Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3 m m m m m m m m m m m m m m 我 が 国 は スイスとほぼ 同 じ 大 きさですが 私 達 はここで 沢 山 獲 得 しました 山 々の 話 しをすれば 我 々にはそれらが 沢 山 あります 我 が 国 のはアルプス 山 脈 より 高 いです 実 際 には 我 が 国 の 山 頂 は ヨーロッパで 最 も 高 いです 我 が 国 には 殆 ど 息 を 飲 むような 踏 まれて 出 来 た いくつかの まれに 歩 かれ た 路 があります 風 景 よりも 多 くのものを 味 わうつもりでしたら 私 達 のワインをお 試 し 下 さ い 我 が 国 には 地 球 上 のどこよりも 多 くのブドウの 種 類 があります これは 同 じように 多 様 かつ 洗 練 されたワインの 文 化 と 共 に 現 れます それから 我 が 国 の 豊 富 なフレスコ 画 の 教 会 を 初 め 石 造 りの 見 張 り 塔 や 木 彫 りのバルコニーや アールヌーヴォー 様 式 の 建 物 のある グルジアの 建 築 があ ります これを 全 て 地 中 海 性 気 候 と 結 合 して 下 さい そして それを 我 々の 伝 説 的 なおもてなしの 感 覚 と 一 緒 に 生 かして 下 さい お 客 様 はここで コーカサス 地 域 の 中 心 部 に 何 か 特 別 なものを 得 るのです お 客 様 はグルジアを 擁 している 是 非 自 分 自 身 でそれを 探 検 して 下 さい!

4

5 最 初 の 文 明 とその 以 前 グルジアを 少 なくとも 一 回 訪 問 したことや 外 国 でグルジ ア 人 に 会 ったことなどがあったら グルジア 人 は 自 分 の 国 の 過 去 やグルジア 国 家 の 歴 史 などを 重 要 視 するするこ とが 確 かに 分 かってくるでしょう キリスト 教 以 前 の 西 グルジアに 広 がるコルキス 王 国 (Kolkheti-コルヘティ)と 言 う 地 域 は アルゴー 号 の 乗 組 員 が 金 の 羊 毛 (ゴールデン フリース)を 運 び 去 る ように 船 を 向 けた 国 また 神 様 に 処 罰 された コーカ サスのアクセスできない 山 頂 にプロメーテウスが 鎖 で 縛 り 付 けられた 素 晴 らしくて 神 秘 的 な 国 として ギリシャ 史 料 編 纂 学 やギリシャの 神 話 などで 言 及 された 最 初 の グルジアの 国 家 でした コルキス 王 国 (Kolkheti-コルヘティ)こそでは 最 初 のテトゥリ(Tetri)と 言 うグルジアのお 金 が 鋳 造 された のです 数 千 年 間 後 グルジアは1990 年 代 に 育 てた(か わいがった) 独 立 を 獲 得 して 自 分 の 貨 幣 を 発 行 した 時 グルジアの 硬 貨 (コイン)が 以 前 の 最 初 の 貨 幣 鋳 造 の 記 念 にテトゥリ(Tetri)と 名 づけられた 東 グルジアの 古 代 首 都 であったムツヘタ(Mtskheta)と 言 う 都 市 に ムトゥクヴァリ 川 (Rv. Mtkvari)と 言 う 川 は 浅 い 時 に 川 の 中 にローマの 軍 司 令 官 ポンペイが 伝 説 に 従 って 紀 元 前 1 世 紀 にグルジアへの 戦 役 の 時 かけら れた 橋 の 廃 墟 が 良 く 見 えるのです グルジアで 光 をもた らした 考 古 学 的 な 資 料 にはどちらも 古 代 ギリシャと

6 ローマの 両 方 の 旧 跡 ははっきりと 見 られています 当 資 料 の 一 番 貴 重 な 部 分 はグルジア 国 立 博 物 館 の 貯 蔵 庫 で 保 存 されています; 博 物 館 の 資 料 の 中 で 一 番 優 れたのはカ へティ(Kakheti)と 言 う 東 グルジアの 地 方 で 発 見 され た 紀 元 前 第 3000 年 づけの 獅 子 の 銅 像 です それはグル ジアの 考 古 学 者 によって 見 つけられた 最 初 のどっしりし た 金 の 像 です けれども 人 気 を 盛 り 上 げて(センセーションを 巻 き 起 こして) グルジアを 世 界 中 の 学 者 の 注 目 の 的 とした また もう 一 つの 古 代 の 考 古 学 的 な 発 見 があります ドマ 二 シ(Dmanisi)と 言 う 所 で 発 掘 されたヒト 科 の 人 間 の 骨 はヨーロッパ 全 体 で 一 番 古 いのであることが 判 明 されました 歳 の 年 齢 が 割 り 当 ての 先 史 時 代 の 人 間 の 遺 跡 は 現 在 に 至 るまである アフリカからユ ーラシア 大 陸 へ 人 々の 移 動 の 既 存 の 理 論 を 完 全 に 変 更 し ました ヨーロッパはここから 始 まった! と 言 う 我 々のスローガンはこの 発 見 によって 触 発 されたのです

7

8 キリスト 教 の 普 及 と 中 世 紀 グルジア 語 はグルジアの 国 語 です グルジア 語 は 最 古 の 現 代 言 語 の1つであって 自 分 の 独 特 のスクリプト や 現 在 世 界 中 で 使 用 される14だけのアルファベット のある 一 つのことばです 5 世 紀 の 日 づけの 最 初 の 書 面 による 存 続 ソースは 宗 教 上 のテキストで 偶 然 ではな いと 言 う 意 味 しているのです 女 性 の 教 聖 ニノがカッパドキアから 到 着 して まずグル ジアの 女 王 とキングをキリスト 教 に 改 宗 した 時 から グルジア 国 民 は 公 式 的 に337にキリスト 教 を 採 用 しまし た それ 以 来 この 国 の 歴 史 とキリスト 教 が 密 接 に 連 結 し ている グルジアには キリスト 教 の 少 なくとも1つの 記 念 碑 を 発 見 されていない 村 を 見 つけることが 出 来 ま せん 特 に 人 気 のあるのは 聖 ジョージの 崇 拝 です 現 在 世 界 はグルジアを 知 っている 名 前 を 正 確 にグル ジア 国 民 のお 気 に 入 りの 聖 人 に 由 来 する 一 方 国 は Sakartvelo(サクァルトヴェロ)と 呼 ばれていますが グルジア 人 の 自 己 の 指 定 はKartvelebi(クァルトヴェレ ビ)です 皆 さんはトビリシでも 初 期 キリスト 教 の 記 念 碑 を 見 つけ ることが 出 来 ます;たとえば トビリシの 下 町 での6 世 紀 のアンチスハティ(Anchiskhati)と 言 う 古 い 教 会 ま た 以 前 は 主 要 な 異 教 の 偶 像 が 立 った 風 景 を 指 揮 してい るムツヘタ(Mtskheta) 市 の 上 部 にある 丘 の 上 に 位 置 さ れた ジュヴァリ(Djvari)と 言 う 修 道 院 です 6 世 紀 に12 人 のシリア 宣 教 師 はグルジアに 到 着 した そ の 国 の 別 々の 部 分 に 分 散 して 彼 らは 自 分 の 独 自 の 修 道 院 を 建 てました これらの 最 も 重 要 なのは グルジアの 南 東 にダヴィッド(Daviti-ダ ヴィティ)によって 建 てられたダヴィティ ガレジャ (Davit Garedja)と 言 う 修 道 院 の 複 合 体 です 禁 欲 的 で 啓 発 の 生 活 は 中 世 にわたって 続 けました 引 用 され たばかりのガレジャ 修 道 院 の 複 合 体 は 教 会 や 岩 から 刻 まれた 洞 窟 などです 半 砂 漠 の 悲 観 的 な 風 景 に 調 和 的 に 配 置 されたし 独 特 のフレスコ 画 で 飾 られた 教 会 や 岩 に 刻 まれた 洞 窟 などです ムツヘタ(Mtskheta) 市 のスヴ ェティツホヴェリ(Svetitskhoveli)と 言 う 大 聖 堂 は 重 要 な 記 念 碑 で それと 同 じにグルジアの 王 様 の 休 憩 所 であ る 西 グ ル ジ ア の ク タ イ シ ( Qutaisi) と 言 う の 大 都 会 の 近 く に ダ ヴ ィ ッ ド ア グ マ シ ェ ネ ベ リ ( Davit Aghmashenebeli)(ダヴィッドIV 世 建 国 者 )(Davit

9 IV)によって グルジアの 全 盛 期 やグルジアの 復 興 で 建 てられたゲラティ(GELATI)と 言 う 修 道 院 は 当 時 のグルジアの 主 要 啓 発 中 心 でした 垂 直 の 火 山 性 の 岩 に 刻 まれた 洞 窟 都 市 である 南 グル ジアにあるヴァルジア(Vardzia) 市 は ほぼ 同 時 代 の ものです その 洞 窟 教 会 の 一 つは その 治 世 の 時 国 は 黒 海 からカスピ 海 まで 広 がっていて 国 の 権 力 が 絶 頂 に 達 した12 世 紀 の 女 王 様 タマル(Tamar)のフレスコ 画 を 提 出 します 伝 説 で 女 王 様 タマルの 名 に 関 係 のない 村 を 偶 然 出 合 う( 見 つけ る)ことが 殆 ど 出 来 ません 多 くの 村 で 老 人 は 女 王 様 タマルの 御 墓 は その 村 の 教 会 や 村 の 中 にあると 言 う 伝 説 を 紹 介 する 13 世 紀 には まず モンゴルの 動 揺 また 後 で 最 も 情 け 容 赦 のない 征 服 者 であったティムール(チンギ ス ハン)の 壊 滅 的 な 侵 入 は グルジアがいくつか の 小 さな 国 に 分 解 したほどグルジアを 弱 体 化 させまし た 中 世 後 期 にグルジアは 当 時 の 大 帝 国 であった オスマン トルコとペルシャの 間 に 絶 え 間 ない 戦 いの 闘 技 場 になりました その 時 代 の 多 くのキリスト 教 の 記 念 碑 は 形 でもっと 飾 り 気 のないものである;いずれにせよ それ 以 降 の 中 世 も いくつかの 重 要 な 記 念 碑 を 遺 贈 して その 一 部 は 必 ずしも 文 化 的 な 観 光 ルートに 記 載 されるのです 例 えば 16 世 紀 の 教 会 と 大 規 模 な 要 塞 やクァズベギ (Qazbegi)と 言 う 山 のふもとにある 三 位 一 体 のゲルゲ ティ(Gergetis Sameba)です 18 世 紀 から 北 方 に 位 置 されたロシアがコーカサスに 第 三 番 目 の 力 強 い 競 技 者 ( 役 者 )として 現 れて 来 まし た ロシアは19 世 紀 初 頭 から 徐 々にトルコとイランの 上 部 手 を 獲 得 して 整 然 とした 方 法 では 間 断 なく 弱 体 化 したグルジア 国 の 小 さなグルジア 州 の 制 圧 を 征 服 しながら 19 世 紀 半 ばには コーカサスでの 優 性 的 な 支 配 力 にな った

