LDC-70HD/SD取扱説明書

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "LDC-70HD/SD取扱説明書"

Transcription

1 ラウドネスコントローラー LDC-70HD/SD LOUDNESS CONTROLLER このたびは ビデオトロン 製 品 をお 買 い 上 げいただきありがとうございました 安 全 に 正 しくお 使 いいただくため ご 使 用 の 前 にこの 取 扱 説 明 書 を 必 ずお 読 みください

2 この 製 品 を 安 全 にご 使 用 いただくために 警 告 誤 った 取 扱 いをすると 死 亡 または 重 傷 火 災 など 重 大 な 結 果 を 招 く 恐 れがあります 1) 電 源 プラグ コードは 定 格 で 定 められた 電 源 以 外 は 使 用 しないでください 差 込 みは 確 実 に ほこりの 付 着 やゆるみは 危 険 です 濡 れた 手 でプラグの 抜 き 差 しを 行 わないでください 抜 き 差 しは 必 ずプラグを 持 って 行 ってください コードを 持 って 引 っ 張 らないでください 電 源 コードは 巻 かずに 伸 ばして 使 用 してください 電 源 コードの 上 に 重 い 物 を 載 せないでください 機 械 の 取 り 外 しや 清 掃 時 等 は 必 ず 機 械 の 電 源 スイッチを OFF にし 電 源 プラグを 抜 いてから 行 ってください 2) 本 体 が 熱 くなったら 焦 げ 臭 いにおいがしたら すぐに 電 源 スイッチを 切 ってください 電 源 スイッチのない 機 械 の 場 合 は 電 源 プラグを 抜 くなどして 電 源 の 供 給 を 停 止 してください 機 械 の 保 護 回 路 により 電 源 が 切 れた 場 合 あるいはブザー 等 による 警 報 がある 場 合 にもすぐに 電 源 スイッチを 切 るか 電 源 プラグを 抜 いてください 空 調 設 備 を 確 認 してください しばらくの 間 機 械 に 触 れないでください 冷 却 ファンの 停 止 などにより 異 常 発 熱 している 場 合 があります 機 械 の 通 風 孔 をふさぐような 設 置 をしないでください 熱 がこもり 異 常 発 熱 の 原 因 になります 消 火 器 の 設 置 をお 勧 めします 緊 急 の 場 合 に 取 り 扱 えるようにしてください 3) 修 理 等 は 弊 社 サービスにお 任 せください 感 電 故 障 発 火 異 常 発 熱 などの 原 因 になりますので 弊 社 サービスマン 以 外 は 分 解 修 理 などを 行 わないでください 故 障 の 場 合 は 弊 社 製 造 技 術 部 へご 連 絡 ください 4)その 他 長 期 に 渡 ってご 使 用 にならない 時 は 電 源 スイッチを 切 り 安 全 のため 電 源 プラグを 抜 いてください 質 量 のある 機 械 は 一 人 で 持 たず 複 数 人 でしっかりと 持 ってください 転 倒 や 機 械 の 落 下 によりけがの 原 因 になります 冷 却 ファンが 回 っている 時 はファンに 触 れないでください ファン 交 換 などは 必 ず 電 源 を 切 り 停 止 していることを 確 かめて から 行 ってください 車 載 して 使 用 する 場 合 は より 確 実 に 固 定 してください 転 倒 し けがの 原 因 になります ラックマウントおよびラックの 固 定 はしっかりと 行 ってください 地 震 などの 災 害 時 に 危 険 です 機 械 内 部 に 異 物 が 入 らないようにしてください 感 電 故 障 発 火 の 原 因 になります I

3 注 意 誤 った 取 扱 いをすると 機 械 や 財 産 の 損 害 など 重 大 な 結 果 を 招 く 恐 れがあります 1) 機 械 の 持 ち 運 びに 注 意 してください 落 下 等 による 衝 撃 は 機 械 の 故 障 の 原 因 になります また 足 元 に 落 としたりしますとけがの 原 因 になります 2) 外 部 記 憶 メディア 対 応 の 製 品 では 規 格 に 合 わないメディアの 使 用 はドライブ コネクタの 故 障 の 原 因 になります マニュアルに 記 載 されている 規 格 の 製 品 をご 使 用 ください 強 い 磁 場 がかかる 場 所 に 置 いたり 近 づけたりしないでください 内 部 データに 影 響 を 及 ぼす 場 合 があります 湿 気 やほこりの 多 い 場 所 での 使 用 は 避 けてください 故 障 の 原 因 になります 大 切 なデータはバックアップを 取 ることをおすすめします 定 期 的 なお 手 入 れをおすすめします ほこりや 異 物 等 の 浸 入 により 接 触 不 良 や 部 品 の 故 障 が 発 生 します お 手 入 れの 際 は 必 ず 電 源 を 切 り 電 源 プラグを 抜 いてから 行 ってください また 電 解 コンデンサー バッテリー 他 長 期 使 用 劣 化 部 品 等 は 事 故 の 原 因 につながります 安 心 してご 使 用 していただくために 定 期 的 な(5 年 に 一 度 )オーバーホール 点 検 をおすすめします 期 間 費 用 等 につきましては 弊 社 製 造 技 術 部 までお 問 い 合 わせください 上 記 現 象 以 外 でも 故 障 かなと 思 われた 場 合 やご 不 明 な 点 がありましたら 弊 社 製 造 技 術 部 までご 連 絡 ください ビデオトロン 株 式 会 社 製 造 技 術 部 東 京 都 八 王 子 市 千 人 町 TEL FAX 受 付 時 間 8:30~17:00 < 土 曜 日 曜 祝 祭 日 の 連 絡 先 > 留 守 番 電 話 緊 急 時 受 付 時 間 ( 携 帯 電 話 の 為 通 話 に 障 害 を 起 こす 場 合 がありますので あらかじめご 了 承 願 います ) 9:00~17:00 II

4 保 証 規 定 本 製 品 の 保 証 期 間 は お 買 い 上 げ 日 より1 年 間 とさせていただきます なお 保 証 期 間 内 であっても 次 の 項 目 に 該 当 する 場 合 は 有 償 修 理 となります (1) ご 利 用 者 様 での 輸 送 移 動 落 下 時 に 生 じた 製 品 破 損 損 傷 不 具 合 (2) 適 切 でない 取 り 扱 いにより 生 じた 製 品 破 損 損 傷 不 具 合 (3) 火 災 天 災 設 備 異 常 供 給 電 圧 の 異 常 不 適 切 な 信 号 入 力 などにより 生 じた 破 損 損 傷 不 具 合 (4) 当 社 製 品 以 外 の 機 器 が 起 因 して 当 社 製 品 に 生 じた 破 損 損 傷 不 具 合 (5) 当 社 以 外 で 修 理 調 整 改 造 が 行 われている 場 合 またその 結 果 生 じた 破 損 損 傷 不 具 合 修 理 責 任 免 責 事 項 について 当 社 の 製 品 におきまして 有 償 無 償 期 間 に 関 わらず 出 来 る 限 りご 依 頼 に 沿 える 修 理 対 応 を 旨 としておりますが 以 下 の 項 目 に 該 当 する 場 合 はやむをえず 修 理 対 応 をお 断 りさせていただく 場 合 がございます (1) 生 産 終 了 より7 年 以 上 経 過 した 製 品 及 び 製 造 から10 年 以 上 経 過 し 機 器 の 信 頼 性 が 著 しく 低 下 した 製 品 (2) 交 換 の 必 要 な 保 守 部 品 が 製 造 中 止 により 入 手 不 可 能 となり 在 庫 もない 場 合 (3) 修 理 費 の 総 額 が 製 品 価 格 を 上 回 る 場 合 (4) 落 雷 火 災 水 害 冠 水 天 災 などによる 破 損 損 傷 で 修 理 後 の 恒 久 的 な 信 頼 性 を 保 証 出 来 ない 場 合 アプリケーションソフトについて (1) 製 品 に 付 属 しているアプリケーションは 上 記 規 定 に 準 じます (2) アプリケーション 単 体 で 販 売 している 場 合 は 販 売 終 了 より3 年 経 過 した 時 点 で サポートを 終 了 いたします 何 卒 ご 理 解 の 程 よろしくお 願 いいたします III

5 目 次 この 製 品 を 安 全 にご 使 用 いただくために... I 保 証 規 定... III 1. 概 説... 1 特 長 機 能 チェック 構 成 筐 体 への 取 り 付 け 機 能 チェック 接 続 POWER ON までの 手 順 基 本 動 作 チェック 各 部 の 名 称 と 働 き メインモジュール/コネクターモジュール 操 作 方 法 基 本 操 作 画 面 説 明 メニューツリー LOUD METER MODE(ラウドネス 計 測 モード)の 切 り 換 えについて プリセットパターンについて リファレンス 信 号 について COMP /LIMITTER について WORK HISTORY について 外 部 インターフェイス SNMP 工 場 出 荷 設 定 (ディップスイッチの 操 作 ) トラブルシューティング 仕 様 機 能 定 格 性 能 ブロック 図... 38

6 1. 概 説 LDC-70HD/SDはHD-SDI SD-SDI 信 号 に 対 応 した 自 動 ラウドネスコントローラーです エンベデッドオーディオ 上 の2つの 音 声 グループのラウドネス 値 を 同 時 に 計 測 制 御 することができます 更 に 放 送 局 間 制 御 信 号 の 音 声 モー ドに 合 わせて チャンネルリマッピングを 行 い 計 測 モードを 自 動 的 に 切 り 換 えることも 可 能 です 計 測 モードはユー ザーでカスタマイズすることができ 6 種 類 のプリセットパターンとして 登 録 できます プリセットパターンの 切 り 換 え は 6つの 接 点 でダイレクトに 切 り 替 えることも 可 能 です ラウドネス 計 測 のスタート/ストップは タイムコード 指 定 および 接 点 制 御 から 選 択 できます 特 長 自 動 ラウドネスコントロール 機 能 で 設 定 した 目 標 ラウドネス 値 に 収 束 1 自 動 ラウドネスコントロールは 応 答 性 能 の 選 択 が 可 能 (quick/fast/medium/slow) 接 点 によるラウドネス 値 のリアルタイム 制 御 が 可 能 プリセットパターンを 6 つ 登 録 することができ 接 点 で 切 り 換 え 可 能 接 点 で ラウドネス 計 測 のスタート/ストップ/リセットが 可 能 タイムコード 指 定 による 自 動 ラウドネス 計 測 も 可 能 トゥルーピークアラーム 表 示 機 能 内 蔵 ARIB STD-B39 の 音 声 モード(S DS M DM S)を 検 出 して プリセットを 自 動 切 り 換 え 可 能 モニター 出 力 のオンスクリーンメニューで ラウドネスの 監 視 が 可 能 番 組 本 編 と CM を 個 別 に 計 測 する PGM/CM モードを 搭 載 直 近 のラウドネス 値 を 見 て 複 数 番 組 に 渡 り 一 括 自 動 制 御 する ENDLESS モードを 搭 載 一 度 本 編 のラウドネス 値 を 計 測 すると 上 書 き 編 集 部 分 のみの 計 測 で 瞬 時 に 全 体 のラウドネス 値 が 算 出 される OVER WRITE モードを 搭 載 エマージェンシースルー 内 蔵 1 ラインの AVDL 機 能 内 蔵 (リファレンス 入 力 対 応 筐 体 またはその 他 の REF マスターのモジュールを 使 用 時 AVDL 可 ) ダイナミックレンジの 広 い 素 材 の 音 声 レベルの 修 正 に 有 効 なリミッター&コンプレッサー 機 能 を 内 蔵 2 ラウドネス 計 測 時 のログの 時 間 軸 は ANC の TC か LTC 入 力 による TC のどちらかを 選 択 可 500 イベントのラウドネスログを 本 体 に 保 存 3 HANC VANC は 全 て 通 過 1 アンシラリの 音 声 は8chのみ 通 過 ラウドネス 値 の 計 算 アルゴリズムはARIB TR-B32に 準 拠 2 リミッター&コンプレッサー 機 能 については 自 動 制 御 の 対 象 ではありません 3 ラウドネスログは 開 始 時 刻 / 計 測 時 間 /ラウドネス 測 定 結 果 が 記 録 されます 通 常 START/STOP/RESETの 操 作 で4イベントを 使 用 します 1

7 2. 機 能 チェック 1. 構 成 本 体 番 号 品 名 型 名 規 格 数 量 記 事 1 メインモジュール LDC-70HD/SD 1 枚 2 コネクターモジュール 1 枚 3 取 扱 説 明 書 1 部 本 書 2. 筐 体 への 取 り 付 け ご 使 用 の 際 には コネクターモジュール 及 びメインモジュールを 筐 体 に 取 り 付 けてください 実 装 方 法 については Vbus-70Bシリーズ 取 扱 説 明 書 Vbus-70Cシリーズ 取 扱 説 明 書 を 参 照 してください 3. 機 能 チェック 接 続 SDI 信 号 LINE IN LTC IN BNCケーブル SDI 出 力 対 応 VTR 1 LINEOUT GPI SDI 信 号 2 (SUPER) BNCケーブル SDI モニター RS-422 パラレル 信 号 外 部 接 点 制 御 LDC-70HD/SD LDC-70HD/SD 背 面 図 2.1 機 能 チェック 接 続 図 4.POWER ON までの 手 順 (1)メインモジュール 及 びコネクターモジュールを 筐 体 へ 正 しくセットします (2) 筐 体 の 電 源 プラグをAC100Vのコンセントに 接 続 します (3) 音 声 が 重 畳 されているSDI 信 号 を1 系 統 用 意 します SDI 信 号 は 1080i/59 525i/59のいずれでも 構 いません SDI 信 号 をLDC-70HD/SDのLINE INにBNCケーブルで 接 続 してください (4)LDC-70HD/SDのLINE OUT2(SUPER)をBNCケーブルでマルチスキャンSDIモニターの 入 力 端 子 に 接 続 してく ださい (5) 筐 体 の 電 源 スイッチをONにすると 筐 体 のパワーランプが 点 灯 します 2

8 5. 基 本 動 作 チェック 下 記 の 操 作 で 本 機 が 正 常 に 動 作 していることをチェックします 正 常 に 動 作 しない 場 合 は 8.トラブルシューティング を 参 照 してください (1) 前 項 の POWER ONまでの 手 順 に 従 いそれぞれのケーブルを 接 続 します (2) 工 場 出 荷 設 定 では LINE INに 入 力 している 信 号 に 音 声 メーター ラウドネスメーターがオーバーレイされて LINE OUT2へ 出 力 されます LINE OUT1の 出 力 はオーバーレイ 機 能 がありません 映 像 信 号 が 正 常 に 出 力 されていることを 確 認 してください (3) 本 機 のMENUは2 種 類 あります 本 体 正 面 のMENU ENTER が 消 灯 している 状 態 で 一 時 的 にMENUボタン を 押 すとCONTROL MENUに 1 秒 以 上 押 し 続 けるとCONFIG MENUが 表 示 されます MENUが 赤 点 灯 時 は メニュー 表 示 状 態 です 本 書 では で 囲 われた 文 字 は 本 体 正 面 のスイッチを 指 します また メニュー 操 作 は MENU ENTERと MENU ENTERの 下 に 配 置 されている 選 択 ツマミを 使 用 して 行 います (4)LINE OUT2の 出 力 の 上 部 にCONTROL MENU もしくはCONFIG MENUと 表 示 されます この 状 態 でMENU ENTERの 下 にある 選 択 ツマミを 押 すと 選 択 されている 項 目 が 上 下 に 変 化 します ENTERで 決 定 MENU でキャンセルできます 目 的 の 操 作 ができなかった 場 合 は MENUのランプが 消 えるまで MENUを 数 回 押 してから 再 度 (3)の 手 順 から 操 作 を 行 ってください (5)MENU 表 示 を 消 した 状 態 で ENTERを 押 すとラウドネスの 計 測 が 開 始 され LINE OUT2の 出 力 でラウドネス 値 が 確 認 できます (6) 再 度 ENTERを 押 すとラウドネスの 計 測 が 停 止 されます ENTERを 長 押 しすると ラウドネス 値 がリセットされ ます 3

9 3. 各 部 の 名 称 と 働 き 1.メインモジュール/コネクターモジュール LINE IN LTC IN (1) IN (7) (11) (2) 1 LINEOUT (8) GPI (3) (4) 2 (SUPER) MENU ENTER (9) RS-422 (6) (5) (12) LDC-70HD/SD (10) LDC-70HD/SD 0 図 3.1 メインモジュール/コネクターモジュール 正 面 図 (14) SW1 (15) (13) 図 3.2 メインモジュール 基 板 面 図 (1) IN ランプ LINE IN 信 号 が 検 出 されると 緑 色 に 点 灯 します 未 検 出 状 態 の 時 消 灯 します (2) 表 示 器 設 定 メニューが 表 示 されます 本 機 はメニュー 形 式 で 各 種 設 定 を 行 います (3) MENUスイッチ MENUが 消 灯 している 時 MENUを 一 時 押 しすると CONTROL MENUが 表 示 され MENUを 一 秒 以 上 長 押 しすると CONFIG MENUが 表 示 されます その 際 MENUが 赤 点 灯 し 各 メニューの 階 層 に 入 ります メニュー 階 層 下 では MENUはキャンセル または 一 つ 上 の 階 層 へ 戻 る 役 割 を 持 ちます 文 中 でMENUと 表 記 されている 箇 所 は MENUスイッチを 指 します (4) ENTERスイッチ MENUが 赤 点 灯 している 状 態 (メニュー 階 層 ) で 有 効 なスイッチです メニュー 階 層 下 では ENTERは 決 定 の 役 割 を 持 ちます 4

10 文 中 でENTERと 表 記 されている 箇 所 は ENTERスイッチを 指 します 通 常 使 用 時 はラウドネスメーター コントロールの 開 始 停 止 を 行 います 長 押 しすることでリセットを 行 います (5) 選 択 ツマミ MENUが 赤 点 灯 している 状 態 (メニュー 階 層 ) で 有 効 な 選 択 スイッチです メニューの 選 択 で 使 用 します MENUが 消 灯 している 状 態 ではラウドネスメーターの 表 示 期 間 切 替 と 文 字 表 示 切 替 が 選 択 できます (6) 取 っ 手 筐 体 との 着 脱 を 行 う 際 はこの 部 分 を 持 ちます (7) LINE IN SDI 信 号 の 入 力 端 子 です HD-SDI SD-SDI 信 号 入 力 に 対 応 します (8) LINE OUT 1 SDI 信 号 の 出 力 端 子 です メーター 表 示 やキャラクター 表 示 を 行 わず エンベデッド 音 声 の 処 理 のみを 行 い 出 力 されます 電 源 断 時 と 外 部 接 点 によりエマージェンシースルー 制 御 された 時 は 入 力 信 号 がバイパス 出 力 されます (9) LINE OUT2(SUPER) SDI 信 号 の 出 力 端 子 です メーター 表 示 やキャラクター 表 示 が 入 力 信 号 にオーバーレイされて 出 力 されます エンベデッド 音 声 はLINE OUT1と 同 じ 処 理 が 行 われ 出 力 されます (10) RS-422 I/F 将 来 拡 張 用 端 子 です (11) LTC IN LTC 信 号 入 力 端 子 です (12) GPI 端 子 外 部 制 御 を 行 う 接 点 入 出 力 端 子 です 音 声 自 動 制 御 ON/OFF ラウドネス 計 測 開 始 停 止 RESET PRESET1-6の 選 択 が 行 えます 各 種 制 御 機 能 ピンアサインについては 5. 外 部 インターフェイス の 項 を 参 照 してください (13) DIPSW(ディップスイッチ) SW1 8 1 DIPSW-1~4 6は 設 定 OFFで 使 用 してください O 2 N ) DIPSW- 5 ログ 消 去 DIP SW-5 OFF ON ON ログの 消 去 通 常 動 作 ログ 消 去 実 行 操 作 ログ ラウドネス 計 測 ログを 消 去 する 際 使 用 します ONで 起 動 するとログが 消 去 されます DIPSWをOFFにして 再 起 動 してください 通 常 はOFFで 使 用 してください 5

11 2) DIPSW- 7 内 蔵 フラッシュメモリーのフォーマット DIP SW-7 ログの 消 去 OFF 通 常 動 作 ON フラッシュフォーマットの 実 行 ONで 起 動 すると 内 蔵 しているフラッシュメモリーのフォーマットを 実 行 します ラウドネス 計 測 モメンタリーデータは 消 去 されます 通 常 はOFFで 使 用 してください フォーマット 完 了 し 起 動 するまで2 分 半 程 度 の 時 間 がかかります フォーマット 中 は 本 体 前 面 表 示 が[...]と 表 示 されます フォーマット 完 了 後 は [LDC ] フォーマット 表 示 [PREx](xは 番 号 ) 繰 り 返 し となります DIPSWをOFFにして 再 起 動 してください 3) DIPSW-8 工 場 出 荷 時 設 定 DIP SW-8 工 場 出 荷 時 設 定 OFF 通 常 動 作 ON 工 場 出 荷 時 設 定 実 行 工 場 出 荷 設 定 にする 際 使 用 します 詳 細 は 7. 工 場 出 荷 設 定 の 項 を 参 照 してください (14) コネクターモジュール 接 続 部 コネクターモジュールに 接 続 されるコネクターです (15) 筐 体 接 続 部 筐 体 内 部 の 基 板 に 接 続 されるコネクターです 6

