はじめに 本 文 書 のご 利 用 にあたって 本 文 書 の 内 容 の 一 部 または 全 部 を 著 作 者 の 許 諾 なしに 複 製 改 変 および 翻 訳 することは 著 作 権 法 下 での 許 可 事 項 を 除 き 禁 止 されています 本 文 書 で 使 用 している 情 報 及

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "はじめに 本 文 書 のご 利 用 にあたって 本 文 書 の 内 容 の 一 部 または 全 部 を 著 作 者 の 許 諾 なしに 複 製 改 変 および 翻 訳 することは 著 作 権 法 下 での 許 可 事 項 を 除 き 禁 止 されています 本 文 書 で 使 用 している 情 報 及"

Transcription

1 バックアップ 復 元 マニュアル [1]バックアップの 設 定 5 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 23 [3]タイムマシーンの 設 定 49 [4]ライブリカバリの 設 定 59 [5]データの 復 元 67

2 はじめに 本 文 書 のご 利 用 にあたって 本 文 書 の 内 容 の 一 部 または 全 部 を 著 作 者 の 許 諾 なしに 複 製 改 変 および 翻 訳 することは 著 作 権 法 下 での 許 可 事 項 を 除 き 禁 止 されています 本 文 書 で 使 用 している 情 報 及 び 画 像 は 本 文 書 執 筆 時 点 のもので 最 新 版 の 製 品 および 製 品 サイトと 文 言 やデザイン 等 が 異 なる 場 合 があります 本 文 書 内 の 社 名 製 品 名 は 各 社 の 商 標 又 は 登 録 商 標 です 用 語 の 変 更 について VVAULT にて HA(High Availability) 機 能 を 実 現 するにあたり 各 機 能 の 働 きがより 明 確 になるよう これまで 使 用 されていた 一 部 の 用 語 を 下 記 の 通 り 変 更 いたしました VVAULT 4.x 以 前 のバージョンをご 利 用 の 方 におかれましては ご 留 意 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます 変 更 前 仮 想 ドライブ バックアップサーバー クラウドバックアップ ローカルバックアップ 変 更 後 マスタドライブ レプリカドライブ レプリケーション バックアップ P.2

3 [1]バックアップの 設 定 バックアップとは 各 部 の 名 称 と 役 割 バックアップの 稼 働 21 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 レプリケーションとは 各 部 の 名 称 と 役 割 レプリカモードの 起 動 (スタンバイサーバー) レプリケーション 機 能 の 有 効 化 (メインサーバー) 48 [3]タイムマシーンの 設 定 タイムマシーンとは 各 部 の 名 称 と 役 割 タイムマシーンの 稼 働 57 [4]ライブリカバリの 設 定 ライブリカバリとは 各 部 の 名 称 と 役 割 ライブリカバリの 稼 働 65 [5]データの 復 元 ライブリカバリによる 復 元 タイムマシーンによる 復 元 ストレージリカバリによる 復 元 システムリカバリによる 復 元 74 P.3

4 P.4

5 [1] バックアップの 設 定 1-1 バックアップとは 各 部 の 名 称 と 役 割 バックアップの 稼 働 21 P.5

6 [1]バックアップの 設 定 1-1 バックアップとは 1-1 バックアップとは 本 製 品 は [バックアップ][レプリケーション][タイムマシーン]の3 種 類 のバックアップ 機 能 を 備 え いずれについても VLT (VVAULT Live Tecnology)による マスタドライブを 稼 動 した 状 態 でのバックアップを 実 現 しています ご 利 用 の 環 境 に 合 わせてバックアップ 方 法 を 選 択 してください 尚 全 てを 併 用 することも 可 能 です バックアップは 同 一 インスタンス 内 のバックアップドライブ( )へ マスタドライブのデータをバックアップします 本 機 能 を 使 用 するには バックアップ 機 能 がインストールされている 必 要 があります バックアップドライブとは バックアップ 用 の 構 成 ストレージを 統 合 した 仮 想 ドライブのことです マウントして 使 用 することはできません P.6

7 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 バックアップ 設 定 画 面 名 称 と 役 割 1 バックアップ[ON / OFF]ボタン バックアップ 機 能 を 稼 働 / 停 止 します 2[バックアップ 不 整 合 修 復 ]ボタン バックアップの 不 整 合 を 修 復 します 3[ 適 用 ]ボ タ ン 入 力 されている 設 定 値 を 保 存 します 4[ 元 に 戻 す ]ボ タ ン 設 定 値 を 最 後 に 保 存 された 状 態 へ 戻 します バックアップ 設 定 5 実 行 時 間 帯 バックアップを 実 行 する 時 間 帯 を 指 定 する 項 目 です 指 定 した 時 間 帯 のみバックアップを 実 行 します 6[ 設 定 ]ボ タ ン 実 行 時 間 帯 設 定 ウィンドウを 開 きます P.7

8 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 7 タイムマシーン 機 能 バックアップでタイムマシーン 機 能 の 使 用 を 選 択 する 項 目 です 機 能 の 詳 細 については 3-1 タイムマシーンとは (P.50) を ご 覧 ください 8 バックアップ 除 外 チェックボックス 作 成 日 時 の 更 新 ファイルの 作 成 日 時 が 更 新 された 場 合 にプロパティ 情 報 をバックアップするかを 選 択 する 項 目 です 更 新 日 時 の 更 新 ファイルの 更 新 日 時 が 更 新 された 場 合 にプロパティ 情 報 をバックアップするかを 選 択 する 項 目 です アクセス 日 時 の 更 新 ファイルのアクセス 日 時 が 更 新 された 場 合 にプロパティ 情 報 をバックアップするかを 選 択 する 項 目 です ChangeTime の 更 新 ファイルの ChangeTime が 更 新 された 場 合 にプロパティ 情 報 をバックアップするかを 選 択 する 項 目 です アーカイブビットの 更 新 ファイルのアーカイブビットが 更 新 された 場 合 にプロパティ 情 報 をバックアップするかを 選 択 する 項 目 です 更 新 日 時 やアクセス 日 時 は マスタドライブを 操 作 しているクライアントによって 頻 繁 に 更 新 される 場 合 があります これらの 項 目 をバックアップしないこと によって バックアップ 処 理 の 軽 減 と タイムマシーンでのファイルバージョンの 増 加 を 抑 制 することができますが 日 付 情 報 を 含 めて 完 全 に 同 期 されたバックアッ プデータが 必 要 な 場 合 は 全 てのチェックを 外 してください 使 用 状 況 9 使 用 状 況 構 成 ストレージに 保 存 されているデータの 使 用 量 が 数 値 とグラフで 表 示 されます クラウドストレージを 利 用 している 場 合 クラウドサービスに 保 存 されている 実 使 用 量 を 集 計 した 値 が()に 表 示 されます バックアップの 使 用 量 は 緑 色 タイムマシーンの 使 用 量 は 黄 色 それ 以 外 の 使 用 量 は 紫 色 で 表 示 されます 10 バックアップ 使 用 量 の 推 移 指 定 月 のバックアップ 使 用 量 の 推 移 がグラフで 表 示 されます P.8

9 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 実 行 時 間 帯 設 定 ( 曜 日 毎 )ウィンドウ 名 称 と 役 割 1[ 実 行 ]チェックボックス 実 行 する 場 合 はチェックを 入 れてください 2 実 行 時 間 帯 実 行 時 間 を 指 定 する 項 目 です 3[ 決 定 ]ボ タ ン 入 力 されている 設 定 値 を 保 存 します 4[ キ ャン セ ル]ボ タ ン ウィンドウを 閉 じます 実 行 する 時 間 帯 は 一 日 につき2 パターンまで 設 定 が 可 能 です P.9

10 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 バックアップ 用 構 成 ストレージ 一 覧 名 称 と 役 割 1 ストレージ 階 層 現 在 表 示 しているティア( 階 層 )の 名 称 が 表 示 されます 本 製 品 では[ 最 速 ][ 高 速 ][ 中 速 ][ 低 速 ]の 4 種 類 のティアを 用 意 してい ます 2[ストレージ 追 加 ]ボタン 構 成 ストレージの 追 加 ウィンドウを 表 示 します 3[ストレージ 取 り 外 し]ボタン 取 り 外 す 構 成 ストレージを 選 択 するウィンドウを 表 示 します 4 ストレージレコード 登 録 されている 構 成 ストレージの 一 覧 が 表 示 されます P.10

11 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 バックアップ 用 構 成 ストレージ 設 定 画 面 名 称 と 役 割 1 構 成 ストレージ 名 現 在 表 示 している 構 成 ストレージの 名 称 が 表 示 されます ストレージの 登 録 時 に 任 意 の 名 称 を 使 用 することができます 2 [ 取 り 外 す]ボタン 構 成 ストレージの 取 り 外 し 処 理 を 実 行 します 3 [ 強 制 取 り 外 し ]ボ タ ン 構 成 ストレージの 強 制 的 な 取 り 外 し 処 理 を 実 行 します 4 [ 接 続 テ ス ト ]ボ タ ン 保 存 されている 設 定 値 で 構 成 ストレージへの 接 続 テストを 実 行 します クラウドストレージの 場 合 クラウドサービスとキャッシュ ストレージの 両 方 に 接 続 テストを 行 います 5 [ 適 用 ]ボ タ ン 入 力 されている 設 定 値 を 保 存 します 6 [ 元 に 戻 す ]ボ タ ン 設 定 値 を 最 後 に 保 存 された 状 態 へ 戻 します P.11

12 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 ストレージ 設 定 7 ストレージ 階 層 ストレージを 登 録 するティアを 選 択 する 項 目 です 8 ストレージ 名 ( 入 力 必 須 ) 任 意 のラベル 名 を 入 力 する 項 目 です 本 製 品 内 で 一 意 である 必 要 があります 9 接 続 先 ストレージ 追 加 時 に 指 定 したストレージの 種 類 を 表 示 します ボタンを 押 すと 各 種 設 定 ウィンドウを 表 示 します データ 移 行 設 定 10 取 り 外 しオプション ストレージを 取 り 外 しする 際 に 取 り 外 し 対 象 のコンテンツの 扱 いを 設 定 する 項 目 です 処 理 済 みコンテンツを 残 す ストレージの 構 成 は 変 更 ありません 処 理 済 みコンテンツを 削 除 する 正 常 に 取 り 外 し 処 理 されたコンテンツのみ 削 除 します 使 用 状 況 11 使 用 状 況 構 成 ストレージに 保 存 されているデータの 使 用 量 が 数 値 とグラフで 表 示 されます バックアップ 使 用 量 は 緑 色 タイムマシーン 使 用 量 は 黄 色 その 他 使 用 量 は 紫 色 で 表 示 されます 12 データ 転 送 量 の 推 移 指 定 月 のクラウドサービス 転 送 量 の 推 移 がグラフで 表 示 されます クラウドストレージのみ 13 キャッシュ 使 用 量 の 推 移 指 定 月 のキャッシュ 使 用 量 の 推 移 がグラフで 表 示 されます クラウドストレージのみ 14 ストレージ 使 用 量 の 推 移 指 定 月 のストレージ 使 用 量 の 推 移 がグラフで 表 示 されます 15 コメント 任 意 のコメントを 入 力 する 項 目 です P.12

13 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 バックアップ 用 構 成 ストレージ 接 続 設 定 ウィンドウ(ローカルストレージ) 名 称 と 役 割 1 管 理 対 象 パス( 入 力 必 須 ) 本 製 品 を 使 用 するコンピューターから 登 録 するストレージ 又 はストレージ 内 のディレクトリへのフルパスを 入 力 する 項 目 です 例 )E:\ 管 理 対 象 パ ス 直 下 には 本 製 品 で 使 用 する 管 理 フォル ダーが 自 動 生 成 さ れ ます システム 不 整 合 の 原 因 となりますので このフォル ダーを 直 接 変 更 又 は 削 除 しな いでください また システム 運 用 に 支 障 をきたす 恐 れ の あ る 場 所 は 管 理 対 象 パ スとして 指 定 でき ません 2 容 量 制 限 ストレージ 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 限 する 項 目 です 有 効 にした 場 合 制 限 値 をギガバイトまたはテラバイト 単 位 で 指 定 すること が 可 能 です P.13

14 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 バックアップ 用 構 成 ストレージ 設 定 ウィンドウ(ネットワークストレージ) 名 称 と 役 割 1 管 理 対 象 パス( 入 力 必 須 ) 本 製 品 を 使 用 するコンピューターから 登 録 するストレージ 又 はストレージ 内 のディレクトリへのフルパスを 入 力 する 項 目 です 例 )\\ 任 意 のサーバー 名 \ 共 有 フォルダー 名 管 理 対 象 パ ス 直 下 には 本 製 品 で 使 用 する 管 理 フォル ダーが 自 動 生 成 さ れ ます システム 不 整 合 の 原 因 となりますので このフォル ダーを 直 接 変 更 又 は 削 除 しな いでください また システム 運 用 に 支 障 をきたす 恐 れ の あ る 場 所 は 管 理 対 象 パ スとして 指 定 でき ません 2[ユーザー 名 とパスワードを 使 用 する]チェックボックス ネットワークストレージや 共 有 フォルダー 等 で 接 続 に 認 証 が 必 要 な 場 合 はチェックを 入 れてください 3 ユーザー 名 (3チェック 時 は 入 力 必 須 ) 接 続 認 証 に 使 用 するユーザー 名 を 入 力 する 項 目 です 先 頭 に 接 続 先 のサーバー 名 又 は IP アドレスを 入 力 してください 例 ) 接 続 先 のサーバー 名 \ ユーザー 名 4 パスワード 接 続 認 証 に 使 用 するパスワードを 入 力 する 項 目 です 5[ 表 示 ]チェックボックス パスワード 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します 6 容 量 制 限 ( 入 力 必 須 ) クラウドサービス 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 限 する 項 目 です 制 限 値 はギガバイトまたはテラバイト 単 位 で 指 定 することが 可 能 で す P.14

15 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 バックアップ 用 構 成 ストレージ 設 定 ウィンドウ(クラウドストレージ) Amazon S3 名 称 と 役 割 1 接 続 プロトコル クラウドストレージへの 接 続 プロトコルを 選 択 する 項 目 です 2 エンドポイント( 入 力 必 須 ) 使 用 するエンドポイントの URLを 入 力 する 項 目 です 詳 細 につきましては 以 下 を 参 考 にしてください Amazon S3 3 アクセスキー( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのアクセスキーを 入 力 する 項 目 です 4 シークレットキー( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのシークレットキーを 入 力 する 項 目 です 5 [ 表 示 ]チェックボックス シークレットキー 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します 6 バケット 名 ( 入 力 必 須 ) バケット 名 を 入 力 してください 入 力 したバケットが 存 在 しない 場 合 自 動 生 成 することができます 7 ストレージタイプ ストレージタイプを 選 択 する 項 目 です 8 サーバサイド 暗 号 化 データ 暗 号 化 の 有 無 を 選 択 する 項 目 です 9 容 量 制 限 ( 入 力 必 須 ) クラウドサービス 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 限 する 項 目 です 制 限 値 はギガバイトまたはテラバイト 単 位 で 指 定 することが 可 能 で す P.15

16 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 バックアップ 用 構 成 ストレージ 設 定 ウィンドウ(クラウドストレージ) Cloundn Object Storage / GMO クラウド ALTUS オブジェクトストレージ/ Google Cloud Storage / IDC フロンティア オブジェクトストレージサービス/ニフティクラウドストレージ/ Yahoo!クラウドストレージ 名 称 と 役 割 1 接 続 プロトコル クラウドストレージへの 接 続 プロトコルを 選 択 する 項 目 です 2 エンドポイント( 入 力 必 須 ) 使 用 するエンドポイントの URLを 入 力 する 項 目 です 詳 細 につきましては 以 下 を 参 考 にしてください Biz ホスティング Cloundn Object Storage GMO クラウド ALTUS オブジェクトストレージ https://www.gmocloud.com/storage/ Google Cloud Storage https://cloud.google.com/storage/docs/reference-uris 未 作 成 のバケットは ストレージタイプ:Standard USリージョンで 作 成 されます ストレージタイプ:Standard US リージョン 以 外 でのご 利 用 したい 場 合 は Google 管 理 コンソールで 作 成 のうえ VVAULTの 構 成 ストレージに 追 加 してくだ さい 尚 ストレ ージ タイプ:N e a r l i n e を 構 成 ストレ ージに 追 加 することは 出 来 ます が 一 部 機 能 が 正 常 に 動 作 いたしません IDC フロンティア オブジェクトストレージサービス ニフティクラウドストレージ ( 西 日 本 は 一 部 制 限 あり) 西 リージョンを 利 用 する 場 合 ニフティクラウドのコントールパネルより 西 リージョンのバケットを 作 成 のうえ VVAULTの 構 成 ストレージの 種 類 に ニフティ クラウドストレージ 東 日 本 (east-1) を 選 び 西 日 本 リージョンのエンドポイント および 作 成 済 のバケット 名 を 指 定 してください 尚 未 作 成 のバケット 名 を 指 定 した 場 合 は 正 常 に 動 作 致 しません のでご 注 意 ください Yahoo! クラウドストレージ 3 アクセスキー( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのアクセスキーを 入 力 する 項 目 です 4 シークレットキー( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのシークレットキーを 入 力 する 項 目 です 5 [ 表 示 ]チェックボックス シークレットキー 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します P.16

17 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 6 バケット 名 ( 入 力 必 須 ) バケット 名 を 入 力 してください 入 力 したバケットが 存 在 しない 場 合 自 動 生 成 することができます 7 容 量 制 限 ( 入 力 必 須 ) クラウドサービス 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 限 する 項 目 です 制 限 値 はギガバイトまたはテラバイト 単 位 で 指 定 することが 可 能 で す P.17

