Microsoft Word - p 川股 108p.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - p039-146 川股 108p.doc"

Transcription

1 エミリ ブロンテ 詩 的 想 像 の 世 界 (2) 川 股 陽 太 郎 詩 的 想 像 の 世 界 (1) では 年 代 と 傾 向 に 言 及 し エミリの 創 作 活 動 を 初 期 中 期 後 期 の 三 期 に 分 けてみた 初 期 の 詩 を 習 作 期 としたが 初 期 の 作 品 が 必 ずしも 一 定 の 水 準 にあるわけで はなく その 中 には 中 期 後 期 の 優 れた 作 品 の 萌 芽 となるもの 例 えば No.2 のような 詩 があることはすでに 指 摘 したとおりである また 18 歳 頃 から 20 歳 (No.1-No.79)までを 初 期 習 作 の 時 代 20 歳 から 22 歳 (No.80-No.142)までを 中 期 創 作 ) 22 歳 から 晩 年 (No.143-No.193)までを 後 期 とした 初 期 の 作 品 には 明 らかに 書 きかけの 詩 数 行 しかない 詩 も 少 なからず 見 受 けられる 例 えば No.3, 6, 8, 13, 17, 18, 20, 21, 22, 23, 24, 26, 28, 30, 31, 38, 44, 45, 46, 47, 48, 49, 50, 51, 54, 58, 65, 66, 67, 68, 69, 70, 71, 72, 73,74, 77, 79 等 がそうである 詩 的 想 像 の 世 界 (2)では 初 期 の 詩 として No.1 から No.79 までのうち No.55 までを 見 てみよう No.1 冷 たく 澄 み 渡 り 青 く 曉 の 天 は アーチ 高 みに 蒼 穹 を 広 げる 冷 たく 澄 み 渡 り 青 く ワ-ナ 湖 の 水 は -39-

2 川 股 陽 太 郎 その 冬 空 を 映 す ヴィーナス 月 は 沈 んでしまった だが 曉 の 星 は 輝 く 静 かな 白 銀 の 星 この 詩 には 詩 人 としてのエミリの 産 声 が 聞 こえる イングランド 北 部 ペ ナイン 山 脈 の 山 頂 に 近 いハワ-スで 大 自 然 の 声 に 耳 を 傾 けているエミリの 姿 が 良 く 出 ている 空 は 冷 たく 澄 み 渡 り あくまで 広 く 湖 は 冬 空 を 映 し 出 し 空 には 宵 の 明 星 が 見 えている 曙 光 の 空 は 弓 なりに 弧 を 描 き 大 気 は 冷 気 となって 流 れる ヴィーナス 月 は 沈 んでしまったが 曉 の 星 は 静 かに 白 銀 の 星 となっている この 一 連 六 行 詩 に 冬 空 とそれを 映 し 出 す 湖 冷 気 と 大 気 の 流 れが 視 覚 的 に 感 覚 的 にさり 気 なくしかし 的 確 に 描 き 出 されている エミリは 自 然 を ある がまま を 見 つめ 実 相 を あるがまま に 描 き 出 す 彼 女 はその 研 ぎ 澄 まさ れた 感 性 で 自 然 界 を 見 つめ それが 晩 年 に 向 かうにしたがい 確 固 たる 確 信 へと 繋 がっていく No.2 今 日 は 晴 れるでしょうか 曇 るでしょうか あさひ 心 地 よく 曙 光 が 射 し 始 めました だが 天 は 雷 雨 に 震 えるかも 知 れません 太 陽 が 沈 む 前 に アポロ お 妃 さま 太 陽 の 旅 路 を 見 守 りなさい あなたの 最 初 のお 子 の 歩 む 道 はこうなるでしょう もや もし 太 陽 の 光 が 夏 の 靄 を 通 り 抜 け いとも 穏 やかに 大 地 を 暖 めるなら たえ 姫 君 の 日 々は 妙 なる 静 穏 につつまれ 楽 しい 夢 のように 過 ぎてゆくでしょう 40-

3 エミリ ブロンテ ひ かげ もし 陽 が 翳 り もし 影 が 光 を 消 し 雨 を 呼 び 寄 せるなら 花 はひらき 蕾 はほころぶかも 知 れません だが 蕾 も 花 も ひとしく 空 しい 姫 君 の 日 々は 悲 しい 物 語 に 似 て 憂 いと 涙 と 苦 しみの 内 に 過 ぎてゆくでしょう さわ のどか もし 風 が 爽 やかに 長 閑 に 吹 き 大 空 が 晴 れ 渡 り 雲 ひとつなく 青 く こ が ね 森 と 野 と 黄 金 色 の 花 々が 日 の 光 を 浴 び 露 に 濡 れて 輝 くなら 姫 君 の 日 々は 世 の 荒 涼 とした 荒 野 を 栄 光 の 光 につつまれ 過 ぎてゆくでしょう この 詩 は 最 初 の ゴンダル の 詩 である 姫 君 オ-ガスタ ジェラルディ -ン アルメダの 未 来 と 運 命 がすでに 予 言 されており エイ A.G ジー.A エイ の 死 (No.143) には ゴンダルの 女 王 オ-ガスタの 臨 終 の 姿 が 描 かれている No.2 の 詩 は 少 なくとも No.143 の 詩 が 書 かれる 7 年 10 ヶ 月 前 に 書 かれていたことになる 初 期 の 詩 ではあるが 均 整 のとれた 美 しい 響 きをともなう 詩 であり その 想 像 力 が 中 期 および 後 期 の 作 品 にも 繋 がっていく No.3 話 してください 話 して 下 さい ほほ 笑 んでいる 子 よ あなたにとって 過 去 とは どのようなものであるのか 静 かな 穏 やかな 秋 の 夕 べ 風 が 悲 しげにため 息 をもらす 話 してください 現 在 とは どのようなものであるのか 花 咲 き 乱 れる 緑 の 小 枝 雛 鳥 は 小 枝 に 止 まり 精 いっぱい 力 をこめて -41-

4 川 股 陽 太 郎 舞 い 上 がり 飛 び 立 とうとしている では 未 来 とは どのようなものであるのか 幸 せな 子 よ 雲 ひとつなく 太 陽 の 下 に 輝 く 海 原 果 てしなく 輝 かしい 眩 い 海 原 は 無 限 に 伸 び 広 がる これはエミリが 書 いた 最 初 の 三 連 四 行 詩 である 彼 女 は 度 々 四 行 詩 で その 才 能 を 遺 憾 なく 発 揮 する ここでいう ほほ 笑 んでいる 子 幸 せな 子 とは 悠 久 の 時 の 流 れを 指 すの であろう エミリは 過 去 現 在 未 来 の 持 つ 意 味 にその 思 考 をめぐらす 過 去 とはすべて 過 ぎ 去 ったものであり 牧 師 館 の 自 室 の 窓 から 見 える 寂 しい と き 光 景 を 毎 日 眺 めながら 流 れ 去 る 時 間 を 静 かな 穏 やかな 秋 の 夕 べ 風 が 悲 しげにため 息 をもらす いう 言 葉 で 表 している 現 在 とはエミリにとって 生 命 の 始 まりである 春 と 夏 は 生 きとし 生 ける ものすべての 生 命 が 躍 動 する 時 である 花 は 咲 き 乱 れ 小 枝 は 新 緑 を 纏 い 秋 と 冬 は 生 命 が 消 えゆく 季 節 であるが 同 時 に 再 生 ための 目 には 見 えない 躍 動 の 時 であり 決 して 否 定 的 なものではない 未 来 をエミリは 雲 ひとつなく 太 陽 の 下 に 輝 く 海 原 果 てしなく 輝 かしい 眩 い 海 原 は 無 限 に 伸 び 広 がる という 言 葉 で 表 現 している エミリの 時 間 と 空 間 に 対 する 概 念 は 過 去 と 現 在 と 未 来 を 一 連 のもの として 捉 え その 輪 廻 転 生 感 からすると 過 去 現 在 未 来 は 一 連 の 流 れに と き あり いわゆる 現 在 は 存 在 せず 現 在 は 時 間 の 一 連 の 流 れの 中 の 点 にす ぎないということを 直 感 的 に 感 じていたのであろう 十 九 世 紀 ヨ-ロッパにおける 自 然 科 学 の 発 達 が エミリの 思 考 に 何 らかの 影 響 を 与 えたことも 考 えられるが ペナインの 大 自 然 に 抱 かれた 環 境 と 悠 然 と 過 ぎてゆく 時 間 や 果 てし 無 く 広 がる 空 間 に 身 を 置 き また 本 来 合 わせ 持 つその 繊 細 な 感 性 と 本 質 を 見 抜 く 鋭 い 直 感 で エミリは 晩 年 に 至 るまで 生 命 自 然 42-

5 エミリ ブロンテ 宇 宙 の 意 味 を 考 え 詩 作 のなかで 思 考 し 続 ける No.4 心 奮 い 立 たせる 調 べの 血 わき 肉 おどる 響 き 祝 日 の 賑 わい 辺 りに 沸 き 立 つ 煌 めく 輝 きは この 世 のあらゆる 歓 びと 同 じように 消 え 去 ってしまった あの 美 しいお 妃 に 見 捨 てられ あのひと 彼 女 は 並 み 居 る 人 々のなかを 顧 みることもなく 音 もなく 通 り 抜 けてゆく 抑 えてもなお 震 え 落 ちる 涙 を かお 隠 そうとして 額 を 手 で 覆 い 隠 しながら あのひと ホール 彼 女 は 外 側 の 広 間 を 急 ぎ 通 り 階 段 を 登 り 薄 暗 い 回 廊 を 通 り 抜 ける そよかぜ 回 廊 は 微 風 の 呼 びかけに 応 えて 夜 風 の 寂 しい 夕 べの 祈 りの 賛 美 歌 を 囁 く これはエミリが 書 き 綴 った ゴンダル 詩 の 一 詩 篇 であろう あの 美 しいお あのひと 妃 とはオ-ガスタであり 彼 女 とは 身 近 な 縁 者 か 側 近 であろう 無 視 された 女 性 にとって 楽 しい 調 べと 賑 わいは 一 瞬 にして 消 え 去 り その 女 性 は 涙 を 浮 か ホール べ 大 勢 の 人 々のあいだを 逃 げるようにして 通 り 抜 けていく 広 間 を 通 り 薄 暗 い そよかぜ 回 廊 を 通 り 抜 けると 微 風 がふいており 夜 風 が 夕 べの 祈 りの 賛 美 歌 となって 聞 こえてくる ここにはさり 気 なく オ-ガスタの 非 情 さと 非 情 を 受 ける 者 の 抱 く 悲 しみを そよかぜ 描 きながら それを 慰 める 自 然 の 優 しさが 見 事 な 対 をなしている -43-

6 川 股 陽 太 郎 No 年 12 月 13 日 高 く 波 うつヒ-ス 荒 れ 狂 う 突 風 に 伏 し 真 夜 中 月 明 かり 煌 めく 星 々 暗 闇 と 栄 光 は 喜 々と 交 わり 大 地 は 天 に 昇 り 天 は 下 り 人 間 の 魂 は 陰 鬱 な 牢 獄 から 解 き 放 たれ 足 かせを 砕 き かんぬき 閂 を 破 る 山 腹 一 面 を 覆 う 荒 涼 とした 森 は 生 気 を 与 える 風 に 一 つの 力 強 い 声 を 添 える 川 は 歓 喜 し 土 手 を 引 き 裂 き 谷 間 を 激 流 となって 駆 け 下 り さらに 広 く さらに 深 く 水 は 広 がり 背 後 に 荒 涼 とした 荒 れ 地 を 残 す 輝 きまた 翳 り 水 かさを 増 しまた 干 あがり 真 夜 中 から 真 昼 へ 永 遠 に 変 化 する 雷 鳴 のように 轟 き 優 しい 調 べのように 囁 き 影 は 影 を 重 ね 進 み 躍 り 稲 妻 のように 煌 めく 閃 光 は 速 やかに 来 て 速 やかに 消 える ハワ-ス 牧 師 館 の 裏 手 の 小 道 を 登 ると ヒ-スがペナイン 山 脈 を 覆 う 光 景 が 広 がる それはエミリの 見 なれた 光 景 であり エミリの 美 意 識 の 原 点 である 牧 師 館 の 窓 から 見 上 げる 夜 空 は 彼 女 の 魂 を 解 き 放 ち その 想 像 力 は 地 上 と 天 空 を 自 在 に 行 き 来 する この 詩 は 彼 女 の 形 而 上 学 的 傾 向 を 良 く 表 している 初 期 の 詩 である 44-

7 エミリ ブロンテ ヒ-スは 波 うち 突 風 に 伏 し 夜 空 に 満 天 の 星 が 輝 き 闇 と 光 が 交 わり 地 は 天 に 昇 り 天 は 地 に 下 り 魂 が 解 き 放 たれる 森 は 風 に 生 気 を 与 え 川 は 谷 間 を 激 流 となって 下 り 輝 きまた 輝 きを 失 い 夜 は 昼 に 昼 は 夜 に 永 遠 に 変 化 する 彼 女 は 光 と 闇 静 と 動 を 対 比 させながら 思 索 を 続 ける 光 と 闇 が 交 差 し 天 と 地 が 交 わる 彼 女 を 取 りまく 大 自 然 が 彼 女 に 創 造 と 変 化 の 意 味 を 問 いかけ る 彼 女 は 私 的 な 詩 において 時 間 と 空 間 人 間 と 存 在 の 意 味 を 問 い 続 ける No.6 森 よ あなたは わたしに 顔 を 顰 めることはない 幽 霊 のような 木 々よ そんなに 悲 しげに 侘 びしい 空 に 梢 を 揺 さぶり そんなに 苦 々しく あざ 笑 うことはない これは 初 期 の 未 完 の 詩 の 一 つである 森 は 顔 を 顰 め 木 々は 幽 霊 のように 悲 しげで 梢 は 侘 びしい 空 にその 梢 を 揺 さぶり 苦 々しげにあざ 笑 っている エ ミリは 森 と 木 々と 梢 を 描 きつつ その 折 の 彼 女 自 身 の 心 情 をこの 描 写 のなか に 託 している No.7 赤 い 胸 の 駒 鳥 よ 湿 っぽく 寒 く 灰 色 に 曇 った 朝 も 早 く あなたの 調 べは 狂 おしく 優 しく 痛 ましい 想 いを 追 い 払 う わたしの 心 は いまや 驚 喜 することなく わたしの 眼 は 涙 に 溢 れ 絶 え 間 ない 悲 しみが わたしの 額 に 歳 月 の 印 を 刻 み 込 んでいる -45-

8 川 股 陽 太 郎 魂 の 静 けさを 嵐 のなかで ただ 打 ち 砕 いたのは 希 望 ではなく 長 い 孤 独 な 人 生 希 望 は 抑 えられ 沸 き 上 がる 想 いは 鎮 められ もの 淋 しい 十 一 月 の 静 けさ おさなご 何 がそのとき 目 覚 めさせたのか 幼 児 は コテッジ 父 親 の 苫 屋 の 戸 口 から さまよいでて 荒 涼 とした 月 明 かりの 時 刻 に 人 気 もない 荒 野 に ひとり 身 を 横 たえた そのとき わたしは 聞 いた あなたも 聞 いた そして 天 使 のように 美 しい 声 で 駒 鳥 は あなたに 歌 いかけた だが わたしには 悲 痛 の 叫 びのように その 荒 々しい 調 べが 嘆 き 悲 しみに 聞 こえた 1837 年 2 月 これは 初 期 ゴンダル 詩 の 一 つである 湿 っぽい 寒 い 曇 った 朝 駒 鳥 が 鳴 おさなご コテッジ き 月 の 上 がる 時 刻 に 幼 児 は 苫 屋 からさまよい 出 て 荒 涼 とした 人 気 のない 荒 野 に 身 を 横 たえたる エミリは 赤 い 胸 の 駒 鳥 の 調 べの 中 に 彼 女 の 心 情 をさり 気 なく 託 している その 調 べは 優 しく 狂 おしく 悲 しく 痛 ましい 想 いを 追 い 払 いはするが それ はまた 長 い 歳 月 絶 え 間 なく 続 いてきた 彼 女 の 悲 しみでもある 四 行 連 詩 を 用 い 彼 女 は 中 期 後 期 詩 で 後 日 徐 々にその 本 領 を 発 揮 するが これはその 初 期 の 詩 の 一 つといえる 自 然 の 明 暗 と 静 寂 を 対 比 させながら 人 間 の 孤 独 と 苦 悩 を 表 現 していく 初 期 作 品 の 一 つである No.8 昨 夜 は 一 晩 じゅう ホ-ル 広 間 と 回 廊 は 明 かりに 輝 いていた 46-

9 エミリ ブロンテ ランプ 灯 火 はことごとく その 輝 きを 崇 拝 する 者 と 崇 拝 される 者 に 降 り 注 いだ そこに 入 る 者 で 悲 しむ 者 は 一 人 としていなかった すべての 者 が 愛 され すべての 者 が 美 しかった 夏 の 真 昼 に 輝 く 太 陽 のように 眩 しく 輝 いている 者 もいた 美 しい 琥 珀 のように 麗 しく 天 の 深 みで 生 きている 者 もいた 穏 やかで 優 しく 陽 気 な 者 もおり 朝 日 の 顔 も これほど 神 々しくはなかった 月 の 女 神 ダイアナの 日 のような 真 夜 中 の 月 明 かりの 神 聖 な 聖 堂 のような 者 もいた この 詩 は ゴンダル 詩 の 一 つである そこは 一 晩 じゅう 明 かりに 輝 き す べての 者 が 美 しく 輝 いており そこには 暗 さは 微 塵 もない しかしエミリの 詩 の 特 徴 は この 輝 きと 歓 びこそその 後 にやってくる 暗 闇 と 苦 悩 の 序 曲 となって いる ゴンダル 詩 は No.2 の 詩 に 始 まり No.143 の 詩 で 終 わる オ-ガスタ ジェ ラルディ-ン アルメダの 未 来 を 予 言 するかたちで 始 まり オ-ガスタの 死 で 終 わる 現 存 する 193 編 の 詩 が 二 つに 分 けられることはすでに 指 摘 した 通 りである 一 つは 私 的 な 詩 であり 詩 人 自 身 の 内 面 と 信 念 を 綴 ったものである もう 一 つがいわゆる ゴンダルの 詩 であり そのテ-マ 主 題 は 明 白 である ゴンダ ルの 登 場 人 物 達 は この 上 ない 喜 びを 求 め 苦 しみもがく 人 間 の 姿 であり そ れは 生 と 死 愛 と 憎 悪 至 福 と 苦 悩 の 狭 間 でもがく 人 間 の 姿 でもある -47-

