特集 弁護士業務とI T(LIBRA2013年2月号)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "特集 弁護士業務とI T(LIBRA2013年2月号)"

Transcription

1 今 月 号 の 特 は, です いうものに 漠 然 した 苦 手 意 識 をお 持 ちの 会 員 も 多 くおられるか 思 いますが, スマートフォンやタブレット PC いった 最 近 の ツールは, 分 厚 い 説 明 書 のお 世 話 になるこなしに, 直 感 に 従 った 操 作 で 扱 えるものが 増 えており, 利 用 のハードルは 格 段 に 低 くなっております 情 報 漏 洩 のリ スクなどに 気 を 付 けながらこれらを 利 用 す れば, の 利 便 性 を 飛 躍 的 に 伸 ばすこ も 可 能 です 本 特 では,まず 総 論 して, 最 近 の ツールの 変 遷 を 振 り 返 りながら, のリス クについても 注 意 喚 起 させていただきまし た 次 いで, 各 論 して, 具 体 的 な ツー ルのご 紹 介 その 利 用 方 法 について 概 説 い たしました 本 特 が, 会 員 の 皆 様 の への 第 一 歩 なれば 幸 いです ( 富 田 寛 之, 西 岡 毅 ) CONENS 総 論 コラム: 忘 れられる 権 利 各 論 本 稿 に 記 載 されている 会 社 名 製 品 名 サービス 名 は, 一 般 に 各 社 の 登 録 商 標 または 商 標 です なお, 本 文 中 では, は 付 記 しておりません 総 論 進 化 の 歴 史 を 概 観 し, 今 あるリスクを 確 認 する 広 報 委 員 会 副 委 員 長 城 﨑 建 太 郎 (58 期 ) 広 報 室 嘱 託 西 岡 毅 (61 期 ) 城 﨑 副 委 員 長 西 岡 嘱 託 1 の 普 及 ⑴ パーソナルコンピューターの 台 頭 かつて が 作 成 する 各 種 の 書 面 は 手 書 きにより 作 成 されていたが( 場 合 によっては, 和 文 タ イプライター 写 真 01 が 用 いられるこもあ った ),1980 年 代 後 半 頃 からは,ワードプロ セッサ 写 真 02 によ り 作 成 されるこも 多 くなった さらに1990 年 頃 よりパーソナルコンピュー ター( 以 下 PC いう ) ワープロソフト(ジャ ストシステムの 一 太 郎 写 真 03,マイクロソフト の Word 写 真 04 等 が 著 名 である ) プリンタ 撮 影 協 力 :ミズノプリテック 株 式 会 社 写 真 LBRA Vol.13 No /2

2 提 供 : 株 式 会 社 ジャストシステム 提 供 :Microsoft 提 供 :Apple Japan 提 供 :SAMSUNG ー 等 の 低 価 格 化 が 進 むや,PCはワードプロセッサに って 代 わり, 書 面 作 成 の 中 心 的 な 地 位 を 占 めるこ なった このようなPCの 普 及 は, 書 面 の 作 成 以 外 の においても, 大 きな 変 革 をもたらした 例 えば, これまで, 書 面 のやり 取 りは, 書 面 を 直 接 交 付 する 方 法 か 郵 送 の 方 法 による 他,1990 年 頃 から 普 及 した ファクシミリ 送 信 による 方 法 が 一 般 的 であった しか し 昨 今 では, の 送 受 信 による 方 法 (PDF 等 の 電 子 化 された 書 面 を 添 付 する 方 法 等 )も 劇 的 に 増 加 し,PC は に 必 要 不 可 欠 なツールな った ⑵ インターネットの 普 及 一 般 社 会 においても 法 曹 界 においても,PC の 普 及 並 行 して,インターネットの 世 界 も 爆 発 的 な 広 が りを 見 せている の 関 連 で 言 えば,インターネットに よる 法 令 判 例 の 調 査, 電 子 内 容 証 明 郵 便 の 提 出, 不 動 産 会 社 の 登 記 情 報 の 取 得, 車 検 証 の 確 認, さらには 2000 年 の 広 告 解 禁 に 伴 う 法 律 事 所 の 広 告 等,インターネットの 進 化 発 展 は 目 を 見 張 るも のがある このようなインターネットの 進 化 発 展 は, にって 各 種 の 利 便 性 を 向 上 させたが, 一 方 で,インターネット 上 での 著 作 権 侵 害,プライ バシーの 侵 害, 名 誉 毀 損, 遠 隔 操 作 ウイルスいっ た 様 々な 法 的 問 題 をも 惹 き 起 こしており, してはこういった 新 しい 法 的 問 題 に 対 応 する 必 要 も 生 じている ⑶ ツールの 多 様 化 さらに PC の 形 態 も,デスクトップ,ラップトップ (いわゆるノート 型 PC)に 加 えて, 近 時 では, 携 帯 電 話 機 に PC 類 似 の 機 能 を 付 与 したスマートフォン (Apple の iphone 写 真 05,Samsung の Galaxy 写 真 06 等 )や,タッチパネル 方 式 を 主 流 する タブレットPC(Apple の ipad 写 真 07,Google の Nexus 7 写 真 08,SONY の Xperia 写 真 09 等 ) いったツールも 登 場 している このようなモバイルツールの 多 様 化 により, 移 動 中, 出 先, 自 宅 等, 法 律 事 所 の 外 に 居 ながらにして, 書 面 作 成 やメール ファクシミリのやり 取 りを 行 うこ ができるようになった これらをうまく 活 用 するこ ができれば, をより 効 率 化 するこも 可 能 である これらの 機 器 の 具 体 的 な 活 用 方 法 については 各 論 (7 頁 以 下 )を 参 照 されたい LBRA Vol.13 No /2 3

3 提 供 :Apple Japan 提 供 :Google 提 供 :ソニー 株 式 会 社 2 リスク 上 記 のような 機 器 の 普 及,インターネットの 発 展 により, の 効 率, 取 扱 分 野 も 飛 躍 的 に 拡 大 したが, 他 方 で,アナログ 時 代 には 認 識 する 必 要 もなかった 様 々なリスクに 我 々は 常 にさらされてい るこを 強 く 意 識 する 必 要 がある ⑴ データ 消 失, 毀 損 時 代 は 加 速 度 的 にペーパーレス 化 に 向 かっている 紙 の 書 面 は PDF 等 の 電 子 文 書 なり, 伝 達 手 段 も 郵 便 ファックスから 電 子 メールや 電 子 掲 示 板 等 に 移 行 している しかしながら, 情 報 の 電 子 化 は, 不 可 避 的 に HDD(ハードディスクドライブ)へのデー タ 一 極 中 を 生 み, 誤 操 作 や HDD の 不 具 合 が 発 生 した 場 合 には, 最 悪 の 場 合, 全 ての 情 報 資 産 が 一 瞬 にして 消 失 するいう 悲 劇 に 見 舞 われる このこ ろ 風 水 害 や 地 震 も 続 いているので, 停 電 等 による 作 成 中 データの 消 失 や HDD の 損 傷 のリスクも 無 視 で きない このような 惨 事 に 備 え,データの 定 期 的 なバックア ップや UPS( 無 停 電 電 源 装 置 / 停 電 時 に 一 定 時 間 電 源 を 供 給 する 装 置 ) 設 置 等 を 規 模 に 合 わせて 適 切 に 行 うべきである 地 震 に 対 する 心 構 えは, 揺 れたら 保 存 ちなみに, 者 が 顧 客 から 預 かった HDDのデータを 誤 って 消 失 した 事 件 で 上 不 可 欠 なデータが 多 量 に 存 する 場 合, 事 故 の 際 の 復 旧 に 備 えてバックアップをっておき, 損 害 を 最 小 限 のも のにするこが 必 要 であり,その 懈 怠 によって 発 生 又 は 拡 大 した 損 害 については, 被 告 にその 全 部 を 賠 償 させるのは 損 害 賠 償 法 を 支 配 する 衡 平 の 理 念 に 照 ら し 均 衡 を 失 するいうべきである して5 割 の 過 失 相 殺 を 認 めた 裁 判 例 もある( 広 島 地 判 H 判 タ 1023 号 212 頁 ) データ 消 失 は, 人 のせいにできない ⑵ 情 報 漏 えい 我 々 の 取 り 扱 う 情 報 はおしなべて 機 密 情 報 であり, 第 三 者 に 漏 えいするこは 断 じてあってはな らない かかる 意 識 から, 事 所 内 の PC の 起 動 に はパスワード 認 証 を 必 要 し,ノートPC の 所 外 持 ち 出 しを 禁 止 する 等 の 措 置 をっている 事 所 はかなり 多 いもの 思 われる しかし, 自 宅 の PCは,ウイルス 対 策 が 手 薄 なうえ に 怪 しげなソフトウェアをインストールしてセキュリテ ィホールだらけにしているいう 人 も 少 なからずいる また,そういう 人 に 限 って,USB メモリに 起 案 デー タを 保 存 して 自 宅 に 持 ち 帰 り, 無 防 備 な PC で 作 をするいう 恐 ろしい 行 動 に 出 る これはもうホラー 4 LBRA Vol.13 No /2

4 である 自 宅 で 作 を 一 切 しないいうのが 無 理 なら ば, 自 宅 のPCも 最 新 のセキュリティを 施 しておくべき である また, 情 報 漏 えいは,ごく 些 細 な 日 常 でも 起 こりうる ありがちなのは, 電 子 メールの 誤 発 信 ア ドレス 帳 に 保 存 しておいた 依 頼 者 のメールアドレスに 送 信 しよう 思 ったら, 誤 って 別 の 依 頼 者 に 送 って しまったいう 話 を 聞 いたこがある これもホラー である メールのやりりは, 相 手 方 からのメールに 対 する 返 信 で アドレス 帳 には,せいぜい 自 分 の 事 所 の 他 の や 家 族 のメールアドレスだけを 保 存 するようにすべきである 企 間 では,メールに 添 付 するファイルを 予 めパス ワードでロックするこが 定 着 してきているようであ る スキミング( 盗 み 見 ) 防 止 が 第 1の 目 的 であるが, 大 事 な 文 書 を 誤 送 信 しても 第 三 者 に 読 まれないよう にするいう 意 味 でも 大 変 重 要 である ただし,くれ ぐれもロックしたファイルを 添 付 したメールに パス ワードは です 書 かないように ⑶ Cloud の 功 罪 最 近 よく 耳 にする 言 葉 にCloud(クラウド)いう ものがある 正 しくはCloud Computingいい, 定 義 はいろいろあるが, 要 はインターネット 上 で 全 てのサ ービスが 提 供 され,ユーザーはインターネットにアク セスできる 最 低 限 度 の 端 末 だけ 持 っていれば, 全 ての サービスを 利 用 できるいうもの 例 えば,ユーザー は,nternet Explorer や Chrome,Firefox,Safari いった Web ブラウザだけがインストールされた PC (HDDも 付 いていない)さえ 持 っていれば,いつでも どこでも,そのブラウザ 上 でインターネットから 提 供 されるワープロソフトや 表 計 算 ソフトで 作 ができ, 作 った 文 書 もインターネット 上 に 保 存 できる,いう わかりやすいだろうか Cloudについて 書 き 出 すきりがないが, 念 頭 に 置 いておくべきは, の 機 密 情 報 をインター ネット 上 に 置 きっぱなしにしてよいかいうこであ る Cloud によって の 利 便 が 向 上 する 可 能 性 は 否 定 しないし, 恩 恵 は 十 分 に 享 受 すべきであるが, Cloud 任 せにしてデータのバックアップを 怠 る, 当 該 Cloud 環 境 がトラブルに 見 舞 われた 際 に 甚 大 な 損 害 を 被 る また, 情 報 が 中 するCloud は 悪 意 ある ハッカーの 格 好 の 標 的 なりやすく,セキュリティを 突 破 された 場 合 には, 未 曾 有 のデータ 漏 出 に 発 展 す るおそれがある 実 際,そういう 事 故 は 近 年 多 発 し ているのである そういうころに 大 事 なお 客 様 の 情 報 を 置 くか,いうこである Cloudを 利 用 するこ が 悪 いはいわない そこにあるリスクを 十 分 理 解 して,そのリスクを 回 避 するか, 敢 えて 飲 み 込 むか, きちん 考 えるこが 大 切 なのである ⑷ 漢 字 の 誤 変 換 も,ある 意 味 でリスク 大 きい 話 の 後 に 随 分 小 さい 話 になるが,ワープロ ソフトで 文 章 を 作 成 する,どうしても 漢 字 の 誤 変 換 は 生 じうる 使 用 仕 様, 将 来 招 来, 看 監,いろいろな 誤 変 換 があり, 笑 わ れるだけならよいが,あまりに 誤 変 換 が 多 い,この はまじめに 仕 事 をしているのか, 読 み 手 にどう 受 け 止 められるか 考 えていないのだろうか, 依 頼 者 の 信 頼 関 係 に 影 響 を 与 えないも 限 らない メー ルも 返 信 のスピードが 要 求 されるので, 読 み 返 しが 十 分 でないこも 多 く, 意 外 最 大 の リスクはこれ かもしれない 依 頼 者 に 書 面 の 草 稿 を 送 り, ご 意 見 等 お 願 いします 書 いたつもりが 語 彙 検 討 お 願 いします 書 いて 送 ってしまっては, 笑 うに 笑 え ない LBRA Vol.13 No /2 5

