表 6-1 文 字 列 表 示 関 連 のデータ 型 と 関 数 その 1 関 数 名 など PFont String loadfont(file) textfont(f) textfont(f,size) text(str,x,y) text(str,x,y,w,h) textsize(size)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "表 6-1 文 字 列 表 示 関 連 のデータ 型 と 関 数 その 1 関 数 名 など PFont String loadfont(file) textfont(f) textfont(f,size) text(str,x,y) text(str,x,y,w,h) textsize(size)"

Transcription

1 情 報 メディア 基 盤 ユニット 用 資 料 (2012 年 5 月 22 日 分 ) Processing 言 語 による 情 報 メディア 入 門 文 字 列 と 画 像 の 表 示 と 座 標 変 換 神 奈 川 工 科 大 学 情 報 メディア 学 科 までのプログラムでは 図 形 の 表 示 だけを 扱 ってきました 色 々 今 なプログラムを 作 っていく 際 には 図 形 の 表 示 だけではなく 文 字 や 画 像 の 表 示 を 行 いたいことがあります 今 回 は 文 字 列 や 画 像 の 表 示 を 取 り 扱 います 文 字 列 の 表 示 P rocessing 言 語 で 様 々な 種 類 のフォントを 表 示 することが 出 来 ます そのためには いくつかの 手 順 が 必 要 となります 大 雑 把 に 言 うと 文 字 列 を 表 示 するためには 1) 使 用 したいフォントを 指 定 してから 2) 文 字 列 の 表 示 位 置 と 表 示 文 字 列 を 指 定 するという 手 順 になります 文 字 列 表 示 の 手 順 を 詳 しく 述 べると 以 下 のように なります 佐 藤 尚 手 順 1:フォントの 指 定 文 字 列 を 表 示 するためは まず Processing 内 部 にフォントの 情 報 を 取 り 込 む 必 要 があります そのた めに コンピュータで 使 えるフォント 情 報 を Processing で 扱 うことの 出 来 る vlw フォーマットに 変 換 する 必 要 があり ます この 変 換 処 理 は Tools メニュー の Create Font... を 選 ぶと 表 示 される ダイアログボックスで 行 うことが 出 来 ま す このダイアログボックスで 変 換 し たいフォントを 指 定 し その 大 きさ (size) を 指 定 します OK ボタンをクリックする と Filename 欄 に 表 示 されている 名 前 が ファイル 名 となっている vlw フォーマッ トのファイルが 作 成 されます 作 成 され たファイルは Sketch メニューの Show Sketcch Folder を 選 ぶと 表 示 されるフォ 図 6-1 vlw ファイルの 作 成 ルダー 内 にある data フォルダに 保 存 されています 次 に 生 成 したフォント 情 報 を PFont 型 変 数 の 変 数 に 読 み 込 みま す この 読 み 込 みのためには loadfont 関 数 を 使 用 します さらに どのフォント 情 報 を 使 用 して 文 字 列 の 表 示 を 行 うかを 決 めるために textfont 関 数 を 使 用 します textfont 関 数 では 表 示 するフォントの 大 きさを 指 定 することも 出 来 ます vlw フォーマットでは 文 字 の 形 の 情 報 をイメージとして 保 持 しています 作 成 するフォントのサイズを 大 きくすると 変 換 後 に 作 ら れるファイルのサイズが 大 き くなります 同 様 に 漢 字 な どを 含 むフォントを 変 換 する と 変 換 後 に 作 られるファイル のサイズがかなり 大 きくなり ますので 注 意 して 下 さい 後 で 作 成 したフォント 名 が 必 要 と な る の で Filename 欄 のファイル 名 をコピーして おくと 便 利 です Processing のスケッチ(プロ グラム)で 使 用 されるデータ ファイルは この data フォ ルダ 内 に 保 存 することが 一 般 的 です 複 数 の vlw 形 式 のファイルを 読 み 込 むことで 複 数 のフォ ントで 表 示 を 行 うことが 出 来 ます

2 表 6-1 文 字 列 表 示 関 連 のデータ 型 と 関 数 その 1 関 数 名 など PFont String loadfont(file) textfont(f) textfont(f,size) text(str,x,y) text(str,x,y,w,h) textsize(size) createfont(fname,size) 手 順 2:フォントの 表 示 説 明 フォント 情 報 を 格 納 するデータ 型 文 字 列 を 格 納 するデータ 型 引 数 file で 指 定 された vlw ファイルを 読 み 込 む 関 数 PFont 型 の 引 数 f で 指 定 したフォントを 表 示 に 利 用 する PFont 型 の 引 数 f で 指 定 したフォントを 大 きさ size で 表 示 に 利 用 する 引 数 str で 指 定 された 文 字 列 を 位 置 (x,y) に 表 示 する 関 数 引 数 str で 指 定 された 文 字 列 を 位 置 (x,y) 幅 w 高 さ h の 長 方 形 の 内 部 に 表 示 する 関 数 表 示 に 利 用 するフォントの 大 きさを size に 設 定 する 関 数 大 きさ size で 引 数 fname で 指 定 したフォント 情 報 を 作 成 する 文 字 列 を 表 示 する 際 には text 関 数 を 使 用 します text 関 数 では 表 示 する 文 字 列 と 表 示 位 置 を 指 定 します 文 字 列 の 表 示 色 は fill 関 数 で 指 定 した 色 が 使 用 されます stroke の 指 定 は 無 視 されます 3 つ の 引 数 をとる text 関 数 での 表 示 位 置 の 指 定 は 基 本 的 に 図 の 赤 丸 の 場 所 を 指 定 します 正 方 形 の 指 定 方 法 は 実 行 時 の rectmode により 変 化 しま す createfont 関 数 を 使 用 す る と Tools > Create Font で vlw ファイルを 作 成 しなく ても 大 丈 夫 です 図 6-2 フォント 表 示 の 際 の 位 置 指 定 赤 丸 を 通 る X 軸 に 平 行 な 線 をベースラインと 呼 んでいま す 文 字 列 を 表 示 する 単 純 なサンプル 6-1 PFont font; // フォント 情 報 を 保 存 する 変 数 String msg = "Riho"; size(400,200); font = loadfont("geneva-48.vlw"); // vlw ファイルの 読 み 込 み textfont(font); // 表 示 するフォントの 指 定 fill(0); text("kanagawa Institute Of Technology",10,50); // 文 字 列 を 表 示 textsize(16); // 表 示 するフォントの 大 きさの 変 更 text("kanagawa Institute Of Technology",10,100); textsize(32); // 表 示 するフォントの 大 きさの 変 更 text(msg,10,150); // String 変 数 の 保 存 されている 文 字 列 を 表 示 このサンプルでは Geneva フォントを 使 用 して 大 きさ 48 の vlw ファイルを 作 成 し て 使 用 しています 作 成 した vlw ファイルのフォ ントサイズより 大 きなサイズ では フォントを 表 示 しない 方 が 望 ましと 思 います

3 次 に 複 数 のフォントを 表 示 するサンプルを 示 します 複 数 のフォントで 表 示 する 単 純 なサンプル 6-2 PFont f1;// フォント 情 報 を 保 存 する 変 数 PFont f2; String msg = "The quick brown fox jumps over the lazy dog"; size(400,300); f1 = loadfont("serif-48.vlw");// vlw ファイルの 読 み 込 み f2 = loadfont("sansserif-48.vlw");// vlw ファイルの 読 み 込 み fill(50); textfont(f1,20);// 表 示 するフォントと 大 きさの 指 定 text("riho",50,100); // 文 字 列 の 表 示 textfont(f2,18);// 表 示 するフォントと 大 きさの 指 定 text(msg,50,200); // String 変 数 の 保 存 されている 文 字 列 を 表 示 英 語 の 文 The quick brown fox jumps over the lazy dog の 特 徴 がわかりますか? 割 と 有 名 なフレーズなのです が このサンプルでは サイ ズ 48 の Serif フ ォ ン ト と SanSerifu フォントを 利 用 し て vlw ファイルを 作 成 して います 文 字 列 は 長 方 形 の 領 域 を 指 定 して その 内 部 に 表 示 することが 出 来 ます この 目 的 のためには 5 つの 引 数 をとる text 関 数 を 使 用 します この 関 数 は 最 初 の 引 数 で 表 示 する 文 字 列 を 指 定 し 残 りの 引 数 を 利 用 して 表 示 を 行 う 長 方 形 を 指 定 します この 長 方 形 領 域 の 指 定 方 法 は rect 関 数 の 場 合 と 同 じです 従 って 現 在 の rectmode で 長 方 形 が 指 定 されます 長 方 形 領 域 での 文 字 列 表 示 の 単 純 なサンプル 6-3 PFont font;// フォント 情 報 を 保 存 する 変 数 String msg = "The quick brown fox jumps over the lazy dog"; size(400,300); font = loadfont("serif-48.vlw");// vlw ファイルの 読 み 込 み fill(0); textfont(font);// 表 示 するフォントの 指 定 text(msg,50,50,350,200);// サンプル 5-4 では rectmode を CENTER に 変 更 したものを 示 しま す 表 示 の 違 いを 確 認 して 下 さい CENTER 指 定 での 長 方 形 領 域 での 文 字 列 表 示 のサンプル 6-4 PFont font;// フォント 情 報 を 保 存 する 変 数 String msg = "The quick brown fox jumps over the lazy dog"; size(400,300); font = loadfont("serif-48.vlw");// vlw ファイルの 読 み 込 み rectmode(center); // rectmode を CENTER に 変 更 fill(0); textfont(font);// 表 示 するフォントの 指 定 text(msg,50,50,350,200);// サンプル 5-5 で 長 方 形 領 域 の 指 定 方 法 をマウスボタンが 押 され

4 ているかどうかで 変 更 するものを 示 します 長 方 形 領 域 指 定 方 法 切 り 替 えでの 文 字 列 表 示 のサンプル 6-5 PFont font;// フォント 情 報 を 保 存 する 変 数 String msg = "The quick brown fox jumps over the lazy dog"; size(400,300); font = loadfont("serif-48.vlw");// vlw ファイルの 読 み 込 み rectmode(center); void draw(){ if(mousepressed ){ rectmode(center); // マウスボタンが 押 されていたら CENTER else{ rectmode(corner);// マウスボタンが 押 されていなければ CORNER fill(0); textfont(font);// 表 示 するフォントの 指 定 // 後 ろの 4 つの 引 数 で 表 示 領 域 の 長 方 形 の 指 定 を 行 っている text(msg,mousex,mousey,350,200); nofill(); stroke(255,10,10); rect(mousex,mousey,350,200); // 表 示 領 域 の 表 示 rectmode が CORNER が デ フォルトの 指 定 です サンプル のように 文 字 列 を 表 示 する 長 方 形 領 域 を 指 定 できるとすると 文 字 揃 えなども 行 いたくなります これを 実 行 す るのが textalign 関 数 です サンプル 6-6 で この textalign 関 数 を 利 用 して 文 字 揃 えを 変 更 したものを 示 します 文 字 揃 えの 変 更 を 行 う 6-6 PFont f; String msg = "The quick brown fox jumps over the lazy dog"; size(600,300); f = loadfont("serif-48.vlw"); stroke(200); line(width/2,0,width/2,height); fill(50); textfont(f,16); text(msg,width/2,60); textalign(center); text(msg,width/2,120); textalign(left); text(msg,width/2,180); textalign(right); text(msg,width/2,240); サンプル 6-6 の 実 行 例

5 表 6-2 文 字 列 表 示 関 連 のデータ 型 と 関 数 その 2 関 数 名 など textalign(center) textalign(left) textalign(right) textwidth(str) textdescent() textascent() 説 明 指 定 した 長 方 形 領 域 に 文 字 列 を 中 央 揃 え で 表 示 するようにする 指 定 した 長 方 形 領 域 に 文 字 列 を 左 揃 えで 表 示 するようにする 指 定 した 長 方 形 領 域 に 文 字 列 を 右 揃 えで 表 示 するようにする 現 在 の 表 示 文 字 設 定 で 文 字 列 str を 表 示 した 時 の 幅 を 求 める 関 数 現 在 の 表 示 文 字 設 定 で 文 字 列 を 表 示 した 時 のベースラインからどれだけ 下 に 表 示 さ れるかを 求 める 関 数 現 在 の 表 示 文 字 設 定 で 文 字 列 を 表 示 した 時 のベースラインからどれだけ 上 に 表 示 さ れるかを 求 める 関 数 図 6-1 に 示 すように 文 字 g はベースラインの 下 の 方 にも 文 字 の 一 部 が 出 ています また 文 字 によって 文 字 の 高 さが 異 なっていま すし 文 字 によってその 幅 も 異 なっています これらの 情 報 がわか れば 文 字 列 が 描 かれる 仮 想 的 な 長 方 形 を 決 めることができます このようなことが 出 来 れば ウインドウの 端 で 跳 ね 返 るようなプロ グラムを 作 成 することができます サンプル 6-7 は 図 6-1 を 描 く 際 に 利 用 したプログラムです テキストの 表 示 位 置 を 求 めるサンプル 6-7 PFont font; String msg = "Anegasaki"; size(1024,512); font = loadfont("serif-128.vlw"); textfont(font); void draw(){ fill(0); text(msg,mousex,mousey); stroke(255,10,10); fill(255,10,10); ellipse(mousex,mousey,10,10); line(-128+mousex,mousey,width,mousey); line(-128+mousex,mousey+textdescent(), width,mousey+textdescent()); line(-128+mousex,mousey-textascent(),width,mousey-textascent()); line(mousex,mousey+128,mousex,0); line(mousex+textwidth(msg),mousey+textdescent(), mousex+textwidth(msg),0);

