為替デリバティブの先物化

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "為替デリバティブの先物化"

Transcription

1 Q 為 替 デリバティブの 先 物 化 OTCは 引 き 続 き 堅 調 であるものの 規 制 により 先 物 への 移 行 が 見 られるだろう Kevin McPartlandはGreenwich Associates 社 でマーケット ストラクチャー 及 びテクノロジー アドバイザリー サービスのヘッドを 務 めていま す 規 制 テクノロジー 行 動 変 化 に 伴 うマー ケット ストラクチャーの 改 革 を 遂 行 する 上 で 会 社 の 顧 客 の 手 助 けをしています 現 在 発 生 しつつある 規 制 による 変 化 により 先 物 取 引 は 為 替 トレーダーのツールボックスにおいて 重 要 な 手 段 となり 現 在 より はるかに 為 替 市 場 における 主 要 な 部 分 を 占 めるようになるように なるでしょう 為 替 スワップとフォワード 取 引 は 他 のアセットクラスのデ リバティブ 取 引 に 義 務 付 けられている 取 引 および 清 算 に 関 する 規 制 の 対 象 外 とされていますが 取 引 申 告 義 務 やanti-evasion authority (スワップ 取 引 を 規 制 するドッドーフランク 法 Title Ⅶ に 関 連 する 脱 法 行 為 を 監 督 する 権 限 ) 行 為 規 制 バーゼル 条 約 Ⅲ の 資 本 金 規 制 には 依 然 として 縛 られています こうした 規 制 の 影 響 で 為 替 スワップとフォワード 取 引 の 一 部 は 先 物 市 場 へのシフト を 加 速 させているのです ノンデリバラブル フォワードと 為 替 オプションは 取 引 や 決 済 要 件 と それらがもたらす 高 い 証 拠 金 率 の 束 縛 から 逃 れること は あ り ま せ んで し た い っ た ん 規 制 が 導 入 さ れ て し ま え ば 取 引 コ ストは 上 昇 するほかありません これらの 商 品 を 使 用 している 金 融 ユーザーは 取 引 高 のほとんどを 牽 引 している 人 々ですが 企 業 ユーザーと 比 較 した 場 合 カスタム 化 は 少 なくて 済 むので この 結 果 一 部 の 取 引 のフローが 取 引 コストの 低 い 先 物 へとシフトするの です 先 物 へ 移 行 する 一 部 の 動 きは 投 資 家 に 対 しては 為 替 市 場 へ のアクセス 方 法 について 再 考 することを 求 め ディーラーに 対 して は 利 益 を 生 むやり 方 で 取 引 を 促 進 するようビジネスモデルを 改 造 することを 求 め テクノロジーのプロバイダーに 対 しては 全 ての 市 場 参 加 者 が 新 しい 市 場 に 適 応 し 成 功 するのを 助 けるようなソリュ ーションを 提 供 することを 求 めます 数 多 くの 規 制 の 適 用 除 外 にも 関 わらず 為 替 デリバティブ 市 場 も 世 界 的 なデリバティブ 規 制 から 生 じる 大 きな 変 化 を 避 けることはで きません 実 際 これらの 市 場 における 変 革 のいくつかは すでに 進 行 中 です 例 えば 改 革 案 の 文 書 化 要 求 事 項 では バイサイドと ディーラーコミュニティ 間 の 力 関 係 を 変 更 しています 現 在 大 手 銀 行 に 求 められている 資 本 的 クッションが 増 したことで ビジネスを 行 う コストに 影 響 が 出 ています 報 告 要 件 は 市 場 の 透 明 性 プロフィー ルを 変 化 させています そして 遠 くない 将 来 ノンデリバラブル フ ォワード(NDF)や 最 終 的 には 為 替 オプションに 対 して 取 引 と 清 算 の 要 件 が 規 制 により 求 められることになるでしょう 多 くの 場 合 金 融 規 制 は クレジットや 金 利 市 場 よりも 為 替 デリ バティブ 市 場 で 影 響 が 大 きくなることが 多 く この 結 果 為 替 市 場 参 加 者 の 多 くに 馴 染 みのある 先 物 市 場 に 移 行 する 動 きが 少 なくとも 一 部 で 見 られるようになります バイサイド 為 替 トレーダーが 使 用 している 為 替 デリバティブの 割 合 NDF 外 国 為 替 通 貨 オプション 新 興 市 場 通 貨 オプション 14% 29% 35% コンプレックス 通 貨 オプション 10% またはテイラード 通 貨 オプション 0% 20% 40% 注 :NDFと 外 国 為 替 オプションについては2013 年 の 全 世 界 の1,736のユーザー からの 回 答 新 興 市 場 通 貨 オプションとコンプレックス 通 貨 オプションの 数 値 については1,400の 回 答 に 基 づくものです 出 所 :2013 Greenwich Associates Global Foreign Exchange Services Study 1 GREENWICH REPORT

2 なぜ 免 除 が 非 免 除 よりも 重 要 性 が 大 きくなるべきでないのか 為 替 デリバティブは 一 部 の 規 制 から 猶 予 を 与 えられており こ れが 金 利 クレジット 商 品 先 物 に 大 きく 影 響 します 例 として 次 の ようなものが 挙 げられます 米 国 財 務 省 は 現 在 クレジットおよび 金 利 商 品 に 課 され ている 取 引 要 件 や 清 算 要 件 から 為 替 スワップおよび 先 渡 を 免 除 しました IOSCOの 非 清 算 取 引 の 必 要 証 拠 金 要 件 では 初 期 証 拠 金 と 追 加 証 拠 金 の 必 須 リストから 為 替 スワップと 先 渡 取 引 を 免 除 しています しかし 米 国 財 務 省 の2012 年 11 月 の 為 替 スワップ 及 び 先 渡 に 関 する 決 定 でも 指 摘 された 通 り こういった 免 除 は 為 替 スワップや 先 渡 の 対 象 となっている 新 たな 取 引 報 告 要 件 増 強 された 反 回 避 権 限 強 化 された 企 業 行 動 基 準 等 のルールよりもはるかに 注 目 さ れることが 少 なくなっています CEA( 商 品 取 引 所 法 )に 下 での スワップ としての 規 制 から 為 替 スワップ 及 び 先 渡 を 免 除 する 決 定 は 市 場 参 加 者 による 回 避 を 防 止 し 市 場 の 透 明 性 を 高 めるためにデザインされたその 他 の 規 定 の 適 用 には 影 響 しない 特 に ドッド フランク 法 に 基 づき 全 ての 為 替 スワップ 及 び 先 渡 は 引 き 続 き CFTCがスワ ップディーラーや 大 手 スワップ 参 加 者 に 対 して 課 す 新 たな 取 引 報 告 要 件 増 強 された 反 回 避 権 限 強 化 された 企 業 行 動 基 準 の 対 象 となる 為 替 デリバティブは 債 券 デリバティブと 比 較 して 資 本 集 約 性 が 低 い 商 品 だという 事 実 にも 関 わらず バーゼルIIIが 課 す 資 本 要 件 は 今 後 数 年 間 にわたって 為 替 デリバティブ 市 場 に 影 響 を 与 えるでしょう 企 業 行 動 基 準 という 負 担 取 引 報 告 要 件 と 商 品 先 物 取 引 委 員 会 (CFTC)の 脱 法 行 為 監 督 権 限 が 全 てのOTC 市 場 に 対 して 同 様 に 影 響 する 一 方 で 企 業 行 動 基 準 も 為 替 市 場 において 一 部 のユニークな 課 題 を 生 み 出 しま す 為 替 取 引 は 期 間 が 短 く レバレッジがかけられていないことが 多 いため カウンターパーティーリスクは 低 く 抑 えられます この 結 果 多 くのバイサイド 企 業 は 国 際 スワップデリバティブ 協 会 マスター 契 約 といった 公 的 文 書 を 持 たないディーラーの 取 引 相 手 と 為 替 取 引 を 執 行 することを 好 んできました CFTCが2013 年 5 月 に 設 定 した 一 連 の 要 件 である 事 業 参 入 基 準 は エンドカスタマーを 守 ることを 意 図 したものです 手 短 に 言 え ば この 基 準 ではスワップディーラーと 大 手 スワップ 参 加 者 が 取 引 相 手 に 対 して シナリオ 分 析 のコミュニケーション 各 取 引 について の 中 値 の 価 格 取 引 相 手 の 専 門 知 識 やその 他 の 関 連 する 詳 細 を 検 討 したうえで 扱 う 商 品 が 適 切 かを 確 認 するものについて 記 した 法 的 文 書 を 持 っていることを 求 めています これらの 基 準 は 顧 客 を 保 護 するかもしれませんが 現 在 の 市 場 の 規 範 から 求 められている 変 更 を 考 えれば これらの 要 件 は ディーラーにとっても 顧 客 にとっ ても 非 常 に 厄 介 なものだと 分 かります 為 替 スワップや 先 渡 (T+3 以 降 決 済 ののスポット 取 引 と 定 義 され る)のための 追 加 文 書 は 全 てのデフォルトのシナリオの 処 理 を 終 えることの 推 測 作 業 を 考 えれば 理 論 的 には 良 いことでしょう です が 実 際 には アセット マネージャーとヘッジファンドが 取 引 する 流 動 性 プロバイダーのプールを 非 常 に 制 限 してしまうことになりかねま せん 数 多 くの 取 引 相 手 のための 多 額 の 取 引 高 を 文 書 化 するため の 業 務 的 な 負 担 とコストを 回 避 するため 大 手 バイサイドの 企 業 は 過 去 の 取 引 高 や 全 体 的 な 取 引 関 係 に 基 づき トップの 取 引 相 手 の グループを 選 ばざるを 得 なくなるかもしれません これでは 小 規 模 の 流 動 性 プロバイダーがビジネスを 続 けていくのが 難 しくなってしま います 為 替 スワップと 先 渡 免 除 : 取 引 及 び 清 算 要 件 必 須 の 初 期 証 拠 金 と 追 加 証 拠 金 適 用 対 象 : 取 引 報 告 要 件 増 強 された 反 回 避 権 限 強 化 された 企 業 行 動 基 準 バーゼル 条 約 IIIの 資 本 金 規 制 からのコスト 増 大 企 業 行 動 基 準 はプライムブローカーの 手 配 においても 変 化 を 与 えており 現 在 では コンプライアンスを 確 保 する 目 的 トライ パー ティやクアド パーティーの 手 配 を 行 うことを 求 めています これは 4つの 取 引 相 手 を 求 めるもので 通 常 は2 社 が 競 合 する プライムブロ ーカー 2 社 は 投 資 家 が 取 引 条 件 に 合 意 することを 目 的 としている のが 大 きな 特 徴 です 2 GREENWICH REPORT

