目 次 概 要 3 Enterprise 2.0 アプリケーション 3 Enterprise 2.0 の 3 つの 特 性 6 その 役 割 は 賢 明 なポリシーによる 安 全 な 導 入 を 行 うこと 8 Enterprise 2.0 を 安 全 に 導 入 するのに 必 要 なツール 9 従

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 概 要 3 Enterprise 2.0 アプリケーション 3 Enterprise 2.0 の 3 つの 特 性 6 その 役 割 は 賢 明 なポリシーによる 安 全 な 導 入 を 行 うこと 8 Enterprise 2.0 を 安 全 に 導 入 するのに 必 要 なツール 9 従"

Transcription

1 ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? 2009 年 12 月 Palo Alto Networks 232 East Java Dr. Sunnyvale, CA 94089, USA Sales:

2 目 次 概 要 3 Enterprise 2.0 アプリケーション 3 Enterprise 2.0 の 3 つの 特 性 6 その 役 割 は 賢 明 なポリシーによる 安 全 な 導 入 を 行 うこと 8 Enterprise 2.0 を 安 全 に 導 入 するのに 必 要 なツール 9 従 業 員 の 管 理 9 デスクトップの 管 理 10 ネットワークの 管 理 10 Palo Alto Networks の 次 世 代 ファイアウォールの 使 用 11 Enterprise 2.0 アプリケーションの 識 別 11 Enterprise 2.0 アプリケーションへの 積 極 的 な 管 理 (ファイアウォール) ポリシーの 適 用 13 展 開 の 柔 軟 性 14 結 論 14 Palo Alto Networks について 15 Copyright c 2009, Palo Alto Networks, Inc. All rights reserved. Palo Alto Networks, the Palo Alto Networks Logo, the Network Security Company, PAN-OS, FlashMatch, App-ID and Panorama are trademarks of Palo Alto Networks, Inc. in the United States. All specifications are subject to change without notice. Palo Alto Networks assumes no responsibility for any inaccuracies in this document or for any obligation to update information in this document. Palo Alto Networks reserves the right to change, modify, transfer, or otherwise revise this publication without notice Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 2

3 概 要 今 日 の 企 業 ネットワークには 重 大 な 問 題 があります それは ユーザーが 主 導 権 を 握 っていること です 皮 肉 にも 同 じようにこの 問 題 の 根 底 をなす IT 担 当 者 たちは その 原 因 が ユーザーを 管 理 できてい ないことにあると 信 じています ユーザーは それでもなお 新 しい Web ベースのアプリケーションを 使 用 し その 結 果 としてネットワークを 未 知 の 脅 威 にさらし サポートするように 設 計 されていないタス クを 実 行 します この 点 では 明 らかにユーザーが 間 違 っているため トラフィックに 関 するこの 問 題 に 対 する 答 えは 簡 単 です つまり ブロックする 必 要 があります ユーザーは 彼 らが 業 務 を 遂 行 できるように IT 担 当 者 がネットワークを 設 計 しなかったことに 原 因 があると 信 じています ユーザーは 会 社 の 外 で 消 費 者 として 使 用 しているアプリケーションを 使 用 し たいと 考 えています これらのアプリケーションは 使 いやすいからです これらのアプリケーションが 厄 介 でありながら 意 義 があるとみなされるのは コラボレーションを 重 視 した 常 時 接 続 という 性 質 があ るためです オープンで 使 いやすく 常 に 世 界 中 に 接 続 されている これこそが 従 来 の 企 業 アプリケー ションに 欠 けている 要 素 なのです この 点 では 明 らかに IT 部 門 が 間 違 っているため この 問 題 に 対 する 答 えは 簡 単 です つまり ブロックしてはなりません 選 択 を 迫 られる 場 面 に 直 面 すると 人 間 の 心 は 極 端 な 結 論 に 偏 る 傾 向 があります 白 か 黒 かの 選 択 ができるのなら 灰 色 を 選 択 することもできるのではないでしょうか 言 うまでもありませんが 今 日 の 企 業 ネットワークの 問 題 に 対 する 答 えは ブロックするべきかどうかという 単 純 な 選 択 によって 出 せる ものではありません 本 当 の 答 えを 出 すには 現 状 を 正 確 に 見 極 めて やや 灰 色 な 選 択 をしながら 正 しい 答 えを 見 つけ 出 すことができなければなりません このホワイトペーパーでは Enterprise 2.0 アプリケーションの 安 全 な 導 入 を 可 能 にするポリシーを 作 成 し 実 施 する 方 法 を 明 らかにすることにより Enterprise 2.0 アプリケーションに 適 切 に 対 処 する 方 法 (および そもそも Enterprise 2.0 アプリケーションとは 何 なのか) について 実 践 的 に 解 説 しま す このホワイトペーパーで 使 用 するデータは 2009 年 の 6 か 月 間 に 収 集 された 世 界 中 の 200 を 超 える 組 織 のアプリケーションとネットワークトラフィックに 基 づきます 1 Enterprise 2.0 アプリケーション わずか 数 年 前 まだ 世 界 は 球 形 だと 考 えられていました 国 都 市 企 業 の 周 囲 には 境 界 が 存 在 して いました その 中 には 法 律 によって 施 行 されている 架 空 の 境 界 と 機 械 によって 施 行 されている 物 理 的 な 境 界 がありました 企 業 ネットワークへの 境 界 線 となっていたのは ファイアウォールです パスポート を 持 っていなければ 中 に 入 ることも 外 に 出 ることもできませんでした ほんのわずかな 既 知 のトラフィックだけが 許 可 され 他 のトラフィックはすべてアクセスを 拒 否 されていました 世 界 は シンプルでした 今 日 では 世 界 には 境 界 はなく 平 坦 な 形 をしていると 認 識 されています 私 たちは 境 界 がまだ 存 在 していると 考 えたり そうであることを 望 んだりしていますが 実 際 には ほぼすべての 境 界 が 危 う いものになっています 企 業 ネットワークにおいては 従 来 のファイアウォールは かなり 以 前 からそ の 意 義 を 失 っています 問 題 を 解 決 するために 投 入 されたテクノロジが 確 実 に 広 がっていたにもかか わらず 従 来 の 境 界 を 危 ういものにした 新 世 代 のアプリケーション テクノロジ および 技 術 が 台 頭 し てきました 言 い 換 えれば 開 発 者 は フェンスを 飛 び 越 える ための 回 避 策 トンネルなどの 方 法 を 考 え 出 すことによって 境 界 を 回 避 する 方 法 を 見 付 けたのです さらに ユーザーコミュニティでもこれ らの 方 法 が 見 付 け 出 されるようになりました 開 発 者 やユーザーは URL がブロックされたり アプリ ケーションによる 企 業 ネットワーク 内 外 への 通 信 が 拒 否 されたことに 気 付 くと などの サイトからその 回 避 方 法 を 探 し 出 します 合 衆 国 権 利 章 典 の 第 4 および 第 5 修 正 条 項 または 国 連 1 アプリケーション 使 用 およびそのリスクに 関 する 報 告 書 (Fall Edition, 2009) Palo Alto Networks 2009 Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 3

4 の 世 界 人 権 宣 言 の 第 12 条 の 旗 の 下 に このような 事 例 はますます 増 加 しています これはもはや 単 なる IT ポリシーに 関 する 問 題 ではなく 消 費 者 の 基 本 的 な 権 利 の 1 つに 関 する 問 題 となってい るのです Enterprise 2.0 アプリケーションは 平 坦 な 世 界 のシンボル 的 な 存 在 です 拡 大 した 企 業 において 迅 速 かつ 機 敏 なコラボレーション 情 報 共 有 参 入 および 統 合 機 能 を 提 供 する Web ベースのテク ノロジのシステム 2 と 定 義 された Enterprise 2.0 アプリケーションは 世 界 を 席 巻 しました 初 め は 主 に 検 索 リンク タグ 付 けに 焦 点 を 絞 ったアプリケーションでしたが その 後 オーサリング ネット ワーキング および 共 有 を 可 能 にするアプリケーションへと 急 速 に 変 化 しました 第 1 世 代 の Enterprise 2.0 アプリケーションの 例 を 次 に 示 します Socialtext などのウィキ Blogger などのブログ 作 成 ツール NewsGator などの RSS ツール Cogenz などの 企 業 ブックマークツールおよびタグ 付 けツール AOL Instant Messenger (AIM) などのメッセージングツール 第 2 世 代 の Enterprise 2.0 アプリケーションの 例 を 次 に 示 します SharePoint などのコンテンツ 管 理 ツール MegaUpload.com などのブラウザベースのファイル 共 有 ツール Facebook などの 複 雑 なソーシャルネットワーク YouTube などの 公 開 ツール Skype などのユニファイドメッセージングツール Twitter などの 投 稿 ツール 企 業 内 で 使 われている Enterprise 2.0 アプリケーションのディレクトリを 構 築 するために 多 くの 試 み が 行 われてきましたが 完 全 な 一 覧 を 作 り 出 すには 至 っていません そのような 試 みの 1 つとして {app}gap によって 公 開 されている Appopedia 3 があります Palo Alto Networks が 行 った 2 つの 試 みでは 利 用 可 能 なアプリケーションの 一 覧 と 企 業 におけ るこれらのアプリケーションの 採 用 状 況 に 関 する 調 査 結 果 が 得 られました 1. 半 年 ごとに 公 開 されるアプリケーション 使 用 およびそのリスクに 関 する 報 告 書 には 世 界 中 の 数 百 に 及 ぶ 組 織 から 収 集 されたアプリケーションの 採 用 と 使 用 に 関 するデータが 含 まれています 2. Applipedia には Palo Alto Networks が 管 理 できる 900 を 超 えるアプリケーションの 詳 細 情 報 が 含 まれています これには 200 を 超 える Enterprise 2.0 アプリケーションが 含 まれていま す 2 Wikipedia Enterprise Social Software 3 {app}gap の Appopedia 2009 Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 4

