資 料 1 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 の 運 営 について( 案 ) 平 成 26 年 10 月 10 日 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 ( 以

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "資 料 1 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 の 運 営 について( 案 ) 平 成 26 年 10 月 10 日 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 ( 以 "

Transcription

1 第 1 回 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 議 事 次 第 平 成 26 年 10 月 10 日 午 前 10 時 30 分 ~ 午 前 12 時 東 京 証 券 会 館 5 階 第 1 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 懇 談 会 の 運 営 及 び 今 後 の 進 め 方 について( 案 ) (2) 国 際 金 融 センターとしての 東 京 市 場 の 現 状 について ゲストスピーカー 野 村 證 券 執 行 役 員 寺 口 智 之 氏 3. 閉 会 以 上 ( 配 付 資 料 ) 資 料 1 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 の 運 営 について( 案 ) 資 料 2 本 懇 談 会 の 今 後 の 進 め 方 について( 案 ) 資 料 3 香 港 市 場 シンガポール 市 場 の 国 際 金 融 センターとしての 取 組 みと 東 京 市 場 の 現 状 参 考 1 東 京 国 際 金 融 センター の 実 現 に 向 けた 各 種 提 言 参 考 2 国 際 金 融 センターの 比 較

2 資 料 1 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 の 運 営 について( 案 ) 平 成 26 年 10 月 10 日 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 ( 以 下 懇 談 会 という )の 運 営 については 懇 談 会 設 置 要 綱 に 定 めるもののほか 次 によるものとする 1. 代 理 出 席 等 委 員 が 懇 談 会 を 欠 席 する 場 合 は 代 理 人 を 出 席 させ 又 は 書 面 により 意 見 を 提 出 することができる 2. 議 事 の 公 開 懇 談 会 は 非 公 開 とする 3. 議 事 要 旨 等 の 公 表 (1) 事 務 局 は 懇 談 会 終 了 後 遅 滞 なく 議 事 要 旨 を 作 成 する (2) 委 員 は 議 事 要 旨 の 確 認 を 行 い 必 要 な 訂 正 等 行 うことができる (3) 議 事 要 旨 ( 発 言 者 名 を 付 さない) 及 び 配 付 資 料 は 原 則 として 日 本 証 券 業 協 会 のホームページへの 掲 載 により 公 表 するものとする ただし 懇 談 会 の 審 議 に 支 障 を 及 ぼすおそれがあるものその 他 座 長 が 必 要 と 認 めるときは 議 事 要 旨 及 び 配 付 資 料 の 全 部 又 は 一 部 を 削 ることができる 4. 対 外 公 表 懇 談 会 の 内 容 については 必 要 に 応 じて 記 者 説 明 を 行 う 5.その 他 上 記 に 定 めるもののほか 懇 談 会 の 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 は 座 長 が 定 める 以 上

3 資 料 2 本 懇 談 会 の 今 後 の 進 め 方 について( 案 ) 平 成 26 年 10 月 10 日 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 本 懇 談 会 の 当 面 ( 第 2 回 ~ 第 4 回 )の 進 め 方 は 概 ね 以 下 のとおりと する 1. 基 本 的 な 進 め 方 懇 談 会 は 原 則 2~3ヶ 月 に 一 回 開 催 する 各 会 合 における 検 討 テーマについて プレゼンテーション 及 び 意 見 交 換 を 行 う 2. 主 な 検 討 テーマ 主 な 検 討 テーマ 第 2 回 会 合 マーケット( 債 券 店 頭 デリバティブ 取 引 等 ) 証 券 業 者 海 外 プロモーション 第 3 回 会 合 マーケット( 上 場 商 品 ) 決 済 インフラ 発 行 体 第 4 回 会 合 資 産 運 用 その 他 以 上

4 Connecting Markets East & West 香 港 市 場 シンガポール 市 場 の 国 際 金 融 センターとして の 取 組 みと 東 京 市 場 の 現 状 野 村 證 券 株 式 会 社 執 行 役 員 寺 口 智 之 2014 年 10 月 10 日 資 料 3

5 国 際 金 融 センターとしての 評 価 国 際 金 融 センターとしての 評 価 において 香 港 やシンガポールは 東 京 を 上 回 る Z/Yenグループのグローバル 金 融 センター 指 数 では 2007 年 の 公 表 以 来 東 京 は 常 に 香 港 シンガポールを 下 回 る 評 価 世 界 経 済 フォーラム(WEF)の 年 度 の 国 際 競 争 力 の 評 価 においては 日 本 は 総 合 指 数 ではアベノミクスの 効 果 から 香 港 を 上 回 る 順 位 となったものの 金 融 市 場 の 発 展 度 を 表 す 指 数 に 限 ってみると16 位 にとどまっている グローバル 金 融 センター 指 数 (GFCI)(2014 年 3 月 ) 国 際 競 争 力 指 数 - 金 融 市 場 の 発 展 度 ( 年 ) 1 位 ニューヨーク 1 位 香 港 2 位 ロンドン 2 位 シンガポール 3 位 香 港 3 位 ニュージーランド 4 位 シンガポール 4 位 マレーシア 5 位 チューリッヒ 5 位 フィンランド 6 位 東 京 6 位 オーストラリア 7 位 ソウル 7 位 南 アフリカ 8 位 ボストン 8 位 カナダ 9 位 ジェノバ 9 位 アメリカ 10 位 サンフランシスコ 10 位 ノルウェイ ( 出 所 )Z/Yen Group 16 位 日 本 ( 出 所 )World Economic Forum 1

6 国 際 的 に 競 争 力 のある 香 港 シンガポールの 税 制 香 港 シンガポールの 税 制 は 国 際 的 に 比 較 して 法 人 税 率 が 低 く 所 得 税 率 も 低 いことが 特 徴 香 港 の 税 制 は 税 の 種 類 が 少 なく 仕 組 みも 簡 素 一 方 シンガポールは 多 種 多 様 なタックスインセンティブを 手 当 て 香 港 シンガポールの 税 制 の 特 徴 香 港 法 人 税 率 は16.5% 法 人 税 制 課 税 対 象 は 香 港 内 源 泉 所 得 (オフショア 所 得 は 原 則 非 課 税 ) キャピタル ゲイン( 投 機 を 除 く) イ ンカム ゲインは 非 課 税 個 人 課 税 個 人 所 得 税 の 最 高 税 率 は17%( 課 税 所 得 12 万 HKドル 超 の 場 合 ) キャピタル ゲイン インカム ゲイン は 非 課 税 相 続 税 贈 与 税 なし シンガポール 法 人 税 率 は17% 課 税 対 象 は 国 内 源 泉 所 得 国 外 源 泉 所 得 のうち 国 内 に 送 金 された 部 分 ( 国 外 の 法 人 税 率 が15% 以 上 の 場 合 は 免 税 ) キャピタル ゲインは 非 課 税 個 人 所 得 税 の 最 高 税 率 は20%( 課 税 所 得 32 万 Sドル 超 の 場 合 ) キャピタル ゲイン インカム ゲイン は 非 課 税 相 続 税 贈 与 税 なし ( 出 所 )MAS E&Y PWC Deloitte JETRO 2

7 シンガポールの 多 様 なタックス インセンティブ シンガポールは 金 融 サービスを 含 む 自 国 の 発 展 に 必 要 な 特 定 の 業 種 を 誘 致 支 援 するため 多 種 多 様 なタックス インセ ンティブを 用 意 金 融 セクター インセンティブ(FSI) 金 融 サービスを 対 象 とするその 他 のタックス インセンティブ FSIスキーム 適 用 対 象 法 人 税 率 FSI-ST(スタンダード ティア) FSI-FM(ファンド マネジメント) FSI-HQ (ヘッドクォーター サービス) FSI-CM(キャピタル マーケット) 貸 付 および 貸 付 に 関 連 する 活 動 債 券 市 場 株 式 市 場 ファンド マネジメン ト デリバティブ 経 営 統 括 本 部 の 活 動 に 従 事 する 金 融 サービス 会 社 の 適 格 業 務 ファンド マネジメントに 従 事 する 金 融 サービス 会 社 の 適 格 業 務 シンガポールに 経 営 統 括 本 部 を 置 く 金 融 サービス 会 社 の 適 格 業 務 債 券 市 場 株 式 市 場 の 業 務 に 従 事 す る 金 融 サービス 会 社 の 適 格 業 務 12% 10% 10% 5% 優 遇 税 制 適 格 債 務 証 券 (QDS) 及 びQDS+ シンガポール 国 債 のプライマリー ディーラーの 優 遇 税 制 特 別 目 的 会 社 (SPV)の 優 遇 税 制 特 殊 な 保 険 会 社 の 優 遇 税 制 キャプティブ 保 険 の 優 遇 税 制 銀 行 に 対 する 源 泉 税 の 自 由 化 REITの 優 遇 税 制 概 要 一 定 要 件 を 満 たすQDSから 生 じる 特 定 の 収 入 に 対 する 優 遇 措 置 を 適 用 プライマリー ディーラーがシンガポール 国 債 取 引 から 得 た 所 得 を 免 税 と する 扱 い 証 券 化 のためのSPVを 対 象 とする 所 得 税 の 免 除 等 テロ リスク 政 治 リスク エネルギー 航 空 宇 宙 産 業 農 業 に 係 るリスク に 対 する 特 殊 な 保 険 引 受 から 得 られる 所 得 に 対 する 免 税 キャプティブ 保 険 会 社 が 稼 得 した 所 得 の 免 税 海 外 にある 支 店 本 店 海 外 の 他 の 銀 行 への 利 子 等 に 対 する 源 泉 税 の 免 除 SGXに 上 場 されるS-REITから 非 個 人 非 居 住 者 である 信 託 所 有 者 への 分 配 に 対 して 軽 減 税 率 を 適 用 FSI-CFS(クレジット ファシリティ シンジケーション) FSI-DM(デリバティブ マーケット) ( 出 所 )MAS E&Y PWC Deloitte クレジット ファシリティ 業 務 に 従 事 する 金 融 サービス 会 社 の 適 格 業 務 デリバティブ 市 場 の 業 務 に 従 事 する 金 融 サービス 会 社 の 適 格 業 務 5% 5% OTCデリバティブの 源 泉 税 免 除 ( 出 所 )MAS Deloitte 金 融 機 関 が 非 居 住 者 でシンガポール 国 内 に 恒 久 的 施 設 を 保 有 しない 者 と の 取 引 から 生 じる 支 払 は 源 泉 税 を 免 除 プロジェクト ファイナンスの 優 遇 税 制 適 格 プロジェクト 債 務 証 券 からの 利 子 所 得 の 免 除 等 信 託 会 社 の 優 遇 税 制 ストラクチャード プロダクトの 免 税 ス キーム オフショア 保 険 ビジネスの 優 遇 税 制 ファンド マネジメント インセンティブ エンジェル 投 資 家 へのインセンティブ 外 国 投 資 信 託 に 関 して 非 居 住 者 に 対 する 運 用 資 産 の 保 管 管 理 サービ スの 提 供 から 得 られる 所 得 に 対 する 軽 減 税 率 シンガポールの 金 融 機 関 が 提 供 するストラクチャード プロダクトから 得 ら れる 収 入 は 一 定 の 要 件 の 下 免 税 の 措 置 オフショア 生 命 保 険 等 から 生 じた 所 得 について 軽 減 税 率 を 適 用 シンガポール ベースのファンド マネージャーが 管 理 するファンドに 対 する 税 制 優 遇 個 人 投 資 家 によるスタートアップ 企 業 への 投 資 について 10 万 Sドル 以 上 投 資 した 場 合 に 投 資 保 有 2 年 間 に 投 資 額 の50%の 損 金 算 入 3

8 香 港 シンガポールのビジネス 環 境 の 優 位 性 香 港 やシンガポールでは ビジネスの 共 通 言 語 が 英 語 であり グローバル スタンダードとなっている 法 制 度 会 計 基 準 を 採 用 している 1 アジアの 情 報 が 入 りやすいこと 香 港 では 中 国 本 土 とのネットワークから 情 報 を 入 手 することができる シンガポールでは 中 国 本 土 および 東 南 アジアの 華 僑 のネットワークから 情 報 が 入 る 2 英 語 による 情 報 入 手 が 容 易 であること ビジネスの 共 通 言 語 が 英 語 である 香 港 やシンガポールでは 有 力 な 現 地 の 英 語 メディアがある 香 港 :サウスチャイナ モーニング ポスト(South China Morning Post) シンガポール:ストレイツ タイムズ(The Straits Times) 3 グローバル スタンダードとなっている 法 制 度 会 計 制 度 であること 香 港 やシンガポールは 歴 史 的 な 経 緯 もあり 英 国 法 (コモン ロー)をベースとしている 香 港 シンガポールともに 国 際 会 計 基 準 (IFRS)に 準 拠 している 4

