ローブが 中 央 線 に 向 かってまたは 背 を 向 けて 直 角 に 踏 み 出 すようになる. ローブの 方 向 によって 交 互 に, 右 あるいは 左 に 滑 る 以 外 は 各 ローブのステップ は 同 じである.ステップのシークェンスは,どのアイス ダンスより 単 純 であるが, カップルによって 生 み 出 される 回 転 の 数 が 多 いために, 正 確 に 滑 ろうとすると アイス ダンスの 中 で 最 も 難 しい 課 題 の 一 つである. 回 転 をスムーズに 行 うため には,スイング スリー ターンにおいてパートナーが 一 方 を 振 り 回 すのではなく, むしろ 回 転 の 中 心 を 2 人 の 聞 に 取 り,2 人 の 肩 を 平 行 に 保 つことが 必 要 である. 回 転 は, 間 に 休 止 を 伴 った 急 な 動 きではなく, 連 続 的 にそして 均 一 に 行 われ なければならない. アメリカン ワルツの 各 ステップは 6 ビート(2 小 節 ) 保 たれるから, 各 ステップは かなりの 長 さになる.フリー フット/レッグのスイングでは,フリー レッグの 膝 を 曲 げる 事 なく,ヒップの 部 分 から 動 かされなければならない.スリーは 両 足 を 近 づけてターンをしなければならないが,フリー フットの 動 きが 止 まってはいけな い.フリー フットはスリー ターンが 行 われる 前 にスケーティング フットを 通 り 越 すべきではない. 常 に 密 接 したワルツ ホールドを 保 ちながら,パートナー 同 士 が 同 調 してフリー レッグのスイングを 行 ない, 互 いにかつ 音 楽 にも 合 わせつつ, カウント 4 でスイング スリーを 行 う.この 種 のターンは アメリカン ワルツ 型 のス リー ターン として 知 られている. 片 方 からもう 一 方 の 足 への 移 行 はスケーティング レッグの 膝 の 曲 げを 伴 って 行 われる.この 動 作 は 最 強 拍 (カウント 1)と 同 時 に 起 こり,またそれを 強 調 する 役 に 立 つ. 膝 の 動 作 によりこのダンスに 軽 快 さを 加 えることができるが, 良 くコン トロールされ,ゆっくりとしたものでなければならず,さもないとダンスは 弾 むよう な 感 じになり,スピードやバランスが 失 われてしまう.カップルは 上 体 を 起 こし, 同 時 に 新 しいローブを 滑 る 際 には 上 手 に 体 をコントロールして 体 重 の 移 動 を 行 わなければならない. ワルツ 音 楽 の 表 現 は 主 として,メイジャーとマイナーな 強 拍 の 間 の 一 様 な 流 れ により 特 徴 づけられる.イジャーな 強 拍 (カウント 1)は 足 換 えと, 滑 っている 脚 の 膝 の 曲 げによって 強 調 される.これらのポイントのいくつかは 新 しいローブのスタ ートと 一 致 するので. 回 転 方 向 と 傾 斜 の 変 化 によっても 強 調 される.マイナー な 強 拍 (カウント 4)はターンが 目 印 となるが,そうでなければ 強 調 されるもので はない. 考 案 者 初 演 公 開 不 詳 不 詳 File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 41 of 56 D Description, chart and diagram of Pattern Dances (Novice International Competitions)

42 Subject: パターン ダンスの 説 明, 表,ダイアグラム(ノービス 国 際 競 技 会 ) アメリカン ワルツ ( 出 典 : ISU Handbook Ice Dance 2003, I-5) ホールド 番 号 男 性 音 楽 の 拍 数 女 性 クローズド 1 RFOSw LBO-SwR 2 LBO-Sw R RFOSw3 3 RFO-SwR 6 LBO-SwR 4 LFOSw RBO-SwR 5 RBO-SwR LFO Sw3 6 LFO-SwR 6 RBO-SwR 7 RFOSw LBO-SwR 8 LBO-SwR RFOSw3 9 RFO-SwR 6 LBO-SwR 10 LFOSw RBO-SwR 11 RBO-SwR LFOSw3 12 LFO-SwR 6 RBO-SwR 13 RFO-SwR 6 LBO-SwR 14 LFOSw RBO-SwR 15 RBO-SwR LFOSw3 16 LFO-SwR 6 RBO-SwR File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 42 of 56 D Description, chart and diagram of Pattern Dances (Novice International Competitions)