10 川 股 陽 太 郎 No.9 A.G.A 1837 年 3 月 6 日 月 は 輝 いて 居 ます 真 夜 中 栄 光 の 幻 よ 光 輝 の 夢 よ 天 のように 神 聖 で 翳 ることなく 清 らかで 淋 しい 荒 野 を 見 おろしています 月 明 かりのもと なおいっそう 淋 しく あの 侘 しい 荒 野 は はるか 彼 方 へと 伸 び 広 がり 白 銀 の 空 域 のむこうに 何 かがあり 得 るということが 不 思 議 に 思 われます 輝 かしい 月 よ 愛 しい 月 よ 歳 月 が 流 れ 疲 れ 果 てた 足 で わたしは ついに 戻 ってきました いまなお エルノア 湖 の 胸 に あなたの 荘 厳 な 光 が 静 かに 憩 うています いまなお 羊 歯 の 葉 は ため 息 をもらしながら 会 葬 者 のように エルベの 墓 の 上 に 揺 れています 大 地 も 同 じ でも ああ 思 うに なんと 無 情 に 時 は わたしを 変 えてしまったことでしょう いまのわたしは 久 しい 昔 あの 水 辺 に 腰 をおろし あの 人 の 美 しい 頬 と 誇 り 高 い 額 から いのち 生 命 の 光 が ゆっくりと 消 えてゆくのを 見 守 っていたのと 同 じ 人 間 なのでしょうか いまでは この 山 々があの 日 の 輝 きを 感 じることはめったにありません あの 輝 きは 薄 れゆきながら 神 々しい 黄 金 の 泉 から ヒ-スの 野 辺 に 最 後 の 微 笑 を 投 げかけ そして 輝 く 地 平 線 の 上 に 煌 めく 48-

11 エミリ ブロンテ くちずけ 彼 方 の 雪 の 頂 きに 接 吻 をしました それはまるで 夏 のこの 上 なく 暖 かい 夕 日 の 中 で 厳 しい 冬 が 一 段 と 高 い 玉 座 を 求 めているかのようでした そして あの 人 は あの 人 の 赤 い 血 潮 が いっそう 深 い 色 に 染 めあげる 花 々の 中 に 横 たわり 迫 り 来 る 死 に 神 が 自 分 のまわりに 投 げかける ぼんやりした 薄 暗 さを 感 じて 身 震 いし いっとき 一 刻 もすれば 愛 しい 愛 しい 世 界 から 自 分 は と わ 永 久 に 引 き 離 されるだろうと 思 い しだいに 濃 くなってゆく 夕 闇 は 自 分 には 決 して 立 ち 去 りはしないと 考 え 悲 しい 想 いに 駆 られていました いえ もう 決 してありません あの 恐 ろしい 想 いは 数 知 れぬ もの 悲 しい 感 情 をもたらし 想 い 出 は そのすべての 力 を 集 結 させ 意 識 の 薄 れかけた あの 人 の 心 に にわかに 押 し 寄 せ 増 した 広 々と 広 がる 森 林 は 穏 やかな 明 るい 南 の 空 の 下 で 聳 えているように 思 われました 古 いエルベの 館 あの 人 の 壮 麗 な 生 家 は 木 々に 囲 まれ 高 々と 立 ち 緑 の 木 の 葉 は この 上 なく 麗 らかなとき 夏 の 天 から 吹 いてくる 優 しい 風 に サラサラと 音 を 立 て そして 葉 陰 を とつぜん 突 き 抜 け ひとすじ 一 筋 の 黄 金 の 日 差 しが 戯 れました 壁 に 琥 珀 色 の 光 を 浴 びせながら また 下 手 に 広 がり 雲 ひとつない 大 空 の 広 大 な 世 界 をすべて 明 るく 映 している きら 澄 みきった 湖 水 に 洸 めきながら あのひと そして なおも 彼 の 心 の 目 の 前 に -49-

12 川 股 陽 太 郎 そのような 馴 れ 親 しんだ 光 景 が 現 れては 消 え ついには 絶 望 と 苦 痛 に 驚 喜 し あのひと いまわ きわ 彼 は 今 際 の 際 の 顔 を わたしに 向 け 荒 々しく 叫 びました ああ もう 一 度 生 まれ 故 郷 を 見 ることが 出 来 たら もう 一 度 だけ 一 日 だけでいい 叶 わぬのか あろう 筈 もないというのか 死 ぬとは このように 遠 く 離 れたところで 死 ぬとは 人 生 はわたしに ほとんどほほ 笑 みかけたことも 無 いというのに オ-ガスタよ あなたは やがてあの 国 へ 穏 やかに 華 やかに 戻 って 行 くだろう そのとき わたしの 忘 れられた 墓 の 上 で 悲 しむのは ヒ-スしか 無 いだろう というのは あなたは エルノアの 波 打 つ 湖 畔 の 淋 しい 墓 と 朽 ちゆく 亡 骸 を 忘 れてしまうだろうから これは 八 行 連 詩 を 枕 にし オ-ガスタがエルベへの 想 いを 綴 ったものである エミリは 夜 空 に 月 明 かりの 中 で 彼 女 の 想 像 力 を 増 幅 させていく 牧 師 館 の 自 室 の 窓 から 夜 空 を 見 上 げながら 淋 しい 荒 野 がどこまでも 伸 びている 光 景 を 想 い 宇 宙 の 広 がりに 想 いを 馳 せる 歳 月 が 流 れ 疲 れ 果 てたオ-ガスタはエルノア 湖 の 湖 畔 にたたずみ いまは 亡 き 愛 しいエルベに 語 るともなく 語 りかける 久 しい 昔 水 辺 に 腰 をおろし 愛 しい 人 の 命 がゆっくり 消 えていくのを 見 守 っていた 自 分 と すっかり 変 わっ てしまった 現 在 の 自 分 を 還 り 見 て エルベの 死 に 際 を 回 想 する ここには 自 然 描 写 が 巧 みに 取 り 込 まれている 死 に 際 してのエルベの 高 貴 さ を 語 るに 際 し 古 いエルベの 館 木 々 緑 の 木 の 葉 優 しい 風 雲 ひとつない 大 空 広 大 な 世 界 澄 みきった 湖 水 といった 言 葉 が 巧 みに 織 り 込 まれている 羊 歯 の 葉 はため 息 をもらし ヒ-スの 野 辺 はどこまでも 広 がる エルベは 薄 50-

13 エミリ ブロンテ れゆく 意 識 のなかで ヒ-スの 荒 野 に はるか 彼 方 の 雪 の 頂 きに 視 線 を 投 げか けながら 花 々の 中 に 横 たわり 迫 り 来 る 死 がやがてこの 愛 しい 世 界 から 彼 を 引 き 離 すであろうと 感 じている 絶 望 と 苦 痛 に 驚 喜 し という 表 現 は 絶 望 と 苦 痛 からの 解 放 を 意 味 する のであろう エミリにとって ヒ-スの 荒 野 朽 ちゆく 亡 骸 芝 土 の 下 墓 石 の 上 は 日 常 的 な 見 馴 れた 光 景 であると 同 時 に 絶 えず 形 而 上 学 的 命 題 でもあ った No.10 一 日 じゅう わたしは だが 苦 痛 もなく 学 問 の 金 鉱 で こつこつと 仕 事 をした そして いまふたたび 夕 暮 れどき 月 の 光 が 優 しく 輝 いている 大 地 に 雪 はなく 風 にも 波 にも 霜 の 降 りるほどの 寒 さはない 南 の 風 が この 上 なく 優 しく 吹 いてきて 氷 の 墓 を 溶 かしてしまった さまよ 夜 あたりを 徊 い 歩 き 冬 が 逝 くのを 見 るのは 心 地 よい 夏 の 日 差 しのように 明 るい 夏 の 空 のように 暖 かな 心 を 抱 いて ああ いまわたしの 心 を 鎮 める この 安 らぎを 決 して 失 うことが ありませんように たとえ 時 が わたしの 若 々しい 顔 を 変 え 歳 月 が わたしの 額 に 陰 を 落 とそうとも -51-

14 川 股 陽 太 郎 みずからに 誠 実 で またすべての 人 に 誠 実 で つねに わたしが 健 やかでありますように そして 激 情 の 誘 いから 身 を 遠 ざけ みずからの 激 しい 意 志 を 抑 えられますように これはエミリの 私 的 な 詩 である 日 常 の 仕 事 を 終 えた 夕 暮 れどき 詩 作 を 始 めようとする 彼 女 の 姿 を 彷 彿 とさせる また ペナインの 山 々は 雪 を 頂 い ているであろうが ハワ-スの 牧 師 館 とその 前 にある 墓 地 の 雪 は 解 け まだ 肌 寒 いとはいえ 春 の 訪 れを 告 げる 春 風 を 感 じながら 日 も 落 ち 暗 くなりかけた 時 刻 に 散 策 するエミリの 姿 が 浮 かんでくる また 常 に 誠 実 であろう 常 に 穏 やか であろう 時 として 沸 き 起 こる 激 情 を 抑 えよう とする 彼 女 の 姿 勢 がよく 伝 わ ってくる 詩 である No 年 5 月 17 日 わたしは 孤 独 な 人 間 その 運 命 を 訊 ねようとする 者 は ひとりもなく 見 て 悲 しんでくれる 者 もいない この 世 に 生 を 受 けて 以 来 わたしは 憂 いの 想 いを 抱 いたことはなく 歓 びの 笑 みを 浮 かべたことも いちどとして 無 かった ひそかな 楽 しみと ひそかな 涙 のうちに この 移 ろいやすい 人 生 は 瞬 くまに 時 を 進 め 十 八 年 をへて 友 はなく この 世 に 生 まれ 落 ちてきたときと 同 じ ひとりぼっちである 自 分 を 隠 しておけないこともあった それが 侘 びしかったこともあった わたしの 悲 しい 魂 が その 誇 りを 忘 れ この 世 で わたしを 愛 してくれる 人 を 憧 れ 求 めたこともあった 52-

15 エミリ ブロンテ と き だが それは 幼 い 感 情 の 高 揚 が みられた 時 期 のこと その 後 世 の 憂 いに 押 し 潰 され 消 え 去 って 久 しく いまではそういうとき 時 期 があったとは とても 信 じられない まず 青 春 の 希 望 が 潰 え 去 り つぎに 空 想 の 虹 が 速 やかに 色 を 失 い そして 経 験 が わたしに 教 えてくれた こころ 真 理 は 人 の 胸 のなかには 決 して 育 たないと 人 はみな 虚 ろで 卑 屈 で 不 誠 実 であると 考 えるのは とても 悲 しいことであった だが わたし 自 身 の 心 を 信 頼 しながら そこに 同 じ 堕 落 を 見 出 すのは もっと 悲 しいことであった No.10 と No.11 の 四 行 五 連 詩 は 共 にエミリの 私 的 な 詩 であり エミリ 十 八 歳 のおりに 書 いた 初 期 の 典 型 的 な 習 作 といえる この 二 つの 詩 に 共 通 するの は 常 に 常 に 平 静 であろう 常 に 平 静 であろう と 努 めるエミリの 姿 勢 であ り と 同 時 に ある 種 の 確 信 に 到 達 しようとするエミリの 姿 が 窺 える この 詩 には 物 心 ついていらい 彼 女 につきまとってきた 侘 びしさ 寂 しさ 孤 独 が 見 え 隠 れしている また 人 並 みに 憧 れを 抱 き 感 情 の 高 ぶりを 感 じた 時 期 もあった 心 の 発 露 が 見 られる そういったものと 葛 藤 し 心 の 内 に 閉 じ 込 め ようと 努 めるが やがて 青 春 期 に 抱 いた 希 望 が 消 え 去 り 瞬 く 間 に 色 を 失 い こころ 真 理 は 人 の 胸 のなかには 決 して 育 たないと とする 確 信 にも 似 たものに 到 達 している 彼 女 は No.11 で 真 理 という 言 葉 を 始 めて 用 い 自 分 自 身 を 信 頼 し 自 分 自 身 に 誠 実 であろうとする 決 意 を 表 明 している No.10 の 四 行 五 連 詩 及 び No.11 の 四 行 六 連 詩 は 一 見 平 凡 な 詩 ではあるが 後 日 の No.146 老 克 己 主 義 -53-

16 川 股 陽 太 郎 者 及 び No.174 想 像 力 によせて に 繋 がる 重 要 な 詩 といえる No 年 6 月 10 日 嵐 の 夜 は 過 ぎ 去 った 明 るく 澄 みきった 陽 光 は 緑 の 荒 れ 地 に 輝 きを 与 え そよぐ 大 気 を 暖 める そこで わたしは 寝 床 を 離 れ 励 ましとなる 陽 光 の 微 笑 みを 見 て わたしを 悩 ませてきた 幻 を 頭 から 追 い 払 おうとした 幾 時 間 もずっと 薄 暗 がりのなかに わたしの 魂 は 包 み 込 まれていた 王 の 亡 骸 が 葬 られている 大 理 石 の 墓 のそばに わたしが 立 っている 夢 を 見 た まさに 夕 暮 れ 時 死 者 の 亡 霊 たちが 閉 じ 込 められ 朽 ち 果 てた 塵 の 上 に 現 れ その 悲 惨 な 運 命 を 嘆 き 悲 しむのであった 確 かに わたしの 傍 らに うつろぎ たいそう 朧 気 な 影 のような 者 を 見 た しかもなお そこにある 霊 気 は 身 の 毛 立 つ 恐 怖 と おどろき 総 毛 立 つ 驚 愕 で わたしの 血 を 凍 らせた 54-

17 エミリ ブロンテ わたしは 息 もつけなかった 大 気 は 肌 を 刺 すようであった だがそれでも わたしの 眼 は 狂 乱 の 眼 差 しで その 恐 ろしい 顔 に 釘 付 けになり その 者 の 眼 も わたしの 顔 を じっと 見 つめた くずお わたしは 墓 石 に 頽 れたが どうしても 眼 をそむけることが できなかった わたしが 祈 り 始 めると 言 葉 は 声 にもならぬ 呻 きになった それでもなお 霊 は 上 にかがみ 込 み 容 貌 がすっかり 見 えた それは すぐ 傍 にいるようであり それでいて 無 限 の 蒼 天 を 辿 る もっとも 遠 い 星 と 地 球 との 隔 たりより はるかに 遠 く 離 れているように 思 われた 実 際 それは 大 地 や 時 間 の 隔 たりではなく 死 の 永 遠 の 海 人 間 が これまで 決 して 行 ったことのない 決 して 決 して 越 えたことのない 深 淵 であった ああ もう 二 度 と 呼 び 戻 さないでほしい あの 時 の 恐 怖 を あの 唇 が 開 き その 声 が あたりを 支 配 する 静 寂 を 眠 りから 目 覚 めさせたとき -55-

18 川 股 陽 太 郎 夢 のように 微 かではあったが 大 地 は 身 を 縮 め ほし もと 天 の 光 は その 力 の 下 に 身 を 震 わせた No.12 は 四 行 五 連 五 行 二 連 四 行 一 連 六 行 一 連 五 行 一 連 六 行 一 連 計 十 連 からなる 詩 である 初 期 中 期 の 詩 にはまま 見 られる 詩 形 で 完 成 度 は 必 ずしも 高 いとはいえない しかしその 思 考 や 表 現 には 後 の 詩 の 萌 芽 となるもの が 見 受 けられ 興 味 深 いものがある エミリの 私 的 な 詩 には 時 として 夢 もしくは 幻 を 詠 んだものがあるが これもその 一 つであろう 眠 りから 覚 め 夢 の 中 で 見 た 死 者 の 亡 霊 に 驚 愕 し 身 の 毛 のよだつ 思 いを 書 き 綴 っている うつつ ただし エミリにとって 夢 は 必 ずしも 幻 ではなく 現 実 は 必 ずしも 現 ではな い 夢 は 幻 であると 同 時 に 現 でもあるという 相 反 する 要 素 がある 現 実 は 時 と して 否 現 実 であり 否 現 実 は 時 として 現 実 であるという 側 面 が 彼 女 にはある 朽 ち 果 てた 塵 の 上 に 現 れ その 悲 惨 な 運 命 を 嘆 き 悲 しむ 亡 霊 達 はエミリにと って 必 ずしも 単 なる 夢 の 中 の 幻 ではなく 現 実 に 存 在 する 亡 霊 達 でもある 彼 女 の 眼 は 恐 ろしい 顔 に 釘 付 けとなり 亡 霊 の 眼 は 彼 女 をじっと 見 つめている この 詩 は 生 と 死 の 認 識 論 の 詩 ともいえる 死 者 と 生 者 の 距 離 感 も 実 に 興 味 深 い エミリにとって 両 者 はすぐ 傍 にいるいるようでもあり 同 時 に 遠 くの 星 よ りも 離 れているようでもあると 述 べている 生 と 死 の 隔 たり この 世 とあの 世 の 隔 たりに 喩 えている 生 と 死 は 全 く 質 を 異 にしているようでありながら 実 は 隣 り 合 わせのものであるという 認 識 にしっかり 裏 打 ちされていると 言 えよう No.13 悲 しい 日 よ リジャイナの 誇 り リジャイナの 希 望 は 墓 のなか 誰 が わたしの 国 を 治 め また 誰 が 救 ってくれるのか 56-

19 エミリ ブロンテ 悲 しい 日 よ 血 の 涙 を 流 し 我 が 国 の 息 子 たちは 今 日 の 日 を 悔 悟 するであろう 悲 しい 日 よ 千 年 の 歳 月 も 人 間 の 行 為 を 贖 うことはできない 悲 しい 日 よ 風 に 混 じって あの 悲 しい 嘆 きが 鳴 り 響 いていた わたしの 心 は 張 り 裂 けんばかりであった あのように 侘 びしい 侘 びしい 歌 を 聞 いて No.14 幼 な 子 よ わたしは あなたがある 夏 の 日 に や とつぜん 楽 しい 遊 びを 止 めるのを 目 にし 緑 の 草 のなかに そっと 身 をよこたえ あなたの 悲 しげなため 息 に 耳 を 傾 けた わたしには その 泣 き 声 を 喚 び 起 こした 願 いが わかっていた わたしには その 涙 の 溢 れでる 源 が わかっていた このさき 訪 れる 歳 月 を 暗 く 覆 っている 帷 を 上 げてくれるよう あなたは 運 命 に 切 に 望 んだ その 切 なる 祈 りは 聞 き 届 けられ そして 力 が ひととき わたしに 与 えられ あの 静 寂 の 一 刻 に 幼 な 子 の 眼 に 未 来 の 門 を 開 いて 見 せる だが 塵 の 子 よ 芳 しい 花 々 明 るい 青 空 ビロ-ドの 芝 土 は -57-

