3 研 究 者 農 業 者 農 業 経 営 事 業 体 行 政 等 のあいだをつなぐ 場 をつくり 地 域 の 合 意 形 成 に 導 くような 地 域 を つなぐ 人 材 リーダーシップシナリオ スマート 農 林 水 産 業 の 実 践 と 和 食 のグローバル 化 (1) 2030

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "3 研 究 者 農 業 者 農 業 経 営 事 業 体 行 政 等 のあいだをつなぐ 場 をつくり 地 域 の 合 意 形 成 に 導 くような 地 域 を つなぐ 人 材 2.6.3. リーダーシップシナリオ スマート 農 林 水 産 業 の 実 践 と 和 食 のグローバル 化 (1) 2030"

Transcription

1 2.6. [ 地 域 資 源 農 と 食 ] 地 域 資 源 を 活 用 した 食 料 生 産 と 生 態 系 サービスの 維 持 検 討 の 背 景 本 章 は 第 10 回 科 学 技 術 予 測 調 査 の 農 林 水 産 食 品 バイオテクノロジー 分 野 における 社 会 的 課 題 について 科 学 技 術 予 測 に 資 する 将 来 社 会 ビジョンの 検 討 で 抽 出 された 食 人 口 構 成 都 市 地 域 コミュニティ の 3 テーマの 中 で 重 要 とされた 論 点 を 考 慮 して 構 成 したものである 具 体 的 には 食 と 農 林 水 産 地 域 に 関 する 社 会 課 題 のトピックについて 国 際 的 には 地 球 温 暖 化 と 世 界 人 口 の 増 大 国 内 的 には 高 齢 化 と 少 人 口 社 会 を 前 提 として 我 が 国 に 必 要 な 技 術 行 うべ き 研 究 および 政 策 を 検 討 した 農 業 の ICT 化 はもとより 長 期 的 視 点 に 立 ち 地 域 活 性 化 サス テナビリティ 人 材 育 成 に 注 目 した 付 加 価 値 の 高 い 食 品 の 生 産 生 産 性 向 上 と 生 態 系 サービス の 持 続 的 確 保 および 地 域 の 活 性 化 を 目 指 す 注 目 される 方 向 性 A) 地 域 資 源 を 活 用 した 豊 かな 食 競 争 力 のある 農 林 水 産 物 と スマートな 流 通 で 日 本 発 の 安 全 でおいしい 食 を 世 界 へ 1 高 付 加 価 値 農 林 水 産 物 の 生 産 地 域 の 特 産 として 高 付 加 価 値 の 機 能 性 農 林 水 産 物 を 戦 略 的 に 生 産 2 食 品 流 通 保 蔵 の 高 度 化 食 品 加 工 調 理 保 存 輸 送 にかかるエネルギーコストを 低 減 し IoT/IoE を 活 用 してロジス ティクスを 最 適 化 食 料 のムダを 減 少 3 味 覚 のサイエンス 世 界 各 国 の 文 化 に 基 づく おいしさ をデータベース 化 し 我 が 国 の 農 林 水 産 物 食 品 およ び 食 産 業 を 戦 略 的 に 海 外 展 開 B) 高 い 生 産 性 と 地 域 の 持 続 的 活 力 サステナブルかつ 高 効 率 な 農 林 水 産 業 の 実 現 と 地 域 にヒトを 呼 び 込 むしくみを 構 築 1 農 地 の 高 度 利 用 サステナブルかつ 高 効 率 の 農 業 技 術 開 発 と 土 地 活 用 の 最 適 化 耕 作 放 棄 地 の 活 用 2 海 洋 資 源 の 維 持 管 理 養 殖 のコスト 削 減 と 高 付 加 価 値 化 による 養 殖 水 産 物 の 普 及 3 サステナブル 農 林 水 産 業 の 経 済 モデル 生 態 調 和 型 農 業 体 系 の 構 築 と エビデンスに 基 づく 地 域 経 済 モデルの 構 築 C) 地 域 を 支 える 人 材 育 成 ICT インフラ 経 済 経 営 などさまざまな 分 野 の 知 見 をもち 地 域 をつなぐ 人 材 の 育 成 1 地 域 の 農 林 水 産 物 の 海 外 マーケティングやアグリツーリズムなどの 戦 略 を 立 案 する 国 際 戦 略 立 案 人 材 2 農 林 水 産 業 の ICT 化 を 地 域 で 担 う ICT 活 用 人 材 54

2 3 研 究 者 農 業 者 農 業 経 営 事 業 体 行 政 等 のあいだをつなぐ 場 をつくり 地 域 の 合 意 形 成 に 導 くような 地 域 を つなぐ 人 材 リーダーシップシナリオ スマート 農 林 水 産 業 の 実 践 と 和 食 のグローバル 化 (1) 2030 年 の 社 会 世 界 各 国 でさまざまなセンサと IoT が 活 用 された 結 果 農 林 水 産 業 のさまざまなフェーズで ICT 化 が 進 んだ 農 業 分 野 については 圃 場 の 状 態 や 気 候 に 関 する 各 種 センサと 農 作 物 の 状 態 品 質 を 非 破 壊 でモニターする 装 置 などから 集 まるデータに 基 づいた 水 利 施 設 等 の 制 御 時 期 に 応 じ た 営 農 指 導 システムに 加 え 収 量 品 質 の 予 測 から 購 入 予 約 受 付 を 行 うシステムが 世 界 各 国 で 稼 働 している 営 農 指 導 システムは 篤 農 家 によるいわゆる 匠 の 知 恵 をベースに 構 築 された 人 工 知 能 が 司 令 塔 となっている 商 品 もあり その 使 用 による 成 功 や 失 敗 の 事 例 は 公 開 され そういった システムの 信 頼 性 の 指 標 化 に 用 いられるほか 人 工 知 能 の 学 習 用 のデータとしてフィードバックさ れたり 価 格 に 反 映 されたりする 森 林 管 理 にも ICT は 導 入 され 各 種 センサと ドローンの 活 用 により 森 林 の 状 態 のモニタリング が 可 能 になったおかげで 獣 害 は 減 少 した 果 樹 栽 培 についても 非 破 壊 で 樹 液 成 分 が 推 定 できる ようになり 最 適 な 管 理 が 可 能 になった 畜 産 分 野 においては 飼 育 環 境 のモニタリングや 非 侵 襲 センサによる 動 物 の 状 態 モニタリング が 可 能 になったほか 排 泄 物 等 の 成 分 分 析 が 高 速 化 された その 結 果 気 候 の 温 暖 化 や ヒトや 物 のグローバル 化 により 対 応 しなければならない 感 染 症 の 種 類 は 増 えたにもかかわらず その 被 害 は 最 小 限 に 食 い 止 められている 水 産 分 野 においては 植 物 由 来 の 安 価 な 飼 料 が 普 及 し 養 殖 技 術 も 洗 練 され 完 全 養 殖 のクロ マグロやウナギも 妥 当 な 価 格 で 販 売 されている 世 界 中 で 消 費 されるマグロは 完 全 養 殖 のノウハ ウごと 海 外 に 輸 出 され 世 界 各 地 で 完 全 養 殖 ビジネスが 行 われている これらいわゆるスマート 農 林 水 産 業 を 支 える 技 術 要 素 (センサ 類 データ 分 析 システムなど)につ いては 世 界 各 国 がしのぎを 削 って 開 発 を 進 め バラエティに 富 んだ 商 品 (サービスを 含 む)が 出 回 ったが 我 が 国 もその 中 にあって 一 定 の 存 在 感 を 示 している また 各 種 ビッグデータの 活 用 により 世 界 各 地 での 食 料 需 要 の 予 測 も 精 度 が 向 上 したため 食 料 の 需 要 にもとづいた 生 産 量 の 調 整 が 可 能 になり 賞 味 期 限 切 れなどによる 食 品 廃 棄 が 大 きく 減 少 した 同 時 に 食 料 生 産 が 流 通 システムとも 連 動 された 結 果 生 産 から 加 工 消 費 者 まで 届 く 時 間 が 短 縮 され 特 に 暑 熱 地 域 での 輸 送 中 の 品 質 低 下 や 腐 敗 による 廃 棄 も 劇 的 に 減 少 した 一 方 WASHOKU はグローバル 化 し 各 地 域 の 食 材 を 使 用 してその 地 域 の 食 嗜 好 を 反 映 した 味 付 けになったが 多 種 類 の 食 材 を 使 用 し 栄 養 バランスのとれた 美 しい 料 理 というエッセンスは 維 持 されている この 背 景 には 各 地 の 文 化 と 味 覚 嗜 好 のデータベースを 活 用 した 食 産 業 の 海 外 展 開 があった このような WASHOKU のグローバル 化 は 食 による 健 康 長 寿 という 文 化 の 世 界 的 普 及 をもたらした その 結 果 中 高 年 者 の 生 活 習 慣 病 罹 患 率 は 世 界 的 に 低 下 し その 治 療 のた めの 医 療 費 は 世 界 各 国 で 減 少 している 55

