2016在留邦人向け「安全の手引き」フィンランド

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2016在留邦人向け「安全の手引き」フィンランド"

Transcription

1 安 全 の 手 引 き ( 緊 急 事 態 に 備 えた 心 構 え) 2016 年 2 月 24 日 在 フィンランド 日 本 国 大 使 館 目 次 Ⅰ.はじめに Ⅱ. 防 犯 の 手 引 き 1. 防 犯 の 基 本 的 な 心 構 え 2.フィンランドにおける 犯 罪 発 生 状 況 及 び 日 本 人 の 被 害 事 例 3. 防 犯 のための 具 体 的 な 注 意 事 項 4. 交 通 事 情 及 び 事 故 対 策 5. 原 発 事 情 及 び 事 故 対 策 6.テロ, 誘 拐 等 対 策 7. 緊 急 連 絡 先 8.いざというときのためのフィンランド 語 フレーズ Ⅲ. 緊 急 事 態 対 処 マニュアル 1. 平 素 の 準 備 と 心 構 え 2. 緊 急 時 の 行 動 3. 緊 急 事 態 に 備 えてのチェックリスト Ⅳ.おわりに 本 文 Ⅰ.はじめに 森 と 湖 の 国 フィンランドは, 自 然 豊 かで 静 かな 国 です ムーミンやサン タクロース,オーロラなどから 癒 し, 幻 想 などの 良 いイメージをお 持 ち の 方 も 多 いと 思 いますが, 残 念 ながら 犯 罪 や 危 険 と 無 縁 ではありません この 手 引 きは, 在 留 邦 人 や 旅 行 者 の 皆 様 が 安 全 に 生 活 するための 基 礎 的 な 情 報 を 提 供 することを 目 的 として 作 成 しました この 手 引 きが, 皆 様 の 安 全 対 策 の 一 助 となれば 幸 いです

2 Ⅱ. 防 犯 の 手 引 き 1. 防 犯 の 基 本 的 な 心 構 え 安 全 の 三 原 則 その1 用 心 すること ( 日 頃 から 治 安 情 報 等 の 収 集 に 努 めること) その2 目 立 ち 過 ぎないこと ( 行 動, 財 産 等 を 知 られないこと) その3 平 静 さを 保 つこと ( 不 測 の 事 態 にも 決 して 慌 てないこと) 2.フィンランドにおける 犯 罪 発 生 状 況 及 び 日 本 人 の 被 害 事 例 フィンランドにおける 最 近 の 犯 罪 発 生 状 況 ( 出 典 :フィンランド 統 計 局 ) 犯 罪 形 態 / 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2014 年 窃 盗 148, , , , ,141 強 盗 1,508 1,622 1,567 1,657 1,416 殺 人 暴 行 33,082 40,171 38,231 35,515 32,928 強 姦 818 1,039 1, ,009 飲 酒 運 転 21,130 21,459 19,134 17,994 17,608 覚 せい 剤 麻 薬 等 19,724 20,394 20,102 22,656 21,781 合 計 ( 上 記 犯 罪 以 外 を 含 む) 431, , , , ,898 日 本 人 の 被 害 事 例 とその 対 応 策 日 本 人 が 遭 う 被 害 の 大 半 は, 置 き 引 きやスリなどの 窃 盗 被 害 ですが,その 多 くは, 防 犯 意 識 と 対 応 策 によって 未 然 に 防 止 できると 言 えます 置 き 引 き 事 例 レストランにおいて, 座 席 にカバンを 置 いたまま, 料 理 を 取 りに 行 った 座 席 に 戻 ったとき,カバンが 窃 取 ( 置 き 引 き)されていることに 気 付 いた これは, 毎 年, 旅 行 者 の 被 害 として 一 番 多 い 事 例 です レストランのほか,

3 電 車 の 中 やお 土 産 屋 等 においても 発 生 しています 荷 物 からは 絶 対 に 目 を 離 さ ないこと, 貴 重 品 は 肌 身 離 さず 持 っておくことが 大 事 です スリ 事 例 マーケット 広 場 において,リュックサックを 背 負 いながら 買 い 物 していた ホテルに 戻 ってリュックサックを 開 けたとき, 中 身 ( 財 布,カメラ 等 )が 窃 取 (スリ)されていることに 気 付 いた これも, 多 発 している 事 例 です 混 雑 する 場 所 においては, 荷 物 は 背 負 わず に 体 の 正 面 で 持 つことが 効 果 的 です 詐 欺 事 例 街 中 で 見 知 らぬ 人 に 声 を 掛 けられた 優 しそうな 人 だったので 安 心 して 会 話 を 楽 しんでいたところ,しばらくしてお 金 を 貸 してほしいと 頼 まれた 話 振 り などから 信 用 できると 判 断 し, 連 絡 先 を 交 換 した 上 でお 金 を 渡 したが,その 後, 連 絡 は 取 れず,お 金 を 詐 取 されたことに 気 付 いた 近 年,ヨーロッパ 各 地 で 発 生 しており, 特 に 日 本 人 が 狙 われやすい 事 例 です いかなるときも 用 心 を 怠 らないこと, 見 知 らぬ 人 を 信 用 しないことが 大 事 です 3. 防 犯 のための 具 体 的 な 注 意 事 項 (1) 住 居 における 注 意 事 項 昼 夜 を 問 わず, 日 頃 から 確 実 な 施 錠 を 心 掛 けること 訪 問 者 は 必 ずインターホン 等 で 確 認 し, 未 確 認 のままドアを 開 けないこ と 日 頃 から 住 居 周 辺 の 不 審 な 車 や 人 物 に 気 を 配 ること 不 審 者 等 を 発 見 の 際 には, 直 接 対 処 せず, 速 やかに 警 察 に 通 報 すること 差 出 人 等 不 明 の 郵 便 物 はむやみに 開 封 しないこと 旅 行 などにより 住 居 を 長 期 不 在 にする 場 合 は, 信 頼 できる 友 人 や 隣 人 に 声 を 掛 けておくこと 郵 便 箱 に 郵 便 物 が 溜 まったままの 場 合 や, 庭 の 草 や 雪 に 手 入 れが 見 られないままの 場 合 には, 空 き 巣 に 狙 われやすいと 言 わざるを 得 ません ( 住 居 を 選 ぶ 際 における 注 意 事 項 )

4 周 辺 の 治 安 状 況 が 良 いこと 敷 地 内 及 び 周 辺 に 十 分 な 夜 間 照 明 があること (フィンランドでは, 首 都 圏 を 含 む 南 部 においても, 冬 季 は 午 後 3 時 ころから 翌 午 前 9 時 ころまで 夜 間 の 状 態 になります ) 車 庫 ( 駐 車 場 )が 敷 地 内 にあること (2) 外 出 時 における 注 意 事 項 目 立 つ 恰 好, 華 美 な 服 装, 豪 華 な 装 飾 品 の 着 用 は 極 力 避 けること 大 金 を 持 ち 歩 かないこと 不 審 な 人 物 の 接 近 や 尾 行 に 気 を 付 けること 酔 っ 払 いに 近 づかないこと 夜 間 に 単 独 で 外 出 しないこと 冬 季 に 外 出 する 際 は, 車 に 轢 かれないよう 上 着 にリフレクター( 反 射 板 ) を 着 けること 自 動 車 を 駐 車 する 際 には, 必 ず,ドアをロックし,バッグなどを 車 外 か ら 見 える 場 所 に 置 かないこと (3)その 他 の 注 意 事 項 貴 重 品, 自 転 車 等 には, 可 能 な 限 り, 消 すことが 難 しい 目 印 等 を 付 ける こと これにより, 発 見 されたときに 手 元 に 戻 る 可 能 性 が 増 え,また, 転 売 されることが 難 しくなる 4. 交 通 事 情 及 び 事 故 対 策 (1) 交 通 事 情 フィンランドにおけるドライバーのマナーは 必 ずしも 良 くありません 信 号 機 のない 横 断 歩 道 では 歩 行 者 優 先 です 優 先 道 路 を 除 き, 信 号 機 のない 交 差 点 では 右 側 から 進 入 してくる 車 両 に 優 先 権 があります バスが 停 留 所 から 走 行 車 線 に 入 る 際 にはバスに 優 先 権 があります トラム( 路 面 電 車 )は 常 に 優 先 となります トラムの 車 線 と 車 の 車 線 が 重 なる 場 所 がありますので, 運 転 中 はトラムの 走 行 にも 注 意 を 払 う 必 要 があります 一 年 を 通 じて, 運 転 中 はヘッドライトの 点 灯 義 務 があります 冬 季 (12 月 ~2 月 )は, 冬 用 タイヤの 着 用 が 義 務 付 けられています