20 川 股 陽 太 郎 あなたの 恐 れを 知 らぬ 足 が 辿 ってしまったにちがいない 住 処 への 見 知 らぬ 案 内 者 であった と き わたしは 時 期 を 窺 っていた 夏 が 過 ぎ いつしか 青 白 い 秋 が 過 ぎ ついに 陰 鬱 な 冬 の 夜 が 雲 の 喪 服 で 空 を 覆 った いま わたしはやって 来 た 夕 闇 は 降 りた 荒 れることなく 静 かにもの 悲 しく ひとつの 音 が 弔 いの 鐘 のように あなたの 頭 上 に 襲 い 来 て 歓 びを 追 い 払 い 憂 いを 迎 え 入 れる 定 まり 知 らぬ 一 陣 の 風 木 の 葉 を 震 わせ 陰 気 な 壁 をめぐり ひゅうと 鳴 り いつまでも 去 りかね 悲 しみを 嘆 く それは 亡 霊 の 叫 び 声 おどろき 幼 な 子 は わたしの 声 を 聞 く なんという 不 意 の 驚 愕 が その 心 臓 に 氷 のような 血 を 送 ったことか 幼 な 子 は 目 を 覚 ます その 顔 は あおじろ おぼろげなランプの 明 かりのなかで なんと 蒼 白 く 見 えたことか その 小 さな 両 の 手 は 空 しく 影 のような 悪 霊 を 押 し 退 けようとする その 額 には 恐 怖 があらわれ その 胸 には いまや 苦 悶 が 58-

21 エミリ ブロンテ その 眼 に 恐 ろしい 苦 悶 虚 空 を 見 すえたまま その 喘 ぎは 恐 怖 に 捉 えられ 長 く 深 いため 息 をもらす 哀 れな 子 よ もし わたしのような 霊 が 人 間 の 悲 惨 なありさまに 涙 を 流 せるものなら ひとしずくの 涙 いや とめどない 涙 を 流 すであろう 目 の 前 に 続 く 道 を 眼 にし 日 の 光 が 消 え 去 るのを 見 れば また 荒 れ 狂 う 波 が 轟 き 荒 涼 とした 岸 辺 に 打 ち 砕 け 幼 い 日 の 希 望 から 切 り 離 され 権 力 と 栄 光 から 切 り 捨 てられたと 聞 けば さだめ だが それが 宿 命 である ならば 朝 の 光 は 夜 の 嵐 を 予 示 し 幼 い 日 の 花 は 必 ずやその 輝 きを 失 う 墓 の 陰 の 下 で No.13 と No.14 はともに ゴンダル の 詩 である No.13 は 四 行 三 連 詩 No.14 は 四 行 十 連 詩 と 九 行 一 連 に 加 え 四 行 一 連 で 終 わる 十 二 連 詩 の 形 を 取 っている No.13 の 詩 は 悲 しい 日 よ という 呼 びかけに 寄 せて リジャイナの 死 とと もにその 誇 りも 希 望 も 潰 え 去 り 国 が 混 乱 状 態 にあることを 歌 っている ゴン ダルは 愛 と 憎 しみ 安 らぎと 苦 しみ 生 と 死 が 同 居 する 世 界 であり 同 時 に 争 いと 裏 切 りが 贖 いようのない 人 間 の 行 為 が 繰 り 返 し 続 く 救 いのない 世 界 であ る エミリは ゴンダル という 詩 を 用 いて 人 類 の 歴 史 が 証 明 しているよう に 人 間 が 持 つ 人 間 性 の 両 面 を 抉 り 出 そうとしているのであろう -59-

22 川 股 陽 太 郎 No.14 の 詩 には 幼 な 子 が 出 てくる この 詩 は ゴンダル の 詩 ではある が この 詩 を 読 むとき この 幼 な 子 の 抱 く 悲 しさや 溢 れ 出 る 涙 に エミリ の 幼 児 期 の 記 憶 が 重 なって 見 え また 幼 児 期 より 養 われてきた 自 然 にたい する 洞 察 力 を 感 じさせられる ここに 出 てくる 幼 な 子 は 単 なる 幼 な 子 ではなく 自 然 界 の 森 羅 万 象 宇 宙 そのものを 意 味 しているともいえる 芳 しい 花 々の 咲 き 乱 れる 夏 が 過 ぎ 青 白 い 秋 が 過 ぎ やがて 陰 鬱 な 冬 が 到 来 する 吹 き 寄 せる 風 は 悲 しみを 嘆 く 亡 霊 の 叫 び 声 に 似 て 弔 いの 鐘 のよう な 憂 いを 現 実 のものとして 受 け 入 れる 影 のような 悪 霊 を 空 しく 両 手 で 押 し 退 けようとする 仕 草 と それにともなう 恐 怖 は エミリの 幼 児 期 の 実 体 験 に 基 づ くものであろう 朝 の 明 かりは 必 ずや 夜 の 暗 闇 へと 繋 がり 幼 い 日 の 輝 きは 必 ずや 晩 年 の 老 いをともなう 彼 女 は 幼 な 子 に 寄 せて 自 然 の 摂 理 を 歌 ってい るのであろう No 年 8 月 7 日 ああ 天 の 神 よ 恐 怖 の 夢 恐 ろしい 夢 は いま 終 わった 萎 える 心 萎 れる 悲 しみ 身 の 毛 立 つ 夜 総 毛 立 つ 朝 この 上 ない 悲 しみの 疼 き とめどなく 溢 れでる 熱 い 涙 いのち まるで 喘 ぐたびに 生 命 を 吐 き 出 すように 侘 びしい 住 まいから どっと 溢 れる 涙 を ことごとくあざ 笑 う 呻 き 声 だが 生 命 は 絶 望 によって 育 まれた 動 揺 と 苦 悩 の 憔 悴 歯 軋 と 凝 視 60-

23 エミリ ブロンテ 愚 痴 を こぼし 続 ける 苦 悩 ひとすじ 希 望 の 光 は 一 条 も 射 してはいなかった 陰 鬱 な 運 命 の 無 情 な 空 から 苛 立 つ 激 怒 いまだ 抱 くことのできぬ 想 いからの 無 益 な 尻 込 み 魂 は 絶 えず 思 考 を 続 け やがて 自 然 は 狂 喜 し 苛 まれ 落 ち 込 み ついに 嘆 くのを やめた いまや すべてが 終 わった そして わたしは 自 由 大 洋 の 風 は わたしを 優 しく 撫 でる あの 波 立 つ 大 海 原 から 吹 いてくる 激 しい 風 を ふたたび 見 ようとは 思 いもしなかった あなたに 幸 いあれ 輝 かしい 海 よ わたしの 世 界 に わたしの 魂 の 家 に あなたに 幸 いあれ すべてのものに 幸 いあれ わたしは 口 がきけない わたしの 声 は 出 ない だが 悲 しみのためではない そして わたしの 窶 れた 頬 から 塩 からい 涙 が したたり 落 ちる ヒ-スに 降 る 雨 のように どのくらいのあいだ 牢 獄 の 床 を 濡 らしていたのだろう 湿 っぽい 灰 色 の 敷 石 の 上 に 涙 を 落 として わたしは 眠 りのなかでさえ いつも 泣 いていた 夜 は 恐 ろしかった 昼 と 同 じように -61-

24 川 股 陽 太 郎 わたしは いつも 泣 いていた 冬 の 雪 が 格 子 窓 から 激 しく 吹 き 込 んでくるとき だが そのときの 悲 しみは もっと 静 かな 悲 しみであった すべてが わたしと 同 じように 侘 びしかったから もっとも 辛 いとき 最 悪 のときは それは 夏 の 輝 きが 壁 に いちだんと 美 しい 緑 の 野 辺 を 語 る 緑 の 光 を 投 げかけるときであった しばし わたしは 床 に 腰 をおろし ほとんど 見 えなくなった 茜 色 の 光 を じっと 見 上 げ ついには まわりに 迫 る 暗 闇 をも 忘 れて わたしの 魂 は 平 穏 な 国 を 探 し 求 めていた ア-チ 魂 は 神 々しい 天 の 蒼 穹 を 求 め 黄 金 色 の 雲 たなびく 清 らかな 蒼 天 を 求 めた 魂 は わたしが 憶 えていた 昔 の ふるさと あなたの 父 の 故 郷 と わたしの 故 郷 を 求 めた ああ いまでも あまりに 恐 ろしく 胸 張 り 裂 ける 感 情 が 甦 ってくる そういった 折 り わたしは 顔 を 膝 に 伏 せ 込 みあげてくる 呻 きを 押 さえようとした わたしは 石 の 上 に 身 を 投 げ 出 し 泣 きわめき もつれた 髪 を 掻 きむしり そして 最 初 の 感 情 の 高 ぶりが 治 まってしまうと 62-

25 エミリ ブロンテ いいようのない 絶 望 に 襲 われ 横 たわっていた 時 には 呪 いが 時 には 祈 りが わたしの 渇 き 切 った 舌 の 上 で 打 ち 震 えた だが どちらも 呟 きにもならず 湧 き 出 た 胸 のなかへ 消 えてしまった そして そのように 日 は 高 みで 薄 れゆき 暗 闇 は あの 淋 しい 光 を 消 してゆく また 眠 りは わたしの 不 幸 を ある 不 思 議 な 怪 しい 夢 に 変 えてゆくのであった その 夢 まぼろしの 恐 怖 は わたしに 知 らせた 人 間 の 悲 しみの 極 みを だが それは 昔 のこと なのになぜ 振 り 返 って そのような 過 去 を 思 い 煩 い 嘆 くのか 足 枷 を 払 いのけ 鎖 を 断 ち 切 れ そして 生 きて 愛 し ふたたび 微 笑 みなさい 青 春 の 浪 費 歳 月 の 浪 費 あの 牢 獄 に 囚 われていたあいだに 失 われた 身 を 苛 む 悲 しみ 希 望 のない 涙 忘 れなさいそういったものは ああ 忘 れてしまいなさいそういったものは すべて No.15 は ゴンダル の 詩 の 一 編 であろう 五 行 四 連 四 行 一 連 六 行 一 連 四 行 八 連 六 行 一 連 四 行 二 連 の 十 七 連 詩 からなっている 牢 獄 に 繋 がれている 人 物 が 誰 であるのか 不 明 であるが 囚 われ 人 の 恐 怖 の 夢 -63-

26 川 股 陽 太 郎 身 の 毛 立 つ 夜 総 毛 立 つ 朝 比 類 無 い 疼 き 動 揺 と 苦 悩 歯 軋 と 凝 視 陰 鬱 な エミリ 運 命 苛 立 つ 激 怒 等 は 囚 人 と 詩 人 が 共 有 するものであろう エミリは 囚 人 や 牢 獄 を 度 々 用 いるが それは 囚 われ 人 や 地 下 うつつ 牢 のイメ-ジでもある 彼 女 は 夢 と 現 拘 束 と 自 由 光 と 闇 夏 と 冬 希 望 と 絶 望 過 去 と 現 在 といった 対 立 する 言 葉 を 用 いることによって 表 現 をより 明 確 にし 強 調 するすべを 熟 知 しており 好 んで 使 う 傾 向 がある またこの 詩 にもみられるように 大 海 原 に 吹 き 渡 る 風 澄 みきった 青 空 咲 き 乱 れるヒ-ス 夏 の 輝 き 緑 の 野 辺 等 は 詩 人 にとって 憧 れと 歓 びの 象 徴 で ある 海 もなく 夏 も 短 いヨ-クシャのペナインを 想 えば それは 当 然 のことと して 理 解 できる No.16 A.G.A. A.E.によせて 1837 年 8 月 19 日 エルベ 公 エルベの 丘 に 霧 は 濃 く 風 は 冷 たく あなたの 友 の 心 は 夜 明 けから あなたが 去 ってしまった 悲 しみに ため 息 をついています エルベ 公 わたしにとって どれほど 心 地 よいものとなるでしょう 夜 風 が 突 如 として 吹 き 渡 り ヒ-スがそよぐいま あなたの 快 活 な 足 音 が 響 き ヒ-スを さわさわと 揺 り 動 かし 来 るのであれば あなたの 淋 しい 屋 敷 に 暖 炉 の 火 は 赤 々と 輝 き それは 遠 眼 にも 見 えます そして 暗 闇 が 深 まるにつれ 高 く 聳 える 森 の 大 枝 をとおし 星 のように 煌 めきながら 静 まり 返 った 敷 地 のなか ひときわ 嬉 しそうに 暖 炉 の 火 は 赤 々と 輝 いてい ます 64-

27 エミリ ブロンテ ああ アレグザンダ- わたしが 引 き 返 して 行 けば あの 暖 炉 の 火 のように 暖 かく わたしの 心 は 燃 えるでしょうに あなたの 足 のように 軽 やかに わたしの 足 は 向 かうでしょうに もし あなたの 声 が あの 館 に 聞 こえるものなら でも いまあなたは 淋 しい 海 の 上 ゴンダルから 引 き 離 され わたしから 引 き 離 され わたしの 嘆 きはすべて 望 みなく 空 しく 死 は 決 してその 生 贄 を 戻 したりはしません タイトルが 示 すように この 詩 は No.9 の A.G.A( 1837 年 3 月 6 日 )に 続 く ゴンダル の 詩 である オ-ガスタが 今 は 亡 きエルベを 偲 ぶ 歌 となっている エミリの 思 考 や 表 現 にみられる 特 徴 のひとつは 歳 月 や 場 所 を 含 め 時 間 と 空 間 が 自 在 に 前 後 し 視 点 が 自 在 に 移 動 し 四 次 元 の 世 界 を 形 成 すること である 後 日 映 画 の 物 語 の 進 行 中 に 過 去 の 出 来 事 を 挿 入 する 技 法 をフラッ シュ バック 技 法 というが 彼 女 はすでに 詩 や 小 説 のなかでこの 技 法 を 用 いて いる 小 説 嵐 が 丘 はその 典 型 といえる 彼 女 がそれを 意 識 的 に 用 いたのか 無 意 識 のうちに 用 いたのかは 判 らない この 詩 を 読 むとき 八 月 ヒ-スの 花 々が 丘 陵 一 面 を 覆 い 尽 くし 夜 風 が 吹 き 渡 る 光 景 が 浮 びあがってくる また 高 く 聳 える 大 枝 をとおし 遠 目 にも 主 の いない 淋 しい 屋 敷 のなかで 暖 炉 の 火 が 赤 々と 輝 いているのが 見 えるという 描 写 は 読 者 の 視 点 を 暖 炉 の 火 が 明 々と 輝 いている 館 へと 無 意 識 に 移 動 させるもの であり 時 代 を 先 取 りした 映 像 的 描 写 と 言 える No 年 8 月 戦 いは 峠 を 越 し そして 静 かに 夕 闇 は 降 り 立 つ 一 方 天 は 夜 の 軍 勢 を 伴 い -65-

28 川 股 陽 太 郎 壮 麗 に 万 物 を 覆 う 死 者 は あたりに 眠 っていた ヒ-スや 灰 色 の 御 影 石 の 上 に そして 死 にゆく 者 たちは 最 後 の 見 張 りをしていた 日 の 暮 れゆくなかで これは ゴンダル 詩 の 一 場 面 を 歌 ったものである 昼 間 の 戦 いの 狂 気 の 後 にやってくる 夕 闇 と 静 寂 壮 麗 な 満 天 の 星 暮 れゆくなかでヒ-スや 灰 色 の 御 影 石 の 上 に 横 たわる 死 者 たち 死 にゆく 者 たちの 姿 が 浮 かびあがってくる エ ミリにとってヒ-スはこの 上 ない 歓 びであると 同 時 に 悲 しみでもある 彼 女 に とって 歓 びはすべて 悲 しみにつながり 自 然 界 の 摂 理 どうり 生 は 死 につながる 最 後 の 見 張 り とはこの 世 の 見 納 めの 凝 視 であろう No.18 なんと 金 色 に 輝 きながら 大 地 から 天 空 から 夏 の 日 は 沈 みゆくことか なんと 壮 麗 に 陸 の 上 に 海 の 上 に 消 えゆく 日 差 しは 輝 くことか 嵐 のなかに 声 がする あの 明 るく 楽 しげな 木 々を 揺 らす 風 のなかに * * * 海 の 上 の 消 えゆく 太 陽 は ジュッツ 水 平 線 に 触 れ 悲 しげな 悲 鳴 を 洩 らす これは 四 行 一 連 と 二 行 一 連 の 未 完 の 私 的 な 詩 である エミリにとって 夏 の 日 や 海 は 常 に 歓 びであり 憧 れでもあった 未 完 のため 四 行 二 66-

29 エミリ ブロンテ J.K. 連 詩 になるよう 二 連 目 の***の 後 の 二 行 は 遊 び として 敢 えて 著 者 が 付 け 加 えた No.19 けが 霧 が 微 風 もない 青 空 を 穢 したことは 無 かった 雲 が 太 陽 を 霞 ませたことはなかった 露 が 朝 いちばんに 降 りる 時 刻 から 夏 の 日 が 沈 むまで すべて 清 らかに すべて 輝 かしく 夕 暮 れの 光 は 消 えていった ひときわ 美 しく 消 えてゆく 光 は きら エルノア 湖 の 岸 辺 に 寄 せる 波 に 輝 めく ふかみ 波 もなく 静 かに あの 静 かな 湖 は つつまれている 広 漠 とした 荒 野 のなかに 厳 かに 優 しく 月 の 光 は 眠 る ヒ-スの 生 い 茂 る 岸 辺 に ねぐら 鹿 は 塒 に 集 い 野 の 羊 群 を 求 める これは ゴンダル 詩 の 一 編 である 穏 やかで 落 ち 着 いた 雰 囲 気 が 全 体 によ く 漂 っている 夜 明 けから 日 没 まで 霧 がかかり 雲 がでることもなく 晴 天 が きら 続 く 静 かに 夕 日 が 沈 み 夕 日 は 美 しく 湖 畔 の 波 に 洸 めき 月 の 光 が 静 かに 湖 水 と 荒 野 と 岸 辺 を 照 らしだしている エミリの 一 日 が 平 穏 であった 日 の 作 品 で あろう -67-

30 川 股 陽 太 郎 No.20 きら 輝 めく 緑 の 草 葉 先 だけが 透 き 通 り 日 差 しのなかに 震 えている 未 完 の 典 型 である 未 完 の 詩 ではあるが 確 かな 観 察 眼 の 持 ち 主 だけが 日 きら 光 が 葉 先 を 照 らすとき 葉 先 が 透 けて 見 える ことに 気 付 くと 言 える 透 き 通 り 輝 めく 葉 先 がアップで 浮 かび 上 がっ 来 るこの 表 現 には エミリの 自 然 にたいする 鋭 い 観 察 力 が 感 じられる No.21 日 は 沈 み 長 く 伸 びた 草 は 夕 べの 風 に もの 悲 しく 揺 れる 野 の 鳥 は あの 古 びた 灰 色 の 墓 石 を 飛 び 立 ち 暖 かな 窪 地 に 塒 を 求 める 見 渡 すかぎり 淋 しい 景 色 のなか 見 えるものなく 聞 こえるものもない ただ 彼 方 から 吹 く 風 が ヒ-スの 生 い 茂 る 海 原 を 吐 息 して 渡 る エミリの 詩 には 物 寂 しい 夕 暮 れ 時 の 風 景 描 写 が 多 くみられる 野 の 鳥 古 びた 灰 色 の 墓 石 ヒ-スの 生 い 茂 る 海 原 等 の 言 葉 を 用 いながら その 言 葉 の 向 こう 側 にあるものを 彼 女 は 模 索 しているのであろう ヒ-スはいつも 彼 女 と は 切 り 離 せない 密 接 な 関 係 にあり 風 の 吐 息 は 彼 女 の 吐 息 でもある 68-

