北 方 言 語 研 究 1: 63-78( 北 方 言 語 ネットワーク 編, 北 海 道 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科,2011) 1 シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 山 越 康 裕 ( 札 幌 学 院 大 学 ) 0. はじめに モンゴル 語 をはじめとするモンゴ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "北 方 言 語 研 究 1: 63-78( 北 方 言 語 ネットワーク 編, 北 海 道 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科,2011) 1 シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 山 越 康 裕 ( 札 幌 学 院 大 学 ) 0. はじめに モンゴル 語 をはじめとするモンゴ"

Transcription

1 Titleシネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 Author(s) 山 越, 康 裕 Citation 北 方 言 語 研 究, 1: Issue Date DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/45230 Right Type bulletin (article) Additional Information File Information 04 山 越.pdf Instructions for use Hokkaido University Collection of Scholarly and

2 北 方 言 語 研 究 1: 63-78( 北 方 言 語 ネットワーク 編, 北 海 道 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科,2011) 1 シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 山 越 康 裕 ( 札 幌 学 院 大 学 ) 0. はじめに モンゴル 語 をはじめとするモンゴル 語 族 の 諸 言 語 には 名 詞 句 におもに 接 続 し 人 称 を 標 示 する 付 属 形 式 が 存 在 する この 付 属 形 式 は 一 般 に personal possessive particle (Janhunen (ed.) 2003, Poppe 1960, Street 1963, etc.) と 呼 ばれ 先 行 する 名 詞 句 の 所 属 先 の もしくは 先 行 する 名 詞 句 に 関 係 する 人 称 を 指 示 する 機 能 をおもに 有 する 2 ただし この 付 属 形 式 ( 以 下 人 称 所 有 小 詞 とよぶ)は 名 詞 句 に 接 続 するだけではな く 一 部 の 動 詞 にも 接 続 し 主 語 人 称 を 指 示 することもある 本 稿 では 近 隣 のモンゴル 語 を 対 象 とした 先 行 記 述 と 適 宜 対 照 しつつ 上 記 のような 人 称 所 有 小 詞 のふるまいと 機 能 について 記 述 するとともに 文 末 の 述 語 として 機 能 する 未 来 分 詞 に 1 人 称 所 有 小 詞 が 接 続 する 際 には 脱 従 属 化 3 が 生 じている 可 能 性 があることを 指 摘 する 1. 人 称 所 有 小 詞 の 形 態 的 特 徴 まず シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 としては 表 1 に 示 す 6 種 類 が 確 認 され る 単 数 複 数 1 人 称 =mni( 短 縮 形 =m) 4 =mnai 2 2 人 称 =s j ni( 短 縮 形 =s j )/ 敬 称 =tni =tnai 2 3 人 称 =in(または=ni, =n) 表 1. シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 1 本 研 究 は 平 成 年 度 文 部 科 学 省 科 研 費 補 助 金 ( 若 手 研 究 (B)) モンゴル 系 危 機 言 語 であるシネヘン ブリヤート 語 の 総 合 的 記 述 (# )による 成 果 の 一 部 である 本 稿 で 用 いたシネヘン ブリヤート 語 の 資 料 は いずれも 筆 者 が 2000 年 から 継 続 的 におこなっているフィールドワークにより 得 られたもの である 言 語 コンサルタントとして ドンドク 氏 (40 代 男 性 )ほか 中 国 内 蒙 古 自 治 区 呼 倫 貝 爾 市 エウェ ンキ 族 自 治 旗 シネヘン 村 在 住 の 多 くの 方 々にご 協 力 いただいた ここに 感 謝 の 意 を 表 したい また 本 稿 執 筆 にあたり 匿 名 の 査 読 者 お 二 人 よりそれぞれ 重 要 なご 指 摘 アドバイスをいただいた ここで 改 め て 御 礼 を 申 し 上 げたい それでもなお 本 稿 の 内 容 に 誤 謬 不 備 等 がある 場 合 は 当 然 ながら 全 て 筆 者 がそ の 責 任 を 負 う 2 日 本 においては 所 属 小 辞 ( 水 野 1991 梅 谷 2003) 人 称 関 係 小 辞 ( 一 ノ 瀬 1988)などと 呼 ばれて おり 必 ずしも 呼 称 が 一 致 していない 所 有 にかえて 所 属 関 係 等 の 呼 称 を 用 いるのは この 形 式 が 積 極 的 に 所 有 者 の 人 称 を 標 示 するというより 当 該 名 詞 句 分 詞 等 に 関 係 する 人 称 を 標 示 するためで ある(cf. 一 ノ 瀬 1988 Kullmann and Tserenpil 1996) こうした 呼 称 についても 議 論 の 余 地 が 残 されている が ひとまず 本 稿 では 英 語 術 語 に 準 拠 し 人 称 所 有 小 詞 を 用 いる 3 desubordination (Aikhenvald 2004); insubordination (Evans 2007) を 指 す 日 本 語 訳 は Pellard (2010) に 従 う 4 シネヘン ブリヤート 語 には 順 行 的 な 母 音 調 和 が 存 在 する 付 属 形 式 の 母 音 調 和 による 交 替 形 を 下 付 き 数 字 で 示 す なお シネヘン ブリヤート 語 では 本 稿 の 分 析 対 象 である 人 称 所 有 小 詞 を 含 む 一 部 の 小 詞 も host の 母 音 に 同 化 する 63

3 3 人 称 においては 数 の 区 別 がなく 2 人 称 単 数 では 無 標 形 と 敬 称 形 の 2 種 類 が 存 在 する このうち 1 人 称 複 数 所 有 小 詞 は 今 回 分 析 の 対 象 としたテキスト( 山 越 a) 中 では 用 例 が 確 認 されない 5 これらはアクセント 位 置 の 移 動 等 の 特 徴 から 音 韻 的 には 後 倚 辞 (enclitic)と 判 断 される( 山 越 2004) なお 1 人 称 複 数 所 有 小 詞 (=mnai~=mnei)および 2 人 称 複 数 所 有 小 詞 (=tnai~=tnei) には 母 音 調 和 による 交 替 形 が 確 認 されている 6 また 形 態 的 には 名 詞 句 分 詞 および 副 動 詞 の 一 部 ( 以 下 これら 接 続 元 をまとめて host とよぶ)に 接 続 する 山 越 (2002) および 山 越 (2006a) の 各 テキストにおける 使 用 状 況 は 表 2 の 通 りであった 名 詞 類 動 詞 名 詞 句 分 詞 副 動 詞 計 (%) 1SG 21 例 6 例 0 例 27 例 (13%) 1PL 0 例 0 例 0 例 0 例 (0%) 2SG 27 例 11 例 0 例 38 例 (19%) 2SG.HON 1 例 0 例 0 例 1 例 (0.4%) 2PL 3 例 0 例 0 例 3 例 (1.5%) 3 82 例 46 例 7 例 135 例 (66%) 計 (%) 134 例 (66%) 63 例 (31%) 7 例 (3%) 204 例 (100%) 表 2. host 別 にみる 各 人 称 所 有 小 詞 の 分 布 以 下 名 詞 句 分 詞 副 動 詞 それぞれが host となる 例 を 示 す (1) axai=s j ni 兄 =2SG:POSS 君 の 兄 [ 山 越 2006a: 147] (2) jab-xa=mni 行 く-FUT.PTCP=1SG:POSS 私 が 行 く(ことは)/ 私 は 行 かなくてはならない [ 山 越 2006a: 146] (3) tii-z j ai-tar=in そうする-PROG-LMT.CVB=3:POSS ( 彼 が)そうしていると [ 山 越 2002: 120] 5 ただし テキスト 以 外 の 日 常 会 話 から 使 用 例 を 収 集 している なお 以 下 本 稿 で 提 示 する 用 例 の 出 典 を 各 用 例 末 尾 に [ ] で 示 す 出 典 が 明 示 されていない 用 例 は 日 常 会 話 の 観 察 および elicitation によって 得 られた 用 例 である 6 本 来 母 音 調 和 は 語 内 部 でおこる 現 象 であるが このように 語 境 界 を 超 えて 小 詞 も 母 音 が 交 替 する 例 は このほかに 述 語 人 称 小 詞 (e.g. 2 人 称 単 数 =ta~=te~=tɔ) 疑 問 小 詞 (=go~=gu)などいくつか 存 在 する 山 越 (2004)で 述 べたように 筆 者 は 高 低 アクセントの 変 化 の 有 無 が 倚 辞 と 接 尾 辞 とを 分 ける 基 準 と 考 えて おり 母 音 調 和 は 語 と 接 尾 辞 とを 区 別 する 一 つのパラメータとはなりうるものの 絶 対 的 基 準 にはなりえ ないという 立 場 をとっている 64

4 山 越 康 裕 /シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 シネヘン ブリヤート 語 の 名 詞 句 や 分 詞 は 格 接 尾 辞 をともなう このとき 人 称 所 有 小 詞 は [ 語 幹 - 格 接 尾 辞 ] に 後 続 する (4) axai-jii=s j ni 兄 -ACC=2SG:POSS 君 の 兄 を (5) negen-ei=n 7 1-GEN=3:POSS その 一 つの [ 山 越 2002: 108] (6) ir-xe-de=n 来 る-FUT.PTCP-DAT=3:POSS ( 彼 /らが) 来 るときに [ 山 越 2006a: 151] 以 下 名 詞 句 動 詞 をそれぞれ host とする 場 合 の 統 語 上 のふるまいと 機 能 についてそれ ぞれみることにする 2. 名 詞 句 + 人 称 所 有 小 詞 2.1 所 有 者 標 示 機 能 名 詞 句 が host となる 場 合 (1) の 例 のように 先 行 する host の 所 属 先 の もしくはその 名 詞 句 に 関 係 する 人 称 を 示 す 同 じく 所 属 先 関 係 者 の 人 称 を 示 す 方 法 として シネヘン ブリヤート 語 では 属 格 代 名 詞 を 先 行 させる 形 式 (7) がある 以 下 [host= POSS]によって 所 属 所 有 関 係 を 示 すタイプ(=(1))を 小 詞 型 とよび [ 所 有 者 -GEN host] によって 所 属 所 有 関 係 を 示 すタイプ(=(7))を 属 格 型 とよぶことにする (7) s j inii axai 2SG:GEN 兄 君 の 兄 さらに 属 格 代 名 詞 人 称 所 有 小 詞 の 双 方 で 所 属 先 関 係 者 の 人 称 を 示 す 形 式 (8) もあ る これを 二 重 型 とよぶことにする (8) s j inii axai=s j ni 2SG:GEN 兄 =2SG:POSS 君 の 兄 [ 山 越 2006a: 147] シネヘン ブリヤート 語 において 所 有 者 - 被 所 有 者 の 関 係 を 示 す 場 合 以 上 の 三 つの 形 式 のいずれかが 用 いられる この 三 つの 形 式 のあいだには 何 らかの 意 味 機 能 的 差 異 が 存 7 シネヘン ブリヤート 語 では 形 容 詞 数 詞 なども 名 詞 的 に 機 能 し 名 詞 類 ( 山 越 2006b)としてまとめら れる このことから これらを 主 要 部 とする 句 構 造 も 広 く 名 詞 句 とみなす 65

