Part 1 基 本 情 報 *7 月 17 日 ~18 日 断 食 明 け 祭 日 7 月 30 日 国 王 即 位 記 念 日 8 月 14 日 サハラ 奪 回 記 念 日 8 月 20 日 革 命 記 念 日 8 月 21 日 青 年 の 日 *9 月 24 日 ~25 日 羊 犠 牲 祭 *

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Part 1 基 本 情 報 *7 月 17 日 ~18 日 断 食 明 け 祭 日 7 月 30 日 国 王 即 位 記 念 日 8 月 14 日 サハラ 奪 回 記 念 日 8 月 20 日 革 命 記 念 日 8 月 21 日 青 年 の 日 *9 月 24 日 ~25 日 羊 犠 牲 祭 *"

Transcription

1 Part 1 基 本 情 報 Part 1 基 本 情 報 1.モロッコプロフィール (1) 正 式 名 称 ( 和 文 )モロッコ 王 国 ( 英 文 )Kingdom of Morocco ( 仏 語 )Royaume du Maroc (2) 政 体 立 憲 君 主 制 (3) 首 都 ラバト (4) 面 積 44 万 6,550 平 方 km( 西 サハラを 除 く) (5) 人 口 32,987,206 人 (2014 年 7 月 : 世 銀 統 計 ) (6) 民 族 アラブ 人 ベルベル 人 (7) 言 語 公 用 語 :アラビア 語 ベルベル 語 官 公 庁 ビジネス 言 語 :フランス 語 その 他 :スペイン 語 ( 北 部 モ ロッコ) (8) 宗 教 イスラム 教 (99%) (9) 略 史 紀 元 前 12 世 紀 頃 よりフェニキア カルタゴ ローマの 侵 入 を 受 ける( 先 住 民 はベルベル 人 ) 7 世 紀 アラブ 人 の 侵 入 8 世 紀 イスラム 王 朝 成 立 16 世 紀 現 王 朝 の 基 礎 となるアラウィット 王 朝 成 立 1860 年 スペインが 北 部 モロッコの 貿 易 を 支 配 1912 年 フランスの 保 護 領 となる 1956 年 独 立 1975 年 西 サハラ 非 武 装 越 境 大 行 進 1991 年 西 サハラ 停 戦 1997 年 二 院 制 を 導 入 1999 年 7 月 モハメッド 6 世 が 即 位 (10) 在 留 日 本 人 383 人 (2014 年 10 月 : 外 務 省 HP) (11) 気 候 南 東 部 の 砂 漠 地 帯 を 除 けば 気 候 はおおむね 地 中 海 性 気 候 である 夏 は 暑 いが 比 較 的 乾 燥 して おり 冬 は 温 暖 で 雨 が 降 り しのぎやすい 南 下 するに 従 い 気 候 は 大 陸 的 になり 山 岳 地 帯 では 冬 の 気 温 が 摂 氏 0 度 以 下 に 下 がり 降 雪 もある 参 考 CIA The Word Fact Book 2. 業 務 のための 基 礎 データ (1)JICA 事 務 所 の 概 要 住 所 :N 9, Impasse Al Melia, Lotissement Falah, Lot 9, Agdal Riad Rabat 連 絡 先 : 国 番 号 :212 地 域 番 号 :0537(モロッコでは 必 ず 地 域 番 号 が 必 要 ) 電 話 : /96 /97 /98 /99 FAX : 執 務 時 間 :8:30~12:00 13:00~16:30 ラマダン 中 :8:30~14:30( 途 中 休 憩 なし) 休 日 : 土 曜 日 日 曜 日 および 下 記 祝 日 (2015 年 ) 1 月 1 日 ~3 日 行 政 機 関 の 休 日 ( 日 本 ) 1 月 4 日 モハメッド 生 誕 日 1 月 11 日 独 立 要 求 記 念 日 5 月 1 日 メーデー 5 月 4 日 緑 の 日 ( 日 本 ) モロッコ 1

2 Part 1 基 本 情 報 *7 月 17 日 ~18 日 断 食 明 け 祭 日 7 月 30 日 国 王 即 位 記 念 日 8 月 14 日 サハラ 奪 回 記 念 日 8 月 20 日 革 命 記 念 日 8 月 21 日 青 年 の 日 *9 月 24 日 ~25 日 羊 犠 牲 祭 *10 月 15 日 イスラム 暦 元 旦 11 月 6 日 緑 の 行 進 記 念 日 11 月 18 日 独 立 記 念 日 *12 月 24 日 ~25 日 モハメッド 生 誕 祭 12 月 30 日 ~31 日 行 政 機 関 の 休 日 ( 日 本 ) 計 19 日 備 考 : (1)* 印 はイスラム 暦 による 祝 日 のため 日 にちは 確 定 ではなく 数 日 間 ずれる 可 能 性 がある (2)ラマダン( 断 食 月 )の 開 始 から 断 食 明 け 祝 日 夏 期 長 期 休 暇 (7 月 中 旬 ~8 月 下 旬 )の 期 間 は 調 査 団 等 の 派 遣 を 避 けた 方 がよい (2)JICA 事 務 所 周 辺 地 図 事 務 所 までの 交 通 空 港 から 日 本 からの 来 訪 者 が 利 用 する 主 要 な 国 際 空 港 は 2 ヶ 所 あり 通 常 は JICA 事 務 所 に 近 いラバト サレ 空 港 を 利 用 する しかし 便 数 路 線 数 は もうひとつのカサブランカ 郊 外 のハブ 空 港 であるカサ ブランカ モハメッド 5 世 空 港 の 方 が 多 い ラバト サレ 空 港 からラバト 市 内 に 向 かう 公 共 交 通 手 段 はないので 送 迎 が 必 要 である 事 務 所 ま では 車 で 30 分 程 度 を 要 する JICA 関 係 者 の 場 合 は 事 務 所 が 送 迎 を 手 配 する 便 の 運 行 状 況 は 適 宜 事 務 所 が 確 認 するので 便 が 遅 れたりしても 基 本 的 には 対 応 するが 万 が 一 空 港 で 事 務 所 関 係 モロッコ 2

3 Part 1 基 本 情 報 者 と 会 えなかった 場 合 は 空 港 インフォメーションカウンターに 問 い 合 わせ Grand Taxi(グラン タク シー)を 利 用 することもできる グラン タクシーは 1 台 当 たり 200DH( 空 港 インフォメーションの 規 定 料 金 )かかる カサブランカ 空 港 の 場 合 も 基 本 的 には 事 務 所 が 送 迎 するが カサブランカ 空 港 は 鉄 道 もアクセ スしている カサブランカ 市 内 (Casa Port)まで 45 分 ラバトに 直 行 する 場 合 は Casa Port 駅 もしく はCASA Voyageurs 駅 で 乗 り 換 える ( 列 車 により 乗 換 駅 が 異 なる ) ラバト 中 央 駅 までは 1 時 間 半 程 度 かかる また タクシーを 利 用 して カサブランカ 市 内 まで 40 分 ラバト 市 内 まで 1 時 間 30 分 程 度 を 要 する ラバト 市 内 の 移 動 プチタクシーの 利 用 が 一 般 的 ラバト 市 内 のプチタクシーは 青 に 統 一 されており 早 朝 や 遅 い 時 間 でも 比 較 的 多 く 走 っている 事 務 所 は 市 内 ハイ リアド 地 区 にあるスーパーマーケット ACIMA から 徒 歩 4~5 分 のところに 位 置 するため タクシー 運 転 手 には Supermarché ACIMA Hay Riad (ス ーペルマルシェ アシマ ハイ リアド)と 伝 えると 良 い 料 金 はメーター 制 で ラバト 中 心 地 からは 25 ~30DH 程 度 である (3) 日 本 との 時 差 日 本 との 時 差 :マイナス 9 時 間 (グリニッジ 標 準 時 と 同 じ) サマータイム サマータイム :3 月 30 日 ~10 月 26 日 ( 日 本 との 時 差 :-8 時 間 )( 毎 年 異 なるため 要 確 認 ) (4) 祝 日 官 公 庁 の 休 日 土 曜 日 日 曜 日 および 下 記 祝 日 (2016 年 ) 祝 日 : 1 月 1 日 元 旦 1 月 11 日 独 立 要 求 記 念 日 5 月 1 日 メーデー *7 月 6 日 ~7 日 断 食 明 け 7 月 30 日 国 王 即 位 記 念 日 8 月 14 日 サハラ 奪 回 記 念 日 8 月 20 日 革 命 記 念 日 8 月 21 日 青 年 の 日 *9 月 12 日 ~ 13 日 羊 犠 牲 祭 *10 月 3 日 イスラム 暦 元 旦 11 月 6 日 緑 の 行 進 記 念 日 11 月 18 日 独 立 記 念 日 *12 月 14 日 ~15 日 モハメッド 生 誕 日 備 考 :* 印 はイスラム 暦 による 祝 日 のため 日 にちは 確 定 ではなく 数 日 間 ずれる 可 能 性 がある (5)ビジネスアワー 官 庁 :8:30~16:30( 土 日 休 み) (ラマダン 中 は 9:00~15:00) 銀 行 :8:15~15:45( 月 ~ 金 ) 9:15~12:30( 土 ) (ラマダン 中 は 9:15~14:15( 月 ~ 金 )) 商 店 ( 個 人 営 業 の 小 型 商 店 ) :10:00~13:00 15:30~19:00( 主 要 都 市 以 外 のほとんどの 店 は 日 曜 休 業 ) モロッコ 3

4 Part 1 基 本 情 報 (6) 言 語 業 務 :フランス 語 アラビア 語 英 語 を 話 せるモロッコ 人 関 係 者 も 多 少 いる ホテル 買 い 物 食 事 :フランス 語 が 通 用 する 一 般 商 店 :アラビア 語 のモロッコ 方 言 が 主 だが フランス 語 も 通 じる 大 きな 市 場 に 行 けば 簡 単 な 英 語 は 通 じる (7) 通 貨 通 貨 :ディルハム(DH) (1 ディルハム=100 サンチーム) (8) 通 貨 レート 為 替 レート :1DH=12.96 円 1 米 ドル= ディルハム 1 ユーロ= ディルハム (2015 年 10 月 29 日 現 在 ) 最 新 の 為 替 レートは 以 下 のサイトで 確 認 のこと OANDA.com ) (9) 関 係 機 関 在 外 日 本 関 係 機 関 日 本 大 使 館 住 所 :39, Avenue. Ahmed Balafrej, Souissi, Rabat 電 話 : /83/84 領 事 部 : FAX: URL:http://www.ma.emb-japan.go.jp モロッコの 関 係 官 公 庁 < 外 務 協 力 省 (Ministère des Affaires Etrangères et de la Coopération)> 所 在 地 :7, Avenue F. Roosevelt - Rabat, Maroc 電 話 : , , /24/25, FAX: URL:http://www.diplomatie.ma < 内 務 省 (Ministère de l'intérieur)> 所 在 地 :Avenue Mohammed V, Quartier administratif, Rabat 電 話 : / FAX: < 経 済 財 政 省 (Ministère de l Economie et des Finances)> 所 在 地 :Avenue Mohammed V, Quart. Adm. Chellah, Rabat 電 話 : ~08 FAX: URL:http://www.finances.gov.ma < 貿 易 投 資 デジタル 経 済 産 業 省 (Ministère de l'industrie, du Commerce, de l'investissement et de l'economie Numérique ) > 所 在 地 :Avenue Mohammed V, Quartier administratif, Rabat 電 話 : / FAX: URL:http://www.mcinet.gov.ma < 農 業 漁 業 省 (Ministère de l'agriculture et de la Pêche Maritime )> 農 業 局 Département de l Agriculture 所 在 地 :Quartier Adm. Place Abdellah Chefchaouni, B.P.607 Rabat 電 話 : , FAX: モロッコ 4

5 Part 1 基 本 情 報 URL :http://www.agriculture.gov.ma 漁 業 局 Département de la Pêche Maritime)> 所 在 地 :Quartier Administratif, Haut Agdal, Rabat 電 話 : FAX: /35 URL:http://www.mpm.gov.ma < 設 備 運 輸 ロジスティック 省 (Ministère de l'equipement, des Transports et de la logistique)> 設 備 省 所 在 地 :1, Avenue Ghandi, Quartier Admistratif, Rabat 電 話 : /52/53 FAX: 運 輸 省 所 在 地 :Bd. Ma-Al-Ainine 電 話 : FAX: < 国 民 教 育 職 業 訓 練 省 (Ministère de l'education Nationale,et de la Formation professionnelle)> 所 在 地 :Bab Rouah, Rabat 電 話 : FAX: < 高 等 教 育 科 学 研 究 幹 部 養 成 省 (Ministère de l'enseignement supérieur, de la recherche scientifique et de la formation des cadres)> 所 在 地 : Avenue Bouregreg-Hassan,Rabat 電 話 : / FAX: URL:ttp://www.enssup.gov.ma < 文 化 省 (Ministère de la Culture)> 所 在 地 :1, Rue Ghandi, Rabat 電 話 : FAX: < 保 健 省 (Ministère de la Santé)> 所 在 地 :335, Bd. Mohammed V, Rabat 電 話 : / / FAX: < 青 年 スポーツ 省 (Ministère de la Jeunesse et des Sport)> 所 在 地 : Avenue Ibn Sina-Rabat-Agdal 電 話 : /23/24 FAX: URL:http://www.mjs.gov.ma <エネルギー 鉱 山 水 環 境 省 (Ministère de l Energie, des mines, de l eau et de l environnement)> エネルギー 鉱 山 局 Département de l Energie et des Mines 所 在 地 : Rue Abou Marouane Essaadi BP : Rabat Instituts Haut Agdal - Rabat モロッコ 5

6 Part 1 基 本 情 報 電 話 : FAX: URL:http://www.mem.gov.ma 水 道 局 Département de l Eau 所 在 地 : Rue Hassan Benchekroun, Agdal Rabat, BP Rabat Chellah 電 話 : FAX: URL:http://www.water.gov.ma 環 境 局 Département de l Environnement 所 在 地 : N 9, Avenue Al Araar, 420/1 Secteur 16, Hay Riad, Rabat 電 話 : FAX: URL:http://www.environnement.gov.ma < 連 帯 女 性 家 族 社 会 開 発 省 (Ministère de la Solidarité, de la femme, de la famille et du développement social)> 所 在 地 : 47,Bd Ibn Sina-Agdal-rabat 電 話 : FAX: URL:http://www.social.gov.ma (10) 有 用 サイト ( 外 務 省 各 国 地 域 情 勢 ) ( 外 務 省 渡 航 関 連 情 報 ) ( 国 の 基 本 情 報 や 政 府 の 動 向 ( 仏 語 )) ( 国 営 マグレブアラブ 通 信 社 最 新 国 内 ニュース( 英 仏 西 語 )) ( 世 界 銀 行 国 別 ページに 経 済 データ 援 助 動 向 等 記 載 ( 英 仏 語 )) モロッコ 6

7 Part 2 生 活 情 報 生 活 情 報 は 特 に 記 載 のない 限 り JICA 事 務 所 のある 都 市 の 情 報 を 中 心 に 掲 載 しています 1.ホテル 住 宅 1-1 ホテル モロッコは 北 アフリカ 有 数 の 観 光 国 であることから 観 光 都 市 にはホテルが 多 数 ある 宿 泊 料 は 日 本 と 比 べれば 割 安 であるが 部 屋 の 内 容 が 料 金 に 見 合 わな いことも 多 い 一 般 に 水 周 りの 工 事 が 弱 いため ランクの 高 いホテルに 宿 泊 する 場 合 でも 最 初 にトイレ シャワー 等 を 確 認 した 方 がよい 政 府 要 人 の 訪 問 や 公 式 行 事 があると 予 約 をしていても 一 方 的 に 取 り 消 されることがある 電 話 予 約 の 後 にファクシミリを 入 れ ホテルからもファクシミリで 確 認 表 を 受 け 取 るのが 無 難 である ほとんどのホテルは 長 期 滞 在 に 応 じてくれるが 滞 在 期 間 の 長 短 によ って 料 金 は 変 わらない クレジットカードは 機 械 の 故 障 で 使 えないことがあるほ か スキミング 被 害 も 報 告 されているため 現 金 払 いが 無 難 日 本 人 がよく 利 用 するラバト 市 内 のホテルは 次 のとおりである ( 単 位 :ディルハム 以 下 DHと 表 す) <ラバト 市 内 のホテル> Hotel Sofitel Rabat Jardin des Roses 住 所 :BP450 Suissi 10000, Rabat 電 話 : FAX: URL:http://www.sofitel.com/fr/home/index.shtml クレジットカード:VISA MasterCard American Express インターネット:WiFi La Tour Hassan (ツール ハッサン) ソントル ヴィル 地 区 住 所 :26, Rue Chellah Bp 14, Rabat 電 話 : FAX: URL:http://latourhassan.com/ クレジットカード:VISA, Master Card, American Express, Dinerss インターネット:WiFi Hotel Diwan (ディワン) ソントル ヴィル 地 区 住 所 :Place de l'unité Africaine, Rabat 電 話 : FAX: モロッコ 7

8 URL : on/index.shtml クレジットカード:VISA MasterCard American Express インターネット:WiFi Hotel Rabat (ラバト) ソントル ヴィル 地 区 住 所 :sis 21 avenue Chellah, Rabat 電 話 : FAX: URL:www.hotelrabat.com クレジットカード:VISA, Master Card, American Express インターネット:WiFi Golden Tulip Farah (ゴールデンチョーリップファラ) ソントル ヴィル 地 区 住 所 :Place du 16 Novembre, Rabat 電 話 : FAX: URL:http://www.goldentulipfarahrabat.com/ 料 金 :シングル: 1490~2300DH ダブル:1700~2800 DH シーズンによって 値 段 が 変 わる ( 朝 食 込 ) クレジットカード:VISA, Master Card, American Express インターネット:WiFi Villa Mandarine (ビラ マンダリン) 住 所 :19 Rue Oulad Bousbaa Souissi 10000, Rabat 電 話 : FAX: シングル: 2100DH ダブル:2300 DH( 朝 食 込 ) クレジットカード:VISA MasterCard American Express インターネット:WiFi Hotel Oumlil (ウムリル) アグダル 地 区 住 所 :31, Avenue Okba Agdal, Rabat 電 話 : FAX: クレジットカード:VISA MasterCard インターネット:WiFi ケーブル モロッコ 8

