トワーク 構 造 を 分 析 することで, 遺 伝 子 が 変 異 したときに 何 が 起 こるか 予 測 することができる. 遺 伝 子 ネットワークは 大 変 膨 大 なものであり, 複 雑 な 連 結 成 分 を 含 むため,そのままでは 解 釈 や 把 握 が 困 難 である.よ って, 何

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "トワーク 構 造 を 分 析 することで, 遺 伝 子 が 変 異 したときに 何 が 起 こるか 予 測 することができる. 遺 伝 子 ネットワークは 大 変 膨 大 なものであり, 複 雑 な 連 結 成 分 を 含 むため,そのままでは 解 釈 や 把 握 が 困 難 である.よ って, 何"

Transcription

1 平 安 京 ビュー を 用 いた 階 層 型 遺 伝 子 ネットワークの 可 視 化 西 山 慧 子 伊 藤 貴 之 お 茶 の 水 女 子 大 学 大 学 院 {nishy, 概 要 遺 伝 子 ネットワークとは, 各 遺 伝 子 をノードとし, 遺 伝 子 間 をエッジで 接 続 して 構 築 されるデータである. 数 千, 数 万 といった 大 量 の 遺 伝 子 群 で 構 成 される 遺 伝 子 ネットワークには, 複 雑 な 連 結 成 分 を 含 むことが 多 く,その 解 釈 や 把 握 が 困 難 な 場 合 も 多 い. 本 論 文 では, 遺 伝 子 群 にクラスタリングとネットワーク 化 を 同 時 に 適 用 して 構 築 される, 階 層 型 ネットワークデー タを 対 象 とした 可 視 化 手 法 を 提 案 する. 提 案 手 法 では, 各 々の 遺 伝 子 は 数 種 類 の 発 現 率 を 持 つと 仮 定 し,その 発 現 率 の 相 関 性 の 高 さによりクラスタリングを 行 う.それと 同 時 に 提 案 手 法 では, 発 現 率 の 相 関 性 が 高 い 遺 伝 子 間 をエッジ で 連 結 することにより,ネットワークデータも 同 時 に 生 成 する. 提 案 手 法 ではこの 遺 伝 子 ネットワークデータを, 大 規 模 階 層 型 データ 可 視 化 手 法 平 安 京 ビュー の 拡 張 手 法 を 用 いて 可 視 化 する. 提 案 手 法 を 用 いることにより, 遺 伝 子 学 の 研 究 者 は, 膨 大 な 遺 伝 子 群 の 中 から, 特 定 の 遺 伝 子 の 相 互 関 係 を 分 析,あるいは 興 味 深 い 特 徴 を 持 つ 遺 伝 子 の 発 見,などが 容 易 になるものと 考 えられる. なお 本 論 文 は 遺 伝 子 ネットワークの 可 視 化 を 試 みるものであるが, 提 案 手 法 における 階 層 型 ネットワークデータの 可 視 化 手 法 は, 拡 大 性 とランダム 性 の 高 い 複 雑 ネットワークと 呼 ばれるネットワーク 全 般 に 適 用 可 能 な, 応 用 範 囲 の 広 い 可 視 化 手 法 である. Visualization of Hierarchical Gene Network Using HeiankyoView Keiko Nishiyama Takayuki Itoh Graduate School of Humanities and Sciences, Ochanomizu University Abstract Gene network is a network that denotes each gene as node and connects pairs of genes by edges. It composes of a large amount of gene cluster, and therefore they contain complex connected elements, which are often difficult to interpret and grasp. This report presents a technique for visualizing hierarchical gene network data, constructed by clustering and networking techniques. The technique assumes that each gene has multiple expression rate values, and they are clustered and networked according to the correlation of the expression rate values. We visualize the data by using the enhanced "HeiankyoView", which has been originally presented as a large-scale hierarchical data visualization technique. Our technique makes easier to analyze specific genes and discover genes which has interesting features. 1. はじめに 情 報 可 視 化 は 世 の 中 にある 一 般 的 な 情 報 を 可 視 化 する 研 究 分 野 [1]である.その 応 用 範 囲 は 非 常 に 広 いが, 最 近 では 特 に 生 物 情 報 の 可 視 化 の 研 究 が 活 発 に 進 められている. 生 物 情 報 の 中 でも 特 に 急 速 に 研 究 が 進 んでいる 分 野 に, 遺 伝 子 (ゲノ ム) 解 析 があげられる. 現 在 既 に,ヒトゲノム 解 読 は 完 了 し ているといわれているが,これは DNA を 構 成 する 塩 基 配 列 が 解 読 されたというだけであり,その 遺 伝 子 の 振 る 舞 いなど は,はっきり 分 かっていない.そこで 現 在 その 遺 伝 子 の 振 舞 いについての 研 究 が 必 要 とされている.その 中 でもマイクロ アレイデータ[2]からの 遺 伝 子 ネットワーク 同 定 問 題 は,バイ オインフォマティックス 分 野 における 重 要 なトピックのひと つであると 言 える. 遺 伝 子 ネットワークとは, 各 遺 伝 子 をノードとし, 遺 伝 子 間 にエッジがあるようなネットワーク 構 造 で,ゲノム 上 での 位 置 関 係, 代 謝, 制 御 パスウェイ 上 での 隣 接 関 係, 転 写 時 の 共 発 現 率, 蛋 白 質 相 互 作 用 など, 多 くの 性 質 を 表 現 するため に 用 いられる. 遺 伝 子 ネットワークは 多 くの 場 合 において 無 向 グラフとして 扱 われるが,パスウェイなどの 遷 移 関 係 を 表 す 場 合 に 限 って 有 向 グラフとして 扱 われる.このようなネッ 106

2 トワーク 構 造 を 分 析 することで, 遺 伝 子 が 変 異 したときに 何 が 起 こるか 予 測 することができる. 遺 伝 子 ネットワークは 大 変 膨 大 なものであり, 複 雑 な 連 結 成 分 を 含 むため,そのままでは 解 釈 や 把 握 が 困 難 である.よ って, 何 らかの 方 法 でより 興 味 深 い 遺 伝 子 群 を 抽 出 し, 注 目 すべき 対 象 を 絞 り 込 むことが 必 要 である.しかしながら 常 に 目 的 に 叶 った 結 果 を 得 る 事 ができていないというのが 現 状 で ある. 情 報 可 視 化 はこのような 目 的 において 非 常 に 有 効 であ ると 考 えられる. A B C D E F 遺 伝 子 群 B,E 図 1. クラスタ 生 成 の 一 例 A,D C,F クラスタリング 結 果 1 A,B,E D C,F クラスタリング 結 果 2 B E 本 論 文 では, 数 万 から 数 十 万 の 遺 伝 子 発 現 を 一 度 に 調 べる ことが 可 能 である,マイクロアレイデータを 参 照 して 各 遺 伝 子 に 数 種 類 の 発 現 率 を 仮 定 し,この 相 関 性 の 高 さで 遺 伝 子 を クラスタリングし,さらに 相 関 性 の 高 い 遺 伝 子 同 士 をエッジ で 接 続 した 階 層 型 ネットワークデータを 想 定 する.このとき 図 1 で 示 すように,クラスタリングの 方 法 や 実 行 条 件 によっ て,クラスタリング 結 果 はさまざまに 変 化 する. 図 1 より, Aは{B,E},{D},{C,F}の 3 組 の 遺 伝 子 と 同 一 のクラスタに 属 す る 可 能 性 があるといえる.このことより,Aは 複 数 の 遺 伝 子 の 機 能 を 同 時 に 持 つ 遺 伝 子 かもしれない,と 予 測 できる.こ のように,2 種 以 上 の 遺 伝 子 の 機 能 を 同 時 にもつ 遺 伝 子 は, マルチドメインと 呼 ばれ,この 発 見 は 遺 伝 子 分 析 の 中 でも 興 味 深 い 問 題 である.しかし 1 つのクラスタリング 結 果 だけを 可 視 化 しても,このような 特 性 は 発 見 しにくい.このような 現 象 は, 遺 伝 子 クラスタリング 結 果 と 遺 伝 子 ネットワークを 組 み 合 わせて 可 視 化 することにより,その 存 在 が 理 解 しやす くなると 考 えられる. 本 論 文 では, 遺 伝 子 群 に 対 してクラスタリングとネットワ ーク 化 を 同 時 に 適 用 して 生 成 される, 階 層 型 ネットワークデ ータの 可 視 化 手 法 を 提 案 する. 提 案 手 法 は 図 2 に 示 すような, 異 なるクラスタ 間 をまたいで 相 関 性 を 有 する 遺 伝 子 間 をエッ ジで 表 現 することで,マルチドメインに 代 表 される 遺 伝 子 の 興 味 深 い 現 象 の 発 見 に 貢 献 するものである. 提 案 手 法 では 情 報 可 視 化 手 法 平 安 京 ビュー [3]を 用 いてクラスタリング 結 D クラスタリング 結 果 3 A C F 果 を 階 層 型 データとして 可 視 化 し,それにエッジを 重 ねて 描 くことにより 階 層 型 ネットワークデータを 表 現 する. なお 本 論 文 が 提 案 する 階 層 型 ネットワークデータ 可 視 化 手 法 は,3.4 節 にて 後 述 するとおり, 大 規 模 かつランダム 性 の 高 い 複 雑 ネットワーク 全 般 に 適 用 できる,きわめて 適 用 範 囲 の 広 い 手 法 である. A D B E C,F 図 2. クラスタにネットワークを 重 ねた 一 例 2. 関 連 研 究 2.1 遺 伝 子 情 報 の 可 視 化 遺 伝 子 情 報 は 大 規 模 かつ 複 雑 な 性 質 をもつことが 多 い.そ のため,その 全 貌 を 理 解 するために 情 報 可 視 化 技 術 は 有 用 で あると 考 えられる. 特 に,3 章 で 後 述 するマイクロアレイか ら 得 られる 遺 伝 子 情 報 の 可 視 化 は, 近 年 活 発 に 議 論 されてお り,その 諸 手 法 を 比 較 する 論 文 も 発 表 されている[4]. マイクロアレイから 得 られる 遺 伝 子 情 報 は, 一 般 的 には 遺 伝 子 名 および 実 験 方 法 を 行 と 列 にする 表 形 式 データとして 与 えられる.このような 表 形 式 データを 可 視 化 する 最 も 単 純 な 方 法 は, 表 の 構 造 をそのまま 画 面 上 に 表 現 する 技 術 である. 遺 伝 子 分 析 の 分 野 で 最 も 有 名 な TreeView[5]というオープン ソースの 可 視 化 技 術 は,まさに 遺 伝 子 名 と 実 験 方 法 を 行 と 列 にした 表 形 式 の 可 視 化 を 実 現 している. しかし 遺 伝 子 情 報 に 限 らず, 表 形 式 デー タの 中 には, 情 報 が非 常 に 大 規 模 かつ 疎 であるものも 多 い.そのため,このよ うなデータをそのまま 表 として 表 示 することは, 画 面 空 間 の 有 効 利 用 の 点 で 必 ずしも 合 理 的 であるとは 限 らない.これを 改 善 する 一 案 として, 表 形 式 データからクラスタリングによ って 形 成 される 階 層 型 データ,あるいはゼロでない 値 をもつ 行 と 列 を 連 結 して 形 成 されるネットワークデータに 変 換 して から 表 示 する,という 試 みが 多 く 行 われている[6]. 本 論 文 の 提 案 手 法 は,この 考 え 方 に 基 づき, 表 形 式 データとして 与 え られる 遺 伝 子 情 報 を, 階 層 型 ネットワークデータに 変 換 して 可 視 化 するものである. 近 年 では, 表 形 式 データを 表 のまま 可 視 化 する 手 法 と, 木 構 造 やグラフに 変 換 して 可 視 化 する 手 法 との 比 較 に 関 する 研 究 も 発 表 されている[7]. 2.2 ネットワークデータの 可 視 化 ネットワークデータの 可 視 化 手 法 は,すでに 多 様 な 観 点 か 107