3 (2) 実 現 を 目 指 すに 当 たっての 各 主 体 の 戦 略 実 施 主 体 政 府 自 治 体 戦 略 農 業 ICT インフラ 整 備 (センサ 人 工 衛 星 通 信 インフラなど) 人 工 衛 星 データ 等 の 国 際 共 同 利 用 の 仕 組 みづくり 養 殖 事 業 の 海 外 進 出 支 援 種 の 保 護 や 捕 獲 量 制 限 に 向 けた 国 際 的 な 合 意 形 成 公 的 研 究 機 関 企 業 業 界 プラットフォーム 組 織 学 協 会 大 学 その 他 人 材 育 成 機 関 金 融 投 資 機 関 市 民 NPO 農 業 ビッグデータプラットフォーム 構 築 農 業 ICT システムの 国 際 規 格 対 応 世 界 各 地 の 気 候 や 作 物 に 対 応 したセンサ 類 の 開 発 センサ 設 置 や ビッグデータ 解 析 など 農 業 の ICT 化 全 体 を 行 うパッケージ 商 品 の 開 発 世 界 各 地 の 食 品 消 費 量 予 測 養 殖 魚 飼 料 の 開 発 と 養 殖 から 流 通 販 売 まで 一 貫 で 取 り 扱 う 事 業 農 産 物 や 水 産 物 のブランド 確 立 に 向 けた 国 際 展 開 スマート 農 業 や 完 全 養 殖 水 産 業 での 病 害 情 報 の 収 集 と 情 報 提 供 AI(Agricultural Informatics)やマリン IT など IoT(Internet of Things) /IoE(Internet of Everything)を 活 用 した 情 報 工 学 の 知 見 の 蓄 積 農 業 ICT 人 材 の 育 成 養 殖 技 術 の 洗 練 化 飼 料 の 開 発 保 存 流 通 技 術 の 開 発 研 究 者 と 農 業 者 関 連 事 業 者 の 橋 渡 し 農 業 事 業 者 の ICT インフラ 導 入 への 投 資 養 殖 事 業 者 育 成 のための 投 資 ( 養 殖 ベンチャー) 和 食 事 業 者 の 海 外 進 出 支 援 食 材 の 有 効 利 用 食 文 化 食 による 健 康 維 持 のための 合 意 形 成 (3) 戦 略 推 進 上 の 留 意 点 養 殖 産 業 の 拡 大 に 伴 う 海 洋 生 態 系 への 影 響 気 象 予 測 の 正 確 性 の 限 界 農 業 ICT インフラ 維 持 コスト 養 殖 飼 料 の 不 足 食 文 化 の 相 互 理 解 と 尊 重 国 際 協 調 協 働 シナリオ 全 地 球 的 生 態 系 サービスの 維 持 (1) 2030 年 の 社 会 生 態 系 サービスの 持 続 的 確 保 の 概 念 が 世 界 の 多 くの 地 域 で 共 感 を 得 て 農 林 水 産 業 に 従 事 する 事 業 者 等 において 環 境 負 荷 の 低 い サステナブルな 農 林 水 産 業 が 組 織 的 に 実 践 されるように なった これは 世 界 的 に 農 地 の 面 積 の 増 加 がほとんど 望 めない 状 況 において 進 む 土 壌 の 劣 化 を 56

4 食 い 止 めるために 化 学 肥 料 や 農 薬 への 依 存 率 を 下 げることからはじめられた この 取 組 が 国 際 的 な 規 模 で 本 格 的 に 推 進 された 背 景 には 土 壌 細 菌 の 活 用 技 術 や 微 量 成 分 の 検 出 技 術 温 暖 化 率 の 予 測 に 基 づいた 農 産 物 の 育 種 技 術 の 改 善 などの 技 術 的 進 歩 がある また 効 率 的 なかん がい 施 設 の 普 及 により 水 の 利 用 量 も 最 小 限 に 抑 えられるようになった 化 学 肥 料 や 農 薬 の 成 分 検 出 センサによって サステナブルな 手 段 で 生 産 された 食 品 とそうでない 食 品 は 容 易 に 判 別 され IoT 等 により 消 費 者 の 手 元 に 届 くまでの 流 通 の 全 ての 経 路 でトレーサビリティが 確 保 されている これらの 取 組 に 関 する 多 くの 情 報 は 世 界 各 国 で 共 有 されるようデータベース 化 され オープン に 活 用 できる 研 究 開 発 プラットフォームとなったが その 過 程 には 研 究 者 だけでなく 個 人 農 業 者 あるいは 農 業 事 業 体 による 各 地 域 における 細 かな 気 象 データとそれに 対 応 する 害 虫 の 発 生 や 土 壌 微 生 物 の 分 布 と 農 産 物 の 成 分 のモニタリング 結 果 などの 膨 大 な 情 報 提 供 があった 海 洋 資 源 については 信 頼 性 の 高 い 資 源 量 評 価 システムが 構 築 され 移 動 する 魚 群 の 把 握 が 可 能 になったことから 2010 年 ころに 比 べて 格 段 に 効 率 的 な 漁 業 が 行 われている これは 防 災 用 に 設 置 されたブイや 船 舶 に 取 り 付 けられたセンサからのデータや 人 工 衛 星 からの 気 象 データ 等 が 国 際 的 に 統 合 され 海 洋 資 源 情 報 ネットワークが 構 築 されたおかげである 生 態 系 サービスの 概 念 は 養 殖 業 でも 重 視 され 陸 上 海 上 いずれの 養 殖 も 窒 素 やリン 循 環 に 配 慮 した 養 殖 システムとなっている 世 界 各 国 の 都 市 付 近 を 中 心 として 普 及 した 植 物 工 場 にお いても 養 殖 と 植 物 工 場 を 組 み 合 わせたアクアポニックス 施 設 としている 所 は 多 い このような 施 設 では 排 水 のリサイクルや 不 可 食 部 分 をバイオマスとして 発 電 した 電 気 を 利 用 するなどの 取 組 が 進 められている これら 生 態 系 サービスの 維 持 に 貢 献 し 環 境 への 影 響 を 考 慮 した 農 林 水 産 業 者 は 独 立 機 関 による 審 査 をへてクラスごとに 認 定 されている また 養 殖 は 陸 上 沿 岸 とも 何 らかの 施 設 内 で 魚 を 飼 育 するものであるが 近 年 大 型 の 回 遊 魚 を 中 心 に 放 牧 に 近 い 養 殖 の 手 法 も 試 みられている これは 稚 魚 にあらかじめ 無 害 な GPS セ ンサをとりつけて 放 流 し 自 由 に 回 遊 させて 自 然 の 中 で 成 長 させたのち 位 置 を 特 定 して 捕 獲 に 行 く というものである 全 ての 稚 魚 にセンサをつけなくても ある 程 度 の 数 の 個 体 の 位 置 がわかれば 魚 群 のいる 場 所 が 特 定 できる 稚 魚 の 時 点 で 他 の 魚 に 捕 食 されてしまう 個 体 もあるし 周 囲 を 囲 って いるわけではないので センサ 取 り 付 けを 行 った 養 殖 業 者 より 先 に 他 の 漁 業 者 に 捕 獲 されてしまう 場 合 もあるが 生 育 の 過 程 は 天 然 もの と 同 じであるため 飼 料 が 必 要 なく 排 泄 物 による 環 境 汚 染 も 無 視 できるのが 利 点 である (2) 実 現 を 目 指 すに 当 たっての 各 主 体 の 戦 略 実 施 主 体 政 府 自 治 体 戦 略 サステナブル 農 業 推 進 のための 国 際 協 調 枠 組 み 構 築 拠 出 金 の 分 担 や 関 税 措 置 を 含 む 国 際 的 合 意 行 政 データの 公 開 化 学 肥 料 や 農 薬 の 流 通 に 関 する 国 際 的 合 意 海 洋 資 源 関 連 データの 共 有 に 関 する 国 際 的 合 意 漁 業 協 定 の 徹 底 公 的 研 究 機 関 農 業 情 報 の 国 際 的 なプラットフォーム 構 築 ( 人 工 衛 星 防 災 設 備 等 57