5 図 1:Applipedia (Palo Alto Networks のオンラインアプリケーション 事 典 ) Facebook などのアプリケーションは 実 際 は 複 合 的 なアプリケーションです Facebook が 2004 年 2 月 4 日 に 導 入 されたときは 単 一 の 目 的 だけを 果 たす 制 限 の 多 いアプリケーションでした し かし この 数 年 の 間 に 採 用 と 使 用 が 爆 発 的 に 増 加 して 今 日 では 世 界 中 で 3 億 人 以 上 に 使 用 され るようになっています これはアメリカ 合 衆 国 の 全 人 口 を 超 えています その 間 Facebook には Facebook フォトなどの 新 しいアプリケーションが 導 入 され 2008 年 4 月 には Facebook チャット が 導 入 されました 以 前 はシンプルなアプリケーションでしたが 現 在 ではアプリケーションのネットワ ークへと 変 貌 しました しかし それで 終 わりではありませんでした Facebook はアプリケーションプ ラットフォームへと 変 貌 し 今 日 では Facebook という 世 界 の 一 部 として 何 万 ものアプリケーションが 開 発 されています 同 時 に Facebook では 多 様 なハッキング エクスプロイト および 脆 弱 性 が 生 じ やすくなっています 図 2:Applipedia からの Facebook チャットに 関 する 情 報 さらに 懸 念 されているのは Enterprise 2.0 アプリケーションがネットワークに 浸 透 する 方 法 です 今 までで 初 めて これらのアプリケーションを IT 部 門 の 関 与 なく 採 用 できるようにする 2 つの 大 き な 動 向 が 同 時 にやってきたのです 1 つ 目 の 動 向 は 90 年 代 の 初 頭 にさかのぼります このとき Visual Basic などのテクノロジが 出 現 し 誰 もが IT 部 門 の 支 援 を 受 けることなくシンプルなアプリケーションを 開 発 できるようになりまし た これらのアプリケーションは 机 の 下 に 置 かれたサーバーで 実 行 され ユーザーは 業 務 を 遂 行 でき るようになったことで 純 粋 に 満 足 していました 以 前 は IT の 消 費 者 だったユーザーが 生 産 者 になっ たのです これらのアプリケーションの 大 部 分 は 組 織 にセキュリティ 上 のリスクをもたらすものではあ りませんでしたが 情 報 管 理 とコンプライアンスの 観 点 から IT 部 門 にとっては 悩 みの 種 となりまし た 第 2 の 動 向 は 2000 年 代 の 初 頭 に シンプルなコラボレーション 機 能 を 持 つ Web ベースのアプ リケーションが 出 現 したときに 始 まりました 状 況 はまったく 異 なるものになり 始 めました これらのア プリケーションは その 性 質 上 企 業 ネットワークの 境 界 を 完 全 に 越 えてしまったからです 90 年 代 には Web ベースのアプリケーションは 主 に 電 子 商 取 引 と 電 子 メールに 使 用 されていましたが 今 で はこれらのアプリケーションをどこからでも 起 動 してアクセスできるようになり 情 報 の 消 費 者 を 生 産 者 へと 変 貌 させました この 動 向 は 最 初 は 消 費 者 の 世 界 で 始 まり その 後 ビジネスの 世 界 でも 急 速 2009 Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 5

6 に 広 まりました 多 くの IT 専 門 家 がさらに 驚 きと 懸 念 を 感 じていることは 技 術 革 新 と 採 用 サイクル が 速 度 を 増 していることです 次 に 例 を 挙 げます 2008 年 4 月 に 開 始 されて 以 来 18 か 月 未 満 で Facebook チャットの 企 業 内 での 使 用 率 は Yahoo! IM および AIM を 上 回 りました 企 業 における Google ドキュメントの 浸 透 率 は 2009 年 3 月 から 2009 年 9 月 の 間 に 33% から 82% に 増 加 しました これと 同 期 間 に 企 業 での Twitter の 使 用 率 は セッション 数 では 252% 帯 域 幅 では 775% 増 加 しました すでに 述 べたように Enterprise 2.0 アプリケーションは 多 面 的 かつ 多 機 能 です 機 能 の 一 部 は 非 常 に 明 白 ですが 多 くの 機 能 は 舞 台 裏 で 利 用 されます たとえば これらのアプリケーションの 70% はファイルを 転 送 できます つまり 表 向 きの 使 用 目 的 は Voice-over-IP (VoIP) またはインスタント メッセージングでも 同 じアプリケーションを 使 用 してファイルの 転 送 が 行 えるのです このような 機 能 の 例 として Skype および IBM/Lotus Sametime があります 複 雑 さが 増 加 するもう 1 つの 原 因 として アプリケーションを 使 用 して 多 数 のコンテンツを 共 有 できることがあります この 例 としては WebEx があります このアプリケーションを 使 うと デスクトップのコンテンツを 多 数 の 閲 覧 者 と 共 有 できます 多 くの 場 合 PowerPoint プレゼンテーションを 共 有 しても 害 はありませんが WebEx デ スクトップ 共 有 機 能 を 通 じてデスクトップを 共 有 すると セキュリティとコンプライアンスに 関 する 深 刻 な 問 題 が 生 じます また 多 くの Enterprise 2.0 アプリケーションは 品 質 面 であまり 優 れているとは 言 えません そのよ うに 作 られている 場 合 もありますが 多 くの 場 合 は 企 業 クラスの 品 質 とセキュリティ 要 件 を 満 たすよ うに 構 築 されていないことが 原 因 です そのため これらのアプリケーションの 28% はマルウェアを 広 めることができ 64% もが 既 知 の 脆 弱 性 を 持 っています このような 性 質 があるため IT 部 門 の 心 配 は 深 まり ネットワーク 上 での 使 用 を 許 可 するか 許 可 しないかという 問 題 になると 非 常 に 二 者 択 一 的 な 態 度 を 取 ることになります しかし 多 くの IT 専 門 家 は これらをブロックすることは サー バーの 電 源 をオフにしたり URL やポートをブロックしたりするほど 簡 単 ではないということに 気 付 い ています 従 来 の 知 識 や 技 術 では もはや 通 用 しないのです 多 くの Enterprise 2.0 アプリケーションはクラウドベースであり ブラウザを 使 用 してアクセスします しかし 同 様 に 短 期 間 に 採 用 が 進 んだ SharePoint などのアプリケーションは 多 くの 場 合 オンプレ ミスで 展 開 されるにもかかわらず リスクをもたらしています Gartner などの 調 査 会 社 は SharePoint は 90 年 代 における Visual Basic に 非 常 に 似 ていると 考 えています つまり 控 えめ に 見 積 もっても 実 装 の 3 分 の 1 には 不 具 合 があるということです 4 実 質 上 大 多 数 の Enterprise 2.0 アプリケーションは IT 部 門 の 介 入 を 得 ることなく 企 業 に 侵 入 します Andrew McAfee や Dion Hinchcliffe など この 分 野 における 思 想 的 指 導 者 たちは 非 公 式 なユーザー 主 導 のキャンペーンと 強 力 な 機 能 管 理 サポートを 積 極 的 に 広 めていますが テクノロジの 実 現 者 としての 役 割 以 外 の IT 部 門 の 役 割 については 詳 しく 述 べていません 厳 密 な 構 造 と 監 視 がないことは 企 業 内 の 非 常 に 多 く のユーザーがこれらの 新 しいアプリケーションを 採 用 するきっかけとなり 業 務 の 遂 行 のためにこれら のアプリケーションを 使 用 する 権 利 があると 信 じさせる 結 果 となったのです Enterprise 2.0 の 3 つの 特 性 最 初 に 開 発 者 とその 役 割 に 注 目 しましょう Enterprise 2.0 アプリケーションを 開 発 する 際 にほとん どの 開 発 者 が 悪 意 を 持 っていると 考 えるのは 明 らかに 間 違 っています しかし 現 実 には そのよう なことが 完 全 にないとは 言 い 切 れません 開 発 者 は 従 来 のほとんどのセキュリティインフラストラクチ ャによって 自 分 が 開 発 したアプリケーションがブロックされることを 知 っているため それを 通 過 する 方 4 Gartner のアナリスト Neil MacDonald による 記 事 2009 年 3 月 24 日 2009 Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 6

