図 表 Ⅲ-2 日 本 のスリランカへの 援 助 ( 年 ) US$ ドル

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "図 表 Ⅲ-2 日 本 のスリランカへの 援 助 (1975-2000 年 ) 300 250 200 US$ ドル 150 100 50 0 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 199"

Transcription

1 第 3 章 日 本 の 支 援 とその 評 価 3.1 日 本 の 開 発 援 助 の 歴 史 と 現 状 日 本 のスリランカへの 援 助 はコロンボプランのもとに 開 始 された 最 初 の 日 本 の 経 済 援 助 は 1965 年 に 技 術 協 力 スキームの 下 商 品 借 款 の 形 で 行 われた 500 万 米 ドル(18 億 ルピ ー)の 円 借 款 であった このようにして 始 まった 日 本 の 援 助 は 2000 年 には 約 27 倍 の 1 億 3 千 400 万 米 ドルになり 日 本 はスリランカへの 主 要 援 助 国 となった 1965 年 から 1969 年 の 5 年 間 ではわずか 2,500 万 米 ドルであった 日 本 のスリランカへの 援 助 額 は 1980 年 から 1984 年 の 5 年 間 には 2 億 9226 万 米 ドルに 増 加 している 1995 年 から 1999 年 まで の 援 助 総 額 は 10 億 2,948 万 米 ドルである 日 本 側 から 見 ると 過 去 10 年 間 の 無 償 有 償 合 計 金 額 において スリランカは 第 8 番 目 の ODA 供 与 国 となっている 1969 年 に 50 万 米 ドルで 開 始 された 無 償 資 金 援 助 は 1995 年 から 1999 年 までの 合 計 額 をみると 2 億 6,800 万 米 ドルと 急 増 している 1965 年 から 2000 年 のあいだ 無 償 有 償 合 計 金 額 をみると 31 億 3,300 万 米 ドルの 援 助 額 を 受 け 取 っ ていることになる 過 去 の 日 本 のスリランカへの 2 国 間 援 助 額 の 構 成 と 全 体 の 流 れについ ては 図 表 III-1 および 図 表 III-2 を 参 照 のこと 図 表 Ⅲ-1 日 本 の 対 スリランカ ODA の 推 移 (1985 年 以 降 ) Rows 2-6: US $ million 期 間 無 償 資 金 協 力 有 償 総 援 助 額 有 償 (%) 無 償 (%) 合 計 無 償 資 金 技 術 協 力 協 力 (1) (2)=(3)+(4) (3) (4) (5) (6)=(2)+(5) (7)=(2)/(6) (8)=(5)/(6) , n.a. n.a 出 所 : 我 が 国 の 政 府 開 発 援 助 外 務 省 経 済 協 力 局 経 済 協 力 の 現 状 と 問 題 点 経 済 産 業 省 JICA in Sri Lanka 2000 国 際 協 力 事 業 団 図 表 III-2 が 示 すように 微 動 はあるものの 日 本 のスリランカへの 援 助 は 全 体 的 に 上 昇 傾 向 にある 1977 年 からは 無 償 有 償 を 含 めた 日 本 からの ODA 総 額 が 急 増 していること がわかる これは 1977 年 にスリランカ 政 府 が 輸 入 代 替 政 策 を 捨 て 工 業 化 と 発 展 のた めの 輸 出 主 導 型 経 済 政 策 を 採 用 したことに 日 本 政 府 が 反 応 したものと 見 られる また 1977 年 以 降 の 援 助 額 の 増 加 は 日 本 経 済 の 変 化 にも 対 応 していると 思 われる 66

2 図 表 Ⅲ-2 日 本 のスリランカへの 援 助 ( 年 ) US$ ドル 無 償 協 力 円 借 款 ODA 合 計 年 1985 年 以 降 日 本 はスリランカへの 最 大 の 援 助 国 であった 最 近 数 年 間 (1999 年 から 2001 年 )では スリランカの 海 外 援 助 受 取 額 の 約 57%は 日 本 からのものである 二 国 間 援 助 でみると 日 本 の 占 める 割 合 は 約 74%にものぼる 図 表 III-3 は 日 本 がスリランカの 外 国 援 助 において 重 要 な 位 置 を 占 めることを 示 している 図 表 Ⅲ-3 対 スリランカ 援 助 における 日 本 の 占 有 率 ( 年 ) ( 単 位 :%) 二 国 間 無 償 援 助 総 額 のうち 日 本 の 無 償 資 金 協 力 の 割 合 無 償 援 助 総 額 のうち 日 本 の 無 償 資 金 協 力 の 割 合 二 国 間 有 償 援 助 のうち 日 本 の 有 償 資 金 協 力 の 割 合 有 償 援 助 総 額 のうち 日 本 の 有 償 資 金 協 力 の 割 合 二 国 間 援 助 のうち 日 本 の ODA ( 無 償 + 有 償 )の 割 合 援 助 総 額 のうち 日 本 の ODA ( 無 償 + 有 償 )の 割 合 出 所 : External Resources Department of the Treasury, Sri Lanka 当 初 日 本 のスリランカへの 援 助 はその 大 部 分 が 有 償 であった この 傾 向 は 1970 年 代 の 末 まで 続 く 1975 年 から 1979 年 までの 間 有 償 資 金 援 助 の ODA 全 体 に 占 める 割 合 は 約 70%であった( 図 表 III-4 参 照 ) 1970 年 代 以 後 日 本 の 世 界 に 占 める 経 済 力 と 技 術 力 が 発 展 したことを 背 景 にしてか 無 償 資 金 援 助 の 割 合 が 徐 々に 増 加 する 1990 年 半 ばまで 無 償 資 金 援 助 の ODA 総 額 に 占 める 割 合 は 約 50%であった 1990 年 代 の 後 半 スリランカ 67

3 は 世 銀 の 定 義 によると 低 所 得 国 から 中 低 所 得 国 への 仲 間 入 りをしている この ころから 再 び ODA における 有 償 の 占 める 割 合 が 増 加 している 2000 年 には 有 償 資 金 協 力 は ODA 総 額 の 72%を 占 めるようになった さらに スリランカ 財 務 省 対 外 協 力 局 発 行 の 統 計 資 料 によると 2001 年 には 有 償 の 割 合 は 94%にまで 上 昇 している 49 図 表 Ⅲ-4 日 本 の 対 スリランカ ODA の 有 償 無 償 比 率 ( 年 ) 年 無 償 有 償 出 所 : 我 が 国 の 政 府 開 発 援 助 外 務 省 経 済 協 力 局 経 済 協 力 の 現 状 と 問 題 点 経 済 産 業 省 JICA in Sri Lanka 国 際 協 力 事 業 団 1977 年 以 降 スリランカの 経 済 発 展 政 策 は 市 場 開 放 施 策 と 輸 出 主 導 型 工 業 化 施 策 に 代 表 される この 時 期 は 日 本 の 対 スリランカ 援 助 が 増 額 した 時 期 でもある 輸 出 主 導 型 工 業 化 施 策 には 輸 出 産 業 の 育 成 のための 大 規 模 なインフラ 整 備 が 必 要 となる たとえば 道 路 港 湾 空 港 コミュニケーション システム 電 力 トレーニング 施 設 などは 海 外 か らの 投 資 を 招 き 外 国 貿 易 を 発 展 させるのに 必 要 なインフラである この 時 期 スリラン カはこのようなインフラ 整 備 のための 多 大 なニーズを 抱 えており 日 本 の 援 助 はそれに 応 えたのである 図 表 III-5 には この 頃 日 本 の 援 助 が 大 幅 にインフラ 整 備 に 重 点 をおいて いたことを 示 している このデータでは 日 本 の 援 助 は インフラ 社 会 セクター 経 済 活 動 開 発 その 他 という 4 つの 分 類 に 分 けられている ただし ここでは 個 々の 資 金 が 実 際 どのように 利 用 されたかという 詳 細 については 記 載 されておらず この 分 類 は 全 体 的 な 傾 向 を 示 すにとどまっている 49 この 資 料 のデータは 図 表 III-1 と 図 表 III- 5 で 使 用 した 日 本 側 発 行 データと 相 違 があるが これらの2 つのデータのギャップを 埋 めることは 困 難 であり ここでは 試 みないこととする 68

4 図 表 Ⅲ-5 日 本 からの 援 助 の 用 途 別 分 類 ( 年 ) ( 単 位 :US $ million,%) インフラ 整 備 電 力 エネルギー 港 湾 船 舶 運 輸 郵 便 テレコミニュケーション 上 下 水 道 住 宅 都 市 開 発 建 設 灌 漑 社 会 セクター 教 育 保 健 医 療 文 化 メディア 経 済 活 動 開 発 農 業 漁 業 水 産 業 私 企 業 開 発 農 村 開 発 その 他 環 境 国 際 収 支 Total 出 所 : External Resources Department of the Treasury, Sri Lanka 日 本 は 円 借 款 をもって スリランカが 輸 出 主 導 型 工 業 化 政 策 を 成 功 させるために 緊 急 に 必 要 であったインフラの 整 備 に 大 きく 貢 献 した 援 助 においては 主 に 交 通 運 輸 テ レコミニケーション 電 力 エネルギーの 分 野 に 特 に 重 点 が 置 かれていた この 3 分 野 の みでも 1977 年 以 降 の 円 借 款 総 額 の 3 分 の 2 を 占 めている 残 りは 灌 漑 農 業 漁 業 林 業 上 水 道 下 水 道 などの 分 野 である これら 様 々な 用 途 の 円 借 款 はスリランカが 輸 出 主 導 型 工 業 化 政 策 を 成 功 させるために 大 変 重 要 であった 1977 年 以 降 これらの 円 借 款 の 総 額 は 増 加 し 円 借 款 の 利 子 率 は 下 げられ 償 還 期 間 と 据 置 期 間 も 延 長 されている これら の 条 件 緩 和 対 策 は 過 去 数 年 を 通 じてのスリランカ ルピーに 対 する 円 高 によって 減 殺 さ れたが その 間 のスリランカのインフレ 上 昇 による 債 務 者 利 得 が 円 高 の 悪 影 響 を 相 殺 した ことも 指 摘 すべきであろう 日 本 の 無 償 資 金 協 力 は その 4 分 の 3 が 農 業 教 育 保 健 コミュニケーションの 分 野 に 援 助 されている そのうちのいくつかのプロジェクトは スリランカの 人 々の 間 にも 評 判 が 高 く 有 名 でもある これら 大 規 模 なプロジェクトに 加 えて 数 多 くの 小 規 模 無 償 援 助 も 実 施 されている たとえば 1 農 業 分 野 における 資 機 材 や 生 産 財 の 援 助 2 低 所 得 者 への 住 宅 建 設 支 援 3 貧 困 緩 和 プロジェクト 4 貯 水 池 用 水 路 道 路 橋 地 方 病 院 の 建 設 や 修 復 などのための 小 規 模 な 援 助 などである また 無 償 資 金 協 力 は スリランカ 人 へのトレーニングの 供 与 日 本 人 の 専 門 家 やボランティアの 派 遣 などの 技 術 協 力 活 動 をも 69

5 含 んでいる 1965 年 から 1999 年 までの 間 に 日 本 は 4,640 人 ものスリランカ 人 にトレー ニングを 供 与 し 3,974 名 の 日 本 人 専 門 家 調 査 員 ボランティアをスリランカに 派 遣 して いる 世 界 的 には 1989 年 に 日 本 は 発 展 途 上 国 への ODA の 最 大 供 与 国 になった 1990 年 代 の 終 わりにおいても 日 本 は 最 大 のドナーとしての 地 位 を 保 っていた(1998 年 には 107 億 3 千 200 万 米 ドル) 日 本 の ODA は 商 業 主 義 であるとしてしばしば 批 判 されがちである ODA 総 額 に 対 する 無 償 援 助 の 割 合 は 1996/7 年 で 39.6%で 日 本 は DAC 加 盟 21 か 国 の 間 で 最 も 低 いと 評 価 された 日 本 による 対 外 援 助 のグラント エレメントは 同 年 に 78.6%と 推 定 され またも や DAC 加 盟 諸 国 の 間 で 最 も 低 いランクだった これに 対 して 国 内 外 で 批 判 を 受 けたが 日 本 は 1992 年 6 月 に ODA 大 綱 を 発 表 した その 基 本 理 念 は 人 道 的 配 慮 相 互 依 存 性 の 認 識 環 境 の 保 全 自 助 努 力 支 援 とされ 民 主 化 と 軍 事 費 が 日 本 からの 援 助 を 期 待 する 国 の 適 合 性 を 決 定 するうえで 考 慮 さ れるとも 発 表 された しかし これらの 原 則 は 望 ましい 方 向 に ODA 資 金 を 効 果 的 に 導 く ことには あまりに 抽 象 的 であると 指 摘 された 日 本 政 府 の 公 式 見 解 50によると スリランカへの 経 済 援 助 は 1 戦 略 的 地 理 的 重 要 性 2 二 国 間 の 歴 史 的 な 友 好 関 係 3 援 助 を 効 果 的 に 活 用 できうる 高 い 識 字 率 4 経 済 発 展 へ の 高 い 可 能 性 との 認 識 から 実 施 されている 一 方 日 本 の 援 助 方 針 については 以 下 の ような 批 判 がしばしば 聞 かれるところである 無 償 資 金 協 力 は 貧 困 層 の 基 本 的 ニーズを 満 たすために 実 施 されているにもかかわら ず 実 際 は 社 会 的 中 上 級 層 が 支 援 の 対 象 となってきた 日 本 の ODA によっていくつかの 重 要 なインフラ 施 設 が 提 供 されたが これらのイン フラの 一 部 は 活 用 されていないままである 日 本 はスリランカへの 援 助 を 日 本 からの 工 業 製 品 の 市 場 を 維 持 するために 行 ってきた 3 つ 目 の 点 を 裏 付 けるように 実 際 スリランカは 1965 年 から 2000 までの 間 継 続 的 に 日 本 に 対 して 貿 易 赤 字 をかかえている この 間 のスリランカの 対 日 本 貿 易 赤 字 累 積 額 は 40 億 米 ドルであり スリランカへの 日 本 の ODA 総 額 はその 約 4 分 の 1 でしかない 援 助 に 関 する 持 続 性 と 依 存 性 の 問 題 はしばしば 議 論 されるところである スリランカで は 外 国 援 助 への 依 存 傾 向 は 一 般 庶 民 よりエリートや 政 策 決 定 者 に 強 いと 思 われる そ れは 日 本 の 援 助 のみならず 他 国 の 援 助 に 関 しても 同 様 であり スリランカが 援 助 ででき た 機 関 やインフラを 効 果 的 にメインテナンスしない との 批 判 も 各 援 助 機 関 からしばしば 聞 かれるところである もう 一 つの 議 論 は 1965 年 に 世 銀 がスリランカを 援 助 国 グループ の 一 員 として 認 めてから 40 年 近 くにもなるにもかかわらず いまだにスリランカはその 開 発 を 大 幅 に 外 国 援 助 に 頼 っているということである 先 述 のように 1997 年 スリラン カは 中 低 所 得 国 の 仲 間 入 りをした その 際 スリランカの 政 策 決 定 者 は 喜 ぶどころか 50 外 務 省 ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/srilanka/kankei.html) 70