3 バーゼル 規 制 の 影 響 相 対 取 引 とは 対 照 的 に バーゼルIIIは 取 引 所 で 取 引 されてい る 商 品 についてはもっと 好 意 的 なようで 銀 行 に 対 して 相 対 取 引 される 商 品 を 取 引 する 顧 客 にもっと 料 金 を 課 すよう 奨 励 しています 為 替 で 規 則 が 有 効 になると 相 対 OTC 為 替 デリバティブ 取 引 は 資 本 コスト 高 リスクウェート 信 用 価 額 調 整 費 用 に 直 面 することになり ます これらのコストは 明 示 的 に 銀 行 に 落 とされることになりますが 銀 行 がこれらで 受 け 取 ったものを 顧 客 に 対 してビジネスを 行 うた めの 新 たなコストに 転 嫁 すると 仮 定 して 問 題 はないでしょう ですか ら CFTCの 取 引 及 び 清 算 要 件 から 免 除 されるエンドユーザーにつ いても 資 本 集 約 度 の 少 ない 商 品 ( 主 に 清 算 済 みデリバティブ)を 取 引 することに 対 するインセンティブは 強 くなるでしょう 前 述 した 規 則 や 基 準 が 呈 する 課 題 は 克 服 できないものではあ りません 実 際 業 界 全 体 にわたるソリューションは 既 に 計 画 中 です しかし (OTC) 為 替 デリバティブにおける 取 引 の 流 動 性 は 確 実 に 制 限 されてしまい 通 貨 先 物 の 増 加 への 扉 が 開 くことになるでしょう 為 替 デリバティブに 対 し 先 物 取 引 が 勝 る3つの 理 由 全 てのOTC 為 替 デリバティブがCFTCの 取 引 及 び 清 算 要 件 から 免 除 されるわけではありません ノンデリバラブル フォワード (NDF)と 為 替 オプションは 米 国 財 務 省 の 決 定 から 明 示 的 に 除 外 され CFTCでは これらの 金 融 商 品 を スワップ として 定 義 し 取 引 と 清 算 のマンデートの 影 響 を 受 けやすくなっています 表 面 上 は 清 算 済 み 為 替 スワップよりも 通 貨 先 物 を 選 択 する 理 由 は クレジットと 金 利 市 場 でも 同 じように 思 われます 理 由 として 挙 げられるのは 低 い 証 拠 金 と 規 制 構 造 がより 確 実 だということです ですが 清 算 済 みNDFもしくはオプションの 代 わりに 先 物 を 選 択 す る 理 由 となると もっと 説 得 性 のあるものです 通 貨 先 物 の 使 用 を 支 持 する 主 要 因 は3つあります それらは カスタム 化 清 算 そして 清 算 です(まさに 清 算 は2 回 挙 げました) 3 GREENWICH REPORT

4 1. 為 替 オプションの 清 算 難 しい 清 算 済 みオプションの 決 済 もっと 難 しい 為 替 オプションの 清 算 方 法 について 分 かった 人 は 誰 もいません この 問 題 の 一 部 は これらの 商 品 を 評 価 するのが 複 雑 であることに 起 因 しています こういった 商 品 が 正 確 に 評 価 されなけ れば デフォルト 状 態 にあるメンバーや 顧 客 の 安 全 性 についてクリア リングハウスが 保 証 できるような 証 拠 金 率 を 設 定 するのが 難 しくなりま す Greenwich Associates 社 のリサーチによれば バイサイド 企 業 の 29%が 通 貨 オプションを 使 用 しており 14%はこれを 新 興 国 市 場 の 通 貨 に 対 して 使 用 しています そして 新 興 国 市 場 の 通 貨 というのは 先 進 国 市 場 の 通 貨 よりも 変 動 が 大 きいと 一 般 的 に 見 なされているた め 評 価 するのがもっと 困 難 になるのです しかし 為 替 オプションの 清 算 についてもっと 大 きな 問 題 と なっているのは 清 算 についてではなく 決 済 についてのお 話 な のです IOSCOと 国 際 決 済 銀 行 (BIS)が 共 同 で 発 行 した2012 年 のコンサルテーョン ペーパー Principles for Financial Market Infrastructures( 金 融 市 場 インフラの 原 則 ) では クリアリングハウス は 全 ての 清 算 済 み 取 引 について 明 確 で 確 かな 最 終 決 済 を 提 供 しなければならない と 述 べています 債 券 商 品 の 場 合 にこれを 確 保 する 場 合 には 格 別 難 しいことではないのですが メンバーのデフ ォルトシナリオで 為 替 オプション 取 引 にこれを 確 保 するのは 非 常 に 難 しくなる 場 合 があります 為 替 オプションは 原 資 産 の 通 貨 で 決 済 されるため クリアリングハウスは 手 元 にある 複 数 の 通 貨 の 大 きな 集 合 体 を 維 持 して いかなるストレスシナリオにも 決 済 を 確 保 できるよう にする 必 要 があります これを 実 行 するコストは 非 常 に 高 いのです この 解 決 法 として1つ 挙 げられるのは 為 替 取 引 決 済 のための 業 界 水 準 のシステムであるCLSに 決 済 を 任 せることです しかし IOSCO/BISのペーパーによれば スワップのクリアリン グハウスは 外 注 型 の 決 済 ではなく 自 身 で 決 済 を 保 証 しなければ ならないことになっています 為 替 市 場 でのCLSの 遍 在 性 を 考 えれ ば 最 終 的 には CLSと 様 々なクリアリングハウスの 間 での 公 式 なつ ながりが 可 能 性 として 考 えられます しかし 継 続 的 な 話 し 合 いが 保 たれているにも 関 わらず このシナリオが 実 現 するのはまだかなり 先 になりそうです 結 果 としてもたらされるものは 依 然 として 相 対 の 為 替 オプショ ン 市 場 です 一 部 の 市 場 参 加 者 はこのことをプラスの 結 果 である と 考 えるかもしれませんが 資 本 の 変 化 と 必 要 証 拠 金 を 要 因 とする OTC 取 引 の 追 加 コストは 為 替 オプションの 経 済 を 現 在 のフォーム では 使 えないようにしてしまうまで 変 えてしまうことが 考 えられ 先 物 市 場 や 先 物 のオプション 市 場 を 代 わりのものとして 逆 戻 りさせてしま う 結 果 になります 4 GREENWICH REPORT