5 (2) 事 故 対 策 車 を 運 転 する 際 には, 車 間 距 離 を 十 分 に 取 り, 周 囲 の 交 通 状 況 にご 注 意 ください フィンランドは 全 体 的 に 道 路 が 広 く, 長 い 直 線 道 路 も 多 いため,スピー ド 超 過 による 事 故 にご 注 意 ください 冬 季 は, 気 温 が 低 く, 日 照 時 間 が 短 いため, 路 面 が 凍 結 したり, 照 明 が 十 分 でない 時 間 帯 がありますので, 特 に 歩 行 者 には 細 心 の 注 意 が 必 要 で す 鹿 などの 大 型 動 物 との 接 触 による 死 亡 事 故 も 発 生 していますので, 注 意 標 識 がある 場 所 での 運 転 はご 注 意 ください 5. 原 発 事 情 及 び 事 故 対 策 (1) 原 発 事 情 現 在,フィンランド 国 内 においては,4 基 (2 箇 所 )の 原 子 力 発 電 所 が 稼 働 しており, 原 子 力 安 全 センター(STUK)が24 時 間 監 視 を 続 けていま す フィンランド 各 地 にはシェルター(VAESTONSUOJA)が 設 置 されてお りますので, 在 留 邦 人 の 皆 様 は,あらかじめ 居 住 地 区 のシェルターについ て,ご 確 認 ください (2) 事 故 対 策 万 一 の 事 故 に 備 え,10 日 分 の 食 料 や 水, 携 帯 ラジオ, 予 備 電 池, 放 射 性 ヨウ 素 を 排 出 するためのヨード 錠 剤 等 の 医 薬 品 を 用 意 することをお 勧 めします ヨード 錠 剤 (JODI)は, 薬 局 にて 購 入 可 能 です 非 常 事 態 に 際 しては,サイレンにより 避 難 指 示 等 を 受 けることがありま す 指 示 に 従 って 速 やかに 行 動 し, 自 宅 等 に 待 機 する 場 合 には,ドア, 窓, 換 気 扇 等 を 確 実 に 施 錠 し,エアコン 等 の 電 源 も 切 ってください また, 非 常 事 態 においては, 極 力, 電 話 回 線 の 使 用 を 控 え, 情 報 収 集 に はラジオをご 利 用 ください NHK ワールドラジオ 日 本 の 周 波 数 (ヨーロッパ) 17660kHz(グリニッジ 標 準 時 5:00-5:30 英 語 のみ)

6 6.テロ, 誘 拐 等 対 策 フィンランドにおいては, 現 在 のところ, 日 本 人 や 日 系 企 業 に 対 するテロ, 誘 拐 等 の 標 的 となる 具 体 的 な 脅 威 は 見 当 たりませんが,これらの 事 案 に 巻 き 込 まれないためには, 日 頃 から 用 心 や 警 戒 を 怠 らないことが 重 要 です また, 子 どもの 親 権 問 題 として, 一 方 の 親 が 他 方 の 親 に 無 断 で 子 どもを 国 外 に 連 れ 出 す 行 為 が 国 際 的 に 問 題 となっておりますところ,フィンランドに おいても,そのような 行 為 は 誘 拐 等 として 刑 罰 の 対 象 となることがあります ので,ご 注 意 ください 7. 緊 急 連 絡 先 緊 急 連 絡 センター( 警 察, 消 防, 救 急 等 ) 電 話 :112 ウェブ: 内 務 省 レスキューサービス 電 話 :+358-(0) ウェブ: ロードサービス(TIEPALVELU) 電 話 : (24 時 間 ) 在 フィンランド 日 本 国 大 使 館 電 話 :+358-(0) ( 代 表 ) +358-(0) ( 緊 急 ) 8.いざというときのためのフィンランド 語 フレーズ フィンランド 語 は, 基 本 的 にローマ 字 読 みにより 発 音 することが 可 能 です 助 けて! APUA!(アプア!) 泥 棒! VARAS!(ヴァラス!) 火 事 だ! TULIPALO!(トゥリパロ!) 警 察 を 呼 んでください! SOITA POLIISILLE!(ソイタ ポリーシッレ!) 救 急 車 を 呼 んでください! SOITA AMBULANSSI!(ソイタ アンブランッシ!)

7 Ⅲ. 緊 急 事 態 対 処 マニュアル 1. 平 素 の 準 備 と 心 構 え 日 頃 から 自 分 の 所 在 ( 在 留 )を 周 囲 の 人 に 知 らせておくとともに, 非 常 用 物 資 を 準 備 しておくことが 重 要 です (1) 在 留 状 況 の 届 出 ( 在 留 届 ) 海 外 に 引 き 続 き3か 月 以 上 滞 在 する 方 は, 旅 券 法 の 規 定 により, 在 外 公 館 に 在 留 届 をご 提 出 いただく 義 務 があります 緊 急 事 態 発 生 時 においては, 在 留 届 に 基 づき, 在 外 公 館 から 安 否, 所 在 確 認 等 を 行 うこととなります (2) 非 常 用 物 資 の 準 備 旅 券, 現 金 など 避 難 時 に 必 要 となるものは,すぐに 持 ち 出 せるように 予 めまとめて 保 管 しておきましょう 非 常 用 の 食 料 や 水, 医 薬 品 等 を 備 蓄 しておくことをお 勧 めします 2. 緊 急 時 の 行 動 基 本 的 には 現 地 の 当 局 等 の 指 示 に 従 って 行 動 してください 平 静 さを 失 わ ず, 事 態 の 把 握 及 び 情 報 の 入 手 に 努 めることが 重 要 です (1) 在 外 公 館 への 通 報 等 できる 限 り 速 やかに, 当 館 に 状 況 をご 一 報 ください また, 避 難 時 においては, 連 絡 手 段 を 確 保 するとともに,なるべく 孤 立 せずに 集 団 で 行 動 してください (2) 国 外 への 退 避 各 自 の 判 断 により 自 発 的 に 国 外 へ 退 避 する 場 合 は,その 旨 当 館 にもご 連 絡 ください また, 退 避 勧 告 がなされた 場 合, 一 般 商 業 便 が 運 行 されている 間 は それを 利 用 し, 可 能 な 限 り 早 急 に 国 外 に 退 避 してください 一 般 商 業 便 に よる 退 避 が 困 難 な 場 合, 当 館 が 主 体 となってチャーター 便 等 を 手 配 するこ とがありますが,その 際 には 当 館 の 指 示 に 従 ってください