6 低 所 得 国 のみに 与 えられる 援 助 プログラムを 受 けられなくなると 心 配 したことがこの 傾 向 を 物 語 っている スリランカへの 外 国 援 助 のもう 一 つの 問 題 点 は 実 行 率 の 低 さである 最 近 の 外 国 援 助 の プレッジ 額 に 対 する 実 行 率 は わずか 15%であった 官 僚 主 義 による 弊 害 内 貨 の 調 達 困 難 人 材 の 能 力 不 足 などがその 主 な 要 因 である 紛 争 の 直 接 の 影 響 下 にあるスリランカ 北 東 部 においては 援 助 を 消 化 するキャパシティに 問 題 があるとされ 実 行 率 はさらに 低 い ようである 3.2 平 和 構 築 分 野 での 日 本 の 対 スリランカ 支 援 スリランカ 国 内 での 政 治 的 対 立 に 対 し 日 本 の ODA が 配 慮 を 示 したことを 裏 付 けると いう 明 確 な 資 料 はない 1970 年 代 初 期 以 降 スリランカでは 規 模 に 大 小 はあれ 継 続 的 に 武 力 衝 突 が 発 生 していた 1971 年 の 反 乱 が 軍 によって 鎮 圧 された 後 80 年 代 中 頃 まで 比 較 的 平 和 な 時 期 があったが この 時 期 にも 1978 年 の 民 族 暴 動 のように 時 々 暴 動 が 発 生 した 1980 年 代 以 降 特 に 北 東 部 そして 全 国 各 地 での 散 発 的 な 反 動 を 伴 い ほぼ 継 続 的 に 暴 動 が 発 生 した この 暴 動 の 期 間 において 前 述 のように スリランカへの 日 本 の 援 助 は 継 続 的 に 増 加 している 多 少 の 変 動 はあったものの 日 本 の 援 助 は 1980 年 代 半 ばから 一 気 に 増 加 した そして これは 分 離 主 義 者 の 武 力 攻 撃 が 高 まる 時 期 と 一 致 していた この 期 間 を 通 じて 日 本 か らの 援 助 は 北 東 部 以 外 の 地 域 に 限 定 されていた 例 外 として 紛 争 地 帯 において 非 常 に 小 規 模 のいくつかのプロジェクトが 実 施 されたのみであった 一 方 これらの 地 域 では 紛 争 が 広 範 囲 に 及 んだため 人 道 的 援 助 の 必 要 性 が 緊 急 に 高 まっていた このように 紛 争 を 開 発 援 助 の 範 囲 外 のものとして 扱 う 外 国 援 助 機 関 の 一 般 的 な 傾 向 は スリランカへの 日 本 の 援 助 についても 同 様 であった 過 去 数 年 にわたって スリランカ 北 東 部 で 実 施 される 小 規 模 の 事 業 が 日 本 からの 資 金 援 助 を 受 けている 図 表 III-6 は それらいくつかの 草 の 根 無 償 援 助 プロジェクトを 示 す 図 表 III-7 は 北 東 部 での 日 本 による 無 償 援 助 有 償 援 助 および 食 糧 増 産 援 助 (2KR)プロジ ェクトのリストである 図 表 III-8 は 日 本 の 資 金 提 供 によって 多 国 間 援 助 機 関 を 通 じて 北 東 部 で 行 われたプロジェクトである これらの 3 つの 図 表 から 得 られるデータから 以 下 のことが 導 かれる 他 の 日 本 の ODA 事 業 と 比 較 して 北 東 部 での 事 業 は 小 規 模 であった 1990 年 代 半 ば から 2002 年 の 間 に 26 のプロジェクトが 北 東 部 で 実 施 されているが 資 金 総 額 は 2,500 万 ドルに 満 たなかった 一 方 1995 から 2000 年 の 間 のスリランカへの 日 本 の 援 助 総 額 は 11 億 5,000 万 ドルを 上 回 った 一 つか 二 つのプロジェクトを 除 いて これらはいわゆる 政 府 支 配 地 域 で 実 施 され い わゆる LTTE 支 配 地 域 への 事 業 の 拡 大 は 2002 年 以 降 にしかみられない 日 本 の 援 助 の 一 部 は 国 連 や 他 の 多 国 間 援 助 機 関 が 北 東 部 で 支 援 するプロジェクトに 対 して 行 われている 北 東 部 では 日 本 政 府 機 関 または 日 本 の NGO が 直 接 活 動 することは なかった 全 ての 草 の 根 プロジェクト は NGO を 通 して 実 施 された 71

7 北 東 部 へ 事 業 のために 政 府 機 関 に 供 与 された 多 額 の 無 償 援 助 は 2KR を 資 金 源 としていた 図 表 Ⅲ-6 北 東 部 における 日 本 の 草 の 根 無 償 資 金 援 助 実 施 状 況 年 プロジェクト 実 地 機 関 金 額 (US$) 1995 バティカロアでのモーバイルクリニックのた 国 境 なき 医 師 団 84,000 めの 車 両 の 供 給 1998 ジャフナ 大 学 へのコンピュータの 設 置 ジャフナ 大 学 47, トリンコマリ-の 地 域 社 会 開 発 Sewa Lanka 71,000 Foundation 2000 バティカロア 総 合 病 院 の 外 科 手 術 施 設 の 修 繕 国 境 なき 医 師 団 86, バティカロアの 難 民 センターの 改 善 オランダ ZOA 33,556 Refugee Care 2001 国 内 避 難 民 のための 5 つの 集 会 所 の 建 設 日 本 紛 争 予 防 センタ ー 45, 新 聞 を 通 じた 平 和 構 築 キャンペーン Sri Lanka First 56, ニュースレターと 本 の 出 版 を 通 しての 平 和 構 築 の 促 進 National Peace Council of Sri Lanka 29, 北 部 の4 県 (ジャフナ キリノッチ マンナー サルヴォーダヤ 運 動 42,880 ヴァウニヤ)での 5R 戦 略 による 30 村 の 開 発 2002 トリンコマリ- 県 で 地 元 の 資 源 を 活 用 した 灌 Sewa Lanka 55,939 漑 用 ため 池 の 修 繕 による 農 村 経 済 の 活 性 化 Foundation 年 のシンハラ タミル 正 月 の 年 賀 状 キャ People s Peace Front 3,798 ンペーンを 通 しての 平 和 構 築 の 促 進 2002 ミヒンタレーでの 2002 年 のポソン ポーヤ 祝 People s Peace Front 4,110 日 の 啓 蒙 活 動 による 平 和 の 促 進 出 所 : 在 スリランカ 日 本 大 使 館 提 供 資 料 72

8 年 1993,1996, 1999, 2000 図 表 Ⅲ-7 北 東 部 における 無 償 有 償 2KR による 日 本 の 援 助 プロジェクト 実 施 機 関 金 額 ヴァヴニヤ バティカロア アン 住 宅 建 設 省 パーラ トリンコマリ- 県 での 低 所 得 住 民 のための 住 宅 改 良 ( 無 償 ) 1994/1995 北 東 部 の 紛 争 被 災 世 帯 のための 農 業 援 助 (2KR) サルヴォーダヤ 運 動 ( 再 建 復 興 社 会 福 祉 省 を 通 じて) JY 177 million Rs. 25,160, /1996 ワン エラ 溜 池 の 改 良 (Kantale) 灌 漑 エネルギー 省 Rs. (2KR) 16,000, 貧 困 ライン 以 下 で 生 活 する 人 々 水 産 庁 Rs. 450,000 のための 漁 具 の 提 供 (2KR) 1995/1996 ヴァウニヤ 県 でのタマネギ 栽 培 北 東 部 州 Rs. 1,340,000 唐 辛 子 栽 培 (2KR) 1995/1996 農 民 組 織 の 支 援 事 業 (2KR) 北 東 部 州 Rs. 8,030, /1996 協 同 組 合 を 通 しての 酪 農 開 発 北 東 部 州 Rs. (2KR) 13,600, 漁 民 への 自 助 努 力 による 住 宅 建 設 (2KR) 漁 業 水 資 源 開 発 省 Rs. 375,000, 輸 血 サービスの 改 善 ( 有 償 ) JBIC JY 1,508 million 出 所 : 在 スリランカ 日 本 大 使 館 提 供 資 料 図 表 Ⅲ-8 多 国 間 援 助 機 関 を 通 じた 日 本 の 援 助 年 プロジェクト 実 施 機 関 金 額 (US$) 国 内 避 難 民 のための 住 居 の 提 供 と 救 援 UNHCR 4,600, 人 間 の 安 全 保 障 その 他 の UNHCR 活 動 (ス UNHCR 2,400,000 リランカを 含 む 南 アジア 地 域 での UNHCR プ ログラム) 武 装 対 立 の 被 害 者 への 人 間 の 安 全 保 障 保 健 ICRC 1,128,000 医 療 生 活 支 援 緊 急 人 道 援 助 2002 国 内 避 難 民 のための 食 糧 援 助 WFP 1,100, 北 東 部 を 含 む 全 国 への 薬 品 と 医 療 機 器 の 供 給 UNFPA 28,512,450 出 所 : 在 スリランカ 日 本 大 使 館 提 供 資 料 日 本 政 府 は 様 々な 理 由 により 途 上 国 への 援 助 において 援 助 対 象 国 の 政 治 的 武 力 対 立 の 解 決 緩 和 に 向 けて 積 極 的 な 立 場 を 取 ってこなかった スリランカ 政 府 は 武 装 対 立 状 態 にあったスリランカ 北 東 部 において 開 発 プロジェクトを 実 行 することができなかったた め この 地 域 での 資 金 要 請 がなされず 結 果 としてこの 地 域 でプロジェクトが 実 施 されな かったのである 対 外 援 助 において 要 請 主 義 という 原 則 をもち それを 実 行 している 日 本 政 府 にとっては 援 助 受 取 り 国 政 府 の 要 請 なく 独 立 して 紛 争 地 域 で 援 助 事 業 を 行 う メカニズムはなかった いずれにせよ 紛 争 地 域 の 中 で 事 業 を 行 うことは 日 本 政 府 の 目 からは 実 現 可 能 性 が 低 く 優 先 順 位 の 低 いものとして 映 った 日 本 政 府 からの 資 金 提 供 73

9 により スリランカの 北 東 部 で 活 動 する 日 本 の NGO が 存 在 しなかった51ことも 日 本 の 北 東 部 への 援 助 のプレゼンスを 低 くさせた 理 由 の 一 つであった この 問 題 にはもう 一 つの 側 面 がある 他 のドナー 諸 国 と 同 様 に 日 本 もスリランカのよ うな 国 で 採 用 されている 政 策 が 健 全 か また 開 発 事 業 への 資 金 が 効 果 的 に 利 用 されてい るかなどを 判 断 する 際 世 界 銀 行 と IMF による 政 策 評 価 (Policy Review)に 依 存 してい た 最 近 になってはじめて これらの 国 際 機 関 ( 少 なくとも 世 銀 )は 開 発 を 考 える 際 に 重 要 な 項 目 として 政 治 的 紛 争 に 若 干 の 前 向 きな 関 心 を 持 ち 始 めるようになった 政 治 的 紛 争 に 対 して 関 心 を 持 ちはじめる 以 前 は 国 際 機 関 がスリランカに 関 してアドバイスしたこ とといえば 1970 年 代 後 期 から 採 用 された 自 由 化 政 策 の 推 進 が 開 発 の 成 功 の 秘 訣 である ということであった 市 場 にフレンドリーな 施 策 によってもたらされた 急 速 な 開 発 が 拡 大 しつつある 社 会 的 衝 突 の 解 決 策 であるとも 見 なされていた 1980 年 代 初 期 から 急 増 し た 日 本 の 援 助 は スリランカがこの 時 期 に 自 由 化 のプログラムを 強 力 に 推 進 していたので 上 の 考 えを 積 極 的 に 支 持 していたものと 捉 えることもできよう また この 時 期 から ス リランカでの 輸 入 の 需 要 が 急 増 し 輸 入 元 の 国 の 中 で 日 本 が 大 きな 割 合 を 占 めていたこ とは 重 要 なポイントである 近 年 開 発 武 力 紛 争 紛 争 解 決 の 相 互 関 係 という 問 題 に 関 して 日 本 の 態 度 の 大 きな 変 化 が 認 められる このような 態 度 の 変 化 は スリランカにおいても 認 められる 新 しく 組 織 された 日 本 紛 争 予 防 センター(JCCP)の 支 部 が 2001 年 にコロンボに 設 置 された この 新 しい 出 来 事 は スリランカの 紛 争 解 決 において 日 本 政 府 が 積 極 的 な 役 割 を 演 じたい という 関 心 の 高 まりを 示 している スリランカの 側 では 2001 年 以 降 重 要 な 政 治 的 な 変 化 があり 現 在 進 行 中 の 和 平 交 渉 が 開 始 された スリランカ 政 府 が 北 東 部 で 人 道 的 援 助 の 実 施 に 関 して 少 しも 前 向 きに 関 わる 準 備 ができていなかった 過 去 とは 異 なり 現 在 では 和 平 交 渉 のなかで スリランカ 政 府 はこれらの 地 域 で 戦 争 の 被 害 を 受 けた 人 々に 対 して 人 道 的 援 助 を 提 供 する 意 思 を 示 している さらに 恒 久 の 和 解 紛 争 で 被 害 を 受 けた 人 々へ の 人 道 的 援 助 と 長 期 的 開 発 にむけて 交 渉 に 取 り 組 む 用 意 があることを 示 している 今 回 の 和 平 交 渉 で スリランカ 政 府 は ステップ バイ ステップのアプローチを 採 用 しており 政 治 的 解 決 を 模 索 する 前 に もしくはそれと 同 時 並 行 的 に 両 者 間 の 信 頼 構 築 や 戦 争 で 荒 廃 した 地 域 を 再 建 することを 重 視 している 他 の 外 国 援 助 機 関 とともに スリランカへ の 最 大 のドナーである 日 本 もまた この 複 雑 な 試 みに 様 々な 方 法 で 貢 献 する 用 意 があると の 意 思 表 示 をしている 伝 統 的 にも 日 本 がスリランカの 主 要 な 援 助 国 であったことから スリランカ 政 府 は 他 の 国 々よりも 多 大 な 期 待 を 日 本 に 抱 いているようである このように 2002 年 半 ばから 日 本 はスリランカでの 平 和 構 築 プロセスに 貢 献 すること を 検 討 し 始 めた 日 本 は スリランカの 全 ての 人 々に 和 平 交 渉 の 利 益 をもたらすことを 目 指 した 経 済 開 発 プログラムをまもなく 準 備 する 予 定 である スリランカの 首 相 が 2002 年 12 月 の 初 めに 日 本 を 訪 問 したとき このプログラムの 詳 細 が 議 論 された 日 本 は 明 石 康 特 使 をスリランカの 和 平 交 渉 を 支 援 するよう 任 命 した 彼 はスリランカを 訪 問 し またオ 51 南 西 部 で 活 動 する 日 本 の NGO はあるが 紛 争 解 決 緩 和 人 道 支 援 等 といった 分 野 での 活 動 は 2001 年 に 日 本 紛 争 予 防 センターの 支 部 がコロンボに 設 置 されるまではほとんどなかった コミュニティ 開 発 等 の 活 動 も 邦 人 保 護 の 観 点 から 敷 かれた 渡 航 自 粛 規 制 等 により 北 東 部 に 展 開 することが 難 しかっ たという 事 情 がある 74