6 次 のサンプル 6-8 は textwidth 関 数 を 使 用 した 例 です 左 端 で 表 示 文 字 列 が 消 えると 右 側 から 現 れてきます 長 方 形 や 円 の 場 合 と 同 じように 表 示 位 置 を 少 しずつ 変 化 させると 文 字 列 の 移 動 が 実 現 出 来 ます このサンプルでは 文 字 列 が 最 後 がウインドウの 左 端 に 到 達 したら また 右 端 から 文 字 列 を 表 示 するようにしています 文 字 列 の 移 動 サンプル 6-8 PFont f; String msg = "The quick brown fox jumps over the lazy dog"; float x; // 文 字 列 の 表 示 開 始 位 置 の x 座 標 size(400,200); colormode(rgb); f = loadfont("serif-48.vlw"); x = width; void draw(){ fill(50); textfont(f,16); float widthofmsg = textwidth(msg); text(msg,x,height/2); x -= 2; // 2 ずつ 左 に 移 動 if(x < -widthofmsg){ // 文 字 列 の 最 後 がウインドウから 消 えたら x = width; この 後 に 学 習 する 知 識 などを 使 用 すると Star Wars のオープニン グのようなプログラムを 簡 単 に 作 ることができます おまけのサンプル 6-9 PFont f; String msg = "A New Hope n na long long time ago nin a galaxy far far away..."; float y=0; size(400,400,p3d); // 3D 表 示 を 行 う f = loadfont("serif-48.vlw"); textfont(f); textalign(center); void draw(){ background(0); fill(5,200,255); translate(width/2,height/2); rotatex(pi/4); text(msg,0,y); y--; 文 字 列 の 表 示 位 置 の X 座 標 の 値 は x です 文 字 列 を 表 示 する 際 に 必 要 となる 幅 は widthofmsg なので 文 字 列 を 表 示 した 際 の 右 端 の X 座 標 の 値 は x+widthofmsg と なります この 場 所 がウイン ドウの 左 端 から 出 てしまうの は x+widthofmsg < 0 の 時 です widthofmsg を 右 辺 に 移 項 すると if 命 令 の 条 件 部 分 になります 文 字 列 中 の n は 表 示 される ことがありません この n があると そこで 改 行 が 行 わ れます C 言 語 系 のプログラ ミング 言 語 では 文 字 列 中 に n があると 改 行 を 意 味 して います このような と 組 みになって 特 別 な 意 味 を 表 す ものをエスケースシーケンス と 呼 んでいます 本 によっては の 代 わりに \ を 使 用 している 場 合 があり ます これは 文 字 コードの 問 題 が 関 連 しています IT 基 礎 で 関 連 する 話 題 が 出 てくる と 思 います

7 画 像 ファイルとしての 保 存 今 までのプログラムでは 作 成 した 画 像 はプログラムの 実 行 を 終 了 す ると 消 えていました プログラムを 実 行 せずに 作 成 した 画 像 を 見 るた めには 作 成 した 画 像 を 保 存 することが 必 要 となります Processing では ウインドウの 内 容 を 画 像 ファイルとして 保 存 する save 関 数 と saveframe 関 数 が 用 意 されています save 関 数 は ウインドウの 内 容 を 1 つの 画 像 ファイルとして 保 存 します 一 方 saveframe 関 数 は 連 番 の 番 号 付 きファイル 名 で 画 像 を 保 存 します 保 存 される 画 像 ファイルは Tools メニューの Show Sketch Folder を 選 んだ 時 に 出 てくるフォルダ 内 にある data フォルダの 中 に 保 存 されます 表 6-3 画 像 ファイルとしての 保 存 関 連 の 関 数 関 数 説 明 filename で 指 定 したファイル 名 でウインドウ の 内 容 を 画 像 ファイルとして 保 存 します ファ save(filename) イル 名 には 保 存 する 画 像 ファイルの 形 式 を 指 定 する 拡 張 子 が 必 要 です 指 定 できる 拡 張 子 は tif,tga,jpg,png です ウインドウの 内 容 を 連 番 の 画 像 ファイルとして 保 存 します 保 存 されるファイル 名 は screen- 連 番.tif saveframe() です この 関 数 を 呼 び 出 す 度 に 連 番 部 分 の 数 字 が 増 えていきます ウインドウの 内 容 を 連 番 の 画 像 ファイルとして 保 存 します 引 数 の filename は filename-####. 拡 張 子 の 形 となります #### の 部 分 が 連 番 の 数 saveframe(filename) 字 となります # が 4 つあれば 4 桁 の 数 字 で 連 番 の 部 分 の 数 字 が 決 まります 指 定 できる 拡 張 子 は tif,tga,jpg,png です つまり 次 の 4 つのファイ ル 形 式 で 画 像 をファイルに 保 存 出 来 ます tif:tiff 形 式 tga:targa 形 式 jpg:jpeg 形 式 png:png 形 式 サンプル 6-8 はサンプル 6-1 の 最 後 に save 関 数 の 呼 び 出 しを 追 加 して ウインドウの 内 容 を 画 像 ファイルとして 保 存 するものです save 関 数 を 利 用 した サンプル 6-8 PFont font; // フォント 情 報 を 保 存 する 変 数 String msg = "Riho"; size(400,200); font = loadfont("geneva-48.vlw"); // vlw ファイルの 読 み 込 み textfont(font); // 表 示 するフォントの 指 定 fill(0); text("kanagawa Institute Of Technology",10,50); // 文 字 列 を 表 示 textsize(16); // 表 示 するフォントの 大 きさの 変 更 text("kanagawa Institute Of Technology",10,100); textsize(32); // 表 示 するフォントの 大 きさの 変 更 text(msg,10,150); // String 変 数 の 保 存 されている 文 字 列 を 表 示 save("test.jpg"); // ウインドウの 内 容 を test.jpg ファイルに 保 存 draw 関 数 内 で save 関 数 を 呼 び 出 し 画 像 ファイルとし て 保 存 する 場 合 には プロ グラムの 実 行 を 終 了 するタ イミングによっては 正 し く 保 存 されない 場 合 があり ます 画 像 ファイルがどこに 保 存 されるか ちゃんと 確 認 し ておいて 下 さい

8 画 像 ファイルの 読 み 込 み プ ログラムを 作 成 していると 外 部 で 作 成 した 画 像 をファイル の 表 示 や 利 用 などを 行 いたいことがあります Processing 言 語 では 画 像 データを 保 存 するために PImage 型 が 用 意 されいます PImage 型 の 変 数 には 画 像 データを 記 憶 させておくことが 出 来 ます Processing でファイルに 保 存 されている 画 像 を 表 示 するためには 1. 画 像 ファイルに 保 存 されている 画 像 データをコンピュータ 内 に 読 み 込 む 2. 読 み 込 んだ 画 像 データを 表 示 する という 手 順 をとります 手 順 1: 画 像 ファイルの 読 み 込 み このプログラムで 読 み 込 む 画 像 ファイルはどこに 置 かれているの でしょうか? Processing では プログラム 中 で 読 み 込 む 画 像 ファイ ルなどの 保 存 場 所 が 決 まっています それ は Show Sketch Folder で 表 示 されるフォ ルダ 内 にある data という 名 称 のフォルダで す もし そこの data フォルダが 無 い 場 合 には data フォルダを 作 成 して そこの 利 用 する 画 像 ファイルなどをコピーして 下 さ い これが 面 倒 な 場 合 には Processing の プログラムを 書 いている 部 分 にドラッグ& ドロップすると 自 動 的 に data フォルダに コピーされます 画 像 ファイルを 読 み 込 むためには loadimage 関 数 を 使 用 します 読 み 込 んだ 情 報 を PImage 型 の 変 数 に 代 入 します 手 順 2: 画 像 ファイルの 表 示 読 み 込 んで PImage 型 変 数 に 保 存 されている 画 像 を 表 示 するため いには image 関 数 を 使 用 します 関 数 PImage 表 6-4 画 像 データ 表 示 関 連 の 関 数 など 説 明 画 像 情 報 を 保 存 するためのデータ 型 filename で 指 定 した 画 像 ファイルを 読 み 込 む TIFF 形 式 loadimage(filename) TARGA 形 式 JPEG 形 式 PNG 形 式 の 画 像 ファイルを 読 み 込 むことが 出 来 ます 引 数 extでは 読 み 込 む 画 像 データの 種 類 loadimage(name,ext) (png,jpg,gif など ) を 指 定 する PImage 型 引 数 img で 指 定 した 画 像 の 内 容 を 引 image(img,x,y) image(img,x,y,w,h) 図 6-3 データファイルの ドラッグ & ドロップ 数 x,y で 指 定 された 場 所 に 表 示 する 位 置 の 指 定 方 法 は imagemode 関 数 で 指 定 します PImage 型 引 数 img で 指 定 した 画 像 の 内 容 を 引 数 x,y で 指 定 された 場 所 に 横 方 向 の 大 きさを w 縦 方 向 の 大 きさを h に 変 更 して 表 示 する 文 字 列 の 表 示 と 同 じような 手 順 となっています 実 は loadimage 関 数 はかな り 強 力 な 機 能 を 持 っていま す 画 像 は 長 方 形 になっているの で rect 関 数 で 長 方 形 を 描 画 するのと 同 じ 方 法 で 画 像 の 描 画 位 置 を 指 定 します image 関 数 のように 引 数 の 数 やデータ 型 によって 処 理 の 内 容 によって 異 なる 関 数 定 義 を 行 うことを 多 重 定 義 (オー バーロード)と 呼 びます 以

9 関 数 imagemode(mode) 説 明 引 数 mode で 指 定 された 方 法 で 表 示 する 画 像 位 置 を 指 定 できるようになります 引 数 mode には 値 CORNER,CENTER,CORNERS を 指 定 することが 出 来 ます それぞれの 値 の 意 味 は rectmode の 場 合 と 同 じです 前 から 使 用 していた fill 関 数 や stroke 関 数 も 多 重 定 義 さ れている 関 数 です サンプル 6-9 は loadimage 関 数 を imae 関 数 を 利 用 した 単 純 なプロ グラムです image 関 数 を 利 用 した サンプル 6-9 PImage src; // 画 像 データを 保 存 するための 変 数 src = loadimage("laval.jpg");// ファイル 名 は 適 当 なものに 変 えること void draw(){ image(src,random(width),random(height)); // デタラメな 位 置 に 表 示 Processing では 異 なる 変 数 に 画 像 データを 記 録 させておけば 複 数 の 画 像 を 扱 うことが 出 来 ます サンプル 6-10 は 複 数 の 画 像 を 取 り 扱 うサンプルプログラムです このプログラムは マウスボタン を 押 した 状 態 と 離 した 状 態 で 表 示 する 画 像 を 切 り 替 えています ま た src2.width と src2.height のようにすると src2 に 保 存 されてい る 画 像 の 横 方 向 の 画 素 数 と 高 さ 方 向 の 画 素 数 を 取 り 出 すことが 出 来 ます 複 数 の 画 像 を 利 用 した サンプル 6-10 PImage src1,src2; size(600,600); src1 = loadimage("2cv.jpg");// ファイル 名 は 適 当 なものに 変 えること src2 = loadimage("laval.jpg"); void draw(){ if(mousepressed==true){ image(src1,mousex,mousey); else{ // 画 像 を 半 分 の 大 きさにして 表 示 image(src2,mousex,mousey,src2.width/2,src2.height/2); 表 6-5 画 像 データの 取 得 フィールド 名 意 味 記 録 されている 画 像 の 横 方 向 の 画 素 数 を 記 憶 PImage 型 変 数.width している 記 録 されている 画 像 の 縦 方 向 の 画 素 数 を 記 憶 PImage 型 変 数.height している

10 QR コードの 作 成 (おまけ) 像 ファイルを 表 示 するために 使 用 した loadimage 関 数 は 単 にパ 画 ソコン 内 の 画 像 を 読 み 込 むだけではなく もう 少 し 高 度 なこと も 出 来 ます その 一 例 として loadimage 関 数 を 利 用 して QR コー ドを 作 ることに 挑 戦 します Google では Chart API と 呼 ばれる web を 利 用 してグラフを 描 く 機 能 を 提 供 しています この 機 能 の 中 に QR コードを 描 くものがあるので これを 利 用 します サンプル 6-11 は QR コードを 表 示 するものです この 方 法 は クラウドと 呼 ば れている 情 報 処 理 を 利 用 して いると 見 ることもできます QR コードの 表 示 サンプル 6-11 PImage qrcode_img; // QR コード 画 像 を 保 存 する 変 数 String ur い ; // 文 字 列 を 保 存 する 変 数 String qrcode_google_api = "http://chart.apis.google.com/chart?"; int qrcode_size = 300; // 表 示 する QR コードの 大 きさを 決 める 値 String data = "www.kait.jp"; // QR コードの 中 に 埋 め 込 みたい 情 報 size(qrcode_size, qrcode_size); // Google Chart API を 呼 び 出 すための URL を 作 る ur い = qrcode_google_api + "chs=" + qrcode_size + "x" + qrcode_size + "&cht=qr&chl=" + data; // Google Chart API の 機 能 を 利 用 して QR コード 作 成 qrcode_img = loadimage(uri,"png");// PNG 型 で 画 像 ファイル image(qrcode_img,0,0); // 作 成 した QR コードを 表 示 save("myqrcode.png"); // 表 示 した QR コードを 保 存 ファイル 名 は 変 更 可 能 ここで 使 用 している + も 多 重 定 義 されています int 型 や float 型 の 際 には 加 算 として 機 能 しますが String 型 の 際 には 文 字 列 の 連 結 となってい ます 鋭 い 人 は 気 がついたかもしれませんが Processing の loadimage 関 数 は data フォルダ 内 の 画 像 だけでなく ファイル 名 を URI で 指 定 すると web サイトなどに 置 かれている 画 像 を 読 み 出 すことも 出 来 ます この 機 能 を 利 用 したものがサンプル 6-12 です Uniform Resource Identifier PImage img; URI 指 定 での 画 像 の 表 示 サンプル 6-12 size(300,300); // setup 内 で 画 像 を 読 み 込 まないと ちょっと 面 倒 なことが 起 きるかも img = loadimage("http://www.kait.jp/images/top2011/index.jpg"); void draw(){ image(img,0,0); ネット 越 しに 画 像 データ の 取 得 を 行 っているので loadimage 関 数 の 実 行 が 終 わっても 画 像 データの 読 み 込 みが 完 全 に 終 了 していない 場 合 があります その 場 合 には 上 手 く 表 示 が 行 われないこと になります このような 処 理 の 仕 方 をノン ブロッキング 処 理 と 呼 びま す ネット 系 のプログラムで は 良 く 使 用 される 方 法 です

