子 ど も た ち の 未 来 を 拓 く

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "子 ど も た ち の 未 来 を 拓 く"

Transcription

1 北 海 道 大 学 札 幌 校 キャンパスガイド 2016 子 どもたちの 未 来 を 拓 く

2 子 ど も た ち の 未 来 を 拓 く

3 各 等 の 担 当 員 は, 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の ものです 平 成 28 年 度 以 降, 定 年 退 職 等 で 変 更 されることがあります 入 学 時 に 必 要 な 費 用 免 許 資 格 員 免 許 状 員 免 許 状 以 外 の 資 格 就 職 支 援 講 座 員 採 用 試 験 対 策 インターンシップ 企 業 訪 問 就 職 情 報 コーナー 合 同 企 業 説 明 会 卒 業 後 の 進 路 食 堂 売 店 キャッシュコーナー 図 書 館 保 健 管 理 センター 学 生 なんでも 相 談 室

4 ようこそ 札 幌 キャンパスへ みなさんに, 大 学 生 活 で3つの 出 会 いを 期 待 します 一 つは 良 き 本 との 出 会 いです これまでの 受 験 勉 強 に あって, 読 書 に 時 間 を 割 くことにも 制 限 が あったことでしょう 恋 愛 小 説, 推 理 小 説, 新 書, 古 典 など,ジャンル は 問 いません たくさんの 本 に 挑 戦 して 下 さい 読 み 始 めて 一 向 に 興 味 が 湧 かない 時 は 無 理 して 続 けないで, 別 な 本 を 読 むことです あなたの 心 深 くに 届 き, 人 生 観 の 形 成 に 影 響 を 及 ぼす 本 にきっと 出 会 えます 二 つめは 良 き 友 との 出 会 いです これまでも 多 くの 友 人 がいたことでしょうが, 大 学 時 代 の 友 にはまた 別 な 意 味 合 いがあります 社 会 に 巣 立 つ 前 の 皆 さんにとって, 大 学 時 代 の 友 は 価 値 観 や 生 き 方 を 語 り 合 える, 同 じ 時 代 を 共 有 す る 仲 間 で す ゼ ミ で,サ ー クル 活 動 で,ボ ラン ティア 活 動 な ど を 通 して, 素 敵 な 友 と 出 会 う こ とを 期 待 し ま す 三 つめはちょっと 古 い 表 現 ですが, 良 き 師 との 出 会 いです 小 学 校 から 高 等 学 校 までの12 年 間,たくさんの 素 晴 らしい 先 生 と 出 会 ってきたことでしょう これまでの 先 生 と 少 し 違 うのは, 大 学 の 先 生 は 者 と 同 時 に 研 究 者 で あ る こ と で す こ れ ま で 習 って き た 数 学 や 国 語, 理 科, 社 会 と 言 っ た 科 は も と より, 学, 心 理 学, 特 別 支 援 など に 関 する 多 様 な 研 究 領 域 の 先 生 方 が おら れ ま す 講 義 実 習,ゼミ 等 を 通 して, 素 敵 な 先 生 と 出 会 い, 学 問 の 奥 深 さにふれることを 心 から 願 っています

5 学 校 学 びと 子 ども 人 間 理 解 へのいざない 人 間 は 学 ぶ こ と に よ って 成 長 し ま す し か し, 今 日, 子 ど も の 成 長 を め ぐ る 様 々 な 困 難 が 生 じ て い ま す 学 級 崩 壊 は な ぜ お こ る の か, 不 登 校 やいじめをどうとらえ, 対 応 したらいいのか, 受 験 勉 強 は 本 当 に 子 どもの 生 活 の 中 で 生 きた 力 になっているのか 考 えなけ ればならないことが 山 積 しています 学 校 では, 学, 心 理 学 の 視 点 からこうした 現 代 的 課 題 に 取 り 組 み, の 基 本 を 学 び ま す 子 ど も の 成 長 を 支 え る 豊 か な 環 境 を 作 る た め に, 私 た ち に 何 が で き る か, 一 緒 に 考 え て み ま せ ん か 学 校 4 頁 / 学 分 野 5 頁 / 心 理 学 分 野 6 頁 特 別 支 援 ちの 原 点 を 求 め, 発 達 の 可 能 性 を 追 求 する 見 たり, 聴 いたり, 動 いたり さらには 集 中 できたり, 字 が 読 めたり 書 けたり, 人 の 気 持 ちを 推 察 できたり 私 たちは, 日 々いろいろ な 能 力 をあたりまえに 使 って 生 きています しかしそれらの 能 力 の 一 部 がうまく 機 能 しなかったらどうなるでしょうか 本 では, 障 害 のある 子 どもの 理 解 と 支 援 について 学 んでいます あたりまえ から 人 間 の 能 力 のすごさ に 気 づいたら,そ れはすでに 障 害 の 理 解 と,その 支 援 に 向 けての 一 歩 を 踏 み 出 していることになるのです 特 別 支 援 7 頁 / 特 別 支 援 分 野 8 頁 言 語 社 会 言 語 社 会 では, 言 語 や 社 会 についての 学 問 を 通 じて, 師 となるにふさわしい 人 材 を 養 成 することを 目 指 します 国 語 分 野, 社 会 科 分 野, 英 語 分 野 という3つの 分 野 からなっています これらは, 単 に 国 語 や 社 会 や 英 語 を える 技 術 を 身 に つけるためのコースではありません 社 会 の 仕 組 みや 言 語 文 学 のあり 方 について,きちんと 考 え, 次 の 時 代 を 担 う 子 どもたちをしっ かり 支 えていくことができる 人 物 となるための 修 養 の 場 です 言 語 社 会 9 頁 / 国 語 分 野 10 頁 / 社 会 科 分 野 11 頁 / 英 語 分 野 12 頁

6 理 数 算 数, 数 学, 理 科 が 得 意 な 先 生 に なりた い 方, 集 ま れ! 知 識 基 盤 社 会 と い わ れる 今 日 に お い て, 子 ど も た ち に は, 論 理 的 に 思 考 し, 判 断 し, 表 現 する 力 が 求 め ら れて い ま す こ の ような 力 を む た め に, 算 数 数 学 や 理 科 と い う 科 は, 学 校 に お い て 重 要 な 役 割 を 果 た す こ と が 期 待 さ れ て い ま す 理 数 で は, 論 理 的 に 思 考 し, 判 断 し, 表 現 する 力 を 児 童 生 徒 に 身 に つ け さ せること が で きる 小 学 校, 中 学 校 の 員 を 成 し ていくために, 算 数 数 学 または 理 科 についての 門 性 を 身 につけた 小 学 校, 中 学 校 の 員 を 養 成 することを 目 指 しています 理 数 13 頁 / 算 数 数 学 分 野 14 頁 / 理 科 分 野 15 頁 生 活 創 造 生 活 を 創 る よろこびに 満 ちた 子 どもたちをそだてよう!! 生 活 創 造 は, 未 来 を 見 据 えて, 生 活 を 創 る 力 を 培 う です 昨 今 の 急 速 な 生 活 環 境 の 変 化 は, 私 たちの 生 活 の 仕 組 み や 実 態 に 大 き な 影 響 を 及 ぼ して い ま す 私 た ち 自 身 や, 生 活 を 支 える も の や 事 象 は, 生 活 の 変 化 の 波 に 常 に さ ら さ れ,と き に, 私 た ちは 生 活 の 担 い 手 であるという 主 体 性 を 失 っています 生 活 創 造 では, 環 境 変 化 があっても 主 体 性 を 失 わず,たくましく 生 きるための 基 本 を 学 びます 生 活 を 取 り 巻 く 技 術 や 科 学 を 基 盤 にした,ものづくりや 生 活 実 践 を 通 して, 主 体 的 に 生 活 を 創 る 力 をつけることができます 子 どもたちに,その 力 を 伝 え ていくことは 今 後,ますます 重 要 となっていきます 生 活 創 造 16 頁 / 総 合 技 術 分 野 17 頁 / 家 庭 科 分 野 18 頁 芸 術 体 子 どもの 感 性 と 創 造 力 を む 先 生 を 目 指 す 歌 を う た う, 楽 器 を 奏 で る 絵 を 描 く, 工 作 す る 走 る,ボ ー ル を 投 げ る 子 ど も は こ の よ う な こ と が 大 好 き で す 目 を 輝 か せ, 一 心 に 取 り 組 む 中 で, 子 どもたちの 感 性 は 磨 かれ, 創 造 力 が まれます 芸 術 体 では, 音 楽 美 術 体 をそれぞれ 門 に 学 ぶことを 通 して, 子 どもの 感 性 と 創 造 力 を 豊 かに み 伸 ばすことができる 先 生 を 目 指 します 芸 術 体 19 頁 / 音 楽 分 野 20 頁 / 図 画 工 作 美 術 分 野 21 頁 / 保 健 体 分 野 22 頁 養 護 子 どものこころとからだに 寄 り 添 う 先 生 になろう!! 子 どもをとりまく 環 境 の 変 化 に 伴 い, 児 童 生 徒 の 健 康 問 題 も 多 様 化 しており, 子 どもたちの 心 と 身 体 の 成 長 発 達 への 課 題 も 多 岐 にわたっています 養 護 諭 は 学 校 において 子 どもたちの 健 康 管 理, 保 健 指 導, 健 康 相 談 活 動 などを 行 う 門 家 であり, 養 護 諭 への 期 待 はますます 大 きくなっています 養 護 で は 医 学, 看 護 学, 学 校 保 健, 衛 生 学, 公 衆 衛 生 学, 精 神 保 健 な ど 子 ど も の 心 身 の 健 康 支 援 に 必 要 な 科 目 に つ い て 様 々な 角 度 から 学 びます 養 護 23 頁 / 養 護 分 野 24 頁

7 学 校 子 どもに 寄 り 添 う を 求 めて 深 川 市 での 春 合 宿 ふるさとキラメキキャンプ 代 の 子 どもや 学 校 が 直 面 している 様 々な 課 題 に 対 応 するために, 師 や 学 校 のあり 方 現 ( ), 授 業 学 級 づくり( 科 生 活 指 導 ), 子 どもの 心 の 発 達 や 学 習 原 理 ( 発 達 心 理 )などについて 学 びます 学, 心 理 学 などの の 門 的 知 識 を 持 つと 共 に, 実 践 的 な 指 導 力 を 身 につけた 小 学 校 員 の 養 成 を 目 指 します(オプションとして, 中 学 校, 高 校, 特 別 支 援 学 校, 幼 稚 園 の 員 免 許 も 取 得 できます) 員 からのメッセージ 三 上 敦 史 ( 学 分 野 ) 学 生 からのメッセージ 松 岡 真 耶 ( 心 理 学 分 野 4 年 ) 私 の 門 は 学 の 基 礎 分 野 である 史 です 特 に 近 現 代 日 本 における 中 等 の 展 開 過 程 につい て 研 究 しています 学 力 低 下 道 徳 い じ め 不 登 校 学 校 事 故 貧 困 と 世 の 中 ではさまざまな 問 題 が 語 られ,さまざまな 改 革 が 検 討 されています そこでまず 重 要 なのは,どのような 経 緯 で 現 状 に 立 ち 至 ってい る の か,こ れ ま で ど の よ う な 試 行 錯 誤 が な さ れ, 結 果 は ど う だ っ た か と い っ た 先 人 の 来 し 方 を,データに 立 脚 して 明 らかにすることです 最 前 線 に 立 とうとするあなたにとっても, 史 の 知 見 や 作 法 を 身 につけるこ とは 重 要 です それは 単 なる 雑 学 ではなく, 師 としての 実 践 や 自 己 学 習 を 支 え る 知 的 基 盤 となるのです 私 は 人 の 心 に 興 味 があり 心 理 ( 心 理 学 分 野 の 愛 称 です)に 入 りました 人 の 心 の 動 きや 仕 組 みに ついての 理 解 が 深 まれば, 師 になった 時 に 子 どもた ちへの 関 わり 方 の 幅 を 広 げることができると 思 ったか らです 心 理 の 魅 力 は 学 年 全 体 のつながりを 大 切 にしている ことだと 感 じていま す 1 4 年 生 全 員 がひとつになって 行 事 ( 体 祭 や 学 校 祭 など)を 盛 り 上 げたり, お 花 見 やキャンプなど 心 理 独 自 の 行 事 もあって,みんな 仲 が 良 くとても 楽 しいで す また 児 童 養 護 施 設 や 親 子 キャンプなどでのボランティア 活 動 も 充 実 しており, みんなで 協 力 し, 支 え 合 いながら 自 分 自 身 を 成 長 させることができます こんな 心 理 学 分 野 に 入 り, 私 たちと 一 緒 に 学 んでみませんか? 心 理 学 分 野 一 同,みなさんと 一 緒 に 大 学 生 活 を 送 れることを 楽 しみにしています 体 祭 附 属 学 校 の 相 互 学 習 で 植 え 体 祭 応 援 4 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

8 学 分 野 紹 介 特 色 学 分 野 では, の 現 場 と 連 携 し, 子 どもたちの 学 校 での 学 習 や 生 活 がどのようにしたらよりよいも のになるのかということについて, 学 んでいきます 第 一 に, そうしたことを, と 社 会, の 思 想 や 歴 史, と 制 度 の 関 係 など 学 校 を 支 える 基 盤 につ いて 検 討 していくことを 通 して 学 びます 第 二 に, 子 どもが 学 校 で 大 半 の 時 間 を 過 ごす 授 業 についての 検 討 を 通 して 学 びます 子 どもたちは 授 業 で 出 会 う 知 識 や 技 能 を 獲 得 し, 今 までの 価 値 観 や 世 界 観 を 再 構 成 することによって 成 長 しますが, 必 ずしも 子 ど もたちの 日 常 生 活 にそれらが 生 かされるということにはなってはいないようです 第 三 に, いじめや 不 登 校, 学 級 崩 壊 など 子 どもや 学 校 をとりまく 状 況 の 検 討 を 通 して 学 びます 保 護 者 や 家 庭, 地 域 と 学 校 の 関 係 連 携 を 分 析 検 討 していくことも 必 要 となってきます 現 代 の 学 校 や をめぐる 様 々な 問 題 を 理 論 や 実 践 を 通 して 学 んでいくということが 本 分 野 の 特 色 と 言 えます 学 校 特 別 支 援 言 語 社 会 理 数 履 修 の 流 れ 合 宿 に 向 けての 授 業 づくり 三 笠 市 コミュニティースクールでの 稲 刈 り 道 立 研 究 所 で 職 実 践 演 習 の 講 座 に 参 加 生 活 創 造 1 年 目 2 年 目 3 年 目 学 校 についての 社 会 制 度 歴 史 的 な 学 びと 子 どもの 成 長 発 達, 授 業 づくり 学 級 づくりの 理 論 や 方 法 に 関 す る 基 礎 的 な 学 習 を 行 います 学 校 に 入 り 子 どもと 触 れあう 授 業 も 始 まります 学 の 基 礎 的 な 学 習 に 加 え, 3 年 生 から 所 属 する 研 究 室 を 考 えるための 少 人 数 の 演 習 形 式 の 授 業 を 受 講 します へ き 地 実 習 や 介 護 等 体 験 にも 参 加 することになります 研 究 室 に 所 属 し, 門 分 野 の 視 点 を 生 かした 演 習 ゼミナール や 授 業 を 受 講 します 史, 制 度, 学 校, 方 法 学, 生 活 指 導 の 研 究 室 があります 5 週 間 の 実 習 があります 芸 術 体 4 年 目 4 年 間 の 総 仕 上 げとして, 自 分 の 関 心 のある 問 題 についてテーマを 定 め, 卒 業 論 文 を 作 成 します あわせて, 員 として の 力 量 を 再 確 認 し, 向 上 させるための 授 業 にも 参 加 することになります 学 分 野 の 担 当 員 養 護 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 粟 野 正 紀 制 度 単 線 型 学 校 体 系 (6 3 3 制 )の 理 念 に ついての 研 究 桑 原 清 生 活 指 導 学 級 づくり,とりわけ 授 業 と 子 どもの 成 長 の 関 係 についての 研 究 本 間 仁 学 校 学 校 経 営 と 学 級 経 営 のあり 方 と, 師 と しての 実 践 指 導 力 の 研 究 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 実 践 と 理 論 の 歴 史 的 研 究 とそれら 前 田 賢 次 方 法 学 をふまえた 授 業 づくり 近 現 代 日 本 の 中 等 高 等 の 歴 史 的 三 上 敦 史 史 研 究 キ ャ ン パ ス ラ イ フ SAPPORO CAMPUS

