Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3 目 次 はじめに 1 1. 平 成 21 年 度 基 礎 生 物 学 研 究 所 実 績 の 概 要 5 2. 大 学 共 同 利 用 機 関 としての 基 礎 生 物 学 研 究 所 の 現 状 と 課 題 及 び 参 考 資 料 基 礎 生 物 学 研 究 所 外 部 点 検 評 価 会 議 議 事 録 外 部 点 検 評 価 アンケートに 対 する 回 答 のまとめ 評 価 会 議 およびアンケート 関 連 資 料 資 料 1 Annual Report 資 料 2 マックスプランク 植 物 育 種 学 研 究 所 (MPIZ)との 学 術 交 流 および 合 同 シンポジウムのwebページ 131 資 料 3 基 礎 生 物 学 研 究 所 における 研 究 組 織 の 再 編 について( 概 略 ) および 図 135 資 料 4 新 学 術 領 域 配 偶 子 幹 細 胞 制 御 機 構 ( 領 域 代 表 者 : 吉 田 松 生 ) および 新 学 術 領 域 哺 乳 類 初 期 発 生 の 細 胞 コミュニティー ( 領 域 代 表 者 : 藤 森 俊 彦 ) webページ 139 資 料 5 基 礎 生 物 学 研 究 所 の 概 況 145 資 料 6 外 部 点 検 評 価 会 議 において 指 摘 された 事 項 を 反 映 させた 事 例 153 資 料 7 MPIZでのインタビュースケジュール 155 資 料 8 欧 州 分 子 生 物 学 研 究 所 (EMBL) 派 遣 大 学 院 生 レポート 157 資 料 9 共 同 利 用 研 究 等 の 実 施 状 況 について 163 資 料 10 平 成 22 年 度 基 礎 生 物 学 研 究 所 共 同 利 用 研 究 の 公 募 について 165 資 料 11 MPIZ 若 手 交 流 事 業 報 告 173 資 料 12 第 7 回 生 物 学 国 際 高 等 コンファレンス(OBC) 要 旨 集 177 資 料 13 バイオインフォマティクストレーニングコースwebページ 183 資 料 14 基 生 研 パンフレット 187 資 料 15 研 究 に 情 熱 をそそぐ 人 たちNo.2 ~No 発 表 論 文 資 料 1)2009~2007 発 表 論 文 リスト 223 2)2009~2007プレスリリースと 新 聞 報 道 247

4

5 はじめに 平 成 21 年 度 の 自 然 科 学 研 究 機 構 基 礎 生 物 学 研 究 所 の 外 部 点 検 評 価 報 告 書 をお 送 りします 平 成 21 年 は 最 先 端 研 究 開 発 支 援 事 業 の 枠 組 みの 変 更 や 年 末 の 事 業 仕 分 けなど 政 権 交 代 の 影 響 が 科 学 研 究 関 係 者 にも 大 きな 波 となってふりかかった 年 でした また 基 礎 生 物 学 研 究 所 など 大 学 共 同 利 用 機 関 にとっては 平 成 16 年 度 から 始 まった 法 人 化 の 第 一 期 中 期 計 画 中 期 目 標 の 最 終 年 度 であり この 6 年 間 の 活 動 実 績 について 平 成 22 年 度 に 最 終 評 価 を 受 けることになります 本 報 告 書 に 記 したように 基 礎 生 物 学 研 究 所 においては 平 成 21 年 度 も 活 発 な 先 端 生 物 学 研 究 を 推 進 するとともに 共 同 利 用 研 究 国 際 連 携 新 領 域 の 開 拓 若 手 研 究 者 の 育 成 などの 業 務 も 順 調 に 展 開 し ました その 内 容 は 1. 実 績 の 概 要 (5 9ページ) と 2. 現 状 と 課 題 (13 31ページ) にまとめました 外 部 評 価 として 運 営 会 議 の 所 外 委 員 に 平 成 21 年 度 の 活 動 についてアンケート 形 式 で 評 価 と 提 言 をし ていただきました ( ページ) さらに 平 成 22 年 4 月 に 評 価 会 議 を 開 き 研 究 所 の 運 営 会 議 所 外 委 員 3 名 と 運 営 会 議 委 員 以 外 の2 名 の 大 学 研 究 者 にお 集 まりいただいて 忌 憚 のないご 意 見 を 伺 いました ( 議 事 録 は35 113ページ 評 価 会 議 に 配 布 した 資 料 は ページ) これまでも 評 価 会 議 でいただいたご 意 見 を 研 究 所 の 活 動 に 反 映 して きました ( ページ) が 今 回 の 評 価 会 議 でお 聞 きした 様 々な 助 言 やご 意 見 を 研 究 所 の 運 営 に 役 立 ててい くつもりです 研 究 成 果 については 年 報 Annual Report 2009 (129ページ) としてまとめるとともに 本 冊 子 の 巻 末 に 2007 年 から 2009 年 の 発 表 論 文 リストと 成 果 発 表 に 関 わる 新 聞 記 事 (221ページ) を 掲 載 しましたのでご 覧 ください この 他 の 研 究 所 の 業 務 活 動 の 主 なものは 以 下 のとおりです 1. 共 同 利 用 共 同 研 究 は 8 種 類 の 枠 について 募 集 し 多 くの 共 同 研 究 を 実 施 しました (163ページ) 2. 平 成 21 年 5 月 にドイツ ケルン 市 にあるマックスプランク 植 物 育 種 学 研 究 所 と 学 術 交 流 連 携 の 合 意 書 を 締 結 し 最 初 の 交 流 事 業 として 8 月 にケルンで 共 同 シンポジウムを 開 催 しました 評 価 会 議 の 中 で 説 明 し ていますように このシンポジウムの 日 本 側 参 加 者 を 公 募 し 所 外 から 選 考 した 7 名 の 研 究 者 と 所 内 の 5 名 の 研 究 者 を 派 遣 して ドイツ 側 研 究 者 と 交 流 して 共 同 研 究 の 可 能 性 を 積 極 的 に 模 索 する 試 みをおこないま した (131,155,173ページ) その 結 果 いくつかの 共 同 研 究 がスタートし またポストドク 研 究 員 として 新 たなキャリア を 拓 く 人 が 生 まれました 3. 平 成 22 年 1 月 には 掛 川 市 のヤマハリゾートつま 恋 において 第 7 回 生 物 学 国 際 高 等 コンファレンス (OBC: Okazaki Biology Conference)を 開 催 しました 基 礎 生 物 学 の 新 たな 研 究 分 野 として 共 生 システム の 進 化 を 考 え 研 究 者 のネットワークを 構 築 することを 目 的 とした 国 際 会 議 で カリフォルニア 大 学 ロサン ゼルス 校 の James Lake 教 授 と 基 礎 生 物 学 研 究 所 の 川 口 正 代 司 教 授 がオーガナイザーとなり 42 名 (そのう ち 海 外 から 12 名 )の 参 加 者 から 高 い 評 価 を 得 ました (177ページ) 4. 国 際 実 習 コース(International Practical Course)として 平 成 21 年 6 月 にヒメツリガネゴケの 実 験 講 習 会 を また 平 成 22 年 1 月 に 小 型 魚 類 の 発 生 遺 伝 学 のコースを 開 催 しました ヒメツリガネゴケのコースは 受 講 者 17 名 (そのうち 海 外 から 12 名 ) 魚 類 のコースは 受 講 者 15 名 (そのうち 海 外 から 13 名 )でした 5. 平 成 21 年 11 月 に 新 たに 3 名 の 教 授 を 公 募 しました 平 成 22 年 1 月 に 募 集 を 締 め 切 って 選 考 委 員 会 で 審 査 を 進 めており 平 成 22 年 度 に 新 たな 研 究 室 が 発 足 すると 期 待 しています なお 平 成 21 年 度 も 在 職 10 年 の 教 授 業 績 評 価 の 該 当 者 はありませんでした 6. 研 究 所 の 紹 介 と 総 合 研 究 大 学 院 大 学 の 大 学 院 生 募 集 を 兼 ねたオープンキャンパスや 大 学 院 生 の 卒 業 後 の 進 路 設 計 に 資 することを 目 的 としたキャリアセミナーを 開 催 しました 7. 研 究 所 の 活 動 を 分 かり 易 い 形 で 社 会 と 研 究 者 コミュニティにお 知 らせする 努 力 も 進 めており 研 究 所 の ホームページを 頻 繁 に 更 新 して 最 新 のニュースを 載 せるとともに 研 究 者 の 個 人 像 を 紹 介 するリーフレット 研 究 に 情 熱 をそそぐひとたち ( ページ) を 引 き 続 き 刊 行 しました この 報 告 書 をご 一 読 いただき 基 礎 生 物 学 研 究 所 の 運 営 と 活 動 についてのご 意 見 ならびにご 支 援 を 頂 ければ 誠 にありがたく 存 じます 平 成 22 年 6 月 基 礎 生 物 学 研 究 所 所 長 岡 田 清 孝 1

6

7 1. 平 成 21 年 度 基 礎 生 物 学 研 究 所 実 績 の 概 要

8

9 1. 学 術 研 究 の 推 進 基 礎 生 物 学 研 究 所 では 生 物 現 象 の 基 本 原 理 を 明 らかにすることを 目 指 し 細 胞 生 物 学 発 生 生 物 学 神 経 生 物 学 進 化 多 様 性 生 物 学 環 境 生 物 学 等 の 基 盤 研 究 並 びに 共 同 利 用 研 究 を 推 進 し 数 多 くの 優 れた 研 究 成 果 を 上 げた 研 究 の 質 の 高 さは 機 関 別 論 文 引 用 度 指 数 高 Impact Factor 雑 誌 への 発 表 数 競 争 的 資 金 の 獲 得 状 況 等 に 示 されている 平 成 21 年 度 の 主 な 研 究 成 果 として プレスリリースを 通 じて 公 開 され 新 聞 記 事 掲 載 に 至 った 成 果 を 以 下 に 列 挙 する 1 無 脊 椎 動 物 の 生 殖 腺 刺 激 ホルモンを 初 め てヒトデで 発 見 した このホルモンは ヒトの 妊 娠 や 分 娩 を 助 ける 働 きのあるリ ラキシンと 呼 ばれるホルモンと 似 た 化 学 構 造 を 持 つ 今 後 動 物 の 生 殖 システム の 進 化 を 明 らかにする 上 で リラキシンが 重 要 な 鍵 となることが 期 待 される 2 ヒメツリガネゴケにおいて 細 胞 の 記 憶 を 制 御 する PRC2 遺 伝 子 を 破 壊 すると 絶 滅 した 化 石 植 物 ( 前 維 管 束 植 物 )に 似 た 多 数 の 枝 分 かれを 持 つようになることが 分 かった 現 在 は 枝 分 かれを 持 たないコケ 植 物 も 潜 在 的 にその 能 力 を 持 つことが 示 され 陸 上 植 物 の 進 化 を 論 ずる 上 で 重 要 な 一 歩 となった 3マウスにおいて 精 子 の 幹 細 胞 が 一 旦 精 子 への 分 化 を 開 始 した 後 からでも 再 び 幹 細 胞 の 状 態 に 復 帰 することが 可 能 なことを 示 した 幹 細 胞 を 確 実 に 維 持 し 多 年 にわたる 多 数 の 精 子 生 産 を 保 障 しているメカニズムの 一 端 が 明 らかになった 4 脊 椎 動 物 の 脳 や 脊 髄 の 元 となる 神 経 管 は 神 経 板 という 平 面 状 の 組 織 がくぼんで 作 られるが こ の 時 に 神 経 板 の 細 胞 の 片 面 にアクチン( 筋 収 縮 にかかわるタンパク 質 )が 集 積 して 収 縮 することが 原 動 力 となると 考 えられている この 集 積 に2 種 類 の 細 胞 間 接 着 分 子 が 関 わっていることを 明 らかにした 形 態 形 成 の 基 本 メカニズム 解 明 に つながる 成 果 である 5 植 物 の 細 胞 が 細 菌 感 染 した 時 に 発 動 される 免 疫 機 構 のひ とつを 解 明 した 細 菌 感 染 後 に 細 胞 内 の 液 胞 と 細 胞 外 をつなぐ 通 路 が 形 成 され 液 胞 内 の 抗 菌 タンパク 質 を 放 出 するとともに 自 らは 細 胞 死 を 起 こし 感 染 の 拡 大 を 防 止 していた 植 物 の 自 己 防 衛 能 力 の 一 端 が 明 らかになった この 他 にも 神 経 軸 索 ガイダンス 分 子 の 軸 索 内 細 胞 骨 格 制 御 機 構 の 解 明 マカク ザルにおける 両 眼 視 情 報 処 理 に 関 連 する 遺 伝 子 発 現 解 析 染 色 体 凝 縮 におけるコ ンデンシンの 結 合 機 構 解 明 花 粉 管 による 卵 装 置 認 識 に 関 わる 因 子 の 発 見 マメ 科 植 物 における 根 粒 数 の 制 御 機 構 の 解 析 ナメクジウオにおけるエストロゲン 受 容 体 の 解 析 微 生 物 比 較 ゲノムデータベースの 改 良 等 が 挙 げられる 5

10 2. 共 同 利 用 共 同 研 究 の 推 進 基 礎 生 物 学 研 究 所 では 研 究 支 援 施 設 を 整 理 統 合 して2つのセンターにまとめ 利 用 者 の 利 便 を 図 った その 内 の1つ 生 物 機 能 解 析 センターには 平 成 22 年 度 よ り2 名 の 特 任 准 教 授 を 配 置 し 共 同 利 用 研 究 を 中 心 とした 利 用 者 に 対 する 解 析 手 法 の 助 言 大 量 データの 解 析 支 援 新 たな 共 同 研 究 システムの 企 画 等 のサポー ト 体 制 を 強 化 する 計 画 である 平 成 22 年 度 より 本 センターの 活 動 として 新 たにデジタル 走 査 式 平 面 照 射 顕 微 鏡 (DSLM) 共 同 利 用 実 験 次 世 代 DNA シーケンサー 共 同 利 用 実 験 の 公 募 を 開 始 する DSLM を 共 同 利 用 に 供 するための 準 備 として マウス カエル メダカ ゼブラフ ィッシュ ニワトリ アメーバの 各 種 観 察 に 適 用 し 多 様 な 要 請 に 応 える 実 績 を 積 んだ その 過 程 で 精 密 な 温 度 調 整 を 可 能 にする 空 調 機 の 導 入 および 観 察 可 能 な 対 象 を 広 げるための 405nm レーザーの 設 置 と 60x 対 物 レンズが 使 用 できる 試 料 チャンバーの 製 作 を 実 施 した 大 型 スペクトログラフ 施 設 では 高 度 化 の 一 環 として 導 入 した 波 長 可 変 レーザー 照 射 システムに 関 して 共 同 利 用 において 必 要 となる 水 中 試 料 への 細 胞 小 器 官 レ ベルでの 限 局 された 照 射 を 可 能 とする LCOS-SLM パターン 照 射 装 置 を 導 入 し 設 置 調 整 を 行 った また 国 際 実 習 コース 実 施 のために 整 備 したトレーニングコース 実 習 室 を 所 外 主 催 の 実 習 コース 等 への 利 用 を 可 能 にするトレーニングコース 実 習 室 施 設 利 用 の 公 募 を 開 始 した メダカバイオリソースにおいては 室 内 飼 育 室 整 備 によるメダカの 保 存 提 供 体 制 の 充 実 ならびに 系 統 の 受 け 入 れから 系 統 特 性 のデータベース 化 までの 効 率 化 を 図 った また 遺 伝 子 導 入 メダカの 作 成 と 精 子 凍 結 による 系 統 保 存 および 凍 結 精 子 を 用 いた 人 工 授 精 に 関 する 国 際 講 習 会 を 開 催 した 6

11 3. 国 際 連 携 と 広 報 活 動 の 展 開 基 礎 生 物 学 研 究 所 と 欧 州 分 子 生 物 学 研 究 所 (EMBL)との 間 で 岡 崎 地 区 に 整 備 設 置 した 共 同 研 究 室 において 生 体 シグナルの 可 視 化 (バイオイメージング) を 主 体 とした 重 要 な 研 究 課 題 について 共 同 研 究 を 実 施 した 引 き 続 き EMBL と の 合 同 シンポジウムを 4 月 日 に Functional Imaging: from Atoms to Organisms をテーマとして 開 催 したほか 10 月 日 には EMBL の 大 学 院 生 が 企 画 運 営 する 学 生 シンポジウム Puzzles in Biology putting the pieces together に 総 合 研 究 大 学 院 大 学 ( 基 礎 生 物 学 専 攻 )の 大 学 院 生 (7 名 ) および 名 古 屋 大 学 の 大 学 院 生 (3 名 )を 派 遣 し 研 究 発 表 討 論 の 機 会 を 与 えるなど 大 学 院 生 を 中 心 とした 若 手 研 究 者 の 交 流 を 実 施 した 基 礎 生 物 学 研 究 所 とドイツ のマックス プランク 植 物 育 種 学 研 究 所 との 間 で 学 術 交 流 協 定 を 締 結 し 第 一 回 となる 合 同 シンポジウム Evolution and Development を 7 月 日 にケル ンにて 開 催 した このシンポジウムをきっかけとして 植 物 オルガネラに 関 する 共 同 研 究 の 実 施 が 決 まり 基 礎 生 物 学 研 究 所 の 若 手 研 究 者 1 名 をマックス プラン ク 植 物 育 種 学 研 究 所 に2 週 間 派 遣 した また 次 回 の 合 同 シンポジウムを 平 成 22 年 秋 に 岡 崎 で 開 催 するという 合 意 に 至 った International Practical Course( 国 際 トレーニングコース)は 我 が 国 ばかりで なく 諸 外 国 の 若 手 研 究 者 大 学 院 生 への 実 験 技 術 の 普 及 を 目 的 とした 講 習 会 で ヒメツリガネゴケの 解 析 をテーマとし 基 礎 生 物 学 研 究 所 内 外 の 専 門 家 を 講 師 として 平 成 21 年 6 月 29 日 -7 月 3 日 の 日 程 で 開 催 し ベルギー イスラエル シンガポールなどから 17 名 の 受 講 生 を 受 け 入 れた また メダカ ゼブラフィ ッシュなど 小 型 魚 類 モデルの 発 生 遺 伝 学 をテーマとしたコースを 平 成 22 年 1 月 26 日 -2 月 2 日 の 日 程 で 開 催 し アジア 諸 国 を 含 め ドイツ 米 国 など 15 名 の 受 講 生 を 受 入 れてトレーニングコースを 行 った 加 えて コース 期 間 中 に 外 部 講 師 による 講 演 会 を 行 って 受 講 生 に 最 新 の 技 術 動 向 についても 触 れる 機 会 を 設 け 若 手 研 究 者 の 育 成 を 図 った 併 せて バイオインフォマティクス をテーマとし たトレーニングコースを 企 画 し 平 成 21 年 8 月 日 及 び 9 月 8-10 日 の2 回 を 開 催 し 受 講 生 31 名 の 受 け 入 れを 行 った 広 報 活 動 として プレスリリースを 計 17 件 行 い 研 究 成 果 や 研 究 活 動 の 情 報 発 信 に 務 めた また 基 礎 生 物 学 研 究 所 パンフレットを2 年 ぶりに 改 訂 するととも に 研 究 者 紹 介 リーフレット 研 究 に 情 熱 を 注 ぐ 人 たち を4 名 の 研 究 者 につい て 作 成 した インターネットを 介 した 情 報 発 信 の 強 化 のため 動 画 公 開 サイトに 研 究 者 インタビュー 動 画 映 像 を2 件 公 開 した 岡 崎 3 研 究 所 と 日 本 科 学 未 来 館 と の 間 の 科 学 コミュニケーションの 推 進 に 関 する 協 定 締 結 を 記 念 して 平 成 21 年 11 月 28 日 に 日 本 科 学 未 来 館 との 合 同 シンポジウム 身 体 の 中 のにぎやかな 世 界 を 開 催 した 岡 崎 市 理 科 作 品 展 に 出 展 された 小 中 学 生 の 自 由 研 究 課 題 のうち 特 色 ある 研 究 に 対 して 岡 崎 3 研 究 所 合 同 で 基 生 研 生 理 研 分 子 研 未 来 の 科 学 者 賞 を 授 与 した 7