3 らの 研 究 が 進 んでいる.ネットワークデータのノード 位 置 の 算 出 のために 力 学 モデルを 用 いた 手 法 [8]や, 大 規 模 ネットワ ークの 部 分 拡 大 表 示 [9]やインクリメンタルな 表 示 [10,11]を 実 現 した 手 法 などは,この 研 究 分 野 を 活 性 化 した 代 表 的 な 研 究 成 果 といえる.またウェブのリンク 構 造 の 可 視 化 [12]をはじめ として,ネットワークデータの 可 視 化 の 応 用 分 野 の 開 拓 も 活 発 に 進 んでいる. 複 雑 に 絡 むネットワークデータ 中 の 注 目 部 分 をわかりやす く 表 示 するための 代 表 的 な 手 法 として,3 次 元 的 な 引 き 上 げ 操 作 により, 注 目 ノード,および 注 目 ノードとエッジで 連 結 されているノードも 連 鎖 的 に 引 き 上 げて 表 示 する 納 豆 ビュ ー という 手 法 が 報 告 されている[13]. 本 論 文 の 提 案 手 法 は, 納 豆 ビューに 類 似 した 考 え 方 で,ネットワークデータ 中 の 注 目 部 分 を 3 次 元 表 示 するものである. 2.3 階 層 型 データの 可 視 化 階 層 型 データの 可 視 化 手 法 の 著 名 な 手 法 の 中 には, 階 層 構 造 を 木 構 造 として 表 現 する 手 法 と, 階 層 構 造 の 末 端 にあたる 葉 ノードを 2 次 元 的 に 画 面 空 間 に 展 開 する 手 法 がある. 前 者 の 中 で 有 名 な 手 法 には,Hyperbolic Tree[14]や Cone Tree[15] があげられる. 後 者 の 中 で 有 名 な 手 法 には, 画 面 空 間 の 2 次 元 的 分 割 により 葉 ノードを 一 括 表 示 する TreeMaps[16]があげ られる. 本 論 文 の 提 案 手 法 が 用 いる 階 層 型 データ 可 視 化 手 法 平 安 京 ビュー も, 後 者 に 属 する 手 法 である. 本 論 文 では 大 量 の 遺 伝 子 情 報 を 一 画 面 に 展 開 して 一 括 表 示 することを 目 的 としているため, 後 者 のような 階 層 型 データ 可 視 化 手 法 の ほうが 適 切 であると 考 えられる. 階 層 構 造 とネットワーク 構 造 の 両 者 を 併 せ 持 つ 可 視 化 技 術 は, 近 年 になって 活 性 化 している 研 究 分 野 である. 旧 来 の 研 究 の 例 として,3 次 元 的 に 階 層 構 造 を 表 現 するネットワーク データ 可 視 化 手 法 [17]や,クラスタごとにズーム 値 を 変 えた 2 次 元 的 なネットワークデータ 可 視 化 手 法 [18]などが 知 られて いる.また 近 年 では,Cone Tree や TreeMaps などの 既 存 の 階 層 型 データ 可 視 化 手 法 にネットワークデータを 付 加 する 形 式 の 可 視 化 手 法 [19,20]が 発 表 されると 同 時 に,その 画 面 上 の 混 雑 を 回 避 するためのネットワークデータの 曲 線 化 に 関 する 手 法 [6]も 発 表 されている. 本 論 文 の 提 案 手 法 では[6,19,20]と 同 様 に, 階 層 型 データ 可 視 化 手 法 にネットワークデータを 付 加 する 形 で, 階 層 構 造 とネットワーク 構 造 の 両 者 をあわせもつ 情 報 を 可 視 化 するものである. 2.4 階 層 型 データ 可 視 化 手 法 平 安 京 ビュー 本 論 文 の 提 案 手 法 では, 平 安 京 ビュー [21]を 用 いて 遺 伝 子 情 報 の 階 層 構 造 を 可 視 化 する. 平 安 京 ビュー は, 階 層 型 データの 葉 ノードを 長 方 形 のアイコンで, 枝 ノードを 長 方 形 の 枠 で 表 現 し, 階 層 構 造 を 2 次 元 の 長 方 形 群 の 入 れ 子 構 造 で 表 現 し,これらをできるだけ 小 さい 画 面 空 間 に 配 置 すること で, 階 層 型 データ 全 体 を 一 画 面 に 表 示 する. この 手 法 は 2.2 節 でも 論 じたように, 階 層 型 データ 中 の 葉 ノードと 枝 ノードの 親 子 関 係 よりも, 階 層 型 データ 全 体 に 分 布 する 葉 ノード 群 を 全 て 一 画 面 に 表 現 することに 主 眼 をおい た 視 覚 化 手 法 である. 図 3. 平 安 京 ビュー による 大 規 模 階 層 型 データの 可 視 化 の 例 平 安 京 ビューの 特 徴 の 一 つに, 階 層 型 データを 構 成 する全 て の葉 ノードを, 同 じ 大 きさ 同 じ 形 状 で,かつ 画 面 上 で 全 く重 なり 合 わないように 表 示 する 点 がある. 提 案 手 法 におい て 遺 伝 子 情 報 を 画 面 上 で 探 索 する 際 に, 全 ての 遺 伝 子 が 平 等 に 同 じ 大 きさで,かつ 画 面 上 で 重 ならないように 表 示 される ことは 重 要 である. 同 じような 特 徴 を 有 する 階 層 型 データ 可 視 化 手 法 に,TreeMaps[15]から 派 生 した Quantum Treemap[21] という 手 法 がある.Quantum Treemap と 平 安 京 ビュー の 実 行 結 果 は 文 献 [22,23]にて 数 値 比 較 されている.この 比 較 結 果 によると 平 安 京 ビュー は, 部 分 領 域 のアスペクト 比, 類 似 データ 間 の 可 視 化 結 果 の 類 似 度,の2 点 においてQuantum Treemap よりも 大 幅 に 良 好 な 結 果 をあげている.これらの 利 点 もまた, 階 層 化 された 遺 伝 子 情 報 の 可 視 化 に 有 用 であると 考 えられる. 3. 提 案 内 容 3.1 本 論 文 が 対 象 とするデータ DNA マイクロアレイとは,スライドガラスやシリコンなど の 基 板 上 に, 数 千 数 万 のスポットが 配 置 され, 各 スポットに 一 種 類 ずつ DNA や 遺 伝 子 を 固 定 し, 整 列 配 置 (アレイ 化 ) したものの 総 称 したものである.このスライドガラスに, 化 学 反 応 実 験 を 施 すと, 反 応 するスポットだけが 蛍 光 する. 各 108

4 スポットの 蛍 光 強 度 をスキャナで 読 み 取 ることにより, 発 現 率 傾 向 を 採 取 し, 数 千 から 数 万 の 遺 伝 子 発 現 情 報 を 一 度 の 実 験 で 採 取 可 能 になっている. また 遺 伝 子 は, 複 数 の 塩 基 により 構 成 されており, 遺 伝 子 の 発 現 率 とは, 一 般 的 に 遺 伝 子 を 構 成 する 塩 基 群 の 中 の 反 応 し た塩 基 の 確 率 を 指 す. 本 論 文 で 扱 う 遺 伝 子 ネットワークとは,このDNAマイクロ アレイから 採 取 される 遺 伝 子 の 発 現 率 を 元 に, 構 築 されるネ ットワークを 示 す. 遺 伝 子 ネットワークの 構 築 手 法 には,グ ラフィカル ガウシアンモデルを 用 いた 手 法 [24] 等 が 知 られ ている.また 推 定 された 遺 伝 子 ネットワークの 実 用 例 として, 薬 剤 ターゲット 遺 伝 子 の 同 定 [25,26] 等 も 発 表 されている. 3.2 階 層 型 遺 伝 子 ネットワークデータの 構 築 提 案 手 法 は,m 個 のマイクロアレイ 上 に n 個 の 遺 伝 子 があ り,その 各 々の 発 現 率 が 実 数 値 として 与 えられているとする. 提 案 手 法 では,この 実 数 値 から m n の 表 形 式 データを 構 築 し,n 個 の 遺 伝 子 の 発 現 率 を m 次 元 ベクタとして 扱 うとする. そしてクラスタリングによって, 発 現 率 傾 向 の 近 い 遺 伝 子 が 同 一 のクラスタに 属 するような 階 層 構 造 を 構 築 し,この 構 造 を 平 安 京 ビューで 表 示 可 能 な 階 層 型 データに 変 換 する.さら に,この 階 層 型 データにネットワークデータを 重 ねるように 表 示 することで, 階 層 型 ネットワークデータを 可 視 化 する. 提 案 手 法 におけるクラスタリングおよびネットワーク 化 の 手 順 の 概 要 を 図 4 に 示 す. たとすると, 平 安 京 ビューによる 階 層 型 データ 可 視 化 結 果 は 図 5( 下 )のようになる. 8 S 2 c1 c4 7 6 c2 c5 c3 図 5. ( 上 ) 階 層 的 なクラスタリング ( 下 ) 平 安 京 ビューにより 表 示 されたクラスタ r ij S 1 3 c6 2 c8 1 c9 c7 c c c 3 c4 c5 c6 c7 c8 c9 1 2 続 いてネットワーク 化 の 手 順 について 説 明 する. 任 意 の 2 個 のノード( 遺 伝 子 )を nodea, nodeb とし,m 種 類 のマイク ロアレイに 対 する 発 現 率 が 与 えられているとする.さらに, nodea の 発 現 率 を A = { a1, a2..., am} nodeb の 発 現 率 を B = b, b..., b } { 1 2 m とする.このときnodeAとnodeBの 発 現 率 同 士 の 相 関 性 を, r 図 4. 階 層 型 データへの 変 換 我 々の 実 装 では,Cluster 3.0 [27]というクラスタリングソフ トウェアに 実 装 されている 階 層 的 クラスタリングアルゴリズ ムを 適 用 して, 階 層 型 データを 構 築 する. 図 5( 上 )において, クラスタをc 1 ~c 9 とすると, 提 案 手 法 では 距 離 が 近 いクラスタ に 対 して 併 合 処 理 を 反 復 することで,デンドログラムを 作 成 し, 階 層 的 クラスタリングを 実 現 する.このときクラスタ 間 距 離 に 複 数 の 閾 値 を 設 け,この 閾 値 より 距 離 の 小 さいクラス タを 一 階 層 に 収 める,という 処 理 を 反 復 することで 階 層 型 デ ータを 構 築 する. 仮 に 図 5( 上 )に 示 すS 1,S 2 の 2 つの 閾 値 を 設 け 以 下 の 式 で 算 出 する. r d = 1.0 D max ただし d は A,B 間 のユー クリッド 距 離 の 2 乗 で, d = で 示 される. (1) m 2 ( ai bi ) (2) i= 1 D max は,すべてのノードの 組 み 合 わせにお ける d の 最 大 値 である. 提 案 手 法 では, 値 が 一 定 値 よ り大 きい 時,この 2 つのノードを 接 続 するエッジを 表 示 する. r 109

5 以 上 の算 出 式 は,クラスタリングに 使 用 したソフトウェア Cluster3.0 に 導 入 された 算 出 式 である.クラスタリングとネッ トワーク 生 成 の 結 果 に 一 貫 性 を 持 たせるため, 提 案 手 法 でも Cluster3.0 と 同 様 に,ユークリッド 距 離 空 間 を 用 いてネットワ ークを 生 成 した. 原 理 的 にはユークリッド 距 離 空 間 以 外 の 距 離 空 間 ( 例 えばマンハッタン 距 離 空 間 )も 採 用 可 能 であるが, その 有 効 性 について 我 々はまだ 検 証 していない. 以 上 の 処 理 により 遺 伝 子 データは, 以 下 の 要 素 から 構 成 さ れる 階 層 型 ネットワークに 変 換 される. 遺 伝 子 を 表 現 するノード N = { n,..., n } 1 n ノード 2 個 を 連 結 する p 本 のエッジ e = { ni, n j ), E = { e1,..., ep} 1 個 以 上 のノードで 構 成 される q 個 のクラスタ c = { ni,..., n j ), C = { c1,..., cq} D = { N, E, C 3.3 階 層 型 ネットワークデータの 可 視 化 階 層 型 ネットワークデータ } 本 論 文 では 1 章 にて 述 べたとおり, 遺 伝 子 群 にクラスタリ ングとネットワーク 化 の 両 方 を 適 用 した 階 層 型 ネットワーク データの 可 視 化 手 法 を 提 案 する. 提 案 手 法 は 以 下 の 機 能 性 を 重 視 した 手 法 である. (1) できるだけ 多 くの 遺 伝 子 を 一 画 面 に,クラスタ 単 位 で 表 示 できること (2) 注 目 したい 任 意 の 遺 伝 子 を 強 調 でき,その 遺 伝 子 と 相 関 性 の 高 い 遺 伝 子 の 分 布 を 理 解 しやすいこと まず(1)を 満 たすために, 提 案 手 法 では 2.4 節 で 紹 介 した 平 安 京 ビュー を 用 いて, 遺 伝 子 を 表 すノード 群 N を 均 一 な 大 きさの 正 方 形 で 表 現 し,クラスタ 群 C を 長 方 形 の 枠 で 表 現 す る.これらのノードは 画 面 上 でクリッカブルな 状 態 で 表 示 さ れている.このため,クリック 操 作 によって 遺 伝 子 の 詳 細 情 報 などを 提 示 するような GUI を 構 築 することも 可 能 である. 続 いて(2)を 満 たすために 提 案 手 法 では, 特 定 の 遺 伝 子 を 表 すノード( 以 下, 注 目 ノードと 称 する)をユーザに 指 定 させ, エッジ 群 E の 中 から 注 目 ノードに 連 結 されているエッジだけ を 表 示 する.さらに 提 案 手 法 では, 注 目 ノード,および 注 目 ノードから 直 接 エッジで 連 結 されているノード( 以 下, 連 結 ノードと 称 する)を 3 次 元 的 に 表 示 する.ここで x,y,z の 3 軸 で 構 成 される 直 交 座 標 系 を 仮 定 し, 平 安 京 ビュー による N および C の 画 面 配 置 結 果 を 平 面 z=0 上 に 表 示 するとする. 提 案 手 法 では, 注 目 ノード 連 結 ノード 以 外 のノードは z=0 上 の 正 方 形 として 平 面 的 に 描 画 するが, 注 目 ノード 連 結 ノー ドはこの 正 方 形 を 底 面 とする 角 柱 として 立 体 的 に 描 画 する. このような 立 体 的 な 描 画 を 適 用 することを, 本 論 文 では 以 下 z 軸 方 向 に 沿 って 引 き 上 げる と 称 する.この 引 き 上 げる 操 作 により, 提 案 手 法 では 注 目 ノードと 連 結 ノードの 接 続 性 を 強 調 表 現 することが 可 能 になる. 我 々の 実 装 では, 平 安 京 ビューの 画 面 上 で 注 目 ノードをクリックするか,または 検 索 エンジンのようなキーボード 入 力 によるGUI で 注 目 ノードを 指 定 すると,その 注 目 ノードおよび 連 結 ノードを,z 軸 方 向 に 引 き 上 げて 表 示 する. 一 般 的 に, 膨 大 な 遺 伝 子 群 の 中 から, 注 目 すべき 興 味 深 い 遺 伝 子 を 視 覚 的 に 発 見 することは 容 易 ではない.ここで 本 研 究 の 目 的 において,クラスタ 間 をまたぐエッジを 多 く 持 つ 遺 伝 子 は,マルチドメインなどの 興 味 深 い 現 象 をもつ 遺 伝 子 で ある 可 能 性 が 高 い.そこで 提 案 手 法 では,クラスタ 間 をまた ぐエッジを 一 定 以 上 有 するノードを,あらかじめ 所 定 の 色 で 表 示 する.これにより, 特 殊 な 反 応 のありそうな 遺 伝 子 群 を 発 見 しやすくできる. 3.4 提 案 手 法 の 応 用 例 世 の 中 には, 様 々なネットワークデータが 存 在 する. 本 論 文 では, 遺 伝 子 をノードとし, 相 関 性 の 高 い 遺 伝 子 をエッジ で連 結 するネットワークを 対 象 としているが,このネットワ ークは 近 年 注 目 されている 複 雑 ネットワーク の 一 種 であ ると 考 えられる. 複 雑 ネットワークとは, 際 限 ない 拡 大 性 を 有 し,ランダム 度 の 高 いリンク 構 造 を 有 するネットワークの 総 称 である. 特 に近 年 では 情 報 技 術 の 発 達 により, 多 くの 分 野 において 複 雑 ネットワークが 見 られる. 例 えば 以 下 のようなネットワーク は, 複 雑 ネットワークの 一 種 であると 考 えられる. 文 書 データベースに 出 現 するキーワード 間 の 相 関 性 か ら 構 築 したネットワーク. 計 算 機 のアクセス 履 歴,コンピュータウィルスの 感 染 経 路 などのログから 構 築 したネットワーク. ニューロンやタンパク 質 の 情 報 伝 達 経 路 から 構 築 した ネットワーク. 会 社 や 社 会 の 人 間 関 係 における 様 々な 人 間 関 係 のネッ トワーク. ウェブのリンク 構 造 のネットワーク. 本 論 文 の 提 案 手 法 は, 遺 伝 子 ネットワークに 限 らず, 上 記 のような 複 雑 ネットワーク 全 般 に 適 用 可 能 な, 応 用 範 囲 の 広 い手 法 であると 考 えられる. 4. 実 行 結 果 我 々は 提 案 手 法 を Java SDK 1.5 で 実 装 し,COMPAQ EvoD510 CMT (CPU 2.8GHz, RAM 1GB) 上 で 実 行 した.オペ レーティングシステムには Windows XP を 用 い,ディスプレ 110

