改 訂 履 歴 版 数 発 行 作 成 者 / 改 訂 者 改 訂 履 歴 初 版 平 成 25 年 3 月 JIPDEC 初 版 発 行 - 2 -

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "改 訂 履 歴 版 数 発 行 作 成 者 / 改 訂 者 改 訂 履 歴 初 版 平 成 25 年 3 月 JIPDEC 初 版 発 行 - 2 -"

Transcription

1 空 間 位 置 情 報 サービス 活 用 ガイドライン ( 初 版 ) 初 版 : 平 成 25 年 3 月 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 - 1 -

2 改 訂 履 歴 版 数 発 行 作 成 者 / 改 訂 者 改 訂 履 歴 初 版 平 成 25 年 3 月 JIPDEC 初 版 発 行 - 2 -

3 目 次 はじめに 本 書 の 位 置 づけ 参 考 主 な 用 語 関 係 法 令 屋 内 空 間 データの 構 築 方 法 屋 内 空 間 の 利 用 の 背 景 屋 内 空 間 の 利 用 方 法 (CAD データ) CAD データから 屋 内 空 間 データを 生 成 する 方 法 CAD データから 屋 内 空 間 データを 生 成 する 場 合 の 留 意 点 屋 内 空 間 の 利 用 方 法 (フロアマップ) フロアマップから 屋 内 空 間 データを 生 成 する 方 法 アンカーポイントの 留 意 点 フロアマップから 屋 内 空 間 データを 生 成 する 場 合 の 留 意 点 ユースケース 本 章 の 参 考 文 献 ツール 等 の 入 手 先 屋 内 測 位 屋 内 測 位 について 屋 内 測 位 環 境 の 設 置 例 IMES を 用 いた 測 位 屋 内 測 位 の 課 題 ユースケース 本 章 の 参 考 文 献 ツール 等 の 入 手 先 データ 連 携 位 置 と 時 間 を キーにして 情 報 を 識 別 する 手 法 地 理 情 報 データベース 場 所 情 報 コード PI(Place Identifier)について 流 通 フォーマットについて ユースケース 本 章 の 参 考 文 献 ツール 等 の 入 手 先 補 足 (オープンデータと 地 理 空 間 情 報 )

4 はじめに 平 成 17 年 に Google 社 が 地 図 などを 無 償 で 提 供 するサービスを 開 始 し WebAPI を 同 時 に 公 開 することで Web 技 術 を 扱 えるエンジニアなどが 地 図 を 利 用 できる 環 境 を 提 供 した この 結 果 それまで 高 価 であり 専 門 的 な 技 術 とされて きた 地 図 情 報 の 利 用 が 活 発 化 し 既 存 のサービスの 質 の 向 上 や 数 多 くの 新 規 のサービスが 創 出 された このことは 何 かの 情 報 への 到 達 コストを 圧 縮 するとイ ノベーションが 起 きる ということを 示 している また 地 図 をはじめとして 位 置 + 時 間 情 報 を 保 有 する 様 々な 地 理 空 間 情 報 は それをキーとするあらゆる 情 報 を 使 って 様 々な 分 野 を 横 断 的 かつ 広 範 につ なげることを 可 能 にする 例 えば 屋 外 では GPS 機 能 を 搭 載 した 携 帯 電 話 やカー ナビゲーションなどを 通 じて 好 きなお 店 などの 情 報 を 得 ることができる このこと は 様 々な 分 野 において 位 置 + 時 間 をキーにして 情 報 を 引 き 出 し 繋 げ る ことができ そのこと 自 体 サービスの 高 度 化 などにおいて 重 要 な 要 素 の 一 つ と 考 えられる このような 観 点 から 日 本 でも 平 成 19 年 に 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 基 本 法 ( 以 下 基 本 法 )が 制 定 された 位 置 情 報 時 間 情 報 を 持 った 様 々な 情 報 を 地 理 空 間 情 報 と 定 義 ( 第 2 条 )し 社 会 基 盤 や 測 位 衛 星 基 盤 の 整 備 と 併 せて 多 様 なサービスの 創 出 を 目 指 すことが 明 記 された また この 基 本 法 を 基 に 政 府 が 策 定 した 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 基 本 計 画 によって 地 理 空 間 情 報 を 整 備 活 用 していく 動 きが 推 進 されている 特 に 平 成 21~23 年 度 にかけて それまでコスト 面 技 術 面 で 利 用 がしにくか った 屋 内 空 間 を 利 用 するための 基 盤 整 備 が 推 進 された これによって これま で 屋 外 において GPS 等 の 測 位 技 術 を 用 い 案 内 などを 行 うサービスに 加 えて 屋 外 屋 内 をシームレスにつなぐ 仕 組 みを 用 いて 新 しいサービスを 創 出 できる 環 境 が 整 ってきている 本 書 は その 屋 内 空 間 の 利 用 に 資 する 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 の 取 り 組 みの 成 果 を 取 りまとめたものである 本 書 を 通 じて 屋 内 空 間 を 利 用 するサービスの 企 画 開 発 質 の 向 上 等 の 参 考 になることを 意 図 している - 4 -

5 1. 本 書 の 位 置 づけ 地 理 空 間 情 報 に 係 る 技 術 の 進 歩 によって これまでにないサービスや 産 業 を 生 み 出 すとともに 既 存 のサービスや 産 業 においても 新 たな 展 開 をもたらす 地 理 空 間 情 報 は ビジネスチャンスを 広 げ 経 済 や 社 会 に 活 力 をもたらすものである 例 えば 人 やモノの 位 置 周 辺 の 状 況 情 報 を 扱 う 位 置 情 報 サービスは 歩 行 者 ナビ や 位 置 ゲームなどを 創 出 しているとともに 空 間 位 置 基 盤 データ( 地 図 等 )の 普 及 ス マートフォンをはじめとするスマートデバイスの 普 及 測 位 環 境 の 普 及 によって 更 に 有 効 に 活 用 できる 可 能 性 が 高 まっている 特 に 屋 内 外 問 わず 行 動 履 歴 等 と 店 舗 情 報 観 光 情 報 等 との 融 合 が 起 き 個 人 の 多 様 なニーズに 対 応 した 新 たなサービスが 創 出 できる 環 境 ( 屋 内 外 シームレスなデータ 連 携 によるイノベーション 創 出 の 環 境 )が 整 いつつある 本 書 は 以 上 のような 状 況 を 踏 まえ 平 成 22 年 度 から 平 成 24 年 度 までの 3 次 元 位 置 情 報 を 利 用 するための 技 術 開 発 や 実 証 実 験 の 成 果 を 中 心 に 取 りまとめたものであ る 具 体 的 には 以 下 について 実 証 実 験 などの 例 示 と 共 に 公 開 されているツール や 参 考 文 献 などを 中 心 に 取 りまとめている (1) 屋 内 空 間 のデータを 生 成 する 方 法 (2) 屋 内 測 位 の 環 境 を 整 備 する 方 法 (3) 様 々な 情 報 を 3 次 元 位 置 情 報 すなわち 緯 度 経 度 高 さ を 用 いて 連 携 す る 方 法 また 本 書 の 読 者 として 以 下 を 対 象 としている 1 屋 外 屋 内 をシームレスにつなぐ 地 理 空 間 情 報 を 利 用 したサービスや 屋 内 空 間 を 利 用 したサービスなどの 企 画 や 準 備 等 をしようとしている 事 業 者 等 2 屋 外 屋 内 をシームレスにつなぐ 地 理 空 間 情 報 を 利 用 したサービスや 屋 内 空 間 を 利 用 したサービスを 実 施 している 事 業 者 等 3 地 理 空 間 情 報 の 利 活 用 サービスについて 参 考 となる 情 報 を 探 している 事 業 者 等 - 5 -

6 参 考 主 な 用 語 関 係 法 令 用 語 (1) 地 理 空 間 情 報 : 空 間 上 の 特 定 の 地 点 又 は 区 域 の 位 置 を 示 す 情 報 並 びにそれ に 関 連 する 情 報 (2) 3 次 元 位 置 情 報 : 緯 度 経 度 高 さの 情 報 によって 規 定 される 空 間 上 の 特 定 の 地 点 を 示 す 情 報 関 係 法 令 (1) 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 基 本 法 ( 平 成 19 年 5 月 30 日 法 律 第 63 号 ) - 6 -

7 2. 屋 内 空 間 データの 構 築 方 法 2.1 屋 内 空 間 の 利 用 の 背 景 地 理 空 間 情 報 サービス 産 業 の 将 来 ビジョン ( 経 済 産 業 省,2008)では 以 下 の3 点 の 重 要 性 が 述 べられている 1 情 報 も 加 えたリアルに 近 い 立 体 的 な 表 現 を 行 なうとともに 実 世 界 の 時 間 変 化 を 正 確 に 捉 えるために 情 報 更 新 時 刻 等 も 加 えた 四 次 元 の 地 理 空 間 情 報 の 整 備 に 変 化 させていくこと 2 座 標 が 付 与 された 住 所 ( 緯 度 経 度 と 地 番 など)や 座 標 が 付 与 された 公 共 施 設 に 関 する 情 報 ( 建 物 形 状 間 取 りなど)の 整 備 3 住 所 や 建 物 の 位 置 情 報 の JIS 化 や 四 次 元 情 報 ( 三 次 元 座 標 + 時 間 情 報 ) をベースとした 情 報 を 付 加 することの 標 準 化 上 記 1から3については どれも 屋 内 空 間 についてのものであり この 背 景 には サービス 事 業 者 では 屋 外 の 地 理 空 間 情 報 はデジタル 化 が 推 進 されており それら 地 理 空 間 情 報 の 調 達 コストは 低 廉 化 の 方 向 にある 中 で 未 だ 標 準 的 なデータ 整 備 がな されていない 屋 内 の 地 理 空 間 情 報 の 利 活 用 を 期 待 していることがある しかし 屋 内 空 間 の 設 計 図 面 が 公 開 され 難 いものであることや 公 開 されても 設 計 図 に 使 用 される 座 標 系 ( 直 交 座 標 系 )と 世 界 測 地 系 との 関 係 付 け 作 業 が 大 変 であるこ となどが 課 題 となって 屋 内 空 間 の 利 用 が 進 まないという 課 題 が 指 摘 されてきた 本 章 では 以 上 のような 課 題 を 解 決 するために 経 済 産 業 省 によって 推 進 された 屋 内 空 間 を 利 用 するために 構 築 された 技 術 その 利 用 にあたっての 留 意 点 並 びにユ ースケースを 紹 介 する - 7 -