9 心 理 学 分 野 紹 介 特 色 理 学 とは 何 でしょうか 心 理 学 を 学 べば 相 手 の 心 がわかるようになる と 思 っているのなら, 心 それは 大 きな 間 違 いです 心 理 学 分 野 では, 人 の 心 の 動 きや 仕 組 み, 外 にあらわれる 行 動 などを 科 学 的 に 解 明 し,それをどのように に 生 かすかを 考 えていきます 心 はこのように 働 いているのではないか という 考 えを 確 かめるには 証 拠 が 必 要 です そのために 様 々な 方 法 でデータを 取 り,それを 分 析 して, やはりこのように 働 いているとい う 証 拠 が 確 かにある と 示 していくのが, 心 理 学 の 方 法 論 です そのためには, 心 理 学 の 様 々な 門 知 識 だけ でなく,データの 取 り 方 やデータの 分 析 方 法 も 同 時 に 学 ぶ 必 要 があります 心 理 学 分 野 では,まず 心 理 学 の 基 礎 知 識 と 共 にデータ 解 析 の 方 法 を 学 びます その 後, 心 理 学, 発 達 心 理 学, 臨 床 心 理 学, 社 会 心 理 学, 認 知 心 理 学 などの, 様 々な 領 域 における 門 的 な 知 識 と 方 法 論 を 学 ぶと 共 に, 実 際 に 実 験 や 調 査 などを 行 い, 研 究 の 仕 方 についても 体 験 的 に 学 びます そして, 最 終 的 には 現 代 の 学 校 が 直 面 している 様 々な 課 題 に 対 して,それまでに 学 んだ 心 理 学 の 知 識 とスキルを 活 用 して, 取 り 組 むことので きる 能 力 を てます 卒 論 発 表 会 心 理 学 実 験 親 子 キャンプ 履 修 の 流 れ 1 年 目 2 年 目 3 年 目 4 年 目 人 文 科 学 入 門 ( 心 理 学 ), 心 理 学 と 学 校, 人 文 科 学 入 門 ( 統 計 ),アカデミックスキルなど, 心 理 学 の 基 礎 知 識 や 研 究 のためのスキルを 学 びます 心 理 学 実 験 ア セ ス メ ン トⅠ Ⅱ, 心 理 学 研 究 法 を 通 して, 心 理 学 の 実 験 や 調 査, 心 理 検 査,デ ー タ の 解 析 方 法, 論 文 の 書 き 方 などを 実 践 的 に 学 びます 各 研 究 室 に 所 属 して,それぞれの 門 的 なテーマに 基 づいて, 実 際 に 研 究 を 行 います( 心 理 学 応 用 実 験 Ⅰ Ⅱ) また, 2~4 年 生 の 間 に, 心 理 学 の 各 領 域 の 講 義 や 演 習 を 受 講 します 4 年 間 の 集 大 成 として,これ ま で に 学 んで き た 方 法 論 に 基 づ いて, 自 分 で テ ーマ を 決 め,デ ー タ を 収 集 し, 分 析 し, 卒 業 論 文 を 作 成 します 心 理 学 分 野 の 担 当 員 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 戸 田 弘 二 社 会 心 理 学 愛 着 や 対 人 魅 力 など 親 密 な 二 者 関 係, 及 び 潜 在 的 態 度 に 関 する 研 究 戸 田 まり 発 達 心 理 学 社 会 性 共 感 性 の 発 達, 情 動 知 能 につ いての 研 究 平 野 直 己 臨 床 心 理 学 精 神 分 析 学, 児 童 期 から 思 春 期 青 年 期 の 若 者 の 心 理 援 助 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 学 校 臨 床 心 理 学, 青 年 期 の 過 剰 適 応 傾 益 子 洋 人 心 理 学 向 の 低 減 に 関 する 研 究 科 学 習 場 面 での 理 解 思 考 過 程 の 研 吉 野 巌 認 知 心 理 学 究,メタ 認 知, 音 楽 の 認 知 6 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

10 特 別 支 援 最 新 科 学 を 実 践 に 生 かし 一 人 ひとりの 子 どもに 寄 り 添 う 学 校 実 践 的 な 学 びがいっぱい 臨 床 実 習 で 使 う 材 研 究 はいつも 真 剣 特 別 支 援 別 な 配 慮 や 手 助 けを 必 要 としている 子 どもは, 特 別 支 援 学 校 や 特 別 支 援 学 級 だけではなく, 特 通 常 の 学 級 にもたくさんいます 本 では, 重 度 の 障 がいのある 子 どもはもちろんのこ と, 自 閉 症 スペクトラム 学 習 障 害 (LD) 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD)など, 身 近 に 支 援 を 必 要 としている 子 どもへの 方 法 や 関 わり 方 について, 理 論 と 実 践 を 学 びます 本 では, 特 別 支 援 学 校 ( 知 的 障 害 肢 体 不 自 由 病 弱 )と 小 学 校 の 員 免 許 の 取 得 ができ るほか, 選 択 で 各 科 の 中 学 校, 高 等 学 校, 幼 稚 園 などの 員 免 許 も 取 得 できます 言 語 社 会 理 数 員 からのメッセージ 安 井 友 康 ( 障 害 福 祉 研 究 室 ) 学 ぶ 楽 しさを 自 ら 感 じることで,それを 子 どもに 伝 えられる 人 材 の 成 を 目 指 しています 一 般 に, 特 別 な 的 ニーズを 持 つ 子 どもに 接 することは, 特 別 なこと だと 感 じてしまいがちです しかし 門 的 な 知 識 や 実 践 を 積 むことで, 特 別 なことではなくなる ことが 重 要 なのではな いかと 思 います また 実 践 と 座 学 は 相 互 に 作 用 するものです 知 識 として 学 んだ こ と が, 実 際 に ど の よ う に 生 か さ れ る の か, 反 対 に 実 践 で 感 じ た 疑 問 を 解 決 す る た めにはどうすれば 良 いのか そんなことを 一 緒 に 考 えて 行 きたいと 思 っています 学 生 からのメッセージ 武 田 裕 加 里 ( 特 別 支 援 4 年 生 ) 特 別 支 援 は 少 人 数 と い うこ と も あ り, 普 段 の 講 義 だけでなく 実 習 も 仲 間 と 共 に 経 験 することが でき, 励 まし 合 いながら 取 り 組 んでいます 同 じ 目 的 を も った 仲 間 と 学 ぶ こ とで, 自 分 の 学 び も さ ら に 深 め ることができます 3 年 生 になるとゼミの 活 動 が 始 まり, 特 別 支 援 学 校 や 福 祉 施 設 を 訪 問 したり, 障 害 児 者 を 取 り 巻 く 環 境 について 仲 間 と 討 論 したりしています 先 生 方 は 熱 心 に 一 人 ひとりに 指 導 してくださいます 仲 間 と 共 に 毎 日 充 実 した 大 学 生 活 を 送 っています! 生 活 創 造 芸 術 体 養 護 キ ャ ン パ ス ラ イ フ 附 属 ふじのめ 学 級 での 実 践 的 学 び 自 分 の 研 究 をプレゼンテーション 演 習 やグループ で の 交 流 SAPPORO CAMPUS

11 特 別 支 援 分 野 紹 介 特 色 別 支 援 分 野 では, 一 人 ひとりのニーズ を 見 極 めて,それに 対 応 できる 指 導 者 の 養 成 を 目 指 してい 特 ます これまでの 特 別 支 援 の 歴 史, 心 理 アセスメント, 個 別 の 指 導 計 画 の 作 成 などのほか, 実 践 的 な 指 導 法 を 学 ぶことで, 特 別 な 的 ニーズを 持 つ 子 どもに 寄 り 添 いながら, 発 達 を 支 援 する 力 を 身 につけます 本 分 野 の 特 色 は, 大 学 内 の 臨 床 施 設 に, 子 どもの 特 別 なニーズに 対 応 する 用 の 体 館, 個 別 の 指 導 室, 遊 戯 室 などの 施 設 設 備 を 備 え, 学 生 が 個 別 と 集 団 の 臨 床 活 動 にいつでも 参 加 できることです この 実 習 では, 実 際 に 子 どもを 担 当 すると 共 に,スタッフの 指 導 (スーパーバイズ)を 受 けながら, 子 どもたちの 困 ってい ること の 解 決 に 取 り 組 んだり, 発 達 の 支 援 を 行 ったりします 実 践 的 なカリキュラムの 一 つと 言 えます 卒 業 生 の 多 くは, 札 幌 市 や 北 海 道 の 特 別 支 援 学 校, 通 常 学 校 の 員 として 子 どもたちの 指 導 に 当 たるほか, 福 祉 施 設 や 地 方 公 共 団 体 ( 公 務 員 ), 関 連 企 業 などにも 就 職 しています 遊 戯 室 での 小 集 団 臨 床 個 別 臨 床 実 習 臨 床 運 動 施 設 での 活 動 履 修 の 流 れ 1 年 目 特 別 支 援 について, 基 礎 的 な 知 識 を 身 につけます 2 年 目 臨 床 実 習, 観 察 法 実 習 ( 附 属 ふじのめ 学 級 ),アセスメント 実 習 などが 始 まります 3 年 目 4 年 目 研 究 室 を 選 択 して, 興 味 のある 分 野 についての 門 性 を 深 めていきます 障 害 児 方 法, 特 別 ニーズ 学, 障 害 児 心 理, 障 害 児 者 福 祉, 障 害 児 運 動 発 達 などの 研 究 室 があります 小 学 校 実 習 と 特 別 支 援 学 校 ( 養 護 学 校 )の 実 習 に 各 3 週 間 参 加 します 4 年 間 のまとめとして, 卒 業 論 文 を 完 成 させます 卒 業 論 文 の 制 作 過 程 では,5 月 の 研 究 デザイン 発 表 会,10 月 の 中 間 発 表 会,2 月 の 卒 業 論 文 審 査 会 を1-4 年 生 と 員 が 参 加 して 行 っています 特 別 支 援 分 野 の 担 当 員 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 発 達 障 害 児 における 心 理 アセスメントと 青 山 眞 二 障 害 児 心 理 長 所 活 用 型 指 導 高 機 能 広 汎 性 発 達 障 害 の 対 人 認 知 特 性 齊 藤 真 善 障 害 児 心 理 に 関 する 研 究, 読 み 障 害 のメカニズムの 研 究 と 効 果 的 な 指 導 プログラムの 検 討 池 田 千 紗 障 害 児 生 理 病 理 発 達 障 害 児 の 抱 える 不 器 用 さ, Handwriting 評 価 と 支 援 方 法 に 関 する 研 究 三 浦 千 賀 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 哲 障 害 児 方 法 愛 障 害 児 安 井 友 康 障 害 児 支 援 を 要 する 子 どもの 相 互 交 渉 能 力 の 発 達 に 関 する 研 究 特 別 支 援 の 制 度 シ ス テム,アメリ カの 特 別 学 級 史, 特 別 ニーズ 史,ド イツの 障 害 児,インクルーシブ の 理 論 と 実 践 障 害 者 の 生 活 の 質 向 上 に 関 する 研 究, 障 害 児 者 の 地 域 生 活, 余 暇 スポーツ 活 動 支 援 に 関 する 研 究 8 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

12 言 語 社 会 ことばや 社 会 のなりたちを 見 つめる を 築 き 師 を てる 学 校 特 別 支 援 日 本 文 学 研 修 宮 崎 県 高 千 穂 峡 九 州 電 力 山 川 地 熱 発 電 所 見 学 語 社 会 は, 旧 総 合 学 習 開 発 と 旧 基 礎 学 習 開 発 の, 国 語, 英 語, 社 会 科 言 にかかわる 研 究 室 が 結 集 して,2015 年 度 から 新 しく 発 足 した です 所 属 する 学 生 には, 日 本 語 や 英 語 についての 学 問, 文 学 や 社 会 科 学, 歴 史 や 哲 学 などの 研 究 を 通 じて, 言 語 文 化 や 社 会 の 仕 組 みとあり 方 について 旺 盛 に 探 究 する 意 欲 と 明 晰 に 理 解 する 能 力 を 兼 ね 備 えた, 小 学 生 や 中 学 生 の 学 びを 支 えるのにふさわしい 人 物 になることを 目 指 してもらいます 言 語 社 会 理 数 員 からのメッセージ 中 川 大 ( 社 会 科 分 野 ) 言 語 社 会 には,いわゆる 文 系 の 科 に 関 わ る 研 究 室 が 集 ま っ て い ま す 文 系 の 学 問 について, 単 に 知 識 を 増 やせばそれでよいのだとか, 勉 強 しなくても 大 丈 夫 なのだとかいうイメージをもっ ていませんか それは 全 くの 誤 解 です 社 会 や 言 語 が 見 せる 姿 は, 自 然 現 象 より もはるかに 複 雑 で 捉 えがたく,それらについて 子 どもたちに えるとなればなお さらです の 現 場 においてのみならず,どんな 世 界 においても, 未 来 を 背 負 う 世 代 と 共 に 自 分 自 身 をも 成 長 させ 続 けていける 力 を,この で 身 につけてほし いと 希 望 しています 学 生 からのメッセージ 大 本 佳 歩 ( 社 会 科 分 野 1 年 ) 私 は の 勉 強 がしたかったことと, 小 学 校 の 先 生 になるという 夢 を 叶 えたくて 大 学 札 幌 校 を 志 望 しました 札 幌 校 は,1 年 生 の5 月 から 小 中 学 校 等 を 訪 問 し, 実 際 の 現 場 で 実 践 的 なことを 学 べる のが 大 きな 魅 力 です 私 が 所 属 する 言 語 社 会 は,1 年 次 から 国 英 社 の いずれかの 分 野 に 分 かれて 門 的 なことを 学 びます 私 はとりわけ 人 文 地 理 学 に 興 味 が あ る の で,これ か ら 深 く 学 んで い き た い で す 札 幌 校 は, 学 生 の 夢 を 広 げ て くれ る 機 会 が 多 く,サ ポ ー ト してく だ さ る 方 々 も た くさ ん い ま す ま た, 員 志 望 が 多 いためか,みんな 明 るく 元 気 です 楽 しく 充 実 した 学 生 生 活 を 一 緒 に 送 りません か? 生 活 創 造 芸 術 体 養 護 新 しく 発 足 した 言 語 社 会 では, 上 級 生 はまだ 門 の 研 究 をする 研 究 室 には 配 属 され ていません けれども, 複 数 の 旧 から 集 まったそれぞれの 研 究 室 には,みな 先 輩 の 学 生 が 所 属 して い ま す 研 究 室 で の 学 習 や 研 究 に つ いて, 大 学 で の 生 活 や 就 職 活 動 に つ いて な ど, 諸 先 輩 の 知 恵 が 役 立 つかも 上 の 写 真 では,そうした 研 究 室 の 先 輩 たちの 姿 を 紹 介 しています キ ャ ン パ ス ラ イ フ SAPPORO CAMPUS

13 国 語 分 野 紹 介 特 色 語 分 野 には,6 名 の 員 がいて, 将 来 の 国 語 を 担 う 員 を 養 成 しています 員 として 子 どもた 国 ちと 向 き 合 うためには,まず 自 分 自 身 が, 基 本 的 な 読 み 書 きの 力 や, 論 理 的 思 考 力 情 報 分 析 力 コミュ ニケーション 能 力,さらに 国 語 の 特 質 や 言 語 文 化 の 伝 統 に 対 する 深 い 理 解 と 愛 情 を 持 つことが 重 要 です その ために,1 年 目 には 入 門 的 な 授 業 があり,2 3 年 目 になると, 国 語 の 授 業 に 直 結 した 講 義 や, 国 語 に 関 するより 門 的 な 講 義 や 演 習 などの 授 業 があります 4 年 目 は,それらの 学 習 の 集 大 成 として 卒 業 論 文 を 書 きます ま た, 文 学 をより 身 近 に 捉 えるために, 文 学 散 歩 や 文 学 研 修 なども 行 っています 文 学 散 歩 ( 月 形 樺 戸 博 物 館 ) 近 代 文 学 ゼミナール 履 修 の 流 れ 1 年 目 日 本 語 学 概 論 日 本 文 学 史 漢 文 学 概 論 など 入 門 的 な 授 業 2 年 目 3 年 目 4 年 目 初 等 国 語 小 学 校 国 語 科 法 などの 科 の 授 業 国 語 の 基 礎 などの 門 の 講 義 ( 授 業 ) ゼミ 見 学 と 研 究 室 の 配 属 希 望 の 提 出 文 学 散 歩 ( 札 幌 近 郊 ) 日 本 語 学 演 習 近 代 文 学 演 習 古 典 文 学 演 習 漢 文 学 演 習 などの 学 生 自 身 が 発 表 者 となる 授 業 日 本 文 学 研 修 ( 道 外 ) 国 語 授 業 のしくみ 言 葉 の 発 達 と 言 葉 のはたらき 小 説 の 読 み 方 言 葉 の 文 化 など 少 人 数 で 門 的 な 勉 強 をするゼミナール 卒 業 論 文 の 作 成 国 語 分 野 の 担 当 員 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 阿 部 二 郎 幸 坂 健 太 郎 中 島 和 歌 子 日 本 語 学 日 本 語 国 語 科 古 典 文 学 現 代 日 本 語 文 法 の 研 究 留 学 生 に 対 する 日 本 語 も 行 っています 国 語 科 思 考 力 成 の 研 究 哲 学, 学 習 心 理 学 と 国 語 科 の 関 わりも 研 究 しています 平 安 文 学 やその 文 化 的 背 景 の 研 究 趣 味 は 美 術 鑑 賞 など 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 西 原 千 博 近 代 文 学 芥 川 龍 之 介 や 堀 辰 雄 の 研 究 J POPSやマンガの 研 究 もしています 長 谷 川 祥 子 国 語 科 国 語 科 指 導 研 究 論 理 的 思 考 力 及 びその 表 現 力 の 成 について 研 究 しています 馬 場 俊 臣 日 本 語 学 日 本 語 の 文 法 論 文 章 論 の 研 究 主 に 指 示 語 や 接 続 詞 の 研 究 をしています 10 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