7 法 を 探 します つまり 通 過 する 方 法 が 見 つかるまで アプリケーションをポートからポートにホップさ せたり または 許 可 されたトラフィックを 通 じてトンネリングさせたりします 多 くの 場 合 その 動 機 は 感 染 または 汚 染 させることではなく 目 的 地 に 到 達 して 機 能 を 果 たすことです しかし その 過 程 におい て 本 来 の 意 図 と 悪 意 の 境 界 線 が 急 速 にあいまいになってきました 暗 号 化 についても 同 じことが 言 えます ほとんどの 場 合 開 発 者 は 純 粋 にユーザーとデータを 保 護 していますが 隠 蔽 や 混 乱 を 目 的 として 暗 号 化 が 使 用 されることも 多 くなっています 開 発 者 によってもたらされた 共 通 の 問 題 は すべて 共 有 する というアプローチです 言 い 換 えると 共 有 によるメリットを 得 たいなら 他 のユーザーが 自 分 との 共 有 によってメリットを 得 られるようにする ということです 多 くの 場 合 この 考 え 方 はソフトウェアに 直 接 的 に 反 映 されています つまり インスト ール 時 にデフォルト 設 定 ( 多 くの 場 合 ソフトウェアの 非 常 に 見 つけにくい 場 所 に 隠 されている) によ って ユーザーのファイルがネットワーク 上 で 共 有 されます 繰 り 返 しますが ファイル 共 有 は 良 い 例 です Nullsoft Napster および KaZaA として 始 まった 技 術 は ピアツーピア (P2P) アプリケーシ ョン プロトコル およびテクノロジの 膨 大 なコレクションへと 進 化 し オープンな 世 界 (LimeWire な ど) と 闇 の 世 界 の 両 方 に 存 在 するようになっています これらのすべてのアプリケーションでは 状 況 や 合 法 性 に 関 係 なく 共 有 に 関 して 同 じ 原 則 が 適 用 されるため ユーザーの 無 知 が 原 因 で 重 大 な 問 題 が 引 き 起 こされています 率 直 に 言 うと 開 発 者 の 意 図 にかかわらず Enterprise 2.0 アプリケーションにはセキュリティとコン プライアンスに 関 する 明 らかな 問 題 があることは 明 白 です BusinessWeek 5 の 技 術 レポーターであ る Steve Hamm は レストランで 裏 口 のドアを 開 けておくと 虫 がたくさん 入 ってくるようなものだ と 表 現 しています 多 くの 記 事 や 本 6 に 企 業 内 でユーザーがコラボレーション 対 応 のアプリケーションを 使 用 する 動 機 は 何 かについて 書 かれています その 答 えは 簡 単 に 説 明 できます つまり 仕 事 を 終 わらせて 早 く 帰 宅 したいのです これは 非 常 にありふれたことのように 思 えます しかし 生 産 性 に 関 する 議 論 は 動 機 となるだけでなく 実 際 の 効 果 を 分 析 することにより 証 明 も 可 能 であるということを 世 界 中 の 研 究 者 が 認 めています McKinsey は 最 近 このトピックに 関 する 最 も 詳 細 と 思 われる 世 界 的 な 研 究 7 を 実 施 しました この 研 究 では 回 答 者 の 69 パーセントが 製 品 やサービスの 革 新 より 効 果 的 なマ ーケティングの 実 現 知 識 へのアクセスの 改 善 業 務 コストの 削 減 収 益 の 上 昇 など 測 定 可 能 な 事 業 上 のメリットが 企 業 にもたらされたと 報 告 していることがわかりました この 結 果 によると テクノロジ を 最 大 限 に 利 用 した 企 業 は さらに 大 きなメリットを 報 告 しています 成 功 した 企 業 は Enterprise 2.0 テクノロジを 従 業 員 のワークフローに 緊 密 に 統 合 するだけでなく これらのアプリケーションを 使 用 す ることで 企 業 を 顧 客 やサプライヤと 結 び 付 ける ネットワーク 化 された 企 業 を 作 り 出 しています これらの 結 果 は Enterprise 2.0 アプリケーションの 使 用 についてしばしば 論 じられる 非 生 産 に 関 す る 議 論 に 真 っ 向 から 逆 らうものです Enterprise 2.0 アプリケーションを 使 用 することで セキュリティ プライバシー コンプライアンス および 評 判 に 対 する 本 質 的 なリスクが 生 じることは 明 白 ですが 従 業 員 が 雇 用 者 の 時 間 とリソースを 浪 費 するリスクがあまり 大 きくないことも 明 らかになっています Enterprise 2.0 アプリケーションは 人 々の 働 き 方 を 変 化 させるだけでなく コストと 時 間 を 削 減 しなが ら 生 産 的 を 向 上 しており これに 関 する 圧 倒 的 な 証 拠 に 反 論 するのは 困 難 です このため Association for Information and Image Management (AIIM) による 最 近 の 研 究 8 において 半 数 以 上 の 組 織 が 企 業 目 標 と 成 功 のために Enterprise 2.0 が 重 要 または 非 常 に 重 要 と 考 えている ことは 驚 くに 値 しません しかし リスクがあることは 明 白 であり 安 全 に 導 入 することが 最 も 重 要 で す 5 BusinessWeek のレポーターである Steve Hamm による 記 事 2009 年 11 月 24 日 6 例 は Andrew McAfee 著 Enterprise 2.0 Clara Shih 著 The Facebook Era より 7 McKinsey による 世 界 的 調 査 2009 年 9 月 8 AIIM Industry Watch Collaboration and Enterprise 年 6 月 2009 Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 7

