DV_2016_Instructions_Japanese

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "DV_2016_Instructions_Japanese"

Transcription

1 DV-2016 移 民 多 様 化 ビザ 抽 選 プログラム 応 募 要 綱 概 要 米 国 議 会 で 義 務 化 された 移 民 多 様 化 ビザ 抽 選 プログラム(Diversity Immigrant Visa Program=DV プログ ラム) は 毎 年 国 務 省 によって 施 行 されています 米 国 移 民 国 籍 法 203 条 (c) 項 の 規 定 で DV 移 民 の カテゴリーを 設 け 歴 史 的 に 米 国 への 移 民 率 の 低 い 国 の 人 々に 移 民 ビザを 発 給 しています 2016 会 計 年 度 では 50,000 人 の DV 移 民 が 可 能 です 応 募 に 費 用 はかかりません DV プログラムの 当 選 者 は シンプルですが 厳 正 な DV ビザ 条 件 を 満 たす 必 要 があります DV ビザは コンピューターで 無 作 為 に 当 選 者 を 選 出 します ビザは 6 つの 地 域 ごとに 割 り 当 て 数 が 決 められ 各 地 域 内 の 1 つの 国 が 年 間 の 移 民 抽 選 ビザ 発 給 数 の 7%を 越 えるビザの 受 給 を 受 けることはできま せん 過 去 5 年 間 に 50,000 人 以 上 の 移 民 を 米 国 に 送 り 出 した 下 記 の 国 の 出 身 者 は DV-2016 プログラムの 対 象 にはなりません バングラディッシュ ブラジル カナダ 中 国 ( 本 土 生 まれ)コロンビア ドミニカ 共 和 国 エクアドル エルサルバドル ハイチ インド ジャマイカ メキシコ ナイジェリア パキスタン ペルー フィリピン 韓 国 イギリス ( 北 アイルランドを 除 く)とその 領 土 ベトナム 香 港 マカオ 台 湾 で 出 生 した 方 は 対 象 となります 本 年 は 対 象 国 の 変 更 はありません 応 募 資 格 資 格 1: 対 象 国 リストの 国 の 出 身 者 は 応 募 資 格 があります 対 象 国 出 身 でない 場 合 には DV 応 募 資 格 を 得 る 2 つの 方 法 があります: 配 偶 者 は 対 象 国 出 身 ですか? 配 偶 者 が 対 象 国 リストにある 国 で 生 まれていれば 応 募 者 本 人 も 配 偶 者 の 出 生 国 の 資 格 で 応 募 することができます ただし 応 募 者 本 人 と 配 偶 者 の 両 氏 名 が 応 募 時 に 入 力 されており 両 者 が DV ビザを 取 得 し 一 緒 に 米 国 に 入 国 することが 条 件 です 応 募 者 はプログラム 対 象 国 でない 国 で 生 まれ 両 親 共 にその 国 で 出 生 していないが 両 親 がその 国 に 一 時 的 に 滞 在 している 間 に 応 募 者 は 出 生 しましたか? 答 えが はい であり 両 親 のいずれかが 対 象 国 出 身 であれば 親 の 出 生 国 の 資 格 で DV-2016 に 応 募 できる 可 能 性 があります 詳 細 は よくある 質 問 (2 番 )をご 覧 ください 1

2 資 格 2: 各 応 募 者 が DV プロラムの 教 育 または 職 業 経 験 資 格 を 満 たすには 以 下 のいずれかが 必 要 で す: 応 募 者 は 高 校 卒 業 あるいは 同 等 の 教 育 を 修 了 している 必 要 があり 小 中 高 校 で の 12 年 間 の 公 認 の 教 育 課 程 を 修 了 したことを 証 明 できる または 少 なくとも 2 年 間 の 研 修 か 実 務 経 験 を 必 要 とする 職 業 ( 米 国 労 働 省 の 定 める 基 準 に 準 ずる)に 過 去 5 年 以 内 に 2 年 以 上 従 事 している 米 国 労 働 省 の 基 準 に 関 しては O*NET OnLine に 掲 載 されているデータベースでご 確 認 いただけます 応 募 者 本 人 の 基 準 に 準 ずる 職 業 経 験 についての 詳 細 は よくある 質 問 (5 番 )をご 覧 ください 上 記 の 2 つの 資 格 を 満 たしていない 場 合 は 応 募 しないでください 応 募 期 間 DV-2016 プログラム 応 募 は 2014 年 10 月 1 日 ( 水 ) 正 午 ( 東 部 夏 時 間 ) (GMT-4)から 2014 年 11 月 3 日 ( 月 ) 正 午 ( 東 部 標 準 時 間 ) (GMT-5) の 間 に インターネットを 通 して のサイト から 電 子 的 に 送 信 される 必 要 があります 応 募 期 間 の 最 終 週 を 待 たずに 早 めに 応 募 してください 応 募 が 集 中 するとウェブサイトが 混 雑 し 遅 延 が 生 じる 恐 れがあります 期 限 後 の 応 募 または 書 面 ( 応 募 用 紙 )での 応 募 は 受 理 されません 規 則 で 応 募 期 間 中 に1 人 につき 1 件 の 応 募 に 限 りま す 国 務 省 は 高 度 な 技 術 を 駆 使 して 重 複 応 募 を 探 知 します 1 人 につき 2 件 以 上 の 応 募 があった 場 合 応 募 は 無 効 となります DV-2016 プログラムの 電 子 エントリーを 作 成 する Electronic Diversity Visa Entry Form (E-DV エントリーフォーム DS-5501) を か らオンラインで 送 信 してください エントリーフォームの 入 力 が 不 完 全 な 場 合 応 募 は 受 理 されま せん DV プログラムへの 応 募 に 費 用 はかかりません ビザ 申 請 コンサルタントやビザ 申 請 代 理 人 などの 仲 介 業 者 を 利 用 せず できるだけ 応 募 者 ご 自 身 で 申 請 することを 強 くお 勧 めします もし 他 の 人 があなたの 応 募 に 関 与 する 場 合 は 質 問 に 正 しい 答 えが 入 力 されるようにエントリーフォーム 作 成 時 に 立 会 い 確 認 ページと 固 有 の 確 認 番 号 をご 自 身 で 保 管 できるようにしてください ご 自 分 で 確 認 ページと 固 有 の 確 認 番 号 を 保 管 することは 大 変 重 用 です 確 認 番 号 がないと 応 募 状 況 が 掲 載 されるオンラインシステムにアクセスすることができ なくなります 他 の 人 がこの 情 報 を 代 わりに 保 管 しておくと 申 し 出 た 場 合 は 注 意 が 必 要 です DV ビ ザ 詐 欺 に 関 する 情 報 は よくある 質 問 (35 番 )をご 参 照 ください 完 全 な 応 募 を 送 信 すると 名 前 と 固 有 の 確 認 番 号 が 明 記 されている 確 認 画 面 が 表 示 されます 控 え 用 にこの 確 認 画 面 を 印 刷 してください 2015 年 5 月 5 日 より のサイトに 2

3 再 度 アクセスし Entrant Status Check をクリックし 固 有 の 確 認 番 号 と 個 人 情 報 を 入 力 することに より 応 募 状 況 を 確 認 することができます Entrant Status Check は DV-2016 の 当 選 結 果 を 知 る 唯 一 の 方 法 であり ビザ 手 続 きのインストラクションや 面 接 日 時 も Entrant Status Check 上 で 通 知 されま す 抽 選 に 関 する 情 報 は よくある 質 問 (22 番 )をご 参 照 ください E-DV エントリーを 完 成 するためには 以 下 の 情 報 が 必 要 です: 1. 名 前 : 姓 名 ミドルネームの 順 パスポートに 記 載 されている 通 りの 名 前 2. 生 年 月 日 : 日 月 西 暦 年 の 順 3. 性 別 : 男 性 または 女 性 4. 出 生 地 5. 出 生 国 : 応 募 者 が 生 まれた 国 現 在 使 われている 名 称 を 記 入 6. DV プログラム 対 象 国 : 対 象 国 とは 通 常 応 募 者 の 出 生 国 と 同 一 であり 居 住 国 ではあ りません 応 募 者 がプログラム 対 象 国 で 出 生 していない 場 合 は 他 に 資 格 を 得 る 選 択 肢 があ るか よくある 質 問 (2 番 )をご 参 照 ください 7. 写 真 : 最 近 撮 影 された 写 真 応 募 者 本 人 配 偶 者 およびエントリーに 記 入 した 全 ての 子 どもの 写 真 写 真 の 構 成 および 技 術 仕 様 に 関 しては 下 記 デジタル 写 真 を 提 出 する を 参 照 してください 米 国 市 民 または 米 国 永 住 者 である 配 偶 者 および 子 どもの 写 真 は 必 要 あ りませんが 含 めてもペナルティーは 科 されません 集 合 写 真 や 家 族 写 真 は 受 理 されません 家 族 それぞれの 個 別 の 写 真 でなければなりません 写 真 が 最 近 のものでないと 判 断 された 場 合 や 人 為 的 に 加 工 された 写 真 あるいは 下 記 に 記 載 されている 条 件 を 満 たしていない 場 合 応 募 は 無 効 となりビザは 却 下 されます 詳 細 は デジタル 写 真 ( 画 像 )を 提 出 する をご 覧 ください 8. 現 住 所 : 宛 名 または 気 付 番 地 と 町 名 (1 段 ) 番 地 と 町 名 (2 段 ) 市 町 村 郡 / 州 / 都 道 府 県 郵 便 番 号 国 9. 現 在 の 居 住 国 10. 電 話 番 号 ( 任 意 ) 11. E メールアドレス: 直 接 アクセス 可 能 な E メールアドレスを 提 出 してください その E メー ルアドレスに 正 式 な 当 選 通 知 は 送 られませんが もし 当 選 し Entrant Status Check ページより 当 選 通 知 に 返 答 した 場 合 は 後 日 Entrant Status Check 上 でご 自 分 の 移 民 ビザ 面 接 に 関 する 詳 細 を 確 認 するように 国 務 省 から E メールで 連 絡 があります 国 務 省 は DV プログラムに 当 選 3

4 した 旨 を E メールでは 通 知 しません 抽 選 に 関 する 情 報 は よくある 質 問 (22 番 )を ご 参 照 ください 12. 応 募 時 点 で 取 得 している 最 終 学 歴 : 応 募 者 は 次 の 教 育 レベルの 中 から 1 つ 選 択 してくだ さい (1) 小 中 学 校 のみ (2) 高 校 中 退 (3) 高 校 卒 業 (4) 専 門 学 校 (5) 大 学 課 程 レベル (6) 大 学 卒 業 (7) 大 学 院 課 程 レベル (8) 修 士 号 (9) 博 士 課 程 レベル (10) 博 士 号 学 歴 に 関 する 情 報 は よくある 質 問 (5 番 )をご 参 照 ください 13. 現 在 の 婚 姻 状 況 : 未 婚 既 婚 離 婚 未 亡 人 法 的 別 居 配 偶 者 の 名 前 生 年 月 日 性 別 出 生 地 出 生 国 を 入 力 してください また 応 募 者 本 人 同 様 規 格 に 合 った 配 偶 者 の 写 真 も 必 要 です 資 格 のある 配 偶 者 情 報 が 提 出 されない 場 合 応 募 は 失 格 となり 面 接 の 際 全 員 のビザが 却 下 されますのでご 注 意 ください たとえビザ 申 請 前 に 離 婚 することになっていても この 欄 に 配 偶 者 を 記 載 すること 米 国 市 民 や 米 国 永 住 者 の 配 偶 者 は DV ビザの 資 格 はありません ので 記 入 する 必 要 はありませんが 記 入 してしまってもペナルティーは 科 されません 家 族 に 関 する 詳 細 は よくある 質 問 (13 番 )をご 参 照 ください 14. 子 どもの 人 数 : 応 募 者 との 同 居 別 居 を 問 わず また DV プログラムで 応 募 者 と 米 国 へ 移 民 する 意 思 にかかわらず エントリーには 現 存 する 21 歳 未 満 の 未 婚 の 子 ども 全 ての 名 前 生 年 月 日 性 別 出 生 地 および 出 生 国 の 情 報 が 必 要 です 応 募 者 本 人 同 様 子 ども 各 々 の 規 格 に 合 った 写 真 も 必 要 です 以 下 を 確 認 してください: 現 存 する 全 ての 実 子 応 募 者 が 法 的 に 養 子 縁 組 した 子 ども 応 募 時 に 21 才 未 満 で 未 婚 の 継 子 子 どもの 親 との 婚 姻 関 係 がすでにない 場 合 や 応 募 者 との 同 居 別 居 を 問 わず また DV プログラムでの 移 民 の 意 思 にかかわらず 全 て 記 入 する 必 要 があります 既 婚 の 子 ども または 21 才 以 上 の 子 どもは DV ビザの 応 募 資 格 がありません ただし Child Status Protection Act はある 特 定 の 状 況 においては 年 齢 制 限 から 子 どもを 保 護 し ます DV エントリー 時 に 未 婚 で 21 才 未 満 であればビザ 発 給 前 に 21 才 に 達 しても ビザ 手 続 きをするという 目 的 において 21 才 以 下 として 考 慮 されます 米 国 市 民 や 米 国 永 住 者 の 子 どもは DV ビザの 資 格 はありませんので 記 入 する 必 要 はあり ませんが 家 族 の 情 報 として 記 入 しても 除 外 してもペナルティは 科 されません 資 格 のある 全 ての 子 どもが 明 記 されていない 場 合 主 たる 申 請 者 の 応 募 は 無 効 となりま す また 面 接 の 際 全 員 のビザが 却 下 されますのでご 注 意 ください 家 族 に 関 する 詳 細 は よくある 質 問 (13 番 )をご 参 照 ください DV-2016 プログラムの 電 子 エントリーの 作 成 に 関 する 情 報 は よくある 質 問 をご 参 照 ください 4