8 2.2 屋 内 空 間 の 利 用 方 法 (CAD データ) 屋 内 空 間 を 利 用 するにあたり より 正 確 な 情 報 を 生 成 する 場 合 建 物 の 設 計 時 に 生 成 される CAD(computer aided design)データが 有 効 である 特 に 建 築 分 野 では 建 物 や 構 造 物 などの 建 築 物 の 立 体 を 平 面 図 立 面 図 断 面 図 あるいは 透 視 図 等 の 図 面 として 表 現 し それにより 建 築 物 を 製 作 = 施 工 している 技 術 者 の 専 門 領 域 に 応 じて 意 匠 構 造 設 備 などの 図 面 群 が 存 在 し それらの 図 面 を 作 成 するソフトウェ アを 建 築 CAD と 呼 んでいる 図 面 は 設 計 行 為 の 成 果 物 であるが 建 築 CAD のレベ ルも 製 図 をするだけのものから より 専 門 的 な 検 討 解 析 シミュレーションなどを 含 ん だ 高 度 なレベルまで 存 在 する Jw_cad VectorWorks AutoCAD DRA-CAD など は 日 本 の 建 築 分 野 でよく 利 用 されている CAD である これらは 図 面 を 作 成 する 機 能 や 3 次 元 モデルを 作 成 するモデリング 機 能 などが 搭 載 されている 利 用 にあっては 3 次 元 CAD データは 細 部 までデータ 化 するため 容 量 が 数 百 MB に 上 るケースも 多 く インターネット 上 でそのままやり 取 りするにはネットワーク 負 荷 が 重 い そこで 等 高 線 (ポリライン)の 間 引 きや 重 複 オブジェクトの 削 除 等 データの 圧 縮 ( 軽 量 化 ) 作 業 が 必 須 となる CAD データから 屋 内 空 間 データを 生 成 する 方 法 CAD データを 利 用 して 商 業 ビルなどの 屋 内 空 間 情 報 を フロア 毎 に 3 次 元 座 標 (x y z)で 表 したモデル( 以 下 3 次 元 スライスモデルという 下 図 参 照 )として 構 築 す るツール( 世 界 測 地 系 座 標 変 換 ツール ネットワーク 付 与 ツール)を 経 済 産 業 省 が 提 供 している なお 経 済 産 業 省 では 屋 内 空 間 データを 空 間 参 照 系 データベース と 呼 んでいる 図 表 1 3 次 元 スライスモデル 3 次 元 スライスモデル - 8 -

9 このツールは 以 下 を 実 現 している (1) 2 次 元 CAD 設 計 図 面 をフロア 毎 に 世 界 測 地 系 座 標 を 割 り 当 て フロア 同 士 を 重 ね 合 わせる 事 で 建 物 情 報 を 構 成 すること (2) 3 次 元 スライスモデル 上 の 座 標 を 参 照 する 屋 内 ネットワークデータを 構 築 するこ と 生 成 手 順 は 以 下 の 通 りである 図 表 2 空 間 参 照 系 データベースの 生 成 手 順 段 階 方 法 概 要 使 用 ツール CAD データ 屋 内 CAD データ CAD 図 面 の 意 匠 権 など 市 販 ツール 等 整 備 作 業 の 整 備 著 作 権 を 含 む 箇 所 などを マスキングする 等 空 間 参 照 系 デ ータ 構 築 作 業 屋 内 CAD データ の 軽 量 化 シンプ CAD 図 面 を 背 景 図 として ポリゴン 化 する 等 世 界 測 地 系 座 標 変 換 ツール ル 化 建 物 情 報 座 標 の 設 定 建 物 配 置 図 等 の 基 準 点 と 地 図 上 ( 都 市 計 画 図 など) の 基 準 点 を 対 応 づける 等 ネットワークの 設 定 通 路 の 中 央 にネットワーク を 引 き 施 設 出 入 口 の 前 通 路 の 曲 がり 角 や 交 差 点 にノードを 置 く 等 ネットワーク 付 与 ツ ール - 9 -

10 生 成 手 順 をフローで 示 す 図 表 3 空 間 参 照 系 データベースの 生 成 フロー (1) 屋 内 CADデータの 整 備 (2) 屋 内 CADデータの 軽 量 化 (3) 建 物 情 報 座 標 の 設 定 (4)ネットワークの 設 定 著 作 権 意 匠 権 への 対 応 データ 構 成 の 整 備 間 引 きやマスキング 作 業 世 界 測 地 系 座 標 を 設 定 し フロア 毎 の 空 間 参 照 系 デー タを 作 成 空 間 参 照 系 データ 上 で 屋 内 ネットワークを 設 定 CADデータ 整 備 作 業 空 間 参 照 系 データ 構 築 作 業 空 間 参 照 系 データ ネットワークデータ す 上 記 の 手 順 によって 生 成 された 空 間 参 照 系 データベースのイメージを 下 図 に 示 図 表 4 実 際 に 生 成 された 空 間 参 照 系 データベースの 例 出 入 口 点 フロア 外 郭 ノード リンク 区 画 間 仕 切 り フロア 代 表 点

11 2.2.2 CAD データから 屋 内 空 間 データを 生 成 する 場 合 の 留 意 点 建 築 で 生 成 される CAD 図 面 には 設 計 者 の 意 匠 権 に 関 する 情 報 が 含 まれている 場 合 がある また 内 部 情 報 や 保 安 設 備 など サービスに 利 用 できない 情 報 も 入 って いる 以 上 のことから CAD データの 利 用 にあたっては 意 匠 権 を 所 有 する 設 計 者 がい る 場 合 に 使 用 許 可 を 取 ることや 利 用 できない 部 分 を 削 除 マスキングを 行 う 必 要 があ る 2.3 屋 内 空 間 の 利 用 方 法 (フロアマップ) 屋 内 空 間 を 利 用 する 場 合 CAD データが 無 い 建 物 や CAD データの 利 用 が 難 し い 建 物 も 想 定 される その 場 合 一 般 に 公 開 されているフロアマップなどから 屋 内 空 間 が 生 成 できると 便 利 である そこで 経 済 産 業 省 では 前 記 のツールの 機 能 を 拡 張 し フロアマップから 生 成 することもできるようにしている ここでいうフロアマップは 以 下 の 条 件 を 満 たすものを 言 う 1 フロア 1 ファイルであること 表 現 スケール 全 フロアで 一 致 していること 方 角 が 統 一 されていること( 同 一 であること) 世 界 測 地 系 座 標 を 設 定 できる 箇 所 が 存 在 すること フロアマップから 屋 内 空 間 データを 生 成 する 方 法 フロアマップは 幾 何 情 報 を 持 っていないため ベクトルデータを 生 成 するために 幾 何 情 報 を 与 える 必 要 がある しかし フロアマップはフロアを 構 成 する 店 舗 地 物 (トイ レ エスカレータ 等 ) 通 路 等 の 大 よその 位 置 の 把 握 のために 用 いられるが 多 く 通 路 を 分 かり 易 く 表 現 するために 広 くなるようデフォルメされており 店 舗 の 区 画 がその 分 だけ 小 さく 表 現 されている また 形 状 もシンプル 化 されていることが 各 所 で 様 々なズ レが 盛 り 込 まれる 要 因 となっている そこで 前 記 のツール( 世 界 測 地 系 座 標 変 換 ツール)では フロアマップに 対 して 幾 何 情 報 を 与 えると 同 時 に 可 能 な 限 りサイズ 補 正 および 縦 横 比 の 補 正 を 実 行 できる ようにしている ( 下 図 参 照 )

12 図 表 5 フロアマップからの 実 寸 補 正 機 能 また 確 実 に 正 しい 世 界 測 地 系 座 標 が 取 得 でき 屋 内 平 面 図 に 対 応 づけられるこ と が 重 要 であることから 安 定 した 世 界 測 地 系 を 持 った 基 準 点 ( 以 降 アンカーポイ ント: 実 際 に 出 入 り 口 等 を 測 量 して 得 た 座 標 ) を 設 定 することで CAD データから 生 成 した 場 合 のものと 比 較 して 遜 色 の 無 いデータを 生 成 できるようにしている ( 下 図 参 照 )

13 図 表 6 アンカーポイントから 世 界 測 地 系 座 標 を 設 定 する 機 能 座 標 変 換 基 準 点 と して 使 用 す る 場 合 には 座 標 変 換 基 準 点 と して 使 用 にチ ェック を 入 れる アンカーポイント ( 座 標 変 換 基 準 点 ) アンカーポイントとは 屋 内 の 地 図 と 屋 外 の 地 図 を 重 ね 合 わせるキーとなる 位 置 をい う 例 えば 屋 外 から 屋 内 へシームレスなナビゲーションを 想 定 した 場 合 屋 外 の 地 図 と 屋 内 の 地 図 の 連 結 ( 重 ね 合 わせ)が 必 要 であるが 一 般 的 に 屋 内 の 地 図 と 屋 外 の 縮 尺 や 精 度 は 異 なる この 異 なる 精 度 の 地 図 を 重 ね 合 わせるために 具 体 化 されたのが アンカーポイントの 考 え 方 である これを 換 言 すれば 屋 内 外 を 連 結 するための 位 置 情 報 となりうるものの 考 え 方 である アンカーポイントの 留 意 点 アンカーポイントは 実 世 界 の 座 標 ( 緯 度 経 度 : 地 理 座 標 系 )と 簡 易 平 面 図 の 座 標 ( 図 面 上 の x, y: 図 面 座 標 系 )を 関 連 付 け 簡 易 平 面 図 上 においても 実 世 界 と 同 じ 座 標 として 地 図 構 成 要 素 を 取 り 扱 うための 重 要 な 座 標 点 となる 地 理 座 標 系 と 図 面 座 標 系 の 対 応 付 けのみを 考 慮 するのであれば 地 理 座 標 系 と 図 面 座 標 系 の 情 報 だけがあればよい しかし より 正 確 かつ 信 頼 性 の 高 い 地 理 座 標 と 図 面 座 標 の 対 応 を 取 ることを 考 慮 した 場 合 地 理 座 標 の 取 得 情 報 ( 測 量 を 行 った 際 の 情 報 )をメタデータ( 諸 元 情 報 )として 付 与 することで 地 理 座 標 の 正 確 性 や 信 頼 性 を 保 証 できると 考 えた したがって アンカーポイントの 構 成 要 素 としては 大 きく 1 地 理 座 標 系 の 情 報 2 図 面 座 標 系 の 情 報 3メタデータ の 3 つが 必 要 である なお アンカーポイントの 情 報 については 屋 内 空 間 データ 共 に BtoB で Web 標

