4-102

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "4-102"

Transcription

1 2014 年 度 モンゴル 語 チャハル 方 言 における 漢 語 借 用 動 詞 と 副 詞 の 借 用 を 中 心 に 千 葉 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 博 士 後 期 課 程 祎 丽 琦

2 目 次 凡 例... 3 第 1 章 序 論 はじめに 問 題 の 提 起 本 論 の 研 究 目 的 と 構 成 本 研 究 が 基 づく 言 語 データ チャハル 方 言 における 漢 語 からの 借 用 現 象 概 観 モンゴル 語 における 漢 語 借 用 に 関 する 先 行 研 究 包 聯 群 (2011)について 查 干 哈 达 (1996)について 第 2 章 モンゴル 語 チャハル 方 言 の 音 韻 論 音 韻 体 系 母 音 母 音 に 関 する 先 行 研 究 チャハル 方 言 の 母 音 子 音 母 音 調 和 本 稿 の 表 記 第 3 章 モンゴル 語 チャハル 方 言 の 動 詞 の 形 成 と 用 法 モンゴル 語 の 動 詞 の 構 造 の 概 観 屈 折 接 辞 叙 述 類 命 令 願 望 類 形 動 詞 類 副 動 詞 類 派 生 接 辞 出 動 動 詞 接 尾 辞 ヴォイス アスペクト

3 そのほかの 接 尾 辞 第 4 章 漢 語 借 用 によるチャハル 方 言 の 動 詞 形 成 言 語 接 触 及 び 動 詞 借 用 に 関 する 先 行 研 究 動 詞 の 借 用 可 能 性 に 関 する 先 行 研 究 動 詞 の 借 用 ストラテジーに 関 する 先 行 研 究 Muysken の 借 用 動 詞 の 適 応 ストラテジー Wolhlgemuth の 動 詞 の 借 用 ストラテジーと 統 一 階 層 チャハル 方 言 で 動 詞 として 機 能 する 漢 語 本 研 究 に 見 られる 漢 語 動 詞 の 借 用 ストラテジー 及 びその 使 用 頻 度 漢 語 + 接 尾 辞 ストラテジー 屈 折 接 辞 による 屈 折 変 化 アスペクトやヴォイスによる 派 生 漢 語 + 出 名 動 詞 接 尾 辞 ストラテジー 出 名 動 詞 接 尾 辞 d / t / l/ r 漢 語 + 出 名 動 詞 接 尾 辞 ストラテジーの 生 産 性 漢 語 +xii ストラテジー 各 借 用 ストラテジーの 使 用 頻 度 データ 全 体 から 見 える 借 用 漢 語 の 特 徴 動 詞 接 尾 辞 を 後 続 させる 二 音 節 漢 語 出 名 動 詞 接 尾 辞 に 前 置 する 二 音 節 動 詞 まとめ 第 5 章 漢 語 副 詞 の 借 用 漢 語 也 に 由 来 すると 思 われるチャハル 方 言 における jəə jəə に 関 する 先 行 研 究 モンゴル 語 の 小 辞 ʧ, ʧilee, bɑs について チャハル 方 言 における jəə チャハル 方 言 における jəə と 漢 語 也 ye の 音 対 応 jəə の 機 能 について jəə 特 有 の 文 法 的 特 徴 jəə の 借 用 がモンゴル 語 にもたらす 変 化 漢 語 就 に 由 来 すると 思 われるチャハル 方 言 における ʤuu チャハル 方 言 における ʤuu と 漢 語 就 jiu の 音 対 応

4 5.2.2 チャハル 方 言 における ʤuu ʤuu の 機 能 について ʤuu の 文 中 における 位 置 ʤuu がモンゴル 語 にもたらす 変 化 まとめ 第 6 章 考 察 の 結 果 巻 末 表 参 考 文 献 資 料 編 資 料 Ⅰ 動 詞 資 料 Ⅱ 副 詞

5 凡 例 1. 本 稿 で 扱 う 漢 語 借 用 語 を 含 む 例 文 は 口 語 に 現 れるものであり 普 段 書 かれることのな い 言 葉 であるため 例 文 を 挙 げるにあたって 次 の 方 法 に 沿 う モンゴル 語 の 表 記 については 第 2 章 で 提 示 するが 借 用 漢 語 の 表 記 は 漢 語 のピンインを 用 い 文 中 のピンインには 声 調 を 付 けない 問 題 となる 漢 語 は 下 線 を 引 いて 示 す 例 文 の 最 後 に 資 料 番 号 を 示 すが 01~06 は 2009 年 に 取 れた 資 料 07~09 は 2010 年 に 取 れた 資 料 10~25 は 2012 年 に 取 れた 資 料 であることを 表 す そして その 次 のアルファベット はコンサルタントの 略 称 であり 最 後 の 番 号 が 文 字 化 された 例 文 の 資 料 の 中 での 順 を 表 す コンサルタントの 略 称 は 1.4 で 示 す 例 文 の 日 本 語 訳 の 後 には 借 用 漢 語 のピンインと 対 応 する 漢 字 を 示 す この 場 合 はピンインに 声 調 を 付 ける 作 例 の 番 号 はカッコに 入 れて 示 す 例 :ɑɑʤɛɛ-ʧin nɑmɛɛ ɡ ɑr dəər-əəŋ tuo-ɡəəd. (06B027) 父 -2 人 称 所 属 私 - 対 格 後 ろ 上 再 帰 所 属 乗 せる 副 動 分 離 お 父 さんが 私 を 後 ろに 押 せて tuó 托 先 行 研 究 における 例 文 などの 表 記 はそれぞれの 文 献 に 従 うが モンゴル 文 字 で 示 された 例 文 を 引 用 する 際 は 筆 者 がアルファベットに 転 写 する 2.グロスには 次 の 表 記 法 を 用 いた 動 詞 の 語 幹 と 接 尾 辞 語 と 格 助 詞 の 切 れ 目 を (ハイフン)で 表 示 する * を 文 頭 に 付 けて 非 文 を 示 す 内 の 語 句 は 中 国 語 であることを 表 す 内 の 語 句 は 日 本 語 であることを 表 す 文 型 や 借 用 パターンなどを 示 す 再 帰 所 属 再 帰 所 属 接 尾 辞 副 動 副 動 詞 類 接 尾 辞 形 動 形 動 詞 類 接 尾 辞 現 在 叙 述 類 現 在 未 来 叙 述 類 未 来 過 去 叙 述 類 過 去 意 志, 命 令, 勧 告, 催 促, 懇 願 祈 願 命 令 願 望 類 の 意 志, 命 令, 勧 告, 催 促, 懇 願 祈 願 使 役 態 使 役 態 受 動 態 受 動 態 共 同 態 共 同 態 相 互 態 相 互 態 衆 動 態 衆 動 態 完 了 体 完 了 体 瞬 時 体 瞬 時 体 即 時 体 即 時 体 出 動 出 動 動 詞 接 尾 辞 出 名 出 名 動 詞 接 尾 辞 出 小 出 小 動 詞 接 尾 辞 他 の 記 号 などについては 言 及 した 章 ごとに 説 明 する 4

6 第 1 章 序 論 1.1 はじめに チャハル 方 言 とは 内 モンゴルで 話 されているモンゴル 語 の 方 言 の 一 つである 蒙 古 学 百 科 全 書 (2004:716)によれば チャハル 方 言 は 内 モンゴルのシリンゴル 盟 1( 正 藍 旗 正 鑲 白 旗 鑲 黄 旗 タイブス 旗 ソニド 左 旗 ソニド 右 旗 アバガ 旗 西 ウジュムチン 旗 東 ウジュムチン 旗 エレーンホト 市 シリンホト 市 ) オランチャブ 盟 (チャハル 右 翼 前 旗 チャハル 右 翼 中 旗 チャハル 右 翼 後 旗 四 子 王 旗 ) バヤンノール 盟 (ウラド 中 旗 ウラド 前 旗 ウラド 後 旗 ) 包 頭 市 (ダルハン ムミンガン 連 合 旗 アガロート 蘇 木 バトガル) 赤 峰 市 のヘシグテン 旗 のモンゴル 人 に 話 されており 話 者 人 口 は 50 万 人 近 くある その 中 本 研 究 の 調 査 地 であるシリンホト 市 は 内 モンゴルの 中 部 に 位 置 するシリンゴ ル 盟 の 行 政 所 在 地 であり 面 積 は 1.8 万 km 2 総 人 口 数 は 万 人 である そのうち 漢 民 族 が 総 人 口 の 73%を 占 める 万 人 であり モンゴル 族 が 23%を 占 める 5.56 万 人 である( 内 蒙 古 锡 林 郭 勒 盟 2010 年 人 口 普 查 资 料 2012) 公 用 語 はモンゴル 語 と 漢 語 の 二 言 語 である 地 図 1 1 盟 市 市 旗 蘇 木 は 内 モンゴル 自 治 区 における 行 政 単 位 である 上 から 内 モンゴル 自 治 区 市 盟 市 旗 県 郷 鎮 蘇 木 (ソム)との 順 番 となる 5

7 人 口 の 比 率 からも 分 かるように シリンホト 市 では 人 口 の 4 分 の 3 以 上 が 漢 民 族 である ため モンゴル 族 にとっても 漢 語 の 使 用 は 日 常 生 活 の 中 では 欠 かせないものであり 常 に モンゴル 語 と 漢 語 の 両 言 語 が 併 用 される 状 況 である そこで 以 下 シリンホト 市 在 住 のモ ンゴル 人 の 言 語 使 用 状 況 について 簡 単 に 紹 介 したいと 思 う 内 モンゴルのモンゴル 族 学 校 は 一 般 的 に 小 学 校 から 高 校 までのすべての 授 業 科 目 をモンゴル 語 で 行 うが 漢 語 は 一 つの 科 目 として 設 定 され 漢 語 で 授 業 を 行 う 本 稿 におけるシリンホト 市 には 13 個 の 小 学 校 があるが そのうちモンゴル 族 小 学 校 が 三 つ 中 学 校 高 校 は 九 つあるうちモンゴル 族 学 校 は 二 つある モンゴル 族 学 校 の 漢 語 教 育 は 2006 年 までは 小 学 校 3 年 から 始 めていたが 2006 年 の 教 育 改 革 に 応 じて 小 学 校 1 年 から 漢 語 を 教 えるようになった しかし 子 供 達 が 学 校 に 入 る 前 からすでに 漢 語 を 話 せるようになっているのは 現 状 であり 子 供 や 若 者 は 漢 語 を 非 常 に 流 暢 に 使 いこなせる そして メディアについてはモンゴル 語 と 漢 語 の 両 方 と も 利 用 することができる テレビに 関 しては 一 般 的 な 家 庭 では 50 前 後 のチャンネルを 見 ることができるが そのうちモンゴル 語 チャンネルは 内 モンゴルテレビ 局 から 放 送 され るものとシリンゴル 盟 テレビ 局 から 放 送 されるものと 合 わせて 三 つのチャンネルである また 流 通 しているモンゴル 語 新 聞 は 主 に 内 モンゴル 日 報 と シリンゴル 日 報 であ り 雑 誌 は 数 種 類 のモンゴル 語 雑 誌 がある 政 府 の 発 行 物 は 漢 語 のみで 発 行 されることが 多 く まれにはモンゴル 語 との 両 方 で 発 行 されることもある 町 の 看 板 道 路 標 示 はモン ゴル 語 と 漢 語 の 両 方 を 用 いるが 住 宅 地 などにおける 民 間 の 一 般 お 知 らせはほぼ 漢 語 のみ である 役 所 や 病 院 などの 公 的 場 面 では 漢 語 を 使 用 するのが 一 般 的 である 1.2 問 題 の 提 起 モンゴル 語 は 13 世 紀 以 来 の 書 記 記 録 を 有 するが それが 記 録 された 当 初 から 今 に 至 る までいずれの 時 代 にも またいずれの 言 語 方 言 をとってみても そこにはチュルク 系 諸 言 語 チベット 語 漢 語 満 州 ツングース 系 諸 言 語 ロシア 語 等 様 々な 言 語 から 受 け た 影 響 が 認 められている ( 栗 林 1989) しかし 現 代 の 内 モンゴルのモンゴル 語 はいろい ろな 社 会 的 歴 史 的 要 因 により 漢 語 の 影 響 をより 強 く 受 けており 今 日 ではモンゴル 語 と 漢 語 の 接 触 問 題 も 大 きく 注 目 されるようになっている 中 国 は 多 民 族 多 言 語 国 家 であり 漢 民 族 の 人 口 に 対 する 少 数 民 族 の 人 口 の 割 合 の 低 さと 漢 民 族 との 雑 居 性 の 高 さはその 特 徴 の 一 つと 言 える 2010 年 の 第 6 回 全 国 人 口 統 計 によ れば 2 内 モンゴル 自 治 区 の 総 人 口 の 79.54%を 漢 民 族 が 占 め モンゴル 族 の 人 口 は 総 人 口 2 を 参 照 されたい 6

8 の 17.11%である こうした 背 景 の 中 で 内 モンゴルに 居 住 するモンゴル 人 は 自 分 の 民 族 言 語 以 外 に 主 体 民 族 の 言 語 ( 漢 語 )をも 使 用 するため 二 言 語 使 用 現 象 が 起 り さらに 日 常 的 に 使 われるモンゴル 語 に 漢 語 からの 借 用 現 象 が 数 多 く 見 られている そのため 内 モンゴルのモンゴル 語 における 漢 語 との 接 触 問 題 について 教 育 学 社 会 学 言 語 学 など いろいろな 視 点 からの 研 究 がなされてきた その 中 で 東 部 方 言 における 漢 語 からの 影 響 が 早 くから 注 目 され その 原 因 として 早 くか ら 漢 民 族 の 文 化 を 受 け 入 れ 農 業 が 営 まれ 定 住 化 が 進 んできたことが 挙 げられている そのため 先 行 研 究 に 見 られる 中 国 領 内 のモンゴル 語 における 漢 語 借 用 現 象 についての 記 述 は 内 モンゴル 東 部 方 言 のホルチン 方 言 ハラチン 方 言 におけるモンゴル 語 についての ものがほとんどであり モンゴル 語 の 教 育 の 視 点 からの 考 察 が 圧 倒 的 に 多 く 借 用 による 言 語 の 内 部 構 造 の 変 化 や 特 徴 など 言 語 学 の 視 点 から 系 統 的 に 記 述 したものは 少 ないのが 現 実 である しかし 先 行 研 究 の 中 で 特 筆 すべきなのは 包 聯 群 (2011)であり 中 国 黒 龍 江 省 ドルブットモンゴルコミュニティー 言 語 (DMCL)を 事 例 とした 漢 語 との 接 触 現 象 について その 音 韻 形 態 統 語 論 的 な 特 徴 と 動 詞 形 容 詞 名 詞 が 持 つ 特 徴 について 網 羅 的 に 記 述 されたものである 包 聯 群 (2011)は 動 詞 の 借 用 法 に 関 して この 方 言 には 動 詞 にモンゴ ル 語 起 源 の 動 詞 接 尾 辞 を 付 ける 方 法 と 動 詞 に する 動 詞 を 付 ける 方 法 があること を 指 摘 する また 動 詞 に する 動 詞 を 付 ける 借 用 法 は 二 音 節 漢 語 に 用 いられること も 指 摘 したが この 二 つの 借 用 法 における 漢 語 の 違 いについての 統 計 的 な 分 析 や ほかの 借 用 制 限 については 論 じてない また 名 詞 の 借 用 における 類 別 詞 の 借 用 についても 詳 し く 論 じており 漢 語 の 的 を 由 来 すると 思 われる dii によって 借 用 される 漢 語 の 形 容 詞 についても 論 じている しかし 中 部 方 言 のチャハル 方 言 にも 漢 民 族 との 接 触 が 日 増 しに 頻 繁 になっていくこと によって 漢 語 からの 借 用 現 象 が 言 語 の 広 い 範 囲 に 渡 って 起 きている それにも 関 わらず 内 モンゴルの 中 部 方 言 に 起 きる 言 語 変 化 についてはほとんど 研 究 がなされていない また 包 聯 群 (2011)ではモンゴル 語 における 漢 語 名 詞 形 容 詞 動 詞 の 借 用 についての 分 析 をな されたが 以 上 述 べたように 動 詞 の 借 用 の 仕 方 についての 分 類 分 析 をしたものの 借 用 さ れた 漢 語 の 特 徴 についてはあまり 触 れていない 更 に 副 詞 などの 借 用 も 存 在 すると 記 述 しながら 具 体 的 な 分 析 は 行 われなかった 1.3 本 論 の 研 究 目 的 と 構 成 上 述 した 背 景 の 中 で 本 研 究 は モンゴル 語 チャハル 方 言 における 漢 語 との 接 触 現 象 を 動 詞 と 副 詞 の 借 用 を 中 心 に 考 察 し 動 詞 の 借 用 ストラテジーのみならず 借 用 される 漢 語 の 7

