もし 真 横 ばかりでなく 斜 め 前 方 でも 斜 め 後 方 でも 飛 行 方 向 に 対 し 任 スポットライトモードSARの 特 徴 意 の 方 角 の 画 像 を 何 回 でも 収 集 でき スポットライトSARにより ± 45 範 囲 の 災 害 現 場 の 画 像 収 集 ができ 機

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "もし 真 横 ばかりでなく 斜 め 前 方 でも 斜 め 後 方 でも 飛 行 方 向 に 対 し 任 スポットライトモードSARの 特 徴 意 の 方 角 の 画 像 を 何 回 でも 収 集 でき スポットライトSARにより ± 45 範 囲 の 災 害 現 場 の 画 像 収 集 ができ 機 "

Transcription

1 報 告 書 概 要 技 術 研 究 開 発 課 題 名 技 術 研 究 開 発 テーマ 名 リアルタイム 画 像 処 理 合 成 開 口 レーダの 実 用 化 に 関 する 技 術 開 発 合 成 開 口 レーダ(SAR)を 利 用 した 防 災 情 報 把 握 に 関 する 技 術 開 発 研 究 代 表 者 犬 竹 正 明 共 同 研 究 者 池 地 弘 行 近 木 祐 一 郎 間 瀬 淳 佐 藤 源 之 山 鹿 光 紀 山 根 峯 治 奥 野 善 則 冨 尾 武 氏 名 氏 名 所 属 役 職 東 北 大 学 電 気 通 信 研 究 所 客 員 教 授 所 属 役 職 九 州 大 学 産 学 連 携 センター 客 員 教 授 福 岡 工 業 大 学 工 学 部 電 子 情 報 工 学 科 准 教 授 九 州 大 学 産 学 連 携 センター 特 任 教 授 東 北 大 学 東 北 アジア 研 究 センターセンター 長 富 士 重 工 業 株 式 会 社 企 画 管 理 部 課 長 代 理 富 士 重 工 ( 株 ) 航 空 宇 宙 カンパニー 顧 問 室 非 常 勤 顧 問 ( 独 ) 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 研 究 開 発 本 部 飛 行 技 術 研 究 センターヘ リコプタセクション セクションリーダ ( 独 ) 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 航 空 プログラムグループ 運 航 安 全 技 術 チーム 客 員 研 究 員 1 背 景 課 題 悪 天 候 時 の 夜 間 等 の 被 災 状 況 把 握 は 光 学 カメラや 赤 外 線 カメラでは 困 難 であるが 雲 や 霧 を 透 過 するマイクロ 波 を 使 用 した 合 成 開 口 レーダ(SAR)では 可 能 である 我 国 既 存 の 衛 星 および 航 空 機 搭 載 合 成 開 口 レーダ(SAR)は L バンドおよび X バンドマイクロ 波 を 使 用 し 空 間 分 解 能 は それぞれ 300cm および 150 cm である 最 近 X バンドで 分 解 能 30cm Ku バンドで 国 内 初 の 分 解 能 10cm が 達 成 され た しかし 水 害 時 等 における 災 害 情 報 収 集 では 人 工 衛 星 搭 載 SAR は 衛 星 の 回 帰 日 数 が 長 いため またリアルタイムに 画 像 変 換 できないため 迅 速 な 災 害 情 報 収 集 には 不 向 きである これに 対 して 航 空 機 による 観 測 は 機 動 性 に 富 んでおり 必 要 時 いつでも 災 害 情 報 を 収 集 できる これまで 国 内 で 運 用 されている 航 空 機 搭 載 SAR はストリップマップモード SAR と 呼 ばれ 航 空 機 の 飛 行 方 向 に 対 し 垂 直 方 向 にマイクロ 波 ビームを 発 射 し 飛 行 経 路 に 沿 った 帯 状 の 画 像 を 収 集 する ただ し 災 害 現 場 を 真 横 に 見 ながら 画 像 取 得 した 後 再 度 画 像 収 集 するためには 旋 回 して 戻 ってくる 必 要 がある 1

2 もし 真 横 ばかりでなく 斜 め 前 方 でも 斜 め 後 方 でも 飛 行 方 向 に 対 し 任 スポットライトモードSARの 特 徴 意 の 方 角 の 画 像 を 何 回 でも 収 集 でき スポットライトSARにより ± 45 範 囲 の 災 害 現 場 の 画 像 収 集 ができ 機 動 的 な 災 害 救 助 防 災 監 視 が 可 能 るなら 緊 急 の 災 害 時 に 非 常 に 威 力 を 画 像 収 集 および 移 動 体 検 出 が 可 能 発 揮 できる このような 場 合 に 有 用 な SAR が 図 1に 示 す スポットライトモード SAR がある しかし 我 が 国 では スポッ トライトモード SAR は 民 生 技 術 とし て 実 用 化 されていない したがって 水 害 等 の 大 規 模 自 然 観 測 基 準 点 (MCP) 災 害 時 や 夜 間 悪 天 候 下 における 防 災 情 報 を 機 動 的 に 収 集 でき 防 災 活 動 や 図 1 救 助 活 動 の 初 動 対 応 に 威 力 を 発 揮 でき るスポットライトモード SAR の 開 発 は 焦 眉 の 急 である 2 技 術 研 究 開 発 の 目 的 本 委 託 研 究 は 大 規 模 水 害 等 の 自 然 災 害 時 の 河 川 道 路 鉄 道 電 力 港 湾 の 施 設 等 の 防 災 監 視 や 救 助 活 動 の 初 動 対 応 に 威 力 を 発 揮 でき 有 人 無 人 の 航 空 機 ヘリコプタに 搭 載 可 能 な 小 型 軽 量 の 高 分 解 能 高 画 質 SAR を 開 発 するものである 具 体 的 には Ku バンドのマイクロ 波 を 用 い 最 高 分 解 能 (10 cm) 小 型 軽 量 (25kg 以 下 ) で 機 上 に おけるリアルタイム 画 像 生 成 が 可 能 なスポットライト SAR を 開 発 した ( 本 委 託 研 究 で 開 発 した SAR を Live SAR と 呼 ぶ) スポットライトモード SAR Live SAR を 実 現 するために 下 記 の 要 素 技 術 の 設 計 開 発 を 行 った (1)Live SAR システム 設 計 (2) 高 精 度 遅 延 電 子 回 路 系 (3)レーダ 回 路 系 (4) 慣 性 センサー(IMU) 付 きジンバル アンテナ 系 (5) 画 像 生 成 ソフトなどの 各 種 ソフトウェア およびユーザーインターフェース (6)SAR 地 上 試 験 の 実 施 (7) 航 空 機 による SAR 動 作 試 験 の 実 施 3 技 術 研 究 開 発 の 内 容 成 果 1. 開 発 体 制 と 年 度 ごとの 実 施 概 要 開 発 体 制 と 役 割 分 担 は 以 下 の 通 りである 平 成 21 年 度 はシステムの 全 体 設 計 をすると 共 に システムの 心 臓 部 分 である 高 精 度 遅 延 電 子 回 路 系 の 開 発 をおこなった 高 精 度 遅 延 電 子 回 路 系 とは Frequency Synthesizer,Waveform 2

3 Synthesizer, Digital Receiver の 3 ブロックにより 構 成 される Frequency Synthesizer から 出 力 される 高 精 度 のクロックを 基 準 信 号 として Waveform Synthesizer, Digital Receiver の 運 転 を 行 った 平 成 22 年 度 は 送 受 信 アンテナ 回 路 系 慣 性 センサー 付 きジンバルの 開 発 を 行 った 送 受 信 アンテナ 回 路 系 とは Antenna, Ku Band Front, Frequency Converter の 3 ブロックにより 構 成 される 慣 性 セ ンサー 付 きジンバルとは IMU, GPS, ジンバルの 3 ブロックにより 構 成 される 平 成 22 年 度 まで にスポットライト SAR のハードウェアを 完 成 させた また 平 成 23 年 度 は 3GHz 程 度 の 低 周 波 領 域 で 外 部 に 電 波 を 放 射 しないテストを 行 った 平 成 23 年 度 は 平 成 の 両 年 度 で 開 発 されたハードウェアを 統 合 し 地 上 動 作 試 験 を 行 っ た また ユーザーインターフェース 等 や 信 号 処 理 ソフトウェアなどの 各 種 ソフトウェアの 開 発 を 進 めた 最 終 年 度 である 平 成 24 年 度 は 全 体 をとりまとめ 総 合 的 な 試 験 を 進 めると 共 に 航 空 機 搭 載 試 験 を 行 った 2.スポットライトモード 合 成 開 口 レーダ(SAR)の 原 理 スポットライトモード SAR( 以 後 スポットライト SAR)の 原 理 を 説 明 するために 必 要 な 各 種 幾 何 学 的 変 数 やスポットライト SAR レーダ 本 体 と 測 定 範 囲 の 幾 何 学 的 な 関 係 を 図 2 に 示 す レーダ 本 体 は 航 空 機 やヘリコ プタなどの 飛 翔 体 に 搭 載 され 図 のプラットフォーム 1 からプ ラットフォーム 2 まで 移 動 しな がらレーダ 計 測 を 繰 り 返 す レ ーダ 計 測 においてアンテナから マイクロ 波 を 観 測 したい 範 囲 (イメージエリア)に 向 け 照 射 す る スポットライト SAR では マイクロ 波 の 照 射 方 向 は プラ 図 2 レーダ 本 体 と 測 定 範 囲 の 幾 何 学 的 な 関 係 3