14 準 により 相 互 交 換 するためのデータ 形 式 ( 流 通 フォーマット; 後 述 )が 提 供 されている 図 表 7 アンカーポイントの 構 成 要 素 構 成 要 素 詳 細 地 理 座 標 系 緯 度 経 度 高 さなどの 一 般 的 な 地 理 座 標 系 情 報 一 つのアンカーポイントについて それぞれ 唯 一 の 数 値 を 持 つ(1:1 対 応 ) 図 面 座 標 系 アンカーポイントに 対 応 する 図 面 上 の 描 画 要 素 一 つのアンカーポイントに 対 して 図 面 ごとに 描 画 要 素 が 存 在 しうる(1:n 対 応 ) 描 画 要 素 は 論 理 的 には ID あるいは 代 表 点 座 標 で 特 定 できる が RDF の 制 約 から ID 参 照 を 前 提 とする メタデータ 日 付 作 成 者 などの 一 般 的 な 情 報 これもアンカーポイントに 対 して 唯 一 のデータを 持 つ(1:1) 種 別 ではアンカーポイントの 種 別 を 定 義 することを 想 定 す る 公 的 / 私 的 また アンカーポイントの 等 級 のようなデータ の 受 け 皿 となることを 想 定 する フロアマップから 屋 内 空 間 データを 生 成 する 場 合 の 留 意 点 フロアマップから 屋 内 空 間 データを 生 成 する 場 合 に 建 物 出 入 り 口 の 緯 度 経 度 をア ンカーポイントとして 使 用 することは 世 界 測 地 系 への 配 置 方 法 としては 安 定 的 な 方 法 であるが その 緯 度 経 度 の 測 位 方 法 が 異 なる 場 合 ( 例 えば 隣 接 する 建 物 間 や 地 下 街 間 で 測 量 方 法 が 異 なる 場 合 など)に データがうまくつながらないことが 想 定 される よって 異 なる 所 有 者 の 屋 内 空 間 をつなげて 利 用 する 場 合 には それぞれ 同 じ 測 位 方 式 を 用 いてアンカーポイントを 設 定 するか 又 は 同 一 事 業 者 がアンカーポイントを 設 定 することが 望 ましい また フロアマップは 一 般 に 公 開 されているものが 多 いが 建 物 の 所 有 者 や 管 理 者 に 相 談 もなく 勝 手 に 利 用 することは 信 義 上 望 ましいことではない 2.4 ユースケース 上 記 の 屋 内 空 間 データを 利 用 した 実 証 実 験 が G 空 間 EXPO2010( 平 成 22 年 パ シフィコ 横 浜 )において 実 施 された G 空 間 EXPO2010 会 場 の 管 理 用 の CAD 図 面 から 空 間 参 照 系 データベースを 構 築 し 世 界 測 地 系 座 標 を 付 与 するために アンカーポイントを 設 定 した ( 下 図 参 照 )

15 図 表 8 アンカーポイントの 設 定 点 : 計 測 点 :アンカーポイント( 座 標 変 換 点 ) 図 表 9 構 築 された G 空 間 EXPO2010 会 場 の 屋 内 空 間 データ : 施 設 代 表 点 :ノード 点 :リンク 実 証 実 験 では 屋 内 ナビゲーション スタンプラリー ソーシャル 情 報 の 可 視 化 が 実 施 された ソーシャル 情 報 の 可 視 化 では 特 定 の 場 所 を 指 し 示 す Twitter のハッシュタグ/イ ラスト 地 図 座 標 (および ID)/ 空 間 参 照 系 データベース 上 の 座 標 (および ID)の 相 互 変 換 テーブルを 整 備 し この 相 互 変 換 テーブルを 用 いて 異 なる 識 別 子 体 系 / 座 標 体 系 間 の 相 互 変 換 することで その 会 場 内 のつぶやきが 何 処 でどれ 位 発 生 している か また それが 時 間 と 共 にどのように 変 化 するかを 可 視 化 することを 試 みた ( 下 図 参 照 )

16 これによって どのような 発 言 がトリガーになって 各 ブースへの 誘 因 が 起 きるかなど が 明 らかになることが 分 かった 図 表 10 Twitter の 屋 内 空 間 でのリアルタイムな 重 畳 2.5 本 章 の 参 考 文 献 ツール 等 の 入 手 先 図 表 11 参 考 文 献 ツール 等 の 入 手 先 分 類 名 URL 等 ツール 世 界 測 地 系 座 標 変 換 ツール ネットワーク 付 与 ツール IS/index.html 文 献 平 成 22 年 度 IT とサービス の 融 合 による 新 市 場 創 出 促 進 事 業 ( 地 理 空 間 情 報 基 盤 活 用 サービス 実 証 事 業 2 次 公 募 ) 事 業 報 告 書

17 3. 屋 内 測 位 3.1 屋 内 測 位 について 位 置 情 報 を 利 用 するサービスを 実 施 するにあたり 屋 内 の 位 置 の 把 握 については 従 来 課 題 として 指 摘 されてきたが 屋 内 のセンサーなどを 利 用 した 測 位 技 術 も 進 展 し ており 屋 外 屋 内 の 測 位 技 術 を 俯 瞰 すると 下 図 のようになる 図 表 12 測 位 技 術 の 俯 瞰 図 GPS Galileo 屋 外 携 帯 電 話 PH S gpsone AirLocation QZSS IMES Pseudolite GPS RTK-GPS 屋 内 無 線 LAN RFID WiFi WiMAX センサー 類 Bluetooth 例 えば 従 来 無 線 通 信 としての 用 途 のみで 搭 載 していた Wi-Fi デバイスを 利 用 し ハードウェアとしての 追 加 コストなしに 同 社 の PlaceEngine に 対 応 することで 位 置 情 報 を 扱 える 機 器 へ 変 える 技 術 (PlaceEngine など)や 屋 内 に GPS と 同 等 の 信 号 を 配 信 する 機 器 を 設 置 し 測 位 情 報 を 取 り 扱 う 技 術 ( IMES(Indoor MEssaging System))などがあげられる 本 章 では G 空 間 プロジェクトにおいて 実 空 間 で 実 証 された 無 線 LAN 測 位 を 中 心 に その 利 活 用 について 述 べる 3.2 屋 内 測 位 環 境 の 設 置 例 経 済 産 業 省 平 成 22 年 度 IT とサービスの 融 合 による 新 市 場 創 出 促 進 事 業 ( 地 理 空 間 情 報 基 盤 活 用 サービス 実 証 事 業 ) において 平 成 23 年 2 月 8 日 から 20 日 か けて クイーンズスクエア 横 浜 内 のクイーンズイーストおよびクイーンモールの 協 力 を 得 て B1F 2F にて 屋 内 測 位 の 実 証 を 行 った 具 体 的 には 2F には 17 個 ( 約 20m 毎 ) 1F には 20 個 ( 約 20m 毎 ) B1F には 38 個 ( 約 10m 毎 )の 合 計 75 個 の 無 線 LAN アクセスポイントを 設 置 し 実 証 実 験 参 加 者 の 移 動 履 歴 を 取 得 することで その 精 度 等 の 検 証 を 行 った その 結 果 B1F では 測

18 位 差 5 メートル 以 内 1F 2F では 測 位 差 10 メートル 以 内 で 測 位 できることを 確 認 した なお 測 位 に 要 する 時 間 は 概 ね 5~10 秒 以 内 であり 吹 き 抜 けを 含 むフロアやエリ アの 判 定 もできた この 例 の 測 位 方 法 は 予 め 屋 内 測 位 用 のデータベースを 構 築 する 方 法 を 取 ってい る その 際 の 構 築 方 法 として 以 下 の 2 つのケースがある (1) パターン 1 1 各 無 線 LAN アクセスポイントのフロア 図 上 の 座 標 を 取 得 する 2 座 標 を 緯 度 経 度 に 変 換 する 3 無 線 LAN アクセスポイントの BSSID(MAC アドレス) SSID 緯 度 経 度 フロア/エリア 情 報 の 一 覧 リストを 作 成 する 4 その 一 覧 を 専 用 のツール( 民 間 のエンジンなど)を 用 いて 符 号 化 および 暗 号 化 を 行 う (2)パターン 2 1 世 界 測 地 系 座 標 変 換 ツールを 用 いて 各 無 線 LAN アクセスポイントの 緯 度 経 度 を 取 得 する 2 無 線 LAN アクセスポイントの BSSID(MAC アドレス) SSID 緯 度 経 度 フロア/エリア 情 報 の 一 覧 リストを 作 成 する 3 その 一 覧 を 専 用 のツール( 民 間 のエンジンなど)を 用 いて 符 号 化 及 び 暗 号 化 を 行 う 上 記 のどちらのケースを 用 いても 前 記 の 測 位 結 果 が 得 られている 下 図 に 屋 内 測 位 によって 得 られた 移 動 軌 跡 を 示 す 図 表 13 屋 内 測 位 による 移 動 軌 跡 の 例