8 ここで IT 部 門 の 登 場 となります 多 くの 人 々は 今 日 の Enterprise 2.0 に 対 する IT 部 門 の 影 響 および 介 入 は 最 小 限 に 抑 えられている または 最 小 限 に 抑 える 必 要 があると 主 張 しています この 他 に IT 部 門 は 概 して Enterprise 2.0 などユーザー 主 導 の 動 向 には 無 関 係 であるという 意 見 もあれ ば IT 部 門 はより 大 きな 役 割 を 果 たすべきであるという 意 見 もあります 多 くの 意 見 がありますが そ の 理 由 が 述 べられることはほとんどありません 多 くの 場 合 IT 担 当 者 は 他 の 従 業 員 と 同 じように Enterprise 2.0 に 参 加 しています 結 局 のとこ ろ IT 担 当 者 も 他 の 従 業 員 と 同 様 に 業 務 を 遂 行 することが 動 機 となっています さらに IT 担 当 者 は Enterprise 2.0 アプリケーションに 関 する 問 題 について 率 先 的 に あるいは 要 求 に 応 じてユー ザーに 対 する 支 援 を 行 うことを 求 められます IT 部 門 は SharePoint などのサーバーベースのイン ストールを 必 要 とする 特 定 のアプリケーションの 導 入 を 依 頼 されることが 一 般 的 ですが 一 方 で 認 可 されていないアプリケーションによる 不 正 なサーバーを 密 かに 使 用 している 例 も 無 数 にあります しかし ほとんどの 場 合 IT 部 門 は 採 用 後 に Enterprise 2.0 に 関 連 する 問 題 に 気 付 きます IT 部 門 のヘルプデスクへの 問 い 合 わせは Facebook のパスワードを 忘 れました という 無 害 なもの から 2009 年 に 100 万 台 近 くのコンピュータに 感 染 した Koobface 9 のようなエクスプロイトに 完 全 に 汚 染 されるなど ネットワークとセキュリティに 関 する 重 大 な 問 題 という 極 端 なケースまで 多 岐 に 及 びます その 役 割 は 賢 明 なポリシーによる 安 全 な 導 入 を 行 うこと Enterprise 2.0 に 関 する 議 論 と 動 向 において IT 部 門 がその 役 割 を 果 たすときがやってきました IT 部 門 の 最 も 基 本 的 な 役 割 は 導 入 統 制 および 管 理 の 3 つです 導 入 は 何 よりもまず 教 育 に 関 係 しています Enterprise 2.0 アプリケーションの 場 合 長 い 間 ユー ザーがそのメリットを 判 断 してきました しかし 業 務 に 最 も 適 したアプリケーションを 選 択 するための 教 育 を 行 う 機 会 はこれからもあります IT 部 門 にはアドバイザーおよびメンターとしての 役 割 があり ます つまり どのアプリケーションが 要 件 を 解 決 するのに 最 適 かをユーザーに 示 し 選 択 後 にはアプ リケーションを 活 用 する 方 法 を 示 します 一 方 導 入 においては アプリケーションに 関 連 するリスクに 気 付 かせる 役 割 もあります そのため IT 担 当 者 は 一 般 的 に 使 われている 意 味 とは 違 う 意 味 で 真 のスーパーユーザーになる 必 要 があります Enterprise 2.0 のスーパーユーザーとは アプリケー ション 内 部 で 生 きて いて これに 依 存 して 主 な 作 業 を 行 う 人 のことです IT 部 門 がその 役 割 を 果 た すには 偏 見 を 持 つことなく 本 腰 を 入 れて Enterprise 2.0 の 採 用 に 取 り 組 む 必 要 があります これを 達 成 することにより IT 部 門 は Enterprise 2.0 アプリケーションの 使 用 に 関 連 するあらゆるリスクに ついて それらを 使 用 することによる 社 会 的 な 影 響 および 評 判 への 影 響 に 関 する 事 柄 も 含 めて ユー ザーを 適 切 に 教 育 できます 統 制 を 効 果 的 に 行 うには 賢 明 なポリシーを 定 義 する 際 に IT 部 門 が 重 要 な 役 割 を 果 たす 必 要 があ ります しかし IT 部 門 が これらのポリシーの 唯 一 の 所 有 者 にならないことが 重 要 です これらのポ リシーの 有 効 性 と 適 合 性 は IT 部 門 の 昔 ながらの 考 え 方 の 量 に 反 比 例 するためです これについて は 意 見 が 分 かれる 可 能 性 がありますが Enterprise 2.0 アプリケーションは 禁 断 の 果 実 になる 傾 向 があります 聖 牛 を 殺 すこと つまりポリシーに 違 反 することが 最 高 のハンバーガー10 の 材 料 になるのです また ほとんどの 場 合 Enterprise 2.0 の 採 用 はボトムアップで 開 始 されますが 経 営 幹 部 の 後 援 と 支 援 なくして 採 用 はあまり 進 みません これが 意 味 しているのは IT 部 門 が Enterprise 2.0 アプリケーションの 使 用 を 妨 げようとしても 採 用 が 成 功 してしまえば 経 営 幹 部 の 支 援 を 頼 りに 禁 止 することはできないということです 統 制 に 関 する 議 論 では 多 くの 場 合 ソーシャルメディアなど 特 定 のタイプの Enterprise 2.0 アプリ ケーションを 使 用 するときにユーザーが 犯 した 誤 りが 例 として 取 り 上 げられます これについて 議 論 す ることは IT 部 門 にとって 簡 単 なことです しかし ソーシャルメディアでの 失 敗 は 避 けられない 結 9 Wikipedia:Koobface ワーム 年 に 出 版 された Kriegel の 有 名 な 本 から 引 用 2009 Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 8

9 局 のところ あなたは 関 係 を 築 いているのであり 完 璧 な 関 係 など 存 在 しない 11 という 理 由 から 最 終 的 には IT 部 門 がこの 議 論 の 敗 者 となります また Enterprise 2.0 アプリケーションの 使 用 を 統 制 する 法 律 自 体 が 存 在 しないため IT 部 門 がコンプライアンスに 基 づいて 議 論 を 推 し 進 めるのは 良 い 考 えとは 言 えません 結 局 のところ 業 務 に 適 したツールを 使 用 して それに 習 熟 するしかないので す たとえば 株 式 取 引 など 厳 しく 規 制 された 環 境 では インスタントメッセージングを 使 用 することは 保 持 と 監 査 可 能 性 に 関 する 規 則 の 対 象 となる 可 能 性 があります IT 部 門 の 役 割 は 各 ツールが 及 ぼす 影 響 についてトレーダーを 教 育 し 使 用 ポリシーの 決 定 に 参 加 し 使 用 状 況 を 監 視 して 徹 底 する ことです この 例 では ポリシーによってトレーダーがインスタントメッセージングに Facebook チャッ トを 使 用 するのを 防 ぎ 一 方 でその 用 途 に MSN を 使 用 することを 許 可 します 統 制 と 管 理 のポリシーは IT 部 門 人 事 部 門 経 営 管 理 者 およびユーザーという Enterprise 2.0 を 取 り 巻 く 4 つの 主 な 利 害 関 係 者 によって 開 発 された 一 連 の 賢 明 な 企 業 ポリシーに 基 づいていれば 非 常 に 適 切 に 機 能 します IT 部 門 に 果 たすべき 役 割 があるのは 明 らかですが 多 くの 場 合 に 見 られ る 二 元 的 な 役 割 であったり 実 現 者 や 統 制 者 としての 役 割 があいまいであったりしてはなりません Enterprise 2.0 を 安 全 に 導 入 するのに 必 要 なツール アプリケーション 管 理 を 実 装 して 実 施 します これは 企 業 の 包 括 的 なセキュリティポリシーに 含 まれ ている 必 要 があります アプリケーション 管 理 ポリシーを 実 装 するプロセスにおいて IT 部 門 は Enterprise 2.0 アプリケーションに 関 して 学 習 するために 協 調 努 力 する 必 要 があります これには すべての 使 用 目 的 についてこれらのアプリケーションの 使 用 を 許 可 し 必 要 ならば アプリケーション の 動 作 を 確 認 するために ラボ 環 境 において 率 先 してインストールまたは 導 入 することが 含 まれます 仲 間 と 話 し 合 いを 行 い 他 の IT 専 門 家 に 情 報 を 求 めるのも 効 果 があります 当 然 この 情 報 は 意 見 ( 数 多 くの 意 見 があります) ではなく 事 実 に 基 づいている 必 要 があります もう 1 つの 優 れた 情 報 源 として Enterprise 2.0 に 焦 点 を 当 てた Web サイト 伝 言 ボード ブログ および 開 発 者 コミュニティ が 挙 げられます 問 題 を 無 視 したり 問 題 の 存 在 を 認 めていても 何 かが 起 こる まで 何 もしなければ 経 験 不 足 に 陥 る 可 能 性 があります 従 業 員 の 管 理 Enterprise 2.0 アプリケーションの 使 用 に 関 するポリシーのガイドラインを 策 定 することは 困 難 が 伴 う 場 合 があります その 理 由 は 使 用 可 能 な 多 くの 例 があるにもかかわらず リスクと 恩 恵 の 間 に 大 きな 葛 藤 があり 意 見 が 二 極 化 するためです 問 題 の 核 心 となるのは IT と 人 事 という 通 常 は 関 与 している 2 つの 組 織 が 実 際 には 採 用 に 関 与 していないことです 採 用 が 行 われた 後 に 安 全 に 使 用 するためのポリシーを 構 築 することは 途 方 もない 作 業 になります ポリシーには 非 常 にシンプルなものから 非 常 に 複 雑 なものまで 数 多 くの 例 があります シンプルな 例 としては Microsoft の Be Smart ( 賢 くなる) に 勝 るものはないでしょう IBM 12 や Intel 13 などの 企 業 ではより 完 全 なポリシーが 使 われています ほとんどの 場 合 Enterprise 2.0 に 関 するガイドラ インは 全 体 的 な 行 動 準 則 および 個 人 情 報 保 護 方 針 に 含 まれています どのようなポリシーを 策 定 するにしても 以 下 に 示 すいくつかの 重 要 な 要 素 を 示 す 必 要 があります 悪 質 な アプリケーションが 増 加 しているため 許 可 されているアプリケーションと 禁 止 さ れているアプリケーションを 従 業 員 はどのように 区 別 するか 11 Charlene Li (Altimeter Group の 設 立 者 で Enterprise 2.0 の 専 門 家 ) 12 IBM Social Computing Guidelines 13 Intel Social Media Guidelines 2009 Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 9

