同 志 社 大 学 公 務 員 講 座 の 特 徴 本 講 座 は207 年 に 公 務 員 採 用 を 受 される 方 を 対 象 にした 年 間 のです 格 に 向 けて 強 力 にバックアップ! 本 学 格 実 績 国 家 公 務 員 一 般 ( 一 部 抜 粋 ) 名 国 税 専 門 官 国

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "同 志 社 大 学 公 務 員 講 座 の 特 徴 本 講 座 は207 年 に 公 務 員 採 用 を 受 される 方 を 対 象 にした 年 間 のです 格 に 向 けて 強 力 にバックアップ! 本 学 格 実 績 国 家 公 務 員 一 般 ( 一 部 抜 粋 ) 名 国 税 専 門 官 国"

Transcription

1 公務員講座申込みについて 講座申込書配置 申込み場所 同志社大学 今出川キャンパス 同志社生協 良心館ブック ショップ 京田辺キャンパス 同志社生協 京田辺ブック トラベル 上記店頭窓口にて 公務員講座申込書 に必要事項を記入のうえ 受講料 とともにお申込ください 本人控兼領収証 をお渡しします お申込み時にWEB講義パスワード テキスト配布orテキスト配布予定日をご案内します 受講教室については後日 掲示板 書籍カウンターにて発表します 20 年 月 20 年 0 月開講 お支払いは 現金 振込みのいずれかになります 振込みについては 受付店舗にお問いわせ下さい 注意事項 公務員講座の諸連絡は キャリアセンター 掲示 板と同志社生協HPの公務員講座お知らせ掲示板 をご覧ください お申込み後のキャンセル 講座変更 返金は出来ま せん また 申込者が最低開講人数に満たない場 は 開講しない事があります メールサービスの 登録画面はこちらから テキストは 地方上級国家一般 地方上級 国家一般後追いスピード などの生講義は 受付時に初回テキストお渡し その後は随時自宅直 送いたします その他の講座は申込から約2週間で 自宅直送します 詳しくは掲示板をご覧ください 講義日程および教室は 変更になる事があります 下記地図を参照ください 20年度お知らせ掲示板 をご覧ください 同志社生協HPの 公務員講座バナーをクリック 申し込み受付場所及び店舗 掲示板の場所 今出川キャンパスMAP 20年月現在 烏丸キャンパス 志高館 申し込み受付場所 同志社生協 良心館ブック ショップ 博遠館 室町キャンパス 寒梅館 掲 TEL 良心館 新町キャンパス 西門 ハリス理化学館 烏丸通 神学館 弘風館 ラウンジ棟 理化学館 TEL 田辺別館 多目的ホール 頌真館 今出川通 継志館 有終館 恵道館 自然系実実習棟 掲 掲 香柏館 知真館 号館 知真館 2号館 嗣業館 機械系 実実習棟 キリスト教文化センタ 交隣館 ローム記念館 同志社前 階 キャリアセンター 電気系 実習棟 夢告館 厚生館保健センター 正門 機械実習 工場 同志社京田辺会堂 ラーネッド 記念図書館 致遠館 理工学部 食堂 購買棟 明徳館 徳照館 理工学部前 申し込み受付場所 同志社生協 京田辺ブック トラベル 知真館号館 クラーク記念館 デイヴィス記念館前 紫苑館 至誠館 チャペル 図書館 医心館 光喜館 恵喜館 扶桑館 寧静館 掲 磐上館 デイヴィス記念館 恵道館2階 知真館2号館2階 臨光館 良心館食堂前 臨光館 競技場へ 掲 掲示板 キャリアセンター 掲示板 キャリアセンター 掲 2階 キャリアセンター 20年月現在 京田辺キャンパスMAP 通称 田辺坂 情報 メディア館 同志社大学 正門 至 : 近鉄興戸駅 JR同志社前駅 同志社大学キャリアセンター お問いわせ先 公務員 20 講座 同志社生活協同組 良心館ブック ショップ内 公務員講座事務局 Tel mail : HPアドレス

2 同 志 社 大 学 公 務 員 講 座 の 特 徴 本 講 座 は207 年 に 公 務 員 採 用 を 受 される 方 を 対 象 にした 年 間 のです 格 に 向 けて 強 力 にバックアップ! 本 学 格 実 績 国 家 公 務 員 一 般 ( 一 部 抜 粋 ) 名 国 税 専 門 官 国 家 公 務 員 (20 年 度 ) 8 名 数 字 は 人 事 院 から 回 答 されたものです 国 家 公 務 員 総 名 便 利 な 学 内 受 講 キャンパスでの 受 講 だから とても 便 利 ほとんどの 講 座 が 大 学 内 の 教 室 で 開 講 されるため 正 課 の 授 業 に わせて 受 講 ができます また 通 学 のための 移 動 も 不 要 なので 時 間 の 有 効 利 用 にもなり 交 通 費 も 節 約 できます なお 講 義 で 使 用 する 教 材 はすべて 直 接 ご 自 宅 に 届 きます 格 した 先 輩 の 声 低 負 担 の 質 の 高 い 講 師 陣 と カリキュラム フォローと バックアップ INDEX 大 手 予 備 校 と 比 較 しても その 安 さは 歴 然 同 志 社 大 学 が 講 座 の 運 営 を 全 面 的 にバックアップすることで 入 会 金 や 施 設 利 用 料 等 の 経 費 が 不 要 なため 専 門 予 備 校 のほぼ 半 額 の を 実 現 しました また 面 接 対 策 や 模 擬 などもセットされたです 大 手 予 備 校 学 内 講 座 評 価 の 高 い 専 任 講 師 と 学 生 向 けのカリキュラム LECのなかでも 受 講 生 の 評 価 が 高 い 専 任 講 師 陣 が 講 義 を 行 います 授 業 の 前 後 の 時 間 は 講 師 への 質 問 などができます またLECと 同 じ 内 容 の 授 業 を 同 志 社 大 学 生 向 けにカリキュラムをアレンジしていますので 格 まで 無 理 や 無 駄 のない 学 習 を 進 めることができます 個 人 ニーズに った 受 講 が 可 能 総 併 願 格 地 方 上 級 国 家 一 般 の 他 国 税 専 門 官 財 務 専 門 官 対 策 講 座 裁 判 所 員 ( 総 一 般 ) 対 策 講 座 労 働 基 準 監 督 官 対 策 講 座 などがあります 単 科 での 受 講 が 可 能 各 での 受 講 のほか 単 科 での 受 講 も 可 能 です みなさんのニーズに 応 じて 専 門 科 目 や 記 述 対 策 など 必 要 な 単 科 ( 講 座 )だけを 申 込 受 講 できます 講 座 の 復 習 から 模 擬 面 接 までしっかりフォロー 講 座 終 了 まで が 視 聴 できるなど フォローも 万 全 です 欠 席 した 講 義 の 補 習 や 復 習 などに 気 軽 にご 利 用 いただけます また LECの 講 師 スタッフによる 相 談 会 などの 開 催 や 面 接 対 策 など 格 のためのバックアップも 充 実 しています 同 志 社 大 学 公 務 員 講 座 の 特 徴 同 志 社 大 学 公 務 員 格 実 績 2 格 し た 先 輩 の 声 2 公 務 員 とは 公 務 員 の 流 れ 公 務 員 の 種 類 公 務 員 ス ケ ジ ュ ー ル 出 題 問 題 出 題 科 目 から 見 る 公 務 員 7 受 のチャンスはこれだけあります! 併 願 受 のすすめ 8 公 務 員 格 を 勝 ち 取 る& 講 座 ラインナップ 9 同 志 社 大 学 学 内 講 座 選 択 例 0 地 方 上 級 国 家 一 般 格 コ ー ス 総 併 願 コ ー ス 地 方 上 級 国 家 一 般 教 養 対 策 2 地 方 上 級 国 家 一 般 技 術 系 心 理 系 福 祉 系 公 務 員 格 2 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 いスピード 格 地 方 上 級 国 家 一 般 の 年 地 方 上 級 国 家 一 般 格 約 2 約 0~40 万 円 49,000 円 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 教 養 対 策 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 技 術 系 心 理 系 福 祉 系 公 務 員 格 4 生 向 けオプション 専 門 対 策 講 座 4 生 向 けオプション 地 方 上 級 国 家 一 般 技 術 種 別 対 策 地 方 上 級 国 家 一 般 心 理 / 福 祉 対 策 国 家 総 法 律 区 分 格 コ ー ス 国 家 総 経 済 区 分 格 コ ー ス 国 家 総 政 治 国 際 区 分 格 コ ー ス 7 国 家 総 技 術 格 ( 工 学 の 基 礎 ) 7 単 科 講 座 一 覧 8 W E B 配 信 日 9 充 実 し た フォロ ー アップ 制 度 2 公 務 員 講 座 申 込 み に つ い て 裏 表 紙 申 し 込 み 受 付 場 所 裏 表 紙 < 内 定 先 > 国 税 専 門 官 < 併 願 格 先 > 国 家 一 般 労 働 局 京 都 女 性 でも 長 く 働 き 続 けることができ 活 躍 できるという 理 由 から 公 務 員 を 選 択 しました 私 は 部 活 動 に 所 属 してい たため 部 活 動 と 勉 強 の 両 立 をはかるために 学 内 講 座 を 受 講 することに 決 めました 学 内 で 受 講 ができるだけでなく 部 活 動 などで 講 義 に 出 られなかった 分 はweb 講 義 を 受 け ることができたおかけで 周 りから 遅 れを 取 ることなく 勉 強 することができました ゼミや 部 活 動 バイトなどと 両 立 し ながら 自 分 のペースで 公 務 員 に 臨 みたい 人 も 安 心 し て 受 講 できるのが 学 内 講 座 だと 思 います 公 務 員 を 実 際 に 受 けて 感 じたことは 面 接 対 策 の 重 要 性 です 筆 記 対 策 ももちろん 重 要 ですが 筆 記 < 内 定 先 > 神 戸 運 輸 管 理 部 ( 国 家 一 般 ) < 併 願 格 先 > 京 都 府 庁 国 税 専 門 官 私 は 生 春 の 時 点 では まだ 民 間 公 務 員 どちらを 目 指 すか 決 めていませんでした そこで 自 分 で 計 画 を 立 て やすい 学 内 講 座 を 選 択 しました 民 間 と 併 願 しつつ 勉 強 を 進 めていきました 公 務 員 は 採 用 なので 総 的 な 力 が 必 要 です 勉 強 面 では アウトプットとインプットをバランスよくやって い ました 理 解 してから 演 習 というパターンを 繰 り 返 しました モチベーションを 保 つのは 大 変 かとは 思 いますが 今 自 分 はなぜ 机 に 向 かっているのか 改 めて 考 えてみてください それが 志 望 理 由 にもつながってくるはずです また 面 接 廣 瀬 真 梨 さん( 法 学 部 法 律 学 科 ) 20 年 度 地 方 上 級 国 家 一 般 格 受 講 はあくまで 通 過 点 であり 内 定 を 掴 むには 面 接 を 突 破 しな ければなりません その 点 学 内 講 座 では 先 輩 の 面 接 体 談 を 見 せていただいたり 模 擬 面 接 をしていただいたりと きめ 細 かいサポートを 受 けることができました 私 はその おかげで 第 一 志 望 の 官 庁 から 内 定 を 頂 くことができたと 思 っています 公 務 員 は 長 丁 場 ですが 最 後 まで 諦 めないことが 内 定 を 掴 むために 最 も 重 要 なことだと 私 は 思 いました 諦 めなければきっと 良 い 結 果 がついてきます これから 公 務 員 を 目 指 される 皆 さんがそれぞれの 夢 を 叶 えられること を 願 っています 最 後 まで 諦 めずに 頑 張 ってください 中 川 紗 希 さん( 経 済 学 部 経 済 学 科 ) 20 年 度 地 方 上 級 国 家 一 般 格 受 講 に 関 しては 大 事 にしていたことが2つあります つ 目 は 面 接 官 の 聞 きたいことにポイントを 絞 って 短 く 話 すことで す 自 分 の 言 いたいことになるとついつい 白 熱 して 話 して しまいがちですが そこはぐっと 我 慢 してください 2つ 目 は 謙 虚 さです 大 切 な 時 間 を 割 いて 面 接 をしてくださって いるという 感 謝 の 気 持 ちを 忘 れませんでした 就 活 中 の 分 は 普 段 の0 分 の 価 値 があるという 話 を 聞 いたことがあります 後 悔 しないように 日 々の 時 間 を 全 力 で 使 ってください 体 調 には 気 を 付 けて 頑 張 ってくださ い 応 援 しています < 内 定 先 > 兵 庫 県 庁 宮 崎 純 弥 さん( 政 策 学 部 政 策 学 科 ) < 併 願 格 先 > 東 京 都 特 別 区 国 家 一 般 私 は 独 学 で 挑 戦 しようか 悩 んだ 上 自 宅 から 大 学 まで の 距 離 が 近 いこと そして が 格 段 に 安 いことの2 つが 決 め 手 となって 大 学 内 の 公 務 員 講 座 を 利 用 しまし た 通 学 距 離 が 短 いので 勉 強 に 多 くの 時 間 を 割 り 当 てら れましたし 安 い 費 用 で 予 備 校 講 師 の 授 業 を 受 けること が 出 来 ました また 模 擬 で 自 分 の 進 捗 状 況 を 確 認 できたことは モチベーションの 維 持 につながりました おそらく 本 屋 の 参 考 書 のみで 独 学 格 できる 人 もい るとは 思 います ただ 私 はそこまで 意 志 の 強 いしっかり した 人 間 ではありません そんな 私 が 格 できた 一 番 の 20 年 度 地 方 上 級 国 家 一 般 格 受 講 要 因 は 大 学 内 の 講 座 に 入 ったことでライバルが 目 に 見 える 環 境 になったこと そして 気 軽 に 相 談 できる 友 人 が できたことが 全 てだと 思 います それだけでも 独 学 では なく 学 内 講 座 を 受 講 して 良 かったなと 思 いました 偉 そうなことを 言 える 立 場 ではありませんが 公 務 員 は 地 道 な 積 み 重 ねの 連 続 です 一 人 でずっと 戦 って いると 逃 げたくなる 時 もあります そんな 時 に 手 助 けと して 自 分 なりに 大 学 の 学 内 講 座 を 上 手 く 活 用 すること が 格 への 近 道 になると 私 は 思 います 2

