目 次 行 事 案 内 日 中 友 好 会 館 美 術 館 主 催 展 中 国 紙 工 芸 展 ~2015 上 海 オリジナル 紙 芸 展 より~ 貸 美 術 館 催 事 西 泠 印 社 社 長 篆 刻 作 品 展 貸 美 術 館 催 事 第 2 回 美 の 視 点 ~3 名 の 美 術 評 論 家

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 行 事 案 内 日 中 友 好 会 館 美 術 館 主 催 展 中 国 紙 工 芸 展 ~2015 上 海 オリジナル 紙 芸 展 より~ 貸 美 術 館 催 事 西 泠 印 社 社 長 篆 刻 作 品 展 貸 美 術 館 催 事 第 2 回 美 の 視 点 ~3 名 の 美 術 評 論 家"

Transcription

1 会 館 だより 2016 年 5 月 号 No.323 公 益 財 団 法 人 日 中 友 好 会 館

2 目 次 行 事 案 内 日 中 友 好 会 館 美 術 館 主 催 展 中 国 紙 工 芸 展 ~2015 上 海 オリジナル 紙 芸 展 より~ 貸 美 術 館 催 事 西 泠 印 社 社 長 篆 刻 作 品 展 貸 美 術 館 催 事 第 2 回 美 の 視 点 ~3 名 の 美 術 評 論 家 が 推 す 2016 注 目 作 家 ~ 日 中 友 好 後 楽 会 春 季 ハイキング 5 月 談 話 会 活 動 記 録 第 25 回 観 桜 会 後 楽 寮 生 がスキーと 温 泉 を 体 験 後 楽 寮 生 が 春 の 様 々な 行 事 に 参 加 小 田 原 ホームステイの 旅 JENESYS2.0 中 国 大 学 生 訪 日 団 第 26 陣 が 来 日 JENESYS2.0 中 国 青 年 公 益 事 業 交 流 団 が 来 日 JENESYS2.0 中 国 食 品 衛 生 関 係 者 代 表 団 が 来 日 コ ラ ム 日 中 文 化 交 流 の 将 来 の 姿 ( 公 財 ) 日 中 友 好 会 館 副 会 長 宮 本 雄 二 理 事 長 のツイッター 会 館 行 事 と 人 の 動 き 表 紙 太 湖 石 作 者 : 周 南 主 催 展 中 国 紙 工 芸 展 より 太 湖 石 (たいこせき)とは 中 国 の 蘇 州 付 近 にある 太 湖 周 辺 の 丘 陵 から 切 り 出 される 穴 の 多 い 複 雑 な 形 の 奇 石 である 本 作 品 は 西 洋 アートと 中 国 伝 統 文 化 が 融 合 した 作 品 である 紙 特 有 の 皺 の 質 感 を 活 かし 太 湖 石 の 自 然 な 形 状 を 表 現 している -1-

3 行 事 案 内 日 中 友 好 会 館 美 術 館 主 催 展 中 国 紙 工 芸 展 ~2015 上 海 オリジナル 紙 芸 展 より~ 会 期 : 6 月 23 日 ~7 月 12 日 時 間 : 10:00~17: :00 * 初 日 の 6 月 23 日 は 15:00 より 開 幕 式 休 館 日 : 月 曜 日 伝 統 的 な 剪 紙 など 平 面 作 品 だけでなく 立 体 作 品 光 や 動 きを 交 えた 作 品 など 自 由 な 発 想 で 創 作 された 多 様 な 現 代 紙 工 芸 作 品 が 並 び ます 会 期 中 には 本 展 に 後 援 をいただいておりま す お 茶 の 水 おりがみ 会 館 と 共 同 でワークシ ョップイベントも 開 催 予 定 です( 詳 細 は 次 月 の 会 館 だよりにてご 案 内 予 定 ) 是 非 足 をお 運 びください ご 来 館 をお 待 ちしております 観 覧 料 : 無 料 主 催 : 公 益 財 団 法 人 日 中 友 好 会 館 上 海 工 芸 美 術 博 物 館 協 力 : 上 海 民 間 文 芸 家 協 会 上 海 工 芸 美 術 学 会 PAOSNET 上 海 後 援 : 中 華 人 民 共 和 国 駐 日 本 国 大 使 館 ( 公 社 ) 日 中 友 好 協 会 日 本 国 際 貿 易 促 進 協 会 ( 一 財 ) 日 本 中 国 文 化 交 流 協 会 日 中 友 好 議 員 連 盟 ( 一 財 ) 日 中 経 済 協 会 ( 一 社 ) 日 中 協 会 お 茶 の 水 お りがみ 会 館 我 が 上 海 の 庭 蔡 克 非 本 展 は 中 国 上 海 にある 上 海 工 芸 美 術 博 物 館 にて 開 催 された 2015 上 海 オリジナル 紙 芸 展 の 展 示 作 品 から 約 90 点 を 展 示 ご 紹 介 する ものです 龍 朱 立 群 問 合 せ 文 化 事 業 部 ( 平 日 9:00~17:00) 電 話 : FAX: bun 劇 中 の 人 物 顧 暁 萍 - 2 -

4 貸 美 術 館 催 事 西 泠 印 社 社 長 篆 刻 作 品 展 会 期 :5 月 10 日 ~5 月 14 日 時 間 :10:00~17:00 * 最 終 日 は 13:00 まで 主 催 : 西 泠 印 社 出 版 有 限 会 社 協 力 : 日 本 謙 慎 書 道 会 全 日 本 篆 刻 連 盟 全 日 本 華 人 印 社 全 日 本 華 人 書 法 家 協 会 入 場 料 : 無 料 西 泠 印 社 は 中 国 国 内 外 で 金 石 篆 刻 研 究 にお いて 最 も 歴 史 が 古 く 実 績 のある 芸 術 団 体 です 本 展 は 中 国 の 篆 刻 芸 術 を 広 めることを 目 的 と しています 問 合 せ 西 泠 印 社 出 版 有 限 会 社 晋 電 話 : ( 本 展 事 務 局 ) 貸 美 術 館 催 事 第 2 回 美 の 視 点 ~3 名 の 美 術 評 論 家 が 推 す 2016 注 目 作 家 ~ 会 期 :5 月 20 日 ~5 月 25 日 時 間 :10:00~17:00 * 最 終 日 は 13:00 まで 主 催 : 美 術 の 杜 出 版 株 式 会 社 日 中 友 好 後 楽 会 春 季 ハイキング 日 時 :5 月 19 日 朝 8 時 45 分 後 楽 賓 館 集 合 ( 予 定 ) 行 先 :アサヒビール 神 奈 川 工 場 大 雄 山 最 乗 寺 かまぼこの 里 ( 神 奈 川 県 南 足 柄 小 田 原 方 面 ) 参 加 費 :7,000 円 / 人 (バス 昼 食 代 込 み) 春 のハイキングは 新 緑 の 美 しい 南 足 柄 方 面 を 訪 問 します 午 前 中 は アサヒビール 神 奈 川 工 場 を 見 学 水 と 緑 に 溢 れた 環 境 にやさし い 工 場 で ビールの 製 造 過 程 を 学 び 試 飲 も 楽 しみましょう 午 後 はパワースポットとしても 有 名 な 大 雄 山 最 乗 寺 を 参 拝 します 新 緑 と 季 節 の 花 々の ほか 県 の 天 然 記 念 物 に 指 定 された 杉 並 木 大 天 狗 小 天 狗 像 大 小 の 高 下 駄 と 見 所 いっ ぱいです 最 後 に 小 田 原 のかまぼこの 里 に 寄 る 予 定 で す 新 しく 入 寮 した 後 楽 寮 生 と 一 緒 に 楽 し んで 参 加 いただけたらと 思 います ビール 工 場 の 見 学 人 数 の 制 限 がありますので 参 加 希 望 の 方 は 早 めのご 連 絡 をお 待 ちしております お 申 込 みの 方 には 改 めて 詳 しくご 案 内 申 し 上 げます 入 場 料 : 無 料 3 名 の 美 術 評 論 家 ( 長 谷 川 栄 氏 佃 堅 輔 氏 青 木 伸 一 氏 )が 2016 年 度 の 注 目 作 家 をそれぞ れ 30 名 選 出 し 絵 画 工 芸 書 道 の 作 品 90 点 を 展 示 する 展 覧 会 です 問 合 せ 美 術 の 杜 出 版 株 式 会 社 電 話 : 大 雄 山 最 乗 寺 ( 担 当 : 緒 方 ) - 3 -

5 5 月 談 話 会 テーマ: 中 国 絵 画 の 名 残 り 日 本 の 瀟 湘 八 景 図 日 時 : 5 月 26 日 17:00 より 会 場 : 日 中 友 好 会 館 地 下 1 階 大 ホール 参 加 費 : 1,500 円 ( 会 員 ) 非 会 員 の 方 はお 問 い 合 わせください 今 回 の 談 話 会 では 後 楽 寮 生 で 現 在 東 京 国 立 博 物 館 で 勤 務 されている 上 海 博 物 館 展 覧 部 の 学 芸 員 金 靖 之 さんを 講 師 に 迎 えてお 話 しいただきます 瀟 湘 八 景 は 湖 南 省 瀟 水 と 湘 江 が 合 流 する 風 光 明 媚 な 景 観 中 国 山 水 画 の 画 題 です 南 宋 時 代 の 画 僧 によって 日 本 に 伝 わり 室 町 水 墨 画 の 成 立 に 大 きな 影 響 を 与 えました 以 降 日 本 の 画 家 たちに 和 様 化 され 琵 琶 湖 八 景 や 金 沢 八 景 などさまざまな 八 景 図 に まで 発 展 しました 今 回 の 談 話 会 では 日 本 の 瀟 湘 八 景 図 の 成 立 を 踏 まえながら 江 戸 時 代 の 美 術 にお ける 日 中 文 化 交 流 と 日 本 の 画 家 たちの 素 晴 らしい 創 造 力 によっ って 作 り 上 げられた 江 戸 時 代 の 絵 画 の 魅 力 について 金 靖 之 さんからお 話 しいただきます どうぞご 聴 講 ください 談 話 会 後 は 館 内 にて 懇 親 夕 食 会 を 予 定 して おります ( 担 当 : 緒 方 ) 申 込 み 問 合 せ 後 楽 会 事 務 局 電 話 : FAX: 活 動 記 録 第 25 回 観 桜 会 第 25 回 となる 観 桜 会 が 3 月 25 日 小 石 川 後 楽 園 内 涵 徳 亭 で 開 かれました 中 国 大 使 館 から 沈 建 国 政 治 部 参 事 官 をはじめ 政 治 部 文 化 部 商 務 部 教 育 処 より 多 くのご 出 席 を いただき また た 会 館 理 事 評 議 員 関 係 者 後 楽 会 会 員 寮 生 委 員 元 会 館 職 員 など 合 わ せて 88 名 が 集 まりました 会 場 から 見 えるき れいな 枝 垂 れ 桜 を 愛 でながら 和 やかなムー ドで 交 流 を 深 めました 後 楽 寮 生 がスキー ーと 温 泉 を 体 験 3 月 16 日 と 17 日 の 両 日 群 馬 県 万 座 温 泉 で 後 楽 寮 寮 生 と 鄭 祥 林 中 国 代 表 理 事 留 学 生 事 業 部 職 員 一 行 43 名 がスキーと 温 泉 を 体 験 してきました 毎 年 この時 期 の 恒 例 行 事 とし て 定 着 し 今 年 で5 回 目 になります 万 座 温 泉 にあるホテル 日 進 館 の 大 野 社 長 は 留 学 生 寮 を 運 営 している( 公 財 ) 東 南 アジ ア 文 化 友 好 協 会 の 理 事 長 でもあります その ため 留 学 生 にとても 理 解 があり 毎 年 お 世 話 になっていま ます 海 江 田 万 里 評 議 員 の 挨 拶 ( 後 楽 会 事 務 局 ) 朝 9 時 に 新 宿 のバスターミナルを 出 発 関 越 道 に 入 り 雪 化 粧 をした 山 々が 見 え 始 める - 4 -