10 ヨーロッパで 最 も 高 い 定 住 はグルジアにある 塔 や 村 の 砦 ( 要 塞 )は グルジアの 山 の 高 い 風 景 の 不 可 分 の 一 部 を 形 成 しています それらの 大 部 分 は 中 世 後 期 に 建 設 され その 内 のある ものはもっと 古 いです コーカサス 山 脈 で 構 築 された 山 国 の 人 の 村 は 常 に 到 達 出 来 なかったし 敵 に 征 服 するのは 非 常 に 難 しかったで す グルジアの 国 王 様 も 時 々 封 建 的 義 務 から 免 除 され た 自 由 登 山 家 に 避 難 所 を 発 見 しました 何 世 紀 にもわたって グルジアの 宝 物 は 最 も 美 し い 山 頂 で 囲 ま れ て い る 西 グ ル ジ ア の ス ヴ ァ ネ テ ィ (Svaneti)と 言 う 山 岳 地 帯 で 保 管 されいました そ の 宝 物 の 多 くが 今 日 も 素 晴 らしい 壁 画 で 飾 られた スヴァネティ(Svaneti)の 教 会 や 美 術 館 にあります 遠 い 過 去 に 王 様 と 諸 大 名 は 敵 の 侵 入 からスヴァネテ ィ(Svaneti)の 教 会 の 宝 物 を 保 管 されるため それ らをアクセス 出 来 ないスヴァネティ(Svaneti)に 送 信 することによって これらの 教 会 の 宝 物 を 保 管 されて いたように この 宝 の 保 護 は 今 日 でも 各 スヴァン (Svan) 族 の 神 聖 な 義 務 とされているのです 登 山 のスヴァン(Svan) 族 の 人 々とグルジアの 山 国 の 人 の 性 格 は 厳 しい 自 然 条 件 とコーカサスの 部 族 との 絶 え 間 ない 紛 争 で 形 状 をした 各 スヴァン(Svan) 族 の 家 族 は 独 自 の 住 宅 に 隣 接 する 自 分 の 祖 先 の 塔 を 所 持 して いました このように 構 築 された 村 は 殆 ど 敵 にはアク セス 出 来 ないのでした 19 世 紀 に 銃 で 武 装 されたハル デと 言 うこのような 一 つの 村 は ロシア 軍 の 猛 攻 撃 を 開 催 して 侵 略 者 に 大 きな 損 害 を 与 えました コーカサス 山 脈 に 沿 って 海 抜 2000メートルにある 多 くの 村 がある グルジアのシュハラ(Shkhara)(5068 メートル)と 言 う 最 高 峰 のふもとにあるウシュグリ (Ushguli)と 言 う 村 は ヨーロッパで 最 も 高 い 定 住 で す 数 世 紀 にわたって 平 地 ( 平 野 )の 歴 史 は 自 分 独 特 の 道 を 歩 んでいましたが 山 地 に 住 んでいる 人 々( 山 国 の 人 々)の 伝 統 的 な 生 活 様 式 にはあまり 変 革 がありませんで した だからこそ グルジアの 山 岳 地 帯 は 現 在 まで 多 くの 民 俗 学 者 を 引 き 付 けています 前 のキリスト 教 の 時 代 に 由 来 する 古 代 の 宗 教 的 な 儀 式 や 民 俗 行 事 に 興 味 がある 場 合 は 必 ずヘヴスレティ(Khevsureti)と 言 う 地 域 を 訪 問 する 必 要 があります この 山 岳 地 帯 には 日 常 生 活 や 歴 史 や 神 話 などが 永 遠 に 絡 み 合 わせられてい ます 神 話 は 絶 対 に 具 体 的 な 地 理 を 持 っている ロシュ キ(Roshki)と 言 う 村 の 上 部 にある 巨 大 な 岩 は 巨 人 と 神 々の 戦 いの 結 果 破 壊 されていた; 近 くには ある 地 元 の 神 が 最 後 の 巨 人 を 殺 めた 湖 がある; 近 隣 の 谷 間 に は 悪 霊 の 捕 虜 になって ヘビの 肉 を 味 わった 魔 術 師 のミンディア(Mindia)が 住 んでいた;それ 以 降 彼 は のすべての 動 物 や 植 物 の 言 語 を 学 び 自 分 の 民 の 打 ち 負 かされていない 指 導 者 になりました ヘヴスレティ

11 (Khevsureti)の 土 地 はこのような 神 話 で 滲 透 染 してい る これに 最 も 美 しい 風 景 や 塔 や 儀 式 の 構 造 や シャテ ィリ(Shatili)とムツォ(Mutso)と 言 う2つの 手 の 届 かない 村 の 砦 や 自 給 自 足 の 文 化 を 持 っている 親 切 な 人 々などを 加 えると ヘヴスレティ(Khevsureti)につい て 具 体 的 な 考 えを 形 成 することが 出 来 ます しかし ながら その 場 所 への 旅 は 伝 聞 に 頼 るよりは ましで ある 歴 史 中 グルジアの 山 々は 平 野 を 手 伝 っていた と 言 うのは 17 世 紀 の 時 にも コーカサスの 東 部 には 登 山 者 の 軍 隊 は 平 原 に 降 り カヘティ(Kakheti)をペ ルシア 人 から 免 除 しました 登 山 者 の 連 合 軍 は いず れかのトゥシ(Tushi)と 言 う 部 族 の 長 が 指 令 された 感 謝 のしるしとして カヘティ(Kakheti)の 王 様 は トゥシ 人 々(Tushi)に 肥 沃 なアラザニ(Alazani) 平 野 を 寄 贈 しました 伝 説 によると トゥシ(Tushi) 住 民 は トゥシ(Tushi)の 長 の 馬 が 駆 け 足 で 走 って 回 って 届 ける 土 地 の 領 土 が 寄 贈 されると 約 束 されました 当 馬 はアラザニ(Alazani) 平 野 を 駆 け 足 で 走 って 回 って から 現 在 その 馬 の 銅 像 が 立 っている 場 所 で 倒 れて 死 んだ トゥシ(Tushi) 住 民 の 各 人 は この 伝 説 的 な 馬 のメモ リへの 敬 意 を 表 するように この 場 所 へ 登 るのは 自 分 の 義 務 と 考 える その 時 から トゥシ(Tushi) 住 民 は 半 遊 牧 の 人 々となって 冬 をカへティ(Kakheti) と 言 う 地 方 のアルヴァニ(Alvani) 平 野 で 過 ごし 夏 に 彼 らはその 家 族 や 牛 や 羊 などを 連 れて コーカサ ス 山 脈 の 北 斜 面 に 位 置 している 自 分 の 歴 史 的 な 生 まれ 故 郷 である 絵 のようなトゥシェティ(Tusheti)へ 向 けて 出 発 する そこには アコーディオンの 伴 奏 でき れいなトゥシ(Tushi) 歌 を 歌 いながら 村 から 村 へ 移 動 して その 住 民 の 夏 祭 りも 開 催 されています どこ でも 自 家 製 のビールに 酔 っていて 伝 統 的 な 競 馬 が 開 催 されています 現 在 トゥシェティ(Tusheti)の 松 林 や 深 い 峡 谷 や 山 頂 や 塔 のある 村 などは 国 立 公 園 と 宣 言 されているの です; 観 光 インフラストラクチャーはかなり 発 達 して います トゥシェティ(Tusheti)の 夏 は グルジア と 全 体 のコーカサスに 最 高 のシーズンの 一 つです

12 ヨーロッパとアジアの 間 の 交 差 点 であるトビリシ(Tbilisi) もし トビリシを 訪 問 すれば 観 光 ガイドとか 販 売 員 と かタクシーの 運 転 手 とか 誰 かが 必 ず 都 市 の 創 立 の 話 を します トビリシの 住 民 は 次 の 伝 説 が 特 に 好 きです これは 1500 年 前 に 狩 猟 中 に 起 こったイベントについて の 話 です と 言 うのは 5 世 紀 のヴァフタング ゴルガ サリ(Vakhtang Gorgasali)という 王 様 のお 気 に 入 り 鷹 とそれによって 捕 らえられたキジが 水 に 落 ちて 王 様 の 随 行 員 が 炊 事 された 獲 物 と 捕 食 者 も 両 方 を 取 り 出 しま した 国 王 は 天 然 の 露 天 温 泉 水 が 好 きで そこでは 町 の 建 設 するように 指 令 しました このように 首 都 はムツ ヘタ(Mtskheta)から いくつかの25キロ 東 に 向 かって いるトビリシに 移 動 すると 東 洋 的 なスタイルで 建 てら れた 熱 い 硫 黄 浴 場 は 街 の 1つのカラフルなサイトと なっている 中 世 紀 にこれらの 浴 場 には 多 くの 薬 効 成 分 生 が 記 させられました だからこそ 多 くの 征 服 がこ れらのバスで 誘 惑 されていてここに 来 ました このよう に 快 適 なのである 以 外 に 天 然 の 熱 い 硫 黄 海 域 が 多 く の 問 題 も 作 成 しました しかし 浴 場 が 唯 一 のトラブルではなかった キャラバ ンルートの 岐 路 に 横 たわる 多 文 化 都 市 は グルジアへの 鍵 のようなもので 多 くの 場 合 には 全 体 トランスコー カサスへの 鍵 でした この 都 市 は ビザンチン 人 やハザ ール 人 やトルコ 人 やペルシア 人 などの 数 多 の 侵 略 と 占 領 を 耐 えました アラブ 人 は トビリシには7 世 紀 に 来 て グルジアの 結 合 者 であったダヴィティ アグマシェ