11 座 標 軸 の 移 動 までの 知 識 で 図 6-4 のような 画 像 を 作 ろう 今 とすると ちょっと 大 変 です このような 画 像 を 作 るために 必 要 となる 座 標 軸 の 移 動 ( 座 標 変 換 )について 説 明 します Processing では 座 標 軸 は 図 6-5 のように 決 まっ ています この 座 標 軸 を 基 準 に 図 形 の 描 画 が 行 わ れています そこで 図 6-4 のような 斜 めになっ た 図 形 を 描 くためには 描 画 の 基 準 となる 座 標 軸 が 傾 いていれば 可 能 です このように 基 準 とな る 座 標 軸 を 傾 けたり 移 動 させたりすることを 座 標 変 換 と 呼 んでいます 平 面 の 場 合 にの 座 標 変 換 は 下 の 式 のようなもので 表 すことが 出 来 るもの です しかし コンピュータグラフィックなどで 図 6-4 図 6-5 画 用 紙 を 傾 けて 絵 を 描 き そ の 画 用 紙 をものと 向 きに 戻 す と 傾 いた 絵 になっています よね 座 標 変 換 の 詳 しい 話 は 線 形 代 数 学 やグラフィクス 基 礎 論 で 学 びます 正 確 には 逆 行 列 をもってい るようなものに 限 定 されます が は 余 り 一 般 的 な 座 標 変 換 は 扱 わずに 次 の 4 種 類 の 特 別 な 座 標 変 換 とそれを 組 み 合 わせたものを 扱 います CG では 最 初 の 3 つを 良 く 使 用 します 1. 平 行 移 動 :translate 2. 回 転 :rotate 3. 拡 大 縮 小 :scale 4. 剪 断 ( 傾 け):skear 関 数 translate(x,y) rotate(angle) scale(s) 表 6-6 座 標 変 換 に 関 わる 関 数 その 1 意 味 現 在 の 原 点 を 移 動 させる 関 数 現 在 の X 軸 方 向 に x 現 在 の Y 軸 方 向 に y だけ 現 在 の 原 点 を 移 動 させる 移 動 した 先 が 新 た な 現 在 の 原 点 となります 座 標 軸 の 向 き は 変 わりません 現 在 の 原 点 を 中 心 に X 軸 と Y 軸 を 回 転 さ せる 関 数 引 数 angle は 回 転 角 度 の 指 定 は ラジアンで 行 います 現 在 の 座 標 軸 を s 倍 する つまり 現 在 の 1 の 長 さが s となる scale(sx,sy) 現 在 の X 軸 の 長 さを sx 倍 現 在 の Y 軸 の 長 さを sy 倍 する randians(angle) angle 度 をラジアンでの 値 に 変 換 する 関 数 Processing で も applymatrix 関 数 をすると 一 般 的 な 座 標 変 換 も 取 り 扱 うと こが 出 来 ます Processing で は scale は 余 り 利 用 することが 少 ないよう な 気 が 実 は Processing で は 3 次 元 空 間 での 座 標 変 換 の 関 数 も 持 っています

12 平 行 移 動 平 行 移 動 は 一 番 簡 単 な 座 標 変 換 です 平 行 移 動 では 原 点 の 位 置 を 移 動 させます 原 点 の 位 置 を 移 動 させるだけですので X 軸 や Y 軸 の 向 きは 変 化 しません 座 標 変 換 を 行 う 関 数 を 実 行 すると その 度 に 座 標 軸 が 移 動 していきます サンプル 6-13 は これを 確 認 する プログラムです translate を 利 用 した 例 その 1 サンプル 6-13 colormode(hsb,359,99,99); background(0,0,99); nostroke(); for(int x=0;x <6;x++){ fill(60*x,99,99); rect(0,0,50,50); // 原 点 (0,0) で 正 方 形 を 描 く translate(65,65); // 原 点 を X 軸 方 向 に 65 Y 軸 方 向 に 65 移 動 させる 数 学 的 には 変 換 の 合 成 ( 簡 単 にいうと 行 列 のかけ 算 ) になっています サンプル 6-13 は for 命 令 を 利 用 して 色 を 変 えながら 6 個 の 正 方 形 を 描 くプログラムです for 命 令 の 繰 り 返 し 部 分 の rect 関 数 は 毎 回 同 じ 場 所 (0,0) で 正 方 形 を 描 い ています ところが こ のプログラムを 実 行 して みると 異 なった 場 所 に 正 方 形 を 描 かれています これは なぜでしょうか? それは rect 関 数 の 後 に 実 行 している translate 関 数 に 理 由 があります つ まり rect 関 数 で 正 方 形 を 描 いた 後 に translate(65,65); で 原 点 の 位 置 (0,0) を 動 かしてい るからです translate(65,65); translate(65,65); translate(65,65); translate(65,65); translate(65,65); translate(65,65); 図 6-6 つまり 一 番 目 の 赤 色 の 正 方 形 を 描 くときには 通 常 のウインド ウの 左 上 に 原 点 がある 状 態 で rect(0,0,50,50) が 実 行 されるので 左 上 に 正 方 形 が 描 画 されます その 後 transalte(65,65) が 実 行 される ので 現 在 の 原 点 (ウインドウの 左 上 )が 現 在 の X 軸 方 向 に 65 現 在 の Y 軸 方 向 に 65 だけ 移 動 します つまり ウインドウ の 左 上 から 横 方 向 に 65 縦 方 向 に 65 だけ 移 動 した 場 所 に 現 在 の 原 点 が 移 動 します ですから 2 番 目 の 黄 色 の 正 方 形 を 描 くときに は この 現 在 の 原 点 を 基 準 に 描 画 を 行 うので rect(0,050,50) を 実 行 すると 赤 色 の 正 方 形 より 少 し 右 下 の 部 分 に 描 かれることにな ります その 後 再 び translate(65,65) が 実 行 されるので 現 在 の 原 点 が 現 在 の 原 点 (ウインドウの 左 上 )が 現 在 の X 軸 方 向 実 は この 座 標 軸 の 移 動 です が image 関 数 などの 実 行 に も 有 効 です

13 に 65 現 在 の Y 軸 方 向 に 65 だけ 移 動 します つまり ウインド ウの 左 上 から 横 方 向 に 130 縦 方 向 に 130 だけ 移 動 した 場 所 に 現 在 の 原 点 が 移 動 します 3 番 目 の 緑 色 の 正 方 形 を 描 くときには こ の 現 在 の 原 点 を 基 準 に 描 画 を 行 うので rect(0,050,50) を 実 行 す ると 黄 色 の 正 方 形 より 少 し 右 下 の 部 分 に 描 かれることになります この 後 translate(65,65) を 実 行 するので 現 在 の 原 点 が 現 在 の 原 点 (ウインドウの 左 上 )が 現 在 の X 軸 方 向 に 65 現 在 の Y 軸 方 向 に 65 だけ 移 動 します つまり ウインドウの 左 上 から 横 方 向 に 195 縦 方 向 に 195 だけ 移 動 した 場 所 に 現 在 の 原 点 が 移 動 します このような 操 作 を 繰 り 返 すので 徐 々に 右 下 に 移 動 しながら 正 方 形 が 描 かれるようになります translate 関 数 を 利 用 した 別 のサンプルを 示 します このサン プル 6-14 では ellipse 関 数 を 利 用 して 毎 回 現 在 の 原 点 に 直 径 50 の 円 を 描 いています ただし ellipse 関 数 を 実 行 するまえに translate 関 数 を 呼 び 出 して 現 在 の 原 点 の 位 置 を 変 更 しています そのために 異 なった 位 置 に 円 が 描 画 されています なお draw 関 数 の 一 番 先 頭 では 現 在 の 原 点 はウインドウに 左 上 の 位 置 に 初 期 化 されています translate を 利 用 した 例 その 2 サンプル 6-14 colormode(hsb,359,99,99); smooth(); background(0,0,99); void draw(){ // この 場 所 では 現 在 の 原 点 はウインドウに 左 上 に 初 期 化 されている fill(random(360),random(100),random(100)); // 色 はランダム transalte(random(width),random(height));// 現 在 の 原 点 を 移 動 ellipse(0,0,50,50); // 現 在 の 原 点 を 中 心 に 円 を 描 画 回 転 移 動 平 行 移 動 だけだと 図 形 を 描 画 す る 位 置 を 変 更 するだけ 対 応 出 来 るの で あまりありがたみがわきません ここで 説 明 をする 回 転 移 動 と 組 み 合 わせると 描 画 できる 形 状 がより 豊 富 になります rotate 関 数 による 回 転 移 動 は 現 在 の 原 点 を 中 心 として 座 標 軸 の 回 転 を 行 います 回 転 を 考 える 際 には 回 転 方 向 の 向 きが 問 題 となりますが Processing では 図 6-7 のよう になっています 図 6-7 回 転 の 向 き まず シンプルな rotate 関 数 を 使 用 したサンプル 6-15 を 示 します rotate 関 数 を 実 行 しただけで は 現 在 の 原 点 の 位 置 は 移 動 しません 座 標 軸 の 傾 き だけが 変 わります

14 rotate を 利 用 した 例 サンプル 6-15 stroke(0); fill(150); rect(200,0,100,100); rotate(pi/4); fill(150,10,10); rect(200,0,100,100); サンプル 6-15 では 2 回 rect(200,0,100,100) を 実 行 することで 2 つの 正 方 形 を 描 いていますが 異 なった 場 所 に 描 かれています 1 番 目 の 灰 色 の 正 方 形 が 描 かれたときには 座 標 変 換 の 関 数 を 一 切 実 行 していないので ウインドウの 左 上 に 原 点 があり 横 方 向 の 左 か ら 右 方 向 に X 軸 が 上 から 下 方 向 に Y 軸 が 位 置 しています その 座 標 軸 の 状 態 で rect(200,0,100,100) を 実 行 するので 灰 色 の 正 方 形 が ウインドウの 上 に 水 平 の 描 画 がされます この 後 rotate(pi/4) を 実 行 するので 現 在 の 原 点 の 位 置 は 変 わりません が 現 在 の 原 点 を 中 心 に PI/4(=45 度 ) だけ X 軸 と Y 軸 を 回 転 させます その 後 再 び rect(200,0,100,100) を 実 行 するので 画 面 の 中 央 部 分 に 傾 いた 赤 い 正 方 形 が 描 か れることになります 図 6-8 rotate 前 後 の 座 標 軸 rotate 関 数 は 現 在 の 原 点 を 中 心 に 現 在 の 座 標 軸 を 回 転 させ るので rotate 関 数 単 体 では 使 い 道 が 限 られてしまいます 座 標 変 換 を 行 う 関 数 を 実 行 するたびに 現 在 の 原 点 や 現 在 の 座 標 軸 が 移 動 していくので translate 関 数 を 利 用 して 現 在 の 原 点 を 回 転 の 中 心 に 移 動 させ その 後 rotate 関 数 を 実 行 するとで 任 意 の 場 所 で 座 標 軸 の 回 転 を 行 うことが 出 来 ます サンプル 6-16 は マウスカーソルの 位 置 で 長 方 形 を 回 転 させるも のです 前 にも 説 明 しましたが PI は 円 周 率 を 表 す 定 数 です translate 関 数 で 回 転 の 中 心 となる 現 在 の 原 点 を 適 切 な 場 所 に 移 動 させます そ の 後 rotate 関 数 で 現 在 の 座 標 軸 を 回 転 させます こ れにより 希 望 する 場 所 での 回 転 を 実 現 できます translate と rotate を 利 用 した 例 その 1 サンプル 6-16 float angle = 0; // 現 在 の 座 標 軸 の 回 転 角 度 rectmode(center); smooth(); fill(128); stroke(0);

15 void draw(){ // この 時 点 では 現 在 の 原 点 と 現 在 の 座 標 軸 は 初 期 位 置 // 現 在 の 原 点 をマウスカーソルの 位 置 に 移 動 translate(mousex,mousey); rotate(angle); // 現 在 の 座 標 軸 を angle だけ 回 転 させる rect(0,0,50,100); angle = angle + PI/180; // 回 転 角 度 を 増 やす サンプル 6-16 では 最 初 に translate 関 数 で 現 在 の 原 点 の 位 置 をマウスカーソルの 場 所 に 移 動 させます その 後 rotate 関 数 で 現 在 の 座 標 軸 を angle だけ 回 転 させます その 後 回 転 角 度 を 示 す 変 数 angle の 値 を 少 しだけ 増 加 (PI/180 = 1 度 ) させます draw 関 数 が 呼 び 出 されるたびに 回 転 角 度 が 増 加 す るので マウスカーソルの 位 置 で 長 方 形 が 回 転 しているように 見 えます サンプル 6-17 では translate(width/2, height/2) で 現 在 の 原 点 をウインド ウの 中 心 に 移 動 させます その 後 色 を 変 えながら ellipse(150,0,60,60) で 円 を 描 画 します 円 の 描 画 後 rotate 関 数 を 使 って 24 度 ずつ 現 在 の 原 点 を 中 図 6-9 rotate 後 の 座 標 軸 心 に 現 在 の 座 標 軸 を 回 転 させます これにより 円 周 上 に 円 を 配 置 することが 出 来 ます 図 6-9 では tranlsate 後 の 座 標 軸 rotate 関 数 を 5 回 実 行 した 後 の 座 標 軸 rotate 関 数 を 10 回 実 行 した 後 の 座 標 軸 を 表 示 しています translate と rotate を 利 用 した 例 その 2 サンプル 6-17 colormode(hsb,359,99,99); smooth(); background(0,0,99); nostroke(); // 現 在 の 原 点 をウインドウの 中 心 に 移 動 translate(width/2,height/2); for(int angle = 0;angle < 360;angle += 24){ fill(angle,99,99); // 描 画 色 の 変 更 ellipse(150,0,60,60); // 円 の 描 画 rotate(radians(24)); // 現 在 の 座 標 軸 を 24 度 回 転 させる サンプル 6-18 は translate 関 数 と rotate 関 数 を 上 手 く 利 用 して 画 像 を 作 成 したものです 今 までのサンプルプログラムとは 異 なり rotate translate が 組 みになって 繰 り 返 し 実 行 しています つ まり X 軸 方 向 にちょっと 移 動 して 少 し 向 きを 変 えるという 処 理 に 回 転 角 度 はラジアンで 指 定 す る 必 要 があるので radians 関 数 を 用 いて ラジアンに 変 換 しています この 処 理 は 円 運 動 の 簡 易 的 な モデルになっています

16 なっています translate と rotate を 利 用 した 例 その 3 サンプル 6-18 colormode(hsb,359,99,99); smooth(); nostroke(); background(0,0,99); translate(240,60); // スタート 位 置 に 移 動 for(int i=0;i<12;i++){ fill(i*30,99,99); // 描 画 色 の 設 定 stroke(i*30,99,99); line(0,0,150,0); // 座 標 軸 を 表 示 line(0,0,0,150); rect(0,0,40,40); // 正 方 形 の 描 画 rotate(radians(30)); // 現 在 の 原 点 を 中 心 に 座 標 軸 を 回 転 // 現 在 の 原 点 を 現 在 の X 軸 の 正 の 方 向 に 80 移 動 translate(80,0); 拡 大 縮 小 scale 関 数 は translate 関 数 や rotate 関 数 に 比 べると 利 用 の 機 会 は 少 ないですが 座 標 軸 の 拡 大 縮 小 が 行 えます この 関 数 は 座 標 軸 の 目 盛 りを 拡 大 縮 小 します scale 関 数 の 実 行 結 果 は 現 在 の 座 標 軸 に 対 して 有 効 です 従 って scale 関 数 を 呼 び 出 す 前 の 図 形 は 関 わりません 現 在 の 座 標 軸 の 目 盛 りの 大 きさを 変 えてしますの で 線 の 太 さなども 変 わってします 一 応 サンプルをのせておき ます scale を 利 用 した 例 サンプル 6-19 smooth(); 途 中 までの 描 画 状 況 for(int x = 80; x < width;x += 80){ fill(x % 256,10,10); ellipse(x,height/4,50,50); scale(0.5); // 現 在 の 座 標 軸 の 目 盛 りを 半 分 の 長 さにする for(int x = 80; x < width;x += 80){ fill(x % 256,10,10); ellipse(x,height,50,50); 座 標 軸 の 記 憶 何 回 も 座 標 変 換 を 行 っていくと どんどん 現 在 の 座 標 軸 が 移 動 していきます プログラムによっては 前 の 座 標 軸 に 戻 りた いことがおきます これを 実 現 するために Processing 言 語 では pushmatrix 関 数 と popmatrix 関 数 が 用 意 されています pushmatrix このあたりの 設 計 は OpenGL と 呼 ば れ る 3D-CG 用 の API の 影 響 を 強 く 受 けて います