9 金 融 人 材 の 教 育 に 力 を 入 れるシンガポール シンガポールでは 大 学 大 学 院 において 多 様 な 金 融 プログラムが 提 供 され 金 融 のプロフェッショナルを 育 成 するための 教 育 が 行 われており アジア 各 国 から 人 材 が 集 積 している 主 要 大 学 の 金 融 関 連 コース MASが 協 力 する 大 学 のプログラム 学 部 修 士 博 士 その 他 大 学 ブログラム NUS School of Business Bachelor of Business Administration ファイナンス 関 連 コー スはコア 課 程 (1) 専 門 課 程 (25) NTU Business School Bachelor of Business ファイナンス コース はコーポレート&イン ベストメント バンキ ング ウェルス マネ ジメント アセット マネジメント 等 SMU Lee Kong Chian School of Business Bachelor of Business Management. その 下 にファイナン ス 関 連 コースはコア 課 程 (1) 専 門 課 程 (12) 在 籍 学 生 数 1,795 人 3,668 人 2,919 人 Asia-Pacific EMBA The NANYANG MBA EMBA (Chinese English) Nanyang-Waseda Double Global Master of International MBA MBA Finance Dual Degree MBA Nanyang EMBA IE-SMU MBA MSc (Business Nanyang Fellows MBA MSc of Applied Finance Analytics) MSc Financial MBA プログラム MSc (Management) Engineering MSc in Wealth NUS-HEC MBA MSc (Marketing & Management NUS-Yale MBA Consumer Insight) Innovation Quantitative S3 Asia MBA 南 洋 EMBA Finance Management UCLA-NUS EMBA 金 融 硕 士 学 位 课 程 Communication Nanyang EMBA Management Nanyang Fellow MBA 在 籍 学 生 数 736 人 497 人 493 人 プログラム Doctor of Philosophy Doctor of Philosophy Doctor of Philosophy Executive PhD 在 籍 学 生 数 81 人 91 人 研 究 センター The Centre for Asset Management Research & Investments (CAMRI) NTU-SGX Centre for Financial Education Algorithmic Trading Global Oil Trading Open Enrollment Programme Financial Management Financial Trading 49 人 (うちファイナンス 18 人 ) Financial Training Institute FICS Certification Programs Specialist Workshops 協 力 大 学 MAS からの 支 援 策 大 学 の 研 究 テーマやプログラム リスク マネジメントとウェルス マネジメントの 人 材 プールの 拡 大 と 高 度 化 NUS -Risk Management Institute EDHEC-Risk Institute NTU -Institute of Catastrophe Risk Management (ICRM) Wealth Management Institute (WMI) MAS が 1,000 万 S ドルの 予 算 で Programme on Risk Management and Financial Innovation(RMI)を 設 置 NUS と UC Berkeley の Haas School of Business が RMI プログラムの 支 援 を 受 け 共 同 で Berkeley-NUS Risk Management Institute を 設 立 MAS は 自 ら EDHEC を 説 得 しシン ガポールで Risk Institute の 設 置 に 支 援 を 提 供 EDHEC - Risk Institute PhD プログ ラムには FSP を 適 用 2008 年 に NTU が ICRM 設 立 のア イディアを MAS に 相 談 MAS の 支 援 を 得 て 2010 年 に ICRM を 設 置 研 修 コースの 参 加 者 は FTS を 適 用 2004 年 に FSMCS の 下 プライベ ート バンカーを 育 成 する WMI Certificate in Private Banking という 研 修 プログラムを 実 施 ファイナンシャル エンジニアリン グ リスク マネジメント 認 証 等 の エグゼクティブ プログラムの 提 供 ファイナンシャル エンジニアリン グの 修 士 コースの 提 供 ファイナンシャル リスク マネジ メント ファイナンシャル 及 びデリ バティブ 商 品 の 数 理 的 統 計 的 モデ リング 等 の 分 野 でのリサーチの 実 施 投 資 マネジメントに 関 連 するリサー チを 実 施 3 年 間 のファイナンス PhD プログラ ムの 提 供 災 害 誘 因 保 険 と 再 保 険 リスク ソブ リン リスク 社 会 環 境 型 リスクと その 他 非 伝 統 的 リスクに 関 するリサ ーチと 研 修 コースの 提 供 ウェルス マネジメントに 関 する 複 数 のコースを 設 置 FSDF の 支 援 ヘッジファンド 金 融 経 済 学 等 の 専 門 分 野 に 対 して 金 融 人 材 の 知 識 の 向 上 と 高 度 研 究 の 実 施 SMU -BNP Paribas Hedge Fund Centre SMU -Sim Kee Boon Institute for Financial Economics (SKBI) SMU と BNP Paribas が 共 同 で 140 万 S ドルの 資 金 で BNP Paribas Hedge Fund Centre を 設 立 MAS は 2008 年 から 750 万 S ドル (5 年 間 )をスポンサーする 予 定 ASEAN のヘッジファンド 産 業 に 関 するリサーチと 関 連 トレーニングコ ースの 提 供 金 融 経 済 学 を 中 心 にリサーチを 実 施 世 界 的 な 大 学 のリサーチ 能 力 の 活 用 により MAS が 焦 点 を 当 てる 分 野 における 高 度 人 材 開 発 を 促 進 INSEAD MASはINSEAD 内 での Asia-Pacific Institute of Finance(APIF)の 設 置 を 支 援 ( 出 所 ) 各 大 学 ウェブサイト ( 出 所 ) 各 大 学 ウェブサイト MAS ガバナンス リスク マネジメント コーポレート ファイナンス ウェ ルス マネジメント 等 のマネジメン トに 関 するリサーチ 5

10 外 国 人 が 暮 らしやすい 香 港 シンガポールの 生 活 環 境 香 港 シンガポールでは 海 外 本 社 から 派 遣 される エクスパット を 含 め 外 国 人 が 暮 らしやすい 生 活 教 育 インフラが 整 っ ている 香 港 やシンガポールでは ナニーやメイドを 活 用 することが 女 性 の 社 会 での 活 躍 の 援 けとなっている 香 港 シンガポールの 生 活 教 育 インフラ 香 港 インターナショナル スクールは49 校 最 近 生 徒 受 入 れ 余 力 が 低 下 してお り そのことを 理 由 に 社 員 が 香 港 赴 任 を 拒 否 することを 企 業 が 深 刻 に 懸 念 する 事 態 となっている フィリピン 等 からの 外 国 人 のメイド ナ ニーを 受 入 れ Foreign Domestic Helperの 最 低 賃 金 が 月 額 4,110HKドル( 月 額 報 酬 1.5 万 ドル 以 上 の 居 住 者 が 雇 用 可 能 ) 英 語 が 使 える 医 療 環 境 シンガポール インターナショナル スクールは 米 国 系 欧 州 系 アジア 系 を 合 わせて34 校 あり これらの 学 校 の 多 くが 国 際 バカロ レアを 採 用 マレーシア 等 の 近 隣 諸 国 から 外 国 人 のメ イド ナニーを 受 入 れ 月 間 800Sドル 程 度 ( 給 料 450~ 500Sドル 雇 用 に 係 る 賦 課 金 はシ ンガポール 市 民 120Sドル 非 市 民 265Sドル) 英 語 が 使 える 医 療 環 境 ( 出 所 )Bloomberg 香 港 政 府 シンガポール 政 府 等 6

11 アジアにおける 女 性 の 社 会 進 出 グローバル 企 業 約 30 社 を 対 象 とした 女 性 の 就 業 比 率 に 関 する 調 査 によると 特 にミドル 層 やシニア 層 で 比 較 すると 香 港 やシンガポールは 日 本 に 比 べて 高 い グローバル 企 業 におけるアジア 各 国 の 女 性 就 業 比 率 (2014 年 ) 合 計 ミドルレベル 56.7% 58.1% 50.9% 42.6% 48.2% 49.6% 45.7% 50.3% 40.6% 26.6% 28.4% 16.4% 中 国 香 港 インド 日 本 マレーシア シンガポール 中 国 香 港 インド 日 本 マレーシア シンガポール 64.9% 57.5% ジュニアレベル 59.2% 63.0% 58.5% シニアレベル 30.3% 35.6% 29.4% 34.0% 23.7% 10.6% 11.0% 中 国 香 港 インド 日 本 マレーシア シンガポール ( 出 所 )Community Business 中 国 香 港 インド 日 本 マレーシア シンガポール 7

12 機 関 投 資 家 の 香 港 シンガポールへの 集 積 ロングオンリーの 運 用 会 社 やヘッジファンドは 香 港 やシンガポールに 集 積 特 にシンガポールは かつて 当 局 がヘッジファンドの 誘 致 を 積 極 的 に 図 っていたこともあり ファンド マネジメント 会 社 のスタートアップが 容 易 であった アジア 太 平 洋 地 域 のヘッジファンド マネージャーの 所 在 地 (2013 年 9 月 ) ニュージーラン ド, 2% インド, 2% 中 国, 5% 韓 国, 2% タイ, 1% その 他, 1% 日 本, 9% 香 港, 36% オーストラリア, 18% シンガポール, 22% ( 出 所 )Preqin 8

13 日 本 株 の 投 資 家 の 変 化 日 本 株 の 投 資 家 は かつては 米 国 や 欧 州 の 投 資 家 が 相 応 の 割 合 を 占 めていたが 最 近 ではアジアの 投 資 家 のプレゼンス が 急 速 に 増 している 日 本 株 コミッションにおける 投 資 家 地 域 別 の 割 合 2001 年 2007 年 2013 年 英 国 9% 1.45 億 ドル 米 国 23% 4 億 ドル 欧 州 大 陸 6% 1.05 億 ドル 日 本 60% 億 ドル 英 国 13% 2.84 億 ドル 米 国 17% 3.87 億 ドル 欧 州 大 陸 6% 1.27 億 ドル 日 本 53% 億 ドル 米 国 13% 1.74 億 ドル 英 国 6% 0.83 億 ドル 欧 州 大 陸 3% 0.38 億 ドル 日 本 47% 6.3 億 ドル アジア 2% 0.36 億 ドル アジア 11% 2.37 億 ドル アジア 31% 4.2 億 ドル 合 計 :17.3 億 ドル 合 計 :22.2 億 ドル 合 計 :13.4 億 ドル ( 出 所 )Greenwich Associates 9

14 運 用 拠 点 としての 東 京 のプレゼンスの 低 下 金 融 危 機 以 降 運 用 会 社 の 日 本 株 のトレーディング デスクは 東 京 から 香 港 シンガポールに 拠 点 を 移 す 傾 向 が 明 らかに なっている 日 本 株 トレーディング デスクの 推 移 ( 構 成 比 ) 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% アジアにある 日 本 株 トレーディング デスク 国 内 の 日 本 株 トレーディング デスク ( 出 所 )Greenwich Associates 10

15 存 在 感 が 増 すアジア 株 金 融 危 機 以 降 アジア 株 に 対 する 投 資 のディマンドは 高 まっており グローバルでのコミッションの 割 合 からも 日 本 と 合 わせ て 欧 州 をも 上 回 るものとなっている グローバル 株 式 コミッションの 株 式 別 の 割 合 2009 年 2013 年 中 欧 東 欧 中 東 アフリカ 地 域, 1.8% カナダ, 2.9% 南 米, 0.9% オーストラリア, 1.6% 中 欧 東 欧 中 東 アフリカ 地 域, 2.4% カナダ, 3.2% 南 米, 2.0% オーストラリア, 0.7% 日 本, 7.1% 日 本, 6.3% アジア, 12.6% 米 国, 49.3% アジア, 17.5% 米 国, 45.6% 欧 州, 23.7% 欧 州, 22.4% 合 計 :289.3 億 ドル 合 計 :214.4 億 ドル ( 出 所 )Greenwich Associates 11