5 2. NDFの 清 算 高 額 為 替 オプションの 清 算 が 複 雑 であることと 米 国 財 務 省 がスワップと 先 渡 に 免 除 を 行 っていることを 考 えれば 清 算 必 須 の 可 能 性 が 高 い 候 補 として 挙 げられるのは NDFが 唯 一 のOTC 為 替 デリバティブということになります いくつかの 点 では 完 全 に 道 理 にかなったお 話 です 取 引 は 標 準 的 で 新 興 国 市 場 の 通 貨 へのエクスポージャーを 増 やす 目 的 で 一 般 的 に 使 用 されてい ます 残 念 ながら 最 も 活 発 に 取 引 されているNDF 通 貨 に 存 在 するボ ラティリティは クリアリングハウスに 対 し 投 資 家 にとってこれらの 取 引 が 不 経 済 になってしまう 可 能 性 のある 証 拠 金 率 を 設 定 するよう 求 めています IOSCOは 未 清 算 の 為 替 取 引 用 の 初 期 証 拠 金 を6%と 設 定 しまし た この 割 合 を 他 と 比 較 した 場 合 2 年 未 満 の 金 利 取 引 については 1% 2 年 未 満 のクレジット 取 引 については2%となっています 清 算 済 みスワップ 取 引 が 未 清 算 での 割 合 の 約 半 分 で 証 拠 金 がかけられる と 仮 定 すれば NDFの 初 期 証 拠 金 には3~4%が 求 められることになり ます これは6カ 月 未 満 のデュレーションを 持 つ 取 引 にとっては 多 額 となります これこそが バイサイド 向 けのNDFの 清 算 がまだ 開 始 されてい ない 主 な 理 由 です 自 身 でNDFを 清 算 するための 費 用 便 益 分 析 が 単 に 機 能 しないだけなのです この 結 果 CMEとICEでは2014 年 の ある 時 期 まで 顧 客 向 けの 清 算 済 みNDFのプッシュを 縮 小 していま す LCH Clearnerはディーラー 対 ディーラーの 清 算 については 何 回 か 成 功 した 経 験 がありますが ポートフォリオが 相 殺 ポジションで 満 たされているため あまり 影 響 を 受 けていません 為 替 オプションの 場 合 と 同 様 相 対 でNDFの 取 引 を 行 うことは 短 期 的 には 選 択 肢 として 残 るでしょう ですが いったん 資 本 と 未 清 算 の 証 拠 金 ルールが 設 定 されてしまうと 現 在 のコスト 構 造 に 基 づ いてNDFの 取 引 を 行 うのは 消 え 去 ってしまい 投 資 家 は 取 引 コスト の 上 昇 を 受 け 入 れるか 代 替 選 択 肢 としての 先 物 市 場 を 検 討 するか のいずれかという 選 択 を 迫 られるでしょう 3. カスタム 化 は 求 められていない ほとんどのOTS 商 品 が 出 現 し たのは 顧 客 がカスタマイズ 化 されたソリューションを 求 めたからで す 一 部 のバイサイド 企 業 が 先 物 を 使 用 するよりも 清 算 済 みスワ ップを 積 み 上 げるのは これが 主 な 原 因 となっています 相 対 取 引 市 場 では NDFは 発 効 日 から 固 定 デュレーションで 毎 日 作 られて います NDFを 取 引 する 市 場 参 加 者 として 残 る 可 能 性 が 最 も 高 い のは 企 業 のエンドユーザーで 購 入 または 売 却 した 物 品 に 対 する 通 貨 ヘッジを 完 璧 なものにするためにカスタマイズ 化 された 条 件 を 求 めることが 多 いでしょう Greenwich Associates 社 のデータによれ ば NDFを 取 引 している 企 業 の44%が 事 業 会 社 となっています しかし アセットマネージャーなどの 金 融 エンドユーザーはあま りカスタマイズ 化 を 必 要 としないことが 多 いのです 例 えば もしアセ ットマネージャーが 現 地 通 貨 で 証 券 取 引 をヘッジする 必 要 があった としましょう 短 期 の 限 月 制 NDFで 流 動 性 が 優 れていれば 単 一 の 長 期 のカスタマイズ 化 された 取 引 を 実 行 するよりも 必 要 となる 終 了 日 までこれらの 取 引 をロールする 方 が 簡 単 になるのです 事 業 会 社 はNDFの 最 大 のバイサイドユーザーである 一 方 金 融 エンドユー ザーが 依 然 として 出 来 高 の 大 部 分 を 牽 引 しています 代 理 として 為 替 市 場 全 体 を 使 用 しながら 金 融 エンドユーザー は 出 来 高 の 約 90%を 占 めているのです NDFを 清 算 するのに 必 要 となる 追 加 的 な3~5%の 初 期 証 拠 金 でこれを 掛 け 算 すれば 商 品 の 有 用 性 が 急 速 に 消 え 去 っていくのが 分 かるかと 思 います 5 GREENWICH REPORT

6 Greenwich Associates 社 のデータを 見 れば すでに 脱 NDFのトレンド が 始 まっているのは 明 らかです 2010 年 には 全 投 資 会 社 の 半 数 以 上 がNDFを 取 引 していましたが 2012 年 末 にはわずか35%にまで 落 ち 込 んでいます そしてその 撤 退 の 主 役 がヘッジファンドです 公 平 を 期 すため 過 去 数 年 間 の 経 済 のジェットコースターのような 乗 り 心 地 はバイサイドの 為 替 取 引 の 行 動 にも 影 響 しましたが 高 い 証 拠 金 と 資 本 費 用 の 高 額 化 を 背 景 に NDFは 打 撃 を 受 けてきました 論 理 的 な 代 替 品 とは? そうです 先 物 です 市 場 は 先 物 に 注 意 を 向 ける: 課 題 と 機 会 通 貨 先 物 商 品 は 長 きにわたって 存 在 し OTC 商 品 が 提 供 するものと 似 たようなエクスポージャーを 提 供 してきました 例 え ば CMEとICEの 両 方 に 上 場 されている 通 貨 先 物 は 一 枚 ごとの 設 定 名 目 を 持 つ 限 月 制 NDF 程 度 となっています そして 全 世 界 の 主 要 取 引 所 のうち 通 貨 先 物 の 流 動 性 は 過 去 数 年 間 にわたって 着 実 に 成 長 し これは 商 品 に 対 する 市 場 の 関 心 を 表 しています 為 替 オプションとNDFのマーケットメーカーは 相 対 市 場 を 生 か し 続 けるためのインセンティブがあり コスト 効 率 性 の 高 いビジネスモ デルを 生 み 出 すために 努 力 するでしょう しかし 規 制 や 新 しい 経 済 により 必 然 的 に 既 存 の 先 物 市 場 に 対 して 流 動 性 の 一 部 が 移 動 してしまうでしょう 為 替 デリバティブの 相 対 取 引 は 間 もなく 非 常 に 高 額 なものとなるでしょう 為 替 オプションを 清 算 するための 解 決 法 は 存 在 しないのです NDFの 清 算 は 商 品 の 経 済 を 根 本 的 に 変 える 初 期 必 要 証 拠 金 をもたらすでしょう これらの 変 化 は 為 替 の 市 場 参 加 者 とプロバイダーにとって 機 会 課 題 のいずれも 生 み 出 すことになるでしょう 全 ての 参 加 者 は 最 終 的 に 勝 利 をもたらすことを 行 う(または 少 なくとも 負 けを 抑 える) 一 方 短 期 的 にも 長 期 的 にも 他 の 人 よりうまくやる 人 も 出 てくる でしょう 機 会 : 取 引 所 今 後 数 年 間 にわたって 通 貨 先 物 の 出 来 高 は 増 加 するものの バイサイドのスポット 先 渡 と 短 期 の 先 渡 の 出 来 高 は 増 加 スワップと 長 期 の 先 物 の 出 来 高 は 横 ばいで NDFとオプションの 出 来 高 は 減 少 すると 予 想 しています OTC 為 替 デリバティブを 抜 け 出 し 先 物 に5% 移 行 するという 控 えめな 動 きにより 通 貨 先 物 の 出 来 高 は50% 以 上 拡 大 するでしょう これは 先 物 の 取 引 所 にとっては かなりの 恩 恵 です 為 替 の 先 物 化 : 課 題 と 機 会 機 会 取 引 所 テクノロジーのプロバイダー 現 在 の 課 題 将 来 の 機 会 投 資 家 事 業 会 社 課 題 セルサイドファーム 機 会 :テクノロジーのプロバイダー 為 替 における 機 会 は ドッド フ ランク 法 が 生 み 出 した 他 の 資 産 クラスでよく 知 られている 機 会 ( 電 子 取 引 ツール TCAなど)と 同 様 のものです ここでの 違 いは 為 替 のストーリーは 始 まったばかりであるため 競 争 の 場 がもっと 公 平 だ ということです 現 在 の 課 題 将 来 の 機 会 : 投 資 家 と 事 業 会 社 投 資 家 は 変 更 を 管 理 するための 新 しいプロセスやテクノロジーを 実 装 する 必 要 があり その 期 間 中 はタフな 移 行 を 迫 られ 苦 労 するでしょう ですが 長 い 目 で 見 れば ヘッジからカウンターパーティーリスクを 差 し 引 いたコ スト 効 率 性 の 高 い 方 法 が 残 ることになるでしょう 通 貨 先 物 商 品 の 提 供 は これを 必 要 とする 人 々のために さら に 多 くのカスタム 化 を 提 供 する 取 引 をさらに 拡 大 すると 当 社 では 考 えています 例 えば CME Europeは 月 次 の 通 貨 先 物 の 提 供 を 開 始 する 準 備 ができており この 商 品 は もっとターゲットを 絞 ったヘッ ジ 戦 略 を 可 能 にします Erisが 金 利 スワップ 先 物 向 けに 使 用 してい るモデルと 同 様 のカスタマイズ 可 能 な 通 貨 先 物 も 同 様 です これら の 商 品 は 完 璧 なヘッジを 通 じてヘッジの 適 用 除 外 を 求 める 事 業 会 社 にとって 役 立 つでしょう 事 業 会 社 は 清 算 義 務 からは 免 除 されま すが ディーラーが 資 本 費 用 を 転 嫁 することについては 免 除 されな いことを 覚 えておいてください 6 GREENWICH REPORT