8 3. 緊 急 事 態 に 備 えてのチェックリスト 旅 券, 現 金 など 避 難 時 に 持 ち 出 すものの 準 備 食 料, 水 など 非 常 用 食 材 の 準 備 (10 日 分 程 度 ) 薬, 医 療 用 品 などの 準 備 緊 急 時 における 連 絡 先 の 確 認 ( 電 子 媒 体 のみではなく, 紙 媒 体 としても 準 備 しておくことが 重 要 ) Ⅳ.おわりに 事 件 や 事 故 は, 残 念 ながら 誰 の 身 にも 起 こり 得 るものです まずは, 事 件 な どに 巻 き 込 まれないように 最 大 限 の 注 意 を 払 う 必 要 がありますが, 不 幸 にして 巻 き 込 まれてしまった 場 合 には, 平 静 を 失 わないことが 重 要 です この 手 引 きに 関 するご 意 見,ご 質 問 などがありましたら, 当 館 領 事 部 へご 連 絡 ください

三条市安全・安心な

三条市安全・安心な 三 条 市 安 全 安 心 な まちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) 三 条 市 1 目 次 第 1 章 計 画 の 基 礎 事 項 1 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 1 第 3 節 計 画 期 間 1 第 4 節 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 犯 罪 の 状 況 2 第 1 節 刑 法 犯 発 生 状 況 2 (1) 刑 法 犯 認

More information

行 動 のパターン 化 ( 通 勤 通 学 買 物 娯 楽 外 食 の 際 の 移 動 の ルートや 時 間 などの 固 定 化 )を 避 けるよう 心 掛 けることは 特 定 の 犯 罪 の 目 標 となることを 避 けるうえで 有 用 です 3 用 心 を 怠 らない: 現 地 の 治 安 状

行 動 のパターン 化 ( 通 勤 通 学 買 物 娯 楽 外 食 の 際 の 移 動 の ルートや 時 間 などの 固 定 化 )を 避 けるよう 心 掛 けることは 特 定 の 犯 罪 の 目 標 となることを 避 けるうえで 有 用 です 3 用 心 を 怠 らない: 現 地 の 治 安 状 Ⅰ 防 犯 対 策 1 防 犯 の 基 本 的 な 心 構 え 海 外 に 長 期 滞 在 ないし 訪 問 中 の 邦 人 が 事 件 事 故 に 遭 遇 した 場 合 第 一 義 的 に 責 任 をもって 対 応 するのは 現 地 の 関 係 当 局 であり 捜 査 も 含 め 滞 在 国 の 主 権 のもとに 処 理 されることとなります この 場 合 日 本 の 大 使 館 や 総 領 事 館

More information

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179>

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179> 平 成 23 年 岩 手 県 の 治 安 情 勢 平 成 24 年 1 月 岩 手 県 警 察 本 部 1 刑 法 犯 認 知 検 挙 ( 値 は 暫 定 値 です ) これまでの 推 移 刑 法 犯 認 知 は 平 成 13 年 の15,125 をピークに 概 ね 減 少 傾 向 平 成 23 年 は 平 成 22 年 の 戦 後 最 小 記 録 (7,4 )を 下 回 り 6,353 前 年 比

More information

②邦人犯罪被害状況と、その他の留意事項等について

②邦人犯罪被害状況と、その他の留意事項等について 安 全 対 策 連 絡 協 議 会 資 料 邦 人 犯 罪 被 害 状 況 と その 他 の 留 意 事 項 等 について 平 成 28 年 5 月 11 日 在 カンボジア 日 本 国 大 使 館 1 邦 人 犯 罪 被 害 状 況 当 館 で 把 握 した 昨 年 中 (2015 年 1 月 から12 月 までの 間 )のカンボジア 国 内 に おける 邦 人 犯 罪 被 害 件 数 は 計 89

More information

目 次 1. 出 発 前 1 2. 到 着 直 後 5 3. 留 学 中 6 4. もしもトラブルにあったら 9 5. 携 行 品 チェックリスト 11 6. 連 絡 先 リスト 12 7. 海 外 安 全 情 報 サイト 集 13

目 次 1. 出 発 前 1 2. 到 着 直 後 5 3. 留 学 中 6 4. もしもトラブルにあったら 9 5. 携 行 品 チェックリスト 11 6. 連 絡 先 リスト 12 7. 海 外 安 全 情 報 サイト 集 13 愛 知 県 立 大 学 生 のための 海 外 危 機 管 理 ハンドブック 愛 知 県 立 大 学 入 試 学 生 支 援 センター 国 際 交 流 室 目 次 1. 出 発 前 1 2. 到 着 直 後 5 3. 留 学 中 6 4. もしもトラブルにあったら 9 5. 携 行 品 チェックリスト 11 6. 連 絡 先 リスト 12 7. 海 外 安 全 情 報 サイト 集 13 1. 出 発

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A88C0915382C8936E8D7182CC82BD82DF82C94832382E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A88C0915382C8936E8D7182CC82BD82DF82C94832382E646F6378> 平 成 28 年 7 月 8 日 改 訂 安 全 な 海 外 渡 航 のために 国 際 交 流 センター 学 生 課 近 年 学 生 の 皆 さんの 海 外 渡 航 の 機 会 が 増 加 しています 海 外 渡 航 中 の 危 険 やトラブルの 多 くは 事 前 の 準 備 や 本 人 の 注 意 により 回 避 軽 減 することが 可 能 です 安 全 で 実 りある 海 外 渡 航 のための

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

署協議会議事録

署協議会議事録 平 成 28 年 第 1 回 仙 台 南 警 察 署 協 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 13:30~15:00 場 所 : 仙 台 南 警 察 署 3 階 大 会 議 室 1 会 長 挨 拶 本 協 議 会 は 年 間 4 回 開 催 される 予 定 で その 都 度 治 安 情 勢 や 懸 案 事 項 等 につい て 審 議 し 地 域 の 安 心

More information

愛知県公安委員会活動概要

愛知県公安委員会活動概要 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 11 日 9 時 00 分 ~12 時 35 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 本 部 長 年 末 における 特 別

More information

表紙オモテ・ウラ

表紙オモテ・ウラ 1 刑 法 犯 と は (1) 凶 悪 犯 と は (2) 粗 暴 犯 と は (3) 窃 盗 犯 と は (4) 知 能 犯 と は 2 少 年 犯 罪 とは (1) 犯 罪 少 年 とは (2) 触 法 少 年 とは (3) 刑 法 犯 少 年 とは (4)ぐ 犯 少 年 とは (5) 非 行 少 年 とは (6) 不 良 行 為 少 年 とは 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

More information

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成 小 金 井 市 防 犯 指 針 に 基 づく 等 について 主 要 な 施 策 1 日 常 生 活 における 安 全 安 心 の 確 保 日 常 生 活 における 体 感 治 安 の 低 下 を 防 ぐために (1) 地 域 防 犯 力 の 向 上 CoCoパトロール 隊 による 地 域 パトロール 青 色 回 転 灯 を 装 備 した 庁 用 車 16 台 から 成 るCoCoパトロール 隊 で

More information

により 速 やかに 情 報 提 供 を 行 い 自 主 防 犯 意 識 の 高 揚 と 犯 罪 の 予 防 に 努 める 防 犯 協 会 のホームページの 改 修 (よりタイムリーな 情 報 提 供 と 防 犯 信 州 購 読 拡 大 も) (3) 防 犯 ポスターコンクールの 実 施 と 防 犯