16 本 資 料 は ご 参 考 のために 野 村 證 券 株 式 会 社 が 独 自 に 作 成 したものです 本 資 料 に 関 する 事 項 について 貴 社 が 意 思 決 定 を 行 う 場 合 に は 事 前 に 貴 社 の 弁 護 士 会 計 士 税 理 士 等 にご 確 認 いただきますようお 願 い 申 し 上 げます 本 資 料 は 新 聞 その 他 の 情 報 メディアによ る 報 道 民 間 調 査 機 関 等 による 各 種 刊 行 物 インターネットホームページ 有 価 証 券 報 告 書 及 びプレスリリース 等 の 情 報 に 基 づいて 作 成 しておりますが 野 村 證 券 株 式 会 社 はそれらの 情 報 を 独 自 の 検 証 を 行 うことなく そのまま 利 用 しており その 正 確 性 及 び 完 全 性 に 関 して 責 任 を 負 うものではありません また 本 資 料 のいかなる 部 分 も 一 切 の 権 利 は 野 村 證 券 株 式 会 社 に 属 しており 電 子 的 または 機 械 的 な 方 法 を 問 わず いかなる 目 的 であれ 無 断 で 複 製 または 転 送 等 を 行 わないようお 願 い 致 します 12

17 掲 載 資 料 対 象 1 日 本 再 興 戦 略 改 訂 未 来 への 挑 戦 - 2 金 融 資 本 市 場 活 性 化 に 向 けて 重 点 的 に 取 り 組 むべき 事 項 ( 提 言 ) ( 金 融 資 本 市 場 活 性 化 有 識 者 会 合 ) 3 東 京 国 際 金 融 セン ター 構 想 に 向 けた 取 組 ( 東 京 国 際 金 融 センター 検 討 タスク フォース 会 議 ) 投 資 家 東 京 国 際 金 融 センター の 実 現 に 向 けた 各 種 提 言 平 成 26 年 10 月 10 日 運 用 会 社 マーケット(インフラ 含 む) 仲 介 者 公 的 準 公 的 年 金 上 場 非 上 場 決 済 インフラ 等 GPIF の 基 本 ポートフ 投 資 信 託 の 運 用 に 係 る 透 明 性 の 向 上 東 証 上 場 インフラファンド 市 ASEAN 諸 国 との 債 券 発 行 に 係 る 書 類 手 証 券 決 済 等 のインフラ 整 ォリオの 見 直 しとガ 投 資 家 の 利 益 を 第 一 に 考 えた 投 資 商 場 創 設 のための 制 度 整 備 続 きの 共 通 化 備 バナンス 体 制 の 強 化 品 の 提 供 (2014 年 内 ) GPIF 等 公 的 準 公 的 資 金 のガバナンス 体 制 構 築 ポートフォリ オ 見 直 し 受 託 者 としての 責 務 を 果 たすための 環 境 整 備 投 資 運 用 会 社 と 投 資 家 の 利 益 相 反 防 止 投 資 家 の 利 益 を 第 一 に 考 えた 商 品 の 開 発 普 及 促 進 運 用 人 材 の 育 成 確 保 等 プロ 向 け 投 資 運 用 業 に 係 る 運 用 財 産 規 模 (200 億 円 )の 制 限 緩 和 アジア 地 域 への 投 資 商 品 の 提 供 拡 大 運 用 財 産 相 互 間 取 引 規 制 等 の 見 直 し 運 用 態 勢 手 数 料 リスク リター ンの 定 量 的 比 較 運 用 状 況 の 説 明 充 実 預 り 資 産 の 増 加 に インセンティブが 働 く 営 業 員 の 評 価 体 系 への 移 行 推 進 IT によるペーパー レス 化 マイナン バー 制 度 の 金 融 業 務 での 積 極 活 用 を 通 じた 業 務 効 率 化 インフラファンドやヘルスケ ア REIT の 組 成 のための 環 境 整 備 総 合 取 引 所 の 可 及 的 速 やかな 実 現 電 力 先 物 LNG 先 物 の 上 場 JPX 日 経 インデックス 400 先 物 の 早 期 上 場 支 援 インフラファンドの 上 場 市 場 を 東 証 において 早 期 に 創 設 コモディティ 商 品 を 含 め 取 引 所 の 上 場 商 品 ラインナップ の 多 様 化 総 合 取 引 所 の 早 期 実 現 ヘルスケア REIT の 更 なる 上 場 推 進 や 普 及 啓 発 等 JPX 日 経 インデックス 400 先 物 の 早 期 上 場 支 援 東 京 プロボンド 市 場 への 都 外 債 のダブル 上 場 ヘルスケア REIT の 普 及 日 本 国 債 を 活 用 したクロスボーダー 担 保 や クロスカレンシーレポの 推 進 グローバルベースの 資 金 証 券 管 理 ( 国 債 レポ 等 ) 等 の 実 現 ASEAN 諸 国 との 債 券 発 行 に 係 る 書 類 手 続 の 共 通 化 の 推 進 東 京 市 場 における 外 貨 建 債 券 の 発 行 流 通 アジア 債 券 市 場 育 成 イニシアティブ (ABMI)の 推 進 銀 行 本 体 で 認 められるイスラム 金 融 取 引 の 明 確 化 社 債 市 場 改 革 ( 信 用 力 が 相 対 的 に 低 い 企 業 による 社 債 市 場 へのアクセス 拡 充 等 ) 個 人 向 け 都 債 の 見 直 し リバースモーゲージの 普 及 参 考 1 民 間 事 業 者 によるアジア 域 内 の ATM 相 互 接 続 金 融 機 関 企 業 等 におけ る 資 金 証 券 決 済 の 高 度 化 ( 即 時 振 込 み 商 流 情 報 の 拡 張 等 )を 図 る( 全 銀 協 ) 域 内 のクロスボーダー 債 券 決 済 インフラの 構 築 東 京 市 場 における 外 貨 取 引 の 決 済 銀 行 (クリアリ ングバンク) 業 務 の 推 進 民 間 事 業 者 のアジア 域 内 の ATM 相 互 接 続 国 内 決 済 や 企 業 間 決 済 の 高 度 化 商 流 情 報 の 拡 張 ( 全 銀 協 ) 証 券 決 済 期 間 の 短 縮 化 海 外 の 通 貨 債 券 等 の 取 引 決 済 を 行 うためのイ ンフラ 整 備 4 東 京 金 融 シティ 構 想 の 実 現 に 向 けて (シンクタンク3 社 ) 海 外 投 資 家 の 日 本 国 債 の 保 有 促 進 担 保 と しての 活 用 促 進 職 域 NISA の 推 進 公 的 年 金 の 運 用 多 様 化 外 貨 準 備 の 有 効 活 用 アセットマネジメント( 資 産 運 用 ) 業 に 係 る 専 門 人 材 の 育 成 アセットマ ネジメント 業 の 集 積 上 場 インフラファンド 市 場 の 整 備 ヘルスケア REIT の 市 場 拡 大 REIT 市 場 のグローバル 化 総 合 取 引 所 の 実 現 LNG や 電 力 等 の 市 場 育 成 日 本 版 UPREIT 制 度 の 創 設 日 本 国 債 を 担 保 とした 現 地 通 貨 建 て 資 金 供 給 の 仕 組 みの 拡 充 クロスボーダーでの 債 券 発 行 のインフラ 整 備 個 人 向 け 物 価 連 動 国 債 リバースモーゲー ジの 提 供 五 輪 債 (オリンピックチケット 付 き) 物 価 連 動 都 債 の 起 債 検 討 東 京 市 場 におけるイスラム 金 融 の 研 究 促 進 ドル ユーロ 人 民 元 建 て 証 券 決 済 (DVP 決 済 ) の 仕 組 み 構 築 人 民 元 クリアリング バ ンク 設 置 国 債 の 決 済 期 間 の 短 縮 (T +1) 等 の 着 実 な 実 行 1

18 掲 載 資 料 対 象 1 日 本 再 興 戦 略 改 訂 未 来 への 挑 戦 - 2 金 融 資 本 市 場 活 性 化 に 向 けて 重 点 的 に 取 り 組 むべき 事 項 ( 提 言 ) ( 金 融 資 本 市 場 活 性 化 有 識 者 会 合 ) 3 東 京 国 際 金 融 セン ター 構 想 に 向 けた 取 組 ( 東 京 国 際 金 融 センター 検 討 タスク フォース 会 議 ) 4 東 京 金 融 シティ 構 想 の 実 現 に 向 けて(シ ンクタンク3 社 ) 東 京 国 際 金 融 センター の 実 現 に 向 けた 各 種 提 言 2 平 成 26 年 10 月 10 日 投 資 銀 行 等 発 行 会 社 海 外 プロモーション 人 材 金 融 行 政 規 制 税 制 等 都 市 ビジネス 環 境 国 内 インフラ 投 資 の 効 率 化 のための PPP/PFI の 活 用 東 京 プロボンド 市 場 での DBJ の 活 用 及 び 必 要 な 規 制 の 見 直 し 都 の 施 策 に 資 する 官 民 連 携 ファンドの 推 進 都 有 地 等 を 活 用 した PPP の 事 業 機 会 の 拡 大 PFI(コンセッショ ン 方 式 )の 拡 大 コーポレートガバナンス コー ド の 策 定 経 営 評 価 指 標 (グローバルベンチ マーク)の 設 定 持 続 的 な 企 業 価 値 の 創 造 に 向 けた 企 業 と 投 資 家 との 対 話 の 促 進 IFRS の 任 意 適 用 企 業 の 拡 大 促 進 私 的 整 理 を 含 め 企 業 再 生 に 関 す る 法 制 度 や 実 務 運 用 見 直 し コーポレートガバナンス コード の 検 討 多 数 決 により 私 的 整 理 を 成 立 させ る 枠 組 みの 検 討 社 外 取 締 役 の 導 入 促 進 企 業 経 営 の 選 別 集 中 等 構 造 改 革 に 向 けた 取 組 み 日 本 版 スチュワードシップコード の 更 なる 定 着 IFRS 任 意 適 用 の 着 実 な 積 上 げ 等 海 外 に 対 してプロモー ションを 行 う 日 本 版 メイヤー の 設 置 等 を 支 援 対 外 発 信 力 の 強 化 に 向 け 海 外 のオピニオ ン リーダーへ 常 時 正 確 な 情 報 の 提 供 国 際 的 な 影 響 力 のある オピニオン リーダー の 育 成 ( 対 外 発 信 する ための 場 の 設 定 等 を 含 む) 産 官 学 が 一 堂 に 会 する 日 本 版 ダボス 会 議 チ ャタムハウスの 創 設 等 コーポ レートガバナンス 強 化 国 際 金 融 会 議 の 開 催 誘 致 企 業 のコーポレートガバナンス 強 化 日 本 版 メイヤー を 設 置 し プロモーション 活 動 を 積 極 化 内 外 の 情 報 の 発 信 交 換 共 有 の 場 ( 日 本 版 チャタムハウス)を 提 供 国 立 大 学 改 革 プランに 掲 げられた 目 標 達 成 に 向 け た 実 施 と 更 なる 改 革 の 実 現 に 向 けた 取 り 組 み グローバル 化 等 に 対 応 す る 人 材 を 育 成 金 融 経 済 教 育 の 推 進 大 学 大 学 院 におけるフ ァイナンス 運 用 専 門 カ リキュラムの 設 置 国 際 即 戦 力 育 成 インター ンシップ 事 業 等 金 融 分 野 のグローバル 人 材 の 裾 野 拡 大 初 等 中 等 教 育 における 英 語 の 重 視 や 大 学 の 国 際 化 金 融 機 関 から 積 極 的 な 海 外 拠 点 等 への 職 員 派 遣 金 融 におけるIT 人 材 の 育 成 金 融 専 門 人 材 等 の 育 成 グローバル 人 材 の 育 成 ( 英 語 教 育 の 充 実 ) 初 等 中 等 教 育 における 金 融 教 育 の 推 進 小 中 高 大 等 における 金 融 教 育 の 拡 充 関 係 省 庁 と 実 務 担 当 者 の 連 絡 会 の 設 置 等 英 語 によるワンストップ での 行 政 対 応 ( 法 令 等 の 照 会 ) 金 融 関 係 法 令 ガイドラ イン 等 の 英 語 版 の 公 表 金 融 庁 のベターレギュレ ーションの 一 層 の 推 進 金 融 行 政 窓 口 のワンス トップ 化 英 語 化 上 場 会 社 役 職 員 等 の 持 株 促 進 インサイダー 取 引 規 制 の 見 直 し 等 クロスボーダー 発 行 企 業 破 綻 時 の 取 扱 いを 含 め た 法 的 安 定 を 高 める 金 融 関 係 法 令 ガイドラ イン 等 の 英 語 化 の 徹 底 金 融 関 連 法 規 やルールの 英 語 での 提 供 英 語 行 政 窓 口 (ワンストップ 窓 口 )の 拡 充 英 語 による 行 政 サービス の 提 供 法 人 税 改 革 ( 国 際 的 に 遜 色 ない 水 準 まで 引 き 下 げ)に 着 手 NISA の 制 度 趣 旨 や 利 用 者 ニーズを 踏 まえた 施 策 の 推 進 確 定 拠 出 年 金 制 度 全 体 の 運 用 資 産 選 択 の 改 善 ライフスタイルの 柔 軟 性 へ の 対 応 等 (マッチング 拠 出 制 限 額 の 取 扱 いや 中 小 企 業 への 普 及 等 ) NISA の 制 度 趣 旨 や 利 用 者 ニーズを 踏 まえた 施 策 の 推 進 確 定 拠 出 年 金 等 の 更 なる 普 及 利 用 促 進 に 向 けた 制 度 改 正 特 区 内 に 新 規 設 立 される 多 国 籍 企 業 の 日 本 法 人 に 対 する 法 人 税 減 免 エンジェル 税 制 適 用 対 象 要 件 の 緩 和 法 人 版 エンジェル 税 制 適 用 対 象 拡 充 パテントボックス 税 制 の 導 入 等 NISA の 拡 充 東 京 都 独 自 減 税 ( 法 人 事 業 税 等 の 減 税 アセットマネジメント 業 者 への 税 制 優 遇 措 置 )の 実 施 NISA の 恒 久 化 等 使 い 勝 手 向 上 確 定 拠 出 年 金 制 度 の 拡 充 改 善 ( 特 別 法 人 税 廃 止 拠 出 限 度 額 引 上 げ 加 入 対 象 者 拡 大 中 途 解 約 要 件 緩 和 デ フォルトファンド 設 定 等 ) 法 務 経 理 コンサルティン グ 等 の 関 連 サービスの 供 給 体 制 及 び 機 能 の 強 化 利 用 し やすい 行 政 窓 口 の 整 備 IT 環 境 の 充 実 等 外 国 人 メイドの 雇 用 促 進 配 偶 者 の 在 留 資 格 許 可 の 条 件 の 緩 和 等 海 外 の 金 融 機 関 や 運 用 機 関 の 拠 点 誘 致 空 港 アクセスの 改 善 インタ ーナショナルスクールや 英 語 診 療 可 能 な 病 院 の 充 実 等 高 度 金 融 人 材 が 暮 らしやすい 生 活 環 境 の 整 備 ( 英 語 表 記 交 通 利 便 性 医 療 学 校 等 ) 高 度 金 融 人 材 の 受 入 促 進 ( 高 度 人 材 ポイント 制 度 ) 企 業 と 投 資 家 の 交 流 拠 点 の 活 性 化 特 区 内 の 建 築 規 制 緩 和 サーバー バックオフィス 等 インフラ 整 備 家 事 使 用 人 (ナニー) 帯 同 の 容 易 化 英 語 での 医 療 サービ ス 提 供 ( 注 ) 次 の 項 目 については 表 中 に 掲 載 していない : 観 光 等 訪 日 外 国 人 の 増 加 本 邦 企 業 の 海 外 展 開 支 援 海 外 インフラ 投 資 金 融 機 関 の 融 資 地 域 ビジネス 関 係 女 性 登 用 アジア 諸 国 への 協 力 ( 通 貨 スワップ 協 定 等 ) ベン チャー 企 業 育 成 ( 税 制 除 く) 公 認 会 計 士 資 格 の 魅 力 向 上 金 融 商 品 取 引 業 者 の 事 業 年 度 規 制 見 直 し 等 以 上