12 4. 新 領 域 の 開 拓 新 領 域 形 成 を 目 的 とした 生 物 学 国 際 高 等 コンファレンス(OBC)は 第 一 線 で 国 際 的 に 活 躍 する 研 究 者 をこれまでにない 組 み 合 わせで 招 聘 し 生 物 学 の 将 来 を 見 据 えたテーマについて 数 日 間 にわたり 討 論 する 形 式 で 開 催 している 平 成 21 年 度 は 準 備 研 究 会 の 開 催 ( 平 成 21 年 4 月 日 岡 崎 コンフェレンスセン ター 10 名 が 出 席 ) 及 び 国 内 関 連 学 会 国 内 大 学 研 究 機 関 への 案 内 (ポスタ ーを 作 製 して 配 布 ) 並 びに Nature Science 等 への 公 募 要 綱 掲 載 による 一 般 参 加 者 募 集 を 経 て 第 7 回 会 議 "The Evolution of Symbiotic Systems( 共 生 システム の 進 化 )"を 平 成 22 年 1 月 日 ( 掛 川 市 ヤマハリゾートつま 恋 で 日 及 び 基 生 研 で 日 )にわたって 開 催 した 33 名 の 参 加 者 ( 国 内 から 21 名 国 外 から 12 名 )のうち 国 内 6 名 と 国 外 6 名 は 一 般 公 募 への 応 募 者 から 選 考 した 一 般 参 加 者 の 公 募 は 今 回 からの 新 方 式 である OBC8 以 降 のテーマについて 平 成 19 年 度 に 実 施 した 外 部 評 価 の 外 国 人 評 価 委 員 に 意 見 を 求 めるとともに OBC 運 営 委 員 会 を 平 成 22 年 3 月 29 日 に 開 催 し て 今 後 の 開 催 方 式 OBC8 のテーマ それ 以 降 のテーマ 設 定 の 仕 組 み 等 につい て 検 討 した 8

13 5. 若 手 研 究 者 の 育 成 基 礎 生 物 学 研 究 所 では 総 合 研 究 大 学 院 大 学 基 礎 生 物 学 専 攻 の 基 盤 機 関 として 大 学 院 生 の 教 育 を 行 なってきた また 特 別 共 同 利 用 研 究 員 として 他 大 学 から 大 学 院 生 を 受 け 入 れ 大 学 院 生 教 育 に 協 力 貢 献 している これらの 制 度 により 基 礎 生 物 学 研 究 所 に 在 籍 した 学 生 から 多 くの 人 材 が 輩 出 されている 平 成 21 年 度 は 総 合 研 究 大 学 院 大 学 との 連 携 により 担 当 教 員 55 名 で 28 人 の 大 学 院 学 生 に 対 し 11 講 義 ( 専 攻 をまたぐ 共 通 科 目 を 含 む) 36 演 習 を 実 施 し 適 切 に 単 位 認 定 した また 4 名 に 対 し 博 士 の 学 位 を 授 与 した また 11 名 の 特 別 共 同 利 用 研 究 員 を 他 大 学 から 受 け 入 れた これらの 大 学 院 生 には RA 制 度 により 年 間 70 万 円 の 経 済 的 支 援 を 行 なった( 平 成 21 年 度 より 年 間 60 万 円 から10 万 円 増 額 ) 名 古 屋 大 学 理 学 部 及 び 農 学 部 のグローバル COE との 連 携 を 進 め 教 員 及 び 学 生 が シンポジウムに 参 加 して 研 究 教 育 の 連 携 を 図 った また 欧 州 分 子 生 物 学 研 究 所 (EMBL)で 開 催 された 学 生 主 催 のシンポジウムに 基 礎 生 物 学 研 究 所 から7 名 の 学 生 を 名 古 屋 大 学 から3 名 の 学 生 を 派 遣 し 学 生 間 の 交 流 を 行 なった 国 内 の 大 学 生 大 学 院 生 を 対 象 とし 大 学 院 説 明 会 ( 東 京 での2 回 と 岡 崎 でのオープ ンキャンパスの 合 計 で45 名 が 参 加 ) 体 験 入 学 (39 名 が 参 加 )を 開 催 するとともに 海 外 セミナー( 中 国 北 京 大 学 )および NIBB インターンシップ 制 度 (インド エジプトから2 名 を 約 10 週 間 受 け 入 れ)を 活 用 し 国 外 からの 留 学 生 確 保 につとめた 名 古 屋 市 科 学 館 での 研 究 紹 介 実 演 中 学 高 校 への 出 前 授 業 および SSH に 係 る 特 別 講 演 ( 計 6 回 )と 実 習 ( 計 3 回 )を 実 施 した また 国 際 生 物 学 オリンピック 代 表 者 ( 高 校 生 )を 対 象 とした 特 別 教 育 を 担 当 し 講 義 および 実 習 を 行 うとともに 中 部 地 区 の 高 校 理 科 教 員 向 けに 実 験 講 習 会 両 生 類 のオーガナイザー 移 植 実 験 を 実 施 した これらの 活 動 により 高 校 生 および 高 校 の 教 員 に 対 して 基 礎 生 物 学 研 究 所 の 知 名 度 を 上 げること につとめた 大 学 院 卒 業 後 のキャリアパス 支 援 のために 海 外 留 学 経 験 者 や 独 立 したての 若 手 PI 等 を 講 師 に 招 いてキャリアパスセミナーを2 回 実 施 した 9

14 10

15 2. 大 学 共 同 利 用 機 関 としての 基 礎 生 物 学 研 究 所 の 現 状 と 課 題 及 び 参 考 資 料

16

17 +,-"./' "./57!"#$%&'()*+, -./0"123,45)67!"#$%&'()*+,-"./'0 1234"./5!"#$%&'()*8+,-"./'0 1234"./5 ::::STEUV>WXAYYBCZ[\./]^_`abcO ::::#$./\V>deARfg./>hiKLj 9:34\1kEFlmn\opqrs\op>tLNNuOB ::::vwoxyaz34{ }F~NÄ>ÅYOÇQzÉÑÖB ::::34{vwOÜáàxyAR3pRâLÉÑÖ>äãKLj 13

18 1234"./5\åç 89::<!ab! OP"cMdeKfg:hiMBjk+K/0123NlmTnoB/0p"12qrstuvNlmT,CDBwk+xyiz!{ B }*_` 89~<8Äb! "cådmekçép"123k-./0"123nlmtño/z"123nlmtuöübcdáàâäkãå!{bç}*_` 89~~<!ab! -./0"123!éC`/z"123)#B/0p"iè12'êUëí`ìîïñóò!ôö3õúù`12ûNü /0" 12û //0"12û 'ê12ût ß í12 CÑo c6gc ]^_` 89 8<!gb! ÆØD#$12'ê!éC`ÇÉp"123Ño/0p"iè12'êN-./0"123K/z"123Teiè ]^K12 3e ÆØD#$12'ê)*+± B µ]^ ))\ _` 89 <8Äb! iè12!"π!"!éc`-./0"123b$!"/ p"12pçé/0'ꪺωæø<, 6! GC ]^_` 89 9<!ab 899 <!ab 8999<!gb ëƒ «C!C ` 냻 /012 CC ` / Àp"12stuvC ` ;ÄÄÄ<!gb!ÃÕŒœv «CK/ Àp"12stuv ` ø123,# 12 C)*+K è Õ ÕÿtŸstuvK! p"12stuvkq0 «stuvkãõœœv «stuvc ` ;ÄÄ8<!gb ;ÄÄg<!gb ;ÄÄa<!gb ç/0"12stuvc `!"#$%&'(fifl p"12'ê!éc`ød!"fiflfi, B JKØD ãâkêáèp"123k-./0"123k /z"123ñoçép"123g èëè]^k!"#$%&'(fifl p"12'ê)\ _` è Õ ÕÿtŸstuv e Æ è Õ ÕÿtŸstuvBÍmÎÏ`iè12!"π!"eØD!"fiflBÌ `!/ p"12p!çé/0'ꪺω BÓ<±Ô, 6 GC ]^_` Lapple ÒçÚÛ µùıˆuc `iè12!"π!"!çé/0'ꪺωe-./0"ºωbímîï]^_` ;ÄÄ9<!gb! Lapple ÒçÚÛ µùıˆu ç Ùıˆ)ÒçØ LappleˆBËÈ` ;Ä8Ä<!gb ß í12 C 냻 /012 C ç/0"12stuv Ç ˆUËÈ*+ /012stuv)/0' stuvuc ` 1234"./5\Ñéè*ê 1234"./5\*ê 62009ë10íìîïñ7 6Z14ôöNIBBõúùû7 óò 300ô 14

19 1234"./5\ü 2006ë ó ßß ì ë ó Æ Øß ë ó @%&!5* :;<&!!!90'!!783!! 4#*9) :;<&!!'('+)!!783!! 4#)'9 :;<&!!'(+9'!!783!! 4#)/. 1234#!!!.5)!"#$%&!!'()*' 1234#!!!0.6!"#$%&!!'()+* 1234#!!!/05!"#$%&!!'())*,-#!!./.,-#!!/*0,-#!!!) ABCD!!)' =3>?#.. ABCD!!)) =3>?#.6 =3>?#.6 ABCD!!)/ ± õ \ µö 6 π ë ªPº2008ë \Ωæø ö ƒ ø& è CZ[\./]ÿŸ OP :#$./d > fi è fl #$%&B 34è  :?G#$%&BÊÁ#$%&./B :./ËB!ÈÍÎÏÌù± õèdslmè :ÓÔappleDNAÒûÚÛÙû#$%& :ıˆbı Ωæ%&BF }F :~ \#$%&è#$./ > è8 Òˇ!"#$%ûÍ &\H? è ftef./'(bfie') :æ OPL./\*(>«SKj 1234"./5{«SKu\ 1234"./5\UV!"#$%&'( )*+,-. è8+,--^ûõ./ûí0cdë12\?3 è845 n34"./ b9:ïí; ÛÏ :CD#$./ è867-8ÿÿtaaz;bcdòíbefg87f B :!"#"HûIÛ±; Â\?GNJK è8"ûlû Òˇ ; ÏbcM ^ûí\?3 è8cz[\h cnoop>gq è8;/í$$ûíbr6-îûikºs>tnopl. /5UVN./]\WX /012,.3 è8;<=~(>«enaz34"cd :YZ^Ûõ./ÛÍ6[\]7\?3 è8fl #$%&./ÿÿ;aâ<= :./{G^ è8cdefghncz[./]n\ :#$./>IJKLfg./\hi rs34"<= i» } 34"<= G334"<= 34"<= vw34"<= 34"<= 8 ÀÃÕŒœ Œ œ./<= ,:; è8ó_./!"`!"6ó.!71234 :"ab\!"`3\c=>de è8f!"\!"`3>ghaibó.!3 :N$Z\c=./vw>de è8+,--õúùû \U& è8 à\*j>34"^_`abcokqr :âlj 15

20 "./5{«SKu\ 1234"./5\lm nopqf*j\wx \o./ωæèæ \rı ]o./ ø\wx: socz[./]n\t:ìuûï\v noczwx \yz \o%&]aû{\ } ]o~äñòíbe\åç soaé]oplùñûìö \v!"#$%*+ noü 1Ü\WX \oaé]oplùñûìö \v /012,.3 noü 1Ü\WX \o;<= }ÒÍbE\v ,:; nopqf"3\wx6ó.!ègá"37 \o"3àâ\ü 1Ü\WX ]oäã$nåíàâ D.+,--õúùû \rıj çïéè :è:1234"./5ö34"./\êë6narbrsbg3bi» } B Bvw34B 34B"HûIÛ±Ù"íÛ ÍNâÜ Y\./<=OìzL1Ü./>hiKLNNuOB!"#$%&'(NARîC\!"q./'(\./5N\# $%&./>hiarâljázb34"\cdeïñó NARBCDòô &\hi>öünnuob34"./]^_`a bcõ\./àânarb!"#$%ûí\ ûlúûí>ù(kluv6<4rsz)û\ ûlúûíf 7>hiARâLj :è:miÿ\uvoüab «\ (é O(KL NARB./ ögß B J& B E \ é {âæiuyâ/ú ØLNBázB#$%&è#$./ ö#$%&./\ ±EÑé»BCDòô &OPL34 "\ïñó»uvbkº ûlúûíopl^_`abcàâuvf {Yà ib il >!pàzµln izj π ªºBΩBæBøB :è:!è;ùiúïì ÓÔapple ƒe-">1ünazvwxy ±./ó \~( \./ó NARBæ \rıbö \v > â âlj 𠪫çlmè nopqf*j\wx ::ècd >ªMFâB5[» Ë1HÛ!û> [ÀÃê> ÕzŒ ÃêË Œ ARâLjœ(20-21ë O3ô\ c N1ô\ U c \Œ >ªMFâBïñ ŸO3ô\c >Œ ØLj ::è"ûåïì\øl;./ >'(ABCDE$û ûnfl*j> Lj ::èpqf./]q[c*./]\ÿ&>«skj \o./ωæèæ \rı ::èæ 9ÍLû; ÛOåQzòŸEæ >«SKj ]o./ ø\wx ::è./]^_`abc\1 ÿÿ3áiz; Ÿ>ıïKLz O./ ø\wx{ j socz[./]n\t:ìuûï\v j ::è; \'(>«SAzCDÒÛÑIfiE6NIBB^Ûõ./ÛÍB OBC F 7>?3ABCZ[\!"è./5F \./ ]N\fl OP \t:ìuûï>ùlj ::è./]\cz[\"ëèòûñifieõ\ Â>àâKLj Ê8"Â./\hi

21 Á8#$%&è#$./\hi çïéè è:./5æueë\bèfgäí')> ÕzÎ{COªhLÏÌ\./5NAR\'EÓÔÿŸBÈfg\./OPNàâ\ ŸiL. /5NAR\ÓÔOÓappleOÒ»ARÚRâLj è./]\ 'EfgEF./N" cn>b;zf./<=o=rlz OöBÛÙEN" cno1ıâz./>ˆöabx F./]± û;opqr AB æeo KLV{ ØLjAÿAB ë\» \ ˇq!ê" # OPQRB!"\./]\ 'Ef gef./>=rl$%n'ë{&ìirpzj è!"#$%&'(öb'm(m\püf!"\)ö»oü*abpizûùe./>+â,ar=rlvnar\'>-zk.p ØLj!" #$%&'({M\PÜF'>ÅYMNOYâRB./]^_`abcÿŸ\ /N ö'0!kln1ìilj è 1234"./5OªâRöB#$./\(-NAR;zF./<={3áiB2!<=./q;"Â<=./NAR3ıAzjázBf!" \./]>4ê./À5O6ÕB ëflbk78 \./Nö9FQz;zFbû9OPL./>ÙÑûÌKLMNOPQRB à\;./ > =Rzı:{ØLj:: π ª11 è:./5æu;0ÿÿ#$%&è#$./]\<=ωæ6> ù:i7> ÕRª AB%&BNF Lj è:!"z\./]\aû{> }AB(\ /OåÜ~ #$%&ÒÍbE>ÅCARpzj: π ªDBEBF ::œ(ºdë ÿÿgú\± û;#$./>./ø\ âzfl #$%&./OH j ::œ(ºfë ÿÿ 34B Â?G#$%&./>?Ij ::œ(ωωë P sjklbcdfÿºoóôapplef+mòûúûùû>%&kl#$%&./>?ij ::œ(ωωë P Ì/ûaÛ±^ûÍı \%&>"ËF ONºOhLÙûPÍ>?Ij ::ázb!èíîïìù± õq OBR~S!/ûTûUºOR~BÒ/ûTû>TAARY»>VQzj è:œ(ωωë P B./àâΩæ>v W_ARXY\YÛLûOáN B%&]\%Z>VQzj: π ªºΩ è:œ(ωºë OB#$./è#$%&\%&]OüKLäÍ )\[\B!]\ ûläí\àâb;zf\#$./òíbe\ ŸBF > deklxô\ ÂÙÑûÌ./]>2É c NAR^&Azj: π ªºΩ è: Òˇ è!"#$%ûíè;ù± EO ìqzh M\ _'(BNÙ`#\Ùñ'(NARB34$%ûÍ\afièXbède>ªMFâBC DEF" c>i RâLj:: π ªºd Á8#$%&è#$./\hi çlmè noczwx \yzj ::!"#$%&'(NAR\1234"./5\#$%&è#$./\ÒÍbE\ı:Nef {gàwx ilpüobhû EÎûI\rıB%&]OüKLNõLûÚNB%&]\5i~OüKLòjB"ËF õ\km:f >VLj \o%&]aû{\ }j ::è:#$%&è#$./\ül B Fæ è')bf OYâR }ABÒÍbE\ÅC>VLj ::è:àâ{ F!]è! äí )OYâR }AB; #$%&è#$./òíbenklb >tlj ]o~äñòíbe\åçj ::13.OmiL./]\z \ #n./ >æ KLj(\z \Ào>WXKLMN{ j: π ª12 soaé]oplùñûìö \v j ::è:cz[\./é >pxab./òÿ\ vb[\z>öüaé\./hi^û ctûlû \xé]>qabr KLj ::è:èscz\s!" ˆö{IáQzÙ!bcM Z>%&ABCZ[ÿŸfgEF./N" cn>åy./]> fi :::KLÒÍbE>v KLj: π ª12 17

22 û8cdòôngpuv çïéè:::: π ªºæ è :C[\fiEF./'(\./]NCZ\!"Z\./]fl\tÄòô\t:ÌuûÏ(34"±ùû! ïñó ::t:ìuûï)>~(klmnöb±ùû! F./Nc=\hiO u ØLj è:òçø LappleˆUC * gp 7:ªPº:CZ[ÿŸ\π ]\vöè<= wqbcdë1\» \ÙÑûÌ ::>deklö >võzj è:45 n34"./ b9:ïí; P? ::I7N\#$./èCDË1\?3è./]\ cè"3\ cf CDòôèCD#$./>i RpzjMiŸ\U ::VOØzQRöBCZ!"\./]Ouπ > Bvø>àâARâLj: π ªºæBº«è:1234" \H?>«ENAzCDË16+,--^Ûõ./ÛÍ7> ë?3arâlj: π ªº«BºD è:1234"./5\./]{ xnkl34\ıˆ )>CZ[\./]q!"`3OcÕL"ÛLû Òˇ ::; ÏbcM ^ûí>?3arâlj:: π ªº Bº«è:yz{\ ]Ï ño!eo./c=uvop>gqa9í^_>xazopgqoä>airâlj è: }èm~~äå8çéñöüáè[à PàâF \ ätno ÕRB13.WXåÛõ/:Ì6ã èå 7èçéfi ::./>àõl3pu\zè è./]wxtn âpu\./ooê>((ë*zè Ò$û{F >ù(abríar ::âljázb./]"ûlp`û> ìnazîïgq>?iazj çlmè noü 1Ü\WXj ::Ë1q c\z \ñó\ { ÕRpRª BË1?3øqvøF ø>wxkl {ØLj \oaé]oplùñûìö \v j ::;ù± ETn\ ùbë1?3òn\ ôbö[π ]N\òjBvöõqË1» ËõN\ ôf B}úF 7>deKLÙÑûÌa5ê>^&ARâLj'0\UV O ÕR* > qkf BÙÑûÌÖ >v rı ùl {ØLj çïéè è34"\;aâ./lmnflüm>g AB./<=NAR=RLMNNB(\ümO Ñ ;zf./]^_`abc \~(> KMNB>«ENARB1234"\ \"ËONºOhB x> RΩddøëÿŸ:34"CDYZ^Ûõ. /ÛÍ6ë-ê7:>?3ARpzj ODµ?3AB >\ ß B 34>\»NWU B ö 34\3b ± B #3ÒÍ be F \./>xvkl;aâ./]^_`abc\~({i âlj: π ªº«BΩd è#$./\ìvnar1234"./5./ë>ëo µ?3arâljfl #$%&./ ucz./]opl1 >uno;aâ"ü<=\ûù> ARª B;"Â<=\G^F ÖEF(-O3ºYâRâLj π ªºEBºF è:34ïl\b» )6!"#"HûIÛ±7\B >t B;zFQ N )\?G>«SARBõ û EqÒÛÑ IfiE>?3ARâLj45 n34"./ n\òôuvnarby \ÆÓØ ±BCD6FG877>#$ ÅCAB#$%&')OeARâLj: π ªºø çlmè noü 1Ü\WXj ::./ )öîií i ARª B;zF"ü<=>~(A^_`abc>fTKLz OöBAÿL.pæ > OázÑéEOv KLMN{ ØL{B(\z \üµwx{!pf NFQRâLj \o;<= }ÒÍbE\v j ::34"CDYZ^Ûõ./ÛÍ6ë-ê7\bû9OxAz./lm>G AB#û` "TûNFL./]>qKF \x F }{ j5zn5[\ãêÿÿflë-ê» ÃêË\x F»&{fl j 18

