TS2014u2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "TS2014u2"

Transcription

1 u2 uidアーキテクチャ2.0 坂 村 健 東 京 大 学 情 報 学 環 ユビキタス 情 報 社 会 基 盤 研 究 センター 長 教 授 YRPユビキタス ネットワーキング 研 究 所 長 T-Engineフォーラム/uIDセンター 代 表

2 1 IoTのモデル

3 Webサービスのモデル Big Data 表 示 音 声 アドバイス サービス Output スマートフォン/ 情 報 家 電 Input 操 作 撮 影 音 声 コメント メッセージ Real World

4 Webサービス+IoTのトータルモデル Big Data 制 御 データ メンテナンスデータ Output 組 込 みシステム スマートフォン/ 情 報 家 電 Input 測 定 データ ID 読 み 取 り 運 転 データ Real World

5 ビッグデータを 集 める 世 界 からのインプット 組 込 みセンサーノードなどからのデータ 組 込 み 機 器 からの 動 作 データ スマートフォンからの 操 作 撮 影 音 声 コメント メッセージ それらをネットで 集 めてビッグデータに

6 ビッグデータを 使 う 世 界 へのアウトプット ビッグデータ 解 析 から 機 器 の 効 率 的 制 御 を ビッグデータ 解 析 から 機 器 の 故 障 予 測 を それらによりメンテナンスや 運 転 効 率 化 へ 人 間 に 対 し 表 示 や 音 声 でアドバイスやサービスを

7 1 uidアーキテクチャ

8 ユビキタスコンピューティング の 本 質 コンピュータ/ネットワークが 人 間 の 生 活 空 間 の 状 況 を 認 識 すること モノや 人 の 位 置 と 空 間 情 報 モノや 人 の 属 性 情 報 各 種 センサーのリードアウト Context Awareness 状 況 認 識

9 状 況 認 識 とは コンピュータが 自 動 的 に 現 実 の 世 界 を 認 識 す ること これは 何 か? この 部 屋 にはだれがいる? この 人 は 目 が 不 自 由 か? この 機 器 はどこにある? よく 連 絡 をとる 相 手 は? 認 識 の 基 本 は 識 別 =IDentification

10 識 別 すべきすべてのモノに 個 体 識 別 番 号 を 振 る さらに 現 実 を 構 成 するのは 物 品 場 所 といった 物 理 的 実 体 だけではない それらの 概 念 的 存 在 にも 識 別 番 号 を 振 る たとえば 会 社 組 織 たとえばロットという 集 合

11 それがucode 128bitのucode オープンでユニバーサルなネットワーク 中 で 特 定 できる 世 界 で 唯 一 のユニーク 識 別 番 号

12 意 味 はネットワーク 外 部 化 注 )ここでは 経 済 の 分 野 の ネットワーク 外 部 性 とは 別 の 意 味 で 使 っている

13 ネットワーク 外 部 化 することのメリット 応 用 が 必 要 とするだけの 解 像 度 を 得 られる 単 なるビルの 住 所 でなく 必 要 なら 中 のオフィスの 特 定 の 棚 まで 識 別 できる 応 用 する 人 が 必 要 に 応 じ 発 行 できる 自 由 度 現 場 で 発 行 も 可 能 さらに 誰 が 発 行 しても 発 行 後 にオープンにし 皆 で 使 うようにもできる 開 放 性 プライベートにして 発 行 済 しかわからないようにもできる

14 ユビキタスIDアーキテクチャのコンセプト

15 2 なぜ 番 号 か?

16 なぜ 名 前 でなく 番 号 なのか? コンピュータにとっては 番 号 の 方 が 自 然 人 間 は 大 きな 桁 数 の 番 号 を 扱 うのが 不 得 意 なので 名 前 使 う 番 号 なら 世 界 で 唯 一 無 二 の 特 定 ができる 同 じ 名 前 で 別 のモノはたくさんある 名 前 では 大 量 に 同 類 があるモノの 一 つを 特 定 できない 固 有 名 詞 を 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 曖 昧 さが 増 える

17 なぜ 名 前 でなく 番 号 なのか? 番 号 なら 唯 一 無 二 性 さえ 保 障 すれば 特 定 の 権 威 を 必 要 とせずに 付 けられる 名 前 で 特 定 するには 誰 が 名 前 を 付 けるかという 権 威 が 必 要 ある 名 前 がふさわしいモノが 複 数 あったとき 誰 が 決 めるか それに 対 して 全 世 界 で 合 意 できるか 単 に 唯 一 無 二 なだけの 番 号 なら 管 理 構 造 が 不 要 URLや 住 所 など 階 層 的 に 名 前 を 連 ねて 特 定 する 方 式 は 管 理 構 造 を 反 映 するので 他 の 管 理 方 式 に 移 行 するとき 書 き 直 される ので 永 遠 に 特 定 できる 保 障 がない

18 ucodeの 社 会 的 な 意 義 オープンデータ 時 代 の 無 形 の 公 共 財 意 味 を 持 たない 一 意 性 の 保 証 だけであることが 重 要

19 グーローバルな 一 意 性 が 重 要 世 界 は オープン システムを 指 向 している オープンデータからオープンデータまで IoTも 巨 大 なオープンシステムとみなすことができる オープンシステムでは 一 般 性 のあるルールが データ サービス 間 の 相 互 運 用 性 のために 重 要 例 えばスマートハウスを 考 えても 家 の 中 で 一 社 の 家 電 のみ 使 う ことは 考 えられない それらを 指 定 するためのグローバルな 一 意 識 別 子 が 必 要 システム 間 でオブジェクトや 概 念 を 指 定 するため の 共 通 語 としての ucode

20 将 来 的 には メタデータのレリジエンスの 基 礎 として 社 会 がメタデータのネットワークで 表 現 された 時 の 識 別 子 の 永 続 性 の 保 証 が 必 要 メーカーの 型 式 番 号 など 特 定 の 組 織 (ドメイン)に 依 存 する 識 別 子 は その 元 の 組 織 が 消 滅 した 時 はより 公 共 的 なデータベースに 引 き 継 がれるべき 異 なるデータベースのマージ 問 題 を 考 えるとき ドメインでの 意 味 を 引 きずる 識 別 子 は 好 ましくない

21 ITU( 国 際 電 気 通 信 連 合 )の 国 際 標 準 化 ITU-T F.771 (2008) 応 用 及 び 要 件 定 義 ITU-T H.621 (2008) システム アーキテクチャ ITU-T H (2012) ID 体 系 ITU-T H (2012) ID 登 録 管 理 の 手 順 ITU-T H (2012) ID 解 釈 のプロトコル

22 IETFにおける 国 際 標 準 化 RFC 6588 A URN Namespace for ucode urn:ucode:_ abcdef ABCDEF という 標 記 形 式 が 国 際 標 準 化 された URIを 用 いる 場 面 全 般 で ucodeが 利 用 可 能 NFC (Near Field Communication) カードの NDEF 形 式 RDF (Resource Description Format)にお けるID 形 式

23 ucodeの 応 用 組 織 を 超 えた 唯 一 性 を 活 かした 多 様 な 応 用 実 績 超 長 期 優 良 住 宅 の 住 宅 登 録 サービス (( 財 )ベターリビング) 競 走 馬 の 血 統 飼 育 移 動 管 理 (( 財 ) 日 本 軽 種 馬 登 録 協 会 ) 医 薬 品 トレーサビリティシステム (ベネシス) インテリジェント 基 準 点 ( 国 土 地 理 院 )

24 会 場 のucode 利 用 展 示 のオムニバス 写 真

25 ucode 関 連 研 究 国 内 海 外 を 含 め 基 盤 応 用 の 両 面 か ら 幅 広 い 研 究 が 進 められてきた 東 京 ユビキタス 計 画 ココシル ucodeによる 場 所 情 報 基 盤 プラットフォームの 構 築 情 報 流 通 連 携 基 盤 (UNL/UCT) ucodeに 基 づくオープンデータプラットフォームの 構 築 IoT-A Project (EU FP7) Led by VTT, EIT ICTLab, etc. Adopted ucode as a part of resolution & discovery service in IoT-A architecture

26 3 ucode 関 係 モデル

27 ucode 関 係 モデル( 概 要 ) 実 世 界 にある 個 々の 事 物 から 関 係 をたどって 情 報 を 取 得 する 情 報 サービスを 提 供 するために 識 別 したいものに 個 別 の 識 別 子 (ucode)を 割 付 ucodeはitu 国 際 標 準 実 世 界 (および 仮 想 世 界 )をモデル 化 する ucodeモデルは 言 わば 現 実 世 界 を デジタル 化 して 切 り 取 るための フレームワーク それを 利 用 して 人 間 の 意 識 的 入 力 を 最 小 限 にとど めて 最 適 制 御 するのが ユビキタス コンピューティン グ のコンセプト

28 ucode 関 係 モデル( 定 義 ) 定 義 実 世 界 の 識 別 したいモノ 場 所 概 念 に 関 する 情 報 を モノ 場 所 概 念 に 振 られたucode 同 士 またはucodeと 文 字 列 等 のデータ(atomという)の 間 の 関 係 表 現 (3 項 表 現 =Triple)として モデル 化 することで 実 世 界 のコンテキストを 表 現 するモデル ucr = ucode Relation ucrモデルそのもの,またはucrモデルに 基 づく 表 現 を 単 にucR ということがある (informal)

29 ucrの 例 ( 物 品 ) ucode 1 12 pieces of Bufferin Carton ucode 2 ucode 3 contains ucode 1 ucode 2 ucode 1 ucode 4 is named as Bufferin ucode 2 ucode 4 is named as 12 pieces of Bufferin Carton

30 ucrの 例 ( 場 所 ) ucode 1 ucode 2 ucode 3 ucode ucode 4 1 ucode 2 is close to ucode ucode 5 2 ucode 3 is near

31 ucrの 例 : ユニットと 部 品 u 1 u 3 農 機 〇 〇 発 動 機 2007/07/19 出 荷 u 4 u 2 入 っている u B A 型 エンジン 生 産 地 u B 発 動 機 u 1 u A u 2 u C u 3 u B 86 型 ギア ユニットの 出 荷 日 付 名 前 u D u 4 u B u E 2007/07/19 農 機

32 ポイント ucodeを 使 うことでメーカーの 枠 を 超 え 対 象 の 種 別 の 枠 を 超 え 同 一 の 体 系 で 同 定 できる ucodeは 再 利 用 しないので 常 に 一 物 一 値 ucodeはメーカー 工 場 でなく 現 場 でも また 関 係 する 業 者 のだれでもが 必 要 に 応 じ 発 行 できる 個 々のucodeから 誰 が どのような 情 報 を 引 き 出 せ るかは 提 供 者 側 でアクセスコントロールが 可 能 メーカーのメンテナンス 要 員 なら 設 計 図 まで 呼 び 出 せるが 多 の 人 で は 何 の 部 品 かもわからないが とにかく そのプラントに 組 み 込 まれて いる とことだけ 単 に どこかで 使 われている ことだけを 返 すようにも できる

33 ポイント タグ 非 依 存 で 識 別 対 象 のコストや 重 要 度 に 応 じ て 様 々なタグを 利 用 出 来 る 小 型 の 低 価 格 部 品 にはQRコードのシール 小 型 の 高 価 格 部 品 にはQRコードのレーザー 刻 印 それらをまとめたユニットには 低 価 格 の 金 属 対 応 RFIDタグ 数 がまとまれば100 円 程 度 で 提 供 可 能 なものもある ユニットにより 構 成 されたプラントには 電 波 マーカー など

34 ucodeの 哲 学 的 な 意 義 例 示 による 定 義 が 基 本 コンセプト ucrは 現 実 の 存 在 自 体 を 基 礎 にする 現 実 に 存 在 する 物 品 や 場 所 に 付 与 されたucodeが 基 盤 関 係 などの 抽 象 概 念 を 現 実 から 遡 及 的 に 定 義 事 前 に 決 められた 語 彙 辞 書 を 必 要 としない

