CFA ジャーナル CONTENTS No.1 創 刊 号 2012 年 11 月 創 刊 にあたり 中 瀬 康 彦 CFA 1 FAJ 論 文 より 2 解 題 佐 々 木 龍 CFA - 2 論 評 鹿 毛 雄 二 - 4 勝 者 のゲーム ( 全 訳 ) チャールズ エリス CFA - 6 概

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "CFA ジャーナル CONTENTS No.1 創 刊 号 2012 年 11 月 創 刊 にあたり 中 瀬 康 彦 CFA 1 FAJ 論 文 より 2 解 題 佐 々 木 龍 CFA - 2 論 評 鹿 毛 雄 二 - 4 勝 者 のゲーム ( 全 訳 ) チャールズ エリス CFA - 6 概"

Transcription

1 CFA ジャーナル 2012 年 11 月 No.1 創 刊 号 勝 者 のゲーム チャールズ エリス CFA 概 ね 効 率 的 な 市 場 におけるアクティブ 運 用 ロバート ジョー ンズ CFA ラス ラーマーズ 市 場 のネットワーク 価 値 理 論 とパズル ロバート スニガロフ デイビッド ロブルスキー 隠 された 債 務 :エンロンの 商 品 プリペイドからリーマンのレポ 105まで ロナルド スミス レバレッジ 回 避 とリスク パリティ クリフォード アスネス アンドレア フラズィーニ ラス ペダーセン 人 口 動 態 が 金 融 市 場 と 経 済 に 与 える 影 響 ロバート アーノッ ト デニス チャベス チャレンジする 企 業 年 金 近 藤 英 男 佐 川 利 通 久 保 俊 一 荻 島 誠 治 喜 多 幸 之 助 上 場 商 品 を 用 いたボラティリティ 投 資 の 実 践 高 橋 康 匡 日 本 におけるESG 投 資 の 課 題 と 今 後 の 展 望 辻 本 臣 哉 CFA

2 CFA ジャーナル CONTENTS No.1 創 刊 号 2012 年 11 月 創 刊 にあたり 中 瀬 康 彦 CFA 1 FAJ 論 文 より 2 解 題 佐 々 木 龍 CFA - 2 論 評 鹿 毛 雄 二 - 4 勝 者 のゲーム ( 全 訳 ) チャールズ エリス CFA - 6 概 ね 効 率 的 な 市 場 におけるアクティブ 運 用 ( 全 訳 ) ロバート ジョーンズ - 16 CFA ラス ワーマーズ 市 場 のネットワーク 価 値 理 論 とパズル ( 抄 訳 ) ロバート スニガロフ - 36 デイビッド ロブルスキー 隠 された 債 務 :エンロンの 商 品 プリペイドからリーマンのレポ 105 まで - 41 ( 抄 訳 ) ロナルド スミス レバレッジ 回 避 とリスク パリティ ( 抄 訳 ) クリフォード アスネス - 45 アンドレア フラズィーニ ラス ペダーセン 人 口 動 態 が 金 融 市 場 と 経 済 に 与 える 影 響 ( 抄 訳 ) ロバート アーノット - 50 デニス チャベス 日 本 CFA 協 会 主 催 セミナー 講 演 要 旨 54 チャレンジする 企 業 年 金 近 藤 英 男 佐 川 利 通 久 保 俊 一 荻 島 誠 治 - 54 喜 多 幸 之 助 (2012 年 1 月 16 日 開 催 ) 上 場 商 品 を 用 いたボラティリティ 投 資 の 実 践 高 橋 康 匡 - 59 (2012 年 2 月 21 日 開 催 ) スタディグループより 60 日 本 における ESG 投 資 の 課 題 と 今 後 の 展 望 辻 本 臣 哉 CFA - 60 ブック レビュー 67 G20の 経 済 学 国 際 協 調 と 日 本 の 成 長 戦 略 ( 中 林 伸 一 著 ) 他 佐 志 田 晶 夫 CFA

3 CFA ジャーナル 創 刊 にあたり 一 般 社 団 法 人 日 本 CFA 協 会 会 長 中 瀬 康 彦 日 本 CFA 協 会 の 定 期 刊 行 物 としては これまで CFA ニュースレター があり メディアと 会 員 に 向 けた 情 報 発 信 を 行 う 役 割 を 担 ってきましたが より 投 資 の 実 践 と 理 論 に 重 点 を 置 く CFA ジャーナル が 創 刊 される 運 びとなったのは 誠 に 喜 ばしいことであります CFA 協 会 が 発 行 する 定 期 刊 行 物 としては Financial Analysts Journal(FAJ)があり 投 資 分 析 と 資 産 運 用 に 関 わる 論 文 誌 として 定 評 があります しかし 英 語 であることから 同 誌 に 掲 載 される 重 要 な 論 文 が 日 本 国 内 では 必 ずしも 十 分 に 消 化 されていない 可 能 性 があります FAJ に 掲 載 さ れた 論 文 から 厳 選 して 全 訳 あるいは 要 約 翻 訳 を 行 い それを 一 つの 柱 として 日 本 国 内 に 紹 介 すると 共 に 当 協 会 の 活 動 の 中 から 生 まれてくるコンテンツや 寄 稿 論 文 で 構 成 するという 本 誌 は 大 変 意 義 深 く 会 員 その 他 資 産 運 用 業 界 の 方 々に 広 く 読 まれ 活 用 されていくものと 確 信 しております 本 誌 の 企 画 に 加 えて 主 要 コンテンツは FAJ 論 文 の 翻 訳 といい セミナー 講 演 録 の 作 成 といい 多 数 のボラン ティア 諸 氏 の 力 を 結 集 しています こうした 意 欲 に 満 ちたボランティアの 存 在 は グローバルに 展 開 する CFA コ ミュニティが 発 展 してきた 原 動 力 であり その 伝 統 を 受 け 継 ぐものです また 当 協 会 スタディグループの 研 究 成 果 の 発 表 や 寄 稿 論 文 も 掲 載 する 予 定 であり 当 協 会 の 活 動 に 関 わる 方 々が 様 々な 形 で 資 産 運 用 業 界 の 発 展 に 寄 与 する 意 欲 発 揚 の 場 として 本 誌 を 活 用 していただけるように 構 成 されています 小 さな 電 子 ジャーナルとして スタートする 本 誌 が 当 協 会 の 発 展 と 共 に 内 容 を 拡 充 し 認 知 度 を 高 めていき 我 が 国 の 資 産 運 用 業 界 に 欠 かす ことのできない 論 文 誌 に 発 展 していくことを 願 ってやみません そのためにも 読 者 の 方 々から 本 誌 に 対 する 忌 憚 のないご 意 見 ご 感 想 をお 寄 せいただければ 幸 いと 存 じます 最 後 に 本 誌 の 創 刊 に 向 けて 惜 しみない 時 間 と 情 熱 を 傾 けられた 編 集 委 員 の 方 々を 始 め ご 協 力 いただいた 皆 様 すべてに 感 謝 申 し 上 げます 1

4 FAJ 論 文 より 解 題 CFA ジャーナルの 創 刊 号 では CFA 協 会 の FAJ (Financial Analyst Journal)から 投 資 家 や 実 務 家 にとり 興 味 深 い 幅 広 いテーマを 選 んで 紹 介 する ア クティブ 運 用 に 関 するテーマでは 否 定 的 な 立 場 (エリス)と 肯 定 的 な 立 場 (ジョーンズ ワーマー ズ)からそれぞれ 論 文 を 用 意 した 2 論 文 の 解 説 に ついては 次 節 の 論 評 を 参 照 されたい 他 テーマで は 株 式 価 値 に 市 場 機 能 を 加 味 した 論 文 (スニガロ フ ロブルスキー) 会 計 操 作 の 実 例 を 紹 介 する 論 文 (スミス) リスクベースの 戦 略 アセット アロ ケーションを 紹 介 する 論 文 (アスネス フラズィー ニ ペダーセン) 人 口 動 態 と 経 済 金 融 市 場 の 関 係 を 論 じた 論 文 (アーノット チャベス)を 取 り 揃 えた 以 下 に 要 訳 した 各 論 文 の 概 要 を 紹 介 する スニガロフ ロブルスキー 論 文 市 場 のネット ワーク 価 値 理 論 とパズル は 株 式 価 値 はインフラ としての 株 式 市 場 の 価 値 を 反 映 するとの 理 論 を 紹 介 するものである こうした 価 値 の 考 察 を 通 じ 株 式 市 場 に 存 在 する パズル の 解 決 を 試 みている 株 式 市 場 は 流 動 性 情 報 インフラとして 機 能 する 複 雑 なネットワークであり 常 に 正 となる 価 値 が 存 在 する その 価 値 は 株 式 市 場 の 取 引 量 で 測 定 可 能 で その 上 昇 に 伴 い 非 線 形 に 市 場 価 値 も 上 昇 するとして いる これを 配 当 割 引 モデル(DDM)の 追 加 項 として 組 み 込 み 標 準 的 な DDM の 説 明 力 向 上 を 試 みている ネットワーク 価 値 の 効 果 を 検 証 するため GDP 期 間 スプレッド 規 模 ファクター あるいは バリュー 株 ファクターを DDM の 追 加 項 とした 場 合 と 株 価 配 当 率 の 説 明 力 を 比 較 し ネットワーク 価 値 ( 売 買 回 転 率 )の 説 明 力 が 高 いとしている 次 に 株 式 市 場 に 存 在 するパズルの 解 決 を 試 みて いる 株 式 プレミアム パズルは 配 当 成 長 の 価 値 は 長 期 的 に 概 ね 一 定 であり ネットワーク 価 値 向 上 により 説 明 可 能 としている ネットワーク 価 値 向 上 は 小 型 株 式 により 大 きな 恩 恵 を 与 えるとする イン フレ パズルは ネットワーク 価 値 は 実 物 資 産 のた めインフレ 率 上 昇 により 悪 影 響 を 受 けることで 説 明 可 能 としている ニュース パズルについては 市 場 機 能 そのものがネットワーク 価 値 であり 市 場 の 機 能 不 全 が 株 式 市 場 下 落 の 要 因 となるとしている スミス 論 文 隠 された 債 務 :エンロンの 商 品 プリ ペイドからリーマンのレポ 105 まで は 財 務 内 容 業 績 改 善 のため 会 計 ルールが 悪 用 された 事 例 を 紹 介 している エンロンおよびリーマン ブラザー ズに 焦 点 を 当 て 合 法 的 な 取 引 の 組 み 合 わせにより 会 計 ルールの 趣 旨 を 逸 脱 する 手 法 が 説 明 され 会 計 ルールを 悪 用 する 企 業 とともにそれを 可 能 とした 監 査 法 人 の 責 任 を 問 う 内 容 でもある エンロンのケースでは 商 品 プリペイド とい う 普 通 の 商 取 引 に 商 品 スワップを 組 み 合 わせること により 債 務 をオフバランス 化 し 営 業 キャッシュフ ローを 底 上 げすることが 可 能 となった この 取 引 は 決 算 操 作 の 手 口 としては 複 雑 な 特 別 目 的 会 社 の 利 用 よりも 悪 質 ではないか と 述 べている 監 査 法 人 は 本 来 であれば 一 連 の 取 引 として 処 理 すべき 商 品 プリペイド 取 引 とスワップ 取 引 を 分 けて 処 理 する ことが 可 能 となる 指 針 を 示 しており また 監 査 の 際 に 経 済 的 な 実 態 ではなく 表 面 的 ルールに 従 って 取 引 の 会 計 処 理 を 認 めていた リーマンのケースでは 一 般 的 に 行 われているレポ 取 引 を 加 工 した レポ 2

5 105 を 実 施 することにより 決 算 操 作 を 可 能 とした 事 例 である 通 常 レポの 借 手 が 差 し 出 す 担 保 は 資 金 調 達 額 を 若 干 上 回 る 水 準 に 設 定 される しかし リーマンの 場 合 は 敢 えて 通 常 よりも 多 い 担 保 ( 高 いヘアカット)を 差 し 出 すことにより 債 務 計 上 を 回 避 する 決 算 処 理 を 可 能 としたものである こうした 決 算 操 作 を 防 ぐため 貸 借 対 照 表 の 主 要 項 目 の 期 中 平 残 や 標 準 偏 差 の 提 供 外 部 向 けの 日 次 データ 提 供 ルールではなく 原 則 に 基 づいた 決 算 書 の 作 成 を 求 めている さらに 監 査 法 人 は 知 りう る 限 りにおいて 財 務 諸 表 は 金 融 の 実 態 を 正 確 に 反 映 し 投 資 判 断 において 信 頼 に 足 るものであること を 宣 言 すべきとの 提 言 を 行 っている アスネス フラズィーニ ペダーセン 論 文 レバ レッジ 回 避 とリスク パリティ は 戦 略 的 アセッ ト アロケーションの 手 法 としてリスクに 基 づいた 分 散 投 資 の 考 え 方 を 紹 介 するものである 理 論 的 根 拠 と 実 証 研 究 結 果 を 示 しながら マーケットポート フォリオを 上 回 る 優 れたリスク リターン 特 性 の 獲 得 が 可 能 としている 標 準 的 な 資 本 資 産 価 格 モデル(CAPM)は すべ ての 投 資 家 はマーケットポートフォリオを 保 有 し リスク 選 好 度 に 応 じてレバレッジ 水 準 を 定 めるとす るが これは 理 論 的 かつ 実 証 結 果 により 否 定 される としている レバレッジ 回 避 の 投 資 家 の 存 在 を 認 め れば 接 点 ポートフォリオより 期 待 リターンの 高 い 投 資 家 はリスク 資 産 への 配 分 を 高 め すべての 投 資 家 がレバレッジを 除 き 同 一 ポートフォリオを 有 する との CAPM の 前 提 は 成 り 立 たないとしている レバレッジ 回 避 の 投 資 家 の 存 在 のため 複 数 資 産 間 および 資 産 内 の 証 券 市 場 線 はフラット 化 する そ のため 接 点 ポートフォリオは 事 前 に 特 定 できず 安 全 資 産 のオーバーウェイトにより 接 点 ポートフォ リオに 近 いポートフォリオを 得 られ リスク 調 整 後 リターンが 向 上 するのである リスク パリティ 投 資 では 株 式 と 債 券 のリスク 量 を 等 しくするという 考 え 方 であり これはマーケットポートフォリオや 株 式 と 債 券 の 比 率 が 60 対 40 のポートフォリオより も 接 点 ポートフォリオに 近 いとの 実 証 研 究 を 示 し ている そのため レバレッジの 活 用 が 可 能 な 投 資 家 は 期 待 リターンを 得 るためにはリスク パリ ティ 投 資 にレバレッジを 組 み 合 わせることにより 高 いリスク 調 整 後 リターンを 獲 得 できるとする アーノット チャベス 論 文 人 口 動 態 が 金 融 市 場 と 経 済 に 与 える 影 響 は 人 口 動 態 と 経 済 金 融 市 場 の 関 係 についての 実 証 研 究 を 紹 介 している 人 口 動 態 に 関 する 年 齢 グループ 別 データを 用 い GDP 成 長 率 や 株 式 債 券 リターンとの 関 係 について 高 次 多 項 式 による 回 帰 分 析 を 行 った 先 進 国 の 場 合 子 供 時 代 青 年 期 中 年 期 そし て 定 年 退 職 後 世 代 等 の 年 齢 層 に 応 じて GDP 成 長 率 や 株 式 債 券 リターンへの 影 響 は 異 なるという 結 果 が 示 された また 国 毎 の 年 齢 構 成 の 違 いにより GDP 成 長 率 や 株 式 債 券 リターンにも 違 いが 出 る ことも 示 唆 されている 新 興 市 場 について 実 施 した 頑 健 性 テストでは 人 口 動 態 と 経 済 成 長 率 の 関 係 は 先 進 国 と 似 た 結 果 を 得 た 今 後 の 経 済 金 融 市 場 の 情 勢 については 先 進 国 では 経 済 成 長 はマイナスで 債 券 リターンにはプラス な 環 境 であるとする 予 測 を 得 た 新 興 市 場 を 含 めて も アフリカなど 生 産 年 齢 層 が 若 い 地 域 を 除 くと 経 済 成 長 率 は 悲 観 的 で 債 券 リターンは 楽 観 的 となる 株 式 に 関 しては 国 毎 に 異 なる 結 果 を 予 測 する 最 後 に 本 ジャーナルを 読 んで 興 味 が 深 まった 読 者 は CFA 協 会 サイトに 掲 載 されている 原 文 をご 覧 になることをお 薦 めする 佐 々 木 龍 CFA 3