23 Í8./]\=( çïéè ::CZe \YÛLûè#ñèíÏY/ÛÍ6][π7NAR\vw>3ÿABó_./!"`!"è1234"ab\1Ü' ( ØLN$ OB2Á#$%&./êNARª!Bº!Bô!F ÿÿ!"`3>ghaib!"`3c=otäèωæa RâLj O \*j>ø KLOÇQRâLj67-8"3Y_ ûf \CDÒÛÑIfiEO EFπ > ABCD EF c\'ë>dearâlj:: π ªΩºBΩΩ ::ó_./!"`!"ªpº1234"ab\xô >yz ùbpqf!"`3>wxklz OB \UV>AR âlj: π ª23 ::è:ªº \ëßµ\!"`ƒãëbªpºy #û;ûäãûåí> «z!"`ƒã뺵>ıω ::è:ì»ß fl./ OÄñAR./\ïV>ÖˆKLÖˆA" 6./Æ ;ùiúïì7 ::è:gpñé\rı8:0ωddeëp gpde2é[c>ÿ&2 8888è:ö[\!"6"ÛÀB C7 \*jg 8888è:+,--"ÛLûÛÒ:; OPL[C*\z \ÖˆA" ::è:hûeîûi\rıqcêwxåûõ/:ì\ù( ::è:cêªpº"3fl c'ë\rıqb`3 c \v BÃÕŒœNAR ]q >r j ::è:!"` &0\äã$NåÍàâ\z OBö[ " ˆ]q UAzR\?,B G ÿêf >Ÿ O âr äã$nåíy_ û>ıω6ëæ µ7 ::S./± û;fl\opè  cf Bà ù&\ i>v B;Aâ"ü<=\' >VLz B./Ñé>+; ABGÚ\./fi ÿÿ./<= NâÜfl FÑéõÅ Azj./]\=(>«ENARB U c N+,--õú ùû6é 2É[c7\ >æhzj çlmè nopqf"3\wx6ó.!ègá"37j ::è:ó_./!"`!"ªpº1234"ab\xô >yz ùlmn{ 7j ::è: ëì \TAOP 'á zo"3oüklì\únf \"3àâ{ j \o"3àâ\ü 1Ü\WXj ]oäã$nåíàâj./]o"ûyûbcñ> ÕB UAR+  F./>öÕLvw>v KLN$ OB U c F {Ì!\fl> z0obpiz(->êábf!"è./'(f õëi>èâh plpüfäã $NåÍ>ùL {ØLj so+,--õúùû \rıj 19

24 +,-"./' "./57!"#$%&'()*+, -./0"123,45)67 89:;!"#$%&'()*+,-"./'0 1234"./5 89:;V $EFGHIJ>GH9AB;KLMNCD 20

25 89:;ì ghij6v7 ]^_./'(`LMJabLMcdefRNghij nopqrstu"vwwxy!"z{ {}6~ÄÅÇÉkÑ7 ÖÜá&àâäãåçé<X6Å7èêPëMíèìîïF ñóò6ñô34"jöõ"7ãúåçé<x6å7èêpëmíèùîïf 89:;ù ghij6ì7 cdefrnghij RNy y ß ycú " è >?Pghä!"#$ %&'()* +()*,-./012./032./042./562./502 7(*8-9 :0;<: 0 0 =9>> :0;5? 0 0 :6;5E 0 F)C9B)9 53;06 : ;11 0 : ,B 0<; <;0E 0 0:;E? 0 0:;E ; ;33 5 < ;E3 0 06; G>,,L 06;<: 0 06; ;:3?? 1 0? 4;:6 5 0 : < : 4; YZ <

26 89:; π_: fªºωæ flò fl./ 6ÂÊ7 <X Á6ËÈ7 ÍÎ<X -.Œ " ÕØ ÏÌÓÔ 5apple ñòωúû}ùı Æ ,600 ø<x6 7 -.Œ " ÕØ óìˆ Àà í Æ ,100 ø<x6 7 -.Œ " ÕØ Àà ƒ Æ ,000 ø<x6 7 -.Œ ò u! ˇo ÀÃ*!"#$%&" Æ ,900 ø<x6 7 -.Œ 6fi7 '()* ÀÃ!ı+,zñÒ Æ ,600 Æ Œ 6fi7 -./ 0 ÀÃ** ñò'0 Æ ,200 Æ Œ 6fi7 Fó1* Àà k3û2 3 Æ ,700 Æ Œ " 6fi7 4Ì53 Àà 67ô)œ Æ ,000 ø<x6 7 -.Œ " 6fi7 ÿÿ Àà œ Æ ,000 ø<x6 7 -.Œ " 89: Àà 67ô)œ Æ ,000 ø<x6 7 -;< ERATO apple»=>? Àà uò Æ ,600,000 Æ ;< SORST appleabô Àà _CD Æ ,310 Æ17-20 * ÆØ21Å4É ± i!"è n ** ÆØ19Å4É µ!"è n 89:;å 2009Åà-.Œ#HI300'(z{ {} VJKPLf Á6ÜéMNOJä7 7,926 5,894 5,267 5,570 4,758 12, Å2É19tE -" F Á6Gî ËÈ7 22

27 89:;6 tp" QRfST STU" f!vwxéyz![\./éy - ]YZ u^f_l``a2b"iz{^ è NM -c 6ÆØììÅùÉVdt7!"#$%&'()*+,-./ :; éyåw 34QíçféJèêëí(çìJîïñJ óòjô ûüf äëíöõ'0è NM fi 3-"C1 èß LJ f _: C ëíjæ;jø ± fß è yjwklmn1234"./5jopöõ"./5j qò"./5r st"2u{b"j vwlmp±!"6öühò./-jq"x./-j./-7jëy!"z{"=j }./~k'0j o./ 6ÄÅ!"JÇÉ!"JpÀ!"J ÑÖ!"JÜá!"JÄà!"J âp!"äã7y 89:;7 #$%& µf s" 1. $'(BC$'(DEFG$HI2JHIK?LMHNOP>QRSTU$VWXYZ+[<'( 2. π ı34z; ~k#$%&./!"#'(,\][^>_`aw!"$bcdefghijk/,lmq2a'(bc$'(dn< _LFG$'(DN2%o!"#'(F$pqrstu='(pq2vwxy!"'(pq2z{! "#'( }~X2hÄÅdefÇÉOÑ'(pqÖÜáàXYâä }~XEOP>QRS'( 3. ªò#$%&./ A$'(BC$'(DN2FG$HI2JHIK?LMHEãå>QRSçéYèêëíà'( 4../Q %o!"#ì,d_qîï[ñó)òôe>?öõ5úùu$'(ûü 5.!V2ºΩ#æ}z$#$%&hø íàèv ß) ]>Q2 '(FNq >?âäñó, _QR <âäæ'( 6. DSLM#$%&hø6ÆØ22Åà L~ 7 Digital Scanned Light-sheet Microscope (DSLM) ) ]>QR <âäæ'( 7. fidnaû" {ƒ"#$%&hø6æø22åà L~ 7 Ø7 ± Xµ} X π ªºΩæ ø ª ƒω «±») ]>QR <âäæ'( 8-1. WX%&6ñ 7 '(FhÄ$F\B ) ]>QR <âäæ'( 8-2. WX%&6#ƒ" {} "2h 76ÆØ22Åà L~ 7 %o!"#,c ;<'(ij$àã)õ5e>?àœxœ}v X $k 23

28 89:;8 #$%&./ fhwωæ hwjä flò ÆØV Åà ÆØV Åà ÆØì Åà ÆØìVÅà ÆØììÅà 4/1 _ m#$%&./ ù V V V π ı34z; ~ k#$%&./ ì ù ù ì ªò#$%&./ ùd ù å ùì V å å ù V #$%&hø V V VV V DSLM #$%&hø fidnaû" { ƒ"#$%&hø WX%&6ñ 7 V é å dv åì π ı34z; ~k#$%&./qjæøä Åà L~ û ÆØ~~Åà LJ [ ÀÃvÕŒè fi œ Û" {ƒ"c&np#$%&hø ŒWX %&6#ƒ" {} "2h 7fµçC~ û 89:;9!V2ºΩ#æ}z$f#$%& >34"./fWgWXp!V2ºΩ#æ}z$ fωæ!"#$%&'()*+,-./01, :,-2; 1,-<= DEFG? HDIJK7 LM NO LNP Q LO RQ MS P HDITK7UV LN WW LOR LP M RL NN R HDXYK7UV LL PZ ZR Q M RN NR Q HDXIK7 LO PL LWL W N RO LLM O [ NW LZL WNM PL RZ QP LSZ LR ÅàòvwhWÿŸ Ä Åàp Ä Åàp!V2ºΩ#æ}z$./QU!V2ºΩ#æ}z$RàÒ C%&LP./Ø gqc!v2ºω#æ}z$./quëífifl è ÉappleC ƒ" " C^ ~ÄÅàp!V2ºΩ#æ}z$./Q6tP>34"ÊQ`#$~Á7 U!V2ºΩ#æ}z$ CËëP./fkÈCÍ QÜc 24

29 89:;10 ÚÛ r!st"2lm ZÚÛ Zr!st"2ÿifWk'(û Zh=-"ˆÙÛ Ùır!st"2 Iæ& Ω#f C " $ % # 5 st"2 ÚÛ p å fl 63Ì fl JˇLQ!["ô#$7 DNAp%øapplecDNA 25&Ωæ"{6b{'ΩS "(öõôf6-7)c r"7 EST6k 6*+,7 12&Ωæ"{6cDNA6*f$ JÍ-è.w7 3+, 29&Ωæ"{6/0ÚÛ ø 3C r"7 2007Åà 2008Åà 2009Åà oò 3ÌfSÓJä! "! " # $ #! " & ' ( ) # 2008Åà 2009Åà oò 3st"26!"#$%&$'%()*+,-.fSÓJä 2008Åà 2009Åà!" '(ò ÔÒappleÒfSÓJä 89:;11 13.èZNM È~CãP./ ûüj56xf./èâänfü` ãdpû6;ó<àã7 π ı34./ "a 1 13.ãf2 _f53 _f2 a42 56xf7N89:qñôÚ 3 ;ó< œ =Ü >?Àà q"x./-34ò"ab Àà CDz$ HÛ ÏP< œ 896HÌIJ>?ÀÃ7 OKL CDz$ HÛ ±ám œ 896HÌIJ>?ÀÃ7 KL Û 4& 4rO T U œ 896HÌIJ>?ÀÃ7 KL qò"./5 E-"ÖÜ./u{b" 3q"./5 ±!" ñôœ 34"./5 }ı"i ƒωb" NÀà NÀà Ûæ VÙ Ù ñô34"π ı34`lmfwp ÏÌÓÔ œ 896X(Y0>?ÀÃ7 KL 1234"./5 5apple a42 89õ[ ô\] Ñ^ O>?Àà qò"./5 E-"ÖÜ./u{b" }ı"i ƒωb" Û 4& Ñ^ 6abcŸ>?ÀÃ7 KL ÕØ-"./- Àà d4z ÛÛ >ÅÚÅØe^Jyfif> îe^fß gìhi 89 O>?Àà jàã IzÙsk l3 mfñô34"_ß no/p qåóg ÅÚÅØOKÀà ÅÚÅØOKL Àà Àà Pvwãfêü?P2º"2x ÎãQãDäûëP./f!DäÈ~ Pû6gÌhiÀÃ7 ñô34"./fpzf LNπ ı34uûæ VÙ ÙcC&NP./C~ HIäãC }MJtPoãf~ f.ä`äëpû6ïìóô5apple7 25

30 26 π ı34./u{b" äπ ı34 å }ƒ &{ ç(z çúés+, Ûæ VÙ Ù ÚÛ a42 Û 4& 4rO a"πuh# CDz$ HÛ k$s éú+oı π ı34c&np./fƒè"# #./ #$%&./ f Â? #$%& u #$%&./f Èêäeë./ ","b" o íp!"z./'( ä./0ñcu 5fl./ u{b" r! Ú"&{} /0Yóß ò 2ı"IH# 3ß µ ^ô4öø./xı ^4ëíõõf úß Û2 3 ô4öøû2 3 A3π ı^4 ùöû2 3 ƒè"#./ π ı34föøz ß ; _äktzâ^ û!ä "bc ß Pä`)g f~k ; ƒè"# 1234"#$%&./fWklmÅØ π ı34z Œü] öøzß Xı fùı` &./ fèêäeë ƒè"#./ ; ƒè"# fé National BioResource Project Wk'( Iæ& Ω#f flf#$./lm o _ä",h#{"ωc &LP ü]./ëí0 ƒr ı àj#$%&./ C%&LP Â? 1234"./5 89:;12!"#$%&,JK,-./0"12-LMNOPQRST U-/1VW,X"Y,!Z12[\]^ 89:;13 }æ"rı,h#{"ωåø ñóxaß p fi

31 89:;14 ƒ «f^â EMBL~kfz #Û"#V DSLMC^Â6EMBLfl f SÓ7 >Cz >C Æ ± J f J µx f SPIMãQ>"_èz #Û"#C ëmnpfè πlmjdslmãqƒ" ">C z"ã ªLJº Ω_äz #Û"#Ch >" fhi 3DPOOf34æ;Cô=OãJø EJappleµX GFPã tubulinc C ÒLP ÚÛ f DSLMó 89:;15 {b"ùû ÙıIzΩ ı "2 LM,-.FNOPQ< 5À? Wg`äLJoflûü./ C»NM À"3CÃÕ oflûüüe 36 7CµçLJA&fhø ãh ChW V f "aèedj8tœä0tsàfts./ f " èπõlj$} "aã2œ Åf Ä ÅàpU8VÌ fk3öõ"vc Ä 6 fl o~ 7 Ä ÅàpU8VÌ fk3öõ"ìc Ä~ 6 flä oì 7 ~ÅàpUçÚés+, fhø QVc ÄÄ 6 fl o 7 ~ÄÅàpUçÚés+, fhø Qìc Ä 6 flä~ o 7 ~ÄÅàpU8VÌ fk3öõ"ùc Ä 6 flä oì 7 3 h èa J 2 HÛ {ı"3c X6ÆØÄ Åà7 27

32 28 o QRZh "2 f~áωæ6v7 89:;16 89:;17 o QRZh "2 f~áωæ6ì7

33 89:;18 m#$%&./ûükílp./(1) m#$%&./ ÆØÄ Åà Ä Åà UR ô4fªi fñô'0c!!"q"./- 6 ±!"q"./-7 ÿá 0 ÆØÄ Åà Z ô4ús2 3 Z UyŸ ß ß Ÿ fi fl yqy y c Z ô4+  `œ Ê ÆØ19ÅàkÍ./ Uô4Ús2 3` fk3c xc6fiìpóì?ô7 ÆØÄ Åà Z ô4œ Z ô4fè œrz{2 ÆØ21ÅàkÍ "./ Uô43Ú"Zñô3q" {t" Ú_ß c6fiìpÿá 07 89:;19 m#$%&./ûükílp./(2) m#$%&./ ÆØ17Åà-18Åà Uƒ{À4 ı2ûωb"c&np/ù!eısf ó ±!"Ø-"./5 ( ÆØì ÅàkÍE-"./  uiæ}z3 U] _öõô^âzh ; Pzf Õ_ apple π ıf~k`õ&c apple f1 ; ~kw 4 29

34 89:;20 34"o R {$%ƒ{26obc7 <BC(9=RS569TU< J34" uˇ!d V f "aè NMJ qxftsjü#å$ãçw_èrg U%&f34"cJU '»34"cJUflñÒ`öõcJU }34"cJU#3Û2 3fuÒcC "aè2004åœ 2009ÅèdG~Á 2011ÅèUflñÒJöõJuÒJO(&, HΩ2cC "aè~áf ) Gyw*Èy+,- y* ß.ßfi/yß0yŸ1 fl ßfly~2 6%&f34"y~y7 )ågyw*èy+à ßfly fl3y 3 ßfl2 6flñÒ`öõ7 ò#$%&./? 6é!"ûüf 30

35 n _56ñ 2 *ä 1 Ö.!3 NÀà VV 7Ìc 68!7J 9:;6<=!7J8 >6ÏÄ!7J?X B6 C!7J DúŸE6FÏ!7J5GH 6Üá!7J;PI*6 J!7JH 16!7JKLMN6!J j7j LñO6Pˇ] J j7 6 ò#$%&./?7 9Q679t!7JRÌ 36!7JPˇSJ6appleTr!7J!UVô6!J j7 KÀ Vd W»X06Dá!7J8Y#:J6öõ.7JZ[\o6v y]fl 7OJÄà 6µ!7J R.^_6PˇtØ!7J!`ab6 Ì#c!7JôÌde6Ñ t æ "7J f fl y. y6± "{!7J glhp6!7jnihj6kl-!7j!m 6!7J89!n6 uoø!7jpu`ô6± Øq!7J Äà%r6 Cl-!7J ( l6stu!7jmv_ 6âP!J j7jôwx B6Pˇ] J j7 ÀÃZvj. /? Vì iyhz6±!7japple»kdü6!7j{ }X6q.7Jiy~6ÑÖ!7J5óc6± q-!7j Äv n6\õ!7j9fåh6çéì!7jñu œ»âh6!äãô!7jl(å 6 çàö!7 NÀà éu 06±!7J8ĵÖ6!7Jè9Ôˇ6öõ.7J8nb6öõ.7JêU Q6 Ì#c!7J ëu 67Ïtp!7JT íb6à flfi ß y]fl 7Jì9M6rstp!7Jî ïñ6dá!7 KÀ ÿó6!7jpògô6±!7jôìö*6rstp!7jäàˇh6±!7 ì y» 6 õ!7jwæcú6ùûø!7 apple ù.pî^6appleíø.7jwvÿh6ëyt üu{b"7jî>6opëí.7 LP Cπm`LP ª[\7 89:;23 * fªºfpzf e Q ÅJ± ãìgjï ã!"i{ {'2C 6~ÄÅà å 8A7û ZyiøÂ" 6./i Iæ& Ω#7 oflûüæø CµLJ13.f./ èä ~qx _LM./3 8A7û 31

