Microsoft Word - 表紙.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 表紙.doc"

Transcription

1 アミノ 酸 組 成 ならびに 14C 年 代 に 関 する 古 人 骨 の 部 位 による 比 較 m 匝 ω f 坂 田 健 F 南 雅 代 2 中 村 俊 夫 2 長 岡 朋 人 8 平 田 和 明 S SAKATA 1, MINAMI', NAKAMURA 2, NAGAOKA' 阻 d Kz\ 国 khirata' G 叩 d fvm 阻 Sd, Uvy, 4481, 2C 町 f R 悶 朗 氏 h, Uv' 悶 y, 4482, M 田 mu 凶 v 旬 Sh Md, K 阻 w , C 回 'Pd I m 巴 田 町 d 町 h 耳 目, 回 姐 d mp, 血 町 'y d 田 m 也 d 田 L d 町 旬 v whhぽ w 旬 血 也 p 民 : 句 v 且 yz, 也 祖 国 dvd 皿 mp 皿 d mp 出 国 d wぽ f 也 田 pp xvd 企 m 白 Y1 凶 且 M 凶 h, K 田 k, w 悶 姐 d wぽm 也 O7w 悦 也 1m pv 田 dy hwd 也 世 hy 血 h 叩 h v 出 v 白 血 也 也 四 血 也 f 田 田 f 出 k 加 盟 k 血 也 d 田 hmphy 泊 V 田 旬 也 hh' 町 v 血 V 町 d 旬 hw 也 四 y 出 祖 国 間 叫 d mp 唱 出 血 血 d p 且 也 血 IS 也 dff 町 田 也 mm 配 d mp 田 1Í 組 y 耳 目 出 也 企 郡 阿 dff 町 田 血 血 dvd 悶 ùd 田 Id x 回 且 四 国 m 血 姐 組 d ' 田 出 py 由 f 阻 y fm 田 UI 叫 蹴 d p 町 ωd 回 由 也 担 也 ぽ, w 血 k 泊 S 阻 d F 血,m vぽ 耳 目 w1 也 血 田 町 田 也 町 wd, 担 y m 田 町 'd 田 叫 dpおd 田 戸 v 旬 h 回 d; ð 13 C; ð 15 N, 14C キーグ f:::f: 伊 J ア Z ノ 緩 溜 'Jf N,' /f(;ぷず 佐 炭 素 1pf 8

2 1 はじめに 骨 ゼラチンは 化 石 骨 の 炭 素 窒 素 安 定 位 体 比 (Iì 13 C Iì "N) (14C) を 用 いた 食 性 解 析 や 放 射 性 炭 素 年 代 測 定 に 利 用 されているその 際 般 的 には 全 身 骨 格 の 内 の 部 位 のみが 測 定 や 解 析 に 用 いられるが それぞれの 骨 部 位 は 異 なる 構 造 (サイズ 厚 さ 密 度 等 )を 持 つため 代 謝 体 系 続 成 作 用 を 受 ける 程 度 が 異 なり 骨 部 位 によって 異 なる 測 定 値 を 示 す 可 能 性 が 考 えられる 実 際 に 3 体 の 古 人 骨 に 対 し 個 体 の 複 数 の 骨 部 位 のIìI3C と1ì 1 'Nが 測 定 された[1]その 結 果 大 部 分 の 骨 部 位 はほぼ 誤 差 範 囲 で 致 したが 内 2 個 体 で 椎 骨 の 値 が 他 部 位 よりも 約 1% 高 い 結 果 が 得 られた (F 1) この 2 個 体 はいずれも 変 形 性 脊 椎 症 を 患 っていたことが 骨 形 態 学 の 見 地 から 確 認 されており 病 歴 が 原 因 で 生 前 からIì 13 C 1ì 1 'Nが 具 なっていた 可 能 性 が 考 えられるしか し 埋 没 中 に 外 界 から 受 けた 続 成 作 用 の 程 度 が 骨 部 位 で 異 なり 骨 ゼラチンの 変 質 や 汚 染 が 原 因 で1ì 13 C ì 宣 Nが 異 なった 可 能 性 も 否 定 できないロ 本 研 究 では なぜ 椎 骨 とその 他 の 骨 部 位 でIìI3C Iì 'N 値 に 相 違 が 生 じたのかを 詳 細 に 検 討 するた め 骨 部 位 聞 のアミノ 酸 組 成 を 比 較 すると 共 に 限 外 ろ 過 法 を 用 いて 高 分 子 骨 ゼラチンのみを 抽 出 し 未 ろ 過 の 骨 ゼラチンと 高 分 子 ゼラチンに 対 して 骨 部 位 聞 の 詳 細 な 14C 年 代 測 定 を 行 った さ 日 < 的 1 15 ト 十 さ ム ~ 喝 15 喝 1 5 十 8 町 田 ('1) ð 13 C 四 ( 制 卓 11 国 ヨ 15 喝 け さ 1 1 凶 J 宮 崎 汗 十 1 弘 175ー 15 日 ー 19 13Cp 由 1) 占 I3CPDB 例 ) d 圃 ロ 祖 皿 園 phd 固 k 回 血 圃 h 血 町 田 園 田 d 田 町 叫 皿 I: 佐 官 1 v 曲 目 v 町 恒 園 h 皿 v 位 旬, 田 島 哩 UI 日 w 官 pf 島 田 町 圃 F 沼 田 宮 1 S 阻 姐 d 出 国 阻 18 柏 戸 皿 p 田 山 田 S 也 百 四 国 d f 血 h S 回 世 佃 : 回 国 fm 旧 fym121 A 田 町 田 fym121a 岨 YM51, 阻 d(の 5 fym554 Th d 凪 W 描 皿 dd 伽 皿 Tk 伊 血 v 凪 図 1 各 骨 部 位 から 抽 出 したゼラチンの 炭 素 窒 素 安 定 位 体 比 引 用 元 は 瀧 上 ほか 包 凹 8) だが ð' 明 値 に 関 してはその 後 再 調 定 が 行 われ 修 正 しである 87

3 XXIII, 2123 名古屋大学加速器質量分析計業績報告書 却m F 2 L mpf 血 Y h m m m h 旬 Kmk, J p x v dp臼 f h dvd 紅 h w 図 2 試料発掘地点(由比ヶ浜南遺跡) 2 試料と実験方法 2 1 試料 試料は 瀧上ほか (28) v [1 J で使用されたものと じ 由比ヶ浜南遺跡から出土した単体埋葬の人骨 3 体を 頚椎 用いた (F 2 ) 3 体の試料番号はそれぞれYM121A (女 性 歳) YM51 (男性 34 歳) YM554 (女性 45歳)である骨形態学の見地か ら YM121A と YM51 で は変形性脊椎症を患っていた痕 跡が報告され YM554 では報告されていない [2J 使用した部位は 頭蓋骨 蝶形骨 歯 肋骨 上腕骨 尺骨または榛骨 頚椎 胸椎 腰椎 大腿骨 大腿骨下 部 腔骨である(詳細はF 3, T 1 を参照)大部分 が既にゼラチン抽出された状態で保存されていたゼラ チン収率はほとんどの骨部位で 7w% を上回り C/N比 は 313 4~こ収まると報告されている[1]また 比較 F 3 S k df y 図 3 骨部位の名称と位置 対象として用いた現生試料には Sm⑧社製のウシアキ 位 AU h f1伽1 YM51 YM554 O OGOO OO OOO OGOO 立加 た未 4 88 郎四回 都 h 界日し 開 向 m x 1 刷川 政定 オ回岨 OGOO ン 叶明古川 m 時 的 泊量 m 耶残 ヰ山弘の 町附郎チ Yヲ &地訓 げはA 則民1叩 抗 m 知OGOOOOG矧 α M制時 v 問回下骨だ Y用話 山畑難枇 m 切開各定 A 仙 2M OOOO抑 O制 O 回 回使 町団岨田町酌 刈 M m九仰向山山位 盟諸 WML山口山口取九 レス臆コラーゲンを使用した

