熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について(4月27日16:00現在)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について(4月27日16:00現在)"

Transcription

1 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 に 係 る 被 害 状 況 等 について これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 4 月 27 日 16 時 0 0 分 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1 地 震 の 概 要 ( 気 象 庁 情 報 : 平 成 28 年 4 月 27 日 13:00 現 在 ) (1) 4 月 14 日 21 時 26 分 に 発 生 した 地 震 ア 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 14 日 21:26 頃 イ 震 源 地 ( 震 源 の 深 さ) 及 び 地 震 の 規 模 場 所 : 熊 本 県 熊 本 地 方 ( 北 緯 32 度 44.5 分 東 経 130 度 48.5 分 ) 深 さ 約 11km( 暫 定 値 ) 規 模 :マグニチュード6.5( 暫 定 値 ) ウ 各 地 の 震 度 ( 震 度 5 弱 以 上 ) 震 度 7 熊 本 県 熊 本 ( 益 城 町 宮 園 ) 震 度 6 弱 熊 本 東 区 佐 土 原 熊 本 西 区 春 日 熊 本 南 区 城 南 町 熊 本 南 区 富 合 町 玉 名 市 天 水 町 宇 城 市 松 橋 町 宇 城 市 不 知 火 町 宇 城 市 小 川 町 宇 城 市 豊 野 町 西 原 村 小 森 震 度 5 強 玉 名 市 横 島 町 熊 本 中 央 区 大 江 熊 本 北 区 植 木 町 菊 池 市 旭 志 宇 土 市 浦 田 町 合 志 市 竹 迫 熊 本 美 里 町 永 富 熊 本 美 里 町 馬 場 大 津 町 大 津 菊 陽 町 久 保 田 御 船 町 御 船 山 都 町 下 馬 尾 氷 川 町 島 地 震 度 5 弱 熊 本 県 阿 蘇 熊 本 県 天 草 芦 北 宮 崎 県 北 部 山 沿 い エ 津 波 この 地 震 による 津 波 のおそれはなし (2) 4 月 16 日 1 時 25 分 に 発 生 した 地 震 ア 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 1 時 25 分 頃 イ 震 源 地 ( 震 源 の 深 さ) 及 び 地 震 の 規 模 場 所 : 熊 本 県 熊 本 地 方 ( 北 緯 32 度 45.2 分 東 経 130 度 45.7 分 ) 深 さ 約 12km( 暫 定 値 ) 規 模 :マグニチュード7.3( 暫 定 値 ) ウ 各 地 の 震 度 ( 震 度 5 弱 以 上 ) 震 度 7 熊 本 県 : 益 城 町 西 原 村 震 度 6 強 熊 本 県 : 南 阿 蘇 村 熊 本 市 中 央 区 熊 本 市 東 区 熊 本 市 西 区 菊 池 市 宇 城 市 合 志 市 大 津 町 宇 土 市 嘉 島 町 震 度 6 弱 熊 本 県 : 阿 蘇 市 熊 本 市 南 区 熊 本 市 北 区 八 代 市 玉 名 市 菊 陽 町 御 船 町 美 里 町 山 都 町 氷 川 町 和 水 町 上 天 草 市 天 草 市 大 分 県 : 別 府 市 由 布 市 震 度 5 強 福 岡 県 : 久 留 米 市 柳 川 市 大 川 市 みやま 市 佐 賀 県 : 佐 賀 市 上 峰 町 神 埼 市 1 / 55

2 エ 津 波 長 崎 県 : 南 島 原 市 熊 本 県 : 南 小 国 町 小 国 町 産 山 村 高 森 町 山 鹿 市 玉 東 町 長 洲 町 甲 町 芦 北 町 大 分 県 : 豊 後 大 野 市 日 田 市 竹 田 市 九 重 町 宮 崎 県 : 椎 葉 村 高 千 穂 町 美 郷 町 震 度 5 弱 愛 媛 県 : 八 幡 浜 市 福 岡 県 : 福 岡 市 南 区 遠 賀 町 八 女 市 筑 後 市 小 郡 市 大 木 町 広 川 町 筑 前 町 佐 賀 県 : 白 石 町 みやき 町 小 城 市 長 崎 県 : 諫 早 市 島 原 市 雲 仙 市 熊 本 県 : 荒 尾 市 南 関 町 人 吉 市 あさぎり 町 山 江 村 水 俣 市 津 奈 木 町 大 分 県 : 大 分 市 臼 杵 市 津 久 見 市 佐 伯 市 玖 珠 町 宮 崎 県 : 延 岡 市 鹿 児 島 県 : 長 島 町 津 波 注 意 報 発 表 4 月 16 日 1 時 27 分 津 波 注 意 報 解 除 4 月 16 日 2 時 14 分 オ 地 震 活 動 の 状 況 震 度 4 以 上 の 地 震 の 発 生 推 移 ( 気 象 庁 4 月 27 日 13:00) 14 日 21 時 ~24 時 12 回 15 日 0 時 ~24 時 12 回 16 日 0 時 ~24 時 45 回 17 日 0 時 ~24 時 11 回 18 日 0 時 ~24 時 5 回 19 日 0 時 ~24 時 4 回 20 日 0 時 ~24 時 1 回 21 日 0 時 ~24 時 2 回 22 日 0 時 ~24 時 1 回 23 日 0 時 ~24 時 0 回 24 日 0 時 ~24 時 0 回 25 日 0 時 ~24 時 1 回 26 日 0 時 ~24 時 0 回 27 日 0 時 ~ 3 時 0 回 3 時 ~ 6 時 0 回 6 時 ~ 9 時 0 回 9 時 ~12 時 0 回 12 時 ~13 時 0 回 27 日 13 時 現 在 震 度 1 以 上 を 観 測 する 地 震 が 952 回 発 生 カ 今 後 の 気 象 の 見 通 し( 熊 本 地 方 ) 九 州 北 部 地 方 では 今 日 (27 日 )は 前 線 や 低 気 圧 の 影 響 で 雨 が 降 り 明 日 (28 日 ) 夜 のはじめ 頃 にかけて 大 雨 となるおそれがある 明 日 (28 日 )までの1 時 間 雨 量 は 多 いところで 20 ミリ 昨 日 (26 日 ) 夜 の 降 り 始 めから 明 日 (28 日 )までの 総 雨 量 は 多 いところで 100 ミリの 見 込 み 落 雷 や 突 風 に 注 意 地 震 により 地 盤 の 緩 んでいる 地 域 では 土 砂 災 害 に 警 戒 2 / 55

3 2 人 的 物 的 被 害 の 状 況 ( 警 察 庁 4 月 27 日 13:30 消 防 庁 4 月 27 日 13:30 現 在 ) (1) 人 的 被 害 (4 月 15 日 からの 累 計 ) ( 人 ) 場 所 死 亡 重 傷 軽 傷 福 岡 県 佐 賀 県 熊 本 県 ,059 大 分 県 宮 崎 県 合 計 ,112 南 阿 蘇 村 立 野 地 区 阿 蘇 大 橋 周 辺 での 活 動 状 況 ( 警 察 庁 27 日 13:30 消 防 庁 27 日 13:30 防 衛 省 27 日 07:00 国 土 交 通 省 27 日 04:30) 警 察 : 約 15 人 消 防 : 約 21 人 自 衛 隊 : 約 1,700 名 待 機 中 国 土 交 通 省 : 重 機 11 台 ( 内 無 人 重 機 7 台 )により 土 砂 撤 去 作 業 中 (2) 建 物 被 害 ( 消 防 庁 情 報 :4 月 27 日 13:30 現 在 ) 都 道 府 県 名 住 宅 被 害 非 住 家 被 害 火 災 全 壊 半 壊 一 部 公 共 その 他 破 損 建 物 棟 棟 棟 棟 棟 件 山 口 県 3 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 1 熊 本 県 1,952 2,047 6, 大 分 県 宮 崎 県 2 14 合 計 1,952 2,053 7, (3) 原 子 力 発 電 所 関 係 ( 原 子 力 規 制 庁 情 報 :4 月 27 日 7:00 現 在 ) 発 電 所 名 立 地 市 町 村 最 大 震 度 立 地 市 町 村 状 況 ( 電 力 会 社 ) ( 日 時 ) 玄 海 ( 九 州 ) 佐 賀 県 玄 海 町 異 常 なし 3(16 日 1:26) 川 内 ( 九 州 ) 鹿 児 島 県 薩 摩 川 内 市 異 常 なし 4(16 日 1:26) 伊 方 ( 四 国 ) 愛 媛 県 伊 方 町 異 常 なし 4(16 日 1:26) 島 根 ( 中 国 ) 島 根 県 松 江 市 異 常 なし 3(16 日 1:26) 3 / 55

4 (4) その 他 施 設 等 ア 被 災 自 治 体 庁 舎 ( 総 務 省 情 報 :4 月 26 日 12:00 現 在 ) 熊 本 県 内 の 次 の 市 町 村 において 庁 舎 損 壊 等 のため 庁 舎 外 に 機 能 を 移 転 八 代 市 (やつしろし) 千 丁 (せんちょう) 支 所 へ 人 吉 市 (ひとよしし) 庁 舎 別 館 スポーツパレス カルチャーパレスへ(5 月 9 日 移 転 予 定 ) 宇 土 市 (うとし) 市 民 体 育 館 へ 大 津 町 (おおづまち) 近 隣 町 施 設 へ 益 城 町 (ましきまち) 保 健 福 祉 センターへ 熊 本 県 庁 市 町 村 課 が 4/26 に 確 認 イ 公 立 学 校 施 設 等 ( 文 部 科 学 省 情 報 :4 月 27 日 9:00 現 在 ) 都 道 府 県 名 国 立 学 校 施 設 ( 校 ) 公 立 学 校 施 設 ( 校 ) 私 立 学 校 施 設 ( 校 ) 社 会 教 育 体 育 文 化 施 設 等 ( 施 設 ) 文 化 財 等 ( 件 ) 独 立 行 政 法 人 等 ( 施 設 ) 計 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 計 ,272 6 県 大 学 9 幼 15 幼 48 社 教 128 国 宝 ( 建 ) 独 法 1 高 専 4 小 303 小 青 少 年 10 重 文 ( 建 ) 37 その 他 共 同 中 160 中 10 社 体 156 登 録 ( 建 ) 32 高 99 高 29 文 化 教 研 33 2 国 宝 ( 美 ) 中 等 1 中 等 教 研 2 重 文 ( 美 ) 3 特 別 35 特 別 その 他 7 登 録 ( 美 ) 大 学 1 大 学 18 特 史 1 短 大 短 大 6 史 跡 29 高 専 高 専 特 名 専 各 1 専 各 43 名 勝 9 その 他 9 こども 園 26 特 天 天 然 伝 建 その 他 主 な 被 害 状 況 :ブレースの 破 断 天 井 ガラス 配 管 等 の 破 損 外 壁 等 のひび 割 れ 熊 本 城 における 石 垣 崩 落 等 ウ 医 療 施 設 ( 厚 生 労 働 省 情 報 :4 月 26 日 17:00 現 在 ) 熊 本 周 辺 の 主 要 な 医 療 機 関 について 被 災 が 想 定 され 厚 生 労 働 省 で 直 接 確 認 した131 施 設 の 概 況 は 以 下 の 通 り 内 容 医 療 機 関 数 建 物 損 壊 のリスクがある 医 療 機 関 ライフライン( 電 気 ガス 水 道 )の 供 給 に 問 題 のある 医 療 機 関 問 題 ない 医 療 機 関 連 絡 が 取 れない 医 療 機 関 ( 注 ) 医 療 機 関 数 は 一 部 重 複 あり エ 社 会 福 祉 施 設 等 ( 厚 生 労 働 省 情 報 :4 月 27 日 9:00 現 在 ) 社 会 福 祉 施 設 に 対 する 福 祉 人 材 の 応 援 体 制 4 / 55 8カ 所 34カ 所 91カ 所 0カ 所 4 月 17 日 付 けで 社 会 福 祉 施 設 への 要 援 護 者 の 受 け 入 れ 等 に 伴 う 必 要 な 福 祉 人 材 の 応 援 体 制 について 自 治 体 関 係 団 体 に 対 して 必 要 な 措 置 を 要 請 する 通 知 を 発 出 4 月 22 日 付 けで 社 会 福 祉 施 設 に 派 遣 可 能 な 福 祉 人 材 の 登 録 について 関 係 自 治 体 への 要 請 に 係 る 通 知 を 発 出 上 記 通 知 を 受 け 現 在 派 遣 可 能 な 福 祉 人 材 について 取 りまとめ 中 (4 月 26 日 現 在 1,168 人 の 登 録 あり) 高 齢 者 施 設 の 状 況

5 熊 本 県 全 域 の 1,234 施 設 について 県 庁 及 び 厚 労 省 にて 確 認 したところ 人 的 被 害 は 14 施 設 24 名 ( 人 命 にかかる 被 害 はなく 外 傷 転 倒 骨 折 等 ) また 建 物 の 被 害 は 353 施 設 ( 半 壊 屋 根 の 倒 壊 壁 の 損 傷 等 ) 障 害 児 者 入 所 施 設 の 状 況 熊 本 県 全 域 の 78 施 設 について 県 庁 及 び 厚 労 省 現 地 対 策 本 部 等 にて 確 認 したところ 全 施 設 に 人 的 被 害 はなし また 2 施 設 の 一 部 の 建 物 が 損 壊 児 童 福 祉 施 設 等 の 状 況 児 童 入 所 施 設 熊 本 県 全 域 の 30 施 設 について 厚 労 省 が 県 と 市 に 確 認 したところ 全 施 設 に 人 的 被 害 はなし 物 的 被 害 は 15 施 設 熊 本 労 災 特 別 介 護 施 設 熊 本 県 内 に1 施 設 ( 宇 土 市 ) 建 物 構 造 に 問 題 なし 応 急 措 置 が 必 要 な 箇 所 から 修 繕 実 施 入 居 者 (87 名 )に 怪 我 人 等 は 無 し 市 水 道 局 からの 給 水 は 全 日 通 水 (24 日 以 降 ) 食 糧 及 び 介 護 用 品 について 通 常 の 調 達 が 可 能 となった (26 日 以 降 ) その 他 救 護 施 設 は 熊 本 県 全 域 の 7 施 設 について 厚 労 省 が 県 等 に 電 話 により 確 認 したところ 全 施 設 について 人 的 被 害 はなく また 軽 微 な 損 害 (2 施 設 ) 以 外 の 物 的 被 害 なし 事 業 者 団 体 等 の 通 知 高 齢 者 施 設 や 障 害 者 施 設 児 童 施 設 等 における 緊 急 的 な 対 応 として 要 援 護 者 の 受 入 れ に 係 る 定 員 超 過 等 を 容 認 するとともに その 場 合 にも 給 付 の 対 象 とすることを 自 治 体 等 に 通 知 (4/14~17) オ 公 共 職 業 能 力 開 発 施 設 等 ( 厚 生 労 働 省 情 報 :4 月 26 日 19:00 現 在 ) 熊 本 県 内 の 公 共 職 業 能 力 開 発 施 設 等 は 以 下 の5 施 設 があり その 状 況 は 以 下 のとおり 熊 本 職 業 能 力 開 発 促 進 センター( 合 志 市 ) 電 気 設 備 実 習 場 の 全 ガラスが 落 下 階 段 崩 落 の 危 険 性 あり 木 工 実 習 場 は 基 礎 部 分 が 一 部 破 損 立 ち 入 りを 制 限 国 道 387 号 側 の 法 面 ( 駐 車 場 の 一 部 )が 崩 落 の 恐 れあり 緊 急 修 繕 は 随 時 実 施 中 離 職 者 訓 練 は 使 用 可 能 な 実 習 場 及 び 教 室 を 活 用 して 4 月 27 日 から 一 部 コースを 除 いて 再 開 在 職 者 訓 練 は 5 月 からの 開 催 に 向 け 調 整 中 熊 本 職 業 能 力 開 発 促 進 センター 荒 尾 訓 練 センター( 荒 尾 市 ) 建 物 は 目 立 った 被 害 なし 離 職 者 訓 練 は 実 施 熊 本 高 等 技 術 訓 練 校 ( 熊 本 市 ) 体 育 館 の 天 井 の 一 部 破 損 ( 梁 10 本 程 度 ) ガラス 破 損 外 壁 にひび 当 面 は 使 用 中 止 の 予 定 修 繕 は 今 後 見 積 もりを 取 って 検 討 学 卒 者 訓 練 は5 月 8 日 まで 休 講 休 講 分 は 補 講 を 実 施 する 予 定 熊 本 県 立 技 術 短 期 大 学 校 ( 菊 陽 町 ) 体 育 館 の 照 明 落 下 天 井 コンクリート 剥 離 本 部 棟 の 全 ガラス 破 損 実 習 棟 1 階 壁 に 亀 裂 地 面 数 か 所 が 隆 起 修 繕 は 今 後 見 積 もりを 取 って 検 討 学 卒 者 訓 練 は5 月 8 日 まで 休 講 休 講 分 は 補 講 を 実 施 する 予 定 熊 本 障 害 者 職 業 センター 5 / 55