19 なお 無 線 LAN の 屋 内 測 位 環 境 を 整 備 する 場 合 には 以 下 に 留 意 する 必 要 があ る (1) 環 境 調 整 1 無 線 LAN アクセスポイントは 床 などではなく ある 程 度 の 高 さに 一 律 に 置 く ことで 出 力 等 が 安 定 する ( 前 記 実 証 実 験 では 地 上 高 15cm 前 後 に 統 一 ) 2 無 線 LAN アクセスポイントは 出 力 が 強 いものを 選 ぶ ( 出 力 が 弱 いと 距 離 に よる 判 定 が 難 しくなる) 3 設 置 してからの 電 波 の 見 え 方 を 調 査 し 設 置 方 法 を 調 整 する 期 間 を 設 ける (2) ライブラリーの 用 意 スマートフォンの 場 合 その OS によって 電 波 強 度 が 捉 えにくいものもあるた め 利 用 者 デバイスに 搭 載 されている OS の 特 性 に 合 わせたライブラリーを 用 意 する (3) マップマッチングの 課 題 上 記 実 証 実 験 において 現 在 地 測 位 までの 時 間 が 10 秒 以 内 で 結 果 が 来 る ようになったが 10 秒 間 で 利 用 者 は 数 メートルから 10 数 メートル 歩 いてしまう ことが 予 想 される 表 示 される 際 には 本 来 必 要 とする 場 所 ではない 場 所 が 表 示 されてしまう 可 能 性 があるため サービスの 種 類 ごとに 位 置 の 補 正 方 法 の 検 討 を 行 う 必 要 がある 3.3 IMES を 用 いた 測 位 IMES(Indoor MEssaging System)とは 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 (JAXA: Japan Aerospace Exploration Agency) によって 仕 様 が 提 案 されたもので あり 屋 内 において GPS 互 換 信 号 を 提 供 する 方 式 を 言 う 電 波 法 に 規 定 されている 微 弱 電 波 を 使 用 するため 無 線 局 免 許 不 要 で 設 置 し 運 用 できるメリットがある 平 成 25 年 3 月 時 点 での LSI チップは 約 12mm 角, 基 盤 も 30mm 角 程 度 にかな り 小 型 化 されたため, 照 明 機 器 や 火 災 探 知 機 器 など 既 存 設 備 に 組 み 込 むことも 可 能 と なっている 3.4 屋 内 測 位 の 課 題 情 報 提 供 サービス 分 野 の 中 で 地 下 街 や 大 規 模 商 業 施 設 内 における 人 のナビゲー ション 物 流 分 野 においては 地 下 の 駐 車 場 やビルの 中 における 荷 物 のトレースとい ったニーズがあり 屋 内 測 位 の 取 り 組 みも 増 えつつある その 場 合 屋 外 と 屋 内 を 行 き 来 することを 想 定 すれば シームレスな 受 信 信 号 の 切 替 え 及 び 信 号 捕 捉 に 要 する 時 間 の 短 縮 化 を 実 現 させる 必 要 がある 屋 内 測 位 を 実 現 する 技 術 にはいくつかの 選 択 肢 あるが 測 位 衛 星 システムとともに 利 用 するためには それぞれの 受 信 機 を 併 せ 持 つ 必 要 があるなど 利 便 性 に 欠 ける

20 以 上 のような 事 から 屋 内 測 位 を 実 現 するための 屋 内 空 間 のデジタルマップ 化 とともに シームレスな 切 替 えの 実 現 測 位 衛 星 システムと 屋 内 測 位 システムについてのそれぞ れの 受 信 機 のワンチップ 化 を 図 ることなどが 必 要 であろう 下 表 に GPS を 合 わせた 比 較 表 を 記 述 する 図 表 14 屋 内 GPS Wi-Fi 測 位 の 比 較 項 目 GPS 屋 内 GPS Wi-Fi 測 位 測 位 方 式 測 位 衛 星 から 送 られる 緯 度 経 度 高 さ が 入 っ た 信 号 を 受 信 す る 衛 星 測 位 ができない 屋 内 で 測 位 衛 星 から 送 ら れるのと 同 じ 信 号 を 送 信 する 機 械 を 設 置 し その 信 号 を 受 信 する 無 線 LAN の MAC アドレ スと その 受 信 可 能 範 囲 を データベースとして 持 って おき その 情 報 と 電 波 強 度 で 位 置 を 特 定 する 測 位 の 課 題 屋 内 で 使 え な い また 市 街 地 ではビルなど の 反 射 に よ り 対 応 機 材 の 設 置 が 必 要 また 端 末 側 の GPS チップが 屋 内 GPS に 対 応 していることが 必 要 不 特 定 多 数 の 無 線 LAN AP(アクセスポイント)を 使 うため,APが 少 ないと 精 度 が 粗 くなる 信 号 が 受 信 でき ない 測 位 時 間 数 分 10 秒 以 内 10~30 秒 程 度 3.5 ユースケース (1)マーケティングでの 利 用 例 無 線 LAN アクセスポイント 測 位 インフラを 構 築 することによって 今 まで 取 ることが 出 来 なかった 動 線 の 情 報 や 来 訪 者 の 移 動 に 沿 った 情 報 提 供 を 行 うことが 出 来 る 下 図 は 前 記 実 証 実 験 で 取 得 した 移 動 履 歴 であるが アンケートと 突 き 合 わせを 行 い 分 析 することで 被 験 者 の 年 齢 が 高 くなるにつれて エスカレータの 近 辺 の 滞 留 時 間 が 長 いことが 分 かった 例 である 図 表 15 実 証 実 験 の 例

21 (2) 施 設 での 利 用 例 介 護 士 の 行 動 履 歴 を 取 得 し 請 求 データを 生 成 するために 空 間 参 照 系 データベ ースと 屋 内 測 位 が 利 用 されている 図 表 16 イメージ 図 3.6 本 章 の 参 考 文 献 ツール 等 の 入 手 先 図 表 17 参 考 文 献 及 びツールの 入 手 先 等 分 類 名 URL 等 文 献 ミドルウェア 仕 様 書 平 成 22 年 度 IT とサービス の 融 合 による 新 市 場 創 出 促 進 事 業 ( 地 理 空 間 情 報 基 盤 活 用 サービス 実 証 事 業 2 次 公 募 ) 事 業 報 告 書 IS/

22 4.データ 連 携 G 空 間 サービスを 実 施 する 上 で コンテンツは 必 要 である 例 えば 店 舗 案 内 におい て 最 適 な 位 置 にお 店 を 表 示 することや ソーシャルな 情 報 から 関 連 する 情 報 ( 口 コミ など)を 表 示 することなど 位 置 と 時 間 をキーにして 様 々な 情 報 を 連 携 することで ユ ーザの 利 便 性 も 高 まることが 期 待 できる そのためには 関 連 する 情 報 を 識 別 できるこ とが 重 要 である 本 ガイドラインでは (1) 位 置 と 時 間 をキーにして 情 報 を 識 別 する 手 法 として 地 理 情 報 データベースと 場 所 情 報 コード を (2) 関 連 する 情 報 ( 同 じ 場 所 を 示 す 異 な る 表 現 方 法 を 用 い た コ ン テ ン ツ な ど ) を 連 携 す る 手 法 と し て PI ( Place Identifier) を (3) 前 記 の 空 間 データを Web 標 準 である SVG(Scalable Vector Graphics)を 用 いて 相 互 交 換 する 流 通 フォーマット について それぞれ 解 説 する 4.1 位 置 と 時 間 を キーにして 情 報 を 識 別 する 手 法 地 理 情 報 データベース 情 報 発 信 者 からユーザまでの 情 報 のスムーズな 流 れを 3 次 元 座 標 値 を 用 いる(ビ ル 内 のテナントやイベント 等 様 々な 地 理 空 間 情 報 に 3 次 元 座 標 (WGS84)を 付 与 す る)ことによって 位 置 に 関 連 した 情 報 を 定 義 し その 場 所 には 何 があるのか 3 次 元 空 間 の 中 で 利 用 するコンテンツを 表 記 し 集 積 することを 目 的 として 地 理 情 報 データベ ースが 構 築 された 特 徴 として ビルの 情 報 ( 以 降 建 物 情 報 ) 店 舗 や 施 設 等 の 案 内 に 必 要 となる 情 報 ( 以 降 店 舗 / 施 設 情 報 ) 物 販 や 飲 食 等 の 分 野 の 店 舗 毎 で 扱 う 商 品 の 情 報 ( 以 降 商 品 情 報 ) 店 舗 毎 に 行 うイベント 情 報 ( 以 降 イベント 情 報 ) を 対 象 とし 登 録 するものであることがあげられる また 地 図 による 検 索 からの 登 録 及 び テンプレ ートによる 検 索 からの 登 録 がツール 提 供 されている これは 商 業 施 設 等 に 入 居 する 関 連 店 舗 が 自 身 の 情 報 を 登 録 し 易 いことを 念 頭 において 構 築 されたためである

23 図 表 18 地 理 情 報 データベース ツールの 登 録 画 面 地 理 情 報 データ 登 録 開 始 建 物 選 択 1 建 物 アイコンをクリック 空 間 参 照 系 データベースの 建 物 情 報 を 基 にアイコンを 表 示 する 代 表 点 選 択 &テナント/ 施 設 情 報 登 録 登 録 完 了 座 標 を 取 得 設 定 2テナント 代 表 点 を 選 択 フロアマップ 3テナント/ 施 設 情 報 を 登 録 また このツールを 通 じて 空 間 参 照 系 データベースが 提 供 する URI(ID)で 店 舗 を 特 定 できる 仕 組 みが 提 供 されている ( 下 図 参 照 ) 図 表 19 ブログを URI で 連 携 するイメージ ブログ 等 レストランに 関 するクチコミ 情 報 など 地 理 情 報 DB 名 称 書 店 名 称 喫 茶 店 名 称 レストラン 座 標 x,y,z,t URI URI 太 郎 さんのブログ 今 日 のランチは かつ 丼 でした アンケート 結 果 夜 景 がきれいなレストラン 第 1 位 URI URI 住 所 東 京 都 港 区 ビル10F アクセス 営 業 時 間 駅 から 東 へ 徒 歩 5 分 11:00~22:00 ブログ 等 の 記 事 から 店 舗 等 の 位 置 を 参 照 するためにURIを 利 用 する このURIは 空 間 参 照 系 DBから 提 供 される

24 4.1.2 場 所 情 報 コード 場 所 情 報 コードとは 地 理 空 間 上 に 存 在 する 地 物 又 は 一 定 範 囲 の 空 間 に ID と 位 置 情 報 を 与 えるための 一 つの 仕 組 みを 提 供 するものである 具 体 的 には ucode 1 を 使 用 したコード 体 系 で 国 土 地 理 院 で 管 理 する 位 置 情 報 点 ( 基 準 点 や 三 角 点 等 )に 場 所 情 報 コードを 付 与 し 例 えば 基 準 点 の 維 持 管 理 ( 地 震 による 地 盤 のズレ 等 への 対 応 )のために 利 用 するものである 場 所 情 報 コードはその 位 置 に 関 する 情 報 を 結 びつける 入 り 口 となる キーとなるコードである 図 表 20 場 所 情 報 コード( 出 典 : 国 土 地 理 院 資 料 ) 場 所 情 報 コードの 特 徴 は 主 に 以 下 の 3 つとして 整 理 できる (1) 1 区 画 内 において 64 個 までコードを 付 与 することができる 64 個 のうち 1 つ 目 は 区 画 そのもののために 利 用 され 2 つ 目 以 降 を モノ に 対 し 付 与 することが 出 来 る (2) コードそのものに 0.1 秒 の 精 度 の 座 標 値 ( 緯 度 / 経 度 )を 包 含 する 現 状 の GPS での 測 位 では 15m 程 度 の 誤 差 があるが 空 間 位 置 情 報 コード での 位 置 参 照 は ある 程 度 の 位 置 (3m のメッシュ)に 絞 り 込 まれる また 通 信 を 介 した 発 行 機 関 ( 国 土 地 理 院 )への 問 い 合 わせを 行 うことで より 正 確 な 信 頼 性 のある 座 標 値 などのデータを 得 られる (3) 平 面 の 座 標 だけでなく 高 さの 情 報 も 持 つ 高 さの 情 報 は 建 物 における 階 数 としてコード 内 に 保 持 する 1 コンピュータがモノや 場 所 を 識 別 するための 128 ビットの 識 別 子