4 2ユ 骨 ゼラチン 抽 出 骨 試 料 は 表 面 の 汚 れを 除 去 し 超 純 水 NOHによ って 繰 り 返 し 超 音 波 洗 浄 した 後 粉 砕 し セルロ ースチューブを 用 いて M HC 中 で 脱 灰 を 行 なっ たセルロースチューブ 内 の 脱 灰 成 分 をガラス 管 中 の 超 純 水 に 移 した 後 8"Cで 24 時 間 加 熱 し ゼラ チンを 抽 出 した 抽 出 されたゼラチン 溶 液 は 凍 結 乾 燥 し 各 実 験 に 使 用 された 抽 出 したゼラチンの 部 は VvpTM, 羽 田 MWCO (m 紅 wh めを 用 いて 限 外 ろ 過 を 行 った 約 5mのゼラチンを 超 純 水 5m に 溶 解 し ピパスピンを 用 いて 上 液 が 1 m! 程 度 まで 減 少 するまで 3pm で 遠 心 分 離 したο25h) ピパスピンの 洗 浄 方 法 は 主 として Bk R 町 田 y [3J アミノ 酸 分 析 の 方 法 に 基 づいて 行 った 約 mのゼラチンをパイアルに 取 り MHCで 8 "C 12 時 聞 かけて 加 水 分 解 し 得 られた 溶 液 を 乾 燥 させる 残 澄 は 5m!の 超 純 水 に 溶 解 し 遊 離 ア ミノ 酸 分 析 キット Z:f て 誘 導 体 化 した 後 (phmx<8)を 使 用 し GCFIDに 導 入 した 使 用 し た GC 解 析 条 件 は 以 下 の 通 りである 機 器 : v 町 2 解 析 ソフトウェア: GCI キャリ アーガスへリウム カラム: 皿 (SG; m 血 d) 温 度 条 件 初 期 温 度 "Cから 32"Cまで 15 "C/mで 上 昇 後 1 分 間 32 "C を 保 持 Ô 13 C ô"n 分 析 と 1"(; 年 代 測 定 約 7mのゼラチンを 酸 化 鋼 還 元 銅 銀 線 と 共 に 石 英 管 に 真 空 封 管 して 85"Cに 加 熱 し 生 じた 気 体 を 真 空 ラインを 用 いて N2 と C2 に 精 製 した N2は 液 体 窒 素 で 冷 却 した 線 状 モレキュラーシーブ スにトラップさせた 炭 素 窒 素 安 定 位 体 比 の 測 定 は 気 体 用 質 量 分 析 計 (MAT252) を 用 いて 行 った CO 2 の 部 は 鉄 触 媒 と 水 素 と 共 に 石 英 管 に 封 管 し 5"Cに 加 熱 してグラファイトを 生 成 して 放 射 性 炭 素 年 代 測 定 に 用 いた 年 代 測 定 には 名 古 屋 大 学 年 代 測 定 総 合 研 究 センターのタンデトロン 加 速 器 質 量 分 析 計 (1 五 位 V 413AMS) を 使 用 したロ さ 日 喝 15 唱 15 S ) F 唱 市 w 十 1~ 1~5 1~ 13Cp 皿 ( 恥 ), 肉 日 皿 ( 恥 } ー 195 ー 19 ー 185ー 18 13C, 団 ( 蜘 ) 国 問 固 v 岨 v 町 旬 D 世 1 vぽ 旬, h 皿 町 V"' 匂 F 阻 : 1 甲 田 園 帥 刊 f 岨 副 田 ) Rp 回 y fδ13c δ SN v1 田 w 也 k 町 < 置 企 田 P 担 問 也 y 四 町 白 岡 田 田 町 吋 血 血 ( 吟 YM121A ( 防 YM5 1 図 4 炭 素 窒 素 安 定 位 体 比 の 再 現 性 テスト 黒 色 のエラ}パーが 付 いた 点 は 先 行 研 究 [2Jの 値 灰 色 のエラ ーパーが 付 いた 点 は 本 研 究 の 値 ( 吋 ~121!\ ())1II5 叩 1 89

5 3$J 定 と 結 果 /ì 13 C /ì''n 値 の 再 測 定 なぜYM121A と YM51 の 椎 骨 で 他 部 位 と 約 1%の 相 違 が/ìI3C /ì''n 値 に 存 在 したのかを 考 える 上 で まずこの 相 違 の 原 因 が 測 定 ミスや 試 料 処 理 にはないことを 確 認 するため /ìi3c /ì''n 値 の 再 測 定 を 行 った 実 験 は 椎 骨 以 外 の 部 位 の 代 表 として 大 腿 骨 を 用 い ゼラチンの 抽 出 から 再 度 行 われ た 本 研 究 で 得 た/ìI3C /ìi5n 値 は 先 行 研 究 の 値 と 完 全 には 致 しないものの 岡 部 位 内 にみられるぱ らつきを 考 慮 すれば 各 部 位 の 値 に 再 現 性 が 確 認 できる σ YM121A と YM51 では 椎 骨 の 値 が 大 腿 骨 よりも 炭 素 窒 素 共 に 1% 程 度 高 く YM554にその 現 象 は 見 られないつまり 問 題 とな った 1%の 相 違 は 発 掘 後 の 測 定 過 程 で 偶 発 的 に 生 じたものではなく 生 前 か 埋 没 後 の 時 点 に 生 じた と 考 えることができる アミノ 酸 組 成 分 析 問 題 となった 約 1%の 相 違 が 埋 没 中 に 受 けた 外 的 影 響 に 原 因 があるのかを 確 かめるために 各 骨 部 位 のアミノ 酸 組 成 を 比 較 したアミノ 酸 組 成 分 析 のねらいは 骨 ゼラチンの 保 存 性 を 評 価 し 汚 染 や 分 解 の 程 度 が 骨 部 位 ( 特 に 椎 骨 )によって 異 ならないかを 調 べることにある 人 骨 のゼラチンを 構 成 するアミノ 酸 全 22 種 類 の 内 本 研 究 で 検 出 できたのは 15 種 類 だった 15 種 類 の 内 リシン チロシン ヒスチジン イソロイシン パリンはスタンダードの 測 定 結 果 か ら 確 な 定 量 値 が 算 出 できていないと 判 断 しデータに 加 えていないよって 本 研 究 では 1 種 類 のアミノ 酸 をデータとしてまとめたこの 1 種 類 のアミノ 酸 が 骨 ゼラチンの 主 要 構 成 成 分 である TypI コラーゲンに 占 める 割 合 は77 8%である 5 に 示 したクロマトグラムは 古 人 骨 ゼラチンとウシのアキレス 腿 コラーグンのアミノ 酸 を 測 定 した 結 果 であるロ 両 者 のクロマトグラムの 類 似 は 共 に 乃 p 1 コラーゲンが 主 構 成 物 であること に 起 因 するが 考 古 試 料 のゼラチン 保 存 状 態 が 良 好 であることもまた 意 味 している 回 出 (: 出 ) 匂 回 τ" RI 四 極 阻 U 皿 (: 皿 ) h 血 m 皿 : 田 d 田 p 副 ff 皿 田 : ( 均 四 dm 阻 p, 羽 田 血 d 図 5 アミノ 酸 のガスクロマトグラム () 古 人 骨 YM121Aの 大 腿 骨 ( 均 現 生 試 料 :7 シアキレス 腫 コラーゲン 9