19 国 際 金 融 センターの 比 較 平 成 26 年 10 月 10 日 東 京 国 際 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 参 考 2

20 目 次 1. 国 際 金 融 センター ランキング (1) 主 要 ランキングの 比 較 (2) グローバル 金 融 センター 指 数 (GFCI) (3) 新 華 /ダウ ジョーンズ 国 際 金 融 センター 開 発 指 数 (IFCD) (4) 金 融 発 達 指 数 (FDI) 2. 金 融 市 場 の 比 較 (1) 主 要 取 引 所 の 株 式 取 引 (2014 年 6 月 末 ) (2) 主 要 取 引 所 時 価 総 額 の 推 移 (3) 主 要 取 引 所 株 式 売 買 代 金 の 推 移 (4) 主 要 取 引 所 上 場 企 業 数 の 推 移 (5) 主 要 取 引 所 グループのデリバティブ 取 引 高 (2013 年 ) (6) 外 貨 取 引 規 模 の 推 移 ( 一 日 平 均 取 引 高 ) (7) 基 礎 的 経 済 指 標 (2013 年 ) 1

21 1. 国 際 金 融 センター ランキング (1) 主 要 ランキングの 比 較 ランキング グローバル 金 融 セン ター 指 数 2014 年 9 月 新 華 /ダウ ジョーンズ 国 際 金 融 センター 開 発 指 数 2013 年 金 融 発 達 指 数 2012 年 ニューヨーク ( 米 国 ) 香 港 シンガポール ロンドン( 英 国 ) 東 京 ( 日 本 )

22 (2) グローバル 金 融 センター 指 数 (GFCI) 順 位 2011 年 3 月 2012 年 3 月 2013 年 3 月 2014 年 3 月 2014 年 9 月 1 ロンドン ロンドン ロンドン ニューヨーク ニューヨーク 2 ニューヨーク ニューヨーク ニューヨーク ロンドン ロンドン 3 香 港 香 港 香 港 香 港 香 港 4 シンガポール シンガポール シンガポール シンガポール シンガポール 5 上 海 ( 同 点 5 位 ) 東 京 チューリヒ チューリヒ サンフランシスコ 6 東 京 ( 同 上 ) チューリヒ 東 京 東 京 東 京 7 シカゴ シカゴ ジュネーブ ソウル チューリヒ 8 チューリヒ 上 海 ボストン ボストン ソウル 9 ジュネーブ ソウル ソウル ジュネーブ ボストン 10 シドニー( 同 点 10 位 ) トロント フランクフルト サンフランシスコ ワシントンDC トロント 資 産 運 用 銀 行 業 務 政 府 & 規 制 保 険 業 界 向 け サービス 人 的 資 源 ビジネス 環 境 金 融 セク ターの 発 展 インフラ 評 判 一 般 的 事 項 ニューヨーク ロンドン 香 港 シンガポール 東 京 出 典 :Z/Yen Group Limited The Global Financial Centers Index 3

23 (3) 新 華 /ダウ ジョーンズ 国 際 金 融 センター 開 発 指 数 (IFCD) 順 位 ニューヨーク ニューヨーク ニューヨーク ニューヨーク 2 ロンドン ロンドン ロンドン ロンドン 3 東 京 東 京 東 京 香 港 4 香 港 香 港 香 港 東 京 5 パリ シンガポール シンガポール シンガポール 6 シンガポール 上 海 上 海 上 海 7 フランクフルト パリ フランクフルト パリ 8 上 海 フランクフルト パリ フランクフルト 9 ワシントン シドニー チューリッヒ シカゴ 10 シドニー アムステルダム シカゴ シドニー 都 市 金 融 市 場 成 長 発 展 産 業 支 援 サービスレベル 一 般 環 境 ニューヨーク ロンドン 香 港 東 京 シンガポール 出 典 : Xinhua-Dow Jones International Financial Centers Development Index 4

24 (4) 金 融 発 達 指 数 (FDI) 順 位 米 国 英 国 米 国 香 港 香 港 2 英 国 オーストラリア 英 国 米 国 米 国 3 ドイツ 米 国 シンガポール 英 国 英 国 4 日 本 シンガポール 香 港 シンガポール シンガポール 5 カナダ 香 港 オーストラリア オーストラリア オーストラリア 6 フランス カナダ カナダ カナダ カナダ 7 スイス スイス オランダ オランダ 日 本 8 香 港 オランダ スイス 日 本 スイス 9 オランダ 日 本 日 本 スイス オランダ 10 シンガポール デンマーク ベルギー ノルウェイ スウェーデン 制 度 環 境 ビジネス 環 境 金 融 の 安 定 性 銀 行 の 金 融 サービス 銀 行 以 外 の 金 融 サービス 金 融 市 場 金 融 アクセス 香 港 米 国 英 国 シンガポール 日 本 出 典 : 世 界 経 済 フォーラム Financial Development Report 5

25 2. 金 融 市 場 の 比 較 (1) 主 要 取 引 所 の 株 式 取 引 (2014 年 6 月 末 ) (100 万 ドル 社 ) 取 引 所 時 価 総 額 売 買 代 金 上 場 企 業 数 (うち 外 国 会 社 数 ) ニューヨーク 19,178,094 1,210,455 2,424 (525) 東 京 4,624, ,767 3,432 (12) ロンドン 4,560, ,055 2,772 (562) 香 港 3,089,438 93,458 1,689 (91) シンガポール 811,748 16, (288) 出 典 : 国 際 取 引 所 連 合 6

26 (2) 主 要 取 引 所 時 価 総 額 の 推 移 ( 兆 ドル) 20 ニューヨーク ロンドン 東 京 香 港 シンガポール ( 年 末 ) 2009 年 末 以 降 ロンドンはロンドン 証 券 取 引 所 グループの 値 2013 年 6 月 以 降 東 京 は 大 証 の 現 物 市 場 が 東 証 に 統 合 された 値 出 典 : 国 際 取 引 所 連 合 7

27 (3) 主 要 取 引 所 株 式 売 買 代 金 の 推 移 ( 兆 ドル) 30 ニューヨーク ロンドン 東 京 香 港 シンガポール ( 年 末 ) 2009 年 末 以 降 ロンドンはロンドン 証 券 取 引 所 グループの 値 2013 年 6 月 以 降 東 京 は 大 証 の 現 物 市 場 が 東 証 に 統 合 された 値 出 典 : 国 際 取 引 所 連 合 8

28 (4) 主 要 取 引 所 上 場 企 業 数 の 推 移 ( 社 ) 3,500 ニューヨーク ロンドン 東 京 香 港 シンガポール 3,000 2,500 2,000 1,500 1, ( 年 末 ) 2009 年 末 以 降 ロンドンはロンドン 証 券 取 引 所 グループの 値 2013 年 6 月 以 降 東 京 は 大 証 の 現 物 市 場 が 東 証 に 統 合 された 値 出 典 : 国 際 取 引 所 連 合 9

29 (5) 主 要 取 引 所 グループのデリバティブ 取 引 高 (2013 年 ) (100 万 枚 ) 順 位 取 引 所 グループ 国 地 域 取 引 高 1 CMEグループ 米 国 3,161 2 インターコンチネンタル 取 引 所 (ICE) 米 国 2,807 3 ユーレックス 取 引 所 ドイツ 2,190 4 インド 国 立 証 券 取 引 所 インド 2,135 5 サンパウロ 証 券 商 品 先 物 取 引 所 ブラジル 1,603 6 シカゴ オプション 取 引 所 米 国 1,187 7 ナスダックOMX 米 国 1,142 8 モスクワ 取 引 所 ロシア 1,134 9 韓 国 取 引 所 韓 国 マルチ 商 品 取 引 所 インド 大 連 商 品 取 引 所 中 国 上 海 期 貨 交 易 所 中 国 鄭 州 商 品 取 引 所 中 国 日 本 取 引 所 グループ 日 本 香 港 取 引 所 香 港 シンガポール 取 引 所 シンガポール ロンドン 証 券 取 引 所 グループ 英 国 50 出 典 :Futures Industry Association FIA ANNUAL VOLUME SURVEY (2013) 10