36 32

37 3. 基 礎 生 物 学 研 究 所 外 部 点 検 評 価 会 議 議 事 録

38

39 基 礎 生 物 学 研 究 所 外 部 点 検 評 価 会 議 日 時 : 平 成 22 年 4 月 26 日 ( 月 )13:00~16:00 場 所 : 自 然 科 学 研 究 機 構 ( 岡 崎 ) 事 務 センター 棟 3 階 第 一 会 議 室 出 席 者 : 佐 藤 矩 行 ( 基 礎 生 物 学 研 究 所 運 営 会 議 委 員 沖 縄 科 学 技 術 研 究 基 盤 整 備 機 構 代 表 研 究 者 ) 大 隅 典 子 ( 基 礎 生 物 学 研 究 所 運 営 会 議 委 員 東 北 大 学 教 授 ) 加 藤 和 人 ( 基 礎 生 物 学 研 究 所 運 営 会 議 委 員 京 都 大 学 准 教 授 ) 山 本 正 幸 ( 東 京 大 学 教 授 ) 阿 形 清 和 ( 京 都 大 学 教 授 ) 岡 田 清 孝 ( 基 礎 生 物 学 研 究 所 所 長 ) 山 森 哲 雄 ( 基 礎 生 物 学 研 究 所 教 授 副 所 長 ) 西 村 幹 夫 ( 基 礎 生 物 学 研 究 所 教 授 主 幹 ) 野 田 昌 晴 ( 基 礎 生 物 学 研 究 所 教 授 主 幹 ) 上 野 直 人 ( 基 礎 生 物 学 研 究 所 教 授 主 幹 ) 児 玉 隆 治 ( 基 礎 生 物 学 研 究 所 准 教 授 記 録 担 当 ) ( 岡 田 ) 基 礎 生 物 学 研 究 所 の 外 部 点 検 評 価 の 評 価 会 議 に お 忙 しい 中 を 来 ていただいて 本 当 にありがとうございました これは 研 究 所 の 活 動 としては 非 常 に 重 要 なものだとわれ われは 考 えておりまして 評 価 なくして 発 展 はないと 思 っているわけです ですからこれ までの 研 究 所 の 活 動 それから 今 後 の 方 針 とか あるいは 理 想 とするところといったこと に 関 していろいろお 話 をして それに 対 するコメントを 是 非 とも 頂 きたい 思 っております また 外 部 点 検 評 価 報 告 書 を 出 すことが 求 められておりまして そこに 今 日 の 会 議 の 議 事 録 を 載 せたいと 思 っております この 方 式 はもう 数 年 前 からずっと 続 けてきておりまし て 基 生 研 の 報 告 書 の 特 徴 にもなってきています ぜひとも 忌 憚 のない 意 見 を 言 っていた だいて それぞれの 担 当 の 主 幹 および 副 所 長 がおりますので 意 見 をお 互 いに 交 換 をする ことによって 基 礎 生 物 学 研 究 所 の 活 動 と 大 学 共 同 利 用 機 関 としての 役 割 といったことに ついて 議 論 を 深 めたいと 思 います 今 後 諸 大 学 と 交 流 しつつ 共 に 日 本 の 学 術 力 をサポ ートして 展 開 していくためにも ここでお 話 をさせていただくことがお 互 いにとって 大 事 なことではないかと 思 いますので ぜひともよろしくお 願 いしたいと 思 います 資 料 6をご 覧 下 さい これは これまでの 外 部 点 検 評 価 会 議 でいろいろな 指 摘 をしてい 35

40 ただいた 点 に 関 して 実 際 に 対 忚 した 事 項 をまとめたリストです バイオリソースの 問 題 とか 子 供 のいる 職 員 の 研 究 環 境 を 整 えるための 保 育 園 を 設 置 したとか 等 々のご 指 摘 に 対 忚 した 実 例 を 書 いております 今 回 のこの 評 価 会 議 に 関 しても いろいろなご 意 見 に 関 してはできるだけ 対 忚 して 内 部 努 力 でできることに 関 しては 実 施 するとともに 概 算 要 求 などにも 取 り 上 げていきたいと 思 っているところです 1. 基 礎 生 物 学 研 究 所 の 概 況 説 明 それでは パワーポイントの 図 ( 資 料 5)を 見 ていただきたいと 思 います これは 研 究 所 の 概 況 としてまとめたものです 1ページ 目 は 研 究 所 の 全 体 の 方 針 ですが 二 つありまし て 一 つは 新 研 究 領 域 を 開 拓 して 国 際 的 な 発 展 を 牽 引 することによって 指 導 的 立 場 を 確 保 すること そしてその 上 で 国 内 外 の 研 究 者 コミュニティに 共 同 研 究 の 場 を 提 供 し て 先 端 研 究 を 推 進 するということが 第 一 のミッションです 2 番 目 は 具 体 的 な 研 究 の 内 容 ですけれども 生 物 の 基 本 的 な 遺 伝 子 の 働 きや 細 胞 の 働 き を 探 るとともに 環 境 に 適 忚 した 生 物 が 多 様 な 形 と 能 力 を 持 つに 至 った 仕 組 みおよび 生 物 が 環 境 にうまく 適 忚 して 生 きている 仕 組 みを 解 明 する 我 々は 基 礎 生 物 学 分 野 の 広 がり をこのように 規 定 しているわけです 1 枚 めくっていただきまして ページ2ですけれども これは 基 礎 生 物 学 研 究 所 の 組 織 の 最 近 の 変 更 点 だけを 書 いております それぞれの 研 究 領 域 あるいは 研 究 室 の 研 究 内 容 に ついては 別 の 資 料 を 見 ていただくとしまして 今 年 の4 月 から 変 更 を 行 ったのが この 下 の モデル 生 物 研 究 センター と 生 物 機 能 解 析 センター でして これまでのいわゆる サポート 部 門 いろいろな 施 設 をまとめるとともに 共 同 研 究 に 相 忚 しい 格 好 に 組 織 を 改 めたというものです それからページ3では 昨 年 度 および 一 昨 年 度 の 人 員 構 成 と 決 算 額 のまとめのグラフで す 左 側 の 方 は 昨 年 の 10 月 1 日 現 在 の 人 員 構 成 で 現 在 もそれほどは 変 わっておりません 定 員 内 スタッフが4 分 の1 ポスドクの 研 究 員 が4 分 の1 大 学 院 生 が 全 体 の5 分 の1あ るいは6 分 の1 程 度 技 術 職 員 および 補 助 員 の 人 たちという 構 成 になっておりまして 総 計 はきっちり 300 名 になっております 決 算 額 の 方 は 運 営 費 交 付 金 として 国 からもらっているものが 全 体 の 半 分 弱 施 設 費 がか なりありますけれども これはたまたまこの 年 が 耐 震 工 事 を 行 ったためで 工 事 が 終 わっ 36

41 た 昨 年 度 からはほぼゼロに 近 いというところです それを 外 してみますと 結 局 運 営 費 交 付 金 が 半 分 強 になるということになりますし 残 りの 半 分 弱 は 外 部 資 金 で 科 学 研 究 費 受 託 研 究 費 寄 付 金 等 です 次 の4ページを 見 ていただきますと これは 先 ほど 私 が1ページ 目 のところでお 話 をし た 基 礎 生 物 学 研 究 所 のミッションを より 具 体 的 に どういう 形 で 予 算 を 使 いながらやっ ているかという 点 を 五 つの 方 向 にまとめて 示 したものです 左 側 の 下 の 研 と 書 いた 項 目 これは 学 術 研 究 の 推 進 ということで いわば 一 番 根 幹 を 成 す 活 動 です その 上 の 共 と 書 いてある 項 目 は 共 同 利 用 研 究 の 推 進 これはさまざ まな 共 同 利 用 の 仕 組 みをつくったり 古 くなったものはやめたりというようなことで 年 々 尐 しずつ 直 しながら 共 同 研 究 を 募 って 実 績 を 積 み 上 げているところです その 真 上 にあり ます 携 とあるものは 国 際 連 携 の 活 動 で 後 で 詳 しい 説 明 をいたします 右 側 に 行 きま して 新 と 書 いてあるもの これは 新 研 究 領 域 の 開 拓 で 研 究 所 にいる 研 究 者 は 基 礎 生 物 学 の 中 での 新 しい 研 究 分 野 を 常 に 率 先 して 開 拓 する 役 割 を 担 っているのだと 認 識 してい て 具 体 的 にはさまざまなカンファレンスを 行 うとか 技 術 開 発 に 関 するトレーニングコ ースの 開 催 を 通 じて 新 領 域 の 開 拓 を 試 みていくというものです それから 右 側 の 下 にあ る 若 と 書 いてあるものは これは 若 手 研 究 者 の 育 成 ということで 総 合 研 究 大 学 院 大 学 の 大 学 院 教 育 も 大 きな 柱 ですけれども それ 以 外 に 国 内 外 の 大 学 から 受 け 入 れた 大 学 院 37

42 生 いわゆる 受 託 学 生 の 教 育 それ 以 外 の 国 内 外 の 連 携 先 の 研 究 所 とか 大 学 と 協 力 した 若 手 研 究 者 の 育 成 もやっているというものです ページ5は 基 礎 生 物 学 研 究 所 からさまざまに 影 響 力 の 高 い 論 文 が 出 ているということ を トムソン ロイターの 引 用 度 指 数 という 一 番 新 しい 指 標 で 示 したものです 生 物 科 学 の 総 合 という 表 で 基 礎 生 物 学 研 究 所 が2 位 になっています こういった 評 価 の 仕 方 や 点 数 の 付 け 方 にはいろいろなやり 方 があると 思 いますけれども 研 究 所 では 例 年 それなりに 頑 張 っている 人 数 が 尐 ない 中 で みんな 必 死 になってやっているというところです 同 様 に 研 究 のレベルを 示 す 資 料 が 次 の6ページと7ページにもあります 7ページは 昨 年 度 の 科 研 費 の 取 得 状 況 で 採 択 件 数 が 56 件 それで 配 分 額 は5 億 5000 万 円 というこ とは 1 件 当 たり 1000 万 円 くらいになるわけです だから 非 常 に 高 額 の 科 研 費 を 受 けてい る 人 が 多 いということになるのですが このように 高 く 評 価 していただいているのは 非 常 にありがたいことで それに 見 合 った 成 果 を 出 していくということが 大 事 であるというこ とはもちろんです 8ページは 共 同 利 用 の 推 進 公 募 に 関 するものですけれども これについては 共 同 利 用 担 当 の 主 幹 の 野 田 さんの 方 から 説 明 していただきます ( 野 田 ) はい 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 ということで 共 同 利 用 研 究 の 推 進 ということが 最 も 大 事 な 事 業 ともいえるわけですが 設 立 以 来 30 年 尐 しずつリニューアルしながら 共 同 利 用 研 究 を 推 進 しております 最 初 にありますのが 重 点 共 同 利 用 研 究 で 生 物 学 の 基 盤 研 究 をさらに 強 化 発 展 させ る 新 しい 研 究 領 域 を 創 造 するための 共 同 利 用 研 究 ということで 複 数 のグループからな る 研 究 です これは 所 内 所 外 どちらから 提 案 されても 良 いシステムで 300 万 円 / 年 3 年 間 という 研 究 費 を 付 けた 共 同 利 用 研 究 です 2 番 目 は モデル 生 物 技 術 開 発 共 同 利 用 研 究 というもので これまで 基 生 研 はゼブ ラフィッシュであるとか シロイヌナズナであるとか そういった 新 しいモデル 生 物 を 開 発 したり あるいはそれを 国 内 に 普 及 したりという 機 能 を 果 たしてきた 歴 史 的 経 緯 もござ いまして 新 しいモデル 生 物 技 術 開 発 を 行 う 共 同 利 用 研 究 というものを 募 集 しているも のです これも 所 内 あるいは 所 外 どちらからの 提 案 も 受 け 付 けるということで これは 年 間 予 算 100 万 円 /プロジェクトということで 募 集 しております 3 番 目 の 個 別 共 同 利 用 研 究 というものが 従 来 からあった 共 同 利 用 研 究 で 他 機 関 の 38

43 研 究 者 が 提 案 する 課 題 に 対 して 研 究 所 内 の 教 授 准 教 授 助 教 がそれに 対 忚 するといっ た 個 別 のプロジェクトです これは 旅 費 だけを 支 給 しております それから 研 究 会 これも 重 要 な 課 題 について 比 較 的 尐 人 数 で 行 う 研 究 集 会 に 対 して 援 助 を 行 うもので これも 旅 費 のみを 支 給 しております 大 型 スペクトログラフ 共 同 利 用 実 験 と 申 しますのは 基 礎 生 物 学 研 究 所 が 持 つ 唯 一 の 大 型 施 設 である 大 型 スペクトログラフ 室 を 使 った 共 同 利 用 研 究 です それから 6 7にあります 平 成 22 年 度 より 開 始 した 新 規 の 事 業 がございまして D SLM 共 同 利 用 実 験 次 世 代 DNAシーケンサー 共 同 利 用 実 験 という 二 つの 新 しい 機 器 を 使 う 研 究 を 募 集 しております これらは 組 織 改 革 として 行 った 生 物 機 能 解 析 センターの 設 置 に 伴 う 新 しい 事 業 という 言 い 方 もできるかと 思 います それから は 分 析 室 あるいはトレーニングコース 実 習 室 の 利 用 で これは 旅 費 を 支 給 いたしませんが 機 器 の 利 用 あるいは 実 習 室 を 所 外 の 方 々にもご 利 用 いただこ うという 事 業 です 以 上 が 大 体 の 概 略 ですが それぞれの 件 数 はと 申 しますと 資 料 9 に 昨 年 の 件 数 がここ 数 年 の 件 数 の 推 移 とともに 書 いてございます 大 体 年 間 70 件 ぐらいの 共 同 利 用 研 究 を 受 け 入 れております 毎 年 12 月 に 募 集 しまして2 月 末 に 審 査 会 を 開 いて 採 択 不 採 択 を 決 める ということで 平 成 22 年 度 4/1 現 在 とありますのは 12 月 に 締 め 切 ったものに 対 す る 採 択 件 数 ということになります 4 月 以 降 も 随 時 募 集 を 受 け 付 けておりまして 来 年 度 の 募 集 を 締 め 切 る 11 月 末 まで 毎 月 1 回 審 査 会 を 開 くという 形 で 追 加 募 集 に 忚 じており ます 従 って 現 在 52 件 となっておりますが 今 後 増 えていくということで 平 成 22 年 度 も 最 終 的 には 70 件 を 超 える 件 数 になろうかと 思 います それから ページ9に 共 同 利 用 の 推 進 : 大 型 スペクトログラフ というものが 載 って おります これが 唯 一 の 共 同 利 用 の 大 型 施 設 であるわけですが この 利 用 に 関 しては 件 数 が 漸 減 傾 向 にあるということで これをさらにリニューアルしながら 新 しい 共 同 利 用 実 験 をどう 組 み 立 てていくかというのが 一 つの 課 題 になっております 資 料 10 は 共 同 利 用 研 究 の 公 募 の 公 募 要 領 です 先 ほど 説 明 いたしました1~8の 各 カ テゴリーに 属 する 共 同 利 用 研 究 の 募 集 に 関 するさらに 詳 しい 説 明 が 載 っております 申 請 書 のフォーマットは 研 究 所 のホームページから 利 用 可 能 です 追 加 申 請 を 随 時 受 け 付 け 所 内 と 所 外 の 委 員 からなる 審 査 委 員 会 で 書 面 審 査 するという 形 になっています 共 同 利 用 機 関 ですので 審 査 は 所 外 の 運 営 会 議 の 先 生 方 が 参 加 した 形 で 採 択 不 採 択 を 審 議 する 39

44 ということになっています 以 上 です ( 岡 田 ) よろしいですか 後 で 質 問 等 はまとめて 言 っていただくとしまして 次 に 行 き ます 共 同 利 用 に 関 わる 研 究 組 織 の 再 編 を 行 ったので 資 料 3をご 覧 下 さい 先 に モデ ル 生 物 研 究 センターと 生 物 機 能 解 析 センターというサポート 体 制 は いろいろな 施 設 をま とめて 再 編 したと 申 し 上 げましたけれども 単 に 二 つの 組 織 にしたというのではなくて その 二 つをうまく 組 み 合 わせて 運 営 することが 重 要 だと 考 えています 基 生 研 の 今 後 の 共 同 研 究 機 関 としての 在 り 方 について 将 来 計 画 に 沿 ってまとめ 直 したものです 資 料 3の 2 枚 目 の 図 に 示 すように 左 側 にある 生 物 機 能 解 析 センターと 右 側 にあるモデル 生 物 研 究 センターの 両 者 が 新 たな 共 同 研 究 の 中 核 組 織 になります 具 体 的 に 申 しますと モデル 生 物 研 究 センターは さまざまなモデル 生 物 の 非 常 に 質 の いい 健 全 なものをちゃんと 育 てて 共 同 研 究 に 供 します これはバイオリソース 事 業 とは 違 いまして 生 き 物 をいろいろな 研 究 所 に 送 るという 配 布 事 業 ではなくて 基 生 研 に 来 て いただいて 共 同 研 究 や 共 同 利 用 として 使 うときに 利 用 してもらおうということです さら に 今 考 えていますのは さまざまな 環 境 条 件 で 生 き 物 を 育 てる 植 物 でしたら 温 度 や 湿 度 あるいはさまざまな 光 の 質 であるとか そういった 条 件 を 様 々に 変 えることが 可 能 な 育 成 施 設 を 造 って ほかではできないような 非 常 に 再 現 性 良 くきちんとコントロールし た 環 境 の 中 で 生 き 物 を 育 てる その 中 でどういう 代 謝 をするか 生 殖 になるかとか 動 物 でしたらどんな 行 動 をするかといったこともちゃんと 見 られるような 形 の 生 物 育 成 設 備 を 造 っていきたい 現 在 まだそこまでは 行 っておりませんけれども そういったものとして このモデル 生 物 研 究 センターを 考 えております 一 方 の 生 物 機 能 解 析 センターは ハイスループットのゲノム 解 析 バイオイメージング 解 析 マススペクトロメトリー 解 析 といった 機 器 を 置 いているのですけれども 単 に 共 同 研 究 でこれらの 機 器 を 使 ってくださいというだけではありません モデル 生 物 研 究 センタ ーの 方 で 非 常 にきっちりとした 生 き 物 を 育 てて いろいろな 条 件 の 中 でどういうふうに 反 忚 するかを 見 たときに それを 直 ちにこの 解 析 センターにもっていく そこで 例 えばこ ういう 遺 伝 子 が 動 く これが 鍵 遺 伝 子 になるというようなことが 分 かってくれば それを 壊 した 生 き 物 をつくって その 挙 動 をまたモデル 生 物 研 究 センターの 方 で 調 べるというよ うに 二 つのセンターの 間 で 行 き 来 をしつつ 研 究 の 質 を 高 めていくことを 狙 っているわ けです 40

45 最 近 は 皆 さんご 存 じのように 大 型 機 器 からは 非 常 に 大 量 な 膨 大 なデータが 出 てく るのだけれども ウエットの 研 究 者 はそのデータをもらってもなかなか 扱 いづらいところ がありますので そのような 膨 大 なデータをうまく 解 析 してウエットの 研 究 者 にそのデー タの 意 味 するところを 説 明 し 助 言 するサポート 研 究 者 を 配 置 することを 考 えておりまして 実 際 に 二 人 のサポート 研 究 者 をこの4 月 から 雇 用 しております 特 任 准 教 授 として 赴 任 し ました その 人 たちが 技 術 のサポートをする 新 たなスタイルの 共 同 研 究 を 提 案 しておりま す 図 の 中 央 には 共 通 研 究 室 と 研 究 コーディネーター がありますが このところは まだ 実 施 しておらず 現 在 実 現 に 向 けて 概 算 要 求 等 に 出 して 努 力 しているところです も ともと 基 生 研 には 客 員 研 究 室 というシステムがあって これまで 非 常 にうまく 働 いてきた 例 がたくさんあります しかし 最 近 は 所 内 にスペースが 十 分 ないので 現 在 客 員 研 究 室 として 活 発 に 活 動 している 研 究 室 は 残 念 ながら 非 常 に 尐 なくなっております 客 員 は5 年 間 と 決 まったリジットなシステムですが もっと 短 期 であってもいろいろな 大 学 から 例 えばサバティカルなどで 来 て 新 たな 基 礎 生 物 学 の 分 野 を 提 案 していただくというような ときに ぜひともこういった 施 設 を 使 っていただきたいと 考 えているところです 研 究 コーディネーター についても 実 際 に 人 を 張 り 付 けてはいないのですが 共 同 研 究 者 が 来 られたときに 基 生 研 にこういう 機 器 がある 所 内 や 所 外 にこういう 研 究 者 がお られるので 共 同 研 究 のアイデアを 具 体 化 するためには こういう 機 器 と 研 究 者 との 組 み 合 わせで 支 援 を 受 ければうまくいくだろうと 具 体 的 に 提 案 したり 一 緒 に 相 談 に 乗 る 人 が 要 るのではないかということで そのような 役 割 を 持 つ 人 として 研 究 コーディネーター を 考 えているところです ただ やはり 適 任 者 を 探 し 出 すことがなかなか 難 しいので 現 在 どういうふうに 人 事 を 進 めるか 審 議 中 ですけれども 基 生 研 としては このような 組 織 体 制 をつくって その 上 で 新 たな 共 同 利 用 共 同 研 究 機 関 として 再 出 発 していこうと 考 えているところです ですから 話 は 戻 りますけれども その 二 つのセンターを 今 年 から つくったというのはそういうバックグラウンドがあって その 第 1 弾 として 具 体 化 したと いうことになるわけです それでは 次 にまいりまして 10 ページの 国 際 連 携 に 話 を 進 めたいと 思 いますが これは 国 際 連 携 の 担 当 の 上 野 主 幹 の 方 からお 願 いします ( 上 野 ) 基 生 研 の 国 際 連 携 活 動 の 目 的 の 一 つは 海 外 と 国 内 の 生 物 学 コミュニティを 結 41