6 イ 解 像 度 は 1024x768 画 素 に 設 定 した.また 遺 伝 子 データとし て, 以 下 の URL に 公 開 されているイースト 遺 伝 子 発 現 率 デー タを 用 いた. 以 下 に 結 果 画 像 を 示 し, 結 果 画 像 に 対 する 考 察 を 論 じる. 4.1 結 果 画 像 まず 我 々は,クラスタリングにおいて 作 成 したデンドログ ラムにおけるクラスタ 間 距 離 に 2 つの 閾 値 ( 図 5 におけるS 1 お よびS 2 )を 設 け, 遺 伝 子 データから 2 階 層 のクラスタを 構 築 した. 著 者 らの 実 験 ではS 1 =0.9, S 2 =0.8 であった. 続 いてS 1,S 2 とは 別 に,もう 一 つの 閾 値 を 設 け, 式 (2)におけ るr 値 が 閾 値 以 上 である 2 ノード 間 にエッジを 生 成 した. 著 者 らの 実 験 では 閾 値 は 0.98 であった. このようにして 生 成 された 階 層 型 遺 伝 子 ネットワークファ イルを 読 み 込 み, 提 案 手 法 を 用 いて 表 示 した. 提 案 手 法 によ っ て 各 ノードの 画 面 上 の 位 置 を 算 出 するのに,0.24 秒 を 要 し た.なお 平 安 京 ビュー の 処 理 時 間 や 画 面 配 置 結 果 は,ノ ード 数 や 階 層 の 深 さには 単 純 に 比 例 しない. 平 安 京 ビュー の 処 理 時 間 や 配 置 結 果 を 悪 化 させる 方 向 に 影 響 を 及 す 変 数 は, 上 位 クラスタの 配 下 に 属 する 下 位 クラスタの 個 数 である.よ って 提 案 手 法 のために 複 数 の 閾 値 を 用 いてクラスタリングを 行 う 場 合 には, 特 定 の 上 位 クラスタの 配 下 に 属 する 下 位 クラ スタの 個 数 が 大 きくなりすぎないように,という 点 に 留 意 し て 閾 値 を 決 定 する 必 要 がある.この 閾 値 を 適 切 に 自 動 算 出 す る 手 法 の 確 立 は, 今 後 の 課 題 のひとつといえる. 図 6. 提 案 手 法 を 用 いた, 注 視 ノードが 一 つの 実 行 例. 以 上 の 処 理 による 可 視 化 の 例 を 図 6 に 示 す.この 可 視 化 結 果 では,クリック 操 作 によって 単 一 のノードを 注 目 ノードと して 指 定 し,その 注 目 ノードと 連 結 ノードとの 関 係 を 黄 色 い エッジで 表 示 している.クリック 操 作 等 に 伴 う 再 描 画 の 処 理 時 間 は, 画 面 のズーム 率 やエッジ 表 示 数 に 大 きく 依 存 するの で 一 概 には 言 えないが,おおむね 0.2~0.5 秒 程 度 であった. 筆 者 らの 実 装 では,ソフトウェアの 可 搬 性 の 高 さの 観 点 から, GPU などのグラフィックス 高 速 表 示 装 置 を 全 く 用 いず,また OpenGL やDirectX などの 3 次 元 グラフィックスライブラリを 全 く 用 いていない.これらを 用 いるように 実 装 しなおすこと で, 描 画 時 間 は 大 きく 向 上 すると 考 えられる. 一 般 的 に,マイクロアレイにて 一 度 に 測 定 する 遺 伝 子 情 報 は, 数 百 ~ 数 千 個 である 場 合 が 多 い. 一 方 で 我 々は 経 験 上, 1024x768 画 素 程 度 の 画 面 解 像 度 において 平 安 京 ビュー を 用 いる 場 合,ノード 個 数 が 3000~5000 個 程 度 であれば, 階 層 型 データ 全 体 をクリッカブルな 状 態 で 一 画 面 に 表 示 でき ることを 観 察 している.この 性 能 は, 提 案 手 法 においてクラ スタリング 結 果 から 得 られる 階 層 型 データにおいても 同 等 であると 考 えられる.よって 提 案 手 法 を 用 いることで, 一 般 的 なマイクロアレイ 実 験 結 果 から 得 られる 遺 伝 子 情 報 を, 一 画 面 上 に 観 察 可 能 になると 考 えられる. 図 6 では,クラスタ 内 のノードすべてと 注 目 ノードが 連 結 している,というクラスタを 丸 で 囲 んだ.この 赤 丸 で 示 すよ うなクラスタが 存 在 するということは, 注 目 ノードは 現 在 属 するクラスタの 他 に, 丸 で 示 すクラスタに 属 していてもおか しくない,ということを 示 している.つまり,この 注 目 ノー ドが 示 す 遺 伝 子 はマルチドメインかもしれない,ということ が 推 測 できる. また, 図 6 を 詳 しく 調 べてみると, 所 定 の 色 ( 紫 )で 表 示 されたノードを 両 端 とするエッジが 多 く 存 在 していること が解 る.また 他 のノードを 注 目 ノードに 指 定 した 場 合 にも, 同 様 の 結 果 が 観 察 された. このことより, 図 6 に 示 す 遺 伝 子 ネットワークは,マルチ ドメインの 可 能 性 のある 遺 伝 子 同 士 が 複 雑 に 絡 み 合 ったネ ットワークである,といえる. 図 7,8 は, 提 案 手 法 により, 注 目 ノードと 連 結 ノードを z 軸 方 向 に 引 き 上 げた 結 果 画 像 である. 図 8( 左 )の 注 目 ノードを 引 き 上 げていない 画 像 では,どのノ ードが 注 目 ノードとエッジで 連 結 されているのか, 一 目 には 理 解 しにくい.それに 対 して 図 8( 右 )では, 注 目 ノードを 引 き 上 げることにより, 注 目 ノードと 連 結 ノードを 一 目 瞭 然 に 発 見 できることがわかる. これらの 結 果 画 像 より,ネットワークの 注 視 部 分 を z 軸 方 向 に 引 き 上 げることにより,ノード 間 の 連 結 関 係 が 理 解 しや すくなると 言 える. 111

7 芸術科学会論文誌 Vol. 6 No. 3 pp い とのことであった 4.1 節に示したように 我々はまだイ ンターネット上に公開された遺伝子情報だけを有し また遺 伝子情報分析を専攻する情報処理の専門家との議論を経ただ けであり 遺伝子実験の専門家と共同で研究を進める体制を 持っていない この問題については 今後の課題として検討 していきたい なお提案手法を用いることで 1 章で示したマルチドメイ ンの特性以外にも 以下のような遺伝子特性も表現できると 考えられる [オーソログ遺伝子 ] 複数の生物種間で存在する遺伝子で 共通の祖先種では同一の遺伝子であり 現在の機能も同一の 遺伝子群 複数の生物種の遺伝子情報から構成される階層型 遺伝子ネットワークデータにおいて 同じクラスタに複数の 生物種の遺伝子が属する場合 その遺伝子群はオーソログ遺 図7. 注視ノードを1段階引き上げた表示画像 伝子の可能性が高いと判断できる [パラログ遺伝子 ] ある生物種に存在する 2 つの遺伝子が 祖先種では同一の遺伝子であるような遺伝子群 提案手法に よる可視化技術では エッジで連結された遺伝子を 3 次元的 に表現することから 非常に強い相互関係を持つパラログの 理解にも向いていると考えられる また 現在ノードの色を クラスタをまたぐエッジを多く 持つノードに特定する為に用いている しかしノードの色を 使用するのについては 事例ごとに指定する事も可能である 例えばオーソログ遺伝子の事例の場合 複数の生物種それぞ れに色をつける等で より特性を発見することが容易になる と考えられる 可視化技術に対する主観評価 続いて 提案手法による可視化技術が遺伝子ネットワーク 図 8. 左 注視ノードをひきあげてない結果画像 を効果的に可視化できているか否かについて 可視化に知識 のある被験者 11 人よりアンケートを採取することで検証し 右 注視ノードを引き上げた結果画像 た アンケートでの質問項目は 以下の 2 点である 4.2 結果画像の考察 項目 1 クラスタをまたぐエッジを多く持つ遺伝子に色をつ 遺伝子情報分析の観点からの考察 けた結果(図 9(左))と 色をつけない結果(図 9(右))を 我々は提案手法により得られた結果画像を 遺伝子情報分 比較し 探索対象となる遺伝子の絞り込みやすさを 析を専攻する研究者に提示し 結果画像が遺伝子ネットワー 採点する 項目 2 以下の 4 つの結果画像を比較し 注目したい任意の クを効果的に表現できているか尋ねた 4.1 節にて結果画像を示したように 提案手法ではクラスタ 遺伝子 およびその遺伝子と相関性の高い遺伝子の をまたぐエッジを多く持つ遺伝子に色をつけている 結果画 分布を理解しやすいか否かを採点する 像では この色がついた遺伝子同士が複雑に絡み合いネット どのノードも引き上げなかった結果 (図 10(左上)) ワークを構成していることが可視化できている この可視化 注目ノードだけを引き上げた結果 (図 10(右上)) 結果画像を遺伝子情報分析の研究者に提示したところ 興味 注目ノードと連結ノードを 同じ高さまで引き上げた 結果 (図 10(左下)) 深い遺伝子群の絞込みに効果的である という評価を頂いた しかし これらの遺伝子がマルチドメインなのか否かを検証 するためには 遺伝子実験にまで遡る必要があるかもしれな 112 注目ノードと連結ノードの両方を引き上げ しかも注 目ノードを連結ノードよりも高く引き上げた結果

8 ( 図 10( 右 下 )) また 項 目 2 においては, 上 記 4つの 結 果 画 像 それぞれに 対 し, 以 下 の4つの 観 点 においてそれぞれ 評 価 して 頂 いた. 質 問 1: 注 目 ノードの 把 握 質 問 2:エッジにより 連 結 されたノードの 把 握 質 問 3: 注 目 ノードや, 連 結 されたノードの 把 握 質 問 4: 連 結 されたノードの 分 布 においての 把 握 以 上 の 計 6 画 像 について 被 験 者 から,1 から 5 までの 5 段 階 で 数 値 評 価 を 頂 いた.この 5 段 階 評 価 は,5 が 最 高 点,1 が 最 低 点 であるとする. 示 す.この 結 果 より, 遺 伝 子 を 表 現 するノードに 色 を 付 ける ことが, 探 索 対 象 とする 遺 伝 子 を 絞 り 込 む 目 的 において 有 用 であることが 検 証 された. 続 いて 項 目 2 について 検 証 する. 図 10 に 示 した 4 枚 の 可 視 化 結 果 について, 被 験 者 による 数 値 評 価 の 平 均 値 を 表 2 に 示 す. 表 1: 項 目 1 の 評 価 評 価 の 平 均 図 9( 左 ) 4.2 図 9( 右 ) 1.6 図 9. ( 左 )クラスタをまたぐエッジを 多 く 持 つ 遺 伝 子 に 色 を 付 けた 結 果.( 右 ) 色 を 付 けない 結 果. 表 2. 項 目 2 の 評 価 質 問 1 質 問 2 質 問 3 質 問 4 総 合 評 価 図 ( 左 上 ) 図 ( 右 上 ) 図 ( 左 下 ) 図 ( 右 下 ) まず 項 目 1 について 検 証 する.クラスタをまたぐエッジを 多 く 持 つ 遺 伝 子 に, 色 を 付 けた 結 果 ( 図 9( 左 ))と 付 けない 結 果 ( 図 9( 右 ))について, 被 験 者 による 数 値 評 価 の 平 均 値 を 表 1に 図 10. ( 左 上 )どのノードも 引 き 上 げなかった 結 果 ( 左 下 ) 注 視 ノードとエッジで 連 結 されているノードを, 同 じ 高 さまで 引 き 上 げた 結 果 ( 右 上 ) 注 視 ノードだけを 引 き 上 げた 結 果 ( 右 下 ) 注 視 ノードが,エッジで 連 結 されているノ ードより, 一 段 階 高 く 引 き 上 げた 結 果 表 2 に 示 す 結 果 について 考 察 する.まず 質 問 1,2 より,そ れぞれの 結 果 を 比 較 し, 注 目 ノードを 引 き 上 げることの 効 果 が 検 証 できたことがわかった. 質 問 3 において, 各 図 におい て 評 価 に 大 きく 差 はでなかった.この 問 題 に 関 しては,エッ ジを 引 いていることにより, 対 象 となるノードを 確 認 できる ことが, 理 由 と 考 えられる. 質 問 4 においては, 図 1 と 図 2, 図 3 と 図 4 が,それぞれ 同 値 となった.また 図 3 および 図 4 の 平 均 値 が, 図 1 および 図 2 に 比 べ, 高 いことより, 全 体 分 布 の 把 握 に 関 しても,ノードを 引 き 上 げることが 効 果 的 に 作 用 113