6 建 物 は 被 害 なし 職 業 準 備 支 援 及 びリワーク 支 援 事 業 を 臨 時 プログラムにより 再 開 大 分 県 内 の 公 共 職 業 能 力 開 発 施 設 等 は 以 下 の7 施 設 があるが いずれも 大 きな 被 害 はなく 通 常 どおり 訓 練 等 を 実 施 大 分 職 業 能 力 開 発 促 進 センター( 大 分 市 ) 大 分 高 等 技 術 専 門 校 ( 大 分 市 ) 佐 伯 高 等 技 術 専 門 校 ( 佐 伯 市 ) 日 田 高 等 技 術 専 門 校 ( 日 田 市 ) 竹 工 芸 訓 練 支 援 センター( 別 府 市 ) 大 分 県 立 工 科 短 期 大 学 校 ( 中 津 市 ) 大 分 障 害 者 職 業 センター( 別 府 市 ) カ 地 方 衛 生 研 究 所 ( 厚 生 労 働 省 情 報 :4 月 27 日 9:00 現 在 ) 熊 本 県 保 健 環 境 科 学 研 究 所 ( 地 方 衛 生 研 究 所 ): 復 旧 済 み 熊 本 市 環 境 総 合 センター( 地 方 衛 生 研 究 所 ): 器 機 に 被 害 あり 検 査 できず 大 分 県 衛 生 環 境 研 究 センター( 地 衛 研 ): 損 害 は 軽 微 通 常 業 務 キ 保 健 所 ( 厚 生 労 働 省 情 報 :4 月 27 日 9:00 現 在 ) 熊 本 県 内 保 健 所 (10 カ 所 ):5 施 設 ( 阿 蘇 宇 城 御 船 山 鹿 菊 池 )で 建 物 の 亀 裂 等 の 被 害 有 り 残 り 5 施 設 は 被 害 なし 熊 本 市 保 健 所 : 建 物 被 害 あり 階 段 の1つが 使 用 不 能 外 壁 内 壁 に 亀 裂 が 入 り タイル が 剥 がれ 落 ちている 箇 所 多 数 大 分 県 内 保 健 所 : 建 物 被 害 なし 通 常 業 務 ク 人 工 透 析 関 係 ( 厚 生 労 働 省 情 報 :4 月 25 日 15:00 現 在 ) ( 熊 本 県 ) 熊 本 県 内 の 透 析 病 院 は 94 施 設 患 者 数 6,393 人 透 析 不 可 施 設 6 施 設 ( 建 物 や 機 器 の 破 損 6) 透 析 不 可 施 設 の 患 者 約 200 人 ( 内 訳 建 物 や 器 機 の 破 損 6 透 析 用 の 水 の 不 足 等 ( 汚 れた 水 が 混 ざったことによる 貯 水 タ ンクの 水 の 入 れ 替 えへの 対 応 を 含 む):1) ( 大 分 県 ) 県 内 で 透 析 対 応 不 可 の 施 設 はない ケ 金 融 機 関 ( 金 融 庁 情 報 :4 月 27 日 9:00 現 在 ) 建 物 の 被 災 により 1 金 融 機 関 1 出 張 所 が 業 務 停 止 施 設 の 閉 鎖 等 により 9 金 融 機 関 89 台 の ATM が 利 用 不 可 コ 廃 棄 物 関 係 ( 環 境 省 情 報 :4 月 27 日 0:00) (ア) 災 害 廃 棄 物 県 内 各 市 町 村 で 災 害 廃 棄 物 の 仮 置 場 が 順 次 設 置 され(24 市 町 村 で 合 計 43) 災 害 廃 棄 物 を 搬 入 中 (4/26( 火 )16 時 半 熊 本 県 情 報 ) 熊 本 市 宇 土 市 及 び 宇 城 市 においては 市 内 の ごみ 集 積 所 に 災 害 廃 棄 物 を 搬 入 中 災 害 廃 棄 物 発 生 量 の 推 計 に 家 屋 被 害 情 報 が 必 要 となる (イ) 廃 棄 物 処 理 施 設 一 般 廃 棄 物 処 理 施 設 の 被 災 稼 働 状 況 の 詳 細 を 随 時 確 認 中 6 / 55

7 3 避 難 の 状 況 ( 消 防 庁 情 報 :4 月 26 日 19:30 現 在 発 令 中 のもの) (1) 避 難 指 示 避 難 勧 告 発 令 状 況 避 難 指 示 :4 市 4 町 ( 408 世 帯 700 名 以 上 ) 避 難 勧 告 :4 市 6 町 1 村 ( 41,930 世 帯 109,223 名 以 上 ) 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 対 象 世 帯 数 対 象 人 数 指 示 日 時 対 象 世 帯 数 対 象 人 数 勧 告 日 時 月 21 日 12 時 55 分 月 24 日 11 時 25 分 月 20 日 12 時 43 分 熊 本 市 13 確 認 中 4 月 21 日 3 時 50 分 月 21 日 13 時 15 分 月 25 日 18 時 45 分 月 23 日 14 時 30 分 八 代 市 月 19 日 10 時 30 分 菊 池 市 700 2,000 4 月 18 日 13 時 30 分 宇 土 市 月 18 日 10 時 00 分 月 21 日 18 時 50 分 月 19 日 17 時 30 分 月 19 日 19 時 15 分 宇 城 市 月 19 日 21 時 30 分 月 20 日 18 時 00 分 月 21 日 13 時 40 分 月 19 日 7 時 30 分 阿 蘇 市 月 19 日 14 時 30 分 熊 本 県 月 21 日 15 時 30 分 1,690 4,217 4 月 22 日 9 時 30 分 合 志 市 月 23 日 15 時 23 分 美 里 町 月 22 日 8 時 00 分 大 津 町 13,531 34,090 4 月 16 日 3 時 44 分 菊 陽 町 月 22 日 7 時 00 分 高 森 町 月 24 日 15 時 40 分 南 阿 蘇 村 2,000 4,694 4 月 22 日 12 時 08 分 御 船 町 7,025 17,373 4 月 16 日 22 時 00 分 月 24 日 17 時 15 分 30 確 認 中 4 月 21 日 13 時 45 分 70 確 認 中 4 月 21 日 13 時 45 分 益 城 町 9 確 認 中 4 月 21 日 10 時 51 分 12,000 34,000 4 月 21 日 13 時 45 分 6 確 認 中 4 月 23 日 17 時 00 分 8 確 認 中 4 月 23 日 17 時 00 分 甲 佐 町 月 18 日 18 時 10 分 4,299 11,028 4 月 16 日 16 時 50 分 小 計 ( 発 令 中 ) , ,223 合 計 ( 発 令 中 ) , ,223 7 / 55

8 (2) 避 難 所 の 状 況 ( 各 県 からの 報 告 ) 長 崎 県 1 箇 所 1 名 (26 日 19:30 現 在 ) 熊 本 県 506 箇 所 39,702 名 (27 日 9:00 現 在 ) 大 分 県 26 箇 所 66 名 (26 日 13:30 現 在 ) 宮 崎 県 1 箇 所 0 名 (26 日 19:10 現 在 ) 4 物 資 生 活 支 援 の 状 況 ( 内 閣 府 情 報 :4 月 27 日 6:00 現 在 ) 飲 料 水 毛 布 などの 物 資 の 調 達 及 び 被 災 地 への 供 給 について 内 閣 府 に 関 係 省 庁 が 集 まり 一 元 的 な 調 整 を 実 施 調 達 物 資 について 日 本 通 運 鳥 栖 流 通 センター( 佐 賀 県 鳥 栖 市 )に 搬 入 した 後 各 市 町 村 への 直 接 供 給 を 実 施 中 4 月 17 日 から 22 日 の 6 日 間 で 約 185 万 食 を 提 供 最 初 の 3 日 間 は パン カップ 麺 など カ ロリーを 重 視 した 支 援 を 実 施 次 の 3 日 間 は 被 災 者 のニーズに 応 えるべく 缶 詰 やレトルト 食 品 などバリエーションを 増 やした 支 援 を 実 施 また 被 災 自 治 体 からの 要 請 に 応 じて 米 保 存 用 パンなどを 提 供 主 な 供 給 品 目 リスト(4 月 17 日 ~22 日 ) 食 料 約 185 万 食 ( 内 訳 ) パン おにぎり パックご 飯 約 96 万 食 カップ 麺 約 51 万 食 レトルト 食 品 約 8 万 食 ベビーフード 約 1 万 食 介 護 食 品 約 1 万 食 缶 詰 約 15 万 食 栄 養 補 助 食 品 約 10 万 食 ビスケット 約 3 万 食 ほか 米 約 116t 水 約 7 万 本 粉 ミルク(アレルギー 対 応 含 む) 約 2t 四 捨 五 入 のため 合 計 値 と 合 わないことがある 生 活 用 品 ( 内 訳 ) 簡 易 トイレ( 便 袋 含 む) 約 20 万 個 肌 着 下 着 ソックス 約 20 万 枚 水 無 しシャンプー 約 0.4 万 個 ウェットティッシュ 約 12 万 個 ハンドソープ 約 13 万 個 手 指 消 毒 液 約 2 万 個 液 体 歯 磨 き 洗 口 液 約 0.1 万 個 歯 磨 きシート 約 0.2 万 枚 ガスコンロ 0.1 万 台 ガスボンベ 0.2 万 本 4 月 23 日 から 25 日 は 被 災 者 のニーズの 応 じて おかずとなる 食 品 や 子 供 高 齢 者 向 けの 食 品 で 保 存 性 の 高 い 食 品 を 中 心 に 約 20 万 食 を 提 供 主 な 供 給 品 目 リスト(4 月 23 日 ~25 日 ) 食 料 約 20 万 食 生 活 用 品 ( 内 訳 ) カップ 麺 約 1 万 食 ( 内 訳 ) ウェットティッシュ 約 4 万 枚 レトルト 食 品 約 6 万 食 ビニールシート 約 0.2 万 枚 ベビーフード 約 0.3 万 食 マスク 約 120 万 枚 介 護 食 品 約 0.3 万 食 ガスボンベ 0.2 万 本 缶 詰 約 5 万 食 栄 養 補 助 食 品 約 2 万 食 8 / 55

9 ビスケット ほか 清 涼 飲 料 水 約 6 万 食 約 2 万 本 四 捨 五 入 のため 合 計 値 と 合 わないことがある 26 日 以 降 は 保 存 性 の 高 い 食 品 を 中 心 に 被 災 者 のニーズに 合 わせて 必 要 な 食 品 を 随 時 提 供 主 な 供 給 品 目 リスト(4 月 26 日 以 降 ) < 食 料 > 4 月 26 日 約 9 万 食 ( 内 訳 )パックご 飯 約 2 万 食 カップ 麺 約 3 万 食 レトルト 食 品 約 2 万 食 缶 詰 約 2 万 食 4 月 27 日 約 4 万 食 を 発 送 予 定 ( 内 訳 )レトルト 食 品 約 2 万 食 缶 詰 約 2 万 食 < 生 活 用 品 > シャンプー リンス 歯 磨 きセット 使 い 捨 てカイロ 土 嚢 袋 などを 現 地 のニーズに 合 わせ て 調 達 5 災 害 ボランティア 等 の 活 動 状 況 (1) 社 会 福 祉 協 議 会 が 運 営 する 災 害 ボランティアセンターに 関 する 状 況 ( 厚 生 労 働 省 情 報 :4 月 27 日 9:00 現 在 ) ア 全 国 社 会 福 祉 協 議 会 の 対 応 熊 本 県 社 協 及 び 大 分 県 社 協 に 職 員 を 派 遣 し 各 県 社 協 とともにボランティアのニーズを 調 査 (4 月 14 日 ~16 日 ) 避 難 所 への 救 援 物 資 の 仕 分 け 及 び 配 送 等 の 支 援 については 全 国 社 会 福 祉 協 議 会 及 び 県 市 町 村 社 協 が 支 援 を 要 する 市 町 等 の 情 報 を 熊 本 県 から 受 け 取 り ボランティア 活 動 を 専 門 とするNPO 団 体 等 に 対 してスタッフの 派 遣 を 要 請 (4 月 18 日 ) これを 受 け て 日 本 生 活 協 同 組 合 連 合 会 等 より 支 援 の 申 し 出 があり 42 名 を 派 遣 イ 災 害 ボランティアセンターの 設 置 に 向 けた 対 応 熊 本 市 社 協 において 一 般 市 民 や 学 生 等 による 災 害 ボランティアセンターを 4 月 16 日 か ら 開 設 予 定 としていたが 16 日 未 明 に 発 生 した 地 震 の 影 響 で 開 設 を 延 期 一 般 市 民 や 学 生 等 によるボランティア 活 動 については 県 市 町 村 社 協 において 各 地 域 の 安 全 確 保 の 状 況 を 見 つつ 順 次 災 害 ボランティアセンターの 開 設 準 備 を 進 めてい る 4 月 19 日 ( 火 ) 開 設 : 熊 本 県 宇 土 市 宇 城 市 菊 池 市 4 月 20 日 ( 水 ) 開 設 : 熊 本 県 南 阿 蘇 村 大 分 県 由 布 市 4 月 21 日 ( 木 ) 開 設 : 熊 本 県 益 城 町 山 都 町 4 月 22 日 ( 金 ) 開 設 : 熊 本 県 熊 本 市 美 里 町 大 津 町 合 志 市 菊 陽 町 4 月 24 日 ( 日 ) 開 設 : 熊 本 県 西 原 村 4 月 25 日 ( 月 ) 開 設 : 熊 本 県 甲 佐 町 4 月 26 日 ( 火 ) 開 設 : 熊 本 県 嘉 島 町 阿 蘇 市 (2) NPO/NGO 等 のボランティア 団 体 の 活 動 (JVOAD( 全 国 災 害 ボランティア 支 援 団 体 ネットワーク) 準 備 会 提 供 情 報 )( 内 閣 府 情 報 :4 月 27 日 6:00 現 在 ) 活 動 団 体 数 4 月 26 日 時 点 9 / 55

10 熊 本 県 域 で 活 動 している NPO/NGO 等 ( 以 下 NPO 等 )の 支 援 団 体 89 団 体 ( 活 動 のための 現 地 調 査 中 の 団 体 含 む) 主 な 動 き 行 政 と NPO 等 との 連 携 協 働 4 月 19 日 : 政 府 現 地 対 策 本 部 と 熊 本 県 JVOAD 準 備 会 ( 以 下 JVOAD)による 会 議 が 行 わ れ( 松 本 副 大 臣 出 席 ) ボランティアによる 円 滑 な 被 災 者 支 援 に 向 け 県 NPO 等 社 会 福 祉 協 議 会 で 情 報 共 有 や 連 携 協 働 を 図 る 場 づくりが 提 案 された また 県 庁 内 に JVOAD 準 備 会 の 常 駐 スペース 設 置 が 決 定 した 4 月 21 日 : 熊 本 県 健 康 福 祉 政 策 課 福 祉 のまちづくり 室 にボランティア 班 が 開 設 された ま た 同 日 の 熊 本 県 災 害 対 策 本 部 において JVOAD 及 び 県 内 の NPO 等 との 連 携 開 始 について 報 告 された 4 月 25 日 : 現 地 対 策 本 部 県 NPO 等 による 連 絡 会 議 にて 避 難 所 における 医 療 看 護 体 制 福 祉 避 難 所 指 定 外 避 難 所 や 車 中 泊 の 被 災 者 の 現 状 に 関 する 情 報 共 有 を 行 った また 火 の 国 会 議 において 内 閣 府 から JVOAD に 提 供 した 厚 生 労 働 省 作 成 のエコノミー クラス 症 候 群 予 防 チラシについて 各 NPO 等 に 提 供 され 避 難 所 や 車 中 泊 の 被 災 者 に 配 布 された NPO 等 間 の 連 携 協 働 4 月 19 日 以 降 毎 日 19 時 に 県 庁 にて NPO 等 の 情 報 共 有 会 議 熊 本 地 震 支 援 団 体 火 の 国 会 議 ( 以 下 火 の 国 会 議 ) を 実 施 し 現 場 状 況 の 共 有 他 NPO 等 が 相 互 に 補 完 するための 調 整 を 行 っている( 適 宜 政 府 現 地 対 策 要 員 が 本 会 議 に 参 加 ) 具 体 的 には 食 材 調 達 運 搬 と 炊 き 出 しの 協 働 や 避 難 所 運 営 支 援 と 医 療 活 動 の 協 働 など 4 月 25 日 : 火 の 国 会 議 において NPO 等 による 災 害 ボランティアセンター 運 営 支 援 の 地 域 割 りが 一 部 決 定 6 住 まいの 確 保 に 向 けた 対 応 状 況 (1) 応 急 仮 設 住 宅 の 進 捗 状 況 ア 応 急 仮 設 住 宅 の 建 設 4 月 21 日 熊 本 県 は すまい 支 援 PT の 設 置 及 び 応 急 仮 設 住 宅 の 確 保 建 設 を 表 明 熊 本 市 では 市 長 より 仮 設 住 宅 の 供 給 を 早 急 に 対 応 するよう 関 係 部 局 に 指 示 県 は 西 原 村 の 建 設 候 補 地 5カ 所 を 確 認 熊 本 県 優 良 住 宅 協 会 において 約 100 戸 プレハブ 建 築 協 会 において 約 2,900 戸 の 工 事 着 手 の 準 備 を 確 認 〇 今 後 被 災 者 の 意 向 確 認 用 地 確 保 工 事 発 注 等 が 本 格 化 応 急 仮 設 住 宅 建 設 に 係 る 業 務 支 援 のため 関 連 業 務 の 経 験 のある 地 方 公 共 団 体 等 職 員 の 派 遣 を 開 始 第 1 陣 としてUR 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 の 職 員 計 8 名 を4 月 25 日 から 熊 本 県 庁 に 派 遣 今 後 増 員 熊 本 県 宇 土 市 西 原 村 で 建 設 予 定 と 聞 いている その 他 の 市 町 村 については 現 在 検 討 中 イ 民 間 賃 貸 住 宅 の 空 き 住 戸 の 提 供 4 月 25 日 熊 本 県 から 協 力 要 請 を 受 けた 不 動 産 業 界 団 体 が 民 間 賃 貸 住 宅 に 関 する 無 料 の 電 話 相 談 窓 口 (フリーダイヤル)を 開 設 10 / 55