18 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 バックアップ 用 構 成 ストレージ 設 定 ウィンドウ(クラウドストレージ) NEC Cloud IaaS オブジェクトストレージ (N) 名 称 と 役 割 1 エンドポイント( 入 力 必 須 ) 使 用 するエンドポイントの URLを 入 力 する 項 目 です 詳 細 につきましては ベンダーにお 問 い 合 わせください 2 API アクセスキー( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのアクセスキーを 入 力 する 項 目 です 3 秘 密 鍵 ( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのシークレットキーを 入 力 する 項 目 です 4 [ 表 示 ]チェックボックス 秘 密 鍵 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します 5 バケット 名 ( 入 力 必 須 ) バケット 名 を 入 力 してください 入 力 したバケットが 存 在 しない 場 合 自 動 生 成 することができます 6 容 量 制 限 ( 入 力 必 須 ) クラウドサービス 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 限 する 項 目 です 制 限 値 はギガバイトまたはテラバイト 単 位 で 指 定 することが 可 能 で す P.18

19 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 バックアップ 用 構 成 ストレージ 設 定 ウィンドウ(クラウドストレージ) vcloud Air Object Storage powered by Google Cloud Platform 名 称 と 役 割 1 接 続 プロトコル クラウドストレージへの 接 続 プロトコルを 選 択 する 項 目 です 2 エンドポイント( 入 力 必 須 ) 使 用 するエンドポイントの URLを 入 力 する 項 目 です 詳 細 につきましては ベンダーにお 問 い 合 わせください 3 アクセス ID( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのアクセス ID を 入 力 する 項 目 です 4 証 明 書 ( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するための 証 明 書 を 選 択 する 項 目 です 5 証 明 書 パスワード( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するための 証 明 書 パスワードを 入 力 する 項 目 です 6 [ 表 示 ]チェックボックス 証 明 書 パスワード 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します 7 プロジェクトID( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのプロジェクト ID を 入 力 する 項 目 です 8 バケット 名 ( 入 力 必 須 ) バケット 名 を 入 力 してください 入 力 したバケットが 存 在 しない 場 合 自 動 生 成 することができます 9 ストレージクラス( 入 力 必 須 ) ストレージクラスを 選 択 してください 10 場 所 ( 入 力 必 須 ) 保 存 先 のリージョンを 入 力 する 項 目 です 詳 細 につきましては 以 下 を 参 考 にしてください https://cloud.google.com/storage/docs/bucket-locations 11 容 量 制 限 ( 入 力 必 須 ) クラウドサービス 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 限 する 項 目 です 制 限 値 はギガバイトまたはテラバイト 単 位 で 指 定 することが 可 能 です P.19

20 [1]バックアップの 設 定 1-2 各 部 の 名 称 と 役 割 キャッシュストレージ 設 定 ウィンドウ 名 称 と 役 割 1 ストレージの 種 類 ローカルストレージ ネットワークストレージのどちらかを 選 択 してください 2 キャッシュパス( 入 力 必 須 ) 本 製 品 を 使 用 するコンピューターから キャッシュストレージに 使 用 するストレージ 又 はストレージ 内 のディレクトリへのフルパ スを 入 力 する 項 目 です 例 1)E:\ ロ ーカ ルストレ ージ の 場 合 例 2)\\ 任 意 のサーバー 名 \ 共 有 フォルダー 名 ネットワークストレージの 場 合 キャッシュパス 直 下 には 本 製 品 で 使 用 する 管 理 フォルダーが 自 動 生 成 されます システム 不 整 合 の 原 因 となりますので このフォル ダーを 直 接 変 更 又 は 削 除 しないでください また システム 運 用 に 支 障 をきたす 恐 れ のある 場 所 は キャッシュ パ スとして 指 定 でき ません 3 [ユーザー 名 とパスワードを 使 用 する]チェックボックス ネットワークストレージや 共 有 フォルダー 等 で 接 続 に 認 証 が 必 要 な 場 合 はチェックを 入 れてください 4 ユーザー 名 (3チェック 時 は 入 力 必 須 ) 接 続 認 証 に 使 用 するユーザー 名 を 入 力 する 項 目 です 先 頭 に 接 続 先 のサーバー 名 又 は IP アドレスを 入 力 してください 例 ) 接 続 先 のサーバー 名 \ ユーザー 名 5 パスワード 接 続 認 証 に 使 用 するパスワードを 入 力 する 項 目 です 6[ 表 示 ]チェックボックス パスワード 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します 7 容 量 制 限 ストレージ 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 御 する 項 目 です 有 効 にした 場 合 制 限 値 をギガバイトまたはテラバイト 単 位 のどちらかで 指 定 することが 可 能 です P.20

21 [1]バックアップの 設 定 1-3 バックアップの 稼 働 1-3 バックアップの 稼 働 手 順 解 説 1 ツールバーに 配 置 されている[ストレージ 追 加 ]ボタンをクリックし ます 各 部 の 名 称 と 役 割 (P.7)]を 参 考 に 必 要 な 情 報 を 入 力 し [ 決 定 ]ボタンをクリックしま す ワンポイント クラウドストレージを 選 択 した 場 合 続 けてキャッシュ ストレージの 設 定 ウィンドウが 表 示 されます こちらも キャッシュストレージ 設 定 ウィンドウ(P.20) を 参 考 に 必 要 な 情 報 を 入 力 してください 3 対 象 のティアにストレージが 追 加 されます P.21

22 [1]バックアップの 設 定 1-3 バックアップの 稼 働 手 順 解 説 4 バックアップ 設 定 画 面 の[ 実 行 時 間 帯 ]で バックアップを 実 行 する 時 間 帯 を 指 定 します 5 ツールバーに 配 置 されている バックアップの[ON / OFF]ボタンを ク リ ッ ク し [ O N ] 状 態 に し ま す P.22

23 [2] レプリケーション 環 境 の 構 築 2-1 レプリケーションとは 各 部 の 名 称 と 役 割 レプリカモードの 起 動 (スタンバイサーバー) レプリケーション 機 能 の 有 効 化 (メインサーバー) 48 P.23

24 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-1 レプリケーションとは 2-1 レプリケーションとは 本 製 品 をインストールした 2 台 の サーバー 間 で データレプリケーションと 各 種 リカバリを 実 現 します ライブバックアップ と 同 様 擬 似 リアルタイムで 処 理 をする 為 RPO(Recovery Point Objective: 目 標 復 旧 地 点 )/ RTO(Recovery Time Objective: 目 標 復 旧 時 間 ) が 短 縮 されます 尚 HTTPS によるセキュア 通 信 でデータを 送 受 信 する 為 VPN 等 の 専 用 環 境 を 用 意 する 必 要 がなく 安 全 性 を 確 保 しつつも 低 コストでレプリケーション 環 境 を 構 築 することができます レプリケーション 構 成 の 概 要 図 構 成 例 P.24

25 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 レプリケーション 環 境 の 構 築 本 製 品 のレプリケーションは メインサーバーのデータをスタンバイサーバー(レプリカモードで 稼 動 している 別 の VVAULT)へデータを 複 製 します スタンバイ 側 となるサーバーをレプリカモードで 起 動 した 後 メインサーバー 側 のレプリケー ション 機 能 を 有 効 化 してください レプリケーション 環 境 の 構 築 手 順 につきましては 以 下 をご 参 照 ください 各 部 の 名 称 と 役 割 レプリカモード 設 定 画 面 (スタンバイサーバー) レプリカモード:ステータス 画 面 (P.26) レプリカモード: 設 定 画 面 (P.28) レプリカモード:サーバー 証 明 書 画 面 (P.31) レプリカモード 用 構 成 ストレージ 接 続 設 定 ウィンドウ(P.32 ) レプリカドライブ 用 キャッシュストレージ 設 定 ウィンドウ(P.40) レプリケーション 設 定 画 面 (メインサーバー) レプリケーション 設 定 画 面 (P.41) 実 行 時 間 帯 設 定 ( 曜 日 毎 )ウィンドウ(P.43) レプリカモードの 起 動 (スタンバイサーバー) サーバー 証 明 書 のインストール(P.44) レプリケーションサービスの 起 動 (P.46) レプリケーション 機 能 の 有 効 化 (メインサーバー) レプリケーション 機 能 の 有 効 化 (P.48) 関 連 ガイド シナリオベースの 操 作 ガイドをご 用 意 しております より 具 体 的 な 環 境 を 例 にした 解 説 をご 希 望 の 場 合 はこちらをご 参 照 ください 導 入 ステップガイド レプリケーション クライアント 編 ver. 7 P.25

26 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 スタンバイサーバー レプリカモード:ステータス 画 面 名 称 と 役 割 1 レプリカドライブ( 読 み 取 り 専 用 ) Mount / Unmout ボタン レプリカドライブを 読 み 取 り 専 用 でマウント/アンマウントします 2 レプリケーションサービス ON / OFF ボタン レプリケーション 待 受 機 能 を ON / OFFします レプリケーションサービスが 停 止 している 場 合 マスタドライブからレプリケーションサービスを 利 用 することはできません 3 ティアリング ON / OFF ボタン ティアリング 機 能 を ON / OFFします P.26

27 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 4[ペアリング 解 除 ]ボタン マスタドライブとレプリカドライブのペアリングを 解 除 します クライアント 情 報 5 インストールサーバ クライアント 機 のサーバー 名 とインスタンス 名 が 表 示 されます 6 利 用 状 況 クライアント 機 の 利 用 状 況 ( 未 接 続 /システムリカバリ 中 /バックアップデータ 初 期 化 中 正 常 稼 働 中 )が 表 示 されます 7 ライセンス クライアントに 登 録 されているライセンスの 名 称 が 表 示 されます 8 ライセンスコード クライアント 機 の 登 録 されているライセンスのライセンスコードが 表 示 されます 9 最 終 アクセス 日 時 クライアントから 最 後 にアクセスのあった 日 時 が 表 示 されます データ 移 行 設 定 10 取 り 外 しオプション ストレージを 取 り 外 しする 際 に 取 り 外 し 対 象 のコンテンツの 扱 いを 設 定 する 項 目 です 処 理 済 みコンテンツを 残 す ストレージの 構 成 は 変 更 ありません 処 理 済 みコンテンツを 削 除 する 正 常 に 取 り 外 し 処 理 されたコンテンツのみ 削 除 します 使 用 状 況 11 使 用 状 況 レプリカドライブの 構 成 ストレージに 保 存 されているデータの 使 用 量 が 数 値 とグラフで 表 示 されます レプリカドライブ 使 用 量 は 青 色 タイムマシーン 使 用 量 は 緑 色 その 他 使 用 量 は 紫 色 で 表 示 されます 12 レプリカドライブ 使 用 量 の 推 移 指 定 月 の VVAULT 使 用 量 の 推 移 がグラフで 表 示 されます P.27

28 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 スタンバイサーバー レプリカモード: 設 定 画 面 名 称 と 役 割 1[ 共 有 設 定 同 期 ]ボ タ ン レプリカモードからマスタモードへ 切 り 替 えた 際 レプリケーションされていた 共 有 設 定 情 報 をマスタドライブへ 上 書 き 同 期 しま す 共 有 設 定 情 報 が 存 在 しない 場 合 は 表 示 されません 2[ 適 用 ]ボ タ ン 入 力 されている 設 定 値 を 保 存 します 3[ 元 に 戻 す ]ボ タ ン 設 定 値 を 最 後 に 保 存 された 状 態 へ 戻 します P.28

29 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 ドライブ 設 定 4 ドライブレター 仮 想 ドライブに 割 り 当 てるアルファベットを 選 択 する 項 目 です 既 に 使 用 されているものは 選 択 しないでください 5 ボリュームラベル 仮 想 ドライブの 名 称 を 入 力 する 項 目 です 6 バッファサイズの 目 安 ( 入 力 必 須 ) バッファ 領 域 のサイズを 指 定 する 項 目 です 設 定 できる 値 は 1GB です 設 定 した 値 がストレージに 対 して 大 きすぎる(90% 以 上 ) 場 合 には 上 限 値 90%の 値 が 自 動 設 定 されます また 0GB にした 場 合 は 各 構 成 ストレージの10% の 値 が 自 動 設 定 されます 尚 最 も 上 位 に 設 定 されている 構 成 ストレージのバッファサイズ 以 上 の 容 量 を 持 つファイルをマスタドライブに 保 存 することはでき ませんので 利 用 するストレージの 容 量 に 応 じて 最 適 な 値 を 設 定 してください 7 ディスクタイプ マウントする 仮 想 ドライブの 種 別 を 選 択 する 項 目 です 変 更 したディスクタイプは OS の 再 起 動 後 に 反 映 されます [ 固 定 ディスク] 及 び[リムーバブルディスク]のディスクタイプはごみ 箱 に 対 応 しておりませんので ご 注 意 ください ティアリング 設 定 8 発 動 使 用 率 ティアリングを 発 動 させるストレージの 使 用 率 を 指 定 する 項 目 です 9 実 行 時 間 帯 ティアリングを 実 行 する 時 間 帯 を 指 定 する 項 目 です 指 定 した 時 間 帯 のみティアリングを 実 行 します 10 [ 設 定 ] ボタン 実 行 時 間 帯 設 定 ウィンドウを 開 きます クラウドストレージ 設 定 11 同 期 取 得 最 大 サイズ レプリカドライブ 上 の 操 作 によってクラウドストレージに 保 存 されたデータを 取 得 した 際 に 同 期 処 理 させるサイズの 上 限 を 設 定 す る 項 目 です この 値 を 大 きくしすぎると マスタドライブがハングしてしまう 場 合 がありますのでご 注 意 ください 12 ユーザーからのファイルアクセスに 対 するタイムアウト レプリカドライブ 上 の 操 作 によってクラウドストレージに 保 存 されたデータを 取 得 する 際 の タイムアウトを 設 定 する 項 目 です 待 受 設 定 13 パスワード( 入 力 必 須 ) マスタドライブからレプリカドライブへ 接 続 するためのパスワードを 入 力 する 項 目 です 14[パスワードを 表 示 ]チェックボックス パスワード 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します 15 ポート 番 号 クライアント 機 からの 接 続 に 使 用 するポート 番 号 を 入 力 する 項 目 です サービスポリシー 設 定 16 レプリケーション 機 能 の 使 用 クライアント 機 に 対 して レプリケーションサービスの 使 用 可 否 を 制 御 する 項 目 です 17 ライブリカバリ 機 能 の 使 用 クライアント 機 に 対 して レプリケーションデータを 使 用 したライブリカバリ 機 能 の 使 用 可 否 を 制 御 する 項 目 です 18 ストレージリカバリ 機 能 の 使 用 クライアント 機 に 対 して レプリケーションデータを 使 用 したストレージリカバリ 機 能 の 使 用 可 否 を 制 御 する 項 目 です P.29

30 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 19 システムリカバリ 機 能 の 使 用 クライアント 機 に 対 して レプリケーションデータを 使 用 したシステムリカバリ 機 能 の 使 用 可 否 を 制 御 する 項 目 です 20 タイムマシーン 機 能 の 使 用 クライアント 機 に 対 して レプリカドライブを 使 用 したタイムマシーン 機 能 の 使 用 可 否 を 制 御 する 項 目 です 最 長 保 存 期 間 は 登 録 されているライセンスによって 異 なります 詳 しくは 製 品 サイトの[ライセンス 発 行 ]ページをご 覧 ください 21 アカウント 自 動 同 期 機 能 の 使 用 クライアント 機 のアカウント 情 報 を 自 動 的 に 同 期 するか 否 かを 制 御 する 項 目 です 22 レプリケーション 初 期 化 機 能 の 使 用 クライアント 機 に 対 して レプリケーションサービスの 使 用 可 否 を 制 御 する 項 目 です P.30

31 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 スタンバイサーバー レプリカモード: サーバー 証 明 書 画 面 名 称 と 役 割 1[サーバ 証 明 書 インストール/アンインストール]ボタン サーバー 証 明 書 のインストール/アンインストールを 実 行 します 2 証 明 書 内 容 証 明 書 の 内 容 が 表 示 されます P.31

32 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 スタンバイサーバー レプリカモード 用 構 成 ストレージ 接 続 設 定 ウィンドウ(ローカルストレージ) 名 称 と 役 割 1 管 理 対 象 パス( 入 力 必 須 ) 本 製 品 を 使 用 するコンピューターから 登 録 するストレージ 又 はストレージ 内 のディレクトリへのフルパスを 入 力 する 項 目 です 例 )E: 管 理 対 象 パス 直 下 には 本 製 品 で 使 用 する 管 理 フォルダーが 自 動 生 成 されます システム 不 整 合 の 原 因 となりますので このフォル ダーを 直 接 変 更 又 は 削 除 しないでください また システム 運 用 に 支 障 をきたす 恐 れ のある 場 所 は 管 理 対 象 パ スとして 指 定 できま せん 2 容 量 制 限 ストレージ 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 限 する 項 目 です 有 効 にした 場 合 制 限 値 をギガバイトまたはテラバイト 単 位 で 指 定 すること が 可 能 です P.32