12 4. 操 作 方 法 1. 基 本 操 作 (1) 電 源 投 入 直 後 は モジュール 正 面 の 表 示 器 には 機 種 名 LDC と 現 在 のフォーマット 現 在 のプリセットの 状 態 が 交 互 に 表 示 されます L D C * 8 0 i * 現 在 のフォーマット 情 報 が 表 示 されます P R 1 * 現 在 のプリセット 情 報 が 表 示 されます 上 図 で PR0 と 示 される 時 は プリセットが 選 択 されていないことを 表 しています 右 端 の 桁 に[*]アスタリスク 表 示 される 時 CONFIG MENU[GAIN CONTROL MODE]が[AUTO]であることを 示 します (2) モジュール 正 面 のMENUを 押 すとスイッチが 赤 点 灯 し コントロールメニューに 入 ります MENUを1 秒 以 上 押 した 場 合 は コンフィグメニューに 入 ります (3) 選 択 ツマミを 左 右 に 回 して 設 定 メニューの 項 目 を 選 択 します 設 定 メニューをキャンセルする 場 合 MENUを 押 します (4) ENTERを 押 して 選 択 した 項 目 を 決 定 します (5) この 時 選 択 した 項 目 によって 更 に 下 の 階 層 メニューに 移 ります (6) MENUを 押 すと 一 つ 上 の 階 層 メニューに 戻 ります (7) (3) (4)の 操 作 を 繰 り 返 し 設 定 の 変 更 を 行 います 項 目 を 選 択 した 後 その 設 定 を 決 定 するには 必 ずENTERを 押 してください ENTERボタンを 押 さないでMENUを 押 すと 設 定 はキャンセルされます CONTROL MENU SET SELECT で 設 定 変 更 MENUを 押 す アイドル 状 態 (MENUスイッチ 消 灯 ) 1 秒 以 内 1 秒 以 上 MENUボタンを 押 す 変 更 内 容 を プリセット1~6 に 保 存 PRESET1~6 SAVE MENUを 押 す CONFIG MENU SET SELECT で 設 定 変 更 変 更 内 容 を プリセット1~6 に 保 存 せず 一 時 的 に 使 用 MENUを 押 す テンポラリーモードとして 動 作 設 定 内 容 は 不 揮 発 性 メモリーに 保 持 されます ので 電 源 をOFFにしても 設 定 内 容 は 消 えませ ん ただし コンフィグメニューで 設 定 変 更 した 直 後 はテンポラリーモードとして 動 作 します テンポ ラリーモードの 設 定 内 容 は 電 源 をOFFしても 保 持 しますが PRESET 変 更 を 行 った 段 階 で 消 去 されますのでご 注 意 ください コンフィグメ ニューで 設 定 変 更 した 内 容 を 継 続 して 使 う 場 合 は 必 ずPRESET SAVEの 操 作 を 行 ってくださ い 工 場 出 荷 設 定 に 戻 したい 時 は 7. 工 場 出 荷 設 定 の 項 を 参 照 してください 7

13 2. 画 面 説 明 LINE OUT2 の 出 力 は VU/TRUE PEAK メーター クロスポイントステータス ラウドネス 表 示 タイムコードがオン スクリーン 表 示 されます ラウドネス 表 示 は 設 定 によりグラフ 表 示 / 数 値 表 示 を 選 択 できます 図 4.1 ラウドネス グラフ 表 示 モード 図 4.2 ラウドネス 数 値 表 示 モード 8

14 1 VU/TRUE PEAK METER VU 値 とトゥルーピーク 値 を 8ch 分 同 時 表 示 します トゥルーピークエラーホールド 付 です 2 クロスポイントステータス 音 声 のリマッピング 情 報 ラウドネス 計 測 の 対 象 チャンネルを 図 示 します グループ 1 グループ 2 の 色 表 示 が 明 滅 することでグループごとの LR に 割 り 当 てられている 音 声 の 逆 相 状 態 をあらわします 3 グループ 1 ラウドネスグラフ 表 示 グループ 1 のモメンタリー(SINGLE モードのみ)/ショートターム/ロングターム/ターゲット 値 をグラフで 確 認 できます SD モードでは 表 示 できません 4 グループ 2 ラウドネスグラフ 表 示 グループ 2 のモメンタリー(SINGLE モードのみ)/ショートターム/ロングターム/ターゲット 値 をグラフで 確 認 できます SD モードでは 表 示 できません 5 タイムコード 表 示 LTC 入 力 /ANC の LTC/ANC の VITC の 何 れかを 表 示 します 分 カウンタと 秒 カウンタ 間 の 区 切 り 記 号 が[:]がノンドロップフレーム [.]がドロップフレームをあらわします LTC 選 択 時 は 入 力 されているタイムコードが 映 像 信 号 と 同 期 していないとき[00:00:00x00]のように 秒 カウンタ とフレームカウンタの 区 切 り 記 号 が [x] 表 示 となります 6 グループ 1 ラウドネス 数 値 表 示 グラフ 表 示 状 態 から 本 体 前 面 の 操 作 ツマミを 時 計 回 りいっぱいに 回 した 際 に 表 示 されます グループ 1 のモメンタリー(SINGLE モードのみ)/ショートターム/ロングターム/ターゲット 値 を 数 値 で 確 認 できます 7 グループ 2 ラウドネス 数 値 表 示 グラフ 表 示 状 態 から 本 体 前 面 の 操 作 ツマミを 時 計 回 りいっぱいに 回 した 際 に 表 示 されます グループ 2 のモメンタリー(SINGLE モードのみ)/ショートターム/ロングターム/ターゲット 値 を 数 値 で 確 認 できます 画 面 内 表 示 (オンスクリーン) 機 能 について 1) ラウドネスメーターについて (ア) グラフ 表 示 ラウドネス 測 定 値 をグラフ 化 して 表 示 します 本 体 前 面 の 操 作 ツマミで 表 示 期 間 を 30sec/90 sec /2min/3min/5min/10min/20min/30min/60min/2hour に 切 り 替 えることができます CM/PGM モード と ENDLESS モード 時 は モメンタリー/ショートタームのどちらかとロングタームをグラフ 表 示 します モメンタリー/ショートタームの 切 り 替 えは CONTROL MENU[GRAPH MODE]で 選 択 します (イ) 文 字 表 示 1(SINGLE モード) ショートターム/ロングターム/ターゲット 値 /オートゲイン 値 / 測 定 音 声 状 態 を 表 示 します (ウ) 文 字 表 示 2(PGM/CM モード) ショートターム/ロングターム/ユーザー 設 定 ショートターム/CM ロングターム/ターゲット 値 /オートゲイ ン 値 / 測 定 音 声 状 態 を 表 示 します 9

15 (エ) 文 字 表 示 3(ENDLESS モード) ショートターム/ロングターム/ユーザー 設 定 ショートターム/ENDLESS ロングターム/ターゲット 値 / オートゲイン 値 / 測 定 音 声 状 態 を 表 示 します (オ) 文 字 表 示 (SD フォーマット 使 用 時 ) モメンタリー(SINGLE モードのみ)/ショートターム/ロングターム/ターゲット 値 をグラフで 確 認 できます CONFIG MENU[LOUDNESS METER MODE]のモードに 合 わせた 表 示 項 目 が 表 示 されます 2) VU/TRUE PEAK METER について 各 メーターは VU メーターをバーグラフで 表 示 し ピーク 値 を 白 色 のピークバーにて 表 示 します 白 色 のピークバー はエンベデッド 音 声 パケットの 有 無 の 表 示 を 兼 ねており 白 色 バーが 非 表 示 のチャンネルは 音 声 パケットが 無 い ことをあらわします 各 チャンネルの 表 示 は TRUE PEAK エラー 表 示 を 兼 ねており 赤 表 示 中 はエラー 発 生 中 橙 表 示 は 過 去 にエラー が 発 生 したことをあらわします (ア)4+4 メーター (イ)3+3+2 メーター (ウ)5+1+2 メーター 図 4.3 VU/TRUE PEAK METER (ア) 4+4 メーター 左 から OUTPUT のチャンネル 順 に 表 示 します (イ) メーター 左 から L R C LFE LS RS L2 R2 の 順 で 表 示 します CONFIG MENU[LOUDNESS MATRIX CHx] (x は 番 号 )で 割 り 当 てられたチャンネルをメーター 表 示 します (ウ) メーター 左 から LS L C R RS LFE L2 R2 の 順 で 表 示 します CONFIG MENU[LOUDNESS MATRIX CHx] (x は 番 号 )で 割 り 当 てられたチャンネルをメーター 表 示 します 10

16 3) クロスポイント 表 示 について CONFIG MENU 内 [CROSSPOINT DISPLAY]を ON することで VU/TRUE PEAK METER の 右 側 にクロスポイント 表 示 画 面 が 表 示 できます (SD フォーマット 使 用 時 を 除 く) IN OUT LOUD L R C LF LS RS L2 R2 緑 色 の 線 は 各 INPUT チャンネルをどの OUTPUT チャンネルに 割 り 当 てられているかをあらわします 水 色 の 線 はラウドネス 測 定 を 行 うグループ 1 に INPUT チャンネルを 割 り 当 てているかをあらわします AUTO GAIN CONTROL はこのグ ループ 単 位 で 音 量 調 整 を 行 います ピンク 色 は 水 色 同 様 にグループ 2 のチャンネル 割 り 当 てをあらわし ます 各 グループ 表 示 色 は 明 滅 することでグループごとの LR に 割 り 当 て られている 音 声 の 逆 相 状 態 をあらわします 図 4.4 クロスポイント 表 示 11

17 3.メニューツリー MENU CONTROL MENU PRESET1 SELECT [P1SL] PRESET1のLOAD MENU 釦 通 常 ( 一 回 ) 押 しで 表 示 される 頻 繁 に 利 用 される 機 能 のメニュー PRESET2 SELECT [P2SL] PRESET2のLOAD PRESET3 SELECT [P3SL] PRESET3のLOAD PRESET4 SELECT [P4SL] PRESET4のLOAD PRESET5 SELECT [P5SL] PRESET5のLOAD PRESET6 SELECT [P6SL] PRESET6のLOAD START TIME CODE [ADJI] START 点 の 設 定 HOUR [HOUR] START 点 の 時 設 定 MINUTE [MIN] START 点 の 分 設 定 SECOND [SEC] START 点 の 秒 設 定 FRAME [FRM] START 点 のフレーム 設 定 END TIME CODE [ADJO] END 点 の 設 定 HOUR [HOUR] END 点 の 時 設 定 MINUTE [MIN] END 点 の 分 設 定 SECOND [SEC] END 点 の 秒 設 定 FRAME [FRM] END 点 のフレーム 設 定 ADJUST IN TC HOUR MINUTE SECOND FRAME [ADJI] [HOUR] [MIN] [SEC] [FRM] IN 点 の 設 定 IN 点 の 時 設 定 IN 点 の 分 設 定 IN 点 の 秒 設 定 IN 点 のフレーム 設 定 ADJUST OUT TC [ADJO] OUT 点 の 設 定 HOUR MINUTE SECOND FRAME [HOUR] [MIN] [SEC] [FRM] OUT 点 の 時 設 定 OUT 点 の 分 設 定 OUT 点 の 秒 設 定 OUT 点 のフレーム 設 定 EDIT GAIN GRP1 [EDG1] IN OUT 間 のグループ1のゲイン 設 定 EDIT GAIN GRP2-12.0~ ~ 12.0 [00.0] [EDG2] [00.0] IN OUT 間 のグループ2のゲイン 設 定 WORK HISTORY [HIST] 過 去 のラウドネス 測 定 値 の 履 歴 表 示 500 件 GRAPH MODE [GMOD] グラフに 表 示 するLOUDNESS 値 選 択 MOMENTARY [MOMT] SHORT TERM [SHRT] ロングタームとモーメンタリーを 表 示 します ロングタームとショートタームを 表 示 します TC START/STOP [TCST] タイムコードで 計 測 開 始 / 計 測 停 止 機 能 のON/OFF 設 定 OFF ON AUTO AUDIO MODE OFF ON [OFF] [ON] [ATMD] [OFF] [ON] GPI MODE [GPIM] 接 点 の 制 御 モード 設 定 TRIGGER エンベデッドされている 音 声 モードの 自 動 追 従 機 能 の ON/OFF 設 定 LOUDNESS ALARM [LALM] 接 点 アラーム 機 能 のLOUDNESS ON/OFF 設 定 ON OFF [ON] [OFF] TRUE PEAK ALARM [TALM] 接 点 アラーム 機 能 のTRUE PEAK ON/OFF 設 定 HOLD [HOLD] リセットされるまでホールドします 3SEC HOLD OFF [TRG] ALTERNATE [ALT] [3SEC] [OFF] トリガーモードで 制 御 します オルタネートモードで 制 御 します TRUE PEAK 発 生 時 に3 秒 間 ホールドします TRUE PEAKアラームを 出 力 しません 12

18 FORMAT SELECT REF SELECT GEN LOCK H GEN LOCK V AUTO 80i59 525i LINE DIRECT EXT SUB -2199~ ~ 1124 DATE SET [DATE] 年 月 日 の 設 定 YEAR MONTH DAY [RSEL] [LDIR] [ESUB] [GENH] [360] [GENV] [0] [YEAR] [MON] [DAY] 525i 59.94に 設 定 REF 信 号 の 設 定 LINE 信 号 にロックして 使 用 する 筐 体 内 部 バスからREF 信 号 を 受 信 する システムに 合 わせてゲンロックのタイミングを 調 整 します システムに 合 わせてゲンロックのタイミングを 調 整 します UNLOCK OUTPUT BLACK [ULBK] 入 力 信 号 アンロック 時 の 黒 画 面 の 出 力 設 定 OFF ON [OFF] [ON] (SD:-857~857) (SD:-524~524) PREVIEW BACK GROUND [ULBK] 入 力 信 号 アンロック 時 の 黒 画 面 の 出 力 設 定 VIDEO BLACK [FMT] [AUTO] [80i] [525i] [VID] [BLK] 動 作 フォーマットの 設 定 フォーマットを 自 動 判 別 1080i 59.94に 設 定 LINE 映 像 にオーバーレイ 表 示 します 黒 バックで 表 示 します 年 の 設 定 を 行 います 月 の 設 定 を 行 います 日 の 設 定 を 行 います MENU TIME SET [TIME] 時 分 秒 の 設 定 HOUR [HOUR] 時 の 設 定 を 行 います MINUTE [MIN] 分 の 設 定 を 行 います SECOND [SEC] 秒 の 設 定 を 行 います CONFIG MENU MENU 釦 長 押 し(1 秒 以 上 )で 表 示 されるシステムに 関 するメニュー MASTER GAIN GRP1 [MSG1] グループ1のマスターゲインの 設 定 -12.0~ ~ 12.0 [00.0] LOUD METER MODE [LMOD] ラウドネスメーターモードの 設 定 SINGLE PGM/CM ENDLESS GAIN CONTROL MODE [GCTL] ゲイン 調 整 機 能 の 設 定 MANUAL AUTO [00.0] MASTER GAIN GRP2 [MSG2] グループ2のマスターゲインの 設 定 [SNGL] [PGMC] [EDLS] OVER WRITE [OWRT] [MANU] [AUTO] シングルモード 手 動 調 整 モード 自 動 調 整 モード AGC SPEED [AGCS] AUTO 時 ゲイン 調 整 速 度 の 設 定 PGM/CM 測 定 モード 本 編 とCM 区 間 を 別 々にラウドネス 測 定 します ENDLESS 測 定 モード 直 近 の 設 定 時 間 でラウドネス 測 定 します 上 書 き 測 定 モード タイムコードがSTART END 間 であれば 何 度 でも 上 書 きラウドネス 測 定 します QUICK [QICK] 音 声 ゲインをすばやく 上 下 させます FAST MID [FAST] [MID] 音 声 ゲインをはやく 上 下 させます 音 声 ゲインの 調 整 速 度 を 中 程 度 で 上 下 させます SLOW [SLOW] 音 声 ゲインの 調 整 速 度 をゆっくりと 上 下 させます AGC COMP [COMP] ゲイン 調 整 機 能 の 設 定 OFF ON [OFF] [ON] 音 声 ゲインを 使 用 して 自 動 調 整 を 行 います プラス 方 向 へはCOMPを 使 用 してマイナス 方 向 へはゲインを 使 用 し 自 動 調 整 を 行 います OFFSET LVL GRP1 [OFF1] 自 動 ゲイン 調 整 時 グループ1の 適 正 レベルの 微 調 整 を 行 います 0~3.0LKFS [0] 0~3.0LKFS OFFSET LVL GRP2 [OFF2] 自 動 ゲイン 調 整 時 グループ2の 適 正 レベルの 微 調 整 を 行 います 0~3.0LKFS [0] 0~3.0LKFS AUTO GAIN MAX 0~12.0dB AUTO GAIN MIN 0~-12.0dB [AGMX] [8.0] [AGMN] [-8.0] 自 動 レベル 調 整 時 フェーダーを 上 げる 最 大 レベルの 設 定 自 動 レベル 調 整 時 フェーダーを 下 げる 最 小 レベルの 設 定 13

19 LOUDNESS TARGET LVL1 [LDT1] ラウドネスのターゲットレベルの 設 定 1 MANU OPERATE GAIN [MANO] 自 動 ゲイン 調 整 MANU 時 のゲイン 設 定 AUDIO MODE AUDIO METER 5.1&STEREO DUAL STEREO [2+2] OFF 4+4 0dB HOLD COMP/LIMIT LVL GRP1 24~-24 COMP/LIMIT LVL GRP2 24~-24 TC CHARA [CHAR] タイムコードの 表 示 設 定 ON [ON] OFF [OFF] CHARACTER POS H [CH H] タイムコードの 水 平 表 示 位 置 設 定 0~20 [0] CHARACTER POS V [CH V] タイムコードの 垂 直 表 示 位 置 設 定 0~15 [AMOD] [51&2] [AMTR] [OFF] [4+4] [332] [512] グループ1 音 声 モード 設 定 5.1サラウンドとステレオ 計 測 モードに 設 定 します デュアルステレオモードに 設 定 します 音 声 メーターの 種 類 の 設 定 音 声 メーターを 表 示 しません 出 力 チャンネル 順 に 音 声 メーターを 表 示 します L R C LFE Ls Rs L2 R2の 順 で 音 声 メーターを 表 示 します Ls L C R Rs LFE L2 R2の 順 で 音 声 メーターを 表 示 します CROSS POINT DISPLAY [XDSP] クロスポイント 設 定 の 画 面 表 示 設 定 ON [ON] OFF [OFF] METER POSITION H [MT H] 音 声 メーターの 水 平 表 示 位 置 設 定 1~700 [28] METER POSITION V [MT V] 音 声 メーターの 垂 直 表 示 位 置 設 定 0~260 [0dB] [HOLD] [LIM1] [0] [LIM2] [0] [0] [40] ゲインを0dBにリセットします 直 前 のAGCゲインを 維 持 します AUTO GAIN CM CANCEL [AGCC] PGM/CM MODE 時 CM 測 定 中 にAGCをキャンセルの 有 無 を 設 定 OFF [OFF] CM 中 ゲインを+-0dBにします ON [ON] AGCゲインを 適 用 します CM LOUD AUTO RESET [CRST] PGM/CM MODE 時 CM 測 定 開 始 時 に 自 動 でラウドネス 値 のリセット 設 定 ON RESET CONDITION 0~-40.0LKFS AGC RESET LVL -50LKFS ~OFF ENDLESS MODE AGC USER SHORT TERM CM/ENDLESS L-TERM [-24.0] LOUDNESS TARGET LVL2 [LDT2] ラウドネスのターゲットレベルの 設 定 2 0~-40.0LKFS [-24.0] OFF [OFF] リセットしません [ON] [RSTC] リセットします PGM/CM MODEとENDLESS MODEで 使 用 時 にリセットを 行 う 対 象 の 設 定 STOP [STOP] STOP 状 態 のラウドネス 値 をリセットします RUN [RUN] RUN 状 態 のラウドネス 値 をリセットします [RSTL] [OFF] [EDLG] ENDLESS MODEで 使 用 時 に 自 動 ゲイン 調 整 を 行 う 対 象 の 設 定 PGM [PGM] PGMのラウドネス 値 に 従 い 制 御 します ENDLESS [EDLS] ENDLESSのラウドネス 値 に 従 い 制 御 します [USST] 1~60 [3] [LTRM] 1~120 [10] 設 定 値 よりモメンタリ 値 が 低 くなった 時 にゲインを0にRESETします ユーザー 設 定 可 能 なショートタームの 時 間 設 定 ENDLESS MODEで 使 用 時 の 測 定 時 間 を 設 定 直 近 の 何 分 を 測 定 対 称 にするかを 設 定 します リミッターの 効 果 レベルの 設 定 1 設 定 値 0.5step 0から+ 側 でCOMP 効 果 0から- 側 でLIMITTER 効 果 が 得 られます リミッターの 効 果 レベルの 設 定 2 設 定 値 0.5step 0から+ 側 でCOMP 効 果 0から- 側 でLIMITTER 効 果 が 得 られます METER YELLOW LVL 0~-60.0dBFS METER GREEN LVL 0~-60.0dBFS [YEL] [-18] [GRL] [-20] 音 声 メーターの 赤 と 黄 色 の 境 界 レベルを 設 定 音 声 メーターの 黄 色 と 緑 の 境 界 レベルを 設 定 DISPLAY STYLE [DSTL] ラウドネスメーター 表 示 の 設 定 1 ONLY [1] 2 ONLY [2] 1 AND 2 [1&2] グループ1のみを 表 示 します グループ2のみを 表 示 します グループ1と2を 表 示 します 14

