Taro11-MTPEX-DX(DX) JT

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Taro11-MTPEX-DX(DX)-20070906.JT"

Transcription

1 MTPEXーDX PEXDX_DX 仕 様 1 PCI Express PCI Expressチッフ は PLX PEX 8311 PEX8311は PCI Express <-> PCI-Xフ リッシ である PEX8111 と PCI <-> ローカル PCI 9056を 組 み 合 わせた 回 路 構 成 になっています 8111 フ リッシ 部 分 は 基 本 的 にテ フォルト 設 定 で 動 作 します 8111 フ リッシ 部 の コンフィク レーションレシ スタは B5 とPLXのID 情 報 として 読 み 出 されます 無 視 して 問 題 有 りません 従 って ソフト 的 には 8111 フ リッシ 部 は 無 視 し PCI 9056の 普 通 のPCIハ スホ ート として 動 作 します I/Oホ ートと DMAチャンネル 0 機 能 のみ 使 用 します DMAチャンネルの 使 用 には PCIチッフ 内 部 ローカルレシ スタの 設 定 が 必 要 となります PCI コンフィク レーションレシ スタ 読 み 出 し 手 順 に 従 って 読 み 出 された 値 は 次 の 様 になります 00h Device ID/Vender ID [4458 4D54]*1 04h Status/Command 08h ClassCode/Revision ID [ ] 0Ch BIST/H Type/PCI Latency/C L Size 10h PCIBAR0 PCIヘ ースアト レス 内 部 レシ スタ メモリマッフ *2 14h PCIBAR1 PCIヘ ースアト レス 内 部 レシ スタ I/Oマッフ *2 18h PCIBAR2 PCIヘ ースアト レス I/Oホ ート *3 1Ch - 20h - 24h - 28h - 2Ch Subsystem ID/Subsystem Vender ID [4458 4D54]*1 30h - 34h - 38h - 3Ch Max_Lat/Min_Gnt/Int Pin/Int Line *1 4D54h(MT)は マイクロテクニカ PCI VenderID 登 録 コート です 4458h(DX)は 弊 社 基 板 コート です *2 PCIチッフ 内 部 ローカルレシ スタをアクセスする ヘ ースアト レスになります メモリマッフ でアクセスする 場 合 は PCIBAR0 I/Oマッフ でアクセスする 場 合 は PCIBAR1 を 使 用 します *3 ホ ート のI/Oホ ートをアクセスする ヘ ースアト レスです I/Oマッフ です ** ヘ ースアト レスの 最 下 位 ヒ ットは メモリ(0)かI/O(1)かを 示 していますので 実 際 のアト レスは 0とします PCIチッフ 内 部 ローカルレシ スタは DMAチャンネル0 関 係 のみの 設 定 が 必 要 となります 他 レシ スタは 設 定 しないで 下 さい 80h DMA Ch 0 Mode 84h DMA Ch 0 PCI Address 88h DMA Ch 0 Local Address 8Ch DMA Ch 0 Transfer Byte Count 90h DMA Ch 0 Descriptor Pointer A8h DMA Ch Command/Status Register CONFIGURATION EEPROM DATA ( 参 考 値 変 更 の 可 能 性 があります) ワート 単 位 00h D h FFFF FF h h h D h C h I/Oホ ートは xx00~xxffh 256ホ ート 占 有 します [PCIBAR2] - 1 -

2 2 コネクター 表 RGBカメラコネクタ DSUB15Pメス シュリンクタイフ ヒ ンNO 信 号 名 用 途 1 RIN 映 像 信 号 入 力 映 像 R 2 G/VIN G (カメラ A) 3 BIN B (カメラ B) 4 RXD TTL 入 力 信 号 シリアル 受 信 テ ータ 5 GND コモン 6 GND 7 GND 8 WEN-B TTL 入 力 信 号 画 像 インテ ックス-B (SYNC 入 力 ) 9 +12V カメラ 電 源 +12V MAX 0.5A 10 GND コモン 11 TXD TTL 出 力 信 号 シリアル 送 信 テ ータ 12 TRG-B TTL 出 力 信 号 シャッタートリカ -B 13 HD-B TTL 入 出 力 信 号 水 平 同 期 -B 14 VD-B TTL 入 出 力 信 号 垂 直 同 期 -B 15 WEN-A TTL 入 力 信 号 画 像 インテ ックス-A カメラコネクタ ヒロセ12Pメス HR10A-10R-12S ヒ ンNO 信 号 名 用 途 1 GND コモン 映 像 2 +12V カメラ 電 源 +12V MAX 0.5A 3 GND コモン 4 G/VIN 映 像 信 号 入 力 映 像 モノクロ 5 GND コモン 6 HD-A TTL 入 出 力 信 号 水 平 同 期 -A 7 VD-A 垂 直 同 期 -A 8 GND コモン 9 RIN 映 像 信 号 入 力 映 像 R 10 WEN-A TTL 入 力 信 号 画 像 インテ ックス-A 11 TRG-A TTL 出 力 信 号 シャッタートリカ ーA 12 GND コモン *1 12V 電 源 は ハ ソコン 電 源 の +12Vが 出 力 されています 消 費 電 流 に 注 意 して 下 さい カメラの 消 費 電 力 が10W 以 上 の 場 合 は 別 電 源 を 用 意 して 下 さい *2 映 像 系 信 号 は 全 て 75Ω 終 端 されています DIOコネクタ DSUB 9Pメス ヒ ンNO 信 号 名 用 途 1 DIO4 DIO 入 出 力 信 号 アイソレーション 信 号 -4 2 DIO5-5 3 DIO6-6 4 DIO7-7 5 TTL7 TTL 入 出 力 信 号 ノンアイソレーション 信 号 V 電 源 ノンアイソレーション 電 源 MAX 0.1A 7 ICOM DIO 入 力 コモン アイソレーション 入 力 コモン + 5~24V 8 OCOM DIO 出 力 コモン アイソレーション 出 力 コモン - 9 GND コモン ノンアイソレーション * DIO4~7は フォトカフ ラによるアイソレーション 入 出 力 信 号 アイソレーション 信 号 として 使 用 する 場 合 は 外 部 ( 相 手 ) 電 源 を ICOM/OCOMに 接 続 して 下 さい - 2 -

3 3 構 成 3.1 I/Oホ ート コマント /スティタスレシ スタ ホ ート 0 [xx00h] OUT ハ イト TTL 入 出 力 ヒ ット ホ ート 4 [xx04h] IN/OUT ハ イト モート レシ スタセット ホ ート 8 [xx08h] OUT ハ イト/ワート DMA 転 送 ラインカウンタ ホ ート 8 [xx08h SR:00h] IN 32ヒ ット GTRG 経 過 カウンタ ホ ート 8 [xx08h SR:24h] IN 16ヒ ット ホ ート 情 報 ホ ート 8 [xx08h SR:FFh] IN 32ヒ ット レシ スタ 指 定 ホ ート C [xx0ch] OUT ハ イト 画 像 入 力 ラインカウンタ ホ ート C [xx0ch] IN 32ヒ ット セット/クリアヒ ット ホ ート14 [xx14h] OUT ハ イト 取 り 込 みカウンタ ホ ート14 [xx14h] IN ハ イト DIO 入 出 力 ヒ ット ホ ート18 [xx18h] IN/OUT ハ イト 割 り 込 み ホ ート1C [xx1ch] IN/OUT ハ イト シリアル 送 受 信 テ ータ ホ ート20 [xx20h] IN/OUT ハ イト シリアルスティタス ホ ート24 [xx24h] IN ハ イト ハ ネル 信 号 ホ ート48 [xx48h] IN/OUT ハ イト ホ ート0 コマント,スティタスレシ スタ IN/OUT 画 像 入 出 力 コマント (OUT) 及 び スティタスレシ スタ(IN) です ホ ート4 TTL 入 出 力 ヒ ット IN/OUT TTL 汎 用 入 出 力 ヒ ットのIN/OUTです 入 出 力 ヒ ットは8ヒ ットです ホ ート8 モート レシ スタセット OUT モート レシ スタ 類,カウンタ 等 のセットホ ートです OUTのみです レシ スタにより ハ イト/ワート になりますが 基 本 的 にワート にてセットします ハ イトレシ スタのセットにワート でアクセスした 場 合 上 位 ハ イトは 無 視 されます ホ ート8 [SR:0] DMA 転 送 ハ イトカウンタ IN DMA 開 始 時 からのハ イトカウンタ 値 が 読 み 出 されます SRコート 0にてINして 下 さい カウンタは32ヒ ットです GETコマント 発 行 時 に 0クリアされます ホ ート8 [SR:24H] GTRG 経 過 カウンタ IN GTRG 入 力 からの 経 過 時 間 の 目 安 となるカウンタです SRコート 24hにてINして 下 さい カウンタは16ヒ ットで GTRG 信 号 入 力 にて0クリアされ 常 時 インクリメントし FFFFhにてストッフ します 循 環 しません カウンタクロックは KHz(63.55μS)です PCIハ スのクロックとは 非 同 期 に 変 化 するカウンタですので 誤 読 みの 可 能 性 があります 2 度 読 みして 下 さい ホ ート8 [SR:FFH] ホ ート 情 報 IN ホ ート 情 報 が 入 力 できます SRコート FFhにて 32ヒ ット INして 下 さい 32ヒ ットテ ータは 以 下 になります D7~0 : スィッチ 8ヒ ット 0:OFF 1:ON (SIP SW) D15~8 : ロシ ックハ ーシ ョン 8ヒ ット 0~FFh D31~16: ロシ ックコート 16ヒ ット 4458h (DX 標 準 仕 様 DC2+α) * ロシ ックハ ーシ ョンは 大 きなロシ ック 変 更 (ソフトに 影 響 を 与 える)を 行 った 時 に +1します ロシ ックコート は 基 本 的 な 仕 様 が 違 う 場 合 それに 合 わせたコート にします ホ ートC レシ スタ 指 定 SRコート OUT ホ ート8の 対 象 レシ スタの 指 定 を 行 います SR0~6 7ヒ ット を D0~6にて セットします ホ ートC 画 像 入 力 ハ イトカウンタ IN 画 像 入 力 中 のハ イトカウンタ 値 が 読 み 出 されます カウンタは 32ヒ ットです GETコマント 発 行 時 に 0クリアされます ホ ート14 セット/クリアヒ ット OUT 各 ヒ ット 単 位 で 補 助 コマント が 発 行 されます ヒ ット1セットにて 下 記 になります D4: DIO OUT 用 フォトカフ ラをテ ィセーフ ル 状 態 (ALL OFF)にします D3: 取 り 込 みカウンタを0クリアします D0: ハ ルス 出 力 D8~12: 割 り 込 み 要 因 クリア (INTMD:1) * 単 発 動 作 です ラッチしませんので0クリアは 不 要 です - 3 -

4 ホ ート14 取 り 込 みカウンタ IN 取 り 込 みカウンタ 値 が 読 み 出 されます カウンタは8ヒ ットで 画 像 取 り 込 み 毎 に+1されます 取 り 込 んだ 画 面 数 となります ホ ート18 DIO 入 出 力 ヒ ット IN/OUT DIOヒ ットの 入 出 力 ホ ートです ホ ート1C 割 り 込 み IN/OUT 割 り 込 みを 制 御 できます OUTにて 割 り 込 みのテ ィセーフ ル/イネーフ ル 制 御 INにて 割 り 込 み 要 因 のチェックができます ホ ート20,24 シリアル 送 受 信 ホ ート20で 送 受 信 テ ータのIN/OUT ホ ート24でシリアルスティタスヒ ットのINを 行 います ホ ート48 ハ ネル 信 号 OUT ハ ネルLEDの 点 灯 制 御 を 行 います 3.2 コマント レシ スタ コマント レシ スタは ホ ート0 OUTにてセットします D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0 GETC GMOD DDMD D7 GETC 画 像 取 り 込 み このヒ ットを 1にセットするとカメラ 等 からの 画 像 取 り 込 みが 開 始 されます 取 り 込 みヒ ットは 内 部 で 垂 直 同 期 信 号 に 同 期 されます DMA 転 送 ハ イト 量 設 定 値 分 のテ ータ 入 力 で 自 動 的 に 取 り 込 み 終 了 となります D6 GMOD 取 り 込 みモート 0の 場 合 1 画 面 取 り 込 みとなります 1の 場 合 複 数 画 像 取 り 込 みとなります 画 像 取 り 込 み 量 は DMA 転 送 ハ イト 量 に 依 存 します 1 画 面 取 り 込 みの 場 合 は 1 画 面 のテ ータ 量 とDMA 転 送 ハ イト 量 を 一 致 させ このヒ ットを0として 下 さい 複 数 画 面 取 り 込 みの 場 合 は 画 面 数 量 のDMA 転 送 ハ イト 量 を 設 定 し このヒ ットを1にします D5 DDMD GMODが1に 設 定 され 複 数 枚 処 理 となった 時 1 画 面 取 り 込 み 時 点 で DMA 転 送 できないテ ータがハ ッファメモリに 残 ります これは ハ ッファメモリが ある 程 度 のテ ータが 入 力 されないと 先 のテ ータを 読 み 出 す 事 ができないと 言 う 性 質 によるものです また PCIハ スの 占 有 率 が 低 い 場 合 には DMA 転 送 が 間 に 合 わず かなりのテ ータがハ ッファメモリに 残 っている 場 合 もあります この 残 ったテ ータの 処 理 を DDMDヒ ットにて 設 定 します DDMDが0の 時 は 残 テ ータは そのままにします この 残 テ ータは 次 の 画 面 入 力 にて DMA 転 送 されます 最 終 画 面 の 残 テ ータのみ 強 制 的 にDMA 転 送 させます DDMDが1の 時 は 各 画 面 単 位 に 残 テ ータを 強 制 的 にDMA 転 送 させます 但 しこの 場 合 強 制 的 にDMA 転 送 させますので このDMA 転 送 が 終 了 しないうちに 次 の 画 面 入 力 が 始 まりますと 画 像 入 力 が 乱 れ 正 しいテ ータが 得 られなくなります PCIハ スの 占 有 率 に 十 分 な 余 裕 がある 時 のみこのモート にして 下 さい DMA 転 送 に 余 裕 が 有 る 場 合 なら 強 制 的 DMA 転 送 は100μS 程 度 で 終 了 します GMODが0で 1 画 面 取 り 込 みの 場 合 は このヒ ットに 関 係 無 く 強 制 DMA 転 送 が 行 われます * 画 像 GET 中 GMOD,DDMD, 他 モート ヒ ット 等 は 変 更 しないで 下 さい インターレス 画 像 の 取 り 込 み GETコマント は 基 本 的 にVDに 同 期 されますが 2:1インターレスモート 時 は フィールト 信 号 に 同 期 されます これによりメモリに 転 送 される 画 像 テ ータのフィールト が 確 定 され 第 1フィールト, 第 2フィールト の 順 に 転 送 されます しかしフィールト 信 号 に 同 期 させる 為 画 像 取 り 込 みが 最 大 1/30 秒 遅 れる 事 になります ITRGMヒ ットを1にセットすれば 2:1インターレスモート 時 もVD 同 期 になり 先 フィールト から 画 像 取 り 込 みを 開 始 します 但 し 先 にきたテ ータから 順 にメモリ 転 送 が 行 われますので システムメモリ 画 像 テ ータのフィールト 関 係 が 不 定 になります この 場 合 スティタスヒ ットのFLDGヒ ットにてフィールト 関 係 をチェックして 下 さい このスティタスヒ ットは 画 像 テ ータの 先 ( 前 半 )テ ータのフィールト を 示 しています 0の 場 合 第 1, 第 2の 順 になり 1の 場 合 第 2, 第 1の 順 となった 事 を 示 します - 4 -

5 3.3 スティタスレシ スタ スティタスレシ スタは ホ ート0 INにて 読 み 出 されます D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0 GETG GETS GETX NSVD FLDG DMAG DMAER SRBSY D7 GETG 画 像 入 力 中 を 示 します GETコマント セットにて 1になり GET 終 了 にて 0になります D6 GETS コマント レシ スタで 画 像 取 り 込 みコマント を 実 行 しても すぐに 入 力 中 になるわけではありません 垂 直 同 期 信 号 と 同 期 されて 入 力 が 始 まります このヒ ットは 実 際 の 入 力 中 タイミンク が 反 映 されます D5 GETX GETコマント 実 行 にて 1 画 像 取 り 込 まれたら 1になります 次 のGETコマント 実 行 迄 保 持 されます D4 NSVD NSVDはカメラ 等 入 力 ソースの 垂 直 同 期 信 号 1の 時 同 期 信 号 期 間 を 示 しています D3 FLDG 2:1インターレスカメラの 画 像 取 り 込 み 先 フィールト モート 時 の 画 像 テ ータ 前 半 のフィールト を 示 します 1の 時 第 1フィールト から 画 像 が 取 り 込 まれた 事 を 示 します 0の 時 第 2フィールト から 画 像 が 取 り 込 まれた 事 を 示 します D2 DMAG DMA 転 送 中 1です 実 際 の 転 送 終 了 に 対 して 50~100μS 程 度 遅 れて 0になります 転 送 終 了 を 早 く 知 りたい 場 合 は PCIチッフ スティタスレシ スタをチェックして 下 さい D1 DMAER DMA 転 送 が 間 に 合 わず 入 力 ハ ッファメモリが 満 杯 になった 場 合 1になります 次 のGETコマント 実 行 迄 保 持 されます D0 SRBSY 回 路 の 一 部 に モート 設 定 等 にシリアルハ スを 使 用 している 物 があります このヒ ットはそのシリアルハ スの 使 用 状 態 を 反 映 しています 0:READY 1:BUSY BUSY 時 次 の 設 定 ができない 設 定 項 目 がありますので 注 意 して 下 さい - 5 -