43 Subject: パターン ダンスの 説 明, 表,ダイアグラム(ノービス 国 際 競 技 会 ) スターライト ワルツ ( 出 典 : ISU Handbook Ice Dance 2003, I-9) 音 楽 テンポ パターン 時 間 - ワルツ ¾ 拍 子 - 3 拍 子 58 小 節 / 分 - 毎 分 174 拍 子 - セット - 2シークェンスで 1 分 10 秒 このダンスの 性 格 とリズムはヴィニーズ ワルツのそれと 同 様 である. このダンスはクローズド ポジションでの 両 パートナーによる 3 つのシャッセのシ ークェンスによって 開 始 される.それぞれのシャッセのシークェンスの 3 つめの ステップは 力 強 いアウトサイド エッジでなければならない.3 つめのシャッセの 後 で, 両 パートナーはステップ 9 の 6 ビートのチェンジ エッジを 滑 る.ステップ 9 の 後 半 の 3 ビートのフリー レッグの 動 きは,スケーターの 好 みによって 表 現 し てよい.ステップ 10 で 両 パートナーは 6 ビートのスイング ロールを 滑 る.クロー ズド ホールドを 保 ったまま,ステップ 11 から 15 の 間 に 男 性 は 3 つのスリー タ ーンを 行 い, 女 性 は 2 つのスリー ターンを 行 う.このシークェンスの 間, 両 パー トナーがクローズド ホールドにある 限 り, 動 作 や 表 現 は 各 カップルが 自 由 に 行 ってよい.これらのスリー ターンは 互 いの 間 隔 を 一 定 に 保 って 行 うよう, 注 意 すべきである.ステップ 15 の 男 性 の 最 後 のスリー ターンの 後 で, 男 性 がバッ クのプログレッシブで 滑 っている 間 に, 女 性 はクローズド モホーク(ステップ 16a & 16b)の 準 備 をする. 両 パートナーはステップ 17 を 6 ビートの 間 滑 るが,フリ ー レッグを 上 げてカウント 4 にアクセントをつける. ープン ホールドになり, 男 性 がシャッセを 行 う 間 に 女 性 は 再 びオープン モホ ークを 行 う. 両 パートナーはクローズド ホールドに 戻 り,ステップ 23 で 再 びスイ ング ロールを 行 う.このシャッセとモホークのシークェンスはステップ 24,25 で 反 対 方 向 に 行 われる.この 3 つのモホークの 間, 女 性 はターンの 前 にフリー フ ットの 踵 を 引 き 寄 せる 際 には,スケーティング フットの 内 側 に 引 き 寄 せても, 踵 に 引 き 寄 せてもよい. ステップ 26 の 間 に, 男 性 は 左 手 を 離 して 腰 の 後 ろに 置 く.そして, 女 性 は 右 手 で 男 性 の 左 手 を 握 る.ステップ 28 で 女 性 の 背 後 でスリー ターンを 行 うために, 男 性 は 右 手 を 離 す.ステップ 26 から 28 の 間, 男 性 は 右 腕 を 前 方 に 伸 ばして も 体 の 横 につけて 置 いてもよい. 男 性 のステップ 27,28,31 と 女 性 のステップ 27,31 はクロス ロールによって 開 始 される. 女 性 のステップ 29b はクロス ビハインド シャッセであり, 前 方 で はなくすぐそばに 踏 み 出 すよう 気 を 付 けなくてはならない.ステップ 29 の 完 了 と 同 時 に,パートナー 同 士 でキリアン ホールドを 組 み,ステップ 32 までそのポジ ションで 滑 る.ステップ 32 では, 女 性 が 音 楽 のタイミングに 合 せてフリー レッグ を 後 方 に 上 げてスイング スリー ターンを 行 っている 間 に 男 性 はスライド シャ ッセを 行 い,ダンスの 最 初 に 戻 るためにクローズド ホールドになる. 考 案 者 初 演 公 開 コートニー J.L.ジョーンズ,ペソ Ⅴ ホーン 1963 年 ロンドン クイーンズ アイスリンク ステップ 18 はオープン ホールドで 滑 る.ステップ 19 では 女 性 がオープン モ ホークを 行 う 間, 男 性 は 3 ビートのエッジを 滑 る. 両 パートナーはクローズド ホ ールドに 戻 ってステップ 20 のスイング ロールを 行 う. 続 いて 女 性 が 開 いてオ File name: Handbook for Officials - Pattern Dances 2015 Ja.docx Page 43 of 56 D Description, chart and diagram of Pattern Dances (Novice International Competitions)

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上 ( 訳 小 森 一 郎 ) 2010 F A I F 3 C 競 技 ル ー ル 2 0 1 0 年 版 ( 適 用 開 始 2010.1) 5. 4 ク ラ ス F 3 C ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー 5. 4. 1 ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー の 定 義 ヘ リ コ プ タ ー と は 名 目 的 垂 直 軸 ( 1 本 ま た は

More information

4.アスリートは 男 女 ともに 同 レベル 内 で 全 種 目 ( 個 人 総 合 )に 出 場 することができるが スペシャリスト として 1 種 目 か 2 種 目 またはそれ 以 上 の 種 目 ( 全 種 目 でない) での 種 目 別 に 出 場 することもできる 5. 競 技 会 にお

4.アスリートは 男 女 ともに 同 レベル 内 で 全 種 目 ( 個 人 総 合 )に 出 場 することができるが スペシャリスト として 1 種 目 か 2 種 目 またはそれ 以 上 の 種 目 ( 全 種 目 でない) での 種 目 別 に 出 場 することもできる 5. 競 技 会 にお 第 10 章 体 操 競 技 スペシャルオリンピックス(SO)の 体 操 競 技 は 全 てスペシャルオリンピックス 公 式 スポー ツルールに 従 うものとする 国 際 的 なスポーツプログラムとして スペシャルオリンピッ クスは 国 際 体 操 競 技 連 盟 (FIG)および 国 内 競 技 団 体 (NGB)の 競 技 規 則 を 基 にこれらの ルールを 定 めた FIG 規 則 がスペシャルオリンピックス

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

目 次 P 総 則 P4 確 認 事 項 P7 難 度 (D) P 実 施 (E) P5 申 告 書 採 点 票

目 次 P 総 則 P4 確 認 事 項 P7 難 度 (D) P 実 施 (E) P5 申 告 書 採 点 票 04 年 度 サニックス CUP 新 体 操 チャイルド 団 体 徒 手 ロープ ルール 改 訂 版 目 次 P 総 則 P4 確 認 事 項 P7 難 度 (D) P 実 施 (E) P5 申 告 書 採 点 票 総 則 サニックス04 新 体 操 団 体 徒 手 ロープ 種 目 オリジナルルール. 本 競 技 は サニックス CUP 国 際 新 体 操 選 手 権 主 催 の 競 技 会 で 実

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

ワンハンドヒットで いろいろな 方 向 に 打 つ 打 ち 方 右 手 をボールの 奧 に 回 して 打 つ 足 の 踏 ん 張 りがとても 重 要 低 いセットで 打 つ 場 合 ボールが 低 く 飛 び すぐに 落 ちるので レシーブしにくい リスク 横 に 打 つことができず 正 面 にしか

ワンハンドヒットで いろいろな 方 向 に 打 つ 打 ち 方 右 手 をボールの 奧 に 回 して 打 つ 足 の 踏 ん 張 りがとても 重 要 低 いセットで 打 つ 場 合 ボールが 低 く 飛 び すぐに 落 ちるので レシーブしにくい リスク 横 に 打 つことができず 正 面 にしか 第 1 回 日 本 代 表 に 学 ぶ キンボール 技 術 戦 術 講 習 会 日 時 2009 年 1 月 11 日 ( 日 ) 10:00 開 講 16:00 閉 講 場 所 東 京 都 品 川 区 品 川 区 立 第 二 延 山 小 学 校 体 育 館 主 催 日 本 キンボール 連 盟 共 催 NPO 法 人 フレンドリー 情 報 センター 主 管 東 京 都 キンボール 連 盟 講 習 担