9 Hotel BELERE (ベレール) ソントル ヴィル 地 区 住 所 :33, Avenue Moulay Youssef, Rabat 電 話 : FAX: クレジットカード:VISA MasterCard インターネット:WiFi Hotel Majliss (マジュリス) ソントル ヴィル 地 区 住 所 :6, rue Zahla, Rabat 電 話 : FAX: URL:http://www.majlisshotel.ma/ シングル:999.90DH ダブル:1,299.60DH ( 朝 食 込 ) クレジットカード:VISA, Master Card インターネット:WiFi Mercure Rabat Sheherazade(メルキュール ラバト シェヘラザード) ハッサ ン 地 区 住 所 :21, Rue de Tunis, Hassan, Rabat 電 話 : /28 FAX: URL:http://www.mercure.com/gb/home/index.shtml 料 金 :シングル943DH DH クレジットカード:VISA MasterCard インターネット:WiFi(レセプション 近 辺 ) Hotel Le Piétri (ル ピエトリ) ソントル プラスピエトリ 住 所 :4, Rue Tobrouk Rabat 電 話 : FAX: URL:http://www.lepietri.com/hotel.html クレジットカード:VISA, Master Card インターネット:WiFi Hotel Atlantic Agdal (アトランチック) アグダル 地 区 住 所 :20, avenue Atlas Agdal Agdal 電 話 : FAX: モロッコ 9

10 URL:www.atlanticagdal.com シングル:1,320DH ダブル:1,540DH ( 朝 食 込 ) クレジットカード:VISA, Master Card インターネット:WiFi B&B Hotel Rabat-Medina (ビーアンドビーホテルラバト-メディナ) ソントル ヴィル 地 区 住 所 :2, Rue Ghandi, Quartier Hassan, Rabat 電 話 : FAX : クレジットカード:VISA MasterCard インターネット:WiFi ケーブル Hotel OURIDA (ウリダ) アグダル 地 区 住 所 :14, Rue El Achari Agdal, Rabat 電 話 : FAX: クレジットカード:VISA MasterCard インターネット:WiFi( 有 料 ) Hotel IBIS MOUSSAFIR (イビス ムサフィール) アグダル 地 区 住 所 :Place de la Gare de Agdal 10000, Rabat 電 話 : FAX: URL:http://www.ibishotel.com/gb/home/index.shtml 料 金 :シングル943DH~ ダブル DH~ クレジットカード:VISA MasterCard インターネット:WiFi(レセプション 近 辺 ) Le MIHAD (ル ミハド) アグダル 地 区 住 所 :7, Avenue Atlas Agdal Rabat 電 話 : FAX: シングル:825DH ダブル:980DH ( 朝 ごはん 込 ) クレジットカード:VISA, Master Card, American Express インターネット:WiFi 1-2 住 宅 事 情 ラバトの 居 住 地 区 は 住 居 のタイプによって 大 まかに 2 分 される 傾 向 にある 日 本 人 は アパート(Appartement)であれば 繁 華 街 に 近 いアグダル(JICA 事 務 所 から 車 で 10 分 程 度 )もしくはハイリアド( 同 5 分 ) 一 戸 建 て(Villa)であればハ モロッコ 10

11 イリアドに 多 く 住 んでいる アグダルは 繁 華 街 であるため 便 利 である 一 方 マナーの 悪 い 若 者 が 集 まる 傾 向 にあり 騒 音 や 渋 滞 が 問 題 になることもある ハイリアドはこれまで 一 戸 建 て が 中 心 の 高 級 住 宅 地 であったが 近 年 は 大 規 模 アパートやオフィスビルが 増 え ており それに 合 わせて 商 業 施 設 も 増 えている ラバトでは 近 年 不 動 産 価 格 高 騰 の 傾 向 にある 一 戸 建 ての 家 賃 は 1.5 万 ~ 2 万 DH アパートの 家 賃 は 2~4LDK の 間 取 りで 8 千 ~2 万 DH が 相 場 海 外 の 住 居 には 家 具 付 きも 多 いが モロッコでは 家 具 付 きアパートはあるものの 家 具 付 きの 一 戸 建 てを 探 すのは 難 しい 管 理 費 (アパートの 場 合 )や 光 熱 費 を 考 慮 すると 家 賃 の 他 にも 月 々1 千 ~4 千 DH 程 必 要 となる また 一 戸 建 ての 場 合 警 備 員 (Gardien)の 傭 上 を 推 奨 す る 赴 任 当 初 に 入 居 できる 1ヵ 月 10,000~15,000 DHの 家 具 台 所 付 きのアパー トもあるが 数 は 多 くない 1-3 住 宅 の 探 し 方 一 般 的 には 不 動 産 業 者 に 依 頼 し 下 見 時 に 治 安 買 い 物 通 勤 交 通 の 利 便 性 を 考 慮 して 決 める 住 宅 街 を 車 で 回 り 近 くの 警 備 員 などに 尋 ねると 空 い ている 家 やアパートを 教 えてくれることがある その 足 で 下 見 をし 家 主 を 紹 介 し てもらうことも 可 能 である 2 大 日 刊 紙 Le Matin L'Opinion の 住 宅 案 内 欄 も 活 用 できる なお 最 も 物 件 が 空 くのは 外 国 人 の 勤 務 交 代 時 期 にあたる6 月 末 ~8 月 末 頃 である <アパート 一 軒 家 を 紹 介 してくれる 不 動 産 会 社 > IMMO CLAIR SERVICE 住 所 :40, Rue abou Derr, Agdal 担 当 者 :Mr.ahmed EL KHRIBI( 英 語 が 話 せる) 電 話 : FAX: CABINET AKKOR 住 所 :37, Rue Jabal Tazaka, n 4(angle av.de France), Agdal 担 当 者 :Mr.Abdelhanine AKKOR 電 話 : FAX: COBELLO Immo Rue Ouad Ziz, Sis 47 appt. 4, Agdal Rabat4, Agdal Rabat 担 当 者 :Mr.Olivier BOLOT DE FAUCOGNEY( 英 語 が 話 せる) 電 話 : FAX: モロッコ 11

12 <インターネット 上 から 検 索 > Bikhir.ma:URL /www.bikhir.ma/fr ABOUSAID IMMO SERVICES:URL:/www.ab-immoservices.ma Immo Clair Service :http://www,immoservice.ma COBELLO Immo:http://www.cobello.ma 1-4 住 宅 選 定 上 の 留 意 点 日 本 人 は 家 賃 をしっかり 払 い 家 もきれいに 扱 うので 日 本 人 の 入 居 を 希 望 す る 家 主 は 多 い 物 件 は 豊 富 にあるので 無 理 に 古 い 家 に 入 る 必 要 はなく あせら ずに 何 軒 か 見 て 決 めるとよい 一 般 に 治 安 はよいが 防 犯 設 備 とし 窓 の 鉄 柵 入 口 扉 には 少 なくとも2つの 鍵 があることが 望 まれる 入 居 に 先 立 ち 安 全 対 策 クラークに 希 望 物 件 を 確 認 しても らい 必 要 な 安 全 対 策 を 指 示 してもらう これら 安 全 対 策 は 入 居 前 に 家 主 に 改 善 を 要 求 するとよい なお 鍵 は 入 居 後 に 全 部 取 り 替 えるのが 望 ましい 自 家 用 車 を 所 有 する 場 合 ガレージは 必 須 である アパートの 場 合 は 建 物 の 地 下 にガレージがあることが 多 いが 出 入 り 口 の 坂 が 急 過 ぎる 中 の 設 計 が 狭 すぎて 擦 りやすいといった 難 点 があるため 車 を 入 れやすい 構 造 であるかどう かも 確 認 した 方 がよい 古 い 家 のほとんどは 冷 暖 房 が 付 いていない しかし モロッコの 住 宅 は 夏 を 涼 しく 過 ごすことに 重 点 を 置 いているため 冷 房 が 取 り 付 けられていない 住 居 も 多 々ある 近 年 冷 房 が 必 要 である 日 も 多 いので 大 家 と 交 渉 し 入 居 前 に 据 え 付 けてもらうことをお 勧 めする 一 方 で 冬 は 室 内 が 非 常 に 冷 え 込 むので 暖 房 機 器 は 必 須 である 一 戸 建 ての 場 合 は 暖 炉 が 付 いている 家 もある 給 排 水 給 電 とも 問 題 は 少 ないが 入 居 時 に 水 回 りには 十 分 注 意 する 必 要 が ある モロッコでは 水 回 りのトラブルが 多 いため 大 家 に 信 用 のおける 配 管 工 (Plombier)を 教 えてもらうと 便 利 である ガスは 都 市 ガスはなくプロパンガスを 使 う 風 呂 は 電 気 湯 沸 かし 器 が 一 般 的 であるが ガス 瞬 間 湯 沸 かし 器 が 設 置 されていることもある 過 去 にガス 漏 れに よる 死 亡 事 故 もあり 安 全 対 策 上 モロッコ 事 務 所 では 電 気 湯 沸 かし 器 に 限 定 し ている ガス 瞬 間 湯 沸 かし 器 が 設 置 されている 場 合 は 家 主 に 交 換 を 要 求 すると よい 湯 沸 かし 器 のタンク 容 量 は 多 くの 種 類 があるが 日 本 人 は 入 浴 などに 多 く の 湯 を 使 うため 100L 以 上 の 大 き 目 のタンクを 選 ぶのが 無 難 である アパートには 管 理 人 がいるが 一 戸 建 ての 場 合 は 警 備 員 を 雇 うのが 望 ましい 住 み 込 みの24 時 間 体 制 にする 場 合 は 警 備 員 用 居 室 がある 家 を 探 すことが 最 低 条 件 となる できれば 居 住 者 と 警 備 員 の 出 入 り 口 が 別 に 備 えてある 造 りだと なおよい また 住 み 込 みの 使 用 人 を 雇 う 場 合 は 使 用 人 用 のトイレと 浴 室 があ る 家 がよい アパートの 場 合 屋 上 や 共 同 スペースが 洗 濯 干 場 の 場 合 洗 濯 物 が 紛 失 することがあるので 干 場 専 用 スペースがあると 便 利 である 入 居 前 に 家 を 点 検 し 不 備 がある 場 合 は 家 主 に 修 理 を 依 頼 すること また 入 モロッコ 12

13 居 前 に 清 掃 殺 虫 を 業 者 に 依 頼 できる 入 居 前 に 発 生 する 整 備 費 は 原 則 家 主 負 担 となるが 未 対 応 のままで 入 居 して 不 備 が 発 生 した 場 合 費 用 が 家 主 負 担 になるとは 限 らない 事 前 に 家 主 と 十 分 話 し 合 い 修 繕 同 意 書 を 取 り 付 けること が 望 ましい 1-5 住 宅 の 契 約 契 約 書 の 内 容 は 家 主 の 氏 名 住 所 借 り 手 の 氏 名 住 所 契 約 期 間 支 払 い 方 法 月 額 家 賃 特 記 事 項 等 である 通 常 家 賃 にはガレージ 使 用 料 共 益 費 などが 含 まれる 含 まれていない 場 合 は 特 記 事 項 に 記 入 される 契 約 期 間 は 通 常 1 年 で その 後 双 方 のいずれからも1カ 月 または2カ 月 前 に 書 留 による 契 約 解 消 の 予 告 がない 場 合 は 自 動 的 に 更 新 される 法 律 上 家 賃 は3 年 間 据 え 置 きだが その 後 3 年 毎 に8%を 上 限 に 値 上 げできることとなっている 契 約 時 に は 通 常 下 記 のものが 必 要 となる 1カ 月 分 の 家 賃 ( 支 払 い 先 : 家 主 ) 通 常 家 賃 1カ 月 相 当 分 の 保 証 金 ( 支 払 い 先 : 家 主 ) 保 証 金 は 退 去 時 の 修 繕 費 に 当 てられる 他 残 った 額 は 最 終 月 の 家 賃 と 相 殺 される 家 賃 1カ 月 相 当 分 の 仲 介 料 プラス 税 金 20%( 支 払 い 先 : 不 動 産 業 者 ) 契 約 書 3 通 通 常 は 家 主 又 は 不 動 産 業 者 が 準 備 するが モロッコ 事 務 所 も フォーマットを 用 意 している 内 容 を 確 認 してから 双 方 がサインし それぞ れ1 通 ずつ 保 管 し 残 りの1 通 は 区 役 所 に 提 出 する 設 備 の 修 繕 の 必 要 がある 場 合 は 契 約 前 に 要 求 し 家 主 負 担 による 修 繕 同 意 書 をとっておくこと 電 気 給 排 水 は 入 居 前 に 家 主 同 伴 でチェックする 入 居 し てから 水 電 気 系 統 のトラブルが 発 生 することがあるので 家 主 とあらかじめ 修 理 についてよく 話 し 合 っておくこと 必 要 なら 特 記 事 項 欄 に 書 き 込 む 住 宅 を 明 け 渡 すときには 原 則 として 元 の 状 態 に 戻 しておくことが 契 約 書 に 明 記 されている 補 修 が 必 要 な 場 合 は 個 人 的 に 行 わず 文 書 で 家 主 の 承 諾 を 得 る のが 適 切 家 具 付 き 物 件 の 場 合 は 入 居 前 に 家 主 と 家 具 のリストを 作 成 し 家 具 の 状 態 を 確 認 して 双 方 が 署 名 する 1-6 ガス 水 道 などの 手 続 きと 管 理 光 熱 費 等 は 入 居 者 自 身 が 契 約 する ラバトの 場 合 水 道 電 気 はRedal( 電 気 水 道 会 社 )が 料 金 徴 収 をしている 一 方 電 話 は 主 要 な 会 社 が3 社 ほど 存 在 し 最 大 手 はMaroc Telecomである Redalに 手 続 きをすれば 1~2 日 で 水 道 電 気 のメーターを 付 けてくれる 入 居 時 点 で 既 にメーターが 付 いており 使 用 できる 状 態 になっている 場 合 は 入 居 前 に 契 約 者 を 確 かめること 契 約 者 が 前 の 入 居 者 であれば 家 主 とともにRedal へ 行 き 契 約 をやり 直 す 必 要 がある 家 主 名 義 になっている 場 合 は トラブルが 起 きないよう 支 払 い 条 件 を 契 約 書 に 記 載 する Redalは 毎 月 1 回 水 道 代 と 電 気 代 を 合 わせた 請 求 書 を 郵 送 してくるので 指 モロッコ 13

14 定 された 期 限 前 にRedalに 支 払 いに 行 く 支 払 っても 後 日 督 促 が 来 るトラブル も 多 いので 領 収 書 は 保 管 すること 電 話 は 居 住 地 区 担 当 営 業 所 で 手 続 きを 行 えば 2~3 日 で 電 話 がつながる 電 話 代 は 月 1 回 請 求 書 が 送 られてくる 支 払 期 限 前 までに 電 話 料 金 を 担 当 営 業 所 で 支 払 う Redalと 同 じく 支 払 いに 関 するトラブルが 多 いので 領 収 書 は 保 管 すること 後 任 者 に 同 じ 電 話 番 号 を 引 き 継 ぐ 場 合 過 去 の 領 収 書 も 引 き 継 ぐと よい 請 求 書 が 来 ないからといって 放 置 しておくと 突 然 停 められるので 注 意 ガスは 雑 貨 店 (épicerie)か 配 達 業 者 からプロパンガスを 買 う 最 初 はボンベ の 貸 し 出 し 代 も 必 要 であるが 次 回 からは 中 身 のガス 代 のみとなる 電 話 をして 頼 むと 運 んできてくれるので 設 置 してもらったら 代 金 とチップを 支 払 う 1-7 家 電 (1) 電 圧 電 圧 は220V 周 波 数 は50ヘルツである (2)コンセント モジュラージャックの 形 プラグの 種 類 形 状 は ヨーロッパと 同 じ(C 型 プラグ)である 日 本 から 持 ち 込 んだ 電 気 製 品 を 使 用 する 場 合 は 連 結 用 プラグでつなぐ 連 結 用 プラグは 現 地 でも 簡 単 に 入 手 できる 電 圧 が 違 う 場 合 は 変 圧 器 をつける 必 要 がる 容 量 の 大 きい 変 圧 器 は 現 地 では 入 手 困 難 (3) 家 電 製 品 < 現 地 で 調 達 できるもの> 一 般 家 電 はほとんど 手 に 入 る 外 国 製 品 のほか 日 本 製 品 も 多 く 出 回 ってお り 日 本 から 持 ってくる 必 要 はあまりない しいて 無 い 物 を 挙 げれば 炊 飯 器 であ る パソコン プリンターも 多 数 販 売 されているが 日 本 語 対 応 ソフト 日 本 語 キー ボードは 入 手 困 難 なので 日 本 国 内 で 購 入 するのが 無 難 1-8 家 具 保 険 該 当 情 報 なし 1-9 その 他 住 宅 の 設 計 が 甘 く 窓 から 雨 が 吹 き 込 んだり 戸 の 下 から 水 が 入 ってきたりす ることがある 電 線 を 伝 って 雨 水 が 室 内 に 流 れ 込 むという 被 害 もあった 家 や ベランダ 付 きのアパートを 借 りる 際 は モロッコの 住 宅 に 知 見 のある 先 人 と 意 見 交 換 し 慎 重 に 下 見 をする 必 要 がある 2. 衣 料 など 2-1 衣 料 全 般 (1) 一 般 事 情 首 都 ラバトは 年 間 を 通 じて 比 較 的 温 暖 であるが 夏 はそれなりに 暑 く 綿 や モロッコ 14