35 RDFの 限 界 とucR RDF: 抽 象 で 現 実 を 説 明 ucr: 現 実 から 抽 象 を 定 義 抽 象 概 念 Osaki Shinagawa しかし 地 図 は 現 実 そのものではない 現 実 世 界

36 ucrとrdf ucrはウェブ 内 のリソースを 示 すURIの 代 わりに ucodeを 使 えるように 拡 張 したRDF 現 実 のモデル 化 において 語 彙 辞 書 を 必 要 とするRDFをucRで 補 完

37 uidアーキテクチャとsmart-m3(vtt) uidとsmart-m3を 組 み 合 わせる グローバル 一 意 識 別 子 + 意 味 操 作 SIB: Semantic Information Broker KP: Knowledge Processor Cited from: Viljamaa, E et al, A Smart Control System Solution Based on Semantic Web and uid, 2011

38 4 uidアーキテクチャ:u1からu2へ

39 TRONプロジェクトの 2.0 化 IoTの 実 現 が 見 えてきた 状 況 へ 対 応 するため 1. 技 術 の 進 歩 2. 環 境 の 変 化 3. 要 求 の 進 歩 T-KernelはT2へ uidアーキテクチャもu2へ

40 1. 技 術 の 進 歩 大 規 模 データ 分 散 処 理 技 術 Mapreduce, Hadoop 等 の 大 規 模 データ 分 散 処 理 技 術 が オープンになり 使 えるようになった オープンデータ 系 プロトコルの 事 実 上 の 標 準 化 REST, CoAP, JSON 等 の 利 用 が 標 準 的 に

41 2. 環 境 の 変 化 クラウド マッシュアップ オープン によるサービス 構 築 の 一 般 化 多 様 な 他 者 のサービスを 利 用 して 新 しいサービスを 作 る 時 代 スタートアップ 環 境 が 整 ってきた 進 んだ 技 術 を 容 易 に 利 用 開 始 できる 環 境 に AWS (Amazon Web Services), GCP (Google Cloud Platform)など

42 3. 要 求 の 追 加 オープンデータ 連 携 からの 要 求 インターネット 上 のオープンな 巨 大 データ 集 積 が 増 え それらを 自 動 連 携 させる 枠 組 みがこれからの 課 題 になる ビッグデータ 利 用 からの 要 求 交 通 実 証 やビッグデータ 連 携 などにより 刻 々 変 わるストリーム 型 の 状 況 情 報 への 対 応 が 必 要 に

43 ストリーム 型 の 状 況 情 報 の 例 { 駅 102, 関 係 uc 6, , } { 区 間 F064, 関 係 uc 7, 駅 102} { 区 間 F064, 関 係 uc 7, 駅 103} 静 的 状 況 と 動 的 状 況 を 重 ねることで 駅 の 位 置 { 駅 uc 5, 関 係 uc 6, 地 理 座 標 } 路 線 と 駅 の 関 係 { 区 間 uc 3, 関 係 uc 7, 駅 uc 5 } { 区 間 uc 3, 関 係 uc 8, 駅 uc 9 }

44 u1 の 総 括 の 上 で モデル 研 究 プロジェクトとしてのu1 u1でiotのための 統 一 されたデータ 表 現 の 情 報 モデルを 確 立 グローバルにオブジェクト/ 概 念 を 識 別 するためのucode データの 共 通 表 現 のためのucR (ucode Reration) u1の 考 えに 基 づいた 実 用 的 な 実 装 を 現 在 の 技 術 に 基 づいて

45 IoT 実 現 への 課 題 IoT 実 現 のための 多 くの 課 題 1. ユビキタスIDサービスの 安 定 性 高 負 荷 時 の 性 能 維 持 24 時 間 / 週 7 日 の 信 頼 性 2. 計 算 の 複 雑 性 とパフォーマンス 部 分 グラフマッチングのNP 困 難 性 管 理 の 複 雑 さ 数 十 億 のucodeを 管 理 する 方 法 4. 敵 対 行 動 に 対 する 保 護 悪 意 のある 第 三 者 からのDDoS 攻 撃 これらの 実 用 にあたっての 課 題 を 解 決 することを 目 指 したのが u2

46 4-1 uidサービスの 安 定 性

47 uidサービスの 安 定 性 最 新 のクラウドコンピューティング 技 術 を 使 った 実 装 IaaS (Infrastructure as a Service) OpenStack ロードバランサの 導 入... Amazon EC2やGoogle Compute Engineの 利 用... u2サービスは IaaSのサービス 上 で 実 現 現 在 u2wgメンバーにリリース

48 4-2 計 算 の 複 雑 性 とパフォーマンス

49 計 算 複 雑 性 とパフォーマンス 大 規 模 グラフデータベースは 本 質 的 に 計 算 困 難 である 計 算 複 雑 性 理 論 から 知 られている 部 分 グラフ 同 型 問 題 のNP 完 全 性 のため グラフ クエリはNP 困 難 計 算 量 クラス 階 層 EXPSPACE EXPTIME PSPACE NP P NL Intractable (cannot be solved efficiently for large data) Tractable (can be solved efficiently)

50 クエリに 対 する 制 限 実 用 のために 設 計 されたのがu2 u1のモデルに 基 づいているが u2の 目 的 は 実 用 的 なIoT 情 報 フレー ムワークを 実 現 すること この 計 算 複 雑 性 とパフォーマンス 問 題 を 解 決 する 必 要 がある u2は この 問 題 に 対 する 新 たなソリューションを 提 供 u2では ucrグラフとクエリはいくつかの 条 件 を 満 たすように 制 限 され ている ucrグラフは 語 彙 定 義 の 制 限 がある( 例 えば 含 んでいる という 述 語 は ツ リー 構 造 でなければならない) クエリでは 任 意 の 語 彙 集 合 にマッチするワイルドカードを 述 語 として 持 てない これらの 現 実 的 制 限 によりucRモデルに 基 づいた 実 践 的 かつ 十 分 に 柔 軟 なIoT 情 報 フレームワークを 実 現 することが 可 能 となる

51 u2の 基 本 コンセプト 多 様 なDBのAPIに 対 するクロスクエリを 組 織 やDB 構 成 を 超 えて 行 える 情 報 連 携 基 盤 その 中 でucRネイティブのDBはリクエストが 確 定 できない 複 雑 な 関 係 処 理 の 考 えられるデータ 群 を 扱 うものとする この 部 分 はucodeトリプルからなるRDFデータベースで 実 現

52 既 存 のDBMSの 利 用 定 型 的 で 制 約 ある 関 係 でまとまったデータ 群 は そ のスキーマに 適 した 既 存 のDBMSに 接 続 する 定 型 的 で 制 約 ある 関 係 の 語 彙 のグループをDBのドメインに 相 当 させ る 既 存 のDBMSを 簡 単 なラッピングで 仮 想 的 なucR DBとしてシステム に 統 合 できるようにする KVSによるDBやGISなど 本 来 のucRと 性 質 の 違 うスキーマの 確 定 さ れたDBも この 仮 想 的 なucR DB 化 により 統 合 する これによりデータの 種 類 や 問 題 に 適 したアルゴリズ ム データ 構 造 を 効 率 よく 扱 えるようにする 現 在 位 置 から1km 以 内 にあるコンビニを 検 索 GIS: R 木 (R-tree)を 利 用 大 量 のセンサデータを 扱 う KVS: 分 散 ハッシュテーブル(DHT)を 利 用

53 クエリ 分 解 レスポンス 統 合 による クロスクエリ Mobile Application ucr Query ucr Response Query Decomposition u2 ucr Response Reconstruction RDB KVS GIS RDF RDB KVS RDB GIS RDB RDF

54 ucoderp2.0 ucode 解 決 プロトコル2.0 IoTの 実 現 に 必 要 な 情 報 を 集 約 統 合 するための プロトコル ucr (ucode relation)モデルに 基 づくオープンモデルによる 組 織 を 超 えたデータ 連 携 を 意 図 した 設 計 既 存 のRDBやKVS 等 のデータベースを 統 合 し クロスクエリを 可 能 にする 仕 組 み

55 ucode 解 決 プロトコル2.0 ucode Resolution Protocol ver.2はrest/coap, REST/HTTP, JSONを 前 提 にする DBのドメインに 相 当 する 語 彙 グループに 属 するucR クエリをサブクエリとして 分 解 し 処 理 する 解 決 サーバがucRクエリを 受 信 すると それを 解 釈 し 必 要 な 語 彙 グ ループ 単 位 に 分 割 して 対 応 するラッパー ucrアダプタ に 向 けて 分 割 したサブクエリを 発 行 する 分 散 データベース 構 成 を 実 現 する ucr 解 決 サーバフロントエンドは 分 散 データベース 構 成 で 対 応 する DBのドメインが 不 明 な 語 彙 は より 上 位 の 解 決 サーバに 送 り 解 決 結 果 を 待 つというカスケード 動 作 を 行 う データ 秘 匿 等 の 要 請 もあり ローカルなucode 解 決 フロントエンドサー ビスを 社 内 に 立 てれば クエリからレスポンスまでの 一 連 の 動 作 を ローカルにすることができる

56 ucoderp2.0の 動 作 アプリケーション 利 用 者 (1) ucoderp2.0 によるクエリ (4) サブクエリ の 結 果 をjoinし オリジナルの クエリの 結 果 を 返 答 ロードバランサ ucr 解 決 サーバ フロントエンド 群 (2) 分 解 した サブクエリA (3) サブクエリ の 結 果 (2) 分 解 した サブクエリB ucr Adaptor RDBMS 会 社 Aのサーバ ucr Database (Triple-Based) (2) 分 解 した サブクエリX uid Center 組 織 Bのサーバ

57 4-3 管 理 の 複 雑 さ

58 大 量 のucodeの 扱 い 数 十 億 数 兆 のucodeどのように 管 理 するか ucodeは 再 利 用 されないのが 原 則 このため 管 理 は 多 くの 場 合 容 易 失 効 したucodeのデータは データの 他 の 部 分 に 影 響 を 与 えることなく データベースから 除 去 することができる u2ではucode 管 理 のための 基 本 的 なソリューショ ンを 提 供 登 録 時 に 基 本 情 報 を 定 義 するための 本 籍 ucrデータサービス は u2のサービスフレームワークに 含 まれる 例 えば 所 有 者 情 報 コンテキストアウェアしたアクセス 制 御 情 報 等 新 しいucodeを 発 行 を 容 易 にするためのREST APIの 提 供

59 4-4 敵 対 行 動 に 対 する 保 護

60 敵 対 行 動 に 対 する 保 護 オープンなIoT 上 で 実 用 サービスを 実 現 するため には 避 けては 通 れないのが 認 証 とアクセス 制 御 例 1: 家 電 の 制 御 は 家 に 住 む 人 とその 場 にいる 人 だけに 許 可 し たい 例 2: 健 康 や 障 碍 に 関 する 情 報 は 特 定 のサービス(ココシル バリ アフリーナビ)のみにアクセスを 許 可 したい OpenIDの 三 者 間 認 証 モデルに Context-Based RBACを 組 み 合 わせたプラット フォームを 実 現 軽 量 性 の 要 求 されるIoTノード 6LBRのための 認 証 アクセス 制 御 プラットフォームと 合 わせて 全 体 的 な 実 現 を 進 めている

61 DareSil(ダレシル) u2ベースのiotノードやiotサービスのための 認 証 アクセス 制 御 のためのプラットフォーム

62 アーキテクチャのレイヤ アプリケーション 層 (SaaS 相 当 ) エンドユーザに 提 供 される 個 々の 具 体 的 にまとまったサービス コンテンツや 語 彙 のセット 個 々のサービスに 特 化 したアプリケー ションよりなる プラットホーム 層 (PaaS 相 当 ) 場 所 物 品 コンテンツ 等 の 対 象 分 野 に 特 化 した 機 能 語 彙 群 を 提 供 し uidセンターを 介 して 多 様 なデータ 群 に 対 する 効 率 的 な クロスクエリを 行 うAPIを 提 供 する ucodeのオリジナルの 登 録 定 義 である 本 籍 データ を 対 象 分 野 に 応 じて 属 性 規 定 し 管 理 する インフラ 層 (IaaS 相 当 ) ucoderp2.0 解 決 の 実 現 を 行 い 適 切 なデータを 返 す