5 抽 選 各 地 域 や 国 の 割 当 て 数 に 基 づいて 全 ての 有 効 な 応 募 の 中 からコンピューターによって 無 作 為 に 当 選 者 が 選 ばれます 全 ての DV-2016 応 募 者 が 自 分 の 応 募 が 当 選 したかを 知 るためには DV-2016 にオ ンラインでエントリー 送 信 から 保 管 しておいた 確 認 番 号 を 用 い E-DV ウェブサイトの Entrant Status Check ページにアクセスする 必 要 があります Entrant Status Check は 2015 年 5 月 5 日 より E-DV ウェ ブサイト 上 でアクセス 可 能 になり 少 なくとも 2016 年 6 月 30 日 まではア クセス 可 能 です 当 選 者 はその 確 認 ページで 当 選 通 知 と 共 にその 後 のインストラクションや 移 民 ビ ザ 申 請 料 金 などに 関 する 情 報 を 受 け 取 ります Entrant Status Check は DV-2016 の 当 選 結 果 を 通 知 す る 唯 一 の 方 法 です 国 務 省 は 手 紙 や E メールで 当 選 通 知 を 送 りません 大 使 館 や 領 事 館 は 当 選 者 の リストを 提 供 しません 当 選 しなかった 方 もウェブ 上 の Entrant Status Check でのみ 当 選 しなかった 旨 が 通 知 されます 当 選 の 確 認 を 他 の 人 に 依 頼 せず できるだけ 応 募 者 ご 自 身 で Entrant Status Check にアクセスすることを 強 くお 勧 めします 応 募 が 当 選 した 場 合 米 国 に 移 住 するためのビザを 取 得 するためには 米 国 移 民 法 に 基 づく 全 ての 要 件 を 満 たさなければなりません 特 にテロ 支 援 国 家 として 確 認 された 国 の 出 身 者 だけでなく こ の 応 募 要 綱 に 記 載 された 特 定 の 国 の 出 身 者 は 審 査 に 多 くの 精 査 や 時 間 が 必 要 となる 場 合 がありま す 当 選 者 とその 家 族 への 全 ての 手 続 きと DV ビザの 発 給 は 2016 年 9 月 30 日 までに 完 了 しなければな りません 理 由 の 如 何 にかかわらず この 日 以 降 に DV ビザの 発 給 を 受 けたり 移 民 への 資 格 変 更 をすることはできません また 当 選 者 に 後 続 する 家 族 も この 日 以 降 に DV ビザを 取 得 すること はできません 抽 選 に 関 する 情 報 は よくある 質 問 (22 番 )をご 参 照 ください デジタル 写 真 ( 画 像 )を 提 出 する 画 像 ファイルの 作 成 にはデジタルカメラで 新 たに 写 真 を 撮 ることも デジタルスキャナーで 既 にあ る 写 真 をスキャンすることもできますが デジタル 画 像 は 下 記 の 構 成 技 術 仕 様 要 件 を 満 たしてい る 必 要 があります 写 真 を 送 信 する 前 に 応 募 写 真 が 有 効 かどうかを E-DV ウェブサイトの 写 真 有 効 確 認 (Photo Validation)で 確 認 することができます Photo Validation は 受 理 あるいは 不 可 を 例 を 示 しながら 写 真 構 成 上 の 技 術 的 なアドバイスを 提 供 しています 写 真 は カラー 濃 度 24 ビットのものが 必 要 です スキャナーを 用 いる 場 合 は True color または 24 ビットカラーモードの 設 定 でなければなりません スキャンに 関 する 詳 細 は 下 記 をご 参 照 くださ い 構 成 仕 様 : 提 出 されたデジタル 画 像 は 次 の 仕 様 で 作 成 されていなければなりません 条 件 を 満 たさ ない 場 合 応 募 は 無 効 となります 頭 の 位 置 o カメラに 向 って 真 正 面 に 向 いている o うつむいたり 首 を 傾 けたりせず 正 面 を 向 いている o 頭 の 高 さや 顔 の 大 きさ( 頭 髪 も 含 め 頭 上 から 顎 の 下 まで 測 定 )は 写 真 全 体 の 50%~ 69%を 占 めている 目 の 高 さ( 写 真 の 一 番 下 から 目 の 位 置 まで 測 定 )は 写 真 の 56%~ 69%の 間 であること 5

6 頭 の 大 きさの 画 像 テンプレート 画 像 例 は をご 参 照 ください 淡 い 色 の 背 景 o 人 物 は 淡 い 色 の 背 景 の 中 央 に 写 っている o 背 景 が 暗 いもの 模 様 や 風 景 が 入 っているものは 受 理 されません 焦 点 o 焦 点 がはっきり 合 っている 装 飾 品 不 可 o サングラスや 装 飾 品 等 で 顔 が 鮮 明 に 写 っていない 写 真 は 受 理 されません 頭 部 の 覆 いや 帽 子 不 可 o 宗 教 的 信 仰 上 の 理 由 による 頭 部 の 覆 いや 帽 子 は 受 付 ますが 応 募 者 の 顔 が 鮮 明 に 写 っ ていなければなりません 宗 教 的 理 由 以 外 のかぶりものを 身 につけた 写 真 は 受 理 されま せん 軍 や 航 空 会 社 等 の 制 服 として 帽 子 をかぶって 撮 影 された 写 真 も 受 理 されません 技 術 仕 様 : 新 たにデジタル 写 真 を 撮 る: 新 しいデジタル 画 像 の 場 合 は 次 の 仕 様 であること フォーマット 容 量 解 像 度 カラー 濃 度 画 像 ファイルは JPEG で 保 存 画 像 容 量 は 最 大 で 240 キロバイト(240KB)まで 最 小 許 容 範 囲 は 600( 高 さ)x600( 幅 )ピクセル ピクセルは 正 方 形 のアスペクト 比 ( 縦 横 同 寸 )でなければな らない 24 ビットカラー( 注 :カラー 写 真 が 必 要 24 ビット 白 黒 や8ビッ ト 濃 度 は 受 理 されない) 6

7 写 真 からスキャンする: 既 存 の 写 真 をスキャンする 前 に 画 像 は 上 記 の 構 成 仕 様 通 りであ ることを 確 認 する 必 要 があります 画 像 がカラーおよび 構 成 仕 様 を 満 たしている 場 合 は 次 のスキャナー 仕 様 に 従 い 写 真 をスキャンすることができます スキャナー 解 像 度 フォーマット 容 量 解 像 度 カラー 濃 度 最 低 300 dpi 画 像 ファイルは JPEG で 保 存 画 像 容 量 は 最 大 で 240 キロバイト(240KB)まで 600 x 600 ピクセル 24 ビットカラー( 注 :カラー 写 真 が 必 要 白 黒 モノクロ 画 像 グレースケール 画 像 は 受 理 されない) 7

8 よくある 質 問 応 募 資 格 1. 出 生 者 出 生 国 の 意 味 は? 出 生 者 とは 通 常 居 住 国 国 籍 に 関 わらず その 国 で 生 まれた 人 という 意 味 です 移 民 国 籍 法 202 条 (b) 項 の 規 定 では 応 募 者 自 らの 生 まれた 国 以 外 を 出 生 国 とすることも 認 め ています 毎 年 各 地 域 への 移 民 ビザ 割 り 当 て 数 の 制 限 が 設 けられているため 各 申 請 者 はある 国 の 割 り 当 て 数 の 対 象 になります 出 生 国 とは 移 民 割 り 当 て 数 に 加 算 される 対 象 の 国 の 意 味 です 対 象 国 とは 通 常 応 募 者 の 出 生 国 と 同 一 です しかし 応 募 者 は 配 偶 者 の 出 生 国 とし て 対 象 国 を 選 択 することもできますし あるいは 両 親 ともにその 国 で 出 生 していないが 両 親 がその 国 に 一 時 的 に 滞 在 している 間 に 応 募 者 が 出 生 した 場 合 には 親 の 出 生 国 の 資 格 で 応 募 することができます 対 象 国 で 出 生 した 資 格 を 選 択 できる 方 法 はこの 3 つのみです あなたが 記 載 した 対 象 国 または 出 生 国 が 正 確 でない 場 合 ( 記 載 事 項 に 正 当 な 根 拠 がな い 場 合 など) 応 募 資 格 を 失 いますのでご 注 意 ください 2. 応 募 資 格 のない 国 で 生 まれましたが 応 募 することは 可 能 ですか? 応 募 可 能 な 状 況 は2つあります 1 つ 目 は 配 偶 者 が 応 募 資 格 のある 国 で 生 まれている 場 合 には 配 偶 者 の 生 まれた 国 をあなたの 出 生 国 として 応 募 できます ただし その 場 合 あなたの 応 募 資 格 は 配 偶 者 に 基 づくため あなたの 配 偶 者 が DV-2 ビザの 受 給 資 格 を 有 し DV-2 ビザが 発 給 されない 限 り あなたに DV-1 ビザは 発 給 されません そしてあなたと 配 偶 者 は 一 緒 に DV ビザを 使 って 米 国 に 入 国 しなければなりません 同 様 に 子 どもは 両 親 の 出 生 国 によって 資 格 を 得 ることができます 2 つ 目 は あなたの 両 親 のいずれもが あなたが 生 まれた 国 以 外 で 生 まれ あなたの 出 生 時 にあなたが 生 まれた 国 の 居 住 者 でなかった 場 合 には 両 親 のいずれかの 生 まれた 国 を あなたの 出 生 国 とすることができます 一 般 的 に 居 住 者 とみなされない 場 合 とは 生 まれた 国 または 帰 化 した 国 以 外 であり 一 時 的 にその 国 に 訪 問 留 学 または 商 用 や 職 務 に 従 事 するために 企 業 や あなたが 出 生 した 国 以 外 の 政 府 から 派 遣 されていた 場 合 です あなた 自 身 の 生 まれた 国 以 外 を 出 生 国 とする 場 合 には E-DV エントリーフォームの#6 に その 旨 を 明 記 してください あなたが 記 載 した 対 象 国 または 出 生 国 が 正 確 でない 場 合 ( 記 載 事 項 に 正 当 な 根 拠 がない 場 合 など) 応 募 資 格 を 失 いますのでご 注 意 ください 3. ある 特 定 の 国 の 出 生 者 にはなぜ 抽 選 プログラムの 資 格 がないのですか? DV プログラムは 過 去 に 米 国 に 多 くの 移 民 を 送 っている 国 以 外 の 国 の 方 へ 移 民 のチャンス を 与 えるのが 目 的 です 移 民 法 は 移 民 数 の 多 い 国 の 出 生 者 に DV ビザを 発 給 しないこと を 言 明 し 移 民 数 の 多 い 国 を 過 去 5 年 間 に 家 族 呼 び 寄 せまたは 雇 用 による 移 民 ビザ 8