5 column コ ラ ム 忘 れられる 権 利 the right to be forgotten LBRA 編 委 員 富 田 寛 之 (48 期 ) 人 の 記 憶 は,いつかは 忘 れられる インターネット 以 前 の 世 界 では, 新 聞 紙 上 を 賑 わした 事 件, 人 物 も いずれ 忘 れ 去 られ, 大 衆 の 目 に 触 れなくなり,やがて 人 の 記 憶 からも 忘 れられてきた しかしながら, 現 代 では, 一 旦 ネット 上 にさらされた 情 報 は, 永 続 的 に 消 えず, 残 ってしまう そして, 検 索 エンジンの 発 達 に より, 過 去 の 情 報 であっても 容 易 にアクセスできてし まい, 一 度 流 出 した 情 報 は, 永 続 的 に 人 の 目 に 触 れ るこになってしまう このため,インターネット 上 では, 個 人 の 名 前 を 検 索 する,プライバシーにかかわる 情 報 がいつまで もさらされてしまう いったような 情 報 が 消 えない こに 起 因 する 問 題 が 発 生 している そして,このような 被 害 は, 他 者 によるネット 上 へ の 公 開 に 限 られたものではない フェイスブック,ツ イッター,ブログなどへ 自 分 の 情 報 を 公 開 した 場 合, 誤 ったアップロード, 盗 難 やウィルスによる 情 報 流 出 などの 場 合 であっても, 情 報 の 拡 散 永 続 性 によって 同 様 の 被 害 が 発 生 するのである 他 方, 我 が 国 においてインターネット 上 の 情 報 削 除 を 行 う 場 合 には, 多 数 のプロバイダ, 掲 示 板 管 理 者 等 を 相 手 にする 必 要 があるため, 削 除 要 請 に 係 る 手 続 的 負 担 が 極 めて 重 い, 裁 判 手 続 ( 仮 処 分 等 )を 経 なければ 削 除 に 応 じない 管 理 者 も 多 く, 時 間 費 用 を 要 する, 国 外 の 管 理 者 に 対 しては, 送 達, 翻 訳 の 手 間 をかけなければならない, 決 定, 判 決 を 経 ても 応 じない 相 手 方 に 対 しての 執 行 が 困 難 である 等 々, 実 行 には 多 くの 困 難 を 伴 う このような 問 題 に 関 して,プライバシーデータを 保 するための 新 たな 権 利 して,EUで 掲 げられている のが, 忘 れられる 権 利 (the right to be forgotten) である 2012 年 1 月 25 日, 欧 州 委 員 会 は, 個 人 データの 取 扱 いに 係 る 個 人 の 保 及 び 当 該 データの 自 由 な 移 動 に 関 する 欧 州 議 会 及 び 理 事 会 の 規 則 ( 一 般 データ 保 規 則 ) 提 案 を 示 した その 中 では, 個 人 データの 保 の 権 利 を 基 本 的 権 利 して 掲 げた 上 で, 忘 れられる 権 利 の 具 体 的 内 容 して,データの 利 用 目 的 が 必 要 でなくなった きなど, 一 定 の 要 件 を 満 たせば, 管 理 者 に 対 して 個 人 データの 消 去 及 び 更 なる 流 通 を 回 避 させる 権 利 を 有 している( 同 規 則 第 17 条 1 項 ) そして, 表 現 の 自 由, 公 共 の 利 益, 歴 史 統 計 科 学 の 研 究 目 的 等 の 理 由 を 除 いて, 管 理 者 は 遅 滞 なく 個 人 データを 消 去 しなければならない( 同 条 3 項 ), 定 めている またデータ 管 理 者 はデータ 保 管 理 者 を 配 置 し, EU 域 外 の 事 者 の 場 合,EU 域 内 にデータ 保 管 理 者 の 代 理 人 を 配 置 しなければならない 義 が 課 せられ る( 同 規 則 第 25 条 ) また, 独 立 の 監 督 機 関 はデー タ 主 体 から 苦 情 受 付 を 行 うこや,データ 管 理 者 な いし 処 理 者 への 警 告, 場 合 によっては 行 政 罰 も 課 す こができる( 以 上, 消 費 者 庁 個 人 情 報 保 制 度 における 国 際 的 水 準 に 関 する 検 討 委 員 会 報 告 書 参 照 ) 今 後, 審 議 が 進 められ, 早 ければ 2 年 後 には 法 制 度 化 される 見 込 みである 上 記 欧 州 委 員 会 提 言 における3つのポイント, 1 個 人 に 関 する 情 報 の 管 理 についての 新 たな 権 利 の 創 設 忘 れられる 権 利 2 国 をまたぐ 問 題 に 対 応 するための 域 内 の 代 理 人 配 置 義 3 独 立 した 監 督 機 関 の 創 設 は, 現 在 日 本 において 顕 在 化 している インターネッ ト 上 の 消 えない 情 報 の 被 害 の 救 済 に 大 きなヒント なる 言 えよう 6 LBRA Vol.13 No /2

6 各 論 に 活 かせるは? ハード ソフト 両 面 で 検 討 する 特 会 員 坂 井 崇 徳 (57 期 ) の 効 率 化 のために,*1 技 術 を 活 用 す るして,どのようなこが 考 えられるであろうか 本 稿 では,まず,1パソコンやタブレット 型 端 末 等 のハードウェアの 選 択 から 検 討 した 上 で, 次 いで,2 に 有 益 なアプリケーション ソフトウェア*2 について 検 討 する 1 ハードウェア OS 編 ⑴ デスクトップコンピューターの 選 択 について (Windows か Mac か) 通 常 はWindows OSを 搭 載 したいわゆるPCを 購 入 するのが 一 般 的 である もちろん, 電 化 製 品 を 売 っている 量 販 店 で 購 入 するのもよいのだが, 量 販 店 の パソコンは 家 庭 用 や 遊 興 用 に 使 用 するようにつくられ ているために, 事 所 での 利 用 にはいらないアプリケ ーションが 多 すぎるので,インターネットを 通 じての 通 信 販 売 がおすすめである*3 ディスプレイ 込 みで 8 万 円 ~15 万 円 もあれば 十 分 実 用 的 なものが 購 入 で きるだろう もっも, 通 常 はMicrosoft Office, 一 太 郎 等 の 自 分 が 利 用 するアプリケーションを 追 加 購 入 する 必 要 があり, 安 く 購 入 したしても2 ~ 3 万 円 程 度 は 価 格 に 上 乗 せするこになる なお,かつては 医 療 やデザインの 分 野 を 除 いて*4 ビジネスでの 利 用 にはWindows OS*5を 搭 載 したPC の 利 用 が 当 然 考 えられていた しかし, 現 在 では 後 述 するiPhoneなどのApple 製 品 のシェアの 拡 大 にあわせてMac OSを 搭 載 したMacを メインのコンピューターにするこも 検 討 できよう*6 後 述 する WEB アプリケーションの 隆 盛 や Boot campの 存 在 から,MacでWindows OSを 使 用 す るこが 可 能 なっているため,MacWindows OSを 購 入 するいう 選 択 肢 もある ⑵ ノートパソコンの 利 用 について クライアントの 会 社 訪 問 や 地 方 海 外 出 張, 会 館 内 など, 事 所 の 外 で 仕 事 を 行 いたい 考 え *1:はnformation echnology, 情 報 技 術 の 略 であるが, 昨 今 はC(nformation and Communication echnology) 言 うこも 多 い 情 報 通 信 技 術 の 略 でほぼ 同 義 だが, 国 際 的 にはCが 定 着 しつつあるようだ *2: 単 にアプリケーション,アプリも 言 う コンピューターの 利 用 者 がコンピューター 上 で 実 行 したい 作 を 実 施 する 機 能 を 直 接 的 に 有 するソ フトウェア のこである(Wikipediaより) ワープロ 機 能 や 表 計 算 機 能 が 代 表 的 であろう *3:Epson DirectやDellが 有 名 である いずれも 最 新 のプロセッサを 搭 載 したPCを 購 入 する 際 には 余 計 なアプリケーションがインストールされ ていないクリーンなPCを 比 較 的 安 価 に 購 入 できる もっも 付 属 品 やオフィススイートなどのアプリケーションはAmazon.comなどで 購 入 し た 方 が 安 価 な 場 合 が 多 い *4:ExcelがかつてはMac OS 用 のアプリケーションであったように,MacにはPCにない 学 会 発 表 用 のスライドなどの 作 成 や 画 像 処 理 などに 適 したアプリケーションが 存 在 していたためである *5: 現 在 の 最 新 のWindows OSはWindows 8なるが,Windows 7 搭 載 PCであればこれから 購 入 しても 十 分 使 え, 問 題 はない なお,64bit 版 の 方 がメモリが 大 量 につめるが,アプリケーションによっては32bit 版 にしか 対 応 していないいうこがある その 場 合,XP modeの 利 用 が 必 要 なり,Professional Editionの 購 入 が 必 要 なる なお, 電 子 内 容 証 明 サービスソフトは64bit OSをサポートしていないようであ るが, 筆 者 の 環 境 ではWindows 7のXP modeで 動 作 した 実 績 がある *6:しかし, 未 だに 法 曹 の 間 では 広 く 利 用 されている 一 太 郎 のファイルフォーマットはMacでは 読 むこが 難 しく, 電 子 内 容 証 明 サービスも 公 式 にはMac OS 未 対 応 である さらに,Windows OSおよびMac OSの 双 方 で 開 発 されているMicrosoft WordやExcelなどのアプリケーショ ンも, 生 成 するファイルを 開 いた 際 には 微 妙 にレイアウトなどが 崩 れるこがあるなど, 主 要 なオフィスアプリケーションにおいてもファイルの 互 換 性 が 完 全 に 保 たれているわけではない したがって, 今 のころWindows OS 利 用 のパソコンを 購 入 するのが 無 難 である LBRA Vol.13 No /2 7

7 るこも 多 い かつては 重 量 やバッテリーの 持 ちの 悪 さ, 起 動 ア プリケーションの 速 度 の 遅 さなどからノートパソコンの 携 帯 を 敬 遠 するいう 人 も 多 かったが, 技 術 革 新 から 現 在 では1kg 少 しの 重 量 ながらバッテリーが9 時 間 以 上 持 ち,デスクトップ 遜 色 ない 速 さで 動 くPC*7が 多 数 存 在 する Windows Vista 以 前 のOSを 搭 載 す るノートパソコンを 利 用 している 方 であれば, 買 い 換 えて, 外 出 中 もメールチェックや 起 案 をするこで 隙 間 時 間 を 有 意 義 に 使 えるようになるだろう また,デスクトップ 同 様 の 問 題 はあるが, 近 時 は 十 分 安 価 で 高 性 能 になった Macを 購 入 するいう 選 択 肢 もある*8 いずれも10 万 円 ~ 20 万 円 程 度 で 十 分 実 用 になる ものが 購 入 できる ⑶ スマートフォン *9 などのデジタルガジェット *10 の 利 用 について ア スマートフォンの 選 択 について この 2 ~ 3 年, 市 中 で 販 売 される 携 帯 電 話 のほ んどが 旧 来 の 電 話 機 能 を 中 心 した 携 帯 電 話 *11 から,スマートフォン(いわゆるスマホ)に 変 わっ ている これらのスマートフォンは 一 世 代 前 のパーソナル コンピューター 同 様 の 機 能 を 備 えており,どこでも インターネットに 接 続 できる 上 に 起 動 も 速 いため, システム 手 帳 のように 秘 書 代 わり*12 にスケジュー ルやodoの 管 理 を 任 せるこや, 資 料 の 携 帯, 起 案 のためのメモなどにも 使 うこが 可 能 である また, 出 先 での 調 べ 物 やメールを 処 理 するための 道 具 しても 期 待 されるため,インターネットの 接 続 機 能 も 重 視 される 上 記 の 機 能 の 具 体 的 な 説 明 はいずれもアプリケ ーションに 依 存 するので 後 述 する 現 在 販 売 されている 具 体 的 なスマートフォンの 種 類 はOSにより 分 ける5 つほどあるが*13, 日 本 に おいてはAndroid OSを 採 用 した 携 帯 電 話 か,iOS を 採 用 したiPhoneで9 割 程 度 を 占 めるようであり, 事 実 上,いずれかの 購 入 なろう 2012 年 12 月 時 点 での 最 新 機 種 は Android OS であれば GALAXY S ⅢなどのSumsung 社 の 開 発 したシリーズが 一 番 売 れているが,その 他 にも 国 産 のメーカーを 含 め 無 数 の 端 末 が 販 売 されている 他 方,iOS は 基 本 的 に Apple 社 の iphone のための *7: 筆 者 の 周 りではWindows PCではバッテリーの 持 ち 丈 夫 さで 圧 倒 的 にLet's Note(Panasonic)の 人 気 があったが,いわゆるUltra Book を 名 乗 るノートパソコンであれば 近 年 はどのPCを 購 入 しても 大 きく 外 れるこはないだろう ノートパソコンはバッテリーがなくなるただの 箱 になってしまうので,バッテリーの 持 ちは 一 番 の 注 目 点 である *8:MacBook Airなどを 開 いてスターバックス 等 のカフェで 仕 事 をする 姿 がいわゆるノマドワーカーの 典 型 的 なイメージでもある 東 京 であれば 銀 座 や 渋 谷 のApple Storeでも 購 入 できるが,Apple Online Storeで 購 入 すれば 好 きなカスタマイズモデルの 購 入 が 可 能 である( 店 頭 では 限 ら れたモデルしか 購 入 できない) *9:インターネットの 親 和 性 が 高 く,パソコンの 機 能 をベースして 作 られた 多 機 能 携 帯 電 話 PHS(Wikipediaより) *10: 目 新 しい 道 具, 面 白 い 小 物 いった 意 味 を 持 つ 携 帯 用 の 電 子 機 器 類 *11:このうちカメラやワンセグなど 日 本 に 特 徴 的 な 機 能 を 有 する 高 機 能 携 帯 電 話 をフィーチャーフォン 称 する いわゆるガラパゴス 携 帯,ガラ ケーである *12:このような 機 能 を 果 たす 端 末 のこをPDA(Personal Digital Assistant) 呼 ぶこがある *13: 世 界 的 にはGoogle 社 の 開 発 するAndroid OS,Apple 社 の 開 発 するiOS,RM 社 の 開 発 するBlackBerry OS,Microsoft 社 の 開 発 する Windows Phone OS,Symbian 社 の 開 発 するSymbian OSの5つでほぼ100%のシェアを 占 める 8 LBRA Vol.13 No /2