31 エミリ ブロンテ No.22 お 妃 さま あなたの 宮 殿 で 一 度 おそらく わたしの 顔 を 御 覧 になっております いまではもう いままでの 想 いに 想 いを 馳 せることは ないのでしょうか これは ゴンダル の 詩 であるが No.4 の 詩 を 連 想 させる お 妃 さま は オ-ガスタであろう No.23 ひととき 初 めに 悲 しい 瞑 想 の 一 時 間 それから ほとばしる 悲 しい 涙 それから 歓 びと 悲 しみの 上 に 耐 え 難 い 霧 をまき 散 らす 侘 びしい 静 寂 それから 鼓 動 それから 稲 妻 いきづかい それから 天 の 呼 吸 それから 天 上 の 輝 く 星 星 煌 めく 愛 の 星 これは 四 行 二 連 の 私 的 な 詩 である エミリにとって 瞑 想 と 静 寂 は 静 と 動 いきづかい 悲 しみと 歓 びをもたらすものであり 鼓 動 と 天 の 呼 吸 を 感 じさせるものでもあ る No.24 風 よ 降 りて 眠 りなさい ヒ-スの 茂 る 荒 野 に そ ぐ あなたの 荒 々しい 声 は わたしの 心 に 似 合 わない -69-

32 川 股 陽 太 郎 わたしは 侘 びしい 空 を よしとしよう もし あなたさえ いなければ 太 陽 よ 沈 みなさい 夕 暮 れの 空 から あなたの 楽 しげな 微 笑 みも わたしの 笑 みを 捉 えはしない かりにもし 光 が 与 えられるものなら シンシア ああ 月 の 輝 きを 与 えてほしい ひ No.23 同 様 四 行 二 連 の 私 的 な 詩 である エミリに 取 って そよ 吹 く 風 陽 の 光 は 本 来 喜 ばしいものであるのだが ここではより 静 けさをともなう 月 の 光 を 求 めているのであろう No.25 長 らく 続 いた 無 視 が 美 しい 魅 力 的 な 微 笑 みを 半 ば 薄 れさせてしまった 時 は 薔 薇 色 を 灰 色 に 変 え 黴 と 湿 気 は その 顔 を 汚 した だが あの 絹 のような 巻 き 毛 は いまだ 絵 のなかで 絡 んでおり 昔 の その 面 影 を 語 り イメ-ジ その 姿 を 心 に 描 きだす 次 の 一 行 を 書 いた 人 の 手 は 美 しかった 愛 しい 人 よ いつまでも わたしを 真 実 と お 思 いください ペン 筆 が その 一 節 を 記 すと 細 い 指 は 速 やかに この 世 を 飛 び 去 った 70-

33 エミリ ブロンテ 四 行 三 連 からなる 均 整 のとれた ゴンダル 詩 である この 歌 の 歌 い 手 が 誰 で また 速 やかにこの 世 を 飛 び 去 った 人 が 誰 なのかは 不 明 出 あるが 長 らく 無 ふみ 視 された 人 絹 のような 巻 き 毛 の 持 ち 主 短 い 文 を 書 いた 人 速 やかにこの 世 を 飛 び 去 った 人 は 同 一 人 物 である ここでは 無 視 がその 微 笑 みを 薄 れ ふみ させ 時 がその 容 貌 を 衰 えさせている 短 い 文 を 書 き 速 やかにこの 世 を 飛 び 去 ったいた 人 を 次 の 一 行 を 書 いた 人 の 手 細 い 指 という 体 の 一 部 を 指 す 言 葉 で 表 現 している No.26 目 覚 めの 朝 は 天 からほほ 笑 みかける 黄 金 の 夏 の 緑 の 森 に さえずり なんと 多 くの 歌 声 が 沸 き 上 がり あの 晴 れやかな 光 を 歓 び 迎 えようとしていることか 爽 やかな 風 は 群 れなす 薔 薇 を 揺 らし 開 け 放 された 窓 を 通 り 抜 け つぶらな 瞳 の 姫 君 が 横 たわる 臥 所 で 吐 息 する 鳩 のようなつぶらな 瞳 に つややかな 髪 かたど ビロウドのような 滑 らかな 頬 は それは 美 しく 象 られ 手 は それは 柔 らかに 白 く 美 しく 雪 のような 清 らな 胸 の 上 に 重 ねられている * * * その 妹 と その 弟 の 足 どりは 芳 しい 朝 露 を 払 いのける 姫 君 は 急 ぎ 飛 び 起 き -71-

34 川 股 陽 太 郎 草 と 花 と 朝 日 に 挨 拶 する 四 行 四 連 からなる ゴンダル の 詩 である ゴンダル の 詩 ではあるが こ の 詩 を 読 むとき イングランド 北 西 部 に 位 置 するヨ-クシャ-のペナイン 山 脈 のただ 中 にあるハワ-スを 夏 のペナイン 山 脈 の 山 肌 一 面 を 覆 いつくすヒ-ス の 花 を 丘 陵 を 吹 き 渡 る 風 の 音 を 想 い 起 こす そこに 立 ち 見 えるのは はるか 彼 方 まで 伸 び 広 がるム-アとヒ-スの 花 々 聞 こえるのは 山 肌 を 吹 き 渡 る 風 おと の 声 だけ そこに 立 ち 感 じるのは この 上 ない 歓 喜 と 絶 対 的 孤 独 であり それ 以 外 のなにものでもない 夏 の 日 の 朝 眼 を 覚 ますと 爽 やかな 風 が 群 れなす 薔 薇 を 揺 らし 窓 を 通 り 抜 ける 緑 の 森 では 小 鳥 達 が 歌 い 囀 っている 爽 やかな 風 はつぶらな 瞳 つや やかな 髪 ビロウドのような 滑 らかな 頬 の 姫 君 の 臥 所 で 吐 息 する 目 覚 めとと もに 飛 び 起 き 朝 日 に 挨 拶 をする エミリは 夏 の 朝 にエミり 自 身 が 感 じた 爽 快 さを 語 り 手 の 手 法 を 用 い 率 直 にこの 詩 のなかで 表 明 している No 年 8 月 ただひとり わたしは 座 っていた 夏 の 日 は にこやかな 光 のなかに 沈 んでいった わたしは 日 が 落 ちるのを 見 た 霧 の 丘 と 風 のない 林 の 空 地 から 光 が 薄 れゆくのを 見 つめた すると 胸 にさまざまな 想 いが 沸 き 上 がり わたしの 心 は その 力 に 屈 した そして 突 然 目 に 涙 が 込 み 上 げてきた それは 自 分 の 気 持 ちを 言 葉 に 表 すことができなかったから ひととき あの 神 々しい 静 かな 一 刻 わたしのまわりに 忍 び 寄 る あの 厳 かな 歓 びを 72-

35 エミリ ブロンテ わたしは 自 分 に 問 いかけた ああ なぜ 天 は 貴 い 贈 り 物 を 授 けなかったのか うた 想 いを 詩 に 託 すよう 多 くの 人 に 与 えられた 輝 かしい 才 能 を わたしは 呟 いた 諸 々の 夢 が わたしを 取 り 巻 いていた 憂 いを 知 らぬ 幼 い 日 の 晴 れやかな 頃 から ゆめ 諸 々の 幻 が 激 しい 空 想 に 育 まれていた 人 生 の 朝 日 の 昇 る 頃 から うた しかし わたしは 詩 を 歌 いたいと 思 っていたのに この 指 はいま なんの 調 べも 奏 でず うた それでもなお 折 り 返 す 詩 の 調 べは あがくのは もう 止 めなさい ただ 空 しいだけ これは 私 的 な 詩 である 日 付 にあるように 八 月 はペナイン 山 脈 に 抱 か れたハワ-スは 夏 の 真 っ 盛 りである 夏 の 日 の 夕 暮 れどき 夕 日 が 落 ち 薄 れゆ けしき く 光 景 を 見 ながら 胸 に 沸 き 上 がる 想 いを 歓 びの 気 持 ちを 言 葉 に 託 したくて も それを 言 葉 で 表 せないもどかしさがこの 詩 からは 伝 わってくる 初 期 の 詩 にはまま 見 られるエミリの 率 直 な 気 持 ちの 表 明 であろう 憂 いを 知 らぬ 幼 い 頃 から 諸 々の 夢 が 彼 女 を 取 り 巻 き 激 しい 空 想 に 育 まれていた と 彼 女 自 身 がこ の 詩 のなかで 述 べているように 幼 少 のころから 夢 幻 空 想 幻 想 が 彼 女 を うた 取 り 巻 き それが 彼 女 の 想 像 力 を 育 んできたのであろう 詩 を 旋 律 にたとえ こ の 指 は 調 べを 奏 でず という 表 現 は ケルトの 伝 統 的 楽 器 でもある 弦 楽 器 ハ- プを 連 想 させる -73-

36 川 股 陽 太 郎 No 年 9 月 30 日 オルガンの 音 は 高 まり トランペットは 鳴 り 響 き たいまつ 数 々の 松 明 は 大 勝 利 に 赤 々と 燃 え 上 がる あたりに 集 う 幾 千 人 のうち 誰 ひとり 地 下 に 眠 る 者 のことを 考 える 者 はいない 涙 が 溢 れて 当 然 の あの 人 々の 眼 は 高 慢 にも 明 るく 曇 りなく 澄 んだ 視 線 を 投 げかける 悲 しみに 打 ち 震 えて 当 然 の あの 人 々の 胸 は 躍 り 悲 しみの 想 いに 捉 われる 者 はいない そこでは 昔 家 臣 と 兵 士 は 彼 の 日 の 出 の 勢 いを 祝 福 した しかしいま 彼 の 墓 の 上 に 誰 ひとり ため 息 を 洩 らす 者 はいない 戦 友 たちよ わたしは 見 つけようとした ひとつの 感 謝 の 影 が 沸 き 上 がるのを あなたがたの 足 が 彼 の 墓 の 暗 い 休 息 所 の 上 を 踏 みつけたとき No.28 は ゴンダル の 詩 である エミリの 詩 は 四 行 連 詩 の 形 式 をとるとき 彼 女 の 詩 のリズムは 生 々してくる 中 期 後 期 の 詩 で 完 成 度 が 高 いものはすべ て 四 行 連 詩 であるといっても 過 言 ではない 勝 利 を 祝 しオルガンとトランペット 音 が 鳴 り 響 き 松 明 が 赤 々と 燃 えている 彼 が 誰 であるのかこの 詩 では 不 明 である その 昔 日 の 出 の 勢 いを 祝 福 さ れた 今 は 亡 き 君 主 であることは 間 違 いない しかし 勝 利 に 酔 いしれる 家 臣 74-

37 エミリ ブロンテ 兵 士 の 誰 ひとりとして 彼 の 死 を 悼 む 者 はいない この 詩 のなかの 墓 は 協 会 内 の 敷 石 の 下 にある 身 分 の 高 い 人 の 墓 と 思 われる かつてそういった 墓 石 の 上 を 歩 いたとき ある 種 の 違 和 感 を 抱 いた ことがあった エミリは 争 いと 戦 いの 世 界 である ゴンダル という 世 界 を 用 い 生 と 死 を 対 比 させことで 生 と 死 明 と 暗 を 際 だたせ この 世 の 実 相 をあるがままに 描 こうしているかのようである 古 来 人 間 の 有 する 愚 かしさと 悲 しさに 普 遍 性 を 付 与 しようとしているのであろう 彼 女 は 脳 裏 に 浮 かんだ 情 景 を 批 判 も 弁 護 もせず 描 き 出 す すべての 登 場 人 物 は 彼 女 にとって 訪 問 者 であり 彼 女 の 脳 裏 を 行 き 来 する 旅 人 といえる No 年 10 月 14 日 恐 ろしい 光 による 突 然 の 亀 裂 が まち 市 をめぐる 城 壁 に 口 を 開 き 夜 通 し 続 く 長 い 雷 鳴 は われわれの 勝 利 ティンダラムの 陥 落 を 宣 言 した 悲 鳴 をあげる 風 は 静 まり 沈 黙 し 穏 やか 息 苦 しい 雪 雲 は 消 え 去 った 冷 たい なんと 冷 たい 青 白 い 月 の 光 は ほほ 笑 みかけた そこには あの 黒 々とした 廃 墟 が くすぶり 横 たわっている 終 わった 戦 いの 狂 気 炸 裂 する 砲 火 大 砲 の 轟 き 叫 び 声 呻 き 声 狂 乱 の 歓 喜 死 危 険 もはやすべて 気 づかうことはなかった -75-

38 川 股 陽 太 郎 死 者 が 折 り 重 なっている 略 奪 された 教 会 のなかで いなな 生 気 のない 軍 馬 が 餌 を 求 めて 嘶 いた 負 傷 した 兵 士 は 頭 を 横 たえていた 屋 根 のない 血 の 飛 び 散 った 部 屋 で わたしは 眠 れなかった あの 激 しい 包 囲 攻 撃 のあいだ わたしの 心 は 激 しく 燃 え 弾 んだ そ と さわぎ こころ 外 部 の 騒 動 は それが 取 り 巻 く 内 部 の 嵐 を 鎮 めてくれるように 思 われた * * だが こういう 夢 に わたしは 耐 えられない 静 寂 は 苦 痛 の 牙 を 研 ぐ わたしは 絶 望 の 大 洪 水 が ふたたびわたしの 胸 に 戻 ってくるのを 感 じた わたしの 寝 椅 子 は 廃 墟 と 化 した 館 のなかにあり 館 の 窓 から 寺 院 の 庭 が 見 えた そこでは 冷 たい 冷 たい 白 いものが すべてを 覆 っていた 墓 石 も 骨 壺 も そして 枯 れた 芝 生 も 打 ち 砕 かれたガラス 窓 は 外 気 を なかに 入 れ 外 気 とともに とりとめのない 呻 き 声 が 聞 こえてきた わたしを 縮 みあがらせ 孤 独 にする いいようのない もの 悲 しい 声 が いちい 一 本 の 黒 い 櫟 の 木 が すぐ 下 に 生 えていた その 大 枝 が そんなに 悲 しげな 声 を 出 しているのかと わたしは 思 った 76-

39 エミリ ブロンテ 幽 霊 の 指 のような 枝 は まだらに 雪 が 積 もり 古 びた 丸 天 井 の 横 木 にあたり ガタガタ 音 を 立 てていた いのち わたしは 耳 を 傾 けた いや それは 生 命 いのち あるうち 捨 てられた 者 の 心 に いまだ 去 りやらぬ 生 命 であった ああ 神 よ なにが ぞっとする 金 切 り 声 を 引 き 起 こしたのか あの 悲 痛 な 苦 悶 の 発 作 を とりとめのない 恐 ろしい 夢 昔 あったことについての 夢 ものみなうち 枯 らす 光 が いつまでも 頭 上 を 飛 び 交 っていた 想 い 出 恐 ろしい 感 情 狂 気 が 生 まれ オ-ク わたしは 暗 い 樫 の 階 段 を 急 いで 降 りた ちょうつがい ドアにたどり 着 くと その 壊 れた 蝶 番 は そこここに 幾 筋 もの 月 の 光 を 投 げかけていた かんぬき わたしは 考 えることなく 閂 を 抜 いた 氷 のような ひとつの 輝 きが わたしの 目 を 捕 らえた あらゆる 星 が 消 えなんとする 想 い 出 のように あの 広 大 な 天 から じっと 眼 を 注 いだ そしてそこには 大 聖 堂 が 聳 え 立 っていた 王 冠 を 奪 い 取 られて だがこの 上 なく 堂 々と 大 聖 堂 は いとも 穏 やかに 見 おろしていた それ 自 身 の 埋 もれた 悲 しみの 王 国 を -77-

40 川 股 陽 太 郎 No.29 の 詩 は 四 行 十 四 連 詩 からなる ゴンダル の 詩 である 確 かに ゴン ダル 詩 ではあるが エミリの 詩 を 私 的 な 詩 と ゴンダルの 詩 に 二 分 し ようとするとき これは 前 者 であるこれは 後 者 であると 単 純 に 二 分 できない この 詩 はその 典 型 であるといえよう 1837 年 10 月 14 日 の 日 付 のあるこの 詩 は エミリが 十 九 歳 のとき 書 いた 詩 ということになる 最 初 の 五 連 と 第 六 連 以 降 の 九 連 は 一 連 の ゴンダル 詩 ではあるが 第 五 連 とそれに 続 く 第 六 連 以 降 の 十 連 は ゴンダルの 詩 である と 同 時 に 私 的 な 詩 の 混 在 しているものといえる この 詩 は 第 一 連 から 第 四 連 で 戦 いの 狂 気 と 歓 喜 その 後 に 訪 れる 静 寂 を 描 きながら わたし の 眼 をとおし その 場 の 状 況 と 心 情 を 語 る 形 をとってい る 詩 人 は わたし という 登 場 人 物 に 語 り 部 の 役 割 を 担 わせている エミ リは 幼 い 頃 より 馴 れ 親 しんできた 空 想 の 世 界 で 遊 びながら 登 場 人 物 に 自 分 自 身 を 託 す 仮 託 の 手 法 を 身 に 付 けたのであろう ひ うつつ 彼 女 は 目 覚 めの 朝 に 輝 かしい 太 陽 の 沈 む 時 刻 に 夢 と 現 のなかで 明 と 暗 歓 びと 悲 しみ 生 と 死 の 本 質 を 常 に 感 じていたのであろう 彼 女 にとって 現 実 は 否 現 実 であり 否 現 実 は 現 実 であり 両 者 のあいだに 差 異 はなく 両 者 は 彼 女 にとって 本 質 的 に 同 質 のものといえる 彼 女 は だがこういう 夢 にわたしは 耐 えられない と 言 いつつ 平 然 と 両 者 のあいだを 行 き 来 する 彼 女 の 特 質 は 罪 悪 感 を 抱 くことなく 両 者 のあいだを 行 き 来 することである 他 者 を 意 識 することなく また 他 者 と 論 議 することもな ことば く 己 の 信 念 を 言 い 放 つ 確 信 犯 であるといえる 彼 女 の 詩 の 力 強 さは ひとつ にはそこからくるのであろう 登 場 人 物 はしばしば とりとめのない 恐 ろしい 夢 を 見 る この 詩 には 後 日 嵐 が 丘 のなかで 用 いられる 手 法 がみられる 小 説 嵐 が 丘 のなかのロ ックウッドは 語 り 部 ネリイの 話 しに 耳 をかたむける 聞 き 手 でもあり また 目 撃 者 でもあるという 二 重 構 造 をとっている この 詩 にはロックウッドが 見 る 夢 ム-ア さまよ の 場 面 が 二 十 年 荒 野 を 彷 徨 ったキャシ-の 霊 が 出 てくる 場 面 と 同 じ 手 法 がす 78-