9 で 50,000 人 以 上 が 米 国 へ 移 民 した 国 と 規 定 しています U.S. Citizenship and Immigrant Services (USCIS) は 毎 年 DV プログラムから 除 外 すべき 対 象 国 を 判 定 するため 過 去 5 年 間 の 家 族 および 雇 用 による 移 民 の 入 国 数 を 見 直 しています 対 象 国 は 毎 年 DV プログラム 応 募 期 間 前 に 決 定 されるため 非 対 象 国 リストも 毎 年 変 更 されます 4. DV-2016 抽 選 ビザの 地 域 別 制 限 数 は? USCIS は 移 民 国 籍 法 203 条 (c) 項 の 規 定 を 基 に 毎 年 各 地 域 への DV ビザ 割 り 当 て 数 の 制 限 を 決 定 します それぞれの 国 の 出 生 者 に 対 し 発 給 されるビザの 数 は 地 域 への 割 り 当 て 数 それぞれの 国 からの 応 募 者 数 および 当 選 者 の 中 から 何 人 がビザ 取 得 の 資 格 があるかによ ります 1つの 国 が 全 体 のビザ 数 の7%を 越 える 数 を 割 り 当 てられることはありません 5. 学 歴 や 職 歴 に 関 する 条 件 は? 応 募 にあたっては 高 校 卒 業 (または 同 等 ) 以 上 の 学 歴 もしくは 過 去 5 年 以 内 に 最 低 2 年 間 の 研 修 や 実 務 経 験 を 要 する 職 業 に 2 年 以 上 従 事 していることが 条 件 となります 高 校 卒 業 または 同 等 とは 米 国 における 12 年 間 の 初 等 中 等 教 育 終 了 者 であること 米 国 外 の 場 合 は 初 等 教 育 と 米 国 の 高 校 にあたる 中 等 教 育 の 正 規 のコース 修 了 を 意 味 しま す この 条 件 は 正 規 の 学 校 教 育 を 修 了 した 場 合 のみ 満 たされます 通 信 教 育 やそれと 同 等 レベルの 証 明 書 (General Equivalency Diploma (G.E.D.)など)は 該 当 しません 学 歴 や 職 歴 の 証 明 書 類 は 当 選 後 移 民 ビザの 面 接 を 受 ける 際 に 米 国 領 事 に 提 出 する 必 要 があります 学 歴 や 職 歴 の 条 件 を 満 たさない 場 合 ビザ 面 接 時 にあなたは 応 募 資 格 がないと 判 断 され あなたと 家 族 全 員 のビザ 申 請 が 却 下 されることになります 6. DV プログラムの 要 件 を 満 たす 職 業 とは? 応 募 者 の 職 業 経 験 が 条 件 を 満 たしているか 否 かの 判 定 は 労 働 省 の O*Net Online データー ベースを 用 いて 行 います 労 働 省 の O*Net Online データーベースでは 職 業 経 験 を 5 つのグ ループに 分 けています 多 くの 職 業 がリストされていますが DV プログラムの 要 件 を 満 た すのはその 中 の 特 定 の 職 業 だけです また 職 業 経 験 をもとに DV プログラムの 要 件 を 満 た すためには あなたが 過 去 5 年 以 内 に 2 年 以 上 O*Net Online に Job Zone 4 または 5 Specific Vocational Preparation (SVP)レンジ 7.0 以 上 と 規 定 される 職 業 に 従 事 していたことを 証 明 しなければなりません 学 歴 や 職 歴 の 条 件 を 満 たさない 場 合 ビザ 面 接 時 にあなはた 応 募 資 格 がないと 判 断 され あなたと 家 族 全 員 のビザ 申 請 が 却 下 されることになります 7. 要 件 を 満 たしている 職 業 を 労 働 省 のサイトから 検 索 する 方 法 は? 労 働 省 の O*Net Online データーベースをご 覧 ください あなたの 職 業 が 要 件 を 満 たすかは 次 の 方 法 で 検 索 できます 1. "Find Occupation"を 選 択 し 次 に"Job Family"を 選 択 します 2. "Job Family"から 該 当 するものを 選 択 し "GO"をクリックします 3. 該 当 する 特 定 業 務 のリンクをクリックします 9

10 4. "Job Zone"タブで 指 定 の Job Zone 番 号 および SVP レンジを 検 索 します 例 えば 宇 宙 開 発 技 術 者 を 選 択 します 宇 宙 開 発 技 術 者 の Summary Report の 最 後 にある Job Zone の 欄 に Job Zone 4, SVP レンジ 7.0 から 8.0 未 満 を 確 認 できます よって 宇 宙 開 発 技 術 者 は 要 件 を 満 たす 職 業 となります 詳 細 は Diversity Visa List of Occupations をご 覧 ください 8. E-DV プログラム 応 募 への 年 齢 制 限 ( 最 低 年 齢 )はありますか? 抽 選 プログラムに 応 募 するための 最 低 年 齢 は 設 けられていませんが 応 募 者 は 応 募 時 点 で 高 卒 以 上 の 学 歴 や 職 歴 に 関 する 条 件 を 満 たしていなければならないため 事 実 上 18 才 未 満 の 殆 どの 人 は 応 募 資 格 がないことになります DV プログラムの 電 子 エントリーを 作 成 する 9. いつから 応 募 できますか? DV-2016 応 募 登 録 期 間 は 2014 年 10 月 1 日 ( 水 ) 正 午 ( 東 部 夏 時 間 ) (GMT-4)から 2014 年 11 月 3 日 ( 月 ) 正 午 ( 東 部 標 準 時 間 ) (GMT-5)までです 例 年 この 登 録 期 間 内 に 数 百 万 の 応 募 が あります 応 募 多 数 により 当 選 者 の 選 出 に 非 常 に 時 間 がかかります 応 募 期 間 を 上 記 に 設 定 することで 当 選 者 にタイムリーに 通 知 されると 共 に 応 募 者 と 大 使 館 領 事 館 双 方 にビ ザ 発 給 のための 準 備 や 手 続 きに 十 分 な 時 間 を 与 えることができます 応 募 者 は 早 い 時 期 に 応 募 することを 強 くお 勧 めします 応 募 期 間 終 了 間 際 のかけこみ 応 募 はシステムの 遅 延 要 因 ともなります 2014 年 11 月 3 日 ( 月 ) 正 午 ( 東 部 標 準 時 間 ) 後 はいかな る 応 募 も 受 理 されません 10. 米 国 に 滞 在 しています DV に 応 募 できますか? はい 米 国 からでも あるいはそれ 以 外 の 国 からでも 応 募 可 能 です 11. DV 応 募 期 間 内 に 応 募 できるのは 1 回 のみですか? はい 法 律 により 期 間 内 に 各 自 が 応 募 できるのは 1 回 のみと 規 定 されております 国 務 省 は 応 募 期 間 内 の 複 数 応 募 を 判 別 するための 技 術 を 導 入 しています 同 一 応 募 者 が 2 回 以 上 応 募 した 場 合 は 失 格 となります 12. 夫 と 妻 が 別 々に 応 募 することはできますか? はい 夫 と 妻 は それぞれが 応 募 条 件 を 満 たしていれば 別 々に 1 回 ずつ 応 募 することがで きます 一 方 が 当 選 した 場 合 他 方 は 配 偶 者 としての 資 格 で 申 請 することになります 13. E-DV 応 募 に 含 める 必 要 のある 家 族 は? 配 偶 者 : 同 居 の 有 無 やあなたと 共 に 米 国 に 移 住 する 意 思 に 関 わらず 応 募 には 配 偶 者 ( 夫 または 妻 )の 名 前 を 記 載 する 必 要 があります 配 偶 者 はたとえ 別 居 中 であっても そ 10

11 の 別 居 が 法 律 上 認 められたもの( 別 居 を 認 める 裁 判 所 発 行 の 文 書 )でない 限 り 記 載 してく ださい 法 律 上 別 居 している 場 合 は 配 偶 者 の 名 前 を 記 載 する 必 要 はありません 記 載 し てもペナルティーを 科 されることはありません 正 式 に 離 婚 している 場 合 や 死 別 している 場 合 は 以 前 の 配 偶 者 を 記 載 する 必 要 はありません 子 ども: 実 子 継 子 (たとえその 子 どもの 親 と 現 在 離 婚 していても) 配 偶 者 の 前 婚 に よる 子 ども あなたの 国 の 法 律 に 基 づいて 正 式 に 養 子 縁 組 をした 子 どもを 含 め E-DV 応 募 時 に 21 才 未 満 で 生 存 している 未 婚 の 子 どもをすべて 記 載 してください 現 在 は 同 居 してい ない あるいは DV プログラムであなたと 共 に 米 国 に 移 住 する 意 志 がなくても 電 子 エン トリーの 時 点 で 21 才 未 満 の 子 どもをすべて 記 載 してください 米 国 市 民 や 米 国 永 住 資 格 を 持 つ 子 どもは 記 載 する 必 要 はありません 記 載 してもペナルティーは 科 されません 親 兄 弟 は 同 行 家 族 として DV ビザの 受 給 資 格 はありませんので DV ビザの 応 募 に 含 める ことはできません 家 族 の 名 前 を 応 募 に 含 めても その 家 族 があなたと 共 に 米 国 に 移 住 しなければならないと いうことではありません ただし 資 格 のある 家 族 を 当 初 の DV 応 募 に 記 載 せず 移 民 ビザ 申 請 書 に 記 載 した 場 合 ビザ 面 接 時 にあなたのケースは 失 格 と 判 断 され あなたと 家 族 全 員 のビザ 申 請 が 却 下 されることになります これは 応 募 提 出 時 に 家 族 関 係 が 成 立 してい た 場 合 に 該 当 し 応 募 後 に 新 たに 加 わった 家 族 には 該 当 しません 配 偶 者 は あなたの 応 募 に 名 前 が 記 載 されていても それぞれの 応 募 が 必 要 な 家 族 の 情 報 を 含 んでいる 限 り 別 に 応 募 することができます ( 上 記 質 問 #12 をご 参 照 ください ) 14. 応 募 は 申 請 者 本 人 がしなければなりませんか それとも 第 三 者 が 代 行 できますか? 応 募 は 自 分 自 身 で 準 備 提 出 することをお 勧 めしますが 第 三 者 に 代 行 を 依 頼 することも できます 本 人 が 直 接 応 募 しても 弁 護 士 友 人 親 戚 などに 代 行 を 依 頼 した 場 合 でも 各 自 が 応 募 できるのは 1 件 のみです 入 力 事 項 については 応 募 者 本 人 が 責 任 を 負 うことに なり 間 違 った 情 報 および 不 完 全 な 応 募 は 資 格 を 失 います 応 募 者 は 各 自 で 確 認 ページ 情 報 を 保 管 してください そうすることでご 自 分 で E-DV の 公 式 サイト 上 の Entry Status Check より 応 募 状 況 を 確 認 することができます 15. すでに 別 のカテゴリーで 移 民 ビザに 登 録 しています DV プログラムに 応 募 できますか? はい 16. オンライン E-DV の 開 始 時 期 は? オンラインでエントリーできるのは 2014 年 10 月 1 日 ( 水 ) 東 部 夏 時 間 の 正 午 (GMT-4)か ら 2014 年 11 月 3 日 ( 月 ) 東 部 標 準 時 間 の 正 午 (GMT-5)までです 17. E-DV エントリーフォームをダウンロードして Word など 文 書 作 成 ソフトに 保 存 し 後 で 完 成 することはできますか? いいえ エントリーフォームを 他 のプログラムに 保 存 し 後 で 記 入 して 提 出 することはで きません E-DV エントリーフォームはウェブフォームのみです オンライン 上 で 入 力 し 送 信 する 必 要 があります 11

12 18. エントリーフォームをオンラインで 保 存 し 後 から 入 力 して 完 成 することは 可 能 ですか いいえ できません E-DV エントリーフォームは 入 力 から 送 信 まで 続 けて 行 うようにデザ インされています E-DV システムはフォームのダウンロード 開 始 からオンラインで 送 信 さ れたエントリーが E-DV ウェブサイトで 受 理 されるまでに 60 分 の 処 理 時 間 を 設 定 していま す 60 分 以 上 経 過 してもエントリーがオンラインで 受 理 されなかった 場 合 は それまでに 入 力 された 情 報 は 無 効 となります 従 って 以 前 の 一 部 分 のエントリーが 重 複 応 募 として 完 全 なエントリーの 妨 げとなることはありません オンラインフォームを 作 成 させる 前 に DV インストラクションをよくお 読 みになり 必 要 な 情 報 を 収 集 するなど 十 分 準 備 をして ください 19. スキャナーを 持 っていません 米 国 の 知 人 へ 写 真 を 送 り スキャンした 写 真 を 保 存 したも のをメールしてもらって 応 募 に 使 うことはできますか? はい 写 真 が 規 定 の 条 件 を 満 たし E-DV オンラインエントリーと 同 時 に 電 子 的 に 提 出 され るのであれば そのような 方 法 が 可 能 です オンラインで 応 募 する 前 にスキャンした 画 像 ファイルを 既 に 持 っている 必 要 があります 写 真 をあなたのオンライン 申 請 と 別 に 送 信 す ることはできません エントリー( 写 真 と 申 請 を 併 せた)は 米 国 からでも それ 以 外 の 国 か らでもオンラインで 送 信 できます 20. 送 信 したデジタル 画 像 が 規 定 の 条 件 を 満 たしていない 場 合 システムがその E-DV エントリ ーフォームを 拒 否 すると 記 されています それは エントリーフォームを 再 送 することが できるという 意 味 ですか? はい 写 真 が 規 定 の 条 件 を 満 たしていない 場 合 送 信 されたエントリーはシステム 上 拒 否 され 受 理 確 認 通 知 は 送 られません しかし インターネットの 特 性 上 拒 否 通 知 が 即 座 に 送 られるとは 限 りません もし 応 募 者 自 身 が 問 題 を 修 正 して Part1 あるいは Part2 が 60 分 以 内 に 再 送 信 された 場 合 はエントリーの 送 信 に 成 功 することができる 可 能 性 があります そうでない 場 合 は 再 度 初 めから 行 わなければなりません 応 募 者 は 完 全 な 申 請 を 送 信 し 確 認 通 知 を 受 取 るまで 必 要 であれば 何 度 でも 送 信 することができます 一 旦 確 認 通 知 を 受 け 取 った 後 は あなたの 応 募 は 完 了 しましたので 複 数 の 応 募 をしないように 注 意 してく ださい 21. 完 全 な E-DV エントリーフォームがオンラインシステムで 受 理 されると 電 子 確 認 通 知 はど のくらいで 送 られるのですか? E-DV エントリーフォームの 受 理 確 認 通 知 を 含 む E-DV ウェブサイトからの 回 答 は 直 ちに 送 信 されるはずです ただし インターネットの 特 性 上 その 通 知 が 受 信 されるまでの 時 間 を 予 測 することはできません 完 全 な 申 請 が 送 信 され 確 認 通 知 を 受 信 するまで 応 募 者 は 必 要 であれば 何 度 でも 送 信 ボタンを 押 すことができます ただし 一 旦 確 認 通 知 を 受 信 した 後 は 再 送 信 しないでください 抽 選 22. どのように 自 分 が 当 選 したか 分 かりますか? 12