14 社 会 科 分 野 紹 介 特 色 会 科 分 野 では, 社 会 を 論 理 的 実 証 的 に 把 握 し 分 析 できる 科 学 的 思 考 力 と, 社 会 のさまざまな 境 遇 社 の 人 々に 共 感 できる 人 間 的 感 性 とを 持 ち 合 わせた 員 の 養 成 を 目 指 します の 卒 業 要 件 や 職 免 許 法 の 指 定 科 目 を 見 て,いろいろな 門 分 野 について 幅 広 く 学 べばよいのかと 思 う かもしれません しかし,そうした 幅 広 い 学 習 を 本 当 に 活 かすには, 一 つの 門 分 野 をしっかりと 研 究 する 能 力 と 技 術 がなければなりません 社 会 科 分 野 の 学 生 は,それぞれ 一 つの 研 究 室 に 所 属 します そして, 担 当 員 の 指 導 と 学 生 同 士 の 切 磋 琢 磨 を 通 じて, 学 力 を 向 上 させることはもちろん, 将 来 の 者 たるにふさわしい 人 物 へと 人 間 的 に 成 長 する ことが 期 待 されています 学 校 特 別 支 援 言 語 社 会 理 数 履 修 の 流 れ 1 年 目 2~3 年 目 卒 業 論 文 発 表 会 大 学 生 なら 誰 にも 必 要 な 素 養 を 身 につけるための 共 通 科 目 や 養 科 目, 門 の 研 究 への 橋 渡 しをするための 科 目 とを 組 み 合 わせて 履 修 します 担 当 員 がそれぞれ 主 宰 する 門 の 研 究 室 で, 門 の 研 究 をする 力 を 身 につけていきます 同 時 に, 概 論 概 説 科 目 等 を 通 じ て, 幅 広 い 知 識 を 習 得 し ま す ま た, 社 会 科 法 等 の 科 目 を 履 修 し, 将 来 の 授 業 づ くり に 必 要 な 技 能 を 磨 き ます 4 年 目 担 当 員 の 指 導 のもと, 各 自 の 問 題 関 心 に 基 づいて 卒 業 論 文 を 作 成 します 函 館 での 合 宿 生 活 創 造 芸 術 体 社 会 科 分 野 の 担 当 員 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 石 井 健 西 洋 史 近 世 イギリス 社 会 史 袁 克 勤 政 治 学 アメリカ, 日 本, 中 国 の 外 交 を 中 心 と す る 戦 後 北 東 アジアの 国 際 政 治 史 菅 野 淑 子 法 律 学 労 働 法 学,ジェンダー 法 学, 憲 法 学 佐 山 圭 司 倫 理 学 ドイツを 中 心 とした 近 代 倫 理 思 想 史 鈴 木 哲 雄 社 会 科 歴 史 における 方 法 論 や 材 論,ま た 中 世 日 本 の 社 会 経 済 史 武 田 泉 地 理 学 環 境 政 策 および 交 通 政 策 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 中 川 大 哲 学 言 語 哲 学, 分 析 哲 学 ( 現 代 英 米 哲 学 ) 濱 地 秀 行 経 済 学 アジア 経 済, 行 動 経 済 学, 経 済 本 庄 十 喜 日 本 史 近 現 代 史, 社 会 運 動 史 宮 田 和 保 経 済 学 理 論 経 済 学 ( 社 会 経 済 学 ) 百 瀬 響 文 化 人 類 学 北 海 道 近 代 史, 北 方 文 化 ( ロ シ ア アイ ヌ 文 化 を 含 む ) 研 究 養 護 キ ャ ン パ ス ラ イ フ SAPPORO CAMPUS

15 英 語 分 野 紹 介 特 色 語 分 野 の 学 生 は, 英 語 の 中 学 校 1 種 免 許 状 を 取 得 し, 中 学 校 で 英 語 を えることができます また, 英 英 語 分 野 では, 小 学 校 で 外 国 語 活 動 を えるためのプログラムも 設 けており, 小 学 校 員 の 免 許 状 を 取 得 することができます 特 徴 幅 広 い 英 語 の 力 を 身 につけられる 英 語 分 野 中 学 校 の 英 語 員 の 免 許 を 取 得 することが 英 語 分 野 の 基 本 ですが, 札 幌 校 はそれに 加 えて, 小 学 校 で 英 語 を えることのできる 員 の 養 成 を 大 きな 特 色 としています これからの 小 学 校 員 は, 英 語 指 導 力 が 必 須 のものになります 中 学 校 高 等 学 校 でも えられる 高 い 基 礎 力 を 身 につけ, 小 学 校 にお いては 英 語 をリードできる 員 そんな 人 材 の 成 を 目 指 しています グローバルな 学 びと 活 躍 を 目 指 して 北 海 道 大 学 は 国 際 交 流 を 積 極 的 に 推 進 しています 学 生 たちも 毎 年 英 語 圏 の 国 々へ 留 学 をして, 貴 重 な 海 外 体 験 をすると 共 に, 実 践 的 な 英 語 力 を 身 につけています 27 年 度 からは 新 たに グローバル 員 養 成 プログラム もスタートし,これからますます 国 際 化 する 環 境 の 中 で 中 心 的 な 役 割 を 担 う 人 材 を 成 します マサチューセッツ 大 学 生 との 交 流 授 業 附 属 小 での 授 業 風 景 オックスフォード 大 辞 典 でシェイクスピアを 解 読! 履 修 の 流 れ 1 年 目 概 論 Ⅰ( 英 語 学, 英 語 学, 英 米 文 学 の3 分 野 ) 等 を 学 びます 2 年 目 3 年 目 4 年 目 小 学 英 語 Ⅰ,Ⅱ, 概 論 Ⅱ( 英 語 学, 英 語 学, 英 米 文 学 の 3 分 野 ), 演 習 Ⅰ( 英 語 学, 英 語 学, 英 米 文 学 の 3 分 野 ), 中 学 校 英 語 科 法 Ⅰ(4 年 目 までにⅣ), 異 文 化 理 解, 異 文 化 コミュニケーション 論, 英 語 コミュニケーションⅠ(4 年 目 までにⅣ),Academic Writing Ⅰ(4 年 目 までにⅣ) 等 後 期 には 所 属 ゼミが 決 まります ゼ ミ ご と に 行 わ れ る 授 業 が 中 心 と な り, 演 習 Ⅱ, 演 習 Ⅲ を 学 び, 門 性 を 深 め ま す 主 免 ( 中 学 英 語 )の 実 習 を 行 う の も,こ の 学 年 で す ゼミに 所 属 し 学 んだ 成 果 を 卒 業 研 究 ( 卒 論 作 成 )に 結 実 させます 演 習 Ⅳ(3 分 野 のいずれか), 特 別 研 究 (3 分 野 の いずれか), 職 実 践 演 習 等 を 履 修 します 英 語 分 野 の 担 当 員 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 英 語 を 中 心 とした 生 成 文 法 に 基 づく( 史 茨 木 正 志 郎 英 語 学 的 ) 統 語 論 大 賀 京 子 英 語 学 文 の 構 造, 英 語 と 日 本 語 の 文 法 の 比 較 志 村 昭 暢 英 語 学 小 学 校 英 語, 授 業 分 析, 言 語 師 認 知 本 多 尚 子 英 語 学 生 成 文 法 理 論 に 基 づいた 英 語 の 史 的 構 造 変 化 の 研 究 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 本 堂 知 彦 英 米 文 学 ルネッサンス 期 イギリスの 詩 と 音 楽 皆 川 治 恵 英 米 文 学 アメリカ 小 説 および 戯 曲 の 研 究 横 山 吉 樹 英 語 学 言 語 習 得 理 論,ス ピー キ ン グ 研 究 萬 谷 隆 一 英 語 学 小 学 校 英 語, 子 どもの 言 語 習 得 指 導 ジョシュア アンテル 英 会 話 英 作 文 英 語 授 法 12 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

16 理 数 算 数, 数 学, 理 科 の 先 生 を 目 指 そう 理 数 には, 以 下 の 二 つの 分 野 があります 1 算 数 数 学 分 野 数 学 についての 門 性 と 算 数 数 学 についての 知 見 を 身 につけた 学 校 員 を 養 成 する 分 野 です 所 定 の 単 位 を 修 得 することで 小 学 校, 中 学 校 ( 数 学 ), 高 等 学 校 ( 数 学 )の 員 免 許 状 を 取 得 することが 可 能 です 2 理 科 分 野 理 科 についての 門 性 と 理 科 についての 知 見 を 身 につけた 学 校 員 を 養 成 する 分 野 で す 所 定 の 単 位 を 修 得 することで 小 学 校, 中 学 校 ( 理 科 ), 高 等 学 校 ( 理 科 )の 員 免 許 状 を 取 得 することが 可 能 です 学 校 特 別 支 援 員 からのメッセージ 高 久 元 ( 理 科 分 野 ) 学 生 からのメッセージ 柴 山 真 千 翔 ( 算 数 数 学 分 野 1 年 ) 学 生 からのメッセージ 山 畑 雄 平 ( 理 科 分 野 1 年 ) 言 語 社 会 理 数 の 学 生 に は, 大 学 の 4 年 間 で 算 数 数 学 あるいは 理 科 の 基 礎 から 門 までの 幅 広 い 内 容 や, 小 中 学 校 の 授 業 づ くり, 指 導 方 法 な ど を 学 び, 師 として えるための 養 と 技 術,そして 社 会 で 必 要 と される 課 題 解 決 力 を 身 につけてほしいと 思 っています 自 ら 課 題 を 見 つけ,その 課 題 を 自 分 の 力 で 解 決 する 能 力 を 養 うのが 大 学 です 大 学 のカリキュラムには, 講 義 や 実 験 の 他 に,ゼ ミ ナ ー ル,フィー ルド 調 査, 実 習, 附 属 学 校 での 授 業 実 践 など 多 彩 なものが 用 意 され ています これまでの 高 等 学 校 での 学 びとは 大 きく 異 なりますので, 入 学 当 初 はとまどうかもしれませんが, 我 々 員 や 先 輩 たちのサポートを 受 けながら 大 学 での 学 びに 意 欲 的 に 取 り 組 まれ, 自 分 の 力 で 知 を 獲 得 する 喜 びを 感 じ 取 れるよう 期 待 しています 私 は 数 学 科 につい て 勉 強 し た か っ た の で,こ の 分 野 を 志 望 しました 高 校 の 数 学 の 先 生 の 授 業 の おかげで 数 学 が 大 好 きになりました 将 来 は,その 先 生 の よ う に, 多 くの 児 童 生 徒 が 苦 手 と す る 算 数 数 学 を 楽 し く, 面 白 く え た い で す 授 業 は 入 門 編 か ら 始 ま る の で,つ い て い け な い か な,と い う 不 安 は 心 配 あ りま せん! 大 学 生 活 はとても 楽 しく 毎 日 が 充 実 しています 皆 さんも,ぜひ 一 緒 に 大 学 で 学 びましょう! 僕 は, 東 日 本 大 震 災 を 通 して 津 波 や 地 震 につい て 研 究 し た い と 感 じ,ま た, 天 文 学 が 好 きなので 大 学 では 地 学 について 学 びたいと 考 えています 大 学 では 自 分 の 学 びたいことを 深 く 学 んでいくことになり ます オープンキャンパスでは 受 験 生 の 皆 さんをお 待 ちしています 理 数 生 活 創 造 芸 術 体 養 護 キ ャ ン パ ス ラ イ フ 2015 年 度 理 数 1 年 生 集 合 写 真 SAPPORO CAMPUS

17 算 数 数 学 分 野 紹 介 特 色 数 数 学 分 野 では, 数 学 と 数 学 を 門 的 に 学 びます 数 学 では, 代 数 学 ( 線 形 代 数 学, 群 論, 可 算 換 環 論 ), 幾 何 学 ( 位 相 空 間 論, 曲 面 論, 多 様 体 論 ), 解 析 学 ( 微 分 積 分 学, 関 数 論, 微 分 方 程 式 論 ), 統 計 学 の 各 分 野 の 基 礎 及 び 門 的 な 内 容 を 学 ぶことを 通 して 論 理 的 思 考 力 や 数 学 的 表 現 力 を 身 につけます 数 学 では,これまでに 学 んできた 数 学 を 学 習 指 導 の 立 場 から 見 直 すことを 通 して 科 の 目 標 や 内 容, 材 研 究 の 仕 方 や 指 導 法 についての 知 見 を 深 めます これらの 学 びを 通 して, 子 どもたちに 数 学 の 楽 しさを 味 わわせる ことのできる 員 へと 成 長 していきます また, 算 数 数 学 分 野 で 取 得 できる 員 免 許 状 については, 入 学 後 に 小 学 校 諭 1 種 免 許 状 または 中 学 校 諭 1 種 免 許 状 ( 数 学 )のどちらかを 卒 業 要 件 の 主 免 許 状 として 選 択 します さらに 所 定 の 単 位 を 修 得 す ることにより, 主 免 許 状 以 外 の 副 免 許 状 を 取 得 することもできます 例 えば, 小 学 校 諭 1 種 免 許 状 を 主 免 許 状 とする 学 生 が, 中 学 校 諭 1 種 免 許 状 ( 数 学 )と 高 等 学 校 諭 1 種 免 許 状 ( 数 学 )を 取 得 することもできます 1 年 職 論 基 礎 実 習 にお ける 算 数 の 授 業 研 究 会 ( 左 )と 発 表 会 ( 右 ) 3 年 実 習 における 算 数 の 研 究 授 業 履 修 の 流 れ 1 年 目 現 代 数 学 概 説, 代 数 学 入 門, 幾 何 学 入 門, 解 析 学 入 門, 職 論, 基 礎 実 習 2 年 目 代 数 学 幾 何 学 解 析 学 Ⅰ,Ⅱ, 小 学 校 科 内 容 研 究 科 目, 小 学 校 科 指 導 科 目, 中 学 校 数 学 科 法 Ⅰ,Ⅱ 3 年 目 代 数 学 幾 何 学 解 析 学 Ⅲ,Ⅳ, 統 計 学 Ⅰ,Ⅱ,コンピュータ, 中 学 校 数 学 科 法 Ⅲ,Ⅳ, 高 等 学 校 数 学 科 法 Ⅰ,Ⅱ, 主 免 実 習 ( 小 学 校 または 中 学 校,5 週 間 ) 4 年 目 代 数 学 幾 何 学 解 析 学 Ⅴ, 職 実 践 演 習, 卒 業 研 究, 副 免 実 習 ( 中 学 校 ま た は 小 学 校,2 週 間 ) 算 数 数 学 分 野 の 担 当 員 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 居 相 真 一 郎 代 数 学 堅 く 代 数 的 に, 微 分 積 分 を 使 わないで, 幾 何 学 的 対 象 に 挑 戦 しています 大 森 常 住 代 数 学 門 が 代 数 学 で,Lie 型 の 有 限 群 の 表 現 の 有 理 性 を 研 究 しています 本 質 的 学 習 環 境 理 論 に 基 づいた 学 習 環 佐 々 祐 之 数 学 学 境 のデザインの 研 究 と 開 発 を 行 ってい ます 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 菅 原 健 幾 何 学 代 数 幾 何 学 が 門 です 整 数 の 性 質 を 幾 何 学 の 手 法 を 使 って 研 究 しています わずかの 違 いが 大 きな 変 化 を 引 き 起 こ 後 藤 俊 一 解 析 学 す 非 線 形 の 現 象 を, 微 分 積 分 の 方 法 で 解 き 明 かします 渡 会 陽 平 数 学 学 子 どもが 乗 法 的 な 概 念 をどのように 学 習 していくのかについて 研 究 しています 14 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