6 と 携 帯 カメラを 構 える 寮 生 も 出 てきました 高 速 道 路 を 降 り 万 座 山 へ 向 かう 山 道 でも 雪 景 色 をカメラに 収 めていました 日 進 館 に 到 着 後 昼 食 を 済 ませ いよいよ スキー 体 験 の 開 始 です まず スキー 靴 の 履 き 方 や 止 まり 方 転 び 方 など 基 本 動 作 の 講 習 を 受 け 滑 り 始 めました 今 回 は 経 験 者 が 3 分 の 1 いたので 初 心 者 の 寮 生 も 滑 り 方 のコ ツを 聞 いたり 見 たりして 学 んでいました スキーを 終 えるとそれぞれ 温 泉 を 楽 しみま した ホテルのパンフレットによると 標 高 1,000 メートル 以 上 の 高 地 温 泉 の 中 で 酸 性 硫 黄 泉 は 万 座 温 泉 だけだそうです ここは 標 高 1,800 メートルあるので 低 い 気 圧 が 新 陳 代 謝 を 良 くし 心 身 ともにホカホカになり 夕 食 の 時 間 を 迎 えることができました 地 元 産 の 野 菜 で 作 られた 料 理 をそれぞれ 好 きなよ うに 皿 に 取 り それを 写 真 に 撮 ったりしなが ら 賑 やかに 夕 食 をとりました その 後 宿 泊 棟 のロビーで 二 次 会 を 行 い 自 己 紹 介 などを しながら 交 流 をしました 翌 日 は 朝 食 後 すぐにスキーを 始 めました 前 日 よりかなり 上 達 した 寮 生 景 色 をバック に 写 真 撮 影 をする 寮 生 スキーはそこそこに 温 泉 を 満 喫 する 寮 生 など いろいろな 楽 しみ 方 で 2 日 目 を 過 ごしました そして 帰 りのバ スでは 疲 れ 切 った 様 子 でほとんどの 寮 生 が 熟 睡 していました 万 座 温 泉 スキー 場 にて 1 泊 2 日 の 日 程 でしたが スキーと 温 泉 の 体 験 を 通 し 日 本 への 理 解 が 深 まってくれた ら 幸 いです また 毎 日 勉 強 や 研 究 が 忙 しい 中 寮 生 にとって 少 しリラックスできた 機 会 になったのではないかと 思 っています 今 年 も 宿 泊 をはじめ スキー 用 具 とスキー ウエアのレンタルなどお 世 話 になりました 日 進 館 に 改 めて 御 礼 申 し 上 げます ( 留 学 生 事 業 部 ) 後 楽 寮 生 が 春 の 様 々な 行 事 に 参 加 寒 さも 一 段 落 し 春 が 訪 れた 3 月 末 から 4 月 初 めにかけて 後 楽 寮 生 は 様 々な 行 事 に 参 加 しました 浜 離 宮 園 内 の 広 場 にて 3 月 27 日 浜 離 宮 にて 寮 生 と 留 学 生 事 業 部 職 員 の 総 勢 80 名 が 参 加 し 寮 生 委 員 会 主 催 の 花 見 交 流 会 が 行 われました 寮 生 委 員 で 花 見 の 場 所 を 決 め 当 日 は 委 員 が 早 めに 行 って 場 所 取 りもしました 1 グループ 10 名 前 後 で 構 成 された 各 グループが 寮 を 出 発 し 浜 離 宮 に 向 かいました そして 園 内 の 広 場 でブルーシ ートを 広 げてまず 後 楽 寮 の 調 理 師 が 朝 早 くか ら 準 備 してくれたお 弁 当 を 食 べました その 後 グループごとに 自 己 紹 介 をした 後 中 国 語 の 成 語 を 当 てるジェスチャーゲームをし 大 変 盛 りあがりました 桜 はまだほとんど 咲 いていませんでしたが - 5 -

7 菜 の 花 畑 でカメラを 構 える 寮 生 や 自 然 と 汐 留 のビル 群 を 背 にしてポーズを 決 める 寮 生 など お 互 いに 交 流 しながらの 和 やかな 花 見 となり ました 3 月 30 日 中 野 区 日 中 友 好 協 会 の 交 流 会 に 2 名 の 寮 生 代 表 と 留 学 生 事 業 部 職 員 が 参 加 し ました はじめに 寮 生 は 壁 に 貼 られた 大 きな 中 国 地 図 に 協 会 の 方 達 は 横 にある 小 さな 日 本 地 図 に それぞれ 自 分 の 出 身 地 の 場 所 に 付 箋 を 貼 って 簡 単 な 自 己 紹 介 をし 食 事 をとり ながら 交 流 をしました 中 野 日 中 はしばらく 活 動 を 休 止 していまし たが 今 年 再 出 発 をするそうです 後 楽 寮 で も 以 前 は 中 野 区 女 性 委 員 会 との 交 流 があった ので 再 び 交 流 ができることを 楽 しみにして います ンで 忙 しく 写 真 を 撮 っていました 千 代 田 区 観 光 協 会 で 手 配 した 中 国 語 のツアーガイドは 元 寮 生 の 王 樹 良 さんで 歴 史 などを 交 えてと ても 丁 寧 にガイドしていただきました 王 さ ん 毎 年 ありがとうございます 隅 田 川 から 神 田 川 を 通 り 見 慣 れた 飯 田 橋 の 風 景 を 船 から 見 上 げ 特 別 に 水 道 橋 分 水 路 にも 入 っていただき 乗 船 場 所 の 千 代 田 区 役 所 へ 到 着 その 後 自 由 解 散 となりました 解 散 後 はそれぞれ 北 の 丸 公 園 や 千 鳥 ヶ 淵 の 桜 を 見 に 行 くなど 寮 生 は 水 陸 の 両 方 から 千 代 田 区 を 満 喫 していたようでした 千 代 田 区 役 所 前 で 桜 をバックに 記 念 撮 影 中 野 区 日 中 友 好 協 会 上 島 昌 之 会 長 ( 前 列 中 央 )ら 会 員 と 4 月 2 日 千 代 田 区 日 中 友 好 協 会 主 催 の 桜 クルーズに 後 楽 寮 寮 生 と 留 学 生 事 業 部 職 員 一 行 20 名 が 参 加 しました 千 代 田 区 役 所 のロビ ーで 田 邊 恵 三 理 事 長 が 挨 拶 をし 寮 生 全 員 に 地 図 と 記 念 品 をくださいました そして 庁 舎 裏 よりチャーター 船 に 乗 り 桜 クルーズが 始 まりました 日 本 橋 川 から 常 磐 橋 や 翼 があ る 麒 麟 が 彫 刻 された 日 本 橋 中 央 柱 などを 見 上 げ 写 真 を 撮 ったりしながら ついに 隅 田 川 に 出 ました あいにくの 曇 り 空 で 風 も 少 しあ りましたが 桜 は 満 開 に 近 く 寮 生 はスカイ ツリーや 桜 を 背 景 に カメラやスマートフォ 春 の 行 事 も 一 段 落 し いよいよ 新 学 期 が 始 まる 寮 生 もいます これらの 行 事 に 参 加 し リフレッシュして 勉 強 や 研 究 に 励 んでいただ きたいと 思 っています ( 留 学 生 事 業 部 ) 小 田 原 ホームステイの 旅 私 たち 一 行 4 人 は 神 奈 川 県 小 田 原 市 酒 匂 にある 小 嶋 勲 先 生 の 家 で 2 泊 3 日 のホームス テイに 参 加 しました 4 月 1 日 の 午 後 飯 田 橋 駅 を 出 発 し 約 1 時 間 で 鴨 宮 駅 に 到 着 しま した 小 嶋 先 生 はもう 既 に 待 合 室 で 待 ってい ました この 2 日 間 では 小 田 原 城 を 見 学 し 歴 史 見 聞 館 国 立 印 刷 局 小 田 原 工 場 に 行 きました - 6 -

8 また 骨 董 市 に 足 を 踏 み 入 れてみたり 偶 然 酒 匂 神 社 の 祭 りの 行 列 に 出 会 ったりしました 最 後 の 一 日 では 満 開 の 桜 の 木 の 下 で 手 すき 紙 制 作 を 体 験 したり 1 億 円 の 紙 幣 を 持 ち 上 げる 体 験 をしたり 数 々の 日 中 友 好 を 肌 で 感 じました そしてお 二 人 が 育 てているミ カン 農 園 に 行 ったときには 農 業 の 面 白 さを 知 る 良 い 経 験 になりました さらに 後 楽 寮 食 堂 の 閻 虎 調 理 師 の 指 導 で 皆 さんと 一 緒 に 水 餃 子 を 作 り 大 家 族 の 温 かみを 体 験 できまし た して 私 たちを 待 っていたことです この 方 た ちと 一 緒 に 交 流 しながら 閻 調 理 師 から 高 度 な 技 術 の 餃 子 の 作 り 方 を 学 びました 中 国 美 食 知 識 とその 作 り 方 に 話 が 及 ぶと 彼 らが 持 っていた 中 華 料 理 に 対 する 誤 解 を 解 くことも できました この 体 験 を 通 して 私 たちは 中 日 交 流 の 大 きな 一 歩 を 踏 み 出 したと 言 えるで しょう 活 動 の 時 間 は 比 較 的 に 短 かったのですが 多 くの 美 しい 思 い 出 が 残 りました 小 嶋 先 生 は 温 和 で 親 しみやすく 偶 然 の 出 会 いや 数 々 の 体 験 の 中 で 多 くの 感 動 や 新 鮮 な 発 見 があり ました すべて 私 たちにとって 忘 れることが できない 記 憶 です 一 般 家 庭 の 日 常 生 活 を 体 験 できるこのよう な 活 動 が 途 切 れることなく 続 き 発 展 し 深 ま っていくことで 二 つの 国 の 思 想 や 文 化 歴 史 に 対 してより 一 層 理 解 が 深 まっていくと 信 じています これは 中 日 両 国 の 間 の 民 間 交 流 にとても 有 意 義 で その 価 値 があると 思 いま す 小 田 原 城 を 訪 ねる 今 回 小 嶋 先 生 ご 夫 妻 と 活 発 にお 話 し こ れが 私 たちの 活 動 に 一 層 の 彩 りを 与 えてくれ たといっても 良 いでしょう 到 着 した 当 日 の 夜 には 小 田 原 城 の 歴 史 や ご 自 分 の 家 庭 状 況 や 酒 匂 の 具 体 的 な 紹 介 また ご 自 身 の 教 師 の 経 歴 などにも 話 が 及 びました さらには 中 国 大 陸 台 湾 地 区 オーストラリアなどの 地 を 訪 れ 各 地 の 人 々と 交 流 された 素 晴 らし い 思 い 出 なども 話 してくださいました 特 に 王 暁 燕 先 生 と 王 梅 花 先 生 は 日 本 語 が 上 手 です から 世 界 中 のあらゆる 話 題 を 取 り 挙 げて 交 流 していました もう 一 つ 驚 いたことは 小 嶋 先 生 の 娘 さん の 友 達 が 本 場 の 餃 子 づくりの 技 術 を 学 ぶた めにわざわざ 車 で 来 て 1 時 間 以 上 前 に 到 着 自 分 たちで 作 ったおにぎりで 昼 食 小 嶋 先 生 一 家 の 熱 心 なご 招 待 に 十 分 感 謝 し ますとともに 日 中 友 好 会 館 留 学 生 事 業 部 の 先 生 方 に 感 謝 いたします ( 後 楽 寮 生 劉 猛 ) - 7 -