6 F に 各 骨 部 位 のアミノ 酸 合 計 量 ( 阿 Vm) を F7 に 各 部 位 の 合 計 量 に 占 める 各 アミノ 酸 の 相 対 量 (m1%) を 示 したロ 合 計 量 ( 絶 対 量 )は 相 対 量 に 比 べて 部 位 聞 で 比 較 した 際 のばら つきが 大 きい 全 体 の 傾 向 から 読 み 取 ると 本 来 の 合 計 量 は 各 部 で ー 7 凹 Vm 程 度 と 推 測 でき る 部 位 内 での 比 較 においても 合 計 量 のばらつきが 生 じているが 相 対 量 で 組 成 を 表 示 すると 致 がよくなるので 合 計 量 のばらつきは 不 均 質 性 が 原 因 というよりも 測 定 誤 差 による 見 かけ 状 のものだと 考 えられるそこで ここでは 相 対 量 (m1%) に 重 点 をおいてゼラチンの 保 存 性 を 評 価 する 現 生 骨 試 料 のアミノ 酸 組 成 は グリシンが 113 を 占 め 次 いでプロリン アラニンを 多 く 含 み ヒドロキシプロリンという 骨 ゼラチンに 特 有 のアミノ 酸 が 存 在 するという 特 徴 を 示 す 測 定 した 古 人 骨 3 個 体 全 ての 骨 部 位 にこの 特 徴 が 共 通 して 確 認 でき 本 試 料 のゼラチンの 保 存 状 態 が 良 好 なことがわかった 考 古 試 料 と 現 生 試 料 との 組 成 を 比 較 しでもよく 致 しているこの 結 果 は コラーゲンの 保 存 状 態 の 指 標 として 用 いられる C/N 比 とコラーグン 収 率 が 椎 骨 も 含 めた 全 骨 部 位 において 良 好 であった 結 果 と 致 する[J J ロ 骨 部 位 問 のアミノ 酸 組 成 は 完 全 には 致 しないものの 測 定 誤 差 や 骨 部 位 内 の 不 均 質 性 に 起 因 する 岡 部 位 内 でのばらつきを 考 慮 すれば ほぼ じ 組 成 を 持 っと 判 断 できる 他 部 位 と 異 なる /) 13 C /)'~を 示 した YM121A と YM51 の 椎 骨 にも アミノ 酸 組 成 に 特 異 な 点 は 見 られなかった つまり/) 13 C /)' 切 値 の 相 違 はゼラチンのアミノ 麟 成 が 原 因 ではないこの 結 果 から 埋 没 中 に 生 じたゼラチンの 変 質 すなわち 続 成 作 用 が/) 13 C /)'~に 影 響 を 与 えたとは 考 えにくく /)13C /)'~ の 相 違 は 代 謝 系 の 違 いによる 結 果 であり 生 前 から 生 じていた 可 能 性 が 高 いと 考 えられる ちなみに 仮 に 絶 対 量 のばらつきがゼラチンの 保 存 性 を 反 映 していたとしても 相 対 量 の 致 からアミノ 酸 の 喪 失 はどの 種 類 でも じ 比 率 で 進 行 していることになり 個 々のアミノ 酸 が 持 つ 安 定 位 体 比 がバルクの 安 定 位 体 比 に 影 響 したとは 考 えられないまた 椎 骨 の 合 計 量 に 他 部 位 との 顕 著 な 違 いが 見 られないことからも 保 存 性 と 安 定 位 体 比 の 関 連 はみられない 誤 差 の 中 に 椎 骨 に 生 じた 絶 対 量 の 相 違 が 隠 れてしまった 可 能 性 も 考 えられるが YM121A の 頭 蓋 骨 の 合 計 量 は 特 に 低 い 値 を 示 しているため(あるいは YM121A の 上 腕 骨 は 特 に 高 い 値 を 示 す) 合 計 量 と /) 13 C /)'~ 値 の 議 論 とは 関 係 がないことがわかる 限 外 ろ 過 と 14C 年 代 /) 13 C /)'~ 値 YM121A の 各 部 位 に 対 する 年 代 測 定 は 瀧 上 ほか 28 で 報 告 されており 誤 差 範 囲 内 で 年 代 が 致 することがわかっている 本 研 究 では 残 りの 2 体 に 対 する 年 代 測 定 を 行 うと 共 に 限 外 ろ 過 を 行 った 場 合 の 年 代 値 を 求 めた 骨 部 位 問 の 比 較 では 未 ろ 過 のゼラチンも 限 外 ろ 過 によって 得 た 高 分 子 ゼラチンも 各 骨 部 位 の 年 代 は 誤 差 範 囲 で 致 した σ8) つまり 14C 年 代 測 定 にどの 部 位 を 用 いても じ 結 果 が 得 られることがわかるただし 般 的 に 歯 は 死 んだ 時 点 ではなく 幼 少 期 の 年 代 を 示 すといわれてお り 本 試 料 の YM51 の 歯 においても 骨 に 比 べてやや 古 い 年 代 が 示 されたロこれは 骨 の 代 謝 が 生 行 われるのに 対 し 歯 は 永 久 歯 に 生 え 変 わった 時 点 で 代 謝 が 止 まったとみなすことができるた めだと 考 えられている 次 に 限 外 ろ 過 前 後 に 着 目 すると 高 分 子 ゼラチンは 未 ろ 過 の 骨 ゼラチンに 比 べて 14C 年 代 が 1 3 年 程 度 若 くなる 傾 向 が 見 られた σ8) この 結 果 は 限 外 ろ 過 によって 外 来 炭 素 が 骨 ゼラ チンから 除 去 されたことを 示 唆 しているアミノ 酸 組 成 C/N 比 コラーゲン 収 率 からはほとん どゼラチンの 変 質 外 来 炭 素 による 汚 染 は 読 み 取 れなかったが ここで 骨 ゼラチン 中 にはわずか に 外 来 炭 素 が 残 存 し 変 質 分 解 が 生 じていた 可 能 性 が 示 されたロ 方 で 限 外 ろ 過 後 に 極 端 に 異 なった 年 代 を 示 す 部 位 が 無 いことから この 結 呆 は 外 的 影 響 が 骨 の 各 部 位 に 程 度 の 強 さで 91

7 名 古 屋 大 学 加 速 器 質 量 分 析 計 業 績 報 告 書, XXIII, 2123 C1m! 島 伊 旭 d _ A1 副 τ S 恒 泊 阻 町 M 阻 田 _ G 岨 k 齢 d 口 P 口 A 甲 山 副 仁 コ 沖 官 閉 曲 _ L 出 血 C 個 岡 田 fm 皿 作 M121A) { 切 旦 吉 田 主 S) 盲 S目 Z 4 自 首 脳 問 占 有 薗 昌 明 盟 問 自 高 昌 包 官 凶 " B Rロ " F M R 官 時 祖 国 民 嘱 刷 回 富 民 官 網 目 祖 国 噴 百 首 位 旬 胃 S H 自 由 者 罰 事, 喝 R 旨 H M 目 M U 嗣 関 白 帽 旬 醐 凶 酬 切 除 弓 唄 冒 書 H mp 岡 田 町 間 四 岡 田 mm m 副 d m 1 皿 句 wh 回 世 岨 担 回 国 f 田 町 fym121a 叫 泊 h1 mp, YM121A, YM51 血 d B 吋 四 d 組 p 脂 血 d 血 p 図 ι 各 骨 部 位 のアミノ 酸 組 成 ( 凹 1/ 乾 燥 ぜラチンm) 1 曲 却 畠 白 1m! 唱 胆 d 剖 血 出 仁 コ 百 m 岡 田 PIU 温 vw 皿 m S 由, 1 阻 " 副 d 口 P 己 品 岡 山 d 口 Hyd: 相 祖 国 ー 山 田 _ G1 戸 田 曲 O Tf 量 書 jz 宮 HU ~ ~ ~ ~ ~ ~ 1 曲 畠 却 A 皿 四 p 時 間 四 d 踊 m% 主 v 帥 ) 油 m 四 国 fm 町 fym121a 田 血 h1 mp, YM121A, YM51 阻 d 阻 d 田 p 田 回 出 md 町 盟 問 皿 p 図 7 各 骨 部 准 のアミノ 酸 組 成 ( 血 mも) 92