13 2015 年 5 月 5 日 からおそくとも 2016 年 6 月 30 日 までの 期 間 E-DV サイト 上 の Entry Status Check ページにアクセスするには 確 認 番 号 が 必 要 で す Entrant Status Check は 当 選 結 果 を 通 知 する 唯 一 の 方 法 であり ビザ 申 請 の 手 続 き 方 法 や 面 接 予 約 の 日 時 も Entrant Status Check 上 で 通 知 されます E-DV サイト が 国 務 省 が 認 可 た 唯 一 の 公 式 応 募 サイトであり また DV プログ ラムの 状 況 確 認 サイトです 国 務 省 が 当 選 者 に 連 絡 をして 当 選 を 通 知 することはありません よくある 質 問 (23) 参 照 ) 23. どのように 自 分 が 当 選 したか 分 かりますか? 通 知 されますか? ご 自 分 の DV-2016 の 応 募 状 況 は 2015 年 5 月 5 日 より 少 なくとも 2016 年 6 月 30 日 まで E- DV サイト 上 の Entry Status Check ページで 確 認 できます 応 募 者 は 確 認 番 号 を 少 なくとも 2016 年 9 月 30 日 まで 保 管 しておいてください ( 前 年 度 の DV-2015 年 度 の 状 況 確 認 は 2014 年 5 月 1 日 から 2015 年 6 月 30 日 までオンラインで 確 認 すること ができます ) 当 選 しなかった 応 募 者 は 確 認 番 号 を 用 いて E-DV 公 式 サイトから 抽 選 結 果 を 確 認 することはできますが いかなる 追 加 のインストラクションを 受 け 取 ることはあり ません 24. 確 認 番 号 を 失 くした 場 合 は? DV 応 募 状 況 の 確 認 には 確 認 ページの 情 報 が 必 要 です E-DV サイト 上 の Entry Status Check (ESC)ページで ご 自 分 の 個 人 情 報 を 入 力 することによって 応 募 の 際 に 登 録 した E メー ルアドレスへ 確 認 番 号 が 送 信 される 機 能 が 追 加 されました 米 国 大 使 館 や 領 事 館 および 国 務 省 ケンタッキー コンシュラーセンター(KCC)は 応 募 者 に 代 わって 当 選 状 況 を 確 認 することや (ESC の 確 認 番 号 取 戻 し 機 能 以 外 で) 応 募 者 に 直 接 確 認 番 号 をお 知 らせすることはできません また 国 務 省 が 当 選 者 のリストを 提 供 すること はできません 25. 国 務 省 から E メールや 手 紙 で 通 知 が 送 られますか? 国 務 省 が 通 知 書 を 送 ることはありません 米 国 政 府 は 当 選 者 に 当 選 通 知 を E メールで 送 っ たことは 一 切 ありませんし DV-2016 プログラムにおいて そのような 目 的 のために E メー ルを 使 用 する 予 定 もありません ESC 上 で 当 選 通 知 のインストラクションに 従 って 返 信 した あと 当 選 者 は 面 接 予 約 が 設 定 された 旨 の E メールを 受 け 取 ります そのような E メール でも 実 際 の 面 接 予 約 日 時 は 記 載 されず ESC にアクセスして 面 接 予 約 の 詳 細 を 確 認 するよ う 指 示 します 最 後 に".gov"がついているウェブアドレスのみが 米 国 政 府 の 公 式 サイトであることに 注 意 し てください 多 くの 非 政 府 サイト( 例 :".com" ".org" ".net"がついているアドレス)で 移 民 やビザ 関 連 情 報 およびサービスが 提 供 されていますが このような 民 間 のウェブサイトで 提 供 している 情 報 については 内 容 にかかわらず 国 務 省 が 保 証 や 推 薦 するものではあり ません 13

14 あるサイトから 送 金 や 個 人 情 報 を 提 供 させる 目 的 で 勧 誘 の E メールを 受 け 取 るかもしれま せん また これらのウェブサイトは 移 民 手 続 きに 関 する 書 式 や 情 報 についてサービス 料 金 を 払 うことを 要 求 するかもしれませんが そのような 情 報 は 国 務 省 や 米 国 大 使 館 領 事 館 のウェブサイトを 通 して 無 料 で 提 供 されています さらに これらのウェブサイトは 金 銭 を 騙 し 取 る 目 的 で DV プログラムに 関 係 するサービスを 装 い 料 金 の 支 払 いを 要 求 するか もしれません このような 詐 欺 の 1 つに 一 旦 お 金 を 送 ったらおそらく 決 して 戻 らないでし ょう また なりすまし 犯 罪 に 使 われる 可 能 性 もありますので これらのウェブサイトに いかなる 個 人 情 報 も 送 るのは 細 心 の 注 意 を 払 うべきです 26. DV-2016 では 何 人 の 応 募 者 が 当 選 するのですか? DV-2016 で 発 給 されるビザの 数 は 50,000 件 ですが それよりも 多 くの 応 募 者 が 当 選 します なぜなら 最 初 の 50,000 人 の 中 にはビザを 取 得 する 資 格 のない 人 や ビザ 申 請 手 続 きを 行 わない 人 がいることが 予 測 されるため 割 り 当 てられたビザ 番 号 を 残 らず 使 い 切 るために 50,000 件 以 上 のエントリーを 当 選 とするからです これは 同 時 に 発 給 されるビザの 総 数 が 当 選 者 数 に 満 たないことを 意 味 します 全 ての 当 選 者 は E-DV サイトの ESC 上 で その 後 の 手 続 きに 進 むことできるか またはリス ト 状 況 を 確 認 できます DV-2016 プログラム 当 選 者 の 移 民 ビザの 面 接 は 当 選 通 知 のインス トラクションに 従 い 必 要 な 書 類 および 情 報 を 提 出 した 当 選 者 に 対 し 2015 年 10 月 から 開 始 されます 必 要 情 報 を 全 て 提 出 した 当 選 者 には 米 国 大 使 館 または 領 事 館 で 行 われる 面 接 日 の 約 4~6 週 間 前 に E-DV サイトの ESC 上 で 面 接 予 約 情 報 が 通 達 されます ビザは 使 用 可 能 なビザ 番 号 がある 限 り ビザの 発 給 を 受 ける 準 備 のできている 申 請 者 に 対 して 毎 月 発 行 されます 50,000 件 全 ての DV ビザが 発 給 された 時 点 で その 年 のプログラ ムは 終 了 します ビザ 番 号 は 2016 年 9 月 より 前 になくなる 可 能 性 もあります ビザを 希 望 する 当 選 者 は 各 自 のケースについて 手 続 きを 迅 速 に 進 めなくてはなりません コンピュ ーター 抽 選 により 当 選 してもビザが 自 動 的 に 発 給 されることを 保 証 するものではありませ ん 当 選 したということは DV ビザの 申 請 資 格 を 得 たということにすぎず 最 終 的 にビザ 番 号 が 割 当 てられた 場 合 に DV ビザが 発 給 される 可 能 性 があることを 意 味 します ビザは 発 給 資 格 のある 最 初 の 50,000 人 に 限 り 発 給 されます 27. 当 選 者 はどのように 選 ばれるのですか? 正 式 な 当 選 通 知 は 2015 年 5 月 5 日 から 少 なくとも 2016 年 6 月 30 日 まで E-DV サイト の ESC 上 でのみ 確 認 できます 国 務 省 は 当 選 通 知 を 手 紙 で 郵 送 した り E メールで 送 ることはしません もし E メールや 手 紙 で DV に 当 選 した 旨 の 通 知 を 受 領 した 場 合 それは 国 務 省 からではなく また 正 式 なものではないことにご 注 意 ください 国 務 省 が 応 募 者 に 送 る E メールは あなたの 申 請 に 関 する 最 新 情 報 を ESC 上 で 確 認 する よう 促 す 内 容 です 郵 送 あるいは Western Union などの 送 金 サービスを 利 用 して 費 用 を 送 るような 要 請 はしません すべてのエントリーは 対 象 地 域 ごとに 分 けられ それぞれ 番 号 をつけられます 応 募 受 付 期 間 終 了 後 コンピューターによる 無 作 為 抽 選 によって 各 対 象 地 域 ごとに 当 選 者 が 選 ば れます それぞれの 地 域 の 中 で 1 番 に 選 ばれた 応 募 が 1 番 目 のケース 2 番 目 に 選 ばれた 応 募 は 2 番 目 のケース というように 順 に 登 録 されていきます 応 募 期 間 中 に 受 理 されたす べてのエントリーの 各 対 象 地 域 内 での 当 選 確 率 は 平 等 です 当 選 した 場 合 は 2015 年 5 月 14

15 5 日 以 降 E-DV サイト の ESC 上 で 当 選 通 知 を 受 けます 当 選 し ESC 上 のインストラクションにオンラインで 返 信 した 場 合 国 務 省 ケンタッキー コンシュラ ーセンター(KCC)は 当 選 者 がビザ 申 請 者 として 在 外 公 館 で 面 接 を 受 けるまで あるいは 資 格 を 有 する 当 選 者 が USCIS で 滞 在 資 格 変 更 手 続 きを 開 始 するまでの 手 続 きを 行 います 28. 私 は 既 に 米 国 に 滞 在 しています USCIS で 滞 在 資 格 変 更 手 続 きを 行 うことができますか? はい 米 国 移 民 国 籍 法 第 245 条 により 定 められている 滞 在 資 格 変 更 の 条 件 に 該 当 する 当 選 者 は 米 国 滞 在 中 に USCIS で 永 住 者 への 滞 在 資 格 変 更 手 続 きを 行 うことができます DV の 当 選 資 格 は 2016 年 9 月 30 日 をもって 失 効 するため 当 選 者 は 米 国 外 にいる 配 偶 者 または 21 才 未 満 の 子 どもの 分 も 含 め USCIS での 全 ての 手 続 きを 2016 年 9 月 30 日 まで に 確 実 に 終 了 しなければなりません 2016 年 9 月 30 日 24 時 ( 東 部 夏 時 間 ) 以 降 は いか なる 状 況 でも DV-2016 に 基 づくビザ 番 号 の 割 当 を 受 けることはできません 29. 当 選 者 が DV カテゴリーで 移 民 ビザを 申 請 できる 期 間 は? DV-2016 当 選 者 は 米 国 政 府 の 2016 年 会 計 年 度 内 つまり 2015 年 10 月 1 日 から 2016 年 9 月 30 日 までに 限 りビザを 受 ける 資 格 があります 当 選 者 は ビザ 番 号 が 割 り 当 てられたら できるだけ 早 くビザを 申 請 されることをお 勧 めします 当 選 しビザ 受 給 資 格 のある 申 請 者 は 例 外 なく 会 計 年 度 内 にビザの 発 給 を 受 けるか 永 住 者 への 資 格 変 更 を 完 了 しなければなりません DV 当 選 者 で 2016 年 9 月 30 日 まで( 会 計 年 度 内 )にビザの 発 給 を 受 けなかった 場 合 DV による 権 利 を 次 年 度 に 持 ち 越 すことはできませ ん また DV-2016 登 録 により 資 格 を 受 ける 配 偶 者 や 子 どもも 2015 年 10 月 1 日 から 2016 年 9 月 30 日 までのみ DV カテゴリーでのビザを 受 ける 資 格 があります 米 国 外 の 申 請 者 は E-DV ウェブサイトの ESC を 通 して 面 接 日 の 4~6 週 間 前 に 国 務 省 から 面 接 予 約 通 知 を 受 け 取 ります 30. E-DV 当 選 者 が 死 亡 した 場 合 はどうなりますか? 費 用 DV 当 選 者 が 渡 米 される 前 に 死 亡 した 場 合 当 選 は 自 動 的 に 取 り 消 されます それに 伴 い 配 偶 者 や 子 どもも DV ビザの 受 給 資 格 を 失 います すでに 発 給 された DV ビザは 取 り 消 され ることになります 31. E-DV プログラムには 費 用 がかかりますか? 電 子 応 募 に 際 して 費 用 はかかりません DV ビザ 申 請 者 は 米 国 大 使 館 や 領 事 館 で DV ビザ の 申 請 面 接 時 に 必 要 な 全 ての 料 金 を 領 事 部 会 計 に 直 接 支 払 わなければなりません 米 国 内 でステータスを 変 更 する 当 選 者 は 必 要 な 全 ての 料 金 を USCIS に 直 接 支 払 ってください DV ビザや 移 民 ビザ 申 請 料 金 に 関 する 詳 細 は E-DV サイト を 通 して 当 選 者 に 送 られるインストラクションの 中 に 明 記 されています 32. 当 選 者 は DV 移 民 ビザ 費 用 をどのように またどこで 支 払 いますか? 15