18 理 科 分 野 紹 介 特 色 科 分 野 は 物 理, 化 学, 生 物, 地 学, 理 科 の5 領 域 から 構 成 されています 学 生 は,このうち 一 つの 理 領 域 に 所 属 し, 理 科 等 に 関 する 講 義 と 門 の 講 義 や 実 験 を 通 して, 知 識 と 実 践 力 をつけます 物 理 領 域 力 学, 熱 力 学, 電 磁 気 学 な ど の 基 礎 を 学 び, 実 験 を 行 い ま す 物 理 理 論 や 雪 氷 の 室 内 実 験 フィー ル ド ワ ー ク を 通 し て 研 究 を 行 い ま す 化 学 領 域 物 質 の 状 態 と 変 化 を, 物 理 化 学 分 析 化 学 有 機 化 学 の 観 点 から 実 験 を 通 して 学 びます 学 校 特 別 支 援 生 物 領 域 野 外 調 査 や 採 集, 実 験 動 物 を 用 いた 室 内 実 験 などを 通 じて, 生 物 学 の 知 識 考 え 方 を 深 めていきます 地 学 領 域 地 質 学 と 気 象 学 を 学 びます 中 でも 野 外 実 習 ( 巡 検 )や 実 験 に 力 をいれています 理 科 領 域 理 科 に 関 する 意 識 調 査, 材 開 発, 理 科 の 授 業 分 析 を 中 心 に 研 究 を 進 めています 理 科 材 開 発 ( 作 成 した 南 極 石 ) 言 語 社 会 理 数 物 理 測 定 器 オシロスコープ 化 学 物 理 化 学 実 験 (3 年 次 ) 地 学 野 外 実 習 ( 様 似 町 での 地 層 観 察 ) 生 物 土 壌 動 物 の 観 察 検 索 履 修 の 流 れ 1 年 目 2 年 目 3 年 目 4 年 目 アカデミックスキル や 各 領 域 の 概 論, 情 報 機 器 の 操 作 などの 講 義, 演 習 を 通 じて, 自 然 科 学 の 基 本 的 な 事 柄 を 学 びます 前 期 終 了 後 に, 主 免 許 を 小 学 校, 中 学 校 ( 理 科 )のどちらにするかを 決 めます 各 領 域 の 基 礎 実 験 で, 小 中 学 校 の 理 科 で 必 要 な 実 験 観 察 の 技 術, 自 然 科 学 に 関 する 基 礎 的 知 識, 考 え 方 を 学 び ます 各 領 域 の 門 科 目 の 講 義, 実 験 に よ り, 門 的 な 知 識, 技 術, 科 学 的 思 考 力 を 養 い ま す ま た 近 隣 の 小 学 生 中 学 生 な どを 対 象 にした 土 曜 講 座 への 取 り 組 み, 附 属 小 中 学 校 での 授 業 実 践 などにより 指 導 能 力 を 養 います 1 年 間 の 卒 業 研 究 で 材 開 発 や 門 的 な 研 究 に 取 り 組 み,その 成 果 を 卒 業 論 文 としてまとめます 4 年 間 を 通 じて, 自 ら 計 画 を 立 て, 実 施 し, 考 え る 力,ま と め る 力 を 身 に つ け ま す 理 科 分 野 の 担 当 員 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 岡 崎 隆 物 理 学 理 論 物 理 学, 物 理, 科 学 史 岡 村 聡 地 学 火 山 地 質 学, 岩 石 学, 災 害 地 質 学 尾 関 俊 浩 物 理 学 雪 氷 物 理 学, 雪 氷 災 害 科 学 蠣 崎 悌 司 化 学 分 析 化 学 電 気 分 析 化 学 化 学 菅 正 彦 化 学 環 境 情 報 計 測 科 学 木 村 賢 一 生 物 学 昆 虫 の 行 動 と 神 経 系 鈴 木 明 彦 地 学 古 生 物 学 古 環 境 学 漂 着 物 の 自 然 誌 学 平 久 夫 物 理 学 物 性 理 論, 物 理 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 高 久 元 生 物 学 ダニの 分 類 と 生 態 高 橋 庸 哉 地 学 大 気 物 理 学 及 びその への 適 用 田 口 哲 化 学 物 理 化 学 電 極 表 面 科 学 化 学 並 川 寛 司 生 物 学 植 生 学, 森 林 生 態 学 早 野 清 治 化 学 有 機 化 学 材 開 発 柚 木 朋 也 理 科 理 科 全 般 に 関 わる 内 容 渡 辺 理 文 理 科 理 科 授 業 の 分 析 渡 部 英 昭 生 物 学 野 山 でハエをとる 生 活 創 造 芸 術 体 養 護 キ ャ ン パ ス ラ イ フ SAPPORO CAMPUS

19 生 活 創 造 身 の 回 りの 科 学 技 術 を 理 解 し, 子 どもの 発 達 を 支 援 する 学 生 主 催 のマイコン 室 学 生 による 地 域 での 食 講 座 源 の 乏 しい 我 が 国 において, 新 たなものをつくったり, 日 常 の 生 活 を 改 善 する 能 力 は,21 世 資 紀 の 日 本 を 担 う 子 どもたちには 必 要 不 可 欠 で,この 能 力 は 貴 重 な 資 源 です この では, 学 校 の 場 で, 新 たな 未 来 を 創 造 する 能 力 を 成 する 有 為 な 員 を てます 員 からのメッセージ 大 矢 智 ( 総 合 技 術 分 野 ) 学 生 からのメッセージ 岩 佐 茉 莉 花 ( 家 庭 科 分 野 1 年 ) 現 在, 学 校 において, 生 きる 力 を 養 成 する ことが 求 められていますが,そもそも 生 きる 力 っ て 何 で しょうか? 私 は, 主 体 的 に,さ ま ざ ま な 課 題 や 困 難 を 解 決 していける 力 だと 思 っています 課 題 や 困 難 を 解 決 するには, 何 が 問 題 の 本 質 なのかを 考 えたり, 複 数 の 解 決 手 段 を 考 え, その 中 から 最 適 なものを 選 択 することなどが 必 要 です そのためには, 知 識 だけ で なく, 知 識 を 複 合 す る 力, 客 観 的 な 視 点, 発 想 力, 行 動 力 な ど が 求 め ら れ ま す こ の で は, 目 で 見 て, 手 で 触 り, 手 足 を 使 い,か つ 科 学 的 な 知 識 に 基 づ い た 創 造 活 動 により, 総 合 的 に 子 どもの 力 を 伸 ばす 力 の 成 を 目 指 しています 食 や 被 服 に 興 味 があり, 生 活 力 を 学 び 日 本 の 未 来 を 担 う 子 どもたちに 伝 えていきたい その 思 いからこの を 志 望 しました 今 日 で は 技 術 が 進 み, 多 種 多 様 な 製 品 が 出 回 って い ます しかし, 食 の 安 全 性 が 問 題 となっている 様 に 必 ずしも 良 い 影 響 を 与 えるもの ばかりではなく, 個 人 の 生 活 力 が 重 要 となってきています こ の で は 被 服 学 や 現 代 の 生 活, 食 に つ い て 等 を 学 習 し ま す ま た, 体 験 授 業 で は 生 キ ャ ラメ ル 作 り や 乳 製 品 の 工 場 見 学, 牛 小 屋 見 学 を さ せ て 頂 き, 私 た ち が 日 頃 飲 食 するまでどの 様 な 過 程 を 経 ているのかを 学 ばせて 頂 きました この 様 な 学 習 を 通 して 家 庭 科 の 力 を 身 につけていきます 皆 さんも 私 たちと 一 緒 に 楽 しく 生 活 の 力 を 学 んでいき, 豊 かな 生 活 を 築 き 上 げていきませんか? マイコンロボット 授 業 大 学 中 庭 の 花 壇 作 り 浜 頓 別 での 酪 農 体 験 2 泊 3 日 16 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

20 総 合 技 術 分 野 紹 介 特 色 も のづくり と 情 報 は 現 代 的 な 内 容 の 一 つです 自 らの 知 識 と, 五 感 を 使 い, 主 体 的 に もの を 作 り 上 げる 体 験 を 通 して, 問 題 解 決 能 力 や 発 想 力 などが 成 されます また, 現 代 社 会 を 生 きていく 上 で, 情 報 を 上 手 に,そして 適 切 に 活 用 していくことは 必 須 です 総 合 技 術 分 野 は, ものづくり や 情 報 に 精 通 した, 小 学 校 や 中 学 校 技 術 の 員 を 養 成 することを 目 的 としています 現 在, 大 量 生 産 大 量 消 費 が 環 境 に 与 える 影 響 や, 資 源 の 浪 費 が 危 惧 され, 持 続 的 な 社 会 を 形 成 するため, 誰 もが, 快 適 な 生 活 と 環 境 の 両 立 について 考 えていくことが 求 められています 本 分 野 では, 環 境 材 の 開 発 や, 子 どもの 実 践 的 活 動 を 伴 った 学 習 の 内 容 や 方 法 の 開 発 なども 研 究 対 象 としています 開 設 科 目 木 材 加 工 学, 木 材 加 工 実 験 実 習 Ⅰ Ⅱ, 金 属 加 工 学, 材 料 加 工 の 基 礎, 金 属 加 工 実 験 実 習,も の 作 り 設 計 実 習, 機 械 工 作 実 習, 電 気 電 子 工 学, 電 気 電 子 実 験 実 習 Ⅰ Ⅱ, 情 報 基 礎, 情 報 処 理 概 論, 機 械 工 学,プ ロ グ ラ ミ ン グ 実 習, 栽 培 学, 作 物 園 芸 学 Ⅰ Ⅱ, 生 物 成 実 習 他 学 校 特 別 支 援 言 語 社 会 理 数 1 年 目 2 年 目 ものづくり 授 業 でのソーラークッカーの 製 作 割 り 箸 から 紙 作 り( 小 学 生 対 象 の 講 座 ) 履 修 の 流 れ 大 学 での 学 習 と 研 究 生 活 の 基 礎 を 学 ぶと 共 に, 養 と 職 関 係 の 基 礎 科, 設 計 製 図 などの 技 術 関 係 分 野 の 基 礎 的 な 知 識 を 身 につけます 門 科 目 によって 技 術 科 学 の 主 軸 を 学 ぶと 共 に, 小 学 校 員 のための 授 業 と 中 学 校 技 術 やその 他 の 職 科 目 に よ って, 師 と して, 授 業 を 構 想 す る た め の 基 礎 を 身 に つ け ま す 生 活 創 造 芸 術 体 3 年 目 4 年 目 研 究 室 に 所 属 し, 実 験 実 習 や ゼ ミを 通 して さら に 門 性 を 高 め る と 共 に, 実 習 を 通 して 総 合 的 実 践 力, 学 習 開 発 力 を 養 います 希 望 する 他 校 種 や 他 科 の 員 免 許 取 得 のための 講 義 の 受 講 と 共 に,4 年 間 の 総 仕 上 げとして, 自 分 の 研 究 テーマを 定 め, 卒 業 論 文 を 作 成 します また, 卒 業 後 の 進 路 に 関 する 学 習 をします 養 護 総 合 技 術 分 野 の 担 当 員 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 井 上 祥 史 大 矢 情 報 工 学 電 子 工 学 智 木 材 加 工 電 子 情 報 制 御 とこれに 関 したものづく り 実 践 木 材 加 工 材 料 力 学 と,これを 通 したも のづくり 実 践 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 杵 淵 信 技 術 科 ものづくりと 情 報 に 関 する 内 容 方 法 学 習 材 の 研 究 出 口 哲 久 栽 培 生 物 成 作 物 成 技 術 に 関 する 研 究 とこれを 通 したものづくり 実 践 の 研 究 キ ャ ン パ ス ラ イ フ SAPPORO CAMPUS

21 家 庭 科 分 野 紹 介 特 色 庭 科 分 野 では, 家 庭 生 活 を 中 心 とした 生 活 の 身 近 な 課 題 から 出 発 し,グローバルな 関 係 をも 視 野 に 家 入 れて, 問 題 解 決 の 方 法 を 学 びます 私 たちは, 今 日 の 生 活 が 置 かれている 状 況 を 認 識 し, 科 学 的, 総 合 的 な 視 点 を 含 む 知 識 や 技 術 をもっと 身 につ けなければなりません 様 々な 側 面 から 生 活 総 体 の 考 察, 研 究 を 行 い, 主 体 的 かつ 自 律 的 な 生 活 価 値 観 形 成 を 目 指 すところに,この 家 庭 科 分 野 の 最 大 の 特 色 があります 自 分 の 力 でより 良 い 生 活 ができる 人,さらにそのような 力 を 子 どもたちの 中 に むことのできる 員 の 成 を 目 標 にしています 開 設 科 目 生 活 経 営 学, 生 活 経 済 学, 生 活 福 祉 学, 被 服 学 Ⅰ Ⅱ, 被 服 学 実 験, 被 服 実 習, 食 物 学 Ⅰ Ⅱ, 食 物 学 実 験, 調 理 実 習, 住 居 学, 住 環 境 論, 保 学, 生 活 機 器 と 情 報 他 被 服 学 実 験 風 景 食 の 体 験 玉 ねぎの 皮 で 染 色 作 品 化 履 修 の 流 れ 1 年 目 2 年 目 3 年 目 大 学 での 学 習 と 研 究 生 活 の 基 礎 を 学 ぶと 共 に, 養 と 職 関 係 の 基 礎 科 や 家 庭 科 門 分 野 についての 基 礎 的 な 知 識 を 身 につけます 門 科 目 によって 生 活 科 学 の 主 軸 を 学 ぶと 共 に, 家 庭 科 その 他 の 職 科 目 によって, 家 庭 科 の 授 業 を 構 想 するた めの 基 礎 を 身 につけます 研 究 室 に 所 属 し, 実 験 実 習 や ゼ ミを 通 して 生 活 科 学 と 家 庭 科 の 門 性 を 高 め, 総 合 的 実 践 力, 学 習 開 発 力 を 養 います 4 年 目 4 年 間 の 総 仕 上 げ と して, 自 分 の 研 究 テ ー マ を 定 め, 卒 業 論 文 を 作 成 し ま す 家 庭 科 分 野 の 担 当 員 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 今 尚 之 都 市 計 画 学, 知 識 基 盤 社 会 情 報 社 会 における 生 涯 情 報 学 学 習 と 持 続 可 能 な 社 会 づくり 佐 々 木 貴 子 家 庭 科 家 庭 科 に お ける 指 導 方 法, 及 び 材 に 関 わる 研 究 感 性 工 学 やアパレル 材 料 学 の 知 識 をい 藤 本 尊 子 被 服 学 か して, 人 間 と も の,も の の 特 性,も の づ くりに 関 する 課 題 の 追 求 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 古 村 えり 子 生 活 福 祉 地 域 福 祉 と 子 どもの 生 活 増 渕 哲 子 家 庭 科 森 田 みゆき 被 服 学 生 活 環 境 家 庭 科 の 科 論 研 究, 家 族 家 庭 生 活 に 関 わる 科 書 研 究 学 習 内 容 研 究 環 境 に 配 慮 した 洗 浄 や 染 色 の 追 求 と 材 化 18 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