10 承 認 されていないアプリケーションの 一 覧 をどのように 更 新 するか および 一 覧 が 変 更 さ れたことを 従 業 員 に 対 してどのように 周 知 するか 何 がポリシー 違 反 になるか ポリシー 違 反 に 対 する 処 分 ( 解 雇 または 戒 告 ) 数 多 くの Enterprise 2.0 アプリケーションが 管 理 可 能 な 企 業 ネットワークやデバイスだけでなく 従 業 員 のモバイルデバイスにも 見 られるため 文 書 化 された 従 業 員 ポリシーを Enterprise 2.0 の 管 理 の 重 要 な 要 素 にする 必 要 があります しかし 従 業 員 の 管 理 を Enterprise 2.0 アプリケーションの 安 全 な 導 入 のための 単 独 の 管 理 メカニズムとしても ほとんど 効 果 がありません デスクトップの 管 理 デスクトップの 管 理 は 以 前 から IT 部 門 に 大 きな 課 題 を 提 示 してきました デスクトップ 管 理 の 細 か さと 従 業 員 の 生 産 性 への 影 響 には 十 分 な 配 慮 が 必 要 です デスクトップの 管 理 は 従 業 員 ポリシー と 同 様 に 企 業 において Enterprise 2.0 アプリケーションを 安 全 に 導 入 するための 要 素 の 1 つで す しかし Enterprise 2.0 アプリケーションの 72% はブラウザベースであるため デスクトップ 管 理 の 効 果 は 限 定 されたものになります デスクトップ 上 で 実 行 される 28% のアプリケーションに 対 してさえ デスクトップのロックという 思 い 切 った 措 置 を 取 ってユーザーが 自 身 のアプリケーションをインストールすることを 防 ぐのは 口 で 言 うほ ど 簡 単 な 作 業 ではありません ラップトップのリモート 接 続 インターネットからのダウンロード USB ドライブ および 電 子 メールはすべて 承 認 されているアプリケーション または 承 認 されていないアプリケーショ ンをインストールする 手 段 となります 当 然 のことながら 管 理 者 権 限 を 完 全 に 奪 い 取 るのは 困 難 であり 場 合 によってはエンドユ ーザーの 機 能 を 制 限 することにもなります 今 では USB ドライブでアプリケーションの 実 行 も 可 能 なため 事 実 上 ネットワーク 権 限 が 与 えられていれば Enterprise 2.0 アプリケーションにアクセスできます デスクトップの 管 理 は Enterprise 2.0 アプリケーションを 安 全 に 導 入 するためのやや 制 限 的 な 手 段 として 文 書 化 された 従 業 員 ポリシーを 補 足 できます ネットワークの 管 理 ネットワークレベルで 必 要 とされるのは Enterprise 2.0 アプリケーションを 識 別 して ブロックまたは 管 理 する 手 段 です ネットワークレベルの 管 理 を 実 装 することによって IT 部 門 は Enterprise 2.0 アプリケーションの 使 用 によって 脅 威 と 混 乱 が 生 じる 可 能 性 を 最 小 限 に 減 らすことができます ネット ワークレベルでは 複 数 の 管 理 メカニズムを 使 用 できますが いずれのメカニズムも 有 効 性 の 低 下 につ ながる 欠 点 を 持 っています ステートフルファイアウォールを 防 御 の 最 前 線 として 使 用 することにより トラフィックを 大 ま かにフィルタリングし パスワードで 保 護 された 異 なるゾーンにネットワークをセグメント 化 することができますステートフルファイアウォールの 短 所 の 1 つは ネットワークに 出 入 り するデータを 識 別 して 管 理 するためにプロトコルとポートを 使 用 することです このポート 中 心 の 設 計 は ネットワークに 対 して 開 かれた 接 続 を 見 つけるまでポートからポートにホップ する Enterprise 2.0 アプリケーションに 対 処 するときは あまり 効 果 がありません ファイアウォールの 展 開 に IPS を 加 えると トラフィックのサブセットを 監 視 し 既 知 の 脅 2009 Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 10

11 威 または 悪 質 なアプリケーションをブロックできるため ネットワークの 脅 威 を 予 防 する 機 能 が 向 上 します IPS 製 品 にはアプリケーションに 関 する 理 解 およびすべてのポートの すべてのトラフィックを 監 視 するのに 必 要 なパフォーマンスが 不 足 しているため 完 全 な 解 決 策 と 見 なすことはできません IPS テクノロジは 一 般 的 にパフォーマンス 低 下 を 防 止 するためにトラフィックの 一 部 だけ を 監 視 するように 設 計 されているため 今 日 の 企 業 で 必 要 とされる 幅 広 いアプリケーション をカバーすることはできません また ファイアウォールと IPS を 組 み 合 せて 管 理 すること は 通 常 は 手 間 のかかる 作 業 であり 個 別 のポリシーテーブルを 参 照 する 異 なる 管 理 イン タフェースが 必 要 になります 簡 単 に 言 うと 現 在 のお 手 軽 なソリューションには 今 日 の アプリケーションの 可 視 性 と 管 理 の 要 件 を 解 決 するための 精 度 ポリシー またはパフォ ーマンスが 欠 けています プロキシによるソリューションはトラフィック 管 理 の 手 段 の 1 つですが 一 部 のアプリケー ションまたはプロトコルしか 監 視 しないため 監 視 を 必 要 とするトラフィックの 一 部 しか 監 視 されません このため Enterprise 2.0 アプリケーションは プロキシによってブロックされ たポートを 見 つけると 開 いている 次 のポートにホップします 設 計 上 プロキシは 管 理 対 象 となるアプリケーションを 模 倣 する 必 要 があるため 既 存 のアプリケーションのアップデ ートと 新 しいアプリケーション 用 のプロキシの 開 発 には 苦 労 が 伴 います 他 にも プロキシ によるソリューションによって 生 じる 問 題 として プロキシがどのようにアプリケーションを 終 了 させ その 後 どのように 宛 先 に 転 送 するかによってスループット 性 能 が 決 まることがあ ります これらのネットワーク 管 理 の 課 題 は Enterprise 2.0 アプリケーションを 識 別 する 機 能 を 持 っていない こと トラフィックの 一 部 しか 監 視 しないこと およびパフォーマンスに 問 題 があることです Palo Alto Networks の 次 世 代 ファイアウォールの 使 用 Palo Alto Networks は トラフィックの 分 類 にアプリケーション 中 心 のアプローチを 取 り 入 れた 高 性 能 ファイアウォールを 提 供 し 使 用 するポート プロトコル SSL 暗 号 化 または 回 避 策 に 関 係 なくネット ワークを 通 過 するすべてのアプリケーションを 正 確 に 識 別 することによって 既 存 のネットワーク 管 理 ソリューションで 発 生 する 問 題 の 多 くを 回 避 します Palo Alto Networks では App-ID TM という 新 し いトラフィック 分 類 テクノロジを 使 って 今 日 の 多 くの 新 しいアプリケーションで 一 般 的 に 使 用 されている セキュリティ 回 避 策 に 対 応 することによって IT 部 門 がネットワークレベルで Enterprise 2.0 アプリ ケーションに 対 する 管 理 能 力 を 回 復 するのを 支 援 し デスクトップおよび 従 業 員 の 既 存 の 管 理 メカニ ズムを 補 足 します App-ID TM は ネットワークを 出 入 りする 900 を 超 えるアプリケーションを 正 確 に 識 別 します その 中 には 200 を 超 える Enterprise 2.0 アプリケーションも 含 まれます Palo Alto Networks ファイアウ ォールを 通 過 するすべてのトラフィックは App-ID TM によって 処 理 され Enterprise 2.0 アプリケーシ ョンまたはそれ 以 外 のアプリケーションの ID が 一 般 的 なアプリケーション 名 を 使 用 して 管 理 インタフ ェースに 表 示 されます その 後 アプリケーションの ID は アクセス 制 御 ユーザー 権 限 脅 威 予 防 など すべてのファイアウォールのセキュリティポリシーの 基 礎 として 使 用 されます Enterprise 2.0 アプリケーションの 識 別 Palo Alto Networks の App-ID TM では 連 携 して 動 作 する 複 数 のトラフィック 分 類 メカニズムを 使 用 して どのアプリケーションがネットワークを 通 過 しているかを 正 確 に 判 断 します App-ID TM では 使 用 されている 既 知 のポートのサブセットだけではなく すべてのポートを 通 過 するトラフィックを 確 認 す るため アプリケーションを 検 出 する 確 率 が 高 くなります Palo Alto Networks では トラフィックの 分 類 にアプリケーション 中 心 のアプローチを 取 り 入 れることによって 既 存 のファイアウォールをバイパ スするための 非 標 準 ポートの 使 用 ポートおよびプロトコルの 動 的 な 変 更 他 のアプリケーションのエ ミュレーション およびトンネリングなど Enterprise 2.0 アプリケーションによって 使 用 されるセキュリ 2009 Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 11