により 速 やかに 情 報 提 供 を 行 い 自 主 防 犯 意 識 の 高 揚 と 犯 罪 の 予 防 に 努 める 防 犯 協 会 のホームページの 改 修 (よりタイムリーな 情 報 提 供 と 防 犯 信 州 購 読 拡 大 も) (3) 防 犯 ポスターコンクールの 実 施 と 防 犯 平 成 2 8 年 度 事 業 計 画 長 野 県 における 平 成 27 年 中 の 刑 法 犯 認 知 件 数 は 1 万 1, 503 件 で 前 年 と 比 べて 12.9 % 減 少 し 戦 後 最 少 となり 刑 法 犯 の 認 知 件 数 が 戦 後 最 多 を 記 録 した 平 成 13 年 の 34, 764 件 の 3 分 の 1 以 下 で 平 成 14 年 から 14 年 連

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

区 には 今 年 度 中 学 生 以 下 を 被 害 対 象 としたものだけで 62 件 もの 不 審 者 出 没 情 報 が 寄 せられています (4 月 ~11 月 末 時 点 ) 下 記 のデータを 参 考 にしていただき こどもたちが 危 険 な 目 に 遭 遇 しないよう 引 き 続 き

区 には 今 年 度 中 学 生 以 下 を 被 害 対 象 としたものだけで 62 件 もの 不 審 者 出 没 情 報 が 寄 せられています (4 月 ~11 月 末 時 点 ) 下 記 のデータを 参 考 にしていただき こどもたちが 危 険 な 目 に 遭 遇 しないよう 引 き 続 き 平 成 25 年 12 月 発 行 最 近 区 役 所 職 員 ( 福 祉 課 のヨシダ 保 険 課 のサイトウなど)を 名 乗 る 振 り 込 め 詐 欺 ( 還 付 金 詐 欺 )の 犯 人 から 区 内 熟 年 者 宅 に 頻 繁 に 電 話 がかけられています 中 には 実 際 にだまされてしまった 方 もいま す 十 分 ご 注 意 ください! 還 付 金 詐 欺 被 害 状 況 ( 平

More information

< 火 災 等 被 災 者 のための 支 援 マニュアル 目 次 > ページ 1 災 害 お 見 舞 い 1 2 生 活 資 金 の 貸 付 3 3 応 急 仮 設 住 宅 4 4 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 5 5 火 災 廃 棄 物 の 処 理 6 6 罹 災 証 明 書 の 交 付 8

< 火 災 等 被 災 者 のための 支 援 マニュアル 目 次 > ページ 1 災 害 お 見 舞 い 1 2 生 活 資 金 の 貸 付 3 3 応 急 仮 設 住 宅 4 4 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 5 5 火 災 廃 棄 物 の 処 理 6 6 罹 災 証 明 書 の 交 付 8 火 災 等 被 災 者 の 方 のための 支 援 マニュアル 秩 父 市 平 成 25 年 4 月 < 火 災 等 被 災 者 のための 支 援 マニュアル 目 次 > ページ 1 災 害 お 見 舞 い 1 2 生 活 資 金 の 貸 付 3 3 応 急 仮 設 住 宅 4 4 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 5 5 火 災 廃 棄 物 の 処 理 6 6 罹 災 証 明 書 の 交 付 8

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

Taro kyogikaigijiroku

Taro kyogikaigijiroku 石 巻 警 察 署 協 議 会 議 事 録 要 旨 協 議 会 名 開 催 日 時 開 催 場 所 宮 城 県 石 巻 警 察 署 協 議 会 平 成 26 年 12 月 19 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 宮 城 県 石 巻 警 察 署 会 議 室 出 席 者 等 1 協 議 会 以 下 7 名 2 警 察 署 側 署 以 下 12 名 議 事 概

More information

2015.07 ウルグアイ安危データ(セット版).DOC

2015.07 ウルグアイ安危データ(セット版).DOC 2015.07.17 安 全 対 策 基 礎 データ 犯 罪 発 生 状 況 防 犯 対 策 1. 犯 罪 発 生 状 況 (1)ウルグアイでは 銃 器 使 用 の 強 盗 が 多 発 する 等 治 安 は 深 刻 な 情 勢 にありま す 2015 年 3 月 に 内 務 省 が 発 表 した 2014 年 中 の 犯 罪 統 計 は 前 年 比 で 殺 人 事 件 が 0.8%の 増 加 強 盗

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73>

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73> 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 資 料 6 保 護 観 察 新 規 受 理 人 員 の 推 移 資 料 7 ( 千 人 ) ( 昭 和 24 年 ~ 平 成 17 年 ) 80 70 60 保 護 観 察 処 分 少 年 50 40 30 20 10 保 護 観 察 付 執 行 猶 予 者 仮 釈 放 者 0 少 年 院 仮 退 院 者 24 年 30 35 40 45

More information

Taro-第4回 三条署協議会開催概況【決定】

Taro-第4回 三条署協議会開催概況【決定】 第 4 回 三 条 警 察 署 協 議 会 開 催 概 況 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 25 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 までの 間 開 催 場 所 三 条 警 察 署 3 階 会 議 室 公 安 委 員 会 小 林 公 安 委 員 1 人 近 藤 会 長 濱 田 副 会 長 青 木 委 員 出 席 者 委 員 刈 屋 委 員 斎 藤 委

More information

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強 平 成 25 年 5 月 日 :00 以 降 に 報 道 願 います 裁 判 員 裁 判 の 概 況 平 成 25 年 5 月 日 最 高 検 察 庁 公 判 1 裁 判 員 裁 判 対 象 事 件 起 訴 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30 日 現 在 ) 6,025 名 ( 起 訴 件 数 :6,800 件 ) 2 裁 判 員 裁 判 判 決 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30

More information

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力 平 成 28 2 月 少 非 行 情 勢 ( 平 成 27 1~12 月 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 少 課 凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル

More information

苫小牧市総合防犯計画(仮称)の基本構成

苫小牧市総合防犯計画(仮称)の基本構成 苫 小 牧 市 総 合 防 犯 計 画 ( 案 ) 苫 小 牧 市 目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 経 緯 1 2 計 画 の 目 的 1 3 計 画 の 対 象 範 囲 1 4 計 画 の 期 間 1 第 2 章 犯 罪 の 現 状 と 課 題 2 1 安 全 安 心 に 関 する 市 民 意 識 2 (1) 地 域 の 安 全 についての

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

2015/10/1 架 空 請 求 メールに ご 注 意 一 昨 日 (9 月 29 日 ) 和 歌 山 市 内 在 住 の 方 の 携 帯 電 話 に 調 査 事 務 所 を 騙 り サイトの 利 用 料 金 の 滞 納 で 現 在 も 延 滞 損 害 金 が 発 生 しています 訴 訟 の 手

2015/10/1 架 空 請 求 メールに ご 注 意 一 昨 日 (9 月 29 日 ) 和 歌 山 市 内 在 住 の 方 の 携 帯 電 話 に 調 査 事 務 所 を 騙 り サイトの 利 用 料 金 の 滞 納 で 現 在 も 延 滞 損 害 金 が 発 生 しています 訴 訟 の 手 2015/10/7 インターネット 詐 欺 に 注 意! 最 近 インターネットで 商 品 を 購 入 し 代 金 を 指 定 の 銀 行 口 座 に 振 り 込 んだが 商 品 が 届 かないという 相 談 が 増 えています 代 金 前 払 いでの 商 品 購 入 は 避 け 代 金 後 払 いで 購 入 するようにして 下 さい また 少 しでもおかしいなと 思 ったら 購 入 前 に 警 察

