0.クラウドサービスにおける 障 害 事 例 Vaservへのゼロデイ 攻 撃 (2009 年 6 月 ) 英 国 のISPVaservの 仮 想 マシンにゼロデイ 攻 撃 ( 未 知 の 脆 弱 性 を 突 く 攻 撃 )がなされ 10 万 ウェブサイトの データの 消 去 顧 客 情 報 の 流

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "0.クラウドサービスにおける 障 害 事 例 Vaservへのゼロデイ 攻 撃 (2009 年 6 月 ) 英 国 のISPVaservの 仮 想 マシンにゼロデイ 攻 撃 ( 未 知 の 脆 弱 性 を 突 く 攻 撃 )がなされ 10 万 ウェブサイトの データの 消 去 顧 客 情 報 の 流"

Transcription

1 自 治 体 クラウド 環 境 におけるセキュリティ 等 の リスク 事 項 について 2012 年 1 月 17 日 情 報 通 信 政 策 研 究 本 部

2 0.クラウドサービスにおける 障 害 事 例 Vaservへのゼロデイ 攻 撃 (2009 年 6 月 ) 英 国 のISPVaservの 仮 想 マシンにゼロデイ 攻 撃 ( 未 知 の 脆 弱 性 を 突 く 攻 撃 )がなされ 10 万 ウェブサイトの データの 消 去 顧 客 情 報 の 流 出 等 が 発 生 した 仮 想 化 ソフトウェアの 脆 弱 性 GoogleGmail 消 失 (2011 年 2 月 ) Gmailの 一 部 ユーザ( 約 0.3%)のメールが 消 失 アップデートしたストレージソフトウェアにバグがあり 障 害 が 発 生 完 全 復 旧 に 数 日 かかった ストレージソフトウェアのバグ AmazonEC2 大 規 模 障 害 (2011 年 4 月 ) 多 数 の 利 用 者 を 持 つ 他 社 サービスがEC2の 障 害 のために 停 止 ストレージサービス(EBS)のトラフィックを キャパシティの 低 いバックアップ 用 ネットワークに 誤 ってルーティングした 復 旧 まで10 日 間 程 度 かかった NTTPCコミュニケーションズクラウドサービス 停 止 (2011 年 5 月 ) ネットワーク 設 定 のミス 仮 想 サーバサービスCloud9が 接 続 不 能 となり すべての 仮 想 サーバが 利 用 不 能 になった 原 因 はファイ ルシステムの 不 具 合 で 復 旧 できず サービス 自 体 の 提 供 を 停 止 した ファイルシステムの 不 具 合 富 士 通 のクラウド 上 の 自 治 体 向 け 電 子 申 請 システムのDoS 攻 撃 による 停 止 (2011 年 11 月 ) 富 士 通 のクラウド 上 の 自 治 体 向 け 電 子 申 請 システムがDoS 攻 撃 (サービス 不 能 攻 撃 )を 受 け サービスが 数 時 間 停 止 した DoS 攻 撃 への 対 応 2

3 0.クラウドサービスにおける 障 害 事 例 0.1 原 因 に 係 わる 考 察 ユーザ 企 業 クラウド 事 業 者 (データセンター) 専 用 線 A 自 治 体 用 サーバ A 自 治 体 B 自 治 体 専 用 線 B 自 治 体 用 サーバ 仮 想 化 ソフト 仮 想 化 ソフト ハイパーバイザー 管 理 用 端 末 インターネット クラウドサービスの 脆 弱 性 を 考 える 上 での 特 徴 データセンターにリソース(サーバ データベース ミドルウェア 通 信 回 線 機 器 電 源 装 置 等 )が 集 中 している 仮 想 化 ソフトはデータセンター 内 で 共 通 製 品 を 使 っていることが 多 い 仮 想 化 ソフトには 通 常 ハイパーバイザーの 機 能 がある クラウドサービスにおける 障 害 事 例 の 特 徴 仮 想 化 ソフトの 脆 弱 性 を 突 かれるとクラウド 事 業 者 のサービス 全 体 に 障 害 が 発 生 する 共 有 リソース( 通 信 機 器 電 源 装 置 ミドルウェア 等 )の 故 障 やそれに 対 する 攻 撃 等 は 被 害 が 拡 大 する 3

4 クラウド 導 入 リスクに 関 する 最 新 動 向 1.クラウド 導 入 リスクの 抽 出 4

5 大 分 類 1. 国 内 1.クラウド 導 入 リスクの 抽 出 1.1 参 考 文 献 一 覧 中 分 類 文 献 番 号 文 献 名 称 発 行 元 発 行 年 月 新 たな 情 報 通 信 技 術 戦 略 IT 戦 略 本 部 2010 年 5 月 1.1 内 閣 官 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 統 一 基 準 ( 第 4 版 ) 情 報 セキュリティ 政 策 会 議 2010 年 5 月 房 国 民 を 守 る 情 報 セキュリティ 戦 略 情 報 セキュリティ2010 情 報 セキュリティ 政 策 会 議 2010 年 5 月 リスク 整 理 での 利 用 地 方 公 共 団 体 における ASP SaaS 導 入 活 用 ガイドライン 総 務 省 2010 年 4 月 データセンターの 安 全 信 頼 性 に 係 る 情 報 開 示 指 針 総 務 省 2009 年 2 月 クラウドコンピューティング 時 代 のデータセンター 活 性 化 策 に 関 する 検 討 会 報 告 書 総 務 省 2010 年 5 月 政 府 情 報 システムの 整 備 の 在 り 方 に 関 する 研 究 会 最 終 報 告 書 総 務 省 2010 年 4 月 総 務 省 スマート クラウド 研 究 会 報 告 書 総 務 省 2010 年 5 月 校 務 分 野 におけるASP SaaS 事 業 者 向 けガイドライン 総 務 省 2010 年 10 月 地 方 公 共 団 体 における 情 報 セキュリティポリシーに 関 するガイドライン 総 務 省 2010 年 11 月 SaaS 向 けSLAガイドライン 経 済 産 業 省 2008 年 1 月 アウトソーシングに 関 する 情 報 セキュリティ 対 策 ガイダンス 経 済 産 業 省 2009 年 6 月 経 済 産 クラウドコンピューティングと 日 本 の 競 争 力 に 関 する 検 討 会 報 告 書 経 済 産 業 省 2010 年 8 月 業 省 クラウド コンピューティング 社 会 の 基 盤 に 関 する 研 究 会 報 告 書 IPA 2010 年 3 月 クラウドサービス 利 用 のための 情 報 セキュリティマネジメントガイドライン 経 済 産 業 省 20 1 年 5 月 インタークラウドのユースケースと 機 能 要 件 GICTF 2010 年 6 月 その 他 米 国 政 府 2. 海 外 EffectivelyandSecurelyUsingtheCloudComputingParadigm NIST 2009 年 10 月 FederalGuidanceNeededtoAddressControlIssueswithImplementingCloud Computing(GAO ,May2010) GovernmentwideGuidanceNeededtoAssistAgenciesinImplementingCloud GAO 2010 年 5 月 Computing(GAO T,July2010) ProposedSecurityAssessment& AuthorizationforU.S.GovernmentCloud Computing(DraftVer.0.96) CIO Council 2010 年 11 月 欧 州 政 府 CloudComputing-Benefits,risksandrecommendationsforinformationsecurityENISA 2009 年 11 月 2.3 業 SecurityGuidanceforCriticalAreasofFocusinCloudComputingV2.1 CSA 2009 年 12 月 界 団 体 SP-011:CloudComputingPattern OSA 2008 年 2 月 リスク 整 理 での 利 用 が - のものは 当 該 文 献 にクラウド 環 境 におけるセキュリティリスクに 関 する 記 述 が 無 いか 他 の 文 献 の 参 照 や 抜 粋 のみであったことを 示 す 公 共 ITにおけるアウトソーシングに 関 するガイドライン ASP SaaSの 安 全 性 信 頼 性 に 係 る 情 報 開 示 指 針 第 1 版 ASP SaaSにおける 情 報 セキュリティ 対 策 に 関 する 研 究 報 告 書 ASP SaaSにおける 情 報 セキュリティ 対 策 ガイドライン (いずれも 総 務 省 )については 地 方 公 共 団 体 におけるASP SaaS 導 入 ガイドライン から 参 照 されており クラウドのセキュリ ティリスクについては 包 含 されている 5

6 クラウド 導 入 リスクに 関 する 最 新 動 向 2.クラウド 導 入 リスクの 評 価 6

7 2.クラウド 導 入 リスクの 評 価 2.1 評 価 軸 による 分 析 結 果 (1/8) リスク リスク 大 分 類 番 号 リスク 項 目 R1.1 従 量 課 金 によるコスト 増 大 R1.2 契 約 形 態 による 料 金 負 担 の 公 平 性 R1.3 統 制 の 喪 失 R1.4 不 明 瞭 なSLA R1.ポリ R1.5 ベンダが 倒 産 買 収 でサービ シーや ス 停 止 組 織 の リスク R1.6 導 入 時 の 組 織 変 革 コスト R1.7 クラウド 対 応 可 能 な 人 材 不 足 リスクの 説 明 使 用 量 が 多 いユーザは 損 をす る 可 能 性 がある SaaS,PaaS,IaaSについてHW, MD,SWのコスト 分 布 が 偏 ると 料 金 負 担 が 不 公 平 になる 機 能 の 外 部 委 託 によりシステム 全 体 を 把 握 できない ユー ザ 側 ベン 従 来 ダ 側 型 クラ ウド 固 有 解 説 過 大 な 課 金 の 結 果 損 をするのはユーザである クラウドの 特 徴 で ある 従 量 課 金 が 生 み 出 すリスクと 言 える クラウド 側 の 原 価 に 対 して 過 大 に 料 金 を 支 払 わされる 可 能 性 があ る クラウドの 特 徴 であるマルチテナントなどでの 一 律 料 金 により 生 まれたリスクである ユーザ 側 の 統 制 が 喪 失 することにより 新 たな 対 応 が 必 要 になる 従 来 型 システムでは 外 部 委 託 であっても 統 制 に 必 要 な 監 査 などの 仕 組 み ツールが 整 えられているが クラウドではまだそのような 仕 組 みが 足 りない SLAの 記 載 が 不 十 分 なため ト ラブル 時 の 対 応 が 十 分 にできず SLAに 記 載 されていない 事 項 は 基 本 的 にはユーザ 側 が 対 応 する こととなる 従 来 システムでは 個 別 契 約 により ユーザ ベンダ 間 で 責 任 も 不 明 確 となる 各 種 内 容 を 取 り 交 わすことができた クラウドプロバイダの 倒 産 買 収 同 等 のサービスが 他 社 で 提 供 されていない 場 合 短 時 間 では 移 行 などにより 利 用 中 サービスが ができなくなる PaaS/SaaSなどでは 提 供 される 機 能 がベンダ 固 有 終 了 したり 長 期 間 停 止 する となりやすい 導 入 に 際 して 情 報 システム 従 来 システムからクラウドに 移 行 する 場 合 に PaaSの 場 合 は 情 報 そして 業 務 プロセスの 変 革 が 求 システムの 作 り 直 し SaaSの 場 合 はその 仕 様 に 合 わせるように 業 められる 務 プロセスの 変 更 が 求 められる クラウド 対 応 ( 異 なるシステムの 仮 想 化 の 設 定 など) 可 能 な 人 材 が 不 足 している ユーザ 側 ポリシーとベンダ 側 提 R1.8 コンプライアンス 規 定 への 準 拠 供 サービスのセキュリティ 要 件 の 不 一 致 など R1.9 各 ベンダ 間 のQoS 評 価 基 準 が 曖 昧 クラウドサービス 提 供 に 関 する 標 準 化 された 品 質 評 価 基 準 が ない ユーザ 側 ベンダ 側 双 方 に 人 材 が 不 足 する 可 能 性 がある クラウド に 対 応 できる 人 材 育 成 には 時 間 がかかる 発 生 確 率 影 響 度 は ユーザ 側 ベンダ 側 で 同 程 度 ユーザ 側 のリスクという 側 面 が 大 きいが ベンダ 側 にも 契 約 に 至 ら ないリスクや 契 約 後 に 顧 客 から 改 善 を 迫 られるといったリスクが ある 従 来 型 システムでは 顧 客 毎 に 仕 様 を 変 えることはよくやら れていたが グローバルに 画 一 的 なサービスを 提 供 している 場 合 は 個 別 ユーザへの 対 応 ができにくい 一 定 の 基 準 でユーザが 複 数 のクラウドを 比 較 することが 困 難 である ただし 従 来 型 のアウトソーシングでも 異 なるベンダ 間 の 比 較 は 困 難 であった 7