More information

スポーツ傷害予防のためのコンディショニング

スポーツ傷害予防のためのコンディショニング 第 9 回 北 陵 杯 2014/9/28 ウォーミングアップの 必 要 性 と 方 法 を 理 解 しよう!! 出 雲 市 民 病 院 理 学 療 法 士 妹 尾 翼 自 己 紹 介 出 雲 第 一 中 学 校 平 田 高 等 学 校 ( 柔 道 部 ) 島 根 リハビリテーション 学 院 2003 年 入 学 出 雲 市 民 病 院 2007 年 入 職 現 在 理 学 療 法 士 8 年 目

More information

平 成 25 年 度 女 子 走 り 幅 跳 びブロック 強 化 練 習 について 東 京 都 中 体 連 陸 上 競 技 専 門 部 走 り 幅 跳 びブロック 佐 藤 隆 史 強 化 練 習 会 に 参 加 する 上 での 心 構 え 1. 東 京 都 のトップ 選 手 であることの 自 覚 と

平 成 25 年 度 女 子 走 り 幅 跳 びブロック 強 化 練 習 について 東 京 都 中 体 連 陸 上 競 技 専 門 部 走 り 幅 跳 びブロック 佐 藤 隆 史 強 化 練 習 会 に 参 加 する 上 での 心 構 え 1. 東 京 都 のトップ 選 手 であることの 自 覚 と 平 成 25 年 度 東 京 都 選 抜 強 化 練 習 会 学 校 名 学 年 氏 名 東 京 都 中 体 連 陸 上 競 技 専 門 部 走 り 幅 跳 びブロック 平 成 25 年 度 女 子 走 り 幅 跳 びブロック 強 化 練 習 について 東 京 都 中 体 連 陸 上 競 技 専 門 部 走 り 幅 跳 びブロック 佐 藤 隆 史 強 化 練 習 会 に 参 加 する 上 での 心

More information

番 号 名 学 年 コース 単 位 数 2-2 現 代 文 B 2 P 4 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小

番 号 名 学 年 コース 単 位 数 2-2 現 代 文 B 2 P 4 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小 番 号 2-1 名 現 代 文 B 学 年 コース 単 位 数 2 S A 3 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小 説 や 詩 歌 を 交 互 に 学 習 する 鑑 賞 文 や 意 見 文 の 作 成 要 約 課

More information

. チーム 編 成 - チームは 名 の 監 督 と 名 以 上 6 名 以 下 の 競 技 者 から 構 成 する ただし 競 技 に 参 加 できるのは 随 時 名 とする 他 は 交 代 競 技 者 とする - 競 技 者 の 中 から 主 将 名 を 任 命 する - 監 督 は 主 将 が

. チーム 編 成 - チームは 名 の 監 督 と 名 以 上 6 名 以 下 の 競 技 者 から 構 成 する ただし 競 技 に 参 加 できるのは 随 時 名 とする 他 は 交 代 競 技 者 とする - 競 技 者 の 中 から 主 将 名 を 任 命 する - 監 督 は 主 将 が . コートと 競 技 用 具 - コート コートはバドミントンダブルスコートを 準 用 する ラインの 幅 はcmとし それぞれの 位 置 名 称 は 図 の 通 りである 図 ネットの 仮 想 延 長 線 アンテナ サイドライン 支 柱 サービス エ ン ド ラ イ ン ハーフライン サービス エリア セ ン タ ー ラ イ ン ネ ッ ト エリア 60cm ネットの 仮 想 延 長 線 98cm

More information

審 判 法 の 講 習 に 先 立 って 講 師 剣 道 範 士 藤 井 稔 ( 北 海 道 大 学 師 範 ) 剣 道 の 性 格 とは 最 近 の 全 日 本 選 手 権 世 界 剣 道 大 会 全 国 高 校 生 大 会 を 見 て 感 じたこと 競 技 性 伝 統 性 闘 争 性 について

審 判 法 の 講 習 に 先 立 って 講 師 剣 道 範 士 藤 井 稔 ( 北 海 道 大 学 師 範 ) 剣 道 の 性 格 とは 最 近 の 全 日 本 選 手 権 世 界 剣 道 大 会 全 国 高 校 生 大 会 を 見 て 感 じたこと 競 技 性 伝 統 性 闘 争 性 について 審 判 法 実 施 上 の 留 意 点 平 成 19 年 全 日 本 剣 道 連 盟 後 援 秋 田 県 剣 道 講 習 会 ( 審 判 法 )2007.07.01. 資 料 於 秋 田 県 立 武 道 館 大 道 場 講 演 剣 道 範 士 藤 井 稔 講 習 剣 道 範 士 長 尾 英 宏 講 習 補 助 剣 道 範 士 目 黒 大 作 剣 道 教 士 八 段 田 口 昇 配 布 資 料 1.

More information

Microsoft Word - Guidance for Players and Officials on Proposed Rul

Microsoft Word - Guidance for Players and Officials on Proposed Rul 規 則 14-1b 案 についてプレーヤーとオフィシャルへのガイダンス 規 則 案 : 14-1b クラブのアンカリング(クラブを 固 定 すること) ストロークを 行 うとき プレーヤーは 直 接 的 に あるいは アンカーポイント( 固 定 点 ) を 用 いることによって クラブをアンカー( 固 定 )してはならない 注 1:プレーヤーはクラブや 握 る 手 をどちらかの 手 や 前 腕 *に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A3133313132322091E63389F18C6F89638ED295DB8FD882C98AD682B782E9834B834383688389834383938CA48B8689EF8B638E9697768E7C2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A3133313132322091E63389F18C6F89638ED295DB8FD882C98AD682B782E9834B834383688389834383938CA48B8689EF8B638E9697768E7C2E646F63> 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 ( 第 3 回 ) 議 事 要 旨 1. 日 時 : 平 成 25 年 11 月 22 日 ( 金 ) 15:00~16:45 2. 場 所 : 銀 行 会 館 5 階 講 堂 3. 参 加 者 : 小 林 委 員 内 池 委 員 大 西 委 員 奥 川 委 員 新 井 代 理 ( 片 岡 委 員 ) 菊 池 委 員 新 名 代 理 ( 佐

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

untitled

untitled 176 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 2 巻 第 4 号 ( 通 巻 58 号 ),176~180 (2011) 報 告 鉄 棒 における バーを 越 えながら 後 方 かかえ 込 み 2 回 宙 返 り 懸 垂 (コバチ) の 技 術 に 関 する 研 究 新 島 卓 矢 加 納 実 A Study of the Technique of ``Double Salto backward