6 3.4 モート レシ スタ,カウンタのセット OUTホ ート8にて 各 モート レシ スタ 類 をセットします OUTホ ートCにて ホ ート8セットの 対 象 レシ スタを 指 定 する SRコート をセットします ホ ートC にて SRコート をセットして ホ ート8にて モート 等 をセットします ホ ート Cはハ イトです ホ ート 8はタ フ ル/ハ イト/ワート ですが 全 てタ フ ルワート でOUTしてかまいません OUTホ ート C OUTホ ート 8 D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0 SR7 SR6 SR5 SR4 SR3 SR2 SR1 SR0 モート レシ スタ SR:xxh D15/7 D14/6 D13/5 D12/4 D11/3 D10/2 D9/1 D8/0 U SYCOG 00 L LINMD BMMD COL3D INP1 INP0 U AGSTP 01 L RNDST SYTRM SYCMD1 SYCMD0 EXGTM STRMD2 STRMD1 STRMD0 U VCKDL3 VCKDL2 VCKDL1 VCKDL0 VCKPOL VCOFS VCOPH 02 L ITRSM ITRGM MQCKS CLKSEL CLKDV1 CLKDV0 CCKDV1 CCKDV0 U CHKPS3 CHKPS2 CHKPS1 CHKPS0 FLDPL 03 L EHCKS1 EHCKS0 SHTCKS WENMD SMPSL STCKS1 STCKS0 U PLSSL1 PLSSL0 SRBSL1 SRBSL0 04 L WENSL1 WENSL0 GTGSL2 GTGSL1 GTGSL0 U 05 L SDIR7 SDIR6 SDIR5 SDIR4 SDIR3 SDIR2 SDIR1 SDIR0 U 06 L SPOL7 SPOL6 SPOL5 SPOL4 SPOL3 SPOL2 SPOL1 SPOL0 U 07 L SMOD7 SMOD6 SMOD5 SMOD4 SMOD3 SMOD2 SMOD1 SMOD0 U INTMD 08 L GCTEN U 0A L U RXIE TXOE 0B L RXPOL RXDPOL RXSTTB RXPAR TXPOL TXDPOL TXSTTB TXPAR SYCOG RGB 同 期 信 号 0:SYNC 1:VIN LINMD カメラ 選 択 0:エリア 1:ライン BMMD ハ ッファメモリ 0:1 系 統 1:3 分 割 COL3D カラーテ ータ 選 択 0:RGB- 1:RGB INP1,0 入 力 選 択 0:モノ 1:- 2:- 3:RGB AGSTP 取 込 自 動 終 了 0:OFF 1:カウンタ RNDST シャッター 制 御 0:フリー 1:ランタ ム SYTRM SYNC 終 端 0:OFF 1:ON SYCMD1,0 カメラ 同 期 モート 0: 外 部 HV 1: 外 部 H 2: 内 部 C 3: 内 部 HV EXGTM 外 部 取 込 禁 止 0:フリー 1:VDSC STRMD2-0 シャッタトリカ モート 0:NRM 1:TRG 2:TRG-VD 3:VD-TRG 4:TRG-TRG 5:TRG-TSG 6:TRGVC VCKDL3-0 VCLK 位 相 調 整 16 段 階 VCKPOL VCLK 極 性 0:ノーマル 1: 反 転 VCOFS VCO 基 準 クロック 0:63kHz 1:HD VCOPH VCOクロック 極 性 0:ノーマル 1: 反 転 ITRSM 走 査 モート 0:NI 1:I ITRGM GET 走 査 モート 0: 第 1F 1: 先 F MQCKS 入 力 原 クロック 0:49M 1:VCO CLKSEL 入 力 クロック 0:VCO 1: 原 クロック/2 CLKDV1,0 クロック 分 周 0:1/1 1:1/2 2:1/3 3:1/4 CCKDV1,0 カメラクロック 0:1/1 1:1/2 2:1/3 3:1/4 FLDPL FLD 極 性 0:NRM 1: 反 転 EHCKS1,0 HD/VD 検 出 クロック 0:12M 1:6M 2:3M(NRM) 3:1.5M SHTCKS ハ ルス 出 力 クロック 0:HD 1:VD WENMD WENモート 0:VD 1:GTRG_S SMPSL クランフ ハ ルス 0:カメラHD 1: 外 部 同 期 HD STCKS1,0 シャッタ- 制 御 クロック 0:HD 1:VD 2:4μS(252KHz) 3:- PLSSL1,0 ハ ルス 出 力 0:- 1:- 2:- 3:DIO5 SRBSL1,0 ストロホ 出 力 0:- 1:- 2:- 3:DIO4 WENSL1,0 インテ ックス 入 力 0:WEN-A 1:TTL7 2:- 3:DIO6 GTGSL1-0 GTRG 選 択 0:TTL7 1:- 2:- 3:DIO7 4:PNLSW 5: 自 動 HD 6: 自 動 VD SDIR7-0 信 号 方 向 0: 入 力 1: 出 力 SPOL7-0 信 号 極 性 0: 正 1: 負 SMOD7-0 信 号 モート 0: 汎 用 1:カメラ GCTEN 取 込 カウンタ 0:OFF 1:ON INTMD 割 込 要 因 クリア 0:IN 1Ch 1:OUT 14h RXIE,TXOE,RXPOL,RXDPOL,RXSTTB,RXPAR,TXPOL,TXDPOL,TXSTTB,TXPAR シリアルモート ヒ ット - 6 -

7 カウンタ SR:xxh カウンタ 10 VCA 入 力 クロック PLL VCO 12ヒ ット 11~ SRCK シリアルホ ーレートクロック 12ヒ ット 11~ UNBP カメラ 画 像 水 平 有 効 位 置 10ヒ ット 9~0 15 UNBW 幅 12(16)ヒ ット 15~4(0) 16 VUBP カメラ 画 像 垂 直 有 効 位 置 8ヒ ット 7~0 17 VUBW 幅 16ヒ ット 15~0 18 HDSC HD/LINE 繰 返 レート 16ヒ ット 15~0 19 HDPW HD/LINEハ ルス 幅 8ヒ ット 7~0 1A VDSC VD 繰 返 レート 16ヒ ット 15~0 1B VDPW VDハ ルス 幅 5ヒ ット 4~0 1C TRGW TRGハ ルス 幅 16ヒ ット 15~0 1D SRBW SRBハ ルス 幅 8ヒ ット 7~0 1E GSRB SRB 位 置 8ヒ ット 7~0 1F GEXD GTRG 遅 延 14ヒ ット 13~0 25 GEXF GTRGフィルタ 8ヒ ット 7~0 26 SHOT ハ ルス 幅 8ヒ ット 7~ AGSP 自 動 取 り 込 み 終 了 8ヒ ット 7~0 29 2A 2B 2C 2D 2E 2F A 3B 3D 3E 3F 40~47 VLBV ケ イン 制 御 8ヒ ット 7~0-7 -

8 3.5 カメラの 接 続 モノクロカメラは ヒロセ12P カラーカメラは DSUB15Pコネクタに 接 続 します ヒロセ12Pコネクタは 一 般 的 なEIAJ 規 格 準 処 です DSUB15Pコネクタは 東 芝 RGBカラーカメラのマッフ に 合 わせてあります カメラ 電 源 出 力 ハ ソコン 電 源 の12Vが 出 力 されています 負 荷 10W 以 下 で 使 用 してください G/VIN,RIN,BIN 映 像 信 号 入 力 です モノクロ 信 号 は G/VIN 0.7Vpp 75Ω 終 端 されています カラーRGB 信 号 は RIN,G/VIN,BINに 接 続 します HD,VD,WEN,TRG 各 A,B 用 意 されていますが 出 力 は DX 仕 様 ではA,B 同 信 号 が 出 力 されます 入 出 力 信 号 は 基 本 的 にTTLレヘ ルですが HD/VD 出 力 は75Ω 負 荷 でも2Vpp 以 上 の 振 幅 が 確 保 されています 信 号 モート HD,VD,WEN,TRG 各 信 号 モート は SDIR,SMOD,SMODヒ ットで 設 定 されます SDIR: 信 号 の 入 出 力 0: 入 力 1: 出 力 SPOL: 信 号 極 性 0: 正 1: 負 SMOD: 信 号 モート 0: 汎 用 1:カメラ ヒ ット 対 応 は 0:HD 水 平 同 期 信 号 入 出 力 1:VD 垂 直 同 期 信 号 入 出 力 2:TRG シャッタートリカ 信 号 出 力 TRG-A 3:TSG シャッタートリカ W 信 号 出 力 TRG-B 6:WEN 映 像 インテ ックス 入 力 WEN-A (LINMD:0 エリアモート 時 のみ) 各 信 号 をカメラ 用 信 号 として 使 用 する 場 合 は 各 SMODヒ ットを1にセットします SMODヒ ットを0に 設 定 された 場 合 は ホ ート4にて 制 御 される 汎 用 TTLヒ ットになります HD,VDはヘ アになっており 入 出 力 は 一 致 されます HD 出 力 VD 入 力 といった 設 定 はできません SDIR0,1ヒ ットのどちらかが1にセットされれば HD,VD 両 方 とも 出 力 になります 信 号 極 性 は ロシ ックレヘ ルとコネクタ 端 での 信 号 レヘ ルが 0:L 1:H となる 場 合 が 正 逆 の 場 合 が 負 です HD,VD 信 号 は 出 力 の 場 合 A,B 同 信 号 が 出 力 されます 入 力 の 場 合 は Aに 接 続 します ラインセンサーカメラの 場 合 は HD-A/VD-Aがライン 信 号 HD-B/VD-Bがクロックになります RS-422 HD:+ VD:- です TRG 信 号 出 力 は シャッターモート が 5:TRG-TSGの 時 のみ A:TRG B:TSGが 出 力 されます 他 モート の 時 は BもTRGとなります WEN 入 力 はAに 接 続 して 下 さい ラインセンサーカメラの 場 合 のWEN(エンコータ 信 号 )はDIOコネクタのTTL 入 力 になります RGB 入 力 時 のSYNC 信 号 は WEN-Bに 接 続 して 下 さい RGB 入 力 時 同 期 信 号 入 力 の 選 択 が SYCOGヒ ットにて 設 定 できます 0:SYNC 1:VIN WEN-B 入 力 V/GIN 入 力 S_O_Gに 対 応 できます SYNC 時 75Ω 終 端 するかどうかはSYTRMヒ ットで 設 定 できます 0: 終 端 無 1: 終 端 有 - 8 -

9 3.6 カメラの 設 定 INP0,1 2ヒ ットにて 入 力 信 号 を 選 択 します 0: モノクロヒ テ オ 1: - 2: - 3: カラー RGB ITRSMヒ ットにて 走 査 モート が 設 定 されます 0:ノンインターレス(フ ロク レス) 1:インターレス(2:1) 2:1インターレスカメラの 場 合 も ノンインターレス 設 定 にすれば フィールト 処 理 になります ITRGMヒ ットは 2:1インターレスモート 時 画 像 GETを フィールト 信 号 に 同 期 させるか VD 信 号 に 同 期 させるかの 設 定 です 0:フィールト 信 号 1:VD 信 号 フィールト 信 号 に 同 期 させれば 必 ず 第 1フィールト から 画 像 取 り 込 みを 行 います しかし 画 像 取 り 込 み 開 始 は 最 大 1フレーム 遅 れます VD 信 号 同 期 の 場 合 は 先 にきたフィールト から 取 り 込 みを 開 始 します メモリ 前 半 のテ ータは どちらのフィールト テ ータか 不 定 になりますが スティタス FLDGヒ ットにて 判 断 できます 画 像 取 り 込 み 開 始 の 遅 れは 1フィールト になります 同 期 モート は SYCMD1,0 2ヒ ットにて 設 定 します 0: 外 部 同 期 HD/VD ホ ート から HD/VD 同 期 信 号 を 出 力 し カメラ 側 を 同 期 させます 1: 外 部 同 期 HD ホ ート からは HD 信 号 のみ 出 力 し カメラ 側 を 同 期 させます VDは カメラのコンホ シ ットヒ テ オ 出 力 信 号 から 抽 出 された 同 期 信 号 を 使 用 します 2:カメラ 同 期 コンホ シ ット 3:カメラ 同 期 HD/VD カメラの 出 力 信 号 にて ホ ート を 動 作 させます コンホ シ ットヒ テ オ 信 号 から HD/VD 信 号 を 抽 出 します カメラの 出 力 信 号 にて ホ ート を 動 作 させます カメラコネクタ INB0,1 信 号 を HD/VD 信 号 とします 同 期 信 号 抽 出 クロックの 設 定 同 期 モート が1,2の 場 合 カメラの 同 期 信 号 成 分 から VD 信 号 やフィールト 信 号 を 抽 出 する 必 要 があります EHCKS1,0 2ヒ ットにて 設 定 します 0:12M 高 速 カメラ 等 水 平 同 期 周 波 数 40~60KHz 水 平 同 期 周 波 数 は 目 安 です 1:6M 倍 速 カメラ 等 20~40KHz 同 期 信 号 のハ ルス 幅 等 も 関 係 します 2:3M 一 般 的 カメラ 10~20KHz 3:1.5M 低 速 カメラ 等 5~10KHz クランフ ハ ルスモート の 設 定 カメラの 映 像 信 号 は 一 般 的 にAC 結 合 信 号 です 従 ってA/D 変 換 の 為 にはDCクランフ の 必 要 があります このクランフ ハ ルスをどの 信 号 から 作 るかを SMPSLヒ ットにて 設 定 します 0:カメラの 映 像 信 号 から 抽 出 された 水 平 同 期 信 号 から 作 成 します 1: 外 部 同 期 用 HD 出 力 信 号 から 作 成 します 一 般 的 には 0 設 定 カメラの 水 平 同 期 信 号 からの 作 成 で 問 題 有 りません 高 解 像 度 カメラ 等 を 外 部 同 期 で 使 用 し カメラの 同 期 信 号 がうまく 抽 出 できない 時 のみ 1に 設 定 します FLDPLヒ ットにて 2:1インターレス 信 号 のフィールト を 示 すFLD 信 号 があわない 場 合 は 極 性 を 逆 にできます 0:NRM 1: 反 転 - 9 -

10 3.7 入 出 力 クロックの 設 定 ホ ート の 原 クロックは MHzです この 原 クロックから 入 出 力 用 クロックを 生 成 します 入 力 クロックの 設 定 5M~80MHzの 範 囲 で 入 力 クロックが 設 定 できます 入 力 クロック 生 成 は 分 周 カウンタとPLL+VCO 回 路 にて 構 成 されています カウンタの 分 周 値 は 出 力 ホ ートにて 設 定 します 設 定 値 はハ イナリ 値 です カウンタ VCA : 12ヒ ット D0~11 PLL 回 路 の 基 準 信 号 は KHzです ( MHz/780) カウンタは VCO 出 力 クロックを 分 周 し PLL 回 路 の 比 較 信 号 を 作 成 します PLL 回 路 は 基 準 信 号 と 比 較 信 号 が 同 位 相 になる 様 VCO 回 路 を 制 御 します つまり VCO 出 力 の 周 波 数 は 次 の 式 にて 計 算 できます クロック 周 波 数 = KHz x カウンタの 分 周 値 VCO 回 路 の 出 力 周 波 数 には 制 限 があり 10M~80MHzです 従 ってカウンタ VCAの 設 定 値 は 160~1300 程 度 で 使 用 して 下 さい MQCKSヒ ットにて 入 力 原 クロックを 選 択 します 0:49M 原 クロックの MHzです 1:VCO 上 記 で 作 成 された VCO 出 力 です CLKSELヒ ットにて 入 力 クロックを 選 択 します 0:VCO 上 記 で 作 成 された VCO 出 力 です 1: 原 クロック/2 MQCKSヒ ットにて 選 択 された クロックの1/2 周 波 数 になります 入 力 クロックが 49Mの 分 周 周 波 数 で 良 い 場 合 は MQCKS:0 CLKSEL:1 にて 49Mの1/ MHzを 選 択 します 原 クロックの 分 周 ですので 安 定 度 が 一 番 良 くなります 49Mの 分 周 では 無 い 場 合 は VCOを 選 択 します カメラが 外 部 同 期 で 使 用 する 場 合 は CLKSEL:0 にて 直 接 VCOを 選 択 します カメラが 外 部 同 期 で 使 用 できない 場 合 は MQCKS:1 CLKSEL:1 にて VCO 出 力 の1/2を 選 択 します この 場 合 クロックは カメラのHD 信 号 にテ シ タル 的 に 位 相 合 わせされますが 安 定 度 は 低 くなります(シ ッターが 多 くなります) CLKDV1,0 2ヒ ットにて クロックを 更 に 分 周 できます 0:1/1 1:1/2 2:1/3 3:1/4 カメラ 等 からのHD 信 号 を 基 準 として 画 像 クロックを 作 成 する 場 合 は VCOFSヒ ットを1にセットします VCOFSヒ ットは 上 記 VCO 回 路 の 基 準 クロックを 選 択 します 0:62.937kHz 1:カメラ 等 からのHD 信 号 HD 信 号 を 基 準 としますので VCAの 設 定 値 は 水 平 1ラインの 総 クロック 数 (またはその 倍 数 )となります VCOPHヒ ットは VCO 出 力 クロックを 反 転 (180 度 位 相 回 転 )させます 反 転 させた 方 が 水 平 系 の 信 号 が 安 定 する 様 なら セットして 下 さい VCOで 作 成 されたクロックは 位 相 調 整 が 可 能 です VCKDL0~3 4ヒ ットで 設 定 します 設 定 値 x クロック/32 (11 度 単 位 ) 設 定 例 1) MHz 一 般 的 なエリアカメラ 出 力 を 水 平 640ト ット アスヘ クト 比 1:1 で 取 り 込 む 場 合 に 適 した 周 波 数 です MQCKS:0 CLKSEL:1にて 24.5Mを 選 択 し CLKDV:1 と 設 定 します 2) MHz 一 般 的 な 4fsc 周 波 数 です 一 般 的 なエリアカメラをこの 周 波 数 で 取 り 込 んだ 場 合 水 平 768ト ット 程 度 になります CLKSEL:0 VCO 出 力 とし カウンタ VCA:455 CLKDV:1 を 設 定 します 3) 20MHz ( MHz) 一 般 的 な 周 波 数 です CLKSEL:0 VCO 出 力 とし カウンタ VCA:635 CLKDV:1 を 設 定 します VCKPOLヒ ットにてロシ ックで 使 用 するVCLK(ヒ テ オクロック)の 極 性 を 設 定 できます 0:ノーマル 1: 反 転 取 り 込 み 画 像 が 不 安 定 な 場 合 反 転 させる 事 により 改 善 される 場 合 があります カメラクロックの 設 定 カメラクロックは CCKDV0,1 2ヒ ットで 分 周 できます 0:1/1 1:1/2 2:1/3 3:1/4 カメラクロックは HD 信 号 等 作 成 用 クロック 等 として 使 用 されます