13 ネベリ(Davit Aghmashenebeli)(ダヴィッドIV 世 建 国 者 )によって 追 放 された12 世 紀 まで 五 世 紀 にわたっ てここに 宿 泊 していました トビリシは 最 後 に 1795 年 にペルシア 人 によって 焼 失 した 19 世 紀 にトランスコー カサスの 征 服 の 後 ロシア 人 はトビリシを 地 域 の 中 心 地 にして この 都 市 で 今 の 若 者 の 文 化 の 宮 殿 である 建 物 に 自 分 の 総 督 (バイスロイ)を 就 任 させました 都 市 に 受 けられた 印 象 は 多 くの 旅 行 者 の 日 記 では 反 映 されているし 都 市 に 感 心 しながら 多 くの 作 家 は そ れに 感 嘆 の 数 行 を 捧 げました ロシア 人 のプーシキン アレクサンドルやフランス 人 のデュマやノルウェー 人 の ハムスン クヌートなどは 別 の 時 にグルジアに 旅 行 し ましたし 各 人 は それぞれ 自 分 のやり 方 で このカラ フルな 都 市 を 描 写 しました 彼 らは そしてぞれ 探 した ものを 見 付 けていたようで どなたも 熱 意 な 言 葉 を 切 り 詰 めなかった 方 です 百 五 十 万 人 ぐらいの 住 民 と 一 緒 にトビリシは 成 長 を 続 けています 数 多 くの 近 代 的 なアパート 住 宅 やハイパ ーマーケットなどは 建 設 中 です 都 市 は 変 化 しています が その 文 化 的 な 多 様 性 と 言 う 主 な 魅 力 が 少 しも 変 わ っていないものと 残 っている この 都 市 の 本 当 の 霊 魂 は 古 いトビリシの 小 さなバルコニー 付 きの 中 庭 に 隠 さ れていて ここでグルジア 人 やアルメニア 人 やユダヤ 人 やクルド 人 やアゼルバイジャン 人 やギリシャ 人 などの 他 の 多 くの 民 族 の 代 表 が 数 世 紀 にわたって 他 人 の 問 題 や 喜 びを1つの 共 有 して 1つの 家 族 のように 住 んでいま した このような 旧 市 街 では いかなる 人 でもグルジア とアルメニア 正 教 の 教 会 やシナゴーグやモスクや さら に 古 代 のゾロアスター 教 の 神 社 の 痕 跡 などを 見 つけるこ とが 出 来 ます トビリシの 旧 市 街 でお 客 さんに 発 生 出 来 る 最 適 なのは 迷 子 になることです それは 曲 がりくねった 道 を 散 策 し ながら 小 さなティーハウスや 近 代 的 な 喫 茶 店 やひっく り 返 すパンを 焼 きたてているパン 屋 さんを 発 見 出 来 て そこのカーペットのお 店 や 銭 湯 などを 見 ることを 可 能 に します これは 文 化 の 十 字 路 に 建 てられ お 客 様 の 定 数 を 期 待 して その 小 さな 喜 びや 秘 密 などを 彼 らと 共 有 する 今 日 のTbilisiと 言 う 都 市 です

14 グルジアに 旅 行 している 時 いかなる 人 は その 風 景 や 気 候 帯 の 様 々な 種 類 の 迅 速 な 変 化 に 驚 いています 実 際 に その 他 世 界 地 図 上 に そんなに 多 くの 異 なるタ イプの 風 景 が 表 現 されているし その 植 物 と 動 物 で 各 重 要 でユニークな 小 さな 国 を 見 つけることは 難 しい 車 で 端 から 端 まで1 日 で 横 切 る 国 に 亜 熱 帯 の 繁 ったジ ャングルのある 黒 海 の 領 域 は 西 グルジアの 沼 地 と 湿 地 や 南 グルジアのジャヴァへティ(Javakheti)と 言 う 所 の 高 地 にあっる 山 の 草 原 と 湖 や 国 の 南 西 部 にある 半 砂 漠 と 光 の 森 や 山 の 森 林 や 亜 高 山 と 高 山 草 原 の 牧 草 地 や そして 最 後 に コーカサス 山 脈 のグルジアの 雪 峰 の 美 しさなどと 交 互 にしています 西 洋 と 東 洋 のグルジアを 分 割 している あまり 高 すぎな いリヒ(Likhi)と 言 う 山 脈 は 黒 海 から 入 って 来 る 雲 が 東 へ 移 動 することから 防 止 しています 従 って 西 グル ジアは 東 グルジアより はるかに 湿 度 の 高 くて 湿 ったの です アチャラ(Achara) 自 治 共 和 国 の 高 原 地 域 では その 地 域 で 最 多 雨 場 所 である 年 間 降 水 量 は4000ミリメー トルに 達 っするムティララ(Mtirala)と 言 う 山 がありま す 私 達 は 比 較 に 年 間 降 水 量 はめったに100ミリメー トルに 達 する 極 端 な 東 西 にある 半 砂 漠 を 例 に 挙 げること が 出 来 ま す 自 然 と 多 様 性 また すべてのこれらの 異 なる 風 景 には その 上 なく 優 れた 自 分 の 独 特 の 動 植 物 界 があります 一 寸 見 たところ では 生 物 のない 砂 漠 に 黒 いシャコやイワシャコや 帝 国 の 鷲 や 黒 い 禿 げ 鷹 コンドル やインド 山 荒 しやジャ ッカルや 狐 のような 珍 しい 鳥 や 動 物 が 発 生 します ここ で 狼 はたくさんあり ヴァシュロヴァニ(Vashlovani) と 言 う 動 植 物 保 護 区 域 では グルジアの 唯 一 の 種 である 近 東 のヒョウが 生 息 しています 2004 年 に 発 見 されたこ

15 の 獣 の 人 気 は それをノエ(Noe)と 名 付 けるほど 素 晴 らしいです これはヴァシュロヴァニ(Vashlovani) 国 立 公 園 の 名 刺 で 特 別 な 保 護 の 対 象 となります グルジアの 領 土 の40パーセントぐらいはまだ 主 に 落 葉 的 な 森 林 で 覆 われている 針 葉 樹 林 や 混 交 林 なども 発 生 する 砂 漠 は かも 鹿 やクマや 赤 鹿 シベリア 産 の 鹿 や 狼 や 山 猫 などに 富 んでいる あそこは 多 くの 小 さく て および 大 きい 獣 や 珍 しい 鳥 などがある コルヘティ 沼 地 は 渡 り 鳥 の 移 動 の 主 要 なルート 上 に 位 置 しています コーカサスには このような 二 つの 方 向 があり 一 つは 黒 海 の 海 岸 に 沿 う もので もう 一 つはカスピ 海 に 沿 うものです 春 と 秋 に ポティまたはバトゥーミの 近 所 に 数 百 万 羽 の 渡 り 鳥 の 移 行 を 見 ることが 出 来 ます ジャヴァへティ(Javakheti)と 言 う 南 グルジアの 地 域 は 海 抜 約 2000メートルで 横 たわっている 独 特 の 美 しさのある 激 しい 火 山 の 高 地 です この 地 域 の 特 徴 で ある 全 ての 水 生 鳥 は 地 域 に 拡 散 されている 湖 に 見 付 けることが 出 来 ます これは ペリカンが 巣 を 造 る 大 規 模 な 植 民 地 がある 唯 一 の 場 所 です パラヴァニ 湖 (L. Paravani)はジャヴァへティ(Javakheti)のいくつかの 湖 の 一 つです これはグルジアの 一 番 大 きい 淡 水 の 池 で す コーカサス 地 方 の 野 ヤギのようなユニークな 動 物 は コ ーカサス 山 脈 の 到 達 しがたい 岩 に 生 息 する コーカサス の 特 有 の 固 有 種 のものです この 野 生 の 野 ヤギは 海 抜 3000メートル 以 上 の 場 所 でほとんど 一 年 中 を 過 ごしてい

16

17 ます それは 民 俗 神 話 と 伝 説 の 不 可 分 の 特 徴 です 過 去 には 野 ヤギの 狩 猟 は グルジアの 登 山 家 にとって 勇 気 と 男 らしい 威 厳 のある 行 為 と 考 えられた 固 有 種 の 鳥 であるコーカサス 地 方 の 雪 雄 鶏 も コーカサ ス 地 方 の 野 ヤギの 近 くに 亜 高 山 帯 と 高 山 帯 の 地 帯 の 境 界 の 少 し 低 く 住 んでいるし 黒 い 雷 鳥 です 全 体 のコーカサス 山 脈 と 小 コーカサス 山 脈 に 沿 って 私 達 はシャモアを 見 つけるし コーカサス 山 脈 の 東 には 胃 石 アイベックスの 小 さい 個 体 群 (ポピュレーション) があります ゴールデン イーグルやヒゲワシやグリフ ォン ハゲタカなどのコーカサス 山 脈 の 大 きい 捕 食 鳥 を 見 るのは これらの 忘 れられない 風 景 の 美 しさを 追 加 し ます グルジアの 植 物 の 特 徴 は 固 有 性 の 高 いレベルです こ の 点 で 見 ると かなり 異 なるのは 東 グルジアのカへテ ィ(Kakheti) 地 方 の 保 護 されたラゴデヒ(Lagodekhi) と 言 う 領 土 です この 地 域 は コーカサス 山 脈 の 斜 面 に 広 がっているし 高 度 差 は2600メートルに 達 し 平 原 の 川 沿 いの 林 から 大 コーカサスの 中 部 と 生 命 のなくよう に 見 える 岩 に 巨 大 な 原 生 林 に 至 るまで 及 んでいるので す この 植 物 の 楽 園 では121 種 はコーカサスの 固 有 性 の もので 9 種 はグルジア 固 有 種 のものです このような 多 様 性 は 適 切 な 保 護 を 要 求 します グルジア にはもう40ぐらいの 保 護 されている 領 域 があり その 時 に 人 間 生 態 学 (エコロジー)がますます 高 い 優 先 順 位 を 取 得 しています