8 2.クラウド 導 入 リスクの 評 価 2.1 評 価 軸 による 分 析 結 果 (2/8) リスク リスク 大 分 類 番 号 リスク 項 目 R1.10 標 準 ガイドラインの 欠 如 R1.11ベンダロックイン リスクの 説 明 ストレージ 仮 想 化 相 互 運 用 性 など 個 々の 標 準 化 が 未 発 達 ドキュメンテーションルールがな い 全 体 の 統 治 体 制 のガイドラ インも 特 にない アプリケーションのAPI 機 能 など がベンダ 環 境 依 存 でシステムの 移 行 性 可 搬 性 を 失 う これまでオフラインで 稼 働 してい た 端 末 もクラウド 化 で 常 にオンラ R1.ポリ R1.12 オンライン インになる 必 要 が 増 す これま 作 業 増 加 によるNW で 内 部 イントラネット 用 に 構 築 し 構 成 変 革 コスト シーや ていたVLANセグメントなどNW 全 組 織 の 体 の 再 構 成 が 必 要 になる 可 能 リスク 性 がある R1.13 SLA 品 質 保 証 の 確 認 方 法 の 欠 如 R1.14 コスト 削 減 のための 施 設 の 海 外 流 出 ユー ザ 側 ベン 従 来 ダ 側 型 クラ ウド 固 有 ユーザ 側 でベンダサービスの 品 質 保 証 のレベルが 確 認 できない 例 えば 有 事 の 際 の 事 故 報 告 がされないなど 人 件 費 設 置 コストなどによる 海 外 データセンターが 増 えると 海 外 拠 点 を 持 たぬ 国 内 ベンダに とってビジネスチャンスが 減 る クラウド 化 による 一 元 管 理 で 暗 R1.15 セキュリティや 号 化 サービス 稼 働 率 アクセ 品 質 モデルが 細 ス 権 管 理 の 構 成 ソフトウェアラ 部 までカスタマイズできない イセンシングなどが 細 かにカス タマイズできない 解 説 ユーザ 側 は 自 分 たちの 運 用 ガイドラインが 作 れないというリスクが ある ベンダ 側 も 自 らの 標 準 やガイドラインが 用 意 できない 可 能 性 がある 従 来 型 のシステムでは 長 年 かけて 作 り 上 げた 標 準 やガイ ドラインがあるが クラウドでは 未 整 備 である ベンダロックインされることにより ユーザは 新 しい 魅 力 的 なクラウド サービスに 移 行 できなくなる 逆 にクラウド 事 業 者 は 積 極 的 にロック インしたいと 考 えている 従 来 型 のシステムでもベンダ 固 有 の 機 能 を 組 み 込 むことによりロックインが 行 われていた クラウドではその 傾 向 がより 顕 著 になった クラウド 利 用 が 増 えることにより ユーザ 側 のネットワーク 構 成 を 変 更 する 必 要 が 生 じる 可 能 性 がある 外 部 ネットワークに 配 置 される クラウドの 特 徴 である 契 約 されたSLAが 守 られていることを 確 認 する 手 段 が ユーザ 側 に 用 意 されていない 従 来 型 システムではツールや 報 告 型 式 などが 確 立 していた ベンダは 海 外 拠 点 などの 活 用 によりコスト 競 争 力 を 保 ち 続 ける 必 要 がある 各 国 のデータセンターに 跨 って 稼 動 できるクラウドの 特 徴 と 言 える ユーザは 自 身 が 望 むセキュリティモデルやユーザモデルが 手 に 入 らないか カスタマイズにコストがかかる 従 来 のシステムでは 実 現 できていた ユーザの 要 求 に 応 じた 柔 軟 なセキュリティモデルや 品 質 モデルが クラウドでは 画 一 的 になる 8

9 2.クラウド 導 入 リスクの 評 価 2.1 評 価 軸 による 分 析 結 果 (3/8) リスク リスク 大 分 類 番 号 リスク 項 目 R1.16サービス 稼 働 率 R1.ポリ シーや 組 織 の リスク R1.17 可 視 化 リスクの 説 明 クラウドサービス 稼 働 率 がコスト とトレードオフになっている たと えば 稼 働 率 が99.5%の 場 合 も 年 間 で23 時 間 はサービス 停 止 する リソースが 冗 長 化 分 散 された ためにシステムの 構 造 が 複 雑 化 し システム 管 理 のための 可 視 化 が 十 分 にできない ユー ザ 側 ベン 従 来 ダ 側 型 クラ ウド 固 有 解 説 クラウドを 選 択 した 場 合 その 時 の 技 術 等 により 稼 働 率 の 上 限 が 決 められてしまい それを 超 える 稼 働 率 を 求 める 場 合 は ユーザ 側 で 追 加 のシステム 構 成 などが 必 要 になる システム 管 理 が 可 視 化 されていないために ユーザは 稼 働 状 況 を 十 分 に 把 握 できない 従 来 システムで 確 立 していた 可 視 化 手 法 が クラウドでは 使 えなくなった 9

10 2.クラウド 導 入 リスクの 評 価 2.1 評 価 軸 による 分 析 結 果 (4/8) リスク リスク 大 分 類 番 号 リスク 項 目 R2.1 HW SW 障 害 によるサービス 停 止 R2.2 外 部 にデータ 通 信 時 の 傍 受 リ スク R2.3 ブラウザの 脆 弱 性 R2.4 Dos 攻 撃 R2. 技 術 的 リ スク R2.5 クラウド 内 部 で 他 の 利 用 者 を 攻 撃 R2.6 既 存 システムとのデータ 連 係 の 不 整 合 R2.7 セキュリティパッチ 適 用 の 運 用 リスクの 説 明 ハードウェア ソフトウェア 障 害 によるサービス 停 止 サービス を 集 約 化 しているほど 被 害 の 規 模 が 大 きい オンライン 作 業 利 用 増 加 で 従 来 よりも 外 部 からの 傍 受 の 可 能 性 が 増 える インターネット 上 でブラウザを 介 してサービス 使 用 する 場 合 にブ ラウザの 脆 弱 性 を 突 いた 攻 撃 が ありうる 集 中 的 にアクセスしてサービス 停 止 させる クラウドではユーザ 側 とともに ベンダ 側 のリスクに もなる 仮 想 化 技 術 の 脆 弱 性 を 突 き ク ラウド 環 境 内 部 から 他 のクラウ ド 利 用 者 への 攻 撃 既 存 システムとクラウド 環 境 との データ 連 係 の 整 合 がとれない 事 態 がありうる 仮 想 的 テスティン グ 環 境 構 築 などの 技 術 的 難 易 度 が 高 い 作 業 が 必 要 になる システム 構 成 により とあるアプ リケーションへのパッチが 連 携 するプログラムの 挙 動 を 阻 害 す る ということが 起 こったりする また クラウド 環 境 では 大 規 模 分 散 保 持 していることが 多 く パッチ 適 用 の 反 映 に 時 間 がか かることがある ユー ザ 側 ベン 従 来 ダ 側 型 クラ ウド 固 有 解 説 HW SW 障 害 が 起 こっても 別 のHW SWでサービスを 継 続 する 必 要 があるのでベンダ 側 のリスクと 考 えられる また サービス 停 止 によ る 業 務 の 中 断 が 考 えられるため ユーザ 側 のリスクでもある 従 来 型 のシステムでも 集 約 化 が 進 んでいたが クラウドでは 管 理 単 位 が より 大 規 模 になるため その 傾 向 がより 顕 著 になった クラウドと 端 末 の 間 での 傍 受 は ユーザ 側 の 責 任 となる インター ネット 等 を 使 う 従 来 型 のアプリケーションでも 傍 受 リスクがあったが クラウドではより 広 範 囲 のアプリケーションが 対 象 となる ブラウザの 脆 弱 性 対 策 は ユーザ 側 に 責 任 がある ブラウザの 脆 弱 性 に 対 するリスクは 従 来 型 のWebサービスでもあったが クラウド ではより 広 範 囲 のアプリケーションが 対 象 となる DoS 攻 撃 は 従 来 はユーザ 側 のリスクであったが サービスを 提 供 す るクラウドではベンダが 対 策 を 取 る 必 要 がある DoS 攻 撃 は 従 来 型 のネットワークサービスからリスクがあったが 特 に 大 手 クラウド 事 業 者 が 標 的 になりうるため DDoSやEDoSのリスクが 顕 著 になった ユーザは クラウド 環 境 内 部 の 他 ユーザという 新 たなリスクに 対 処 する 必 要 がある 同 時 に ベンダはクラウド 内 部 での 攻 撃 を 抑 止 し 攻 撃 に 対 処 する 必 要 がある クラウド 固 有 の 攻 撃 手 法 である 10 オンプレミスとのデータ 連 係 はユーザ 側 の 責 任 で 行 う 必 要 がある 従 来 はデータ 連 係 が 必 要 な 両 システムがユーザの 管 理 下 にあった が 一 方 がクラウドとなることで 整 合 を 取 る 作 業 が 困 難 となる クラウドにおけるセキュリティバッチ 適 用 は 基 本 的 にはベンダによ り 運 用 される しかしその 結 果 PaaSなどでユーザのアプリケーショ ンが 動 作 しなくなるといったリスクも 考 えられる 従 来 型 のシステム からパッチ 適 用 の 運 用 にはリスクがあったが マルチテナントで 大 規 模 運 用 されるクラウドでは その 適 用 の 可 否 判 断 や 緊 急 パッチが すべて 適 用 するまでに 時 間 がかかることなどで 顕 著 になる

11 2.クラウド 導 入 リスクの 評 価 2.1 評 価 軸 による 分 析 結 果 (5/8) リスク リスク 大 分 類 番 号 リスク 項 目 リスクの 説 明 特 定 の 時 間 帯 に 限 定 してマルチ R2.8 マルチテナント 使 用 集 中 でアプ テナントで 集 中 的 にサービスが リケーションの 品 質 低 下 使 用 されるとパフォーマンス 低 下 プログラムやアプリケーションの R2.9 アプリケーション 脆 弱 性 発 見 に構 成 上 の 脆 弱 性 が 見 つかった よるサービス 停 止 時 にサービス 停 止 する 一 斉 停 止 すると 被 害 範 囲 は 大 きくなる R2.10データの 暗 号 化 保 護 機 構 R2. 技 R2.11ロギング 術 的 リ スク R2.12バックアップ 処 理 遅 延 R2.13 不 完 全 なデータ 消 去 R2.14バージョン 管 理 オンラインでデータ 処 理 する 際 に サービスごとの 異 なるセキュ リティレベルに 応 じた 対 応 が 必 要 クラウド 上 で 生 成 される 大 量 の ログ 情 報 を 効 率 よく 分 析 確 認 するツールや 蓄 積 するための 容 量 がない SLAの 品 質 保 証 の 確 認 や 事 故 時 の 原 因 解 析 などが できない 一 斉 にバックアップ 要 求 が 集 中 した 時 に 処 理 が 遅 延 する 終 了 したサービスなどをユーザ が 停 止 した 場 合 プロバイダ 側 で 確 実 にデータが 削 除 されたこ とを 確 認 できない クラウドでは 基 本 は 一 元 管 理 の ため 個 々のユーザに 対 応 する ソフトウェアバージョン 管 理 が 行 き 届 かない ユー ザ 側 ベン 従 来 ダ 側 型 クラ ウド 固 有 11 解 説 パフォーマンスの 低 下 などにより ユーザは 業 務 が 滞 る 可 能 性 があ る 一 方 ベンダも 低 下 原 因 を 特 定 し 対 処 が 求 められる クラウドの 特 徴 であるマルチテナントならではのリスクである SaaSなどでアプリケーションに 致 命 的 な 脆 弱 性 が 発 見 された 場 合 に ベンダはサービス 全 体 を 停 止 しなくてはならなくなる この 場 合 にユーザは 業 務 を 継 続 できなくなる 従 来 型 のWebサービスでも 起 こりうるリスクであるが 大 規 模 に 運 営 しているクラウドではその 影 響 が 顕 著 となる クラウドでは 外 部 ネットワーク 上 に 置 かれることやマルチテナント の 特 徴 から データの 暗 号 化 保 護 機 構 が 必 須 となる この 場 合 に ユーザは 各 社 のサービスのそれぞれで 異 なる 暗 号 システムへの 対 応 をする 必 要 がある ベンダ 側 は 多 数 の 顧 客 の 大 量 のログを 効 率 的 に 分 析 する 手 法 が ないため トラブルシューティングやトラブル 予 兆 の 検 知 などができ ない ユーザ 側 は 自 社 分 のログを 解 析 可 視 化 するツールが 提 供 さ れないと サービスレベルの 確 認 などができなくなる クラウドでは システムが 分 散 化 大 規 模 化 しているために 従 来 のロギングツー ル 手 法 が 使 えない 可 能 性 がある ベンダ 側 が 提 供 するバックアップサービスへの 要 求 集 中 により 顧 客 に 対 する 適 切 なサービスレベルが 守 れなくなる ユーザ 側 がバッ クアップ 処 理 が 遅 延 することにより 通 常 業 務 のサービス 開 始 が 遅 れるなどの 問 題 が 発 生 する サービス 利 用 終 了 時 に クラウドではデータが 分 散 冗 長 配 置 され ているため すべての 冗 長 分 散 データを 確 実 に 削 除 確 認 する 方 法 がない ユーザは クラウドの 基 本 ソフトウェアがバージョンアップしたことに より 自 身 のアプリケーションが 動 かなくなる 可 能 性 がある 一 方 ベ ンダは 特 定 のユーザのアプリケーションを 動 かし 続 けるために ク ラウドの 基 本 ソフトウェアを 複 数 バージョン 稼 動 させる 必 要 が 生 じて 管 理 運 用 コストが 増 える クラウドのマルチテナントから 生 じたリス クである