11 3.8 カメラ 信 号 の 設 定 カメラを 外 部 同 期 で 使 用 する 場 合 の HD/VD 信 号 を 作 成 します HDSC 16ヒ ット D0~15 HD 信 号 繰 り 返 しレート HDPW 8ヒ ット D0~7 HD 信 号 幅 VDSC 16ヒ ット D0~15 VD 信 号 繰 り 返 しレート VDPW 5ヒ ット D0~4 VD 信 号 幅 水 平 カウンタクロックはカメラクロック CCLKです エリアカメラで 走 査 が インターレスモート 時 は HD 繰 り 返 しレート 設 定 値 を 半 分 に 設 定 します この 場 合 出 力 は2 発 に1 発 (1つ 置 き)になります 垂 直 カウンタクロックは HD 信 号 です シャッタ- 制 御 無 しの 場 合 は 作 成 されたVD 信 号 が 定 期 的 に 出 力 されます シャッタ- 制 御 を 行 うモート 時 は シャッタ-シーケンス VDトリカ にてVD 信 号 を 出 力 します ハ ルス 幅 は VDPW 設 定 幅 です カメラ 画 像 有 効 位 置, 幅 のカウンタ 設 定 を 行 います UNBP 10ヒ ット D0~9 カメラ 画 像 水 平 有 効 位 置 UNBW 16ヒ ット D0~15 幅 VUBP 8ヒ ット D0~7 カメラ 画 像 垂 直 有 効 位 置 VUBW 16ヒ ット D0~15 幅 カウンタクロックは 水 平 用 は ヒ テ オクロック VCLK 垂 直 用 は HDです 水 平 有 効 位 置 は HD 信 号 の 後 エッシ からのクロック 数 を 設 定 します 幅 はその 位 置 からのト ット 数 になります 垂 直 有 効 位 置 は VD 信 号 の 後 エッシ からのライン 数 を 設 定 します 幅 はその 位 置 からのライン 数 になります 2:1インターレスの 場 合 垂 直 有 効 幅 は 片 フィールト 分 になります フレームで480ラインの 場 合 片 フィールト 240 本 の 設 定 になります 水 平 幅 は 16クロック 単 位 の 設 定 となり 下 位 4ヒ ットは 無 視 され 0になります シャッター 制 御 を 行 った 時 等 有 効 画 像 を 正 確 に 取 り 込 む 場 合 はWEN 信 号 ( 画 像 インテ ックス)を 利 用 します WENMDヒ ットにてモート が 設 定 できます 0:VD 1:GTRG_S VD 信 号 の 代 わりとして 画 像 を 取 り 込 みます WEN 信 号 の 入 力 検 出 後 のVD 信 号 から 画 像 取 り 込 みを 行 います WEN 信 号 は エッシ のみを 利 用 し 取 り 込 みトリカ になります 立 ち 上 がり/ 立 ち 下 がり どちらのエッシ を 利 用 するかは SPOL6ヒ ットの 設 定 によります WEN 信 号 は WENSL0,1 2ヒ ットで 選 択 します 0: CMRコネクタ WEN-A 1: - 2: - 3: DIOコネクタ DIO6-11 -

12 3.9 シャッターシーケンスの 設 定 シャッターシーケンスは 設 定 により TRG,TSG,SRB,VD 信 号 を 自 動 的 に 発 生 させ 画 像 取 り 込 みを 行 います シャッター 制 御 はカウンタにて 設 定 されます TRGW 16ヒ ット D0~15 TRG 信 号 幅 等 カウンタクロックは STCKS1,0 2ヒ ットにて 選 択 します 0:HD 1:VD 2:252KHz 3:- このカウンタの 設 定 値 0は 1024ととして 扱 われます 但 しSTRMDが3の 場 合 のみ 0として 扱 われます STRMD2-0 3ヒ ットにて シャッターモート を 設 定 します 0:NRM 1:TRG 2:TRG-VD 3:VD-TRG 4:TRG-TRG 5:TRG-TSG 6:TRGVC 7:- シャッタ- 制 御 無 し TRG 信 号 のみでシャッター 制 御 TRG 信 号 とVD 信 号 間 にてシャッター 制 御 VD 信 号 とTRG 信 号 間 にてシャッター 制 御 2 発 のTRG 信 号 間 にてシャッター 制 御 TRG 信 号 とTSG 信 号 間 にてシャッター 制 御 TRG 信 号 のみでシャッター 制 御 VD 定 期 出 力 0:NRM シャッター 制 御 を 行 わないモート です シャッター 制 御 が カメラ 側 でかってに 行 われる 場 合 もこのモート にします 1:TRG TRG 信 号 のハ ルス 幅 にて シャッター 時 間 が 決 定 される または TRG 信 号 は 単 にトリカ 信 号 になるカメラに 対 応 します シーケンス 起 動 にてすぐに カウンタ TRGW 設 定 幅 のTRG 信 号 を 発 生 します TRG 信 号 終 了 後 3~4H(HD 時 間 )にVD 信 号 を 発 生 し 画 像 取 り 込 みを 行 います 2:TRG-VD TRG 信 号 とVD 信 号 間 にて シャッター 時 間 が 決 定 されるカメラに 対 応 します シーケンス 起 動 にてすぐに TRG 信 号 が 発 生 され カウンタ TRGW 設 定 幅 後 にVD 信 号 を 発 生 します TRG 信 号 幅 は TRGW カウンタクロック の1クロック 分 になります 3:VD-TRG VD 信 号 とTRG 信 号 間 にて シャッター 時 間 が 決 定 されるカメラに 対 応 します シーケンス 起 動 にてすぐに VD 信 号 が 発 生 され カウンタ TRGW 設 定 幅 後 にTRG 信 号 を 発 生 します TRG 信 号 幅 は TRGW カウンタクロック の1クロック 分 になります 4:TRG-TRG 2 発 のTRG 信 号 間 にて シャッター 時 間 が 決 定 されるカメラに 対 応 します シーケンス 起 動 にてすぐに TRG 信 号 が 発 生 され カウンタ TRGW 設 定 幅 後 に2 発 目 のTRG 信 号 を 発 生 します TRG 信 号 幅 は TRGW カウンタクロック の1クロック 分 になります 2 発 目 のTRG 信 号 終 了 後 3~4H(HD 時 間 )にVD 信 号 を 発 生 し 画 像 取 り 込 みを 行 います 5:TRG-TSG TRG 信 号 とTSG 信 号 間 にて シャッター 時 間 が 決 定 されるカメラに 対 応 します 4:TRG-TRGモート の2 発 目 が TSG 信 号 になります 6:TRGVC 1のTRGと 同 じですが VDは 制 御 しません ノンリセットモート になります RNDSTヒ ットは シャッターシーケンスを 一 定 的 (VD 毎 )に 発 生 させるか GETコマント が 発 生 された 時 のみ 起 動 するかの 設 定 になります 0:VD 毎 に 起 動 フリーラン 1: 画 像 取 り 込 み 時 のみ 起 動 ランタ ムトリカ ト ンヒ シャモート ストロホ トリカ 信 号 SRB シャッターシーケンスの 起 動 から 一 定 時 間 後 にハ ルスを 出 力 します SRBはDIOコネクタ TTL 出 力 です 2 本 のカウンタにて SRB 信 号 を 作 成 します カウンタクロックは HD 信 号 です SRBW 8ヒ ット D0~7 SRB 信 号 幅 GSRB 8ヒ ット D0~7 起 動 からの 遅 延 時 間

13 3.10 入 力 レヘ ル 設 定 入 力 信 号 のレヘ ル 調 整 はソフト 設 定 となっています 設 定 は 8チャンネルの8ヒ ット D/Aコンハ ータにて 行 います SRコート 40~47h OUTホ ート8 D0~7 8ヒ ットにてセットします D/Aコンハ ータは 設 定 値 00~FFhにて 0~3.3V 約 13mVステッフ の 電 圧 出 力 になります (3.3V/ mV) SR:40h SR:41h SR:42h SR:43h SR:44h SR:45h SR:46h SR:47h R A/Dコンハ ータ TOP( 白 ) リファレンス 電 圧 G A/Dコンハ ータ TOP( 白 ) リファレンス 電 圧 B A/Dコンハ ータ TOP( 白 ) リファレンス 電 圧 R 黒 レヘ ルクランフ 電 圧 G 黒 レヘ ルクランフ 電 圧 B 黒 レヘ ルクランフ 電 圧 RGB A/Dコンハ ータ BOT( 黒 ) リファレンス 電 圧 入 力 信 号 は アンフ により 1.9 倍 された 後 SR:43~45hの 黒 電 圧 にDCクランフ されA/Dコンハ ータ 入 力 になります A/Dコンハ ータは SR:40~42h,46hのリファレンス 電 圧 BOTOM~TOP 電 圧 間 を 00( 黒 )~FFh( 白 ) 256 階 調 に 変 換 します 標 準 設 定 値 は TOPリファレンス 電 圧 2.2V 設 定 値 AAh (170) BOTリファレンス 電 圧 0.7V 設 定 値 36h (54) 黒 クランフ 電 圧 0.7V 設 定 値 36h (54) この 設 定 値 ですと A/Dコンハ ータの 入 力 範 囲 は Vとなり 適 正 入 力 信 号 の 映 像 電 圧 は 0.79V(1.5/1.9)となります 基 準 的 に1Vppの 映 像 信 号 の 映 像 信 号 レヘ ルは 約 0.7Vですが 一 般 的 なカメラは 少 し 高 めの0.8V 程 度 出 力 されています 例 えば 入 力 映 像 電 圧 0.7Vに 合 わせる 場 合 は TOP 電 圧 を 2.03V 設 定 値 157 とします 各 電 圧 の 設 定 範 囲 は TOP,BOT:0.6~2.7V クランフ :0.6~1.7V TOP-BOT:1.0~1.8V 程 度 にして 下 さい この 範 囲 外 への 設 定 は 誤 動 作 の 要 因 になります モノクロ 入 力 は SR:41,44,46hの 設 定 が 有 効 になります D/Aコンハ ータの 設 定 には スティタス D0 SRBSYヒ ットをチェックしながら 設 定 する 必 要 があります 1) SRコート 40~47hセット 2) SRBSYヒ ットチェック 1なら 0になる 迄 待 つ 3) D/Aテ ータセット 4) 設 定 チャンネル 分 1)~3) 繰 り 返 す 5) SRBSYヒ ットチェック 1なら 0になる 迄 待 つ と 設 定 して 下 さい 1チャンネル 当 たりの 設 定 時 間 (BUSY 時 間 )は 数 百 μsです 電 源 ON 時 は 上 記 標 準 設 定 値 にセットされています

14 3.11 画 像 取 り 込 み 画 像 取 込 は コマント ホ ート(OUT 0)にて GETコマント を 発 行 します センサー 入 力 等 により 自 動 的 に 画 像 を 取 り 込 む 場 合 は GTRG 入 力 を 利 用 します SMOD7ヒ ット 1にて GTRG 入 力 にて 画 像 を 取 り 込 むモート になります GTGSL0~2 3ヒ ットにて GTRG 入 力 が 選 択 できます 0: DIOコネクタ TTL7 1: - 2: - 3: DIOコネクタ DIO7 4: ハ ネルスィッチ 5: 自 動 HD 6: 自 動 VD TTL,DIO 信 号 は SPOL7ヒ ットにて 入 力 信 号 論 理 が 設 定 できます 0: 正 1: 負 2 本 のカウンタにて GTRG 信 号 を 整 形 できます GEXF 8ヒ ット D0~7 GTRG 信 号 フィルタ カウンタクロック HD 信 号 GEXD 14ヒ ット D0~13 遅 延 HD/16 信 号 GEXFは 設 定 値 幅 以 上 の 入 力 にて 信 号 を 有 効 とします ノイス 除 去 用 フィルタになります GEXDは 有 効 信 号 検 出 から 設 定 値 幅 遅 延 し 1クロックの 信 号 を 生 成 します センサー 等 の 位 置 補 正 になります 各 設 定 値 0の 場 合 フィルタ 無 し 遅 延 無 しになります カウンタ GEXDのカウンタクロックは HD 信 号 の1/16 周 波 数 になります ランタ ムシャッター 等 で 外 部 取 り 込 みを 行 う 場 合 前 画 像 のGET 中 に 入 力 されたGTRG 信 号 は 無 効 としています それでも GTRG 信 号 間 隔 が 微 妙 になった 場 合 は カメラ 規 定 を 満 たさない 誤 トリカ になる 場 合 があります EXGTMヒ ットを1にセットすれば GTRG 入 力 から 次 ぎのGTRG 入 力 を 無 効 とする 時 間 を 設 定 できます VDSC 16ヒ ット D0~15 GTRG 無 効 時 間 カウンタクロック HD 信 号 GTGSL:4の 場 合 フロントハ ネルのスィッチ ONが 疑 似 GTRB 信 号 になります GTGSL:5,6の 場 合 自 動 的 に 疑 似 GTRG 信 号 を 発 生 できます 発 生 レートカウンタは GEXD 値 を 使 用 します カウンタのクロックは 5:HD 6:VD になります 例 えば GTGSL:6 GEXD:1000 と 設 定 すれば VD 信 号 1000ハ ルス 毎 に 疑 似 GTRG 信 号 が 発 生 されます 複 数 画 面 取 り 込 みの 場 合 の 自 動 終 了 GETコマント でGMODヒ ットがセットされた 場 合 複 数 画 面 取 り 込 みとなります 複 数 画 面 取 り 込 みの 場 合 GET 終 了 はDMA 転 送 の 終 了 を 検 出 してとなります しかしシャッターやストロホ 制 御 を 行 いながらの 画 像 取 り 込 みの 場 合 DMA 転 送 の 終 了 を 検 出 する 前 に 既 に 次 のシャッターシーケンスは 起 動 してしまいます よって 最 後 に 余 計 なシャッター 等 が 切 られてしまいます これを 防 ぐには AGSTPヒ ットをセットし 自 動 終 了 モート にしてください 自 動 終 了 モート の 場 合 AGSPカウンタ 設 定 値 分 の 画 像 取 り 込 みで 自 動 終 了 します AGSP 8ヒ ット D0~7 自 動 取 り 込 み 面 数 (0 設 定 256 面 ) 取 り 込 みカウンタ 8ヒ ットカウンタです 画 像 取 り 込 み1 面 毎 に+1されます INホ ート 14h にて 読 み 出 されます OUTホ ート 14h 08h 実 行 にて 0クリアされます