10 スロ 会 議 にも 参 加 した 日 本 政 府 は 2003 年 に 東 京 でドナー 会 議 を 主 催 し また スリ ランカ 政 府 に LTTE との 交 渉 の 一 つのセッションを 行 うための 場 を 提 供 する 予 定 である スリランカは 過 去 において 停 戦 合 意 が 何 度 も 破 棄 され 和 平 交 渉 の 中 断 を 経 験 してきた が 今 日 丸 1 年 もの 間 停 戦 合 意 が 守 られている もちろん 和 平 交 渉 には 重 要 な 問 題 が 含 まれている しかし 大 多 数 の 人 々は 紛 争 に 支 配 されてきたこの 島 に 恒 久 平 和 が 戻 ることを 期 待 している 3.3 日 本 の NGO: 紛 争 被 災 地 域 における 援 助 の 課 題 日 本 は スリランカの 最 大 の 援 助 国 で 非 常 に 重 要 な 貿 易 パートナーである このこと を 考 えると スリランカの 市 民 社 会 と 日 本 NGO がかなり 深 い 交 流 関 係 にあると 想 像 する 人 もいるであろう 残 念 なことにこれは 事 実 ではなく 特 に 北 東 部 の 紛 争 被 災 地 域 にお いては 日 本 の NGO の 活 動 はほとんどないといってもいい なぜそうなのであろうか 現 在 の 日 本 とスリランカの 市 民 社 会 の 交 流 は 主 に 二 国 の 仏 教 関 連 の 個 人 と 機 関 を 通 して 始 められた これらは 多 くの 場 合 スリランカから 日 本 に 時 折 日 本 からスリラン カを 訪 問 した 個 人 や 僧 侶 が 始 めた 活 動 である 日 本 と 交 流 のある 主 なスリランカの 市 民 団 体 の 多 くは 日 本 に 住 み 日 本 語 を 学 び 日 本 の 慈 善 家 や 宗 教 的 なリーダーと 親 しくなっ た 人 (しばしば 仏 教 僧 侶 )によって 創 始 された 日 本 語 学 習 は スリランカのシンハラ 多 数 派 地 域 で 1970 年 代 頃 から 盛 んになった 一 方 北 東 部 には 日 本 語 を 教 えている 教 育 機 関 はない もう 一 つ 重 要 なことは 公 式 非 公 式 を 問 わず 日 本 で 働 きながら 住 んでいるスリラン カ 国 籍 をもつ 人 々の 中 に 占 める タミル 人 (ヒンズー 教 徒 )の 人 口 割 合 は スリランカの 国 内 の 同 人 口 割 合 より 非 常 に 低 いということである これは ヨーロッパと 北 アメリカで のスリランカ 国 籍 をもつタミル 人 (ヒンズー 教 徒 )の 人 口 割 合 と 比 較 すると 全 く 対 照 的 で ある これらのことは 日 本 の 市 民 社 会 がなぜスリランカの 北 東 部 において 交 流 関 係 を 持 たなかったか という 疑 問 に 対 しての 説 明 となる これらの 地 域 が 主 にヒンズー 教 徒 と イスラム 教 徒 の 居 住 地 である という 宗 教 的 な 構 成 理 由 は 間 違 いなく 要 因 の 一 つであった しかしそれは 単 に 宗 教 的 な 問 題 だけではない 日 本 の 市 民 団 体 はスリランカの 宗 教 団 体 市 民 組 織 または 日 本 の 宗 教 組 織 と 多 くのつ ながりをもっている しかし これらのつながりは 紛 争 地 域 には 広 がらなかった 仏 教 国 としてのスリランカのイメージは おそらくこの 市 民 組 織 の 交 流 にも 影 響 を 与 えていた であろう 大 部 分 の 交 流 活 動 は 小 規 模 であり そのほとんどは 日 本 側 がプロジェクト 資 金 や 人 の 派 遣 若 干 の 慈 善 事 業 に 関 して 責 任 を 持 っている 理 由 が 何 であるにせよ 北 東 部 が 日 本 の 市 民 団 体 の 精 神 的 な 地 図 の 範 囲 外 であったことにまちがいなはい ここ 数 年 にわたり 北 東 部 で 活 動 するスリランカ 国 内 NGO であるセーワ ランカと 協 力 して 活 動 している 日 本 紛 争 予 防 センター(JCCP)を 除 いて 北 東 部 にて 長 期 的 なプロ グラムを 実 施 している 日 本 NGO はない 前 述 のように JCCP はコロンボに 事 務 所 を 構 えており 人 道 援 助 協 議 会 (CHA)のメンバーでもある また 最 近 になって 北 東 部 で 再 建 復 興 和 解 活 動 を 支 援 する 目 的 で 日 本 の NGO であるブリッジ エーシア ジャ パンがコロンボに 事 務 所 を 設 置 した 75

11 他 の 開 発 NGO としては スリランカで 9 年 間 活 動 している 自 立 のための 道 具 の 会 (Tools for Self Reliance:TFSR)が 挙 げられる 同 団 体 は 英 国 NGO の ITDG(Intermediate Technology Development Group: 中 間 技 術 開 発 グループ)のスリランカ 支 部 Matale Heritage Centre などの 組 織 をスリランカのカウンターパートとしている 自 立 のための 道 具 の 会 は 日 本 から 様 々な 道 具 の 送 付 と 草 の 根 レベルの 技 術 援 助 を 行 うことによって エネルギー 水 土 食 品 加 工 適 正 技 術 教 育 金 属 加 工 大 工 などの 分 野 で 村 落 コミュニティが 自 立 を 達 成 することを 支 援 する 同 団 体 は 南 東 部 の モネラーガラ 県 ボーダー エリヤにある 村 々 南 部 ではエンビリピティヤ ハンバント ータなどの 貧 困 地 帯 でもいくつかの 活 動 実 績 がある 道 具 の 会 は 今 のところまだ 北 東 部 で 活 動 していないが 現 在 ある 英 国 の NGO と 協 力 して Rehabilitating the Victims of Armed Conflict Armed Conflict(ROVAC) と 題 した 紛 争 被 害 者 の 復 興 のためのプロジェクトの 企 画 書 を 作 成 中 である また RRR プロ グラムの 一 部 として 前 述 した 様 々な 分 野 において 北 東 部 に 技 術 協 力 を 行 うことも 検 討 中 である 道 具 の 会 はスリランカに 事 務 所 を 設 け CHA へ 加 盟 することも 検 討 している 道 具 の 会 は 2002 年 10 月 に エネルギー 効 率 とレンガの 強 度 を 改 善 するための 地 質 テ ストセンター を コロンボから 北 へ 車 で1 時 間 のカターナに 設 置 した また 2003 年 に は 同 じくコロンボから 南 に 車 で 1 時 間 ほどのカルタラの 近 くに 地 方 で 独 自 に 自 然 エネ ルギーを 供 給 するための 方 策 をテストするセンター を 設 置 することを 計 画 している 道 具 の 会 は Lanka Energy Forum, Lanka Water Harvesting Forum, International Federation for Rural Transport Development in Sri Lanka 等 の 団 体 と 協 力 しあって 活 動 している スリランカにおける 第 5 回 目 の 和 平 プロセスの 特 徴 を 考 えると 日 本 とスリランカの 市 民 組 織 の 交 流 と トラック 2 の 外 交 関 係 は 非 常 に 重 要 なものである 武 器 製 造 の 破 棄 と 特 殊 な 平 和 憲 法 ( 特 に 第 9 条 )にて 戦 争 を 永 遠 に 放 棄 している 国 として 日 本 の NGO は 北 東 部 での 平 和 への 取 り 組 みを 積 極 的 に 支 持 する 勢 力 となることができる したがっ て 関 心 のある 日 本 NGO に 情 報 を 提 供 し プロジェクト 資 金 の 支 援 をあおぐために ス リランカ NGO プラットフォームを 設 立 することを 提 案 する このプラットフォームの CHA への 加 盟 も 重 要 である このプラットフォームのありかた 特 に 日 本 とスリランカ での 役 割 や 機 能 に 関 しては 十 分 議 論 されるべきである 多 様 な NGO がスリランカ 北 東 部 での 平 和 構 築 と RRR プロジェクトに 積 極 的 に 参 加 し ているなかで 日 本 の トラック 2 の 外 交 は 両 国 の 人 々の 間 で 多 くの 信 用 と 親 善 を 培 う 案 内 役 となるであろう 2002 年 は 1952 年 のサンフランシスコ 和 平 会 議 以 来 始 まっ た 日 本 スリランカ 外 交 の 50 周 年 記 念 である 50 年 前 の 歴 史 的 な 会 議 ではスリランカが 戦 争 賠 償 金 を 放 棄 して 日 本 を 国 際 コミュニティに 再 び 仲 間 入 りすることが 許 されるべきで あるとして 支 持 した このことを 考 えると 今 両 国 は 友 好 平 和 発 展 のために 市 民 社 会 の 交 流 を 強 化 するための 絶 妙 のタイミングにあるといえよう 76

12 第 4 章 和 平 交 渉 復 興 の 現 状 および 今 後 の 見 通 し 1983 年 に 内 戦 が 始 まってから スリランカの 民 族 紛 争 に 恒 久 的 な 政 治 的 解 決 策 を 模 索 するために 何 度 も 和 平 交 渉 が 繰 り 返 されており 現 在 の 交 渉 はその 主 要 な 交 渉 のうち 第 5 回 目 の 試 みである この 交 渉 は 2002 年 2 月 22 日 にノルウェーの 調 停 により スリラ ンカ 政 府 と LTTE が 停 戦 合 意 (CFA)に 署 名 することにより 開 始 された この 交 渉 は 多 くのオブザーバーとアナリストによって 前 途 有 望 で 有 意 義 なものであると 評 価 されて いる この 章 では 1985 年 以 降 行 われた 過 去 の 和 平 交 渉 の 試 みを 簡 単 に 振 り 返 り 2002 年 12 月 現 在 までの 現 行 の 交 渉 過 程 の 進 捗 状 況 を 分 析 する 分 析 は 和 平 交 渉 の 成 果 交 渉 過 程 の 持 続 性 および 戦 争 で 破 壊 された 北 東 部 の 復 興 と 開 発 の 今 後 の 見 通 しに 焦 点 を あてる 4.1 過 去 の 和 平 交 渉 の 過 程 のレビュー 52 スリランカの 紛 争 に 政 治 的 な 解 決 を 見 出 す 過 去 の 取 り 組 みは 希 望 と 絶 望 の 一 連 の 浮 き 沈 みが 続 いたことから しばしば 岩 多 き 道 の 旅 と 描 写 される この 道 のりを 大 きく 分 けると 以 下 のとおりになる ティンプー 会 談 (1985 年 ) インド ランカ 協 定 (1987 年 ) プレーマダーサ LTTE 会 談 ( 年 ) クマーラトゥンガ LTTE 会 談 ( 年 ) (1) ティンプー 会 談 とデリー 協 定 (1985 年 ) 1985 年 7 月 に インド 政 府 の 主 催 の 下 スリランカ 政 府 代 表 団 は ブータンのティン プーで 分 離 独 立 を 主 張 する 各 タミル 人 組 織 と 会 議 をもった 出 席 団 体 は タミル イーラ ム 解 放 のトラ(Liberation Tigers of Tamil Eelam: LTTE) タミル 開 放 機 構 (Tamil Liberation Organization: TELO) イーラム 人 民 革 命 解 放 戦 線 (Eelam People's Revolutionary Liberation Front:EPRLF)の 3 団 体 からなる 新 しい 連 合 組 織 であるイ ーラム 国 民 解 放 戦 線 (Eelam National Liberation Front: ENLF) 学 生 によるイーラ ム 革 命 組 織 (Eelam Revolutionary Organizations of Students: EROS) タミル イ ーラム 人 民 開 放 組 織 (People's Liberation Organization of Tamil Eelam: PLOTE) タミル 統 一 解 放 戦 線 (Tamil United Liberation Front: TULF)であった ティンプー 会 談 直 前 の 6 月 に ジャヤワルダナ 大 統 領 は ニューデリーで 始 めてラジーヴ ガンデ ィ 首 相 に 会 った この 後 まもなく インドの 外 務 事 務 官 ロメーシュ バーンダリがコロン ボを 訪 問 した インドの 圧 力 の 下 スリランカ 政 府 とタミル 人 武 装 グループは 6 月 このレビューは 過 去 の 平 和 交 渉 と 過 程 についての 著 者 自 身 の 知 識 に 加 えて 以 下 の 資 料 を 引 用 した Loganathan (1996), Swarmy (2002), Silva Peiris (2002) 77