9 特 徴 また 副 詞 の 借 用 における 機 能 特 徴 とそれがモンゴル 語 の 文 法 にもたらす 変 化 を 明 ら かにすることを 目 的 とする 従 って 6 章 からなる 本 論 の 構 造 は 以 下 のようである 最 初 に 第 1 章 では チャハル 方 言 シリンホト 本 研 究 が 基 づく 言 語 データについて 紹 介 し 問 題 提 起 と 本 研 究 の 目 的 を 述 べる 第 2 章 では チャハル 方 言 の 音 韻 論 と 本 稿 における 表 記 について 記 述 を 行 う 第 3 章 では チャハル 方 言 の 動 詞 の 形 成 と 用 法 について 記 述 を 行 う 第 4 章 では 漢 語 借 用 によるチャハル 方 言 の 動 詞 形 成 を その 借 用 ストラテジー 借 用 漢 語 の 特 徴 借 用 の 理 論 的 特 徴 の 三 つの 面 から 考 察 を 行 う 第 5 章 では 漢 語 副 詞 也 就 のチャハル 方 言 で の 機 能 特 徴 とそれがモンゴル 語 の 文 法 にもたらす 変 化 を 考 察 する 最 後 に 第 6 章 では 考 察 の 結 果 をまとめ 今 後 の 課 題 を 述 べる なお 本 研 究 で 扱 う 借 用 現 象 は 口 語 レベルのみに 起 きることをあらかじめ 述 べておく 1.4 本 研 究 が 基 づく 言 語 データ 本 研 究 が 基 づく 言 語 データは 筆 者 が 2009 年 から 2012 年 にかけて 計 3 回 にわたり 下 記 表 1 のコンサルタント 10 人 を 対 象 に 行 った 25 組 およそ 27 時 間 の 自 然 会 話 録 音 を 文 字 化 したものとインタビュー 調 査 を 基 にする 表 1 コンサルタント 情 報 コンサルタント 性 別 年 齢 学 歴 職 業 B 女 性 50 代 大 学 卒 業 図 書 館 館 員 O 女 性 50 代 中 等 専 門 学 校 医 者 G 女 性 40 代 高 校 卒 業 主 婦 S 女 性 40 代 中 学 校 卒 業 個 人 営 業 者 N 女 性 30 代 高 等 専 門 学 校 卒 業 学 校 職 員 Ar 女 性 20 代 修 士 課 程 卒 業 公 務 員 A 男 性 60 代 中 等 専 門 学 校 卒 業 定 年 退 職 C 男 性 50 代 大 学 卒 業 公 務 員 Su 男 性 40 代 高 校 中 退 個 人 営 業 者 M 男 性 30 代 大 学 卒 業 公 務 員 1.5 チャハル 方 言 における 漢 語 からの 借 用 現 象 概 観 モンゴル 語 チャハル 方 言 における 漢 語 からの 借 用 現 象 は 口 語 レベルに 見 られるものであ ることを 述 べたが 名 詞 のような 品 詞 では 昔 からモンゴル 語 に 借 用 され 文 語 に 定 着 して 8

10 いるものも 見 られる よくあげられる 例 には 漢 語 の chuāng hu 窗 户 から 借 用 された ʧɔŋx 窓 tóng pén 铜 盆 から 借 用 された tѳmpəŋ たらい などがある( 清 格 尔 泰 1992:31) 更 に 現 代 では 日 常 生 活 の 中 で 新 しい 文 化 の 導 入 につれより 多 くの 名 詞 が 口 語 に 借 用 され 本 研 究 のデータから 以 下 のような 用 例 が 見 られる 用 例 001 と 002 の shǒu jī 手 机 携 帯 電 話 hào er 号 儿 番 号 xìn xī 信 息 メール などの 新 しい 文 化 の 産 物 や 002 における yí fu 姨 父 伯 父 さん のような 親 族 名 詞 の 借 用 も 見 られる 001 shou ji dәәŋ shu ɡəәd ɔr ool ʧəx әn bɑdɑɑ, 携 帯 再 帰 入 力 する 副 動 入 る 使 役 態 完 了 体 現 在 確 認 hao er ii n.(01b0006) 番 号 対 格 3 人 称 所 属 携 帯 に 入 力 しておけばいいのに 番 号 を shǒu jī 手 机, hào er 号 儿 002 yi fu ʧin xin xi fa ʤ ʧɛdəx ʧ ɡue.(13B0118) 伯 父 さん 2 人 称 所 属 メール 送 る 副 動 出 来 る 小 辞 否 定 (あなたの) 伯 父 さんはメール 送 ることができない yí fu 姨 父, xìn xī 信 息 そして 本 研 究 の 重 要 な 部 分 でもある 漢 語 動 詞 の 借 用 に 関 しても まれでありながら 文 語 に 定 着 している 物 が 確 認 できる 例 えば ʤiɡnəx 蒸 す 漢 語 の zhēng 蒸 蒸 す からの 借 用 である 筆 者 のデータからの 用 例 をあげれば 口 語 では 以 下 のような 漢 語 動 詞 の 借 用 が 見 られる 003 では 動 詞 shī liàn 失 恋 失 恋 を 004 は dǎ gōng 打 工 アルバイトする を 借 用 している 003 shi lian xii ɡәәd sœljɔɔr ʤii n.(06b0039) 失 恋 する 副 動 気 が 狂 う 進 行 体 現 在 失 恋 しておかしくなっている shī liàn 失 恋 004 da gong xii ʤii n sitəə.(05g0211) アルバイトする する 進 行 体 現 在 確 認 アルバイトしている dǎ gōng 打 工 このように 名 詞 や 動 詞 の 借 用 が 多 く 見 られるが 形 容 詞 についても 小 数 ながら 漢 語 形 9

11 容 詞 に 漢 語 の 的 を 由 来 すると 思 われる dii をつける 形 で 形 容 詞 として 借 用 する 現 象 も 見 られる 例 えば la dii 辛 い xian dii しょっぱい は 漢 語 の là 辣 xián 咸 からの 借 用 である チャハル 方 言 では 名 詞 動 詞 形 容 詞 だけではなく 副 詞 接 続 詞 などにおいても 借 用 が 見 られる 統 語 面 では モンゴル 語 の 語 順 を 従 っている 用 例 005 では 漢 語 の 名 詞 wǔ dǎo 舞 蹈 ダンス を 主 語 として 動 詞 liàn 练 練 習 する を 述 語 として 借 用 しているが 漢 語 では 练 舞 蹈 (VO)との 語 順 になるところ モンゴル 語 では wu dao lian ʤii n (OV)との 語 順 になっている 005 bɑs wu dao lian ʤii n ɡə nəə.(05g0212) また ダンス 練 習 する 進 行 体 現 在 伝 言 現 在 ダンスもやっているそうです wǔ dǎo 舞 蹈, liàn 练 最 後 に 形 態 論 的 には 本 研 究 における 動 詞 借 用 を 例 としてみると 漢 語 からは 語 彙 だ けを 借 用 し それにモンゴル 語 の 接 尾 辞 を 付 けるようになっている 例 えば 用 例 005 に おける 漢 語 liàn 练 練 習 する を 見 れば 分 かるように モンゴル 語 は 膠 着 言 語 である ため 漢 語 を 語 幹 として 扱 い lian ʤii n のように 漢 語 にモンゴル 語 の 接 尾 辞 を 次 々 と 付 けていくのが 特 徴 である 1.6 モンゴル 語 における 漢 語 借 用 に 関 する 先 行 研 究 先 行 研 究 に 見 られる 中 国 領 内 のモンゴル 語 における 漢 語 借 用 現 象 についての 記 述 は 内 モンゴル 東 部 方 言 のホルチン 方 言 を 中 心 になされたものがほとんどであり 借 用 による 言 語 の 内 部 構 造 の 変 化 や 特 徴 など 言 語 学 の 視 点 から 系 統 的 に 記 述 したものは 少 ないことを 前 の 節 で 指 摘 した また 数 少 ない 記 述 の 中 で 中 国 黒 龍 江 省 ドルブットモンゴルコミュニテ ィーに 話 されるホルチン 方 言 を 事 例 とした 包 聯 群 (2011)がモンゴル 語 と 漢 語 の 接 触 現 象 に ついてその 音 韻 形 態 統 語 論 的 な 特 徴 と 動 詞 形 容 詞 名 詞 が 持 つ 特 徴 について 網 羅 的 に 記 述 されたことも 述 べた この 節 では 包 聯 群 (2011)における 動 詞 借 用 に 関 する 記 述 に 加 えて ホルチン 方 言 における 漢 語 動 詞 の 借 用 に 言 及 した 研 究 である 查 干 哈 达 (1996)につい て 簡 単 に 紹 介 したい 包 聯 群 (2011)について 動 詞 の 借 用 法 に 関 して 包 聯 群 (2011: )は 1) V+モンゴル 語 起 源 の 様 々な 接 尾 10

12 辞 や 語 尾 方 法 と 2) V+xix (xix は するの 意 味 を 表 す ) 方 法 があると 指 摘 する また 1)の 下 位 分 類 として 以 下 の 五 つを 挙 げている 1 V+ 命 令 願 望 類 語 尾 (1) bii 身 体 ɡə:n 锻 炼 jɑ:. 1SG 体 再 帰 形 鍛 える 願 望 私 は 体 を 鍛 えるよ 2 V+アスペクト+テンス 語 尾 / V+アスペクト/ テンス 語 尾 (2) 社 会 də:r 淘 汰 ʃəɡ ʤɛ:. 社 会 上 淘 汰 しまう 過 去 形 社 会 から 見 放 されてしまった 3 V1+ 副 動 詞 類 語 尾 +VP2 3 (3) irɡɤn mɔŋɣɜl i: 掺 和 ʤ bɛ: nɑ:. 中 国 語 モンゴル 語 対 格 混 ぜる て ある 非 過 去 形 中 国 語 とモンゴル 語 を 混 合 している 4 V1+ 形 動 詞 類 語 尾 + 格 語 尾 +VP2 (4) bii ɡər i: xə:n 落 户 x ə:r ɔʃ ʤɛ:. 1SG 家 対 格 再 帰 形 移 住 する 形 動 詞 類 語 尾 目 的 格 行 く 過 去 形 私 は(ほかの 町 へ 移 住 するための) 住 民 登 録 をしに 行 きました 5 V+ 動 詞 接 尾 辞 +アスペクト+テンス 語 尾 / V+ 動 詞 接 尾 辞 +アスペクト/ テン ス 語 尾 このタイプについて 包 聯 群 (2011)は ここに 現 れる 動 詞 接 尾 辞 は 主 に la/ le, (ə)l 類 接 尾 辞 であり 鼻 音 [ŋ]で 終 わる 単 音 節 か 二 音 節 漢 語 の 後 ろに 集 中 して 現 れる かつこの 接 尾 辞 は 省 略 不 可 である (5) 如 果 tər bʊrʊ: tɛ: bɔl bɜl 原 谅 əl ʃixə:. もし 3SG 間 違 いがある なる ならば 容 赦 する 動 詞 接 尾 辞 しまう 3 複 文 の 主 節 など 動 詞 句 が 構 成 する 後 項 の 節 文 11

13 もし 彼 に 間 違 ったところがあれば 許 してあげなさい *(5) 如 果 tər bʊrʊ: tɛ: bɔl bɜl 原 谅 ʃixə:. もし 3SG 間 違 いがある なる ならば 容 赦 する 動 詞 接 尾 辞 しまう 2) V+xix (6) bi: dʊ: 练 习 xi nə:. 1SG 歌 練 習 する 非 過 去 形 私 は 歌 の 練 習 をします 查 干 哈 达 (1996)について 查 干 哈 达 (1996)はホルチン 方 言 に 関 する 総 合 的 文 法 書 であり 言 語 接 触 現 象 を 中 心 に 扱 った 著 作 ではないため 動 詞 における 漢 語 に 借 用 についてに 記 述 もかなり 簡 略 なものであ る 查 干 哈 达 (1996: )によれば 漢 語 動 詞 は 以 下 の 二 つの 方 法 でホルチン 方 言 に 借 用 される 1) 漢 語 を 語 幹 として 借 用 し それにモンゴル 語 の 屈 折 接 尾 辞 を 付 ける 方 法 (7); 2) 漢 語 に 動 詞 を 派 生 する 派 生 接 辞 の l などをつけ さらに 動 詞 の 屈 折 接 尾 辞 を 付 ける 方 法 である(8) なお 漢 語 の 部 分 に 下 線 を 引 いた (7) dɑ: x (< 搭 ) 建 てる dɔ: x (< 倒 ) 注 ぐ ju: x (< 邮 ) 郵 送 する 建 てる 形 動 注 ぐ 形 動 郵 送 する 形 動 (8) dɑŋ l ёx(< 当 ) 質 に 入 れる pii l ёx(< 劈 ) 割 る 質 に 入 れる 派 生 接 辞 形 動 割 る 派 生 接 辞 形 動 上 述 した 二 つの 先 行 研 究 は 共 に 本 論 が 言 及 する 動 詞 + 接 尾 辞 ストラテジーと 漢 語 + 出 名 動 詞 接 尾 辞 について 記 述 している しかし 漢 語 とモンゴル 語 の 接 尾 辞 の 間 に 挿 入 する l についてはチャハル 方 言 では d, t, l, r の 四 つが 存 在 することが 後 に 述 べる また 漢 語 +xii (する) ストラテジーについて 包 聯 群 (2011)が 言 及 しており 查 干 哈 达 (1996)は 言 及 してないが その 借 用 ストラテジーだけではなく xii に 前 置 する 漢 語 の 特 徴 についても 本 論 で 考 察 してみたいと 考 える 12

14 第 2 章 モンゴル 語 チャハル 方 言 の 音 韻 論 2.1 音 韻 体 系 これまでのモンゴル 語 チャハル 方 言 の 音 韻 体 系 についての 研 究 には 母 音 の 数 をめぐっ て 若 干 の 相 違 が 見 られるが 以 下 これらの 先 行 研 究 を 踏 まえながらチャハル 方 言 の 音 韻 体 系 を 紹 介 する そして 本 論 の 音 韻 表 記 を 提 示 する 母 音 モンゴル 語 では ストレスが 常 に 語 の 第 一 音 節 に 置 かれるため 第 2 音 節 以 後 の 母 音 は 弱 化 した 不 明 瞭 な 母 音 として 現 れる 弱 化 母 音 は その 音 質 において 自 律 性 も 持 たないだ けではなく 語 中 にそれらが 現 れる 位 置 も 子 音 の 配 列 に 完 全 に 依 存 しており 閉 音 節 で のみ 安 定 している 複 合 語 においては 後 置 される 語 の 第 1 音 節 のストレスがそのまま 保 たれるが 第 1 音 節 の 語 のストレスより 弱 くなる 母 音 に 関 する 先 行 研 究 本 章 では 先 行 研 究 を 引 用 する 際 に それぞれの 表 記 をそのまま 引 用 するが 第 3 章 から はすべて 筆 者 の 表 記 を 用 いる 服 部 (1951): a, o, u, ä, ö, ü, i の 7 個 を 認 める Uuda(1983): ɑ, ə, i, ɩ, ɔ, ʊ, o, u, æ, œ, ʊ11 個 を 認 める 孫 竹 (1985):ɑ, ə, i, ɪ, ɔ, ʋ, o, u, ɛ, œ の 10 個 を 認 める 栗 林 (1989b)もチャハル 方 言 の 母 音 音 素 æ, œ, ɪ の 存 在 を 認 めている 清 格 爾 泰 (1991): ɑ, ə, i, ɔ, ʋ, o, u, æ, œ, Ү, ɪ の 11 個 を 認 める 以 上 のように チャハル 方 言 の 母 音 について 今 までの 研 究 では 基 本 母 音 の ɑ, ə, i, ɔ, o, ɵ, u については 研 究 者 の 意 見 がほぼ 一 致 しているが 母 音 æ, œ, Үについて 若 干 の 相 違 が 見 られるが 本 研 究 は 孫 竹 (1985:39~42) の 記 述 が 最 も 妥 当 だと 考 えるため 本 研 究 に 13