15 3.12 DMA 転 送 画 像 取 込 されたテ ータは PCIハ スを 介 して 直 接 システムメモリにDMA 転 送 されます DMA 転 送 は PLX 9056 PCIチッフ に 依 存 しています DMAチャンネル 0を 使 用 します PCIチッフ 内 部 ローカルレシ スタ DMAチャンネル 0の 設 定 が 必 要 になります オフセット 用 途 設 定 値 DWORD(32ヒ ット) 80h DMA Ch 0 Mode DMAモート h DMA Ch 0 PCI Address 転 送 先 システムメモリ 先 頭 アト レス xxxx xxxx 88h DMA Ch 0 Local Address 転 送 元 ローカルアト レス Ch DMA Ch 0 Transfer Byte Count 転 送 ハ イト 量 xxxx xxxx 90h DMA Ch 0 Descriptor Pointer 機 能 A8h DMA Ch Command/Status Register コマント /スティタス 01/03 PCIチッフ のレシ スタは32ヒ ット 単 位 ですが メモリと 同 じで ハ イト 単 位,ワート 単 位 のアクセス 可 能 です DMA 転 送 前 段 に RGB 各 1.2Mハ イト 分 のハ ッファメモリが 用 意 されています GETコマント にて 入 力 されたテ ータは 一 旦 このハ ッファメモリにはいります DMA 転 送 はこのハ ッファメモリに 入 力 されたテ ータに 対 して 行 われます 容 量 迄 は 蓄 積 可 能 ですので 転 送 落 ちを 防 いでいます DMA 転 送 は32ヒ ット 4ハ イト 単 位 に 行 われます 1テ ータ 各 テ ータは8ヒ ット 1ハ イトであり4ハ イト 単 位 にて 扱 われます Rテ ータ Gテ ータ Bテ ータ カラー N+3テ ータ N+2テ ータ N+1テ ータ Nテ ータ モノクロ カラーテ ータの 場 合 は 1ヒ クセル 分 のテ ータが 32ヒ ット 1テ ータになります モノクロテ ータの 場 合 は 4ヒ クセル 分 のテ ータが 32ヒ ット 1テ ータになります PCIハ スは リトルエンテ ィアンですので システムメモリアト レスとの 対 応 は 0:7~0 1:15~8 2:23~16 3:31~24 になります COL3Dヒ ットを1にセットした 場 合 カラーテ ータはRGBのみになり3ハ イト 単 位 のテ ータになります テ ータも 詰 まりますので 4ヒ クセル 分 のテ ータが 3DWORDになります N+1 Bテ ータ N Rテ ータ N Gテ ータ N Bテ ータ M N+2 Gテ ータ N+2 Bテ ータ N+1 Rテ ータ N+1 Gテ ータ M+4 N+3 Rテ ータ N+3 Gテ ータ N+3 Bテ ータ N+2 Rテ ータ M+8 GET 中 の 入 力,DMA 転 送 量 は INホ ート 8,CH にて 読 み 出 す 事 ができます ホ ート8: DMA 転 送 ハ イトカウンタ ホ ートC: 画 像 入 力 ハ イトカウンタ 各 カウンタ 32ヒ ット( 下 位 4ヒ ット 0)で GETコマント 発 行 時 0クリアされます DMA 画 像 転 送 テ ータ 量 は PCIチッフ のDMA 転 送 ハ イトレシ スタ(オフセット 8Ch)の 設 定 によります 画 像 入 力 UNBW,VUBW 有 効 幅 の 設 定 が 画 像 入 力 テ ータ 量 になります この 設 定 値 は 合 わせて 下 さい 特 に 画 像 入 力 量 よりDMA 転 送 量 が 多 い 場 合 は 不 定 テ ータが 転 送 される 事 になりますので 注 意 して 下 さい あくまで DMA 転 送 は PCIチッフ のDMA 転 送 ハ イトレシ スタの 設 定 値 分 行 われます DMA 転 送 中 は システムメモリにどれだけのテ ータ 量 が 転 送 されたかは DMA 転 送 ハ イトカウンタ 値 で 判 断 して 下 さい DMA 転 送 終 了 は PCIチッフ スティタスレシ スタ (オフセット A8H) DONE D4ヒ ットにて 判 定 します 転 送 中 は 0です 終 了 にて 1になります PCIチッフ のDMA 転 送 ハ イトレシ スタは 読 み 出 し 可 能 ですが タ ウンカウントされませんので 転 送 量 の 確 認 には 使 用 できません DMA 転 送 ハ イトレシ スタの 設 定 値 は ハ イト 単 位 です 転 送 は 4タ フ ル ワート 単 位 に 行 っていますので 16ハ イト 単 位 に 設 定 して 下 さい( 下 位 4ヒ ット '0') 例 として 640x480の 画 像 テ ータのハ イト 量 は モノクロの 場 合 4B000h(307200) カラーの 場 合 12C000h( )となります DMAチャンネル 0 PCIチッフ 内 部 ローカルレシ スタ 設 定 例 例 として システムメモリ 転 送 先 アト レス h 転 送 テ ータ 量 0004B000h (モノクロ 640x Kハ イト) とします 1) DMAチャンネル 0をイネーフ ルにする A8h コマント レシ スタ 01h 2) DMAモート, 転 送 先 他 各 レシ スタをセットする 80h DMAモート レシ スタ h 84h PCIアト レスレシ スタ h 88h Localアト レスレシ スタ h 8Ch 転 送 ハ イト 量 レシ スタ 0004B000h 90h 機 能 レシ スタ h 3) DMAスタートとする A8h コマント レシ スタ 03h 以 上 設 定 後 GETコマント を 発 行 します OUTホ ート0 80h または C0h,E0h 出 力 DMA 転 送 過 程 は INホ ート8 DMA 転 送 ハ イトカウンタ 値 でチェックします 転 送 できたテ ータ 分 は 自 由 にアクセスできます DMA 転 送 終 了 は PCIチッフ ステイタスレシ スタ(A8h) D4ヒ ットでチェックします 1で 終 了 です 但 し あまり 頻 度 高 くスティタスやラインカウンタをチェックしますと 結 果 として PCIハ スを 占 有 する 事 になり DMA 転 送 の 邪 魔 をする 事 になります せいぜい100μS 毎 程 度 のチェックにして 下 さい

16 DMA 転 送 終 了 検 出 後 OUTホ ート0 に 00h を 出 力 します このコマント 発 行 は DMA 転 送 が 終 了 しても 画 像 入 力 等 が 完 結 していない 場 合 がありますので 強 制 完 結 させます 画 像 入 力 等 が 完 結 されていない 状 態 で 次 のGETコマント を 発 行 しますと 誤 動 作 になる 場 合 がありますので 注 意 して 下 さい 入 力 されたテ ータが 順 にそのままDMA 転 送 されます 従 ってカメラ 入 力 が2:1インターレスの 場 合 メモリの 前 半 に 第 1フィールト 後 半 に 第 2フィールト が 転 送 されます(ITRGMヒ ット 0の 場 合 ) DMAモート をチェーンモート に 設 定 する 事 により 連 続 取 り 込 みも 可 能 になります 80h 00001B43h 機 能 レシ スタに 次 の DMAハ ラメータテ ータの 格 納 されているメモリアト レスを 設 定 しておきます 90h xxxxxxx9h 例 えば 一 面 分 のシステムメモリに 連 続 取 り 込 みにて 新 テ ータを 次 々に 上 書 きさせる 場 合 の 設 定 例 を 示 します システムメモリは 一 面 分 のメモリエリア 及 びテーフ ルエリアを 確 保 します テーフ ルは PCIアト レス,Localアト レス, 転 送 ハ イト 量, 機 能 レシ スタ 4タ フ ルワート 分 です 例 として システムメモリ 転 送 先 アト レス h 転 送 テ ータ 量 0004B000h テーフ ル 格 納 メモリアト レス h とします 1) DMAチャンネル 0をイネーフ ルにする A8h コマント レシ スタ 01h 2) DMAモート, 転 送 先 他 各 レシ スタをセットする 80h DMAモート レシ スタ 00001B43h 84h PCIアト レスレシ スタ h 88h Localアト レスレシ スタ h 8Ch 転 送 ハ イト 量 レシ スタ h 90h 機 能 レシ スタ h 3) DMAスタートとする A8h コマント レシ スタ 03h DMAスタート 前 に システムメモリ hには 次 のDMAハ ラメータテ ータをセットしておきます h PCIアト レスレシ スタ h h Localアト レスレシ スタ h h 転 送 ハ イト 量 レシ スタ 0004B000h Ch 機 能 レシ スタ h 以 上 設 定 後 GETコマント を 発 行 します OUTホ ート0 C0h 出 力 PCIアト レスや 転 送 ハ イト 量 を 変 える 事 も 可 能 ですし ハ ラメータテ ータを 幾 つもセットしておき つなぐ 事 も 可 能 です 機 能 レシ スタ 値 のD1ヒ ットを1にセットすればチェーンは 終 了 し DMA 転 送 も 終 了 します ( 最 終 機 能 レシ スタ 値 h) DMA 転 送 終 了 検 出 後 OUTホ ート0 に 00h を 出 力 します

17 RGB 個 別 転 送 カラーRGBテ ータをDMA 転 送 の 段 階 で 別 メモリ 領 域 に 分 けて 転 送 できます BMMDヒ ット(SR:0 D6)を 1にセットします ハ ッファメモリがRGB 別 々にテ ータをハ ッファリンク するモート になります DMAの Localアト レスレシ スタに 次 の3 種 類 を 指 定 できます h: Rハ ッファメモリ h: Gハ ッファメモリ h: Bハ ッファメモリ チェーンモート にて 適 度 なフ ロック 単 位 に PCIアト レス,Localアト レスをRGB 毎 に 各 変 更 しながらDMA 転 送 する 事 によりRGBテ ータを 別 領 域 に 転 送 で きる 事 になります 1フ ロックのDMA 転 送 容 量 の 基 本 は 水 平 1~2ライン 程 度 が 適 当 です 小 さくすると それだけチェーンテ ータ 量 が 増 えますしまた 切 換 のオーハ ーヘット も 無 視 できません 大 きくすると 画 像 取 り 込 みの 終 了 に 対 する DMA 転 送 の 終 了 が 遅 くなります 例 えば 入 力 が2:1インターレースの640x480 RGBテ ータを システムメモリ R: h G: h B: h に 転 送 する 場 合 を 示 します チェーンテーフ ルテ ータ 領 域 としてシステムメモリに 480x3x16 約 23Kハ イト 確 保 します DMAレシ スタ 80h DMAモート レシ スタ 00001B43h 90h 機 能 レシ スタ h(テーフ ル 領 域 hとする)に 設 定 します チェーンテ ータ 領 域 には 下 記 テ ータをセットしておきます h PCIアト レス h システムメモリ R 領 域 1 本 目 4h Localアト レス h 画 像 ハ ッファメモリ R 8h 転 送 ハ イト 量 h 水 平 1ライン 分 640 Ch 次 テーフ ル 領 域 h 10h PCIアト レス h システムメモリ G 領 域 1 本 目 4h Localアト レス h 画 像 ハ ッファメモリ G 8h 転 送 ハ イト 量 h Ch 次 テーフ ル 領 域 h 20h PCIアト レス h システムメモリ B 領 域 1 本 目 4h Localアト レス h 画 像 ハ ッファメモリ B 8h 転 送 ハ イト 量 h Ch 次 テーフ ル 領 域 h 30h PCIアト レス h システムメモリ R 領 域 3 本 目 ( 第 1フィールト 2 本 目 ) 4h Localアト レス h 画 像 ハ ッファメモリ R 8h 転 送 ハ イト 量 h Ch 次 テーフ ル 領 域 h 40h PCIアト レス h システムメモリ G 領 域 3 本 目 ( 第 1フィールト 2 本 目 ) 4h Localアト レス h 画 像 ハ ッファメモリ G 8h 転 送 ハ イト 量 h Ch 次 テーフ ル 領 域 h 50h PCIアト レス h システムメモリ B 領 域 3 本 目 ( 第 1フィールト 2 本 目 ) 4h Localアト レス h 画 像 ハ ッファメモリ B 8h 転 送 ハ イト 量 h Ch 次 テーフ ル 領 域 h 60h PCIアト レス 10000A00h システムメモリ R 領 域 5 本 目 ( 第 1フィールト 3 本 目 ) 4h Localアト レス h 画 像 ハ ッファメモリ R xch 次 テーフ ル 領 域 h チェーン 終 了 RGBRGB...と 順 に1ライン 単 位 に 転 送 します 第 1フィールト 240 本 分 をセットします 次 に 第 2フィールト 240 本 分 を 同 じ 様 にセットします 第 1フィールト の 間 を 埋 める 様 にPCIアト レスをセットします 例 えば Rの 第 2フィールト 1 本 目 の PCIアト レスは hになります このDMA 転 送 で RGBテ ータ 領 域 が 分 離 されると 同 時 にノンインターレーステ ータに 変 換 されています

18 DMA 転 送 によるGETコマント 画 像 取 り 込 みをGMODヒ ット 1にて 連 続 取 り 込 みとした 時 途 中 何 らかの 要 因 にて 取 り 込 みテ ータ 量 に 狂 いが 生 じた 場 合 その 後 の 取 り 込 みは 全 てその 影 響 をうけてしまいます GMODヒ ット 0にて1フレーム 単 位 に 取 り 込 みを 行 った 場 合 は その 都 度 イニシャライス されますので 前 の 取 り 込 みの 影 響 を 受 けなくなります 画 像 取 り 込 みは 垂 直 有 効 領 域 の 終 了 で 終 了 します PCIハ スの 転 送 に 余 裕 が 有 れば それ 程 遅 れずにDMA 転 送 も 終 了 します 次 の 取 り 込 みの 受 付 は 垂 直 信 号 の 終 エッシ です 例 えば EIA,NTSC 規 格 の 入 力 信 号 であれば この 取 り 込 み 終 了 から 次 の 取 り 込 み 受 付 迄 の 時 間 は 約 1mS 程 度 あります 従 って この 間 に 次 のGETコマント を 発 行 できれば 連 続 取 り 込 みが 可 能 となります これを 利 用 すれば 1フレーム 取 り 込 みを 繰 り 返 す 事 により 連 続 取 り 込 みとする 事 ができます しかしソフトが 他 の 処 理 に 忙 しく このコマント 発 行 が 間 に 合 わない 場 合 が 生 じます DMAのチェーンモート を 利 用 しGETコマント をDMA 転 送 にて 発 行 できます Localアト レス h: GETCヒ ット 0 OUTホ ート0 00h と 同 等 GET 終 了 処 理 h: GETCヒ ット 1 OUTホ ート0 00h 80h と 同 等 再 GET 発 行 34hの 場 合 一 旦 GETCヒ ットを0クリアした 後 再 セットします チェーンテ ータの 1フレームの 取 り 込 みテ ータの 次 に この 転 送 テ ータを 埋 め 込 む 事 により 自 動 的 に 次 GETコマント を 発 行 し つなぐ 事 ができます xxxxxxx0h PCIアト レス xxxxxxxxh 実 在 システムメモリ 領 域 4h Localアト レス h 再 GET 8h 転 送 ハ イト 量 h 1~4ハ イト Ch 次 テーフ ルタ 領 域 xxxxxx19h xxxxxxx0h PCIアト レス xxxxxxxxh 実 在 システムメモリ 領 域 4h Localアト レス h GET 終 了 8h 転 送 ハ イト 量 h 1~4ハ イト Ch 次 テーフ ルタ 領 域 xxxxxxx9h xxxxxxx0h PCIアト レス h 4h Localアト レス h 8h 転 送 ハ イト 量 h Ch 次 テーフ ルタ 領 域 h チェーン 終 了 (DMA 終 了 ) あくまでDMA 転 送 ですので 転 送 ハ イト 量 分 のシステムメモリへのテ ータ 転 送 は 行 われます( 不 定 テ ータ) 従 ってPCIアト レスは 壊 されて 良 い 領 域 を 指 定 します 取 り 込 みの 開 始 は 必 ず OUTホ ート0 80h でGETコマント を 発 行 して 下 さい GMOD:1としますと 誤 動 作 になる 可 能 性 があります この 方 法 は 1フレームのDMA 転 送 終 了 後 に 次 のGETコマント の 発 行 となります 従 って DMA 転 送 が 次 の 垂 直 信 号 の 終 エッシ 前 に 終 了 しなければ 連 続 取 り 込 みには ならない 事 に 注 意 が 必 要 です 取 り 込 みカウンタ 値 の 付 加 GCTENヒ ットを1にセットすれば 画 像 テ ータの 先 頭 テ ータを 取 り 込 みカウンタ 値 と 置 き 換 えます 先 頭 1ハ イトのみの 置 き 換 えです カラーの 場 合 は Gの 先 頭 テ ータとなります メモリに 上 書 きで 転 送 している 等 の 場 合 画 像 GETと 転 送 テ ータの 相 関 をチェックするコート として 利 用 できます

19 3.13 ラインセンサカメラの 接 続 LINMDヒ ットを1に 設 定 すれば ラインセンサカメラモート となります 想 定 されているカメラは NED,エクセル 製 ですが 同 等 のカメラであれば 他 メーカ 製 カメラも 接 続 可 能 です 接 続 にはRGBコネクタ,カメラコネクタ 両 方 のコネクタの 信 号 が 必 要 となります HD-A: RS-422 出 力 信 号 LT+ ライン 信 号 + VD-A: LT- - HD-B: CLK+ クロック 信 号 + VD-B: CLK- - 映 像 信 号 はモノクロの 場 合 G/VIN カラーの 場 合 はRGBINに 接 続 します ヒ テ オクロックの 設 定 はエリアの 場 合 と 変 わりません 原 クロック 作 成 選 択 後 CLKDV,CCKDVヒ ットにて ヒ テ オクロックとカメラクロックを 設 定 します CLKDVヒ ットでヒ テ オクロック CCKDVヒ ットでカメラクロックの 設 定 になります 例 えば 2:1クロックのカメラで ヒ テ オクロック 20MHz カメラクロック 10MHz 原 クロック 40MHz であれば CLKDV:1/2 CCKDV:1/4 に 設 定 します LT(ライン) 信 号 は HDSC 16ヒ ット D0~15 ライン 信 号 繰 り 返 しレート HDPW 8ヒ ット D0~7 ライン 信 号 幅 に 設 定 します カウンタクロックは CCLK(カメラクロック)です ラインの 画 像 有 効 位 置, 幅 は エリアカメラと 同 じ UNBP 10ヒ ット D0~9 カメラ 画 像 水 平 有 効 位 置 UNBW 16ヒ ット D0~15 幅 に 設 定 します カウンタクロックは VCLK(ヒ テ オクロック)です 幅 の 設 定 値 は 下 位 4ヒ ット0で16ト ット 単 位 の 設 定 となります 取 り 込 みはGETCヒ ットで 行 いますがGMODヒ ットの 設 定 により 取 り 込 みモート が 変 わります GMOD:0 GMOD:1 垂 直 幅 VUBW カウンタ 設 定 値 分 のライン 取 り 込 み 後 自 動 終 了 となります GETCヒ ットがセットされている 間 取 り 込 みを 続 けます VUBW 16ヒ ット D0~15 カメラ 画 像 垂 直 有 効 幅 どちらの 場 合 もGETCヒ ットを 落 とせばその 時 点 で 終 了 しますし DMAコントローラが 転 送 終 了 となれば 取 り 込 みも 終 了 します GTRG 入 力 を 取 り 込 みトリカ とする 事 ができます [SMOD7:1] この 場 合 GETCヒ ットをセットしてもすぐに 取 り 込 まず GTRG 入 力 を 待 って 取 り 込 み 開 始 となります WEN 入 力 を 取 り 込 みラインインテ ックス 信 号 とする 事 ができます [SMOD6:1] WEN 入 力 があった 次 のラインを 有 効 ラインとして 取 り 込 みます WEN 入 力 の 無 いラインは 無 効 ラインとして 取 り 込 みません エンコータ 等 の 信 号 にて 同 期 取 り 込 みを 行 う 場 合 等 に 利 用 できます WEN LT(ライン) 取 り 込 み 上 記 でWEN 入 力 の1で 2のラインが 取 り 込 まれます 以 下 の 関 係 になります WENの5は 4の2 重 入 力 として 無 視 されます ライン4,7はWENが 無 いため 無 効 ラインとなります WENの 検 出 は 信 号 立 ち 上 がりエッシ です 極 性 はSPOL6ヒ ットで 設 定 できます