4 ットフォームの 移 動 中 常 に 基 準 点 :Motion Compensation Point (MCP)に 向 けられている 図 3(a)に 示 すように 画 像 取 得 領 域 が 常 にレーダのマイクロ 波 でスポットライトのように 照 射 され 続 けているところが 本 レーダがスポットライト SAR と 呼 ばれる 所 以 である 例 えば レン ジ 距 離 3km で 空 間 分 解 能 0.1m の 画 像 生 成 には アジマス 方 向 の 1 画 像 に 300 m の 開 口 長 が 必 要 であり 時 速 100km で 飛 行 する 場 合 約 10 秒 間 のデータ 収 集 が 必 要 である 図 3(a)に 示 すよう に 種 々の 角 度 から( 飛 行 方 向 に 垂 直 から±45 度 以 内 )の 画 像 収 集 が 可 能 である また 種 々の 方 角 から 取 った 画 像 を 重 ねることにより 高 画 質 画 像 が 得 られる 300m 毎 にデータ 収 集 と 休 止 を 交 互 に 5 回 繰 り 返 す 場 合 3000m (100 秒 間 )の 直 線 飛 行 が 必 要 であり 間 隔 を 開 けない 場 合 には 300m x 5= 1500 m (50 秒 間 )の 飛 行 となる 画 像 は 機 上 でほぼリアルタイムに( 数 秒 ~ 数 10 秒 後 か ら) 連 続 的 に 表 示 される 図 3(b)のように 基 準 点 (MCP)を 適 宜 移 動 させながら 画 像 収 集 を 行 うことにより ストリップ マップ 画 像 も さらにモザイク 状 に 画 像 を 取 得 できる 図 3(a) スポットライト 画 像 の 取 得 法 図 3(b) ストリップマップ 画 像 の 取 得 法 3. Live SAR のシステム 構 成 (H21 年 度 ) 本 委 託 開 発 で 目 指 すスポットライト SAR( Live SAR )システムを 図 4(a) に 示 す Live SAR のシステム 構 成 機 上 パソコン 地 上 パソコン 最 新 パソコンに 更 新 することにより SARの 性 能 向 上 がしやすいシステム 構 成 4 図 4(a) Live SAR システム 構 成 図 図 4(b) LiveSAR のデータの 流 れ 本 Live SAR システムは 大 きく 分 けて3つのブロックに 分 けることができる (1) マイクロ 波 発 生 器 などの レーダ 回 路 系 4

5 (2) アンテナ 駆 動 ジンバルとそれに 付 随 する GPS- 慣 性 センサー(IMU)などの アンテナ ジンバル 系 (3) AD 変 換 器 等 の 信 号 処 理 ユーザーインターフェース 画 像 表 示 を 行 う 機 上 および 地 上 コンピュータなどの PC 系 図 4(a)に 示 すように レーダ 本 体 は 一 度 製 作 するとそれほど 改 修 は 必 要 ないが PC 系 は 高 性 能 で 安 価 な 最 新 PC や 応 用 ソフトに 更 新 することにより SAR 画 像 処 理 の 高 速 化 が 可 能 となる したがって 高 性 能 化 された PC 系 を 導 入 しやすいシステム 構 成 とした 図 4(b)に 従 って スポットライト SAR のデータの 流 れを 簡 潔 に 説 明 する (1) 機 上 PC 画 面 に 表 示 された 地 図 上 で 画 像 収 集 したい 基 準 点 (MCP)を 選 択 する (2) プラットフォームと MCP の 幾 何 学 的 な 位 置 関 係 がユーザーインターフェース(GUI) 上 で 計 算 され 結 果 が Radar Control Computer に 送 信 される (3) 機 上 PC で 方 位 位 置 画 像 取 得 範 囲 (swath) 画 像 精 度 (ピクセルサイズ)と 航 空 機 速 度 アンテ ナ 放 射 パターンなどの 特 性 データを 考 慮 して 周 波 数 掃 引 (チャープ)パルスの 時 間 幅 周 波 数 範 囲 繰 返 し 周 波 数 参 照 波 パルスのタイミングを 計 算 し Waveform Synthesizer に 送 信 され チャープ パルス 信 号 を 生 成 する (4) チャープパルス 信 号 は Frequency Converter に 送 られ Ku バンドのマイクロ 波 に 周 波 数 変 換 される (5) Frequency Synthesizer によりクロック 信 号 が 定 常 的 に 供 給 される (6) Ku バンドマイクロ 波 は Radar Front で 増 幅 された 後 アンテナから 外 部 へ 放 射 される (7) 目 標 物 体 からの 反 射 マイクロ 波 を 同 一 のアンテナにより 受 信 し Radar Front で 増 幅 する (8) 増 幅 された 反 射 波 と 遅 延 時 間 を 高 精 度 に 設 定 した 参 照 波 とを 混 合 増 幅 し ミキサ 出 力 を 得 る (9) このミキサー 出 力 を Digital Reciever で 周 波 数 変 換 増 幅 A/D 変 換 を 行 い USB を 介 して Data Processor PC に 転 送 する (10) PC で 各 種 信 号 処 理 や 2 次 元 逆 フーリエ 変 換 が 行 い 生 成 されたレーダ(JPEG) 画 像 はほぼ リアルタイムに 機 上 あるいは 地 上 PC 画 面 に 表 示 される 4.. Live SAR のハードウェア (H21-22 年 度 ) (1) レーダ 回 路 系 の 開 発 スポットラット SAR には 時 々 刻 々 変 化 するレ ーダアンテナと 基 準 点 (MCP)の 距 離 を 常 時 モニタ ーし 高 精 度 の 遅 延 時 間 設 定 ができる 波 形 合 成 回 路 が 必 須 である 高 精 度 で 遅 延 時 間 を 設 定 できる 遅 延 参 照 波 合 成 回 路 の 開 発 に 成 功 した( 図 5 参 照 特 許 出 願 中 ) これにより 最 高 空 間 分 解 能 10cm を 達 成 できる H22 年 度 に 送 信 マイクロ 波 増 幅 回 路 が 完 成 し 図 6 に 示 すように レーダ 回 路 系 全 体 が 完 成 した 総 質 量 15kg と 軽 量 化 に 成 功 した 図 5 (2) 慣 性 センサー(IMU) 付 きジンバル 系 (H22 年 度 ) スポットライト SAR には マイクロ 波 ビームを 基 準 点 (MCP)に 向 けるためのジンバル 系 が 必 須 で ある アンテナの 位 置 と 方 角 を 常 時 モニターするための 慣 性 センサ(IMU)を 装 備 したジンバル 系 が 完 成 した( 図 6 参 照 ) アンテナおよびジンバルの 総 重 量 は 10kg と 軽 量 化 に 成 功 した 5

6 5. Live SAR のソフトウェア (H23 年 度 ) 図 7に 示 すユーザーインターフェース(GUI) およびジンバル 追 尾 制 御 ソフトウェア 画 像 生 成 ソフトウェアが 完 成 した GUI 画 面 に 表 示 された 地 図 上 の 扇 形 領 域 内 の 任 意 の 点 をクリックすると その 基 準 点 (MCP) 周 辺 の 画 像 が 選 択 されたモ ード 分 解 能 撮 像 領 域 で 自 動 的 に 収 集 できるよ うになっている GUI 画 面 は 左 から 設 定 画 面 地 図 画 面 画 像 サムネイル 画 面 に 分 かれている Live SAR 本 体 全 質 量 25 kg (a) レーダ 回 路 系 15 kg それぞれの 画 面 の 機 能 を 以 下 に 説 明 する (1) 設 定 画 面 設 定 画 面 では SAR モード レンジ 解 像 度 アジマス 解 像 度 MCP の 座 標 を 設 定 すること ができる SAR モードは 現 在 は 観 測 対 象 エ リアの1 画 面 のみ 画 像 を 取 得 する 通 常 モー ド しか 設 けていないが 今 後 ストリップマッ プモード 移 動 体 検 出 のための MTI モードな どを 追 加 していく 予 定 である レンジ 解 像 度 アジマス 解 像 度 MCP の 座 標 が 入 力 される と プラットフォームの 位 置 情 報 と 共 に 運 転 パラメータが 算 出 される (b) アンテナ ジンバル 系 図 6 10 kg (2) 地 図 画 面 図 7 中 央 の 画 面 が 地 図 画 面 である 地 図 の 中 心 がプラットフォームの 現 在 位 置 である この 図 は プラットフォームが 北 方 向 に 移 動 している 状 態 であ る 通 常 モードではこのような 移 動 方 向 に 対 して 東 西 方 向 から±45 の 範 囲 の 対 象 物 を 観 測 できる 観 測 対 象 のエリアを 橙 色 の 扇 形 で 同 時 に 示 している プラットフォームから 15km 以 下 の 対 象 の 画 像 は 信 号 強 度 が 十 分 なため 画 像 化 できる 15km の 位 置 に 円 弧 を 表 示 して 境 界 を 示 している 地 図 画 面 に 表 示 されている 地 図 は 最 初 は 国 土 地 理 院 発 行 の 数 値 地 図 CD-ROM を 利 用 していたが 複 数 の 地 図 を 20km 以 上 にわたって 隙 間 なく 貼 り 合 わせた 現 在 は スーパーデジタルマップル12の 地 図 を 利 用 して いるが この 地 図 は 高 度 データを 持 っていない Live SAR は 高 度 のデータも 利 用 して プラットフォーム と MCP 間 の 距 離 を 算 出 するため 高 度 データは 国 土 地 理 院 発 行 のデジタル 高 度 地 図 (DEM)のデータ を 利 用 している DEM として 5m メッシュ( 高 度 分 解 能 0.1m)と 50m メッシュ( 高 度 分 解 能 1.0m)の2 種 類 の 地 図 を 適 宜 採 用 した 50m メッシュの DEM は 全 国 がカバーされている (3) 画 像 サムネイル 画 面 地 図 画 面 の 右 エリアが 画 像 サムネイル 画 面 である SAR 画 像 を 取 得 した 後 サムネイルを 画 像 サムネ イル 画 面 に 順 次 表 示 していく 6