25 場 所 情 報 コードの 申 請 者 は その 地 物 の 所 有 者 ( 施 設 の 管 理 者 ビル 管 理 会 社 )の 場 合 もあれば テナント 事 業 者 が 申 請 を 行 う 場 合 もある 場 所 情 報 コードを 付 与 する 際 には 地 物 の 所 有 者 ( 施 設 管 理 者 ビル 管 理 会 社 )の 許 可 を 取 らなければならないこと とされている そのため 申 請 者 が 地 物 の 所 有 者 ( 施 設 管 理 者 ビル 管 理 会 社 )の 場 合 申 請 者 が 地 物 の 所 有 者 ( 施 設 管 理 者 ビル 管 理 会 社 )ではない 場 合 の 2 つのケー スでは 申 請 の 流 れが 異 なる 申 請 者 と 地 物 の 所 有 者 が 同 じ 場 合 は テナント 事 業 者 からの 依 頼 要 望 を 受 けて 地 物 の 所 有 者 が 申 請 者 となってコードの 申 請 を 行 う コードの 設 置 工 事 は 各 テナント 事 業 者 が 実 施 する 図 表 21 申 請 者 と 地 物 の 所 有 者 が 同 じ 場 合 の 例 テナント 事 業 者 ビル 管 理 会 社 ( 申 請 者 = 施 設 管 理 者 ) 申 請 者 登 録 申 請 を 行 う 申 請 に 必 要 な 認 証 情 報 を 取 得 国 土 地 理 院 ( 発 行 者 ) 申 請 者 として 登 録 コード 申 請 を 依 頼 コード 予 約 を 申 請 する 該 当 コードを 予 約 する ICタグを 製 作 する 予 約 したコードを 取 得 ICタグを 設 置 する ICタグの 位 置 を 計 測 する 計 測 データを 添 えて 正 式 登 録 申 請 する 申 請 データを 確 認 して 正 式 登 録 正 式 発 行 通 知 を 受 ける 正 式 発 行 通 知 を 受 ける 発 行 者 DBで 公 開 する コードの 運 用 を 開 始 する ( 出 典 ) 位 置 情 報 基 盤 整 備 のためのガイドライン( 案 ) ( 平 成 25 年 度 に 国 土 地 理 院 より 公 開 予 定 ) また 申 請 者 (テナント 事 業 者 等 )と 地 物 の 所 有 者 が 異 なる 場 合 地 物 の 所 有 者 の 許 可 を 受 けて 申 請 者 が 自 ら IC タグ 設 置 工 事 と 発 行 申 請 を 行 う

26 図 表 22 申 請 者 と 地 物 の 所 有 者 が 異 なる 場 合 の 例 テナント 事 業 者 ( 申 請 者 ) 申 請 者 登 録 申 請 を 行 う 申 請 に 必 要 な 認 証 情 報 を 取 得 コード 予 約 を 申 請 する ICタグを 製 作 する ビル 管 理 会 社 ( 施 設 管 理 者 ) コードの 設 置 を 許 可 する 国 土 地 理 院 ( 発 行 者 ) 申 請 者 として 登 録 該 当 コードを 予 約 する ICタグを 設 置 する ICタグの 位 置 を 計 測 する 計 測 データを 添 えて 正 式 登 録 申 請 する 申 請 データを 確 認 して 正 式 登 録 正 式 発 行 通 知 を 受 ける 発 行 者 DBで 公 開 する コードの 運 用 を 開 始 する ( 出 典 ) 位 置 情 報 基 盤 整 備 のためのガイドライン( 案 ) ( 平 成 25 年 度 に 国 土 地 理 院 より 公 開 予 定 ) (1) 利 用 方 法 の 例 1 屋 内 における 3 次 元 空 間 情 報 データベースを 構 築 する 場 合 G 空 間 プロジェクトの 視 点 から 見 ると 場 所 情 報 コードは 空 間 参 照 系 データ ベース( 屋 内 マップ)を 整 備 するときの 基 準 点 になり 得 る これによって 場 所 情 報 コードのように 緯 度 経 度 座 標 で 書 かれているコードを 用 いることによって 屋 内 屋 外 をシームレスにつなげることができる その 場 合 ある 特 定 のサービス 用 途 に 限 定 されるものではなく 様 々なサービスが 横 断 的 に 利 用 できるもの(= 協 調 領 域 ( 業 界 横 断 的 に 裨 益 があるもの))として 整 備 されることが 望 ましい また 空 間 参 照 系 データベースを 構 築 する 場 合 に その 位 置 の 確 からしさを 担 保 すること( 位 置 の 認 証 など)が 必 要 である 場 所 情 報 コードは 国 土 地 理 院 と いう 国 の 機 関 から 発 番 されるものであるため その 担 保 を 裏 付 けるものになり 得 る 他 方 で 技 術 的 に 位 置 情 報 の 詐 称 が 容 易 に 行 われてしまうので それをどう 担 保 するかという 課 題 もある この 対 応 としては 位 置 情 報 点 に 付 けるタグに 電 子 署 名 の 秘 密 キーを 使 って 照 合 できるような 仕 組 みや タグ 自 体 の 製 造 番 号 を 併 用 して 詐 称 出 来 ないようにするといった 方 法 などが 考 えられる

27 2 施 設 店 舗 管 理 など 地 物 に 設 定 する 場 合 場 所 情 報 コードを 設 置 された 場 合 そのコードで 場 所 が 識 別 できるようになり そこへ 到 達 できることになる 空 間 位 置 情 報 コードは 0.1 秒 単 位 のメッシュを 提 供 するため GPS 等 の 測 位 環 境 を 使 用 せずとも 誤 差 3m 以 内 の 精 度 で 場 所 やモ ノ 及 び 位 置 が 特 定 できる 3 利 用 分 野 やサービスの 内 容 等 を 踏 まえた 高 さ 情 報 の 取 り 扱 い 場 所 情 報 コードは 高 さ 情 報 として 階 数 を 持 つ 例 えば 大 型 ショッピングセ ンターなどに 行 った 際 に 自 分 の 位 置 を 知 りたい 時 に 階 数 情 報 は 有 用 である 他 方 津 波 や 洪 水 などの 場 合 高 さ 情 報 が 階 数 のみでは 屋 外 は 1 階 と 示 さ れるため 高 台 への 避 難 誘 導 等 を 想 定 した 場 合 は 階 数 情 報 のみでは 不 十 分 で ある このような 場 合 に 有 用 な 高 さ 情 報 は 標 高 や 地 上 高 である よって 高 さ 情 報 について サービスごとに 必 要 となる 値 の 持 ち 方 が 変 わるため 階 数 標 高 地 上 高 水 深 といったように 管 理 することも 想 定 する 必 要 がある 4 安 心 安 全 に 関 わるサービスで 利 用 する 場 合 東 日 本 大 震 災 のような 災 害 時 は 人 の 位 置 情 報 が 分 かることで 救 出 や 支 援 を 行 うことが 容 易 になる そのため 公 共 機 関 が 管 理 している 施 設 や 場 所 等 に 空 間 位 置 情 報 コードが 数 多 く 振 られることが 望 ましい 例 えば 街 路 灯 電 柱 などに 振 られれば もし 地 震 等 で 倒 れたとしても そのコードを 読 む(QR コードで 読 むなど) ことができれば ここにいた という 生 存 証 明 にもなる 前 述 のとおり 3m メッシュ で 当 該 人 の 大 よその 位 置 等 が 分 かる 可 能 性 があることから 例 えば 公 民 館 や 学 校 等 に 振 られていたならば 場 所 コードは 緯 度 経 度 座 標 を 持 っているため 場 所 の 特 定 ができ 迅 速 な 救 助 及 び 支 援 が 可 能 になる 以 上 のような 観 点 から 場 所 情 報 コードには 大 きく 2 通 りの 利 活 用 方 法 がある (ⅰ)ID による 識 別 連 携 ( 地 物 に 場 所 情 報 コードを 付 与 し 利 活 用 する) 何 らかの 管 理 対 象 物 に 対 して 場 所 情 報 コードを 付 与 することで 従 来 位 置 情 報 を 持 たない 管 理 対 象 物 に 対 して 位 置 情 報 を 付 与 することができることなど (ⅱ) 位 置 保 証 スタンプ( 場 所 に 場 所 情 報 コードを 付 与 し 利 活 用 する) 場 所 情 報 コードを 基 準 点 あるいは 基 準 点 として 機 能 しうる 地 物 に 付 与 することで 必 ずしも GPS 等 による 測 位 を 行 わなくとも 大 まかな 位 置 を 把 握 できるなど

28 (2) 測 量 方 法 について 場 所 情 報 コードを 申 請 するためには その 地 点 の 緯 度 経 度 座 標 が 必 要 である これ は コードそのものに 0.1 秒 の 精 度 の 座 標 値 ( 緯 度 / 経 度 )を 包 含 するためである そ の 緯 度 経 度 座 標 は 測 位 によって 取 得 する 必 要 がある この 場 合 の 測 位 方 法 を 以 下 に 示 す 1GPS トータルステーションで 測 位 する 方 法 GPS 受 信 機 やトータルステーションを 用 い 空 間 位 置 情 報 コードを 付 与 するため の 位 置 情 報 点 の 位 置 を 計 測 する GPS とトータルステーションを 組 み 合 わせた 測 位 方 法 は 衛 星 の 信 号 を 受 信 できる 位 置 で GPS 受 信 機 を 用 いて 測 位 する 続 い てその 位 置 を 既 知 点 としたトータルステーションによる 測 位 を 行 う 2 屋 上 で 測 位 する 方 法 GPS を 使 った 測 量 では 建 物 の 陰 などの 原 因 のため 上 空 視 界 が 確 保 できず 測 位 ができない 場 合 がある 高 層 の 建 物 の 屋 上 であれば 上 空 視 界 が 確 保 できること から 建 物 の 屋 上 で 測 位 する 方 法 もある 3 基 盤 地 図 情 報 で 測 位 する 方 法 1/2500 都 市 計 画 基 図 ( 紙 地 図 )などを 用 いて 空 間 位 置 情 報 コードの 発 行 を 依 頼 する 該 当 位 置 を 目 視 で 確 認 し その 座 標 値 を 求 める 方 法 である 既 存 の 測 量 成 果 の 精 度 に 依 存 するため 他 の 測 位 方 法 と 比 較 して その 測 量 成 果 の 精 度 に 依 存 してしまうことと 基 盤 地 図 情 報 に 記 載 されている 地 物 以 外 の 場 所 に 場 所 情 報 コードを 設 定 したい 場 合 対 応 する 地 点 の 特 定 が 困 難 なケース があるが 現 地 測 量 が 不 要 なため 簡 易 に 座 標 値 を 求 められることが 出 来 るという 利 点 がある 4 民 生 用 GPS で 測 位 する 方 法 民 生 用 GPS を 利 用 し 衛 星 からの 信 号 を 受 信 して 座 標 値 求 めることができる 最 近 では 準 天 頂 衛 星 みちびき に 対 応 した 民 生 用 GPS も 市 販 されている 但 し 前 記 2のとおり GPS の 信 号 を 受 信 する 性 質 上 上 空 視 界 が 確 保 できないと 測 位 結 果 に 大 きな 誤 差 が 含 まれる 可 能 性 がある また 高 精 度 の 測 量 用 GPS と 比 べて 民 生 用 GPS の 精 度 は 高 くないなどの 課 題 がある 図 表 23 測 位 方 法 別 の 精 度 手 軽 さ コストの 比 較 測 位 方 法 精 度 手 軽 さ コスト 1 GPS トータルステーションで 測 位 する