More information

Untitled

Untitled 滋 刑 企 甲 発 第 S0 号 平 成 年 (0)0 月 日 滋 賀 県 警 察 本 部 刑 事 部 刑 事 企 画 課 刑 法 犯 特 別 法 犯 暴 力 団 犯 罪 来 日 外 国 人 犯 罪 凡 例 滋 賀 の 犯 罪 ( 平 成 年 ) 目 次 平 成 年 中 の 主 な 出 来 事 < 解 説 > 平 成 年 の 犯 罪 概 要 < 全 国 統 計 表 > < 本 県 統 計 表 >

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

(2) 定 義 13 歳 に 満 たない 者 を 子 ども として, 犯 罪 の 被 害 から 特 に 守 っていくこととします 2 県, 県 民, 事 業 者 の 責 務 (1) 県 の 責 務 県 は, 県 民, 事 業 者 及 び 市 町 村 と 連 携 して, 子 どもを 犯 罪 の 被 害

(2) 定 義 13 歳 に 満 たない 者 を 子 ども として, 犯 罪 の 被 害 から 特 に 守 っていくこととします 2 県, 県 民, 事 業 者 の 責 務 (1) 県 の 責 務 県 は, 県 民, 事 業 者 及 び 市 町 村 と 連 携 して, 子 どもを 犯 罪 の 被 害 子 どもを 犯 罪 の 被 害 から 守 る 条 例 ( 素 案 ) について 本 条 例 ( 素 案 )については 検 討 中 であり, 今 後, 変 更 する 場 合 があります 1 目 的 定 義 (1) 目 的 子 どもは,その 心 身 が 未 成 熟 であり, 犯 罪 の 危 険 を 回 避 する 能 力 が 低 いため, 地 域 社 会 全 体 で 犯 罪 の 被 害 から 守 っていくことが

More information

スクールガード養成講習会資料

スクールガード養成講習会資料 平 成 20 年 度 札 幌 市 スクールガード 養 成 講 習 会 資 料 札 幌 市 教 育 委 員 会 1 スクールガード 事 業 とは 近 年 は 学 校 の 管 理 下 における 事 件 や 事 故 が 大 きな 問 題 となっています 札 幌 市 教 育 委 員 会 では このような 状 況 を 踏 まえ 子 どもたちが 安 心 して 学 校 に 通 えるよう 地 域 での 子 どもの

More information

は じ め に

は じ め に 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 一 宮 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 00 分 までの 間 一 宮 警 察 署 講 堂 1 委 員 高 間 正 道 会 長 杉 本 昇 副 会 長 岩 田 武 志 委 員 小 川 典 子 委 員 大 塚 良 雄 委 員 川

More information

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49>

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49> 平 成 25 年 度 主 要 施 策 の 成 果 に 関 する 調 書 警 察 本 部 目 次 3 安 心 安 全 な 社 会 の 形 成 と 県 土 づくり 1 (1) 日 本 一 安 心 安 全 な 鹿 児 島 づくり 1 (2) 災 害 に 強 い 県 土 づくり 7 6 誰 もがいきいきと 活 躍 できる 雇 用 環 境 づくり 8 (1) ふるさとでいきいきと 働 ける 環 境 づくり 8

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 火 災 被 災 者 の 支 援 について 宇 城 市 平 成 27 年 4 月 < 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 理 衛 生 環 境 課

More information

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録 平 成 25 年 度 第 1 回 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 25 年 6 月 28 日 ( 金 )10:30~11:30 開 催 場 所 恵 庭 市 役 所 3 階 第 2 第 3 委 員 会 室 出 席 者 ( 敬 称 略 順 不 同 ) 会 長 原 田 裕 ( 恵 庭 市 長 ) 副 会 長 鏡 貢 ( 恵 庭 市 交

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

(2) 邦 人 被 害 事 案 ア 4 月 中 旬, 旅 行 者 がネフスキー 大 通 りを 歩 行 中,いつのまにか 肩 掛 けカバンが 開 いていたので 中 を 確 認 すると, 財 布 ( 現 金 800 米 ドル,3000ルーブル,クレ ジットカード2 枚,キャッシュカード1 枚 在 中 )

(2) 邦 人 被 害 事 案 ア 4 月 中 旬, 旅 行 者 がネフスキー 大 通 りを 歩 行 中,いつのまにか 肩 掛 けカバンが 開 いていたので 中 を 確 認 すると, 財 布 ( 現 金 800 米 ドル,3000ルーブル,クレ ジットカード2 枚,キャッシュカード1 枚 在 中 ) 海 外 安 全 対 策 情 報 (2014 年 4 月 ~6 月 分 ) 在 サンクトペテルブルク 日 本 国 総 領 事 館 1 社 会 治 安 情 勢 当 地 では 社 会 治 安 情 勢 は 比 較 的 安 定 しているものの, 政 府 に 対 する 抗 議 活 動 や 民 族 主 義 団 体 等 による 集 会 デモは 頻 繁 に 発 生 しており, 治 安 当 局 による 集 会 デモ 参

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

発 覚 理 由 違 反 態 様 在 日 期 間 違 反 期 間 婚 姻 期 間 夫 婦 間 の 子 刑 事 処 分 等 1 出 頭 申 告 不 法 残 留 約 13 年 9 月 約 9 年 11 月 約 1 年 10 月 2 出 頭 申 告 不 法 入 国 約 4 年 2 月 約 4 年 2 月 約

発 覚 理 由 違 反 態 様 在 日 期 間 違 反 期 間 婚 姻 期 間 夫 婦 間 の 子 刑 事 処 分 等 1 出 頭 申 告 不 法 残 留 約 13 年 9 月 約 9 年 11 月 約 1 年 10 月 2 出 頭 申 告 不 法 入 国 約 4 年 2 月 約 4 年 2 月 約 1 在 留 特 別 許 可 について 在 留 特 別 許 可 された 事 例 及 び 在 留 特 別 許 可 されなかった 事 例 について( 平 成 27 年 ) 平 成 28 年 3 月 法 務 省 入 国 管 理 局 入 管 法 第 50 条 に 規 定 する 在 留 特 別 許 可 は, 法 務 大 臣 の 裁 量 的 な 処 分 であり,その 許 否 判 断 に 当 たっては, 個 々の

More information

1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道 総 延 長 802.4km(H27.4.1 現 在 ) 車 道

1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道 総 延 長 802.4km(H27.4.1 現 在 ) 車 道 平 成 27 年 度 千 歳 市 の 除 雪 ~パートナーシップ 除 雪 排 雪 支 援 制 度 の 利 用 風 景 ~ 千 歳 市 建 設 部 道 路 管 理 課 1. 千 歳 市 の 概 要 (1) 人 口 94,820 人 (H27.4.1 現 在 ) (2) 世 帯 数 46,338 世 帯 (H27.4.1 現 在 ) (3) 面 積 594.50km 2 (4) 市 道 延 長 車 道

More information

判例学習・刑事訴訟法[第2版]_大扉_再校-.mcd

判例学習・刑事訴訟法[第2版]_大扉_再校-.mcd 目 次 第 2 版 はしがき Ⅰ 捜 査 の 意 義 1 犯 罪 発 生 前 の 捜 査 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

More information

川 越 市 防 犯 の ま ち づ く り 基 本 方 針 平 成 16 年 3 月 平 成 26 年 4 月 改 定 川 越 市 は じ め に 改 定 にあたって 川 越 市 が 行 政 の 立 場 で 取 り 組 むべき 防 犯 対 策 の 基 本 方 針 をまとめた 川 越 市 防 犯 のま ちづくり 基 本 方 針 が 策 定 され 早 いもので10 年 が 経 過 しました この 間