5 実 施 主 体 企 業 業 界 プラットフォーム 組 織 学 協 会 大 学 その 他 人 材 育 成 機 関 金 融 投 資 機 関 市 民 NPO 戦 略 のデータ 活 用 ) サステナブル 農 業 の 評 価 方 法 開 発 水 産 資 源 量 評 価 手 法 の 開 発 水 産 情 報 ネットワークの 構 築 窒 素 リン 分 布 の 国 際 的 不 均 衡 解 消 のための 研 究 開 発 地 球 温 暖 化 やサステナブル 農 業 によって 生 じる 疾 患 害 虫 への 対 応 手 法 開 発 サステナブル 農 業 の 積 極 的 実 践 を 可 能 にする 事 業 の 実 施 ( 有 機 肥 料 開 発 天 然 物 由 来 の 害 虫 駆 除 事 業 など) 食 品 のトレーサビリティが 確 保 されたマーケットの 構 築 海 洋 資 源 予 報 ビジネス 食 品 産 業 によるサステナブル 農 林 水 産 物 の 活 用 漁 業 協 定 の 徹 底 水 産 情 報 ネットワークの 構 築 サステナブル 農 業 の 評 価 基 準 の 策 定 土 壌 細 菌 に 関 する 研 究 各 種 センサ 等 の 開 発 ( 農 薬 検 出 を 含 む) サステナブル 農 業 の 評 価 方 法 開 発 水 産 資 源 量 評 価 手 法 の 開 発 地 球 温 暖 化 やサステナブル 農 業 によって 生 じる 疾 患 害 虫 への 対 応 手 法 開 発 サステナブル 農 業 への 理 解 促 進 事 業 世 界 共 有 のインフラとなる 農 業 情 報 プラットフォームへの 投 資 海 洋 資 源 量 予 報 ビジネスへの 投 資 化 学 肥 料 や 農 薬 の 使 用 量 を 減 らすことの 重 要 性 の 理 解 サステナブル 農 業 の 認 定 各 自 の 植 物 の 生 育 条 件 と 収 量 などをデー タベースへの 情 報 提 供 (3) 戦 略 推 進 上 の 留 意 点 サステナブル 農 業 にかかるコストへの 不 寛 容 既 存 の 農 薬 ( 化 学 ) 肥 料 産 業 界 との 調 整 高 環 境 負 荷 農 業 から 低 環 境 負 荷 農 業 への 移 行 時 に 生 じる 食 料 生 産 量 の 不 足 漁 業 協 定 の 利 害 調 整 自 律 性 シナリオ 食 料 およびエネルギー 資 源 の 生 産 地 として 活 力 のある 中 山 間 地 域 (1)2030 年 の 社 会 2030 年 には 我 が 国 で 生 産 されたさまざまな 生 鮮 食 料 品 や 加 工 食 品 が 世 界 各 国 へ 輸 出 されてい る これは 国 際 的 なマーケットニーズの 動 向 予 測 が 可 能 になり それに 応 じた 高 品 質 な 農 作 物 や 養 殖 魚 類 の 生 産 と 高 度 な 保 蔵 流 通 技 術 を 活 用 し 生 産 から 販 売 まで 一 貫 して 管 理 する 企 業 の 活 躍 によって 効 率 的 な 食 料 生 産 がシステム 化 された 結 果 である 同 時 に 農 林 水 産 物 の 取 引 に 58

6 ついても 従 来 の 競 り 方 式 からシステムベースの 電 子 商 取 引 に 移 行 し 地 域 間 での 作 物 の 融 通 取 引 とそれによる 利 益 率 向 上 フードロスの 低 下 に 一 定 の 効 果 が 見 られている 山 林 は 防 災 水 源 保 持 機 能 と そこから 流 れ 出 る 河 川 の 流 域 から 沿 岸 まで 広 い 地 域 の 環 境 の 維 持 機 能 への 理 解 が 深 まったこと 木 材 の 再 生 可 能 エネルギー 資 源 としての 認 識 が 浸 透 したことにより その 資 産 価 値 が 数 値 化 され 投 資 家 からはアセットクラスとしても 注 目 されるようになった 樹 木 の 伐 採 では 一 種 の ロボットが 伐 採 輸 送 に 活 用 され 人 工 林 が 伐 採 された 跡 には 炭 酸 ガス 吸 収 量 が 多 く 将 来 の 温 暖 化 率 予 測 にもとづいて 選 ばれた 樹 木 が 可 能 な 限 り 育 成 コストを 削 減 できるよう 戦 略 的 に 植 林 さ れている 世 界 的 な 水 不 足 から 水 資 源 も 注 目 されているが その 輸 出 を 含 む 販 売 量 は 必 要 な 水 量 の 推 定 に 基 づき 厳 密 に 管 理 されており 水 源 としての 山 林 維 持 の 重 要 性 も 注 目 されている 中 山 間 地 域 では 地 域 で 生 産 された 再 生 可 能 エネルギーを 用 いて 植 物 工 場 を 運 用 し 高 付 加 価 値 農 作 物 の 栽 培 を 行 う 例 もみられる 生 産 された 農 作 物 はその 付 加 価 値 に 応 じてブランド 化 さ れて 一 般 に 販 売 される また 新 たに 育 種 された 薬 効 成 分 を 多 く 含 む 植 物 を 栽 培 し 医 薬 品 として 加 工 する 工 場 もあり 人 口 は 少 ないながらも 医 薬 品 製 造 拠 点 となっている こういった 地 域 では ICT 医 療 や ICT 教 育 が 普 及 しており 季 節 に 応 じた 雇 用 を 求 めて 移 動 する 多 地 域 居 住 者 も 一 定 数 存 在 している このような 地 域 では 各 地 の 水 や 特 産 物 の 国 際 的 な 販 売 戦 略 や アセットクラスとしての 山 林 さ らに 地 域 通 貨 などのしくみを 組 み 合 わせた 地 域 ごとの 経 済 モデルが 提 案 実 証 されている 一 方 養 殖 業 では 飼 料 用 の 天 然 魚 の 減 少 により 植 物 由 来 の 養 殖 魚 飼 料 が 必 要 となったため 飼 料 供 給 から 販 売 まで 一 貫 して 行 う 養 殖 システム 事 業 者 による 飼 料 作 物 栽 培 が 行 われるようにな った また 再 生 可 能 エネルギーの 利 用 が 拡 大 するにつれ 山 林 だけでなく 市 街 地 の 樹 木 をエネ ルギーに 活 用 するマーケットも 形 成 されたため 都 市 部 を 含 む 多 くの 土 地 に 樹 木 が 植 えられた 結 果 日 本 全 国 で 被 緑 率 が 上 昇 した (2) 実 現 を 目 指 すに 当 たっての 各 主 体 の 戦 略 実 施 主 体 政 府 自 治 体 戦 略 生 鮮 食 料 品 の 国 際 規 格 への 対 応 支 援 ブランドの 保 全 水 源 から 沿 岸 までの 環 境 保 全 の 源 としての 山 林 の 健 全 な 保 持 育 成 の 仕 組 みづくり( 森 林 中 山 間 地 域 湖 沼 河 川 と 沿 岸 水 域 の 総 合 的 な 保 全 土 地 利 用 に 関 する 法 整 備 を 含 む) 農 林 水 産 物 のシステムベースの 電 子 商 取 引 への 変 換 公 的 研 究 機 関 企 業 業 界 プラットフォーム 組 織 食 品 保 存 流 通 技 術 の 開 発 中 山 間 地 域 における 持 続 可 能 な 林 業 の 経 済 モデル 構 築 山 林 から 沿 岸 までの 環 境 モニタネットワークの 構 築 ロボット 等 新 たな 森 林 管 理 手 法 の 開 発 とそのリスクアセスメント 農 作 物 水 産 物 のニーズ 調 査 生 産 から 流 通 加 工 販 売 まで 手 掛 ける 事 業 山 林 ビジネス( 木 材 流 通 エネルギー 観 光 ) ICT 医 療 ビジネスの 実 践 地 域 の 産 物 のブランド 創 出 と 認 定 59