33 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 スタンバイサーバー レプリカモード 用 構 成 ストレージ 接 続 設 定 ウィンドウ(ネットワークストレージ) 名 称 と 役 割 1 管 理 対 象 パス( 入 力 必 須 ) 本 製 品 を 使 用 するコンピューターから 登 録 するストレージ 又 はストレージ 内 のディレクトリへのフルパスを 入 力 する 項 目 です 例 ) 任 意 のサーバー 名 共 有 フォルダー 名 管 理 対 象 パス 直 下 には 本 製 品 で 使 用 する 管 理 フォルダーが 自 動 生 成 されます システム 不 整 合 の 原 因 となりますので このフォル ダーを 直 接 変 更 又 は 削 除 しないでください また システム 運 用 に 支 障 をきたす 恐 れ のある 場 所 は 管 理 対 象 パ スとして 指 定 できま せん 2[ユーザ 名 とパスワードを 使 用 する]チェックボックス 接 続 認 証 に 使 用 するユーザー 名 を 入 力 する 項 目 です 先 頭 に 接 続 先 のサーバー 名 又 は IP アドレスを 入 力 してください 例 ) 接 続 先 のサーバー 名 ユーザー 名 3 ユーザ 名 (3チェック 時 は 入 力 必 須 ) 接 続 認 証 に 使 用 するユーザー 名 を 入 力 する 項 目 です 先 頭 に 接 続 先 のサーバー 名 又 は IP アドレスを 入 力 してください 例 ) 接 続 先 のサーバー 名 ユーザー 名 4 パスワード 接 続 認 証 に 使 用 するパスワードを 入 力 する 項 目 です 6[ 表 示 ]チェックボックス パスワード 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します 6 容 量 制 限 ストレージ 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 限 する 項 目 です 有 効 にした 場 合 制 限 値 をギガバイトまたはテラバイト 単 位 で 指 定 すること が 可 能 です P.33

34 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 スタンバイサーバー レプリカモード 用 構 成 ストレージ 設 定 ウィンドウ(クラウドストレージ) Amazon S3 名 称 と 役 割 1 接 続 プロトコル クラウドストレージへの 接 続 プロトコルを 選 択 する 項 目 です 2 エンドポイント( 入 力 必 須 ) 使 用 するエンドポイントの URLを 入 力 する 項 目 です 詳 細 につきましては 以 下 を 参 考 にしてください Amazon S3 3 アクセスキー( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのアクセスキーを 入 力 する 項 目 です 4 シークレットキー( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのシークレットキーを 入 力 する 項 目 です 5 [ 表 示 ]チェックボックス シークレットキー 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します 6 バケット 名 ( 入 力 必 須 ) バケット 名 を 入 力 してください 入 力 したバケットが 存 在 しない 場 合 自 動 生 成 することができます 7 ストレージタイプ ストレージタイプを 選 択 する 項 目 です 8 サーバサイド 暗 号 化 データ 暗 号 化 の 有 無 を 選 択 する 項 目 です 9 容 量 制 限 ( 入 力 必 須 ) クラウドサービス 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 限 する 項 目 です 制 限 値 はギガバイトまたはテラバイト 単 位 で 指 定 することが 可 能 で す P.34

35 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 スタンバイサーバー レプリカモード 用 構 成 ストレージ 設 定 ウィンドウ(クラウドストレージ) Cloundn Object Storage / GMO クラウド ALTUS オブジェクトストレージ/ Google Cloud Storage / IDC フロンティア オブジェクトストレージサービス/ニフティクラウドストレージ/ Yahoo! クラウドストレージ 名 称 と 役 割 1 接 続 プロトコル クラウドストレージへの 接 続 プロトコルを 選 択 する 項 目 です 2 エンドポイント( 入 力 必 須 ) 使 用 するエンドポイントの URLを 入 力 する 項 目 です 詳 細 につきましては 以 下 を 参 考 にしてください Biz ホスティング Cloundn Object Storage GMO クラウド ALTUS オブジェクトストレージ https://www.gmocloud.com/storage/ Google Cloud Storage https://cloud.google.com/storage/docs/reference-uris 未 作 成 のバケットは ストレージタイプ:Standard USリージョンで 作 成 されます ストレ ージ タイ プ:S t a n d a r d U S リージョン 以 外 で の ご 利 用 したい 場 合 は G o o g l e 管 理 コンソールで 作 成 の うえ V VAU LT の 構 成 ストレ ージ に 追 加 してくだ さい 尚 ストレ ージ タイプ:N e a r l i n e を 構 成 ストレ ージに 追 加 することは 出 来 ます が 一 部 機 能 が 正 常 に 動 作 いたしません IDC フロンティア オブジェクトストレージサービス ニフティクラウドストレージ ( 西 日 本 は 一 部 制 限 あり) 西 リージョンを 利 用 する 場 合 ニフティクラウドのコントールパネルより 西 リージョンのバケットを 作 成 のうえ VVAULTの 構 成 ストレージの 種 類 に ニフティ クラウドストレージ 東 日 本 (east-1) を 選 び 西 日 本 リージョンのエンドポイント および 作 成 済 のバケット 名 を 指 定 してください 尚 未 作 成 のバケット 名 を 指 定 した 場 合 は 正 常 に 動 作 致 しません のでご 注 意 ください Yahoo! クラウドストレージ 3 アクセスキー( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのアクセスキーを 入 力 する 項 目 です 4 シークレットキー( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのシークレットキーを 入 力 する 項 目 です P.35

36 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 5 [ 表 示 ]チェックボックス シークレットキー 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します 6 バケット 名 ( 入 力 必 須 ) バケット 名 を 入 力 してください 入 力 したバケットが 存 在 しない 場 合 自 動 生 成 することができます 7 容 量 制 限 ( 入 力 必 須 ) クラウドサービス 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 限 する 項 目 です 制 限 値 はギガバイトまたはテラバイト 単 位 で 指 定 することが 可 能 で す P.36

37 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 スタンバイサーバー レプリカモード 用 構 成 ストレージ 設 定 ウィンドウ(クラウドストレージ) NEC Cloud IaaS オブジェクトストレージ (N) 名 称 と 役 割 1 エンドポイント( 入 力 必 須 ) 使 用 するエンドポイントの URLを 入 力 する 項 目 です 詳 細 につきましては ベンダーにお 問 い 合 わせください 2 API アクセスキー( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのアクセスキーを 入 力 する 項 目 です 3 秘 密 鍵 ( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのシークレットキーを 入 力 する 項 目 です 4 [ 表 示 ]チェックボックス 秘 密 鍵 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します 5 バケット 名 ( 入 力 必 須 ) バケット 名 を 入 力 してください 入 力 したバケットが 存 在 しない 場 合 自 動 生 成 することができます 6 容 量 制 限 ( 入 力 必 須 ) クラウドサービス 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 限 する 項 目 です 制 限 値 はギガバイトまたはテラバイト 単 位 で 指 定 することが 可 能 で す P.37

38 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 スタンバイサーバー レプリカモード 用 構 成 ストレージ 設 定 ウィンドウ(クラウドストレージ) vcloud Air Object Storage powered by Google Cloud Platform 名 称 と 役 割 1 接 続 プロトコル クラウドストレージへの 接 続 プロトコルを 選 択 する 項 目 です 2 エンドポイント( 入 力 必 須 ) 使 用 するエンドポイントの URLを 入 力 する 項 目 です 詳 細 につきましてベンダーにお 問 い 合 わせください 3 アクセス ID( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのアクセス ID を 入 力 する 項 目 です 4 証 明 書 ( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するための 証 明 書 を 選 択 する 項 目 です 5 証 明 書 パスワード( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するための 証 明 書 パスワードを 入 力 する 項 目 です 6 [ 表 示 ]チェックボックス 証 明 書 パスワード 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します 7 プロジェクトID( 入 力 必 須 ) クラウドサービスへ 接 続 するためのプロジェクト ID を 入 力 する 項 目 です 8 バケット 名 ( 入 力 必 須 ) バケット 名 を 入 力 してください 入 力 したバケットが 存 在 しない 場 合 自 動 生 成 することができます 9 ストレージクラス( 入 力 必 須 ) ストレージクラスを 選 択 してください P.38

39 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 10 場 所 ( 入 力 必 須 ) 保 存 先 のリージョンを 入 力 する 項 目 です 詳 細 につきましては 以 下 を 参 考 にしてください https://cloud.google.com/storage/docs/bucket-locations 11 容 量 制 限 ( 入 力 必 須 ) クラウドサービス 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 限 する 項 目 です 制 限 値 はギガバイトまたはテラバイト 単 位 で 指 定 することが 可 能 です P.39

40 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 スタンバイサーバー レプリカドライブ 用 キャッシュストレージ 設 定 ウィンドウ 名 称 と 役 割 1 ストレージの 種 類 ローカルストレージ ネットワークストレージのどちらかを 選 択 してください 2 キャッシュパス( 入 力 必 須 ) 本 製 品 を 使 用 するコンピューターから キャッシュストレージとして 利 用 するストレージ 又 はストレージ 内 のディレクトリへのフル パスを 入 力 する 項 目 です 例 1)E: ロ ーカ ルストレ ージ の 場 合 例 2) 任 意 のサーバー 名 共 有 フォルダー 名 ネットワークストレージの 場 合 キャッシュパス 直 下 には 本 製 品 で 使 用 する 管 理 フォルダーが 自 動 生 成 されます システム 不 整 合 の 原 因 となりますので このフォル ダーを 直 接 変 更 又 は 削 除 しないでください また システム 運 用 に 支 障 をきたす 恐 れ の ある 場 所 は キャッシュ パ スとして 指 定 でき ません 3[ユーザ 名 とパスワードを 使 用 する]チェックボックス ネットワークストレージや 共 有 フォルダー 等 で 接 続 に 認 証 が 必 要 な 場 合 はチェックを 入 れてください 4 ユーザ 名 (3チェック 時 は 入 力 必 須 ) 接 続 認 証 に 使 用 するユーザー 名 を 入 力 する 項 目 です 先 頭 に 接 続 先 のサーバー 名 又 は IP アドレスを 入 力 してください 例 ) 接 続 先 のサーバー 名 ユーザー 名 5 パスワード 接 続 認 証 に 使 用 するパスワードを 入 力 する 項 目 です 6[ 表 示 ]チェックボックス パスワード 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します 7 容 量 制 限 ストレージ 内 に 保 存 するデータ 量 を 制 限 したい 場 合 は 有 効 にしてください 有 効 にした 場 合 制 限 値 をギガバイトまたはテラバイト 単 位 で 指 定 することが 可 能 です P.40

41 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 メインサーバー レプリケーション 設 定 画 面 名 称 と 役 割 1 レプリケーション[ON / OFF]ボタン レプリケーション 機 能 を 稼 働 / 停 止 します 2[ 接 続 テスト]ボ タ ン 入 力 されている 設 定 値 でレプリカドライブへの 接 続 テストを 行 います 3[サービスポリシー 表 示 ]ボタン レプリカドライブで 設 定 されているサービスポリシーを 表 示 します 4[レプリケーション 不 整 合 修 復 ]ボタン マスタドライブとレプリカドライブのデータを 検 証 し 不 整 合 がある 場 合 は 再 度 レプリケーションします 5[ペアリング 解 除 ]ボタン マスタドライブとレプリカドライブのペアリングを 解 除 します P.41

42 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 6[ 適 用 ]ボ タ ン 入 力 されている 設 定 値 を 保 存 します 7[ 元 に 戻 す ]ボ タ ン 設 定 値 を 最 後 に 保 存 された 状 態 へ 戻 します レプリケーション 設 定 8 ペアリング 先 URL( 入 力 必 須 ) レプリカドライブへの 接 続 に 使 用 する URLを 入 力 する 項 目 です 9 パスワード( 入 力 必 須 ) レプリカドライブへの 接 続 に 使 用 するパスワードを 入 力 する 項 目 です 10[パスワードを 表 示 ]チェックボックス パスワード 欄 に 入 力 されている 文 字 列 を 可 視 化 します 11 ポート 番 号 レプリカドライブへの 接 続 に 使 用 するポート 番 号 を 入 力 する 項 目 です 12 実 行 時 間 帯 レプリケーションを 実 行 する 時 間 帯 を 指 定 する 項 目 です 指 定 した 時 間 帯 のみレプリケーションを 実 行 します 13[ 設 定 ]ボ タ ン 実 行 時 間 帯 設 定 ウィンドウを 開 きます 14 タイムマシーン 機 能 レプリケーションでタイムマシーン 機 能 の 使 用 を 選 択 する 項 目 です 機 能 の 詳 細 については 3-1 タ イムマ シ ーンと は (P.50) をご 覧 くださ い 15 アカウント 自 動 同 期 OS のアカウント 情 報 を 自 動 的 に 同 期 します 16[レプリケーション 除 外 ]チェックボックス 作 成 日 時 の 更 新 ファイルの 作 成 日 時 が 更 新 された 場 合 にプロパティ 情 報 をバックアップするかを 選 択 する 項 目 です 更 新 日 時 の 更 新 ファイルの 更 新 日 時 が 更 新 された 場 合 にプロパティ 情 報 をバックアップするかを 選 択 する 項 目 です アクセス 日 時 の 更 新 ファイルのアクセス 日 時 が 更 新 された 場 合 にプロパティ 情 報 をバックアップするかを 選 択 する 項 目 です ChangeTime の 更 新 ファイルの ChangeTime が 更 新 された 場 合 にプロパティ 情 報 をバックアップするかを 選 択 する 項 目 です アーカイブビットの 更 新 ファイルのアーカイブビットが 更 新 された 場 合 にプロパティ 情 報 をバックアップするかを 選 択 する 項 目 です 更 新 日 時 やアクセス 日 時 は マスタドライブを 操 作 しているクライアントによって 頻 繁 に 更 新 される 場 合 があります これらの 項 目 をバックアップしないこと によって バック アップ 処 理 の 軽 減 と タイムマシ ーンで のファイルバージョン の 増 加 を 抑 制 すること が できま す が 日 付 情 報 を 含 めて 完 全 に 同 期 さ れ た バック アップデータが 必 要 な 場 合 は 全 てのチェックを 外 してください 使 用 状 況 17 ディスク 使 用 量 レプリカドライブに 保 存 されているデータの 容 量 が 数 値 とグラフで 表 示 されます レプリケーション 使 用 量 は 緑 色 タイムマシーン 使 用 量 は 橙 色 その 他 の 使 用 量 は 紫 色 で 表 示 されます 18 ディスク 使 用 量 の 推 移 月 間 のデータ 使 用 量 の 推 移 がグラフで 表 示 されます P.42

43 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 メインサーバー 実 行 時 間 帯 設 定 ( 曜 日 毎 )ウィンドウ 名 称 と 役 割 1[ 実 行 ]チェックボックス 実 行 する 場 合 はチェックを 入 れてください 2 実 行 時 間 帯 実 行 時 間 を 指 定 する 項 目 です 実 行 する 時 間 帯 は 一 日 につき2 パターンまで 設 定 が 可 能 です 3[ 決 定 ]ボ タ ン 入 力 されている 設 定 値 を 保 存 します 4[ キ ャン セ ル]ボ タ ン ウィンドウを 閉 じます P.43

44 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-3 レプリカモードの 起 動 (スタンバイサーバー) 2-3 レプリカモードの 起 動 (スタンバイサーバー) サーバー 証 明 書 のインストール 1[サーバー 証 明 書 ]タブをクリックし [サーバー 証 明 書 インストール] ボタンをクリックします ワンポイント カスタマーズ スクエアへの 接 続 に 任 意 のプロキシサー バ ー を 経 由 さ せ た い 場 合 は システム 設 定 マニュアル の プロキシサーバー 画 面 を 参 考 に 設 定 を 行 なってく ださい 2[オ ン ラ インで の インスト ール]を 選 択 し [ 次 へ]ボタ ン をクリックし ます 3 カスタマーズ スクエア( https://vvault.jp/customers/)のログイ ン ID パスワードを 入 力 し [ログイン]ボタンをクリックします ワンポイント カスタマーズ スクエアのアカウントをお 持 ちでない 場 合 は アカウント 新 規 登 録 より アカウント を 作 成 してく ださい パスワードをお 忘 れの 場 合 は パスワード 再 発 行 より パ スワード を 再 発 行 してください P.44

45 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-3 レプリカモードの 起 動 (スタンバイサーバー) サーバー 証 明 書 のインストール 4 インストールするサーバー 証 明 書 の 情 報 を 入 力 し [ 決 定 ]ボタンをク リックします 5 正 常 に 完 了 した 場 合 は 以 下 のようなメッセージが 表 示 されます [ 閉 じる]ボタンをクリックすると サーバー 証 明 書 の 情 報 が 設 定 画 面 に 反 映 されます P.45

46 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-3 レプリカモードの 起 動 (スタンバイサーバー) レプリケーションサービスの 起 動 事 前 にサーバー 証 明 書 が 設 定 されている 必 要 があります 設 定 されていない 場 合 は サーバー 証 明 書 のインストー ル( P.4 4) をご 覧 ください 1 [ 設 定 ] タ ブ を ク リ ッ ク し 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 (P.26) の[ レ プリカモード : 設 定 画 面 ]を 参 考 に 必 要 事 項 を 入 力 し [ 適 用 ]ボタ ン を クリックします ワンポイント カスタマーズ スクエアへの 接 続 に 任 意 のプロキシサー バ ー を 経 由 さ せ た い 場 合 は システム 設 定 マニュアル の プロキシサーバー 画 面 を 参 考 に 設 定 を 行 なってく ださい 2 ツールバーに 配 置 されている[ストレージ 追 加 ]ボタンをクリックし ます P.46

47 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-3 レプリカモードの 起 動 (スタンバイサーバー) レプリケーションサービスの 起 動 3 必 要 な 情 報 を 入 力 し [ 決 定 ]ボタンをクリックします ( 詳 細 について は 2-2 各 部 の 名 称 と 役 割 (P.26) をご 覧 くださ い) 4 対 象 のティアにストレージが 追 加 されます 5 ツールバーに 配 置 されている レプリケーションサービス[ON / OFF]ボタンをクリックし [ON] 状 態 にします ワンポイント ボタンに 表 示 されている 文 言 は 現 在 の 状 態 を 表 してい ます システムポリシー 設 定 でタイムマシーン 機 能 の 使 用 が [ 有 効 ]で 且 つバック アップ が[ O N ]で な い とタイムマ シーンのアーカイブは 保 存 されません P.47