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影 八 王 子 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 するガイドライン( 案 ) Ⅰ.はじめに 1 ガイドラインの 策 定 の 経 緯 と 目 的 八 王 子 市 は 犯 罪 を 未 然 に 防 ぎ 安 全 で 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 進 めるため 平 成 14 年 に 生 活 の 安 全 安 心 に 関 する 条 例 を 施 行 し 市 市 民 事 業 者 それぞれの 責

More information

第 1 章 <目的>

第 1 章 <目的> 市 民 の 安 全 のための 指 針 ( 平 成 24 年 3 月 ) 東 大 和 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 < 目 的 > 2 第 2 章 < 犯 罪 の 起 きにくいまちづくり> 2 第 3 章 < 児 童 等 の 安 全 確 保 > 4 第 4 章 < 民 間 事 業 者 によるまちの 安 全 確 保 > 6 第 5 章 < 高 齢 者 障 がい 者 女 性 の 安 全 確 保 >

More information

警備業務仕様書

警備業務仕様書 警 備 業 務 仕 様 1. 目 的 範 囲 施 設 内 外 全 域 にわたり 盗 難 火 災 不 法 侵 入 破 壊 加 害 および 不 良 行 為 を 予 防 発 見 し 人 命 財 産 を 保 護 することを 目 的 とする 2. 警 備 方 法 常 駐 警 備 (7:30~22:30) 及 び 機 械 警 備 (22:30~7:30) 併 用 による 機 械 警 備 は 別 途 委 託 とする

More information

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生 2010 年 に 発 生 した 大 麻 事 件 に 関 する 報 告 書 ( 総 括 ) 2011 年 6 月 西 南 学 院 大 学 薬 物 問 題 等 対 策 委 員 会 目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

3.リスクの 特 徴 と 会 社 としての 対 策 リスク 対 策 を 講 じる 場 合 リスクの 特 徴 に 応 じてその 内 容 を 検 討 する 必 要 がある そこで 上 記 に 挙 げたリスクについて その 特 徴 とそれに 応 じた 対 策 について 検 討 する (1) 事 故 日 常

3.リスクの 特 徴 と 会 社 としての 対 策 リスク 対 策 を 講 じる 場 合 リスクの 特 徴 に 応 じてその 内 容 を 検 討 する 必 要 がある そこで 上 記 に 挙 げたリスクについて その 特 徴 とそれに 応 じた 対 策 について 検 討 する (1) 事 故 日 常 役 員 のプライベートリスクをマネジメントする 222 東 京 海 上 日 動 リスクコンサルティング( 株 ) 経 営 リスクグループ 主 任 研 究 員 中 村 有 博 1.はじめに 2008 年 11 月 厚 生 労 働 省 の 元 幹 部 とその 家 族 が 連 続 して 襲 われるという 事 件 が 発 生 した 本 稿 執 筆 現 在 事 件 は 捜 査 中 であり 早 急 な 解 明

More information

< F2D8AEE967B8C7689E68EC08E7B8FF38BB EF8B638E9197BF>

< F2D8AEE967B8C7689E68EC08E7B8FF38BB EF8B638E9197BF> 宮 城 県 消 費 者 施 策 推 進 基 本 計 画 の 平 成 19 年 度 の 実 施 状 況 について 平 成 20 年 12 月 22 日 宮 城 県 1 計 画 の 概 要 Ⅰ 消 費 者 施 策 推 進 基 本 計 画 の 策 定 に 当 たって ( 宮 城 県 消 費 者 施 策 推 進 基 本 計 画 P1~P2) 計 画 策 定 の 目 的 / 位 置 付 け 規 制 緩 和 や

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

一 宮 市 立 市 民 病 院 地 域 連 携 登 録 医 について 一 宮 市 立 市 民 病 院 では 地 域 の 医 師 会 及 び 歯 科 医 師 会 の 皆 様 と 相 互 の 機 能 向 上 を 図 り 連 携 を 深 めることにより 地 域 医 療 の 充 実 及 び 発 展 に 資

一 宮 市 立 市 民 病 院 地 域 連 携 登 録 医 について 一 宮 市 立 市 民 病 院 では 地 域 の 医 師 会 及 び 歯 科 医 師 会 の 皆 様 と 相 互 の 機 能 向 上 を 図 り 連 携 を 深 めることにより 地 域 医 療 の 充 実 及 び 発 展 に 資 ご 案 内 ~ 登 録 医 の 皆 さまへ ~ 一 宮 市 立 市 民 病 院 491-8558 愛 知 県 一 宮 市 文 京 2-2-22 TEL(0586)71-1911( 代 表 ) FAX(0586)28-1921( 代 表 ) 地 域 医 療 連 携 室 直 通 電 話 TEL(0586)71-1933 一 宮 市 立 市 民 病 院 地 域 連 携 登 録 医 について 一 宮 市 立

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

Taro-下関署(確定版).jtd

Taro-下関署(確定版).jtd 平 成 2 6 年 度 第 2 回 下 関 警 察 署 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 7 日 ( 木 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 45 分 まで 開 催 場 所 下 関 市 細 江 町 2 丁 目 3 番 8 号 下 関 警 察 署 5 階 講 堂 出 席 者 福 井 会 長 林 副 会 長 児 玉 委 員 松 村 委 員 松 浦 委 員 藤 原 委

More information

平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁

平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁 本 資 料 内 に 掲 載 されている 平 成 20 年 から 平 成 25 年 までの 犯 罪 統 計 について は 数 値 の 一 部 に 修 正 が 生 じていますので 修 正 後 の 数 値 は 平 成 26 27 年 の 犯 罪 情 勢 等 をご 確 認 ください 平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁 凡 例 1 本 資 料 における 用 語 等 の

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20905682B582A28DDD97AF8AC7979D90A7937857475F93FA967B8CEA5F32303132313032328F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20905682B582A28DDD97AF8AC7979D90A7937857475F93FA967B8CEA5F32303132313032328F4390B32E646F63> 留 学 生 ハンドブック 2011.4-2013.3 (P9-18) 差 し 替 え 版 ~ 新 しい 在 留 管 理 制 度 ~ V. 在 留 手 続 き 2012/10/22 作 成 来 日 して 帰 国 するまでに 必 要 な 法 的 手 続 きの 一 覧 日 本 に 来 てから 帰 国 するまでに 行 なう 法 的 な 手 続 きには 次 のようなものがあります 詳 しい 内 容 に ついては

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

5 月 31 日 不 審 者 情 報 発 生 日 時 平 成 23 年 5 月 31 日 ( 火 ) 午 後 5 時 00 分 頃 発 生 場 所 高 嶺 小 学 校 の 北 側 道 路 不 審 者 の 特 徴 20 代 後 半 から30 代 身 長 170cmぐらい 色 白 でやせ 形 上 は 緑

5 月 31 日 不 審 者 情 報 発 生 日 時 平 成 23 年 5 月 31 日 ( 火 ) 午 後 5 時 00 分 頃 発 生 場 所 高 嶺 小 学 校 の 北 側 道 路 不 審 者 の 特 徴 20 代 後 半 から30 代 身 長 170cmぐらい 色 白 でやせ 形 上 は 緑 平 成 23 年 度 の 不 審 者 情 報 平 成 23 年 度 は 町 内 で 車 上 ねらいの 発 生 が 目 立 ちました 車 上 ねらいは 一 度 に 何 件 も 連 続 して 発 生 しており 車 内 に 置 いてあったバッグやカ ーナビなどが 被 害 に 遭 っています 車 内 にはいっさい 荷 物 を 置 いたままにしない 短 時 間 でも 必 ず 施 錠 することを 心 がけ ましょう