18 ワインと 料 理 グルジア 人 は グルジアがワインの 家 庭 だと 考 えています さらに 理 論 によると ワインと 言 う 単 語 はグルジア 語 のグ ヴィノ(ghvino)から 派 生 します 考 古 学 の 発 掘 調 査 は グ ルジアでワインが7000 年 前 に 製 造 されて そして もちろん 飲 まられていた のを 証 明 する ワインは ここで 崇 拝 されているし 殆 ど 全 ての 家 族 では 田 舎 だけでなく トビリシの 多 くの 居 住 者 である 忙 しい 人 で も ブドウを 購 入 し 自 分 自 身 のワインを 製 造 して 自 分 の お 客 様 にそのワインを 御 馳 走 する 時 間 を 見 つけるのです グ ルジアにはお 客 さん 特 に 不 意 のお 客 さんは 神 の 賜 物 であ ると 見 なされています グルジア 人 は 家 庭 に 良 質 のワイン を 持 っていると 彼 は 安 全 な 感 じをしている 一 方 料 理 の 準 備 には 数 時 間 だけがかかりますが ワインの 製 造 には 時 間 と 知 識 が 必 要 なことですから グルジアでは 主 人 がゲ ストの 恐 れはない と 言 う 言 い 方 もあります 各 主 人 は 自 分 によって 製 造 された 良 質 のワインを 誇 りとします ワインを 製 造 するには 一 番 高 質 の 葡 萄 は 東 グルジアから 来 ます きちんと 手 入 れされている 十 分 に 広 大 な 葡 萄 畑 は 地 元 の 風 景 の 不 可 分 の 一 部 です カへティ(Kakheti) 地 方 の 居 住 民 によって 製 造 されるサペラヴィ(Saperavi)やツィ ナンダリ(Tsinandali)やムクザニ(Mukuzani)などと 言 うワ インは 現 在 外 国 でも 有 名 になって 欧 州 と 米 国 のスーパ ーマーケットで 提 供 しています カへティ(Kakheti) 地 方 は ワインの 土 地 であるにもかかわ らず 西 グルジアでも 品 種 のユニークな 葡 萄 例 えばラチャ (Racha)と 言 う 地 方 からのヒヴァンチカラ(Khvanchkara) と 言 う 黒 い 葡 萄 が 発 生 しています これは 非 常 に 限 られた 地 域 で 栽 培 されていて 優 れた 資 質 のために 区 別 されているの ですし それで 作 られたワインは 非 常 に 高 価 なのです 農 民 たちは 自 分 の 家 庭 で 製 造 されたワインを クヴェヴリ (kvevri)と 言 うワイン 瓶 に 保 存 しています これらは 地 中 に 埋 まっている 巨 大 な 粘 土 の 容 器 ( 時 々ワインの 瓶 の 最 大 容 量 は1トンまで 至 るもので )です それは 地 上 にある 狭 くて ほぼ 完 全 に 密 閉 された 頸 のあるのです 東 グルジアに はワイン 瓶 がマラニ(Marani)と 言 う 酒 蔵 で 埋 められていま すが 西 グルジアには すぐ 裏 庭 で 埋 葬 されている ワイン の 瓶 の 開 放 や 新 しいワインの 味 わいは かなりイベントに 成 って スープラ(Supra)と 言 う 食 卓 やグルジア 祝 宴 に 付 き 添 われているもので グルジア 人 の 生 活 の 中 では かなり 重 要 な 意 義 のある 社 会 的 な 現 象 です そこには 自 然 や 人 々の 気 質 やテーブルに 運 ばれる 料 理 など で 西 と 東 グルジアを 区 別 するものも 沢 山 あります しかし ながら 1つの 事 は 同 じですが すなわち グルジアの 食 卓 には 良 い 主 催 者 や 時 には 紛 争 の 解 決 することの 専 門 家 で いらっしゃる タマダ(Tamada)と 言 う 宴 会 の 司 会 者 がいら っしゃいます どのスプラ(Supra)と 言 う 宴 会 でもタマダ

19 (Tamada)なしには 考 えにくい タマダ(Tamada)に 成 る のは 責 任 の 重 い 仕 事 であって グルジア 人 が 当 てずっぽう の 人 にそれを 委 任 しません ワインとともに グルジア 料 理 は スプラ(Supra)の 美 しさ であります 西 グルジアの 料 理 は もっとスパイスを 使 って 作 られるもの で より 洗 練 されたのであって 時 にはもっと 口 障 りの 良 い ものです 地 元 の 人 々は 料 理 に 沢 山 の 胡 桃 を 使 います 有 名 で 非 常 においしいのは 胡 桃 のソースに 入 れた 七 面 鳥 や 鶏 の 肉 のサツィヴィ(Satsivi)とバジェ(Bazhe)と 言 う 料 理 で す 西 グルジアで 作 られる ハチャプリ(Khachapuri)と 言 うチーズ 入 りのグルジアの 閉 じたピザは 優 美 なものです また ここに 非 常 に 人 気 があるのは ムチャディ(Mchadi) と 言 う 玉 蜀 黍 のパンであるし それは スルグニ(Sulguni) と 言 う 地 元 の 牝 牛 の 牛 乳 で 作 られるチーズと 新 鮮 な 魚 と 一 緒 に 非 常 に 美 味 しいです 茄 子 で 作 られた 料 理 も プハリ (Pkhali)と 言 う 胡 桃 を 入 れて 食 用 植 物 で 作 られた 料 理 のよう に 人 気 があります 東 グルジアの 料 理 はもっと 簡 単 であって 西 グルジアの 料 理 に 劣 らず 美 味 しいです; すなわち にんにくの 醤 油 に 入 れた 沸 騰 されてから 冷 ま されたチキンや お 母 さんのパン と 呼 ばれる 愛 情 を 込 めて その 場 で 焼 きたてた 長 いパンや チャクァプリ (Chaqapuli)と 言 う タラゴンで 味 付 けられた 羊 肉 や 牛 肉 や 塩 辛 い 羊 のチーズや 新 たに 収 集 した 新 鮮 な 野 菜 や グ ルジアの 隅 々 でも けれどもカへティ(Kakheti)のワインで 洗 浄 された 肉 ほど どこでも 美 味 しくない 肉 だと 言 われてい る 油 で 炒 めたムツヴァディ(Mtsvadi)と 言 う 肉 ( 主 に 豚 ) などです 葡 萄 が 生 長 しないコーカサス 山 脈 では 果 実 酒 ( 果 実 ウォッ カ)だけでなく ビールも 伝 統 的 な 飲 み 物 です 後 者 は 儀 式 の 意 義 を 持 って 従 って 宗 教 の 祭 りの 時 ビール 醸 造 のビー ルは 山 の 人 々にとって 必 要 です ヒンカリ(Khinkali)と 言 う 料 理 はその 人 達 の 一 番 好 きなものです それは その 練 り 粉 が 肉 や 汁 で 一 杯 詰 められた 団 子 の 種 類 です ヒンカリ( Khinkali)を, 汁 を 零 さず 食 べるのに いくつかの 熟 練 がかか ります しかし この 料 理 で 与 えられる 楽 しみは いくつか の 不 快 感 を 価 している ヒンカリ(Khinkali)はグルジア 人 の 最 も 愛 される 料 理 の 一 つです

20 グルジアは 地 域 の 芸 術 のハブ( 中 心 )となっている グルジアは その 多 声 部 音 楽 (ポリフォニー)の 民 謡 や 教 会 の 賛 美 歌 でも 有 名 です 米 国 が1977 年 に ボイジャー(Voyager)と 言 う 宇 宙 船 を 打 ち 上 げた 時 世 界 文 化 遺 産 の 一 部 として チャ クルロ(Chakrulo)と 言 う 伝 統 的 なグルジアの 歌 を 機 上 に 持 って 行 きました グルジアの 多 声 部 音 楽 (ポリ フォニー)を 聞 いている 時 いくつかの 古 くて 古 風 な 知 識 に 触 れている 感 覚 が 発 生 します 2001 年 ユネスコ (UNESCO)は この 音 楽 を 世 界 無 形 文 化 遺 産 の 傑 作 として 認 めました 実 際 に いくつかの 例 外 を 除 い て(その1つは 例 えば 教 会 の 賛 美 歌 は12 世 紀 のグル ジアの 国 王 によって 書 かれたものである) これらの 曲 の 年 齢 が 殆 ど 不 明 ですが それらに 与 えられた 印 象 はい つでも 非 常 に 大 きいです グルジア 人 は 歌 うことが 好 きでしたが 今 も 大 好 きで す 歌 は グルジアのスプラ(Supra)と 言 う 宴 会 の 装 飾 品 です グルジア 人 はテーブルや 戦 争 や 喜 びと 悲 しみなどで 歌 っているし 西 グルジアのスヴァネティ (Svaneti)と 言 う 地 方 で 彼 らは 人 間 の 死 で また 人 の 埋 葬 で 歌 っていて それは 本 当 に 肝 をつぶさせる 悲 劇 的 な 鎮 魂 歌 (レクイエム)です また 月 に 捧 げられた リレ(Lile)と 言 う 別 の 有 名 なスヴァン(Svan)の 異 教 の 賛 美 歌 があります 従 っ て 最 も 活 気 のあるグルジア 人 の 根 元 (ルーツ)は グ ルジアの 歌 にあります すべての 地 域 には 自 分 の 曲 や 様 式 (スタイル)があり ます 原 則 として グルジアの 多 声 部 音 楽 (ポリフォニ ー)は 3 個 人 的 です しかしながら 西 グルジアのグ リア(Guria)と 言 う 地 域 では 驚 くべきで 全 国 各 地 の ものと 区 別 する7 人 の 多 声 部 音 楽 (ポリフォニー)があ ります この 多 声 部 音 楽 (ポリフォニー)の 多 様 性 の 代 表 者 は 毎 年 夏 にアートゲン( ArtGen )と 言 う 祭 りには 一

21 緒 にグルジアの 首 都 トビリシに 来 ています 祭 りの 主 催 者 は この 上 なく 優 れた 独 特 の 演 奏 家 であるし 自 分 の 秘 密 の 識 者 である 専 門 家 と 素 人 のお 年 寄 りの 歌 手 を 招 待 します グルジアの 各 村 には 頻 繁 に 独 自 の 曲 の 上 演 目 録 (レパートリー)があります お 祭 りは 古 い 家 屋 や 地 元 の 民 族 は 国 のすべてのコーナーの 特 徴 が 表 されている 広 大 なオープンエア 公 園 のグルジアの 民 族 博 物 館 で 開 催 されます 最 高 のグルジアのポップやロッ ク グループは 常 に 一 年 間 熱 心 に 待 ち 受 けられる 祭 り に 参 加 しているし それを 古 いものと 新 しいものを 統 合 される 正 真 正 銘 真 の 大 成 功 に 転 化 させるのです グルジアの 舞 踊 は その 多 声 部 音 楽 (ポリフォニー) 音 楽 のように 主 要 な 文 化 的 な 輸 出 の 対 象 と 残 っていま す グルジアの 国 立 舞 踊 民 謡 会 社 の 演 奏 家 は1 年 の 大 部 分 にわたって 世 界 で 旅 興 行 をしています 衝 突 してい る 刀 剣 や 飛 んでいる 火 花 や 床 に 投 げられる 短 剣 などの 精 力 旺 盛 で 跳 躍 している 踊 りは 雅 やかに 優 雅 な 女 性 の 踊 りと 組 み 合 わせています これに 山 の 村 からの 多 色 の 衣 装 や 鼓 胴 のひどい 打 ち 方 や トランペット(パイ プ)などだけでなく アコーディオンも 追 加 すると 完 全 な 効 果 が 忘 られないのです トビリシの 文 化 的 な 生 活 は 民 俗 祭 りだけに 限 定 されて いません 市 内 の 主 要 な 大 通 りを 訪 問 する 者 は ムーア 様 式 で 建 てられたオペラハウスを 見 逃 すことは 出 来 ませ ん グルジアは オペラやバレエのかなり 古 い 伝 統 を 誇 っています 幾 つかのアカデミー 劇 場 や 多 くの 小 劇 場 も 成 功 的 にト ビリシで 営 業 しています グルジアの 劇 場 や 映 画 芸 術 や 地 元 の 生 産 者 (プロデュー サー)の 独 創 的 な 様 式 などは 西 洋 の 文 化 界 では 良 く 知 られている しかし トビリシでは 最 初 に 博 物 館 を 訪 問 するように お 勧 めします 歴 史 博 物 館 は そのキリスト 教 以 前 の 宝 物 や 金 の 項 目 で 知 られているし 美 術 博 物 館 は キリス ト 教 文 化 の 宝 物 やグルジアの 絵 画 芸 術 の 標 本 の 宝 庫 で す 特 別 言 及 する 必 要 があるのは 19と20 両 世 紀 の 境 に 住 んでいた 素 朴 主 義 者 であったピロスマニ ニコ(Niko Pirosmani)と 言 う 画 家 のキャンバスの 度 外 れの 展 覧 会 です