17 関 数 は 現 在 の 座 標 軸 の 状 況 を 一 時 的 に 記 憶 します 逆 に popmatrix 関 数 は 現 在 の 座 標 軸 を 一 時 的 に 記 憶 されている 過 去 の 座 標 軸 に 変 更 します 関 数 名 pushmatrix() popmatrix() resetmatrix() 表 6-7 座 標 変 換 に 関 わる 関 数 その 2 意 味 現 在 の 座 標 軸 を 一 時 的 に 記 憶 する 現 在 の 座 標 軸 を 一 時 的 に 記 憶 されている 過 去 の 座 標 軸 に 変 更 します 現 在 の 座 標 軸 を 初 期 状 態 に 戻 します pushmatrix 関 数 と popmatrix 関 数 による 座 標 軸 の 記 憶 は 普 通 の 変 数 によるものとは ちょっと 異 なっています 次 のような 制 限 が あります 1. popmatrix 関 数 の 説 明 で 書 かれている 過 去 の 座 標 軸 とは この popmatrix 関 数 を 呼 び 出 す 直 前 に 呼 び 出 された pushmatrix 関 数 が 保 存 した 現 在 の 座 標 軸 です 2. popmatrix 関 数 を 実 行 すると 過 去 の 座 標 軸 は 消 えてしまい ます 3. pushmatrix 関 数 と popmatrix 関 数 が 一 対 のものになっている この 辺 りの 話 をやり 出 すと ちょっと 面 倒 なので 今 回 はあまり 深 入 りはしません この 処 理 は 円 運 動 の 簡 易 的 な モデルになっています この ような 情 報 の 記 憶 の 仕 方 をス タック (stack) と 呼 んでいま す スタックを 利 用 して 情 報 を 記 憶 することをプッシュ (push) 記 憶 されている 情 報 を 取 り 出 すことをポップ (pop) と 呼 びます pushmatrix と popmatrix 利 用 した 例 サンプル 6-20 smooth(); colormode(hsb,359,99,99); background(0,0,99); nostroke(); // 現 在 の 原 点 をウインドウの 中 心 に 移 動 させる translate(width/2,height/2); float len = 10; for(int angle=0;angle < 1080;angle += 24){ pushmatrix(); // 現 在 の 座 標 軸 を 一 時 的 に 記 憶 rotate(radians(angle)); // 現 在 の 座 標 軸 を 回 転 させる translate(len,0); // 現 在 の 原 点 を X 軸 方 向 に len だけ 移 動 させる fill(angle % 360,99,99);// 塗 りつぶし 色 の 決 定 ellipse(0,0,20,20); // 円 の 描 画 popmatrix();// 直 前 に 記 憶 した 座 標 軸 の 状 況 を 現 在 の 座 標 軸 にする len *= 1.1; // 移 動 量 を 1 割 増 やす

18 resetmatrix 利 用 した 例 サンプル 6-21 size(200,200); smooth(); translate(width/2,height/2); // 現 在 の 原 点 をウインドウ 中 央 に 移 動 fill(255,10,10); // 現 在 の 原 点 を 中 心 に 赤 色 の 円 を 描 く ellipse(0,0,100,100); resetmatrix();// 現 在 の 原 点 を 初 期 状 態 (ウインドウの 左 上 )に 移 動 fill(10,255,10);// 現 在 の 原 点 を 中 心 に 緑 色 の 色 の 円 を 描 く ellipse(0,0,100,100); 応 用 : 時 計 の 制 作 今 回 学 習 した 内 容 に 加 えて 時 間 を 取 得 する 方 法 があれば 時 計 を 作 ることが 出 来 ます Processing では 現 在 の 時 刻 を 取 得 できる 関 数 が 用 意 されています 表 6-8 時 間 に 関 わる 関 数 関 数 名 意 味 hour() 現 在 の 時 間 の 時 (0 23 の 整 数 )を 返 す 関 数 minute() 現 在 の 時 間 の 分 (0 59 の 整 数 ) を 返 す 関 数 second() 現 在 の 時 間 の 秒 (0 59 の 整 数 ) を 返 す 関 数 year() 現 在 の 年 を 返 す 関 数 month() 現 在 の 月 (1 12 の 整 数 ) を 返 す 関 数 day() 現 在 の 日 (1 31 の 整 数 ) を 返 す 関 数 millis() プログラムを 実 行 してからの 時 間 をミリ 秒 単 位 で 返 す 1 秒 =1000 ミリ 秒 です サンプル 6-21 ではデジタル 時 計 のサンプルです text 関 数 では 文 字 列 (String) しか 表 示 できません そこで str 関 数 を 利 用 して 強 制 的 に int 型 を String 型 に 変 換 しています 実 は draw 関 数 の 中 は サンプル 6-23 のように 書 いても 同 じ 動 作 となります これは 式 hour()+":"+minute()+":"+second() を 見 ると 数 値 データ 同 士 の 加 算 ではなく 文 字 列 の 連 結 と 判 断 できるので 自 動 的 に hour() な どの 値 を String 型 に 変 換 してくれます hour()+":" などのように 数 字 と 文 字 列 に 対 して + を 計 算 しようとしてるので + は 加 算 ではなく 文 字 列 の 連 結 と 判 断 しています デジタル 時 計 サンプル 6-22 PFont font; size(400,64*3); smooth(); font = loadfont("helvetica-128.vlw"); textfont(font,64); textalign(center); rectmode(center); fill(0);

19 void draw(){ String h = str(hour()); // 時 間 を String 型 に 変 換 String m = str(minute()); // 分 を String 型 に 変 換 String s = str(second()); // 秒 を String 型 に 変 換 String t = h + ":" + m + ":" + s; // 表 示 する 文 字 列 作 成 int hs = textascent()+textdescent();// 表 示 する 文 字 列 の 高 さを 取 得 text(t,width/2,height/2,width,hs); デジタル 時 計 の 一 部 サンプル 6-23 void draw(){ // 表 示 する 文 字 列 作 成 String t = hour() + ":" + minute() + ":" + second(); int hs = textascent()+textdescent(); text(t,width/2,height/2,width,hs); サンプル 6-24 では アナログ 時 計 の 秒 針 の 部 分 だけを 表 示 するサ ンプルです 0 秒 時 には 鉛 直 上 方 向 に 秒 針 が 来 る 必 要 があります 初 期 状 態 での 座 標 軸 は 原 点 を 中 心 に -PI/2 だけ 回 転 させた 位 置 にある ことに 注 意 が 必 要 です 秒 針 だけのアナログ 時 計 サンプル 6-24 smooth(); void draw(){ // 現 在 の 原 点 をウインドウの 中 心 に 移 動 translate(width/2,height/2); float angle = -90+6*second();// 現 在 の 秒 から 秒 針 の 角 度 を 求 める rotate(radians(angle)); // 現 在 の X 軸 を 秒 針 方 向 に 傾 ける fill(50); triangle(0,5,180,0,0,-5); // 秒 針 を 三 角 形 として 表 示

20 おまけのサンプル 座 標 変 換 を 利 用 すると 複 雑 な 図 形 を 表 示 出 来 るようになります やっていることは 単 純 で 現 在 の 座 標 軸 を 色 々と 移 動 させながら line(0,0,0,-100) で 直 線 を 描 いているだけです smooth(); stroke(0); translate(width/2,height); line(0,0,0,-100); translate(0,-100); pushmatrix(); // (a) rotate(-pi/6); line(0,0,0,-100); translate(0,-100); pushmatrix(); // (b) rotate(-pi/6); line(0,0,0,-100); popmatrix(); // (b) // 右 上 に 続 く おまけ サンプル 6-23 rotate(pi/6); line(0,0,0,-100); popmatrix(); //(a) rotate(pi/6); line(0,0,0,-100); translate(0,-100); pushmatrix(); // (c) rotate(-pi/6); line(0,0,0,-100); popmatrix(); // (d) rotate(pi/6); line(0,0,0,-100); フラクタルと 呼 ばれる 図 形 の 描 画 の 基 礎 となるプログラム です フラクタルは CG にお ける 自 然 物 を 再 現 するにしば しば 用 いられる 手 法 です

MapDK3のインストール

MapDK3のインストール ExifEditor Version 4.6 サポートアドレス:kaneda_supp@yahoo.co.jp 目 次 1. メイン 画 面... 3 1.1. 画 像 表 示... 6 2. Exif 情 報 編 集... 8 2.1. 付 帯 情 報 の 編 集... 10 2.2. 日 付 データの 一 括 編 集... 10 2.3. タイムスタンプ... 11 2.3.1. タイムスタンプ

More information

2 題 字 を 選 択 してください の 画 面 になります どれを 選 んでもかまいません 差 出 人 情 報 を 入 力 してください 画 面 になります 宛 名 面 にご 自 分 の 住 所 氏 名 を 入 れない 方 は ここに 入 力 する 必 要 はありま イラストを 選 択 してくださ

2 題 字 を 選 択 してください の 画 面 になります どれを 選 んでもかまいません 差 出 人 情 報 を 入 力 してください 画 面 になります 宛 名 面 にご 自 分 の 住 所 氏 名 を 入 れない 方 は ここに 入 力 する 必 要 はありま イラストを 選 択 してくださ 1 Word で 年 賀 状 2012 解 説 作 成 蒲 原 直 樹 どの 文 面 を 作 成 しますか? 画 面 になりますので 年 賀 状 にチェック し 次 へ をクリックします Part1:はがきウィザードをつかう 年 賀 状 以 外 にもたくさんのテンプレートがありますので 別 の 機 会 にそれ ぞれ 開 いてご 覧 下 さい まず 紹 介 するのは はがきウィザード です これは 半

More information

MapDK3のインストール

MapDK3のインストール デジカメ 整 理 専 科 Version 3.6 サポートアドレス:kaneda_supp@yahoo.co.jp 目 次 1. メイン 画 面... 3 2. フルオート 整 理... 4 2.1. 検 索 場 所 の 指 定... 4 2.2. 保 存 場 所 の 指 定... 5 2.3. 検 索 開 始... 5 2.4. カメラ 名 称 確 認... 6 2.5. 結 果 表 示... 7

More information

やさしくPDFへ文字入力 PRO v.9.0 かんたん操作マニュアル

やさしくPDFへ文字入力 PRO v.9.0 かんたん操作マニュアル 1 はじめに... 3 1.やさしくPDFへ 文 字 入 力 で 出 来 ること... 4 2.やさしくPDFへ 文 字 入 力 を 起 動 しよう... 6 3. 画 像 を 読 み 込 んでみよう... 8 4. 読 み 込 んだ 元 画 像 をなおしてみよう... 15 5. 文 字 入 力 する 場 所 を 指 定 しよう... 19 6. 文 字 を 入 力 しよう... 24 7. 入

More information

Word2013による文書の作成(1級).indd

Word2013による文書の作成(1級).indd Word 1 Word2013 1 オプション 段 落 の 設 定 (1) 文 字 ずれをしないための 設 定 を 行 う( 別 冊 初 期 設 定 参 照 ) (2)(1)の 設 定 以 外 に 以 下 の 設 定 を 行 う 1 [ホーム]タブ [ 段 落 ]グループの を 2 [ 段 落 ]ダイアログボックスの 中 の[ 体 裁 ] クリックする タブをクリックし [オプション]をクリック する

More information

Microsoft Word - ms-word

Microsoft Word - ms-word 日 本 語 ワードプロセッサ 1 Microsoft Word の 概 要 コンピュータの 特 徴 の 一 つは,ソフトウェアを 入 れ 替 えて 動 作 させることにより, 種 々の 機 械 に 変 えることができることです.とくにパーソナルコンピュータは, 日 本 語 ワードプロセッサとして 使 用 されることが 多 くあります. 総 合 メディアセンターの 教 育 シ ステムでは,Microsoft

More information

Microsoft Word - TCⅡマニュアル_第6章_ doc

Microsoft Word - TCⅡマニュアル_第6章_ doc .1 章 -1 .1 様 々な 機 能 を 利 用 し 簡 単 にイメージ 通 りの 加 工 が 行 えます した は 元 を 残 し 新 規 として 保 存 されます また 再 できる 加 工 内 容 の 場 合 は 上 書 き 保 存 することができます.1.1 面 について 配 置 面 ( 第 4 章 ) ペンスコープ 面 ( 第 5 章 ) 一 覧 面 ( 第 12 章 )( 複 数 選 択

More information

資 料 について 本 資 料 は プレゼンテーションソフト Power Point(パワーポイント)の 基 本 的 な 使 い 方 をまとめたものです はじめの 準 備 1 起 動 すると 右 のような 画 面 が 表 示 されます [ 新 しいプレゼンテーション]をクリックします 2 画 面 上

資 料 について 本 資 料 は プレゼンテーションソフト Power Point(パワーポイント)の 基 本 的 な 使 い 方 をまとめたものです はじめの 準 備 1 起 動 すると 右 のような 画 面 が 表 示 されます [ 新 しいプレゼンテーション]をクリックします 2 画 面 上 平 成 28 年 8 月 25 日 名 古 屋 市 立 桜 丘 中 学 校 名 古 屋 市 情 報 教 育 研 究 会 全 体 研 修 会 資 料 - 0 - 資 料 について 本 資 料 は プレゼンテーションソフト Power Point(パワーポイント)の 基 本 的 な 使 い 方 をまとめたものです はじめの 準 備 1 起 動 すると 右 のような 画 面 が 表 示 されます [ 新

More information

やさしくPDFへ文字入力 PRO v.5.0 簡易操作マニュアル

やさしくPDFへ文字入力 PRO v.5.0 簡易操作マニュアル やさしく PDF へ 文 字 入 力 PRO v.5.0 簡 易 操 作 マニュアル 1 やさしく PDF へ 文 字 入 力 PRO v.5.0 簡 易 操 作 マニュアル 目 次 ページ 1.はじめに...3 2.やさしく PDF へ 文 字 入 力 PRO の 起 動...3 3.スキャナの 設 定...4 4. 原 稿 の 読 み 込 み...6 4-1. スキャナから...6 4-2. ファイルから...7

More information

■コンテンツ

■コンテンツ Joruri CMS 2.0.0 基 本 マニュアル (2013.7.23) 2012.2.14 データ データでは 複 数 の 場 所 で 共 通 して 利 用 できる 情 報 (テキスト 形 式 ファイル 形 式 )を 作 成 登 録 管 理 できます テキスト データ>テキスト 作 成 されたテキストが 一 覧 表 示 されます 複 数 の 場 所 で 利 用 するテキスト( 住 所 TEL

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20574254816995B68F918DEC90AC89898F4B899E977095D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20574254816995B68F918DEC90AC89898F4B899E977095D2816A2E646F63> 文 書 作 成 演 習 ( 応 用 編 ) (Word007,Excel007) 文 書 作 成 演 習 ( 応 用 編 ) のテキストを 参 考 にしながら, 次 の 学 級 だよりを 作 成 してみましょう IPA 教 育 用 画 像 素 材 集 より < 演 習 のための 準 備 > 演 習 用 素 材 のフォルダをデスクトップ 上 に 作 成 します IPA 教 育 用 画 像 素 材 集

More information

DVIOUT

DVIOUT GIFアニメーションを 作 ろう! 幸 山 直 人 著 インターネット 公 開 版 富 山 大 学 理 学 部 数 学 教 室 商 標 Windows は Microsoft Corporation の 登 録 商 標 です 本 テキストの 著 作 権 について 本 テキストの 一 部 または 全 部 を 著 作 権 法 の 定 める 範 囲 を 超 え 許 可 なく 複 写 転 載 複 製 テープ

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 登 録 作 業 者 用 Ver. 2 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/8/9 ファイル 取 り 込 み 時 の 同 一 レコードの 判 定 についての 記 載 を 追 記 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 目 次 1.