13 日 に 停 戦 を 発 表 した 当 初 タミル 組 織 のうち TULF と PLOTE だけが ティンプー 会 談 に 積 極 的 に 参 加 を 表 明 していた ENLF を 形 成 する 他 のグループは インド 政 府 に 強 く 説 得 されて 始 め て 参 加 に 同 意 した インドの 試 みは 1984 年 にコロンボで 開 かれた 全 政 党 による 会 議 が 失 敗 した 後 に 行 われた そこでは TULF がタミル 人 を 代 表 していた インドの 関 与 は 武 装 グループを 交 渉 のテーブルにつかせたいということが 動 機 となっていた さらに ラ ジーヴ ガンディ 率 いる 当 時 のインド 政 府 は スリランカ 政 府 との 関 係 を 改 善 するのに 熱 心 であった 彼 の 前 任 者 であり 母 であるガンディ 夫 人 の 時 代 には 両 政 府 は 緊 張 関 係 にあっ た スリランカ 政 府 にとっては インド 政 府 がタミル 軍 事 組 織 へ 軍 事 トレーニングを 施 し たり 他 の 便 宜 を 図 ったりしていたことが 不 満 のもとであった ラジーヴ ガンディ 首 相 に 政 権 交 代 した 後 スリランカの 武 装 対 立 を 収 束 させ 統 一 スリランカの 中 で 政 治 的 和 解 を 実 現 するために インドは 誠 実 な 仲 介 者 の 役 割 を 演 じる 準 備 がある と インド 政 府 はスリランカ 政 府 に 信 号 を 送 っていた また インドは スリランカでの 分 離 主 義 者 の 戦 いと インドにおけるスリランカ 出 身 タミル 軍 人 の 政 治 活 動 が タミル ナードゥ 州 での 分 離 主 義 の 復 活 に 影 響 するかもしれないと 懸 念 していたのである このことが スリラン カを 分 割 させないように 紛 争 を 調 停 する 主 な 動 機 となっていた 会 談 は 1985 年 7 月 と 8 月 に 2 回 ティンプーで 行 われた 6 日 間 続 いた 第 1 回 目 で は タミル 人 代 表 団 は 会 談 の 基 本 的 条 件 として 後 に ティンプー 原 則 として 知 られ るようになった 4 つの 要 求 を 出 した 1 別 個 の 国 籍 をもつものとしてのタミル 人 の 承 認 2 タミル 故 国 とその 領 土 へのタミル 人 の 権 利 の 承 認 3 タミル 国 の 不 可 譲 の 自 決 権 の 承 認 4 スリランカを 故 郷 とみなす 全 てのタミル 人 の 全 面 的 市 民 権 と 他 の 基 本 的 民 主 的 権 利 の 承 認 スリランカ 政 府 代 表 のリーダー( 弁 護 士 でありジャヤワルダナ 大 統 領 の 兄 弟 であった) は 最 初 の 3 つの 原 則 に 関 して もしそれらを 言 葉 どおりに 解 釈 し 一 般 の 法 律 的 意 味 を 用 いて 解 釈 するなら 容 認 できないと 回 答 した 彼 は それらはスリランカの 独 立 国 と しての 領 域 的 統 一 性 を 否 定 したという 理 由 で 拒 否 されなければならないと 述 べた しかし 彼 は 以 上 の 要 求 が 原 則 的 に 分 離 独 立 を 意 味 しないならば 前 向 きに 意 見 を 交 換 する 余 地 があるとも 述 べた 第 4 の 要 求 に 対 して 彼 は 今 回 の 会 談 に 参 加 しているいかなる タミル 組 織 の 代 表 も スリランカに 住 んでいる 全 タミル 人 に 代 わって 交 渉 する 権 利 はな い と 言 った そして 近 年 インドから 移 り 住 んだタミル 人 (インド タミルを 指 す) は 自 身 達 が 選 んだ 代 表 者 組 織 を 有 している と 指 摘 した スリランカ 政 府 は スリラン カの 既 存 の 憲 法 の 範 囲 内 で 問 題 解 決 策 を 提 供 することしかできず また 現 行 の 県 議 会 シス テムを 越 えたかたちで 北 東 部 地 方 への 権 限 委 譲 を 行 わないことを 表 明 した タミル 人 は 当 初 は 4 つの 原 則 が 認 められることを 望 んでいた 第 1 回 目 の 会 談 はあまり 進 展 せず 議 論 にいかなる 共 通 基 盤 をも 見 出 すことができなかったが 両 者 は 再 び 会 合 をもつことに は 同 意 した 7 月 20 日 に ジャフナ(Valvettiturai)でスリランカ 軍 とタミル 武 装 兵 の 間 で 衝 突 が 起 こった 両 者 は その 時 点 で 停 戦 協 定 を 完 全 には 破 棄 しなかったが 爆 弾 攻 撃 もいくつ 78

14 か 起 こった しかし 第 二 回 の 会 談 が 8 月 12 日 に 始 まるや 否 や 暴 動 は 過 激 化 した 会 談 が 始 まった 数 日 後 タミル 人 代 表 は スリランカ 軍 がタミル 人 を 攻 撃 し 続 けていると 抗 議 した 彼 らは 軍 は 大 量 虐 殺 行 為 を 行 っていると 主 張 した インド 政 府 は 何 とか 会 談 を 続 行 しようとしたが LTTE は 会 談 から 引 き 上 げ 他 のグループは 代 表 団 の 規 模 を 縮 小 した しかし 第 二 回 目 の 会 談 が 始 まる 前 に ティンプー 会 談 は 事 実 上 失 敗 していた そ れは 的 確 な 準 備 と 相 互 の 信 頼 関 係 を 構 築 することなしに インドの 命 令 で 開 催 が 引 き 受 けられたからである 会 談 は 失 敗 に 終 わり 停 戦 も 破 棄 された しかし インド 政 府 は スリランカ 政 府 に 対 して 外 交 上 の 働 きかけを 続 け スリランカ 政 府 に 州 議 会 に 基 づく 移 行 の 枠 組 みに 同 意 させることに 努 力 した 後 に 1985 年 のデリ ー 協 定 として 知 られたこの 枠 組 みは インド 政 府 の 発 案 であった それは 州 政 府 へ 権 力 を 大 幅 に 委 任 するという 案 であった スリランカ 政 府 はしぶしぶそれを 受 け 入 れたが タ ミル 武 装 組 織 はそうしなかった TULF は 初 め 同 意 に 積 極 的 だったが 武 装 組 織 からの 圧 力 でその 支 持 を 取 り 下 げた インド 政 府 の 努 力 は 日 の 目 を 見 ることはなかったが デリ ー 協 定 は 県 ではなく 州 単 位 での 権 限 委 譲 を 提 案 することで 将 来 の 平 和 交 渉 の 議 題 に 載 せたという 意 味 では 目 的 を 果 たしたといえよう タミル 解 放 諸 組 織 は その 後 も タミル ナードゥ 州 の 支 援 組 織 と インド 国 内 のかなりの 数 のタミル 人 口 からの 支 持 を 享 受 し 続 けた その 一 方 で インド 政 府 は LTTE の 理 論 家 であるバーラシンハム TELO の 代 表 であるサチャンドラとチャンドラハサン インドのスリランカ タミル 難 民 の 間 で 人 道 的 援 助 をしていた TELO 支 持 者 である 活 動 家 等 に 即 時 追 放 を 命 じることでタミル 軍 事 組 織 の 会 談 からの 引 き 上 げに 対 抗 した スリランカ 北 東 部 では スリランカ 軍 とタミ ル 軍 事 組 織 の 間 で 衝 突 が 続 き 一 般 のタミル 人 とシンハラ 人 が 犠 牲 になった ティンプー 会 議 の 失 敗 は 主 導 者 が 和 平 会 談 の 準 備 がまだできていなかったという 事 実 を 明 らかにした また 各 タミル 武 装 集 団 への 後 援 者 を 演 じながら スリランカ 政 府 の 調 停 者 に 同 時 になろう という 二 重 のアプローチによるインドのジレンマを 明 らかにした 一 方 タミル 武 装 集 団 は ティンプー 会 談 に 参 加 することによって 人 々からの 認 識 度 を 高 め 政 治 的 正 当 性 を 得 たのである (2) インド ランカ 協 定 (1987 年 ) 1985 年 ティンプー 会 談 が 決 裂 した 後 より 多 くの 血 が 流 され 命 が 失 われた その 後 1987 年 7 月 29 日 に インドの 首 相 ラジーヴ ガンディとスリランカの 大 統 領 J.R. ジャヤワルダナによって インド ランカ 協 定 が 署 名 された 主 導 権 争 いのなかで LTTE は TELO の 幹 部 とその 構 成 メンバーの 多 数 を 排 除 した PLOTE は 内 部 の 混 乱 と 粛 清 によって 事 実 上 弱 体 化 し 麻 痺 状 態 であった LTTE は 軍 事 力 を 拡 大 し 戦 場 にお いて 最 も 支 配 的 な 勢 力 になった EROS と EPRLF は 一 応 活 動 はしていたが 軍 事 的 には LTTE よりはるかに 劣 り LTTE に 脅 されつつあった ENLF は 機 能 を 停 止 してい た 紛 争 は 完 全 に 軍 事 的 になり 武 装 集 団 の 間 での 衝 突 により 紛 争 がエスカレートすると 非 武 装 の TULF はさらに 端 に 追 いやられた 前 述 のように インドはティンプー 会 談 決 裂 後 も 調 停 への 努 力 を 続 けていた イン ド ランカ 協 定 の 基 本 的 要 素 のいくつかは その 時 両 政 府 間 ですでに 同 意 されていた スリランカ 政 府 が 州 単 位 での 権 限 委 譲 を 承 認 したことが その 中 で 最 も 重 要 なものである 79

15 しかし 合 意 に 公 式 に 署 名 する 前 の 期 間 には 次 のような 経 緯 があった まず 1986 年 11 月 バンガロールにおいて タミル ナードゥ 州 政 府 主 席 大 臣 である M. G. ラーマチャ ンドラン( 当 時 LTTE の 主 要 な 後 援 者 と 見 なされていた)の 面 前 で ラジーヴ ガンデ ィ 首 相 とプラバーカランの 直 々の 会 議 がもたれた ラーマチャンドランは プラバーカラ ン( 彼 はその 時 チェンナイに 住 んでいた)に バンガロールでインドの 首 相 に 会 うように 説 得 した プラバーカランは ガンディによって 提 案 された 州 政 府 案 に 不 満 であったため チェンナイに 帰 って すぐにジャフナへ 向 かった スリランカ 政 府 は この 時 ジャフナ 攻 略 のための 攻 勢 を 開 始 する しかし スリランカ 政 府 の 予 想 に 反 して インドはタミル 武 装 グループへの 物 的 支 援 を 増 加 させたばかりでなく 空 軍 機 でジャフナ 半 島 に 食 物 投 下 するという 最 も 劇 的 な 行 為 を 行 った インドは スリランカの 空 域 を 侵 犯 し 攻 勢 を 止 めて 新 しい 和 平 交 渉 のためのインドの 提 案 に 同 意 するように という 強 力 なメッセ ージをスリランカ 政 府 に 送 ったのである インドはまた 提 案 を 受 け 入 れさせるために LTTE に 多 くの 軍 事 的 締 め 付 けをしなくてはならなかった インド ランカ 協 定 の 基 本 的 前 提 は 以 下 の 重 要 な 条 項 を 含 んでいた 一 つのスリランカ スリランカの 主 権 と 統 一 の 維 持 ( 第 1.1 節 ) 全 ての 市 民 が 平 等 安 全 調 和 のもとに 生 活 し 向 上 し 目 標 を 達 成 できるように ( 第 1.5 節 ) 多 民 族 多 言 語 の 社 会 の 枠 組 みのなかで( 第 1.2 節 ) 各 民 族 の 異 な る 文 化 言 語 アイデンティティを 育 てる( 第 1.3 節 ) 北 東 部 州 を タミル 語 を 話 すスリランカ 人 の 歴 史 的 居 住 地 域 ( 第 1.4 節 )として 認 める この 合 意 の 主 な 特 徴 は 北 東 部 州 を 一 つの 選 ばれた 州 議 会 一 人 の 州 知 事 主 席 大 臣 と 各 大 臣 から 構 成 される 委 員 会 をもつ 一 つの 行 政 単 位 とした 一 時 的 な 措 置 にある こ の 一 時 的 な 処 置 を 将 来 どうするかは 1 年 後 の 国 民 投 票 にて 決 定 されることになっていた 合 意 条 件 の 下 で インドの 政 府 は 提 案 の 実 行 における 問 題 解 決 と 協 力 を 引 き 受 けること を 保 証 した それは タミル 武 装 集 団 の 非 武 装 化 と スリランカ 治 安 部 隊 の 兵 舎 内 への 撤 収 を 含 んでいた( 第 2.14 節 ) インド 平 和 維 持 軍 (Indian Peacekeeping Forces: IPKF)として 知 られるようになった インドの 平 和 維 持 派 遣 団 が 武 装 集 団 が 武 器 を 引 き 渡 し スリランカ 軍 隊 が 兵 舎 へ 撤 収 され 平 和 が 確 実 に 維 持 されるために 設 立 される ことになっていた しかし LTTE 幹 部 は 合 意 に 満 足 していなかった 合 意 の 署 名 前 に インドの 首 相 と 大 臣 たちはニューデリーにて 合 意 を 受 け 入 れるよう プラバーカランに 依 頼 した プラバ ーカランは 憤 りを 表 明 しており 調 印 式 がコロンボで 行 われたときは デリーのアショ ク ホテルに 事 実 上 監 禁 されたままであった 53 しかし タミル 人 は 非 常 に 興 奮 して 合 意 のニュースを 歓 迎 し 北 東 部 に IPKF が 到 着 したときは 喜 びの 絶 頂 にあった イン ド 軍 はタミル 人 大 衆 に 花 束 で 迎 えられた 彼 らは 母 なるインド がついに 彼 らを 解 放 し 救 いに 来 たと 確 信 していたのである 停 戦 は 7 月 31 日 に 開 始 され 武 装 組 織 は 停 戦 の 開 始 から 72 時 間 以 内 (すなわち 8 月 3 日 )に 武 器 を 手 渡 すことになっていた 53 インド ランカ 協 定 と LTTE の 歴 史 についての 詳 細 は 前 掲 の Swamy (2002) を 参 照 のこと 80