15 おけるチャハル 方 言 の 母 音 は 以 下 に 示 す 通 りになる なお 次 の 子 音 や 母 音 調 和 などについては 孫 竹 (1985) Uuda(1983) 清 格 爾 泰 (1991)を 参 考 した チャハル 方 言 の 母 音 母 音 表 記 表 2 前 舌 中 舌 後 舌 非 円 唇 円 唇 非 円 唇 円 唇 非 円 唇 円 唇 高 i ɪ u 中 ə ɵ o 低 ɛ œ ɑ ɔ ɑ[ɑ] ɑr 後 ろ ə[ə] ər 男 і[i] ir 来 る ɪ[ɪ] ɪr めくり 上 げる ɔ[ɔ] ɔr ベッド : [ɔ]より 若 干 前 より o[o] or テクニック ɵ[ɵ] ɵr 借 金 : [ɵ]より 若 干 後 ろより u[u] ur 種 ɛ[ɛ] xɛr 外 国 œ[œ] œr 若 い チャハル 方 言 の 長 母 音 は 短 母 音 と 対 応 する ɑɑ, əə, ii, ɪɪ, ɔɔ, oo, ɵɵ, uu, ɛɛ, œœ に ee を 加 えた 11 個 である そして 長 母 音 は oɑ, oe, ui, ue の 4 個 である 子 音 モンゴル 語 の 子 音 は 固 有 子 音 と 借 用 子 音 に 分 けられている 借 用 子 音 はほぼ 漢 語 とチベ ット 語 からの 借 用 語 に 限 られる 14

16 子 音 表 記 表 3 両 唇 音 歯 茎 音 硬 口 蓋 音 軟 口 蓋 音 口 蓋 垂 音 閉 鎖 音 有 気 p t (k) 無 気 b d ɡ 破 擦 音 有 気 (ʦ) ʧ 無 気 (ʣ) ʤ 摩 擦 音 無 声 (f) s ʃ x 接 近 音 無 声 w j 側 面 音 顫 動 音 l(ɬ) r 鼻 音 m n ŋ b[p] bɑr 虎 : 語 中 語 末 で 摩 擦 音 βとなる p[p h ] pɛɛ 標 的 : 語 頭 にしか 現 れない m[m] ɑm 口 d[t] dəəl モンゴル 服 t[t h ] tɑr 散 らばる s[s] sɑr 月 n[n] nɑr 太 陽 l[ɮ] lɑm ラマ r[r] ɑrɑɑ 奥 歯 : 語 頭 に 現 れない ʤ[ʤ] ʤɑr 布 告 ʧ[ʧ] ʧɛɛ お 茶 ʃ[ʃ] doʃɑɑl 職 務 j[j] ujər 洪 水 ɡ[k] ɡədəs お 腹 : 語 中 で 摩 擦 音 ʁ ɣ として 発 音 される x[x] xɑr 黒 :ŋ, ɣ, x の 後 は[k]と 発 音 される ŋ[ŋ] xɑɑŋ 皇 帝 : 語 頭 に 現 れない 母 音 で 始 まる 要 素 を 付 ける 時 ɡ を 挟 む n の 前 では[ɡ]と 発 音 される 15

17 借 用 語 f[f] fɑʃis ファシスト k[k h ] kɑɑtər 幹 部 ʦ[ʦ] ʦoo お 酢 ʣ[ʣ] ʣɑŋ 丈 lh[ɬ] lhɑsɑ チベット 拉 萨 市 w[w] /wɑŋ/ 王 2.2 母 音 調 和 モンゴル 語 の 母 音 調 和 規 則 は 第 1 音 節 から 語 末 の 接 尾 辞 までに 適 応 される モンゴル 語 の 母 音 調 和 規 則 は 二 つに 分 けられる 一 つ 目 は 母 音 は 張 り 母 音 緩 み 母 音 に 分 けられ 張 り 母 音 と 弛 み 母 音 は 一 つの 語 において 共 起 することがない チャハル 方 言 ɑɑb ɑɑs əəʤ əəs 意 味 父 から 母 から 二 つ 目 は 円 唇 母 音 と 非 円 唇 母 音 の 調 和 の 制 約 である 円 唇 母 音 の 調 和 において 円 唇 母 音 の[ɔ][ɔ:][œ][œ:]の 後 には [ɔ:][œ:][o:][ɪ:][oe]のみが 現 れるが [ɔ][ɔ:][œ][œ:]はほかの 母 音 の 後 に 現 れない 同 様 に [ɵ][ɵ:]の 後 に[ɵ:][ e:][ u:][ i:][ue][ui]のみが 現 れるが [ɵ][ɵ:] はほかの 母 音 の 後 に 現 れない チャハル 方 言 ɡɔtœœx ɵɵr ɵɵŋ 意 味 凹 む 自 分 で なお 長 母 音 ii を 含 む 属 格 否 定 形 の ɡue 過 去 形 接 尾 辞 の ʤee は 張 り 母 音 と 弛 み 母 音 の 両 方 と 調 和 する チャハル 方 言 ɑɑb iiŋ 意 味 父 の jɛb ʤee 行 った 16

18 母 音 調 和 表 4 第 1 音 節 第 2 音 節 1 類 2 類 3 類 張 ɑ ɑ: ɛ ɛ: ɑ: ɛ: o: oe 弱 化 母 音 り ɪ ɪ: o o: oɑ ɪ: ɔ ɔ: œ œ: ɔ: œ: ə 弛 ə ə: i i: ə: u: e: み u u: ui ui i: ɵ ɵ: ɵ: ue 2.3 本 稿 の 表 記 母 音 表 記 表 5 前 舌 中 舌 後 舌 非 円 唇 円 唇 非 円 唇 円 唇 非 円 唇 円 唇 高 i ɪ u 中 ə ɵ o 低 ɛ œ ɑ ɔ 子 音 表 記 表 6 両 唇 音 歯 茎 音 硬 口 蓋 音 軟 口 蓋 音 口 蓋 垂 音 閉 鎖 音 有 気 p t (k) 無 気 b d ɡ 破 擦 音 有 気 (ʦ) ʧ 無 気 (ʣ) ʤ 摩 擦 音 無 声 (f) s ʃ x 接 近 音 無 声 w j 側 面 音 顫 動 音 l(ɬ) r 鼻 音 m n ŋ 17

19 第 3 章 モンゴル 語 チャハル 方 言 の 動 詞 の 形 成 と 用 法 3.1 モンゴル 語 の 動 詞 の 構 造 の 概 観 モンゴル 語 の 動 詞 は 語 幹 に 様 々な 接 尾 辞 を 付 けて 活 用 形 を 構 成 する 動 詞 は 文 の 中 で 述 語 として 文 を 終 える 形 と 名 詞 や 述 語 を 修 飾 する 形 のいずれかの 形 になっており それぞれ 意 味 や 機 能 によって 叙 述 類 命 令 願 望 類 形 動 詞 形 副 動 詞 形 にさらに 分 けられる こ の 4 種 類 のグループにはそれぞれ 幾 つかの 具 体 的 な 形 があり 細 かい 意 味 や 機 能 を 表 す これらについては 以 下 3.2 屈 折 接 辞 で 詳 しく 説 明 する これに 対 し 普 通 の 接 尾 辞 の ように 語 彙 的 意 味 を 付 け 加 えるのではなく あくまでも 文 法 的 な 意 味 だけを 付 け 加 える 一 連 の 接 尾 辞 がある それらは 動 詞 から 動 詞 を 派 生 するヴォイス アスペクトの 接 尾 辞 や 名 詞 小 辞 から 動 詞 を 派 生 する 接 尾 辞 など 屈 折 接 辞 よりも 数 の 多 い 接 尾 辞 が 存 在 する これらの 派 生 接 尾 辞 については 3.3 派 生 接 尾 辞 で 詳 しく 説 明 する モンゴル 語 の 動 詞 の 姿 を 図 で 表 すと 以 下 のようになる 図 2 語 幹 + 派 生 接 辞 + 屈 折 接 辞 例 :ir uul ʧəx ʤee 来 る 使 役 完 了 過 去 来 させた なお 伝 統 的 にモンゴル 語 の 動 詞 の 接 辞 を 語 尾 と 接 尾 辞 と 分 け 屈 折 接 辞 のこ とを 語 尾 と 呼 んでいるが 本 論 では 動 詞 に 語 形 変 化 をもたらす 接 尾 辞 と 語 形 成 接 尾 辞 をそれぞれ 屈 折 接 尾 辞 と 派 生 接 尾 辞 と 呼 ぶことにする 3.2 屈 折 接 辞 以 下 におけるモンゴル 語 チャハル 方 言 の 動 詞 屈 折 接 尾 辞 についての 記 述 は 栗 林 (1992), 清 格 尔 泰 (1991), 孙 竹 (1985), 道 布 (1983)を 参 照 したものである なお 用 語 は 栗 林 (1992) に 従 う 例 文 は 清 格 尔 泰 (1991), 道 布 (1983)から 引 用 し 筆 者 がアルファベットに 転 写 したものであるが 引 用 例 文 がない 場 合 は 筆 者 の 作 例 を 挙 げる 18

20 3.2.1 叙 述 類 叙 述 類 の 接 尾 辞 はテンスを 表 し 述 語 として 文 を 終 えることができる 終 止 形 とも 呼 ば れ 現 在 未 来 形 過 去 形 がある 現 在 未 来 を 表 す 接 尾 辞 1) 4 (ə)n (1) tere kereg i bi mede n_e 5. ( 清 格 尔 泰 1991:262) あの 出 来 事 対 格 1SG 分 かる 現 在 私 はあのことを 知 っている (2) tere kumun basa yabu n_a. ( 清 格 尔 泰 1991:264) あの 人 も 行 く 未 来 あの 人 も 行 く 過 去 を 表 す 接 尾 辞 2) ʤee この 接 尾 辞 は 母 音 調 和 に 従 わない (3) nada yi ociqu du tende arbin kumun bai jai. ( 清 格 尔 泰 1991:260) 1SG 対 格 行 く 副 動 あそこ 沢 山 人 いる 過 去 私 が 行 く 時 にあそこに 大 勢 の 人 がいた 3) (ə)b この 接 尾 辞 は 典 型 的 に 過 去 の 行 為 や 状 態 を 表 すが 平 叙 文 の 言 い 切 りの 形 としては 書 き 言 葉 で 用 いられ 口 語 ではその 疑 問 形 だけが 使 われる (4) GaGcaGar iyan ire beu? qoyagula ire beu? ( 清 格 尔 泰 1991:261) 一 人 再 帰 来 る 過 去 ( 疑 問 ) 二 人 して 来 る 過 去 ( 疑 問 ) 一 人 で 来 たの? 二 人 で 来 たの? 4 カッコウ 内 の 母 音 ə は 子 音 で 終 わる 語 幹 に 付 く 際 に 現 れる 5 引 用 例 文 はモンゴル 語 文 語 をローマ 字 転 写 したものであり 形 上 本 研 究 の 綴 りと 異 なるため 引 用 例 文 中 の 該 当 する 接 尾 辞 をイタリック 体 で 示 す また _(アンダースコア)はモンゴル 語 の 文 語 で 語 幹 と 接 尾 辞 の 境 界 以 外 の 分 綴 を 表 す 19

21 4) lɑɑ 4 この 接 尾 辞 の 意 味 が 少 々 複 雑 であり 過 去 だけではなく 近 い 未 来 (これから 行 われよ うとしている 行 為 )を 示 すこともできる (5) sain amara l_a, sain ide ju sain uugu l_a, odo jam iyan 良 い 休 む 過 去 良 い 食 べる 副 動 良 い 飲 む 過 去 今 道 再 帰 kogege n_e. ( 清 格 尔 泰 1991:265) 行 く 未 来 よく 休 んで よく 食 べて 飲 んだ これから 出 発 する (6) odo borugan orol_a, GadaG_a delge gsen yagum_a ban 今 雨 降 る 未 来 外 広 げる 形 動 物 再 帰 orugul. ( 清 格 尔 泰 1991:265) 入 れて 雨 降 りそう 外 に 干 している 物 を 中 に 入 れなさい 命 令 願 望 類 モンゴル 語 の 命 令 願 望 類 の 接 尾 辞 は 人 称 に 呼 応 して 用 いられるため 具 体 的 に 以 下 の 3 グループに 分 けられる 一 人 称 に 呼 応 する 意 志 二 人 称 に 呼 応 する 命 令, 勧 告, 催 促, 懇 願 三 人 称 に 呼 応 する 命 令, 祈 願 を 表 す 一 人 称 の 主 語 に 呼 応 する 意 志 1) (ə)j (7) cai bucalga ju uugu y_a. ( 清 格 尔 泰 1991:252) お 茶 沸 かす 副 動 飲 む 意 志 お 茶 飲 もう 2) soɡɛɛ 2 この 形 は 文 語 的 な 表 現 であり 口 語 ではほとんど 使 われない (8) bide qamtubar Uje sugei. ( 清 格 尔 泰 1991:253) 1 PL 一 緒 に 見 る 意 志 一 緒 に 見 よう 20

22 二 人 称 の 主 語 に 呼 応 する 命 令, 勧 告, 催 促, 懇 願 3) 命 令 a: 命 令 形 はゼロ 接 辞 の 形 で 語 幹 だけがそのまま 命 令 形 になる (9) ci qurdun yabu. ( 清 格 尔 泰 1991:254) 2SG はやい 行 く 早 く 行 け 4) 勧 告 : (ɡ)ɑɑrɛɛ 4 (10) jam dagan sain yabu Garai. ( 清 格 尔 泰 1991:255) 道 再 帰 良 い 行 く 勧 告 道 中 ご 無 事 で 5) 催 促 : (ɡ)ɑɑʧ 4 (11) busigu yabu Gaci da. ( 清 格 尔 泰 1991:255) はやい 行 く 催 促 確 認 速 く 歩 きなさい 6) 懇 願 : (ə)ɡtoŋ 2 文 語 的 な 表 現 である (12) ajil un baidal iyan cag tuqai mede gul (U)gtUn. ( 清 格 尔 泰 1991:254) 仕 事 属 格 状 況 再 帰 時 間 分 かる 使 役 態 懇 願 仕 事 の 状 況 を 随 時 報 告 してください 三 人 称 の 主 語 に 呼 応 する 命 令, 祈 願 7) 命 令 b: (ə)ɡ (13) keuked ukila bal ukila G. ( 清 格 尔 泰 1991:256) 子 供 なく 副 動 なく 命 令 子 供 は 泣 くがいい 21

23 8) 祈 願 : toɡɛɛ 2 文 語 的 な 表 現 である (14) engke taibung mandu tugai. ( 清 格 尔 泰 1991:256) 平 和 昇 る 祈 願 平 和 万 歳 9) 願 望 : (ɡ)ɑɑsɛɛ 4 (15) kuu mini uqagan oru Gasai. ( 清 格 尔 泰 1991:257) 息 子 1 人 称 所 属 知 恵 入 る 願 望 我 が 子 が 聡 明 になるように 10) 懸 念 : (ɡ)uuʤee 2 (16) cag aca qocor qu bol (u)gujai. ( 清 格 尔 泰 1991:257) 時 間 奪 格 遅 れる 形 動 助 動 懸 念 遅 れるかもしれません 形 動 詞 類 形 動 詞 接 尾 辞 を 付 加 した 語 は 動 詞 と 形 容 詞 の 両 方 の 働 きを 持 ち 名 詞 類 を 修 飾 する 形 容 詞 的 な 意 味 を 持 つ 一 方 動 詞 としての 働 きもある そして 名 詞 の 意 味 も 持 ち その 時 は 名 詞 類 と 同 様 に 曲 用 変 化 をする 形 動 詞 類 は 文 末 助 詞 の jum を 付 けることによって 文 を 終 止 する 働 きがあるが 完 了 形 継 続 形 習 慣 形 はそのままの 形 で 文 を 終 止 することができ その 場 合 は 叙 述 類 と 同 様 であ る 1) 完 了 : səŋ 現 代 モンゴル 語 では 過 去 時 制 を 表 すのに 用 いられることも 多 い (17) tere kumun yabu Gsan. ( 清 格 尔 泰 1991:285) あの 人 行 く 完 了 あの 人 が 行 った 22