29 測 位 方 法 精 度 手 軽 さ コスト 方 法 2 屋 上 で 測 位 する 方 法 3 基 盤 地 図 で 測 位 する 方 法 4 民 生 用 GPS で 測 位 する 方 法 大 型 商 業 施 設 で 本 格 的 なサービスとして 空 間 位 置 情 報 コードをアンカーポイントに 付 与 させることを 前 提 にすると 手 軽 さとコストが 犠 牲 になるが 良 質 のサービスを 提 供 するために 1GPS トータルステーションで 測 位 する 方 法 あるいは 2 屋 上 で 測 位 する 方 法 を 選 択 し 場 合 によっては 測 量 会 社 等 へ 作 業 を 依 頼 するのが 望 ましい 一 方 本 格 的 なサービスを 行 う 前 に 試 験 導 入 をする 場 合 などは 精 度 の 高 さより 手 軽 さとコストを 優 先 させ 3 基 盤 地 図 で 測 位 する 方 法 あるいは 4 民 生 用 GPS で 測 位 する 方 法 を 選 択 するとよい 4.2 PI(Place Identifier)について PI(Place Identifier: 場 所 識 別 子 )は 場 所 の 名 称 や 位 置 情 報 等 を 記 述 し 同 じ 場 所 を 指 し 示 す 異 なる 表 現 について 関 連 を 意 味 づけするためのアーキテクチャを 定 め た 標 準 規 格 である PI の 特 徴 は 場 所 を 記 述 するための 標 準 的 な 記 述 仕 様 というだ けでなく 場 所 同 士 の 関 連 (たとえば 東 京 タワー という 名 称 と 東 京 都 港 区 芝 公 園 という 住 所 が 同 一 の 場 所 を 指 すという 意 味 づけ)を 定 義 できるという 点 である ま た PI の 標 準 規 格 では 関 連 付 けた 場 所 を 検 索 するための API も 定 義 されており 標 準 API を 利 用 した 場 所 同 士 の 変 換 が 可 能 である PI のアーキテクチャを 適 用 することで 例 えば Web ページに 記 載 されている 地 名 を 座 標 に 変 換 し 地 図 表 示 させたり 行 政 が 持 つ 避 難 所 と 住 所 の 一 覧 を 地 図 上 にジオコ ーディングしたり というようなサービスが 実 現 できる また 前 述 の 場 所 情 報 コードを 情 報 連 携 のための 主 キーのように 設 定 し PI アーキテクチャを 適 用 することで これま で 位 置 を 持 たなかった 情 報 に 対 して 位 置 情 報 を 関 連 付 けることが 可 能 になる

30 図 表 24 PI の 考 え 方 PI は 空 間 参 照 とそれに 基 づく 値 のセットで 構 成 される 場 所 識 別 子 であり GML (ISO19136) 方 式 や ISO19125( 単 純 地 物 アクセス)で 規 定 されている WKT(Well Known Text) 方 式 を 用 いた 符 号 化 方 式 も 規 定 に 含 めるものである 図 表 25 PI の 記 述 例 なお PI は 平 成 23 年 2 月 25 日 付 官 報 にて JIS(JIS X7155)が 制 定 されてい る また 平 成 24 年 10 月 ISO/TC211 より 国 際 標 準 ISO19155 として 制 定 された 4.3 流 通 フォーマットについて 流 通 フォーマットとは SVG Map Profile(SVG Tiling and Layering Module を 拡 張 した SVG Tiny1.2)に 準 拠 した SVG 形 式 による 図 形 データとして 配 信 され Web

31 ブラウザ 等 でフロア 地 図 として 表 示 することができるものである これによって 1 世 界 測 地 系 座 標 変 換 ツールから 屋 内 ネットワーク 付 与 ツールへのデータの 受 け 渡 し 2 屋 内 ネットワーク 付 与 ツールで 作 成 したデータの 受 け 渡 し が 実 現 できる また SVG には 測 地 系 (この 場 合 世 界 測 地 系 )を 宣 言 することができる この 宣 言 によって 全 ての 座 標 値 を 世 界 測 地 系 の 座 標 値 に 換 算 することができる 具 体 的 には ローカルな 座 標 系 で 記 述 された 図 形 に 対 して ローカル 座 標 と 世 界 測 地 系 座 標 を 変 換 するパラメータ(アフィン 変 換 パラメータ)を 与 えることで 世 界 測 地 系 によって 記 述 さ れた 地 図 上 に 投 影 することができる 更 に SVG では 地 理 座 標 ( 世 界 測 地 系 )/ 地 理 識 別 子 /ローカル 座 標 だけでなく URI を 識 別 子 として 場 所 を 一 意 かつコンパクト に 識 別 することが 可 能 であるだけでなく ナビゲーションで 利 用 するネットワークを 構 成 するリンクは ノードとノードを 連 続 的 に 接 続 したものであり ノードの 位 置 を URI で 表 現 することにより そのリンクを 表 現 することができる 4.4 ユースケース 1. 地 理 情 報 データベース 平 成 22 年 度 経 済 産 業 省 では 東 京 駅 地 下 街 において 地 理 情 報 データベースに 登 録 された 店 舗 情 報 を 前 記 空 間 参 照 系 データベースの 座 標 データと UI を 用 いて 紐 づけることで 構 築 した 環 境 において 回 遊 行 動 支 援 型 広 告 及 びコンシェルジュカウ ンターに 案 内 端 末 を 設 置 し 店 舗 までの 道 案 内 サービスの 実 証 実 験 を 実 施 した ここでは 1 曖 昧 さが 発 生 する 文 字 情 報 の 検 索 と 比 較 し 的 確 かつスピーディーに 必 要 な 情 報 を 検 索 利 用 することができることを 説 明 するとともに これによって 情 報 発 信 者 からユーザまでの 情 報 のスムーズな 流 れを 屋 内 空 間 において 実 現 できること 2 特 に 店 舗 / 施 設 情 報 ( 店 舗 ( 物 販 店 や 飲 食 店 等 )や 施 設 (トイレ コインロッカー 等 )の 案 内 に 必 要 となる 情 報 )など 固 定 されているものを 識 別 するデータベースとして 効 果 が 高 いこと が 明 らかになった

32 図 表 26 実 証 実 験 で 使 用 した 画 面 2. 場 所 情 報 コード 場 所 情 報 コードをセンシングのインフラとして 導 入 し 交 通 量 のチェックや 場 所 の 状 況 のチェック 混 雑 度 を 示 すことで その 情 報 を 利 用 したサービスが 検 討 されている 例 えば 場 所 情 報 を 用 いたマーケティング 分 析 や 人 流 の 可 視 化 等 を 行 うことで 通 行 人 の 属 性 ( 性 別 や 趣 味 嗜 好 等 )に 合 わせた 情 報 提 供 が 出 来 るようになる また 外 国 人 が 集 まるような 場 所 では 多 言 語 配 信 を 行 う 等 場 所 やそこにいる 人 の 特 性 に 応 じた 観 光 情 報 の 配 信 サービスなどが 期 待 できる 更 に 場 所 情 報 コードを 使 うことで 3m メッシュごとの 人 流 の 可 視 化 が 可 能 になるので 店 舗 開 設 へ 向 けた 分 析 のコストの 圧 縮 などが 期 待 されている

33 図 表 27 場 所 情 報 コードを 用 いた 混 雑 表 示 のイメージ 混 雑 度 の 可 視 化 (3m 間 隔 ) 円 の 大 きさが 混 雑 度 を 表 す 店 舗 を 新 しく 出 したい 3.PI 流 通 フォーマット 東 日 本 大 震 災 において 国 土 地 理 院 数 値 地 図 上 に 放 射 線 量 などの 情 報 を 可 視 化 する 際 に PI が 用 いられた ここでは 公 共 の 所 有 する 情 報 が その 機 関 毎 にコード 体 系 がまちまちであるため PI を 用 いて 連 携 し 利 用 した 図 表 28 PI を 用 いた 例 (MMM0311) ( 出 典 ) Map MashUp Manager for 0311 (

34 4.5 本 章 の 参 考 文 献 ツール 等 の 入 手 先 図 表 29 参 考 文 献 ツールの 入 手 先 等 仕 様 分 類 名 称 URL 等 地 理 情 報 データ ベース 文 献 平 成 22 年 度 IT とサービスの 融 合 による 新 市 場 創 出 促 進 事 業 ( 地 理 olicy/it_policy/gis/ 空 間 情 報 基 盤 活 用 サービス 実 証 事 業 2 次 公 募 ) 事 業 報 告 書 ツール 地 理 情 報 データベース 構 築 ツール 場 所 情 報 コード 文 献 位 置 情 報 基 盤 整 備 のためのガイドラ イン( 仮 称 ) ( 平 成 25 年 度 に 国 土 地 理 院 より 公 開 予 定 ) ツール - - PI 文 献 PI 仕 様 書 archives/dpc/gxml/conte nts/pi/index.html JISX 7155 場 所 識 別 子 (PI)アー 日 本 規 格 協 会 キテクチャ 流 通 フォーマット 文 献 流 通 フォーマットエンコーディングガ イドライン olicy/it_policy/gis/ JIS X 7197 SVG に 基 づく 地 図 の 日 本 規 格 協 会 表 現 及 びサービス JIS X 4197:2012 標 題 変 倍 ベク タグラフィックス