16 タミル 人 大 衆 が 幸 福 に 浸 っていた 一 方 合 意 内 容 の 実 施 に 関 する 限 り ことは 予 想 通 り には 運 ばなかった ジャフナでは LTTE 幹 部 が リーダーのプラバーカランがニューデ リーに 監 禁 されていることに 憤 慨 していた 彼 らは プラバーカランの 釈 放 を 要 求 し ジ ャフナ 半 島 の 様 々な 地 域 で 抗 議 の 行 進 と 座 り 込 みを 行 った 予 定 されていた 武 器 の 引 き 渡 しは 実 現 しなかった LTTE のジャフナ 指 揮 官 クマーラッパは 彼 らのリーダーが 直 接 命 じない 限 り LTTE はいかなる 武 器 も 決 して 手 渡 さないとジャフナの IPKF 団 長 に 言 った プラバーカランは 8 月 2 日 にジャフナに 帰 された 8 月 4 日 に 彼 はストゥマライ ア ンマン 寺 院 の 敷 地 で 5 万 人 以 上 の 群 衆 に 講 演 した 彼 は 強 大 な 権 力 が 我 々のコント ロールを 超 えるところで 我 々の 政 治 的 運 命 を 決 定 した ため 彼 が 合 意 を 受 け 入 れなけれ ばならなかったことを 観 衆 に 説 明 した 54 彼 はまた LTTE は 合 意 に 従 って 武 器 を 引 き 渡 す と 述 べた 後 に LTTE は 二 車 輌 分 の 武 器 だけを 引 き 渡 した 他 のグループも 彼 ら の 武 器 の 一 部 を 引 き 渡 した 南 部 では 合 意 はスリランカ 自 由 党 (Sri Lanka Freedom Party:SLFP) 人 民 解 放 戦 線 (JVP)と 他 のシンハラ 国 粋 主 義 政 党 によって 拒 絶 された 合 意 に 対 するコロンボでの 抗 議 の 行 進 は 暴 動 になり 38 人 が 死 亡 いくつかの 国 営 バスが 破 壊 された SLFP は 政 府 は 国 民 を 裏 切 り 国 をインドの 属 国 にしたと 非 難 した JVP は 合 意 に 対 して 反 対 運 動 を 行 い 軍 隊 の 中 にみられた 反 インド 感 情 を 刺 激 した ラジーヴ ガンディ 首 相 がス リランカで 歓 迎 の 式 典 に 出 席 した 際 兵 隊 に 挨 拶 している 間 に シンハラ 海 軍 水 兵 がライ フルを 彼 に 振 りかざずという 事 件 も 起 こった しかしながら インド 政 府 は 合 意 を 実 行 す る 計 画 を 進 めていた それは 1987 年 末 までに 開 催 を 予 定 していた 州 議 会 選 挙 までに 北 東 部 州 に 臨 時 政 府 を 設 立 することを 含 んでいた 12 人 のメンバーからなる 臨 時 諮 問 議 会 が 北 東 部 州 を 運 営 するために 設 置 されること になっていた インドは 以 前 にタミル 政 党 に 対 し 臨 時 議 会 の 設 立 においては 全 てのグル ープに 同 数 の 議 席 が 与 えられると 約 束 していた しかし LTTE は 同 数 の 議 席 に 満 足 せず より 多 くの 議 席 を 要 求 した この 問 題 が 解 決 される 前 に ジャフナの LTTE の 政 治 指 導 者 であるティレーパンは 無 期 限 のハンガーストライキを 行 った 彼 は IPKF は タミル 地 域 をシンハラ 植 民 地 化 するためにスリランカ 政 府 と 協 力 しているとして 非 難 し 合 意 と インドに 対 して 批 判 を 行 った ティレーパンの 断 食 は LTTE による 大 きな 政 治 的 イベン トであった 9 月 26 日 にインドのディキシット 大 使 はジャフナへ 飛 び LTTE が 臨 時 議 会 の 12 の 議 席 のうちの 7 議 席 持 つことをプラバーカランに 知 らせた プラバーカランは 申 し 出 を 受 け 入 れたが ティレーパンの 断 食 を 止 めなかった ティレーパンは 死 に 彼 の 死 はジャフナで 反 インド 感 情 の 波 を 高 まらせた 臨 時 議 会 の 残 りの 5 議 席 は TULF に 2 議 席 スリランカ 政 府 に 2 議 席 1 議 席 はス リランカ 政 府 によって 任 命 されるムスリム コミュニティの 代 表 へ 与 えられた 臨 時 議 会 は LTTE が 指 名 する 議 長 によって 主 導 されることになっていた LTTE はジャヤワルダ ナ 大 統 領 に 二 つのリストを 提 出 した 一 つは 7 人 の 臨 時 会 議 メンバーの 選 択 のため も う 一 つは 議 長 の 選 択 のためであった 大 統 領 は 選 択 を 行 ったが LTTE は 大 統 領 が 議 長 54 前 掲 Swamy (2002) 81

17 として 選 択 した 前 ジャフナ 市 理 事 の C. V. K.シバニャーナンに 不 満 であり また 臨 時 議 会 のメンバーのうち 2 人 を 交 代 させることを 望 んだ LTTE は 大 統 領 が N.パットマナ ーダン( 彼 は 公 務 員 で 当 時 テロ 防 止 法 によって 45 ヵ 月 間 拘 留 され 解 放 されたばかり であった)を 選 ぶことを 望 んでいた 大 統 領 は シバニャーナンをパットマナーダンに 交 代 させることを 拒 否 した LTTE はシバニャーナンに 役 職 の 受 け 入 れを 拒 否 するよう 依 頼 し 彼 は 書 面 にて 受 け 入 れを 拒 否 した 和 平 交 渉 は 散 発 的 武 力 衝 突 のために 平 和 的 でなくなっていた これらの 衝 突 には LTTE と 他 のタミル 集 団 が 関 係 していた スリランカ 政 府 軍 が 関 係 した 事 件 もあった LTTE は より 公 然 と IPKF に 対 する 敵 意 を 示 し 始 めた LTTE は タミル 人 にインド 軍 と 接 触 しないよう 警 告 した 問 題 は 10 月 5 日 スリランカ 海 軍 が 武 器 と 弾 薬 を 運 んでい る 2 隻 のトロール 船 を 捕 獲 し 船 上 の 17 人 の LTTE を 留 保 した 時 に 発 生 した 留 保 され た 人 々の 中 にはジャフナの 指 揮 官 クマーラッパとトリンコマリーの 指 揮 官 プレンドランが いた LTTE は 政 府 は 合 意 を 冒 涜 したとして 非 難 し 保 留 者 の 釈 放 を 要 求 した 政 府 は 拒 絶 して 保 留 者 をコロンボへ 連 れて 行 くことに 決 めた LTTE は 彼 らはコロンボへ 連 行 されてはならないと 迫 った インド 大 使 は 17 名 をコロンボへ 連 れて 行 かないように と ジャヤワルダナ 大 統 領 とアトゥラトゥムダリ 防 衛 大 臣 に 訴 えたが 政 府 はこれを 却 下 した 17 人 の LTTE メンバーは シアン 化 物 カプセルを 噛 み 自 殺 を 図 った 17 人 全 員 が IPKF の 病 院 に 運 ばれたが クマーラッパとプレンドランを 含 む 12 人 が 死 亡 した 和 平 交 渉 は ここで 暗 礁 に 乗 り 上 げ LTTE と IPKF の 間 の 対 決 は 避 けられなくなった IPKF と LTTE が 戦 争 状 態 にあったので 州 議 会 は 1988 年 12 月 に EPRLF のヴァラタ ラージャ ペルマーを 主 席 大 臣 として 組 織 された 議 会 選 挙 は 非 常 に 問 題 の 多 い 中 で 東 部 の 一 部 でのみ 開 かれ 北 部 では 開 催 されなかった 州 議 会 は 各 省 の 大 臣 から 構 成 され る 行 政 委 員 会 が 選 ばれ トリンコマリーに 事 務 所 が 設 置 された 一 方 LTTE は IPKF に よってジャフナから 追 い 出 された 北 東 部 における 一 般 人 の 犠 牲 は 広 がっていた EPRLF は インド 調 査 分 析 局 (Research and Analysis Wing:RAW)の 助 けを 借 りて 急 いでタミル 国 民 軍 (Tamil National Army:TNA)を 徴 兵 した LTTE は TNA と 対 立 し 難 なくそれを 押 しつぶし インドによって TNA に 供 給 された 大 部 分 の 武 器 を 取 り 上 げた LTTE は 大 きな 損 失 を IPKF に 与 えていた EPRLF 率 いる 州 議 会 の 寿 命 はあと 数 日 となった R.プレーマダーサが 大 統 領 として 選 出 されたことは LTTE にとって 有 利 であった プレーマダーサは IPKF がスリランカから 撤 退 することを 望 んでいたからで ある 彼 は スリランカ 軍 に LTTE へ 武 器 を 供 給 するよう 命 令 した 彼 は IPKF を 共 通 の 敵 であると 捉 えたのである 1989 年 12 月 ガンディ 率 いるインド 国 民 会 議 政 府 は V. P.シン 率 いる 国 民 戦 線 に 対 して 敗 北 した 国 民 戦 線 は スリランカから IPKF を 撤 退 させ ることを 選 挙 運 動 で 誓 約 していた 誓 約 は 実 行 され 1989 年 6 月 までに IPKF は 完 全 に 撤 退 した デリーの 新 政 府 は 北 東 部 の 州 議 会 の 解 散 を 望 んだ 州 議 会 は IPKF が 撤 退 するや 否 やすぐに 崩 壊 した しかし 主 席 大 臣 は タミル イーラム 国 家 の 独 立 を 一 方 的 に 宣 言 するという 劇 的 な 抵 抗 を 最 後 に 行 った インド 大 使 は 驚 き 主 席 大 臣 と 2 3 の 他 の 議 員 を インドの 空 軍 機 でインドに 護 送 した その 時 既 に プレーマダーサは LTTE と の 会 談 を 開 始 していた こうして インド ランカ 協 定 は 終 わりを 告 げた EPRLF の 元 スポークスマンであり 理 論 家 現 在 は 民 族 問 題 と 和 平 交 渉 の 研 究 解 説 者 で 82

18 あるロガナータンおよびロパースは 次 のようにインド ランカ 協 定 の 教 訓 をまとめてい る 55 実 質 的 な 問 題 に 関 する 議 論 のなかで タミル 人 組 織 を 直 接 協 定 に 関 与 させなかった LTTE と 他 のタミル 組 織 が 協 定 の 共 同 調 印 者 でなかったということが 決 定 的 であっ た 行 政 構 造 に 関 する 問 題 は インド 政 府 とスリランカ 政 府 の 間 で 合 意 に 署 名 した 後 に 法 律 で 制 定 されることとなっていた(すなわち 第 13 条 の 改 正 ) 交 渉 のプロセス は 近 接 交 渉 であり 紛 争 当 事 者 間 の 直 接 交 渉 ではなかった LTTE およびスリランカ 政 府 は 第 三 者 としての 調 停 者 (すなわちインド)に 疑 い をもっていたうえ 両 者 とも 自 分 たちに 有 利 になるようインドを 利 用 しようとした インドは 両 者 から 信 頼 を 勝 ち 取 ることができないまま 対 立 に 必 然 的 に 巻 込 まれた (3) プレーマダーサ LTTE 会 談 ( 年 )とムナシンハ 委 員 会 ( 年 ) プレーマダーサ 政 権 は 1989 年 4 月 に LTTE と 交 渉 を 開 始 した 会 談 に LTTE だけを 招 くことによって 大 統 領 は 間 接 的 に LTTE をタミル 政 党 の 代 表 と 認 めた LTTE 幹 部 は 大 統 領 と 内 閣 の 幹 部 と 交 渉 するためにコロンボに 飛 んだ 中 央 州 から 選 出 された 経 験 豊 かなイスラム 政 治 指 導 者 であり LTTE と 個 人 的 に 連 絡 を 取 り 合 っていた 外 務 大 臣 A.C.S ハミードが 交 渉 団 を 率 いた アントン バーラシンハムが LTTE の 代 表 者 であった 政 府 は LTTE の 要 求 により タライマンナー ヴェルヴェッティトウライ ポイントペド ロという 北 部 で 最 も 戦 略 的 に 重 要 な 軍 キャンプを 閉 鎖 した 政 府 は LTTE の 機 嫌 を 取 るための 長 い 道 のりを 進 んでいるように 見 えた しかし 会 談 ははっきりした 議 題 を 持 た ないままであった IPKF の 撤 退 と 北 東 部 州 議 会 の 解 散 が 初 期 の 会 談 での 議 題 であった 4 月 からは 休 戦 に 合 意 した 会 談 は 様 々な 間 隔 をとりながら ほぼ 14 ヵ 月 にわたって 行 われたが いかなる 前 進 も 見 られなかった 何 度 も 停 戦 は 崩 され 武 力 衝 突 が 再 開 した 6 月 の 第 1 2 週 に LTTE は 北 東 部 において 20 の 警 察 署 と 18 の 軍 キャンプを 攻 撃 した 一 般 人 の 犠 牲 者 も 多 くでた 和 平 交 渉 の 失 敗 の 根 底 にある 理 由 は それほど 明 白 ではない 北 部 と 東 部 の 合 併 と 政 府 の 州 議 会 への 権 限 委 譲 の 程 度 が 主 な 議 論 の 課 題 であった 紛 争 当 事 者 である 政 府 と LTTE が 直 接 交 渉 を 行 ったのはこれが 初 めてであった しかし 後 の 考 察 では 両 者 は 準 備 不 十 分 であったうえ インド ランカ 協 定 と IPKF へ 反 対 しているというほかには 共 通 の 基 盤 を 見 つけられなかったことが 失 敗 の 理 由 であるとされている さらに ロガナ ータンとロパースは 交 渉 は 両 者 の 短 期 的 関 心 の 裏 返 しであった 点 を 指 摘 している (2002 年 ) 会 談 の 失 敗 と 引 き 続 く 紛 争 の 中 で プレーマダーサ 大 統 領 はタミル 政 党 を 代 表 する 国 会 議 員 および 他 の 一 部 の 反 LTTE グループと 話 し 合 いを 始 めた この 作 業 は マンガ ラ ムナシンハ 国 会 議 員 が 議 長 をつとめる 国 会 選 出 の 委 員 会 によって 遂 行 された この 委 員 会 は 1978 年 の 憲 法 第 13 条 の 改 定 に 基 づいて 執 行 された 委 員 会 は 1991 年 から 55 Loganathan Ropers (2002) 参 照 83