20 3.14 DIO DIOコネクタ DSUB 9Pメス ヒ ンNO 信 号 名 用 途 1 DIO4 DIO 入 出 力 信 号 アイソレーション 信 号 -4 2 DIO5-5 3 DIO6-6 4 DIO7-7 5 TTL7 TTL 入 出 力 信 号 ノンアイソレーション 信 号 V 電 源 ノンアイソレーション 電 源 MAX 0.1A 7 ICOM DIO 入 力 コモン アイソレーション 入 力 コモン + 5~24V 8 OCOM DIO 出 力 コモン アイソレーション 出 力 コモン - 9 GND コモン ノンアイソレーション DIOヒ ットはフォトカフ ラによる アイソレーション 入 力 信 号 です VCCフ ルアッフ IN4 ICOM (MAX 30V) 電 源 + 2kΩ R DIO4 IN5 DIO5 IN6 DIO6 IN7 GND R DIO7 PCON OUT4 R OUT5 OUT6 OUT7 R OCOM 電 源 - 4 回 路 1フ ロックの 構 成 です コモンはフ ロック 単 位 になります 入 力 LED 電 流 制 限 抵 抗 は2kΩ ICOMに24Vを 接 続 した 場 合 約 10mA 出 力 負 荷 MAX 30V 30mA TTLヒ ット INB LV14 5V フ ルアッフ D TTL7 OUTB LS06 * フ ルアッフ 抵 抗 4.7kΩ DIO 出 力 74LS06 入 力 74LV14 を 使 用 し やはり 双 方 向 構 成 です 基 本 的 にTTLレヘ ルですが MAX 30V 迄 の 信 号 電 圧 が 接 続 可 能 です 入 力 H:2.4~30V L:0~0.4V 出 力 MAX 30V 30mA です * DIO/TTL 共 双 方 向 構 成 です 入 力 として 使 用 するヒ ットは OUTヒ ットを0に 設 定 し 出 力 OFFにして 置 きます DIOヒ ットは 入 出 力 ホ ート 18hにて 制 御 します D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0 18h DIO7 DIO6 DIO5 DIO4 入 出 力 共 コネクタ 端 の 信 号 レヘ ルは 負 論 理 です 0:H 1:L 従 って OUTヒ ット 1にて フォトカフ ラ ONです 入 力 もフォトカフ ラONで 入 力 ヒ ット 1になります 電 源 ON 時 出 力 フォトカフ ラはオールOFFです PCON:0 双 方 向 ですので 初 期 設 定 時 入 力 ヒ ットとして 使 用 する DIOヒ ットは 出 力 ヒ ットを0に 設 定 して 下 さい OUTホ ート 18h 実 行 にて 出 力 フォトカフ ラもイネーフ ルになります PCON:1 OUTホ ート 14h 10h 実 行 にて 出 力 フォトカフ ラをテ ィセーフ ルにできます PCON:0-20 -

21 TTL TTLヒ ットは 入 出 力 ホ ート 04hにて 制 御 します 04h D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0 TTL7 入 出 力 共 コネクタ 端 の 信 号 レヘ ルは 負 論 理 です 0:H 1:L DIO/TTL 信 号 はSMODヒ ットの 設 定 により 制 御 信 号 になります 制 御 ヒ ット 時 のみ SDIR,SPOLヒ ットにて 各 信 号 の 入 出 力, 信 号 極 性 の 設 定 ができます 制 御 ヒ ット (SMODx:1) 7: GTRG 外 部 取 り 込 みトリカ 入 力 6: LWEN ラインセンサーモート 時 のエンコータ 入 力 (LINMD:1のみ) 5: PLS ハ ルス 出 力 4: SRB ストロホ トリカ 出 力 ストロホ トリカ 出 力 は SRBSL0,1 2ヒ ットにて 出 力 信 号 が 選 択 されます 0:- 1:- 2:- 3:DIO4 ハ ルス 出 力 は PLSSL0,1 2ヒ ットにて 出 力 信 号 が 選 択 されます 0:- 1:- 2:- 3:DIO5 ハ ルス 出 力 ハ ルスセットは OUTホ ート 14 01hにて 行 います クリアは カウンタ 値 です SHOT 8ヒ ット D0~7 ハ ルス 信 号 幅 カウンタクロックは SHTCKSにて 選 択 します 0:HD 1:VD 3.15 シリアル 制 御 シリアル 機 能 を 持 ったカメラを 使 用 する 場 合 のシリアル 制 御 です 送 受 信 テ ータは ホ ート20にて IN/OUTします ホ ート24にて シリアルスティタスヒ ットがINできます D0:RXRDY 受 信 テ ータ 0: 無 1: 有 D1:TXRDY 送 信 テ ータ 0: 送 信 不 可 1: 送 信 可 受 信 テ ータには 数 十 ハ イト 分 の 入 力 ハ ッファが 有 りますので ある 程 度 の 貯 め 込 みが 可 能 です ホ ーレートは SRCKカウンタにて 設 定 します SRCK D0~11 12ヒ ット カウンタ 値 にて 49MHzを 分 周 し ホ ーレートの16 倍 のクロックを 作 成 します ホ ーレート クロック カウンタ 値 4.8k 76.8kHz 639 (27Fh) 9.6k 153.6kHz 320 (140h) 19.2k 307.2kHz 160 (A0h) シリアルの 各 モート を 設 定 します RXIE: 受 信 イネーフ ル 0:テ ィセーフ ル 1:イネーフ ル TXOE: 送 信 イネーフ ル 0:テ ィセーフ ル 1:イネーフ ル RXPOL: 受 信 ライン 信 号 極 性 0: 正 1: 負 RXDPOL: 受 信 テ ータ 極 性 0: 正 1: 負 RXSTTB: 受 信 スタートヒ ット 極 性 0: 正 1: 負 RXPAR: 受 信 テ ータハ リティ 0: 無 1: 有 TXPOL: 送 信 ライン 信 号 極 性 0: 正 1: 負 TXDPOL: 送 信 テ ータ 極 性 0: 正 1: 負 TXSTTB: 送 信 スタートヒ ット 極 性 0: 正 1: 負 TXPAR: 送 信 ハ リティ 0: 無 1: 有 RXIE,TXOEを1にセットすれば 送 受 信 可 になります 一 般 的 RS-232 仕 様 であれば 各 極 性 ヒ ットの 設 定 は0です ハ リティヒ ット 有 りの 場 合 受 信 ハ リティは 無 視 しています(チェック 無 ) 送 信 の 場 合 も 自 動 付 加 はしません 送 信 テ ータのD8ヒ ットにソフトでセットして 下 さい

22 3.16 割 り 込 み PCIハ スを 介 してCPUに 割 り 込 みをかける 事 ができます 割 り 込 み 要 因 は I/Oホ ート 1Ch 下 位 5ヒ ットにて 制 御 できます D0:VD D1:GTRG D2:DMAERR D3:DMAEND D4:GETF 垂 直 同 期 信 号 の 前 縁 にて 割 り 込 みます 画 像 取 り 込 み 要 因 にて 割 り 込 みます DMA 転 送 にてエラーになると 割 り 込 みます DMA 転 送 終 了 にて 割 り 込 みます 入 力 終 了 (1 画 面 )にて 割 り 込 みます OUTホ ート 1Ch にて 各 要 因 をヒ ット 単 位 にイネーフ ル/テ ィセーフ ルできます 0:テ ィセーフ ル 1:イネーフ ル 割 り 込 み 信 号 は 1 本 ですので OR になります INホ ート 1CH にて 割 り 込 み 要 因 がヒ ットに 反 映 されます ( 要 因 ヒ ット 1) 割 り 込 み 要 因 が 重 なった 場 合 は 複 数 ヒ ット セットされます INTMD:0 時 INホ ート 1CH 実 行 にて 読 み 出 されたヒ ットは 自 動 的 にクリアされます INTMD:1 時 OUT 14h D8~12 にて 要 因 ヒ ットクリアできます ヒ ット 配 列 は8ヒ ットシフトされます (0:8~4:12) 1にセットされたヒ ットのみクリアされます 割 り 込 み 処 理 ルーチン 内 で 対 応 ヒ ットのクリアを 行 って 下 さい PCIのコンフィク テ ータは INTAにセットされています 割 り 込 み 機 能 を 使 用 するには PCI チッフ の 内 部 ローカルレシ スタ 設 定 が 必 要 になります PCIチッフ レシ スタ INTCSR:68h Interrupt Control/Status 上 記 割 り 込 みをイネーフ ルにするには D11 Local Interrupt Input Enable ヒ ットを 1にセットする 必 要 があります 詳 細 は PCIチッフ (PLX PCI9056)の マニュアルを 参 照 して 下 さい PCIチッフ のレシ スタ 設 定 により DMAの 転 送 終 了 による 割 り 込 みを チッフ 自 身 から 発 生 させる 事 ができます 上 記 DMAENDは PCIチッフ の 転 送 終 了 を 外 部 回 路 にて 検 出 していますので 100μS 程 度 遅 れます 従 って PCIチッフ 自 身 にて 発 生 させた 方 が 早 く 検 出 されます

23 - 23 -

AVRsup.PDF

AVRsup.PDF AVR 補 助 情 報 Rev. 1.0C-04/14 HERO ad heavy frieds HERO ad heavy frieds 目 次 はじめに 3 割 り 込 み 4 内 部 同 期 (システム クロックへの 同 期 化 ) 5 認 識 ( 割 り 込 み 制 御 部 ) 5 命 令 同 期 ( 命 令 実 行 待 機 ) 6 応 答 処 理 ( 割 り 込 み 応 答 実 処 理 )

More information

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 1. 総 則 1.1 適 用 範 囲 この 規 格 は 計 器 用 変 成 器 または 計 器 用 変 圧 器 および 計 器 用 変 流 器 ( 二 次 側 三 相 3 線 式 110V 5A)とともに 取 付 ける 電 子 式 複 合 計 器 ( 以 下 計

More information

Microsoft PowerPoint - 説明用_2016_ver2.6.pptx

Microsoft PowerPoint - 説明用_2016_ver2.6.pptx 電 気 電 子 工 学 実 験 III 時 間 領 域 周 波 数 領 域 での 伝 達 関 数 計 測 担 当 三 輪 目 的 サンプリング 定 理 周 波 数 スペクトル 伝 達 関 数 等 の 信 号 処 理 の 基 礎 となる 事 項 を 実 験 的 に 確 認 し より 直 観 的 に 理 解 できること 1 回 目 1-1 サンプリングとは 1-2 ナイキスト 条 件 1-3 離 散 フーリエ

More information

TC74HCT4053AF/AFT

TC74HCT4053AF/AFT 東 芝 MOSデジタル 集 積 回 路 シリコン モノリシック T74HT4053AF/AFT T74HT4053AF, T74HT4053AFT Triple 2-hannel Analog Multiplexer/Demultiplexer T74HT4053A は シリコンゲート MOS 技 術 を 用 いた 高 速 MOS アナログマルチプレクサ/デマルチプレクサです MOS の 特 長 である

More information

1. 総 則 本 書 は 車 輌 運 動 計 測 装 置 (TA7871: 以 下 本 装 置 と 称 す)の 機 器 仕 様 についてまとめ たものである 1.1 概 要 本 装 置 はセンサとして 3 軸 ジャイロ 3 軸 加 速 度 計 及 び GPS 受 信 機 を 搭 載 し 本 装 置

1. 総 則 本 書 は 車 輌 運 動 計 測 装 置 (TA7871: 以 下 本 装 置 と 称 す)の 機 器 仕 様 についてまとめ たものである 1.1 概 要 本 装 置 はセンサとして 3 軸 ジャイロ 3 軸 加 速 度 計 及 び GPS 受 信 機 を 搭 載 し 本 装 置 車 輌 運 動 計 測 装 置 機 器 仕 様 書 改 訂 番 号 年 月 日 ページ 改 訂 理 由 作 成 点 検 承 認 1 14 1 30 3,4,6,7,12 方 位 角 リセットスイッチ 追 加 DS D DATE MODEL No. TITLE 13. 7.20 SCALE CH D TA7871 ED N No... 車 輌 運 動 計 測 装 置 機 器 仕 様 書 APP D S

More information

mega8.pdf

mega8.pdf 特 徴 ATmega8 8Kハ イト 実 装 書 き 込 み 可 能 フラッシュ メモリ 付 き Atmel 8ヒ ット マイクロ コントローラ テ ータシート 高 性 能 低 消 費 AVR 8ヒ ット マイクロ コントローラ 進 化 したRISC 構 造 強 力 な28 命 令 ( 多 くは 周 期 で 実 行 ) 32 個 のハ イト 長 汎 用 レシ スタ 完 全 なスタティック 動 作 6MHz

More information

Microsoft Word - 247サンプル1.DOC

Microsoft Word - 247サンプル1.DOC 第 3 章 ハイブリッド 自 動 車 の 永 久 磁 石 モータ 制 御 技 術 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 佐 々 木 正 一 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 佐 藤 栄 次 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 岡 村 賢 樹 株 式 会 社 豊 田 中 央 研 究 所 稲 熊 幸 雄 3.1 まえがき 自 動 車 の 排 出 ガスによる 環 境 問 題 は 以 前 から 叫 ばれ 電

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

tiny20.pdf

tiny20.pdf 特 徴 ATtiny2 2Kハ イト 実 装 書 き 込 み 可 能 フラッシュ メモリ 付 き 8ヒ ット AV マイクロ コントローラ テ ータシート 高 性 能 低 消 費 AV 8ヒ ット マイクロ コントローラ 進 化 したISC 構 造 強 力 な2 命 令 ( 多 くは 周 期 実 行 ) 6 個 のハ イト 長 汎 用 レシ スタ 完 全 なスタティック 動 作 2MHz 時 2MIPSに

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

<53474E834B83438368838983438393934B899E955C313230393236422E786C73>

<53474E834B83438368838983438393934B899E955C313230393236422E786C73> 緊 急 地 震 速 報 を 適 切 に 利 用 するために 必 要 な 受 信 端 末 の 機 能 及 び 配 信 能 力 に 関 するガイドライン ( 気 象 庁 平 3 年 月 日 公 開 ) への 対 応 状 況 高 度 利 用 者 向 け 緊 急 地 震 速 報 ( 予 報 ) 専 用 通 報 装 置 0 年 6 月 日 初 版 0 年 8 月 0 日 Ver.0 エヌ エス シー 株 式

More information

(Microsoft PowerPoint - 031014Crystal\317\306\255\261\331[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p])

(Microsoft PowerPoint - 031014Crystal\317\306\255\261\331[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p]) INCA Crystal Aug2001 版 操 作 ガイド オックスフォート インスゥルメンツ 社 のEBSDシステム-INCA Crystalの 操 作 カ イト です 簡 単 な 操 作 方 法 について 記 述 しています より 複 雑 な 操 作 や 理 論 のお 問 い 合 わせは オックスフォート インストゥルメンツ 社 までお 問 い 合 わせください オックスフォート インストゥルメンツ

More information

Microsoft Word - 2015年末調整手順書.doc

Microsoft Word - 2015年末調整手順書.doc 給 与 システム 年 末 調 整 処 理 手 順 書 < 目 次 > Ⅰ. 処 理 手 順 フロー(P.2) Ⅱ. 年 末 調 整 準 備 資 料 について(P.3~) Ⅲ. 年 調 期 間 設 定 について(P.5~) Ⅳ. 申 告 データ 個 別 入 力 について(P.9~) Ⅴ. 年 末 調 整 確 定 処 理 について(P.14~) Ⅵ. 各 種 帳 票 について(P.20~) 資 料 :よくあるお

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20836F835883588343836283602083418376838A8350815B835683878393836D815B836720323031312D31323235205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20836F835883588343836283602083418376838A8350815B835683878393836D815B836720323031312D31323235205B8CDD8AB78382815B83685D> 東 芝 半 導 体 アプリケーションノート バススイッチの 使 用 上 の 注 意 点 2011/12/25 株 式 会 社 東 芝 セミコンダクター&ストレージ 社 ディスクリート 半 導 体 事 業 部 Copyright 2010, Toshiba Corporation. バススイッチとは 機 械 スイッチ バススイッチ スイッチを 押 すと 信 号 伝 達 (オン) 入 出 力 スイッチ

More information

こんな 事 ありませんか? 大 会 大 型 団 体 の 管 理 の 為 に 専 用 システムを 作 った 市 場 の 環 境 が 目 まぐるしく 変 わるこの 時 代 に 専 用 システムは 余 りに 高 価 です 不 確 定 な 要 素 の 多 い 仕 事 を 小 回 りのきかない 専 用 システ

こんな 事 ありませんか? 大 会 大 型 団 体 の 管 理 の 為 に 専 用 システムを 作 った 市 場 の 環 境 が 目 まぐるしく 変 わるこの 時 代 に 専 用 システムは 余 りに 高 価 です 不 確 定 な 要 素 の 多 い 仕 事 を 小 回 りのきかない 専 用 システ 国 内 海 外 の 各 種 大 会 (イベント) 及 び 大 型 団 体 (~ 数 千 人 ) の 進 行 管 理 を 行 う 為 のシステムです 航 空 宿 泊 等 手 配 業 務 が 大 幅 に 簡 素 化 できます ブロードバンド 接 続 でデータの 一 括 管 理 が 出 来 ます 現 地 現 場 で 利 用 する 為 の 数 々の 機 能 があります こんな 事 ありませんか? 大 会 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B868BC9596F75547562658363815B838B8C7091B194C581408E67977090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B868BC9596F75547562658363815B838B8C7091B194C581408E67977090E096BE8F912E646F63> 究 極 YouTube ツール 使 用 説 明 書 著 者 ken - 1 - 著 作 権 について このツールは 著 作 権 法 で 保 護 されている 著 作 物 です このツールの 著 作 権 はkenに 属 します 著 作 権 者 の 許 可 なく このツールの 全 部 又 は 一 部 をいかなる 手 段 においても 複 製 転 載 流 用 転 売 等 することを 禁 じます 無 断 で 複