7 課 題 :セルサイド 現 在 の 為 替 ビジネスは 非 常 に 重 要 です と 言 うの も ほとんどのOTCデリバティブ 取 引 のオペレーションと 先 物 への 移 行 は 1 回 の 取 引 あたりの 収 益 を 数 倍 削 減 してしまうからです しかし 既 存 のOTC 為 替 デリバティブ 市 場 は 消 え 去 ることはあ りません 既 存 の 市 場 は 大 きすぎ あまりに 頻 繁 に 使 用 され 非 常 に 多 くのマーケットメーカーが 単 に 消 え 去 ってしまうには 有 益 すぎる のです 前 述 の 通 り 大 きなインパクトを 与 えるには 先 物 への 移 行 にはほんのわずかな 量 が 必 要 となるだけなのです 2013 Greenwich Associates, LLC. Javelin Strategy & Research はGreenwich Associates 社 の 一 部 門 です 無 断 転 用 複 製 禁 止 これらの 資 料 のいかなる 部 分 も Greenwich Associates, LLC による 許 可 なく 外 部 の 関 係 者 または 一 般 に 対 し 電 子 的 また はそれ 以 外 の 方 法 で 複 製 配 布 送 信 を 行 うことを 禁 じます Greenwich Associates Competitive Challenges Greenwich Quality Index Greenwich ACCESS Greenwich AIM および Greenwich Reports はGreenwich Associates, LLCの 登 録 商 標 で す Greenwich Associatesは これらの 資 料 内 で 使 用 している 他 の マークにも 権 利 を 有 している 場 合 があります 7 GREENWICH REPORT

8

経 営 財 務 12/24 号 3095 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 適 用 に 伴 う 税 効 果 会 計 に 関 するQ&A 改 正 の 公 開 草 案 例 : 個 別 F/S における 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 が 400 あったとする 連 結 修 正 仕

経 営 財 務 12/24 号 3095 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 適 用 に 伴 う 税 効 果 会 計 に 関 するQ&A 改 正 の 公 開 草 案 例 : 個 別 F/S における 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 が 400 あったとする 連 結 修 正 仕 経 営 財 務 12/17 号 3094 中 国 進 出 の 会 計 関 連 情 報 日 本 の 消 費 税 に 相 当 するものとして 増 値 税 がある 有 形 品 に 対 して 増 値 税 が 無 形 サービスに 対 しては 営 業 税 が 課 される ( 営 業 税 は 仕 入 税 額 控 除 ができない 但 し 現 在 は 増 値 税 に 統 合 される 過 程 にある 上 海 で 実 験

More information

米国債先物の基礎知識

米国債先物の基礎知識 米 国 債 先 物 の 基 礎 知 識 2014 年 2 月 はじめに CBOT 米 国 債 先 物 は 米 国 政 府 発 行 の 中 期 債 (T-Note) や 長 期 債 (T-Bond)について 将 来 の 一 定 期 日 での 売 買 を 標 準 化 した 銘 柄 です 米 国 債 市 場 は 世 界 中 の 国 債 市 場 の 中 でも 最 高 レベルの 流 動 性 信 用 度 の 面

More information

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 )

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 ) シリーズ: 規 約 型 確 定 給 付 企 業 年 金 担 当 者 のための 資 産 運 用 入 門 Vol.2 年 金 資 産 運 用 のプロセス 企 業 年 金 の 担 当 者 にとって 資 産 運 用 の 責 任 とはなんでしょうか 仮 に 数 十 億 円 の 年 金 資 産 に 対 して 資 産 運 用 の 結 果 に 対 して 責 任 を 持 てと 言 われると サラリ ー マ ン で あ

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 ( 法 第 3 8 条 の8 第 1 項

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

目 次 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 主 要 ポイント ----------------------- P3 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 概 要 --------------------------------- P4 業 績 の 概 況 -------------

目 次 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 主 要 ポイント ----------------------- P3 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 概 要 --------------------------------- P4 業 績 の 概 況 ------------- 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 ビジネスハイライト 株 式 会 社 新 生 銀 行 2016 年 1 月 目 次 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 主 要 ポイント ----------------------- P3 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 概 要 --------------------------------- P4 業 績 の 概 況 --------------------------------------------------------

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 13,520,219 融 資 収 益 4,434,360 受 託 収 益 1,234,189 キャッシュプリカ 収 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 13,520,219 融 資 収 益 4,434,360 受 託 収 益 1,234,189 キャッシュプリカ 収 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 163,840,934 流 動 負 債 153,126,123 現 金 及 び 預 金 2,624,413 買 掛 金 76,611,319 割 賦 売 掛 金 140,771,196 短 期 借 入 金 28,000,000 営 業 貸 付 金 36,353

More information

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF 年 金 資 産 運 用 に 関 する 実 務 ガイドライン 実 務 ガイドラインは 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 各 社 に 提 示 した 運 用 ガイドラインの 内 容 を 補 完 するものとして 策 定 したものである 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 運 用 ガイドライ ンの 内 容 について 実 務 上 必 要 な 解 説 を 加 え 内 容 を 具

More information

利 回 り( 積 立 金 の 運 用 利 回 りから 名 目 賃 金 上 昇 率 を 差 し 引 いたものをいう )を 最 低 限 のリスクで 確 保 するよう 基 本 ポートフォリオを 定 め これを 適 切 に 管 理 する その 際 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動

利 回 り( 積 立 金 の 運 用 利 回 りから 名 目 賃 金 上 昇 率 を 差 し 引 いたものをいう )を 最 低 限 のリスクで 確 保 するよう 基 本 ポートフォリオを 定 め これを 適 切 に 管 理 する その 際 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 公 本 財 第 390の96 号 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 公 立 学 校 共 済 組 合 ( 以 下 当 共 済 組 合 という )は 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に

More information

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378>

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378> press release 2016 年 5 月 27 日 SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 平 成 27 年 度 決 算 ( 案 )について SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 飯 沼 邦 彦 )は 本 日 平 成 27 年 度 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 決 算

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

図 1 キャッシュバランス 型 年 金 と 確 定 給 付 型 年 金 図 2 年 金 債 務 と 割 引 率 の 関 係 年 金 債 務 年 金 債 務 の 増 加 金 利 の 低 下 金 利 ( 割 引 率 ) 最 終 給 与 比 例 方 式 が 一 般 に 普 及 していますが こ の 場 合

図 1 キャッシュバランス 型 年 金 と 確 定 給 付 型 年 金 図 2 年 金 債 務 と 割 引 率 の 関 係 年 金 債 務 年 金 債 務 の 増 加 金 利 の 低 下 金 利 ( 割 引 率 ) 最 終 給 与 比 例 方 式 が 一 般 に 普 及 していますが こ の 場 合 2002.8 キャッシュバランス 型 年 金 制 度 の 導 入 と 資 産 運 用 上 の 課 題 1 年 金 研 究 センター 主 任 研 究 員 藤 林 宏 1. キャッシュバランス 型 年 金 とは 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 より 施 行 され ました 同 法 の 施 行 によって 従 来 は 導 入 が 不 可 能 と 見 られていたキャッシュバランス

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,805,239 融 資 収 益 3,334,100 受 託 収 益 1,049,043 キャッシュプリカ 収 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,805,239 融 資 収 益 3,334,100 受 託 収 益 1,049,043 キャッシュプリカ 収 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 153,178,424 流 動 負 債 123,325,404 現 金 及 び 預 金 1,672,110 買 掛 金 65,401,410 割 賦 売 掛 金 134,705,965 短 期 借 入 金 27,000,000 リース 投 資 資 産

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

IFRSおよび日本基準の主要な相違点

IFRSおよび日本基準の主要な相違点 2015 年 4 月 および の 主 要 な 相 違 点 内 容 財 政 状 態 計 算 書 関 連 純 損 益 およびその 他 の 包 括 利 益 計 算 書 関 連 財 務 諸 表 の 構 成 連 結 その 他 関 連 ご 利 用 上 の 注 意 この 資 料 に 記 載 されているおよび の 主 要 な 相 違 点 は 2015 年 4 月 1 日 時 点 で 公 表 されている 基 準 書

More information

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx 開 業 1 2 年 目 の 会 社 が 成 長 していくために 私 たちの 事 務 所 には 開 業 間 もない 会 社 様 などから 毎 年 150 件 以 上 の 無 料 相 談 のご 依 頼 があります また 顧 問 契 約 先 の 会 社 様 の 中 にも 開 業 1 2 年 目 の 会 社 様 が 数 多 く いらっしゃいます こうしたご 相 談 やお 付 き 合 いを 通 じて 分 かってきたことは