11 県 内 の 民 間 賃 貸 住 宅 のうち 損 傷 確 認 が 済 んだものについて 順 次 被 災 者 へ 空 室 提 供 を 開 始 (2) 公 営 住 宅 等 の 空 き 住 戸 の 受 付 開 始 等 の 状 況 ア 熊 本 県 内 の 状 況 熊 本 県 及 び 熊 本 市 をはじめ 計 453 戸 を 確 保 荒 尾 市 営 住 宅 等 において 46 戸 入 居 決 定 済 (4/26 集 計 分 ) 熊 本 県 : 70 戸 程 度 受 付 期 間 4 月 21 日 ( 木 )~5 月 2 日 ( 月 ) 抽 選 日 5 月 3 日 ( 火 ) 熊 本 市 :250 戸 程 度 受 付 期 間 4 月 23 日 ( 土 )~5 月 2 日 ( 月 ) 抽 選 日 5 月 3 日 ( 火 ) ~5 日 ( 木 ) 入 居 開 始 予 定 日 は いずれも 5 月 6 日 ( 金 ) 国 家 公 務 員 宿 舎 200 戸 程 度 ( 現 在 空 き 住 戸 の 損 傷 状 況 を 確 認 中 ) イ 熊 本 県 以 外 の 九 州 各 県 の 状 況 各 県 の 公 営 住 宅 等 を 計 2,769 戸 (うちUR 住 宅 367 戸 ) 確 保 268 戸 入 居 決 定 済 (4/26 集 計 分 ) 国 家 公 務 員 宿 舎 100 戸 程 度 ( 福 岡 県 内 において 無 償 提 供 されたもの) ウ 九 州 以 外 の 都 道 府 県 の 状 況 被 災 者 がすぐにでも 入 居 可 能 な 状 態 の 公 営 住 宅 等 を 計 5,900 戸 確 保 41 戸 入 居 決 定 済 み (4 月 26 日 集 計 分 ) (3) 受 入 可 能 ホテル 旅 館 施 設 数 (4 月 26 日 18 時 現 在 ) 厚 生 労 働 省 から 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 による 被 災 者 等 の 要 援 護 者 への 緊 急 対 応 について ( 平 成 28 年 4 月 15 日 生 活 衛 生 食 品 安 全 部 生 活 衛 生 課 長 通 知 )が 発 出 したこと を 受 け 熊 本 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 において 受 入 を 実 施 受 入 済 み 124 組 422 名 受 入 れ 先 決 定 済 み 23 組 56 名 (4) その 他 ( 民 間 フェリー はくおう による 受 入 ) 八 代 港 での 民 間 フェリー はくおう における1 泊 2 日 の 宿 泊 食 事 及 び 入 浴 のサービス の 提 供 開 始 第 1 回 :4 月 23~24 日 ( 八 代 市 :174 名 ) 第 2 回 :4 月 25~26 日 ( 八 代 市 :200 名 ) 第 3 回 :4 月 27~28 日 ( 益 城 町 : 予 定 ) 第 4 回 :4 月 29~30 日 ( 嘉 島 町 : 予 定 ) 11 / 55

12 7 その 他 の 被 害 状 況 (1) 土 砂 災 害 ( 国 土 交 通 省 情 報 :4 月 27 日 13:00 現 在 ) 土 石 流 等 43 件 ( 熊 本 県 40 大 分 県 3) 地 すべり 17 件 ( 熊 本 県 17) がけ 崩 れ 38 件 ( 佐 賀 県 1, 長 崎 県 1, 熊 本 県 12 件, 大 分 県 12 件, 宮 崎 県 11 件, 鹿 児 島 県 1) (2) 道 路 ( 国 土 交 通 省 情 報 :4 月 27 日 13:00 現 在 ) ア 高 速 道 路 被 災 による 通 行 止 め:2 区 間 路 線 名 区 間 名 被 災 状 況 備 考 益 城 熊 本 空 港 IC~ 松 橋 IC 法 面 崩 落 路 面 陥 没 路 面 段 差 路 面 隆 起 路 面 クラック 等 多 数 発 生 橋 梁 ジョイント 部 段 差 4 橋 路 面 損 傷 による 車 両 被 害 3 件 人 的 被 害 なし 御 船 IC~ 松 橋 IC 間 の 緑 川 PA 付 近 で 府 領 跨 道 橋 ( 熊 本 県 道 )が 落 橋 九 州 自 動 車 道 ウエキ 植 木 カ シマ IC~ 嘉 島 JCT 点 検 中 通 行 止 め 益 城 熊 本 空 港 IC~ 嘉 島 JCT 通 行 止 め 開 始 :4 月 14 日 21:28~ 嘉 島 JCT~ 松 橋 IC 通 行 止 め 開 始 :4 月 14 日 21:28~ 4 月 26 日 15:00 通 行 止 め 解 除 古 賀 IC~ 植 木 IC 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 1:26~ 6:30 通 行 止 め 解 除 植 木 IC~ 益 城 熊 本 空 港 IC 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 1:26~ 松 橋 IC~ 八 代 IC 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 1:26~ 4 月 26 日 15:00 通 行 止 め 解 除 八 代 IC~えびのIC 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 1:26~ 16:00 通 行 止 め 解 除 えびのIC~ 栗 野 IC 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 1:26~ 9:30 通 行 止 め 解 除 湯 布 院 IC~ 日 出 JCT 下 り(93.4kp)にお いて 土 砂 崩 落 大 分 自 動 車 道 ユフイ ン 湯 布 院 ヒジ IC~ 日 出 JCT 点 検 中 通 行 止 め 長 崎 自 動 車 道 東 脊 振 IC~ 大 分 自 動 車 道 日 田 IC 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 1:26~ 6:30 通 行 止 め 解 除 大 分 自 動 車 道 日 田 IC~ 玖 珠 IC 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 1:26~ 4 月 17 日 21:00 通 行 止 め 解 除 大 分 自 動 車 道 玖 珠 IC~ 湯 布 院 IC 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 1:26~ 4 月 18 日 23:15 通 行 止 め 解 除 大 分 自 動 車 道 湯 布 院 IC~ 日 出 JCT 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 1:26~ 大 分 自 動 車 道 日 出 JCT~ 別 府 IC 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 1:26~ 4 月 21 日 0:00 通 行 止 め 解 除 大 分 自 動 車 道 別 府 IC~ 大 分 IC 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 1:26~ 4 月 17 日 21:00 通 行 止 め 解 除 九 州 中 央 自 動 車 道 カ シマ 嘉 島 オイ ケ JCT~ 小 池 タカ ヤマ 高 山 IC 点 検 の 結 果 異 常 なし 通 行 止 め 開 始 :4 月 14 日 21:28~ 4 月 26 日 15:00 通 行 止 め 解 除 は 通 行 止 め 中 12 / 55

13 イ 直 轄 国 道 被 災 による 通 行 止 め:2 区 間 路 線 名 地 点 名 被 災 状 況 備 考 国 道 57 号 ミナミ 南 アソ 阿 蘇 ムラ 村 81k100 付 近 斜 面 崩 壊 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 1:25~ 国 道 210 号 ヒタ 日 田 市 アマガセマチ クス 天 瀬 町 ~ 玖 珠 郡 クス マチ 玖 珠 町 51k280~64k640 落 石 のおそれ 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 21:05~ 迂 回 路 あり は 通 行 止 め 中 ウ 公 社 有 料 被 災 による 通 行 止 め:なし エ 補 助 国 道 被 災 による 通 行 止 め:8 区 間 路 線 名 所 在 地 被 災 状 況 備 考 国 道 445 号 クマモトケン 熊 本 県 ミフネマチ 御 船 町 タキオ 滝 尾 法 面 崩 壊 通 行 止 め 開 始 :4 月 15 日 3:18~ 迂 回 路 あり 通 行 止 め 延 長 (L=2.0km) 国 道 442 号 オオイ タケン 大 分 県 オオイ タ シ 大 分 市 キオウエ 木 上 落 石 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 2:55~ 迂 回 路 あり 国 道 212 号 オオイ タケン 大 分 県 ヒタ 日 田 シ 市 オオヤママチ 大 山 町 落 石 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 2:44~ 迂 回 路 あり 国 道 325 号 クマモトケン 熊 本 県 ミナミアソ ムラ カ ワヨウ 南 阿 蘇 村 河 陽 落 橋 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 ( 不 明 ) 迂 回 路 あり 国 道 212 号 オオイ タケン 大 分 県 ヒタ 日 田 クマモトケン ~ 熊 本 県 シ 市 アマガセマチ 天 瀬 町 オグニマチ 小 国 町 ツ エタテ 杖 立 落 石 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 2:12~ 迂 回 路 あり 国 道 265 号 ミヤザキケン 宮 崎 県 ヒガシウスキグン 東 臼 杵 郡 シイ バソン 椎 葉 村 落 石 のおそれ 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 8:30~ 迂 回 路 あり 国 道 325 号 クマモトケン 熊 本 県 ミナミアソ ムラ カ ワヨウ 南 阿 蘇 村 河 陽 法 面 崩 壊 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 10:30~ 迂 回 路 あり 国 道 445 号 クマモトケン 熊 本 県 ミフネマチ 御 船 町 シモヅル 下 鶴 落 石 通 行 止 め 開 始 :4 月 16 日 ( 不 明 ) 迂 回 路 あり は 通 行 止 め 中 13 / 55

14 オ 都 道 府 県 政 令 市 道 4 月 26 日 12:00 ( 迂 回 路 あり 孤 立 なし) 4 月 27 日 4:30 ( 迂 回 路 あり 孤 立 なし) 被 災 による 通 行 止 め : 計 52 区 間 被 災 による 通 行 止 め : 計 51 区 間 熊 本 県 33 区 間 ( 落 石 9 橋 梁 段 差 5 熊 本 県 32 区 間 ( 落 石 8 橋 梁 段 差 5 路 面 段 差 3 家 屋 崩 壊 1, 路 面 段 差 3 家 屋 崩 壊 1, 橋 梁 ひび 割 れ1 橋 梁 ずれ1 橋 梁 ひび 割 れ1 橋 梁 ずれ1 法 面 崩 落 6 法 面 崩 落 6 覆 工 コンクリート 崩 落 1 覆 工 コンクリート 崩 落 1 落 橋 1 橋 台 ずれ1 落 橋 1 橋 台 ずれ1 路 肩 崩 壊 2 路 面 陥 没 2) 路 肩 崩 壊 2 路 面 陥 没 2) 熊 本 市 11 区 間 ( 橋 梁 段 差 2 法 面 崩 壊 3 熊 本 市 11 区 間 ( 橋 梁 段 差 2 法 面 崩 壊 3 路 面 陥 没 2 路 面 陥 没 2 橋 梁 ずれ1 落 石 1 橋 梁 ずれ1 落 石 1 路 面 隆 起 1 家 屋 崩 壊 1) 路 面 隆 起 1 家 屋 崩 壊 1) 大 分 県 4 区 間 ( 落 石 3 路 面 亀 裂 1) 大 分 県 4 区 間 ( 落 石 3 路 面 亀 裂 1) 宮 崎 県 4 区 間 ( 落 石 4) 宮 崎 県 4 区 間 ( 落 石 4) (3) ライフラインの 状 況 ア 電 力 ( 経 済 産 業 省 情 報 :4 月 27 日 12:30 現 在 ) 九 州 電 力 管 内 停 電 :4 月 20 日 ( 水 )19 時 10 分 がけ 崩 れや 道 路 の 損 壊 等 により 復 旧 が 困 難 な 箇 所 を 除 いて 高 圧 配 電 線 への 送 電 完 了 大 規 模 な 土 砂 崩 れにより 送 電 が 困 難 となっている 阿 蘇 市 高 森 市 南 阿 蘇 村 においては 全 国 から 手 配 した 電 源 車 の 活 用 により 通 電 中 停 電 戸 数 :0 戸 風 雨 の 影 響 等 により 今 後 も 一 時 的 な 停 電 が 発 生 する 可 能 性 がある イ ガス( 経 済 産 業 省 情 報 :4 月 27 日 12:30 現 在 ) 西 部 ガス 管 内 供 給 停 止 戸 数 : 熊 本 県 熊 本 市 周 辺 で 約 36,000 戸 重 要 設 備 ( 役 場 避 難 所 病 院 福 祉 施 設 等 ) 生 活 支 援 設 備 への 供 給 の 状 況 : 17 日 日 本 ガス 協 会 に 対 して 応 援 派 遣 を 求 め ガス 供 給 車 ( 移 動 式 ガス 発 生 設 備 )を 活 用 するよう 要 請 27 日 6:00 時 点 で 医 療 施 設 等 の 20 施 設 に 臨 時 供 給 中 (これまで 計 34 施 設 に 臨 時 供 給 ) 復 旧 見 込 み: 21 日 から 地 域 ごとの 復 旧 見 通 しを 策 定 し 公 表 作 業 は 順 調 に 進 んでおり 27 日 10:30 時 点 で 約 65%が 復 旧 引 き 続 き 5 月 8 日 までの 復 旧 完 了 を 目 指 して 取 組 中 復 旧 体 制 (ガス 会 社 等 からの 応 援 等 ): 西 部 ガスは 協 力 会 社 を 含 め 約 2,000 名 の 体 制 を 整 備 また 全 国 のガス 会 社 ( 東 京 ガ ス 大 阪 ガス 東 邦 ガスを 中 心 )から 約 2,600 名 の 復 旧 応 援 隊 を 受 け 入 れ 約 4,600 名 の 体 制 を 整 備 また 西 部 ガスは24 時 間 体 制 で 顧 客 の 開 栓 要 望 を 受 け 付 け 開 栓 を 実 施 こうした 復 旧 作 業 と 並 行 して 自 治 体 等 からの 要 請 に 基 づき カセットコンロについて も 2 万 台 を 順 次 提 供 中 であり うち 約 1 万 4,500 台 を 配 布 済 み 14 / 55

15 熊 本 県 内 で 供 給 している 西 部 ガスを 除 く4 事 業 者 ( 九 州 ガス 山 鹿 都 市 ガス 天 草 ガス 大 牟 田 ガス)については 供 給 支 障 は 発 生 していない 簡 易 ガス( 九 州 全 域 ) 熊 本 県 内 全 101 団 地 のうち 3 団 地 で 供 給 停 止 26 日 時 点 では 4 団 地 他 県 は 被 害 情 報 無 し LPガス( 九 州 全 域 ) ( 九 州 全 域 :2500 事 業 者 (うち 熊 本 県 434 大 分 県 245)) LPガス 輸 入 基 地 : 異 常 なし LPガス 充 填 所 : 熊 本 県 内 にある 41 箇 所 の 充 填 所 については 全 て 営 業 していることを 確 認 済 み LPガス 国 家 備 蓄 基 地 : 異 常 なし LPガス 一 般 消 費 者 : 漏 えい 火 災 等 の 被 害 情 報 なし ( なお 一 般 的 に 各 家 庭 に 軒 下 在 庫 一 か 月 程 度 あり) LPガス 販 売 事 業 者 : 熊 本 県 内 (434 社 )のうち 4 販 売 所 ( 事 務 所 等 )が 損 壊 ウ 石 油 ( 経 済 産 業 省 情 報 :4 月 27 日 12:30 現 在 ) 被 災 地 の 石 油 需 要 への 対 応 ( 全 般 ) 燃 料 の 応 援 要 請 への 対 応 については 4/16 7 時 43 分 に 石 油 備 蓄 法 に 基 づく 災 害 時 石 油 供 給 連 携 計 画 を 発 動 し 石 油 連 盟 に おいて 共 同 供 給 オペレーションルームを 運 用 中 19 日 熊 本 県 内 の 営 業 中 のガソリンスタンドを 資 源 エネルギー 庁 及 び 石 油 連 盟 のホームペ ージで 公 表 情 報 については 毎 日 更 新 元 売 各 社 は 熊 本 県 内 の 全 ての 発 注 に 対 して 引 き 続 き 配 送 を 実 施 熊 本 市 内 は 通 常 よりも 来 店 が 多 少 多 い 程 度 他 の 地 域 も 含 め 県 内 のガソリン 供 給 問 題 はほぼ 解 消 配 送 時 間 も 概 ね 平 時 と 同 程 度 に ( 局 地 的 対 応 ) 益 城 町 - 町 内 12ヶ 所 のSSのうち 7ヶ 所 が 営 業 中 品 薄 状 態 はほぼ 解 消 南 阿 蘇 村 - 村 内 11ヶ 所 のSSのうち 6ヶ 所 が 営 業 中 品 薄 状 態 はほぼ 解 消 高 森 町 - 町 内 6ヶ 所 のSSのうち 5ヶ 所 が 営 業 中 品 薄 状 態 はほぼ 解 消 電 源 車 への 燃 料 供 給 - 九 州 電 力 石 油 連 盟 全 石 連 が 連 携 して 対 応 中 阿 蘇 地 区 に 配 置 する 電 源 車 に 関 して 燃 料 供 給 拠 点 となるSSの 数 ピストン 輸 送 用 ミニローリーの 台 数 を 大 幅 に 拡 充 し 安 定 的 な 供 給 体 制 を 確 立 拠 点 SS :19 20 日 8ヶ 所 21 日 14ヶ 所 ミニローリー :19 日 15 台 20 日 35 台 21 日 44 台 SS 関 係 - 熊 本 県 全 SS( 計 797) : 現 時 点 で 約 9 割 超 (730 箇 所 )の 稼 動 を 確 認 うち 中 核 SS(34) : 全 て 稼 働 を 確 認 15 / 55