9 JENESYS2.0 中 国 大 学 生 訪 日 団 第 26 陣 が 来 日 一 行 99 名 が 東 京 神 奈 川 京 都 滋 賀 を 訪 問 会 館 だより 2016 年 5 月 号 No 月 8 日 から 3 月 15 日 までの 8 日 間 中 国 大 学 生 訪 日 団 第 26 陣 ( 団 長 = 程 海 波 中 国 日 本 友 好 協 会 副 秘 書 長 )が 来 日 した 本 団 は 中 国 で 音 楽 ファッションデザインを 学 ぶ 学 生 と 囲 碁 を 嗜 む 学 生 で 構 成 された 計 99 名 で 外 務 省 が 実 施 する JENESYS2.0 の 一 環 とし て 招 聘 した 訪 日 団 は 東 京 神 奈 川 京 都 滋 賀 を 訪 問 し 同 じ 専 門 や 趣 味 を 持 つ 日 本 の 大 学 生 ら と 交 流 し 専 門 分 野 に 関 する 視 察 参 観 やホ ームステイを 体 験 したほか クールジャパン をテーマとしたさまざまなプログラムに 参 加 し 文 化 歴 史 経 済 社 会 に 関 する 包 括 的 な 対 日 理 解 を 深 めた 専 門 テーマにあわせたプログラムに 参 加 団 員 は 第 1 分 団 は 囲 碁 を 嗜 む 学 生 第 2 分 団 はファッションデザイン 第 3 分 団 は 音 楽 を 学 ぶ 学 生 という 構 成 だった 囲 碁 を 嗜 む 学 生 は 東 京 で 日 本 棋 院 を 訪 問 し 日 本 の 若 手 プロ 棋 士 や 大 学 生 との 対 局 やプロ 棋 士 によ る 指 導 碁 などを 経 験 した 後 京 都 では 関 西 学 生 囲 碁 連 盟 に 所 属 する 大 学 生 と ペア 碁 を 楽 しんだ ファッションデザインを 学 ぶ 学 生 は 北 京 服 装 学 院 の 提 携 校 である 文 化 学 園 大 学 を 訪 問 し 日 本 の 同 分 野 の 教 育 事 情 を 理 解 し 京 都 では 京 都 外 国 語 大 学 中 国 語 学 科 の 学 生 の 案 内 で 龍 安 寺 金 閣 寺 を 参 観 した 音 楽 を 学 ぶ 学 生 は 神 奈 川 の 洗 足 学 園 音 楽 大 学 で 専 門 とする 楽 器 演 奏 を 互 いに 披 露 しあったほ か 京 都 では 龍 谷 大 学 混 声 合 唱 団 と 音 楽 交 流 を 行 った これらの 交 流 を 通 じて 共 通 の 専 門 趣 味 を 持 つ 日 中 大 学 生 は 言 葉 を 越 えて 友 情 を 育 んだ 日 本 の 大 学 生 とペアになって 囲 碁 交 流 この 他 第 2 分 団 と 第 3 分 団 はそれぞれの 専 門 にも 通 じる 能 楽 に 関 する 講 義 を 受 け 日 本 の 伝 統 芸 能 の 継 承 や 普 及 についても 理 解 を 深 めた 第 2 分 団 は 株 式 会 社 オンワード 樫 山 の 訪 問 オートクチュールの 歴 史 を 概 観 する ファッション 展 の 参 観 を 通 じて ファッショ ンデザインに 関 する 知 識 を 深 めた 第 3 分 団 はサントリーホールを 訪 問 し 世 界 有 数 のコ ンサートホールを 体 感 した また 第 1 分 団 の 学 生 は 早 稲 田 大 学 を 訪 問 し 日 本 の 大 学 キ ャンパスの 雰 囲 気 を 肌 で 感 じた ホストファミリーと 一 緒 にお 餅 作 り ( 滋 賀 県 日 野 町 ホームステイ) そのほか 一 行 は 京 都 では 清 水 寺 三 十 三 間 堂 伏 見 稲 荷 大 社 を 参 観 して 古 都 京 都 の 魅 力 を 満 喫 し 琵 琶 の 弾 き 語 り 鑑 賞 や 着 物 着 付 け 体 験 を 通 じて 日 本 の 伝 統 文 化 にも 触 れ た 滋 賀 県 日 野 町 ではホームステイを 経 験 し 農 村 地 域 に 暮 らす 人 々と 世 代 を 越 えて 心 を 通 わせた 東 京 ではお 台 場 原 宿 銀 座 東 京 タワー 等 で 若 者 文 化 や 都 心 のにぎわいを 感 じ - 8 -

10 浅 草 寺 皇 居 二 重 橋 を 参 観 して 歴 史 的 建 築 物 にも 触 れた また 環 境 施 設 や 防 災 施 設 東 証 Arrows を 視 察 することで 日 本 社 会 や 経 済 についても 理 解 を 深 め さまざまな 角 度 か ら クールジャパン を 体 感 した 中 国 大 学 生 からは 日 本 の 大 学 生 と 真 剣 に 全 力 で 囲 碁 対 局 したことが 素 晴 らしい 思 い 出 となっている 能 楽 セミナーは 伝 統 芸 能 の 保 護 や 伝 承 改 革 への 取 り 組 み 等 学 ぶことが 多 かった ホームステイでは 言 葉 の 障 害 を 真 心 が 取 り 除 いてくれた など 思 い 思 いの 感 想 が 聞 かれた 今 回 の 経 験 は 学 生 たちの 個 々の 学 びや 今 後 の 将 来 の 目 標 に 何 らかの 形 で 確 実 につな がっていくに 違 いない 本 団 の 受 け 入 れにご 協 力 くださった 関 係 機 関 関 係 者 の 皆 様 に この 場 を 借 りて 厚 く 御 礼 申 し 上 げたい ( 総 合 交 流 部 ) JENESYS2.0 中 国 青 年 公 益 事 業 交 流 団 が 来 日 2016 年 3 月 13 日 から 3 月 20 日 までの 日 程 で 中 国 青 年 公 益 事 業 交 流 団 ( 団 長 = 井 頓 泉 中 国 宋 慶 齢 基 金 会 副 主 席 )が 来 日 した 本 団 は 中 国 宋 慶 齢 基 金 会 および 中 国 宋 慶 齢 基 金 会 と 連 携 して 活 動 をしている 国 有 企 業 私 営 大 企 業 の 社 会 貢 献 部 の 青 年 ( 第 1 分 団 ) 中 国 政 府 各 部 門 の 青 年 ボランティア 協 会 の 青 年 ( 第 2 分 団 ) 公 共 管 理 について 研 究 している 若 手 研 究 者 大 学 生 ( 第 3 分 団 )で 構 成 された 計 93 名 で 外 務 省 が 推 進 する JENESYS2.0 の 一 環 として 招 聘 した 代 表 団 は 東 京 都 神 奈 川 県 兵 庫 県 大 阪 府 を 訪 問 し 厚 生 労 働 省 や 内 閣 府 のほか さ まざまな 企 業 でのブリーフや 自 治 体 公 益 事 業 関 係 者 ボランティア 大 学 生 との 交 流 などを 通 じて 日 本 の 公 益 事 業 分 野 に 対 する 理 解 を 深 めると 同 時 に 日 本 の 一 般 市 民 との 友 好 交 流 と 相 互 理 解 を 深 めた また 日 本 の 防 災 施 設 や 環 境 施 設 の 視 察 歴 史 的 建 造 物 の 参 観 日 本 文 化 体 験 などを 通 じて 包 括 的 な 対 日 理 解 を 深 めた ( 一 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 で 挨 拶 する 井 頓 泉 団 長 ( 左 2) 日 本 の 社 会 保 障 制 度 や 企 業 福 祉 施 設 を 視 察 一 行 は 厚 生 労 働 省 から 日 本 の 社 会 保 障 制 度 をテーマとしたブリーフを 受 け 医 療 保 険 介 護 保 険 年 金 保 険 等 社 会 保 障 の 基 礎 となるしくみを 学 んだ また 中 華 人 民 共 和 国 駐 日 本 国 大 使 館 を 訪 問 し 今 回 の 訪 日 活 動 や 日 中 交 流 の 意 義 について 理 解 を 深 めた 第 1 分 団 は ( 一 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 よ り 日 本 企 業 の CSR 活 動 の 現 状 と 課 題 について 説 明 を 受 けたほか 東 芝 では CSR の 紹 介 を 聞 き 東 芝 未 来 科 学 館 を 見 学 積 水 ハウス で は 公 益 信 託 基 金 を 利 用 した 社 会 貢 献 について の 説 明 を 受 け 日 本 企 業 の 社 会 貢 献 について 多 くの 事 例 を 学 び 理 解 を 深 めた 第 2 分 団 は 東 京 ボランティア 市 民 活 動 センターを 訪 問 し ボランティア 活 動 を 推 進 支 援 する 同 センターの 活 動 について 説 明 を 受 け 施 設 を 見 学 した また 神 戸 市 の 総 合 福 祉 施 設 しあ わせの 村 を 訪 問 し 神 戸 市 の 社 会 福 祉 サー ビスについての 説 明 を 受 け 老 人 ホームを 見 学 あしなが 育 英 会 神 戸 レインボーハウスで は 遺 児 支 援 団 体 としての 活 動 紹 介 を 受 け 施 設 を 見 学 する 等 官 民 の 社 会 福 祉 の 取 り 組 みを 学 んだ また 第 1 2 分 団 合 同 でエフピ コ 愛 パック 西 宮 工 場 を 訪 問 し 障 がい 者 雇 - 9 -

11 用 を 積 極 的 に 行 っている 企 業 の 取 り 組 みにつ いても 理 解 を 深 めた 第 3 分 団 は 内 閣 府 で 日 本 の 非 営 利 団 体 の 概 要 や 公 益 法 人 の 認 定 の 仕 組 みについて 説 明 を 受 けた また 日 本 大 学 法 学 部 を 訪 問 し 公 共 政 策 を 学 ぶ 大 学 生 と 交 流 したほか 高 齢 化 老 朽 化 が 進 む 兵 庫 県 神 戸 市 の 明 舞 団 地 でボランティアに 携 わる 大 学 生 と 交 流 する 等 同 じ 目 標 を 持 つ 同 世 代 と の 友 好 を 深 めた さらに 人 と 防 災 未 来 センターや ATC エイ ジレスセンターなどを 視 察 し 日 本 の 防 災 高 齢 化 対 応 システムについて 学 び 最 先 端 技 術 を 体 感 したほか 孫 文 記 念 館 を 見 学 し 日 中 の 交 流 の 歴 史 について 理 解 を 深 めることがで きた そのほか 浅 草 寺 や 江 戸 東 京 博 物 館 灘 の 酒 蔵 や 大 阪 城 等 の 見 学 和 ろうそくの 絵 付 け 体 験 や 和 風 旅 館 での 温 泉 体 験 などを 通 じ 日 本 の 伝 統 文 化 に 触 れた 今 回 の 訪 日 活 動 を 通 じ 団 員 からは 日 本 政 府 や 企 業 の 公 益 事 業 に 対 する 取 り 組 みについて 理 解 を 深 めるこ とができた 国 民 一 人 一 人 が 積 極 的 に 公 益 事 業 ボランティアに 参 加 していることが 分 か った 人 々の 規 律 正 しさや 優 しさ 環 境 保 護 に 対 する 意 識 の 高 さに 感 銘 を 受 けた など さまざまな 声 が 挙 がった の 皆 様 に この 場 を 借 りて 厚 く 御 礼 申 し 上 げ たい ( 総 合 交 流 部 ) JENESYS2.0 中 国 食 品 衛 生 関 係 者 代 表 団 が 来 日 2016 年 3 月 23 日 から3 月 30 日 までの8 日 間 中 国 食 品 衛 生 関 係 者 代 表 団 ( 団 長 = 于 文 軍 中 国 国 家 質 量 監 督 検 験 検 疫 総 局 輸 出 入 食 品 安 全 局 副 巡 視 員 )が 来 日 した 本 団 は 中 国 国 家 質 量 監 督 検 験 検 疫 総 局 および 各 省 の 出 入 境 検 験 検 疫 局 の 青 年 で 構 成 された 計 30 名 で 外 務 省 が 実 施 する JENESYS2.0 の 一 環 とし て 招 聘 した 厚 生 労 働 省 と 農 林 水 産 省 のブリーフで 行 政 が 取 り 組 む 食 品 安 全 や 検 疫 の 全 体 像 を 理 解 代 表 団 は 東 京 神 奈 川 栃 木 を 訪 問 し 厚 生 労 働 省 や 食 品 加 工 企 業 などの 視 察 交 流 を 行 い 日 本 の 食 品 衛 生 分 野 に 関 する 取 り 組 みについて 理 解 を 深 めたほか 世 界 遺 産 や 防 災 施 設 の 参 観 など さまざまなプログラムを 通 じて 包 括 的 な 対 日 理 解 を 深 めた 神 戸 市 の 総 合 福 祉 施 設 しあわせの 村 内 にある 老 人 ホーム 神 港 園 しあわせの 家 を 見 学 8 日 間 の 多 彩 な 活 動 を 通 じて 団 員 は 専 門 分 野 以 外 にも 広 く 日 本 に 対 する 理 解 や 関 心 を 一 層 高 め 日 本 を 身 近 に 感 じる 経 験 となった 本 団 の 受 け 入 れにご 協 力 くださったご 関 係 日 本 の 食 品 安 全 行 政 のしくみや 輸 入 の 現 状 を 学 ぶ 一 行 は 厚 生 労 働 省 より 食 品 安 全 行 政 の 概 要 のブリーフを 受 け 日 本 の 食 品 安 全 お よび 食 品 衛 生 についての 法 律 地 方 自 治 体 や 関 連 省 庁 組 織 と 連 携 した 行 政 の 展 開 をベー スに 日 本 の 食 品 輸 入 の 現 状 や 検 査 検 疫 の