15 麻 の 製 品 が 涼 しく 過 ごしやすい 一 方 で 雨 季 となる11~3 月 は 日 照 が 少 なくなっ て 冷 え 込 む モロッコの 住 宅 は 保 温 効 果 が 極 めて 低 く 特 に 室 内 の 冷 え 込 みは 非 常 に 厳 しい 一 般 家 屋 では 暖 房 の 備 えが 不 十 分 なので セーター カーディガ ンなど 基 本 的 には 日 本 の 冬 と 同 じものを 準 備 したほうがよい 防 寒 下 着 防 寒 タイツ レッグウオーマーなども 特 に 中 高 年 には 必 要 である アフリカだから という 思 い 込 みは 準 備 不 足 を 招 きがちなので 要 注 意 衣 料 は モロッコ 製 品 の 他 に 主 にフランス スペイン 中 国 からの 輸 入 品 があ る 上 質 のものは 少 ないが H&M ZARA Etam GAP といった 欧 米 系 の 量 販 グループも 進 出 しており 一 通 りのものは 揃 う 特 にカサブランカの 大 きなモールにはモードを 反 映 した 商 品 やヨーロッパのブランド 高 級 店 も 入 ってい る ただし 袖 が 日 本 製 品 より 長 い 規 格 で 素 材 が 肌 に 合 わないことも 多 いため 四 季 に 合 わせた 一 そろいは 日 本 から 持 参 することを 勧 める (2) 日 本 から 持 参 したほうがよい 衣 料 < 紳 士 用 > スーツ ワイシャツ ブレザー セーター コート ネクタイ( 日 本 人 向 きのデザ インは 少 ない)など 中 高 年 は 防 寒 着 ( 特 に 足 元 ) < 婦 人 用 > 春 秋 用 合 服 ブレザー マキシドレス レセプション 用 ワンピース ワンピース ブラウス スカート スラックス セーター カーディガン コート パンティストッキ ング 下 着 類 ( 高 級 下 着 も 入 手 可 能 だが 高 価 である)など 中 高 年 は 防 寒 着 ( 特 に 足 元 ) < 子 供 用 乳 幼 児 用 > 一 般 的 な 子 供 衣 料 は 入 手 可 能 外 出 用 あるいは 高 級 品 は 滞 在 期 間 中 の 成 長 に 合 わせて 各 種 サイズを 取 り 揃 えておいてもよいが 使 用 する 機 会 は 限 定 的 (3) 現 地 で 調 達 したほうがよい 衣 料 乳 幼 児 子 供 の 普 段 着 は 現 地 で 調 達 できる 製 品 で 十 分 間 に 合 う 紙 おむつ もスーパーマーケットでパンパースなどが 入 手 できる 寝 具 類 もモロッコ 製 で 十 分 間 に 合 う マットレス 枕 毛 布 敷 布 掛 布 団 タオル( 日 本 と 大 きさが 違 う)など はMarjane 家 具 店 タオル 専 門 店 で 入 手 できる モロッコ 製 の 靴 はかかとが 減 りやすいが 何 足 かを 交 互 に 履 くなどすれば 問 題 ない 近 年 ヨーロッパブランドもショッピングモールに 出 店 しているので ハンド バッグ 等 も 現 地 でも 各 種 揃 えることが 可 能 である 下 着 寝 間 着 なども 入 手 できる テーブルクロス ナプキンなどはモロッコ 刺 繍 の 施 されたものが 各 種 ある 中 国 製 品 も 多 い 2-2 礼 装 (1)パーティー 男 性 はスーツにネクタイ 女 性 はワンピースまたはスーツが 一 般 的 外 交 関 係 モロッコ 15

16 のパーティーに 招 かれる 機 会 もあることから 女 性 は 礼 装 を 持 っていると 便 利 (2) 式 典 例 年 天 皇 誕 生 日 祝 賀 レセプションが 大 使 公 邸 で 催 される 男 性 は 平 服 ( 背 広 ) でよい 女 性 は 着 物 姿 も 見 かけるが ワンピースなどの 平 服 で 問 題 ない 例 年 大 使 公 邸 で 祝 賀 会 が 催 される 天 皇 誕 生 日 は12 月 のため 防 寒 対 策 も 考 えてお いた 方 がよい モロッコの 祝 祭 日 の 式 典 には パーティー 用 の 服 装 でよい 外 国 人 がモロッコ 式 の 正 装 を 要 求 されることはない 配 属 機 関 の 行 事 では 男 女 ともにスーツが 無 難 だが 女 性 の 場 合 はワンピース あるいはブラウスとスカートでもよい (3) 冠 婚 葬 祭 葬 儀 の 際 は なるべく 地 味 な 服 装 をすること しかし 黒 服 は 避 けたほうがよい モロッコ 人 は 男 女 とも 白 のジュラバ( 民 族 衣 装 )が 正 装 である モロッコ 女 性 は 髪 をスカーフで 隠 す (4)その 他 の 留 意 点 着 物 を 着 ると 珍 しがられて 喜 ばれるが 着 付 けは 自 分 で 手 配 する 必 要 があ る 良 質 の 礼 服 は 入 手 が 困 難 なので 男 性 はスーツ 女 性 はワンピースを 持 参 す るとよい 2-3 洗 濯 仕 立 て 修 繕 保 管 (1) 洗 濯 洗 濯 を 使 用 人 に 頼 む 場 合 には 洗 剤 糊 漂 白 剤 の 使 用 方 法 ( 分 量 注 意 点 ) や 電 気 洗 濯 機 の 使 い 方 を 懇 切 丁 寧 に 伝 え 間 違 いなく 使 えると 確 認 してから 任 せるとよい 衣 類 は 強 い 太 陽 光 線 水 質 洗 剤 の 質 の 関 係 で 傷 みが 早 い 高 価 な 衣 類 は 自 分 で 洗 濯 するなどの 配 慮 が 必 要 洗 濯 機 用 ネット 袋 は 入 手 が 困 難 なので 十 分 な 量 を 持 参 したほうがよい アイロン アイロン 台 電 気 洗 濯 機 などは 現 地 調 達 できるので 持 参 する 必 要 はない ドライクリーニング 店 は 多 数 あり 丁 寧 な 仕 上 げの 店 もある ラバトでは 下 記 の 店 がある Macro Sec 住 所 :Ave Al Melia, City Center Riad Rabat 電 話 : 備 考 :チェーン 店 で ラバトには 数 件 ある (2) 仕 立 て 修 繕 決 して 技 術 は 高 くないが 安 価 でそれなりに 仕 上 げてくれる 気 に 入 った 生 地 モロッコ 16

17 を 買 い 仕 立 屋 に 持 ち 込 むのが 一 般 的 仕 立 てる 前 に デザインや 寸 法 を 細 かく 打 ち 合 わせるが 既 製 品 を 持 ち 込 み それを 見 本 にしてもよい すそ 上 げは15~20DH 程 度 でできる かけはぎができる 店 もある (3) 保 管 防 虫 剤 は 外 国 製 (スペイン フランス) 及 び 国 産 品 がスーパーで 入 手 可 能 防 湿 剤 はあまり 見 かけない ラバトは 比 較 的 湿 気 が 多 いので 全 ての 材 質 の 衣 料 を 時 々 陰 干 しするのがよい 毛 皮 革 製 品 の 保 管 を 依 頼 できるところはない 革 製 品 の 修 理 を 頼 むことはできる(Le Maroquin Marjane Hay Riadの 中 ) 2-4 美 容 院 理 髪 店 都 市 には 美 容 院 が 多 数 ある しかし 男 性 の 多 くは 住 居 周 辺 のモロッコ 人 が 使 う 安 い 店 で 済 ますことが 多 く 女 性 の 場 合 は 一 時 帰 国 するまで 切 らないことも 多 い 外 国 人 が 主 に 利 用 しているラバトの 美 容 院 は 次 のとおり Jacques Desssange(ジャックデサンジュ) 住 所 :1, Ahmed Balafrej, Souissi, Rabat 電 話 : 備 考 : 日 本 にも 支 店 があるフランス 系 のチェーン 美 容 室 カットは 男 性 150DH 女 性 300DH Lucie Saint-Claire (ルシー サンクレア) 住 所 : 2, Av. Michlifen, Agdal, Rabat 電 話 : 備 考 :カット 男 性 130DH 女 性 300DH フランス 系 チェーン 店 上 記 の 美 容 室 は 他 所 より 値 段 が 高 く カット(シャンプー ブロー 含 む)が250~ 320DH モロッコの 美 容 室 では パーマは 一 般 的 でなく 美 容 師 も 日 本 人 の 毛 質 に 慣 れていないため 勧 められない 一 般 的 な 店 では カットが70~100DH 程 度 ブローが50~80DHである 理 髪 店 は, 新 市 街 の 高 級 店 からメディナの 店 まで 多 数 ある だいたいの 値 段 は カット ブローが30~100DH ひげ 剃 りが10DHである ヘアリキッドその 他 ヨーロッパ 製 が 広 く 出 回 っている 3.チップ 3-1 チップ 事 情 (1) 習 慣 の 有 無 モロッコにはチップの 習 慣 がある ホテル レストラン カフェや 人 に 何 かを 頼 んだりする 場 合 にはチップが 必 要 と 考 えてよい (2) 各 種 サービスに 対 するチップ ボーイに 買 い 物 を 頼 んだ 場 合 などは 1 回 あたり2~10DH ホテル 等 ではホテ ル 到 着 時 に 荷 物 を 部 屋 までボーイが 運 んだ 場 合 は5~10DH カフェでは 小 銭 レストランでは 支 払 額 の 約 10% 程 度 が 一 般 的 モロッコ 17

18 4. 食 生 活 4-1 外 食 (1) 一 般 事 情 ラバトでは レストランは 中 心 街 であるソントル ヴィル 地 区 繁 華 街 であるアグ ダル 地 区 新 興 住 宅 地 のハイリアド 地 区 主 要 幹 線 であるRoute des Zaërs 沿 い に 多 い レストランの 種 類 は モロッコ 料 理 をはじめとするマグレブ 料 理 フランス 料 理 イタリア 料 理 地 中 海 料 理 などのヨーロッパの 料 理 和 食 中 華 と 多 岐 に わたる また アメリカ 系 のファスト フード 店 が 進 出 している 他 カフェも 多 い 料 金 は ファスト フードでは 安 いところもあるが レストランは 日 本 とあまり 変 わらな い また アルコールが 提 供 されない 飲 食 店 が 多 いので 目 的 に 応 じて 事 前 に 調 べておくと 良 い (2) 飲 食 店 日 本 人 がよく 利 用 するレストランは 次 のとおりである フランス 料 理 店 イタリア 料 理 店 ホテル 内 のレストランは 大 人 数 または 人 を 招 待 する 時 には 予 約 を 入 れた 方 が 無 難 である 少 人 数 での 食 事 であれば 予 約 はほとんど 必 要 ない チップは 店 のランクに 合 わせて 総 額 の5~10% 未 満 程 度 の 見 当 で 出 せばよい(お 釣 りの 小 銭 程 度 を 残 すだけの 人 もいる) なお 最 近 で はサービス 料 が 予 め 課 せられているケースもあるので その 場 合 にはチップは 不 要 < 日 本 料 理 > Matsuri (まつり) 1スイシー 地 区 住 所 :155 av. Mohammed VI, routes des 電 話 : ハイリアド 地 区 住 所 :13, Résidence «Les Camélias» Hay 電 話 :: 備 考 :フランスのチェーン 店 で 日 本 人 がアドバイザーになっている 回 転 寿 司 で あるが 人 気 がある 大 人 数 のときは 要 予 約 月 曜 週 休 バーがあり アルコー ルも 飲 める Kiotori (キオトリ) 1スイシー 地 区 住 所 :Av. Mohammed VI, Megamall, Souissi. 電 話 : ハイリアド 地 区 住 所 :Mahaj Riad, Hay Ryad 電 話 : 備 考 : 寿 司 焼 き 鳥 刺 身 などが 食 べられるが アルコールは 無 い 経 営 者 は 日 本 人 ではない YOKA Sushi (ヨカスシ) 1 住 所 :1, Avenue Al Abtal, Agdal, Rabat モロッコ 18

19 電 話 : 住 所 :Avenue Al Maouz(Derrière de siège de Maroc Telecom), Rabat 電 話 : 備 考 : 日 本 料 理 寿 司 焼 き 鳥 など 酒 不 可 Restaurant Petit Beur Dar Tajine (レストラン ダール タジン)ソントル ヴィル 地 区 住 所 :8, Rue Damas, Centre Ville, Rabat 電 話 : 備 考 :モロッコ 料 理 新 市 街 のBalimaホテルの 裏 側 手 ごろな 料 金 日 曜 閉 店 Ouazzani (ワッザニ) 住 所 :Place Ibn Yassine, Agda 電 話 : 備 考 :モロッコ 料 理 ブロシェット ハリラスープなど 地 元 の 人 々から 人 気 のあるレ ストラン 酒 不 可. As Iam (アシィアム) 住 所 :32, av. Al Arrar, Hay Riad 電 話 : 備 考 :アジア 料 理 フォーやファッタイなども 食 べられる 料 金 も 手 ごろ Site Tiananmen ( 天 安 門 ) 住 所 :12, Rue Bruxelle (Rue en face de l ancienne eglise espagnole,ocean, Rabat 電 話 : 備 考 : 中 国 料 理 場 所 が 少 々 辺 鄙 なラバトの 下 町 にあるが 安 価 でおいしい 酒 不 可 Villa Mandarine (ヴィラ マンダリン) 住 所 :19, Rue Ouled Boussabah, Souissi 電 話 : 備 考 : 本 格 的 なフランス 料 理 ホテル Villa Mandarine 内 にある 料 金 は 高 め 手 ごろなランチセットメニューもあり 緑 いっぱいの 庭 に 面 するテラスでの 食 事 が おすすめ 要 予 約 Picolo s (ピコロ) 住 所 :149, Av. Mohammed VI (Route de Zaers) 電 話 : FAX: 備 考 :フランス イタリア 料 理 料 理 に 定 評 がある テラスでの 食 事 が 気 持 ちよい 料 金 は お 酒 を 含 めひとり 300DH と 高 め La Veranda (ラ.ベランダ) 住 所 :1, Rue Abou Inane, Entrée par l Institut Français モロッコ 19

20 電 話 : FAX: 備 考 :フレンス 料 理 (カジュアル) フランス 文 化 センター 内 にある 安 価 なフレンチ 質 料 金 ともお 勧 め Ty Potes (ティポト) 住 所 :11, Rue Ghafsa, Hassan 電 話 : 備 考 :フランス 料 理 フランス 文 化 センターの 裏 手 にある 本 格 的 なフレンチでは なく 気 軽 なビストロ おしゃれな 雰 囲 気 Finzi (フィンジ) 住 所 :Angle Av. Mohammed VI, Rue Ahmed Rifaï, Complexe Pristige Souissi 電 話 : 備 考 :イタリア 料 理 内 装 料 理 ともお 勧 め 料 金 は 少 々 高 め O Goethe 2.0 住 所 :26, Avenue Oqba Bnou Nafiaa, Agdal 電 話 : 備 考 :ドイツゲーテ 文 化 会 館 にあったレストランがアグダルに 移 動 したもの カジュアルな 雰 囲 気 で 若 者 でにぎわっている メニューには 載 っていないが 好 き なピザ サラダを 選 べるハーフのコンボメニュはボリューム 質 値 段 も 手 ごろで おすすめ La Mamma (ラ マンマ) 住 所 :6, Rue Tanta ( 新 市 街 ホテル Balima の 裏 手 ) 電 話 : 備 考 :イタリア 料 理 地 元 の 人 々でにぎわう 昔 からのレストラン 大 人 数 の 場 合 は 予 約 が 必 要 Latium (ラティウム) 住 所 :16, Av. Anakhil, Hay Riad 電 話 : / 備 考 :イタリア 料 理 新 しいおしゃれなレストランで 味 もよく 料 金 も 手 ごろ Paul (ポール) 住 所 :82, Av. des Nations Unies Agdal 電 話 : 備 考 : 軽 食 およびフランス 料 理 パンを 中 心 としたフランスの 軽 食 チェーン 店 1 階 がカフェ 軽 食 2 階 はレストラン 魚 や 肉 料 理 などメニューもある 支 店 がスー パーCarrefour Souissi のフードコート 内 ハイリアドの MajhRiad 内 にある モロッコ 20

21 Sa caleta (サカレタ) 住 所 :Centre Commercial Prestige. Angle Av. Mohamed 6 et Av. Ahmed Rifai. Souissi 電 話 : 備 考 : 各 種 タパスがそろうスペインパブレストラン Al Marsa (アルマルサ) 住 所 :Port de Plaisance, Marina de Bouregreg Salé 電 話 : スペインレストラン: イタリアンレストラン: 備 考 :ヌーレグレグ 川 沿 いのハーバーにある 高 級 レストラン Tapeo(タペオ) 住 所 :Locaux 52-54, Immeuble Mahaj Riyad, Hay Riad 電 話 : 備 考 :スペイン 料 理 タパスもそろう La Cuchara(ラ クチャラ) 住 所 :Avenue Annakhil, (Hay Riad), Rabat 電 話 : 備 考 :スペイン 料 理 新 鮮 な 魚 介 類 を 料 理 してくれる 料 金 は 高 いが 味 は 良 い 4-2 食 料 (1) 一 般 事 情 モロッコは 広 大 な 土 地 に 恵 まれており 食 料 生 産 のポテンシャルは 十 分 である が 灌 漑 整 備 が 進 んでいないため 天 候 の 影 響 を 受 けやすい ただし 政 府 によ る 食 糧 管 理 緊 急 輸 入 制 度 が 発 達 しており 食 糧 不 足 に 陥 る 心 配 はない 主 要 農 産 物 は 小 麦 柑 橘 類 オリーブ 甜 菜 トウモロコシ トマト そのほか 各 種 野 菜 豆 類 などである 野 菜 と 果 物 は 概 して 新 鮮 で 味 もよく 安 値 であるが 泥 などがついていることもあるのでよく 洗 う 必 要 がある 米 コーヒー お 茶 ( 紅 茶 と 中 国 茶 ) 砂 糖 なども 豊 富 に 出 回 っている 肉 類 や 魚 類 も 容 易 に 入 手 できる また 乳 製 品 もモロッコ 製 フランス 製 とも 入 手 できる 食 品 加 工 業 はかなり 発 展 しているが 輸 入 加 工 品 も 豊 富 に 出 回 っている ラバ トでは 食 用 油 (オリーブ 油 ヒマワリ 油 アルガン 油 など) 乳 製 品 魚 類 の 缶 詰 ハム ソーセージ 類 果 物 の 缶 詰 ジュース ジャム 類 めん 類 (パスタ 春 雨 ビ ーフン 即 席 ラーメン) チョコレートやビスケット 類 などが 豊 富 である 酒 類 は ビ ール ワインが 国 内 生 産 されており 安 く 入 手 できる 輸 入 のアルコールも 豊 富 に 出 回 っており タイミングが 良 ければ 日 本 酒 ( 月 桂 冠 )も 入 手 できる 概 ねスーパーマーケットでは 生 鮮 食 料 品 はショーケースに 入 れてパックで 販 モロッコ 21