9 していると 考 察 できた. 最 後 に 総 合 評 価 からも,ノードを 引 き 上 げることで,また 注 目 ノードと 連 結 ノードの 引 き 上 げ 方 に 差 をつけることにより,より 効 果 的 に 提 案 手 法 の 結 果 を 示 すことができると 考 えられる.しかし, 注 目 ノードの 位 置 が 変 わったり, 連 結 ノードがより 多 くなるにつれて,この 数 値 評 価 結 果 が 変 わりうることも 想 定 される.また 現 段 階 では, 注 目 ノードと 連 結 ノードだけをエッジで 連 結 しているが, 今 後 の 課 題 として, 連 結 ノードとエッジで 結 ばれているノード 等 も 引 き 上 げることによって,さらに 遺 伝 子 分 析 に 貢 献 でき ないか 検 討 するべきと 考 えている. 4.3 既 存 の 遺 伝 子 情 報 可 視 化 ソフトウェアとの 比 較 マイクロアレイデータから 得 られる 遺 伝 子 発 現 率 情 報 の 可 視 化 ソフトウェアの 中 の 多 くは,ノード 間 の 相 互 関 係 をエッ ジで 結 ぶ 古 典 的 なネットワーク 2 次 元 可 視 化 手 法 [28]や, TreeView[5]と 呼 ばれるクラスタリング 結 果 の 可 視 化 手 法 を 搭 載 しており, 遺 伝 子 分 析 に 携 わる 多 くの 研 究 者 がこれらを 利 用 している. 以 下,これらの 手 法 に 対 する 提 案 手 法 の 優 位 性 について 論 じる. まず 前 者 の 方 法 では, 発 現 率 の 相 関 性 の 高 いノードをエッ ジで 結 んで 表 示 することから, 遺 伝 子 間 の 関 連 性 は 一 目 瞭 然 である.しかし, 一 画 面 に 表 示 するノード 数 は 数 十 ~ 数 百 程 度 にとどまっている.またクラスタリング 結 果 を 同 時 に 表 示 してはいない.それに 対 して 提 案 手 法 には, クラスタ 単 位 で, 整 然 と 構 造 化 された 形 で 遺 伝 子 群 を 表 示 する. 数 千, 数 万 といった 膨 大 な 量 の 遺 伝 子 の 分 布 の 全 貌 を, 一 画 面 に 一 括 表 示 できる. といった 点 で 利 点 があると 考 えられる. 続 いて 後 者 の TreeView は,N 個 の 遺 伝 子 に 関 する M 種 類 の 発 現 率 情 報 を,N 行 M 列 の 表 形 式 データとして 表 現 する. この 手 法 は 全 てのノードの 組 み 合 わせに 対 する 相 関 性 を 網 羅 的 に 表 現 できる 利 点 がある.しかし,その 組 み 合 わせの 多 く は 相 関 性 が 低 いものであり, 必 ずしも 画 面 空 間 を 有 効 に 利 用 した 可 視 化 結 果 を 提 示 しているとは 限 らない,という 問 題 が ある.また,クラスタを 単 位 とした 概 略 的 な 傾 向 をつかみに くい,という 問 題 もある.それに 対 して 提 案 手 法 には, 入 れ 子 構 造 による 階 層 型 データ 表 示 により, 遺 伝 子 群 を クラスタ 単 位 で 概 略 的 に 可 視 化 できる. 相 関 性 の 高 い 2 ノード 間 のみをエッジで 表 現 することに より, 相 関 性 の 高 いノードにのみ 注 視 した 可 視 化 を 実 現 できる. といった 点 で 利 点 があると 考 えられる. 5. まとめと 今 後 の 課 題 本 論 文 では, 遺 伝 子 発 現 率 情 報 に 対 してクラスタリングと ネットワーク 化 の 両 方 を 適 用 して 得 られる 階 層 型 ネットワー クデータの 可 視 化 手 法 を 提 案 した. 提 案 手 法 はネットワークとクラスタを 同 時 表 示 することに より, 遺 伝 子 学 的 に 興 味 深 いマルチドメインなどの 特 性 の 発 見 に 貢 献 できると 考 えられる.また,クラスタをまたぐエッ ジを 多 く 持 つノードに 特 定 の 色 をつけることにより, 興 味 深 い 遺 伝 子 の 早 期 発 見 に 貢 献 できると 考 えられる. 今 後 の 課 題 として, 以 下 の 点 を 議 論 したいと 考 えている. 結 果 画 像 から 発 見 された 現 象 が, 本 当 に 遺 伝 子 学 的 に 興 味 深 い 特 性 なのか 否 か, 遺 伝 子 実 験 の 専 門 家 を 交 えての 検 証. オーソログ 遺 伝 子 やパラログ 遺 伝 子 を 含 めて,より 多 く の 遺 伝 子 特 性 を 意 識 した 可 視 化 結 果 の 考 察. 複 数 の 注 目 ノードを z 軸 方 向 に 引 き 上 げた 時,あるいは 注 目 ノードだけでなく 連 結 ノードに 連 結 されたノード まで 含 めて 多 段 階 にわたってノードを 引 き 上 げた 時,の 効 果 的 なネットワークの 表 現 手 法 の 確 立. 有 向 グラフを 構 成 する 遺 伝 子 ネットワークの 可 視 化. オントロジーなどの 情 報 を 加 味 した,より 遺 伝 子 の 研 究 に 貢 献 できる 可 視 化 ソフトウェアとしての 開 発. 各 クラスタの 画 面 上 の 位 置 の 最 適 化. クラスタリングの 適 切 な 閾 値 ( 図 5 のS 1,S 2 に 相 当 する 変 数 値 )の 発 見 方 法 に 関 する 考 察. 遺 伝 子 ネットワークに 限 らず, 複 雑 ネットワーク 全 般 に 応 用 できる 階 層 型 ネットワーク 可 視 化 手 法 の 確 立,およ び 遺 伝 子 ネットワーク 以 外 の 階 層 型 ネットワークデー タでの 検 証. 謝 辞 ソフトウェア Cluster 3.0 の 開 発 者 であるコロンビア 大 学 Michael De Hoon 氏 には,クラスタリング 技 術 に 関 して 貴 重 な ご 助 言 を 賜 ったことを 感 謝 いたします. 遺 伝 子 ネットワークに 関 する 議 論 に 関 して, 東 京 大 学 宮 野 悟 教 授, 中 谷 明 弘 助 教 授, 渋 谷 哲 朗 講 師, 井 本 清 哉 助 手,お 茶 の 水 女 子 大 学 瀬 々 潤 准 教 授 から 貴 重 なご 意 見 を 賜 ったこと を 感 謝 いたします. 本 研 究 の 一 部 は, 日 本 学 術 振 興 会 科 学 研 究 費 補 助 金 の 助 成 に 関 するものです. 参 考 文 献 [1] Card s. k., Mackinlay J. D., Shneiderman B., Reading in Information Visualization: Using Vision to Think, Morgan 114

10 Kaufmann, ISBN , XVII, pp , [2] 有 田, 遺 伝 子 ネットワークと 確 率 モデル Genetic Networks and Probilistic Models, 2001 年 ベイジアンネットチュートリ アル, pp , [3] Itoh T., Takakura H., Sawada A., Koyamada K., Hierarchical Visualization of Network Intrusion Detection Data in the IP Address Space, IEEE Computer Graphics and Applications, Vol. 26, No. 2, pp , [4] Saraiya P., North C., Duca K., An Evaluation of Microarray Visualization Tools for Biological Insight, IEEE Information Visualization 2004, pp. 1-8, [5] TreeView, [6] Holten D., Hierarchical Edge Bundles: Visualization of Adjacency Relations in Hierarchical Data, IEEE Information Visualization 2006, pp , [7] Ghoniem M., Fekete J., Castagiloia P., A Comparison of the Readility of Graphs Using Node-Link and Matrix-Based Representations, IEEE Information Visualization 2004, pp , [8] Eades, P., "A Heuristic for Graph Drawing," Congressus Numerantium, Vol. 42, pp , [9] Sarcar M., Brown M. H., Graphical Fisheyes Views of Graphs, Communication of the ACM, Vol. 37, pp , March [10] Huang M. L., et al., WebOFDAV Navigatingand Visualizing the Web On-Line with Animated Context Swapping, 7th WWW Conf, pp , [11] North S., Incremental Layout in DynaDAG, Graph Drawing 95, pp , [12] Mukherjea, S., Foley J. and Hudson S., Visualizing Complex Hypermedia Networks through Multiple Hierarchical Views, Proceedings of ACM SIGCHI '95, Denver, Colorado, pp , May [13] 塩 澤, 西 山, 松 下, 納 豆 ビュー の 対 話 的 な 情 報 視 覚 化 における 位 置 付 け, 情 報 処 理 学 会 論 文 誌, Vol. 38, No. 11, pp , [14] Lamping, J. and Rao, R., "The Hyperbolic Browser: A Focus + Context Technique for Visualizing Large Hierarchies," Journal of Visual Languages and Computing, Vol. 7, No. 1, pp , [15] Carrire J. and Kazman R., "Research Report: Interacting with Huge Hierarchies: Beyond Cone Trees," Proceedings of the IEEE Conference on Information Visualization '95, IEEE CS Press, pp , [16] Johnson B., et al., Tree-Maps: A Space-Filing Approach to the Visualization of Hierarchical Information Space, IEEE Visualization 91, pp , [17] Eades P., et al., Multilevel Visualization of Clustered Graphs, Graph Drawing 96, pp , [18] Schaffer D., et al., Navigating Hierarchically Clustered Networks through Fisheye and Full-Zoom Methods, ACM Trans. Computer-Human Interaction, Vol. 3, No. 2, pp , [19] 我 妻, 藤 代, 堀 井, 階 層 的 因 果 関 係 の 対 話 的 可 視 化, 第 10 回 ビジュアリゼーションカンファレンス, [20] Fekete J.-D., Wang D., Dang N., Plaisant C., Overlaying Graph Links on Treemaps, IEEE Information Visualization 2003 Poster Conpendium, pp , [21] Bederson B., Schneiderman B., Ordered and Quantum Treemaps: Making Effective Use of 2D Space to Display Hierarchies, ACM Transactions on Graphics, Vol. 21, No. 4, pp , [22] Itoh T., Yamaguchi Y., Ikehata Y., Kajinaga Y., Hierarchical Data Visualization Using a Fast Rectangle-Packing Algorithm, IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics, Vol. 10, No. 3, pp , [23] 伊 藤, 山 口, 小 山 田, 長 方 形 の 入 れ 子 構 造 による 階 層 型 データ 視 覚 化 手 法 の 計 算 時 間 および 画 面 占 有 面 積 の 改 善, 可 視 化 情 報 学 会 論 文 集, Vol. 26, No. 6, pp , [24] De Hoon, M.J.L., Imoto, S. Kobayashi, K., Ogasawara, N. & Miyano, S., Inferring gene regulatory networks from time-ordered gene expression data of Bacillus subtilis using differential equations, Pac. Symp. Biocomput., 8, pp , [25] Savoie, C.J. Aburatani, S. Watane, S. Eguchi, Y. Muta, S. Miyano, S., Imoto, S., Kuhara, S. & Tashiro, K., Use of gene networks from full genome microarray libraries to identify functionally relevant drug-affected genes and gene regulation cascades, DNA Research, No.10, pp.19-25, [26] Imoto, S., Savoie, C.J., Aburatani, S., Kim, S., Tashiro, K., Kuhara, S. & Miyano, S., Use of gene networks for identifying and validating drug targets, J. Bioinform, Comput. Biol., No.1, pp , [27] Open Source Clustering Software (Cluster 3.0), [28] Open Source gene network Software (IPA), [29] 西 山, 伊 藤, 平 安 京 ビュー を 用 いた 階 層 型 遺 伝 子 ネッ トワークの 可 視 化, 第 22 回 NICOGRAPH 論 文 コンテスト,

11 著 者 紹 介 西 山 慧 子 2006 年 お 茶 の 水 女 子 大 学 理 学 部 情 報 科 学 科 卒 業. 現 在 お 茶 の 水 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 数 理 情 報 科 学 専 攻 在 学 中. 情 報 処 理 学 会 会 員. 伊 藤 貴 之 1990 年 早 稲 田 大 学 理 工 学 部 電 子 通 信 学 科 卒 業.1992 年 早 稲 田 大 学 大 学 院 理 工 学 研 究 科 電 気 工 学 専 攻 修 士 課 程 修 了. 同 年 日 本 アイ ビー エム( 株 ) 入 社.1997 年 博 士 ( 工 学 ).2000 年 米 国 カーネギーメロン 大 学 客 員 研 究 員.2003 年 から 2005 年 ま で 京 都 大 学 大 学 院 情 報 学 研 究 科 COE 研 究 員 ( 客 員 助 教 授 相 当 ) 年 日 本 アイ ビー エム( 株 ) 退 職,2005 年 よりお 茶 の 水 女 子 大 学 理 学 部 情 報 科 学 科 助 教 授.ACM, IEEE Computer Society, 情 報 処 理 学 会, 芸 術 科 学 会, 画 像 電 子 学 会, 他 会 員. 116

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E293608E71836C83628367838F815B834E89C28E8B89BB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E293608E71836C83628367838F815B834E89C28E8B89BB2E646F63> 西 山 慧 子 * 伊 藤 貴 之 ** (*) お 茶 の 水 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 (**) お 茶 の 水 女 子 大 学 理 学 部 情 報 科 学 科 E-mail : {nishy, itot}@itol.is.ocha.ac.jp 1. NA [1] A B C E F B,E 1 A, 1 A,B,E B E C,F 1 1 A 2 3 C,F A

More information

Lyra 2 2 2 X Y X Y ivis Designer Lyra ivisdesigner Lyra ivisdesigner 2 ( 1 ) ( 2 ) ( 3 ) ( 4 ) ( 5 ) (1) (2) (3) (4) (5) Iv Studio [8] 3 (5) (4) (1) (

Lyra 2 2 2 X Y X Y ivis Designer Lyra ivisdesigner Lyra ivisdesigner 2 ( 1 ) ( 2 ) ( 3 ) ( 4 ) ( 5 ) (1) (2) (3) (4) (5) Iv Studio [8] 3 (5) (4) (1) ( 1,a) 2,b) 2,c) 1. Web [1][2][3][4] [5] 1 2 a) ito@iplab.cs.tsukuba.ac.jp b) misue@cs.tsukuba.ac.jp c) jiro@cs.tsukuba.ac.jp [6] Lyra[5] ivisdesigner[6] [7] 2 Lyra ivisdesigner c 2012 Information Processing

More information

1: 2: 3: 4: 2. 1 Exploratory Search [4] Exploratory Search 2. 1 [7] [8] [9] [10] Exploratory Search

1: 2: 3: 4: 2. 1 Exploratory Search [4] Exploratory Search 2. 1 [7] [8] [9] [10] Exploratory Search DEIM Forum 2013 D2-1 112 8610 2-1-1 E-mail: {aco,itot}@itolab.is.ocha.ac.jp, chiemi@is.ocha.ac.jp Exploratory Search A product Search System for women adjusting amount of browsed items Abstract Eriko KOIKE,

More information

1 5 1.1.............................. 5 1.2............................ 5 1.3........................... 6 2 7 2.1.......................... 7 2.2 WWW

1 5 1.1.............................. 5 1.2............................ 5 1.3........................... 6 2 7 2.1.......................... 7 2.2 WWW 2004 Web WWW(World Wide Web) 2005 2 2 1G01P031-4 1 5 1.1.............................. 5 1.2............................ 5 1.3........................... 6 2 7 2.1.......................... 7 2.2 WWW...................