12 手 順 を 学 んだ また 農 林 水 産 省 からも 日 本 における 最 近 の 家 畜 衛 生 をめぐる 情 勢 につい て の 説 明 を 受 けた 団 員 からは 検 査 計 画 や 輸 出 入 時 に 違 反 があった 場 合 の 対 応 具 体 的 な 検 査 内 容 等 の 質 問 が 挙 がり 両 省 の 役 割 分 担 の 違 いを 明 らかにしながら 日 本 の 検 査 検 疫 の 全 体 像 についてさらに 理 解 を 深 めた 製 造 現 場 の 衛 生 品 質 管 理 を 体 感 専 門 分 野 の 視 察 交 流 では 日 本 の 代 表 的 な 食 品 飲 料 メーカーの 生 産 拠 点 を 訪 問 した 日 本 水 産 株 式 会 社 の 八 王 子 総 合 工 場 では 製 造 工 程 や 品 質 管 理 体 制 の 説 明 を 受 けた 後 魚 肉 ソーセージとカニフレークの 製 造 工 場 を 見 学 異 物 混 入 検 査 や 殺 菌 工 程 など 現 場 での 衛 生 安 全 管 理 のポイントで 多 くの 質 問 が 挙 がった 同 社 東 京 イノベーションセンターで は 食 品 分 析 商 品 開 発 技 術 開 発 の 3 つの 研 究 施 設 を 見 学 製 品 だけでなく 自 社 の 工 場 機 器 設 備 を 創 出 する 技 術 開 発 まで 担 っている 点 は 強 く 団 員 の 興 味 を 引 いた 昼 食 は 日 本 水 産 製 品 を 使 ったバラエティに 富 んだ 料 理 を 試 食 し 実 際 に 目 で 見 て 舌 で 味 わうことで 日 本 の 食 品 の 品 質 の 高 さを 体 感 した アサヒビール 神 奈 川 工 場 は ガラス 越 しに 工 場 設 備 を 見 学 したほか 麦 やホップなどの 原 料 にじかに 触 れたり 最 新 鋭 の 映 像 システ ムで 製 造 ラインを 間 近 で 見 ているような 臨 場 感 を 味 わいながら ビールの 生 産 工 程 をたど った ビール 製 造 に 関 しては 一 般 的 なことに とどまらず 専 門 性 の 高 い 質 問 も 出 て 日 本 の ビールに 対 する 関 心 の 高 さがうかがえた 栃 木 県 ではハウス 食 品 株 式 会 社 関 東 工 場 を 訪 問 品 質 管 理 部 門 の 説 明 では 通 常 時 の 安 全 衛 生 への 取 り 組 み 事 例 が 具 体 的 に 紹 介 さ れたほか 福 島 原 発 事 故 後 の 放 射 線 検 査 の 体 制 現 状 についても 説 明 があった 工 場 見 学 では カレールウが 製 品 トレイに 密 封 され 賞 味 期 限 が 印 字 される 包 装 工 程 と 製 品 出 荷 までの 管 理 がすべて 自 動 化 されたラック 倉 庫 を 間 近 で 見 ることができた 生 産 拠 点 の 訪 問 に 加 え 流 通 の 要 である 東 京 都 中 央 卸 売 市 場 大 田 市 場 も 視 察 全 国 から 集 められる 食 材 の 流 通 プロセス 臨 場 感 ある せり の 様 子 や 取 引 のしくみ 場 内 での 衛 生 検 査 などついて 学 んだ 後 日 本 最 大 規 模 の 青 果 棟 を 中 心 に 場 内 を 見 学 した 製 品 トレイに 密 封 されたカレールウの 包 装 工 程 を 見 学 (ハウス 食 品 関 東 工 場 ) どの 訪 問 先 でも 温 かく 迎 えられ それぞれ の 特 色 から 現 場 における 食 品 衛 生 の 方 針 や 実 務 について 率 直 な 意 見 交 換 がなされ 収 穫 の 多 い 交 流 となった このほか 一 行 は 東 京 で 国 会 議 事 堂 日 本 科 学 未 来 館 東 京 臨 海 広 域 防 災 公 園 等 栃 木 で 日 光 東 照 宮 や 華 厳 の 滝 の 参 観 神 奈 川 でい ちご 狩 り 体 験 を 通 じ さまざまな 角 度 から 日 本 の 魅 力 を 満 喫 した ほとんどが 初 来 日 だった 団 員 からは 日 本 の 衛 生 分 野 に 関 する 考 え 方 や 品 質 衛 生 管 理 システムは 非 常 に 参 考 になった 工 場 内 の 自 動 化 の 技 術 や 環 境 保 護 対 策 を 中 国 でも 取 り 入 れたい 日 本 人 の 友 好 的 な 対 応 や 心 温 まる おもてなしに 感 激 した 今 回 の 体 験 で 感 じた ことを 皆 に 伝 えたい などの 感 想 が 聞 かれた 本 団 の 受 け 入 れにご 協 力 くださった 関 係 機 関 関 係 者 の 皆 様 に この 場 を 借 りて 厚 く 御 礼 申 し 上 げたい ( 総 合 交 流 部 )

13 コ ラ ム 日 中 文 化 交 流 の 将 来 の 姿 ( 公 財 ) 日 中 友 好 会 館 副 会 長 宮 本 雄 二 21 世 紀 に 入 り 中 国 が 再 び 世 界 大 国 として 登 場 し 中 国 の 夢 の 実 現 に 大 きな 一 歩 を 踏 み 出 している 明 治 以 来 日 本 も 国 際 システムの 重 要 なプレーヤー であり これからもそうあり 続 ける 日 中 関 係 の 成 り 行 きは これからも 東 アジアの 将 来 に 決 定 的 な 影 響 を 及 ぼすのだ 日 中 がガタガタしていたのでは こ の 地 域 の 平 和 も 発 展 もない 安 定 した 協 力 関 係 を 築 くためにも まず 相 手 に 対 する 正 確 な 理 解 それに 基 づく 敬 意 を 持 てるかどうかが 決 定 的 に 重 要 となる そ の 突 破 口 の 一 つが 日 中 の 文 化 交 流 の 歴 史 をしっかりと 学 ぶことではないだろうか 中 国 文 化 が 日 本 に 大 きな 影 響 を 与 えてきたことは 誰 でも 知 っ ている だが それがいかに 大 きかったかについて 日 本 社 会 の 知 識 は 次 第 に 薄 れているのではないか 唐 や 宋 の 時 代 だけでは なく あの 鎖 国 の 江 戸 時 代 でも 明 や 清 の 文 化 は 日 本 に 大 きな 影 響 を 与 え 続 けた 明 治 となり 日 本 が 西 洋 化 にまい 進 すると 中 国 文 化 の 居 場 所 も 狭 まり 日 本 人 の 記 憶 も 薄 れ 日 本 文 化 の 発 展 に 貢 献 した 個 々の 中 国 人 の 名 前 を 知 る 人 も 少 なくなった 中 国 には 日 本 文 化 は 中 国 文 化 の 亜 流 だという 意 識 が 強 い 主 流 が 亜 流 を 学 ぶ 必 要 はない 明 治 になっ って 日 本 を 訪 れた 中 国 の 多 くの 知 識 人 は 日 本 が 学 んだだ 西 洋 の 知 識 には 強 い 関 心 を 示 したが 日 本 の 文 化 に 関 心 を 示 す 者 はほとんどいなかった 一 般 的 に 言 って 中 国 の 日 本 文 化 理 解 の 水 準 は 低 い それだからこそ 日 中 の 文 化 交 流 を 格 段 に 強 化 する 必 要 がある しかも 新 たな 視 点 と重 点 が 要 る 日 本 においては 忘 れられた 日 本 文 化 に 貢 献 した 中 国 人 を 発 掘 し 日 本 社 会 に 紹 介 する ことだ 中 国 においては 中 国 の 影 響 を 強 く 受 けながら 日 本 が 中 国 の 亜 流 ではない 独 自 の 文 化 を 発 展 させたことを 紹 介 することだ これらが 実 現 した時 日 本 と中 国 日 本 人 と 中 国 人 は ようやく 等 身 大 の 相 手 にさらにに 近 づいていることであろう

14 理 事 長 のツイッター ( 公 財 ) 日 中 友 好 会 館 理 事 長 武 田 勝 年 3 月 31 日 早 稲 田 大 学 で 行 われた AIE 国 際 教 育 協 会 ( 本 部 : 北 京 )の 修 了 証 書 授 与 式 典 で 中 国 から 来 られた 約 40 名 の 若 い 方 々と 交 流 する 機 会 があり 私 は 日 中 の 若 者 への 期 待 と 言 うテーマで 以 下 のお 話 をしました 日 中 間 の 長 い 往 来 の 歴 史 と 地 理 的 条 件 を 考 えれば 日 中 両 国 国 民 の 相 互 信 頼 相 互 協 力 が 世 界 の 安 定 と 発 展 に 大 いに 貢 献 できることは 間 違 いない 両 国 の 若 い 世 代 が 大 局 と 長 期 的 観 点 に 立 って 考 え 行 動 すれば 安 定 した 両 国 関 係 を 構 築 できると 確 信 している 1. 相 手 国 に 対 する 理 解 中 国 共 産 党 による 専 制 政 治 体 制 を 外 国 人 が 自 分 の 価 値 観 に 基 づいて 論 評 することは 許 される と 思 うが 共 産 党 の 執 権 は 中 国 国 民 の 選 択 であり その 国 民 の 意 思 は 尊 重 すべきである 中 国 の 大 きな 課 題 である 環 境 汚 染 問 題 は 中 国 政 府 企 業 国 民 がその 解 決 に 努 力 しているが 膨 大 な 資 金 と 長 い 時 間 を 要 するものと 思 われる 若 者 は 先 ず 相 手 国 を 正 しく 理 解 する 努 力 をし て 頂 きたい 日 本 の 若 者 は あるがままの 中 国 を 理 解 して 温 かい 気 持 ちで 中 国 国 民 の 努 力 を 見 守 り 相 互 協 力 の 道 を 模 索 すべきである 同 様 に 中 国 の 若 者 は 偏 見 を 持 たずに 日 本 を 観 察 し 日 本 に 対 する 理 解 を 深 めて 頂 きたい 必 ず 日 本 の 良 さ 魅 力 を 発 見 できると 思 う 少 なく とも 現 在 の 日 本 国 民 が 軍 国 主 義 を 志 向 していないことは 分 かる 筈 である 2. 双 方 の 長 所 を 学 ぶ 私 は 中 国 人 の 大 局 観 に 敬 服 している 課 題 解 決 のための 重 要 な 要 素 を 把 握 し 長 期 的 観 点 に 立 って 考 える 細 かい 事 象 に 惑 わされない 一 方 日 本 人 は 細 かい 点 に 十 分 注 意 して 綿 密 な 計 画 を 作 成 することに 長 けている 又 組 織 或 はグループで 課 題 に 取 り 組 むことを 得 意 として いる 双 方 の 若 者 が 相 手 の 提 案 や 意 見 に 謙 虚 に 耳 を 傾 け 双 方 の 長 所 を 取 り 入 れて 事 業 を 推 進 すればより 良 い 成 果 が 得 られる 3. 本 職 に 注 力 両 国 の 若 者 には 自 分 の 本 職 を 通 じて 社 会 に 貢 献 するために 最 大 の 努 力 をして 頂 きたい 職 務 を 通 じて 生 み 出 される 社 会 的 価 値 の 合 計 が 国 家 の 生 産 力 であり 経 済 発 展 の 原 動 力 である 本 職 を 通 じて 付 加 価 値 を 生 み 出 している 人 物 は 輝 いている 輝 いている 人 物 は 自 国 民 のみなら ず 外 国 人 との 間 でも 信 頼 関 係 を 構 築 することができる 国 家 間 の 健 全 な 関 係 の 基 礎 は 国 民 個 々 人 の 間 の 信 頼 関 係 である