8 OSであり, 最 新 のiPhoneはiPhone 5である いずれを 購 入 してもできるこに 大 差 はないが, 価 格,おサイフケータイなどの 日 本 独 自 の 機 能 を 利 用 しやすい 点 長 期 的 な Googleの 親 和 性 は Android OS 採 用 機 種,ガジェットしての 完 成 度 Macの 親 和 性 で 言 えば ios 機 種 の 方 が 優 れて いるいえる イ タブレット 型 端 末 等 *14の 選 択 について スマートフォンの 画 面 は 携 帯 電 話 しても 使 う 以 上 相 応 に 小 さいために, 電 子 書 籍 や 電 子 化 された 証 拠 書 類 を 検 討 したり, 文 章 を 作 ったりするには 少 々 難 がある 場 合 がある そこで,スマートフォンより 大 きな 画 面 を 有 する 端 末 も 売 れており, 代 表 的 な 商 品 は ipad 及 び Android OS 採 用 のタブレットマシンである*15 また, 電 子 書 籍 用 途 にKindle Paperwhite*16, kobo ouch*17 などのいわゆる 電 子 書 籍 リーダー もある 電 子 書 籍 リーダーは,いわゆる 電 子 ペーパ ー*18 を 閲 覧 するための 機 器 であるが, 電 子 ペー パーでの 表 示 にメリットはあるものの, 日 本 の 電 子 書 籍 市 場 は 未 開 拓 であり, 法 曹 が 利 用 するに 十 分 な 専 門 書 がそろっているは 言 えない タブレット 型 端 末 には, 単 体 で3Gなどの 携 帯 電 話 機 能 がついているモデル,いわゆるWi-Fiのみ のモデルの2つがあるが, 携 帯 電 話 の 回 線 契 約 をす れば 当 然 維 持 費 用 *19がかかるので, 複 数 のガジェ ットを 有 しているなら 携 帯 電 話 のテザリング*20 あ るいはモバイルルーター*21などの 利 用 を 前 提 す れば,タブレット 型 端 末 は Wi-Fiモデルするのが 経 済 的 である ⑷ 無 線 LAN の 利 用 について LANは, 一 定 の 区 画 内 でのネットワーク 環 境 を いうが*22, 当 会 の 会 館 においても, 一 部 のフ ロアで 無 線 LAN 経 由 のインターネット 接 続 が 無 償 で 解 放 されている 会 員 であれば 利 用 できるので, 登 録 の 上, 是 非 も 利 用 されたい( 機 械 ごに 登 録 が 必 要 である)*23 さらに, 最 近 は 駅, 喫 茶 店,そのほか 人 が まる *14: 液 晶 ディスプレイなどの 表 示 部 分 にタッチパネルを 搭 載 し, 指 で 操 作 する 携 帯 情 報 端 末 *15:ほかにWindows Rを 搭 載 したSurfaceなどのタブレットPCも 存 在 するが,まだマイナーである *16:Kindle Fire HD など,Kindle FamilyにもAndroid OSベースでPS 液 晶 を 搭 載 するなどスペック 的 に 普 通 のAndroidタブレット 変 わらな いものもある *17: 楽 天 が 消 費 者 庁 から 行 政 指 導 koboの 書 籍 点 数 を 過 大 表 示 したこ(http://japan.cnet.com/news/business/ /)などの 問 題 も 指 摘 されており, 発 展 途 上 であるこは2012 年 の 時 点 では 間 違 いない *18: 低 消 費 電 力 で 視 認 性 も 高 く 軽 量 いうメリットがあるが, 現 段 階 では 通 常 のPS 液 晶 など 比 べる 応 答 速 度 が 遅 い *19: 月 額 で3000 円 から6000 円 程 度 である *20: 通 信 端 末 を 内 蔵 したモバイルコンピューター( 携 帯 電 話 回 線 に 接 続 されたスマートフォンなど)を 外 付 けモデムのように 用 いて, 他 のコンピ ューター 等 をインターネットに 接 続 するこ(Wikipediaより) *21:インターネット 接 続 用 にモバイルブロードバンド 回 線 を 備 えた 無 線 LAN 対 応 ルーターのこ *22:Local Area Networkの 略 通 常,イーサネットインターネットのプロトコルであるCP/Pを 利 用 したものが 多 い *23: 東 では 会 館 7 階 の 情 報 システム 課 に 行 けば, 利 用 できるようにMACアドレスの 登 録 パスワードを 入 力 してもらえる LBRA Vol.13 No /2 9

9 ころには 公 衆 無 線 LAN が 設 置 されており, 携 帯 電 話 インターネットプロバイダの 加 入 やモバイルル ーター 購 入 に 付 随 して 無 料 で 利 用 できる 権 利 があるも のも 多 い 近 年 の 法 律 事 所 内 にはLANを 組 んでパーソナ ルコンピューター 同 での 通 信 を 可 能 している ころも 多 い 思 われるが, 無 線 化 のためにワイヤレ ス LAN アクセスポイント*24 の 導 入 をするこは, 特 にWindows OS,Mac OS 利 用 のノートパソコ ンやiOS,Android OS 等 利 用 のモバイル 端 末 がネ ットワークに 簡 単 に 参 加 し, 高 速 インターネット 利 用 ができるので 有 用 である 2 アプリケーション 編 近 年,インターネットへの 出 先 での 高 品 質 なアクセ スが 現 実 的 なったために,ネット 上 のサービスを 利 用 するこで,どこでも 事 所 同 じ 環 境 で 仕 事 がで きるようになってきたも 言 われる そのなかで 便 利 なサービスを 紹 介 したい ⑴ Eメールについて Eメールの 読 み 書 きが, 事 所 のパソコンにインス トールされているメールソフト*25を 起 動 しないでき ないいう 状 態 では 大 変 不 便 である そこで,これを 事 所 の 外 のパソコン, 携 帯 電 話, あるいはスマホなどで 閲 覧 できるようにしていくべき であろう そのためには,どの 端 末 でも 事 所 のパソ コン 同 じメールボックス(メールサーバも 同 義 )を 覗 きに 行 くようにほかのパソコンや 端 末 を 設 定 すれば よいのである MAPいうプロトコル*26を 使 えば,ほかの 端 末 からメールボックスを 読 み 込 むこでの 不 具 合 (メー ルが 意 図 せず 削 除 されたり 二 重 になってしまったりす るなど)が 起 こらずにこれが 実 現 できるので,メール ボックスが 対 応 している 場 合 はこれを 利 用 し, 対 応 し ていない,あるいは,メールボックスが 小 さくメール を 外 部 のサーバに 残 す 運 用 が 難 しい 場 合 には,メイン のメールソフトを Web ブラウザを 通 して 利 用 する, GmailやHotmailなどのWebで 利 用 できるアプリケー ションに 変 更 してみるのがよいだろう これらのWeb 上 のメールソフトは 当 然 かつてのメー ルボックスのメールは 読 み 出 せるように 設 定 できるし, 最 終 的 にはWebメールのサービスのメールを 独 自 ドメ インで 運 用 するこも 可 能 である(GmailならGoogle Apps,Hotmail なら Windows Live がベースになる) メールを 利 用 した が 一 般 的 になり, 複 数 のイ ンターネット 接 続 端 末 を 有 するこが 珍 しくなくなっ た 昨 今, 事 所 のパソコンのみでのメール 管 理 には 限 界 がある 思 われるので, 少 なくもWebによるメー ルの 読 み 書 きができるメールサーバを 利 用 するか, 上 述 の 方 法 でどこからでもメールを 読 めるようにするこ は 重 要 である 考 える *24: 無 線 LANアクセスポイント, 無 線 LANはその 相 互 接 続 を 保 証 する 規 格 の 名 称 をって 一 般 的 にはWi-Fiも 呼 ばれる ルーター 機 能 も 使 える 無 線 LANルーターも 多 く 販 売 される *25:かつてはOutlook Express, 近 時 はWindows Liveメール,Outlookなどが 有 名 である *26:プロトコルはネットワークを 介 してコンピューター 同 が 通 信 を 行 う 上 で, 相 互 に 決 められた 約 束 事 の 合 通 信 手 順 10 LBRA Vol.13 No /2

10 ⑵ カレンダー 共 同 事 所 の 共 同 スケジュール 管 理 の 方 法 して は, 手 帳 をコピーして 毎 週 回 覧 したりする 方 法 が 比 較 的 多 いかは 思 うが, 急 な 予 定 の 変 更 などについて は 対 応 が 困 難 である この 点,インターネット 上 にデータをおいたWebカ レンダー( 例 えば,Google Calendar 等 )の 利 用 をす れば, 常 にリアルタイムで 各 人 の 予 定 が 把 握 できるの で 便 利 である また, 別 の 場 所 からの 入 力 もインターネット 経 由 で 見 る 人 全 てがわかるようにできるので,パスワードを 知 るものなら 携 帯 型 ガジェットなどの 端 末 でも 確 認 や 入 力 ができ, 手 帳 よりも 便 利 にカレンダー 管 理 ができ る 言 えるだろう もっも, 予 定 が 意 図 せず 公 開 さ れるこのないように 設 定 は 慎 重 に 行 う 必 要 がある 従 前 より 同 様 の 目 的 で 企 内 に 管 理 サーバをおく グループウェア*27( 国 内 ではサイボウズなどが 代 表 的 なものであった)が 事 所 内 のLANで 利 用 さ れてきたが,Webカレンダーはサーバを 多 数 で 共 用 するWebサービスいう 点 であらゆる 面 でコストが 安 く( 例 えば Google Appsは 有 償 だが 一 人 50ド ルで 一 年 間 メール,カレンダー,ドライブその 他 の 利 用 ができるし, 後 発 は 無 償 で 同 様 のサービスを 提 供 している( 例 :Windows Liveなど)),グローバ ルスタンダードに 属 しているためパソコンだけでな く,Android OSやiOSでアプリケーションが 頻 繁 に 開 発 アップデートされるため, 日 々 使 いやすく なっている ios 利 用 の 端 末 (ipadやiphone 等 )については, 独 自 のWebカレンダーの 同 期 サービス*28( 現 在 はその 他 のサービス 一 緒 にiCloud 称 している) はあるが,パソコン 側 の 使 い 勝 手 などから, 一 般 的 にはGoogle Calendarの 同 期 が 選 択 されるこ が 多 い Android OS 端 末 については 当 然 Google Calendarの 利 用 が 前 提 なる ⑶ odo odoは,やらなければいけないこ, 忘 れては いけないこなどを 一 覧 化 したリストのこである odoについても,カレンダー 同 様 にどこでも 携 帯 端 末 で 見 て 処 理 できるWebサービスが 多 数 存 在 する こちらはGoogleのサービスしても 存 在 するが,それ ほど 独 占 的 に 使 われているわけではなく,ほかにも 有 名 どころしては,Remember he Milk,oodledo, Notzbe などがある これらは,いわゆるGD*29の 実 践 して 多 忙 な の 役 に 立 つのではないか 思 われ, 正 し く 使 えば 手 帳 の 単 なるoDoリストを 超 える 効 果 が *27: 組 織 内 のコンピューターネットワークを 活 用 した 情 報 共 有 のためのシステムソフトウェア 事 所 で 利 用 するのは 電 子 メール 機 能,ス ケジュール 管 理 機 能 などが 主 なものなる 現 在 はこれらのグループウェアもインターネットからの 閲 覧 等 に 対 応 しているこが 多 い *28:ここでの 同 期 はその 端 末 のカレンダーWebカレンダーの 内 容 を 同 じにする 技 術 これにより, 複 数 の 携 帯 ガジェットのカレンダー データの 変 更 Webカレンダーの 整 合 性 をり, 複 数 の 端 末 人 からの 同 一 のWebカレンダーの 利 用 を 可 能 する *29:GD(Getting hings Done,ゲッティング シングス ダン)は 個 人 用 のワークフローの 管 理 手 法 である デビッド アレン(David Allen)が 同 名 の 書 籍 仕 事 を 成 し 遂 げる 技 術 ストレスなく 生 産 性 を 発 揮 する 方 法 ( 原 題 :Getting hings Done,2002 年 )の 中 で 提 唱 する(Wikipediaより 抜 粋 ) LBRA Vol.13 No /2 11