3 公 務 員 とは 公 務 員 の 流 れ 国 または 地 方 公 共 団 体 の 公 務 を 担 当 する 者 を 指 し 国 の 機 関 であれば 国 家 公 務 員 地 方 公 共 団 体 であれば 地 方 公 務 員 と い います 公 務 員 の 数 は 国 家 公 務 員 が 約 万 人 地 方 公 務 員 が 約 290 万 人 です 務 内 容 は 実 に 幅 広 く 役 所 の 窓 口 業 務 から 霞 ヶ 関 の 本 省 に 勤 め 重 要 な 国 際 会 議 に 参 加 したり 国 会 員 として 委 員 会 運 営 を 担 当 したり 裁 判 の 円 滑 な 進 行 のための 事 務 をした り 脱 税 や 労 働 基 準 法 違 反 を 取 り 締 まる 等 の 業 務 を 行 ないます さまざまな 仕 事 があり 幅 広 い 経 をすることができます 国 家 公 務 員 とは 国 の 機 関 に 勤 務 する 員 です 代 表 的 なものでは 主 に 官 庁 に 勤 務 する 国 家 総 国 家 一 般 があります 国 家 総 は 官 庁 の 幹 部 候 補 生 として 入 省 し 政 策 の 企 画 立 案 法 案 作 成 など 行 政 を 動 かす 中 心 的 な 役 割 を 果 たします 国 家 一 般 は 中 央 省 庁 や 地 方 機 関 で 中 堅 的 な 役 割 を 果 たし 国 の 業 務 を 支 えます 勤 務 地 は 各 省 庁 が 中 心 ですが 地 方 機 関 へ の 転 勤 もあり 異 動 範 囲 はかなり 広 いです 地 方 公 務 員 とは 地 方 自 治 体 に 勤 務 する 員 です 北 海 道 から 沖 縄 までの47 都 道 府 県 の 員 や 役 所 員 があります 勤 務 地 は 基 本 的 には 各 都 道 府 県 各 の 範 囲 内 です 出 願 公 務 員 で は 前 年 の 要 綱 が 参 考 としてホ ームページに 掲 載 さ れ て い ま す 受 資 格 等 を チ ェッ クし 出 願 に 備 えましょう 一 次 ( 筆 記 ) 多 くの 種 の 一 次 で は 教 養 専 門 教 養 記 述 のつが 実 施 されます 教 養 と 専 門 の 回 答 形 式 は ほとんどの 種 で 択 一 式 ( 肢 から 選 択 )にな っていますが 専 門 で 記 述 式 が 課 されるとこ ろもあります 二 次 ( 面 接 ) 一 次 の 格 者 を 対 象 に 実 施 されます 近 年 は 人 物 重 視 傾 向 がどの 種 でも 強 まってい ます なお 国 家 総 国 家 一 般 には 官 庁 訪 問 という 独 特 の 面 接 採 用 システム があります 最 終 格 最 終 格 が 発 表 されると 採 用 候 補 者 名 簿 に 名 前 が 記 載 さ れます 採 用 者 側 はこの 名 簿 に 基 づいて 意 向 調 査 を 行 い 内 定 を 出 します 公 務 員 の 種 国 家 公 務 員 地 方 公 務 員 国 家 総 財 務 専 門 官 都 道 府 県 警 察 官 務 は 政 策 の 企 画 立 案 調 査 法 律 の 制 定 や 改 正 省 内 や 他 省 庁 と の 調 整 業 務 国 会 対 応 など 高 度 なものが 中 心 となります 勤 務 地 は 東 京 霞 ヶ 関 の 本 省 のほか 全 国 に 点 在 する 各 省 庁 の 地 方 支 局 や 自 治 体 などであり 異 動 の 範 囲 も 全 国 に 及 ぶ 国 家 一 般 本 省 で 採 用 された 場 は 総 員 とともに 政 策 の 企 画 立 案 な ど 国 家 の 根 幹 に 関 わる 業 務 に 携 わるほか 総 務 会 計 等 に 携 わる 具 体 的 な 業 務 内 容 は 採 用 先 の 省 庁 により 異 なるが 本 省 勤 務 の 魅 力 は なんといっても 国 家 行 政 の 中 枢 部 でスケールの 大 きな 業 務 を 担 当 す ることができる 点 だ 法 律 の 制 定 や 改 正 予 算 編 成 国 会 対 応 他 省 庁 との 調 整 など その 業 務 内 容 は 幅 広 く 影 響 力 の 大 きな 仕 事 が 多 い 地 方 支 局 で 採 用 された 場 は 主 に 政 策 の 実 施 を 担 当 する 具 体 的 な 業 務 内 容 は 採 用 先 の 省 庁 地 方 支 局 により 様 々であり( 詳 細 は0 ページ 以 下 参 照 ) その 幅 は 非 常 に 広 い 国 税 専 門 官 国 税 局 や 税 務 署 において 税 務 法 律 会 計 等 の 専 門 知 識 を 駆 使 して 適 正 な 課 税 の 維 持 と 租 税 収 入 の 確 保 を 図 る 税 のスペシャリスト で す 国 税 調 査 官 国 税 徴 収 官 国 税 査 察 官 の 種 類 があります 財 務 省 の 地 方 支 局 である 地 方 財 務 局 に 勤 務 し 予 算 執 行 調 査 財 政 投 融 資 貸 付 検 査 監 督 業 務 経 済 調 査 国 有 財 産 の 効 率 的 な 利 用 促 進 させる 業 務 を 行 なう 裁 判 所 員 総 一 般 裁 判 所 事 務 官 は 裁 判 部 門 では 裁 判 所 書 記 官 の 指 導 の 下 裁 判 官 弁 護 士 検 察 官 訴 訟 当 事 者 との 裁 判 進 行 の 事 前 打 ち わせ 証 拠 調 べなどへの 立 会 調 書 作 成 逮 捕 状 をはじめとする 令 状 の 発 行 事 務 な ど 裁 判 の 効 率 的 な 運 営 を 図 るための 裁 判 事 務 を 行 う 司 法 行 政 部 門 では 総 務 などの 一 般 的 な 事 務 を 担 当 し 裁 判 部 門 をサポートする 技 術 国 家 一 般 の 区 分 は 土 木 建 築 機 械 電 気 電 子 情 報 化 学 農 学 農 業 農 村 工 学 林 学 に 分 かれる 採 用 自 体 は 省 庁 別 であり 格 者 は 各 省 庁 の 本 省 のほか 主 として 各 省 庁 の 出 先 機 関 に 採 用 される 採 用 後 は 各 区 分 の 専 門 知 識 を 活 かし て 活 躍 する 法 務 省 専 門 員 政 策 の 企 画 立 案 や 条 例 規 則 の 制 定 や 改 正 など 都 道 府 県 の 舵 取 り 役 と 言 えるようなものが 中 心 である 地 方 分 権 により 国 からの 権 限 委 譲 が 進 む 中 都 道 府 県 の 役 割 は 重 要 になっており 員 としてのや りがいも 非 常 に 大 きくなっている 町 村 町 村 は 住 民 生 活 に 密 着 した 地 域 の 業 務 を 担 当 する 行 政 機 関 で ある たとえば 戸 籍 住 民 票 に 関 する 業 務 道 路 公 園 緑 地 の 保 護 や 管 理 ごみの 処 理 やリサイクル 火 災 予 防 救 急 救 助 活 動 などであり 政 策 の 企 画 立 案 などよりも 住 民 と 直 接 接 するものが 多 く それが 役 所 員 のやりがいでもある 消 防 官 消 防 活 動 救 急 活 動 を 通 じた 人 命 救 助 を 主 たる 任 務 とする 公 安 で す 注 意 すべきなのは 警 察 官 は 都 道 府 県 員 という 立 場 となる 一 方 消 防 官 は 町 村 員 となることである そのため 採 用 も 警 察 官 と 消 防 官 では 大 きく 異 なり 警 察 官 は 警 察 官 採 用 を 目 指 すこと になるが 消 防 官 は 役 所 員 採 用 を 目 指 すことになる 個 人 の 生 命 身 体 及 び 財 産 の 保 護 犯 罪 の 予 防 公 安 の 維 持 並 びに 他 の 法 令 の 執 行 等 の 権 務 を 忠 実 に 遂 行 すること 等 を 任 務 とす る 採 用 は 月 7 月 9 月 に 集 中 して 行 われ 多 くの 都 道 府 県 では このうち を 採 用 の 機 会 として 設 けている 技 術 業 務 内 容 は 多 岐 にわたるが 技 術 系 公 務 員 が 携 わる 業 務 としては 都 計 画 の 策 定 公 営 住 宅 や 庁 舎 公 共 施 設 の 建 設 管 理 環 境 保 全 道 路 や 上 下 水 道 港 湾 公 園 といったインフラの 設 計 建 設 維 持 管 理 農 林 水 産 業 の 振 興 等 がある 採 用 後 は 各 人 の 専 門 能 力 を 生 かせる 場 に 配 属 される 心 理 都 道 府 県 や 政 令 指 定 都 の 員 として 主 に 児 童 相 談 所 に 勤 務 し 非 行 や 児 童 虐 待 などで 来 所 した 子 どもや 保 護 者 と 面 接 をし 心 理 検 査 を 実 施 して 心 理 判 定 を 行 なったり 心 理 的 なケアを 施 します 町 村 では 町 村 役 場 の 員 として 各 種 相 談 センター 社 会 福 祉 施 設 教 育 委 員 会 病 院 などに 勤 務 し 福 祉 教 育 医 療 衛 生 などの 幅 広 い 分 野 で 心 理 判 定 やカウンセリング 相 談 業 務 等 に 携 わります 労 働 基 準 監 督 官 労 働 基 準 監 督 署 や 都 道 府 県 労 働 局 に 勤 務 し 労 働 者 の 生 命 と 健 康 を 守 るため 労 働 条 件 の 改 善 や 安 全 な 労 働 環 境 の 確 保 を 図 ることを 任 務 とする 厚 生 労 働 省 の 専 門 員 外 務 省 専 門 員 外 交 官 として 諸 外 国 との 交 渉 や 情 報 収 集 のほか 相 互 理 解 を 深 め るために 日 本 文 化 の 広 報 などに 携 わる 心 理 学 の 専 門 知 識 を 活 かす 専 門 的 な 種 です 心 理 学 の 専 門 知 識 を 駆 使 し 少 年 鑑 別 所 で 資 質 鑑 別 業 務 に 携 わったり 法 務 教 官 として 少 年 鑑 別 所 または 少 年 院 で 非 行 少 年 の 改 善 更 生 に 携 わったり 保 護 観 察 官 として 少 年 事 件 で 保 護 観 察 処 分 を 受 けた 少 年 や 刑 務 所 から 仮 出 所 した 者 など 非 行 や 犯 罪 に 陥 った 者 に 対 して 通 常 の 社 会 生 活 を 営 む 中 での 更 生 を 支 援 する 等 の 業 務 を 行 ないます その 他 国 立 大 学 法 人 等 員 国 立 大 学 法 人 や 高 等 専 門 学 校 機 構 などの 運 営 や 教 育 研 究 を 支 援 する 業 務 に 携 わる 具 体 的 には 人 事 会 計 や 学 生 サービスなどの 一 般 事 務 のほか 法 人 化 により 国 内 外 の 企 業 との 共 同 研 究 開 発 ( 産 学 連 携 )の 推 進 やブランド 商 品 の 開 発 などに 大 学 が 自 由 に 取 り 組 めるよう になったことに 伴 い 提 携 先 企 業 との 交 渉 や 商 品 の 企 画 開 発 など 従 来 よりも 独 創 性 柔 軟 性 を 求 められる 務 が 増 えている 4

4 公 務 員 スケジュール (20 年 実 施 予 定 ) 20 年 2 月 現 在 で 発 表 されているものです 詳 細 についてはHPなどで 確 認 してください ( 大 卒 程 度 ) 国 家 総 の 概 要 出 願 人 事 院 のWEBサイトからインターネット 申 込 受 資 格 日 ~ 日 昭 和 年 2 日 ~ 平 成 7 年 日 生 まれの 者 平 成 7 年 2 日 以 降 生 まれの 者 については 大 学 卒 業 または 卒 業 見 込 みの 者 及 び 人 事 院 が 上 記 と 同 等 の 資 格 があると 認 める 者 月 22 日 第 次 ( 筆 記 ) 基 礎 能 力 一 般 的 知 識 および 知 能 についての 筆 記 多 肢 選 択 式 (マークシート 方 式 ) 専 門 各 の 区 分 に 応 じた 専 門 知 識 に ついての 筆 記 多 肢 選 択 式 (マークシート 方 式 ) 月 7 日 第 次 格 発 表 月 中 ~ 下 旬 官 庁 業 務 説 明 会 第 2 次 ( 筆 記 / 人 物 ) 官 庁 訪 問 ( 採 用 面 接 ) 各 省 庁 の 業 務 に 対 する 理 解 の 増 進 を 図 るために 行 われる 各 省 庁 ごとの 説 明 会 です 月 9 日 ~7 月 日 専 門 各 の 区 分 に 応 じた 専 門 知 識 について の 筆 記 記 述 式 ( 論 文 ) 政 策 論 文 総 的 な 判 断 力 思 考 力 についての 筆 記 記 述 式 ( 論 文 ) 人 物 人 柄 などについての 個 人 面 談 ( 人 事 院 面 接 ) 7 月 29 日 最 終 格 発 表 8 月 上 旬 より 最 終 格 者 の 中 か ら 各 省 庁 ごとに 実 施 される 採 用 面 接 で 内 々 定 者 が 決 定 されます 8 月 下 旬 採 用 内 々 定 訪 問 禁 止 期 間 月 中 旬 ~7 月 下 旬 ( 大 卒 程 度 ) 国 家 一 般 の 概 要 8 日 ~ 20 日 出 願 人 事 院 のWEBサイトからインターネット 申 込 受 資 格 昭 和 年 2 日 ~ 平 成 7 年 日 生 まれの 者 平 成 7 年 2 日 以 降 生 まれの 者 で 平 成 29 年 月 までに 大 学 卒 業 または 卒 業 見 込 みの 者 及 び 人 事 院 が 上 記 と 同 等 の 資 格 があると 認 める 者 月 2 日 第 次 ( 筆 記 ) 基 礎 能 力 一 般 的 知 識 および 知 能 について の 筆 記 多 肢 選 択 式 (マークシート 方 式 ) 専 門 各 の 区 分 に 応 じた 専 門 知 識 についての 筆 記 多 肢 選 択 式 (マークシート 方 式 ) 一 般 論 文 課 題 に 対 する 理 解 力 などについ ての 短 い 論 文 筆 記 ( 小 論 文 ) 7 月 日 7 月 中 旬 第 次 格 発 表 官 庁 訪 問 次 格 発 表 後 官 庁 業 務 同 説 明 会 各 省 庁 担 当 者 に よる 業 務 内 容 や 採 用 状 況 を 受 け 面 接 のアポイン トをとる 流 れに なります 7 月 9 日 ~8 月 4 日 第 2 次 ( 面 接 ) 人 物 原 則 として 個 別 面 接 の 形 式 で 行 わ れ ま す 人 事 院 によって 実 施 されます 8 月 22 日 最 終 格 発 表 9 月 上 旬 官 庁 訪 問 ( 採 用 面 接 ) 最 終 格 者 の 中 から 各 省 庁 ごとに 実 施 される 採 用 面 接 で 内 々 定 者 が 決 定 されます 9 月 上 旬 ~ 身 体 検 査 身 長 体 重 測 定 及 び 視 力 や 聴 力 の 検 査 が 行 われ ます 業 務 に 支 障 をき たす 異 常 がない 限 り そ れ ほ ど 心 配 はいりま せん 採 用 内 々 定 ( 京 都 員 ) 地 方 上 級 の 概 要 月 中 旬 ~ 月 上 旬 出 願 京 都 で 募 集 要 項 を 入 手 ( 郵 送 での 請 求 も 可 ) 必 要 事 項 を 記 入 の 上 京 都 人 事 委 員 会 事 務 局 に 持 参 または 郵 送 で 提 出 受 資 格 平 成 元 年 2 日 ~ 平 成 年 日 生 まれの 者 平 成 27 年 度 京 都 一 般 事 務 の 年 齢 要 件 第 次 ( 筆 記 口 述 ) 教 養 一 般 的 知 識 および 知 能 についての 筆 記 多 肢 選 択 式 (マークシート 方 式 ) 専 門 各 の 区 分 に 応 じた 専 門 知 識 について の 筆 記 多 肢 選 択 式 (マークシート 方 式 ) 作 文 個 人 面 接 月 2 日 7 月 中 旬 第 次 格 発 表 7 月 下 旬 第 2 次 ( 個 人 面 接 ) 個 人 面 接 人 柄 などについての 個 人 面 接 8 月 下 旬 第 次 ( 個 人 面 接 ) 個 人 面 接 人 柄 などについての 個 人 面 接 8 月 下 旬 最 終 格 者 名 簿 登 記 最 終 格 すると 格 者 名 簿 に 名 前 が 記 載 されます 8 月 下 旬 最 終 格 発 表 採 用 内 々 定