22 売 している (2) 主 な 食 品 の 出 回 り 状 況 < 米 > 米 は どの 地 区 にもある エピスリ と 呼 ばれる 乾 物 店 やスーパーマーケットで 売 られており 日 本 人 の 口 にも 合 う 日 本 米 に 近 いCIGALA( 赤 い 海 老 の 写 真 の 袋 )など 日 本 米 の 味 に 近 い 短 粒 米 が 購 入 できる <その 他 穀 物 豆 類 > 小 麦 粉 はパン 用 とお 菓 子 用 があり 袋 詰 め 量 り 売 りで 売 られている 主 食 で ある 小 麦 粉 の 値 段 は 国 の 価 格 統 制 が 敷 かれているので 常 に 安 価 に 買 える モロッコ 人 が 好 んで 食 べる クスクス は 蒸 したクスクス( 粒 上 にしたセモリナ 粉 ) に 煮 込 んだ 野 菜 と 肉 または 魚 を 汁 とともにかけた 料 理 で 日 本 人 の 口 にも 合 う クスクスも 量 り 売 りと 袋 詰 が 豊 富 に 出 回 っており エピスリでも 入 手 できる 穀 物 豆 類 としては 大 豆 白 インゲン 小 豆 ポップコーン 用 干 しトウモロコシなどがあ るが 日 本 産 とは 種 類 が 若 干 異 なり 色 艶 風 味 が 異 なる デーツ(ナツメヤ シ) クルミ ピーナツ アーモンド 干 しブドウなど 木 の 実 類 は 美 味 である 麺 類 については 多 種 多 様 なパスタが 入 手 可 能 である 他 中 華 麺 ヴェトナム の 米 麺 がスーパーで 入 手 可 能 <パン> バゲット ノーマル(フランスパン) ホブスという 名 の 丸 いモロッコパンが 一 般 的 で これらは 価 格 統 制 により 安 く 買 える(どの 店 でも 約 1~2DH)が 同 じバゲット でも オリーブ 等 が 添 加 されている 種 類 は 高 くなる パンはエピスリやパン 専 門 店 ( 値 段 は 高 め)で 買 え 焼 きたてのパンは 温 かくおいしい また モロッコ 人 は 日 常 的 に 自 宅 でパンを 焼 いているので 料 理 上 手 な 家 政 婦 を 雇 っている 場 合 は 頼 めばオーブンで 焼 いてくれる < 肉 > 一 般 的 な 肉 として 牛 羊 鶏 七 面 鳥 の4 種 類 が 売 られており その 他 には 山 羊 鴨 ダチョウ 豚 うずら 兎 馬 ラクダも 売 られている 肉 の 自 給 率 は 100%に 近 く マルシェ( 市 場 )や 肉 店 で 豊 富 に 出 回 っている ハムなどの 食 品 加 工 も 盛 んである 牛 肉 の 値 段 は 日 本 の2 分 の1くらい(1kgで 約 100~150DH)で あるが 日 本 のような 霜 降 りの 肉 は 存 在 しない 鶏 肉 は 生 きたものをその 場 で 締 めて 売 る 店 もあるが 多 くは 日 本 同 様 パックで 売 っている ただし 胸 肉 を 除 き 骨 付 きで 販 売 している 鶏 挽 肉 はあまり 出 回 らず 七 面 鳥 挽 肉 を 代 用 することに なる ラバトでは 豚 の 生 肉 は アグダル 地 区 のMarché Mnuicipalにある 肉 店 で 入 手 できる Marjaneのハイリアド 店 Carrefour Marketのスイシー 店 では 豚 肉 のハム ベーコン ソーセージ 缶 詰 が 売 られている 豚 肉 を 入 手 できる 肉 店 : Au Porcelet Gourmand 住 所 :13, Place Raber El Adaouia Agdal 電 話 : モロッコ 22

23 < 乳 製 品 > 牛 乳 ヨーグルト チーズ バターは 現 地 で 豊 富 に 生 産 されており エピスリや スーパーマーケットで 入 手 できる フランス 産 の 輸 入 チーズも 種 類 が 豊 富 にある 外 国 産 国 産 とも 日 付 を 確 認 した 方 が 無 難 である < 魚 介 類 > モロッコの 水 揚 げは 豊 かで マグロ メカジキ アンコウ ヒラメ カレイ タラ タ イ アジ イワシ スズキ タコ イカ カニなどが 入 手 できるが 肉 に 比 べると 高 い ノルウェー 産 の 生 鮭 もスーパーなどで 簡 単 に 入 手 できる 貝 類 は カキ ム ール アサリなどが 季 節 により 市 場 に 出 る Marché Central( 中 央 市 場 )やスー パーマーケットで 購 入 するかぎり 中 毒 の 心 配 は 少 ない 品 質 管 理 が 出 来 ている 市 場 は Marché CentralとMarchéAgdalである タカドゥーム 地 区 ラバトの 隣 のテマラ 市 では 市 場 と 同 じ 鮮 度 の 製 品 が 安 く 手 に 入 るが 種 類 は 少 なくなる ラ バト 近 郊 の 漁 港 ( 車 で 北 に1 時 間 行 ったメディア 漁 港 南 に30 分 行 ったスキラット 市 等 )に 行 けば 新 鮮 で 安 く 少 量 の 為 市 場 には 出 回 らない 種 類 も 手 に 入 る < 野 菜 > ニンジン ジャガイモ かぶ 玉 ネギ ポアロー(フランスの 長 ネギ) キャベツ カボチャ( 水 っぽい) トマト ピーマン オクラ キュウリ セロリ レタス ブロッコ リー グリーンピース ソラマメ ナス 西 洋 ミツバ アボカド 各 種 ハーブ 香 草 な ど 豊 富 に 出 回 っているが ゴボウ 大 根 白 菜 青 菜 類 は 入 手 困 難 である なお 生 姜 のような 外 見 の 芋 は ゴボウの 風 味 に 似 ているので 代 用 できる 白 菜 や 大 根 青 梗 菜 などの 中 国 野 菜 が 時 々カサブランカのMarché Central やスーパーマーケットに 出 ることがある ラバトでは 中 国 人 が 週 に1 回 手 作 り 栽 培 しているニラやニガウリ 豆 腐 などを 出 張 販 売 している モロッコで 入 手 でき ない 野 菜 は 日 本 から 種 を 持 参 して 家 庭 菜 園 する 人 もいる < 果 物 > モロッコの 果 物 は 種 類 が 多 く 価 格 も 安 い 品 質 の 良 いものは 欧 州 向 けに 輸 出 されてしまうが 国 内 でも 良 質 のものが 手 に 入 る メロン スイカ 柑 橘 類 桃 イ チジク リンゴ 梨 西 洋 梨 ブドウ ビワ 柿 アンズ サクランボ スモモ イチ ゴなどが 国 内 で 栽 培 されている バナナは 国 内 産 の 小 さいもの 外 国 産 の 大 き いものがある マンゴー キウイ ライチなどの 南 洋 果 物 は 海 外 から 輸 入 されて いる < 調 味 料 > ヨーロッパのスパイス 類 や 調 味 料 が 多 くある 他 モロッコ 特 有 のスパイス 類 も 多 い カレー 粉 はあるが 日 本 製 のカレー ルーの 方 が 美 味 である 乾 燥 ショウガと 粉 ショウガはエピスリ マルシェの 香 料 専 門 店 スーパーなどで 売 っている 生 シ ョウガはスーパーマーケットで 見 つかる 醤 油 は スーパーでキッコーマンの 小 瓶 の 小 瓶 が 入 手 できるが やや 高 価 である 中 国 醤 油 ゴマ 油 魚 醤 (タイ 製 ナン プラー)といったアジア 食 材 は スーパーやマルシェで 一 般 的 に 売 っている 和 食 モロッコ 23

24 に 必 要 な 中 国 製 みりん 米 酢 ワカメ 味 の 素 海 苔 ワサビは 中 国 製 や 韓 国 製 のものが 入 手 できる カラシは 洋 ガラシ(マスタード)が 入 手 可 能 である 酢 は ワ インビネガー リンゴ 酢 各 種 が 入 手 できる < 食 用 油 > オリーブ 油 ヒマワリ 油 大 豆 油 ゴマ 油 がある また 高 価 であるが アルガン 油 はモロッコの 特 産 品 である < 酒 類 > ワイン ビールは 現 地 生 産 されており 限 られたスーパーマーケットで 入 手 で きる ウイスキー シャンパンなどはすべて 輸 入 されている ( 大 手 スーパーマー ケットラバトのCarrefour Marketでは 日 本 酒 ( 月 桂 冠 )が 売 られていることもあ る 酒 類 の 販 売 は 一 般 に10 時 ~19:30 時 までだが 金 曜 日 は 昼 の 礼 拝 時 間 の 間 (11 時 ~15 16 時 )は 販 売 しないスーパーが 多 い 多 くのスーパーマーケット が ラマダン 等 のイスラム 教 の 行 事 の 前 後 10 日 程 度 は 酒 類 を 販 売 しない アグダルには フランス 人 の 経 営 する 酒 屋 が2 件 有 り 輸 入 ワインを 豊 富 に 扱 っ ている こちらはイスラム 教 の 行 事 にはあまり 左 右 されないが 日 曜 日 は 閉 店 す る < 飲 料 水 (ミネラル ウォーター)> モロッコ 産 のミネラルウォーターは シディ アリ や シディ ハラゼム (1.5リッ トルで5~6DH)など 多 数 の 商 品 があり スーパーマーケットやエピスリで 入 手 で きる フランスの エビアン やモロッコ 産 の 炭 酸 水 もスーパーマーケットに 出 回 っ ている (3) 食 料 の 入 手 ラバト 市 内 には 大 きなスーパーマーケットが5~6 軒 ある Marché( 市 場 )も 数 カ 所 あり 食 料 品 を 購 入 するのは 容 易 である ラバトの 主 なスーパーマーケットは 次 のとおりである Marjane(マルジャン)Hay Riad 住 所 :Avenue Anakhil, Rabat 電 話 : 営 業 時 間 :9 時 ~22 時 定 休 日 なし 備 考 :マクドナルドやKFCなど フードコートも 充 実 している 近 年 アルコールの 取 扱 がなくなった Super Marché Souissi(シューペル マルシェ スイシ) 住 所 :Avenue Imam Malik, km 2500 電 話 : 営 業 時 間 :8 時 ~20 時 30 分 備 考 : 高 級 住 宅 街 に 向 かうRoute des Zaërs 沿 いにある 中 型 のスーパー ア ルコール 中 国 食 品 が 入 手 できる Carrefour Market(カルフール マーケット)( 旧 Label Vieラベル ヴィー)Souissi モロッコ 24

25 住 所 :Route des Zaërs, Souissi 電 話 : / 営 業 時 間 : 平 日 9 時 ~91 時 土 日 9 時 ~22 時 アルコール 売 り 場 は10 時 ~19 時 ( 金 曜 日 11 時 ~16 時 まで 閉 場 ) 定 休 日 な し 備 考 :ショッピングセンターに 改 築 した 建 物 の 地 下 にある 中 型 のスーパー 中 国 食 品 が 少 し 置 いてある( 春 巻 きの 皮 春 雨 キッコーマン 醤 油 チューブわ さび わかめ 米 酢 等 ) 他 マレーシア 製 の 即 席 ラーメン アルコール 肉 類 ハム ソーセージなどがある 食 料 品 の 品 ぞろえはラバトのスーパーマーケッ トではハイリアドのマルジャンとならび 一 番 充 実 している 同 チェーン 店 はラバ ト 市 内 に4 軒 ある Carrefour Market(カルフール マーケット)( 旧 Label Vieラベル ヴィー)Agdal 所 在 地 :1, Cite Ibn Sina, Agdal 電 話 : 営 業 時 間 :8 時 ~21 時 定 休 日 なし 備 考 : 日 本 人 が 多 いAgdal 地 区 のスーパー 大 きくはないが 品 揃 えはよい アルコールあり 配 達 なし Aswak Assalam(アスワク アッサラム) 所 在 地 :Boulevard Mehdi Ben Barka, ex. Beni Znassen, Hay Riad 電 話 : /30 営 業 時 間 :7 時 ~22 時 定 休 日 なし 備 考 : 品 揃 えは 豊 富 だが アルコールは 販 売 していない 生 鮮 品 は 新 鮮 で 清 潔 2 階 にカフェ レストラン ゲームセンターがある 市 場 はMarché CentralとMarché Municipalが 大 きい 日 本 食 品 専 門 店 はな い カサブランカの 中 国 食 品 店 地 中 海 沿 岸 のスペイン 領 セウタで 日 本 製 即 席 ラーメンなどが 入 手 できる 4-3 食 器 調 理 器 具 (1) 食 器 調 理 器 具 などの 入 手 日 本 特 有 の 食 器 調 理 器 具 はない ヨーロッパ 製 中 国 製 モロッコ 製 のもの はあらゆる 種 類 がある ただし モロッコ 製 なのに 中 国 製 の 伊 万 里 焼 のような 柄 の 大 皿 小 皿 などが 一 般 的 に 売 られているので 便 利 である 電 気 製 品 は ほとんどのもの( 冷 蔵 庫 大 型 冷 凍 庫 食 器 洗 い 機 トースター ミキサー 等 )があるが 炊 飯 器 は 無 い モロッコの 電 圧 は220Vなので 現 地 で 手 に 入 るものは 現 地 で 購 入 したほうが 良 い 調 理 器 具 ( 包 丁 まな 板 鍋 フライパ ン 圧 力 鍋 等 ) 西 洋 食 器 類 ( 皿 コップ フォーク スプーン 等 )は すべて 現 地 のスーパーや 専 門 店 で 揃 う ただし 刃 物 の 品 質 はあまりよくない また モロッ コ 特 有 のクスクス 鍋 は 蒸 し 器 として 使 用 できるので 便 利 である モロッコ 25

26 (2) 日 本 から 持 参 したほうがよい 食 器 調 理 器 具 など 炊 飯 器 は 入 手 が 難 しいので 必 要 であれば 持 参 したほうが 良 い 電 圧 は220~ 240Vである 鮮 魚 が 手 に 入 るので 出 刃 包 丁 砥 石 うろこ 取 り 骨 抜 きがあれ ば 自 分 で 刺 し 身 が 作 れる 日 本 のようなよく 切 れる 包 丁 を 使 う 文 化 はないので 使 い 慣 れたものをもって 持 ってくると 便 利 である 和 食 器 を 持 参 するのであれば 急 須 湯 飲 み 茶 碗 おちょこ とっくり 箸 すし 桶 すし 用 巻 きす 椀 皿 等 を 持 参 すると 便 利 なお 柄 や 材 質 にこだわらなけれ ば 和 食 器 と 同 じような 大 きさの 皿 は 手 に 入 る 西 洋 食 器 類 は 品 数 は 少 ないが 一 揃 いある ただし 来 客 用 のセットは 非 常 に 高 価 で 品 質 はさほど 良 くないので 必 要 に 応 じて 持 参 したほうが 良 い 特 に 紅 茶 セットは 見 つけにくい 陶 器 製 の 流 しも 多 く ステンレス 製 の 流 しに 比 べて 食 器 が 欠 けやすいので 高 価 な 食 器 の 使 用 は 注 意 を 要 する ボウルはほとんどがプラスチック 製 で ステン レス 製 ガラス 製 は 少 ない コーヒーカップの 上 に 乗 せるタイプのプラスチック 陶 器 製 のコーヒードリッパーは 入 手 困 難 なので 必 要 なら 持 参 したほうが 良 い 5. 生 活 用 品 の 購 入 5-1 家 電 製 品 Marjaneなど 大 型 スーパーのほか 小 売 店 は 市 内 に 多 数 存 在 する フランスの 大 型 家 電 店 は 品 揃 えが 豊 富 である Electroplanet 住 所 :Galarie Commerciale Marjane Hay Riad, Autoroute Rabat-Tanger 電 話 : / Virgin Megastore 住 所 :Kitea Geant Hay Ryad Rabat 電 話 : COSMOS 住 所 :Kite0a Geant Hay Ryad Rabat 電 話 : Biougnash 住 所 :2, av Al Amir Fal Ould Oumeir ang. rue Dayat 電 話 : Abroum 1/ 住 所 :13, zone indust Vita, av. Hassan II RABAT 電 話 : / モロッコ 26

27 住 所 :32 Rue Oued Baht, Rabat 電 話 : Surcou Informatique 1/ 住 所 :Angle avenue Abttal, rue sebou, imm 51, Mag n 2, Agdal, RABAT 電 話 : / 住 所 :Avenue Hassan II, RABAT 電 話 : FNAC (MoroccoMall 内 ) 住 所 :Ain Diab Casablanca 電 話 : Best Mark 住 所 :48, av Al Amir Fal Ould Oumeir RABAT 電 話 : /04 Microchoix 1/ 住 所 :457, Hassan 2 Résidence Meriem Agdal Rabat 電 話 : / 住 所 :Avenue de france, immeuble 5, Mag 2 電 話 : / 住 所 :Quartier Mabella rue Tadla, Résidence Hind 電 話 : 家 具 家 具 専 門 店 は 多 く 安 価 なものから 輸 入 物 の 高 級 品 まで 購 入 可 能 である カサ ブランカへ 行 けば さらに 品 数 は 多 い Kitea Marjane (マルジャン) Hay-Riad 内 住 所 :Avenue Anakhil, Rabat 電 話 : 備 考 : 手 ごろな 値 段 の 家 具 が 揃 う 北 欧 家 具 のIKEAと 同 じような 品 揃 えと 思 え ばよいが 規 模 ははるかに 小 さい IKEA Zenta 住 所 :Aoutoroute Casablanca-Mohammedia モロッコ 27