12 2.クラウド 導 入 リスクの 評 価 2.1 評 価 軸 による 分 析 結 果 (6/8) リスク リスク 大 分 類 番 号 R2. 技 術 的 リ スク リスク 項 目 R2.15アクセス 権 限 の 管 理 R2.16ハイパーバイザーへの 依 存 リスクの 説 明 クラウドでは 基 本 は 一 元 管 理 の ため 個 々のユーザに 対 応 する アクセス 権 限 管 理 が 行 き 届 かな い クラウド 基 盤 が 仮 想 化 機 構 のハ イパーバイザーに 大 きく 依 存 し ているため 不 具 合 や 脆 弱 性 な どにより クラウド 全 体 が 停 止 し てしまう 可 能 性 がある 回 線 経 路 の 輻 輳 によるアクセ クラウド 化 で 従 来 以 上 にトラ R2.17 ス 性 低 下 フィックが 増 大 する 海 外 流 入 トラフィック 増 大 によ R2.18 る 設 備 投 資 コスト 増 大 R2.19アプリケーションの 応 答 速 度 コスト 面 で 強 い 海 外 データセン ター 利 用 が 増 え トラフィック 全 体 に 占 める 海 外 から 流 入 パケッ ト 量 が 増 大 する すると 国 内 回 線 業 者 は 回 線 帯 域 増 強 をしない といけなくなるが 売 り 上 げは 伸 びない そのコストがユーザの 負 担 増 につながる クラウド 化 でサービスがリモート 環 境 にある 時 アクセス 応 答 速 度 が 下 がる クラウド 環 境 の 強 力 な 演 算 パ コンピューティングパワーの 悪 ワーの 悪 用 ( 例 えばパスワード R2.20 用 (パスワード 解 析 や 暗 号 解 解 析 や 暗 号 解 読 や 攻 撃 などに 読 など) 使 われる 可 能 性 がある) ユー ザ 側 ベン 従 来 ダ 側 型 クラ ウド 固 有 解 説 クラウドで 提 供 するアクセス 権 限 管 理 の 方 法 は 画 一 的 なため ユー ザが 望 む 細 かなアクセス 権 限 管 理 に 対 応 できない 可 能 性 がある その 場 合 ユーザ 側 が 運 用 ポリシーを 変 更 するなどが 必 要 となる クラウドの 基 盤 となる 仮 想 化 機 構 に 不 具 合 があった 場 合 すべての サービスが 停 止 してしまう 可 能 性 がある ベンダは 対 応 を 迫 られる が ユーザも 業 務 が 長 時 間 停 止 する 可 能 性 がある 従 来 型 のWebサービスから 回 線 輻 輳 によるアクセス 性 低 下 のリスク はあったが クラウドで 利 用 するアプリケーションの 拡 大 により 影 響 が 及 ぶ 利 用 者 数 が 拡 大 する ユーザ 側 は 正 常 な 利 用 ができず 業 務 が 滞 るリスクがある 一 方 ベンダ 側 はサービスレベルが 守 れない 可 能 性 がある 海 外 データセンターを 基 盤 とするクラウドを 利 用 する 場 合 EndtoEndの 通 信 帯 域 を 確 保 するために 海 外 線 の 帯 域 を 増 強 する 必 要 性 が 強 くなる そのコストは 一 義 的 にはベンダ 側 が 負 担 するこ とになるが 極 端 に 増 える 場 合 にはユーザ 向 けの 料 金 表 に 転 嫁 さ れる 可 能 性 がある ネットワークに 大 きく 依 存 するクラウド 固 有 のリ スクである 従 来 型 システムでは ユーザが 希 望 する 応 答 速 度 を 得 るために システムの 設 置 場 所 を 近 接 地 にするなどの 選 択 できた クラウドで は 事 業 者 のデータセンターが 遠 隔 地 にある 場 合 十 分 な 応 答 速 度 が 得 られず ユーザの 業 務 に 影 響 が 出 る 可 能 性 ある クラウドのコンピューティングパワーを 悪 用 された 場 合 ベンダ 側 が 管 理 責 任 を 問 われる 可 能 性 がある 従 来 型 システムと 比 べて 安 価 ですぐに 借 りられるクラウド 固 有 のリスクと 言 える 12

13 2.クラウド 導 入 リスクの 評 価 2.1 評 価 軸 による 分 析 結 果 (7/8) リスク リスク 大 分 類 番 号 R3.1 リスク 項 目 保 管 場 所 に 応 じて 変 化 する データ 開 示 責 任 R3.2 データ 所 有 者 サービス 利 用 に 関 する 責 任 の 所 在 が 曖 昧 R3. 法 R3.3 法 制 度 による 設 備 構 築 の 遅 延 的 リス ク R3.4 アプリケーションの 法 令 対 応 R3.5 ソフトウェアライセンス R3.6 著 作 権 侵 害 リスクの 説 明 データを 様 々な 場 所 ( 国 )にクラ ウドで 分 散 保 持 する 時 司 法 管 轄 の 変 更 に 応 じて 開 示 義 務 など が 変 わる ベンダはデータの 扱 いに 関 して 損 害 賠 償 を 受 けることもある ま たユーザ 側 も 例 えば サービ ス 利 用 集 中 独 占 で 帯 域 圧 迫 に よる 罰 則 を 追 及 されることがあり うる 大 型 データセンターは 建 築 基 準 法 の 規 制 などで 審 査 に 時 間 が かかり 施 設 設 置 が 遅 延 または 制 限 される 会 計 基 準 などの 法 規 制 が 変 更 時 にアプリケーションの 対 応 改 変 を 行 わなければいけない 従 来 型 のソフトウェアライセンス をそのままクラウドに 持 ち 込 め ないケースもあり 利 用 者 が 意 識 しないで 違 反 している 可 能 性 がある ユー ザ 側 ベン 従 来 ダ 側 型 クラ ウド 固 有 解 説 ユーザが 意 図 しない 国 に 自 身 のデータが 置 かれた 場 合 に データ の 開 示 義 務 が 発 生 する 可 能 性 がある ベンダは ユーザが 置 いた データに 違 法 性 がある 場 合 に 当 局 から 開 示 を 迫 られる 可 能 性 が ある 国 による 開 示 請 求 の 可 能 性 は 従 来 のホスティングサービスで もあったが データを 分 散 冗 長 配 置 するクラウドでリスクが 高 まっ た ユーザがクラウド 上 に 配 置 したデータが 消 失 した 場 合 などに ベン ダ 側 に 賠 償 請 求 される 可 能 性 がある ユーザは 予 期 せぬサービス 集 中 でクラウドサービスのリソースを 圧 迫 したことにより 追 加 のコ スト 支 払 いを 請 求 される 可 能 性 がある 曖 昧 なSLAをもつクラウドの 特 徴 である ベンダが 迅 速 にクラウド 基 盤 の 拡 張 を 図 ろうとしても 新 しい 大 型 データセンターは 規 制 により 開 設 が 遅 延 する 可 能 性 がある 従 来 型 システムでも 大 規 模 システムのために 新 規 にデータセンターを 建 設 する 場 合 には 規 制 が 影 響 したが より 大 規 模 な 運 営 を 基 本 とす るクラウドでは その 傾 向 が 顕 著 になる グローバル 事 業 が 基 本 のクラウドでは 様 々な 国 のユーザが 利 用 す るため 各 国 の 法 規 制 に 対 応 する 必 要 がある 特 定 の 国 の 規 制 が 変 わった 際 の 対 応 で ベンダ 側 の 開 発 コストがかさむ 扱 うデータが 著 作 権 などの 規 制 による 制 限 を 受 ける 場 合 がある 特 にクラウド 化 で 国 ごとに 規 制 が 異 なるため 必 要 な 対 応 が 複 雑 化 する ユーザが 商 用 ソフトウェアを 利 用 する 場 合 に クラウドの 自 動 拡 張 機 能 などにより 意 図 しない 台 数 で 稼 動 してしまう 可 能 性 がある ま た 急 激 な 利 用 者 増 加 により 利 用 者 数 制 限 を 超 えてしまう 可 能 性 もある ユーザは 自 分 のデータが 予 期 せぬ 国 のデータセンター 内 に 配 置 さ れることにより 規 制 の 対 象 となる 可 能 性 がある ベンダは ユーザ が 置 いたデータが 著 作 権 侵 害 を 行 った 場 合 に 当 局 から 対 応 を 迫 られる 可 能 性 がある 国 による 著 作 権 の 問 題 は 従 来 のホスティング サービスなどでもあったが クラウドにより 意 図 せぬ 著 作 権 侵 害 を 犯 す 可 能 性 が 高 まった 13

14 2.クラウド 導 入 リスクの 評 価 2.1 評 価 軸 による 分 析 結 果 (8/8) リスク リスク 大 分 類 番 号 R4.そ の 他 リスク 項 目 R3.7 外 資 参 入 への 規 制 R4.1 サーバや 端 末 の 盗 難 破 壊 リスクの 説 明 著 作 権 や 建 築 に 関 する 規 制 条 件 が 外 国 より 強 く 国 内 事 業 に 必 要 な 規 則 の 英 文 書 類 もないた め 外 資 事 業 者 が 参 入 できず 市 場 の 競 争 力 が 弱 まっている 物 理 的 にディスクや 端 末 が 盗 ま れる 壊 される クラウド 化 で 物 理 的 なリソースは 集 約 されるの で 1つのデバイスの 破 壊 の 影 響 は 大 きくなる ユー ザ 側 ベン 従 来 ダ 側 型 クラ ウド 固 有 解 説 ベンダは 自 国 内 での 強 みを 持 つ 反 面 海 外 での 事 業 展 開 時 に 外 国 の 規 制 で 参 入 できない 可 能 性 を 持 っている グローバル 事 業 が 進 んでいるクラウド 固 有 のリスクといえる クラウド 上 の 機 器 の 盗 難 破 壊 は ベンダ 側 のリスクであるとともに ユーザ 側 は 業 務 が 停 止 してしまうリスクを 持 っている 従 来 型 のシ ステムから 機 器 の 盗 難 破 壊 のリスクはあったが クラウドにおける 集 約 度 や 大 規 模 な 運 用 により 影 響 が 大 きくなった 自 然 災 害 でサービスが 停 止 した 場 合 ベンダは 復 旧 にあたり ユー 地 震 や 豪 雨 などでデータセン ザはその 間 業 務 が 停 止 する 可 能 性 がある 自 然 災 害 は 従 来 型 シス R4.2 自 然 災 害 によるサービス 停 止 ターやケーブル 設 備 が 損 傷 し テムから 存 在 したリスクである クラウドが 分 散 拠 点 で 運 用 されてい サービス 停 止 する る 場 合 サービス 停 止 のリスクは 低 下 する 外 国 は 治 安 やインフラが 悪 い 地 ベンダは コストの 安 い 地 域 でデータセンターを 運 用 した 場 合 有 事 域 もあり 有 事 の 復 旧 が 遅 れる の 際 の 対 応 が 遅 れる 可 能 性 がある ユーザは 不 意 なサービス 停 等 の 安 全 性 信 頼 性 可 用 性 に 止 で 初 めて 設 置 場 所 を 知 り 業 務 再 開 が 遅 れる 可 能 性 がある 設 R4.3 設 置 場 所 による 安 全 性 の 低 下 問 題 が 起 こりうる ただしこのよ 置 場 所 による 安 全 性 のリスクは 従 来 システムから 存 在 したが クラ うな 地 域 は 人 件 費 や 設 置 のコス ウドでは 運 用 コストが 安 価 な 地 域 にデータセンターが 設 置 されるこ トが 安 い とがあり そのリスクは 高 まる R4.4 停 電 によるサービス 停 止 R4.5 ソーシャルエンジニアリング 大 規 模 停 電 の 影 響 でサービス が 停 止 する 利 用 者 になりすまし データを 盗 難 破 壊 する またクラウド 環 境 ではクラウドの 潤 沢 な 計 算 資 源 を 悪 用 したりする ベンダは 大 規 模 停 電 で 一 部 データセンターが 停 止 した 場 合 も 残 るリソースでサービスを 継 続 する 必 要 がある ユーザは ベンダが 十 分 なリソースを 確 保 できなかった 場 合 に 業 務 が 停 止 するなどの 影 響 が 出 る ソーシャルエンジニアリングにより 被 害 を 受 けた 場 合 その 責 任 は ユーザが 持 つことになる ソーシャルエンジニアリングの 手 法 は 従 来 型 システムも 対 象 であったが クラウド 環 境 の 計 算 パワーにより 強 化 される 14