22 芸 術 体 楽 美 術 体 だけを 学 んでいても,よい 先 生 にはなれません 音 楽 美 術 体 に 関 す 音 る 門 理 論 や 技 能 を 深 く 学 ぶだけではなく, 子 どもを 理 解 し, 社 会 や 文 化 の 現 状 を 把 握 しつ つ, に 誠 実 に 取 り 組 む 姿 勢 と 力 量 が 必 要 です 札 幌 校 芸 術 体 は, 音 楽 分 野 図 画 工 作 美 術 分 野 保 健 体 分 野 の3 分 野 で 構 成 されています 各 分 野 では, 音 楽, 美 術, 体 それぞれの 門 科 に 関 する 学 びを 基 盤 と しながら, 小 中 学 校 の 員 として 必 要 な 知 識 技 能 実 践 力 を 身 につけ, 未 来 の 子 どもを てて 社 会 に 貢 献 できる 先 生 を 目 指 します 音 楽 分 野 音 楽 分 野 で は, 音 楽 を 通 して, 学 校, 人 間 の 成 長 と 発 達, 社 会 と 文 化 に つ い て 学 ぶ こ と で, を 実 践 するための 広 い 視 野 を 身 につけます また, 音 楽 学 を 基 盤 にしながら, 授 業 を 実 践 していくうえで 必 要 とされる 子 どもを 理 解 する 力 学 校 を 理 解 する 力 音 楽 文 化 を 理 解 する 力 音 楽 を 実 践 する 力 を 身 につけ, 子 どもの 学 びや 成 長 を 目 指 す 授 業 のつくり 方 実 践 の 方 法 を 学 びます 学 校 特 別 支 援 言 語 社 会 図 画 工 作 美 術 分 野 美 術 学 を 中 心 として, 図 画 工 作 美 術 師 に 必 要 な 絵 画, 彫 刻, デザイン, 工 芸, 美 術 理 論 美 術 史 の5つの 門 領 域 を 幅 広 く 学 びます それぞれの 門 領 域 での 造 形 活 動 や 作 品 制 作, 美 術 鑑 賞 の 学 びを, 小 学 校 中 学 校 の 中 でどのように 活 かすかを, 担 当 員 や 非 常 勤 講 師 の 先 生 と 共 に 考 えていきます また, 多 くの 学 校 現 場 や 社 会 との 関 わりを 通 して, 図 画 工 作 美 術 を 門 科 とする 師 としての 資 質 能 力 の 向 上 を 目 指 します 生 理 学 衛 生 公 衆 衛 生 学 実 技 保 健 体 学 体 原 理 学 校 保 健 保 健 体 分 野 デザイン 美 術 学 現 代 社 会 の ニーズ を 踏 ま え, 生 涯 に わ た って 健 康 を 保 持 増 進 し, 豊 か な ス ポ ー ツ ラ イフ を 実 現 する こと を 重 視 した を 目 指 し ま す そ の 際, 心 と 体 を より 一 体 としてとらえ, 健 全 な 成 長 を 促 す こと が 重 要 で あることから, 体 と 保 健 を 関 連 させて 指 導 できる 員 を 成 します また, 学 習 したことを 実 生 活 や 実 社 会 において 生 かせるよう, 多 角 的 視 点 から 保 健 体 学 を 学 び, 学 校 段 階 の 接 続 及 び 発 達 の 段 階 に 応 じて 指 導 内 容 を 柔 軟 に 整 理 できる 能 力 を 養 います 彫 刻 美 術 理 論 美 術 史 工 芸 絵 画 理 数 生 活 創 造 芸 術 体 員 からのメッセージ 石 澤 伸 弘 ( 保 健 体 分 野 ) 私 の 門 分 野 は スポーツ 社 会 学 です スポー ツは 社 会 を 映 す 鏡 であると 言 われますが, 現 代 社 会 におけるスポーツの 関 わりを 社 会 学 の 視 点 から 理 論 的 かつ 実 践 的 に 探 求 しているのがこの 学 問 であるといえ ます 昨 年 度 から 道 内 におけるスポーツ 合 宿 の 研 究 をスタートしました ラグビーWC2019,オリパラ2020,ワールドマスターズゲー ム2021とこれからの 我 が 国 は メガスポーツイベント が 目 白 押 しですが,それら の 事 前 合 宿 を 道 内 に 呼 び 込 むためにも 道 内 自 治 体 と 連 携 して 活 動 しています 変 革 の 多 い 現 代 ですが, 時 代 がどのように 変 わろうとも, 員 は 常 に 子 どもたち と 向 き 合 い, 成 長 を 支 え,そ して 生 きるす ば らし さ を 伝 える こ と が 求 め ら れ ま す 大 生 は 員 を 目 指 す 学 生 の 集 団 です 子 どもたちの 成 長 と 子 どもたちの 未 来 に 対 して 強 い 関 心 を 持 ち,そして, 何 にも 増 して への 強 い 使 命 感 を 持 った 生 徒 さんに 来 て 欲 しいと 思 います! 学 生 からのメッセージ 石 垣 華 実 ( 音 楽 分 野 1 年 ) 私 は, 員 養 成 大 学 な らで は の 実 践 的 な 学 び を, 広 大 な 北 海 道 の 地 で 行 いたいと 考 え, 本 学 を 志 望 しまし た 大 学 四 年 間 で 子 どもの 学 び 成 長 を 目 指 す 授 業 づ くり な ど, 実 践 力 を 身 に つ け, 将 来 は, 音 楽 を 通 して 子 どもたちに 学 ぶことの 素 晴 らしさを 伝 えられるような 師 になりたいです 現 在 は, 授 業 観 察 や 文 献 講 読,ディス カッ ション な ど を 通 して, 学 校 を 見 つ め る 視 点 や 音 楽 文 化 の 背 景 などを 学 んでいます 大 学 生 活 は 厳 しい 面 も 多 少 あり ますが, 同 じ 目 標 を 持 った 仲 間 と 助 け 合 いながら,とても 充 実 した 日 々を 送 ってい ます ぜひ, 私 たちと 共 に, 芸 術 体 で, 音 楽 美 術 体 につい て 門 的 に 学 んでいきましょう 養 護 キ ャ ン パ ス ラ イ フ SAPPORO CAMPUS

23 音 楽 を 学 び, 学 校 を 学 び, 子 どもを 学 ぶ 音 楽 分 野 紹 介 特 色 音 楽 学 校 子 どもを 学 ぶ 特 色 あるカリキュラム 音 楽 を 学 ぶこと= 演 奏 を 学 ぶこと ではありません 音 楽 分 野 では, 音 楽 をしっかり 見 つめ, 深 く 思 考 し, 音 楽 を 通 して 子 ども 学 校 文 化 を 学 ぶことができます 少 人 数 指 導 による 充 実 した 音 楽 学 関 連 科 目 を 履 修 することで, 広 い 視 野 をもって, 子 どもの 学 びや 成 長 を 創 造 できる 力 を 修 得 します これは, 演 奏 実 技 を 学 んでいるだけでは 獲 得 できません 音 楽 に 関 する 文 献 講 読 学 校 地 域 で 音 楽 文 化 を 学 ぶ 大 学 で 学 んだ 知 識 を, 学 校 や 地 域 の 音 楽 の 現 場 で 確 認 するこ とで, 音 楽 文 化 の 営 みを 理 解 し, 実 践 の 力 を 身 につけます 者 になる! 夢 の 実 現 に 向 けたサポート キャリアセンターと 連 携 して, 員 採 用 試 験 の 対 策 や, 大 学 院 進 学 の 準 備 など, 将 来 の 夢 の 実 現 に 向 けて, 音 楽 分 野 スタッフによる 支 援 体 制 を 整 えています 用 楽 器 による 器 楽 アンサンブル 履 修 の 流 れ 1 年 目 2 年 目 3 年 目 4 年 目 養 科 目 職 科 目 を 通 して, 現 代 の 知 や 学 校 の 基 礎 を 学 びます 音 楽 を 考 える 際 の 視 点 や 知 識 を 習 得 し, 音 楽 学 の 基 礎 を 学 びます 子 ども 理 解 の 方 法 や, 各 科 の 内 容 指 導 法 を 学 び, 授 業 を 実 践 する 力 を 獲 得 します 音 楽 実 技 や 音 楽 文 化 の 学 びを 通 して, 音 楽 を 実 践 する 力 を 獲 得 します 実 習 ( 小 学 校 中 学 校 )を 通 して, 大 学 での 学 びを 実 践 の 場 で 応 用 し, 師 としての 総 合 的 な 力 を 高 めます 音 楽 学 の 視 点 や 知 識 を 応 用 して 子 ども 学 校 文 化 を 見 つめ, 広 い 視 野 から 音 楽 の 授 業 を 実 践 し 分 析 する 力 を 高 めます 子 どもの 学 びをつくる 授 業 に 向 けて,これまで 培 った 学 校 に 関 する 知 識 や 技 量 を 相 互 関 連 させながら, 新 た な 実 践 を 探 究 します 4 年 間 の 学 びの 集 大 成 として,これまで 培 った 音 楽 学 の 理 論 と 方 法 に 基 づき 卒 業 論 文 研 究 を 行 い, 自 己 の 音 楽 課 題 を 探 究 します 音 楽 分 野 の 担 当 員 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 楽 器 音 や 歌 声 だけではなく 身 のまわりの 環 境 音 も 聴 くこと,そして 子 ども 自 身 が 音 楽 を 創 ること に 注 目 石 出 和 也 音 楽 学 した 音 楽 学 研 究 をしています 小 中 学 校 の 音 楽 科 授 業 では, 古 今 東 西 の 多 種 多 様 な 音 楽 が 扱 われます 従 来 の 音 楽 に 学 びつつ, 新 たな 音 楽 を 構 想 する 力 も 必 要 です 小 林 美 貴 子 音 楽 学 子 どもたちの 学 び 成 長 を 柱 とする 授 業 づくりを 目 指 して, 音 楽 科 の 授 業 分 析 の 方 法 を 探 究 しています また, 音 楽 科 で 基 盤 となる 聴 く 力 をどのように 成 するのか,20 世 紀 初 期 のイギリスにおける 音 楽 鑑 賞 に 焦 点 を 当 てて 研 究 しています 音 楽 科 の 目 的 内 容 方 法 について, 授 業 実 践 に 即 して 探 究 しています 札 幌 市 の 小 中 学 校 の 先 生 方 と 共 に 寺 田 貴 雄 音 楽 学 新 しい 音 楽 科 授 業 の 研 究 を 進 めています また, 近 代 日 本 の 学 校 および 社 会 における 音 楽 鑑 賞 の 歴 史 も 研 究 しています 20 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

24 子 どもの 心 に 寄 り 添 う 美 術 師 を 目 指 す 図 画 工 作 美 術 分 野 において, 図 画 工 作 や 美 術 はどのような 意 味 を 持 つのか,また, 子 どもたちにとってどんな 学 びが 求 められているのかを, 絵 画, 彫 刻, デザイン, 工 芸, 美 術 理 論 美 術 史 の5つの 門 領 域 と 結 びつけながら 考 えていきます 図 画 工 作 や 美 術 は, 指 導 者 が 解 を 持 っていて,その 解 に 子 ど もたちを 導 く 科 ではありません 個 性 豊 かな 子 どもたちの 内 にある 解 をどのように 引 き 出 すのか,この 問 いこそが, 員 となったときの 核 となるのです 図 画 工 作 や 美 術 は, 自 分 の 外 側 に 何 かを 造 形 的 に 表 現 したり, 他 者 が 表 現 したものから 何 かを 受 け 取 ったりする 行 為 を 通 して, 子 どもた ちの 人 間 性 を んでいく 科 です 変 化 が 激 しく 多 種 多 様 な 困 難 を 抱 える 今 日 では, 本 科 の 掲 げる 人 間 性 の が,ますます 重 要 になっていきます 未 来 の 社 会 を 担 う 子 どもたちが 図 画 工 作 美 術 を 通 してどのような 力 をつけるべきか,そのためにどんな 授 業 を 目 指 すのか,その 実 現 に 向 け て, 自 分 は 何 を 知 り, 何 を 学 ぶべきか 美 術 系 の 大 学 で 員 免 許 状 を 取 得 することと, 員 養 成 課 程 の 美 術 分 野 で4 年 間 学 ぶこととは 同 じでは ありません 図 画 工 作 美 術 を 門 とした 師 を 目 指 す あなたにとっ て,ここでしか 学 べないこと,そしてここでこそ 学 べることがあります 自 分 の 得 意 分 野 を 活 かしながら, 子 どもたちの 未 来 のために 美 術 の 学 び を 深 めてみませんか 1 年 目 2 年 目 3 年 目 4 年 目 現 代 の 学 校 や 心 理 学 の 基 礎, 図 画 工 作 と 美 術 の 授 業 研 究 に 関 する 基 礎,アカデミックスキルを 学 びます 図 画 工 作 や 美 術 の 門 科 目 の 基 礎 を 学 び 始 めます 図 画 工 作 美 術 の 科 法 の 基 礎 を 学 び, 授 業 分 析 に 取 り 組 みます 介 護 等 体 験 やへき 地 実 習 があります 門 科 目 ( 絵 画, 彫 刻,デ ザ イ ン, 工 芸, 美 術 理 論 美 術 史 )の 門 性 を 深 め, 学 校 と の 関 連 性 を 考 え ま す 実 習 とその 事 前 事 後 の 取 り 組 みを 通 して, 授 業 の 設 計 力 や 分 析 力 を 高 めます 美 術 学 や 科 法 と 門 科 目 を 結 びつけながら, 自 分 の 研 究 テーマを 考 え, 個 人 研 究 に 取 り 組 みます 理 論 と 実 践 の 往 還 から 幅 広 い 視 点 で を 捉 え, 師 としての 実 践 的 指 導 力 を 高 めます 4 年 間 の 集 大 成 として, 自 分 のテーマに 基 づいた 卒 業 論 文 と 卒 業 制 作 に 取 り 組 みます 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 佐 藤 昌 彦 李 紹 介 特 色 履 修 の 流 れ 図 画 工 作 美 術 分 野 の 担 当 員 美 術 工 芸 科 知 恩 デザイン 花 輪 大 輔 美 術 工 芸 科 学 生 による 小 中 学 生 を 対 象 とした 金 属 鋳 造 ワークショップの 様 子 20,000 個 の 紙 コップを 用 いた 素 材 体 験 ( 基 礎 造 形 科 目 ) 原 点 ( 手 づくり)から 最 先 端 ( 3Dプリンターなど )までを 踏 まえた 図 画 工 作 及 び 美 術 の に 関 する 研 究 を 行 っ ています 主 な 観 点 は 次 の4つです 1 原 点 から 最 先 端 までを 支 える 思 想 の 検 討 ( 責 任 生 命 自 然 を 重 視 して), 2 歴 史 的 国 際 的 視 点 からの 考 察,3 未 来 を 見 通 した 検 討,4 創 造 モデルに 基 づく 材 開 発 我 々の 普 段 の 生 活 の 中 に 常 に 存 在 する デザイン について 視 覚, 情 報, 感 性 の3つのキーワー ドからアプローチして,より 見 やすく,より 分 かりやすく,より 解 りやすいデザインを 研 究 しています 図 画 工 作 や 美 術 の 題 材 の 開 発 授 業 設 計 の 検 討 と 共 に, 児 童 生 徒 の 科 に 対 する 意 識 を 研 究 しています 色 や 形, 或 いは 一 つの 意 味 を 伴 う 創 造 の 過 程 における 能 力 の 形 成 と, 児 童 生 徒 が 構 成 を 発 揮 するための 態 度 の 形 成 について 考 えています 学 校 特 別 支 援 言 語 社 会 理 数 生 活 創 造 芸 術 体 養 護 キ ャ ン パ ス ラ イ フ SAPPORO CAMPUS