22 荷 造 りしてから グルジアを 発 見 して 下 さい

23 海 水 浴 場 温 泉 スパなどの 町 夏 にグルジアの 黒 海 の 沿 岸 は 保 養 客 で 溢 れてい ます アチャラ(Achara)と 言 う 地 方 のバトゥミ (Batumi)や コブレティ(Qobuleti)や サル ピ(Sarpi)や クヴァリアティ(Kvariati)やゴニ オ(Gonio)などの 保 養 地 は グルジア 人 と 国 のお 客 様 の 休 みのための 大 好 きな 場 所 です アチャラ (Achara) 自 治 共 和 国 には 不 浸 透 性 の 森 林 で 覆 われ てある 緑 色 の 丘 や 柑 橘 類 の 果 樹 園 が 沿 岸 地 帯 に 隣 接 し ています グルジアの 鉱 泉 場 (ミネラル スパ)は 19 世 紀 に 戻 って 意 義 を 獲 得 しました ロシア 皇 帝 は ボルジョ ミ(Borjomi)と 言 う 町 に 小 さな 宮 殿 を 建 てたし 小 さな 町 や 鉄 道 などをムトルクヴァリ(Rv. Mtkvari) 川 に 沿 う 谷 間 に 建 設 されました ここには エッフェル (Eiffel)によって 建 てられた 小 さな 跳 ね 橋 があって 氾 濫 したムトルクヴァリ(Rv. Mtkvari) 川 で 洗 い 流 さ れたと 言 われています ボルジョミ(Borjomi)の 鉱 泉 場 は 現 在 も その 薬 効 成 分 で 有 名 で あまりにも 多 くの 保 養 客 を 引 き 付 けるのです 町 は ロシア 皇 帝 や 他 の 皇 族 の お 気 に 入 りの 狩 猟 場 であった 広 大 な 森 林 で 囲 まれています 現 在 これは 国 立 自 然 公 園 と 宣 言 されています

24

25 スキー グルジアには 二 つの 主 な 冬 の 保 養 地 があります;すなわ ち 松 の 森 のある 有 名 なバクリアニ(Bakuriani)と 言 う 町 は 小 コーカサス 山 脈 の 一 つの 支 脈 に 位 置 しているし 一 方 グダウリ(Gudauri)と 言 う 別 荘 地 は 主 なコー カサス 山 脈 の 支 脈 に トビリシから 車 で1 時 間 半 の 距 離 に 位 置 しています 観 光 インフラストラクチャーは 両 方 の 場 所 で 良 く 開 発 されているのです スキーやスノー ボードのため 絶 好 の 場 所 であるグダウリ(Gudauri)に は 出 発 点 と 経 路 の 終 わりの 間 の 高 度 の 違 いは1300 mで す トレッキング&ウォーキング もし リュックサックを 背 負 って 徒 歩 で 旅 行 すること や 渓 流 渡 り 森 や 高 原 でテントに 泊 まること 好 きで あればグルジアにいらして 下 さい 訓 練 された 山 岳 ガイドや 経 験 豊 かな 旅 行 会 社 を 見 つけ ることが 出 来 ます もし 単 独 で 歩 き 回 ることが 好 きで あれば GPSと 地 図 で 承 認 された 観 光 経 路 ルートを 使 用 することが 出 来 ます 自 然 の 多 様 性 そして 移 り 変 わり など 沢 山 の 驚 きと 感 動 が 旅 行 者 のを 待 ち 受 けています

26

27 文 化 的 な 観 光 お 客 様 は グルジアの 隅 々にある 歴 史 的 な 観 光 地 を 訪 問 することが 出 来 ます 非 常 に 印 象 的 なのは 西 グルジアの サメグレロ(Samegrelo)と 言 う 地 域 のノクァラクェヴ ィ(Nokalakevi(Archaeopolis))と 言 う 古 代 の 首 都 の 遺 跡 です 美 しいテホゥリ(Rv. Tekhuri)と 言 う 川 の 谷 の 上 にそびえるこの 街 の 壁 は 過 去 サーサーン 朝 のイラン とビザンチンの 軍 隊 による 弩 砲 (カタパルト)の 攻 撃 を 耐 えました 都 市 の 要 塞 は 川 に 秘 密 の 出 口 で 結 ばれて います 西 グルジアの 主 要 都 市 であるクタイスィ(Qutaisi)に は 現 在 まで 機 能 している 過 去 の 最 高 のグルジアの 教 会 とゲラティ 修 道 院 の 印 象 的 な 遺 跡 は 関 心 のあるもので す キリスト 教 の 文 化 の 記 念 碑 の 内 著 名 なのは グルジ アのムツヘタ(Mtskheta)と 言 う 古 都 です その 大 小 の 教 会 のあるムトクヴァリ(Rv. Mtkvari) 川 とアラグヴィ (Rv. Aragvi) 川 の 合 流 点 に 横 たわっている 町 は 美 術 館 の 一 つを 連 想 させていて その 重 要 性 のため ユネス コの 保 護 下 に 置 かれています キリスト 教 の 修 道 院 や 古 い 要 塞 などは ヴァルズィア (Vardzia)とウプリスツィヘ(Uplistsikhe)の 洞 窟 の 都 市 のように グルジアの 旅 行 会 社 のほぼ 全 てのツアーに 入 っています 後 者 は グルジアでは このタイプの キリスト 教 以 前 の 時 代 に 建 てられた 最 古 の 記 念 碑 です 18 世 紀 のキャラバン ルート 上 に 構 築 されていて 完 全 に 壁 で 囲 まれているし そこから 肥 沃 なアラザニ (Alazani)と 言 う 谷 とカへティ(Kakheti)のコーカサ ス 山 脈 の 光 景 が 開 けている スィグナギ(Sighnagi)と 言 う 小 さな 町 は 関 心 を 引 いています 近 年 では 当 町 の 復 興 に 向 けている 多 くの 仕 事 が 行 われ ていましたから これはグルジアの 主 要 な 観 光 街 の 一 つ と 成 って 来 ました

28 ワイン ツア お 客 様 は ス ィ グ ナ ギ ( S i g h n a g i) や カ へ テ ィ (Kakheti) 各 地 などで 地 元 のワインを 味 わうことが 出 来 ます ワインの 試 飲 のためのマラニ(Marani)やワイ ン 貯 蔵 庫 とホールなどは 地 元 の 農 民 の 家 庭 や 主 要 なワ イナリーなどの 多 くの 場 所 で 開 かれているのです しか し そこで そのシャトーのワインやワイン 造 りの 過 去 で 知 られているひとつの 場 所 があります 19 世 紀 には Kakhetiの 真 ん 中 には 地 元 の 王 子 であっ たチャヴチャヴァーゼ 氏 がヨーロッパの 小 さなオアシス を 手 配 した 美 しい 庭 を 植 えたあの 方 の 所 有 地 では 同 時 にグルジアで 最 初 のグランド ピアノと 最 初 のヨーロ ッパのワイン 技 術 が 登 場 したのです 王 子 チャヴチャヴ ァーゼこそは 最 初 にワインやコニャックなどを 造 るこ とを 始 めたのです 王 子 チャヴチャヴァーゼの 1つの 良 く 知 られている Tsinandaliと 言 うワインは 最 初 に ここで 造 られました 今 日 チャヴチャヴァーゼ 氏 の 住 居 は 訪 問 者 に 開 いている

29

30

31 登 山 登 山 は グルジアで 高 く 評 価 されている 優 先 てきな ス ポ ー ツ の 一 種 で す か な り の 数 の 有 名 な 登 山 家 は この 山 間 の 国 で 訓 練 を 受 けていました グルジ アで 登 山 用 の2つの 最 も 人 気 のある 場 所 は カズベギ (Qazbegi) 地 域 とスヴァネティ(Svaneti)です スの 美 しさです これは コーカサス 山 脈 のすべての 登 山 者 の 夢 であって 最 も 難 しくて 致 命 的 な 高 峰 です カズベギ(Qazbegi) 山 はコーカサス 山 脈 の5000メート ルの 高 峰 の 一 つです この 美 しい 永 久 氷 帽 をかぶっ た 高 峰 は グルジアの 登 山 のシンボルです 最 初 の 登 山 遠 征 隊 の 発 送 は この 山 で 行 われました これは 中 等 の 複 雑 さの 高 峰 であって 経 験 豊 富 なガイドに 案 内 されると 任 意 の 肉 体 的 によく 訓 練 された 登 山 者 が 登 ることが 出 来 ます 岩 峰 のチャウヒ(Chaukhi) 山 塊 は 同 じ 地 域 にある これらのあまりにも 高 い 高 峰 は(3800メートル)コー カサス 地 方 の 白 雲 石 ドロミテと 呼 ばれます チャウヒ (Chaukhi)の 魅 力 は 実 際 には ここに 任 意 の 複 雑 さ の 経 路 を 見 つけることが 出 来 ることにあるし 同 じよ うに 初 心 者 やプロの 登 山 者 の 両 方 に 興 味 を 持 ってい ます スヴァネティ(Svaneti)は グルジアの 高 峰 の 数 が 最 も 多 い 地 域 であって それと 同 時 に スヴァン 人 (Svans)はグルジア 人 の 登 山 者 の 内 最 強 の 専 門 家 で す スヴァネティの 花 嫁 と 愛 称 される4900メートルのテト ゥヌルディ(Tetnuldi)のように 5068メートルの 最 高 峰 のシュハラ(Shkhara)は スヴァネティ(Svaneti) にあります しかし 4710メートルのツイン 高 峰 のウ シュバ(Ushba)は スヴァネティと 全 体 の 大 コーカサ