20 DISPLAY POSITION H [DSPH] ラウドネスメーターの 水 平 表 示 位 置 設 定 1~608 [380] DISPLAY POSITION V [DSPV] ラウドネスメーターの 垂 直 表 示 位 置 設 定 0~194 [40] BACK GROUND KEY [BGKY] 画 面 表 示 メーター 類 の 背 景 の 透 過 率 設 定 0~15 [10] AUDIO MATRIX CH1 [MTX1] 出 力 音 声 チャンネル1の 入 力 チャンネルの 設 定 in1 in2 in3 in4 in5 in6 in7 in8 TIMECODE SEL [TSEL] 読 み 取 りタイムコードの 選 択 LTC ANCV ANCL [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [LTC] [ANCV] [ANCL] 入 力 音 声 チャンネル1を 選 択 します 入 力 音 声 チャンネル2を 選 択 します 入 力 音 声 チャンネル3を 選 択 します 入 力 音 声 チャンネル4を 選 択 します 入 力 音 声 チャンネル5を 選 択 します 入 力 音 声 チャンネル6を 選 択 します 入 力 音 声 チャンネル7を 選 択 します 入 力 音 声 チャンネル8を 選 択 します AUDIO MATRIX CH2 [MTX2] 出 力 音 声 チャンネル2の 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 AUDIO MATRIX CH3 [MTX3] 出 力 音 声 チャンネル3の 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 AUDIO MATRIX CH4 [MTX4] 出 力 音 声 チャンネル4の 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 AUDIO MATRIX CH5 [MTX5] 出 力 音 声 チャンネル5の 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 AUDIO MATRIX CH6 [MTX6] 出 力 音 声 チャンネル6の 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 AUDIO MATRIX CH7 [MTX7] 出 力 音 声 チャンネル7の 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 AUDIO MATRIX CH8 [MTX8] 出 力 音 声 チャンネル8の 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 LOUDNESS MTX CHL [MTXL] ラウドネス 測 定 チャンネルLの 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 LOUDNESS MTX CHR [MTXR] ラウドネス 測 定 チャンネルRの 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 LOUDNESS MTX CHC [MTXC] ラウドネス 測 定 チャンネルCの 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 METER MTX CHLF [MXLF] メーター 表 示 チャンネルLFEの 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 LOUDNESS MTX CHLs [MXLs] ラウドネス 測 定 チャンネルLsの 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 LOUDNESS MTX CHRs [MXRs] ラウドネス 測 定 チャンネルRsの 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 LOUDNESS MTX CHL2 [MXL2] ラウドネス 測 定 チャンネルL2の 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 LOUDNESS MTX CHR2 [MXR2] ラウドネス 測 定 チャンネルR2の 入 力 チャンネルの 設 定 設 定 内 容 はチャンネル1と 同 様 外 部 接 続 されるLTCを 読 み 取 ります エンベデッドされているアンシラリーVITCを 読 み 取 ります エンベデッドされているアンシラリーLTCを 読 み 取 ります PRESET1 SAVE CANCEL SAVE DEFAULT [P1SV] [CNCL] [SAVE] [DFLT] プリセット1の 設 定 保 存 キャンセルします 現 在 の 設 定 をプリセット1に 保 存 します プリセット1に 工 場 出 荷 時 設 定 に 戻 します PRESET2 SAVE PRESET3 SAVE PRESET4 SAVE PRESET5 SAVE PRESET6 SAVE [P2SV] [P3SV] [P4SV] [P5SV] [P6SV] プリセット2の 設 定 保 存 設 定 内 容 はプリセット1と 同 様 プリセット3の 設 定 保 存 設 定 内 容 はプリセット1と 同 様 プリセット4の 設 定 保 存 設 定 内 容 はプリセット1と 同 様 プリセット5の 設 定 保 存 設 定 内 容 はプリセット1と 同 様 プリセット6の 設 定 保 存 設 定 内 容 はプリセット1と 同 様 VER [VER] 前 面 表 示 器 にバージョン 情 報 を 表 示 します 15

21 4.LOUD METER MODE(ラウドネス 計 測 モード)の 切 り 換 えについて CONFIG MENU 内 LOUD METER MODE(ラウドネス 計 測 モード)は 次 の 3 通 りあります 1)シングルメーターモード 2)PGM/CM モード 3)ENDLESS モード 4)OVER WRITE( 上 書 きモード) 1)シングルメーターモード シンプルなラウドネスメーター コントローラーとして 動 作 します 外 部 接 点 から 6 種 類 のプリセットと 測 定 開 始 測 定 停 止 リセット オートゲイン ON/OFF ゲインアップ ゲインダウンを 制 御 可 能 です 下 図 はシングルモードで 番 組 本 編 のラウドネス 値 を 測 定 する 場 合 の 制 御 例 です 1~8の 数 字 は 本 体 背 面 REMOTE 端 子 のピン 番 を 意 味 します CONFIG MENU 内 [GPI MODE]の 設 定 により 制 御 方 法 が 異 なります シングルメーターモード(AGC = OFF) 番 組 A LINE 信 号 CM1 PGM1 CM2 PGM2 CM3 制 御 信 号 GPI MODE = TRG GPI MODE = ALT PRESET 選 択 1~6 RESET9 STOP8 STOP8 START 7 MAKE START 7 MAKE ラウドネス 測 定 範 囲 P1 P2 CMを 省 いたラウド ネス 値 を 測 定 P1+P2 図 4.5 シングルメーターモード( 測 定 ) 下 図 はシングルモードで 番 組 本 編 を 自 動 制 御 し 番 組 本 編 のラウドネス 値 を 測 定 する 場 合 の 制 御 例 です CM を 挟 む 場 合 は CM のゲインも 変 化 しますので その 際 は PGM/CM モードをご 使 用 ください シングルメーターモード(AGC = ON) 番 組 A LINE 信 号 CM1 PGM1 CM2 PGM2 CM3 制 御 信 号 GPI MODE = TRG GPI MODE = ALT PRESET 選 択 1~6 RESET9 STOP8 STOP8 START 7 MAKE START 7 MAKE AUTO12 AUTO12 ラウドネス 測 定 範 囲 P1 P2 CMを 省 いたラウド ネス 値 を 測 定 P1+P2 音 声 ゲイン 0dB 自 動 制 御 HOLD 自 動 制 御 HOLD PGM1からCM2に 切 り 替 わる 直 前 のGAIN 値 を 保 持 します CM の 音 声 ゲインを0dBにする 場 合 は PGM/CMモードでご 使 用 ください PGM1からCM1に 切 り 替 わる 直 前 のGAIN 値 ラウ ドネス 値 を 継 続 し 自 動 制 御 を 再 開 図 4.51 シングルメーターモード( 自 動 制 御 ) 16

22 2)PGM/CM モード PGM( 本 編 )と CM 区 間 を 交 互 に 独 立 してラウドネス 測 定 し 音 量 コントロールするモードです PGM が 測 定 停 止 すると 自 動 で CM のラウドネス 値 を 測 定 開 始 します PGM の 測 定 を 再 度 開 始 すると CM 側 は 測 定 停 止 します 下 図 は PGM/CM モードで 番 組 本 編 のラウドネス 値 と CM のラウドネス 値 を 個 別 に 測 定 する 場 合 の 制 御 例 です PGM/CMモード(AGC = OFF AUTO GAIN CM CANCEL = OFF) 番 組 A LINE 信 号 CM0 PGM1 CM1 PGM2 CM2 PGM3 CM3 制 御 信 号 GPI MODE = TRG GPI MODE = ALT PRESET 選 択 1~6 RESET9 PGM PGM STOP7 PGM PGM STOP7 PGM PGM MAKE PGM MAKE PGM MAKE PGM STOP7 ラウドネス 測 定 対 象 PGM CM P1 P2 P3 C1 C1のラウドネス 値 を 測 定 C2 [CM LOUD AUTO RESET = OFF] の 時 はC1+C2のラウドネス 値 を 測 定 [CM LOUD AUTO RESET = ON] の 時 はCM2のラウドネス 値 のみ 測 定 CMを 省 いた 本 編 のラ ウドネス 値 を 測 定 P1+P2+P3 図 4.52 PGM/CM モード( 測 定 ) 下 図 は 番 組 本 編 のラウドネス 値 と CM のラウドネス 値 を 測 定 し 自 動 制 御 する 場 合 の 制 御 例 です PGM/CMモード(AGC = ON AUTO GAIN CM CANCEL = ON) 番 組 A LINE 信 号 CM0 PGM1 CM1 PGM2 CM2 PGM3 CM3 制 御 信 号 GPI MODE = TRG GPI MODE = ALT PRESET 選 択 1~6 RESET9 PGM PGM STOP7 PGM PGM STOP7 PGM PGM MAKE PGM MAKE PGM MAKE AUTO12 AUTO12 AUTO12 PGM STOP7 ラウドネス 測 定 対 象 PGM CM P1 P2 P3 C1 C1のラウドネス 値 を 測 定 C2 [CM LOUD AUTO RESET = OFF] の 時 はC1+C2のラウドネス 値 を 測 定 [CM LOUD AUTO RESET = ON] の 時 はCM2のラウドネス 値 のみ 測 定 CMを 省 いた 本 編 の ラウドネス 値 を 測 定 P1+P2+P3 音 声 ゲイン 0dB 自 動 制 御 0dB 自 動 制 御 0dB 自 動 制 御 0dB CMに 対 して 自 動 制 御 を しません PGM1からCM1に 切 り 替 わる 直 前 のGAIN 値 ラウ ドネス 値 を 継 続 し 自 動 制 御 を 再 開 PGM2からCM2に 切 り 替 わる 直 前 のGAIN 値 ラウ ドネス 値 を 継 続 し 自 動 制 御 を 再 開 図 4.53 PGM/CM モード(PGM 自 動 制 御 ) CM のラウドネス 値 の 演 算 は[CM/ENDLESS L-TERM]の 設 定 が 反 映 されます CM/ENDLESS L-TERM=10MIN と 設 定 した 場 合 CM のラウドネス 値 は 10 分 前 から 現 在 に 至 るまでの 音 声 データから 算 出 されます 17

23 下 図 は 番 組 本 編 と CM の 音 声 を 個 別 にラウドネス 測 定 し 自 動 制 御 する 場 合 の 制 御 例 です PGM/CMモード(AGC = ON AUTO GAIN CM CANCEL = OFF) 番 組 A LINE 信 号 CM0 PGM1 CM1 PGM2 CM2 PGM3 CM3 制 御 信 号 GPI MODE = TRG GPI MODE = ALT PRESET 選 択 1~6 RESET9 PGM PGM STOP7 PGM PGM STOP7 PGM PGM MAKE PGM MAKE PGM MAKE AUTO12 AUTO12 AUTO12 PGM STOP7 ラウドネス 測 定 対 象 PGM CM P1 P2 P3 C1 C1のラウドネス 値 を 測 定 C2 [CM LOUD AUTO RESET = OFF] の 時 はC1+C2のラウドネス 値 を 測 定 [CM LOUD AUTO RESET = ON] の 時 はCM2のラウドネス 値 のみ 測 定 CMを 省 いた 本 編 のラウドネス 値 を 測 定 P1+P2+P3 音 声 ゲイン PGM CM 0dB PGMを 自 動 制 御 CMを 自 動 制 御 PGMを 自 動 制 御 CMを 自 動 制 御 PGMを 自 動 制 御 C1のラウドネス 値 を 見 て 自 動 制 御 します P1か らC1に 切 り 替 わ る 直 前 のGAIN 値 を 継 続 します が PGM1のラ ウドネス 値 はC1 の 自 動 制 御 に 影 響 しません P1+P2のラウドネス 値 を 見 て 自 動 制 御 します C1からP2 に 切 り 替 わる 直 前 のGAIN 値 を 継 続 し ますが C1のラウ ドネス 値 はP2の 自 動 制 御 に 影 響 しま せん [CM LOUD AUTO RESET = ON]の 時 は C2 のラウドネス 値 を 見 て 自 動 制 御 します PGM2からCM2に 切 り 替 わる 直 前 のGAIN 値 を 継 続 しますが PGM1 PGM2のラウドネス 値 はC2の 自 動 制 御 に 影 響 しません [CM LOUD AUTO RESET = OFF]の 時 は C1+C2のラウドネス 値 を 見 て 自 動 制 御 しま す PGM2からCM2に 切 り 替 わる 直 前 のGAIN 値 を 継 続 しますが PGM1 PGM2のラウドネ ス 値 はC2の 自 動 制 御 に 影 響 しません P1+P2+P3のラウドネス 値 を 見 て 自 動 制 御 しま す C2からP3に 切 り 替 わ る 直 前 のGAIN 値 を 継 続 しますが C1 C2のラウ ドネス 値 はP3の 自 動 制 御 に 影 響 しません 図 4.54 PGM/CM モード(PGM/CM 自 動 制 御 ) CM のラウドネス 値 の 演 算 は[CM/ENDLESS L-TERM]の 設 定 が 反 映 されます CM/ENDLESS L-TERM=10MIN と 設 定 した 場 合 CM のラウドネス 値 は 10 分 前 から 現 在 に 至 るまでの 音 声 データから 算 出 されます CM の 自 動 制 御 は 過 去 の CM との 相 関 を 取 り 除 き 現 在 の 音 声 レベルをラウドネスのターゲット 値 に 短 時 間 で 近 づける 制 御 が 働 きます 数 値 を 小 さくするほど CM の 自 動 制 御 の 追 従 が 速 くなります CONFIG MENU 内 [AUTO GAIN CM CANCEL] [CM LOUD AUTO RESET] [RESET CONDITION] の 設 定 に 従 い 使 用 時 の 動 作 を 設 定 できます [AUTO GAIN CM CANCEL] ON 設 定 時 PGM 測 定 停 止 とともに CM 測 定 開 始 する 際 AUTO GAIN を 解 除 し CM 期 間 中 ±0dB で 信 号 出 力 します この 時 AUTO GAIN は 働 きません OFF 設 定 時 PGM 測 定 停 止 とともに AUTO GAIN が 有 効 なまま CM 測 定 を 開 始 します CM 期 間 中 は CM ラウドネス 値 に 従 い AUTO GAIN コントロールし 信 号 出 力 します 18

24 [CM LOUD AUTO RESET] ON 設 定 時 PGM 測 定 停 止 とともに CM 測 定 開 始 する 際 CM 測 定 ラウドネス 値 を 毎 回 RESET します OFF 設 定 時 PGM 測 定 停 止 とともに CM 測 定 開 始 する 際 CM 測 定 ラウドネス 値 は 前 回 停 止 した 時 の 値 を 保 持 したまま 測 定 を 再 開 します 測 定 最 長 時 間 は CONFIG MENU 内 [ENDLESS LONG TERM]の 設 定 値 に 従 います 最 長 時 間 を 超 えた 場 合 は 直 近 の 設 定 時 間 のラウドネス 値 が 測 定 されます [RESET CONDITION] STOP 設 定 時 リセットする 際 測 定 停 止 状 態 のラウドネス 値 をリセットします 測 定 実 行 中 のラウドネス 値 はリセットされません RUN 設 定 時 リセットする 際 測 定 実 行 中 のラウドネス 値 をリセットします 測 定 停 止 中 のラウドネス 値 はリセットされません 3)ENDLESS モード PGM ラウドネス 測 定 とは 別 に 直 近 の 指 定 時 間 のラウドネス 値 を 測 定 できるモードです CONFIG MENU 内 [ENDLESS LONG TERM]の 設 定 時 間 のラウドネス 値 が 測 定 されます AUTO GAIN コントロールは CONFIG MENU 内 [ENDLESS MODE AGC]により 設 定 されたラウドネス 値 に 従 い 制 御 します 下 図 は 番 組 本 編 のラウドネス 値 を 計 測 し 同 時 にエンドレスラウドネス 値 (ラウドネス 値 の 傾 向 )を 観 測 する 制 御 例 です ENDLESSモード(AGC = OFF CM/ENDLESS L-TERM=10MIN) 番 組 A 10 分 LINE 信 号 CM1 PGM1 CM2 PGM2 CM3 制 御 信 号 GPI MODE = TRG GPI MODE = ALT PRESET 選 択 1~6 RESET9 L-TERM Endless START8 L-TERM START 7 MAKE Endless START 8 MAKE L-TERM STOP7 Endless STOP8 L-TERM Endless START8 L-TERM START 7 MAKE Endless START 8 MAKE L-TERM STOP7 Endless STOP8 AUTO12 AUTO12 ラウドネス 測 定 範 囲 P1 P2 CMを 省 いたラウド ネス 値 を 測 定 P1+P2 エンドレスラウドネス 測 定 範 囲 E1 CMを 省 いた 直 近 10 分 間 のラウドネ ス 値 を 常 に 表 示 図 4.56 ENDLESS モード( 測 定 ) 19

25 下 図 は 番 組 毎 のラウドネス 値 を 元 に 番 組 本 編 を 自 動 制 御 し 同 時 にエンドレスラウドネス 値 (ラウドネス 値 の 傾 向 ) を 観 測 する 制 御 例 です CM のゲインは 変 えません ENDLESSモード(AGC = ON ENDLESS MODE AGC = PGM CM/ENDLESS L-TERM=5MIN RESET CONDITION = STOP MANU OPERATE GAIN = 0dB) 番 組 A 番 組 B LINE 信 号 CM1 PGM1 CM2 PGM2 CM3 PGM3 CM4 制 御 信 号 GPI MODE = TRG GPI MODE = ALT PRESET 選 択 1~6 RESET9 L-TERM Endless START8 L-TERM START 7 MAKE Endless START 8 MAKE L-TERM Endless STOP8 MANUAL 12 L-TERM Endless START8 AUTO12 L-TERM START 7 MAKE Endless START 8 MAKE L-TERM STOP7 Endless STOP8 MANUAL 12 RESET9 L-TERM Endless START8 AUTO12 L-TERM START 7 MAKE Endless START 8 MAKE L-TERM STOP7 Endless STOP8 MANUAL 12 AUTO12 AUTO12 AUTO12 ラウドネス 測 定 範 囲 P1 P2 P3 CMを 省 いたラウドネ ス 値 を 番 組 毎 に 測 定 P1+P2 P3 エンドレスラウドネス 測 定 範 囲 E1 CMを 省 いた 直 近 5 分 間 のラウドネス 値 を 常 に 表 示 音 声 ゲイン 0dB 自 動 制 御 0dB 自 動 制 御 0dB 自 動 制 御 番 組 Aのラウドネス 値 を 見 てターゲット ラウドネス 値 に 収 束 するように 制 御 し ます PGM1からCM1に 切 り 替 わる 直 前 の GAIN 値 ラウドネ ス 値 を 継 続 し 自 動 制 御 を 再 開 CMに 対 して 自 動 制 御 を しません 番 組 Bのラウドネス 値 を 見 てターゲット ラウドネス 値 に 収 束 するように 制 御 し ます 図 4.57 ENDLESS モード(PGM 自 動 制 御 1) 下 図 は 複 数 の 番 組 本 編 とCMをひとまとめにして 自 動 制 御 し 同 時 に 番 組 毎 のラウドネス 値 を 計 測 する 制 御 例 です 自 動 制 御 はエンドレスラウドネス 値 (ラウドネス 値 の 傾 向 )を 参 照 して 行 います 24 時 間 の 連 続 自 動 制 御 に 適 しています ENDLESSモード(AGC = ON ENDLESS MODE AGC = EDLS CM/ENDLESS L-TERM=10MIN RESET CONDITION = STOP) 番 組 A 番 組 B LINE 信 号 CM1 PGM1 CM2 PGM2 CM3 PGM3 CM4 制 御 信 号 GPI MODE = TRG GPI MODE = ALT PRESET 選 択 1~6 RESET9 L-TERM Endless START8 L-TERM START 7 MAKE L-TERM L-TERM L-TERM START 7 MAKE L-TERM STOP7 RESET9 Endless START 8 MAKE L-TERM L-TERM START 7 MAKE L-TERM STOP7 Endless STOP8 番 組 毎 のラウドネ ス 値 が 必 要 ない 場 合 7の 制 御 と 二 回 目 の9の 制 御 は 省 略 ラウドネス 測 定 範 囲 P1 P2 P3 CMを 省 いたラウドネ ス 値 を 番 組 毎 に 測 定 P1+P2 P3 エンドレスラウドネス 測 定 範 囲 E1 CMを 省 いた 直 近 10 分 間 のラウドネス 値 を 常 に 表 示 音 声 ゲイン 0dB 自 動 制 御 エンドレスラウドネス 値 がターゲットラウド ネス 値 に 収 束 するよう 自 動 制 御 図 4.58 ENDLESSモード(PGM/CM 自 動 制 御 ) 20