7 6.レール 上 試 験 / 車 上 試 験 / 機 上 試 験 (H24 年 度 ) H24 年 6 月 に 無 線 実 験 局 予 備 免 許 受 領 後 屋 外 における 電 波 発 射 試 験 を 行 った 福 岡 工 業 大 学 の 屋 上 に 設 置 したレール 上 試 験 ( 図 8) および 小 型 トラックの 荷 台 に 設 置 して 福 工 大 周 辺 にて 車 上 試 験 ( 図 9) を 行 った レール 上 試 験 でレーダの 送 受 信 信 号 が 検 証 された 後 Live SAR をトラッ ク 荷 台 に 搭 載 して 画 像 取 得 を 試 みた 本 試 験 で 検 証 を 行 いたい 項 目 は (1) 時 々 刻 々と 変 化 する MCP と Live SAR 間 の 距 離 を GPS と IMU が 正 確 に 計 測 し その 距 離 の 変 化 に 応 じて 送 信 パルス 波 のパラメータ が 変 更 されることを 確 認 すること (2) MCP をアンテナが 自 動 追 尾 し 常 に MCP 周 辺 にマイクロ 波 パル 図 8 図 9 スを 照 射 すること (3) SAR 画 像 の 出 力 を 確 認 することである 図 10 に 走 行 する 車 から 3km 先 の 島 の 防 波 堤 と 灯 台 の 画 像 取 得 結 果 を 示 す SAR 画 像 はグーグルの 航 空 写 真 とよい 対 応 していることが 分 か る Live SAR の 画 像 は ポーラーフォ ーマットとオートフォーカスの 処 理 を 行 っている レンジ 方 向 には 0.1m の 解 像 度 で クロスレンジ 方 向 には 0.25m の 解 像 度 である 防 波 堤 や 波 打 ち 際 の 岩 森 林 の 様 子 や 灯 台 が 衛 星 写 真 と 対 応 付 けられる 一 方 海 水 面 は 黒 く 写 り ほぼ 反 射 がないことが 分 かる これらの 地 上 試 験 を 通 して ジンバル 系 等 のハードウェアおよびソフトウェア 図 10 の 初 期 故 障 が 見 いだされ 機 上 試 験 に 備 えて 逐 次 改 修 した 7.ヘリ 搭 載 試 験 とリアルタイム 画 像 収 集 試 験 ( 平 成 24 年 度 ) 富 士 重 工 業 ( 株 )のヘリコプタ 富 士 ベル 式 205B に Live SAR を 搭 載 するために 航 空 法 第 3 条 ただし 書 きの 適 合 検 査 等 を 済 ませ さらに 総 務 省 の 現 地 電 波 監 査 を 受 けた 後 H24 年 12 月 から 飛 行 試 験 を 開 始 した( 図 11 参 照 ) Live SAR の 基 本 的 性 能 を 確 認 するため 様 々な 目 標 に 対 するデータ 取 得 を 実 施 した 本 試 験 では 以 下 の 目 標 物 を 対 象 とした (1) 建 造 物 (2) 河 川 及 び 川 堰 (3) (4) 農 地 画 像 生 成 ソフトウェアの 高 速 化 およびデータ 転 送 速 度 の 高 速 化 などの 改 修 の 結 果 ヘリ 機 上 で 30 秒 7

8 以 内 の 画 像 生 成 が 可 能 となった 機 上 でのリアルタイム 画 像 取 得 という 委 託 研 究 の 当 初 目 標 は 達 成 でき た H25 年 1 月 に 入 って 宇 都 宮 周 辺 地 域 でヘリ 搭 載 Live SAR による 画 像 収 集 を 行 った ヘリの 飛 行 条 件 を 図 12 に 示 す 機 体 搭 載 の 写 真 ( 富 士 ベル 式 205B) 飛 行 試 験 の 条 件 ( 富 士 ベル205B) ヘリコプター 機 上 画 像 生 成 時 間 : 今 回 ~30 秒 ( 将 来 ~5 秒 ) 雲 オフナディア 角 : α: 45 ~70 対 地 高 度 : 4,000~10,000 ft 俯 角 (depression angle) β: 20 ~ 45 レンジ (slant range) 今 回 4~5km( 将 来 ~15km) ナディア(Nadir) ヘリから 地 表 への 真 下 の 地 点 MCP 刈 り 巾 (swath) 33 図 11 図 12 洪 水 域 観 測 を 想 定 して 収 集 した 鬼 怒 川 河 川 敷 の 画 像 を 図 13 に 示 す Live SAR 画 像 とグーグル 航 空 写 真 の 川 筋 は 1 年 ほどの 撮 影 年 月 経 過 のため 異 なっているが 支 流 やゴルフ 場 の 池 など 陸 域 と 水 域 の 境 界 を 明 瞭 に 確 認 できる また 図 14 図 15 に 農 地 住 宅 地 の 画 像 を 示 す 現 地 写 真 と 比 較 すると 小 川 の 堰 や 学 校 の 校 庭 と プールなどがはっきりと 識 別 できる 図 13 8

9 図 14 宇 都 宮 市 下 田 原 周 辺 ( 川 堰 ) 左 上 :Google マップ 右 上 :Live SAR 画 像 左 下 :1 方 向 から 撮 影 した 川 堰 の 現 地 写 真 右 下 :2 方 向 から 撮 影 し た 川 堰 の 現 地 写 真 図 15 宇 都 宮 市 田 原 小 学 校 プール ( 赤 丸 )と 校 庭 ( 黄 色 丸 )ともに 黒 色 になっている 9

10 8.まとめ 本 委 託 研 究 で 小 型 航 空 機 やヘリコプタに 搭 載 でき 洪 水 や 津 波 などの 大 規 模 災 害 時 に 迅 速 な 情 報 収 集 が 可 能 なスポットライトモード 合 成 開 口 レーダ(SAR)を 開 発 し 以 下 の 成 果 が 得 られた 総 質 量 25kg の 小 型 軽 量 なスポットライトモード SAR Live SAR の 開 発 に 成 功 した 省 庁 保 有 の 防 災 災 害 対 策 ヘリに 搭 載 可 能 なサイズのジンバル 系 を 開 発 した 着 脱 は 10 分 以 内 で 行 える 機 上 のパソコン 画 面 の 地 図 上 で 災 害 現 場 周 辺 をクリックすることにより 任 意 方 角 の 災 害 現 場 画 像 を 迅 速 に 収 集 でき 誰 にでも 操 作 し 易 いユーザー インターフェイス(GUI)を 開 発 できた 最 高 空 間 分 解 能 は 0.10m( 設 計 値 ) 0.13m( 実 測 値 )の 表 1 Live SAR 主 要 性 能 と 仕 様 画 像 を 取 得 できた 機 上 におけるリアルタイム 画 像 処 理 により データ 収 集 から 30 秒 以 内 に 画 像 を 表 示 できる 省 庁 保 有 のデータリンク(ヘリテレ ヘリ 映 伝 無 人 機 データリンク 等 )を 用 いて 機 上 で 取 得 したデ ータを 地 上 に 同 時 配 信 することが 可 能 である 大 学 等 研 究 者 の 連 携 協 力 およびヘリコプタ 試 験 飛 行 に 対 する 企 業 支 援 により 低 コストで Live SAR を 開 発 できた 1.9 GHz 主 な 性 能 仕 様 は 表 1の 通 りである 7 W なお スポットライト SAR を 応 用 して 人 間 などの 移 動 体 を 検 出 できる スプリットビーム 方 式 SAR に 関 する 特 許 を 出 願 した( 特 願 ) また 本 委 託 研 究 実 施 による 高 精 度 遅 延 電 子 回 路 の 特 許 を 出 願 中 であ る 4 今 後 の 課 題 展 望 本 委 託 研 究 開 発 により スポットライト SAR の 基 本 的 ソフトウェア 開 発 は 完 了 した 今 後 は Live SAR による 画 像 収 集 を 重 ねて 種 々の 観 測 対 象 物 の SAR 画 像 データベースを 蓄 積 したり 洪 水 域 観 測 のための 応 用 ソフト 開 発 やストリップマップ 画 像 やビデオ 画 像 のソフトの 開 発 を 行 う 必 要 がある さらに 地 形 や 構 造 物 の 微 小 変 位 や 移 動 体 検 出 など SAR の 位 相 データを 利 用 した Live SAR の 活 用 と これらの 実 績 を 踏 まえた 実 用 化 が 期 待 される 10

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊 8. 地 形 等 に 関 する 防 災 地 理 情 報 の 整 備 提 供 土 地 の 成 り 立 ちや 性 質 等 と 地 震 による 液 状 化 豪 雨 による 浸 水 等 の 自 然 災 害 のリスクは 密 接 に 関 連 国 土 地 理 院 が 保 有 する 人 工 改 変 前 の 古 い 空 中 写 真 か ら 地 形 を 判 読 し 明 治 大 正 時 代 の 地 形 図 等 の 記 載

More information

スライド 1

スライド 1 リモートセンシングを 活 用 した 国 土 地 理 院 の 防 災 への 取 り 組 み 国 土 防 災 リモートセンシング 研 究 会 ワークショップ2014 2014 年 11 月 27 日 国 土 地 理 院 地 理 地 殻 活 動 研 究 センター 地 理 情 報 解 析 研 究 室 長 中 島 秀 敏 Ministry of Land, Infrastructure, Transport

More information

資料10-1-2 H-ⅡAロケット26号機の打上げに係る飛行安全計画

資料10-1-2 H-ⅡAロケット26号機の打上げに係る飛行安全計画 資 料 10-1-2 H-ⅡAロケット26 号 機 の 打 上 げに 係 る 飛 行 安 全 計 画 平 成 26 年 8 月 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 説 明 者 宇 宙 輸 送 ミッション 本 部 宇 宙 輸 送 安 全 計 画 室 室 長 加 納 康 臣 まえがき 本 計 画 は 人 工 衛 星 等 打 上 げ 基 準 第 4 条 に 基 づき 打 上 げに

More information

マイクロ波衛星画像とGISを利用して水稲作付け地を高い精度で推定する

マイクロ波衛星画像とGISを利用して水稲作付け地を高い精度で推定する マイクロ 波 衛 星 画 像 と 地 理 情 報 システムを 利 用 して 水 稲 作 付 け 地 を 高 い 精 度 で 推 定 する 生 態 系 計 測 研 究 領 域 石 塚 直 樹 第 1 章 はじめに 我 が 国 では 農 林 水 産 省 統 計 部 生 産 流 通 消 費 統 計 課 によって 農 地 面 積 調 査 ( 以 下 統 計 調 査 と いう)が 実 施 されおり 水 田 を

More information

株 式 会 社 かんこうの 務 案 内 UAVによるリモートセンシング& 写 真 測 量 ) 災 害 構 造 点 検 地 図 作 成 ( ) UAV( 小 型 無 人 航 空 機 )を 利 用 したリモートセンシング( 遠 隔 測 定 )を 行 うことにより これまで 人 が 立 ち 入 れない 箇