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F192CA904D8A7789EF534E538C6E8354815B8372835882CC94E48A72352E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F192CA904D8A7789EF534E538C6E8354815B8372835882CC94E48A72352E646F6378> 表 題 : 強 いつながり と 弱 いつながり の SNS 利 用 と 満 足 の 視 点 からみた 5 つのソーシャル ネットワーキング サービスの 比 較 "Strong-tied" and "Weak-tied" SNS: A Comparison of Social Networking Services from a Uses and Gratifications Perspective

More information

Input image Initialize variables Loop for period of oscillation Update height map Make shade image Change property of image Output image Change time L

Input image Initialize variables Loop for period of oscillation Update height map Make shade image Change property of image Output image Change time L 1,a) 1,b) 1/f β Generation Method of Animation from Pictures with Natural Flicker Abstract: Some methods to create animation automatically from one picture have been proposed. There is a method that gives

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985F95B6937996D88C7689E68F4889A19363378C8E32825393FA8CBB8DDD>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985F95B6937996D88C7689E68F4889A19363378C8E32825393FA8CBB8DDD> 道 路 の 大 型 車 交 通 のランプ 間 ODの 空 間 時 間 的 性 質 に 関 する 研 究 * The spatio-temporal characteristics of large vehicle OD traffic volumes on Hanshin Expressway* 横 田 孝 義 ** 玉 川 大 *** 谷 口 栄 一 **** 河 本 一 郎 ***** By Takayoshi

More information

258 5) GPS 1 GPS 6) GPS DP 7) 8) 10) GPS GPS 2 3 4 5 2. 2.1 3 1) GPS Global Positioning System

258 5) GPS 1 GPS 6) GPS DP 7) 8) 10) GPS GPS 2 3 4 5 2. 2.1 3 1) GPS Global Positioning System Vol. 52 No. 1 257 268 (Jan. 2011) 1 2, 1 1 measurement. In this paper, a dynamic road map making system is proposed. The proposition system uses probe-cars which has an in-vehicle camera and a GPS receiver.

More information

Run-Based Trieから構成される 決定木の枝刈り法

Run-Based Trieから構成される  決定木の枝刈り法 Run-Based Trie 2 2 25 6 Run-Based Trie Simple Search Run-Based Trie Network A Network B Packet Router Packet Filtering Policy Rule Network A, K Network B Network C, D Action Permit Deny Permit Network

More information

SOM SOM(Self-Organizing Maps) SOM SOM SOM SOM SOM SOM i

SOM SOM(Self-Organizing Maps) SOM SOM SOM SOM SOM SOM i 20 SOM Development of Syllabus Vsualization System using Spherical Self-Organizing Maps 1090366 2009 3 5 SOM SOM(Self-Organizing Maps) SOM SOM SOM SOM SOM SOM i Abstract Development of Syllabus Vsualization

More information

B HNS 7)8) HNS ( ( ) 7)8) (SOA) HNS HNS 4) HNS ( ) ( ) 1 TV power, channel, volume power true( ON) false( OFF) boolean channel volume int

B HNS 7)8) HNS ( ( ) 7)8) (SOA) HNS HNS 4) HNS ( ) ( ) 1 TV power, channel, volume power true( ON) false( OFF) boolean channel volume int SOA 1 1 1 1 (HNS) HNS SOA SOA 3 3 A Service-Oriented Platform for Feature Interaction Detection and Resolution in Home Network System Yuhei Yoshimura, 1 Takuya Inada Hiroshi Igaki 1, 1 and Masahide Nakamura

More information

JST CREST: Graph CREST 2

JST CREST: Graph CREST 2 JST CREST 2012.12.3, 18 1 JST CREST: Graph CREST 2 3 4 Deep South A. Davis (1941) 14 Events 18 Women 5 Deep South [DGG41], [HOM50], [P&C72], [BGR74], [BBA75], [BCH78], [DOR79], [BCH91], [FRE92], [E&B93],

More information

1988 表 1 奈 良 文 化 財 研 究 所 収 録 地 方 別 縄 文 遺 跡 数 および 遺 跡 密 度 (/1000km2) 地 方 東 北 関 東 北 陸 中 部 山 国 東 海 近 畿 中 国 四 国 九 州 遺 跡 数 6542 10852 824 1257 2748 1235 10

1988 表 1 奈 良 文 化 財 研 究 所 収 録 地 方 別 縄 文 遺 跡 数 および 遺 跡 密 度 (/1000km2) 地 方 東 北 関 東 北 陸 中 部 山 国 東 海 近 畿 中 国 四 国 九 州 遺 跡 数 6542 10852 824 1257 2748 1235 10 GIS Theory and Applications of GIS, 2009, Vol. 17, No.1, pp.63-72 縄 文 遺 跡 の 立 地 性 向 枝 村 俊 郎 熊 谷 樹 一 郎 The Disposition of Jomon Ruins Toshiro EDAMURA and Kiichiro KUMAGAI Abstract: The theory, which the

More information

30 1 2015 6 pp.33-48. Excel Excel Excel Microsoft Excel 2015 OS Windows7 Excel2010(Microsoft Office2010) Office 2007 2013 Excel 2 Excel 33

30 1 2015 6 pp.33-48. Excel Excel Excel Microsoft Excel 2015 OS Windows7 Excel2010(Microsoft Office2010) Office 2007 2013 Excel 2 Excel 33 計 量 国 語 学 アーカイブ ID KK300103 種 別 解 説 タイトル データの 視 覚 化 (1) Excelによるグラフ 作 成 の 基 本 (1) Title Data Visualization (1): Making Basic Charts in Microsoft Excel (Part 1) 著 者 林 直 樹 Author HAYASHI Naoki 掲 載 号 30 巻

More information

Vol. 23 No. 4 Oct. 2006 37 2 Kitchen of the Future 1 Kitchen of the Future 1 1 Kitchen of the Future LCD [7], [8] (Kitchen of the Future ) WWW [7], [3

Vol. 23 No. 4 Oct. 2006 37 2 Kitchen of the Future 1 Kitchen of the Future 1 1 Kitchen of the Future LCD [7], [8] (Kitchen of the Future ) WWW [7], [3 36 Kitchen of the Future: Kitchen of the Future Kitchen of the Future A kitchen is a place of food production, education, and communication. As it is more active place than other parts of a house, there

More information

Web Web

Web Web Web ( ) 2015 3 Web Web 1 1 1.1.................................... 1 1.2...................................... 2 1.3........................................ 2 1.4 Web............. 2 1.4.1 Web.....................

More information

2. 2.1 Lytro [11] The Franken Camera [12] 2.2 Creative Coding Community Creative Coding Community [13]-[19] Sketch Fork 2.3 [20]-[23] 3. ourcam 3.1 ou

2. 2.1 Lytro [11] The Franken Camera [12] 2.2 Creative Coding Community Creative Coding Community [13]-[19] Sketch Fork 2.3 [20]-[23] 3. ourcam 3.1 ou 情 報 処 理 学 会 インタラクション 2013 IPSJ Interaction 2013 2013-Interaction (3EXB-06) 2013/3/2 ourcam: 1 2 ourcam ourcam: On-Site Programming Environment for Digital Photography RYO OSHIMA 1 YASUAKI KAKEHI 2 In these

More information

社会問題の解決に資する

社会問題の解決に資する STUY O ESTLISHING TEHNIQUE O SOIL PROLEM VISULIZTION OR EVISING SOLUTIONS 1 2 3 4 1 ( ) (E-mail:yamaken@mri.co.jp) 2 ( ) (E-mail: yui@funatoku.com) 3 ( ) (E-mail: fuji@is.ocha.ac.jp) 4 Ph.. ( ) (E-mail:

More information

Microsoft Word - deim2011_new-ichinose-20110325.doc

Microsoft Word - deim2011_new-ichinose-20110325.doc DEIM Forum 2011 B7-4 252-0882 5322 E-mail: {t08099ai, kurabaya, kiyoki}@sfc.keio.ac.jp A Music Search Database System with a Selector for Impressive-Sections of Continuous Data Aya ICHINOSE Shuichi KURABAYASHI

More information

SEM44-西堀ゆり.indd

SEM44-西堀ゆり.indd 1.はじめに: 激 変 する 英 語 と 情 報 コミュニケーション ICT Information & Communications Technology: 1 2008 EFL: English as a Foreign Language 2001 2 199 3 200 2. 協 調 場 と NBLT(Network-based Language Teaching) 201 e- e- 1990

More information

3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost 2. [11] Onishi&Yoda [8] Iwashita&Stoica [5] 4 [3] 3. 3 (1) (2) (3)

3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost 2. [11] Onishi&Yoda [8] Iwashita&Stoica [5] 4 [3] 3. 3 (1) (2) (3) (MIRU2012) 2012 8 820-8502 680-4 E-mail: {d kouno,shimada,endo}@pluto.ai.kyutech.ac.jp (1) (2) (3) (4) 4 AdaBoost 1. Kanade [6] CLAFIC [12] EigenFace [10] 1 1 2 1 [7] 3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost

More information

本 論 文 の 構 成 は 以 下 のとおりである 2 節 では 特 許 デー タベースからの 上 位 下 位 概 念 の 抽 出 法 を 述 べ 3 節 では 日 英 の 用 語 間 の 対 応 付 け 方 法 について 説 明 する 4 節 では 本 研 究 で 行 った 実 験 について 述

本 論 文 の 構 成 は 以 下 のとおりである 2 節 では 特 許 デー タベースからの 上 位 下 位 概 念 の 抽 出 法 を 述 べ 3 節 では 日 英 の 用 語 間 の 対 応 付 け 方 法 について 説 明 する 4 節 では 本 研 究 で 行 った 実 験 について 述 日 英 特 許 データベースから のシソーラスの 自 動 構 築 PROFILE PROFILE 広 島 市 立 大 学 大 学 院 情 報 科 学 研 究 科 准 教 授 難 波 英 嗣 1996 年 東 京 理 科 大 学 理 工 学 部 電 気 工 学 科 卒 業 2001 年 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 情 報 科 学 研 究 科 博 士 後 期 課 程 修 了 同

More information

( 1) 3. Hilliges 1 Fig. 1 Overview image of the system 3) PhotoTOC 5) 1993 DigitalDesk 7) DigitalDesk Koike 2) Microsoft J.Kim 4). 2 c 2010

( 1) 3. Hilliges 1 Fig. 1 Overview image of the system 3) PhotoTOC 5) 1993 DigitalDesk 7) DigitalDesk Koike 2) Microsoft J.Kim 4). 2 c 2010 1 2 2 Automatic Tagging System through Discussing Photos Kazuma Mishimagi, 1 Masashi Toda 2 and Toshio Kawashima 2 Many media forms can be stored easily at present. Photographs, for example, can be easily

More information

宮城教育大学情報処理センター研究紀要2010

宮城教育大学情報処理センター研究紀要2010 実 践 研 究 論 文 4 軸 X 線 回 折 測 定 による 超 伝 導 薄 膜 配 向 性 の 3D 表 示 プログラムの 作 成 1 大 竹 佑 樹 1, 内 山 哲 治 宮 城 教 育 大 学 大 学 院 教 科 教 育 専 攻 理 科 教 育 専 修 2 宮 城 教 育 大 学 教 育 学 部 理 科 教 育 講 座 2 本 研 究 室 では 超 伝 導 薄 膜 の 作 製 を 行 っている

More information

[2] 2. [3 5] 3D [6 8] Morishima [9] N n 24 24FPS k k = 1, 2,..., N i i = 1, 2,..., n Algorithm 1 N io user-specified number of inbetween omis

[2] 2. [3 5] 3D [6 8] Morishima [9] N n 24 24FPS k k = 1, 2,..., N i i = 1, 2,..., n Algorithm 1 N io user-specified number of inbetween omis 1,a) 2 2 2 1 2 3 24 Motion Frame Omission for Cartoon-like Effects Abstract: Limited animation is a hand-drawn animation style that holds each drawing for two or three successive frames to make up 24 frames

More information

,.,.,,.,. X Y..,,., [1].,,,.,,.. HCI,,,,,,, i

,.,.,,.,. X Y..,,., [1].,,,.,,.. HCI,,,,,,, i 23 Experimental investigation of Natural Use Profiles of Pen Pressure, Tilt and Azimuth 1120230 2012 3 1 ,.,.,,.,. X Y..,,., [1].,,,.,,.. HCI,,,,,,, i Abstract Experimental investigation of Natural Use