41 エミリ ブロンテ もみ いちい でにみられる 小 説 では 樅 の 木 の 大 枝 が 窓 をたたき この 詩 では 櫟 の 木 の 大 枝 がたいそう 悲 しげな 声 を 出 し 幽 霊 の 指 のような 枝 が 丸 天 井 の 横 木 にあ たり ガタガタ 音 を 立 てている 前 者 では 壊 れているのは 窓 の 締 め 具 で ちょうつがい 後 者 では ドアの 蝶 番 であり また 前 者 では 氷 のような 手 が 登 場 人 物 の 手 を 後 者 では 氷 のような 目 が 登 場 人 物 の 目 を 捕 らえている 静 寂 は 苦 痛 の 牙 を 研 ぎ 絶 望 が 洪 水 となって 彼 女 に 襲 いかかる 廃 墟 と 化 し た 館 のなかにたたずみ 冷 たい 白 いものですべてが 覆 われている 寺 院 の 庭 を 眺 め ているのは 他 ならぬ 彼 女 自 身 でもある 彼 女 の 目 の 前 には 王 冠 を 奪 い 取 られ た 大 聖 堂 がいとも 穏 やかに 聳 え 立 っており 彼 女 を 見 おろしている それは 彼 女 自 身 の 埋 もれた 悲 しみの 王 国 でもある No.30 すでに 夕 暮 れ 金 色 の 光 につつまれ 太 陽 は 空 を 降 りる まち 市 のざわめきは 微 かにそよぐ 西 風 と 優 しく 溶 けあう だが わたしには 侘 びしい 朝 暗 い 十 月 のように 思 われる 天 の 嵐 の 天 空 を 横 切 り 山 なす 雨 雲 は 黒 々と 湧 き 起 こる 爽 やかで 華 やかなペナインの 短 い 夏 は そのあとに 侘 びしく 陰 鬱 な 秋 を 従 える まち 市 という 言 葉 から 見 ると この 詩 は 形 式 的 には ゴンダル 詩 の 一 部 で あろう しかし この 詩 を 私 的 な 詩 であるとか ゴンダルの 詩 であると することに 意 味 はない 前 半 四 行 一 連 の 美 しい 夕 日 と 後 半 の 四 行 一 連 の 暗 い 黒 雲 は 対 照 的 であり 至 福 のあとにやってくる 苦 悶 を 暗 示 するかのようである すべての 歓 びは 悲 しみへ 続 く 道 である ということであろうか -79-

42 川 股 陽 太 郎 No 年 10 月 古 びた 教 会 の 塔 と 庭 の 塀 は 秋 雨 に 黒 ずみ 侘 びしい 風 は 凶 事 を 予 告 し 暗 闇 を 呼 び 降 ろす 夕 暮 れが 陽 気 な 輝 かしい 日 と 入 れ 替 わるのを 見 守 った いっそう 深 い 暗 闇 が 夕 日 を かき 消 すのを 見 守 った そして 侘 びしい 空 を 見 つめていると 悲 しい 想 いの 数 々が わたしの 心 に 浮 かんだ... うた この 詩 は No.30 の 延 長 線 上 にあるといえる また No.27 の 詩 を 歌 いたい と 思 っていたのに この 指 はいま なんの 調 べも 奏 でず それでもなお 折 り うた 返 す 詩 の 調 べは あがくのはもう 止 めなさい ただ 空 しいだけ という 響 きを ともなう No.32 詩 行 1837 年 10 月 安 息 の 地 は はるか 遠 く あいだに 千 マイルの 道 が 続 く 数 々の 嵐 吹 く 山 の 峰 数 々の 緑 なき 荒 野 旅 人 は 疲 れ 果 て 力 尽 き その 心 は 暗 く その 眼 は 霞 み 80-

43 エミリ ブロンテ 希 望 も 慰 める 者 もなく よろめき 気 は 遠 く いまにも 息 絶 えんばかり 幾 度 も 無 情 な 空 を 見 上 げ 幾 度 も 侘 びしい 道 を 見 渡 し 幾 度 も 身 を 横 たえ 人 生 の 煩 わしい 重 荷 を 投 げ 出 したくなる だが 挫 けてはいけない 悲 しみに 沈 む 旅 人 よ 日 の 射 さぬ 道 を 歩 き 始 めてから 幾 マイルも 幾 マイルも 歩 んできた ならば 観 念 し 一 歩 一 歩 進 みなさい もしもなお 絶 望 を 抑 え その 囁 きを 胸 のうちに 鎮 めるなら あなたは 最 終 の 目 的 地 へと 至 り 安 息 の 地 を 手 にすることになろう この 四 行 五 連 ゴンダル 詩 は 安 息 の 地 ははるか 遠 く で 始 まり 安 息 の 地 を 手 にすることになろう で 終 わっている 旅 人 が 誰 であるのか 不 明 で ある 旅 人 は 疲 れ 果 て 人 生 の 重 荷 を 投 げ 出 したくなる 最 初 の 三 連 第 一 連 か ら 第 三 連 で 旅 路 の 険 しさと 旅 人 の 心 情 を 第 三 者 の 眼 で 歌 い 後 の 二 連 第 四 連 と 第 五 連 は 第 三 者 である 歌 い 手 が 旅 人 に 挫 けぬように 励 ましの 言 葉 を おくる 形 をとっている No 年 11 月 さあ あなたを 信 じる 心 を 信 じ ア デ ィ ユ - さようなら という 言 葉 を しっかり 言 いなさい -81-

44 川 股 陽 太 郎 わたしが どこを 彷 徨 おうと ふるさと わたしの 心 は 故 郷 の あなたの 心 とともにあります もし この 世 に 真 実 がないのであれば また 誠 を 述 べた 誓 いの 言 葉 に なんの 価 値 もないのでなければ うつせみ 現 身 の 身 なる 人 間 に みずからの 不 幸 な 魂 を 支 配 する 力 がないのでなければ もし わたしの 考 えが ことごとく 変 わるのでなければ また わたしの 記 憶 が なにも 思 い 出 せないのでなければ また 遠 いゴンダルの 異 国 の 空 の 下 で わたしの 備 え 持 つ 徳 が すべて 消 え 去 るのでなければ 山 に 住 む 農 夫 は 下 界 の このうえなく 肥 沃 な 平 野 よりも ヒ-スの 茂 る 荒 野 を 愛 している 農 夫 は いつも 喜 色 に 満 ちた 平 野 すべてと 引 き 換 えに 荒 涼 とした 荒 野 ひとつ 与 えたりはしない また あなたより 色 白 の 額 の 人 が いるかも 知 れない また さらに 薔 薇 色 の 頬 の 人 が いるかも 知 れない また 神 々しい 瞳 から 稲 妻 のような 眼 差 しが わたしの 辿 る 道 筋 に 燃 え 上 がり 輝 くかも 知 れない だが これほど 長 いあいだ 慈 しみ 見 守 り 育 んできた 変 わることのない 強 い あの 清 らかな 光 こそ 初 めて あの 栄 光 を 与 えてくれた あの 愛 こそ わたしの 北 極 星 となり 墓 場 まで 導 いてくれるであろう 82-

45 エミリ ブロンテ No.33 の 詩 は この 詩 のなかの ゴンダルの 異 国 の 空 の 下 で という 言 葉 で わかるように ゴンダルの 詩 である わたし が 誰 なのか あなたが 誰 なのかは 不 明 である 主 題 は 不 変 の 愛 ということであろう この 詩 のなか で 注 目 すべき 点 は エミリは ゴンダルの 詩 を 歌 いながら 彼 女 の 私 的 心 情 を 第 五 連 のなかに 挿 入 している 彼 女 にとって 肥 沃 な 平 野 はなんの 価 値 も なく 不 毛 の 大 地 である ヒ-スの 茂 る 荒 野 こそ 何 ものにもかえがたいもの であることがわかる No.34 A.G.A 年 11 月 眠 りは わたしに なんの 歓 びももたらさず 想 い 出 は 決 して 消 え 去 りません わたしの 魂 は 苦 痛 にゆだねられ ため 息 のなかに 生 きています 眠 りは わたしに なんの 安 らぎももたらしません 死 者 の 影 が わたしの 寝 床 を 取 り 囲 むのも わたしの 目 覚 めた 眼 には 決 して 見 えません 眠 りは わたしに なんの 希 望 ももたらしません この 上 なく 深 い 眠 りのなかに 影 は 訪 れ 悲 しげな 姿 で 暗 闇 を いっそう 深 めます 眠 りは わたしに なんの 力 ももたらさず 勇 敢 に 立 ち 向 かう 力 も 授 けず わたしは さらに 荒 々しい 海 を 進 むしかありません さらに 暗 い 波 間 を -83-

46 川 股 陽 太 郎 眠 りは わたしに ひとりの 友 ももたらしません 慰 め 堪 え 忍 ぶ 手 助 けとなる 友 を 影 はみな 見 つめるだけ ああ ひどく 嘲 るように そして わたしには 絶 望 が 眠 りを わたしの 悩 める 心 を この 世 に 繋 ぎ 止 める 力 も もたらしません わたしの 唯 一 の 願 いは 忘 れることです 死 の 眠 りの 眠 りのなかで 四 行 五 連 詩 各 行 の 出 だしが 眠 りは わたしに なんの 安 らぎももたらしま せん 等 で 統 一 されているこの 詩 は ゴンダルの 女 王 オ-ガスタ ジェラルデ ィン アルメダが 安 らぎのない 孤 独 な 気 持 ちを 歌 う 形 をとっている ここに 出 てくる 荒 々しい 海 は 航 海 中 の 海 であると 同 時 に 彼 女 に 課 された 苦 難 に 満 ちた 人 生 の 荒 海 ともいえる 死 と 忘 却 と 死 の 影 は エミリの 寝 室 の 窓 から 日 常 的 に 見 える 光 景 もであった No.35 強 く わたしは 立 つ わたしは 怒 り 憎 しみ 厳 しい 軽 蔑 に 耐 えてきたが 強 く わたしは 立 ち 人 々が わたしと 戦 ってきたさまを 見 て あざ 笑 う 勝 利 者 の 影 よ わたしは 軽 蔑 する ならわし 人 の 世 の 取 るに 足 らぬ 風 習 を すべて わたしの 心 は 自 由 わたしの 魂 は 自 由 指 し 招 きなさい そうすれば わたしはあなたについてゆく 84-

47 エミリ ブロンテ 不 実 で 愚 かな 人 間 よ 知 りなさい あなたが 世 の 軽 蔑 を あざ 笑 おうと あなたの 卑 劣 な 魂 は はるかに 下 劣 で どんな 空 しい 虫 けらにも 及 ばないということを 塵 に 帰 る 者 よ--とどまることを 知 らぬ 驕 りをもち もはやあなたは わたしを 導 き 手 と 思 っているのではあるまい 謙 虚 な 人 々と わたしは 共 にありたい 驕 慢 な 者 たちは わたしにとって 無 にひとしい この 四 行 四 連 詩 は 私 的 な 詩 であり 後 期 の 詩 の 萌 芽 となる 詩 の 典 型 であ る エミリは わたしの 心 は 自 由 わたしの 魂 は 自 由 とこの 詩 で 初 めて 言 い 放 っている 強 くわたしは 立 つ 不 実 で 愚 かな 人 間 よ 知 りなさい あなたの 卑 劣 な 魂 ははるかに 下 劣 でどんな 空 しい 虫 けらにも 及 ばないということを と いう 彼 女 の 言 葉 は 人 間 が 持 つ 一 面 を 鋭 く 言 い 表 している これは 非 難 の 言 葉 で はなくむしろ 自 省 の 言 葉 ととるべきであろう 後 日 No.146 老 克 己 主 義 者 No.174 想 像 力 によせて No.176 わたし のために 弁 護 しなさい No.191 わたしいの 魂 は 卑 怯 ではない 等 の 詩 で 述 べているように 彼 女 はここですでに 富 権 力 信 条 の 空 しさを 明 確 に 表 明 している 彼 女 の 詩 をみていく 上 で 重 要 な 詩 といえる No 年 11 月 夜 は わたしのまわりに 闇 を 深 め 荒 々しい 風 が 寒 々と 吹 く だが 暴 虐 な 呪 文 が わたしを 縛 り わたしはできない 進 むことができない -85-

48 川 股 陽 太 郎 巨 大 な 樹 々は たわみ 裸 の 大 枝 は 雪 の 重 みに かしぐ 嵐 は 疾 風 となり 吹 き 降 りてくる それでも わたしは 進 むことができない 頭 上 には 雲 につぐ 雲 地 上 には 荒 れ 地 につぐ 荒 れ 地 だが いかなる 侘 びしさも わたしを 動 かすことはできない わたしは 進 まない 進 むことができない No.35 同 様 この 四 行 三 連 詩 は 私 的 な 詩 である 夜 と 闇 に 呪 縛 された 詩 人 の 姿 が また 重 苦 しい 雪 雲 等 の 自 然 描 写 に 詩 人 自 身 の 姿 が 重 なって 見 える わたしは 進 まない 進 むことができない という 一 行 には 詩 作 が 思 うよう に 進 まぬことへの 苛 立 ちも 込 められているのであろう No.37 わたしは 訪 れよう 暗 い 部 屋 に ただひとり 横 たわり あなたが 悲 嘆 の 極 みにあるとき 気 違 いじみた 一 日 の 浮 かれ 騒 ぎが 消 え 去 り 喜 びの 微 笑 みが 夕 べの 冷 え 冷 えとした 薄 暗 がりから 追 い 払 われるとき わたしは 訪 れよう 心 に 誠 実 な 感 情 が 完 全 で 公 平 な 力 を 持 つとき わたしの 力 が 知 らぬ 間 に あなたに 襲 いかかり 深 まりゆく 悲 しみ 凍 りつく 喜 びが あなたの 魂 を 連 れ 去 ってしまうとき 86-

49 エミリ ブロンテ 耳 を 澄 ましなさい いまがまさにその 時 あなたにとって 恐 ろしい 時 あなたは 感 じないのか あなたの 魂 に 怒 濤 のように 押 し 寄 せる 不 思 議 な 感 情 のうねりを いっそう 厳 しい 力 の 前 触 れを わたしの 先 触 れを 五 行 二 連 六 行 一 連 の 変 則 的 な 試 作 詩 の 例 である ここでいう わたし は 詩 人 の 心 に 湧 き 上 がってくる 感 情 であろう わたし と あなた は 同 一 のもの であるといえる ただひとり 暗 い 部 屋 に 横 たわっているとき 怒 濤 のように 押 し 寄 せる 不 思 議 な 感 情 のうねり がときとしてエミリを 襲 ったのであろう No.38 わたしは 至 福 とあなたのことを ひとしく 語 る 天 の 調 べを 奏 でもしたであろうに わたしは うっとりさせる 歌 を 呼 び 起 こしもしたであろうに だが その 言 葉 は わたしの 舌 の 上 で 死 んでしまった そのとき わたしにはわかった 心 を 奪 う 調 べが 喜 びを 語 ることは 二 度 とできないことが そのとき わたしは 感 じた ( 未 完 ) 文 末 に 未 完 と 記 されているように 未 完 の 詩 である 言 葉 は わたしの 舌 の 上 で 死 んでしまった という 表 現 に 見 られるように 遅 々として 筆 が 進 まず 心 を 奪 う 調 べ が 湧 き 起 こってこない 様 子 が この 詩 から 窺 える エミリ 表 現 形 式 として そのときわたしにはわかった そのときわたしは 感 じた という 表 現 を 用 いる 傾 向 がある -87-

50 川 股 陽 太 郎 No.39 雪 の 花 輪 によせて A.G.アルメダ 作 1837 年 12 月 ああ 天 空 の 束 の 間 の 航 海 者 よ ああ 冬 空 の ものいわぬ 前 触 れよ どのような 逆 風 が あなたの 帆 を 駆 り 立 てたのでしょう 囚 われ 人 の 横 たわる 地 下 牢 へと 思 うに 嘆 き 悲 しむこの 額 から とても 厳 しく 太 陽 を 遮 ったその 手 は なおも 反 逆 の 仕 事 を 続 け あなたのように か 弱 いものを 阻 むこともできたでしょうに そうしていたでしょう もし あなたの 内 にひそむ 不 思 議 な 力 を 知 っていたなら というのも かつて 輝 いた 太 陽 はすべて わたしに これほど 優 しかったことは 一 度 もなかったからです 幾 日 も 幾 週 も わたしの 心 は 沈 んでゆく 暗 闇 に 押 し 潰 されました 朝 日 が 悲 嘆 の 灰 色 のうちに 昇 り わたしの 牢 獄 を 微 かに 照 らすとき だが わたしが 目 を 覚 ますと 天 使 のように たいそう 優 しく 美 しい あなたの 銀 色 の 姿 は 暗 闇 のなかから 輝 いてきて 優 しく 語 ってくれました 雲 で 覆 われた 空 飾 りない 山 々のことを 88-

51 エミリ ブロンテ 山 になじんだ 者 にとって この 上 なく 愛 しいものよ 故 郷 の 荒 涼 とした 頂 を 覆 う 雪 を わたしは 生 涯 にわたって 愛 してきました 山 裾 の 緑 したたる 野 辺 よりも 声 もなく 魂 もない 使 者 よ あなたの 存 在 は 心 震 える 調 べを 呼 び 覚 ましました それは あなたがここにいるあいだ わたしを 慰 め あなたがいなくなっても わたしを 支 えてくれるでしょう タイトルでわかるように この 四 行 七 連 詩 は ゴンダル の 詩 である 寒 々 とした 地 下 牢 のなかでオ-ガスタが 舞 い 降 りてくる 雪 の 花 びらに 託 し その 想 いを 述 べる 形 をとっている エミリの 詩 には 地 下 牢 が 時 々 姿 を 現 す この 囚 われのイメ-ジ はペ ナインの 冬 の 厳 しい 寒 さと それにともなう 閉 塞 感 からくるのであろう No.33 の 第 四 連 と 同 じように 山 裾 の 緑 したたる 野 辺 よりも 故 郷 の 荒 涼 とした 頂 を 覆 う 雪 を 愛 しいとしている 初 冬 のペナインの 頂 は 白 く 雪 で 覆 われており 冬 空 を 音 もなくひとひらひとひらひらひら 舞 い 降 りてくる 雪 の 花 びらの 美 しさに 魅 せられた 詩 人 の 姿 がこの 詩 にはかいまみられる No.40 ジュリアス アンゴラによる 歌 こわだか 目 覚 めよ 目 覚 めよ なんと 声 高 に 嵐 の 朝 は あたりに 休 らう 異 邦 人 たちを 呼 び 起 こしていることか 起 きよ 起 きよ あれは 嘆 き 悲 しむ 声 なのか あのように 激 しい 音 で われわれの 眠 りを 破 るのは 嘆 き 悲 しむ 声 なのか その 鳴 り 響 く 声 を 聞 け あの 勝 利 の 叫 びは 悲 しみのため 息 をかき 消 す -89-