26 下 図 は 番 組 本 編 のエンドレスラウドネス 値 (ラウドネス 値 の 傾 向 )を 元 に 番 組 本 編 を 自 動 制 御 し 同 時 に 番 組 本 編 のラウドネス 値 を 観 測 する 制 御 例 です CMのゲインは 変 えません 24 時 間 の 連 続 自 動 制 御 に 適 しています ENDLESSモード(AGC = ON ENDLESS MODE AGC = EDLS CM/ENDLESS L-TERM=5MIN MANU OPERATE GAIN = 0dB) 番 組 A 番 組 B LINE 信 号 CM1 PGM1 CM2 PGM2 CM3 PGM3 CM4 制 御 信 号 GPI MODE = TRG GPI MODE = ALT PRESET 選 択 1~6 RESET9 L-TERM Endless START8 L-TERM START 7 MAKE Endless START 8 MAKE L-TERM Endless STOP8 MANUAL 12 L-TERM Endless START8 AUTO12 L-TERM START 7 MAKE Endless START 8 MAKE L-TERM STOP7 Endless STOP8 MANUAL 12 L-TERM Endless START8 AUTO12 L-TERM START 7 MAKE Endless START 8 MAKE L-TERM STOP7 Endless STOP8 MANUAL 12 AUTO12 AUTO12 AUTO12 ラウドネス 測 定 範 囲 P1 P2 P3 番 組 本 編 のラウドネス 値 を 測 定 P1+P2+P3 エンドレスラウドネス 測 定 範 囲 E1 CMを 省 いた 直 近 5 分 間 のラウドネス 値 を 常 に 表 示 音 声 ゲイン 0dB 自 動 制 御 0dB 自 動 制 御 0dB 自 動 制 御 番 組 本 編 のエンドレス ラウドネス 値 がターゲ ットラウドネス 値 に 収 束 するよう 自 動 制 御 番 組 本 編 のエンドレス ラウドネス 値 を 見 てタ ーゲットラウドネス 値 に 収 束 するように 制 御 します PGM1からCM1に 切 り 替 わる 直 前 の GAIN 値 ラウドネ ス 値 を 継 続 し 自 動 制 御 を 再 開 CMに 対 して 自 動 制 御 を しません PGM2からCM3に 切 り 替 わる 直 前 のGAIN 値 エンドレスラウドネ ス 値 を 継 続 し 自 動 制 御 を 再 開 図 4.59 ENDLESS モード(PGM 自 動 制 御 2) [RESET CONDITION] STOP 設 定 時 リセットする 際 測 定 停 止 状 態 のラウドネス 値 をリセットします 測 定 実 行 中 のラウドネス 値 はリセットされません RUN 設 定 時 リセットする 際 測 定 実 行 中 のラウドネス 値 をリセットします 測 定 停 止 中 のラウドネス 値 はリセットされません 4)OVER WRITE( 上 書 き)モード CONTROL MENU 内 の START TIME CODE と END TIME CODE 間 のラウドネス 値 を 入 力 されるタイムコードに 従 い 上 書 きするモードです VTR 編 集 や MA 作 業 時 に 繰 り 返 し 再 生 することで 常 に 最 新 のラウデネス 値 測 定 が 可 能 となります 注 )タイムコードが 不 連 続 な 素 材 は 正 確 な 測 定 ができません 常 に START END 間 のラウドネス 値 を 測 定 するた め 1 度 以 上 本 編 すべてが 測 定 されないと 全 体 の 測 定 値 とはなりません [IN TC] [OUT TC] [EDIT GAIN GRP1] [EDIT GAIN GRP2] IN TC と OUT TC 間 のタイムコードが 入 力 された 時 に[EDIT GAIN GRP1] [EDIT GAIN GRP2]で 設 定 された 値 に グループ 毎 にゲイン 調 節 します 21

27 5.プリセットパターンについて プリセットパターンは 6 種 類 設 定 できます プリセットパターンの 登 録 は CONFIG MENU の PRESET SAVE で 行 い ます 登 録 したプリセットパターンの 読 込 は CONTROL MENU の PRESET SELECT で 行 います 登 録 したプリセットパターンは GPI 端 子 から 6 本 の 接 点 で 切 り 替 えることができます CONTROL MENU 内 AUTO AUDIO MODE が ON に 設 定 されているときは アンシラリ 領 域 に 重 畳 されている 音 声 モードにしたがって それぞれ 動 作 します プリセット 番 号 PRESET1 PRESET2 PRESET3 PRESET4 PRESET5 PRESET6 音 声 モード MONO 2 MONO STEREO 2 STEREO SURROUND STEREO 下 図 は 接 点 制 御 でプリセットパターンを 切 り 換 える 際 のタイミングチャートです A 点 プリセットパターン 変 更 点 VD 信 号 接 点 1 接 点 2 接 点 3 接 点 4 接 点 5 10ms 10ms 音 声 信 号 Fade Out Fade In PRESET TALLY 音 声 ミュート 図 4.6 接 点 によるプリセットパターンの 切 り 換 えタイミング プリセットパターンの 切 り 換 えは 2VD をまたがる 接 点 の MAKE 信 号 を 検 知 した 後 に 開 始 されます 接 点 1 接 点 2 は A 点 でプリセットパターン 切 り 換 え 処 理 シーケンスに 入 ります その 次 の VD で 音 声 のミュート 処 理 に 入 り プリセットパターン 切 り 換 え 時 の 音 声 ノイズを 防 ぎます そして プリセットパターン 変 更 点 でプリセットパター ンが 変 更 されます 接 点 3 は 1 フィールド 遅 れてプリセットパターン 切 り 換 え 処 理 シーケンスに 入 る 例 です 接 点 4 接 点 5 については2VD をまたがる 接 点 では 無 いため 無 効 信 号 とみなして 無 視 されます 22

28 次 に ANC の 音 声 モードによるプリセットパターンの 切 り 換 えタイミングを 下 図 に 示 します A 点 プリセットパターン 変 更 点 VD 信 号 ANC Audio Mode Audio Mode A Audio Mode B 10ms 10ms 音 声 信 号 Fade Out Fade In PRESET TALLY 音 声 ミュート 図 4.7 ANC の 音 声 モードによるプリセットパターンの 切 り 換 えタイミング 上 図 の A 点 のVブランキングに 挿 入 されるANCの 音 声 モード 信 号 を 検 知 して プリセットパターン 変 更 点 でプリセッ トパターンが 変 更 されます 6.リファレンス 信 号 について CONFIG MENU 内 REF SELECTでEXT SUBを 選 択 した 場 合 リファレンス 信 号 は 筐 体 内 部 バス 経 由 で 供 給 されます Vbus-70Cシリーズ 筐 体 は 筐 体 接 続 端 子 へVbus-70Bシリーズ 筐 体 は 他 スロットでREF IN 端 子 を 保 有 する 製 品 をマス ター 設 定 することでEXT REFを 使 用 することができます 本 機 が 対 応 するリファレンス 信 号 フォーマットは 下 記 の 通 りです 1080i/ i EXT REF を 使 用 すると 1LINE の AVDL が 機 能 します 出 力 の 位 相 は 工 場 出 荷 時 設 定 でリファレンス 信 号 に 対 して 約 360 ドット(1080i/59.94 で 使 用 した 場 合 約 4.8μs 525i/59.94 で 使 用 した 場 合 約 26μ)の 遅 延 で 出 力 されます リファレンス 信 号 と 同 相 で 出 力 させたい 場 合 は MENU GENLOCK H 0 にしてください この 設 定 にした 場 合 LINE 信 号 はリファレンス 信 号 に 対 してアドバンスした 信 号 (おおよその 目 安 として 1080i/59.94 で 使 用 した 場 合 約 5μs 525i/59.94で 使 用 した 場 合 約 10μ)を 入 力 する 必 要 があります MENU GENLOCK H 0の 設 定 でリファレンス 信 号 と 同 相 のライン 信 号 を 入 力 した 場 合 映 像 が 1 ライン 落 ちますのでご 注 意 ください 1)AVDL の 詳 細 AVDL 機 能 を 使 用 する 場 合 MENU EXT SUB ON に 設 定 します 筐 体 のバスからリファレンス 信 号 が 供 給 されて いない 場 合 出 力 の 映 像 が 上 または 下 に 流 れます 確 実 にリファレンス 信 号 を 供 給 してください AVDL 機 能 を 使 うと ブランキングスイッチャー 等 で 信 号 を 切 り 替 えた 時 のショックを 吸 収 することができます AVDL 機 能 を 使 用 する 場 合 は 入 力 信 号 とリファレンス 信 号 の 位 相 管 理 が 重 要 です 入 力 する LINE 信 号 が LDC-70HD/SD で 規 定 する 引 き 込 み 範 囲 に 確 実 に 収 まるように 下 図 を 参 考 に 設 定 してください 23

29 REF 信 号 H 位 相 1H HD: 約 2.8μs SD: 約 21.6μs REF H=360 設 定 ( 工 場 出 荷 時 ) 引 き 込 み 範 囲 LINE IN 入 力 位 相 LINE OUT 出 力 位 相 LINE 位 相 引 き 込 み 範 囲 HD: 約 27μs SD: 約 60μs H POSITIONで 設 定 した 数 値 より HD: 約 2μs SD: 約 5μs 以 上 アドバンスしてください 360ドット 遅 延 (HD: 約 4.8μs SD: 約 26.6μs) 図 4.8 工 場 出 荷 時 設 定 の 引 き 込 み 範 囲 工 場 出 荷 時 設 定 では 出 力 の 位 相 が+360ドット 遅 延 に 設 定 されており リファレンス 信 号 と 同 相 のライン 信 号 を 確 実 に 引 き 込 むことができます ただし 出 力 の 位 相 がリファレンス 信 号 に 対 して360ドット 遅 延 (HD: 約 4.8μs SD: 約 26.6μs) します 上 記 の 引 き 込 み 範 囲 を 外 れた 場 合 映 像 のV 位 相 がずれることがありますのでご 注 意 ください 出 力 信 号 をリファレンス 信 号 と 同 相 で 出 力 させたい 時 は MENU GENLOCK H 0の 設 定 にします この 場 合 は リ ファレンス 信 号 に 対 してアドバンスしたLINE 信 号 (HD: 約 2μs SD: 約 5μs 以 上 )を 入 力 する 必 要 があります 入 力 す るLINE 信 号 がLDC-70HD/SDで 規 定 する 引 き 込 み 範 囲 に 確 実 に 収 まるように 下 図 を 参 考 に 設 定 してください REF 信 号 H 位 相 1H REF H=0 設 定 引 き 込 み 範 囲 LINE 位 相 引 き 込 み 範 囲 HD: 約 27μs SD: 約 60μs H POSITIONで 設 定 した 数 値 より HD: 約 2μs SD: 約 5μs 以 上 アドバンスしたLINE 信 号 を 入 力 してください LINE IN 入 力 位 相 LINE OUT 出 力 位 相 REF 信 号 と 同 相 で 出 力 図 4.9 リファレンス 信 号 と 同 相 出 力 設 定 にした 際 の 引 き 込 み 範 囲 24

30 7.COMP /LIMITTER について ラウドネスのマニュアル 制 御 自 動 制 御 に 関 わらず プリセット 毎 にコンプレッサー またはリミッターのどちらかを 予 め 設 定 することができます 本 機 のコンプレッサー リミッターの 考 え 方 操 作 の 仕 方 について 説 明 します [コンプレッサー] コンフィグメニューの COMP/LIMIT LVL を 0~+24.0 の 範 囲 に 設 定 した 時 コンプレッサーとして 動 作 します コンプレッサーレベルを+6.0 に 設 定 すると アライメントレベル(-24.0dBFS) 付 近 の 音 声 が+6dB 上 がります - から -24dBまでの 入 力 音 声 (+6dB 増 幅 しているので 出 力 音 声 レベルは- から-18dB)に 対 しては 波 形 の 歪 を 伴 わずリニアに 増 幅 し -24~0dB にかけてはコンプレッサーがかかります 予 め 素 材 の 平 均 レベルが 低 いことが 判 っていて そのままゲインを 上 げるとピークレベルの 波 形 がクリップされてしまう 恐 れがある 場 合 最 初 にコンプレッサーでレベル 調 整 することにより ピークレベルの 波 形 クリップを 緩 和 することができ ます 過 度 なコンプレッサーを 掛 けた 場 合 音 声 のクリップノイズが 目 立 つことがあります 入 力 レベルに 適 した 設 定 でお 使 いください 0dBFS 0dBFSを 超 える 波 形 がクリップ 波 形 のクリップノイズを 緩 和 オリジナル 波 形 マスターゲインを 上 げた 時 コンプレッサーでゲインを 上 げた 時 図 4.a コンプレッサーの 効 果 [リミッター] コンフィグメニューの COMP/LIMIT LVL を-24.0~0 の 範 囲 に 設 定 した 時 リミッターとして 動 作 します リミッターレベルを-6.0 に 設 定 すると -6.0dBFS 付 近 でリミッターがかかり -6dBFS 以 上 の 波 形 をカットします 本 機 のリ ミッターはクリップノイズを 緩 和 する 機 能 (soft knee clipper)が 備 わっており 実 際 は 設 定 した 値 より 低 いレベルの 音 声 波 形 よりリミッター 効 果 が 働 きます ライブ 中 継 時 など 予 期 せぬ 最 大 音 声 レベルを 予 め 抑 制 することができます 過 度 なリ ミッターを 掛 けた 場 合 音 声 のクリップノイズが 目 立 つことがあります 入 力 レベルに 適 した 設 定 でお 使 いください リミッターのしきい 値 波 形 のクリップノイズを 緩 和 オリジナル 波 形 通 常 のデジタルリミッター LDC-70HD/SDのリミッター 図 4.b リミッターの 効 果 25

31 8.WORK HISTORY について ラウドネス 測 定 及 び コントロールした 結 果 は [CONTROL MENU] 内 [WORK HISTORY] で 本 体 前 面 の 選 択 ツマミを 回 すことにより 過 去 にさかのぼって 500 イベントまで 確 認 を 行 うことができます OVER WRITE( 上 書 き)モードでは 過 去 に 行 った 作 業 の 終 了 時 のラウドネスデータを 再 読 み 込 みでき 作 業 のやり 直 しが 行 えます 表 示 画 面 の 内 容 と 操 作 について 説 明 します CONTROL MENU WORK HISTORY 03/05 09:17:50 00:10:06:21P RST 1-46-S L1 LR L2 LR /05 09:17:38 00:10:03:07P STP 03/05 09:17:28 00:09:53:04P RUN 03/05 09:10:50 00:03:14:10P RST 03/05 09:10:13 00:02:37:18C RUN -45-P L1 LR L2 LR /05 09:10:13 00:02:37:18P STP ----C L1 LR L2 LR /05 09:10:09 00:02:33:18C STP 03/05 09:10:09 00:02:33:18P RUN -44-W L1 LR L2 LR 表 示 データは 2 種 類 あります 1 計 測 開 始 停 止 リセット 2ロングターム ラウドネス 値 3OVER WRITE モード ラウドネス 測 定 値 図 4.c 画 面 イメージ 1 計 測 開 始 停 止 リセット の 表 示 内 容 日 付 時 刻 タイムコード 測 定 対 象 ステータス 03/05 09:17:50 00:10:06:21 P RST 日 付 時 刻 : 操 作 された 日 付 と 時 刻 を 記 録 します タイムコード : 操 作 された 時 点 のタイムコードを 記 録 します 測 定 対 象 :P=PGM 1 C=CM E=ENDLESS ステータス :RUN= 計 測 開 始 STP= 計 測 停 止 RST=リセット TP=TRUE PEAK ERROR( 数 字 は 出 力 チャンネル) 1 シングルモード OVER WRITE モード 時 を 含 む 2ロングターム ラウドネス 値 の 表 示 内 容 ファイル 番 号 測 定 対 象 グループ 1 計 測 チャンネル 測 定 結 果 グループ 2 測 定 結 果 -46- S L1 LR L2 LR ファイル 番 号 :ラウドネスデータの 保 存 ファイル 番 号 測 定 対 象 :S=シングルモード P=PGM C=CM E=ENDLESS W=オーバーライト( 上 書 き)モード 計 測 チャンネル :グループ 1 の 測 定 対 象 の STEREO/SURROUND 設 定 状 態 SU=SURROUND LR=STEREO 測 定 結 果 :ロングターム 測 定 値 26

32 [ラウドネスデータファイルの 読 み 込 み 方 法 ] [CONFIG MENU] 内 の LOUD METER MODE(ラウドネス 計 測 モード) が OVER WRITE( 上 書 き)モードを 選 択 している 状 態 で 過 去 に OVER WRITE モードで 作 業 したラウドネスデータを 再 読 み 込 みできます 図 4.c3のように OVER WRITE モードのロングターム ラウドネス 測 定 結 果 の 行 を 選 択 ツマミを 回 して 選 択 し SET します CONTROL MENU WORK HISTORY FILE NO.44 LOAD CANCEL LOAD 左 図 のように 表 示 されます 選 択 ツマミで LOAD を 選 択 し SET します [LOAD OK]と 表 示 されれば 読 み 込 み 完 了 です 図 4.d 画 面 イメージ [NOT OVER WRITE MODE]と 表 示 された 時 は[CONFIG MENU] 内 の [LOUD METER MODE]を OVER WRITE モードに 変 更 してください [FILE NOT FOUND] : 内 部 メモリー 内 にファイルが 無 い 時 に 表 示 されます [WRONG TYPE FILE] :OVER WRITE モード 以 外 で 測 定 されたファイルです OVER WRITE モードのファイルを 指 定 してく ださい [LOAD ERR] : 上 記 以 外 の 要 因 でファイル 読 み 込 みできない 時 に 表 示 されます 保 存 されているファイルは 最 大 で 99 個 まで 保 存 されますが 内 部 メモリーの 容 量 が 不 足 した 場 合 は 古 いファイルから 順 に 消 去 されます 内 部 メモリーは 約 128MB ラウドネスデータファイルは 1 時 間 当 たり 600KB 程 度 です 27

33 5. 外 部 インターフェイス 1) REMOTE(D-sub25pin(female)) ピン 番 I/O 信 号 制 御 機 能 1~6 I 接 点 入 力 TG PRESET1~6 の 切 替 え 7 I 接 点 入 力 TG/ALT [SINGLE] ラウドネス 計 測 の 開 始 ALT 設 定 時 は OPEN で 停 止 [PGM/CM] PGM 側 の 計 測 開 始 / 停 止 ALT 設 定 時 は OPEN で 停 止 [ENDLESS] PGM 側 の 計 測 開 始 / 停 止 ALT 設 定 時 は OPEN で 停 止 8 I 接 点 入 力 TG/ALT [SINGLE] ラウドネス 計 測 の 停 止 ALT 設 定 時 は 未 使 用 [PGM/CM] CM 側 の 計 測 開 始 / 停 止 ALT 設 定 時 は OPEN で 停 止 [ENDLESS]ENDLESS の 計 測 開 始 / 停 止 ALT 設 定 時 は OPEN で 停 止 9 I 接 点 入 力 TG ラウドネス 計 測 リセットトリガー 10 I 接 点 入 力 TG ボリュームアップ 11 I 接 点 入 力 TG ボリュームダウン 12 I 接 点 入 力 TG/ALT 制 御 の 自 動 / 手 動 切 り 換 え ALT 設 定 時 は OPEN で 手 動 13 I 接 点 入 力 ALT EMG スルーの 制 御 MAKE で EMG スルー 15~19,21 O 接 点 出 力 ALT PRESET1~6 の TALLY 選 択 されている 番 号 が MAKE 22 O 接 点 出 力 ALT ラウドネス 計 測 中 の TALLY ON で MAKE 23 O 接 点 出 力 ALT 自 動 制 御 中 の TALLY ON で MAKE 24 O 接 点 出 力 ALT エマージェンシースルーの TALLY ラウドネスエラー TRUE PEAK エラー を OR して 出 力 ON で MAKE ラウドネスエラーは CONFIG MENU 内 [DISPLAY STYLE]で 選 択 中 のグ ループを 出 力 コモン 接 点 入 出 力 用 のコモン 制 御 の TG はトリガー(100ms 以 上 のパルス) 制 御 ALT はオルタネイト(レベル) 制 御 を 表 します ピン 番 7 8 の TG/ALT の 表 記 は GPI MODE の 設 定 により トリガー 制 御 /オルタネイト 制 御 を 選 択 できます ピン 番 7 8 の[SINGLE] [PGM/CM] [ENDLESS]の 表 記 は LOUD METER MODE の 設 定 により 機 能 が 変 わります ピン 番 9 のラウドネス 計 測 リセットトリガーは RESET CONDITION で 設 定 された 測 定 状 態 に 対 して 機 能 します 13 1 D-sub 25pin (f) 筐 体 背 面 から 見 たピン 番 号 接 点 入 力 +5V 接 点 出 力 12~13 15~19 21~24pin 1~11pin pin pin 接 点 出 力 の 絶 対 最 大 定 格 は 60V 300mA です 外 部 抵 抗 で 電 流 を 300mA 以 下 に 制 限 してください TTL 信 号 で 制 御 する 際 は 吸 い 込 み 電 流 が 12mA まで 耐 えられるデバイスで 駆 動 してください 28