30 (6) 外 貨 取 引 規 模 の 推 移 ( 一 日 平 均 取 引 高 ) 2001 年 2013 年 (10 億 ドル) (10 億 ドル) その 他, 香 港, 68.4 シンガ ポール, 日 本, 英 国, 米 国, 香 港, シンガ ポール, その 他, 日 本, 米 国, 英 国, 出 典 : 国 際 決 済 銀 行 Triennial Central Bank Survey of Foreign Exchange and Derivatives Market Activity

31 (7) 基 礎 的 経 済 指 標 (2013 年 ) 米 国 日 本 英 国 シンガポール 香 港 名 目 GDP 総 額 (100 万 ドル) 16,799,700 4,901,530 2,533, , ,658 一 人 あたりのGDP( 名 目 ) (ドル) 53,101 38,491 39,567 54,776 37,777 実 質 GDP 成 長 率 (%) 輸 出 額 (100 万 ドル) 1,589, , , , ,959 輸 入 額 (100 万 ドル) 2,293, , , , ,558 出 典 :JETRO 12

とを 目 的 として 政 府 が 資 金 サポートし MASが 管 理 している 金 融 セクター 発 展 ファンド(FSDF)の 下 に 金 融 セクター 人 材 転 換 制 度 というプログ ラムを 導 入 し 官 民 一 体 となって 人 材 育 成 を 進 めてきた 3 金 融 人 材 の

とを 目 的 として 政 府 が 資 金 サポートし MASが 管 理 している 金 融 セクター 発 展 ファンド(FSDF)の 下 に 金 融 セクター 人 材 転 換 制 度 というプログ ラムを 導 入 し 官 民 一 体 となって 人 材 育 成 を 進 めてきた 3 金 融 人 材 の 第 3 回 資 産 運 用 等 に 関 するワーキング グループ 議 事 要 旨 日 時 平 成 27 年 12 月 24 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 ~3 時 30 分 場 所 日 本 証 券 業 協 会 第 1 会 議 室 ( 東 京 証 券 会 館 5 階 ) 出 席 者 大 崎 主 査 ほか 各 委 員 議 事 概 要 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 安 定 的 な 資

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF> 日 本 国 債 市 場 と 国 債 管 理 政 策 2012 年 10 月 12 日 ( 金 ) 財 務 省 大 臣 官 房 審 議 官 ( 理 財 局 担 当 ) 美 並 義 人 JGB 発 行 残 高 の 推 移 1990 年 代 の 公 共 事 業 費 の 増 加 近 年 の 社 会 保 障 費 の 増 加 による 歳 出 増 景 気 悪 化 や 減 税 による 税 収 減 により 国 の 債

More information

東京金融シティ構想の実現に向けて(共同提言詳細版)

東京金融シティ構想の実現に向けて(共同提言詳細版) 共 同 提 言 詳 細 版 2014 年 5 月 16 日 東 京 金 融 シティ 構 想 の 実 現 に 向 けて 金 融 資 本 市 場 の 活 性 化 を 成 長 戦 略 の 柱 に 日 本 経 済 研 究 センター 会 長 大 和 総 研 理 事 長 五 輪 債 や 物 価 連 動 債 の 発 行 による 1 資 金 調 達 の 多 様 化 検 討 杉 田 亮 毅 武 藤 敏 郎 みずほ 総

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A815B8367837D83938358838A815B32303136944E328C8E8D862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A815B8367837D83938358838A815B32303136944E328C8E8D862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> M リート マーケット マンスリー リート 不 動 産 を 中 心 に 運 用 を 行 う 投 資 信 託 正 式 英 語 名 称 は Real Estate Investment Trusts( 略 語 REIT) 情 報 提 供 資 料 2016 年 2 月 号 図 1 リート 市 場 動 向 S&P 先 進 国 REIT 指 数 ( 配 当 込 み) : 先 進 国 円 ベース 0 年 以 降

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Global Advisory Department 香 港 アウトルック 2016 年 7 月 グローバル アドバイザリー 部 本 資 料 は 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 取 引 の 勧 誘 を 目 的 としたものではありません 本 資 料 は 一 般 に 信 頼 できると 思 われるデー タに 基 づき 作 成 致 しておりますが その 信 憑 性 正 確

More information

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター 2016 年 6 月 30 日 経 済 レポート EU 離 脱 で 危 機 に 瀕 するロンドン 国 際 金 融 センター ~7 万 人 の 雇 用 が 英 国 から 移 転 し バーゼル 規 制 の 行 方 にも 影 響 か~ 調 査 部 主 席 研 究 員 廉 了 英 国 (ロンドン)は 米 国 (ニューヨーク)と 並 び 金 融 取 引 を 多 く 抱 える 国 際 金 融 センターとして 圧

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

世 界 の 中 の 東 京 - 世 界 の 主 要 都 市 と 比 較 した 東 京 の 都 市 力 - 既 に 東 京 は ニューヨーク パリと 並 ぶ 世 界 のトップランナーとし ての 評 価 を 確 立 しているが 今 後 世 界 一 の 都 市 を 目 指 す 上 で 東 京 が 世 界

世 界 の 中 の 東 京 - 世 界 の 主 要 都 市 と 比 較 した 東 京 の 都 市 力 - 既 に 東 京 は ニューヨーク パリと 並 ぶ 世 界 のトップランナーとし ての 評 価 を 確 立 しているが 今 後 世 界 一 の 都 市 を 目 指 す 上 で 東 京 が 世 界 世 界 の 中 の 東 京 世 界 の 主 要 都 市 と 比 較 した 東 京 の 都 市 力 世 界 の 中 の 東 京 - 世 界 の 主 要 都 市 と 比 較 した 東 京 の 都 市 力 - 既 に 東 京 は ニューヨーク パリと 並 ぶ 世 界 のトップランナーとし ての 評 価 を 確 立 しているが 今 後 世 界 一 の 都 市 を 目 指 す 上 で 東 京 が 世 界 でどのような

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63> 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 具 体 的 な 方 針 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 警 察 共 済 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 ( 以 下 基 本 的 な 方 針 という

More information

都 市 の 国 際 競 争 力 ( 世 界 の 都 市 総 合 力 ランキング) 都 市 の 国 際 競 争 力 において 我 が 国 は4 位 に 位 置 し 2020 年 までに3 位 以 内 に 入 ることを 目 標 として 掲 げているが 年 々アジアの 他 の 国 との 競 争 が 激 し

都 市 の 国 際 競 争 力 ( 世 界 の 都 市 総 合 力 ランキング) 都 市 の 国 際 競 争 力 において 我 が 国 は4 位 に 位 置 し 2020 年 までに3 位 以 内 に 入 ることを 目 標 として 掲 げているが 年 々アジアの 他 の 国 との 競 争 が 激 し 資 料 4-2 2020 年 以 降 を 見 通 した 不 動 産 投 資 市 場 の 中 長 期 的 課 題 ( 参 考 資 料 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 都 市 の 国 際 競 争 力 ( 世 界 の 都 市 総 合 力 ランキング) 都 市 の 国 際 競 争 力 において 我 が 国 は4 位 に 位

More information

第1回東京国際金融センターの推進に関する懇談会議事概要

第1回東京国際金融センターの推進に関する懇談会議事概要 第 1 回 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 平 成 26 年 10 月 10 日 ( 金 ) 午 前 10 時 30 分 ~ 正 午 日 本 証 券 業 協 会 第 1 会 議 室 伊 藤 座 長 ほか 各 委 員 議 事 概 要 1. 伊 藤 座 長 挨 拶 2. 国 際 金 融 センターとしての 東 京 市 場 の

More information

これまでの 経 緯 アジア 通 貨 危 機 (1997~1998 年 ) 以 前 アジア 諸 国 は ドル 等 の 外 貨 を 海 外 から 短 期 で 借 り 入 れ 自 国 通 貨 建 てで 国 内 の 長 期 の 融 資 を 実 施 このため 通 貨 ( 外 貨 と 自 国 通 貨 )と 期

これまでの 経 緯 アジア 通 貨 危 機 (1997~1998 年 ) 以 前 アジア 諸 国 は ドル 等 の 外 貨 を 海 外 から 短 期 で 借 り 入 れ 自 国 通 貨 建 てで 国 内 の 長 期 の 融 資 を 実 施 このため 通 貨 ( 外 貨 と 自 国 通 貨 )と 期 Ⅲ.アジア 債 券 市 場 育 成 イニシアティブ (ABMI) 2013 年 6 月 財 務 省 国 際 局 地 域 協 力 企 画 官 川 島 浩 二 これまでの 経 緯 アジア 通 貨 危 機 (1997~1998 年 ) 以 前 アジア 諸 国 は ドル 等 の 外 貨 を 海 外 から 短 期 で 借 り 入 れ 自 国 通 貨 建 てで 国 内 の 長 期 の 融 資 を 実 施 このため

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A5F835A8362836794C55F3132303530338140415345414E2B338DE096B191E5906289EF8B638BA493AF83588365815B83678381839383678169837D836A8389816A8179986195B6817A205F345F205F325F205F325F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A5F835A8362836794C55F3132303530338140415345414E2B338DE096B191E5906289EF8B638BA493AF83588365815B83678381839383678169837D836A8389816A8179986195B6817A205F345F205F325F205F325F2E646F63> 第 15 回 ASEAN+3( 日 中 韓 ) 財 務 大 臣 中 央 銀 行 総 裁 会 議 共 同 ステートメント(ポイント) 2012 年 5 月 3 日 フィリピン マニラ Ⅰ. 序 1 第 15 回 ASEAN+3 財 務 大 臣 中 央 銀 行 総 裁 会 議 を キアット 経 済 財 政 大 臣 (カ ンボジア) 及 びパク ジェワン 企 画 財 政 部 長 官 ( 韓 国 )の 共

More information

本 資 料 には 将 来 の 業 績 に 関 する 記 述 が 含 まれています こうした 記 述 は 将 来 の 業 績 を 保 証 するものではなく リスクや 不 確 実 性 を 内 包 するものです 将 来 の 業 績 は 経 営 環 境 の 変 化 などにより 目 標 対 比 異 なる 可

本 資 料 には 将 来 の 業 績 に 関 する 記 述 が 含 まれています こうした 記 述 は 将 来 の 業 績 を 保 証 するものではなく リスクや 不 確 実 性 を 内 包 するものです 将 来 の 業 績 は 経 営 環 境 の 変 化 などにより 目 標 対 比 異 なる 可 証 券 コード:8309 The Trust Bank ~ 専 門 性 と 総 合 力 を 併 せ 持 つ 新 しい 信 託 銀 行 グループ~ 2013 年 8 月 23 日 三 井 住 友 トラスト ホールディングス 株 式 会 社 常 務 執 行 役 員 北 野 幸 広 Copyright 2013 SUMITOMO MITSUI TRUST HOLDINGS, INC. INC. All rights

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

 

  受 益 者 の 皆 様 へ 毎 々 格 別 のご 愛 顧 にあずかり 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて アジア オセアニア 好 配 当 成 長 株 オー プン(1 年 決 算 型 ) は このたび 第 3 期 の 決 算 を 行 いました 当 ファンドは 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じ て 実 質 的 に 日 本 を 除 くアジア オセアニア 地 域 の 株 式 等 に 投

More information

G-REITオープン_販T(SMBC)_1604.indd

G-REITオープン_販T(SMBC)_1604.indd 販 売 用 資 料 2016 年 月 追 加 型 投 信 / 内 外 / 不 動 産 投 信 お 申 込 み 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 )ご 請 求 設 定 運 用 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 登 録 融 機 関 関 東 財 務 局 長 ( 登 ) 第 5 号 加 入 協 会 日 本 証 券 業 協 会 一 般 社 団 法 人 融 先 物 取 引 業 協 会

More information

Microsoft PowerPoint - 第14回 香港

Microsoft PowerPoint - 第14回 香港 第 14 号 (28 年 12 月 11 日 ) 香 港 の 基 本 情 報 香 港 の 総 面 積 は 東 京 都 の 約 半 分 ほどで 九 龍 香 港 島 新 界 周 辺 諸 島 の4つの 区 域 で 構 成 されて います 15 年 程 前 には 不 毛 の 岩 山 と 呼 ばれた 香 港 は 今 や 世 界 で 最 も 自 由 な 経 済 地 域 であり 世 界 屈 指 の 金 融 貿 易

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 ) 平 成 27 年 12 月 中 小 企 業 庁 < 主 な 改 正 事 項 > 新 たな 機 械 装 置 の 投 資 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 の 創 設 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 損 金 算 入 の 特 例 の 延 長