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

ステップ シークェンス 概 要 ショート プログラム フリー スケーティング ルール 全 てのステップ シークェンスは 音 楽 の 特 徴 に 合 わせて 行 われなければならない 音 楽 に 合 った 短 い 停 止 は 許 される 逆 行 は 禁 止 されていない ターンとステップは シークェン

ステップ シークェンス 概 要 ショート プログラム フリー スケーティング ルール 全 てのステップ シークェンスは 音 楽 の 特 徴 に 合 わせて 行 われなければならない 音 楽 に 合 った 短 い 停 止 は 許 される 逆 行 は 禁 止 されていない ターンとステップは シークェン ジャッジング システム テクニカル パネル ハンドブック シングル スケーティング 2014/2015 版 2014 年 7 月 27 日 版 ( 日 本 語 訳 : 2014 年 8 月 16 日 第 1 版 ) 1 ステップ シークェンス 概 要 ショート プログラム フリー スケーティング ルール 全 てのステップ シークェンスは 音 楽 の 特 徴 に 合 わせて 行 われなければならない

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

航空自衛官の体力測定実施基準について(通達)

航空自衛官の体力測定実施基準について(通達) 1 空 幕 教 第 129 号 例 規 20. 3.31 一 部 変 更 空 幕 教 第 84 号 (21.3.18) 一 部 変 更 空 幕 教 第 247 号 (21.8. 3) 一 部 変 更 空 幕 教 第 112 号 (23.3.31) 全 部 隊 長 全 機 関 の 長 殿 航 空 幕 僚 長 航 空 自 衛 官 の 体 力 測 定 実 施 基 準 について( 通 達 )( 登 録 報

More information

4 県 立 山 形 北 高 等 校 ( 全 日 制 ) 音 楽 科 音 楽 に 関 しての 幅 広 い 興 味 と 関 心 を 有 し 向 上 心 を 持 って 習 する 生 徒 生 涯 に 渡 って 音 楽 を 愛 好 し 豊 かな 人 間 性 と 確 かな 実 力 を 備 えた 生 徒 明 確

4 県 立 山 形 北 高 等 校 ( 全 日 制 ) 音 楽 科 音 楽 に 関 しての 幅 広 い 興 味 と 関 心 を 有 し 向 上 心 を 持 って 習 する 生 徒 生 涯 に 渡 って 音 楽 を 愛 好 し 豊 かな 人 間 性 と 確 かな 実 力 を 備 えた 生 徒 明 確 2 県 立 山 形 南 高 等 校 ( 全 日 制 ) 理 数 科 理 数 科 の 習 に 対 する 強 い 意 欲 と 理 数 科 に 対 する 興 味 関 心 を 有 するとと もに 数 理 科 英 語 の 習 に 対 する 興 味 関 心 を 有 し 将 来 理 工 系 の 研 究 医 師 等 を 目 指 す 意 識 が 明 確 適 切 で 将 来 さらに 高 度 な 専 門 分 野 の 教

More information

マンション 建 替 え 実 務 マニュアル 平 成 1 7 年 8 月 平 成 22 年 7 月 改 訂 国 土 交 通 省 各 マニュアルの 関 係 について 分 譲 マンションストックは 国 土 交 通 省 の 推 計 によると 平 成 21 年 末 時 点 で562 万 戸 約 1, 400 万 人 が 居 住 しています このうち 築 30 年 を 超 えるストックが100 万 戸 近 くあり

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

Microsoft Word - 介護予防マニュアル120307入稿版【履歴反映】.doc

Microsoft Word - 介護予防マニュアル120307入稿版【履歴反映】.doc 運 動 器 疾 患 対 策 プログラム( 膝 痛 腰 痛 対 策 転 倒 骨 折 予 防 ) 膝 痛 腰 痛 及 び 骨 折 は 高 齢 者 の 生 活 機 能 を 著 しく 低 下 させる こうした 運 動 器 疾 患 の 有 無 に 加 えて 生 活 機 能 の 制 限 の 有 無 把 握 し 可 能 性 がある 場 合 には 積 極 的 に 対 策 をとる エビデンス 膝 痛 腰 痛 は 複

More information

飛込競技規則&役員手引2014A5.indd

飛込競技規則&役員手引2014A5.indd 飛 込 競 技 規 則 第 1 編 ( 公 財 ) 日 本 水 泳 連 盟 飛 込 競 技 規 則 目 次 総 則 1 第 1 条 一 般 規 則 1 第 2 条 競 技 会 3 第 3 条 競 技 種 目 5 第 4 条 競 技 手 続 7 第 5 条 競 技 会 運 営 9 第 6 条 レフリー( 審 判 長 ) 10 第 7 条 記 録 本 部 14 第 8 条 採 点 方 法 17 第 9

More information

About ESOMAR

About ESOMAR ICC/ESOMAR 市 場 および 社 会 調 査 における 国 際 行 動 規 範 はじめに マーケティングおよび 社 会 調 査 実 施 の 行 動 規 範 は 1948 年 に ESOMAR が 初 めて 発 行 した その 後 国 内 規 制 当 局 および 国 際 商 業 会 議 所 (ICC)により 数 々の 行 動 規 範 が 作 成 された 1976 年 ICC と ESOMAR

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

アマチュア 野 球 内 規 ( 規 則 適 用 上 の 解 釈 ) 1 次 回 の 第 1 打 者 たとえば2アウト 打 者 のボールカウント1ボール2ストライク 後 の 投 球 のときに 三 塁 走 者 が 本 盗 を 企 てたが 得 点 とならないで 攻 守 交 代 になったような 場 合 次

アマチュア 野 球 内 規 ( 規 則 適 用 上 の 解 釈 ) 1 次 回 の 第 1 打 者 たとえば2アウト 打 者 のボールカウント1ボール2ストライク 後 の 投 球 のときに 三 塁 走 者 が 本 盗 を 企 てたが 得 点 とならないで 攻 守 交 代 になったような 場 合 次 アマチュア 野 球 内 規 (2016 年 ) ( 下 線 部 が 変 更 箇 所 ) 目 次 1 次 回 の 第 1 打 者 2 バッタースボックスルール 3 ワインドアップポジションの 投 手 4 最 終 回 裏 の 決 勝 点 5 2アウト 四 球 暴 投 決 勝 点 で 打 者 一 塁 へ 進 まず 6 アウトの 時 機 7 アピールの 場 所 と 時 期 8 審 判 員 がインプレイのとき