15 2.クラウド 導 入 リスクの 評 価 2.5リスク 評 価 結 果 の 取 り 扱 い 例 リスク 評 価 の 表 から 以 下 の 条 件 に 従 ってピックアップする 1 2 リスク 評 価 が7 以 上 AND クラウド 固 有 が あるいは ユーザ 側 ベンダ 側 の 両 方 が AND リスク 評 価 が5 以 上 AND クラウド 固 有 が あるいは リスク 評 価 条 件 1 R1.6 R1.3 R1.8 R 条 件 2 R1.4 R1.7 R1.11 R1.12 R1.13 R1.15 R1.16 R2.6 R2.4 R1.7 6 R1.10 R2.7 R2.18 R1.17 R2.3 R2.15 R4.5 R1.2 R1.5 R2.2 R2.10 R2.13 R2.19 R2.1 R2.5 R2.4 R2.5 R2.11 R2.12 R2.14 R2.17 R2.8 R R2.16 R3.2 R2.18 R4.1 R3.6 R4.3 R1.14 R2.20 R3.7 従 来 型 リスク R1.9 R4.2 R4.4 R1.1 R3.5 3 R3.2 R3.3 R3.4 2 ユーザ 側 のみ ユーザ 側 ベンダ 側 両 方 が ベンダ 側 のみ 1 0 縦 軸 はリスク 評 価 の 点 数 点 線 で 囲 まれたリスク 番 号 はユーザ ベンダでリスク 評 価 が 異 なる 15

16 クラウド 導 入 リスクに 関 する 最 新 動 向 3.クラウド 導 入 リスクへの 対 策 16

17 3.クラウド 導 入 リスクへの 対 策 3.1 優 先 リスクへの 対 応 最 初 から49 項 目 すべてに 対 応 するのは 難 しい 自 組 織 の 業 態 状 況 自 システムに 応 じて 優 先 的 に 対 応 すべきリスクを 特 定 する 現 時 点 で 有 効 な 対 策 があるものについては 確 実 に 対 応 する 優 先 度 の 低 いリスクについては 残 存 リスクとして 取 り 扱 う 優 先 リスクの 例 リスク 評 価 結 果 から 条 件 1 リスク 評 価 が7 以 上 AND クラウド 固 有 が あるいは でピックアップされたものを 優 先 的 に 対 応 すべきリスクと 考 える R1.3 統 制 の 喪 失 R1.6 導 入 時 の 組 織 変 革 コスト R1.8 コンプライアンス 規 定 への 準 拠 R3.1 保 管 場 所 に 応 じて 変 化 するデータ 開 示 責 任 17

18 3.クラウド 導 入 リスクへの 対 策 3.2リスク 対 策 (1/2) R1.3 統 制 の 喪 失 リスク 内 容 リスク 対 策 機 能 の 外 部 委 託 によりシステム 全 体 を 把 握 できなくなる 従 来 型 システムでは 外 部 委 託 であっても 統 制 に 必 要 な 監 査 などの 仕 組 み ツールが 整 えられているが クラウドで はまだそのような 仕 組 みが 足 りない 監 査 への 対 応 について 契 約 書 の 記 載 を 含 めて 確 認 す る プライベートクラウドを 自 組 織 やグループなどで 構 築 し 統 制 可 能 な 仕 組 みを 取 り 入 れる R1.6 導 入 時 の 組 織 変 革 コスト リスク 内 容 情 報 システムおよび 業 務 プロセスの 双 方 に 変 革 が 求 めら れる 従 来 システムからクラウドに 移 行 する 場 合 に PaaSの 場 合 は 情 報 システムの 作 り 直 し SaaSの 場 合 はその 仕 様 に 合 わせるように 業 務 プロセスの 変 更 が 求 められる リスク 対 策 クラウド 利 用 によるメリット(コスト 削 減 など)と 組 織 変 革 コストを 情 報 システムのライフサイクル 全 体 に 渡 って 検 証 する 組 織 改 革 の 必 要 性 について トップマネジメントの 承 認 を 得 る 18

19 3.クラウド 導 入 リスクへの 対 策 3.2リスク 対 策 (2/2) R1.8 コンプライアンス 規 定 への 準 拠 リスク 内 容 ユーザ 側 ポリシーとクラウド 事 業 者 が 提 供 するサービス のセキュリティ 要 件 が 合 致 しない 従 来 型 システムでは 顧 客 毎 に 仕 様 を 変 えることはよくや られていたが クラウドサービスがグローバルに 画 一 的 な サービスを 提 供 されている 場 合 は 個 別 ユーザへの 対 応 ができにくい リスク 対 策 自 社 のセキュリティポリシーとクラウドサービスのセキュ リティポリシーの 差 異 を 明 確 化 する 利 用 中 のクラウドサービスのセキュリティポリシーに 変 更 がないことを 契 約 書 などで 担 保 する R3.1 保 管 場 所 に 応 じて 変 化 するデータ 開 示 責 任 リスク 内 容 リスク 対 策 データを 様 々な 場 所 ( 国 )のクラウドで 分 散 保 持 する 時 司 法 管 轄 の 変 更 に 応 じて 開 示 義 務 などが 変 わる ユーザが 意 図 しない 国 に 自 身 のデータが 置 かれた 場 合 に 日 本 国 法 が 効 力 を 発 揮 できない 可 能 性 がある データが 保 管 されるデータセンターの 地 理 的 な 位 置 を 契 約 時 に 指 定 する 日 本 国 内 での 運 用 が 保 証 されているクラウド 事 業 者 を 選 択 する 19

20 本 件 に 関 するお 問 合 せ 先 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 情 報 通 信 政 策 研 究 本 部 クラウドセキュリティグループ 主 席 研 究 員 村 瀬 一 郎 Tel Fax 東 京 都 千 代 田 区 永 田 町

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度 ASP SaaS 安 全 信 頼 性 に 係 る 情 報 開 示 認 定 制 度 認 定 の (1/7) 認 定 番 号 : 00070805, 名 称 :ネットde 会 計, 事 業 者 名 称 : 株 式 会 社 パイプドビッツ / 1 開 示 情 報 の 時 点 開 示 情 報 の 日 付 開 示 情 報 の 年 月 日 ( 西 暦 ) 2016/4/8 事 業 所 事 業 2 事 業 者 名

More information

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度 ASP SaaS 安 全 信 頼 性 に 係 る 情 報 開 示 認 定 制 度 認 定 の (1/7) 認 定 番 号 : 01321107, 名 称 :isearch(アイサーチ), 事 業 者 名 称 : デジアナコミュニケーションズ 株 式 会 社 / 1 開 示 情 報 の 時 点 開 示 情 報 の 日 付 開 示 情 報 の 年 月 日 ( 西 暦 ) 2015/6/17 事 業 所

More information

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲.

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲. いわて 若 者 交 流 ポータルサイト 構 築 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 26 年 8 月 岩 手 県 環 境 生 活 部 若 者 女 性 協 働 推 進 室 目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5

More information

(Microsoft PowerPoint - No.1 20151029\203}\203C\203i\203\223\203o\201[\202\311\221\316\211\236\202\265\202\275\203Z\203L\203\205\203\212\203e\203B.pptx)

(Microsoft PowerPoint - No.1 20151029\203}\203C\203i\203\223\203o\201[\202\311\221\316\211\236\202\265\202\275\203Z\203L\203\205\203\212\203e\203B.pptx) マイナンバーに 対 応 した 情 報 システム 設 計 と セキュリティ 対 策 立 命 館 大 学 情 報 理 工 学 部 上 原 哲 太 郎 情 報 システムと 法 情 報 システムが 法 的 義 務 を 満 たす 必 要 がある 例 が 増 えてきている 特 定 電 子 メール 法 や 特 定 商 取 引 法 における 表 示 義 務 割 賦 販 売 法 におけるクレジット 番 号 の 安 全

More information

外 部 委 託 業 務 の 削 減 を 含 む 経 費 の 削 減 及 び 安 全 性 信 頼 性 の 強 化 を 行 い 更 なる 最 適 化 の 推 進 を 図 るため 政 府 全 体 で 利 用 可 能 な 府 省 共 通 システムの 基 盤 ( 以 下 共 同 利 用 システム 基 盤 とい

外 部 委 託 業 務 の 削 減 を 含 む 経 費 の 削 減 及 び 安 全 性 信 頼 性 の 強 化 を 行 い 更 なる 最 適 化 の 推 進 を 図 るため 政 府 全 体 で 利 用 可 能 な 府 省 共 通 システムの 基 盤 ( 以 下 共 同 利 用 システム 基 盤 とい 共 同 利 用 システム 基 盤 の 業 務 システム 最 適 化 計 画 2008 年 ( 平 成 20 年 )2 月 13 日 2009 年 ( 平 成 21 年 )8 月 28 日 改 定 2011 年 ( 平 成 23 年 )9 月 14 日 改 定 2012 年 ( 平 成 24 年 )9 月 7 日 改 定 各 府 省 情 報 化 統 括 責 任 者 (CIO) 連 絡 会 議 決 定

More information

慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ 利 用 されるものではなく 国 民 の 意 志 と 関 係 なく 政 府 や 地 方 公 共 団 体 とデジタル 的 に 結 ばれ 使

慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ 利 用 されるものではなく 国 民 の 意 志 と 関 係 なく 政 府 や 地 方 公 共 団 体 とデジタル 的 に 結 ばれ 使 . 事 業 者 が 備 えるべき マイナンバー 対 応 のポイント 平 成 2 7 年 5 月 1 5 日 JIPDEC( 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 ) マイナンバー 対 応 プロジェクト 室 慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ

More information

森林クラウドシステムに関わる情報セキュリティガイドラインVer3.0

森林クラウドシステムに関わる情報セキュリティガイドラインVer3.0 平 成 27 年 度 森 林 情 報 高 度 利 活 用 技 術 開 発 事 業 のうち 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 森 林 クラウドシステムに 関 わる 情 報 セキュリティガイドライン - Ver.3.0 - 平 成 28 年 3 月 森 林 クラウドシステム 標 準 化 検 討 委 員 会 標 準 仕 様 検 討 ワーキンググループ 1 目 次 1 ガイドラインの 概 要 と

More information

クラウドビジネスの 潮 流 (PEST4つの 視 点 から) 政 治 的 (P=Political) 技 術 的 ( T=Technological) ユーザ 主 導 の 技 術 &サービス オープン ガバメント クラウドポータル(ブローカー) オープンソース クラウドAPI マルチクラウド 完 全

クラウドビジネスの 潮 流 (PEST4つの 視 点 から) 政 治 的 (P=Political) 技 術 的 ( T=Technological) ユーザ 主 導 の 技 術 &サービス オープン ガバメント クラウドポータル(ブローカー) オープンソース クラウドAPI マルチクラウド 完 全 広 域 災 害 に 耐 え 日 本 復 興 に 向 けた クラウドビジネスモデル 平 成 23 年 10 月 6 日 NTTコミュニケーションズ 株 式 会 社 林 雅 之 0 クラウドビジネスの 潮 流 (PEST4つの 視 点 から) 政 治 的 (P=Political) 技 術 的 ( T=Technological) ユーザ 主 導 の 技 術 &サービス オープン ガバメント クラウドポータル(ブローカー)

More information

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 ~ 被 害 に 遭 わないために 実 施 すべき 対 策 は?~ Copyright 2015 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 (IPA) 技 術 本 部 セキュリティセンター 2015 年 3 月 本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 10 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 徳 島 市 は 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの

More information

もくじ 1. 個 人 情 報 漏 えい 調 査 結 果 2. サイバー 攻 撃 事 情 3. 内 部 犯 罪 内 部 不 正 行 為 2/ 38

もくじ 1. 個 人 情 報 漏 えい 調 査 結 果 2. サイバー 攻 撃 事 情 3. 内 部 犯 罪 内 部 不 正 行 為 2/ 38 Network Security Forum 2015 A3 多 様 なリスク 時 代 の セキュリティ 対 策 の 考 え 方 セキュリティ 被 害 調 査 WG 大 谷 尚 通 ( 株 )NTTデータ 2015 年 1 月 20 日 もくじ 1. 個 人 情 報 漏 えい 調 査 結 果 2. サイバー 攻 撃 事 情 3. 内 部 犯 罪 内 部 不 正 行 為 2/ 38 1. 個 人 情

More information

5 研 究 情 報 報 告 書 機 関 誌 学 会 等 での 発 表 情 報 のデータ 集 積 し 検 索 することが 出 来 る 機 能 県 JAEA NIE S 6 関 連 リンク 連 携 研 究 機 関 等 のサイトへ のリンク 7 ページビュ ー 解 析 検 索 キーワードごとのペー ジビュ