8 名古屋大学加速器質量分析計業績報告書 XXIII 与えられているということを示唆してい るこのことは 14C年代測定にどの部位 9 を用いても問題ないという結論を否定し 85 卜 T ない 8 ト ー ( ) R H盟国間 叫M D Lm CJ智叫 p皿lw官 P回 TI =旬"'" v町"'''' ffm f f m 4 OT 包 ~ TT1?T 9 能性は否定できる 1也 1114 TT 7人 + よ が安定位体比の相違に関係している可 <> T ンの分子量の違い 延いては純度の違い 5 +T 4干よ 相違がみられなかったことから ゼラチ T1 のゼラチンが示した安定位体比の値と 7 ~ 1 T411A興Uz のみのIì 13 C 1ì 1 'N値を測定しても 未ろ過 TI'λU十 T Tm また 限外ろ過を経た高分子ゼラチン 白 75 ~ ~ 考察 白 75 結果のまとめ II 3 C 1ì 'N値の再測定から 椎骨とその 1 他の骨部位の聞にみられた値の相違は 偶発的に生じたものではないことが確認 されたよって 1%の差がなぜ生じたの か その原因を追究することで 骨ゼラ チンの測定を行う際に どのような状態 条件下で どの部位を用いることが適 切であるか あるいは不適切であるかと いった議論が可能になることが期待でき 7 5 坤制 帥 D醐d V留信 L四国 V出品 C血管事11泊 f 負担 Lw印刷 ff盟国 F 8 R d 田 f h 町S 世 2σ B k dp d 五I悶d :血 w脂 叩d p担問 hh皿1田叫置wh 回 ( )YM51 ( )YM554 図8 各骨部位における "C年代 エラーパーは2 黒色の点は未ろ過のゼラチン 白色の点は限外ろ過を 経た高分子ゼラチンの年代値である 5 4 ω YM51 ()YM5 る 骨ゼラチンのアミノ酸組成を比較した結果からは 各骨部位聞に顕著な相違はみられず 特に 椎骨もその他の部位と様の組成を示した本試料はゼラチンの保存状態が良好であり また埋 没中の外的影響(続成作用)が特定の部位にのみに強く働くという現象は確認できない 限外ろ過を経て得た高分子ゼラチンのI4C年代測定では 外来有機物による汚染の可能性が示唆 されたロしかし 特定の部位のみ汚染が進行するとはいえず 仮にゼラチンの保持情報の変更が 生じていた場合でも 各部位が持つ情報の信頼度は程度であるということができるつまりど の部位を測定に用いても 様の結果が得られるということに他ならない加えて 高分子ゼラ チンのIìI3C 1ì 1 'N値が未漏過のゼラチンの値とじであることから ゼラチン分子の大きさがIìI3C 1ì 1 'N値に影響していないことが確定したもちろんこれは 本ゼラチン試料の保存状態が良好で あったという前提があるからこその結果とも捉えられる 病変説の可能性と反論 上記の結果を踏まえると 椎骨にみられたIìI3C 1ì 1 'N値の他部位との相違は 生前の代謝系が原 因であり 反映する食性期聞が異なるためである可能性が最も高いでは次に 骨部位によって 代謝速度が異なることがありえるのかという点について考えてみる 最初に着目したのが変形性脊椎症であるこの病気は骨形態学の観点から YM121A と YM51 で 確認され YM554では確認されなかった変形性脊椎症とは 年齢と共に進行し 患部に骨増殖 を伴う特徴を持つこの病気の発生と進行メカニズムは近年になって解明され 例えば骨折をし た際に骨が修復される機構とじであることがわかった [4J 骨増殖が生じるということは患部 93

9 の 椎 骨 の 代 謝 特 に 骨 形 成 が 他 の 部 位 に 比 べてより 多 く 進 行 したはずである 代 謝 速 度 の 違 いは 代 謝 が 幼 少 期 に 停 止 する 歯 が 幼 少 期 の 情 報 を 頻 繁 に 代 謝 が 行 われる 皮 膚 や 毛 髪 が 死 亡 時 点 の 数 週 間 から 数 ヶ 月 前 の 情 報 を 保 持 しているように 食 性 を 反 映 する 期 間 の 違 いを 意 味 するつまり この 場 合 代 謝 が 速 まった 椎 骨 はその 他 の 骨 寄 附 立 よりも より 死 期 に 近 く 短 期 間 の 食 性 情 報 を 反 映 していると 考 えられる 通 常 骨 は 死 亡 時 点 から 遡 りおよそ 十 数 年 の 分 の 期 間 の 食 性 を 反 映 すると いわれるが 背 骨 は 数 年 の 情 報 を 反 映 しているのではないだろうかと 推 測 される しかし この 変 形 性 脊 椎 症 説 には 問 題 がある 点 もまた 指 摘 しなくてはならない 骨 形 態 学 的 に この 病 変 の 有 無 を 古 人 骨 から 判 断 する 場 合 決 め 手 となるのは 椎 骨 に 見 られる 骨 腕 と 呼 ばれる 突 起 状 の 形 状 変 化 であるこの 変 形 部 こそが 骨 増 殖 が 生 じた 場 所 であり 上 記 の 推 測 に 基 づけば 短 期 間 の 情 報 を 蓄 積 した 部 位 となるしかし この 突 起 部 分 は 椎 骨 の 部 分 にしか 生 じず 今 回 の 測 定 にピンポイントで 使 用 されたとは 考 えられないロまた 実 際 /) 13 /)['N 値 の 再 調 定 の 際 に 骨 の 粉 砕 から 処 理 を 行 った 場 合 でも 特 に 骨 臓 が 生 じる 部 位 に 粉 砕 時 気 を 払 わずとも 1%の 相 違 が 再 現 できているよって 骨 増 殖 による 代 謝 速 度 に 原 因 を 求 める 病 変 説 は 信 湿 性 が 低 い 骨 増 殖 部 分 と 否 増 殖 部 分 のミキシングによって 1%の 差 しか 生 じず 増 殖 部 分 だけを 採 取 して 測 定 を 行 えば より 大 きな 差 が 検 出 できるという 可 能 性 が 考 えられるが もう つ 病 変 説 を 否 定 しかね ない 問 題 が 存 在 するそれは 今 回 の 背 骨 試 料 が 第 何 番 目 の 椎 骨 を 使 用 したのか 不 明 である 点 であ る 報 告 書 によれば 骨 練 が 確 認 された 椎 骨 は YM121A で 第 35 腰 椎 と 第 1 仙 椎 YM51 で は 部 位 不 詳 腰 椎 である 本 試 料 で 上 記 の 部 位 を 用 いていなければ そもそも 病 変 による 骨 増 殖 部 位 を 測 定 していないことになり 変 形 性 脊 椎 症 説 は 成 り 立 たないのであるさらに 骨 練 の 報 告 がない 頚 椎 や 胸 椎 の/) 13 /)[ 制 値 も 他 部 位 と 異 なる 値 を 示 した 以 上 の 点 から /) 13 /)['N 値 の 相 違 が 病 変 にある 可 能 性 は 非 常 に 低 いと 考 えられる 病 変 説 棄 却 と 代 謝 説 採 用 の 両 立 本 研 究 結 果 を 総 じて 考 えるに 生 前 の 代 謝 速 度 の 違 いが/) 13 /)['N 値 の 相 違 の 原 因 である 可 能 性 が 高 いことは 明 らかであるそこで 病 変 に 頼 らずとも そもそも 骨 部 位 によって 代 謝 速 度 が 具 なるのではないかという 可 能 性 を 考 えてみた 調 査 の 結 果 医 学 系 の 分 野 で 骨 部 位 によって 代 謝 速 度 は 異 なるという 研 究 結 呆 が 既 に 報 告 されていることが 確 認 できた [5J さらに 興 味 深 い ことに 背 骨 は 他 の 骨 部 位 よりも 代 謝 速 度 が 速 いという 報 告 例 がある [J つまり 病 変 に 頼 らな くとも 代 謝 速 度 の 違 いにより 背 骨 の 安 定 位 体 比 が 異 なったことが 説 明 できるさらに 背 骨 の 代 謝 は 速 いということであるから 上 述 のとおり より 短 期 間 で 死 期 に 近 い 食 性 を 反 映 すると いう 点 も 変 わらず 主 張 できるさらに この 考 え 方 であれば 椎 骨 のうち 第 何 番 目 を 使 用 したの か どの 箇 所 を 粉 末 化 したのか といった 問 題 も 考 慮 しなくてすむのであるロ 食 性 推 測 例 さて それでは 3 体 の 本 試 料 に 対 して 椎 骨 がより 短 期 間 で 死 期 に 近 い 食 性 を 反 映 した 安 定 位 体 比 を 示 すという 仮 定 の 下 に 食 性 の 解 釈 を 与 えてみたいまず YM121A と YM51 は 椎 骨 の/) 13 とが'N 値 が 他 骨 部 位 よりも 高 い/) 13 と/)['N 値 は 陸 上 食 物 よりも 海 産 物 を 多 く 摂 取 して いたり 穀 物 よりも 肉 類 を 多 く 摂 取 していたりした 場 合 に 高 くなる [7, 8Jつまり この 2 体 に 関 しては 晩 年 に 海 産 物 や 肉 類 の 摂 取 量 が 増 加 し 比 較 的 栄 養 価 の 高 い 食 事 をしていたことが 推 測 される 方 で 椎 骨 に/) 13 とが 制 値 の 上 昇 がみられなかった YM554 は 晩 年 に 肉 類 や 海 94