63 u2アーキテクチャのレイヤ

64 5つの 基 本 プラットホーム ココシル 場 所 場 所 同 士 の 関 係 を 管 理 するプラットホーム GIS 等 既 存 の 場 所 情 報 システムや 地 図 サービス 等 との 連 携 も 受 け 持 つ 場 所 情 報 センサーネットワークアプリケーションなどのプラットホームとなる モノシル 物 品 物 品 同 士 の 関 係 を 管 理 するプラットホーム ISBN 等 既 存 の 物 品 認 識 サービス 等 との 連 携 も 受 け 持 つ 複 数 の 企 業 にまたがるトレーサビリティ 物 流 管 理 製 造 管 理 アプリケーションなどのプラットホームとなる コトシル コンテンツを 管 理 するプラットホーム Wikipedia Twitter 等 既 存 のコンテンツサイト 等 との 連 携 も 受 け 持 つ ucr 利 用 コンテンツ アプリとして ココシルと 連 動 するガイドブックやモノシルと 連 動 するカタログなども 考 えられる 逆 にココシル 側 から 場 所 のコンテンツを 呼 び 出 すなどの 連 携 もあり 他 の 分 野 のアプリケーションから 利 用 される ダレシル ユーザ ユーザ 同 士 組 織 等 とそれらの 関 係 を 管 理 するプラットホーム 既 存 のSNS 等 とのOauth 認 証 連 携 も 受 け 持 つ ユーザ 管 理 アクセス 管 理 のために 他 の 分 野 のアプリケーションから 利 用 される カチシル 有 償 サービスのためのアカウント 管 理 を 行 う 他 の 分 野 のアプリケーションから 利 用 される 既 存 のクレジット 等 の 口 座 との 連 携 も 受 け 持 つ

65 5-1 u2によるiotの 実 現 へ オープンデータとu2の 可 能 性

66 データガバナンスのためのu2 オープンデータの 情 報 連 携 基 盤 に 多 様 なDB 群 に 対 するクロスクエリを 組 織 やDB 構 成 を 超 えて 行 える 情 報 連 携 基 盤 アプリからの 標 準 的 なucRクエリを 受 けサブクエリに 分 解 し リンク 先 のDBMSへ 送 り 戻 ってくるそのレスポンスを 統 合 し て 標 準 的 なucRレスポンスとしてアプリに 戻 す

67 オープンデータの 情 報 連 携 基 盤 として Mobile Application ucr Query ucr Response Query Decomposition u2 ucr Response Reconstruction RDB KVS GIS RDF RDB KVS RDB GIS RDB RDF

68 オープンデータとu2の 可 能 性 今 後 多 くのオープンデータが 提 供 されるように それらの 連 携 が 問 題 に 例 えばある 地 域 にあるセンサーすべての 値 の 平 均 を 知 りたい 時 オープンなGISにより 当 該 地 域 の 建 物 のリストを 得 て その 建 物 ごとにセンサーAPIを 叩 きデータを 得 て 蓄 積 し すべての 答 えが 帰 るまで 多 重 に 待 ち 受 け すべての 回 答 が 来 た 時 点 でそれを 統 計 処 理 などの 動 作 は 資 源 の 限 られたモバイル アプリからの 実 行 は 困 難 u2により 標 準 的 なクエリだけで 複 数 のクロスクエリ からそのレスポンス 統 合 まで 実 現 できるなら より 多 くの 多 様 なアプリが 可 能 に

69 5-2 u2によるiotの 実 現 へ オープンAPIとu2の 可 能 性

70 ネットワークの 高 速 化 低 コスト 化 常 時 接 続 化 家 電 機 器 はクラウドと 接 続 するのが 常 態 化 例 えば 家 庭 内 の 電 力 利 用 統 計 は 全 電 化 製 品 がクラウドにつ ながることにより 容 易 に 算 出 できるようになってきた IoTのモデルの クラウドと 実 世 界 を 繋 ぐモノ としての 組 込 みに 70

71 組 込 み 機 器 の オープンAPI 化 による 機 能 のアンバンドル 化 データ 処 理 はクラウドに UIはスマートフォンに 組 込 みは 専 門 機 能 に 特 化

72 制 御 ガバナンスのためのu2 アクセスコントロールの 上 部 構 造 に 情 報 の 集 約 状 況 認 識 機 器 や 情 報 のアクセス 制 御

73 システムのオープン APIに 対 するアクセスパターン Web 経 由 型 システムの 提 供 するAPIにアクセス メーカー 各 社 の 提 供 するコントロール 用 Webサイト 経 由 で 機 器 にア クセス ローカル 直 接 型 ローカルネット 内 の 組 込 み 機 器 に 対 しアプリから 直 接 API 発 行

74 アクセスコントロールをu2で 一 本 化 することで Web 経 由 型 WebサイトへOpenID 型 の 認 証 代 行 とAPIのラッピング 一 般 性 のある 語 彙 でアクセスすることで 個 々の 機 器 の 独 自 API に 変 換 するため 複 数 のメーカーの 異 なるAPIを 連 携 させての 統 合 性 ぎをが 可 能 に ローカル 直 接 型 アクセスキーの 取 得 保 持 とAPIのラッピングをu2で 実 現 アクセスキーはユーザのアプリ 側 には 露 出 しないので 組 込 み 側 はアクセスキーのみで 複 雑 なアクセスコントロールを 行 う 必 要 はな い

75 オープンAPIのアクセスコントロール 基 盤 として Mobile Application ucr Command ucr Response Command Decomposition u2 ucr Response Reconstruction A 社 製 ビデオ B 社 製 テレビ C 社 Web サイト A 社 製 エアコン A 社 製 洗 濯 機 B 社 製 オーディオ D 社 製 監 視 カメラ D 社 製 自 動 ロック A 社 製 冷 蔵 庫 E 社 Web サイト

76 オープン アクセスの 基 盤 としてのu2へ 情 報 の 集 約 状 況 認 識 ucode 解 決 プロトコル(ucodeRP) 2.0 機 器 や 情 報 のアクセス 制 御 ダレシル(Daresil)プラットフォーム

77 さらに 将 来 的 には 自 己 組 織 的 な 世 界 記 述 のために ビッグデータから 述 語 の 自 動 生 成 へ 統 計 的 にAとBに 関 係 があるとわかる 時 代 には 処 理 効 率 化 のためにそ の 関 係 専 用 の 述 語 --データベースドメインを 自 動 生 成 することが 望 まれるだろう 現 場 で 自 動 生 成 される 何 か にも 気 軽 に 識 別 子 が 発 行 できる のがucodeのメリット その 関 係 に 人 間 的 な 意 味 での 定 義 や 名 前 をつける 必 要 はない

78 TRONSHOW2O15 予 告 2014 年 12 月 10 日 ~12 日 いよいよTRONプロジェクト30 周 年! さらにTRONシンポジュウムも 開 催 u2 APIも 一 般 公 開 予 定

CEOが 考 える 自 社 に 最 も 影 響 する 要 因 2004 2006 2008 2010 2012 2013 テクノロジー 市 場 の 変 化 マクロ 経 済 要 因 人 材 スキル 法 規 制 社 会 経 済 要 因 グローバル 化 環 境 問 題 地 政 学 的 要 因 2 出 典

CEOが 考 える 自 社 に 最 も 影 響 する 要 因 2004 2006 2008 2010 2012 2013 テクノロジー 市 場 の 変 化 マクロ 経 済 要 因 人 材 スキル 法 規 制 社 会 経 済 要 因 グローバル 化 環 境 問 題 地 政 学 的 要 因 2 出 典 SOFTWARE JAPAN 2014 サイバー 社 会 の 安 全 安 心 を 加 速 する セキュリティ 技 術 2014 年 2 月 4 日 日 本 アイ ビー エム 株 式 会 社 技 術 理 事 大 西 克 美 CEOが 考 える 自 社 に 最 も 影 響 する 要 因 2004 2006 2008 2010 2012 2013 テクノロジー 市 場 の 変 化 マクロ 経 済 要 因

More information

スライド 1

スライド 1 オープン アプローチで 作 る バリアフリー マップ 坂 村 健 TRON イネーブルウェア 研 究 会 会 長 東 京 大 学 大 学 院 情 報 学 環 教 授 YRP ユビキタス ネットワーキング 研 究 所 所 長 1 1 自 律 移 動 支 援 のための バリアフリー マップ Copyright 2013 by Ken Sakamura 2 バリアフリー マップとは 一 般 には 施 設

More information

総務省実証実験等についての 報告資料

総務省実証実験等についての 報告資料 資 料 2 総 務 省 実 証 実 験 等 についての 報 告 資 料 YRP Ubiquitous Networking Laboratory 情 報 流 通 連 携 基 盤 の 公 共 交 通 分 野 における 実 証 についての 報 告 (オープンデータに 係 る 実 証 実 験 ~ 平 成 24 年 度 総 務 省 委 託 事 業 ~) 株 式 会 社 横 須 賀 テレコムリサーチパーク 実

More information

1 東 日 本 大 震 災 における 情 報 通 信 の 教 訓 高 度 ネット 社 会 が 経 験 した 初 めての 大 災 害 すでに さまざまな 言 及 分 析 がなされている 被 災 地 からの 発 信 災 害 に 強 い 情 報 通 信 ネットワークを 考 える 東 北 大 学 電 気 通

1 東 日 本 大 震 災 における 情 報 通 信 の 教 訓 高 度 ネット 社 会 が 経 験 した 初 めての 大 災 害 すでに さまざまな 言 及 分 析 がなされている 被 災 地 からの 発 信 災 害 に 強 い 情 報 通 信 ネットワークを 考 える 東 北 大 学 電 気 通 防 災 減 災 とICT スマートな 国 土 のために 坂 村 健 東 京 大 学 情 報 学 環 ユビキタス 情 報 基 盤 センター 長 教 授 YRPユビキタス ネットワーキング 研 究 所 長 ICTを 利 用 して スマートで 強 靭 な 国 に そのために 何 が 必 要 か Copyright 2013 by Ken Sakamura Copyright 2013 by Ken Sakamura,

More information

~モバイルを知る~ 日常生活とモバイルコンピューティング

~モバイルを知る~ 日常生活とモバイルコンピューティング 2012/04/19 個 人 行 動 支 援 の 情 報 提 供 PHPの 応 用 政 策 情 報 学 部 渡 辺 恭 人 riho-m@cuc.ac.jp PHPのファイルは UTF-8 BOMなしで 保 存 し www.cyaneum.orgのpublic_htmlに 置 く! 変 更 研 究 計 画 書 の 作 成 今 学 期 の 作 業 の 中 身 を 考 えて 現 時 点 での 構 想 と

More information

大学教育とビッグデータ その可能性

大学教育とビッグデータ その可能性 情 報 社 会 での 街 を 考 える ービッグデータ IoT サイバーフィジカルシステムー 美 濃 導 彦 2015 年 7 月 16 日 ITコンソーシアム 京 都 会 長 京 都 大 学 情 報 環 境 機 構 長 CIO 文 部 科 学 省 科 学 官 学 術 情 報 メディアセンター 教 授 本 日 の 話 題 情 報 社 会 とは 何 かの 議 論 よく 聞 かれる 術 語 を 利 用

More information

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲.