More information

Vol. 28 No. 2 Apr. 2011 173 1. 1 Web Twitter/Facebook UI 4 1. 2. 3. 4. Twitter Web Twitter/Facebook e.g., Web Web UI 1 2 SNS 1, 2 2

Vol. 28 No. 2 Apr. 2011 173 1. 1 Web Twitter/Facebook UI 4 1. 2. 3. 4. Twitter Web Twitter/Facebook e.g., Web Web UI 1 2 SNS 1, 2 2 172 SNS Web Web As social web sites such as blog and SNS(Social Network System) became popular, many people have communicated with their friends on the Web. Meanwhile, several problems of social web sites

More information

日本感性工学会論文誌

日本感性工学会論文誌 pp.343-351 2013 Changes in Three Attributes of Color by Reproduction of Memorized Colors Hiroaki MIYAKE, Takeshi KINOSHITA and Atsushi OSA Graduate School of Science and Engineering, Yamaguchi University,

More information

目 次 NETGEAR WiFi Analytics を 使 用 した Wi-Fi 環 境 の 調 査 方 法... 1 NETGEAR WiFi Analytics を 使 用 した Wi-Fi 環 境 の 調 査 方 法... 3 Windows... 4 事 前 準 備... 4 NETGEA

目 次 NETGEAR WiFi Analytics を 使 用 した Wi-Fi 環 境 の 調 査 方 法... 1 NETGEAR WiFi Analytics を 使 用 した Wi-Fi 環 境 の 調 査 方 法... 3 Windows... 4 事 前 準 備... 4 NETGEA NETGEAR WiFi Analytics を 使 用 した Wi-Fi 環 境 の 調 査 方 法 1 目 次 NETGEAR WiFi Analytics を 使 用 した Wi-Fi 環 境 の 調 査 方 法... 1 NETGEAR WiFi Analytics を 使 用 した Wi-Fi 環 境 の 調 査 方 法... 3 Windows... 4 事 前 準 備... 4 NETGEAR

More information

Microsoft Word - ②茨城県沖の水温環境と犬吠埼沖の黒潮位置との関係について_高島さん修正).docx

Microsoft Word - ②茨城県沖の水温環境と犬吠埼沖の黒潮位置との関係について_高島さん修正).docx 茨 城 水 試 研 報 41,7~17(2010) 茨 城 県 近 海 の 黒 潮 位 置 と 変 動 並 びに 水 温 環 境 との 関 係 について 7 茨 城 県 近 海 の 黒 潮 の 位 置 と 変 動 並 びに 水 温 環 境 との 関 係 について 小 日 向 寿 夫 Position and change of the Kuroshio,and their relationship

More information

fiš„v5.dvi

fiš„v5.dvi (2001) 49 2 293 303 VRML 1 2 3 2001 4 12 2001 10 16 Web Java VRML (Virtual Reality Modeling Language) VRML Web VRML VRML VRML VRML Web VRML VRML, 3D 1. WWW (World Wide Web) WWW Mittag (2000) Web CGI Java

More information

ICT a) Caption Presentation Method with Speech Expression Utilizing Speech Bubble Shapes for Video Content Yuko KONYA a) and Itiro SIIO 1. Graduate Sc

ICT a) Caption Presentation Method with Speech Expression Utilizing Speech Bubble Shapes for Video Content Yuko KONYA a) and Itiro SIIO 1. Graduate Sc VOL. J98-A NO. 1 JANUARY 2015 本 PDFの 扱 いは 電 子 情 報 通 信 学 会 著 作 権 規 定 に 従 うこと なお 本 PDFは 研 究 教 育 目 的 ( 非 営 利 )に 限 り 著 者 が 第 三 者 に 直 接 配 布 すること ができる 著 者 以 外 からの 配 布 は 禁 じられている ICT a) Caption Presentation Method

More information

ディスプレイと携帯端末間の通信を実現する映像媒介通信技術

ディスプレイと携帯端末間の通信を実現する映像媒介通信技術 Data Transfer Technology to Enable Communication between Displays and Smart Devices 倉木健介 中潟昌平 田中竜太 阿南泰三 あらまし Abstract Recently, the chance to see videos in various places has increased due to the speedup

More information

Microsoft Word - 05.doc

Microsoft Word - 05.doc DEIM2009 E3-2 地 理 的 情 報 を 考 慮 したウェブ 画 像 検 索 方 法 の 提 案 和 田 修 平 井 上 潮 東 京 電 機 大 学 工 学 部 情 報 通 信 工 学 科 101-8457 東 京 都 千 代 田 区 神 田 錦 町 2-2 E-mail: 05kc116@ed.cck.dendai.ac.jp, inoue@c.dendai.ac.jp あらまし 近 年,ウェブ

More information

情 報 処 理 学 会 研 究 報 告 日 本 語 英 語 2. データおよび 分 析 方 法 2.1 日 本 語 版 Wikipedia の 概 況 日 本 語 版, 英 語 版 それぞれについて,2011 年 6 月 1 日 現 在 の Wikipedia の 概 況 [5]を 示 す 基 本

情 報 処 理 学 会 研 究 報 告 日 本 語 英 語 2. データおよび 分 析 方 法 2.1 日 本 語 版 Wikipedia の 概 況 日 本 語 版, 英 語 版 それぞれについて,2011 年 6 月 1 日 現 在 の Wikipedia の 概 況 [5]を 示 す 基 本 情 報 処 理 学 会 研 究 報 告 日 本 語 版 Wikipedia の 専 門 分 野 比 較 山 村 あずさ 芳 鐘 冬 樹 本 研 究 では, 日 本 語 版 Wikipedia において, 図 書 館 情 報 学 と 結 晶 成 長 学 の 専 門 用 語 の 釈 義 を 観 察 し, 分 野 による 違 いを 探 る.そのために,Wikipedia 記 事 の 文 字, 画 像, 表,

More information

1., 1 COOKPAD 2, Web.,,,,,,.,, [1]., 5.,, [2].,,.,.,, 5, [3].,,,.,, [4], 33,.,,.,,.. 2.,, 3.., 4., 5., ,. 1.,,., 2.,. 1,,

1., 1 COOKPAD 2, Web.,,,,,,.,, [1]., 5.,, [2].,,.,.,, 5, [3].,,,.,, [4], 33,.,,.,,.. 2.,, 3.., 4., 5., ,. 1.,,., 2.,. 1,, THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS TECHNICAL REPORT OF IEICE.,, 464 8601 470 0393 101 464 8601 E-mail: matsunagah@murase.m.is.nagoya-u.ac.jp, {ide,murase,hirayama}@is.nagoya-u.ac.jp,

More information

Microsoft PowerPoint - Seminar-DataVis ppt

Microsoft PowerPoint - Seminar-DataVis ppt 情報可視化技術 平安 京ビュー と実用事例 伊藤貴之 1)2) 1) 日本アイ ビー エム ( 株 ) 東京基礎研究所 2) 京都大学大学院情報学研究科 経歴 1968 年生 (37 歳 ) 1992 年早稲田大学理工学研究科修士課程修了 1992 年日本アイ ビー エム ( 株 ) 入社 1997 年博士 ( 工学 ) 2000 年米国カーネギーメロン大学客員研究員 2003 年京都大学情報学研究科

More information

(a) 1 (b) 3. Gilbert Pernicka[2] Treibitz Schechner[3] Narasimhan [4] Kim [5] Nayar [6] [7][8][9] 2. X X X [10] [11] L L t L s L = L t + L s

(a) 1 (b) 3. Gilbert Pernicka[2] Treibitz Schechner[3] Narasimhan [4] Kim [5] Nayar [6] [7][8][9] 2. X X X [10] [11] L L t L s L = L t + L s 1 1 1, Extraction of Transmitted Light using Parallel High-frequency Illumination Kenichiro Tanaka 1 Yasuhiro Mukaigawa 1 Yasushi Yagi 1 Abstract: We propose a new sharpening method of transmitted scene

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 問 題 を 見 ずに 問 題 を 解 く ~ 定 数 時 間 アルゴリズムとは? ~ 𠮷 田 悠 一 国 立 情 報 学 研 究 所 2014 年 1 月 22 日 自 己 紹 介 𠮷 田 悠 一 専 門 : 理 論 計 算 機 科 学 計 算 とは 何 かを 考 える 学 問 P vs NP 乱 数 暗 号 出 身 : 大 阪 府 枚 方 市 洛 南 高 校 京 都 大 学 (Preferred

More information

23 Fig. 2: hwmodulev2 3. Reconfigurable HPC 3.1 hw/sw hw/sw hw/sw FPGA PC FPGA PC FPGA HPC FPGA FPGA hw/sw hw/sw hw- Module FPGA hwmodule hw/sw FPGA h

23 Fig. 2: hwmodulev2 3. Reconfigurable HPC 3.1 hw/sw hw/sw hw/sw FPGA PC FPGA PC FPGA HPC FPGA FPGA hw/sw hw/sw hw- Module FPGA hwmodule hw/sw FPGA h 23 FPGA CUDA Performance Comparison of FPGA Array with CUDA on Poisson Equation (lijiang@sekine-lab.ei.tuat.ac.jp), (kazuki@sekine-lab.ei.tuat.ac.jp), (takahashi@sekine-lab.ei.tuat.ac.jp), (tamukoh@cc.tuat.ac.jp),

More information

土木計画学研究・論文集審査用論文の書き方に関する研究*

土木計画学研究・論文集審査用論文の書き方に関する研究* 都 市 間 交 通 利 便 性 から 見 た 広 島 の 競 争 力 所 属 名 : 広 島 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 発 表 者 氏 名 : 塚 井 誠 人.はじめに~ 交 通 利 便 性 指 標 としての 日 帰 り 交 通 圏 ~ 国 土 形 成 計 画 法 では, 地 域 間 の 交 通 網 整 備 のアウト プット 指 標 として, 国 内 の 各 地 域 ブロックにおいて

More information

Web Web Web Web Web, i

Web Web Web Web Web, i 22 Web Research of a Web search support system based on individual sensitivity 1135117 2011 2 14 Web Web Web Web Web, i Abstract Research of a Web search support system based on individual sensitivity

More information

DPA,, ShareLog 3) 4) 2.2 Strino Strino STRain-based user Interface with tacticle of elastic Natural ObjectsStrino 1 Strino ) PC Log-Log (2007 6)

DPA,, ShareLog 3) 4) 2.2 Strino Strino STRain-based user Interface with tacticle of elastic Natural ObjectsStrino 1 Strino ) PC Log-Log (2007 6) 1 2 1 3 Experimental Evaluation of Convenient Strain Measurement Using a Magnet for Digital Public Art Junghyun Kim, 1 Makoto Iida, 2 Takeshi Naemura 1 and Hiroyuki Ota 3 We present a basic technology

More information

概 要 プロ 野 球 選 手 は 様 々な 選 手 がいて,それぞれ 能 力 に 特 徴 があり, 多 様 なタイプが 存 在 する. 本 研 究 では,その 選 手 タイプに 着 目 する.そして, 選 手 登 録 してから 引 退 に 至 るまで の 成 長 の 予 想 をする. 成 長 とは,

概 要 プロ 野 球 選 手 は 様 々な 選 手 がいて,それぞれ 能 力 に 特 徴 があり, 多 様 なタイプが 存 在 する. 本 研 究 では,その 選 手 タイプに 着 目 する.そして, 選 手 登 録 してから 引 退 に 至 るまで の 成 長 の 予 想 をする. 成 長 とは, 卒 業 研 究 論 文 プロ 野 球 選 手 のタイプ 別 成 長 衰 退 モデル 学 籍 番 号 12D8118D 垣 内 翔 太 中 央 大 学 理 工 学 部 情 報 工 学 科 田 口 研 究 室 216 年 3 月 概 要 プロ 野 球 選 手 は 様 々な 選 手 がいて,それぞれ 能 力 に 特 徴 があり, 多 様 なタイプが 存 在 する. 本 研 究 では,その 選 手 タイプに

More information

1. 本 事 案 の 概 要 1. 遠 隔 ウィルスによるトラブル 発 生 概 要 2012 年 ( 平 成 24 年 )の 初 夏 から 秋 にかけて 日 本 において 犯 人 がネットの 掲 示 板 を 介 して 他 者 のパソコンを 遠 隔 操 作 し これを 踏 み 台 としてウェブサイ ト

1. 本 事 案 の 概 要 1. 遠 隔 ウィルスによるトラブル 発 生 概 要 2012 年 ( 平 成 24 年 )の 初 夏 から 秋 にかけて 日 本 において 犯 人 がネットの 掲 示 板 を 介 して 他 者 のパソコンを 遠 隔 操 作 し これを 踏 み 台 としてウェブサイ ト D-Case 適 用 事 例 2 2012 年 のPC 遠 隔 操 作 による 誤 認 逮 捕 DEOSプロジェクト 2013 年 7 月 19 日 DEOS 研 究 開 発 センター JST-CREST 1. 本 事 案 の 概 要 1. 遠 隔 ウィルスによるトラブル 発 生 概 要 2012 年 ( 平 成 24 年 )の 初 夏 から 秋 にかけて 日 本 において 犯 人 がネットの 掲

More information

(3.6 ) (4.6 ) 2. [3], [6], [12] [7] [2], [5], [11] [14] [9] [8] [10] (1) Voodoo 3 : 3 Voodoo[1] 3 ( 3D ) (2) : Voodoo 3D (3) : 3D (Welc

(3.6 ) (4.6 ) 2. [3], [6], [12] [7] [2], [5], [11] [14] [9] [8] [10] (1) Voodoo 3 : 3 Voodoo[1] 3 ( 3D ) (2) : Voodoo 3D (3) : 3D (Welc 1,a) 1,b) Obstacle Detection from Monocular On-Vehicle Camera in units of Delaunay Triangles Abstract: An algorithm to detect obstacles by using a monocular on-vehicle video camera is developed. Since

More information

% 95% 2002, 2004, Dunkel 1986, p.100 1

% 95% 2002, 2004, Dunkel 1986, p.100 1 Blended Learning 要 旨 / Moodle Blended Learning Moodle キーワード:Blended Learning Moodle 1 2008 Moodle e Blended Learning 2009.. 1994 2005 1 2 93% 95% 2002, 2004, 2011 2011 1 Dunkel 1986, p.100 1 Blended Learning