10 産 物 を 他 の 2 体 ほど 摂 取 することなく 穀 物 中 心 のやや 栄 養 価 の 低 い 食 事 をしていたと 考 えられ るロ YM554 には 眼 脅 飾 (クリブラ オルピタリア)が 確 認 されたという 報 告 がある[2]ロこれ は 栄 養 不 良 や 鉄 分 不 足 あるいは 感 染 症 が 原 因 で 発 症 する 病 変 であり YM554 が 海 産 物 などを 十 分 に 摂 取 できていなかったという 解 釈 を 骨 形 態 学 の 観 点 から 支 持 している 以 上 から YM121A と YM 51 にみられたが 'C と ò 15 N 値 の 背 骨 と 他 骨 部 位 聞 の 1%の 相 違 は 代 謝 速 度 の 違 いによる 食 性 反 映 期 間 の 相 違 が 原 因 であると 本 研 究 は 結 論 づけた 5 おわりに 本 研 究 の 元 々の 命 題 であった 部 位 の 測 定 値 がその 他 の 部 位 の 測 定 値 と じであるのかとい う 疑 問 は 今 回 の 安 定 位 体 比 や 年 代 測 定 など 考 古 学 の 分 野 だけではなく 骨 の 損 傷 リスクを 見 積 もる 際 の 骨 密 度 測 定 などの 医 学 の 分 野 でもまた 提 示 されていたその 結 果 骨 部 位 によってそ の 代 謝 速 度 には 相 違 があり 部 位 の 測 定 結 果 のみで 個 体 の 情 報 を 判 断 することには 幾 分 制 約 がかかるという 見 解 が 既 に 論 じられているロこれはまさに 本 研 究 分 野 の 食 性 解 析 に 利 用 される 安 定 位 体 比 に 関 しでも じことが 言 えるただし 注 意 するべきことは 食 性 解 析 並 びに 年 代 測 定 において 現 在 の 測 定 精 度 や 解 析 技 術 下 では 誤 差 や 前 提 条 件 の 不 確 定 要 素 が 大 きく 本 来 存 在 するはずの 部 位 聞 の 相 違 を 考 慮 するほど 高 精 度 の 測 定 ができないという 点 であるロ 今 回 のよ うに 集 団 ではなく 個 人 の 生 における 食 性 変 化 の 再 現 や 個 体 聞 の 食 性 の 相 違 を 議 論 するこ とは 身 分 の 違 いなど 地 域 内 での 人 々の 生 活 をより 詳 細 に 復 元 する 可 能 性 を 持 つ 骨 部 位 が 保 持 する 情 報 に 部 位 によって 相 違 が 存 在 するという 事 実 を 認 識 しておくことは この 先 測 定 および 解 析 技 術 が 向 上 した 時 のために 重 要 である 謝 辞 本 研 究 を 進 めるにあたり アミノ 酸 の 誘 導 体 化 と GC 分 析 に 関 して 名 古 屋 大 学 大 学 院 環 境 学 研 究 科 地 球 化 学 研 究 室 の 三 村 耕 准 教 授 と 菅 原 春 菜 氏 にご 協 力 をいただきましたまた 名 古 屋 大 学 年 代 総 合 研 究 センターの 皆 様 にはご 助 言 をいただきました 以 上 の 方 々に 心 より 感 謝 致 しま す 7 引 用 文 献 [1 J 瀧 上 舞, 南 雅 代, 中 村 俊 夫 (28) 古 人 骨 の 個 体 における 部 位 の 違 いによる CIN 比 ò 13 C 値 ò 15 N 値 14C 年 代 の 相 違, 名 古 屋 大 学 加 速 器 質 量 分 析 計 業 績 報 告 書 αix), [2J 由 比 ヶ 浜 南 遺 跡 発 掘 調 査 団 編 (23) 神 奈 川 県 鎌 倉 市 由 比 ヶ 浜 南 遺 跡 ( 第 2 分 冊 分 析 編, 49, , , , 197 B' 田 k, G, Bw 田 A 四 d hpv 田 臼 也 p 佐 田 m OX: 田 'd 4(1), SωT, A, M 且 h A, T, F, S, N, T, N, Nkw 工, N 池 田 K, K, U 阻 d T 阻 p f 田 d :hd HF 2αd wh 組 d 回 紅 白 95

11 dvpm 四 N 即 Md 1, 78 8 L, B 配 G M, J, K, D 庄 町 田 畑 也 1 p 品 店 d 旬 血 v f 町 d 佐 田 組 問 ïv d 位 回 dp 田 むp 45, [J 阿 国 D, JAH, A 企 凹 1 白 m, p 社 町 fトmv 田 m, y 血 宇 田 沼 恒 且 必 d 13, D 阻 S 旬 Am, 四 S 75, Sh 田 J, D 回 f 田 姐 d 田 仕 mp 臨 fph 22, 9

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

基発0815第2号 労災保険業務機械処理事務手引(年金・一時金業務)の一部改正について

基発0815第2号 労災保険業務機械処理事務手引(年金・一時金業務)の一部改正について ~ ~ ~ LH 議 塁 ~ii E 目! 輔 骨 a 聾 岡 H 霊 ~ t 山 臨 峰 間 園 聾 時 画 M 跡 冒 E 自 圃 三 4 ~iiilli!hhhi ドー 崎 戸 ー 2 崎 棒 国 耳 ~ 型 車,E 目 E ~2 ~I ~ ~ ~ ~ 1d~l~h!nt~~id~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~HH1 言 " 詰 I: " 懇 I 話 ''. P!~~~!~~ E 同 周 主

More information

J1-4-80.pdf

J1-4-80.pdf れ, 民 間 にも 本 伎 を 取 り 吸 ったと 思 われるものがある. 広 K~ 県 では 弘 化 4 年 (1 84 7 ) 藤 井 好 直 b i opsy ) による 日 本 住 血 吸 虫 使 の 惨 断 法 を 提 閉 し, 流 行 地 に 於 いては 他 ~ 雌 より 大 きいが, 以 後 雌 は 長 さをま~し, 雄 は 体 幅 を 憎 し 3 8 日 目 には 発 刊 の

More information

50~11 50~ 00~13 ~ 恥 20~14 50~17 00~20 30~10 ì~l, 三 森 田 敏 1O~10 OO~15 ~ナクリンのマウス 肺 腫 蕩 発 生 におよぽす 影 響 j:~j の BrdU 標 識 ~に 関 して 第 1 群 は 第 2 群 と 比 べ 高 く また 各 分 画 の 標 識 率 も 高 値 を 示 す 傾 向 があり 第 1 群

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

シ 百 元 来 歴 史 使 用 化 即 多 様 無 秩 序 様 相 呈 訴 状 況 啓 蒙 引 起 張 啓 蒙 カ 般 原 則 ケ ゴ 選 択 基 礎 ヒ ュ ム 欲 望 情 基 礎 ぞ 立 両 立 化 啓 蒙 ざ 残 断 好 情 緒 描 降 ぐ 略 凶 復 権 復 活 技 術 選 択 ざ ニ 始