48 [2]レプリケーション 環 境 の 構 築 2-4 レプリケーション 機 能 の 有 効 化 (メインサーバー) 2-4 レプリケーション 機 能 の 有 効 化 (メインサーバー) レプリケーション 機 能 の 有 効 化 各 部 の 名 称 と 役 割 (P.26) を 参 考 に 必 要 な 情 報 を 入 力 し [ 適 用 ]ボタンをクリックしま す ワンポイント カスタマーズ スクエアへの 接 続 に 任 意 のプロキシサー バ ー を 経 由 さ せ た い 場 合 は システム 設 定 マニュアル の プロキシサーバー 画 面 を 参 考 に 設 定 を 行 なってく ださい 2 [ 接 続 テスト]ボタンをクリックし レプリカドライブへの 接 続 を 確 認 します 3 ツールバーに 配 置 されている レプリケーションの[ON / OFF]ボタ ン を ク リ ッ ク し [ O N ] 状 態 に し ま す ワンポイント ボタンに 表 示 されている 文 言 は 現 在 の 状 態 を 表 してい ます P.48

49 [3] タイムマシーンの 設 定 3-1 タイムマシーンとは 各 部 の 名 称 と 役 割 タイムマシーンの 稼 働 57 P.49

50 [3]タイムマシーンの 設 定 3-1 タイムマシーンとは 3-1 タイムマシーンとは タイムマシーンとは ライブバックアップ 時 に 変 更 されたファイルを 時 系 列 で 保 存 していくCDP(Continuous Data Protection) 機 能 です これにより 過 去 のあらゆる 時 点 のバックアップデータをマスタドライブ 上 へ 復 元 することが 可 能 にな ります 尚 タイムマシーン 機 能 を 有 効 にすると 構 成 ストレージには 過 去 のバックアップ データが 保 存 さ れるようになるた め 充 分 な 空 き 領 域 が 必 要 となります [ver ]より 前 のバージョンからのアップデートにて 本 機 能 を 利 用 する 際 には ライセンスを 再 アクティベーションして ください 保 存 期 間 によるデータの 削 除 について 設 定 されている[タイムマシーン 保 存 期 間 ]を 超 過 したタイムマシーンのデータは 自 動 的 に 削 除 されます この[タイムマシー ン 保 存 期 間 ]の 長 さによって 遡 れるデータ 量 と 構 成 ストレージに 保 存 されるデータ 量 が 増 減 します お 使 いの 構 成 ストレー ジの 容 量 に 合 わせて 適 切 な[タイムマシーン 保 存 期 間 ]を 設 定 してください タイムマシーン 保 存 期 間 の[1 日 ]は 当 日 を 含 みます (1 週 間 分 のデータを 残 したい 場 合 は 8 日 を 設 定 してください) 保 存 期 間 超 過 の 際 の 削 除 処 理 は 安 全 のため VVAULT サービスを 開 始 してから 6 時 間 後 に 実 行 されます バックアップ 機 能 を 停 止 することで 保 存 期 間 超 過 の 際 の 削 除 処 理 を 停 止 することができます P.50

51 [3]タイムマシーンの 設 定 3-1 タイムマシーンとは 3-2 各 部 の 名 称 と 役 割 タイムマシーンビューアー 名 称 と 役 割 1 データソース タイムマシーンのデータソースを 選 択 するセレクトボックスです バックアップ/レプリカドライブのいずれかを 選 択 できますが 機 能 をインストール 済 みであっても 一 度 も 稼 動 していない 場 合 はデータソースとして 表 示 されません 2[ 表 示 日 時 ]ボ タ ン ここに 表 示 されている 日 時 点 での 最 新 データを 一 覧 表 示 します クリックすることで 日 時 点 の 選 択 ウィンドウが 開 きます 3[ 復 元 状 況 ]ボ タ ン 復 元 状 況 ウィンドウを 開 きます 4[ 設 定 ]ボ タ ン 復 元 オプションの 設 定 ウィンドウを 開 きます 5[ 更 新 ]ボ タ ン 表 示 している 条 件 のまま 一 覧 のデータをリフレッシュします 6[ 一 つ 上 の 階 層 ]ボ タ ン 表 示 している 階 層 から 一 つ 上 の 階 層 へ 移 動 します P.51

52 [3]タイムマシーンの 設 定 3-2 各 部 の 名 称 と 役 割 7 階 層 パス 表 示 している 階 層 までのパスを 表 示 します 階 層 名 をクリックすると 直 接 その 階 層 へ 移 動 します 8[ 復 元 ]ボ タ ン 選 択 されているファイルを 復 元 します 尚 表 示 日 時 点 で 最 新 のファイルが 復 元 されます 9 エラーステータス 強 制 取 り 外 しや 接 続 エラーなどで 実 体 ファイルにアクセスできないコンテンツにアイコンが 表 示 されます アイコンにカーソルを 乗 せると 事 由 がツールチップにて 表 示 されます 10 名 前 コン テンツの 名 称 が 表 示 さ れます 列 名 をクリックすることで 名 前 でのソート( 昇 順 / 降 順 )に 切 り 替 えることが できます 11 更 新 日 時 コンテンツの 最 終 更 新 日 時 が 表 示 されます 列 名 をクリックすることで 更 新 日 時 でのソート( 昇 順 / 降 順 )に 切 り 替 えることがで きます 12 サイズ コン テンツが ファイル の 場 合 はファイルサイズ が 表 示 さ れ ます 列 名 をクリックすることで サイズでのソート( 昇 順 / 降 順 )に 切 り 替 えることができます P.52

53 [3]タイムマシーンの 設 定 3-2 各 部 の 名 称 と 役 割 設 定 ウィンドウ 名 称 と 役 割 1 復 元 先 復 元 先 とするマスタドライブ 上 の 階 層 パスを 入 力 します 存 在 しない 階 層 を 指 定 した 場 合 は 復 元 実 行 時 に 自 動 作 成 されます 2 オプション 項 目 復 元 用 の 作 業 フォルダーを 自 動 的 に 作 成 する 復 元 先 に 指 定 した 階 層 の 直 下 に 日 時 形 式 (yyyymmddhhmmss)の 階 層 を 自 動 作 成 して 復 元 します 任 意 の 場 所 に 直 接 復 元 する のではなく 一 時 的 な 作 業 フォルダーに 復 元 してから 仮 想 ドライブ 上 の 任 意 の 場 所 に 移 動 したい 場 合 にご 利 用 ください セキュリティ 情 報 も 復 元 する バックアップされたセキュリティ 設 定 も 含 めて 復 元 します このチェックを 外 した 場 合 は 復 元 先 のフォルダに 設 定 されているセ キュリティ 設 定 を 継 承 した 状 態 で 復 元 されます サブフォルダーも 含 める フォルダーを 復 元 する 場 合 フォルダー 内 に 存 在 するサブフォルダーも 含 めて 全 て 復 元 します 完 了 時 に 通 知 メールを 送 信 する 復 元 処 理 が 完 了 した 際 に 設 定 されているメールアドレスにメールを 送 信 します 3[ 決 定 ]ボ タ ン 設 定 内 容 を 保 存 してウィンドウを 閉 じます 4[ キ ャン セ ル]ボ タ ン 設 定 内 容 を 保 存 せずにウィンドウを 閉 じます P.53

54 [3]タイムマシーンの 設 定 3-2 各 部 の 名 称 と 役 割 日 時 点 指 定 ウィンドウ 名 称 と 役 割 1 表 示 日 時 任 意 の 時 点 を 入 力 する 項 目 です 年 月 日 はカレンダーレイヤーからの 選 択 入 力 も 可 能 です 2[ 常 に 最 新 のデータを 参 照 ]チェックボックス チェックを 入 れると 画 面 操 作 時 点 での 最 新 データを 参 照 使 用 するようになります この 場 合 日 時 点 の 指 定 は 無 効 になります 3[ 決 定 ]ボ タ ン 設 定 された 条 件 でバックアップデータを 表 示 します 4[ 閉 じ る]ボ タ ン 設 定 された 条 件 を 保 存 せずに 日 時 点 指 定 ウィンドウを 閉 じます P.54

55 [3]タイムマシーンの 設 定 3-2 各 部 の 名 称 と 役 割 バージョン 一 覧 ウィンドウ 名 称 と 役 割 1 エラーステータス 強 制 取 り 外 しや 接 続 エラーなどで 実 体 ファイルにアクセスできないコンテンツにアイコンが 表 示 されます アイコンにカーソルを 乗 せると 事 由 がツールチップにて 表 示 されます 2 No. ファイルのバージョン 番 号 が 表 示 されます 尚 保 存 期 間 により 削 除 されたファイルはカウントされません 3 名 前 ファイルの 名 称 が 表 示 されます 4 バックアップ 日 時 ファイルの 最 終 バックアップ 日 時 が 表 示 されます 5 更 新 日 時 ファイルの 最 終 更 新 日 時 が 表 示 されます 6 サイズ ファイルサイズが 表 示 されます 7[ 復 元 ]ボ タ ン 選 択 されているバージョンのファイルを 復 元 します 8[ キ ャン セ ル]ボ タ ン バージョン 一 覧 ウィンドウを 閉 じます P.55

56 [3]タイムマシーンの 設 定 3-2 各 部 の 名 称 と 役 割 復 元 状 況 ウィンドウ 名 称 と 役 割 1[ 一 覧 を クリア ]ボ タ ン 完 了 している 復 元 の 履 歴 を 全 て 削 除 します 復 元 中 や 待 機 中 のものは 削 除 されません 2[ 更 新 ]ボ タ ン 一 覧 をリフレッシュします 3 復 元 受 付 日 時 復 元 実 行 操 作 を 受 け 付 けた 日 時 が 表 示 されます 4 復 元 元 復 元 元 の [ コ ン テ ン ツ 名 ][ デ ー タ ソ ー ス ][ 更 新 日 時 ][ パ ス ]が 表 示 さ れ ま す 5 復 元 オプション 復 元 実 行 時 に 指 定 された 復 元 オプションの 状 態 がアイコン 表 示 されます 無 効 にされたオプション 項 目 はグレーアウト 表 示 されま す 6 復 元 ステータス 復 元 状 況 ウィンドウが 表 示 された 時 点 での 復 元 ステータスが 表 示 されます 最 新 のステータスを 表 示 するには[ 更 新 ]ボタンをク リックしてください 尚 ステータスには 以 下 の 種 類 があります 復 元 中 復 元 中 の 場 合 に 表 示 されます 復 元 失 敗 復 元 が 失 敗 した 場 合 に 表 示 されます 復 元 成 功 正 常 に 復 元 が 完 了 した 場 合 に 表 示 されます 復 元 先 復 元 先 の 階 層 パスが 表 示 されます 強 制 終 了 復 元 中 及 び 待 機 中 の 場 合 に 表 示 さ れ ます クリックすることで 実 行 した 復 元 処 理 を 強 制 的 に 終 了 します 一 度 強 制 終 了 したも の は 再 開 することはできませんのでご 注 意 ください エラー 詳 細 ダウンロード 復 元 が 失 敗 した 場 合 に 表 示 さます クリックすることでエラーメッセージが 出 力 されたログファイルをダウンロードします 7[ 閉 じ る]ボ タ ン 復 元 状 況 ウィンドウを 閉 じます P.56

57 [3]タイムマシーンの 設 定 3-2 各 部 の 名 称 と 役 割 3-3 タイムマシーンの 稼 働 手 順 解 説 1 バックアップ 設 定 画 面 又 はレプリケーション 設 定 画 面 にて[タイムマ シーン 機 能 ]を 有 効 にします 2 タイムマシーン 機 能 を 有 効 にした 際 に 入 力 可 能 になる[タイムマシーン 保 存 期 間 ]を 入 力 し [ 適 用 ]ボタンをクリックしま す 3 ツールバーに 配 置 さ れている バックアップ 又 はレプリケーションの [ON / OFF]ボタンをクリックし [ON] 状 態 にします ワンポイント バックアップ 機 能 およびレプリケーション 機 能 の 稼 働 手 順 については 以 下 をご 覧 ください 1-3 バックアップの 稼 働 (P.21) 2-4 レプリケーション 機 能 の 有 効 化 (メインサーバー)(P.48) ご 注 意 有 効 にしていたタイムマシーン 機 能 を 無 効 にすると 最 新 を 除 くバックアップデータは 全 てクリアされま す 過 去 の デー タを 保 持 したまま 一 時 的 にタイムマ シーン 機 能 を 停 止 することはできませんのでご 注 意 ください P.57

58 [3]タイムマシーンの 設 定 3-3 タイムマシーンの 稼 働 P.58

59 [4] ライブリカバリの 設 定 4-1 ライブリカバリとは 各 部 の 名 称 と 役 割 ライブリカバリの 稼 働 65 P.59

60 [4]ライブリカバリの 設 定 4-1 ライブリカバリとは 4-1 ライブリカバリとは ライブリカバリ 機 能 は マスタドライブからアクセスされたファイルの 実 体 が 破 損 していた 場 合 等 に バックアップ もしく はレプリケーションデータから 瞬 時 に 復 元 する 機 能 です 機 能 についての 概 要 は 下 図 をご 覧 ください 保 留 ファイルについて 保 留 ファイルとは 何 らかの 理 由 により 復 元 を 保 留 しているファイルのことです 主 に ライブリカバリでファイルの 復 元 を 試 みた 際 バックアップを 保 存 している 構 成 ストレージに 何 らかの 理 由 でアクセスできなかった 場 合 に 発 生 します 検 出 された 保 留 ファイルは 保 留 ファイル 一 覧 ( 詳 細 は 4-2 各 部 の 名 称 と 役 割 (P.61) の 保 留 ファイル 一 覧 画 面 を 参 照 ) として 表 示 されますので バックアップを 保 存 している 構 成 ストレージへ 正 常 にアクセスできるようになった 際 に この 画 面 から 再 度 復 元 処 理 を 実 行 してください 尚 バックアップファイル 自 体 もしくはバックアップを 保 存 している 構 成 ストレージが 破 損 してしまった 場 合 は 復 元 できま せんので 保 留 ファイル 一 覧 画 面 から 該 当 するレコードを 削 除 してください P.60

61 [4]ライブリカバリの 設 定 4-2 各 部 の 名 称 と 役 割 4-2 各 部 の 名 称 と 役 割 ライブリカバリ 設 定 画 面 名 称 と 役 割 1 ライブリカバリ[ON / OFF]ボタン ライブリカバリ 機 能 を 稼 働 / 停 止 します 2[ 全 て O N ]ボ タ ン 全 てのマスタドライブ 用 構 成 ストレージに 対 してライブリカバリ 機 能 を 有 効 にします 3[ 全 て O F F]ボ タ ン 全 てのマスタドライブ 構 成 ストレージに 対 してライブリカバリ 機 能 を 無 効 にします 4[ 元 に 戻 す ]ボ タ ン 設 定 値 を 最 後 に 保 存 された 状 態 へ 戻 します 5[ 適 用 ]ボ タ ン 選 択 されている 設 定 値 を 保 存 します 6[ O N ]ボ タ ン 各 ティア 毎 に 登 録 された 構 成 ストレージ 全 てに 対 してライブリカバリ 機 能 を 有 効 にします P.61

62 [4]ライブリカバリの 設 定 4-2 各 部 の 名 称 と 役 割 7[ O F F]ボ タ ン 各 ティア 毎 に 登 録 された 構 成 ストレージ 全 てに 対 してライブリカバリ 機 能 を 無 効 にします 8 ストレージレコード 登 録 されている 仮 想 ドライブ 用 構 成 ストレージの 一 覧 を 表 示 します 9[ON / OFF]ラジオボタン ストレージ 毎 にライブリカバリ 機 能 の 有 効 / 無 効 を 選 択 します P.62

63 [4]ライブリカバリの 設 定 4-2 各 部 の 名 称 と 役 割 保 留 ファイル 一 覧 画 面 名 称 と 役 割 1[ C S V 出 力 ]ボ タ ン 保 留 ファイルの 一 覧 を CSV 形 式 のファイルで 出 力 します 2[ ファイル を 復 元 ]ボ タ ン 選 択 されている 保 留 ファイルに 対 して 復 元 処 理 を 実 行 します 3[ 全 てのファイル を 復 元 ]ボ タ ン 全 ての 保 留 ファイルに 対 して 復 元 処 理 を 実 行 します 4[ 復 元 せずに 削 除 ]ボタン 選 択 さ れている 保 留 ファイル をレコードから 削 除 します 削 除 した 場 合 マスタドライブ 用 バックアップ 用 双 方 の DB レコードから も 削 除 されますのでご 注 意 ください 5 保 留 ファイルレコード 検 出 した 保 留 ファイルのレコードです 状 態 検 出 日 時 仮 想 ドライブ 上 の 位 置 構 成 ストレージ 上 の 位 置 が 表 示 されます P.63

64 [4]ライブリカバリの 設 定 4-2 各 部 の 名 称 と 役 割 詳 細 情 報 ウィンドウ 名 称 と 役 割 1 ファイル 名 ファイル 名 が 表 示 されます 2 事 由 保 留 ファイルとなった 事 由 が 表 示 されます 3 サイズ ファイルサイズが 表 示 されます 4 作 成 日 時 ファイルの 作 成 日 時 が 表 示 されます 5 更 新 日 時 ファイルの 更 新 日 時 が 表 示 されます 6 アクセス 日 時 ファイルへの 最 終 アクセス 日 時 が 表 示 されます 7 検 出 日 時 不 整 合 ファイルとして 検 出 した 日 時 が 表 示 されます 8[ キ ャン セ ル]ボ タ ン 履 歴 詳 細 ウィンドウを 閉 じます 9[ 復 元 せずに 削 除 ]ボタン 当 該 ファイルを 復 元 せずに レコードを 削 除 します 10[ ファイル を 復 元 ]ボ タ ン 当 該 ファイルを 復 元 処 理 を 実 行 します P.64