More information

メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受 信 したメールが 一 覧 表 示 されます メール 受 信 タブをクリックすると 受 信 箱 フ

メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受 信 したメールが 一 覧 表 示 されます メール 受 信 タブをクリックすると 受 信 箱 フ .3 1...3 メール 受 信 タブのサブメニューから 直 接 受 信 箱 以 外 のフォルダを 表 示 することもできます 共 有 メー ルボックスのフォルダは 指 定 できません 3. 35 メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受

More information

「探検隊」新入生登録

「探検隊」新入生登録 株 式 会 社 トーハン 探 検 隊 新 入 生 登 録 新 入 生 の 利 用 者 を Excel ファイルから 登 録 しよう 探 検 隊 バージョン7シリーズ 向 け 探 検 隊 サポートセンター 2014/03/19 本 資 料 は 探 検 隊 オフィシャルマニュアル 3 章 3.5.3 利 用 者 の 登 録 (ファイル 読 み 込 み) の 内 容 を 補 完 するものになります はじめに

More information

ホームページとは何?

ホームページとは何? ホームページ 作 成 にあたっての 基 本 事 項 ホームページとは? インターネットを 介 して 誰 もが 閲 覧 できるように 作 られたものを ホームページ と 言 います ホームページには 文 字 だけでなく 画 像 や 動 画 音 楽 なども 埋 め 込 むことができま す またホームページに 掲 載 されている 情 報 の 中 でひとまとめに 括 られたものを コンテ ンツ と 呼 んでいます

More information

Microsoft Word - 413Photoshop

Microsoft Word - 413Photoshop 13.1 Adobe Photoshop の 起 動 と 初 期 画 面 Adobe Photoshop は 非 常 に 高 機 能 なフォトレタッチソフトとして 有 名 です ここでは Photoshop の 基 本 的 な 使 い 方 について 説 明 します 1.Photoshop の 起 動 スタート すべてのプログラム Adobe Photoshop Elements 8.0 の 順 番

More information

PowerPoint2007 によるプレゼンテーション 資 料 の 作 成 日 時 会 場 平 成 22 年 8 月 4 日 ( 水 )9 時 10 分 ~ 15 時 30 分 奈 良 産 業 大 学 10 号 館 1 階 1011 教 室 日 程 時 間 内 容 場 所 9:10 ~ 10:30

PowerPoint2007 によるプレゼンテーション 資 料 の 作 成 日 時 会 場 平 成 22 年 8 月 4 日 ( 水 )9 時 10 分 ~ 15 時 30 分 奈 良 産 業 大 学 10 号 館 1 階 1011 教 室 日 程 時 間 内 容 場 所 9:10 ~ 10:30 PowerPoint2007 による プレゼンテーション 資 料 の 作 成 教 職 員 のための 公 開 講 座 ( 平 成 22 年 8 月 4 日 ) 1 PowerPoint2007 によるプレゼンテーション 資 料 の 作 成 日 時 会 場 平 成 22 年 8 月 4 日 ( 水 )9 時 10 分 ~ 15 時 30 分 奈 良 産 業 大 学 10 号 館 1 階 1011 教 室

More information

Microsoft Word - 貼り付け2010pdf用.docx

Microsoft Word - 貼り付け2010pdf用.docx Word への 貼 り 付 け (2010) 図 写 真 の 貼 り 付 け ディジタルカメラなどで 撮 った 写 真 自 分 で 作 成 した 図 などを Word の 文 書 中 に 貼 り 付 けること ができる それがファイルの 形 で 存 在 する 場 合 には 挿 入 図 にある 図 ( 右 図 ) をクリックし 開 いたダイアログボックスで 文 書 ファイルと 同 じように 読 み 込

More information

Microsoft Word - C16_Sma4_Win_02.doc

Microsoft Word - C16_Sma4_Win_02.doc 情 報 処 理 科 目 補 助 テキスト 008 6. Sma4 の 起 動 と 終 了 0 富 山 大 学 情 報 処 理 科 目 補 助 テキスト 008 次 元 グラフ 描 画 ツール Sma4 の 使 い 方 ( 第. 版 ) 平 成 0 年 (008 年 )4 月 富 山 大 学 総 合 情 報 基 盤 センター Information Technology Center University

More information

エ ク セ ル の 起 動 ス タ ー ト ボ タ ン を ク リ ッ ク し すべてのプログラムから Microsoft Office を ク リ ッ ク し Microsoft Excel を ク リ ッ ク し 起 動 し ま す マ イ ク ロ ソ フ ト オフィス マ イ ク ロ ソ フ

エ ク セ ル の 起 動 ス タ ー ト ボ タ ン を ク リ ッ ク し すべてのプログラムから Microsoft Office を ク リ ッ ク し Microsoft Excel を ク リ ッ ク し 起 動 し ま す マ イ ク ロ ソ フ ト オフィス マ イ ク ロ ソ フ Excel2007 基 本 操 作 福 岡 市 私 立 幼 稚 園 連 盟 Ver,1.0 エ ク セ ル の 起 動 ス タ ー ト ボ タ ン を ク リ ッ ク し すべてのプログラムから Microsoft Office を ク リ ッ ク し Microsoft Excel を ク リ ッ ク し 起 動 し ま す マ イ ク ロ ソ フ ト オフィス マ イ ク ロ ソ フ ト エクセル

More information

Vol.7

Vol.7 Microarray Data Analysis Tool データ 解 析 の 進 め 方 Vol.7 - 比 較 データファイルの 作 り 方 - 弊 社 マイクロアレイ 受 託 解 析 サービスで 単 色 法 での 実 験 を 選 択 された 場 合 お 客 様 が 指 定 されたサンプルの 比 較 データを 作 成 して 納 品 しています しかし 納 品 後 にお 客 様 の 方 で 指 定

More information

内 容 1. 概 要... 1 2. 札 寄 せ 用 具 を 使 う 前 の 準 備... 1 2.1 編 集 を 有 効 にする... 2 2.2 マクロを 有 効 にする... 2 3. 札 寄 せ 用 具 の 使 い 方... 2 3.1 使 用 ファイル 選 択 用 の 子 画 面... 3

内 容 1. 概 要... 1 2. 札 寄 せ 用 具 を 使 う 前 の 準 備... 1 2.1 編 集 を 有 効 にする... 2 2.2 マクロを 有 効 にする... 2 3. 札 寄 せ 用 具 の 使 い 方... 2 3.1 使 用 ファイル 選 択 用 の 子 画 面... 3 札 寄 せ 用 具 操 作 説 明 書 第 5.00 版 2016 年 6 月 1 日 第 一 考 舎 片 平 彰 裕 内 容 1. 概 要... 1 2. 札 寄 せ 用 具 を 使 う 前 の 準 備... 1 2.1 編 集 を 有 効 にする... 2 2.2 マクロを 有 効 にする... 2 3. 札 寄 せ 用 具 の 使 い 方... 2 3.1 使 用 ファイル 選 択 用 の 子

More information

書 体 (フォント)の 変 更 基 本 的 に Word は MS 明 朝 に 設 定 されていますが ゴシック 体 や 毛 筆 で 書 いたような 行 書 体 などに 変 更 する 場 合 に 利 用 します ( 文 章 全 体 の 書 体 を 変 更 する 場 合 は 文 章 を 入 力 する

書 体 (フォント)の 変 更 基 本 的 に Word は MS 明 朝 に 設 定 されていますが ゴシック 体 や 毛 筆 で 書 いたような 行 書 体 などに 変 更 する 場 合 に 利 用 します ( 文 章 全 体 の 書 体 を 変 更 する 場 合 は 文 章 を 入 力 する レポートや 論 文 の 作 成 に 役 立 つ Word 機 能 レポートや 論 文 を 作 成 するにあたって 普 段 使 用 しない 注 釈 機 能 やレイアウト 等 の 変 更 を 行 う 場 合 があります 今 回 は 文 字 の 見 出 しからスタイルの 変 更 補 足 文 の 挿 入 機 能 などを 説 明 します これらの 機 能 を 覚 えておけば 文 字 の 書 体 や 図 を 用

More information

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 災 害 アーカイブデータベースシステム 運 営 主 体 管 理 者 用 運 用 マニュアル 改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 訂 履 歴

More information

第5回

第5回 情 報 教 育 演 習 II 第 5 回 HTML(4) 前 回 に 引 き 続 き Webの 中 心 的 な 技 術 HTML について 実 習 をします 今 回 で HTMLのまとめ になります HTML(4) 1. 水 平 線 をつくる( 復 習 ) 2.イメージを 貼 り 付 ける 今 回 の 課 題 1.HTMLファイルを 作 成 する 2.HTMLファイルの 文 法 をチェックする -

More information

目 次 1. ログイン... 1 2. ログアウト... 3 3. デスクトップ( 例 :Word Excel 起 動 中 )... 4 4. Dock( 例 :Word Excel 起 動 中 )... 5 5. Finder ウィンドウ... 9 6. メニューバー( 例 :Word 起 動 中

目 次 1. ログイン... 1 2. ログアウト... 3 3. デスクトップ( 例 :Word Excel 起 動 中 )... 4 4. Dock( 例 :Word Excel 起 動 中 )... 5 5. Finder ウィンドウ... 9 6. メニューバー( 例 :Word 起 動 中 目 次 1. ログイン... 1 2. ログアウト... 3 3. デスクトップ( 例 :Word Excel 起 動 中 )... 4 4. Dock( 例 :Word Excel 起 動 中 )... 5 5. Finder ウィンドウ... 9 6. メニューバー( 例 :Word 起 動 中 )... 10 7. 文 字 の 入 力 ( 例 :Word で 入 力 )... 11 8. データの

More information

スライド 1

スライド 1 仕 様 書 制 作 株 式 会 社 アイティーネットワークス 1 枚 目 目 次 目 次 1. 表 紙 2. 目 次 3. 1 スタイルの 変 更 4. 2 スタイルの 変 更 5. 1 ブログパーツセットについて 6. 2 ブログパーツセットについて 7. ファイルアップロードについて 8. アイテムの 管 理 について 9. 記 事 編 集 ボタンの 説 明 10. リンクの 追 加 11. 画

More information

SMD_biz_C11

SMD_biz_C11 スーパーマップル デジタル 簡 易 マニュアル 2016 年 5 月 末 日 現 在 CONTENTS 基 本 & 地 図 表 示 スーパーマップル デジタルの 基 本 構 成 2 地 図 スタイルの 変 更 3 情 報 記 入 編 集 カスタム 情 報 の 記 入 4 カスタム 情 報 の 編 集 追 加 8 カスタム 情 報 の 削 除 9 情 報 取 込 & グ ラ フ & そ の 他 テキスト

More information

エ CarotDAV が 起 動 すると 次 のようなウィンドウが 表 示 されます メニューバーにある File から New Connection の WebDAV を 選 択 します オ 次 のような 設 定 画 面 が 表 示 されたら General タブでネットワークアドレスなどを 設

エ CarotDAV が 起 動 すると 次 のようなウィンドウが 表 示 されます メニューバーにある File から New Connection の WebDAV を 選 択 します オ 次 のような 設 定 画 面 が 表 示 されたら General タブでネットワークアドレスなどを 設 Windows7での WebDAV 接 続 Windows7 などでは ネットワークドライブの 割 り 当 て や ネットワークドライブの 割 り 当 て という 従 来 の 方 法 では 認 証 がうまく 通 らず WebDAV の 利 用 が 簡 単 に 利 用 できなくなってきました そこで ここでは 次 の フリーソフト CarotDAV の 利 用 についてご 紹 介 します ご 参 考

More information

品 名 が 表 示 されている サイズが 発 注 できるサイズ です これ 以 外 のサイズをご 利 用 される 場 合 は 弊 社 セール スまでご 連 絡 ください F-LinkNEO の 注 文 画 面 の 初 期 設 定 サイズを 変 更 する 場 合 は サイズの チャンネル(CH) 番

品 名 が 表 示 されている サイズが 発 注 できるサイズ です これ 以 外 のサイズをご 利 用 される 場 合 は 弊 社 セール スまでご 連 絡 ください F-LinkNEO の 注 文 画 面 の 初 期 設 定 サイズを 変 更 する 場 合 は サイズの チャンネル(CH) 番 F-LinkNEO 操 作 マニュアル Ver 9.500 管 理 画 面 の 設 定 問 題 なくインストールが 完 了 した 場 合 右 のような 画 面 が 表 示 されます メインメニューの 管 理 画 面 をクリックすると 各 種 設 定 メニューが 表 示 されます 設 定 が 完 了 したら 必 ず 一 度 プログラムを 終 了 してください 1 サーバー 接 続 設 定 最 初 にサーバー

More information

ozzio drive とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケ ーション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について ozzio drive サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアン ト

ozzio drive とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケ ーション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について ozzio drive サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアン ト ozzio drive (Web ブラウザ 版 ) ユーザガイド Lastupdate 2013.8.12 1 ozzio drive とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケ ーション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について ozzio drive サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアン

More information

(2)【講義】

(2)【講義】 初 等 中 等 教 育 向 け GIS 研 修 プログラム (3) 演 習 GIS 活 用 演 習 ティーチングノート 3 教 材 作 成 演 習 2 テーマを 設 定 して 教 材 の 作 成 方 法 を 学 ぶ ( 地 図 太 郎 活 用 演 習 ) (3) 演 習 GIS 活 用 演 習 ティーチングノート 1) 研 修 テーマ 3 教 材 作 成 演 習 2 テーマを 設 定 して 教 材

More information

Microsoft Word - 内容の入力.doc

Microsoft Word - 内容の入力.doc Joruri 操 作 マニュアル/ 内 容 の 入 力 機 種 依 存 文 字 はご 利 用 しないでください 下 記 のようなウィンドウズに 依 存 する 機 種 依 存 文 字 については 他 のパソコン 環 境 やブラウザにより 表 示 されません 記 事 の 保 存 時 にシステムでエラーが 出 るように 設 定 されています 利 用 しないようにお 願 いします 機 種 依 存 文 字 (

More information

1 はじめに 1.1 アドインの 機 能 このプログラムは Microsoft Excel 用 のアドインです 本 アドインには 下 記 5つの 機 能 があります 行 の 高 さ 自 動 調 整 機 能 選 択 しているセルの 行 に 対 して 結 合 セルを 含 めた 高 さの 自 動 調 整

1 はじめに 1.1 アドインの 機 能 このプログラムは Microsoft Excel 用 のアドインです 本 アドインには 下 記 5つの 機 能 があります 行 の 高 さ 自 動 調 整 機 能 選 択 しているセルの 行 に 対 して 結 合 セルを 含 めた 高 さの 自 動 調 整 Excel 便 利 ツール 集 NeconoteTools の 使 い 方 目 次 1 はじめに...2 1.1 アドインの 機 能...2 1.2 このアドインで 解 決 できること...3 2 各 機 能 の 説 明...4 2.1 行 の 高 さ 自 動 調 整 機 能...4 2.1.1 文 がセルの 行 の 高 さの 限 界 値 を 超 えた 場 合 の 処 理...5 2.1.2 シート

More information

コⅡ8-2 段 組 みとセクション 区 切 り 文 書 の 途 中 で 段 組 み 設 定 を 変 更 すると その 部 分 の 前 後 に セクション 区 切 り が 自 動 的 に 挿 入 され セ クション 付 けが 変 わる セクション 区 切 り 1 段 組 み セクション 区 切 りを

コⅡ8-2 段 組 みとセクション 区 切 り 文 書 の 途 中 で 段 組 み 設 定 を 変 更 すると その 部 分 の 前 後 に セクション 区 切 り が 自 動 的 に 挿 入 され セ クション 付 けが 変 わる セクション 区 切 り 1 段 組 み セクション 区 切 りを コⅡ8-1 [ コンピュータ 実 習 Ⅱ (No.8) ] [1] 段 組 み 段 組 みとは 1 ページ 内 で 文 字 を 書 く 範 囲 を 横 や 縦 にいくつかに 分 割 して 配 置 するものです 1 ページに 小 さな 文 字 で 左 右 ( 横 書 きの 場 合 )や 上 下 ( 縦 書 きの 場 合 )にびっしり 書 いてあると 読 む 際 に 1 行 ごとの 視 線 の 移 動

More information

Microsoft Word - CMS操作説明会資料.docx

Microsoft Word - CMS操作説明会資料.docx 平 成 25 年 6 月 24 日 株 式 会 社 ネクストワン 1 今 回 の 操 作 説 明 会 では 次 のようなサンプル 記 事 を 作 成 してみたいと 思 います 2 管 理 画 面 にログインする 1. 九 重 町 役 場 ホームページにアクセスします 2.アドレスバーのホームページ URL の 後 ろに admin と 入 力 します http://www.town.kokonoe.oita.jp/admin/index.php

More information

目 次 章 ポータル 画 面.... ポータル 画 面 のレイアウト....2 地 図 を 選 択 する...2 2 章 基 本 操 作...3 2. 画 面 構 成...3 2.2 ヘルプを 表 示 する...4 2.3 地 図 を 移 動 する...4 2.4 地 図 を 拡 大 / 縮 小 す

目 次 章 ポータル 画 面.... ポータル 画 面 のレイアウト....2 地 図 を 選 択 する...2 2 章 基 本 操 作...3 2. 画 面 構 成...3 2.2 ヘルプを 表 示 する...4 2.3 地 図 を 移 動 する...4 2.4 地 図 を 拡 大 / 縮 小 す 地 図 情 報 とよなか 操 作 手 順 書 Copyright (C) Toyonaka City, All rights reserved. 目 次 章 ポータル 画 面.... ポータル 画 面 のレイアウト....2 地 図 を 選 択 する...2 2 章 基 本 操 作...3 2. 画 面 構 成...3 2.2 ヘルプを 表 示 する...4 2.3 地 図 を 移 動 する...4

More information

訪問介護勤務スケジュール作成

訪問介護勤務スケジュール作成 訪 問 介 護 勤 務 スケジュール 作 成 勤 務 表 作 成 編 (Ver. 6.0.0) Microsoft Excel 2003 対 応 Microsoft Excel 2007 対 応 Microsoft Excel 2010 対 応 こんなことができます!! 登 録 者 情 報 のチェック ( 基 本 登 録 情 報 のチェック) 対 象 月 の 情 報 チェック 勤 務 表 作 成 勤

More information

目 次 1. 概 要...1 2. 作 成 できる 帳 票...1 3. 年 調 法 定 調 書 の 達 人 の 起 動 方 法...2 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動... 2 3-2. 過 年 度 版 の 起 動... 2 4. 関 与 先 データ 作 成 方 法...3 4-1. 前

目 次 1. 概 要...1 2. 作 成 できる 帳 票...1 3. 年 調 法 定 調 書 の 達 人 の 起 動 方 法...2 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動... 2 3-2. 過 年 度 版 の 起 動... 2 4. 関 与 先 データ 作 成 方 法...3 4-1. 前 達 人 シ ス テ ム 年 調 法 定 調 書 の 達 人 平 成 27 年 分 版 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 2015/12/08 目 次 1. 概 要...1 2. 作 成 できる 帳 票...1 3. 年 調 法 定 調 書 の 達 人 の 起 動 方 法...2 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動... 2 3-2. 過 年 度 版 の 起 動...

More information

でんきやさん操作手順_ppt [互換モード]

でんきやさん操作手順_ppt [互換モード] でんきやさん せつびやさん for Windows 簡 易 操 作 手 順 最 初 の 起 動 で 商 品 をインストールし IDキー 入 力 の 後 商 品 を 起 動 して 見 ましょう 一 番 最 初 の 起 動 の 時 には でんきデータ 設 備 データ 単 価 地 区 選 択 画 面 が 出 てきます 全 国 8ブロックの 中 より 該 当 する 箇 所 を 選 んで OKボタン を 押

More information

ウェブメール

ウェブメール .ポータル 画 面 の 表 示 (P).の 画 面 構 成 (P3) 3.メールを 作 成 する (P4~6) 4.メールを 受 信 する (P7) 5. メールを 閲 覧 する (P8~9) 6.メールを 整 理 する (P0) 7.メールフォルダを 管 理 する (P) 8.フィルタ.フィルタを 設 定 する (P~3) 9. 迷 惑 対 策 をする (P4) 目 次 0.ゴミ 箱 の 設 定

More information

1

1 Excelファイルアクセス 1. 概 要 Excel ファイルアクセスコンポーネントは Microsoft Excel のファイルを 開 いてセルの 値 や 書 式 を 取 得 変 更 したり テーブル 全 体 を 新 しいファイルと して 保 存 したりするために 用 います Excel ファイルアクセスコンポーネントは アプリケーションビルダーのメニューから 以 下 のように 選 びます [コンポーネント

More information

TIPS - 棚 割 りを 開 始 するまで Liteを 起 動 し 企 業 情 報 の 追 加 を 行 い 棚 割 を 行 う 企 業 の 追 加 をして 下 さい 企 業 情 報 の 追 加 時 に エラーメッセージが 表 示 された 場 合 別 途 TIPS トラブルが 発 生 した 場 合

TIPS - 棚 割 りを 開 始 するまで Liteを 起 動 し 企 業 情 報 の 追 加 を 行 い 棚 割 を 行 う 企 業 の 追 加 をして 下 さい 企 業 情 報 の 追 加 時 に エラーメッセージが 表 示 された 場 合 別 途 TIPS トラブルが 発 生 した 場 合 TIPS 目 次 TIPS 項 目 棚 割 りを 開 始 するまで 商 品 画 像 の 追 加 方 法 商 品 情 報 の 一 括 更 新 登 録 方 法 棚 割 情 報 の 連 携 方 法 小 売 様 棚 割 ソフトとの 棚 割 情 報 連 携 について 他 棚 割 ソフトとの 棚 割 情 報 連 携 について 棚 割 情 報 のExcel 取 込 について 棚 板 設 定 の 詳 細 商 品 設

More information

画像処理の基礎Ⅱ

画像処理の基礎Ⅱ 画 像 処 理 の 基 礎 Ⅱ 1. 画 像 合 成 今 回 は Photoshop を 利 用 して 模 型 写 真 と 敷 地 写 真 を 合 成 する 手 法 について 学 習 する 以 下 の 2 つの 画 像 を 組 み 合 わせて 一 つの 合 成 写 真 を 作 成 する 敷 地 写 真 ( 背 景 ) 模 型 写 真 合 成 写 真 1 1-1 素 材 の 準 備 HP(schedule

More information

Processingをはじめよう

Processingをはじめよう Processing をはじめよう 第 7 章 動きその 2 目次 フレームレート スピードと方向 移動 回転 拡大 縮小 2 点間の移動 乱数 タイマー 円運動 今回はここまで 2 2 点間の移動 Example 7-6 (EX_08_06) 始点 (startx, starty) から終点 (stopx, stopy) まで移動する 座標更新の計算方法は後述 始点と終点を変更しても動作する 変更して確認

More information

Microsoft Word - JMP_ExcelWizard.docx

Microsoft Word - JMP_ExcelWizard.docx Excel 読 み 込 みウィザード ~ その 強 力 な 機 能 と 活 用 例 ~ SAS Institute Japan 株 式 会 社 JMP ジャパン 事 業 部 2015 年 6 月 作 成 1.はじめに 2013 年 9 月 にリリースした JMP 11 の Windows 版 では Excel 読 み 込 みウィザード という Excel データを 対 話 的 に 読 み 込 む ことができる

More information

目 次 はじめに GIS データの 構 成 1 シェープファイルとは 1 データの 利 用 方 法 2 1 既 存 のマップドキュメントを 開 く 2 新 規 マップドキュメントの 作 成 画 面 の 基 本 操 作 5 見 る( 表 現 ) 機 能 地 図 を 表 示 する 6 属 性 内 容 を

目 次 はじめに GIS データの 構 成 1 シェープファイルとは 1 データの 利 用 方 法 2 1 既 存 のマップドキュメントを 開 く 2 新 規 マップドキュメントの 作 成 画 面 の 基 本 操 作 5 見 る( 表 現 ) 機 能 地 図 を 表 示 する 6 属 性 内 容 を 水 土 里 GIS Light 操 作 の 手 引 き 北 海 道 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 目 次 はじめに GIS データの 構 成 1 シェープファイルとは 1 データの 利 用 方 法 2 1 既 存 のマップドキュメントを 開 く 2 新 規 マップドキュメントの 作 成 画 面 の 基 本 操 作 5 見 る( 表 現 ) 機 能 地 図 を 表 示 する 6 属 性

More information

Ngraph for Windowsの使用法

Ngraph for Windowsの使用法 Ngraph for Windowsの 使 用 法 ~2 次 元 グラフソフトで 美 グラフ 作 成!~ データ ウィンドウ メインウィンドウ 軸 ウィンドウ 座 標 ウィンドウ 起 動 後 の 初 期 画 面 は このようになる データ 軸 座 標 ウィンドウは それぞれ 隠 すことができる Ngraph for Windowsの 使 い 方 1 データを 用 意 する データの 間 は スペースかTab,

More information

「美家CAD《操作マニュアル:CAD機能編

「美家CAD《操作マニュアル:CAD機能編 MajorCAD Version.2 操 作 マニュアル: 見 積 フォームカスタマイズ 編 目 次 1. 見 積 フォームの 保 存 場 所 と 種 類 1-1. 見 積 フォームの 保 存 場 所 2 1-2. 標 準 添 付 フォームの 種 類 3 1-3. 標 準 添 付 フォームの 構 成 4 2. 見 積 フォームのカスタマイズ 2-1. 注 意 事 項 と 前 準 備 8 2-2.セルに

More information

1 次 の 枠 で 囲 まれた 部 分 のデータを 入 力 しましょう 1データ 入 力 後 のセル 移 動 ア 下 方 向 への 移 動 は Enter キーを 使 います Enter イ 右 方 向 への 移 動 は Tab キーを 使 います Tab ウ 左 端 からデータを 入 力 し 右

1 次 の 枠 で 囲 まれた 部 分 のデータを 入 力 しましょう 1データ 入 力 後 のセル 移 動 ア 下 方 向 への 移 動 は Enter キーを 使 います Enter イ 右 方 向 への 移 動 は Tab キーを 使 います Tab ウ 左 端 からデータを 入 力 し 右 表 計 算 ソフトの 基 礎 Excel 2010 の 起 動 画 面 と 画 面 構 成 クイックアクセスツールバー タブ リボン 数 式 バー :アクティブセル :ダイアログボックス 起 動 ツール 列 名 :A~Z AA~ZZ AAA~XFD 列 行 番 号 :1~1048576 行 碁 盤 の 目 のような 小 部 屋 セル セルの 集 まり ワークシート ワークシートの 集 まり ファイル

More information

Print Aibum(アルバム作成ソフト)の使い方

Print Aibum(アルバム作成ソフト)の使い方 H28.3.17 IT ふたば 会 水 島 講 座 Print Album はデジカメ 画 像 などを 自 由 にレイアウトし プリンタの 冊 使 用 する 主 な 操 作 子 印 刷 機 能 を 使 って 自 分 で 冊 子 に 印 刷 することができるフリーソフトで (1)ページを 設 定 する す とても 便 利 な 機 能 や 初 心 者 でも 使 い 勝 手 の 良 いすぐれた 特 徴 を

More information

A.こんな 表 を 作 ろう 1 表 を 見 やすくする このレジュメでは 以 下 にある 表 1 を 表 2 のように 編 集 します 以 下 のダウンロード 先 にアク セスして エクセルファイルを 入 手 しましょう * 表 1 のダウンロード 先 :http://www.tufs.ac.jp