5 出 題 問 題 出 題 科 目 から 見 る 公 務 員 ( 平 成 27 年 度 の 場 ) これは 種 や 自 治 体 ごとの 択 一 式 に 出 題 される 科 目 とその 出 題 問 数 を 記 載 しています たとえば 京 都 役 所 であれば 択 一 式 の 教 養 で 現 代 文 が 問 専 門 で が 問 出 題 されているということがわかります 表 の 下 部 にある 計 欄 には 教 養 と 専 門 でそれぞれ 出 題 される 問 題 数 と 解 答 すべき 問 題 数 が 記 載 されています 京 都 役 所 の 場 教 養 で 出 題 される 問 題 は 全 0 問 そのうち 解 答 するのは40 問 となります ただし 教 養 専 門 のいずれも 問 題 数 が 網 掛 け になっている 科 目 のところは 必 須 解 答 問 題 です まずは 希 望 の 種 自 治 体 の 出 題 科 目 をチェックしてみてください 内 容 は 変 更 されることがありますので 必 ず 要 項 でご 確 認 ください 表 内 の 網 掛 けになっている 科 目 は 必 須 科 目 をあらわしています 受 のチャンスはこれだけあります! 併 願 受 のすすめ 下 記 は20 年 度 の 次 の 日 程 一 覧 です 日 程 は 勉 強 計 画 を 立 てる 際 に 必 要 な 事 柄 なので しっかり 確 認 することが 必 要 です 公 務 員 の 次 日 程 は 種 や 自 治 体 によって 異 なります したがって いくつもの 種 自 治 体 を 併 願 して 受 することができます ちょうど 大 学 受 のときと 同 じように 様 々な 種 自 治 体 を 併 願 することで 格 のチャンスを 最 大 限 に 増 やすことができます 20 年 度 公 務 員 第 次 日 程 日 程 の 変 更 が 予 定 されていますので 必 ず20 年 度 要 項 でご 確 認 ください 教 養 科 目 専 門 科 目 計 理 文 解 章 数 的 処 理 自 然 科 学 人 文 科 学 社 会 科 学 法 律 系 経 済 系 行 政 系 商 業 そ の 他 教 養 専 門 現 代 文 英 文 古 文 判 断 推 理 数 的 推 理 資 料 解 釈 空 間 概 念 化 学 生 物 地 学 思 想 文 学 芸 術 日 本 史 世 界 史 地 理 法 律 政 治 経 済 社 会 時 事 その 他 商 法 刑 法 労 働 法 国 際 法 経 済 原 論 経 済 政 策 経 済 事 情 経 済 史 計 量 経 済 学 統 計 学 国 際 経 済 学 社 会 政 策 国 際 関 係 会 計 学 社 会 事 情 労 働 事 情 英 語 商 業 英 語 心 理 学 教 育 学 社 会 福 祉 情 報 情 報 工 学 出 題 数 解 答 数 出 題 数 解 答 数 大 国 卒 家 総 法 律 大 国 卒 家 総 経 済 : 科 目 別 問 題 数 の 内 訳 は 受 者 からの 情 報 に 基 づいている 部 分 があるため 一 部 不 正 確 な 場 が あります 2: 教 養 の 選 択 解 答 制 は 通 常 科 目 に 関 わりなく 任 意 に 問 題 を 選 択 できる : 専 門 の 選 択 解 答 制 には2パターンあり 選 択 した 科 目 を 全 問 解 答 しなければならない 科 目 選 択 タイプ( 国 家 一 般 裁 判 所 一 般 など)と 選 択 した 科 目 に 関 わりなく 任 意 に 問 題 を 選 択 で きるタイプ( 京 都 東 京 都 特 別 区 Ⅰ 類 など)があります 4: 願 書 上 の 経 済 学 や 経 済 理 論 については ここでは 経 済 原 論 として 表 記 しています 国 家 一 般 国 税 専 門 官 監 労 督 働 官 基 準 財 務 専 門 官 裁 大 判 卒 所 一 般 国 立 大 学 法 人 地 上 全 国 型 : 国 家 総 法 律 区 分 の 経 済 原 論 は 願 書 上 は 経 済 学 という 科 目 のくくり となっており 問 出 題 されます : 国 税 専 門 官 は 社 会 事 情 から 問 出 題 されます 7: 財 務 専 門 官 は 経 済 原 論 経 済 事 情 で 科 目 扱 いとなり 4 問 出 題 されます 8: 国 家 一 般 の は 総 則 物 権 と 債 権 親 族 相 続 から 各 題 出 題 経 済 原 論 はミクロ 経 済 学 と マクロ 経 済 学 から 各 題 出 題 英 語 は 基 礎 分 野 と 一 般 分 野 から 各 題 出 題 されます 9: 東 京 都 特 別 区 の 教 養 は 平 成 28 年 度 から 出 題 48 題 ( 知 能 分 野 28 題 知 識 分 野 20 題 ) 解 答 40 題 ( 知 能 分 野 28 題 知 識 分 野 2 題 )となります 公 務 員 は 自 治 体 ごとに 様 々な 形 式 で 実 施 されており 出 題 科 目 や 出 題 問 数 もバラバラです しかしよく 見 ると 出 題 される 科 目 にも 偏 りがあり 全 ての 科 目 を 勉 強 しなくてはいけないわけではありません また 各 科 目 ごとに 出 題 問 数 にも 偏 りがあるので 出 題 問 数 の 多 い 科 目 から 勉 強 することが 大 切 です またい ずれの 自 治 体 でも 出 題 問 数 の 多 い 科 目 があります 学 内 講 座 では 多 くの 自 治 体 で 出 題 問 数 の 多 い 最 重 要 科 目 を 中 心 に 格 に 必 要 な 知 識 を 学 習 します 地 上 関 東 型 中 地 部 上 北 陸 型 堺 役 所 兵 庫 県 庁 ( 神 法 戸 律 ) 役 所 ( 神 経 戸 済 ) 役 所 京 都 府 庁 京 都 役 所 東 京 都 Ⅰ 類 B 東 類 京 特 別 区 役 所 B 日 程 役 所 C 日 程 大 役 阪 所 府 下 7 8 第 2 週 月 月 7 月 8 月 9 月 0 月 第 週 第 4 週 第 週 第 週 第 2 週 第 4 週 第 4 週 第 4 週 第 週 第 週 月 9 日 月 日 月 7 日 月 2 日 月 24 日 月 0 日 月 日 月 7 日 月 4 日 月 4 日 月 28 日 7 月 2 日 8 月 2 日 9 月 20 日 0 月 8 日 衆 議 院 事 務 局 総 衆 議 院 事 務 局 一 般 北 海 道 一 般 行 政 A( 第 ) 国 立 国 会 図 書 館 総 一 般 国 家 総 参 議 院 事 務 局 総 裁 判 所 員 総 一 般 東 京 都 Ⅰ 類 A 国 家 専 門 ( 国 税 専 門 官 財 務 専 門 官 労 働 基 準 監 督 官 ほか) 東 京 都 Ⅰ 類 B 大 阪 府 行 政 (22-2 歳 区 分 ) 特 別 区 Ⅰ 類 外 務 省 専 門 員 国 家 一 般 地 方 上 級 ( 道 県 政 令 指 定 都 ) 役 所 A 日 程 ( 政 令 指 定 都 以 外 の 一 部 役 所 ) 役 所 B 日 程 ( 滋 賀 県 下 兵 庫 県 下 の 多 くの 役 所 ) 国 立 大 学 法 人 等 員 役 所 C 日 程 ( 大 阪 府 京 都 府 和 歌 山 県 下 の 多 くの 役 所 兵 庫 県 下 奈 良 県 下 の 一 部 の 役 所 ) 役 所 D 日 程 ( 京 都 府 下 奈 良 県 下 の 一 部 の 役 所 ) 役 所 なら 同 一 都 道 府 県 内 にあっても 日 程 が 異 なる 場 があります 役 所 A 日 程 の 主 な 専 門 択 一 あり 教 養 択 一 のみ 役 所 B 日 程 の 主 な 専 門 択 一 あり 教 養 択 一 のみ 役 所 C 日 程 の 主 な 専 門 択 一 あり 教 養 択 一 のみ 役 所 D 日 程 の 主 な 教 養 択 一 のみ 地 方 上 級 と 同 じ 日 程 に 実 施 され ほぼ 同 じ 問 題 が 出 題 されることが 多 い 県 庁 所 在 地 など 比 較 的 大 きな が 該 当 します 和 歌 山 県 下 和 歌 山 ( 型 ) その 他 北 九 州 他 和 歌 山 県 下 和 歌 山 (2 型 ) 兵 庫 県 下 明 石 兵 庫 県 下 尼 崎 西 宮 伊 丹 宝 塚 姫 路 たつの 洲 本 相 生 赤 穂 奈 良 県 下 橿 原 生 駒 和 歌 山 県 下 紀 の 川 岩 出 古 座 川 町 兵 庫 県 下 尼 崎 川 西 明 石 加 古 川 高 砂 西 脇 三 木 小 野 加 西 太 子 町 相 生 芦 屋 大 阪 府 下 大 東 例 年 全 国 的 に 最 も 多 くの がこの 時 期 に 実 施 します 滋 賀 県 下 甲 良 京 都 府 下 福 知 山 舞 鶴 綾 部 宇 治 亀 岡 城 陽 向 日 長 岡 京 八 幡 京 田 辺 京 丹 後 南 丹 木 津 川 久 御 山 町 精 華 町 南 山 城 村 大 阪 府 下 寝 屋 川 交 野 守 口 門 真 四 条 畷 東 大 阪 柏 原 和 泉 高 石 泉 大 津 岸 和 田 貝 塚 泉 南 阪 南 藤 井 寺 富 田 林 大 阪 狭 山 河 内 長 野 太 子 町 河 南 町 千 早 赤 阪 村 奈 良 県 下 大 和 高 田 天 理 五 條 香 芝 三 郷 町 斑 鳩 町 川 西 町 上 牧 町 田 原 本 町 大 和 郡 山 河 町 下 町 御 杖 村 桜 井 御 所 和 歌 山 県 下 海 南 橋 本 有 田 御 坊 田 辺 新 宮 紀 美 野 町 美 浜 町 由 良 町 印 南 町 みなべ 町 日 高 川 町 上 富 田 町 那 智 勝 浦 町 白 浜 兵 庫 県 下 宍 粟 豊 岡 養 父 朝 来 篠 山 丹 波 南 あわじ 淡 路 播 磨 町 多 可 町 神 河 町 川 町 福 崎 町 上 郡 町 佐 用 町 香 美 町 新 温 泉 町 高 砂 加 東 吉 野 町 日 高 町 京 都 府 下 宮 津 井 手 町 宇 治 田 原 町 和 束 町 与 謝 野 町 大 阪 府 下 島 本 町 奈 良 県 下 高 取 町 大 淀 町 東 吉 野 村 葛 城 曽 爾 村 和 歌 山 県 下 湯 浅 町 太 地 町 広 川 町 種 自 治 体 ごとに 形 式 や 配 点 がかなり 異 なります ご 自 身 の 志 望 先 については 最 新 の 要 項 を 必 ず 確 認 してください 0 月 下 旬 以 降 に 実 施 する 自 治 体 もあります また 上 記 以 外 に 追 加 募 集 を 実 施 した 自 治 体 もあります