株 式 会 社 かんこうの 務 案 内 UAVによるリモートセンシング& 写 真 測 量 ) 災 害 構 造 点 検 地 図 作 成 ( ) UAV( 小 型 無 人 航 空 機 )を 利 用 したリモートセンシング( 遠 隔 測 定 )を 行 うことにより これまで 人 が 立 ち 入 れない 箇 株 式 会 社 かんこう 東 京 エアロスペースシンポジウム2015 期 間 : 平 成 27 年 10 月 14 日 ( 水 ) ~ 16 日 ( 金 ) 10:00~17:00 会 場 : 東 京 ビッグサイト 西 展 示 棟 西 4ホール(A-06ブース) 主 催 : 東 京 都 株 式 会 社 東 京 ビッグサイト 出 展 内 容 1 2 3 4 5 UAVによる 航 空 写 真 測 量 UAVによる

More information

我が国EEZの総合的監視に向けて

我が国EEZの総合的監視に向けて 我 が 国 EEZの 総 合 的 監 視 に 向 けて 2015 年 9 月 12 日 一 般 財 団 法 人 総 合 研 究 奨 励 会 理 事 堀 雅 文 1 目 次 1 総 合 研 究 奨 励 会 のご 紹 介 2 日 本 のEEZの 現 状 3 グローバル オブザベーション 研 究 会 (GOS 研 究 会 )のご 紹 介 2 総 合 研 究 奨 励 会 のご 紹 介 3 設 立 昭 和 16

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目 9 大 規 模 特 殊 災 害 時 における 広 域 航 空 消 防 応 援 実 施 細 目 昭 和 61 年 5 月 30 日 消 防 救 第 61 号 改 正 平 成 4 年 3 月 23 日 消 防 救 第 39 号 改 正 平 成 5 年 3 月 26 日 消 防 救 第 36 号 改 正 平 成 5 年 5 月 14 日 消 防 救 第 66 号 改 正 平 成 6 年 4 月 1 日 消

More information

競 争 性 が 確 保 されているなど 選 定 は 妥 当 か 所 管 部 局 による 点 検 項 目 評 価 評 価 に 関 する 説 明 国 広 く 国 民 ニーズがあるか 国 費 を 投 入 しなければ 目 的 が 達 成 できないか 必 費 要 投 地 方 自 治 体 民 間 等 に 委 ね

競 争 性 が 確 保 されているなど 選 定 は 妥 当 か 所 管 部 局 による 点 検 項 目 評 価 評 価 に 関 する 説 明 国 広 く 国 民 ニーズがあるか 国 費 を 投 入 しなければ 目 的 が 達 成 できないか 必 費 要 投 地 方 自 治 体 民 間 等 に 委 ね 名 地 層 処 分 に 係 る 地 質 評 価 手 法 等 整 備 番 号 (57,91) 平 成 5 年 行 政 レビューシート ( 環 境 省 ) 担 当 部 局 庁 原 子 力 規 制 委 員 会 原 子 力 規 制 庁 作 成 責 任 者 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 年 度 平 成 6 年 度 会 計 区 分 エネルギー 対 策 特 別 会 計 ( 電 源 開 発 促 進

More information

目 次 1. 概 要... - 2-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者... - 2-1.2 打 上 げの 目 的... - 2-1.3 ロケット 及 びペイロードの 名 称 及 び 機 数... - 2-1.4 打 上 げの 期 間 及 び 時 間... - 3-1.5 打 上

目 次 1. 概 要... - 2-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者... - 2-1.2 打 上 げの 目 的... - 2-1.3 ロケット 及 びペイロードの 名 称 及 び 機 数... - 2-1.4 打 上 げの 期 間 及 び 時 間... - 3-1.5 打 上 平 成 27 年 度 ロケット 打 上 げ 計 画 書 宇 宙 ステーション 補 給 機 こうのとり 5 号 機 (HTV5)/ H-ⅡBロケット5 号 機 (H-ⅡB F5) 平 成 27 年 6 月 三 菱 重 工 業 株 式 会 社 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 目 次 1. 概 要... - 2-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者...

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

目 的 状 況 予 算 の 資 金 の 流 使 れ 途 費 目 活 動 実 績 成 果 実 績 事 業 所 管 部 局 による 点 検 評 価 項 目 特 記 事 項 - - 広 く 国 民 のニーズがあり 優 先 度 が 高 い 事 業 であるか 国 が 実 施 すべき 事 業 であるか 地 方

目 的 状 況 予 算 の 資 金 の 流 使 れ 途 費 目 活 動 実 績 成 果 実 績 事 業 所 管 部 局 による 点 検 評 価 項 目 特 記 事 項 - - 広 く 国 民 のニーズがあり 優 先 度 が 高 い 事 業 であるか 国 が 実 施 すべき 事 業 であるか 地 方 事 業 番 号 0 平 成 年 行 政 事 業 レビューシート ( 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 森 林 生 態 系 多 様 性 基 礎 調 査 事 業 担 当 部 局 庁 林 野 庁 森 林 整 備 部 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 年 度 ~ 平 成 年 度 担 当 課 室 計 画 課 会 計 区 分 一 般 会 計 施 策 名 森 林 の 有

More information

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム(

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム( 予 算 執 行 事 前 審 査 等 調 書 ( 平 成 23 年 度 第 1 2 四 半 期 ) 防 衛 省 予 算 監 視 効 率 化 チーム 目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通

More information

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について

佐賀空港への陸自ティルト・ローター機の配備について 平 成 26 年 9 月 防 衛 省 佐 賀 空 港 への 陸 自 ティルト ローター 機 の 配 備 について 佐 賀 空 港 への 配 備 について 今 後 のティルト ローター 機 の 運 用 に 際 して 同 機 の 配 備 先 につ いて 九 州 地 方 を 中 心 に 部 隊 運 用 の 実 効 性 強 化 日 米 協 力 の 強 化 配 備 のための 十 分 な 地 積 の 確 保 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

(4) 活 動 部 隊 のオペレーション 関 係 機 関 と 連 携 を 図 るため 現 場 指 揮 本 部 や 合 同 指 揮 本 部 の 体 制 を 早 期 に 築 くことが 必 要 である 天 候 不 順 時 水 難 救 助 登 山 中 に 急 病 を 発 症 した 要 救 助 者 の 救 助

(4) 活 動 部 隊 のオペレーション 関 係 機 関 と 連 携 を 図 るため 現 場 指 揮 本 部 や 合 同 指 揮 本 部 の 体 制 を 早 期 に 築 くことが 必 要 である 天 候 不 順 時 水 難 救 助 登 山 中 に 急 病 を 発 症 した 要 救 助 者 の 救 助 救 助 活 動 要 領 において 踏 まえるべき 視 点 ( 案 ) 1 現 場 指 揮 本 部 の 運 営 (1) 情 報 収 集 初 期 に 収 集 する 情 報 は 通 報 者 や 関 係 機 関 等 から 様 々な 情 報 が 入 ってくるが 今 後 の 活 動 方 針 を 検 討 するためにも 必 要 な 簡 潔 な 情 報 を 迅 速 に 聞 き 取 り 把 握 できること が 必 要

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ

1: 改 正 航 空 法 ホームページの 無 人 航 空 機 の 飛 行 に 関 する 許 可 承 認 申 請 書 ( 様 式 ) からダウンロード 可 能 2: 自 作 機 であって 趣 味 目 的 で 飛 行 させる 無 人 航 空 機 の 場 合 には 資 料 の 添 付 を 省 略 す るこ 平 成 28 年 9 月 1 日 版 ~~ 申 請 書 類 の 作 成 について~~ 申 請 手 続 きに 必 要 な 書 類 は 以 下 のとおりです それぞれの 書 類 の 具 体 的 な 記 載 方 法 については 3ページ 目 以 降 を 参 照 してください また 申 請 にあたっては 本 文 書 の 最 後 尾 に 掲 載 している 申 請 書 類 のチェックリスト も 記 入 の 上

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

目 次 ページ 1 沿 革 3 2 位 置 と 立 地 条 件 9 3 空 港 施 設 の 概 要 10 4 規 制 空 域 13 5 空 港 の 利 用 状 況 (1) 航 空 機 の 着 陸 停 留 回 数 15 (2) 定 期 便 の 就 航 及 び 旅 客 状 況 16 (3)チャーター 便

目 次 ページ 1 沿 革 3 2 位 置 と 立 地 条 件 9 3 空 港 施 設 の 概 要 10 4 規 制 空 域 13 5 空 港 の 利 用 状 況 (1) 航 空 機 の 着 陸 停 留 回 数 15 (2) 定 期 便 の 就 航 及 び 旅 客 状 況 16 (3)チャーター 便 隠 岐 空 港 の 概 要 平 成 26 年 度 平 成 26 年 5 月 発 行 島 根 県 隠 岐 支 庁 県 土 整 備 局 隠 岐 空 港 管 理 所 目 次 ページ 1 沿 革 3 2 位 置 と 立 地 条 件 9 3 空 港 施 設 の 概 要 10 4 規 制 空 域 13 5 空 港 の 利 用 状 況 (1) 航 空 機 の 着 陸 停 留 回 数 15 (2) 定 期 便 の

More information

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋)

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋) 参 考 資 料 1 科 学 技 術 学 術 審 議 会 測 地 学 分 科 会 ( 第 22 回 ) H23.2.16 平 成 23 年 度 文 部 科 学 省 予 算 案 の 概 要 ( 測 地 学 関 連 の 抜 粋 ) 地 震 防 災 分 野 の 研 究 開 発 の 推 進 平 成 23 年 度 予 算 案 119 億 円 ( 平 成 22 年 度 予 算 額 125 億 円 ) 平 成 22

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

TELEC-T403 WLAN 動的周波数選択(DFS)用レーダパルス信号 アプリケーションノート

TELEC-T403 WLAN 動的周波数選択(DFS)用レーダパルス信号 アプリケーションノート Application Note TELEC-T403 WLAN 動 的 周 波 数 選 択 (DFS) 用 レーダパルス 信 号 MG3710A ベクトル 信 号 発 生 器 MG3710A ベクトル 信 号 発 生 器 アプリケーションノート TELEC-T403 WLAN 動 的 周 波 数 選 択 (DFS) 用 レーダパルス 信 号 Version 1.01 アンリツ 株 式 会 社 Slide

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

平成28年熊本地震による土砂災害の発生状況 平成28年7月14日10:00現在 土砂災害発生件数 190件 土石流等57件 地すべり10件 がけ崩れ123件 土砂災害による死者数 9名 特に被害の著しい南阿蘇村周辺 阿蘇大橋地区全景 あそおおはし (1)阿蘇大橋地区(南阿蘇村) 直轄砂防事業により斜