34 2) RS-422(D-sub9pin (female)) ピン 番 I/O 信 号 機 能 1 - FG フレーム GND 2 O TXD- 3 I RXD+ 4 - GND 5 - NC 6 - GND 7 O TXD+ 8 I RXD- 9 - FG フレーム GND 29

35 6.SNMP LDC-70HD/SDのMIBデータは 以 下 の 表 に 対 応 します オブジェクト 識 別 子 は 項 番.indexになります ( 項 番 =OID:2バイト) indexは スロット 番 号 1~10です ( 旧 識 別 子 は n. 項 番.0 となります nは スロット 番 号 1~10になります ) MIBデータが 変 化 したときはトラップが 発 生 します (SNMPで 更 新 された 項 番 はトラップが 発 生 しません ) 項 番 オブジェクト 識 別 子 アク セス バイ ト 数 内 容 実 装 例 SYNTAX 更 新 ト ラッ プ 1 pid R/O 80 プログラム 情 報 char PID[5][16]の 内 容 製 品 コード LDC-70HD/SD 会 社 名 VIDEOTRON Corp バージョン R00 製 造 日 2012/11/22 THU 時 Build-16:32:04 SNMP_LTYP_STRING 3 Kcode R/O 4 機 種 コード 194 SNMP 機 種 コードで 登 録 した コード 194=0xC2 40 hard R/O 4 LCAのバージョン 情 報 英 数 字 2 文 字 "V0"=0x5630(22064) bit0~15: 51 input status R/O 4 INPUT STATUS bit0: 0=unlock 1=lock unlock 0 52 LOUDNESS alarm1 53 LOUDNESS alarm2 54 true peak alarm12 55 true peak alarm34 R/O 4 グループ1LOUDNESSアラーム ok(0), higher(1), lower(2) R/O 4 グループ2LOUDNESSアラーム ok(0), higher(1), lower(2) R/O 4 TRUE PEAK アラーム ch1 ch2 ok(0), ch1alarm(1), ch2alarm(2), ch1ch2alarm(3) R/O 4 TRUE PEAK アラーム ch3 ch4 ok(0), ch3alarm(1), ch4alarm(2), ch3ch4alarm(3) 56 true peak alarm56 R/O 4 TRUE PEAK アラーム ch5 ch6 ok(0), ch5alarm(1), ch6alarm(2), ch5ch6alarm(3) 57 true peak alarm78 R/O 4 TRUE PEAK アラーム ch7 ch8 ok(0), ch7alarm(1), ch8alarm(2), ch7ch8alarm(3) 30

36 項 番 オブジェクト 識 別 子 アク セス バ イ ト 数 内 容 実 装 例 SYNTAX 更 新 ト ラ ップ 58 LOUDNESS meter 1 59 LOUDNESS meter 2 60 measure control1 61 measure control2 62 auto gain control R/W 4 グループ1 LOUDNESSメーター 値 99 をSETすることで 現 在 値 に 更 新 され ます 初 期 値 は9999 x -0.01LKFS R/W 4 グループ2 LOUDNESSメーター 値 99 をSETすることで 現 在 値 に 更 新 され ます 初 期 値 は9999 x -0.01LKFS R/W 4 ラウドネス 計 測 の 状 態 と 制 御 (SINGLE,PGM) stop(0), run(1), reset(2) R/W 4 ラウドネス 計 測 の 状 態 と 制 御 (CM,ENDLESS) stop(0), run(1), reset(2) R/W 4 AUTO GAIN CONTROLの 状 態 と 制 御 off(0), on(1) LKFS LKFS loud meter mode R/W 4 ラウドネスメータのモード SINGLE(0), PGM/CM(1), ENDLESS(2) OVER WRITE(3) 64 audio meter R/W 4 音 声 メータの 種 類 off(0), sequential(1), style332(2), style512(3) 65 cross point disp R/W 4 クロスポイントの 表 示 のon/off off(0), on(1) 66 disp style R/W 4 AUDIO MODEとラウドネス 表 示 の 設 定 AUDIO MODE 表 示 5.1&STEREO off (0) 5.1&STEREO display1のみ(1) 5.1&STEREO display2のみ(2) 5.1&STEREO display1と2(3) DUALSTEREO off (4) DUALSTEREO display1のみ (5) DUALSTEREO display2のみ(6) DUALSTEREO display1と2 表 示 (7) 67 audio mtx 1 R/W 4 音 声 マトリクス1の 設 定 ch1~ch8 68 audio mtx R/W 4 音 声 マトリクス2の 設 定 ch L R C LF Ls Rs L2 R2 69 master gain 1 R/W 4 グループ1 マスターゲイン 設 定 値 x0.1db 70 master gain 2 R/W 4 グループ2 マスターゲイン 設 定 値 x0.1db 71 preset R/W 4 選 択 されているPRESET PRESET 以 外 の 設 定 時 は0 1~6 = PRESET1~6 PRESET2 2 31

37 項 番 オブジェクト 識 別 子 アク セス バ イト 数 内 容 実 装 例 SYNTAX 更 新 ト ラ ップ 72 graph mode R/W 4 MOMENTARY/SHORT TERM のグラフ 描 画 の 設 定 LONG TERM は 常 時 表 示 momentary(0), shortterm(1) 73 start TC R/W 4 START 点 タイムコードの 設 定 hhmmssff 74 end TC R/W 4 END 点 タイムコードの 設 定 hhmmssff 75 TC in point R/W 4 IN 点 タイムコードの 設 定 hhmmssff 76 TC out point R/W 4 OUT 点 タイムコードの 設 定 hhmmssff 77 edit gain 1 R/W 4 グループ1のIN OUT 間 のゲイン 設 定 x0.1db 78 edit gain 2 R/W 4 グループ2のIN OUT 間 のゲイン 設 定 x0.1db 79 LoudSub Meter1 80 LoudSub Meter2 R/W 4 PGM/CMモードではCM のラウドネス ロングターム 値 ENDLESSモード 時 はENDLESSのロン グターム 値 の グループ1の 測 定 値 です 99 をSETすることで 現 在 値 に 更 新 され ます 初 期 値 は9999 x -0.01LKFS R/W 4 PGM/CMモードではCM のラウドネス ロングターム 値 ENDLESSモード 時 はENDLESSのロン グターム 値 の グループ2の 測 定 値 です 99 をSETすることで 現 在 値 に 更 新 され ます 初 期 値 は9999 x -0.01LKFS LKFS LKFS

38 7. 工 場 出 荷 設 定 (ディップスイッチの 操 作 ) ディップスイッチの 操 作 により 工 場 出 荷 設 定 に 戻 すことができます ディップスイッチは SW1 という 名 称 で 下 図 の 位 置 にあります SW1 拡 大 配 置 図 7-1 ディップスイッチ ディップスイッチに 割 り 当 てられている 機 能 は 下 記 の 通 りです 番 号 状 態 設 定 内 容 1~4 OFF 未 使 用 5 OFF ログ 情 報 の 消 去 6 OFF 未 使 用 7 OFF 内 蔵 フラッシュメモリーのフォーマット 8 ON 工 場 出 荷 設 定 にします ディップスイッチの8 番 がONの 状 態 で 起 動 すると 初 期 化 を 開 始 します 注 意! ディップスイッチの8 番 は 設 定 終 了 後 電 源 を 落 として 必 ずOFFに 戻 してください ONにしたままですと 電 源 投 入 時 常 に 設 定 がクリアされます ディップスイッチの8 番 がONの 状 態 の 時 表 示 器 に SW-8 ON と 表 示 されます 33

39 8.トラブルシューティング トラブルが 発 生 した 場 合 の 対 処 方 法 です ( 文 中 の は 対 処 方 法 を 示 しています) 現 象 電 源 が 入 らない! 原 因 筐 体 正 面 の 電 源 スイッチはON 側 になっていますか? 筐 体 の 電 源 ケーブルのプラグはコンセントに 挿 入 されていますか? もし 接 続 に 問 題 が 無 いようであれば 直 ちに 使 用 を 中 止 し 弊 社 へお 問 い 合 わせください 現 象 まったく 動 作 しない! 原 因 メインモジュール( 基 板 )は 奥 まで 正 しく 挿 入 されていますか? 前 面 のふたを 外 し 奥 まで 確 実 に 刺 さっているかご 確 認 ください 表 示 器 にキャラクターが 表 示 されない 場 合 直 ちに 使 用 を 中 止 し 弊 社 へお 問 い 合 わせください 現 象 映 像 にブランキングがみえる! 原 因 映 像 信 号 に 対 応 したリファレンス 信 号 を 正 しく 入 力 していますか? 設 定 メニューの RSEL が ESUB の 設 定 の 場 合 他 モジュールにリファレンスを 分 配 するモジュール が 存 在 していますか? 設 定 を 確 認 してください 設 定 メニューの RSEL が ESUB の 設 定 の 場 合 LDC-70HD/SDには 筐 体 内 部 バス 経 由 でBBS 信 号 が 供 給 されます 映 像 信 号 リファレンス 信 号 の 位 相 は 正 しいですか? 映 像 信 号 は リファレンス 信 号 に 対 して±5μ 以 内 の 位 相 差 である 必 要 があります システムの 位 相 を 調 整 してください 34

40 9. 仕 様 1. 機 能 ラウドネス 計 測 計 測 チャンネル PGM/CMモード ENDLESSモード グラフ 表 示 計 測 制 御 ラウドネスコントロール PGM/CMモード ENDLESSモード 音 声 リマッピング 音 声 レベルメーター 表 示 プリセットパターン LINE AVDL マスターゲイン 手 動 ラウドネス 制 御 二 つの 音 声 グループ( 二 系 統 )のラウドネス 値 を 同 時 計 測 できます 例 えば エン ベデッド 音 声 8chの 中 のサラウンドチャンネルと ダウンミックスチャンネルを 同 時 に 計 測 することができます 番 組 本 編 とCMのラウドネス 値 を 個 別 に 計 測 することができます ARIB TR-B32の 規 格 に 準 拠 したラウドネス 測 定 とは 別 に 直 近 のラウドネス 値 を 常 に 測 定 するENDLESSモードがあります ラウドネスの 傾 向 を 見 るのに 適 してい ます 二 つの 音 声 グループのラウドネスグラフをオンスクリーン 表 示 で 監 視 することが できます グラフにはターゲットラウドネス ロングターム ショートターム(または モメンタリー)を 表 示 します 時 間 軸 は30sec/90 sec/2min/3min/5min/10min/ 20min/30min/60min/2hourをリアルタイムで 切 り 替 えることができます また ロン グタームが-23~28LKFSの 範 囲 を 超 えた 場 合 はグラフの 枠 が 緑 から 赤 に 変 わり 警 告 します 2グループ 同 時 計 測 時 どちらかの 枠 が 赤 色 表 示 の 期 間 接 点 ア ラームを 出 力 することが 可 能 です グラフ 表 示 モード/ 文 字 表 示 モードを 簡 単 に 切 り 替 えることができます ラウドネス 計 測 のスタート/ストップ/リセットの 制 御 は 接 点 またはタイムコード 指 定 のどちらかを 選 択 できます タイムコードは LTC 信 号 またはANCのLTC/ VITC 信 号 の 何 れかを 選 択 できます 二 つの 音 声 グループのラウドネス 値 を 同 時 に 自 動 制 御 することができます ター ゲットのラウドネス 値 は0.1dB 単 位 で 任 意 の 値 (0~-40LKFS)を 設 定 できます 応 答 性 能 はquick/fast/medium/slowの 選 択 ができ その 他 の 制 御 パラメーターをカ スタマイズできます 番 組 本 編 のみ 自 動 制 御 してCMは 無 制 御 または 番 組 本 編 とCMを 個 別 に 自 動 制 御 することができます ENDLESSモードによる 測 定 値 を 元 に 自 動 制 御 を 行 います 番 組 本 編 のみ 自 動 制 御 することも 番 組 本 編 とCMをまとめて 一 括 自 動 制 御 することもできます START/STOP/RESETの 制 御 を 省 略 した 24 時 間 制 御 に 適 しています エンベデッド 音 声 8chに 対 して 自 由 にリマッピング 可 能 です プリセットパターン 毎 にリマッピングパターンを 設 定 すれば 音 声 モードに 応 じて 自 動 でリマッピング パターンを 変 更 することができます 接 点 による 手 動 切 り 替 えにも 対 応 します リマッピングの 状 況 はLINE OUT2のグラフィック 表 示 で 確 認 できます エンベデッド 音 声 8chのVUレベルをLINE OUT2の 出 力 のグラフィック 表 示 で 確 認 で きます トゥルーピークメーターも 付 いており トゥルーピーク 値 が-1.0dBを 超 える と エラーとして 接 点 アラームを 出 力 させることもできます 音 声 リマッピング 情 報 音 声 モード ラウドネスコントロールのパラメーター グラ フックのカスタマイズ 設 定 等 を 一 つのプリセットパターンとして6 種 類 登 録 するこ とができます 登 録 したプリセットパターンは 接 点 制 御 で 切 り 替 えることができま す LINE 信 号 入 力 には1ラインのAVDLが 内 蔵 されており 約 ±0.5Hのライン 信 号 を 引 き 込 むことができます LINE 信 号 の 音 声 レベルをグループごとに±18dBの 範 囲 で 可 変 できます 予 め 素 材 のラウドネス 値 が 判 っている 時 ラウドネスの 自 動 制 御 をOFFにして ターゲッ トラウドネスと 値 との 差 分 値 をマスターゲインに 反 映 させる2パス 制 御 が 可 能 で す 自 動 ラウドネスコントロール 中 任 意 の 箇 所 で 意 図 的 に 音 量 を 変 えたい 時 また は 素 早 くラウドネス 値 をターゲットレベルに 近 づけたい 時 に 接 点 制 御 でボリュー ムをアップ/ダウンすることができます また 接 点 制 御 で 自 動 制 御 のON/OFFも 可 能 です 35

41 リミッター&コンプレッサー 上 書 き 編 集 接 点 制 御 SNMP 監 視 / 制 御 オンスクリーン 表 示 ラウドネスログ エマージェンシースルー プリセット 毎 にリミッターかコンプレッサーのどちらかを 設 定 できます コンプレッ サーはアライメントレベル 付 近 の 音 量 を 持 ち 上 げ 音 声 のピーク 値 は 維 持 しま す リミッターはクリップノイズを 軽 減 機 能 付 きで トゥルーピークエラーの 発 生 を 未 然 に 防 ぐことも 可 能 です 一 度 本 編 のラウドネス 値 を 計 測 すると 上 書 き 編 集 部 分 のみの 計 測 で 瞬 時 に 全 体 のラウドネス 値 を 算 出 することができます アンシラリデータのLTC VITC ま たはLTC 信 号 を 基 準 にラウドネスデータを 上 書 きし トータルのラウドネス 値 を 計 算 します 過 去 に 計 測 したデータは 最 大 99 件 フラッシュメモリーに 記 録 されますの で 過 去 のデータを 参 照 して 上 書 き 編 集 を 行 うことも 可 能 です プリセットの 切 り 換 え ラウドネス 計 測 の 制 御 エマージェンシースルーリレー 制 御 自 動 制 御 のON/OFF 等 が 接 点 制 御 可 能 です SNMPによるステータスの 監 視 ができます またSNMP 経 由 で 6チャンネルのプリ セットパターンの 切 替 え ラウドネス 計 測 のスタート/ストップ/リセット ラウドネス 値 の 取 得 等 の 制 御 が 可 能 です オプションのLDC-70-01を 使 用 すると 簡 単 に SNMP 監 視 システムを 構 築 できます LINE OUT2の 出 力 画 面 に 設 定 メニュー ラウドネスグラフがスーパーインポーズ されます ラウドネス 計 測 のログを500イベント 分 フラッシュメモリーに 保 持 できます ラウド ネスの 計 測 結 果 を 過 去 に 遡 って 確 認 できます 電 源 断 の 時 エマージェンシースルー 機 能 が 働 き LINE 信 号 をバイパスすること ができます 外 部 接 点 による 制 御 も 可 能 です 2. 定 格 入 力 信 号 LINE IN LTC IN 出 力 信 号 LINE OUT 1 SMPTE292M SMPTE259M-C 0.8Vp-p/75Ω BNC 1 系 統 SMPTE309M-1999 準 拠 1-5Vpp/10KΩ BNC 1 系 統 SMPTE292M SMPTE259M-C 0.8Vp-p±10%/75Ω BNC 1 系 統 エマージェンシースルー 機 能 内 蔵 SMPTE292M SMPTE259M-C 0.8Vp-p±10%/75Ω BNC 1 系 統 LINE OUT 2(SUPER) 外 部 I/F GPI D-sub 25(f)インチネジ 接 点 入 力 13 接 点 出 力 9 RS-422 D-sub 9(f)インチネジ 1 系 統 将 来 拡 張 用 映 像 フォーマット HD:1080i/59.94 SD:525i/59.94 音 声 フォーマット エンベデッドオーディオ 48kHz/24bit(SDは20bit) 8ch 映 像 引 き 込 み 範 囲 HD:リファレンス 信 号 に 対 して-24.5~+2.8μs 以 内 1 SD:リファレンス 信 号 に 対 して-38.4~+21.6μs 以 内 1 1 1LINEのAVDLを 内 蔵 しており 上 記 の 数 値 は 映 像 の 出 力 位 相 を360 ドット 遅 延 させた 時 ( 工 場 出 荷 時 設 定 )の 引 き 込 み 範 囲 です この 時 の 出 力 位 相 はHD:4.8μs SD:26.6μsです 必 ずリファレンス 信 号 に 同 期 した LINE 信 号 を 入 力 してください 映 像 出 力 遅 延 LINEロック HD:2μs SD:5μs REFロック HD:4.8μs SD:26.6μs 工 場 出 荷 時 設 定 (360ドット 遅 延 ) 音 声 出 力 遅 延 1ms 以 内 動 作 温 度 0~40 動 作 湿 度 20~80%RH(ただし 結 露 なき 事 ) 消 費 電 力 9.5VA (5V,1.9A) 質 量 0.5kg 36

表紙

表紙 70 シリーズ オーディオリマッピング 機 能 付 き 音 声 マルチプレクサー MUX-70R MUX-70R は HD-SDI/SD-SDI に 対 応 したオーディオリマッピング 機 能 付 き 音 声 マルチプレクサーで HD-SDI または SD-SDI 信 号 に 4ch の 信 号 4ch のアナログ 音 声 信 号 を 重 畳 することができます 又 SDI 信 号 上 のエンベデッ

More information

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

Microsoft Word - DMX8C_mo.doc

Microsoft Word - DMX8C_mo.doc はじめに この 度 は Stage Evolution DMX8C をご 購 入 頂 き 誠 に 有 り 難 うございます DMX8C は 複 数 のプログマブル シーン チェースパターンを 保 存 でき MIDI IN/OUT やオーディオ 入 力 により 様 々なコント ロールが 可 能 な DMX コントローラーです DMX8Cをより 快 適 に 使 いこなしていただくためにも 本 書 を 十

More information

ワリ K RK BK AK BRK ABRK 出 玉 率 機 械 割 数 ( 払 出 枚 数 投 入 枚 数 を%で 表 示 します ) ボーナス 履 歴 では 対 象 のボーナス 中 での 出 玉 率 です 確 率 ( 小 役 の 表 示 ではその 小 役 の 確 率 です 確 率 1/n の 分

ワリ K RK BK AK BRK ABRK 出 玉 率 機 械 割 数 ( 払 出 枚 数 投 入 枚 数 を%で 表 示 します ) ボーナス 履 歴 では 対 象 のボーナス 中 での 出 玉 率 です 確 率 ( 小 役 の 表 示 ではその 小 役 の 確 率 です 確 率 1/n の 分 カウント ASKA(SCN-900) 取 扱 説 明 書 (Ver2.01) このたびはカウント ASKA(SCN-900)をお 買 い 上 げいただきありがとうございます ご 使 用 の 前 にこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください 製 品 構 成 SCN-900 本 体 (ケーブル 付 属 ) ----1 AC アダプター 電 源 ----------------------1 (AC100V