25 実 践 的 指 導 力 と 高 い 門 性 を 兼 ね 備 えた 体 員 を 養 成 します! 保 健 体 分 野 紹 介 特 色 在 の 員 養 成 に 関 するテーマは2つあります 1つは 員 養 現 成 段 階 からの 員 としての 実 践 的 指 導 力 の 養 成,もう1つは 生 涯 にわたって 学 び 続 ける 員 の 養 成 です 保 健 体 分 野 では, 大 学 において 実 践 的 指 導 力 を 養 成 するため, 隣 接 する 附 属 小 中 学 校 と 連 携 したカリキュラムを 組 んでいます 実 践 的 指 導 力 の 養 成 には, 実 際 の 現 場 を1 年 生 の 早 い 段 階 から 肌 で 感 じることが 必 要 だからです カリキュラムの 中 心 に 模 擬 授 業 を 据 え, 学 習 者 観 察 者 指 導 者 と 学 年 によって 異 なる 立 場 で 現 場 を 体 験 します また, 大 学 ではこれらの 実 践 を 理 論 的 に 補 完 す る 授 業 を 展 開 します 学 び 続 ける 員 を 養 成 するには, 学 問 の 楽 しさ, 研 究 の 楽 しさを 大 学 で 体 験 しなければなりません 保 健 体 分 野 は 員 3 名 と 少 ない ながら, 各 員 の 門 性 を 活 かした 講 義 や 実 技, 演 習 (ゼミ)を 開 設 し,4 年 生 での 卒 業 論 文 の 作 成 を 通 じて 学 ぶことの 楽 しさを 体 験 しま す 高 い 門 性 をもった 外 部 講 師 の 授 業 も 開 設 されますので, 保 健 体 についての 門 的 知 識 に 触 れ, 学 ぶことの 楽 しさを 実 感 してく ださい 附 属 中 学 校 での 実 践 的 指 導 力 養 成 保 健 体 実 践 演 習 Ⅰの 授 業 風 景 ( 附 属 小 学 校 ) 履 修 の 流 れ 1 年 目 2 年 目 3 年 目 4 年 目 保 健 体 の 基 礎 知 識 を 実 技 と 座 学 の 両 面 で 学 びます 保 健 体 実 践 演 習 Ⅰ( 学 習 者 ), 中 学 校 保 健 体 科 法 Ⅰ( 目 的 内 容 論 ), 運 動 学, 体 社 会 学, 柔 道, 陸 上 競 技, 基 礎 実 習 等 多 彩 な 保 健 体 門 科 目 により, 学 びをさらに 広 げます 保 健 体 実 践 演 習 Ⅱ( 観 察 者 ), 中 学 校 保 健 体 科 法 Ⅱ( 方 法 論 ), 生 理 学, 学 校 保 健,バ ス ケ ット ボ ー ル,ス キ ー, 介 護 等 体 験 等 門 ゼミに 所 属 し, 門 性 をより 深 めます 保 健 体 実 践 演 習 Ⅲ( 指 導 者 ), 中 学 校 保 健 体 科 法 Ⅲ( 模 擬 授 業 Ⅰ ), 保 健 体 門 演 習 Ⅰ Ⅱ( 3 年 ゼ ミ ), 衛 生 学, 実 習 ( 主 免 ) 等 学 びの 集 大 成 として, 卒 業 研 究 を 行 います 中 学 校 保 健 体 科 法 Ⅳ( 模 擬 授 業 Ⅱ), 保 健 体 門 演 習 Ⅲ Ⅳ(4 年 ゼミ), 卒 業 研 究, 実 習 ( 副 免 ) 等 保 健 体 分 野 の 担 当 員 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 運 動 やスポーツ 活 動 が, 人 間 の 体 に 与 える 影 響 を 研 究 しています 特 に 活 性 酸 素 という 活 性 化 した 酸 素 と 神 林 運 動 学 それを 体 内 で 掃 除 する 抗 酸 化 物 質 という 面 に 着 目 して, 健 康 と 運 動 の 関 係 について 興 味 があります また, 勲 ( 運 動 生 理 学 ) 子 どもたちの 体 力 低 下 を 体 授 業 や 生 活 習 慣 の 中 でどう 解 決 するか, 効 率 の 良 い 走 り 方 やパフォーマンスとの 関 連 についても 関 心 があります スポーツ 社 会 学 とスポーツ 老 年 学 をベースに, 社 会 におけるスポーツの 役 割 や, 少 子 高 齢 化 時 代 に 求 められる 運 体 学 石 澤 伸 弘 動 スポーツ 活 動 を 探 求 していきます いろいろな 社 会 調 査 や, 健 康 スポーツイベントをサポートしていくこ ( スポーツ 社 会 学 ) とで, 現 場 のニーズに 対 応 できる 保 健 体 員 を 養 成 していきます ボール 運 動 球 技 を 中 心 に,その 成 り 立 ちから 今 日 までの 歴 史 的, 文 化 的 変 遷 などを 背 景 におきながら,バスケッ 科 学 トボール,サッカー,バレーボールなどを 保 健 体 で 学 習 することの 意 義 や 価 値 を 学 ぶ 授 業 や 研 究 を 行 います 児 中 道 莉 央 ( 保 健 体 ) 童 生 徒 の 取 り 組 みを 支 援 できる 指 導 法 を 学 び, 将 来, 師 として 体 授 業 で 活 かせる 実 践 力 を 身 につけること を 目 指 します 22 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

26 養 護 児 童 生 徒 の 心 身 の 健 康 を 支 援 する プロフェッショナルを 目 指 して 学 校 特 別 支 援 護 諭 は 学 校 で 保 健 管 理, 保 健 指 導 を 行 う 師 で すので, 救 急 処 置 だ け で なく 学, 職 関 養 係 の 科 についても 学 びます さらに, 養 護 実 習 ( 保 健 室 実 習 )や 臨 床 実 習 ( 病 院 実 習 )など を 行 い, 基 礎 学 力 に 加 え て 実 践 力 を 身 に つ け て い き ま す 扇 子 幸 一 ( 臨 床 心 理 学 ) AEDの 講 習 員 からのメッセージ 近 年, 児 童 生 徒 の 健 康 問 題 は 複 雑 多 様 化 しており, 養 護 諭 に 求 められる 力 量 も 多 岐 にわたります 養 護 は 健 康 に 関 する 幅 広 い 学 問 的 基 礎 と 養 護 実 践 の 基 礎 を 学 びます 多 くの 実 習 やボランティア 活 動 を 通 して 児 童 生 徒 の 健 康 理 解 と 養 護 の 実 践 力 を み,コミュニケーション 能 力 を 高 めます 養 護 は 養 護 諭 の 養 成 を 目 的 としている ですので, 養 護 諭 に な り た い と い う 強 い 意 志 を 持 って い る 人 を 望 み ま す さ ら に, 子 ど も が 好 き で 子 どもの 心 身 の 健 康 問 題 に 関 心 があり, 何 事 にも 意 欲 的 に 取 り 組 む 積 極 性 も 期 待 し ます 4 年 間 で 学 ぶ 門 的 知 識 が 多 いので 勉 強 は 大 変 ですが, 学 生 はお 互 いに 助 け 合 ってがんばっています 竹 谷 未 希 ( 養 護 4 年 ) 生 理 学 実 験 学 生 からのメッセージ 養 護 では, 児 童 生 徒 の 心 や 体 の 健 康 を 支 援 して い く た め に 必 要 な 学, 医 学, 看 護 学 等 を 背 景 とした 知 識 や 技 術 等 について 学 んでいきます また, 授 業 で 身 につけた 知 識 や 技 術 等 を 実 際 の 学 校 場 面 で 活 かせるように, 様 々な 実 習 にも 取 り 組 みます 授 業 の 中 で 現 職 の 養 護 諭 の 先 生 方 から 指 導 していただくことや 小 学 生 や 中 学 生 と 実 際 に 接 することは, 養 護 諭 を 目 指 す 学 生 として 貴 重 な 学 びの 機 会 になります 養 護 諭 は, 学 校 で 唯 一 の 健 康 管 理 の 門 家 であり, 必 要 とされる 門 的 な 知 識 も 多 く, 勉 強 が 大 変 なとき もあります それでも, 養 護 諭 になるという 同 じ 目 標 を 持 った 仲 間 たちと 切 磋 琢 磨 す る こ と に よって, 一 歩 一 歩 確 実 に 前 進 して い くこ と が で きる,そ れ が, 私 た ち の です 言 語 社 会 理 数 生 活 創 造 芸 術 体 養 護 キ ャ ン パ ス ラ イ フ 固 定 法 の 実 習 保 健 指 導 きずの 手 当 のロールプレイ SAPPORO CAMPUS

27 養 護 分 野 紹 介 特 色 護 諭 は 学 校 で 唯 一 の 健 康 管 理 のプロフェッショナルです 児 童 生 徒 が 養 身 体 的, 精 神 的 の 健 康 な 生 活 を 送 るため, 健 康 診 断 やカウンセリングのほ か, 学 校 環 境 衛 生 など 様 々な 活 動 を 行 っています そのために, 養 護 分 野 で は, 児 童 生 徒 の 心 身 の 健 康 を 支 援 するために 必 要 な 基 礎 知 識 や 技 術 を 積 み 上 げ 方 式 でカリキュラムが 組 まれていますので, 学 年 ごとに 決 められた 科 を 学 ん でいきます 主 な 科 は 以 下 の 通 りです 基 礎 医 学 1 年 次 に 解 剖 学, 生 理 学, 病 理 学 で 生 体 のメカニズムや 病 気 の 仕 組 みを 学 び, 知 識 を 身 につけます いずれも, 応 急 手 当 や 子 どもの 身 体 の 生 理 について 理 解 す る 上 で 必 要 な 基 礎 となるものです また, 微 生 物 免 疫 学 では 様 々な 病 原 体 につ いて 学 び, 学 校 でのインフルエンザ, 麻 疹, 食 中 毒 などの 感 染 症 予 防 の 基 礎 にな る 知 識 を 学 びます 白 杖 車 椅 子 の 実 習 他 の 主 要 科 学 校 保 健, 救 急 処 置, 臨 床 医 学, 養 護 概 説, 看 護 実 習, 小 児 医 学, 健 康 相 談 活 動, 精 神 保 健, 栄 養 学, 衛 生 学, 公 衆 衛 生 学, 学 校 看 護 学, 基 礎 看 護 学 など 実 習 ゼミのレク( 円 山 動 物 園 ) 履 修 の 流 れ 1 年 目 2 年 目 3 年 目 4 年 目 一 般 養 職 を 学 ぶと 共 に, 基 礎 医 学 の 知 識 を 身 につけます 基 礎 実 習 では 附 属 小 中 学 校 で 健 康 診 断 を 見 学 し, 児 童 生 徒 の 健 康 観 察 について 学 びます 一 般 養 職 を 深 め る と 共 に, 基 礎 医 学 の 実 験, 学 校 保 健 衛 生 公 衆 衛 生 学, 精 神 保 健, 保 健 科 法, 基 礎 看 護 学, 養 護 概 説, 養 護 実 践 等 が 始 まります 養 護 諭 として 必 要 な 医 学 的 知 識, 学 校 カ ウン セリン グ, 救 急 処 置 等 を 学 び, 中 学 校 で 実 習 ( 保 健 の 科, 養 護 実 習 ), 医 療 機 関 で 臨 床 実 習 を 行 います ゼミ 配 属 により 門 性 を 高 めます 小 学 校 で 健 康 診 断 を 中 心 とした 養 護 実 習, 員 採 用 試 験 の 勉 強 と 卒 論 のまとめに 努 め, 養 護 諭 としての 資 質 と 実 践 力,コーディネートする 力 を 身 につけます 養 護 分 野 の 担 当 員 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 青 井 陽 保 健 学 環 境 汚 染 消 毒 薬 や 薬 用 石 鹸 の 消 毒 効 果 岡 田 忠 雄 小 児 医 学 小 児 外 科 学 小 児 救 急 医 学 保 健 学 佐 々 木 胤 則 ストレスの 解 明 と 対 処 法 健 康 科 学 扇 子 幸 一 臨 床 心 理 学 思 春 期 の 適 応 について 氏 名 門 分 野 研 究 内 容 前 上 里 直 学 校 保 健 保 健 授 業 の 開 発 山 崎 隆 恵 養 護 養 護 理 論 の 構 築 保 健 指 導 健 康 相 談 山 田 玲 子 看 護 学 保 健 室 での 看 護 活 動 渡 部 基 学 校 保 健 保 健 の 授 業 づくり 24 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

28 キャンパスライフ みなさんの 学 生 生 活 を 応 援 します 学 費 等 [ 入 学 時 に 必 要 な 費 用 ] 平 成 27 年 度 入 学 生 を 例 にとると,おおよそ 次 のとおりです 入 学 料 授 業 料 ( 前 期 ) 学 生 研 究 災 害 傷 害 保 険 料 (4 年 間 ) 学 研 災 付 帯 賠 償 責 任 保 険 料 (4 年 間 ) [ 経 済 支 援 ] 282,000 円 267,900 円 ( 年 額 535,800 円 ) 3,300 円 1,360 円 合 計 554,560 円 こ の ほ か に, 所 属 す る 等 に よ って 金 額 は 異 な り ま す が,テ キ ス ト 代 等 が 必 要 で す 入 学 料 免 除 入 学 前 の1 年 以 内 に 学 資 負 担 者 が 死 亡 したり, 風 水 害 等 の 災 害 により 入 学 料 の 納 入 が 著 しく 困 難 であると 認 めら れ る 学 生 は, 申 請 を 行 い, 選 考 の 上, 入 学 料 の 全 額 又 は 半 額 が 免 除 されることがあります 授 業 料 免 除 経 済 的 理 由 によって 授 業 料 の 納 入 が 困 難 であり,かつ, 学 業 優 秀 と 認 め ら れる 学 生 は, 申 請 を 行 い, 選 考 の 上, 授 業 料 の 全 額 又 は 一 部 が 免 除 されることがあります 奨 学 金 日 本 学 生 支 援 機 構 人 物, 学 業 共 に 優 秀 で, 経 済 理 由 により 修 学 が 困 難 な 学 生 は, 願 い 出 により 選 考 の 上, 貸 与 を 受 けることができます その 他 の 奨 学 金 地 方 公 共 団 体 及 び 民 間 の 奨 学 団 体 による 奨 学 金 制 度 がありま す 北 海 道 大 学 支 援 基 金 本 学 では 支 援 基 金 を 設 立 し, 優 秀 な 成 績 を 収 めた 学 生 に 対 する 奨 学 金 事 業 を 実 施 しています 学 校 特 別 支 援 言 語 社 会 免 許 資 格 [ 各 で 取 得 できる 免 許 状 ( 平 成 27 年 度 以 降 )] [ 員 免 許 状 以 外 で 取 得 できる 資 格 ] ( 注 1) 分 野 のカリキュラムにより 取 得 できる 免 許 状 以 外 の 免 許 状 の 種 類 ( 科 )によっては, 実 習 先 の 受 入 人 数 および 時 間 割 が 重 なる 等 の 状 況 により, 取 得 困 難 な 場 合 があります ま た, 人 数 制 限 のある 科 もあります 所 定 の 単 位 を 修 得 することにより, 次 の 基 礎 資 格 証 明 を 得 ることができます 1 学 校 図 書 館 司 書 諭 学 校 図 書 館 の 門 的 職 務 を 担 当 2 日 本 語 員 養 成 科 目 単 位 修 得 証 明 書 国 内, 海 外 で 日 本 語 に 従 事 理 数 生 活 創 造 芸 術 体 養 護 キ ャ ン パ ス ラ イ フ SAPPORO CAMPUS

29 大 学 院 ( 学 研 究 科 ) 修 士 課 程 本 学 には, 札 幌 校 岩 見 沢 校 が 一 体 となった 大 学 院 学 研 究 科 ( 修 士 課 程 )が 設 置 されています 下 記 のとおり4 1 3 修 の 門 分 野 が あ り, 授 業 は 両 キ ャンパ ス で 開 講 さ れ て い ま す ま た,こ こ で は,リ カ レ ント の 一 環 として, 現 職 員 ( 社 会 人 )の 受 入 れを 積 極 的 に 行 っています 学 校 学 校 修 科 国 語 修, 社 会 科 修, 数 学 修, 理 科 修, 音 楽 修, 美 術 修 保 健 体 修, 技 術 修, 家 政 修, 英 語 修 養 護 養 護 修 学 校 臨 床 心 理 学 校 臨 床 心 理 修 門 職 学 位 課 程 本 学 には, 修 士 課 程 とは 異 なる 門 職 学 位 課 程 という 職 大 学 院 が 設 置 されています この 職 大 学 院 は, 高 度 職 実 践 といい, 学 校 現 場 の 様 々な 課 題 を 解 決 に 導 くための 力 量 を 身 につけるための 授 業 を 行 っています 26 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