35 5. 補 足 (オープンデータと 地 理 空 間 情 報 ) 電 子 行 政 オープンデータ 戦 略 ( 平 成 24 年 7 月 IT 戦 略 本 部 )が 発 行 され 関 係 府 省 を 中 心 に オープンデータ( 行 政 機 関 が 所 有 する 情 報 を 機 械 可 読 な 状 態 したも の)の 取 り 組 みが 活 発 になっている 行 政 機 関 が 所 有 する 情 報 の 多 くは 場 所 や 時 間 に 関 連 させ 収 集 されているものが 多 く 民 間 の 利 用 ニーズからもそれらの 利 用 が 期 待 されている そこで 本 ガイドラインで 紹 介 したツール 等 の 利 用 について オープンデータの 促 進 に 援 用 できるものについて 下 表 にまとめる 図 表 30 オープンデータでの 援 用 例 本 ガイドラインに 記 載 した オープンデータでの 援 用 例 対 象 となるデータ 例 仕 様 やツール 空 間 参 照 系 データベース 公 共 空 間 のデータ 生 成 公 民 館 庁 舎 地 理 情 報 データベース リストで 出 た 情 報 の 座 標 付 与 避 難 所 保 育 園 な どのリスト PI 町 丁 字 コードなど 同 じ 場 所 を 指 す 異 なるコードの 連 携 統 計 データを 連 携 する 場 所 情 報 コード 特 定 の 範 囲 の 中 の 情 報 を 集 約 上 下 水 道 や ガス 電 気 などのインフラ 情 報

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 担 当 係 長 課 長 建 築 電 気 機 械 平 成 25 年 5 月 1 日 まちづくり 局 施 設 整 備 部 Ⅰ 業 務 概 要 1 業 務 名 称 ( 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 ) 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

jissiyouryou

jissiyouryou 官 民 連 携 による 対 話 型 意 見 聴 取 会 (サウンディング 調 査 ) の 実 施 要 領 1 調 査 の 名 称 官 民 連 携 による 対 話 型 意 見 聴 取 会 (サウンディング 調 査 )( ) ( ) 対 話 型 意 見 聴 取 会 (サウンディング 調 査 )とは 市 有 地 等 の 有 効 活 用 に 向 けた 検 討 にあたって その 活 用 方 法 について 民

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

Microsoft Word - 特記仕様書

Microsoft Word - 特記仕様書 大 和 複 合 型 施 設 等 基 本 計 画 基 本 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 Ⅰ 業 務 概 要 1. 業 務 名 大 和 複 合 型 施 設 等 基 本 計 画 基 本 設 計 業 務 委 託 2. 業 務 期 間 契 約 の 翌 日 から 平 成 28 年 3 月 25 日 まで 3. 計 画 施 設 概 要 (1) 複 合 型 施 設 a 施 設 名 称 ( 仮 称 )

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 朝 霞 市 庁 舎 等 の 耐 震 化 方 針 平 成 26 年 1 月 朝 霞 市 目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 1. 方 針 市 庁 舎 および 市 民 会 館 の 耐 震 化 対 応 について 朝 霞 市 庁 舎 等 整 備 方 針 検 討 委 員 会 により 提 言 がなさ れた 市 としては この 提

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

1 調査名称:太田市総合交通体系調査

1 調査名称:太田市総合交通体系調査 ( 様 式 -1 表 紙 ) 1 調 査 名 称 : 太 田 市 総 合 都 市 交 通 体 系 調 査 2 調 査 主 体 : 太 田 市 3 調 査 圏 域 : 群 馬 県 太 田 市 ( 両 毛 都 市 圏 ) 4 調 査 期 間 : 平 成 23 年 度 ~ 平 成 24 年 度 5 調 査 費 :7,980 千 円 ( 当 年 度 までの 合 計 :7,980 千 円 ) ( 総 合 都

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

Sea-NACCS 利用者研修 【通関編】

Sea-NACCS 利用者研修 【通関編】 第 1 回 更 改 専 門 部 会 資 料 2 更 改 専 門 部 会 における 主 な 検 討 事 項 2012 年 5 月 28 日 輸 出 入 港 湾 関 連 情 報 処 理 センター 1. 次 期 システムのあり 方 における 開 発 コンセプト 官 民 共 同 利 用 の 基 幹 システムとして 安 定 性 信 頼 性 の 高 いシステムの 実 現 システムの 安 定 性 信 頼 性 を

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル は じ め に 合 格 (うかる) 勉 強 とは 1 試 験 に 合 格 するのに 絶 対 的 に 必 要 なことは 問 いに 正 しく 答 えることである このあたりまえのことを 考 えたこと 有 りますか 2 試 験 問 題 の 出 題 (= 作 問 )の 仕 方 から 勉 強 方 法 を 考 える 択 一 試 験 では 必 ず 正 誤 が 問 われるのでついつい 思 考 が 二 者 択 一 的

More information

表紙

表紙 現 況 の 指 定 容 積 率 をすべて 使 い 切 った 場 合 に 現 況 容 積 率 の 2.25 倍 以 上 になるかどうかを 確 認 する 現 況 の 街 区 面 積 は 3,569,759m2 延 べ 床 面 積 は 3,569,759m2であるから 目 標 とする 延 べ 床 面 積 はその 2.25 倍 の 8,031,958m2である 一 方 指 定 容 積 率 をすべて 使 い

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc 3 目 標 使 用 年 数 の 設 定 3-1. 耐 用 年 数 と 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 1. 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 (1) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) における 使 用 年 数 ( 更 新 周 期 ) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) においては 国 が 示 す 試 算 基 準 ( 地 方 公 共

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版 添 付 資 料 東 京 事 務 所 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し これを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 非 常 時 事 前 の 備 え(

More information

生協法見直し

生協法見直し 資 料 4 生 命 保 険 事 業 における マイナンバー 制 度 の 利 活 用 について 2014 年 12 月 2 日 第 一 生 命 保 険 株 式 会 社 生 命 保 険 事 業 におけるマイナンバー 制 度 の 利 活 用 に 係 る 要 望 は 年 間 約 23 兆 円 (2013 年 度 )の 保 険 金 給 付 金 等 を 支 払 ( 参 考 ) 東 日 本 大 震 災 において

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

主要生活道路について

主要生活道路について 議 題 2 資 料 1. 本 日 の 検 討 テーマ 主 要 生 活 道 路 について 基 本 構 想 ( 平 成 23 年 3 月 の 中 間 報 告 資 料 )では 主 要 生 活 道 路 A~C 主 要 生 活 道 路 D~G の2 種 類 の 主 要 生 活 道 路 整 備 を 提 言 しています 各 路 線 の 具 体 的 な 整 備 手 法 については 地 区 計 画 制 度 の 適 用

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評 別 紙 広 大 地 の 判 定 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 広 大 地 については 平 成 16 年 6 月 4 日 付 課 評 2-7 ほか2 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 の 一 部 改 正 に ついて( 法 令 解 釈 通 達 ) により その 評 価 方 法 を 改 正 し その 改 正 の 趣 旨 等 については 平 成 16 年 6 月 29 日 付 資 産 評

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 目 次 動 作 環 境 特 長 方 法 方 法 起 動 終 了 方 法 方 法 操 作 方 法 使 方 使 方 使 方 詳 細 設 定 使 方 KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 KINGSOFT Office 2016 特 長 主 特 長 以

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63> 接 続 検 討 回 答 書 ( 高 圧 版 ) 別 添 様 式 AP8-20160401 回 答 日 年 月 日 1. 申 込 者 等 の 概 要 申 込 者 検 討 者 2. 接 続 検 討 の 申 込 内 容 発 電 者 の 名 称 発 電 場 所 ( 住 所 ) 最 大 受 電 電 力 アクセス の 運 用 開 始 希 望 日 3. 接 続 検 討 結 果 (1) 希 望 受 電 電 力 に

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図 平 成 2 8 年 3 月 25 日 NACSIS-CAT 検 討 作 業 部 会 NACSIS-CAT/ILL の 軽 量 化 合 理 化 について( 基 本 方 針 )( 案 ) これからの 学 術 情 報 システム 構 築 検 討 委 員 会 ( 以 下, これから 委 員 会 ) は これか らの 学 術 情 報 システムの 在 り 方 について ( 平 成 27 年 5 月 29 日 )

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

様式(補助金)

様式(補助金) 別 添 1 提 案 書 の 様 式 1. 提 案 書 は 次 頁 以 下 の 記 載 例 に 従 って 記 入 して 下 さい 2. 用 紙 は A4 版 を 利 用 し 左 とじにして 下 さい 3. 提 案 書 は 9 部 ( 正 1 部 副 ( 正 のコピー)8 部 )を 提 出 して 下 さい 4. 提 案 書 は それぞれA4フラットファイルに 綴 じた 上 で 提 出 してください 5.

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E518D6C825081408E9697E18F5781513131313032308F4390B3205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E518D6C825081408E9697E18F5781513131313032308F4390B3205B8CDD8AB78382815B83685D> 参 考 資 料 道 路 空 間 利 活 用 の 事 例 紹 介 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 道 路 空 間 に 対 する 国 民 のニーズを 把 握 するため 平 成 22 年 6 月 から7 月 にかけて 道 路 空 間 のオープン 化 に 対 する 提 案 を 広 く 募 集 したところ 民 間 企 業 地 方

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

Contents 第 1 章 国 土 調 査 法 19 条 5 項 指 定 とは? 国 土 調 査 法 19 条 5 項 指 定 とは? 1 指 定 の 意 義 メリット 1 指 定 の 対 象 は? 2 対 象 となる 事 業 2 国 土 調 査 法 19 条 5 項 指 定 までの 流 れ 3

Contents 第 1 章 国 土 調 査 法 19 条 5 項 指 定 とは? 国 土 調 査 法 19 条 5 項 指 定 とは? 1 指 定 の 意 義 メリット 1 指 定 の 対 象 は? 2 対 象 となる 事 業 2 国 土 調 査 法 19 条 5 項 指 定 までの 流 れ 3 国 土 調 査 法 19 条 5 項 指 定 制 度 のご 案 内 ~ 地 域 開 発 都 市 開 発 等 を 行 う 事 業 者 の 皆 様 へ ~ 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 地 籍 整 備 課 Contents 第 1 章 国 土 調 査 法 19 条 5 項 指 定 とは? 国 土 調 査 法 19 条 5 項 指 定 とは? 1 指 定 の 意 義 メリット 1 指 定