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

バングラデシュ:ダッカ 市 内 における 銃 撃 人 質 事 案 に 伴 う 注 意 喚 起 ( 更 新 ) 2016 年 07 月 04 日 1.7 月 1 日 21 時 30 分 頃 ( 現 地 時 間 日 本 時 間 2 日 0 時 30 分 頃 ),ダッカ 市 内 のレストラン ホーレイ ア

バングラデシュ:ダッカ 市 内 における 銃 撃 人 質 事 案 に 伴 う 注 意 喚 起 ( 更 新 ) 2016 年 07 月 04 日 1.7 月 1 日 21 時 30 分 頃 ( 現 地 時 間 日 本 時 間 2 日 0 時 30 分 頃 ),ダッカ 市 内 のレストラン ホーレイ ア 事 務 連 絡 平 成 2 8 年 7 月 6 日 関 係 団 体 各 位 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 国 際 課 長 バ ン グ ラ デ シ ュ : ダ ッ カ 市 内 に お け る 銃 撃 人 質 事 案 に 伴 う 外 務 省 に よ る 注 意 喚 起 等 に つ い て 標 記 に 関 し ま し て 外 務 省 は 7 月 3 日 及 び 4 日 別 添 の と お

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添 原 議 保 存 期 間 10 年 ( 平 成 34 年 3 月 31 日 まで) 各 附 属 機 関 の 長 警 察 庁 乙 備 発 第 10 号 乙 官 発 第 16 号 各 地 方 機 関 の 長 殿 乙 生 発 第 9 号 乙 刑 発 第 9 号 各 都 道 府 県 警 察 の 長 乙 交 発 第 9 号 乙 情 発 第 9 号 ( 参 考 送 付 先 ) 平 成 23 年 11 月 30 日

More information

消費者契約法チェックシート

消費者契約法チェックシート 消 費 者 契 約 法 チェックシート 本 チェックシートは 消 費 者 が 遭 われたトラブルを 消 費 者 契 約 法 で 解 決 できるかどうかを 判 断 する 材 料 として 作 成 したものです ただし 万 一 消 費 者 契 約 法 で 解 決 できない 場 合 でも 民 法 の 詐 欺 等 で 取 り 消 しできる 場 合 があります トラブルの 具 体 的 な 相 談 は 本 チェックシートを

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

領 事 館 の409.9 人 在 デンパサール 総 領 事 館 の318.4 人 在 重 慶 総 領 事 館 の171.0 人 在 スロバキア の167.5 人 在 モザンビーク の106.8 人 となって いる 他 の 在 外 公 館 はいずれも100 人 未 満 であり 最 も 少 ないのは 在

領 事 館 の409.9 人 在 デンパサール 総 領 事 館 の318.4 人 在 重 慶 総 領 事 館 の171.0 人 在 スロバキア の167.5 人 在 モザンビーク の106.8 人 となって いる 他 の 在 外 公 館 はいずれも100 人 未 満 であり 最 も 少 ないのは 在 (2) 勧 告 説 明 図 表 番 号 ( 制 度 の 概 要 ) 海 外 渡 航 者 や 在 留 邦 人 の 増 加 に 伴 い 海 外 における 日 本 人 の 安 全 の 確 保 や 旅 券 の 発 表 2-(2)-1 行 査 証 の 発 給 等 を 行 う の 重 要 性 が 増 大 している このため 外 務 省 は 平 成 16 年 10 月 の 海 外 交 流 審 議 会 答 申 変

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

損害保険商品販売時における「契約概要」「注意喚起情報」に関する表示ガイドライン

損害保険商品販売時における「契約概要」「注意喚起情報」に関する表示ガイドライン 損 害 保 険 商 品 販 売 時 における 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 に 関 する 表 示 ガイドライン ( 自 動 車 保 険 ) 本 ガイドラインは 会 員 各 社 が 損 害 保 険 商 品 の 募 集 に 際 し 使 用 する 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 を 作 成 する 際 の 参 考 の 用 に 供 するために 策 定 したものである 本 ガイドラインは 各

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

○○○市・町セーフコミュニティ ○○○対策委員会

○○○市・町セーフコミュニティ ○○○対策委員会 犯 罪 の 防 止 対 策 委 員 会 活 動 報 告 松 原 市 セーフコミュニティ 犯 罪 の 防 止 対 策 委 員 会 報 告 者 : 犯 罪 の 防 止 対 策 委 員 会 委 員 長 山 本 剛 所 属 : 松 原 事 業 場 防 犯 協 会 会 長 1 背 景 : 全 国 と 比 較 して 犯 罪 認 知 件 数 が 多 い ( 件 /10 万 人 ) 3,500 10 万 人 あたりの

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 平 成 27 年 度 申 請 要 領 申 請 の 受 付 期 間 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 )~ 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) 問 い 合 わせ 先 一 般 財 団 法 人 計 量 計 画 研 究 所 道 路 経 済 研 究 室 河 上 森 尾 162-0845 東 京 都 新 宿 区 市 谷 本 村 町 2-9

More information

Microsoft Word - ③24年度震災対策編第3章(P401~P432).doc

Microsoft Word - ③24年度震災対策編第3章(P401~P432).doc 第 3 章 地 震 防 災 応 急 対 策 第 3 章 地 震 防 災 応 急 対 策 第 1 節 総 則 第 1 項 地 震 防 災 応 急 対 策 の 目 的 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 昭 和 53 年 法 律 第 73 号 以 下 大 震 法 という)は 大 規 模 地 震 発 生 前 の 事 前 措 置 を 行 って 地 震 災 害 を 防 止 軽 減 することを

More information

中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 ( 主 席 令 第 22 号 ) 中 華 人 民 共 和 国 主 席 令 第 22 号 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 は 中 華 人 民 共 和 国 第 12 期 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 第 14 回 会 議 にて 201

中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 ( 主 席 令 第 22 号 ) 中 華 人 民 共 和 国 主 席 令 第 22 号 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 は 中 華 人 民 共 和 国 第 12 期 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 第 14 回 会 議 にて 201 中 華 人 民 共 和 国 広 告 法 2015 年 4 月 24 日 公 付 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 事 務 所 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した 情 報 などの

More information

一般社団法人大阪府防災通信協会「定款の変更の案」

一般社団法人大阪府防災通信協会「定款の変更の案」 **************************** * * * 定 * * * * * * * **************************** 款 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災 通 信 協 会 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災 通 信 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災

More information

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 相 模 湖 公 園 の 震 災 時 対 応 の 考 え 方 参 考 資 料 1 - 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 における

More information

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の 5. 財 務 関 係 (3) 職 員 の に 関 する 調 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) ア 法 第 243 条 の2によるもの 1 都 道 府 県 分 所 属 部 課 名 等 事 実 関 係 監 査 委 員 による 監 査 関 係 都 道 府 県 名 名 及 び 職 名 し を た 日 又 は 事 実 知 った の 無 の 存 し 団 体

More information

自 転 車 盗 難 被 害 の 防 止 街 頭 犯 罪 の6 割 程 度 を 占 める 自 転 車 盗 は 駅 付 近 や 遊 技 施 設 大 型 スーパー 周 辺 で 多 く 被 害 が 発 生 しています 盗 難 被 害 を 未 然 に 防 止 するため 自 転 車 の 盗 難 防 止 対 策