5 研 究 情 報 報 告 書 機 関 誌 学 会 等 での 発 表 情 報 のデータ 集 積 し 検 索 することが 出 来 る 機 能 県 JAEA NIE S 6 関 連 リンク 連 携 研 究 機 関 等 のサイトへ のリンク 7 ページビュ ー 解 析 検 索 キーワードごとのペー ジビュ 福 島 県 環 境 創 造 センターホームページ 作 成 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 福 島 県 環 境 創 造 センターホームページ 作 成 等 業 務 2 目 的 福 島 県 環 境 創 造 センター( 以 下 環 境 創 造 センター という )は 県 土 の 環 境 を 回 復 創 造 に 取 り 組 むための 調 査 研 究 及 び 情 報 発 信 教 育 等 を 行

More information

目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要 件 確 認 書 作 成

目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要 件 確 認 書 作 成 砥 部 町 財 務 会 計 システム 更 新 事 業 仕 様 書 平 成 25 年 10 月 砥 部 町 企 画 財 政 課 目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要

More information

スライド 1

スライド 1 院 内 IT 情 報 セキュリティの ご 提 案 株 式 会 社 プロアス 1 弊 社 のご 紹 介 名 称 設 立 代 表 取 締 役 所 在 地 : 株 式 会 社 プロアス :1978 年 10 月 : 伊 藤 泰 充 : 大 阪 市 淀 川 区 西 宮 原 1-5-33 新 大 阪 飯 田 ビル 医 療 機 関 様 向 け 主 な 事 業 案 内 医 事 会 計 システム Ultima-HP/CL

More information

Microsoft PowerPoint - 【那須野】セキュリティ問題について

Microsoft PowerPoint - 【那須野】セキュリティ問題について 平 成 26 年 度 森 林 情 報 高 度 利 活 用 開 発 事 業 報 告 会 1 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 ~ 情 報 セキュリティ 検 討 ワーキンググループ 活 動 報 告 ~ 2015 年 3 月 20 日 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 情 報 セキュリティ 検 討 WG 1. 目 的 2 森 林 の 有 する 多 面 的 機 能 を 将 来 にわたって

More information

目 次 1 背 景... 1 2 次 期 統 一 ネットワークシステム 整 備 の 基 本 方 針... 2 3 次 期 統 一 ネットワークシステムの 導 入 スケジュール... 4 4 業 務 の 目 的... 4 5 納 入 成 果 物... 5 6 次 期 統 一 ネットワークシステム 導

目 次 1 背 景... 1 2 次 期 統 一 ネットワークシステム 整 備 の 基 本 方 針... 2 3 次 期 統 一 ネットワークシステムの 導 入 スケジュール... 4 4 業 務 の 目 的... 4 5 納 入 成 果 物... 5 6 次 期 統 一 ネットワークシステム 導 高 専 統 一 ネットワークシステム 整 備 および 高 専 情 報 基 盤 統 一 化 策 定 等 に 係 る 調 達 支 援 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 5 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 目 次 1 背 景... 1 2 次 期 統 一 ネットワークシステム 整 備 の 基 本 方 針... 2 3 次 期 統 一 ネットワークシステムの 導 入

More information

自治体CIO育成研修

自治体CIO育成研修 SLAの 考 え 方 総 務 省 SLAの 考 え 方 この 単 元 の 構 成 と 目 的 序 SLAの 定 義 公 共 ITにおけるアウトソーシングに 関 するガイドライン について 1 SLAを 設 定 する 対 象 について 2 SLAの 運 用 について ここでの 目 的 は SLAについて 考 えていきたいと 思 います 各 団 体 は 業 務 のすべてを その 団 体 の 職 員 等

More information

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ 情 報 セキュリティ 対 策 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 草 加 市 の 情 報 資 産 に 関 するセキュリティ 対 策 の 考 え 方 を 示 した 草 加 市 情 報 セキュリティ 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 3 月 25 日 制 定 以 下 基 本 方 針 という )に 基 づき 当 該 セキュリティ 対 策 の 有 効 性 効 率 性 の 確 保 を 目 的 として

More information

目 次 第 I 部 序 編... 1 1. 目 的... 1 2. ISO/IEC 27002:2013 及 び 他 のガイドライン 等 との 関 係... 2 3. 供 給 者 関 係 のモデル... 4 4. クラウドサービス 提 供 における 利 用 者 接 点 の 実 務 の5つのポイント.

目 次 第 I 部 序 編... 1 1. 目 的... 1 2. ISO/IEC 27002:2013 及 び 他 のガイドライン 等 との 関 係... 2 3. 供 給 者 関 係 のモデル... 4 4. クラウドサービス 提 供 における 利 用 者 接 点 の 実 務 の5つのポイント. クラウドサービス 提 供 における 情 報 セキュリティ 対 策 ガイドライン ~ 利 用 者 との 接 点 と 事 業 者 間 連 携 における 実 務 のポイント~ ( 案 ) 平 成 26 年 月 総 務 省 目 次 第 I 部 序 編... 1 1. 目 的... 1 2. ISO/IEC 27002:2013 及 び 他 のガイドライン 等 との 関 係... 2 3. 供 給 者 関 係

More information

( 別 紙 ) 政 府 情 報 システム 投 資 計 画 書. 内 閣 官 房 等 1 頁 -1. 内 閣 官 房 -2. 人 事 院 1 頁 9 頁 1. 内 閣 府 11 頁 1-1. 内 閣 府 本 府 1-2. 宮 内 庁 1-3. 警 察 庁 1-4. 金 融 庁 1-5. 消 費 者 庁 11 頁 17 頁 19 頁 25 頁 31 頁 2. 総 務 省 37 頁 3. 法 務 省 77

More information

平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子 化 協 議 会 は じ め に 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子 化 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 という )は 地 方 公 共 団 体 の 相 互 協 力 を 基 本 理 念 とし 納 税 者 の 利 便 性 の 向 上 と 地 方 税 務 行 政 の 高 度 化 及 び 効 率 化 に 寄 与

More information

マネーフォワード For BUSINESS 使い方講座

マネーフォワード For BUSINESS 使い方講座 マイナンバーの 収 集 から 破 棄 まで 簡 単 安 全 に! マイナンバー 対 策 のポイントとMFクラウドマイナンバー 株 式 会 社 マネーフォワード マネーフォワードのご 紹 介 社 名 設 立 株 式 会 社 マネーフォワード 2012 年 5 月 資 本 金 3,741,972,200 円 ( 資 本 準 備 金 含 む) 代 表 者 辻 庸 介 本 社 所 在 地 108-0014

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20342D315F8F5A96AF8E8B935F82CC8D7390AD8354815B8372835892F18B9F82C98CFC82AF82BD8BC696B195AA90CD8EE896408169836D815B836793FC816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20342D315F8F5A96AF8E8B935F82CC8D7390AD8354815B8372835892F18B9F82C98CFC82AF82BD8BC696B195AA90CD8EE896408169836D815B836793FC816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 科 目 番 号 : 4-1 授 業 名 称 : シ ラ バ ス 概 要 自 治 体 EAを 中 心 として 業 務 分 析 の 手 法 について 解 説 するとともに 実 際 のEAに 向 けた 初 歩 的 な 作 業 を 通 じて 業 務 分 析 に 係 る 理 解 を 深 める 学 習 目 標 1 自 治 体 EAに 基 づく 業 務 分 析 について 概 要 を 理 解 する (ア)EAの 考

More information

クラウドの光と影

クラウドの光と影 Prowise Business Forum in KANSAI クラウドの 光 と 影 ~クラウド 利 用 の 進 展 と 今 後 留 意 するべき 課 題 ~ 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 情 報 通 信 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 鈴 木 良 介 / r2-suzuki@nri.co.jp 1 今 日 お 話 しすること クラウド 利 用 の 進 展 とその 背

More information

(Microsoft Word - SLA_\227\232\227\360\202\310\202\265_.doc)

(Microsoft Word - SLA_\227\232\227\360\202\310\202\265_.doc) 別 紙 A 別 表 1 サービス サービスの 内 容 本 サービスの 種 類 及 び 内 容 は 以 下 のとおりとし 機 能 の 詳 細 は 当 社 が 契 約 者 に 提 供 する 操 作 解 説 書 によるものとします 基 本 サービス Bizca サービス(グループウェア) の 内 容 サービス 概 要 基 本 サービスで 提 供 されるサービス 設 備 監 視 Ping による 死 活 監

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

Microsoft Word - CLOMO_Agreement_AntiV.doc

Microsoft Word - CLOMO_Agreement_AntiV.doc CLOMO MDM アンチウィルスオプション 利 用 規 約 CLOMO MDM アンチウィルスオプション 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 とします)は 株 式 会 社 アイキューブドシステムズ( 以 下 当 社 とします)が 提 供 する SaaS サービス CLOMO ( 以 下 CLOMO とします) 及 びマカフィー 株 式 会 社 が 提 供 する Virus Scan Mobile

More information

Microsoft Word - 03_情報共有

Microsoft Word - 03_情報共有 情 報 共 有 サービスの SaaS 型 ビジネスの 展 開 Developing SaaS Information Sharing Business クラウドコンピューティングの 中 でソフトウェアをサービスとして 提 供 する 形 態 のことを SaaS と 呼 ぶ ( 株 ) 日 立 東 日 本 ソリューションズ( 以 下, 日 立 TO) は SaaS 型 情 報 共 有 サービス OnSchedule

More information

改 版 履 歴 版 数 改 版 日 改 版 内 容 1.0 2015/4/22 初 版 発 行 2

改 版 履 歴 版 数 改 版 日 改 版 内 容 1.0 2015/4/22 初 版 発 行 2 早 稲 田 大 学 クラウドサービス 利 用 ガイドライン 2015 年 4 月 22 日 情 報 企 画 部 改 版 履 歴 版 数 改 版 日 改 版 内 容 1.0 2015/4/22 初 版 発 行 2 目 次 第 1 章 クラウドサービスの 理 解 編 1.1 本 書 の 目 的 1.2 本 書 の 利 用 方 法 1.2.1 本 書 の 構 成 1.2.2 リストの 利 用 方 法 1.3

More information

日本システムウエア株式会社

日本システムウエア株式会社 ファイル 共 有 サービス AppNow! AppNow! 以 下 の 試 用 の 流 れ および 試 用 条 件 AppNow!サービス 試 用 規 約 をご 確 認 の 上 お 申 込 みください お 申 込 みをもって 試 用 条 件 および 試 用 規 約 に 同 意 いただいたものとみなし 試 用 環 境 のご 用 意 を 行 います 急 遽 キャンセル 等 が 必 要 になりましたら お

More information

競争の導入による公共サービスの改革に関する法律に基づく

競争の導入による公共サービスの改革に関する法律に基づく 競 争 の 導 入 による 公 共 サービスの 改 革 に 関 する 法 律 に 基 づく 矯 正 情 報 ネットワークシステムの 運 用 管 理 業 務 における 民 間 競 争 入 札 に 係 る 契 約 の 締 結 について 競 争 の 導 入 による 公 共 サービスの 改 革 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 51 号 以 下 法 という )に 基 づく 民 間 競

More information

(調査編⑧東松島市)東日本大震災における地方公共団体情報部門の被災時の取組みと今後の対応のあり方に関する調査研究報告書

(調査編⑧東松島市)東日本大震災における地方公共団体情報部門の被災時の取組みと今後の対応のあり方に関する調査研究報告書 現 地 調 査 報 告 書 8 宮 城 県 東 松 島 市 訪 問 日 時 : 平 成 23 年 11 月 25 日 ( 金 ) 訪 問 先 : 復 興 政 策 部 復 興 政 策 課 情 報 化 推 進 班 < 要 約 > 被 害 概 要 ( 全 体 ) 3 月 11 日 発 生 の 東 日 本 大 震 災 で 東 松 島 市 は 震 度 6 強 を 観 測 した 沿 岸 域 全 域 に 巨 大

More information

スライド 1

スライド 1 戦 略 的 採 用 システム 中 途 採 用 向 けサービス 紹 介 資 料 2 戦 略 的 採 用 システムとは 戦 略 的 採 用 システムは 中 途 採 用 に 関 わる 情 報 の 管 理 だけでなく 採 用 活 動 の 集 計 分 析 及 び 採 用 予 算 の 管 理 までもカバーする 応 募 者 管 理 システムです 情 報 の 一 元 管 理 による 採 用 活 動 の 効 率 化

More information

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1 クラウド 型 シラバスシステム クラシラ 利 用 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 基 本 機 能 に 関 する 定 義 ) 本 規 約 において 用 いられる 語 の 定 義 は, 次 号 の 通 りとする Web 入 稿 シラバス 登 録 編 集 管 理 シラバスの 科 目 情 報 講 義 内 容 および 教 員 情 報 の 登 録 編 集 管 理 を Web 上 でおこな うサービス