6 論 評 勝 者 のゲーム チャールズ エリス CFA および 概 ね 効 率 的 な 市 場 におけるアクティブ 運 用 ロバート ジョーンズ CFA ラス ワーマーズについて 鹿 毛 雄 二 ブラックストーン グループ ジャパン 特 別 顧 問 Robert Jones と Russ Wermers( 以 下 RJRW と 略 称 ) による 論 文 概 ね 効 率 的 な 市 場 におけるアクティブ 運 用 は 次 のように 主 張 する 1. コスト 控 除 後 リスク 調 整 後 のアクティブ リ ターンはマネジャー 全 体 として 長 期 的 平 均 的 に 見 れば ゼロに 近 い 2. 投 資 家 は 容 易 ではないが 1( 適 切 に 調 整 した) 過 去 のパフォーマンス 2マクロ 経 済 との 相 関 3ファ ンド マネジャー 特 性 4ファンド 保 有 銘 柄 分 析 を 考 慮 することで アクティブ リターンを 生 み 出 すファ ンド マネジャー(SAM)を 事 前 に 特 定 することが 可 能 と 思 われる 3. SAM を 事 前 に 特 定 することで アクティブ 運 用 を ポートフォリオに 組 み 入 れる 意 義 がある ただ 評 者 が 長 年 実 務 に 携 わっていた 立 場 からは 冒 頭 の SAM を 事 前 に 特 定 できる という 論 旨 には 以 下 のような 疑 問 が 浮 かぶ 第 一 に 結 論 のサポートとして RJRW 自 身 の 実 証 研 究 というより これまでの 膨 大 な 実 証 研 究 に 依 存 して いるが それぞれの 実 証 研 究 には 調 査 対 象 ユニ バース ファンドタイプ 期 間 等 の 前 提 限 界 がある という 点 だ 生 存 バイアスや 自 己 選 択 バイアスもある それぞれ 限 界 を 持 つ 実 証 研 究 から どこまで 冒 頭 のよ うな 普 遍 的 な 結 論 が 出 せるかは それらを 熟 読 するま で 判 らない RJRW 自 身 もそうした 限 界 を 指 摘 しては いる 第 二 に 特 に SAM は 事 前 に 特 定 できる という 論 証 の 説 得 性 だ 確 かに 過 去 のパフォーマンスやマク ロ 経 済 データと 将 来 のパフォーマンスとの 相 関 を 実 証 する 分 析 例 がいくつかあげられてはいるものの 厳 密 に 言 えば これは 過 去 の 一 時 点 における それ 以 前 のデータとそれ 以 後 のデータとの 相 関 であって 現 在 時 点 での 過 去 データと 将 来 との 相 関 についての 実 証 研 究 ではありえない つまり 仮 に 過 去 においてこ の 両 者 間 に 相 関 が 認 められたとしても 将 来 それが 繰 り 返 される という 論 証 にはなっていない 将 来 のパ フォーマンスについては スキルの 継 続 性 とか 環 境 が 追 い 風 かどうか など 様 々な 条 件 しだいだからだ 第 三 に スキル のとらえ 方 だ 本 稿 では スキ ルは 持 続 性 を 持 つ という 前 提 に 立 っている 確 かに そうした 面 がある 事 は 否 定 できないが 同 時 に 我 々 は 優 れたファンド マネジャーの 成 績 が 採 用 後 に 大 き く 崩 れた 経 験 を 持 つ 受 託 金 額 が 急 増 するとパフォー マンスが 低 下 するのは 一 般 的 に 見 られるところだろう ファンド マネジャーも 人 間 だから 成 績 不 良 の 時 は 必 死 に 働 くが 好 転 後 も 同 じ 緊 張 感 を 持 ち 続 けるのは なかなか 難 しい 成 功 こそが 成 功 継 続 のためには 最 大 の 敵 なのだが この 点 を 乗 り 越 えられる 運 用 機 関 は 稀 だ さらに 昨 今 運 用 機 関 の 合 併 買 収 事 業 売 却 あるいは 優 秀 なチームの 引 き 抜 きやスピンアウトと いう 例 は 少 なくなく そうした 経 営 の 不 安 定 な 状 況 下 では ファンド マネジャーが 力 を 発 揮 することはで きない 要 するに スキルはファンド マネジャーが 常 に 発 揮 できるものではなく 環 境 如 何 で 変 わりうる ものと 考 えた 方 が 良 い そもそも 好 成 績 の 原 因 がスキ ルかラックかを 見 分 けることも なかなか 難 しい 課 題 だろう 厳 密 に 見 分 けるには 70 年 かかる という 説 4

7 すらある また パフォーマンス データは スキル を 示 すものと 言 うよりスキルを 示 す 標 本 に 過 ぎない 測 定 期 間 を 1-2 年 ずらすだけで ベンチマークに 対 する 勝 ち 負 けが 逆 転 することも 良 くある しかし 本 稿 はアクティブ 運 用 の 価 値 について 現 在 の 文 献 と 論 点 を 出 来 るだけ 広 く 整 理 したものとは 言 え るだろう 一 方 チャールズ エリスの 論 文 勝 者 のゲーム は 彼 が 長 年 努 めてきた 運 用 機 関 に 対 するアドバイス や 著 作 の 集 大 成 とも 言 える 論 文 である エリスは 運 用 機 関 の 犯 しやすい 以 下 三 つの 失 敗 を 指 摘 した 上 で そのあるべき 姿 を 示 そうとする 第 一 に 過 去 50 年 間 で 市 場 の 効 率 性 が 劇 的 に 高 まった 結 果 投 資 家 が 市 場 に 勝 つことがほとんど 不 可 能 になったにもかかわらず 運 用 機 関 がその 使 命 を 市 場 インデックスに 勝 つ ことと 誤 解 していること そして 投 資 家 が 事 前 に 優 秀 なマネジャーを 見 出 すこと は 困 難 と 主 張 する この 点 RJRW とは 対 照 的 だ 第 二 に 資 産 運 用 業 の 経 営 目 標 が 短 期 的 な 収 益 増 大 特 に 運 用 資 産 の 拡 大 いわゆるアセット ギャザリン グに 極 端 にシフトし 長 期 的 な 運 用 能 力 の 向 上 が 二 の 次 になっている 事 だ 第 三 は 運 用 機 関 は 経 験 の 浅 い 個 人 投 資 家 や 多 くの 年 金 基 金 財 団 基 金 等 に 対 して その 専 門 性 を 生 かし て さまざまな 形 で 助 言 出 来 る 立 場 にあるにもかかわ らず この 大 事 な 機 能 を 果 たそうとしないことだ その 上 で エリスは 運 用 機 関 に 対 しこうした 過 ちを 認 識 し 経 営 目 標 を 市 場 に 勝 つ 事 運 用 資 産 拡 大 を 図 ること から 組 織 の 投 資 目 的 やリスク 許 容 度 の 確 認 市 場 の 現 実 の 理 解 投 資 政 策 の 策 定 等 の 助 言 提 供 に 変 更 すべきと 言 う 運 用 機 関 とその 顧 客 との 理 解 と 信 頼 関 係 を 深 めることで 個 々の 顧 客 にとって 現 実 的 な 運 用 目 標 の 策 定 と その 達 成 に 向 けた 執 行 に 取 り 組 む 事 が 出 来 ると 主 張 する このようにエリス 論 文 は パッシブ アクティブ 運 用 の 議 論 というよりは 運 用 機 関 経 営 のあり 方 を 述 べ たものだ ただ 運 用 機 関 が 顧 客 に 有 効 なアドバイスを 提 供 す るのは 容 易 ではない 年 金 や 大 学 財 団 などの 投 資 政 策 策 定 を 助 言 するためにはその 組 織 固 有 の 事 情 政 策 や 債 務 の 状 況 を 詳 しく 知 る 必 要 がある また 日 本 に 限 らず 世 界 の 運 用 プロのほとんどは 株 式 運 用 か 債 券 運 用 のプロであって ポートフォリオ 全 体 の 資 産 配 分 やリ スク 管 理 の 専 門 家 の 数 は 少 ない 運 用 機 関 経 営 をそう した 方 向 へシフトするためには 明 確 な 方 針 決 定 と 長 期 的 な 人 材 育 成 が 欠 かせないだろう なお 現 実 にはアクティブ 運 用 への 期 待 は 何 故 か 大 きい その 結 果 アクティブ 運 用 機 関 へ 人 材 が 流 れ 市 場 の 効 率 性 を 高 めるという 役 割 を 果 たしている それ なくしてはパッシブ 運 用 が 成 り 立 たない またパッシ ブ 運 用 が 存 在 することで 市 場 に 非 効 率 な 部 分 が 生 ま れアクティブ 運 用 を 支 えるわけだ その 意 味 で この 両 論 文 のような 議 論 が 続 く 事 が 市 場 と 資 産 運 用 の 活 性 化 経 済 発 展 を 支 える と 言 えるだろう 5

8 ( 全 訳 ) FAJ 2011 年 7/8 月 号 勝 者 のゲーム The Winners Game チャールズ D エリス CFA Charles D. Ellis, CFA 誰 もが 投 資 で 成 功 したいと 願 っている 多 くの 投 資 家 にとっては 投 資 の 成 否 次 第 で 老 後 の 安 心 を 確 保 し 子 供 の 教 育 費 を 賄 い より 良 い 生 活 を 楽 しめるか どうかが 決 まってくる 学 校 や 病 院 美 術 館 大 学 は 上 手 に 投 資 を 行 うことで その 重 要 な 使 命 を 果 たしう る 投 資 プロフェッショナルとして 提 供 するサービ スが 投 資 家 の 現 実 的 な 長 期 目 標 達 成 の 一 助 となるので あれば 資 産 運 用 業 は 素 晴 らしい 職 業 となりうるので ある ところが 投 資 家 は 深 刻 な 資 金 不 足 に 陥 っていると 認 めざるを 得 ないような 証 拠 が 相 次 いでいる 問 題 の 一 端 は 投 資 家 が 犯 す 過 ちによるものである しかし 過 ちを 犯 すのは 投 資 家 ばかりではない 投 資 プロ フェッショナルとして 責 任 の 大 半 は 実 際 には 顧 客 で はなく われわれ 資 産 運 用 業 界 側 にあることを 認 識 す る 必 要 がある それらは 主 に 三 つの 組 織 的 な 過 ちに 基 づく 残 念 な 結 果 によるものである 幸 いなことに やり 方 を 改 めれば 顧 客 である 投 資 家 と 資 産 運 用 業 界 双 方 にとって 投 資 が 真 に 勝 者 のゲームとなるよう 手 助 けすることができるし またそうすべきでもある 驚 くほど 複 雑 であるにもかかわらず 投 資 運 用 の 分 野 は 実 際 には 主 に 二 つの 側 面 から 成 り 立 っているに すぎない 一 つは 顧 客 のために 最 善 を 尽 くす 職 業 (profession)としての 側 面 であり もう 一 つは 運 用 マネジャーにとって 最 善 の 利 益 をはかる 事 業 (business)としての 側 面 である 法 律 や 医 学 建 築 チャールズ D エリス CFA はホワイトヘッド インスティテュート(マサチューセッツ 州 ケンブ リッジ) 会 長 を 務 める 経 営 コンサルティング 等 他 の 専 門 職 と 同 様 に 職 業 と しての 価 値 (value)と 事 業 としての 経 済 性 (economics)との 間 に 絶 えず 葛 藤 がある われわれ は 顧 客 の 信 頼 を 確 保 することと 事 業 を 存 続 させる ことをうまく 両 立 させなければならないが 長 期 的 に は 顧 客 の 信 頼 があってこそ 事 業 は 存 続 するのである 極 めて 遺 憾 ながら 今 日 の 資 産 運 用 業 が 他 の 多 くの 専 門 職 と 異 なる 点 は 葛 藤 に 屈 して 事 業 上 の 目 的 を 職 業 としての 価 値 と 責 任 に 優 先 させていることである われわれが 自 らの 使 命 を 定 義 しなおし 投 資 助 言 を 行 うという 専 門 職 としての 価 値 および 投 資 家 と 投 資 に 関 する 理 解 に 重 点 を 置 き 顧 客 が 勝 者 となることがで き また 勝 者 となるに 値 するような 投 資 のゲームに 焦 点 を 当 てるよう 手 助 けするならば 葛 藤 に 屈 した 状 態 に 終 止 符 を 打 つことが 可 能 となる 幸 いなことに 職 業 としての 達 成 感 を 得 るために 役 立 つものは 長 期 的 には 事 業 にも 役 立 つのである 研 鑽 を 必 要 とする 他 の 専 門 職 と 同 様 に 投 資 専 門 職 にも 優 れた 技 能 を 必 要 とする 極 めて 難 解 な 面 が 多 く ほぼ 日 増 しに 複 雑 さが 増 しているが 重 要 な 側 面 は 二 つだけである 一 つには ますます 難 易 度 が 増 してい る 課 題 であるが 独 創 的 な 調 査 分 析 と 機 動 的 なポート フォリオ 運 用 を 上 手 く 組 み 合 わせて 今 や 市 場 を 支 配 し 全 体 として 証 券 価 格 を 形 成 する 増 える 一 方 の 幾 多 の 投 資 プロフェッショナルを 出 し 抜 いて 優 れた 運 用 成 績 をあげることである 常 に 興 味 深 く 度 々 魅 了 さ れ 時 にはぞくぞくさせられるのだが 市 場 を 打 ち 負 かす 競 争 は 激 しくなる 一 方 であり 今 や 極 めて 困 難 な 仕 事 になってきている ほとんどの 投 資 家 は 市 場 6

9 を 打 ち 負 かすどころか 市 場 に 打 ち 負 かされているの が 実 情 である 難 しいことが 必 ずしも 重 要 であるとは 限 らない 医 療 では ペニシリンを 除 いて 救 命 に 最 も 効 果 的 なのが 単 なる 手 洗 いの 励 行 であることが 明 らかになっている 幸 いなことに 投 資 プロフェッショナルの 仕 事 の 中 で 最 も 価 値 があるのは 最 も 取 り 組 みやすい 投 資 助 言 で ある 経 験 豊 富 な 専 門 家 として われわれは 各 顧 客 が 収 入 や 資 産 の 市 場 価 値 の 変 動 あるいは 流 動 性 の 制 約 等 さまざまなリスクに 対 する 許 容 度 の 範 囲 内 で 自 身 の 現 実 的 な 長 期 目 標 を 達 成 する 可 能 性 が 最 も 高 い 妥 当 な 投 資 計 画 を 十 分 に 検 討 して 決 定 するように 支 援 することができる そして 顧 客 が 妥 当 な 投 資 計 画 を 維 持 することを 手 助 けできるのは 特 に 市 場 が 今 回 は 違 う と 胸 が 躍 るような 投 資 機 会 に 満 ちている あ るいは 動 揺 するような 危 険 に 満 ちているように 見 える ときである 1 投 資 助 言 で 成 功 することは 単 純 なこと でも 容 易 でもないが 投 資 運 用 で 成 功 することに 比 べ ればはるかに 易 しい 優 れた 運 用 成 績 をあげることが 着 実 に 難 しくなっているときでさえ 投 資 プロフェッ ショナルに 利 用 可 能 な 新 しいツール 2 のおかげで 投 資 助 言 はますます 容 易 になっている 三 つの 過 ち 何 とも 皮 肉 ではあるが 投 資 運 用 に 携 わる 者 は 意 図 せず 三 つの 問 題 を 自 ら 生 みだしてきた そのうち 二 つ は 作 為 による 過 ちであり 以 前 にも 増 して 深 刻 な 結 果 を 招 いている 三 つ 目 はさらに 重 大 な 不 作 為 による 過 ちである やり 方 を 変 えない 限 り この 過 ちの 三 重 奏 は これまで 知 的 にも 報 酬 面 でも 多 くの 業 界 人 に 実 りをもたらしてくれた 専 門 的 職 業 に 害 を 及 ぼすことに なるであろう まず それぞれの 過 ちについて 順 に 説 明 した 後 最 善 の 解 決 策 を 提 案 することとしたい 過 ちその1: 使 命 の 取 り 違 え 一 つ 目 の 過 ちは 既 存 顧 客 および 見 込 み 顧 客 に 対 する 専 門 家 としての 使 命 を 市 場 を 打 ち 負 かす ことと 取 り 違 えていることであ る 50 年 前 であれば 使 命 をそのように 捉 えた 者 にも ある 程 度 成 功 の 見 込 みがあった しかしそのような 時 代 は 既 に 過 去 の 話 となっている 今 日 のように 競 争 の 激 しい 証 券 市 場 では 長 期 的 に たとえ1%でさえ 市 場 をアウトパフォームするアクティブ マネジャーは ほとんどおらず ほとんどの 運 用 マネジャーが 市 場 を 下 回 っており 程 度 の 点 からは アンダーパフォーム の 度 合 いがアウトパフォームの 度 合 いを 大 幅 に 上 回 っ ている さらに 将 来 の 勝 ち 組 となる 稀 有 な 運 用 マネジャーを 特 定 することが 難 しいことはよく 知 られ ているとおりであり 3 一 時 的 な 市 場 のリーダー がその 後 成 績 不 振 に 陥 る 割 合 は 高 い 4 非 常 に 大 きな 変 化 が 市 場 と 投 資 運 用 のあり 方 を 大 き く 変 えたため たいていの 投 資 家 は 市 場 を 打 ち 負 か すことがもはや 現 実 的 な 目 標 ではないことを 認 めざる を 得 なくなっている 過 去 50 年 間 にわたり 次 に 述 べ るような 変 化 が 積 み 重 なって アクティブ 運 用 は 敗 者 のゲームへと 変 容 したのである ニューヨーク 証 券 取 引 所 の 出 来 高 は1 日 当 たり 約 200 万 株 から 約 40 億 株 へと2,000 倍 超 にまで 増 加 した 世 界 の 他 の 主 要 証 券 取 引 所 でも 同 じような 取 引 高 の 増 加 が 見 られる 投 資 家 の 構 成 が 大 きく 変 化 した ニューヨーク 証 券 取 引 所 上 場 株 式 では 公 開 市 場 における 取 引 高 の90パーセントを 個 人 が 占 めていたが 今 や 機 関 投 資 家 が90%を 占 めている また 古 い 時 代 を 知 る 人 であれば 誰 でも 往 時 と 比 べて 今 日 の 機 関 投 資 家 は 規 模 が 格 段 に 大 きく 洗 練 されていて 侮 りがたく かつ 機 敏 であると 言 うであろう 取 引 集 中 度 も 大 変 なものである 最 も 活 発 に 取 引 を 行 う 機 関 投 資 家 上 位 50 社 が ニューヨーク 証 券 取 引 所 における 上 場 株 式 取 引 高 全 体 の50パーセントを 占 め 50 社 の 中 で 最 も 規 模 が 小 さい 機 関 投 資 家 でも 世 界 の 証 券 業 界 が 提 供 するサービスに 対 して 年 間 1 億 米 ドルの 手 数 料 を 支 払 っている 当 然 これら 大 手 の 機 関 投 資 家 は 証 券 会 社 から 真 っ 先 に 連 絡 を 受 けることになる 7