6 20 年 度 公 務 員 格 を 勝 ち 取 る& 講 座 ラインナップ 同 志 社 大 学 学 内 講 座 選 択 例 地 方 上 級 から 国 家 一 般 まで 幅 広 く 併 願 可 能 な 地 方 上 級 国 家 一 般 格 ( キャンパス 京 田 辺 キャンパス) P. 地 方 上 級 から 国 家 一 般 まで 幅 広 く 格 を 目 指 したい 方 におすすめのです 教 養 ( 基 礎 能 力 )と 専 門 どちらも 出 題 される 種 対 応 が 可 能 で 択 一 対 策 記 述 面 接 の 形 式 にも 幅 広 く 対 応 できるオールインワンのです 教 養 科 目 については 京 田 辺 キャン パス 実 施 の 地 方 上 級 国 家 一 般 教 養 対 策 でも 受 講 することができます 本 で 最 終 格 を 目 指 せる 種 地 方 上 級 ( 道 府 県 庁 政 令 指 定 都 ) 国 家 公 務 員 新 制 度 に 完 全 対 応 国 家 一 般 役 所 国 立 大 学 法 人 教 養 専 門 ともに 併 願 先 に 応 じて 自 由 に 選 択 東 京 特 別 区 東 京 都 一 類 B 受 講 できます 警 察 官 消 防 官 他 択 一 記 述 から 面 接 まで 総 的 な 受 対 策 に 対 応 地 方 上 級 国 家 一 般 に 希 望 する 国 家 総 区 分 の 専 門 科 目 対 策 WEBを 付 随! 総 併 願 格 ( キャンパス 京 田 辺 キャンパス) P. 国 家 総 を 併 願 する 方 向 けのになります 総 対 策 のために 地 方 上 級 国 家 一 般 格 では 足 りない 部 分 をWEBで 補 完 します 本 で 最 終 格 を 目 指 せる 種 国 家 一 般 地 方 上 級 ( 都 道 府 県 政 令 指 定 都 ) 国 家 公 務 員 総 ( 希 望 区 分 ) 他 志 望 先 ごとに 臨 機 応 変 に 対 応 できる 向 けの 教 養 対 策 地 方 上 級 国 家 一 般 教 養 対 策 ( 京 田 辺 キャンパス) P.2 向 けの 講 座 です 教 養 科 目 対 策 を 本 講 座 で 身 につけ 教 養 科 目 のみの 自 治 体 や 種 を 受 します 本 で 最 終 格 を 目 指 せる 種 役 所 国 立 大 学 法 人 警 察 官 消 防 官 他 オプションのWEB 講 座 で 心 理 福 祉 対 策 技 術 対 策 が 可 能! 技 術 心 理 福 祉 系 公 務 員 を 目 指 す 方 向 けのです 専 門 科 目 対 策 はWEBで 受 講 します 本 で 最 終 格 を 目 指 せる 種 秋 から 短 期 間 学 習 で 地 方 上 級 国 家 一 般 格 を 目 指 す 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 いスピード 格 ( キャンパス) P. 秋 から 学 習 をスタートし 短 期 間 の 学 習 で 地 方 上 級 や 国 家 一 般 を 目 指 すです 教 養 専 門 ともに 学 習 内 容 を 絞 り 込 み 格 に 必 要 な 知 識 を 一 気 に 修 得 できるよう 理 性 を 追 求 したカリキュラムとなっています 本 で 最 終 格 を 目 指 せる 種 地 方 上 級 ( 道 府 県 庁 政 令 指 定 都 ) 国 家 一 般 役 所 東 京 特 別 区 他 地 方 上 級 国 家 一 般 を 目 指 しながら 総 の 対 策 も 行 なえます! 地 方 上 級 国 家 一 般 格 からの 変 更 も 可 能! 総 の 希 望 区 分 ごとにWEBで 対 策! 地 方 上 級 国 家 一 般 教 養 対 策 に 専 門 科 目 対 策 WEBを 付 随 ( 技 術 心 理 福 祉 のいずれか)! 地 方 上 級 国 家 一 般 技 術 心 理 福 祉 系 公 務 員 格 ( 京 田 辺 キャンパス) P.2 国 家 公 務 員 地 方 公 務 員 の 技 術 国 家 公 務 員 地 方 公 務 員 の 心 理 国 家 公 務 員 地 方 公 務 員 の 福 祉 専 門 科 目 は 技 術 系 心 理 系 福 祉 系 のうちから 選 択 できます! 教 養 科 目 は 生 講 義 で 専 門 科 目 をWEBで 受 講! 地 方 上 級 国 家 一 般 教 養 対 策 からの 変 更 も 可 能! 秋 からスタートの 短 期 間 集 中 カリキュラム 教 養 専 門 ともに 学 習 内 容 を 絞 り 込 んで 理 化 択 一 記 述 から 面 接 まで 総 的 な 受 対 策 に 対 応 皆 様 の 希 望 種 学 習 時 期 により 数 多 くのを 用 意 しています 一 般 行 政 を 目 指 す 場 2 技 術 心 理 福 祉 を 目 指 す 場 秋 から 一 般 行 政 技 術 心 理 福 祉 を 目 指 す 場 に 分 け 以 下 のように 選 択 例 を 示 しています 一 般 行 政 を 目 指 す 場 2 目 技 指 術 す 場 心 理 福 祉 を 一 次 で 専 門 科 目 がある 場 地 方 上 級 国 家 一 般 格 (P.) または 総 併 願 格 (P.)を 申 し 込 みます どちらか 選 択 してください 一 次 が 教 養 のみの 場 地 方 上 級 国 家 一 般 教 養 対 策 (P.2)を 申 し 込 みます 地 方 上 級 国 家 一 般 教 養 対 策 (P.2)を 申 し 込 み ます どちらか 選 択 してください 地 方 上 級 国 家 一 般 技 術 心 理 福 祉 系 公 務 員 格 (P.2)を 申 し 込 みます キャンパス 生 キャンパス 生 キャンパス 生 キャンパス 生 京 田 辺 キャンパスで 京 田 辺 キャンパスで 京 田 辺 キャンパスで 京 田 辺 キャンパスで キャンパス 生 実 施 する 専 門 科 目 の 京 田 辺 キャンパスで 実 施 する 専 門 科 目 または を 受 講 します 総 併 願 格 の 場 は 法 律 区 分 経 済 区 分 政 治 国 際 区 分 総 技 術 系 のいずれかを 選 択 し て WEB 受 講 します 大 学 の 学 部 授 業 等 を 利 用 し 専 門 科 目 対 策 を 行 なってください 技 術 系 心 理 系 福 祉 系 のいずれかの を 選 択 し WEB 受 講 します 秋 からはじめて 教 養 だけで 受 できる 役 所 等 を 目 指 す 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 教 養 対 策 ( キャンパス) 教 養 だけで 受 できる 役 所 や 国 立 大 学 法 人 を 受 する 方 向 けのです 秋 からはじめて 択 一 対 策 から 面 接 の 対 策 までを 短 期 間 で 学 習 できるです 本 で 最 終 格 を 目 指 せる 種 役 所 国 立 大 学 法 人 東 京 都 一 類 B 警 察 官 消 防 官 他 国 を 動 かす 仕 事 がしたい! 国 家 公 務 員 総 を 目 指 す 国 家 総 格 (WEB) 秋 からスタート 教 養 のみ 対 策 に 特 化 した 択 一 記 述 から 面 接 まで 総 的 な 受 対 策 に 対 応 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 教 養 対 策 に 専 門 科 目 対 策 WEBを 付 随 ( 技 術 心 理 福 祉 のいずれか)! 秋 から 技 術 心 理 福 祉 系 公 務 員 を 目 指 す 方 向 けのです 専 門 科 目 対 策 はWEBで 受 講 します 本 で 最 終 格 を 目 指 せる 種 国 家 公 務 員 地 方 公 務 員 の 技 術 国 家 公 務 員 地 方 公 務 員 の 心 理 国 家 公 務 員 地 方 公 務 員 の 福 祉 P. 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 技 術 心 理 福 祉 系 公 務 員 格 ( キャンパス 京 田 辺 キャンパス) P.4 専 門 科 目 は 技 術 系 心 理 系 福 祉 系 のうちから 選 択 できます! 教 養 科 目 は 生 講 義 で 専 門 科 目 をWEBで 受 講 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 教 養 対 策 からの 変 更 も 可 能! P. 7 心 秋 理 か ら 一 福 般 祉 行 政 を 目 技 指 術 す 場 一 次 で 専 門 科 目 がある 場 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い スピード 格 (P.) または 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 技 術 心 理 福 祉 系 公 務 員 格 (P.4)を 申 し 込 みます どちらか 選 択 してください 一 次 が 教 養 のみの 場 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 教 養 対 策 (P.)を 申 し 込 みます キャンパス 生 キャンパス 生 講 義 またはWEB 講 義 を 受 講 します 講 義 またはWEB 講 義 を 受 講 します 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 格 キャンパス 生 で 実 施 する 専 門 科 目 を 受 講 します で 実 施 する 専 門 科 目 または を 受 講 します 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 技 術 系 心 理 系 福 祉 系 公 務 員 格 技 術 系 心 理 系 福 祉 系 のいずれかの を 選 択 し WEB 受 講 します 国 家 総 の< 法 律 区 分 > < 経 済 区 分 > < 政 治 国 際 区 分 > < 技 術 系 >の 格 を 目 指 すです 特 に 格 に 必 要 不 可 欠 な 各 区 分 の 専 門 知 識 について 必 要 な 知 識 と 実 践 力 を 身 につけます あわせて2 次 の 記 述 対 策 や 面 接 官 庁 訪 問 まで 対 応 できるです * 国 家 総 < 技 術 > 格 では 専 門 科 目 対 策 として 工 学 の 基 礎 を 中 心 に 学 習 します それ 以 外 の 専 門 科 目 については 別 途 お 申 込 みが 必 要 です 本 で 最 終 格 を 目 指 せる 種 国 家 公 務 員 制 度 に 完 全 対 応 国 家 公 務 員 総 他 国 家 総 格 に 必 要 な 高 い 専 門 知 識 をしっかり 学 習 択 一 記 述 から 面 接 まで 総 的 な 受 対 策 に 対 応 9 0

7 開 講 キャンパス 京 田 辺 地 方 上 級 国 家 一 般 格 地 方 上 級 から 国 家 一 般 まで 幅 広 く 併 願 可 能 にしたい 方 のです 得 点 源 にしやすい 専 門 科 目 やポイントを 絞 った 教 養 科 目 を 効 率 よく 学 習 します また 一 般 的 に 受 生 が 苦 手 とされる 数 的 処 理 や 経 済 原 論 の 対 策 も 演 習 講 義 を 設 けているため 万 全 です 開 講 キャンパス 京 田 辺 地 方 上 級 国 家 一 般 教 養 対 策 春 から 京 田 辺 キャンパスで 実 施 する 教 養 対 策 になります どの 志 望 先 でも 必 要 となる 教 養 対 策 を 本 講 座 で 身 につけ 技 術 系 心 理 系 福 祉 系 の 専 門 科 目 については 学 部 等 の 授 業 を 利 用 するか 地 方 上 級 国 家 一 般 技 術 系 心 理 系 福 祉 系 公 務 員 格 へコ ース 変 更 することで 対 策 を 図 ります また 地 方 上 級 国 家 一 般 格 (p 参 照 )を 申 し 込 まれた 方 も 本 講 座 を 受 講 することができます に 含 まれる 講 座 単 科 での 受 講 も 受 け 付 けています に 含 まれる 講 座 単 科 での 受 講 も 受 け 付 けています 全 7 生 講 義 ( 模 ) 20 定 員 20 名 最 低 開 講 人 数 20 名 申 込 締 切 20//20 実 施 期 間 20//~207/7 月 中 旬 49,000 円,900 円 全 7 生 講 義 0 ( 模 ) 7 定 員 00 名 最 低 開 講 人 数 20 名 申 込 締 切 20//9 実 施 期 間 09,000 円 20//2~207/7 月 中 旬 9,900 円 京 田 辺 キャンパスで 本 講 座 を 申 し 込 まれた 方 も 生 講 義 を 受 講 して 下 さい ただし 京 田 辺 キャンパス 実 施 の 地 方 上 級 国 家 一 般 教 養 対 策 (P.2 参 照 )も 同 時 に 受 講 することができます 申 込 人 数 が20 名 以 下 の 場 のみの 実 施 となります 申 込 人 数 が20 名 以 下 の 場 のみの 実 施 となります 生 講 義 内 訳 演 習 人 文 科 学 演 習 自 然 科 学 演 習 専 門 マ ス タ ー セレクト Ⅰ Ⅱ 経 済 原 論 Ⅰ 経 済 原 論 Ⅱ 経 済 事 情 チェックテスト 夏 期 特 訓 講 座 重 要 論 点 問 題 演 習 経 済 原 論 Ⅰ(ミクロ) 経 済 原 論 Ⅱ(マクロ) 過 去 問 演 習 択 一 問 題 演 習 直 前 期 演 習 政 策 課 題 ディスカッション 課 題 別 討 論 答 案 練 習 編 専 門 記 述 対 策 講 座 答 案 練 習 編 ダイジェスト 時 事 白 書 面 接 対 策 マスター 講 座 面 接 対 策 講 座 面 接 ロールプレイ 学 習 ナビゲーション 地 方 上 級 国 家 一 般 模 政 策 ゼミ 格 者 アドバイザーによる 学 習 相 談 LEC 専 任 講 師 による 質 問 相 談 受 付 模 擬 面 接 (リアル 面 接 シュミレーション) 集 団 討 論 生 講 義 内 訳 人 文 科 学 自 然 科 学 夏 期 集 中 特 訓 講 座 春 期 集 中 特 訓 演 習 チェックテスト 面 接 対 策 マスター 講 座 面 接 対 策 マスター 面 接 ロールプレイング 過 去 問 演 習 過 去 問 演 習 時 事 白 書 学 習 ナビゲーション 講 義 地 方 上 級 国 家 一 般 模 政 策 ゼミ 政 策 課 題 ディスカッション 格 者 アドバイザーによる 学 習 相 談 LEC 専 任 講 師 による 質 問 相 談 受 付 模 擬 面 接 (リアル 面 接 シュミレーション) 集 団 討 論 の 配 信 日 はP.9をご 覧 ください の 配 信 日 はP.9をご 覧 ください 専 門 マスター Ⅰ Ⅱ 経 済 原 論 Ⅰ 経 済 原 論 Ⅱ 経 済 事 情 教 養 セレクト 日 本 史 世 界 史 地 理 思 想 文 芸 化 学 生 物 地 学 専 門 セレクト 国 際 関 係 刑 法 経 済 史 心 理 学 教 育 学 英 語 労 働 法 面 接 対 策 マスター 面 接 マスター 専 門 記 述 対 策 講 座 経 済 原 論 会 計 学 教 養 対 策 教 養 セレクト 日 本 史 世 界 史 地 理 思 想 文 芸 化 学 生 物 地 学 面 接 対 策 マスター 面 接 マスター 開 講 キャンパス 京 田 辺 総 併 願 格 開 講 キャンパス 京 田 辺 地 方 上 級 国 家 一 般 技 術 系 心 理 系 福 祉 系 公 務 員 格 総 も 併 願 したい 方 向 けの 講 座 です 総 を 目 指 すうえで 地 方 上 級 国 家 一 般 格 コー スに 足 りない 部 分 をWEBで 補 完 するになります 技 術 心 理 福 祉 公 務 員 を 目 指 す 方 向 けの 講 座 です 地 方 上 級 国 家 一 般 教 養 対 策 で 教 養 科 目 を 生 講 義 で 受 けていただき 専 門 科 目 をWEBで 受 講 するになります 専 門 科 目 の 演 習 講 座 も 設 けていますので 対 策 も 万 全 です 生 講 義 ( 模 ) 20 に 含 まれる 講 座 単 科 での 受 講 はございません + 総 対 策 WEB 講 座 ( 法 律 区 分 経 済 区 分 政 治 国 際 区 分 申 込 締 切 20//20 実 施 期 間 上 記 参 照 全 7 総 技 術 のいずれかを 選 択 ) ただし 地 方 上 級 国 家 一 般 格 から 本 へ 変 更 する 場 は 随 時 可 全 7 7 心 理 福 祉 のいずれかを 選 択 ) ただし 地 方 上 級 国 家 一 般 格 から 本 へ 変 更 する 場 は 随 時 可 ~7 8,000 円 204,00 円 生 講 義 0 に 含 まれる 講 座 単 科 での 受 講 はございません + 専 門 科 目 WEB 講 座 ( 機 械 化 学 電 気 電 子 情 報 ~9 申 込 締 切 20//9 実 施 期 間 上 記 参 照,000 円,000 円 の 配 信 日 はP.20をご 覧 ください 総 法 律 区 分 選 択 全 7 ( 全 てWEB) 総 経 済 区 分 選 択 全 70 回 ( 全 てWEB) 必 修 全 必 修 全 ( 講 義 答 練 ) 範 囲 指 定 答 案 練 習 会 全 ( 講 義 答 練 ) 範 囲 指 定 答 案 練 習 会 全 2 ( 講 義 2 答 練 ) 法 律 区 分 科 目 全 2 ( 講 義 2 答 練 ) 経 済 区 分 科 目 全 2 ( 商 法 国 際 法 経 済 学 ) ( 経 済 政 策 統 計 学 計 量 経 済 学 国 際 経 済 学 ) 全 全 公 開 模 全 公 開 模 全 総 政 治 国 際 区 分 選 択 全 ( 全 てWEB) 総 技 術 系 区 分 ( 工 学 の 基 礎 ) 全 ( 全 てWEB) 必 修 全 必 修 全 ( 講 義 答 練 ) 範 囲 指 定 答 案 練 習 会 全 ( 講 義 答 練 ) 工 学 の 基 礎 実 力 完 成 講 座 全 ( 講 義 0 回 答 練 ) ( ) 政 治 国 際 区 分 科 目 全 工 学 の 基 礎 ハイレベル 演 習 講 座 全 ( 経 済 政 策 国 際 法 ) 全 範 囲 指 定 答 案 練 習 全 全 公 開 模 全 公 開 模 全 既 に 地 方 上 級 国 家 一 般 格 を 申 込 されている 方 7,000 円 40,700 円 の 配 信 日 はP.20をご 覧 ください 機 械 選 択 全 電 気 電 子 情 報 選 択 全 0 回 機 械 総 まとめ 講 座 全 2 電 気 電 子 情 報 総 まとめ 講 座 全 2 機 械 パーフェクト 演 習 全 電 気 電 子 情 報 パーフェクト 演 習 全 工 学 の 基 礎 総 まとめ 講 座 全 工 学 の 基 礎 総 まとめ 講 座 全 工 学 の 基 礎 パーフェクト 演 習 講 座 全 工 学 の 基 礎 パーフェクト 演 習 講 座 全 心 理 選 択 全 70 回 福 祉 選 択 全 9 心 理 系 科 目 対 策 講 座 全 福 祉 系 科 目 対 策 講 座 全 9 心 理 系 科 目 記 述 対 策 講 座 全 福 祉 系 科 目 記 述 対 策 講 座 全 詳 細 な 内 訳 はP.9をご 参 照 ください 既 に 地 方 上 級 国 家 一 般 教 養 対 策 を 申 込 されている 方 42,000 円 化 学 選 択 全 化 学 総 まとめ 講 座 全 2 化 学 パーフェクト 演 習 全 工 学 の 基 礎 総 まとめ 講 座 全 工 学 の 基 礎 パーフェクト 演 習 講 座 全 4,00 円 日 程 につきましては 変 更 になる 場 があります 日 程 につきましては 変 更 になる 場 があります 2