24 2) 継 続 : (ɡ)ɑɑ 4 (18) bi ajil iyan dagusu Ga Ugei. ( 清 格 尔 泰 1991:288) 1SG 仕 事 再 帰 終 わる 形 動 否 定 私 の 仕 事 がまだ 終 わっていない 3) 予 定 : (ə)x (19) yabu qu edur iyen dogta Ga y_a. ( 清 格 尔 泰 1991:286) 行 く 予 定 日 再 帰 決 める 形 動 意 志 行 く 日 を 決 めよう 4) 習 慣 : dəɡ (20) tere erte bos dag. ( 清 格 尔 泰 1991:287) 3SG 早 い 起 きる 習 慣 彼 ( 彼 女 )はいつも 早 起 きする 5) 可 能 性 : mɑɑr 4 (21) nada yi yabu Gul (u)mar bain_a. ( 清 格 尔 泰 1991:289) 1SG 対 格 行 く 使 役 態 可 能 性 助 動 私 を 行 かせる 様 子 です 6) 主 体 を 表 す: (ə)xʧ この ~する( 人 ) という 形 も 形 動 詞 的 な 働 きをする (22) egun i mede gci. ( 清 格 尔 泰 1991:289) 3SG 対 格 分 かる 主 体 を 表 す これを 知 る 人 副 動 詞 類 副 動 詞 は 他 の 動 詞 形 容 詞 副 詞 などを 修 飾 する 一 方 動 詞 として 他 の 語 句 を 支 配 する 働 きもある しかし 副 動 詞 はそのまま 文 を 終 止 することができない 23

25 1) 並 列 : (ə)ʤ (23) kele ju cida qu. ( 清 格 尔 泰 1991:269) 話 す 並 列 できる 形 動 言 える( 言 うことができる) 2) 分 離 : (ɡ)ɑɑd 4 (24) abu Gad yabu n_a. ( 清 格 尔 泰 1991:270) 携 帯 する 分 離 行 く 現 在 持 って 行 きます 3) 連 合 : (ə)ŋ (25) botoge n baigul qu. ( 清 格 尔 泰 1991:270) 作 る 連 合 築 く 形 動 築 き 上 げる 4) 条 件 : bəl (26) abu bal Og (gu) n_e. ( 清 格 尔 泰 1991:275) いる 条 件 あげる 現 在 いるならあげます 5) 継 続 : sɑɑr 4 条 件 の 意 味 で 使 うこともでき 言 い 切 りの 形 で 文 を 終 わらせることもできる (27) tere komun cini odo boltal_a kuliye seger bain_a. ( 清 格 尔 泰 1991:284) あの 人 2 人 称 所 属 今 まで 待 つ 継 続 助 動 あの 人 はまだ 待 っています (28) keleg seger mede n_e. ( 作 例 ) 話 す 条 件 分 かる 現 在 言 ったら 分 かるだろう (29) tere komun odo boltel_e unta sagar. ( 清 格 尔 泰 1991:284) あの 人 今 まで 寝 る 継 続 24

26 あの 人 まだ 寝 ています 6) 限 界 : təl (30) nara Gar tal_a unta jai. ( 清 格 尔 泰 1991:277) 太 陽 出 る 限 界 寝 る 過 去 日 の 出 まで 寝 ました 7) 即 刻 : məɡʧ~ mʧ (31) bi tegun i Uje megce tani Gsan. ( 清 格 尔 泰 1991:272) 1SG 3SG 対 格 見 る 即 刻 分 かる 形 動 私 はあの 人 を 見 るとすぐ 分 かった 8) 随 伴 : (ə)xnɑɑr 4 (32) tegun i kele kuler sayi mede l_e. ( 清 格 尔 泰 1991:273) 3SG 対 格 言 う 随 伴 やっと 分 かる 過 去 彼 ( 彼 女 )が 言 った 時 点 で 分 かりました 9) 付 帯 : (ə)ŋɡoot 2, (ə)ŋɡɑɑ 4 (33) nɔʧǐ ʤ bar (ǎ)ŋgɷɷt tuləə xii. ( 道 布 1983:57) 燃 える 副 動 終 わる 付 帯 薪 入 れて 燃 え 尽 きるとすぐに 薪 を 入 れなさい (34) ʧii ʤɔɔs oɡ (ǒ)ŋgoo miniix iiɡ bɑs oɡ ʧǐx. ( 道 布 1983:57) 2SG お 金 あげる 付 帯 1SG( 属 格 ) 対 格 も あげる 完 了 体 お 金 を 出 すついでに 私 の 分 をも 出 しておいて 10) 目 的 : xɑɑr 4 取 捨 の 意 味 を 表 すこともできる (35) ebesu qadu qu bar Gar cai. ( 清 格 尔 泰 1991:277) 草 刈 る 形 動 造 格 出 る 過 去 草 刈 りに 出 かけました 25

27 (36) ʤugəər nɑɑd xɑɑr biʧǐɡ udʤ sə dəər. ( 道 布 1983:58) ただ 遊 ぶ 取 捨 本 見 る 形 動 いい ただ 遊 んでいるより 本 を 読 んだほうがいい 11) 必 然 : lɑɑ 4 (37) obəs xold loo oŋgǒ n xʏbrǎ n. ( 道 布 1983:56) 草 凍 る 必 然 色 3 人 称 所 属 変 わる 現 在 草 は 凍 ると 色 が 変 わる 12) 譲 歩 : bʧ (38) Og becu ab qu Ugei. ( 清 格 尔 泰 1991:276) くれる 譲 歩 いる 形 動 否 定 くれるとしても 要 らない 13) 前 提 : mɑɑŋ 4, mɑɑnʤəŋ 4 (39) ci kele menjin bi sayi medel_e. ( 清 格 尔 泰 1991:274) 2SG 言 う 前 提 1SG やっと 分 かる 未 来 私 に 言 われて あなたが 初 めて 分 かる 14) 時 : xəd (40) namayi oci qu du tere bayi san Ugei. ( 作 例 ) 1SG 対 格 行 く 形 動 与 位 格 3SG いる 形 動 否 定 私 が 行 った 時 に 彼 はいなかった 1) 並 列 ʤ 2) 分 離 (ɡ)ɑɑd 4 5) 継 続 sɑɑr 4 の 接 尾 辞 が 助 動 詞 bɛɛ と 結 び 付 いてアス ペクトを 表 すことができる チャハル 方 言 では ʤ+bɛɛ が ʤii に 結 合 している 3.3 派 生 接 辞 本 論 では 動 詞 の 派 生 接 尾 辞 について 出 動 動 詞 接 尾 辞 出 名 動 詞 接 尾 辞 出 小 動 詞 接 尾 辞 に 分 類 する 派 生 接 尾 辞 については 栗 林 (1992) 清 格 尔 泰 (1991) 道 布 (1983)を 参 照 し 記 述 する 26

28 3.3.1 出 動 動 詞 接 尾 辞 出 動 動 詞 接 尾 辞 とは 動 詞 から 動 詞 を 派 生 する 接 尾 辞 のことであり ヴォイス アスペク ト そのほかの 三 種 類 が 含 まれる ヴォイス 1) 使 役 : ool 2, ləɡ ləɡ は 長 母 音 二 重 母 音 で 終 わる 語 に 付 く (42) Gar tu ni bari Gul (u)gsan.( 清 格 尔 泰 1991:317) 手 与 位 格 3 人 称 所 属 つかむ 使 役 態 形 動 手 に 握 らせた (43) qurdun ki lge. ( 清 格 尔 泰 1991:317) はやい やる 使 役 態 はやくやらせて 2) 受 動 : (ə)ɡd (44) ene mori nada bari Gda qu Ugei. ( 清 格 尔 泰 1991:318) この 馬 1SG 与 位 格 つかむ 受 動 態 否 定 この 馬 私 に 捕 まらない 3) 共 同 : (ə)lʧ (45) olan iyar iyan iniye lce n_e. ( 清 格 尔 泰 1991:319) 皆 造 格 再 帰 笑 う 共 同 現 在 皆 で 笑 う 4) 相 互 : (ə)ld (46) baildugan u talabur tu ala lda qu. ( 清 格 尔 泰 1991:318) 戦 争 属 格 場 与 位 格 殺 す 相 互 態 形 動 戦 場 で 殺 し 合 う 27

29 5) 衆 動 : ʧɡɑɑ 4 (47) ajil iyan ki jege y_e. ( 清 格 尔 泰 1991:320) 仕 事 再 帰 する 衆 動 意 志 仕 事 をしよう アスペクト 1) 完 了 : ʧəx (48) bugudeger iyen ire cike bel ende bagta qu Ugei 皆 再 帰 来 る 完 了 体 副 動 ここ 入 る 形 動 否 定 bolon_a. ( 清 格 尔 泰 1991:323) なる 現 在 皆 で 来 たらここに 入 らなくなります 2) 瞬 時 : (ə)sxii (49) ene kereg i bai ski ged medey_e. ( 清 格 尔 泰 1991:322) これ 出 来 事 対 格 おく 瞬 時 副 動 分 かる 意 志 この 件 については 後 に 解 決 しよう 3) 即 時 : ɑɑtəx 4 (50) Oger_e kumun oci Gad tusa Ugei baiq_a ta nige oci Gataqan_a ほか 人 行 く 副 動 効 き 目 否 定 助 動 2SG 一 つ 行 く 即 時 uu. ( 清 格 尔 泰 1991:323) 疑 問 ほかの 人 が 行 っても 効 果 がないだろうから あなたが 行 ってくれませんか そのほかの 接 尾 辞 1) 反 復 : l (51) jiruke ni coqi la qu ban bayi ciqa Gsan. ( 作 例 ) 心 臓 3 人 称 所 属 叩 く 出 動 動 詞 形 動 再 帰 やめる 完 了 体 過 去 心 臓 が 動 かなくなりました 28

30 2) 反 復 : lʤ, bəlʤ, ɡəlʤ (52) modun u mocir nayigu lja Gad bayin_a. ( 作 例 ) 木 属 格 枝 揺 れる 反 復 副 動 助 動 木 の 枝 が 揺 れている 3) 反 復 : ɡən (53) qaranggui du borto gene ged Uje gde ku Ugei bayin_a. ( 作 例 ) 暗 い 与 位 格 ぼんやり 反 復 副 動 見 る 受 動 態 形 動 否 定 助 動 暗 いからぼんやりして 見 えません 4) 自 然 と~になる: r (54) egude ebde re cike jei. ( 作 例 ) ドア 壊 す ~になる 完 了 体 過 去 ドアが 壊 れてしまいました 以 上 説 明 した 接 尾 辞 を 簡 単 に 表 にまとめると 以 下 のようになる 表 7 チャハル 方 言 の 屈 折 接 尾 辞 種 類 接 尾 辞 叙 述 類 現 在 未 来 (ə)n 過 去 過 去 ʤee (ə)b 過 去 近 い 未 来 lɑɑ 4 命 令 願 望 類 1 人 称 意 志 (ə)j 意 志 soɡɛɛ 2 2 人 称 命 令 ゼロ 接 辞 勧 告 (ɡ)ɑɑrɛɛ 4 催 促 (ɡ)ɑɑʧ 4 懇 願 (ə)ɡtoŋ 2 3 人 称 命 令 (ə)ɡ 祈 願 toɡɛɛ 2 29

31 願 望 (ɡ)ɑɑsɛɛ 4 懸 念 (ɡ)uuʤee 2 形 動 詞 完 了 səŋ 継 続 (ɡ)ɑɑ 4 予 定 習 慣 (ə)x dəɡ 可 能 性 mɑɑr 4 主 体 を 表 す (ə)xʧ 副 動 詞 並 列 (ə)ʤ 分 離 (ɡ)ɑɑd 4 連 合 条 件 (ə)ŋ bəl 継 続 sɑɑr 4 限 界 即 刻 təl məɡʧ~ mʧ 随 伴 (ə)xnɑɑr 4 付 帯 (ə)ŋɡoot 2, (ə)ŋɡɑɑ 4 目 的 xɑɑr 4 必 然 lɑɑ 4 譲 歩 bʧ 前 提 mɑɑŋ 4, mɑɑnʤəŋ 4 時 xəd 表 8 ヴォイス アスペクト ヴォイス アスペクト 使 役 ool 2, ləɡ 完 了 ʧəx 受 動 (ə)ɡd 瞬 時 (ə)sxii 共 同 (ə)lʧ 即 時 ɑɑtəx 4 相 互 (ə)ld 衆 動 ʧɡɑɑ 4 30

32 表 9 出 動 動 詞 接 尾 辞 反 復 l 反 復 反 復 lʤ, bəlʤ, ɡəlʤ ɡən 自 然 と~になる r 31

33 第 4 章 漢 語 借 用 によるチャハル 方 言 の 動 詞 形 成 4.1 言 語 接 触 及 び 動 詞 借 用 に 関 する 先 行 研 究 言 語 は 自 らの 内 在 的 な 力 とほかの 言 語 との 接 触 によって 変 化 すると 言 われる 本 論 は 漢 語 とモンゴル 語 の 接 触 によるモンゴル 語 の 変 化 について 漢 語 動 詞 と 副 詞 の 借 用 を 中 心 に 分 析 を 行 うため 以 下 に まず 言 語 接 触 及 び 動 詞 借 用 についての 他 言 語 での 先 行 研 究 を 紹 介 することにしたい 接 触 する 二 つの 言 語 或 いは 幾 つかの 言 語 の 間 には 借 用 を 含 む 様 々な 接 触 現 象 が 起 きる 借 用 現 象 が 起 きる 動 機 としてよく 指 摘 されるのは 受 け 入 れ 言 語 におけるギャップを 埋 め るための 借 用 と 源 泉 言 語 の 威 信 によるものである 即 ち 一 つは 新 しい 文 化 などの 受 け 入 れに 伴 って 人 々は 自 らの 言 語 にない 言 葉 を 他 言 語 から 借 用 し 自 分 たちの 言 語 の 欠 如 し ている 部 分 を 補 う このような 現 象 はほとんどすべての 言 語 に 見 られる 現 象 であり 本 研 究 で 言 及 するチャハル 方 言 の 場 合 モンゴル 人 の 文 化 や 生 活 に 従 来 でなかった 概 念 を 漢 語 や 英 語 などから 借 用 してくる 本 研 究 のデータの 中 でもよく 見 られる 例 を 挙 げると チャ ハル 方 言 の 口 語 では 漢 語 の di 的 / 的 车 タクシー が dii として 借 用 され タクシ ーに 乗 る ことが 漢 語 の da di 打 的 から da di xiix 或 いは di da x のように 借 用 される そして 借 用 動 機 のもう 一 つは 言 語 の 社 会 的 優 位 性 と 述 べたが 社 会 的 文 化 や 経 済 などの 面 で 優 位 に 立 つ 言 語 がそうでない 言 語 に 影 響 を 与 え 社 会 的 弱 い 立 場 にある 言 語 が 優 位 言 語 から 借 用 するケースである 例 えば 二 つの 言 語 A と B において もし 言 語 A が B に 比 べて 支 配 階 級 の 言 語 であったり 或 いは 文 化 や 経 済 など 社 会 的 様 々な 面 で 優 位 な 立 場 であったりする 場 合 言 語 B の 話 者 が 言 語 A を 習 得 するのであり A 言 語 の 話 者 が B 言 語 を 習 得 することは 起 こりにくいのである その 結 果 言 語 B が 言 語 A から 借 用 することは 起 こるが 逆 に 言 語 A が B から 借 用 することは 起 きない 本 論 で 言 及 する 漢 語 は 中 国 では 主 体 言 語 であり その 周 りの 小 数 民 族 言 語 には 様 々な 影 響 を 与 えており そ れらの 小 数 民 族 言 語 は 借 用 によりそれぞれ 異 なる 言 語 現 象 や 変 化 を 見 せている 漢 語 の 影 響 を 受 ける 内 モンゴルのモンゴル 語 はその 一 つの 例 であり 主 体 言 語 である 漢 語 がモンゴ ル 人 に 習 得 され 様 々な 形 でモンゴル 語 の 中 に 取 り 入 られている 勿 論 内 モンゴルの 中 でも 方 言 や 地 域 によって 漢 語 の 影 響 を 受 ける 程 度 に 差 がある 例 えば モンゴル 語 に 漢 語 を 借 用 することで 従 来 からよく 指 摘 されてきたのは 東 部 方 言 のホルチン 方 言 である この 方 言 はやくから 漢 文 化 と 接 触 してきたゆえに 口 語 の 中 では 大 量 な 漢 語 を 取 り 入 れている そのため ほかのモンゴル 語 の 方 言 と 比 べると 漢 語 との 接 触 による 諸 現 象 に 関 する 研 究 が 32