16 中 核 SS とは 自 治 体 自 衛 隊 等 緊 急 車 両 用 優 先 給 油 を 行 うSS 内 閣 府 災 害 対 策 本 部 から 経 済 産 業 省 に 対 して 道 路 寸 断 等 の 情 勢 を 踏 まえ 緊 急 車 両 に 対 する 中 核 SSによる 優 先 継 続 供 給 について 要 請 あり 経 済 産 業 省 から 石 油 連 盟 に 対 して 要 請 済 み 今 後 孤 立 地 域 などの 支 援 に 必 要 な 緊 急 車 両 による 燃 料 供 給 のロジスティックスについ て 万 全 を 期 すよう 石 油 連 盟 に 要 請 済 み 石 油 コンビナート( 製 油 所 油 槽 所 ) 通 常 稼 働 中 エ 水 道 (ア) 断 水 状 況 断 水 戸 数 2 県 9 市 町 村 1 万 4,717 戸 ( 熊 本 県 1 万 4,617 戸 宮 崎 県 約 100 戸 )( 厚 生 労 働 省 4 月 26 日 18:00 現 在 ) 下 水 道 : 一 部 施 設 で 被 害 があるが 処 理 機 能 は 確 保 ( 国 土 交 通 省 4 月 27 日 4:30 現 在 ) (イ) 応 急 給 水 の 実 施 状 況 熊 本 市 等 からの 給 水 車 の 派 遣 要 請 に 対 し 全 国 の 水 道 事 業 者 が 応 急 給 水 を 実 施 中 給 水 車 を 確 保 108 台 (26 日 18:00) 応 急 給 水 を 実 施 中 105 台 (26 日 18:00) 現 場 へ 移 動 中 0 台 (26 日 18:00) 待 機 中 3 台 (26 日 18:00) オ 通 信 関 係 ( 総 務 省 情 報 :4 月 27 日 5:30 現 在 ) 固 定 電 話 :NTT 西 日 本 全 て 復 旧 ただし 電 話 局 と 住 宅 等 の 間 で 不 通 状 態 の 回 線 あり( 住 宅 等 の 復 旧 に 合 わせて 回 復 見 込 み ) 携 帯 電 話 : 停 波 基 地 局 数 合 計 8 局 PHS: 停 波 基 地 局 数 合 計 8 局 停 波 の 主 な 原 因 は 伝 送 路 断 等 と 推 測 復 旧 作 業 ができない 立 入 禁 止 箇 所 を 除 き 概 ね 復 旧 作 業 が 完 了 現 時 点 で 全 ての 市 町 村 役 場 の 通 信 の 疎 通 を 確 認 避 難 所 は 概 ね 通 信 可 能 な 状 況 隣 接 局 のエリアカバーや 移 動 基 地 局 車 等 の 運 用 により サービスの 提 供 には 影 響 なし 事 業 者 被 害 状 況 等 NTT 東 日 本 被 害 なし 固 NTT 西 日 本 交 換 機 収 容 ビルの 収 容 回 線 については 全 て 復 旧 定 電 話 局 と 住 宅 等 の 間 で 不 通 状 態 の 回 線 あり( 住 宅 等 の 復 旧 に 合 わ 電 せて 回 復 見 込 み) 話 NTT コミュニケーションス 被 害 なし KDDI 被 害 なし ソフトハ ンク 全 て 復 旧 携 帯 電 話 NTT ト コモ 2 局 が 停 波 中 < 熊 本 県 > 阿 蘇 市 KDDI(au) 1 局 が 停 波 中 < 熊 本 県 > 熊 本 市 ソフトハ ンク 携 帯 5 局 が 停 波 中 < 熊 本 県 > 阿 蘇 市 阿 蘇 郡 南 阿 蘇 村 PHS 8 局 が 停 波 中 < 熊 本 県 > 阿 蘇 郡 南 阿 蘇 村 避 難 所 及 び 行 政 機 関 の 通 信 確 保 対 応 状 況 避 難 所 における 通 信 確 保 状 況 16 / 55

17 携 帯 電 話 による 通 信 は ほぼ 確 保 Wi-Fi 利 用 環 境 を 整 備 するため 各 避 難 所 に 無 料 Wi-Fi アクセスポイントを 増 設 中 携 帯 電 話 用 の 充 電 器 (チャージャ)の 配 備 を 経 済 産 業 省 と 連 携 して 展 開 中 通 信 事 業 者 の 保 有 する 機 器 の 貸 与 特 設 公 衆 電 話 を 合 計 62 台 衛 星 携 帯 電 話 を 合 計 618 台 ポータブル 衛 星 装 置 ( 固 定 電 話 ) 合 計 35 台 無 料 公 衆 無 線 LAN(Wi-Fi)アクセスポイントを 合 計 約 671 台 携 帯 電 話 充 電 器 (マルチチャージャ)を 合 計 約 608 台 ( ) 避 難 所 の 統 廃 合 により 配 備 数 が 減 少 等 を 避 難 所 及 び 行 政 機 関 に 配 備 公 衆 電 話 の 無 料 化 を 実 施 済 ( 熊 本 県 全 域 ) 大 分 県 は 4/23( 土 )00:00 に 無 料 化 を 終 了 カ 放 送 関 係 ( 総 務 省 情 報 :4 月 27 日 5:30 現 在 ) < 地 上 放 送 (テレビ AM FM) 関 係 > 都 道 事 業 者 被 害 状 況 等 最 大 被 害 数 府 県 熊 本 県 NHK 南 阿 蘇 局 (テレビ FM) 停 電 後 非 常 用 発 電 機 の 故 障 により 停 波 17 日 ( 日 ) 発 電 機 の 修 理 に より 復 旧 ( 停 波 時 間 は 18:20~10:45(16 時 間 25 分 )) 6,372 世 帯 ( 一 部 は 他 の 中 継 局 ( 阿 蘇 局 )の 放 送 で 視 聴 の 可 能 性 あり ) NHK 大 矢 野 湯 島 局 (テレビ 総 合 教 育 ) NHK(AM) 熊 本 放 送 蘇 陽 北 局 (AM) 停 電 後 非 常 用 電 源 の 給 電 停 止 により 停 波 16 日 ( 土 )13:19 発 電 機 を 持 ち 込 んだため 復 旧 16:09 商 用 電 源 が 復 旧 ( 停 波 時 間 は 9:26~13:19 (3 時 間 53 分 )) 被 害 報 告 なし アンテナ 破 損 により 停 波 18 日 ( 月 )15:45 アンテナ の 修 理 により 復 旧 ( 停 波 時 間 は 16 日 ( 土 )1:25~ 18 日 ( 月 )15:45(62 時 間 20 分 )) 169 世 帯 被 害 報 告 なし 約 1 万 世 帯 民 放 4 社 (テレビ) 熊 本 局 16 日 ( 土 ) 地 震 発 生 直 後 停 電 のため 放 送 中 断 したが 手 動 で 発 電 機 を 起 動 し 復 旧 そ の 後 商 用 電 源 復 旧 ( 停 波 時 間 1:57~2:30(33 分 )) 砥 用 局 16 日 ( 土 ) 停 電 後 非 常 用 発 電 機 が 停 止 して 停 波 したが 発 電 機 を 再 起 動 復 旧 その 後 商 用 電 源 復 旧 ( 停 波 時 間 9:55~11:20(1 時 間 25 分 )) 県 内 8 か 所 で 非 常 用 発 電 機 を 使 用 してい た 17 / 55

18 大 分 県 NHK(テレビ AM FM) 民 放 (テレビ3 社 (うち1 社 AM 兼 営 ) FM1 社 ) (26 日 5 時 現 在 県 内 1 か 所 ( 南 阿 蘇 局 (TV FM)で 停 電 のため 非 常 用 発 電 機 により 放 送 継 続 中 ) NHK 民 放 とも 被 害 報 告 な し 被 害 報 告 なし 災 害 時 における 放 送 の 確 保 臨 時 災 害 放 送 局 の 開 設 等 による 生 活 情 報 の 提 供 甲 佐 町 (こうさまち) 及 び 御 船 町 (みふねまち)が 総 務 省 配 備 の 設 備 の 提 供 を 受 け て 臨 時 災 害 放 送 局 (FM)を 開 設 ( 甲 佐 町 :4 月 23 日 御 船 町 :4 月 25 日 )し 被 災 者 に 向 けたきめ 細 かい 生 活 情 報 を 提 供 被 災 者 へのラジオの 配 布 9 市 町 村 からの 要 請 を 受 け 被 災 者 の 生 活 情 報 の 確 保 のため 総 務 省 九 州 総 合 通 信 局 から 各 市 町 村 に 対 し ラジオを 県 内 ラジオ 局 の 周 波 数 表 を 添 えて 配 布 (4 月 22 日 23 日 合 計 2,080 台 ) <コミュニティ 放 送 関 係 > 都 道 府 県 事 業 者 被 害 状 況 等 最 大 被 害 数 熊 本 県 熊 本 シティエフエム 臨 時 災 害 放 送 局 へ 移 行 放 送 継 続 中 ( 停 電 により 短 時 間 停 波 ) 停 波 1 件 その 他 のコミュニティ 放 送 被 害 報 告 なし 被 害 報 告 なし (2 社 ) 大 分 県 3 社 被 害 報 告 なし 被 害 報 告 なし <ケーブルテレビ> 1 社 57 世 帯 が 視 聴 不 可 (23 日 ( 土 ) 9:00 時 点 (282 世 帯 )から 縮 小 ) 熊 本 県 : 放 送 中 断 中 (1 社 ) 復 旧 済 (2 社 ) 確 認 済 (7 社 ) 大 分 県 : 復 旧 済 (2 社 ) 17 社 については 被 害 なし 佐 賀 県 : 確 認 済 (13 社 ) 13 社 については 被 害 なし 宮 崎 県 : 確 認 済 (7 社 ) 7 社 については 被 害 なし 都 道 府 県 事 業 者 被 害 状 況 等 最 大 被 害 数 熊 本 県 ジェイコム 九 州 立 入 り 困 難 なエリアや 家 屋 損 傷 による 断 線 等 の 場 合 を 除 き 復 旧 (4 月 26 日 ( 火 )8:00 現 在 立 入 り 困 難 なエリア 内 等 の 視 聴 不 可 世 帯 数 :57) 22,760 世 帯 (14 日 ( 金 ) 発 生 の 地 震 による 視 聴 不 可 世 帯 1,244 件 を 含 む) たかもり 光 ネットワーク 小 国 町 その 他 のケーブルテレビ 一 部 商 用 電 源 復 旧 発 電 機 燃 料 到 着 により 放 送 再 開 19 日 ( 火 )12 時 仮 復 旧 確 認 済 (7 社 について 設 備 被 18 / 55 2,619 世 帯 68 世 帯 被 害 報 告 なし

19 大 分 県 (7 社 ) 害 なし) 大 分 ケーブルテレコム 16 日 ( 土 )13 時 45 分 復 旧 9 世 帯 日 田 市 17 日 ( 日 )17 時 復 旧 1,100 世 帯 その 他 のケーブルテレビ (17 社 ) 確 認 済 (17 社 について 被 害 なし) 被 害 報 告 なし 宮 崎 県 7 社 確 認 済 被 害 報 告 なし (7 社 について 被 害 なし) 佐 賀 県 13 社 確 認 済 (13 社 について 被 害 な 被 害 報 告 なし し) < 防 災 行 政 無 線 関 係 > 熊 本 県 西 原 村 子 局 1 局 が 機 能 停 止 のため 一 部 地 区 で 使 用 不 可 熊 本 県 南 阿 蘇 村 河 (かわ) 陽 (よう) 中 継 局 が 機 能 停 止 のため 一 部 地 区 で 使 用 不 可 熊 本 県 益 城 町 本 庁 舎 が 通 電 されていないため 使 用 不 可 <DEURAS( 電 波 監 視 システム)> 以 下 のセンサ 局 が 運 用 停 止 中 であるが 他 のセンサ 局 を 活 用 して 電 波 監 視 業 務 を 実 施 中 DEURAS-D( 遠 隔 方 位 測 定 設 備 ) 2センサ 局 運 用 停 止 中 キ 郵 政 関 係 ( 総 務 省 情 報 :4 月 27 日 5:30 現 在 ) 安 全 最 優 先 で 通 常 業 務 を 実 施 12 の 郵 便 局 において 4 月 27 日 の 窓 口 業 務 を 見 合 わせ 停 電 等 により 5の 郵 便 局 等 において 業 務 用 システムに 障 害 (4/27 09:00 現 在 ) 上 益 城 郡 ( 益 城 町 ) 及 び 阿 蘇 郡 ( 南 阿 蘇 村 西 原 村 )の 一 部 地 域 において 郵 便 物 等 の 配 達 が 困 難 な 状 況 交 通 規 制 等 により 熊 本 県 宮 崎 県 及 び 鹿 児 島 県 で 引 受 配 達 される 郵 便 物 等 に 遅 れ 上 益 城 郡 ( 益 城 町 ) 及 び 阿 蘇 郡 ( 南 阿 蘇 村 西 原 村 )を 宛 先 とするゆうパックを 一 時 引 受 停 止 ( 保 冷 扱 いは 熊 本 県 全 域 を 宛 先 とするものを 停 止 ) ( 引 受 停 止 の 範 囲 が 縮 小 ) ク 小 売 ( 経 済 産 業 省 情 報 :4 月 27 日 12:30 現 在 ) (ア)コンビニエンスストア 熊 本 県 内 の 状 況 ( 4/27 12:30 時 点 カッコ 内 は 前 日 の 数 値 ) 合 計 営 業 中 休 止 中 セブンイレブン (288) 1( 1) ローソン (137) 4( 4) ファミリーマート (163) 1( 1) 合 計 (588) 6( 6) 営 業 店 舗 の 比 率 99.0%(99.0%) 16 日 17 時 時 点 74.9% 営 業 再 開 商 品 確 保 の 状 況 3 社 社 長 に 対 し 直 接 1 営 業 の 早 期 再 開 2 駐 車 場 等 を 活 用 した 柔 軟 な 販 売 の 実 施 3 現 地 店 舗 への 十 分 な 量 の 配 送 の 確 保 を 要 請 (4/16から4/20まで 連 日 ) 4/27(12 時 30 分 現 在 )は 99.0%の 店 舗 が 営 業 (4/27(6 時 時 点 )と 同 じ) 残 る 休 止 中 の 店 舗 は 主 に 阿 蘇 地 域 に 存 在 4/27は 必 要 な 商 品 量 を 確 保 し 4/26と 同 程 度 の 供 給 を 予 定 食 品 だけでなく 日 用 品 の 品 揃 えを 増 やし 商 品 を 多 様 化 19 / 55

20 (イ)スーパーマーケット 熊 本 県 内 の 状 況 ( 主 要 各 社 )( 4/27 12:30 時 点 カッコ 内 は 前 日 の 数 値 ) 合 計 営 業 中 休 止 中 イオン 27 26(25) 1( 2) イズミ 7 5( 5) 2( 2) サンリブ 20 16(16) 4( 4) 西 友 3 3( 3) 0( 0) 合 計 57 50(49) 7( 8) 営 業 店 舗 の 比 率 87.7%(86.0%) 16 日 17 時 時 点 38.6% 営 業 再 開 商 品 確 保 に 向 けた 要 請 主 要 各 社 に 対 し コンビニ 各 社 と 同 様 1 営 業 の 早 期 再 開 2 駐 車 場 等 を 活 用 した 柔 軟 な 販 売 の 実 施 3 現 地 店 舗 への 十 分 な 量 の 配 送 の 確 保 を 要 請 (4/16 以 後 随 時 ) 4/27(12 時 30 分 現 在 )は 駐 車 場 を 活 用 した 販 売 を 含 め 87.7%の 店 舗 が 営 業 (4/26(6 時 時 点 )は86.0% ) イオン 熊 本 イオン 宇 城 イオン 熊 本 中 央 マックスバリュ 西 熊 本 マックスバリュ 田 崎 の5 店 舗 で 合 計 72 台 の 仮 設 トイレを 設 置 (4) 河 川 ( 国 土 交 通 省 情 報 :4 月 27 日 13:00 現 在 ) ア 国 管 理 河 川 これまでに 確 認 した 堤 防 等 の 被 災 に 対 して 堤 防 天 端 のひび 割 れ 補 修 などの 応 急 対 策 を 全 て 完 了 (6 河 川 172 箇 所 ) 堤 体 の 変 状 が 比 較 的 大 きい11 箇 所 については 緊 急 的 な 復 旧 工 事 を 実 施 (1 箇 所 について は 復 旧 工 事 が 完 了 残 りの 箇 所 は 今 月 中 に 完 了 するよう 鋭 意 施 工 中 ) イ 都 道 府 県 政 令 市 管 理 河 川 一 般 被 害 :なし 河 川 管 理 施 設 等 被 害 全 322 箇 所 ( 熊 本 県 全 318 箇 所 熊 本 市 全 3 箇 所 大 分 県 全 1 箇 所 ) (5) 交 通 機 関 ( 国 土 交 通 省 情 報 :4 月 27 日 13:00 現 在 ) ア 鉄 道 新 幹 線 の 状 況 九 州 新 幹 線 営 業 列 車 脱 線 なし 熊 本 駅 ~ 熊 本 車 両 基 地 間 ( 本 線 上 ) 回 送 列 車 1 本 (6 両 編 成 ) 全 車 脱 線 当 該 脱 線 事 故 は 運 輸 安 全 委 員 会 が 15 日 より 16 日 まで 事 故 調 査 官 3 名 を 派 遣 して 現 地 調 査 を 実 施 した 当 該 脱 線 車 両 は 4/24 までに 全 ての 車 両 を 現 場 から 搬 出 山 陽 新 幹 線 脱 線 なし 在 来 線 の 状 況 JR 4/16 の 余 震 豊 肥 線 赤 水 駅 構 内 回 送 列 車 脱 線 ( 負 傷 者 なし) 4/17 13:29 列 車 を 移 動 させ 道 路 支 障 を 解 消 20 / 55