65 [4]ライブリカバリの 設 定 4-3 ライブリカバリの 稼 働 4-3 ライブリカバリの 稼 働 手 順 解 説 各 部 の 名 称 と 役 割 (P.61) の ラ イ ブ リ カ バ リ 設 定 画 面 の 解 説 を 参 考 に ライブリカバリを 有 効 にする 構 成 ストレージを 選 択 しま す 2 ツールバーに 配 置 されている ライブリカバリの[ON / OFF]ボタン を ク リ ッ ク し [ O N ] 状 態 に し ま す ワンポイント ボタンに 表 示 されている 文 言 は 現 在 の 状 態 を 表 してい ます P.65

66 [4]ライブリカバリの 設 定 4-3 ライブリカバリの 稼 働 P.66

67 [5] データの 復 元 5-1 ライブリカバリによる 復 元 タイムマシーンによる 復 元 ストレージリカバリによる 復 元 システムリカバリによる 復 元 74 P.67

68 [5]データの 復 元 5-1 ライブリカバリによる 復 元 5-1 ライブリカバリによる 復 元 ライブリカバリとは 本 製 品 のライブリカバリ 機 能 を 有 効 にすることで マスタドライブからアクセスされたファイルの 実 体 が 破 損 していた 場 合 等 に バックアップもしくはレプリケーションデータから 瞬 時 に 復 元 する 機 能 です ファイルサイズが 大 きい 場 合 は 非 同 期 の 復 元 となり 処 理 が 完 了 するまでは 閲 覧 のみ 可 能 な 状 態 となります 該 当 するファイルのバックアップが 最 新 でない 場 合 は 復 元 保 留 ファイルとなります 復 元 の 概 要 P.68

69 [5]データの 復 元 5-2 タイムマシーンによる 復 元 5-2 タイムマシーンによる 復 元 本 製 品 のバックアップ 機 能 及 び タイムマシーン 機 能 を 有 効 にすることで 任 意 時 点 のバックアップ 又 はレプリケーション データからマスタドライブにファイル を 復 元 できます 尚 処 理 の 負 荷 を 軽 減 するため 復 元 中 は 一 時 的 に バックアップ 処 理 が 停 止 します また 復 元 されたデータは 新 たにバックアップされる 対 象 となります 大 容 量 の データを 復 元 する 場 合 は バックアップ 用 構 成 ストレージの 空 き 容 量 にご 注 意 ください 手 順 解 説 1[タイムマシーンビューアー]を 開 き データソースを 選 択 します 2[ 表 示 日 時 ]ボタンをクリックし 日 時 指 定 ウィンドウにて 任 意 の 時 点 を 指 定 して[ 決 定 ]ボタンをクリックしま す P.69

70 [5]データの 復 元 5-2 タイムマシーンによる 復 元 手 順 解 説 3 復 元 対 象 のコンテンツがあるフォルダーに 移 動 し 復 元 対 象 にチェッ ク を 入 れ [ 復 元 ]ボ タ ン を ク リ ッ ク し ま す ワンポイント 日 時 指 定 で[ 常 に 最 新 のバックアップデータを 参 照 ]に チェックを 入 れた 場 合 復 元 されるデータは 画 面 表 示 時 点 のデータです 画 面 表 示 時 点 より 後 に 更 新 されたデー タ を 復 元 す るに は 画 面 を 一 度 リロ ードして 最 新 の バッ クアップデータを 一 覧 に 表 示 させてから 復 元 を 実 行 して ください 4 特 定 のバージョンを 復 元 する 場 合 は 当 該 ファイルをクリックすること で 表 示 される[バージョン 一 覧 ]ウィンドウから 任 意 のバージョンにチェッ ク を 入 れ [ 復 元 ]ボ タ ン を ク リ ッ ク し ま す ワンポイント バージョン 一 覧 には ファイル 名 が 変 更 された 場 合 も 表 示 されます 5[ 復 元 オ プション]を 指 定 し [ 決 定 ]ボタンをクリックしま す P.70

71 [5]データの 復 元 5-2 タイムマシーンによる 復 元 手 順 解 説 6 確 認 ダイアログが 表 示 されるので [OK]ボタンをクリックします 7 フォルダー 作 成 の 確 認 ダイアログが 表 示 された 場 合 は[OK]ボタン をクリックします 8 復 元 処 理 実 行 の 確 認 ダイアログが 表 示 されるので [OK]ボタンをク リックします 9[ 復 元 状 況 ]ボタンをクリックし コンテンツの 復 元 が 成 功 しているこ とを 確 認 します ワンポイント [ 復 元 失 敗 ]と な った 場 合 は[ エラ ー 詳 細 ロ グ ]を ダ ウ ン ロードして 内 容 を 確 認 してください また 処 理 が 完 了 し ない 場 合 は [ 強 制 終 了 ]してから 再 度 復 元 を 試 みてくだ さい P.71

72 [5]データの 復 元 5-2 タイムマシーンによる 復 元 手 順 解 説 10 マスタドライブの 復 元 先 に 指 定 したフォルダーを 開 き 指 定 したコンテ ンツが 復 元 されていることを 確 認 します ワンポイント 既 に 復 元 先 を 開 いている 場 合 は 一 度 リフレッシュして ください また 復 元 先 に 既 に 同 名 のコン テンツが 存 在 していた 場 合 名 称 が[コンテンツ 名 (1)]のように 連 番 でリネームされます P.72

73 [5]データの 復 元 5-3 ストレージリカバリによる 復 元 5-3 ストレージリカバリによる 復 元 ストレージリカバリとは マスタドライブ 用 の 構 成 ストレージが 障 害 などで 使 用 できなくなった 際 そのストレージに 保 存 されていたデータをバックアップから 復 元 する 機 能 です ストレージリカバリは 対 象 ストレージの [ 強 制 取 り 外 し]を 行 うこ とで 実 行 さ れ 復 元 処 理 が 正 常 に 完 了 した 後 に 強 制 的 に 取 り 外 さ れます 尚 バックアップから 復 元 さ れるデータの 保 存 先 は 正 常 に 稼 動 している 構 成 ストレージの 中 で 最 も 設 定 速 度 が 高 く 空 き 容 量 のあるストレージとなります 手 順 解 説 1 対 象 のストレージの 設 定 画 面 より[ 強 制 取 り 外 し]を 実 行 してくださ い 2 以 下 のメッセージが 表 示 されるので [OK]ボタンをクリックします 3 ストレージリカバリの 処 理 が 開 始 されます 復 元 処 理 が 正 常 に 完 了 すると 対 象 のストレージが 強 制 的 に 取 り 外 されます ワンポイント ストレージリカバリ 実 行 中 に 何 らかの 原 因 でバック アップ 用 構 成 ストレージにアクセスできなくなった 場 合 復 元 中 のコンテンツは 復 元 保 留 状 態 となります 保 留 フ ァ イ ル に つ い て の 詳 細 は [ 4-1 ライブリカバ リとは (P.60)] 内 の[ 保 留 ファイルについて]を ご 覧 ください P.73

74 [5]データの 復 元 5-4 システムリカバリによる 復 元 5-4 システムリカバリによる 復 元 システムリカバリとは バックアップ またはレプリケーションデータからマスタドライブ 内 の 全 てのデータを 復 元 する 機 能 です システムレベルの 障 害 が 発 生 した 場 合 など 本 製 品 を 新 規 にインストールしなければならない 場 合 でも バックアップ データ またはレプリケーションデータから 本 製 品 で 使 用 していた 全 てのデータを 復 元 することができます 本 機 能 を 実 行 するには まずシステムリカバリモードに 変 更 する 必 要 があります 詳 しい 手 順 については 後 述 の バックアッ プ か ら の シス テ ム リ カ バ リ 手 順 ( P.74) 又 は レプリカドライブからのシステムリカバリ 手 順 (P.76) を 参 照 してく ださい レプリケーション(クラウドバックアップ)を 構 成 している 場 合 について レプリケーションを 実 施 していた 環 境 でシステムリカバリを 実 行 する 場 合 バックアップデータから 復 元 するとペアリング 状 態 が 復 元 できない 為 システムリカバリ 完 了 後 に 以 前 のレプリケーションデータを 使 用 することができなくなります 前 述 の 環 境 の 場 合 は 必 ずレプリケーションデータからのシステムリカバリを 実 行 してください また 以 降 のバージョンでバックアップデータからシステムリカバリを 実 行 する 場 合 マスタモードで 稼 動 していたイ ンスタンス 1のバックアップデータからのみ 可 能 となりますのでご 注 意 ください バックアップからのシステムリカバリ 手 順 1 本 製 品 の 新 規 インストール 時 に 復 元 対 象 のバックアップ DBが 保 存 されている 場 所 を[バックアップ 用 DB 保 存 先 ]に 指 定 します P.74

75 [5]データの 復 元 5-4 システムリカバリによる 復 元 バックアップからのシステムリカバリ 手 順 2 復 元 ポイントが 見 つかると 以 下 のメッセージが 表 示 されますので [は い]ボタンをクリックしま す 3 管 理 画 面 へアクセスし [ストレージ 追 加 ]ボタンをクリックし 復 元 先 の 構 成 ストレージを 登 録 します 4 復 元 に 充 分 な 容 量 が 登 録 されると[システムリカバリ 開 始 ]ボタンが 表 示 されますので ボタンをクリックし システムリカバリを 開 始 します ワンポイント コンテンツのセキュリティ 情 報 も 含 めて 完 全 に 復 元 する には システムリカバリ 開 始 前 に ユーザーとグル ープを 準 備 しておく 必 要 があります 必 要 なユーザーとグルー プについては 本 製 品 がインストールされているフォル ダーに 作 成 される[UserInfoBackup.txt]を 参 照 してく ださい ( 例 :C: Program Files VVAULT UserInfoBackup. txt) ご 注 意 コンテンツのセキュリティ 情 報 も 復 元 している 場 合 は システムリカバリ 中 に ユーザー グル ープを 変 更 しないでください P.75

76 [5]データの 復 元 5-4 システムリカバリによる 復 元 レプリカドライブからのシステムリカバリ 手 順 ご 注 意 レプリカドライブからのシステムリカバリは バックアップからの 場 合 と 異 なり インストール 完 了 後 にレプリケーションの 設 定 画 面 にてレプリカドライブへ 接 続 できる 状 態 にする 必 要 があります 尚 本 機 能 を 実 行 する 際 は 以 下 の 点 をご 確 認 くだ さい レプリカドライブのサービスポリシーでシステムリカバリ 機 能 の 使 用 が 許 可 されている マスタドライブ 上 にコンテンツが 存 在 しない 1 レプリケーション 設 定 画 面 にて [ペアリング URL][パスワード][ポー ト 番 号 ]を 入 力 後 [ 適 用 ]ボタ ン をクリックし レプリカドラ イ ブへ 接 続 可 能 な 状 態 にします 2 復 元 ポイントが 見 つかると 以 下 のメッセージが 表 示 されますので [ O K ]ボタンをクリックしま す 以 降 の 手 順 は バックアップからのシステムリカバリ 手 順 の3 以 降 と 同 様 となりますので そちらをご 覧 ください P.76

77 [5]データの 復 元 5-4 システムリカバリによる 復 元 P.77

78 株 式 会 社 オレガ 東 京 都 新 宿 区 山 吹 町 347 藤 和 江 戸 川 橋 ビル 6F VMBRE

本 文 書 のご 利 用 にあたって 本 文 書 には 著 作 権 によって 保 護 される 内 容 が 含 まれています 本 書 の 内 容 の 一 部 または 全 部 を 著 作 者 の 許 諾 なしに 複 製 改 変 および 翻 訳 することは 著 作 権 法 下 での 許 可 事 項 を 除

本 文 書 のご 利 用 にあたって 本 文 書 には 著 作 権 によって 保 護 される 内 容 が 含 まれています 本 書 の 内 容 の 一 部 または 全 部 を 著 作 者 の 許 諾 なしに 複 製 改 変 および 翻 訳 することは 著 作 権 法 下 での 許 可 事 項 を 除 レプリケーション クライアント 編 ver. 7 導 入 ステップガイド 本 文 書 のご 利 用 にあたって 本 文 書 には 著 作 権 によって 保 護 される 内 容 が 含 まれています 本 書 の 内 容 の 一 部 または 全 部 を 著 作 者 の 許 諾 なしに 複 製 改 変 および 翻 訳 することは 著 作 権 法 下 での 許 可 事 項 を 除 き 禁 止 されています

More information

たよれーる どこでもキャビネット ご利用の手引き(Windows版アプリ)

たよれーる どこでもキャビネット ご利用の手引き(Windows版アプリ) Windows 版 アプリ 操 作 マニュアル 2016 年 7 月 版 目 次 目 次 サービス 内 容... 2 どこでもキャビネットとは... 2 Windows 版 アプリの 概 要... 2 お 問 い 合 わせ 窓 口... 2 インストール/アンインストール... 3 インストールする... 3 アカウントを 設 定 する... 6 アンインストールする... 8 基 本 操 作...

More information

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル CloudDisk 操 作 マニュアル ver.2.3 PC クライアント 版 株 式 会 社 目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイルの 一

More information

版 数 年 月 日 主 な 改 訂 内 容 1.0 平 成 28 年 3 月 1.1 平 成 28 年 4 月 初 版 発 行 5 調 査 報 告 書 を 作 成 する( 入 力 編 ) 入 力 方 法 コンボボックス(リスト) に 入 力 可 能 文 字 数 の 説 明 を 追 加 入 力 補 助

版 数 年 月 日 主 な 改 訂 内 容 1.0 平 成 28 年 3 月 1.1 平 成 28 年 4 月 初 版 発 行 5 調 査 報 告 書 を 作 成 する( 入 力 編 ) 入 力 方 法 コンボボックス(リスト) に 入 力 可 能 文 字 数 の 説 明 を 追 加 入 力 補 助 調 査 報 告 書 作 成 ソフトマニュアル 不 動 産 登 記 規 則 第 93 条 ただし 書 Vol. 1.1 版 数 年 月 日 主 な 改 訂 内 容 1.0 平 成 28 年 3 月 1.1 平 成 28 年 4 月 初 版 発 行 5 調 査 報 告 書 を 作 成 する( 入 力 編 ) 入 力 方 法 コンボボックス(リスト) に 入 力 可 能 文 字 数 の 説 明 を 追 加

More information

改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 -

改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 - BIGLOBE クラウドストレージ ios アプリ 操 作 マニュアル 2014 年 4 月 15 日 ビッグローブ 株 式 会 社 - 1 - 改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 - 目 次 目 次... 3 はじめに... 4 1. ログイン... 5 1.1 新 規 ログイン( 初 めて ios アプリをご

More information

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 27 年 4 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 提 出

More information

Microsoft PowerPoint - webmail_manual-estore_482.ppt

Microsoft PowerPoint - webmail_manual-estore_482.ppt 店 舗 メール 利 用 マニュアル 2013.04 04.08 08 ver.2.3 1 1. 目 次 表 紙... 1 1. 目 次... 2 2.ログイン(PC)... 3 3. 受 信... 4 4.メール 閲 覧,,,,,... 5 5.メール 削 除... 6 6.メール 作 成... 7 7.メール 作 成 ( 添 付 ファイル)... 12 8.メール 返 信... 13 9.フォルダ

More information

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i -

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - ( 事 業 者 向 け) 1.0 版 2015 年 3 月 31 日 改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - 目 次 1. はじめに... 1 2. システム 動 作 環 境... 1 2.1. 動 作 の 条 件 注 意 事 項... 1 2.1.1. JAVA スクリプトの 設 定... 1 2.1.2.

More information

SoftBank 202F 取扱説明書

SoftBank 202F 取扱説明書 NX!メールでメールやSMSを 管 理 する フォルダ 一 覧 画 面 について メールSMSを 確 認 する フォルダ 一 覧 画 面 の 見 かたは 次 のとおりです ホーム 画 面 で (NX!メール) フォルダ 一 覧 画 面 が 表 示 されます フォルダ 一 覧 画 面 が 表 示 されない 場 合 は または を 数 回 タップしてフォルダ 一 覧 画 面 に 戻 します フォルダ 一

More information



 スタートアップガイド Ver. 3.0 管 理 者 編 株 式 会 社 アバンセシステム クラウド コンピューティング 事 業 部 JECC E-mail jecc_support@avancesys.co.jp URL http://www.avancesys.co.jp/ ANPIC スタートアップガイド 管 理 者 編 2 ごあいさつ このたびは 安 否 情 報 システム ANPIC をご 導

More information

CarrityNW電話帳編集ソフトマニュアル

CarrityNW電話帳編集ソフトマニュアル Carrity-NW 用 電 話 帳 編 集 ソフトウェア マニュアル 1/38 2015.01(1.1 版 ) 目 次 1 概 要... 3 1.1 はじめに... 3 1.2 動 作 環 境... 3 1.3 ご 利 用 時 の 注 意 点... 3 2 ソフトウェアのインストール... 4 2.1 インストール... 4 2.2 アンインストール... 7 3 電 話 帳 データの 編 集...