11 見 込 めるはずである(これらのWebサービスはいず れも 無 償 ライセンス 有 償 ライセンスがあるので, 試 用 するこができる) ⑷ 保 管 記 録 書 籍 等 の PDF *30 化 いわゆる 化 においてオフィスの 効 率 化 で 語 られ るのがペーパーレスオフィスであるが, 主 に 文 書 の 電 子 データ 化 に 伴 うコスト(スキャニング*31タギン グ*32)が 理 由 で 個 人 事 所 レベルでは 長 い 間 一 般 化 するこがなかった しかし,どこからでも 記 録 や 専 門 書 籍 を 閲 覧 できる ようにするこや, 大 部 の 記 録 の 可 搬 性 を 強 めるこ の 要 望 は 多 い この 数 年,ScanSnap*33をはじめして 安 価 で 取 り 回 しが 便 利 な 個 人 用 のドキュメントスキャナが 普 及 し,また,ファクス 複 合 機 にもオートシートフィーダ 付 きのスキャナが 普 及 するにつれて,スキャンにかか る 設 備 費 人 件 費 ほかのコストが 劇 的 に 低 下 した また,タギングもOCR*34などを 利 用 するこで 自 動 的 に 行 えるようになった そのため, 秘 書 のいない 勤 の 利 用 を 前 提 しても 敷 居 は 相 当 程 度 低 くなっている 思 われるの で, 具 体 的 な における 使 い 方 を 提 唱 したい ア PDF 化 を 自 前 で 行 うこについて 費 用 をかければ PDF 化 を 自 分 で(ネットのスラ ングではこれを 自 炊 呼 ぶそうである) 行 わな くも, 代 行 サービスを 利 用 するこができる しかし, 既 に 決 まった 書 籍 や 秘 密 保 持 に 関 わる 問 題 のない 資 料 については 代 行 サービスを 利 用 する のは 一 案 であるが, 者 による 資 料 の 紛 失 などが ないは 限 らず, 書 籍 などの 他 人 の 制 作 物 につい ては, 者 自 体 が 著 作 権 法 違 反 の 問 題 などに 巻 き 込 まれる 可 能 性 があるため, 信 頼 できる 者 も 少 ないのが 現 状 である したがって, 適 法 性 や 秘 密 に 関 わる 資 料 も 多 い いう 性 質 上, においては, 現 状 では 自 前 で 事 員 を 利 用 するなどして 自 炊 する 方 がよいのではないだろうか イ PDF 化 の 方 法 について 以 前 から 富 ゼロックスをはじめする 複 合 機 メ ーカーは 自 社 のドキュメントスキャナを 起 点 した サービスを 売 り 込 むため,プリンタ 写 真 コピー 機 ファクスを 一 体 化 した 複 合 機 にスキャナもつけて 販 売 してきた よって, 既 に 事 所 の 複 合 機 にスキ ャナがある 場 合 も 多 いだろう また,スキャナを 新 *30:Portable Document Format(ポータブル ドキュメント フォーマット, 略 称 PDF)は,アドビシステムズが 開 発 および 提 唱 する, 電 子 上 の 文 書 に 関 するファイルフォーマットである 1993 年 に 発 売 されたAdobe Acrobatで 採 用 され, 特 定 の 環 境 に 左 右 されずに 全 ての 環 境 で ほぼ 同 様 の 状 態 で 文 章 や 画 像 等 を 閲 覧 できる 特 性 を 持 っており,2008 年 7 月 には 国 際 標 準 化 されている 既 に20 年 にわたる 実 績 があるこ に 鑑 みれば 文 書 の 保 管 にはPDFフォーマットを 利 用 するのが 相 当 であろう *31: 文 書 や 画 像 等 をスキャナ 機 器 を 利 用 して 読 み 込 み,データ 化 するこ *32:ファイルや 情 報 にタグ(tag) 呼 ばれる 短 い 単 語 やフレーズを 付 けて 整 理 する 手 法 検 索 や 一 覧 を 行 う 際 の 手 がかりする *33: 富 通 (PFU)から 出 ている,A4サイズのASF(Auto Sheet Feeder) 付 き 両 面 スキャナ 2012 年 11 月 に 個 人 向 けに 最 新 型 が 発 売 さ れたばかりであるがコンセプトや 形 は10 年 前 からほぼ 変 わらない 定 番 商 品 である ほかのメーカーからも 近 年 意 欲 的 な 商 品 がでているので 購 入 の 際 は 比 較 されたい *34:Optical Character Readerの 略 で 光 学 式 文 字 読 取 装 置 のこ ここではスキャナで 読 み 取 った 画 像 から 文 字 を 識 別 できるOCRソフトのこ を 指 す 12 LBRA Vol.13 No /2

12 たに 導 入 する 場 合, 既 に 言 及 している 個 人 用 のド キュメントスキャナ(5 万 円 程 度 から 購 入 できる パソコンがなくても 利 用 できるネットワークスキャ ナでも 現 在 は10 万 円 ~ 20 万 円 で 購 入 可 能 である) でも 十 分 である スキャンするきにPDF 化 するもにOCRを 行 ってテキスト 付 きPDFにしておけば,パソコンの OS 附 属 のデスクトップ 検 索 (Windows Desktop SearchやSpotlight)で 検 索 できるため, 後 の 整 理 が 簡 単 である なお,いわゆるクラウドに 置 いてもよいデータで あれば,Evernote*35 へ PDF データを 読 み 込 んで しまえば,テキストが 附 属 していないPDFも,テキ スト 付 きPDF 同 様 に 検 索 ができるようになる ウ 利 用 方 法 について 上 記 の 方 法 で 紙 をスキャンして 整 理 しておくこ でまずは 保 管 記 録 の 大 幅 な 削 減 ができる 思 われ るが,なかなか 大 量 の 記 録 をスキャニングするこ を 決 意 するのは 困 難 である そこで, 現 在 進 行 中 の 事 件 で, 記 録 を 持 ち 歩 くの が 大 変 な 程 度 に 記 録 が 多 くなっている 事 件 を 選 んで, 証 拠 のPDF 化 をする 持 ち 歩 きに 至 便 である*36 また, 訪 問 による 相 談 が 多 い 態 の 場 合 に は,コンメンタールのような 専 門 書 籍 をPDF 化 し て 持 ち 歩 くこで,ネットで 調 べてもわからない 問 題 について 即 時 に 答 えるこができ, 信 頼 性 の 向 上 につながるだろう その 他, 一 度 ファクスした 雑 書 類 でもテキストデ ータ 付 きの PDFに 変 換 するこで 保 管 して 検 索 す るこが 容 易 になるため,パソコンやタブレット 型 端 末 で 閲 覧 できるようにしておけば 申 込 済 み 研 修 予 定 の 場 所 内 容 の 確 認 などに 便 利 である ⑸ ファクスの 電 子 化 事 所 に 戻 らない 見 られず 困 るものしては,フ ァクスもあげられるだろう インターネットを 介 したファクスサービスは 様 々な ものがある ファクス 複 合 機 自 体 の 機 能 しての 場 合, 単 に 受 信 データの PDF 化 がされるもの, 送 信 についても 社 内 にサーバを 有 して PDF 化 した 上 でメールに 添 付 し てファクスを 送 るものがある また, 低 コストで 機 械 が 不 要 うたうものの 場 合, ファクスサーバを 新 たに 外 に 借 りる 形 で, 送 受 信 は Webブラウザ,あるいはEメールにより 外 部 サーバか ら 行 うものが 主 流 である これらの 場 合 にはファクス 番 号 自 体 が 新 たに 付 与 されるこになる*37 後 者 の 完 全 にインターネット 経 由 で 外 部 サーバを 利 用 するファクスサービスについては, 少 なくも 事 所 の 電 話 につながっている 旧 来 のファクス 比 べて, 信 頼 性 に 不 安 が 残 り,ファクス 番 号 の 登 録 を 必 要 *35:Evernote(エバーノート)は,ノートを 取 るように 情 報 を 蓄 積 するウェブサービス パーソナルコンピューターやスマートフォン 向 けの 個 人 用 ドキュメント 管 理 システム(Wikipediaより) 他 に 代 表 的 なウェブサービス 言 えばDropbox(ドロップボックス)があるが, OCR 機 能 はない *36:スキャンして 作 成 した 証 拠 のPDFファイルをタブレット 型 端 末 に 読 み 込 ませておくか,アクセス 可 能 なクラウド 上 にデータを 置 いておく 必 要 がある *37: 転 送 等 により 条 件 によっては 従 前 の 番 号 を 使 えるサービスもある LBRA Vol.13 No /2 13

13 する 事 所 の 公 式 のサービスしては 十 分 な 試 用 をしてからでなければ 移 行 は 難 しい また, 大 量 のファクスの 送 受 信 には 従 量 制 のインターネットファ クスサービスはコスト 的 にも 必 ずしも 安 くはない したがって, 現 状 では 利 用 する 場 合 には, 複 合 機 FAXなどで 一 旦 受 信 したデータをPDFなどのフ ァイルして 出 力 するサービスをペーパーレス 化 の 一 環 して 利 用 するぐらいが 無 難 ではないだろうか*38 データをWeb 上 におくこを 厭 わないのであれば, Evernote や Dropbox のフォルダを 複 合 機 の 出 力 フォルダに 指 定 するこで 外 部 からもファクスをチェ ックするこが 自 由 にできるようになる ⑹ 電 子 内 容 証 明 郵 便 サービス *39 電 子 内 容 証 明 郵 便 サービスは 日 本 郵 便 株 式 会 社 が 行 うサービスである 郵 便 局 に 行 かずに 内 容 証 明 郵 便 が 送 れるため, 事 員 の 少 ない 個 人 事 所 では 大 変 重 宝 する 反 面,サポートするパソコンがWindowsに 限 られ, なおかつサポート 対 象 OSは 最 近 Windows 7まで 追 い ついたが,64bit 版 はサポートしない, ブラウザは nternet Explorer 8までしかサポートしない,など 制 約 が 厳 しい 64bit 版 のWindows 7でもXPモードなどを 利 用 すれば, 公 式 サポート 以 外 の 環 境 でも 利 用 できるこ もあるようであるが, 逆 に 公 式 環 境 をそろえてい てもエラーが 発 生 するこもあるため,はじめて 利 用 する 場 合 には 余 裕 のあるきに 事 前 にきちんテ ストを 行 ってみるこをおすすめする ⑺ 東 京 会 の 会 員 サイト 会 員 マイページの 利 用 について 当 会 においてもWebサービスを 充 実 *40させている ころであり, 会 員 向 けには 会 員 サイト,ログインを 必 要 する 個 人 ごの 会 員 マイページ*41が 存 在 する 会 員 サイトにおいては 各 種 書 式 ( 文 書 送 付 嘱 託, 後 見 関 係, 人 訴 関 係, 離 婚 時 年 金 分 割 その 他 )やマ ニュアルが 入 手 できる また, 会 員 マイページにおいては, 自 己 の 法 律 相 談 の 日 当 報 酬 の 内 訳 がわかるなど, 申 告 に 役 立 つ 内 容 だけでなく, 法 律 相 談 刑 事 の 日 程 の 確 認 交 代 申 出 が 行 えるなどの 便 利 な 機 能 を 有 しているので ぜひ 利 用 されたい ⑻ SNS *42 の 利 用 について 近 年, 実 名 での 利 用 を 基 本 したSNSが 隆 盛 を 極 *38:もっも,ファクスの 取 扱 量 が 少 ない の 中 には 既 にインターネットファクスを 利 用 している も 存 在 するようであるので,これは 筆 者 の 個 人 的 見 解 である *39: 電 子 内 容 証 明 郵 便 サービスは, 内 容 証 明 郵 便 を 電 子 化 し,インターネットを 通 じて24 時 間 受 付 を 行 うサービスである(http://enaiyo.post. japanpost.jp/mpt/) *40:かつては 対 応 ブラウザもnternet Explorerのみいう 状 況 であったが, 近 時 はSafariやChromeでも 問 題 なくログインできるようになった *41:Dやパスワードがわからなければ 問 い 合 わせに 応 じて 郵 送 してもらえる *42:Social Networking Serviceの 略 人 同 のつながり を 電 子 化 するサービス なお, 本 稿 で 例 してあげられているSNSのFacebook は 本 名 による 登 録 を 原 則 している 14 LBRA Vol.13 No /2