More information

目 次 ICTの の 普 及 および 利 活 用 の 状 況 2 情 報 セキュリティに 関 する 問 題 発 生 の 状 況 10 政 府 おける 情 報 セキュリティの 状 況 22 企 業 における 情 報 セキュリティの 状 況 30 個 人 における 情 報 セキュリティの 状 況 33

目 次 ICTの の 普 及 および 利 活 用 の 状 況 2 情 報 セキュリティに 関 する 問 題 発 生 の 状 況 10 政 府 おける 情 報 セキュリティの 状 況 22 企 業 における 情 報 セキュリティの 状 況 30 個 人 における 情 報 セキュリティの 状 況 33 情 報 セキュリティに 関 する 各 種 データ 2008 年 1 月 16 日 ( 水 ) 内 閣 官 房 情 報 セキュリティセンター(NISC) http://www.nisc.go.jp/ 資 料 4-2 目 次 ICTの の 普 及 および 利 活 用 の 状 況 2 情 報 セキュリティに 関 する 問 題 発 生 の 状 況 10 政 府 おける 情 報 セキュリティの 状 況 22

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

特定個人情報保護評価書(全項目評価書)

特定個人情報保護評価書(全項目評価書) 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 3 評 価 書 名 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 については 全 国 の 都 道 府 県 労 働

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力 平 成 25 年 12 月 佐 賀 県 が 進 める 先 進 的 ICT 利 活 用 教 育 推 進 事 業 の 取 組 状 況 と 学 習 用 パソコン 導 入 の 背 景 (VOL.3) 佐 賀 県 教 育 委 員 会 1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の

More information

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条 御 意 見 の 要 旨 と 1 総 括 的 意 見 (18 件 ) 個 人 情 報 の 保 護 をより 厳 しく 徹 底 する 内 容 になっており, 見 直 しに より 良 い 条 例 になることを 期 待 し ている 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 しては, 引 条 例 では, 個 人 情 報 の 収 集 の 制 限, 利 用, き 続 き 慎 重 にしてほしい 提 供 の 制 限, 電

More information

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 2 履 行 期 間 システム 運 用 構 築 導 入 業 務 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 2 月 28 日 まで システム 利 用 にかかる 業 務 平 成 29 年 3 月 1 日 から

More information

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に ライフティポイント 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) ライフティ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)は ライフティポイント 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という)に 基 づき 当 社 指 定 の 方 法 により 当 社 に 対 して 登 録 を 行 ったお 客 様 ( 以 下 会 員 と いう)に 対 して 当 社 が 発 行 するポイントである ライフティポイント に

More information

4 業 務 概 要 及 び 委 託 期 間 (1)ウェブサイトの 企 画 設 計 及 び 構 築 業 務 契 約 の 日 から 平 成 26 年 9 月 30 日 まで (2)ウェブサイトの 運 用 保 守 更 新 平 成 26 年 10 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 平 成

4 業 務 概 要 及 び 委 託 期 間 (1)ウェブサイトの 企 画 設 計 及 び 構 築 業 務 契 約 の 日 から 平 成 26 年 9 月 30 日 まで (2)ウェブサイトの 運 用 保 守 更 新 平 成 26 年 10 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 平 成 横 浜 美 術 館 ウェブサイト リニューアル 及 び 運 用 業 務 委 託 業 務 説 明 資 料 1 章 一 般 事 項 本 業 務 説 明 資 料 ( 以 下 本 資 料 という)は 公 益 財 団 法 人 横 浜 市 芸 術 文 化 振 興 財 団 ( 以 下 財 団 という)が 発 注 する 横 浜 美 術 館 ウェブサイト リニューアル 及 び 運 用 業 務 ( 以 下 本 業 務

More information

【セット】サイバー戦略指針

【セット】サイバー戦略指針 防 衛 省 自 衛 隊 によるサイバー 空 間 の 安 定 的 効 果 的 な 利 用 に 向 けて 平 成 24 年 9 月 防 衛 省 目 次 1. 趣 旨 2. 基 本 認 識 (1)サイバー 空 間 の 意 義 性 格 (2)サイバー 空 間 におけるリスク 1 サイバー 攻 撃 2 その 他 のリスク 3. 基 本 方 針 (1) 防 衛 省 自 衛 隊 の 能 力 態 勢 強 化 (2)

More information

正 アクセスを 行 う 者 )により 捜 査 を 免 れるための 抜 け 穴 として 利 用 されることになってしまう しかる に 不 正 アクセスを 禁 止 する 法 律 がないのは G7 諸 国 の 中 ではわが 国 のみ ( 警 察 庁 ハイテク 犯 罪 対 策 重 点 推 進 プログラム 平

正 アクセスを 行 う 者 )により 捜 査 を 免 れるための 抜 け 穴 として 利 用 されることになってしまう しかる に 不 正 アクセスを 禁 止 する 法 律 がないのは G7 諸 国 の 中 ではわが 国 のみ ( 警 察 庁 ハイテク 犯 罪 対 策 重 点 推 進 プログラム 平 不 正 アクセス 禁 止 法 の 実 効 性 と 課 題 TheEfectivenesandtheSubjectofActagainstUnauthorizedAccess 木 田 良 弘 情 報 システム 監 査 株 式 会 社 キーワード: 不 正 アクセス 禁 止 法 検 挙 事 例 罰 則 防 御 側 の 対 策 の 二 面 性 高 度 情 報 通 信 社 会 の 健 全 な 発 展 1.はじめに

More information

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案)

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案) 別 添 (2) 機 構 からの 指 示 により 端 末 の 設 置 異 動 又 は 廃 止 等 ( 人 事 異 動 端 末 の 増 設 又 は 廃 止 等 )を 行 う 場 合 には 端 末 のセットアップ 設 定 変 更 等 の 作 業 を 行 う また 機 器 管 理 台 帳 をその 都 度 更 新 すること (3) 代 替 機 ( 予 備 機 )についても 台 数 及 び 保 管 場 所 を

More information

回 答 企 業 表 9-1 調 査 対 象 企 業 の 業 種 表 9-2 ユーザー 企 業 運 用 企 業 区 分 業 種 社 数 1 製 造 1(55%) 2 サービス 1(33%) 区 分 業 務 内 容 社 数 A1 ユーザー 企 業 コンピュータシステム 運 用 業 務 を アウトソーシン

回 答 企 業 表 9-1 調 査 対 象 企 業 の 業 種 表 9-2 ユーザー 企 業 運 用 企 業 区 分 業 種 社 数 1 製 造 1(55%) 2 サービス 1(33%) 区 分 業 務 内 容 社 数 A1 ユーザー 企 業 コンピュータシステム 運 用 業 務 を アウトソーシン ソフトウエアメトリックス2008 運 用 調 査 報 告 2008.4.16 日 本 情 報 システム ユーザー 協 会 1 回 答 企 業 表 9-1 調 査 対 象 企 業 の 業 種 表 9-2 ユーザー 企 業 運 用 企 業 区 分 業 種 社 数 1 製 造 1(55%) 2 サービス 1(33%) 区 分 業 務 内 容 社 数 A1 ユーザー 企 業 コンピュータシステム 運 用 業

More information

屋外広告物管理システム システムフロー

屋外広告物管理システム システムフロー 屋 外 広 告 物 管 理 システムASPサービス 提 供 業 務 仕 様 書 目 次 1 屋 外 広 告 物 システムフロー 1 2 屋 外 広 告 物 管 理 システム 機 能 要 件 3 1 屋 外 広 告 物 管 理 3 (1) 屋 外 広 告 物 許 可 申 請 等 処 理 3 (2) 屋 外 広 告 物 データ 管 理 4 (3) 屋 外 広 告 物 催 促 管 理 5 (4) 屋 外

More information

P005.ec6

P005.ec6 JournaloftheFacultyofManagementandInformationSystems, PrefecturalUniversityofHiroshima 2012No.4pp.5-11 論 文 GoogleAppEngineと YouTubeAPIを 用 いた 動 画 コンテンツ 配 信 管 理 システムの 開 発 と 教 育 への 応 用 宇 野 健 石 崎 徹 DevelopmentoftheAnimationContentsDistributionandtheManagerialSystems

More information

事 業 規 模 金 11,000 千 円 ( 消 費 税, 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む 金 額 ) 構 築 時 から 本 稼 働 までに 必 要 な 費 用 この 金 額 は, 本 業 務 に 係 る 契 約 時 の 予 定 価 格 を 示 すものでは 無 く, 事 業 規 模 を 示

事 業 規 模 金 11,000 千 円 ( 消 費 税, 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む 金 額 ) 構 築 時 から 本 稼 働 までに 必 要 な 費 用 この 金 額 は, 本 業 務 に 係 る 契 約 時 の 予 定 価 格 を 示 すものでは 無 く, 事 業 規 模 を 示 気 仙 沼 市 ホームページ 作 成 システム 構 築 業 務 プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 要 領 は, 気 仙 沼 市 ホームページ 作 成 システム 構 築 業 務 に 係 る 委 託 事 業 者 を 選 定 するにあたり, 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 2 プロポーザル 方 式 を 採 用 する 理 由 本 市 では, 現 在 運 用 しているホームページ 作

More information

参 考 : こうちプレマ net など (4) 市 町 民 間 団 体 等 の 取 組 投 稿 機 能 子 育 て 支 援 に 関 して 市 町 や 民 間 団 体 等 が 取 組 事 例 を 投 稿 するためのエントリーフォームを 作 成 すること また 投 稿 情 報 について 登 録 修 正

参 考 : こうちプレマ net など (4) 市 町 民 間 団 体 等 の 取 組 投 稿 機 能 子 育 て 支 援 に 関 して 市 町 や 民 間 団 体 等 が 取 組 事 例 を 投 稿 するためのエントリーフォームを 作 成 すること また 投 稿 情 報 について 登 録 修 正 資 料 3 静 岡 県 子 育 て 支 援 ポータルサイト( 仮 称 ) 構 築 業 務 委 託 仕 様 書 1 名 称 静 岡 県 子 育 て 支 援 ポータルサイト( 仮 称 ) 構 築 業 務 2 ホームページの 構 成 ( 別 紙 2 サイト 構 成 案 参 照 ) 今 回 のサイト 構 成 については 別 紙 2 サイト 構 成 案 を 参 考 に 静 岡 県 子 育 て 支 援 ポータルサ

More information

4 月 -NO.2 電 子 調 達 システム 運 用 保 守 業 務 委 託 日 本 電 気 株 式 会 社 関 西 支 社 電 子 調 達 システムは 平 成 16 年 2 月 から 運 用 を 開 始 し 平 成 21 年 度 に 長 年 の 稼 働 に 伴 う 陳 腐 化 及 び 運 用 環

4 月 -NO.2 電 子 調 達 システム 運 用 保 守 業 務 委 託 日 本 電 気 株 式 会 社 関 西 支 社 電 子 調 達 システムは 平 成 16 年 2 月 から 運 用 を 開 始 し 平 成 21 年 度 に 長 年 の 稼 働 に 伴 う 陳 腐 化 及 び 運 用 環 4 月 -NO.1 契 約 管 財 局 事 務 室 (オーク200ビル) 庁 舎 清 掃 業 務 委 託 関 西 明 装 株 式 会 社 オーク200ビルのテナントである 当 局 は オーク200 管 理 規 則 第 18 条 第 2 項 によりオーク200ビルの 管 理 会 社 の 指 定 業 者 である 同 社 と 契 約 すること が 定 められている このため 本 契 約 は 地 方 自 治

More information

<819A3135303132392D8A549776834E838983458368834383938365834F838C815B83568387839382C982A882AF82E9534C412E786477>

<819A3135303132392D8A549776834E838983458368834383938365834F838C815B83568387839382C982A882AF82E9534C412E786477> 平 成 26 年 度 クラウド 技 術 調 査 WG レポート クラウドインテグレーション における SLA の 検 討 ポイント 概 要 平 成 26 年 11 月 一 般 社 団 法 人 情 報 サービス 産 業 協 会 技 術 強 化 委 員 会 技 術 企 画 部 会 クラウド 技 術 調 査 WG SLA チーム 1 はじめに 我 々システムインテグレータ( 以 下 SIer)は 個 々の

More information

システム 管 理 規 程 1 趣 旨... 4 2 対 象 者... 4 3 対 象 システム... 4 4 遵 守 事 項... 4 4.1 アカウントの 管 理... 4 4.1.1 アカウントの 作 成... 4 4.1.2 アカウントの 変 更... 5 4.1.3 不 要 となったアカウン

システム 管 理 規 程 1 趣 旨... 4 2 対 象 者... 4 3 対 象 システム... 4 4 遵 守 事 項... 4 4.1 アカウントの 管 理... 4 4.1.1 アカウントの 作 成... 4 4.1.2 アカウントの 変 更... 5 4.1.3 不 要 となったアカウン システム 管 理 規 程 1.0 版 1 システム 管 理 規 程 1 趣 旨... 4 2 対 象 者... 4 3 対 象 システム... 4 4 遵 守 事 項... 4 4.1 アカウントの 管 理... 4 4.1.1 アカウントの 作 成... 4 4.1.2 アカウントの 変 更... 5 4.1.3 不 要 となったアカウントの 削 除... 5 4.1.4 特 権 アカウントの 管