12 ティ 回 避 策 に 対 処 します 結 果 として App-ID TM ケーションを 識 別 できます は 200 を 超 えるさまざまな Enterprise 2.0 アプリ トラフィックがネットワークを 通 過 するとき App-ID TM はアプリケーションのセッションを 確 立 してセッシ ョンの 状 態 を 維 持 します このとき 追 加 のアプリケーション 識 別 メカニズムがトラフィックをより 正 確 に 分 類 し 管 理 します App-ID TM には 4 つのトラフィック 分 類 メカニズムがあります その 中 で Enterprise 2.0 を 識 別 するために 使 用 されるのは アプリケーションデコーダとアプリケーションシグ ネチャという 2 つのメカニズムです アプリケーションデコーダ:App-ID TM によるアプリケーションのデコードには 2 つの 目 的 があります 第 1 に Skype など より 複 雑 で 回 避 機 能 を 持 つアプリケーションを 識 別 す ることです また アプリケーションシグネチャを 適 用 する 機 能 を 持 っているだけでなく トラ フィックに 対 して より 複 雑 なパターンマッチング 処 理 を 実 行 できます 第 2 に 連 続 的 な アプリケーションのデコードに 使 用 することにより セッションを 通 して 脅 威 検 出 を 実 行 し こ のプロセスの 実 行 中 にアプリケーションの 異 常 と 変 更 を 探 すことができます アプリケーションシグネチャ: 特 定 のアプリケーションを 識 別 することに 焦 点 を 合 わせたコン テキストベースのシグネチャで 一 意 のアプリケーション 特 性 と 関 連 する 情 報 交 換 を 探 すこ とにより トラフィックを 正 確 に 識 別 します アプリケーションシグネチャでは 非 標 準 のポー トをトンネリングしたり HTTP などのキャリアアプリケーションを 模 倣 している 場 合 でも 広 範 に 及 ぶアプリケーションを 識 別 できます 図 3:Application Command Center ( 背 後 の 画 面 ) には アプリケーションの 活 動 に 関 する 現 在 のビューが 表 示 され Facebook チャットなど 特 定 のアプリケーションの 詳 細 がドリルダウンして 表 示 されます ( 前 面 の 画 面 ) 2009 Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 12

13 App-ID TM によって Enterprise 2.0 アプリケーションが 識 別 されると 管 理 者 は アプリケーション 名 とともに セッション バイト 脅 威 送 信 元 / 送 信 先 の IP アドレス および 時 間 によって 分 類 されたミ クロレベルまたマクロレベルのデータを 使 用 して どのアプリケーションがネットワーク 上 で 実 行 されて いるかをすばやく 正 確 に 確 認 できます Enterprise 2.0 アプリケーションの Facebook チャットをクリ ックすると 管 理 者 は アプリケーション そのために 生 じる 脅 威 それを 使 用 しているユーザー およ び 消 費 している 帯 域 幅 に 関 する 詳 細 をドリルダウンできます さらに 管 理 者 は IP アドレスに 基 づいて または Active Directory プロファイルの 特 定 のユーザー およびグループに 基 づいて だれがアプリケーションを 使 用 しているかを 確 認 できます さらに 送 信 元 および 送 信 先 となる 上 位 10 か 国 が 含 まれているため 管 理 者 はトラフィックがどこに 流 れている かを 確 認 することができます Enterprise 2.0 アプリケーションがネットワークを 通 過 している 状 態 を 可 視 化 できるため 管 理 者 は 従 来 のファイアウォールに 似 たポリシーエディタからセキュリティポリシ ーを 実 装 できます Enterprise 2.0 アプリケーションへの 積 極 的 な 管 理 (ファイアウォール) ポ リシーの 適 用 管 理 者 は Enterprise 2.0 アプリケーションを 識 別 した 後 ルールベースのエディタを 使 用 して Facebook チャットのようなアプリケーションに 対 するアプリケーション 使 用 管 理 ポリシーを 作 成 できま す または 安 全 性 を 高 め 対 象 範 囲 を 広 げるために インスタントメッセージンググループに 対 する ポリシーを 設 定 し 現 在 識 別 されているインスタントメッセージングアプリケーションをすべてカバーで きます ポリシーエディタでインスタントメッセージンググループを 選 択 する 利 点 は 現 在 のアプリケー ションだけでなく 将 来 的 に 追 加 されるアプリケーションもすべて 検 出 できることです Palo Alto Networks の 開 発 チームが 新 しいアプリケーションを 追 加 すると 追 加 されたアプリケーションは Palo Alto Networks の 動 的 アップデートサービスによって 自 動 的 にカバーされます 図 4:インスタントメッセージングアプリケーションに 対 する 個 人 のポリシー 管 理 者 はインスタントメッセージングアプリケーションをすべてブロックしたい 場 合 もあれば 企 業 が 顧 客 と 連 絡 を 取 るために Facebook チャットを 使 用 する 場 合 など 重 要 な 個 人 に 限 って Facebook チ ャットの 使 用 を 許 可 する 特 別 なルールを 実 施 したい 場 合 もあります このような 場 合 には Facebook チャットなどのアプリケーションを 選 択 し その 後 に Active Directory の 情 報 に 基 づいて Facebook チャットの 使 用 が 許 可 されている 特 定 のユーザーを 選 択 できます 2009 Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 13

14 図 5:インスタントメッセージングアプリケーションに 対 するグループポリシー 展 開 の 柔 軟 性 結 論 Palo Alto Networks は Enterprise 2.0 アプリケーションを 管 理 する 最 も 適 切 な 場 所 は すべてのト ラフィックが 通 過 するネットワーク 内 の 戦 略 ポイント つまりファイアウォールであると 考 えています Virtual Wire モード ( 周 囲 のデバイスに 対 して 完 全 に 透 過 的 ) レイヤー 2 またはレイヤー 3 モー ドを 含 む 堅 牢 なネットワーク 基 盤 によって 柔 軟 な 展 開 が 可 能 になるため 以 下 に 示 す 3 つのモード のいずれかでインストールできます タップモード:Palo Alto Networks の 次 世 代 ファイアウォールを SPAN ポート 経 由 でネット ワークに 接 続 すると IT 部 門 はトラフィックをリアルタイムに 監 視 でき 既 存 のインフラスト ラクチャを 混 乱 させることなく どのアプリケーションがネットワークを 通 過 しているかを 正 確 に 示 すデータが IT 部 門 に 提 供 されます インラインの 透 過 モード:Palo Alto Networks の 次 世 代 ファイアウォールは Virtual Wire モードを 使 用 して 既 存 のセキュリティインフラストラクチャに 対 してインラインで 補 足 的 か つ 完 全 に 透 過 的 に 展 開 されるため IT 部 門 は 必 要 に 応 じてアプリケーションの 管 理 を 開 始 できます プライマリファイアウォール:Palo Alto Networks の 次 世 代 ファイアウォールは 従 来 のフ ァイアウォールアプリケーション プロトコル およびアクセス 制 御 機 能 を 完 全 にサポートす ることで 既 存 のファイアウォールと 同 じ 許 可 / 拒 否 機 能 を 実 行 できるため プライマリファイ アウォールソリューションとして 利 用 できます Palo Alto Networks は Enterprise 2.0 アプリケーションの 管 理 に 最 も 適 した 場 所 は すべてのトラ フィックが 通 過 するネットワーク 内 の 戦 略 ポイント つまりファイアウォールであると 考 えています 問 題 は ブロックするべきか ブロックしないべきかということではありません Enterprise 2.0 を 採 用 す ることで 生 産 性 とコストにメリットがあるという 証 拠 は 世 界 中 に 数 多 くあります 問 題 は 企 業 が 賢 明 か つ 安 全 な 導 入 を 実 現 するポリシーをどのように 定 義 して 実 施 するかということです 2009 Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 14