10 デリバティブ 市 場 の 規 模 は ほぼゼロから 現 物 市 場 を 上 回 るまでに 成 長 した CFA 協 会 認 定 証 券 アナリストの 資 格 者 は50 年 前 のほ ぼゼロから およそ10 万 人 となり 北 米 中 国 イ ンドを 中 心 にさらに20 万 人 の 受 験 者 がいる 公 平 情 報 開 示 規 則 (Regulation Fair Disclosure) 通 称 Reg FD の 施 行 により 企 業 が 公 表 する 投 資 情 報 の 大 半 が コモディティ 化 した アルゴリズム 取 引 コンピュータ モデルおよび 多 数 の 独 創 的 なクオンツ 戦 略 が 市 場 で 大 きな 影 響 力 を 持 つようになった グローバル 化 やヘッジファンド プライベート エ クイティ ファンドがすべて 証 券 市 場 における 競 争 激 化 をもたらした ブルームバーグ インターネット 電 子 メール 等 が 世 界 の 情 報 通 信 分 野 に 技 術 革 新 をもたらした 実 際 誰 もがネットワーク 化 されているのである 世 界 の 主 要 市 場 で 大 手 証 券 会 社 が 発 行 する 投 資 調 査 レポートを 通 じて 膨 大 な 量 の 有 用 な 情 報 がもたら され インターネット 経 由 でほぼ 瞬 時 に 迅 速 な 意 思 決 定 を 行 う 組 織 で 働 く 世 界 中 の 何 万 人 ものアナリ ストやポートフォリオ マネジャーに 配 信 されてい る 上 記 以 外 にも 多 くの 変 化 によって 世 界 最 大 かつ 最 も 取 引 が 活 発 な 予 測 市 場 である 株 式 市 場 は ます ます 効 率 的 になった そのため 情 報 やコンピュータ に 経 験 を 駆 使 し 市 場 価 格 を 形 成 する 頭 が 切 れて 勤 勉 な 専 門 家 に 打 ち 勝 つことはますます 難 しくなっている さらに 取 引 費 用 および 報 酬 控 除 後 で 市 場 に 打 ち 勝 つことははるかに 困 難 になっている だからこそ 投 資 信 託 のうち 報 酬 控 除 後 で 市 場 平 均 を 下 回 る 割 合 が どの1 年 間 で 見 ても 約 60パーセント 10 年 間 では 約 70 パーセント 20 年 間 では80パーセントにも 達 するので ある 5 残 念 ながら パフォーマンス の 説 明 では あら ゆる 投 資 に 係 る 最 も 重 要 な 要 素 であるリスクについて 言 及 もしていないことがほとんどである そこで 敗 者 が 市 場 をアンダーパフォームする 度 合 いは 勝 者 がアウトパフォームする 度 合 いの2 倍 に 達 す ることを 思 い 出 してもらいたい 6 また パフォーマ ンス データは 税 金 も 考 慮 されていないが 今 やポー トフォリオの 売 買 回 転 率 は100パーセントが 普 通 であ り それに 伴 う 短 期 売 買 で 生 じる 利 益 にかかる 重 い 税 負 担 に 特 に 留 意 する 必 要 がある 7 そして 最 後 に ファンドのパフォーマンスは 通 常 金 額 加 重 収 益 率 ではなく 時 間 加 重 収 益 率 を 用 いて 示 されるため 報 告 される 運 用 成 績 は 投 資 による 真 の 成 果 を 示 していない 投 資 家 の 資 金 が 実 際 にいくらになったのかを 示 すには 金 額 加 重 収 益 率 を 用 いるしかない そうすると 見 栄 え はよくない 顧 客 である 個 人 投 資 家 や 機 関 投 資 家 が アンダーパ フォーマンスが 数 年 続 いた 運 用 マネジャーに 対 する 失 望 から 最 近 の 実 績 が 注 目 を 集 めるほど 好 調 な 運 用 マネジャーに 乗 り 換 え 高 値 で 買 って 安 値 で 売 ると いう 過 ちを 繰 り 返 し ファンドの 長 期 リターンから 実 際 に 約 3 分 の1を 享 受 し 損 なっている 状 況 を 見 ると 気 分 が 滅 入 ってくる 8 ( 自 らアクティブ 運 用 を 行 う 個 人 投 資 家 のパフォーマンスはさらに 悪 いこともよく 知 られている) 9 残 念 ながら こうした 高 くつく 投 資 行 動 を 助 長 しているのが 資 産 運 用 会 社 であり 売 上 げ を 増 やすために ある 特 定 の 期 間 を 抽 出 して 直 近 の 運 用 実 績 が 殊 更 よく 見 える ファンドを 選 んで 集 中 的 に 宣 伝 するのである 数 百 本 の 様 々なファンドを 有 する 資 産 運 用 会 社 であれば 常 に 記 録 上 の 勝 者 を 何 本 か 抱 えているのは 明 白 である 新 たに 運 用 マネジャーを 選 定 する 際 に 個 人 投 資 家 が 過 去 の 実 績 に 頼 りがちであることは 広 く 知 られてい るが 投 資 信 託 に 関 する 研 究 によれば 過 去 のパ フォーマンスで 十 分 位 にわけた10のマネジャー 群 のう ち9のマネジャー 群 は 将 来 のパフォーマンスが 過 去 の 8

11 パフォーマンスとはほとんど 無 関 係 であるという ( 過 去 データのうち 予 測 能 力 が 認 められたのは 最 下 位 の 第 10 十 分 位 だけであった なぜなら 報 酬 の 高 さ と 恒 常 的 な 運 用 能 力 の 低 さだけが 運 用 マネジャーの 成 績 に 信 頼 できる 反 復 的 な 影 響 を 及 ぼしているのであ る) 残 念 ながら 機 関 投 資 家 個 人 投 資 家 ともに 最 高 の 運 用 成 績 が 出 た 後 にマネジャーを 採 用 し 最 悪 期 を 脱 した 後 に 解 約 することを 繰 り 返 している 年 金 基 金 の 運 用 委 員 会 の83パーセントが 運 用 に 係 る 専 門 能 力 について 平 均 以 上 と 自 己 評 価 しているが 皮 肉 なことに 解 約 した 運 用 マネジャーのその 後 数 年 間 の 平 均 リターンは 新 たに 採 用 した 運 用 マネジャーの 平 均 リターンをわずかながら 上 回 っているのである 10 機 関 投 資 家 が 解 約 した 投 資 商 品 のパフォーマンスは 購 入 した 商 品 をその 後 アウトパフォームしている 11 こうした 投 資 行 動 の 代 償 は 大 きい 顧 客 がこう 尋 ねても 不 思 議 ではない どうしてこ うなるのか コンサルタントの 説 明 では 彼 らが 推 奨 する 運 用 マネジャーは 通 常 ベンチマークを 上 回 るので はなかったのか リスク 調 整 後 でも 運 用 マネジャーは 市 場 をいくらかでも 上 回 る 収 益 をあげているはずでは なかったのか こうした 楽 観 的 な 見 方 を 持 つ 投 資 家 にとっては 残 念 なことだが 多 くのコンサルタントが 通 常 提 示 するデータには 不 備 がある 従 来 の 方 法 で 提 示 される データ の 中 から 二 つのバイアス すな わちデータ 遡 及 と 生 存 者 バイアスを 取 り 除 くと コン サルタントが 調 査 対 象 としている 運 用 マネジャーの 運 用 実 績 は 見 かけ 上 市 場 を 上 回 っている ように 見 えたものが 実 際 には 市 場 を 下 回 っている 現 実 が 露 わになってしまう 12 規 模 が 大 きく 洗 練 された 機 関 投 資 家 でも 見 張 りの 見 張 りまで 用 意 していないこと を 理 解 しておくべきである 一 つ 目 の 作 為 による 過 ちに 関 する 厳 然 たる 事 実 は ほとんどの 運 用 マネジャーが 達 成 しておらず また 現 実 的 に 達 成 することのない 商 品 すなわち 市 場 を 打 ち 負 かすパフォーマンスを 売 り 込 み 続 けていることであ る たいていの 投 資 家 が 気 づいていない 事 実 であるが すべてとは 言 わないまでも ほとんどの 投 資 を 低 コス トのインデックス ファンドあるいはインデックス 連 動 型 上 場 投 信 (ETF)に 投 じていれば その 方 が 成 果 はあがるだろう しかし これはウォーレン バ フェット(Warren Buffett) 氏 が 事 業 に 求 める 競 争 に 対 する 強 力 な 防 御 のための 堀 にはならない 投 資 家 がまだ 気 づいてない 理 由 の 一 つは 報 酬 に 関 する 大 きな 誤 解 があるためである 報 酬 の 実 態 たいていの 投 資 家 は 報 酬 が 決 して 低 くはないことにまだ 気 づいていない 13 報 酬 の 実 態 を 理 解 したならば 本 当 は 非 常 に 高 いのである 0.5 パーセントの 報 酬 は 資 産 に 対 する 割 合 であるが 想 定 される 平 均 的 な 年 間 リターンに 対 する 割 合 がゆうに 5パーセントを 超 えることは 確 実 である 14 投 資 家 は インデックス ファンドに 投 資 すれば10ベーシスポイ ント 以 下 で 市 場 リターンがほぼ 保 証 されるため アク ティブ マネジャーに 委 託 して 実 際 に 買 っている のはリスク 調 整 後 の 追 加 リターンである リスク 調 整 後 の 追 加 リターンに 対 する 比 率 として 計 測 すると 運 用 報 酬 は 決 して 低 いとはいえず むしろ 高 い 過 去 50 年 間 で 報 酬 が 上 昇 し 現 在 では 運 用 報 酬 総 額 がリスク 調 整 後 の 追 加 リターンを 上 回 っている これはとりも なおさず 運 用 マネジャーが 実 際 に 生 み 出 した 収 益 の 100パーセントを 越 える 報 酬 を 顧 客 に 課 していること になる この 紛 れもない 事 実 が 慎 重 ながらもある 程 度 のスピード 感 をもって 顧 客 に 対 する 投 資 プロ フェッショナルとしてのあり 方 を 見 直 すべき 大 きな 理 由 の 一 つである 資 産 運 用 業 界 にとって 最 良 の 機 会 顧 客 の 信 用 と 信 頼 を 勝 ち 得 た 投 資 助 言 者 は 多 くの 顧 客 の 長 期 リター ン 向 上 にポートフォリオ マネジャーが 望 むよりはる かに 多 く 寄 与 することができる これは お 手 軽 な 解 決 策 ではない 投 資 助 言 を 効 果 的 に 行 うには 時 間 を 要 し 複 雑 な 市 場 に 関 する 知 識 投 資 実 務 および 投 資 家 についての 理 解 勤 勉 さが 必 要 とされる とはい 9

12 え 投 資 助 言 を 効 果 的 に 行 うことは 可 能 であり 繰 り 返 し 上 手 く 行 うことも 可 能 である 優 秀 な 助 言 者 は 顧 客 が 投 資 に 係 るリスクを 理 解 し 現 実 的 な 運 用 目 標 を 設 定 し 貯 蓄 および 支 出 について 現 実 的 に 考 え 適 切 な 資 産 クラスを 選 択 し 適 切 に 資 産 配 分 を 行 い そ して 何 よりも 重 要 なことであるが 市 場 の 高 騰 や 下 落 に 対 して 過 剰 反 応 しないよう 手 助 けすることができる 助 言 者 は 運 用 マネジャーが 長 期 的 に 何 を 達 成 しよう としているかについて 顧 客 の 理 解 を 助 けることによっ て 顧 客 が 方 針 を 変 えることなく 長 期 的 な 視 点 を 維 持 し 動 揺 させるような 市 場 の 混 乱 は 想 定 されるもので あることを 理 解 し 忍 耐 力 と 意 思 の 強 さが 長 期 の 運 用 成 績 によって 正 当 に 報 われると 確 信 を 持 つことができ るよう 手 助 けすることができる 過 ちその2: 優 先 順 位 を 誤 る 作 為 による 過 ちの 二 つ 目 は 職 業 としての 価 値 より 事 業 の 経 済 性 をますます 優 先 してきたことである これはおそらく 個 人 レベル で 最 も 明 白 に 表 れているであろう 裕 福 な 生 活 が 明 ら かに 幸 せなものであることを 誰 が 否 定 できるだろうか と われわれは 自 らに 率 直 に 問 いかけるべきである 投 資 プロフェッショナルたちは 50 年 前 に 比 べて 立 派 な 家 に 住 み 高 級 車 に 乗 り 趣 向 を 凝 らした 休 暇 を 楽 しみ 大 きな 家 やオフィスを 絵 画 や 彫 刻 の 名 品 で 飾 るようになってきた プライベートジェットの 所 有 や 自 分 の 名 前 を 冠 した 慈 善 活 動 の 実 施 もよく 知 られ たところである 現 実 問 題 として 個 人 の 金 銭 面 での 最 大 の 課 題 は いかにして 債 務 を 返 済 し 子 供 の 大 学 費 用 を 捻 出 するかではなく 子 供 たちに 自 力 で 成 功 を 勝 ち 取 るという 正 しい 価 値 観 を 授 けず あまりに 早 い 時 期 から 与 えすぎることにより 子 供 の 人 生 を 台 無 し にしてしまう 愚 を いかに 避 けるかということである 資 産 運 用 業 界 に 引 き 寄 せられた 有 能 で 競 争 意 識 の 強 い 人 々は 意 図 しないまま 形 ある 報 償 を 求 めて 競 争 に 没 頭 した 結 果 特 に 自 分 が 極 めて 優 秀 で 大 変 な 努 力 もしていると 自 負 する 人 ほど 彼 らの 最 善 の 努 力 の 真 価 をあるいは 崩 壊 させかねない 問 いを 発 しないままで いる 過 去 50 年 間 に 資 産 運 用 業 界 の 収 益 性 がどのよ うに 向 上 してきたか その 主 な 要 因 は 以 下 の 通 りであ る 運 用 資 産 残 高 は 一 時 的 な 停 滞 期 も 何 度 かあったも のの 10 倍 に 増 加 運 用 資 産 残 高 に 対 する 運 用 報 酬 の 比 率 は5 倍 超 に 上 昇 この 組 み 合 わせの 威 力 は 絶 大 であった 収 益 性 が 飛 躍 的 に 向 上 した 結 果 以 下 のような 状 況 を 生 み 出 した 個 人 の 報 酬 は 約 10 倍 に 増 加 企 業 価 値 はさらに 大 きく 上 昇 魅 力 ある 事 業 資 産 運 用 業 は 利 益 率 が 高 く 所 要 資 本 が 比 較 的 小 さく 事 業 リスクが 最 小 限 であり 長 期 的 な 成 長 がほぼ 約 束 されていることから 資 産 運 用 会 社 は 銀 行 保 険 証 券 会 社 など 資 産 運 用 会 社 以 外 の 巨 大 金 融 サービス グループの 格 好 の 買 収 対 象 となっ てきた 15 独 立 路 線 を 選 択 する 資 産 運 用 会 社 のなか には 株 式 を 公 開 する 会 社 もあれば 非 公 開 企 業 であり 続 ける 会 社 もあるが いずれにしても 事 業 規 模 が 拡 大 してきた 事 実 を 認 識 しており 適 切 な 経 営 を 行 ってい る 資 産 運 用 会 社 の 規 模 が 拡 大 するにつれて 驚 くには 当 たらないが 経 営 幹 部 には 投 資 プロフェッショナル に 代 わって 専 門 的 経 営 者 が 登 用 されることが 増 えて きており また 事 業 上 の 論 理 がますます 職 業 としての 論 理 より 優 先 されるようになってきている 事 業 上 の 論 理 は 強 い 出 世 意 欲 を 持 つ 人 々の 関 心 を 利 益 拡 大 に 向 かわせるが その 達 成 には 資 産 集 め の 強 化 が 最 も 効 果 的 なのである 一 方 投 資 プロフェッショナル にとって 資 産 規 模 の 拡 大 が 通 常 パフォーマンスに 悪 影 響 を 及 ぼすことは 常 識 である 大 手 の 金 融 サービ ス グループの 経 営 幹 部 は 当 然 ながら 運 用 成 績 より 利 益 を 重 視 して 部 門 別 業 績 を 評 価 することから 事 業 の 成 否 は 公 表 利 益 の 一 貫 性 および 成 長 率 によって 判 断 される 事 業 規 模 が 大 きいほど 経 営 幹 部 の 関 心 が 事 業 利 益 の 拡 大 に 向 けられる 可 能 性 が 高 い 10