30 札 幌 校 の 就 職 支 援 [ 平 成 27 年 3 月 卒 業 生 の 進 路 状 況 ] [ 就 職 支 援 ] ( 平 成 27 年 5 月 1 日 調 査 ) 員 公 務 員 民 間 卒 業 者 数 進 学 その 他 就 職 志 望 者 就 職 者 数 就 職 率 就 職 志 望 者 就 職 者 数 就 職 率 就 職 志 望 者 就 職 者 数 就 職 率 % % % 学 校 特 別 支 援 [ 就 職 支 援 講 座 ] 木 曜 日 と 金 曜 日 の 午 後 に 就 職 支 援 の 一 環 として, 主 に3 年 生 を 対 象 に 講 座 を 開 設 しています 員 志 望 者 金 曜 講 座 自 己 推 薦 書 の 書 き 方, 先 輩 講 話, 面 接 論 文 指 導 等 民 間 企 業 公 務 員 志 望 者 就 職 応 援 プログラム 自 己 分 析,エ ント リ ー シ ー ト の 書 き 方, 面 接 指 導 等 [ 就 職 情 報 コーナー ] 求 人 情 報 の 検 索, 企 業 説 明 会 の 案 内, 員 採 用 試 験 公 務 員 試 験 の 案 内 ほか, 就 職 相 談 に 対 応 するため 就 職 相 談 員 を 配 置 しています 言 語 社 会 理 数 員 志 望 者 金 曜 講 座 就 職 情 報 コーナー 就 職 相 談 [ 員 採 用 試 験 対 策 ] 員 採 用 試 験 の 受 験 予 定 者 を 対 象 に, 各 種 ガイダン ス, 自 己 推 薦 書 の 添 削 指 導, 模 擬 面 接 指 導, 論 文 指 導 等 の 様 々な 対 策 を 行 い, 員 採 用 試 験 へのバックアッ プを 行 っています [ 合 同 企 業 説 明 会 ] 本 学 独 自 に 企 業 官 公 庁 の 参 加 を 募 り, 公 務 員 や 民 間 企 業 への 就 職 を 希 望 する 学 生 に 対 して, 採 用 担 当 者 と 直 接 面 談 し 説 明 を 受 ける 機 会 を 設 けています 生 活 創 造 芸 術 体 個 別 面 接 指 導 集 団 面 接 指 導 [ インターンシップ 企 業 訪 問 ] 会 社 の 概 要 や 雰 囲 気, 仕 事 内 容 等 を 知 って 頂 くためにインターンシッ プや 企 業 訪 問 を 企 画 し ています 報 道 機 関 でのインターンシップ 合 同 企 業 説 明 会 (3 年 次 :3 月,4 年 次 :9 月 ) [ 卒 業 後 の 進 路 ] 卒 業 後 は, 小 中 学 校, 高 等 学 校, 特 別 支 援 学 校 な ど 各 種 員 はもちろん, 公 務 員 や 民 間 企 業 へ 就 職 する 学 生 も 多 数 います 詳 細 な 進 路 状 況 は,キャリアセンターホームページで 公 開 して い ま す の で,ご 覧 く だ さ い [URL] 養 護 キ ャ ン パ ス ラ イ フ SAPPORO CAMPUS

31 学 生 寮 し そう 紫 藻 寮 ( 男 子 寮 ) ほっ 北 こう 香 寮 ( 女 子 寮 ) 28 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

32 札 幌 校 の 施 設 [ 食 堂 ] [ 図 書 館 ] カレ ー や ラ ーメン,うど ん,そ ば,ど ん ぶ り 物 の ほ か, 季 節 の 材 料 を 利 用 した 期 間 限 定 メニューがあります カ フェテリア 方 式 により, 様 々なメニューの 中 から 好 きなメ ニューの 組 み 合 わせができます 営 業 時 間 :11 時 00 分 14 時 00 分 学 生 の 自 学 自 習 の 場 としての 施 設 で, 平 日 のみなら ず 土 日 祝 日 も 開 館 しています 館 内 にはAVコーナー 情 報 検 索 用 パソコン 等 が 整 備 され, 無 線 LANも 利 用 で きます 開 館 時 間 : 平 日 8 時 30 分 ~22 時 土 曜 日 曜 日 祝 日 10 時 ~17 時 学 校 特 別 支 援 言 語 社 会 [ 売 店 ] 書 籍, 文 房 具, 生 活 雑 貨, 食 品 な ど を 販 売 して い ま す ま た,クリ ーニ ン グ,レン タ カ ー, 自 動 車 学 校 入 学 の 取 り 次 ぎなども 行 っています 営 業 時 間 :8 時 40 分 18 時 10 分 [ 保 健 管 理 センター ] 病 気 や ケ ガ の 応 急 手 当 の ほ か, 健 康 相 談, 心 理 相 談, 健 康 診 断 な ど, 学 生 の 健 康 管 理 を お 手 伝 い し ま す ま た, 学 業 友 人 関 係 自 分 の 将 来 などについて,ゆっくり 考 える ためのカウンセリングも 受 けられます 理 数 生 活 創 造 [ キャッシュコーナー ] 北 洋 銀 行 の 現 金 自 動 預 払 機 (ATM)を 設 置 しています [ 学 生 なんでも 相 談 室 ] 困 ったな どこに 相 談 しよう? 窓 口 がわからない? というような 時 のために 学 生 なんでも 相 談 室 を 設 置 して い ま す 人 間 関 係, 生 活 面, 学 業 進 路, 身 体 精 神 面 の 問 題 など, 先 輩 である 学 生 院 生 アシスタ ントと 員 相 談 員 が 親 身 に 相 談 をお 受 けします 芸 術 体 養 護 キ ャ ン パ ス ラ イ フ SAPPORO CAMPUS

33 札 幌 校 の 国 際 交 流 北 海 道 大 学 は,15カ 国 地 域 37 大 学 と 国 際 交 流 協 定 を 結 び, 留 学 生 の 交 換 な ど 活 発 に 国 際 交 流 を 行 っています 札 幌 校 に は, 外 国 人 留 学 生 が 常 時 4 0 人 程 度 滞 在 して い ま す の で,こうし た 留 学 生 と 友 人 になることで, 視 野 を 世 界 にひろげることができます ま た, 本 学 学 生 も 協 定 大 学 を 中 心 に 留 学 すること が で き, 留 学 制 度 として は, 次 の ものがあります 1 日 本 国 内 奨 学 金 団 体 から, 奨 学 金 を 受 けて 留 学 するもの 2 外 国 政 府 から, 奨 学 金 を 受 けて 留 学 するもの 3 私 費 に よ り, 留 学 す る も の なお, 本 学 と 学 生 交 流 協 定 を 締 結 している 大 学 へ 留 学 する 場 合 は, 留 学 先 大 学 の 授 業 料 は 徴 収 さ れ ま せ ん( た だ し, 授 業 料 不 徴 収 に つ い て は, 人 数 に 制 限 が あ り ま す ) 本 学 が, 学 生 交 流 協 定 を 結 んでいる 大 学 一 覧 国 地 域 留 学 先 大 学 名 中 国 瀋 陽 師 範 大 学, 哈 爾 濱 師 範 大 学, 山 東 師 範 大 学, 香 港 大 学, 四 川 大 学, 天 津 外 国 語 大 学, 遼 寧 大 学, 大 連 海 洋 大 学 韓 国 釜 山 大 学 校 師 範 大 学,ソウル 大 学 校, 全 州 大 学 校, 釜 山 大 学 校, 漢 城 大 学 校 台 湾 台 北 市 立 大 学 カ ナ ダ カルガリー 大 学,サイモン フレイザー 大 学,セント メリーズ 大 学 ア メ リ カ アラスカ 大 学 フェアバンクス 校,アラスカ 大 学 アンカレジ 校,イリノイ 州 立 大 学, マサチューセッツ 大 学 アマースト 校, 南 ユタ 大 学,シモンズ 大 学 オーストラリア フィンランド ノルウェー ジェームズクック 大 学,シドニー 工 科 大 学,グリフィス 大 学 シベリウス 音 楽 院 ベルゲン 大 学 イ ギ リ ス ロンドン 大 学 アジア アフリカ 学 院 ド イ ツ ヴュルツブルク 音 楽 大 学 ロ シ ア ノボシビルスク 国 立 大 学,ヴィトゥス ベーリング 記 念 カムチャッカ 国 立 大 学 エ ジ プ ト カイロ 大 学 キ ル ギ ス ビシケク 人 文 大 学 ベ ト ナ ム フエ 大 学 札 幌 校 の 海 外 留 学 の 状 況 国 名 留 学 先 大 学 名 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 中 国 哈 爾 濱 師 範 大 学 1 韓 国 釜 山 大 学 校 師 範 大 学 1 ア メ リ カ アラスカ 大 学 フェアバンクス 校 2 アラスカ 大 学 アンカレジ 校 2 1 イ ギ リ ス ロンドン 大 学 アジア アフリカ 学 院 1(1) 6 1(1) ベ ト ナ ム フエ 大 学 1 計 3(1) (1) 30 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

34 先 輩 の 一 日 養 護 3 年 佐 久 間 花 鈴 養 護 で は, 養 護 諭 として 必 要 な 知 識 を 身 に つ け, 実 際 に 学 校 で 活 か せる よう 実 習 に も 取 り 組 んで い き ま す 講 義 で は, 基 礎 的 な 知 識 の 他 に, 現 在 学 校 で は,ど の ような 師 が 求 められているのか, 子 どもたちの 様 子 はどう 変 わってきているのかなどという 日 々 変 化 する 学 校 現 場 についても 学 ぶことができます また, 現 職 の 先 生 を 中 心 とした 講 義 もあり,それらの 講 義 によって 自 分 がどのような 養 護 諭 になりたいかという 具 体 的 な 目 標 も 生 まれ, 将 来 は 絶 対 に 頼 られる 養 護 諭 になるんだ という 強 い 意 志 も 持 つことができ ました 学 年 が 上 がるにつれて 門 の 講 義 数 も 増 えるので 勉 強 はより 大 変 になりますが, 同 じ 目 標 に 向 かって 頑 張 る 仲 間 たちがいるので, 支 え 合 って 乗 り 切 っていくことができます 私 は, 学 校 で の 講 義 の 他 に,サ ー クル,ボ ラン ティア,アルバ イト に も 取 り 組 んで い ま す そ れらをすべてこなすことはとても 大 変 ですが, 充 実 した 毎 日 を 送 ることができます ボラン ティアでは 子 どもたちと 直 接 触 れ 合 うことができ, 楽 しみながらも 子 どもから 多 くを 学 ぶこ とができます 大 学 生 活 では 何 事 も 自 分 から 行 動 を 起 こす 積 極 性 と 行 動 力 が 必 要 になると 思 います 楽 しく 充 実 した 大 学 生 活 になるかどうかは 自 分 次 第 です 北 海 道 大 学 で 将 来 の 夢 に 向 かっ て 努 力 しつつ, 楽 しく 素 敵 な 大 学 生 活 を 送 りませんか 学 校 特 別 支 援 言 語 社 会 取 得 予 定 免 許 養 護 諭 1 種 免 許 状 小 学 校 諭 1 種 免 許 状 中 学 校 諭 1 種 免 許 状 ( 保 健 ) 高 等 学 校 諭 1 種 免 許 状 ( 保 健 ) 部 活 サークル バドミントン 部 遊 びの 室 アルバイト 飲 食 店 理 数 2 年 時 の 時 間 割 ( 1コマ 9 0 分 ) 前 期 1 講 目 (9:00~10:30) 2 講 目 (10:40~12:10) 3 講 目 (13:00~14:30) 4 講 目 (14:40~16:10) 5 講 目 (16:20~17:50) 後 期 1 講 目 (9:00~10:30) 2 講 目 (10:40~12:10) 3 講 目 (13:00~14:30) 4 講 目 (14:40~16:10) 5 講 目 (16:20~17:50) 月 火 水 木 金 初 等 音 楽 疫 学 統 計 学 初 等 体 基 礎 看 護 学 薬 理 学 概 論 中 学 校 保 健 科 法 Ⅰ 特 別 活 動 の 指 導 法 課 程 と 方 法 学 校 保 健 Ⅰ 公 衆 衛 生 学 微 生 物 免 疫 学 衛 生 学 学 校 カウンセリング 養 護 概 説 Ⅰ 月 火 水 木 金 小 学 校 家 庭 科 法 小 学 校 算 数 科 法 実 践 看 護 学 学 校 保 健 Ⅱ 小 学 校 生 活 科 法 小 学 校 社 会 科 法 小 学 校 体 科 法 中 学 校 保 健 科 法 Ⅱ の 制 度 と 社 会 生 徒 理 解 と 生 徒 指 導 養 護 概 説 Ⅱ 衛 生 公 衆 衛 生 学 実 験 生 活 創 造 芸 術 体 養 護 キ ャ ン パ ス ラ イ フ SAPPORO CAMPUS

35 基 礎 学 習 開 発 英 語 グループ4 年 堀 川 舞 1. 留 学 ( 時 間 割 に 詳 細 をのせてあります) 大 学 3 年 生 の4 月 から1 年 間,ロンドン 大 学 SOASへ 留 学 しました 英 語 の 学 習 をベース に 人 類 学 社 会 学 ビ ジ ネス の 中 で 1つ, アート,メディア,I E LT S,e x t r a 英 語 学 習 の 中 で1つ 科 目 を 選 択 して 授 業 を 受 講 します 更 に 希 望 すれば 学 部 生 の 授 業 の 受 講 も 可 能 10 0 か 国 以 上 か ら 学 生 が 集 まる 大 学 の た め, 各 国 に 友 人 が で き, 意 見 交 流 も 刺 激 的 でした すしをつくって 折 り 紙 の 折 り 方 を えて お 茶 たてて 友 人 に 言 われた 言 葉 です す しは1 年 間 で6 回 も 握 り,すしの 握 り 方 室 も 開 きました 英 語 力 向 上 だけではない! 知 識 も 広 がるし, 考 え 方 の 幅 も 広 がる, 最 高 の 機 会 でした! 2. 実 習 札 幌 市 内 の 中 学 校 で5 週 間 実 習 させて 頂 きました 英 語 の 授 業 や 茶 道 部 の 経 験 をさせ て 頂 きました 忘 れられない 経 験 をたくさんさせていただきました 先 生 が 生 徒 一 人 ひとり と 毎 日 交 換 しあう 一 行 日 記 があり, 生 徒 の 言 葉 に 落 ち 込 むこともありましたが, 最 終 日 に 生 徒 から 手 紙 をもらった 日 記 に, 優 しく 話 しかけてくれて 嬉 しかった と 書 かれていて, 涙 が 止 まりませんでした 3. 日 本 語 英 語 の 師 になるから 日 本 語 は 必 要 ない というのはもったいない! 私 は 佐 藤 です と 私 が 佐 藤 です 違 いを 説 明 できますか 日 本 語 を 学 ぶことから 見 え てくる 授 のポイントもあります 英 語, 日 本 語 の 授 の 文 化 的 な 違 いもあります 4.ゼミ 英 語 学 ゼミに 所 属 しています 最 新 の 英 語 授 法 から 統 計 学 の 勉 強 までさせて 頂 け る 贅 沢 なゼミです! 雰 囲 気 もあたたかく, 私 にとってはホームです 取 得 予 定 免 許 小 学 校 諭 1 種 免 許 状 中 学 校 諭 1 種 免 許 状 ( 英 語 ) 高 校 諭 1 種 免 許 状 ( 英 語 ) 日 本 語 員 司 書 諭 アルバイト 翻 訳, 留 学 生 チューターなど 住 居 実 家 趣 味 友 人 とのスカイプ 映 画 鑑 賞 ピアノ ミュージカル 鑑 賞 愛 犬 との 散 歩 3 年 の 前 期 の 時 間 割 ( 1コマ 9 0 分 ) 月 火 水 木 金 1 講 目 読 書 と 豊 かな 人 間 性 初 等 理 科 A 相 談 の 理 論 と 方 法 2 講 目 学 校 図 書 館 メディアの 構 成 A 情 報 メディアの 活 用 A 小 学 理 科 実 験 3 講 目 中 学 校 英 語 科 法 Ⅲ 日 本 語 法 Ⅰ 4 講 目 英 語 学 購 読 ⅡB 5 講 目 Academic writingⅠ ロンドン 大 学 3ターム 目 の 時 間 割 (1 年 間 で1~3タームまであります ) 月 火 水 木 金 1 講 目 英 語 (LITERACY) 英 語 ( O R A C Y ) 社 会 学 ( ディス カ ッ シ ョ ン ) 英 語 ( 自 習 ) 2 講 目 世 界 史 ( 学 部 生 用 の 授 業 ) 社 会 学 ( ケーススタディ) 英 語 (LITERACY) 英 語 ( O R A C Y ) MUSIC BUSINESS 3 講 目 社 会 学 ( レ ク チ ャ ー ) 社 会 学 ( セ ミ ナ ー ) ( 学 部 生 用 の 授 業 ) MUSIC BUSINESS 4 講 目 メディア メディア ( 学 部 生 用 の 授 業 ) 5 講 目 メディア 社 会 学 ( レ ク チ ャ ー レ ビ ュ ー ) メディア 32 HOKKAIDO UNIVERSITY of EDUCATION