A.こんな 表 を 作 ろう 1 表 を 見 やすくする このレジュメでは 以 下 にある 表 1 を 表 2 のように 編 集 します 以 下 のダウンロード 先 にアク セスして エクセルファイルを 入 手 しましょう * 表 1 のダウンロード 先 :http://www.tufs.ac.jp Excel 講 習 会 ~Excel の 活 用 ~ ------------------------------------------------------------------------------------- 発 表 などで 数 値 を 示 す 場 合 表 やグラフにすると 視 覚 的 に 分 かりやすくなります エクセルは そうした 表 やグラフを 作 ってくれたり 難 しい 計

More information

A

A A. ツールボタン の 使 い 方 下 の 図 は NetCommons の 共 通 エディタで 表 示 されるツールボタンの 一 覧 です 書 式 設 定 左 からフォント サイズ スタイルを 設 定 するためのプルダウンメニューです 効 果 をつけたい 箇 所 の 先 頭 でク リックするか 効 果 をつけたい 箇 所 をカーソルで 選 択 してボタンをクリックします 文 字 効 果 左 から

More information

1. 会 計 報 告 の 部 分 1-1. 項 目 文 字 を 入 力 する 一 番 初 めは A1 のセルがアクティブ( 選 ばれた 状 態 )になっています 収 入 の 部 から 書 き 始 めましょう 2 行 目 は 項 目 の 行 にします 項 目 単 価 数 量 の 列 をつくり 合 計

1. 会 計 報 告 の 部 分 1-1. 項 目 文 字 を 入 力 する 一 番 初 めは A1 のセルがアクティブ( 選 ばれた 状 態 )になっています 収 入 の 部 から 書 き 始 めましょう 2 行 目 は 項 目 の 行 にします 項 目 単 価 数 量 の 列 をつくり 合 計 エクセルに 挑 戦! Microsoft Excel で 会 計 報 告 をしましょう 会 員 から 徴 収 した 大 事 な 会 費 会 計 報 告 は 正 確 に また わかりやすくなければなりません Excel を 使 って また Word も 応 用 して 書 き 換 えも 簡 単 な 会 計 報 告 をつくりましょう エクセル を 起 動 させるとたくさんのマスがあります セル( 細 胞

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E8B8A6F9349834A838A834C838583898380955C8DEC90AC837D836A83858341838B82522E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E8B8A6F9349834A838A834C838583898380955C8DEC90AC837D836A83858341838B82522E646F63> JVCG00( 上 越 視 覚 的 カリキュラム 表 ジェネレータ) 利 用 マニュアル 作 成 : 戸 田 正 明 (mtoda@toda-family.net 春 日 小 学 校 ) 本 マニュアルは Windows Vista で Microsoft EXCEL の 007 バージョ ンを 用 いた 利 用 環 境 で 説 明 しています 利 用 前 に:JVCG00( 上 越 視 覚 的 カリキュラム

More information

名刺作成講習

名刺作成講習 名 刺 作 成 講 習 (Word 2007 編 ) OS:Windows Vista Basic 講 習 内 容 Microsoft Word 2007 でオリジナル 名 刺 の 作 成 名 刺 用 紙 の 確 認 印 刷 用 紙 の 詳 細 を 調 べる ラベル 製 品 名 エーワン 製 品 番 号 A-ONE 51002 用 紙 サイズ A4 列 数 2 行 数 5 上 余 白 11 横 余

More information

Microsoft Word - Excel2013Step1.doc

Microsoft Word - Excel2013Step1.doc Excel 2013 STEP 1 はじめに 1 Excel の 概 要 2 1 Excel でできること 2 2 Excel の 起 動 3 3 Excel の 画 面 4 4 行 と 列 とセル 6 5 ワークブックとワークシート 6 6 アクティブセルとマウスポインターについて 7 7 日 本 語 入 力 システムのオンとオフ 9 8 画 面 のズームについて 10 9 リボンが 最 小 化

More information

OpenCity2説明

OpenCity2説明 和 光 市 市 民 活 動 支 援 サイト 新 掲 示 板 (FCKエディタ)について 通 常 ホームページを 作 成 するには HTML という 専 門 言 語 の 知 識 が 必 要 ですが FCK エディ タを 使 えば ワードやエクセルと 同 じ 感 覚 で タイトル 文 字 を 太 字 にしたり 表 を 作 成 したり 画 像 を 挿 入 したり 更 にはワードで 作 成 した 文 章 スタイルそのままにコピー&ペースト

More information

Google Appsでつくる仕事便利ツール

Google Appsでつくる仕事便利ツール 2. スクリプト 作 成 の 基 本 操 作 ここでは スクリプト 作 成 に 関 する 基 本 操 作 方 法 について 説 明 します 2.1. スクリプトエディタの 起 動 Google Apps Script のスクリプトは スクリプトエディタ と 呼 ばれる 専 用 のツールを 使 って 入 力 しま す まずはスクリプトエディタを 起 動 する 事 から 始 めましょう Gmail にログインします

More information

untitled

untitled 第 1 節 第 3 章 企 業 ショップ 基 本 情 報 の 登 録 3.2 プレビュー 表 示 機 能 ここでは 基 本 情 報 新 鮮 情 報 商 品 サービス 情 報 クーポン 情 報 求 人 情 報 を 登 録 する 際 に 実 際 の 登 録 処 理 前 に 公 開 側 での 表 示 イメージを 確 認 する 方 法 を 説 明 します 1 基 本 情 報 新 鮮 情 報 商 品 サービス

More information

スライドの 編 集 とリンク スライドのレイアウトやデザインが 決 まったら 文 字 の 編 集 をしたり スライドの 順 序 変 更 やリンク 設 定 をして 見 栄 えの 良 いプレゼンテーションを 作 成 しましょう ファイル MP05 完 成.ppt を 開 き 内 容 を 編 集 していき

スライドの 編 集 とリンク スライドのレイアウトやデザインが 決 まったら 文 字 の 編 集 をしたり スライドの 順 序 変 更 やリンク 設 定 をして 見 栄 えの 良 いプレゼンテーションを 作 成 しましょう ファイル MP05 完 成.ppt を 開 き 内 容 を 編 集 していき モジュール MP-06 MP-06 スライドの 編 集 とリンク 岡 山 県 情 報 教 育 センター スライドの 編 集 とリンク スライドのレイアウトやデザインが 決 まったら 文 字 の 編 集 をしたり スライドの 順 序 変 更 やリンク 設 定 をして 見 栄 えの 良 いプレゼンテーションを 作 成 しましょう ファイル MP05 完 成.ppt を 開 き 内 容 を 編 集 していきます

More information

1. 機 能 概 要 CADデータ(DXF 形 式 )を 変 換 し EXCELに 図 形 として 表 示 します CADでのレイヤー 毎 に 表 示 / 非 表 示 や 線 分 の 属 性 ( 色 太 さ 等 )を 指 定 でき さらに 作 成 する 図 面 の 範 囲 大 きさを 指 定 できま

1. 機 能 概 要 CADデータ(DXF 形 式 )を 変 換 し EXCELに 図 形 として 表 示 します CADでのレイヤー 毎 に 表 示 / 非 表 示 や 線 分 の 属 性 ( 色 太 さ 等 )を 指 定 でき さらに 作 成 する 図 面 の 範 囲 大 きさを 指 定 できま 操 作 説 明 資 料 目 次 1. 機 能 概 要 2. 導 入 方 法 3. 画 面 説 明 3.1 作 図 画 面 3.2 レイヤー 3.3 用 紙 設 定 3.4 その 他 4. 作 図 例 5.フリーフォームの 例 6. 留 意 事 項 1. 機 能 概 要 CADデータ(DXF 形 式 )を 変 換 し EXCELに 図 形 として 表 示 します CADでのレイヤー 毎 に 表 示 /

More information

Acrobat早分かりガイド

Acrobat早分かりガイド Adobe PDF を 加 工 編 集 する PDF を 再 利 用 する PDF ファイルの Word 文 書 書 き 出 し [ 名 前 を 付 けて 保 存 ] ダイアログが 開 くので ファイルの 書 き 出 し 先 を 指 定 し [ 保 存 ] ボタンをクリックします Acrobat を 使 用 すると Adobe PDF から Word の フォーマットに 書 き 出 してファイルを

More information

BizDataBank とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケーション (オンラインストレージ)です 本 資 料 について BizDataBank サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと

BizDataBank とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケーション (オンラインストレージ)です 本 資 料 について BizDataBank サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと BizDataBank (Web ブラウザ 版 ) ユーザガイド Version 2.0.3 Lastupdate 2014.8.12 1 BizDataBank とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケーション (オンラインストレージ)です 本 資 料 について BizDataBank サービスは マイナーバージョンアップ 等

More information

地域ポータルサイト「こむねっと ひろしま」

地域ポータルサイト「こむねっと ひろしま」 5. エディタの 使 い 方 5.1. エディタとは? NetCommons の 全 モジュールで 共 通 する 編 集 画 面 です 5.2. 通 常 のエディタの 使 い 方 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17)(18) (19)(20)(21) (22) (23) (24) (25)

More information

NImg_win.book

NImg_win.book この 章 では 画 像 の 編 集 と 編 集 した 画 像 の 保 存 や 印 刷 の 方 法 に ついて 説 明 しま ビューアー 画 面 について サムネイル 一 覧 の 画 像 ファイルのサムネイルをダブルクリック するとビューアー 画 面 が 表 示 されま ビューアー 画 面 では 画 像 の 補 正 や 画 素 数 の 変 更 トリミング のほか ファイルの 保 存 印 刷 をすることができままた

More information

宮城教育大学情報処理センター研究紀要2010

宮城教育大学情報処理センター研究紀要2010 実 践 研 究 論 文 4 軸 X 線 回 折 測 定 による 超 伝 導 薄 膜 配 向 性 の 3D 表 示 プログラムの 作 成 1 大 竹 佑 樹 1, 内 山 哲 治 宮 城 教 育 大 学 大 学 院 教 科 教 育 専 攻 理 科 教 育 専 修 2 宮 城 教 育 大 学 教 育 学 部 理 科 教 育 講 座 2 本 研 究 室 では 超 伝 導 薄 膜 の 作 製 を 行 っている

More information

目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保 存 する 20 step4 登 録 する 21 step5 管 理 者 による 承

目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保 存 する 20 step4 登 録 する 21 step5 管 理 者 による 承 京 都 市 社 会 福 祉 研 修 情 報 システム 京 福 祉 の 研 修 情 報 ネット 操 作 マニュアル - 主 催 者 編 - 第 1.3 版 2016 年 5 月 16 日 目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保

More information

 目次

 目次 プレゼンテーション MS-PowerPoint 2003 2007 年 11 月 初 版 東 海 大 学 総 合 情 報 センター 清 水 計 算 機 室 発 行 Microsoft PowerPoint 2003 Microsoft PowerPoint 2003( 以 下 PowerPoint と 表 記 )は プレゼンテーション グラフィック ソフトウェア のひとつで 親 しみやすい 操 作

More information

目 次 1. 本 ソフトウェアのねらいとフロー 1 2. 本 ソフトウェアの 概 要 2 (1) 機 能 の 概 要 (2) 必 要 なシステム (3)プログラムのファイル 構 成 (4)ソフトウェアの 開 始 (5)ソフトウェアの 保 存 と 終 了 3. 基 本 機 能 の 操 作 手 順 と

目 次 1. 本 ソフトウェアのねらいとフロー 1 2. 本 ソフトウェアの 概 要 2 (1) 機 能 の 概 要 (2) 必 要 なシステム (3)プログラムのファイル 構 成 (4)ソフトウェアの 開 始 (5)ソフトウェアの 保 存 と 終 了 3. 基 本 機 能 の 操 作 手 順 と ユリ 切 り 花 の 開 花 日 予 測 処 理 導 出 ソフトウェア 操 作 マニュアル ソフトウェアバージョン 1.01 対 応 2013 年 11 月 18 日 作 成 目 次 1. 本 ソフトウェアのねらいとフロー 1 2. 本 ソフトウェアの 概 要 2 (1) 機 能 の 概 要 (2) 必 要 なシステム (3)プログラムのファイル 構 成 (4)ソフトウェアの 開 始 (5)ソフトウェアの

More information

Cloud Disk とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケーション (オンラインストレージ)です 本 資 料 について Cloud Disk サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと 本

Cloud Disk とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケーション (オンラインストレージ)です 本 資 料 について Cloud Disk サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと 本 Cloud Disk (Web ブラウザ 版 ) ユーザガイド Version 2.0.3 Lastupdate 2013.8.12 1 Cloud Disk とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケーション (オンラインストレージ)です 本 資 料 について Cloud Disk サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため

More information

文京女子大学外国語学部

文京女子大学外国語学部 7. 表 計 算 ソフトによるグラフの 作 成 表 計 算 ソフトのすばらしい 機 能 の 一 つに グラフ 作 成 機 能 があります 表 から 実 に 簡 単 にグラフ を 作 成 できるのです この 章 では エクセルのグラフ 作 成 機 能 について 学 び 同 時 に 情 報 を 視 覚 的 に 表 現 して 伝 達 するというグラフの 特 長 についても 考 えていくことにしましょう 7-1

More information

2007年度版

2007年度版 2 画 像 ファイルを 編 集 するには Microsoft Office Picture Manager の 基 本 操 作 情 報 科 学 室 では Microsoft Office2007 付 属 の Microsoft Office Picture Manager を 使 用 し て 画 像 ファイルを 編 集 することができます 1 [スタート]ボタンから [すべてのプログラム]の[Microsoft

More information

(new) (Opens) Processing (Saves) (Exports) Java Java HTML Getting Started with Processing Casey Reas and Ben Fry. Processing: A Programming Handbook for Visual Designers and Artists Casey Reas and Ben

More information

マカリィ:Makali`i 超入門編

マカリィ:Makali`i 超入門編 マカリ:Makali`i 超 入 門 編 by Bunji SUZUKI (original) 2004-02-10 by Reiko FURUSHO (revised) 2007-01-06 画 像 処 理 用 のソフトウェアはいくつもありますが Makali`i(マカリ) は 天 体 観 測 に 最 適 化 された FITS 画 像 処 理 用 ソフトです FITS とは 天 文 学 の 世 界

More information

(Microsoft Word - Word\211\236\227p5\217\315.docx)

(Microsoft Word - Word\211\236\227p5\217\315.docx) この 章 では 他 のアプリケーションのデータを Word 文 書 に 挿 入 する 機 能 と Excel と 連 携 してグ ラフを 作 成 する 機 能 について 学 習 します 1 OLE 機 能 アプリケーション 間 でデータの 情 報 をやり 取 りできる 機 能 のことを OLE(Object Linking and Embedding) 機 能 といいます Word では Excel