自 転 車 盗 難 被 害 の 防 止 街 頭 犯 罪 の6 割 程 度 を 占 める 自 転 車 盗 は 駅 付 近 や 遊 技 施 設 大 型 スーパー 周 辺 で 多 く 被 害 が 発 生 しています 盗 難 被 害 を 未 然 に 防 止 するため 自 転 車 の 盗 難 防 止 対 策 第 2 次 朝 霞 市 防 犯 推 進 計 画 ( 案 )のコンセプト 本 市 では 平 成 18 年 5 月 に 朝 霞 市 防 犯 推 進 計 画 ( 現 計 画 )を 策 定 し 市 市 民 事 業 者 土 地 建 物 所 有 者 等 及 びその 他 関 係 団 体 が 一 体 となり さまざまな 防 犯 施 策 を 実 施 してきました また 朝 霞 警 察 署 においても この 間 犯 罪

More information

<5461726F2D8341834E83568387839383768389839381698CF6955C94C5816A>

<5461726F2D8341834E83568387839383768389839381698CF6955C94C5816A> 犯 罪 防 御 京 都 ア ク シ ョ ン プ ラ ン ~ アンダー3 万 件 新 予 防 システム ~ 担 当 部 課 府 民 生 活 部 安 心 安 全 まちづくり 推 進 課 警 察 本 部 現 状 と 課 題 刑 法 犯 の 認 知 件 数 は 地 域 防 犯 活 動 の 活 性 化 と 警 察 力 の 強 化 により 平 成 14 年 (65,082 件 )をピークとして 減 少 傾 向

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

懲戒処分の指針

懲戒処分の指針 懲 戒 処 分 の 指 針 第 1 基 本 事 項 本 指 針 は 代 表 的 な 事 例 を 選 び それぞれにおける 標 準 的 な 処 分 量 定 を 掲 げたものであ 具 体 的 な 処 分 量 定 の 決 定 にあたっては (1) 非 違 行 為 の 動 機 態 様 及 び 結 果 はどのようなものであったか (2) 故 意 又 は 過 失 の 度 合 はどの 程 度 であったか (3)

More information

Microsoft Word - 資料2 新旧対照表.doc

Microsoft Word - 資料2 新旧対照表.doc 21.11.25 資 料 2 頁 旧 新 見 直 し 理 由 等 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 犯 罪 の 未 然 防 止 を 図 り, 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 犯 罪 を 未 然 に 防 止 し, P1 P2 市 では,この 活 動 の 拠 りどころとして, 新 潟 市 犯 市 では, 新 潟 市 犯 罪 のない 安 心 安 全 なまちづくり 罪 のない 安 心 安 全

More information

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 入 居 案 内 11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 点 から 日 本 人 学 生 及 び 外

More information

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して 6 学 生 生 活 について 1. 原 付 転 通 学 原 付 自 転 車 による 通 学 は 学 生 課 に 所 定 の 用 紙 で 駐 輪 場 使 用 届 を 提 出 し 使 用 ステッカーの 交 付 を 受 け 原 付 自 転 車 のよくわかる 部 分 に 貼 付 してください 駐 輪 場 の 収 容 台 数 の 都 合 により 受 付 台 数 には 制 限 があります 使 用 上 の 確 認

More information

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新 事 務 取 扱 要 領 この 事 務 取 扱 要 領 は 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 契 約 約 款 第 37 条 に 基 づき 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 に 係 る 市 町 村 特 別 区 及 び 市 町 村 の 一 部 事 務 組 合 ( 以 下 市 町 村 等 という )と 公 益 財 団 法 人 日 本 消 防 協 会 ( 以 下 協 会 という

More information

目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3

目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 久 留 米 市 目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3 章 防 犯 まちづくり

More information

計画策定の趣旨

計画策定の趣旨 安 全 安 心 平 成 21 年 2 月 大 村 市 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 章 犯 罪 の 現 状 及 び 課 題 3 第 3 章 市 民 としての 取 り 組 み 5 第 4 章 意 識 づくりについて 8 1 自 主 防 犯 意 識 の 啓 発 8 (1) 自 主 防 犯 意 識 の 高 揚 8 (2) 各 種 会 合 等 での 啓 発 9 (3) 広 報

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2092CA8BCE8DD08A51814591E68E4F8ED28E96914F947A95749770205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2092CA8BCE8DD08A51814591E68E4F8ED28E96914F947A95749770205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 24 年 度 専 門 研 修 会 ~ 通 勤 災 害 認 定 編 ~ 平 成 24 年 7 月 19 日 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 奈 良 県 支 部 本 日 お 話 しすること 1. 通 勤 災 害 の 認 定 要 件 通 勤 の 範 囲 ( 勤 務 のため) 通 勤 の 範 囲 ( 合 理 的 な 経 路 及 び 方 法 ) 通 勤 の 範 囲 ( 逸 脱 中 断 )

More information

第 1 章 犯 罪 被 害 の 実 情 と 暗 数 1. 犯 罪 被 害 の 経 験 自 分 や 同 居 の 家 族 の 中 で この 1 年 間 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 から 平 成 16 年 9 月 30 日 まで)に 犯 罪 の 被 害 にあったことがあるかを 尋 ねたところ

第 1 章 犯 罪 被 害 の 実 情 と 暗 数 1. 犯 罪 被 害 の 経 験 自 分 や 同 居 の 家 族 の 中 で この 1 年 間 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 から 平 成 16 年 9 月 30 日 まで)に 犯 罪 の 被 害 にあったことがあるかを 尋 ねたところ 第 Ⅲ 部 結 果 の 分 析 第 Ⅲ 部 は 第 1 章 から 第 9 章 までの9つの 章 によって 構 成 されている 各 章 は 署 名 入 りの 論 述 であり 第 Ⅱ 部 での 設 問 項 目 と 重 複 するものの それとは 異 なる 独 自 の 分 析 となっている 第 1 章 犯 罪 被 害 の 実 情 と 暗 数 1. 犯 罪 被 害 の 経 験 自 分 や 同 居 の 家 族

More information

安 全 安 心 まちづくり 情 報 1 住 民 参 加 型 の 防 災 マップづくりの 支 援 を 行 いました! 過 疎 化 高 齢 化 が 進 み 災 害 時 の 孤 立 化 が 心 配 される 地 域 において 防 災 についての 課 題 や 問 題 解 決 のため 地 域 の 防 災 リーダ

安 全 安 心 まちづくり 情 報 1 住 民 参 加 型 の 防 災 マップづくりの 支 援 を 行 いました! 過 疎 化 高 齢 化 が 進 み 災 害 時 の 孤 立 化 が 心 配 される 地 域 において 防 災 についての 課 題 や 問 題 解 決 のため 地 域 の 防 災 リーダ テーマが 間 違 っていましたので 訂 正 しました 犯 罪 や 災 害 に 強 いまちづくり 情 報 誌 安 全 安 心 通 信 コラム 2013.1.31 発 行 Vol.23 [ 発 行 ] 奈 良 県 安 全 安 心 まちづくり 推 進 課 630 8501 奈 良 市 登 大 路 町 30 番 地 TEL:0742-27-8576 FAX:0742-27-5280 E-mail anzen@office.pref.nara.lg.jp

More information

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx 刑 法 各 論 の 基 礎 25 個 人 的 法 益 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 (1) 07 行 動 の 自 由 意 思 決 定 の 自 由 法 益 主 体 = 個 人 人 の 生 命 身 体 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 生 活 の 平 穏 に 対 する 罪 (プライバシーに 対 する 罪 ) 名 誉 信 用 に 対 する 罪 財 産 に 対 する

More information