平成28年熊本地震による土砂災害の発生状況 平成28年7月14日10:00現在 土砂災害発生件数 190件 土石流等57件 地すべり10件 がけ崩れ123件 土砂災害による死者数 9名 特に被害の著しい南阿蘇村周辺 阿蘇大橋地区全景 あそおおはし (1)阿蘇大橋地区(南阿蘇村) 直轄砂防事業により斜 土 砂 災 害 への 対 応 における 衛 星 の 活 用 について 平 成 28 年 7 月 28 日 国 土 交 通 省 水 管 理 国 土 保 全 局 砂 防 部 砂 防 計 画 課 地 震 火 山 砂 防 室 課 長 補 佐 山 本 悟 司 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 平成28年熊本地震による土砂災害の発生状況

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5>

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5> 京 都 市 消 防 局 訓 令 乙 第 7 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 の 全 部 を 次 のように 改 正 する 平 成 27 年 10 月 23 日 京 都 市 消 防 局 長 杉 本 栄 一 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 通 信 施 設 の 管 理 ( 第

More information

裁決録

裁決録 平 成 17 年 仙 審 第 36 号 貨 物 船 阿 武 隈 丸 漁 船 第 十 八 徳 洋 丸 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 18 年 2 月 16 日 審 判 庁 仙 台 地 方 海 難 審 判 庁 ( 半 間 俊 士, 原 清 澄, 大 山 繁 樹 ) 理 事 官 保 田 稔 受 審 人 A 職 名 阿 武 隈 丸 船 長 海 技 免 許 二 級 海 技 士 ( 航 海 ) 補

More information

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614 事 業 番 号 0439 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 防 衛 省 設 置 法 第 4 条 第 1 号 経 理 装 備 局 技 術 計 画 官 現 用 防 護 マスク(00 式 個 人 用 防 護 装 備 )と 同 等 防 護 性 能 を 有 し 広 視 野 化 放 射 能 除 染 呼 吸 追 随 ブロワー 小 型 化 及 び 現 用 通 信 装 置 (

More information

16 20 19 10 20 10

16 20 19 10 20 10 16 20 19 10 20 10 -1- 1-2- web web GIS -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- 1,300 21 6-12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- 参 考 資 料 (1) 用 語 集 ア 行 タグやラベル 状 に 加 工 されたアンテナ 付 IC

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0% 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 1 月 井 口 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%の

More information

Microsoft PowerPoint GOS研究会(矢野)d2【公開版】

Microsoft PowerPoint GOS研究会(矢野)d2【公開版】 2013年12月3日 東京大学 山上会館 グローバル オブザベーション システム GOS における情報ネットワーク NICTワイヤレスネットワーク研究所 矢野 博之 GOSにおける 情 報 ネットワーク 情 報 収 集 国 土 及 び 広 大 な 海 域 の 情 報 を 様 々な 設 備 で 収 集 リアルタイム 伝 送 陸 海 空 をつなぐ ネットワーク 分 析 把 握 収 集 した 情 報 を

More information

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の 土 木 学 会 熊 本 地 震 広 域 交 通 ネットワーク 調 査 団 調 査 報 告 ( 速 報 ) 2016 年 4 月 27 日 家 田 仁 ( 政 策 研 究 大 学 院 大 学 団 長 ) 岩 倉 成 志 ( 芝 浦 工 業 大 学 ) 平 田 輝 満 ( 茨 城 大 学 ) 柳 沼 秀 樹 ( 東 京 理 科 大 学 ) 目 次 1. 調 査 活 動 の 概 要 2. 大 局 的 に

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

Microsoft Word - Podium View MAC-UserManual-Japanese-2013-0731.doc

Microsoft Word - Podium View MAC-UserManual-Japanese-2013-0731.doc Podium View ドキュメントカメラ 画 像 ソフトウェア ユーザーマニュアル (MAC) 目 次 1. はじめに... 2 2. システム 要 件... 2 3. Podium View のインストール... 3 4. ハードウェアへの 接 続... 8 5. Podium View の 使 用 開 始... 8 6. 操 作 インタフェースの 説 明... 9 6.1 ソフトウェア 画 面

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

企 業 IMPRESSION Acrorad 社 CdTe X 線 カメラ FPD2x1/FPD4x2 CdTe X 線 カメラはシンチレータなどを 使 わずに CdTe(テルル 化 カドミウ ム) 半 導 体 を 使 用 し 入 射 されたX 線 を 直 接 電 気 信 号 に 変 換 する 直

企 業 IMPRESSION Acrorad 社 CdTe X 線 カメラ FPD2x1/FPD4x2 CdTe X 線 カメラはシンチレータなどを 使 わずに CdTe(テルル 化 カドミウ ム) 半 導 体 を 使 用 し 入 射 されたX 線 を 直 接 電 気 信 号 に 変 換 する 直 X 線 検 査 システム レビュー 製 品 名 は 各 社 の 商 標 または 登 録 商 標 です 非 破 壊 検 査 をはじめ セキュリティ 分 野 など 多 方 面 で 活 躍 する X 線 検 査 システムを 紹 介 します Rad-icon 社 大 面 積 X 線 フラットパネルディテクタ SkiaGraphシリーズ SkiaGraphシリーズは CMOSセンサにシンチレータを 取 り 付

More information

(2) 厚 木 基 地 の 沿 革 基 地 の 歴 史 は 1938 年 ( 昭 和 13 年 )に 旧 日 本 海 軍 が 航 空 基 地 として 定 めたこ とから 始 まり 1941 年 ( 昭 和 16 年 )には 帝 都 防 衛 海 軍 基 地 として 使 用 が 開 始 さ れた その

(2) 厚 木 基 地 の 沿 革 基 地 の 歴 史 は 1938 年 ( 昭 和 13 年 )に 旧 日 本 海 軍 が 航 空 基 地 として 定 めたこ とから 始 まり 1941 年 ( 昭 和 16 年 )には 帝 都 防 衛 海 軍 基 地 として 使 用 が 開 始 さ れた その Ⅱ 厚 木 基 地 1. 厚 木 基 地 の 沿 革 と 概 要 (1) 人 口 密 集 地 に 所 在 する 厚 木 基 地 約 507 万 平 方 メートルの 広 大 な 敷 地 を 有 する 厚 木 基 地 は 大 和 市 の 南 西 部 に 位 置 し 本 市 及 び 綾 瀬 市 海 老 名 市 の 3 市 にまたがって 所 在 している 厚 木 基 地 の 滑 走 路 は 本 市 側 にあり

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

ZoomText for Windows 8 User Guide Addendum

ZoomText for Windows 8 User Guide Addendum ZoomText 10.1 for Windows 8 クイック リファレンス ガイド 付 録 この ZoomText 10 クリック リファレンス ガイド 付 録 は ZoomText 10.1 for Windows 8 に 特 有 の 新 機 能 やその 他 の 変 更 点 について 説 明 します ZoomText 10.1 のインストール 方 法 および 使 用 方 法 に 関 する 一

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

宇宙開発委員会 安全部会(第10回)議事録・配付資料[安全10-1-5]

宇宙開発委員会 安全部会(第10回)議事録・配付資料[安全10-1-5] 安 全 10-1-5 地 上 安 全 計 画 のH-ⅡA F9と H-ⅡA F7との 主 要 な 相 違 点 平 成 17 年 11 月 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 説 明 者 宇 宙 基 幹 システム 本 部 宇 宙 輸 送 安 全 ミッション 保 証 室 輸 送 安 全 課 課 長 特 手 重 樹 地 上 安 全 計 画 のH- H-ⅡA F7とH- H-ⅡA

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

Microsoft Word - 提出論文 2007.doc

Microsoft Word - 提出論文 2007.doc 地 上 形 レーザスキャナとVRS-RTKによる 河 川 計 測 手 法 について 伊 藤 与 志 雄 By Yoshio,Ito 1.はじめに わが 国 の 国 土 は 環 太 平 洋 造 山 帯 に 位 置 し,その 成 因 から 地 質 が 脆 弱 で 地 形 も 急 峻 であるため 山 地 の 侵 食 が 生 じやすい. 山 地 部 で 生 産 された 土 砂 は 河 川 をとおして 下 流

More information

2つの世界の艦娘達 ID:79436

2つの世界の艦娘達 ID:79436 世 界 達 AOBA 注 意 項 P F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 的 P F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 断 P F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 国 離 島 地 域 安 確 保 空 潜 陸 闘 可 能 間 着 置 開 発 名 移 型 闘 補 助 着 S G 称 開 発 経 ア メ リ カ 指 導 ハ

More information

2 防 災 ヘリコプターの 性 能 諸 元 (1) 名 称 三 重 県 防 災 ヘリコプター みえ 機 体 のカラーは 白 地 に 三 重 県 の 頭 文 字 が 青 と 赤 でデザインされています 青 い 色 は 県 内 の 美 しい 海 を 赤 い 色 は 燃 える 情 熱 を 表 しています

2 防 災 ヘリコプターの 性 能 諸 元 (1) 名 称 三 重 県 防 災 ヘリコプター みえ 機 体 のカラーは 白 地 に 三 重 県 の 頭 文 字 が 青 と 赤 でデザインされています 青 い 色 は 県 内 の 美 しい 海 を 赤 い 色 は 燃 える 情 熱 を 表 しています 三 重 県 防 災 航 空 隊 1 概 要 近 年 社 会 経 済 の 進 展 に 伴 う 土 地 利 用 の 変 化 や 都 市 化 社 会 の 進 行 により 災 害 の 態 様 も ますます 複 雑 多 様 化 し また 大 規 模 化 する 傾 向 にあります このような 状 況 の 中 県 民 の 尊 い 生 命 と 貴 重 な 財 産 を 守 り 県 民 生 活 の 安 全 と 安 定

More information

会報宇宙2016.indd

会報宇宙2016.indd 山 川 宏 京 都 大 学 教 授 内 閣 府 宇 宙 政 策 委 員 会 委 員 山 川 宏 1.はじめに 2008 年 5 月 に 超 党 派 で 成 立 した 宇 宙 基 本 法 は 宇 宙 開 発 利 用 を 国 家 戦 略 の 一 つと 位 置 付 け 宇 宙 開 発 利 用 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 すること を 目 的 としたものです この 宇