52 川 股 陽 太 郎 苦 悩 する 心 は それぞれいつもの 気 持 ちを 忘 れ あかみ 色 褪 せた 頬 は それぞれ 長 らくな 失 くしていた 紅 色 を 取 り 戻 す われわれの 魂 は 喜 びに 溢 れている 神 は わが 軍 に 勝 利 を わが 敵 に 死 を 与 えた 深 紅 の 軍 旗 は その 布 を 天 になびかせ 海 緑 の 軍 旗 は 足 もとの 土 に 横 たわる 愛 国 者 たちよ あなたたちの 祖 国 の 栄 光 に けがれ 穢 はない 兵 士 たちよ その 栄 光 を 輝 かしく 自 由 に 保 ちなさい いくさ アルメダを 平 和 なときも 流 血 の 戦 のときも 勝 利 のため 一 段 と 気 高 い 名 にしよう ジュリアス アンゴラがどういう 人 物 で アルメダがどういう 国 なのか 不 明 である エミリの ゴンダル をテ-マにした 詩 は 戦 いの 後 の 状 況 を 歌 った ものが 多 い その 特 徴 は 色 彩 豊 かな 絵 画 的 描 写 である 例 えば ここでは 勝 利 の 軍 旗 は 天 に 敗 北 の 軍 旗 は 地 に 勝 利 の 軍 旗 は 深 紅 敗 北 の 軍 旗 は 海 緑 というように 天 と 地 紅 と 緑 の 対 比 をなしている No.41 詩 行 1837 年 12 月 わたしは 逝 きます だがそれは あなたにとても 長 いあいだ 慕 われたこの 胸 を 墓 が 押 さえつける 時 この 世 の 憂 いが もう わたしを 悩 ますことは 無 く この 世 の 歓 びが もう わたしにとって 無 となるとき 泣 かないで こう 考 えてください わたしは あなたに 先 だって 陰 鬱 の 海 を 渡 り 無 事 錨 をおろし ついに 90-

53 エミリ ブロンテ 涙 も 嘆 きも 手 の 届 かぬところに 安 らぐのだと わたしが 悲 しいのは あなたをこの 世 に 残 してゆくことです あの 暗 い 大 海 原 の 上 を 淋 しく 航 海 し 嵐 に 取 り 囲 まれ 数 々の 恐 怖 を 前 にし 優 しい 光 もないところへ だが 長 くとも 短 くとも 人 生 は 永 遠 に 比 べれば 無 にひとしい わたしたちは 地 上 で 別 れ 天 上 で 逢 います 至 福 に 満 ちた 年 月 が 決 して 終 わることのないところで No.41 詩 行 は ゴンダル の 詩 であろう しかし わたし が 誰 で あ なた が 誰 であるかは 不 明 である これは 生 と 死 をさかいとする 離 別 の 歌 である 死 は この 世 の 歓 びこの 世 の 憂 いとの 別 れであり そこは 涙 も 嘆 きもない 安 らぎの 世 界 である わたしが 悲 しいのはあなたをこの 世 に 残 してゆくことです という 言 葉 は 小 説 嵐 が 丘 の 中 のキャサリンの 臨 終 の 言 葉 と 重 なってくる また 人 生 は と き て ん 永 遠 に 比 べれば 無 にひとしい という 言 葉 は 人 生 を 宇 宙 時 間 でとらえれば 一 瞬 であり 人 生 を 否 定 的 にではなく 肯 定 的 に 捉 えているものであろう ここには 生 死 を 越 えた 永 遠 願 望 がみられる No 年 12 月 14 日 ああ おかあさま わたしは この 惨 めなこの 世 を 去 るのを 嘆 いているのでは ありません わたしが 行 こうとしている あの 暗 い 世 界 に 忘 却 以 外 何 も ないにしても -91-

54 川 股 陽 太 郎 でも この 世 で 欺 かれ 疲 れ 果 て 希 望 もなく 思 い 悩 むのは 惨 めですが かつて 愛 しいと 思 ったものを 残 してゆく 苦 しみを 完 全 に 抑 えることは できません 十 二 の 二 倍 の 短 い 歳 月 すべては 終 わり 昼 と 夜 が 二 度 と 訪 れることは ありません 野 原 森 岸 辺 を さまよ 徊 い 歩 くことも もう 二 度 と ありません そして 明 け 方 早 く 真 夜 中 の 星 が 消 えてゆくのを 眺 めることも もう 二 度 と ありません 夏 の 朝 の 息 吹 を 吸 い 夏 の 輝 きを 目 にすることも もう 二 度 とありません 寺 院 の 鐘 が 鳴 っているのが 聞 こえます 鐘 の 音 は 弱 々しく もの 悲 しく 思 えますが そうでなければ 風 は 逆 に 吹 いていて 鐘 の 奏 でる 調 べを わたしの 耳 から 遠 ざけているのでしょう 風 は 冬 の 夜 留 まってはならない 想 いや 物 事 を 語 っています おかあさま そばに 来 てください わたしの 心 は 張 り 裂 けそうです わたしは 去 ってゆくのが 耐 えられません あなたの 悲 しみを 癒 し あなたの 憂 いを 鎮 めるために わたしは もう 戻 って 来 ることのないところへ 行 かなければなりません いいえ 泣 かないでください その 辛 い 嘆 きは 92-

55 エミリ ブロンテ わたしの 魂 を 激 しい 絶 望 で 苦 しめます いいえ 言 ってください 古 い 教 会 の 石 の 下 に わたしが 横 たわるとき あなたは 涙 を 払 い ため 息 をやめ 去 っていった 魂 を すぐ 忘 れてしまうでしょうと あなたは 長 いあいだ 教 えてほしいといっていました どのような 悲 しみが あおじろ わたしの 頬 を 蒼 白 くし わたしの 眼 の 光 を 消 してしまったのかを わたしたちは 明 日 を 待 たずして お 別 れすることになるでしょう ですから わたしは 逝 く 前 に 心 の 内 を 明 かします 十 年 前 の 九 月 に あのかた フェルナンドは 彼 の 家 とあなたのもとを 去 りました アデュ- いまでも あなたは あの 最 後 の 別 れ の 苦 しみを 覚 えているに 違 いないと 思 います あなたは よくご 承 知 です 激 しく 思 い 焦 がれながら 秋 の すっかり 侘 びしく 暮 れゆくあいだ あのかた どれほど わたしが 彼 の 顔 を 見 たがっていたかを 嵐 の 夜 も 雨 の 日 も ずっと アレオンの 森 のはずれに 淋 しい 美 しい 空 き 地 があります そこでともに 育 まれた 二 人 の 心 が 最 初 の 運 命 の 別 れをしました -93-

56 川 股 陽 太 郎 午 後 の 日 は 柔 らかな 日 差 しのなかで それぞれの 緑 の 丘 と そよぐ 木 々に 光 を 注 いでいました わたしの 前 に 広 がる 広 々とした 庭 園 の 向 こうに 果 てしない 海 が はるか 遠 く 広 がって 居 ました あのかた 彼 が わたしのもとを 立 ち 去 ってしまうと わたしはそこに 立 ち 青 ざめた 頬 して でも 涙 も 枯 れて いのち わたしから 生 命 と 希 望 と 歓 びを ふ ね 奪 ってゆく 帆 船 を 見 つめていました 船 は 去 ってしまい その 夜 眠 れぬ 悲 しみに わたしは 枕 を 濡 らし ひとり 悲 しみながら さまよ わたしの 魂 は いつまでも 大 波 の 上 を 彷 徊 い 永 遠 に 飛 び 去 った 恋 しい 人 を 思 って 泣 きました でも 追 憶 のなかで 明 るくほほ 笑 みながら ひととき 至 福 の 一 刻 が わたしに 戻 ってきます 一 通 の 文 が 無 事 航 海 を 終 えたと 変 わらぬ 愛 情 を 伝 えてくれました しかし 二 通 目 はありません 心 配 と 希 望 のうちに どき 春 冬 穫 り 入 れ 期 が いつの 間 にか 通 り 過 ぎてゆきました そして ついに かつては 耐 えられなかった 想 いに と き 耐 える 力 を 時 間 が もたらしてくれました そして わたしは 夏 の 夕 暮 れどき わたしたちの 最 後 の 別 れを 告 げた 場 所 へ よく 行 きました そして そこで 次 々と 浮 かんでくる 幻 を 辿 りながら 94-

57 エミリ ブロンテ わたしは 晩 鐘 の 鐘 の 時 刻 まで 去 りやらず 佇 んでいました No.42 の 四 行 十 八 連 詩 は ゴンダル 詩 の 典 型 である エミリは 四 行 連 詩 の 詩 形 を 用 いながらその 詩 的 才 能 を 徐 々に 開 花 させ 本 領 を 発 揮 していく この 詩 は 初 期 の 詩 なかのその 代 表 例 といえる 死 と 別 れおよび 死 がもたらす 苦 悩 と 苦 悩 からの 解 放 この 二 つの 要 素 を 対 立 させながら 同 化 させていく 表 現 法 は それが 単 に 手 法 であるだけで なく エミリの 作 品 の 本 質 と 深 いかかわりを 持 つようになる No.41 と 同 様 No.42 の 離 別 とそれがもたらす 苦 悩 は 嵐 が 丘 のキャ サリンとヒ-スクリフに 再 現 される 単 なる 死 や 安 らかな 死 ではなく 激 しい 葛 藤 と 苦 悶 のあとにやってくる 死 がこの 世 の 憂 いとの 決 別 であると 同 時 に 永 遠 の 安 らぎの 世 界 にいたるための 絶 対 条 件 となっている エミリの 作 品 はこの 認 識 無 くして 理 解 することは 出 来 ない この 認 識 無 くして 彼 女 の 作 品 を 読 むと あたしぃ- いままでにぃ- こん なぁ- 素 晴 らしいしぃ- 作 品 ん- 読 んだぁ-こともぉ-ないしぃ- こ れってぇ- 激 しぃ- 恋 愛 小 説 ぅ- ということになる もっとも 一 般 の 読 者 がどう 読 もうと 読 者 の 自 由 であるが No.41 の 悲 しいのはあなたをこの 世 に 残 してゆくことです という 言 葉 と No.42 の わたしはこの 惨 めなこの 世 を 去 るのを 嘆 いているのではありません かつて 愛 しいと 思 ったものを 残 してゆく 苦 しみを 完 全 に 抑 えることはできませ ん という 言 葉 は 同 質 であるといえる この 詩 のなかで わたし が この 世 で 欺 かれ 疲 れ 果 て 希 望 もなく と 述 べているが これはヒ-スクリフの 置 かれた 環 境 それにともなう 人 格 形 成 その 後 の 復 讐 と 復 讐 をなしとげたあとに 残 る 虚 脱 感 や 無 力 感 と 無 縁 ではな い また この 詩 のなかの 人 生 は 永 遠 に 比 べれば 無 に 等 しい という 言 葉 は 上 記 のとおり 必 ずしも 人 生 を 否 定 的 に 捉 えているものでなく 生 は 人 の 肉 体 を この 地 上 に 縛 り 付 け 愛 と 憎 しみ 歓 びと 悲 しみ 至 福 と 苦 悶 をもたらし 儚 -95-

58 川 股 陽 太 郎 く 貴 く それが 故 に 限 りなく 愛 おしく 尊 い と 肯 定 的 に 捉 えていると 理 解 するのが 妥 当 であろう この 詩 のなかの おかあさま わたし あなた フェルナンド がどうい う 人 物 なのか また アレオンの 森 がどういう 場 所 なのかは 不 明 である No.43 G H 1838 年 2 月 いのち 生 命 から 引 き 離 され あの 人 の 人 生 の 朝 のうちに 引 き 裂 かれ 永 遠 の 暗 闇 に 閉 じ 込 められ 望 みなき 墓 に 埋 められる だが ひざまずき あなたを 追 放 した 力 に 感 謝 しなさい 鎖 と 格 子 と 牢 獄 の 壁 は さらに 恐 ろしい 束 縛 から あなたを 救 い 出 した その 別 れが あなたの 心 を 傷 つける 前 に あなたを 引 き 離 した 力 に 感 謝 しなさい 羊 歯 とヒ-スの 生 い 茂 る 源 から 山 の 泉 は 激 しく 湧 き 出 していた その 流 が 岸 辺 まで 達 していたら その 轟 きは どれほど 無 敵 のものであったろう ゴンダル の 詩 であるが G H が 誰 であるのか 何 を 指 すのか 不 明 で ある エミリの 詩 には 地 下 牢 牢 獄 死 は 牢 獄 からの 解 放 いうテ-マが 時 折 顔 を 出 す 死 は 苦 しみからの 解 放 牢 獄 は 苦 しみからの 解 放 につながる 96-

59 エミリ ブロンテ No.44 わたしが この 上 なく 幸 せなのは 月 が 皓 々と 照 らす 風 の 夜 ふるさと 魂 が その 故 郷 なる 肉 体 を 遠 く 離 れ 目 が 光 り 輝 く 世 界 を さまよ 逍 うとき わたしもなく そばに 誰 もなく 大 地 も 海 も 雲 なき 空 もなく ただ 魂 だけが 無 限 の 時 空 を 通 り 抜 け あまねく さまよ 逍 うとき 私 的 な 詩 である 月 が 皓 々と 照 らす 夜 空 を 見 上 げていると エミリの 魂 は 光 り 輝 く 世 界 を 無 限 の 時 空 を 通 り 抜 ける 宇 宙 の 概 念 が 今 からわずか 半 世 紀 前 まで 当 時 とさほど 変 わらなかったことを 考 えると 時 間 と 空 間 に 対 する 詩 人 の 感 性 は 極 めて 先 進 的 であったといえる 彼 女 の 魂 は 宇 宙 空 間 を 自 在 に 往 き 来 し 遊 ぶことが 出 来 た No.45 家 のなかは すべて ひっそりと 静 まり 外 は すべて 風 としのつく 雨 だが 何 かが わたしの 心 に 囁 く 雨 のなかから 泣 き 叫 ぶ 風 のなかから 二 度 と 返 らず 二 度 と 返 らずとは なぜ 二 度 と 返 らずなのか 想 い 出 は あなたのように 真 実 の 力 を 持 っている この No.45 の 詩 は 私 的 な 詩 であるが 遅 々として 筆 の 進 まぬ 嘆 きの 例 と -97-

60 川 股 陽 太 郎 いえよう No.46 城 の 鐘 が 一 時 を 告 げたとき アイア-ニの 眼 は どんより 霞 んでいた 彼 女 は 不 気 味 な 自 分 の 地 下 牢 を 見 渡 した 鉄 格 子 は 怪 しげな 光 を 投 げかけていた ひとすじ 雲 間 から 洩 れる 一 条 の 冷 たい 月 明 かりであった アイア-ニは 夢 うつつに じっと 見 つめ 太 陽 を 見 たと 思 った 彼 女 は 夜 明 けだと 思 った 夜 は それほど 長 かった ゴンダル の 詩 である この 城 がどこにあって アイア-ニがどのような 身 分 の 女 性 なのか 不 明 である にもかかわらず 抗 争 に 明 け 暮 れまた 愛 と 裏 切 り に 満 ちた 世 界 にあって 地 下 牢 に 繋 がれたアイア-ニの 姿 が 浮 かんでくる No.47 だが かつて わたしを 敬 愛 した 人 の 心 は とうの 昔 に その 誓 いを 忘 れてしまっていた そして わたしのまわりに 群 がった 友 は みな わたしを 見 捨 ててしまった それは 夢 のなかで わたしに 明 かされた だが 眠 りの 夢 ではなかった 寝 ずの 苦 悩 の 泣 くまいとする 悲 しみの 夢 であった 98-

61 エミリ ブロンテ もう よそよそしく 顔 をそむけないで B 未 完 末 行 に 未 完 とエミリ 自 身 が 記 しているように 未 完 の ゴンダル の 詩 である だがかつてわたしを 敬 愛 した 人 の 心 はとうの 昔 にその 誓 いを 忘 れて しまっていた そしてわたしのまわりに 群 がった 友 はみなわたしを 見 捨 ててし まった とあるように No.46 と 同 様 の 世 界 が 広 がっている No.48 沈 黙 の 墓 のなか 深 く 深 く 臥 し 墓 の 上 で 嘆 くもの ひとりとしてない No.49 この あなたの 墓 石 の 上 に ひざまずき わたしは 消 え 去 った 想 いに 別 れを 告 げる わたしは あなたに 涙 と 苦 痛 を 委 ね ふたたび うつせみ 現 の 世 へ 舞 い 戻 ってゆく No.48 No.49 は 未 完 の ゴンダル 詩 であろう No.50 ああ もう 一 度 来 てください どのような 鎖 が あれほど 早 かった 足 取 りを 引 き 留 めるのですか じめじめ さあ 湿 々 した 寒 いあなたの 住 まいを 出 て もう 一 度 わたしを 訪 ねてください 私 的 な 詩 であろう 早 かった 足 取 り 湿 々した 寒 いあなたの 住 まい は 季 節 を 指 すのであろうか -99-

62 川 股 陽 太 郎 No.51 野 辺 は 緑 花 さき 蕾 ふくらみ のどか 夏 空 は 長 閑 な 時 でしたでしょうか あなたが わたしを 訪 ねてきたのは いいえ 花 さく 野 辺 の 時 では ありませんでした そよかぜ いいえ 芳 しい 微 風 の 時 では ありませんでした 夏 の 空 は また 訪 れるでしょう でも あなたは もうそこにはおいでにならないでしょう No.51 初 夏 を 想 い 浮 かべての ゴンダル の 歌 であろうか あなたは が 誰 であるのか 不 明 である No.52 こわだか なんと 声 高 に 嵐 は ホ-ル 館 のまわりで 鳴 り 響 くことか ア-チからア-チへ ドアからドアへ 柱 と 屋 根 と 御 影 石 の 壁 は その 咆 哮 に 揺 りかごのように 揺 れる にれ あの 楡 の 木 は 幽 霊 の 出 る 泉 のほとりにあって めぐり 来 る 夏 空 に 挨 拶 をすることはない 巨 木 は 突 然 倒 れ 道 をふさぎ 横 たわる 葬 送 の 列 は 長 らく 風 と 雪 に 阻 まれ ほとんど 進 んではいなかった 100-