More information

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 等 に 基 づく 公 安 委 員 会 による 援 助 等 の 措 置 に 関 する 訓 令 平 成 12 年 7 月 1 日 警 察 本 部 訓 令 第 25 号 改 正 平 成 14 年 11 月 22 日 本 部 訓 令 第 29 号 平 成 16 年 3 月 25 日 本 部 訓 令 第 6 号 平 成 24 年 5 月 1 日

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 24 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 事 業 完 了 後 の 各 種 報 告 書 作 成 に 関 する 手 順 書 事 業 化 等 状 況 報 告 書 事 業 化 状 況 報 告 書 補 助 ツール の 記 入 ポイント 取 得 財 産 等 処 分 承 認 申 請 書 登 録 変 更 届 など 当 資 料 は 福 岡 事 務 局 採 択 者 の 方 向 けに 作 成 しております

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

<91E682548FCD91E6825290DF503236375F323731>

<91E682548FCD91E6825290DF503236375F323731> 第 3 節 市 場 調 査 15 市 場 調 査 の 必 要 性 下 水 汚 泥 の 建 設 資 材 化 は 市 場 調 査 によって 一 般 市 場 での 利 用 の 可 能 性 等 を 的 確 に 把 握 したう えで 事 業 化 することが 必 要 である 下 水 処 理 に 伴 う 汚 泥 は 永 続 的 に 発 生 し 今 後 も 下 水 道 の 普 及 とともに 増 加 していく 近 年

More information

2 地 地 区 整 備 方 針 名 称 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 川 口 市 芝 樋 ノ 爪 1 2 丁 目 芝 4 5 丁 目 及 び 大 字 芝 の 一 部 面 積 約 51.0ha 本 地 区 は 川 口 市 の 西 端 部 に 位 置 しJR

2 地 地 区 整 備 方 針 名 称 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 川 口 市 芝 樋 ノ 爪 1 2 丁 目 芝 4 5 丁 目 及 び 大 字 芝 の 一 部 面 積 約 51.0ha 本 地 区 は 川 口 市 の 西 端 部 に 位 置 しJR 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 決 定 平 成 27 年 4 月 1 日 1 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 のまちづくりについて 本 地 区 は 川 口 市 の 西 端 部 に 位 置 し JR 京 浜 東 北 線 蕨 駅 東 口 から 徒 歩 圏 内 に 位 置 し 約 3/4が 延 焼 危 険 性 又 は 避 難 困 難

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

< 圧 縮 記 帳 の 効 果 > 圧 縮 記 帳 を 適 用 した 場 合 に 得 られる 税 務 上 の 効 果 はどのようなものでしょうか 前 述 のように 圧 縮 記 帳 の 制 度 目 的 は 補 助 金 等 の 受 贈 益 に 対 して 直 ちに 課 税 しないことにより 補 助 目 的

< 圧 縮 記 帳 の 効 果 > 圧 縮 記 帳 を 適 用 した 場 合 に 得 られる 税 務 上 の 効 果 はどのようなものでしょうか 前 述 のように 圧 縮 記 帳 の 制 度 目 的 は 補 助 金 等 の 受 贈 益 に 対 して 直 ちに 課 税 しないことにより 補 助 目 的 税 務 東 日 本 大 震 災 における 税 務 上 の 取 扱 い YAC 税 理 士 法 人 代 表 社 員 清 水 川 浩 司 ( 税 理 士 ) Ⅰ.はじめに 東 日 本 大 震 災 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いについては 昨 年 より 既 に 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 係 る 国 税 関 係 法 律 の 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 以 下 震

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

介護保険制度改正にかかる事業所説明会

介護保険制度改正にかかる事業所説明会 資 料 3 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 へ 移 行 時 のポイント 杉 並 区 役 所 保 健 福 祉 部 高 齢 者 施 策 課 総 合 事 業 整 備 係 1 利 用 者 の 総 合 事 業 への 移 行 時 期 予 防 給 付 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 給 付 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 保 険 法 改 正 予 防 生 活 支 援 サー

More information

2009住宅優遇税制 バリアフリー改修 必要書類編

2009住宅優遇税制 バリアフリー改修 必要書類編 住 宅 リフォーム 減 税 バリアフリー 改 修 必 要 書 類 編 本 内 容 は2011 年 4 月 に 施 行 された 平 成 23 年 度 予 算 関 連 法 案 に 基 づいております 詳 しくは 最 寄 りの 税 務 署 各 市 区 町 村 の 窓 口 までご 相 談 下 さい 11 年 4 月 1 日 現 在 の 情 報 に 基 づき TOTOにてまとめたものです 予 告 なく 改 訂

More information

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自 飯 能 市 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ( マ イ ナ ン バ ー 制 度 ) 導 入 基 本 方 針 平 成 2 7 年 8 月 4 日 市 長 決 裁 行 政 手 続 に お け る 特 定 の 個 人 を 識 別 す る た め の 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 2 7 号 以 下 番 号 法 と い う ) 等 の 通 称 マ イ

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上 上 士 幌 町 住 生 活 基 本 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 2 月 上 士 幌 町 1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE3905F8D8291AC8B5A8CA48A948EAE89EF8ED0208BC696B18BA492CA8E64976C8F91816995BD90AC3237944E378C8E89FC92F994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE3905F8D8291AC8B5A8CA48A948EAE89EF8ED0208BC696B18BA492CA8E64976C8F91816995BD90AC3237944E378C8E89FC92F994C5816A> 第 1 編 共 通 業 務 共 通 仕 様 書 平 成 27 年 7 月 第 1 章 一 般 1.1 目 的 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 技 研 仕 様 書 という )は 阪 神 高 速 技 研 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )が 発 注 する 調 査 検 討 資 料 作 成 設 計 補 助 測 量 作 業 その 他 こ れらに 類 する 業 務 に 係 る 業 務 請 負

More information

1. 前 払 式 支 払 手 段 サーバ 型 の 前 払 式 支 払 手 段 に 関 する 利 用 者 保 護 等 発 行 者 があらかじめ 利 用 者 から 資 金 を 受 け 取 り 財 サービスを 受 ける 際 の 支 払 手 段 として 前 払 式 支 払 手 段 が 発 行 される 場 合

1. 前 払 式 支 払 手 段 サーバ 型 の 前 払 式 支 払 手 段 に 関 する 利 用 者 保 護 等 発 行 者 があらかじめ 利 用 者 から 資 金 を 受 け 取 り 財 サービスを 受 ける 際 の 支 払 手 段 として 前 払 式 支 払 手 段 が 発 行 される 場 合 決 済 WG 7-1 論 点 の 整 理 1. 前 払 式 支 払 手 段 サーバ 型 の 前 払 式 支 払 手 段 に 関 する 利 用 者 保 護 等 発 行 者 があらかじめ 利 用 者 から 資 金 を 受 け 取 り 財 サービスを 受 ける 際 の 支 払 手 段 として 前 払 式 支 払 手 段 が 発 行 される 場 合 紙 ICチップ 等 の 有 体 物 にその 価 値 が 記

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

京成成田駅東口地区地区計画運用基準

京成成田駅東口地区地区計画運用基準 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 目 的 この 運 用 基 準 は 成 田 市 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 ( 以 下 地 区 計 画 という ) の 都 市 計 画 決 定 に 伴 い 地 区 整 備 計 画 に 規 定 する 事 項 に 関 する 運 用 の 基 準 を 定 める ことにより 適 正 な 都 市 機 能 と 健 全

More information

. 負 担 調 整 措 置 8 (1) 宅 地 等 調 整 固 定 資 産 税 額 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 額 は 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 額 が 前 年 度 課 税 標 準 額 又 は 比 準 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 分 の 価 格 ( 住 宅

. 負 担 調 整 措 置 8 (1) 宅 地 等 調 整 固 定 資 産 税 額 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 額 は 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 額 が 前 年 度 課 税 標 準 額 又 は 比 準 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 分 の 価 格 ( 住 宅 035-8900-1095-15 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 負 担 調 整 措 置 及 び 情 報 開 示 並 びに 不 服 救 済 制 度 からの 出 題 であった 問 1の 負 担 調 整 措 置 については 解 答 しづらい 部 分 はあったが それ 以 外 の 部 分 は 解 答 しやすい 問 題 であ った

More information

(3) 調 査 の 進 め 方 2 月 28 日 2 月 28 日 ~6 月 30 日 平 成 25 年 9 月 サウンディング 型 市 場 調 査 について 公 表 松 戸 市 から 基 本 的 な 土 地 情 報 サウンディングの 実 施 活 用 意 向 アイデアのある 民 間 事 業 者 と

(3) 調 査 の 進 め 方 2 月 28 日 2 月 28 日 ~6 月 30 日 平 成 25 年 9 月 サウンディング 型 市 場 調 査 について 公 表 松 戸 市 から 基 本 的 な 土 地 情 報 サウンディングの 実 施 活 用 意 向 アイデアのある 民 間 事 業 者 と 公 民 連 携 によるサウンディング 型 市 場 調 査 の 実 施 要 領 1 調 査 の 名 称 公 民 連 携 によるサウンディング 型 市 場 調 査 ( ) 2 調 査 の 対 象 松 戸 市 東 松 戸 二 丁 目 5 番 地 1 および 14 番 地 4 他 6 筆 ( 以 下 ( 旧 ) 紙 敷 土 地 区 画 整 理 66 65 街 区 と 言 う)の 土 地 約 13,876 m2

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより

1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより 資 料 5 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 について 平 成 28 年 6 月 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより 相 対 的 により

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc)

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc) (1) 1 ア 調 査 すべき の 手 法 情 報 できる 主 要 な 眺 望 地 点 及 び 主 要 で 身 近 な 視 点 の 状 況 な 実 視 施 点 地 ( 区 点 不 域 のうち 特 周 定 辺 の 多 主 数 の 要 な なものをいう 人 々 眺 望 又 地 は 点 周 ( 辺 の 不 以 住 特 下 民 定 が 同 多 じ ) 数 の する 人 及 々が 場 び 所 対 利 で 象

More information

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2 待 機 児 解 消 に 向 けた 保 育 施 設 の 新 規 開 設 ラッシュにより 都 内 及 び 隣 接 県 の 自 治 体 での 保 育 士 の 需 要 が 急 増 しております これを 受 け 大 田 区 では 保 育 人 材 の 確 保 定 着 及 び 離 職 防 止 を 図 り 安 定 的 な 保 育 所 の 運 営 を 可 能 にするため 平 成 27 年 4 月 より 大 田 区 保

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information