14 めている 様 々なSNSがあり, 目 的 ごに 利 用 ポリ シーを 定 めている しかし, 用 に 利 用 するなる, 実 際 に 知 り 合 い 同 をつないでいるSNSでなければ 意 味 がなく, その 意 味 で 利 用 者 がある 程 度 多 いものしては 現 在, Facebook があげられる 性 質 上, 利 用 者 は 頻 繁 にページを 見 るためメールよ り 場 合 によっては 連 絡 が 取 りやすいいうメリットが あり, 何 か 一 斉 に 上 の 頼 み 事 をするのに 利 用 して いた 例 も 実 際 に 見 られる(~に 強 い 東 京 の は いないか?など) メーリングリスト 異 なり, 利 用 し ている 限 り 届 かないこはない また, 発 言 しなくも, 同 期 の 近 況 などみるのもおもしろいものである しかし,ここでは,SNSを 実 名 で 利 用 するきの 検 討 事 項 について 述 べたい まず, 自 己 の 発 言 の 公 開 範 囲 は 理 由 がない 限 りは 原 則 友 人 のみに 限 定 しておくべきである 広 告 あるいはレピュテーション 向 上 のためにブログ 代 わりに 使 う 場 合 も, 問 題 のない 話 題 だけを 後 からト ピックごに 意 識 的 に 公 開 設 定 にするように 設 定 をし ておく 方 が 無 難 である 訴 訟 の 相 手 方 や 依 頼 者 は 必 ずあなたの 名 前 を 検 索 しているもの 思 った 方 がよい また, 友 人 が 誰 かについては 非 公 開 の 設 定 にして おかない, 依 頼 者 から 相 手 方 の 代 理 人 友 達 で 大 丈 夫 か 怪 しまれかねない その 他, 個 人 情 報 を 公 開 するこでのメリットはあ まりない 思 われるため, 全 く 個 人 的 なものして 利 用 する 際 も,できる 限 り 最 初 はクローズドに 利 用 し, 順 次 公 開 する 方 がよいであろう(クローズドでも 読 ん だ 友 人 が 無 断 で 引 用 して 公 開 するいう 事 態 も 生 じ るので, 十 分 品 位 を 守 った 投 稿 が 望 まれるのはメール 同 じである) また,SNSなどのアプリケーションをスマートフォン に 導 入 する 際 は, 電 話 帳 へのアクセスの 可 否 などを 問 われるこが 多 いころ, 自 己 の 電 話 帳 などの 情 報 が 漏 洩 しないように 承 認 範 囲 を 吟 味 しなくてはならない ⑼ スマートフォン タブレットのアプリの 利 用 について これまで, 主 にオフィスにどまらずに 利 用 ができ るいうこを 主 眼 にインターネットを 経 由 するWeb サービス,ブラウザを 経 由 したサービスについて 述 べ てきた しかしながら,モバイル 機 器 がノートパソコンだけ でなく,iPad やタブレット,スマートフォンなどのガ ジェットに 広 がるもに,Webサービスもその 名 前 をクラウドサービスなど 変 えて,ブラウザではなく アプリケーション 経 由 でネット 上 のデータを 利 用 する 方 向 へ 進 んでおり,これまで 紹 介 してきた Web サー ビスもブラウザからアクセスするのではなく,いずれ も 個 別 のアプリケーションからデータを 取 り 出 す 方 向 で 進 化 している さらに,そのような 上 記 クラウド 上 のデータへのイ ンターネットアクセスを 容 易 にする 携 帯 ガジェットの 進 化 に 伴 い, 今 後, の 基 礎 なるデータ についても,いつどこでも 参 照 でき, 便 利 になってい く 思 われる 他 方 で,ファクスや 携 帯 電 話,E メールの 普 及 の きにも 見 られたように, 側 にも 迅 速 な 対 応 が 要 求 されるこが 当 たり 前 になってくるようになるだ ろう したがって,セキュリティの 問 題 などを 理 由 に 化 を 全 くしないで を 続 けていくのではなく, 十 分 注 意 しながら, 自 分 の 規 模 形 態 に 合 わせ た 部 分 限 定 的 段 階 的 な 導 入 を 検 討 するのがよいの ではないだろうか LBRA Vol.13 No /2 15

機器保証利用規約

機器保証利用規約 端 末 補 償 for ismart 利 用 規 約 株 式 会 社 フォーバルテレコム( 以 下 当 社 といいます )は 当 社 の 指 定 する 商 品 を 購 入 するお 客 様 ( 以 下 利 用 者 といいます ) 向 けに 以 下 に 定 める 機 器 保 証 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 端 末 補 償 for ismart ( 以 下 本 サービス

More information

(1) 多 言 語 においては 日 本 語 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 簡 体 字 )の4 言 語 以 上 に 対 応 し て 選 択 表 示 選 択 音 声 を 可 能 とすること 音 声 ガイダンス 用 のデータは 発 注 者 より 提 供 する (2)PC スマートフォン

(1) 多 言 語 においては 日 本 語 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 簡 体 字 )の4 言 語 以 上 に 対 応 し て 選 択 表 示 選 択 音 声 を 可 能 とすること 音 声 ガイダンス 用 のデータは 発 注 者 より 提 供 する (2)PC スマートフォン 宇 城 市 観 光 情 報 WEB アプリケーション 設 計 構 築 保 守 運 用 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザルに 係 る 仕 様 書 1 業 務 名 宇 城 市 観 光 情 報 WEB アプリケーション 設 計 構 築 保 守 運 用 委 託 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 2 業 務 の 目 的 世 界 遺 産 三 角 西 港 をはじめとした 宇 城 市 の 魅 力 をPRして

More information

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 ~ 被 害 に 遭 わないために 実 施 すべき 対 策 は?~ Copyright 2015 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 (IPA) 技 術 本 部 セキュリティセンター 2015 年 3 月 本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲.

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲. いわて 若 者 交 流 ポータルサイト 構 築 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 26 年 8 月 岩 手 県 環 境 生 活 部 若 者 女 性 協 働 推 進 室 目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5

More information

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴ 長 久 手 市 公 共 的 団 体 による 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 逐 条 解 説 1 目 的 このガイドラインは 防 犯 カメラによる 犯 罪 防 止 への 有 用 性 と 市 民 の 容 ぼ うや 行 動 をみだりに 撮 影 されないなどプライバシーの 保 護 との 調 和 を 旨 に 地 域 の 公 共 的 団 体 が 市 内 の 公 共 空 間 を

More information

目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要 件 確 認 書 作 成

目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要 件 確 認 書 作 成 砥 部 町 財 務 会 計 システム 更 新 事 業 仕 様 書 平 成 25 年 10 月 砥 部 町 企 画 財 政 課 目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 仕様書

Microsoft Word - 仕様書 住 まいの 情 報 一 元 化 ホームページ 制 作 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 住 まいの 情 報 一 元 化 ホームページ 制 作 等 業 務 2 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 ホームページ 公 開 時 期 平 成 28 年 1 月 予 定 4 目 的 北 陸 新 幹 線 の 金 沢 開 業 により 交 流 人 口 が 増 え

More information

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 仕 様 書 第 1 委 託 業 務 名 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 第 2 委 託 業 務 の 目 的 出 水 市 の 観 光 情 報 サイト( 以 下 観 光 情 報 サイト という )の 日 本 語 サイトを 構 築 するとともに 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 のみ

More information

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書 ( 別 紙 1) 京 都 市 クレジットカード 納 税 業 務 委 託 仕 様 書 1 本 仕 様 書 について 本 仕 様 書 は, 京 都 市 ( 以 下 市 という )の 個 人 市 府 民 税 ( 普 通 徴 収 ), 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 含 む) 都 市 計 画 税, 軽 自 動 車 税 のクレジットカード 納 税 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )について,その

More information

Microsoft PowerPoint - 【公開用】クライアントのセキュリティ対策を脅かすネットサービス - コピー.pptx

Microsoft PowerPoint - 【公開用】クライアントのセキュリティ対策を脅かすネットサービス - コピー.pptx 第 1 回 クライアント 管 理 勉 強 会 開 催 概 要 クライアントのセキュリティ 対 策 を 脅 かすネットサービス 河 端 善 博 2012/10/12 スマートデバイスや 便 利 なネットサービスを 利 用 するユーザが 増 えてきましたが 情 報 システ ム 部 門 はその 実 態 やセキュリティ 上 の 問 題 点 を 把 握 できているでしょうか また どのようにして 把 握 すれば

More information

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 2 履 行 期 間 システム 運 用 構 築 導 入 業 務 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 2 月 28 日 まで システム 利 用 にかかる 業 務 平 成 29 年 3 月 1 日 から

More information

柳川市固定資産評価支援業務仕様書(案)

柳川市固定資産評価支援業務仕様書(案) 柳 川 市 固 定 資 産 評 価 見 直 し 業 務 委 託 基 本 仕 様 書 平 成 27 年 5 月 柳 川 市 役 所 市 民 部 税 務 課 第 1 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 柳 川 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 受 託 者 ( 以 下 受 注 者 という )に 委 託 する 柳 川 市 固 定 資 産 評 価 見 直 し 業 務 (

More information

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1 クラウド 型 シラバスシステム クラシラ 利 用 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 基 本 機 能 に 関 する 定 義 ) 本 規 約 において 用 いられる 語 の 定 義 は, 次 号 の 通 りとする Web 入 稿 シラバス 登 録 編 集 管 理 シラバスの 科 目 情 報 講 義 内 容 および 教 員 情 報 の 登 録 編 集 管 理 を Web 上 でおこな うサービス

More information

日 本 経 営 グループ 概 要

日 本 経 営 グループ 概 要 GoogleAppsはオフィスに 変 革 をもたらすツール になりえるのか? - 日 本 経 営 の 導 入 事 例 - 株 式 会 社 日 本 経 営 岡 倫 宏 日 本 経 営 グループ 概 要 GoogleApps 利 用 状 況 GoogleApps 契 約 アカウント 数 425 iphone ipad 45 台 44 台 2011 年 9 月 GooogleApps 利 用 開 始 (40ユーザ)

More information

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 仕 様 書 1 趣 旨 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 を よ り 効 率 的 効 果 的 に 遂 行 す る た め 業 務 の 一 部 を 委 託 する 2 業 務 委 託 の 内 容 (1) 業 務 名 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 (2) 委 託 期 間 平 成 29 年 2 月 1

More information

Microsoft Word - iPad基本操作編(1版)

Microsoft Word - iPad基本操作編(1版) 目 次 第 1 章 端 末 の 概 要... 1 1-1 端 末 でできること... 1 第 2 章 端 末 使 用 前 の 準 備... 3 2-1 端 末 の 初 期 設 定... 3 2-2 ソフトウェアのアップデート... 6 2-3 電 源 のオン/オフ... 9 1 電 源 をオンにする... 9 2 電 源 をオフにする... 10 2-4 バックライトのオン/オフ... 11 1 バックライトを

More information

もともと Microsoft Office(Word Excel PowerPoint Publisher)は 印 刷 用 DTP などのデ ータを 作 成 するために 作 られていません そのため お 客 様 の PC 上 では 問 題 なく 表 示 印 刷 されて いても 環 境 が 異 なるこ

もともと Microsoft Office(Word Excel PowerPoint Publisher)は 印 刷 用 DTP などのデ ータを 作 成 するために 作 られていません そのため お 客 様 の PC 上 では 問 題 なく 表 示 印 刷 されて いても 環 境 が 異 なるこ Microsoft Office(Word Excel PowerPoint Publisher) 印 刷 データ 作 成 データ 入 稿 に 関 する 問 題 点 と PDF による 入 稿 のお 願 い もともと Microsoft Office(Word Excel PowerPoint Publisher)は 印 刷 用 DTP などのデ ータを 作 成 するために 作 られていません そのため

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から 教 材 共 有 システム 開 発 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 9 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 - 1 - 1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高

More information

2015tebiki_p1-82.pub

2015tebiki_p1-82.pub 追 大 Webメールシステムと Harukaメール Office365 学 生 教 職 員 に 付 与 される 追 大 メール(Harukaメール)は Webブラウザ 上 で 動 作 する Microsoft Office365 のクラ ウドメール 機 能 を 利 用 し インターネットに 接 続 できる 環 境 で あれば 学 内 外 や 国 内 外 を 問 わず メールの 確 認 送 受 信 が

More information

NUBIONETの活用

NUBIONETの活用 NUBIONET の 使 用 方 法 Nihon University BIONETwork 1. NUBIONET とは? NUBIONET は エヌユーバイオネット と 読 み, Nihon University BIONETwork すなわち 日 本 大 学 生 物 資 源 科 学 部 のネットワーク 名 称 です Webメールによる 通 信 自 宅 NUBIONET 日 本 大 学 NU-MailGサーバ

More information

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし 平 成 27 年 度 次 世 代 就 農 リーダー 育 成 事 業 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 平 成 27 年 11 月 福 井 県 若 狭 町 1 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務

More information

電話・リモートサポート(SkyLink アシスト)サービス利用規約

電話・リモートサポート(SkyLink アシスト)サービス利用規約 SkyLink アシストサービス( 電 話 リモートサポート) 利 用 規 約 第 1 条 ( 規 約 の 適 用 ) 1.エレコムサポート&サービス 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は この SkyLink ア シストサービス( 電 話 リモートサポート) 利 用 規 約 ( 別 表 に 定 める 内 容 も 含 むものとしま す 以 下 本 規 約 といいます )を 定 め これにより

More information

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス 第 1 条 ( 本 サービスの 内 容 ) いつでも 書 店 ( 以 下 本 サービス といいます )は いつでも 書 店 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )がお 客 様 に 対 し いつでも 書 店 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 提 供 するサービスをいいます 第 2 条 ( 本 サービスの 利 用 ) 1. 本 サービスの 利 用 を 希 望