15 会 館 行 事 と 人 の 動 き 3/1~31 会 館 行 事 2/25~4/10 主 催 展 現 代 中 国 の 美 術 百 花 繚 乱 中 国 リアリズムの 煌 めき 3/ 3 後 楽 会 気 功 教 室 3/ 4 第 19 回 理 事 会 3/ 8~15 JENESYS2.0 中 国 大 学 生 訪 日 団 第 26 陣 来 日 (3/9 同 団 歓 迎 会 3/14 歓 送 報 告 会 ) 3/13~20 JENESYS2.0 中 国 青 年 公 益 事 業 交 流 団 来 日 (3/14 同 団 歓 迎 会 3/19 歓 送 報 告 会 ) 3/16~17 後 楽 寮 生 日 本 文 化 体 験 ( 群 馬 県 万 座 温 泉 ) 3/17 後 楽 会 気 功 中 国 画 教 室 3/18 第 9 回 評 議 員 会 3/19 主 催 展 百 花 繚 乱 中 国 リアリズムの 煌 めき 関 連 イベント ギャラリートーク 3/23~30 JENESYS2.0 中 国 食 品 衛 生 関 係 者 代 表 団 来 日 (3/24 同 団 歓 迎 会 3/29 歓 送 報 告 会 ) 3/25 第 25 回 観 桜 会 3/27 主 催 展 百 花 繚 乱 中 国 リアリズムの 煌 めき 関 連 イベント ミュージアムミニコンサート 後 楽 寮 生 花 見 交 流 会 ( 於 : 浜 離 宮 ) 来 館 訪 問 面 会 3/ 1 朝 日 新 聞 社 大 野 博 人 論 説 主 幹 来 館 ( 武 田 理 事 長 小 島 事 務 局 長 総 合 交 流 部 ) 3/ 3 江 田 会 長 事 務 所 訪 問 ( 劉 智 剛 副 会 長 鄭 中 国 代 表 理 事 ) 3/ 4 中 国 大 使 館 訪 問 ( 劉 智 剛 副 会 長 鄭 中 国 代 表 理 事 ) 3/10 総 合 研 究 大 学 院 大 学 田 村 克 己 国 際 担 当 理 事 他 来 館 ( 留 学 生 事 業 部 ) 3/14 蹴 鞠 保 存 会 高 野 健 次 理 事 来 館 ( 武 田 理 事 長 ) 創 価 学 会 岡 部 高 弘 副 会 長 訪 問 ( 武 田 理 事 長 ) 3/17 ( 一 財 ) 日 本 国 際 協 力 センター 山 名 健 司 事 務 局 長 来 館 ( 荒 井 常 務 理 事 ) 3/22 文 教 大 学 文 学 部 加 納 陸 人 教 授 来 館 ( 武 田 理 事 長 ) 3/23 総 合 研 究 大 学 院 大 学 栗 木 哲 教 授 他 来 館 ( 留 学 生 事 業 部 ) 3/24 順 天 堂 大 学 国 際 交 流 センター 宮 下 和 夫 課 長 他 来 館 ( 留 学 生 事 業 部 ) 3/25 山 東 省 淄 博 市 観 光 局 張 守 君 局 長 来 館 ( 武 田 理 事 長 ) 3/28 中 国 文 化 部 対 外 文 化 聯 絡 局 王 晨 局 長 助 理 他 来 館 ( 武 田 理 事 長 鄭 中 国 代 表 理 事 荒 井 常 務 理 事 文 化 事 業 部 ) 行 事 参 加 その 他 の 活 動 3/28 日 本 寧 波 商 会 設 立 総 会 ( 武 田 理 事 長 ) 3/30 中 野 区 日 中 友 好 協 会 交 流 会 ( 留 学 生 事 業 部 後 楽 寮 生 ) 3/31 ( 一 財 ) 国 際 教 育 協 会 座 談 会 ( 武 田 理 事 長 ) -14-

16 発 行 2016 年 5 月 1 日 発 行 第 323 号 公 益 財 団 法 人 日 中 友 好 会 館 東 京 都 文 京 区 後 楽 1 丁 目 5 番 3 号 電 話 (03) FAX(03)

会館行事と人の動き 7/1~31

会館行事と人の動き 7/1~31 会 館 だ よ り 2011 年 11 月 号 第 269 号 財 団 法 人 日 中 友 好 会 館 会 館 だより 11 月 号 の 内 容 行 事 案 内 日 中 友 好 会 館 美 術 館 第 十 回 天 真 書 法 塾 発 表 会 第 十 四 回 国 際 水 墨 画 交 流 展 日 中 友 好 後 楽 会 後 楽 会 会 員 総 会 秋 季 ハイキング 活 動 記 録 日 中 友 好 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3238944E9378208E968BC68C7689E68F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3238944E9378208E968BC68C7689E68F91> 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 日 中 友 好 会 館 平 成 28 年 3 月 1 日 平 成 28 年 度 事 業 計 画 概 要 [Ⅰ] 公 益 目 的 事 業 1. 青 少 年 交 流 教 育 交 流 事 業 : 総 合 交 流 部 日 本 政 府 は 平 成 27 年 度 補 正 予 算 により 日 中 植 林 植 樹 国 際 連 帯 事 業 を 実 施

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機 告 収 算 評 理 致 承 認 施 域 緊 密 携 係 機 得 着 執 努 初 針 効 果 げ 基 基 差 別 禁 止 仮 称 ざ 向 態 求 反 映 べ 携 革 望 受 託 精 代 表 資 拡 充 展 浜 崎 情 交 換 売 店 財 貴 重 財 源 確 保 引 続 効 率 発 財 人 戸 井 田 愛 2210844 浜 区 沢 渡 42 電 話 0453118736 FAX 0453166860

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

Microsoft Word - 1.表紙・目次160517

Microsoft Word - 1.表紙・目次160517 会 館 だより 2016 年 6 月 号 No.324 公 益 財 団 法 人 日 中 友 好 会 館 目 次 行 事 案 内 日 中 友 好 会 館 美 術 館 主 催 展 中 国 紙 工 芸 展 ~2015 上 海 オリジナル 紙 芸 展 より~ 貸 美 術 館 催 事 中 日 友 好 書 道 展 日 中 友 好 後 楽 会 定 例 談 話 会 について 新 規 会 員 ご 紹 介 活 動 記

More information

ÿþ

ÿþ (2) 騒 音 振 動 悪 臭 の 防 止 ア 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 (ア) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 と 地 域 類 型 指 定 時 の 区 分 地 域 類 型 夜 ( 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 ) ( 午 後 10 時 ~ 午 前 6 時 ) A 55 デシベル 以 下 5 デシベル 以 下 類 型 指 定 地 域 ( 概 要 ) 第 1 種 低 層 住 居

More information

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料 補 足 資 料 主 要 庁 舎 の 移 転 再 配 置 計 画 (イメージ) 第 2 期 初 築 地 の 海 洋 情 報 部 を 臨 海 部 に 仮 移 転 (1) 第 2 期 末 東 京 国 税 局 を 築 地 に 移 転 気 象 庁 を 霞 が 関 近 辺 ( 虎 ノ 門 )に 移 転 (2) 25 年 内 閣 府 新 合 同 庁 舎 建 設 (3) 第 3 期 初 大 手 町 を (4) 第

More information

歳入金等取扱庁一覧

歳入金等取扱庁一覧 ア 00036256 相 生 税 務 署 国 税 収 納 金 整 理 資 金 678-0055 相 生 市 那 波 本 町 6-1 管 理 運 営 徴 収 部 門 0791(23)0231 ア 00008837 愛 光 女 子 学 園 一 般 会 法 務 省 201-0001 狛 江 市 西 野 川 3-14-6 庶 務 課 0424(480)2178-9 ア 00077445 愛 知 県 一 般

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水

議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水 議 会 議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水 戸 市 議 団 改 革 水 戸 2 4 6 公 明 党 水 戸 市 議 会 5 5 民 主 社

More information

2 浜 松 基 地 納 涼 の 夕 べを 開 催 724 4 月 29 日 著 しく 危 険 性 の 高 い 業 務 に 励 み 社 会 に 貢 献 さ れた 人 を 対 象 とする 第 24 回 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 が 表 彰 され 浜 松 つばさ 会 から 次 に 方 が 叙 勲

2 浜 松 基 地 納 涼 の 夕 べを 開 催 724 4 月 29 日 著 しく 危 険 性 の 高 い 業 務 に 励 み 社 会 に 貢 献 さ れた 人 を 対 象 とする 第 24 回 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 が 表 彰 され 浜 松 つばさ 会 から 次 に 方 が 叙 勲 1 陸 軍 爆 撃 隊 発 祥 之 地 碑 碑 前 祭 について 日 時 : 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 10 時 から 場 所 : 浜 松 基 地 南 地 区 陸 軍 爆 撃 隊 発 祥 之 地 碑 前 102813 TEL437-5635 平 成 27 年 度 浜 松 つばさ 会 総 会 行 事 を 開 催 浜 松 つばさ 会 は 平 成 27 年 度 総 会 行 事 (

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

H27県報別冊表紙

H27県報別冊表紙 平 成 2 7 年 9 月 1 7 日 千 葉 県 報 号 外 特 第 1 号 別 冊 平 成 27 年 基 準 地 の 単 位 面 積 当 たりの 価 格 等 千 葉 県 目 次 千 葉 市 中 央 区 1 酒 々 井 町 62 千 葉 市 花 見 川 区 4 栄 町 63 千 葉 市 稲 毛 区 5 神 崎 町 63 千 葉 市 若 葉 区 7 多 古 町 63 千 葉 市 緑 区 8 東 庄

More information

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研 47 8 47 8 公 町 央 -5-5 ワザ TEL084-5 FAX084-505 柿 所 柿 町 原 8- TEL/FAX0857-9 素 晴 底 づ 47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

27.2 確定版.xlsx

27.2 確定版.xlsx Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 03-6892-0752) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理

More information

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩 都 道 府 県 所 属 名 住 所 北 海 道 大 麻 高 等 学 校 江 別 市 大 麻 147 番 地 北 海 道 士 別 翔 雲 高 校 士 別 市 東 六 条 北 6 丁 目 24 番 地 北 海 道 旭 川 北 高 校 旭 川 市 花 咲 町 3 丁 目 北 海 道 富 良 野 高 校 富 良 野 市 末 広 町 1 1 北 海 道 札 幌 開 成 高 校 札 幌 市 東 区 北 22 条

More information

Taro12-5月特養.jtd

Taro12-5月特養.jtd 特 コナ 特 四 月 金 車 中 え 声 聞 開 花 早 境 内 部 葉 花 見 緒 来 残 念 天 気 気 温 温 調 外 和 境 内 沢 山 屋 台 並 参 加 焼 そ 好 焼 各 々 食 べ 物 注 文 召 外 食 べ 食 笑 顔 美 味 美 味 召 又 境 内 大 迫 力 太 鼓 演 奏 聴 煌 び 衣 装 稚 児 列 見 わ ね ほ ほ え 場 面 見 帰 う? 聞 来 寒 冬 明 久 ぶ

More information

富山県商工会議所連合会

富山県商工会議所連合会 平 成 27 年 度 事 業 報 告 Ⅰ. 総 会 1. 通 常 総 会 (1) と き 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) (2) と こ ろ ANA クラウンプラザホテル 富 山 (3) 議 事 議 案 第 1 号 役 員 の 選 任 について 議 案 第 2 号 平 成 26 年 度 事 業 報 告 について 議 案 第 3 号 平 成 26 年 度 収 支 決 算 について 議

More information

<91CE90ED8C8B89CA C8E FA95AA816A2D322E786477>

<91CE90ED8C8B89CA C8E FA95AA816A2D322E786477> 成 績 表 男 子 学 校 対 抗 女 子 学 校 対 抗 都 道 府 県 名 都 道 府 県 名 優 勝 1 野 田 学 園 山 口 県 優 勝 1 明 徳 義 塾 高 知 県 準 優 勝 2 青 森 山 田 青 森 県 準 優 勝 2 四 天 王 寺 大 阪 府 第 位 愛 知 工 業 大 学 名 電 愛 知 県 第 位 土 佐 女 子 高 知 県 第 位 東 山 京 都 府 第 位 青 森 山