5 在 するものと 考 えられるが 現 時 点 では 明 らかではない 8 ただし 山 越 (2006a) を 用 いて 各 人 称 におけるそれぞれの 形 式 の 使 用 状 況 を 分 析 したと ころ 表 3 のような 分 布 となった 表 3 では 山 越 (2006a) 中 で 用 例 が 確 認 されなかった 1, 2 人 称 複 数 代 名 詞 を 除 いている 小 詞 型 属 格 型 二 重 型 1SG 16 例 12 例 2 例 2SG 7 例 1 例 7 例 3 9 例 0(+22) 9 例 2(+1) 例 表 3. 所 有 関 係 標 示 形 式 の 分 布 このテキスト 中 では 3 人 称 代 名 詞 属 格 が 被 所 有 者 に 先 行 する 属 格 型 の 使 用 例 は 確 認 され なかった 3 人 称 において 属 格 形 が 確 認 されないという 点 また 1, 2 人 称 において 小 詞 型 が 属 格 型 よりも 多 用 されている 点 を 考 慮 すると 小 詞 型 が 属 格 型 よりも 優 勢 であることが 考 えられる ただしテキストが 自 然 発 話 によるものではなく また 表 3 にみるように 用 例 自 体 が 乏 しいという 問 題 があるため この 点 にかんしては( 機 能 的 差 異 の 分 析 も 含 め) 今 後 より 詳 細 に 分 析 をおこなう 必 要 がある また この 表 3 の 分 布 は 隣 接 するモンゴル 語 における 分 布 と 比 べ 二 重 型 が 用 いられ ている 点 が 大 きく 異 なる 山 越 (2010: 110) で 述 べたように モンゴル 語 の 場 合 は 双 方 の 標 識 つまり 属 格 と 人 称 所 有 小 詞 がともに 所 属 先 を 標 示 すると 判 断 される 二 重 型 はみあたら ない みかけ 上 二 重 型 となっている 形 式 について 梅 谷 (2003: 216) は 人 称 代 名 詞 属 格 形 は 所 属 の 意 味 を 表 し 人 称 所 属 小 辞 10 は 非 所 属 用 法 11 で 用 いられる と 分 析 したうえで そ の 証 左 として (9) のような 人 称 の 不 一 致 の 例 をあげている 12 (9) Manaj Xaan tüüx žüžig=čin kino-goor bol gurvan angi-taj šüü dee. 1PL:GEN PN 演 劇 2SG:POSS 映 画 -INS FP 3 部 -PROP SFP SFP 我 々の ハーン トゥーフ という 演 劇 は 映 画 では 三 部 作 なんですよ [ 梅 谷 2003: 216] つまり モンゴル 語 では 人 称 所 有 小 詞 が 所 有 者 の 人 称 数 を 標 示 しない 場 合 があるとい うことである 一 方 シネヘン ブリヤート 語 の 二 重 型 の 例 からはこのような 不 一 致 がみあたらない 先 行 する 人 称 代 名 詞 属 格 形 (3 人 称 の 場 合 は 普 通 名 詞 属 格 形 もありうる) 8 近 隣 のハムニガン モンゴル 語 では 所 有 者 にとって 身 近 な 所 有 物 ほど 小 詞 型 が 好 まれる 傾 向 があるこ とから 譲 渡 可 能 性 による 使 い 分 けがあることが 推 測 される( 山 越 2010) ただしシネヘン ブリヤート 語 においては そのような 使 い 分 けは 確 認 できなかった 9 カッコ 内 の 数 字 は 先 行 する 所 有 者 名 詞 として 3 人 称 代 名 詞 ではなく 普 通 名 詞 属 格 形 が 用 いられてい る 例 の 数 を 示 している 10 本 稿 における 人 称 所 有 小 詞 を 指 す 11 人 称 所 有 小 詞 が 所 有 所 属 先 を 明 示 するのではなく 先 行 名 詞 句 を 強 調 するために 用 いられる 用 法 ( 梅 谷 2003)を 指 す 12 梅 谷 (2003: 216) の 音 韻 表 記 訳 にもとづく 形 態 素 分 析 およびグロスは 筆 者 による 66

6 山 越 康 裕 /シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 と 人 称 所 有 小 詞 は 常 に 対 応 し (10) 対 応 関 係 を 崩 した つまり 不 一 致 の 状 態 にした 作 例 (11) は 非 文 と 判 断 される (10) minii s j aarpa-jii=mni xaana tab j -aa=ta. 1SG:GEN マフラー-ACC=1SG:POSS どこに 置 く-IPFV.PTCP=2PL ぼくのマフラーはどこに 置 きましたか? (11) * minii s j aarpa-jii=s j ni xaana tab j -aa=ta. 1SG:GEN マフラー-ACC=2SG:POSS どこに 置 く-IPFV.PTCP=2PL こうした 制 約 をみると モンゴル 語 に 比 べ シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 は 所 属 先 関 係 者 の 人 称 を 明 示 する 機 能 が 強 いといえる ただしその 一 方 で 所 属 先 関 係 者 の 人 称 を 示 しているとはとらえがたい(= 非 所 属 用 法 ( 梅 谷 2003)に 相 当 する) 用 例 もわずかながら 確 認 できる 山 越 (2006a) からは 用 例 が 確 認 されなかったものの 民 話 等 の 語 りを 収 録 したテキスト( 山 越 2002)では 2 人 称 単 数 所 有 小 詞 が 用 いられた 10 例 ( 全 体 の 4.9%)が 非 所 属 用 法 として 用 いられていた (12) zaa, tii-xe-de=n xuuged-uud-e=s j ni aba-d-aa さあ そうする-FUT.PTCP-DAT=3:POSS 子 ども-PL-E=2SG:POSS 父 -DAT-REFL ɔs j -ɔɔd=le gɔn j g j ɔn-ɔɔd hal-aa-gui ge-ne. 着 く-PFV.CVB=FP 頼 む-PFV.CVB 別 れる-IPFV.PTCP-NEG という-PRS ( 子 どもたちが 自 分 たちの 母 (= 天 女 )が 衣 をまとうと 白 鳥 に 変 身 すると 知 って) さあ すると 子 どもたちは( 自 分 の) 父 親 のところに 行 って( 隠 している 衣 を 出 し てくれと)せがんで 離 れないという [ 山 越 2002: 109] (13) tere xun=s j ni ubhen sɔɔ nusgen bai-z j ai-g-aad, ter-ii=s j ni その 人 =2SG:POSS 草 の 下 に 裸 いる-PROG-E-PFV.CVB 3SG-ACC=2SG:POSS asa xatx-ool-han=jum=bud=dee. ter-ii=s j ni ger-t-ee フォーク ささる-CAUS-PFV.PTCP=SFP=SFP=SFP. 3SG-ACC=2SG:POSS 家 -DAT-REFL ɔr-ool-xa-da=n tere=s j ni jaa-g-aa=jum bai-na... 入 る-CAUS-FUT.PTCP=3:POSS 3SG:NOM=2SG:POSS どうする-E-IPFV.PTCP=SFP いる-PRS その 人 が 草 の 下 で 裸 でいたので そいつをフォークでつついたんだって そいつを 自 分 の 家 に 彼 ( 裸 でいたその 人 )が 迎 え 入 れたとき そいつはどうしたんだったか [ 山 越 2002: 121] (12) (13) の 2 人 称 単 数 所 有 小 詞 が 接 続 する 例 は いずれも host が 民 話 の 中 の 登 場 人 物 を 指 示 している この 登 場 人 物 が 聞 き 手 に 直 接 関 係 している 聞 き 手 に 所 属 している 存 在 だとは 考 えにくいことから 非 所 属 用 法 にあたると 判 断 できる 一 方 で 1 人 称 3 人 称 所 有 小 詞 が 用 いられた 例 は host の 所 属 先 が 話 し 手 (1 人 称 )も しくは 第 三 者 (3 人 称 )にあることが 明 確 であった ただし 対 象 テキスト 中 では 次 の (14) 67

7 における xon j s j oboo-jii=n についてのみ 非 所 属 用 法 にあたる 可 能 性 を 残 している (14) habar=in habard-aad=le ul-s j -ɔɔ-xɔ-dɔ tere 爪 =3:POSS 引 っかく-PFV.CVB=FP 残 る-PFV-IPFV.PTCP-FUT.PTCP-DAT 3SG niid-eed jab-s j -ba, teŋger j -t j e-jee. ii-g-eed xon j s j oboo-jii=n 飛 ぶ-PFV.CVB 行 く-PFV-PST 天 -DAT-REFL こうする-E-PFV.CVB 白 鳥 -ACC=3:POSS habar=in xar bai-dag ge-deg. 爪 =3:POSS 黒 い いる-HBT.PTCP という-HBT.PTCP ( 天 女 の 化 身 である 白 鳥 の) 爪 が( 鍋 を) 引 っかいただけになってしまって それ (= 白 鳥 )は 飛 んで 行 った ( 自 分 が 暮 らす) 天 へと このことがあって 白 鳥 という ものは 爪 が 黒 くなっているという(ようになった) [ 山 越 2002: 111] (14) は 天 女 の 化 身 である 白 鳥 が( 自 分 が 暮 らす) 天 へと 帰 っていく 際 に 乳 の 入 った 鍋 に 爪 をひっかけたことで いまの 白 鳥 の 爪 が 黒 くなっているのだ ということを 伝 える 一 節 である この xon j s j oboo-jii=n の 3 人 称 所 有 小 詞 が 天 に 照 応 し 天 に 所 属 してい ると 読 み 取 ることができる しかし 一 方 で 述 語 動 詞 が 習 慣 形 であらわれていることから ここでの xon j s j oboo 白 鳥 が 直 前 までの 文 脈 で 用 いられた 特 定 の 白 鳥 とは 異 なり 総 称 的 に 用 いられているともとらえられる その 解 釈 の 場 合 は この 3 人 称 所 有 小 詞 が 天 に 照 応 するかどうかは 判 然 としない そのため 非 所 属 用 法 である 可 能 性 も 捨 てきれな い 2 人 称 所 有 小 詞 に 集 中 して 非 所 属 用 法 が 集 中 しているのは host を 聞 き 手 に 所 属 している 要 素 として 示 すことで 聞 き 手 の 関 心 を 引 きつけているためと 考 えられる これは 水 野 (1991) がモンゴル 語 の 所 有 小 詞 について 関 心 の 所 在 がどこにあるかを 示 す と 指 摘 して いるのと 同 様 のふるまいといえる 所 有 者 所 属 先 を 示 すという 所 有 小 詞 の 機 能 が 拡 張 し たものととらえてよいだろう 13 ただし モンゴル 語 と 大 きく 異 なる 点 は ここまで 見 たような 非 所 属 用 法 が シネ ヘン ブリヤート 語 ではあくまで 周 辺 的 な 用 法 である 点 である モンゴル 語 にかんしては 水 野 (1991) が 用 例 を 分 析 してみると ( 用 語 上 での 矛 盾 を 承 知 でいえば) 純 粋 に 所 属 を 表 している 所 属 小 辞 14 は 少 ない と 述 べている つまり 非 所 属 用 法 として 用 いられるケー スが 多 いということになる 一 方 シネヘン ブリヤート 語 では 所 属 関 係 が 明 確 な 場 合 に 用 いられ (12) (13) のような 非 所 属 用 法 はむしろわずかである さらに 属 格 名 詞 ( 代 名 詞 を 含 む)が 先 行 している 場 合 に その 人 称 数 と 一 致 しない 人 称 所 有 小 詞 が 使 われる (=(11))のような 例 も 確 認 されない 以 上 をまとめると モンゴル 語 では 人 称 所 有 小 詞 が 所 有 者 所 属 先 の 人 称 数 に 一 致 し ない 場 合 があるのに 対 し シネヘン ブリヤート 語 では 一 致 のマーカーとして(つまり 人 称 数 を 標 示 するマーカーとして) 人 称 所 有 小 詞 が 機 能 しているといえる 13 このように 考 えると 所 属 用 法 と 非 所 属 用 法 との 間 に 境 界 線 を 引 いて 明 確 に 区 別 することは 困 難 となる 14 本 稿 における 人 称 所 有 小 詞 をさす 68