More information

目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁

目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁 資 料 3-2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 投 融 資 分 科 会 参 考 資 料 平 成 26 年 10 月 17 日 文 部 科 学 省 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁 グローバル 人 材 の 育 成 について 海 外 留 学

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

Microsoft PowerPoint - 参考資料(前田様).pptx

Microsoft PowerPoint - 参考資料(前田様).pptx 対 日 投 資 の 現 状 とJETROの 活 動 について 2015 年 6 月 21 日 日 本 貿 易 振 興 機 構 (JETRO) 対 日 投 資 部 長 前 田 茂 樹 Section 1 対 日 直 接 投 資 の 現 状 と 日 本 の 魅 力 国 際 的 に 見 た 日 本 の 対 内 直 接 投 資 の 現 状 対 日 直 接 投 資 残 高 とGDP 比 率 の 推 移 (2000~2013

More information

Microsoft Word - 101009金融危機シンポジウム

Microsoft Word - 101009金融危機シンポジウム 金 融 危 機 シンポジウム 第 2 編 危 機 後 の 金 融 界 第 2 回 日 本 の 金 融 市 場 の 活 性 化 に 向 けて 山 澤 光 太 郎 氏 株 式 会 社 大 阪 証 券 取 引 所 取 締 役 常 務 執 行 役 員 日 時 :2010 年 7 月 28 日 ( 水 ) 場 所 : 早 稲 田 大 学 日 本 橋 キャンパス ホール 報 告 日 本 の 金 融 市 場 は

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 :

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 平 成 28 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 2 月 2 日 上 場 会 社 名 横 河 電 機 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6841 URL http://www.yokogawa.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 西 島 剛 志 問 合 せ 先

More information

2 / 6 通 貨 別 配 分 比 率 (2016 年 5 月 末 ) スウェーデン クロー ナ, 1.2% オーストラリア ドル, 2.7% その 他, 4.7% 英 ポンド, 6.4% 米 ドル, 49.7% ユーロ, 35.4% 比 率 は 各 組 入 ファンドにおける 債 券 ポートフォリオ

2 / 6 通 貨 別 配 分 比 率 (2016 年 5 月 末 ) スウェーデン クロー ナ, 1.2% オーストラリア ドル, 2.7% その 他, 4.7% 英 ポンド, 6.4% 米 ドル, 49.7% ユーロ, 35.4% 比 率 は 各 組 入 ファンドにおける 債 券 ポートフォリオ 1 / 6 投 資 者 の 皆 さまへ 基 準 価 額 純 資 産 の 推 移 2016 年 6 月 30 日 現 在 ダイワファンドラップ 専 用 投 資 信 託 ダイワファンドラップ 外 国 債 券 セレクト Monthly Fund Report 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 信 託 期 間 : 平 成 19 年 11 月 1 日 から 無 期 限 基 準 日 : 2016 年

More information

経 営 財 務 12/24 号 3095 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 適 用 に 伴 う 税 効 果 会 計 に 関 するQ&A 改 正 の 公 開 草 案 例 : 個 別 F/S における 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 が 400 あったとする 連 結 修 正 仕

経 営 財 務 12/24 号 3095 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 適 用 に 伴 う 税 効 果 会 計 に 関 するQ&A 改 正 の 公 開 草 案 例 : 個 別 F/S における 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 が 400 あったとする 連 結 修 正 仕 経 営 財 務 12/17 号 3094 中 国 進 出 の 会 計 関 連 情 報 日 本 の 消 費 税 に 相 当 するものとして 増 値 税 がある 有 形 品 に 対 して 増 値 税 が 無 形 サービスに 対 しては 営 業 税 が 課 される ( 営 業 税 は 仕 入 税 額 控 除 ができない 但 し 現 在 は 増 値 税 に 統 合 される 過 程 にある 上 海 で 実 験

More information

会社説明資料(2016年3月)

会社説明資料(2016年3月) 会 社 説 明 資 料 216 年 3 月 興 銀 リース 株 式 会 社 ( 証 券 コード:8425) 1 目 次 Ⅰ. 当 社 グループの 概 要 2 Ⅱ. 当 社 グループの 事 業 戦 略 11 Ⅲ. 株 主 還 元 21 参 考 資 料 25 本 資 料 に 開 示 されているデータや 将 来 の 予 測 数 値 は 現 時 点 における 事 業 環 境 において 入 手 可 能 な 情

More information

ます これらを 活 用 でき かつ 技 術 者 派 遣 領 域 にもプラスがある その 他 技 術 系 人 材 サービ ス や 海 外 サービス に 経 営 資 源 を 投 下 することで 中 長 期 的 成 長 を 図 ります 具 体 的 サービス 例 としては 下 記 が 挙 げられます 自 動

ます これらを 活 用 でき かつ 技 術 者 派 遣 領 域 にもプラスがある その 他 技 術 系 人 材 サービ ス や 海 外 サービス に 経 営 資 源 を 投 下 することで 中 長 期 的 成 長 を 図 ります 具 体 的 サービス 例 としては 下 記 が 挙 げられます 自 動 各 位 平 成 27 年 8 月 3 日 会 社 名 テクノプロ ホールディングス 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 兼 CEO 西 尾 保 示 (コード 番 号 :6028 東 証 一 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 兼 CFO 佐 藤 博 (TEL. 03-6385-7998) 中 期 経 営 計 画 Growth 1000 の 策 定 に 関 するお 知 らせ 当

More information

日経平均と騰落レシオ

日経平均と騰落レシオ 今 さら 人 に 聞 けない!!マレーシアってどんな 国? 1 基 礎 データ 面 積 約 33 万 平 方 キロメートル( 日 本 の 約.9 倍 ) 人 口 約 2995 万 人 (213 年 マレーシア 統 計 局 ) 主 な 都 市 クアラルンプール( 首 都 ) ペナン ジョホールバル コタキナバル 南 シナ 海 をはさんで 東 西 に 分 かれている 左 側 のタイから 南 に 延 び

More information

厚生年金保険給付積立金等の管理運用の方針

厚生年金保険給付積立金等の管理運用の方針 厚 生 年 金 保 険 給 付 積 立 金 等 の 管 理 運 用 の 方 針 ( 平 成 27 年 9 月 30 日 制 定 ) 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 ( 以 下 私 学 事 業 団 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 第 7 9 条 の6 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 同 法 第 79 条 の4 第 1 項 に 規 定 する 積 立 金 基 本 指 針

More information

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378>

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378> press release 2016 年 5 月 27 日 SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 平 成 27 年 度 決 算 ( 案 )について SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 飯 沼 邦 彦 )は 本 日 平 成 27 年 度 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 決 算

More information

2016 年 8 月 31 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 債 券 評 価 額 には 経 過 利 子 を 含 めています 資 産 内 容 特 性 値 債 券 97.79% 債 券 先 物 取 引 1.61% 残 存 年 数 修 正 デュレーション 8.26

2016 年 8 月 31 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 債 券 評 価 額 には 経 過 利 子 を 含 めています 資 産 内 容 特 性 値 債 券 97.79% 債 券 先 物 取 引 1.61% 残 存 年 数 修 正 デュレーション 8.26 2016 年 8 月 31 日 基 準 価 額 の 推 移 基 準 価 額 純 資 産 総 額 30,000 26,000 22,000 150 125 100 当 月 末 前 月 末 比 基 準 価 額 19,414 円 - 169 円 純 資 産 総 額 61.22 億 円 - 0.39 億 円 18,000 14,000 10,000 6,000 0 2001/2 2004/3 2007/5

More information

【あたり】オーストラリア高配当株F_販T_毎月年2_汎用版_1606.indd

【あたり】オーストラリア高配当株F_販T_毎月年2_汎用版_1606.indd 販 売 用 資 料 2016.6 LM オーストラリア 高 配 当 株 ファンド ( 毎 月 分 配 型 )/( 年 2 回 決 算 型 ) 追 加 型 投 信 / 海 外 / 資 産 複 合 ご 留 意 いただきたい 事 項 投 資 信 託 は 値 動 きのある 有 価 証 券 等 に 投 資 しますので 価 格 変 動 リスクがあり お 受 取 金 額 が 投 資 元 金 を 大 きく 下 回

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DEC90AC9286817A8269817C827182648268827382CC938A8E918AC28BAB3230313530312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DEC90AC9286817A8269817C827182648268827382CC938A8E918AC28BAB3230313530312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 情 報 提 供 資 料 1 年 1 月 1 日 作 成 1 年 J-REIT 市 場 の 注 目 ポイント 1 年 のJ-REIT 市 場 は オフィスビル 市 況 の 改 善 継 続 や 地 価 の 底 打 ち 反 転 GPIF( 年 金 積 立 金 管 理 運 用 独 立 行 政 法 人 )によるJ-REIT 投 資 の 開 始 や 日 銀 による 買 入 れ 予 定 額 の 増 額 などさまざまな

More information

<834F838D815B836F838B947A93968A F D706C E786C736D>

<834F838D815B836F838B947A93968A F D706C E786C736D> マニュライフ グローバル 配 当 株 ファンド 商 品 概 要 商 品 分 類 決 算 日 追 加 型 投 信 / 内 外 / 株 式 毎 年 8 月 10 日 ( 休 業 日 の 場 合 は 翌 営 業 日 ) 設 定 日 信 託 期 間 2014 年 11 月 26 日 無 期 限 運 用 実 績 ファンドの 現 況 基 準 価 額 8,682 円 ( 前 月 末 比 -714 円 )

More information

2013 年度(平成25 年度)年金資産運用状況.PDF

2013 年度(平成25 年度)年金資産運用状況.PDF 2013 年 度 ( 平 成 25 年 度 ) 年 金 資 産 運 用 状 況 1. 資 産 残 高 資 産 残 高 (2014 年 3 月 末 ) 11 兆 7,520 億 円 資 産 残 高 の 推 移 ( 億 円 ) 140,000 125,985 131,943 120,000 117,661 117,520 100,000 98,978 93,097 105,730 100,584 97,545

More information

調査報告書のご案内

調査報告書のご案内 各 位 平 成 22 年 3 月 25 日 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 インターナショナル 更 生 会 社 株 式 会 社 ジャルキャピタル 管 財 人 株 式 会 社 企 業 再 生 支 援 機 構 管 財 人 片 山 英 二 調 査 報 告 書 のご 案 内 更 生 会 社 各 社 の 更 生 手 続 につきましては 関 係 者

More information

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2014年第2四半期(PDF)

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2014年第2四半期(PDF) 野 村 資 本 市 場 クォータリー 1 Autumn 個 人 金 融 資 産 動 向 :1 年 第 四 半 期 宮 本 佐 知 子 要 約 1. 日 本 銀 行 1 年 ~ 月 期 資 金 循 環 統 計 によれば 1 年 月 末 の 個 人 金 融 資 産 残 高 は 1, 兆, 億 円 ( 前 期 比 1.3% 増 前 年 比.% 増 )となった 前 年 からの 株 価 上 昇 により 家 計

More information

1. 基 本 方 針 中 期 経 営 計 画 では 基 本 方 針 を 以 下 のとおり 定 めています 引 き 続 き 国 内 にしっかりと 軸 足 を 置 きつつ グローバルな 成 長 を 取 り 込 むとともに 事 業 モデルの 進 化 変 革 に 挑 戦 します また 事 業 戦 略 を 支

1. 基 本 方 針 中 期 経 営 計 画 では 基 本 方 針 を 以 下 のとおり 定 めています 引 き 続 き 国 内 にしっかりと 軸 足 を 置 きつつ グローバルな 成 長 を 取 り 込 むとともに 事 業 モデルの 進 化 変 革 に 挑 戦 します また 事 業 戦 略 を 支 平 成 27 年 5 月 15 日 株 式 会 社 三 菱 UFJ フィナンシャル グループ (コード 番 号 8306) 中 期 経 営 計 画 について ひらの 株 式 会 社 三 菱 UFJ フィナンシャル グループ( 取 締 役 社 長 平 野 27 年 度 からの 3 年 間 を 計 画 期 間 とする 中 期 経 営 計 画 を 策 定 いたしました のぶゆき 信 行 以 下 MUFG)は