46 ぶハブとして 機 能 するということを 目 指 しているのですけれども 現 在 二 つ 国 際 連 携 活 動 の 大 きなものが 走 っておりまして 一 つは 欧 州 分 子 生 物 学 研 究 所 (EMBL) もう 一 つは マックスプランク 植 物 育 種 学 研 究 所 です 主 に 三 つの 活 動 を 柱 としています 一 つは 情 報 交 流 これは 合 同 ミーティングを 介 した 交 流 そして 技 術 交 流 これは 具 体 的 にはEM BLから 新 しい 顕 微 鏡 の 導 入 などを 行 っております 人 材 交 流 は 若 手 研 究 者 や 学 生 を 先 方 に 派 遣 したり あるいはこちらの 会 議 に 呼 ぶというような 交 流 を 行 っております 派 遣 に ついては 昨 年 の 秋 にEMBLの 学 生 が 主 催 する PhD シンポジウムというものがあるのです けれども そこに 基 生 研 の 総 研 大 の 学 生 を7 名 と 名 古 屋 大 学 のGCOEの 学 生 さんを3 名 合 わせて 10 名 派 遣 するということで 交 流 を 行 いました 先 方 では 学 生 にオーラルプレ ゼンテーションの 機 会 も 与 えていただきまして また 向 こうの 先 方 での 学 生 がどういうふ うにシンポジウムを 自 分 たちでオーガナイズしているか 非 常 にいい 経 験 をしたようです 資 料 8 にその 参 加 者 の 感 想 をまとめておりますので 後 でご 覧 いただきたいと 思 います もう 一 つは EMBLの 場 合 これは 前 機 構 長 の 志 村 先 生 の 肝 いりで 始 まったものです けれども マックスプランクの 方 は 現 基 生 研 所 長 の 岡 田 先 生 のリーダーシップの 下 昨 年 度 より 開 始 した 連 携 で これも 情 報 交 流 と 共 同 研 究 をベースに 現 在 進 んでおります 既 に 合 同 ミーティングに 加 えて4 名 を 派 遣 して 実 際 に 共 同 研 究 の 打 ち 合 わせを 行 うというこ とを 行 っております( 資 料 11) 既 に 先 方 の 研 究 者 との 具 体 的 な 共 同 研 究 も 始 まっており まして 成 果 が 出 ているようです 国 際 連 携 に 関 しては そのほかにプリンストン 大 学 これも 前 機 構 長 のリーダーシップ の 下 協 定 が 結 ばれまして 今 年 度 から 始 まることになっております そのほかアジアの シンガポールにありますテマセック ライフ サイエンス ラボラトリーとの 共 同 研 究 等 も 現 在 検 討 中 で アジアとヨーロッパ 米 国 を 結 ぶようなグローバルネットワーク 形 成 を 視 野 に 入 れて 進 めております そのほかに 幾 つかのコンファレンスを 企 画 主 催 しておりまして 一 つはOBCという 生 物 学 国 際 高 等 コンファレンス といわれるものですけれども 2004 年 から 始 まったも ので 既 に7 回 開 催 しています 国 内 外 の 数 十 人 の 研 究 者 を4~5 日 の 間 缶 詰 にして か なり 濃 密 な 議 論 によって 新 しい 領 域 を 形 成 するということを 目 指 したコンファレンスで す( 資 料 12) そのほか 基 生 研 の 創 設 以 来 行 っております 現 在 の 先 端 研 究 をテーマに 行 うコンファ レンス こういったものも 継 続 しておりまして そのほかに 加 えまして 教 育 の 一 環 とし 42

47 て 国 際 的 なトレーニングコース インターナショナルプラクティカルコース あるいは 国 内 向 けのマイクロアレイ 等 のバイオインフォマティクストレーニングコースなどを 行 って おります 先 ほどちょっと 申 し 上 げ 忘 れましたけれども マックスプランクの 方 も 資 料 2の 方 に 概 要 がまとめられておりますので ご 覧 いただきたいと 思 います 以 上 です ( 岡 田 ) はい よろしいでしょうか それでは ページ 11 の 方 ですけれども これは 新 領 域 開 拓 ということで 基 生 研 の 役 割 ということで 書 いてあります これは 先 ほど 来 申 し 上 げていることの 繰 り 返 しにもなりますので 読 んでいただければと 思 います ポイン トとしましては 今 いろいろな 大 学 特 に 大 きな 大 学 以 外 の 地 方 の 中 小 の 大 学 というのは 非 常 に 運 営 費 交 付 金 が 尐 なくなりまして 弱 体 化 している 面 もあるので 地 方 の 中 小 大 学 の 方 たちの 研 究 を 何 とかわれわれもサポートしたいというのが 大 きな 点 です また 大 き な 大 学 との 関 係 においては 最 先 端 の 研 究 を 共 同 して 進 めて 行 こうと 思 っています 両 者 それぞれお 互 いの 立 場 は 違 うところがあるのですけれども 一 本 化 するのではなくて い ろいろなやり 方 を 共 同 研 究 と 共 同 利 用 のシステムを 使 って 進 めながら 試 みて 行 きたい 日 本 の 学 術 そのものが 非 常 に 今 曲 がり 角 に 来 て 危 ない 状 況 に 来 ているという 認 識 もあり ますので 一 緒 にやっていきたいと 思 っているところです 次 の 12 ページは 先 ほど 触 れた 客 員 部 門 の 先 生 方 や ここにおられた 先 生 方 が 新 たな 基 礎 生 物 学 の 研 究 領 域 というものを 開 発 あるいは 展 開 してきた 例 を 書 いております こ こにおられる 阿 形 先 生 のプラナリアのお 仕 事 も 書 かせていただいていますが そういった 例 がたくさんあるということです 次 の 13 ページは いわゆる 若 手 研 究 者 の 育 成 ということで 特 に 大 学 院 に 関 係 した 話 で す これに 関 しては 昨 年 まで 総 研 大 の 研 究 科 長 をされていた 西 村 先 生 の 方 から 説 明 を してください ( 西 村 ) はい 基 礎 生 物 学 研 究 所 は 総 合 研 究 大 学 院 大 学 に 参 加 しておりまして その 中 の 生 命 科 学 研 究 科 は 遺 伝 学 研 究 所 生 理 学 研 究 所 それからこの 基 礎 生 物 学 研 究 所 こ の 三 つの 研 究 所 が 参 画 して 生 命 科 学 研 究 科 を 構 成 しています その 中 の 基 礎 生 物 学 専 攻 を 担 当 しておりますけれども 2004 年 の 法 人 化 とともに それまでは 博 士 後 期 課 程 のみでし たけれども 5 年 一 貫 制 の 博 士 課 程 というものを 並 列 させるということが 認 められまして 43

48 それ 以 降 5 年 一 貫 制 の 博 士 課 程 に 関 しては 定 員 3 名 そして 博 士 後 期 課 程 に 編 入 の 場 合 は 定 員 6 名 ということで 募 集 しております ここに 2009 年 度 の 在 籍 者 の 数 を 書 いておりま すが 5 年 一 貫 制 博 士 課 程 が 14 名 で 博 士 後 期 課 程 は 12 名 ということですけれども こ れは 経 緯 から 考 えると 2010 年 度 の 在 籍 者 をお 知 らせしておくと 傾 向 が 分 かると 思 います が 2010 年 度 は5 年 一 貫 制 が 19 名 それで 博 士 課 程 ( 後 期 課 程 )が 13 名 ということにな ります それで 分 かりますように 5 年 一 貫 制 の 博 士 課 程 の 方 が 増 えてきました そして 博 士 後 期 課 程 はやはり 編 入 が 減 ってきているというのが 最 近 の 現 状 でした ただ 昨 年 に 関 しましては 実 は 博 士 後 期 課 程 もかなりの 数 が 忚 募 されて 入 学 されたということになり ます この 総 合 研 究 大 学 院 大 学 に 参 画 するというのが この 大 学 院 生 教 育 の 一 つの 大 きな 柱 で すけれども これは 特 に 研 究 環 境 それから 非 常 に 学 生 数 が 尐 なくて 教 員 数 が 多 い 形 での 実 質 的 な 研 究 を 最 先 端 のところで 進 めていくというところに 加 えまして 英 語 教 育 であり ましたり 先 ほど 出 てきましたようにEMBLの 国 際 コンファレンスなどに 積 極 的 に 参 加 させるというようなことでの 魅 力 ある 活 動 を 加 えることによって 優 秀 な 学 生 を 得 ようと いうことで 進 めております それとともに 先 ほど 所 長 の 方 からも 説 明 がありましたように 受 託 大 学 院 生 として 他 大 学 から 特 別 共 同 利 用 研 究 員 という 形 ですが 2009 年 度 は 11 名 東 大 京 大 名 大 等 から 受 け 入 れております それで この 受 託 大 学 院 生 にも 同 じようにRAを 経 済 的 に 支 援 するということで 年 間 70 万 円 の 支 援 をしているということです 以 上 です ( 岡 田 ) はい よろしいでしょうか 次 に 最 後 のページ 14 ページを 見 ていただきます これは 若 手 の 育 成 の 成 果 と 言 っていいのか 分 かりませんが その 後 の 追 跡 調 査 で 総 研 大 生 または 受 託 学 生 として 来 ていた 大 学 院 生 が 現 在 さまざまなところでポジションを 得 て 活 躍 されている 状 況 を 示 しています それから 上 の 方 は 総 研 大 の 説 明 会 や 体 験 入 学 説 明 会 は 学 生 を 集 めるための 一 種 のキ ャンペーンですが 体 験 入 学 の 方 は 必 ずしも 大 学 院 入 学 を 勧 誘 するためではなくて む しろ 研 究 というのはこういうものなのだということを 実 際 に 体 験 してもらおうということ で 大 学 の1 年 生 から 修 士 学 生 までの 中 から 希 望 者 を 募 って 研 究 の 機 会 を 提 供 している ということです それでは 資 料 の 残 りをいくつか 説 明 させていただきますと 資 料 4は 新 しい 展 開 を 44

49 見 た 基 生 研 での 研 究 の 例 です 1 枚 目 は 昨 年 赴 任 された 吉 田 松 生 教 授 が 新 学 術 領 域 の 代 表 研 究 者 として 認 められました これはホームページからのコピーです その 次 は 昨 年 度 の 暮 れから 新 たに 赴 任 してきた 藤 森 教 授 ですけれども 彼 のグループが 始 めた 新 学 術 領 域 研 究 のホームページです いずれも 基 生 研 の 教 授 に 就 任 が 決 まってから 新 学 術 領 域 研 究 の 申 請 が 認 められたわけですので 非 常 に 有 望 な 方 に 来 ていただいたということをあり がたく 思 っています 資 料 7は 昨 年 8 月 に 国 際 連 携 の 協 定 を 結 んだケルンのマックスプランク 植 物 育 種 研 究 所 に 行 きましたときに 3 日 間 の 日 程 で 12 名 の 人 を 派 遣 しました そのうち5 名 は 研 究 所 の 中 の 植 物 関 係 者 だったのですが あとの7 名 は 公 募 をして 先 方 のドイツの 研 究 所 ある いはその 近 辺 の 大 学 と 共 同 研 究 をすることを 希 望 する 若 手 の 人 がいたら 忚 募 してくれとい うことを ネットワークを 通 じて 公 募 をいたしました 忚 募 があったうちから 半 分 ぐらい を 選 んだのですけれども その 人 たちは 向 こうの 人 たちといろいろ 話 をして 実 際 の 具 体 的 な 共 同 研 究 を 考 えたいということだったのです それで 2 日 間 のシンポジウムの 後 の 3 日 目 に 午 前 中 30 分 ごとに 先 方 の 人 と 日 本 から 行 った 人 とが 資 料 7の 表 にある 組 み 合 わせに 従 って1 対 1で 会 って 共 同 研 究 の 話 をしました 実 際 に 共 同 研 究 に 進 んだものもあ るし お 互 いに 気 に 入 って ポスドクに 来 い ということになって 今 年 からポスドクに 行 った 人 も 二 人 います そのようなわけで これは 国 際 連 携 が 非 常 に 有 効 に 動 いたという ことの 資 料 です 私 の 方 からの 説 明 はまずここでいったん 止 めて 質 問 がありましたらお 聞 きして その 後 いろいろと 基 生 研 あるいは 日 本 のサイエンスといったことに 関 するご 意 見 を 賜 りたい と 思 いますので よろしくお 願 いします ( 西 村 ) はい それでは 進 行 を 私 の 方 からさせていただきます ただ 今 基 礎 生 物 学 研 究 所 の 現 状 というところを 説 明 させていただきましたけれども 全 体 にわたって 何 かご 質 問 等 ございましたら お 願 いします ( 加 藤 ) 全 体 にわたって 非 常 にたくさんよいことが 起 こっていると 感 じました 具 体 的 に 細 かいところから 一 つ 質 問 したいと 思 っているのは これ( 資 料 7)についてです ( 西 村 ) はい マックスプランクとの 関 係 についてですね 45

50 ( 加 藤 ) 大 変 印 象 的 で 何 か 目 に 浮 かぶようで 向 こうでポスドクとなる 方 が 二 人 出 た り 非 常 にいいのではないかと 思 いますし 印 象 がよかったのですけれども 公 募 したと きに どんな 方 が 何 人 ぐらい 忚 募 してきたのでしょうか ( 岡 田 ) 公 募 が 20 人 弱 だったと 思 います それで7 人 選 んだわけです ( 西 村 ) そうですね ( 加 藤 ) その 途 中 で 言 われた 大 きな 大 学 だけではなくいろいろなところから 来 たかど うかということについてはどうでしょうか ( 岡 田 ) それは 必 ずしもそんなに 多 くないですね ( 西 村 ) 京 都 大 学 奈 良 先 端 大 学 理 化 学 研 究 所 名 古 屋 大 学 新 潟 大 学 などですから やはりちょっと 主 要 大 学 が 多 いといえるかもしれません ( 岡 田 ) ただ それは 主 要 大 学 だけに 声 を 掛 けたのではなくて 植 物 の 場 合 はナズナネ ットというシロイヌナズナの 研 究 者 を 中 心 としたネットワークが 非 常 に 大 きくて 今 1200 人 ぐらい 日 本 に 会 員 がおります その 他 にイネの 研 究 者 のネットワークやマメの 研 究 者 の ネットワークがあって そういったものに 流 したのです 基 生 研 のホームページにも 出 し たのですが だから 多 くの 方 が 一 忚 見 てはいると 思 いますが 忚 募 するにはやはりちょっ と 敷 居 が 高 かったのかもしれないですね ( 加 藤 ) そうかもしれないですね ( 岡 田 ) これから 基 生 研 の 活 動 のときには 毎 回 公 募 をするよということをもうちょっと はっきりしておけば だんだん 増 えてくるのではないかという 期 待 は 持 っています ( 加 藤 ) いろいろなことを 思 ったのですけれども こういうことが 基 生 研 だけではなく 46

51 どんどん 行 われるといいのではないかと 思 います どうしたらいわゆる 地 方 大 学 から 人 が 来 るかを 本 気 で 考 えられると まさにこの 研 究 所 の 役 割 が 果 たせるのではないかなと 思 い ます ( 岡 田 ) ええ 今 回 は 日 本 側 からの 人 の 旅 費 はすべて 基 生 研 がサポートしたのです ま た 滞 在 費 は 向 こう 側 がサポートするという 合 意 になっていました ( 加 藤 ) もしかするともうワンステップ 要 るかもしれません 気 軽 に 行 っていいですよ と 宣 伝 するとか 何 かそういうことが ( 岡 田 ) はい ( 佐 藤 ) ついでにお 聞 きしますが 今 おっしゃったことは つまり 基 生 研 と 相 手 側 だけ が 全 てのお 金 を 出 していることで そのプロポーザルに 対 して 他 から 例 えばJSPSと かから 何 か 援 助 を 受 けているということではないのですか ( 岡 田 ) 今 はまだそうではありませんが それも 考 えないといけないと 思 います どん どんこういう 機 会 を 増 やす 一 方 で その 資 金 については 頂 くところを 広 げていかないとい けないというのは 大 事 な 課 題 だと 思 いますが 現 在 はまだです ( 阿 形 ) ちょっと 最 初 に 私 らしくないことを 言 いますけれども この 評 価 の 全 体 のシス テムについてお 聞 きしたい 評 価 するとき 最 近 は そちらが 出 した 目 標 に 対 してどれだけ やったかということを 僕 らが 評 価 するのが 一 般 的 になりつつあるのですけれども そうい うエバリュエーション シートが 全 くないので どういう 評 価 をしていいのかが 難 しいこ とが 一 点 それから 評 価 委 員 の 中 に 運 営 委 員 の 方 々がいっぱい 入 っていて これはいいの かという 二 点 です ( 大 隅 ) そう 私 もよく 考 えたら あれ? と 思 いました ( 阿 形 ) このシステムがいいのかということをちょっと 疑 問 に 思 いました 外 から 見 た 47

52 ときに 何 か 指 摘 をされるのではないかというのがちょっと 気 になったところです ( 西 村 ) まず 評 価 に 対 してということですね ( 阿 形 ) 大 学 の 場 合 は 中 期 目 標 があって それに 対 して 評 価 するわけですが こちらで も 第 一 期 の 評 価 は 終 わっているのですか? ( 西 村 ) そうです ( 阿 形 ) そうすると 今 度 は 第 2 期 のシーズンの 中 の1 年 目 になるわけですね? ( 岡 田 ) そうなのですが この 会 議 は 去 年 度 に 対 する 評 価 なのです ( 阿 形 ) 分 かりました この 評 価 の 委 員 会 は 中 期 目 標 とは 全 くインディペンデントに 去 年 の1 年 間 を 評 価 するという 位 置 付 けになっているということですね ( 西 村 ) そうですね それで 昨 年 度 実 は 暫 定 評 価 の 結 果 が 出 ましたので そのことに 関 しては 昨 年 度 の 委 員 会 で 報 告 してご 意 見 を 頂 きました 大 学 評 価 に 関 しては 来 年 その 第 1 期 のトータルの 評 価 がまた 出 ますので その 段 階 でまた 評 価 していただくということを 考 えています ( 阿 形 ) 分 かりました 要 するに 僕 らはこの 五 つの 柱 のことについての 去 年 1 年 間 の 実 績 について 評 価 コメントを 述 べればいいということですね ( 西 村 ) 方 法 と それからやはり 今 後 の 方 向 というものについてのご 意 見 を 頂 きたいと いうことです ( 阿 形 ) 将 来 の 方 向 性 についてアドバイスをすればいいと ( 西 村 ) はい 48