13 事 業 としての 投 資 長 期 的 な 価 値 を 追 求 する 投 資 プ ロフェッショナルは 絶 えず 変 化 し 時 に 乱 高 下 する 足 元 の 市 場 価 格 に 細 心 の 注 意 を 払 う 必 要 があることを 知 っている しかし 企 業 利 益 を 重 視 する 資 産 運 用 会 社 の 所 有 者 にとっては 資 産 運 用 業 の 長 期 トレンドが 全 く 別 の 視 点 をもたらす もちろん 市 場 は 時 として 急 激 に また 大 幅 に 変 動 するものだが ポートフォリ オ 運 用 の 教 訓 にしたがい 複 数 の 資 産 クラスに 分 散 投 資 することで 利 益 変 動 の 幅 および 頻 度 を 減 らし 資 産 運 用 会 社 を 上 手 く 運 営 することが 可 能 である さら に 重 要 なことは 投 資 市 場 がすべて 長 期 上 昇 傾 向 にあ ることは 非 常 に 有 利 であり 明 敏 な 経 営 者 であれば 長 期 間 では 利 益 が 平 準 化 されることに 気 付 くであろう 10 年 間 に 限 っても 資 産 運 用 会 社 の 所 有 者 は 金 融 市 場 の 変 動 による 影 響 を 吸 収 し 事 業 の 長 期 トレンドに 焦 点 を 合 わせることができる 名 目 的 な 市 場 価 値 は 基 本 的 なトレンドとして 明 ら かに 増 加 基 調 にあり 複 利 成 長 率 で 年 平 均 5パーセン ト 超 もしくは 経 済 全 体 の 成 長 率 の2 倍 超 のペースで 拡 大 している これに 既 存 顧 客 への 販 売 増 加 新 市 場 に 対 する 既 存 商 品 の 投 入 および 既 存 顧 客 向 けの 新 商 品 開 発 の 効 果 を 加 味 すると 年 複 利 平 均 成 長 率 は10 パーセントを 超 える 10パーセント 成 長 が 可 能 なサー ビス 業 で 潜 在 的 損 失 に 備 える 所 要 資 本 がほとんど 必 要 なく 高 い 利 益 率 を 維 持 しながら 大 きく 成 長 するこ とができる 点 では メイ ウェスト(Mae West)のう まい 表 現 を 借 りるならまさに 最 高 (Wunnerful!) である このような 状 況 では 投 資 プロフェッショナ ルが 経 験 から 運 用 資 産 の 増 加 が 大 敵 となりえることを 理 解 していたとしても 精 力 旺 盛 な 経 営 者 であればど のように 行 動 するだろうか 追 加 資 産 の 高 い 利 益 率 に 気 付 いた 経 営 者 は 資 産 集 めに 力 を 入 れ 事 業 を 拡 大 させ 売 れる 商 品 を 売 るのではないだろうか 世 界 の 資 産 運 用 会 社 の 内 部 において 起 きた 二 つの 最 も 重 要 な 変 化 は 投 資 調 査 やポートフォリオ 運 用 に 関 してではない それは 新 規 事 業 開 発 ( 運 用 成 績 の 好 調 時 にビジネスをさらに 獲 得 すること)とリレー ションシップ マネジメント( 特 に 運 用 成 績 の 不 振 時 に 取 引 関 係 を 維 持 すること)であった こうした 変 化 は 何 よりももっぱら 事 業 の 現 実 に 対 応 したものであ り 専 門 職 としての 純 粋 な 要 請 でも ましてや 投 資 家 としての 顧 客 からの 要 請 でもなかった 経 営 が 優 先 される 状 況 は 投 資 プロフェッショナル にとって 好 ましいものではない これはかなり 頻 繁 に 起 こることだが 資 産 集 めに 成 功 し いずれ 優 れた 投 資 を 行 う 専 門 能 力 に 過 度 の 負 担 がかかるようになると 投 資 家 が 享 受 する 運 用 成 績 はしりすぼみとなる さら に コスト 管 理 や 報 酬 引 上 げ 生 産 性 向 上 努 力 な ど 事 業 としての 組 織 の 業 績 向 上 を 目 的 とした 行 動 は 運 用 成 績 悪 化 の 可 能 性 を 高 める 過 ちその3: 綿 密 なアドバイスを 省 略 する 三 つ 目 の 過 ちである 不 作 為 による 過 ちは 自 らの 仕 事 を 価 値 の ある 専 門 的 サービスであると 認 められたいすべての 資 産 運 用 業 界 人 にとって 特 に 悩 ましい 問 題 である 達 成 する 見 込 みがますます 薄 くなっている 中 で 市 場 を 打 ち 負 かすことを 投 資 プロフェッショナルの 最 適 な 評 価 尺 度 と 受 け 入 れること 専 門 家 としての 成 功 よりも 事 業 面 の 達 成 度 を 一 層 重 視 する という 作 為 による 二 つの 過 ちに 加 えて 我 々は 顧 客 の 役 に 立 つという 職 業 とし ての 最 良 の 機 会 をどういうわけか 見 失 い 効 果 的 な 投 資 助 言 から 注 意 をそらしてしまった 16 専 門 職 員 を 抱 える 大 規 模 な 機 関 投 資 家 向 けファンドであれば 最 適 な 長 期 運 用 計 画 を 設 計 するという 複 雑 な 仕 事 を 行 う 訓 練 と 経 験 を 積 んだ 専 門 家 の 助 けを 借 りなくとも す べての 責 任 を 引 き 受 けることは 確 かに 可 能 であろうが 特 に 個 人 投 資 家 そしてほとんどの 中 小 規 模 の 公 的 年 金 基 金 や 企 業 年 金 基 金 大 学 や 美 術 館 病 院 の 基 金 に おける 資 産 運 用 委 員 会 など たいていの 投 資 家 は 最 先 端 の 投 資 運 用 の 専 門 家 ではなく 広 範 な 経 験 を 有 し ていないとしても 当 然 である だからこそ 手 助 けを 必 要 としている 投 資 家 は 多 い 専 門 家 の 最 良 の 知 見 や 判 断 を 受 けることが 可 能 となれば 誰 もが 歓 迎 するで 11

14 あろう 役 に 立 つことができる 投 資 プロフェッショナルは 重 要 な 手 助 けをすることができる 格 好 の 立 場 にいる 長 期 的 に 実 際 に 市 場 を 打 ち 負 かすと 見 込 まれる 運 用 マ ネジャーを 選 定 することが もはや 現 実 的 な 想 定 ある いは 所 与 ではないと 理 解 してもらうのも 顧 客 が 必 要 とする 手 助 けのひとつである(もちろん 運 用 マ ネジャーの 中 には 市 場 を 打 ち 負 かす 者 もいるであろ うが 事 前 にそうした 運 用 マネジャーを 見 つけること は 極 めて 困 難 になっている) 投 資 家 は 市 場 を 上 回 ろうとすればするほど 損 失 が 利 益 を 上 回 ることを 理 解 するのにも 手 助 けを 必 要 としている さらに 重 要 なこ とは まずリスクとボラティリティにつき 次 に 収 益 性 につき 様 々な 種 類 の 投 資 に 係 る 中 長 期 の 見 通 しを 現 実 的 に 理 解 する 手 助 けが 必 要 とされており それによ り 投 資 家 は 何 を 期 待 すればよいか どのように 戦 略 的 ポートフォリオと 投 資 方 針 を 決 定 すればよいかを 理 解 できるようになるのである それ 以 上 に 重 要 なことは 前 述 のとおり たいてい の 投 資 家 は 自 分 自 身 と 自 分 の 置 かれた 状 況 について バランスの 取 れた 客 観 的 な 理 解 ができるよう 手 助 けを 必 要 としていることである 具 体 的 には 投 資 に 関 す る 知 識 と 技 能 資 産 や 収 入 流 動 性 に 対 するリスク 許 容 度 資 金 面 および 心 理 面 の 要 請 財 源 短 期 および 長 期 の 資 金 目 的 や 負 債 を 理 解 することである 投 資 家 は 最 も 対 処 と 解 決 がなされるべき 課 題 が 市 場 を 打 ち 負 かすことではないことを 認 識 する 必 要 がある これ ら 他 の 要 因 が 重 なって 投 資 家 として 顧 客 自 身 の 現 実 が 明 らかになるのである すべての 投 資 家 に 共 通 する 点 もいくつかあるものの はるかに 多 くの 点 でそれぞれ 大 きく 異 なる すべての 投 資 家 に 共 通 する 点 は 多 くの 選 択 肢 を 持 ち 選 択 の 自 由 があること その 選 択 が 重 要 であり 誰 もがうまく やりたいと 望 んでおり 過 ちを 回 避 したいと 考 えてい ることである 同 時 にすべての 投 資 家 が 資 産 収 入 支 出 の 義 務 と 予 定 投 資 期 間 投 資 技 能 リスクと 不 確 実 性 に 対 する 許 容 度 市 場 経 験 負 債 など 多 くの 点 で 異 なる かくも 多 様 な 個 人 投 資 家 および 機 関 投 資 家 は 投 資 家 としての 長 所 と 短 所 を 考 慮 した 上 で それ ぞれに 真 に 適 した 投 資 計 画 を 設 計 する 際 に 手 助 けが 必 要 となる 重 要 なことだが たいていの 投 資 家 にとっ て 正 しいことは 集 団 行 動 的 に 市 場 を 打 ち 負 かすこと に 血 道 をあげることではないのである スキーに 例 えれば 分 かりやすいだろう コロラド 州 のヴェイルやアスペンでは その 他 の 名 だたるスキー リゾート 同 様 数 多 くのスキー 客 がそれぞれ 楽 しい 時 間 を 過 ごしている 景 色 も 美 しいし 雪 の 量 も 多 く 整 備 も 行 き 届 いているが 何 と 言 ってもスキー 客 がそ れぞれの 技 能 や 体 力 興 味 に 応 じて 最 も 適 したルート を 明 確 に 選 べることが 最 大 の 理 由 である 緩 やかな 初 心 者 向 けコース を 好 む 人 適 度 に 難 しい 中 級 者 向 けコースを 好 む 人 がいれば 上 級 者 や 足 のばねが 強 く 恐 怖 心 がない10 代 後 半 の 達 人 にとっても 難 しい コースに 挑 戦 したい 人 もいる スキー 客 が 自 分 に 適 し たコースで それぞれに 適 した 速 さで 滑 っているとき 誰 もが 最 高 の 一 日 を 過 ごしていて 全 員 が 勝 者 である 役 立 つべきである 同 様 に 投 資 プロフェッショナ ルが 投 資 家 の 運 用 技 能 や 経 験 財 務 状 況 リスクおよ び 不 確 実 性 に 対 する 許 容 度 に 適 った 投 資 計 画 を 選 択 で きるよう 手 助 けすることができれば 多 様 な 投 資 家 の 大 半 が 投 資 計 画 を 自 分 の 運 用 技 能 や 財 源 に 見 合 ったも のにすることができ 通 常 は 現 実 的 な 長 期 の 目 的 を 達 成 することが 可 能 になるであろう このことは 基 本 的 な 投 資 助 言 の 重 要 な 仕 事 であり さほど 難 しくはない われわれがほぼすべての 投 資 家 に 提 供 できる 最 も 価 値 ある 専 門 サービスは 効 果 的 な 投 資 助 言 である ご くわずかな 例 外 を 除 いて たいていの 運 用 マネジャー は 現 在 この 重 要 な 仕 事 を 無 視 している 17 投 資 家 が 必 要 としていることが 最 も 明 瞭 であり 投 資 家 にとっ て 最 も 価 値 があり 徹 底 して 行 えば 成 功 する 確 率 が 高 い 専 門 サービスに 関 心 が 払 われていないとは 皮 肉 で すまされる 話 ではない このことは 今 後 の 資 産 運 用 業 12

15 界 における 最 大 の 課 題 であり 最 良 の 機 会 でもあろう 必 要 性 を 示 す 事 例 個 人 に 対 する 投 資 助 言 が 決 定 的 に 必 要 とされるようになったのは 退 職 年 金 基 金 が 確 定 給 付 型 (DB)から 確 定 拠 出 型 (DC)へ 移 行 したた めである おそらく 個 人 に 対 して 提 供 された 最 も 価 値 ある 金 融 サービスである 確 定 給 付 年 金 は 退 職 者 に 低 コストで 長 期 的 に 管 理 の 行 き 届 いた 投 資 から 定 期 的 に 給 付 金 の 支 払 いが 行 われ 投 資 に 関 する 知 識 や 技 能 を 必 要 とせず 市 場 の 高 値 警 戒 も 必 要 とせず 市 場 が 大 きく 下 落 しても 勇 気 を 奮 い 起 す 必 要 もなく 長 寿 リ スクを 心 配 する 必 要 もないものである 対 照 的 に 今 日 のDCプランでは5,500 万 人 の 加 入 者 が 自 らポートフォリオを 決 定 している 20パーセント 程 度 の 投 資 家 が 全 額 マネー マーケット ファンドに 投 資 しているが 残 高 が 少 なかった 積 立 開 始 時 よ り 当 初 の 資 産 配 分 を 変 えていないことがその 理 由 で ある 年 金 の 母 体 企 業 の 株 式 に 投 資 できる 年 金 制 度 で は 17パーセントの 加 入 者 が 口 座 残 高 の40パーセント 超 を 母 体 企 業 の 株 式 に 投 資 している (エンロン 社 や ポラロイド 社 他 の 事 例 が 示 すように これには 分 散 を 行 わないことで 痛 手 を 被 る 潜 在 的 な 可 能 性 がある ) 多 くの 労 働 者 にとってさらに 重 要 な 問 題 は 快 適 な 生 活 を 送 るための 所 要 月 額 を 得 るのに 資 金 がどのくらい 必 要 なのか またどれほど 多 くの 受 給 者 が 老 後 資 金 不 足 に 陥 ることになるかを どれだけの 人 が 理 解 してい ないか という 点 にある ひとつの 基 準 は 年 間 引 出 額 を 資 産 の4パーセントに 抑 えることである 積 立 期 間 がこの 先 10 年 しかない50 代 半 ばの 加 入 者 は 現 在 の 平 均 的 な 残 高 が15 万 米 ドルである 4パーセントで 計 算 すると 税 金 およびインフレ 考 慮 前 で 年 間 わずか6 千 米 ドルにしかならず 6パーセントでも 年 間 9 千 米 ド ルにしかならない これは 大 変 である 有 益 な 変 化 ターゲット デート ファンドあるい はライフサイクル ファンドは 自 分 でつくる 投 資 商 品 をサービスに 転 換 するもので 正 しい 方 向 への 一 歩 である 大 手 の401(k) 運 用 会 社 が 提 供 する 低 コス トのコンピュータ モデルも 同 様 である 商 品 中 心 か らサービス 中 心 の 戦 略 へ 移 行 している 資 産 運 用 会 社 は 運 用 実 績 および 企 業 業 績 面 で 非 常 に 良 い 結 果 を 残 して いる こうした 資 産 運 用 会 社 は 基 本 的 な 投 資 助 言 に 拡 張 性 を 持 たせ さらにサービスの 充 実 に 期 待 が 持 て る 例 えば ターゲット デート ポートフォリオを 一 つに 絞 るのではなく 市 場 リスク 選 好 度 が 高 い 低 い または 平 均 並 みという3 種 類 のファンドを 設 ける のはどうだろうか 母 体 企 業 が 加 入 者 に 対 して 投 資 の 意 思 決 定 に 関 する 基 本 的 な 助 言 を 行 うことについて 米 国 議 会 は 従 来 のように 禁 止 するのではなく むし ろ 容 認 することで 後 押 ししている 大 手 資 産 運 用 会 社 のなかには 現 在 どのセクターに 魅 力 があり どのセ クターの 魅 力 が 乏 しいかについて 実 験 的 に 助 言 を 始 めているところもあるが 18 投 資 家 の 置 かれた 状 況 運 用 能 力 及 び 目 的 を 理 解 するという 重 要 な 仕 事 に は 手 をつけていないのが 普 通 である ほんの 一 部 では あるが 幅 広 い 運 用 サービスとそれぞれの 顧 客 に 最 適 な 商 品 の 組 み 合 わせについての 助 言 を 提 供 する 資 産 運 用 会 社 もある 投 資 家 が 必 要 とするサービスと 投 資 家 が 利 用 可 能 な 商 品 との 溝 を 埋 めるためにすべきこと はまだたくさんある 結 論 : 将 来 の 約 束 運 用 サービスと 各 投 資 家 の 長 期 的 な 目 標 との 適 合 性 を 高 めること すなわち 自 己 責 任 が 求 められる 商 品 販 売 から より 長 続 きする 理 解 を 共 有 するサービス 重 視 の 顧 客 関 係 に 移 行 することにより 顧 客 関 係 の 持 続 性 言 い 換 えれば 忠 誠 心 を 高 め 結 果 的 に 顧 客 と マネジャーとの 関 係 は 経 済 的 価 値 が 高 まることになる 顧 客 と 運 用 マネジャーとの 関 係 の 持 続 性 が 高 まれば 双 方 に 大 きな 恩 恵 がもたらされることになる 必 要 と されるサービスを 提 供 する 最 良 の 方 法 が 既 存 の 顧 客 と 運 用 マネジャーとの 関 係 に 投 資 助 言 を 加 え 関 係 を 維 持 長 期 化 することだとしても 既 存 事 業 の 高 い 利 益 率 からすれば 多 少 の 費 用 は 吸 収 できるのではないだろ うか 資 産 運 用 業 界 の 使 命 あるいは 職 業 的 使 命 として 専 門 家 としての 使 命 を 定 義 しなおし 賢 明 な 投 資 助 言 13