8 開 講 キャンパス 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 いスピード 格 秋 頃 から 翌 年 の 公 務 員 格 を 目 指 す 方 のためのです 短 期 間 で 最 大 効 果 を 上 げるために 専 門 科 目 教 養 科 目 ともに 学 習 内 容 を 絞 り 込 み 理 性 を 追 求 したカリキュラムです 全 生 講 義 内 訳 専 門 マ ス タ ー セレクト 経 済 原 論 経 済 事 情 専 門 マスター Ⅰ Ⅱ 経 済 原 論 Ⅰ 経 済 原 論 Ⅱ 経 済 事 情 生 講 義 0 ( 模 ) 20 教 養 セレクト 日 本 史 世 界 史 地 理 思 想 文 芸 化 学 生 物 地 学 定 員 春 期 集 中 特 訓 講 座 政 策 課 題 ディスカッション 政 策 課 題 討 論 の 配 信 日 はP.9をご 覧 ください に 含 まれる 講 座 00 名 最 低 開 講 人 数 20 名 答 案 練 習 編 専 門 記 述 対 策 講 座 答 案 練 習 編 ダイジェスト 時 事 白 書 面 接 対 策 マスター 講 座 面 接 対 策 講 座 面 接 ロールプレイング 専 門 セレクト 国 際 関 係 刑 法 経 済 史 心 理 学 教 育 学 英 語 労 働 法 申 込 締 切 20/0/7 実 施 期 間 20/0/~207/7 月 中 旬 申 込 人 数 が20 名 以 下 の 場 のみの 実 施 となります 2,000 円 政 策 ゼミ 地 方 上 級 国 家 一 般 模 格 者 アドバイザーによる 学 習 相 談 LEC 専 任 講 師 による 質 問 相 談 受 付 模 擬 面 接 (リアル 面 接 シュミレーション) 集 団 討 論 面 接 対 策 マスター 面 接 マスター 専 門 記 述 対 策 講 座 経 済 原 論 会 計 学,00 円 開 講 キャンパス 全 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 技 術 系 心 理 系 福 祉 系 公 務 員 格 技 術 心 理 福 祉 公 務 員 を 目 指 す 方 向 けの 講 座 です 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 教 養 対 策 で 教 養 科 目 を 生 講 義 で 受 けていただき 種 別 の 専 門 科 目 を 選 択 しWEBで 受 講 するになります 秋 から 始 めて 内 定 まで 導 く 理 的 なカリキュラムです の 配 信 日 P.9をご 覧 ください 機 械 選 択 全 電 気 電 子 情 報 選 択 全 0 回 機 械 総 まとめ 講 座 全 2 電 気 電 子 情 報 総 まとめ 講 座 全 2 機 械 パーフェクト 演 習 全 電 気 電 子 情 報 パーフェクト 演 習 全 工 学 の 基 礎 総 まとめ 講 座 全 工 学 の 基 礎 総 まとめ 講 座 全 工 学 の 基 礎 パーフェクト 演 習 講 座 全 工 学 の 基 礎 パーフェクト 演 習 講 座 全 心 理 選 択 全 70 回 心 理 系 科 目 対 策 講 座 全 心 理 系 科 目 記 述 対 策 講 座 全 詳 細 な 内 訳 はp9をご 参 照 ください 生 講 義 4 7 詳 細 な 内 訳 は 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 教 養 対 策 (p) 参 照 に 含 まれる 講 座 単 科 での 受 講 はございません + 福 祉 選 択 福 祉 系 科 目 対 策 講 座 福 祉 系 科 目 記 述 対 策 講 座 専 門 科 目 WEB 講 座 ( 機 械 化 学 電 気 電 子 情 報 心 理 福 祉 のいずれかを 選 択 ) ~9 全 9 全 9 全 申 込 締 切 20/0/7 実 施 期 間 左 記 参 照 ただし 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 教 養 対 策 から 本 への 変 更 は 随 時 可 89,000 円 化 学 選 択 全 化 学 総 まとめ 講 座 全 2 化 学 パーフェクト 演 習 全 工 学 の 基 礎 総 まとめ 講 座 全 工 学 の 基 礎 パーフェクト 演 習 講 座 全 97,900 円 既 に 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 教 養 対 策 を 申 込 されている 方 9,00 円 4,00 円 開 講 キャンパス 地 方 上 級 国 家 一 般 後 追 い 教 養 対 策 秋 頃 から 翌 年 の 公 務 員 格 を 目 指 す 方 のためのです 短 期 間 で 最 大 効 果 を 上 げるために 専 門 科 目 教 養 科 目 ともに 学 習 内 容 を 絞 り 込 み 理 性 を 追 求 したカリキュラムです 生 向 けオプション 専 門 対 策 講 座 に 含 まれる 講 座 各 種 専 門 対 策 講 座 をご 用 意 しています 生 にとって 後 少 しの 学 習 で 併 願 先 がとても 広 がります 下 記 講 座 は 受 講 生 対 象 のオプション 講 座 になります 全 生 講 義 内 訳 生 講 義 4 ( 模 ) 7 定 員 00 名 最 低 開 講 人 数 20 名 申 込 締 切 20/0/7 実 施 期 間 20/0/~207/7 月 中 旬 49,400 円 申 込 人 数 が20 名 以 下 の 場 のみの 実 施 となります 4,400 円 裁 判 所 事 務 官 一 般 対 策 講 座 国 税 専 門 官 財 務 専 門 官 対 策 講 座 労 働 基 準 監 督 官 対 策 講 座 春 期 集 中 特 訓 講 座 答 案 練 習 編 ダイジェスト 時 事 白 書 面 接 対 策 マスター 講 座 面 接 対 策 講 座 面 接 ロールプレイング 政 策 課 題 ディスカッション 政 策 課 題 討 論 地 方 上 級 国 家 一 般 模 政 策 ゼミ 格 者 アドバイザーによる 学 習 相 談 LEC 専 任 講 師 による 質 問 相 談 受 付 模 擬 面 接 (リアル 面 接 シュミレーション) 集 団 討 論 全 28,000 円 0,800 円 全 2,800 円 2 40,00 円 全 2,00 円 29,000 円 の 配 信 日 はP.9をご 覧 ください 教 養 セレクト 日 本 史 世 界 史 地 理 思 想 文 芸 化 学 生 物 地 学 面 接 対 策 マスター 面 接 マスター 裁 判 所 員 一 般 対 策 講 座 裁 判 所 員 裁 判 所 員 裁 判 所 員 刑 法 裁 判 所 員 専 門 記 述 ( ) 裁 判 所 員 小 論 文 対 策 の 配 信 日 はP.9をご 覧 ください 国 税 専 門 官 財 務 専 門 官 対 策 講 座 会 計 学 商 法 国 税 専 門 官 財 務 専 門 官 記 述 対 策 の 配 信 日 はP.9をご 覧 ください 労 働 基 準 監 督 官 対 策 講 座 労 働 法 労 働 事 情 労 働 基 準 監 督 官 記 述 対 策 の 配 信 日 はP.9をご 覧 ください 日 程 につきましては 変 更 になる 場 があります 4

9 生 向 けオプション 地 方 上 級 国 家 一 般 技 術 種 別 対 策 開 講 キャンパス 開 講 キャンパス 国 家 総 法 律 区 分 格 地 方 上 級 国 家 一 般 技 術 の 種 別 専 門 科 目 対 策 講 座 です 専 門 科 目 の 過 去 問 等 の 素 材 を 使 いながら 基 礎 を 学 習 する 総 まとめ 講 座 と 専 門 科 目 知 識 を で 使 える 知 識 に 変 えていく パーフェクト 演 習 講 座 です 法 法 律 律 区 区 分 分 で で 受 受 を 目 を 目 指 指 す す 場 場 必 必 須 須 条 条 件 件 となる 法 法 律 律 科 科 目 目 習 習 得 得 のための 基 基 礎 礎 知 知 識 識 をを 実 力 完 成 講 座 を 通 じて 固 めます また 近 年 重 要 性 が 増 している2 次 記 述 対 策 も 範 囲 指 定 答 案 練 習 会 で 万 全 です 地 方 上 級 国 家 一 般 機 械 地 方 上 級 国 家 一 般 化 学 地 方 上 級 国 家 一 般 電 気 電 子 情 報 講 座 概 要 WEB 講 座 のみ 単 科 での 受 講 も 受 け 付 けています 全 全 全 全 7 7 模 49,000 円,900 円 40,000 円 機 械 対 策 講 座 機 械 総 まとめ 機 械 力 学 材 料 力 学 熱 力 学 流 体 力 学 機 械 パーフェクト 演 習 機 械 力 学 材 料 力 学 熱 力 学 流 体 力 学 機 械 工 学 の 基 礎 総 まとめ 講 座 工 学 の 基 礎 パーフェクト 演 習 講 座 44,000 円 の 配 信 日 はp20をご 覧 ください 40,000 円 化 学 対 策 講 座 化 学 総 まとめ 化 学 無 機 化 学 分 析 化 学 有 機 化 学 化 学 工 学 生 物 化 学 化 学 パーフェクト 演 習 化 学 無 機 化 学 分 析 化 学 有 機 化 学 化 学 工 学 生 物 化 学 化 学 工 学 の 基 礎 総 まとめ 講 座 工 学 の 基 礎 パーフェクト 演 習 講 座 44,000 円 の 配 信 日 はp20をご 覧 ください 40,000 円 地 方 上 級 国 家 一 般 心 理 / 福 祉 対 策 44,000 円 電 気 電 子 情 報 対 策 講 座 電 気 電 子 情 報 総 まとめ 電 磁 気 学 電 気 回 路 電 力 工 学 電 気 計 測 制 御 電 子 工 学 情 報 通 信 電 気 電 子 情 報 パーフェクト 演 習 電 磁 気 学 電 気 回 路 電 力 工 学 電 気 計 測 制 御 電 子 工 学 情 報 通 信 電 気 電 子 情 報 工 学 の 基 礎 総 まとめ 講 座 工 学 の 基 礎 パーフェクト 演 習 講 座 の 配 信 日 はp20をご 覧 ください 本 講 座 は 心 理 / 福 祉 専 門 科 目 対 策 講 座 です 地 方 上 級 レベルの 教 養 対 策 と わせて 受 講 することで 心 理 / 福 祉 に 対 応 可 能 です 模 国 家 総 模 択 一 公 開 模 記 述 公 開 模 開 講 キャンパス 必 修 必 修 教 養 スペシャル 人 文 科 学 自 然 科 学 実 力 完 成 講 座 商 法 刑 法 労 働 法 国 際 法 経 済 学 の 配 信 日 はp20をご 覧 ください 2 範 囲 指 定 答 案 練 習 会 政 策 論 文 国 際 法 公 共 政 策 導 入 編 面 接 対 策 編 ( 模 ) 国 家 総 経 済 区 分 格 経 済 区 分 で 必 要 不 可 欠 な 経 済 理 論 を 攻 略 するためにパーフェクト 実 戦 講 座 で 効 率 よく 学 習 します 過 去 の 出 題 区 分 のインプットと 徹 底 したアウトプットを 同 時 に 行 い 専 門 科 目 について 必 要 な 知 識 と 実 戦 力 を 身 につけます 地 方 上 級 国 家 一 般 心 理 地 方 上 級 国 家 一 般 福 祉 講 座 概 要 WEB 講 座 のみ 単 科 での 受 講 も 受 け 付 けています 全 70 回 70 回,00 円,700 円 全 9 9,00 円,700 円 全 模 49,000 円,900 円 の 配 信 日 はp9をご 覧 ください の 配 信 日 はP.9をご 覧 ください 心 理 系 科 目 対 策 講 座 心 理 学 概 論 臨 床 心 理 学 社 会 心 理 学 心 理 測 定 調 査 産 業 心 理 学 教 育 心 理 学 認 知 心 理 学 心 理 系 科 目 記 述 対 策 講 座 心 理 学 概 論 臨 床 心 理 学 社 会 心 理 学 社 会 福 祉 学 心 理 測 定 調 査 教 育 発 達 心 理 学 福 祉 系 科 目 対 策 講 座 一 般 心 理 学 社 会 心 理 学 ( 福 祉 ) 社 会 調 査 社 会 福 祉 学 教 育 学 ( 矯 正 心 理 ) 教 育 学 ( 矯 正 心 理 ) 社 会 福 祉 学 ( 矯 正 心 理 ) 福 祉 教 育 時 事 福 祉 系 科 目 記 述 対 策 講 座 社 会 心 理 学 ( 福 祉 ) 社 会 福 祉 学 教 育 学 児 童 心 理 学 ケースワーク 模 国 家 総 模 択 一 公 開 模 記 述 公 開 模 必 修 必 修 教 養 スペシャル 人 文 科 学 自 然 科 学 の 配 信 日 はp20をご 覧 ください パーフェクト 実 戦 講 座 経 済 理 論 国 際 経 済 学 統 計 学 計 量 経 済 学 経 済 政 策 経 済 史 経 済 事 情 0 回 範 囲 指 定 答 案 練 習 会 政 策 論 文 経 済 理 論 経 済 政 策 公 共 政 策 導 入 編 面 接 対 策 編 日 程 につきましては 変 更 になる 場 があります 日 程 につきましては 変 更 になる 場 があります

10 開 講 キャンパス 国 家 総 政 治 国 際 区 分 格 単 科 講 座 一 覧 政 治 国 際 区 分 を 目 指 す 場 全 般 にまたがる 知 識 が 要 求 されます このでは 政 治 国 際 区 分 に 必 要 とされる 法 律 経 済 行 政 科 目 の 中 でも 重 要 な 科 目 について 基 礎 固 めができるようになっています 単 科 名 名 地 上 国 一 格 地 上 国 一 教 養 ( 注 ) 国 家 総 回 数 日 程 政 治 法 律 区 分 経 済 区 分 技 術 生 講 義 WEB 国 際 区 分 講 座 概 要 WEB 講 座 のみ 単 科 での 受 講 も 受 け 付 けています 専 門 マスター&セレクト 重 要 論 点 問 題 演 習 &セレクト( ) 夏 期 特 訓 講 座 チェックテスト ,70 円 8,00 円 4 7,800 円 8,200 円 全 7 7 模 49,000 円,900 円 &セレクト( 京 田 辺 ) 春 期 特 訓 講 座 チェックテスト 7,800 円 8,200 円 模 国 家 総 模 択 一 公 開 模 記 述 公 開 模 ( 京 田 辺 ) 8 4,00 円,00 円 別 紙 スケジュールを ご 確 認 ください ( ) 4 4,00 円,00 円 専 門 記 述 対 策 9 8,200 円 9,000 円 ( 注 2) 必 修 必 修 教 養 スペシャル 人 文 科 学 自 然 科 学 の 配 信 日 はp20をご 覧 ください ハイレベル 講 座 国 際 関 係 経 済 政 策 経 済 学 国 際 法 範 囲 指 定 答 案 練 習 会 政 策 論 文 国 際 関 係 国 際 法 公 共 政 策 導 入 編 面 接 対 策 編 国 家 総 技 術 格 ( 工 学 の 基 礎 ) 国 家 総 技 術 を 目 指 す 方 のための 対 策 講 座 です 工 学 区 分 では 最 重 要 科 目 となる 工 学 の 基 礎 を 集 中 的 に 学 習 していただきます さらには を 中 心 とした 教 養 対 策 や 官 庁 訪 問 対 策 まで 網 羅 しています 面 接 対 策 マスター 講 座 面 接 ロールプレイング ダイジェスト ( ) 8,200 円 20,000 円 4 7,000 円,00 円 ダイジェスト 7,000 円,00 円 必 修 2 22,00 円 24,800 円 教 養 スペシャル 8 2,800 円 2,200 円 実 力 完 成 講 座 0 2,000 円 8,00 円 範 囲 指 定 答 案 練 習 会 ( 法 律 ) 2,000 円 8,00 円,400 円,800 円 全 4 講 座 概 要 WEB 講 座 のみ 単 科 での 受 講 も 受 け 付 けています 模 49,000 円,900 円 パーフェクト 実 践 講 座 範 囲 指 定 答 案 練 習 会 ( 経 済 ) 9 27 web web 講 義 の 配 信 日 は P.9~20を 御 覧 くだ さい,00 円 2,00 円 44,00 円,800 円 ハイレベル 講 座 00,800 円 2,200 円 模 国 家 総 模 択 一 公 開 模 記 述 公 開 模 範 囲 指 定 答 案 練 習 会 ( 政 国 ) 4 8,00 円 42,200 円 工 学 の 基 礎 実 力 完 成 講 座 4 4,000 円 49,00 円 の 配 信 日 はp20をご 覧 ください 必 修 必 修 教 養 セレクト 日 本 史 世 界 史 地 理 思 想 文 芸 化 学 生 物 地 学 教 養 スペシャル 人 文 科 学 自 然 科 学 範 囲 指 定 答 案 練 習 会 政 策 論 文 導 入 編 面 接 対 策 編 工 学 の 基 礎 実 力 完 成 講 座 工 学 の 基 礎 ハイレベル 演 習 講 座 &セレクト( 技 術 ) 0 48,800 円,700 円 工 学 の 基 礎 ハイレベル 演 習 4 4,000 円 49,00 円 範 囲 指 定 答 案 練 習 会 ( 技 術 ) 8 2,00 円,800 円 注 : 講 義 の 各 科 目 回 数 については 各 の 講 座 内 容 をご 参 照 ください 注 2 : 経 済 原 論 会 計 学 各 注 : 上 記 以 外 の 単 科 講 座 の 販 売 はございません 7 日 程 につきましては 変 更 になる 場 があります 日 程 につきましては 変 更 になる 場 があります 8