34 より 進 んでいるのである 以 上 述 べた 内 容 は なぜ 借 用 が 起 こるのか という 問 題 についてのものであるが これ からは 言 語 接 触 研 究 に 頻 繁 に 取 り 上 げられるもう 一 つの 問 題 について 紹 介 したい それ は 実 際 借 用 が 起 きる 時 にどのような 言 語 要 素 が 借 用 されるのかという 問 題 である 何 が 借 用 されるかという 問 題 については 言 語 状 況 や 話 者 の 言 語 に 対 する 態 度 などによってそ れぞれの 言 語 が 大 きく 異 なる よく 指 摘 されるものとしては まず 新 しい 概 念 などの 導 入 に 伴 い 語 彙 の 借 用 が 起 こることであり 語 彙 のなかでも 一 般 的 に 非 基 礎 語 彙 が 基 礎 語 彙 より 借 用 しやすいと 言 われ 名 詞 が 動 詞 などより 借 用 しやすいと 言 われる また 構 文 上 では いわゆる 語 順 が 借 用 によって 変 換 されることもよく 知 られており 文 法 機 能 語 が 語 彙 などより 借 用 しにくいと 言 われる そして 音 声 とその 体 系 に 関 しては 借 用 してき た 音 が 後 に 言 語 の 中 で 音 韻 的 対 立 を 起 こしたり 或 いはもともとあった 対 立 が 壊 れたりす るなどの 現 象 が 起 こりうるのである しかし 勿 論 様 々な 接 触 によって 変 化 を 起 こす 言 語 がこれらのパターンのみで 変 化 を 起 こすというわけではない そこで どのような 状 況 で どのような 言 語 要 素 が 借 用 されるのかという 問 題 について よく 引 かれる 研 究 がある そ れは Thomson&Kaufman (1988:74)が 提 言 した 接 触 環 境 と 借 用 要 素 との 関 係 を 示 した 借 用 スケールであるが 具 体 的 には 以 下 のような 五 つのスケールに 分 類 している このス ケールには 接 触 の 密 度 が 高 くなればなるほどより 広 範 囲 の 借 用 即 ち より 借 用 に 抵 抗 を 持 つ 要 素 が 借 用 される という 意 味 が 含 意 されていると 考 える (1) 臨 時 接 触 (casual contact): 語 彙 的 借 用 のみ 文 化 的 原 因 などによる 内 容 詞 の 借 用 で あり 非 基 礎 語 彙 が 基 礎 語 彙 より 先 に 借 用 される (2) 軽 度 の 接 触 (slightly contact): 軽 度 の 構 造 的 借 用 語 彙 的 な 面 では 接 続 詞 や 様 々 な 副 詞 的 な 不 変 化 詞 などの 機 能 語 が 借 用 される そして 構 造 的 な 面 では 音 韻 的 統 語 的 意 味 的 素 性 のうちマイナーなものが 借 用 される (3) より 強 い 接 触 (more intense contact):より 進 んだ 構 造 的 借 用 前 置 詞 や 後 置 詞 など の 機 能 語 が 借 用 される 構 造 的 な 面 では (2)より 主 要 な 構 造 的 素 性 が 借 用 される (4) 強 い 文 化 的 圧 迫 (strong cultural pressure): 適 度 な 構 造 的 借 用 主 な 構 造 的 素 性 が 比 較 的 わずかな 類 型 的 変 化 を 引 き 起 こす (5) 非 常 に 強 い 文 化 的 圧 迫 (very strong cultural pressure):より 強 い 構 造 的 借 用 主 な 構 造 的 素 性 がかなりの 類 型 的 特 徴 の 崩 壊 を 引 き 起 こす このスケールに 対 して Matras(2009:156)は このモデルは 文 化 的 プレッシャーについ 33

35 て 具 体 的 な 尺 度 をあげていない 接 触 の 強 さと 文 化 プレッシャーが 厳 密 な 線 状 (linear)にな ってないため このモデルを 実 際 の 言 語 接 触 環 境 に 適 用 するには 困 難 がある と 指 摘 して いるが 少 なくとも 言 語 要 素 の 借 用 制 限 の 一 つの 目 安 になるのではないかと 本 論 は 考 える ほかにも 借 用 要 素 の 借 用 制 限 について 数 多 くの 研 究 が 見 られるが それらの 中 から Moravcsick(1978)と Matras(2007)を 以 下 で 紹 介 したい まず Moravcsick(1978)は 借 用 における 制 約 を 以 下 のようにまとめてある この 制 約 か ら 理 解 できることは 指 示 対 象 の 透 明 性 と 形 態 統 語 的 自 律 性 の 両 方 が 借 用 を 制 約 するファ クターであるといことである 具 体 的 に 言 うと 名 詞 はほかの 品 詞 より 高 い 指 示 性 をもち 派 生 的 形 態 は 意 味 的 に 屈 折 的 形 態 より 透 明 であり 語 彙 項 目 は 意 味 的 に 透 明 で 一 般 的 に 文 法 的 要 素 より 独 立 性 が 高 いためより 借 用 しやすいのである (1) 語 彙 項 目 > 線 条 の 順 序 のような 語 彙 ではない 文 法 的 性 質 (2) 自 由 形 態 素 > 拘 束 形 態 素 (3) 名 詞 > 名 詞 ではない (4) 派 生 形 態 > 屈 折 形 態 (5) 源 泉 言 語 に 使 用 される 線 条 順 序 のルールが 文 法 的 要 素 とともに 借 用 される (6) 動 詞 的 な 意 味 をもつ 語 彙 項 目 は 借 用 されない そして Matras(2007)は 27 個 もの 接 触 環 境 にある 言 語 をサンプルにし その 頻 度 を 基 に 以 下 のような 制 限 をまとめた 名 詞 接 続 詞 > 動 詞 > 談 話 マーカー > 形 容 詞 > 間 投 詞 > 副 詞 > ほかの 小 辞 前 後 置 詞 > 数 詞 > 代 名 詞 > 派 生 接 辞 > 屈 折 接 辞 しかし この 二 つの 制 限 に 一 つ 大 きな 相 違 が 存 在 する それは 動 詞 についてのものであ る Matras(2007)の 名 詞 接 続 詞 の 次 に 借 用 しやすいのは 動 詞 だ という 制 限 に 対 して Moravcsick(1978)は (6) 動 詞 的 な 意 味 をもつ 語 彙 項 目 は 借 用 されない とする 即 ち 動 詞 という 言 語 要 素 は 借 用 可 能 なのかという 問 題 についてそれぞれが 正 反 対 な 意 見 を 持 って いるということになる 実 は 動 詞 は 借 用 できるのかという 問 題 についての 議 論 も 言 語 接 触 研 究 の 中 で 大 きく 注 目 されてきたテーマであり Moravcsick に 代 表 される 一 部 の 研 究 は 動 詞 は 動 詞 として 借 用 されることができないという 主 張 がなされてきた 一 方 で 実 際 動 詞 は 動 詞 として 借 用 できるということが 多 くの 研 究 で 証 明 されたのである そして 本 研 34

36 究 はモンゴル 語 のチャハル 方 言 では 漢 語 の 動 詞 を 動 詞 として 借 用 することを 明 らかにした ため 動 詞 は 動 詞 として 借 用 できるという 理 論 を 支 持 するとともに 本 研 究 はこの 理 論 の もう 一 つの 裏 付 けになったのではないかと 考 える 従 って 以 下 本 研 究 の 中 でも 重 要 な 内 容 である 動 詞 の 借 用 可 能 性 と 動 詞 の 借 用 方 法 についての 先 行 研 究 を 紹 介 したい 動 詞 の 借 用 可 能 性 に 関 する 先 行 研 究 Moravcsick(1975)は 初 めて 明 確 に 動 詞 に 焦 点 を 当 てた 研 究 と 言 われており その 中 の 一 部 の 議 論 が Moravcsick(1978)と Moravcsick(2000)に 補 充 され 再 議 論 されている Moravcsick は 動 詞 は 動 詞 として 借 用 されることができず 受 け 入 れ 言 語 の 中 で 再 度 動 詞 化 される 過 程 を 経 る 必 要 があると 主 張 する Moravcsick によれば ほとんどのケースで は 借 用 される 動 詞 は 名 詞 から 動 詞 を 派 生 する 方 法 で 動 詞 化 されるか 軽 動 詞 構 造 (do+loan verb)かのいずれかの 手 法 で 動 詞 を 借 用 するという 例 えば 彼 女 は ニューギニ アの 言 語 である ENGA 語 に 借 用 される 動 詞 が ENGA 語 の 動 詞 lenge( 完 全 に)と pingi ( 叩 く)という 二 つの 動 詞 を 後 続 させることについて ENGA 語 動 詞 lenge と pingi は 名 詞 と 連 接 するのみに 使 用 され 動 詞 と 連 接 するには 使 用 されない と 述 べ 英 語 の 動 詞 lose(enga 語 では lusa と 借 用 されている)と win(enga 語 では wini/ winimi と 借 用 されている)を ENGA 語 に lusa lenge( 完 全 に 負 ける) wini lenge( 完 全 に 勝 つ)とい うように 借 用 することを lose と win は 名 詞 として 見 なされていると 述 べている 動 詞 が 動 詞 として 借 用 されない 原 因 について 動 詞 の 構 造 の 不 一 致 が 大 きな 原 因 として 見 なされてきた 例 えば Meillet(1921)では 動 詞 の 借 用 は 難 しい 例 えば フランス 語 の 動 詞 は 複 雑 な 屈 折 構 造 を 持 っているため ほかの 言 語 の 動 詞 がその 構 造 に 入 り 込 むの が 難 しいのである という(Thomson&Kaufman 1988:348) しかし 文 法 の 不 一 致 は 動 詞 借 用 を 影 響 する 想 定 されていたような 強 い 原 因 ではなか っ た こ と を Weinreich(1953), Thomson & Kaufman(1988), Muysken(2000), Wohlgemuth(2009)などの 多 くの 研 究 が 裏 付 けてきた それにも 関 らず 近 年 でもこの 観 点 を 提 唱 する 研 究 が 見 られる その 一 つとして Field (2002)が 挙 げられる Field (2002:41) は 借 用 の 可 能 性 を 抑 制 する 二 つの 原 則 を 提 唱 する 1システムの 一 致 原 則 (Principle of System Compatibility):もし ある 言 語 が 形 態 的 に 受 け 入 れ 言 語 の 形 態 に 順 応 できれば どのような 形 式 或 いは 意 味 形 式 も 借 用 される 可 能 性 がある 2システムの 不 一 致 原 則 (Principle of System Incompatibility): もし ある 言 語 が 形 態 的 に 受 け 入 れ 言 語 の 形 態 に 順 応 できなければ どのような 形 式 或 いは 意 味 形 式 も 借 用 されない Field (2002:42, 44)は 再 分 析 され より 一 般 的 なクラスに 分 配 されない 限 り 言 語 35

37 は 源 泉 言 語 に 存 在 し 受 け 入 れ 言 語 に 存 在 しないクラスに 属 する 語 彙 や 形 態 素 を 借 用 でき ない と 主 張 する つまり これは 受 け 入 れ 言 語 で 源 泉 言 語 と 異 なる 形 式 のクラスや 異 な る 定 義 を 持 てば 借 用 可 能 なものはないということを 意 味 する しかし 本 研 究 に 言 及 す るモンゴル 語 と 漢 語 は 異 なる 形 態 を 持 ち 動 詞 に 屈 折 変 化 が 存 在 しない 漢 語 から 屈 折 体 系 を 持 つモンゴル 語 に 形 態 変 化 をせずに 動 詞 を 借 用 し 加 えてそれにモンゴル 語 の 接 尾 辞 を 直 接 付 けられる 事 実 はこれらの 主 張 に 反 論 する 上 で 十 分 な 証 拠 になりうると 考 える 本 論 の 考 察 により 漢 語 の 動 詞 はモンゴル 語 のチャハル 方 言 に 動 詞 として 借 用 され モ ンゴル 語 の 動 詞 語 幹 のような 働 きをすることが 明 らかになった 具 体 的 には 言 語 間 の 接 触 において 片 方 の 言 語 の 動 詞 がもう 片 方 の 言 語 に 動 詞 として 借 用 されることが 上 述 した ように 過 去 でも 数 多 くの 言 語 接 触 研 究 ですでに 証 明 されたことである 本 研 究 は 異 な る 動 詞 体 系 を 持 つ 二 つの 言 語 である 漢 語 とモンゴル 語 が 接 触 することによって 漢 語 動 詞 がモンゴル 語 に 語 幹 として 借 用 される 事 実 を 明 らかにしたことが 動 詞 は 動 詞 として 借 用 されるという 理 論 的 主 張 のもう 一 つの 裏 付 けになったのではないかと 考 える しかし 実 際 チャハル 方 言 における 漢 語 動 詞 の 借 用 は 動 詞 語 幹 のように 借 用 されるだけではなく 幾 つかのバラエティーが 存 在 し それぞれが 互 いに 異 なった 借 用 の 手 法 を 用 いている 従 って 以 下 で 言 語 接 触 における 動 詞 の 借 用 手 法 即 ち 動 詞 の 借 用 ストラテジーについて Muysken(2000)と Wohlgemuth(2009)を 中 心 に その 理 論 的 仕 組 みを 紹 介 する 動 詞 の 借 用 ストラテジーに 関 する 先 行 研 究 以 下 動 詞 の 借 用 方 法 即 ち 借 用 ス ト ラ テ ジ ー に つ い て Muysken(2000) と Wohlgemuth(2009)を 紹 介 する Muysken の 借 用 動 詞 の 適 応 ストラテジー Muysken(2000: )は バイリンガル 会 話 における 動 詞 借 用 の 適 応 ストラテジー を 次 の 二 通 りに 定 義 分 類 している 1. 挿 入 動 詞 (inserted verbs): 挿 入 動 詞 は 受 け 入 れ 言 語 で 実 動 詞 (full verb)として 機 能 するが 時 には 形 態 的 な 改 造 を 必 要 とする 1) 原 形 動 詞 の 借 用 : 原 形 動 詞 (bare verb)は 直 接 挿 入 され 借 用 語 は 改 造 する 必 要 がな い なお これは 受 け 入 れる 言 語 に 動 詞 の 屈 折 がない 場 合 に 起 きる 36

38 例 :スラナン 語 6がオランダ 語 から 動 詞 を 借 用 する Sranan< Dutch Now kawana ben besta altijd. now kawana PST exist always Now, kawana has always existed. [Dutch]desta exist 2) 受 け 入 れ 言 語 の 接 辞 をつけて 語 幹 となる:これも 直 接 挿 入 であるが 受 け 入 れ 言 語 の 接 辞 を 付 ける 例 えば 動 詞 の 屈 折 例 :ケチュア 語 がスペイン 語 から 動 詞 を 借 用 する Quechua< Spanish mayun maylli-yku-spa, warmanayan rayku taste-int-sub not tasting it, because of its beloved [Spanish] maylli taste 3) 語 幹 の 改 造 : 屈 折 形 などとして 利 用 される 前 に 接 辞 による 語 幹 の 改 造 ( 動 詞 化 するな ど)が 必 要 とされる 例 :ポルトガル 語 が 英 語 から 動 詞 を 借 用 する Portuguese< English boar-ar board, live in a boarding house fris-ar freeze 2. 借 用 複 合 動 詞 (bilingual compound verbs): bilingual complex verbs とも 呼 ばれ る これらの 動 詞 は 受 け 入 れ 言 語 では 実 動 詞 (full verbs)として 機 能 せず 受 け 入 れ 言 語 の 屈 折 動 詞 と 結 合 する 必 要 がある 1) 動 詞 (verb)+ 結 合 する 動 詞 (adjoined verb):これは 借 用 動 詞 と 結 合 する 動 詞 (helping verb)の 連 合 体 である 6 スラナン 語 とは 南 アメリカ 北 東 部 のスリナム(Surinam) 共 和 国 で 話 されている 英 語 をもとにしたクレ オール 語 ;taki-taki とも 言 う 37