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63> 住 My Note お 客 様 マ ニ ュ ア ル ID パスワード 情 報 お 名 前 お 客 様 I D パスワード1 パスワード2 更 新 日 ID パスワード 情 報 を 忘 れないよう システム 利 用 時 に 記 入 してください ID パスワード 情 報 は 紛 失 しないよう 管 理 してください 平 成 27 年 6 月 住 宅 金 融 支 援 機 構 目 次 1.ご 利 用 案

More information

PDFとは 【Portable Document Format】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words

PDFとは 【Portable Document Format】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words 1 / 18 NAA 福 岡 WEBマニュアル インターネット 不 在 応 札 サービス インターネット 不 在 応 札 サービスに 入 会 することで 次 のようなサービスを 利 用 することがで きます 1.インターネットからの 不 在 応 札 受 付 インターネットを 利 用 して 不 在 応 札 を 登 録 することができます 出 品 車 輌 を 検 索 し 指 値 を 入 力 することで

More information

2. EPUB リーダーについて EPUB リーダーには 電 子 書 籍 専 用 端 末 に 予 め 組 み 込 まれているものと 汎 用 のタブレットやパ ソコンにダウンロードして 使 うソフトウェアリーダーがあります 電 子 書 籍 専 用 端 末 の 多 くは Amazon の Kindle

2. EPUB リーダーについて EPUB リーダーには 電 子 書 籍 専 用 端 末 に 予 め 組 み 込 まれているものと 汎 用 のタブレットやパ ソコンにダウンロードして 使 うソフトウェアリーダーがあります 電 子 書 籍 専 用 端 末 の 多 くは Amazon の Kindle 副 読 本 :お 助 け 電 子 BOOK 閲 覧 のヒント 集 最 終 更 新 日 :2014.10.3 株 式 会 社 リックテレコム 1. はじめに 2. EPUB リーダーについて 3. EPUB 電 子 書 籍 の 登 録 方 法 など 4. ios 端 末 で 読 むには 1. はじめに 現 在 日 本 語 電 子 書 籍 のファイル 形 式 は 複 数 提 唱 されていますが 本 作

More information

1. 概 要............ 2 2. 作 業 を 始 める 前 に......... 3 3.Office365 ログイン......... 4 1 Office365 にログイン......... 4 2 Office365 ソフトウェアページの 表 示...... 5 4.インストール

1. 概 要............ 2 2. 作 業 を 始 める 前 に......... 3 3.Office365 ログイン......... 4 1 Office365 にログイン......... 4 2 Office365 ソフトウェアページの 表 示...... 5 4.インストール 学 生 向 け 最 新 版 Office (Office365 Pro PLUS) Ver.1.2 1. 概 要............ 2 2. 作 業 を 始 める 前 に......... 3 3.Office365 ログイン......... 4 1 Office365 にログイン......... 4 2 Office365 ソフトウェアページの 表 示...... 5 4.インストール............

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

ホームページ作成サービス利用契約約款

ホームページ作成サービス利用契約約款 ホームページ 作 成 サービス 利 用 契 約 約 款 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. ファーストサーバ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は このホームページ 作 成 サービス 利 用 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )に 定 めるところにより 本 サービス( 第 3 条 第 1 号 に 定 義 )を 提 供 しま す 本 約 款 は 当 社 とお

More information

第26回国民文化祭京都府実行委員会

第26回国民文化祭京都府実行委員会 別 添 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020 ウェブサイト 作 成 指 針 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 開 催 を 契 機 として 世 界 に 向 けて 日 本 及 び 京 都 の 文 化 芸 術 等 を 発 信 し 体 感 してもらう 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020( 以 下 京 都 文 化 力 プロジェクト という )を 国 内 外

More information

ユーザー論文の書き方(雛形)

ユーザー論文の書き方(雛形) IT を 利 活 用 した 仲 間 運 営 管 理 システム 池 田 勇 介 1.はじめに 近 年 わが 国 ではいわゆる 団 塊 の 世 代 が 定 年 となりシルバー 世 代 が 増 加 したことなどから 余 暇 を 楽 しむ 人 たちが 様 々 形 でコミュニティを 作 っている 会 員 が 10 名 前 後 と 少 数 のコミュニティであれ ば 招 集 案 内 や 資 料 の 配 布 などの

More information

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記 Tap Style Cloud サービス 仕 様 書 Ver2.0.0 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での

More information

2010年11月●日

2010年11月●日 2 0 1 1 年 2 月 1 4 日 株 式 会 社 エヌ ティ ティ ドコモ モバイルワーカー 向 けクラウド 型 サービス モバイルセキュアデスクトップ の 提 供 を 開 始 株 式 会 社 エヌ ティ ティ ドコモ( 以 下 ドコモ)は 情 報 漏 洩 リスクを 抑 えつつ 外 出 先 でもパソ コンやタブレット 端 末 を 利 用 して 業 務 が 行 える モバイルワーカー 向 けクラウド

More information

( 企 画 立 案 取 材 撮 影 flash gif アニメーション イラストレーション 掲 出 用 バナー 等 の 作 成 デザイン 原 稿 データ 作 成 レイアウト 翻 訳 等 ) 受 託 者 が 業 務 を 遂 行 する 上 で 必 要 な 資 料 等 は 受 託 者 において 入 手 す

( 企 画 立 案 取 材 撮 影 flash gif アニメーション イラストレーション 掲 出 用 バナー 等 の 作 成 デザイン 原 稿 データ 作 成 レイアウト 翻 訳 等 ) 受 託 者 が 業 務 を 遂 行 する 上 で 必 要 な 資 料 等 は 受 託 者 において 入 手 す こうふ 開 府 500 年 観 光 PR 用 特 設 ホームページ 制 作 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 こうふ 開 府 500 年 観 光 PR 用 特 設 ホームページ 制 作 業 務 2 業 務 の 目 的 多 様 化 する 情 報 発 信 に 対 応 すべく また 海 外 にも 効 果 的 に 情 報 発 信 を 行 うことを 目 的 に 甲 府 市 が 株 式 会 社 カプコンと

More information

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条 御 意 見 の 要 旨 と 1 総 括 的 意 見 (18 件 ) 個 人 情 報 の 保 護 をより 厳 しく 徹 底 する 内 容 になっており, 見 直 しに より 良 い 条 例 になることを 期 待 し ている 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 しては, 引 条 例 では, 個 人 情 報 の 収 集 の 制 限, 利 用, き 続 き 慎 重 にしてほしい 提 供 の 制 限, 電

More information

滋 賀 県 大 津 市 人 口 ( 平 成 27 年 2 月 現 在 ) 男 165,952 人 女 176,681 人 計 342,633 人 世 帯 数 142,523 世 帯 大 津 市 役 所 一 般 会 計 歳 出 決 算 額 104,294,543 千 円 ( 平 成 24 年 度 決

滋 賀 県 大 津 市 人 口 ( 平 成 27 年 2 月 現 在 ) 男 165,952 人 女 176,681 人 計 342,633 人 世 帯 数 142,523 世 帯 大 津 市 役 所 一 般 会 計 歳 出 決 算 額 104,294,543 千 円 ( 平 成 24 年 度 決 ( 平 成 27 年 1 月 22 日 ~23 日 ) 視 察 先 滋 賀 県 大 津 市 ( 議 会 ICT 議 会 BCP( 業 務 継 続 計 画 )) 奈 良 県 奈 良 市 ( 議 会 ICT 議 会 運 営 議 会 改 革 ) 150インチスクリーンを 備 える 大 津 市 議 会 議 事 堂 < 視 察 者 > 委 員 長 副 委 員 長 委 員 委 員 委 員 黒 木 高 広 黒 木

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドライン( 事 業 者 編 ) 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 平 成 28 年 1 月 1 日 一 部 改 正 ) 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

5. 履 行 内 容 ( 1 ) 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 本 事 業 の 受 託 者 は 別 紙 1 : 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 で 指 示 する 内 容 に 基 づき Android 及 び iphone のスマートフォンで 動 作 するアプリを 構

5. 履 行 内 容 ( 1 ) 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 本 事 業 の 受 託 者 は 別 紙 1 : 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 で 指 示 する 内 容 に 基 づき Android 及 び iphone のスマートフォンで 動 作 するアプリを 構 平 成 27 年 度 駒 ヶ 根 市 子 育 て 支 援 アプリ 開 発 事 業 仕 様 書 仕 様 書 1. 件 名 平 成 27 年 度 駒 ヶ 根 市 子 育 て 支 援 アプリ 開 発 事 業 業 務 委 託 2. 目 的 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 てに 関 する 情 報 について 親 しみやすいスマートフォンアプリケ ーションを 開 発 活 用 し 結 婚 から 子 育 てまでの 情

More information

スライド 1

スライド 1 院 内 IT 情 報 セキュリティの ご 提 案 株 式 会 社 プロアス 1 弊 社 のご 紹 介 名 称 設 立 代 表 取 締 役 所 在 地 : 株 式 会 社 プロアス :1978 年 10 月 : 伊 藤 泰 充 : 大 阪 市 淀 川 区 西 宮 原 1-5-33 新 大 阪 飯 田 ビル 医 療 機 関 様 向 け 主 な 事 業 案 内 医 事 会 計 システム Ultima-HP/CL

More information

Microsoft Word - 学生用Office365の利用について(ver1.0版 160324) .doc

Microsoft Word - 学生用Office365の利用について(ver1.0版 160324) .doc 山 梨 学 院 メールシステム Office365 利 用 マニュアル 2016 年 3 月 版 (Ver1.0) 学 校 法 人 山 梨 学 院 このマニュアルは 本 学 の Office365 の 利 用 について 利 用 方 法 や 設 定 方 法 をまとめたものです 利 用 に 際 し あらかじめ ご 一 読 いただき よく 理 解 した 上 でご 利 用 いただくようお 願 いいたします

More information

スライド 1

スライド 1 iosとandroid OSの 較 平 成 24 年 度 主 勉 強 会 Dグループ メンバー 紹 介 スマートデバイスのアプリケーション 開 発 Dグループ 志 村 浩 (ユニテック) 辻 裕 輔 (TOKAIコミュニケーションズ) 朝 奈 隆 太 (TJS) 栗 樹 (TJS) 次 1.はじめにー 調 査 の 背 景 2.iOSとAndroid

More information

13回会議録【概要】

13回会議録【概要】 第 13 回 兵 庫 県 本 人 確 認 情 報 保 護 審 議 会 会 議 録 1 会 議 の 日 時 及 び 場 所 (1) 日 時 平 成 26 年 12 月 22 日 ( 月 )13 時 ~14 時 30 分 (2) 場 所 兵 庫 県 庁 第 3 号 館 7 階 第 7 委 員 会 室 2 出 席 委 員 の 氏 名 柴 田 眞 里 申 吉 浩 塔 下 佳 里 中 川 丈 久 永 吉 一

More information

屋外広告物管理システム システムフロー

屋外広告物管理システム システムフロー 屋 外 広 告 物 管 理 システムASPサービス 提 供 業 務 仕 様 書 目 次 1 屋 外 広 告 物 システムフロー 1 2 屋 外 広 告 物 管 理 システム 機 能 要 件 3 1 屋 外 広 告 物 管 理 3 (1) 屋 外 広 告 物 許 可 申 請 等 処 理 3 (2) 屋 外 広 告 物 データ 管 理 4 (3) 屋 外 広 告 物 催 促 管 理 5 (4) 屋 外

More information

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時 1 1-1 サイト 全 般 デザイン 等 サイト 全 体 が 標 準 化 統 一 化 されたページデザインとすること ただし サイトで 異 なるデザインで 作 成 表 示 することができること 1-2 ヘッダー フッターは 原 則 すべてのページで 統 一 したデザインとすること 1-3 ロゴ イラスト バナーなどサイトに 応 じたデザインで 作 成 すること 1-4 スマートフォンやタブレット 端

More information

29条の2

29条の2 電 磁 的 方 法 による 交 付 に 係 るQ&A( 平 成 26 年 11 月 版 ) 平 成 26 年 11 月 21 日 日 本 証 券 業 協 会 法 律 施 行 令 関 係 1 書 面 を 電 磁 的 に 交 付 することについての 顧 客 の 承 諾 ( 目 論 見 書 にあっては 同 意 以 下 承 諾 等 という )は 書 面 の 交 付 毎 ではなく 包 括 的 に 得 る ことも

More information

ア CMS によるホームページであること イ ページ 内 に Twitter や Facebook のアイコンを 作 成 し リンクを 張 れるように すること ウ サイト 内 検 索 ができること エ ページ 内 に Google マップなどの 地 図 情 報 が 掲 載 できること オ ページ

ア CMS によるホームページであること イ ページ 内 に Twitter や Facebook のアイコンを 作 成 し リンクを 張 れるように すること ウ サイト 内 検 索 ができること エ ページ 内 に Google マップなどの 地 図 情 報 が 掲 載 できること オ ページ 足 利 市 創 業 支 援 ホームページ 作 成 業 務 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 名 足 利 市 創 業 支 援 ホームページ 作 成 業 務 2 業 務 の 目 的 本 業 務 は 主 に 市 内 外 の 創 業 希 望 者 をターゲットに 必 要 な 情 報 を 網 羅 的 に 取 得 可 能 なホームページを 開 設 し かつ 元 々 本 市 へ 関 心

More information

Office365 Pro Plus について このサービスは 学 校 法 人 白 鴎 大 学 が Microsoft と 結 んでいるライセンス 契 約 の 一 環 として 在 籍 者 向 けに 無 償 で 提 供 されるサービスです ライセンス 契 約 は1 年 ごと 更 新 であり 本 学 が