More information

Microsoft Word - takenaka_report.doc

Microsoft Word - takenaka_report.doc 05-01020 科 学 的 コミュニケーションを 支 援 するケータイを 利 用 したフィールド 学 習 支 援 システムの 開 発 とその 授 業 モデルの 提 案 ( 継 続 ) 竹 中 真 希 子 大 分 大 学 教 育 福 祉 科 学 部 准 教 授 1 2 2-1 2-2 Web 117 図1 システムの基本構成図 対象エリアをクリックすると写真一覧画面が表示される 図2 クリッカブルマップの例

More information

(3) 調 査 結 果 と 分 析 ア 全 日 制 課 程 の 概 要 について 三 課 程 併 置 校 をA 校,B 校, 二 課 程 併 置 校 をC 校,D 校 とした 項 目 学 校 名 本 校 A 校 B 校 C 校 D 校 併 置 する 課 程 全, 定, 通 全, 定, 通 全, 定,

(3) 調 査 結 果 と 分 析 ア 全 日 制 課 程 の 概 要 について 三 課 程 併 置 校 をA 校,B 校, 二 課 程 併 置 校 をC 校,D 校 とした 項 目 学 校 名 本 校 A 校 B 校 C 校 D 校 併 置 する 課 程 全, 定, 通 全, 定, 通 全, 定, 全 日 制 単 位 制 高 校 のあり 方 と 他 課 程 併 置 の 現 状 総 括 教 頭 黑 木 加 代 子 1 はじめに 単 位 制 高 校 は, 学 校 教 育 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 によって 学 年 による 教 育 課 程 の 区 分 を 設 けない 高 校 として 昭 和 63 年 に 定 時 制 と 通 信 制 で 導 入 され, 平 成 5 年 から 全 日 制

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

2 21,238 35 2 2 Twitter 3 4 5 6 2. 2.1 SNS 2.2 2. 1 [8] [5] [7] 2. 2 SNS SNS 2 2. 2. 1 Cheng [2] Twitter [6] 2. 2. 2 Backstrom [1] Facebook 3 Jurgens

2 21,238 35 2 2 Twitter 3 4 5 6 2. 2.1 SNS 2.2 2. 1 [8] [5] [7] 2. 2 SNS SNS 2 2. 2. 1 Cheng [2] Twitter [6] 2. 2. 2 Backstrom [1] Facebook 3 Jurgens DEIM Forum 2016 B4-3 地域ユーザに着目した口コミツイート収集手法の提案 長島 里奈 関 洋平 圭 猪 筑波大学 情報学群 知識情報 図書館学類 305 8550 茨城県つくば市春日 1 2 筑波大学 図書館情報メディア系 305 8550 茨城県つくば市春日 1 2 つくば市役所 305 8555 茨城県つくば市研究学園 1 1 1 E-mail: s1211530@u.tsukuba.ac.jp,

More information

05 p197-p214 田中先生.indd

05 p197-p214 田中先生.indd BYOD に 関 する 利 用 実 態 の 調 査 研 究 スマートデバイスの 利 用 者 に 焦 点 をあてて Research of the current BYOD conditions: focusing on users of smart devices 大 学 院 情 報 学 環 学 際 情 報 学 府 田 中 秀 幸 1.はじめに スマートフォンやタブレット 端 末 などのいわゆるスマートデバイスが

More information

2) TA Hercules CAA 5 [6], [7] CAA BOSS [8] 2. C II C. ( 1 ) C. ( 2 ). ( 3 ) 100. ( 4 ) () HTML NFS Hercules ( )

2) TA Hercules CAA 5 [6], [7] CAA BOSS [8] 2. C II C. ( 1 ) C. ( 2 ). ( 3 ) 100. ( 4 ) () HTML NFS Hercules ( ) 1,a) 2 4 WC C WC C Grading Student programs for visualizing progress in classroom Naito Hiroshi 1,a) Saito Takashi 2 Abstract: To grade student programs in Computer-Aided Assessment system, we propose

More information

workshop.indd

workshop.indd John Paulin HANSEN (IT University of Copenhagen, Denmark) Håkon LUND (Royal School of Library and Information Science, Denmark) / 1 20 Majaranta and Raiha, 2000 ALS Amyotrophic Lateral Sclerosis 2 ALS

More information

2 22006 2 e-learning e e 2003 1 4 e e e-learning 2 Web e-leaning 2004 2005 2006 e 4 GP 4 e-learning e-learning e-learning e LMS LMS Internet Navigware

2 22006 2 e-learning e e 2003 1 4 e e e-learning 2 Web e-leaning 2004 2005 2006 e 4 GP 4 e-learning e-learning e-learning e LMS LMS Internet Navigware 2 2 Journal of Multimedia Aided Education Research 2006, Vol. 2, No. 2, 19 e 1 1 2 2 1 1 GP e 2004 e-learning 2004 e-learning 2005 e-learning e-learning e-learning e-learning 2004 e-learning HuWeb 2005

More information

untitled

untitled 580 26 5 SP-G 2011 AI An Automatic Question Generation Method for a Local Councilor Search System Yasutomo KIMURA Hideyuki SHIBUKI Keiichi TAKAMARU Hokuto Ototake Tetsuro KOBAYASHI Tatsunori MORI Otaru

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

ICT Web Web ICT Web 2. 新 学 習 指 導 要 領 の 理 念 と 教 育 の 情 報 化 の 意 義 2-1 新 学 習 指 導 要 領 の 理 念 20 3 23 1 ICT 2

ICT Web Web ICT Web 2. 新 学 習 指 導 要 領 の 理 念 と 教 育 の 情 報 化 の 意 義 2-1 新 学 習 指 導 要 領 の 理 念 20 3 23 1 ICT 2 30 2012 Web キーワード Web CIRRI Educational Method and Technology, Elementary School, School Library Website, Information Literacy, CIRRI Contents Model 1.はじめに ICTInformation and Communication Technology :

More information

1 (PCA) 3 2 P.Viola 2) Viola AdaBoost 1 Viola OpenCV 3) Web OpenCV T.L.Berg PCA kpca LDA k-means 4) Berg 95% Berg Web k-means k-means

1 (PCA) 3 2 P.Viola 2) Viola AdaBoost 1 Viola OpenCV 3) Web OpenCV T.L.Berg PCA kpca LDA k-means 4) Berg 95% Berg Web k-means k-means Web, Web k-means 62% Associating Faces and Names in Web Photo News Akio Kitahara and Keiji Yanai We propose a system which extracts faces and person names from news articles with photographs on the Web

More information

Kochi University of Technology Aca Title 省 電 力 セルフタイム 回 路 に 関 する 研 究 Author(s) 岩 田, 誠, 宮 城, 桂, 三 宮, 秀 次, 西 川, 博 昭 Citation 高 知 工 科 大 学 紀 要, 10(1): 95-102 Date of 2013-07-20 issue URL http://hdl.handle.net/10173/1082

More information

K06_アウトライン前.indd

K06_アウトライン前.indd CT 画 像 を 用 いた 肺 の 呼 吸 機 能 の 定 量 化 * ** * Quantification of the Respiratory Activity of the Lung using CT Images Takayuki HASHIMOTO* Caihua WANG**,and Jun MASUMOTO* Abstract We have developed a system to

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043> 全 公 連 発 第 1 4 0 号 平 成 2 7 年 9 月 3 日 各 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 理 事 長 殿 全 国 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 連 絡 協 議 会 会 長 倉 富 雄 志 法 務 省 不 動 産 登 記 法 第 14 条 第 1 項 地 図 作 成 作 業 規 程 ( 基 準 点 測 量 を 除 く) 等 の

More information

P2P P2P peer peer P2P peer P2P peer P2P i

P2P P2P peer peer P2P peer P2P peer P2P i 26 P2P Proposed a system for the purpose of idle resource utilization of the computer using the P2P 1150373 2015 2 27 P2P P2P peer peer P2P peer P2P peer P2P i Abstract Proposed a system for the purpose

More information

ウェブアクセシビリティガイドライン

ウェブアクセシビリティガイドライン 兵 庫 県 小 野 市 ウェブアクセシビリティガイドライン 第 1 版 平 成 24 年 12 月 情 報 管 理 課 目 次 1 ガイドライン 策 定 の 目 的... 1 2 ガイドラインの 適 用 範 囲... 1 3 ウェブアクセシビリティの 必 要 性... 1 4 根 拠 となる 規 格... 1 5 配 慮 の 対 象 となる 利 用 者... 2 6 達 成 等 級 と 達 成 基

More information

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科 Title 近 代 における 中 日 語 彙 交 渉 についての 研 究 Author(s) 沈, 国 威 Citation Issue Date Text Version none URL http://hdl.handle.net/11094/29170 DOI Rights Osaka University < 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土

More information

indd

indd Windows Vista 2 Service pack 1 SP1 Windows Vista Windows Xp Windows Vista Windows Vista CPU Windows OS Windows Xp Windows Vista Windows 7 15 20 Windows Vista Windows Vista Windows Xp Windows Vista Windows

More information

Microsoft Word - 秋大会

Microsoft Word - 秋大会 の 地 域 愛 着 醸 成 と 交 通 行 動 ~ 自 動 車 非 利 用 への 積 極 性 の 影 響 について~ 鈴 木 春 菜 1 万 本 怜 司 2 榊 原 弘 之 3 1 正 会 員 山 口 大 学 大 学 院 助 教 理 工 学 研 究 科 ( 755-8611 山 口 県 宇 部 市 常 盤 台 2-16-1) E-mail:suzuki-h@yamaguchi-u.ac.jp 2 会

More information

P2P P2P Winny 3 P2P 15 20 P2P 1 P2P, i

P2P P2P Winny 3 P2P 15 20 P2P 1 P2P, i 26 P2P Reduction of search packets by sharing peer information in P2P communication 1175073 2015 2 27 P2P P2P Winny 3 P2P 15 20 P2P 1 P2P, i Abstract Reduction of search packets by sharing peer information

More information

2. 研 究 の 目 的 DM Digital Mapping LIDAR Light Detection and Ranging LIDAR Mobile Mapping System MMSMMS 3 CityGML Gröger et al., 2008 LOD2 MMS MMS 2005 M

2. 研 究 の 目 的 DM Digital Mapping LIDAR Light Detection and Ranging LIDAR Mobile Mapping System MMSMMS 3 CityGML Gröger et al., 2008 LOD2 MMS MMS 2005 M GIS Theory and Applications of GIS, 2012, Vol. 20, No.2, pp.23-33 レーザ 計 測 による 地 理 空 間 データを 用 いたディジタルシティの 構 築 天 野 貴 文 * ** 吉 川 眞 Generating Digital City by Using Geo-spatial Data from Laser Measurements

More information

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上 消 費 生 活 相 談 情 報 にみる 保 険 契 約 の 現 状 と 課 題 A Review of Consumer Inquiries regarding Insurance contracts Through PIO-NET to Identify Issues 磯 村 浩 子 Hiroko ISOMURA 要 約 生 命 保 険 損 害 保 険 その 他 の 保 険 は 生 活 経 済 の

More information

58 10

58 10 57 Multi-channel MAC Protocol with Multi-busytone in Ad-hoc Networks Masatoshi Fukushima*, Ushio Yamamoto* and Yoshikuni Onozato* Abstract Multi-channel MAC protocols for wireless ad hoc networks have

More information

(2) アンケートやワークシートの 記 述 分 析 による 生 徒 の 実 態 調 査 と,それを 基 にした 検 証 授 業 計 画 の 作 成 (3) 検 証 授 業 を 行 い, 導 入 部 分 に 事 象 提 示 を 取 り 入 れた 指 導 の 検 証 及 び 考 察 5 研 究 内 容

(2) アンケートやワークシートの 記 述 分 析 による 生 徒 の 実 態 調 査 と,それを 基 にした 検 証 授 業 計 画 の 作 成 (3) 検 証 授 業 を 行 い, 導 入 部 分 に 事 象 提 示 を 取 り 入 れた 指 導 の 検 証 及 び 考 察 5 研 究 内 容 テーマA-2 中 学 校 理 科 基 山 町 立 基 山 中 学 校 教 諭 奥 園 洋 光 要 旨 理 科 では, 自 然 の 事 象 と 既 習 の 内 容 を 関 連 付 けて 論 理 的 に 説 明 したり, 表 現 したりする 力 におい て 課 題 があるといわれている そこで,2つの 事 象 を 比 較 させ, 変 化 をもたらす 要 因 に 着 目 して 学 習 問 題 を 設 定

More information

[1] SBS [2] SBS Random Forests[3] Random Forests ii

[1] SBS [2] SBS Random Forests[3] Random Forests ii Random Forests 2013 3 A Graduation Thesis of College of Engineering, Chubu University Proposal of an efficient feature selection using the contribution rate of Random Forests Katsuya Shimazaki [1] SBS

More information

PrimerArray Analysis Tool Ver.2.1

PrimerArray Analysis Tool Ver.2.1 PrimerArray Analysis Tool Ver.2.1 説 明 書 PrimerArray Analysis Tool Ver.2.1 は PrimerArray ( 製 品 コード PH001 ~ PH010 PN001 ~ PN010) で 得 られたデータを 解 析 するためのツールで コントロールサンプルと 1 種 類 の 未 知 サンプル 間 の 比 較 が 可 能 です リアルタイム

More information

Otto Friedrich Bollnow,~

Otto Friedrich Bollnow,~ Summary: In the modern society the development of children s cheerful feeling is gradually declined. The change of society for example, a low birth rate and nuclear family tendency affects children s lives.