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲. いわて 若 者 交 流 ポータルサイト 構 築 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 26 年 8 月 岩 手 県 環 境 生 活 部 若 者 女 性 協 働 推 進 室 目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5

More information

目 次 1. オープンデータの 技 術 概 要 (1) 機 械 判 読 とは (2) 関 連 技 術 の 位 置 づけ 2. 関 連 技 術 の 概 要 (1) 機 械 判 読 可 能 なデータ 形 式 (2)データの 融 合 を 可 能 にするためのデータ 構 造 (3)データカタログ 1

目 次 1. オープンデータの 技 術 概 要 (1) 機 械 判 読 とは (2) 関 連 技 術 の 位 置 づけ 2. 関 連 技 術 の 概 要 (1) 機 械 判 読 可 能 なデータ 形 式 (2)データの 融 合 を 可 能 にするためのデータ 構 造 (3)データカタログ 1 第 1 回 データWG 資 料 資 料 7 データ 形 式 構 造 データカタログ に 関 する 技 術 について 2012 年 12 月 26 日 データWG 主 査 代 理 小 池 博 0 目 次 1. オープンデータの 技 術 概 要 (1) 機 械 判 読 とは (2) 関 連 技 術 の 位 置 づけ 2. 関 連 技 術 の 概 要 (1) 機 械 判 読 可 能 なデータ 形 式 (2)データの

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 家 庭 で 使 われるWebマニュアルの 将 来 像 Webコミュニケーション 調 査 研 究 WG(2008 年 度 ) 発 表 者 : 大 野 高 橋 指 田 矢 野 August 27, 2008 TC 協 会 発 表 Page 1 August 27, 2008 TC 協 会 発 表 Page 2 Webコミュニケーション 調 査 研 究 WG 活 動 メンバー 大 野 邦 夫 (リーダー):

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC2906C938A8E9189C690E096BE89EF8E9197BF816932303135944E358C8E313993FA816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC2906C938A8E9189C690E096BE89EF8E9197BF816932303135944E358C8E313993FA816A> BtoB e-commerce platform 株 式 会 社 インフォマート 会 社 説 明 資 料 2015 年 5 月 19 日 東 証 マザーズ(2492) 本 日 の 内 容 1.インフォマートについて P 1 2. 事 業 のテーマ 業 績 の 推 移 P11 3. 株 主 様 への 還 元 P14 131 インフォマートの 会 社 概 要 事 業 内 容 本 社 所 在 地 BtoBプラットフォーム

More information

How to Use the PowerPoint Template

How to Use the PowerPoint Template ワークフローからプロセス 統 合 まで SaaSとつないですぐに 展 開 できるPaaSソリューション Oracle Process Cloud Service 日 本 オラクル 株 式 会 社 Fusion Middleware 事 業 統 括 ビジネス 推 進 本 部 マネージャ 山 田 祐 子 Copyright 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights

More information

改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10

改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10 導 入 ガイドライン Ver.1.1 平 成 26 年 6 月 改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10 - 目 次 - 1. はじめに... 3 2. 概 要... 3 2.1. 開 発 コンセプト... 3 (1) 人 命 にかかわる 初 動 の 災 害 対 応

More information

Research Overview

Research Overview マッシュアップ テクノロジーの 活 用 9 日 本 アイ ビー エム 株 式 会 社 ソフトウェア 開 発 研 究 所 若 尾 正 樹 ITシステムの 課 題 企 業 が 自 らのビジネスのために 保 持 している 膨 大 なデータ そのデータを 活 用 して 実 際 のビジネスをまわすビジネス ユーザー これらをいかに 活 用 するかがITシステムの 課 題 ドメイン エキスパートの 力 の 活

More information

おもてなしアプリ の 簡 単 な 説 明 ( 概 要 ) 日 本 を 旅 する 外 国 人 旅 行 者 にダウンロードしてもらいたい 無 償 提 供 アプリ アプリをダウンロードしユーザとして 登 録 することで 旅 を 様 々に 支 援 するサービスを 提 供 いつでも どこでも 使 えるフリーW

おもてなしアプリ の 簡 単 な 説 明 ( 概 要 ) 日 本 を 旅 する 外 国 人 旅 行 者 にダウンロードしてもらいたい 無 償 提 供 アプリ アプリをダウンロードしユーザとして 登 録 することで 旅 を 様 々に 支 援 するサービスを 提 供 いつでも どこでも 使 えるフリーW 資 料 4 参 考 2 Gateway App Japanが 取 り 組 む アプリユーザデータの 利 活 用 for 2020 Tokyo Olympics/Paralympics and the Following Era 2016/01/22 おもてなしアプリ の 簡 単 な 説 明 ( 概 要 ) 日 本 を 旅 する 外 国 人 旅 行 者 にダウンロードしてもらいたい 無 償 提 供 アプリ

More information

開発プロセスによる形式化と 双方向トレーサビリティのメリット

開発プロセスによる形式化と 双方向トレーサビリティのメリット 開 発 手 法 の 開 発 へと 繋 がる 現 場 改 善 の 歩 み 三 菱 電 機 メカトロニクスソフトウエア 株 式 会 社 岩 橋 正 実 Iwahashi.Masami@wak.msw.co.jp 目 次. 現 場 改 善 の 歩 み 2. 現 場 改 善 のポイントと 技 法 紹 介 3. まとめ . 現 場 改 善 の 歩 み 技 法 適 用 効 果 のご 紹 介 残 存 不 具 合

More information

Ver2.2.0 新機能ガイド

Ver2.2.0 新機能ガイド アプリケーション 新 機 能 ガイド ~Version 2.9.0~ 1 目 次 1 はじめに... 3 2 新 機 能... 3 3 機 能 紹 介 フォトレポート... 4 3.1 売 場 ノート フォトレポート の PC 画 面 対 応 #902... 4 4 機 能 紹 介 お 知 らせ... 18 4.1 店 舗 スタッフ 回 答 の 店 長 閲 覧 不 可 オプション 追 加 #916...

More information

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時 1 1-1 サイト 全 般 デザイン 等 サイト 全 体 が 標 準 化 統 一 化 されたページデザインとすること ただし サイトで 異 なるデザインで 作 成 表 示 することができること 1-2 ヘッダー フッターは 原 則 すべてのページで 統 一 したデザインとすること 1-3 ロゴ イラスト バナーなどサイトに 応 じたデザインで 作 成 すること 1-4 スマートフォンやタブレット 端

More information

特 長 youroom は 以 下 のような 特 長 を 持 っています グループ 内 のコミュニケーションをシンプルに 実 現 youroom は プロジェクトやチームといったグループ 内 だけで 利 用 できるマイクロブログ 型 の 情 報 共 有 ツールです グループの 参 加 者 のみで 会

特 長 youroom は 以 下 のような 特 長 を 持 っています グループ 内 のコミュニケーションをシンプルに 実 現 youroom は プロジェクトやチームといったグループ 内 だけで 利 用 できるマイクロブログ 型 の 情 報 共 有 ツールです グループの 参 加 者 のみで 会 報 道 関 係 各 位 2010 年 12 月 17 日 SonicGarden(TIS 株 式 会 社 社 内 ベンチャーカンパニー) 無 料 コラボレーションツール youroom のプレミアムプランを 開 始 http://youroom.in ~フィードバックでプレミアム 相 当 が 無 料 で 使 えるファンプランを 同 時 に 開 始 ~ SonicGarden(ソニックガーデン:TIS

More information

ネットワークへの情報流出対策技術の動向

ネットワークへの情報流出対策技術の動向 P2Pネットワークとセキュリティ -しくみと 使 い 方 - 大 坐 畠 智 電 気 通 信 大 学 2010 年 10 月 15 日 調 布 市 民 講 座 1 発 表 内 容 1. はじめに 2. インターネット 全 般 3. 情 報 流 出 とP2Pネットワーク 4. P2Pネットワークへの 情 報 流 出 対 策 技 術 5. まとめ 2 1.はじめに 近 年 情 報 流 出 事 件 が 多

More information

Introduction STC-Japanの 紹 介 自 己 紹 介

Introduction STC-Japanの 紹 介 自 己 紹 介 Session 1-2 クラウド 時 代 のサービス 創 造 ~ Microsoft Bing のサービス 開 発 を 例 として マイクロソフト ディベロップメント 株 式 会 社 サーチテクノロジーセンター ジャパン (STC-Japan) プリンシパル グループ プログラム マネジャー ヤマモト ジン Introduction STC-Japanの 紹 介 自 己 紹 介 STC-Japanとは?(1)

More information

1 イントロダクション はじめまして(*'-'*)ノ 1. 名 前 武 氏 (タケウジ) 2.ハンドルネーム sire (サー) Copyright(C) 2009 SYSTEM FRIEND CO.,LTD. 2

1 イントロダクション はじめまして(*'-'*)ノ 1. 名 前 武 氏 (タケウジ) 2.ハンドルネーム sire (サー) Copyright(C) 2009 SYSTEM FRIEND CO.,LTD. 2 EC-CUBE さわりと 動 きと 改 造 と EC-CUBEを 提 案 運 用 するうえでの 基 礎 知 識 2009 年 11 月 28 日 Copyright(C) 2009 SYSTEM FRIEND CO.,LTD. 1 イントロダクション はじめまして(*'-'*)ノ 1. 名 前 武 氏 (タケウジ) 2.ハンドルネーム sire (サー) Copyright(C) 2009 SYSTEM

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D205765628CF68A4A94C55F838A838A815B835894C55F96EC92865F93FA93C68E598BC683748348815B838983805F32303135313131305F323595AA5F88F38DFC82C882B5938A896582CC82DD8EBF8B5E899E939A82C882B576382E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D205765628CF68A4A94C55F838A838A815B835894C55F96EC92865F93FA93C68E598BC683748348815B838983805F32303135313131305F323595AA5F88F38DFC82C882B5938A896582CC82DD8EBF8B5E899E939A82C882B576382E70707478> 日 独 産 業 フォーラム スマートサービス 世 界 : Industrie4.0に 続 くドイツ 提 言,その 背 景 と 戦 略 Smart Service Welt: Germany proposals following Industrie4.0, its background and strategy 2015/11/10 日 立 製 作 所 野 中 洋 一 1. 本 日 の 発 表 内

More information

2013 年の TRON 調査ご協力ありがとうございました Copyright 2014 by Ken SAKAMURA 2

2013 年の TRON 調査ご協力ありがとうございました Copyright 2014 by Ken SAKAMURA 2 オープン組込みが導 く ユビキタス実用化 坂村健 東京大学情報学環ユビキタス情報社会基盤研究センター長 教授 YRPユビキタス ネットワーキング研究所長 T-Engineフォーラム /uidセンター代表 2013 年の TRON 調査ご協力ありがとうございました Copyright 2014 by Ken SAKAMURA 2 OS 別シェアは TRON ファミリで 60% Copyright 2014

More information

(データ 分 析 ) 災 害 時 にミニブログ 等 のデータを 集 めて 解 析 して 危 険 情 報 を 抽 出 する 技 術 を 開 発 して いる 去 年 の 筑 波 の 竜 巻 ではテレビ 局 の 緊 急 放 送 よりも 10 分 20 分 早 く 警 報 を 出 せた 可 能 性 があった

(データ 分 析 ) 災 害 時 にミニブログ 等 のデータを 集 めて 解 析 して 危 険 情 報 を 抽 出 する 技 術 を 開 発 して いる 去 年 の 筑 波 の 竜 巻 ではテレビ 局 の 緊 急 放 送 よりも 10 分 20 分 早 く 警 報 を 出 せた 可 能 性 があった 資 料 1 第 3 回 検 討 会 における 主 な 意 見 ( 案 ) NICT( 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 )では 1ネットワーク 基 盤 技 術 2ユニバ ーサルコミュニケーション 基 盤 技 術 3 電 磁 波 センシング 基 盤 技 術 4 未 来 ICT 基

More information

スライド 1

スライド 1 株 式 会 社 サテライトオフィス Google Maps Engine のご 紹 介 株 式 会 社 サテライトオフィス 2014 年 1 月 24 日 http://www.sateraito.jp Copyright(c)2011 Sateraito Office, Inc. All rights reserved 会 社 情 報 本 章 では 弊 社 の 会 社 紹 介 の 説 明 をします

More information

Microsoft PowerPoint _wb_Ministry_of_Internal_Affairs_jp [Read-Only]

Microsoft PowerPoint _wb_Ministry_of_Internal_Affairs_jp [Read-Only] 21 世 紀 型 ICT 社 会 の 実 現 に 向 けて ーユビキタスネット 社 会 ー 2 0 0 8 年 4 月 2 日 総 務 省 大 臣 官 房 企 画 課 長 阪 本 泰 男 トレンド デジタル 化 ブロードバンド 化 シームレス 化 (TCP/IP 等 ) 情 報 処 理 の 高 速 化 情 報 蓄 積 の 高 度 化 主 要 課 題 更 に 加 速 化 ユーザ インターフェース の

More information

目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入 の 基 本 方 針... 2 2.3 用 語 の 定 義... 3 2.4 業 務 の 概 要... 7 2.5 作 業 内 容 納 入 成 果 物...