28 Ain Haouda P.O.Box 電 話 : 年 末 頃 オープン 予 定 カサブランカ ラバト 間 高 速 道 路 沿 いにある Mobilia 1/ 住 所 :31, av Al Amir Fal Ould Oumeir, Agdal RABAT 電 話 : /21 2/ 住 所 :av. Almelia ang. rue Meziate, city centre Ryad RABAT 電 話 : /22 Antalya Home 住 所 :avenue Hassan II, z. Vita RABAT 電 話 : 日 用 品 雑 貨 日 用 品 雑 貨 は 外 国 製 モロッコ 製 共 に 豊 富 で ほとんどの 物 が 入 手 可 能 で ある 専 門 店 スーパーマーケット ショッピングセンター キオスク エピスリ 等 で 見 つかる 入 浴 の 際 のナイロンタオルは 質 のよいものは 入 手 困 難 なので 必 要 な ら 持 参 したほうが 良 い 上 記 スーパーマーケットを 参 照 5-4 工 具 素 材 モロッコ 製 外 国 製 の 工 具 共 に 豊 富 で ラバトでは 大 きなスーパーマーケットで 扱 っている 他 専 門 店 も 多 数 ある ソントル ヴィル 地 区 内 に 特 に 多 い 鍵 カー テンレール 等 の 専 門 店 も この 近 辺 に 多 い 電 気 製 品 を 購 入 する 場 合 は あらか じめアフターサービスがあるか 確 認 する 家 まで 修 理 のために 技 術 者 を 派 遣 して くれるところもある BRICOMA 住 所 :Av. Hassan II, LOT 6 Z D activite Vita Ryad, Rabat 電 話 : 備 考 : 工 具 一 式 がそろう 大 きな 専 門 スーパーマーケット AMAIZ ET CIE 住 所 :156, Avenue Hassan II, Rabat 電 話 : 備 考 : 工 具 以 外 にも 雑 貨 屋 と 呼 んだほうが 良 い 程 雑 多 なものを 販 売 してい る その 場 でハンダ 付 け 簡 単 な 電 気 製 品 の 修 理 等 してくれる その 他 種 々の 修 理 を 請 負 う 家 まできて 修 理 をしてもらう 場 合 には 技 術 者 修 理 人 を 派 遣 し てくれる モロッコ 28

29 6. 金 融 機 関 6-1 金 融 機 関 (1) 銀 行 国 立 銀 行 (Bank Al-Maghrib)1 行 主 要 な 都 市 銀 行 は12 行 日 本 人 になじみ のあるCITIBANK 系 のCITIBANK MAGHREBは 銀 行 の 方 針 で 個 人 口 座 が 開 けない モロッコ 系 銀 行 も 近 頃 では 外 国 からの 入 金 外 国 への 送 金 共 に 早 くな り モロッコ 全 土 に 支 店 網 を 張 り 巡 らせているので 地 方 送 金 が 可 能 である ま た 銀 行 キャッシュカードも 発 行 してくれるので 各 地 の 支 店 等 の 自 動 現 金 支 払 機 で 現 金 引 き 出 しが 可 能 である 日 本 人 がよく 利 用 する 銀 行 は S.G..M.B Attijariwafabank B.M.C.E. B.M.C.I. 等 主 な 銀 行 は 次 のとおりである Attijariwafabank 住 所 :155, Route des Zaërs, Rabat 電 話 : ~8 FAX: 備 考 :BMCとWafaBankが 合 併 したモロッコ 最 大 の 銀 行 BMCE(Banque Marocaine de Commerce Exterieur) 住 所 :2, Av. Imam Malik, Rabat 電 話 : 備 考 : 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 と 協 働 でジャパンデスクを 設 置 (カサブランカ) BMCI(Banque Marocaine de Commerce et Industrie) 住 所 :Angle Av. Iman Malik et Ibrahim Tadili, Rabat 電 話 : /44/38 備 考 :BNP(パリ 国 立 銀 行 )グループの 銀 行 SGMB(Société Générale Marociane de Banques) 住 所 :Av.Iman Malek km3,5 Route des Zaërs, Souissi, Rabat 電 話 : /631484/ 備 考 :フランスのSociété Généraleグループの 銀 行 上 記 のほか Banque Populaire Credit Du Marocなど 数 行 あり カサブランカ とラバトに 多 くの 支 店 を 持 つ 地 方 の 各 都 市 にも 必 ずいくつかの 銀 行 の 支 店 があ る (2) 口 座 の 開 設 と 閉 鎖 口 座 を 開 設 する 際 は 外 貨 へ 両 替 可 能 な 口 座 (Compte étranger en DH convertible 通 称 兌 換 口 座 )にするとよい モロッコの 兌 換 口 座 は 外 国 からの 外 貨 送 金 を 受 けると 自 動 的 にモロッコ 通 貨 に 換 金 され 入 金 される この 口 座 のメ リットは 海 外 への 送 金 を 含 め 外 貨 に 自 由 に 換 金 できることである 一 方 デメリッ トッは 普 通 口 座 からの 送 金 および 普 通 口 座 の 小 切 手 および 現 金 の 入 金 がで きない ) 兌 換 口 座 には 入 国 時 に 申 告 した 外 貨 持 込 み 現 金 および 国 外 からの 送 金 が 入 金 できる( 国 内 にある 兌 換 口 座 間 の 送 金 小 切 手 の 入 金 も 可 能 ) モロッコ 29

30 兌 換 口 座 を 利 用 する 場 合 は 口 座 残 高 がマイナスになることは 認 められないの で 単 身 赴 任 等 で 海 外 送 金 が 多 い 方 は 残 金 に 注 意 が 必 要 である 外 貨 を 兌 換 口 座 への 入 金 する 際 入 国 時 に 外 貨 持 込 みの 申 告 をしていても 銀 行 で 入 金 拒 否 されるケースがある トラブルを 避 けるためにも 当 座 必 要 な 最 小 限 の 外 貨 現 金 を 持 ち 込 み 口 座 開 設 後 送 金 することをお 勧 めする 口 座 開 設 には パスポート 就 業 証 明 書 開 設 申 込 用 紙 兼 契 約 書 サイン 見 本 が 必 要 となる 閉 鎖 する 際 は 残 金 を 全 額 引 き 出 し 閉 鎖 通 知 の 手 紙 を 提 出 す る 現 地 銀 行 の 口 座 を 手 当 受 け 取 り 口 座 に 指 定 することも 可 能 であるが 現 地 通 貨 の 為 替 変 動 を 受 けるので 送 金 金 額 が 大 きい 場 合 には アメリカや 欧 州 の 銀 行 口 座 を 手 当 受 け 取 り 口 座 とし 現 地 銀 行 口 座 に 外 貨 送 金 を 要 求 することも 可 能 なお 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 新 宿 中 央 支 店 では 業 務 提 携 をしているUNION BANKでの 口 座 開 設 を 斡 旋 してくれる モロッコからUNION BANKへはFAXで 外 貨 送 金 を 要 求 でき 1 週 間 程 度 で 入 金 される (3) 小 切 手 銀 行 口 座 開 設 の 時 に 小 切 手 帳 作 成 を 依 頼 小 切 手 が 残 り 少 なくなるころ 小 切 手 帳 の 中 に 新 しい 小 切 手 帳 作 成 依 頼 の 用 紙 が 挟 み 込 まれているので 記 入 署 名 して 銀 行 窓 口 に 提 出 すると 2 週 間 ぐらいでできる 新 しい 小 切 手 は 発 送 さ れないので 窓 口 まで 取 りにいく 必 要 がある 小 切 手 での 支 払 いは 広 く 行 われており 家 賃 や 大 きな 買 い 物 の 支 払 いなどに は 便 利 であるが 利 用 金 額 をアラビア 数 字 とフランス 語 で 書 く 必 要 がある 例 え ば DH200,15の 支 払 いは PAYER CONTRE CE CHEQUE の 欄 に 空 白 をあ けずにDeux cents dirhams quinze centimes.と 書 かなくてはならない (4) 換 金 方 法 キャッシュカードでの 引 き 落 としが 一 般 的 であるが 小 切 手 を 切 って 銀 行 窓 口 で 現 金 化 してもらうことも 可 能 である また クレジットカード(VISA MasterCardが 一 般 的 )によるキャッシングや 日 本 国 内 の 口 座 から 引 き 落 としが 可 能 な 国 際 キャッシュカード(CITIBANKや 三 井 住 友 銀 行 で 取 り 扱 っている)で 現 地 銀 行 の 自 動 現 金 支 払 機 から 引 き 落 とすこと も 可 能 であるが お 金 が 出 てこない カードが 機 械 に 飲 み 込 まれるといったトラブ ルがあるので 週 末 の 利 用 は 避 けるのが 無 難 である 現 金 の 両 替 は 市 内 の 銀 行 窓 口 で 可 能 である 米 ドル ユーロが 一 般 的 だが 国 際 空 港 大 型 ホテル 大 手 銀 行 では 日 本 円 の 両 替 も 受 け 付 けてくれる 旅 行 小 切 手 (トラベラーズチェック)の 両 替 は 購 入 時 控 えの 提 示 を 求 められることが 多 いので 大 切 に 保 管 しておく 必 要 がある 6-2 クレジットカード VISA MasterCardが 一 般 的 である 外 国 人 向 けホテル 大 型 スーパー 高 級 レストランでの 支 払 い 現 地 銀 行 の 自 動 現 金 支 払 機 からの 引 き 出 しが 可 能 であ モロッコ 30

31 る 他 のカード(American Express JCB Diners Clubなど)は 外 国 人 向 けホテ ルを 除 きほとんど 普 及 していない 現 地 銀 行 でもクレジットカードは 作 成 できるが 手 続 きが 煩 雑 なので 日 本 国 内 で 作 ったほうが 無 難 である 7. 交 通 事 情 7-1 交 通 手 段 (1) 一 般 事 情 大 都 市 間 では 交 通 機 関 がかなり 整 備 されており タクシー 鉄 道 長 距 離 バ ス 国 内 航 空 を 利 用 できる 中 小 都 市 や 地 方 の 村 落 へは 自 家 用 車 を 除 けば 移 動 手 段 はタクシーか 長 距 離 バスしかない <タクシー バス トラムウェイ> 各 都 市 には 長 距 離 バスのターミナ ルがある ターミナルは 順 次 近 代 的 に 作 り 替 えられており 周 辺 にはタクシーや 市 内 バスが 乗 り 入 れ 連 絡 よく 目 的 地 につくように 整 備 されつつある 比 較 的 新 しくエアコン 完 備 のバスを 使 用 してい る 長 距 離 バス 会 社 CTMは モロッコ 広 域 を 網 羅 しており 料 金 は 比 較 的 高 めだ が 安 全 で 快 適 といえる CTM のバスの 時 刻 料 金 表 はウェブサイト: 確 認 できる タクシーには 都 市 間 を 結 ぶグラン タクシー( 大 型 タクシー: 乗 合 値 段 の 交 渉 を 乗 る 前 に 行 う)と 市 内 を 走 るプチ タクシー( 小 型 タクシー メーターを 戻 したか 確 認 すること 特 に 観 光 地 では 注 意 )の2 種 類 がある プチ タクシーの 乗 車 定 員 は 運 転 手 を 含 め4 人 であり たとえば ラバトのプチ タクシーは 隣 町 のサレに 行 くことはできないなど それぞれ 定 められた 地 域 以 外 を 走 行 することはできな い ラバト 市 内 には 公 営 バス1 社 と 民 間 会 社 数 社 のバスがある 路 線 網 は 整 備 さ れつつあるが 時 間 は 不 正 確 である バス 停 は 整 備 され バスには 路 線 番 号 が 表 示 されるようになったが 行 き 先 は 示 されていないため 慣 れるまでは 使 用 を 控 える 方 が 無 難 また バスの 中 でスリや 置 き 引 き 被 害 に 遭 遇 することが 多 く 注 意 が 必 要 また 2011 年 5 月 にトラムウエイ( 路 面 電 車 )がラバト 市 で 運 行 開 始 した LINE1(Station Madinat Al Iriane ターミナルからサレの Station Hay Karima タ ーミナル) 及 び LINE2(Station Hopital Moulay Youssef ターミナルからサレの Station Hassan II ターミナル)の 2 路 線 で 料 金 は 一 律 6dh 固 定 JICA 事 務 所 へのアクセスは LINE1 の(station MohammedV Gare de Rabat 駅 )から 終 点 の Madinat Al Iriane 駅 を 降 車 後 徒 歩 25 分 程 度 モロッコ 31

32 < 道 路 > 道 路 は 高 速 道 路 (Auto Route) 主 要 道 路 ( 国 道 ) 2 級 道 路 ( 地 方 道 路 ) 3 級 道 路 ( 県 道 山 道 を 含 む)の4 種 類 があり 舗 装 状 況 は 概 ね 良 好 である 高 速 道 路 ( 有 料 )も 年 々 整 備 が 拡 大 されており ラバト~カサブランカ~マラケ シュ マラケシュ~アガディール ラバト~ケニトラ~ララッシュ~タンジェ ラバト ~メクネス~フェズ~ウジュダ カサブランカ~エル ジャジーダ カサブランカ~ フリブガ~ベニメラルなどが 既 に 貫 通 している 高 速 道 路 は 基 本 的 に4 車 線 で 制 限 速 度 は 時 速 120kmである 路 面 状 況 は 良 好 だが 制 限 速 度 以 上 のスピード で 飛 ばす 車 がいたり ときどき 歩 行 者 や 動 物 が 横 断 したりすることがあるので 注 意 が 必 要 である 一 般 道 路 では 所 々に 穴 があったり カーブの 勾 配 が 逆 だったりといった 個 所 もあるが 道 路 状 況 は 悪 くはない 雨 が 降 ると 出 水 したり 滑 りやすかったりするの で 特 に 冬 季 の 旅 行 の 際 には 天 気 予 報 に 注 意 する 必 要 がある 近 年 の 交 通 事 故 発 生 数 の 増 加 傾 向 を 受 けて モロッコ 政 府 は 事 故 数 減 少 の ために シートベルト 着 用 の 義 務 化 や 運 転 中 の 携 帯 電 話 の 通 話 禁 止 また 違 反 者 には 罰 金 700DHを 課 す 法 律 を 制 定 した 各 地 では レーダーを 使 ったスピード 違 反 の 取 り 締 まりも 強 化 されている しかしながら 依 然 として 交 通 マナーは 悪 く 乗 降 車 時 運 転 時 には 十 分 気 をつける 必 要 がある < 鉄 道 > 鉄 道 はラバトを 基 点 に 北 部 はタンジェ(278km) 北 東 部 はウジダ(609km) 南 西 部 はカサブランカ 経 由 エルジャディーダ(190km) 南 部 へはマラケシュ (321km)まで 1 日 3~5 本 の 割 合 で 運 行 されている また ラバト~カサブランカ 間 は 6 時 30 分 から17 時 までは30 分 毎 に1 日 計 25 本 往 復 の 急 行 が 走 っており 両 都 市 を 約 1 時 間 で 結 んでいる ケニトラ(ラバト 北 部 )~ラバト~カサブランカ 間 の 路 線 もある カサブランカ~カサブランカ 空 港 間 は 1 日 に 片 道 18 本 の 割 合 で 走 っている 時 間 はおおむね 正 確 で 車 内 も 整 備 されている 時 刻 表 と 料 金 は 駅 またはウェブサイトwww.oncf.maで 確 認 できる 車 両 には1 等 と2 等 がある 1 等 は 基 本 的 に 座 席 指 定 であるが 必 ずしも 切 符 に 書 かれた 座 席 があるとは 限 らな いため 注 意 が 必 要 < 空 港 > (1)モロッコ 国 内 の 主 な 空 港 は アガディール アルホセイマ マラケシュ ウジダ ラバト サレ タンジェ テトアン フェズ サイス ワルザザット カサブランカ モハ メッド5 世 エッサウィラ エルラシディア( 空 路 再 開 ) ライユーン タンタン: 西 サ ハラ 内 )で 中 心 となるのはカサブランカ モハメッド5 世 空 港 である (2) 空 港 から 市 内 への 移 動 ラバト サレ 空 港 からラバト 市 内 に 向 かう 公 共 交 通 手 段 はないので 出 迎 えが 必 要 である なお 市 内 まで 車 で30 分 程 度 である 待 機 しているグラン タクシー を 使 うと ラバト 市 内 まで200DH( 空 港 インフォメーションの 規 定 料 金 )かかる 空 港 インフォメーションカウンターに 問 い 合 わせGrand Taxi(グラン タクシー)を モロッコ 32