More information

はじめに 昨 今 イ ン ター ネット 加 盟 店 の サ ー バ ー に 対 す る 不 正 アク セ ス や フィッ シン グ サ イト 等 に より クレ ジ ットカ ード 番 号 が 流 出 し インターネット 取 引 でそのクレジットカード 番 号 を 用 い た 本 人 な り す まし

はじめに 昨 今 イ ン ター ネット 加 盟 店 の サ ー バ ー に 対 す る 不 正 アク セ ス や フィッ シン グ サ イト 等 に より クレ ジ ットカ ード 番 号 が 流 出 し インターネット 取 引 でそのクレジットカード 番 号 を 用 い た 本 人 な り す まし インターネット 上 で の 取 引 時 にお ける 本 人 なりすましによる 不 正 使 用 防 止 のための ガ イドラ イン に 関 する 運 用 手 引 き はじめに 昨 今 イ ン ター ネット 加 盟 店 の サ ー バ ー に 対 す る 不 正 アク セ ス や フィッ シン グ サ イト 等 に より クレ ジ ットカ ード 番 号 が 流 出 し インターネット 取 引 でそのクレジットカード

More information

第 一 部 企 業 情 報 EDINET 提 出 書 類 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 会 計 期 間 第 28 期 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 23 年 12 月 31 日 第

第 一 部 企 業 情 報 EDINET 提 出 書 類 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 会 計 期 間 第 28 期 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 23 年 12 月 31 日 第 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 関 東 財 務 局 長 提 出 日 平 成 25 年 2 月 8 日 四 半 期 会 計 期 間 第 29 期 第 3 四 半 期 ( 自 平 成 24 年 10 月 1 日 至 平 成 24 年 12 月 31 日 会 社 名 テクマトリックス 株 式 会 社 英 訳 名 TECHMATRIX

More information

プロフィール 執 役 員 IT 本 部 (CIO) 出 口 剛 也 1989 年 住 友 銀 ( 現 三 井 住 友 銀 ) 第 四 次 総 合 オンラインシステムの 企 画 開 発 さくら 銀 との 合 併 に 伴 うシステム 統 合 SMFGグループIT 会 社 の 設 等 2008 年 三 井

プロフィール 執 役 員 IT 本 部 (CIO) 出 口 剛 也 1989 年 住 友 銀 ( 現 三 井 住 友 銀 ) 第 四 次 総 合 オンラインシステムの 企 画 開 発 さくら 銀 との 合 併 に 伴 うシステム 統 合 SMFGグループIT 会 社 の 設 等 2008 年 三 井 ジャパンネット 銀 における パブリッククラウド 活 用 の 取 組 について 2016 年 6 月 1 日 執 役 員 IT 本 部 (CIO) 出 口 剛 也 IT 統 括 部 部 二 宮 賢 治 注 意 事 項 本 資 料 はジャパンネット 銀 および 関 係 社 以 外 の 第 三 者 への 提 供 開 は 禁 記 載 内 容 の 転 載 は 禁 します 1 プロフィール 執 役 員 IT

More information

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 仕 様 書 第 1 委 託 業 務 名 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 第 2 委 託 業 務 の 目 的 出 水 市 の 観 光 情 報 サイト( 以 下 観 光 情 報 サイト という )の 日 本 語 サイトを 構 築 するとともに 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 のみ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2094D48D8690A7937882CC93B193FC82CD49544382AA977682E98376838C835B97703230313430333135205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2094D48D8690A7937882CC93B193FC82CD49544382AA977682E98376838C835B97703230313430333135205B8CDD8AB78382815B83685D> 番 号 制 度 の 全 国 導 入 には ITCの 手 助 けが 要 る 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ITコーディネータ 協 会 播 磨 崇 ITコーディネータはIT 経 営 を 実 現 するプロフェッショナルです お 話 の 内 容 はじめに 第 一 章 第 二 章 第 三 章 共 通 番 号 制 度 の 概 要 1. 共 通 番 号 制 度 とは 2. 番 号 制 度 の 必 要 性 とメリット

More information

Microsoft Word - 成田市保全情報システム仕様書(案)

Microsoft Word - 成田市保全情報システム仕様書(案) 成 田 市 公 共 施 設 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 仕 様 書 ( 案 ) 成 田 市 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 の 主 な 業 務 内 容 及 びその 範 囲 は 本 仕 様 書 に 定 めるも のとする 1 件 名 成 田 市 公 共 施 設 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 2 委 託 期 間 委 託 業 務 契 約 を 締 結

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 11 評 価 書 名 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 福 山 市 は, 地 方 税 の 賦 課 徴 収 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイ ルの 取 扱 いにあたり,

More information

(3)Web2.0 の 特 徴 Web2.0 を 最 初 に 提 唱 したティム オライリーの 論 文 What is Web2.0 によれば Web2.0 を 特 徴 付 けているのは 以 下 のような 事 項 である a.ユーザ 自 身 の 情 報 発 信 の 進 展 b. 性 善 説 c.ユー

(3)Web2.0 の 特 徴 Web2.0 を 最 初 に 提 唱 したティム オライリーの 論 文 What is Web2.0 によれば Web2.0 を 特 徴 付 けているのは 以 下 のような 事 項 である a.ユーザ 自 身 の 情 報 発 信 の 進 展 b. 性 善 説 c.ユー はじめに 本 稿 は Web2.0 と 呼 ばれる Web 技 術 の 新 しい 概 念 が 企 業 にどのような 影 響 を 与 えているかを 概 観 し 企 業 のインターネット 活 用 の 未 来 について 考 える 電 子 メールや 社 内 コミュニティの 利 用 現 状 から 概 観 するに 企 業 は インターネットが 起 こし た 変 革 の 波 に もっと 乗 って 行 くべきであり

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 12 評 価 書 名 岐 阜 市 国 民 年 金 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 岐 阜 市 は 国 民 年 金 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあた り 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4896B19358899E898791E0838A815B83742E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4896B19358899E898791E0838A815B83742E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 築 建 設 業 の 利 益 確 保 をソフトウェアで 応 援 する 工 務 店 応 援 隊 は 見 積 作 成 をはじめ 発 注 支 払 い データ 共 有 施 主 コミュニケーション な ど 建 築 建 設 業 の 利 益 確 保 を 応 援 する 一 連 のソフト ウェアツール 群 です 2013/1/28 版 建 設 業 向 け 見 積 ソフト みつもり 主 任 みつもり 主 任 は 利

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

本 日 の 講 演 内 容 ウェブ 改 ざんの 事 例 改 ざんの 原 因 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 防 ぐための 管 理 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 気 づくための 管 理 改 ざん 被 害 発 生 時 の 対 処 1

本 日 の 講 演 内 容 ウェブ 改 ざんの 事 例 改 ざんの 原 因 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 防 ぐための 管 理 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 気 づくための 管 理 改 ざん 被 害 発 生 時 の 対 処 1 ISOG-J 主 催 セミナー 事 例 から 学 ぶ!ウェブ 改 ざんの 実 態 と 対 策 ウェブ 改 ざんによる 被 害 とその 対 策 2013 年 12 月 12 日 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 技 術 本 部 セキュリティセンター 岡 野 裕 樹 本 日 の 講 演 内 容 ウェブ 改 ざんの 事 例 改 ざんの 原 因 (サーバ 側 ftpクライアント 側 )

More information

ダウンロード用資料

ダウンロード用資料 2011 年 版 Web アプリケーション 脆 弱 性 傾 向 6 月 2011 年 8 月 京 セラコミュニケーションシステム 株 式 会 社 ネットワークサービス 事 業 本 部 セキュリティ 事 業 部 1. はじめに... 1 2. 2010 年 のセキュリティトピックス... 2 3. Web 診 断 結 果 の 分 析... 4 3.1. Web 診 断 結 果 サマリ... 5 3.2.

More information

特定個人情報保護評価書(全項目評価書)

特定個人情報保護評価書(全項目評価書) 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 資 料 1 評 価 書 番 号 4 評 価 書 名 特 別 給 付 金 特 別 弔 慰 金 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 厚 生 労 働 大 臣 及 び47 都 道 府 県 知 事 は 戦 没 者 等 の 妻 に 対 する 特 別 給 付

More information

サイバーリスクに 関 する 豊 富 な 経 験 があります 自 己 紹 介 監 査 法 人 系 リスクコンサルティング 会 社 シニアマネジャー 東 京 電 機 大 学 国 際 化 サイバーセキュリティ 学 特 別 コース 外 部 講 師 大 手 情 報 セキュリティ 会 社 を 経 て 監 査 法

サイバーリスクに 関 する 豊 富 な 経 験 があります 自 己 紹 介 監 査 法 人 系 リスクコンサルティング 会 社 シニアマネジャー 東 京 電 機 大 学 国 際 化 サイバーセキュリティ 学 特 別 コース 外 部 講 師 大 手 情 報 セキュリティ 会 社 を 経 て 監 査 法 事 例 から 考 える IT 内 部 不 正 の 現 状 と 対 応 白 濱 直 哉 2015 年 5 月 22 日 サイバーリスクに 関 する 豊 富 な 経 験 があります 自 己 紹 介 監 査 法 人 系 リスクコンサルティング 会 社 シニアマネジャー 東 京 電 機 大 学 国 際 化 サイバーセキュリティ 学 特 別 コース 外 部 講 師 大 手 情 報 セキュリティ 会 社 を 経

More information

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書 ( 別 紙 1) 京 都 市 クレジットカード 納 税 業 務 委 託 仕 様 書 1 本 仕 様 書 について 本 仕 様 書 は, 京 都 市 ( 以 下 市 という )の 個 人 市 府 民 税 ( 普 通 徴 収 ), 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 含 む) 都 市 計 画 税, 軽 自 動 車 税 のクレジットカード 納 税 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )について,その

More information

第26回国民文化祭京都府実行委員会

第26回国民文化祭京都府実行委員会 別 添 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020 ウェブサイト 作 成 指 針 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 開 催 を 契 機 として 世 界 に 向 けて 日 本 及 び 京 都 の 文 化 芸 術 等 を 発 信 し 体 感 してもらう 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020( 以 下 京 都 文 化 力 プロジェクト という )を 国 内 外

More information

第 6 条 ( 利 用 停 止 ) 1. 当 組 合 は 会 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 何 ら 責 任 を 負 うことなく 当 該 会 員 による 本 サービスの 利 用 を 停 止 することがあります 1 会 員 契 約 の 申 込 時 もしくは 変 更 の

第 6 条 ( 利 用 停 止 ) 1. 当 組 合 は 会 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 何 ら 責 任 を 負 うことなく 当 該 会 員 による 本 サービスの 利 用 を 停 止 することがあります 1 会 員 契 約 の 申 込 時 もしくは 変 更 の サンロード 青 森 Web 会 員 規 約 第 1 条 ( 本 規 約 の 目 的 ) 1.この 規 約 は 協 同 組 合 サンロード 青 森 ( 以 下 当 組 合 と 称 します)の 運 営 する website( 以 下 ウェブサイト と 称 します)を 利 用 する Web 会 員 ( 以 下 会 員 と 称 します)へ 提 供 す るサービス( 以 下 本 サービス と 称 します)の

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 別 添 平 成 26 年 通 信 利 用 動 向 調 査 ポイント タイトルに( 世 帯 )と 付 した 項 目 は 世 帯 調 査 ( 企 業 )と 付 した 項 目 は 企 業 調 査 その 他 は 世 帯 構 成 員 ( 個 人 ) 調 査 結 果 に 基 づく インターネットの 利 用 動 向 ( 年 齢 階 層 別 インターネット 利 用 状 況 ) 3 歳 ~59 歳 のインターネット

More information

次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 します 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 ( 以 下 IPA という )では IPA 事 業 成 果 の 普 及 および 認 知 度 向 上 を 図 るため 積 極 的 な 広 報 活 動 を 展 開 しており

次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 します 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 ( 以 下 IPA という )では IPA 事 業 成 果 の 普 及 および 認 知 度 向 上 を 図 るため 積 極 的 な 広 報 活 動 を 展 開 しており 新 聞 記 事 クリッピング 及 び 自 動 配 信 サービスの 調 達 に 係 る 事 前 確 認 公 募 2016 年 2 月 25 日 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 します 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 ( 以 下 IPA という )では IPA 事 業 成 果 の 普 及 および 認 知 度 向 上 を 図 るため 積 極 的 な