21 民 鉄 ( 施 設 被 害 ) 新 幹 線 九 州 新 幹 線 4/16 の 余 震 脱 線 なし 熊 本 駅 可 動 式 ホーム 柵 エスカレータの 一 部 損 傷 熊 本 駅 ~ 新 八 代 駅 間 スラブ 軌 道 損 傷 防 音 壁 落 下 調 整 桁 ズレ 高 架 橋 の 柱 のヒビ 新 八 代 駅 ホーム 桁 損 傷 在 来 線 JR 豊 肥 線 赤 水 駅 ~ 立 野 駅 間 土 砂 流 入 (4/16)( 現 地 に 係 員 入 れず 詳 細 不 明 ) 民 鉄 南 阿 蘇 鉄 道 立 野 駅 ~ 長 陽 駅 間 トンネル 内 壁 クラック 橋 梁 に 変 状 等 が 認 められる ( 運 行 状 況 ) 新 幹 線 の 状 況 1 事 業 者 1 路 線 運 転 休 止 が 詳 細 不 明 (4/16) 九 州 新 幹 線 熊 本 駅 ~ 新 水 俣 駅 間 運 転 休 止 4/20 始 発 より 新 水 俣 駅 ~ 鹿 児 島 中 央 駅 間 運 転 再 開 4/23 11:51 博 多 駅 ~ 熊 本 駅 間 運 転 再 開 本 日 (27 日 ) 博 多 発 14 時 36 分 の 列 車 から 全 線 運 転 再 開 予 定 在 来 線 の 状 況 2 事 業 者 2 路 線 運 転 休 止 イ 空 港 〇 熊 本 空 港 24 時 間 航 空 保 安 業 務 提 供 中 管 制 官 は 19 日 管 制 塔 での 業 務 を 再 開 ターミナルビルは 19 日 15 時 から 部 分 再 開 し 5 つの 搭 乗 口 のうち 3 つを 運 用 ターミ ナルビル 運 用 開 始 後 は 出 発 客 到 着 客 とも 同 ビルを 利 用 中 23 日 朝 より 4 つ 目 の 搭 乗 口 が 運 用 可 能 となり 被 災 前 の 運 航 便 数 にも 対 応 可 能 な 状 態 まで 回 復 19 日 一 部 の 旅 客 便 が 運 航 再 開 ( 到 着 便 は 19 便 出 発 便 は 6 便 ) 20 日 以 降 旅 客 便 は 通 常 の 約 7 割 にあたる 50 便 程 度 が 運 航 中 ( 搭 乗 率 60% 程 度 ) 21 / 55

22 ウ 港 湾 都 道 府 県 名 管 理 者 名 港 格 港 湾 名 港 湾 地 区 名 海 岸 名 及 び 被 害 状 況 等 熊 本 県 熊 本 県 重 要 港 湾 熊 本 港 熊 本 県 熊 本 県 重 要 港 湾 八 代 港 熊 本 県 熊 本 県 重 要 港 湾 三 角 港 大 分 県 大 分 県 重 要 港 湾 別 府 港 橋 梁 両 端 ジョイント 部 にズレ ( 応 急 復 旧 済 規 制 解 除 ) フェリーへの 車 両 乗 降 用 可 動 橋 に 不 具 合 あるため 使 用 不 可 ( 応 急 復 旧 済 ) 岸 壁 背 後 の 道 路 に 亀 裂 ( 応 急 復 旧 済 ) コンテナターミナルのガントリークレーンに 不 具 合 あ り ( 復 旧 済 ) 官 公 庁 船 漁 船 船 溜 まり 浮 桟 橋 のジョイント 部 破 損 ( 使 用 可 能 ) エプロンの 一 部 に 沈 下 クラック ( 利 用 上 の 支 障 無 し) 臨 港 道 路 歩 道 路 肩 の 陥 没 ( 安 全 対 策 済 ) エプロンの 一 部 に 目 地 開 き クラック ( 利 用 上 の 支 障 無 し) 緑 地 歩 道 部 のインターロッキング 破 損 ( 安 全 対 策 済 ) 石 垣 地 区 岸 壁 の 沈 下 背 後 の 液 状 化 水 道 管 破 裂 による 水 吹 き 出 し( 応 急 復 旧 済 ) 岸 壁 背 後 に 小 規 模 な 陥 没 ( 立 ち 入 り 禁 止 措 置 を 実 施 中 ) 別 府 港 海 岸 2 地 区 に 陥 没 ( 直 径 10cm 深 さ30cm 程 度 ) ( 立 ち 入 り 禁 止 措 置 を 実 施 中 ) 8 政 府 の 主 な 対 応 (1) 官 邸 の 対 応 等 (14 日 ) 21:31 官 邸 対 策 室 設 置 緊 急 参 集 チーム 招 集 21:36 総 理 指 示 発 出 21:55 緊 急 参 集 チーム 協 議 22:10 非 常 災 害 対 策 本 部 設 置 22:13 官 房 長 官 会 見 23:21 第 1 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 23:25 内 閣 府 情 報 先 遣 チーム 出 発 23:55 官 房 長 官 会 見 (15 日 ) 5:59 緊 急 参 集 チーム 協 議 7:40 官 房 長 官 会 見 8:08 第 2 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 10:06 官 房 長 官 会 見 10:40 非 常 災 害 現 地 対 策 本 部 設 置 13:00 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 害 対 策 本 部 合 同 会 議 16:07 第 3 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 16:49 官 房 長 官 会 見 17:00 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 害 対 策 本 部 合 同 会 議 (16 日 ) 2:38 総 理 指 示 発 出 2:38 緊 急 参 集 チーム 協 議 22 / 55

23 3:28 官 房 長 官 会 見 5:10 第 4 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 5:52 官 房 長 官 会 見 10:00 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 害 対 策 本 部 合 同 会 議 11:30 第 5 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 12:13 官 房 長 官 会 見 16:00 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 害 対 策 本 部 合 同 会 議 18:30 第 6 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 (17 日 ) 10:58 緊 急 参 集 チーム 協 議 11:30 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 害 対 策 本 部 合 同 会 議 11:37 第 7 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 12:34 官 房 長 官 会 見 16:30 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 害 対 策 本 部 合 同 会 議 17:00 被 災 者 生 活 支 援 チーム 会 合 17:59 緊 急 参 集 チーム 協 議 18:33 第 8 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 19:19 官 房 長 官 会 見 (18 日 ) 11:24 官 房 長 官 会 見 15:59 緊 急 参 集 チーム 協 議 16:30 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 害 対 策 本 部 合 同 会 議 16:34 第 9 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 17:43 官 房 長 官 会 見 (19 日 ) 10:12 官 房 長 官 会 見 11:30 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 害 対 策 本 部 合 同 会 議 16:30 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 害 対 策 本 部 合 同 会 議 16:59 第 10 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 17:54 官 房 長 官 会 見 (20 日 ) 11:23 官 房 長 官 会 見 15:34 第 11 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 16:30 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 対 本 部 合 同 会 議 16:38 官 房 長 官 会 見 (21 日 ) 11:25 官 房 長 官 会 見 15:04 第 12 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 16:19 官 房 長 官 会 見 16:30 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 対 本 部 合 同 会 議 (22 日 ) 23 / 55

24 10:11 萩 生 田 官 房 副 長 官 会 見 16:05 第 13 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 16:30 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 対 本 部 合 同 会 議 16:53 官 房 長 官 会 見 (23 日 ) 総 理 による 熊 本 地 震 に 係 る 被 災 状 況 視 察 13:00 第 14 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 16:30 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 対 本 部 合 同 会 議 (24 日 ) 9:30 第 15 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 16:30 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 対 本 部 合 同 会 議 (25 日 ) 11:11 官 房 長 官 会 見 16:11 第 16 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 16:30 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 対 本 部 合 同 会 議 17:08 官 房 長 官 会 見 (26 日 ) 10:10 官 房 長 官 会 見 14:08 第 17 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 16:19 官 房 長 官 会 見 16:30 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 対 本 部 合 同 会 議 (27 日 ) 11:25 萩 生 田 官 房 副 長 官 会 見 11:35 第 18 回 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 16:28 官 房 長 官 会 見 16:30 政 府 現 地 対 策 本 部 熊 本 県 災 害 対 策 本 部 合 同 会 議 ( 予 定 ) (2) 総 理 指 示 以 下 のとおり 総 理 指 示 が 発 せられた (4 月 14 日 21:36) 1. 早 急 に 被 害 状 況 を 把 握 すること 2. 地 方 自 治 体 とも 緊 密 に 連 携 し 政 府 一 体 となって 災 害 応 急 対 策 に 全 力 で 取 り 組 むこと 3. 国 民 に 対 し 避 難 や 被 害 等 に 関 する 情 報 提 供 を 適 時 的 確 に 行 うこと 以 下 のとおり 総 理 指 示 が 発 せられた (4 月 16 日 2:38) 1. 被 害 が 広 範 囲 にわたり 拡 大 するおそれもあるため 早 急 に 被 害 状 況 を 把 握 す ること 2. 地 方 自 治 体 とも 緊 密 に 連 携 し 政 府 一 体 となって 被 災 者 の 救 命 救 助 等 の 災 害 応 急 対 策 に 全 力 で 取 り 組 むこと 3. 国 民 に 対 し 避 難 や 被 害 等 に 関 する 情 報 提 供 を 適 時 的 確 に 行 うこと (3) 災 害 救 助 法 の 適 用 平 成 28 年 熊 本 県 熊 本 地 方 の 地 震 により 多 数 の 者 が 生 命 又 は 身 体 に 危 害 を 受 け 又 は 受 け 24 / 55

25 るおそれが 生 じていることから 熊 本 県 は 県 内 全 45 市 町 村 に 災 害 救 助 法 の 適 用 を 決 定 し た ( 4 月 14 日 適 用 ) (4) 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 の 適 用 熊 本 県 県 内 全 域 (4 月 14 日 適 用 ) (5) 激 甚 災 害 の 指 定 公 共 土 木 施 設 災 害 復 旧 事 業 等 に 関 する 特 別 の 財 政 援 助 農 地 等 の 災 害 復 旧 事 業 等 に 係 る 補 助 の 特 別 措 置 農 林 水 産 業 共 同 利 用 施 設 災 害 復 旧 事 業 費 の 補 助 の 特 例 中 小 企 業 信 用 保 険 法 による 災 害 関 係 保 証 の 特 例 事 業 協 同 組 合 等 の 施 設 の 災 害 復 旧 事 業 に 対 する 補 助 公 立 社 会 教 育 施 設 災 害 復 旧 事 業 に 対 する 補 助 私 立 学 校 施 設 災 害 復 旧 事 業 に 対 する 補 助 市 町 村 が 施 行 する 感 染 症 予 防 事 業 に 関 する 負 担 の 特 例 母 子 及 び 父 子 並 びに 寡 婦 福 祉 法 による 国 の 貸 付 けの 特 例 罹 災 者 公 営 住 宅 建 設 等 事 業 に 対 する 補 助 の 特 例 小 災 害 債 に 係 る 元 利 償 還 金 の 基 準 財 政 需 要 額 への 算 入 等 雇 用 保 険 法 による 求 職 者 給 付 の 支 給 に 関 する 特 例 の 合 計 12の 措 置 を 適 用 ( 激 甚 災 害 ( 本 激 )の 指 定 ) (4 月 26 日 ) 9 各 省 庁 等 の 対 応 等 (1) 内 閣 府 の 対 応 内 閣 府 災 害 対 策 室 設 置 (4 月 14 日 21:26) 内 閣 府 情 報 先 遣 チーム 出 発 (4 月 14 日 23:25) 男 女 共 同 参 画 局 より 熊 本 県 及 び 熊 本 市 に 対 し 男 女 共 同 参 画 の 視 点 からの 避 難 所 運 営 等 の 災 害 対 応 について を 発 出 し 避 難 所 運 営 等 において 男 女 共 同 参 画 の 視 点 からの 適 切 な 措 置 を 講 じるよう 要 請 (4 月 15 日 ) (2) 警 察 庁 の 対 応 警 察 庁 災 害 警 備 本 部 設 置 (4 月 14 日 21:31) 熊 本 県 警 察 では 本 部 長 を 長 とする 災 害 警 備 本 部 を 設 置 (21:31) 警 察 庁 は 次 長 を 長 とする 非 常 災 害 警 備 本 部 を 設 置 (22:10) 警 察 災 害 派 遣 隊 体 制 449 人 ヘリ 活 動 8 機 (4 月 27 日 7:00) 避 難 所 の 被 災 者 へ 相 談 等 を 通 じて 不 安 軽 減 を 図 る 各 県 部 隊 ( 福 岡 佐 賀 長 崎 鹿 児 島 )20 人 及 び 警 視 庁 きずな 隊 22 人 を 派 遣 被 災 ( 不 在 ) 家 屋 における 盗 難 防 止 を 図 る 特 別 自 動 車 警 ら 部 隊 29 台 116 人 を 派 遣 被 災 県 体 制 熊 本 県 警 察 本 部 長 以 下 2,200 人 (3) 消 防 庁 の 対 応 震 度 6 弱 以 上 を 観 測 した 関 係 消 防 本 部 市 町 村 に 直 接 被 害 状 況 の 問 い 合 わせをしたところ 連 絡 不 通 団 体 なし 熊 本 県 熊 本 市 阿 蘇 市 南 阿 蘇 村 に 消 防 庁 職 員 9 名 を 派 遣 し 現 地 での 情 報 収 集 等 を 実 施 消 防 研 究 センターによる 石 油 コンビナートの 液 状 化 など 危 険 物 施 設 等 の 損 傷 被 害 に 関 する 調 査 を 実 施 16 日 に 熊 本 県 から 要 望 のあった 毛 布 の 支 援 7.6 万 枚 については 静 岡 県 大 阪 府 広 島 県 関 西 広 域 連 合 から 調 達 することとし 7 万 枚 については17 日 に 残 る0.6 万 枚 につ いても18 日 に 佐 賀 県 鳥 栖 市 の 仕 分 け 所 に 搬 入 済 み また その 他 指 定 都 市 市 長 会 を 通 じ たプッシュ 型 支 援 1.5 万 枚 のうち1.1 万 枚 については17 日 に 残 り0.4 万 枚 につい 25 / 55

26 ても18 日 に 熊 本 県 民 総 合 運 動 公 園 ( 熊 本 市 )に 搬 入 済 み 16 日 に 熊 本 県 から 要 望 のあった 簡 易 トイレの 支 援 2,750 個 については 東 京 都 千 葉 県 から 調 達 し 18 日 に 福 岡 県 久 山 町 の 仕 分 け 所 に 向 けて 搬 送 し 20 日 午 前 中 に 一 部 搬 入 開 始 19 日 に 消 防 本 部 や 消 防 団 が 避 難 者 に 対 し エコノミークラス 症 候 群 防 止 に 関 する 注 意 喚 起 とその 予 防 方 法 の 積 極 的 な 情 報 提 供 について 協 力 を 行 うよう 各 都 道 府 県 を 通 じて 周 知 25 日 に 熊 本 県 から 要 望 のあったビニールシートの 支 援 について 埼 玉 県 から5 千 枚 千 葉 県 から1 万 枚 の 調 達 の 手 配 を 実 施 し 26 日 に 福 岡 県 久 山 町 の 仕 分 け 所 に 向 けて 搬 出 済 み ア 緊 急 消 防 援 助 隊 の 活 動 状 況 27 日 の 活 動 規 模 計 41 隊 (1 県 ) 144 名 (ヘリ2 機 含 む) 27 日 の 活 動 福 岡 県 大 隊 が 南 阿 蘇 村 における 救 急 救 助 活 動 等 について 熊 本 県 内 の 応 援 隊 への 引 継 ぎ 等 を 実 施 〇 緊 急 消 防 援 助 隊 の 出 動 を 必 要 とする 余 震 等 が 発 生 した 場 合 に 備 え 今 回 出 動 した 各 府 県 においては 緊 急 消 防 援 助 隊 の 統 合 機 動 部 隊 が1 時 間 以 内 に 出 動 する 体 制 を 確 保 26 日 の 主 な 実 績 福 岡 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 ( 計 3 県 )の 各 大 隊 が 救 助 活 動 等 を 実 施 〇 阿 蘇 大 橋 付 近 ( 熊 本 側 )において 8 時 00 分 から 宮 崎 県 大 隊 が 国 交 省 が 実 施 する 道 路 啓 開 の 安 全 管 理 支 援 活 動 等 を 実 施 13 時 00 分 から 熊 本 県 内 の 応 援 隊 へ 安 全 管 理 支 援 活 動 等 を 引 継 ぎ 25 日 の 主 な 実 績 福 岡 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 ( 計 3 県 )の 各 大 隊 が 救 助 活 動 等 を 実 施 南 阿 蘇 村 高 野 台 地 区 において 福 岡 県 及 び 鹿 児 島 県 の 各 大 隊 が 夜 間 から 継 続 し 捜 索 救 助 活 動 を 実 施 16 時 01 分 自 衛 隊 により 行 方 不 明 者 1 名 を 発 見 福 岡 県 大 隊 救 急 小 隊 により 平 田 医 院 へ 搬 送 18 時 35 分 行 方 不 明 者 本 人 と 確 認 南 阿 蘇 村 高 野 台 地 区 は 行 方 不 明 者 発 見 に 伴 い 捜 索 救 助 活 動 を 終 了 阿 蘇 大 橋 付 近 ( 熊 本 側 )において 8 時 00 分 から17 時 15 分 まで 宮 崎 県 大 隊 が 国 交 省 が 実 施 する 道 路 啓 開 の 安 全 管 理 支 援 活 動 等 を 実 施 阿 蘇 大 橋 付 近 ( 大 分 側 )の 活 動 は 25 日 11 時 45 分 を 以 て 終 了 ヘリ 関 係 県 災 害 対 策 本 部 報 告 によるヘリの 主 な 活 動 鹿 児 島 県 防 災 ヘリが 南 阿 蘇 村 上 空 からヘリテレによる 情 報 収 集 24 日 の 主 な 実 績 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 ( 計 5 県 )の 各 派 遣 隊 が 救 助 活 動 等 を 実 施 南 阿 蘇 村 高 野 台 地 区 において 7 時 00 分 に 国 交 省 警 察 自 衛 隊 とともに 現 地 確 認 8 時 30 分 から 捜 索 救 助 活 動 を 実 施 阿 蘇 大 橋 において 8 時 30 分 から 佐 賀 県 隊 及 び 宮 崎 県 隊 が 国 交 省 が 実 施 する 道 路 啓 開 の 安 全 管 理 支 援 活 動 等 を 実 施 南 阿 蘇 村 の 避 難 所 からノロウィルス( 疑 いを 含 む) 患 者 ( 計 2 名 )の 救 急 搬 送 を 実 施 26 / 55