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル B5FW-0341-01 Z0 目 次 マニュアルの 表 記... 3 1.ワンタッチプライバシーへようこそ... 4.ワンタッチプライバシーを 使 うための 準 備... 5-1. 初 回 起 動 時 の 設 定... 5 -. 起 動 時 のパスワード 入 力... 8 3.データを 登 録 する... 9 3-1. データを 登 録 するうえでの

More information

(3) 操 作 設 定 最 大 64 台 のエアコン 又 は16グループまでの 操 作 設 定 を 個 別 グループ 単 位 一 括 で 実 施 します 項 目 内 容 1 運 転 / 停 止 運 転 又 は 停 止 操 作 を 行 う 2 運 転 モード 冷 房 暖 房 除 湿 送 風 自 動 (

(3) 操 作 設 定 最 大 64 台 のエアコン 又 は16グループまでの 操 作 設 定 を 個 別 グループ 単 位 一 括 で 実 施 します 項 目 内 容 1 運 転 / 停 止 運 転 又 は 停 止 操 作 を 行 う 2 運 転 モード 冷 房 暖 房 除 湿 送 風 自 動 ( (1) 入 力 出 力 センターコンソール スーパーリンク 対 応 室 内 機 ( 1) 使 用 時 周 囲 温 度 0~40 電 源 消 費 電 力 外 形 寸 法 ( 高 さ X 幅 X 奥 行 ) 質 量 室 内 ユニット 最 大 接 続 台 数 外 部 タイマー 入 力 3 緊 急 停 止 信 号 入 力 3 デマンド 信 号 入 力 3 一 括 運 転 出 力 4 一 括 異 常 出 力

More information

(Microsoft PowerPoint - \201\2321206_QSG AIR PRO WiFi_Android.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \201\2321206_QSG AIR PRO WiFi_Android.ppt) P - [ ionアプリ ] AndroidとWiFi 接 続 (version. 以 上 ) STEP WiFi PODZ の 電 源 をいれてく ださい ランプが 青 く 光 ります ウォームアップに5 秒 ほどかかり 通 信 が 可 能 になると 点 滅 し 始 めます バッテリー 残 量 が 少 なくなると WiFi 接 続 が 不 安 定 になることが あります その 場 合 には フル

More information

1. はじめに

1. はじめに 標 準 ソフト 1 はじめに 2 2 標 準 ソフトのインストール 3 3 USBドライバーのインストール(Windows10/ 8) 7 (Windows7) 12 (Windows10/ 8 / 7 共 通 ) 13 4 USBドライバーが 正 常 動 作 しない 場 合 18 5 標 準 ソフトのアンインストール 19 6 USBドライバーのアンインストール 20 7 LTシリーズの 動 作

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2096B390FC4C414E91CE899E8350815B8375838B8382836683808386815B8355815B837D836A83858341838B2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2096B390FC4C414E91CE899E8350815B8375838B8382836683808386815B8355815B837D836A83858341838B2E70707478> 無 線 LAN 対 応 ケーブルモデム CBW38G4J CBW383G4J かんたん 設 定 マニュアル ルーター 機 器 の 詳 細 設 定 変 更 方 法 は oninet 無 線 モデムに 付 属 している 取 扱 い 説 明 書 をご 覧 ください 目 次 1ページ 安 全 にお 使 いいただくには 2ページ 無 線 モデムの 各 部 説 明 3ページ WPSボタン ランプの 説 明 4

More information

ProVariManual_pall1

ProVariManual_pall1 ProVari オーナーズ マニュアル ProVari 電 子 タバコを 購 入 してくださって ありがとうございます! あなたの 電 子 タバコを 使 う 前 に このマニュアルをお 読 みください www.provape.com 1 電 子 タバコ(あるいはpersonal vaporizerとして 知 られている)はバッテリーを 動 力 とする 蒸 気 化 された 溶 液 によりニコチンを 吸

More information

1. 概 要 はじめに 特 長 このたびは 弊 社 製 品 をお 買 い 上 げいただきありがとうございます お 求 めの 弊 社 製 品 を 正 しく 使 っていただくために,ご 使 用 前 に 本 書 をよくお 読 みください 弊 社 製 品 の 正 しい 商 品 知 識 と 取 扱 により 末 永 くご 愛 用 いただきますようお 願 い 申 し 上 げます なお 本 書 は,お 読 みになったあと

More information

御 使 用 の 前 に 必 ず 本 取 扱 説 明 書 をよく 読 んで 理 解 して 安 全 の 為 の 指 示 に 従 って 下 さい もし 不 明 点 が 有 れば 販 売 店 か 弊 社 におたずね 下 さい 目 次 注 意 事 項 2 1. 主 な 機 能 と 特 徴 3 2. 仕 様 4

御 使 用 の 前 に 必 ず 本 取 扱 説 明 書 をよく 読 んで 理 解 して 安 全 の 為 の 指 示 に 従 って 下 さい もし 不 明 点 が 有 れば 販 売 店 か 弊 社 におたずね 下 さい 目 次 注 意 事 項 2 1. 主 な 機 能 と 特 徴 3 2. 仕 様 4 アルビクス 映 像 音 声 エラー 検 出 装 置 VAD-816 取 扱 説 明 書 V01 御 使 用 の 前 に 必 ず 本 取 扱 説 明 書 をよく 読 んで 理 解 して 安 全 の 為 の 指 示 に 従 って 下 さい もし 不 明 点 が 有 れば 販 売 店 か 弊 社 におたずね 下 さい 目 次 注 意 事 項 2 1. 主 な 機 能 と 特 徴 3 2. 仕 様 4 3.

More information

inst_manual_2.ai

inst_manual_2.ai 保 管 用 保 証 書 付 DBX-AZR DBX-AZE もくじ 安 全 上 のご 注 意 1 ~ 2 取 扱 説 明 書 コンデンス 除 湿 機 AZシリーズ CONDENSE この 度 はコンデンス 除 湿 機 AZをお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとう ございます ご 使 用 になる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しく お 使 いください お 読 みになった

More information

EPOS Application Note

EPOS Application Note Data Recording Positioning Controller Application Note "データ レコーディング" Edition December 2011 EPOS 24/1, EPOS2 Module 36/2, EPOS2 24/5, EPOS2 50/5, EPOS2 70/10 全 ての Firmware version EPOS2 24/2 Firmware version

More information

PN24099(S9GPWR).manual_2版.indd

PN24099(S9GPWR).manual_2版.indd 取 扱 説 明 書 Switch-S9GPWR 品 番 PN24099 お 買 い 上 げいただき まことにありがとうございます 説 明 書 をよくお 読 みのうえ 正 しく 安 全 にお 使 いください ご 使 用 前 に 安 全 上 のご 注 意 ( 2 ~ 3 ページ )を 必 ずお 読 みください いかなる 場 合 でも お 客 様 で 本 体 を 分 解 した 場 合 には 保 証 対 象

More information

HTG-35U ブルーバック表示の手順書 (2014年12月改定)

HTG-35U ブルーバック表示の手順書 (2014年12月改定) HTG-35U ブルーバック 表 示 の 手 順 書 概 要 本 書 は HTG-35U にてブルーバックの 画 面 を 出 力 するための 手 順 書 です HTG-35U のビットマップ 出 力 機 能 及 び 固 定 文 字 表 示 機 能 を 使 用 してブルーバックの 表 示 を 設 定 します また ブルーバックの 表 示 / 非 表 示 をタイマーで 自 動 に 切 り 替 えを 行

More information

安 全 上 の 注 意 この 度 は Gefen 製 品 をお 買 いあげいただき ありがとうございます 機 器 のセッティングを 行 う 前 に この 取 扱 説 明 書 を 十 分 にお 読 みください この 説 明 書 に は 取 り 扱 い 上 の 注 意 や 購 入 された 製 品 を 最

安 全 上 の 注 意 この 度 は Gefen 製 品 をお 買 いあげいただき ありがとうございます 機 器 のセッティングを 行 う 前 に この 取 扱 説 明 書 を 十 分 にお 読 みください この 説 明 書 に は 取 り 扱 い 上 の 注 意 や 購 入 された 製 品 を 最 HDMI to HDMI Plus Audio Converter HDMI オーディオコンバーター 型 番 :GTV-HDMI-2-HDMIAUD 取 扱 説 明 書 2014 年 12 月 版 安 全 上 の 注 意 この 度 は Gefen 製 品 をお 買 いあげいただき ありがとうございます 機 器 のセッティングを 行 う 前 に この 取 扱 説 明 書 を 十 分 にお 読 みください

More information

Gefen_GTB-HD4K2K-148_取扱説明書_201402.indd

Gefen_GTB-HD4K2K-148_取扱説明書_201402.indd 1:8 Splitter for HDMI with Ultra HD 4K / 2K support 4K/2K Ultra HD 対 応 HDMI 分 配 機 型 番 :GTB-HD4K2K-148-BLK 型 番 :GTB-HD4K2K-148-BLK 取 扱 説 明 書 2014 年 2 月 版 安 全 上 の 注 意 この 度 は Gefen 製 品 をお 買 いあげいただき ありがとうございます

More information

各 部 の 名 称 と 機 能 0 9 2 8 7 3 4 5 6 2 3-2

各 部 の 名 称 と 機 能 0 9 2 8 7 3 4 5 6 2 3-2 各 部 の 名 称 と 機 能... -2 W-SIM(ウィルコムシム)... -3 W-SIMを 取 り 付 け/ 取 り 外 す... -3 電 池 パックと 充 電 器 のお 取 り 扱 い... -4 電 池 パックと 充 電 器 を... -4 電 池 パックを 取 り 付 け/ 取 り 外 す... -5 充 電 す... -5 電 源 を 入 れ/ 切... -6 電 源 を 入 れ...

More information

2 商 標 注 意 AJA KONA および XENA は AJA Video Systems 社 の 登 録 商 標 です IoHD TM や Io TM は AJA Video Systems 社 の 商 標 です ロゴおよび 高 解 像 度 マルチメディアインターフェイスは Licensing

2 商 標 注 意 AJA KONA および XENA は AJA Video Systems 社 の 登 録 商 標 です IoHD TM や Io TM は AJA Video Systems 社 の 商 標 です ロゴおよび 高 解 像 度 マルチメディアインターフェイスは Licensing M-0836 v. 1.2 HA5 to HD-SDI/SDI ビデオ&オーディオコンバータ Published: May 13, 2008 2 商 標 注 意 AJA KONA および XENA は AJA Video Systems 社 の 登 録 商 標 です IoHD TM や Io TM は AJA Video Systems 社 の 商 標 です ロゴおよび 高 解 像 度 マルチメディアインターフェイスは

More information

Microsoft Word - らくらく給与7.docx

Microsoft Word - らくらく給与7.docx WINDOWS 7,2000,XP,vista( 画 面 1024 786 以 上 ) 電 卓 感 覚 で 使 える!! ら く ら く 給 与 7 有 限 会 社 シンシステムデザイン 721-0907 広 島 県 福 山 市 春 日 町 6-6-5 エバーシャインビル4F TEL 084-946-5253 FAX 084-946-5254 らくらく 給 与 7の 運 用 について (1) 本 ソフトおよびマニュアルは

More information

COPY RIGHT OK MODEL CO., LTD. 画 面 表 示 の 解 説 ( 充 放 電 中 の 画 面 はそれぞれの 項 をご 覧 ください) 入 力 設 定 画 面 親 電 源 に 接 続 するとオープニング 画 面 に 続 いて 表 示 されます 設 定 変 更 しない 場 合 はESCボタンを 押 すと 次 の 画 面 に 移 ります ( 操 作 ) 1 ボタンで を 移

More information

目 次 目 次 目 次... ぴぴパッ!ってなに?... ぴぴパッ!ご 利 用 までのステップ... 3 ぴぴパッ!タブレットアプリについて... 4 ぴぴパッ!の 設 定 手 順... 5 ぴぴパッ!ログイン 画 面... 6 [ 予 報 ]タブ... 7. 節 電 予 報... 7. 節 電 ビ

目 次 目 次 目 次... ぴぴパッ!ってなに?... ぴぴパッ!ご 利 用 までのステップ... 3 ぴぴパッ!タブレットアプリについて... 4 ぴぴパッ!の 設 定 手 順... 5 ぴぴパッ!ログイン 画 面... 6 [ 予 報 ]タブ... 7. 節 電 予 報... 7. 節 電 ビ 更 新 日 05 年 月 0 日 バ ー ジ ョ ン.9 取 扱 説 明 書 目 次 目 次 目 次... ぴぴパッ!ってなに?... ぴぴパッ!ご 利 用 までのステップ... 3 ぴぴパッ!タブレットアプリについて... 4 ぴぴパッ!の 設 定 手 順... 5 ぴぴパッ!ログイン 画 面... 6 [ 予 報 ]タブ... 7. 節 電 予 報... 7. 節 電 ビンゴゲーム... 8 3

More information

54300269.fm

54300269.fm 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information

IP Video 9100(A)

IP Video 9100(A) 人 感 センサー 付 きドアスコープカメラ (SDカード 録 画 暗 視 機 能 付 き) 取 扱 説 明 書 型 番 :BSC-006N 目 次 1. 概 要...2 2. 注 意...2 3. 各 部 の 名 称 と 機 能...2 4. 取 付 方 法...3 5. 操 作 方 法... 5 6.パラメータ...6 7. 付 属 品...6 保 証 書...7 本 取 扱 説 明 書 にある

More information

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ 1-7483-21 Instruction Manual ELECTRIC ASPIRATOR アスピレータ GAS-1 取 扱 説 明 書 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました

More information

Microsoft Word - SST40202-1501.doc

Microsoft Word - SST40202-1501.doc 電 子 式 水 用 流 量 計 R アクアアイ 仕 様 書 SST40202 15.01 1. 概 要 電 子 式 水 用 流 量 計 は 羽 根 車 式 水 用 流 量 計 の 計 量 部 に 電 子 表 示 計 数 部 を 搭 載 した 水 用 流 量 計 です ユーザが 現 場 で 設 定 を 容 易 に 変 更 ができる ユーザ 設 定 機 能 を 搭 載 し 幅 広 いアプリケーションへの

More information

5-2.操作説明書(支店連携)_xlsx

5-2.操作説明書(支店連携)_xlsx お 客 さま 向 け 送 り 状 発 行 システム 5-2. 操 作 説 明 書 ( 支 店 連 携 ) ゆうパックプリントR は 日 本 郵 便 株 式 会 社 がお 客 さまに 無 料 で 提 供 する ゆうパックや 郵 便 商 品 の 送 り 状 をパソコンで 印 刷 するためのソフトウェアです ゆうパックプリントRを 以 降 ゆうプリR と 表 記 します 本 マニュアルは 支 店 連 携

More information

T8200UD

T8200UD T8200UD 共 振 周 波 数 検 査 機 製 品 仕 様 書 Ver.1.04 平 成 25 年 08 月 20 日 第 1.04 版 販 売 元 株 式 会 社 テ ス ト ラ ム 製 造 元 株 式 会 社 V-SAT 年 月 日 版 作 成 者 説 明 2012 年 10 月 19 日 1.0 宮 田 新 規 作 成 2012 年 12 月 12 日 1.01 宮 田 機 能 仕 様 追

More information

はじめに 本 製 品 NRS-1 は アーケードゲーム 基 板 用 の 連 射 装 置 として ゲームプレイヤー 及 び アミューズメント 施 設 向 けに 設 計 しました ーその 特 長 として 1.シンクロ 連 射 機 能 毎 秒 30 / 20 / 15 / 12 のシンクロ 連 射 に 対

はじめに 本 製 品 NRS-1 は アーケードゲーム 基 板 用 の 連 射 装 置 として ゲームプレイヤー 及 び アミューズメント 施 設 向 けに 設 計 しました ーその 特 長 として 1.シンクロ 連 射 機 能 毎 秒 30 / 20 / 15 / 12 のシンクロ 連 射 に 対 はじめに 本 製 品 NRS-1 は アーケードゲーム 基 板 用 の 連 射 装 置 として ゲームプレイヤー 及 び アミューズメント 施 設 向 けに 設 計 しました ーその 特 長 として 1.シンクロ 連 射 機 能 毎 秒 30 / 20 / 15 / 12 のシンクロ 連 射 に 対 応 反 転 信 号 にも 対 応 しています 2. 自 由 にできる ボタンのカスタマイズ 機 能

More information

20 記 帳 日 常 業 務 残 高 一 覧 表 21 記 帳 日 常 業 務 工 事 別 集 計 表 22 記 帳 日 常 業 務 工 事 管 理 表 23 記 帳 日 常 業 務 工 事 台 帳 24 記 帳 日 常 業 務 工 事 元 帳 25 記 帳 日 常 業 務 資 金 日 計 表 26

20 記 帳 日 常 業 務 残 高 一 覧 表 21 記 帳 日 常 業 務 工 事 別 集 計 表 22 記 帳 日 常 業 務 工 事 管 理 表 23 記 帳 日 常 業 務 工 事 台 帳 24 記 帳 日 常 業 務 工 事 元 帳 25 記 帳 日 常 業 務 資 金 日 計 表 26 ver1.70.1000リリースノート 修 正 内 容 項 番 システム タブメニュー 修 正 画 面 修 正 機 能 修 正 内 容 クライアントログ 出 力 で 設 定 ダイアログ 表 示 できるよう 対 応 しました 1 共 通 共 通 コンポーネント クライアントログ これによりログレコード 数 と 通 信 ログ 出 力 の 設 定 が 行 えます 2 共 通 共 通 コンポーネント ポーリングサービス

More information

カーシェア TOP24 基 本 事 項 一 覧 1 ID パスワード 6 桁 ( 以 下 PW)について 会 員 様 ( 会 員 様 で 登 録 運 転 者 様 でもある 場 合 ) 会 員 ID8 桁 PW(PC 用 モハ イル スマホ 会 員 サイトでは 使 用 不 可 )と 運 転 者 ID1

カーシェア TOP24 基 本 事 項 一 覧 1 ID パスワード 6 桁 ( 以 下 PW)について 会 員 様 ( 会 員 様 で 登 録 運 転 者 様 でもある 場 合 ) 会 員 ID8 桁 PW(PC 用 モハ イル スマホ 会 員 サイトでは 使 用 不 可 )と 運 転 者 ID1 ご 利 用 にあたって このたびはカーシェア@TOP24にご 入 会 頂 き 誠 にありがとうございます 了 承 事 項 複 数 の 会 員 で 車 両 を 共 同 利 用 するカーシェアリングのシステム 上 ご 予 約 された 時 間 の 前 利 用 者 様 が 何 らかの 理 由 で 時 間 内 にご 返 却 できず ご 予 約 された 時 間 からの 利 用 開 始 ができない 場 合 が ございます

More information

安 全 上 のご 注 意 GMP-C0208 2x8 HDMI Cat5スプリッターは 世 界 中 で 使 用 される 安 全 規 制 に 準 拠 したテストが 行 われ 認 定 されています 但 し 他 の 電 子 機 器 等 と 同 じく 本 製 品 をご 使 用 の 際 にはマニュアルに 記

安 全 上 のご 注 意 GMP-C0208 2x8 HDMI Cat5スプリッターは 世 界 中 で 使 用 される 安 全 規 制 に 準 拠 したテストが 行 われ 認 定 されています 但 し 他 の 電 子 機 器 等 と 同 じく 本 製 品 をご 使 用 の 際 にはマニュアルに 記 ユーザーマニュアル GMP-C0208 GMR-CL,GMR-CS HDMI SPLITTER over Cat.5e rev:20120404c0208a Made in Taiwan 安 全 上 のご 注 意 GMP-C0208 2x8 HDMI Cat5スプリッターは 世 界 中 で 使 用 される 安 全 規 制 に 準 拠 したテストが 行 われ 認 定 されています 但 し 他 の 電

More information

Microsoft Word - 仕様書_VR710AVA_1.7.21.87_5版_150706.doc

Microsoft Word - 仕様書_VR710AVA_1.7.21.87_5版_150706.doc 本 仕 様 はアプリケーション Ver.1.7.21.87 以 降 に 準 じています 本 仕 様 はアプリケーション Ver.1.7.21.87 以 降 に 準 じています 商 品 概 要 INS ネット 1500 INS ネット 64 電 話 回 線 電 話 機 AC 100V PRI ラインボード BRI ラインボード アナログラインボード 本 機 キーボード マウス TFT ディスプレイ UPS

More information

28年オンライン調査システム操作説明書

28年オンライン調査システム操作説明書 平 成 28 年 科 学 技 術 研 究 調 査 オ ン ラ イ ン 調 査 シ ス テ ム 操 作 説 明 書 科 学 技 術 研 究 調 査 では 郵 送 に 加 えてオンライン 調 査 システムを 利 用 した インターネットによるご 回 答 も 可 能 となっています オンライン 調 査 システムの 利 用 には フリーソフトである AdobeReader の 所 定 バージョン 等 の 利

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039392D483238944E208E5A92E88F88979D90E096BE8F915F90E68D7394C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039392D483238944E208E5A92E88F88979D90E096BE8F915F90E68D7394C52E646F63> 資 料 3 平 成 28 年 6 月 3 日 Ⅰ. 算 定 処 理 の 前 に 平 成 28 年 算 定 処 理 先 行 説 明 書 算 定 処 理 を 行 う 前 に 以 下 の 設 定 がされているかご 確 認 ください 健 康 保 険 等 級 追 加 ( 平 成 28 年 3 月 ~) メインメニュー 税 額 表 社 会 保 険 料 を 押 します 00000029 平 成 28 年 ( 東

More information

5. 使 用 前 には 必 ず 各 部 に 異 常 がないかを 点 検 してから 作 業 してください 湿 気 やホコリの 多 い 場 所 に 置 かないでください 火 災 感 電 の 原 因 となることがあります 乳 幼 児 の 手 の 届 かない 場 所 に 保 管 してください 誤 って 破

5. 使 用 前 には 必 ず 各 部 に 異 常 がないかを 点 検 してから 作 業 してください 湿 気 やホコリの 多 い 場 所 に 置 かないでください 火 災 感 電 の 原 因 となることがあります 乳 幼 児 の 手 の 届 かない 場 所 に 保 管 してください 誤 って 破 AP デジタルフォトフレーム 取 扱 説 明 書 1. 取 扱 説 明 書 について この 度 は アストロプロダクツ 製 品 をお 買 上 頂 きまして 誠 にありがとうございます ご 使 用 前 に この 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みになり 安 全 にお 使 い 下 さ いますよう お 願 いいたします 当 社 の 許 可 なく 取 扱 説 明 書 の 内 容 の 全 部 または 一 部

More information

Microsoft Word - CC1024取扱説明書.doc

Microsoft Word - CC1024取扱説明書.doc CC1024 取 扱 説 明 書 第 一 版 2005.12.14 第 二 版 2006. 7.25 株 式 会 社 メガトンハウス 1.はじめに 1) 各 部 の 名 称 2) 主 な 画 面 カメラマネージャ 画 面 運 用 画 面 カメラ 制 御 画 面 3) 主 な 機 能 接 続 可 能 なカメラ 機 種 登 録 カメラ 台 数 登 録 グループ 数 4) 特 殊 機 能 動 体 検 知

More information

目 次 目 次 1 ログイン ログアウト...1 1.1 ログインする...1 ログイン 画 面 が 表 示 されないときは?... 1 初 めてログインするときのパスワードは?... 2 初 期 パスワードを 忘 れてしまったときは?... 2 変 更 したパスワードを 忘 れてしまったときは?.