7 実 施 主 体 学 協 会 大 学 その 他 人 材 育 成 機 関 金 融 投 資 機 関 市 民 NPO 山 林 の 資 産 価 値 評 価 戦 略 国 際 戦 略 立 案 人 材 の 育 成 中 山 間 地 域 における 経 済 活 動 をマネジメントする 人 材 の 育 成 山 林 から 沿 岸 までの 環 境 モニタリング 手 法 開 発 傾 斜 地 における 低 コスト 安 全 な 樹 木 伐 採 技 術 の 開 発 山 間 地 の 経 済 モデル 構 築 農 産 物 の 機 能 性 モニタリング 手 段 の 開 発 中 山 間 地 域 における 持 続 可 能 な 林 業 の 経 済 モデル 構 築 食 品 保 存 流 通 技 術 の 開 発 ロボット 等 新 たな 森 林 管 理 手 法 の 開 発 とそのリスクアセスメント ICT 教 育 の 普 及 国 際 戦 略 立 案 人 材 の 育 成 ICT 医 療 教 育 への 投 資 森 林 ファンド 商 品 の 開 発 山 林 を 防 災 水 源 保 持 環 境 保 全 インフラとして 維 持 するコストへの 理 解 山 林 管 理 の 仕 組 みづくり(ボランティア 活 動 などを 通 じた 理 解 増 進 ) 山 林 の 価 値 評 価 認 定 の 普 及 に 向 けた 活 動 (3) 戦 略 推 進 上 の 留 意 点 中 山 間 地 域 への 投 機 的 投 資 山 林 管 理 及 び 山 林 価 値 評 価 人 材 の 不 足 中 山 間 地 域 の 高 齢 化 と 人 口 流 出 60

8 資料 課題抽出と解決方向の検討 食と地域資源 概 要 食と農林水産 地域に関する社会課題について 地域の人口減 世界人口の増加 気候変動 等を考慮して議論したのち 必要な技術 行うべき研究を検討 今後10年程度を見通した5年間の科学技術政策を具体化する 科学技術基本計画検討 に資するため より長期的視点に立ち 地域活性化 サステナビリティ 人材育成 に注目 付加価値の高い食品の生産およびその生産性向上と生態系サービスが持続的に確保されうる 地域の活性化を目指す 注目される方向性 地域資源を活用した 豊かな食 高い生産性と地 域の持続的活力 地域を支える 人材育成 地域の資源を活用した豊かな食 競争力のある農林水産物を生産し スマートな流通によって 日本発の おいしい 食を世界へ 高付加価値 農林水産物 の生産 戦略的な機能性農林水産物の作出 地域の特産となる高品質な農作物の生産とブランド化 養殖による水産物の品質設計や薬効成分等の機能をもつ農作物の施設栽培など戦略的な 機能性農林水産物の育種 栽培 養殖技術の開発 機能性成分の可視化技術および食品ブランドの定量化手法を開発 各種センサなどICTにより作物の状態をモニタリングし 品質をデザイン 食品 流通 保蔵 の高度化 食品加工 調理 保存 輸送にかかるエネルギーコストを低減 ロジスティクスを最適化 食料のムダを減少 IoTを活用し 農林水産の生産から加工 流通まで一貫した管理 新たなポストハーベスト技術 誘電分光 水科学などを応用した 短期常温 高品質保蔵技術 および食品加工技術の開発 味覚の サイエンス 我が国の農林水産物 食品および食産業を戦略的に海外展開 各国の食文化の理解に基づく東京オリンピック パラリンピックでの おもてなし 味覚センサ 香りセンサ による成分分析 品質管理に加えて認知脳科学 神経科学 食文化史 文化人類学 比較言語学などを活用して 世界各国の文化的 歴史的背景に 基づく 美味しさ 食嗜好 を解明 61

9 高い生産性と地域の持続的活力 サステナブルかつ高効率な農林水産業の実現と 地域にヒトを呼び込むしくみを構築 農地の 高度利用 サステナブルかつ高効率の農業技術開発 土地活用の最適化 耕作放棄地の活用 地下部可視化技術やゲノム解析技術に基づいた土壌微生物活用技術の開発 植物の物理的性質に注目した光診断技術等による非破壊での生育状況診断技術開発 土壌環境のモニタリング 地下水位の最適制御技術などによる栽培作物の最適化手法開発 海洋資源の 維持管理 養殖のコスト低下と高付加価値化による養殖水産物の普及 草資源 牧草由来養殖用飼料等による環境影響が少なく低コストな養殖技術の開発 未利用資源の高付加価値化 海洋資源探査 モニタリング技術による海洋資源量の推定と適正管理技術の開発 サステナブル農 林水産業の 経済モデル 生態調和型農業体系の構築 エビデンスに基づく地域経済モデルの構築 サステナブル農業の定量評価 指標化手法の開発 再生可能エネルギーの活用 グリーンツーリズム 医療や教育のICT化 地域における新たな 兼業の形態などについての実証実験に基づく経済モデルの構築 地域を支える人材育成 ICT インフラ 経済 経営など農業以外にもさまざまな分野の知見をもち 地域をつなぐ人材の育成 地域を つなぐ 人材 研究者 農業者 農業経営事業体 行政等のあいだをつなぐ場をつくり 地域の合意形成に導く 地域の大学 農業試験場の研究者と生産者 農業のほか観光や医療などの事業者等が 協調できるプラットフォームの構築 森林の活用 地域のエネルギー等の課題について ステークホルダー間の調整を行い 合意形成に貢献 国際戦略立案 人材 地域の農林水産物の海外マーケティングやアグリツーリズムなどの戦略を立案する 各種国際標準 知財関連の知識 スキルをもち 地域の特色や強みを充分に理解して 世界に発信 ICT活用 人材 農林水産業のICT化を地域で担う 農林水産に関する知識をもち 各種センサからの情報収集 生産物に対するIoT管理 衛星データ等を活用し 生産管理 品質管理などを実践 62

10 食 と 地 域 資 源 の 関 連 トピック 競 争 力 のある 農 林 水 産 物 を 生 産 し スマートな 流 通 によって 日 本 発 の おいしい 食 を 世 界 へ 家 庭 内 在 庫 状 況 推 定 および 顧 客 嗜 好 推 定 に 基 づく 食 材 日 用 雑 貨 の 自 動 宅 配 サービスが 実 現 する サービス 化 社 会 分 野 深 海 環 境 を 再 現 し 生 物 を 大 規 模 に 飼 育 する 技 術 宇 宙 海 洋 地 球 科 学 基 盤 分 野 匂 いや 味 などをセンシングする5 感 センサとその 結 果 を 再 現 できる5 感 ディスプレイ ICT アナリティクス 分 野 省 力 低 コスト 栽 培 が 可 能 な 作 物 の 育 種 (GMO * を 含 む) 農 林 水 産 食 品 バイオテクノロジー 分 野 * 遺 伝 子 組 み 換 え 作 物 人 工 衛 星 及 び 海 洋 海 中 センサー 等 により 地 下 資 源 海 洋 資 源 等 を 発 見 するための 観 測 データ 処 理 システム 宇 宙 海 洋 地 球 科 学 基 盤 分 野 テレオペレーションの 高 度 化 により 離 島 などの 遠 隔 地 でも 医 療 等 のサービスを 受 けることができるように なる サービス 化 社 会 分 野 高 齢 者 や 障 碍 者 などが 自 宅 に 居 ながらにして 農 作 業 のような 物 理 的 な 作 業 を 遠 隔 地 で 行 うこと ができるテレイグジスタンス 技 術 ICT アナリティクス 分 野 持 続 可 能 な 水 産 業 を 確 保 する 漁 獲 高 管 理 技 術 農 林 水 産 食 品 バイオテクノロジー 分 野 農 山 漁 村 の 自 然 資 源 の 復 元 保 全 と 都 市 の 環 境 負 荷 を 総 合 的 に 管 理 する 市 場 経 済 的 手 法 ( 生 物 多 様 性 ミティゲーション バンキング やオフセット バンキング * など)の 開 発 環 境 資 源 エネルギー 分 野 * 環 境 への 影 響 の 代 償 緩 和 に より 多 様 性 が 向 上 した 場 合 プラ ス 分 を 蓄 積 債 券 化 すること 開 発 行 為 が 自 然 界 に 与 える 影 響 を 定 量 的 に 予 測 し 自 然 の 再 生 速 度 を 考 慮 した 影 響 シミュレーション 評 価 技 術 環 境 資 源 エネルギー 分 野 サステナブルかつ 高 効 率 な 農 林 水 産 業 の 実 現 と 地 域 にヒトを 呼 び 込 むしくみを 構 築 ( 分 野 別 科 学 技 術 予 測 より) 63