8 山 越 康 裕 /シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 また 人 称 所 有 小 詞 が 一 致 のマーカーとして 用 いられやすいという 上 記 の 傾 向 は 下 の 表 4 に 示 す 人 称 所 有 小 詞 のテキスト 別 の 用 例 の 分 布 からも 読 み 取 ることができる 民 話 等 の 語 りである 山 越 (2002) と 日 常 会 話 の 文 例 を 集 めた 山 越 (2006a) とで 名 詞 句 に 接 続 す る 人 称 所 有 小 詞 の 使 用 例 の 分 布 を 比 較 すると 話 し 手 聞 き 手 以 外 の 第 三 者 が 照 応 先 とな る 3 人 称 所 有 小 詞 は 山 越 (2002) で 68 例 山 越 (2006a) で 14 例 と 他 の 人 称 所 有 小 詞 の 使 用 分 布 に 比 べて 著 しい 差 がみられた( 表 4 参 照 ) 山 越 (2002) 山 越 (2006a) 計 1SG 3 例 18 例 21 例 1PL 0 例 0 例 0 例 2SG 10 例 17 例 27 例 2SG.HON 1 例 0 例 1 例 2PL 3 例 0 例 3 例 3 68 例 14 例 82 例 計 85 例 49 例 134 例 表 4. テキスト 別 にみた 名 詞 句 + 人 称 所 有 小 詞 の 出 現 数 山 越 (2006a) で 扱 った 日 常 会 話 の 文 例 は 内 蒙 古 大 学 蒙 古 語 文 研 究 所 が 1980 年 に 実 施 し たモンゴル 諸 語 の 現 地 調 査 で 用 いた 調 査 票 日 常 会 話 翻 訳 をもとにしている この 文 例 集 は 問 い- 答 えの 対 応 がある 文 例 がいくつかあるものの 多 くは 前 後 の 文 脈 がないものと なっている そのため 所 有 者 となる 第 三 者 の 情 報 が 欠 落 している 場 合 が 多 い 一 方 民 話 などの 語 り である 山 越 (2002) では 文 脈 から 所 有 者 を 特 定 することが 可 能 な 場 合 が 多 い とくに 3 人 称 所 有 小 詞 については 照 応 先 を 特 定 しやすい 語 り のテキストに 多 く 用 いられていることを 考 えると やはり 人 称 数 のマーカーとして 機 能 していると 考 え られる 以 上 の 点 から シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 は 名 詞 に 接 続 する 場 合 には 所 有 者 の 人 称 数 を 標 示 するために 用 いられるとまとめられる ただしその 機 能 の 延 長 とし て 2 人 称 所 有 小 詞 は 聞 き 手 の 関 心 をひきつけるために 必 ずしも 聞 き 手 の 所 有 物 ではない 対 象 に 対 して 接 続 し host を 聞 き 手 に 関 係 するもの として 示 す 場 合 もある モンゴル 語 では 人 称 数 における 一 致 を 示 すマーカーとして 必 ずしも 機 能 しないのに 対 し シネヘン ブリヤート 語 では 基 本 的 に 人 称 数 のマーカーとして 機 能 する このよう な 差 異 がみられる 原 因 はわからないが シネヘン ブリヤート 語 では 述 語 人 称 小 詞 による 主 語 と 述 語 の 一 致 があり モンゴル 語 ではそのような 一 致 がないという 点 に 関 係 している のではないかとも 考 えられる 15 ただし 仮 にそうだとすると 小 詞 をともなわない 属 格 型 の 所 有 構 造 がなぜ 存 在 するのかが 問 題 となる これについては 今 後 より 詳 細 に 分 析 を 進 15 山 越 (2010) ではブリヤート 語 と( 地 理 的 系 統 的 に) 近 い 関 係 にあると 考 えられるハムニガン モン ゴル 語 の 所 有 構 造 について 扱 っている ハムニガン モンゴル 語 についても 用 例 を 見 るかぎり 所 属 関 係 が 明 確 な 場 合 に 限 定 して 人 称 所 有 小 詞 が 用 いられており やはり (9) のような 例 は 確 認 されない ちなみ に ハムニガン モンゴル 語 にも 主 語 と 述 語 の 一 致 が 存 在 する 69

9 める 必 要 がある 2.2 その 他 の 機 能 の 可 能 性 モンゴル 語 の 人 称 所 有 小 詞 にかんして Luvsanvandan (1966: 270) は 主 語 のあとに 人 称 所 有 小 詞 を 用 いて 主 語 を 明 示 できる ( 原 文 :Мөн гурван биед хамаатуулах ёсыг холбогдох өгүүлэгдэхүүн гишүүний хойно нь хэрэглэж тодочлон үзүүлж болио.)とし また 小 沢 (1986: 107) は 主 格 表 示 の 語 尾 として 用 いられる と 説 明 している シネヘン ブリヤート 語 の テキストを 確 認 したところ たしかに 人 称 所 有 小 詞 をともなう 名 詞 句 は 節 の 主 語 名 詞 句 に 接 続 する 例 が 多 いという 特 徴 がある 節 の 主 語 名 詞 句 に 接 続 する 例 は 名 詞 句 に 接 続 し た 全 134 例 中 93 例 あった (15) (15) axai=m nam-ahaa huul-de bɔd-dɔg. 兄 =1SG:POSS 1SG-ABL 終 わり-DAT 起 きる-HBT.PTCP 私 の 兄 は 私 より 遅 く 起 きます [ 山 越 2006a: 170] しかし 主 語 に 接 続 する 例 が 多 いという 傾 向 はあるが 主 語 以 外 の 名 詞 項 にも 接 続 する (134 例 中 41 例 は 主 語 以 外 の 要 素 に 接 続 ) 16 主 語 以 外 の 名 詞 項 に 接 続 した 例 のなかでは 節 内 部 に 他 の 名 詞 項 があらわれない 場 合 (16) に 接 続 する 例 が 比 較 的 多 く 確 認 された 主 語 以 外 の 要 素 に 接 続 しており かつ 節 内 部 に 他 の 名 詞 項 があらわれなかった 例 は 全 134 例 中 22 例 であった また 残 りの 19 例 のうち 人 称 所 有 小 詞 が 接 続 した 名 詞 句 が 節 の 先 頭 に 位 置 していた 例 が 10 例 あった (17) (16) ubgen=in itg-eed xobsah-ii=n ug-s j ix j -ɔɔ. 夫 =3:POSS 信 じる-PFV.CVB 衣 -ACC=3:POSS 与 える-PFV-IPFV.PTCP ( 彼 女 の) 夫 は( 彼 女 を) 信 じて( 彼 女 の) 衣 を 渡 してしまった [ 山 越 2002: 110] (17) araata gar-aad gui-xe-de malgai-jii=n tar j x j a-da abl-aad 狐 出 る-PFV.CVB 走 る-FUT.PTCP-DAT 帽 子 -ACC=3:POSS 頭 -DAT とる-PFV.CVB gui-g-ee=jum=buddee. ( 中 略 ) malgai-jii=n araata umd-eed=le, 走 る-E-IPFV.PTCP=SFP=SFP 帽 子 -ACC=3:POSS 狐 着 る-PFV.CVB=FP ( 男 が 穴 に 帽 子 をかぶせて 休 んでいたところ) 狐 が( 穴 から) 走 って 出 てきて ( 彼 の) 帽 子 を 頭 に 載 せて 走 ったんだという ( 中 略 )( 彼 の) 帽 子 を 狐 がかぶってしまい [ 山 越 2002: 120] これらの 例 のほとんどは 前 後 の 文 脈 から 主 題 と 判 断 できる 場 合 が 多 い シネヘン ブリヤート 語 はモンゴル 語 同 様 SOV が 基 本 語 順 となっているが 主 題 化 された 語 が 文 頭 ( 節 の 先 頭 )に 移 動 する 傾 向 があり O と S の 語 順 は 比 較 的 自 由 に 交 替 する (17) の 例 に おける 下 線 を 引 いた 要 素 は O が S に 先 行 して 節 の 先 頭 に 位 置 し 主 題 として 提 示 されて いる 16 なお Luvsanvandan (1966: 271) は 強 調 のために 人 称 所 有 小 詞 が 接 続 しているからといって それが 主 語 であるとは 限 らない 場 合 があり 両 者 を 混 同 してはならないとも 言 及 している 70

10 山 越 康 裕 /シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 また (18) のように 対 比 される 要 素 にそれぞれ 人 称 所 有 小 詞 を 用 いる 例 もある (18) xes-iiji=n xaxal-aad xɔjɔr bɔlg-ɔɔd, neg tal-iiji=n alxa-tee, 太 鼓 -ACC=3:POSS 割 る-PFV.CVB 2 する-PFV.CVB 1 面 -ACC=3:POSS 柄 -PROP nugɵɵ tal=in alxa-gui bɔlgɔ-hɔn=jum ge-ne. 別 の 面 =3:POSS 柄 -NEG する-PFV.CVB=SFP という-PRS ( 帝 釈 天 はシャマンの) 太 鼓 を 二 つに 割 り 一 方 を 柄 持 ちに もう 一 方 は 柄 無 しに したのだという [ 山 越 2002: 126] こうした 傾 向 がみられることから 水 野 (1991: 45) は(モンゴル 語 の 人 称 所 有 小 詞 につ いて) 旧 情 報 のマーカー であるとし 山 越 (2006a: 292), Yamakoshi (2011) でもそれぞれ 人 称 所 有 小 詞 が 主 題 化 の 機 能 を 有 すると 言 及 している ただし 厳 密 にいえばこれら の 記 述 は 正 しくない たしかに 主 題 旧 情 報 となる 名 詞 句 に 接 続 している 例 が 傾 向 と して 多 くみられる しかし たとえば (19) (20) のように 同 一 節 中 で 複 数 の 名 詞 句 項 に 人 称 所 有 小 詞 が 接 続 しており 名 詞 句 項 の 双 方 ともを 主 題 ととらえることが 難 しそうな 例 や 主 題 ではないと 思 われる 名 詞 句 に 接 続 している 例 (21) も 確 認 される (19) nɔxɔi=n mɔrj-iiji=n xutel-eed, 犬 =3:POSS 馬 -ACC=3:POSS 引 っ 張 る-PFV.CVB ( 彼 の) 犬 が(その) 馬 を 引 っ 張 って [ 山 越 2002: 120] (20) minii axai=m tar j x j an=in ix-eer ubde-z j e bai-na. 1SG:GEN 兄 =1SG:POSS 頭 =3:POSS 大 きい-INS 痛 む-IPFV.CVB いる-PRS 私 の 兄 は 頭 がひどく 痛 い(よう)です [ 山 越 2006a: 156] (21) ɔdɔɔ iig-eed bii basgan-ai=tni altan b j eheleg 今 こうする-PFV.CVB 1SG:NOM 娘 -GEN=2SG.HON:POSS 金 の 指 輪 bid j er-ne=b j. 探 す-PRS=1SG さあそしたら 私 は(あなたの) 娘 さんの 金 の 指 輪 を 探 しますよ [ 山 越 2002: 121] また 主 題 旧 情 報 であるからといって 常 に 人 称 所 有 小 詞 が 接 続 するとも 限 らない (22) の 例 では gaxai-n tar j x j a ブタの 頭 がそれまでの 文 脈 で 言 及 されており かつこの 名 詞 句 を 含 む 節 の 先 頭 に 位 置 している しかし 人 称 所 有 小 詞 は 接 続 していない (22) sad-tar-aa gaxai-n m j axa id j -eed=le xobsaha baha 満 腹 になる-LMT.CVB-REFL ブタ-GEN 肉 食 べる-PFV.CVB 衣 また umde-xe=jum=buddee. ii-g-eed gaxai-n tar j x j a mɔdɔn-dɔ 着 る-FUT.PTCP=SFP=SFP こうする-E-PFV.CVB ブタ-GEN 頭 木 -DAT ii-z j e s j ɔrl-ɔɔd, ( 以 下 略 ) こうする-IPFV.CVB 串 刺 しにする-PFV.CVB 71