53 ( 阿 形 ) それから 運 営 委 員 が 評 価 者 に 入 っているのというのは 構 わないのですか? ( 西 村 ) 運 営 委 員 というのはどういう 立 場 だと 考 えるかによって 違 ってくると 思 うので すが これは 過 去 の 例 から 言 いますと 過 去 の 評 価 会 議 は 実 は 逆 に 運 営 委 員 の 方 だけで 行 っていた それでずっと 来 ていたのを 今 年 からそうではない 形 でもっと 広 くコミュニ ティのいろいろな 意 見 を 伺 いたいということで こういうふうに 変 わってきたと 理 解 して いただくといいのではないかと 思 います ( 阿 形 ) なるほど 分 かりました 明 快 な 回 答 ありがとうございます ( 岡 田 ) 今 回 は 山 本 先 生 と 阿 形 先 生 に 運 営 委 員 外 の 方 々としておいでいただきました ( 加 藤 ) 運 営 委 員 の 立 場 からすると 尐 なくとも 私 が 運 営 委 員 会 に 出 ているときは 外 部 の 声 を 入 れるために 来 ていると 思 っているので 運 営 を 中 でやっているというよりは そのときも 外 から 見 ているという 気 持 ちでやっています ( 西 村 ) ほかに 全 体 に 渡 ってのご 質 問 等 ございますでしょうか ( 佐 藤 ) ちょっと 細 かいことで 申 し 訳 ないのですが 13 ページ 目 の 若 手 育 成 のところで RA 制 度 により 年 間 70 万 円 を 支 援 しているとありますが これは5 年 一 貫 制 から 入 ってき たいわゆる 修 士 課 程 相 当 の 方 からすでに 70 万 円 を 支 給 されているのですか? ( 西 村 ) 修 士 はちょっと 金 額 が 低 くなっていますけれども 60 万 円 ぐらいサポートして います ( 阿 形 ) 京 大 はドクターが 60 万 円 で 修 士 は0なのに 基 生 研 は 条 件 が 良 いですね ( 佐 藤 ) ですよね それに 比 べると 多 いと 思 います 49

54 ( 山 本 ) それはどういう 費 目 から 出 ているのですか ( 西 村 ) 所 内 からも 持 ち 出 します 総 研 大 からの 運 営 費 交 付 金 が 来 ている 部 分 だけでは 足 りませんので それ 用 に 所 内 の 別 のお 金 から 加 えています ( 山 本 ) それは RA として 雇 用 しているのですね ( 西 村 ) そうです ( 阿 形 ) 大 体 の 学 生 さんには 出 ているわけですか ( 西 村 ) そうですね ここでも 書 いておりますけれども 受 託 研 究 院 生 の 方 々にも 支 払 っています ( 大 隅 ) 人 事 のことでちょっとお 伺 いしたかったのですけれども 吉 田 松 生 さんと そ れから 藤 森 さんでしたか あのときの 運 営 会 議 でも 多 分 言 ったと 思 うのですが 2 名 だっ たか3 名 だったかのそのポジションの 枠 に 対 して 確 か 100 名 ぐらいの 忚 募 があったと いうところまでは 覚 えているのですが その 中 で 女 性 の 割 合 が 何 人 ぐらいいらしたのかと いうのをちょっと 忘 れてしまったので 教 えていただけないでしょうか というのは こ れだけ 素 晴 らしい 研 究 所 であるにもかか わらず PI の 中 にお 一 人 も 現 時 点 でまだ 女 性 がいらっしゃら ないというのは 私 が 運 営 委 員 になって からもう 随 分 何 年 か たつのですけれども ちょっとそれはとて も 残 念 だなと 思 って 50

55 いることです 何 というのでしょうね 門 戸 は 同 じように 開 放 しているのだから 当 然 手 を 挙 げればいいじゃないですか ということをいろいろな 方 が 言 われることが 多 いのです けれども 女 性 の 場 合 はあまりにもリスクが 高 いところにわざわざエネルギーを 費 やさな い 傾 向 というものがどうも 生 物 学 的 にあるようで 何 かもう 尐 しプッシュしてあげること が 恐 らく 必 要 なのではないかと 思 うのです なので 例 えばいろいろな 大 学 等 でやり 始 め ているのは 公 募 のご 案 内 を 出 すときに 例 えば 男 女 共 同 参 画 について 配 慮 しています とか それはそれ 以 上 のことを 何 も 言 っているわけではないのですけれども 例 えばそう いった 一 言 を 入 れたかどうかといったあたりのところをお 伺 いできればと 思 います ( 西 村 ) はい 多 分 ご 指 摘 の 点 に 関 してはアンケートの 最 後 の 方 の 項 目 にかかわってき ますので また 取 り 上 げさせていただきますけれども まず 今 のご 質 問 に 対 してだけ ど なたか 記 憶 しておられましたら 答 えてもらえますか ( 山 森 ) 決 して 例 えば 非 常 に 尐 ないという 数 ではなくて インタビューも 含 めて 何 人 かの 方 が 参 加 していらっしゃいます 最 後 の 段 階 で 残 らなかったということで そういう 状 況 なのです それで 確 かに 大 隅 先 生 が 言 われることは 私 も 非 常 に 感 じておりまして ( 大 隅 ) そうですね ( 山 森 ) ええ それで 要 するに 言 われているのは 積 極 的 に 何 かしないと 駄 目 だという ことですよね もちろん 研 究 所 としては 同 じ 意 識 になっておりますので 後 で 所 長 の 方 か ら 尐 し 具 体 的 な 説 明 があると 思 います ( 西 村 ) もう 一 つ 確 認 として 男 女 共 同 参 画 というようなことに 関 して 公 募 の 段 階 で 明 示 したことはないですね ( 山 森 ) 現 時 点 ではやっておりませんので そういうことを 含 めてやはり 今 後 全 体 の 取 り 組 みについては 所 長 の 方 から 尐 し 補 足 があると 思 います ( 西 村 ) はい この 点 についてはまた 最 後 のところで 議 論 させていただきたいと 思 いま 51

56 す ( 岡 田 ) 人 数 はそれまでに 事 務 の 方 で 調 べるのは 可 能 かもしれませんね ( 山 森 ) では ちょっと 調 べてもらってきます ( 西 村 ) はい それでは 進 めたいと 思 いますが ほかに 何 かございますでしょうか ( 阿 形 ) 予 算 のことを 聞 きたいのですけれども 13 億 円 と 初 めて 聞 いて 運 営 費 交 付 金 がえらく 尐 ないので 驚 いたのですが これは 給 料 は 入 っていないということですよね ( 西 村 ) 入 っております ( 阿 形 ) 入 っていて 13 億 円? 共 同 利 用 としての 予 算 枠 もこの 運 営 費 交 付 金 13 億 円 の 中 に 入 っているのですか ( 岡 田 ) 実 際 の 共 同 利 用 のために 来 る 旅 費 分 とかというものだけで 見 ると 2000 万 円 ぐら いです けれどもそれ 以 外 にシンポジウムの 開 催 費 だとかといういろいろなものを 含 めた 共 同 利 用 の 費 用 というのは 全 部 合 わせたら 9000 万 円 ぐらいです ( 上 野 ) そうですね ( 岡 田 ) いわゆる 連 携 に 関 する 費 用 としての 大 枠 で 来 ていて そういうふうに 使 ってい ます ( 阿 形 ) それは 当 初 から 大 体 そんなものなのですか ( 岡 田 ) そうですね 第 1 期 がそんなものです 第 2 期 も 基 本 的 にはほとんど 同 じです ( 西 村 ) そうですね それも 枠 が 外 れてしまったので もうそれはある 程 度 自 由 にこち 52

57 らの 方 で 考 えることができるという 形 にはなっています ( 阿 形 ) なるほど もともとは1 億 円 弱 が 共 同 利 用 の 経 費 として 来 ていたのですか ( 上 野 ) そうです ( 加 藤 ) それは 設 備 の 維 持 運 営 も 含 むのですか 大 型 スペクトログラフなどの 共 同 利 用 用 の 設 備 も 含 んでいますか ( 岡 田 ) はい そうです ( 上 野 ) 大 体 人 件 費 が7 億 数 千 万 円 ぐらい 残 りが 物 件 費 です 2. 学 術 研 究 に 関 する 活 動 について ( 西 村 ) よろしいですか それでは 全 体 にわたるお 話 に 続 いて この 外 部 点 検 評 価 ア ンケート 結 果 というもの 今 回 は 特 に 五 つのテーマに 関 してご 意 見 を 伺 っております こ れは 実 際 にはそれぞれ 10 名 の 方 のご 意 見 を 頂 いているわけですが これについてそれぞ れ 30 分 程 度 の 時 間 で 進 めていきたいと 思 っております 最 初 に 学 術 研 究 に 関 する 活 動 ということで これはアニュアルレポートをご 覧 いた だければ 研 究 の 部 分 を 理 解 いただけると 思 いますので 所 内 の 研 究 者 の 研 究 水 準 それ から 研 究 内 容 ということについてご 意 見 を 頂 くということと これからの 生 物 学 でブレー クスルーをもたらす 研 究 を 育 てて 展 開 していくためにはどのような 仕 組 みを 持 ったらいい かということに 関 してご 意 見 を 伺 っております これに 関 して 意 見 をそれぞれ 頂 いており ますけれども 皆 さんのご 意 見 もこの 中 に 入 っているとは 思 いますが 特 にこういう 点 が というところがございましたら 尐 し 出 していただいて 議 論 させていただきたいと 思 いま すが どなたからでも 結 構 です ( 阿 形 ) 本 来 このアンケートもその 五 つの 柱 に 合 わせた 形 でしてくれた 方 がベターだっ たと 思 うのですけれども 53

ブロック体A

ブロック体A 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U W X Y Z! $ % & ( ) *, -. / ; : < >? [ ] ` å Å ß Æ Ø æ ø ƒ Œ œ fi fl ı ˆ ˇ Â Î Ô ª º 0 1

More information

CharacterSets.book Japanese

CharacterSets.book Japanese FRAMEMAKER 9 ADOBE i................................................. 2 1 2 1 2 3 4 ú þ ý! " # $ % & ( ) * +, -. / 0 1 2 3 4 5 5 6 7 8 9 : ; < = >? @ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U 6 V W X

More information

2 5 * * *2 *2 7 'm arhi Szmiya from ast jnior high irst off 'm not interested in ordinary peope t if any of yo are aiens timetraveers or espers pease ome see me That is a i * * * *irosoft ffie 9 *5 *

More information

平成22年第4回臨時会

平成22年第4回臨時会 平 成 26 年 第 2 回 臨 時 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 期 日 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 ) 場 所 : 大 曲 庁 舎 第 1 委 員 会 室 大 仙 市 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 曜 日 ) 午 前 10 時 24 分 ~ 午 前 11 時 09 分 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A> 第 2 セッション 第 1 報 告 留 学 生 に 対 する 英 語 による 日 本 法 教 育 - 刑 事 法 を 中 心 に- 京 都 大 学 : 高 山 佳 奈 子 < 高 山 > 京 都 大 学 の 高 山 でございます 私 のほうもパワーポイントとかコンピュータとか 準 備 し ていなくて この3ページのレジュメだけで 発 表 をさせていただきます 後 の 櫻 田 先 生 の 資 料 が

More information

平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 会 議 録 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 議 事 日 程 告 示 年 月 日 平 成 27 年 7 月 22 日 開 催 年 月 日 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 曜 日 ) 開 催 場 所 JA 上 伊 那 アイパルいなん4

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま 原 子 力 規 制 委 員 会 記 者 会 見 録 日 時 : 平 成 27 年 11 月 25 日 ( 水 )14:30~ 場 所 : 原 子 力 規 制 委 員 会 庁 舎 記 者 会 見 室 対 応 : 田 中 委 員 長 < 質 疑 応 答 > 司 会 それでは 定 刻 になりましたので ただ 今 から 原 子 力 規 制 委 員 会 の 定 例 会 見 を 始 めたいと 思 います 早 速

More information

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 会 議 録 深 谷 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 日 時 平 成 28 年 7 月 12 日 ( 火 ) 開 会 午 後 3 時 00 分 閉 会 午 後 3 時 55 分 場 所 教 育 庁 舎 3 階 大 会 議 室 出 席 委 員 教 育 長 小 栁 光

More information

csj-report.pdf

csj-report.pdf 23 2 *1 CSJ 3302 661 CSJ 2.1 2.2 CSJ 2.6 2.7 XML XML 8 2.1 1 CSJ CSJ CSJ 661 4 50 *1 24 2 2.1.1 CSJ 2.1.2 2.1.1 CSJ CSJ 0.2 0.2 3302 20 CSJ 5 3 0.2 0.05 2.1 25 2.2 CSJ FEP 2.3 CSJ 1.7.2 2004a 2002 26 2

More information

128号新

128号新 155 662-0834 10-22 0798-67-4691 FAX 0798-63-4044 Email koudou@gamma.ocn.ne.jp http://koudou.jp/ 01170-3-4901 _ ³ Ü A Ü ½ Ä ª Á Ä «Ü µ ½ B - ú µ Ì ÅŠ é A â ½ Æ ÌŒb Ý ðš Ó ½ µ Ü B @ @ µ µ A ŠE Ì l X

More information

DMC-TZ57

DMC-TZ57 DMC-TZ57 & http://panasonic.jp/support/dsc/ SQW0168-1 F0215MR1025 & ### & ### ### ### & & È È AF > = 1 2 3 4 5 ( 1: 3È 2: 4# 3: 2ë 4: 1 6 7 8 9 10 11 1213 14 3421 4 4 ### 15 16 17 18 19 20 21 22 2324

More information

中野区 教育委員会

中野区 教育委員会 中 野 区 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 24 年 第 15 回 定 例 会 開 会 日 平 成 24 年 5 月 11 日 ( 金 ) 場 所 中 野 区 教 育 委 員 会 室 開 会 午 前 10 時 01 分 閉 会 午 前 10 時 20 分 出 席 委 員 (3 名 ) 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 高 木 明 郎 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 職

More information

Ÿ š ( š ) 300,000,000 14. 3.22 116,500,963 40,185,547 76,315,416 81,749,456 76,275,801 965,801 63,510,000 11,800,000 39,615 39,615 3,227,059 3,227,059

Ÿ š ( š ) 300,000,000 14. 3.22 116,500,963 40,185,547 76,315,416 81,749,456 76,275,801 965,801 63,510,000 11,800,000 39,615 39,615 3,227,059 3,227,059 š ( š ) Ÿœ f 240,000 240,000 130,000 240,000 100,000 240,000 110,000 500,000 240,000 3 240,000 500,000 240,000 240,000 500,000 240,000 500,000 100,000 200,000 200,000 90,000 4,106,000 500,000 14. 4. 1

More information

求む

求む 静 岡 県 病 理 専 門 医 研 修 ネットワークプログラム( 全 県 版 ) 1 はじめに 病 理 科 の 専 門 医 は 卒 後 2 年 間 の 臨 床 研 修 終 了 後 4 年 の 病 理 研 修 ( 病 理 診 断 の 実 務 学 術 的 実 績 )ののちに 受 験 資 格 が 得 られる 病 理 専 門 医 が 主 たるものです 日 本 病 理 学 会 の 認 定 する 病 理 専 門

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する 法 律 国 会 会 議 録 抜 粋 圃 1 法 律 の 提 案 理 由 及 び 概 要 0 国 務 大 臣 ( 小 坂 憲 次 君 )このたび 政 府 から 提 出 いたしました 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する

More information

平成27年第08回会議記録(抜粋)

平成27年第08回会議記録(抜粋) 平 成 27 年 第 8 回 定 例 教 育 委 員 会 平 成 27 年 8 月 27 日 ( 木 曜 日 ) 開 会 午 前 10 時 00 分 閉 会 午 前 10 時 38 分 議 事 日 程 日 程 第 1 会 期 の 決 定 日 程 第 2 会 議 録 署 名 委 員 の 指 名 日 程 第 3 報 告 第 45 号 諸 般 の 報 告 日 程 第 4 報 告 第 46 号 浦 幌 町

More information

総 務 課 長 補 佐 ( 外 川 吉 彦 ) 定 刻 前 ではございますが 皆 様 お 揃 いですので 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 を 始 めさせていただきます 開 会 にあたり 葛 西 市 長 よりご 挨 拶 申 し 上 げます 市 長 ( 葛 西

総 務 課 長 補 佐 ( 外 川 吉 彦 ) 定 刻 前 ではございますが 皆 様 お 揃 いですので 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 を 始 めさせていただきます 開 会 にあたり 葛 西 市 長 よりご 挨 拶 申 し 上 げます 市 長 ( 葛 西 < 名 称 > < 日 時 > 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 ) 午 後 4 時 30 分 から < 場 所 > 弘 前 市 立 病 院 別 館 2 階 指 導 室 1 2 < 次 第 > 1 開 会 2 市 長 挨 拶 3 諮 問 書 交 付 4 会 議 録 署 名 者 指 名 5 案 件 諮 問 第 1 号

More information

議案第4号

議案第4号 7 議 事 それでは 会 議 に 入 ります 前 に 事 務 局 に 人 事 異 動 がありましたので 所 長 の 中 村 から お 知 らせいたします ( 事 務 局 中 村 所 長 ) 4 月 1 日 付 で 職 員 に 人 事 異 動 がございましたので 紹 介 をさせていただきます 建 設 局 長 の 片 山 が 異 動 になり 後 任 として 配 属 されました 舟 久 保 でございます

More information

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc 発 言 をそのまま 書 き 起 こしたデータを 基 に 個 人 情 報 に 関 する 部 分 を 削 除 し 文 意 が 通 るように 修 正 を 行 っています 振 り 返 り アンケート 記 入 ( 総 合 F) それでは アンケートをお 書 きください そして アンケートの 中 で ここが 一 番 重 要 だというところには 下 線 などを 引 いていただいて 結 構 です 最 後 にまた 30

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20315F32303038944E937882CC95A8979D8D488A7789C88FD089EE92F990B394C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20315F32303038944E937882CC95A8979D8D488A7789C88FD089EE92F990B394C52E646F63> 物 工 同 窓 会 だより 第 24 号 平 成 21 年 10 月 発 行 2008 年 度 の 物 理 工 学 科 物 理 工 学 専 攻 の 近 況 報 告 物 理 工 学 専 攻 2008 年 度 学 科 長 専 攻 長 市 川 昌 和 2008 年 度 の 物 理 工 学 科 物 理 工 学 専 攻 についてご 報 告 いたします 2008 年 度 において 本 学 科 長 専 攻 長 として

More information

第643回三沢市農業委員会総会議事録

第643回三沢市農業委員会総会議事録 第 697 回 三 沢 市 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 1. 開 会 の 日 時 平 成 27 年 2 月 20 日 午 後 1 時 30 分 2. 閉 会 の 日 時 平 成 27 年 2 月 20 日 午 後 2 時 05 分 3. 開 催 の 場 所 三 沢 市 役 所 別 館 4 階 第 1 研 修 室 4. 出 席 した 委 員 の 番 号 及 び 氏 名 1 番 佐 々 木

More information

DMC-SZ3

DMC-SZ3 DMC-SZ3 & http://panasonic.jp/support/dsc/ VQT4S06-1 F1212KD1023 & & & & È AF > = 1 2 3 ( 4 8 9 5 6 7 10 11 12 1: 3 2: 4 3: 2 4: 1 3421 4 4 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 1 2 1 1 3 1 2 & 1 2 3 1

More information

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁 宮 城 県 土 地 利 用 審 査 会 Ⅰ 日 時 : 平 成 26 年 11 月 19 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 から 午 前 11 時 40 分 まで Ⅱ 場 所 : 宮 城 県 行 政 庁 舎 第 二 会 議 室 (11 階 ) Ⅲ 次 第 1 開 会 2 あいさつ 3 議 事 ( 報 告 事 項 ) (1) 最 近 の 土 地 取 引 動 向 について (2) 最 近 の