More information

Accessの起動と終了

Accessの起動と終了 データベース Access2010 の 使 い 方 ここでは Microsoft Access2010 を 使 って 関 係 データベースである Access を 学 習 します Ⅰ データベースの 基 礎 データベースの 学 習 に 先 立 って すでに 作 成 してあるデータベースを 各 自 のホルダへコピー しておく 必 要 があります ここではサンプルのデータベースである database

More information

(4) 次 に,スナップと 接 着,グリッドの 設 定 について 憶 えておいて 下 さい グリッドとは 作 図 するときに 必 要 となる 格 子 のことです 描 画 領 域 にはグラフ 用 紙 のように 格 子 がありますが, 実 際 には 見 えないグリッドがもっと 細 かく 設 定 されてい

(4) 次 に,スナップと 接 着,グリッドの 設 定 について 憶 えておいて 下 さい グリッドとは 作 図 するときに 必 要 となる 格 子 のことです 描 画 領 域 にはグラフ 用 紙 のように 格 子 がありますが, 実 際 には 見 えないグリッドがもっと 細 かく 設 定 されてい Visioの 使 い 方 1.Visioとは パソコンで 報 告 書 やプレゼン 資 料 を 作 成 する 場 合,ワープロ, 表 計 算,プレゼンの 各 ソフトウェアを 使 うことが 要 求 されます が,これらのソフト(Microsoft 社 ではWord,Excel,PowerPoint)では 詳 細 な 図 を 書 くことが 困 難 です しかし,Visioは 図 形 描 画 のための 専

More information

Microsoft Word - 2003Stepkan.doc

Microsoft Word - 2003Stepkan.doc はじめに...1 レッスン1 EXCEL の 概 要... 2 1 Excel でできること...2 2 Excel の 起 動...1 3 Excel の 画 面...2 4 メニューのすべてを 表 示 する...4 5 ツールバーの 表 示 非 表 示...5 6 作 業 ウィンドウを 閉 じる...6 7 行 と 列 とセル...7 8 ワークブックとワークシート...7 9 アクティブセルとマウスポインタについて...8

More information

情報処理実習(工基3)

情報処理実習(工基3) 情 報 ( 実 習 )( 芸 術 1 班 ) 第 10 回 エクセル 篇 3 VBA を 使 ったプログラムによる 関 数 のシミュレーション これまでの2 回 で Excel の 表 計 算 ソフトとしての 機 能 及 び 統 計 機 能 の 初 歩 を 実 習 しました Excel にはこれ 以 外 にも 大 変 有 用 な 機 能 があります 今 日 はその 中 から VBA(Visual Basic

More information

EZRsetup

EZRsetup EZR 簡 易 マニュアル インストール EZRsetup.exe を 実 行 する インストールが 完 了 してデスクトップに 現 れる EZR のアイコンをダ ブルクリックすれば 起 動 する(Windows 版 のセットアッププログラムでは 32 ビット 版 と 64 ビッ ト 版 の 両 方 の EZR がインストールされ それぞれのショートカットが 作 成 されるが 32 ビットの Windows

More information

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル ファイル 管 理 マニュアル Copyright (C) 20 10 Cybozu, Inc. 目 次 管 理 者 マニュアル はじめに 1 ファイル 管 理 のシステム 管 理 について 2 システム 管 理 の 設 定 ファイル 管 理 の 一 般 設 定 を 変 更 する 3 フォルダにアクセス 権 を 設 定 する 5 ファイルサイズの 制 限 を 設 定 する 6 ファイルを 一 括 削

More information

006-021_責)Wordトレ2-1章_斉

006-021_責)Wordトレ2-1章_斉 . Wordの 起 動 Wordの 基 礎 知 識. Wordの 起 動 Wordの 起 動 は 次 のように 行 います 他 のアプリケーションソフトのように いくつかの 起 動 方 法 があります スタートメニューからの 起 動 スタートメニューから 起 動 する 方 法 は 次 の 通 りです [スタート]メニューの[すべてのプログラム]から[Microsoft-Office]の [Microsoft-Word]を

More information

Microsoft Word - 2003-06-16.doc

Microsoft Word - 2003-06-16.doc ピボットテーブル(Pivot Table)の 使 い 方 データを 表 の 形 で 集 計 分 析 するための 強 力 なツール fact finding から 営 業 日 報 作 りにまで 使 える 汎 用 性 マイクロデータを 扱 う 場 合 Excel のなかでも 特 に 使 える 機 能 0. ピボットテーブルで 扱 うデータの 構 造 0.1 データの 並 びとフィールド 名 ピボットテーブルウィザードは

More information

Microsoft Word - AirNetBoard取り扱い説明書.docx

Microsoft Word - AirNetBoard取り扱い説明書.docx [ジオメトリシステムズ 株 式 会 社 ] Air Net Board 取 扱 説 明 書 インストール 及 び 操 作 ガイド 目 次 補 足...- 2-1. Air Net Board のインストール...- 3 - (1) Adobe AIR のインストール...- 3 - (2) Air Net Board のインストール...- 6-2. Air Net Board の 起 動...-

More information

システム設計書

システム設計書 二 松 學 舍 大 学 二 松 メール(Gmail) 利 用 マニュアル バージョン 2.00 発 効 日 改 訂 日 2016 年 04 月 06 日 二 松 学 舎 大 学 情 報 センター i 目 次 1. はじめに...1 2. 二 松 メール(Gmail)ログイン ログアウト 方 法...1 2.1. 二 松 メール(Gmail)ログイン 方 法... 1 2.2. 二 松 メール(Gmail)ログアウト

More information

目 次 サイトイメージ... 1 1. 神 戸 ビジコレへのログイン... 2 2. 初 期 設 定... 3 (1)サイト 情 報 ( 必 須 項 目 )... 3 (2)ホーム( 必 須 項 目 )... 4 (3) 会 社 情 報 ( 必 須 項 目 )... 5 (4)お 問 い 合 わせ(

目 次 サイトイメージ... 1 1. 神 戸 ビジコレへのログイン... 2 2. 初 期 設 定... 3 (1)サイト 情 報 ( 必 須 項 目 )... 3 (2)ホーム( 必 須 項 目 )... 4 (3) 会 社 情 報 ( 必 須 項 目 )... 5 (4)お 問 い 合 わせ( 運 用 マニュアル 目 次 サイトイメージ... 1 1. 神 戸 ビジコレへのログイン... 2 2. 初 期 設 定... 3 (1)サイト 情 報 ( 必 須 項 目 )... 3 (2)ホーム( 必 須 項 目 )... 4 (3) 会 社 情 報 ( 必 須 項 目 )... 5 (4)お 問 い 合 わせ( 必 須 項 目 )... 6 (5)お 知 らせ... 7 (6) 商 品 サービス...

More information

第 5 部 コンピューターの 仕 組 み 保 存 ができたら 第 21 章 で 作 っていた hello.html に 手 を 加 えて 上 書 き 保 存 し ブラウザーで 確 認 してみよう 例 7: 画 像 を 入 れる

背 景

第 5 部 コンピューターの 仕 組 み 保 存 ができたら 第 21 章 で 作 っていた hello.html に 手 を 加 えて 上 書 き 保 存 し ブラウザーで 確 認 してみよう 例 7: 画 像 を 入 れる <html> <body bgcolor=yellow> <p> 背 景 第 22 章 ウェブページの 作 成 2 画 像 の 表 示 HTMLの 細 かいタグ 自 己 紹 介 ページの 作 成 1. 画 像 を 入 れる Word の 画 面 で 画 像 ( 写 真 や 絵 )を 入 れるときは イメージそのものを 表 示 し たが ウェブページに 画 像 を 入 れるには メモ 帳 の 画 面 で 直 接 画 像 を 表 示 させることはできない 作 業 している HTML

More information

Microsoft Word - CF2マニュアル2_集計・グラフ・レポート_4.doc

Microsoft Word - CF2マニュアル2_集計・グラフ・レポート_4.doc 2 操 作 マニュアル vol.2 集 計 グラフ レポート FA リスト/データ 出 力 4th Edit. 本 マニュアルは Cross Finder が 随 時 更 新 されるため 記 載 内 容 と 実 際 の 画 面 が 異 なる 場 合 があります 目 次 目 次 4. 集 計 グラフ レポート...2 4.1 集 計 グラフ レポートメニュー...3 4.1.1 集 計 の 設 定 や

More information

Microsoft Word - 2003-05-26.doc

Microsoft Word - 2003-05-26.doc Page:. 形 式 を 選 択 して 貼 り 付 け Excel では つのセルに 複 数 の 属 性 ( 計 算 式 値 罫 線 などの 書 式 )を 持 たせること ができる すでに 学 んだコピーでは 全 属 性 を 一 括 してコピーするが 場 合 によっては こ れらの 属 性 の 一 部 だけをコピーしたいことがある たとえばレポートを 作 成 するために 計 算 結 果 だけを 別

More information

地理院地図マニュアル

地理院地図マニュアル 地 理 院 地 図 操 作 マニュアル 平 成 25 年 10 月 30 日 国 土 地 理 院 目 次 1. 機 能 概 要... - 4-2. 機 能 詳 細... - 7-2.1. 地 図 表 示 基 本 機 能... - 7-2.1.1. 地 図 のスクロール... - 7-2.1.2. ズームイン ズームアウト... - 7-2.1.3. スケールバー 表 示... - 8-2.1.4.

More information

Microsoft Word - mltp2.docx

Microsoft Word - mltp2.docx MLTPについて MLTP(MultiLingual Text Processor)は 個 人 研 究 のために 作 成 した 簡 易 ツールで ある 統 計 的 テキスト 解 析 の 勉 強 を 主 な 目 的 とした 方 々のため 無 償 で 本 ツールを 公 開 する 需 要 に 応 じて オープンソース 形 式 でバージョンアップを 行 うことも 念 頭 に 入 れている 使 用 者 は 次

More information

文京女子大学外国語学部

文京女子大学外国語学部 3. 表 計 算 ソフトによるグラフの 作 成 表 計 算 ソフトのすばらしい 機 能 の 一 つに グラフ 作 成 機 能 があります 表 から 実 に 簡 単 にグラフ を 作 成 できるのです この 章 では エクセルのグラフ 作 成 機 能 について 学 び 同 時 に 情 報 を 視 覚 的 に 表 現 して 伝 達 するというグラフの 特 長 についても 考 えていくことにしましょう 3-1

More information

Fckeditor の 基 本 的 な 使 い 方 Point!! fckeditor を 上 手 く 使 うコツ 始 めにページ 内 に 一 通 り 文 章 ( 画 像 や 表 を 含 む)を 書 いてから 文 字 装 飾 をして 下 さい 編 集 したいテキストや 画 像 を 選 択 し アイコ

Fckeditor の 基 本 的 な 使 い 方 Point!! fckeditor を 上 手 く 使 うコツ 始 めにページ 内 に 一 通 り 文 章 ( 画 像 や 表 を 含 む)を 書 いてから 文 字 装 飾 をして 下 さい 編 集 したいテキストや 画 像 を 選 択 し アイコ Fckeditor マニュアル 目 次 Fckeditor の 基 本 的 な 使 い 方... 2 記 事 の 登 録 プレビューの 前 に... 2 リンクを 挿 入... 5 画 像 を 挿 入 する... 6 PC に 保 存 している 画 像 の 挿 入... 6 WEB 上 の 画 像 を 挿 入... 8 文 字 装 飾... 10 文 章 を 見 出 しにする... 10 太 文 字

More information

スライド 1

スライド 1 e 研 修 PDCA 運 用 チェック Simple e-learning Management System Plus 操 作 説 明 書 管 理 者 機 能 ( 運 用 チェックテーマ 資 材 作 成 管 理 編 ) 05 年 月 Ver..7 アーチ 株 式 会 社 機 能 e 研 修 管 理 機 能 LOGIN 画 面 (PC 環 境 用 ) 説 明 e 研 修 管 理 機 能 LOGIN

More information

OpenOffice.org の 表 計 算 機 能 表 計 算 ツールの 基 本 操 作 OpenOffice.org の 表 計 算 ツール Calc(カルク)の 基 本 操 作 を 紹 介 します ここでは 請 求 書 の 作 り 方 を 通 し て 基 本 操 作 を 学 びます サンプルフ

OpenOffice.org の 表 計 算 機 能 表 計 算 ツールの 基 本 操 作 OpenOffice.org の 表 計 算 ツール Calc(カルク)の 基 本 操 作 を 紹 介 します ここでは 請 求 書 の 作 り 方 を 通 し て 基 本 操 作 を 学 びます サンプルフ オープンオフィス 3 入 門 ガイド - Calc:OpenOffice.org の 表 計 算 機 能 編 このドキュメントは クリエイティブ コモンズに 表 示 される 帰 属 - 2.1 日 本 のライセンスのもと 提 供 し ています このドキュメントの Web 版 を OpenOffice.org 日 本 ユーザー 会 のドキュメントで 公 開 しています http://openoffice-docj.sourceforge.jp/wiki/documentation/beginers_guide3

More information

文科省様式3-2集計オプションマニュアル

文科省様式3-2集計オプションマニュアル 文 科 省 様 式 3-2 集 計 オプション 利 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 8 日 日 本 加 除 出 版 株 式 会 社 1 文 科 省 様 式 3-2 集 計 オプション とは 文 科 省 様 式 3-2 集 計 オプションは 日 本 加 除 出 版 株 式 会 社 発 行 の 小 学 校 理 科 教 育 等 設 備 台 帳 ( 平 成 23 年 度 ~ 平 成 34 年 度

More information

HYEC.ORGにおけるWinSCPの設定方法

HYEC.ORGにおけるWinSCPの設定方法 HYEC.ORG における WinSCP の 使 用 方 法 著 :HYEC.ORG 1. 始 めに このドキュメントは WinSCP の 使 用 方 法 について 簡 単 にまとめたものです このドキュメントを 読 み 始 める 前 にキーペアを 作 成 しておいてください キーペアの 作 成 方 法 については HYEC.ORG におけるキーペアの 作 成 方 法 に 手 順 をまとめてありますので

More information

Section: 01 ログイン トップページ ( ) のページ 右 上 部 ログイン ボタンをクリックし スポンサー ログインページ へとお 進 みください 1に ID を 2にパスワードを 入 力 しログインしてください ID PASS は 別

Section: 01 ログイン トップページ (  ) のページ 右 上 部 ログイン ボタンをクリックし スポンサー ログインページ へとお 進 みください 1に ID を 2にパスワードを 入 力 しログインしてください ID PASS は 別 2009.01 改 定 マニュアルは 変 更 することがございます Copyright(C) 検 島 誌.com All Rights Reserved 検 島 誌.com スポンサーマニュアル Section 01 ログイン 2 02 詳 細 ページ 更 新 3 03 MiniData 更 新 4 04 検 索 結 果 表 示 ページ 内 容 修 正 5 05 週 間 PR 版 ページ 更 新 6

More information