11 9 < 地 方 上 級 国 家 一 般 > 0 4 は 判 断 推 理 ( ) 数 的 推 理 ( ) 図 形 問 題 ( ) 資 料 解 釈 ( ) の4 科 目 に 分 かれています 教 養 セレクト 日 本 史 4 世 界 史 4 地 理 4 7 月 思 想 文 芸 化 学 4 生 物 4 地 学 4 8 月 4 4 専 門 マスター 0 Ⅰ 8 Ⅱ 9 経 済 原 論 Ⅰ 経 済 原 論 Ⅱ 0 月 8 7 月 月 経 済 事 情 207 年 月 専 門 セレクト 国 際 関 係 刑 法 8 月 経 済 史 2 心 理 学 4 教 育 学 4 英 語 4 労 働 法 2 月 < > 4 月 科 目 導 入 編 社 会 政 策 編 白 書 編 時 事 編 回 数 WEB 配 信 日 WEB 配 信 予 定 7 月 月 207 年 2 月 専 門 記 述 対 策 講 座 講 経 済 原 論 義 2 月 編 会 計 学 受 講 期 限 :207 年 0 月 日 20 年 日 現 在 で 配 信 されているものは 配 信 中 としています 専 門 必 修 講 座 国 税 専 門 官 / 財 務 専 門 官 会 計 学 0 国 税 専 門 官 / 財 務 専 門 官 商 法 国 税 専 門 官 / 財 務 専 門 官 記 述 9( 講 義 答 練 ) 裁 判 所 員 4 裁 判 所 員 裁 判 所 員 刑 法 4 裁 判 所 員 専 門 記 述 ( ) 4( 講 義 答 練 ) 裁 判 所 員 一 般 小 論 文 労 働 基 準 監 督 官 労 働 法 労 働 基 準 監 督 官 労 働 事 情 労 働 基 準 監 督 官 記 述 ( 講 義 答 練 ) < 心 理 > 月 記 述 ( ) 2 月 207 年 月 心 理 系 科 目 対 策 講 座 心 理 学 概 論 講 臨 床 心 理 学 義 社 会 心 理 学 編 心 理 測 定 調 査 産 業 心 理 学 2 教 育 心 理 学 2 認 知 心 理 学 2 心 理 学 概 論 0 臨 床 心 理 学 4 演 社 会 心 理 学 4 習 編 心 理 測 定 調 査 4 産 業 心 理 学 教 育 心 理 学 認 知 心 理 学 心 理 系 科 目 記 述 対 策 講 座 心 理 学 概 論 臨 床 心 理 学 社 会 心 理 学 社 会 福 祉 学 月 心 理 検 査 測 定 教 育 発 達 心 理 学 < 福 祉 > 福 祉 系 科 目 対 策 講 座 0 一 般 心 理 学 0 社 会 心 理 学 ( 福 祉 ) 講 社 会 調 査 4 義 編 社 会 福 祉 学 0 月 教 育 学 0 ( 矯 正 心 理 ) 教 育 学 ( 矯 正 心 理 ) 4 8 月 社 会 福 祉 学 ( 矯 正 心 理 ) 福 祉 教 育 時 事 年 2 月 一 般 心 理 学 社 会 心 理 学 ( 福 祉 ) 2 演 社 会 調 査 2 習 編 社 会 福 祉 学 教 育 学 月 ( 矯 正 心 理 ) 教 育 学 ( 矯 正 心 理 ) 8 月 社 会 福 祉 学 ( 矯 正 心 理 ) 福 祉 系 科 目 記 述 対 策 講 座 社 会 心 理 学 ( 福 祉 ) 社 会 福 祉 学 教 育 学 月 児 童 心 理 学 ケースワーク < 地 方 上 級 国 家 一 般 技 術 > 工 学 の 基 礎 総 まとめ 講 座 7 9 工 学 の 基 礎 パーフェクト 演 習 講 座 月 7 < 機 械 > 機 械 総 まとめ 講 座 機 械 力 学 材 料 力 学 熱 力 学 月 流 体 力 学 機 械 パーフェクト 演 習 講 座 機 械 力 学 4 材 料 力 学 4 熱 力 学 月 流 体 力 学 機 械 機 械 月 < 電 気 電 子 情 報 > 電 気 電 子 情 報 総 まとめ 講 座 電 磁 気 学 電 気 回 路 電 力 工 学 電 気 計 測 制 御 月 電 子 工 学 情 報 通 信 電 気 電 子 情 報 パーフェクト 演 習 講 座 電 磁 気 学 電 気 回 路 電 力 工 学 2 電 気 計 測 制 御 2 月 電 子 工 学 2 情 報 通 信 2 電 気 電 子 情 報 電 気 電 子 情 報 月 < 化 学 > 化 学 総 まとめ 講 座 化 学 無 機 化 学 分 析 化 学 4 月 有 機 化 学 生 物 化 学 2 化 学 工 学 化 学 パーフェクト 演 習 講 座 化 学 無 機 化 学 分 析 化 学 2 月 有 機 化 学 生 物 化 学 化 学 工 学 化 学 化 学 月 < 国 家 総 > 必 修 0 2 教 養 スペシャル 人 文 科 学 4 月 自 然 科 学 4 第 月 第 2 0 月 < 総 > 導 入 編 7 月 社 会 政 策 編 2 白 書 編 月 時 事 編 207 年 2 月 法 律 実 力 完 成 講 座 4 配 信 中 2 月 刑 法 9 商 法 9 労 働 法 9 0 月 国 際 法 9 経 済 学 年 月 経 済 パーフェクト 実 戦 講 座 9 経 済 理 論 0 統 計 学 計 量 経 済 学 0 月 国 際 経 済 学 0 0 月 経 済 政 策 7 経 済 史 経 済 事 情 207 年 月 工 学 の 基 礎 実 力 完 成 講 座 工 学 の 基 礎 ハイレベル 演 習 講 座 ハイレベル 講 座 国 際 関 係 9 9 経 済 政 策 国 際 法 9 経 済 学 4 範 囲 指 定 答 案 練 習 会 論 4 点 講 義 経 済 政 策 編 経 済 理 論 207 年 月 4 国 際 関 係 4 国 際 法 公 共 政 策 4 政 策 論 文

12 充 実 したフォローアップ 制 度 お 申 込 みいただきます 及 び 単 科 講 座 ではWebによるフォローアップを 実 施 します 及 び 単 科 講 座 をお 申 込 みの 方 にご 利 用 いただけます Webフォローとは? Webフォローアップ 制 度 (Web 講 座 ) ~インターネット 環 境 さえあればどこでも 公 務 員 講 座 が 受 講 できる~ PC スマートフォン タブレットで 公 務 員 講 座 を 受 講 いただけるシステムです Webフォローの 特 色 Web 講 座 の 最 大 の 特 徴 は インターネットに 繋 がるネット 環 境 があれば いつでもどこでも 学 習 できるという 点 に あります Webフォローは 自 宅 以 外 でも 学 習 する 場 所 を 選 びません また 空 いた 時 間 で 学 習 できますので 忙 しい 学 生 の 方 には 最 適 です しかも 配 信 期 間 であれば 何 度 でも 繰 り 返 し 受 講 できます 特 色 特 色 2 特 色 特 色 4 通 常 速 度 の2 倍 速 での 視 聴 ができる 早 聴 き 機 能 を 搭 載! 短 時 間 で 受 講 したい 方 や 一 度 受 講 したと ころをもう 一 度 聞 く 場 に 便 利 な 機 能 です 講 義 の 途 中 で 学 習 を 終 了 しても 続 きから 再 生 することができる つづき 再 生 機 能 を 搭 載 していま す 空 き 時 間 を 有 効 に 活 用 して 学 習 することができます お 気 に 入 り(しおり) 機 能 搭 載! 後 でもう 一 度 聞 きたい! と 思 ったところを 簡 単 操 作 でお 気 に 入 り 登 録 できます 復 習 も 簡 単 スピーディーにできます の 講 義 をどれくらい 受 講 したかは 視 聴 率 で 確 認 することができます 00%に 近 くなるほど 講 義 の 終 了 が 近 くなります あわせて スライダー 表 示 もされるので 簡 単 にスキップすることもできま す 聴 きたいところだけ 聴 く 復 習 を 効 率 的 に 行 うことができます 無 料 録 音 制 度 学 内 で 実 施 している 講 義 を 無 料 で 録 音 することができます 復 習 用 にご 利 用 いただけます 2 次 対 策 まで 完 全 フォロー 面 接 対 策 公 務 員 講 座 では 面 接 対 策 官 庁 訪 問 対 策 講 義 を 実 施 します そして 講 義 の 内 容 を 体 得 するために 模 擬 面 接 を 受 講 していただきます 模 擬 面 接 は 無 料 で 実 施 します ( 受 講 生 の 方 を 対 象 に 人 複 数 回 ) 控 え 室 での 面 接 カード 記 入 から 入 室 退 室 に 至 るまで 面 接 指 導 経 豊 富 なLEC 講 師 が 面 接 カード 指 導 と 本 番 さながらの 模 擬 面 接 をマンツーマンで 実 施 します 面 接 情 報 センター(インターネットで 公 開 ) 公 務 員 講 座 では 官 庁 訪 問 や 面 接 の 情 報 交 換 の 場 と して LEC 公 務 員 情 報 センター を 無 料 で 提 供 してい ます 志 望 する 自 治 体 や 官 庁 の 面 接 での 情 報 を 閲 覧 していただくことができます 格 者 アドバイザーによる 相 談 会 の 実 施 公 務 員 の 格 者 による 相 談 会 を 実 施 します 前 年 度 の 公 務 員 においてどのような 勉 強 方 法 をとっ たのか また 官 庁 訪 問 や 面 接 においてどのような ことを 質 問 したのか また 質 問 されたのかについて 生 の 声 を 聞 いていただくことができます 質 問 会 の 実 施 LEC 専 任 講 師 及 びスタッフによる 質 問 会 を 実 施 しま す 授 業 内 容 や 勉 強 方 法 に 関 する 相 談 はもちろんのこ と 公 務 員 の 情 報 収 集 方 法 や 受 ( 併 願 )の 仕 方 な ど 様 々な 疑 問 質 問 にお 答 えします また キャリアセンターでも 随 時 さまざまな 相 談 に 個 別 に 対 応 しています 公 務 員 関 連 情 報 資 料 キャリアセンターの 資 料 室 には 公 務 員 情 報 誌 や 各 採 用 の 情 報 など 公 務 員 に 関 する 資 料 が 充 実 しています 公 務 員 講 座 担 任 制 度 学 内 公 務 員 講 座 ではLECの 専 任 講 師 を 担 任 講 師 として 配 置 し 受 講 生 の 質 問 や 相 談 に 関 する 情 報 提 供 を 行 っています 長 い 受 講 期 間 にでてくる 不 安 や 悩 みに 個 別 に 対 応 します 2 22

Microsoft Word - 【5.30】2016年度立命館用 警察官・消防官講座募集要項

Microsoft Word - 【5.30】2016年度立命館用 警察官・消防官講座募集要項 エクステンションセンター 公 務 員 講 座 衣 笠 BKC OIC 講 座 概 要 このコースは 警 察 官 消 防 官 試 験 において 定 評 のある TAC 株 式 会 社 および 学 校 法 人 大 原 学 園 の 警 察 官 消 防 官 講 座 を 教 室 講 座 DVD( 映 像 ) 通 学 講 座 及 びWeb 通 信 講 座 で 受 講 するものです Web 通 信 講 座 は パソコン

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6>

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6> 働 省 告 示 が い 制 改 革 推 進 本 部 お け 検 討 踏 ま え て 保 健 祉 策 見 直 ま で 間 お い て た め 関 係 律 整 備 関 律 成 年 律 伴 い 並 び づ く 祉 サ ー ビ ス 及 び 準 該 当 祉 サ ー ビ ス 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 百 づ く 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 づ く 要 費 用 額

More information

Taro-b07.jtd

Taro-b07.jtd 1 臣 が め 位 価 変 更 点 線 部 改 正 案 現 行 月 月 月 及 び 月 及 び 等 等 月 づ き 臣 が め 月 づ き 臣 が め 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 等 等 七 七 及 び 及 び 臣 が め 位 価 以 位 価 と う 臣 が め 位 価 円 次 円 次 険 律 険 律 事 業 事 業 2 事 業 行 う 事 事 業

More information

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 一 単 位 の 単 価 発 令 : 平 成 18 年 9 月 29 日 号 外 厚 生 労 働 省 告 示 第 539 号 最 終 改 正 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 改 正 内 容 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 [ 平 成 24 年 3 月 14 日

More information

<5461726F2D313230353136817988C495B6817A8E9993B68145926E88E68BE6>

<5461726F2D313230353136817988C495B6817A8E9993B68145926E88E68BE6> 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 準 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 相 談 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 規 づ き 厚 生 労 働 臣 め 位 価 次 よ め 平 成 年 月 日 か ら 適 用 厚 生 労 働 臣 め 位 価 平 成 年 厚 生 労

More information

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA>

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA> 1 臣 が め 位 価 ( 平 省 告 示 ( 傍 線 部 改 正 部 改 正 案 現 づ づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 づ 要 費 用 額 算 関 ( ( 平 省 告 示 平 省 告 示 臣 が め 位 価 ( 以

More information

Microsoft Word - 【最終版】不動産取得税のあらましH27

Microsoft Word - 【最終版】不動産取得税のあらましH27 不 動 産 取 得 税 のあらまし 兵 庫 県 県 税 事 務 所 平 成 27 年 度 版 みなさんが 土 地 や 家 屋 をお 買 いになったり 家 屋 を 建 築 なさった 場 合 には 各 種 の 税 を 納 める 必 要 が 生 じ ます(8ページ 参 照 ) このパンフレットでは このうち 不 動 産 取 得 税 のあらましについてお 知 らせします なお このパンフレットは 平 成 27

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 緑 会 定 款 ( 以 下 定 款 という) 第 59 条 の 規 定 に 基 づき この 法 人 の 運 営 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 第 2 章 役 員 選 挙 ( 役 員 選 挙 の 方 法 ) 第 2 条 この 法 人 の 役 員 の 選 挙 は 定 款

More information

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用)

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用) 解 禁 日 時 ラジオ テレビ インターネット:3 月 18 日 ( 水 )16 時 50 分 以 降 解 禁 ( 記 者 発 表 資 料 ) 新 聞 :3 月 19 日 ( 木 ) 付 朝 刊 以 降 解 禁 参 考 2 ( 取 扱 注 意 ) 記 者 発 表 ( 発 表 資 料 配 付 ) 月 / 日 ( 曜 ) 担 当 課 電 話 番 号 発 表 者 名 ( 担 当 主 幹 名 ) その 他