シ 百 元 来 歴 史 使 用 化 即 多 様 無 秩 序 様 相 呈 訴 状 況 啓 蒙 引 起 張 啓 蒙 カ 般 原 則 ケ ゴ 選 択 基 礎 ヒ ュ ム 欲 望 情 基 礎 ぞ 立 両 立 化 啓 蒙 ざ 残 断 好 情 緒 描 降 ぐ 略 凶 復 権 復 活 技 術 選 択 ざ ニ 始 公 募 降 哲 四 半 紀 手 法 台 頭 P c 著 作 中 美 最 初 深 石 毛 弓 流 最 後 限 思 係 係 密 接 結 混 乱 陥 摘 哲 致 決 着 結 局 断 態 度 情 表 ほ 情 緒 陥 由 シ 百 元 来 歴 史 使 用 化 即 多 様 無 秩 序 様 相 呈 訴 状 況 啓 蒙 引 起 張 啓 蒙 カ 般 原 則 ケ ゴ 選 択 基 礎 ヒ ュ ム 欲 望 情 基 礎 ぞ 立

More information

3.4 衝 突 個 体 の 医 学 的 剖 検 による 海 ワシ 類 の 衝 突 原 因 の 考 察 3.4.1 海 ワシ 類 の 医 学 的 剖 検 結 果 ( 個 人 情 報 保 護 の 観 点 から 一 部 をマスキングしています) 3-72 骨 遠 位 端 を 欠 く 右 脛 腓 骨 遠 位 端 と 左 脛 腓 骨 近 位 端 に 骨 折 を 認 める 3) 剖 検 所 見 頭 骨 は 眼

More information

一 方, 碁 の 方 では 続 日 本 紀 ~ ( 康 平 年 間 1058~ 1064 にできたもの )の 中 で, ょに 出 土 した その 中 でも 1094 年 ~1095 年 頃 の 年 代 を 示 す 木 簡 と 出 土 した 意 義 は 大 きい 室 町 時 代 ~ 戦 国 時 代 (1 5 世 紀 後 半 ~16 世 紀 前 半 ) l 室 町 時 代 ~ 江 戸 時 代 ( 叫

More information

鳴門英語研究 第26号

鳴門英語研究 第26号 ~ ンを 行 う 授 業 を 実 践 してきた テキス 卜 は Oxford の ~ BUSSINESS 曲 面 申 d 骨 明 司 h 帽 llhet. 欄 伽 腎 岨 E 出 恥 が 血 i 噌

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

2. 花 粉 症 有 病 者 の 割 合 およそ6 人 に 1 人 日 本 アレルギー 協 会 の 平 成 15 年 の 疫 学 調 査 によると 近 畿 地 方 の 花 粉 症 の 有 病 率 は 17.4% と 全 国 の 15.6%を 上 回 る 結 果 となった また 近 年 では 花 粉

2. 花 粉 症 有 病 者 の 割 合 およそ6 人 に 1 人 日 本 アレルギー 協 会 の 平 成 15 年 の 疫 学 調 査 によると 近 畿 地 方 の 花 粉 症 の 有 病 率 は 17.4% と 全 国 の 15.6%を 上 回 る 結 果 となった また 近 年 では 花 粉 今 年 の 花 粉 飛 散 量 予 測 と 花 粉 症 対 策 について 今 年 の 花 粉 飛 散 量 は 一 部 の 地 域 を 除 いて 全 国 的 に 例 年 より 多 くなると 予 測 されている 年 々 花 粉 症 の 患 者 数 が 上 昇 するなか 一 部 の 試 算 では 花 粉 症 による 国 内 の 経 済 損 失 は 数 千 億 円 にも 上 るといわれている そこで 今 回

More information

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨 4~5 月 1~2 月 で 0.11-0.19%, T@-R18は 14-19 頭,その 他 は 4~8 頭. また, 出 産 の 重 なった 昭 和 61 年 4~5 (* 北 海 道 銀 11 路 保 -~II 路 市 花 園 町 8-6) 年 8 月 ~62 年 4 月 に, 北 海 ミートと 畜 場 に 搬 入 された 某 養 豚 場 の 6~7 カ 月 齢 肉 豚 に 継 続 的 に 発

More information

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利 公 募 期 序 ー ー 期 視 家 肯 課 中 期 観 際 弘 子 島 ぬ 深 居 達 常 場 興 深 眼 差 極 再 条 件 ん 認 根 p 骨 m m m 仏 新 含 容 易 良 小 尽 士 作 宅 巳 ヨ 庁 2 8 毛 包 括 σ 命 a A 山 門 際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄

More information

. 川 内 6 丁 目 ~1 丁 目 の 農 業 (1 995) 年 における 川 内 6 丁 目 ~1 丁 目 の 農 業 類 型..125 の 実 地 調 査 地 として 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 地 区 ( 川 内 1 丁 目 ~6 丁 目 )を 選 島 菜 の 特 産 団 地 として1O ~12 月 は, 耕 地 全 体 が 広 島 菜 一 色 に 埋 められる C,ナイアシンなどの

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

眠 ヤ :':-.:!;~Y 月 刊 子 一 ~ の 水 田 跡 が 埋 没 していることがほぽ 確 実 である 古 墳 は 水 田 面 からの 比 高 35~45m ほどで 条 里 遺 構 の 範 戸 川,~.~~ 発 掘 調 査 期 間 平 成 2 年 4 月 5 日 ~10 月 5 日 ~26 日 コクサイ 航 業 ) 存 在 しなかった 保 科 小 学 校 3~6 年 児 童 ~'31

More information

Title 抗 膓 窒 扶 斯 菌 免 疫 凝 集 素 産 生 ニ 於 ケル イムペジン 現 象 ( 第 二 報 ) Author(s) 勝 呂, 惈 Citation 日 本 外 科 宝 函 (1928), 5(6): 1213-1255 Issue Date 1928-11-20 URL http://hdl.handle.net/2433/200172 Right Type Departmental

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

~I CIGS H VI 族 ~WJJ 莫 太 陽 電 池 分 野 : Takahashi. RECO~ 在 ENDATIONS G~CONNECTED 到 >OXCONCENτ'RATOR 6P-~2 EXPERTh 岨 ~NTAL ( 株 ) 目 立 製 作 所 /ト~itachi, SCHM ID ( 株 ) ファシリァイ/ SC ト~MID FACIL 庁 Y し 1

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

テーマ別分析 「美容医療」の消費生活相談の概要 2801掲載

テーマ別分析 「美容医療」の消費生活相談の概要 2801掲載 美 容 医 療 の 消 費 生 活 相 談 の 概 要 美 容 医 療 とは 疾 病 の 治 療 のためではなく 脱 毛 脂 肪 吸 引 しみ 取 り 二 重 まぶた 手 術 包 茎 手 術 審 美 歯 科 などの 身 体 の 美 化 を 主 目 的 とした 医 療 サービスのことである ここでは 都 内 の 消 費 生 活 センターに 寄 せられた 美 容 医 療 に 関 する 相 談 について

More information

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 社 会 福 祉 法 人 共 生 会 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることのないよう 必 要 に

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共 項 域 普 及 谷 域 普 及 分 分 央 公 乳 医 察 身 測 栄 歯

Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共 項 域 普 及 谷 域 普 及 分 分 央 公 乳 医 察 身 測 栄 歯 駅 関 連 路 JR 駅 北 ぐ 路 駅 側 駅 宮 線 ぐ 駅 線 老 良 別 府 線 区 式 域 関 見 守 式 典 渡 初 路 駅 区 区 準 組 魅 待 駅. No. Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共

More information

2010 年 3 月 号 Vol.70 1 月 28 日 ( 木 )に 楽 天 の 山 崎 武 司 選 手 が 小 児 病 棟 を 激 励 に 訪 れました 写 真 はサインボールを 手 渡 す 山 崎 選 手 です ( 関 連 記 事 P 6) 平 成 21 年 度 災 害 医 療 研 修 救 護 技 術 を 習 得 2 第 9 回 QCサークル 活 動 発 表 会 4 年 連 続 最 優 秀 賞

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

●有色馬鈴薯の加工技術確立試験(1)

●有色馬鈴薯の加工技術確立試験(1) 枝 豆 の 冷 凍 加 工 技 術 と 品 質 評 価 に 関 する 試 験 ( 平 成 26 年 度 ) 研 究 開 発 課 川 原 美 香 共 同 研 究 : 中 札 内 村 農 業 協 同 組 合 1. 研 究 の 目 的 と 概 要 十 勝 中 札 内 村 は 枝 豆 の 生 産 量 が 北 海 道 一 であり 中 札 内 村 農 業 協 同 組 合 の 農 産 物 加 工 処 理 施 設