16 無 作 為 抽 選 によって 選 ばれた 当 選 者 は E-DV サイト 上 の ESC の 当 選 者 確 認 ページで DV ビザ 手 続 きのインストラクションを 受 け 取 ります 全 ての DV ビザおよ び 移 民 ビザ 手 続 き 料 金 は ビザ 申 請 時 に 直 接 米 国 大 使 館 または 領 事 館 で 支 払 います 支 払 いが 済 むと 領 事 部 のキャッシャーが 直 ちに 米 国 政 府 の 領 収 書 をお 渡 しします 米 国 大 使 館 または 領 事 館 で 移 民 ビザ 申 請 をする 当 選 者 は DV の 費 用 を 郵 送 あるいは Western Union な どの 支 払 サービスを 利 用 して 送 金 しないでください 既 にアメリカ 国 内 にいて 滞 在 資 格 変 更 手 続 きを 行 う 当 選 者 は 上 の ESC にアクセスし アメリカの 銀 行 へ DV 費 用 を 送 る 旨 の 別 のインストラクションをご 覧 ください 33. もし 当 選 し DV を 申 請 する 場 合 で 資 格 がないと 判 断 された 場 合 支 払 ったビザ 費 用 は 返 金 さ れますか? いいえ ビザ 費 用 は 返 金 できません DV 申 請 者 はインストラクションに 明 記 されている 全 てのビザ 要 件 を 満 たしていなければなりません 申 請 者 がビザ 要 件 を 満 たしていないと 領 事 が 判 断 した 場 合 または 米 国 法 が 定 める DV 資 格 に 該 当 しない 場 合 領 事 はビザを 発 給 す ることができません その 際 支 払 った 全 料 金 は 申 請 者 負 担 となります ビザ 不 適 格 34. DV ビザ 申 請 者 はビザ 不 適 格 に 対 する 免 除 を 受 けることができますか?また 免 除 を 申 請 す るための 特 別 な 手 続 きはありますか? 申 請 者 は 米 国 移 民 国 籍 法 で 定 められている 全 ての 移 民 ビザ 不 適 格 条 件 について 審 査 されま す 通 常 移 民 法 で 定 められている 条 項 以 外 にビザ 不 適 格 条 件 を 免 除 する 特 別 な 規 定 ま たは 特 別 な 免 除 申 請 方 法 はありません 米 国 籍 者 や 米 国 永 住 者 の 近 親 者 がいる 申 請 者 と 同 様 に DV 申 請 者 にも 一 般 的 な 不 適 格 条 件 免 除 の 規 定 が 該 当 する 場 合 もありますが DV には 時 間 的 制 約 があるため 申 請 者 はその 免 除 を 受 けることは 難 しいでしょう DV 詐 欺 警 告 35. インターネット 詐 欺 や 迷 惑 メールはどのように 報 告 したらよいですか? インターネット 詐 欺 について 申 立 てをしたい 場 合 は 米 国 連 邦 取 引 委 員 会 が 中 心 となり 17 カ 国 の 消 費 者 保 護 局 が 参 加 する 国 境 を 越 えた 消 費 者 トラブルについての 苦 情 情 報 サイ ト ( 日 本 語 :www.econsumer.gov/japanese/)を 参 照 してください あるいは FBI の Internet Crime Complaint Center (http://www.ic3.gov/default.aspx)に 報 告 することもできます 迷 惑 メールに 関 する 申 立 ては 司 法 省 の Contact Us ページ (www.usdoj.gov/spam.htm)を 通 じ て 報 告 してください DV 統 計 36. DV-2016 プログラムでのビザ 発 給 制 限 数 は? 法 律 により DV プログラムは 有 資 格 者 に 毎 年 55,000 件 の 永 住 ビザの 発 給 を 可 能 にしていま す ただし 1997 年 11 月 に 米 国 議 会 を 通 過 した NACARA 法 (Nicaraguan Adjustment and Central American Relief Act)では 早 くて DV-1999 より そして 必 要 な 期 間 毎 年 割 り 当 て られる DV ビザ 55,000 件 のうち 5,000 件 までを NACARA プログラムに 割 り 当 てることを 明 記 16

17 しています 5,000 件 を 限 度 とする 実 際 の 削 減 は DV-2000 に 始 まり 現 時 点 では DV-2016 ま で 有 効 です その 他 37. DV プログラムで 移 民 ビザを 取 得 した 場 合 米 国 政 府 は 米 国 への 航 空 運 賃 住 居 探 しや 求 職 の 援 助 保 健 医 療 あるいはその 他 の 援 助 をしてくれますか? いいえ 米 国 政 府 は DV プログラムでビザを 取 得 した 方 に 対 し そのようなサービスや 援 助 を 提 供 しません DV 当 選 者 はビザが 発 給 される 前 に 米 国 で 生 活 保 護 を 受 ける 必 要 のない ことを 証 明 しなければなりません この 証 明 には 個 人 資 産 を 示 す 書 類 米 国 在 住 の 親 戚 や 友 人 からの 扶 養 宣 誓 供 述 書 (Form I-134) 米 国 での 雇 用 者 からの 雇 用 証 明 書 等 が 必 要 になり ます 17

18 DV-2016 に 応 募 資 格 のある 国 のリスト 以 下 のアジアの 国 の 出 身 者 は DV-2016 に 応 募 する 資 格 があります 海 外 地 域 にある 属 領 は 統 治 する 国 の 地 域 に 含 まれます DV-2016 に 応 募 資 格 のない 国 は USCIS の 移 民 国 籍 法 203 条 (c) 項 の 規 定 に 基 づき 定 められています 移 民 多 様 化 ビザに 応 募 資 格 のないアジアの 国 ( 家 族 呼 び 寄 せまたは 雇 用 によ る 移 民 ビザの 多 い 国 あるいは 移 民 数 の 多 い 国 )についてはページ 最 後 の 部 分 をご 覧 ください アジア アフガニスタン バーレン ブータン ブルネイ ビルマ カンボジア 香 港 特 別 行 政 区 インドネシア イラン イラク イスラエル 日 本 ヨルダン クウェート ラオス レバノン マレーシア モルジブ モンゴル ネパール 北 朝 鮮 オマーン カタール サウジアラビア シンガポール スリランカ シリア 台 湾 タイ 東 ティモール アラブ 首 長 国 連 邦 イエメン 次 のアジアの 国 の 出 身 者 は 今 年 度 の DV ビザに 応 募 する 資 格 はありません: バングラディッシュ 中 国 ( 本 土 生 まれ) インド パキスタン 韓 国 フィリピン ベトナム 香 港 特 別 行 政 区 (アジア) マカオ 特 別 行 政 区 (ヨーロッパ) 台 湾 (アジア) 出 身 者 は 応 募 資 格 が あります 1967 年 以 前 にイスラエル ヨルダン シリアに 統 治 された 地 域 の 人 はイスラエル ヨルダン シリ アを 出 身 国 とすることができます パレスチナ 自 治 区 ガザ 地 区 出 身 者 はエジプト ヨルダン 川 西 岸 出 身 者 はヨルダン ゴラン 高 原 出 身 者 はシリアを 出 生 国 とすることができます 18

<4D6963726F736F667420576F7264202D20905682B582A28DDD97AF8AC7979D90A7937857475F93FA967B8CEA5F32303132313032328F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20905682B582A28DDD97AF8AC7979D90A7937857475F93FA967B8CEA5F32303132313032328F4390B32E646F63> 留 学 生 ハンドブック 2011.4-2013.3 (P9-18) 差 し 替 え 版 ~ 新 しい 在 留 管 理 制 度 ~ V. 在 留 手 続 き 2012/10/22 作 成 来 日 して 帰 国 するまでに 必 要 な 法 的 手 続 きの 一 覧 日 本 に 来 てから 帰 国 するまでに 行 なう 法 的 な 手 続 きには 次 のようなものがあります 詳 しい 内 容 に ついては

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 平 成 25-26 年 度 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 介 護 雇 用 プログラム 委 託 業 務 ( 平 成 25 年 度 募 集 分 )Q&A ( 別 紙 4) ( 平 成 25.12) 番 号 質 問 回 答 1 応 募 資 格 について 1-1 応 募 は 法 人 名 と 施 設 名 どちらで 行 えばいいですか 県 内 に 複 数 施 設 を 有 している 場 合

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

Web出願操作手順書

Web出願操作手順書 Web 出 願 操 作 手 順 書 指 定 校 制 推 薦 入 試 表 紙 推 薦 書 印 刷 顔 写 真 デ ー タ 登 録 入 学 金 減 免 制 度 登 録 入 試 制 度 登 録 入 学 検 定 料 支 払 方 法 選 択 宛 先 票 印 刷 入 学 検 定 料 納 入 必 要 書 類 郵 送 受 験 票 印 刷 出 願 手 順 の 流 れ ユ ー ザ 登 録 個 人 情 報 登 録 1 2

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

3 助 成 金 の 支 払 例 平 成 28 年 5 月 10 日 に 申 請 を 行 い 月 額 5,000 円 の 場 合 平 成 28 年 度 11 月 5,000 円 = 55,000 円 平 成 29 30 年 度 12 月 5,000 円 = 60,000 円 2 平 成 31 年 度

3 助 成 金 の 支 払 例 平 成 28 年 5 月 10 日 に 申 請 を 行 い 月 額 5,000 円 の 場 合 平 成 28 年 度 11 月 5,000 円 = 55,000 円 平 成 29 30 年 度 12 月 5,000 円 = 60,000 円 2 平 成 31 年 度 川 南 町 新 婚 家 庭 家 賃 助 成 制 度 H28.4.1 川 南 町 新 婚 家 庭 家 賃 助 成 制 度 は 婚 姻 の 届 出 から3 年 以 内 の 新 婚 世 帯 に 対 し 家 賃 の 一 部 及 び 通 勤 に 係 る 費 用 の 一 部 を 助 成 することで 人 口 減 少 の 著 しい 若 者 の 移 住 定 住 化 を 促 進 し 活 力 ある 地 域 づくりを 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20939D88EA8EF39574826582608270816991CE88EA94CA816A82968254>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20939D88EA8EF39574826582608270816991CE88EA94CA816A82968254> 高 圧 ガス 保 安 協 会 資 格 講 習 に 係 る よくある ご 質 問 全 国 統 一 受 付 に 係 るお 問 い 合 わせ Q1. 統 一 受 付 期 間 とはなんですか? 平 成 25 年 11 月 (25.12.27 改 訂 ) 高 圧 ガス 保 安 協 会 教 育 事 業 部 A1. 高 圧 ガス 保 安 協 会 及 び 全 国 の 講 習 実 施 団 体 が 実 施 する 講 習

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 27 年 度 横 浜 市 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 ( 高 校 卒 程 度 免 許 資 格 職 など) 平 成 27 年 6 月 横 浜 市 人 事 委 員 会 募 集 職 種 事 務 土 木 機 械 電 気 保 育 士 司 書 学 校 栄 養 職 員 ( 救 急 救 命 士 ) 第 一 次 試 験 日 平 成 27 年 9 月 27 日 ( 日 ) 24 時 間 申 込 可