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水 警 察 の 名 称 位 置 及 び 管 轄 区 域 平 成 18 年 4 月 1 日 現 在 名 称 位 置 管 轄 区 域 兵 庫 県 東 灘 警 察 神 戸 市 東 灘 区 神 戸 市 のうち 東 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 灘 警 察 神 戸 市 灘 区 神 戸 市 のうち 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警

More information

1. 募 集 人 員 ( 全 日 制 ) 第 1 年 課 程 約 20 名 ( 男 子 ) 約 40 名 ( 女 子 ) 2. 出 願 者 資 格 (1)2014 年 3 月 中 校 卒 業 見 込 の 者 (2) 中 校 を 卒 業 した 者 又 は 本 校 において 中 校 を 卒 業 した 者

1. 募 集 人 員 ( 全 日 制 ) 第 1 年 課 程 約 20 名 ( 男 子 ) 約 40 名 ( 女 子 ) 2. 出 願 者 資 格 (1)2014 年 3 月 中 校 卒 業 見 込 の 者 (2) 中 校 を 卒 業 した 者 又 は 本 校 において 中 校 を 卒 業 した 者 同 志 社 香 里 高 等 校 2014 年 度 入 試 説 明 会 資 料 本 校 の 特 色 同 志 社 香 里 中 校 高 等 校 は1951( 昭 和 26) 年 校 法 人 同 志 社 の 中 等 教 育 機 関 と して 誕 生 し 2011 年 度 に 創 立 60 周 年 を 迎 えました 本 校 は 校 章 が 象 徴 するとおり 知 育 徳 育 体 育 の 円 満 な 人 格 の

More information

- 平 成 28 年 度 - 兵 庫 県 防 犯 カメラ 設 置 補 助 事 業 募 集 のご 案 内 兵 庫 県 では 地 域 の 見 守 り 力 の 向 上 を 図 るため まちづくり 防 犯 グルー プ 等 の 地 域 団 体 が 行 う 防 犯 カメラ 設 置 に 要 した 経 費 の 一

- 平 成 28 年 度 - 兵 庫 県 防 犯 カメラ 設 置 補 助 事 業 募 集 のご 案 内 兵 庫 県 では 地 域 の 見 守 り 力 の 向 上 を 図 るため まちづくり 防 犯 グルー プ 等 の 地 域 団 体 が 行 う 防 犯 カメラ 設 置 に 要 した 経 費 の 一 資 料 11 防 犯 カメラの 整 備 状 況 及 び 補 助 制 度 について 防 犯 カメラの 整 備 状 況 について 年 度 市 設 置 防 犯 協 会 設 置 自 治 会 設 置 計 備 考 平 成 24 年 度 3 3 市 設 置 :JR 三 田 駅 南 2 北 1 平 成 25 年 度 1 1 防 犯 協 会 設 置 :JR 新 三 田 駅 平 成 26 年 度 2 3 5 平 成 27

More information

大阪府医師国民健康保険組合規約

大阪府医師国民健康保険組合規約 大 阪 府 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 192 号 以 下 法 という )に 基 づき この 組 合 の 組 合 員 及 び 組 合 員 の 世 帯 に 属 する 被 保 険 者 並 びに 准 組 合 員 及 び 准 組 合 員 の 世 帯 に 属 する 被

More information

農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても

農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても 相 続 税 贈 与 税 納 税 猶 予 制 度 の 概 要 について 資 料 6 農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても 相 続 税 を 払

More information

【事務連絡】地域区分の見直しについて

【事務連絡】地域区分の見直しについて 事 務 連 絡 平 成 28 年 2 月 1 日 各 都 道 府 県 福 祉 主 管 課 ( 室 ) ご 担 当 者 様 厚 生 労 働 省 社 会 護 局 保 健 福 祉 部 福 祉 課 地 域 区 分 見 直 しについて 保 健 福 祉 行 政 推 進 につきましては 日 々 御 尽 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて サービス 地 域 区 分 については 厚 生 労 働 大

More information

公 務 員 って 何!? 大 野 講 師 0 001112 132085 KL13208 公 務 員 って 何? LEC 東 京 リーガルマインド 専 任 講 師 : 大 野 純 一 まず 注 意 したいこと かつては 官 と 民 は 仕 事 の 上 でも 資 質 でも 大 きな 差 があった 今 はNPM( 新 しい 公 共 管 理 )やCSR( 企 業 の 社 会 的 責 任 )などで 両 者

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット)

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット) 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 あなたが 和 歌 山 の 未 来 を 創 る! 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 人 事 委 員 会 事 務 局 和 歌 山 県 PRキャラクター きいちゃん 配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ)

More information

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱 平 成 28 年 度 兵 庫 県 公 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 要 綱 兵 庫 県 教 育 委 員 会 目 次 第 1 入 学 者 選 抜 の 対 象 となる 学 校 等 p 1 第 2 入 学 者 選 抜 の 基 本 方 針 p 1 第 3 調 査 書 学 年 学 習 評 定 一 覧 表 等 p 3 第 4 学 力 検 査 実 施 要 領 ( 多 部 制 については 第 7による)

More information

歳入金等取扱庁一覧

歳入金等取扱庁一覧 ア 00036256 相 生 税 務 署 国 税 収 納 金 整 理 資 金 678-0055 相 生 市 那 波 本 町 6-1 管 理 運 営 徴 収 部 門 0791(23)0231 ア 00008837 愛 光 女 子 学 園 一 般 会 法 務 省 201-0001 狛 江 市 西 野 川 3-14-6 庶 務 課 0424(480)2178-9 ア 00077445 愛 知 県 一 般

More information

9 期 末 現 在 の 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 ( 解 散 日 現 在 の 期 末 ( 中 間 申 告 の 場 合 にあっては その 計 算 期 間 の 末 日 ) 現 在 又 は 解 散 日 現 在 における 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 を 記 載 しま

9 期 末 現 在 の 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 ( 解 散 日 現 在 の 期 末 ( 中 間 申 告 の 場 合 にあっては その 計 算 期 間 の 末 日 ) 現 在 又 は 解 散 日 現 在 における 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 を 記 載 しま 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方

More information

27.2 確定版.xlsx

27.2 確定版.xlsx Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 03-6892-0752) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン 総 務 省 行 政 管 理 局 行 政 手 続 室 御 中 平 成 25 年 3 月 22 日 行 政 不 服 審 査 制 度 の 見 直 しに 係 るヒアリング 行 政 救 済 制 度 の 改 革 について( 資 料 ) 日 本 司 法 書 士 会 連 合 会 第 1 第 2 第 3 第 4 司 法 書 士 の 活 動 領 域 について 現 在 の 司 法 書 士 制 度 の 概 要 行 政 救

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816995DB8CAF88E397C38B408AD6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816995DB8CAF88E397C38B408AD6816A2E646F63> 事 務 連 絡 平 成 21 年 1 月 30 日 医 療 機 関 等 各 位 兵 庫 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 月 の 途 中 で 75 歳 となり 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 移 行 する 場 合 の 自 己 負 担 限 度 額 等 に 関 する 取 扱 いについて( 通 知 ) 本 会 の 業 務 運 営 につきましては 平 素 から 格 別 の 御 理 解 を 賜

More information

種 目 の 方 法 第 1 次 種 目 基 礎 能 力 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 記 述 式 ) 労 働 基 準 監 督 A 労 働 基 準 監 督 B 比 率 公 務 員 として 必 要 な 基 礎 的 な 能 力 ( 知 能 及 び 知 識 )に

種 目 の 方 法 第 1 次 種 目 基 礎 能 力 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 記 述 式 ) 労 働 基 準 監 督 A 労 働 基 準 監 督 B 比 率 公 務 員 として 必 要 な 基 礎 的 な 能 力 ( 知 能 及 び 知 識 )に 平 成 28 年 度 国 家 公 務 員 労 働 基 準 監 督 官 採 用 大 学 卒 業 程 度 受 験 案 内 人 事 院 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 監 督 官 は 5,200 万 人 の 労 働 者 の 職 業 生 活 や 生 命 と 健 康 を 守 り 人 間 尊 重 の 基 本 理 念 に 立 脚 した 法 定 の 労 働 条 件 を 確 保 することを 任 務 とし 厚 生

More information

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 (

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 ( 滋 賀 県 地 域 振 興 立 法 (5 法 ) 指 定 一 覧 山 村 大 津 市 2 大 津 市 ( 葛 川 村 ) 大 津 市 ( 伊 香 立 村 ) 大 津 市 ( 真 野 村 ) 大 津 市 ( 堅 田 町 ) 大 津 市 ( 仰 木 村 ) 大 津 市 ( 雄 琴 村 ) 大 津 市 ( 坂 本 村 ) 大 津 市 ( 下 阪 本 村 ) 大 津 市 ( 大 津 市 ) 大 津 市 (

More information

平成13年度

平成13年度 平 成 28 年 度 福 井 県 職 員 採 用 Ⅰ 種 試 験 案 内 ( 行 政 ( 移 住 定 住 促 進 枠 )) 福 井 県 人 事 委 員 会 90-8580 福 井 市 大 手 3 丁 目 7 番 号 0 7 7 6 ( 20) 0 5 9 3 ( 直 通 ) http://info.pref.fukui.jp /jinji-i/ 受 付 期 間 平 成 28 年 8 月 5 日 (

More information

Microsoft Word - 【未定稿】2015募集要項(OIC_地方上級)修正

Microsoft Word - 【未定稿】2015募集要項(OIC_地方上級)修正 エクステンションセンター 公 務 員 講 座 OIC 公 務 員 という 働 き 方 国 民 や 住 民 がより 快 適 に 生 活 できるよう 制 度 環 境 を 整 えるのが 公 務 員 の 仕 事 です 国 全 体 や 地 域 の 方 向 性 を 示 し その グランドデザインを 描 くようなスケールの 大 きい 仕 事 から 直 接 国 民 や 住 民 に 関 わり 目 の 前 で 困 っている

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

<3031817995E58F5797768D80817A28424B432991EE8C9A816991E63294C5816A32303133303430352E707562>

<3031817995E58F5797768D80817A28424B432991EE8C9A816991E63294C5816A32303133303430352E707562> 2013 年 度 募 集 要 項 宅 建 講 座 BKC 2013 年 4 月 5 日 ( 第 2 版 ) < 改 訂 項 目 > 4.テキスト 年 間 20 万 人 が 受 験 する 大 人 気 国 家 資 格! 不 動 産 業 界 必 須 金 融 建 築 業 界 でも 重 宝! 将 来 必 要 となる 法 律 知 識 を 習 得! 資 格 概 要 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 は 常 にニーズが

More information

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号)

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号) 発 兵 庫 県 公 報 金 曜 日 第 2496 号 目 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 土 地 改 良 区 役 員 の 退 任 の 届 出 ( 農 地 整 備 課 ) 1 土 地 改

More information

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会 刑 務 所 少 年 刑 務 所 及 び 拘 置 所 組 織 規 則 ( 平 成 十 三 年 一 月 六 日 法 務 省 令 第 三 号 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 一 年 一 二 月 二 五 日 法 務 省 令 第 四 八 号 法 務 省 設 置 法 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 九 十 三 号 ) 第 九 条 第 三 項 の 規 定 に 基 づき 及 び 同 法 を 実 施 するため

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 27 年 度 横 浜 市 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 ( 高 校 卒 程 度 免 許 資 格 職 など) 平 成 27 年 6 月 横 浜 市 人 事 委 員 会 募 集 職 種 事 務 土 木 機 械 電 気 保 育 士 司 書 学 校 栄 養 職 員 ( 救 急 救 命 士 ) 第 一 次 試 験 日 平 成 27 年 9 月 27 日 ( 日 ) 24 時 間 申 込 可

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

1 の 方 法 種 目 方 法 内 容 配 点 時 間 1 2 基 教 礎 養 自 己 P R シート 論 人 文 物 択 一 式 知 識 分 野 20 問 必 須 解 答 知 能 分 野 20 問 必 須 解 答 記 述 式 記 述 式 1 題 必 須 解 答 1,2 0 字 程 度 ( 1 日

1 の 方 法 種 目 方 法 内 容 配 点 時 間 1 2 基 教 礎 養 自 己 P R シート 論 人 文 物 択 一 式 知 識 分 野 20 問 必 須 解 答 知 能 分 野 20 問 必 須 解 答 記 述 式 記 述 式 1 題 必 須 解 答 1,2 0 字 程 度 ( 1 日 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 神 奈 川 チャレンジ 早 期 枠 のお 知 らせ 神 奈 川 県 職 員 採 用 Ⅰ 種 行 政 ( 神 奈 川 チャレンジ 早 期 枠 ) 民 間 企 業 志 望 だけど 公 務 員 にも 興 味 がある そんな 方 にもチャレンジしていただきたい です 専 門 はありません 自 己 PRシートやプレゼンテーションで 意 欲 向 上 心 行 動 力

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

人事異動のお知らせ

人事異動のお知らせ 2016 年 3 月 2 9 日 日 本 郵 便 株 式 会 社 近 畿 支 社 人 事 異 動 のお 知 らせ 日 本 郵 便 株 式 会 社 近 畿 支 社 ( 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 支 社 長 矢 﨑 敏 幸 )の 人 事 異 動 について 次 のとおりお 知 らせします (2016 年 4 月 1 日 付 ) 近 畿 支 社 近 畿 支 社 経 営 管 理 本 部 副 本 部

More information

Microsoft Word - 2015年末調整手順書.doc

Microsoft Word - 2015年末調整手順書.doc 給 与 システム 年 末 調 整 処 理 手 順 書 < 目 次 > Ⅰ. 処 理 手 順 フロー(P.2) Ⅱ. 年 末 調 整 準 備 資 料 について(P.3~) Ⅲ. 年 調 期 間 設 定 について(P.5~) Ⅳ. 申 告 データ 個 別 入 力 について(P.9~) Ⅴ. 年 末 調 整 確 定 処 理 について(P.14~) Ⅵ. 各 種 帳 票 について(P.20~) 資 料 :よくあるお

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

は し が き ここに 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 小 野 市 の 人 口 産 業 社 会 文 化 などの 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 を 総 合 的 に 集 録 し 市 勢 の 現 況 と 推 移 を 明 らかにした

は し が き ここに 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 小 野 市 の 人 口 産 業 社 会 文 化 などの 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 を 総 合 的 に 集 録 し 市 勢 の 現 況 と 推 移 を 明 らかにした 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 小 野 市 は し が き ここに 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 小 野 市 の 人 口 産 業 社 会 文 化 などの 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 を 総 合 的 に 集 録 し 市 勢 の 現 況 と 推 移 を 明 らかにしたものです 今 日 の 情 報 化 少 子 高

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477>

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477> 第 1 章 組 織 1-1 周 南 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 15 年 4 月 21 日 条 例 第 15 号 ) 改 正 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条)

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条) テレビジョン 放 送 を 行 う 基 幹 放 送 局 の 電 界 強 度 の 値 ( 基 幹 放 送 局 の 開 設 の 根 本 的 基 準 第 2 条 ) 平 成 二 十 三 年 六 月 二 十 九 日 総 務 省 告 示 第 二 百 八 十 六 号 ( 廃 止 ) 最 終 改 正 平 成 二 十 五 年 二 月 二 十 日 総 務 省 告 示 第 七 十 二 号 放 送 法 施 行 規 則 等

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

航 空 賃 名 鉄 バス 片 道 往 復 泊 距 離 運 賃 特 急 等 北 海 道 大 学 1,520.1 16,630 13,730 30,910 58,480 はやぶさ 利 用 札 幌 札 幌 市 北 海 道 工 業 大 学 46.6 1,070 34,950 1,240 37,260 73,