27 ヘリ 関 係 県 災 害 対 策 本 部 報 告 によるヘリの 主 な 活 動 長 崎 県 防 災 ヘリが 南 阿 蘇 村 上 空 からヘリテレによる 情 報 収 集 23 日 の 主 な 実 績 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 ( 計 5 県 )の 各 派 遣 隊 が 捜 索 救 助 活 動 等 を 実 施 福 岡 県 佐 賀 県 宮 崎 県 は 南 阿 蘇 村 高 野 台 地 区 で 夜 間 から 継 続 し 捜 索 救 助 活 動 を 実 施 なお 長 崎 県 及 び 鹿 児 島 県 隊 は 熊 本 市 から 移 動 後 同 地 区 で 捜 索 救 助 活 動 を 実 施 13 時 30 分 捜 索 救 助 現 場 において 活 動 中 の 福 岡 県 隊 が 携 帯 電 話 を 発 見 14 時 30 分 高 野 台 地 区 天 候 不 良 のため 活 動 中 止 鹿 児 島 県 隊 が 阿 蘇 大 橋 付 近 での 国 交 省 が 実 施 する 道 路 啓 開 の 安 全 管 理 支 援 活 動 等 を 実 施 南 阿 蘇 村 の 避 難 所 となっている 南 阿 蘇 中 学 校 からノロウィルス( 疑 いを 含 む) 患 者 ( 計 17 名 )の 救 急 搬 送 を 実 施 ヘリ 関 係 県 災 害 対 策 本 部 報 告 によるヘリの 主 な 活 動 長 崎 県 防 災 ヘリ 及 び 鹿 児 島 県 防 災 ヘリが 南 阿 蘇 村 上 空 からヘリテレによる 情 報 収 集 22 日 の 主 な 実 績 大 阪 府 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 の 各 派 遣 隊 が 救 助 活 動 等 を 実 施 福 岡 市 消 防 局 ヘリにより 9 時 頃 南 阿 蘇 村 の 状 況 を 調 査 南 阿 蘇 村 の 高 野 台 地 区 において 大 阪 市 消 防 局 の 指 揮 支 援 隊 及 び 大 阪 府 沖 縄 県 の 各 隊 が 捜 索 救 助 活 動 を 実 施 南 阿 蘇 村 の 阿 蘇 大 橋 において 国 交 省 の 道 路 啓 開 活 動 再 開 に 伴 い 福 岡 県 隊 が 早 期 地 震 警 報 装 置 を 設 置 し 安 全 管 理 の 支 援 活 動 を 実 施 福 岡 県 佐 賀 県 及 び 宮 崎 県 の 各 隊 が 南 阿 蘇 村 で 捜 索 救 助 活 動 を 実 施 なお 夜 間 においても 交 代 ローテーションを 組 み 活 動 を 継 続 熊 本 市 内 において 長 崎 県 及 び 鹿 児 島 県 の 各 隊 が 警 戒 活 動 を 実 施 ヘリ 関 係 県 災 害 対 策 本 部 報 告 によるヘリの 主 な 活 動 福 岡 市 消 防 局 ヘリ 及 び 長 崎 県 防 災 ヘリが 南 阿 蘇 村 上 空 からヘリテレによる 情 報 収 集 21 日 の 主 な 実 績 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 鳥 取 県 島 根 県 山 口 県 高 知 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 の 各 派 遣 隊 が 救 助 活 動 等 を 実 施 南 阿 蘇 村 の 河 陽 高 野 台 地 区 において 大 阪 市 消 防 局 及 び 神 戸 市 消 防 局 の 各 指 揮 支 援 隊 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 島 根 県 山 口 県 高 知 県 沖 縄 県 の 各 隊 が 地 滑 りによ る 行 方 不 明 者 の 捜 索 救 助 活 動 を20 日 深 夜 から 引 き 続 き 実 施 4 時 10 分 に 天 候 不 良 のため 活 動 中 止 南 阿 蘇 村 の 阿 蘇 大 橋 においては 国 交 省 をはじめ 関 係 機 関 による 道 路 啓 開 活 動 を 実 施 後 活 動 隊 を 選 定 し 捜 索 救 助 活 動 を 実 施 予 定 だったが 天 候 不 良 のため 活 動 中 止 南 阿 蘇 村 全 体 で 248 隊 834 名 が 活 動 熊 本 市 内 において 北 九 州 市 消 防 局 指 揮 支 援 隊 及 び 鳥 取 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 の 各 隊 が 警 戒 活 動 を 実 施 20 日 の 主 な 実 績 南 阿 蘇 村 の 河 陽 高 野 台 地 区 において 大 阪 市 消 防 局 及 び 広 島 市 消 防 局 の 各 指 揮 支 援 隊 大 阪 府 広 島 県 山 口 県 徳 島 県 高 知 県 の 各 隊 が 地 滑 りによる 行 方 不 明 者 の 捜 索 救 助 活 動 を 実 施 27 / 55

28 南 阿 蘇 村 の 阿 蘇 大 橋 において 岡 山 市 消 防 局 指 揮 支 援 隊 及 び 岡 山 県 隊 が 国 交 省 を はじめ 関 係 機 関 が 行 う 道 路 啓 開 活 動 を 支 援 するため 地 震 警 報 装 置 を 設 置 するとともに 地 滑 りによる 行 方 不 明 者 の 捜 索 救 助 活 動 に 備 え 待 機 南 阿 蘇 村 全 体 で 217 隊 782 名 が 活 動 熊 本 市 内 において 神 戸 市 消 防 局 及 び 北 九 州 市 消 防 局 の 各 指 揮 支 援 隊 京 都 府 兵 庫 県 島 根 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 の 各 隊 が 警 戒 活 動 を 実 施 益 城 町 及 び 西 原 村 において 鳥 取 県 香 川 県 愛 媛 県 の 各 隊 が 警 戒 活 動 を 実 施 ヘリ 関 係 県 災 害 対 策 本 部 報 告 によるヘリの 主 な 活 動 高 知 県 ヘリ 鹿 児 島 県 ヘリ 阿 蘇 地 域 等 上 空 からヘリサット 等 による 情 報 収 集 19 日 の 主 な 実 績 南 阿 蘇 村 の 河 陽 地 区 において 大 阪 市 消 防 局 指 揮 支 援 隊 及 び 大 阪 府 広 島 県 の 各 隊 が 土 砂 崩 れにより 車 両 が 埋 まっている 可 能 性 がある 現 場 の 捜 索 救 助 活 動 を 実 施 南 阿 蘇 村 の 河 陽 高 野 台 地 区 において 広 島 市 消 防 局 指 揮 支 援 隊 及 び 山 口 県 隊 徳 島 県 高 知 県 の 各 隊 が 地 滑 りによる 行 方 不 明 者 の 捜 索 救 助 活 動 を 実 施 阿 蘇 市 西 湯 浦 地 区 において 広 島 市 消 防 局 指 揮 支 援 隊 及 び 山 口 県 隊 が 地 鳴 り 現 場 の 警 戒 確 認 を 実 施 南 阿 蘇 村 及 び 阿 蘇 市 全 体 で 160 隊 599 名 が 活 動 熊 本 市 内 において 神 戸 市 消 防 局 及 び 北 九 州 市 消 防 局 の 各 指 揮 支 援 隊 京 都 府 兵 庫 県 島 根 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 の 各 隊 が 活 動 益 城 町 及 び 西 原 村 において 岡 山 市 消 防 局 指 揮 支 援 隊 及 び 岡 山 県 鳥 取 県 香 川 県 愛 媛 県 の 各 隊 が 活 動 ヘリ 関 係 県 災 害 対 策 本 部 報 告 によるヘリの 主 な 活 動 高 知 県 ヘリ 阿 蘇 地 域 等 上 空 からヘリサットによる 情 報 収 集 長 崎 県 ヘリ 阿 蘇 医 療 センターから 傷 病 者 1 名 を 転 院 搬 送 福 岡 市 消 防 局 ヘリ 福 岡 空 港 から 本 山 河 川 敷 へ 救 援 物 資 等 を 輸 送 18 日 の 主 な 実 績 南 阿 蘇 村 の 立 野 地 区 及 び 河 陽 地 区 において 大 阪 市 消 防 局 指 揮 支 援 隊 及 び 大 阪 府 広 島 県 の 各 隊 が 行 方 不 明 者 の 捜 索 救 助 活 動 を 実 施 南 阿 蘇 村 の 赤 瀬 地 区 において 広 島 市 消 防 局 指 揮 支 援 隊 及 び 山 口 県 徳 島 県 高 知 県 の 各 隊 がペンション 群 の 捜 索 救 助 活 動 を 実 施 南 阿 蘇 村 全 体 で 157 隊 599 名 が 活 動 益 城 町 において 岡 山 市 消 防 局 指 揮 支 援 隊 及 び 岡 山 県 鳥 取 県 香 川 県 愛 媛 県 の 各 隊 がローラー 作 戦 を 実 施 ヘリ 関 係 4 隊 7フライト 県 災 害 対 策 本 部 報 告 によるヘリの 主 な 活 動 高 知 県 ヘリ 阿 蘇 地 域 等 上 空 からヘリサットによる 情 報 収 集 鹿 児 島 県 ヘリ 宮 崎 県 ヘリ 熊 本 医 療 センターをはじめ 3 病 院 から 傷 病 者 計 3 名 を 28 / 55

29 県 外 へ 広 域 医 療 搬 送 福 岡 市 消 防 局 ヘリ 福 岡 空 港 から 本 山 河 川 敷 へ 救 援 物 資 等 を 輸 送 長 崎 県 ヘリ 阿 蘇 医 療 センターから 傷 病 者 1 名 を 転 院 搬 送 17 日 の 主 な 実 績 東 京 消 防 庁 ヘリが ヘリサット 等 を 活 用 して 情 報 収 集 を 実 施 鳥 取 県 ヘリが 上 益 城 にて 孤 立 した 住 民 1 名 の 救 出 活 動 を 実 施 し ヘリにて 搬 送 16 日 の 主 な 実 績 高 知 県 ヘリ 長 崎 県 ヘリ 京 都 府 ヘリ 山 口 県 ヘリ 広 島 市 消 防 局 ヘリ 岡 山 市 消 防 局 ヘリ 東 京 消 防 庁 ヘリ 阿 蘇 地 域 等 上 空 から 情 報 収 集 高 知 県 ヘリ 情 報 収 集 中 南 阿 蘇 村 立 野 で 発 見 した 孤 立 被 災 者 2 名 を 救 助 鹿 児 島 県 ヘリ 南 阿 蘇 村 ペンションメルヘン 村 の 孤 立 被 災 者 2 名 を 救 助 広 島 県 ヘリ 南 阿 蘇 村 河 陽 地 区 の2 箇 所 で 孤 立 被 災 者 2 名 を 救 助 広 島 県 ヘリ 山 口 県 ヘリ 南 阿 蘇 村 河 陽 地 区 で 発 見 した 孤 立 被 災 者 2 名 を 救 助 山 口 県 ヘリ 香 川 県 ヘリ 愛 媛 県 ヘリ 西 原 村 の 孤 立 被 災 者 26 名 を 救 助 イ 地 元 消 防 機 関 の 活 動 規 模 (27 日 県 内 応 援 を 含 む) 熊 本 県 消 防 隊 376 名 消 防 団 員 1,642 名 ウ 消 防 機 関 の 主 な 活 動 内 容 (ア) 地 元 消 防 本 部 の 活 動 内 容 ( 各 県 からの 情 報 ) 熊 本 県 (27 日 9 時 00 分 現 在 ) 消 防 本 部 火 災 件 数 救 助 件 数 救 助 者 数 救 急 件 数 熊 本 市 消 防 局 山 鹿 市 消 防 本 部 人 吉 下 球 磨 消 防 組 合 消 防 本 部 上 益 城 消 防 組 合 消 防 本 部 八 代 広 域 行 政 事 務 組 合 消 防 本 部 阿 蘇 広 域 行 政 事 務 組 合 消 防 本 部 有 明 広 域 行 政 事 務 組 合 消 防 本 部 水 俣 芦 北 広 域 行 政 事 務 組 合 消 防 本 部 宇 城 広 域 連 合 消 防 本 部 菊 池 広 域 連 合 消 防 本 部 天 草 広 域 連 合 消 防 本 部 合 計 ,548 大 分 県 (26 日 17 時 00 分 現 在 ) 29 / 55

30 消 防 本 部 火 災 件 数 救 助 件 数 救 助 者 数 救 急 件 数 大 分 市 消 防 局 別 府 市 消 防 本 部 竹 田 市 消 防 本 部 宇 佐 市 消 防 本 部 由 布 市 消 防 本 部 日 田 玖 珠 広 域 消 防 本 部 合 計 (イ) 緊 急 消 防 援 助 隊 の 活 動 内 容 (4 月 26 日 16 時 現 在 の 速 報 値 ) 救 助 者 数 86 名 (うち ヘリによる 救 助 者 数 35 名 ) 救 急 搬 送 者 数 384 名 (うち ヘリによる 救 急 搬 送 者 数 46 名 ) (4) 海 上 保 安 庁 の 対 応 ア 地 震 発 生 時 の 初 動 措 置 14 日 ( 木 ) 21:26 頃 地 震 発 生 第 十 管 区 地 震 災 害 対 策 本 部 設 置 21:31 海 上 保 安 庁 対 策 本 部 設 置 21:36 巡 視 船 艇 航 空 機 に 発 動 指 示 21:37 日 本 航 行 警 報 NAVTEX 航 行 警 報 発 出 22:20 AIS( 船 舶 自 動 識 別 装 置 ) MICS( 沿 岸 域 情 報 提 供 システム)により 地 震 情 報 を 発 出 16 日 ( 土 ) 01:26 頃 地 震 発 生 津 波 注 意 報 発 令 01:30 第 七 管 区 地 震 対 策 本 部 設 置 01:40 NAVTEX 航 行 警 報 発 出 01:41 日 本 航 行 警 報 発 出 01:50 十 管 区 地 域 航 行 警 報 MICSにより 地 震 情 報 を 発 出 02:14 津 波 注 意 報 解 除 02:20 AISにより 地 震 情 報 を 発 出 02:45 長 官 指 示 発 出 05:35 長 官 指 示 発 出 イ 対 応 勢 力 (ア)27 日 の 対 応 勢 力 船 艇 :8 隻 ( 五 管 区 1 隻 十 管 区 7 隻 ) 航 空 機 :2 機 ( 回 転 翼 2 機 ) 機 動 救 難 士 等 :2 名 (イ)14 日 以 降 のべ 数 船 艇 :のべ 277 隻 ( 五 管 区 5 隻 七 管 区 101 隻 八 管 区 10 隻 十 管 区 161 隻 ) 航 空 機 :のべ 61 機 ( 固 定 翼 17 機 回 転 翼 44 機 ) 30 / 55