11 ( 占 いをするためにブタの 頭 が 必 要 だと 裸 の 男 がある 家 の 者 に 告 げたところ その 家 でブタを 調 理 し 衣 が 用 意 された) ( 彼 は)おなかいっぱいブタの 肉 を 食 べ 衣 もま とったのだった こうして ブタの 頭 を 木 にこうやって 串 刺 しにして( 以 下 略 ) [ 山 越 2002:121] 以 上 の 特 徴 を 考 えると 小 詞 そのものが 主 題 化 の 機 能 旧 情 報 のマーカーとしての 機 能 を 有 しているわけではなく 主 題 となる host に 接 続 する 傾 向 があるということになろう 3. 動 詞 + 人 称 所 有 小 詞 動 詞 に 接 続 するケースは 山 越 (2002) および 山 越 (2006a) では 全 204 例 中 70 例 ある( 表 2 参 照 ) これらの 例 は a) 動 詞 の 要 求 する 項 として 機 能 する 名 詞 節 の 分 詞 述 部 に 接 続 する 場 合 (16 例 (23)) b) 副 詞 節 の 分 詞 述 部 17 および 副 動 詞 述 部 18 に 接 続 する 場 合 (50 例 (24) (25)) c) 文 末 の 分 詞 述 部 に 接 続 する 場 合 (4 例 (26))のいずれかに 分 類 される (23) xormasta teŋger j -iin dɔmbɔ sɔɔ bai-x-iiji=n ɔl-z j ɔ 帝 釈 天 神 -GEN 壺 中 に ある-FUT.PTCP-ACC=3:POSS 得 る-IPFV.CVB med-eed, 知 る-PFV-CVB 帝 釈 天 の 壺 の 中 に(それ(= 魂 )が)あることを 知 り 得 て [ 山 越 2002: 126] (24) bii jad-xa-d-aan neg xar-hoo=le=b j =daa, 1SG:NOM できない-FUT.PTCP-DAT-REFL 1 見 る-FUT=FP=1SG=SFP xobsaha, ge-xe-de=n baha sedx j el ur ubd-eed, 衣 という-FUT.PTCP.DAT=3:POSS また 心 みぞおち 痛 む-PFV.CVB 私 はどうもせず ただ 見 るだけです 衣 を と( 彼 女 が) 言 うと ( 彼 は)また 心 を 痛 めて [ 山 越 2002: 107] (25) xar-haar bai-tar=in altan b j eheleg gazar-ta 見 る-SCC.PTCP いる-LMT.CVB=3:POSS 金 の 指 輪 地 面 -DAT onagaa-s j ix j -ba ge-ne. 落 とす-PFV-PST という-PRS ( 彼 が) 見 続 けていると 金 の 指 輪 を 落 としてしまったそうな [ 山 越 2002: 121] (26) bii ɔdɔɔ jab-xa=mni. 1SG:NOM いま 行 く-FUT.PTCP=1SG:POSS 17 分 詞 は 与 位 格 語 尾 -da 3 を 接 続 することで 主 節 動 作 のおこなわれた 時 点 を 具 格 語 尾 -aar 4 を 接 続 すること で 主 節 動 作 の 目 的 をそれぞれ 示 す 副 詞 節 を 形 成 する 18 ちなみに 筆 者 のこれまでの 調 査 ではシネヘン ブリヤート 語 の 副 動 詞 として 7 種 類 を 確 認 している このうち 3 種 が 等 位 節 4 種 が 従 属 節 述 部 となる 人 称 所 有 小 詞 を 接 続 することができるのは 従 属 節 述 部 として 機 能 する 4 種 ( 条 件 -bal 3 限 界 -tar 3 継 続 -haar 4 継 起 -oot 2 )に 限 られる (cf. Yamakoshi 2011) 72

12 山 越 康 裕 /シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 私 はもう 行 きます( 行 かなくてはならない) [ 山 越 2006a: 146] いずれの 場 合 にも 共 通 しているのが host の 主 語 を 人 称 所 有 小 詞 が 標 示 するという 点 であ る ただし a), b) の 用 法 は 主 節 主 語 と host の 主 語 が 異 なる 場 合 に 限 定 される 主 節 主 語 と host の 主 語 が 同 一 の 場 合 は (27) のように host に 再 帰 所 有 接 尾 辞 -aa 4 が 接 続 するためで ある (27) uxer-ei deeguur gar-aad gui-z j e jab-ahaar sumr-eed 牛 -GEN 上 に 出 る-PFV.CVB 走 る-IPFV.CVB 行 く-SCC 落 ちる-PFV.CVB ona-xa-d-aa iim holzagar urɵɵhen eber-tee sar 落 ちる-FUT.PTCP-DAT-REFL このような 気 味 悪 い(?) 片 方 の ツノ-PROP 去 勢 牛 deer ona-s j -ba. の 上 に 落 ちる-PFV-PST 牛 の 上 に 出 て 走 っていって 落 っこちて ( 自 分 が) 落 ちるときにはこんな 気 味 悪 い 片 ツノの 去 勢 牛 の 上 に 落 ちてしまった [ 山 越 2002: ] ところで 2.1 で 述 べたとおり ブリヤート 語 は 隣 接 するモンゴル 語 とは 異 なり 主 語 と 述 語 の 一 致 がある 言 語 である 通 常 主 節 述 語 には 述 語 人 称 小 詞 ( 表 5)が 接 続 する 単 数 複 数 1 人 称 =bi~=b j =bd j a 2 2 人 称 =s j a 3 ~=s j =ta 3 ~=t 19 3 人 称 無 標 表 5. シネヘン ブリヤート 語 の 述 語 人 称 小 詞 述 語 人 称 小 詞 は 述 部 が 名 詞 の 場 合 (28) も 動 詞 の 場 合 (29) も 関 係 なく 用 いられる (28) bii sorags j a=b j. 1SG:NOM 学 生 =1SG 私 は 学 生 です [ 山 越 2006a: 141] (29) bii zorgaan sag-aar bod-dog=bi. 1SG:NOM 6 時 -INS 起 きる-HBT.PTCP=1SG 私 はいつも 6 時 に 起 きます [ 山 越 2006a: 170] a) 名 詞 節 述 部 b) 副 詞 節 述 部 においては 述 語 人 称 小 詞 のかわりに 人 称 所 有 小 詞 が 接 続 し 主 語 の 人 称 を 示 す それに 対 し 述 語 人 称 小 詞 は 主 節 述 部 にのみ 接 続 し 従 属 節 には 接 続 しない つまり (23)-(25) における 人 称 所 有 小 詞 の 位 置 にはあらわれない しかし ここで 問 題 となるのが 上 記 c) (26) の 場 合 である (26) は 主 節 述 語 であるにもかかわらず 19 2 人 称 複 数 述 語 小 詞 は 2 人 称 単 数 の 敬 称 としても 用 いられる 73

13 人 称 所 有 小 詞 が 接 続 している (26) のように 文 末 に 用 いられる 人 称 所 有 小 詞 は その 用 例 がきわめて 限 定 されているよ うである 対 象 としたテキスト 中 では このほか (30)-(32) の 例 が 確 認 された (30) bii zaabaha sag-t-aa xur-xe=mni. 1SG:NOM 必 ず 時 -DAT-REFL 至 る-FUT.PTCP=1SG:POSS 私 は 必 ず 時 間 までに 到 着 しないと( 到 着 しなくてはならない) [ 山 越 2006a: 146] (31) bii munɵɵ jab-xa=m. 1SG:NOM いま 行 く-FUT.PTCP=1SG:POSS 私 はもう 行 きます( 行 かなくてはならない) [ 山 越 2006a: 170] (32) bii onta-xa=m. deŋ ul j ee-z j e ug-ii=s j. 1SG:NOM 寝 る-FUT.PTCP=1SG:POSS 明 り 消 す-IPFV.CVB 与 える-2.IMP=2SG 私 は 寝 ます 明 りを 消 してください [ 山 越 2006a: 176] 確 認 された 例 は いずれも 未 来 分 詞 に 1 人 称 所 有 小 詞 が 接 続 している これら(26) (30)-(32) の 用 例 のほか 日 常 会 話 の 観 察 でもこの [ 未 来 分 詞 +1 人 称 所 有 小 詞 ] の 形 式 しか 確 認 してい ない また この 構 造 はいずれも 当 該 動 作 をすぐにおこなう 必 要 がある という 義 務 の 意 味 を 伴 う (26) (30)-(32) などの 文 では 人 称 所 有 小 詞 のかわりに 述 語 人 称 小 詞 を 接 続 することも 可 能 である ただし (26) の 人 称 所 有 小 詞 を 述 語 人 称 小 詞 と 交 換 した (33) では 義 務 の 意 味 合 いが 消 える (30)-(32) で 用 いられている 人 称 所 有 小 詞 を 述 語 人 称 小 詞 に 交 換 した 場 合 も いずれも 非 文 とはならないが 義 務 の 意 味 合 いはなくなる (33) bii ɔdɔɔ jab-xa=b j. 1SG:NOM いま 行 く-FUT.PTCP=1SG:POSS 私 はもう 行 きます このような 人 称 所 有 小 詞 述 語 人 称 小 詞 のふるまいは シネヘン ブリヤート 語 に 非 常 に 近 いブリヤート 語 ホリ 方 言 20 でも 同 様 に 確 認 される Skribnik (2003: 118) は 述 語 人 称 小 詞 は 命 令 形 を 含 む 定 動 詞 (finite form) および 定 形 述 語 (finite predicates) として 機 能 する 分 詞 (participle) に 接 続 するのに 対 し 非 定 形 の 分 詞 副 動 詞 (non-finitely used participial forms and converbs) の 主 語 は 人 称 所 有 小 詞 および 再 帰 所 有 語 尾 によってあらわされると 説 明 した うえで (26) (30)-(32) のような 1 人 称 所 有 小 詞 が 定 形 述 語 として 機 能 する 未 来 分 詞 に 接 続 する 例 を 特 別 なケース (a special case) として 示 し 未 来 分 詞 は 述 語 人 称 小 詞 人 称 所 有 小 詞 のどちらとも 組 み 合 わせて 用 いることができると 指 摘 している 20 シネヘン ブリヤート 語 は ブリヤート 語 ホリ 方 言 の 下 位 方 言 であるアガ 方 言 に 由 来 する アガ 方 言 話 者 が 中 国 領 に 亡 命 し 世 代 を 重 ねるにつれて 近 隣 のモンゴル 語 中 国 語 等 の 影 響 を 受 け 変 化 した それに よって 現 在 のシネヘン ブリヤート 語 が 形 成 されている 両 言 語 には 音 韻 形 態 面 でいくつか 相 違 がある が 統 語 においては 差 異 はほとんどないと 考 えられる 74