目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入 の 基 本 方 針... 2 2.3 用 語 の 定 義... 3 2.4 業 務 の 概 要... 7 2.5 作 業 内 容 納 入 成 果 物... 高 専 学 生 情 報 統 合 システム 入 試 教 務 業 務 機 能 の 設 計 開 発 業 務 委 託 基 本 設 計 書 ( 調 達 仕 様 書 )( 案 ) 平 成 27 年 4 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入

More information

報 道 関 係 各 位 2011 年 4 月 28 日 株 式 会 社 エヌアイデイ Android OS 搭 載 端 末 を 企 業 独 自 の 顧 客 満 足 度 向 上 ショップ 内 マーケティング ツールにする Android サービスプラットフォーム Nstylist サービス 開 始 費

報 道 関 係 各 位 2011 年 4 月 28 日 株 式 会 社 エヌアイデイ Android OS 搭 載 端 末 を 企 業 独 自 の 顧 客 満 足 度 向 上 ショップ 内 マーケティング ツールにする Android サービスプラットフォーム Nstylist サービス 開 始 費 各 位 平 成 23 年 4 月 28 日 会 社 名 株 式 会 社 エ ヌ ア イ デ イ 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 鈴 木 清 司 (コード 番 号 : 2349) 問 い 合 わせ 先 常 務 取 締 役 管 理 本 部 長 馬 場 常 雄 電 話 番 号 03(3365)2621 Android サービスプラットフォーム Nstylist サービス 開 始 のお 知 らせ

More information

スライド 0

スライド 0 資 料 2-4 モバイルビジネス 活 性 化 プラン 評 価 会 議 ~オープンなビジネス 環 境 構 築 における 懸 念 点 ~ 2008/07/01 社 団 法 人 デジタルメディア 協 会 ネットワーク モバイル 委 員 会 はじめに この 資 料 は 総 務 省 より 平 成 19 年 9 月 21 日 に 公 表 された モバイルビ ジネス 活 性 化 プラン 及 び 平 成 20 年

More information

法 人 番 号 の 概 要 ~ 法 人 番 号 の 指 定 通 知 公 表 ~ 1 法 人 番 号 (13 桁 )の 指 定 指 定 対 象 1 設 立 登 記 法 人 ( ) 2 国 の 機 関 3 地 方 公 共 団 体 4これら 以 外 の 法 人 又 は 人 格 のない 社 団 等 で 法

法 人 番 号 の 概 要 ~ 法 人 番 号 の 指 定 通 知 公 表 ~ 1 法 人 番 号 (13 桁 )の 指 定 指 定 対 象 1 設 立 登 記 法 人 ( ) 2 国 の 機 関 3 地 方 公 共 団 体 4これら 以 外 の 法 人 又 は 人 格 のない 社 団 等 で 法 法 人 番 号 の 概 要 ~ 法 人 番 号 の 指 定 通 知 公 表 ~ 1 法 人 番 号 (13 桁 )の 指 定 指 定 対 象 1 設 立 登 記 法 人 ( ) 2 国 の 機 関 3 地 方 公 共 団 体 4これら 以 外 の 法 人 又 は 人 格 のない 社 団 等 で 法 人 税 消 費 税 の 申 告 納 税 義 務 又 は 給 与 等 に 係 る 所 得 税 の 源 泉

More information

DataBase15-03.pptx

DataBase15-03.pptx ExcelとAccess 中 野 秀 男 情 報 メディア 学 科 /ICTセンター 長 1 今 日 の 話 } 旬 の 話 :ビッグデータ } 質 問 やコメントの 回 答 } テーブル レコード フィールド } Office Suite } Excel } Access } OpenOffice.org, LibreOfficeのBase } 身 近 なデータベース } カレンダー/ 予 定 表

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 参 考 2 マネーフォワードにおける データ 活 用 API 連 携 株 式 会 社 マネーフォワード 取 締 役 Fintech 研 究 所 長 瀧 俊 雄 1 マネーフォワードにおけるデータの 利 活 用 お 金 のプラットフォームを 提 供 するビジネスモデルの 下 ユーザーの 様 々なデータを 集 約 し 家 計 簿 作 成 会 計 処 理 生 活 改 善 といった 利 便 性 を 提 供

More information

Microsoft PowerPoint - final.ppt

Microsoft PowerPoint - final.ppt 相 互 連 携 可 能 な 情 報 提 供 シス テムの 研 究 用 語 体 系 および 検 索 システムへの 適 用 高 久 雅 生 筑 波 大 学 図 書 館 情 報 メディア 研 究 科 博 士 後 期 課 程 2004 年 9 月 1 日 学 位 論 文 最 終 発 表 会 1 目 次 背 景 と 目 的 検 索 システム 間 の 連 携 1JAPAN/MARC 検 索 システム 2Dublin

More information

注 意 事 項 本 資 料 を 無 断 で 他 に 転 載 しないようお 願 いします 本 資 料 は 予 告 無 しに 変 更 する 場 合 があります 本 資 料 の 内 容 に 不 備 がある 場 合 は ご 連 絡 ください i

注 意 事 項 本 資 料 を 無 断 で 他 に 転 載 しないようお 願 いします 本 資 料 は 予 告 無 しに 変 更 する 場 合 があります 本 資 料 の 内 容 に 不 備 がある 場 合 は ご 連 絡 ください i 広 告 EDI 概 要 導 入 検 討 手 引 書 株 式 会 社 広 告 EDIセンター 注 意 事 項 本 資 料 を 無 断 で 他 に 転 載 しないようお 願 いします 本 資 料 は 予 告 無 しに 変 更 する 場 合 があります 本 資 料 の 内 容 に 不 備 がある 場 合 は ご 連 絡 ください i 改 訂 履 歴 日 付 改 訂 内 容 2000/05/30 第 1 版

More information

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記 Tap Style Cloud サービス 仕 様 書 Ver2.0.0 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での

More information

ICTを活用した営業ワークスタイルの 変革を目指して ~必要な情報は現場にあり!     営業現場でのナレッジマネジメント実践~

ICTを活用した営業ワークスタイルの 変革を目指して ~必要な情報は現場にあり!     営業現場でのナレッジマネジメント実践~ ナレッジマネジメントコンファレンス2014 ICTを 活 用 した 営 業 ワークスタイルの 変 革 を 目 指 して ~ 必 要 な 情 報 は 現 場 にあり! 営 業 現 場 でのナレッジマネジメント 実 践 ~ 富 士 通 株 式 会 社 産 業 流 通 営 業 グループ プロモーション 企 画 推 進 部 武 田 幸 治 本 日 皆 さんにお 話 ししたいこと Ⅰ. 富 士 通 ビジネスの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション BestieBoxで 仲 良 しグループをつくろう! BestieBoxはグループで 楽 しむコミュニケーションをさらに 盛 り 上 げるためのアプリです 仲 良 しグループでBestieBoxをつかってたくさん 思 い 出 をつくろう! アプリケーションのインストールから 起 動 まで iosの 方 はAppStore Androidの 方 はGoogle playを 起 動 してください 2アプリ

More information

Microsoft Word - 1.総務大臣宛_政策要望書2013_V4.doc

Microsoft Word - 1.総務大臣宛_政策要望書2013_V4.doc 平 成 25 年 12 月 4 日 総 務 大 臣 新 藤 義 孝 様 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 ネットワーク 産 業 協 会 会 長 奥 田 隆 司 情 報 通 信 ネットワーク 産 業 に 関 する 要 望 書 我 が 国 の 経 済 は 現 政 権 による3 本 の 矢 の 一 つである 民 間 の 投 資 を 引 き 出 す 成 長 戦 略 の 具 体 的 な 施 策 が 動

More information

スライド 1

スライド 1 検 索 エンジンを 利 用 した Covert Channelの 検 出 木 下 研 究 室 200602824 久 保 直 也 研 究 の 背 景 目 的 近 年 ネットワークの 巨 大 化 によりアクセス 権 限 も 複 雑 に 絡 み 合 ってい る ネットワーク 内 では 不 正 な 情 報 経 路 が 発 生 し 情 報 流 出 の 危 険 性 が 増 大 してしまっている このような 情

More information

M-PESA ユーザーは 銀 行 の 窓 口 を 一 度 も 訪 れることなく 口 座 開 設 預 貯 金 ローンなどすべてのオンライン バン キングのサービスを 利 用 できます 面 倒 な 申 込 書 の 記 入 や 書 類 の 提 出 は 不 要 で ただサファリコム 社 の M-PESA に

M-PESA ユーザーは 銀 行 の 窓 口 を 一 度 も 訪 れることなく 口 座 開 設 預 貯 金 ローンなどすべてのオンライン バン キングのサービスを 利 用 できます 面 倒 な 申 込 書 の 記 入 や 書 類 の 提 出 は 不 要 で ただサファリコム 社 の M-PESA に Fiorano SOA Platform お 客 様 導 入 事 例 (2015 年 1 月 28 日 改 定 ) モバイル ネットワークへの Web サービス 公 開 コア バンキング 統 合 フレームワークとの 連 携 金 融 サービス : アフリカ 商 業 銀 行 行 (Commercial Bank of Africa) キーポイント モバイル バンキング サファリコム (Vodafone)

More information

Microsoft PowerPoint - PKI-Day-2014-03-13-kameda.pptx

Microsoft PowerPoint - PKI-Day-2014-03-13-kameda.pptx PKI Day 2014 新 しい 電 署 名 クラウド/モバイル 署 名 と PKI 署 名 治 伸 (Harunobu.Kameda@safenet-inc.com) JIPDEC 客 員 研 究 員 / 本 セーフネット 株 式 会 社 2014 年 3 13 Insert Your Name Insert Your Title Insert Date クラウド 署 名 について Insert

More information

目 次 1 アマゾンから 収 入 を 得 る 方 法... 3 1 FBA(フィルフラメンド by アマゾン)... 3 2 e 託 販 売 サービス... 4 3 アマゾンマーケットプレース... 4 2 なぜ e 託 で 起 業 するのか?... 5 1 集 客 力... 5 2 アマゾンのブラ

目 次 1 アマゾンから 収 入 を 得 る 方 法... 3 1 FBA(フィルフラメンド by アマゾン)... 3 2 e 託 販 売 サービス... 4 3 アマゾンマーケットプレース... 4 2 なぜ e 託 で 起 業 するのか?... 5 1 集 客 力... 5 2 アマゾンのブラ 第 1 章 なぜアマゾンで 起 業 するのか? Copyright c 2012 ROOT 出 版 All Rights Reserved 1 目 次 1 アマゾンから 収 入 を 得 る 方 法... 3 1 FBA(フィルフラメンド by アマゾン)... 3 2 e 託 販 売 サービス... 4 3 アマゾンマーケットプレース... 4 2 なぜ e 託 で 起 業 するのか?... 5 1

More information

以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 する ものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことはできません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を

以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 する ものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことはできません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を モバイルファースト 実 現 のための アプリケーション 開 発 と バックエンドサービスクラウド 日 本 オラクル 株 式 会 社 Fusion Middleware 事 業 統 括 ビジネス 推 進 本 部 製 品 戦 略 部 マネジャー 井 上 憲 ソリューション 本 部 インテグレーション 部 シニアセールスコンサルタント 智 野 潤 子 Copyright 2014, Oracle and/or