More information

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4 厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 するQ & 目 次 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか Q2. 基 金 の 解 散 方 法 について Q3. 基 金 の 解 散 日 について Q4. 基 金 解 散 後 確 定 給 付 企 業 年 金 へ 移 行 するなどの 後 継 制 度 の 選 択 肢 について Q5. 解 散 に 向 けて 事 業 所 は 何 をすればよいのか Q6.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63> 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 具 体 的 な 方 針 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 警 察 共 済 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 ( 以 下 基 本 的 な 方 針 という

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837D815B8350836283678AD6984195D78BAD89EF816993FA967B8CEA816A6261636B7570205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837D815B8350836283678AD6984195D78BAD89EF816993FA967B8CEA816A6261636B7570205B8CDD8AB78382815B83685D> The Sumitomo Trust and Banking Co., Ltd. 住 友 信 託 銀 行 の マーケット 資 金 事 業 について 2010 年 7 月 本 資 料 には 将 来 の 業 績 に 関 する 記 述 が 含 まれています こうした 記 述 は 将 来 の 業 績 を 保 証 するものではなく リスクや 不 確 実 性 を 内 包 するものです 将 来 の 業 績 は 経

More information

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73>

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73> 学 校 法 人 会 計 基 準 について ( 平 成 27 年 度 以 降 ) 予 算 と 決 算 の 両 方 を 満 たす 計 算 体 系 の 説 明 学 校 法 人 の 概 要 学 校 法 人 とは 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 の 定 めるところにより 私 立 学 校 の 設 置 を 目 的 に 設 立 された 法 人 です 私 立 学 校 は この 学 校 法 人 によって 設 置

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

(3) 保 険 期 間 の 始 期 は 保 険 契 約 の 成 立 した 日 とするものであること (4) 保 険 料 と 保 険 金 とは 相 殺 しないものであること 5 第 2 項 の 特 定 信 託 契 約 の 内 容 は 基 金 令 第 31 条 に 規 定 するもののほか 第 3 項 の

(3) 保 険 期 間 の 始 期 は 保 険 契 約 の 成 立 した 日 とするものであること (4) 保 険 料 と 保 険 金 とは 相 殺 しないものであること 5 第 2 項 の 特 定 信 託 契 約 の 内 容 は 基 金 令 第 31 条 に 規 定 するもののほか 第 3 項 の 日 本 金 型 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 ( 抜 粋 ) 第 1 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 及 び 業 務 の 委 託 ( 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 の 締 結 ) 第 83 条 この 基 金 は 法 第 13 条 の2 第 1 項 及 び 法 第 136 条 の3 第

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

Board Approved 3-26-2013-ExOne_insider_trading_policy_JA

Board Approved 3-26-2013-ExOne_insider_trading_policy_JA 株 式 会 社 ExOne(エクスワン) インサイダー 取 引 に 関 するポリシー (2013 年 3 月 26 日 改 正 ) 本 インサイダー 取 引 ポリシーは 機 密 情 報 を 所 有 している 間 に 当 社 の 証 券 また は 他 の 上 場 会 社 の 証 券 を 取 引 する または 取 引 させる 場 合 の 株 式 会 社 ExOne デラ ウェア 州 法 人 ( 以 下

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73>

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 181,154,164 流 動 負 債 158,796,609 現 金 及 び 預 金 1,266,240 買 掛 金 88,750,649 割 賦 売 掛 金 157,726,828 短 期 借 入 金 31,500,000 営 業 貸 付 金 20,381

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378> 平 成 28 年 5 月 23 日 各 位 会 社 名 株 式 会 社 小 林 洋 行 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 細 金 成 光 ( コード 番 号 8742 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 業 務 部 長 渡 辺 宏 (TEL 0336643511) ( 訂 正 数 値 データ 訂 正 ) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,068,775 融 資 収 益 3,687,647 受 託 収 益 1,203,223 キャッシュプリカ 収 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,068,775 融 資 収 益 3,687,647 受 託 収 益 1,203,223 キャッシュプリカ 収 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 160,714,729 流 動 負 債 141,541,788 現 金 及 び 預 金 2,059,886 買 掛 金 78,123,590 割 賦 売 掛 金 138,651,962 短 期 借 入 金 27,000,000 営 業 貸 付 金 16,098

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C9770817A8267826F93FA967B8CEA81698261826D826F8370838A836F816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C9770817A8267826F93FA967B8CEA81698261826D826F8370838A836F816A> 平 成 22 年 2 月 16 日 ビー エヌ ピー パリバ 証 券 会 社 に 対 する 処 分 について 当 取 引 所 は ビー エヌ ピー パリバ 証 券 会 社 ( 以 下 同 社 という )に 対 して 以 下 のとおり 取 引 参 加 者 規 程 第 34 条 第 1 項 第 8 号 の 規 定 に 基 づき 処 分 を 行 うとともに 取 引 参 加 者 規 程 第 19 条 の 規

More information

共同プレスリリース

共同プレスリリース プレスリリース 2012 年 6 月 1 日 楽 天 証 券 とアライアンス バーンスタイン 若 い 世 代 の 金 融 リテラシー 向 上 のための 取 り 組 みで 提 携 ~ 第 一 弾 として 自 分 年 金 サイトを 開 設 ~ 楽 天 証 券 株 式 会 社 アライアンス バーンスタイン 株 式 会 社 楽 天 証 券 株 式 会 社 ( 所 在 地 : 東 京 都 品 川 区 代 表

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制

有 価 証 券 に 関 する 事 項 3 有 価 証 券 の 種 類 別 の 平 均 残 高 4 貯 証 率 の 期 末 値 及 び 期 中 平 均 値 ニ 組 合 の 業 務 の 運 営 に 関 する 次 に 掲 げる 事 項 (1) リスク 管 理 の 体 制 (2) 法 令 遵 守 の 体 制 テ ィスクローシ ャー 誌 の 記 載 項 目 について このディスクロージャー 資 料 は 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 並 びに 金 融 庁 告 示 農 林 水 産 省 告 示 の 規 定 に 基 づいて 作 成 しています なお 同 規 則 告 示 に 規 定 する 開 示 項 目 は 次 のとおりです 単 体 農 業 協 同 組 合 法 施 行 規 則 第 204 条 第 1

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金 31,827,208 支 払 手 形 6,

貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金 31,827,208 支 払 手 形 6, 計 算 書 類 第 13 期 平 成 24 年 1 月 1 日 から 平 成 24 年 12 月 31 日 まで 楽 天 カード 株 式 会 社 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 364,872,135 流 動 負 債 321,091,150 現 金 及 び 預 金

More information

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果 茅 ヶ 崎 市 景 気 動 向 調 査 (3 月 ) 結 果 1. 調 査 期 間 平 成 27 年 3 月 現 在 2. 調 査 対 象 茅 ヶ 崎 商 工 会 議 所 会 員 より 無 作 為 抽 出 大 型 店 については 茅 ヶ 崎 市 大 型 店 連 絡 協 議 会 加 盟 店 舗 調 査 用 紙 を 郵 送 しファックスで 回 収 3. 回 収 状 況 業 種 調 査 対 象 数 回 答

More information

Microsoft Word - 8247ar160803.doc

Microsoft Word - 8247ar160803.doc レーティング: NEUTRAL(2016/1/21) NEUTRAL 担 当 近 藤 浩 之 衣 料 品 販 売 不 振 で 大 幅 減 益 売 上 高 営 業 利 益 経 常 利 益 純 利 益 EPS 1 株 配 連 13/2 50,874-2.2 573 41.9 534 102.6-506 - -18.01 0.00 連 14/2 50,471-0.8 656 14.5 491-8.0 229-8.15

More information

平成26年第Ⅱ回短答式試験-財務会計論

平成26年第Ⅱ回短答式試験-財務会計論 平 成 26 年 公 認 会 計 士 試 験 第 Ⅱ 回 短 答 式 試 験 財 務 会 計 論 講 評 ~ 計 算 の 講 評 ~ 財 務 会 計 論 計 算 問 題 に 関 しては, 個 別 問 題 (10 問 )に 加 えて, 問 題 19 以 降, 総 合 問 題 形 式 の 出 題 が 個 別 論 点 の 総 合 問 題 (7 問 )と 連 結 会 計 の 総 合 問 題 (7 問 )の2

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに 生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 損 益 計 算 書 は 事 業 年 度 経 営 成 績 を 表 すもです こ 章 では まず 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 説 明 し さらに 主 な 項 目 について どように 損 益 を 計 算 しているかを 解 説 していきます 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 知 る 生 命 保 険 会 社 損 益