36 臨 床 実 践 分 野 4 年 大 学 生 活, 新 しいことだらけですね!! 実 践 分 野 では1~4 年 までが 集 まって 科 毎 に 授 業 づくりをして 大 学 生 を 前 に 模 擬 授 業 を 行 う 合 宿, に 関 して 興 味 あ る こ と を 調 べ, 研 究 し, 発 表 し, 議 論 す る ゼ ミ な ど が あ り, 充 実 したものになっています 私 は, 主 免 の 他 に 副 免 と2つ 取 ったので,3 年 目 ま で 授 業 がびっしりで, 忙 しいなぁ~! と 思 うこともありましたが, 自 分 の 好 きなことを 思 う 存 分 することができたので,とても 充 実 していました 私 はアルバイトを 大 学 に 入 ってはじめて 始 めました 家 庭 師 ではやりが い を 感 じ, 大 学 入 学 時 か ら3 年 間, 今 で も 続 け て い ま す ま た, 小 学 4 年 生 か ら 始 めたバスケットボールも 部 活 として 週 4 回 続 けています 昨 年 の 北 海 道 リーグでは1 部 に 昇 格 し, 一 層 本 気 で 打 ち 込 んでいます そのような 中 であっ ても, 毎 週 土 曜 日 には 子 ども 会 で 小 学 生 たちと 公 園 で 元 気 に 遊 んでいます みなさんも 大 学 生 活,やろうという 気 持 ちさえあればなんでもできると 思 い ま す!ぜ ひ, 自 分 だ け の 大 学 生 活, 充 実 した 毎 日 が 送 れる ことを 願 って い ま す 取 得 予 定 免 許 小 学 校 諭 1 種 免 許 状 中 学 校 諭 1 種 免 許 状 ( 数 学 ) 特 別 支 援 学 校 諭 1 種 免 許 状 アルバイト 家 庭 師 部 活 サークル 3 年 時 の 時 間 割 (1コマ90 分 ) 前 期 ホテルサービス 1 講 目 (9:00~10:30) 2 講 目 (10:40~12:10) 3 講 目 (13:00~14:30) 制 度 4 講 目 社 会 演 習 Ⅰ (14:40~16:10) 5 講 目 (16:20~17:50) 後 期 1 講 目 (9:00~10:30) 2 講 目 (10:40~12:10) 3 講 目 (13:00~14:30) 4 講 目 (14:40~16:10) 5 講 目 (16:20~17:50) 女 子 バスケットボール 部 子 ども 会 サークル ずんがりセツルメント 月 火 水 木 金 知 的 障 害 学 級 経 営 法 代 数 学 Ⅲ 初 等 理 科 幾 何 学 Ⅲ 初 等 音 楽 中 学 校 数 学 科 法 Ⅰ 視 覚 障 害 統 計 学 Ⅰ コンピュータ 月 火 水 木 金 知 的 障 害 児 の 指 導 情 緒 障 害 聴 覚 障 害 幾 何 学 Ⅱ 山 口 みのり 相 談 の 理 論 と 方 法 解 析 学 Ⅵ 中 学 校 数 学 科 法 Ⅱ 制 度 社 会 演 習 Ⅱ 肢 体 不 自 由 小 学 校 音 楽 科 法 学 校 特 別 支 援 言 語 社 会 理 数 生 活 創 造 芸 術 体 養 護 キ ャ ン パ ス ラ イ フ SAPPORO CAMPUS

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80>

<5461726F2D82678251825591E58A77894093FC8A778ED2914994B297768D80> 平 成 26 年 度 山 形 大 学 大 学 院 入 学 者 選 抜 概 要 社 会 文 化 システム 研 究 科 地 域 教 育 文 化 研 究 科 理 工 学 研 究 科 ( 理 学 系 工 学 系 ) 農 学 研 究 科 教 育 実 践 研 究 科 平 成 25 年 8 月 社 会 の 高 度 化 複 雑 化 に 応 える5つの 研 究 科 と1つの 専 門 職 大 学 院 社 会 文 化 システム

More information

東京都立産業技術高等専門学校

東京都立産業技術高等専門学校 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 卒 業 生 を 対 象 とした 調 査 (OB OG アンケート)の 結 果 について 1 は じ め に 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 で は 本 校 の 教 育 水 準 の 向 上 や 教 育 内 容 の 充 実 と 改 善 を 目 的 と し て 本 校 の 前 身 校 で あ る 東 京 都 立 工 業 高 等

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

愛知淑徳学園 規程集

愛知淑徳学園 規程集 第 2 編 大 ( 愛 知 淑 徳 大 大 院 医 療 研 究 規 程 ) 愛 知 淑 徳 大 大 院 医 療 研 究 規 程 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 淑 徳 大 大 院 医 療 研 究 ( 以 下 研 究 とい う )が 愛 知 淑 徳 大 大 院 則 ( 以 下 大 院 則 という ) 第 1 条 に 則 り 次 の 各 号 に 掲 げる 的 を 達 成 するため

More information

平 成 22 年 12 月 第 5 回 定 例 会 (11 月 26 日 招 集 ) 会 期 日 程 表

平 成 22 年 12 月 第 5 回 定 例 会 (11 月 26 日 招 集 ) 会 期 日 程 表 平 成 22 年 12 月 第 5 回 定 例 会 (11 月 26 日 招 集 ) 会 期 日 程 表 平 成 22 年 12 月 第 5 回 水 俣 市 議 会 定 例 会 会 議 録 目 次 平 成 22 年 11 月 26 日 ( 金 ) 1 日 目 ⑴ 平 成 22 年 12 月 7 日 ( 火 ) 2 日 目 平 成 22 年 12 月 8 日 ( 水 ) 3 日 目 平 成 22

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80>

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80> 平 成 21 年 度 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 社 会 人 特 別 選 抜 学 生 募 集 要 項 ( 第 3 次 ) 平 成 21 年 2 月 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 社 会 人 の 受 け 入 れについて 急 速 な 技 術 革 新 や 社 会 経 済 の 進 展 等 により 様 々な 分 野 で 活 躍 している 社 会 人 の 間

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 祉 法 人 氏 名 人 見 君 子 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 番 の 電 話 番 号 075-77 - 388 FAX 番

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 氏 名 人 見 君 子 市 祉 法 人 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 7 年 4 月 1 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 1 番 の1 電 話 番 号 075-771 - 388

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

そ の 他 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 広 島 市 城 山 北 城 南 域 包 括 支 援 センター 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 5-6-0 B0 平 成 8 年 4 月 日 必 要 な 者

そ の 他 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 広 島 市 城 山 北 城 南 域 包 括 支 援 センター 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 5-6-0 B0 平 成 8 年 4 月 日 必 要 な 者 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 祉 法 人 楽 友 会 非 73-00 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 一 丁 目 番 9 号 電 話 番 号 08-83 - 4 FAX 番 号 08-876 - 非 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 http://kawauchinosato.net kawauchinosato@deluxe.ocn.ne.jp

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

Taro-学校だより学力調査号.jtd

Taro-学校だより学力調査号.jtd 第 5 号 ( H2 7. 1 1. 1 7 ) 舞 鶴 小 学 校 ま い づ る 発 行 人 大 澤 正 史 本 校 の 学 習 状 況 に つ い て ( 今 年 度 6 年 生 が 実 施 し た 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 ) 今 年 度 の 全 国 学 A1 2007 年 よ り 日 本 全 国 の 小 中 学 校 の 最 高 学 年 ( 小 学 6 年 力 学

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203233313232378140837C83438393836790A797448BF690A7937881698B4C8ED289EF8CA98E9197BF8145835A8362836794C5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203233313232378140837C83438393836790A797448BF690A7937881698B4C8ED289EF8CA98E9197BF8145835A8362836794C5816A> 高 度 人 材 に 対 するポイント 制 による 出 入 国 管 理 上 優 遇 制 度 平 成 2 3 1 2 月 法 務 省 入 国 管 理 局 制 度 概 要 目 的 高 度 人 材 ( 現 行 外 国 人 受 入 れ 範 囲 内 にある 者 で, 高 度 な 資 質 能 力 を 有 する 認 められるも) 受 入 れを 促 進 するため, 高 度 人 材 に 対 しポイント 制 を 活 用

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則 島 根 大 学 における 学 生 等 の 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 則 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 164 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 17 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 17 年 9 月 26 日 一 部 改 正 平 成 1 8 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 18 年 9 月 19 日 一

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 我 が 国 においては 少 子 高 齢 化 が 進 展 し 65 歳 以 上 の 高 齢 者 化 率 は 2 0 6 0 年 に は 4 0 % 近 い 水 準 と な る 事 が 推 計 さ れ て おります 本 道 に お い て も 6 5 歳 以 上 の 高 齢 者 人 口 は 2 7 年 1 月 1 日 現 在 で は 1 5 1 万 人 を 超 え

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 135,600 185,800 222,900 2

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 135,600 185,800 222,900 2 日 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 年 度 (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 人 件 費 率 22 71,889 39,061,738 人 % % 1,444,329 6,050,275

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の

( 教 育 職 員 免 許 状 の 取 得 ) 第 9 条 教 育 職 員 免 許 状 ( 幼 稚 園 教 諭 二 種 免 許 状 )を 取 得 しようとする 者 は 教 育 職 員 免 許 法 に 基 づき 別 表 2に 掲 げる を 修 得 しなければならない 2 教 育 職 員 免 許 状 の 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 履 修 規 程 (26.4) ( 趣 旨 ) 第 条 東 京 成 徳 短 期 大 学 幼 児 教 育 科 ( 以 下 本 科 という )の 履 修 に 関 する 事 項 については 東 京 成 徳 短 期 大 学 学 則 の 規 定 によるほか この 規 程 の 定 めるところによる ( 教 育 課 程 の 編 成 ) 第 2 条 本 科 における

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9 茅 野 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 人 % % 55,760 22,775,329 804,761 3,955,168

More information

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 1 厚 労 働 全 般 人 口 構 造 概 要 我 が 国 の 人 口 ピラミッド 我 が 国 の 人 口 動 態 ( 平 成 23 年 ) 4 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 詳 細 データ1 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

区議会月報 平成19年4-5月

区議会月報 平成19年4-5月 し ぶ や 区 議 月 報 平 成 19 年 4~5 月 499~500 * 目 次 1 4 月 の 議 一 覧 1 2 4 月 の 委 員 活 動 のあらまし 等 (1) 議 運 営 委 員 2 (2) の 議 2 3 5 月 の 議 一 覧 3 4 平 成 19 年 第 1 回 臨 時 のあらまし (1) 概 要 4 (2) 議 決 等 件 数 4 (3) 議 決 等 の 内 容 5 5 5 月

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

人見知りを克服する方法

人見知りを克服する方法 - 1 著 作 権 に つ い て 本 教 材 の 著 作 権 は 発 行 者 に あ り ま す 発 行 者 の 書 面 に よ る 事 前 許 可 無 く 本 教 材 の 一 部 ま た は 全 部 を あ ら ゆ る デ ー タ 蓄 積 手 段 ( 印 刷 物 電 子 フ ァ イ ル な ど ) に よ り 複 製 流 用 お よ び 転 売 ( オ ー ク シ ョ ン 含 む ) す る こ

More information

Microsoft PowerPoint - 14説明資料

Microsoft PowerPoint - 14説明資料 平 成 24 年 度 大 分 県 小 中 校 教 育 課 程 研 究 協 議 会 小 中 校 特 別 支 援 教 育 特 別 支 援 教 育 考 え 方 転 換 特 別 場 で 教 育 から 教 育 的 ニーズ に 応 じた 教 育 へ 特 殊 教 育 障 がい 種 類 や 程 度 に 応 じて 特 別 場 ( 盲 聾 養 護 校 特 殊 級 等 ) で を 行 う 特 別 支 援 教 育 障 がいある

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % % 25 年 度 41,213 25,799,074 423,690 4,234,063 16.4 18.0 (2)

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

(Microsoft Word - \211\357\213c\230^)

(Microsoft Word - \211\357\213c\230^) 平 成 2 5 年 度 第 1 回 和 歌 山 県 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 懇 話 会 概 要 1. 開 催 日 時 平 成 2 5 年 1 2 月 1 8 日 ( 水 ) 午 後 1 時 3 0 分 か ら 2. 開 催 場 所 和 歌 山 日 赤 会 館 1 階 会 議 室 3. 出 欠 状 況 出 席 委 員 辻 田 育 文 委 員 上 林 雄 史 郎 委 員 市 川 晃 委 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63> 別 紙 3 亀 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 24 年 度 版 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 92,241 32,809,597 千

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

別紙1

別紙1 平 塚 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 (A ) 実 質 収 支 人 件 費 (B ) 人 件 費 率 (B / A ) ( 参 考 ) 平 成 22 年 度 の 人 件 費 率 平 成 平 成 24 年 3 月 31 日 %

More information

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改)

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改) よ う せ い 養 生 学 研 究 投 稿 規 定 2000 年 3 月 11 日 施 行 2006 年 5 月 01 日 改 正 1. 養 生 学 研 究 ( 以 下 本 誌 と い う ) の 編 集 及 び 発 行 に 関 し て は こ の 規 定 の 定 め る と こ ろ に よ る. 2. 投 稿 資 格 本 誌 に 原 稿 を 投 稿 で き る 筆 頭 著 者 は, 原 則 と し

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 燕 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 22 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A ( 参 考 ) H21 年 度 の 件 費 率 H22 年 度 83,216 33,869,103 1,012,644 4,927,440 14.5%

More information

次 世 代 育 成 支 援

次 世 代 育 成 支 援 次 世 代 育 成 支 援 [ 保 育 編 ] 町 では 平 成 17 年 度 ~26 年 度 までの10 年 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 ( 子 育 て 支 援 )を 行 っています 保 護 者 の 皆 さんから 保 育 に 関 して 寄 せられた 疑 問 質 問 をま とめましたので 参 考 にしてください 1. 入 園 について Q1 保 育 園 に 入 れる 場 合 は? 保 育

More information

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (3) 特 記 事 項 (4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

一般資料選定基準

一般資料選定基準 一 般 資 料 選 定 基 準 平 成 13 年 3 月 30 日 館 長 決 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 3 月 31 日 改 正 1 図 書 資 料 (1) 一 般 図 書 国 内 で 出 版 さ れ る 一 般 図 書 に つ い て は 基 礎 的 入 門 的 な も の か ら 専 門 的 な も の ま で 各 分 野 に わ た り 広 範 囲 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改 平 成 2 9 年 度 ( 学 生 募 集 要 項 ) 畜 産 経 営 学 科 畑 作 園 芸 経 営 学 科 農 業 経 営 研 究 科 稲 作 経 営 専 攻 コ ー ス 本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

平成22年度 指導者・指導士養成検定事業計画書

平成22年度  指導者・指導士養成検定事業計画書 平 成 27 年 度 指 導 者 指 導 士 認 定 教 育 事 業 計 画 3B 体 操 指 導 者 の 養 成 と 技 能 の 向 上 を 図 る 教 育 ( 第 4 条 第 1 項 4 号 ) 1 指 導 者 養 成 2 地 区 にて 14 名 46 支 部 にて 295 名 合 計 309 名 養 成 予 定 2 指 導 士 養 成 2 地 区 にて 8 名 33 支 部 にて 99 名 合

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

がん専門病院における薬剤師養成のあり方に関する調査研究

がん専門病院における薬剤師養成のあり方に関する調査研究 平 成 27 年 度 HIV 感 染 症 薬 物 療 法 認 定 薬 剤 師 養 成 研 修 実 施 要 綱 1. 基 本 的 事 項 (1) 研 修 の 目 的 本 研 修 は HIV 感 染 症 の 薬 物 療 法 に 必 要 な 高 度 な 知 識 技 能 情 報 の 収 集 評 価 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ス キ ル 臨 床 経 験 を 修 得 さ せ 各 地 域 に お い て

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教 1. 教 員 養 成 の 理 念 仏 教 精 神 に 基 づく 女 子 教 育 という 本 学 園 創 設 の 教 育 理 念 を 踏 まえ 建 学 の 精 神 である 真 実 心 ( 浄 土 真 宗 の 開 祖 親 鸞 聖 人 1173-1262 の 言 葉 )に 基 づき 社 会 に 有 為 なる 女 性 の 育 成 をめざす 特 に 教 員 養 成 については 1 主 体 的 な 人 間 すなわち

More information

<483235944E93788CF6955C81698E738BE692AC91BA94C5816A2E786C73>

<483235944E93788CF6955C81698E738BE692AC91BA94C5816A2E786C73> 別 紙 常 総 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 人 件 費 率 人 % 年 度,,71,79 97,8,,81 1. 11.1 % () 給 与 費 の 状 況

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73>

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73> 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 8 年 日 ) A B B/A 5 年 度 の 件 費 率 6 年 度,6,9,979 千 千 千 5,5 58,6 8..4 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information