31 特 殊 救 難 隊 のべ 18 名 機 動 救 難 士 のべ 58 名 潜 水 士 のべ 22 名 ウ 対 応 状 況 (ア) 被 害 状 況 調 査 14 日 ( 木 )~15 日 ( 金 ): 前 震 ( 震 度 7) 船 艇 航 空 機 により 沿 岸 部 の 状 況 調 査 を 実 施 被 害 認 めず 16 日 ( 土 )~17 日 ( 日 ): 本 震 ( 震 度 7) 船 艇 航 空 機 により 沿 岸 部 の 状 況 調 査 を 実 施 被 害 認 めず 18 日 ( 月 ): 余 震 ( 震 度 5 強 ) 巡 視 艇 により 沿 岸 部 の 状 況 調 査 を 実 施 被 害 認 めず (イ) 緊 急 医 療 支 援 16 日 ( 土 ) 08:40~10:30 熊 本 県 の 要 請 に 基 づき ヘリコプターにより 南 阿 蘇 地 区 から 大 分 県 立 病 院 へ 負 傷 者 1 名 搬 送 09:30~10:50 熊 本 県 の 要 請 に 基 づき ヘリコプターにより 南 阿 蘇 地 区 から 大 分 県 立 病 院 へ 負 傷 者 1 名 搬 送 10:47~12:50 ヘリコプターにより 大 分 県 立 病 院 から 南 阿 蘇 地 区 へ 医 師 2 名 搬 送 11:10~11:37 ヘリコプターにより 大 分 県 立 病 院 から 南 阿 蘇 地 区 へ 看 護 士 1 名 搬 送 18 日 ( 月 ) 14:20~14:57 熊 本 県 の 要 請 に 基 づき ヘリコプターにより 山 鹿 消 防 本 部 から 熊 本 大 学 病 院 へ 患 者 1 名 付 添 1 名 医 師 1 名 を 搬 送 19 日 ( 火 ) 13:00~14:20 熊 本 県 の 要 請 に 基 づき ヘリコプターにより 熊 本 空 港 から 長 陽 運 動 公 園 へ 医 師 等 4 名 を 搬 送 14:47~14:55 熊 本 県 の 要 請 に 基 づき ヘリコプターにより 長 陽 運 動 公 園 から 熊 本 空 港 へ 医 師 等 4 名 を 搬 送 22 日 ( 金 ) 09:30~10:05 熊 本 県 からの 要 請 に 基 づき ヘリコプターにより 熊 本 大 学 病 院 から 飯 塚 市 防 災 センターへ 患 者 1 名 医 師 1 名 を 搬 送 10:15~10:50 熊 本 県 からの 要 請 に 基 づき ヘリコプターにより 飯 塚 市 センターから 熊 本 大 学 病 院 へ 医 師 1 名 を 搬 送 (ウ) 港 での 住 民 支 援 31 / 55 輸 送 人 員 計 19 名 熊 本 港 三 角 港 八 代 港 において 給 水 食 料 支 援 入 浴 提 供 携 帯 電 話 充 電 等 の 住 民 支 援 実 施 16 日 給 水 量 計 約 4,323l 17 日 給 水 量 計 約 31,192l 入 浴 者 数 62 人 他 食 糧 等 18 日 給 水 量 計 約 63,185l 入 浴 者 数 453 人 他 食 糧 等 19 日 給 水 量 計 約 23,187l 入 浴 者 数 529 人 他 食 糧 等 20 日 給 水 量 計 約 26,915l 入 浴 者 数 711 人 他 食 糧 等 21 日 給 水 量 計 約 5,543l 入 浴 者 数 675 名 他 食 糧 等 22 日 給 水 量 計 約 18,164l 入 浴 者 数 885 人 他 食 糧 等 23 日 給 水 量 計 約 5,409l 入 浴 者 数 447 人 他 食 糧 等 24 日 給 水 量 計 約 16,924l 入 浴 者 数 673 人 他 食 糧 等

32 25 日 給 水 量 計 約 2,405l 入 浴 者 数 312 人 他 食 糧 等 26 日 給 水 量 計 約 1,494l 入 浴 者 数 290 名 27 日 給 水 量 計 約 98l 入 浴 者 数 23 名 (エ) 避 難 所 等 への 生 活 物 資 支 援 ( 輸 送 ) 17 日 ~26 日 支 援 実 績 食 糧 計 22,805 食 飲 料 水 計 12,266l エ 船 舶 に 対 する 勧 告 16 日 ( 土 ) 01:27~02:14 福 岡 県 及 び 熊 本 県 の 計 11 港 に 避 難 勧 告 を 発 出 21 日 ( 木 ) 03:08~15:53 暴 風 警 報 発 表 に 伴 い 熊 本 県 内 の 計 4 港 に 警 戒 勧 告 を 発 出 オ リエゾンの 派 遣 熊 本 県 災 害 対 策 本 部 にリエゾン4 名 派 遣 (14 日 23:50~) 政 府 現 地 対 策 本 部 にリエゾン8 名 派 遣 (15 日 10:40~) 大 分 県 庁 にリエゾン2 名 派 遣 (16 日 04:30~) 内 閣 府 防 災 に 職 員 を 派 遣 (18 日 18:00~) 鹿 児 島 県 庁 リエゾン 派 遣 解 除 (14 日 22:00~15 日 08:15) 佐 賀 県 庁 リエゾン 派 遣 解 除 (16 日 02:09~16 日 13:55) 長 崎 県 庁 リエゾン 派 遣 解 除 (16 日 02:53~1232) 福 岡 県 庁 リエゾン 派 遣 解 除 (16 日 05:20~1200) 大 分 県 庁 リエゾン 派 遣 解 除 (16 日 04:30~25 日 18:00) (5) 防 衛 省 の 対 応 防 衛 省 災 害 対 策 本 部 会 議 (14 日 22:45~) 統 合 任 務 部 隊 (JTF) 編 制 ( 指 揮 官 : 西 方 総 監 ) 活 動 の 態 勢 約 2.6 万 人 航 空 機 97 機 ( 内 ヘリ 81 機 ) 艦 艇 12 隻 (4 月 27 日 0:00 現 在 ) 即 応 予 備 自 衛 官 の 招 集 命 令 等 を 発 出 ( 最 大 300 人 ) 25 日 までに 約 160 名 が 活 動 中 活 動 内 容 等 人 命 救 助 人 命 救 助 行 方 不 明 者 捜 索 累 計 :11 名 病 院 等 の 患 者 の 輸 送 累 計 :511 名 被 災 者 の 安 全 確 保 のための 人 員 輸 送 累 計 :727 名 DMAT 輸 送 : 累 計 94 名 生 活 支 援 物 資 輸 送 ( 計 か 所 ) 累 計 : 毛 布 37,538 枚 日 用 品 42,202 箱 食 料 品 1,135,623 食 飲 料 水 774,169 本 26 日 分 毛 布 440 枚 日 用 品 1,931 箱 食 料 品 139,682 食 飲 料 水 30,809 本 ( 熊 本 市 阿 蘇 市 宇 城 市 宇 土 市 玉 名 市 八 代 市 益 城 町 菊 陽 町 美 里 町 御 船 町 山 都 町 南 阿 蘇 村 西 原 村 ) 給 食 支 援 ( 計 か 所 ) 累 計 :703,512 食 26 日 分 45,344 食 ( 熊 本 市 阿 蘇 市 宇 城 市 宇 土 市 由 布 市 益 城 町 大 津 町 嘉 島 町 菊 陽 町 南 阿 蘇 村 西 原 村 ) 給 水 支 援 ( 計 か 所 ) 累 計 :8,284.6t 32 / 55

33 26 日 分 443.2t( 熊 本 市 阿 蘇 市 宇 城 市 玉 名 市 由 布 市 菊 池 市 益 城 町 大 津 町 嘉 島 町 菊 陽 町 九 重 町 御 船 町 南 阿 蘇 村 西 原 村 ) 入 浴 支 援 ( 計 25 か 所 ) 累 計 :47,337 名 26 日 分 8,428 名 ( 熊 本 市 阿 蘇 市 宇 城 市 益 城 町 大 津 町 嘉 島 町 菊 陽 町 甲 佐 町 御 船 町 山 都 町 南 阿 蘇 村 西 原 村 ) 天 幕 支 援 累 計 :32 張 :26 日 現 在 0 か 所 医 療 支 援 ( 計 7 か 所 ) 累 計 :1,793 名 :26 日 分 110 名 ( 熊 本 市 宇 城 市 阿 蘇 市 益 城 町 嘉 島 町 ) 上 記 支 援 箇 所 のほか 巡 回 診 療 を 実 施 瓦 礫 除 去 ( 計 か 所 ) 累 計 : 約 15.9km :26 日 分 約 1.8km( 熊 本 市 阿 蘇 市 南 小 国 町 南 阿 蘇 村 ) 民 間 船 舶 はくおう の 休 養 施 設 としての 利 用 (23~24 日 : 八 代 市 (174 名 ) 25~26 日 : 八 代 市 (200 名 ) 27~28 日 : 益 城 町 ( 予 定 ) 29~30 日 : 嘉 島 町 ( 予 定 )) 26 日 感 染 症 対 策 チーム 8 名 ( 看 護 師 4 名 臨 床 検 査 技 師 4 名 )が 避 難 所 (6 か 所 ) の 環 境 衛 生 評 価 支 援 を 実 施 (6) 金 融 庁 の 対 応 災 害 救 助 法 の 決 定 を 受 け 4 月 15 日 熊 本 県 内 の 関 係 金 融 機 関 等 に 対 し 九 州 財 務 局 長 及 び 日 本 銀 行 熊 本 支 店 長 の 連 名 により 平 成 28 年 熊 本 県 熊 本 地 方 の 地 震 に 係 る 災 害 に 対 する 金 融 上 の 措 置 について を 発 出 し 預 金 の 払 戻 時 の 柔 軟 な 取 扱 い 等 被 災 者 の 便 宜 を 考 慮 し た 適 時 的 確 な 措 置 を 講 じるよう 要 請 4 月 17 日 金 融 庁 ウェブページに 特 設 サイトを 設 け 被 災 者 の 生 活 支 援 等 に 資 する 情 報 を 随 時 更 新 4 月 18 日 金 融 庁 長 官 をヘッドとする 庁 内 横 断 の 対 応 チームを 設 置 4 月 18 日 自 然 災 害 対 応 私 的 整 理 ガイドラインについて 全 銀 協 を 通 じ 被 災 地 の 金 融 機 関 に 対 して 広 報 チラシの 配 布 や 窓 口 設 置 等 による 周 知 広 報 を 改 めて 依 頼 4 月 19 日 金 融 機 関 のニーズを 把 握 するための 情 報 収 集 体 制 を 整 備 4 月 20 日 被 災 者 からの 相 談 を 受 け 付 ける 平 成 28 年 熊 本 地 震 金 融 庁 相 談 ダイヤル (フ リーダイヤル)を 設 置 4 月 20 日 義 援 金 の 募 集 を 装 った 詐 欺 行 為 に 対 する 注 意 喚 起 を 実 施 4 月 20 日 被 災 企 業 が 提 出 期 限 までに 有 価 証 券 報 告 書 等 を 提 出 することができない 場 合 に は 各 財 務 ( 支 ) 局 において 個 別 企 業 ごとに 提 出 期 限 の 延 長 を 承 認 することで 対 応 4 月 22 日 自 然 災 害 対 応 私 的 整 理 ガイドラインについて 金 融 機 関 に 対 し 改 めて 住 宅 ロー ン 借 入 者 等 からの 相 談 を 受 けた 場 合 ガイドラインの 内 容 や 手 続 等 について 丁 寧 な 説 明 を 行 うことを 要 請 4 月 22 日 貸 金 業 法 施 行 規 則 を 改 正 し 貸 金 業 法 上 の 提 出 書 類 など 借 入 手 続 等 を 弾 力 化 4 月 22 日 犯 収 法 施 行 規 則 を 改 正 し 義 援 金 の 現 金 振 込 について 200 万 円 以 下 の 場 合 は 本 人 確 認 を 不 要 に( 本 来 は 10 万 円 超 の 場 合 に 必 要 ) また 被 災 者 が 口 座 開 設 する 際 の 本 人 確 認 は 本 人 確 認 書 類 が 無 くとも 暫 定 的 に 被 災 者 の 申 告 で 可 能 4 月 22 日 公 認 会 計 士 試 験 について 1 全 国 11 の 試 験 地 ( 熊 本 を 含 む)で 当 初 予 定 どおり 5 月 29 日 ( 日 )に 実 施 2 受 験 地 の 変 更 や 受 験 票 紛 失 者 への 再 交 付 について 個 別 に 対 応 する ことを 公 表 33 / 55

34 4 月 25 日 九 州 地 方 紙 の 記 者 に 対 するブリーフィングを 実 施 (7) 消 費 者 庁 の 対 応 熊 本 県 の 消 費 生 活 センターは 特 段 被 害 はなく 業 務 上 支 障 がないことを 確 認 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センターに 対 し 震 災 に 便 乗 した 悪 質 商 法 に 関 連 した 注 意 喚 起 を 行 う よう 依 頼 本 日 (15 日 ) 中 に 注 意 喚 起 を 行 うべく 準 備 中 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センターに 対 し 震 災 に 便 乗 した 悪 質 商 法 に 関 連 した 注 意 喚 起 を 行 う よう 依 頼 (15 日 掲 載 済 み) 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センターの 注 意 喚 起 を 消 費 者 庁 のツイッターで 周 知 消 費 者 ホットラインに 寄 せられた 震 災 に 便 乗 した 悪 質 商 法 等 について 調 査 (16 日 14 時 現 在 で0 件 ) (8) 総 務 省 の 対 応 対 策 本 部 の 設 置 等 4 月 14 日 ( 木 )21 時 33 分 総 務 省 非 常 災 害 対 策 本 部 設 置 (4 月 14 日 から 4 月 25 日 まで 計 14 回 の 本 部 会 議 を 開 催 ) 4 月 14 日 ( 木 )22 時 50 分 九 州 総 合 通 信 局 災 害 対 策 本 部 設 置 4 月 15 日 ( 金 ) 現 地 対 策 本 部 要 員 派 遣 ( 九 州 総 合 通 信 局 1 名 ) (4 月 19 日 ( 火 )から1 名 増 員 し2 名 派 遣 ) 4 月 16 日 ( 土 )から 現 在 まで 移 動 電 源 車 貸 与 通 信 機 器 貸 し 出 し ラジオ 配 布 臨 時 災 害 用 放 送 局 開 設 準 備 支 援 等 のため 九 州 総 合 通 信 局 職 員 15 人 を 10 市 町 村 に 延 べ 32 人 日 派 遣 4 月 18 日 ( 月 )~ 総 務 省 被 災 者 生 活 支 援 チームの 現 地 連 絡 調 整 要 員 として 総 務 省 本 省 から 課 室 長 級 職 員 を2 名 派 遣 4 月 18 日 ( 月 ) 九 州 総 合 通 信 局 内 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 特 別 相 談 窓 口 ( 情 報 通 信 関 係 ) を 開 設 4 月 20 日 ( 水 ) から 現 在 まで 政 府 現 地 災 害 対 策 本 部 で 編 成 された 被 災 者 生 活 支 援 リエゾ ンに2 名 派 遣 ( 派 遣 先 : 熊 本 県 御 船 町 (みふねまち) 熊 本 県 嘉 島 町 (かしままち)) 4 月 22 日 ( 金 ) 九 州 総 合 通 信 局 による 臨 時 災 害 放 送 局 の 開 局 要 望 に 関 する 現 地 調 査 実 施 (4 月 23 日 ( 土 )も 実 施 ) 4 月 22 日 ( 金 )から 現 在 まで 政 府 現 地 対 策 本 部 との 連 携 により 熊 本 市 内 の 食 料 支 援 チー ムに 九 州 総 合 通 信 局 から 延 べ 20 人 日 派 遣 総 務 省 災 害 対 策 用 移 動 通 信 機 器 の 貸 与 状 況 簡 易 無 線 機 MCA 無 線 機 及 び 衛 星 携 帯 電 話 を これまで 10 自 治 体 に 計 82 台 を 貸 出 今 後 の 貸 出 用 として 計 259 台 を 準 備 済 貸 出 先 機 種 台 数 貸 出 日 備 考 熊 本 県 御 船 町 MCA 無 線 機 2 台 4 月 15 日 熊 本 県 甲 佐 町 簡 易 無 線 機 10 台 4 月 15 日 熊 本 県 宇 土 市 MCA 無 線 機 21 台 4 月 16 日 熊 本 県 高 森 町 簡 易 無 線 機 10 台 4 月 18 日 衛 星 携 帯 電 話 2 台 愛 知 県 衛 星 携 帯 電 話 2 台 4 月 18 日 熊 本 県 災 害 対 策 本 部 の 支 援 のため 愛 知 県 より 職 員 を 派 遣 するため 熊 本 県 南 阿 蘇 村 簡 易 無 線 機 衛 星 携 帯 電 話 10 台 3 台 4 月 19 日 熊 本 県 菊 陽 町 簡 易 無 線 機 15 台 4 月 19 日 34 / 55

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 13 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 22 日 ( 金 )16:00~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 被 害 状 況 及 び 各 省 庁 の 対 応 状 況 について 3. 安 倍 内 閣 総 理

More information

熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について【第2報】

熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について【第2報】 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 に 係 る 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 4 月 15 日 18 時 0 0 分 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1 地 震 の 概 要 ( 気 象 庁 情 報 ) (1) 発 生 日 時 平

More information

4 日 0 時 ~24 時 3 回 5 日 0 時 ~24 時 3 回 6 日 0 時 ~24 時 0 回 7 日 0 時 ~24 時 0 回 8 日 0 時 ~24 時 0 回 9 日 0 時 ~24 時 0 回 10 日 0 時 ~24 時 0 回 11 日 0 時 ~24 時 0 回 12 日