14 山 越 康 裕 /シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 また Skribnik (2003: 118) は この 文 末 の 人 称 所 有 小 詞 の 用 法 がモーダルな 意 味 合 い( 義 務 )を 含 むという 点 から 次 の (34) のような 人 称 所 有 小 詞 の 用 法 に 類 似 していると 示 唆 している (34) はブリヤート 語 ホリ 方 言 の 例 である 21 (34) gansax-iiji edi-xe=b ge-zhe hana-ha=mni, ただ 一 つのもの-ACC 食 べる-FUT.PTCP=1SG という-IPFV.CVB 思 う-PFV.PTCP=1SG:POSS xoyor bai-na=gü. 2 ある-PRS=Q I intended to eat only one, but there seem to be two [here]. [Skribnik 2003: 118] (34) では 従 属 節 の 述 語 分 詞 に 人 称 所 有 小 詞 が 接 続 している ただし (34) は Skribnik (2003) の 解 釈 を 見 るかぎり 話 し 手 の 意 志 性 はみられるが 義 務 の 意 味 は 伴 ってい ない また 文 末 で 用 いられる 述 語 人 称 小 詞 と 人 称 所 有 小 詞 は 統 語 的 にみると 若 干 ふるまい が 異 なる 述 語 人 称 小 詞 は 承 接 順 序 において 最 後 尾 に 接 続 するが (35) 人 称 所 有 小 詞 は 疑 問 小 詞 よりも host に 近 い 位 置 に 接 続 する (36) 22 (35) s j ii dɔrɔɔ xobsaha umd-ee=he=g=s j e? 2SG:NOM すぐ 衣 服 着 る-IPFV.PTCP=PFV=Q=2SG あなたはすぐ 服 を 着 ましたか? [ 山 越 2006a: 162] (36) sai-g-aa oo-xa=mnai=go? 茶 -E-REFL 飲 む-FUT.PTCP=1PL:POSS=Q ( 訪 問 した 聞 き 手 に 対 して) ( 私 たちは)お 茶 を 飲 みませんか? [ 日 常 会 話 からの 収 集 / 録 音 なし] つまり 単 に 述 語 人 称 小 詞 と 人 称 所 有 小 詞 が 交 替 可 能 ということではなく そもそも 述 語 人 称 小 詞 によって 完 結 している 文 と 人 称 所 有 小 詞 が 文 末 に 接 続 している 文 とでは 構 造 が 異 なることが 推 測 される 文 末 で 人 称 所 有 小 詞 が 用 いられている 文 は (37) にみられる ような 従 属 節 が 基 層 (37)A にあり その 主 節 が 何 らかのかたちであらわれないもの (37)B ととらえれば 従 属 節 + 文 末 の 疑 問 小 詞 という 構 造 も 説 明 できる (37) A. [ 従 属 節 ]=POSS, [ 主 節 ]=Q B. [ 従 属 節 ]=POSS=Q そうだとすると 人 称 所 有 小 詞 が 文 末 に 用 いられている 文 は 主 節 が 欠 落 し 従 属 節 が 残 された つまり 脱 従 属 化 (insubordination) が 起 こったものととらえられないだろうか 脱 従 属 化 節 は 従 属 節 で 用 いられる 場 合 とは 異 なる 機 能 を 有 することが Aikhenvald (2004) Evans (2007) らによって 指 摘 されている さらに その 機 能 の 類 型 化 を 試 みた Evans (2007: 21 Skribnik (2003) の 音 韻 表 記 訳 にもとづく 形 態 素 分 析 およびグロスは 筆 者 による 22 ただし 人 称 所 有 小 詞 と 述 語 人 称 小 詞 の 両 方 ともが 一 つの host に 対 して 同 時 に 用 いられる 例 は 確 認 して いない 75

15 401) によれば さまざまな 義 務 (deontic meanings) をあらわす 脱 従 属 節 が 多 くの 言 語 で 用 いられているという (26) (30)-(32) の 例 は 従 属 節 として 用 いられている (34) とは 異 な る 機 能 ( 義 務 )を 有 し その 機 能 も 脱 従 属 節 の 類 型 にあてはまる また 主 節 の 欠 落 によって 脱 従 属 化 したととらえれば (35) (36) にみられる 述 語 人 称 小 詞 との 構 造 の 差 異 も 説 明 可 能 となる また 主 節 述 部 においては 述 語 人 称 小 詞 が 主 語 の 人 称 数 を 示 し 主 節 以 外 では 人 称 所 有 小 詞 が 主 語 の 人 称 を 示 す というように 両 小 詞 の 機 能 的 差 異 も 説 明 できるようになる ただし 現 時 点 では 用 例 がきわめて 少 ないことから 推 測 の 域 を 脱 しきれていない 今 後 より 注 意 深 く 観 察 分 析 する 必 要 がある なお (26) (30)-(32) (36) のように 文 末 に 人 称 所 有 小 詞 が 接 続 する 用 法 は モンゴル 語 に も 確 認 される シネヘン ブリヤート 語 とは 異 なり ( 現 代 の)モンゴル 語 では 未 来 分 詞 +3 人 称 所 有 小 詞 という 組 み 合 わせに 限 られるが 文 末 に 人 称 所 有 小 詞 が 用 いられる 場 合 (38) がある 23 (38) margaaš bɔrɔɔ ɔr-ɔx=n=ee. 明 日 雨 入 る-FUT.PTCP=3:POSS=SFP 明 日 は 雨 が 降 りそうです [ 岡 田 向 井 2006] 岡 田 向 井 (2006) によれば これは やや 弱 い 証 拠 に 基 づく 推 定 を 意 味 するという つまり 証 拠 性 (evidentiality) にかかわる 文 ということになる シネヘン ブリヤート 語 の 場 合 は 1 人 称 所 有 小 詞 が 接 続 する 例 しかみつかっておらず かつこちらはモーダルな 意 味 合 い( 義 務 )を 含 む 文 であるのに 対 し モンゴル 語 では 3 人 称 所 有 小 詞 が 接 続 し かつ 証 拠 性 がかかわっており その 用 法 機 能 ともに 違 いがみられる しかし 脱 従 属 節 が 証 拠 性 にかかわる 表 現 となるケースもいくつかの 言 語 で 確 認 されており (cf. Aikhenvald 2004, Evans 2007) やはり 脱 従 属 節 である 可 能 性 も 捨 てきれない (38) のような 例 も 脱 従 属 節 と 認 められるかどうかについては 別 途 検 討 する 必 要 がある しかし 系 統 的 にも 地 理 的 にも 非 常 に 近 い 両 言 語 で こうした 特 別 な 構 造 が それぞれ 異 なる 機 能 を 有 しているという 点 は 興 味 深 い 4. おわりに 以 上 シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 のふるまいを 概 観 してきた その 機 能 は 次 のようにまとめられる 名 詞 類 に 接 続 する 場 合 は host の 所 属 先 もしくは host に 関 係 する 人 称 数 を 示 す ただ し 聞 き 手 の 所 有 物 ではない 聞 き 手 に 直 接 関 係 のない host に 2 人 称 所 有 小 詞 を 接 続 する ことで host に 対 して 聞 き 手 の 注 意 関 心 を 引 きつける 機 能 をになうこともある また 人 称 所 有 小 詞 は 動 詞 に 接 続 し 当 該 動 作 の 主 語 の 人 称 数 を 示 す 機 能 も 有 する ただし 接 続 する 動 詞 は 主 節 述 語 以 外 の 動 詞 に 限 られる 文 末 の 未 来 分 詞 に 1 人 称 所 有 小 詞 が 接 続 し ~しなければならない といった 義 務 の 意 味 が 含 まれる 場 合 があるが これは 人 称 所 有 小 詞 を 伴 った 脱 従 属 節 ととらえられる 可 能 性 がある 23 岡 田 向 井 (2006) にもとづく ただし 音 韻 表 記 形 態 素 分 析 およびグロスは 筆 者 による 76

16 山 越 康 裕 /シネヘン ブリヤート 語 の 人 称 所 有 小 詞 名 詞 句 動 詞 それぞれに 接 続 する 用 法 をみると 基 本 的 には 文 中 にあらわれる 要 素 に 関 連 する 人 称 数 を 標 示 する ことが 人 称 所 有 小 詞 の 機 能 といえるだろう ただし 名 詞 類 に 接 続 して 所 属 先 の 人 称 数 を 標 示 する 場 合 については 人 称 代 名 詞 属 格 によって 所 属 先 所 有 者 を 標 示 する 場 合 との 機 能 的 差 異 がいまだ 明 らかではない また 文 末 の 未 来 分 詞 に 接 続 する 例 を 脱 従 属 節 とみなせるかどうかについても 十 分 な 分 析 が 求 められる 今 後 の 課 題 としたい 略 号 一 覧 1,2,3: 人 称 ABL: 奪 格 ACC: 対 格 CVB: 副 動 詞 DAT: 与 位 格 E: 挿 入 音 FP: 焦 点 小 詞 FUT: 未 来 GEN: 属 格 HBT: 習 慣 HON: 敬 称 IMP: 命 令 INS: 具 格 IPFV: 未 完 了 LMT: 限 界 NEG: 否 定 NOM: 主 格 PFV: 完 了 PL: 複 数 PN: 固 有 名 詞 POSS: 所 有 PROG: 進 行 PROP: 所 有 物 PRS: 現 在 PST: 過 去 PTCP: 分 詞 Q: 疑 問 REFL: 再 帰 SCC: 継 続 SFP: 文 末 小 詞 SG: 単 数 参 考 文 献 Aikhenvald, Alexandra Y. (2004) Evidentiality. Oxford: Oxford University Press. Evans, Nicholas (2007) Insubordination and its uses. In: Irina Nikolaeva ed. Finiteness. Oxford: Oxford University Press 一 ノ 瀬 恵 (1988) モンゴル 語 の 人 称 代 名 詞 と 人 称 関 係 小 辞 について 日 本 モンゴル 学 会 紀 要 19: Janhunen, Juha (ed.) (2003) The Mongolic Languages. London/New York: Routledge. Kullmann, Rita and D. Tserenpil (1996) Mongolian Grammar. HongKong: Jensco.ltd. Luvsanvandan, Shadavyn (1966) Orchin Tsagijn Mongol Xel Züj. [Modern Mongolian Grammar] Ulaanbaatar: Ulsyn Xevlelijn Xereg Erxlex Xoroo. 水 野 正 規 (1991) モンゴル 語 の 所 属 小 辞 日 本 モンゴル 学 会 紀 要 22: 岡 田 和 行 向 井 晋 一 (2006) 東 外 大 言 語 モジュール:モンゴル 語 文 法 モジュール( 標 準 コ ース Lesson 26, Step 1. モダリティ(6) 概 言 [ 解 説 ]) modules/mn/gmod/courses/c01/lesson26/step1/explanation/082.html(2011 年 2 月 14 日 最 終 閲 覧 ). 小 沢 重 男 (1986) 増 補 モンゴル 語 四 週 間 大 学 書 林. Pellard, Thomas (2010) 宮 古 島 大 神 方 言 の 副 動 詞 と 脱 従 属 化 日 本 言 語 学 会 第 140 回 大 会 予 稿 集 日 本 言 語 学 会 Poppe, Nicholas. (1960) Buriat Grammar. Bloomington: Indiana University Press. Skribnik, Elena (2003) Buryat. In: Juha Janhunen (ed.) The Mongolic Languages. London & NewYork: Routledge Street, John C. (1963) Khalkha Structure. Bloomington: Indiana University Press. 梅 谷 博 之 (2003) モンゴル 語 の 二 人 称 所 属 小 辞 東 京 大 学 言 語 学 論 集 22: 山 越 康 裕 (2002) シネヘン ブリヤート 語 テキスト 津 曲 敏 郎 編 環 北 太 平 洋 の 言 語 8:

17 (2004) モンゴル 諸 語 の particle について:シネヘン ブリヤート 語 の 事 例 か ら 津 曲 敏 郎 編 環 北 太 平 洋 の 言 語 11: (2006a) シネヘン ブリヤート 語 テキスト: 日 常 会 話 を 題 材 にした 基 本 文 例 集 津 曲 敏 郎 編 環 北 太 平 洋 の 言 語 13: (2006b) シネヘン ブリヤート 語 中 山 俊 秀 江 畑 冬 生 編 文 法 を 描 く 1:フィ ールドワークに 基 づく 諸 言 語 の 文 法 スケッチ 東 京 外 国 語 大 学 アジア ア フリカ 言 語 文 化 研 究 所. (2007) ハムニガン モンゴル 語 テキスト: 日 常 会 話 を 題 材 にした 基 本 文 例 集 津 曲 敏 郎 編 環 北 太 平 洋 の 言 語 14: (2010) ハムニガン エヴェンキ 語 とハムニガン モンゴル 語 の 所 有 構 造 : 周 辺 諸 言 語 の 影 響 とみられる 特 徴 について 呉 人 恵 編 環 北 太 平 洋 の 言 語 15: Yamakoshi, Yasuhiro (2011) Shinekhen Buryat. In: Yasuhiro Yamakoshi ed. Grammatical Sketches from the Field. Tokyo: Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies Personal Possessive Particles in Shinekhen Buryat Yasuhiro YAMAKOSHI (Sapporo Gakuin University) This paper aims to describe the function of personal possessive particles in Shinekhen Buryat. In this language, nouns and verbs take a personal possessive particle. Regarding nouns, the particle indicates the person/number of the possessor (or a related person). In the case of verbs, participles and some converbs in the subordinate clause take the personal possessive particle that agrees with the person/number of the subject. Furthermore, future participles in the sentence final position sometimes take the first personal possessive particle. Such future participle sentences express the deontic meaning: I must V or I have to V. They are semantically different from the subordinate future participle clauses ( I intended to V, (but)... ) and syntactically different from others that take personal predicative particles. We can consider the sentences with personal possessive particles in the final position as insubordinated clauses. (やまこし やすひろ 78

Title 光 合 成 研 究 のための 安 定 同 位 体 測 定 法 Author(s) 半 場, 祐 子 Citation Issue Date 2009-03-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/39103 Right Type bulletin (article) Additional Information File Information

More information

Title 都 市 農 業 における 生 活 改 善 普 及 事 業 の 意 義 に 関 する 研 究 Author(s) 河 合, 知 子 Citation 社 会 教 育 研 究, 5: 82-92 Issue Date 1984-09 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/28442 Right Type bulletin Additional Information

More information

~ 料 ii

~ 料 ii Title 札 幌 農 学 校 トルストイ 日 露 戦 争 - 一 学 生 の 日 記 と 回 想 - Author(s) 松 澤, 弘 陽 Citation 北 大 法 学 論 集, 39(5-6 下 ): 659-678 Issue Date 1989-10-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/16668 Right Type bulletin Additional

More information

Title 乳 牛 経 済 検 定 の5ヵ 年 の 歩 み Author(s) 厚 海, 忠 夫 ; 近 藤, 邦 広 Citation 季 刊 農 業 経 営 研 究, 2: 33-48 Issue Date 1956-07-20 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/36244 Right Type bulletin Additional Information

More information

Title 食 品 添 加 物 の 必 要 性 の 判 断 に 影 響 する 要 因 の 分 析 Author(s) 光 武, 幸 ; 岩 田, 昇 Citation 北 海 道 大 学 大 学 院 環 境 科 学 研 究 科 邦 文 紀 要, 3: 81-90 Issue Date 1987-08-17 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/37075 Right

More information

Title 外 国 人 の 周 辺 化 と 日 本 語 教 育 : 栃 木 県 真 岡 市 の 事 例 から Author(s) 矢 板, 晋 Citation 研 究 論 集 = Research Journal of Graduate 12: 433( 左 )-455( 左 ) Issue Date 2012-12-26 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/51982

More information

Title 圏 論 と 構 造 主 義 Author(s) 深 山, 洋 平 Citation 研 究 論 集 = Research Journal of Graduate 12: 31( 左 )-46( 左 ) Issue Date 2012-12-26 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/51910 Right Type bulletin (article)

More information

Title 馬 ( 軽 種 馬 )の 生 産 Author(s) 塙, 友 之 Citation 北 海 道 大 学 農 学 部 技 術 部 研 究 技 術 報 告, 1: 38-44 Issue Date 1994-03 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/35259 Right Type bulletin Additional Information File

More information

Title 札 幌 市 とその 近 郊 のハムシ 類 の 季 節 消 長 と 食 草 選 択 性 Author(s) 小 林, 聡 史 ; 福 田, 弘 巳 Citation 環 境 科 学 : 北 海 道 大 学 大 学 院 環 境 科 学 研 究 科 紀 要, 5(1): 91-105 Issue Date 1982-10-25 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/37132

More information

Title 人 生 過 程 観 と 宗 教 Author(s) 宇 都 宮, 輝 夫 Citation 哲 学, 38: 1-20 Issue Date 2002-07-21 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/48027 Right Type bulletin (article) Additional Information File Information

More information

Title モンゴル 国 の 農 業 の 概 要 : 1990 年 以 降 の 市 場 経 済 化 時 代 に 着 目 して Author(s) バトゥール, ソイルカム Citation 農 業 経 営 研 究, 30: 139-158 Issue Date 2004-02 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/36594 Right Type bulletin

More information

Title 民 事 判 例 研 究 Author(s) 長 塚, 真 琴 Citation 北 大 法 学 論 集, 50(5): 133-147 Issue Date 2000-01-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/14987 Right Type bulletin Additional Information File Information 50(5)_p133-147.pdf

More information

Title 最 高 裁 判 所 昭 和 61 年 9 月 4 日 判 決 Author(s) 曽 野, 裕 夫 Citation 北 大 法 学 論 集, 39(3): 273-284 Issue Date 1988-10-20 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/16641 Right Type bulletin Additional Information

More information

-99-

-99- Title 総 合 討 議 : 1 日 目 を 通 して Author(s) Citation Issue Date 2016-03-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/61143 Right Type bulletin (other) Additional Information File Information CATS8_5tougi_1.pdf

More information

Title 教 材 研 究 授 業 報 告 : 全 学 生 向 け 映 像 授 業 ( 外 国 映 画 ) Author(s) 西, 昌 樹 Citation メディア コミュニケーション 研 究 = Media and Communication Studies, 62: 59-72 Issue Date 2012-05-25 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/49294

More information

Titleゼニゴケの 培 養 法 Author(s) 大 和, 勝 幸 ; 石 崎, 公 庸 ; 河 内, 孝 之 Citation Issue Date 2009-03-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/39086 Right Type bulletin (article) Additional Information File Information

More information

~::: :,/ ~7;

~::: :,/ ~7; Title 民 事 判 例 研 究 Author(s) 稲 垣, 美 穂 子 Citation 北 大 法 学 論 集, 60(2): 271-292 Issue Date 2009-07-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/38922 Right Type bulletin (article) Additional Information File Information

More information

Title インターネットと 北 海 道 への 中 国 人 観 光 者 : おける 質 的 オンライン 研 究 の 応 用 について 観 光 研 究 に Author(s) 周, 菲 菲 Citation 研 究 論 集 = Research Journal of Graduate 12: 85( 左 )-102( 左 ) Issue Date 2012-12-26 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/51962

More information

Title 家 牒 についての 一 考 察 Author(s) 佐 伯, 有 清 Citation 北 海 道 大 学 人 文 科 学 論 集, 19: 1-14 Issue Date 1983-03-26 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/34366 Right Type bulletin Additional Information File Information

More information

Title 日 本 語 聞 き 手 待 遇 表 現 の 語 用 論 的 機 能 : 丁 寧 体 選 択 にお けるストラテジーの 関 与 Author(s) 呉, 泰 均 Citation 研 究 論 集 = Research Journal of Graduate 10: 133-159 Issue Date 2010-12-24 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/44605

More information

Title 肢 体 不 自 由 者 の 外 出 行 動 に 関 わる 影 響 要 因 について Author(s) 浅 賀, 忠 義 ; 黒 澤, 和 隆 Citation 北 海 道 大 学 医 療 技 術 短 期 大 学 部 紀 要, 7: 1-10 Issue Date 1994-12 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/37576 Right Type

More information

Title 日 本 近 代 文 学 におけるフランス Author(s) 神 谷, 忠 孝 Citation 北 海 道 大 学 人 文 科 学 論 集, 24: 57-82 Issue Date 1986-03-17 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/34385 Right Type bulletin Additional Information File

More information

Title 拒 絶 の 精 神 としてのメタファー Author(s) 大 木, 文 雄 Citation メディア コミュニケーション 研 究 = Media and Communication Studies, 58: 17-38 Issue Date 2010-05-25 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/43194 Right Type bulletin

More information

Title 刑 事 判 例 研 究 Author(s) 松 尾, 誠 紀 Citation 北 大 法 学 論 集, 54(5): 177-193 Issue Date 2003-12-15 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/15251 Right Type bulletin Additional Information File Information 54(5)_p177-193.pdf

More information

Titleホログラム 原 画 作 成 用 CGシステムの 開 発 Author(s) 青 木, 由 直 ; 成 瀬, 智 之 Citation 北 海 道 大 學 工 學 部 研 究 報 告 = Bulletin of the Facu Engineering, Hokkaido University, 1 Issue Date 1990-02-28 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/42210

More information

Title 民 事 判 例 研 究 Author(s) 林, 竧 Citation 北 大 法 学 論 集, 55(1): 209-225 Issue Date 2004-05-06 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/15281 Right Type bulletin Additional Information File Information 55(1)_p209-225.pdf

More information

Title 手 稲 山 におけるraint-out 効 果 の 観 測 Author(s) 木 村, 勉 ; 村 上, 正 隆 ; 遠 藤, 辰 雄 Citation 環 境 科 学 : 北 海 道 大 学 大 学 院 環 境 科 学 研 究 科 紀 要, 4(2): 223-232 Issue Date 1982-03-25 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/37113

More information

Title ブランド 危 機 におけるブランド ロイヤルティ : ネット 上 の 書 き 込 み 内 容 分 析 による 考 察 Author(s) 北 見, 幸 一 Citation メディア コミュニケーション 研 究 = Media and Communication Studies, 61: 5-33 Issue Date 2011-11-25 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/47572