More information

目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第

目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第 入 出 荷 棚 卸 収 集 Biz スタートパック 操 作 説 明 書 目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第 8 章 パ ソ コ ン の

More information

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル B5FW-0341-01 Z0 目 次 マニュアルの 表 記... 3 1.ワンタッチプライバシーへようこそ... 4.ワンタッチプライバシーを 使 うための 準 備... 5-1. 初 回 起 動 時 の 設 定... 5 -. 起 動 時 のパスワード 入 力... 8 3.データを 登 録 する... 9 3-1. データを 登 録 するうえでの

More information

品 名 が 表 示 されている サイズが 発 注 できるサイズ です これ 以 外 のサイズをご 利 用 される 場 合 は 弊 社 セール スまでご 連 絡 ください F-LinkNEO の 注 文 画 面 の 初 期 設 定 サイズを 変 更 する 場 合 は サイズの チャンネル(CH) 番

品 名 が 表 示 されている サイズが 発 注 できるサイズ です これ 以 外 のサイズをご 利 用 される 場 合 は 弊 社 セール スまでご 連 絡 ください F-LinkNEO の 注 文 画 面 の 初 期 設 定 サイズを 変 更 する 場 合 は サイズの チャンネル(CH) 番 F-LinkNEO 操 作 マニュアル Ver 9.500 管 理 画 面 の 設 定 問 題 なくインストールが 完 了 した 場 合 右 のような 画 面 が 表 示 されます メインメニューの 管 理 画 面 をクリックすると 各 種 設 定 メニューが 表 示 されます 設 定 が 完 了 したら 必 ず 一 度 プログラムを 終 了 してください 1 サーバー 接 続 設 定 最 初 にサーバー

More information

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7.

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. Web メール 操 作 説 明 書 京 都 与 謝 野 町 有 線 テレビ 0 目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. メール 一 覧 画 面...

More information

Cloud Disk とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することができる 便 利 なアプリケーション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について Cloud Disk サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと 本 資 料

Cloud Disk とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することができる 便 利 なアプリケーション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について Cloud Disk サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと 本 資 料 Cloud Disk(Mac 版 ) ユーザーガイド Last update 2013.10.23 Ver.2.1.1 1 Cloud Disk とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することができる 便 利 なアプリケーション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について Cloud Disk サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと

More information

ユーザーのページ

ユーザーのページ WebClass インターネット 教 育 システム ウェブクラス コース 管 理 者 ( 先 生 ) アカウント ユーザ ID author01 パスワード author01 ユーザ( 学 生 ) アカウント ユーザ ID user01 パスワード user01 WebClass とは... 3 WebClass を 活 用 いただける 場 面... 3 検 定 試 験 の 模 擬 問 題 の 作

More information

特 徴 と 注 意 点 決 済 の 接 続 方 式 クレジットカード 決 済 コンビニ 決 済 いずれも 外 部 リンク 型 (Air-Web) になります 内 容 確 認 画 面 にて 上 記 内 容 で 注 文 する をクリックすると 決 済 代 行 会 社 の 画 面 に 遷 移 します コン

特 徴 と 注 意 点 決 済 の 接 続 方 式 クレジットカード 決 済 コンビニ 決 済 いずれも 外 部 リンク 型 (Air-Web) になります 内 容 確 認 画 面 にて 上 記 内 容 で 注 文 する をクリックすると 決 済 代 行 会 社 の 画 面 に 遷 移 します コン ベリトランス 決 済 サービス W elcart クレジット 決 済 運 用 マニュアル Ver.1.0.0 2016 年 7 月 1 日 コルネ 株 式 会 社 目 次 特 徴 と 注 意 点... 2 申 込 方 法... 3 設 定 方 法... 4 ベリトランス 決 済 の 設 定... 4 クレジットカード 決 済... 5 コンビニ 決 済... 5 支 払 方 法 登 録... 6 接

More information

Microsoft Word - 新ユーザー専用ページ機能詳細・マニュアル.doc

Microsoft Word - 新ユーザー専用ページ機能詳細・マニュアル.doc 新 ユーザー 専 用 ページ 機 能 詳 細 マニュアル 平 成 25 年 2 月 6 日 ( 木 ) 以 降 にご 確 認 ください 1/24 目 次 ユーザー 専 用 ページ... 3 メールサービス... 4 メールサービス 画 面 構 成... 5 アカウント 詳 細 / 設 定... 5 高 機 能 フィルター... 6 ユーザーフィルター 設 定... 7 新 規 フィルターの 追 加...

More information

目 次 はじめに...4 1.キャンパスメールを 利 用 するには... 5 1.1.キャンパスメール 利 用 申 請 を 行 う... 5 1.2.アカウント 有 効 化 (アクティベーション)を 行 う... 9 2.メールの 利 用... 10 2-1. WEB ブラウザからメールを 利 用

目 次 はじめに...4 1.キャンパスメールを 利 用 するには... 5 1.1.キャンパスメール 利 用 申 請 を 行 う... 5 1.2.アカウント 有 効 化 (アクティベーション)を 行 う... 9 2.メールの 利 用... 10 2-1. WEB ブラウザからメールを 利 用 大 阪 大 学 キャンパスメール ユーザーマニュアル 目 次 はじめに...4 1.キャンパスメールを 利 用 するには... 5 1.1.キャンパスメール 利 用 申 請 を 行 う... 5 1.2.アカウント 有 効 化 (アクティベーション)を 行 う... 9 2.メールの 利 用... 10 2-1. WEB ブラウザからメールを 利 用 する... 10 2-1-1. Web メール

More information

Microsoft PowerPoint - 04_H26material_practice_No3-3.pptx

Microsoft PowerPoint - 04_H26material_practice_No3-3.pptx 参 考 : 届 書 作 成 プログラムによる 届 出 データの 作 成 方 法 (1) 事 前 準 備 1 被 保 険 者 データの 入 手 (ターンアラウンドCDを 利 用 する 場 合 ) 当 プログラムでは 提 出 先 の 年 金 事 務 所 が 保 有 している 被 保 険 者 のデータを 利 用 して 電 子 申 請 用 データを 作 成 することができます(これを ターンアラウンドCD

More information

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 災 害 アーカイブデータベースシステム 運 営 主 体 管 理 者 用 運 用 マニュアル 改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 訂 履 歴

More information

目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保 存 する 20 step4 登 録 する 21 step5 管 理 者 による 承

目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保 存 する 20 step4 登 録 する 21 step5 管 理 者 による 承 京 都 市 社 会 福 祉 研 修 情 報 システム 京 福 祉 の 研 修 情 報 ネット 操 作 マニュアル - 主 催 者 編 - 第 1.3 版 2016 年 5 月 16 日 目 次 1 ログインする 1 2 研 修 情 報 を 登 録 する 2 step1 登 録 フォームに 入 力 する 2 step2 プレビューで 入 力 内 容 を 確 認 する 18 step3 下 書 き 保

More information

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル グループウェア編

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル グループウェア編 POWER EGG V2.0 ユーザーズマニュアル グループウェア 編 Copyright 2009 D-CIRCLE,INC. All Rights Reserved 2009.4 はじめに 本 書 では POWER EGG 利 用 者 向 けに POWER EGG のグループウェア 機 能 に 関 する 操 作 を します 当 マニュアルでは グループウェア 機 能 に 関 する のみ 行 います

More information

送信アイコン操作ガイド

送信アイコン操作ガイド 送 信 アイコン 操 作 ガイド 日 本 ワムネット 株 式 会 社 技 術 部 2016 年 6 月 第 2.12 版 1 目 次 1 はじめに... 3 2 インストール... 4 Windows でのインストール 方 法... 5 MacOS X でのインストール 方 法... 6 3 アンインストール... 8 Windows でのアンインストール 方 法... 8 MacOS X でのアンインストール

More information

技術報告会原稿フォーマット

技術報告会原稿フォーマット Web 情 報 共 有 サービス 利 用 マニュアル 1. ファイルの 保 存 ブラウザを 開 き https://webshare.kyokyo-u.ac.jp を 開 く.ログイン 画 面 が 表 示 されるので,ユーザ ID(メールの ID) とパスワードを 入 力 し,ログインボタンをクリックする( 図 2). ログインに 成 功 すると,TOP フォルダの 一 覧 が 表 示 される (

More information

ア ク セス 統 計 の 確 認 月 ごとのアクセス 数 を 確 認 する 1 ア クセス 統 計 画 面 を 表 示 し 確 認 する 月 を 選 択 しま アクセス 統 計 画 面 の 表 示 方 法 アクセス 統 計 画 面 を 表 示 する (P.70) 最 も 古 い 月 の 統 計 デー

ア ク セス 統 計 の 確 認 月 ごとのアクセス 数 を 確 認 する 1 ア クセス 統 計 画 面 を 表 示 し 確 認 する 月 を 選 択 しま アクセス 統 計 画 面 の 表 示 方 法 アクセス 統 計 画 面 を 表 示 する (P.70) 最 も 古 い 月 の 統 計 デー ア ク セス 統 計 の 確 認 ア ク セス 統 計 の 確 認 お 客 様 のホームページへアクセスされた 回 数 を 確 認 しま 統 計 データの 保 証 期 間 統 計 デー タの 保 証 期 間 は 1 年 (12ヶ 月 ) で ア ク セス 統 計 画 面 を 表 示 す る 1 管 理 者 メ ニ ューを 表 示 し ア クセス 統 計 をクリックしま 管 理 者 メニューの 表 示

More information

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2

- 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 操 作 マニュアル 学 生 編 - (204 年 3 月 ) - 目 次 - 第 章 システムの 概 要.... ポータルサイトとは.... 2 利 用 環 境 とブラウザ 操 作 時 の 留 意 事 項.... 3 添 付 ファイル 登 録 時 の 留 意 事 項... 2 第 2 章 基 本 操 作... 3 2. ログインとログアウト... 3 2. 2 ポータル 画 面 の 構 成... 4

More information

mos-user-account-guide-079778-ja.pdf

mos-user-account-guide-079778-ja.pdf My Oracle Support ユーザー アカウントの 作 成 と 管 理 日 本 オラクル 株 式 会 社 グローバル カスタマー サポート 作 成 日 : 2009 年 8 月 19 日 更 新 日 : 2014 年 5 月 23 日 バージョン: 4.4 1 目 次 My Oracle Support にサインインするユーザー アカウントを 作 成... 3 新 規 のシングル サインオンのユーザー

More information

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル ファイル管理編

POWER EGG V2.01 ユーザーズマニュアル ファイル管理編 POWER EGG V2.0 ユーザーズマニュアル ファイル 管 理 編 Copyright 2009 D-CIRCLE,INC. All Rights Reserved 2009.4 はじめに 本 書 では POWER EGG 利 用 者 向 けに 以 下 の POWER EGG のファイル 管 理 機 能 に 関 する 操 作 を 説 明 しま す なお 当 マニュアルでは ファイル 管 理 機

More information

ULTRA DRIVE とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について ULTRA DRIVE サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアント

ULTRA DRIVE とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について ULTRA DRIVE サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアント ULTRA DRIVE(iOS 版 ) ユーザーガイド Last update 2016.1.15 Ver.2.0.8 ULTRA DRIVE とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することが 出 来 る 便 利 なアプリケー ション(オンラインストレージ)です 本 資 料 について ULTRA DRIVE サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際

More information

home-box2_quickguide_clienttool_v1.4

home-box2_quickguide_clienttool_v1.4 HOME-BOX 2 クライアントツール クイックガイド Ver1.4 HOME-BOX 2 クライアントツール でできること 1. HOME-BOX2 クライアントツールとは HOME-BOX2 クライアントツールは Windows OS で HOME-BOX2 をご 利 されているお 客 様 を 対 象 に WebDAV の 初 期 設 定 および PC 上 のデータを HOME-BOX2 の

More information

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル ファイル 管 理 マニュアル Copyright (C) 20 10 Cybozu, Inc. 目 次 管 理 者 マニュアル はじめに 1 ファイル 管 理 のシステム 管 理 について 2 システム 管 理 の 設 定 ファイル 管 理 の 一 般 設 定 を 変 更 する 3 フォルダにアクセス 権 を 設 定 する 5 ファイルサイズの 制 限 を 設 定 する 6 ファイルを 一 括 削

More information

ULTRA DRIVE とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することができる 便 利 なアプリケーション (オンラインストレージ)です 本 資 料 について ULTRA DRIVE サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと 本

ULTRA DRIVE とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することができる 便 利 なアプリケーション (オンラインストレージ)です 本 資 料 について ULTRA DRIVE サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際 のクライアントと 本 ULTRA DRIVE(Mac 版 ) ユーザーガイド Last update 2016.01.15 Ver.2.1.4 1 ULTRA DRIVE とは インターネット 上 (クラウド)に 大 切 なデータを 保 存 することができる 便 利 なアプリケーション (オンラインストレージ)です 本 資 料 について ULTRA DRIVE サービスは マイナーバージョンアップ 等 もあるため 実 際

More information

目 次 WEB 登 録 システムの 概 要 3 システム 要 件 3 1. 事 前 準 備 4 2. 施 設 長 ( 責 任 者 )による 初 期 登 録 2-1. 初 期 登 録 画 面 へのログイン( 初 期 登 録 時 のみ) 6 2-2. 施 設 長 ( 責 任 者 )ID とパスワードの

目 次 WEB 登 録 システムの 概 要 3 システム 要 件 3 1. 事 前 準 備 4 2. 施 設 長 ( 責 任 者 )による 初 期 登 録 2-1. 初 期 登 録 画 面 へのログイン( 初 期 登 録 時 のみ) 6 2-2. 施 設 長 ( 責 任 者 )ID とパスワードの 日 本 総 合 健 診 医 学 会 精 度 管 理 事 業 WEB 登 録 システム マニュアル( 初 期 登 録 編 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 総 合 健 診 医 学 会 精 度 管 理 委 員 会 2014 年 7 月 - 1 - 目 次 WEB 登 録 システムの 概 要 3 システム 要 件 3 1. 事 前 準 備 4 2. 施 設 長 ( 責 任 者 )による 初 期 登 録

More information

百 五 でんさいサービス 承 認 編 この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックして

百 五 でんさいサービス 承 認 編 この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックして 百 五 でんさいサービス 操 作 マニュアル 承 認 編 第 3.1 版 平 成 27 年 4 月 株 式 会 社 百 五 銀 行 百 五 でんさいサービス 承 認 編 この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例

More information

Microsoft Word - Webメール ユーザーマニュアル0414.doc

Microsoft Word - Webメール ユーザーマニュアル0414.doc 兵 庫 大 学 Web メール ユーザーマニュアル Contents 1. はじめに...4 1.1. Outlook Web Access (Web メール)とは... 4 2. ログオン ログオフ...5 2.1. ログオン... 5 2.2. ログオフ... 7 3. TOP 画 面...8 3.1. TOP 画 面 (Internet Explorer のみ)... 8 3.2. TOP 画

More information

Bizメール&ウェブ エコノミー メール設定ガイド

Bizメール&ウェブ エコノミー メール設定ガイド Bizメール&ウェブ エコノミー メール 設 定 ガイド 第 1.0 版 2016 年 9 月 1 日 更 新 履 歴 更 新 日 版 数 主 な 更 新 内 容 2016/9/1 1.0 版 初 版 作 成 1 はじめに はじめに Bizメール&ウェブ エコノミー メール 設 定 ガイド のご 利 用 にあたり 以 下 をご 覧 ください 本 書 では Bizメール&ウェブ エコノミー( 以 下

More information

スライド 1

スライド 1 電 子 調 査 票 (PDF ファイル)を 直 接 送 信 ( 提 出 )いただく 方 法 工 業 統 計 調 査 政 府 統 計 オンライン 調 査 システム 操 作 マニュアル - Ver.1.0 平 成 24 年 経 済 産 業 省 大 臣 官 房 調 査 統 計 グループ - お 願 い - 本 書 とログイン 情 報 は 厳 重 に 保 管 してくださ い ご 担 当 者 が 代 わられても

More information

ソフトウェアについてのよくあるご質問

ソフトウェアについてのよくあるご質問 ソフトウェアについてのよくあるご 質 問 (FAQ) ご 質 問 一 覧 ( ご 質 問 内 容 をクリックすると 回 答 に 移 動 します) ライセンスに 関 すること No. ご 質 問 内 容 該 当 するソフトウェア 1 Q. ソフトウェア 1 枚 で 複 数 台 のパソコンにインストールすることは 可 能 ですか インストールに 関 すること No. ご 質 問 内 容 該 当 するソフトウェア

More information

Microsoft Word - Active.doc

Microsoft Word - Active.doc 利 マニュアル 梅 校 メールサーバをご 利 されていた 教 員 の 皆 さまへ 2009 年 1 7 のメールサーバ 移 に 伴 い 学 外 からの 電 メールの 送 受 信 はウェブメール(Active!mail) からのみ 可 能 となりました Active!mail の 利 法 については 本 マニュアルをご 確 認 ください 次 Active!mail にログインする...2 Active!mail

More information

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1 商 工 中 金 外 為 Web 為 替 予 約 サービス ご 利 用 マニュアル 1ログイン 編 Ver.1.2 2015 年 3 月 - 1 - 目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3

More information

目 次 1. ログイン ログアウト... 4 1.1 ログイン... 4 1.2 ログアウト... 6 1.3 セッション 切 れ... 7 2. マイページ... 8 2.1 マイページの 見 方... 8 2.2 最 近 の 更 新... 9 3. マイキャビ... 11 3.1 マイキャビの