Office365 Pro Plus について このサービスは 学 校 法 人 白 鴎 大 学 が Microsoft と 結 んでいるライセンス 契 約 の 一 環 として 在 籍 者 向 けに 無 償 で 提 供 されるサービスです ライセンス 契 約 は1 年 ごと 更 新 であり 本 学 が Office365 Pro Plus について...... 2 Office365 ProPlus インストールにあたっての 注 意 制 限 事 項... 3 インストール 手 順......... 4 Office のサインイン 手 順...... 6 参 考 Office2013 について...... 9 Office365 をスマートフォンでご 使 用 になる 場 合... 10 スマートフォン

More information

2016 vol.265 論 考 えていると 考 えられる さらにマイナンバーは 一 企 業 が 発 行 しているお 客 様 番 号 とは 異 なり どの 企 業 行 政 機 関 組 織 に とっても 同 一 人 を 同 一 番 号 で 特 定 することができ る したがって 組 織 をまたぐ 情

2016 vol.265 論 考 えていると 考 えられる さらにマイナンバーは 一 企 業 が 発 行 しているお 客 様 番 号 とは 異 なり どの 企 業 行 政 機 関 組 織 に とっても 同 一 人 を 同 一 番 号 で 特 定 することができ る したがって 組 織 をまたぐ 情 マイナンバー 制 度 の 概 要 とリスク 対 応 み ず ま ち 水 ま さ こ 町 雅 子 五 番 町 法 律 事 務 所 弁 護 士 1.はじめに 2016 年 1 月 より マイナンバー 制 度 が 本 格 始 動 した 既 に 勤 務 先 からマイナンバーを 聞 かれた り 地 方 公 共 団 体 窓 口 でマイナンバーの 提 示 を 求 められたりした 方 もいるだろう 一 方 で マスコ

More information

スライド 0

スライド 0 クラウドサービスのご 紹 介 ~クラウドサービスを 利 用 した 新 しいビジネスシーン~ 0 Copyright Digitalio Co.,Ltd. All Right Reserved それは は 国 内 データセンターが 提 供 するクラウドサービスとしての 利 用 が 可 能 です = + + + 企 業 向 けセキュリティ 機 能 : 法 人 向 けプライベートクラウドサービス ユーザーの

More information

議 会 改 革 推 進 会 議 研 修 視 察 報 告 書 期 日 平 成 27 年 4 月 20 日 ( 月 )~21 日 ( 火 ) 視 察 地 東 京 都 立 川 市 埼 玉 県 飯 能 市 東 京 都 立 川 市 (4 月 20 日 訪 問 ) 市 の 概 要 人 口 17 万 8 千 人

議 会 改 革 推 進 会 議 研 修 視 察 報 告 書 期 日 平 成 27 年 4 月 20 日 ( 月 )~21 日 ( 火 ) 視 察 地 東 京 都 立 川 市 埼 玉 県 飯 能 市 東 京 都 立 川 市 (4 月 20 日 訪 問 ) 市 の 概 要 人 口 17 万 8 千 人 研 修 視 察 報 告 書 この 度 東 京 都 立 川 市 及 び 埼 玉 県 飯 能 市 を 視 察 した 概 要 について 別 紙 のとおりご 報 告 いたします 資 料 その 他 については 事 務 局 に 保 管 してありますので ご 高 覧 ください 平 成 27 年 4 月 27 日 議 会 改 革 推 進 会 議 委 員 長 播 磨 博 一 副 委 員 長 青 山 豊 委 員 奥 山

More information

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に ライフティポイント 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) ライフティ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)は ライフティポイント 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という)に 基 づき 当 社 指 定 の 方 法 により 当 社 に 対 して 登 録 を 行 ったお 客 様 ( 以 下 会 員 と いう)に 対 して 当 社 が 発 行 するポイントである ライフティポイント に

More information

諮問第148号説明資料

諮問第148号説明資料 ( 諮 問 第 148 号 説 明 資 料 ) 区 立 小 中 学 校 校 務 支 援 システムをリプレースすること 及 び 同 システムサーバーの 運 用 保 守 を 外 部 に 委 託 することについて 1 諮 問 内 容 区 内 小 中 学 校 校 務 支 援 システム( 以 下 本 件 システム という )は 区 立 の8 小 学 校 2 中 学 校 の 児 童 生 徒 の 成 績 学 籍

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 10 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 徳 島 市 は 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの

More information

名古屋医療センターに おけるIRBのIT化の現状

名古屋医療センターに おけるIRBのIT化の現状 第 12 回 CRCと 臨 床 試 験 のあり 方 を 考 える 会 議 セッション7 立 ち 見 御 免!ここから 始 まるIRBの 電 子 化 ~あなたのIRBは 大 丈 夫?~ ipadを 利 用 したIRB 審 査 資 料 の 電 子 化 の 実 践 独 立 行 政 法 人 国 立 機 構 名 古 屋 医 療 センター 臨 床 研 究 センター 政 策 医 療 企 画 研 究 部 臨 床 研

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082C782B182C582E0834C83838372836C836283678FD089EE8E9197BF3230313630352E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082C782B182C582E0834C83838372836C836283678FD089EE8E9197BF3230313630352E70707478> 企 業 向 けオンラインストレージサービス どこでもキャビネット ご 紹 介 資 料 平 成 28 年 5 月 サービスの 概 要 マルチデバイスに 対 応 した 法 向 けオンラインストレージサービス Windowsアプリケーションのご 利 により ブラウザを 利 しなくてもファイル 共 有 が 可 能! iosアプリケーションのご 利 により ipad iphoneにデータの 保 存 が 可 能!

More information

電 子 出 版 制 作 流 通 協 議 会 について 設 立 目 的 電 子 出 版 ビジネスの 発 展 に 必 要 な 課 題 の 整 理 と 検 証 配 信 インフラ 基 盤 に 関 わる 問 題 抽 出 とその 解 決 市 場 形 成 における 検 証 や 電 子 出 版 振 興 に 関 わる

電 子 出 版 制 作 流 通 協 議 会 について 設 立 目 的 電 子 出 版 ビジネスの 発 展 に 必 要 な 課 題 の 整 理 と 検 証 配 信 インフラ 基 盤 に 関 わる 問 題 抽 出 とその 解 決 市 場 形 成 における 検 証 や 電 子 出 版 振 興 に 関 わる 資 料 2 日 本 の 電 子 出 版 市 場 及 び 制 作 流 通 の 動 向 について 2013 6 13 Page1 電 子 出 版 制 作 流 通 協 議 会 について 設 立 目 的 電 子 出 版 ビジネスの 発 展 に 必 要 な 課 題 の 整 理 と 検 証 配 信 インフラ 基 盤 に 関 わる 問 題 抽 出 とその 解 決 市 場 形 成 における 検 証 や 電 子 出

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 自 治 体 職 員 のための マイナンバー 弁 護 士 前 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 上 席 政 策 調 査 員 水 町 雅 子 Agenda 第 1 部 番 号 法 の 概 要 番 号 制 度 のしくみ 地 方 公 共 団 体 の 役 割 第 2 部 特 定 個 人 情 報 保 護 第 3 部 条 例 改 正 条 例 改 正 総 論 利 活 用 条 例 保 護 条 例 改 正 1

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン ( 平 成 27 年 7 月 1 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1675 号 ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 ) 第 8 条 の 規 定 に 基 づき 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン( 平 成

More information

1. パソコンもモバイルも すべてのノートが 同 期 1)evernote する は 無 料 版 の 場 合 議 事 録 やメモのようなテキスト 作 成 ができ 写 真 PDF ファイル 音 声 ファイルが 添 付 可 能 です 但 し 月 当 たりのアップロードが 60MG に 制 限 されていま

1. パソコンもモバイルも すべてのノートが 同 期 1)evernote する は 無 料 版 の 場 合 議 事 録 やメモのようなテキスト 作 成 ができ 写 真 PDF ファイル 音 声 ファイルが 添 付 可 能 です 但 し 月 当 たりのアップロードが 60MG に 制 限 されていま Evernote はさまざまな 形 式 のデータを 取 り 込 み パソコンや 携 帯 端 末 (iphone 携 帯 電 話 )から 検 索 閲 覧 できます いわば 外 部 の 脳 のように 使 えるクラウド サービスです 目 次 1~3:EVERNOTE の 概 要 (2~3) 4: アカウントの 作 成 (4~6) 5: ノートの 作 成 (6~8) 6: キーワードで 検 索 (8~10)

More information

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案

確定給付企業年金 DBパッケージプランのご提案 企 業 年 金 のマイナンバーの 取 扱 いに 関 する 厚 労 省 通 知 について 平 成 7 年 0 月 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 本 資 料 は 作 成 時 点 における 信 頼 できる 情 報 にもとづいて 作 成 されたものですが その 情 報 の 確 実 性 を 保 証 するものではありません 本 資 料 に 含 まれる 会 計 税 務 法 律 等 の 取 扱 いについては

More information

(3)Web2.0 の 特 徴 Web2.0 を 最 初 に 提 唱 したティム オライリーの 論 文 What is Web2.0 によれば Web2.0 を 特 徴 付 けているのは 以 下 のような 事 項 である a.ユーザ 自 身 の 情 報 発 信 の 進 展 b. 性 善 説 c.ユー

(3)Web2.0 の 特 徴 Web2.0 を 最 初 に 提 唱 したティム オライリーの 論 文 What is Web2.0 によれば Web2.0 を 特 徴 付 けているのは 以 下 のような 事 項 である a.ユーザ 自 身 の 情 報 発 信 の 進 展 b. 性 善 説 c.ユー はじめに 本 稿 は Web2.0 と 呼 ばれる Web 技 術 の 新 しい 概 念 が 企 業 にどのような 影 響 を 与 えているかを 概 観 し 企 業 のインターネット 活 用 の 未 来 について 考 える 電 子 メールや 社 内 コミュニティの 利 用 現 状 から 概 観 するに 企 業 は インターネットが 起 こし た 変 革 の 波 に もっと 乗 って 行 くべきであり

More information

Microsoft PowerPoint - 内閣官房説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 内閣官房説明資料.pptx マイナンバー 制 度 の 概 要 について 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 内 閣 官 房 説 明 資 料 マイナンバー 制 度 は 行 政 を 効 率 化 し 国 民 の 利 便 性 を 高 め 公 平 公 正 な 社 会 を 実 現 する 社 会 基 盤 です 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 所 得 や 他 の

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

5 消 防 通 信 指 令 システム 側 に 作 業 が 発 生 した 場 合 ( 通 信 プログラム 改 修 対 向 テスト) 消 防 通 信 指 令 システム 業 者 側 の 費 用 は 本 構 築 費 用 に 含 まれるので しょうか 仕 様 書 P8 8 機 能 要 件 (4) 他 システム

5 消 防 通 信 指 令 システム 側 に 作 業 が 発 生 した 場 合 ( 通 信 プログラム 改 修 対 向 テスト) 消 防 通 信 指 令 システム 業 者 側 の 費 用 は 本 構 築 費 用 に 含 まれるので しょうか 仕 様 書 P8 8 機 能 要 件 (4) 他 システム 設 計 図 書 等 に 関 する 質 問 への 回 答 公 告 番 号 : 横 浜 市 調 達 公 告 第 136 号 件 名 : 救 急 統 計 管 理 システム 開 発 業 務 委 託 一 式 質 問 事 項 回 答 1 法 令 改 正 及 び 蘇 生 ガイドライン 改 正 以 外 の 改 修 が 必 要 な 場 合 は システム 保 守 外 で 対 応 ということでよろしいですか 仕 様 書

More information

産 農 産 物 の 地 産 地 消 の 推 進 と 置 賜 産 農 産 物 の 愛 用 運 動 を 実 施 することにより 置 賜 地 域 における 農 業 の 活 性 化 並 びに 地 域 の 活 性 化 を 図 ることを 目 的 に 平 成 年 度 に 設 立 したものである 設 立 以 降 生

産 農 産 物 の 地 産 地 消 の 推 進 と 置 賜 産 農 産 物 の 愛 用 運 動 を 実 施 することにより 置 賜 地 域 における 農 業 の 活 性 化 並 びに 地 域 の 活 性 化 を 図 ることを 目 的 に 平 成 年 度 に 設 立 したものである 設 立 以 降 生 おきたま 食 の 応 援 団 ウェブサイトの 作 成 及 び 運 用 仕 様 書 委 託 業 務 の 名 称 置 賜 産 農 産 物 愛 用 運 動 推 進 事 業 業 務 委 託 委 託 業 務 の 概 要 () 委 託 業 務 の 目 的 平 成 年 度 に 設 立 した おきたま 食 の 応 援 団 活 動 を 充 実 させるため おき たま 食 の 応 援 団 ウェブサイト( 以 下 本 サイト

More information

<5461726F2D69506F6420746F7563682082CD90948A7782CC96B282F08CA9>

<5461726F2D69506F6420746F7563682082CD90948A7782CC96B282F08CA9> ipod touch は 数 学 の 夢 を 見 るか? 1 はじめに Apple 社 の ipad のヒットに 続 き Android のタブレット 端 末 の 普 及 更 には Windows8 の 登 場 により 授 業 の 中 での 電 子 機 器 の 利 用 がこれまでのノートパソコンよりも 手 軽 にできる 可 能 性 が 高 まってきた そこで 手 元 にある ipad の 系 統 である