More information

Microsoft PowerPoint - NaviCon紹介(観光庁)_20140418 (配布用).ppt

Microsoft PowerPoint - NaviCon紹介(観光庁)_20140418 (配布用).ppt 1 /14 スマホ カーナビ 連 携 アプリ NaviCon の 観 光 利 用 2014 年 4 月 18 日 株 式 会 社 デンソー 情 報 通 信 サービス 開 発 室 1. 国 内 旅 と 動 出 典 : 数 字 が 語 る 旅 行 業 2013 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 観 光 業 協 会 ) 2 /14 1 旅 市 場 の 内 訳 国 内 旅 行 2 国 内 旅 の 内 訳

More information

ワイズシステムの 未 来 予 測 分 析 知 財 コンサル システム 開 発 のすべてのノウハウを 活 かした 利 益 をあげるための 未 来 予 測 特 許 情 報 を さまざまなビッグデータとともに 分 析 することで データ が 意 味 のある 情 報 になります 特 許 戦 略 技 術 開

ワイズシステムの 未 来 予 測 分 析 知 財 コンサル システム 開 発 のすべてのノウハウを 活 かした 利 益 をあげるための 未 来 予 測 特 許 情 報 を さまざまなビッグデータとともに 分 析 することで データ が 意 味 のある 情 報 になります 特 許 戦 略 技 術 開 これからの 貴 社 に 必 要 なのは 現 在 過 去 そして 未 来 予 測 です 特 許 情 報 と 実 績 ソーシャル 情 報 を 融 合 した 分 析 解 析 業 務 のご 案 内 C 2014 株 式 会 社 ワイズシステム ワイズシステムの 未 来 予 測 分 析 知 財 コンサル システム 開 発 のすべてのノウハウを 活 かした 利 益 をあげるための 未 来 予 測 特 許 情 報

More information

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情 参 考 資 料 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 の 在 り 方 について 平 成 20 年 12 月 知 的 財 産 戦 略 本 部 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 専 門 調 査 会 デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技

More information

Microsoft PowerPoint - APPLIC-0003_3-2016.pptx [ユーザーが前回保存済み]

Microsoft PowerPoint - APPLIC-0003_3-2016.pptx [ユーザーが前回保存済み] APPLIC-0003_3-2016 防 災 基 本 提 案 書 Ver4.1 版 (ダイジェスト 版 ) 1. 防 災 の 目 的 と 将 来 像 2. 防 災 体 系 3. 防 災 各 種 機 能 の 概 要 4. 防 災 適 用 ガイド 2016 年 3 月 ( 一 財 ) 全 国 地 域 情 報 化 推 進 協 会 委 員 会 安 心 安 全 ワーキンググループ -0- 防 災 の 目 的

More information

オフラインで”待ちなし” 500倍を超えるアクセスパフォーマンス!

オフラインで”待ちなし” 500倍を超えるアクセスパフォーマンス! B1 HTML5テクニカルセッション オフラインで 待 ちなし, 500 倍 を 超 えるアクセスパフォーマンス! ( 有 )サイバースペース 代 表 清 野 克 行 アジェンダ [I] クラウド 概 要 PaaSクラウドについて [II] HTML5で 高 速 アクセス [1] HTML5を 使 用 しないパフォーマンスアップ >クラウド 側 の 工 夫 [2] Memcache vs HTML5

More information

電 子 教 科 書 とは 従 来 の 紙 媒 体 の 教 科 書 コンテンツをタブレットや ノートPCで 表 示 操 作 PCで 実 現 可 能 な 各 種 機 能 を 追 加 クイズの 動 判 定 達 成 度 のサーバ 転 送 対 話 的 /マルチメディアの 再 生 操 作 アクセシビリティ 対

電 子 教 科 書 とは 従 来 の 紙 媒 体 の 教 科 書 コンテンツをタブレットや ノートPCで 表 示 操 作 PCで 実 現 可 能 な 各 種 機 能 を 追 加 クイズの 動 判 定 達 成 度 のサーバ 転 送 対 話 的 /マルチメディアの 再 生 操 作 アクセシビリティ 対 電 子 教 材 の 現 在 と 未 来 ASUKA Academy セミナー 2014-9-19 明 治 大 学 国 際 総 合 研 究 所 上 智 大 学 田 村 恭 久 1 電 子 教 科 書 とは 従 来 の 紙 媒 体 の 教 科 書 コンテンツをタブレットや ノートPCで 表 示 操 作 PCで 実 現 可 能 な 各 種 機 能 を 追 加 クイズの 動 判 定 達 成 度 のサーバ 転

More information

webrtc-okinawa-open-days-v2

webrtc-okinawa-open-days-v2 OKINAWA OPEN DAYS 2015 ユースケース 研 究 事 例 :オンラインゲーム 次 の 時 代 のオンラインゲームに 求 められるクラウド ネットワーク 技 術 究 極 のゲーム 通 信 プロトコルを 探 せ! NTTコミュニケーションズ 株 式 会 社 技 術 開 発 部 Webコアテクニカルユニットリーダ/ 担 当 課 津 亮 祐 2015 年 12 紹 介 / 津 亮 祐 (おおつや

More information

ucode: ユビキタスコード

ucode: ユビキタスコード [White Paper] T-Engine Forum Ubiquitous ID Center Specification DRAFT 2014-02-19 ucode: ユビキタスコード ucode: Ubiquitous Code Number: Title: ucode: ユビキタスコード ucode: Ubiquitous Code Status: [ ] Working Draft,

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209574985E814683418376838A8350815B83568387839382D682CC91E3955C93498D558C822E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209574985E814683418376838A8350815B83568387839382D682CC91E3955C93498D558C822E707074> 付 録 アプリケーションへの 代 表 的 攻 撃 (SQL)インジェクション データベースを 利 用 するアプリケーションに 対 して 外 部 からの 入 力 で 不 正 に データベースを 操 作 参 照 する 手 法 入 力 がSQL 以 外 のシステムのコマンド 等 として 処 理 される 場 合 に それらを 利 用 する コマンドインジェクションなども 類 似 の 攻 撃 パラメータ 改

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 25 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 24 年 8 月 2 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 システナ 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 2317 URL http://www.systena.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 逸 見 愛 親 問 合 せ 先 責 任

More information

大津市 情報システム調達ガイドライン(案)

大津市 情報システム調達ガイドライン(案) Ⅲ. 将 来 に 向 けた 調 査 研 究 項 目 38 (1) 個 人 番 号 (マイナンバー)カードの 活 用 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 実 現 のため 平 成 25 年 5 月 に 番 号 制 度 の 関 連 法 が 国 会 で 成 立 しました 平 成 27 年 10 月 には12 桁 の 個 人 番 号 が 記 載 された 個 人 番 号 カード を 交 付 平 成 28 年

More information

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01  

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01   intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 Copyright 2016 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 3.

More information

Microsoft Word - PROMCODE_4-3_Experiments_NEC-10-22

Microsoft Word - PROMCODE_4-3_Experiments_NEC-10-22 PROMCODE 次 世 代 プロジェクト 管 理 データ 交 換 アーキテクチャ 協 議 会 NEC における 実 証 実 験 報 告 書 第 1 版 2013 年 10 月 22 日 日 本 電 気 株 式 会 社 1 Copyright NEC Corporation 2013 All rights reserved. 本 書 は, 本 書 に 記 載 した 要 件 技 術 方 式 に 関 する

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション NFC(Near Field Communication) NFCの 導 入 を 初 めて 検 討 される 方 に その 概 要 をお 知 らせします NFCの 概 要 と 特 徴 NFCの 位 置 づけと 用 途 NDEF(NFC DATA Exchange Format) NFC Dynamic Tagについて RFIDリーダライタと 対 応 規 格 作 成 2013 年 10 月 追 記 2014

More information

8.5 操 作 に 関 するユーザからの 問 合 せへの 対 応 - - - 8.6 操 作 に 関 する 管 理 者 様 からの 問 合 せへの 対 応 - - 8.7 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解 除 依 頼 - - 8.8 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解

8.5 操 作 に 関 するユーザからの 問 合 せへの 対 応 - - - 8.6 操 作 に 関 する 管 理 者 様 からの 問 合 せへの 対 応 - - 8.7 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解 除 依 頼 - - 8.8 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解 ケータイ 快 作! ASPサービス 仕 様 書 本 サービスは ケータイ 快 作!ASP 利 用 契 約 の 規 約 条 項 に 従 い 提 供 いたします 1. サービスの 対 象 株 式 会 社 日 立 ソリューションズ クリエイトは お 客 様 に 対 し 以 下 のサービス 対 象 について 次 項 以 降 に 記 した 内 容 のサービスを 提 供 します サービス 名 ケータイ 快 作!

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Cordovaを 使 ったHTML5ハイブリッド 型 モバイルアプリの 活 用 ポイント アシアル 株 式 会 社 生 形 可 奈 子 1 アシアル 株 式 会 社 のご 紹 介 アシアルは エンジニアリングでインターネットの 成 長 を 牽 引 する という 事 業 コンセプトのもと HTML5 JavaScriptを 中 心 としたWeb 技 術 をベースにした デベロッパー 支 援 事 業 を

More information

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基 ( 別 紙 ) 志 摩 市 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1-1 1.システム 基 本 要 件

More information

(Microsoft Word - _\225\27521\201j\213I\227v\214\264\215e\201i\210\300\222B\201j)

(Microsoft Word - _\225\27521\201j\213I\227v\214\264\215e\201i\210\300\222B\201j) テキスト 処 理 における WebAPI の 利 用 Utilization of WebAPI in Text Processing 高 尾 哲 康 Takao Tetsuyasu 1. はじめに 近 来 の Web2.0[1]のめざましい 発 展 により Web のネットワーク 化 および 構 造 化 が 進 んできた これまでの Web アプリケーションでは サーバで 動 作 する Web や

More information

目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類......... 8 3.1.1 社 内 電 話 帳......... 8 3.1.2 共 有

目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類......... 8 3.1.1 社 内 電 話 帳......... 8 3.1.2 共 有 Web 電 話 帳 アプリ Android ユーザガイド 050 plus for Biz 4.1 版 平 成 28 年 6 月 20 日 NTT コミュニケーションズ 株 式 会 社 目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類.........