目 次 1. ログイン ログアウト... 4 1.1 ログイン... 4 1.2 ログアウト... 6 1.3 セッション 切 れ... 7 2. マイページ... 8 2.1 マイページの 見 方... 8 2.2 最 近 の 更 新... 9 3. マイキャビ... 11 3.1 マイキャビの マイキャビ Powered By SmartDocs TM web 版 ユーザーマニュアル 2012/12/12 ニフティ 株 式 会 社 1 / 36 目 次 1. ログイン ログアウト... 4 1.1 ログイン... 4 1.2 ログアウト... 6 1.3 セッション 切 れ... 7 2. マイページ... 8 2.1 マイページの 見 方... 8 2.2 最 近 の 更 新... 9

More information

新 規 団 体 登 録 ボタンをクリック

新 規 団 体 登 録 ボタンをクリック COMVO ネット 使 い 方 マニュアル 1. 登 録 方 法 大 阪 市 ボランティア 市 民 活 動 センター(http://www.osakacity-vnet.or.jp/) のペ ージのバナーボタンから COMVO ネット(http://www.osakacity-vnet.or.jp/comvo/) のトップに 入 れます 新 規 団 体 登 録 ボタンをクリック 新 規 団 体 登

More information

ITF Finder ヘルプ

ITF Finder ヘルプ もくじ 1.はじめに 1-1.ITF Finder について 1-2. 動 作 環 境 2.ITF Finder の 起 動 と 終 了 2-1.ITF Finder を 起 動 する 2-2.ITF Finder を 終 了 する 3.ITF Finder の 画 面 概 要 4.ITFファイルを 閲 覧 する 5.ITFファイルを 印 刷 する 6.ITFファイルをメールに 添 付 する 7.NETセキュリティのセキュリティ

More information

(i) 更 新 履 歴 版 数 日 付 更 新 内 容 1.0 2015 年 3 月 新 規 作 成 1.1 2015 年 3 月 ログイン 画 面 変 更 住 まい 問 合 せ 先 追 加 1.2 2015 年 4 月 問 い 合 わせ 先 入 力 画 面 追 加 i

(i) 更 新 履 歴 版 数 日 付 更 新 内 容 1.0 2015 年 3 月 新 規 作 成 1.1 2015 年 3 月 ログイン 画 面 変 更 住 まい 問 合 せ 先 追 加 1.2 2015 年 4 月 問 い 合 わせ 先 入 力 画 面 追 加 i 全 国 移 住 ナビ 操 作 説 明 書 民 間 不 動 産 業 者 用 第 1.2 版 2015 年 4 月 総 務 省 (i) 更 新 履 歴 版 数 日 付 更 新 内 容 1.0 2015 年 3 月 新 規 作 成 1.1 2015 年 3 月 ログイン 画 面 変 更 住 まい 問 合 せ 先 追 加 1.2 2015 年 4 月 問 い 合 わせ 先 入 力 画 面 追 加 i ご 注

More information

目 次. はじめに... 3 - 略 語 記 号 用 語... 3 2. 動 作 環 境... 4 2- アプリケーション 基 本 情 報... 4 2-2 アプリケーション 機 能 概 要... 4 3. アプリケーションインストール... 5 3- アプリケーションインストール 手 順... 5

目 次. はじめに... 3 - 略 語 記 号 用 語... 3 2. 動 作 環 境... 4 2- アプリケーション 基 本 情 報... 4 2-2 アプリケーション 機 能 概 要... 4 3. アプリケーションインストール... 5 3- アプリケーションインストール 手 順... 5 サービスマニュアル (PC ライブ 映 像 編 ) Ver. 株 式 会 社 NTT ドコモ 205/2/4 目 次. はじめに... 3 - 略 語 記 号 用 語... 3 2. 動 作 環 境... 4 2- アプリケーション 基 本 情 報... 4 2-2 アプリケーション 機 能 概 要... 4 3. アプリケーションインストール... 5 3- アプリケーションインストール 手 順...

More information

NEI

NEI 操 作 マニュアル 明 星 電 気 株 式 会 社 ML 1.3622(2) 1 お 知 らせ POTEKA Lab.は2013 年 10 月 20 日 よりPOTEKA Sta.2に 対 応 した 機 能 を 実 装 しました 次 頁 以 降 (P2~P6) POTEKA Sta.2 及 びPOTEKA Lab. 対 応 機 能 に ついて 記 載 します 2 お 知 らせ POTEKA Sta.2について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63> 住 My Note お 客 様 マ ニ ュ ア ル ID パスワード 情 報 お 名 前 お 客 様 I D パスワード1 パスワード2 更 新 日 ID パスワード 情 報 を 忘 れないよう システム 利 用 時 に 記 入 してください ID パスワード 情 報 は 紛 失 しないよう 管 理 してください 平 成 27 年 6 月 住 宅 金 融 支 援 機 構 目 次 1.ご 利 用 案

More information

やさしく名刺ファイリング PRO v.7.0 簡易操作マニュアル

やさしく名刺ファイリング PRO v.7.0 簡易操作マニュアル 簡 単 操 作 マニュアル -スマートフォン 連 携 - 1 やさしく 名 刺 ファイリング PRO v.13.0 簡 単 操 作 マニュアル -スマートフォン 連 携 - 目 次 ページ 1.はじめに... 3 2.スマートフォン タブレットとの 連 携... 4 3. やさしく 名 刺 ファイリング Mobile (LE) を 利 用 する... 5 3-1. Gmail 連 絡 先 同 期 方

More information

特 徴 と 注 意 点 決 済 の 接 続 方 式 ソフトバンク ペイメント サービスで 利 用 できるすべての 決 済 サービスは 外 部 リンク 型 にな ります 内 容 確 認 画 面 にて 上 記 内 容 で 注 文 する をクリックすると 決 済 代 行 会 社 の 画 面 に 遷 移 し

特 徴 と 注 意 点 決 済 の 接 続 方 式 ソフトバンク ペイメント サービスで 利 用 できるすべての 決 済 サービスは 外 部 リンク 型 にな ります 内 容 確 認 画 面 にて 上 記 内 容 で 注 文 する をクリックすると 決 済 代 行 会 社 の 画 面 に 遷 移 し ソフトバンク ペイメント サービス W elcart クレジット 決 済 運 用 マニュアル Ver.1.0.0 2016 年 7 月 1 日 コルネ 株 式 会 社 目 次 特 徴 と 注 意 点... 2 申 込 方 法... 4 設 定 方 法... 5 ソフトバンク ペイメント サービスの 設 定... 5 支 払 方 法 登 録... 8 接 続 テスト... 10 クレジットカード 決

More information

エ CarotDAV が 起 動 すると 次 のようなウィンドウが 表 示 されます メニューバーにある File から New Connection の WebDAV を 選 択 します オ 次 のような 設 定 画 面 が 表 示 されたら General タブでネットワークアドレスなどを 設

エ CarotDAV が 起 動 すると 次 のようなウィンドウが 表 示 されます メニューバーにある File から New Connection の WebDAV を 選 択 します オ 次 のような 設 定 画 面 が 表 示 されたら General タブでネットワークアドレスなどを 設 Windows7での WebDAV 接 続 Windows7 などでは ネットワークドライブの 割 り 当 て や ネットワークドライブの 割 り 当 て という 従 来 の 方 法 では 認 証 がうまく 通 らず WebDAV の 利 用 が 簡 単 に 利 用 できなくなってきました そこで ここでは 次 の フリーソフト CarotDAV の 利 用 についてご 紹 介 します ご 参 考

More information

目 次 第 1 章 設 定 の 準 備 2 第 2 章 ケーブルモデムとパソコンの 配 線 2 第 3 章 インターネット 接 続 設 定 3 3-1. Windows の 接 続 設 定 3 3-1-1.Windows 8 3 3-1-2.Windows 7 7 3-1-3.Windows Vis

目 次 第 1 章 設 定 の 準 備 2 第 2 章 ケーブルモデムとパソコンの 配 線 2 第 3 章 インターネット 接 続 設 定 3 3-1. Windows の 接 続 設 定 3 3-1-1.Windows 8 3 3-1-2.Windows 7 7 3-1-3.Windows Vis ユーザーセットアップガイド 平 成 24 年 11 月 14 日 作 成 http://www.hicat.ne.jp/ HICAT お 客 さまセンター( 受 付 時 間 9:00~18:00 年 中 無 休 ) 0120-085-340 目 次 第 1 章 設 定 の 準 備 2 第 2 章 ケーブルモデムとパソコンの 配 線 2 第 3 章 インターネット 接 続 設 定 3 3-1. Windows

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 登 録 作 業 者 用 Ver. 2 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/8/9 ファイル 取 り 込 み 時 の 同 一 レコードの 判 定 についての 記 載 を 追 記 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 目 次 1.

More information

スライド 1

スライド 1 セキュリティ 安 心 ブラウザ Android 版 WEBフィルタリングソフト 簡 単 マニュアル 本 マニュアルはAndroid4.2.2をベースに 構 成 しております 端 末 やOSのバージョンによって 名 称 が 違 う 場 合 があります ファイナル スマホ セキュリティのインストール ファイナル スマホ セキュリティの 初 期 設 定 ファイナル スマホ セキュリティの 使 い 方 (ブラウザ)

More information

ログイン ブラウザから TDPOST へアクセス ログイン GC-(お 客 様 名 )フォルダを 選 択 各 作 業 へ ブラウザを 起 動 します (Internet Explorer Safari Firefox など) 下 記 アドレスをブラウザのアドレス 入 力 欄 に 入 力 します ht

ログイン ブラウザから TDPOST へアクセス ログイン GC-(お 客 様 名 )フォルダを 選 択 各 作 業 へ ブラウザを 起 動 します (Internet Explorer Safari Firefox など) 下 記 アドレスをブラウザのアドレス 入 力 欄 に 入 力 します ht サーバが 新 しくなりました 現 在 ご 利 用 をいただいている 弊 社 FTP サーバがセキュリティ 強 化 のため 新 しくなります 恐 れ 入 りますが 切 り 替 えをお 願 い 致 します 東 海 電 子 印 刷 オンラインストレージサーバ 事 前 登 録 お 客 様 用 こちらの 説 明 書 は TDPOST に 事 前 登 録 をされたお 客 様 専 用 の 説 明 書 です ログイン

More information

甲南大学 Office365の使い方

甲南大学 Office365の使い方 2015/10/03 情 報 システム 室 (Version 1.2) 甲 南 大 学 のパソコンには 環 境 復 元 機 能 が 入 っています パソコン 教 室 などで 行 っ た 設 定 は 一 度 ログオフすると 元 に 戻 ります ご 注 意 ください このマニュアルは Windows 7/Internet Explorer の 環 境 を 基 に 作 成 しています OS やブラウザが

More information

1.SONSAPP( 見 積 )アプリとは 1-1 SONSAPP( 見 積 )の 概 要 SONSAPP( 見 積 )とは HRKSONS 社 が 提 供 する 建 設 業 向 け 見 積 クラウドサービス (NeSTWORK)と kintone の 連 携 を 目 的 とした kintone ア

1.SONSAPP( 見 積 )アプリとは 1-1 SONSAPP( 見 積 )の 概 要 SONSAPP( 見 積 )とは HRKSONS 社 が 提 供 する 建 設 業 向 け 見 積 クラウドサービス (NeSTWORK)と kintone の 連 携 を 目 的 とした kintone ア SONSAPP( 見 積 ) 運 用 マニュアル 目 次 1. SONSAPP( 見 積 )アプリとは 1-1: SONSAPP( 見 積 )の 概 要 2. 事 前 準 備 (アプリの 作 成 ) 2-1: アプリストアからアプリを 作 成 する 2-2: API トークンを 設 定 する 3. SONSAPP( 見 積 )アプリの 操 作 3-1: データを 更 新 する 3-2: 画 面 を

More information

目 次 1. はじめに...- 3-2. ご 利 用 に 際 して 必 要 なもの...- 3-2-1 インターネット 回 線...- 3-2-2 機 器...- 3-2-3 FeliCa ポートソフトウェア...- 4-2-4 Adobe AIR...- 4-2-5 打 刻 アプリ...- 4-3

目 次 1. はじめに...- 3-2. ご 利 用 に 際 して 必 要 なもの...- 3-2-1 インターネット 回 線...- 3-2-2 機 器...- 3-2-3 FeliCa ポートソフトウェア...- 4-2-4 Adobe AIR...- 4-2-5 打 刻 アプリ...- 4-3 InternetTimeRecorder 打 刻 ア プ リ 勤 務 先 管 理 者 向 け マ ニ ュ ア ル 2014 年 6 月 23 日 Version 1.2 bit- drive - 1 - 目 次 1. はじめに...- 3-2. ご 利 用 に 際 して 必 要 なもの...- 3-2-1 インターネット 回 線...- 3-2-2 機 器...- 3-2-3 FeliCa ポートソフトウェア...-

More information

1. 目 次 2. 利 マニュアルについて... 3 2-1. 本 マニュアルを 使 うにあたって... 3 2-2. 注 意 事 項... 3 2-3. 推 奨 ブラウザ... 3 2-3. 改 訂 履 歴... 3 3.WEB メールを 使 う... 4 3-1.ログイン... 4 3-2.メイ

1. 目 次 2. 利 マニュアルについて... 3 2-1. 本 マニュアルを 使 うにあたって... 3 2-2. 注 意 事 項... 3 2-3. 推 奨 ブラウザ... 3 2-3. 改 訂 履 歴... 3 3.WEB メールを 使 う... 4 3-1.ログイン... 4 3-2.メイ WEB メール 利 用 マニュアル 第 2 版 平 成 27 年 3 月 1 1. 目 次 2. 利 マニュアルについて... 3 2-1. 本 マニュアルを 使 うにあたって... 3 2-2. 注 意 事 項... 3 2-3. 推 奨 ブラウザ... 3 2-3. 改 訂 履 歴... 3 3.WEB メールを 使 う... 4 3-1.ログイン... 4 3-2.メイン 画 の 構 成 と

More information

参 考 1 無 線 局 情 報 入 力 支 援 ( 基 地 局 と 固 定 局 の 事 項 書 のみに 対 応 ) 無 線 局 情 報 入 力 支 援 機 能 とは 過 去 に 申 請 したデータをダウンロードし 無 線 局 インターネット 申 請 アプリケーション で 利 用 できる 便 利 な

参 考 1 無 線 局 情 報 入 力 支 援 ( 基 地 局 と 固 定 局 の 事 項 書 のみに 対 応 ) 無 線 局 情 報 入 力 支 援 機 能 とは 過 去 に 申 請 したデータをダウンロードし 無 線 局 インターネット 申 請 アプリケーション で 利 用 できる 便 利 な 3-2. 申 請 の 新 規 作 成 3 内 容 確 認 A-4. 申 請 手 数 料 画 面 (もしくは A-6. 申 請 手 数 料 の 前 納 の 申 出 事 項 その2 画 面 ) において 入 力 完 了 ボタンをクリックすると 送 信 画 面 が 表 示 されます ここで 内 容 確 認 ボタンをクリックし 入 力 内 容 を 確 認 します 上 書 き 保 存 しておくことをお 勧 め

More information

平成21年5月26日

平成21年5月26日 電 納 ASPer 簡 易 マニュアル Ver5. 株 式 会 社 建 設 総 合 サービス ( 西 日 本 建 設 業 保 証 グループ) TEL : 06-65-8 FAX : 06-65-86 mail : office@wingbeat.net 目 次.システムへのログイン P. 総 工 事 一 覧 メニュー P. 各 工 事 サイト P5.ワークフローの 設 定 P6 5. 工 事 打 合

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information

『PCAセキュリティバックアップサービス』

『PCAセキュリティバックアップサービス』 Xythos Client4.2 からの 変 更 点 および Xythos Drive4.5 の 制 限 事 項 HOS090604 本 文 書 は プログラムのアップデート 方 法 サーバーソフトウェアバージョンアップに 伴 う 変 更 点 クライ アントプログラム Xythos Client4.2 からの 変 更 点 新 しいクライアントプログラム Xythos Drive4.5 の 制 限 事

More information

目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS ナビゲータへのログイン 15 3. ActiveX コントロールのインストール 17 4. Internet Explorer 以 外 の 設 定 18 1

目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS ナビゲータへのログイン 15 3. ActiveX コントロールのインストール 17 4. Internet Explorer 以 外 の 設 定 18 1 NetISMS システム 端 末 設 定 ガイド 注 意 事 項 各 社 各 部 門 等 でのセキュリティ 上 の 規 定 と 相 反 する 場 合 があります 必 ずご 自 身 の 使 用 する PC 端 末 のセキュリティ 管 理 者 等 にご 確 認 願 います 第 4.0 版 2016 年 7 月 1 日 目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS

More information

28年オンライン調査システム操作説明書

28年オンライン調査システム操作説明書 平 成 28 年 科 学 技 術 研 究 調 査 オ ン ラ イ ン 調 査 シ ス テ ム 操 作 説 明 書 科 学 技 術 研 究 調 査 では 郵 送 に 加 えてオンライン 調 査 システムを 利 用 した インターネットによるご 回 答 も 可 能 となっています オンライン 調 査 システムの 利 用 には フリーソフトである AdobeReader の 所 定 バージョン 等 の 利

More information

変 更 履 歴 日 付 変 更 ページ 変 更 内 容 2006/08/28 新 規 作 成 1

変 更 履 歴 日 付 変 更 ページ 変 更 内 容 2006/08/28 新 規 作 成 1 (Ver.2.0) 2006 年 8 月 30 日 ハルディン 変 更 履 歴 日 付 変 更 ページ 変 更 内 容 2006/08/28 新 規 作 成 1 目 次 Ⅰ.はじめに... 3 1.システム 環 境...3 2.ユーザー 登 録...3 3. 留 意 事 項...3 (1)ご 注 文 の 受 付 時 間... 3 (2) 出 荷 日... 3 Ⅱ. 概 略... 4 1.WebShopの