63 エミリ ブロンテ どのようにして ふたたび 家 に 辿 り 着 くのであろう 明 日 の 夜 明 けが おそらく 教 えることだろう 私 的 な 詩 であろう 冬 馬 の 背 をしたペナイン 山 脈 を 越 えてくる 強 風 の 激 しさを 想 像 させる 嵐 は 唸 り 声 をあげて 鳴 り 響 き 石 作 りの 家 を 揺 さぶり にれ 楡 の 大 木 を 倒 す 雪 を 掻 き 分 けて 進 むこともままならない 夜 道 も 定 かでな い 吹 雪 のペナインを 歩 くことは 不 可 能 に 近 かった ロックウッドが 夜 道 を 吹 雪 のなかを 歩 いて 帰 ろうとする 場 面 と 重 なってくる 今 日 のペナインからは 当 時 のペナインの 雪 深 さは 想 像 もできない No.53 まどろ ここで 微 睡 んで なんの 意 味 があろうか 心 は 悲 しく 疲 れているとしても まどろ ここで 微 睡 んで なんの 意 味 があろうか 日 は 暗 く 侘 びしく 昇 るとしても 太 陽 が 高 く 昇 れば あの 霧 は 晴 れるかも 知 れない この 魂 は 悲 しみを 忘 れるかも 知 れない 落 日 の 薔 薇 色 の 光 は もっと 輝 かしい 明 日 を 約 束 するかも 知 れない 未 完 の 私 的 な 詩 であろうか No.54 ああ 夕 暮 れよ なぜあなたの 光 は そんなに 悲 しいのか なぜ 太 陽 の 落 日 の 光 は そんなに 冷 たいのか ほほえみ 静 かに わたしたちの 微 笑 は いつも 楽 しそう だが あなたの 心 は 老 いてゆく -101-

64 川 股 陽 太 郎 私 的 な 詩 であろう エミリにとって 夕 陽 はときにたいそう 輝 かしく ときに 冷 たく 悲 しいものである No.55 もう 終 わった わたしには すべてがわかった もう 心 の 内 に 隠 しておかず もう 一 度 あの 夜 を 思 い 起 こし あの 恐 ろしい 幻 を 思 い 浮 かべてみよう 夕 日 は 雲 ひとつない 輝 きのなか 神 々しい 夏 の 天 から 消 え 去 っていた 黄 昏 の 影 次 第 に 暗 く 星 が 藍 の 深 みに 現 れた 山 々のヒ-スのなか 人 目 や 憂 いから 遠 く 離 れ 物 思 いに 沈 み 目 に 涙 を 浮 かべ わたしは 厳 かな 空 を 悲 しく 眺 めていた < 続 く > 102-

65 エミリ ブロンテ 1. Cold, clear, and blue, the morning heaven Expands its arch on high; Cold, clear, and blue, Lake Werna s water Reflects that winter s sky. The moon has set, but Venus shines A silent, silvery star. 2. July 12, 1836 Will the day be bright or cloudy? Sweetly has its dawn begun; But the heaven may shake with thunder Ere the setting of the sun. Lady, watch Apollo s journey: Thus thy firstborn s course shall be If his beams through summer vapours Warm the earth all placidly, Her days shall pass like a pleasant dream in sweet tranquillity. If it darken, if a shadow Quench his rays and summon rain, Flowers may open, buds may blossom: Bud and flower alike are vain; Her days shall pass like a mournful story in care and tears and pain. If the wind be fresh and free, The wide skies clear and cloudless blue, -103-

66 川 股 陽 太 郎 The woods and fields and golden flowers Sparkling in sunshine and in dew, Her days shall pass in Glory s light the world s drear desert through. 3. Tell me, tell me, smiling child, What the past is like to thee? An Autumn evening soft and mild With a wind that sighs mournfully. Tell me, what is the present hour? A green and flowery spray Where a young bird sits gathering its power To mount and fly away. And what is the future, happy one? A sea beneath a cloudless sun; A mighty, glorious, dazzling sea Stretching into infinity. 4. The inspiring music s thrilling sound, The glory of the festal day, The glittering splendour rising round, Have passed like all earth s joys away. Forsaken by that Lady fair She glides unheeding through them all Covering her brow to hide the tear That still, though checked, trembles to fall. 104-

67 エミリ ブロンテ She hurries through the outer Hall And up the stairs through galleries dim That murmur to the breezes call The night-wind s lonely vesper hymn. 5. December 13, 1836 High waving heather, neath stormy blasts bending, Midnight and moonlight and bright shining stars; Darkness and glory rejoicingly blending, Earth rising to heaven and heaven descending, Man s spirit away from its drear dongeon sending, Bursting the fetters and breaking the bars. All down the mountain sides, wild forests lending One mighty voice to the life-giving wind; Rivers their banks in the jubilee rending, Fast through the valleys a reckless course wending, Wider and deeper their waters extending, Leaving a desolate desert behind. Shining and lowering and swelling and dying, Changing for ever from midnight to noon; Roaring like thunder, like soft music sighing, Shadows on shadows advancing and flying, Lightning-bright flashes the deep gloom defying, Coming as swiftly and fading as soon

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

最強の矛と鉄壁の盾

最強の矛と鉄壁の盾 最 強 矛 鉄 壁 楯 渡 科 由 太 テ ニ シ ャ ナ 数 ゴ ル ィ ガ チ 日 残 人 少 毒 牙 起 娘 背 着 衣 裾 引 翻 支 配 戻 振 返 転 強 烈 平 振 咄 嗟 引 平 勢 殺 転 遠 渾 段 追 鳩 尾 受 腹 押 場 苦 痛 苛 伸 凝 視 祈 奥 広 ソ 眼 現 成 果 得 慟 哭 涙 拭 廊 下 床 殴 打 悔 余 拳 痛 返 胸 切 比 べ バ エ 情 ぃ 眼 メ

More information

第8回ジュニア文学賞.indd

第8回ジュニア文学賞.indd -22- 涙 嫌 柴 折 連 老 躯 僧 頼 僧 渡 老 夫 婦 降 募 跡 原 泣 供 掌 抱 連 育 想 淋 近 在 等 遊 似 多 由 貴 族 嫡 男 第 疎 着 事 欠 洛 西 形 抜 勇 力 軼 少 壮 頃 相 撲 名 些 細 髻 押 公 卿 離 師 端 編 或 冬 夜 霏 降 影 指 急 編 笠 む 翁 媼 沓 踏 抜 歩 影 遅 勝 冷 跡 摺 筋 続 灯 寂 所 住 暖 囲 炉 端

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

青葉酒

青葉酒 ゅ ふ 懐 忘 不 意 過 ぎ 去 間 切 押 寄 居 屋 夜 受 現 実 世 界 へ 引 戻 酔 忘 頭 理 不 尽 司 笑 来 間 解 決 待 抱 夜 街 歩 軒 寄 帰 探 路 地 少 看 板 掲 げ B a r 字 面 涼 身 体 々 茂 初 夏 吹 抜 吹 足 踏 扉 開 途 端 爽 鼻 び 腔 抜 ふ 甘 酸 ぱ 回 ゃ 席 脚 長 拭 ふ 促 飴 色 カ ウ タ 席 腰 決 声 メ ニ

More information

69 短 板 仮 設 安 頼 源 氏 物 最 巻 名 辺 若 早 成 長 早 遅 反 対 淡 測 残 庭 通 主 多 以 外 修 飾 部 下 部 枕 際 注 づ 来 来 天 具 霞 万 主 容 幹 因 理 由 尾 未 打 ぽ ぽ 落 様 子 現 言 称 頭 廷 殿 已 確 言 省 略 考 ぜ 疑 問

69 短 板 仮 設 安 頼 源 氏 物 最 巻 名 辺 若 早 成 長 早 遅 反 対 淡 測 残 庭 通 主 多 以 外 修 飾 部 下 部 枕 際 注 づ 来 来 天 具 霞 万 主 容 幹 因 理 由 尾 未 打 ぽ ぽ 落 様 子 現 言 称 頭 廷 殿 已 確 言 省 略 考 ぜ 疑 問 68 鳥 羽 ゃ 皇 来 天 具 ぐ 霞 来 天 具 霞 ゃ ゅ 式 ょ 子 内 親 王 戸 鳥 羽 皇 来 枝 折 戸 落 詩 作 郷 ゃ 望 鳥 羽 皇 無 瀬 川 廷 漢 詩 作 郷 望 無 瀬 川 流 守 ゅ 覚 親 王 ぢ 横 守 覚 親 王 短 横 宮 内 辺 若 辺 若 遅 早 千 番 俊 ゅ 成 ぜ 寝 覚 枕 千 番 庭 通 目 覚 枕 ⑴ LS9HR0BZ 0 6 69 短 板

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

Taro-『光と風と音の世界』阿字観

Taro-『光と風と音の世界』阿字観 - 1/5 - 光 と 風 と 音 の 世 界 ー 阿 字 観 実 修 についての 報 告 書 ー 平 成 4 年 4 月 教 学 部 提 出 教 化 研 究 員 川 上 修 詮 はじめに 仏 さまの 教 えは 人 生 は 苦 である というところから 始 まりました どう すればその 苦 しみから 逃 れられるのでしょうか それを 解 決 することが 一 生 を 安 楽 に 過 ごし 成 仏 するための

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実 2009 第 一 事 件 2006 年 (ワ) 第 6484 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 王 子 雄 ほか39 名 被 告 日 本 国 第 二 事 件 2008 年 (ワ) 第 18382 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 事 件 原 告 呉 及 義 ほか21 名 被 告 日 本 国 意 見 陳 述 書 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 13 部 御 中 原

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども 聖 霊 降 臨 後 第 16 主 日 ( 特 定 22) 説 教 2011/10/2 聖 マタイ 福 音 書 第 21 章 33 節 ~43 節 於 : 聖 パウロ 教 会 司 祭 山 口 千 寿 地 震 雷 火 事 親 父 という 諺 をお 聞 きになったことがあると 思 います 怖 いもの 恐 ろしく 感 じられるものを 順 番 に 上 げたのだと 思 います わたしたちも3 月 11 日 の

More information

艦これ そして彼は提督となった ID:85473

艦これ そして彼は提督となった ID:85473 提 古 水 狂 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 隊 ょ ミ タ 擬 人 化 せ 略 ユ ザ 数 誇 栄 枯 盛 衰 遂 サ ビ 終 了 運 命 日 愛 娘 達 迎 サ ビ 終 了 瞬 目 瞑 生 変 指 揮 鎮

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

2つの世界の艦娘達 ID:79436

2つの世界の艦娘達 ID:79436 世 界 達 AOBA 注 意 項 P F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 的 P F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 断 P F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 国 離 島 地 域 安 確 保 空 潜 陸 闘 可 能 間 着 置 開 発 名 移 型 闘 補 助 着 S G 称 開 発 経 ア メ リ カ 指 導 ハ

More information

Microsoft Word - 白糖06.doc

Microsoft Word - 白糖06.doc 1 続 づ 役 職 差 障 明 気 悪 名 名 乗 訛 隠 我 咎 追 鹿 児 聞 身 構 持 脱 身 妻 伴 追 手 怖 急 甦 随 過 去 警 戒 少 戻 身 緊 張 走 誤 解 膝 進 奴 捕 帰 手 助 体 罪 犯 持 出 固 物 持 出 物 尋 事 関 見 濁 相 手 探 笑 顔 凍 見 逃 目 鋭 注 視 何 食 顔 装 話 続 づ 隈 奄 美 豪 族 男 当 盛 喜 名 改 関 良 助

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

そこに在るから

そこに在るから 在 澤 日 菜 子 登 場 物 男 性 3 0 代 半 男 性 2 0 代 半 男 性 4 0 代 初 2 暗 転 虫 木 々 ざ 聞 九 月 旬 東 京 近 郊 腹 午 後 四 過 ぎ 明 転 ふ 姿 男 二 太 木 枝 杖 代 抱 煙 草 持 無 ふ 煙 草 箱 湿 持 来 掴 同 役 立 掴 悪 火 掴 吐 息 悪 風 虫 空 風 3 強 少 何 四 四 半 3 歩 腹 減 足 痛 煙 草 吸

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

目次

目次 目 次 会 長 あい.2P What is TRPG~TRPG あ?~..3~4P TRPG 紹 記...4~12P 現 代 術 RPG 神 4P ョ RPG...5P RPG 6P ワ 2.0 8P SW SW2.0 方 法...10P 永 い 日 談...11P 編 記...13P 1 会 長 あい 文 書 電 気 通 信 大 学 非 電 源 研 究 会 会 長 S 最 物 私 書 3 間 前

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

2010年度聖学院大学卒業礼拝説教「勇気を出しなさい」

2010年度聖学院大学卒業礼拝説教「勇気を出しなさい」 2011 年 3 月 17 日 ( 木 ) 聖 学 院 大 学 卒 業 礼 拝 勇 気 を 出 しなさい ヨハネによる 福 音 書 16:29-33 大 学 チャプレン 菊 地 順 (この 説 教 は 3 月 17 日 の 卒 業 礼 拝 のために 準 備 したものです しかし 3 月 11 日 に 起 こった 東 北 関 東 大 震 災 のため 卒 業 礼 拝 が 中 止 となり お 話 しすることができませんでした

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

nontravel_0519.indd

nontravel_0519.indd 目 次 序 章 第 章 魅 惑 ネ レ ポ 29 ネ 30 脱 パ 女 世 始 秘 境 惑 星 ぞ 夜 道 故 障 動 ず ソ ロ 踊 伝 統 舞 踊 挑 戦 ョ グ カ 年 越 爆 竹 花 火 死 危 険 ボ ロ ブ ゥ 遺 跡 初 詣 ゃ ぶ 東 南 悲 劇 カ 交 通 事 情 世 渋 滞 ぼ S O S レ & ポ 85 ョ ホ 親 友 訪 ね ポ 建 築 競 争 東 南 建 築 家 腕 試

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

1 目 次 呼 吸 二 彼 方 三 五 パ ン ト マ イ ム 七 窓 八 誘 惑 一 〇 十 字 架 一 二 恋 一 三 結 一 四 種 一 五 花 一 七 歌 一 九 祈 二 〇 二 一 心 二 三 間 ( ) 二 五 二 七 旅 二 八 魔 法 二 九 悪 三 一 三 三 ス ー フ ィ ー

1 目 次 呼 吸 二 彼 方 三 五 パ ン ト マ イ ム 七 窓 八 誘 惑 一 〇 十 字 架 一 二 恋 一 三 結 一 四 種 一 五 花 一 七 歌 一 九 祈 二 〇 二 一 心 二 三 間 ( ) 二 五 二 七 旅 二 八 魔 法 二 九 悪 三 一 三 三 ス ー フ ィ ー 神 学 ポ エ ジ ー 第 1 集 徒 然 遊 び 綴 2 0 1 3 / 1 2 / 1 3 2 0 1 4 / 1 / 2 6 神 学 遊 戯 団 戯 遊 風 1 目 次 呼 吸 二 彼 方 三 五 パ ン ト マ イ ム 七 窓 八 誘 惑 一 〇 十 字 架 一 二 恋 一 三 結 一 四 種 一 五 花 一 七 歌 一 九 祈 二 〇 二 一 心 二 三 間 ( ) 二 五 二 七 旅 二

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014.8.9 懇 親 会 にて 第 4 号 朝 日 塾 中 学 高 等 学 校 / 朝 日 塾 中 等 教 育 学 校 同 窓 生 父 母 の 会 お 問 い 合 わせ 先 709-2136 岡 山 市 北 区 御 津 紙 工 2590 電 話 0867-26-01111 ( 担 当 : 山 内 ) - 1 - 誇 れる 母 校 に 副 校 長 鳥 海 望 美 4 月 の 高 等 部 の 学 習

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) (

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) ( シミュレーション 訓 練 1 訓 練 の 目 的 電 話 という 相 手 の 行 動 や 動 作 が 把 握 できない 状 況 の 中 で 胸 骨 圧 迫 等 の 口 頭 指 導 を 行 なうことから バイスタンダーに 口 頭 指 導 の 内 容 が 正 確 に 伝 わらず 有 効 な 応 急 手 当 が 行 われていないことが 考 えられる こうしたことから 指 令 員 の 口 頭 指 導 がバイスタン

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095B689BB82CC82A482CB82E882F08AAA82AB8B4E82B182B7816931382E332E32375F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095B689BB82CC82A482CB82E882F08AAA82AB8B4E82B182B7816931382E332E32375F2E646F63> 文 化 の う ね り を 巻 き 起 こ す ~ 文 化 振 興 の 基 本 的 な 考 え 方 ~ 平 成 18 年 3 月 千 葉 県 はじめに 千 葉 県 は 豊 かな 自 然 環 境 に 恵 まれ 古 代 から 多 くの 生 活 文 化 が 生 み 出 され また 海 川 街 道 によって 紀 州 江 戸 鎌 倉 など 各 地 と 活 発 に 交 流 し 特 色 ある 多 様 な 文 化

More information

- - 第 号 世 界 交 流 始 7 岩 手 県 審 査 県 帰 途 鑑 銘 勝 角 建 毎 俗 ワ ク 6 7 歳 亡 約 9( 正 茨 城 県 結 城 9( 早 稲 田 学 卒 業 9( 6 第 回 読 売 デパダ 9( 抽 象 幻 想 ( 京 国 近 99( 個 ( 国 院 協 96( マヤ

- - 第 号 世 界 交 流 始 7 岩 手 県 審 査 県 帰 途 鑑 銘 勝 角 建 毎 俗 ワ ク 6 7 歳 亡 約 9( 正 茨 城 県 結 城 9( 早 稲 田 学 卒 業 9( 6 第 回 読 売 デパダ 9( 抽 象 幻 想 ( 京 国 近 99( 個 ( 国 院 協 96( マヤ - - 6 陽 ね じ 特 集 関 戦 ヴ 音 触 発 衛 グ 印 刷 機 使 始 岩 波 映 製 所 製 録 映 佐 久 ダ ム ( 第 部 ( 9 揺 ぶ 建 場 社 派 躍 9 末 マ ヤ 衝 撃 古 降 び び 古 唆 社 へ 問 掛 交 流 最 勲 ギ プ 題 材 情 問 涯 学 習 課 7- 陶 板 レ 命 樹 ( 聖 徳 学 附 属 学 校 ふ 場 縦 6m 横 mぶ 屋 修 勝 角

More information

No.4 救 機 関 紙 215 11 15 2 2 危 篤 状 態 南 主 要 都 市 族 緒 知 結 婚 式 席 走 音 轟 吹 飛 路 肩 炸 裂 母 親 即 死 重 傷 負 拠 通 過 列 狙 路 肩 頻 繁 12 闘 巻 叔 父 包 む 敷 布 息 飲 筋 肉 組 織 破 エ 消 素 身