19 1993 年 を 通 して 開 催 されたが 多 くの 業 績 をあげることはできなかった ここでも 二 大 シンハラ 政 党 (UNP と SLFP)は 北 部 と 東 部 を 合 併 し タミル 語 を 話 す 人 々の 州 と する というタミル 政 党 の 要 求 に 同 意 しなかったのである プレーマダーサ 大 統 領 は 1993 年 5 月 1 日 に LTTE メンバーであると 考 えられてい る 自 爆 テロ 犯 の 爆 弾 によって 命 を 失 った その 際 23 名 の 一 般 人 が 死 亡 52 名 が 負 傷 し た プレーマダーサの 死 は 1991 年 5 月 に 南 インドで 女 性 LTTE 自 爆 テロ 犯 によって 実 行 されたインド 首 相 ラジーヴ ガンディの 暗 殺 を 思 い 起 こさせた (4) クマーラトゥンガ LTTE 会 談 ( 年 ) チャンドリカ バンダーラナーヤカ クマーラトゥンガは 1994 年 8 月 スリランカ 大 統 領 に 選 出 され 第 4 回 目 の 和 平 交 渉 を 開 始 した 彼 女 は 恒 久 平 和 をもたらし 前 体 制 下 で 続 いている 人 権 の 違 反 に 終 止 符 を 打 つという 公 約 の 下 先 例 のない 大 多 数 で 大 統 領 選 挙 に 勝 った 彼 女 の 選 挙 運 動 家 は 連 邦 主 義 や 分 権 化 などという 概 念 をシンハラ 人 へ 説 明 することにかなりの 時 間 を 費 やした 大 多 数 のシンハラ 人 タミル 人 とイスラム 教 の 有 権 者 は 彼 女 に 投 票 した 実 際 彼 女 はタミル 有 権 者 の 圧 倒 的 支 持 を 得 た LTTE も UNP の 大 統 領 スリマ ディサーナーヤカよりもクマーラトゥンガを 支 持 していた スリ マは 選 挙 集 会 中 に 自 爆 テロ 犯 によって 数 人 の 犠 牲 者 とともに 暗 殺 されたガーミニー デ ィサナーヤカの 妻 であった TULF も クマーラトゥンガのために 活 発 に 選 挙 運 動 をし た 彼 女 の 勝 利 は 国 中 の 人 々に 期 待 を 持 たせた 北 東 部 においても 再 び 人 々は 喜 びに あふれ 新 しく 選 ばれた 大 統 領 は 非 常 に 人 気 があった 南 部 においても 平 和 への 取 り 組 みは シンハラ 人 の 広 範 囲 にわたる 支 持 を 得 た この 状 況 は 和 解 を 達 成 するために 非 常 に 理 想 的 であるように 思 われた 第 4 回 目 の 和 平 交 渉 は 多 くの 約 束 とともに 始 められ た 同 月 北 部 への 28 項 目 の 必 需 品 の 輸 送 禁 止 を 解 いて 大 統 領 は LTTE と 無 条 件 会 談 を すると 申 し 出 た LTTE はそれを 歓 迎 した 大 統 領 とプラバーカランは 検 討 すべき 色 々 な 問 題 に 関 して 一 連 の 手 紙 のやりとりをした スリランカ 政 府 代 表 団 を 運 ぶヘリコプター が 1994 年 10 月 13 日 にジャフナに 着 陸 した 時 代 表 を 歓 迎 するために 数 千 人 が 集 まった ライオネル フェルナンド(ジャフナの 前 知 事 )と 代 表 派 遣 団 のメンバーは 人 々の 熱 狂 を 幸 福 の 絶 頂 と 表 現 した スリランカ 政 府 代 表 団 は 大 統 領 の 事 務 官 であるバーラパ タベンディに 率 いられた 他 のメンバーは ライオネル フェルナンド( 上 級 公 務 員 ) ナビン グナラトナ( 民 間 部 門 の 建 築 家 )とラジャン アサーワタン( 新 しくセイロン 銀 行 頭 取 に 任 命 された 会 計 士 )であった 代 表 団 にはベテランの 大 臣 や 政 治 家 はおらず こ の 種 の 政 治 折 衝 にいかなる 経 験 がある 者 もなかった LTTE 代 表 派 遣 団 は 東 部 の 上 級 リ ーダーであるカリカーランが 率 いていた 彼 を 後 に LTTE の 政 治 部 門 幹 部 となるタミ ル チェルヴァンが 補 佐 していた 二 回 の 会 議 の 後 1995 年 1 月 5 日 スリランカ 政 府 と LTTE の 間 で 休 戦 協 定 が 署 名 さ れた 両 者 が 最 終 的 に 同 意 した 項 目 は 以 下 のとおりである スリランカ 政 府 と LTTE 部 隊 は 互 いの 間 隔 を 最 低 600 メートルに 保 ち 現 在 の 地 上 での 位 置 を 維 持 する スリランカ 政 府 海 軍 空 軍 は 指 定 された 地 域 での 合 法 的 漁 業 へのいかなる 妨 害 も 84

20 しない 当 初 両 者 には 問 題 に 対 する 基 本 的 な 姿 勢 の 相 違 があった LTTE は 実 質 的 な 政 治 問 題 に 関 して 交 渉 する 前 提 条 件 として 正 常 化 を 望 んでいた LTTE は 人 々の 日 々の 生 活 を 正 常 化 するために 経 済 制 裁 をはじめ 他 の 規 制 を 排 除 することを 希 望 した スリ ランカ 政 府 は 実 質 的 で 中 心 的 な 問 題 に 最 初 に 取 り 組 むことを 望 んだ 会 談 に 議 題 を 設 定 するにあたっての 両 者 のこのアプローチの 違 いは 未 解 決 のままであり 交 渉 に 関 する 両 者 の 緊 張 の 主 な 源 となった これについては 後 に 解 説 する 1995 年 1 月 14 日 の 交 渉 において LTTE は ポーネルン 基 地 の 撤 去 とサングピッデ ィ 経 由 でジャフナ 半 島 と 本 土 の 間 の 陸 路 を 開 放 することを 要 求 した スリランカ 政 府 は ポーネルン 防 御 線 を 600 メートル 後 退 させることに 同 意 した 1 月 15 日 タミル チェ ルヴァンは スリランカ 政 府 に 以 下 の 要 求 をした LTTE 兵 士 は 武 器 を 東 部 に 運 び 込 んでもよい LTTE 兵 士 は 様 々な 道 路 における 検 問 所 にて 検 問 を 受 けなくてもよい スリランカ 政 府 による 経 済 制 裁 の 解 除 東 部 での 漁 業 活 動 を 妨 害 することなく 許 可 する LTTE は 武 装 兵 士 の 移 動 の 自 由 海 岸 部 水 域 おける 移 動 漁 業 権 の 問 題 が 受 け 入 れら れるまで 和 平 委 員 会 の 設 置 には 同 意 しないといった クマーラトゥンガ 政 権 は 北 東 部 への 全 ての 必 須 品 の 禁 止 を 緩 和 し スリランカ 軍 基 地 の 2 マイルの 範 囲 内 以 外 での 漁 業 に 関 する 規 制 を 解 き エレファント パスとサングピッディ 基 地 の 防 御 線 を 後 退 させて ジャフナ 半 島 と 本 土 に 結 ぶ 交 通 路 を 開 くことに 同 意 した しかし LTTE は スリランカ 軍 はそれらの 処 置 に 反 対 しているので 政 府 はこれらを 何 も 実 行 することができないであ ろう と 述 べた 和 平 交 渉 は トリンコマリー 港 で 2 隻 の 海 軍 砲 艦 への LTTE の 攻 撃 によって 1995 年 4 月 19 日 に 終 わった クマーラトゥンガ 宛 の 1995 年 4 月 18 日 付 の 通 知 において プラ バーカランによって 示 された 理 由 は 以 下 のとおりであった 政 府 のポーネルン 基 地 撤 去 の 不 履 行 東 部 における LTTE 兵 士 の 武 器 を 運 ぶための 移 動 の 自 由 を 許 可 することに 対 する 政 府 の 拒 絶 プラバーカランにクマーラトゥンガが 手 紙 で 誓 約 したと 言 われる 漁 業 への 全 ての 規 制 緩 和 に 対 する 政 府 の 不 履 行 停 戦 は 終 わり スリランカは 4 回 にわたる 和 平 会 談 の 後 戦 争 を 再 開 した 会 談 は 相 互 理 解 を 促 進 するどころか PA 政 府 と LTTE の 関 係 を 悪 化 させた 両 者 は 和 平 交 渉 の 失 敗 をお 互 いに 責 めあった 大 統 領 は 平 和 のための 戦 争 に 着 手 し それを 拡 大 し 続 けた 両 者 は 新 しく 購 入 した 武 器 のために 武 器 庫 を 拡 大 した 政 府 は 1995 年 12 月 LTTE からジャフナを 奪 回 し A9 道 路 をジャフナまで 通 すための 軍 事 戦 略 を 開 始 した これによって スリランカ 軍 は 大 きなダメージを 受 けた しかし 戦 争 は 続 き 政 府 は いかなる 犠 牲 を 払 ってでも 軍 事 で 紛 争 に 勝 つという 方 策 を 採 り 続 けた 他 方 政 府 はいわゆる Uncleared Area(LTTE 支 配 地 域 ) に 対 して Cleared Area ( 政 府 支 配 地 域 ) における 復 興 再 建 プログラムを 開 始 した 北 部 再 建 復 興 局 (The 85

21 Relief and Rehabilitation Authority for the North:RRAN)が 1996 年 に 設 置 された 1994 年 復 興 再 建 関 係 の 業 務 は 船 舶 港 湾 省 の 管 轄 に 加 えられた それ 以 前 1995 年 1 月 には 北 部 のための 大 統 領 特 別 対 策 委 員 会 が 緊 急 援 助 と 復 興 プログラム (ERRP) を 準 備 するために 設 立 された しかし 1995 年 4 月 以 降 の 武 装 対 立 の 深 刻 化 に 伴 い 薬 品 を 含 む 多 くの 必 需 品 への 経 済 制 裁 のために LTTE 支 配 地 域 の 住 民 は 政 府 支 配 地 域 の 住 民 に 比 べて より 深 刻 な 問 題 に 直 面 していた 人 道 的 な 危 機 の 深 刻 さに 加 え て 戦 時 下 における 救 援 復 興 開 発 は 政 治 実 務 上 先 例 のないほど 困 難 なものであ った 戦 争 は 地 理 範 囲 を 拡 大 し 国 内 避 難 民 の 数 は 武 装 対 立 が 始 まってから 増 加 し 続 けて いた これらを 考 え 合 わせると 人 道 的 な 配 慮 よりも 軍 事 への 配 慮 が 優 先 される 傾 向 に あったといえる ジャフナを 奪 回 した 年 以 降 スリランカ 軍 は 一 連 の 失 敗 を 経 験 し その 犠 牲 は 政 府 と 国 民 が 払 うことになった スリランカ 軍 は 容 認 しがたいほど 多 くの 兵 士 と 武 器 を 失 ってい た 治 安 部 隊 の 士 気 は 弱 まり 多 くの 脱 走 兵 がでた 新 兵 募 集 はされていたが 期 待 され る 結 果 は 得 られなかった 国 は 明 らかに 戦 争 に 疲 弊 していた 戦 争 の 経 済 的 費 用 は 急 騰 しており 政 府 は 常 時 財 政 赤 字 を 埋 める 苦 労 を 繰 り 返 していた 戦 争 経 済 は 国 家 経 済 を 食 いつぶす 形 で 増 大 しており 長 期 の 発 展 が 損 なわれていた 負 債 への 負 担 は 重 くなっ ていった このような 状 況 下 において クマーラトゥンガ 大 統 領 は 和 平 交 渉 の 可 能 性 を 探 るためにノルウェーの 支 援 を 求 めた 一 方 LTTE 側 は 軍 事 的 勝 利 は 得 ていたものの 多 くの 兵 士 が 殺 され 負 傷 していた LTTE は 新 兵 募 集 において 問 題 に 直 面 していた LTTE は 軍 事 教 練 に 子 供 たちを 徴 兵 しているといって アムネスティ インターナショ ナルと 国 連 によって 繰 り 返 して 非 難 された 20 年 間 近 く 武 装 衝 突 に 耐 えたタミル 人 たち は 戦 争 の 終 結 を 強 く 望 んでいた ノルウェーは 2000 年 に 調 停 者 としての 役 割 を 演 じ 始 めた 調 停 が 始 まった 最 初 の 年 は 事 態 は 非 常 に 困 難 であることがわかり 正 式 な 会 談 への 最 初 のステップとして 信 頼 関 係 を 築 く 必 要 性 が 明 らかになった 最 後 の 和 平 会 談 の 失 敗 の 後 PA 政 府 と LTTE は 非 常 に 激 しく 戦 ってきたばかりでなく 国 際 的 な 場 での 非 難 の 応 酬 とプロパガンダ 合 戦 も 行 ってきた 政 府 は LTTE を 西 欧 諸 国 で 活 動 禁 止 とす るために 活 発 に 働 きかけてきた 両 者 の 間 には 信 頼 関 係 を 築 きあげるための 少 しの 下 地 もなかった さらに PA 政 府 は 調 停 者 としてのノルウェーの 善 意 を 疑 い 始 めていた さて 失 敗 した 第 4 回 目 の 和 平 交 渉 を 振 り 返 ってみると 以 下 の 事 柄 が 重 要 であるこ とがわかる 信 頼 構 築 に 十 分 な 時 間 をかけて 相 互 同 意 に 基 づく 交 渉 の 計 画 を 練 り 上 げていなか った 両 者 は 交 渉 のテーブルに 着 く 際 に 異 なる 優 先 事 項 を 持 っていた 当 事 者 間 の 初 期 の 交 信 は ICRC を 通 じて 大 統 領 と LTTE のリーダーの 間 で 手 紙 を 交 わす 形 をとった これは 公 式 な 調 停 者 として 選 ばれた 第 三 者 によって 信 頼 関 係 の 構 築 を 促 進 した 場 合 に 比 べて 明 らかに 限 界 があり 良 い 方 策 ではなかった 信 頼 関 係 が 構 築 されていないので 両 者 は 互 いの 軍 の 意 図 戦 略 計 画 に 疑 いを 持 った 会 談 が 失 敗 した 後 和 平 について 話 し 合 いながら 戦 争 に 備 えていたことを お 互 いに 責 め 合 った 時 に この 事 実 は 明 るみに 出 た 政 府 が 人 道 的 救 援 と 復 興 のプログラムを 一 方 的 に 実 施 することによって LTTE は 86