航 空 賃 名 鉄 バス 片 道 往 復 泊 距 離 運 賃 特 急 等 北 海 道 大 学 1,520.1 16,630 13,730 30,910 58,480 はやぶさ 利 用 札 幌 札 幌 市 北 海 道 工 業 大 学 46.6 1,070 34,950 1,240 37,260 73, 一 般 職 2 級 相 当 国 立 大 学 独 立 行 政 法 人 公 立 私 立 教 育 職 研 究 職 大 学 研 究 所 大 学 研 究 所 学 長 理 事 長 学 長 副 学 長 理 事 副 学 長 理 事 監 事 教 授 研 究 所 長 教 授 研 究 所 長 学 長 研 究 所 長 准 教 授 研 究 センター 准 教 授 研 究 部 長 副 学 長 研 究 部 長 名 誉 教 授 研

More information

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421 この 試 験 は 文 化 芸 術 スポーツ 分 野 又 は 地 域 おこし 協 力 隊 等 での 経 験 等 を 活 かし 意 欲 を 持 って 本 県 の 地 方 創 生 元 気 づくりの 展 開 に 向 けた 取 組 に 貢 献 していただけるかた 鳥 取 県 へのIターン Jターン Uターンを 希 望 しているかた 民 間 企 業 等 で 培 った 経 験 を 活 かし 鳥 取 県 職 員 として

More information

4 商 業 に 関 する 学 科 ( 全 県 学 区 ) 松 陽 姫 路 商 業 商 業 科 小 野 国 際 経 済 科 明 石 商 業 市 神 港 洲 本 実 業 国 際 ビ ジ ネ ス 科 神 戸 商 業 相 生 産 市 兵 庫 商 業 氷 上 * 明 石 商 業 は 推 薦 入 試 の み 受

4 商 業 に 関 する 学 科 ( 全 県 学 区 ) 松 陽 姫 路 商 業 商 業 科 小 野 国 際 経 済 科 明 石 商 業 市 神 港 洲 本 実 業 国 際 ビ ジ ネ ス 科 神 戸 商 業 相 生 産 市 兵 庫 商 業 氷 上 * 明 石 商 業 は 推 薦 入 試 の み 受 4. 本 校 からの 進 学 可 能 な 学 校 Ⅰ. 公 立 高 校 ( 学 力 試 験 による = 一 般 入 試 ) 3 月 12 日 1 複 数 志 願 校 ( 第 3 学 区 ) 5 工 業 に 関 する 学 科 ( 全 県 学 区 ) 普 通 科 加 古 川 東 加 古 川 西 高 砂 南 東 播 工 業 機 械 電 気 建 築 土 木 加 古 川 南 ( 総 合 学 科 ) 高 砂 姫

More information

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務 立 法 府 1 衆 議 院 2 参 議 院 3 国 立 国 会 図 書 館 4 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 裁 判 所 1 最 高 裁 判 所 2 札 幌 高 等 裁 判 所 3 札 幌 地 方 裁 判 所 4 札 幌 家 庭 裁 判 所 5 函 館 地 方 裁 判 所 6 函 館 家 庭 裁 判 所 7 旭 川 地 方 裁 判 所 8 旭 川 家 庭 裁 判 所 9 釧 路 地 方 裁

More information

平 成 24 年 度 埼 玉 県 民 生 委 員 児 童 委 員 協 議 会 事 業 報 告 ( 案 ) 1 福 祉 相 談 推 進 事 業 Ⅰ 公 益 目 的 ( 実 施 ) 事 業 生 活 相 談 等 活 動 推 進 事 業 (1) 各 市 町 村 における 研 修 会 等 への 講 師 派 遣 各 市 町 村 における 各 種 民 生 委 員 児 童 委 員 研 修 会 等 へ 次 のとおり

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

2 合 格 者 発 表 日 総 合 職 ( 院 卒 者 区 分 大 卒 程 度 区 分 ) 裁 判 所 事 務 官 家 庭 裁 判 所 調 査 官 補 1 合 格 者 発 表 日 6 月 21 日 ( 火 ) 一 般 職 ( 裁 判 所 事 務 官, 大 卒 程 度 区 分 ) 2 合 格 者 発

2 合 格 者 発 表 日 総 合 職 ( 院 卒 者 区 分 大 卒 程 度 区 分 ) 裁 判 所 事 務 官 家 庭 裁 判 所 調 査 官 補 1 合 格 者 発 表 日 6 月 21 日 ( 火 ) 一 般 職 ( 裁 判 所 事 務 官, 大 卒 程 度 区 分 ) 2 合 格 者 発 最 高 裁 判 所 平 成 28 年 度 裁 判 所 職 員 採 用 受 案 内 総 合 職 一 般 職 ( 裁 判 所 事 務 官, 大 卒 程 度 区 分 ) TOPICS 平 成 28 年 度 では, 新 たに7 都 市 が 地 に 追 加 され, 合 計 37 都 市 で 受 できるように なります! 新 しく 地 に 加 わるのは, 前 橋 甲 府 津 富 山 長 崎 大 分 青 森 です

More information

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工 平 成 29 年 度 教 員 採 用 選 考 の 概 要 義 務 教 育 課 高 校 教 育 課 特 別 支 援 教 育 課 1 求 める 教 師 像 (1) 長 野 県 の 教 員 の 使 命 任 務 子 どもの 命 と 安 全 を 守 り 夢 や 可 能 性 を 育 む 専 門 性 を 磨 き 人 間 力 を 高 めるために 学 び 続 ける (2)こんな 人 を 求 めています 1 教 育 者

More information

定 款

定 款 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は, 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき, 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い, もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 広 域 巨 大 災 害 に 備 えた 仮 設 期 の 住 まいづくりガイドライン ~ 概 要 版 ~ 平 成 25 年 2 月 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 整 備 課 ガイドラインの 背 景 問 題 意 識 等 背 景 問 題 意 識 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 (P21) 迅 速 な 対 応 と 同 時 に 長 期 化 に 備 えたきめ 細 かい 配

More information

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号)

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号) 兵 庫 県 公 報 火 曜 日 第 2741 号 目 発 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 地 方 卸 売 市 場 における 卸 売 業 務 の 許 可 ( 消 費 流 通 課 ) 1 土

More information

旅客営業規則

旅客営業規則 第 4 章 乗 車 券 類 の 効 力 第 1 節 通 則 ( 乗 車 券 類 の 使 用 条 件 ) 第 147 条 乗 車 券 類 は その 券 面 表 示 事 項 に 従 つて1 回 に 限 り 使 用 することができる この 場 合 乗 車 人 員 が 記 載 されていない 乗 車 券 類 は 1 券 片 をもつて1 人 に 限 るものとす る ただし 定 期 乗 車 券 については その

More information

返 還 卒 業 後 に 返 還 月 賦 返 還 と 月 賦 半 年 賦 併 用 返 還 の 2 種 類 があります 第 一 種 奨 学 金 月 賦 返 還 の 例 ( 貸 与 期 間 :48 ヵ 月 ) 通 学 形 態 貸 与 月 額 返 還 総 額 返 還 月 賦 額 返 還 回 数 ( 期 間

返 還 卒 業 後 に 返 還 月 賦 返 還 と 月 賦 半 年 賦 併 用 返 還 の 2 種 類 があります 第 一 種 奨 学 金 月 賦 返 還 の 例 ( 貸 与 期 間 :48 ヵ 月 ) 通 学 形 態 貸 与 月 額 返 還 総 額 返 還 月 賦 額 返 還 回 数 ( 期 間 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 奨 学 金 概 要 この 奨 学 金 は 経 済 的 理 由 により 修 学 に 困 難 がある 優 れた 学 生 に 奨 学 金 を 貸 与 することにより 教 育 の 機 会 均 等 に 寄 与 することを 目 的 としています 貸 与 型 奨 学 金 のため 返 還 の 義 務 があり 卒 業 後 に 必 ず 返 還 しなくてはなりません

More information

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc)

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc) 市 県 民 税 に 係 る 業 務 上 横 領 事 件 の 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 9 日 ( 金 ) 大 津 市 目 次 1 はじめに 1P 2 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 納 入 の 仕 組 み 1P 3 事 件 の 主 な 経 過 2P 4 元 職 員 の 経 歴 3P 5 被 害 額 4P 6 事 件 を 防 止 できなかった 組 織 的 な 問 題

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 推 進 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 1. 目 的 南 相 馬 市 が 行 う 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 のインターネットを 利 用 した 受 付 サイ ト 構 築 返 礼 品 等 に 関 連 する 業 務 及 びその 他 関 連 業 務 の 代 行 業 務 に 関 し 事 業 者 を 選 定 するため 公 募 型 プロポーザル(

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322D318E9696B18EE891B182AB288B8B975E925393968ED282AA8D7382A48EE891B1816A202E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322D318E9696B18EE891B182AB288B8B975E925393968ED282AA8D7382A48EE891B1816A202E646F6378> 第 2 章 特 別 徴 収 事 務 の 手 続 き 方 法 第 1 節 事 業 者 が 神 戸 市 へ 行 う 手 続 き 2-1-1 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 (1 月 末 日 まで) 所 得 税 の 源 泉 徴 収 義 務 がある 事 業 主 ( 給 与 支 払 者 )は 法 人 個 人 を 問 わず 前 年 中 ( 平 成 26 年 中 )に 給 与 の 支 払 いをしたすべての

More information

微収事務の手引き_CS5.indd

微収事務の手引き_CS5.indd 個人住民税 市町村民税 県民税 特別徴収の事務手引き 三重県 県内各市町 目 次 頁 (ページ) 1 個 人 住 民 税 について 1 2 特 別 徴 収 の 義 務 1 3 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 2 4 対 象 になる 人 2 5 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 2 6 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 送 付 4 7 納 期 と 納 入 方 法 5 8 退

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4 1 Dパーキング 上 桂 北 ノ 口 町 京 都 府 京 都 市 西 京 区 上 桂 北 ノ 口 町 153 番 2 Dパーキング 諏 訪 4 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 城 東 区 諏 訪 4 丁 目 8-3 3 Dパーキング 敷 津 西 1 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 浪 速 区 敷 津 西 1 丁 目 3-10 4 Dパーキング 福 島 大 阪 府 大 阪 市 福 島 区 福 島 6

More information

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人 平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 入 学 試 験 要 項 社 会 人 入 試 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 アドミッションポリシー 21 世 紀 の 知 識 基 盤 社 会 において 大 学 院 における 高 い 専 門 的 知 識 能 力 をもつ 高 度 専 門 職 業 人 の 養 成 や 産 業

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

総合職シラバス

総合職シラバス 2016/4/15 版 2016 年 度 法 文 系 公 務 員 講 座 国 家 公 務 員 総 合 職 合 格 コース ( 経 済 区 分 ) シラバス BKCエクステンションセンター 国 家 公 務 員 総 合 職 合 格 コース( 経 済 区 分 ) - 目 次 - 区 分 講 師 ページ 教 養 一 般 知 識 ( 人 文 科 学 ) 一 般 知 識 ( 自 然 科 学 ) 一 般 知 識

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 勤 務 地 試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 採 用 時 の 勤 務 地 刑 務 A 北 海 道 約 3 0 名 刑 務 B 北 海 道 約 2 5 名 北 海 道 刑 務 A( 社 会 人 ) 北 海 道 刑 務 B( 社 会 人 ) 北 海 道 刑

試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 勤 務 地 試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 採 用 時 の 勤 務 地 刑 務 A 北 海 道 約 3 0 名 刑 務 B 北 海 道 約 2 5 名 北 海 道 刑 務 A( 社 会 人 ) 北 海 道 刑 務 B( 社 会 人 ) 北 海 道 刑 平 成 28 年 度 国 家 公 務 員 刑 務 官 採 用 試 験 - 高 等 学 校 卒 業 程 度 - 受 験 資 格 受 験 案 内 人 事 院 法 務 省 刑 務 官 は 刑 務 所 少 年 刑 務 所 又 は 拘 置 所 に 勤 務 し 被 収 容 者 に 対 し 日 常 生 活 の 指 導 職 業 訓 練 指 導 悩 みごとに 対 する 指 導 などを 行 うとともに 刑 務 所 等

More information

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退 資 料 3の 参 考 2 平 成 27 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 平 成 27 年 度 国 有 財 産 監 査 の 結 果 について の 2 ページに 記 載 した の 主 な 内 容 を 別 に 表 しています 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理

More information

平成28年度保育所入所案内

平成28年度保育所入所案内 H27.11 月 発 行 平 成 28 年 度 南 房 総 市 保 育 所 入 所 のご 案 内 1 支 給 認 定 申 請 と 保 育 所 の 利 用 について 2 (1) 支 給 認 定 申 請 とは (2) 保 育 所 を 利 用 できる 人 ( 保 育 の 必 要 性 の 事 由 ) (3) 保 育 時 間 開 所 休 所 日 などについて 2 申 込 み 方 法 について 3 (1) 平

More information

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 仕 様 書 1 趣 旨 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 を よ り 効 率 的 効 果 的 に 遂 行 す る た め 業 務 の 一 部 を 委 託 する 2 業 務 委 託 の 内 容 (1) 業 務 名 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 (2) 委 託 期 間 平 成 29 年 2 月 1

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

統 合 ( 予 定 ) 日 店 番 号 統 合 店 店 番 号 継 承 店 電 話 番 号 H17.8.8 ( 月 ) 917 下 馬 支 店 78 世 田 谷 支 店 (03)5430-5311 H17.7.11 ( 月 ) 19 世 田 谷 通 支 店 597 経 堂 支 店 (03)3425-

統 合 ( 予 定 ) 日 店 番 号 統 合 店 店 番 号 継 承 店 電 話 番 号 H17.8.8 ( 月 ) 917 下 馬 支 店 78 世 田 谷 支 店 (03)5430-5311 H17.7.11 ( 月 ) 19 世 田 谷 通 支 店 597 経 堂 支 店 (03)3425- 店 舗 統 合 のお 知 らせ( 統 合 日 順 ) 店 舗 統 合 にともない 以 下 の 通 り 店 番 号 店 名 を 変 更 させていただきます お 客 さまにはご 不 便 をおかけいたしますが ご 了 承 いただきますようお 願 いいたします 統 合 ( 予 定 ) 日 店 番 号 統 合 店 店 番 号 継 承 店 電 話 番 号 H28.3.14 ( 月 ) 456 姫 路 南 支 店

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030323020938C8A4397B78B71935393B98A948EAE89EF8ED097B78B7189638BC68B4B91A5874081693181603231308FF0816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030323020938C8A4397B78B71935393B98A948EAE89EF8ED097B78B7189638BC68B4B91A5874081693181603231308FF0816A2E646F6378> 第 2 節 乗 車 券 の 効 力 ( 有 効 期 間 ) 第 154 条 乗 車 券 の 有 効 期 間 は 別 に 定 める 場 合 の 外 次 の 各 号 による (1) 普 通 乗 車 券 イ 片 道 乗 車 券 営 業 キロが 100 キロメートルまでのときは 1 日 100 キロメートルを 超 え 200 キロ メートルまでのときは 2 日 とし 200 キロメートルを 超 えるものは

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269> 平 成 25 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229> 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建

More information

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の 5. 財 務 関 係 (3) 職 員 の に 関 する 調 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) ア 法 第 243 条 の2によるもの 1 都 道 府 県 分 所 属 部 課 名 等 事 実 関 係 監 査 委 員 による 監 査 関 係 都 道 府 県 名 名 及 び 職 名 し を た 日 又 は 事 実 知 った の 無 の 存 し 団 体

More information

注意 〇申込書は別になっています。

注意                                                              〇申込書は別になっています。 人 事 委 員 会 平 成 8 年 度 (06 年 度 ) 神 奈 川 県 職 員 採 用 のお 知 らせ (Ⅰ 種 ( 行 政 ( 秋 季 チャレンジ) 及 び 総 合 土 木 ( 秋 季 技 術 職 )を 含 む ) 公 立 小 中 学 校 等 事 務 職 員 採 用 Ⅰ 種 免 許 資 格 職 職 員 採 用 ( 大 卒 程 度 ) 経 者 採 用 ) の 会 場 で 受 者 が 申 込 者

More information