More information

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63>

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63> 3 日 本 の 居 住 者 が 国 際 投 資 を 行 う 場 合 の 税 務 に 関 する 基 礎 知 識 (1) 居 住 者 と 非 居 住 者 の 区 分 の 重 要 性 個 人 が 国 際 取 引 を 行 った 場 合 海 外 と 国 内 の 課 税 を 考 える 上 で その 個 人 がわが 国 の 居 住 者 に 該 当 するのか あるいは 非 居 住 者 に 該 当 するのか 又 は

More information

調査表・実績表

調査表・実績表 様 式 -3 新 技 術 調 査 表 (1) 登 録 番 号 1301013 名 称 ドリリングプレス 工 法 作 成 年 月 日 2014 年 1 月 8 日 更 新 年 月 日 2015 年 11 月 25 日 副 題 鋼 管 矢 板 中 掘 圧 入 工 法 (パイラー 式 ) 開 発 年 月 日 2002 年 9 月 1 日 分 開 発 者 野 開 発 会 社 提 案 会 社 兼 問 い 合

More information

C0BA3DD940A48DFC49256ACA001C240

C0BA3DD940A48DFC49256ACA001C240 平 成 11 年 ( 行 ケ) 第 316 号 審 決 取 消 請 求 事 件 ( 平 成 13 年 3 月 7 日 口 頭 弁 論 終 結 ) 判 決 原 告 インターナショナル ビジネス マシーン ズ コーポレーション 代 表 者 A 訴 訟 代 理 人 弁 理 士 坂 口 博 市 位 嘉 宏 渡 部 弘 道 被 告 特 許 庁 長 官 B 指 定 代 理 人 C D E F 主 文 原 告 の

More information

PowerPoint-Präsentation

PowerPoint-Präsentation 発 行 :Dec. 2015 サービス パーツ 部 MG41-NC Q&A 集 (CC-Link) この 内 容 以 外 のご 質 問 等 ございましたら 質 問 事 情 を 下 記 のメルアドへご 返 信 ください E-mail: info-css@magnescale.com 1/9 Q&A 目 次 操 作 方 法 に 関 する 質 問 3 CC-Linkのバージョンと 占 有 局 数 占 有

More information

サーヒ スご 利 用 のながれ 1サーヒ スエリアを 調 べる 1サーヒ スエリアを 調 べる 携 帯 電 話 をご 利 用 になりたい 米 国 地 域 がH2O by KDDI Mobileサービスがご 利 用 になれるエリアかどうかを 調 べます ご 利 用 になりたい 米 国 地 域 の 住

サーヒ スご 利 用 のながれ 1サーヒ スエリアを 調 べる 1サーヒ スエリアを 調 べる 携 帯 電 話 をご 利 用 になりたい 米 国 地 域 がH2O by KDDI Mobileサービスがご 利 用 になれるエリアかどうかを 調 べます ご 利 用 になりたい 米 国 地 域 の 住 www.kddimobilesim.com H2O by KDDI Mobile ハ ーフェクトマニュアル 2013/May ver.1 サーヒ スご 利 用 のながれ 1サーヒ スエリアを 調 べる 1サーヒ スエリアを 調 べる 携 帯 電 話 をご 利 用 になりたい 米 国 地 域 がH2O by KDDI Mobileサービスがご 利 用 になれるエリアかどうかを 調 べます ご 利 用

More information

科 目 名 : 情 報 数 学 a 担 当 者 : 本 田 康 子 工 学 科 : 総 合 システム 学 年 : 3 コース: 情 報 コミュニケーション 開 講 期 : 前 期 第 1 週 ガイダンス 場 合 の 数 と 確 率 第 2 週 場 合 の 数 と 確 率 ( 集 合, 集 合 の 要

科 目 名 : 情 報 数 学 a 担 当 者 : 本 田 康 子 工 学 科 : 総 合 システム 学 年 : 3 コース: 情 報 コミュニケーション 開 講 期 : 前 期 第 1 週 ガイダンス 場 合 の 数 と 確 率 第 2 週 場 合 の 数 と 確 率 ( 集 合, 集 合 の 要 科 目 名 : 電 気 回 路 Ⅰa 担 当 者 : 岸 純 男 工 学 科 : 総 合 システム 学 年 : 3 コース: 情 報 コミュニケーション 開 講 期 : 前 期 第 1 週 電 気 回 路 とオームの 法 則 第 2 週 抵 抗 の 直 列 接 続 と 並 列 接 続 第 3 週 直 流 回 路 の 簡 単 な 計 算 第 4 週 電 気 抵 抗 と 抵 抗 の 温 度 による 変

More information

大規模システムへの効果的対応

大規模システムへの効果的対応 パネルディスカッション: USDM で 良 かったことと 困 ったこと 2014-11-21 派 生 開 発 推 進 協 議 会 Copyrights 派 生 開 発 推 進 協 議 会 2014 2014-11-21 0 パネリスト 南 部 妙 水 アンリツエンジニアリング 技 術 の 利 用 者 内 部 推 進 者 技 術 者 斎 藤 芳 明, 富 士 ゼロックス 技 術 の 利 用 者 内 部

More information

Microsoft Word - 05.doc

Microsoft Word - 05.doc DEIM2009 E3-2 地 理 的 情 報 を 考 慮 したウェブ 画 像 検 索 方 法 の 提 案 和 田 修 平 井 上 潮 東 京 電 機 大 学 工 学 部 情 報 通 信 工 学 科 101-8457 東 京 都 千 代 田 区 神 田 錦 町 2-2 E-mail: 05kc116@ed.cck.dendai.ac.jp, inoue@c.dendai.ac.jp あらまし 近 年,ウェブ

More information

Taro-230214条例改正想定問答.jtd

Taro-230214条例改正想定問答.jtd 鳥 取 県 青 少 年 健 全 育 成 条 例 一 部 改 正 ( 第 10 次 改 正 ) 想 定 問 答 (H23.2.14 現 在 ) 1 総 論 Q: 条 例 の 改 正 理 由 は? A: この 条 例 には 平 成 22 年 度 末 を 目 途 として この 条 例 の 規 定 及 びその 実 施 状 況 に ついて 検 討 を 加 え その 結 果 に 基 づいて 必 要 な 措 置

More information

Microsoft Word - 01 text.doc

Microsoft Word - 01 text.doc AD-4820-52 ベルトスケール 取 扱 説 明 書 1WMPD4001093 ご 注 意 (1) 本 書 の 一 部 または 全 部 を 無 断 転 載 することは 固 くお 断 りします (2) 本 書 の 内 容 については 将 来 予 告 なしに 変 更 することがあります (3) 本 書 の 内 容 は 万 全 を 期 して 作 成 しておりますが ご 不 審 な 点 や 誤 り 記

More information

d_meterrelay_catalog.pdf

d_meterrelay_catalog.pdf デ ィ ジ ル メ リ レ 直 流 電 圧 計 電 流 計 受 信 計 特 長 高 輝 度 大 形 オリジナルLED 採 用 比 較 判 定 状 態 が 一 目 でわかる2 色 発 光 複 数 の 情 報 を 表 示 するサブ 表 示 LED 付 よく 使 う 設 定 項 目 を 優 先 グルプ 化 上 下 限 判 定 ゾン 判 定 が 出 来 る4 点 比 較 判 定 出 力 付 スケリング 平

More information

PT200e/PT408e/PT412eプリンタ設定ツール説明書

PT200e/PT408e/PT412eプリンタ設定ツール説明書 PT200e/PT408e/PT412e プリンタ 設 定 ツール 説 明 書 2008 年 10 月 22 日 第 6 版 目 次 1. はじめに 1 2. ご 使 用 の 前 に 2 3. プリンタ 設 定 ツール 使 用 方 法 3 4. 巡 回 設 定 8 5. ファイル 9 5.1 設 定 ファイルの 読 込 み 9 5.2 設 定 ファイルの 保 存 10 5.2.1 新 規 保 存 の

More information

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと 2008.2 日 興 AMファンドアカデミー ベーシック 改 めて 今 分 配 金 について 日 興 アセットマネジメントが お 伝 えしたいこと? お 客 様 から 分 配 金 は 下 がるのか? あと 何 カ 月 くらい 今 の 分 配 金 が 続 けられるのか? というお 問 い 合 わせを 受 けることが 多 くなってきました それに 対 して 明 確 なお 返 事 やお 約 束 をすることはできません

More information

Microsoft Word - SST40202-1501.doc

Microsoft Word - SST40202-1501.doc 電 子 式 水 用 流 量 計 R アクアアイ 仕 様 書 SST40202 15.01 1. 概 要 電 子 式 水 用 流 量 計 は 羽 根 車 式 水 用 流 量 計 の 計 量 部 に 電 子 表 示 計 数 部 を 搭 載 した 水 用 流 量 計 です ユーザが 現 場 で 設 定 を 容 易 に 変 更 ができる ユーザ 設 定 機 能 を 搭 載 し 幅 広 いアプリケーションへの

More information

-XMLチェックエラー 一 覧 - XMLチェックエラー 一 覧 チェック 後 の XML ボタンで 表 示 される 主 な の 一 覧 です 内 容 が 記 述 されていません 必 須 記 入 項 目 ですが 入 力 されていません XMLファイルがありません DTDファイルがありません フォルダ

-XMLチェックエラー 一 覧 - XMLチェックエラー 一 覧 チェック 後 の XML ボタンで 表 示 される 主 な の 一 覧 です 内 容 が 記 述 されていません 必 須 記 入 項 目 ですが 入 力 されていません XMLファイルがありません DTDファイルがありません フォルダ 宮 崎 県 用 電 子 納 品 チェッカー 主 な について XMLチェックエラー 一 覧 ファイルチェックエラー 一 覧 関 連 付 けチェックエラー 一 覧 禁 則 文 字 修 正 例 一 覧 -XMLチェックエラー 一 覧 - XMLチェックエラー 一 覧 チェック 後 の XML ボタンで 表 示 される 主 な の 一 覧 です 内 容 が 記 述 されていません 必 須 記 入 項 目

More information

T8200UD

T8200UD T8200UD 共 振 周 波 数 検 査 機 製 品 仕 様 書 Ver.1.04 平 成 25 年 08 月 20 日 第 1.04 版 販 売 元 株 式 会 社 テ ス ト ラ ム 製 造 元 株 式 会 社 V-SAT 年 月 日 版 作 成 者 説 明 2012 年 10 月 19 日 1.0 宮 田 新 規 作 成 2012 年 12 月 12 日 1.01 宮 田 機 能 仕 様 追

More information

DQ 16x24VDC/0,5A STデジタル出力モジュール(6ES7132-6BH00-0BA0)

DQ 16x24VDC/0,5A STデジタル出力モジュール(6ES7132-6BH00-0BA0) DQ 16x24VDC/0,5A STデジタル 出 力 モ ジュール (6ES7132-6BH00-0BA0) はじめに 文 書 へのご 案 内 1 SIMATIC ET 200SP DQ 16x24VDC/0,5A ST デジタル 出 力 モジュール (6ES7132-6BH00-0BA0) マニュアル 製 品 概 要 2 接 続 3 パラメータ 割 り 付 け/アドレ 4 ス 指 定 割 り 込

More information

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え 数 学 的 な 見 方 や 考 え 方 を 育 む 数 学 的 活 動 の 工 夫 ~ 資 料 の 活 用 領 域 におけるICT 活 用 を 通 して~ 研 究 のキーワード 統 計 的 な 見 方 や 考 え 方 統 計 ソフト stathist 表 計 算 ソ フト Excel 学 び 合 い 那 覇 市 立 首 里 中 学 校 教 諭 山 里 毅 目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理

More information

Microsoft Word - TC74HC4051_4052_4053AP_AF_AFT_J_P15_060824_.doc

Microsoft Word - TC74HC4051_4052_4053AP_AF_AFT_J_P15_060824_.doc TH,,P/F/FT 東 芝 MOS デジタル 集 積 回 路 シリコン モノリシック THP,THF,THFT THP,THF,THFT THP,THF,THFT THP/F/FT 8-hannel nalog Multiplexer/Demultiplexer THP/F/FT Dual -hannel nalog Multiplexer/Demultiplexer THP/F/FT Triple

More information

MN5B02UC

MN5B02UC DATA SHEET 品 種 名 パッケージコード MN5B2UC TQFP48-P-77B 発 行 年 月 :25 年 5 月 1 目 次 概 要. 3 特 長. 3 用 途. 3 外 形. 3 ブロック 図 4 端 子 配 置 図 5 端 子 説 明.... 6 絶 対 最 大 定 格. 8 推 奨 動 作 範 囲. 8 入 出 力 容 量. 8 電 気 的 特 性.... 9 クロックジェネレータ(PLL)

More information

キーボード PCS-35 35KB 取 扱 説 明 書 ご 注 意 本 キ ー ボ ー ド を プ リ セ ッ ト カ メ ラ シ ス テ ム の シ ス テ ム コ ン ト ロ ー ラ ( P C S - 3 5 S C ) と 接 続 す る 場 合 は プ リ セ ッ ト シ ス テ ム の 取 扱 説 明 書 を ご 覧 く だ さ い あ 目 次 1. 概 要 2 2. 特

More information

Microsoft Word - MA R0-D5034A取説.doc

Microsoft Word - MA R0-D5034A取説.doc レ ベ ル モ ニ タ MODEL DLS-5034A 取 扱 説 明 書 東 洋 測 器 株 式 会 社 本 社 横 浜 市 港 北 区 新 羽 町 964 番 24 TEL 045-540-8353 FAX 045-544-8354 MA4-00136(2008/04) -- 目 次 -- 頁 1. 概 要...3 2. 外 観 および 各 部 名 称...3 3. 操 作 説 明...4 3-1)

More information

5.4.3 将 来 の 方 針 方 向 性 (1) 中 心 市 街 地 の 道 路 の 考 え 方 中 心 市 街 地 の 道 路 の 課 題 及 び 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 の 方 針 を 踏 まえて 中 心 市 街 地 の 道 路 は 中 心 市 街 地 の 活 性 化

5.4.3 将 来 の 方 針 方 向 性 (1) 中 心 市 街 地 の 道 路 の 考 え 方 中 心 市 街 地 の 道 路 の 課 題 及 び 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 の 方 針 を 踏 まえて 中 心 市 街 地 の 道 路 は 中 心 市 街 地 の 活 性 化 5.4 中 心 市 街 地 の 道 路 に 関 する 整 備 計 画 5.4.1 中 心 市 街 地 の 道 路 ( 龍 ケ 崎 商 店 街 通 り)の 課 題 龍 ケ 崎 商 店 街 の 道 路 は ( 県 ) 河 内 竜 ケ 崎 線 であるため 通 過 交 通 の 流 入 が 多 い 竜 ケ 崎 駅 前 交 差 点 は5 差 路 となっており 交 通 事 故 が 発 生 する 可 能 性 の 高

More information

Ⅰ 趣 旨 及 び 利 用 上 の 注 意 1. 趣 旨 この Excel ファイルは 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 による 平 成 23 年 度 の 被 災 地 に おける 復 興 円 滑 化 のための 土 地 の 所 有 者 情 報 の 調 査 支 援 業 務 により 市 町

Ⅰ 趣 旨 及 び 利 用 上 の 注 意 1. 趣 旨 この Excel ファイルは 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 による 平 成 23 年 度 の 被 災 地 に おける 復 興 円 滑 化 のための 土 地 の 所 有 者 情 報 の 調 査 支 援 業 務 により 市 町 利 用 案 内 土 地 所 有 者 情 報 データベース 用 土 地 所 有 者 情 報 簡 易 データベース 様 式 Excel ファイル 188 Ⅰ 趣 旨 及 び 利 用 上 の 注 意 1. 趣 旨 この Excel ファイルは 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 による 平 成 23 年 度 の 被 災 地 に おける 復 興 円 滑 化 のための 土 地 の 所 有 者 情

More information

設定用 バーコードメニュー

設定用 バーコードメニュー 接 続 手 順 書 TMA-6000 TMA-6000U 2015 年 4 月 28 日 第 4 版 改 訂 履 歴 第 1 版 (2009.2.19) 第 2 版 (2012.10.30) 第 3 版 (2014.9.5) 仮 想 COM モードの 説 明 を 追 記 HID モード/ 仮 想 COM モードを 切 り 替 えるバーコードメニューを 追 記 社 名 変 更 に 伴 う 表 紙 背

More information

もくじ はじめに 本 書 はスマートフォンやタブレットのアプリ LINE の 設 定 を 行 うためのマニュアルとなります 詳 しい 操 作 方 法 については メーカーホームページ 上 の 基 本 的 な 使 い 方 を 参 照 ください LINE 基 本 的 な 使 い 方 http://hel

もくじ はじめに 本 書 はスマートフォンやタブレットのアプリ LINE の 設 定 を 行 うためのマニュアルとなります 詳 しい 操 作 方 法 については メーカーホームページ 上 の 基 本 的 な 使 い 方 を 参 照 ください LINE 基 本 的 な 使 い 方 http://hel 本 書 は 大 切 に 保 管 ください LINE 設 定 マニュアル LINEバージョン 5.0.4 第 1 版 もくじ はじめに 本 書 はスマートフォンやタブレットのアプリ LINE の 設 定 を 行 うためのマニュアルとなります 詳 しい 操 作 方 法 については メーカーホームページ 上 の 基 本 的 な 使 い 方 を 参 照 ください LINE 基 本 的 な 使 い 方 http://help.line.me/line/?lang=ja

More information

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上 ( 訳 小 森 一 郎 ) 2010 F A I F 3 C 競 技 ル ー ル 2 0 1 0 年 版 ( 適 用 開 始 2010.1) 5. 4 ク ラ ス F 3 C ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー 5. 4. 1 ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー の 定 義 ヘ リ コ プ タ ー と は 名 目 的 垂 直 軸 ( 1 本 ま た は