More information

目 次 はじめに 3 1. 会 社 概 要 業 務 実 績 4 2. 仕 様 書 に 基 づく 企 画 提 案 7 3. 仕 様 書 に 含 まれない 先 進 /オプション 提 案 事 業 の 実 施 体 制 事 業 期 間 終 了 後 の 事 業 継 続 に 関 する 提

目 次 はじめに 3 1. 会 社 概 要 業 務 実 績 4 2. 仕 様 書 に 基 づく 企 画 提 案 7 3. 仕 様 書 に 含 まれない 先 進 /オプション 提 案 事 業 の 実 施 体 制 事 業 期 間 終 了 後 の 事 業 継 続 に 関 する 提 特 定 非 営 利 活 動 法 人 カンパニー 奄 美 御 中 あまみエコツーリズム システム 構 築 企 画 提 案 書 平 成 23 年 3 月 9 日 目 次 はじめに 3 1. 会 社 概 要 業 務 実 績 4 2. 仕 様 書 に 基 づく 企 画 提 案 7 3. 仕 様 書 に 含 まれない 先 進 /オプション 提 案 22 4. 事 業 の 実 施 体 制 25 5. 事 業 期

More information

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 2 履 行 期 間 システム 運 用 構 築 導 入 業 務 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 2 月 28 日 まで システム 利 用 にかかる 業 務 平 成 29 年 3 月 1 日 から

More information

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度 ASP SaaS 安 全 信 頼 性 に 係 る 情 報 開 示 認 定 制 度 認 定 の (1/7) 認 定 番 号 : 00070805, 名 称 :ネットde 会 計, 事 業 者 名 称 : 株 式 会 社 パイプドビッツ / 1 開 示 情 報 の 時 点 開 示 情 報 の 日 付 開 示 情 報 の 年 月 日 ( 西 暦 ) 2016/4/8 事 業 所 事 業 2 事 業 者 名

More information

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 ~ 被 害 に 遭 わないために 実 施 すべき 対 策 は?~ Copyright 2015 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 (IPA) 技 術 本 部 セキュリティセンター 2015 年 3 月 本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション オープンソースCMS シラサギ のご 紹 介 会 社 概 要 会 社 名 設 立 資 本 金 所 在 地 役 員 社 員 数 事 業 内 容 株 式 会 社 ウェブチップス 2013 年 9 月 20 日 500 万 円 770-0872 徳 島 県 徳 島 市 北 沖 洲 三 丁 目 6 番 58 号 石 本 ビル202 代 表 取 締 役 社 長 CEO 野 原 直 一 情 報 担 当 取 締

More information

(3)Web2.0 の 特 徴 Web2.0 を 最 初 に 提 唱 したティム オライリーの 論 文 What is Web2.0 によれば Web2.0 を 特 徴 付 けているのは 以 下 のような 事 項 である a.ユーザ 自 身 の 情 報 発 信 の 進 展 b. 性 善 説 c.ユー

(3)Web2.0 の 特 徴 Web2.0 を 最 初 に 提 唱 したティム オライリーの 論 文 What is Web2.0 によれば Web2.0 を 特 徴 付 けているのは 以 下 のような 事 項 である a.ユーザ 自 身 の 情 報 発 信 の 進 展 b. 性 善 説 c.ユー はじめに 本 稿 は Web2.0 と 呼 ばれる Web 技 術 の 新 しい 概 念 が 企 業 にどのような 影 響 を 与 えているかを 概 観 し 企 業 のインターネット 活 用 の 未 来 について 考 える 電 子 メールや 社 内 コミュニティの 利 用 現 状 から 概 観 するに 企 業 は インターネットが 起 こし た 変 革 の 波 に もっと 乗 って 行 くべきであり

More information

はじめに

はじめに 1 第 8 回 データーベース Access1 学 習 内 容 1.データベースの 概 要 2.リレーショナルデータベースの 概 要 3.データベースの 作 成 4.データシートの 操 作 はじめに 第 8 回 では,Accessを 使 ってリレーショナルデータベースの 基 本 的 な 考 え 方 やデーターベース 管 理 システムの 使 い 方 を 学 習 していきます. はじめに 2 データベースソフトにおいて

More information

IMA&Cシステムの概要

IMA&Cシステムの概要 DC Visor v.2.0 システムの 概 要 2013/06/01 基 準 DC VISOR(デシ バイザー)は Data Center と advisor 又 は supervisor の 合 成 語 で IT 機 器 の 導 入 から 移 動 変 更 廃 棄 など 一 連 の 管 理 をデータとビジュアル 情 報 が 連 動 した( 常 に 整 合 性 を 取 った) 分 かりやすい 管 理

More information

Microsoft PowerPoint - ICTSFC-4th-HGoto-slide.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - ICTSFC-4th-HGoto-slide.ppt [互換モード] 第 4 回 ICTSFC WG 合 同 会 合 ( 国 立 情 報 学 研 究 所 ) 2011 年 5 月 12 日 eduroamによるキャンパス 無 線 LAN 相 互 利 用 と 国 際 教 育 研 究 連 携 基 盤 の 構 築 後 藤 英 昭 東 北 大 学 サイバーサイエンスセンター 1 内 容 背 景 モバイルネットワーキング 環 境 キャンパスネットワークの 現 状 学 術 系 国

More information

Microsoft PowerPoint - catalog_next_110131.ppt[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint - catalog_next_110131.ppt[読み取り専用] お お 客 様 と 向 き 合 って をコンセプトにした 自 信 満 々のパッケージシステム システム 概 要 通 信 販 売 が 多 様 化 する 中 販 売 する 事 業 者 へのお 客 様 からの 要 望 もどんどん 高 度 化 しています それに 比 例 するかのように 事 務 処 理 が 多 様 化 し 様 々な 業 務 効 率 化 を 考 えて 営 業 していかなくてこの 先 勝 ち 残

More information

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度 ASP SaaS 安 全 信 頼 性 に 係 る 情 報 開 示 認 定 制 度 認 定 の (1/7) 認 定 番 号 : 01321107, 名 称 :isearch(アイサーチ), 事 業 者 名 称 : デジアナコミュニケーションズ 株 式 会 社 / 1 開 示 情 報 の 時 点 開 示 情 報 の 日 付 開 示 情 報 の 年 月 日 ( 西 暦 ) 2015/6/17 事 業 所

More information

第26回国民文化祭京都府実行委員会

第26回国民文化祭京都府実行委員会 別 添 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020 ウェブサイト 作 成 指 針 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 開 催 を 契 機 として 世 界 に 向 けて 日 本 及 び 京 都 の 文 化 芸 術 等 を 発 信 し 体 感 してもらう 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020( 以 下 京 都 文 化 力 プロジェクト という )を 国 内 外

More information

KinQサービス概要資料

KinQサービス概要資料 たよれーる 携 帯 連 絡 網 サービスのご 紹 介 2016 年 6 月 8 日 版 サービス 概 要 説 明 たよれーる 携 帯 連 絡 網 サービス とは 災 害 緊 急 時 を 含 めた 一 斉 連 絡 確 認 において 携 帯 PCから 対 象 者 に 対 して メール 配 信 と 情 報 収 集 を 行 うサービスです 株 式 会 社 NHKメディアテクノロジー KinQ.jp のOEMサービス

More information

1 東 京 大 学 で 契 約 している 電 子 ジャーナルを 探 す Case1. 手 元 にある 論 文 の 参 考 文 献 リストに 載 っていた 以 下 の 雑 誌 論 文 を 入 手 したい 電 子 ジャーナルで 入 手 できるかどうか 探 してみよう Small EM, et al.,

1 東 京 大 学 で 契 約 している 電 子 ジャーナルを 探 す Case1. 手 元 にある 論 文 の 参 考 文 献 リストに 載 っていた 以 下 の 雑 誌 論 文 を 入 手 したい 電 子 ジャーナルで 入 手 できるかどうか 探 してみよう Small EM, et al., 本 日 のテーマ 電 子 ジャーナルの 特 徴 を 理 解 し 効 果 的 な 利 用 法 を 学 ぶ 論 文 の 探 し 方 1) データベース 検 索 や 文 献 リストで 目 的 に 合 った 論 文 を 探 す/ 研 究 分 野 の 主 要 誌 をチェックする 2) オンラインで 本 文 が 入 手 できるか 探 す 1 東 京 大 学 で 契 約 している 電 子 ジャーナルを 探 す 2

More information

試 合 中 1 点 を 取 ったことによって 上 昇 試 合 後 もさほど 変 わらなかった フランス 戦 を 10 分 おきに 印 象 感 分 析 サービスで 分 析 した 結 果 7 月 19 日 (2:15)は 0-2 で 負 けた 試 合 ではあるが 先 のアメリカ 戦 とは 異 なる 感

試 合 中 1 点 を 取 ったことによって 上 昇 試 合 後 もさほど 変 わらなかった フランス 戦 を 10 分 おきに 印 象 感 分 析 サービスで 分 析 した 結 果 7 月 19 日 (2:15)は 0-2 で 負 けた 試 合 ではあるが 先 のアメリカ 戦 とは 異 なる 感 報 道 発 表 資 料 2012 年 7 月 26 日 メタデータ 株 式 会 社 メタデータ なでしこジャパン 試 合 中 のツイートを 10 分 毎 に 解 析 ~ 試 合 の 緩 急 による 感 情 変 化 を 印 象 感 分 析 サービスで 捕 捉 メタデータ 株 式 会 社 ( 所 在 地 : 東 京 都 文 京 区 代 表 取 締 役 社 長 : 野 村 直 之 )は19 日 発 表 し

More information

用 により 克 服 できる 本 サービスは カテゴリ 別 にコミュニティを 作 り その 中 での 交 流 にメタデ ータを 含 んだタグを 用 いることによって カテゴリ 別 のメタデータを 蓄 積 し 同 時 に 蓄 積 されたメタデータをコミュニティ 内 の 交 流 情 報 交 換 に 用 い

用 により 克 服 できる 本 サービスは カテゴリ 別 にコミュニティを 作 り その 中 での 交 流 にメタデ ータを 含 んだタグを 用 いることによって カテゴリ 別 のメタデータを 蓄 積 し 同 時 に 蓄 積 されたメタデータをコミュニティ 内 の 交 流 情 報 交 換 に 用 い 2014 年 度 未 踏 IT 人 材 発 掘 育 成 事 業 採 択 案 件 評 価 書 1. 担 当 PM 藤 井 彰 人 PM (KDDI 株 式 会 社 サービス 企 画 本 部 クラウドサービス 企 画 開 発 部 長 ) 2. 採 択 者 氏 名 チーフクリエータ: 大 懸 剛 貴 ( 京 都 大 学 理 学 部 理 学 科 ) コクリエータ: 藤 村 暖 ( 京 都 大 学 工 学 部

More information

日経電子版におけるAWSとその周辺サービスの活用事例

日経電子版におけるAWSとその周辺サービスの活用事例 AWS Cloud Storage & DB Day 2014 2014/9/9 日 経 電 子 版 におけるAWSと その 周 辺 サービスの 活 用 事 例 日 本 経 済 新 聞 社 デジタル 編 成 局 白 銀 傑 (システム サービス 開 発 担 当 ) Agenda 日 経 とウェブサービス 日 経 電 子 版 のご 紹 介 電 子 版 モバイルでAWSを 採 用 AWSを 採 用 した

More information

スライド 1

スライド 1 2015 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 の 概 況 2014 年 7 月 23 日 ( 水 ) モーニングスター 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 朝 倉 智 也 Part 1 当 社 グループを 取 りまく 市 場 環 境 2 投 資 信 託 の 純 資 産 残 高 ( 単 位 : 兆 円 ) 60 50 49.3 7.0% 増 52.7 40 30 20 10 0 2013

More information

オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社 代表取締役 チーフアーキテクト 小田切耕司

オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社  代表取締役 チーフアーキテクト 小田切耕司 オープンソースで 実 現 する シングルサインオンとID 管 理 オープンソース ソリューション テクノロジ 株 式 会 社 代 表 取 締 役 チーフアーキテクト 小 田 切 耕 司 Copyright 2013 Open Source Solution Technology Corporation All Rights Reserved. - 1 - オープンソース ソリューション テクノロジ(

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032362D392D323520905690ED97AA9084906990EA96E592B28DB889EF2091E63689F190568E598BC695AA89C889EF72355F8F4390B388D38CA9939D8D8794C581698E8196BC82C882B5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032362D392D323520905690ED97AA9084906990EA96E592B28DB889EF2091E63689F190568E598BC695AA89C889EF72355F8F4390B388D38CA9939D8D8794C581698E8196BC82C882B5816A2E646F63> 第 6 回 新 産 業 分 科 会 議 事 要 旨 1. 日 時 平 成 26 年 9 月 25 日 ( 木 ) 17:00~18:30 2. 場 所 中 央 合 同 庁 舎 第 4 号 館 12 階 全 省 庁 共 用 1214 特 別 会 議 室 3. 議 題 (1) 開 会 (2) 新 産 業 関 連 の 平 成 27 年 度 予 算 施 策 の 要 求 状 況 (3) アントレ IT パッケージ(

More information

電子書籍ビジネスの 理想と現実

電子書籍ビジネスの 理想と現実 電 子 書 籍 ビジネスの 理 想 と 現 実 ITからの 電 子 書 籍 ビジネスへのアプローチ ブレインハーツ 株 式 会 社 谷 川 耕 一 @ktanikaw 2013/2/28 まずは 自 己 紹 介 SI 会 社 でエンジニア 担 当 はAI エキスパートシステムなど 出 版 社 アスキーで 月 刊 誌 UNIX MAGAZINE の 編 集 担 当 日 本 オラクルでマーケティング 担