目 次 目 次 1 ログイン ログアウト...1 1.1 ログインする...1 ログイン 画 面 が 表 示 されないときは?... 1 初 めてログインするときのパスワードは?... 2 初 期 パスワードを 忘 れてしまったときは?... 2 変 更 したパスワードを 忘 れてしまったときは?. よこしん 外 為 インターネットバンキング 基 本 操 作 編 最 終 更 新 日 :2014 年 12 月 25 日 目 次 目 次 1 ログイン ログアウト...1 1.1 ログインする...1 ログイン 画 面 が 表 示 されないときは?... 1 初 めてログインするときのパスワードは?... 2 初 期 パスワードを 忘 れてしまったときは?... 2 変 更 したパスワードを 忘 れてしまったときは?...

More information

Microsoft Word - GS108P_installation_guide.docx

Microsoft Word - GS108P_installation_guide.docx インストールガイド ProSafe 8 ポート PoE ギガビットスイッチ GS108P 本 書 では GS108P 8 ポート PoE ギガビットスイッチの 設 置 方 法 を 説 明 しています GS108P 外 観 前 面 パッケージ 内 容 本 パッケージには 次 のものが 含 まれています GS108P スイッチ 本 体 電 源 アダプタ(1 個 ) 電 源 コード(2 本 : 日 本 仕

More information

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害 熱 風 工 具 ファン 付 きダクトヒーター ( 寒 冷 地 タイプ) HFD3075 HFD3100 HFD3150 HFD3200 HFD3300 取 扱 説 明 書 お 買 いあげいただき ありがとうございます ファン 付 きダクトヒーター を 安 全 にご 使 用 いただくため お 使 いになる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みください お 読 みになった 後 は 後 日 お 役

More information

百 五 でんさいサービス 承 認 編 この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックして

百 五 でんさいサービス 承 認 編 この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックして 百 五 でんさいサービス 操 作 マニュアル 承 認 編 第 3.1 版 平 成 27 年 4 月 株 式 会 社 百 五 銀 行 百 五 でんさいサービス 承 認 編 この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例

More information

経 理 上 くん db(version 8.001)の 変 更 点 概 要 Ⅰ. 消 費 税 /リバースチャージ 方 式 の 申 告 に 対 応 1 特 定 課 税 仕 入 特 定 課 税 仕 入 返 還 区 分 を 追 加 しました Ⅱ.その 他 の 改 良 修 正 詳 細 は 後 述 を 参 照

経 理 上 くん db(version 8.001)の 変 更 点 概 要 Ⅰ. 消 費 税 /リバースチャージ 方 式 の 申 告 に 対 応 1 特 定 課 税 仕 入 特 定 課 税 仕 入 返 還 区 分 を 追 加 しました Ⅱ.その 他 の 改 良 修 正 詳 細 は 後 述 を 参 照 経 理 上 手 くんdbNL(Vers 6.001) バージョンアップ 変 更 点 概 要 財 務 処 理 db 導 入 更 新 Version 8.001 当 プログラムは マイクロソフト 社 のサポート 対 応 終 了 に 伴 い Windows XP 搭 載 機 へのインストールは 不 可 と なっています 消 費 税 /リバースチャージ 方 式 の 申 告 に 対 応 特 定 課 税 仕 入

More information

取 り 付 け 方 法 製 品 を 車 輌 に 装 着 する 手 順 を 記 載 します 作 業 を 開 始 する 前 に 以 下 の 点 にご 注 意 下 さい * 必 ず 車 輌 サービスマニュアルを 参 照 の 上 作 業 を 行 ってください * 配 線 加 工 を 行 う 際 は 必 ずメ

取 り 付 け 方 法 製 品 を 車 輌 に 装 着 する 手 順 を 記 載 します 作 業 を 開 始 する 前 に 以 下 の 点 にご 注 意 下 さい * 必 ず 車 輌 サービスマニュアルを 参 照 の 上 作 業 を 行 ってください * 配 線 加 工 を 行 う 際 は 必 ずメ Speed Pulse Modulator NEGOTIATOR - S for XJR1300 ご 使 用 になる 前 に この 度 は 弊 社 製 品 をお 買 い 求 め 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 紙 では 製 品 の 車 体 装 着 及 び 操 作 方 法 を 記 載 しております 説 明 文 をよくご 理 解 いただき 正 しく 装 着 頂 きます 様 お 願 いいたします

More information

LANアダプターは プラスチック 金 属 部 品 などで 構 成 されています 燃 やすと 危 険 ですので 廃 棄 する 場 合 は 各 自 治 体 の 指 示 に 従 ってください 使 用 上 のおねがい 本 体 以 外 の 機 器 (パソコンなど)には 接 続 しないでください 故 障 の 原

LANアダプターは プラスチック 金 属 部 品 などで 構 成 されています 燃 やすと 危 険 ですので 廃 棄 する 場 合 は 各 自 治 体 の 指 示 に 従 ってください 使 用 上 のおねがい 本 体 以 外 の 機 器 (パソコンなど)には 接 続 しないでください 故 障 の 原 Wii LANアダプター RVL-015 取 扱 説 明 書 MAA-RVL-A-UE-JPN-C0 このたびはお 買 い 上 げいただきまして 誠 にありがとうございます ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みいただき 正 しくお 使 いください 特 に 安 全 に 使 用 す るために は ご 使 用 になる 前 に 必 ずお 読 みください ご 使 用 になる

More information

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ

ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台 につき 1セット 購 入 が 原 則 となっ Multi LABELIST V5 練 習 マニュアル - - 2014.3 第 2 版 2014 年 3 月 18 日 株 式 会 社 サトー ご 注 意 1. 本 ソフトウェアの 著 作 権 は 株 式 会 社 サトーにあります 2. 本 ソフトウェアおよびマニュアルの 一 部 または 全 部 を 無 断 で 使 用 複 製 することはできません 3. 本 ソフトウェアは コンピュータ 1 台

More information

Microsoft Word - PCControlUtilityPD1説明書rev106.docx

Microsoft Word - PCControlUtilityPD1説明書rev106.docx PC Control Utility PD 1 説 明 書 パブリックディスプレイと PC の 接 続 について 目 次 2 1 PC Control Utility PD 1 について --------------------------------------------------------------------------- 3 2 動 作 環 境 ---------------------------------------------------------------------------

More information

DL1720/DL1740ディジタルオシロスコープユーザーズマニュアル

DL1720/DL1740ディジタルオシロスコープユーザーズマニュアル DL1720/DL1740 IM 701710-01 http://www.yokogawa.co.jp/measurement/ 0120-137046 tmi-cs@csv.yokogawa.co.jp FAX 0422-52-6624 Disk No. DL30 2nd Edition : July 2001 (YK) All Rights Reserved, Copyright 2001 Yokogawa

More information

メモリービューワー 機 能 メモリービューワー 機 能 とは プロジェクターを 使 ってのプレゼンテーションや 画 像 の 投 映 を コンピュータや 外 部 機 器 を 使 うことなくプロ ジェクター 自 身 で 行 なえる 機 能 です USB メモリにファイルを 収 録 し プロジェクターに

メモリービューワー 機 能 メモリービューワー 機 能 とは プロジェクターを 使 ってのプレゼンテーションや 画 像 の 投 映 を コンピュータや 外 部 機 器 を 使 うことなくプロ ジェクター 自 身 で 行 なえる 機 能 です USB メモリにファイルを 収 録 し プロジェクターに 取 扱 説 明 書 ( 別 冊 ) Memory viewer(メモリービューワー)の 使 いかた この 説 明 書 はプロジェクターメモリービューワー 機 能 の 取 扱 説 明 書 です メモリービューワー 機 能 の 操 作 はこの 取 扱 説 明 書 に 従 い 行 なってください はじめに プロジェクター 本 体 の 取 扱 説 明 書 をご 覧 頂 き プロジェクターの 基 本 的 な

More information

所得税FAQH27 [互換モード]

所得税FAQH27 [互換モード] 所 得 税 システム 確 定 申 告 に 関 するよくあるお 問 い 合 わせ 確 定 申 告 書 作 成 の 流 れや 確 定 申 告 処 理 に 関 して お 客 様 から 多 く 寄 せられるご 質 問 についてご 説 明 いたします - 平 成 27 年 版 - (C) EPSON SALES JAPAN CORPORATION, All rights reserved.2016 1 目 次

More information

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 1. 総 則 1.1 適 用 範 囲 この 規 格 は 計 器 用 変 成 器 または 計 器 用 変 圧 器 および 計 器 用 変 流 器 ( 二 次 側 三 相 3 線 式 110V 5A)とともに 取 付 ける 電 子 式 複 合 計 器 ( 以 下 計

More information

目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ 復 元 9.データ 削 除 エラーリセット 10. 需 要 数

目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ 復 元 9.データ 削 除 エラーリセット 10. 需 要 数 教 科 書 事 務 執 行 管 理 システム( 学 校 用 ) システム 操 作 マニュアル Ver.1.6.1 平 成 28 年 5 月 11 日 1 / 232 目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ

More information

Microsoft Word - TW-510T取扱説明書V2.13.doc

Microsoft Word - TW-510T取扱説明書V2.13.doc トルクレンチ 用 送 信 機 TW-510T 取 扱 説 明 書 V2.13 ヘルツ 電 子 株 式 会 社 433-8103 静 岡 県 浜 松 市 北 区 豊 岡 町 62-1 TEL 053 438-3555 FAX 053 438-3411 安 全 で 快 適 にお 使 いいただくために ( 必 ずお 読 みください) このたびは 弊 社 製 品 をお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます

More information

Ver.1.6.3.0 (2014 年 6 月 16 日 リリース) Windows 8.1 に 対 応 しました デスクトップアプリケーションとして 動 作 します 64 ビット 版 では WOW64 (Windows On Windows 64) として 動 作 します LabelianⅡをイン

Ver.1.6.3.0 (2014 年 6 月 16 日 リリース) Windows 8.1 に 対 応 しました デスクトップアプリケーションとして 動 作 します 64 ビット 版 では WOW64 (Windows On Windows 64) として 動 作 します LabelianⅡをイン LabelianⅡ バージョン 履 歴 Ver.1.7.0.0 (2015 年 2 月 6 日 リリース) 発 行 端 末 モードに 対 応 しました タブレットで 利 用 時 ひらがなや 漢 字 が 含 まれるデータを 編 集 して 発 行 する 運 用 には 適 しません 画 面 解 像 度 はタスクバーを 除 いたエリアが 1024x768 以 上 必 要 です ( 解 像 度 に 満 たない

More information

教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程 について 5 4. ログイン 6 5. トップページ 7 6. 学 部 -

教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程 について 5 4. ログイン 6 5. トップページ 7 6. 学 部 - 教 務 Webシステム ( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 修 正 版 更 新 日 :204//07 表 紙 国 立 大 学 法 人 東 京 工 業 大 学 204 年 月 教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程

More information

目 次 1. 3eAnalyzer をご 使 用 にあたって 必 要 なもの... 4 2. ご 利 用 前 に 必 ずお 読 みください... 4 3. 3eAnalyzer 基 本 操 作 手 順... 5 4. 3eAnalyzer の 問 題 作 成 と 投 票... 6 5. レシーバーの

目 次 1. 3eAnalyzer をご 使 用 にあたって 必 要 なもの... 4 2. ご 利 用 前 に 必 ずお 読 みください... 4 3. 3eAnalyzer 基 本 操 作 手 順... 5 4. 3eAnalyzer の 問 題 作 成 と 投 票... 6 5. レシーバーの 基 本 操 作 ガイド Office 2010 Version 4.5.4.3 第 1 版 2012 年 5 月 木 村 情 報 技 術 株 式 会 社 目 次 1. 3eAnalyzer をご 使 用 にあたって 必 要 なもの... 4 2. ご 利 用 前 に 必 ずお 読 みください... 4 3. 3eAnalyzer 基 本 操 作 手 順... 5 4. 3eAnalyzer の 問

More information

8 顧 問 料 管 理 支 援 ソフト 報 酬 名 人 操 作 マニュアル 第 1 版 報 酬 名 人 操 作 の 流 れ 報 酬 名 人 では 煩 雑 になりがちな 顧 問 料 の 請 求 処 理 入 金 処 理 を 一 括 管 理 顧 問 先 の 様 々な 請 求 形 態 ( 毎 月 請 求 各 月 請 求 等 )にも 対 応 しています 請 求 書 領 収 書 はもちろん 支 払 調 書 や 所

More information

設定用 バーコードメニュー

設定用 バーコードメニュー 接 続 手 順 書 TMA-6000 TMA-6000U 2015 年 4 月 28 日 第 4 版 改 訂 履 歴 第 1 版 (2009.2.19) 第 2 版 (2012.10.30) 第 3 版 (2014.9.5) 仮 想 COM モードの 説 明 を 追 記 HID モード/ 仮 想 COM モードを 切 り 替 えるバーコードメニューを 追 記 社 名 変 更 に 伴 う 表 紙 背

More information

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書 20131101_ 東 北 厚 生 局 返 還 金 同 意 書 等 作 成 支 援 ツール 操 作 説 明 書 平 成 25 年 12 月 東 北 厚 生 局 1. はじめに 返 還 金 同 意 書 作 成 支 援 ツールは 保 険 医 療 機 関 及 び 保 険 薬 局 において 診 療 報 酬 を 誤 って 請 求 したこと 等 により 保 険 者 に 診 療 報 酬 を 返 還 する 場 合

More information

2 針 および3 針 時 計 の 時 間 設 定 機 能 短 針 長 針 I II リューズ 時 間 の 設 定 1. リューズをポジションIIまで 引 き 出 します( 時 計 が 停 止 します) 2. 正 しい 時 刻 になるまで(リューズを 時 計 回 りに) 回 します 3. リューズをポ

2 針 および3 針 時 計 の 時 間 設 定 機 能 短 針 長 針 I II リューズ 時 間 の 設 定 1. リューズをポジションIIまで 引 き 出 します( 時 計 が 停 止 します) 2. 正 しい 時 刻 になるまで(リューズを 時 計 回 りに) 回 します 3. リューズをポ 日 本 語 2 針 および3 針 時 計 の 時 間 設 定 機 能 短 針 長 針 I II リューズ 時 間 の 設 定 1. リューズをポジションIIまで 引 き 出 します( 時 計 が 停 止 します) 2. 正 しい 時 刻 になるまで(リューズを 時 計 回 りに) 回 します 3. リューズをポジションIまで 押 し 戻 します 164 3 針 日 付 表 示 ムーブメント / スモールセコンド

More information

Microsoft Word - 2015年末調整手順書.doc

Microsoft Word - 2015年末調整手順書.doc 給 与 システム 年 末 調 整 処 理 手 順 書 < 目 次 > Ⅰ. 処 理 手 順 フロー(P.2) Ⅱ. 年 末 調 整 準 備 資 料 について(P.3~) Ⅲ. 年 調 期 間 設 定 について(P.5~) Ⅳ. 申 告 データ 個 別 入 力 について(P.9~) Ⅴ. 年 末 調 整 確 定 処 理 について(P.14~) Ⅵ. 各 種 帳 票 について(P.20~) 資 料 :よくあるお

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション クラウド 安 心 カメラ 主 要 機 能 設 定 マニュアル 株 式 会 社 セールスパートナー 改 訂 2014/1/31 簡 易 目 次 iphone 編 P3~ ipad 閲 覧 編 P25~ 2 iphone 編 3 iphone 編 アプリDL~カメラリストの 登 録 Step1:アプリのダウンロード APP Store より クラウド 安 心 カメラ を ダウンロードしてください Androidの

More information

平 成 27 年 給 与 大 臣 年 末 調 整 の 流 れとQ&A 年 末 調 整 の 際 に 是 非 ご 活 用 ください 応 研 株 式 会 社 平 成 27 年 給 与 大 臣 年 末 調 整 の 流 れとQ&A 目 次 第 1 章 年 末 調 整 の 流 れと 前 準 備 1. 年 末 調 整 処 理 方 法...2 2. 年 末 調 整 の 前 準 備...4 第 2 章 年 末 調

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378> 2016 3 目 次 1 経 営 移 譲 年 金 と 農 業 者 老 齢 年 金 について 2 これから 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 しようとされる 方 へ 2-1 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 するには 4 2-1-1 経 営 移 譲 とは 4 2-1-2 加 算 付 年 金 8 2-2 実 体 を 伴 った 経 営 移 譲 を 行 うために 11 2-3 支 給 開 始 時 期

More information

SK-Viewer ver1.652.xlsx

SK-Viewer ver1.652.xlsx ビュアーソフトウェア SK-Viewer Ver1.652 目 次 頁 3 ご 使 用 の 前 に 4 Ⅰ インストール 方 法 5 Ⅰ 1 SK-Viewerのインストール 5 Ⅱ 画 面 ボタンの 主 な 説 明 7 Ⅲ Ⅳ 入 門 編 ( 計 測 を 行 う) Ⅲ 1 Ⅲ 2 計 測 の 手 順 計 測 を 行 う 手 順 1 校 正 値 を 設 定 します 手 順 2 計 測 の 種 類

More information

変 更 履 歴 日 付 変 更 ページ 変 更 内 容 2006/08/28 新 規 作 成 1

変 更 履 歴 日 付 変 更 ページ 変 更 内 容 2006/08/28 新 規 作 成 1 (Ver.2.0) 2006 年 8 月 30 日 ハルディン 変 更 履 歴 日 付 変 更 ページ 変 更 内 容 2006/08/28 新 規 作 成 1 目 次 Ⅰ.はじめに... 3 1.システム 環 境...3 2.ユーザー 登 録...3 3. 留 意 事 項...3 (1)ご 注 文 の 受 付 時 間... 3 (2) 出 荷 日... 3 Ⅱ. 概 略... 4 1.WebShopの

More information

201TH USER GUIDE

201TH USER GUIDE ご 使 用 前 の 準 備 21 充 電 器 を 接 続 して 充 電 する 21 SIM カードの 取 り 付 けかた 21 電 源 を 入 れる/ 切 る 22 PIN コードを 入 力 する 22 キーパッドのロック/ロック 解 除 22 テキストの 入 力 29 予 測 テキスト 入 力 (ezitext) 30 辞 書 30 ディスプレイ 23 ディスプレイの 表 示 23 アイコン 23

More information

目 次 重 要 な 安 全 上 の 説 明... 3 はじめに... 4 設 置... 4 フロントパネル サイドパネル 制 御 装 置... 4 バックパネル サイドパネル コネクター... 5 リモートコントロール... 6 一 般 的 な 設 定... 7 LEDインジケータ 表 示... 8

目 次 重 要 な 安 全 上 の 説 明... 3 はじめに... 4 設 置... 4 フロントパネル サイドパネル 制 御 装 置... 4 バックパネル サイドパネル コネクター... 5 リモートコントロール... 6 一 般 的 な 設 定... 7 LEDインジケータ 表 示... 8 Kinivo 501BN HDMI スイッチ 取 扱 説 明 書 2012 Kinivo LLC All rights reserved. Kinivo は Kinivo LLCの 商 標 です BluetoothのワードマークおよびロゴはBluetooth SIGの 登 録 商 標 で す 他 の 商 品 名 はすべて 各 メーカーの 登 録 商 標 です このマニュアルは Kinivo LLCの

More information

BU IQ MN01 EN.fm

BU IQ MN01 EN.fm Installation and Operation APC ES 550 BE 550G-JP APC ES 550 付 属 品 USB 通 信 ケーブル 入 力 プラグ 変 換 アダプタ バッテリの 接 続 電 源 管 理 ソフトウェア (PowerChute Personal Edition) ユーザーズマニュアル 使 用 開 始 にあたっては 下 図 に 従 いバッテリを

More information

第 1 章 まえがき 1 はじめに このソフトは 体 力 テストの 記 録 及 び 生 活 調 査 の 結 果 を 集 計 分 析 するためのソフトです ソフトウェアはエクセルを 使 用 しています ( 動 作 環 境 :Vista,7 + Excel2007,2010 で 動 作 確 認 していま

第 1 章 まえがき 1 はじめに このソフトは 体 力 テストの 記 録 及 び 生 活 調 査 の 結 果 を 集 計 分 析 するためのソフトです ソフトウェアはエクセルを 使 用 しています ( 動 作 環 境 :Vista,7 + Excel2007,2010 で 動 作 確 認 していま 子 ども 元 気 調 査 ( 体 力 生 活 調 査 ) 分 析 集 計 ソフト 操 作 マニュアル Ver7.2 山 口 県 教 育 庁 学 校 安 全 体 育 課 目 次 第 1 章 まえがき 1.はじめに 2. 分 析 集 計 ソフトでできること 3. 分 析 集 計 ソフトの 全 体 の 流 れ 4. 分 析 集 計 ソフトでの 注 意 第 2 章 操 作 手 順 1. 初 期 画 面 2.