16 を 含 めることで 顧 客 と 理 解 を 共 有 し 成 功 を 分 かち 合 うことができるのではないだろうか 専 門 家 として 市 場 を 打 ち 負 かすことを 使 命 と 捉 え 事 業 の 短 期 的 な 経 済 性 を 職 業 としての 長 期 的 な 価 値 に 優 先 させるという 二 つの 作 為 による 過 ちを 正 そう 不 作 為 の 過 ちを 正 して 顧 客 との 関 係 における 投 資 助 言 を 再 認 識 すれば 我 々と 顧 客 の 双 方 に 利 益 のある 本 来 の 状 況 が 当 然 生 まれるはずだ 資 産 運 用 業 界 の 顧 客 と 実 務 家 が 互 いに 利 益 を 得 るた めには 市 場 を 打 ち 負 かすという 敗 者 のゲームに 勝 とう として 労 力 を 費 やすのではなく 技 能 や 知 識 および 時 間 をかけて 顧 客 が 市 場 の 現 実 を 認 識 し 投 資 家 としての 本 分 を 理 解 し 現 実 的 な 目 標 を 明 確 にし それぞれに 相 応 しい 方 針 を 維 持 する 手 助 けをする 必 要 がある 適 切 な 行 動 をとれば 資 産 運 用 業 界 は 信 頼 される 専 門 的 職 業 として また 個 人 は 投 資 プロフェッショナル として 将 来 の 成 功 を 享 受 することができる 顧 客 の 側 で 正 しく 振 る 舞 い 投 資 という 勝 者 のゲームに 勝 てる よう 顧 客 を 導 くならば 資 産 運 用 業 界 自 身 も 報 いられ ることになるだろう バートン マルキール(Burt Malkiel) 氏 リュウ サ ンダーズ(Lew Sanders) 氏 アート ケリー(Art Kelly) 氏 フィリップ ブレン(Phil Bullen) 氏 ディーン ルバロン(Dean LeBaron) 氏 マーク ラップマン(Mark Lapman) 氏 マーティン レボ ウィッツ(Marty Leibowitz) 氏 ピート コルホーン ( Pete Colhoun) 氏 ゲイリー ブリンソン(Gary Brinson) 氏 グ コク ソン(Ng Kok Song) 氏 パーカー ホール(Parker Hall) 氏 には 有 益 な 示 唆 をいただいた ここに 感 謝 の 意 を 表 する 森 由 紀 CFA 注 1 ヨットに 親 しんでいた 少 年 時 代 強 い 風 が 吹 く 日 にわざと 出 航 し 風 を 受 けてボートを 大 きく 傾 かせ 海 に 慣 れていない 従 兄 弟 を 怖 がらせたものである ボートが 今 にも 転 覆 しそうに 見 えても 実 際 にはキールが 復 元 梃 子 の 働 きをするためそれ 以 上 傾 くこと はないと 知 っていた 2 例 えば フィナンシャル エンジンズ 社 (Financial Engines)およ びマーケットライダーズ 社 (MarketRiders) 3. 運 用 機 関 の 運 用 実 績 を 評 価 しようとする 際 に 専 門 家 でさえも 運 と 技 能 を 区 別 することに 苦 労 する 4 グリニッジ アソシエイツ 社 (Greenwich Associates)の 年 次 調 査 によると 40 年 前 の 米 国 年 金 運 用 受 託 機 関 上 位 20 社 のうち 現 在 も20 位 内 にあるのは1 社 のみである 英 国 では 30 年 前 の 運 用 受 託 機 関 上 位 20 社 のうち 現 在 も20 位 内 にあるのは2 社 のみである 5. 出 所 : リッパー アソシエイツ 社 (Lipper Associates) 6. 売 買 回 転 率 が 年 平 均 100% 以 上 の 機 関 投 資 家 のポートフォリオは 70~90 銘 柄 を 保 有 し 運 用 実 績 が 頻 繁 に ベンチマーク と 比 較 され ベンチマークを アンダーパフォーム することがほとん ど 許 されないことから ポートフォリオ マネジャーは 多 くの 技 能 に 優 れた 競 争 相 手 を 出 し 抜 くことは 言 うまでもなく 市 場 に 追 随 することに 苦 労 している 7. 機 関 投 資 家 向 けファンドの 運 用 会 社 は 顧 客 および 見 込 み 顧 客 に 報 酬 控 除 後 ではなく 報 酬 控 除 前 のパフォーマンスを 示 してご まかそうとしていることがあまりにも 多 い CFA 協 会 は 過 去 何 年 にもわたり この 問 題 を 解 決 するための 改 革 を 提 唱 してきた 8. J.C. Bogle, Don t Count on It! (Hoboken, NJ: John Wiley & Sons, 2011) 74 頁 9. カルフォルニア 大 学 ロサンゼルス 校 の 教 授 テリー オディーン (Terry Odean) 氏 の 調 査 データが 最 も 良 く 示 している 10. A. Goyal and S. Wahal, The Selection and Termination of Investment Management Firms by Plan Sponsors, Journal of Finance, vol 63, no.4 (2008 年 8 月 ): 1805~1847 頁 ( 当 然 のことながら 採 用 された 運 用 会 社 は 過 去 のパフォーマンスが 極 めて 良 かった しかし パ フォーマンス の 評 価 や より 良 い 運 用 機 関 を 探 すことに 運 用 委 員 会 の 注 意 を 集 中 させるコンサルタントが 本 当 は 顧 客 の 長 期 的 なリスク 調 整 後 リターンと 顧 客 に 報 酬 を 払 い 続 けるよう 納 得 さ せることのどちらにより 関 心 があるのか 疑 問 を 感 じざるをえな い) 行 動 経 済 学 者 によると 80パーセントの 人 が ユーモアの センス 運 動 能 力 話 術 他 者 理 解 力 育 児 ダンス その 他 多 くの 点 において 自 らを 平 均 以 上 と 評 価 している 11. S.D. Stewart, J.J. Neumann, C.R. Knittel and J. Heisler, Absence of Value: An Analysis of Investment Allocation Decisions by Institutional Plan Sponsors, Financial Analysts Journal, vol.65, no.6 (2009 年 11/12 月 ): 34~51 頁 12. D.F. Swensen, Unconventional Success: A Fundamental Approach to 14

17 Personal Investment (New York: Free Press, 2005) 13. 驚 くことに インデックス ファンドの 一 部 にも 運 用 報 酬 が 高 いものがあり S&P 500 指 数 連 動 型 ファンドの 中 には75 bpsの 報 酬 を 課 すファンドもある 14. 債 券 型 投 資 信 託 の 平 均 経 費 率 は75 bpsである トリプルA 格 社 債 の 利 回 りを5パーセントと 仮 定 すると 投 資 家 は 期 待 リターンの 15パーセントを 運 用 報 酬 として 支 払 うことになる 期 待 インフレ 率 を2.5パーセントと 仮 定 すると 投 資 家 は 社 債 ポートフォリオ の 実 質 期 待 リターンの30パーセントを 運 用 報 酬 として 支 払 うこと になる 15. 事 業 の 売 り 手 側 も 大 金 を 手 に 入 れるようになった ただし 第 一 世 代 のサービス 業 所 有 権 にとって 10 億 米 ドルが 大 金 ではない と 思 う 人 を 除 く 16. 運 用 マネジャーが 投 資 助 言 から 遠 ざかった 理 由 の 一 つは 機 関 投 資 家 がより 多 くの 特 化 が 進 んだ 運 用 機 関 を 選 択 するようになり 外 部 監 査 人 が 財 務 諸 表 の 監 査 を 行 うのと 同 じように 独 立 した 運 用 コンサルタントに 運 用 機 関 のモニタリングを 任 せ 二 つの 機 能 を 分 離 したいと 考 えたことかもしれない 17. これは 運 用 コンサルタントが 多 用 されていることによって 実 証 されている 運 用 コンサルティングは 運 用 機 関 の 代 わりに 投 資 助 言 業 務 の 空 白 を 埋 めるべく 成 長 した 関 連 業 界 である 多 くの コンサルタントが 運 用 機 関 の 入 れ 替 えに 焦 点 を 当 てたミーティン グで 驚 くほど ありきたりな 投 資 助 言 を 行 い 実 際 は 顧 客 満 足 および 顧 客 維 持 を 優 先 させているスタッフで 占 められていること が 多 い 18. 政 策 アセットミックスへのリバランスはたいていリターンを 向 上 させる 15

18 ( 全 訳 ) FAJ 2011 年 11/12 月 号 概 ね 効 率 的 な 市 場 におけるアクティブ 運 用 Active Management in Mostly Efficient Markets ロバート C ジョーンズ CFA ラス ワーマーズ Robert C. Jones, CFA, and Russ Wermers アクティブ 運 用 の 価 値 に 関 する 論 文 を 調 査 した 本 稿 は アクティブ マネジャーが 平 均 して(ベンチマークを) アウトパフォームしていないこと ただし ごく 少 数 のアクティブ マネジャーは 確 かに 付 加 価 値 を 創 出 してい ることを 示 している さらに 各 種 研 究 は 投 資 家 が 公 開 情 報 を 用 いて 優 れたアクティブ マネジャー(superior active managers: SAM)を 事 前 に 特 定 しうることを 示 唆 している SAM を 特 定 できる 投 資 家 は アクティブ 戦 略 に 意 味 ある 配 分 を 行 うことによって 全 体 のシャープレシオを 向 上 させることが 可 能 であろう リンカーンがダグラスに 勝 ち ケネディがニクソン に 勝 ち レーガンがモンデールに 勝 ったように 大 半 の 討 論 で 勝 者 は 明 白 である しかし アクティブ 運 用 か パッシブ 運 用 かを 巡 る 議 論 は 40 年 以 上 も 論 争 が 続 いている 投 資 家 はインデックスのリターンに 満 足 すべきか あるいは 既 に 証 券 価 格 に 織 り 込 まれてい... るかもしれない情 報 を 収 集 し 分 析 することによって インデックスをアウトパフォームすることを 追 求 すべ きか この 問 題 では 両 陣 営 ともに 自 らの 信 念 に 関 して 教 条 的 であり それぞれの 主 張 を 裏 付 ける 説 得 力 のあ る 議 論 を 展 開 している 我 々は 投 資 家 に 実 践 的 な 助 言 を 提 供 するため 理 論 と 実 証 分 析 の 両 面 から 学 術 研 究 の 調 査 を 行 った 我 々の 目 的 は 次 に 掲 げる 投 資 家 に とって 重 要 な 3 つの 疑 問 に 答 えることであった 1. アクティブ 運 用 は 付 加 価 値 を 創 出 できるのか ロバート C ジョーンズ CFA は アーウェン アドバイザーズ 社 (Arwen Advisors, Newark, New Jersey)の 会 長 ラス ワーマーズは メリーラン ド 大 学 ロバート H スミス スクール(Robert H. Smith School of Business, University of Maryland, College Park)の 金 融 准 教 授 2. 優 れたアクティブ マネジャーを 事 前 に(ex ante) 特 定 できるのか 3. 投 資 家 はポートフォリオにどれだけのアクティ ブ リスクを 加 えるべきか 注 意 事 項 この 分 野 での 学 術 研 究 は 豊 富 にあり 結 果 が 必 ずし も 一 貫 していない 場 合 もある 結 論 はしばしば 対 象 期 間 使 用 した 方 法 検 討 するファンドのユニバースお よびタイプ また 執 筆 者 のバイアスに 依 存 する 我 々 はこれら 様 々な 結 果 を 取 捨 選 択 し 相 対 的 にデータ 量 が 豊 富 でしっかりした 分 析 を 行 った 研 究 をより 重 視 す ることで 実 践 的 な 助 言 を 抽 出 するよう 試 みたが 我 々 自 身 のバイアスが 結 果 の 解 釈 に 影 響 を 与 え また は 将 来 がこれらの 研 究 で 対 象 とした 期 間 とは 著 しく 異 なるものとなる 可 能 性 は 常 に 存 在 する さらに データの 入 手 可 能 性 の 理 由 から ほとんど の 調 査 研 究 が 米 国 国 内 の 投 資 信 託 を 分 析 している 他 の 資 産 クラス( 債 券 米 国 以 外 の 株 式 不 動 産 コモ ディティなど)や 他 のアクティブ 運 用 商 品 ( 単 独 運 用 口 座 ヘッジファンド 上 場 投 資 信 託 (ETF))に 関 する 調 査 は 極 めて 限 定 的 か 存 在 しないことさえある 入 手 可 能 なデータでも 生 存 者 バイアス(パフォーマ 16

19 ンスの 悪 化 により 閉 鎖 されたファンドや 運 用 プロダク トは 除 外 されること)や 自 己 選 択 バイアス(データの 提 供 を 選 択 したマネジャーのみが 含 まれること)を 含 む 可 能 性 があり またリターンの 頻 度 が 限 定 される ( 月 次 または 日 次 ではなく 年 次 または 四 半 期 毎 )こと もある さらに アクティブに 運 用 される ETF のサ ンプルについては 統 計 的 に 信 頼 しうる 分 析 を 行 うに は 規 模 が 小 さ 過 ぎ 設 定 されて 間 もないことに 注 意 を 要 する それにもかかわらず この 概 念 は 業 界 で 多 く の 関 心 を 集 めつつあり 将 来 の 学 術 調 査 で 焦 点 が 当 て られることになろう また アクティブ 運 用 の 投 資 信 託 に 関 する 調 査 結 果 の 多 くは アクティブ 運 用 の ETF にも 当 てはまるものと 推 測 する なぜなら 両 者 とも 同 じマネジャーが 同 じ 戦 略 で 運 用 することが 多 いから である 我 々の 結 論 がこれら 他 の 資 産 クラスや 運 用 商 品 にも 当 てはまる 可 能 性 があるのか または 当 てはまらない のかを 指 摘 しようと 試 みた しかし 一 般 的 に 機 関 投 資 家 向 けファンド( 単 独 運 用 口 座 合 同 運 用 信 託 ファ ンドなど)は リテール ファンド( 個 人 投 資 家 向 け 投 資 信 託 など)をアウトパフォームすると 予 想 すべき であろう その 理 由 として 機 関 投 資 家 向 けファンド の 方 が (1) 通 常 は 規 模 の 経 済 により 運 用 報 酬 が 低 い こと (2) マネジャーと 投 資 家 の 利 害 をより 一 致 させ るような 成 功 報 酬 を 多 く 利 用 できること (3) 顧 客 口 座 の 会 計 処 理 顧 客 サービス 日 々のキャッシュフ ロー 管 理 にかかる 費 用 が 低 いこと が 挙 げられる 最 後 に 研 究 結 果 が 直 観 的 および 統 計 的 に 有 意 であ... るとしても それらは 平 均 的 に当 てはまるだけであっ て 必 ずしも 特 定 のマネジャーやファンドに 当 てはま るものではない 例 えば Chevalier and Ellison(1999) は 学 生 の 平 均 SAT スコアが 相 対 的 に 高 い 大 学 を 卒 業 したマネジャーが 他 のマネジャーをアウトパフォー ムしたことを 示 した しかし この 調 査 結 果 は そう したマネジャーのすべてがアウトパフォームすること あるいは 他 の 学 校 を 卒 業 したマネジャーがアウトパ フォームしないことを 意 味 するものではない このよ うに 我 々の 推 奨 はすべて 個 別 のファンドやマネ ジャーに 当 てはまるものではなく 一 般 的 なものであ る アクティブ 運 用 は 付 加 価 値 を 創 出 するか すべてのアクティブに 運 用 されるファンドを 総 合 す ると 市 場 に 一 致 する つまりアクティブ 運 用 をゼロサ ム ゲームと 仮 定 するならば アクティブ ファンド のリターンを 総 合 すると 市 場 リターンと 同 一 となるが 取 引 コストおよび 報 酬 がかかるため 報 酬 費 用 相 当 分 は 市 場 に 劣 後 することとなる 実 証 研 究 はこの 結 論 を 広 く 支 持 するようだ 1 Jensen の 著 名 な 研 究 (1968)に 続 く 数 多 くの 研 究 は アクティブに 運 用 される 投 資 信 託 は 平 均 して 報 酬 費 用 控 除 後 でアルファを 創 出 していない という 同 じ 結 論 に 達 している 図 1では 直 近 の 2 つの 研 究 (Barras, Scaillet, and Wermers 2010; Busse, Goyal, and Wahal 2010)による 結 果 をまとめている この 図 は 投 資 信 託 と 機 関 投 資 家 の 単 独 運 用 口 座 (institutional separate account: ISA)のいずれも 平 均 すると Carhart の 4 ファクター モデル(1997) を 用 いて 市 場 とスタイルのリスクを 調 整 した 後 に 報 酬 費 用 控 除 後 でプラスのアルファを 生 み 出 していな いことを 示 している 我 々の 調 査 では 税 引 き 後 の 結 果 を 採 り 上 げてはいないが 税 引 き 後 ではアクティブ ファンドがパッシブ ファンドをアウトパフォームす ることがさらに 難 しいとする 研 究 もある(Dickson and Shoven(1993)など) 実 際 に これらの 研 究 で 報 告 されたアンダーパフォーマンス 幅 の 平 均 は ア クティブ マネジャーに 支 払 う 平 均 報 酬 率 をやや 下 回 っているに 過 ぎず アクティブ マネジャーは 平 均 すると 報 酬 控 除 前 でプラスのアルファを 創 出 している が アクティブ 運 用 にかかるコストを 十 分 に 賄 えてい ないことを 示 唆 している さらに 国 内 株 式 ファンド 債 券 ファンド インターナショナル( 米 国 を 除 くグ ローバル) 株 式 ファンド バランス 型 ファンド そし 17

20 図 1.アクティブ 株 式 投 資 信 託 およびアクティブ 株 式 機 関 投 資 家 単 独 口 座 (ISA)の 4 ファクター アルファ 報 酬 費 用 控 除 後 年 率 換 算 4 ファクター アルファ(%) 全 ファンド 全 グロース アグレッシブ グロース 等 加 重 金 額 加 重 ファンド グロース インカム ネット ネット アクティブ 株 式 ミューチュアル ファンドのデータに 基 づく(1975 年 1 月 年 12 月 ) アクティブ 株 式 機 関 投 資 家 単 独 口 座 のデータに 基 づく(1991 年 年 ) 出 所 : 投 資 信 託 のデータは Barra, Scaillet, and Werners (2010) ISA のデータは Busse, Goyal, and Wahal (2010) て 恐 らくヘッジファンドやプライベート エクティに も この 結 論 は 当 てはまると 思 われる ( 最 後 の 二 つ のケースでは データが 直 ちに 入 手 可 能 ではないため 結 論 の 説 得 力 は 弱 い) 2 アクティブ 運 用 の 支 持 者 は 市 場 のボラティリティ が 高 まり 景 気 が 低 迷 している 時 期 に その 利 点 が 最 も 際 立 つとしばしば 主 張 する 世 界 金 融 危 機 (2007 年 年 )の 時 期 についての 関 連 する 研 究 はまだ ないが スタンダード アンド プアーズがある 程 度 の 比 較 を 行 っている 年 12 月 までの 5 年 間 を 調 べた 結 果 は アクティブとパッシブの 成 績 表 が かなり 拮 抗 していることを 示 している 具 体 的 には 海 外 および 国 内 すべての 主 要 株 式 分 類 にわたり 市 場 インデックスが 大 多 数 のアクティブ マネジャーをア ウトパフォームしているが 資 産 加 重 平 均 したアク ティブ マネジャーのパフォーマンスは 中 型 株 イ ンターナショナル 株 式 エマージング 市 場 株 式 を 除 く 大 半 の 分 野 で ベンチマークと 同 等 かやや 上 回 ってい る 同 じく 5 年 間 の 結 果 を 債 券 ファンドで 見 ると アク ティブ マネジャーの 方 が 幾 分 悪 い エマージング 市 場 債 券 を 除 けば 50 パーセント 以 上 のアクティブ マネジャーがベンチマークに 勝 っていない 5 年 間 の 資 産 加 重 平 均 リターンは 三 つの 分 野 を 除 きアクティ ブ ファンドの 方 が 低 いものの 同 じ 投 資 ホライズン での 等 加 重 リターンは すべての 分 野 で 劣 後 している このように 世 界 金 融 危 機 を 含 む 直 近 の 5 年 間 は 以 前 の 研 究 が 対 象 としたかなり 長 期 の 時 期 よりも 明 らかにアクティブ 株 式 運 用 にやや 有 利 であった ただ し 顕 著 ではない 後 ほど 見 るように アクティブ ファンドは 財 務 内 容 の 悪 化 や 景 気 後 退 の 時 期 にアウト パフォームする 可 能 性 が 高 まるとする 研 究 者 もいる しかし 緊 張 時 と 平 常 時 をともに 含 む 長 期 の 結 果 は 平 均 的 な アクティブ マネジャーをほと んど 支 持 していない 18