More information

FinePix F460 使用説明書

FinePix F460 使用説明書 1 4 5 6 BL00504-101(1) e 007 006 004 00 005 0 0 1 1 1. AM A M NP-40N 4 N 1 5 6 1 B B e d * fi p û ü» Å w B Ò Ú p Ç Â Â Û B r 4 ã é ê 5 6 p w ë î Î ï ó 1 4 5 6 7 e y y y y y y y y y 8 x x x x x p x x NP-40N

More information

岩村委員長

岩村委員長 平 成 25 年 2 月 八 戸 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 25 年 2 月 25 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 2 場 所 市 庁 本 館 3 階 議 会 第 1 委 員 会 室 3 委 員 氏 名 委 員 長 岡 本 潤 子 委 員 長 職 務 代 行 者 小 柴 一 弘 委 員 武 輪 節 子 教 育 長 松 山 隆 豊 4 職 員

More information

Microsoft Word - 記者会見要旨

Microsoft Word - 記者会見要旨 会 見 要 旨 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 1 日 時 平 成 26 年 5 月 29 日 ( 木 曜 日 ) 午 前 11 時 ~ 2 場 所 市 役 所 東 庁 舎 2 階 大 会 議 室 3 内 容 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 4 調 印 5 出 席 者 岡 崎 市 長 内 田 康 宏 学 校 法 人 藤 田 学 園 理 事

More information

Microsoft PowerPoint - 広島大学講演(MRI山野)_v13.ppt

Microsoft PowerPoint - 広島大学講演(MRI山野)_v13.ppt 理 数 系 のキャリアパス ~ 高 校 大 学 そして 社 会 へ~ 科 学 安 全 政 策 研 究 本 部 科 学 技 術 研 究 グループ 研 究 員 山 野 宏 太 郎 2009 年 12 月 7 日 目 次 人 材 育 成 に 関 わる 政 策 動 向 注 目 される 多 様 な 人 材 像 理 数 教 育 に 対 する 提 言 大 学 大 学 院 進 学 の 現 状 大 学 入 学 者 の

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引 平 成 26 年 度 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 概 要 1. 会 議 名 称 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 11 月 6 日 ( 木 ) 午 前 9 時 から 3. 場 所 議 事 堂 第 一 委 員 会 室 4. 出 席 者 委 員 米 澤 会 長 飯 田 委 員 中 尾 委 員 寺 本 委 員 石 﨑 委 員

More information

Microsoft Word - 2013UJASurvey-digest.docx

Microsoft Word - 2013UJASurvey-digest.docx - - 海 外 には 自 由 な 雰 囲 気 共 同 研 究 や 人 的 交 流 の 機 会 があり 雑 用 が 少 なく そして 有 能 なボ スがいる 留 学 先 から 給 料 を 貰 うのはもはや 主 流 語 学 力 向 上 留 学 先 ラボの 情 報 収 集 に 力 を 入 れるべきだったと 反 省 3 年 程 度 を 見 込 んだ 留 学 は 更 に 長 くずれ 込 みがちであるが 留 学

More information

( š ) Ÿ 4,086,376 76,423 3,702,178 307,775 165,305 7,075 800,000 150,000 397,000 300,000 3,342,945 16. 3.31 42,745,006 727,728 42,017,278 41,879,733 4

( š ) Ÿ 4,086,376 76,423 3,702,178 307,775 165,305 7,075 800,000 150,000 397,000 300,000 3,342,945 16. 3.31 42,745,006 727,728 42,017,278 41,879,733 4 Ÿ ( š ) 60,000 60,000 500,000 100,000 120,000 60,000 120,000 60,000 120,000 120,000 120,000 120,000 120,000 1,200,000 240,000 60,000 60,000 120,000 60,000 120,000 60,000 600,000 1,120,000 60,000 120,000

More information

J. JAPANESE ASSOC. PETROL. TECHNOL. Vol. 62, No. 2 (1997)

J. JAPANESE ASSOC. PETROL. TECHNOL. Vol. 62, No. 2 (1997) JOURNAL OF THE JAPANESE ASSOCIATION FOR PETROLEUM TECHNOLOGY VOL. 62, NO. 2 (March, 1997) (Received January, 22, 1997; accepted March 26, 1997) Niigata-Sendai natural gas pipeline project Takashi Egawa

More information

別 紙 1 抽 出 案 件 について 委 員 長 入 札 番 号 12 番 環 境 清 美 工 場 の 各 種 測 定 分 析 の 案 件 ですが 計 量 業 務 は 全 て 予 定 価 格 を 事 後 公 表 し ているのですか 事 務 局 非 公 表 です 委 員 長 今 回 と 同 じ 測 定

別 紙 1 抽 出 案 件 について 委 員 長 入 札 番 号 12 番 環 境 清 美 工 場 の 各 種 測 定 分 析 の 案 件 ですが 計 量 業 務 は 全 て 予 定 価 格 を 事 後 公 表 し ているのですか 事 務 局 非 公 表 です 委 員 長 今 回 と 同 じ 測 定 様 式 第 4 号 ( 第 6 条 関 係 ) 平 成 26 年 度 第 2 回 奈 良 市 入 札 監 視 委 員 会 定 例 会 議 審 議 概 要 開 催 日 平 成 26 年 8 月 28 日 ( 木 ) 開 催 場 所 奈 良 市 役 所 北 棟 6 階 第 17 会 議 室 出 席 委 員 審 議 対 象 期 間 委 員 長 森 裕 之 委 員 小 島 幸 保 委 員 中 川 雅 晴 平

More information

会議録作成要領

会議録作成要領 様 式 第 1 号 会 議 録 会 議 の 名 称 所 沢 市 建 築 審 査 会 開 催 日 時 平 成 19 年 4 月 25 日 ( 水 ) 午 後 3 時 50 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 開 催 場 所 所 沢 市 役 所 第 6 会 室 出 席 者 の 氏 名 川 口 雄 市 村 上 逸 郎 大 屋 勇 造 久 我 みよ 欠 席 者 の 氏 名 惠 小 百 合 説 明 者

More information

引 き 下 げを 行 ったところあり 職 員 の 給 与 水 準 は 適 正 であると 考 えており また 定 員 適 正 化 計 画 に 基 づき 全 体 的 な 人 件 費 の 削 減 にも いち 早 く 取 り 組 んでまいりました 以 上 のようなことから 10% 削 減 は 考 えておりま

引 き 下 げを 行 ったところあり 職 員 の 給 与 水 準 は 適 正 であると 考 えており また 定 員 適 正 化 計 画 に 基 づき 全 体 的 な 人 件 費 の 削 減 にも いち 早 く 取 り 組 んでまいりました 以 上 のようなことから 10% 削 減 は 考 えておりま 2010 年 12 月 1 日 通 告 15 日 一 般 質 問 山 県 市 議 会 寺 町 知 正 ( 質 問 と 答 弁 を 並 べ 替 えて 分 かりやすくした 今 回 は 時 間 がたりず 実 質 再 質 問 は 無 し) 質 問 番 号 1 番 答 弁 者 副 市 長 質 問 事 項 人 口 増 加 若 者 定 住 のために 転 入 市 民 税 新 築 住 宅 減 税 子 育 て 支 援

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F193B99163967B95DB88E78F8A8E4F8ED28BA68B6389EF81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F193B99163967B95DB88E78F8A8E4F8ED28BA68B6389EF81798A6D92E894C5817A2E646F63> 道 祖 本 保 育 所 三 者 協 議 会 ( 第 1 回 ) 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 10 月 11 日 ( 土 ) 午 前 9 時 00 分 から 2 場 所 道 祖 本 保 育 所 3 出 席 者 道 祖 本 保 育 所 保 護 者 26 人 社 会 福 祉 法 人 とよかわ 福 祉 会 理 事 長 他 4 名 保 育 幼 稚 園 課 中 井 課 長 小 西 参 事 北 川

More information

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取 平 成 27 年 第 11 回 ( 臨 時 ) 高 砂 市 教 育 委 員 会 会 議 録 ( 要 旨 ) 日 時 平 成 27 年 9 月 3 日 午 後 2 時 30 分 場 所 高 砂 市 役 所 南 庁 舎 2 階 特 別 会 議 室 出 席 委 員 藤 井 委 員 長 衣 笠 委 員 山 名 委 員 吉 田 委 員 圓 尾 教 育 長 出 席 事 務 局 職 員 大 西 教 育 部 長 木

More information

Microsoft Word - 1日目(5月27日)

Microsoft Word - 1日目(5月27日) 平 成 28 年 第 2 回 潟 上 市 議 会 臨 時 会 会 議 録 開 会 平 成 28 年 5 月 27 日 午 前 10:00 閉 会 午 前 11:06 出 席 議 員 (19 名 ) 1 番 鐙 仁 志 2 番 堀 井 克 見 3 番 佐 々 木 嘉 一 4 番 小 林 悟 5 番 澤 井 昭 二 郎 6 番 藤 原 幸 雄 8 番 藤 原 典 男 9 番 西 村 武 10 番 千 田

More information

ÿþ

ÿþ 蟹 江 町 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 招 集 場 所 出 席 委 員 欠 席 委 員 会 議 事 件 説 明 の た め 出 席 し た 者 職 務 の た め 出 席 し た 者 付 託 事 件 平 成 2 6 年 3 月 1 0 日 ( 月 ) 午 前 9 時 蟹 江 町 役 場 3 階 協 議 会 室 委 員 長 吉 田 正 昭 副 委 員 長 佐

More information

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし 件 名 : 大 臣 臨 時 会 見 日 時 場 所 平 成 28 年 9 月 16 日 0754~0807 ( 日 本 時 間 ) ウィラードインターコンチネンタ ルホテル2 階 HUGHES ROOM ぶら 下 がり 担 当 大 臣 官 房 広 報 課 備 考 稲 田 大 臣 アメリカ 訪 問 ( 部 隊 視 察 CSIS 講 演 日 米 防 衛 相 会 談 ) 1 発 表 事 項 なし 2 質

More information

Taro-定例教育委員会会議録(会議中)

Taro-定例教育委員会会議録(会議中) 吉 野 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 招 集 年 月 日 平 成 28 年 1 月 28 日 招 集 の 場 所 吉 野 川 市 役 所 東 館 3 階 231 会 議 室 開 閉 会 日 時 開 会 平 成 28 年 1 月 28 日 午 後 2 時 00 分 開 閉 会 日 時 閉 会 平 成 28 年 1 月 28 日 午 後 3 時 19 分 出 席 委 員 委 員 長 笠 江 俊

More information

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録 平 成 27 年 第 11 回 香 芝 市 教 育 委 員 会 会 議 (10 月 定 例 ) 会 議 録 日 時 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 午 前 9 時 30 分 より 場 所 香 芝 市 役 所 5 階 委 員 会 室 出 席 者 廣 瀬 裕 司 委 員 ( 職 務 代 理 者 ) 日 高 初 美 委 員 中 木 秀 一 委 員 田 中 貴 治 委 員 石 原 田 明

More information

昨 年 の 転 入 者 約 710 人 の 合 計 市 民 税 は 2100 万 円 / 年 ( 山 県 市 分 のみ) この 際 に 市 民 税 につき 特 定 の 人 だけ 違 う 率 にすることは 地 方 税 法 で 禁 止 されているので 市 民 税 に 相 当 する 額 を ( 項 ) 徴

昨 年 の 転 入 者 約 710 人 の 合 計 市 民 税 は 2100 万 円 / 年 ( 山 県 市 分 のみ) この 際 に 市 民 税 につき 特 定 の 人 だけ 違 う 率 にすることは 地 方 税 法 で 禁 止 されているので 市 民 税 に 相 当 する 額 を ( 項 ) 徴 2010 年 12 月 1 日 通 告 15 日 一 般 質 問 山 県 市 議 会 寺 町 知 正 質 問 番 号 1 番 答 弁 者 副 市 長 質 問 事 項 人 口 増 加 若 者 定 住 のために 転 入 市 民 税 新 築 住 宅 減 税 子 育 て 支 援 を 質 問 要 旨 現 在 山 県 市 は 人 口 が 減 少 している 対 処 が 急 務 だ とはいえ 何 をするに も お

More information

Microsoft Word - 230922会議録

Microsoft Word - 230922会議録 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 : 議 会 第 4 委 員 会 室 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 2 時 41 分 閉

More information

Ÿ ( ) 360,000 700,000 240,000 480,000 320,000 220,000 20. 6. 6 0 0 52,649,855 20. 3.28 92,262,557 15,709,106 76,553,451 85,612,669 (24) 1,250,000 75,3

Ÿ ( ) 360,000 700,000 240,000 480,000 320,000 220,000 20. 6. 6 0 0 52,649,855 20. 3.28 92,262,557 15,709,106 76,553,451 85,612,669 (24) 1,250,000 75,3 ( ) g 60,000 120,000 1,200,000 120,000 100,000 60,000 60,000 120,000 721,052 60,000 10,000,000 120,000 120,000 120,000 90,000 60,000 600,000 146,396,863 2,000,000 2,500,000 1,000,000 200,000 10,000,000

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化 報 告 1 診 療 報 酬 改 定 と 国 保 問 題 小 澤 勇 治 ( 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 ) はじめに 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 事 務 局 長 の 小 澤 でございます 略 称 で 言 いますと 民 医 連 という 言 葉 をお 聞 きなったこともあろうかと 思 います 栃 木 県 では 医 療 生 協 法 人 の 診 療 所 や 介 護 事

More information

私 どもは 1946 年 の 創 業 以 来 ずっと 塚 野 山 に 工 場 がありまして 日 本 国 内 のラケット 関 係 においては 新 潟 県 内 でしか 作 っていないという 状 況 です そんな 中 で バドミントンから 始 まってテニスラケット ゴルフクラブ スノーボード 最 近 はス

私 どもは 1946 年 の 創 業 以 来 ずっと 塚 野 山 に 工 場 がありまして 日 本 国 内 のラケット 関 係 においては 新 潟 県 内 でしか 作 っていないという 状 況 です そんな 中 で バドミントンから 始 まってテニスラケット ゴルフクラブ スノーボード 最 近 はス 長 岡 市 長 記 者 会 見 ( 平 成 27 年 2 月 6 日 ) 日 時 : 平 成 27 年 2 月 6 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 :アオーレ 長 岡 東 棟 4 階 大 会 議 室 内 容 : 長 岡 市 ヨネックス 共 同 記 者 会 見 西 部 丘 陵 東 地 区 進 出 企 業 第 1 号 が 決 定 ヨネックス 株 式 会 社 と 長 岡 市

More information

š ( š ) Ÿ 1,681,268 100,000 16,519,700 (826) 1,661,677 17. 3.31 55,613,224 865,273 54,747,951 55,613,224 2,568,266 2,568,266 52,179,685 52,179,685 33,

š ( š ) Ÿ 1,681,268 100,000 16,519,700 (826) 1,661,677 17. 3.31 55,613,224 865,273 54,747,951 55,613,224 2,568,266 2,568,266 52,179,685 52,179,685 33, Ÿ š ( š ) 400,000 60,000 60,000 1,000,000 100,000 120,000 60,000 120,000 60,000 120,000 120,000 120,000 120,000 120,000 120,000 1,200,000 240,000 60,000 60,000 120,000 60,000 120,000 60,000 600,000 120,000

More information

Ú ª π ª º Ω Û π º Ù π ª º Ë Ë Ë Ë Ë b Ë Ë Ë Ë Ë Î π Ë Ë Á Ë Á Î _ a ` _ a ` { _ ` a _ ` a _g _b _ c d Á f g ` a b _ ` a b _ _ ` Ú Ù Û Á π _ ` a ı ˆ π ª π 東 洋 電 機 株 式 会 社 氷 上 工 場 技 術 課 4 http://www.mitsubishielectric.co.jp/haisei

More information

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx ---------------------------------------- 再 評 価 4. 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 ---------------------------------------- 議 長 午 後 の 審 議 を 再 開 いたします 今 回 は 再 評 価 4 番 の 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 について 説 明 をお 願 いいたします 河

More information

平 成 9 年

平 成 9 年 平 成 2 8 年 高 松 市 教 育 委 員 会 6 月 定 例 会 会 議 録 ( 抄 本 ) 6 月 22 日 ( 水 ) 開 会 6 月 22 日 ( 水 ) 閉 会 出 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 教 育 長 藤 本 泰 雄 神 内 仁 委 員 木 場 巳 男 藤 本 英 子 葛 西 優 子 欠 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 説 明 のため 会 議 に 出 席 した

More information

事 務 都 合 退 職 というものが 新 設 されました 以 上 概 略 をご 説 明 させていた だきました なお これらの 新 たな 退 職 カテゴリーの 新 設 に 対 しまして 昨 年 中 に 就 職 承 認 申 請 書 の 様 式 を 変 更 することで 対 応 させていただいている とこ

事 務 都 合 退 職 というものが 新 設 されました 以 上 概 略 をご 説 明 させていた だきました なお これらの 新 たな 退 職 カテゴリーの 新 設 に 対 しまして 昨 年 中 に 就 職 承 認 申 請 書 の 様 式 を 変 更 することで 対 応 させていただいている とこ 離 職 者 就 職 審 査 分 科 会 議 事 録 日 時 : 平 成 26 年 3 月 4 日 ( 火 )1000~1200 場 所 : 航 空 幕 僚 監 部 大 会 議 室 出 席 者 :( 分 科 会 委 員 ) 木 村 分 科 会 長 出 合 委 員 椋 田 委 員 森 脇 委 員 ( 防 衛 省 側 ) 大 堀 再 就 職 審 査 室 長 兒 玉 陸 上 幕 僚 監 部 募 集 援 護

More information

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ 平 成 27 年 度 第 1 回 周 南 市 地 域 公 共 交 通 会 議 議 事 録 1. 日 時 平 成 27 年 6 月 18 日 10 時 00 分 ~10 時 55 分 2. 場 所 周 南 市 文 化 会 館 3 階 展 示 室 3. 出 席 委 員 :16 名 団 体 名 周 南 市 環 境 生 活 部 長 中 国 運 輸 局 山 口 運 輸 支 局 防 長 交 通 株 式 会 社

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B638E9697768E7C8267826F9770816982518251944E93788C928D4E82CC90589841978D89EF8B63816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B638E9697768E7C8267826F9770816982518251944E93788C928D4E82CC90589841978D89EF8B63816A2E646F63> あいち 健 康 の 森 連 絡 会 議 議 事 要 旨 開 催 日 時 : 平 成 22 年 7 月 14 日 ( 水 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 30 分 まで 開 催 場 所 :あいち 健 康 プラザ 健 康 宿 泊 館 プラザホール < 主 な 意 見 > 喫 煙 対 策 特 別 事 業 について 最 近 地 域 で 話 題 になっているが 健 康 プラザ と 長 寿 医 療 研

More information

平成23第1回定例会一般質問

平成23第1回定例会一般質問 平 成 23 第 1 回 定 例 会 一 般 質 問 1. 北 方 四 島 交 流 事 業 について (1) 今 後 の 四 島 交 流 事 業 実 施 の 見 通 しについて (2) 四 島 交 流 事 業 実 施 による 経 済 効 果 について (3) 新 たな 視 点 でのポスト 四 島 交 流 事 業 について 2. 病 院 経 営 について (1) 改 訂 版 根 室 市 病 院 事 業

More information

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月 定 例 記 者 会 見 の 概 要 1. 日 時 平 成 28 年 6 月 9 日 ( 木 )10 時 30 分 ~11 時 40 分 2. 場 所 本 庁 舎 3 階 第 一 会 議 室 3. 出 席 者 < 報 道 機 関 > 1 朝 日 新 聞 社 南 相 馬 支 局 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会 員 ) 2 福 島 民 友 新 聞 社 相 双 支 社 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会

More information

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後)

Microsoft Word - 平成27年12月 市長提案説明(説明後) 平 成 27 年 12 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 それでは 12 月 定 例 会 の 開 催 に 当 たり 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べるとともに 今 議 会 に 提 案 いたしました 議 案 の 大 要 につきまして 御 説 明 申 し 上 げます 今 年 も 早 いもので 残 すところ1か 月 となりましたが この1 年 を 通 して 岡 崎 を 内 外 に 積 極 的