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

体 幹 補 強 (27 種 目 ) 各 15 回 所 要 時 間 10~12 分 1 仰 向 けで 右 足 のつま 先 をまっすぐ 上 にして 右 足 を90 度 上 げる 2 のつま 先 を 内 側 に 傾 けて 3 のつま 先 を 外 側 に 傾 けて 4 を 左 側 に 倒 し 真 上 を 通

体 幹 補 強 (27 種 目 ) 各 15 回 所 要 時 間 10~12 分 1 仰 向 けで 右 足 のつま 先 をまっすぐ 上 にして 右 足 を90 度 上 げる 2 のつま 先 を 内 側 に 傾 けて 3 のつま 先 を 外 側 に 傾 けて 4 を 左 側 に 倒 し 真 上 を 通 大 塚 高 校 陸 上 競 技 部 2011 補 強 各 種 作 成 者 大 塚 高 校 陸 上 競 技 部 顧 問 船 津 哲 史 セラバンド 補 強 8 種 目 各 50 回 場 所 は 会 議 室 もしくは 廊 下 (30 分 ) 1 肩 甲 骨 (チューブ 背 中 まわしで 前 後 に 肩 甲 骨 を 動 かす) 2 腕 ふり 前 ( 補 助 者 は 後 ろから 平 行 にバンドを 支 持

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

1 事情聴取の要旨

1 事情聴取の要旨 区 分 所 有 の 併 用 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 賦 課 徴 収 を 怠 る 事 実 に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 と い う ) 第 2 4 2 条 第 4 項 の 規 定 に より 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 23 年 9 月 8 日 高 松 市

More information

029-037念.pwd

029-037念.pwd 連 載 IFRS 及 びIASの 解 説 第 15 回 IFRS 第 1 号 国 際 財 務 報 告 基 準 の 初 度 適 用 について 公 認 会 計 士 おお きた 大 北 ひさ し 尚 史 1 はじめに 本 稿 では 国 際 財 務 報 告 基 準 ( 以 下 IFRS という)におけるIFRS 第 1 号 国 際 財 務 報 告 基 準 の 初 度 適 用 について 解 説 する 2009

More information

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版 8 旅 ケ 番 号 頼 着 席 ゴ 裏 ポ 中 * 9 7 年 西 ツ 次 グ 第 3 戦 ポ 対 生 初 め 最 終 年 前 オ ピ ク 優 ゼ ハ 連 高 評 価 受 ポ 予 定 ひ お 苦 労 ケ 入 手 シ ュ ツ ガ 陸 上 競 技 ゴ 裏 前 列 席 ほ ピ 高 ャ 周 囲 ぐ 立 上 ょ 立 前 男 め 瞬 間 ピ 視 野 消 陽 楽 シ ュ ツ ガ ツ 南 部 町 ぐ 南 下 縦 断

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<5461726F31312D3039944E8DE096B1825089F196DA8365834C835883672E6A>

<5461726F31312D3039944E8DE096B1825089F196DA8365834C835883672E6A> < 第 10 の 目 的 章 > 経 営 比 率 分 析 分 もに 整 析 理 本 といわれることもあり この 章 経 比 では 営 較 管 理 検 討 に することによって 役 比 立 率 つ 分 資 析 料 について を 得 経 ることを 営 企 学 分 業 習 析 の する は 状 目 態 的 企 を として 次 業 知 章 の り その 経 損 営 主 益 活 として 分 動 将 岐 来 や

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール となっており この 得 点 をより 多 く 得 る 為 に 打 順 作 成 法 の 研 究

草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール となっており この 得 点 をより 多 く 得 る 為 に 打 順 作 成 法 の 研 究 平 成 25 年 度 卒 業 論 文 草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 作 成 法 の 提 案 文 教 大 学 情 報 学 部 経 営 情 報 学 科 B0P21056 山 田 僚 介 草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

Microsoft Word - ○マニュアル表紙(v4.0_.doc

Microsoft Word - ○マニュアル表紙(v4.0_.doc 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 事 務 マニュアル V4.0 ( 平 成 21 年 4 月 及 び 10 月 からの 上 限 額 管 理 事 務 に 関 する 一 部 制 度 変 更 の 内 容 が 盛 り 込 まれています) 平 成 21 年 10 月 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 このマニュアルは 神 奈 川 県 における 標 準 的 な 事 務 手 続 きを

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

大規模システムへの効果的対応

大規模システムへの効果的対応 パネルディスカッション: USDM で 良 かったことと 困 ったこと 2014-11-21 派 生 開 発 推 進 協 議 会 Copyrights 派 生 開 発 推 進 協 議 会 2014 2014-11-21 0 パネリスト 南 部 妙 水 アンリツエンジニアリング 技 術 の 利 用 者 内 部 推 進 者 技 術 者 斎 藤 芳 明, 富 士 ゼロックス 技 術 の 利 用 者 内 部

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

管 理 図 とは 目 次 へ 管 理 図 は, 工 程 を 管 理 または 解 析 する 道 具 として,アメリカの 統 計 学 者 であるシューハート (W.A.Shewhart)によって 考 案 された.これは, 工 程 の 異 常 を 検 出 するため, 工 程 が 偶 然 原 因 によっての

管 理 図 とは 目 次 へ 管 理 図 は, 工 程 を 管 理 または 解 析 する 道 具 として,アメリカの 統 計 学 者 であるシューハート (W.A.Shewhart)によって 考 案 された.これは, 工 程 の 異 常 を 検 出 するため, 工 程 が 偶 然 原 因 によっての 管 理 図 目 次 管 理 図 とは 工 程 のバラツキについて 管 理 図 の 種 類 (1) 統 計 量 による 分 類 (2) 使 用 目 的 による 分 類 データの 性 質 と 管 理 図 の 選 択 管 理 図 の 見 方 (1) 統 計 的 管 理 状 態 の 判 断 (2) 統 計 的 管 理 状 態 にない 場 合 の 判 定 基 準 (3) 工 程 の 変 化 と 管 理 図 の