More information

ため, 地 方 の 市 町 村 では 過 疎 化 と 少 子 高 齢 化 が 急 速 に 進 展 し, 商 業 施 設 や 医 療 施 設 の 撤 退 など 社 会 サービス 水 準 の 低 下 を 招 き,これが 更 なる 過 疎 化 に 拍 車 をかけ るという 悪 循 環 に 陥 っている こ

ため, 地 方 の 市 町 村 では 過 疎 化 と 少 子 高 齢 化 が 急 速 に 進 展 し, 商 業 施 設 や 医 療 施 設 の 撤 退 など 社 会 サービス 水 準 の 低 下 を 招 き,これが 更 なる 過 疎 化 に 拍 車 をかけ るという 悪 循 環 に 陥 っている こ 論 文 国 勢 調 査 と 住 宅 地 図 を 併 用 した 人 口 分 布 データ 作 成 手 法 の 提 案 Suggestion of the Technique for Creating Data about Population Distribution with National Census and Housing Data 山 元 隆 稔 ( 愛 知 大 学 三 遠 南 信 地 域

More information

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし 平 成 27 年 度 次 世 代 就 農 リーダー 育 成 事 業 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 平 成 27 年 11 月 福 井 県 若 狭 町 1 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務

More information

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇 第 4 章 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 が 企 業 の 継 続 雇 用 者 賃 金 決 定 に 及 ぼす 影 響 第 1 節 はじめに 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 については 高 齢 者 だけでなく 雇 用 する 企 業 にも 影 響 を 及 ぼし 企 業 による 賃 金 引 下 げ 等 の 反 応 が 起 こるとの 議 論 がある 1

More information

1 DHT Fig. 1 Example of DHT 2 Successor Fig. 2 Example of Successor 2.1 Distributed Hash Table key key value O(1) DHT DHT 1 DHT 1 ID key ID IP value D

1 DHT Fig. 1 Example of DHT 2 Successor Fig. 2 Example of Successor 2.1 Distributed Hash Table key key value O(1) DHT DHT 1 DHT 1 ID key ID IP value D P2P 1,a) 1 1 Peer-to-Peer P2P P2P P2P Chord P2P Chord Consideration for Efficient Construction of Distributed Hash Trees on P2P Systems Taihei Higuchi 1,a) Masakazu Soshi 1 Tomoyuki Asaeda 1 Abstract:

More information

極 的 に 参 画 し 自 分 の 人 生 を 自 分 自 身 で 創 っていくこと 1 と 定 義 付 けること ができる つまり 何 らかの 援 助 を 受 けながらも 自 分 らしく 生 きていく ことが 自 立 において 何 より 重 要 な 要 素 であり そのための 支 援 が 自 立

極 的 に 参 画 し 自 分 の 人 生 を 自 分 自 身 で 創 っていくこと 1 と 定 義 付 けること ができる つまり 何 らかの 援 助 を 受 けながらも 自 分 らしく 生 きていく ことが 自 立 において 何 より 重 要 な 要 素 であり そのための 支 援 が 自 立 第 2 章 東 京 都 における 地 域 ケア 会 議 の 効 果 的 な 運 営 に 向 けた 視 点 について 1 東 京 都 における 地 域 ケア 会 議 の 望 ましい 姿 について (1) 国 における 地 域 ケア 会 議 の 定 義 について 地 域 ケア 会 議 の 定 義 は 地 域 ケア 会 議 運 営 マニュアル ( 平 成 25 年 3 月 一 般 社 団 法 人 長 寿

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A7790B682C982E682E98EF68BC6955D89BF82CC8F578C76955C8DEC90AC835C8374836782CC8A4A94AD8169985F95B6816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A7790B682C982E682E98EF68BC6955D89BF82CC8F578C76955C8DEC90AC835C8374836782CC8A4A94AD8169985F95B6816A> 学 生 による 授 業 評 価 の 集 計 表 作 成 ソフトの 開 発 松 岡 審 爾 永 原 和 夫 菅 原 良 (2012 6 25 受 領 ) はじめに 現 在 ほとんどの 大 学 において 学 生 による 授 業 評 価 が 実 施 されている 北 海 道 文 教 大 学 において も 2002 年 後 期 から 毎 年 1 回 前 期 または 後 期 に 授 業 評 価 を 行 ってきた

More information

ふるさと 納 税 のすすめ 別 表 東 京 都 在 住 で 福 井 県 出 身 のAさんの 場 合 ( 夫 婦 子 ども2 人, 年 収 約 700 万 円, 個 人 住 民 税 所 得 割 額 35 万 円 ) A. 寄 付 額 ( 福 井 県 や 県 内 市 町 ) 35,000 円 B. 税

ふるさと 納 税 のすすめ 別 表 東 京 都 在 住 で 福 井 県 出 身 のAさんの 場 合 ( 夫 婦 子 ども2 人, 年 収 約 700 万 円, 個 人 住 民 税 所 得 割 額 35 万 円 ) A. 寄 付 額 ( 福 井 県 や 県 内 市 町 ) 35,000 円 B. 税 1 ふるさと 納 税 とは インターネットで ふるさと 納 税 と いう 言 葉 を 検 索 してみると 約 2 百 万 件 の ウェブサイトにヒットする 自 治 体 の PRや 実 際 に 寄 付 を 行 った 方 々のブログ など, 様 々なページを 楽 しむことができ る 2 百 万 というヒット 数 は 本 県 出 身 の 歌 手 である 五 木 ひろしさんを 検 索 した 時 とほぼ 同

More information

Microsoft Word - _2013目次

Microsoft Word - _2013目次 大 阪 湾 における 水 環 境 変 化 と 水 産 資 源 の 変 遷 木 下 歩 * 宇 野 宏 司 ** Temporal Spatial Variation on Water Environment and Fishery Resources in Osaka Bay Ayumi KINOSHITA* Kohji UNO** ABSTRACT The industrial development

More information

1-2 時 間 の 経 過 に 伴 って 変 化 するメディアに 関 するガイドライン 音 声 や 画 像 によって 提 供 されている 情 報 が どの 利 用 者 にも 確 実 に 伝 わるような 配 慮 します 音 声 / 映 像 情 報 はテキストを 用 意 します 1-2-1 1-2-2

1-2 時 間 の 経 過 に 伴 って 変 化 するメディアに 関 するガイドライン 音 声 や 画 像 によって 提 供 されている 情 報 が どの 利 用 者 にも 確 実 に 伝 わるような 配 慮 します 音 声 / 映 像 情 報 はテキストを 用 意 します 1-2-1 1-2-2 高 島 市 ウェブアクセシビリティガイドライン (1) データ 作 成 上 の 技 術 的 な 注 意 事 項 高 島 市 HPから 情 報 を 発 信 しようとする 作 成 者 は ウェブが 全 ての 人 にとって 重 要 な 情 報 源 として 利 用 されていることを 充 分 認 識 し 作 成 されたデー タが 以 下 の 事 項 に 適 合 するよう 努 めなければならない 項 番 内 容

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

SICE東北支部研究集会資料(2013年)

SICE東北支部研究集会資料(2013年) 280 (2013.5.29) 280-4 SURF A Study of SURF Algorithm using Edge Image and Color Information Yoshihiro Sasaki, Syunichi Konno, Yoshitaka Tsunekawa * *Iwate University : SURF (Speeded Up Robust Features)

More information

し,99 年 度 の 98 kg から 年 近 く 減 少 傾 向 にあ り,9 年 度 は 9 kg であった. 図 - わが における 人 当 たりセメント 消 費 量 の 推 移 9~9 年 度 わが 体 としての 減 少 傾 向 の 一 方 で, 減 少 傾 向 には 地 域 差 も 認 め

し,99 年 度 の 98 kg から 年 近 く 減 少 傾 向 にあ り,9 年 度 は 9 kg であった. 図 - わが における 人 当 たりセメント 消 費 量 の 推 移 9~9 年 度 わが 体 としての 減 少 傾 向 の 一 方 で, 減 少 傾 向 には 地 域 差 も 認 め 土 学 会 論 文 集 F( 建 設 マネジメント), Vol., No., I_9-I_8,. 各 府 県 の 人 増 減 が コンクリート 需 要 に 及 ぼす 影 響 工 科 学 内 雅 博 * By Masahiro OUCHI コンクリート 構 造 物 や 建 築 物 のストックが 量 的 に 充 足 した 段 階 においては, 人 増 加 率 の 小 がコンクリートの 規 需 要 の 差

More information

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため 高 速 道 路 制 度 の 再 検 討 髙 橋 達 目 次 1.はじめに 2. 有 料 道 路 制 公 団 方 式 による 高 速 道 路 整 備 の 背 景 3. 償 還 主 義 4. 料 金 プール 制 5.おわりに 1.はじめに 2005 年 10 月 日 本 道 路 公 団 ( 以 下 道 路 公 団 )をはじめとする 道 路 関 係 四 公 団 の 分 割 民 営 化 が 行 われ ( 独

More information

OS Windows Vista Windows XP PowerPoint2003 Word2003 (a Test No. OS 1 Windows Vista PPT2003 2 Windows Vista Word2003 3 Windows XP PPT2003 4 Windows XP

OS Windows Vista Windows XP PowerPoint2003 Word2003 (a Test No. OS 1 Windows Vista PPT2003 2 Windows Vista Word2003 3 Windows XP PPT2003 4 Windows XP C ommunication In embedded softwares, designing a test process that considers how to perform tests in an efficient way, has been an important problem in a whole development process. By the software test,

More information

Microsoft Word - 貼り付け2010pdf用.docx

Microsoft Word - 貼り付け2010pdf用.docx Word への 貼 り 付 け (2010) 図 写 真 の 貼 り 付 け ディジタルカメラなどで 撮 った 写 真 自 分 で 作 成 した 図 などを Word の 文 書 中 に 貼 り 付 けること ができる それがファイルの 形 で 存 在 する 場 合 には 挿 入 図 にある 図 ( 右 図 ) をクリックし 開 いたダイアログボックスで 文 書 ファイルと 同 じように 読 み 込

More information

THOMSON REUTERS PRESENTATION TEMPLATE

THOMSON REUTERS  PRESENTATION TEMPLATE Integrity & Biomarkers Module Enhancement Updates トムソン ロイター ライフサイエンス INTEGRITY MARCH 2012 RELEASE 新 規 コンテンツ と 機 能 強 化 新 規 コンテンツ Experimental Models Knowledge Area 機 能 強 化 エクスポート 機 能 の 強 化 構 造 式 作 画 ツールのアップグレード

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

Microsoft PowerPoint - bioinformatics-2-p

Microsoft PowerPoint - bioinformatics-2-p バイオインフォマティクス ( 第 2 回 ) 慶 應 義 塾 大 学 生 命 情 報 学 科 榊 原 康 文 ( 朝 日 新 聞 200 年 4 月 5 日 ) ヒトゲノムの 塩 基 配 列 : 28 億 6 千 万 塩 基 99%を 解 読 精 度 は99.99% 以 上 ( 朝 日 新 聞 2007 年 4 月 日 ) アカゲザルのゲノム 配 列 : 染 色 体 2 対 (ヒト2 対,チンプ24

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D622991E58A77894093FC8E8E95E58F5797768D80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D622991E58A77894093FC8E8E95E58F5797768D80> 聖 心 女 子 大 学 University of the Sacred Heart, Tokyo 2017( 平 成 29) 年 度 大 学 院 文 学 研 究 科 学 生 募 集 要 項 ( 9 月 期 入 試 / 2 月 期 入 試 ) < 修 士 課 程 博 士 前 期 課 程 > 英 語 英 文 学 専 攻 日 本 語 日 本 文 学 専 攻 哲 学 専 攻 史 学 専 攻 社 会 文 化

More information

<378D7296D8925A95F12E6D6966>

<378D7296D8925A95F12E6D6966> 立 命 館 地 理 学 第 16 号 (2004) 95 ~ 104 岡 山 県 内 の 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 許 可 の 基 準 に 関 する 条 例 の 研 究 荒 木 俊 之 * Ⅰ.はじめに わが 国 の 都 市 およびその 郊 外 では 都 市 計 画 区 域 の 指 定 など 様 々な 土 地 利 用 制 度 に 基 づ いて 土 地 の 有 効 利

More information

Microsoft Word - Validation-Support/Excelの解説書V8

Microsoft Word - Validation-Support/Excelの解説書V8 バリデーション 算 出 用 プログラム Validation-Support/Excel V1.8 の 操 作 方 法 第 8 版 2013.05.12 目 次 1 Validation-Support/Excel について... 3 (1) Validation-Support/Excel の 特 徴... 3 (2) Validation-Support/Excel の 使 用 方 法... 3

More information

60 90% ICT ICT [7] [8] [9] 2. SNS [5] URL 1 A., B., C., D. Fig. 1 An interaction using Channel-Oriented Interface. SNS SNS SNS SNS [6] 3. Processing S

60 90% ICT ICT [7] [8] [9] 2. SNS [5] URL 1 A., B., C., D. Fig. 1 An interaction using Channel-Oriented Interface. SNS SNS SNS SNS [6] 3. Processing S 1,a) 1 1,b) 1,c) 1,d) Interaction Design for Communication Between Older Adults and Their Families Using Channel-Oriented Interface Takeda Keigo 1,a) Ishiwata Norihiro 1 Nakano Teppei 1,b) Akabane Makoto

More information

Vol.7

Vol.7 Microarray Data Analysis Tool データ 解 析 の 進 め 方 Vol.7 - 比 較 データファイルの 作 り 方 - 弊 社 マイクロアレイ 受 託 解 析 サービスで 単 色 法 での 実 験 を 選 択 された 場 合 お 客 様 が 指 定 されたサンプルの 比 較 データを 作 成 して 納 品 しています しかし 納 品 後 にお 客 様 の 方 で 指 定

More information

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1.オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 2. 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 3. 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 1.

More information

2 [2] Flow Visualizer 1 DbD 2. DbD [4] Web (PV) Web Web Web 3 ( 1) ( 1 ) Web ( 2 ) Web Web ( 3 ) Web DbD DbD () DbD DbD DbD 2.1 DbD DbD URL URL Google

2 [2] Flow Visualizer 1 DbD 2. DbD [4] Web (PV) Web Web Web 3 ( 1) ( 1 ) Web ( 2 ) Web Web ( 3 ) Web DbD DbD () DbD DbD DbD 2.1 DbD DbD URL URL Google Drive-by Download 1,a) 1,b) Web Drive-by Download(DbD) DbD Web DbD HTTP DbD Web DbD, Drive-by Download The Network Visualization Tool for detecting the Drive-by Download attacks. Amako Katsuhiro 1,a) Takada

More information