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358>

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358> 養 豚 管 理 における 暑 熱 ストレスの 影 響 と 効 果 的 対 策 の 検 討 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 大 城 守 池 宮 城 一 文 津 波 修 比 嘉 喜 政 ほか 高 温 多 湿 な 気 候 条 件 は 家 畜 の 生 産 性 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 知 られており 暑 熱 対 策 は 重 要 な 管 理 の 一 つと 考 えられている しかし 2008

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

L 旦 ~ - 盟 ~ ~ 旦 E

L 旦 ~ - 盟 ~ ~ 旦 E 1 叩 9ω 蜘 U B 筋 U 6い 明 恥 畑 1.1 一 0 ~ 一 ~"\ ~ 耐 置 量 骨 岨 IQ~ L 旦 ~ - 盟 ~ ~ 旦 E r~_ ~o. 12-1 8 8~ 年 度 海 老 名 市 史 資 料 所 在 目 録 第 2~ 草 i~ 南 町 史 百 科 編 上 巻 ~j 幸 村 教 委 副 ~6 角 田 文 laï 先 生 古 f~ 記 念 事 業 会 県

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

(4)2003.xls

(4)2003.xls 別 紙 様 式 4 公 共 調 達 の 適 正 化 について( 財 計 第 2017 号 )に 基 づく 競 争 入 札 に 係 る 情 報 の 公 表 ( 物 品 役 務 等 ) 物 品 役 務 等 の 名 称 及 び 数 量 契 約 担 当 官 等 の 氏 名 並 びにその 所 属 する 部 局 の 名 称 及 び 所 在 地 契 約 を 締 結 した 日 契 約 の 相 手 方 の 商 号 又

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

日本アレルギー学会第27期理事会

日本アレルギー学会第27期理事会 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 報 告 第 2 回 ( 第 6 回 ) 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 日 時 :2012 年 10 月 8 日 ( 月 祝 日 ) 11:00~15:30 場 所 : 日 本 アレルギー 学 会 事 務 局 会 議 室 出 席 者 :

More information

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc 公 益 財 団 法 人 痛 風 財 団 平 成 21 年 度 事 業 報 告 書 事 業 の 概 要 1. 研 究 助 成 事 業 平 成 21 年 度 の 研 究 助 成 は 下 記 4 部 門 を 対 象 として 総 額 900 万 円 の 助 成 を 行 った 1 痛 風 高 尿 酸 血 症 に 関 する 臨 床 的 色 彩 の 濃 い 研 究 を 対 象 とした 鳥 居 痛 風 学 術 賞

More information

平成19年度経済産業省委託

平成19年度経済産業省委託 平 成 25 年 度 経 済 産 業 省 委 託 高 圧 ガ ス 関 係 事 故 年 報 平 成 26 年 3 月 高 圧 保 安 協 会 目 次 1. まえがき 1 2. 高 圧 保 安 法 関 係 事 故 1 2.1 事 故 発 生 件 数 の 推 移 と 分 析 評 価 1 (1) 年 別 事 故 発 生 件 数 の 推 移 1 (2) 事 故 別 発 生 件 数 2 (3) 等 による 分

More information

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講 日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 第 1 回 南 和 地 域 病 診 連 携 研 修 6/1( 水 ) 14:00~16:00 南 奈 良 総 合 医 療 センタ- 講 演 14:00~14:30 最 近 の 大 腸 がんの 診 断 治 療 について

More information

漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に

漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に -- 魚 野 川 におけるアユ 不 振 原 因 の 解 明 伊 藤 陽 人 小 池 利 通 樋 口 正 仁 野 上 泰 宏 森 直 也 新 潟 県 内 水 面 水 産 試 験 場 要 旨 魚 野 川 では,アユ 種 苗 の 放 流 を 行 っているにも 関 わらずアユの 漁 獲 が 不 良 な 漁 場 が 顕 在 化 してい る このため,アユの 漁 獲 が 良 好 な 漁 場 と 不 良 な 漁

More information

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 第 1 節 肩 関 節 における 運 動 器 疾 患 に 対 する 理 学 療 法 症 例 1 交 通 事 故 により 左 上 腕 骨 大 結 節 骨 折 と 左 肩 関 節 腱 板 断 裂 を 受 傷 した 競 輪 選 手 の 一 症 例 12 8 1. 症 例 紹 介 34 X 9 5 12 12 X 11 1 8 2.

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc

Microsoft Word - 第3版_201209_KCX使用説明書.doc 脱 灰 液 K-CX 使 用 ガイド 使 用 説 明 書 K-CX を 使 用 される 前 に 必 ず 本 書 をお 読 み 下 さい 目 次 1. はじめに 1 2. K-CX について 1 3. K-CX を 用 いた 一 般 的 な 脱 灰 手 順 2 4. K-CX の 利 用 法 について 4 5. イヌ 硬 組 織 標 本 作 製 における K-CX 低 温 希 釈 脱 灰 法 7 6.

More information

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中 11. 阿 蘇 カルデラ 斜 面 における 斜 面 崩 壊 土 石 流 の 発 生 頻 度 Frequency of occurrence of slope failure and debris flow at the caldera wall slopes of Aso volcano, Central Kyushu 西 山 賢 一 ( 徳 島 大 学 ) 鳥 井 真 之 ( 熊 本 大 学 )

More information

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ 9 号 / 公 益 社 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 元 働 明 社 9 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 下 ォカ 委 教 徒 募 ペジ 照 メ 左 阿 都 築 和 松 古 横 川 列 清 水 ペジ 照 じ 﨑 計 画 キメ 訪 記 教 紹 ゆぞネ! 表 紙 訪 記 楽 脳 常 識 素 直 切 9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

20130300 年金機構業務つうしん016号 (H25年3月号)

20130300 年金機構業務つうしん016号 (H25年3月号) ----------~ 二 i------------- ~ 4~ 再 整 入 事 由 コードが 新 法 は 01~03 旧 法 は 01~06 の 者 です ~ 決 定 分 から 年 金 額 の 再 決 定 等 る 場 合 や 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 発 生 年 月 日 ìl~ 遡 及 する 場 合 は 再 裁 定 処 ~ 月 (f~

More information

欝 陶 器 ~II 路 軍? 自 { 畠 ゐ 鶴 ~~ 良 ~ 句 麗 燈 患 ~ 叡 邸 議 終 iu 帰 国 題 提 ~~gg ~ 慮 れ 窃 ω 卒 以 ~(fフーク て~l:.I 祉 会 福 祉 法 人 孟 冠 村 社 会 福 祉 協 議 会 ~ふ 歩 ねっと 教 室 I~ じめ 参 した 1 ~ E 直 言 百 四 ~ 王 室 EEEEE--. ~ 邑 出 血 民 孟 孟 己 盈 留

More information

なってきました ペットは 伴 侶 動 物 として 人 と 最 も 身 近 に 生 活 することを 考 えれば 時 に 最 も 危 険 な 感 染 源 に 変 身 する 可 能 性 があると 考 えられます ペットフード 協 会 が 調 べ た 2011 年 のペット 飼 育 率 をみると 犬 猫 な

なってきました ペットは 伴 侶 動 物 として 人 と 最 も 身 近 に 生 活 することを 考 えれば 時 に 最 も 危 険 な 感 染 源 に 変 身 する 可 能 性 があると 考 えられます ペットフード 協 会 が 調 べ た 2011 年 のペット 飼 育 率 をみると 犬 猫 な 2012 年 8 月 8 放 送 ペットを 介 して 広 がる 感 染 症 酪 農 学 園 大 学 獣 医 学 群 獣 医 学 類 食 品 衛 生 学 ユニット 教 授 田 村 豊 人 獣 共 通 感 染 症 とは? 本 日 は ペットを 介 して 人 に 感 染 する 感 染 症 のお 話 をさせていた だきたいと 思 います 脊 椎 動 物 と 人 との 間 で 自 然 に 伝 播 する 感 染