33 利 用 する 列 車 でカサブランカ 空 港 からカサブランカ 市 内 (Casa Portまで45 分 ) ラバトに 直 行 する 場 合 はCasa Port 駅 もしくはCASA Voyageurs 駅 でで 乗 り 換 える( 列 車 により 異 なる ) ラバト 中 央 駅 までは1 時 間 半 程 度 かかる 大 きな 荷 物 を 抱 えて の 移 動 には 出 迎 えを 手 配 するほうが 無 難 である 車 では 空 港 からカサブランカ 市 内 まで40 分 (タクシーで200~300DH) ラバト 市 内 までは 約 1 時 間 30 分 程 度 で ある < 自 家 用 車 > 車 両 は 右 側 通 行 である 交 差 点 はロータリー( 円 形 交 差 点 )が 多 い 標 識 は 日 本 と 同 様 で 常 識 的 に 判 断 できるが 地 方 ではアラビア 語 による 標 示 しかないとこ ろもあるので 注 意 が 必 要 である 高 速 道 路 使 用 料 は 日 本 に 比 べると 安 く 例 えばラバト~カサブランカは23DH ラバト~フェズ 間 は50DHである 料 金 は 日 本 と 同 じように 料 金 徴 収 所 (Peage) で 支 払 う なお 高 速 道 路 の 支 払 い 専 用 のプリペイドカードが 大 きな 料 金 所 に 付 属 する 道 路 公 団 事 務 所 内 で 販 売 されている 購 入 するためには100DHのディポ ジットが 必 要 であるが このカードで 支 払 う 場 合 の 高 速 道 路 料 金 は10% 引 きとな るため 長 期 滞 在 者 は 入 手 を 検 討 してもよいであろう カードは500DH 1000DH 1500DH 2000DH 3000DHの5 種 2 度 目 からはカードをチャージす るだけなのでディポジットを 支 払 う 必 要 はない 街 中 で 駐 車 する 場 合 は 駐 車 料 1 回 2DHをガルディアン( 駐 車 監 視 人 ) もしく はパーキングメーター( 時 間 制 )に 支 払 う 監 視 人 はユニフォームを 着 て 鑑 札 をつ けている 駅 空 港 や 海 岸 などの 駐 車 場 では 最 低 5DH 徴 収 される 年 々 車 の 保 有 者 は 増 えており 学 校 のそばはお 昼 を 含 む 登 下 校 時 に 渋 滞 す る スピードの 出 し 過 ぎや 大 型 トラックの 居 眠 り 運 転 による 夜 間 の 事 故 が 各 地 で 多 発 している 事 故 の 主 な 要 因 や 特 に 留 意 すべき 点 は 次 のとおりである 他 車 のウインカーを 信 用 しすぎないこと ウインカーが 右 に 出 ていても 左 に 曲 がることがある また 発 進 停 止 の 合 図 をまったく 出 さない 車 もある 小 さい 交 差 点 では 信 号 の 代 りにロータリーがある 場 合 が 多 い ロータリー をすでに 回 っている 車 両 つまり 左 側 から 来 る 車 が 優 先 ロータリーになじみ のない 日 本 人 は ロータリーの 進 入 タイミングに 迷 ってしまうので 注 意 夜 間 ライトを 暗 くしている 車 ( 特 にタクシーとトラック)があるので 注 意 バスとタクシー 高 級 車 (ベンツなど)は 強 引 な 運 転 であることが 多 く 無 理 な 追 い 越 しや 割 り 込 みをすることがある 高 速 道 路 で 荷 崩 れを 起 こして 横 転 するトラックが 多 い センターラインを 飛 び 出 してきた 車 との 正 面 衝 突 で 大 事 故 が 発 生 する モ ロッコでは 対 向 車 が 右 によけることを 期 待 して 無 理 な 追 い 越 しをかけてく るので 自 分 が 追 い 越 しをしなくとも 常 に 対 向 車 に 注 意 する 必 要 がある タクシーは 乗 客 の 乗 り 降 しのために 急 にストップすることが 多 い 前 方 に モロッコ 33

34 タクシーが 走 っている 場 合 は 十 分 注 意 必 要 である モロッコでは 原 付 バイクは 自 転 車 と 同 様 に 運 転 免 許 が 不 要 であることから 交 通 ルールを 解 さない 人 々が 多 く 運 転 している バイクは 自 転 車 感 覚 で 反 対 車 線 を 走 るので 注 意 が 必 要 ラマダン 月 ( 断 食 月 )は 事 故 が 多 いので 注 意 が 必 要 整 備 不 良 車 が 多 く 運 転 する 際 / 同 乗 する 際 には 注 意 が 必 要 秋 ~ 春 にかけて アトラス 山 脈 の 高 地 ではしばしば 降 雪 があるが 現 地 で はチェーンの 入 手 が 困 難 であるなど 一 般 的 に 雪 への 備 えが 不 十 分 なた め 事 故 が 多 発 する 基 本 的 に 冬 場 のアトラス 越 えは 避 ける (3)レンタカーなどを 利 用 する 場 合 レンタカーは 空 港 で 直 接 借 りるか 電 話 で 予 約 して 指 定 の 場 所 まで 運 転 してき てもらうことが 一 般 的 事 故 や 故 障 の 際 トラブルになることがあるので 多 少 高 くてもできるだけ 大 手 のレンタカー 会 社 を 利 用 し 保 険 内 容 などを 必 ず 確 認 する 必 要 がある なおガソリンは 通 常 借 り 手 の 負 担 である 料 金 はレンタカー 会 社 と 借 りる 期 間 により 差 が 生 じる 平 均 的 な 料 金 は 次 のとおり 料 金 : プジョー307(5 人 乗 りセダン) 1000DH/ 日 トヨタ 四 駆 1250DH/ 日 ルノー クリオ( 小 型 車 ) 800DH/ 日 各 料 金 に 税 金 20%が 加 算 される 運 転 手 費 用 は ラバト 市 内 180/ 日 DH ラバト 市 外 350DH/ 日 (4) 地 図 ラバト 市 内 の 書 店 でモロッコ 製 地 図 を 入 手 できる フランス 製 ミシュランの 地 図 が 車 を 運 転 するには 最 適 手 軽 に 入 手 できる 地 図 の 種 類 が 限 られているので ヨーロッパやモロッコの 大 きな 書 店 でミシュランの 地 図 を 購 入 したほうがよい 7-2 交 通 事 故 盗 難 (1) 対 処 方 法 事 故 に 遭 った 場 合 は 関 係 機 関 に 直 ちに 連 絡 をすること むやみに 各 種 証 明 書 類 にはサインをしないこと 人 身 事 故 の 場 合 は 警 察 ( 電 話 :19)と 救 急 車 ( 電 話 :15)を 呼 ぶ (2) 救 急 病 院 下 記 の 医 療 機 関 に 24 時 間 救 急 受 け 入 れ 制 度 がある なお シェイク ザイー ド 総 合 病 院 は 医 療 水 準 も 高 い 国 立 病 院 は 避 ける Hopital Cheikh Zaid(オピタル シェイク ザイード) 住 所 :Hay Riad, Rabat 電 話 : Clinique des Nations Unies(クリニック デ ナッションジュニ) 住 所 :Angle avenue des Nations Unies et rue Ibn Hanbel, Agdal, Rabat 電 話 : Hopital Avicennes( 国 立 病 院 ) 住 所 :Haut Agdal, Quartier Souissi, Rabat モロッコ 34

35 電 話 : (3) 車 両 の 盗 難 車 上 荒 らし 盗 難 対 策 として 短 時 間 でもガードマンのいる 駐 車 場 に 入 れることが 重 要 であ る 防 犯 アラームを 取 り 付 けると 効 果 的 である ラバトおよびカサブランカの 住 宅 街 で 自 宅 前 に 駐 車 しておいた 四 駆 車 を 盗 まれた 例 がある 日 本 車 はねらわれ やすいので 要 注 意 駐 車 時 では 荷 物 を 車 内 に 残 さず 後 部 トランクに 移 すこと 車 の 登 録 済 み 証 (Carte grise) 運 転 免 許 証 などの 関 連 書 類 はコピーをとり 車 とは 別 に 保 管 して おくほうが 好 ましい 盗 難 被 害 にあった 時 は 関 係 機 関 に 一 報 を 入 れるとともに 最 寄 りの 警 察 署 に 出 向 き 盗 難 届 を 出 し 盗 難 証 明 書 を 出 してもらう 証 明 書 が 発 行 されるまでに 最 低 1 日 はかかるので その 間 に 保 険 会 社 に 電 話 で 盗 難 申 告 をする( 保 険 会 社 へ の 届 け 出 は5 日 以 内 にすることになっている) 警 察 の 盗 難 証 明 書 が 出 たら 保 険 会 社 に 渡 すこと また すべての 書 類 のコピーを 取 っておくことを 勧 める 7-3 交 通 違 反 (1) 交 通 法 規 車 は 右 側 通 行 である 追 い 越 しは 左 車 線 からである 交 通 法 規 はフランスとほぼ 同 じで 日 本 の 常 識 が 通 じない 場 面 も 多 いので 初 めて 自 分 で 運 転 する 際 には 経 験 者 に 同 乗 してもらうほうが 無 難 である 一 時 停 止 や 速 度 制 限 標 識 の 後 ろに 警 官 が2 人 ずつ 立 っており 停 車 を 求 めら れることがあるので 十 分 注 意 すること 制 限 速 度 は 高 速 道 路 100km~120km 国 道 100kmまたは80km 市 内 60kmまたは40km (2) 罰 金 罰 則 交 通 違 反 の 疑 いをかけられたときは 違 反 をしていなければ 落 ち 着 いた 態 度 で 身 分 証 明 書 を 提 示 し 状 況 を 説 明 すること 罰 金 は( 軽 度 なもので400DH~) 違 反 の 現 場 で 支 払 うかもしくは 控 えと 交 換 に 運 転 免 許 証 を 没 収 され 指 定 された 日 に 当 該 警 察 署 に 出 頭 し 罰 金 を 支 払 い 免 許 証 を 返 してもらうこととなる 現 場 で 支 払 う 場 合 罰 金 は 現 金 のみ 受 け 付 け られるが 警 察 に 出 頭 すると 待 たされる 可 能 性 もあるので 極 力 現 場 での 支 払 を 薦 める なお 飲 酒 運 転 は 最 高 10,000DH 6ヶ 月 の 拘 留 が 科 せられる 都 心 での 駐 車 違 反 車 両 には Sabotと 呼 ばれる 車 輪 止 めをはめられる Sabotをはめられていた 場 合 は 車 のフロントグラスに 残 されている 駐 車 違 反 の チケットに 記 されている 連 絡 先 に 電 話 をし 現 場 に 来 てもらう この 場 合 その 場 で40DHの 罰 金 を 支 払 い はずしてもらう 半 日 ほど 待 たされることもある 青 線 で 囲 まれている 路 上 有 料 駐 車 場 では 最 寄 りの 駐 車 券 販 売 機 でチケットを 駐 車 予 定 時 間 分 購 入 し 車 内 フロントグラス 下 において 外 出 する 駐 車 時 間 が 切 れや チケットなしの 駐 車 も 同 じく 車 輪 止 めをはめられる 尚 レッカー 車 で 車 両 を 運 ばれた 場 合 は 警 察 指 定 の 車 置 き 場 まで 出 向 いて 罰 金 車 の 保 管 料 手 続 料 モロッコ 35

36 などを 支 払 って 引 き 取 る 7-4 車 の 修 理 (1) 部 品 多 くの 自 動 車 メーカーは 販 売 店 を 有 しており トヨタ ホンダ 日 産 スズキの 部 品 は カサブランカとラバトで 入 手 できる また 欧 州 車 を 中 心 とした 日 本 車 以 外 の 部 品 も 市 内 で 容 易 に 入 手 できる (2) 修 理 工 場 基 本 的 に 各 自 動 車 メーカーの 販 売 店 で 修 理 を 行 うことを 勧 める 市 内 の 各 所 に 修 理 工 場 があるが 技 術 レベルは 高 くない 修 理 工 場 は 板 金 メカ 電 気 系 統 タイヤ 関 係 と 修 理 をする 内 容 により 分 かれていることが 多 いので 面 倒 である 部 品 交 換 オイル 交 換 パンク 修 理 などは 問 題 ないが 作 業 が 終 わるまでそばで 部 品 を 確 かに 交 換 したか 確 認 をする 8. 通 信 8-1 電 話 (1) 一 般 事 情 固 定 電 話 の 新 規 取 付 け 手 続 きはMaroc Telecom(モロッコ テレコム)で 行 う 取 付 けまで 早 くて1~3 日 通 常 は 約 1 週 間 以 上 を 要 する 料 金 は 1カ 月 に1 度 から 請 求 書 が 郵 送 されてくるので 営 業 所 に 出 向 いて 支 払 う( 現 金 あるいは 小 切 手 ) 請 求 書 がこないからと 言 って 支 払 わずにいると 突 然 止 められるので 注 意 また モロッコ 全 土 に 携 帯 電 話 網 が 普 及 しており 関 係 者 のほとんどが 利 用 し ている (2) 国 内 電 話 自 宅 の 電 話 を 使 う 場 合 市 内 通 話 は1 分 間 で0.7DHである 市 外 通 話 は 距 離 別 時 間 差 方 式 で 日 本 と 同 様 の 料 金 体 系 である 街 中 には 公 衆 電 話 や 電 話 を 貸 し 出 す 業 者 (テレブティック)があり テレブティックではFAXを 送 ることもできる 各 サービスの 電 話 番 号 は 次 のとおりである 番 号 案 内 ( 国 内 ):160 番 号 案 内 ( 国 外 ):120 局 を 通 しての 国 際 電 話 :120 (3) 国 際 電 話 各 都 市 から ダイヤル 直 通 で 国 際 電 話 がかけられる 公 衆 電 話 やテレブティッ クでも 可 能 である 日 本 へは0081 次 いで0をとった 市 外 局 番 市 内 局 番 の 順 で かける (4) 携 帯 電 話 大 都 市 では4G 都 市 部 は3G 地 方 はGSM 方 式 で 外 資 系 のMaroc Telecom Meditel モロッコ 企 業 のInwiの3 社 が 扱 っている プリペイドカード 方 式 の 場 合 は 身 分 証 明 書 またはパスポートがあれば あらかじめ 用 意 する 書 類 なくすぐに 購 入 モロッコ 36

37 使 用 できる Maroc Telecom(モロッコテレコム) 機 材 テレホンカード 込 み 一 括 支 払 い 方 式 :690DHくらいから3000DH~ 各 種 ( 最 低 1 年 契 約 ) 機 材 のみ:690DHくらい~ テレホンカードのみ:50DH( 最 初 の 契 約 手 数 料 と20DHの 通 話 料 込 み) 備 考 : 機 種 多 数 で プリペイカードの1 通 話 あたりの 料 金 は 割 高 であるが 月 々の 固 定 料 金 が 必 要 ない プリペイドカードは10DHから1200DHまで5 種 類 あり キオスクやエピスリでも 入 手 できる チャージしたポイントは6ヶ 月 間 使 用 でき 再 チャージすると 残 存 ポイントと 新 しいポイントが 最 チャ ージ 時 点 から6ヶ 月 間 有 効 となる なお ポイントが 切 れても 1 年 間 は 受 信 できる 祝 祭 日 前 など チャージポイントが3~7 倍 になるキャンペーン を 実 施 している ただし 国 際 通 話 分 については 適 用 されない ウェブサイト:www.iam.maで 製 品 料 金 等 のインフォメーションが 見 られる Meditel(メディテル) 機 材 のみ:690DHくらい~ テレホンカードのみ:100DH( 最 初 の 契 約 手 数 料 と50DHの 通 話 料 込 み) 機 材 テレホンカード 込 み 一 括 支 払 い 方 式 :395~7595DH 888DH(1 年 契 約 ) そのほか 各 種 備 考 : 機 種 多 数 で プリペイカードの1 通 話 あたりの 料 金 は 割 高 であるが 月 々 の 固 定 料 金 が 必 要 ない 年 に 数 回 チャージポイントが2~3 倍 になるキ ャンペーンを 実 施 しており テレビ 新 聞 等 で 確 認 宣 伝 している ウェブサイト:www.meditel.maで 製 品 料 金 等 の 情 報 が 見 られる Inwi(イヌイ) 機 材 テレホンカード 込 み 一 括 支 払 い 方 式 :190~3,490DH(1 年 契 約 )そのほ か 各 種 備 考 : 機 種 は 他 の2 社 に 比 べて 若 干 少 ない まだアンテナの 設 置 が 進 んでおら ず 地 方 では 電 波 が 入 りにくい プリペイカードの1 通 話 あたりの 料 金 は 割 高 であるが 月 々の 固 定 料 金 が 必 要 ない プリペイドカードは 10DHか ら200DHまで5 種 類 ある ウェブサイト:www.inwi.maで 製 品 料 金 等 の 情 報 が 見 られる 日 本 携 帯 のローミングは 通 常 自 動 であるが 手 動 設 定 が 必 要 な 場 合 もあるの で 渡 航 前 に 日 本 の 携 帯 会 社 への 確 認 が 必 要 8-2 電 信 (1)ファクシミリ 料 金 は 電 話 と 同 じである 本 体 と 紙 は 現 地 調 達 できるが インターネットの 普 及 により 販 売 店 が 限 られている 外 国 からのFAX 機 の 持 ち 込 みは 原 則 としてでき ない 一 般 のコピー 用 紙 を 使 う 機 種 と 感 熱 紙 を 使 う 機 種 があり 価 格 は 感 熱 紙 用 モロッコ 37

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209EBE97CB8DD532303136897190B68AEE8F802E8AAE90AC94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209EBE97CB8DD532303136897190B68AEE8F802E8AAE90AC94C5> 楡 陵 祭 2016 衛 生 基 準 1. 初 めに この 衛 生 基 準 は 楡 陵 祭 2016( 以 下 楡 陵 祭 )において 守 らなければならないルール を 記 載 したものである 食 品 提 供 を 行 う 際 食 中 毒 のリスクと 背 中 合 わせになっている ことを 忘 れてはならない 事 実 毎 年 各 地 の 大 学 祭 で 食 中 毒 の 事 件 が 発 生 している 衛

More information

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分)

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分) ( 別 表 ) 日 本 標 準 産 分 類 の 分 類 項 目 と 類 似 種 比 準 価 額 計 算 上 の 種 目 との 対 比 表 ( 平 成 21 年 分 ) A B C 農, 林 01 農 011 耕 種 農 012 畜 産 農 013 農 ( 園 芸 を 除 く) 014 園 芸 02 林 021 育 林 022 素 材 生 産 023 特 用 林 産 物 生 産 (きのこ 類 の 栽

More information

目 次 1. 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 1 2. 政 務 活 動 費 として 支 出 できない 経 費 ( 参 考 事 例 ) 2 3. 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 に 係 る 運 用 指 針 3~9 4. 様 式 集 1

目 次 1. 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 1 2. 政 務 活 動 費 として 支 出 できない 経 費 ( 参 考 事 例 ) 2 3. 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 に 係 る 運 用 指 針 3~9 4. 様 式 集 1 平 成 25 年 3 月 奈 良 市 議 会 政 務 活 動 費 執 行 の 手 引 奈 良 市 議 会 目 次 1. 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 1 2. 政 務 活 動 費 として 支 出 できない 経 費 ( 参 考 事 例 ) 2 3. 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 に 係 る 運 用 指 針 3~9 4. 様 式 集