More information

竜 巻 等 突 風 対 策 に 係 る 気 象 庁 の 取 組 (1) 1. 竜 巻 等 突 風 に 関 する 普 及 啓 発 の 推 進 2. 竜 巻 等 突 風 の 親 雲 の 観 測 検 出 精 度 の 向 上 リーフレット 竜 巻 から 身 を 守 る! ( 内 閣 府 と 共 同 で 平

竜 巻 等 突 風 対 策 に 係 る 気 象 庁 の 取 組 (1) 1. 竜 巻 等 突 風 に 関 する 普 及 啓 発 の 推 進 2. 竜 巻 等 突 風 の 親 雲 の 観 測 検 出 精 度 の 向 上 リーフレット 竜 巻 から 身 を 守 る! ( 内 閣 府 と 共 同 で 平 竜 巻 等 突 風 対 策 局 長 級 会 議 ( 第 1 回 ) 平 成 25 年 9 月 6 日 ( 金 ) 資 料 11 各 府 省 庁 説 明 事 項 1 竜 巻 等 突 風 対 策 関 係 局 長 級 会 議 報 告 ( 平 成 24 年 8 月 ) を 踏 まえた 各 施 策 対 策 の 実 施 状 況 2 竜 巻 等 突 風 対 策 関 係 平 成 26 年 度 概 算 要 求 事 項

More information

b 広 域 防 災 拠 点 に 求 められる 機 能 (a) 広 域 活 動 拠 点 1 本 部 指 揮 機 能 作 戦 室 事 務 所 等 の 建 屋 (100 m2 程 度 ) 通 信 設 備 消 防 系 無 線 以 外 に 県 防 災 行 政 無 線 防 災 情 報 シス テム 端 末 があれ

b 広 域 防 災 拠 点 に 求 められる 機 能 (a) 広 域 活 動 拠 点 1 本 部 指 揮 機 能 作 戦 室 事 務 所 等 の 建 屋 (100 m2 程 度 ) 通 信 設 備 消 防 系 無 線 以 外 に 県 防 災 行 政 無 線 防 災 情 報 シス テム 端 末 があれ 3 広 域 防 災 拠 点 における 各 機 能 の 体 制 (1) 救 援 部 隊 の 集 結 活 動 機 能 について ア 救 援 部 隊 の 受 入 れの 考 え 方 基 本 構 想 に 基 づく 県 内 7つの 支 援 ゾーン 内 に 救 援 部 隊 の 集 結 及 び 指 揮 支 援 拠 点 等 として 使 用 可 能 な 施 設 を 広 域 防 災 拠 点 として 指 定 しておき 県

More information

画像計測アプリケーション

画像計測アプリケーション 画 像 計 測 アプリケーション MicroMeasure バージョン.07 取 扱 説 明 書 第 7 版 スカラ 株 式 会 社 目 次. はじめに... 4 2. 同 梱 品 について... 4 3. 動 作 環 境... 4 4. セットアップ... 5 5. 操 作 方 法... 5 5-. 静 止 画 像 の 準 備... 6 5--. 画 像 ファイルの 読 込... 6 5--2.カメラ

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上 ( 訳 小 森 一 郎 ) 2010 F A I F 3 C 競 技 ル ー ル 2 0 1 0 年 版 ( 適 用 開 始 2010.1) 5. 4 ク ラ ス F 3 C ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー 5. 4. 1 ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー の 定 義 ヘ リ コ プ タ ー と は 名 目 的 垂 直 軸 ( 1 本 ま た は

More information

Taro-18警察用航空機の運用等に関

Taro-18警察用航空機の運用等に関 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 最 終 改 正 平 成 24.3.13 京 都 府 警 察 本 部 訓 令 第 5 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 8 条 ) 第 2 章 運 用 ( 第 9 条 - 第 22 条 ) 第 3 章 ヘリコプター テレビシステム( 第 23 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 整 備 ( 第 26 条 第 27 条

More information

271030_表紙-2.xdw

271030_表紙-2.xdw 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 への 訓 練 移 転 に 係 るこれまでの 対 応 と 防 衛 省 との 協 議 について 平 成 27 年 10 月 30 日 鹿 屋 市 目 次 Ⅰ 鹿 屋 基 地 に 係 る 在 日 米 軍 再 編 について P1 P1 Ⅱ 空 中 給 油 機 KC-130の 鹿 屋 基 地 に おける 訓 練 概 要 P4 P2 Ⅲ 防 衛 省 への 主

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204967756368695F8946928882A982E782CC8DD08A518AC48E8B5F352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D204967756368695F8946928882A982E782CC8DD08A518AC48E8B5F352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 宇 宙 からの 自 然 災 害 の 監 視 と 防 災 宇 宙 からの 地 球 観 測 講 演 会 鳥 取 環 境 大 学 2009 年 12 月 4 日 ( 独 ) 情 報 通 信 研 究 機 構 (NICT) 電 磁 波 計 測 研 究 センター 井 口 俊 夫 1 情 報 通 信 研 究 機 構 情 報 通 信 研 究 機 構 所 在 地 : 東 京 都 小 金 井 市 総 務 省 ( 旧 郵

More information

5.1 H24 H25GIS データの 公 開 方 法 検 討 及 び 公 開 用 データ 作 成 (1)H24 H25GIS データの 公 開 方 法 の 検 討 H24 25 の GIS データの 公 開 方 法 の 検 討 に 当 たっては 以 下 の 点 に 留 意 した 1) 従 来 の

5.1 H24 H25GIS データの 公 開 方 法 検 討 及 び 公 開 用 データ 作 成 (1)H24 H25GIS データの 公 開 方 法 の 検 討 H24 25 の GIS データの 公 開 方 法 の 検 討 に 当 たっては 以 下 の 点 に 留 意 した 1) 従 来 の 第 5 章 ゾーニング 基 礎 の 公 開 提 供 及 びシステム 検 討 平 成 21 年 度 より 環 境 省 において 調 査 整 備 されてきた 再 生 可 能 エネルギーの 導 入 ポテン シャルマップやゾーニング 基 礎 は 再 生 可 能 エネルギー 普 及 の 基 礎 資 料 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 果 たしてきた また 再 生 可 能 エネルギーの 今 後 の 更

More information

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1 基 礎 資 料 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 配 備 状 況 1 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 配 備 状 況 76 機 (45 都 道 府 県 55 団 体 ) (1) 消 防 庁 ヘリコプター 5 機 ( 東 京 消 防 庁 京 都 市 消 防 局 埼 玉 県 宮 城 県 高 知 県 に 無 償 使 用 ) (2) 消 防 機 関 ヘリコプター 31 機 ( 東 京 消 防 庁

More information

Microsoft Word - ⑩飯島・脇島.doc

Microsoft Word - ⑩飯島・脇島.doc 電 磁 波 や 超 音 波 を 使 った 速 度 測 定 装 置 の 製 作 飯 島 昌 * ** 脇 島 修 1.はじめに 物 体 の2 点 間 の 平 均 の 速 さは,その 距 離 を 進 むの に 要 した 時 間 で 割 ることにより 求 められる.そして, 進 む 距 離 を 微 小 にし,その 区 間 と, 進 むのに 要 した 時 間 で 割 ったものを 瞬 間 の 速 さとみなすことができ

More information

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月 豪 雨 による 奄 美 肝 付 町 道 路 被 災 箇 所 調 査 工 学 部 北 村 良 介 酒 匂 一 成 1.はじめに 奄 美 大 島 加 計 呂 麻 島 では,21 年,212 年, 肝 付 町 では 212 年 に 豪 雨 に 伴 う 斜 面 崩 壊 によ り 多 くの 道 路 が 被 災 している 著 者 らは, 奄 美 での 21 年 1 月 2 日,212 年 6 月 1 日 に 発

More information

ごあいさつ 昨 年 まで 旧 防 衛 省 技 術 研 究 本 部 におきまして 開 催 しておりました 防 衛 技 術 シンポジウム は 防 衛 装 備 庁 が 新 設 された 今 年 から 防 衛 装 備 庁 の 研 究 開 発 活 動 をはじめ 様 々な 取 り 組 みについて 国 民 のみなさ

ごあいさつ 昨 年 まで 旧 防 衛 省 技 術 研 究 本 部 におきまして 開 催 しておりました 防 衛 技 術 シンポジウム は 防 衛 装 備 庁 が 新 設 された 今 年 から 防 衛 装 備 庁 の 研 究 開 発 活 動 をはじめ 様 々な 取 り 組 みについて 国 民 のみなさ ごあいさつ 昨 年 まで 旧 防 衛 省 技 術 研 究 本 部 におきまして 開 催 しておりました 防 衛 技 術 シンポジウム は 防 衛 装 備 庁 が 新 設 された 今 年 から 防 衛 装 備 庁 の 研 究 開 発 活 動 をはじめ 様 々な 取 り 組 みについて 国 民 のみなさまにご 理 解 を 賜 る 絶 好 の 機 会 となるよう 防 衛 装 備 庁 技 術 シンポジウム

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

平 成 26 年 度 緊 急 運 航 実 績 報 告 区 分 件 数 人 員 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 合 計 救 助 救 急 火 災 災 害 応 急 対 策 救 助 件 数 3 8 5 10 2 16 8 8 5 6 (71) 救 助 人

平 成 26 年 度 緊 急 運 航 実 績 報 告 区 分 件 数 人 員 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 合 計 救 助 救 急 火 災 災 害 応 急 対 策 救 助 件 数 3 8 5 10 2 16 8 8 5 6 (71) 救 助 人 あかふじ ニュース 第 11 号 発 行 平 成 27 年 3 月 山 梨 県 消 防 防 災 航 空 隊 山 梨 県 ホームページ http://www.pref.yamanashi.jp やまなし 防 災 ポータル http://bosai.pref.yamanashi.jp 山 梨 県 消 防 防 災 航 空 隊 400-0108 山 梨 県 甲 斐 市 宇 津 谷 445-1 TEL 0551-20-3601

More information

地域コミュニティにおける議論活性化のための住民参画Webプラットフォームの開発

地域コミュニティにおける議論活性化のための住民参画Webプラットフォームの開発 総 務 省 SCOPE 地 域 ICT 振 興 型 研 究 開 発 課 題 地 域 コミュニティにおける 議 論 活 性 化 のための 住 民 参 画 Webプラットフォームの 開 発 代 表 者 : 名 古 屋 工 業 大 学 大 学 院 教 授 分 担 者 : 名 古 屋 工 業 大 学 大 学 院 准 教 授 名 古 屋 工 業 大 学 大 学 院 助 教 新 谷 虎 松 大 囿 忠 親 白