39 例 :ナバホ 語 が 英 語 から 動 詞 を 借 用 する Navaho< English Nancy bich i show anileeh 3: to 2: make Nancy shows me. 2) 名 詞 化 (nominalization): 借 用 された 語 彙 が 名 詞 として 扱 われる 例 えば do the x のような 構 文 例 :ギリシア 語 に 英 語 の 動 詞 が 借 用 される Greek< English O Petros kani retire. the Petros do retire Petros is retiring. このように Muysken は 動 詞 のストラテジーを 1. 挿 入 動 詞 (inserted verbs) と 2. 借 用 複 合 動 詞 (bilingual compound verbs) の 二 つに 分 けたが これと Wohlgemuth(2009) との 分 け 方 との 間 に 相 違 が 生 じる Muysken がいう 1. 挿 入 動 詞 (inserted verbs) で は 源 泉 言 語 の 動 詞 が 改 造 されないままで 借 用 される 形 と 源 泉 言 語 の 動 詞 が 接 辞 などでの 改 造 を 経 てから 借 用 される 形 という 二 つの 手 法 を 一 つのストラテジーとしてまとめた し かし 以 下 示 すように Wohlgemuth は 源 泉 言 語 の 動 詞 が 改 造 されないままで 借 用 されるこ とを 1. 直 接 挿 入 (direct insertion) と そして 源 泉 言 語 の 動 詞 を 改 造 してから 借 用 することをもう 一 つの 独 立 したストラテジー 2. 間 接 挿 入 (indirect insertion) として 立 てた Wolhlgemuth の 動 詞 の 借 用 ストラテジーと 統 一 階 層 Wohlgemuth(2009)では 動 詞 の 借 用 には 主 に 四 つのストラテジーがあると 述 べている (pp ) 1. 直 接 挿 入 (direct insertion): 借 用 された 語 幹 は 形 態 的 統 語 的 な 改 造 がなく 借 用 す る 言 語 にもとからあったように 使 われる その 下 位 分 類 には 1) 借 用 動 詞 への 直 接 挿 入 ; 2) 通 品 詞 的 直 接 挿 入 が 含 まれる 38

40 例 : German[deu]< English[eng] Download-en Download-INF to download < [eng] download 2. 間 接 挿 入 (indirect insertion): 借 用 語 を 屈 折 させるため それを 動 詞 化 する 要 素 (verblizer)が 用 いられる その 下 位 分 類 として 1) 動 詞 化 のための 接 辞 添 加 ;2) 使 役 化 の ための 接 辞 添 加 ;3) 個 別 の 借 用 マーカーである 添 加 接 辞 が 含 まれる 例 : Pitijantjatjara[pjt]< English(Australia)[eng] shower-kara-la shower-vblz-imp have a shower! < [eng] shower 3. 軽 動 詞 ストラテジー(light verb strategy): 非 屈 折 形 の 借 用 語 が 受 け 入 れ 言 語 の 屈 折 動 詞 と 結 びつき 複 合 述 語 になる 例 : Turkish < English[eng] park yap-mak park be-inf to park < [eng] to park 4.パラダイム 挿 入 (paradigm insertion): 源 泉 言 語 動 詞 の 屈 折 形 態 論 がその 動 詞 ととも に 借 りられ 受 け 入 れ 言 語 に 新 しい 屈 折 パラダイムを 加 えることになる 例 : Romani(Ajia varvara)[rmn]< Turkish[tur] and o sxoljo ka siklos te okursun ta te jazarsun in ART school FUT learn.2 COMP read.2sg and COMP write.2sg 39

41 at school you will learn how to read and write [tur] okumak to read, yazmak to write この 例 文 ではトルコ 語 の 2 人 称 単 数 のマーカー -sun が 借 用 された 二 つの 動 詞 okumak と yazmak とともに 現 れると 借 用 側 のロマーニー 語 にトルコ 語 からの 借 用 に 対 応 するマーカー -os が 現 れる Wohlgemuth(2009:285)はまた この 四 つのストラテジーをそれらの 適 応 性 の 高 さに 応 じて 次 のようにまとめている(loan verb integration hierarchy) 軽 動 詞 ストラテジー < 間 接 挿 入 < 直 接 挿 入 (< パラダイム 挿 入 ) 4.2 チャハル 方 言 で 動 詞 として 機 能 する 漢 語 新 しい 概 念 の 導 入 などにつれて チャハル 方 言 の 口 語 には 数 多 くの 動 詞 が 借 用 されてい る その 中 では 通 信 手 段 に 関 するもの 交 通 手 段 に 関 するもの 医 療 関 係 に 関 するもの 食 べ 物 に 関 するもの 社 会 問 題 に 関 するもの 仕 事 に 関 するも 人 の 心 理 状 態 を 表 すもの など 広 範 囲 での 動 詞 の 借 用 が 見 られる 簡 単 な 例 として 以 下 の 例 があげられる 通 信 手 段 : 打 ( 電 話 )する, 发 (メールを) 送 る, 上 网 インターネットを 使 う 交 通 手 段 : 打 的 タクシーに 乗 る, 晕 车 車 酔 いをする, 转 机 飛 行 機 を 乗 り 継 ぎ 医 療 関 係 : 剖 腹 帝 王 切 開, 输 液 点 滴 する, 抢 救 応 急 手 当 をする 食 べ 物 : 炖 煮 る 社 会 問 題 : 贪 污 横 領 する 仕 事 関 係 : 退 休 退 職 する, 转 正 正 式 メンバーになる, 调 異 動 する 心 理 状 態 : 同 情 同 情 する, 相 中 好 きになる, 留 恋 離 れがたく 思 う このような 漢 語 動 詞 がチャハル 方 言 で 借 用 される 様 々な 現 象 を 考 察 するのが 本 章 の 中 心 であるが 実 はチャハル 方 言 で 動 詞 として 機 能 できるのは 漢 語 の 動 詞 だけではなく 少 数 でありながら 漢 語 の 名 詞 と 形 容 詞 も 動 詞 に 派 生 することによって 動 詞 として 働 く 現 象 が 見 られる そのため 本 題 の 漢 語 動 詞 の 借 用 について 論 じる 前 に 漢 語 名 詞 と 形 容 詞 がチャ ハル 方 言 の 中 で 如 何 に 動 詞 として 働 くかについて 簡 単 に 紹 介 しておきたい 以 下 本 研 究 のデータの 中 で 確 認 できた 動 詞 へ 派 生 した 漢 語 名 詞 と 形 容 詞 の 用 例 を 示 す 用 例 006 から 012 における 漢 語 dōu er 兜 儿 ポケット dī 的 タクシー shí 40

42 máo er 时 髦 儿 モダン wǎng zi 网 子 金 網 diàn huà 电 话 電 話 kuǎ zi 侉 子 なまりのある zū zi 租 子 賃 金 などは 名 詞 であり 漢 語 では 動 詞 として 働 く ことができない これらの 漢 語 名 詞 はモンゴル 語 の 名 詞 から 動 詞 を 派 生 する 接 尾 辞 の d や l を 付 けることによって 動 詞 化 され そこからさらに 様 々な 屈 折 接 尾 辞 や 派 生 接 尾 辞 が 加 えられ モンゴル 語 の 中 で 動 詞 としての 役 割 を 果 たしている 006 ɑb ʧəx ɑb ʧəx ɡəsəŋ n ɑb ɑɑd dou er əl ʧəx ləə.(08b0095) もらう 命 令 もらう 命 令 引 用 もらう 副 動 ポケット 出 名 動 詞 完 了 体 過 去 貰 っておいてと 言 ったら 貰 ってポケットに 入 れた dōu er 兜 儿 007 di d jəə, ɔrœœ nəɡ di lian xi j.(10o0370) タクシー 出 名 動 詞 意 志 夜 一 つ タクシー 連 絡 する 意 志 タクシーで 行 く 今 夜 タクシーに 連 絡 しよう dī 的 008 tər uj d ən ʧin shi mao er d əʤii səŋ.(11b0109) 指 示 代 名 時 与 位 格 指 示 代 名 詞 2 人 称 所 属 流 行 出 名 動 詞 進 行 体 過 去 あの 時 これが 流 行 っていました shí máo er 时 髦 儿 009 ɔdɔɔ bur wang zi l ən jɑɑ.(21c0499) 今 皆 金 網 出 名 動 詞 現 在 確 認 今 は 皆 ( 自 分 の 土 地 を) 金 網 でくくるよ wǎng zi 网 子 010 œrəl ʧəx əsɡuul dian hua d ʧəx.(07G0213) 叫 ぶ 完 了 或 いは 電 話 出 名 動 詞 完 了 大 きな 声 で 言 ってみたら 電 話 してもいいけど diàn huà 电 话 011 kua zi l ʤ l bɛɛn, bɑs tərən tɛɛ- ɡɑɑŋ kua zi ɑɑr なまりのある 出 名 動 詞 副 動 小 辞 助 動 また 彼 共 同 格 再 帰 方 言 造 格 jɛr əx jim.(19b0132) 話 す 形 動 確 認 方 言 ( 漢 語 の)でしゃべっていた 彼 とは 方 言 でしゃべるようだ kuǎ zi 侉 子 41

43 012 ɡәr zu zi l әx ʤɔɔs ɔɔŋ jɔɔ ɔl ʤ diil əx ɡue.(06B0049) 家 賃 金 出 名 動 詞 形 動 お 金 再 帰 jəə 得 る 副 動 できる 形 動 否 定 家 を 借 りるお 金 すら 稼 げない zū zi 租 子 モンゴル 語 の 名 詞 から 動 詞 を 派 生 させる 接 尾 辞 は 複 数 あるが 借 用 漢 語 の 名 詞 に 後 続 し チャハル 方 言 で 動 詞 として 使 用 されるものは 筆 者 が 確 認 できた 限 り d l のみであ る 出 名 動 詞 接 尾 辞 d はもともとモンゴル 語 の 中 ではかなり 生 産 的 に 用 いられ ~を 用 いて 動 作 を 行 う という 意 味 で 最 も 多 く 使 われる 例 : poo 銃 > poo d 撃 つ xɵrɵɵ 鋸 > xɵrɵɵ d 鋸 で 切 る ɑrəɡ 方 法 > ɑrəɡ d なだめる ( 塩 谷 2006:129) そのため 借 用 名 詞 の dī 的 タクシー shí máo er 时 髦 儿 モダン diàn huà 电 话 電 話 に d をつけることによって di d タクシーに 乗 る shi mao er d 流 行 る dian hua d 電 話 する などの 動 詞 を 派 生 することができた そして 出 名 動 詞 接 尾 辞 l ももともとモンゴル 語 の 中 で 生 産 性 がかなり 高 く ~をする ~を 用 いて 動 作 を 行 う ~の 状 態 にする といった 意 味 を 表 す 他 動 詞 や ~が 生 じる ~の 状 態 になる といった 意 味 を 表 す 自 動 詞 を 派 生 する 例 : xɛɛr 愛 > xɛɛr əl 愛 する xɛɛʧ はさみ > xɛɛʧ əl はさみで 切 る nɔndəɡ 粉 > nɔndəɡ əl 粉 にする ʃud 歯 > ʃud əl 歯 が 生 える nɛɛʤ 友 たち > nɛɛʤ əl 友 たちになる ( 塩 谷 2006: ) そのため 借 用 名 詞 dōu er 兜 儿 ポケット wǎng zi 网 子 金 網 kuǎ zi 侉 子 なまりのある zū zi 租 子 賃 金 に l をつけることによって 他 動 詞 の dou er əl ポケットに 入 れる wang zi l 金 網 で 囲 む zu zi l 借 りる 自 動 詞 の kua zi l 方 言 でしゃべる など の 動 詞 を 派 生 させる 実 際 このように 漢 語 の 名 詞 から 動 詞 を 派 生 する 用 法 はさほど 生 産 的 ではなく 本 研 究 のデータで 確 認 できた 以 上 の 漢 語 名 詞 以 外 に shuā zi 刷 子 ブラシ pá zi 耙 子 熊 手 luó sī 螺 丝 螺 子 といった 名 詞 があり shua zi d (ブラシで) 洗 う pa zi d ( 熊 手 で)かきよせる luo si d 螺 子 でとめる のように 動 詞 を 派 生 させることがで きる そして モンゴル 語 の 形 容 詞 から 動 詞 を 派 生 する 接 尾 辞 t を 付 加 し 形 容 詞 が 表 す 状 態 を 示 す 動 詞 を 作 ることができる 例 えば boʤər 汚 い > boʤər t 汚 くなる この 接 尾 辞 が 漢 語 の 形 容 詞 を 動 詞 として 派 生 させるのに 用 いられ 用 例 のよう な 文 が 作 られる 漢 語 形 容 詞 の gè ying 嫌 な má fán 煩 わしい rèn zhēn 真 面 目 が t によって 動 詞 の ge ying t 嫌 がる ma fan t 煩 わしく 思 う ren 42

44 zhen t 真 面 目 になる に 派 生 した 013 ɵɵr iiŋ bəj əəs əəŋ ge ying t əəd.(06n0419) 自 分 再 帰 自 分 奪 格 再 帰 嫌 な 出 名 動 詞 副 動 自 分 のことが 嫌 いになって 014 nәɡ nәɡ әәr jie jue xii ʤii n sitәә. bii uʤ ʤii ɡəәd 一 つ 一 つ 造 格 解 決 する する 進 行 体 現 在 確 認 1SG 見 る 進 行 体 副 動 ma fan t ɑɑd.(02n0404) 煩 わしい 出 動 動 詞 副 動 一 つ 一 つ 片 付 けているのよ 私 は 見 ていて 煩 わしく 思 った 015 ɔdɔɔ tui xiu xii lәә bɛɛʤiitәl juu ɡii n ren zhen t әәd bɛɛdәɡ 今 退 職 する する 未 来 助 動 何 対 格 3 人 称 所 属 真 面 目 出 名 動 詞 副 動 助 動 jiŋ.(01y0583) 疑 問 もうそろそろ 定 年 するのに そんなにまじめにやらなくてもいいじゃない 実 は この 三 つの 接 尾 辞 はこのような 漢 語 名 詞 と 形 容 詞 の 借 用 だけではなく 漢 語 動 詞 の 借 用 にも 利 用 されている しかし 漢 語 動 詞 のチャハル 方 言 での 借 用 は 名 詞 や 形 容 詞 の 借 用 よりも 複 雑 であり 以 下 4.3 から 4.4 にかけて 漢 語 動 詞 がモンゴル 語 に 借 用 される ストラテジーやその 特 徴 を 中 心 に 考 察 を 行 っていく なお 本 稿 では 塩 谷 (2006)に 従 い これらの 接 尾 辞 を 出 名 動 詞 接 尾 辞 という 4.3 本 研 究 に 見 られる 漢 語 動 詞 の 借 用 ストラテジー 及 びその 使 用 頻 度 漢 語 動 詞 がチャハル 方 言 に 借 用 される 際 様 々な 借 用 現 象 を 見 せるが 本 節 では まず その 借 用 ストラテジーを 中 心 に 分 析 を 行 いたい 即 ち 膠 着 語 であるモンゴル 語 がいかな る 形 で 孤 立 語 である 漢 語 の 動 詞 を 借 用 するのかを 紹 介 したい 結 果 から 述 べると 漢 語 は 漢 語 + 接 尾 辞 漢 語 + 出 名 動 詞 接 尾 辞 漢 語 +xii などの 三 つのストラテジーに よってチャハル 方 言 に 借 用 されている なお 本 論 の 資 料 編 に 提 示 した 例 文 における 漢 語 及 びその 資 料 番 号 と 意 味 を 借 用 ストラテジーごとに 巻 末 表 にまとめた 43