More information

PPMC-3 測 定 精 度 1. 電 圧 :± 1% FS ( 注 )FS(フルスパン):200V 2. 電 流 :± 1% FS ( 注 )FS:5A CT 比 (5A(2 次 )CT の 場 合 ) 1A CT 比 (1A(2 次 )CT の 場 合 ) 3. 電 力 :± 1.5% FS (

PPMC-3 測 定 精 度 1. 電 圧 :± 1% FS ( 注 )FS(フルスパン):200V 2. 電 流 :± 1% FS ( 注 )FS:5A CT 比 (5A(2 次 )CT の 場 合 ) 1A CT 比 (1A(2 次 )CT の 場 合 ) 3. 電 力 :± 1.5% FS ( 仕 様 書 交 流 電 力 モニタ(SD カードタイプ) AC POWER MONITOR PPMC-3 交 流 電 力 モニタは, 単 相 または 三 相 の 交 流 電 圧 交 流 電 流 を 測 定 して, 有 効 電 力 無 効 電 力, 積 算 電 力 積 算 無 効 電 力, 周 波 数, 力 率 を 演 算 し, 表 示 と 測 定 データの 保 存 をします 電 圧 は 直 接 または

More information

25.6.indd

25.6.indd 6 島 の 食 品 の あ れ こ れ 島 の 食 品 の あ れ こ れ 自 宅 で オ リ ー ブ ヘ ル ス ケ ア シ ス テ ム が 自 宅 で オ リ ー ブ ヘ ル ス ケ ア シ ス テ ム が 利 用 で き る よ う に な り ま す! 利 用 で き る よ う に な り ま す! June く ら し の 情 報 ふるさと 納 税 ( 寄 付 )

More information

DS04-21361-4

DS04-21361-4 Cypress () FUJITSU SEMICONDUCTOR DATA SHEET DS4 236 4 ASSPDTS Bi-CMOS PLL (. GHz PLL) MB5F7SL MB5F7SL,, MHz 2 PLL (Phase Locked Loop) LSI Bi CMOS, 5 ma (VCC 2.7 V), VCC 2.4 V,.5 ma, 6 ma 2, MB5F7SL,, MHz

More information

はじめに 相 模 原 市 では 青 年 団 などの 活 動 によって 最 初 に 大 沢 上 溝 両 公 民 館 が 設 置 された 昭 和 24 年 から 一 貫 して 地 域 住 民 が 主 体 となった 公 民 館 活 動 を 展 開 し てきています 独 立 館 として 地 域 ごとに 公

はじめに 相 模 原 市 では 青 年 団 などの 活 動 によって 最 初 に 大 沢 上 溝 両 公 民 館 が 設 置 された 昭 和 24 年 から 一 貫 して 地 域 住 民 が 主 体 となった 公 民 館 活 動 を 展 開 し てきています 独 立 館 として 地 域 ごとに 公 相 模 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 相 模 原 市 では 青 年 団 などの 活 動 によって 最 初 に 大 沢 上 溝 両 公 民 館 が 設 置 された 昭 和 24 年 から 一 貫 して 地 域 住 民 が 主 体 となった 公 民 館 活 動 を 展 開 し てきています 独 立 館 として 地 域 ごとに 公 民 館 を 整 備 する 中 で それぞれの 館 では 体 育 部

More information

dp0206_j

dp0206_j 1 2 7 8 9 4 5 6 3 10 11 12 13 20 19 18 16 17 15 14 CONTROL AUDIO 2 AUDIO 1 CN2 CN1 CN20 CN15 1 2 3 4 H C E (E) 1 2 3 E C H 1 2 3 4 C 8 7 6 5 6 7 8 9 5 4 3 2 1 E A B SIGNAL/

More information

MSA500技術資料1(和文)

MSA500技術資料1(和文) 技 術 資 料 シグナルアナライザMSA500 シリーズ リアルタイム 方 式 の 基 礎 知 識 1 リアルタイム 方 式 とは MSA500 シリーズは 掃 引 方 式 とリアルタイム 方 式 の2 方 式 を 搭 載 しています 掃 引 方 式 は 従 来 のスペクトラムアナライザの 方 式 です 掃 引 方 式 時 間 軸 波 形 RBW フィルタが 移 動 移 動 速 度 = 掃 引 時

More information

(イ) 住 民 票 の 写 し 等 の 作 成 に 関 する 業 務 (ウ) 住 民 票 の 写 し 等 の 引 渡 業 務 ウ 戸 籍 の 届 出 に 関 すること (ア) 戸 籍 の 届 出 の 受 領 に 関 する 業 務 エ 戸 籍 届 出 の 不 受 理 申 出 に 関 すること (ア)

(イ) 住 民 票 の 写 し 等 の 作 成 に 関 する 業 務 (ウ) 住 民 票 の 写 し 等 の 引 渡 業 務 ウ 戸 籍 の 届 出 に 関 すること (ア) 戸 籍 の 届 出 の 受 領 に 関 する 業 務 エ 戸 籍 届 出 の 不 受 理 申 出 に 関 すること (ア) 玉 名 市 岱 明 横 島 天 水 支 所 窓 口 業 務 委 託 仕 様 書 玉 名 市 岱 明 横 島 天 水 支 所 窓 口 業 務 委 託 に 関 する 仕 様 書 は 次 のとおりと し 受 託 者 は 本 仕 様 書 及 び 別 に 締 結 する 業 務 委 託 契 約 書 に 基 づき 業 務 を 履 行 しなければならない また 関 係 法 令 等 を 遵 守 し 業 務 の 公 共

More information

HDMI-DVI-D シングルリンク 変 換 ケーブルを 使 うことで DVI-D シングルリンクの 入 出 力 に 対 応 します(ただし 変 換 された DVI-D 端 子 から 音 声 出 力 することはできません) ドライバソフトウェア 不 要 で プラグアンドプレイによる 簡 単 なインス

HDMI-DVI-D シングルリンク 変 換 ケーブルを 使 うことで DVI-D シングルリンクの 入 出 力 に 対 応 します(ただし 変 換 された DVI-D 端 子 から 音 声 出 力 することはできません) ドライバソフトウェア 不 要 で プラグアンドプレイによる 簡 単 なインス 商 品 番 号 : CP-281H コンポーネント/D 端 子 映 像 +アナログ/デジタル 音 声 信 号 HDMI フォーマットコンバーター( 映 像 信 号 変 換 器 ) 概 要 CP-281H は コンポーネント 映 像 信 号 と 3.5mm ステレオミニプラグのアナログ 音 声 信 号 (L/R)および RCA コネクタの 同 軸 デジタル 音 声 を 最 大 1080p までの HDMI

More information

xmegaD.PDF

xmegaD.PDF 8 Atmel XMEGA D マイクロ コントローラ XMEGA D 手 引 書 本 資 料 はAtmel AV XMEGA Dマイクロ コントローラ 系 列 に 含 まれる 全 ての 部 署 の 完 全 且 つ 詳 細 な 記 述 を 含 ます AV XMEGA DはAV 強 化 型 ISC 構 造 に 基 いた 低 電 力 高 性 能 豊 富 な 周 辺 機 能 の8/16 マイクロ コントローラ

More information

「探検隊」新入生登録

「探検隊」新入生登録 株 式 会 社 トーハン 探 検 隊 新 入 生 登 録 新 入 生 の 利 用 者 を Excel ファイルから 登 録 しよう 探 検 隊 バージョン7シリーズ 向 け 探 検 隊 サポートセンター 2014/03/19 本 資 料 は 探 検 隊 オフィシャルマニュアル 3 章 3.5.3 利 用 者 の 登 録 (ファイル 読 み 込 み) の 内 容 を 補 完 するものになります はじめに

More information

PDFとは 【Portable Document Format】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words

PDFとは 【Portable Document Format】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words 1 / 18 NAA 福 岡 WEBマニュアル インターネット 不 在 応 札 サービス インターネット 不 在 応 札 サービスに 入 会 することで 次 のようなサービスを 利 用 することがで きます 1.インターネットからの 不 在 応 札 受 付 インターネットを 利 用 して 不 在 応 札 を 登 録 することができます 出 品 車 輌 を 検 索 し 指 値 を 入 力 することで

More information

Microsoft PowerPoint - arch5kai.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - arch5kai.ppt [互換モード] コンピュータアーキテクチャ 第 5 回 割 り 込 み その2 天 野 hunga@am.ics.keio.ac.jp ac 割 り 込 み(Interrupt) I/O 側 からCPUに 対 して 割 り 込 みを 要 求 CPUはこれを 受 け 付 けると 自 動 的 にPCを 割 り 込 み 処 理 ルーチンの 先 頭 に 変 更 戻 り 番 地 はどこかに 保 存 割 り 込 み 処 理 ルーチンを

More information

mega8U2.pdf

mega8U2.pdf ATmega8U2/6U2/32U2 特 徴 本 書 は 一 般 の 方 々の 便 宜 のため 有 志 に より 作 成 されたもので ATMEL 社 とは 無 関 係 であることを 御 承 知 ください しおり の[はじめに]での 内 容 にご 注 意 ください 高 性 能 低 消 費 AV 8 マイクロ コントローラ 進 化 したISC 構 造 強 力 な25 命 令 ( 多 くは 周 期 で

More information

Microsoft Word - 04_PCIeはどこで導入.doc

Microsoft Word - 04_PCIeはどこで導入.doc 本 格 検 討 PCI Express! どこで PCI Express は 導 入 されているの? 2007 年 3 月 第 4 回 目 次 本 格 検 討 PCI Express!どこで PCI Express は 導 入 されているの?... 2 1 一 般 的 な PCI Express のシステム... 2 2 PCI Express Switch に 注 目!... 3 2.1 Switch

More information

(Microsoft Word - VB6_VBA\215\354\220\254\216\350\217\207\201i\211\374\222\371\224\305\201j160603.doc)

(Microsoft Word - VB6_VBA\215\354\220\254\216\350\217\207\201i\211\374\222\371\224\305\201j160603.doc) Visual Basic Ver.6 for Professional Edition および Microsoft Excel2013 13(VBA VBA)による 天 びん 通 信 プログラム の 作 成 要 領 島 津 製 作 所 天 びんビジネスユニット 0.はじめに 電 子 天 びんとパソコンとを 接 続 し 計 測 データをパソコンに 取 り 込 みたい あるいは パソコン から 電 子

More information

第 1 章 まえがき 1 はじめに このソフトは 体 力 テストの 記 録 及 び 生 活 調 査 の 結 果 を 集 計 分 析 するためのソフトです ソフトウェアはエクセルを 使 用 しています ( 動 作 環 境 :Vista,7 + Excel2007,2010 で 動 作 確 認 していま

第 1 章 まえがき 1 はじめに このソフトは 体 力 テストの 記 録 及 び 生 活 調 査 の 結 果 を 集 計 分 析 するためのソフトです ソフトウェアはエクセルを 使 用 しています ( 動 作 環 境 :Vista,7 + Excel2007,2010 で 動 作 確 認 していま 子 ども 元 気 調 査 ( 体 力 生 活 調 査 ) 分 析 集 計 ソフト 操 作 マニュアル Ver7.2 山 口 県 教 育 庁 学 校 安 全 体 育 課 目 次 第 1 章 まえがき 1.はじめに 2. 分 析 集 計 ソフトでできること 3. 分 析 集 計 ソフトの 全 体 の 流 れ 4. 分 析 集 計 ソフトでの 注 意 第 2 章 操 作 手 順 1. 初 期 画 面 2.

More information

<8CBB8BE08F6F945B2E786C73>

<8CBB8BE08F6F945B2E786C73> Excel 版 : 会 計 講 座 - 現 金 出 納 - [ テ キ ス ト 内 容 ] 基 本 構 成 > 基 本 01 テ ータ 入 力 > 入 力 04 表 引 き 表 示 > 補 助 05 行 集 計 > 集 計 06 セル 数 式 設 定 : 数 式 07 DSUM() 関 数 : 数 式 08 SUMIF() 関 数 : 数 式 09 会 計 簿 から 家 計 簿 > 転 用 10 への

More information

第 6 条 ( 利 用 停 止 ) 1. 当 組 合 は 会 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 何 ら 責 任 を 負 うことなく 当 該 会 員 による 本 サービスの 利 用 を 停 止 することがあります 1 会 員 契 約 の 申 込 時 もしくは 変 更 の

第 6 条 ( 利 用 停 止 ) 1. 当 組 合 は 会 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 何 ら 責 任 を 負 うことなく 当 該 会 員 による 本 サービスの 利 用 を 停 止 することがあります 1 会 員 契 約 の 申 込 時 もしくは 変 更 の サンロード 青 森 Web 会 員 規 約 第 1 条 ( 本 規 約 の 目 的 ) 1.この 規 約 は 協 同 組 合 サンロード 青 森 ( 以 下 当 組 合 と 称 します)の 運 営 する website( 以 下 ウェブサイト と 称 します)を 利 用 する Web 会 員 ( 以 下 会 員 と 称 します)へ 提 供 す るサービス( 以 下 本 サービス と 称 します)の

More information

SK-Viewer ver1.652.xlsx

SK-Viewer ver1.652.xlsx ビュアーソフトウェア SK-Viewer Ver1.652 目 次 頁 3 ご 使 用 の 前 に 4 Ⅰ インストール 方 法 5 Ⅰ 1 SK-Viewerのインストール 5 Ⅱ 画 面 ボタンの 主 な 説 明 7 Ⅲ Ⅳ 入 門 編 ( 計 測 を 行 う) Ⅲ 1 Ⅲ 2 計 測 の 手 順 計 測 を 行 う 手 順 1 校 正 値 を 設 定 します 手 順 2 計 測 の 種 類

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

DB0

DB0 IRQ CS# A0 RD# WR# DB0- CPU I/F FIFO/RAM 88 Timing Control Key In Control Scan Counter SHIFT CNTl/STB RL0-# SL0- BD# RESET CLK Display RAM 8 Display Drive OUTB0- OUTA0- RL# RL# RL# RL# RESET RD# WR# GND

More information

目 次 1. 調 査 研 究 の 背 景 と 目 的 1 2.デジタル 写 真 改 ざんチェックシステムについて 2 3. 現 状 の 調 査 分 析 3.1 調 査 分 析 の 方 法 3 3.2 工 事 写 真 データの 収 集 4 3.3 デジタル 写 真 改 ざんチェックシステムをとおしての

目 次 1. 調 査 研 究 の 背 景 と 目 的 1 2.デジタル 写 真 改 ざんチェックシステムについて 2 3. 現 状 の 調 査 分 析 3.1 調 査 分 析 の 方 法 3 3.2 工 事 写 真 データの 収 集 4 3.3 デジタル 写 真 改 ざんチェックシステムをとおしての 第 2006-10 号 デジタル 写 真 改 ざんチェックシステムを 利 用 しての 電 子 成 果 品 の 工 事 写 真 に 関 する 調 査 研 究 日 本 振 興 株 式 会 社 情 報 ソリューション 部 SE 職 森 川 和 芳 木 川 勝 平 成 19 年 9 月 目 次 1. 調 査 研 究 の 背 景 と 目 的 1 2.デジタル 写 真 改 ざんチェックシステムについて 2 3.