More information

1 平 成 28 年 度 保 育 所 等 入 所 案 内 このしおりには, 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度, 石 岡 市 保 育 所 等 の 入 所 申 込 みに 関 する 手 続 きや 必 要 書 類 などについて, 重 要 なことを 記 載 しています 内 容 をご 確 認 のうえ,お 申 し 込 みください 平 成 28 年 4 月 1 日 ( 当 初 ) 入 所 の 申 し 込 み 受

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番 マイナンバー 制 度 と その 対 策 と 対 応 評 議 員 経 営 労 務 コンサルタント 部 部 長 大 阪 兵 庫 支 部 長 靱 隆 幸 マイナンバーは 国 内 に 住 所 のある 人 に 割 り 当 てられる12 桁 の 番 号 です 制 度 の 開 始 にあたり 個 人 も 企 業 も 準 備 が 要 ります 各 世 帯 には10 月 に 入 るとマイナンバーを 記 載 した 通 知

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030342D31208EF38CB188C493E0816994438AFA9574904588F5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030342D31208EF38CB188C493E0816994438AFA9574904588F5816A2E646F63> 平 成 28 年 度 堺 市 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 保 育 士 ( 任 期 付 職 員 ) 試 験 日 : 平 成 28 年 6 月 26 日 ( 日 ) 受 付 期 間 : インターネットによる 受 験 申 込 み 平 成 28 年 5 月 9 日 ( 月 ) 午 前 9 時 ~ 5 月 23 日 ( 月 ) 午 後 5 時 までの 受 信 分 有 効 郵 送 による 受 験 申

More information

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx 阪 府 私 等 学 校 等 授 業 料 援 補 助 事 務 の 引 き 私 等 学 校 等 [ 全 日 制 課 程 ] 私 専 修 学 校 高 等 課 程 平 成 23 年 度 以 降 入 学 生 用 平 成 25 年 7 月 阪 府 府 化 部 私 学 学 課 559-8555 大 阪 市 住 之 江 区 南 港 北 1-14-16 大 阪 府 咲 洲 庁 舎 38 階 TEL (06)6941-0351(

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

1. 受 付 時 間 について P 1 2. 住 所 の 異 動 について P 2 転 入 届 転 出 届 転 居 届 世 帯 変 更 届 3. 戸 籍 の 届 出 について P 3 出 生 届 死 亡 届 婚 姻 届 離 婚 届 転 籍 届 その 他 の 戸 籍 届 4. 外 国 人 登 録 につ

1. 受 付 時 間 について P 1 2. 住 所 の 異 動 について P 2 転 入 届 転 出 届 転 居 届 世 帯 変 更 届 3. 戸 籍 の 届 出 について P 3 出 生 届 死 亡 届 婚 姻 届 離 婚 届 転 籍 届 その 他 の 戸 籍 届 4. 外 国 人 登 録 につ 作 成 : 平 成 19 年 10 月 中 能 登 町 役 場 鹿 西 庁 舎 住 民 課 929-1692 石 川 県 鹿 島 郡 中 能 登 町 能 登 部 下 85 部 1 番 地 Tel (0767)72-3131 Fax (0767)72-3794 鳥 屋 庁 舎 窓 口 サービス 929-1792 石 川 県 鹿 島 郡 中 能 登 町 末 坂 9 部 46 番 地 Tel (0767)74-2805

More information

000

000 4 退 会 の 手 続 き (1) 作 成 書 類 退 会 理 由 により 必 要 な 書 類 が 異 なります 今 回 の 退 会 が 以 下 1~3のいずれに 該 当 するか 確 認 の 上 手 続 きを 進 めてください 1 退 職 や 身 分 切 り 替 え/ 法 人 の 解 散 や 施 設 団 体 の 廃 止 による 退 会 従 事 者 共 済 会 加 入 期 間 1 年 以 上 の 場

More information

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

1 1.は じ め に 広 島 大 学 では 経 済 的 な 理 由 などにより 授 業 料 を 納 入 することが 困 難 な 人 に 対 して 授 業 料 の 全 額 または 半 額 を 免 除 する 制 度 を 設 けています 免 除 者 の 選 考 は 一 定 の 学 力 基 準 を 満 たしている 人 について 予 算 の 範 囲 内 で 家 庭 の 経 済 状 況 等 に より 困 窮 度

More information

Microsoft Word - 2015年末調整手順書.doc

Microsoft Word - 2015年末調整手順書.doc 給 与 システム 年 末 調 整 処 理 手 順 書 < 目 次 > Ⅰ. 処 理 手 順 フロー(P.2) Ⅱ. 年 末 調 整 準 備 資 料 について(P.3~) Ⅲ. 年 調 期 間 設 定 について(P.5~) Ⅳ. 申 告 データ 個 別 入 力 について(P.9~) Ⅴ. 年 末 調 整 確 定 処 理 について(P.14~) Ⅵ. 各 種 帳 票 について(P.20~) 資 料 :よくあるお

More information

03-全学部入試一般入学試験p27-.indd

03-全学部入試一般入学試験p27-.indd 平 成 27 年 度 全 学 部 入 試 一 般 入 学 試 験 試 験 日 と 実 施 学 部 2 月 試 験 ( 前 期 ) 特 別 奨 学 生 採 用 対 象 試 験 - 成 績 上 位 者 100 名 に 奨 学 金 を 給 付 - 試 験 会 場 熊 谷 キャンパス 横 浜 さいたま 柏 高 崎 札 幌 仙 台 新 潟 静 岡 福 岡 2 月 試 験 ( 後 期 ) 試 験 会 場 熊 谷

More information

留 意 事 項 1. 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されま す したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください 前 期 は4 月 24 日 後 期 は10 月 24 日 ( 銀

留 意 事 項 1. 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されま す したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください 前 期 は4 月 24 日 後 期 は10 月 24 日 ( 銀 平 成 27 年 度 ( 後 期 ) 小 樽 商 科 大 学 授 業 料 免 除 徴 収 猶 予 申 請 のしおり 目 次 Ⅰ 授 業 料 免 除 の 対 象 者 2 Ⅱ 提 出 書 類 3 Ⅲ 授 業 料 免 除 願 の 記 入 要 領 5 Ⅳ 家 庭 調 書 の 記 入 要 領 5 Ⅴ 授 業 料 免 除 が 許 可 されなかった 場 合 及 び 半 額 免 除 となった 場 合 6 Ⅵ 授 業

More information

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421 この 試 験 は 文 化 芸 術 スポーツ 分 野 又 は 地 域 おこし 協 力 隊 等 での 経 験 等 を 活 かし 意 欲 を 持 って 本 県 の 地 方 創 生 元 気 づくりの 展 開 に 向 けた 取 組 に 貢 献 していただけるかた 鳥 取 県 へのIターン Jターン Uターンを 希 望 しているかた 民 間 企 業 等 で 培 った 経 験 を 活 かし 鳥 取 県 職 員 として

More information

1. 入 学 試 験 の 全 般 的 事 項 について a. 履 修 コース( 法 学 未 修 者 法 学 既 修 者 ) Q.1-1 私 は 日 本 の 大 学 の 法 学 部 を 13 年 前 に 卒 業 して 以 後 民 間 企 業 に 勤 務 しておりま す 学 部 では 法 律 を 専 攻

1. 入 学 試 験 の 全 般 的 事 項 について a. 履 修 コース( 法 学 未 修 者 法 学 既 修 者 ) Q.1-1 私 は 日 本 の 大 学 の 法 学 部 を 13 年 前 に 卒 業 して 以 後 民 間 企 業 に 勤 務 しておりま す 学 部 では 法 律 を 専 攻 神 戸 大 学 法 科 大 学 院 入 学 試 験 FAQ 2015 年 7 月 目 次 神 戸 大 学 法 科 大 学 院 入 学 試 験 FAQ... 1 1. 入 学 試 験 の 全 般 的 事 項 について... 2 a. 履 修 コース( 法 学 未 修 者 法 学 既 修 者 )... 2 b. 併 願 について... 2 c. 面 接 について... 3 d. 入 学 者 選 考 において

More information

7 認 定 こども 園 になると 保 育 内 容 はどう 変 わるので すか 1 号 認 定 と 2 号 認 定 で 保 育 内 容 に 差 はありま すか 幼 稚 園 8 私 立 幼 稚 園 が 新 制 度 に 移 行 する 期 限 はあるのです か 現 在 幼 稚 園 では 幼 稚 園 教 育

7 認 定 こども 園 になると 保 育 内 容 はどう 変 わるので すか 1 号 認 定 と 2 号 認 定 で 保 育 内 容 に 差 はありま すか 幼 稚 園 8 私 立 幼 稚 園 が 新 制 度 に 移 行 する 期 限 はあるのです か 現 在 幼 稚 園 では 幼 稚 園 教 育 豊 中 市 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 市 民 説 明 会 主 な 質 問 と 回 答 について 平 成 26 年 (2014 年 )11 月 1 日 現 在 Ver.1 現 時 点 の 国 及 び 豊 中 市 の 検 討 状 況 等 を 基 に 市 民 説 明 会 にていただいた 主 な 質 問 と 回 答 をまとめたものです 今 後 変 更 などが 生 じる 可 能 性 もあります

More information

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ----------------------------------------

Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 -------------------------------------------------- 01 2 マイナンバーの 概 要 ---------------------------------------- 平 成 28 年 より 運 用 開 始 マイナンバー 制 度 の 概 要 と 企 業 に 求 められる 対 応 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 2 法 人 におけるマイナンバー 制 度 3 マイナンバーの 取 扱 いに 関 する 留 意 点 Contents 1 マイナンバー 制 度 の 概 要 1 マイナンバーの 目 的 --------------------------------------------------

More information

<3238944E937882B582A882E8816983548365875682C882B5816A2E786C7378>

<3238944E937882B582A882E8816983548365875682C882B5816A2E786C7378> 15ページの 1ページにある 保 護 数 )とします 保 支 育 の 給 利 認 定 基 を 準 表 受 に けていないと 基 づき 保 護 保 者 育 それぞれの 園 等 に 入 基 準 することができません 指 数 を 合 計 して その 世 帯 指 数 ( 世 帯 基 準 指 指 加 保 者 の 状 況 により 以 下 のように 指 数 付 けを い 保 育 園 等 の 利 調 整 を います

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容 公 取 下 第 50 号 平 成 8 年 6 月 4 日 代 表 者 殿 公 正 取 引 委 員 会 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 について 公 印 省 略 公 正 取 引 委 員 会 は, 下 請 取 引 の 公 正 化 を 図 るため, 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 ( 以 下 下 請 法 といいます )を 中 小 企 業 庁 と 協 力 して 運 用

More information

researchers2010

researchers2010 2010 年 度 海 外 研 究 員 ( 第 1 版 ) 海 外 研 究 員 について ( 長 期 短 期 共 通 ) 掲 載 されている 内 容 海 外 研 究 員 の 提 出 書 類 について 海 外 研 究 員 の 年 間 業 務 海 外 研 究 員 の よくある 質 問 (Q&A) 海 外 研 究 員 の 関 連 規 則 の 写 し 出 発 前 から 帰 国 後 に 至 るまで ご 参 照

More information

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 名 2 期 7 名 6 名 6 名 6 名 6 名 20 名 一 般 入 試 1 期 17 名 10

More information

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン をよくお 読 みいただき 同 意 してい ただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関 して 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産

More information

公 認 会 計 士 の 登 録 について 公 認 会 計 士 となる 資 格 を 有 する 者 が 公 認 会 計 士 となり 公 認 会 計 士 業 務 を 行 うためには 日 本 公 認 会 計 士 協 会 に 備 える 公 認 会 計 士 名 簿 に 登 録 を 受 けなければなりません (

公 認 会 計 士 の 登 録 について 公 認 会 計 士 となる 資 格 を 有 する 者 が 公 認 会 計 士 となり 公 認 会 計 士 業 務 を 行 うためには 日 本 公 認 会 計 士 協 会 に 備 える 公 認 会 計 士 名 簿 に 登 録 を 受 けなければなりません ( 公 認 会 計 士 開 業 登 録 の 手 引 目 次 公 認 会 計 士 の 登 録 について 1 公 認 会 計 士 開 業 登 録 申 請 に 必 要 な 提 出 書 類 3 登 録 に 係 る 費 用 振 込 先 8 登 録 後 の 会 費 10 書 類 の 提 出 先 11 登 録 審 査 会 開 催 日 程 一 覧 11 申 請 書 の 作 成 方 法 12 付 録 ( 旧 姓 使 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

土木学会論文集の完全版下投稿用

土木学会論文集の完全版下投稿用 扶 養 手 当 の 事 後 確 認 及 び 共 済 組 合 員 被 扶 養 者 の 要 件 確 認 の 合 同 実 施 について 清 水 麻 佐 代 1 大 橋 くみこ 1 川 村 哲 司 2 1 総 務 部 人 事 課 ( 460-8514 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 2-5-1) 2 総 務 部 厚 生 課 ( 460-8514 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 2-5-1) 扶 養