32 野 鳥 観 察 (バードウォッチング ) 春 は 野 鳥 観 察 (バードウォッチング)に 最 適 な 季 節 で す 自 然 が 目 を 覚 まし 鳥 の 交 尾 南 から 北 への 移 動 などが 見 られます ジャヴァへティ(Javakheti)の 湖 や 無 人 の 半 砂 漠 や 大 コーカサス 山 脈 などは 野 鳥 観 察 者 が 訪 れる 場 所 です 鳥 の 移 動 路 巣 つくりやその 固 有 種 などを 見 る 事 ができます 双 眼 鏡 や 望 遠 鏡 を 持 った 外 国 人 を 見 るのは 地 元 の 人 々にとってはとても 斬 新 で す

33 写 真 ツアー グルジアでは 写 真 家 が 興 味 のある 被 写 体 を 見 つけるこ とができます カラーカーペットのように 咲 き 乱 れる 高 原 植 物 とその 上 にそびえ 立 つ 雪 に 覆 われた 峰 原 生 林 半 砂 漠 そして 海 岸 このような 多 様 性 は 少 なか らずとも 写 真 家 の 興 味 を 引 くものです グルジアの 人 々は 日 々の 生 活 を 季 節 のサイクルに 合 わ せ 自 然 と 調 和 のとれた 生 活 を 送 っています 文 明 の 小 さなヒントだけである 自 然 と 人 々の 調 和 と 言 うのは 写 真 家 にとって 非 常 に 興 味 のあるものではないでしょ うか

34 エコツーリズム 生 態 環 境 学 の 観 光 旅 行 グルジアは 自 然 のままの 状 態 を 保 ち 大 量 の 観 光 客 が 押 し 寄 せないためエコツーリスムに 興 味 のある 人 々に 適 し ています 観 光 客 は 保 護 された 地 域 や 固 有 種 で 知 られ る 渓 谷 を 散 策 しながら 人 里 離 れた 自 然 の 中 でゆったり とした 時 間 を 過 ごすことができます

35

36

37 マウンテンバイク マウンテンバイクと 言 うスポーツは グルジアでか なり 新 しいもので これまで 以 上 に 人 気 が 高 まって います 道 路 やコーカサスの 山 々の 歩 道 上 での 自 転 車 の 出 現 は 大 きなイベントでしたが 今 はだれも 驚 きません グルジアには 平 らな 場 所 が 非 常 に 少 ないです それ 故 に グルジアはマウンテンバイク で 新 しい 冒 険 ができる 国 です 4 x 4 冒 険 オフロード 車 は グルジアの 常 道 を 外 れると 言 う 余 りにも 難 くないことの 可 能 性 を 与 えます 砂 漠 や 海 岸 線 や 亜 熱 帯 や 茶 農 園 や 高 い 山 々の 間 では 比 較 的 小 さい 走 行 距 離 は 時 間 の 少 量 で 膨 大 な 数 の 対 照 的 な 風 景 を 経 験 する 可 能 性 を 与 えます

38 ラフティング 山 の 川 が 水 に 富 んでいる 時 期 である 春 は グルジ アでラフティングに 最 も 人 気 のある 季 節 です ト ビリシから1 時 間 半 で 行 くことが 出 来 るアラグヴィ (Aragvi) 川 は 最 も 人 気 のある 川 です グルジア の 川 には ラフティングに 大 きな 可 能 性 がありま す たとえば スヴァネティ(Svaneti)のエングリ (Enguri)と 言 う 川 は 最 も 困 難 な 部 類 に 属 する 数 キロの 長 さの 区 域 があります 洞 窟 カルスト 性 鍾 乳 洞 は 主 に 西 グルジアのイメレテ ィ(Imereti)とラチャ(Racha)を 中 心 とした 地 域 で 多 く 見 られます それらは 非 常 に 深 くて 興 味 深 い 探 索 ができます それらのいくつかには 地 下 河 川 があり 洞 窟 の 中 をボートで 探 索 することもでき ます

39

40 乗 馬 馬 は 常 に 大 コーカサス 山 脈 の 急 斜 面 に 沿 って 実 行 して いる 歩 道 を 通 るのに 主 な 輸 輸 機 関 でした 短 いですが 非 常 に 強 い 地 元 の 馬 は 驚 くほどの 困 難 を 克 服 すること が 出 来 ますので 今 日 もその 重 要 性 は とても 大 きいで す 今 もまだ 馬 だけで 達 することが 出 来 る 大 コーカサ ス 山 脈 の 村 があります コーカサス 山 の 中 で このような 旅 は 忘 れられない 楽 し みをもたらすでしょう

41

42 入 国 には すべての 国 籍 の 訪 問 者 のため 期 限 まで 少 なくとも 6ヶ 月 の 有 効 のパスポートが 必 要 です EU 加 盟 国 や アメリカ 合 衆 国 や カナダや 日 本 や スイス や リヒテンシュタインや ノルウェーや イスラエルや バ チカンや アンドラ 公 国 や サン-マリノ 共 和 国 や アイスラ ンド 共 和 国 や アラブ 首 長 国 連 邦 や クウェート 国 や 韓 国 や カタール 国 や バーレーン 王 国 や オマーン 王 国 などの 国 の 国 籍 のパスポートを 保 有 するお 客 さんは 90 日 間 以 内 の 滞 在 の 場 合 入 国 査 証 が 必 要 ではありません ロシアやトルクメニスタンを 除 いて 独 立 国 家 共 同 体 の 国 籍 を 持 つ 観 光 客 は 90 日 以 内 の 滞 在 の 場 合 入 国 査 証 が 必 要 ではありません 現 在 ロシアとの 国 境 は 外 国 のお 客 様 にとって 閉 鎖 されていま す グルジアに 来 着 し グルジアを 出 発 する 飛 行 機 の 場 合 :ミュンヘンや ウィーンや ロンドンや キエ フや バクーや ミンスクや リガや プラハや イスタンブ ールや アクタウや テル アビブや エレバンや アムステ ルダムや パリや ドバイや ハリコフなどから 無 着 陸 飛 行 (ノン ストップ 便 )で 飛 ぶことが 出 来 ます 1 週 間 一 回 エ レバンとバクーへのいくつかの 乗 り 継 ぎ 便 があります 陸 路 の 場 合 :グルジアにヨーロッパだけでなく アジアからも 自 動 車 で 着 くことが 出 来 ます 歴 史 的 に 有 名 な シルクロー ド は 国 を 横 切 る グルジアには グルジアをアゼルバイ ジャンや アルメニアや トルコなどに 直 接 接 続 している 高 速 道 路 があります トビリシへのバスは バクーや イスタン ブールや アンカラや トラブゾンや エレバンや アテネな どから 出 発 します バスはすべての 都 市 の 中 央 バス ステーシ ョンから 出 発 します 電 車 の 場 合 : 鉄 道 は グルジアをアルメニアとアゼルバイジャ ンに 接 続 します 電 車 は バクーから 毎 日 ご 利 用 いただけま す 海 路 の 場 合 :グルジアへ 渡 し 船 (フェリー)でのお 越 しは 毎 週 ウクライナのイリイチョヴスク(Ilyichevsk)やオデッサ 観 光 情 報 (Odessa)から 入 手 可 能 です ホテル トビリシには 国 際 的 で 4つの 星 のホテルを 初 めとする す べてのカテゴリのホテルや 自 宅 にホーム ステイも 提 供 して います 農 村 地 域 には 宿 泊 施 設 は 主 に3つ 星 の 家 族 経 営 の ホテルや ベッドと 朝 食 のある 家 庭 での 滞 在 などが 出 来 ます レストラン グルジアの 料 理 は 世 界 的 に 有 名 です 多 くの 素 晴 らしいレス トランは 伝 統 的 および 国 際 的 な 料 理 を 提 供 しています 季 節 グルジアは 暑 い 地 域 に 位 置 していますが 高 いコーカサス 山 脈 で 冷 静 さを 保 ちです すなわち 7 月 下 旬 から8 月 初 めにわ たって 気 温 が 40 度 摂 氏 まで 上 昇 する 時 にも 冷 静 さを 保 存 しま す 小 春 日 和 は 多 くの 場 合 11 月 の 初 めまで 暖 かい 季 節 を 拡 張 します お 金 グルジアの 通 貨 はラリ(Lari)です 1ラリは100テトリ (Tetri)に 再 分 されています 両 替 率 は:1ラリは0.43ユーロ で また 1ラリは0.6 米 ドルです(2009 年 7 月 ) トビリシのホテルの 大 部 分 はクレジット カードを 受 け 入 れま すが 首 都 以 外 でカードを 受 け 入 れる 所 は 少 ないです ATMは トビリシで 利 用 可 能 なものであって トラベラーズ チェック は 銀 行 で 交 換 することが 出 来 ます 電 気 電 気 は50Hzで220ボルトです EUの 標 準 プラグは ちょうど 全 てのグルジアで 使 えるのです 電 話 国 コードは995です トビリシのエリアコード( 市 外 局 番 )は 32です 携 帯 電 話 ですと GSMは900および1800のネットワーク があります 詳 細 については をお 問 い 合 わせ 下 さい

43 役 に 立 つWebサイト 政 府 グルジアの 大 統 領 : グルジアの 外 務 省 : 国 家 投 資 庁 : 保 護 地 域 の 代 理 店 : アジャラ 自 治 共 和 国 の 観 光 とリゾート 部 A/R: トビリシ 市 役 所 グルジア 国 立 博 物 館 観 光 オペレーター グルジアの 着 信 (インカミング) 観 光 演 算 子 協 会 : グルジアの 観 光 協 会 : グルジアでの 印 刷 2009 年 7 月 グルジア 経 済 開 発 省 グルジアの 観 光 とリゾート 部 12 チャントゥリア 道 0179 トビリシ グルジア 非 売 品

44 非 売 品

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

異世界で「マインクラフト」 ID:24410

異世界で「マインクラフト」 ID:24410 kouji 注 意 事 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 起 事 話 ぜ! 付 わ ね お さ わ 頭 ど 転 生 憑 依 じ ゃ 断 じ ね 恐 片 鱗 味 わ ぜ 後 続 編 み 逝 誤 字 非 ず 八 五 次 1 八

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 8 12 続 書 籍 版 楽 下 コミッガイア 連 載 時 編 付 後 アップシド 総 集 編 士 郎 正 宗 ハ イパ 掲 載 士 郎 正 宗 自 身 よ 設 定 紹 介 んち 集 文 中 連 載 時

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064 天 災 彼 地 斯 戦 巻 雲 注 意 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 物 語 英 霊 程 度 篠 之 G A T E 世 界 元 般 話 ア チ ヘ 念 主 公 崩 壊 口 調 コ ロ コ ロ 変 次 第 0 話 プ ロ ロ

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 案 記 福 復 興 立 直 訪 旅 案 : 奈 川 在 住 1 倭 へ 福 復 興 立 直 訪 2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 雄 題