15 Palo Alto Networks について Palo Alto Networks TM はネットワークセキュリティ 会 社 です Palo Alto Networks の 次 世 代 ファイア ウォールは アプリケーションとコンテンツの 他 に 例 を 見 ない 可 視 性 と 高 度 なポリシー 制 御 を 可 能 にし それらを IP アドレスだけでなくユーザーベースで パフォーマンスを 低 下 させることなく 最 大 10 Gbps で 実 現 します 特 許 出 願 中 の App-ID テクノロジを 基 礎 とする Palo Alto Networks のファイ アウォール 製 品 群 は ポート プロトコル 回 避 策 や SSL 暗 号 化 にかかわらず アプリケーションを 正 確 に 識 別 および 制 御 し コンテンツをスキャンすることで 脅 威 を 抑 制 し データの 漏 洩 を 防 ぎます 企 業 は デバイス 統 合 によって 総 所 有 コストを 大 幅 に 削 減 することができるうえ Web 2.0 を 初 めて 採 用 することによって 完 全 な 可 視 性 と 管 理 を 維 持 することができます 詳 細 は を 参 照 してください 2009 Palo Alto Networks ブロックするべきか しないべきか - それは 問 題 か? ページ 15

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図 平 成 2 8 年 3 月 25 日 NACSIS-CAT 検 討 作 業 部 会 NACSIS-CAT/ILL の 軽 量 化 合 理 化 について( 基 本 方 針 )( 案 ) これからの 学 術 情 報 システム 構 築 検 討 委 員 会 ( 以 下, これから 委 員 会 ) は これか らの 学 術 情 報 システムの 在 り 方 について ( 平 成 27 年 5 月 29 日 )

More information

企業におけるマイナンバーのセキュリティに関する実態調査

企業におけるマイナンバーのセキュリティに関する実態調査 企 業 における マイナンバーのセキュリティに 関 する 実 態 調 査 2015 年 9 月 17 日 デジタルアーツ 株 式 会 社 調 査 概 要 調 査 内 容 調 査 目 的 調 査 方 法 エリア 調 査 対 象 回 答 数 実 施 期 間 調 査 企 画 調 査 機 関 企 業 におけるマイナンバーのセキュリティに 関 する 実 態 調 査 2016 年 1 月 より 施 行 されるマイナンバー

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

当社の法人関係情報の管理態勢およびその強化に向けた今後の対応策について 20120928

当社の法人関係情報の管理態勢およびその強化に向けた今後の対応策について 20120928 2012 年 9 月 28 日 各 位 みずほインベスターズ 証 券 株 式 会 社 当 社 の 法 人 関 係 情 報 の 管 理 態 勢 およびその 強 化 に 向 けた 今 後 の 対 応 策 について 今 般 当 社 は 2012 年 8 月 24 日 付 で 日 本 証 券 業 協 会 東 京 証 券 取 引 所 自 主 規 制 法 人 お よび 大 阪 証 券 取 引 所 より 法 人

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則 第 323 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (5)-4 2015 年 11 月 6 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 - 合 理 的 な 説 明 に 関 する 取 扱 い 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 公 開 草 案 第 54 号 繰

More information

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A>

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A> - 1 - 省 百 七 旅 客 部 改 省 令 平 成 省 令 伴 並 平 成 省 令 並 ま づ 並 令 づ く 領 平 成 月 大 臣 前 田 武 志 づ く 領 語 お 使 語 監 督 針 平 成 省 千 百 お 使 語 - 2 - 務 名 簿 款 寄 附 為 登 記 証 明 組 織 図 保 制 証 機 器 機 器 設 設 備 記 載 決 算 報 足 経 的 礎 証 績 分 証 程 七 イ 概

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自 飯 能 市 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ( マ イ ナ ン バ ー 制 度 ) 導 入 基 本 方 針 平 成 2 7 年 8 月 4 日 市 長 決 裁 行 政 手 続 に お け る 特 定 の 個 人 を 識 別 す る た め の 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 2 7 号 以 下 番 号 法 と い う ) 等 の 通 称 マ イ

More information

55

55 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 コンプライアンス コンプライアンスに 対 する 基 本 的 な 考 え 方 企 業 は 単 に 利 益 を 上 げるだけではなく 社 会 のルール に 則 り 自 らを 律 して 社 業 の 発 展 を 図 るとともに 社 会 に 貢 献 することが 強 く 求 められており 当 社 グループでは

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081694832302E36816A984A93AD8C5F96F1964082CC837C8343839383678140838A815B8374838C836283672E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081694832302E36816A984A93AD8C5F96F1964082CC837C8343839383678140838A815B8374838C836283672E707074> 労 働 契 約 法 のポイント 労 働 契 約 法 がスタート! ~ 平 成 20 年 3 月 施 行 ~ 就 業 形 態 が 多 様 化 し が 個 別 に 決 定 変 更 される ようになり 個 別 労 働 紛 争 が 増 えています この 紛 争 の 解 決 の 手 段 とし ては 裁 判 制 度 のほかに 平 成 13 年 から 個 別 労 働 紛 争 解 決 制 度 が 平 成 18 年

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

マンション電子投票サービス ご説明資料

マンション電子投票サービス ご説明資料 e 投 票 シリーズ 学 術 学 会 向 け 電 子 投 票 システム ご 説 明 資 料 ~ 総 会 選 挙 の 準 備 回 収 集 計 まで 全 ての 手 間 を 大 幅 に 削 減 する それが e 投 票 です ~ 1-Oct-15 P.1 機 能 概 要 理 事 会 選 挙 管 理 委 員 会 総 会 ( 通 常 臨 時 ) ( 議 案 の 採 決 ) 出 席 通 知 委 任 選 挙 (

More information

主要生活道路について

主要生活道路について 議 題 2 資 料 1. 本 日 の 検 討 テーマ 主 要 生 活 道 路 について 基 本 構 想 ( 平 成 23 年 3 月 の 中 間 報 告 資 料 )では 主 要 生 活 道 路 A~C 主 要 生 活 道 路 D~G の2 種 類 の 主 要 生 活 道 路 整 備 を 提 言 しています 各 路 線 の 具 体 的 な 整 備 手 法 については 地 区 計 画 制 度 の 適 用

More information

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 等 に 基 づく 公 安 委 員 会 による 援 助 等 の 措 置 に 関 する 訓 令 平 成 12 年 7 月 1 日 警 察 本 部 訓 令 第 25 号 改 正 平 成 14 年 11 月 22 日 本 部 訓 令 第 29 号 平 成 16 年 3 月 25 日 本 部 訓 令 第 6 号 平 成 24 年 5 月 1 日

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63> 土 木 部 建 築 設 計 及 び 工 事 監 理 等 委 託 業 務 成 績 評 定 要 領 の 運 用 ( 建 築 設 計 等 委 託 業 務 編 ) ( 評 定 の 方 法 ) 第 1 評 定 者 は 評 定 を 行 おうとする 業 務 ( 以 下 対 象 業 務 という )について 別 添 の 採 点 表 により 評 定 を 行 うものとし 評 価 項 目 評 価 の 視 点 及 び 評 価

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始 部 案 参 照 文 目 1 1 持 可 能 療 険 制 構 築 国 民 険 部 9 部 11 1 5 特 別 15 6 17 7 運 確 18 8 0 9 独 立 10 - 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

01.活性化計画(上大久保)

01.活性化計画(上大久保) 別 記 様 式 第 1 号 ( 第 四 関 係 ) か み お お く ぼ 上 大 久 保 ち く 地 区 か っ せ い か 活 性 化 け い か く 計 画 栃 木 県 鹿 沼 市 平 成 26 年 2 月 1 活 性 化 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 計 画 の 名 称 上 大 久 保 地 区 活 性 化 計 画 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 鹿 沼 市 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63> 接 続 検 討 回 答 書 ( 高 圧 版 ) 別 添 様 式 AP8-20160401 回 答 日 年 月 日 1. 申 込 者 等 の 概 要 申 込 者 検 討 者 2. 接 続 検 討 の 申 込 内 容 発 電 者 の 名 称 発 電 場 所 ( 住 所 ) 最 大 受 電 電 力 アクセス の 運 用 開 始 希 望 日 3. 接 続 検 討 結 果 (1) 希 望 受 電 電 力 に

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 に 準 じた 手 続 による 手 続 開 始 掲 示 次 とおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 選 定 手 続 を 開 始 します 平 成 23 年 6 月 1 日 中 根 金 田 台 開 発 事 務 所 長 関 根 宣 由 1 務 概 要 (1) 務 名 中 根 金 田 台 地 区 平 成 23 年 度 補 償 説 明 務 (2) 務 内 容 研