45 4.3.1 漢 語 + 接 尾 辞 ストラテジー この 形 の 借 用 は モンゴル 語 が 借 用 された 漢 語 を 語 幹 として 受 け 入 れ それにモンゴル 語 の 屈 折 接 辞 やアスペクトやヴォイスを 表 す 接 尾 辞 を 直 接 つけ 借 用 された 漢 語 がモンゴ ル 語 固 有 の 動 詞 語 幹 のように 扱 われるのがその 特 徴 である 以 下 このストラテジーを 漢 語 に 後 接 させる 接 尾 辞 によって 屈 折 接 辞 による 屈 折 変 化 とアスペクトやヴォイスによる 派 生 の 二 つに 分 類 し 説 明 したい そして 本 研 究 のデータに 現 れた 借 用 漢 語 につけられ た 屈 折 接 辞 とアスペクト ヴォイス 接 尾 辞 の 一 覧 を 表 9 にまとめた 屈 折 接 辞 による 屈 折 変 化 第 3 章 では モンゴル 語 の 屈 折 接 辞 に 叙 述 類 の 接 尾 辞 命 令 願 望 類 の 接 尾 辞 形 動 詞 類 の 接 尾 辞 副 動 詞 類 の 接 尾 辞 の 4 種 類 があることを 述 べた 以 下 本 研 究 のデータにお ける 漢 語 動 詞 に 付 けられたこれらの 屈 折 接 辞 の 一 覧 とその 用 例 をそれぞれ 提 示 しながら 漢 語 にモンゴル 語 の 屈 折 接 辞 をつける 借 用 方 法 を 説 明 していきたいが 筆 者 のデータに 確 認 されなかった 接 尾 辞 については 作 例 をあげ その 接 尾 辞 の 使 用 可 能 か 否 かについても 検 討 していきたい なお 作 例 はすべてコンサルタントの 確 認 を 得 たものである まず 叙 述 類 の 4 種 類 の 接 尾 辞 においては 表 10 に 示 したように 口 語 では 疑 問 文 の みに 現 れる 過 去 を 表 す 接 尾 辞 (ə)b を 除 けば ほかの 三 つの 接 尾 辞 (ə)n ʤee lɑɑ 4 の 用 例 はすべて 筆 者 のデータから 確 認 できる 例 016 から 018 で 示 したように 漢 語 の yūn chē 晕 车 車 酔 いをする yí chuán 遗 传 遺 伝 する zhàn 占 ( 恩 恵 を) 受 ける にそれぞれ 現 在 の (ə)n 過 去 の ʤee 過 去 の lɑɑ 4 を 直 接 つけることによって 車 酔 いをする 受 け 継 いだ ( 恩 恵 を) 受 けた という 意 味 を 表 している 016 duʃ əʤ soo ʤ ʧɛd əx ɡue, yun che n.(10o0365) 寄 りかかる 副 動 座 る 副 動 できる 形 動 否 定 車 酔 いをする 現 在 ( 背 もたれに) 寄 りかかって 座 れないんだ 車 酔 いをするから yūn chē 晕 车 表 10 種 類 接 尾 辞 出 現 数 例 叙 述 類 現 在 未 来 (ə)n 過 去 ʤee 過 去 近 い 未 来 lɑɑ

46 命 令 願 望 類 1 人 称 意 志 (ə)j 人 称 命 令 ゼロ 接 辞 人 称 命 令 (ə)ɡ 形 動 詞 完 了 səŋ 継 続 (ɡ)ɑɑ 予 定 (ə)x 習 慣 dəɡ 副 動 詞 並 列 (ə)ʤ 分 離 (ɡ)ɑɑd 条 件 bəl 継 続 sɑɑr 随 伴 xnɑɑr 目 的 xɑɑr 付 帯 (ə)ŋɡoot 必 然 lɑɑ tɑnoos ʧin ɔdɔɔ ɑɑb iiɡ ɑɑŋ sɛɛŋ yi chuan ʤee.(07B0070) 2PL 2 人 称 所 属 間 投 お 父 さん 対 格 再 帰 よい 遺 伝 する 過 去 あなた 達 は 本 当 にお 父 さん(の 性 格 )をよく 受 け 継 いだね yí chuán 遗 传 018 yi fu iiŋ guang iiɡ ən l sɛɛŋ zhan lɑɑ.(06s0296) 伯 父 さん 対 格 恩 恵 対 格 彼 小 辞 よい 受 ける 過 去 伯 父 さんの 恩 恵 を 彼 だけはよく 受 けた zhàn 占 しかし 実 際 チャハル 方 言 の 口 語 の 中 では 漢 語 を 語 幹 として 受 け 入 れ それに 過 去 を 表 す 接 尾 辞 (ə)b をつけ 疑 問 文 を 作 ることは 多 々 存 在 する 例 えば 作 例 がそ の 例 であり 漢 語 の dǎ 打 ( 電 話 )する lián xì 联 系 連 絡 する に (ə)b を 直 接 つけることによって 電 話 したか 連 絡 取 ったか という 意 味 を 表 す 文 が 作 れる 結 果 チャハル 方 言 では 叙 述 類 の 屈 折 接 尾 辞 はすべて 借 用 漢 語 に 直 接 後 続 できることが 分 かる 45

47 019 ʧii nɑdəd dian hua da b uu?( 作 例 ) 2SG 1SG 与 位 格 電 話 する 過 去 疑 問 あなたは 私 に 電 話 したか dǎ 打 020 duu tee ɡəəŋ lian xi b uu?( 作 例 ) 妹 / 弟 共 同 格 再 帰 所 属 連 絡 する 過 去 疑 問 ( 自 分 の) 妹 / 弟 と 連 絡 取 ったか lián xì 联 系 次 に 命 令 願 望 類 の 接 尾 辞 に 関 しては 表 10 に 示 した 通 り 一 人 称 の 主 語 に 呼 応 す る 意 志 の soɡɛɛ 2 二 人 称 の 主 語 に 呼 応 する 勧 告 催 促 懇 願 の (ɡ)ɑɑrɛɛ 4, (ɡ)ɑɑʧ 4, (ə)ɡtoŋ 2 三 人 称 の 主 語 に 呼 応 する 祈 願 願 望 懸 念 の toɡɛɛ 2, (ɡ)ɑɑsɛɛ 4, (ɡ)uuʤee 2 など 日 常 会 話 の 中 でほとんど 現 れない 接 尾 辞 が 借 用 漢 語 に 後 続 する 用 例 が 確 認 できなかっ た しかし 口 語 に 用 いられる 三 つの 人 称 の 主 語 に 呼 応 する 接 尾 辞 (ə)j ゼロ 接 辞 (ə)ɡ の 用 例 は で 示 した 通 りである これらの 用 例 では 漢 語 lián xì 联 系 連 絡 する diǎn 点 注 文 する dǎ 打 ( 電 話 )する にそれぞれこの 三 つの 接 尾 辞 を 直 接 後 続 させることによって 連 絡 しよう 注 文 して ( 電 話 )するがいい など の 意 味 を 表 している 従 って チャハル 方 言 では 命 令 願 望 類 の 屈 折 接 尾 辞 の 中 で 口 語 に 用 いられることの 少 ない 接 尾 辞 は 借 用 漢 語 に 後 続 することができず 口 語 に 用 いられ る 接 尾 辞 のみが 借 用 漢 語 に 直 接 後 続 できることが 分 かる 021 di d jəə, ɔrœœ nəɡ di lian xi j.(10o0370) タクシー 出 名 動 詞 意 志 夜 一 つ タクシー 連 絡 する 意 志 タクシーで 行 く 今 夜 タクシーに 連 絡 しよう lián xì 联 系 022 ʤɑɑ jɑɑr ʤii sɑɑr turɡəŋ dian, turɡəŋ turɡəŋ dian sɑɑr.(18su0519) 間 投 急 ぐ 進 行 体 副 動 はやい 注 文 する はやい はやい 注 文 する 副 動 急 いでいるならはやく 注 文 して はやく 注 文 したら( 料 理 が 速 く 出 てくる) diǎn 点 023 bitii dian hua da ɡə səŋ ʧin, da ɡ ɡəd.(14G0240) 禁 止 電 話 打 つ 命 令 言 う 形 動 2 人 称 所 属 打 つ 命 令 言 う 電 話 しないでと 言 ったのに ( 叔 母 が)するがいいと 言 って dǎ 打 46

48 次 に 形 動 詞 類 の 接 尾 辞 に 関 しては 表 10 に 示 した 通 り 筆 者 のデータでは 完 了 を 表 す 接 尾 辞 səŋ 継 続 を 表 す 接 尾 辞 (ɡ)ɑɑ 4 予 定 を 表 す 接 尾 辞 (ə)x 習 慣 を 表 す 接 尾 辞 dəɡ の 用 例 が 確 認 されており( 例 ) 可 能 性 を 表 す 接 尾 辞 mɑɑr 4 と 主 体 を 表 す (ə)xʧ が 使 われた 文 は 確 認 できなかった 用 例 では 漢 語 の chè 撤 撤 去 する kāi 开 開 く huàn 换 変 える gǎo 搞 付 き 合 う にそれぞれ 接 尾 辞 の səŋ (ɡ)ɑɑ 4 (ə)x dəɡ を 直 接 後 続 させることによって 撤 去 した 開 い ている チェンジする 付 き 合 う などの 意 味 を 表 している 024 ɡəŋ xxx iiŋ tər sorɡool iiɡ che səŋ bɔl jəx ɡœxrəl.(24A0481) 特 に xxx 対 格 あの 学 校 対 格 撤 去 する 形 動 小 辞 大 きい 損 特 に xxx の 学 校 を 撤 廃 したのは 大 きな 損 失 である chè 撤 025 chu shi d ɔʧ səŋ ʧin kai ɡɑɑ ɡue bɛɛsəŋ.(08b0086) (お 正 月 の) 十 日 与 位 格 行 く 形 動 2 人 称 所 属 開 く 形 動 否 定 助 動 正 月 十 日 に 行 ったら 開 いてなかった kāi 开 026 dang ɡɑɑŋ huan əx uj d ʤiixəŋ ʧ məd əɡd əx ギア 再 帰 変 える 形 動 時 与 位 格 少 し 小 辞 分 かる 受 動 態 副 動 ɡue.(23M0567) 否 定 ギアチェンジをする 時 は( 乗 っている 人 に) 全 然 分 からない huàn 换 027 tər sɑj iiŋ tər dui xiang gao dəɡ ʧin jəə tiim あれ さっき 属 格 あの 恋 人 付 き 合 う 形 動 2 人 称 jәә そう sɑɑrmәɡ.(04g0188) 中 性 さっきの( 話 題 に 出 た) 人 もそのようなユニセックス 的 な 人 だよ gǎo 搞 しかし 筆 者 のデータに 用 例 が 確 認 されなかった mɑɑr 4 は 実 際 には 借 用 漢 語 につけ ることもでき 作 例 のような 例 が 挙 げられるが 動 作 の 主 体 を 表 す (ə)xʧ ~ をする 人 は 文 語 に 使 われることが 多 く 借 用 漢 語 につけることができない 作 例 028 と 029 では 可 能 性 を 表 す 接 尾 辞 mɑɑr 4 が zū 租 借 りる diǎn 点 注 文 する に 47

49 直 接 後 続 し 借 りたい 頼 みたい を 意 味 する 従 って チャハル 方 言 の 形 動 詞 類 の 屈 折 接 辞 は 主 に 文 語 に 使 われる 動 作 の 主 体 を 表 す (ə)xʧ を 除 けば すべての 接 尾 辞 が 借 用 漢 語 に 直 接 後 続 することができることが 分 かる 028 bii nəɡ ɡər zu məər bɛɛnɑɑ.( 作 例 ) 1SG 一 つ 家 借 りる 形 動 可 能 性 助 動 私 は 家 を 借 りたい zū 租 029 bɑs nəɡ nɔɡɔɔ dian mɑɑr bɛɛnɑɑ.( 作 例 ) もう 一 つ 料 理 注 文 する 形 動 可 能 性 助 動 もう 一 品 料 理 を 頼 みたい diǎn 点 最 後 に 副 動 詞 類 の 接 尾 辞 に 関 しては 表 10 から 分 かるように 並 列 の (ə)ʤ 分 離 の (ɡ)ɑɑd 4 条 件 の bəl 継 続 の sɑɑr 4 随 伴 の xnɑɑr 4 目 的 の xɑɑr 4 付 帯 の (ə)ŋɡoot 2 必 然 の lɑɑ 4 についてのみの 用 例 が 確 認 されており 以 下 例 にそれらの 用 例 を あげる これら 四 つの 例 文 では 漢 語 zhuī 追 追 いかける diàn 垫 埋 める zá 砸 壊 す lù 录 録 音 する tí 提 入 荷 する xià bān er 下 班 儿 退 勤 する zá 砸 壊 す にそれぞれ (ə)ʤ (ɡ)ɑɑd 4 bəl sɑɑr 4 xnɑɑr 4 xɑɑr 4 (ə)ŋɡoot 2 lɑɑ 4 を 直 接 後 続 させ 追 いかけて 埋 めて 壊 せば 録 音 している 退 勤 する 時 に 入 荷 しに 壊 そう などの 意 味 を 表 している 030 xxx bɑs xxx iiɡ zhui ʤ ɵŋɡərsəŋ sitəə.(23ar0463) xxx また xxx 対 格 追 いかける 副 動 助 動 確 認 xxx( 人 名 )も xxx( 人 名 )に 告 白 したことがあるよ zhūi 追 031 noor ɑɑŋ dian ɑɑd tɛrɑɑ tɛr əx ɡəʤiin.(21C0502) 湖 再 帰 埋 める 副 動 畑 植 える 形 動 予 定 湖 を 埋 めて 畑 を 作 ろうとしている diàn 垫 48

50 032 xən n ordɑɑr sɔɡt ɔɔd za bəl xən n ʤɑbd ədəɡ ɡən 誰 3 人 称 所 属 先 酔 う 副 動 壊 す 副 動 誰 3 人 称 所 属 間 に 合 う 形 動 伝 言 ʃuu.(06s0315) 念 押 し 先 に 酔 った 人 が 先 に 家 をめちゃめちゃにするらしいよ zá 砸 033 ən lu səər dœlɡɔɔŋ n jɛb əx jim. lu x ɡue bɔl これ 録 音 する 副 動 波 3 人 称 所 属 行 く 形 動 確 認 録 音 する 形 動 否 定 なら dœlɡɔɔŋ n jɛb əx ɡue. ən ʧiɡəəd lu ɡəəd jɑɑʤ jɑɑdəɡ 波 3 人 称 所 属 行 く 形 動 否 定 これ そして 録 音 副 動 どう どう bɔl?(16su0512) 疑 問 これ 録 音 する 時 に 波 を 打 って しない 時 には 波 を 打 たないね 録 音 したあとどうする んだろう? lù 录 034 bii xia ban er xnɑɑr ɑɑŋ bur tər iiɡ ɔl әʤ uʤ ən.(04g0187) 1SG 仕 事 帰 り 副 動 再 帰 全 部 彼 女 対 格 得 る 副 動 見 る 現 在 私 は 仕 事 帰 りにいつも 彼 女 を 見 かける xià bān er 下 班 儿 035 bɑɑbɑɑ ʧin ɵʧəɡdər əm ti xəər ɔʧ əx ɡəʤ お 父 さん 2 人 称 所 属 昨 日 薬 入 荷 する 副 動 行 く 形 動 つもり ɡənəə.(02O0363) 伝 言 お 父 さんが 昨 日 薬 を 入 荷 しに 行 くつもりだったらしい tí 提 036 xia ban er əŋɡoot ɑɑŋ xurɡ əʤ ir ən ɡəʤiisəŋ sitəə.(18su0518) 仕 事 が 終 わる 副 動 再 帰 送 る 副 動 来 る 現 在 伝 言 確 認 仕 事 が 終 わったら 持 って 来 てくれると 言 っていたよ xià bān er 下 班 儿 037 ʤɑŋ ɡɑrəɡ ɑɑd za lɑɑ ʃuu.(06s0317) 性 格 出 す 副 動 壊 す 未 来 念 押 し 暴 れだして( 店 を)めちゃめちゃにしようとしている zá 砸 49

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

緩急接続

緩急接続 第 4 章 案 内 緩 急 接 続 の 旅 客 案 内 の 差 異 文 学 部 3 回 生 笹 木 高 史 1. はじめに 本 稿 ではまた 尐 し 違 った 側 面 から 案 内 を 考 えていこうと 思 う ここでは 民 鉄 における 緩 急 接 続 が 利 用 者 にどのように 案 内 されているか まず 関 東 の 大 手 民 鉄 のうち 小 田 急 東 急 西 武 東 京 メトロを 例 にとって