No.4 救 機 関 紙 215 11 15 2 2 危 篤 状 態 南 主 要 都 市 族 緒 知 結 婚 式 席 走 音 轟 吹 飛 路 肩 炸 裂 母 親 即 死 重 傷 負 拠 通 過 列 狙 路 肩 頻 繁 12 闘 巻 叔 父 包 む 敷 布 息 飲 筋 肉 組 織 破 エ 消 素 身 1 215 11 15 救 機 関 紙 No.4 寒 ょ? 昨 雨 温 ぐ 下 金 巨 未 駅 迎 確 : 救 : 西 谷 文 564-41 吹 田 市 泉 町 1-22 - 33 TEL 6-617-4757 FAX 6-6378-6625 E-mai l : nishinishi@r3.dion.ne.jp URL : http://www.nowiraq.com/ No.4 November

More information

0 現 代 ジオ 学 習 メモ 当 淡 マ チ 件 語 当 切 失 ( 32 34 ) 覚 ひ 読 直 良 : 未

0 現 代 ジオ 学 習 メモ 当 淡 マ チ 件 語 当 切 失 ( 32 34 ) 覚 ひ 読 直 良 : 未 09 現 代 ジオ 学 習 メモ 雪 圏 無 連 絡 誕 外 音 聞 寝 袋 ざ 寝 後 び 配 闇 捜 全 体 新 伝 雪 ぶ 晩 所 暖 灯 通 触 む 妻 酷 所 懸 テ ビ 追 仕 成 星 道 夫 動 物 有 名 メ マ メ 合 衆 国 州 雄 動 物 む 残 念 テ ビ 材 故 亡 各 展 開 催 星 残 教 材 ひ 奥 ぜ 決 読 * * * 理 解 深 講 師 佐 藤 泉 学 習 ポイト

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改 6 随 想 晩 尚 ざ 6 喬 村 顧 問 兄 麻 布 獣 医 伊 那 家 畜 保 衛 勤 協 理 科 趣 味 馬 聖 東 阪 市 近 鉄 7 段 ぎ 埋 多 観 客 始 待 リ 斉 唱 基 調 何 百 旗 鳴 龍 蛇 意 包 余 裕 笑 顔 力 翻 弄 狂 縦 横 無 尽 奔 放 展 狭 炸 裂 探 終 へ 慢 突 貫 僧 ピ パ 痛 鋭 刺 取 左 振 ポ 作 敵 集 間 髪 外 展 槙 原 福

More information

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと 第 2 章 本 ( 書 物 )が 果 たす 役 割 と 公 共 図 書 館 の 必 要 性 2.1 書 物 ( 書 き 物 )は 人 生 の 役 に 立 つのか 人 生 において 書 物 ( 書 き 物 )との 出 会 いは 何 の 役 に 立 つか まず この 大 命 題 について 考 えを 巡 らせることから 検 討 委 員 会 報 告 は 始 めます 世 の 中 には 様 々な 書 物 が 存

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞 参 考 資 料 小 説 講 義 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 を 取 る 方 法 講 師 大 島 一 平 第 一 回 は じ め に 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 と は 夏 目 漱 石 の 坊 っ ち ゃ ん は 漱 石 が 愛 媛 県 松 山 市 の 中 学 へ 教 師 と し て 赴 任 し た 経 験 か ら 書 い た ユ ー モ ア 小 説 で す 狸 赤 シ ャ ツ 野 だ い こ

More information

Microsoft Word - 君の容貌01.doc

Microsoft Word - 君の容貌01.doc 晩 蔵 仁 ひ 君 容 貌 第 回 0 1 始 ぐ 夢 子 供 頃 景 慣 景 随 長 間 足 場 所 赤 茶 強 吸 込 肺 痛 乾 空 気 真 青 空 逃 平 線 沈 ゆ 赤 太 陽 場 所 他 景 立 崖 立 場 所 違 遠 昔 慣 光 景 夢 夢 覚 楽 突 然 界 空 紺 碧 者 圧 倒 巨 月 三 浮 天 空 浮 ぶ 巨 球 ペ パ ノ 順 線 ゆ 眺 夢 通 動 景 点 番 小 ノ 止

More information

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案)

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案) 1. 暴 言 暴 力 暴 言 暴 力 は 老 人 福 祉 施 設 などで 働 くケアワーカーにとって 最 も 対 忚 に 苦 慮 する 問 題 の 一 つです 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 する 認 知 症 高 齢 者 のう ち 約 1 割 が 暴 力 を 振 るったり 暴 言 を 吐 いたりするという 報 告 もあり 暴 言 暴 力 の 頻 度 は 小 さくありません ケアワーカーと 他 の

More information

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木 特 集 January ピ avi 極 制 主 将 梶 原 誠 失 頂 鍵 握 写 真 岩 苗 o. contents p ピ avi 阻 止 挑 p 特 集 特 集 efense p 池 p 広 告 p 若 支 p 択 肢 消 古 庄 論 告 知 広 告 p IA UH 広 告 p 告 知 広 告 p 驚 異 p 書 籍 広 告 p 程 制 作 http:firstdown.jp ゲ 揮 欠 員

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者 太 陽 + ハ ロ ー ハ ロ ー ご ざ テ ョ 乱 舞 未 プ 民 前 別 別 意 地 根 性 喋 色 々 考 結 果 素 直 悩 過 ぎ 欝 病 発 症 系 苦 解 決 策 与 改 め 直 メ ー ジ 遠 知 ぁ 国 ゴ メ ナ サ 国 育 卉 農 家 皆 ゴ メ ナ サ 咲 ホ 季 節 表 ホ 万 歳 太 陽 + 茎 訊 名 前 輪 草 ゅ 名 知 度 私 漢 判 易 輪 草 草 紛 意 味

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

01七十の夏.indd

01七十の夏.indd 1 枯 草 石 毎 橋 通 旅 町 港 眺 雨 午 町 路 地 井 戸 昔 頃 腹 鮨 詰 室 運 苦 友 意 味 苦 痛 育 授 業 ソ フ ボ 球 飛 祈 守 笑 胸 キ ュ 休 カ ビ 臭 室 ポ 屈 折 科 授 業 厳 揃 違 殴 閉 口 授 業 ホ 女 厳 情 熱 指 導 脱 線 白 引 込 科 鑑 題 紹 介 達 治 光 郎 駝 鳥 駝 鳥 ぱ 難? 優 秀 受 評 論 ゅ 共 英 男

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

2014 春 シンシア 博 士 2 <パワフルシャーマンリーディング> 日 時 :2014 年 3 月 8( 土 ) 9( 日 )11( 火 )12( 水 ) 13( 木 ) 16( 日 )23( 日 ) 料 金 : 特 別 価 格 60,000 円 ( 本 来 66,000 円 ) 時 間 :2

2014 春 シンシア 博 士 2 <パワフルシャーマンリーディング> 日 時 :2014 年 3 月 8( 土 ) 9( 日 )11( 火 )12( 水 ) 13( 木 ) 16( 日 )23( 日 ) 料 金 : 特 別 価 格 60,000 円 ( 本 来 66,000 円 ) 時 間 :2 2014 春 シンシア 博 士 1 < 天 使 のクラス> 日 時 :2014 年 3 月 15 日 ( 土 )9:30 16:30 料 金 :35,000 円 前 金 :20,000 円 場 所 : 488-0883 愛 知 県 尾 張 旭 市 城 山 (しろやま) 町 長 池 下 4517 番 地 1 電 話 番 号 :0561-52-1850 尾 張 旭 市 スカイワードあさひ くすのきAホール5F

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの 日 本 と 韓 国 協 力 するためには 金 俊 佑 ( 韓 国 ) 私 は 幼 い こ ろ 日 本 に 住 ん で い ま し た ま だ 小 さ か っ た の で 記 憶 は 断 片 的 に し か あ り ませんが 日 本 に 対 しての 印 象 だけははっきりと 残 っています とても 暖 かくて かつ 穏 やかな 良 いイメージです 周 辺 に 公 園 が 多 く 自 然 が 身 近 に

More information

捨てられた提督 ID:84353

捨てられた提督 ID:84353 捨 水 野 クルル 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ ー メ ル 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ ー メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 中 達 起 物 語 第 2 話 第 話 目 次 5 第 話 2 0 x x 年 人 類 制 権 奪 誰 奪 最 初 各 国

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

飲酒運転

飲酒運転 パチンコ 玉 の 現 金 化 は 違 法 ( 賭 博 行 為 )だ パチンコ 玉 を もやがい 所 で 現 金 化 するのは 賭 博 行 為 である しかし 警 察 は 何 故 取 締 まりをしない? パチンコをするときは 店 内 で 玉 を 買 ってパチンコ 台 で 打 つ 例 えば1 個 4 円 のパチンコ 玉 を1000 個 4000 円 で 買 って その 玉 を 使 ってパチンコ 台 で

More information

0 平 The Keishin Times Vol. 0 喪 失 以 嬉 道 邁 羽 御 終 充 糧 道 躍 顔 乗 常 確 信 7 歩 識 特 色 甲 斐 誇 訓 基 終 園 創 求 尽 謙 吾 ふ 健 康 挨 拶 努 葉 贈 益 祈 念 汗 水 流 懸 命 協 作 苦 貴 重 希 望 歩 底 胸

0 平 The Keishin Times Vol. 0 喪 失 以 嬉 道 邁 羽 御 終 充 糧 道 躍 顔 乗 常 確 信 7 歩 識 特 色 甲 斐 誇 訓 基 終 園 創 求 尽 謙 吾 ふ 健 康 挨 拶 努 葉 贈 益 祈 念 汗 水 流 懸 命 協 作 苦 貴 重 希 望 歩 底 胸 0 0 平 7-00 県 宇 市 西 琴 芝 丁 -8 ks@keishin-ug.com 08-- 08--78 VOL. TOPICS 0 0 0 0 0 祝 託 ペ!? 8 BAS K T E A B LL CHAMPION a sics 古 紙 べ パ 九 世 紀 末 量 八 〇 〇 手 紙 次 節 息 リ シ 祝 宴 招 リ シ 帝 父 ホ オ 息 門 祝 招 古 父 現 門 誼 衝 突

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

Microsoft Word - 昨日見た夢.doc

Microsoft Word - 昨日見た夢.doc 晩 蔵 仁 ひ 昨 夢 流 涙 新 宿 雑 踏 雷 鳴 放 電 球 車 ガ ラ 砕 散 全 裸 少 現 驚 々 少 ビ 影 消 2 家 食 卓 食 武 弟 パ ジ ャ マ 姿 起 武 起 遅 ぞ 無 兄 ブ 着 武 び 間 内 ゆ 楽 む 武 食 終 新 広 げ 武 へ ぇ 昨 西 新 宿 全 裸 性 表 興 味 示 ブ ビ リ モ コ 触 母 ブ 運 少 起 校 新 越 武 武 母 無 駄 無 駄

More information

r0036.PAG (更新)

r0036.PAG (更新) 号 円 職 委会 URL http:// www.rise-rou-hei.info/wp/ - 京都港区新橋2 8 16 mail:rou_hei_rise@yahoo.co.jp -- 石田ビ4 会費 円 会期購読料 円 服 含雪洗流従 散 G 芝 社 相 昨 整 備 骨 膜 白 妊 娠 幼 児 遺 伝 診 闇 閉 勝 倍 権 統 処 投 万 群 港 ォ 州 デ ゴ 隻 車 両 百 台 投 震

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

捨てられた提督 ID:84353

捨てられた提督 ID:84353 捨 水 野 クルル 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 変 再 配 布 販 売 禁 起 物 語 目 次 話 2 話 4 話 2 0 x x 年 人 類 制 権 奪 誰 奪 最 初 各 国 勇 敢 ち 向 効 段 々 削 突 如 現 脅

More information

(1) 処 女 降 誕 (2)イエスの 歴 史 性 (3) 福 音 の 3 要 素 (4)イエスの 死 後 の 状 態 (5) 昇 天 (6) 再 臨 * 今 回 は (4)イエスの 死 後 の 状 態 を 取 り 上 げる * 死 んでから 復 活 までの 3 日 間 をどのように 過 ごされたの

(1) 処 女 降 誕 (2)イエスの 歴 史 性 (3) 福 音 の 3 要 素 (4)イエスの 死 後 の 状 態 (5) 昇 天 (6) 再 臨 * 今 回 は (4)イエスの 死 後 の 状 態 を 取 り 上 げる * 死 んでから 復 活 までの 3 日 間 をどのように 過 ごされたの キリストの 使 徒 たちが 伝 えたこと(8) 使 徒 信 条 とは 子 なる 神 (4) 使 徒 信 条 我 は 天 地 の 造 り 主 全 能 の 父 なる 神 を 信 ず 我 はその 独 り 子 我 らの 主 イエス キリストを 信 ず 主 は 聖 霊 によりてやどり 処 女 マリヤより 生 れ ポンテオ ピラトのもとに 苦 しみを 受 け 十 字 架 につけられ 死 にて 葬 られ 陰 府

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3532938A8D658140938C966B8F4281458F429373817595BD90F2817688C481408DC58F4994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3532938A8D658140938C966B8F4281458F429373817595BD90F2817688C481408DC58F4994C52E646F63> 21 世 紀 の 日 本 のかたち(52) 東 北 州 州 都 平 泉 案 戸 沼 幸 市 < ( 財 ) 日 本 開 発 構 想 研 究 所 理 事 長 > 1. 世 界 遺 産 平 泉 の 春 4 月 21 日 ( 土 )22 日 ( 日 ) 桜 が 咲 き 始 め た 東 北 の 春 の 日 世 界 遺 産 となった 平 泉 を 訪 ねました 五 月 雨 の 降 り 残 してや 光 堂 は 芭

More information

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 む 雰 囲 製 作 者 英 語 授 業 習 訳 堅 苦 役 割 メ カ ム ド ク ッ シ ャ 面 白 自 発 想 ぼ 今 度 空 読 今 入 付 会 主 導 権 握 題 換 タ ミ ン グ 全 次 第 天 然 周 来 楽 百 倍 百 倍

More information

9 む 乙! 晦 心 ユ ニ ッ 制 撤 稀 有 経 我 遠 業 待 受 設 予 定 宝 料 張 マ 山 積 十 数 歳 無 残 姿 変 孟 宗 竹 突 破 葛 丈 ホ 絡 '7 B M W キ ャ ブ 床 キ ノ 重 腰 撤 迫 駄 子 逃 ユ ニ ッ 員 遣 巻 断 吊 鋸 鋏 藪 絡 植 断

9 む 乙! 晦 心 ユ ニ ッ 制 撤 稀 有 経 我 遠 業 待 受 設 予 定 宝 料 張 マ 山 積 十 数 歳 無 残 姿 変 孟 宗 竹 突 破 葛 丈 ホ 絡 '7 B M W キ ャ ブ 床 キ ノ 重 腰 撤 迫 駄 子 逃 ユ ニ ッ 員 遣 巻 断 吊 鋸 鋏 藪 絡 植 断 8 叶 突 拍 子 ぶ 5 武 敷 表 扉 両 ド 番 臣 部 明 治 維 字 帯 刀 許 豪 農 庄 借 称 テ ィ 水 田 農 景 色 売 徐 具 性 増 正 直 意 味 理 変 改 ゃ ギ ャ & フ ェ 訪 吹 抜 高 天 井 堂 太 漆 喰 壁 具 和 小 似 ゆ 落 着 雰 囲 浸 趣 味 楽 友 達 呼 酒 酌 交 悪 小 学 頃 夏 休 掌 口 瓢 箪 駒 待 構 秋 続 書 道 教

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

また 厚 生 年 金 法 の 一 部 が 昭 和 40 年 法 律 第 104 号 により 改 正 され 旧 陸 海 軍 等 の 軍 属 として 旧 令 共 済 組 合 員 であった 期 間 が 同 年 金 に 通 算 されることになり この 手 続 に 要 する 軍 歴 証 明 書 を 発 行 し

また 厚 生 年 金 法 の 一 部 が 昭 和 40 年 法 律 第 104 号 により 改 正 され 旧 陸 海 軍 等 の 軍 属 として 旧 令 共 済 組 合 員 であった 期 間 が 同 年 金 に 通 算 されることになり この 手 続 に 要 する 軍 歴 証 明 書 を 発 行 し 11. 旧 軍 人 軍 属 等 の 援 護 (1) 旧 軍 人 軍 属 の 恩 給 ア 旧 軍 人 軍 属 の 恩 給 事 務 旧 軍 人 軍 属 及 びこれらの 遺 族 に 対 する 恩 給 は 昭 和 21 年 2 月 1 日 以 降 傷 病 恩 給 を 除 いてすべて 廃 止 されていたが 平 和 条 約 の 発 効 に 伴 い 昭 和 28 年 に 復 活 され 以 来 短 期 実 在 職

More information

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 社 会 福 祉 法 人 共 生 会 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることのないよう 必 要 に

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 8 12 続 書 籍 版 楽 下 コミッガイア 連 載 時 編 付 後 アップシド 総 集 編 士 郎 正 宗 ハ イパ 掲 載 士 郎 正 宗 自 身 よ 設 定 紹 介 んち 集 文 中 連 載 時

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専 MITA-HYORON 2014.5 40 ビ 斎 藤 典 塾 平 5 政 昨 9 月 第 2 Black Sea Conducting Competition 2 2003 ソェ 開 発 長 務 宏 ひ 樹 株 式 表 取 締 長 刀 流 海 外 昨 最 近 簡 単 探 見 齢 制 応 募 D V D 審 査 呼 第 権 威 南 米 北 米 西 ヨ 各 来 実 際 む 次 五 四 ポ 練 習 八

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 現 状 と 課 題 解 析 事 業 部 環 境 解 析 部 石 原 一 史 1. は じ め に 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 ( 以 下 大 店 立 地 法 ) は, 大 規 模 小 売 店 舗 法 ( 以 下 大 店 法 に 変 わ る 法 律 として 平 成 12 年 6 月 1 日 に 施 行 された 大 店 法 は, 近 隣 の 中 小

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

異世界で「マインクラフト」 ID:24410

異世界で「マインクラフト」 ID:24410 kouji 注 意 事 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 起 事 話 ぜ! 付 わ ね お さ わ 頭 ど 転 生 憑 依 じ ゃ 断 じ ね 恐 片 鱗 味 わ ぜ 後 続 編 み 逝 誤 字 非 ず 八 五 次 1 八

More information

Unknown

Unknown 学 校 国 語 科 採 用 作 品 覧 28 度 学 校 図 版 科 学 校 国 語 2 学 校 国 語 1 335 黄 色 屋 謎 堀 敏 幸 ぱ 孔 利 休 靖 孔 767 海 辺 景 安 章 海 辺 景 335 斜 陽 斜 陽 367 富 獄 百 景 靖 853 物 語 靖 物 語 後 O 贈 も O 傑 作 選 I 義 阿 族 舞 姫 阿 族 舞 姫 車 輪 セ 車 輪 橋 健 367 魔

More information