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837483408343838B8351815B83678E9197BF2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837483408343838B8351815B83678E9197BF2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D> ファイルゲート で ファイル 管 理 ソリューションのご 提 案 ~ 電 子 データの 安 全 な 取 扱 について~ 株 式 会 社 アドソフト ファイルゲート とは 1 コンセプト 企 業 における 経 営 資 源 は 人 物 金 情 報 といわれていますが とりわけ 情 報 についてはその 質 およ び 量 について 大 変 重 要 度 を 増 してきております 個 人 情 報 の 保 護 情

More information

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx ( 現 行 の 様 式 ) 多 治 見 市 工 事 成 績 書 兼 報 告 書 業 種 コード( ) 工 事 担 当 部 課 名 部 課 工 事 番 号 第 号 工 事 名 工 事 工 事 場 所 多 治 見 市 町 丁 目 地 内 請 負 業 者 名 技 術 者 氏 名 監 理 主 任 技 術 者 現 場 代 理 人 契 約 金 額 ( 最 終 契 約 額 ) 円 工 期 年 月 日 から 年 月

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

第1章 財務諸表

第1章 財務諸表 財 務 報 告 論 2009( 太 田 浩 司 ) Lecture Note 10 1 第 10 章 損 益 会 計 1. 損 益 計 算 書 の 基 本 原 則 1.1 発 生 主 義 発 生 主 義 とは 費 用 収 益 の 計 上 時 点 を 現 金 収 支 の 有 無 にかかわらず その 発 生 の 事 実 に 基 づいて 行 うことを 要 求 する 原 則 である しかし 収 益 を 生

More information

050 LGWAN-05月.indd

050 LGWAN-05月.indd (1) 調 査 の 概 要 行 政 情 報 化 調 査 は 以 下 のとおり 実 施 されたもの です 実 施 主 体 総 務 省 自 治 行 政 局 地 域 政 策 課 地 域 情 報 政 策 室 調 査 対 象 都 道 府 県 47 団 体 市 区 町 村 1,742 団 体 基 準 日 平 成 24 年 4 月 1 日 公 表 日 平 成 25 年 2 月 27 日 また この 調 査 結 果

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

提案書タイトルサブタイトルなし(32ポイント)

提案書タイトルサブタイトルなし(32ポイント) 事 例 で 検 証! 基 幹 システムと 情 報 システムの 融 合 による 業 務 改 善! 目 次 企 業 紹 介 システム 化 要 件 とその 対 応 企 業 の 抱 える 課 題 と 具 体 的 解 決 内 容 1 ご 紹 介 企 業 企 業 概 要 企 業 名 A 社 所 在 地 東 京 都 設 立 1999 年 資 本 金 約 21.6 億 従 業 員 約 400 名 企 業 沿 革 1999

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

任意整理について | 多重債務Q&A | 公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会

任意整理について | 多重債務Q&A | 公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会 第 5 章 任 意 整 理 について Q25 任 意 整 理 のポイント 任 意 整 理 とはどういうことですか そのポイントを 教 えてください 1. 任 意 整 理 とは 任 意 整 理 とは 支 払 能 力 を 超 える 債 務 を 負 っている 債 務 者 について 支 払 能 力 に 応 じた 返 済 計 画 を 立 て その 返 済 計 画 にしたがって 個 々の 債 権 者 との 間

More information

IAF ID x:2010 International Accreditation Forum, Inc. Page 2 of 8 国 際 認 定 機 関 フォーラム(IAF)は 適 合 性 評 価 サービスを 提 供 する 機 関 の 認 定 のためのプログラ ムを 運 営 している この 認 定

IAF ID x:2010 International Accreditation Forum, Inc. Page 2 of 8 国 際 認 定 機 関 フォーラム(IAF)は 適 合 性 評 価 サービスを 提 供 する 機 関 の 認 定 のためのプログラ ムを 運 営 している この 認 定 IAF ID x:2010 International Accreditation Forum Inc. 国 際 認 定 機 関 フォーラム(IAF) IAF Information Document (draft) ISO/IEC 17021:2006 から ISO/IEC 17021:2010 への マネジメントシステム 認 定 移 行 のための IAF 参 考 文 書 (IAF ID x :

More information

1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより

1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより 資 料 5 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 について 平 成 28 年 6 月 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより 相 対 的 により

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 24 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 事 業 完 了 後 の 各 種 報 告 書 作 成 に 関 する 手 順 書 事 業 化 等 状 況 報 告 書 事 業 化 状 況 報 告 書 補 助 ツール の 記 入 ポイント 取 得 財 産 等 処 分 承 認 申 請 書 登 録 変 更 届 など 当 資 料 は 福 岡 事 務 局 採 択 者 の 方 向 けに 作 成 しております

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評 別 紙 広 大 地 の 判 定 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 広 大 地 については 平 成 16 年 6 月 4 日 付 課 評 2-7 ほか2 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 の 一 部 改 正 に ついて( 法 令 解 釈 通 達 ) により その 評 価 方 法 を 改 正 し その 改 正 の 趣 旨 等 については 平 成 16 年 6 月 29 日 付 資 産 評

More information

1-1 建 築 物 等 保 守 管 理 業 務 業 務 の 実 施 方 針 本 業 務 の 実 施 方 針 等 について 記 載 してください なお 以 下 の 事 項 については 必 ず 記 載 して ください ( 施 設 維 持 管 理 業 務 全 体 で A4 判 180 枚 以 内 で 記

1-1 建 築 物 等 保 守 管 理 業 務 業 務 の 実 施 方 針 本 業 務 の 実 施 方 針 等 について 記 載 してください なお 以 下 の 事 項 については 必 ず 記 載 して ください ( 施 設 維 持 管 理 業 務 全 体 で A4 判 180 枚 以 内 で 記 施 設 維 持 管 理 業 務 提 案 仕 様 書 ( 表 紙 目 次 ) 1-1 建 築 物 等 保 守 管 理 業 務 業 務 の 実 施 方 針... 2 1-2 建 築 物 等 保 守 管 理 業 務 業 務 の 実 施 体 制... 3 1-3 建 築 物 等 保 守 管 理 業 務 業 務 の 実 施 計 画... 4 1-4 建 築 物 等 保 守 管 理 業 務 業 務 の 実 施

More information

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614 事 業 番 号 0439 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 防 衛 省 設 置 法 第 4 条 第 1 号 経 理 装 備 局 技 術 計 画 官 現 用 防 護 マスク(00 式 個 人 用 防 護 装 備 )と 同 等 防 護 性 能 を 有 し 広 視 野 化 放 射 能 除 染 呼 吸 追 随 ブロワー 小 型 化 及 び 現 用 通 信 装 置 (

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

<81798C6898568F6A8BE0817A8D8297EE2048508CF6955C9770>

<81798C6898568F6A8BE0817A8D8297EE2048508CF6955C9770> 平 成 24 年 度 薩 摩 川 内 市 事 務 事 業 評 価 表 1 事 務 事 業 の 位 置 付 け(Plan) 事 務 事 業 名 薩 摩 川 内 市 敬 老 金 支 給 事 業 担 当 者 齊 藤 夏 美 所 管 部 課 名 事 業 の 種 類 市 民 福 祉 部 高 齢 介 護 福 祉 課 事 業 の 根 拠 ( 根 拠 法 令 ) ソフト 事 業 建 設 整 備 事 業 施 設 管

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 募 集 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 当 該 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 者 を 公 募 して 選 定 する 手 続 等 当 該 事 業 の 円 滑 な 実 施 を 図 るために 必 要 な 事 項 を 定

More information

Taro-H19退職金(修正版).jtd

Taro-H19退職金(修正版).jtd 調 査 結 果 の 概 要 1 退 職 金 制 度 (1) 採 用 状 況 ( 表 1) 集 計 第 1 表 第 2 表 退 職 金 制 度 の 採 用 状 況 をみると 退 職 一 時 金 制 度 のみ 14 社 ( 退 職 金 制 度 採 用 企 業 246 社 の5.7 %) 退 職 年 金 制 度 のみ 27 社 ( 同 11.0%) 退 職 一 時 金 制 度 と 退 職 年 金 制 度

More information

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に ニッセイ 基 礎 研 究 所 No.2011-02 Aug 2011 見 直 しによる 家 への 影 響 ~ 高 所 得 者 層 の 可 処 分 所 得 は 大 幅 減 少 に 経 済 調 査 部 門 研 究 員 桑 畠 滋 (くわはた しげる) (03)3512-1838 kuwahata@nli-research.co.jp [ 要 旨 ] 民 主 自 民 公 明 3 党 は を 見 直 し 2012

More information