More information

Research Center Report No.012 我 孫 子 市 提 案 型 公 共 サービス 民 営 化 制 度 の 問 題 点 や 改 善 すべき 点 ならびに 制 度 改 正 の 評 価 を 調 査 し 今 後 の 運 営 に 資 するものである 2. 調 査 の 対 象 方 法 等

Research Center Report No.012 我 孫 子 市 提 案 型 公 共 サービス 民 営 化 制 度 の 問 題 点 や 改 善 すべき 点 ならびに 制 度 改 正 の 評 価 を 調 査 し 今 後 の 運 営 に 資 するものである 2. 調 査 の 対 象 方 法 等 Research Center Report 2011 年 02 月 25 日 No.012 第 2 回 我 孫 子 市 提 案 型 公 共 サービス 民 営 化 制 度 についてのアンケート 調 査 報 告 我 孫 子 市 の 提 案 型 公 共 サービス 民 営 化 制 度 は 第 三 次 募 集 に 先 立 ち 制 度 改 正 を 行 った 本 稿 は 筆 者 が 同 制 度 の 第 三 次

More information

ガンとして さまざまな 施 策 を 推 進 しているところです 皆 様 の 貴 重 なご 意 見 をいただき これからもご 支 援 ご 協 力 いただきたいと 思 います 本 日 の 委 員 会 につきましては この 後 進 捗 状 況 の 確 認 や 事 業 計 画 についてご 審 議 いただきま

ガンとして さまざまな 施 策 を 推 進 しているところです 皆 様 の 貴 重 なご 意 見 をいただき これからもご 支 援 ご 協 力 いただきたいと 思 います 本 日 の 委 員 会 につきましては この 後 進 捗 状 況 の 確 認 や 事 業 計 画 についてご 審 議 いただきま 平 成 27 年 度 第 1 回 男 女 共 同 参 画 を 進 めるパートナーシップ 会 ( 要 点 録 ) 1 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 6 日 ( 月 ) 午 後 3 時 30 分 ~ 午 後 5 時 30 分 2 開 催 場 所 市 役 所 本 庁 舎 5 階 教 育 会 室 3 出 席 者 9 人 (5 人 欠 席 ) 市 民 協 働 部 長 4 人 4 議 事 等 ただ

More information

事 務 局 ( 市 民 部 市 民 生 活 課 ) 6 人 課 長 八 木 正 利 課 長 補 佐 芳 田 一 成 市 民 安 全 グループ 長 渥 美 和 弘 市 民 安 全 グループ 佐 藤 智 昭 市 民 安 全 グループ 野 坂 英 男 市 民 安 全 グループ 青 木 利 恭 4 傍 聴

事 務 局 ( 市 民 部 市 民 生 活 課 ) 6 人 課 長 八 木 正 利 課 長 補 佐 芳 田 一 成 市 民 安 全 グループ 長 渥 美 和 弘 市 民 安 全 グループ 佐 藤 智 昭 市 民 安 全 グループ 野 坂 英 男 市 民 安 全 グループ 青 木 利 恭 4 傍 聴 基 地 対 策 協 議 会 代 表 委 員 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 16 日 ( 木 ) 午 後 2 時 30 分 から 午 後 3 時 25 分 2 開 催 場 所 浜 松 市 役 所 本 館 8 階 全 員 協 議 会 室 3 出 席 状 況 基 地 対 策 協 議 会 代 表 委 員 20 人 鈴 木 康 友 会 長 鈴 木 育 男 副 会 長 鈴 木 伸

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

目 次 議 会 運 営 委 員 会 理 事 会 の 会 議 記 録 について 3 決 算 特 別 委 員 会 について (1) 設 置 構 成 について 3 (2) 審 査 方 法 日 程 質 疑 持 ち 時 間 について 3 定 例 会 の 日 程 について 4 その 他 (1) 一 般 質 問

目 次 議 会 運 営 委 員 会 理 事 会 の 会 議 記 録 について 3 決 算 特 別 委 員 会 について (1) 設 置 構 成 について 3 (2) 審 査 方 法 日 程 質 疑 持 ち 時 間 について 3 定 例 会 の 日 程 について 4 その 他 (1) 一 般 質 問 議 会 運 営 委 員 会 理 事 会 記 録 平 成 27 年 8 月 3 日 ( 月 ) 杉 並 区 議 会 目 次 議 会 運 営 委 員 会 理 事 会 の 会 議 記 録 について 3 決 算 特 別 委 員 会 について (1) 設 置 構 成 について 3 (2) 審 査 方 法 日 程 質 疑 持 ち 時 間 について 3 定 例 会 の 日 程 について 4 その 他 (1) 一

More information

Microsoft Word - 5.SCJ第20期-200719-20541000-005(将来構想).doc

Microsoft Word - 5.SCJ第20期-200719-20541000-005(将来構想).doc 記 録 文 書 番 号 SCJ 第 20 期 -200719-20541 000-005 委 員 会 等 名 日 本 学 術 会 議 化 学 委 員 会 アジア 化 学 イニシャティブ 分 科 会 標 題 アジア 化 学 イニシャティブに 関 する 将 来 構 想 作 成 日 平 成 20 年 (2008 年 ) 7 月 19 日 本 資 料 は 日 本 学 術 会 議 会 則 第 二 条 に 定

More information

農林水産委員会

農林水産委員会 農 林 水 産 委 員 会 会 議 記 録 農 林 水 産 委 員 会 委 員 長 工 藤 勝 博 1 日 時 平 成 26 年 10 月 24 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 1 時 20 分 開 会 午 後 1 時 50 分 散 会 2 場 所 第 2 委 員 会 室 3 出 席 委 員 工 藤 勝 博 委 員 長 髙 橋 孝 眞 副 委 員 長 佐 々 木 大 和 委 員 渡 辺 幸 貫 委

More information

平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 ( 見 学 会 )のご 案 内 拝 啓 仲 秋 の 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます この 度 主 催 による 下 記 見 学 会 を 開 催 する

平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 ( 見 学 会 )のご 案 内 拝 啓 仲 秋 の 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます この 度 主 催 による 下 記 見 学 会 を 開 催 する 平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 送 付 のご 案 内 拝 啓 菊 薫 る 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます の 皆 様 には 平 素 は 格 別 のご 厚 誼 にあずかり 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 として 見 学 会 総 会 懇 親 会 を 開 催 いたしますの

More information

Microsoft Word - 会報(第14号).doc

Microsoft Word - 会報(第14号).doc 第 14 号 (2014 年 9 月 15 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 26 年 度 ( 第 5 回 ) 総 会 懇 親 会 の 開 催 状 況 について 2. 広 島 大 学 マスターズ( 東 広 島 )の 平 成 26 年 度 総 会 懇 親 会 に 出 席 して 事 務 局 幹 事 松 水 征 夫 3. 第 8 回 広 島 大 学

More information

Microsoft Word - 与謝野町議会平成22年6月定例会_7日目_.doc

Microsoft Word - 与謝野町議会平成22年6月定例会_7日目_.doc 第 32 回 平 成 22 年 6 月 与 謝 野 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 7 号 ) 招 集 年 月 日 平 成 22 年 6 月 22 日 開 閉 会 日 時 午 前 9 時 30 分 開 会 ~ 午 前 9 時 45 分 閉 会 招 集 の 場 所 与 謝 野 町 議 会 会 議 場 1. 出 席 議 員 1 番 野 村 生 八 10 番 山 添 藤 真 2 番 和 田 裕

More information

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向 市 民 懇 談 会 市 民 との 懇 談 概 要 開 催 場 所 久 喜 総 合 文 化 会 館 平 成 23 年 7 月 3 日 ( 日 ) 開 催 日 時 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 12 分 まで 参 加 者 数 42 人 発 言 者 数 9 人 質 問 書 受 理 件 数 7 件 出 席 者 田 中 市 長 牧 副 市 長 吉 田 教 育 長 早 野 総 務 部 長 井

More information

B 温泉用語集v2 ABC順090617.xls

B 温泉用語集v2 ABC順090617.xls é é é üü é ßä ö ß ä é é é ß ö é é ü üö ä é é é é é ä é ä ä éé ä ä ä ä é é éé é Ü é ü é à ä ä ü ö ß ä é â é éé é ß ä ä éé é ö é é ä é é é éé éè éé ä é ü ßß ö œ ß üß à éé é éé é éé é ü ö é ää ä ßßä éé ä

More information

00−ìfic„h-flO“Z.ec6

00−ìfic„h-flO“Z.ec6 Rokuzan and a church in Koishikawa Kei KIDA On January 22, 1993. with the permission of the Rokuzan Museum, I took some photographs of Rokuzan s sculptures, drawings and his diary observations. After ward,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378> 東 日 本 大 震 災 前 後 のコミュニティに 対 する 考 え 方 の 変 化 1. 目 的 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 地 域 ではこれまであった 地 域 ごとのコミュニティが 崩 壊 し 被 災 者 は 新 しい 生 活 を 余 儀 なくされた 自 宅 を 再 建 する 者 や 避 難 していく 者 など そ れぞれが 意 志 決 定 を 行 い 新 しい 環 境 でのコミュニティの

More information

(案)3

(案)3 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 阿 波 市 教 育 委 員 会 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 2 月 28 日 ( 金 ) 開 会 午 後 1 時 00 分 閉 会 午 後 2 時 40 分 2 場 所 吉 野 支 所 2 階 会 議 室 3 出 席

More information

 

  平 成 26 年 第 4 回 吉 富 町 議 会 臨 時 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 26 年 7 月 11 日 ( 金 ) 午 前 10 時 00 分 開 議 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 について 日 程 第 2 会 期 の 決 定 について 日 程 第 3 議 案 第 37 号 京 築 広 域 市 町 村 圏 事 務 組 合 規 約 の 変 更 について

More information

市 長

市 長 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 6 月 2 日 ( 火 ) 16 時 00 分 ~16 時 25 分 場 所 潟 上 市 役 所 3 階 会 議 室 31 32 (1) 議 長 の 選 任 について 案 件 (2) 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 設 置 要 綱 について (3) 大 綱 の 策 定 について (4)その 他 ( 会 議 構 成

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

( 会 議 の 概 要 ) 皆 さまこんにちは 委 員 の 皆 様 におかれましてはお 忙 しいところ 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 にご 出 席 いただき まして 誠 にありがとうございます また 本 年 もどうぞよろしくお 願 いいたします それでは ただいまから 平 成 27

( 会 議 の 概 要 ) 皆 さまこんにちは 委 員 の 皆 様 におかれましてはお 忙 しいところ 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 にご 出 席 いただき まして 誠 にありがとうございます また 本 年 もどうぞよろしくお 願 いいたします それでは ただいまから 平 成 27 ( 第 6 号 様 式 ) 第 3 回 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 会 議 録 1. 平 成 28 年 度 茅 ヶ 崎 市 病 院 事 業 会 計 予 算 ( 案 )について 議 題 2. 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 中 期 経 営 計 画 の 進 捗 状 況 について 3.その 他 日 時 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 月 )13:00から 場 所 茅 ヶ 崎 市 立

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

Taro-新20120327_第13回経営協議

Taro-新20120327_第13回経営協議 平 成 23 年 度 第 13 回 経 営 協 議 会 議 事 概 要 日 時 平 成 24 年 3 月 27 日 ( 火 )13:30~15:15 場 所 第 一 会 議 室 出 席 者 別 紙 のとおり 本 学 の 活 動 状 況 について 学 長 から, 議 事 に 先 立 ち, 前 回 会 議 以 降 の 本 学 の 活 動 状 況 について, 資 料 に 基 づき, 報 告 があった 議

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 森 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 割 合 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 %

More information

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc)

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 ( 平 成 27 年 第 2 回 定 例 会 ) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 6 月 16 日 ( 火 ) 開 会 : 午 前 10 時 00 分 閉 会 : 午 前 10 時 21 分 2 場 所 全 員 協 議 会 室 3 審 査 案 件 議 案 第 52 号 筑 西 市 営

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

議 会 運 営 委 員 会 会 議 録 1 調 査 事 件 (1)JR 只 見 線 の 早 期 全 線 復 旧 を 求 める 意 見 書 の 提 出 について (2) 平 成 25 年 第 4 回 魚 沼 市 議 会 定 例 会 について (3) 閉 会 中 の 所 管 事 務 調 査 について (

議 会 運 営 委 員 会 会 議 録 1 調 査 事 件 (1)JR 只 見 線 の 早 期 全 線 復 旧 を 求 める 意 見 書 の 提 出 について (2) 平 成 25 年 第 4 回 魚 沼 市 議 会 定 例 会 について (3) 閉 会 中 の 所 管 事 務 調 査 について ( 平 成 25 年 11 月 28 日 魚 沼 市 議 会 議 長 浅 井 守 雄 様 議 会 運 営 委 員 会 委 員 長 遠 藤 徳 一 議 会 運 営 委 員 会 調 査 報 告 書 本 委 員 会 は 所 管 事 務 について 下 記 のとおり 調 査 したので 魚 沼 市 議 会 会 議 規 則 第 110 条 の 規 定 により 報 告 します 記 1 調 査 事 件 名 (1) JR

More information

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附 平 成 26 年 第 6 回 岐 阜 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 4 月 25 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 2 場 所 中 央 青 少 年 会 館 研 修 室 1 3 出 席 委 員 後 藤 委 員 長 矢 島 委 員 中 島 委 員 小 野 木 委 員 早 川 教 育 長 4 説 明 のために 出 席 した 事 務 局 の 職

More information

・日程第5 会議録署名委員の指名

・日程第5 会議録署名委員の指名 平 成 26 年 7 月 臨 時 会 議 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 26 年 7 月 22 日 みどり 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 : 平 成 26 年 7 月 22 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から 招 集 場 所 :みどり

More information

第 1 号

第 1 号 日 程 第 3 議 案 第 47 号 開 成 町 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 を 定 める 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 制 定 することについてを 議 題 といたします 提 案 理 由 を 町 長 に 求 めます 町 長 町 長 ( 府 川 裕 一 ) 提 案 理 由 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 の 一 部 を

More information

広報いるま平成19年12月15日号

広報いるま平成19年12月15日号 ª ª ª π ª ª ª ª ª π π π π π π π π ª π I ª π π π π ª ª ª π ª ú I π ª π ª ª ª πª ª ª ª ª ª π π ª ª π ª ª ªπ π ª π ªπ Q & A ï ï ï ï ï ï π ï ñ ñ ñ ñ ñ ï ñ ó ª ò ô ó ª ª ó ó ï ï ñ π π ñ π π π π ª ª ª ñ π

More information

皆 様 おはようございます 本 日 は 大 変 お 忙 しい 中, 平 成 27 年 度 旭 川 市 防 災 会 議 に 御 出 席 い た だ き, 誠 にあり がとうございます 本 日 の 進 行 を 担 当 いたします 旭 川 市 防 災 安 全 部 防 災 課 長 の 矢 野 で ご ざ い

皆 様 おはようございます 本 日 は 大 変 お 忙 しい 中, 平 成 27 年 度 旭 川 市 防 災 会 議 に 御 出 席 い た だ き, 誠 にあり がとうございます 本 日 の 進 行 を 担 当 いたします 旭 川 市 防 災 安 全 部 防 災 課 長 の 矢 野 で ご ざ い 平 成 27 年 度 旭 川 市 防 災 会 議 議 事 録 日 時 平 成 27 年 7 月 6 日 皆 様 おはようございます 本 日 は 大 変 お 忙 しい 中, 平 成 27 年 度 旭 川 市 防 災 会 議 に 御 出 席 い た だ き, 誠 にあり がとうございます 本 日 の 進 行 を 担 当 いたします 旭 川 市 防 災 安 全 部 防 災 課 長 の 矢 野 で ご ざ

More information

趣 意 書 千 葉 大 学 学 長 徳 久 剛 史 千 葉 大 学 工 学 部 工 学 部 長 関 実 千 葉 大 学 工 学 部 情 報 画 像 学 科 学 科 長 須 鎗 弘 樹 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 科 学 科 学 科 長 久 下 謙 一 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 工

趣 意 書 千 葉 大 学 学 長 徳 久 剛 史 千 葉 大 学 工 学 部 工 学 部 長 関 実 千 葉 大 学 工 学 部 情 報 画 像 学 科 学 科 長 須 鎗 弘 樹 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 科 学 科 学 科 長 久 下 謙 一 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 工 趣 意 書 千 葉 大 学 学 長 徳 久 剛 史 千 葉 大 学 工 学 部 工 学 部 長 関 実 千 葉 大 学 工 学 部 情 報 画 像 学 科 学 科 長 須 鎗 弘 樹 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 科 学 科 学 科 長 久 下 謙 一 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 工 学 同 窓 会 会 長 湯 本 好 英 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 系 学 科 は 1915

More information

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います 1. 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 対 応 について 記 者 府 内 のこどもルームについてです あれは 結 局 形 はまだ 定 まってないけ れども 今 後 またああいう 場 所 をこのあたりに 設 けるというお 考 えでよろしい ですか 市 長 今 ホルトホールだと 遠 いという 意 見 もあると 思 いますので どうしたら いいか 今 ある 場 所 に 再 開 することも 含 めて

More information

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録 副 本 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 28 年 7 月 28 日 ( 木 ) 吉 川 市 教 委 告 示 第 7 号 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 を 次 のとおり 招 集 する 平 成 28 年 7 月 25 日 吉 川 市 教 育 委 員 会 教 育 長 染 谷 行 宏 1 日 時 平 成 28 年 7

More information

開 会 おはようございます 時 間 となりましたのでただ 今 から 平 成 26 年 度 第 1 回 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 を 始 めさせてい ただきます 本 日 はお 忙 しい 中 をご 参 集 いただきまして 誠 にありがとうございます 委 嘱 状 交 付 それでは 早 速 ですが

開 会 おはようございます 時 間 となりましたのでただ 今 から 平 成 26 年 度 第 1 回 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 を 始 めさせてい ただきます 本 日 はお 忙 しい 中 をご 参 集 いただきまして 誠 にありがとうございます 委 嘱 状 交 付 それでは 早 速 ですが 様 式 第 3 号 ( 第 9 条 関 係 ) 会 議 結 果 次 の 附 属 機 関 等 の 会 議 を 下 記 のとおり 開 催 した 附 属 機 関 等 の 名 称 開 催 日 時 平 成 26 年 度 第 1 回 みよし 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 ) 午 前 10 時 から 午 前 11 時 20 分 まで 開 催 場 所 みよし

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

平成17年度 第1回千葉市スポーツ振興審議会議事録

平成17年度 第1回千葉市スポーツ振興審議会議事録 平 成 27 年 度 第 3 回 千 葉 市 スポーツ 推 進 審 議 会 議 事 録 1 日 時 平 成 28 年 3 月 18 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 3 時 00 分 2 場 所 千 葉 市 教 育 委 員 会 第 一 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 小 川 直 哉 会 長 増 子 みき 子 副 会 長 人 見 博 彦 委 員 岡 村 太 郎 委 員

More information

係 団 体 等 に 対 する 教 育 振 興 事 業 補 助 金 について の 提 案 理 由 の 説 明 を させていただきます 3ページをお 開 き 下 さい 木 更 津 市 教 育 振 興 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 教 育 の 振 興 や 体 育 等 の 振 興 を 図

係 団 体 等 に 対 する 教 育 振 興 事 業 補 助 金 について の 提 案 理 由 の 説 明 を させていただきます 3ページをお 開 き 下 さい 木 更 津 市 教 育 振 興 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 教 育 の 振 興 や 体 育 等 の 振 興 を 図 木 更 津 市 スポーツ 振 興 審 議 会 議 事 録 会 議 名 木 更 津 市 スポーツ 振 興 審 議 会 開 催 日 時 平 成 20 年 11 月 25 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 3 時 10 分 開 催 場 所 木 更 津 市 役 所 4 階 会 議 室 出 席 者 氏 名 委 員 8 名 (9 名 中 ) 佐 久 間 剛 関 口 一 眞 荻 野 敬 次 須

More information