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

ランキング(2月数値訂正済み)

ランキング(2月数値訂正済み) [ 参 考 資 料 ] 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 ( 確 報 ) 結 果 産 業 小 分 類 都 道 府 県 市 町 村 のランキング 産 業 小 分 類 1 事 業 所 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 2 2 従 業 者 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 4 都 道 府 県 3 事 業 所 数 産 業 大 分 類 都 道 府

More information

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して 6 学 生 生 活 について 1. 原 付 転 通 学 原 付 自 転 車 による 通 学 は 学 生 課 に 所 定 の 用 紙 で 駐 輪 場 使 用 届 を 提 出 し 使 用 ステッカーの 交 付 を 受 け 原 付 自 転 車 のよくわかる 部 分 に 貼 付 してください 駐 輪 場 の 収 容 台 数 の 都 合 により 受 付 台 数 には 制 限 があります 使 用 上 の 確 認

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費

More information

<8AA892E889C896DA88EA9797955C816988EA9797955C8145835483938376838B816A2E786C73>

<8AA892E889C896DA88EA9797955C816988EA9797955C8145835483938376838B816A2E786C73> 一 覧 表 顧 問 料 不 要 の(@システム)の 三 輪 会 計 事 務 所 541-0051 大 阪 市 中 央 区 備 後 町 2-4-6 森 田 ビル1F TEL06-6209-7191 FAX06-6209-8145 目 次 < 一 覧 表 > (1) 資 産 項 目 (2) 負 債 項 目 (3) 売 上 項 目 (4) 経 費 項 目 複 雑 な 取 引 の 仕

More information

目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設 で 取 り 扱 う 場 合 6 2 給 排 水 要 件 など 一 定

目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設 で 取 り 扱 う 場 合 6 2 給 排 水 要 件 など 一 定 LOHAS FESTA 東 京 : 出 店 者 マニュアル ver.10.01.29 監 修 : 行 政 書 士 椋 木 法 務 事 務 所 行 政 書 士 椋 木 マキ 目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

広 域 振 興 局 等 避 難 所 の 状 況 避 難 所 として 設 置 されたのは 学 校 の 体 育 館 地 区 集 会 所 等 の 施 設 であった が 毛 布 ストーブ 等 の 備 えがない 所 が 多 数 あった 避 難 施 設 の 床 に 直 接 寝 るため 眠 れる 環 境 でなかっ

広 域 振 興 局 等 避 難 所 の 状 況 避 難 所 として 設 置 されたのは 学 校 の 体 育 館 地 区 集 会 所 等 の 施 設 であった が 毛 布 ストーブ 等 の 備 えがない 所 が 多 数 あった 避 難 施 設 の 床 に 直 接 寝 るため 眠 れる 環 境 でなかっ 1 食 料 品 生 活 必 需 品 等 供 給 県 市 町 村 ~ 何 があったか どう 対 応 したか ~ 県 本 庁 速 やかな 物 資 供 給 が 困 難 発 災 当 初 においては 通 信 が 途 絶 し 避 難 者 のニーズはもちろんのこと 避 難 者 がどこに 避 難 しているのかさえ 把 握 が 困 難 であったことや 道 路 の 寸 断 市 町 村 職 員 の 被 災 等 により 被

More information

(連結)調査レポート2014・12_No171_cs5.indb

(連結)調査レポート2014・12_No171_cs5.indb 2014.12 No. 171 県 内 勤 労 者 の 消 費 貯 蓄 動 向 ~ 第 52 回 くらしのアンケートから~ 要 約 1 1 家 計 の 状 況 3 2 今 冬 の 買 物 計 画 4 3 おけいこ 事 塾 サークル 6 4 貯 蓄 7 5 ローン 等 の 利 用 9 6 冬 季 ボーナス 10 7 お 歳 暮 12 8 冬 休 み 年 末 年 始 の 過 ごし 方 14 要 約 1.

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

科学研究費補助金使用ルール (文部科学省・日本学術振興会)

科学研究費補助金使用ルール (文部科学省・日本学術振興会) 帝 京 大 学 本 部 会 計 課 2 1ご 挨 拶 2 取 扱 要 項 についての 説 明 3 科 研 費 システムについて 4 本 学 における 不 正 防 止 の 取 組 みについて (コンプライアンス 研 修 ) 3 科 研 費 の 種 類 について ( 要 項 P.15) 新 学 術 領 域 研 究 研 究 活 動 スタート 支 援 特 別 研 究 員 奨 励 費 基 盤 研 究 (B)

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

1 基 本 情 報 日 本 からの 農 林 水 産 物 食 品 輸 出 2 億 円 (2015 年 ) 国 地 域 別 順 位 64 位 1. 基 礎 データ 人 口 :54 百 万 人 ( 人 口 増 加 率 0.8%) 面 積 :68 万 km2 ( 日 本 の 約 1.8 倍 ) 宗 教 :

1 基 本 情 報 日 本 からの 農 林 水 産 物 食 品 輸 出 2 億 円 (2015 年 ) 国 地 域 別 順 位 64 位 1. 基 礎 データ 人 口 :54 百 万 人 ( 人 口 増 加 率 0.8%) 面 積 :68 万 km2 ( 日 本 の 約 1.8 倍 ) 宗 教 : 国 地 域 別 の 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 拡 大 戦 略 () 105 1 基 本 情 報 日 本 からの 農 林 水 産 物 食 品 輸 出 2 億 円 (2015 年 ) 国 地 域 別 順 位 64 位 1. 基 礎 データ 人 口 :54 百 万 人 ( 人 口 増 加 率 0.8%) 面 積 :68 万 km2 ( 日 本 の 約 1.8 倍 ) 宗 教 : 仏 教 (

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

生 計 支 出 は 用 途 分 類 と 品 目 分 類 の2 体 系 に 分 類 される (2) その 他 の 実 支 出 は 税 金 社 会 保 険 料 などの 支 出 項 目 からなる (3) 実 支 出 以 外 の 支 出 は 資 産 の 増 加 又 は 負 債 の 減 少 を 意 味 する

生 計 支 出 は 用 途 分 類 と 品 目 分 類 の2 体 系 に 分 類 される (2) その 他 の 実 支 出 は 税 金 社 会 保 険 料 などの 支 出 項 目 からなる (3) 実 支 出 以 外 の 支 出 は 資 産 の 増 加 又 は 負 債 の 減 少 を 意 味 する Ⅴ 収 支 項 目 分 類 の 基 本 原 則 1 収 入 収 入 総 額 は 実 収 入 実 収 入 以 外 の 収 入 繰 入 金 に 分 類 される (1) 実 収 入 は 世 帯 員 全 員 の 現 金 収 入 ( 税 込 み)を 合 計 したもので 主 として 勤 労 や 事 業 の 対 価 として 新 たに 家 計 に 入 る 収 入 である 中 間 項 目 として 経 常 収 入 と

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

INUダブルディグリープログラム派遣留学報告書

INUダブルディグリープログラム派遣留学報告書 (Page 1) 広 島 大 学 短 期 交 換 留 学 (HUSA)プログラム 派 遣 留 学 報 告 書 記 入 日 平 成 26 年 2 月 10 日 所 属 学 部 研 究 科 文 学 研 究 科 1 年 次 ( 留 学 開 始 時 点 ) 留 学 先 大 学 グラーツ 大 学 ( 国 名 :オーストリア) 所 属 学 部 学 科 等 名 Germanistik(ドイツ 学 ) 在 籍 身

More information

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 伝 えたいふる 里 の 味 美 作 市 栄 養 委 員 会 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 ぼた 餅 米 A

More information

調 査 の 実 施 要 領 調 査 時 点 2015 年 9 月 上 旬 調 査 方 法 郵 送 調 査 調 査 対 象 生 活 衛 生 関 係 営 業 3,220 企 業 有 効 回 答 企 業 数 3,054 企 業 ( 回 答 率 94.8%) < 業 種 内 訳 > 1,448 企 業 14

調 査 の 実 施 要 領 調 査 時 点 2015 年 9 月 上 旬 調 査 方 法 郵 送 調 査 調 査 対 象 生 活 衛 生 関 係 営 業 3,220 企 業 有 効 回 答 企 業 数 3,054 企 業 ( 回 答 率 94.8%) < 業 種 内 訳 > 1,448 企 業 14 ニュースリリース 2 0 1 5 年 1 2 月 3 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 仕 入 価 格 が 上 昇 するも 価 格 転 嫁 が 進 まない 生 活 衛 生 関 係 営 業 ~ 仕 入 価 格 が 上 昇 した 企 業 は 約 6 割 価 格 転 嫁 率 50% 未 満 の 企 業 は 約 8 割 ~ 価 格 動 向 及 び 顧 客 の 消 費 動 向 等 に 関 するアンケート

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

koureisya28_honbun_アウト前_e_PDF.indd

koureisya28_honbun_アウト前_e_PDF.indd サービス 食 事 サービス ( 食 の 自 立 支 援 事 業 ) 1 越 前 市 の 高 齢 者 福 祉 サービス 週 1 回 弁 当 を 自 宅 までお 届 けし その 際 に 体 調 に 異 常 がないか などの 安 否 を 確 認 します 事 業 者 水 仙 園 27-2155( 火 曜 金 曜 祝 日 可 ) 第 2 和 上 苑 25-6400( 水 曜 祝 日 不 可 ) 和 上 苑 23-1114(

More information

1. 旅 行 命 令 (1) 旅 行 命 令 の 省 略 Q1. 全 行 程 を 公 用 車 による 旅 行 で 宿 泊 を 伴 わない 場 合 の 旅 行 命 令 はどうなるか A1 旅 費 を 伴 わない 旅 行 の 場 合 旅 行 命 令 を 口 頭 で 発 することにより 旅 行 命 令 簿

1. 旅 行 命 令 (1) 旅 行 命 令 の 省 略 Q1. 全 行 程 を 公 用 車 による 旅 行 で 宿 泊 を 伴 わない 場 合 の 旅 行 命 令 はどうなるか A1 旅 費 を 伴 わない 旅 行 の 場 合 旅 行 命 令 を 口 頭 で 発 することにより 旅 行 命 令 簿 旅 費 制 度 Q&A ( 小 中 学 校 編 ) 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 島 根 県 教 育 庁 総 務 課 1. 旅 行 命 令 (1) 旅 行 命 令 の 省 略 Q1. 全 行 程 を 公 用 車 による 旅 行 で 宿 泊 を 伴 わない 場 合 の 旅 行 命 令 はどうなるか A1 旅 費 を 伴 わない 旅 行 の 場 合 旅 行 命 令 を 口 頭 で 発 することにより

More information

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成 職 員 の 旅 費 に 関 する 条 例 の 一 部 を する 条 例 等 の 施 行 に 伴 う 旅 費 の 取 扱 いについて 平 成 18 年 3 月 29 日 17 高 教 職 第 1370 号 教 育 長 通 知 平 成 19 年 1 月 4 日 18 高 教 政 第 486 号 教 育 長 通 知 平 成 20 年 11 月 12 日 20 高 総 福 第 646 号 教 育 長 通 知

More information

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 27 年 新 庄 市 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 に

More information

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信 災 害 時 透 析 業 務 支 援 ボランティア 活 動 マニュアル ver.1.10 2014 年 6 月 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 災 害 対 策 委 員 会 < 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景

本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景 平 成 17 年 (2005 年 ) 伊 万 里 市 本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景 に 伊 万 里 市 からは 里 小 路 の 小

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63> 賃 貸 借 契 約 書 貸 主 ( 以 下 甲 という )と 借 主 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 ( 以 下 乙 という )と 入 居 者 ( 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 者 のうち 本 契 約 により 入 居 する 者 以 下 丙 という )とは 別 紙 の(1)に 記 載 する 賃 貸 借 契 約 の 目 的 物 ( 以 下 本 物 件 という )について 居 住

More information

新居を購入するまでの チェックポイント

新居を購入するまでの チェックポイント 新 居 を 購 入 するまでの チェックポイント 既 存 住 宅 ( 中 古 住 宅 等 ) 購 入 の 際 の 取 引 や 手 続 の 流 れについて 簡 単 に 確 認 しましょう 平 成 22 年 3 月 1. 購 入 方 針 を 決 める まず 不 動 産 の 価 格 について 調 べてみましょう 不 動 産 価 格 の 相 場 を 知 ることは 購 入 計 画 を 立 てたり あるいは 見

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 火 災 被 災 者 の 支 援 について 宇 城 市 平 成 27 年 4 月 < 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 理 衛 生 環 境 課

More information

Microsoft Word - P001.doc

Microsoft Word - P001.doc 平 成 18 年 (2006 年 ) 伊 万 里 市 目 次 変 遷 図 5 土 地 及 び 気 象 6 人 口 及 び 労 働 力 9 産 業 事 業 所 24 農 業 28 林 業 41 水 産 業 42 製 造 業 45 商 業 51 財 政 54 市 民 所 得 58 社 会 福 祉 60 教 育 文 化 63 観 光 70 保 健 衛 生 73 建 設 76 電 気 ガス 水 道 79 治

More information

経済百葉箱 第48号

経済百葉箱 第48号 第 4 号 ( ) 公 益 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2 年 3 月 2 日 公 表 資 源 高 のもたらす 消 費 者 物 価 への 影 響 原 油 高 は 農 産 物 高 よりも 転 嫁 が 進 むが デフレ 脱 却 には 要 時 間 問 題 意 識 資 源 高 の 物 価 への 影 響 短 期 予 測

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

市場と経済A

市場と経済A 財 政 学 Ⅰ 1 第 12 回 租 税 (6) 消 費 税 ( 付 加 価 値 税 )(2) 2015 年 6 月 26 日 ( 金 ) 担 当 : 天 羽 正 継 ( 経 済 学 部 経 済 学 科 准 教 授 ) 2 日 本 の 消 費 税 (1) 2013 年 度 決 算 における 消 費 税 の 収 入 額 は10.8 兆 円 で 税 収 に 占 める 割 合 は23.6% 一 般 会 計

More information

イベント 趣 旨 昨 今 日 立 での 生 活 に 魅 力 を 感 じない と 感 じる 層 を 中 心 に 日 立 離 れが 進 み 生 活 拠 点 を 移 す(ひたちな か 東 海 村 等 に 移 住 ) 方 が 増 えつつあり 事 実 近 年 の 人 口 減 少 数 は 県 内 で 常 に 上

イベント 趣 旨 昨 今 日 立 での 生 活 に 魅 力 を 感 じない と 感 じる 層 を 中 心 に 日 立 離 れが 進 み 生 活 拠 点 を 移 す(ひたちな か 東 海 村 等 に 移 住 ) 方 が 増 えつつあり 事 実 近 年 の 人 口 減 少 数 は 県 内 で 常 に 上 肉 と 魚 のグルメカーニバルinひたち 出 店 要 項 2015 年 7 月 版 目 次 ページ 数 内 容 1 イベント 趣 旨 開 催 の 概 要 ( 日 時 等 ) 2~4 会 場 図 出 店 の 申 込 および 申 込 書 類 の 書 き 方 について 4 チケット 制 度 について 4~6 ご 出 店 上 の 概 要 ルール 6 駐 車 場 と 搬 入 出 について 7 よくある 質 問

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

スーパーマーケット 販 売 統 計 調 査 2015 年 7 月 実 績 速 報 版 (パネル275) 全 店 売 上 高 ( 万 円 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 スーパーマーケット 協 会 オール 日 本 スーパーマーケット 協 会 一 般 社 団 法 人 新 日 本 スーパーマーケット

スーパーマーケット 販 売 統 計 調 査 2015 年 7 月 実 績 速 報 版 (パネル275) 全 店 売 上 高 ( 万 円 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 スーパーマーケット 協 会 オール 日 本 スーパーマーケット 協 会 一 般 社 団 法 人 新 日 本 スーパーマーケット スーパーマーケット 販 売 統 計 調 査 資 料 2015 年 7 月 実 績 速 報 版 (パネル 275) 6 月 実 績 確 報 版 (8 月 21 日 公 表 ) 調 査 資 料 概 要 商 品 分 類 パネル 集 計 食 品 を 中 心 に 取 り 扱 うスーパーマーケットを 対 象 に 同 一 企 業 を 集 計 2015 年 4 月 実 績 よりパネル 対 象 企 業 変 更 (285

More information

空き家バンク

空き家バンク 9 八 街 市 イメージキャラクター ピーちゃん ナッちゃん 1. 空 き 家 バンク 制 度 の 概 要 空 き 家 の 売 却 または 賃 貸 を 希 望 する 所 有 者 などからの 申 請 により 登 録 された 空 き 家 情 報 を 空 き 家 の 利 用 を 希 望 する 人 に 対 して 八 街 市 が 提 供 する 制 度 で 登 録 された 空 き 家 情 報 については 市 のホームページに

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが 平 成 26 年 7 月 作 成 平 成 26 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 使 用 のルール 長 浜 バイオ 大 学 研 究 推 進 機 構 事 務 室 center.jim@nagahama-i-bio.ac.jp 1 はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては

More information

なお ロシアでは 税 関 検 査 は 依 然 厳 く スーツケースなども 開 けて 調 べられること がありますが この 申 告 制 度 をめぐってのトラブルが 頻 発 ています 申 告 が 必 要 な のに 申 告 せずに 税 関 を 通 過 ようとて 拘 束 された 事 件 では 拘 置 所 に

なお ロシアでは 税 関 検 査 は 依 然 厳 く スーツケースなども 開 けて 調 べられること がありますが この 申 告 制 度 をめぐってのトラブルが 頻 発 ています 申 告 が 必 要 な のに 申 告 せずに 税 関 を 通 過 ようとて 拘 束 された 事 件 では 拘 置 所 に 査 証 入 国 審 査 等 1.ロシア 連 邦 に 入 国 する 際 には 査 証 が 必 要 です 査 証 取 得 手 続 きは 居 住 地 にある ロシア 連 邦 大 使 館 若 くは 総 領 事 館 に 申 請 ます また 入 国 後 滞 在 期 間 を 延 長 する ことは 原 則 的 に 来 ないので あらかじめ 日 程 を 確 定 て 申 請 査 証 取 得 の 際 には 申 請 内 容