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す 平 成 21 年 度 第 4 回 知 事 とのタウンミーティング パネルディスカッション 発 言 録 ~さらなる 観 光 振 興 へつなげるために~ 日 時 平 成 2 1 年 1 2 月 2 1 日 ( 月 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 3 時 3 0 分 会 場 魚 沼 市 地 域 振 興 セ ン タ ー ( 魚 沼 市 吉 田 1 1 4 4 ) 目 次 1 知 事 あ い さ つ 1

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

大 神 山 神 社 籠 神 社 春 日 大 社 伊 勢 神 宮 高 野 山 海 神 神 社 宇 佐 神 宮 小 豆 島 も 線 上 に あ る 石 鎚 山 も 山 岳 修 行 の 場 で 共 に 空 海 が 修 行 し た と い う 伝 説 の あ る 山 - 2 -

大 神 山 神 社 籠 神 社 春 日 大 社 伊 勢 神 宮 高 野 山 海 神 神 社 宇 佐 神 宮 小 豆 島 も 線 上 に あ る 石 鎚 山 も 山 岳 修 行 の 場 で 共 に 空 海 が 修 行 し た と い う 伝 説 の あ る 山 - 2 - 地 図 を 物 差 し で 測 る と 福 井 須 波 阿 須 疑 神 社 か ら 諏 訪 大 社 8 7 ミ リ 福 井 須 波 阿 須 疑 神 社 か ら 伊 勢 神 宮 8 7 ミ リ 伊 勢 神 宮 か ら 淡 路 島 伊 弉 諾 神 宮 8 7 ミ リ で す が 伊 弉 諾 神 宮 か ら 大 神 山 神 社 は 8 3 ミ リ で す 8 7 ミ リ と 8 3 ミ リ 距 離 は 正

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

日程第3号・一般質問・一覧表

日程第3号・一般質問・一覧表 3 月 定 例 会 一 般 質 問 予 定 者 一 覧 平 成 28 年 3 月 4 日 ( 金 ) 午 前 10 時 開 議 日 程 第 1. 一 般 質 問 質 問 順 位 1 藤 村 郁 人 議 員 1. 火 葬 場 共 同 整 備 方 針 の 町 民 説 明 会 の 開 催 を (1) 火 葬 炉 の 必 要 数 が 予 備 を 含 め て 4 基 と し た 根 拠 は (2) 平 成 25

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 No. ろ 亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 告 収 穫 面 積 ha 量 干 号 接 近 影 響 策 幸 助 近 田 伸 ハ ベ タ

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演 . 46 数 :,6 宮 デ 宝 宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 柱 面 ポ 映 像 流 公 合 せ 関 丸 視 察 宮 歓 迎 受 詳 細 面 48-88 通 番 TEL- FAX-644 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UL http:www.tokamachi-cci.or.jp October 宮 構 央 自 由 通 路 設 置

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

nck_01.indd

nck_01.indd 論 Ⅰ 何 9 ジ ャ ナ ス ト 忠 衛 杏 林 学 名 誉 教 授 江 永 清 華 学 教 授 歩 平 科 学 院 近 代 史 研 究 長 論 Ⅰ 何 10 注 記 座 談 五 六 月 北 実 施 発 今 五 指 物 肩 書 役 職 当 時 論 Ⅰ 何 11 冷 経 熱 関 係 数 間 関 係 冷 経 熱 葉 通 経 済 貿 易 順 調 成 長 四 毎 桁 伸 び 率 示 治 関 係 途 両 脳

More information

第 号 希 望 練 圃 ず レ 塾 昨 ズ 圃 引 具 充 希 望 乗 購 共 万 点 努 盤 永 承 ワ 相 談 窓 口 捉 極 二 盤 幅 路 特 病 溝 渠 路 老 朽 損 傷 著 否 緊 急 性 慮 改 三 城 kg 能 含 む 童 意 向 JA 店 舗 数 街 格 街 JA JA 四 棄

第 号 希 望 練 圃 ず レ 塾 昨 ズ 圃 引 具 充 希 望 乗 購 共 万 点 努 盤 永 承 ワ 相 談 窓 口 捉 極 二 盤 幅 路 特 病 溝 渠 路 老 朽 損 傷 著 否 緊 急 性 慮 改 三 城 kg 能 含 む 童 意 向 JA 店 舗 数 街 格 街 JA JA 四 棄 第 号 住 電 - 相 二 丁 番 号 役 相 仮 庁 舎 線 通 斐 容 ペジ 書 回 答 旬 ほ 政 情 報 版 知 第 号 天 王 神 祭 : 桜 井 第 号 希 望 練 圃 ず レ 塾 昨 ズ 圃 引 具 充 希 望 乗 購 共 万 点 努 盤 永 承 ワ 相 談 窓 口 捉 極 二 盤 幅 路 特 病 溝 渠 路 老 朽 損 傷 著 否 緊 急 性 慮 改 三 城 kg 能 含 む 童 意

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム 1 載 小 説 偏 態 第 77 偏 態 浦 俊 彦 miura toshihiko 分 野 皆 近 政 府 へ 示 証 拠 撤 余 勢 違 面 加 速 崩 崩 易 取 吉 田 清 治 虚 系 正 反 対 向 誤 報 違 材 料 利 用 杜 撰 勇 足 真 踏 荒 藪 朝 鮮 元 慰 婦 売 春 婦 給 料 主 張 ヤ 金 慰 所 テ ム 係 個 々 犯 罪 慰 婦 度 叩 活 動 家 役 立 証

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

古座川議会.indd

古座川議会.indd 号 平 平 質 疑 応 平 ペジ ペジ 般 質 ペジ 誌 ペジ 評 試 経 終 処 遇 反 映 係 般 試 評 再 コ 縮 図 舗 装 単 契 約 舗 装 舗 装 亀 裂 模 修 繕 守 社 デ 更 調 査 登 録 同 護 各 力 デ 都 修 社 ヘ パ 不 足 ヘ パ 名 U I 相 談 窓 近 隣 べ 起 音 相 談 窓 ふ 相 談 政 針 質 疑 平 初 鳥 獣 食 肉 処 加 催 執 部 初

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

2つの世界の艦娘達 ID:79436

2つの世界の艦娘達 ID:79436 世 界 達 AOBA 注 意 項 P F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 的 P F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 断 P F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 国 離 島 地 域 安 確 保 空 潜 陸 闘 可 能 間 着 置 開 発 名 移 型 闘 補 助 着 S G 称 開 発 経 ア メ リ カ 指 導 ハ

More information

Taro-2 ①高校日本史問題例と正答例

Taro-2  ①高校日本史問題例と正答例 高 校 地 歴 専 門 問 題 例 問 題 中 の 一 部 の 図 表 につきましては, 著 作 権 の 問 題 により 公 開 できません 例 1 原 始 古 代 か ら 近 現 代 ま で の 女 性 に 関 わ る, (1)~ (7)の 問 い に 答 え な さ い (1) 女 性 を か た ど っ た と さ れ る 右 の 資 料 を 何 と 呼 ぶ か, 漢 字 で 答 え な さ

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原

美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原 動 違 与 果 未 来 提 示 海 信 満 希 教 科 明 願 美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原 点 熱 熱 絶 歓 喜 似 絵 圧 倒

More information

23 /. 2

23 /. 2 23 /. 2 広 報 Vol. 622 3 広 報 Vol. 622 3 23 /. 4 5 広 報 Vol. 622 23 /. 6 功 労 者 閣 総 理 臣 害 時 人 命 救 助 被 害 拡 止 等 活 動 実 施 平 時 思 想 普 及 又 体 制 整 備 面 貢 献 特 そ 功 績 顕 著 あ 認 め 体 又 個 人 対 象 2 総 理 臣 官 邸 江 加 藤 副 出 席 閣 総 理

More information

河北:邯鄲・渉県記、蔚県・玉田・霸州・衡水伝

河北:邯鄲・渉県記、蔚県・玉田・霸州・衡水伝 141 び び 巻 二 河 北 第 二 渉 ょ 玉 ぎ ょ 田 霸 ゅ 州 衡 水 伝 九 九 七 年 四 月 二 十 九 日 安 陽 バ ス 到 着 泊 後 バ ス 石 家 荘 太 原 向 〇 〇 年 三 月 十 六 日 登 封 鄭 州 経 由 来 訪 二 泊 十 七 日 タ 渉 戻 列 車 北 京 向 戦 都 へ 思 媧 皇 宮 ば 河 北 民 芸 術 祝 戦 時 代 都 僕 古 都 二 度 ほ

More information

−yfiÅflI−zfi−ŁìŒ§—£“‡ŁU–¬??−i25_12ŒŽ•ÏfiX−j−iH25−`34−j

−yfiÅflI−zfi−ŁìŒ§—£“‡ŁU–¬??−i25_12ŒŽ•ÏfiX−j−iH25−`34−j 小 豆 島 地 域 振 興 計 画 1 第 1 章 離 島 の 現 状 と 課 題 1-1 概 要 本 地 域 の 有 人 島 は 平 成 22 年 現 在 小 豆 島 ( 土 庄 町 小 豆 島 町 30,167 人 153.29km2) 沖 之 島 ( 土 庄 町 75 人 0.18km2) 豊 島 ( 土 庄 町 1,018 人 14.50km2) 小 豊 島 ( 土 庄 町 15 人 1.09km2)の

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

目 次 1. 目 的 1 2. 事 業 の 概 要 1 3. 今 年 度 の 申 請 状 況 3 4. 平 成 18 年 度 か ら の 推 移 5 5. 取 組 事 例 7

目 次 1. 目 的 1 2. 事 業 の 概 要 1 3. 今 年 度 の 申 請 状 況 3 4. 平 成 18 年 度 か ら の 推 移 5 5. 取 組 事 例 7 平 成 2 4 年 9 月 唐 津 市 市 民 環 境 部 生 活 環 境 対 策 課 目 次 1. 目 的 1 2. 事 業 の 概 要 1 3. 今 年 度 の 申 請 状 況 3 4. 平 成 18 年 度 か ら の 推 移 5 5. 取 組 事 例 7 1. 目 的 唐 津 市 の 景 観 に 恵 ま れ た 自 然 環 境 を 守 り 次 の 世 代 に 引 き 継 ぐ た め 市 民

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

草 む 座 語 話 題 ね(ね) び 鬼 火 焚 呼 び 名 言 鬼 追 払 五 穀 豊 穣 無 病 息 災 祈 願 小 正 月 火 祭 毎 1 月 炎 囲 竹 弾 音 厄 払 ぐ 央 竹 柱 立 竹 倒 向 幸 福 豊 作 恵 言 風 向 せ 毎 体 同 じ 向 倒 ( 笑 )ね 夜 カッポ 酒