More information

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1 規 制 改 革 ホットライン へ 提 案 内 容 と 官 回 答 参 考 資 料 1 提 案 官 制 度 現 状 寄 港 地 上 陸 許 可 手 続 運 用 改 善 とトランジット ビザ 発 給 方 法 見 直 し 要 望 具 体 的 内 容 観 光 立 国 実 現 観 点 から わが 国 主 要 国 際 空 港 等 において 自 動 化 ゲート 活 用 混 雑 時 既 存 ブ ースフル 運 用 を

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx 図 解 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 税 理 士 法 人 名 南 経 営 平 成 27 年 1 月 6 日 時 点 情 報 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 医 療 用 機 器 等 の 特 別 償 却 制 度 の 延 長 縮 減 ふるさと 納 税 制 度 の 拡 充 等 NISA( 少 額 投 資 非

More information

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関 高 格 付 ニュージーランドドル 債 ファンド 2014-07 ( 早 期 償 還 条 項 付 ) 愛 称 ニュージー トライ 2014-07 単 位 型 投 信 / 海 外 / 債 券 販 売 用 資 料 2014 年 6 月 作 成 設 定 運 用 は 日 興 アセットマネジメント 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 368 号 加 入 協

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478> マーケットフォーカス(アジア 市 場 ) 15 年 月 号 各 国 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 前 年 同 期 比 )の 推 移 経 済 各 国 の 消 費 者 物 価 指 数 上 昇 率 ( 前 年 同 月 比 )の 推 移 各 国 の 政 策 金 利 の 推 移 ご 参 考 資 料 15 年 月 1 日 1 (11 年 1 1 月 期 ~1 年 1 1 月 期 四 半 期 ) インドネシア

More information

インデックス 全 体 2/7 インデックス 全 体 図 3 現 地 通 貨 建 てエマージング 債 券 ( 米 ドルベース) 騰 落 率 (2013 年 12 月 末 ~2014 年 11 月 14 日 ) 図 4 現 地 通 貨 建 てエマージング 債 券 ( 円 ベース) 騰 落 率 (2013

インデックス 全 体 2/7 インデックス 全 体 図 3 現 地 通 貨 建 てエマージング 債 券 ( 米 ドルベース) 騰 落 率 (2013 年 12 月 末 ~2014 年 11 月 14 日 ) 図 4 現 地 通 貨 建 てエマージング 債 券 ( 円 ベース) 騰 落 率 (2013 1/7 エマージング カレンシー 債 券 ファンド( 毎 月 分 配 型 ) 米 国 の 利 上 げの 影 響 について 米 国 の 経 済 が 好 調 なため 2015 年 にも 利 上 げが 行 われ エマージング 債 市 場 にマイナスの 影 響 を 与 えるのではな いかという 懸 念 が 一 部 で 見 られます これを 受 けて 米 国 の 利 上 げおよび 当 ファンドに 対 する 影

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204850977081698374834083938368838C837C815B8367816A938A8E91969E8158816092868FAC8C5E8A948EAE8E738FEA82C6837483408393836882CC96A397CD81602E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204850977081698374834083938368838C837C815B8367816A938A8E91969E8158816092868FAC8C5E8A948EAE8E738FEA82C6837483408393836882CC96A397CD81602E70707478> ファンドレポート 中 小 型 株 式 オープン < 愛 称 : 投 資 満 々> 堅 調 に 推 移 する 中 小 型 株 式 市 場 とファンドの 魅 力 販 売 用 資 料 2014 年 10 月 9 日 今 回 のレポートでは 中 小 型 株 式 オープン< 愛 称 : 投 資 満 々> の 運 用 実 績 をご 報 告 するとともに 日 本 の 中 小 型 株 式 投 資 の 注 目 ポイントについてご

More information

1.なぜ 今 国 際 会 計 制 度 改 革 なのか 2

1.なぜ 今 国 際 会 計 制 度 改 革 なのか 2 シティグループ 証 券 寄 附 講 座 グローバル 金 融 市 場 論 IFRS 強 制 適 用 の 是 非 2012 年 6 月 28 日 シティグループ 証 券 株 式 会 社 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1 丁 目 5 番 1 号 新 丸 の 内 ビルディング シティグループ 証 券 株 式 会 社 取 締 役 副 会 長 藤 田 勉, Ph.D +81-3-6270 6270-4885

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 三 井 住 友 フィナンシャルグループ 第 13 期 事 業 報 告 平 成 27 年 6 月 26 日 経 済 金 融 環 境 海 外 新 興 国 先 進 国 ( 米 国 ) 先 進 国 ( 欧 州 ) 経 済 成 長 の 勢 いを 欠 く 景 気 回 復 が 継 続 緩 やかに 持 ち 直 し Map designed by Freepik.com 経 済 金 融 環 境 国 内 消 費 税 率

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC> インドの 経 済 成 長 と 市 場 動 向 ~ 大 国 への 道 を 歩 む 静 かなる 聖 流 ~ 平 成 21 年 9 月 18 日 株 式 会 社 SBI 証 券 投 資 調 査 部 (ガンジス 川 ) 1.アジア アジアの 成 長 大 国 ( 概 略 ) 国 名 インド インド(India India) 首 都 ニューデリー ニューデリー(New Delhi)

More information

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 主 にブラジル レアル 建 てのブラジル 国 債 に 投 資 を 行 うことにより 信 託 財 産 の 中 長 期 的 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 特 色 1 主 としてブラジル レアル 建 てのブラジル 国

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 主 にブラジル レアル 建 てのブラジル 国 債 に 投 資 を 行 うことにより 信 託 財 産 の 中 長 期 的 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 特 色 1 主 としてブラジル レアル 建 てのブラジル 国 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.6.10 LM ブラジル 国 債 ファンド ( 毎 月 分 配 型 )/( 年 2 回 型 ) 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 頻 度 投 資

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

特 別 勘 定 の 名 称 : 日 本 株 式 A/ 日 本 株 式 A 終 身 ダイワ 日 本 株 オープンVA 基 準 日 : 214 年 1 月 31 日 回 次 コード : 227 基 準 価 純 資 産 の 推 移 基 準 価 純 資 産 総 期 間 別 騰 落 率 期 間 1カ 月 間 3カ 月 間 6カ 月 間 1 年 間 3 年 間 5 年 間 年 初 来 設 定 来 17,387

More information

野村ホールディングス インベスターズ・デー プレゼンテーション資料 グローバル・マーケッツ・ヘッド スティーブン・アシュレー (PDF)

野村ホールディングス インベスターズ・デー プレゼンテーション資料 グローバル・マーケッツ・ヘッド スティーブン・アシュレー (PDF) Connecting Markets East & West インベスターズ デー 野 村 ホールディングス 株 式 会 社 グローバル マーケッツ ヘッド スティーブン アシュレー 2015 年 5 月 28 日 Nomura グローバル マーケッツ ビジネスの 変 遷 税 前 利 益 の 推 移 変 遷 の 背 景 市 場 業 界 要 因 + 2013 年 1 月 以 降 日 経 平 均 が 大

More information

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる 損 保 ジャパン 本 興 亜 アセットマネジメントハウスビュー 016 年 9 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 ( 商 ) 第 351 号 加 協 会 / 般 社 団 法 投 資 信 託 協 会 般 社 団 法 本 投 資 顧 問 業 協 会 ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

158946_きらきら星_20160831_M.xlsx

158946_きらきら星_20160831_M.xlsx 10 枚 組 の1 枚 目 です 新 聞 掲 載 略 称 :きらきら # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 前 月 比 ファンド 設 定 日 H20.5.27 基 準 価 額 ( 円 ) 8,019 108 18,000 基 準 価 額 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 1,871 27 16,000 基 準 価 額 は10000 口 当 たりの

More information

2 FDI 流 入 額 のグローバルランキング 出 典 : UNCTAD 2016 年 世 界 投 資 報 告 書 2016 年 上 半 期 インベスト 香 港 は 世 界 33ヶ 国 地 域 において 262 社 の 投 資 案 件 を 支 援 しました 同 期 間 において 中 国 本 土 から

2 FDI 流 入 額 のグローバルランキング 出 典 : UNCTAD 2016 年 世 界 投 資 報 告 書 2016 年 上 半 期 インベスト 香 港 は 世 界 33ヶ 国 地 域 において 262 社 の 投 資 案 件 を 支 援 しました 同 期 間 において 中 国 本 土 から 2016 年 7 月 隔 月 版 香 港 海 外 直 接 投 資 流 入 額 で 世 界 2 位 を 維 持 国 際 連 合 貿 易 開 発 会 議 (UNCTAD)の 世 界 投 資 報 告 書 (WIR)2016 年 版 によると 香 港 は 直 接 投 資 流 入 額 で 昨 年 に 続 き 世 界 第 2 位 にランクされました UNCTADの 報 告 書 によると 2015 年 香 港 の

More information

アジア オセアニア 好 配 当 成 長 株 オープン( 毎 月 分 配 型 ) アジア オセアニア 株 式 市 場 の 見 通 し アジア オセアニアの 株 式 市 場 は 米 国 の 量 的 金 融 緩 和 策 の 早 期 縮 小 観 測 や 域 内 の 経 済 環 境 の 悪 化 に 伴 い 短

アジア オセアニア 好 配 当 成 長 株 オープン( 毎 月 分 配 型 ) アジア オセアニア 株 式 市 場 の 見 通 し アジア オセアニアの 株 式 市 場 は 米 国 の 量 的 金 融 緩 和 策 の 早 期 縮 小 観 測 や 域 内 の 経 済 環 境 の 悪 化 に 伴 い 短 当 面 のアジア オセアニア 株 式 市 場 の 見 通 し1 アジア オセアニア 株 式 市 場 の 動 向 アジア オセアニア 好 配 当 成 長 株 オープン( 毎 月 分 配 型 ) 2013 年 9 月 4 日 当 面 のアジア オセアニア 株 式 市 場 の 見 通 しにつきまして アジア オセアニア 好 配 当 成 長 株 オープン( 毎 月 分 配 型 ) が 主 な 投 資 対 象

More information

M3784-20150731.xls

M3784-20150731.xls 1 / 6 投 資 者 の 皆 さまへ 基 準 価 額 純 資 産 の 推 移 2015 年 7 月 31 日 現 在 基 準 価 額 純 資 産 総 額 期 間 別 騰 落 率 期 間 1カ 月 間 3カ 月 間 6カ 月 間 1 年 間 3 年 間 5 年 間 年 初 来 設 定 来 12,601 円 912 億 円 ファンド +1.3 % +0.6 % +0.7 % +12.6 % +56.4

More information

1. 資 産 運 標 針 7. 運 評 価 について 厚 生 年 金 国 民 年 金 の 積 立 金 の 運 用 については 将 来 にわたった 年 金 事 業 の 安 定 化 を 目 的 に 専 ら 年 金 加 入 者 の 利 益 のた め 長 期 的 な 観 点 から 安 全 かつ 効 率 的

1. 資 産 運 標 針 7. 運 評 価 について 厚 生 年 金 国 民 年 金 の 積 立 金 の 運 用 については 将 来 にわたった 年 金 事 業 の 安 定 化 を 目 的 に 専 ら 年 金 加 入 者 の 利 益 のた め 長 期 的 な 観 点 から 安 全 かつ 効 率 的 資 料 2-1 厚 生 年 金 国 民 年 金 積 立 金 の 性 格 法 規 制 等 について 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 7 月 30 日 ( 火 ) 1. 資 産 運 標 針 7. 運 評 価 について 厚 生 年 金 国 民 年 金 の 積 立 金 の 運 用 については 将 来 にわたった 年 金 事 業 の 安 定 化 を 目 的 に 専 ら 年 金 加 入 者 の 利 益 のた

More information

「日本における投資信託の現状と課題」

「日本における投資信託の現状と課題」 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 テーマ B ブロック 日 本 における 投 資 信 託 の 現 状 と 課 題 関 西 大 学 商 学 部 田 村 ゼミナール B( 川 野 班 ) 目 次 はじめに.....2 第 1 章 投 資 信 託 の 概 要... 3 第 1 節 投 資 信 託 とはなにか....3 第 2 節 投 資 信 託 をめぐる 法 制 度... 4 第 3

More information

平成28年度税制改正に関する要望

平成28年度税制改正に関する要望 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 日 証 協 平 成 27 年 9 月 本 協 会 投 資 信 託 協 会 全 国 証 券 取 引 所 は 今 般 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 を 取 りまとめた 本 要 望 は 我 が 国 が 経 済 の 好 循 環 を 維 持 し 持 続 的 な 成 長 を 実 現 するためには 日 本 再 興 戦 略 (