22 政 府 が LTTE をタミル 人 住 民 から 孤 立 させる 計 画 を 持 っているのではないかと 疑 いを 持 った LTTE と 協 議 することなく 政 府 は ERRP のために 大 統 領 特 別 対 策 委 員 会 の 設 置 を 発 表 した その 後 LTTE は 協 議 に 参 加 するよう 招 かれたが その 時 にはもう 手 遅 れで 不 信 感 はさらに 募 っていった 2000 年 の 平 和 交 渉 への 試 みに 関 して: 新 しい 和 平 交 渉 を 行 おうと ノルウェーに 依 頼 した 当 の 政 府 は LTTE を 海 外 で 禁 止 するためあらゆる 手 段 を 尽 くしていた 政 府 はこのように 矛 盾 した 立 場 をとっており 国 内 でも 軍 事 的 に LTTE を 弱 体 化 させ 政 治 的 にタミル 人 から 彼 らを 孤 立 させようとしていたため 政 府 との 交 渉 の テーブルに LTTE をつかせる 可 能 性 を 自 らつぶしていた 4.2 現 在 進 行 中 の 和 平 交 渉 現 行 の 和 平 交 渉 の 主 な 特 徴 夜 は 暗 い 私 の 家 は 遠 い 一 歩 前 進 することが 私 には 十 分 -カーディナル ニューマン- ラニル ウィクラマシンハ 現 首 相 のスピーチからの 上 記 の 引 用 は LTTE との 交 渉 への 彼 のアプローチを 示 している 2001 年 12 月 に 分 裂 した 島 に 平 和 をもたらす という 公 約 を 掲 げての 選 挙 に 勝 利 した 後 2002 年 2 月 22 日 に 一 般 に 報 道 では Memorandum of Understanding(MOU)と 言 われる 停 戦 合 意 文 書 (CFA)に スリランカ 政 府 と LTTE が 署 名 した 政 権 の 交 代 は ノルウェーに 調 停 者 としての 役 割 を 復 活 させる 機 会 をもたらした LTTE による 一 方 的 停 戦 宣 言 と 無 条 件 会 談 の 申 し 出 を 受 けて ウィクラマシンハ 新 政 権 は 新 たな 和 平 交 渉 を 開 始 した 休 戦 は 2001 年 12 月 24 日 にスリランカ 政 府 と LTTE によ って 同 意 された ノルウェーの 援 助 で 巧 みに 作 られる 正 式 な 停 戦 合 意 文 書 (MOU)が 両 党 によって 署 名 されるまで これは 毎 月 見 直 されることになっていた MOU への 署 名 は 2002 年 2 月 22 日 になされた 合 意 によって 外 国 人 とスリランカ 人 から 構 成 されるス リランカ モニタリング ミッション(SLMM)が 設 置 された これは 停 戦 を 監 視 する ための 機 関 である 12 月 24 日 と 2 月 22 日 の 間 の 期 間 は ある 意 味 で 緊 張 に 満 ちていた 公 表 されていない 議 題 への 批 判 と 反 対 勢 力 からの 外 部 の 干 渉 によって 両 者 の 停 戦 への 意 思 が 試 されていたといえる しかし 停 戦 の 推 進 と 治 安 維 持 のための 検 問 所 が 取 り 払 われ たことにより スリランカの 市 民 は 数 年 振 りに 安 全 と 移 動 の 自 由 を 実 感 し 始 めた こ れに 加 えて 北 東 部 の 人 々への 人 道 的 援 助 に 関 する 新 政 府 からの 提 案 と 彼 らの 生 活 と 家 計 を 正 常 化 しようとする 努 力 が 新 しい 和 平 交 渉 を 確 実 なものにしていった 北 部 の 人 々は ヴァウニヤとジャフナを 訪 問 したウィクラマシンハ 首 相 を 暖 かく 歓 迎 す ることによって 政 府 が 停 戦 後 即 時 に 採 った 様 々な 対 応 への 感 謝 を 表 した ヴァウニヤ とジャフナへの 訪 問 時 の 首 相 の 個 人 的 な 安 全 は LTTE によって 確 保 されていた

23 年 1 月 総 理 府 直 轄 の 和 平 調 整 本 部 (Secretariat for Coordinating the Peace Process:SCOPP)が 設 立 された 中 国 でスリランカ 大 使 を 勤 めている 上 級 外 交 官 である バーナード グナティラカが SCOPP の 事 務 局 長 に 任 命 された 内 閣 レベルでは 経 済 改 革 科 学 技 術 大 臣 であるミリンダ モラゴダが SCOPP との 調 整 作 業 のために 任 命 さ れた モラゴダとグナティラカは LTTE 政 治 部 からの 代 表 との 一 連 の 直 接 交 渉 に 乗 り 出 した これらの 議 論 のほとんどは LTTE の 事 実 上 の 本 部 であるキリノッチで 開 催 された LTTE の 交 渉 団 代 表 は S.P.タミル チェルヴァンであった 両 者 による 同 意 に 従 って SCOPP に 相 対 する LTTE 側 の 平 和 事 務 局 が 2002 年 12 月 にキリノッチに 設 置 された 日 本 大 使 とノルウェー 大 使 は 事 務 所 の 開 所 式 に 参 加 した 北 東 部 とスリランカの 他 地 域 間 での 物 品 と 人 々の 移 動 が 近 年 では 想 像 できなかった ほど 自 由 になった ジャフナへの A9 国 道 の 開 通 は 北 部 と 他 地 域 との 間 の 社 会 経 済 的 つながりを 復 活 させた この 新 しい 環 境 は 特 に 経 済 制 裁 のためにひどく 被 害 を 受 けてい た 地 域 に 対 して LTTE がより 組 織 的 に 救 援 と 復 興 活 動 に 取 り 組 むことを 可 能 にした 2002 年 8 月 大 規 模 な 産 業 貿 易 見 本 市 が 首 相 によってトリンコマリーで 開 催 された それは スリランカの 他 地 域 から 北 東 部 に 投 資 家 を 連 れてきて 北 東 部 にて 同 国 民 との 取 引 の 機 会 を 模 索 する という 目 的 であった 民 族 を 超 えた 人 と 人 との 交 流 が 起 こっている ことが 現 在 の 和 平 交 渉 の 一 つの 大 きな 特 徴 である 事 態 が 前 進 していることで 楽 観 主 義 が 高 まった 一 方 で 不 穏 な 動 きもあった LTTE が 誘 拐 によって 新 兵 を 徴 兵 し 訓 練 しており 武 器 を 運 び 込 んでいるという 申 し 立 てもあった さらに 北 部 に 持 ち 込 まれる 物 品 に LTTE が 課 す 税 についても 懸 念 が 示 された 物 品 はスリランカ 政 府 によってすでに 課 税 されていたので この 課 税 は 二 重 課 税 になった 2001 年 12 月 以 降 も LTTE による 誘 拐 や 少 年 兵 の 徴 兵 が 警 察 にいくつか 秘 密 通 告 され たことは 懸 念 材 料 の 一 つである 一 方 LTTE が 市 民 的 な 行 政 運 営 ができる 組 織 に 変 わろ うとしているという 証 拠 もまたある LTTE 支 配 地 域 には 独 自 の 警 官 法 廷 開 発 銀 行 まである これらを 警 戒 する 人 たちもいるが LTTE 側 は スリランカ 政 府 の 令 状 が 通 用 しない 彼 らの 支 配 地 域 において 法 と 秩 序 を 維 持 し 開 発 を 促 進 する 必 要 があるため と 説 明 している 停 戦 合 意 は 2002 年 12 月 現 在 既 に 10 ヵ 月 続 いており 休 戦 は 12 ヵ 月 以 上 続 いてい る これはスリランカが 過 去 20 年 の 間 に 経 験 した 最 も 長 く 有 意 義 な 停 戦 である 本 稿 を 執 筆 している 間 にも 直 接 会 談 はスリランカ 政 府 と LTTE 代 表 派 遣 団 の 間 で 3 回 行 わ れた 9 月 と 11 月 にタイで 2002 年 12 月 にノルウェーで 行 われた 各 々の 会 議 の 後 両 者 は 重 大 な 問 題 が 対 処 されないままだが 予 想 したよりも 多 くの 進 歩 が 達 成 された と 述 べた 統 一 スリランカの 中 での 自 治 拡 大 による 問 題 解 決 策 を 見 つけるために LTTE がスリランカ 政 府 と 共 同 で 作 業 しようという 決 意 表 明 をしたことにより 会 談 は 大 きく 前 進 した 適 切 な 解 決 法 を 見 出 すために 両 者 は 代 替 案 として 連 邦 制 度 を 検 討 することに 同 意 した この 大 きな 進 展 を パラダイム シフト と 評 する 人 もいる オスロ 会 議 の 後 LTTE の 代 表 は 連 邦 制 度 を 採 用 しているスイスのモデルを 研 究 するために 公 用 でスイス を 訪 問 した これは ドイツのバーゴフ 財 団 によって 便 宜 がはかられた 代 表 団 はこの 種 の 研 究 旅 行 を 今 後 より 頻 繁 に 行 う 予 定 であり 近 い 将 来 カナダを 訪 問 する 予 定 もあ る 88

24 交 渉 がこのように 前 進 している 一 方 で 国 内 では 北 東 部 のムスリムの 権 利 と 潜 在 的 に 和 平 交 渉 の 障 害 となるであろう 東 部 におけるタミル 人 ムスリムの 緊 張 関 係 について 懸 念 が 高 まっていた LTTE は 1990 年 10 月 に 北 部 のムスリムを 一 斉 に 追 放 したことに 対 して 正 式 な 謝 罪 をし 彼 らは 自 由 に 北 部 の 故 郷 に 戻 れることができると 述 べた しかし 12 年 間 の 避 難 生 活 の 後 多 くのイスラム 家 族 にとって ジャフナ マナー ムラティヴ の 故 郷 の 家 に 戻 ることはそれほど 容 易 ではない LTTE は 東 部 で 多 くのムスリムを 彼 ら の 土 地 から 追 い 出 して タミル 人 に 土 地 の 一 部 を 配 布 した LTTE 兵 士 は ムスリムとタミル 人 から 奪 った 土 地 に 自 家 消 費 と 販 売 用 の 食 糧 生 産 の ための 大 規 模 な 農 場 を 作 っていた ムスリムは 土 地 返 還 を 要 求 していた LTTE は 最 近 この 問 題 を 解 決 することに 同 意 した しかし ムスリムだけでなく 多 くのタミル 人 も 同 様 に スリランカ 軍 隊 によって 軍 基 地 やハイ セキュリティ ゾーンとして 使 用 するため に 追 いやられ 土 地 へのアクセスを 失 った いくつかの 地 域 では タミル 人 が 所 有 する 土 地 が ムスリムとシンハラ 人 によって 占 領 されていた シンハラ 人 もまた 北 東 部 内 で 避 難 していた もう 一 つの 不 安 要 因 は EPDP のような 野 党 が 北 東 部 において 政 治 的 活 動 を するのを LTTE が 望 んでいないことである LTTE は 北 東 部 のタミル 人 における 政 治 的 多 元 性 を 実 際 に 容 認 していない 幸 いにも 政 府 と LTTE は これらの 問 題 に 注 意 を 払 っており 新 しくつくられた 小 委 員 会 で 取 り 扱 うことにしている 現 在 の 和 平 交 渉 は 両 者 が 前 述 のような 過 去 4 回 の 試 みにおける 失 敗 から 多 くを 学 んだことを 示 す いくつかの 主 な 特 徴 を 持 っている 慎 重 であるが 建 設 的 なステップ バ イ ステップ アプローチが 採 用 されていることは 明 白 である 現 在 のプロセスのより 際 立 った 特 徴 は 以 下 のとおりである 信 頼 関 係 の 構 築 とコミュニケーション 経 路 の 確 保 へ 多 くの 時 間 をかけていること これは 以 前 の 試 みと 著 しく 対 照 的 なものであり 明 らかに 交 渉 プロセスを 実 現 するためのアプローチの 基 盤 となり 成 果 をあげている 会 談 のあらゆる 段 階 で 議 題 について 両 者 の 合 意 の 下 で 実 行 しようとする 意 欲 こ れは 上 記 と 関 連 がある スリランカ 政 府 と LTTE は 最 終 的 な 政 治 的 解 決 を 模 索 する 交 渉 のプロセスと 並 行 させて 北 東 部 における 緊 急 人 道 問 題 および 復 興 再 定 住 開 発 に 集 中 的 に 取 り 組 むことに 同 意 している このアプローチは 第 4 回 目 の 和 平 交 渉 を 妨 げた 矛 盾 を 解 決 するために 有 効 なものであった 前 述 のように LTTE は 北 東 部 の 人 々の 日 々の 生 活 ができるだけ 早 く 正 常 化 するための 即 時 の 措 置 が 取 られることを 切 望 し ていた 現 在 の 政 府 はうまくこの 要 請 に 応 じて これらの 障 害 を 取 り 払 うことを 平 和 交 渉 への 足 がかりとし 人 々の 信 頼 を 得 るようにした 振 り 返 ってみると 第 4 回 目 の 和 平 交 渉 が 始 まる 頃 には 長 引 く 戦 争 による 避 難 と 荒 廃 によって 既 に 再 定 住 復 興 開 発 が 緊 急 優 先 事 項 になっていた 北 東 部 における 人 々 特 に LTTE 支 配 地 域 の 人 々は 何 世 代 にもわたって 被 害 を 被 り ますます 困 難 な 状 態 に 陥 って いた しかし 当 時 の 政 府 は 独 自 の 救 援 と 復 興 プログラムを 行 うことを 決 定 しつ つも 中 心 的 問 題 を 最 初 に 議 論 することに 熱 心 であった LTTE にとっては 政 府 は LTTE 支 配 地 域 から 政 府 支 配 地 域 にタミル 人 市 民 を 引 きつけるための 政 治 的 な 89