資料2-2-2 第10回科学技術予測調査 国際的視点からのシナリオプランニング【科学技術・学術政策研究所】1/2

資料2-2-2 第10回科学技術予測調査 国際的視点からのシナリオプランニング【科学技術・学術政策研究所】1/2 資 料 2-2-2 科 学 技 術 学 術 審 議 会 総 会 ( 第 52 回 ) H27.9.9 第 10 回 科 学 技 術 予 測 調 査 国 際 的 視 点 からの シナリオプランニング 科 学 技 術 学 術 審 議 会 資 料 2015 年 9 月 9 日 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 第 10 回 科 学 技 術 予 測 調 査 の 概 要 概 要

More information

技 術 的 背 景 から その 社 会 実 装 が 進 んでおり ロボットを 生 活 空 間 に 導 入 して 補 助 をさせる 方 向 性 が 見 えてきた また 災 害 対 応 ロボット 技 術 は 東 日 本 大 震 災 の 経 験 を 踏 まえ 急 速 に 研 究 が 進 んでいる 今 後

技 術 的 背 景 から その 社 会 実 装 が 進 んでおり ロボットを 生 活 空 間 に 導 入 して 補 助 をさせる 方 向 性 が 見 えてきた また 災 害 対 応 ロボット 技 術 は 東 日 本 大 震 災 の 経 験 を 踏 まえ 急 速 に 研 究 が 進 んでいる 今 後 2.4. [サービス ICT] ICT を 活 用 した 技 能 継 承 の 実 現 2.4.1. 検 討 の 背 景 日 本 を 訪 れる 外 国 人 観 光 客 は 加 速 的 に 増 加 しており 海 外 でも 日 本 文 化 に 対 する 関 心 は 高 ま っている 日 本 の 魅 力 の 源 泉 には アニメ 漫 画 ファッション 等 のポップカルチャーや 歴 史 の 中 で 培 われた

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63> 高 度 人 材 ポイント 制 の 加 点 対 象 となるイノベーション 促 進 支 援 措 置 一 覧 高 度 人 材 ポイント 制 の 申 請 を 行 う 外 国 人 の 方 が 所 属 する 大 学 企 業 等 の 機 関 が, 次 の1 又 は2に 掲 げる 措 置 を 受 けている 場 合 には, 特 別 加 算 としてポイントが 加 点 されます(1 0 点 所 属 機 関 が 中 小 企

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度 2008 年 10 月 民 主 党 北 海 道 総 支 部 連 合 会 政 策 調 査 委 員 会 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 はじめに 第 45 回 衆 議 院 選 挙 の 政 権 公 約 (マニフェスト)は 民 主 党 本 部 が 近 く 発 表 することにな ってい この 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 は 11 月 にも 想 定

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

別紙1

別紙1 Ⅳ. 特 記 事 項 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 重 視 した 教 育 研 究 - 地 域 に 愛 される 大 学 として - 基 準 10で 述 べたように 本 学 は 地 域 社 会 との 協 力 を 極 めて 重 視 し 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 通 し 地 域 に 愛 される 大 学 として 教 育 研 究 活 動 を 活 発 に 展 開 している その 中 で も 特 に

More information

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産 第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 取 組 状 況 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 数 地 域 の 魅 力 を 生 かした 産 業 の 強 化 4 9 4 32 72,644 地 域 の 未 来 を 切 り 拓 く 新 産 業 の 創 出 3 6 14 14 39,58 地 域 を 支 える 強 い

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水

More information

Taro-第1~4-2.jtd

Taro-第1~4-2.jtd 第 8 章 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 総 合 的 な 取 組 の 促 進 第 1 節 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 連 携 ( 現 状 及 び 課 題 ) 保 健 医 療 福 祉 は 相 互 に 密 接 に 関 わっており 医 療 連 携 体 制 の 構 築 にあ たっても 疾 病 の 予 防 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 各 種 の 相 談 治 療 リハビ リテーション

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の 講 演 資 料 2 医 学 の 視 点 から 農 林 水 産 食 品 分 野 と の 連 携 や 医 食 の 連 携 による 新 たな 産 業 創 出 の 展 望 京 都 府 立 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 吉 川 敏 一 1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

スライド 1

スライド 1 収 益 の 伴 う 植 物 工 場 のビジネスモデル 2013 年 11 月 株 式 会 社 日 本 総 合 研 究 所 創 発 戦 略 センター 主 任 研 究 員 三 輪 泰 史 Copyright (C) 2009 The Japan Research Institute, Limited. All Rights Reserved.[tv1.0] < 発 表 者 紹 介 > 三 輪 泰 史 株

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

2 酪 農 基 盤 を フ リ ー ス ト ー 強 化 したい ル 牛 舎 やミル 畜 産 クラスター 関 連 事 業 公 社 農 協 畜 産 クラスター 計 画 に 定 められ キ ン グ パ ー ラ 都 道 府 県 等 た 中 心 的 な 経 営 体 に 対 し 畜 舎 ーを 整 備 した の

2 酪 農 基 盤 を フ リ ー ス ト ー 強 化 したい ル 牛 舎 やミル 畜 産 クラスター 関 連 事 業 公 社 農 協 畜 産 クラスター 計 画 に 定 められ キ ン グ パ ー ラ 都 道 府 県 等 た 中 心 的 な 経 営 体 に 対 し 畜 舎 ーを 整 備 した の 酪 農 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 27 年 度 当 初 版 6/9 時 点 ) 簡 単 検 索 キーワードと 記 載 ページ(あいうえお 順 ) 稲 WCS(7p) 衛 生 (15p 16p) エコフィード(10p) 改 良 (5p) 加 工 販 売 施 設 (11p) 簡 易 牛 舎 (2p) 環 境 (14p 15p) 機 械 導 入 ( 生 産 性 向 上 )(4p) 機 械

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

スライド 1

スライド 1 セラミックス 研 究 所 研 究 推 進 計 画 平 成 28~32 年 度 1. 岐 阜 県 の 陶 磁 器 産 業 の 現 状 と 今 後 の 展 望 2.セラミックス 研 究 所 の 重 点 方 針 3. 研 究 所 の 固 有 技 術 と 課 題 今 後 5 年 間 の 技 術 開 発 の 方 向 4. 技 術 開 発 ロードマップ 5. 技 術 支 援 6. 人 材 育 成 1. 岐 阜

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件 イ 理 化 学 細 菌 学 的 検 査 等 1 理 容 所 美 容 所 暖 房 期 及 び 冷 房 期 における 作 業 所 内 の 空 気 検 査 ( 一 酸 化 炭 素 二 酸 化 炭 素 )を 実 施 し 換 気 方 法 について 改 善 指 導 し 事 故 防 止 に 努 めている 2 テトラクロロエチレン 使 用 クリーニング 所 ドライ 溶 剤 の 安 全 な 取 り 扱 いのため テトラクロロエチレン