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235814532368C7091B1905C90BF817582E682AD82A082E982A896E28D8782B98169827081958260816A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235814532368C7091B1905C90BF817582E682AD82A082E982A896E28D8782B98169827081958260816A81762E646F63> よくあるお 問 合 せ 平 成 25 26 年 度 川 崎 市 競 争 入 札 参 加 資 格 申 請 ( 業 者 登 録 ) Q&A 1 電 子 申 請 について Q1-1: 継 続 申 請 の 場 合 のログイン 場 所 及 び 入 力 箇 所 はどこでしょうか ( 継 続 申 請 のみ) P.01 Q1-2: ユーザーID パスワードがうまく 入 らないのですが ( 継 続 申 請 のみ) P.02

More information

取引規定(ANA_.doc

取引規定(ANA_.doc スルガ Visa デビットカード 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 1.スルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )に 普 通 預 金 ( 総 合 口 座 取 引 の 普 通 預 金 を 含 む ) 口 座 を 開 設 し 本 規 約 を 承 認 のうえ 当 社 が 運 営 するデビットカード 取 引 システム( 以 下 カードシステム という )への 入 会 を 申 し

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ 個 人 住 民 税 ( 個 人 県 民 税 個 人 市 ( 町 ) 民 税 ) 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 愛 媛 県 全 市 町 目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別

More information

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1 規 制 改 革 ホットライン へ 提 案 内 容 と 官 回 答 参 考 資 料 1 提 案 官 制 度 現 状 寄 港 地 上 陸 許 可 手 続 運 用 改 善 とトランジット ビザ 発 給 方 法 見 直 し 要 望 具 体 的 内 容 観 光 立 国 実 現 観 点 から わが 国 主 要 国 際 空 港 等 において 自 動 化 ゲート 活 用 混 雑 時 既 存 ブ ースフル 運 用 を

More information

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支 1 制 度 紙 ナンバーのままでもよいのか 紙 ナンバーでも 同 様 の 効 果 があるのか 通 知 カード( 紙 ナンバー)のままでもかまいません 通 知 カード( 紙 ナンバー)の 場 合 マイナンバーを 提 示 す る 際 運 転 免 許 証 などの 本 人 確 認 類 を 合 わせて 提 示 必 要 があります 個 人 番 号 カード(プラスチック) の 場 合 は マイナンバーを 提 示

More information

ヤマダカード規約 2008年4月版

ヤマダカード規約 2008年4月版 第 1 章 前 提 事 項 第 1 条 ( 各 条 項 の 適 用 ) 次 条 以 下 の 規 定 は 契 約 者 が 本 件 融 資 申 込 書 ( 以 下 本 件 融 資 申 込 書 という ) 所 定 の 事 項 を 記 入 のうえ 株 式 会 社 セディナ( 以 下 当 社 という )に 対 して 融 資 を 申 し 込 み 当 社 が 所 定 の 審 査 手 続 を 経 てこの 申 込 を

More information

目 次 Ⅰ はじめに... 1 推 奨 環 境... 1 Ⅱ システムを 利 用 した 申 込 みについて... 1 1.メールアドレスについて... 1 2. 申 込 みから 履 修 認 定 までの 流 れについて... 2 Ⅲ トップページについて... 3 Ⅳ 受 講 者 登 録 について..

目 次 Ⅰ はじめに... 1 推 奨 環 境... 1 Ⅱ システムを 利 用 した 申 込 みについて... 1 1.メールアドレスについて... 1 2. 申 込 みから 履 修 認 定 までの 流 れについて... 2 Ⅲ トップページについて... 3 Ⅳ 受 講 者 登 録 について.. 秋 田 大 学 教 員 免 許 状 更 新 講 習 システム 受 講 者 操 作 マニュアル 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 目 次 Ⅰ はじめに... 1 推 奨 環 境... 1 Ⅱ システムを 利 用 した 申 込 みについて... 1 1.メールアドレスについて... 1 2. 申 込 みから 履 修 認 定 までの 流 れについて... 2 Ⅲ トップページについて... 3 Ⅳ

More information

Microsoft Word - L505-0010-02 Lenovo Limited Warranty _Final_ 8.2011.doc

Microsoft Word - L505-0010-02 Lenovo Limited Warranty _Final_ 8.2011.doc Lenovo 保 証 規 定 L505-0010-02 08/2011 Lenovo 保 証 規 定 は 以 下 の 部 分 で 構 成 されます 第 1 章 共 通 条 項 第 2 章 各 国 固 有 の 条 項 第 3 章 保 証 サービス 情 報 第 2 章 には 特 定 の 国 について 第 1 章 の 条 項 を 変 更 または 置 き 換 える 条 項 が 明 記 されている 場 合 があります

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378> 平 成 26 年 度 保 育 所 入 所 のご 案 内 目 次 1 保 育 所 とは P1 2 申 込 みができる 方 は P1 3 申 込 受 付 の 時 期 P2 4 市 内 保 育 所 及 び 申 込 み 可 能 児 童 一 覧 P3 5 入 所 までの 流 れ P4 6 保 育 時 間 について P5 7 申 込 みに 必 要 な 書 類 P6 8 申 込 み 時 の 注 意 P7~P8 9

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション インターネット 出 願 手 引 き (システムWAKABA 継 続 入 学 申 請 手 引 き) 目 次 1.システムWAKABAトップ 画 面 2 2. 学 生 種 選 択 画 面 3 3. 出 願 申 請 画 面 (1) 全 科 履 修 生 の 場 合 4 (2) 全 科 履 修 生 以 外 の 場 合 6 4.オンライン 授 業 8 5. 科 目 登 録 申 請 画 面 (1) 授 業 種 別

More information

2 年 金 実 務 平 成 平 成 3 4 年 金 実 務 5 年 金 実 務 6 年 金 実 務 7 年 金 実 務 8 年 金 実 務 9 年 金 実 務 10 年 金 実 務 11 年 金 実 務 12 年 金 実 務 13 年 金 実 務 14 年 金 実 務 966,000 15 16 年 金 実 務 55 17 18 年 金 実 務 19 年 金 実 務 20 年 金 実 務 21 年

More information

各種申請手続及び届出の手引きQ&A

各種申請手続及び届出の手引きQ&A 各 種 申 請 手 続 及 び 届 出 に 関 するQ&A 1 研 修 事 業 者 指 定 申 請 研 修 事 業 指 定 申 請 (Q1-1) 通 学 形 式 の 事 業 者 として 指 定 を 受 けましたが 新 たに 通 信 形 式 での 研 修 を 計 画 した 場 合 研 修 事 業 の 指 定 申 請 のみを 行 えばよいですか (A1-1) 違 います 事 業 者 指 定 された 形

More information

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場 2010 年 4 月 改 訂 エンジェル 税 制 ~ Q&A 集 ~ 本 Q&A 集 は エンジェル 税 制 についての 質 問 を 中 心 に 判 断 に 迷 う 内 容 をまとめたもの です エンジェル 税 制 に 関 わる 方 々が 当 該 税 制 を 理 解 する 一 助 となれば 幸 いです 今 後 も 内 容 の 充 実 を 図 って 参 ります 目 次 1. 制 度 全 般 2ページ

More information

Microsoft Word - 27gyousyaQA

Microsoft Word - 27gyousyaQA Q&A 目 次 Ⅰ 宅 建 業 者 免 許 に 関 すること Q1 申 請 書 類 はどこで 手 に 入 れるのですか 3 Q2 どのくらい 資 金 が 必 要 ですか 3 Q3 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 代 表 者 を 兼 ねることができますか 3 Q4 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 取 締 役 又 は 監 査 役 又 は 従 事 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

被扶養者の資格確認を行います

被扶養者の資格確認を行います H28.8.16 改 訂 重 要 被 扶 養 者 認 定 に 係 る 添 付 書 類 について 被 保 険 者 と 同 じように 保 険 給 付 を 受 けられる 被 扶 養 者 は 健 康 保 険 法 等 によ って 定 められた 家 族 が 対 象 で 被 扶 養 者 として 認 定 されるには 主 として 被 保 険 者 の 収 入 により 生 計 維 持 されていることが 必 要 です この

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

Microsoft Word - ★【その他の国籍】改訂版

Microsoft Word - ★【その他の国籍】改訂版 平 成 26 年 11 月 外 務 省 外 国 人 課 日 本 入 国 ビザ 手 続 の 概 要 ( 中 国,ロシア CIS 諸 国,グルジア,フィリピン 以 外 の 国 籍 の 方 ) 中 国,ロシア,CIS 諸 国,グルジア,フィリピン 以 外 の 国 籍 の 方 が, 短 期 商 用 等, 親 族 知 人 訪 問 又 は 観 光 の 目 的 で 短 期 滞 在 ビザ(90 日 以 内 の 滞

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 した 長 野 県 職 員 子 育 て 支 援 プラン( 前 期 プラン) を 改 定 し 後 期 長

More information

はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPに

はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPに 2016 年 度 版 編 入 学 手 続 きマニュアル 京 都 経 済 短 期 大 学 はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPにて 申 込 み

More information

名 部 分 に 張 り 付 けてください ( 入 学 試 験 の 出 願 用 封 筒 は 使 用 しないでく ださい ) 2 出 願 期 間 : 平 成 28(2016) 年 11 月 7 日 ( 月 ) 11 月 25 日 ( 金 ) 最 終 日 消 印 有 効 3 出 願 先 : 605-850

名 部 分 に 張 り 付 けてください ( 入 学 試 験 の 出 願 用 封 筒 は 使 用 しないでく ださい ) 2 出 願 期 間 : 平 成 28(2016) 年 11 月 7 日 ( 月 ) 11 月 25 日 ( 金 ) 最 終 日 消 印 有 効 3 出 願 先 : 605-850 平 成 29(2017) 年 度 京 都 女 子 大 学 入 学 前 予 約 採 用 型 奨 学 金 募 集 要 項 本 奨 学 金 は 平 成 29(2017) 年 4 月 に 京 都 女 子 大 学 への 入 学 を 第 一 志 望 とし 本 学 の 一 般 入 学 試 験 前 期 (A 方 式 B 方 式 または C 方 式 )を 受 験 する 者 のうち 経 済 的 理 由 で 本 学 入

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか 標 準 報 酬 月 額 の 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 の 事 務 取 扱 いに 関 する 事 例 集 報 酬 賞 与 の 範 囲 について 問 報 酬 賞 与 にはどのようなものが 含 まれるか ( 答 ) 報 酬 及 び 賞 与 ( 以 下 報 酬 等 という )は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 5 項 及 び 第 6 項 ( 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 条 第 1 項

More information

いても, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 という 主 観 的 な 要 件 と 一 定 の 地 域 に 住 む という 客 観 的 な 要 件 が 必 要 で す また, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 と 言 う 主 観 的 な 要 件 を 認 定

いても, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 という 主 観 的 な 要 件 と 一 定 の 地 域 に 住 む という 客 観 的 な 要 件 が 必 要 で す また, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 と 言 う 主 観 的 な 要 件 を 認 定 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 2 月 号 掲 載 台 湾 税 法 における 個 人 に 対 する 課 税 所 得 の 範 囲 と 納 税 方 法 ( 下 ) 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース パートナー 加 藤 雅 規 マネージャー 周 泰 維 堀 越 大 三 郎 3. 居 住 者 と 非 居 住 者 に 対 する 課 税 方 法 (1) 居 住 者

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

Q 証 明 書 類 は 原 本 でないといけませんか? A 基 本 的 に 写 しで 構 いません 但 し 発 行 日 等 に 条 件 がありますので 下 記 を 参 照 願 います 前 期 後 期 市 町 村 民 税 県 民 税 課 税 証 明 書 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分

Q 証 明 書 類 は 原 本 でないといけませんか? A 基 本 的 に 写 しで 構 いません 但 し 発 行 日 等 に 条 件 がありますので 下 記 を 参 照 願 います 前 期 後 期 市 町 村 民 税 県 民 税 課 税 証 明 書 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分 千 葉 大 学 授 業 料 免 除 Q&A( 平 成 28 年 度 版 ) 周 知 方 法 Q 授 業 料 免 除 及 び 納 入 猶 予 の 実 施 に 伴 う 周 知 はどのようにされるのでしょうか? A 原 則 として 掲 示 や 千 葉 大 学 HP 及 び 千 葉 大 学 一 斉 メールにより 行 いますので 見 落 としのないよう に 各 自 が 注 意 をしていてください 主 な 掲

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

<93C195CA92A58EFB8E9696B182CC82B582A882E82E786C7378>

<93C195CA92A58EFB8E9696B182CC82B582A882E82E786C7378> ~ 平 成 26 年 度 版 ~ 北 海 道 美 唄 市 個 人 住 民 税 ( 市 民 税 道 民 税 )について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 1 対 象 になる 人 1 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 1 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 送 付 1 納 期 と 納 入 方 法 税 額 の 変 更 通 知 2 2 退 職 休