More information

商 品 分 類 および 属 性 区 分 表 当 ファンドの 商 品 分 類 および 属 性 区 分 は 以 下 のとおりです 単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 海 外 株 式 属 性 区 分 投 資 対 象

商 品 分 類 および 属 性 区 分 表 当 ファンドの 商 品 分 類 および 属 性 区 分 は 以 下 のとおりです 単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 海 外 株 式 属 性 区 分 投 資 対 象 使 用 開 始 日 214 年 4 月 26 日 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 日 興 UBSアジア 株 式 リスク コントロール ファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 株 式 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です 当 ファンドに 関 する 投 資 信 託 説 明 書 ( 請 求 目 論 見 書 )を

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 地 方 職 員 共 済 組 合 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カンボジア 投 資 セミナー( 日 本 アセアンセンター 駐 日 カンボジア 王 国 大 使 館 主 催 ) カンボジアでのビジネスの 可 能 性 ~カンボジアへの 投 資 促 進 に 関 する 調 査 結 果 を 踏 まえて~ 2006 年 11 月 15 日 : 名 古 屋 11 月 17 日 : 東 京 JICAカンボジア 国 経 済 政 策 支 援 調 査 団 1 目 次 1. 調 査 の

More information

法律・制度 Monthly Review 2014.9

法律・制度 Monthly Review 2014.9 その 他 法 律 2014 年 10 月 14 日 全 11 頁 法 律 制 度 Monthly Review 2014.9 法 律 制 度 の 新 しい 動 き 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 9 月 の 法 律 制 度 に 関 する 主 な 出 来 事 と 9 月 に 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 が 作 成 公 表 した レポート 等 を 一 覧 にまとめた

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

Microsoft Word _受益者向けレター.doc

Microsoft Word _受益者向けレター.doc 受 益 者 の 皆 様 へ 2010 年 5 月 10 日 キャピタル インターナショナル 株 式 会 社 基 準 価 額 の 動 向 と 今 後 の 投 資 環 境 について キャピタル 世 界 株 式 ファンド ギリシャの 財 政 悪 化 に 伴 う 信 用 不 安 を 発 端 に 世 界 の 株 式 市 場 が 大 きく 下 落 しています 4 月 27 日 には 大 手 格 付 会 社 がギリシャ

More information

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財 様 式 1) 計 画 書 目 次 [ 経 済 局 ] 5 款 1 項 2 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 28 年 度 27 年 度 増 減 28-27) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 企 誘 致 促 進 3,174,89 3,173,552 3,158,145 3,157,191 15,944

More information

スライド 1

スライド 1 当 月 は 新 興 国 株 式 市 場 新 興 国 債 券 市 場 ともに 上 昇 し ました また 新 興 国 は 対 で 全 般 に 上 昇 しました 米 国 の 経 済 指 標 の 改 善 に 加 え ギリシャ 支 援 で 合 意 に 達 するなど 欧 州 債 務 問 題 に 進 展 が 見 られたことから リス ク 資 産 への 資 金 流 入 が 継 続 しました 金 融 政 策 に 関

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

公的年金をスリム化し社会保障費を軽減する英国年金制度

公的年金をスリム化し社会保障費を軽減する英国年金制度 欧 州 経 済 2013 年 12 月 9 日 全 7 頁 公 的 年 金 をスリム 化 し 社 会 保 障 費 を 軽 減 する 英 国 年 金 制 度 物 価 連 動 国 債 の 投 資 へ 傾 斜 する 英 国 年 金 ユーロウェイブ@ 欧 州 経 済 金 融 市 場 Vol.14 ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅 野 泰 夫 研 究 員 沼 知 聡 子 [ 要 約 ] 近 年

More information

ファンドの 特 色 1. 成 長 が 期 待 される 米 国 株 式 (S&P5)およびS&P5VIX 短 期 先 物 指 数 ( 以 下 VIX 先 物 指 数 と いいます ) 1 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とし 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 目 指 して

ファンドの 特 色 1. 成 長 が 期 待 される 米 国 株 式 (S&P5)およびS&P5VIX 短 期 先 物 指 数 ( 以 下 VIX 先 物 指 数 と いいます ) 1 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とし 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 目 指 して ファンドの 特 色 1. 成 長 が 期 待 される 米 国 株 式 (S&P5)およびS&P5VIX 短 期 先 物 指 数 ( 以 下 VIX 先 物 指 数 と いいます ) 1 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とし 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドでは ベクター 戦 略 の 投 資 成 果 を 実 質 的 に 享

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 図 4-5 証 券 決 済 インフラの 現 状 要 約 版 の 図 4-1 : 証 券 決 済 インフラ : 当 該 機 能 を 部 分 的 にサポートしているインフラ :メッセージの 授 受 ストリートサイド カスタマーサイド 短 期 社 債 投 信 注 文 出 来 約 定 各 取 引 所 照 合 ( 決 済 照 合 システム) JBネット 機 能 (MACキー 授 受 ) ( 決 済 照 合 システム)

More information

マンスリーレポート 野 村 ワールド バランス ストラテジー マザーファンド の 資 産 内 容 資 産 別 構 成 比 ( 純 資 産 比 ) REIT その 他 ( 2) 5.3% 外 国 債 券 44.1% その 他 の 資 産 7.6% 国 内 株 式 0.0% 外 国 株 式 ( 1) 3

マンスリーレポート 野 村 ワールド バランス ストラテジー マザーファンド の 資 産 内 容 資 産 別 構 成 比 ( 純 資 産 比 ) REIT その 他 ( 2) 5.3% 外 国 債 券 44.1% その 他 の 資 産 7.6% 国 内 株 式 0.0% 外 国 株 式 ( 1) 3 運 用 実 績 マンスリーレポート 運 用 実 績 の 推 移 11,000 10,500 10,000 9,500 基 準 価 額 ( 分 配 金 再 投 資 ) 基 準 価 額 ( 左 軸 ) 純 資 産 ( 右 軸 ) ( 設 定 日 前 日 =10,000 として 指 数 化 : 日 次 ) 9,000 16/05 16/06 16/07 16/08 ( 億 円 ) 上 記 の 指 数 化

More information

Microsoft Word - 300044_ハリアー_表紙.doc

Microsoft Word - 300044_ハリアー_表紙.doc 月 次 運 用 レポート 作 成 基 準 日 : 2016 年 6 月 30 日 資 料 作 成 日 : 2016 年 7 月 15 日 明 治 安 田 外 国 債 券 ファンド< 愛 称 >ハリアー 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 投 資 信 託 ご 購 入 時 の 注 意 事 項 ファンドの 取 得 のお 申 込 みを 行 う 場 合 には 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目

More information

組 入 上 位 10 銘 柄 (マザーファンド) 銘 柄 名 通 貨 発 行 国 / 地 域 業 種 1 WELLTOWER INC アメリカ ドル アメリカ ヘルスケアREIT 4.7% 2 SIMON PROPERTY GROUP INC アメリカ ドル アメリカ 店 舗 用 REIT 4.1%

組 入 上 位 10 銘 柄 (マザーファンド) 銘 柄 名 通 貨 発 行 国 / 地 域 業 種 1 WELLTOWER INC アメリカ ドル アメリカ ヘルスケアREIT 4.7% 2 SIMON PROPERTY GROUP INC アメリカ ドル アメリカ 店 舗 用 REIT 4.1% 投 信 協 会 商 品 分 類 追 加 型 投 信 / 海 外 / 不 動 産 投 信 設 定 日 2014 年 11 月 20 日 決 算 日 原 則 9 月 15 日 運 用 実 績 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 基 準 価 額 純 資 産 総 額 基 準 価 額 は 分 配 金 控 除 後 です 10,281 円 0.96 億 円 基 準 価 額 純 資 産 の 推 移 ( 単

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

予 測 される 東 京 の 将 来 の 姿 ( 案 ) 付 表 目 次 資 料 3 付 表 番 号 タ イ ト ル 参 照 1 東 京 の 人 口 の 推 移 第 7 回 資 料 2 東 京 の 将 来 人 口 推 計 ( 年 齢 3 分 別 ) 第 7 回 資 料 3 東 京 の 高 齢 者 世 帯 の 推 移 第 7 回 資 料 4 町 村 別 合 計 特 殊 出 生 率 第 7 回 資 料 5

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

中 期 経 営 計 画 に 示 されている ゆうちょ 銀 行 のビジネスモデルの 方 向 性 中 期 経 営 計 画 ( 平 成 27 年 4 月 )に 記 載 されている ゆうちょ 銀 行 の 様 々な 方 策 を 大 きく 分 類 すると 以 下 の3つの 方 向 性 となる 1. 資 金 運

中 期 経 営 計 画 に 示 されている ゆうちょ 銀 行 のビジネスモデルの 方 向 性 中 期 経 営 計 画 ( 平 成 27 年 4 月 )に 記 載 されている ゆうちょ 銀 行 の 様 々な 方 策 を 大 きく 分 類 すると 以 下 の3つの 方 向 性 となる 1. 資 金 運 資 料 137-1-2 ご 説 明 資 料 平 成 27 年 9 月 11 日 金 融 庁 中 期 経 営 計 画 に 示 されている ゆうちょ 銀 行 のビジネスモデルの 方 向 性 中 期 経 営 計 画 ( 平 成 27 年 4 月 )に 記 載 されている ゆうちょ 銀 行 の 様 々な 方 策 を 大 きく 分 類 すると 以 下 の3つの 方 向 性 となる 1. 資 金 運 用 リスク

More information

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 ( 法 第 3 8 条 の8 第 1 項

More information

1. 主 な 金 融 商 品 に 対 する 課 税 商 品 名 利 益 の 内 訳 課 税 方 法 所 得 区 分 預 貯 金 利 子 20% 源 泉 分 離 利 子 所 得 利 付 債 利 子 20% 源 泉 分 離 利 子 所 得 売 却 益 ( 損 ) 非 課 税 ( 損 はなかったものとされ

1. 主 な 金 融 商 品 に 対 する 課 税 商 品 名 利 益 の 内 訳 課 税 方 法 所 得 区 分 預 貯 金 利 子 20% 源 泉 分 離 利 子 所 得 利 付 債 利 子 20% 源 泉 分 離 利 子 所 得 売 却 益 ( 損 ) 非 課 税 ( 損 はなかったものとされ 資 料 4 証 券 税 制 について 平 成 22 年 5 月 31 日 金 融 庁 1. 主 な 金 融 商 品 に 対 する 課 税 商 品 名 利 益 の 内 訳 課 税 方 法 所 得 区 分 預 貯 金 利 子 20% 源 泉 分 離 利 子 所 得 利 付 債 利 子 20% 源 泉 分 離 利 子 所 得 売 却 益 ( 損 ) 非 課 税 ( 損 はなかったものとされる) - 償 還

More information

PowerPoint 簡報

PowerPoint 簡報 アジア 太 平 洋 布 陣 勝 機 の 第 一 選 択 台 湾 自 由 経 済 示 範 区 2/34 要 綱 台 湾 : 投 資 の 最 良 選 択 台 湾 投 資 の 目 玉 : 自 由 経 済 示 範 区 示 範 区 の 特 長 と 優 遇 措 置 示 範 区 の 発 展 重 点 示 範 区 園 区 の 紹 介 示 範 区 の 連 絡 先 3/34 台 湾 : 投 資 の 最 良 選 択 台 湾

More information

中国:金融市場改革を加速へ

中国:金融市場改革を加速へ MARKET INSIGHTS Market Bulletin 2015 年 8 月 13 日 中 国 : 金 融 市 場 改 革 を 加 速 へ 要 旨 中 国 人 民 銀 行 は 11 日 から3 日 連 続 で 人 民 元 の 基 準 レートを 引 き 下 げた これらの 措 置 は 輸 出 拡 大 による 景 気 刺 激 というより 金 融 市 場 改 革 の 一 部 と 見 られる 中 央

More information

Japan Tax Newsletter

Japan Tax Newsletter Japan Tax Newsletter 税 理 士 法 人 トーマツ 2015 年 1 月 臨 時 号 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 概 要 1 法 人 税 率 の 引 下 げ P. 2 2 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 等 P. 2 3 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 等 の 見 直 し P. 3 4 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入

More information