More information

目 次 1. 本 ソフトウェアのねらい 1 2. 本 ソフトウェアの 概 要 2 (1) 機 能 の 概 要 と 想 定 される 利 用 場 面 (2) 必 要 なシステム (3)プログラムのファイル 構 成 (4)ソフトウェアの 開 始 (5)ソフトウェアの 保 存 と 終 了 (6)ソフトウェア

目 次 1. 本 ソフトウェアのねらい 1 2. 本 ソフトウェアの 概 要 2 (1) 機 能 の 概 要 と 想 定 される 利 用 場 面 (2) 必 要 なシステム (3)プログラムのファイル 構 成 (4)ソフトウェアの 開 始 (5)ソフトウェアの 保 存 と 終 了 (6)ソフトウェア 直 売 所 における 切 り 花 需 要 量 の 予 測 ソフトウェア 操 作 マニュアル 販 売 データ 需 要 予 測 値 レジのPOSデータなど 計 算 月 曜 :82 点 火 曜 :87 点 180 160 140 y = 1.52 x + 13.44 R² = 0.83 もとの 変 動 1 日 の 販 売 量 ( 点 ) 120 100 80 60 40 その 他 の 変 動 20 0 直

More information

1 TurningPoint 2008 のインストール <インストールに 必 要 な 条 件 > OS: Windows XP, Vista, 7 (64 bit 版 も OK) CPU: IntelまたはAMD 600 MHzクラス 以 上 (1 GHz 以 上 を 推 奨, できれば1.6 GH

1 TurningPoint 2008 のインストール <インストールに 必 要 な 条 件 > OS: Windows XP, Vista, 7 (64 bit 版 も OK) CPU: IntelまたはAMD 600 MHzクラス 以 上 (1 GHz 以 上 を 推 奨, できれば1.6 GH 秋 田 県 立 大 学 FD 専 門 部 会 システム 科 学 技 術 学 部 分 会 委 員 会 作 成 担 当 : 機 械 知 能 システム 学 科 尾 藤 輝 夫 Ver. 1.05 (2011.5.24) クリッカー 基 本 操 作 マニュアル (Windows & PowerPoint 2007 版 ) 目 次 1 TurningPoint 2008 のインストール... 2 2 TurningPoint

More information

医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート - 目 次 - < 第 1 章 > 共 通 事 項 説 明 医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート 目 次 1.1 本 システムの 注 意 点 1 1.2 入 力 項 目 について 1.2.1 基 本 情

医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート - 目 次 - < 第 1 章 > 共 通 事 項 説 明 医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート 目 次 1.1 本 システムの 注 意 点 1 1.2 入 力 項 目 について 1.2.1 基 本 情 医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート - 目 次 - < 第 1 章 > 共 通 事 項 説 明 医 療 費 自 己 負 担 額 支 払 明 細 書 入 力 シート 目 次 1.1 本 システムの 注 意 点 1 1.2 入 力 項 目 について 1.2.1 基 本 情 報 入 力 項 目 2 1.2.2 子 ども 医 療 費 明 細 入 力 項 目 3 1.2.3 ひとり

More information

Microsoft Word - Podium View MAC-UserManual-Japanese-2013-0731.doc

Microsoft Word - Podium View MAC-UserManual-Japanese-2013-0731.doc Podium View ドキュメントカメラ 画 像 ソフトウェア ユーザーマニュアル (MAC) 目 次 1. はじめに... 2 2. システム 要 件... 2 3. Podium View のインストール... 3 4. ハードウェアへの 接 続... 8 5. Podium View の 使 用 開 始... 8 6. 操 作 インタフェースの 説 明... 9 6.1 ソフトウェア 画 面

More information

目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.データの 取 り 込 み 削 除 9.バックアップ 復 元 10

目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.データの 取 り 込 み 削 除 9.バックアップ 復 元 10 教 科 書 事 務 執 行 管 理 システム( 設 置 者 用 ) システム 操 作 マニュアル Ver.1.6.0 平 成 28 年 5 月 11 日 1 / 163 目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定

More information

ED-POG-1TS_取扱説明書

ED-POG-1TS_取扱説明書 取 扱 説 明 書 プラズマ 式 オゾン 発 生 器 ED-POG-1TS 重 要 本 装 置 は 取 り 扱 いを 誤 ると 機 材 の 破 損 人 体 への 悪 影 響 等 を 及 ぼす 場 合 がござ います ご 使 用 前 にこの 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みの 上 正 しくお 使 い 下 さい 安 全 のために (1) 取 扱 説 明 書 についてのお 願 い 取 扱 説 明

More information

安 全 上 のご 注 意 注 意 事 項 分 解 修 理 をしないでください 直 射 日 光 の 当 たる 場 所 や 火 や 熱 器 具 などの 近 くに 置 かないでください 本 製 品 を 使 用 したまま 車 の 運 転 や 機 械 の 操 作 をしないでください レンズを 拭 く 時 は

安 全 上 のご 注 意 注 意 事 項 分 解 修 理 をしないでください 直 射 日 光 の 当 たる 場 所 や 火 や 熱 器 具 などの 近 くに 置 かないでください 本 製 品 を 使 用 したまま 車 の 運 転 や 機 械 の 操 作 をしないでください レンズを 拭 く 時 は 3D アクティブグラス + エミッター 3D アクティブグラス ZF2300 エミッターBC300 取 扱 説 明 書 ZFBC15522 1 安 全 上 のご 注 意 注 意 事 項 分 解 修 理 をしないでください 直 射 日 光 の 当 たる 場 所 や 火 や 熱 器 具 などの 近 くに 置 かないでください 本 製 品 を 使 用 したまま 車 の 運 転 や 機 械 の 操 作 をしないでください

More information

サービス説明書 - STP 10000TLEE-JP-10 / STP 10000TLEE-JP-11 / STP 20000TLEE-JP-11 / STP 25000TL-JP-30

サービス説明書 - STP 10000TLEE-JP-10 / STP 10000TLEE-JP-11 / STP 20000TLEE-JP-11 / STP 25000TL-JP-30 故 障 したファンの 交 換 STP 10000TLEE-JP-10 / STP 10000TLEE-JP-11 / STP 20000TLEE-JP-11 / STP 25000TL-JP-30 1 本 書 について 1.1 適 用 範 囲 本 書 は 以 下 の 型 式 のファンの 交 換 方 法 を 説 明 しています STP 10000TLEE-JP-10 / STP 10000TLEE-JP-11

More information

NEI

NEI 操 作 マニュアル 明 星 電 気 株 式 会 社 ML 1.3622(2) 1 お 知 らせ POTEKA Lab.は2013 年 10 月 20 日 よりPOTEKA Sta.2に 対 応 した 機 能 を 実 装 しました 次 頁 以 降 (P2~P6) POTEKA Sta.2 及 びPOTEKA Lab. 対 応 機 能 に ついて 記 載 します 2 お 知 らせ POTEKA Sta.2について

More information

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9 製 品 仕 様 書 PLS (Plasma Lighting System) 投 光 灯 (PSF1871A) 2015. 4 目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置

More information

- 宛 名 ラベル の 元 データは ダブルクリックにより [ 確 定 ] され 転 記 エリアがピンク 色 でマークされます - 宛 名 ラベル へのデータ 転 記 先 は カーソルの 位 置 となりますので ご 注 意 ください 顧 客 マスタ は Sample フォーマットを 同 梱 社 内

- 宛 名 ラベル の 元 データは ダブルクリックにより [ 確 定 ] され 転 記 エリアがピンク 色 でマークされます - 宛 名 ラベル へのデータ 転 記 先 は カーソルの 位 置 となりますので ご 注 意 ください 顧 客 マスタ は Sample フォーマットを 同 梱 社 内 本 システムの 構 成 : 本 システムは Excel マクロ 言 語 にて 動 作 するアプリケーションです -システム 本 体 は 1ブック 9 シートより 構 成 されます -システムご 利 用 の 際 は Excel の マクロセキュリティ 設 定 を 有 効 にしていただく 必 要 があります -[シートの 保 護 ] [ブックの 保 護 ]を 適 用 していますが パスワードは 公 開

More information

(Microsoft PowerPoint - \201yArcstar Smart PBX\201z\203A\203v\203\212\221\200\215\354\203}\203j\203\205\203A\203\213\201iWindowsPC\201jver.1.3.0_20150507.pptx)

(Microsoft PowerPoint - \201yArcstar Smart PBX\201z\203A\203v\203\212\221\200\215\354\203}\203j\203\205\203A\203\213\201iWindowsPC\201jver.1.3.0_20150507.pptx) Arcstar Smart PBX ver..0 アプリ 操 作 マニュアル for Windows PC 05 年 月 目 次 基 本 画 面 P. キーパッド P. 電 話 をかける P.4 キーパッドから 電 話 をかける 電 話 帳 から 電 話 をかける お 気 に 入 りから 電 話 をかける 履 歴 から 電 話 をかける 無 料 通 話 先 050 番 号 判 別 機 能 P.4 電

More information

<『みずほ e-ビジネスサイト』操作マニュアル>

<『みずほ e-ビジネスサイト』操作マニュアル> みずほ e-ビジネスサイト 操 作 マニュアル 個 人 住 民 税 一 括 納 付 編 Copyright 2016 Mizuho Bank, Ltd. この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 項 目 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックしてください

More information

そのため 番 組 素 材 のバラツキは 送 出 段 階 では 全 く 抑 制 されずに そのまま 放 送 に 出 てしまう ことになります このことが デジタルテレビ 放 送 で 番 組 間 での 音 量 感 のバラツキ が 顕 在 化 する 最 大 要 因 であり テレビ 放 送 の 完 全 デジ

そのため 番 組 素 材 のバラツキは 送 出 段 階 では 全 く 抑 制 されずに そのまま 放 送 に 出 てしまう ことになります このことが デジタルテレビ 放 送 で 番 組 間 での 音 量 感 のバラツキ が 顕 在 化 する 最 大 要 因 であり テレビ 放 送 の 完 全 デジ デジタルテレビ 放 送 におけるラウドネス 運 用 規 定 の 国 内 標 準 化 ( 株 )フジテレビジョン 技 術 局 制 作 技 術 センター 制 作 技 術 部 松 永 英 一 1. はじめに テレビを 見 ていて バラエティやCMになると 音 量 が 大 きい ドラマや 映 画 などの 小 声 のセ リフが 聞 き 辛 い チャンネルを 変 えると 音 量 が 違 う などと 感 じて ついついリモコンで

More information

製 品 型 番 :MEF-01WH 取 扱 説 明 書 必 ずお 読 みください 本 製 品 の 仕 様 は 改 良 改 善 のため 予 告 なく 変 更 になる 場 合 がありますので あらかじめご 了 承 ください お 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます 本 製 品 をより 効 果 的 にお 使 い いただくために ご 使 用 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 を 最 後

More information

目 次 年 度 更 新 の 事 前 準 備 3 事 前 準 備 4 2016 年 度 に 更 新 後 2015 年 度 を 訂 正 するには 8 一 括 有 期 10 メニュー 画 の 年 度 について 11 STEP1 確 定 保 険 料 の 対 象 事 を 集 計 12 STEP2 報 告 書

目 次 年 度 更 新 の 事 前 準 備 3 事 前 準 備 4 2016 年 度 に 更 新 後 2015 年 度 を 訂 正 するには 8 一 括 有 期 10 メニュー 画 の 年 度 について 11 STEP1 確 定 保 険 料 の 対 象 事 を 集 計 12 STEP2 報 告 書 一 括 有 期 事 業 年 度 更 新 マニュアル 2016 年 度 版 2015 年 度 確 定 2016 年 度 概 算 Cells 485-0014 愛 知 県 小 牧 市 安 田 町 190 サポートセンターお 問 合 せ E-mail info@cells.co.jp FAX 0568-76-7432 本 マニュアルは 平 成 28 年 6 月 1 日 時 点 で 公 開 されている 情

More information

TC74HCT4053AF/AFT

TC74HCT4053AF/AFT 東 芝 MOSデジタル 集 積 回 路 シリコン モノリシック T74HT4053AF/AFT T74HT4053AF, T74HT4053AFT Triple 2-hannel Analog Multiplexer/Demultiplexer T74HT4053A は シリコンゲート MOS 技 術 を 用 いた 高 速 MOS アナログマルチプレクサ/デマルチプレクサです MOS の 特 長 である

More information

SMILE es 人事給与 操作マニュアル 第11章 業務の流れとポイント

SMILE es 人事給与 操作マニュアル 第11章 業務の流れとポイント 人 事 給 与 管 理 システム 操 作 マニュアル 第 11 章 業 務 の 流 れとポイント 第 11 章 業 務 の 流 れとポイント では 給 与 計 算 賞 与 計 算 入 社 退 職 などの 各 業 務 の 流 れと 当 システム での 操 作 のポイントを 説 明 しています 11 1 年 間 業 務 の 流 れ 11-1 年 間 業 務 の 流 れ 11-1 毎 月 の 業 務 11-2

More information

Microsoft Word - SST10601-1312.DOC

Microsoft Word - SST10601-1312.DOC 電 子 表 示 式 タービン 流 量 計 仕 様 書 SST10601 1.12 1. 概 要 電 子 表 示 式 タービン 流 量 計 は 当 社 でも 実 績 のあるタービン 流 量 計 にマイコン 計 数 部 を 搭 載 することにより 多 機 能 表 示 と 共 に 多 彩 な 出 力 を 兼 ね 備 えた 流 量 計 です 2. 特 長 計 数 部 の 前 面 スイッチ 操 作 で 設 定

More information

SensorControllerユーザーズマニュアル

SensorControllerユーザーズマニュアル SensorController (for TSND121/151) ユーザーズマニュアル 平 成 27 年 12 月 1 日 株 式 会 社 ATR-Promotions 注 1) 本 ソフトウエアは 修 正 や 改 良 に 伴 い 予 告 無 く 仕 様 を 変 更 する 場 合 があります 予 めご 了 承 下 さい また マニュアルに 記 載 されている 社 名 および 製 品 名 は 一

More information

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探

クイック スタート ガイド PowerPoint 2013 を 開 くと 最 初 にいくつかのオプションが 表 示 され テンプレート テーマ 最 近 使 ったファイル 白 紙 のプレゼンテーションのどれを 使 って 作 業 を 始 めるかを 選 択 できます オンラインのテンプレートやテーマを 探 クイック スタート ガイド Microsoft PowerPoint 2013 は レイアウトがこれまでのバージョンから 変 わりました このガイドは 少 しでも 早 く 慣 れることができるようにそれらの 違 いをまとめたものです 必 要 な 機 能 を 見 つける リボンのタブをクリックすると そのタブのボタンと コマンドが 表 示 されます コンテキスト タブを 使 う リボンのタブには 必

More information

給料らくだプロ7 年末調整サポートガイド(平成26年版)

給料らくだプロ7 年末調整サポートガイド(平成26年版) 目 次 1 昨 年 からの 変 更 点... 2 年 末 調 整 関 連 の 入 力 機 能 を 強 化... 2 平 成 27 年 1 月 以 降 に 適 用 される 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 税 額 表 ( 月 額 表 ) および 賞 与 に 対 する 源 泉 徴 収 税 額 の 算 出 率 の 表 への 対 応 と 所 得 税 の 電 算 機 計 算 の 特 例 に 対 応... 2

More information

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載

目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 目 次 ETCをご 利 用 いただく 前 に 必 ずお 読 みください... 3 はじめに... 4 ETCのしくみ 安 全 にお 使 いいただくために... 6 本 書 に 使 用 している 記 号 について ETCカードについての 注 意 事 項 走 行 中 の 注 意 事 項 ETC 車 載 器 についての 注 意 事 項 各 部 の 名 称 とはたらき... 9 本 体 アンテナ ETC 車

More information

Section: 01 ログイン トップページ ( ) のページ 右 上 部 ログイン ボタンをクリックし スポンサー ログインページ へとお 進 みください 1に ID を 2にパスワードを 入 力 しログインしてください ID PASS は 別

Section: 01 ログイン トップページ (  ) のページ 右 上 部 ログイン ボタンをクリックし スポンサー ログインページ へとお 進 みください 1に ID を 2にパスワードを 入 力 しログインしてください ID PASS は 別 2009.01 改 定 マニュアルは 変 更 することがございます Copyright(C) 検 島 誌.com All Rights Reserved 検 島 誌.com スポンサーマニュアル Section 01 ログイン 2 02 詳 細 ページ 更 新 3 03 MiniData 更 新 4 04 検 索 結 果 表 示 ページ 内 容 修 正 5 05 週 間 PR 版 ページ 更 新 6

More information

76日本血液.indb

76日本血液.indb 座 長 の 方 へ 口 演 発 表 の 座 長 の 先 生 方 はご 担 当 いただくセッション 開 始 時 刻 20 分 前 までに 講 演 会 場 内 の 次 座 長 席 にお 越 しください ポスター 発 表 の 座 長 の 先 生 方 はご 担 当 いただくセッション 開 始 時 刻 10 分 前 までに ポスター 会 場 内 に 設 置 のポスター 受 付 にお 越 しいただき 5 分 前

More information

スライド 1

スライド 1 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 登 録 作 業 者 用 Ver. 2 バージョン 改 訂 日 付 改 訂 内 容 Ver. 1 2010/3/15 初 版 Ver. 2 2010/8/9 ファイル 取 り 込 み 時 の 同 一 レコードの 判 定 についての 記 載 を 追 記 Hos-CanR 3.0 運 用 マニュアル 目 次 1.

More information

給料らくだプロ7.5/7 年末調整サポートガイド(平成27年版)

給料らくだプロ7.5/7 年末調整サポートガイド(平成27年版) 目 次 1 年 末 調 整 を 行 う 前 に... 3 平 成 27 年 分 の 給 与 賞 与 の 支 払 総 額 を 決 定 しておく... 3 年 末 調 整 に 必 要 な 書 類 を 準 備 する... 3 対 応 版 プログラムを 確 認 する... 4 共 通 設 定 を 確 認 する... 4 源 泉 徴 収 簿 を 準 備 する... 5 給 与 支 払 報 告 書 ( 総 括

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358815B8370815B8AB78B4382B982B982E782AC8E7B8D4890E096BE8F9181403230313231313039>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358815B8370815B8AB78B4382B982B982E782AC8E7B8D4890E096BE8F9181403230313231313039> PEJ スーパー 換 気 せせらぎ SK150f/sシリーズ 施 要 領 書 2012 年 11 月 発 行 目 次 1 安 全 上 のご 注 意... 1 2 施 工 について... 2 3 コントローラーからファンまでのケーブル 配 線 と 接 続... 3 4 コントローラーの 電 気 工 事... 3 1. 準 備 する 部 材... 3 2. 静 電 気 防 止 対 策 について... 3

More information