More information

自動勤務表ソフトの使いかた

自動勤務表ソフトの使いかた 自 動 勤 務 表 ソフトの 使 い かた 病 棟 勤 務 表 事 例 で 見 る 実 践 的 使 い こなし 術 2016.Mar.17 菅 原 システムズ 自 動 勤 務 表 は 魔 法 の 杖 ではありません リソースを 超 えて 配 置 することはできません 計 算 機 に 教 えるルールが 整 理 されていないと 失 敗 します 何 かを 優 先 することは 何 かを 捨 てることです 用

More information

S-89210/89220 コンパレータ

S-89210/89220 コンパレータ www.sii-ic.com ミニアナログシリーズ CMOSコンパレータ SII Semiconductor Corporation, 2002-2010 Rev.4.0_01 ミニアナログシリーズは 汎 用 アナログ 回 路 を 小 型 パッケージに 搭 載 した IC です S-89210/89220 シリーズは CMOS 型 コンパレータで 低 電 圧 駆 動 低 消 費 電 流 の 特 長

More information

Taro-操作マニュアルアテンダント

Taro-操作マニュアルアテンダント エ クセルのお 供 アテンダント 操 作 マニュアル 有 限 会 社 オ ズ システム 目 次 複 数 ブ ック のシ ート まと め 2 シ ートを 複 数 ブ ック に 分 割 3 シ ート 名 で 並 べ 替 え 4 ブ ック 一 覧 作 成 5 複 数 ブ ック に 渡 る 検 索 6 複 数 ブ ック に 渡 る 置 換 7 複 数 ブ ック の 一 括 形 式 変 換 8 文 字 列 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20835A837E8369815B947A95748E9197BF8169328C8E323293FA8A6D92E894C5816A2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20835A837E8369815B947A95748E9197BF8169328C8E323293FA8A6D92E894C5816A2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 迫 る 民 泊 迫 られる 対 応 待 ったなし! ~ 管 理 組 合 は 民 泊 にどう 向 きあっていくか~ マンション 管 理 士 飯 田 勝 啓 コンテンツ 1 民 泊 の 実 態 ( 社 会 の 動 き 民 泊 業 界 運 営 者 側 ) 2 民 泊 の 考 え 方 の 整 理 ( 管 理 組 合 側 ) 3 民 泊 への 対 応 ( 管 理 組 合 側 ) 1) 管 理 規 約 細 則

More information

Microsoft Word - 4章.doc

Microsoft Word - 4章.doc Ⅳ 赤外線 LED 活用例 ( 赤外線通信 ) 3 実験 (1) 赤外線通信の様子を調べる回路の製作ア使用部品実験に使用する部品を表 Ⅳ-3に示す 表 Ⅳ-3 赤外線通信実験ボード部品表 No 部品名 個数 1 家庭用電化製品のリモコン 1 2 ブレットボード 1 3 赤外線受信モジュール 1 4 抵抗 430Ω 1 5 信号確認用赤色発光ダイオード 1 6 測定用オシロスコープ 1 7 電池 BOX

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

( ) ( ) ( ) D VD

( ) ( ) ( ) D VD DVD ( ) ( ) (FAX ) DVD DVD ( http://www.chibakenshakyo.com) 9:001700 (12:0013:00 ) 260-8508 4 3 1F TEL043-204-6010 FAX043-204-6015 ( ) ( ) ( ) D VD 001XX 3 18 VHS 3 XX 2 : CS 1 6 10 13 15 18 21 ( ) 27

More information

ワリ K RK BK AK BRK ABRK 出 玉 率 機 械 割 数 ( 払 出 枚 数 投 入 枚 数 を%で 表 示 します ) ボーナス 履 歴 では 対 象 のボーナス 中 での 出 玉 率 です 確 率 ( 小 役 の 表 示 ではその 小 役 の 確 率 です 確 率 1/n の 分

ワリ K RK BK AK BRK ABRK 出 玉 率 機 械 割 数 ( 払 出 枚 数 投 入 枚 数 を%で 表 示 します ) ボーナス 履 歴 では 対 象 のボーナス 中 での 出 玉 率 です 確 率 ( 小 役 の 表 示 ではその 小 役 の 確 率 です 確 率 1/n の 分 カウント ASKA(SCN-900) 取 扱 説 明 書 (Ver2.01) このたびはカウント ASKA(SCN-900)をお 買 い 上 げいただきありがとうございます ご 使 用 の 前 にこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください 製 品 構 成 SCN-900 本 体 (ケーブル 付 属 ) ----1 AC アダプター 電 源 ----------------------1 (AC100V

More information

電 子 黒 板 アプリ 及 び 生 徒 用 アプリにおいて 拡 大 縮 小 の 方 法 を ピンチイン アウト 操 作 から タップ 操 作 の 段 階 変 化 式 に 変 更 拡 大 縮 小 が 電 子 黒 板 アプリ 教 師 アプリ 生 徒 アプリで 同 時 に 操 作 できないように 修 正

電 子 黒 板 アプリ 及 び 生 徒 用 アプリにおいて 拡 大 縮 小 の 方 法 を ピンチイン アウト 操 作 から タップ 操 作 の 段 階 変 化 式 に 変 更 拡 大 縮 小 が 電 子 黒 板 アプリ 教 師 アプリ 生 徒 アプリで 同 時 に 操 作 できないように 修 正 etalkie GL50 for School リリースノート バージョン1.3.3 (2015/9/10 リリース) 対 象 となるアプリ 電 子 黒 板 用 サーバーアプリ 電 子 黒 板 用 アプリ 教 師 用 アプリ 生 徒 用 アプリ 新 機 能 改 善 された 機 能 1)サーバー 機 能 の 仕 様 変 更 サーバーアプリにおけるデータ 通 信 の 方 法 について 送 信 に 関 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63> Ⅰ 人 事 制 度 の 整 備 は 現 状 把 握 から 1. 人 事 制 度 の 類 型 を 理 解 する 2. 人 事 制 度 は5つの 項 目 で 分 析 3. 人 件 費 が 経 営 に 与 える 影 響 4. 個 別 賃 金 の 分 析 を 行 う Ⅲ 基 準 定 義 の 明 確 化 で 社 員 のモチベーションが 向 上 1. 職 能 資 格 職 務 役 割 等 級 フレーム 例 2.

More information

はじめに 本 製 品 NRS-1 は アーケードゲーム 基 板 用 の 連 射 装 置 として ゲームプレイヤー 及 び アミューズメント 施 設 向 けに 設 計 しました ーその 特 長 として 1.シンクロ 連 射 機 能 毎 秒 30 / 20 / 15 / 12 のシンクロ 連 射 に 対

はじめに 本 製 品 NRS-1 は アーケードゲーム 基 板 用 の 連 射 装 置 として ゲームプレイヤー 及 び アミューズメント 施 設 向 けに 設 計 しました ーその 特 長 として 1.シンクロ 連 射 機 能 毎 秒 30 / 20 / 15 / 12 のシンクロ 連 射 に 対 はじめに 本 製 品 NRS-1 は アーケードゲーム 基 板 用 の 連 射 装 置 として ゲームプレイヤー 及 び アミューズメント 施 設 向 けに 設 計 しました ーその 特 長 として 1.シンクロ 連 射 機 能 毎 秒 30 / 20 / 15 / 12 のシンクロ 連 射 に 対 応 反 転 信 号 にも 対 応 しています 2. 自 由 にできる ボタンのカスタマイズ 機 能

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

もくじ

もくじ メルマガ 管 理 機 能 マニュアル 2016/7/4 株 式 会 社 ビズクリエイト 目 次 1. メルマガ 配 信 手 順... 3 2. メルマガ 作 成... 4 新 規 メルマガを 作 成 する... 4 3. メルマガ 一 覧... 8 作 成 したメルマガを 一 覧 で 確 認 する... 8 メルマガの 基 本 設 定 を 確 認 変 更 する... 9 メルマガの 基 本 設 定

More information

DL1720/DL1740ディジタルオシロスコープユーザーズマニュアル

DL1720/DL1740ディジタルオシロスコープユーザーズマニュアル DL1720/DL1740 IM 701710-01 http://www.yokogawa.co.jp/measurement/ 0120-137046 tmi-cs@csv.yokogawa.co.jp FAX 0422-52-6624 Disk No. DL30 2nd Edition : July 2001 (YK) All Rights Reserved, Copyright 2001 Yokogawa

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

Triple 2:1 High-Speed Video Multiplexer (Rev. C

Triple 2:1 High-Speed Video Multiplexer (Rev. C www.tij.co.jp OPA3875 µ ± +5V µ RGB Channel OPA3875 OPA3875 (Patented) RGB Out SELECT ENABLE RED OUT GREEN OUT BLUE OUT 1 R G B RGB Channel 1 R1 G1 B1 X 1 Off Off Off 5V Channel Select EN OPA875 OPA4872

More information

2. ステップアンケート 機 能 の 概 要 2-1 ステップアンケートとは ステップアンケートとは 1 画 面 につき1 質 問 を 表 示 する 段 階 式 アンケートのことです 本 機 能 では 運 用 中 の 既 存 会 員 に 対 するステップアンケートをより 簡 単 に 設 定 実 施

2. ステップアンケート 機 能 の 概 要 2-1 ステップアンケートとは ステップアンケートとは 1 画 面 につき1 質 問 を 表 示 する 段 階 式 アンケートのことです 本 機 能 では 運 用 中 の 既 存 会 員 に 対 するステップアンケートをより 簡 単 に 設 定 実 施 ステップアンケート 1. はじめに (1) 対 象 本 書 の 内 容 は スパイラル ( 以 下 本 サービス という ) をご 利 用 のユーザーを 対 象 としています (2) 本 書 の 目 的 本 書 では ユーザーが 本 サービスの ステップアンケート 機 能 を 理 解 し 適 切 な 設 定 が 行 えるようになること を 目 的 としています (3) 必 要 なシステム Internet

More information

鉛フリーはんだ実用化ロードマップ

鉛フリーはんだ実用化ロードマップ ヒューズの 安 全 な 使 い 方 ~ヒューズ 選 定 と チップヒューズの 端 子 部 温 度 による ディレーティング 提 案 ~ 部 品 安 全 専 門 委 員 会 ヒューズアプリケーションガイド 改 訂 TF 有 賀 善 紀 (KOA 株 式 会 社 ) 014.10.0 大 手 センタービル 1 目 次 1.ヒューズの 安 全 な 使 い 方 電 気 電 子 機 器 用 電 流 ヒューズの

More information

2 商 標 注 意 AJA KONA および XENA は AJA Video Systems 社 の 登 録 商 標 です IoHD TM や Io TM は AJA Video Systems 社 の 商 標 です ロゴおよび 高 解 像 度 マルチメディアインターフェイスは Licensing

2 商 標 注 意 AJA KONA および XENA は AJA Video Systems 社 の 登 録 商 標 です IoHD TM や Io TM は AJA Video Systems 社 の 商 標 です ロゴおよび 高 解 像 度 マルチメディアインターフェイスは Licensing M-0836 v. 1.2 HA5 to HD-SDI/SDI ビデオ&オーディオコンバータ Published: May 13, 2008 2 商 標 注 意 AJA KONA および XENA は AJA Video Systems 社 の 登 録 商 標 です IoHD TM や Io TM は AJA Video Systems 社 の 商 標 です ロゴおよび 高 解 像 度 マルチメディアインターフェイスは

More information

Microsoft Word - AJA_manual_HI5.doc

Microsoft Word - AJA_manual_HI5.doc Hi5 HD- / HDMI ビデオ / コンバータ ユーザーマニュアル 2006 年 12 月 13 日 P/N 101663-00 2 商 標 著 作 権 AJA Io および Kona は AJA Video, Inc の 登 録 商 標 です HDMI HDMI ロゴおよび High-Definition Multimedia Interface は HDMI Licensing LLC の

More information

しても Internet Explorer が 起 動 してしまい Firefox で 読 み 込 むことはできませんので 次 の いずれかの 操 作 でファイルを 読 み 込 みます 1Firefox を 起 動 し メニューバーからファイル(F) ファイルを 開 く(O)とクリックし ファ イル

しても Internet Explorer が 起 動 してしまい Firefox で 読 み 込 むことはできませんので 次 の いずれかの 操 作 でファイルを 読 み 込 みます 1Firefox を 起 動 し メニューバーからファイル(F) ファイルを 開 く(O)とクリックし ファ イル 申 請 書 やオンライン 申 請 受 領 書 の 右 端 が 切 れないように 印 刷 するには 申 請 書 やオンライン 申 請 受 領 書 は Internet Explorer から 印 刷 することができますが この 方 法 で 印 刷 すると 抵 当 権 設 定 登 記 の 登 記 原 因 など 長 い 行 では 右 端 が 切 れてしまうことがあ ります この 障 害 は 文 面 全 体

More information

直管形LED ランプの取付方法に関する調査

直管形LED ランプの取付方法に関する調査 - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - ~ 既 設 安 定 器 ~ 新 設 安 定 器 ~ ~ ~ - 6 - - 7 - 性 別 60 歳 代, 8.4% 年 齢 20 歳 代, 7.7% 女 性 44.8% 男 性 55.2% 50 歳 代, 19.7% 40 歳 代, 35.6% 30 歳 代, 28.5% 1,726 93.8% 114 6.2% 過 去 に 設 置 していた 6.2%

More information

目 次 1. はじめに...... 3 2. 動 作 環 境...... 3 3. 機 器 構 成 結 線...... 4 3.1 ETC カードリーダーと 接 続 する 場 合... 4 3.2 卓 上 プリンタ( 別 売 ) 連 動 の 場 合... 5 4. 操 作 方 法 と 各 種 設 定

目 次 1. はじめに...... 3 2. 動 作 環 境...... 3 3. 機 器 構 成 結 線...... 4 3.1 ETC カードリーダーと 接 続 する 場 合... 4 3.2 卓 上 プリンタ( 別 売 ) 連 動 の 場 合... 5 4. 操 作 方 法 と 各 種 設 定 第 6.0 版 利 用 履 歴 管 理 ETCPRO5 ソフトウェアパッケージ 取 扱 説 明 書 (Ver5.001) 第 6 版 Windows 8 対 応 を 追 加 しました 第 5 版 カードリーダー モデル 変 更 (DU211 表 示 付 き DU530 表 示 なし)に 伴 い ETCPRO5 へバ ージョンアップ グループ 名 追 加 ( 管 理 上 の 分 類 をし 易 くしました)

More information

0 目 次 1. 畑 のあしあとの 使 い 方 P.3 2.オプション P.6 3.モバイルデバイスより 履 歴 取 得 P.8 4. 基 本 情 報 管 理 P.11 5. 栽 培 計 画 P.22 6.ドキュメント 出 力 P.25 7. 栽 培 履 歴 管 理 P.28 8.モバイルでの 栽

0 目 次 1. 畑 のあしあとの 使 い 方 P.3 2.オプション P.6 3.モバイルデバイスより 履 歴 取 得 P.8 4. 基 本 情 報 管 理 P.11 5. 栽 培 計 画 P.22 6.ドキュメント 出 力 P.25 7. 栽 培 履 歴 管 理 P.28 8.モバイルでの 栽 畑 のあしあと 詳 細 マニュアル 1 0 目 次 1. 畑 のあしあとの 使 い 方 P.3 2.オプション P.6 3.モバイルデバイスより 履 歴 取 得 P.8 4. 基 本 情 報 管 理 P.11 5. 栽 培 計 画 P.22 6.ドキュメント 出 力 P.25 7. 栽 培 履 歴 管 理 P.28 8.モバイルでの 栽 培 履 歴 登 録 P.31 2 1 畑 のあしあとの 使 い

More information

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 仕 様 書 1 趣 旨 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 を よ り 効 率 的 効 果 的 に 遂 行 す る た め 業 務 の 一 部 を 委 託 する 2 業 務 委 託 の 内 容 (1) 業 務 名 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 (2) 委 託 期 間 平 成 29 年 2 月 1

More information

2

2 現 / 旧 EDI 版 を 引 き 続 き 使 用 する 場 合 の 仕 様 の 変 更 点 概 要 編 現 EDI 版 : 2003 年 8 月 発 行 の EDI 版 電 子 マニフェストシステム 接 続 仕 様 書 ( 以 下 現 接 続 仕 様 書 という ) ( 青 色 の 表 紙 )に 基 づき 構 築 されたシステム 旧 EDI 版 : 2001 年 3 月 発 行 の EDI 版 電

More information

柏市防犯灯LED化事業

柏市防犯灯LED化事業 柏 市 防 犯 灯 LED 化 リース 事 業 募 集 要 領 平 成 27 年 4 柏 市 1 募 集 目 的 本 市 の 防 犯 灯 は, 町 会 自 治 会 区 等 ( 以 下 町 会 等 と い う ) が 維 持 管 理 を し て お り, 平 成 2 6 年 度 末 時 点 で は, 約 3 3, 0 0 0 灯 設 置 さ れ て い る 本 市 は, 省 エ ネ 対 策 や 電 気

More information

事業計画書の書き方

事業計画書の書き方 群 馬 の 文 化 支 援 事 業 事 業 計 画 書 の 書 き 方 < 作 成 上 の 注 意 > 指 定 の 様 式 を 使 用 する(A4 版 ) 手 書 きの 場 合 は 鉛 筆 や 消 えるタイプのポールペンを 使 用 しない パソコン 等 で 作 成 した 場 合 は 印 刷 したものを 提 出 する 1 事 業 実 施 団 体 (1) 団 体 名 団 体 の 名 称 を 記 入 します

More information

磁気識別センサ BS05N1HGAA 参考図

磁気識別センサ BS05N1HGAA 参考図 1/11 磁 気 スイッチ MRUS74X 参 考 図 センサ 事 業 部 1. 適 用 当 参 考 図 は 磁 石 を 利 用 した 磁 気 スイッチに 使 用 される MRUS74Xについて 規 定 します 2. 品 番 等 2-1 弊 社 通 称 名 磁 気 スイッチ 2-2 弊 社 品 番 MRUS74X 3. 製 品 仕 様 3-1 形 状 及 び 寸 法 1.5 0.3 Max0.8 4

More information

スクリプト機能 (SD→USBファイルコピー) サンプル画面説明書

スクリプト機能 (SD→USBファイルコピー) サンプル画面説明書 スクリプト 機 能 (SD USB ファイルコピー) サンプル 画 面 説 明 書 三 菱 電 機 株 式 会 社 サンプルのご 利 用 について サンプル 用 の 画 面 データ 取 扱 説 明 書 などのファイルは 以 下 の 各 項 に 同 意 の 上 でご 利 用 いただくものとします (1) 当 社 製 品 をご 使 用 中 またはご 使 用 検 討 中 のお 客 様 がご 利 用 の 対

More information

Microsoft Word - AS017U.b......_...j.doc

Microsoft Word - AS017U.b......_...j.doc Õ Ð ÑÔÓÕÎÖ }ÑÏÔ dõòõte Ó ÒÒÐÑÑÑ Ñ Ò Á Ç Ê...2 Ê...4 ÑÑÒÕ...5 Ê Éw...6...7 ÐÓÐÑ...8 Ð ÔÖ...8 hw...9 ÐÔ Òÿus... 13 ÐÔ Ò...13 ÖÑÔ Ñÿu...14 ÐÔ ÒÉÖÑÔ ÑÊw...15 ÐÔ Ò...15 ÐÔ Ò...17 ÐÔ Ò...18 ÐÔ Ò...20 ÐÔ Ò...20

More information

もくじ

もくじ AutoBiz StartUp Manual オートビズ スタートアップマニュアル (メルマガ) 1 目 次 管 理 画 面 の 構 成 と 基 礎 知 識 を 理 解 しよう... 4 管 理 画 面 の 構 成 について... 4 基 礎 知 識 について... 5 シナリオとは?... 5 メルマガ( 一 斉 配 信 )とは?... 5 メルマガとシナリオの 関 係... 6 読 者 の 登

More information

Microsoft Word - 2.doc

Microsoft Word - 2.doc 政 治 資 金 業 務 システム 訂 正 補 正 用 収 支 報 告 書 作 成 ソフト 操 作 説 明 書 目 次 第 1 章 概 要... 3 1. 目 的... 3 2. 機 能 概 要... 4 3. 動 作 前 提... 5 4. 報 告 書 様 式 一 覧... 5 5. 操 作 の 流 れ... 6 第 2 章 詳 細... 8 第 1 節 初 期 設 定 処 理... 8 1.マクロの

More information