More information

Title 臨 床 心 理 学 における 事 例 研 究 の 役 割 に 関 する 考 察 Author(s) 渡 邊, 誠 Citation 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 院 紀 要, 118: 225-234 Issue Date 2013-06-30 DOI 10.14943/b.edu.118.225 Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/52902

More information

の ~t 界 知 識 を 参 照 した 上 での 発 話 であるという 点 において 話 者 の 世 界

の ~t 界 知 識 を 参 照 した 上 での 発 話 であるという 点 において 話 者 の 世 界 Title ノダ に 見 られる 二 つの 機 能 Author(s) 中 野, 友 理 Citation 北 海 道 大 学 留 学 生 センター 紀 要 = Journal of Interna Student Center, Hokkaido University Issue Date 2009-12 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/45682 Right

More information

Title 就 学 援 助 制 度 の 現 状 と 課 題 Author(s) 小 西, 祐 馬 Citation 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 紀 要, 95: 191-205 Issue Date 2004-12 DOI 10.14943/b.edu.95.191 Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/28952 Right Type bulletin

More information

Title 実 験 的 クロリネーションに 於 ける2,3の 問 題 : その2. 複 活 現 象 と 残 留 塩 素 について Author(s) 島 貫, 光 治 郎 Citation 衛 生 工 学, 2: 128-141 Issue Date 1959-03 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/36133 Right Type bulletin Additional

More information

~:::

~::: Title 自 白 排 除 法 則 の 研 究 ( 五 ) Author(s) 関 口, 和 徳 Citation 北 大 法 学 論 集 = The Hokkaido Law Review, 6 Issue Date 2010-03-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/42993 Right Type bulletin (article) Additional

More information

~ß Title 加 州 における 日 本 人 Author(s) 中 島, 九 郎 Citation 農 經 會 論 叢, 15: 143-155 Issue Date 1959-03 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/10778 Right Type bulletin Additional Information File Information 15_p143-155.pdf

More information

~になる この 間, 試 行 錯 誤 の 実 践 を 積 み 重 ねるなかで 少 しずつ 改 善 されてきてはいるが, 満

~になる この 間, 試 行 錯 誤 の 実 践 を 積 み 重 ねるなかで 少 しずつ 改 善 されてきてはいるが, 満 Titleテニスの 初 心 者 指 導 について Author(s) 井 芹, 武 二 郎 Citation 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 紀 要, 89: 1-30 Issue Date 2003-03 DOI 10.14943/b.edu.89.1 Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/28894 Right Type bulletin Additional

More information

Title 自 然 学 習 の 環 境 教 育 における 意 義 について : L.H.ベ イリの 自 然 学 習 の 検 討 Author(s) 和 田, 貴 弘 Citation 研 究 論 集 = Research Journal of Graduate Letters, 14: 267( 左 )-283( 左 ) Issue Date 2014-12-20 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/57710

More information

Title 藻 汐 草 の 一 冊 本 について Author(s) 佐 藤, 知 己 Citation 北 海 道 大 学 文 学 研 究 科 紀 要 = The Annual Report on Science, 121: 左 157- 左 170 Issue Date 2007-02-20 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/18912 Right Type

More information

Title グリム 童 話 集 における 数 字 使 用 : コンピュータ 検 索 と 作 品 内 在 分 析 の 連 携 Author(s) 石 川, 克 知 ; 高 橋, 吉 文 Citation メディア コミュニケーション 研 究 = Media and Communication Studies, 66: 1-57 Issue Date 2014-03-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/55144

More information

Title 南 洋 時 事 研 究 Author(s) 亀 井, 秀 雄 Citation 北 大 百 二 十 五 年 史, 論 文 資 料 編 : 54-110 Issue Date 2003-02-21T08:14:25Z DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/30000 Right Type bulletin Additional Information

More information

地 方 における 公 園 緑 地 および 都 市 緑 化 施 策 の 役 割 機 能 Titleに 関 する 研 究 兵 庫 県 における 近 年 の 事 例 を 中 心 と して Author(s) 橘, 俊 光 北 海 道 大 学 大 学 院 農 学 研 究 院 邦 文 紀 要 (Memories of the Citation Research Faculty of Agriculture,

More information

Title 注 意 欠 陥 障 害 児 の 構 成 活 動 に 関 する 研 究 ノート Author(s) 池 田, 一 成 Citation 北 海 道 大 學 教 育 學 部 紀 要 = THE ANNUAL REPORTS ON EDUCATIONAL SCIENCE, 69: 221-230 Issue Date 1995-12 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/29494

More information

[ 姿 ~l 認 知 機 能 の 獲 得 とその 使 用 に 何 らかの 図 難 さをもち, 環 境 に 適 応 することに 課 題 を ~~い 統 合 処 理 機 能, 最 適 遂 行 水 準, 覚 醒 認 節 障 害, 系 列 学 習, 空 間 認 知 機 能,

[ 姿 ~l 認 知 機 能 の 獲 得 とその 使 用 に 何 らかの 図 難 さをもち, 環 境 に 適 応 することに 課 題 を ~~い 統 合 処 理 機 能, 最 適 遂 行 水 準, 覚 醒 認 節 障 害, 系 列 学 習, 空 間 認 知 機 能, Title 適 応 困 難 メカニズムの 解 明 をめざして: 認 知 発 達 障 害 の ある 子 どもは なぜ 新 しい 環 境 に 慣 れにくいのか Author(s) 大 松, 絵 美 ; 片 桐, 正 敏 ; 澤 木, 梨 沙 ; 蔦 森, 英 史 ; 牧, 子, 梨 絵 ; 室 橋, 春 光 Citation 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 紀 要, 96: 167-225

More information

Title 汎 アジア 主 義 における 台 湾 要 因 - 両 岸 関 係 をめぐ る 日 英 中 間 抗 争 の 政 治 経 済 史 的 背 景 - Author(s) 松 浦, 正 孝 Citation 北 大 法 学 論 集, 55(3): 21-72 Issue Date 2004-09-15 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/15300 Right

More information

Title 日 本 語 学 習 者 は 英 語 をどう 開 音 節 化 するか : 英 語 を 母 語 としない 初 級 学 習 者 の 場 合 Author(s) 小 林, ミナ Citation 北 海 道 大 学 留 学 生 センター 紀 要 = Bulletin of Intern Student Center, Hokkaido University Issue Date 1997-10

More information

Title ケアの社会化と代替をめぐる論点 Author(s) 保田, 真希 Citation 教育福祉研究, 19: 37-48 Issue Date 2013-09-30 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/54009 Right Type bulletin (article) Additional Information File Information

More information

Title 研 究 者 向 きローマ 字 漢 字 変 換 方 式 日 本 語 処 理 システム Author(s) 斉 藤, 康 ; 岡 沢, 好 高 ; 栃 内, 香 次 ; 永 田, 邦 一 Citation 北 海 道 大 學 工 學 部 研 究 報 告 = Bulletin of the Facu Engineering, Hokkaido University, 1 Issue Date

More information

Title 弾 性 砥 石 による 鏡 面 仕 上 の 研 究 : 仕 上 面 性 状 と 加 工 条 件 について Author(s) 三 好, 隆 志 ; 斎 藤, 勝 政 Citation 北 海 道 大 學 工 學 部 研 究 報 告 = Bulletin of the Facu Engineering, Hokkaido University, 1 Issue Date 1984-03-30

More information

Title 構 文 推 意 の 語 用 論 的 分 析 : 可 能 構 文 を 中 心 に Author(s) 加 藤, 重 広 Citation 北 海 道 大 学 文 学 研 究 科 紀 要 = Bulletin of the Grad School of Letters, Hokkaido Univers Issue Date 2015-07-24 DOI 10.14943/bgsl.146.l259

More information

Titleノヴァーリス 夜 の 讃 歌 における 時 間 の 問 題 Author(s) 高 橋, 修 Citation 独 語 独 文 学 科 研 究 年 報, 16: 1-18 Issue Date 1990-01 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/25797 Right Type bulletin Additional Information File

More information

Titleブラジルの 違 憲 審 査 制 度 Author(s) ロドリゲス=ヴィエラ, パウロ; 下 井, 康 史 ( 訳 ) Citation 北 大 法 学 論 集, 42(6): 1-30 Issue Date 1992-07-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/16853 Right Type bulletin Additional Information

More information

Title 室 温 低 周 波 (50Hz) プラズマCVD 法 によるアモルフ ァスカーボン 膜 の 作 成 と 評 価 Author(s) 下 妻, 光 夫 ; 田 頭, 博 昭 Citation 北 海 道 大 学 医 療 技 術 短 期 大 学 部 紀 要, 1: 73-83 Issue Date 1988-10 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/37493

More information

Title 新 < 起承転結 > 考 I Author(s) 高橋, 吉文 Citation メディア コミュニケーション研究 = Media and Communication Studies, 55: 39-118 Issue Date 2009-03-25 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/38486 Right Type bulletin (article)

More information

Title 米西戦争 フィリピン戦争における男らしさ Author(s) 兼子, 歩 Citation 西洋史論集, 3: 50-75 Issue Date 2000-03-08 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/37432 Right Type bulletin (article) Additional Information File Information

More information

Title 馬 英 九 政 権 発 足 後 の 台 中 経 済 関 係 の 一 考 察 : ECFA 調 印 に よる 経 済 連 携 強 化 とその 意 義 Author(s) 李, 嗣 堯 Citation 經 濟 學 研 究 = Economic Studies, 62(3): 49 Issue Date 2013-02-21 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/52285

More information

Title 維 新 の 変 革 と 幕 臣 の 系 譜 : 改 革 派 勢 力 を 中 心 に(4) - 国 家 形 成 と 忠 誠 の 転 移 相 克 - Author(s) 菊 地, 久 Citation 北 大 法 学 論 集, 31(2): 153-199 Issue Date 1980-11-19 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/16315 Right

More information

Title 観 光 と 地 域 ブランド : 地 域 イメージを 物 語 る 広 報 メディ ア Author(s) 内 田, 純 一 Citation Issue Date 2006-06-20 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/56428 Right Type bookchapter Additional Information File Information

More information

Title 葉霊鳳に関するこれまでの評価について Author(s) 余, 迅 Citation 研究論集 = Research Journal of Graduate Letters, 14: 187( 左 )-203( 左 ) Issue Date 2014-12-20 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/57702 Right Type bulletin

More information

Title 刑 事 判 例 研 究 Author(s) 松 尾, 誠 紀 Citation 北 大 法 学 論 集, 56(3): 343-377 Issue Date 2005-09-26 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/15396 Right Type bulletin Additional Information File Information 56(3)_p343-377.pdf

More information

Title 報告 2 韓国法の歴史 Author(s) 高, 翔龍 Citation 北大法学論集, 48(4): 206-227 Issue Date 1997-12-26 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/15738 Right Type bulletin Additional Information File Information 48(4)_p206-227.pdf

More information

Title セネガル 農 村 の 住 民 組 織 によるマイクロクレジット 活 動 : ワジュール 郡 の 事 例 分 析 Author(s) 池 見, 真 由 Citation 經 濟 學 研 究 = Economic Studies, 62(3): 13 Issue Date 2013-02-21 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/52291 Right

More information

Title 有 界 変 数 法 を 用 いた2 次 計 画 法 のコードの 作 成 Author(s) 戸 田, 悟 ; 大 堀, 隆 文 ; 藤 田, 克 孝 ; 大 内, 東 ; 加 地, 郁 Citation 北 海 道 大 學 工 學 部 研 究 報 告 = Bulletin of the Facu Engineering, Hokkaido University, 7 Issue Date