25 武 器 として 人 道 的 援 助 と 復 興 を 使 ったと 考 えていた 会 談 において 北 東 部 のムスリム 代 表 者 が 参 加 している これは 平 和 への 信 憑 性 と 正 当 性 を 強 化 した 北 東 部 のムスリムの 和 平 プロセスへの 参 加 が 主 政 党 を 通 して 実 現 した スリランカ ムスリム 会 議 (SLMC)の 内 部 の 問 題 は ムスリム 代 表 の 会 談 への 参 加 に 影 響 を 及 ぼしているようである しかし 今 回 ムスリム 代 表 を LTTE とスリランカ 政 府 が 認 めたことは 北 東 部 のムスリムの 集 団 的 安 全 と 人 権 は 将 来 の 政 治 的 解 決 において 保 障 されるべきこと 北 東 部 の 異 なるコミュニティとし てのムスリムの 地 位 を 承 認 したことを 示 している 救 援 再 定 住 再 建 ( 開 発 )を 含 むの 重 要 な 問 題 に 関 する 共 同 意 思 決 定 のための 中 間 組 織 を 両 者 が 協 力 して 設 置 したこと これは 即 時 の 臨 時 措 置 を 越 えて 暫 定 行 政 機 構 へとつなげていこうという 概 念 上 の 推 移 を 示 している 2002 年 9 月 最 初 の 会 談 が 開 かれ 救 援 再 定 住 開 発 を 扱 うために 共 同 対 策 委 員 会 (Joint Task Force: JTF)を 設 置 することが 決 定 された 11 月 に 開 催 された 次 の 会 議 で は 概 念 が 不 明 確 であった JTF の 代 わりに 三 つの 小 委 員 会 (Subcommitees: SCs)が 設 置 されることになった 1 北 東 部 における 緊 急 的 人 道 復 興 ニーズに 関 する 小 委 員 会 ( 緊 急 人 道 援 助 ) 2 紛 争 解 決 に 必 要 な 政 治 問 題 への 取 り 組 みの 開 始 に 関 する 小 委 員 会 ( 政 治 問 題 ) 3 紛 争 の 縮 小 および 生 活 正 常 化 に 関 する 小 委 員 会 ( 治 安 )である 現 時 点 (2002 年 12 月 )では 小 委 員 会 のメンバーが 任 命 され 事 務 局 を 設 立 中 である 戦 争 の 影 響 を 受 けた 人 々が 公 正 な 平 和 の 配 当 を 受 けるべきであるという 共 有 認 識 停 戦 会 談 の 進 展 と 有 望 感 は 北 東 部 における 経 済 回 復 にいくらか 寄 与 した さらに 国 家 経 済 の 大 幅 な 回 復 を 通 して 平 和 の 配 当 が 蓄 積 されることについての 期 待 が 満 ちている 戦 争 被 害 者 が 平 和 の 配 当 の 受 取 人 にならなければならないとい う 共 有 認 識 も 存 在 する 平 和 構 築 と 開 発 において 市 民 社 会 が 活 発 な 役 割 を 果 たし 得 る 可 能 性 が 高 いこと 現 在 の 状 況 のなかでは 復 興 再 建 和 解 (RRR)に 係 わる 市 民 組 織 がより 活 動 し やすい 環 境 にある それは 1999 年 に 始 まった RRR プログラムを 宗 教 団 体 多 民 族 的 非 宗 教 的 な 団 体 を 問 わず 様 々な 立 場 の 人 々の 関 与 を 伴 う より 包 括 的 なプログラムとして 復 活 させ 再 定 義 しなおす 機 会 でもある また Consortium Humanitarian Agencies(CHA)のような 組 織 は より 多 数 の NGO に 参 加 の 機 会 を 提 供 し いっそう 重 要 な 役 割 を 果 たすことができよう もう 一 つの 著 しい 進 歩 は 国 の 仏 教 僧 が 和 平 交 渉 を 支 持 する 明 確 な 姿 勢 をとっていることである 経 済 界 もまた 一 つのスリランカ キャンペーンを 通 して 市 民 社 会 で 活 発 に 活 動 してい る National Peace Council Center for Policy Alternative 平 和 のための 女 性 連 合 サルヴォーダヤなどの 組 織 は 和 平 交 渉 を 促 進 するため 様 々なレベルで 活 発 に 活 動 している しかし 市 民 社 会 が 和 解 と 公 平 な 人 間 開 発 を 促 進 する 試 みはま だ 不 十 分 である また 北 東 部 の 市 民 社 会 の 役 割 に 関 しては いかに 小 委 員 会 とそ の 事 務 所 がこれらと 連 携 するかにかかっている 和 平 交 渉 への 国 際 社 会 の 関 与 国 際 社 会 特 に 開 発 援 助 を 供 与 する 国 々や 国 連 の ような 多 国 間 機 関 は スリランカの 和 平 交 渉 を 歓 迎 し 平 和 構 築 と 開 発 の 促 進 への 90

26 支 援 を 名 乗 り 出 た 調 停 者 としてのノルウェーの 関 与 国 際 的 な 参 加 による SLMM の 設 立 は 国 際 社 会 の 直 接 間 接 的 参 加 の 始 まりであった スリランカ 和 平 会 談 を 主 催 することを 提 案 したいくつかの 国 は スリランカが 恒 久 平 和 を 実 現 す るために 支 援 することへ 関 心 があることを 示 している これまで 会 談 は タイとノ ルウェーによって 主 催 された 次 回 はスリランカの 最 大 の ODA パートナーである 日 本 で 開 かれる 南 アフリカとモルディヴもまた 開 催 を 申 し 出 ている 和 平 交 渉 への 大 変 重 要 な 国 際 的 イベントは 12 月 5 日 にオスロで 開 かれ 日 本 を 含 む G8 および 北 欧 アジア 等 24 カ 国 機 関 の 代 表 が 参 加 したドナー 会 議 であった 米 国 英 国 日 本 は ハイレベルの 代 表 をこの 会 議 に 参 加 させた いくつかの 国 はここで 再 建 と 開 発 のために 資 金 援 助 をプレッジした 会 議 において 総 額 7000 万 米 ドルの 直 接 援 助 が 約 束 された しかし より 意 義 深 いのは 政 府 が 和 平 交 渉 を 促 進 できることであれば 何 でも 取 り 組 もうとしていることである インド 政 府 は 重 要 でありながら 会 議 に 参 加 し なかったが 統 一 スリランカの 中 で タミル 人 の 希 望 に 見 合 った 形 での 解 決 を 支 援 するこ とを 改 めて 表 明 した 現 行 の 和 平 交 渉 の 持 続 可 能 性 停 戦 は 保 たれており SLMM は 最 近 違 反 は 減 少 していると 報 告 している 会 談 は 多 くの 成 果 をもたらし 敵 同 士 であったスリランカ 政 府 と LTTE は 良 い 信 頼 関 係 を 構 築 し てきた そして これらの 進 歩 は 電 子 および 印 刷 メディアを 通 して 市 民 に 報 道 されて いる 進 歩 は 非 常 に 著 しいが 和 平 交 渉 の 持 続 性 と 政 治 的 解 決 という 形 の 最 終 結 果 に 関 しては 大 きな 懸 念 が 残 っている 期 待 される 結 果 を 出 すために 和 平 交 渉 の 持 続 性 を 強 化 するにおいて 重 要 な 課 題 は 以 下 のとおりである 超 党 派 的 協 力 を 必 要 とする 現 政 権 と 大 統 領 の 政 治 的 共 存 タミル 人 とムスリムの 対 立 をはじめとする 東 部 での 混 乱 分 配 上 の 争 いと 社 会 的 疎 外 JVP や 南 部 の 過 激 な 国 粋 主 義 者 らの 和 平 交 渉 への 反 対 以 下 に これらについてそれぞれ 簡 単 に 見 てみよう (1) 政 治 的 共 存 と 超 党 派 的 協 力 UNF 政 権 と 大 統 領 の 現 在 の 関 係 は 改 善 の 余 地 を 多 分 に 持 つ 両 者 は 対 立 や 互 いに 非 難 することを 繰 り 返 している これは 民 主 的 統 治 を 阻 害 する 要 因 であり 和 平 交 渉 に も 有 害 である UNF 政 権 は 憲 法 で 制 定 されている 事 項 を 修 正 するに 足 りる 十 分 な 議 席 数 を 持 たず 長 期 的 な 問 題 解 決 に 必 要 であるとして 野 党 からの 協 力 を 得 ることによって 大 統 領 と 戦 っている 9 月 の 第 1 回 目 の 和 平 会 談 後 第 2 回 目 の 会 談 前 までの 段 階 で 大 統 領 と 内 閣 の 対 立 が 継 続 するという 事 件 が 続 いた これは 憲 法 で 制 定 されている 前 の 選 挙 から 1 年 間 後 に 大 統 領 が 議 会 を 解 散 する 権 利 を 大 統 領 が 行 使 することを 避 けるた めの 法 案 を 内 閣 が 議 会 に 提 出 したことから 始 まった 大 統 領 が 12 月 に 議 会 を 解 散 するこ とを 恐 れて UNF 政 府 は 憲 法 改 正 を 通 して 大 統 領 のこの 権 力 を 除 くことによってその 安 定 性 を 確 保 する 予 定 だった しかし 第 19 条 の 改 正 の 合 法 性 に 疑 問 を 呈 した 人 たちがお 91

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802 スリランカの 憲 法 問 題 L.フェルナンド ** 浅 野 宜 之 訳 ** 1 はじめに スリランカは 憲 法 を 学 ぶ 人 にとって 二 つの 意 味 で 興 味 深 い 国 だと 思 われる 一 つは 19 20の 両 世 紀 の 間 にスリランカは ₅ つの それぞれ 形 式 及 び 内 容 の 面 でかなり 異 な った 憲 法 を 持 っていたということが 挙 げられる その ₅ つの

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

個人会員規約

個人会員規約 九 州 しんきんカード 会 員 規 約 第 1 部 一 般 条 項 第 1 章 会 員 の 資 格 第 1 条 ( 本 会 員 ) 株 式 会 社 九 州 し ん き ん カ ー ド ( 以 下 当 社 と い う ) に 対 し 本 規 約 を 承 認 の う え 入 会 申 込 み を し た 個 人 の う ち 当 社 が 適 格 と 認 め た 方 を 本 会 員 と し ま す 第 2 条

More information

第1章 総則

第1章 総則 派 遣 社 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 程 は 株 式 会 社 キイパーソン( 以 下 会 社 という)の 派 遣 スタッフの 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 2.この 規 程 および 付 属 規 程 に 定 めのない 事 項 は 個 別 の 就 業 条 件 明 示 書 兼 雇 用 契 約 書 ( 以 下 明 示 書 という)お よび 労

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF>

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF> 問 1 キャンプ 座 間 への 米 陸 軍 新 司 令 部 の 移 転 は 世 界 的 な 米 軍 の 改 編 の 一 環 として 行 われ また 沖 縄 の 負 担 軽 減 も 含 む 日 米 再 編 協 議 の 中 で 統 合 任 務 可 能 な 作 戦 司 令 部 として 米 国 本 土 より 移 転 してくる 唯 一 の 基 地 であり ます このことは 機 能 強 化 として 認 められたところでありますが

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A>

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A> 1 織 傍 線 今 回 案 現 織 織 目 目 章 章 節 秘 節 参 節 参 節 節 款 房 款 房 款 款 款 款 目 房 目 房 目 目 目 目 節 節 節 節 節 節 款 款 款 款 章 章 章 章 附 則 附 則 章 章 節 秘 秘 秘 節 参 節 参 参 参 参 参 節 節 款 房 款 房 房 房 房 ほ 策 策 運 企 画 運 企 画 装 装 削 削 削 房 房 房 ど 房 ど 印 印

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用

との 取 引 の 際 に 準 拠 法 をインド 法 としたとして も 通 常 そのこと 自 体 によって 日 本 企 業 に 大 き な 不 利 益 が 生 じるということはない ただし インドの 法 令 の 中 には 植 民 地 時 代 の 法 令 を 改 正 を 重 ねて 現 在 でも 使 用 シリーズ インドの 投 資 関 連 法 制 1 インドの 法 制 度 の 概 要 /インド 企 業 と 契 約 する 場 合 の 留 意 点 琴 浦 諒 * 1.はじめに 近 時 成 長 市 場 としての 将 来 性 を 見 込 んで ま た 中 国 に 次 ぐ 戦 略 的 な 進 出 先 として インドに 投 資 進 出 する 日 本 企 業 が 増 加 してい インドに 投 資 進 出 するに

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

合弁契約の実務(その5)

合弁契約の実務(その5) ( 月 刊 国 際 法 務 戦 略 2000 年 9 月 号 掲 載 ) 中 国 ビジネス ローの 最 新 実 務 Q & A 第 8 回 合 弁 契 約 の 実 務 (その5) 黒 田 法 律 事 務 所 黒 田 健 二 黒 須 克 佳 Kenji Kuroda, Katsuyoshi Kurosu/Kuroda Law Offices 今 回 も 合 弁 契 約 に 関 する 法 律 問 題 のうち

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information