21 アクティブ 運 用 と 概 ね 効 率 的 な 市 場 市 場 価 格 は 一 般 に 入 手 可 能 なすべての 情 報 を 完 全 か つ 正 確 に 織 り 込 むとするセミストロング 型 の 効 率 的 市 場 仮 説 は 合 理 的 な 投 資 家 (インサイダー 情 報 を 持 た ない)であれば 常 にアクティブ 運 用 ではなくパッシ ブ 運 用 を 選 択 すると 予 測 するが そうなっていないの は 明 らかである なぜそうならないのか 投 資 家 は 非 合 理 なのか それならば 市 場 はどのように 効 率 的 と なりうるのか Grossman and Stiglitz(1980)は 彼 らの 著 名 な 論 文 のなかで 情 報 にコストがかかる 世 界 において 情 報 に 通 じたトレーダーは 超 過 リターン を 獲 得 するはずである さもなければ 価 格 の 効 率 性 (つまり 情 報 の 反 映 )を 高 めるために 情 報 を 集 めて 分 析 する 動 機 がないと 主 張 した 4 言 い 換 えれば 市 場 は 概 ね 効 率 的 だが 完 全 に 効 率 的 ではない 必 要 があ り さもなければ 投 資 家 は 価 格 が 適 正 であるかど うかを 評 価 する 努 力 をしないであろう そうでなけれ ば 価 格 はもはや 入 手 可 能 なすべての 関 連 する 情 報 を 適 切 に 反 映 しなくなり 市 場 は 資 本 を 効 率 的 に 配 分 す る 能 力 を 失 うであろう それゆえ アクティブ マネ ジャー 間 の 競 争 はゼロサム ゲームかもしれないが アクティブ 運 用 全 体 では 明 確 に 違 う 市 場 の 効 率 性 を 高 めることによって アクティブ 運 用 は 資 本 の 配 分 ひいては 経 済 の 効 率 性 と 成 長 を 向 上 させ 結 果 として 社 会 全 体 の 富 の 総 和 を 増 加 させる のである した がって 情 報 に 通 じたトレーダーが 獲 得 する 超 過 リ ターンを 情 報 を 入 手 加 工 し それによって 市 場 の 効 率 性 を 高 めるために 支 払 われる 一 種 の 経 済 的 地 代 と みなすことができる Grossman-Stiglitz の 均 衡 論 (1980)では 限 界 的 な(スキルが 最 も 劣 る)アクティブ マネジャーは 資 産 をアクティブに 運 用 するコスト(つまり 人 的 資 本 コストを 含 め 情 報 の 収 集 と 分 析 にかかるコスト) に 等 しい 超 過 リターンを 獲 得 する こうして 均 衡 状 態 では 超 過 リターンの 形 でなんとか 自 分 たちの 報 酬 を 確 保 する 限 界 的 だがアクティブな( 恐 らく 多 数 の) マネジャーが 存 在 すると 想 定 すべきであろう しかし 実 世 界 では アクティブ ファンドを 平 均 すると 報 酬 控 除 後 でインデックスをアンダーパフォームしている なぜそうなるのであろうか ファンドは 報 酬 を 正 当 化 するために 流 動 性 保 管 経 理 規 模 選 択 肢 分 散 投 資 といった 他 の 便 益 をも たらさなければならない 実 際 には ほぼ パー... セントのパッシブ ファンドが 報 酬 控 除 後 で 関 連 する... インデックスをアンダーパフォームしている 平 均 報 酬 率 は 米 国 大 型 株 に 投 資 するパッシブ 運 用 投 資 信 託 の 年 率 15 bps 未 満 から パッシブ 運 用 エマージング 株 式 ファンドの 年 率 75 bps 以 上 までの 間 にある 5 し たがって 意 味 のある 比 較 は パッシブ ファンドと の 比 較 であって インデックス 自 体 ではない その 基 準 で 言 えば アクティブ ファンドの 平 均 リターンは 報 酬 控 除 後 でパッシブ ファンドの 平 均 とほぼ 同 じで ある 6 我 々を 取 り 巻 く 世 界 すなわち 平 均 して 報 酬 控 除 後 で(パッシブ マネジャーと 比 較 して) 超 過 リター ンをもたらさないアクティブ マネジャーで 溢 れてい る 世 界 は 価 格 がコストのかかる 情 報 を 十 分 に 反 映 し ない 概 ね 効 率 的 な 市 場 を 想 定 する Grossman- Stiglitz モデル(1980)に 完 全 に 当 てはまる 実 世 界 では アクティブ マネジャーの 間 でスキルが 異 なる ため 情 報 を 収 集 分 析 する 優 れた 能 力 に 比 例 して 意 味 のある 超 過 リターンを 生 み 出 すような 情 報 に 通 じ たトレーダー(または 優 れたアクティブ マネジャー) は 見 つかるものと 予 想 される( 実 際 に 確 認 される) もちろん 他 者 のために 資 産 を 運 用 する 限 りにおいて そのサービスに 対 して 要 求 する 報 酬 も 高 くなると 思 わ れる しかし 市 場 はランダムに 動 くため 投 資 家 が スキルの 優 れたアクティブ マネジャーと 劣 るアク ティブ マネジャーをあらかじめ(ex ante) 完 全 に 区 別 することは ほぼ 不 可 能 である したがって 優 れたアクティブ マネジャーが 相 対 的 に 高 い 報 酬 の 形 ですべての 付 加 価 値 を 獲 得 することはできない 7 そ こで 次 の 疑 問 は 報 酬 を 上 回 る 付 加 価 値 を 創 出 する 優 19

22 れたアクティブ マネジャーを 事 前 に 特 定 できるか ということである これについて いくつかの 学 術 研 究 は 肯 定 的 な 結 果 を 示 している 優 れたアクティブ マネジャーの 特 定 ゼロサム ゲームでは プラスのアルファを 創 出 す る 投 資 家 ( 優 れたアクティブ マネジャー superior active manager: SAM)がいれば 他 の 投 資 家 ( 劣 る アクティブ マネジャー inferior active manager: IAM)はマイナスのアルファを 創 出 するはずであ る SAM は (1) 優 れた 情 報 および 分 析 能 力 を 持 つ ことで 結 果 をより 正 確 に 予 測 できること (2) IAM が 予 想 に 関 係 ない 理 由 ( 解 約 に 応 じるなど)で 早 急 に 売 買 する 必 要 がある 時 に 流 動 性 / 即 時 性 を 提 供 するこ と これら 二 つのうちいずれかの 方 法 で IAM より 優 位 に 立 つことができる もちろん 投 資 家 の 予 測 精 度 は 銘 柄 によって 異 なり 時 間 とともに 変 化 することが ある さらに 今 日 は 流 動 性 を 供 給 しても 明 日 は 流 動 性 を 必 要 とすることもある また 幸 運 やランダム 性 が 重 要 な 役 割 を 果 たすこともある したがって ア クティブ 運 用 は SAM と IAM の 競 争 なのであって そこでは 誰 がどちらかを 正 確 に 判 断 することは 難 しい ことがある( 象 のホートンなら 聞 くことができるかも しれないが) 8 Barras, Scaillet, and Wermers(2010)は 報 酬 控 除 後 で 市 場 をアウトパフォームできるスキルを 持 つ マネジャーは 確 かにいるが こうしたスキルのあるマ ネジャーを 単 に 運 がいいためパフォーマンスが 高 いマ ネジャーと 区 別 することは 実 際 には 不 可 能 であると 主 張 した 投 資 家 が 単 に 過 去 のリターンのみを 捉 える のであれば この 議 論 は 正 当 かもしれないが 研 究 者 は 投 資 家 が 他 のデータや 方 法 を 用 いることによって SAM を 特 定 する 多 くの 方 法 を 見 つけてきた 我 々は 投 資 家 が SAM を 特 定 し 評 価 するにあたり 次 の 四 つの 方 法 すべてを 検 討 することを 推 奨 する すなわち (1) 過 去 のパフォーマンス( 適 切 に 調 整 後 ) (2) マ クロ 経 済 予 測 (3) ファンド/マネジャーの 特 性 (4) ファンド 保 有 銘 柄 の 分 析 である 過 去 のパフォーマンス:SAM が 優 位 な 情 報 または 分 析 能 力 を 有 するならば この 利 点 は 長 期 にわたり 持 続 するものと 推 定 される であれば 一 期 間 でアウト パフォームする SAM は 次 の 期 間 も 同 様 にアウトパ フォームする 可 能 性 が 高 いであろう この 可 能 性 は 様 々なエージェンシー 効 果 や 競 争 圧 力 によって 相 殺 さ れる ファンドのパフォーマンスが 振 るわないマネ ジャーは 戦 略 の 変 更 や 運 用 者 の 交 代 を 図 り その 結 果 として 将 来 のパフォーマンスが 改 善 される 可 能 性 が 高 まる 9 パフォーマンス 上 位 のファンドを 運 用 するマ ネジャーは おそらく 証 券 分 析 にかかるテクノロジー の 変 化 意 欲 の 減 退 過 信 を 原 因 として 競 争 力 を 失 う 可 能 性 があり また 自 己 の 評 判 や 報 酬 を 守 るために ファンドのリスクを 引 き 下 げるかもしれない それと 等 しく 問 題 となるのは パフォーマンス 上 位 のマネ ジャーが 報 酬 を 引 き 上 げるか 多 くの 資 産 を 集 めすぎ て 過 去 と 同 じような 報 酬 控 除 後 の 超 過 リターンを 継 続 して 達 成 できなくなる(すなわち ある 時 点 でアク ティブ 運 用 にとって 規 模 の 不 利 益 となる) 可 能 性 であ る このように パフォーマンスが 持 続 しないことは 必 ずしもマネジャーにスキルがないことを 意 味 するも のではない 実 証 結 果 はまちまちであるが 投 資 信 託 のリターン は 適 度 に 持 続 す る よ う で あ る た だ し そ れ は Carhart の 4 ファクター モデル(1997)や Fama- French の 3 ファクター モデル(1993)を 用 いて スタイル バイアスを 考 慮 して 超 過 リターンを 調 整 し た 場 合 のみである 多 くの 関 連 する 研 究 のなかで 典 型 的 なものとして Harlow and Brown(2006)は ス タイル 調 整 後 リターンを 用 いると アウトパフォーム するファンドを 見 出 す 確 率 が 45 パーセントから 60 パーセントに 向 上 できることを 示 した 同 論 文 から 引 用 した 図 2 は 過 去 のアルファが 上 位 25%のファン ドが 将 来 に 報 酬 控 除 後 で 年 率 約 150 bps のアルファを 創 出 し て い る こ と を 示 し て い る Pástor and 20

23 Stambaugh (2002) は セクター バイアスを 調 整 す れば 結 果 をさらに 改 善 できることを 示 した 図 2 は ファンドのアルファに 見 られる 非 正 規 性 ( 歪 度 やファットテールなど)を 調 整 すると リター ンの 持 続 性 がより 高 いファンドを 特 定 する 確 率 が 高 ま ることを 示 した Kosowski, Timmermann, Wermers, and White(2006)の 研 究 結 果 も 示 している 直 観 的 に 一 部 の SAM はリターンがプラス 方 向 に 傾 いてお り 投 資 家 にとって 価 値 があると 考 えられる そのた め ランダム スキューネス (ファンドのリター ンに 観 測 される 統 計 的 に 有 意 ではない 歪 度 と 定 義 する) を 調 整 すれば 幸 運 だったマネジャーとアクティブ リターンにプラスのバイアス(または 歪 み)のあるマ ネジャーとを 識 別 することに 役 立 つであろう 調 査 結 果 は 持 続 性 が 短 期 間 ( 月 次 または 四 半 期 毎 ) で 最 も 強 く 見 られることを 示 しているが 3 年 から 4 年 といった 長 期 間 での 持 続 性 を 報 告 する 研 究 もある 10 ただし これらの 研 究 はいずれも ファンドのリバラ ンスによる 潜 在 的 コストを 考 慮 していない このコス トを 考 慮 すれば 過 去 のリターンあるいはリスク 調 整 後 パフォーマンスのみに 基 づいてアクティブ マネ ジャーを 選 ぶことがもたらしうる 付 加 価 値 は 軽 減 さ れるであろう ヘッジファンド マネジャーの 間 にスキルの 持 続 性 があることを 実 証 した 研 究 もある Kosowski, Naik, and Teo ( 2007 )は Kosowski, Timmermann, Wermers, and White(2006)のブートストラップ 法 をヘッジファンドにも 適 用 した ヘッジファンドの 非 正 規 的 なリターンを 考 慮 することは 特 に 重 要 である なぜなら 多 くのヘッジファンドが 行 う 動 的 戦 略 や 銘 図 2. 過 去 のパフォーマンスの 持 続 性 過 去 のアルファによる 十 分 位 将 来 の 年 率 アルファ(%) Kosowski Timmermann Wermers および White の 4 ファクター アルファ モデル Harlow および Brown の 3 ファクター アルファ モデル 注 :Harlow and Brown(2006)は 3 ファクター アルファ モデルを 用 いて 1973 年 年 にわたり 四 半 期 毎 にリバランスした Kosowski, Timmermann, Wermers, and White (2006) は 4 ファクター モデルを 3 年 間 のランキングで 使 用 し 1978 年 年 にわたり 年 次 でリバランスした 出 所 :Harlow and Brown(2006); Kosowski, Timmermann, Wermers, and White (2006) 21

24 柄 選 択 ( 各 種 デリバティブを 含 む)が ポートフォリ オのリターンを 明 らかに 非 正 規 的 なものとしているか らだ Kosowski, Naik, and Teo(2007)によれば 上 位 25%のヘッジファンド( 事 後 ベイズ 確 率 で 調 整 した 過 去 2 年 間 のアルファによるランク 付 け)は 翌 年 のパフォーマンスが 下 位 25%のファンドを 5.8% 上 回 った 通 常 の 単 純 な 最 小 二 乗 法 によるランキングで は 上 位 25%と 下 位 25%のマネジャー 間 に 有 意 な 差 は 見 られず ヘッジファンドのリターン 分 布 の 非 正 規 性 を 調 整 する 重 要 性 が 示 された Fung, Hsieh, Naik, and Ramadorai(2008)は Fung-Hsieh の 7 ファクター モデル(2004)を 用 い て 1995 年 から 2004 年 までの 期 間 におけるファン ド オブ ヘッジファンズのパフォーマンス リスク 資 本 形 成 を 検 証 した ファンド オブ ファンズは... 平 均 すると 1998 年 10 月 から 2000 年 3 月 までの 期 間 においてのみアルファを 創 出 したが 一 定 群 のファン ド オブ ファンズは より 長 期 にわたり 持 続 するア ルファを 創 出 した こうしたアルファを 生 み 出 してい るファンドは より 安 定 した 資 金 流 入 を 経 験 しており 解 約 の 可 能 性 が 相 対 的 に 低 い これらの 資 金 流 入 は 将 来 にアルファを 創 出 する 能 力 を 軽 減 するが それを 消 し 去 ってしまうわけではない 数 は 遥 かに 少 ないが 他 の 資 産 クラスや 運 用 手 段 に 関 する 研 究 も ヘッジファンドおよび 国 内 株 式 投 資 信 託 に 関 する 研 究 と 同 様 の 結 果 を 示 している Kaplan and Schoar ( 2005 ) は プ ラ イ ベ ー ト エ ク イ ティ ファンドのパフォーマンスに 持 続 性 があること を 示 した ただし 我 々が 調 査 した 他 の 投 資 分 野 とは 異 なり ゼネラル パートナーは 投 資 先 の 市 場 価 値 について 平 準 化 した 推 定 を 行 うことによって 見 か け 上 のパフォーマンスを 良 くする 時 がある 11 また これらのゼネラル パートナーがより 良 い 投 資 先 を 選 んでいるのか 投 資 先 企 業 を 監 督 する 優 れたスキルを 持 っているのか(あるいは 両 者 か)は 不 明 である Bers and Madura(2000)は アクティブに 運 用 されるクローズド エンド 型 ファンド(CEF)のリ ターンに 持 続 性 が 見 られることを 示 した この 結 果 が 注 目 される 理 由 は CEF が(ISA と 同 様 に) 定 期 的 な 資 金 の 流 出 入 を 気 にする 必 要 がないからである 資 金 の 流 出 入 は スキルの 識 別 をより 難 しくすることが ある(なぜなら オープン エンド 型 ファンドのマネ ジャーは 流 動 性 と 情 報 の 両 方 の 目 的 で 売 買 しなけれ ばならないからだ) Huij and Derwall(2008)は 債 券 ファンド なかでもハイイールド 債 ファンドにお いて 複 数 のベンチマークについて 調 整 した 後 にリ ターンの 持 続 性 があることを 実 証 した Busse, Goyal, and Wahal(2010)は ISA を 取 り 上 げた 数 少 ない 研 究 の 一 つである( 図 1 を 参 照 ) そ こでは 国 内 の 株 式 ファンドと 債 券 ファンドにおいて 1 年 間 までは 弱 い 持 続 性 があるが インターナショナ ル 株 式 ファンドの 持 続 性 は 低 いことを 示 した しかし 彼 らはシステマティック リスク( 国 通 貨 スタイ ルなど)を 調 整 しておらず それがインターナショナ ル ファンドにおいて リターンの 持 続 性 が 弱 い 研 究 結 果 を 説 明 するかもしれない Goyal and Wahal(2008)は 持 続 性 自 体 を 検 証 す るかわりに 機 関 投 資 家 スポンサーによる 採 用 および 解 約 の 判 断 を 調 べ 機 関 投 資 家 が 採 用 するマネジャー が 解 約 するマネジャーをアウトパフォームしていない ことを 示 した 12 マネジャーの 採 用 と 解 約 にはサー チ コストと 移 管 コストがかかるため 13 意 味 すると ころは 機 関 投 資 家 があまり 積 極 的 にマネジャーを 変 更 すべきではないということである しかし 機 関 投 資 家 はパフォーマンス 以 外 の 理 由 からマネジャーをし ばしば 変 更 するため この 調 査 結 果 は 投 資 家 がマネ ジャーを 変 更 する 時 は 慎 重 であるべきことを 意 味 して いるとしても リターンの 持 続 性 を 否 定 する 直 接 的 な 証 拠 とはならない つまり 投 資 家 がそうした 意 思 決 定 をする 際 には 過 去 のリターンを 適 切 に 調 整 し 移 管 コストなど 他 の 要 因 を 検 討 すべきである( 追 加 の 要 因 については 本 稿 の 後 段 で 論 じる) 22