4 日 0 時 ~24 時 3 回 5 日 0 時 ~24 時 3 回 6 日 0 時 ~24 時 0 回 7 日 0 時 ~24 時 0 回 8 日 0 時 ~24 時 0 回 9 日 0 時 ~24 時 0 回 10 日 0 時 ~24 時 0 回 11 日 0 時 ~24 時 0 回 12 日 これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 5 月 20 日 (9:30) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1. 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 1:25( 本 震 ) (2) 震 源 及 び 規 模 ( 暫 定 値 ) 熊 本 県

More information

熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について

熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 に 係 る 被 害 状 況 等 について これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 1 / 74 平 成 28 年 8 月 1 日 1 2 時 0 0 分 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1 地 震 の 概 要 (1) 4 月 14 日 21 時 26 分 に 発 生

More information

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る関係省庁災害対策会議の会議資料

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る関係省庁災害対策会議の会議資料 6 月 20 日 からの 梅 雨 前 線 に 伴 う 大 雨 に 係 る 被 害 状 況 等 について これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 6 月 21 日 10 時 1 5 分 現 在 内 閣 府 1 気 象 状 況 ( 気 象 庁 調 べ:6 月 21 日 8:00 現 在 ) (1) 概 況 低 気 圧 と 梅 雨 前 線 に 向 かって

More information

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る被害状況等について

6月20日からの梅雨前線に伴う大雨に係る被害状況等について 6 月 20 日 からの 梅 雨 前 線 に 伴 う 大 雨 に 係 る 被 害 状 況 等 について これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 6 月 21 日 10 時 1 5 分 現 在 内 閣 府 1 気 象 状 況 ( 気 象 庁 調 べ:6 月 21 日 8:00 現 在 ) (1) 概 況 低 気 圧 と 梅 雨 前 線 に 向 かって

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

上 記 2 名 については 鹿 児 島 県 防 災 ヘリ 熊 毛 地 区 消 防 組 合 消 防 本 部 との 連 携 によ り 屋 久 島 町 内 の 病 院 へ 搬 送 (2) 物 的 被 害 確 認 中 (3)その 他 被 害 確 認 中 3. 住 民 の 避 難 (1) 避 難 指 示 等

上 記 2 名 については 鹿 児 島 県 防 災 ヘリ 熊 毛 地 区 消 防 組 合 消 防 本 部 との 連 携 によ り 屋 久 島 町 内 の 病 院 へ 搬 送 (2) 物 的 被 害 確 認 中 (3)その 他 被 害 確 認 中 3. 住 民 の 避 難 (1) 避 難 指 示 等 口 永 良 部 島 の 噴 火 状 況 等 について これは 速 報 値 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1. 火 山 活 動 等 の 概 要 ( 気 象 庁 情 報 :6 月 8 日 15:00 現 在 ) 平 成 27 年 6 月 8 日 1 5 時 00 分 現 在 内 閣 府 (1) 火 山 活 動 の 状 況 ( 噴

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16 資 料 4 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 の 被 害 状 況 及 び 消 防 機 関 の 活 動 について 消 防 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

通 信 大 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 飛 行 隊 ( 高 遊 原 ) 第 8 施 設 大 隊 ( 川 内 ) 第 8 後 方 支 援 連 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 特 殊 武 器 防 護 隊 ( 北 熊 本 ) 第 40 普 通 科 連 隊 ( 小 倉 ) 対 馬 警 備 隊 ( 対 馬

通 信 大 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 飛 行 隊 ( 高 遊 原 ) 第 8 施 設 大 隊 ( 川 内 ) 第 8 後 方 支 援 連 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 特 殊 武 器 防 護 隊 ( 北 熊 本 ) 第 40 普 通 科 連 隊 ( 小 倉 ) 対 馬 警 備 隊 ( 対 馬 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 係 る 災 害 派 遣 について(19 日 17 時 00 分 現 在 ) 下 線 部 は 前 回 報 告 からの 変 更 箇 所 数 値 等 は 速 報 値 であり 今 後 変 わることがある 1. 災 害 派 遣 の 概 要 要 請 日 時 要 請 元 要 請 先 要 請 の 概 要 発 生 場 所 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 木 ) 22 時

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

平成28年台風第16号による被害状況等について

平成28年台風第16号による被害状況等について 平 成 28 年 (2016 年 ) 台 風 第 16 号 による 被 害 状 況 等 について これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 9 月 20 日 8 時 3 0 分 現 在 内 閣 府 1 気 象 状 況 ( 気 象 庁 情 報 :9 月 20 日 6:00 現 在 ) (1) 気 象 の 概 況 と 見 通 し < 概 況 > 強 い 台

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

<95BD90AC E938C93FA967B91E5906B8DD E F1816A8CF6955C97702E786C7378>

<95BD90AC E938C93FA967B91E5906B8DD E F1816A8CF6955C97702E786C7378> 東 日 本 大 震 災 ( 第 93 報 ) 平 成 23 年 10 月 3 日 ( 月 )10:00 作 成 1. 本 省 等 の 体 制 について 2 鉄 道 61 2. 地 震 の 概 要 2 自 動 車 関 係 68 3. 国 土 交 通 省 の 対 応 3 海 事 120 4. 海 上 保 安 庁 の 対 応 18 港 湾 122 5. 国 土 地 理 院 の 対 応 24 海 上 保 安

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63> 問 い 合 わせ 先 総 務 部 政 務 課 政 策 評 価 広 報 室 海 上 保 安 報 道 官 一 條 正 浩 海 上 保 安 庁 03-3591-9780( 直 通 ) 平 成 23 年 9 月 1 日 東 日 本 大 震 災 への 対 応 等 について ( 第 153 報 ) 平 成 23 年 8 月 31 日 1800 現 在 ( 下 線 部 分 は 第 152 報 からの 変 更 点

More information

目  次

目  次 11. 震 災 害 シナリオの 作 成 11.1 シナリオ 作 成 の 目 的 震 被 害 結 果 に 基 づき 内 市 町 村 におけ 災 害 応 急 の 内 容 あ いは 量 的 な 備 えが 十 分 であかどうかを 検 討 すための 資 料 として 今 回 の3つの 震 が 発 生 した 場 合 に そぞの 被 害 応 状 況 がどのように 推 移 していく かという 震 災 害 シナリオ を

More information

1 地 震 の 概 要 (1) 震 度 4 以 上 の 観 測 発 生 日 発 生 時 刻 震 源 地 地 震 の 規 模 最 大 震 度 山 鹿 市 震 度 マグニチュード 4 月 14 日 21:26 熊 本 地 方 6.5 7 4 4 月 16 日 01:25 熊 本 地 方 7.3 7 5

1 地 震 の 概 要 (1) 震 度 4 以 上 の 観 測 発 生 日 発 生 時 刻 震 源 地 地 震 の 規 模 最 大 震 度 山 鹿 市 震 度 マグニチュード 4 月 14 日 21:26 熊 本 地 方 6.5 7 4 4 月 16 日 01:25 熊 本 地 方 7.3 7 5 2016 年 熊 本 地 震 山 鹿 市 災 害 状 況 報 告 平 成 28 年 5 月 23 日 ( 月 ) 1 地 震 の 概 要 2 市 の 対 応 状 況 3 災 害 警 戒 本 部 長 の 指 示 ( 中 嶋 市 長 ) 4 避 難 所 の 状 況 5 他 機 関 からの 支 援 状 況 6 他 自 治 体 への 支 援 状 況 7 被 害 の 状 況 8 その 他 1 地 震 の 概

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の 土 木 学 会 熊 本 地 震 広 域 交 通 ネットワーク 調 査 団 調 査 報 告 ( 速 報 ) 2016 年 4 月 27 日 家 田 仁 ( 政 策 研 究 大 学 院 大 学 団 長 ) 岩 倉 成 志 ( 芝 浦 工 業 大 学 ) 平 田 輝 満 ( 茨 城 大 学 ) 柳 沼 秀 樹 ( 東 京 理 科 大 学 ) 目 次 1. 調 査 活 動 の 概 要 2. 大 局 的 に

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 の 皆 様 への 生 活 支 援 平 成 28 年 4 月 22 日 平 成 28 年 熊 本 地 震 で 被 災 された 皆 様 には 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 熊 本 行 政 評 価 事 務 所 では 今 回 の 震 災 に 関 して いろいろなお 問 合 せや 相 談 を 受 け 付 けております また 支 援 措 置 を 講 じている

More information

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台)

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台) 資 料 4 平 成 26 年 度 福 井 県 原 子 力 防 災 総 合 訓 練 実 施 結 果 1 目 的 福 井 県 原 子 力 防 災 計 画 および 福 井 県 広 域 避 難 計 画 要 綱 に 基 づき 国 県 関 係 市 町 防 災 関 係 機 関 および 地 域 住 民 が 一 体 となった 原 子 力 防 災 訓 練 を 実 施 し 緊 急 時 における 通 信 連 絡 体 制 と

More information

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73>

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73> 資 料 2-5 岩 手 県 地 域 防 災 対 策 見 直 し 素 案 に 係 るパブリック コメント 意 見 件 数 及 び 対 応 状 況 1 意 見 件 数 受 付 方 法 人 数 ( 人 機 ) 意 見 件 数 ( 件 ) 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 郵 便 ( 持 参 を 含 む) 0 0 ファクシミリ 1 2 2 5 1 4 2 7 電

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

平成28年熊本地震被災者の皆様へ〈平成28年4月21日〉

平成28年熊本地震被災者の皆様へ〈平成28年4月21日〉 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 の 皆 様 への 生 活 支 援 平 成 28 年 4 月 21 日 平 成 28 年 熊 本 地 震 で 被 災 された 皆 様 には 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 熊 本 行 政 評 価 事 務 所 では 今 回 の 震 災 に 関 して いろいろなお 問 合 せや 相 談 を 受 け 付 けております また 支 援 措 置 を 講 じている

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 相 模 湖 公 園 の 震 災 時 対 応 の 考 え 方 参 考 資 料 1 - 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 における

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

13 鉄 道 事 故 の 安 全 対 策 鉄 道 事 故 時 の 安 全 対 策 に 関 する 覚 書 西 日 本 鉄 道 株 式 会 社 鉄 道 事 故 における 乗 客 の 安 全 確 保 に 関 すること 平 成 20 年 3 月 31 日 14 災 害 発 生 時 における 応 急 対 策

13 鉄 道 事 故 の 安 全 対 策 鉄 道 事 故 時 の 安 全 対 策 に 関 する 覚 書 西 日 本 鉄 道 株 式 会 社 鉄 道 事 故 における 乗 客 の 安 全 確 保 に 関 すること 平 成 20 年 3 月 31 日 14 災 害 発 生 時 における 応 急 対 策 1 海 南 市 が 関 西 電 力 株 式 会 社 海 南 発 電 所 に 対 して 行 なう 火 災 出 動 要 請 に 関 する 覚 書 関 西 電 力 株 式 会 社 海 南 発 電 所 1 大 火 災 等 で 特 に 応 援 を 必 要 とする 時 2 特 殊 な 火 災 で 特 に 化 学 消 防 車 を 必 要 とする 時 昭 和 48 年 1 月 10 日 2 和 歌 山 県 防 災

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

第 28 節 学 校 等 における 応 急 対 策 -------------------------------------------- 349 第 29 節 文 化 財 応 急 対 策 ---------------------------------------------------- 3

第 28 節 学 校 等 における 応 急 対 策 -------------------------------------------- 349 第 29 節 文 化 財 応 急 対 策 ---------------------------------------------------- 3 第 1 編 震 災 等 共 通 対 策 第 3 章 災 害 応 急 対 策 災 害 応 急 対 策 タイムスケジュール ------------------------------------------------- 156 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 -------------------------------------- 163 第 2 節 地 震 津

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 速 報 (Ver.2) 平 成 28 年 4 月 25 日 基 礎 地 盤 コンサルタンツ 株 式 会 社 はじめに 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 熊 本 地 方 を 震 源 とするM6.5の 地 震 が 発 生 しました この 地 震 で 熊 本 市 に 隣 接 する 益 城 町 で 震 度 7を 観 測 し 多

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 熊 本 地 震 自 衛 隊 の 活 動 隊 員 約 26,000 名 春 日 基 地 4 月 25 日 ( 月 ) 即 応 予 備 自 衛 官 活 動 中 派 遣 隊 員 のご 家 族 に 対 する 説 明 会 洗 濯 支 援 ( 福 岡 駐 屯 地 ) 福 岡 小 倉 飯 塚 小 郡 久 留 米 駐 屯 地 給 油 給 食 宿 泊 支 援 第 4 師 団 一 部 ( 福 岡 )

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考 資 料 3-2 九 州 ブロック 各 県 の 地 震 津 波 による 被 害 想 定 試 算 1. 福 岡 県 (1) 推 計 手 法 1) 基 礎 データ 地 震 に 関 する 防 災 アセスメント 調 査 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 ) 及 び 津 波 に 関 する 防 災 アセスメント 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 )で 想 定 されている 建 物 被 害 棟 数 火

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

主 な 24 時 間 降 水 量 (アメダス 観 測 値 ) 東 京 都 大 島 824.0 ミリ 16 日 8 時 20 分 まで 東 京 都 大 島 北 ノ 山 412.0 ミリ 16 日 8 時 20 分 まで 静 岡 県 天 城 山 395.5 ミリ 16 日 9 時 30 分 まで 千 葉

主 な 24 時 間 降 水 量 (アメダス 観 測 値 ) 東 京 都 大 島 824.0 ミリ 16 日 8 時 20 分 まで 東 京 都 大 島 北 ノ 山 412.0 ミリ 16 日 8 時 20 分 まで 静 岡 県 天 城 山 395.5 ミリ 16 日 9 時 30 分 まで 千 葉 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 9 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 平 成 25 年 10 月 19 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 状 況 ( 気 象 庁 情 報 :10 月 19 日 15:00 現 在 ) (1) 気 象

More information

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc 資 料 3 基 本 対 策 ( 修 正 案 ) 平 成 26 年 修 正 大 阪 府 防 災 会 議 平 成 26 年 月 日 施 行 但 し 第 183 回 国 会 提 出 災 害 対 策 基 本 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 に 係 る 修 正 部 分 については 同 法 附 則 第 1 条 に 定 める 施 行 の 日 から 施 行 する 総 則 目 次 第 1 節 目 的 等

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

茨 城 県 鹿 嶋 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 00 分 まで 茨 城 県 潮 来 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 30 分 まで 千 葉 県 千 葉 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 00 分 まで 千 葉 県 市 川 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 30 分 ま

茨 城 県 鹿 嶋 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 00 分 まで 茨 城 県 潮 来 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 30 分 まで 千 葉 県 千 葉 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 00 分 まで 千 葉 県 市 川 市 約 70 ミリ 16 日 06 時 30 分 ま 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 13 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 平 成 25 年 10 月 21 日 2 1 時 0 0 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 状 況 ( 気 象 庁 情 報 :10 月 21 日 15:00 現 在 ) (1) 気

More information

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 Ⅰ 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 市 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 市 県 国 防 災 関 係 機 関 及 び 市 民 は 一 致 協 力 して 災 害 応 急 対 策 に 従 事 する 者 の 安 全 の 確 保 を 図 るよう 十 分 配

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

桜川市地域防災計画

桜川市地域防災計画 桜 川 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 25 年 3 月 茨 城 県 桜 川 市 目 次 1 総 則... 1 1-1 防 災 関 係 機 関 窓 口... 1 (1) 県... 1 (2) 市 町 村... 5 (4) 指 定 行 政 機 関 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関... 8 (5) 指 定 公 共 機 関 及 び 指 定 地 方 公 共 機 関... 10 (6)

More information

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消 鳥 羽 市 防 災 危 機 管 理 室 平 成 6 年 9 月 日 平 成 6 年 度 鳥 羽 市 一 斉 津 波 避 難 訓 練 実 施 要 綱 目 的 南 海 トラフを 震 源 とする 巨 大 地 震 に 伴 う 津 波 等 から 鳥 羽 市 民 特 に 児 童 生 徒 災 害 時 要 援 護 者 及 び 観 光 客 等 の 被 害 を 限 りなくゼロに 近 づけるための 一 斉 避 難 避 難

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 の 皆 様 への 生 活 支 援 平 成 28 年 7 月 8 日 平 成 28 年 熊 本 地 震 で 被 災 された 皆 様 には 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 熊 本 行 政 評 価 事 務 所 九 州 管 区 行 政 評 価 局 では 今 回 の 震 災 に 関 して いろ いろなお 問 合 せや 相 談 を 受 け 付 けております

More information

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の 平 成 26 年 7 月 29 日 記 者 発 表 平 成 26 年 度 防 災 訓 練 について 災 害 対 応 力 の 強 化 に 資 するため 防 災 訓 練 の 更 なる 充 実 を 図 るとともに 実 践 的 な 訓 練 を します 訓 練 計 画 方 針 訓 練 計 画 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73>

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73> 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 の 概 要 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 ( ) 会 計 名 補 正 前 の 額 通 常 分 補 正 額 き め 細 か な 計 補 正 後 の 額 前 年 度 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 8 号 ) 54,617,600 1,446,638 621,062 2,067,700 56,685,300 2.0% 特 別 会 計 37,519,857

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2 活 動 体 制 を 速 やかに 確 立 するために 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 の 方 針 大 規 模 な 地 震 が 発 生 したときは 速 やかに 市 災 害 対 策 本 部 を 設 置 し 全 市 を 挙 げて 災 害 対 策 活 動 に 従 事 する 必 要 がある 従 って 適 切 な 災 害 応 急 活 動 を 実 施 するに 当 たり 役 割 分 担

More information