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

untitled

untitled 1 17 3 平 成 18 年 度 コスト 縮 減 優 良 工 事 表 彰 一 覧 表 別 紙 -6 番 号 事 務 所 工 事 名 業 者 名 1 利 根 川 水 系 砂 防 事 務 所 大 立 沢 第 三 砂 防 堰 堤 工 事 萬 屋 建 設 ( 株 ) 2 横 浜 国 道 事 務 所 下 鶴 間 電 線 共 同 溝 (その2) 工 事 小 雀 建 設 ( 株 ) 平 成 18

More information

南極地域観測事業に必要な経費

南極地域観測事業に必要な経費 事 業 番 号 0315 平 成 24 行 政 事 業 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 事 業 名 南 極 地 域 観 測 事 業 に 必 要 な 経 担 当 部 局 庁 研 究 開 発 局 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 度 昭 和 31 度 ~ 担 当 課 室 海 洋 地 球 課 会 区 分 一 般 会 策 名 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

作物

作物 金 型 部 品 の 5 軸 加 工 に 関 する 研 究 [ 要 約 ] 並 進 3 軸 と 回 転 2 軸 を 持 つ 5 軸 加 工 機 は ワークを 持 ち 替 えることなく 多 方 向 からの 加 工 が 可 能 なため 複 雑 な 形 をした 機 械 部 品 の 大 量 生 産 において 有 効 に 活 用 されているが 金 型 加 工 の 分 野 では 未 だ 十 分 に 使 われていない

More information

宮城教育大学情報処理センター研究紀要2010

宮城教育大学情報処理センター研究紀要2010 実 践 研 究 論 文 4 軸 X 線 回 折 測 定 による 超 伝 導 薄 膜 配 向 性 の 3D 表 示 プログラムの 作 成 1 大 竹 佑 樹 1, 内 山 哲 治 宮 城 教 育 大 学 大 学 院 教 科 教 育 専 攻 理 科 教 育 専 修 2 宮 城 教 育 大 学 教 育 学 部 理 科 教 育 講 座 2 本 研 究 室 では 超 伝 導 薄 膜 の 作 製 を 行 っている

More information

< 目 次 > はじめに... - 適 用 基 準... -2 作 業 の 流 れ... 2 動 作 条 件... 2 3 フォルダ 構 成... 3 4 システム(シート) 構 成... 4 5 システム 操 作 方 法... 5 5- システム 基 本 操 作... 5 5-- 起 動 方 法.

< 目 次 > はじめに... - 適 用 基 準... -2 作 業 の 流 れ... 2 動 作 条 件... 2 3 フォルダ 構 成... 3 4 システム(シート) 構 成... 4 5 システム 操 作 方 法... 5 5- システム 基 本 操 作... 5 5-- 起 動 方 法. 道 路 巡 視 業 務 支 援 ツール 操 作 マニュアル 平 成 28 年 月 < 目 次 > はじめに... - 適 用 基 準... -2 作 業 の 流 れ... 2 動 作 条 件... 2 3 フォルダ 構 成... 3 4 システム(シート) 構 成... 4 5 システム 操 作 方 法... 5 5- システム 基 本 操 作... 5 5-- 起 動 方 法... 5 5--2

More information

(1) 対 象 区 域 八 戸 市 の 震 災 津 波 浸 水 区 域 のうち 館 鼻 公 園 白 銀 町 から 鮫 町 にかけての 港 湾 区 域 (2) 資 料 1) 現 地 撮 影 のビデオデータ 著 者 が 撮 影 したもの( 2011/03/30)のほか イン ターネットで 公 開 されて

(1) 対 象 区 域 八 戸 市 の 震 災 津 波 浸 水 区 域 のうち 館 鼻 公 園 白 銀 町 から 鮫 町 にかけての 港 湾 区 域 (2) 資 料 1) 現 地 撮 影 のビデオデータ 著 者 が 撮 影 したもの( 2011/03/30)のほか イン ターネットで 公 開 されて 1. 本 研 究 の 目 的 東 日 本 大 震 災 のインターネット 公 開 映 像 を 用 いた 震 災 アーカイブの 構 築 岩 手 大 学 人 文 社 会 科 学 部 情 報 科 学 研 究 室 遠 藤 教 昭 岩 手 大 学 人 文 社 会 科 学 部 植 物 生 態 学 研 究 室 竹 原 明 秀 (1) 震 災 情 報 東 日 本 大 震 災 などの 震 災 情 報 に 関 する 被

More information

して TS を 函 体 の 外 ( 吐 き 口 側 または 呑 み 口 側 )に 設 置 し 鋲 を 直 接 視 準 する 方 法 がある しかし 連 結 している 函 体 では 撓 みや 継 手 部 のゴムが 大 きく 変 形 し ている 場 合 があるなど 鋲 を TS で 直 接 視 準 する

して TS を 函 体 の 外 ( 吐 き 口 側 または 呑 み 口 側 )に 設 置 し 鋲 を 直 接 視 準 する 方 法 がある しかし 連 結 している 函 体 では 撓 みや 継 手 部 のゴムが 大 きく 変 形 し ている 場 合 があるなど 鋲 を TS で 直 接 視 準 する 平 成 23 年 度 自 走 装 置 を 用 いた 樋 門 函 体 の 3 次 元 変 位 技 術 の 開 発 ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 機 械 技 術 チーム 小 宮 山 一 重 牧 野 正 敏 山 﨑 貴 志 北 海 道 には 泥 炭 性 軟 弱 地 盤 が 広 く 分 布 しており 長 期 にわたり 沈 下 する 特 性 を 有 している 河 川 堤

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消 鳥 羽 市 防 災 危 機 管 理 室 平 成 6 年 9 月 日 平 成 6 年 度 鳥 羽 市 一 斉 津 波 避 難 訓 練 実 施 要 綱 目 的 南 海 トラフを 震 源 とする 巨 大 地 震 に 伴 う 津 波 等 から 鳥 羽 市 民 特 に 児 童 生 徒 災 害 時 要 援 護 者 及 び 観 光 客 等 の 被 害 を 限 りなくゼロに 近 づけるための 一 斉 避 難 避 難

More information

平 成 21 年 8 月 5 日 関 係 者 各 位 和 歌 山 大 学 生 自 主 プロジェクト 教 育 実 施 のお 礼 拝 啓 処 暑 のみぎり ますます 御 健 勝 のこととお 喜 び 申 し 上 げます 平 素 は 格 別 のご 厚 誼 にあずかり 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 和

平 成 21 年 8 月 5 日 関 係 者 各 位 和 歌 山 大 学 生 自 主 プロジェクト 教 育 実 施 のお 礼 拝 啓 処 暑 のみぎり ますます 御 健 勝 のこととお 喜 び 申 し 上 げます 平 素 は 格 別 のご 厚 誼 にあずかり 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 和 平 成 21 年 8 月 5 日 関 係 者 各 位 和 歌 山 大 学 日 食 バルーンサット 実 験 お 礼 と 御 報 告 拝 啓 残 暑 厳 しき 折 から 貴 行 ますますご 清 栄 のことお 喜 び 申 し 上 げます 先 の 日 食 の 際 には 格 別 のご 厚 誼 にあずかり 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 皆 様 の 御 理 解 と 御 協 力 を 得 まして 7 月 22

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

() 消 通 信 本 の 消 通 信 は 司 令 管 制 室 と 消 署 出 張 所 更 には 災 関 係 機 関 とをネットワークで 結 ぶとともに 消 車 両 等 についても 無 線 回 線 FOMA 回 線 を 使 用 し 9 番 通 報 の 受 付 か ら 消 隊 隊 の 現 場 到 着 ま

() 消 通 信 本 の 消 通 信 は 司 令 管 制 室 と 消 署 出 張 所 更 には 災 関 係 機 関 とをネットワークで 結 ぶとともに 消 車 両 等 についても 無 線 回 線 FOMA 回 線 を 使 用 し 9 番 通 報 の 受 付 か ら 消 隊 隊 の 現 場 到 着 ま 通 信 () 消 通 信 7 () 災 害 情 報 メール 7 () 消 司 令 管 制 システム 7 (4) 消 司 令 管 制 システム 概 念 図 7 (5) 主 要 機 器 一 覧 7 (6) 無 線 設 備 概 要 74 (7) 9 番 等 の 着 信 状 況 75 (8) 過 去 5 年 間 の 着 信 通 話 状 況 75 (9) 指 令 状 況 75 () 民 の 声 処 理 75

More information

資料5-1

資料5-1 資 料 - 平 成 年 熊 本 地 震 による 自 然 環 境 等 へ 影 響 把 握 調 査 実 施 状 況 自 然 景 観 維 持 土 砂 崩 壊 調 査 これまでに 実 施 された 影 響 把 握 調 査 断 層 による 亀 裂 調 査 国 土 地 理 院 中 央 火 口 丘 エ リアなし) 国 土 地 理 院 火 口 周 辺 と 草 原 土 砂 崩 壊 調 査 環 境 省 が 実 施 する

More information

1-7 高 松 空 港 1 番 スポット イーストエプロン 駐 機 場 所 図 (1 日 目 ) 四 国 航 空 格 納 庫 ( 隊 員 待 機 場 所 ) 香 川 県 警 察 航 空 隊 L YS-11 駐 機 えひめ21 M オリーブⅡ うずしお F O SPOT 1-A ひょうご きんき G

1-7 高 松 空 港 1 番 スポット イーストエプロン 駐 機 場 所 図 (1 日 目 ) 四 国 航 空 格 納 庫 ( 隊 員 待 機 場 所 ) 香 川 県 警 察 航 空 隊 L YS-11 駐 機 えひめ21 M オリーブⅡ うずしお F O SPOT 1-A ひょうご きんき G 場 外 離 着 陸 場 位 置 図 土 庄 場 外 離 着 陸 場 凡 例 縮 尺 1/10,000 場 外 離 着 陸 場 進 入 区 域 39 1-7 高 松 空 港 1 番 スポット イーストエプロン 駐 機 場 所 図 (1 日 目 ) 四 国 航 空 格 納 庫 ( 隊 員 待 機 場 所 ) 香 川 県 警 察 航 空 隊 L YS-11 駐 機 えひめ21 M オリーブⅡ うずしお F