25 過 去 のパフォーマンスを 評 価 する 際 には マネ ジャーの 寄 与 度 とファンド 運 用 会 社 の 寄 与 度 を 区 別 す ることは 困 難 となりうる 通 常 SAM が 良 好 なパ フォーマンスを 達 成 するにはチームの 支 援 を 必 要 とす るからだ Baks(2003)は 両 者 の 区 別 を 試 みて 投 資 プロセスにもよるが リターンの 持 続 性 の 10 パー セントから 50 パーセントをマネジャーの 寄 与 とし 残 りをファンド 運 用 会 社 や 他 の 要 因 によるものとした したがって 直 近 にファンド マネジャーが 変 更 され た 場 合 には 過 去 のパフォーマンスを 割 り 引 くことが 望 ましいかもしれない チーム アプローチや 定 量 プロ セスではなく 花 形 マネジャーに 依 存 するファンド では 特 にそうである 同 様 に 投 資 家 は 花 形 マネ ジャーを 転 職 先 まで 追 いかけることには 慎 重 であるべ きだ 表 1 に 持 続 性 に 関 するいくつかの 研 究 をまとめて ある これらを 含 む 研 究 結 果 に 基 づく 我 々の 結 論 とし て 投 資 家 は 過 去 のパフォーマンスを 分 析 することに よって SAM を 特 定 する 可 能 性 はあるが 非 正 規 的 なリターン 分 布 ( 歪 みやファット テールなど)およ び 各 種 スタイルやセクターのバイアスを 評 価 するにあ たっては 洗 練 されたパフォーマンス 要 因 分 析 システ ムを 用 いて 慎 重 に 考 慮 すべきである 洗 練 度 の 低 い 手 法 を 用 いるならば 過 去 のパフォーマンスに 基 づき 真 の SAM を 見 出 す 能 力 が 大 幅 に 減 じることになる さ らに 投 資 家 はマネジャー 変 更 によって 見 込 まれるパ フォーマンスの 改 善 が 移 管 コストに 見 合 うものかど うかを 慎 重 に 評 価 すべきである マクロ 経 済 予 測 :マクロ 経 済 予 測 に 関 する 研 究 では アクティブ マネジャーが 一 般 的 に 特 定 の 環 境 下 でパ フォーマンスが 相 対 的 に 高 いのか また 所 与 の 環 境 下 でパフォーマンスが 最 も 良 好 となるマネジャーを 事 前 に 予 測 することが 可 能 かどうかを 判 断 しようとする 言 い 換 えれば 状 況 次 第 で IAM が SAM に(または 逆 に)なることがあるかどうかである 結 果 は 極 めて 期 待 できそうではあるが この 戦 略 は 頻 繁 にマネ ジャー 変 更 を 行 うため マネジャー 移 管 コストを 控 除 した 後 の 利 点 は それほど 高 くないと 思 われる ファンドのアルファが 時 間 の 経 過 とともにシステマ ティックに 変 化 する 範 囲 では この 変 化 の 原 因 は (1) 内 在 するマクロ 経 済 への 感 応 度 ( 継 続 的 な 循 環 銘 柄 の オーバーウェイトなど) (2) 時 間 の 経 過 に 伴 うスキ 表 1. 過 去 のパフォーマンスの 持 続 性 論 文 資 産 クラス( 期 間 ) 調 査 結 果 Bers and Madura (2009) アクティブ クローズドエンド ファンド( ) リターン Harlow and Brown (2006) 株 式 投 資 信 託 ( ) スタイル 調 整 後 リターン Huij and Derwall (2008) 債 券 ファンド( ) ベンチマーク 調 整 後 リターン Bollen and Busse (2005) 株 式 投 資 信 託 ( ) 次 四 半 期 における 調 整 前 リターン Baks (2003) 株 式 投 資 信 託 ( ) ファンド マネジャー 固 有 リターン Kosowsk, Timmermann, Wermers, and White (2006) 株 式 投 資 信 託 ( ) ブートストラップ アルファ Busse, Goyal, and Wahal (2010) 機 関 投 資 家 単 独 運 用 ( ) 国 内 株 式 の 弱 いリターン Fung, Hsieh, Naik, and Ramadorai (2008) ヘッジ ファンズ オブ ファン ズ( ) アルファ Goyal and Wahal (2008) 機 関 投 資 家 単 独 運 用 ( ) 解 約 なし Jagannathan, Malakhov, and Novikov (2010) ヘッジファンド( ) 優 良 ファンドのみ Kosowski, Naik, and Teo (2007) ヘッジファンド( ) ベイジアン 手 法 で 計 測 したアルファ Kaplan and Schoar (2005) プライベート エクイティ ファ ンド( ) 割 引 キャッシュ 流 入 / 流 出 23

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF 年 金 資 産 運 用 に 関 する 実 務 ガイドライン 実 務 ガイドラインは 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 各 社 に 提 示 した 運 用 ガイドラインの 内 容 を 補 完 するものとして 策 定 したものである 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 運 用 ガイドライ ンの 内 容 について 実 務 上 必 要 な 解 説 を 加 え 内 容 を 具

More information

719000.xls

719000.xls マンスリーレポート 2016 年 8 月 31 日 現 在 みずほインデックス 投 資 戦 略 ファンド( 愛 称 : iパズル) 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 累 積 投 資 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 12,000 11,000 ファンドデータ 基 準 価 額 : 10,419 円 純 資 産 総 額 : 41.80 億 円 ファンド 設 定 日 : 2014

More information

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 ( 法 第 3 8 条 の8 第 1 項

More information

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 :2015 年 11 月 20 日 楽 天 グローバル バランス ( 安 定 型 / 成 長 型 / 積 極 型 ) ほうじょう ( 愛 称 ) 豊 饒 の 木 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 商 品 分 類 および 属 性 区 分 商 品 分 類 投 資 対 象 資 産 単 位 型 追 加 型 投

More information

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 )

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 ) シリーズ: 規 約 型 確 定 給 付 企 業 年 金 担 当 者 のための 資 産 運 用 入 門 Vol.2 年 金 資 産 運 用 のプロセス 企 業 年 金 の 担 当 者 にとって 資 産 運 用 の 責 任 とはなんでしょうか 仮 に 数 十 億 円 の 年 金 資 産 に 対 して 資 産 運 用 の 結 果 に 対 して 責 任 を 持 てと 言 われると サラリ ー マ ン で あ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

GSS1512_P004-011.indd

GSS1512_P004-011.indd レポート 資 産 運 用 会 社 を 取 り 巻 く 環 境 変 化 と 新 たな 成 長 戦 略 野 村 総 合 研 究 所 上 席 研 究 員 堀 江 貞 之 はじめに 日 本 の 資 産 運 用 ビジネスは 既 に 成 長 の 変 曲 点 を 越 えた 可 能 性 がある 2014 年 度 に 顧 客 から 預 かった 資 産 残 高 運 用 収 入 ともに 2007 年 度 のピークを 超

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

ファンドの 目 的 この 投 資 信 託 ( 以 下 本 ファンド という 場 合 があります )は 安 定 した 配 当 収 入 の 確 保 と 中 長 期 的 な 値 上 がり 益 の 獲 得 をめざして 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 主 として 外 国 投 資 信 託 証 券 C

ファンドの 目 的 この 投 資 信 託 ( 以 下 本 ファンド という 場 合 があります )は 安 定 した 配 当 収 入 の 確 保 と 中 長 期 的 な 値 上 がり 益 の 獲 得 をめざして 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 主 として 外 国 投 資 信 託 証 券 C 受 益 者 の 皆 様 へ 基 準 日 :2016 年 8 月 17 日 平 素 は 別 格 のご 高 配 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます この 度 本 ファンドは 2016 年 8 月 17 日 に 第 38 期 決 算 を 迎 え 当 期 の 収 益 分 配 金 を 以 下 の 通 り 決 定 いたしましたので ご 報 告 申 し 上 げます 収 益 分 配 金 (1 万 口 当

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

はじめに AIJ 投 資 顧 問 会 社 による 年 金 資 産 消 失 事 件 に 端 を 発 し 厚 生 年 金 基 金 特 に 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 制 度 への 信 頼 を 損 なうような 報 道 が 散 見 され 加 入 事 業 所 の 皆 様 は 全 国 測 量 業 厚 生

はじめに AIJ 投 資 顧 問 会 社 による 年 金 資 産 消 失 事 件 に 端 を 発 し 厚 生 年 金 基 金 特 に 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 制 度 への 信 頼 を 損 なうような 報 道 が 散 見 され 加 入 事 業 所 の 皆 様 は 全 国 測 量 業 厚 生 平成24年度 厚生年金基金制度の現状 全国測量業厚生年金基金 はじめに AIJ 投 資 顧 問 会 社 による 年 金 資 産 消 失 事 件 に 端 を 発 し 厚 生 年 金 基 金 特 に 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 制 度 への 信 頼 を 損 なうような 報 道 が 散 見 され 加 入 事 業 所 の 皆 様 は 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 の 状 況 に ついても

More information

利 回 り( 積 立 金 の 運 用 利 回 りから 名 目 賃 金 上 昇 率 を 差 し 引 いたものをいう )を 最 低 限 のリスクで 確 保 するよう 基 本 ポートフォリオを 定 め これを 適 切 に 管 理 する その 際 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動

利 回 り( 積 立 金 の 運 用 利 回 りから 名 目 賃 金 上 昇 率 を 差 し 引 いたものをいう )を 最 低 限 のリスクで 確 保 するよう 基 本 ポートフォリオを 定 め これを 適 切 に 管 理 する その 際 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 公 本 財 第 390の96 号 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 公 立 学 校 共 済 組 合 ( 以 下 当 共 済 組 合 という )は 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に

More information

(3) 保 険 期 間 の 始 期 は 保 険 契 約 の 成 立 した 日 とするものであること (4) 保 険 料 と 保 険 金 とは 相 殺 しないものであること 5 第 2 項 の 特 定 信 託 契 約 の 内 容 は 基 金 令 第 31 条 に 規 定 するもののほか 第 3 項 の

(3) 保 険 期 間 の 始 期 は 保 険 契 約 の 成 立 した 日 とするものであること (4) 保 険 料 と 保 険 金 とは 相 殺 しないものであること 5 第 2 項 の 特 定 信 託 契 約 の 内 容 は 基 金 令 第 31 条 に 規 定 するもののほか 第 3 項 の 日 本 金 型 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 ( 抜 粋 ) 第 1 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 及 び 業 務 の 委 託 ( 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 の 締 結 ) 第 83 条 この 基 金 は 法 第 13 条 の2 第 1 項 及 び 法 第 136 条 の3 第

More information

裁判所での法律相談センター広報について

裁判所での法律相談センター広報について 法 曹 人 口 問 題 に 関 する 各 会 員 の 現 状 及 び 意 見 等 の 調 査 回 答 受 付 期 間 平 成 22 年 1 月 14 日 ~4 月 28 日 回 答 数 173 名 総 会 員 数 ( 平 成 22 年 4 月 30 日 時 点 ) 486 名 回 答 率 35.59% 資 料 1 アンケート 結 果 についての 分 析 2 アンケート 結 果 (グラフによる 集 計

More information

株主総会タイトル

株主総会タイトル GIPS2010 不 動 産 プライベート エクイティ 基 準 の 解 説 GIPSセミナーシリーズ 第 4 回 平 成 23 年 2 月 4 日 桒 原 洋 SAAJ 投 資 パフォーマンス 基 準 委 員 会 委 員 長 GIPS Interpretations Subcommittee 委 員 ( 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 ) 内 容 1. 第 I 章 第 6 節 不 動 産

More information

図 1 キャッシュバランス 型 年 金 と 確 定 給 付 型 年 金 図 2 年 金 債 務 と 割 引 率 の 関 係 年 金 債 務 年 金 債 務 の 増 加 金 利 の 低 下 金 利 ( 割 引 率 ) 最 終 給 与 比 例 方 式 が 一 般 に 普 及 していますが こ の 場 合

図 1 キャッシュバランス 型 年 金 と 確 定 給 付 型 年 金 図 2 年 金 債 務 と 割 引 率 の 関 係 年 金 債 務 年 金 債 務 の 増 加 金 利 の 低 下 金 利 ( 割 引 率 ) 最 終 給 与 比 例 方 式 が 一 般 に 普 及 していますが こ の 場 合 2002.8 キャッシュバランス 型 年 金 制 度 の 導 入 と 資 産 運 用 上 の 課 題 1 年 金 研 究 センター 主 任 研 究 員 藤 林 宏 1. キャッシュバランス 型 年 金 とは 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 より 施 行 され ました 同 法 の 施 行 によって 従 来 は 導 入 が 不 可 能 と 見 られていたキャッシュバランス

More information

野村資本市場研究所|課税繰延措置を導入した中国の確定拠出型企業年金の展望(PDF)

野村資本市場研究所|課税繰延措置を導入した中国の確定拠出型企業年金の展望(PDF) 特 集 1: 私 的 年 金 拡 充 策 課 税 繰 延 措 置 を 導 入 した 中 国 の 確 定 拠 出 型 企 業 年 金 の 展 望 1 課 税 繰 延 措 置 を 導 入 した 中 国 の 確 定 拠 出 型 企 業 年 金 の 展 望 関 根 栄 一 杜 進 ( 翻 訳 協 力 ) 要 約 1. 中 国 では 2013 年 12 月 6 日 財 政 部 人 力 資 源 社 会 保 障

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと 2008.2 日 興 AMファンドアカデミー ベーシック 改 めて 今 分 配 金 について 日 興 アセットマネジメントが お 伝 えしたいこと? お 客 様 から 分 配 金 は 下 がるのか? あと 何 カ 月 くらい 今 の 分 配 金 が 続 けられるのか? というお 問 い 合 わせを 受 けることが 多 くなってきました それに 対 して 明 確 なお 返 事 やお 約 束 をすることはできません

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

2 / 6 通 貨 別 配 分 比 率 (2016 年 5 月 末 ) スウェーデン クロー ナ, 1.2% オーストラリア ドル, 2.7% その 他, 4.7% 英 ポンド, 6.4% 米 ドル, 49.7% ユーロ, 35.4% 比 率 は 各 組 入 ファンドにおける 債 券 ポートフォリオ

2 / 6 通 貨 別 配 分 比 率 (2016 年 5 月 末 ) スウェーデン クロー ナ, 1.2% オーストラリア ドル, 2.7% その 他, 4.7% 英 ポンド, 6.4% 米 ドル, 49.7% ユーロ, 35.4% 比 率 は 各 組 入 ファンドにおける 債 券 ポートフォリオ 1 / 6 投 資 者 の 皆 さまへ 基 準 価 額 純 資 産 の 推 移 2016 年 6 月 30 日 現 在 ダイワファンドラップ 専 用 投 資 信 託 ダイワファンドラップ 外 国 債 券 セレクト Monthly Fund Report 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 信 託 期 間 : 平 成 19 年 11 月 1 日 から 無 期 限 基 準 日 : 2016 年

More information

いて 考 える 特 に アベノミクスを 契 機 にインフレ が 従 来 以 上 に 現 実 味 を 帯 びてきたことを 踏 まえ 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 と 想 定 利 回 りの 関 係 に 焦 点 を 当 てる 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 の 現 状 上 述 のよ

いて 考 える 特 に アベノミクスを 契 機 にインフレ が 従 来 以 上 に 現 実 味 を 帯 びてきたことを 踏 まえ 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 と 想 定 利 回 りの 関 係 に 焦 点 を 当 てる 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 の 現 状 上 述 のよ 2014 年 9 月 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 は 想 定 利 回 りで 良 いのか? インフレ 局 面 における 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 を 考 える 揺 らぐ 公 的 年 金 と 高 まる 自 助 努 力 の 必 要 性 2014 年 6 月 に 厚 生 労 働 省 より 公 的 年 金 の 財 政 検 証 結 果 が 発 表 された 今 回 は 複 数 のシナリオを

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc)

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc) 1. 経 営 管 理 フレームとしての 基 本 的 な 特 徴 アメーバ 経 営 は 経 営 管 理 の 仕 組 みの 側 面 から 見 ると 時 間 当 り という 利 益 効 率 指 標 を 中 核 に 置 いた 部 門 別 採 算 管 理 手 法 であると 言 える 以 下 にその 重 要 な 特 徴 について 述 べる 1 時 間 当 り という 指 標 時 間 当 り の 求 め 方 は