More information

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局 人 事 発 令 平 成 28 年 4 月 1 日 付 総 務 局 総 務 部 人 事 課 [ 局 長 級 ] 総 合 政 策 局 長 金 親 芳 彦 ( 市 民 局 長 ) 市 民 局 長 小 池 浩 和 ( 総 務 局 情 報 経 営 部 長 ) 保 健 福 祉 局 次 長 竹 川 幸 夫 ( 財 政 局 税 務 部 長 ) こども 未 来 局 長 山 田 啓 志 ( 総 務 局 市 長 公 室

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

北海道 函館支部

北海道 函館支部 福 井 県 支 部 支 部 長 : 文 珠 四 郎 博 もんじゅしろう ひろ(S46 法 法 律 ) 事 務 局 長 : 小 林 謙 一 こばやし けんいち (S47 経 経 済 ) 支 部 内 同 窓 生 数 447 人 以 下 のとおり 開 催 されました 平 成 28 年 度 福 井 県 支 部 総 会 のお 知 らせ 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 ) 16:00~ 年

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

Microsoft PowerPoint - しこくみちvol.11(原稿).pptx

Microsoft PowerPoint - しこくみちvol.11(原稿).pptx 平 成 25 年 度 農 業 農 村 整 備 事 業 の 概 要 平 成 25 年 度 予 算 が 成 立 し 新 たな 事 業 等 が 設 けられております 今 回 はその 中 から 土 地 改 良 区 が 主 体 となって 取 り 組 むことが 可 能 な 補 助 事 業 を 中 心 にご 紹 介 します 簡 易 な 整 備 や 施 設 の 点 検 ハザードマップの 作 成 等 も 可 能 で

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 )

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 ) 2014 年 5 月 大 東 文 化 大 学 ギタークラブ&OB 会 ホームページ http://www.ic.daito.ac.jp/~ishizaki/ ギタークラブ 創 立 50 周 年 記 念 祝 賀 会 50 周 年 記 念 祝 賀 会 参 加 者 ( 平 成 25 年 6 月 15 日 於 板 橋 キャンパス) 多 数 のOBの 皆 さまとそのご 家 族 にご 出 席 いただきました 太

More information

掲 将 像 然 笑 寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君 戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 --

掲 将 像 然 笑  寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君  戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 -- 標 準 減 村 免 許 盆 環 境 算 己 直 滞 納 康 孫 標 常 欠 努 己 診 越 康 振 存 敬 老 祝 敬 老 祝,,,,, 敬 老 祝 歳 昭 和 米 寿 昭 和 歳 白 寿 歳 密 ュ ニ 拠 点 増 注 緊 率 著 影 響 緊 則 頃 維 持 努 況 オ cc 白 乙 cc 黄 色 甲 cc 従 型 希 望 諸 線 告 皆 移 末 屋 般 執 候 候 案 田 井 砂 宮 馬 己 食

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

目 次 1. 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 1 2. 政 務 活 動 費 として 支 出 できない 経 費 ( 参 考 事 例 ) 2 3. 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 に 係 る 運 用 指 針 3~9 4. 様 式 集 1

目 次 1. 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 1 2. 政 務 活 動 費 として 支 出 できない 経 費 ( 参 考 事 例 ) 2 3. 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 に 係 る 運 用 指 針 3~9 4. 様 式 集 1 平 成 25 年 3 月 奈 良 市 議 会 政 務 活 動 費 執 行 の 手 引 奈 良 市 議 会 目 次 1. 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 1 2. 政 務 活 動 費 として 支 出 できない 経 費 ( 参 考 事 例 ) 2 3. 政 務 活 動 費 を 充 てることができる 経 費 の 範 囲 に 係 る 運 用 指 針 3~9 4. 様 式 集

More information

(別添2)高校生コース第2 期派遣留学生選考学校別採用者数

(別添2)高校生コース第2 期派遣留学生選考学校別採用者数 ( 別 添 2) 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース ~ 採 用 生 徒 等 数 一 覧 ( 高 等 学 校 等 別 ) 人 都 道 府 県 国 公 私 立 高 等 学 校 等 名 北 海 道 公 立 北 海 道 旭 川 商 業 高 等 学 校 0 1 北 海 道 公 立 北 海 道 旭 川 東 高 等 学

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

55558 8 款 七 五 方 違 利 義 差 投 票 立 候 届 締 切 立 候 超 無 投 票 最 思 機 関 次 織 投 票 得 八 口 但 五 超 納 必 要 八 属 設 趣 旨 場 種 態 偏 恐 設 へ 割 額 勘 案 割 得 改 程 八 立 候 六 七 五 口 関 知 役 八 満 了

55558 8 款 七 五 方 違 利 義 差 投 票 立 候 届 締 切 立 候 超 無 投 票 最 思 機 関 次 織 投 票 得 八 口 但 五 超 納 必 要 八 属 設 趣 旨 場 種 態 偏 恐 設 へ 割 額 勘 案 割 得 改 程 八 立 候 六 七 五 口 関 知 役 八 満 了 No.484 :, 4 席 田 順 株 式 田 自 動 車 代 表 取 締 役 褒 賞 佐 坂 秀 俊 前 東 旅 客 鉄 道 株 式 信 濃 川 発 電 改 善 前 謝 丸 山 秀 授 与 948-88 潟 駅 番 TE55-5 FAX55-44 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UR http:www.tokamachi-cci.or.jp P P P4 P5 P8

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 資 料 創 歴 代 氏 名 在 職 期 氏 名 在 職 期 初 代 田 中 敏 夫 昭 和 37 11 1 ~ 昭 和 41 3 31 11 野 博 司 昭 和 63 4 1 ~ 4 3 31 2 熊 沢 源 三 昭 和 41 4 1 ~ 昭 和 43 3 31 12 渡 辺 良 禎 4 4 1 ~ 8 3 31 3 高 野 出 男 昭 和 43 4 1 ~ 昭 和 45 3 31 13 高 桑 利

More information

(3) 平 成 27 年 度 の 全 奨 学 生 の 状 況 上 記 (1)の 新 規 採 択 奨 学 生 13 名 と(2)の 継 続 奨 学 生 12 名 を 合 わせ 平 成 27 年 度 の 奨 学 生 総 数 は 25 名 となった その 内 訳 ( 新 規 継 続 別 国 籍 別 大 学

(3) 平 成 27 年 度 の 全 奨 学 生 の 状 況 上 記 (1)の 新 規 採 択 奨 学 生 13 名 と(2)の 継 続 奨 学 生 12 名 を 合 わせ 平 成 27 年 度 の 奨 学 生 総 数 は 25 名 となった その 内 訳 ( 新 規 継 続 別 国 籍 別 大 学 平 成 27 年 度 事 業 報 告 書 Ⅰ. 事 業 の 状 況 1. 奨 学 金 支 給 事 業 (1) 平 成 27 年 度 新 規 奨 学 生 の 選 考 採 択 1) 12 の 大 学 ( 国 立 7 私 立 5)に 依 頼 し 27 名 の 候 補 者 ( 男 性 13 女 性 14)の 推 薦 をいただいた 2) 平 成 27 年 3 月 28 日 開 催 の 選 考 委 員 会 にて

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 2 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 渡 仏 90 周 年 記 念 蕗 谷 虹 児 の 描 く ド ラ マ チ ッ ク 絵 本 原 画 展 婚 活 イ ベ ン ト 和 ス イ ー ツ を 囲 ん で 楽 し い ひ と 時 を 新 庁 舎 駅 前

More information

2013 年 倉 吉 市 市 勢 要 覧 統 計 資 料 編 市 章 市 民 憲 章 はク はラ は 吉 で クとラと 吉 を 組 み 合 わせてまとめたものです 円 形 を 型 どるは 円 満 なる 融 和 を 示 し 市 民 の 強 固 なる 団 結 を 表 現 また 中 央 の 突 起 は 将 来 倉 吉 市 の 発 展 を 表 徴 しています 昭 和 29 年 3 月 29 日 議 決 わたくしたち

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

6 2 無 錫 市 明 石 市 児 童 作 品 交 流 展 を 開 催 無 錫 師 範 学 校 附 属 小 学 校 と 市 立 明 石 小 学 校 が 児 童 の 作 品 を 交 換 し 明 石 市 では 文 化 博 物 館 及 び 市 役 所 2 階 ロビーにて 無 錫 市 の 児 童 の 作 品

6 2 無 錫 市 明 石 市 児 童 作 品 交 流 展 を 開 催 無 錫 師 範 学 校 附 属 小 学 校 と 市 立 明 石 小 学 校 が 児 童 の 作 品 を 交 換 し 明 石 市 では 文 化 博 物 館 及 び 市 役 所 2 階 ロビーにて 無 錫 市 の 児 童 の 作 品 25 28 明 石 市 高 年 クラブ 連 合 会 友 好 交 流 団 友 好 訪 問 明 石 市 高 年 クラブ 連 合 会 友 好 交 流 団 一 行 13 名 が 無 錫 市 を 訪 問 し 老 人 クラブと 交 流 を 深 9. 23 南 京 博 物 院 無 錫 市 博 物 館 特 別 展 文 物 借 用 団 訪 中 教 育 部 次 長 を 団 長 とする 一 行 3 名 が 特 別 展 9.

More information

「2005年日中経済協力会議-於瀋陽」参加・現地視察訪中団

「2005年日中経済協力会議-於瀋陽」参加・現地視察訪中団 2011 開 協 -024 2011 年 7 月 4 日 各 位 ( 一 財 ) 日 中 経 済 協 会 日 中 東 北 開 発 協 会 2011 年 日 中 経 済 協 力 会 議 - 於 吉 林 参 加 ご 案 内 ~ 震 災 復 興 と 新 たな 双 方 向 での 日 中 経 済 交 流 の 推 進 ~ 拝 啓 時 下 ますますご 清 祥 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 日 頃 は 当

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816988C4816A925382A28EE888E790AC95F18D908F91303830363033>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816988C4816A925382A28EE888E790AC95F18D908F91303830363033> Ⅱ 地 域 再 生 等 担 い 手 育 成 支 援 セミナー - 11 - 13:00 受 付 13:30 開 会 の 挨 拶 地 域 再 生 と 協 議 会 等 による 取 組 の 課 題 都 市 地 域 レポート 2007 の 趣 旨 と 人 材 育 成 の 今 後 の 課 題 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 企 画 課 14:00 地 域 の 取 組 の 現 状 と 課 題

More information

平成20年

平成20年 平 成 23 年 早 稲 田 大 学 校 友 会 北 稲 門 会 定 時 総 会 平 成 23 年 7 月 7 日 ( 木 ) 於 : なとり 本 社 ビル :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 東 京 都 23

More information

歴史のみちモデル地区

歴史のみちモデル地区 歴 史 のみち 景 観 モデル 地 区 ~ 身 近 にある 歴 史 を 感 じる まち 歩 き に 参 加 しませんか~ 詳 しくは 埼 玉 県 ホームページをご 覧 ください http://www.pref.saitama.lg.jp/a1104/keikan-top/rekimichi-top.html 歴 史 のみちモデル 検 索 中 山 道 蕨 宿 まち 歩 き( 蕨 市 ) 10/ 2 1

More information

所信表明に先立ちまして、一言申し述べさせていただきます

所信表明に先立ちまして、一言申し述べさせていただきます 第 84 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 8 月 31 日 の 高 潮 についてであります 行 政 告 知 放 送 な どによります 市 民 への 周 知 を 行 うとともに 早 い 段 階 でのポンプによ る 排 水 の 準 備 土 のうの 設 置 を 行

More information

NEW 座 間 時 パ 食 堂 恒 ホ 退 迎 軽 食 バ 退 点 森 武 挨 拶 佐 藤 賢 次 窓 挨 拶 モ ば 御 流 導 豪 華 花 完 華 彩 窓 盛 残 盛 終 管 営 世 界 未 4 属 図 書 主 護 承 三 笠 宮 彬 女 王 殿 下 客 & 悦 夫 妻 佐 丞 平 立 龍 峯