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

Microsoft Word - ARS413 ミャンマーNLD2015マニュフェスト docx

Microsoft Word - ARS413 ミャンマーNLD2015マニュフェスト docx 平 成 27 年 (2015 年 )11 月 17 日 BTMU Global Business Insight 臨 時 増 刊 号 AREA Report 413 ミャンマー: 国 民 民 主 連 盟 (NLD)マニュフェスト 要 旨 :ミャンマーの 総 選 挙 で 大 勝 した 国 民 民 主 連 盟 の 総 選 挙 マニュフェストを 掲 載 する 2015 年 11 月 8 日 に 実 施 されたミャンマー

More information

1

1 秋 田 県 家 畜 改 良 増 殖 計 画 平 成 28 年 3 月 1 Ⅰ 乳 用 牛 1 改 良 目 標 酪 農 経 営 の 安 定 化 と 生 乳 の 安 定 供 給 を 図 るため 優 良 な 種 雄 牛 を 選 抜 するための 後 代 検 定 と 雌 牛 の 能 力 測 定 を 行 う 牛 群 検 定 を 柱 とし 遺 伝 的 多 様 性 を 確 保 するとともに 能 力 体 型 の 両

More information

平成17~20年度補助事業者の 実施状況に関する分析

平成17~20年度補助事業者の 実施状況に関する分析 岡 山 県 環 境 未 来 都 市 構 想 ~オカヤマ エコスマートエリアプロジェクト~ 備 前 みどりのまほろば 協 議 会 備 前 グリーンエネルギー 株 式 会 社 岡 山 県 の 現 状 1.80 1.60 岡 山 県 のエネルギー 消 費 の 特 徴 75% 以 上 が 産 業 利 用 産 業 は90 年 より 消 費 量 減 尐 運 輸 業 務 家 庭 は 増 加 傾 向 運 輸, 1.57

More information

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農 第 6 次 総 合 計 実 施 計 施 策 シト(~) ( 様 式 ) 政 策 名 第 7 章 地 域 の 活 力 をつくりだす 産 業 経 済 の 振 興 施 策 名 第 節 農 水 産 業 の 振 興 施 策 の 目 標 良 質 な 農 水 産 物 の 提 供 と 農 水 産 業 の 持 続 的 発 展 を 図 る 事 業 費 ( : 千 円 ) 事 業 数 細 事 業 数 予 算 額 合 計

More information

科 学 技 術 予 測 調 査 の 概 要 2

科 学 技 術 予 測 調 査 の 概 要 2 科 学 技 術 予 測 調 査 : シナリオプランニングに 向 けた 課 題 と 解 決 向 の 検 討 2015 年 5 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 研 究 所 科 学 技 術 動 向 研 究 センター 科 学 技 術 予 測 調 査 の 概 要 2 科 学 技 術 予 測 調 査 の 概 要 経 緯 我 が 国 では 科 学 技 術 の 中 期 発 展 を 展 望 する 規

More information

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4)

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4) 経 営 強 化 計 画 (ダイジェスト 版 ) ( 金 融 機 能 の 強 化 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 第 12 条 ) 平 成 28 年 6 月 目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3)

More information

情報公開事務処理状況(2001年4月分)

情報公開事務処理状況(2001年4月分) 平 成 25 年 度 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 の 報 告 について 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 第 17 条 の 規 定 により 運 営 状 況 を 報 告 する 中 野 区 長 田 中 大 輔 目 次 平 成 25 年 度 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 1 公 開 状 況 及 び 公 開 非

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

「太陽を通して私達の暮らしを考える」

「太陽を通して私達の暮らしを考える」 2011 年 8 月 26 日 次 世 代 エネルギー 社 会 の 構 築 のために NPO 法 人 太 陽 光 発 電 所 ネットワーク 事 務 局 長 都 筑 建 PV-Netとは? NPO 法 人 太 陽 光 発 電 所 ネットワーク 2003 年 設 立 現 会 員 数 :2467 人 ( 世 界 一 の 規 模 ) 個 人 住 宅 用 PV 設 置 者 が 会 員 自 治 体 企 業 等

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

目 次 1 趣 旨 1 2 現 状 1 (1) 少 花 粉 スギ 2 ア 発 根 率 改 善 等 イ 民 間 苗 木 生 産 者 の 採 穂 園 整 備 ウ 民 間 苗 木 生 産 者 による 苗 木 の 生 産 (2) 少 花 粉 ヒノキ 4 ア 採 種 園 の 改 良 等 イ 挿 し 木 試 験

目 次 1 趣 旨 1 2 現 状 1 (1) 少 花 粉 スギ 2 ア 発 根 率 改 善 等 イ 民 間 苗 木 生 産 者 の 採 穂 園 整 備 ウ 民 間 苗 木 生 産 者 による 苗 木 の 生 産 (2) 少 花 粉 ヒノキ 4 ア 採 種 園 の 改 良 等 イ 挿 し 木 試 験 岡 山 県 少 花 粉 スギ ヒノキ 普 及 推 進 計 画 平 成 27 年 3 月 岡 山 県 目 次 1 趣 旨 1 2 現 状 1 (1) 少 花 粉 スギ 2 ア 発 根 率 改 善 等 イ 民 間 苗 木 生 産 者 の 採 穂 園 整 備 ウ 民 間 苗 木 生 産 者 による 苗 木 の 生 産 (2) 少 花 粉 ヒノキ 4 ア 採 種 園 の 改 良 等 イ 挿 し 木 試 験

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030383033303388F38DFC9770816089C88A778B5A8F7093AE8CFC95F18D90816092868D9181695265762E31816A5243524397702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030383033303388F38DFC9770816089C88A778B5A8F7093AE8CFC95F18D90816092868D9181695265762E31816A5243524397702E646F63> 4.4.5 国 家 重 点 実 験 一 覧 (2008 年 1 月 調 査 現 在 ) 2.5.1 研 究 開 発 プログラム-(4) 国 家 重 点 実 験 計 画 で 紹 介 した 国 家 重 点 実 験 の 一 覧 を 以 下 に 示 す 科 学 技 術 部 管 の 国 家 重 点 実 験 は 2008 年 1 月 時 点 で 220 箇 指 定 されている なお 本 文 中 にも 記 載 した

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

エグゼクティブサマリー 微 生 物 及 びその 遺 伝 子 等 からなる 微 生 物 遺 伝 資 源 は 医 薬 化 学 農 業 食 品 環 境 等 様 々な 産 業 に 利 用 されている NITE バイオテクノロジーセンター( 以 下 バイ オセンター という )は 平 成 14 年 から 基

エグゼクティブサマリー 微 生 物 及 びその 遺 伝 子 等 からなる 微 生 物 遺 伝 資 源 は 医 薬 化 学 農 業 食 品 環 境 等 様 々な 産 業 に 利 用 されている NITE バイオテクノロジーセンター( 以 下 バイ オセンター という )は 平 成 14 年 から 基 バイオテクノロジーセンター 生 物 遺 伝 資 源 収 集 戦 略 平 成 27 年 6 月 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 バイオテクノロジーセンター エグゼクティブサマリー 微 生 物 及 びその 遺 伝 子 等 からなる 微 生 物 遺 伝 資 源 は 医 薬 化 学 農 業 食 品 環 境 等 様 々な 産 業 に 利 用 されている NITE バイオテクノロジーセンター(

More information

目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリ

目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリ エコ アクション ポイントに 関 する ガイドラインについて 1 目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリット 7. プログラムへの 参 加

More information

概要版

概要版 3 調 査 結 果 1 千 葉 県 の 魅 力 (1) 千 葉 県 への 愛 着 や 誇 り 千 葉 県 に 愛 着 や 誇 りを 感 じている かどうかについて 聞 いたところ 愛 着 や 誇 りを 感 じている (31.7%)と どちらかといえば 愛 着 や 誇 りを 感 じている (48.1%)を 合 わせた 感 じている 計 (79.8%)の 割 合 は 約 8 割 となっている 一 方 で

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 鳥 獣 被 害 の 現 状 と 対 策 平 成 2 8 年 3 月 目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 8 6 鳥 獣 被 害 防 止

More information

I. 農 村 地 域 の 活 性 化 と 農 業 者 所 得 の 向 上 我 々は 農 業 のあらゆる 可 能 性 を 拡 げる 取 組 と 農 村 コミュニティの 活 性 化 に コミットする 我 々は 力 強 い 農 業 を 促 進 し 農 村 コミュニティにおける 適 切 な サービス 及 び