More information

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関 高 格 付 ニュージーランドドル 債 ファンド 2014-07 ( 早 期 償 還 条 項 付 ) 愛 称 ニュージー トライ 2014-07 単 位 型 投 信 / 海 外 / 債 券 販 売 用 資 料 2014 年 6 月 作 成 設 定 運 用 は 日 興 アセットマネジメント 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 368 号 加 入 協

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30322D32342091E63130308AFA2098418C8B928D8B4C955CA58CC295CA928D8B4C955C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30322D32342091E63130308AFA2098418C8B928D8B4C955CA58CC295CA928D8B4C955C> 第 100 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての 法 令 および 定 款 に 基 づくインターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 から 平 成 27 年 12 月 31 日 まで) 東 洋 ゴム 工 業 株 式 会 社 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記

More information

平成○年○月期  決算短信(連結)      平成  年  月  日

平成○年○月期  決算短信(連結)      平成  年  月  日 平 成 20 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 20 年 5 月 12 日 上 場 会 社 名 古 河 スカイ 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 コード 番 号 :5741 URL http://www.furukawa-sky.co.jp/ 代 表 者 代 表 取 締 役 社 長 氏 名 原 正 照 問 合 せ 先 責 任 者 経 理 部 長 氏 名 要 隆 明 TEL:(03)5295-3800(

More information

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 地 方 職 員 共 済 組 合 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の

More information

<834F838D815B836F838B947A93968A F D706C E786C736D>

<834F838D815B836F838B947A93968A F D706C E786C736D> マニュライフ グローバル 配 当 株 ファンド 商 品 概 要 商 品 分 類 決 算 日 追 加 型 投 信 / 内 外 / 株 式 毎 年 8 月 10 日 ( 休 業 日 の 場 合 は 翌 営 業 日 ) 設 定 日 信 託 期 間 2014 年 11 月 26 日 無 期 限 運 用 実 績 ファンドの 現 況 基 準 価 額 8,682 円 ( 前 月 末 比 -714 円 )

More information

連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 等 ( 連 結 の 範 囲 等 に 関 する 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 状 況 1 連 結 子 会 社 の 数 15 社 2 主 要

連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 の 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 等 ( 連 結 の 範 囲 等 に 関 する 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 状 況 1 連 結 子 会 社 の 数 15 社 2 主 要 第 153 期 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 してのインターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 連 結 注 記 表 および 個 別 注 記 表 につきましては 法 令 および 当 社 定 款 第 14 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上 の 当 社 ウェブサイト (http://www.dynic.co.jp)に

More information

厚生年金保険給付積立金等の管理運用の方針

厚生年金保険給付積立金等の管理運用の方針 厚 生 年 金 保 険 給 付 積 立 金 等 の 管 理 運 用 の 方 針 ( 平 成 27 年 9 月 30 日 制 定 ) 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 ( 以 下 私 学 事 業 団 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 第 7 9 条 の6 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 同 法 第 79 条 の4 第 1 項 に 規 定 する 積 立 金 基 本 指 針

More information

野村資本市場研究所|新取引システムに移行したロンドン証券取引所 (PDF)

野村資本市場研究所|新取引システムに移行したロンドン証券取引所 (PDF) 電 子 金 融 証 券 取 引 新 取 引 システムに 移 行 したロンドン 証 券 取 引 所 10 月 20 日 ロンドン 証 券 取 引 所 は 新 しい 取 引 システム SETS を 導 入 した 7 月 23 日 に 大 口 取 引 の 出 来 情 報 開 示 について 最 終 決 定 を 行 ったことによって 導 入 に 向 けた 問 題 点 は 全 て 解 決 していた 9 月 6

More information

運 用 経 過 作 成 期 間 中 の 基 準 価 額 等 の 推 移 (2015 年 9 月 25 日 ~2016 年 3 月 22 日 ) ( 円 ) 14,500 14,000 13,500 13,000 12,500 12,000 11,500 11,000 ( 百 万 円 ) 50,000

運 用 経 過 作 成 期 間 中 の 基 準 価 額 等 の 推 移 (2015 年 9 月 25 日 ~2016 年 3 月 22 日 ) ( 円 ) 14,500 14,000 13,500 13,000 12,500 12,000 11,500 11,000 ( 百 万 円 ) 50,000 LM オーストラリア 高 配 当 株 ファンド ( 毎 月 分 配 型 ) 追 加 型 投 信 / 海 外 / 資 産 複 合 交 付 運 用 報 告 書 第 49 期 ( 決 算 日 2015 年 10 月 20 日 ) 第 50 期 ( 決 算 日 2015 年 11 月 20 日 ) 第 51 期 ( 決 算 日 2015 年 12 月 21 日 ) 第 52 期 ( 決 算 日 2016 年

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

160607NBマルチ_表紙

160607NBマルチ_表紙 NBマルチマネージャー ストラテジー 大 和 住 銀 投 信 投 資 顧 問 653 353 優 れたマネージャーへの 厳 選 投 資 を 通 じて 米 ドルベースでの 安 定 的 な 収 益 の 獲 得 を 目 指 します 1 NBマルチマネージャー ストラテジー ニューバーガー バーマン グループ 当 ファンドの 実 質 的 な 運 用 を 行 うニューバーガー バーマン グループは 1939

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

資料5-4-1 21世紀のコンシューマー・ファイナンス 消費者のための新たな金融サービスのあり方について

資料5-4-1 21世紀のコンシューマー・ファイナンス 消費者のための新たな金融サービスのあり方について 貸 金 業 制 度 等 に 関 する 懇 談 会 ご 説 明 資 料 資 料 5-4-1 21 世 紀 のコンシューマー ファイナンス 消 費 者 のための 新 たな 金 融 サービスの あり 方 について 2005 年 6 月 29 日 GE コンシューマー ファイナンス 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 山 川 丈 人 本 日 の 議 題 1. GE グループについて 2. GE コンシューマー

More information

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社 各 位 2009 年 1 月 28 日 会 社 名 伊 藤 忠 商 事 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 社 長 小 林 栄 三 (コード 番 号 8001 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 広 報 部 長 中 山 勇 (TEL. 03-3497-7291) 三 国 間 貿 易 取 引 に 係 る 債 権 の 回 収 遅 延 及 び 物 流 を 伴 わない 金 融 支 援 取 引 について

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自 拡 大 する 確 定 拠 出 年 金 ( DC) 制 度 と マイナス 金 利 時 代 の 運 用 1.はじめに 確 定 拠 出 年 金 (DC: Defined Contribution) 制 度 の 改 正 により 60 歳 未 満 であればだれでも DC 制 度 に 加 入 できることになりました 具 体 的 には 企 業 年 金 制 度 があるものの DC 制 度 はない 企 業 に 勤 務

More information

Microsoft PowerPoint - 第22期ガバナンス(J).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 第22期ガバナンス(J).ppt [互換モード] ガバナンス 関 係 資 料 ( 作 成 日 は 各 ページに 記 載 しています ) http://www.tokyu-reit.co.jp REITが 取 る4つのリスクとガバナンス REITは4つのリスクを 取 っており これをコントロールするのが ガバナンスとマネジメントである 不 動 産 賃 貸 業 リスク + 物 件 売 買 価 格 リスク + 負 債 リスク + マネジメント リスク マネジメントによるリスクコントロール

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

DELTA AIR LINES, INC

DELTA AIR LINES, INC News Release * 本 リリースは 4 月 25 日 に 米 国 アトランタで 発 表 されたリリースの 翻 訳 です 2012 年 4 月 26 日 デルタ 航 空 第 1 四 半 期 の 業 績 を 発 表 米 国 アトランタ 2012 年 4 月 25 日 デルタ 航 空 (NYSE:DAL) は 本 日 2012 年 3 月 を 期 末 とする 第 1 四 半 期 の 業 績 を

More information

2 / 6 通 貨 別 配 分 比 率 (2016 年 5 月 末 ) スウェーデン クロー ナ, 1.2% オーストラリア ドル, 2.7% その 他, 4.7% 英 ポンド, 6.4% 米 ドル, 49.7% ユーロ, 35.4% 比 率 は 各 組 入 ファンドにおける 債 券 ポートフォリオ

2 / 6 通 貨 別 配 分 比 率 (2016 年 5 月 末 ) スウェーデン クロー ナ, 1.2% オーストラリア ドル, 2.7% その 他, 4.7% 英 ポンド, 6.4% 米 ドル, 49.7% ユーロ, 35.4% 比 率 は 各 組 入 ファンドにおける 債 券 ポートフォリオ 1 / 6 投 資 者 の 皆 さまへ 基 準 価 額 純 資 産 の 推 移 2016 年 6 月 30 日 現 在 ダイワファンドラップ 専 用 投 資 信 託 ダイワファンドラップ 外 国 債 券 セレクト Monthly Fund Report 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 信 託 期 間 : 平 成 19 年 11 月 1 日 から 無 期 限 基 準 日 : 2016 年