NEW 座 間 時 パ 食 堂 恒 ホ 退 迎 軽 食 バ 退 点 森 武 挨 拶 佐 藤 賢 次 窓 挨 拶 モ ば 御 流 導 豪 華 花 完 華 彩 窓 盛 残 盛 終 管 営 世 界 未 4 属 図 書 主 護 承 三 笠 宮 彬 女 王 殿 下 客 & 悦 夫 妻 佐 丞 平 立 龍 峯 KYOTO AGA UNIVERITY OF ART PUBLI RELATION DEEMBER. NEW 座 間 時 パ 食 堂 恒 ホ 退 迎 軽 食 バ 退 点 森 武 挨 拶 佐 藤 賢 次 窓 挨 拶 モ ば 御 流 導 豪 華 花 完 華 彩 窓 盛 残 盛 終 管 営 世 界 未 4 属 図 書 主 護 承 三 笠 宮 彬 女 王 殿 下 客 & 悦 夫 妻 佐 丞 平 立 龍 峯

More information

愛 知 大 学 緑 の 協 力 隊 第 12 次 隊 派 遣 募 集 要 項 派 遣 期 間 募 集 人 数 2015 年 8 月 16 日 ( 日 )~ 22 日 ( 土 ) 40 名 参 加 費 用 一 般 ( 中 学 生 以 上 ) 220,270 円 愛 知 大 学 は 大 学 創 立 50

愛 知 大 学 緑 の 協 力 隊 第 12 次 隊 派 遣 募 集 要 項 派 遣 期 間 募 集 人 数 2015 年 8 月 16 日 ( 日 )~ 22 日 ( 土 ) 40 名 参 加 費 用 一 般 ( 中 学 生 以 上 ) 220,270 円 愛 知 大 学 は 大 学 創 立 50 2015 年 度 沙 漠 を 緑 に! やればできる! が 合 言 葉 沙 漠 での 感 動 体 験 と 最 前 線 の 活 動! 緑 はいのち 沙 漠 森 林 化 は 世 界 平 和 日 本 沙 漠 緑 化 実 践 協 会 初 代 会 長 遠 山 正 瑛 愛 知 大 学 校 友 センター 事 業 NPO 日 本 沙 漠 緑 化 実 践 協 会 主 催 緑 の 協 力 隊 2015 年 度 愛 知

More information

の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 豊 野 町 蟹 沢 字 坂 下 852 番 11,100 農 家 住 宅 が 建 ち 並 ぶ 東 3m 信 濃 浅 野 調 区 442 住 宅 W2-31 2-4.3 1 : 1.2 郊 外 の 住 宅 篠 ノ 井 布

の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 豊 野 町 蟹 沢 字 坂 下 852 番 11,100 農 家 住 宅 が 建 ち 並 ぶ 東 3m 信 濃 浅 野 調 区 442 住 宅 W2-31 2-4.3 1 : 1.2 郊 外 の 住 宅 篠 ノ 井 布 平 成 28 年 地 価 公 示 一 覧 表 ( 価 格 時 点 平 成 28 年 1 月 1 日 ) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 市 吉 田 2 丁 目 392 番 6 65,800 中 規 模 一 般 住 宅 が 建 南 4.7m 桐 原 1 住 居

More information

< 目 次 > < 男 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P1~2 個 人 種 目 別 選 手 権 P3 団 体 総 合 選 手 権 P4 < 女 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P5~6 個 人 種 目 別 選 手 権 P7 団 体 総 合 選 手 権 P8

< 目 次 > < 男 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P1~2 個 人 種 目 別 選 手 権 P3 団 体 総 合 選 手 権 P4 < 女 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P5~6 個 人 種 目 別 選 手 権 P7 団 体 総 合 選 手 権 P8 第 31 回 東 日 本 生 体 操 競 技 グループ 選 手 権 大 会 成 績 表 期 日 平 成 28 4 月 22 日 ( 金 )~24 日 ( 日 ) 会 場 栃 木 県 体 育 館 所 在 地 320-0057 栃 木 県 宇 都 宮 市 中 戸 祭 1-6-3 TEL 028(622)4201 主 催 関 東 生 体 操 連 盟 東 北 北 海 道 生 体 操 連 盟 主 管 栃 木

More information

10 月 11 日 恒 例 となりました 交 流 会 を 根 室 市 で 開 催 しました 当 支 部 の 総 会 は 釧 路 市 を 会 場 としていることから この 交 流 会 は 釧 路 市 以 外 に 会 員 がお 住 まいの 所 で 会 員 の 相 互 交 流 を 行 っております 根 室

10 月 11 日 恒 例 となりました 交 流 会 を 根 室 市 で 開 催 しました 当 支 部 の 総 会 は 釧 路 市 を 会 場 としていることから この 交 流 会 は 釧 路 市 以 外 に 会 員 がお 住 まいの 所 で 会 員 の 相 互 交 流 を 行 っております 根 室 北 海 道 釧 路 根 室 支 部 支 部 長 : 大 道 光 肇 おおみち こうちょう(S44 仏 仏 教 ) 事 務 局 長 : 戸 田 恭 司 とだ きょうじ (S60 文 歴 史 ) 支 部 内 同 窓 生 数 212 人 平 成 28 年 度 釧 路 根 室 支 部 総 会 のお 知 らせ 日 時 平 成 28 年 7 月 2 日 ( 土 ) 会 場 釧 路 プリンスホテル 釧 路 市 幸

More information

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対 第 70 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 先 月 19 日 深 夜 から20 日 未 明 にかけて 広 島 市 を 襲 った 局 地 的 な 豪 雨 は 広 範 囲 にわたり 大 規 模 な 土 石 流 が 発 生 するなど 死 者 行 方 不 明 者 あわせて70

More information

Taro-16年春表紙.jtd

Taro-16年春表紙.jtd 第 97 号 全 国 脊 髄 損 傷 連 神 奈 県 支 平 成 8 4 ペ http://www.max.hi-ho.ne.jp/yawaragi/ メア yawaragi@max.hi-ho.ne.jp 学 び 講 師 全 脊 連 古 谷 理 迎 労 災 補 償 研 修 開 催 S S 〇 九 K 六 増 刊 巻 第 四 六 第 四 種 号 郵 便 八 認 可 五 六 毎 楽 語 研 修 & 忘

More information

左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際

左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際 左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際 発 展 員 つ 担 当 村 世 話 ろ 結 婚 員 ち げ ご ざ 梓 語 統 括 員 よ 二 最 初

More information

情報公開事務処理状況(2001年4月分)

情報公開事務処理状況(2001年4月分) 平 成 25 年 度 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 の 報 告 について 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 第 17 条 の 規 定 により 運 営 状 況 を 報 告 する 中 野 区 長 田 中 大 輔 目 次 平 成 25 年 度 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 1 公 開 状 況 及 び 公 開 非

More information

粋 vol. 誠 ざ 躍 接 変 嬉 貴 盛 運 営 じ 役 強 へ 賜 察 致 足 経 緯 少 触 夏 妻 他 へ 習 意 向 店 店 言 グ リ ツ リ ズ ム 環 農 園 実 施 京 西 等 都 参 多 多 画 約 超 参 容 画 m 畑

粋 vol. 誠 ざ 躍 接 変 嬉 貴 盛 運 営 じ 役 強 へ 賜 察 致 足 経 緯 少 触 夏 妻 他 へ 習 意 向 店 店 言 グ リ ツ リ ズ ム 環 農 園 実 施 京 西 等 都 参 多 多 画 約 超 参 容 画 m 畑 務 局 央 道 北 昭 和 広 告 社 TEL 粋 vol. 粋 vol. www.showa-ad.co.jpchibasoba 秋 満 産 声 十 美 浜 ホ テ グ リ タ ワ 幕 張 階 イ デ パ 於 祝 賀 々 招 代 表 席 総 勢 席 盛 午 腰 副 辞 始 挨 拶 鵜 飼 良 熊 谷 俊 等 御 祝 辞 美 術 常 任 神 谷 紀 雄 乾 杯 金 専 務 経 過 報 告 味 線 藤

More information

練 習 艦 しまゆき しらゆき 入 港!! ~ 豊 橋 みなとフェスティバル プレ~ 7 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ) 豊 橋 みなとフェス ティバルのプレイベントとして 豊 橋 市 に 入 港 した 練 習 艦 しまゆき しらゆき を 支 援 しました 豊 橋 市 に 護 衛 艦

練 習 艦 しまゆき しらゆき 入 港!! ~ 豊 橋 みなとフェスティバル プレ~ 7 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ) 豊 橋 みなとフェス ティバルのプレイベントとして 豊 橋 市 に 入 港 した 練 習 艦 しまゆき しらゆき を 支 援 しました 豊 橋 市 に 護 衛 艦 発 行 元 愛 知 地 方 協 力 本 部 募 集 課 454-0003 名 古 屋 市 中 川 区 松 重 町 3-41 TEL 052-331-6266 URL http://www.mod.go.jp/pco/aichi/ Twitter @AICHI_PCO 愛 地 本 something 砕 氷 艦 しらせ 入 港!! ~ 名 古 屋 港 ガーデンふ 頭 ~ 10 月 3 日 ( 金 )

More information

姉 妹 都 郡 ヨ ミ 観 光 万 姉 妹 都 力 荒 井 桜 ベ ュ 道 路 多 能 型 販 売 張 販 売 改 及 購 領 委 任 始 残 直 能 ネ ャ 老 朽 条 例 条 例 責 明 確 践 良 好 環 境 及 づ 推 建 築 了 cc 超 東 輸 埼 玉 輸 四 輪 埼 玉 盗 難 遭 最

姉 妹 都 郡 ヨ ミ 観 光 万 姉 妹 都 力 荒 井 桜 ベ ュ 道 路 多 能 型 販 売 張 販 売 改 及 購 領 委 任 始 残 直 能 ネ ャ 老 朽 条 例 条 例 責 明 確 践 良 好 環 境 及 づ 推 建 築 了 cc 超 東 輸 埼 玉 輸 四 輪 埼 玉 盗 難 遭 最 INFORMATION 図 徒 じ 布 法 改 伴 範 囲 難 病 追 症 状 変 取 難 病 区 調 窓 変 更 熟 法 条 規 熟 法 条 規 来 策 算 皆 状 ょ 考 長 意 見 換 花 苗 呈 訳 託 策 企 員 非 郵 送 白 浴 階 確 贈 与 S K I P 青 署 治 じ 依 頼 郵 便 紙 INFORMATION 号 No. 発 - 埼 玉 丁 目 番 号 http:www.city.warabi.saitama.jp

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

224kugikai1-8.indd

224kugikai1-8.indd 8 6 5 丁 番 号 電 話 54- 代 ホムペジ http://www.kugikai.city.chuo.lg.jp/ ゅ 情 8 程 企 画 常 8 休 企 画 7 福 祉 広 連 合 約 変 約 8 程 休 終 8 常 7 個 情 6 印 鑑 次 酬 弁 償 陳 料 答 弁 旨 ~ 常 旨 石 川 島 4 4 撮 影 8 6 4 間 矢 信 派 ほ 8 7 命 同 4 同 件 6 矢 信

More information

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 案 記 福 復 興 立 直 訪 旅 案 : 奈 川 在 住 1 倭 へ 福 復 興 立 直 訪 2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 雄 題

More information

市 立 学 校 施 設 一 覧 ) 小 学 校 93 校 分 校 校 地 面 積 m2) 番 号 学 校 名 所 在 地 創 立 年 月 電 話 番 号 学 校 長 名 運 動 場 その 他 計 鉄 筋 鉄 骨 2 3 4 5 9 0 2 3 4 5 9 20 2 22 23 24 25 2 2 2

市 立 学 校 施 設 一 覧 ) 小 学 校 93 校 分 校 校 地 面 積 m2) 番 号 学 校 名 所 在 地 創 立 年 月 電 話 番 号 学 校 長 名 運 動 場 その 他 計 鉄 筋 鉄 骨 2 3 4 5 9 0 2 3 4 5 9 20 2 22 23 24 25 2 2 2 市 立 学 校 施 設 一 覧 22 2 共 同 調 理 場 施 設 一 覧 32 2 市 立 学 校 施 設 一 覧 ) 小 学 校 93 校 分 校 校 地 面 積 m2) 番 号 学 校 名 所 在 地 創 立 年 月 電 話 番 号 学 校 長 名 運 動 場 その 他 計 鉄 筋 鉄 骨 2 3 4 5 9 0 2 3 4 5 9 20 2 22 23 24 25 2 2 2 29 30