I. 農 村 地 域 の 活 性 化 と 農 業 者 所 得 の 向 上 我 々は 農 業 のあらゆる 可 能 性 を 拡 げる 取 組 と 農 村 コミュニティの 活 性 化 に コミットする 我 々は 力 強 い 農 業 を 促 進 し 農 村 コミュニティにおける 適 切 な サービス 及 び G7 新 潟 農 業 大 臣 会 合 宣 言 ( 仮 訳 ) - 世 界 とともに 新 しい 時 代 を 切 り 拓 く- 2016.4.24 ( 前 文 ) 我 々G7 農 業 大 臣 は 世 界 の 食 料 安 全 保 障 と 栄 養 の 更 なる 強 化 について 持 続 可 能 な 農 業 政 策 の 観 点 から 議 論 するため 2016 年 4 月 23 日 及 び 24 日 日 本

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 についての 意 見 募 集 の 結 果 平 成 28 年 3 月 29 日 総 務 省 行 政 評 価 局 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 について 平 成 28 年 2 月 2 日 ( 火 )から 同 年 3 月 2 日 ( 水 )までの 間 国 民 の 皆 様 から 広 く

More information

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組 別 記 様 式 第 1 号 計 画 期 間 平 成 年 度 ~ 平 成 3 年 度 福 井 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 3 年 3 月 福 井 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持

More information

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx (2) 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 あ ま ち ょ う 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 事 例 島 根 県 海 士 町 平 成 23 年 から25 年 の 社 会 増 減 をみると 24 年 25 年 は 転 入 超 過 に 転 じてい る 平 成 20 年 と25 年 の 年 齢 階 層 別 の 人 口 を 比 較 すると 25 歳 から44 歳 の 年 齢 層 ( 平 成 25

More information

平成21年度 事業計画書(案)

平成21年度 事業計画書(案) 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 自 至 平 成 25 年 7 月 1 日 平 成 26 年 6 月 30 日 財 団 法 人 日 本 きのこセンター 平 成 25 年 度 事 業 計 画 事 業 方 針 昨 年 末 の 衆 議 院 総 選 挙 で 与 党 復 帰 を 果 たした 自 民 公 明 政 権 がデフレからの 脱 却 と 経 済 再 生 を 最 優 先 課 題 として 取 り 組

More information

2 繁 殖 基 盤 を 離 農 農 場 を 強 化 した 活 用 して 規 模 畜 産 クラスター 関 連 事 業 民 間 団 体 農 協 や 公 社 等 が 買 入 れ 又 は 借 入 (つづき) 拡 大 した した 離 農 跡 地 等 におて 畜 舎 畜 産 企 画 課 推 進 班 等 の 補

2 繁 殖 基 盤 を 離 農 農 場 を 強 化 した 活 用 して 規 模 畜 産 クラスター 関 連 事 業 民 間 団 体 農 協 や 公 社 等 が 買 入 れ 又 は 借 入 (つづき) 拡 大 した した 離 農 跡 地 等 におて 畜 舎 畜 産 企 画 課 推 進 班 等 の 補 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 27 年 度 版 6/9 時 点 ) 簡 単 検 索 キーワードと 記 載 ページ(あうえお 順 ) 稲 WCS(6p) 衛 生 (14p 15p) エコフィード(9p) 改 良 (5p) 加 工 販 売 施 設 (10p 11p) 家 畜 市 場 (9p) 簡 易 牛 舎 (2p) 環 境 (13p 14p) 機 械 導 入 ( 生 産 性

More information

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復 資 料 2 平 成 25 年 2 月 17 日 復 興 庁 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 主 な 予 算 について ( 平 成 24 年 度 補 正 予 算 平 成 25 年 度 予 算 案 ) 復 興 庁 が 司 令 塔 となって 原 子 力 災 害 からの 福 島 の 復 興 及 び 再 生 を 加 速 的 に 推 進 する さらに 福 島 の 深 刻 な 諸 問 題 に 対 応 できるよう

More information

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 地 球 環 境 への 貢 献 と 新 たな 産 業 の 創 出 に 向 けて 平 成 25 年 9 10 千 代 化 建 設 株 式 会 社 川 崎 市 次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 のあらまし 平 成 27 年 6 月 農 林 水 産 省 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 施 策 を 実 施 するための 基 本 的 な 指 針 最 終 改 正 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 254 号 平 成 27 年 5 月 29 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 1396 号 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 施 行 ) 一 被 害 防 止

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5>

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5> 資 料 9-2 鶏 の 改 良 増 殖 目 標 ( 案 ) 平 成 22 年 7 月 Ⅰ まえがき 食 料 は 人 間 の 生 命 の 維 持 に 欠 くことができないものであり かつ 健 康 で 充 実 した 生 活 の 基 礎 として 重 要 なものである 中 でも 鶏 肉 鶏 卵 はたんぱく 質 に 富 み 国 民 の 健 康 増 進 に 大 きく 貢 献 しており 将 来 にわたって 良 質

More information

自 然 と 生 活 の 再 生 に 集 う ふくしま 再 生 の 会 活 動 報 告 ふくしま 再 生 の 会 は 2011 年 3 月 11 日 の 東 京 電 力 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 に 危 機 感 を 抱 いた 発 起 人 の 呼 びかけに 応 じて 集 まり

自 然 と 生 活 の 再 生 に 集 う ふくしま 再 生 の 会 活 動 報 告 ふくしま 再 生 の 会 は 2011 年 3 月 11 日 の 東 京 電 力 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 に 危 機 感 を 抱 いた 発 起 人 の 呼 びかけに 応 じて 集 まり 東 日 本 大 震 災 の 復 興 に 向 けて 福 島 県 飯 舘 村 での 地 域 再 生 の 試 み 2012 年 6 月 29 日 ふくしま 再 生 の 会 田 尾 陽 一 2012/5/31 ふくしま 再 生 の 会 1 自 然 と 生 活 の 再 生 に 集 う ふくしま 再 生 の 会 活 動 報 告 ふくしま 再 生 の 会 は 2011 年 3 月 11 日 の 東 京 電 力 福

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり 平 成 22 年 度 総 務 常 任 委 員 会 県 外 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 : 平 成 22 年 5 月 10 日 ( 月 )~5 月 12 日 ( 水 ) 2 視 察 地 : 北 海 道 千 歳 市 5 月 10 日 北 海 道 苫 小 牧 市 5 月 11 日 北 海 道 札 幌 市 5 月 12 日 3 視 察 者 総 務 常 任 委 員 会 委 員 長 平 山 五 郎

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

Microsoft PowerPoint - 【最終】140801 荏原実業スライド.pptx

Microsoft PowerPoint - 【最終】140801 荏原実業スライド.pptx 地 球 と 一 緒 に 深 呼 吸 環 境 保 全 のリ-ディングカンパニーを 目 指 す 証 券 コード6328 荏 原 実 業 株 式 会 社 214 年 12 月 期 第 2Q 決 算 説 明 会 214 年 8 月 1 日 www.ejk.co.jp 14/12 月 期 第 2Q 決 算 報 告 計 画 に 対 して 下 期 への 後 ズレが 見 られたものの 前 期 比 では 増 収 増

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874C95FA9275927C97D18E918CB989BB83828366838B81698376838C835B839332816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874C95FA9275927C97D18E918CB989BB83828366838B81698376838C835B839332816A> 何 処 でも 誰 でも 出 来 る! シンプル 小 規 模 低 投 資! 放 置 竹 林 の 持 続 可 能 な 資 源 化 ループの 構 築 シンプル 小 規 模 低 投 資! 放 置 竹 林 の 持 続 可 能 な 資 源 化 ループの 構 築 株 式 会 社 モキ 製 作 所 深 澤 義 則 株 式 会 社 モキ 製 作 所 深 澤 義 則 1 2 プロローグ( 宝 が 放 置 されている)

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo 大 日 本 木 材 防 腐 (7907) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 添 付 資 料 の 目 次 1. 経 営 成 績 財 政 状 態 に 関 する 分 析 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 分 析 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 分 析 3 (3) 利 益 配 分 に 関 する 基 本 方 針 及 び 当 期 次 期 の 配 当 4 2. 企 業 集 団 の 状