More information

目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章 維 持 管 理 業 務 P3 第 1 節 業 務

目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章 維 持 管 理 業 務 P3 第 1 節 業 務 山 形 空 港 航 空 灯 火 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 4 月 山 形 県 山 形 空 港 事 務 所 目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章

More information

1.はじめに 研 究 目 的 高 速 小 型 旅 客 船 について 省 エネの 観 点 からヒアリングおよ び 実 船 計 測 を 行 い, 運 航 に 関 する 各 種 データを 収 集 する 建 造 時 データや 試 運 転 成 績 等 から 小 型 高 速 船 の 初 期 検 討 用 資 料

1.はじめに 研 究 目 的 高 速 小 型 旅 客 船 について 省 エネの 観 点 からヒアリングおよ び 実 船 計 測 を 行 い, 運 航 に 関 する 各 種 データを 収 集 する 建 造 時 データや 試 運 転 成 績 等 から 小 型 高 速 船 の 初 期 検 討 用 資 料 平 成 26 年 度 内 航 船 舶 (SES) 技 術 セミナー 資 料 3 小 型 高 速 旅 客 船 の 省 エネ 運 航 に 関 する 調 査 について 講 演 内 容 1.はじめに 2. 小 型 高 速 旅 客 船 の 実 船 計 測 3. 省 エネマニュアルの 概 要 4.まとめ ( 独 ) 海 上 技 術 安 全 研 究 所 平 田 宏 一, 宮 崎 恵 子 1 1.はじめに 研 究

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

Microsoft PowerPoint - 説明用_2016_ver2.6.pptx

Microsoft PowerPoint - 説明用_2016_ver2.6.pptx 電 気 電 子 工 学 実 験 III 時 間 領 域 周 波 数 領 域 での 伝 達 関 数 計 測 担 当 三 輪 目 的 サンプリング 定 理 周 波 数 スペクトル 伝 達 関 数 等 の 信 号 処 理 の 基 礎 となる 事 項 を 実 験 的 に 確 認 し より 直 観 的 に 理 解 できること 1 回 目 1-1 サンプリングとは 1-2 ナイキスト 条 件 1-3 離 散 フーリエ

More information

現 地 調 査 では 火 口 周 辺 の 地 形 や 噴 気 等 の 状 況 に 変 化 は 見 られませんでした また 赤 外 熱 映 像 装 置 5) による 観 測 では 2015 年 3 月 頃 から5 月 29 日 の 噴 火 前 に 温 度 上 昇 が 認 められていた 新 岳 火 口

現 地 調 査 では 火 口 周 辺 の 地 形 や 噴 気 等 の 状 況 に 変 化 は 見 られませんでした また 赤 外 熱 映 像 装 置 5) による 観 測 では 2015 年 3 月 頃 から5 月 29 日 の 噴 火 前 に 温 度 上 昇 が 認 められていた 新 岳 火 口 の 火 山 活 動 解 説 資 料 福 岡 管 区 気 象 台 地 域 火 山 監 視 警 報 センター 鹿 児 島 地 方 気 象 台 < 噴 火 警 戒 レベル5( 避 難 )を3( 入 山 規 制 )に 引 下 げました> では 2015 年 6 月 19 日 のごく 小 規 模 な 噴 火 後 噴 火 は 発 生 していません 火 映 1) は 観 測 されておらず 新 岳 火 口 の 西

More information

目 次 1. 概 要...- 1-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者...- 1-1.2 打 上 げの 目 的...- 1-1.3 ロケット 及 びペイロードの 名 称 及 び 機 数...- 1-1.4 打 上 げの 期 間 及 び 時 間...- 2-1.5 打 上 げ 施

目 次 1. 概 要...- 1-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者...- 1-1.2 打 上 げの 目 的...- 1-1.3 ロケット 及 びペイロードの 名 称 及 び 機 数...- 1-1.4 打 上 げの 期 間 及 び 時 間...- 2-1.5 打 上 げ 施 平 成 27 年 度 ロケット 打 上 げ 計 画 書 X 線 天 文 衛 星 (ASTRO-H)/ 小 型 副 衛 星 / H-ⅡAロケット30 号 機 (H-ⅡA F30) 平 成 27 年 12 月 三 菱 重 工 業 株 式 会 社 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 目 次 1. 概 要...- 1-1.1 打 上 げ 実 施 機 関 及 び 責 任 者...-

More information

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台)

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台) 資 料 4 平 成 26 年 度 福 井 県 原 子 力 防 災 総 合 訓 練 実 施 結 果 1 目 的 福 井 県 原 子 力 防 災 計 画 および 福 井 県 広 域 避 難 計 画 要 綱 に 基 づき 国 県 関 係 市 町 防 災 関 係 機 関 および 地 域 住 民 が 一 体 となった 原 子 力 防 災 訓 練 を 実 施 し 緊 急 時 における 通 信 連 絡 体 制 と

More information

インテリジェント 基 準 点 :ICタグが 組 み 込 まれた 基 準 点 専 用 機 器 により 基 準 点 に 関 す る 位 置 情 報 などを 呼 び 出 すことができる ウェブGIS:インターネット 上 で 機 能 するGISのこと ウェブはワールド ワイド ウェブ(WorldWideWe

インテリジェント 基 準 点 :ICタグが 組 み 込 まれた 基 準 点 専 用 機 器 により 基 準 点 に 関 す る 位 置 情 報 などを 呼 び 出 すことができる ウェブGIS:インターネット 上 で 機 能 するGISのこと ウェブはワールド ワイド ウェブ(WorldWideWe 用 語 の 説 明 参 考 資 料 2 CAD:Computer-AidedDesignの 略 計 算 機 を 利 用 して 設 計 製 図 を 行 うこと G alileo: 欧 州 連 合 ( E U ) が 計 画 を 進 め て い る 全 世 界 的 衛 星 航 法 シ ス テ ム (GNSS)のひとつ GIS:GeographicInformationSystemの 略 地 理 情 報

More information

2. 特 徴 的 なバ 利 用 特 性 など < 目 的 別 の 市 への 依 存 度 > 通 勤 や 通 学 買 い 物 など 日 常 生 活 の で 隣 接 す る 市 への 依 存 度 は 高 いです さらに 主 な 利 用 交 通 手 段 は 自 家 用 車 が 約 7 割 を 占 め 鉄

2. 特 徴 的 なバ 利 用 特 性 など < 目 的 別 の 市 への 依 存 度 > 通 勤 や 通 学 買 い 物 など 日 常 生 活 の で 隣 接 す る 市 への 依 存 度 は 高 いです さらに 主 な 利 用 交 通 手 段 は 自 家 用 車 が 約 7 割 を 占 め 鉄 共 交 通 の 現 状 と 再 構 築 方 針 案 について 資 料 3 第 1 章 共 交 通 の 現 状 と 課 題 1. 山 ノ 内 の 共 交 通 特 性 の 共 交 通 は 長 電 鉄 長 線 長 ~ 湯 田 があります 日 常 生 活 に 利 用 される 路 線 バは 上 林 線 須 賀 線 菅 角 線 の 3 路 線 が から 隣 接 する 市 街 にかけて 運 行 しています 当 市

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

ファミリーマートカップ 第 30 回 記 念 全 日 本 バレーボール 小 学 生 大 会 茨 城 県 大 会 結 果 会 場 古 河 市 三 和 健 康 ふれあいスポーツセンター 体 育 館 A B Cコート 鹿 窪 運 動 公 園 かなくぼ 総 合 体 育 館 D E Fコート 男 子 の 部

ファミリーマートカップ 第 30 回 記 念 全 日 本 バレーボール 小 学 生 大 会 茨 城 県 大 会 結 果 会 場 古 河 市 三 和 健 康 ふれあいスポーツセンター 体 育 館 A B Cコート 鹿 窪 運 動 公 園 かなくぼ 総 合 体 育 館 D E Fコート 男 子 の 部 ファミリーマートカップ 第 30 回 記 念 全 日 本 バレーボール 小 学 生 大 会 茨 城 県 大 会 結 果 報 告 開 催 日 開 催 場 所 平 成 22 年 6 月 19 日 ( 土 ) 20 日 ( 日 ) 古 河 市 三 和 健 康 ふれあいスポーツ センター 体 育 館 結 城 市 鹿 窪 運 動 公 園 かなくぼ 総 合 体 育 館 茨 城 県 小 学 生 バレーボール 連

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

Microsoft Word - 20-3.5.1.2.B-4エレベータ080513h.doc

Microsoft Word - 20-3.5.1.2.B-4エレベータ080513h.doc 3.5.1.2.B-4 緊 急 地 震 速 報 と 連 動 させた 災 害 防 止 のためのエレベ ータ 制 御 装 置 の 開 発 研 究 目 次 (1) 業 務 の 内 容 (a) 業 務 題 目 (b) 担 当 者 (c) 業 務 の 目 的 (d) 5 ヵ 年 の 年 次 実 施 計 画 1) 平 成 15 年 度 2) 平 成 16 年 度 3) 平 成 17 年 度 4) 平 成 18

More information

国 土 交 通 省 東 京 航 空 局 新 千 歳 空 港 事 務 所 新 千 歳 空 港 事 務 所 業 務 継 続 計 画 の 策 定 地 震 災 害 時 の 首 都 中 枢 機 関 の 機 能 継 続 を 確 保 するため 平 成 19 年 6 月 に 国 土 交 通 省 において 国 土 交

国 土 交 通 省 東 京 航 空 局 新 千 歳 空 港 事 務 所 新 千 歳 空 港 事 務 所 業 務 継 続 計 画 の 策 定 地 震 災 害 時 の 首 都 中 枢 機 関 の 機 能 継 続 を 確 保 するため 平 成 19 年 6 月 に 国 土 交 通 省 において 国 土 交 防 災 対 策 強 化 の 新 たな 取 組 について 参 考 資 料 北 海 道 開 発 局 津 波 対 策 の 推 進 学 識 経 験 者 等 から 構 成 される 津 波 対 策 検 討 委 員 会 を 設 置 し 技 術 的 専 門 的 な 見 地 から 助 言 を 受 け ながら 今 後 の 津 波 対 策 について 検 討 を 行 い 津 波 対 策 ビジョンを 取 りまとめた 特 に

More information