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

超高齢社会に向けた家計金融資産運用

超高齢社会に向けた家計金融資産運用 特 集 超 高 齢 日 本 の 再 構 想 中 里 幸 聖 / 佐 川 あぐり/ 中 田 理 惠 要 約 超 高 齢 社 会 となるわが 国 は 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 要 因 を 抱 えている 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 は 最 終 需 要 にマイナス 要 素 であると 同 時 に 実 物 投 資 の 原 資 減 少 という 形 で 生 産 活 動 にもマイナス 要 素

More information

の 属 性 等 を 用 いることができるからだ (インターネットによるアンケート 調 査 の 利 点 は 同 じ 回 答 者 に 対 して 繰 り 返 し 調 査 を 行 えるところにある ) 1-2 アンケート 調 査 のデザイン 以 下 では 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 ア

の 属 性 等 を 用 いることができるからだ (インターネットによるアンケート 調 査 の 利 点 は 同 じ 回 答 者 に 対 して 繰 り 返 し 調 査 を 行 えるところにある ) 1-2 アンケート 調 査 のデザイン 以 下 では 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 ア 1. 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 アンケート 調 査 に 基 づいた 研 究 1-1 調 査 の 実 施 概 要 について 近 未 来 課 題 解 決 事 業 では 平 成 20 年 度 に 地 震 保 険 に 関 する 消 費 者 意 識 調 査 を 実 施 した その 手 法 としては NRI のインターネットリサーチサービスを 利 用 日 本 全 国 に 在 住 する 一

More information

厚生年金保険給付積立金等の管理運用の方針

厚生年金保険給付積立金等の管理運用の方針 厚 生 年 金 保 険 給 付 積 立 金 等 の 管 理 運 用 の 方 針 ( 平 成 27 年 9 月 30 日 制 定 ) 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 ( 以 下 私 学 事 業 団 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 第 7 9 条 の6 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 同 法 第 79 条 の4 第 1 項 に 規 定 する 積 立 金 基 本 指 針

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

図 4-4 国 内 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 図 4-5 国 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 83

図 4-4 国 内 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 図 4-5 国 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 83 4-4-3 高 齢 化 する 東 アジアの 金 融 市 場 の 課 題 このように 東 アジアの 金 融 市 場 は 特 に 債 券 市 場 で 脆 弱 性 が 目 立 つ この 脆 弱 性 を 改 善 し 年 金 基 金 等 の 効 率 的 な 資 産 配 分 に 資 する 金 融 市 場 債 券 市 場 とするため ADB 世 界 銀 行 等 は 以 下 のような 改 革 課 題 を 指 摘 している

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地 平 成 24 年 度 損 保 1 1 損 保 1( 問 題 ) 第 Ⅰ 部 問 題 1. 次 の(1)~(5)の 各 問 に 解 答 しなさい 解 答 は 解 答 用 紙 の 所 定 の 欄 に 記 入 すること 各 5 点 (1) 傷 害 保 険 において 1 被 保 険 者 の 職 業 職 種 2 被 保 険 者 の 年 齢 および3 担 保 危 険 の 時 間 的 制 限 の 各 要 素 が

More information

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 率 に 関 する 一 考 察 三 井 住 友 信 託 銀 行 ペンション リサーチ センター 研 究 理 事 杉 田 健 要 旨 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 は 将 来 部 分 の 均 衡 のみによって 計 算 されており 予 定 利 率 の 引 下 げ 等 の 後 発 債 務 の 償 却 を 反 映 していないが 本 稿 では 後

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 地 方 職 員 共 済 組 合 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E4649838A8354815B8360838C83728385815B8CB48D658169837B838983658342838A83658342938A8E9182C6838A8358834E816A5F66696E616C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E4649838A8354815B8360838C83728385815B8CB48D658169837B838983658342838A83658342938A8E9182C6838A8358834E816A5F66696E616C2E646F6378> ボラティリティ 投 資 とリスク ボラティリティ エクスポージャーのリス ク 低 減 効 果 について Research Report 2015 年 3 18 投 資 学 研 究 所 佐 藤 史 仁 要 約 2008 年 9 のリーマン ブラザーズ 破 綻 に 始 まり 世 界 的 な 融 危 機 へと 発 展 したリーマンショックでは 世 界 の 株 式 市 場 が きな 下 落 に 舞 われ 株

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF)

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF) 特 集 : 貯 蓄 から 投 へ 新 たな 展 開 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 小 島 俊 郎 要 約 1. 我 が 国 大 学 短 大 進 学 率 は 1992 年 に 38.9%だったが 2014 年 には 56.7% と 高 専 専 門 学 校 を 加 えた 高 等 教

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま

株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま 証 券 会 社 が 破 たんした 場 合 のセーフティネット 投 資 者 の 保 護 について 証 券 会 社 が 破 たんしたら 株 式 や 債 券 はどうなるのですか? 破 たんした 証 券 会 社 の 発 行 した 株 式 や 社 債 に 投 資 した 場 合 で なければ 資 産 は 返 還 されます 2009 年 1 月 5 日 から 上 場 会 社 の 株 券 電 子 化 が スタートしました

More information

Microsoft Word _受益者向けレター.doc

Microsoft Word _受益者向けレター.doc 受 益 者 の 皆 様 へ 2010 年 5 月 10 日 キャピタル インターナショナル 株 式 会 社 基 準 価 額 の 動 向 と 今 後 の 投 資 環 境 について キャピタル 世 界 株 式 ファンド ギリシャの 財 政 悪 化 に 伴 う 信 用 不 安 を 発 端 に 世 界 の 株 式 市 場 が 大 きく 下 落 しています 4 月 27 日 には 大 手 格 付 会 社 がギリシャ

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

2012年9月19日収録セミナーDL資料

2012年9月19日収録セミナーDL資料 バークレイズのETN 講 座 ~ ipath VIXシリーズ 投 資 のポイント ~ (アイパス ビックス シリーズ) 第 1 部 : VIXに 関 連 する 指 数 とiPath VIXシリーズの 概 要 商 号 等 / バークレイズ 証 券 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 143 号 加 入 協 会 / 日 本 証 券 業 協 会 社

More information

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料 2012.6.1 地 震 保 険 制 度 に 関 するPT 生 活 設 計 の 観 点 からみた 望 まれる 地 震 保 険 制 度 とは 生 活 設 計 塾 クルー 取 締 役 清 水 香 本 日 の 内 容 1. 現 状 の 確 認 2. 商 品 性 見 直 しについてのいくつかの 提 案 C2012 KAORI SHIMIZU 2 1. 現 状 の 確 認 C2012 KAORI SHIMIZU

More information

運 用 経 過 期 中 の 基 準 価 額 等 の 推 移 (2015 年 3 月 21 日 ~2015 年 9 月 24 日 ) ( 円 ) 15,000 ( 百 万 円 ) 1,200 14,000 1,100 13,000 1,000 12,000 900 11,000 800 10,000

運 用 経 過 期 中 の 基 準 価 額 等 の 推 移 (2015 年 3 月 21 日 ~2015 年 9 月 24 日 ) ( 円 ) 15,000 ( 百 万 円 ) 1,200 14,000 1,100 13,000 1,000 12,000 900 11,000 800 10,000 LM オーストラリア 高 配 当 株 ファンド( 年 2 回 決 算 型 ) 追 加 型 投 信 / 海 外 / 資 産 複 合 交 付 運 用 報 告 書 第 5 期 ( 決 算 日 2015 年 9 月 24 日 ) 作 成 対 象 期 間 (2015 年 3 月 21 日 ~2015 年 9 月 24 日 ) 第 5 期 末 (2015 年 9 月 24 日 ) 基 準 価 額 10,911

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63> 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 具 体 的 な 方 針 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 警 察 共 済 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 ( 以 下 基 本 的 な 方 針 という

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478> 投 資 者 の 皆 さまへ ( 販 売 用 資 料 ) (2016 年 5 月 作 成 ) 課 税 上 は 株 式 投 資 信 託 として 取 扱 われます 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 )のご 請 求 お 申 込 み 設 定 運 用 < 販 売 会 社 > 商 号 等 大 和 証 券 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 )

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

1. はじめに サブプライム 問 題 後 の 急 激 な 円 高 に 伴 い 外 貨 建 資 産 の 価 値 が 大 きく 低 下 したとして 税 務 申 告 で 認 識 した 評 価 損 を 国 税 局 が 認 めず 追 徴 課 税 された 事 例 がある そこで 本 稿 では 外 貨 建 資 産

1. はじめに サブプライム 問 題 後 の 急 激 な 円 高 に 伴 い 外 貨 建 資 産 の 価 値 が 大 きく 低 下 したとして 税 務 申 告 で 認 識 した 評 価 損 を 国 税 局 が 認 めず 追 徴 課 税 された 事 例 がある そこで 本 稿 では 外 貨 建 資 産 旬 刊 経 理 情 報 No.1231 平 成 21 年 11 月 10 日 発 行 会 計 との 相 違 点 に 注 意! 外 貨 建 資 産 等 の 換 算 の 税 務 上 のポイント 税 理 士 蝦 名 和 博 税 理 士 大 友 みどり Contents 1. はじめに 2. 外 貨 建 資 産 等 の 換 算 3. 期 末 時 の 換 算 方 法 と 届 出 書 (1) 換 算 方 法 の

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

セカンドライフは 公 的 年 金 が 支 えています 人 生 にはさまざまなライフイベントがあり そ れ ぞ れ の ラ イ フ イベ ン ト を 実 行 するには 大 きな 支 出 を 伴 うことがあります 特 にセカンドライフは 必 要 資 金 額 が 大 きくなる 可 能 性 があります 公

セカンドライフは 公 的 年 金 が 支 えています 人 生 にはさまざまなライフイベントがあり そ れ ぞ れ の ラ イ フ イベ ン ト を 実 行 するには 大 きな 支 出 を 伴 うことがあります 特 にセカンドライフは 必 要 資 金 額 が 大 きくなる 可 能 性 があります 公 販 売 用 資 料 /2015.7 東 京 海 上 年 金 運 用 型 戦 略 ファンド ( 年 1 回 決 算 型 ) 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 愛 称 の 年 金 ぷらす とは 将 来 の 年 金 受 給 とは 別 の ゆとりあるセカンドライフ に 備 えた 資 産 づくりを めざすことを 意 味 しており 当 ファンドをお 申 込 みいただくことで 年 金 額 が 上

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

 

  法 令 改 正 にともない 投 資 信 託 は 交 付 運 用 報 告 書 と 運 用 報 告 書 ( 全 体 版 ) を 分 けて 作 成 することとなりました 今 後 受 益 者 の 皆 様 のお 手 元 へは 交 付 運 用 報 告 書 をお 届 けいたします 全 体 版 はお 問 い 合 わ せ 先 の 下 に 記 載 の 方 法 にて 閲 覧 いただくことがで きます 第

More information

2 1.ESOPとは (1)ESOPの 概 要 ESOP は 1950 年 代 に 投 資 銀 行 家 ルイス ケルソ 氏 が 提 唱 し 上 院 議 員 ラッセル ロング 氏 の 支 持 を 得 て 1974 年 の 従 業 員 退 職 所 得 保 障 法 (ERISA 法 ) 制 定 により 実

2 1.ESOPとは (1)ESOPの 概 要 ESOP は 1950 年 代 に 投 資 銀 行 家 ルイス ケルソ 氏 が 提 唱 し 上 院 議 員 ラッセル ロング 氏 の 支 持 を 得 て 1974 年 の 従 業 員 退 職 所 得 保 障 法 (ERISA 法 ) 制 定 により 実 1 買 収 防 衛 策 にとどまらないESOP ~ 上 手 く 活 用 すれば 従 業 員 一 般 株 主 にもメリット 大 和 総 研 企 業 財 務 戦 略 部 深 澤 寛 晴 要 約 従 業 員 持 株 制 度 (ESOP 米 国 の 株 式 報 酬 制 度 )への 注 目 が 徐 々に 高 まっている ESOP を 巡 る 議 論 は 買 収 防 衛 策 など 経 営 者 の 視 点 に 偏

More information

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし -

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし - REPORT 適 格 退 職 年 金 廃 止 後 の 企 業 年 金 に 関 する 一 考 察 - 確 定 給 付 企 業 年 金 数 の 増 加 対 策 の 検 討 を 開 始 すべし - 鈴 木 政 司 生 活 設 計 研 究 部 主 任 研 究 員 要 旨 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 に 施 行 されたことから 10 年 間 の 移 行 期 間 を 経 て 2012

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

買ってはいけない!? 外国人が大量に買った株

買ってはいけない!? 外国人が大量に買った株 Report Ⅰ 買 ってはいけない!? 外 国 人 が 大 量 に 買 った 株 金 融 研 究 部 主 任 研 究 員 井 出 真 吾 side@nli-research.co.jp 1 はじめに 日 本 の 株 式 市 場 で 外 国 人 の 存 在 感 が 増 している そのせいもあるのか 2013 年 3 月 期 の 決 算 発 表 が 本 格 化 した 頃 から 外 国 人 が 大 量

More information

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板 疑 義 照 会 ( ) その 他 3 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 資 格 取 得 日 に 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 に 申 請 日 の 受 理 日 より 以 前 の 日 に 遡 及 することの 可 否 をご 教 示 願 います 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 には 厚 生 年 金 保 険 法 第 10 条 第 1 項

More information

タイトル

タイトル 経 済 トレンド 子 ども 手 当 ての 意 義 を 考 える ~ 拙 速 な 廃 止 は 将 来 の 労 働 力 を 質 量 の 両 面 から 減 少 させることに~ 経 済 調 査 部 柵 山 順 子 ( 要 旨 ) 東 日 本 大 震 災 の 復 興 財 源 案 の 一 つとして 子 ども 手 当 ての 廃 止 が 議 論 されている 子 ども 手 当 て 廃 止 が 様 々な 世 帯 にどのような

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本 資 料 2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 制 度 分 科 会 報 告 超 高 齢 日 本 における 政 府 財 政 の 課 題 と 長 期 展 望 株 式 会 社 大 和 総 研 調 査 提 言 企 画 室 長 鈴 木 準 hitoshi.suzuki@dir.co.jp 214 年 3 月 1 日 Japanese Economic Research 財 政 問 題 の 長 期 展 望

More information

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ 日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネタリー ベースを 倍 増 して2 年 程 度 で 消 費 者 物 価 上 昇 率 2 % という 日

More information

M3784-20150731.xls

M3784-20150731.xls 1 / 6 投 資 者 の 皆 さまへ 基 準 価 額 純 資 産 の 推 移 2015 年 7 月 31 日 現 在 基 準 価 額 純 資 産 総 額 期 間 別 騰 落 率 期 間 1カ 月 間 3カ 月 間 6カ 月 間 1 年 間 3 年 間 5 年 間 年 初 来 設 定 来 12,601 円 912 億 円 ファンド +1.3 % +0.6 % +0.7 % +12.6 % +56.4

More information

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

1 利 回 り 面 におけるJリートの 魅 力 足 下 でJリートの 利 回 り 格 差 は 拡 大 16 年 1 月 日 銀 によるマイナス 金 利 政 策 導 入 によって 金 利 全 般 が 低 下 する 中 足 下 でJリートの 配 当 利 回 りと 1 年 国 債 利 回 りとの 格 差

1 利 回 り 面 におけるJリートの 魅 力 足 下 でJリートの 利 回 り 格 差 は 拡 大 16 年 1 月 日 銀 によるマイナス 金 利 政 策 導 入 によって 金 利 全 般 が 低 下 する 中 足 下 でJリートの 配 当 利 回 りと 1 年 国 債 利 回 りとの 格 差 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 日 銀 によるマイナス 金 利 政 策 導 入 が 追 い 風 となるJリート 販 売 用 資 料 /データ 基 準 日 :16 年 3 月 31 日 平 素 は をご 愛 顧 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 日 銀 がマイナス 金 利 政 策 を 導 入 し 足 下 で 日 本 国 内 における 国 債 等 の 金 利 は 急 低

More information

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関 Ⅲ オブズマの 発 意 による 調 査 ( 平 成 25 年 度 ) 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 については 持 分 に 関 係 なく 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていますが 札 幌 市 の 場 合 共 有 代 表 者 のみに 納 税 通 知 書

More information

Microsoft Word - ☆f.doc

Microsoft Word - ☆f.doc 第 1 問 問 1 正 解 2 6,000 千 円 給 与 所 得 の 金 額 は 次 の 式 より 求 める 給 与 所 得 の 金 額 = 収 入 金 額 - 給 与 所 得 控 除 額 まず 給 与 所 得 控 除 額 を 設 例 の 中 の 速 算 表 から 求 め 次 に 上 記 計 算 式 より 給 与 所 得 控 除 後 の 金 額 を 求 めることになる 給 与 所 得 控 除 額

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

公的年金運用改革は一元化後に本格化するか

公的年金運用改革は一元化後に本格化するか 金 融 資 本 市 場 2015 年 11 月 16 日 全 9 頁 公 的 年 金 運 用 改 革 は 一 元 化 後 に 本 格 化 するか 被 用 者 年 金 一 元 化 を 見 据 え 各 共 済 組 合 等 も 資 産 構 成 に 変 化 がみられる 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 公 的 年 金 の 資 産 総 額 は 205.4 兆 円 と 8 年 ぶりに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自 拡 大 する 確 定 拠 出 年 金 ( DC) 制 度 と マイナス 金 利 時 代 の 運 用 1.はじめに 確 定 拠 出 年 金 (DC: Defined Contribution) 制 度 の 改 正 により 60 歳 未 満 であればだれでも DC 制 度 に 加 入 できることになりました 具 体 的 には 企 業 年 金 制 度 があるものの DC 制 度 はない 企 業 に 勤 務

More information