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031302E30382090A28A4593FA967B8CEA8BB388E791E589EF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031302E30382090A28A4593FA967B8CEA8BB388E791E589EF2E646F63> 複 合 動 詞 - 切 る と - 尽 くす の 意 味 分 析 名 古 屋 大 学 大 学 院 国 際 言 語 文 化 研 究 科 杉 村 泰 sugimura@lang.nagoya-u.ac.jp キーワード: 複 合 動 詞 - 切 る - 尽 くす 動 作 主 対 象 1.はじめに 本 発 表 では 日 本 語 の 複 合 動 詞 V1+ 切 る と V1+ 尽 くす の 前 項 動 詞

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現 5 教 科 CAN-DO リスト< 各 教 科 別 > 平 成 26 年 度 以 降 入 学 特 進 及 び 一 貫 平 成 26 年 度 以 降 入 学 グレス アス アスリート 国 語 科 中 1 1. 論 説 文 段 落 ごとの 要 約 とつながりを 中 心 にした 読 解 ができる 2. 小 説 きっかけ 心 情 行 動 という 読 解 パターンが 理 解 できる 3. 作 文 映 像 と

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

Microsoft Word - 6.大谷

Microsoft Word - 6.大谷 論 壇 特 保 と 並 ぶ 新 たな 食 品 の 機 能 性 表 示 制 度 について 大 谷 敏 郎 ( 独 ) 農 業 食 品 産 業 総 合 研 究 機 構 理 事 食 品 総 研 究 所 所 長 平 成 25 年 6 月 いわゆるアベノミクスの 一 貫 として 加 工 食 品 及 び 農 林 水 産 物 に 関 し 企 業 等 の 責 任 において 科 学 的 根 拠 をもとに 機 能 性

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

論文タイトル(MS明朝12pt太字)

論文タイトル(MS明朝12pt太字) 国 際 交 流 基 金 バンコク 日 本 文 化 センター 日 本 語 教 育 紀 要 第 12 号 (2015 年 ) やさしい 日 本 語 ニュースの やさしさ を 考 える 近 藤 めぐみ 1. はじめに 初 級 授 業 を 受 け 持 つ 中 で 社 会 人 の 学 習 者 から 時 折 ニュースを 読 みたい という 声 を 受 けて きた しかし 初 級 でニュース 読 解 を 行 おうにも

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源 1 第 4 回 グループ 法 人 の 税 務 と 会 計 ( 完 全 支 配 関 係 と 課 税 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 1 月 20 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 企 業 会 計 基 準 税 法 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 全 国 研 修 会 グループ

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型 一 問 題 状 況 1) 平 成 24 年 度 労 働 契 約 法 改 正 (18~20 条 の 新 設 ) 5 年 ルール( 無 期 転 換 ルール)の 導 入 判 例 による 雇 止 め 規 制 の 立 法 化 有 期 契 約 の 差 別 禁 止 規 定 の 新 設 2) 関 連 法 令 の 改 正 (5 年 ルール 関 係 ) 任 期 法 の 改 正 特 例 についての 法 律 案 3) 有

More information

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科 Title 近 代 における 中 日 語 彙 交 渉 についての 研 究 Author(s) 沈, 国 威 Citation Issue Date Text Version none URL http://hdl.handle.net/11094/29170 DOI Rights Osaka University < 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

白 東 村 山 市 転 入 転 出 アンケート 調 査 報 告 書 平 成 年 月 東 村 山 市 経 営 政 策 部 都 市 マーケティング 課 白 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 調 査 の 概 要 報 告 書 の 見 方 Ⅱ. 回 答 者 の 属 性 回 答 者 の 属 性 ( 転 入 者 アンケート) 回 答 者 の 属 性 ( 転 出 者 アンケート) 0 Ⅲ. 調 査 結 果 の 分 析.

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

’00

’00 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

いは 親 の 離 婚 等 によって 生 じたものであり 逆 に 言 うと 子 供 と 同 居 していない 母 親 も 存 在 するということになる しかし 表 1を 見 て 分 るとおり 非 同 居 児 は 同 居 児 に 比 して 圧 倒 的 に 少 ないことから 非 同 居 児 の 存 在 は

いは 親 の 離 婚 等 によって 生 じたものであり 逆 に 言 うと 子 供 と 同 居 していない 母 親 も 存 在 するということになる しかし 表 1を 見 て 分 るとおり 非 同 居 児 は 同 居 児 に 比 して 圧 倒 的 に 少 ないことから 非 同 居 児 の 存 在 は 国 勢 調 査 による 最 近 の 有 配 偶 無 子 女 性 の 動 向 総 務 省 統 計 研 修 所 松 村 迪 雄 はじめに 我 が 国 の 合 計 特 殊 出 生 率 (TFR)は 近 年 人 口 の 置 換 水 準 を 下 回 って 大 きく 低 下 して おり 25 年 には 1.26 にまで 低 下 した その 後 は 若 干 上 昇 しているが それでも 29 年 のTFRは 1.37

More information

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 参 考 資 料 平 成 25 年 6 月 28 日 総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 法 ) 帰 属 主 義 ( 典 型 例 ) (

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB48D65814093FA8AA78C9A90DD8BC6905695B7208F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB48D65814093FA8AA78C9A90DD8BC6905695B7208F4390B32E646F63> 日 刊 建 設 産 業 新 聞 : 平 成 8 年 5 月 5 日 掲 載 次 世 代 の 耐 震 設 計 法 : 地 震 リスクを 考 える 武 蔵 工 業 大 学 教 授 吉 川 弘 道 篠 塚 研 究 所 主 席 研 究 員 中 村 孝 明 リスク とは 将 来 における 不 確 かな 損 失 あるいは 不 利 益 と 定 義 できる これを 定 量 的 に 記 述 すると 被 害 の 発 生

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

タイトル

タイトル 経 済 トレンド 子 ども 手 当 ての 意 義 を 考 える ~ 拙 速 な 廃 止 は 将 来 の 労 働 力 を 質 量 の 両 面 から 減 少 させることに~ 経 済 調 査 部 柵 山 順 子 ( 要 旨 ) 東 日 本 大 震 災 の 復 興 財 源 案 の 一 つとして 子 ども 手 当 ての 廃 止 が 議 論 されている 子 ども 手 当 て 廃 止 が 様 々な 世 帯 にどのような

More information

原子炉の動特性

原子炉の動特性 原 子 炉 の 動 特 性 核 分 裂 連 鎖 反 応 のサイクル 世 代 と 増 倍 率 核 分 裂 で 生 まれた 中 性 子 が 再 び 核 分 裂 を 起 こして 次 の 中 性 子 を 生 み 出 すまでの 過 程 の 一 回 り を 世 代 (Geerao)と 言 う 世 代 間 の 中 性 子 の 数 の 比 を 増 倍 率 (mulplcao facor)kと 定 義 する k ある

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378> マニフェストをどう 読 むべきか - 国 民 の 問 いかける 力 こそが 政 策 をつくる- はじめに 東 京 財 団 研 究 員 政 策 プロデューサー 亀 井 善 太 郎 / 佐 藤 孝 弘 / 冨 田 清 行 本 提 言 は 眼 前 に 迫 る 国 政 選 挙 を 迎 えるにあたって 日 本 国 民 一 人 一 人 がマニフェストを 読 む 際 念 頭 におくべき 考 え 方 をまとめたものである

More information

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再 5.6 築 地 市 場 を 中 心 としたエネルギー 供 給 システムの 提 案 5.6.1 築 地 市 場 をめぐる 動 向 (1) 現 状 の 築 地 市 場 の 問 題 点 東 京 都 築 地 市 場 の 現 状 の 問 題 点 としては 1 施 設 の 老 朽 化 ( 開 設 以 来 60 年 ) 2 市 場 内 の 交 通 の 混 雑 があげられる これらの 問 題 は 再 整 備 により

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303832318140485082A896F097A782BF8EC096B18FEE95F1814090568B4B8C668DDA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303832318140485082A896F097A782BF8EC096B18FEE95F1814090568B4B8C668DDA> 1 < 解 説 > 理 事 会 の 決 議 について ( 公 財 ) 公 益 法 人 協 会 専 務 理 事 鈴 木 勝 治 1.はじめに 理 事 会 の 決 議 については 一 般 法 人 法 第 95 条 において 後 記 2のように 割 合 シンプルに 規 定 されています そのためもあってか 各 法 人 の 定 款 においては 内 閣 府 のモデル 定 款 のよう に 法 律 の 規 定 どうりに

More information

県 内 の 事 業 者 で 組 織 する 建 築 士 事 務 所 協 会 建 設 業 協 会 全 建 総 連 などさまざまな 関 係 団 体 があるが それらを 構 成 団 体 とする 福 島 県 地 域 型 復 興 住 宅 推 進 協 議 会 を 立 ち 上 げ 連 携 して 対 応 することとし

県 内 の 事 業 者 で 組 織 する 建 築 士 事 務 所 協 会 建 設 業 協 会 全 建 総 連 などさまざまな 関 係 団 体 があるが それらを 構 成 団 体 とする 福 島 県 地 域 型 復 興 住 宅 推 進 協 議 会 を 立 ち 上 げ 連 携 して 対 応 することとし 平 成 26 年 12 月 定 例 会 常 任 委 員 会 土 木 委 員 会 委 員 長 名 吉 田 栄 光 委 員 会 開 催 日 平 成 26 年 12 月 15 日 ( 月 ) 所 属 委 員 副 委 員 長 遊 佐 久 男 委 員 鈴 木 智 佐 久 間 俊 男 斎 藤 勝 利 神 山 悦 子 甚 野 源 次 郎 川 田 昌 成 渡 部 譲 青 木 稔 吉 田 栄 光 委 員 長 (1)

More information

産婦人科 転職ガイド

産婦人科 転職ガイド 転 職 をお 考 えの 先 生 へ 産 婦 人 科 転 職 ガイド 株 式 会 社 プライオネット ( 本 社 ) 愛 知 県 豊 橋 市 藤 沢 町 141 ロワジールホテル 豊 橋 8F 求 人 フリーダイヤル:0120-480-501 求 人 専 用 メール:sdr info@priornet.info 産 婦 人 科 医 師 求 人 サイト 産 婦 人 科 ドクターズバンク http://www.priornet.info/sanfujinkdr/

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

Microsoft PowerPoint - 職務発明

Microsoft PowerPoint - 職務発明 職 務 発 明 制 度 とその 活 用 平 成 27 年 12 月 8 日 弁 理 士 弁 護 士 加 藤 光 宏 自 己 紹 介 略 歴 昭 和 63 年 3 月 京 都 大 学 工 学 部 航 空 工 学 科 卒 業 昭 和 63 年 4 月 川 崎 重 工 業 株 式 会 社 航 空 宇 宙 事 業 本 部 平 成 9 年 1 月 弁 理 士 登 録 平 成 16 年 4 月 名 古 屋 大

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF)

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF) 特 集 : 貯 蓄 から 投 へ 新 たな 展 開 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 小 島 俊 郎 要 約 1. 我 が 国 大 学 短 大 進 学 率 は 1992 年 に 38.9%だったが 2014 年 には 56.7% と 高 専 専 門 学 校 を 加 えた 高 等 教

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板 疑 義 照 会 ( ) その 他 3 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 資 格 取 得 日 に 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 に 申 請 日 の 受 理 日 より 以 前 の 日 に 遡 及 することの 可 否 をご 教 示 願 います 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 には 厚 生 年 金 保 険 法 第 10 条 第 1 項

More information

0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 fvszɕʑxɣ ppʰbttʰdtstsʰʣ ʨʨʰʥkkʰgʨʨʰɕʧʧʰʃ p pʰ b m f v t tʰ d n ts ʦʰ ʣ s z ʨ ʨʰ ʥ ɕ ʑ k kʰ g ŋ x ɣ ø

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

大それた表題をつけてしまったがこの小論でそのような大それた

大それた表題をつけてしまったがこの小論でそのような大それた コラム 歩 行 のエネルギー 消 費 についての 考 察 (1) 計 量 分 析 ユニット 松 尾 雄 司 本 稿 は 宮 川 卓 也 自 転 車 のエネルギー 消 費 についての 考 察 1 の 続 報 である 勝 手 な 引 用 を 許 可 していただいた 宮 川 氏 にはこの 場 で 初 めて 感 謝 申 し 上 げたい ここでの 論 点 は 運 輸 部 門 のエネルギー 消 費 の 形 態

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378> 保 発 0131 第 4 号 平 成 23 年 1 月 31 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 出 産 育 児 一 時 金 等 の 支 給 申 請 及 び 支 払 方 法 について 出 産 育 児 一 時 金 等 については 緊 急 の 少 子 化 対 策 の 一 環 として 安 心 して 出 産 できる 環 境 を 整 備 する 観 点 から 平 成 21 年 10

More information

207907_帝京_外国文学論集-6校.indb

207907_帝京_外国文学論集-6校.indb の はじめに の である については 9 (857)11 に の が されており その を うことができる は が に した に する を っ た 1 その に の を かれんとして に し た が されていることを りながら との もあり これ に できなかった は 18 (799)に の として まれ 18 で に し その を ねて に 59 でこの を るが において の の でも った を

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

Microsoft Word - 土谷要旨.doc

Microsoft Word - 土谷要旨.doc 少 年 誌 ラブコメマンガにみる 恋 愛 構 造 分 析 男 性 がハマる 女 性 像 土 谷 頼 子 目 次 第 1 章 序 論 第 1 節 問 題 の 所 在 第 2 節 研 究 の 対 象 第 3 節 少 年 誌 第 2 章 マンガ 論 少 年 マンガにおける 恋 愛 の 肥 大 そしてラブコメへ 第 1 節 少 年 マンガ 戦 前 のマンガ 媒 体 について 秩 序 回 復

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 現 状 と 課 題 解 析 事 業 部 環 境 解 析 部 石 原 一 史 1. は じ め に 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 ( 以 下 大 店 立 地 法 ) は, 大 規 模 小 売 店 舗 法 ( 以 下 大 店 法 に 変 わ る 法 律 として 平 成 12 年 6 月 1 日 に 施 行 された 大 店 法 は, 近 隣 の 中 小

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1 平 成 24 年 度 市 町 村 職 員 の 給 与 定 員 管 理 勤 務 条 件 等 の 状 況 平 成 25 年 2 月 高 知 県 総 務 部 市 町 村 振 興 課 担 当 : 行 政 担 当 寺 村 ( 給 与 ) 坂 本 ( 定 員 管 理 勤 務 条 件 ) 山 元 ( 福 利 厚 生 ) 野 瀬 電 話 :088-823-9313 目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3. 面 接 の 要 請 と 受

目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3. 面 接 の 要 請 と 受 面 接 ガイドライン 特 許 審 査 編 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 26 年 10 月 特 許 庁 目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3.

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

2 政 策 目 的 達 成 時 期 我 が 国 皮 革 産 業 及 び 革 靴 産 業 が 構 造 改 善 を 行 い アジア 諸 国 からの 低 価 格 品 及 び 欧 州 からの 高 価 格 品 と 対 抗 しうる 国 際 競 争 力 が 備 わるまで 本 制 度 を 維 持 する 必 要 があ

2 政 策 目 的 達 成 時 期 我 が 国 皮 革 産 業 及 び 革 靴 産 業 が 構 造 改 善 を 行 い アジア 諸 国 からの 低 価 格 品 及 び 欧 州 からの 高 価 格 品 と 対 抗 しうる 国 際 競 争 力 が 備 わるまで 本 制 度 を 維 持 する 必 要 があ 整 理 番 号 : 経 済 産 業 省 7 平 成 28 年 度 関 税 率 関 税 制 度 改 正 要 望 事 項 調 査 票 ( 延 長 ) 要 望 元 : 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 紙 業 服 飾 品 課 品 名 ( 関 税 率 関 係 ) 又 は 皮 革 革 靴 の 関 税 割 当 制 度 制 度 名 ( 関 税 制 度 関 係 ) 改 正 要 望 の 内 容 改 正 を 要

More information

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面 面 接 ガイドライン 審 判 編 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 27 年 2 月 特 許 庁 目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前

More information