More information

2 年 金 実 務 3 年 金 実 務 4 年 金 実 務 5 年 金 実 務 6 年 金 実 務 7 年 金 実 務 8 年 金 実 務 9 年 金 実 務 10 年 金 実 務 11 年 金 実 務 12 年 金 実 務 13 年 金 実 務 14 年 金 実 務 15 年 金 実 務 16 年 金 実 務 17 年 金 実 務 ません 18 19 年 金 実 務 20 年 金 実 務 21 年

More information

4. 私 は 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 入 札 説 明 書 入 札 公 告 等 の 各 条 項 をよく 読 み 入 札 物 件 の 状 況 など これらについてすべて 承 知 のうえ 参 加 しますので 後 日 これらの 事 柄 について 御 代 田 町

4. 私 は 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 入 札 説 明 書 入 札 公 告 等 の 各 条 項 をよく 読 み 入 札 物 件 の 状 況 など これらについてすべて 承 知 のうえ 参 加 しますので 後 日 これらの 事 柄 について 御 代 田 町 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いた だくには 以 下 の 誓 約 書 および 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン ( 以 下 本 ガイドライン といいます) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関

More information

Q6. 入 所 後 に 仕 事 を 辞 めたのですが 何 か 届 出 が 必 要 ですか? A6. 必 要 です 仕 事 を 辞 めた 時 点 で 保 育 所 に 入 所 する 理 由 がなくなってしまいますので 入 所 を 継 続 したい 場 合 は 求 職 中 である 旨 を 書 いた 申 立

Q6. 入 所 後 に 仕 事 を 辞 めたのですが 何 か 届 出 が 必 要 ですか? A6. 必 要 です 仕 事 を 辞 めた 時 点 で 保 育 所 に 入 所 する 理 由 がなくなってしまいますので 入 所 を 継 続 したい 場 合 は 求 職 中 である 旨 を 書 いた 申 立 保 育 所 についてのQ&A < 入 所 について> Q1. 現 在 求 職 中 ですが 入 所 することはできますか? A1. 入 所 できます 但 し 入 所 から3ヶ 月 以 内 に 就 労 することが 絶 対 条 件 となります 3ヶ 月 経 過 後 も 就 労 できない 場 合 は 原 則 として 退 所 となります Q2. 就 労 時 間 や 就 労 日 数 の 条 件 は 何 かありますか?

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任 任 意 継 続 被 保 険 者 の 手 引 き 東 京 都 医 業 健 康 保 険 組 合 平 成 27 年 4 月 適 用 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

特 別 徴 収 事 務 処 理 の 流 れ 1 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 (1 月 31 日 まで) 税 務 課 窓 口 に 給 与 支 払 報 告 書 を 提 出 する 場 合 (1) 前 年 中 の 給 与 支 払 の 実 績 に 基 づいて 個 人 別 の 給 与 支 払 報 告

特 別 徴 収 事 務 処 理 の 流 れ 1 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 (1 月 31 日 まで) 税 務 課 窓 口 に 給 与 支 払 報 告 書 を 提 出 する 場 合 (1) 前 年 中 の 給 与 支 払 の 実 績 に 基 づいて 個 人 別 の 給 与 支 払 報 告 個 人 住 民 税 ( 市 町 村 民 税 県 民 税 ) 特 別 徴 収 の 手 引 き 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 個 人 住 民 税 ( 市 町 村 民 税 県 民 税 )の 特 別 徴 収 とは 所 得 税 の 源 泉 徴 収 義 務 者 である 給 与 支 払 者 ( 特 別 徴 収 義 務 者 )が 従 業 員 である 給 与 所 得 者 ( 納 税 義 務 者 )に

More information

他 のオプションサービス 等 と 併 せてご 利 用 の 場 合 の 留 意 事 項 サービス 名 等 ナンバー リクエスト 通 話 中 着 信 留 意 事 項 非 通 知 でかかってきた 場 合 は 着 信 しないため 非 通 知 等 の 表 示 はされません 通 話 中 着 信 等 での 割 り

他 のオプションサービス 等 と 併 せてご 利 用 の 場 合 の 留 意 事 項 サービス 名 等 ナンバー リクエスト 通 話 中 着 信 留 意 事 項 非 通 知 でかかってきた 場 合 は 着 信 しないため 非 通 知 等 の 表 示 はされません 通 話 中 着 信 等 での 割 り 発 信 者 番 号 表 示 のサービス 概 要 発 信 者 番 号 表 示 の 機 能 発 信 者 番 号 表 示 は ドコモ 光 電 話 バリュー の 月 額 使 用 料 に 含 まれるオプションサービスです 着 信 番 号 表 示 かけてきた を 電 話 機 のディスプレイに 表 示 します また かけてきた が 通 知 されない 場 合 は その 理 由 を 表 示 しま す 着 信 履 歴

More information

Q26 予 約 を 完 了 した 講 習 を 他 の 講 習 に 振 替 えたいのですが 受 講 申 込 書 編 Q27 受 講 申 込 書 はいつまでに 送 付 すれば 良 いのですか Q28 受 講 申 込 書 の 印 刷 ができません Q29 受 講 申 込 書 の 証 明 者 は 誰 でしょ

Q26 予 約 を 完 了 した 講 習 を 他 の 講 習 に 振 替 えたいのですが 受 講 申 込 書 編 Q27 受 講 申 込 書 はいつまでに 送 付 すれば 良 いのですか Q28 受 講 申 込 書 の 印 刷 ができません Q29 受 講 申 込 書 の 証 明 者 は 誰 でしょ 筑 波 大 学 教 員 免 許 状 更 新 講 習 Q & A(よくある 質 問 ) 平 成 27 年 1 月 15 日 現 在 目 次 受 講 者 登 録 編 項 目 をクリックすると 各 回 答 にジャンプします Q 1 受 講 者 登 録 の 方 法 Q 2 受 講 者 登 録 の 時 期 Q 3 User ID のメールが 届 かない 場 合 Q 4 パソコンが 出 来 ない(パソコンを 持

More information

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事 記 載 例 財 産 目 録 ( 平 成 年 月 末 日 現 在 ) 平 成 年 ( 家 ) 第 号 1 不 動 産 仮 に 提 出 期 限 に 遅 れる 場 合 でも, 特 に 指 示 がない 限 り 基 準 日 は 変 わりません 番 号 所 在, 種 類, 面 積 等 備 考 ( 変 動 事 項 等 ) 1 2 区 町 1-12 宅 地 123.24m2 区 町 1-12-34 居 宅 2 階

More information

(4) 本 学 において 個 別 の 入 学 資 格 審 査 により 高 等 学 校 を 卒 業 した 者 と 同 等 以 上 の 学 力 があると 認 めた 者 で 18 歳 に 達 した 者 及 び 平 成 27 年 3 月 31 日 までに18 歳 に 達 する 者 注 1. 本 学 は 分

(4) 本 学 において 個 別 の 入 学 資 格 審 査 により 高 等 学 校 を 卒 業 した 者 と 同 等 以 上 の 学 力 があると 認 めた 者 で 18 歳 に 達 した 者 及 び 平 成 27 年 3 月 31 日 までに18 歳 に 達 する 者 注 1. 本 学 は 分 第 1 学 年 学 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 募 集 の 方 法 等 (1) 募 集 人 員 学 部 課 程 工 学 部 機 械 創 造 工 学 課 程 電 気 電 子 情 報 工 学 課 程 物 質 材 料 工 学 課 程 環 境 社 会 基 盤 工 学 課 程 生 物 機 能 工 学 課 程 情 報 経 営 システム 工 学 課 程 募 集 人 員 前 期 日 程 50 人 (2)

More information

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約)

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約) 旅 行 業 約 款 ( 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 /PEX 約 款 ) 社 団 法 人 日 本 旅 行 業 協 会 保 証 社 員 株 式 会 社 シイ.エイ.エヌ 第 一 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 一 条 当 社 が 旅 行 者 との 間 で 締 結 する 募 集 型 企 画 旅 行 に 関 する 契 約 ( 以 下 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 といいま)は この

More information

QUỐC HỘI

QUỐC HỘI 国 会 -------- 法 No.: 10/2012/QH13 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 自 由 幸 福 ----------o0o---------- ハノイ 2012 年 6 月 18 日 労 働 法 国 会 決 議 No.51/2001/QH10 によって 修 正 補 則 された 1992 年 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 憲 法 に 基 づき 国 会 が 本 法

More information

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 学 手 続 等 8 12 ホームページ 10 13 問 い 合 わせ 先 10 願 書 等 の 記 入

More information

Y!mobile メールアドレスの 設 定 の 際 に 同 時 に 利 用 者 が 登 録 する ヤフーが 発 行 する Yahoo! JAPAN ID( 以 下 利 用 者 Yahoo! JAPAN ID といいます) または 回 線 契 約 に 基 づき 付 与 される 電 話 番 号 ( 回

Y!mobile メールアドレスの 設 定 の 際 に 同 時 に 利 用 者 が 登 録 する ヤフーが 発 行 する Yahoo! JAPAN ID( 以 下 利 用 者 Yahoo! JAPAN ID といいます) または 回 線 契 約 に 基 づき 付 与 される 電 話 番 号 ( 回 Y!mobile メール 利 用 規 約 ソフトバンク 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )の 提 供 する Y!mobile メール( 以 下 本 メールサービス といいます )の 利 用 にあたっては この Y!mobile メール 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )が 適 用 されます 第 1 条 ( 本 メールサービスの 概 要 ) 本 メールサービスは パソコン

More information

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1 税 に 関 するQ&A 質 問 と 回 答 1. 個 人 市 県 民 税 編 質 問 一 覧 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? Q1-2 死 亡 した 夫 に 市 県 民 税 の 納 税 通 知 書 が 届 きました? Q1-3 昨 年 退 職 時 に 市 県 民 税 を 一 括 して 納 めたのに 納 税 通 知 書 がきましたが? Q1-4 家 屋 敷 課 税

More information

DIACERTサービス利用規約

DIACERTサービス利用規約 DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 利 用 者 同 意 書 ) 2015 年 12 月 8 日 版 第 1 条 ( 総 則 ) 1. DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という )は ジャパンネット 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する DIACERT サービス ( 以 下 本 サービス という )の 利 用 に 関 し て 定 めたものです

More information

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 等 Q&A( 源 泉 所 得 税 関 係 ) 平 成 27 年 9 月 国 税 庁 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 )により 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 うべき 給 与 等 及 び 公 的 年 金 等 から 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控

More information

セット版【中国人:一次概要13頁】201512

セット版【中国人:一次概要13頁】201512 中 国 国 籍 者 が 日 本 入 国 ビザ( 査 証 )を 申 請 する 手 続 の 概 要 ( 一 次 有 効 の 短 期 滞 在 ビザ 申 請 用 ) 2016 年 1 月 中 国 に 在 住 する 中 華 人 民 共 和 国 の 国 籍 を 有 する 方 が, 短 期 商 用 あるいは 親 族 知 人 訪 問 等 の 目 的 で 短 期 滞 在 ビザ(90 日 以 内 の 滞 在 )を 申

More information

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼 磐 梯 町 保 育 所 入 所 ガイド 平 成 28 年 度 版 目 次 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには P1 保 育 の 必 要 時 間 について P1 入 所 できる 年 齢 P2 保 育 実 施 日 P2 〇 開 所 時 間 P2 入 所 までの 流 れ P2 〇 保 育 認 定 ( 入 所 申 込 み)に 必 要 な 書 類 P3 〇 保 育 料 算 定 に

More information

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の 8 入 居 収 入 基 準 市 営 住 宅 の 申 込 みには, 世 帯 全 員 の 課 税 対 象 の 収 入 が, 公 営 住 宅 法 で 定 める 一 定 の 基 準 内 ( ) にあることが 必 要 です (1) 市 営 住 宅 の 収 入 基 準 ( )は, 次 の 表 のとおりです 住 宅 種 別 一 般 世 帯 裁 量 階 層 世 帯 ( ) 公 営 住 宅 158,000 以 下 214,000

More information

<313530393234826982608273826097B794852E837083938374838C836283672E786C73>

<313530393234826982608273826097B794852E837083938374838C836283672E786C73> JATA 会 員 の 皆 様 へ JATA 会 員 向 け 団 体 保 険 制 度 覧 保 険 始 期 月 1. 旅 特 別 補 償 保 険 7 月 2. 旅 事 故 対 策 費 保 険 7 月 3.インバウンドトラベル 保 険 7 月 4. 旅 業 者 賠 償 責 任 保 険 12 月 5. 旅 程 保 証 責 任 保 険 12 月 2015 年 度 JATA 旅 行 業 者 賠 償 責 任 保

More information