More information

<819D967B95D25F91E D25F8CF08DB7935F82CC90DD8C762E786477>

<819D967B95D25F91E D25F8CF08DB7935F82CC90DD8C762E786477> 第 3 編 第 3 編 交 差 点 の 設 計 交 差 点 の 設 計 63 64 第 3 編 交 差 点 の 設 計 目 次 1. 適 用... 3-1 2. 交 差 点 の 計 画 基 準... 3-2 2.1 計 画 基 準... 3-2 3. 平 面 交 差 点 の 計 画 と 設 計 手 順... 3-3 3.1 計 画 と 設 計 の 手 順... 3-3 3.2 計 画 交 差 点 の

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

Microsoft PowerPoint - 07久野先生資料

Microsoft PowerPoint - 07久野先生資料 健 康 づくり 無 関 心 層 も 含 めた 行 動 変 容 事 業 としての 健 康 ポイント 資 料 4 2015 年 10 月 28 日 久 野 譜 也 筑 波 大 学 大 学 院 人 間 総 合 科 学 研 究 科 1 1 インセンティブ 策 実 施 の 背 景 : 健 康 づくり 無 関 心 層 への 対 策 が 重 要 地 域 及 び 職 域 における 第 一 次 予 防 としての 健

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323081798A6D92E8817A946E83418393836081458368815B83738393834F8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323081798A6D92E8817A946E83418393836081458368815B83738393834F8B4B92F6> 本 術 連 盟 アンチ ドーピングおよび 治 療 規 制 に 関 する 規 程 術 スポーツをクリーンに 保 つため また 競 技 のウェルフェアを 守 るために アン チ ドーピングおよび 治 療 規 制 に 関 する 規 程 を 定 める 競 技 に 参 加 する は ドーピング 物 質 および 治 療 物 質 の 影 響 下 にあってはならず その 責 任 は 管 理 責 任 者 にある (

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

Microsoft Word - 方法及び技術的基準の補足的事項

Microsoft Word - 方法及び技術的基準の補足的事項 別 紙 児 童 生 徒 学 生 幼 児 及 び 職 員 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 の 補 足 的 事 項 について 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 56 号 ) 第 13 条 第 1 項 及 び 同 法 第 15 条 第 1 項 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 については 同 法 第 17 条 第 1 項 の

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

次世代RTGS第1期対応実施後の決済動向

次世代RTGS第1期対応実施後の決済動向 9-J- 次 世 代 RTGS 第 期 対 応 実 施 後 の 決 済 動 向 決 済 機 構 局 9 年 5 月 日 本 銀 行 は 8 年 月 に 次 世 代 RTGS 第 期 対 応 を 実 施 した この 間 わが 国 の 金 融 環 境 は 厳 しい 状 態 が 続 いているが そうした 中 にあっても 第 期 対 応 実 施 後 の 日 本 銀 行 金 融 ネットワークシステムは 順 調

More information

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型 一 問 題 状 況 1) 平 成 24 年 度 労 働 契 約 法 改 正 (18~20 条 の 新 設 ) 5 年 ルール( 無 期 転 換 ルール)の 導 入 判 例 による 雇 止 め 規 制 の 立 法 化 有 期 契 約 の 差 別 禁 止 規 定 の 新 設 2) 関 連 法 令 の 改 正 (5 年 ルール 関 係 ) 任 期 法 の 改 正 特 例 についての 法 律 案 3) 有

More information

- 目 次 - 変 更 履 歴... i 1. はじめに... 1 1.1 用 語 の 説 明... 1 1.2 ツール 機 能 概 要... 2 1.3 当 ツール 活 用 時 の 留 意 事 項 および 参 考 資 料... 2 2. 動 作 環 境 とツール 構 成... 3 3. 機 能 と

- 目 次 - 変 更 履 歴... i 1. はじめに... 1 1.1 用 語 の 説 明... 1 1.2 ツール 機 能 概 要... 2 1.3 当 ツール 活 用 時 の 留 意 事 項 および 参 考 資 料... 2 2. 動 作 環 境 とツール 構 成... 3 3. 機 能 と i コンピテンシ ディクショナリ 活 用 ツール 操 作 説 明 書 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 IT 人 材 育 成 本 部 HRD イニシアティブセンター - 目 次 - 変 更 履 歴... i 1. はじめに... 1 1.1 用 語 の 説 明... 1 1.2 ツール 機 能 概 要... 2 1.3 当 ツール 活 用 時 の 留 意 事 項 および 参 考

More information

2)トレーニングプログラムの 実 際 具 体 的 な 集 団 トレーニングのプログラムの 流 れです 参 考 にしてください 1( 準 備 運 動 ) 体 力 測 定 結 果 の 柔 軟 性 や 関 節 の 痛 み 等 を 考 慮 可 動 範 囲 の 修 正 種 目 の 取 り 止 め 種 目 の

2)トレーニングプログラムの 実 際 具 体 的 な 集 団 トレーニングのプログラムの 流 れです 参 考 にしてください 1( 準 備 運 動 ) 体 力 測 定 結 果 の 柔 軟 性 や 関 節 の 痛 み 等 を 考 慮 可 動 範 囲 の 修 正 種 目 の 取 り 止 め 種 目 の 5.トレーニングプログラムの 作 成 1) 集 団 プログラムと 個 別 プログラムの 作 成 にあたって 参 加 者 全 員 の 身 体 状 況 にあった 集 団 プログラムと 参 加 者 一 人 一 人 にアプローチした 個 別 プログラ ムを 作 成 し 誰 であっても 諸 機 能 が 向 上 していくようにプログラムを 決 定 することが 望 ましいです 1 集 団 プログラム ウォーミングアップ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

A. 構 え( 姿 勢 ) 構 えた 時 の 足 の 位 置 は 揃 えるのが 一 般 的 と 思 いますが,BT の 場 合,コ-トの 大 きさから,フォアストロ-ク (フォア- 打 ち) が 80-90%で 有 り,フォア-スウィングがし 易 い 様 にスタンス( 足 の 位 置 )は 左 足

A. 構 え( 姿 勢 ) 構 えた 時 の 足 の 位 置 は 揃 えるのが 一 般 的 と 思 いますが,BT の 場 合,コ-トの 大 きさから,フォアストロ-ク (フォア- 打 ち) が 80-90%で 有 り,フォア-スウィングがし 易 い 様 にスタンス( 足 の 位 置 )は 左 足 - 目 次 A. 構 え( 姿 勢 ) 横 からの 構 えを 追 加 B. 目 線 1. 構 え 時 2.テイクバック 時 3.スウィング 時 C.グリップ 1. 握 り 方 2. 代 表 的 なフォアハンドグリップ 1). 基 本 的 な 打 球 の 位 置 : 2). 腕 とラケットの 角 度 3. 代 表 的 なバックハンドグリップ 以 上 A. 構 え( 姿 勢 ) 構 えた 時 の 足 の