More information

2013年度 連結業績概要

2013年度 連結業績概要 2013 年 度 連 結 業 績 概 要 (2014 年 3 月 31 日 に 終 了 した 1 年 間 ) ソニー 株 式 会 社 Sony Corporation 2013 年 度 連 結 業 績 及 び2014 年 度 連 結 業 績 見 通 し 事 業 構 造 の 変 革 セグメント 別 概 況 Sony Corporation Investor Relations 1 2013 年 度 連

More information

とを 目 的 として 政 府 が 資 金 サポートし MASが 管 理 している 金 融 セクター 発 展 ファンド(FSDF)の 下 に 金 融 セクター 人 材 転 換 制 度 というプログ ラムを 導 入 し 官 民 一 体 となって 人 材 育 成 を 進 めてきた 3 金 融 人 材 の

とを 目 的 として 政 府 が 資 金 サポートし MASが 管 理 している 金 融 セクター 発 展 ファンド(FSDF)の 下 に 金 融 セクター 人 材 転 換 制 度 というプログ ラムを 導 入 し 官 民 一 体 となって 人 材 育 成 を 進 めてきた 3 金 融 人 材 の 第 3 回 資 産 運 用 等 に 関 するワーキング グループ 議 事 要 旨 日 時 平 成 27 年 12 月 24 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 ~3 時 30 分 場 所 日 本 証 券 業 協 会 第 1 会 議 室 ( 東 京 証 券 会 館 5 階 ) 出 席 者 大 崎 主 査 ほか 各 委 員 議 事 概 要 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 安 定 的 な 資

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE0975A8FA4956989EF8C7682C98AD682B782E982708195826081693137303531318F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE0975A8FA4956989EF8C7682C98AD682B782E982708195826081693137303531318F4390B3816A2E646F63> 金 融 商 品 会 計 に 関 するQ&A 平 成 12 年 9 月 14 日 最 終 改 正 平 成 17 年 2 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 目 次 金 融 商 品 の 範 囲... 1 有 価 証 券 に 準 じて 取 り 扱 うもの... 1 保 険 契 約... 1 金 融 資 産 及 び 金 融 負 債 の 発 生 の 認 識... 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798B4C8ED289EF8CA98E9197BF817A95F18D908F915F32303133303132352E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798B4C8ED289EF8CA98E9197BF817A95F18D908F915F32303133303132352E646F63> 2012 年 12 月 26 日 学 校 法 人 南 山 学 園 理 事 長 ハンス ユーゲン マルクス 殿 資 産 運 用 問 題 総 括 委 員 会 委 員 長 久 世 表 士 資 産 運 用 問 題 総 括 委 員 会 報 告 書 Ⅰ. 資 産 運 用 問 題 総 括 委 員 会 の 設 置 1. 設 置 と 経 緯 2. 職 責 と 任 期 等 3. 委 員 構 成 Ⅱ. 資 産 運 用 問

More information

 

  交 付 運 用 報 告 書 受 益 者 の 皆 さまへ 平 素 は 格 別 のご 愛 顧 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて グローバル アンブレラ UBS 原 油 (WTI 先 物 指 数 連 動 型 ) は このたび 第 7 期 の 決 算 を 行 いました 当 ファンドは 世 界 の 代 表 的 商 品 市 況 を 表 すUBS ブルームバーグCMCI 指 数 のWTI 原

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

 

  261309 交 付 運 用 報 告 書 emaxis 債 券 バランス(2 資 産 均 等 型 ) 商 品 分 類 ( 追 加 型 投 信 / 内 外 / 債 券 /インデックス 型 ) 第 1 期 ( 決 算 日 :2016 年 1 月 26 日 ) 作 成 対 象 期 間 :2015 年 8 月 27 日 ~2016 年 1 月 26 日 第 1 期 末 (2016 年 1 月 26 日 )

More information

用 語 解 説 込 額 を 予 め 準 備 する 目 的 で 引 当 計 上 しま 表 示 上 は 資 産 控 除 項 目 として 資 産 部 に 計 上 しま 生 命 保 険 会 社 では 資 産 自 己 査 定 にもと づき 貸 倒 実 績 率 等 合 理 的 な 方 法 により 算 出 し た

用 語 解 説 込 額 を 予 め 準 備 する 目 的 で 引 当 計 上 しま 表 示 上 は 資 産 控 除 項 目 として 資 産 部 に 計 上 しま 生 命 保 険 会 社 では 資 産 自 己 査 定 にもと づき 貸 倒 実 績 率 等 合 理 的 な 方 法 により 算 出 し た 用 語 解 説 貸 借 対 照 表 用 語 資 産 部 1. 現 金 及 び 預 貯 金 生 命 保 険 会 社 は 保 険 料 として 集 めた 資 金 を 有 価 証 券 や 貸 金 などで 運 用 していますが 保 険 金 年 金 給 金 など 支 払 いにあてる 資 金 も 必 要 なため 資 産 一 部 を 現 金 ( 外 国 通 貨 を 含 む 通 貨 当 座 小 切 手 送 金 小 切

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478> 投 資 者 の 皆 さまへ ( 販 売 用 資 料 ) (2016 年 5 月 作 成 ) 課 税 上 は 株 式 投 資 信 託 として 取 扱 われます 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 )のご 請 求 お 申 込 み 設 定 運 用 < 販 売 会 社 > 商 号 等 大 和 証 券 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 )

More information

2 経 営 者 との 間 で 経 営 者 保 証 に 係 る 契 約 を 締 結 する 際 の 債 権 者 の 対 応 ( 適 切 な 説 明 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 等 ) 3 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し( 保 証 契 約 の 解 除 申 入 れがあった

2 経 営 者 との 間 で 経 営 者 保 証 に 係 る 契 約 を 締 結 する 際 の 債 権 者 の 対 応 ( 適 切 な 説 明 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 等 ) 3 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し( 保 証 契 約 の 解 除 申 入 れがあった LM ニュースレター Vol.9 平 成 26 年 8 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドラインを 利 用 した 保 証 債 務 整 理 日 本 商 工 会 議 所 と 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 が 事 務 局 となっている 経 営 者 保 証 に 関 するガイ およ 任 ドライン 研 究 会 より 昨 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 1 (

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303132303730365F5046588EE688F88A4A8E6E82C982A082BD82C182C482CC8A6D94468F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303132303730365F5046588EE688F88A4A8E6E82C982A082BD82C182C482CC8A6D94468F912E646F63> パートナーズ FX 取 引 開 始 にあたっての 確 認 書 私 は 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 (パートナーズ FX)を 行 うに 際 し 貴 社 から 提 供 された パートナーズ FX 取 引 ガイド マネーパートナーズ 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 約 款 パートナーズ FX 契 約 約 款 を 熟 読 したうえで 以 下 に 記 載 されている 取 引 の 特 徴 や 仕 組

More information

Microsoft Word - 001-20050215-01-05.doc

Microsoft Word - 001-20050215-01-05.doc Ⅰ 金 融 商 品 会 計 に 関 する 実 務 指 針 はじめに 1. これまで 金 融 商 品 の 会 計 処 理 では 一 部 の 取 引 につき 時 価 会 計 が 採 用 されていた が 多 くの 取 引 については 取 得 原 価 会 計 に 基 づいて 損 益 の 認 識 が 行 われてきた 他 方 先 物 取 引 オプション 取 引 及 び 市 場 性 のある 有 価 証 券 に 係

More information

(表紙)

(表紙) リーマンショック 前 後 における 横 浜 市 の 不 動 産 取 引 及 び 不 動 産 競 売 の 動 向 小 林 隆 志 小 林 隆 志 不 動 産 鑑 定 事 務 所 ( 表 紙 ) おはようございます 全 体 会 議 2にご 出 席 いただいた 多 くの 聴 衆 の 前 で 発 表 させてい ただけて 大 変 光 栄 に 存 じます 私 は 日 本 の 不 動 産 鑑 定 士 で 小 林

More information

719000.xls

719000.xls マンスリーレポート 2016 年 8 月 31 日 現 在 みずほインデックス 投 資 戦 略 ファンド( 愛 称 : iパズル) 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 累 積 投 資 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 12,000 11,000 ファンドデータ 基 準 価 額 : 10,419 円 純 資 産 総 額 : 41.80 億 円 ファンド 設 定 日 : 2014

More information

ていることを 踏 まえると 市 場 のボラティリティーは 比 較 的 小 さいとみている 個 品 割 賦 の 市 場 規 模 はやや 小 さい 買 回 り 品 の 価 格 下 落 やクレジットカードへのシフトに 加 え 改 正 割 賦 販 売 法 の 施 行 による 影 響 が 大 きい 高 齢 化

ていることを 踏 まえると 市 場 のボラティリティーは 比 較 的 小 さいとみている 個 品 割 賦 の 市 場 規 模 はやや 小 さい 買 回 り 品 の 価 格 下 落 やクレジットカードへのシフトに 加 え 改 正 割 賦 販 売 法 の 施 行 による 影 響 が 大 きい 高 齢 化 業 種 別 格 付 方 法 クレジットカード 信 販 公 表 日 :2016 年 4 月 26 日 この 格 付 方 法 は 消 費 者 信 用 のうち 販 売 信 用 を 主 として 行 っている 事 業 者 を 対 象 としている 包 括 信 用 購 入 あっせんなどクレジットカード 関 連 事 業 に 経 営 資 源 の 多 くを 振 り 向 けている 企 業 をクレジット カード 会 社 個