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

154

154 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 附. 宇 賀 崎 貝 塚 出 土 の 人 骨 および 犬 骨 について 独 協 医 科 大 学 第 一 解 剖 学 教 室 茂 原 信 生 江 藤 盛 治 馬 場 悠 男 人 Gトレンチの 第 6グリッドの 土 壙 墓 から 少 数 の 焼 かれて 変 形 した 人 骨 が 出 土 している

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の 5. 財 務 関 係 (3) 職 員 の に 関 する 調 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) ア 法 第 243 条 の2によるもの 1 都 道 府 県 分 所 属 部 課 名 等 事 実 関 係 監 査 委 員 による 監 査 関 係 都 道 府 県 名 名 及 び 職 名 し を た 日 又 は 事 実 知 った の 無 の 存 し 団 体

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 細 則 (2011 年 9 月 ) 目 次 1. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 2. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 3. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 会 費 規 則 ( 定

More information

させるという 機 構 が 考 えられている~) た 後, 乙 乙 K 生 薬 エキスを 20m~ l オウ )~ ク .~1. 0 ~) ~) ~) ~o~ ~ ~oo~ ~ 百, 健 常 者 (35 例 ) 及 び 皮 膚 疾 患 患 者 (37~1J) を 対 象 として 上 腕 屈 側 で48 時 間 クロ ー ズド パッチ テス 右 用 の 被 験 外 用 剤 を 右 側 の 病

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高 1.VS34( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VS34は 生 きた 微 生 物 群 で バーミキュライト( 蛭 石 )に 放 線 菌 細 菌 糸 状 菌 酵 母 等 の 有 効 微 生 物 を 培 養 吸 着 した 総 合 的 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 堆 肥 ボカシ 肥 料 づくり 3 連 作 障 害 対 策

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

1. 研 究 会 設 置 の 経 緯 (1) 小 型 家 電 とレアメタルを 取 り 巻 く 状 況 と 研 究 会 設 置 の 経 緯 (2) 研 究 会 での 検 討 の 進 め 方 (3) 小 型 家 電 の 現 状 1 小 型 家 電 の 製 造 段 階 の 特 徴 2 小 型 家 電 の 流 通 段 階 の 特 徴 3 小 型 家 電 の 消 費 排 出 段 階 の 特 徴 品

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d 題 意 匠 矩 軸 架 給 給 給 題 章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d a 什 家 架 ゼ 揮 塑 ゼ 欄 供 給 売 守 頼 免 渡

More information

研究報告20年度(ai配置).indd

研究報告20年度(ai配置).indd 経 常 研 究 無 機 材 料 の 遠 赤 外 線 放 射 特 性 と 応 用 製 品 に 関 する 研 究 研 究 開 発 科 山 口 典 男 高 松 宏 行 九 州 大 学 栃 原 裕 要 約 遠 赤 外 線 放 射 率 が 高 い 材 料 の 開 発 および 遠 赤 外 線 が 及 ぼす 生 体 への 生 理 学 的 作 用 の 解 明 を 目 的 に セメント と 釉 薬 の 遠 赤 外 線

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

12:10 13:10 LS-1 ランチョンセミナー 1 共 催 : 大 日 本 住 友 製 薬 株 式 会 社 座 長 : 二 木 芳 人 ( 昭 和 大 学 医 学 部 臨 床 感 染 学 ) これからのインフルエンザ 対 策 ワクチンと 抗 インフルエンザ 薬 菅 谷 憲 夫 ( 神 奈 川

12:10 13:10 LS-1 ランチョンセミナー 1 共 催 : 大 日 本 住 友 製 薬 株 式 会 社 座 長 : 二 木 芳 人 ( 昭 和 大 学 医 学 部 臨 床 感 染 学 ) これからのインフルエンザ 対 策 ワクチンと 抗 インフルエンザ 薬 菅 谷 憲 夫 ( 神 奈 川 プ ロ グ ラ ム 第 1 日 目 / 4 月 18 日 ( 木 ) 上 條 講 堂 8:55 9:00 開 会 の 挨 拶 有 賀 徹 ( 第 11 回 日 本 臨 床 医 学 リスクマネジメント 学 会 学 術 集 会 会 長 ) 9:00 11:00 S-1 シンポジウム 1 院 内 における 医 療 事 故 への 対 応 座 長 : 丹 正 勝 久 ( 日 本 大 学 医 学 部 救 急 医

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい 長 野 県 における 熱 中 症 の 発 生 状 況 熱 中 症 の 発 生 件 数 の 推 移 ( 休 業 4 日 以 上 単 位 : 人 ) 長 野 労 働 局 8 9(1) 5 5 1 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 ( ) 内 は 死 亡 者 で 内 数 熱 中 症 の 業 種 別 年 別 発 生 状 況 ( 休 業 4 日 以 上

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

火山活動ペーパー1colar.indd

火山活動ペーパー1colar.indd 大 涌 谷 周 辺 の 火 山 活 動 について 2015 年 5 月 20 日 2015 年 5 月 3 日 7 時 8 分 9 番 ホールにて 5 月 20 日 現 在 大 涌 谷 火 口 周 辺 の 入 山 規 制 (レ ベル2)が 続 いています 箱 根 山 の 火 山 活 動 に ついてご 理 解 を 得 ておくことも 大 切 かと 考 え このペーパーを 用 意 しました 大 涌 谷 周

More information

Taro-【222】H23表紙.jtd

Taro-【222】H23表紙.jtd 律 ま 律 律 律 百 号 ま 左 記 ま 記 経 緯 律 以 麻 原 彰 晃 智 津 夫 教 祖 創 始 者 オ ウ ム 真 教 教 義 広 現 目 主 宰 教 義 従 者 以 付 以 ぞ 号 掲 ず 引 続 継 続 聴 上 後 段 付 以 予 根 拠 令 由 陳 述 先 限 陳 述 機 付 与 陳 述 ど 遂 由 示 効 力 1 加 え 中 計 わ 有 管 土 建 延 べ 箇 箇 ち 備 帳 簿

More information

センターレポート 第14号

センターレポート 第14号 NAOSITE: Nagasaki University's Ac Title センターレポート 第 14 号 Author(s) 長 崎 大 学 総 合 情 報 処 理 センター Citation センターレポート, 14, pp.1-174; 1995 Issue Date 1995-03 URL http://hdl.handle.net/10069/25559 Right This document

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

が 郎 々と 自 民 え ていて その 近 の"'~ 取 り 合 勺 図 書 去 を ~I 周 するようにおり ま したが 唱 あまり これか&の 図 書 館 ですが 電 子 ~I:: 報 の 所 在,~"に して 突 き 止 めら'"その 情 績 たとき 伝 ど 3 震 の 片 隅 で 小 設 に

が 郎 々と 自 民 え ていて その 近 の'~ 取 り 合 勺 図 書 去 を ~I 周 するようにおり ま したが 唱 あまり これか&の 図 書 館 ですが 電 子 ~I:: 報 の 所 在,~に して 突 き 止 めら'その 情 績 たとき 伝 ど 3 震 の 片 隅 で 小 設 に 一 度 も~.にかかゥた ζ とがなかったよう 匂 気 が 郎 々と 自 民 え ていて その 近 の"'~ 取 り 合 勺 図 書 去 を ~I 周 するようにおり ま したが 唱 あまり これか&の 図 書 館 ですが 電 子 ~I:: 報 の 所 在,~"に して 突 き 止 めら'"その 情 績 たとき 伝 ど 3 震 の 片 隅 で 小 設 に 緩 み 耽 マ, ~と 重 たい C~m Îc

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

拡 張 装 置 : I / 0 拡 張 ユニ ッ ~

拡 張 装 置 : I / 0 拡 張 ユニ ッ ~ 拡 張 装 置 : I / 0 拡 張 ユニ ッ ~ va~i n r c r n 6. プログ~" 強 制 7 r c, 混 血 II 正 眼 E 暢 a ~ャリプレーション 厄 Ill 作 成 a 写 ーで 適 用 モードをill!RL.. リヲーン~ーを 押 して 下 さい. ~ーで 還 期 モードを ill 騰 し.リヲーンキーを 押 して 下 草 い. :: II~~ :~ti-

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information