More information

極 的 に 参 画 し 自 分 の 人 生 を 自 分 自 身 で 創 っていくこと 1 と 定 義 付 けること ができる つまり 何 らかの 援 助 を 受 けながらも 自 分 らしく 生 きていく ことが 自 立 において 何 より 重 要 な 要 素 であり そのための 支 援 が 自 立

極 的 に 参 画 し 自 分 の 人 生 を 自 分 自 身 で 創 っていくこと 1 と 定 義 付 けること ができる つまり 何 らかの 援 助 を 受 けながらも 自 分 らしく 生 きていく ことが 自 立 において 何 より 重 要 な 要 素 であり そのための 支 援 が 自 立 第 2 章 東 京 都 における 地 域 ケア 会 議 の 効 果 的 な 運 営 に 向 けた 視 点 について 1 東 京 都 における 地 域 ケア 会 議 の 望 ましい 姿 について (1) 国 における 地 域 ケア 会 議 の 定 義 について 地 域 ケア 会 議 の 定 義 は 地 域 ケア 会 議 運 営 マニュアル ( 平 成 25 年 3 月 一 般 社 団 法 人 長 寿

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682548FCD81408E968BC68D4C95F182CC8D48957682C697AF88D3935F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682548FCD81408E968BC68D4C95F182CC8D48957682C697AF88D3935F2E646F63> 第 5 章 事 業 広 報 の 工 夫 と 注 意 点 - 21 - 専 門 部 や 実 行 委 員 会 の 会 議 を 重 ね 練 り 上 げて 完 成 した 事 業 企 画 に 参 加 を 地 域 住 民 に 呼 びかけるために 担 当 者 はいわゆる 広 告 を 制 作 することになります この 広 告 を どのようなメディア( 媒 体 )で ど のようなスタイル( 体 裁 )で 誰 ( 対

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

2 各 グ ル ー プ の 実 践 報 告 (1) 1 2 年 グ ル ー プ ア は じ め に ~ グ ル ー プ の 目 標 1 2 年 の じ り つ の 学 習 内 容 の 情 報 交 換 と 事 例 学 習 入 学 し た ば か り の 1 年 生 は ま ず は 実 態 を 把 握

2 各 グ ル ー プ の 実 践 報 告 (1) 1 2 年 グ ル ー プ ア は じ め に ~ グ ル ー プ の 目 標 1 2 年 の じ り つ の 学 習 内 容 の 情 報 交 換 と 事 例 学 習 入 学 し た ば か り の 1 年 生 は ま ず は 実 態 を 把 握 小 学 部 の 実 践 テーマ 個 々 の 目 標 の 達 成 に 向 け た 自 立 活 動 の 時 間 に お け る 指 導 の あり 方 1 は じ め に (1)テ ー マ に つ い て 昨 年 度 は 先 進 校 や 他 校 の 実 践 を 聞 き 自 立 活 動 に つ い て 理 解 を 深 め た り 各 グ ル ー プ ご と に 数 名 を 抽 出 し 自 立 指 導 計 画

More information

第90回行政苦情救済推進会議資料

第90回行政苦情救済推進会議資料 1 審 議 資 料 (1) 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 要 件 である 交 通 費 の 取 扱 いの 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 申 出 要 旨 私 は 現 在 求 職 者 支 援 制 度 で 職 業 訓 練 を 受 けており 平 成 25 年 3 月 19 日 にハロー ワークへ 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )の 申 請 に 行

More information

ポイントモード

ポイントモード 1 で 作 業 機 能 図 形 を 構 成 する ポイントの 編 集 を 行 い 輪 郭 の 手 直 し を し ま す ツールボッ クスの 左 図 ボタンをクリ ッ クして をアクティ ブにします こ の ポ イ ン タ ー を 使 っ て 可 能 な 機 能 : ポイントのセレクショ ン ポイントの 移 動 ポ イ ン ト 属 性 の 変 更 ポ イ ン ト パ レ ッ ト 内 で 下 記 の

More information

Microsoft Word - 20年度(行個)答申第2号.doc

Microsoft Word - 20年度(行個)答申第2号.doc 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 19 年 4 月 18 日 ( 平 成 19 年 ( 行 個 ) 諮 問 第 21 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 4 月 21 日 ( 平 成 20 年 度 ( 行 個 ) 答 申 第 2 号 ) 事 件 名 : 特 定 被 相 続 人 に 係 る 相 続 税 申 告 書 の 不 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ロ 野 球 選 成 績 落 ち 軍 行 契 約 更 改 拒 否 要 解 雇 待 サ 場 合 能 力

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63> 企 業 会 計 基 準 第 5 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 平 成 17 年 12 月 9 日 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 会 計 基 準 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業 会 計 基 準 第 21

More information

宮 崎 県 次 世 代 自 動 車 充 電 インフラ 整 備 ビジョン けん 宮 崎 県 のシンボルキャラクター みやざき 犬 平 成 25 年 8 月 宮 崎 県

宮 崎 県 次 世 代 自 動 車 充 電 インフラ 整 備 ビジョン けん 宮 崎 県 のシンボルキャラクター みやざき 犬 平 成 25 年 8 月 宮 崎 県 宮 崎 県 次 世 代 自 動 車 充 電 インフラ 整 備 ビジョン 宮 崎 県 のビジョンを 次 ページ 以 降 に 公 開 します 宮 崎 県 内 で 第 1 の 事 業 として 補 助 金 交 付 申 請 を 行 う 場 合 は 下 記 フローに 従 って 処 理 を 進 めて 下 さい 宮 崎 県 のビジョン 確 認 フロー 1ビジョンの 要 件 を 満 たしていることの 確 認 依 頼

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

2 腕 を 振 って 脚 を 曲 げ 伸 ばす 腕 と 脚 を 刺 激 して 全 身 の 血 行 を 促 進 します 肩 膝 股 関 節 の 運 動 です [1] 肩 三 角 筋 棘 上 筋 膝 大 腿 二 頭 筋 半 膜 様 筋 半 腱 様 筋 大 腿 四 頭 筋 股 腸 腰 筋 大 腿 筋 膜