More information

メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受 信 したメールが 一 覧 表 示 されます メール 受 信 タブをクリックすると 受 信 箱 フ

メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受 信 したメールが 一 覧 表 示 されます メール 受 信 タブをクリックすると 受 信 箱 フ .3 1...3 メール 受 信 タブのサブメニューから 直 接 受 信 箱 以 外 のフォルダを 表 示 することもできます 共 有 メー ルボックスのフォルダは 指 定 できません 3. 35 メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受

More information

請求マニュアル(横浜市移動支援等)

請求マニュアル(横浜市移動支援等) Ver.3 横 浜 市 健 康 福 祉 局 障 害 福 祉 課 平 成 27 年 4 月 横 浜 市 の 移 動 支 援 事 業 訪 問 入 浴 施 設 入 浴 事 業 の 請 求 にご 活 用 ください 他 都 市 他 サービスとは 取 扱 いが 異 なりますので ご 注 意 ください 問 合 せ 先 横 浜 市 健 康 福 祉 局 障 害 福 祉 課 移 動 支 援 事 業 移 動 支 援 係

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

<837D836A83858341838B2E6169>

<837D836A83858341838B2E6169> ご 利 用 マニュアル KASMAPHO サポートセンター :0120-949-067 ( 受 付 時 間 : 平 日 10 時 ~16 時 ) Mail:support@kasmapho.com もくじ KASMAPHO とは? P2~ 5 まずはじめに 代 表 者 様 にしていただくこと 1. 新 規 登 録 からサービス 開 始 まで 2. グループ 作 成 3. メンバー ID 発 行 P9~12

More information

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期 東 北 工 業 大 学 ( 注 ) 各 種 問 い 合 わせ 窓 口 統 合 認 証 システムのパスワードを 忘 れた 場 合 の 再 発 行 について 情 報 サービスセンター 演 習 システム 管 理 室 八 木 山 ( 八 木 山 キャンパス8 号 館 1 階 ) 長 町 ( 長 町 キャンパス2 号 館 3 階 ) 統 合 認 証 システムのユーザID パスワードとは 本 学 情 報 サービスセンターが

More information

KnowledgeDeliver

KnowledgeDeliver 受 講 者 マニュアル 受 講 者 マニュアル 目 次 1. 本 書 について... 4 2. 映 像 学 習 システムで 学 習 する... 5 2-1 ログインする... 5 2-2 パスワードを 変 更 する... 6 2-3 一 般 的 なクラスの 仕 組 み... 7 2-3-1 教 材 検 索 の 使 い 方... 10 中 学 講 座 向 け 動 画 コードの 使 い 方... 10

More information

出退勤の登録方法

出退勤の登録方法 タイムカード メーカー for サイボウズ Office 管 理 者 マニュアル 2014/12/18 版 ファイブクリック 合 同 会 社 目 次 はじめに 商 標 について 前 準 備 1.サイボウズ Office のシステム 管 理 者 設 定 について 2.インストール 直 後 の 設 定 画 面 について 各 種 設 定 1. 設 定 方 法 と 設 定 画 面 2. 通 信 関 連 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483237837D836A83858341838B81798EF38D758ED295D2817A81698DEC90AC9286816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483237837D836A83858341838B81798EF38D758ED295D2817A81698DEC90AC9286816A> 教 員 免 許 状 更 新 講 習 管 理 システム 操 作 説 明 書 受 講 者 編 目 次 1. はじめに...- 1-2. システムトップの 画 面 構 成...- 2-3. 受 講 者 ID を 取 得 する...- 5-4. 本 システムにログインする...- 8-5. 本 システムからログオフする...- 9-6. 講 習 科 目 一 覧 を 参 照 する...- 9-7. 受 講 科

More information

改 定 履 歴 改 定 番 号 改 定 日 改 定 内 容 理 由 備 考 01 2012/12/14 資 材 EDIシステムのリプレースに 伴 う 制 定 02 2015/04/30 電 子 証 明 書 によるログインの 終 了 に 伴 う 改 定 03 2016/04/01 ホールディングカンパ

改 定 履 歴 改 定 番 号 改 定 日 改 定 内 容 理 由 備 考 01 2012/12/14 資 材 EDIシステムのリプレースに 伴 う 制 定 02 2015/04/30 電 子 証 明 書 によるログインの 終 了 に 伴 う 改 定 03 2016/04/01 ホールディングカンパ よくあるお 問 い 合 わせ (FAQ) 一 覧 東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 ビジネスソリューション カンパニー 調 達 システムグループ 2016 年 4 月 1 目 的 外 利 用 転 載 禁 止 東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 改 定 履 歴 改 定 番 号 改 定 日 改 定 内 容 理 由 備 考 01 2012/12/14 資 材 EDIシステムのリプレースに

More information

はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは

はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7 インストールマニュアル 第 4 版 2016/8/16 はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは

More information

■コンテンツ

■コンテンツ Joruri CMS 1.3.2 基 本 マニュアル (2013.6.28) 2012.2.15 コンテンツ 記 事 コンテンツ 記 事 では 以 下 のような 機 能 特 徴 を 備 えた 記 事 ページの 作 成 を 行 うこと が 出 来 ます TinyMCE の 使 用 で HTML 等 の 複 雑 な 知 識 を 必 要 とせず WORD のような 感 覚 でページを 作 成 ページの 公

More information

Microsoft Word - 情報メディア利用ガイド2014

Microsoft Word - 情報メディア利用ガイド2014 Biiメール(Gmail)の 利 用 方 法 Biiメールについて 入 学 時 に Bii メールアドレスが 配 布 されます 利 用 するメールアドレスは 下 記 のような 形 式 となります Bii アカウントカードを 確 認 してください 大 学 生 : @stu.kbu.ac.jp 短 大 生 : @stj.kbu.ac.jp 利 用 期 間 は 在 学 中 です 卒 業 後 半 年 間 は

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前 提 条 件 の 確 認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン 確 認 方 法 5

目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前 提 条 件 の 確 認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン 確 認 方 法 5 電 子 入 札 サービス IC カードを 利 用 しない 事 業 者 向 け Java ポリシー 設 定 マニュアル (Windows Vista/Windows 7/ Windows 8.1 用 ) 平 成 28 年 6 月 目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 電 子 入 札 システムを 使 用 するまでの 流 れ 1 第 2 章 Java ポリシーを 設 定 する 前 に 2 2.1 前

More information

はじめに

はじめに 3 3 AppleTalk 共 有 istorage NS から Macintosh クライアントへ 公 開 する 共 有 を 設 定 します クライアントがアクセス するための 共 有 名 と その 共 有 を istorage NS 内 のどのフォルダに 作 成 するかを 指 定 します 工 場 出 荷 時 にはサービスは 無 効 に 設 定 されています AppleTalk 共 有 を 行 なう

More information

page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお

page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお page. 1 シマツ 株 式 会 社 page. 1 page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお 掛 けし 続 けてきました 申 し 訳 けございません

More information

WebMail ユーザーズガイド

WebMail ユーザーズガイド ニフティクラウド ビジネスメール メール 共 有 サービス ユーザーズガイド 第 1.1 版 平 成 26 年 5 月 19 日 ニフティ 株 式 会 社 目 次 はじめに... 3 1. 共 有 メールボックスとは... 4 2. 共 有 メールボックスを 表 示 する... 5 3. 閲 覧 履 歴 操 作 履 歴 を 表 示 する... 8 4. 共 有 メールボックスからメールを 送 信 する...

More information

intra-mart EX申請システム version.7.2 操作説明書(システム利用者編)

intra-mart EX申請システム version.7.2 操作説明書(システム利用者編) intra-mart EX 申 請 システム Ver.7.2 操 作 説 明 書 (システム 利 用 者 編 ) 第 三 版 2014 年 4 月 23 日 株 式 会 社 NTT データイントラマート > 変 更 年 月 日 変 更 内 容 2011/2/28 初 版 2011/10/3 第 二 版 メッセージ 一 覧 のワーニングメッセージを 追 記 しました 2014/4/23

More information

NeoMail(Webメールのご利用方法)

NeoMail(Webメールのご利用方法) ULTINA On Demand Platform シェアード ホスティング ユーザ-マニュアル Ver.1.6 2015/7/1 ソフトバンク 株 式 会 社 目 次 1. メールソフトの 設 定 (WindowsLiveMail)... 2 2. horde(web メールのご 利 用 方 法 : 電 子 メールの 設 定 )... 12 3. ユーザーコントロールパネル... 18 4. パスワード

More information

クーポン販売かんたんインストールガイド

クーポン販売かんたんインストールガイド インストールガイド 目 次 セットアップの 流 れ... 3 シリアル 番 号 の 登 録... 4 M2Plus 会 員 に 登 録 していない 方... 4 すでに M2Plus 会 員 の 方... 6 M2Plus Launcher のダウンロード... 7 ipod touch/iphone/ipad から 直 接 ダウンロードする 場 合... 7 コンピュータからダウンロードする 場

More information

V-CUBE One

V-CUBE One V-CUBE One Office 365 連 携 マニュアル ブイキューブ 2016/06/03 この 文 書 は V-CUBE One の Office 365 連 携 用 ご 利 用 マニュアルです 更 新 履 歴 更 新 日 内 容 2016/02/09 新 規 作 成 2016/03/11 Office 365 ID を 既 存 の One 利 用 者 と 紐 付 ける 機 能 に 関 する

More information

沖縄科学技術研究基盤整備機構

沖縄科学技術研究基盤整備機構 第 3 章 Microsoft Outlook 利 用 マニュアル ( 利 用 者 向 け)/Windows 版 第 1.2 版 作 成 日 :2011/10/21 株 式 会 社 オーシーシー. 更 新 履 歴 日 付 版 更 新 内 容 2011/05/31 1.0 初 版 の 作 成 2011/10/14 1.1 文 言 修 正 by 尾 崎 @OIST 2011/10/21 1.2 文 言

More information

特 徴 と 注 意 点 決 済 の 接 続 方 式 クレジットカード 決 済 コンビニ 電 子 マネー 決 済 いずれも 外 部 リンク 型 (Web 連 携 接 続 ) に なります 内 容 確 認 画 面 にて 上 記 内 容 で 注 文 する をクリックすると 決 済 代 行 会 社 の 画

特 徴 と 注 意 点 決 済 の 接 続 方 式 クレジットカード 決 済 コンビニ 電 子 マネー 決 済 いずれも 外 部 リンク 型 (Web 連 携 接 続 ) に なります 内 容 確 認 画 面 にて 上 記 内 容 で 注 文 する をクリックすると 決 済 代 行 会 社 の 画 ルミーズ 決 済 サービス W elcart クレジット 決 済 運 用 マニュアル Ver.1.0.0 2016 年 7 月 1 日 コルネ 株 式 会 社 目 次 特 徴 と 注 意 点... 2 申 込 方 法... 3 設 定 方 法... 4 ルミーズ 決 済 の 設 定... 4 クレジットカード 決 済... 5 コンビニ 電 子 マネー 決 済... 6 支 払 方 法 登 録...

More information

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc

Microsoft Word - (20070728)化審法3条.doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 19 年 7 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 1. 提

More information

Ver2.2.0 新機能ガイド

Ver2.2.0 新機能ガイド アプリケーション 新 機 能 ガイド ~Version 2.9.0~ 1 目 次 1 はじめに... 3 2 新 機 能... 3 3 機 能 紹 介 フォトレポート... 4 3.1 売 場 ノート フォトレポート の PC 画 面 対 応 #902... 4 4 機 能 紹 介 お 知 らせ... 18 4.1 店 舗 スタッフ 回 答 の 店 長 閲 覧 不 可 オプション 追 加 #916...

More information

目 次 1.メールの 概 要... 3 1.1 利 用 するクラウドメールサービス(Gmail)... 3 Gmail とは... 3 Gmail の 主 な 特 徴... 3 1.2. 利 用 イメージ... 3 2. ログイン 初 期 設 定... 4 2.1 アクセス 方 法... 4 2.2

目 次 1.メールの 概 要... 3 1.1 利 用 するクラウドメールサービス(Gmail)... 3 Gmail とは... 3 Gmail の 主 な 特 徴... 3 1.2. 利 用 イメージ... 3 2. ログイン 初 期 設 定... 4 2.1 アクセス 方 法... 4 2.2 メールシステム 基 本 操 作 マニュアル 帝 京 大 学 宇 都 宮 キャンパス 本 マニュアルに 記 載 されていない 設 定 やデザインの 違 い 等 は 最 新 の Gmail のヘルプを 参 照 してください なお 帝 京 大 学 の Gmail 使 用 環 境 は 特 別 なものであり 使 用 できる 機 能 が 限 られております [ 参 照 ] Google Gmail ヘルプ http://support.google.com/mail/

More information

Microsoft Word - Office365マニュアル(メール)2015_3.docx

Microsoft Word - Office365マニュアル(メール)2015_3.docx Office365 Outlook マニュアル 目 次 1.Office365 の 利 用 準 備... 2 (1) 電 子 メールとは... 2 (2)Office365 へのアクセス... 2 (3)Office365 へのサインイン... 3 (4)Office365 のサインアウト... 6 2.Office365 の 使 い 方 ( 基 礎 )... 7 (1)Office365 ウィンドウの

More information

目 次 1. ログイン/ログアウト 1.1 ログインする p.2 1.2 ログアウトする p.3 2. 受 講 一 覧 画 面 p.4 3. 授 業 ページの 閲 覧 3.1 授 業 ページへの 遷 移 p.5 3.2 授 業 資 料 を IT s class.からダウンロードする p.6 3.3

目 次 1. ログイン/ログアウト 1.1 ログインする p.2 1.2 ログアウトする p.3 2. 受 講 一 覧 画 面 p.4 3. 授 業 ページの 閲 覧 3.1 授 業 ページへの 遷 移 p.5 3.2 授 業 資 料 を IT s class.からダウンロードする p.6 3.3 IT s class. 学 生 操 作 マニュアル 明 治 学 院 大 学 情 報 センター 目 次 1. ログイン/ログアウト 1.1 ログインする p.2 1.2 ログアウトする p.3 2. 受 講 一 覧 画 面 p.4 3. 授 業 ページの 閲 覧 3.1 授 業 ページへの 遷 移 p.5 3.2 授 業 資 料 を IT s class.からダウンロードする p.6 3.3 レポート

More information

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 目 次 2 目 次 第 1 章 : 製 品 を 使 用 するには...3 1.1 インストールした 後 に...4 1.1.1 ライセンスの 管 理...4 1.1.2 本 製 品 を 起 動 する...4 1.2 コンピュータの 保 護 状 況 を 確 認 するには...4 1.2.1 全 体 の 保 護 ステータスを 表 示 する...4

More information

ProcessDiagramQRG.book

ProcessDiagramQRG.book igrafx プロセス 図 表 クイック リファレンス ガイド 標 準 ツールバー A. 新 規 作 成 B. 開 く C. 保 存 D. 印 刷 A B C D E F G H I J K E. 印 刷 プ レ ビ ュー F. スペルチェ ッ ク G. 元 に 戻 す / やり 直 し H. 図 形 パレ ッ ト を 開 く I. 描 画 J. 戻 る / 進 む K. ズーム コントロール エクスプローラ

More information

OSアップデート 実 行 前 のご 準 備 パソコンの 環 境 について OS アップデートには インターネットに 接 続 できる 環 境 (ブロードバンド 環 境 を 推 奨 )の OS:Windows XP 以 上 のパソコンと Microsoft Internet Explorer 8 以 上

OSアップデート 実 行 前 のご 準 備 パソコンの 環 境 について OS アップデートには インターネットに 接 続 できる 環 境 (ブロードバンド 環 境 を 推 奨 )の OS:Windows XP 以 上 のパソコンと Microsoft Internet Explorer 8 以 上 ARROWS Z ISW11F OS アップデート 手 順 書 ~パソコンを 利 用 してアップデートする~ このたびは ARROWS Z ISW11F( 以 下 ISW11F とします)をお 買 い 上 げいただきまして 誠 にありがとうございました ISW11Fの 本 体 OSをAndroid OS 2.3.5からAndroid OS 4.0.3にアップデートするためのOSアップデート 手 順

More information

目 次 1. 概 要...1 2. 作 成 できる 帳 票...1 3. 年 調 法 定 調 書 の 達 人 の 起 動 方 法...2 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動... 2 3-2. 過 年 度 版 の 起 動... 2 4. 関 与 先 データ 作 成 方 法...3 4-1. 前

目 次 1. 概 要...1 2. 作 成 できる 帳 票...1 3. 年 調 法 定 調 書 の 達 人 の 起 動 方 法...2 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動... 2 3-2. 過 年 度 版 の 起 動... 2 4. 関 与 先 データ 作 成 方 法...3 4-1. 前 達 人 シ ス テ ム 年 調 法 定 調 書 の 達 人 平 成 27 年 分 版 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 2015/12/08 目 次 1. 概 要...1 2. 作 成 できる 帳 票...1 3. 年 調 法 定 調 書 の 達 人 の 起 動 方 法...2 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動... 2 3-2. 過 年 度 版 の 起 動...

More information

Microsoft Word - 【宮崎大学】操作マニュアル_受講者編

Microsoft Word - 【宮崎大学】操作マニュアル_受講者編 平 成 28 年 度 教 員 免 許 状 更 新 講 習 管 理 システム 操 作 説 明 書 ( 宮 崎 大 学 ) 目 次 1. はじめに... - 1-2. システムトップの 画 面 構 成... - 2-3. 受 講 者 ID を 取 得 する... - 5-4. 本 システムにログインする... - 8-5. 本 システムからログオフする... - 8-6. 講 習 科 目 一 覧 を 参

More information