More information

垂 直 的 制 限 の 反 競 争 的 効 果 に 関 する 反 トラスト 学 説 の 検 Title討 (3) - 経 済 的 効 果 と 反 トラスト 法 の 目 的 に 着 目 し て- Author(s) 大 槻, 文 俊 Citation 北 大 法 学 論 集, 56(3): 514-473 Issue Date 2005-09-26 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/15379

More information

Title 倭 名 類 聚 抄 諸 本 の 出 典 について Author(s) 宮 澤, 俊 雅 Citation 北 海 道 大 學 文 學 部 紀 要 = The annual reports on science, 45(2): 1-29 Issue Date 1997-01-24 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/33679 Right Type

More information

Title フランス選挙制度史 ( 一 ) Author(s) 岡田, 信弘 Citation 北大法学論集, 29(2): 61-100 Issue Date 1978-10-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/16255 Right Type bulletin Additional Information File Information 29(2)_p61-100.pdf

More information

Title ヴェニスの 商 人 : 贈 与 のトポス Author(s) 小 川, 泰 寛 Citation メディア コミュニケーション 研 究 = Media and Communication Studies, 53: 27-67 Issue Date 2007-12-14 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/34559 Right Type bulletin

More information

Title 軽種馬生産農家の経営対応と問題点について Author(s) 吉川, 正明 Citation 農業経営研究, 26: 97-117 Issue Date 2000-02 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/36559 Right Type bulletin Additional Information File Information 26_97-118.pdf

More information

Titleイスラエル 宗 教 連 合 ( 続 ) : ヤハウエ 礼 拝 の 発 展 Author(s) 宇 野, 光 雄 Citation 北 海 道 大 學 文 學 部 紀 要 = The annual reports on science, 10: 65-85 Issue Date 1961-11-10 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/33265 Right

More information

Title 19 世紀から 20 世紀初頭にかけての右岸ウクライナにおけるポーランド ファクター Author(s) 松里, 公孝 Citation スラヴ研究 = Slavic Studies, 45: 101-138 Issue Date 1998-03-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/40177 Right Type bulletin (article)

More information

-17-

-17- Title 世界コスプレサミットの意義, 可能性, 課題 : 文化の伝播と受容から Author(s) 小栗, 徳丸 Citation Issue Date 2016-03-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/61140 Right 2016 小栗徳丸 Type bulletin (article) Additional Information File

More information

Title なぜ大学生の飲酒死亡事故はなくならないのか : 日本の大学における 静かな強要 と飲酒関連問題対策 Author(s) 眞崎, 睦子 Citation メディア コミュニケーション研究 = Media and Communication Studies, 65: 47-60 Issue Date 2013-11-01 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/53595

More information

Title ストック オプション判決に対する市場の反応 Author(s) 櫻田, 譲 ; 大沼, 宏 Citation 第 6 回 税に関する論文集 pp.53-94 Issue Date 2010 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/44424 Right Type article Additional Information File Information

More information

Title 地方都市における子育てと資源 : 保育所利用世帯に焦点をあてて Author(s) 保田, 真希 Citation 教育福祉研究, 20: 59-94 Issue Date 2015-03-25 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/58346 Right Type bulletin (article) Additional Information

More information

Title 具体の戦略 : 文化遺産を生かす戦略 : 観光活用で 文化遺産 人 を再生する Author(s) 池ノ上, 真一 Citation Issue Date 2016-03-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/61328 Right Type bulletin (article) Additional Information File Information

More information

Title チベットアムド 地 域 ワォッコル 村 におけるルロ 祭 とその 歴 史 的 背 景 Author(s) 喬 旦, 加 布 Citation 研 究 論 集 = Research Journal of Graduate 12: 103( 左 )-136( 左 ) Issue Date 2012-12-26 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/51963

More information

Title 酪農経営の基礎と課題 Author(s) 桃野, 作次郎 Citation 季刊農業経営研究, 1: 9-26 Issue Date 1955-12-25 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/36231 Right Type bulletin Additional Information File Information 1_9-26.pdf Instructions

More information

Title 監 督 者 責 任 の 再 構 成 (3) Author(s) 林, 誠 司 Citation 北 大 法 学 論 集, 56(3): 159-234 Issue Date 2005-09-26 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/15378 Right Type bulletin Additional Information File Information

More information

Title アテトーゼ 型 脳 性 まひ 者 Aの 言 語 障 害 に 関 する 指 導 : 読 み 書 き 障 害 の 視 点 から Author(s) 鈴 木, 眞 知 子 Citation 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 院 紀 要, 112: 91-105 Issue Date 2011-06-30 DOI 10.14943/b.edu.112.91 Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/46787

More information

~ 互

~ 互 Title 日 本 におけるレバレッジド リースの 実 証 的 考 察 ( 上 ): 我 が 国 リース 会 社 の 実 務 例 に 触 れて Author(s) 金 山, 剛 Citation 經 濟 學 研 究 = ECONOMIC STUDIES, 50(3): 13 Issue Date 2000-12 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/32209

More information

Title 子どもの経験の不平等 Author(s) 大澤, 真平 Citation 教育福祉研究 = Journal of Education and S 13 Issue Date 2008-03-28 Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/39607 Right Type bulletin (article) Additional Information Instructions

More information

Title 昆 布 食 類 型 分 布 の 研 究 :Ⅱ. 昆 布 食 類 型 分 布 の 歴 史 的 意 義 づけ Author(s) 大 石, 圭 一 北 海 道 大 學 水 産 學 部 研 究 彙 報 = BULLETIN OF THE Citation FACULTY OF FISHERIES HOKKAIDO UNIVE 33(3): 188-199 Issue Date 1982-09

More information

Title 寡占価格の決定と設定 Author(s) 増田, 辰良 Citation 經濟學研究 = ECONOMIC STUDIES, 47(4): 16 Issue Date 1998-03 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/32098 Right Type bulletin Additional Information File Information

More information

Title 読み書き困難を持つ知的ギフテッドの支援 Author(s) 小泉, 雅彦 Citation 子ども発達臨床研究, 6: 131-136 Issue Date 2014-12-05 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/57586 Right Type bulletin (article) Additional Information File Information

More information

Title 日 本 カトリック 教 会 旭 川 五 条 教 会 の 聖 堂 とその 変 遷 : 北 海 道 のキリスト 教 会 と 教 会 建 築 (その 四 ) Author(s) 川 島, 洋 一 Citation 基 督 教 学 = Studium Christianitatis, 25: Issue Date 1990-07-05 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/46486

More information

Title 李贄と焦竑 Author(s) 松川, 健二 Citation 北海道大学人文科学論集, 18: 1-10 Issue Date 1981-03-29 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/34360 Right Type bulletin Additional Information File Information 18_PR1-10.pdf Instructions

More information

Title 水稲直播栽培導入による経営規模拡大の検討 Author(s) 光永, 光 Citation 農業経営研究, 24: 55-67 Issue Date 1998-02 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/36530 Right Type bulletin Additional Information File Information 24_55-68.pdf

More information

Title 言語的修復行動における他者開始について : 形式整理と分類基準を中心として Author(s) 張, 玲玲 Citation 研究論集 = Research Journal of Graduate 12: 249( 左 )-266( 左 ) Issue Date 2012-12-26 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/51971 Right Type

More information

Title 炭 鉱 企 業 におけるスポーツの 展 開 III ( 戦 後 隆 盛 期 ) : 北 海 道 炭 礦 汽 船 株 式 会 社 の 事 例 Author(s) 畠 山, 孝 子 Citation 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 紀 要, 101: 201-210 Issue Date 2007-03-30 DOI 10.14943/b.edu.101.201 Doc

More information

Title 反復で読み解くグリム童話入門. 第 2 章, 西洋人は首狩り族 Author(s) 高橋, 吉文 Citation メディア コミュニケーション研究 = Media and Communication Studies, 56: 1-53 Issue Date 2009-07-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/39030 Right Type

More information

Title 外 国 人 船 員 の 日 本 語 使 用 に 関 する 調 査 報 告 : 苫 小 牧 シー メンズクラブ 利 用 船 員 への 調 査 から Author(s) 佐 藤, 章 Citation 北 海 道 大 学 留 学 生 センター 紀 要 = Bulletin of Intern Student Center, Hokkaido University Issue Date 1997-10

More information

Title テンペスト もしくは権力の Drauma : (1) 王権簒奪の諸変奏 Author(s) 小川, 泰寛 Citation メディア コミュニケーション研究 = Media and Communication Studies, 59: 19-75 Issue Date 2010-11-15 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/44397 Right

More information

Title 幕末西洋行と中国見聞 ( 一 ) Author(s) 松沢, 弘陽 Citation 北大法学論集, 38(5-6 上 ): 171-203 Issue Date 1988-07-20 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/16597 Right Type bulletin Additional Information File Information

More information

Title 未完結文の使用における語用論的条件 Author(s) 劉, 暁苹 Citation 研究論集 = Research Journal of Graduate Letters, 14: 143( 左 )-160( 左 ) Issue Date 2014-12-20 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/57696 Right Type bulletin

More information

Title 日 本 的 フリー キャッシュフロー 把 握 に 関 する 一 考 察 Author(s) 菊 池, 誠 一 Citation 經 濟 學 研 究 = ECONOMIC STUDIES, 47(3): 28 Issue Date 1997-12 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/32080 Right Type bulletin Additional

More information

Title 液中における気泡熱伝達の基礎実験 Author(s) 岡垣, 理 ; 津田, 紘 Citation 衛生工学, 17: 33-45 Issue Date 1970-03 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/36204 Right Type bulletin Additional Information File Information 17_33-46.pdf

More information

Title 木材の曲げ破損法則に就て Author(s) 金, 俊三 Citation Memoirs of the Faculty of Engineeri 北海道大學工學部紀要, 8(2): 1-28 Issue Date 1949-08-05 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/37754 Right Type bulletin (article) Additional

More information

Title 遠藤博也先生の経歴と業績 Author(s) 畠山, 武道 Citation 北大法学論集, 43(3): 153-171 Issue Date 1992-11-10 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/15483 Right Type bulletin Additional Information File Information 43(3)_p153-171.pdf

More information

Title 審判による扶養料支払の始期について Author(s) 石川, 恒夫 Citation 法學會論集, 11(2): 116-125 Issue Date 1961-03-25 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/17066 Right Type bulletin Additional Information File Information 11(2)_p116-125.pdf

More information

Title ササ属植物の形質変異に関する研究 (1) Author(s) 新宮, 弘子 ; 伊藤, 浩司 Citation 環境科学 : 北海道大学大学院環境科学研究科紀要, 6(1): 117-150 Issue Date 1983-12-20 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/37152 Right Type bulletin (article) Additional

More information

Title ゲルマン語の歴史と構造 (1) : 歴史言語学と比較方法 Author(s) 清水, 誠 Citation 北海道大学文学研究科紀要 = The Annual Report on Science, 131: 1( 左 )-40( 左 ) Issue Date 2010-07-20 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/43276 Right Type

More information

Title 日 本 道 路 公 団 民 営 化 に 伴 うネットワーク 構 造 の 変 化 に 関 する 考 察 Author(s) 多 田 野, 聡 Citation 北 大 法 学 研 究 科 ジュニア リサーチ ジャーナル = Junior Research Journal, 12: 175-207 Issue Date 2006-02 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/22355

More information