More information

メーラー - Microsoft Outlook Express(6.0 以 降 ) - Microsoft Outlook (2003 以 降 ) - Windows mail - Windows Live mail - Windows Live mail 2011 オペレーティングシステム(OS

メーラー - Microsoft Outlook Express(6.0 以 降 ) - Microsoft Outlook (2003 以 降 ) - Windows mail - Windows Live mail - Windows Live mail 2011 オペレーティングシステム(OS 1. サポート 範 囲 本 サービスにてサポート 可 能 な 周 辺 機 器 ソフトウェア 等 の 要 件 及 び 対 応 範 囲 について 以 下 に 記 載 致 します 2. パソコンのOSに 関 する 要 件 購 入 時 にインストールされている OS であること (PC メーカーの 提 供 するアップグレードプログラムからアップグレードした OS は 除 く) 完 成 品 として 市 販 され

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

甲南大学 Office365の使い方

甲南大学 Office365の使い方 2015/10/03 情 報 システム 室 (Version 1.2) 甲 南 大 学 のパソコンには 環 境 復 元 機 能 が 入 っています パソコン 教 室 などで 行 っ た 設 定 は 一 度 ログオフすると 元 に 戻 ります ご 注 意 ください このマニュアルは Windows 7/Internet Explorer の 環 境 を 基 に 作 成 しています OS やブラウザが

More information

Taro-04 業務仕様書_20091217.jtd

Taro-04 業務仕様書_20091217.jtd 奈 良 県 健 康 医 療 ポータルサイト 作 成 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 奈 良 県 では 平 成 21 年 度 から 平 成 25 年 度 にかけて 奈 良 県 健 康 医 療 ポータルサイトの 作 成 を 実 施 する 予 定 である 本 仕 様 書 は 奈 良 県 健 康 医 療 ポータルサイト 作 成 及 び 管 理 運 営 業 務 において 基 本 的 な 考 え 方 等 を

More information

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが 事 務 総 長 達 甲 第 5 号 平 成 27 年 11 月 10 日 人 事 院 総 裁 は 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 めたので 命 により 通 達 する 人 事 院 事 務 総 長 永 長 正 士 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ 利 用 されるものではなく 国 民 の 意 志 と 関 係 なく 政 府 や 地 方 公 共 団 体 とデジタル 的 に 結 ばれ 使

慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ 利 用 されるものではなく 国 民 の 意 志 と 関 係 なく 政 府 や 地 方 公 共 団 体 とデジタル 的 に 結 ばれ 使 . 事 業 者 が 備 えるべき マイナンバー 対 応 のポイント 平 成 2 7 年 5 月 1 5 日 JIPDEC( 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 ) マイナンバー 対 応 プロジェクト 室 慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ

More information

日本システムウエア株式会社

日本システムウエア株式会社 ファイル 共 有 サービス AppNow! AppNow! 以 下 の 試 用 の 流 れ および 試 用 条 件 AppNow!サービス 試 用 規 約 をご 確 認 の 上 お 申 込 みください お 申 込 みをもって 試 用 条 件 および 試 用 規 約 に 同 意 いただいたものとみなし 試 用 環 境 のご 用 意 を 行 います 急 遽 キャンセル 等 が 必 要 になりましたら お

More information

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基 ( 別 紙 ) 志 摩 市 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1-1 1.システム 基 本 要 件

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

Microsoft Word - CLOMO_Agreement_AntiV.doc

Microsoft Word - CLOMO_Agreement_AntiV.doc CLOMO MDM アンチウィルスオプション 利 用 規 約 CLOMO MDM アンチウィルスオプション 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 とします)は 株 式 会 社 アイキューブドシステムズ( 以 下 当 社 とします)が 提 供 する SaaS サービス CLOMO ( 以 下 CLOMO とします) 及 びマカフィー 株 式 会 社 が 提 供 する Virus Scan Mobile

More information

必 要 に 応 じて,システムのチューニング,リソースの 追 加 等 の 提 案 及 び 対 策 の 実 施 を 行 う テレビ 等 の 影 響 によりアクセスが 急 激 に 集 中 した 場 合 でも,サーバがダウンすることのな いよう 留 意 する 6バグフィクス,セキュリティパッチ 等 の 適

必 要 に 応 じて,システムのチューニング,リソースの 追 加 等 の 提 案 及 び 対 策 の 実 施 を 行 う テレビ 等 の 影 響 によりアクセスが 急 激 に 集 中 した 場 合 でも,サーバがダウンすることのな いよう 留 意 する 6バグフィクス,セキュリティパッチ 等 の 適 平 成 28 年 度 観 光 いばらき ホームページ 保 守 等 に 関 する 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 平 成 28 年 度 観 光 いばらき ホームページ 保 守 等 に 関 する 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 インターネットによる 情 報 発 信 の 重 要 性 に 鑑 み, 本 県 の 豊 かな 観 光 資 源 や 県 産 品 を 広 く 県 内 外 に

More information

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ よくある 質 問 管 理 組 合 会 計 一 覧 表 01 発 生 主 義 31 修 繕 積 立 金 が 不 足 02 区 分 経 理 32 予 算 の 作 成 03 修 繕 積 立 基 金 と は 33 管 理 費 の 使 い 道 04 自 治 会 費 の 徴 収 34 滞 納 管 理 費 等 の 督 促 方 法 05 決 算 報 告 書 35 内 容 証 明 郵 便 06 管 理 費 の 余 剰

More information

8.5 操 作 に 関 するユーザからの 問 合 せへの 対 応 - - - 8.6 操 作 に 関 する 管 理 者 様 からの 問 合 せへの 対 応 - - 8.7 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解 除 依 頼 - - 8.8 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解

8.5 操 作 に 関 するユーザからの 問 合 せへの 対 応 - - - 8.6 操 作 に 関 する 管 理 者 様 からの 問 合 せへの 対 応 - - 8.7 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解 除 依 頼 - - 8.8 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解 ケータイ 快 作! ASPサービス 仕 様 書 本 サービスは ケータイ 快 作!ASP 利 用 契 約 の 規 約 条 項 に 従 い 提 供 いたします 1. サービスの 対 象 株 式 会 社 日 立 ソリューションズ クリエイトは お 客 様 に 対 し 以 下 のサービス 対 象 について 次 項 以 降 に 記 した 内 容 のサービスを 提 供 します サービス 名 ケータイ 快 作!

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

掲 載 するテキストについては 概 ね 当 財 団 が 作 成 したものを 使 用 するが 協 議 の 上 一 部 は 委 託 業 務 に 含 む 場 合 がある (ア) トップページコーディング (イ) 下 位 ページコーディング (ウ) コンテンツに 必 要 な 素 材 の 加 工 5CMS の

掲 載 するテキストについては 概 ね 当 財 団 が 作 成 したものを 使 用 するが 協 議 の 上 一 部 は 委 託 業 務 に 含 む 場 合 がある (ア) トップページコーディング (イ) 下 位 ページコーディング (ウ) コンテンツに 必 要 な 素 材 の 加 工 5CMS の 高 知 城 歴 史 博 物 館 ホームページ 制 作 業 務 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 名 高 知 城 歴 史 博 物 館 ホームページ 制 作 業 務 2 業 務 の 目 的 平 成 29 年 3 に 開 館 する 高 知 県 立 高 知 城 歴 史 博 物 館 ( 以 下 博 物 館 という )について ホ ームページを 活 用 した 情 報 発 信 により 多 くの 人

More information

4 業 務 概 要 及 び 委 託 期 間 (1)ウェブサイトの 企 画 設 計 及 び 構 築 業 務 契 約 の 日 から 平 成 26 年 9 月 30 日 まで (2)ウェブサイトの 運 用 保 守 更 新 平 成 26 年 10 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 平 成

4 業 務 概 要 及 び 委 託 期 間 (1)ウェブサイトの 企 画 設 計 及 び 構 築 業 務 契 約 の 日 から 平 成 26 年 9 月 30 日 まで (2)ウェブサイトの 運 用 保 守 更 新 平 成 26 年 10 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 平 成 横 浜 美 術 館 ウェブサイト リニューアル 及 び 運 用 業 務 委 託 業 務 説 明 資 料 1 章 一 般 事 項 本 業 務 説 明 資 料 ( 以 下 本 資 料 という)は 公 益 財 団 法 人 横 浜 市 芸 術 文 化 振 興 財 団 ( 以 下 財 団 という)が 発 注 する 横 浜 美 術 館 ウェブサイト リニューアル 及 び 運 用 業 務 ( 以 下 本 業 務

More information

後 SSID として jindai-apply を 選 択 して 無 線 ネットワークに 接 続 してください ( 接 続 用 キー パスワードは wificonnect )その 後 Web ブラウザにより http://www.jindai.ac.jp/ju-net/wi-fi/ にアクセスし そ

後 SSID として jindai-apply を 選 択 して 無 線 ネットワークに 接 続 してください ( 接 続 用 キー パスワードは wificonnect )その 後 Web ブラウザにより http://www.jindai.ac.jp/ju-net/wi-fi/ にアクセスし そ 学 内 無 線 LAN(Jindai Wi-Fi)の 利 用 について 20160322 版 仁 愛 大 学 情 報 ネットワーク 管 理 室 http://www.jindai.ac.jp/ju-net/ 無 線 LAN 本 学 では 学 内 無 線 LAN 環 境 ( 以 下 Jindai Wi-Fi)により 学 生 教 職 員 来 学 研 究 者 一 般 来 学 者 の 方 々が ノート PC

More information

1. 基 本 事 項 現 行 職 員 ポータルシステムが 平 成 28 年 1 月 末 で 契 約 満 了 を 迎 えるにあたり 近 年 の 技 術 革 新 と 外 部 環 境 や 宮 崎 県 における 情 報 システム 環 境 の 現 状 を 踏 まえ 将 来 的 な 宮 崎 県 の 情 報 シス

1. 基 本 事 項 現 行 職 員 ポータルシステムが 平 成 28 年 1 月 末 で 契 約 満 了 を 迎 えるにあたり 近 年 の 技 術 革 新 と 外 部 環 境 や 宮 崎 県 における 情 報 システム 環 境 の 現 状 を 踏 まえ 将 来 的 な 宮 崎 県 の 情 報 シス 宮 崎 県 グループウェアシステム 賃 貸 借 等 要 求 仕 様 書 宮 崎 県 総 合 政 策 部 情 報 政 策 課 1. 基 本 事 項 現 行 職 員 ポータルシステムが 平 成 28 年 1 月 末 で 契 約 満 了 を 迎 えるにあたり 近 年 の 技 術 革 新 と 外 部 環 境 や 宮 崎 県 における 情 報 システム 環 境 の 現 状 を 踏 まえ 将 来 的 な 宮 崎

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

マイナンバー制度と企業の実務対応

マイナンバー制度と企業の実務対応 マイナンバー 制 度 と 企 業 の 実 務 対 応 2014 年 11 10 株 式 会 社 富 通 総 研 経 済 研 究 所 主 席 研 究 員 榎 並 利 博 迫 るマイナンバー 対 応 2015 年 10 から 番 号 通 知 2016 年 1 から 番 号 利 開 始 マイナンバー 法 とは 1 1.マイナンバー 法 とは マイナンバー 法 の 構 成 基 本 理 念 個 番 号 個 番

More information

等 に 問 い 合 わせたものの 適 切 な 回 答 が 得 られないまま 除 斥 期 間 が 経 過 し 課 税 権 が 消 滅 してしまったものであった 所 有 権 移 転 登 記 された 不 動 産 について 該 当 する 課 税 台 帳 が 当 該 市 町 村 になく 事 実 が 判 明 し

等 に 問 い 合 わせたものの 適 切 な 回 答 が 得 られないまま 除 斥 期 間 が 経 過 し 課 税 権 が 消 滅 してしまったものであった 所 有 権 移 転 登 記 された 不 動 産 について 該 当 する 課 税 台 帳 が 当 該 市 町 村 になく 事 実 が 判 明 し 平 成 26 年 度 岡 山 県 包 括 外 部 監 査 結 果 報 告 書 概 要 包 括 外 部 監 査 人 井 上 信 二 第 1 包 括 外 部 監 査 の 概 要 1 選 定 した 特 定 の 事 件 (テーマ) 県 税 の 賦 課 徴 収 に 係 る 事 務 の 執 行 について 2 監 査 の 対 象 岡 山 県 総 務 部 税 務 課 及 び 県 民 局 税 務 部 なお 特 定 の

More information

<『みずほ e-ビジネスサイト』操作マニュアル>

<『みずほ e-ビジネスサイト』操作マニュアル> みずほ e-ビジネスサイト 操 作 マニュアル 個 人 住 民 税 一 括 納 付 編 Copyright 2016 Mizuho Bank, Ltd. この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 項 目 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックしてください

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

DIACERTサービス利用規約

DIACERTサービス利用規約 DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 利 用 者 同 意 書 ) 2015 年 12 月 8 日 版 第 1 条 ( 総 則 ) 1. DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という )は ジャパンネット 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する DIACERT サービス ( 以 下 本 サービス という )の 利 用 に 関 し て 定 めたものです

More information