More information

動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました

動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 が 改 正 されました 動 物 取 扱 業 者 編 第 一 種 動 物 取 扱 業 者 の 義 務 犬 猫 等 販 売 業 者 の 義 務 犬 猫 等 健 康 安 全 計 画 第 二 種 動 物 取 扱 業 の 届 出 Pick UP Pick UP 幼 齢 動 物 の 販 売 規 制 現 物 確 認 対 面 説 明 の 義 務 化 人 と

More information

競 争 性 が 確 保 されているなど 選 定 は 妥 当 か 所 管 部 局 による 点 検 項 目 評 価 評 価 に 関 する 説 明 国 広 く 国 民 ニーズがあるか 国 費 を 投 入 しなければ 目 的 が 達 成 できないか 必 費 要 投 地 方 自 治 体 民 間 等 に 委 ね

競 争 性 が 確 保 されているなど 選 定 は 妥 当 か 所 管 部 局 による 点 検 項 目 評 価 評 価 に 関 する 説 明 国 広 く 国 民 ニーズがあるか 国 費 を 投 入 しなければ 目 的 が 達 成 できないか 必 費 要 投 地 方 自 治 体 民 間 等 に 委 ね 名 地 層 処 分 に 係 る 地 質 評 価 手 法 等 整 備 番 号 (57,91) 平 成 5 年 行 政 レビューシート ( 環 境 省 ) 担 当 部 局 庁 原 子 力 規 制 委 員 会 原 子 力 規 制 庁 作 成 責 任 者 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 年 度 平 成 6 年 度 会 計 区 分 エネルギー 対 策 特 別 会 計 ( 電 源 開 発 促 進

More information

Microsoft Word 調査研究

Microsoft Word 調査研究 調 査 研 究 実 績 ( 平 成 25 年 3 月 現 在 ) 調 査 研 究 課 題 年 度 委 託 先 1 浄 化 槽 およびコミュニティ プラントの 施 設 ならびに 維 持 管 理 に 関 する 基 準 化 の 研 究 2 諏 訪 湖 浄 化 に 関 する 研 究 ( 湖 沼 汚 濁 への 挑 戦 ) 3 西 独 英 国 および 米 国 における 浄 化 槽 に 関 する 基 準 4 ばっ

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 利 用 部 会 資 料 資 料 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 ) 14:00~16:00 工 業 技 術 センター 2F 第 1 研 修 室 Ⅰ, 燃 焼 灰 の 処 理 利 用 についての 概 要 Ⅱ, 事 業 活 動 から

木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 利 用 部 会 資 料 資 料 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 ) 14:00~16:00 工 業 技 術 センター 2F 第 1 研 修 室 Ⅰ, 燃 焼 灰 の 処 理 利 用 についての 概 要 Ⅱ, 事 業 活 動 から 高 知 県 木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 第 2 回 利 用 部 会 日 時 : 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 )14:00~16:00 場 所 : 工 業 技 術 センター 2 階 第 1 研 修 室 会 次 第 1 開 会 2 出 席 者 紹 介 3 協 議 (1) 事 業 活 動 から 排 出 される 燃 焼 灰 の 法 的 な 規 制 について (

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

<81798E9197BF8254817A82508B5A8F708CA48B862E786C73>

<81798E9197BF8254817A82508B5A8F708CA48B862E786C73> 重 点 技 術 及 び 重 要 研 究 課 題 について 資 料 5 1. 重 要 研 究 課 題 と 重 点 技 術 のイメージ 資 料 5は 重 点 技 術 等 について 議 論 するためのたたき 台 であ り 重 点 技 術 等 は 今 後 の 議 論 調 整 を 経 て 決 定 されます 重 点 領 域 目 的 重 要 研 究 課 題 のイメージ 戦 略 重 点 技 術 のイメージ 防 災

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

資 料 10 くし 地 域 経 済 の 面 からも 雇 用 の 面 からも 悪 影 響 を 及 ぼすことになる 紙 パルプ 関 連 産 業 の 現 状 ( 平 成 22 年 ) 出 荷 額 6 兆 8 732 億 円 従 業 員 数 17 万 1 千 人 紙 板 紙 生 産 量 2,736 万 トン

資 料 10 くし 地 域 経 済 の 面 からも 雇 用 の 面 からも 悪 影 響 を 及 ぼすことになる 紙 パルプ 関 連 産 業 の 現 状 ( 平 成 22 年 ) 出 荷 額 6 兆 8 732 億 円 従 業 員 数 17 万 1 千 人 紙 板 紙 生 産 量 2,736 万 トン 資 料 10 再 生 可 能 エネルギーの 固 定 価 格 買 取 制 度 (FIT 制 度 )における 木 質 バイオマス 発 電 に 対 する 要 望 平 成 24 年 4 月 3 日 日 本 製 紙 連 合 会 製 紙 業 界 は 我 が 国 において マテリアル 利 用 サーマル 利 用 を 通 じて 最 も 多 く 木 質 バイオマスを 利 用 している 業 界 として 再 生 可 能 エネルギーの

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478> 名 古 屋 大 学 エネルギーマネジメント 研 究 検 討 会 平 成 27 年 度 エネルギーに 関 する 文 理 融 合 研 究 合 同 成 果 報 告 会 第 11 回 名 大 発 - 省 エネ 推 進 と 地 球 温 暖 化 防 止 省 エネ 法 等 に 係 る 最 近 の 動 向 平 成 28 年 3 月 16 日 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 文 教 施 設 企 画 部 参 事 官

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B>

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B> 農 業 者 用 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 交 付 金 集 落 協 定 書 等 の 書 き 方 記 入 マニュアル 平 成 25 年 5 月 16 日 < 集 落 協 定 を 申 請 する 場 合 > 参 考 様 式 第 6 号 共 通 の 申 請 書 ( 記 入 例 ) 番 号 年 月 日 市 町 村 長 殿 集 落 協 定 代 表 者 氏 名 印 中 山 間 地 域 等 直 接 支

More information

Taro-稲作生産情報第1号

Taro-稲作生産情報第1号 稲 作 生 産 情 報 第 1 号 平 成 28 年 3 月 7 日 青 森 県 攻 めの 農 林 水 産 業 推 進 本 部 高 品 質 で 良 食 味 な 米 づくりに 向 け 健 康 な 土 づくりと 健 苗 育 成 に 努 めよう! 適 期 田 植 えに 向 け 苗 づくりの 準 備 を 計 画 的 に 行 おう! 1 育 苗 計 画 適 正 な 育 苗 日 数 ( 中 苗 :30 日 ~35

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

2015年2月期第2四半期  決算説明会

2015年2月期第2四半期  決算説明会 1 2 業 績 サマリー '1( 売 上 高 1,427 億 円 ' 前 年 比 +87 億 円 106.5%( 1 6 事 業 で 前 年 比 増 収 2 特 に 建 設 施 工 サポートの 両 事 業 では 二 桁 成 長 3 イオングループ 外 顧 客 との 取 引 拡 大 イオングループ 新 店 開 設 既 存 店 舗 活 性 化 工 事 等 の 工 事 請 負 子 会 社 ' 株 (カジタクの

More information

平成21年4月1日

平成21年4月1日 各 位 2009 年 5 月 15 日 会 社 名 林 兼 産 業 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 橋 本 鉄 志 (コード 番 号 2286 東 証 大 証 第 1 部 福 証 ) 問 合 せ 先 管 理 本 部 総 務 部 長 宮 﨑 一 郎 TEL(083)266-0210 < 中 期 経 営 計 画 アクションプラン 策 定 について> ( 2009 年 度 ~

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

<4D F736F F F696E74202D2082D482C882CC A B C668DDA A2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2082D482C882CC A B C668DDA A2E B8CDD8AB B83685D> ぶなの 森 ニュース 2014 年 9 月 号 環 境 に 関 する 最 新 の 話 題 をピックアップ してわかりやすくご 提 供 していきます 当 資 料 は 損 保 ジャパン 日 本 興 亜 アセットマネジメント 株 式 会 社 により 作 成 された 一 般 的 な 情 報 提 供 資 料 であり 勧 誘 を 目 的 としたものではありません また 法 令 等 にもとづく 開 示 書 類 ではありません

More information