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

Microsoft Word  地旅 HP用 曳山行程表.doc

Microsoft Word  地旅 HP用 曳山行程表.doc 地 旅 お 旅 まつりと 粟 津 温 泉 コース 見 学 2 日 + 旅 館 1 泊 月 日 行 程 * マイカーの 方 は 当 日 指 定 の 駐 車 場 にお 停 め 下 さい 小 松 駅 ( 徒 歩 ) 露 天 商 ( 散 策 )と 菟 橋 神 社 ( 参 拝 )と 曳 山 の 展 示 町 内 八 つの 町 より 曳 山 巡 行 龍 助 町 < 曳 山 子 供 歌 舞 伎 >( 鑑 賞 ) 14:30

More information

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号)

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号) 兵 庫 県 公 報 火 曜 日 第 2741 号 目 発 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 地 方 卸 売 市 場 における 卸 売 業 務 の 許 可 ( 消 費 流 通 課 ) 1 土

More information

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378>

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378> 45 ( 単 位 : 千 円 ) 款 民 生 費 項 児 童 福 祉 費 事 業 区 分 新 規 拡 大 保 育 所 外 国 語 指 導 助 手 派 遣 事 業 政 策 (4つの 柱 ) 未 来 づくり 教 育 のまちづくり 担 当 部 局 所 属 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 国 庫 支 出 金 県 支 出 金 市 債 その 他 1,744 一 般 財 源 1,744 認 可 保 育 所 に

More information

『海上自衛隊練習艦隊のタンパ寄港主要行事概要(報告)』

『海上自衛隊練習艦隊のタンパ寄港主要行事概要(報告)』 海 上 自 衛 隊 練 習 艦 隊 のタンパ 寄 港 (2011 年 7 月 25~28 日 ) 在 マイアミ 日 本 総 領 事 川 原 英 一 7 月 25 日 から28 日 まで 海 上 自 衛 隊 遠 洋 練 習 航 海 部 隊 ( 練 習 艦 隊 とも 呼 ばれます) がフロリダ 州 タンパに 親 善 寄 港 しました 私 も 前 日 からタンパに 出 張 し 様 々な 行 事 に 参 加

More information

Microsoft Word - P001.doc

Microsoft Word - P001.doc 平 成 18 年 (2006 年 ) 伊 万 里 市 目 次 変 遷 図 5 土 地 及 び 気 象 6 人 口 及 び 労 働 力 9 産 業 事 業 所 24 農 業 28 林 業 41 水 産 業 42 製 造 業 45 商 業 51 財 政 54 市 民 所 得 58 社 会 福 祉 60 教 育 文 化 63 観 光 70 保 健 衛 生 73 建 設 76 電 気 ガス 水 道 79 治

More information

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退 資 料 3の 参 考 2 平 成 27 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 平 成 27 年 度 国 有 財 産 監 査 の 結 果 について の 2 ページに 記 載 した の 主 な 内 容 を 別 に 表 しています 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理

More information

政務活動費の手引き(案)

政務活動費の手引き(案) 政 務 活 動 費 の 手 引 き( 素 案 ) 平 成 27 年 8 月 15 日 現 在 平 成 27 年 月 弘 前 市 議 会 目 次 制 度 概 要 1 政 務 活 動 費 制 度 に 対 する 基 本 的 な 考 え 方 1p 具 体 的 取 扱 い 2 交 付 申 請 から 収 支 報 告 情 報 公 開 までの 流 れ 6p 3 政 務 活 動 費 の 支 出 に 係 る 基 本

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

13.pub

13.pub -- 008 9 0 NO.3 発 : 身 障 害 定 期 刊 協 細 川 久 市 西 区 八 軒 八 条 東 5 丁 目 4-8 TEL0736-74 編 : 特 定 非 営 利 活 法 060-003 市 央 区 条 東 6 丁 目 0 番 TEL0-099 FX0-090 Email:darc@taupe.plala.or.jp HP: http://h-darc.com P ィ P3 福 祉

More information

目 次 ご 挨 拶 平 成 28 年 度 を 迎 えて ( 公 財 ) 日 中 友 好 会 館 会 長 江 田 五 月 行 事 案 内 日 中 友 好 会 館 美 術 館 主 催 展 中 国 第 12 回 全 国 美 術 展 受 賞 優 秀 作 品 による 現 代 中 国 の 美 術 百 花 繚 乱

目 次 ご 挨 拶 平 成 28 年 度 を 迎 えて ( 公 財 ) 日 中 友 好 会 館 会 長 江 田 五 月 行 事 案 内 日 中 友 好 会 館 美 術 館 主 催 展 中 国 第 12 回 全 国 美 術 展 受 賞 優 秀 作 品 による 現 代 中 国 の 美 術 百 花 繚 乱 会 館 だより 2016 年 4 月 号 No.322 公 益 財 団 法 人 日 中 友 好 会 館 目 次 ご 挨 拶 平 成 28 年 度 を 迎 えて ( 公 財 ) 日 中 友 好 会 館 会 長 江 田 五 月 行 事 案 内 日 中 友 好 会 館 美 術 館 主 催 展 中 国 第 12 回 全 国 美 術 展 受 賞 優 秀 作 品 による 現 代 中 国 の 美 術 百 花 繚

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477>

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477> 第 1 章 組 織 1-1 周 南 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 15 年 4 月 21 日 条 例 第 15 号 ) 改 正 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項

More information

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 No. ろ 亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 告 収 穫 面 積 ha 量 干 号 接 近 影 響 策 幸 助 近 田 伸 ハ ベ タ

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

<8E9197BF816982BB82CC A2E786477>

<8E9197BF816982BB82CC A2E786477> 議 案 第 55 号 参 考 資 料 1 管 理 を 行 わせる 公 の 施 設 の 概 要 (1) 名 称 川 崎 市 営 霊 園 ( 緑 ヶ 丘 霊 園 緑 ヶ 丘 霊 堂 早 野 聖 地 公 園 ) (2) 所 在 地 川 崎 市 高 津 区 下 作 延 1241 番 地 ( 緑 ヶ 丘 霊 園 ) 川 崎 市 麻 生 区 早 野 732 番 地 ( 早 野 聖 地 公 園 ) (3) 設 置

More information

議 事 内 容 : 菅 国 務 大 臣 :ただ 今 から, 閣 議 を 開 催 いたします まず, 閣 議 案 件 について, 世 耕 副 長 官 から 御 説 明 申 し 上 げます 世 耕 内 閣 官 房 副 長 官 : 一 般 案 件 等 について, 申 し 上 げます まず, 平 成 27

議 事 内 容 : 菅 国 務 大 臣 :ただ 今 から, 閣 議 を 開 催 いたします まず, 閣 議 案 件 について, 世 耕 副 長 官 から 御 説 明 申 し 上 げます 世 耕 内 閣 官 房 副 長 官 : 一 般 案 件 等 について, 申 し 上 げます まず, 平 成 27 閣 議 及 び 閣 僚 懇 談 会 議 事 録 開 催 日 時 : 平 成 28 年 5 月 17 日 ( 火 ) 8:13~8:28 開 催 場 所 : 総 理 大 臣 官 邸 閣 議 室 出 席 者 : 安 倍 晋 三 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 国 務 大 臣 ( 副 総 理, 財 務 大 臣, 内 閣 府 特 命 担 当 大 臣 ) 高 市 早 苗 国 務 大 臣 ( 総 務 大

More information

4a.xls

4a.xls 道 路 整 備 特 別 会 計 予 算 で 建 築 した 職 員 宿 舎 リスト 国 土 交 通 省 管 理 事 務 所 宿 舎 名 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 55.79 8,283 2 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 11.57 793 15 北 海 道 開 発 局 平 岸 宿 舎 (2) 43.20 5,079 1 北 海 道 開 発 局 平 岸

More information

女 子 ベスト8 以 降 山 口 古 賀 ( 清 和 ) 小 島 ( 三 日 月 中 ) 本 村 平 成 5 年 度 佐 賀 県 高 等 学 校 新 人 卓 球 大 会 ( 学 校 対 抗 の 部 ) 兼 全 国 高 等 学 校 選 抜 卓 球 大 会 佐 賀 県 予 選 会 北 陵 高 - 早 稲

女 子 ベスト8 以 降 山 口 古 賀 ( 清 和 ) 小 島 ( 三 日 月 中 ) 本 村 平 成 5 年 度 佐 賀 県 高 等 学 校 新 人 卓 球 大 会 ( 学 校 対 抗 の 部 ) 兼 全 国 高 等 学 校 選 抜 卓 球 大 会 佐 賀 県 予 選 会 北 陵 高 - 早 稲 卓 球 専 門 部.はじめに 昨 年 度 に 引 き 続 き 専 門 部 長 に 坂 本 武 敏 校 長 先 生 専 門 委 員 長 秀 島 洋 ( 伊 農 ) 専 門 委 員 には 古 川 英 治 ( 神 埼 ) 富 永 勲 ( 佐 北 ) 八 田 学 ( 清 和 ) 松 木 義 和 ( 嬉 野 ) 古 川 智 恵 美 ( 唐 南 ) 水 田 由 紀 子 ( 唐 東 )の 体 制 で 専 門 部

More information

東 京 23 区 内 所 在 合 同 宿 舎 一 覧 ( 建 築 年 次 順 ) 所 在 地 建 面 積 延 面 積 建 築 年 次 構 造 階 層 棟 数 戸 数 独 単 身 16.9.1 17.9.1 法 規 制 法 定 容 積 率 に 対 す 途 地 域 建 ペイ 率 容 積 率 る 利 率

東 京 23 区 内 所 在 合 同 宿 舎 一 覧 ( 建 築 年 次 順 ) 所 在 地 建 面 積 延 面 積 建 築 年 次 構 造 階 層 棟 数 戸 数 独 単 身 16.9.1 17.9.1 法 規 制 法 定 容 積 率 に 対 す 途 地 域 建 ペイ 率 容 積 率 る 利 率 資 料 1-2 東 京 23 区 内 の 宿 舎 現 況 等 東 京 23 区 内 の 宿 舎 一 覧 表 等 1~42 東 京 23 区 内 所 在 合 同 宿 舎 一 覧 ( 建 築 年 次 順 ) 所 在 地 建 面 積 延 面 積 建 築 年 次 構 造 階 層 棟 数 戸 数 独 単 身 16.9.1 17.9.1 法 規 制 法 定 容 積 率 に 対 す 途 地 域 建 ペイ 率 容

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

水 準 点 使 用 にあたっての 注 意 とお 願 い 1 水 準 点 を 使 用 する 方 へ (1) 水 準 点 の 蓋 (ふた)が 開 けたままになっていますと 大 きな 事 故 につな がる 事 もありますので 使 用 後 は 確 実 に 蓋 掛 けを 行 って 下 さい (2) 私 有 地

水 準 点 使 用 にあたっての 注 意 とお 願 い 1 水 準 点 を 使 用 する 方 へ (1) 水 準 点 の 蓋 (ふた)が 開 けたままになっていますと 大 きな 事 故 につな がる 事 もありますので 使 用 後 は 確 実 に 蓋 掛 けを 行 って 下 さい (2) 私 有 地 千 葉 市 水 準 測 量 成 果 表 [ 基 準 日 1 日 ] 3 月 千 葉 市 環 境 局 環 境 保 全 部 水 準 点 使 用 にあたっての 注 意 とお 願 い 1 水 準 点 を 使 用 する 方 へ (1) 水 準 点 の 蓋 (ふた)が 開 けたままになっていますと 大 きな 事 故 につな がる 事 もありますので 使 用 後 は 確 実 に 蓋 掛 けを 行 って 下 さい

More information

市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月

市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月 付 付 録 録 市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月 日 昭 和 42 年 月 日 鳴 門 市 明 治 22 年 0 月 日 昭 和 22

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 企 画 概 要 書 大 会 実 行 委 員 会 企 画 部 会 1 全 国 すし 連 新 潟 大 会 開 催 のご 挨 拶 と き くに こし きわ 朱 鷺 の 國 越 の 極 み 第 57 回 全 国 すし 連 大 会 を 平 成 26 年 10 月 7 日 新 潟 県 で 開 催 いたします 春 夏 秋 冬 季 節 感 がハッキリしている 新 潟 県 では 四 季 折 々の 美 味 しい 食 べ

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information