草 む 座 語 話 題 ね(ね) び 鬼 火 焚 呼 び 名 言 鬼 追 払 五 穀 豊 穣 無 病 息 災 祈 願 小 正 月 火 祭 毎 1 月 炎 囲 竹 弾 音 厄 払 ぐ 央 竹 柱 立 竹 倒 向 幸 福 豊 作 恵 言 風 向 せ 毎 体 同 じ 向 倒 ( 笑 )ね 夜 カッポ 酒 馬 頭 観 音 馬 農 耕 用 使 切 馬 安 全 祈 願 馬 頭 観 音 言 現 在 牛 無 病 息 災 安 産 祈 願 主 毎 5 月 畜 産 農 以 前 丘 上 馬 頭 観 音 酔 ぱ 下 迫 落 続 ( 笑 ) 安 全 下 畜 産 繁 栄 発 展 願 焼 酎 酌 交 盛 上 前 以 外 時 期 内 各 前 拝 む 祭 林 管 理 歴 史 百 以 上 言 木 材 薪 取 林 管 理 重 要 視

More information

(Taro-\212w\215Z\202\275\202\346\202\3502009.9d.jtd)

(Taro-\212w\215Z\202\275\202\346\202\3502009.9d.jtd) 学 校 だより 新 潟 市 立 下 山 中 学 校 N O. 5 平 成 21 年 9 月 1 日 発 行 下 山 中 生 大 活 躍! 校 長 宮 崎 繁 夫 甲 子 園 に お け る 日 本 文 理 の 快 進 撃 と 驚 異 的 な 粘 り に 感 動 し た 夏 が 終 わ り ま し た 3 8 日 間 の 夏 休 み 中, 様 々な 場 面 で, 日 本 文 理 に 負 け な い 下

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案)

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 光 市 文 化 振 興 財 団 光 市 文 化 セ ン タ ー 事 業 計 画 光 市 文 化 セ ン タ ー は 光 市 の 特 色 を 踏 ま え な が ら 歴 史 芸 術 科 学 な ど の 文 化 活 動 の 普 及 発 展 に 尽 く し て きた 27 年 度 も 教 育 や 文 化 の 充 実 発 展 に 寄 与 す

More information

2 消 防 団 員 募 集 / 内 住 8~4 歳 健 康 消 防 防 災 動 意 欲 人 女 性 団 員 募 集 詳 細 = 消 防 総 務 課 ( 4407) 住 票 写 等 付 係 人 通 知 制 / 人 以 外 付 場 合 登 録 人 へ 通 知 送 付 詳 細 = 課 ( 477) 降 最

2 消 防 団 員 募 集 / 内 住 8~4 歳 健 康 消 防 防 災 動 意 欲 人 女 性 団 員 募 集 詳 細 = 消 防 総 務 課 ( 4407) 住 票 写 等 付 係 人 通 知 制 / 人 以 外 付 場 合 登 録 人 へ 通 知 送 付 詳 細 = 課 ( 477) 降 最 WARABI 20/ 平 成 2 72 平 成 2 日 / 所 役 所 http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km 2 0 日 人 口 :72,64 人 比 -9 人 男 7,029 人 女,62 人 世 帯 数 :6,27 人 口 密 :4,24 人 /km 2 手 伝 母 愛 情 親 ず 育 むマッサジ プザ 親 ず 育 0 ベビマッサジ 講 座 催 ママ

More information

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73> 1 長 徳 寺 跡 長 徳 寺 は 久 安 5 年 (1149) 吾 橋 庄 に 創 建 と 伝 えられる 吾 橋 庄 は を 中 心 に 汗 見 川 の 流 域 に 広 がる 領 主 頼 則 盛 政 らが 開 発 した 荘 園 で 長 徳 寺 はその 菩 提 寺 長 徳 寺 跡 は 河 岸 段 丘 状 の 緩 傾 斜 地 であり 北 に 山 を 背 負 い 日 当 たりも 良 く 南 西 方 は

More information

平 政 種 郵 便 物 認 可 信 無 埋 般 触 機 可 能 面 幅 繋 待 道 口 ギ 握 定 友 共 感 現 揺 ぶ 趣 志 向 析 展 揺 ぶ 始 博 爆 博 ネ 無 料 ゾ 閉 鎖 室 建 物 空 移 = ゴ 続 難 夢 室 校 病 院 東 六 木 降 湾 ガ 熱 狂 渦 巻 6 員 録

平 政 種 郵 便 物 認 可 信 無 埋 般 触 機 可 能 面 幅 繋 待 道 口 ギ 握 定 友 共 感 現 揺 ぶ 趣 志 向 析 展 揺 ぶ 始 博 爆 博 ネ 無 料 ゾ 閉 鎖 室 建 物 空 移 = ゴ 続 難 夢 室 校 病 院 東 六 木 降 湾 ガ 熱 狂 渦 巻 6 員 録 平 政 種 郵 便 物 認 可 連 載 誘 致 紹 介 電 沖 縄 落 戻 背 景 説 西 南 沖 縄 美 素 晴 ゴ 礁 起 伏 富 形 然 恵 6 平 太 求 先 寒 ピ 下 依 存 球 バ ァ 続 春 軍 崎 移 苦 境 直 面 千 ァ 幅 太 統 頼 呼 模 風 媚 豊 遺 産 紀 6 紀 拠 豪 族 墓 掘 井 戸 深 遺 跡 実 際 十 切 モ 隠 計 認 獲 ギ 応 述 対 青 先 候

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

ほ ほ 離 待 ムダ

ほ ほ 離 待 ムダ 知 知 引 寄 ツ ほ ほ 離 待 ムダ 法 紹 介 5 週 費 ニ 消 安 パ 麺 パ 週 月 米 手 米 活 少 月 小 麦 粉 水 練 茹 ゆ 味 付 塩 意 外 ニ ニ 覚 小 麦 粉 毎 仕 5 歳 笑 貧 乏 笑 週 費 水 道 代 ガ 代 払 ょ ゅ 止 7 6 結 果 目 的 目 的 能 力 試 ャ バ ボ ぽ ょ 照 真 面 目 ぶ 儲 儲 版 儲 力 版 面 白 書 軽 暖 房

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

平成23年度福知山市企業会計決算審査意見書

平成23年度福知山市企業会計決算審査意見書 平 成 26 年 度 福 知 山 市 一 般 会 及 び 各 特 別 会 歳 入 歳 出 決 算 並 び に 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 福 知 山 市 監 査 委 員 監 査 発 第 54 号 平 成 27 年 9 月 2 日 福 知 山 市 長 松 山 正 治 様 福 知 山 市 監 査 委 員 芦 田 芳 樹 福 知 山 市 監 査 委 員 大 谷 洋 介 平 成 26

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 27 年 新 庄 市 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 に

More information

「にちぎん」NO.47 2016年秋号

「にちぎん」NO.47 2016年秋号 4 取 材 文 小 堂 敏 郎 写 谷 山 實 Yoshiharu Habu 治 小 宇 宙 深 広 治 氏 々 記 録 打 立 君 緊 迫 進 氏 原 頂 極 飾 柄 垣 5 破 竹 勢 進 第 者 座 君 俊 英 ぞ 役 毎 引 退 谷 川 浩 司 佐 藤 康 光 永 聖 内 俊 之 公 式 ぞ 以 事 異 転 職 基 競 争 山 康 晴 仲 切 仲 格 付 悪 深 疑 心 暗 鬼 有 利 働

More information

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 衣 服 シ リ ズ 巻 史 株 式 ネ オ テ ク ノ ロ ジ 抜 粋 版 史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 じ 今 ち 産 構 造 エ ネ ル ギ 環 境 問 題 少 高 齢 科 進 歩 様 々 価 値 観 直 東 震 災

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く 調 べて GO! 志 筑 た ん け ん 隊 志 筑 小 4 年 秋 山 遥 浅 野 琴 美 安 達 未 来 石 井 敬 太 市 ノ 澤 翔 一 梅 沢 幸 斗 大 山 陽 人 釜 津 田 優 花 久 保 田 健 太 小 松 崎 永 遠 杉 本 梨 奈 鈴 木 花 佳 冨 田 明 日 香 友 常 瑞 稀 長 澤 龍 人 中 島 綾 香 中 島 唯 沼 田 博 樹 長 谷 川 晴 香 長 谷 川 莉

More information

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24 奥 会 津 博 物 館 TEL 0241-66 66-3077 3077 奥 会 津 博 物 館 は 私 たちの 祖 先 が 何 百 年 もの 間 使 用 してきた 民 具 や 道 具 約 15,000 点 を 収 蔵 し ています これらの 中 には 昭 和 57 年 と 平 成 2 年 に 国 の 重 要 民 俗 奥 会 津 の 山 村 生 産 用 具 に 指 定 された 5,058 点 の 資

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A> 平 成 25 年 9 月 市 議 会 定 例 会 一 般 質 問 質 問 す る 議 員 名 及 び 質 問 内 容 個 人 質 問 1 議 員 成 田 芳 雄 ⑴ 都 市 内 ま た は 地 域 内 分 権 制 度 の 創 設 に つ い て こ れ ま で の 一 般 質 問 で の 答 弁 で は 市 民 の 底 力 を 支 援 す る 事 業 は 行 政 と 市 民 あ る い は 市 民

More information

号 本 庁 ろ 室 城 階 室 - 車 越 際 役 駐 車 律 予 約 制 居 住 同 原 則 回 遺 言 契 約 記 産 正 交 故 権 多 良 見 室 森 山 室 来 小 議 室 多 良 見 室 森 山 室 飯 盛 室 来 室 小 井 室 般 毎 週 曜 祝 末 始 除 ろ - 他 草 花 樹

号 本 庁 ろ 室 城 階 室 - 車 越 際 役 駐 車 律 予 約 制 居 住 同 原 則 回 遺 言 契 約 記 産 正 交 故 権 多 良 見 室 森 山 室 来 小 議 室 多 良 見 室 森 山 室 飯 盛 室 来 室 小 井 室 般 毎 週 曜 祝 末 始 除 ろ - 他 草 花 樹 号 有 効 更 新 案 個 別 始 細 覧 式 郵 送 印 鑑 朱 肉 使 康 全 児 童 扶 養 遺 族 得 児 童 扶 養 交 降 転 同 居 扶 養 義 含 む 次 該 在 写 本 歳 未 満 更 新 降 診 資 実 該 現 在 資 資 件 康 病 充 貴 重 財 源 ょ 便 確 実 口 替 銀 省 忘 心 配 融 銀 郵 便 帳 帳 印 番 号 口 替 替 始 カ 替 始 割 方 ラ 将 来

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information