2 腕 を 振 って 脚 を 曲 げ 伸 ばす 腕 と 脚 を 刺 激 して 全 身 の 血 行 を 促 進 します 肩 膝 股 関 節 の 運 動 です [1] 肩 三 角 筋 棘 上 筋 膝 大 腿 二 頭 筋 半 膜 様 筋 半 腱 様 筋 大 腿 四 頭 筋 股 腸 腰 筋 大 腿 筋 膜 1 背 伸 びをする 背 筋 を 十 分 に 伸 ばして よい 運 動 姿 勢 をつくります < 図 解 >ラジオ 体 操 第 一 (かんぽ 生 命 より 引 用 ) 肩 の 関 節 の 運 動 です [1]で 三 角 筋 棘 上 筋 [2]で 大 胸 筋 広 背 筋 大 円 筋 [1] 腕 を 前 から 上 に 上 げて 背 伸 びをする [2] 腕 を 横 から 下 ろす この 動 作 を 2

More information

Microsoft Word - 05.doc

Microsoft Word - 05.doc DEIM2009 E3-2 地 理 的 情 報 を 考 慮 したウェブ 画 像 検 索 方 法 の 提 案 和 田 修 平 井 上 潮 東 京 電 機 大 学 工 学 部 情 報 通 信 工 学 科 101-8457 東 京 都 千 代 田 区 神 田 錦 町 2-2 E-mail: 05kc116@ed.cck.dendai.ac.jp, inoue@c.dendai.ac.jp あらまし 近 年,ウェブ

More information

はじめに いまこのページを 目 にしている 貴 方 の 悩 みは 普 通 に 球 が 打 てないことではないだろ うか? スライスが 直 らない ダフリがでる トップがでる 球 が 飛 ばない などではないだ ろうか? それぞれには それぞれの 対 処 法 があるように 思 える スライスにはスライ

はじめに いまこのページを 目 にしている 貴 方 の 悩 みは 普 通 に 球 が 打 てないことではないだろ うか? スライスが 直 らない ダフリがでる トップがでる 球 が 飛 ばない などではないだ ろうか? それぞれには それぞれの 対 処 法 があるように 思 える スライスにはスライ ゴルフスイング サイクロイド 打 法! メニー ホワイズ クラブ ゴルフスイング:Many Whys Club 2015 年 春 号 はじめに いまこのページを 目 にしている 貴 方 の 悩 みは 普 通 に 球 が 打 てないことではないだろ うか? スライスが 直 らない ダフリがでる トップがでる 球 が 飛 ばない などではないだ ろうか? それぞれには それぞれの 対 処 法 があるように

More information

総 合 記 録 票 1. 基 本 情 報 ( 本 人 又 は 保 護 者 が 記 載 ) ふりがな 氏 名 性 別 昭 和 平 成 生 年 月 日 年 齢 ( 男 女 ) 年 月 日 ( 歳 ) 住 所 TEL 携 帯 FAX 家 族 構 成 氏 名 年 齢 続 柄 特 記 事 項 経 済 的 状

総 合 記 録 票 1. 基 本 情 報 ( 本 人 又 は 保 護 者 が 記 載 ) ふりがな 氏 名 性 別 昭 和 平 成 生 年 月 日 年 齢 ( 男 女 ) 年 月 日 ( 歳 ) 住 所 TEL 携 帯 FAX 家 族 構 成 氏 名 年 齢 続 柄 特 記 事 項 経 済 的 状 就 労 アセスメント 関 係 書 類 アセスメント 対 象 者 受 給 者 証 番 号 評 価 者 アセスメント 期 間 年 月 日 ~ 年 月 日 書 類 記 載 者 1 基 本 情 報 ~6 進 路 について アセスメント 対 象 者 又 は 保 護 者 が 記 載 7 評 価 で 検 討 する 項 目 評 価 者 が 記 載 アセスメント 結 果 票 評 価 者 が 記 載 総 合 記 録 票

More information

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的 平 成 28 年 6 月 3 日 公 開 平 成 28 年 6 月 7 日 修 正 平 成 28 年 熊 本 地 震 調 査 報 告 書 ( 速 報 ) ~ 東 北 大 学 災 害 科 学 国 際 研 究 所 構 造 物 土 砂 災 害 調 査 チーム~ < 調 査 対 象 > 土 砂 災 害 地 盤 災 害 構 造 物 被 害 など < 調 査 対 象 地 域 > 熊 本 県 阿 蘇 郡 南 阿

More information

Taro-h28_2_8_高校適応全部

Taro-h28_2_8_高校適応全部 平 成 28 年 度 競 技 規 則 採 点 規 則 の 全 国 高 校 適 用 体 操 競 技 男 子 女 子 共 通 1, 採 点 間 の 練 習 は, 競 技 会 場 の 条 件 によって 認 めることもある 今 年 度 は 認 めない 2,アリーナに 入 れる 者 は, 次 のとおりとする リーダー 正 選 手 補 欠 選 手 合 計 監 督 チーム 1 4 1 - 予 選 8 個 人 0

More information

効果的な交通災害防止策とは

効果的な交通災害防止策とは 自 動 車 事 故 を 起 こさないための 効 果 的 な 防 止 策 について 平 成 27 年 9 月 10 日 四 国 労 働 安 全 衛 生 コンサルタント 事 務 所 1 1 自 動 車 事 故 防 止 は 国 民 的 課 題 自 動 車 事 故 が 起 これば 関 係 者 家 族 の 悲 しみは 大 きい 自 分 の 安 全 は 自 分 が 守 らなければならない 人 に 守 ってもらうことができない

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の 定 款 中 の 変 更 しようとする 箇 所 を 記 載 した 書 面 ( 定 款 変 更 条 文 新 旧 対 照 表 ) 第 1 章 総 変 更 後 の 新 条 文 則 第 1 章 総 変 更 前 の 旧 条 文 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

untitled

untitled 26 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 3 巻 第 1 号 ( 通 巻 59 号 ),26~31 (2011) 報 告 平 行 棒 における 前 方 開 脚 5/4 宙 返 り 腕 支 持 の 技 術 に 関 する 研 究 小 川 泰 弘 加 納 實 A Study of the Techniques of ``5/4 Salto Forward Straddled to Upper

More information