More information

新農中政第号

新農中政第号 平 成 25 年 分 の 農 業 所 得 計 算 上 の 留 意 事 項 平 成 2 6 年 1 月 JA 新 潟 中 央 会 この 資 料 の 仕 訳 例 の 科 目 のあとの( )は 消 費 税 の 取 扱 いを 示 す 課 : 課 税 不 : 不 課 税 非 : 非 課 税?: 個 別 内 容 により 判 断 1. 米 の 仮 渡 金 の 入 金 共 計 における 精 算 払 いの 処 理 (1)

More information

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被 火 災 で 被 災 さ れ た か た へ の 各 種 手 続 き 支 援 の ご 案 内 火 災 の 被 害 に 遭 われました 皆 様 に 対 しまし て 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 被 災 後 の 手 続 きや 受 けられる 支 援 等 につ いてまとめましたので ご 利 用 ください この 冊 子 は 被 災 後 の 手 続 き 支 援 のすべてを 網 羅 して いるものではありませんのでご

More information

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 に 関 する 仕 様 書 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 の 実 施 については この 仕 様 書 の 定 めるところによる ( 総 則 ) 1 件 名 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 2 履 行 場 所 施 設 名 熊 本 市 立 熊 本 市 民 病 院 所 在 地 熊 本 市 東

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A88C0915382C8936E8D7182CC82BD82DF82C94832382E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A88C0915382C8936E8D7182CC82BD82DF82C94832382E646F6378> 平 成 28 年 7 月 8 日 改 訂 安 全 な 海 外 渡 航 のために 国 際 交 流 センター 学 生 課 近 年 学 生 の 皆 さんの 海 外 渡 航 の 機 会 が 増 加 しています 海 外 渡 航 中 の 危 険 やトラブルの 多 くは 事 前 の 準 備 や 本 人 の 注 意 により 回 避 軽 減 することが 可 能 です 安 全 で 実 りある 海 外 渡 航 のための

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

Microsoft PowerPoint - ITS20130617.pptx

Microsoft PowerPoint - ITS20130617.pptx 情 報 産 業 と 社 会 第 11 回 : 個 人 情 報 保 護 法 住 基 ネッ トシステム マイナンバーシステム 2013.6.17 宿 南 達 志 郎 薬 ネット 販 売 自 粛 解 除 (ドラッグストア 協 会 ) 日 本 ドラッグストア 協 会 は14 日 会 員 企 業 に 対 するインターネット 販 売 自 粛 要 請 を 解 除 厚 生 省 の 方 針 が 定 まっていない 第

More information

2009昼食メニュー

2009昼食メニュー 弥 陀 ヶ 原 ホテル 団 体 様 の 昼 食 予 約 について 15 名 様 以 上 のお 客 様 は 団 体 予 約 を 承 ります アルペンルート 乗 物 のご 予 約 と 併 せてお 申 し 込 み 下 さい アルペンルート 乗 物 もご 予 約 が 必 要 です 富 山 側 より 貸 切 バス( 立 山 有 料 道 路 利 用 )でお 越 しの 場 合 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8DDE8E7889878E968BC68BA693AF91678D8792E88ABC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8DDE8E7889878E968BC68BA693AF91678D8792E88ABC> 全 国 人 材 支 援 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

まごころ共済取扱マニュアル

まごころ共済取扱マニュアル まごころ 共 済 取 扱 マニュアル 愛 媛 県 火 災 共 済 協 同 組 合 0 目 次 第 1 章 まごころ 共 済 の 概 要... 3 (1)まごころ 共 済 の 特 徴... 3 (2) 契 約 について... 3 (3) 共 済 期 間 および 責 任 の 始 期 について... 3 (4) 運 転 者 の 範 囲... 3 (5) 契 約 の 引 受 け 車 種 について... 4

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

◆償却資産とは

◆償却資産とは 平 成 28 年 度 償 却 資 産 ( 固 定 資 産 税 ) 申 告 の 手 引 き 償 却 資 産 申 告 書 阿 賀 野 市 イメージキャラクター ごずっちょ 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 )です 期 限 間 近 になりますと 窓 口 が 混 み 合 います 1 月 20 日 ( 水 ) 頃 までの 提 出 にご 協 力 ください 提 出 お

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

(3) 事 前 対 策 リスト( 自 助 ) 家 の 中 の 安 全 避 難 救 水 や 食 料 避 難 生 活 用 品 家 具 が 転 倒 しないように 固 定 する 耐 震 診 断 耐 震 補 強 をする 寝 室 には 家 具 を 置 かないか 寝 床 に 向 かって 転 倒 しないようにする

(3) 事 前 対 策 リスト( 自 助 ) 家 の 中 の 安 全 避 難 救 水 や 食 料 避 難 生 活 用 品 家 具 が 転 倒 しないように 固 定 する 耐 震 診 断 耐 震 補 強 をする 寝 室 には 家 具 を 置 かないか 寝 床 に 向 かって 転 倒 しないようにする 6. 事 前 対 策 リスト 災 害 時 の 応 急 対 応 を 効 果 的 に 行 えるよう 1 事 前 対 策 リスト( 自 助 )と 2 事 前 対 策 リスト( 共 助 )を 考 えましょう 2 事 前 対 策 リスト( 共 助 )は 第 3 回 ワークショップの 議 論 をもとに 災 害 対 応 の 特 に 優 先 度 の 高 い 活 動 とそのための 事 前 対 策 をテーマ 毎 に 検

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

スライド 1

スライド 1 個 人 事 業 主 とは 役 所 銀 行 への 届 出 白 色 申 告 と 青 色 申 告 経 費 計 上 の 範 囲 と 節 税 のポイント 売 上 計 上 のタイミング 個 人 事 業 主 の 確 定 申 告 個 人 事 業 主 とは 個 人 事 業 主 は 株 式 会 社 等 の 法 人 を 設 立 せず に 自 ら 事 業 を 行 っている 個 人 をいう 一 般 には 自 営 業 者 ともいう

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

常陸太田市における農業の現状

常陸太田市における農業の現状 県 北 中 山 間 地 域 常 陸 太 田 市 における 農 業 振 興 施 策 の 主 な 取 り 組 み 多 様 な 担 い 手 の 育 成 確 保 地 産 地 消 6 次 産 業 化 の 促 進 ブランドの 創 出 田 舎 力 を 活 かした 都 市 との 交 流 促 進 茨 城 県 常 陸 太 田 市 1. 常 陸 太 田 市 における 農 業 の 現 状 と 課 題 産 業 別 就 業 者

More information

Microsoft Word - 開発許可パンフレット

Microsoft Word - 開発許可パンフレット 市 街 化 調 整 区 域 における 2016.1.1 改 訂 版 開 発 許 可 等 の 立 地 基 準 について 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 許 可 等 に 関 する 新 たな 基 準 して 境 港 市 及 び 日 吉 津 村 の 市 街 化 調 整 区 域 のうち 市 街 化 区 域 一 体 的 な 地 域 等 において 行 うこができる 開 発 行 為 等 の 立 地 基 準

More information

【様式1】

【様式1】 様 式 1 避 難 施 設 運 営 組 織 ( 事 前 対 策 ) < 運 営 管 理 責 任 者 > 氏 名 所 属 又 は 住 所 TEL 備 考 会 長 副 会 長 避 難 施 設 従 事 職 員 ( 市 職 員 ) 施 設 管 理 者 < 避 難 施 設 運 営 班 > ( 印 : 班 長 印 : 副 班 長 ) 氏 名 自 治 会 名 住 所 TEL 備 考 総 務 班 名 簿 班 食 料

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

政務活動費の手引き(案)

政務活動費の手引き(案) 政 務 活 動 費 の 手 引 き( 素 案 ) 平 成 27 年 8 月 15 日 現 在 平 成 27 年 月 弘 前 市 議 会 目 次 制 度 概 要 1 政 務 活 動 費 制 度 に 対 する 基 本 的 な 考 え 方 1p 具 体 的 取 扱 い 2 交 付 申 請 から 収 支 報 告 情 報 公 開 までの 流 れ 6p 3 政 務 活 動 費 の 支 出 に 係 る 基 本

More information

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所,

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所, 大 分 類 S- 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く) 総 説 この 大 分 類 には, 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 機 関 のうち, 国 会, 裁 判 所, 中 央 官 庁 及 びその 地 方 支 分 部 局, 都 道 府 県 庁, 市 区 役 所, 町 村 役 場 など 本 来 の 立 法 事 務, 司 法 事 務 及 び 行 政 事 務 を 行 う 官 公 署 が 分

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 相 模 湖 公 園 の 震 災 時 対 応 の 考 え 方 参 考 資 料 1 - 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 における

More information

Microsoft Word - 新HOT-13-03.doc

Microsoft Word - 新HOT-13-03.doc 2013.3 月 ( 323) UMS 税 理 士 法 人 ユーマス 会 計 株 式 会 社 ユーマス 経 営 新 今 月 の 視 点 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 行 方 自 民 党 税 制 調 査 会 ( 平 成 25 年 1 月 29 日 閣 議 決 定 ) 現 在 の 経 済 情 勢 を 踏 まえて 成 長 と 富 の 好 循 環 の 実 現 に 向 けて 民 間 投 資 喚 起

More information

農 業 新 規 就 農 研 修 制 度 ( 四 万 十 農 園 あぐりっこ) 四 万 十 市 産 材 利 用 促 進 事 業 センター ぽっぽ 市 内 に 住 所 を 有 し 4 月 1 日 現 在 において15 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 自 立 して 就 農 する 新 規 就 農 希

農 業 新 規 就 農 研 修 制 度 ( 四 万 十 農 園 あぐりっこ) 四 万 十 市 産 材 利 用 促 進 事 業 センター ぽっぽ 市 内 に 住 所 を 有 し 4 月 1 日 現 在 において15 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 自 立 して 就 農 する 新 規 就 農 希 市 町 村 項 目 事 業 名 対 象 者 内 容 黒 潮 町 医 療 乳 幼 児 医 療 費 助 成 制 度 乳 幼 児 の 健 康 を 守 るため 医 療 費 の 助 成 を 行 っています 中 学 校 卒 業 まで: 入 院 通 院 とも 自 己 負 担 なし 健 康 福 祉 課 保 健 衛 生 係 : 0880-43-2836 H25 年 9 月 作 成 多 子 世 帯 保 育 料 助 成

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

出 するものと 第 4 条 ( 作 業 時 間 および 休 日 ) (1) 作 業 時 間 1. 平 常 の 作 業 時 間 は 原 則 として 夏 期 (3 月 ~11 月 ) 午 前 8 時 より 午 後 6 時 迄 とする( 作 業 準 備 片 付 け 清 掃 を 含 む) 冬 期 (12 月

出 するものと 第 4 条 ( 作 業 時 間 および 休 日 ) (1) 作 業 時 間 1. 平 常 の 作 業 時 間 は 原 則 として 夏 期 (3 月 ~11 月 ) 午 前 8 時 より 午 後 6 時 迄 とする( 作 業 準 備 片 付 け 清 掃 を 含 む) 冬 期 (12 月 工 事 協 定 書 東 京 都 小 平 市 学 園 西 町 1 丁 目 11MM-NNNN( 地 名 地 番 )に 建 設 される( 仮 称 )D レスティア 学 園 西 町 計 画 ( 以 下 本 件 建 物 という )の 建 築 工 事 ( 以 下 本 件 工 事 という )に 関 し 近 隣 住 民 ( 以 下 甲 という )と 建 築 主 : 大 和 ハウス 工 業 株 式 会 社 東 京

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

科 目 番 号 8-2 生 活 技 術 ( 衣 生 活 保 育 分 野 ) 2 農 業 科 畜 産 科 食 品 科 学 科 第 2 学 年 新 生 活 技 術 ( 教 育 図 書 ) 家 庭 科 学 習 ノート 生 活 を 創 造 し 実 践 していく 力 を 身 につけます 衣 生 活 を 考 え

科 目 番 号 8-2 生 活 技 術 ( 衣 生 活 保 育 分 野 ) 2 農 業 科 畜 産 科 食 品 科 学 科 第 2 学 年 新 生 活 技 術 ( 教 育 図 書 ) 家 庭 科 学 習 ノート 生 活 を 創 造 し 実 践 していく 力 を 身 につけます 衣 生 活 を 考 え 科 目 番 号 8-1 生 活 技 術 ( 食 生 活 消 費 生 活 分 野 ) 2 農 業 科 畜 産 科 食 品 科 学 科 第 1 学 年 新 生 活 技 術 ( 教 育 図 書 ) 生 活 を 創 造 し 実 践 していく 力 を 身 につけます 調 理 器 具 と 材 料 の 切 り 方 計 量 の 仕 方 調 理 実 習 1 木 の 葉 どんぶり みそ 汁 テーブルマナー 調 理 実

More information

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366)

(Microsoft Word - \211^\215s\212\307\227\235\213K\222\366) 運 行 管 理 規 程 平 成 制 定 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 規 程 は ( 事 業 者 名 ) 運 行 管 理 規 程 と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 この 規 程 は 旅 客 自 動 車 運 送 事 業 運 輸 規 則 ( 以 下 運 輸 規 則 という ) 第 48 条 の2の 定 めに 基 づき 運 行 管 理 者 の 職 務 及 び 権 限 並 びに

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

Microsoft PowerPoint - H19_090629.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - H19_090629.ppt [互換モード] 栄 養 摂 取 状 況 調 査 で 得 られた 内 容 から できるだけ 真 の 値 に 近 づけるために 適 切 な 食 品 番 号 の 選 択 調 理 による 変 化 栄 養 素 が 強 化 されている 食 品 のコード 付 けなど 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 栄 養 疫 学 プログラム 国 民 健 康 栄 養 調 査 プロジェクト 野 末 みほ 平 成 19 年

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

スライド 1

スライド 1 入 院 のご 案 内 公 益 財 団 法 人 河 野 臨 床 医 学 研 究 所 附 属 北 品 川 病 院 140-0001 東 京 都 品 川 区 北 品 川 1-23-19 03-3474-5861 入 院 手 続 きについて 入 院 手 続 き 健 康 保 険 にてご 入 院 の 方 1 階 入 退 院 受 付 にて 手 続 きをお 願 いいたします 健 康 保 険 証 医 療 券 入 院

More information

ようこそ金沢医科大学へ:外国人留学生・研究員のために

ようこそ金沢医科大学へ:外国人留学生・研究員のために 2013.3 改 訂 よ う こ そ 金 沢 医 科 大 学 へ 外 国 人 留 学 生 研 究 員 のために 金 沢 医 科 大 学 国 際 交 流 センター こ の ガ イ ド ラ イ ン で は 金 沢 医 科 大 学 で 快 適 な 日 々 を 過 ご し て い た だ け る よ う 外 国 人 留 学 生 研 究 員 およびその 家 族 の 方 々に 係 る 各 種 制 度 や 手 続

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

申 込 み か ら 入 居 ま で 申 込 み 受 付 平 成 2 6 年 5 月 1 3 日 ( 火 ) 1 4 日 ( 水 ) 1 5 日 ( 木 ) 1 6 日 ( 金 ) ( 財 ) 道 北 地 域 旭 川 地 場 産 業 振 興 セ ン タ ー ( 道 の 駅 あ さ ひ か わ ) 2

申 込 み か ら 入 居 ま で 申 込 み 受 付 平 成 2 6 年 5 月 1 3 日 ( 火 ) 1 4 日 ( 水 ) 1 5 日 ( 木 ) 1 6 日 ( 金 ) ( 財 ) 道 北 地 域 旭 川 地 場 産 業 振 興 セ ン タ ー ( 道 の 駅 あ さ ひ か わ ) 2 道 営 住 宅 入 居 申 込 み の し お り 平 成 26 年 度 第 1 回 道 営 住 宅 指 定 管 理 者 ( 旭 川 市 ) ア ラ イ 地 所 株 式 会 社 C S 事 業 部 070-0031 旭 川 市 1 条 通 6 丁 目 右 4 号 TEL 0166-24-2200 募 集 団 地 全 4 団 地 1 3 戸 募 集 春 光 第 一 団 地 ( 2 戸 ) 神 楽 岡

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 入 居 案 内 11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 点 から 日 本 人 学 生 及 び 外

More information

アルクマールのチーズ市

アルクマールのチーズ市 第 10 章 保 険 1.オランダの 保 険 事 情 オランダに 長 期 滞 在 する 場 合 保 険 なしの 生 活 は 考 えられません オ ランダでは 保 険 制 度 が 非 常 に 発 達 しており 一 例 を 挙 げると 約 1600 万 の 人 口 に 対 して 損 害 保 険 会 社 が 約 500 社 生 命 保 険 会 社 92 社 が そ れぞれ 独 自 の 保 険 商 品 を

More information

[6] 行 程 2 回 戦 学 院 出 発 ( 夜 行 バス) 試 合 応 援 帰 校 ( 夜 行 バス) 試 合 終 了 後 勝 敗 にかかわらず 帰 校 いたします 但 し 現 地 にて 雨 天 等 で 順 延 の 場 合 は 京 都 に 宿 泊 いたします 3 回 戦 学 院 出 発 ( 夜

[6] 行 程 2 回 戦 学 院 出 発 ( 夜 行 バス) 試 合 応 援 帰 校 ( 夜 行 バス) 試 合 終 了 後 勝 敗 にかかわらず 帰 校 いたします 但 し 現 地 にて 雨 天 等 で 順 延 の 場 合 は 京 都 に 宿 泊 いたします 3 回 戦 学 院 出 発 ( 夜 保 護 者 各 位 平 成 27 年 8 月 4 日 作 新 学 院 高 等 学 校 長 船 田 元 第 97 回 全 国 高 等 学 校 野 球 選 手 権 大 会 応 援 団 派 遣 について 保 護 者 の 皆 様 におかれましては 益 々ご 清 祥 のこととお 慶 び 申 し 上 げます さて 第 97 回 全 国 高 等 学 校 野 球 選 手 権 大 会 応 援 にお 子 様 のご 参

More information