More information

WebコアCMSご紹介資料

WebコアCMSご紹介資料 FUJITSU Enterprise Application WebコアCMS:Webコンテンツ 管 理 システム 株 式 会 社 富 士 通 ソーシアルサイエンスラボラトリ WebコアCMSとは WebコアCMSの 概 要 WebコアCMSの 優 位 性 1 WebコアCMSの 概 要 WebコアCMS( 1) は 散 在 するWebコンテンツを 一 元 管 理 し 簡 単 編 集 承 認 フロー

More information

整 理 番 号 :1 2 施 策 名 基 本 計 画 該 当 箇 所 戦 略 的 体 制 及 び 運 営 のあり 方 の 検 討 衛 星 測 位 に 係 る 施 策 の 推 進 体 制 の 見 直 し 等 の 検 討 第 1 章 1(1) 地 理 空 間 情 報 の 活 用 に 関 する 関 係 府

整 理 番 号 :1 2 施 策 名 基 本 計 画 該 当 箇 所 戦 略 的 体 制 及 び 運 営 のあり 方 の 検 討 衛 星 測 位 に 係 る 施 策 の 推 進 体 制 の 見 直 し 等 の 検 討 第 1 章 1(1) 地 理 空 間 情 報 の 活 用 に 関 する 関 係 府 地 理 空 間 情 報 の 活 用 推 進 に 関 する 行 動 計 画 (G 空 間 行 動 プラン) 施 策 別 概 要 集 平 成 22 年 6 月 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 会 議 整 理 番 号 :1 2 施 策 名 基 本 計 画 該 当 箇 所 戦 略 的 体 制 及 び 運 営 のあり 方 の 検 討 衛 星 測 位 に 係 る 施 策 の 推 進 体 制 の 見 直

More information

NetLec16Web.ppt

NetLec16Web.ppt 大 阪 市 立 大 学 創 造 都 市 研 究 科 ネットワークシステム 概 論 7 ウェブ 帝 塚 山 学 院 大 学 情 報 メディア 学 科 教 授 兼 ICTセンター 長 大 阪 市 立 大 学 名 誉 教 授 / 堺 市 セキュリティアドバイザ 中 野 秀 男 ネットワークシステム 概 論 1 今 日 の 話 キラーアプリ WWWシステム WWWシステムの 展 開 WWWサーバ HTML

More information

<4D F736F F D208EE892CB91BE FDA8DD7816A2E646F63>

<4D F736F F D208EE892CB91BE FDA8DD7816A2E646F63> 人 生 検 索 エンジン ライフリサイクル - 音 声 ライフログの 柔 軟 な 検 索 システム- 1. 背 景 日 常 生 活 のデータを 蓄 積 し 検 索 やデータマイニングに 利 用 する ライフログ は 近 年 大 きな 注 目 を 集 めている しかし 一 般 に 利 用 されているライフログシステムの 多 くは 位 置 情 報 や 画 像 動 画 を 利 用 したものであり 会 話

More information

モバイルコンピューティング関連コースのご紹介

モバイルコンピューティング関連コースのご紹介 FUJITSU 人 材 育 成 研 修 サービス 講 習 会 2014 年 4 月 ~2014 年 9 月 版 モバイルコンピューティング 関 連 コースのご 紹 介 富 士 通 ラーニングメディアでは モバイル 技 術 の 全 体 像 から 実 際 のスマートデバイス 向 けアプリケーションの 開 発 技 術 まで スマートデバイスの 活 用 に 必 要 な 知 識 を 修 得 するた めのコースを

More information

http://www.live-commerce.com/solutions/function-list/?c=print&view=html

http://www.live-commerce.com/solutions/function-list/?c=print&view=html Live Commerce Ver1.4 機 能 覧 フロントエンド 機 能 覧 商 品 検 索 閲 覧 商 品 の 検 索 するために 必 要 な 機 能 カテゴリ 検 索 カテゴリ サブカテゴリとカテゴリを 絞 り 込 み 商 品 を 探 せます 価 格 絞 り 込 み 絞 り 込 みしたカテゴリから そのカテゴリに 登 録 されている 価 格 帯 をさらに 絞 り 込 んで 商 品 を 探 せます

More information

クラウド時代の最新Web会議とは?~つながる、使える、役に立つ~活用術も一挙ご紹介

クラウド時代の最新Web会議とは?~つながる、使える、役に立つ~活用術も一挙ご紹介 クラウド 時 代 の 最 新 Web 会 議 とは? つながる 使 える 役 に つ 活 術 も 挙 ご 紹 介 共 通 基 盤 総 合 NWプロモーション 部 UCプロモーション 課 中 村 真 之 アジェンダ 1. 市 場 背 景 と 国 内 事 情 2. テレビ 会 議 とWeb 会 議 の 特 3. Web 会 議 をもっとパワーアップさせる 4. 最 新 ソリューション 5. これからの

More information

図書館のWebサービスについて

図書館のWebサービスについて 例 1:web-OPAC+ Web-OPACをデコレーションする Web-OPACをデコレーションする いろいろ 作 ってみたものの そんなに 利 用 がある 訳 でもない 自 分 で 図 書 館 のサイトを 使 うとき Web-OPACしか 使 わない 利 用 者 の 動 線 上 で 出 来 ること 考 える Web-OPACをデコレーションする2 とはいっても 勝 手 にWeb-OPACは 変

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20428199575F8341835783838343838B82C6834E83898345836882C982E682E95F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20428199575F8341835783838343838B82C6834E83898345836882C982E682E95F947A957A97702E70707478> アジャイルとクラウドによる 電 子 書 籍 元 年 へのチャレンジ 株 式 会 社 角 川 コンテンツゲート 様 における BOOK WALKER WALKERプロジェクト 1 Android 端 末 をお 持 ちの 方 マーケットにいき BOOK WALKERを 検 索 して 下 さい これで 貴 方 の 端 末 にBOOK WALKERが インストールされました 2 1 章 プロジェクト 概 要

More information

稼働率100%を目指す、OracleDB予兆監視

稼働率100%を目指す、OracleDB予兆監視 稼 働 率 100%を 目 指 す Oacl OracleDB 予 兆 監 視 日 本 エクセム 株 式 会 社 1 始 めに 提 案 の 背 景 予 兆 監 視 運 用 予 兆 監 視 の 概 要 と 効 果 トラブル 事 例 と 兆 候 分 析 予 兆 監 視 運 用 の 実 践 予 兆 監 視 運 用 の 導 入 事 例 + 安. 定. 運. 用. 2 提 案 の 背 景 : 現 状 の 運

More information

一 般 社 団 法 人 電 子 情 報 技 術 産 業 協 会 (JEITA) プロフィール 名 称 : 一 般 社 団 法 人 電 子 情 報 技 術 産 業 協 会 (JEITA) 設 日 :2000 年 11 月 1 日 代 表 理 事 会 : 水 嶋 繁 光 会 員 数 :396( 平 成

一 般 社 団 法 人 電 子 情 報 技 術 産 業 協 会 (JEITA) プロフィール 名 称 : 一 般 社 団 法 人 電 子 情 報 技 術 産 業 協 会 (JEITA) 設 日 :2000 年 11 月 1 日 代 表 理 事 会 : 水 嶋 繁 光 会 員 数 :396( 平 成 第 3 回 IPA ディペンダビリティに 関 する 定 期 意 見 交 換 会 資 料 CPS/IoTに 関 する 取 組 みについて 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 一 般 社 団 法 人 電 子 情 報 技 術 産 業 協 会 一 般 社 団 法 人 電 子 情 報 技 術 産 業 協 会 (JEITA) プロフィール 名 称 : 一 般 社 団 法 人 電 子 情 報 技 術

More information

Microsoft Word - CloudNetworkingWP.docx

Microsoft Word - CloudNetworkingWP.docx クラウド ネットワー ーキング: 新 機 軸 のネットワー ーク 手 法 によるクラウド コンピューティング モデル 2010 年 第 1 四 半 期 1 Arista の Cloud Networking (クラウド ネットワーキング) クラウド コンピューティングの 登 場 で データセンター ネットワークのスループッ トや 耐 障 害 性 に 対 する 考 え 方 は 変 化 しました スケーラビリティ

More information

2 目 次 1. 2011 年 8 月 期 通 期 決 算 2. 2012 年 8 月 期 業 績 予 想 3. 今 後 の 取 組 み

2 目 次 1. 2011 年 8 月 期 通 期 決 算 2. 2012 年 8 月 期 業 績 予 想 3. 今 後 の 取 組 み 2011 年 8 月 期 決 算 説 明 会 2011 年 10 月 19 日 株 式 会 社 ( 東 証 一 部 :3048) 2 目 次 1. 2011 年 8 月 期 通 期 決 算 2. 2012 年 8 月 期 業 績 予 想 3. 今 後 の 取 組 み 1. 2011 年 8 月 期 通 期 決 算 3 1.2011 年 8 月 期 通 期 決 算 決 算 概 要 連 結 2010 年

More information

第3回国立大学法人情報系センター研究交流・連絡会議 報告

第3回国立大学法人情報系センター研究交流・連絡会議 報告 第 4 回 国 立 大 学 法 人 情 報 系 センター 研 究 交 流 連 絡 会 議 報 告 秋 田 大 学 総 合 情 報 処 理 センター 長 中 村 雅 英 開 催 日 時 : 平 成 21 年 9 月 17 日 ( 木 )13:30 ~ 17:00 開 催 場 所 : 秋 田 大 学 60 周 年 記 念 ホール 参 加 者 : 北 海 道 教 育 大 学 2 名, 北 見 工 業 大

More information

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改

改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 災 害 アーカイブデータベースシステム 運 営 主 体 管 理 者 用 運 用 マニュアル 改 訂 履 歴 訂 番 日 付 頁 変 更 内 容 1.0.0 2014/02/28 - 新 規 作 成 1.1.0 2014/11/07 表 紙 タイトルを 修 正 修 正 前 : 東 日 本 大 震 災 アーカイブデータベースシステム 修 正 後 : 災 害 アーカイブデータベースシステム 改 訂 履 歴

More information

1. 農 林 水 産 研 究 情 報 総 合 センターが 目 指 すOPACの 革 新 従 来 のOPACの 枠 を 超 えたサービス 基 盤 の 形 成 既 存 のインターフェースに 依 存 しない 検 索 再 活 用 可 能 な 形 式 での 書 誌 情 報 の 出 力 どこへでも どこからでも

1. 農 林 水 産 研 究 情 報 総 合 センターが 目 指 すOPACの 革 新 従 来 のOPACの 枠 を 超 えたサービス 基 盤 の 形 成 既 存 のインターフェースに 依 存 しない 検 索 再 活 用 可 能 な 形 式 での 書 誌 情 報 の 出 力 どこへでも どこからでも OPACの 革 新 を 進 めて 農 林 水 産 省 農 林 水 産 技 術 会 議 事 務 局 筑 波 事 務 所 研 究 情 報 課 ( 農 林 水 産 研 究 情 報 総 合 センター) 林 賢 紀 tzhaya@affrc.go.jp 平 成 21 年 度 東 北 大 学 附 属 図 書 館 職 員 総 合 研 修 会 (2) 平 成 22 年 1 月 15 日 ( 金 )15:05-16:15

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208B9E937394C58367834C838F91918E968BC68AE989E68F9132303132303631302D32735B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208B9E937394C58367834C838F91918E968BC68AE989E68F9132303132303631302D32735B93C782DD8EE682E890EA97705D> 京 都 版 トキワ 荘 事 業 企 画 提 案 書 NPO 法 人 NEWVERY 理 事 事 務 局 長 トキワ 荘 プロジェクト ディレクター 菊 池 健 2012 年 6 月 1 京 都 市 には 世 界 唯 一 のマンガ 教 育 都 市 として 世 界 を 代 表 する 都 市 になり 得 る 条 件 が 揃 っています 京 都 市 を 世 界 唯 一 のマンガ 教 育 都 市 として 確

More information