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

図 4-4 国 内 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 図 4-5 国 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 83

図 4-4 国 内 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 図 4-5 国 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 83 4-4-3 高 齢 化 する 東 アジアの 金 融 市 場 の 課 題 このように 東 アジアの 金 融 市 場 は 特 に 債 券 市 場 で 脆 弱 性 が 目 立 つ この 脆 弱 性 を 改 善 し 年 金 基 金 等 の 効 率 的 な 資 産 配 分 に 資 する 金 融 市 場 債 券 市 場 とするため ADB 世 界 銀 行 等 は 以 下 のような 改 革 課 題 を 指 摘 している

More information

Microsoft Word - 税金と資金繰りでトクするための開業チェックポイント.doc

Microsoft Word - 税金と資金繰りでトクするための開業チェックポイント.doc 税 金 と 資 金 繰 りでトクするための 開 業 チェックポイント 公 認 会 計 士 税 理 士 坂 口 会 計 事 務 所 #1. 開 業 のスタイルと 開 業 に 当 たって 気 をつけたい 税 金 個 人 事 業 と 会 社 どの 形 態 を 選 ぶか? まずは 個 人 事 業 と 会 社 のメリット デメリットを 簡 単 に 記 載 しておきます 個 人 事 業 メリット デメリット 経

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

2016年度連結業績見通しのお知らせ

2016年度連結業績見通しのお知らせ News & Information 108-0075 東 京 都 港 区 港 南 1-7-1 ソニー 株 式 会 社 No: 16-055 2016 年 5 月 24 日 午 後 3:00 2016 年 度 連 結 業 績 見 通 しのお 知 らせ 2016 年 4 月 14 日 以 降 に 発 生 した 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 の 影 響 により 主 にデジタルカメラや

More information

 

  法 令 改 正 にともない 投 資 信 託 は 交 付 運 用 報 告 書 と 運 用 報 告 書 ( 全 体 版 ) を 分 けて 作 成 することとなりました 今 後 受 益 者 の 皆 様 のお 手 元 へは 交 付 運 用 報 告 書 をお 届 けいたします 全 体 版 はお 問 い 合 わ せ 先 の 下 に 記 載 の 方 法 にて 閲 覧 いただくことがで きます 第

More information

野村ホールディングス インベスターズ・デー プレゼンテーション資料 グローバル・マーケッツ・ヘッド スティーブン・アシュレー (PDF)

野村ホールディングス インベスターズ・デー プレゼンテーション資料 グローバル・マーケッツ・ヘッド スティーブン・アシュレー (PDF) Connecting Markets East & West インベスターズ デー 野 村 ホールディングス 株 式 会 社 グローバル マーケッツ ヘッド スティーブン アシュレー 2015 年 5 月 28 日 Nomura グローバル マーケッツ ビジネスの 変 遷 税 前 利 益 の 推 移 変 遷 の 背 景 市 場 業 界 要 因 + 2013 年 1 月 以 降 日 経 平 均 が 大

More information

はじめに ファンドの 特 色 1 2 3 主 に 日 本 国 債 に 投 資 を 行 います 日 本 の 国 債 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とするとともに 国 債 先 物 取 引 等 を 活 用 します 外 貨 建 資 産 への 投 資 は 行 いませんので 為 替 変 動 リスク

はじめに ファンドの 特 色 1 2 3 主 に 日 本 国 債 に 投 資 を 行 います 日 本 の 国 債 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とするとともに 国 債 先 物 取 引 等 を 活 用 します 外 貨 建 資 産 への 投 資 は 行 いませんので 為 替 変 動 リスク 販 売 用 資 料 2016.08 ニッセイ 国 内 債 券 アルファ 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 ( 愛 称 )Jアルファ はじめに ファンドの 特 色 1 2 3 主 に 日 本 国 債 に 投 資 を 行 います 日 本 の 国 債 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とするとともに 国 債 先 物 取 引 等 を 活 用 します 外 貨 建 資 産 への 投 資 は

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478> 今 月 のトピックス No.-( 年 月 日 ) 米 国 で 広 がる 所 得 格 差 と 力 強 さを 欠 く 個 人 消 費. 景 気 回 復 の 中 でも 米 国 の 個 人 消 費 は 力 強 さを 欠 く 米 国 の 個 人 消 費 は GDPの 割 を 占 め 経 済 成 長 を 牽 引 してきた しかし 9 年 第 四 半 期 に 始 ま る 現 在 の 景 気 拡 大 期 の 消 費

More information

年々増加する投資信託のトラブル-元本割れなどのリスクを再確認し、トラブルの未然・拡大防止を-

年々増加する投資信託のトラブル-元本割れなどのリスクを再確認し、トラブルの未然・拡大防止を- 報 道 発 表 資 料 平 成 24 年 7 月 26 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 年 々 増 加 する 投 資 信 託 のトラブル - 元 本 割 れなどのリスクを 再 確 認 し トラブルの 未 然 拡 大 防 止 を- 投 資 信 託 全 体 の 純 資 産 総 額 は 2011( 平 成 23) 年 末 で 約 90 兆 円 となっており 市 場 規 模 は 非 常

More information

野村MMF(マネー・マネージメント・ファンド)(確定拠出年金向け)

野村MMF(マネー・マネージメント・ファンド)(確定拠出年金向け) 野 村 MMF (マネー マネージメント ファンド) ( 確 定 拠 出 年 金 向 け) 追 加 型 投 信 国 内 債 券 MMF 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) < 使 用 開 始 日 > 2016 年 7 月 29 日 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 商 品 類 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 属 性 区 独 立 区 投 資 対

More information

A.504 円 B.503 円 C.502 円 D.501 円 問 5. 上 の 問 で 板 寄 せ 方 式 によって 取 引 される 株 数 はいくらか A. 60 千 株 B.1 千 株 C.130 千 株 D.140 千 株 問 6. 日 本 の 金 融 証 券 市 場 に 関 する 次 の

A.504 円 B.503 円 C.502 円 D.501 円 問 5. 上 の 問 で 板 寄 せ 方 式 によって 取 引 される 株 数 はいくらか A. 60 千 株 B.1 千 株 C.130 千 株 D.140 千 株 問 6. 日 本 の 金 融 証 券 市 場 に 関 する 次 の 証 券 アナリスト 基 礎 講 座 サンプル 問 題 以 下 の 問 に 対 する 答 えとして 最 も 適 切 なものを A~D の 中 から1つ 選 びなさい 問 1. 日 本 経 済 に 関 する 次 の 記 述 のうち 正 しくないものはどれか A. 実 質 GDP( 実 質 国 内 総 生 産 )とは 物 価 変 動 の 影 響 を 除 いた 生 産 活 動 の 水 準 のことである B.インフレーションは

More information

file:///C|/Documents and Settings/Tajima/デスクトップ/qanda_data/q&a/minjisaisei1.htm

file:///C|/Documents and Settings/Tajima/デスクトップ/qanda_data/q&a/minjisaisei1.htm Q 最 近 新 聞 で 見 かける 民 事 再 生 手 続 とは どのような 手 続 ですか?その 概 要 や 特 徴 を 教 え てください また 私 には 住 宅 ローンがあるのですが 収 入 が 減 って 返 済 が 滞 っていま す 民 事 再 生 手 続 によって 解 決 できるでしょうか? A (1) 民 事 再 生 手 続 の 概 要 民 事 再 生 手 続 とは 平 成 12 年 4

More information

1. はじめに サブプライム 問 題 後 の 急 激 な 円 高 に 伴 い 外 貨 建 資 産 の 価 値 が 大 きく 低 下 したとして 税 務 申 告 で 認 識 した 評 価 損 を 国 税 局 が 認 めず 追 徴 課 税 された 事 例 がある そこで 本 稿 では 外 貨 建 資 産

1. はじめに サブプライム 問 題 後 の 急 激 な 円 高 に 伴 い 外 貨 建 資 産 の 価 値 が 大 きく 低 下 したとして 税 務 申 告 で 認 識 した 評 価 損 を 国 税 局 が 認 めず 追 徴 課 税 された 事 例 がある そこで 本 稿 では 外 貨 建 資 産 旬 刊 経 理 情 報 No.1231 平 成 21 年 11 月 10 日 発 行 会 計 との 相 違 点 に 注 意! 外 貨 建 資 産 等 の 換 算 の 税 務 上 のポイント 税 理 士 蝦 名 和 博 税 理 士 大 友 みどり Contents 1. はじめに 2. 外 貨 建 資 産 等 の 換 算 3. 期 末 時 の 換 算 方 法 と 届 出 書 (1) 換 算 方 法 の

More information