More information

貴 社 の 経 営 に 重 大 賠 償 事 故 に 対 する JISA 情 報 情 報 サービス 業 者 を

貴 社 の 経 営 に 重 大 賠 償 事 故 に 対 する JISA 情 報 情 報 サービス 業 者 を 会 員 企 業 の 皆 様 へ 2015 年 度 JISA 情 報 サービス 業 者 賠 償 責 任 保 険 (IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 ) JISA 情 報 サービス 業 者 賠 償 責 任 保 険 (IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 )は 情 報 サービス 業 者 電 気 通 信 事 業 者 が IT 業 務 の 遂 行 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について

More information

IaaS・PaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度

IaaS・PaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度 IaaS PaaSの 安 全 信 頼 性 に 係 る 情 報 開 示 認 定 制 度 認 定 サービスの (1/5) 認 定 番 号 :IP00091503, サービス 名 称 : ZETA Cloud Private, 事 業 者 名 称 :エヌシーアイ 株 式 会 社 / 1 開 示 情 報 の 時 点 開 示 情 報 の 日 付 開 示 情 報 の 年 月 日 ( 西 暦 ) 2015/3/4

More information

日時

日時 チ. 情 報 サービス 業 (E コマース) チ 社 業 務 概 要 e コマースサイトの 運 営 (サイト 構 築 通 信 販 売 実 施 等 ) 従 業 員 数 約 60 人 プライバシーマーク 取 得 なし 保 有 個 人 データ 件 数 約 437,000 件 1. 個 人 情 報 保 護 に 関 する 概 要 (1) 保 有 個 人 情 報 件 数 種 類 利 用 目 的 3 つの e コマースサイトを

More information

水道の安全保障に関する検討会

水道の安全保障に関する検討会 3. 可 能 性 調 査 および 業 務 受 託 者 の 募 集 選 定 の 手 順 3.1 公 民 連 携 導 入 の 事 務 プロセスと 作 業 項 目 公 民 連 携 (= 業 務 委 託 以 下 公 民 連 携 という) 可 能 性 調 査 および 業 務 受 託 者 募 集 選 定 の 各 段 階 で 必 要 となる 事 務 プロセスと 作 業 項 目 を 図 3-1に 示 す 2) 水

More information

共用サーバーサービス利用約款

共用サーバーサービス利用約款 共 用 サーバーサービス 利 用 約 款 目 次 GMOクラウド 株 式 会 社 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 利 用 約 款 の 目 的 ) 第 2 条 ( 本 利 用 約 款 の 適 用 範 囲 ) 第 2 章 利 用 契 約 の 成 立 第 3 条 ( 申 込 の 方 法 ) 第 4 条 ( 契 約 の 成 立 ) 第 3 章 本 サービスの 内 容 第 5 条 ( 本 サービスの

More information

さくらのクラウド・ストレージに関する報告書

さくらのクラウド・ストレージに関する報告書 さくらのクラウド ストレージに 関 する 報 告 書 Page 1 of 8 さくらのクラウド ストレージに 関 する 報 告 書 2012 年 6 月 25 日 さくらインターネット 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 田 中 邦 裕 平 素 よりさくらインターネットに 格 別 のご 愛 顧 を 賜 り 誠 にありがとうございます 2011 年 12 月 中 旬 から 断 続 的 に 発

More information

■ 平 成 28 年 度 浦 添 市 デスクトップサービス 業 務 委 託 に 係 る 仕 様 書 ( 案 ) Ver.1.0 平 成 28 年 月 日 浦 添 市 企 画 部 情 報 政 策 課 目 次 1. はじめに 1.1 名 称 1.2 本 仕 様 書 の 位 置 付 け 1.3 重 要 な 用 語 の 定 義 2.デスクトップサービス 業 務 委 託 の 目 的 2.1 デスクトップサービスの

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 1 住 民 基 本 台 帳 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 大 崎 市 は, 住 民 基 本 台 帳 事 務 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイ ルの 取 扱 いにあたり, 特 定

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 4 個 人 住 民 税 の 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 草 津 市 は 個 人 住 民 税 の 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイル の 取 扱 いにあたり

More information

大津市 情報システム調達ガイドライン(案)

大津市 情報システム調達ガイドライン(案) Ⅲ. 将 来 に 向 けた 調 査 研 究 項 目 38 (1) 個 人 番 号 (マイナンバー)カードの 活 用 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 実 現 のため 平 成 25 年 5 月 に 番 号 制 度 の 関 連 法 が 国 会 で 成 立 しました 平 成 27 年 10 月 には12 桁 の 個 人 番 号 が 記 載 された 個 人 番 号 カード を 交 付 平 成 28 年

More information

目 次 1. 背 景 目 的 1 2. 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 1 (1) 番 号 制 度 の 導 入 趣 旨 1 (2) 個 人 番 号 の 利 用 範 囲 2 (3) 番 号 制 度 の 導 入 スケジュール 3 3. 行 動 計 画 の 策 定 にあたっての 視 点 4

目 次 1. 背 景 目 的 1 2. 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 1 (1) 番 号 制 度 の 導 入 趣 旨 1 (2) 個 人 番 号 の 利 用 範 囲 2 (3) 番 号 制 度 の 導 入 スケジュール 3 3. 行 動 計 画 の 策 定 にあたっての 視 点 4 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 円 滑 な 導 入 及 び 活 用 に 向 けた 行 動 計 画 八 王 子 市 平 成 26 年 4 月 目 次 1. 背 景 目 的 1 2. 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 1 (1) 番 号 制 度 の 導 入 趣 旨 1 (2) 個 人 番 号 の 利 用 範 囲 2 (3) 番 号 制 度 の 導 入 スケジュール 3 3. 行 動

More information

はじめに... 3 OTP 市 場 の 状 況... 3 市 場 の 促 進 要 因... 5 競 合 分 析... 6 EMC のセキュリティ 部 門 である RSA... 7 RSA の 主 要 な 業 績 促 進 要 因... 8 ブランド 認 知... 8 革 新 的 な 開 発 の 継 続

はじめに... 3 OTP 市 場 の 状 況... 3 市 場 の 促 進 要 因... 5 競 合 分 析... 6 EMC のセキュリティ 部 門 である RSA... 7 RSA の 主 要 な 業 績 促 進 要 因... 8 ブランド 認 知... 8 革 新 的 な 開 発 の 継 続 OTP(ワン タイム パスワード) 市 場 の 概 要 と 競 合 分 析 はじめに... 3 OTP 市 場 の 状 況... 3 市 場 の 促 進 要 因... 5 競 合 分 析... 6 EMC のセキュリティ 部 門 である RSA... 7 RSA の 主 要 な 業 績 促 進 要 因... 8 ブランド 認 知... 8 革 新 的 な 開 発 の 継 続... 8 サード パーティ

More information

持 する 者 ( 入 会 の 申 込 ) 第 5 条 本 サービスへの 入 会 登 録 を 希 望 する 者 は サービス 提 供 者 が 定 める 手 続 に 従 って オッズパークID パスワード ニックネーム 電 子 メールアドレス 等 その 他 ポータル 会 員 登 録 のために 必 要 な

持 する 者 ( 入 会 の 申 込 ) 第 5 条 本 サービスへの 入 会 登 録 を 希 望 する 者 は サービス 提 供 者 が 定 める 手 続 に 従 って オッズパークID パスワード ニックネーム 電 子 メールアドレス 等 その 他 ポータル 会 員 登 録 のために 必 要 な オッズパークポータル 会 員 利 用 規 約 ( 利 用 規 約 の 適 用 ) 第 1 条 オッズパークポータル 会 員 利 用 規 約 ( 以 下 本 利 用 規 約 といいます )は オ ッズ パーク 株 式 会 社 ( 以 下 サービス 提 供 者 といいます )が 提 供 するインターネッ ト 情 報 提 供 サービス オッズパークホームページ ( 以 下 本 サービス といいます )の

More information

目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的 背 景 目 的 実 証 事 業 の 内 容 実 施 業 務 検 証 対 象 及 び 項 目 実 施 主 体 実

目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的 背 景 目 的 実 証 事 業 の 内 容 実 施 業 務 検 証 対 象 及 び 項 目 実 施 主 体 実 平 成 27 年 度 新 たなワークスタイルの 実 現 に 資 するテレワークモデルの 実 証 事 業 応 募 要 領 平 成 27 年 9 月 株 式 会 社 エヌ ティ ティ データ 経 営 研 究 所 目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的... 1 1.1. 背 景... 1 1.2. 目 的... 1 2. 実 証 事 業 の 内 容... 2 2.1. 実 施 業 務...

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

ホームページ作成サービス利用契約約款

ホームページ作成サービス利用契約約款 ホームページ 作 成 サービス 利 用 契 約 約 款 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. ファーストサーバ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は このホームページ 作 成 サービス 利 用 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )に 定 めるところにより 本 サービス( 第 3 条 第 1 号 に 定 義 )を 提 供 しま す 本 約 款 は 当 社 とお

More information

埼玉県町村会による自治体クラウドの取組みと今後の番号制度対応の予定

埼玉県町村会による自治体クラウドの取組みと今後の番号制度対応の予定 地 方 公 共 団 体 情 報 システム 機 構 自 治 体 クラウド 推 進 セミナー 埼 玉 県 町 村 会 における 自 治 体 クラウド 導 入 の 取 り 組 みについて 平 成 27 年 2 月 10 日 埼 玉 県 町 村 会 情 報 システム 共 同 化 推 進 室 埼 玉 県 のマスコット コハ トン 全 体 像 1 1 埼 玉 県 町 村 会 自 治 体 クラウドプロフィール 利

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 関 係 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 個 人 住 民 税 関 係 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

ハイブリッドクラウド時代におけるITの進化のポイントとは

ハイブリッドクラウド時代におけるITの進化のポイントとは ハイブリッドクラウド 時 代 におけるITの 進 化 のポイントとは ~ 手 動 から 自 動 化 へ そして 新 たな 価 値 を 生 み 出 すITへ~ 株 式 会 社 日 立 製 作 所 ITプラットフォーム 事 業 本 部 JP1エバンジェリスト 加 藤 恵 理 Contents 1. 現 場 から 紐 解 く 運 用 管 理 の 課 題 2. 無 理 をしない 運 用 自 動 化 のすすめ

More information

< 別 添 資 料 Ⅱ>ネットワークセキュリティ 実 践 カリキュラム セキュアなネットワークを 構 築 するため のファイアウォール VPN および 無 線 LANセキュリティについて 習 得 します ネットワークセキュリティの 概 要 と 最 新 動 向 を 解 説 し その 対 処 方 法 に

< 別 添 資 料 Ⅱ>ネットワークセキュリティ 実 践 カリキュラム セキュアなネットワークを 構 築 するため のファイアウォール VPN および 無 線 LANセキュリティについて 習 得 します ネットワークセキュリティの 概 要 と 最 新 動 向 を 解 説 し その 対 処 方 法 に < 別 添 資 料 Ⅱ>ネットワークセキュリティ 基 礎 カリキュラム 情 報 セキュリティ 全 般 の 動 向 および 必 要 な 対 策 の 基 礎 知 識 について 習 得 し ます NISMコース 体 系 全 体 の 概 要 を 学 びます また 最 新 のセキュリティ 技 術 の 概 要 を 解 説 し 専 門 コースへの 足 がかりになる ようにします 1. ネットワークセキュリティとは

More information

Microsoft PowerPoint - [JA]STEP2_メール訓練_事前教育資料_150731a-gsx.pptx

Microsoft PowerPoint - [JA]STEP2_メール訓練_事前教育資料_150731a-gsx.pptx 不 審 なメールの 取 扱 法 について アジェンダ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 標 的 型 メールとは? 標 的 型 攻 撃 (サイバー 攻 撃 )の 発 端 不 審 なメールの 添 付 ファイルやURLをクリックすると? ウイルス 対 策 ソフトを 導 しているから 丈 夫!? 誰 が 狙 われてメールを 送 りつけられるの? 実 際 にどんなメールが 送 られてくるの? 不 審 なメールの

More information

BizHo利用規約

BizHo利用規約 スマートユニオン 利 用 規 約 SGS 株 式 会 社 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 規 約 の 適 用 ) 1.SGS 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいま)は 本 スマートユニオン 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 と いいま)に 従 い 本 サービス( 後 記 第 2 条 第 4 号 に 定 義 しま)を 提 供 しま 2. 当 社 は 本 規 約 に 関 する 個 別

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 時 系 列 ( 事 業 契 約 締 結 から 事 業 終 了 までの 保 険 の 機 能 ) 融 資 契 約 融 資 契 約 締 結 建 中 融 資 実 行 の 場 合 有 完 成 後 融 資 実 行 ( 工 事 金 額 分 ) 元 利 返 済 (SPC- 銀 行 ) 事 業 契 約 締 結 施 設 完 工 ( 引 渡 ) 施 設 整 備 費 維 持 管 理 運 営 費 支 払 ( 公 共 SPC)

More information

(エ) 民 間 のコンテンツに 関 しては お 店 の 売 り 込 みや 広 告 といった 営 業 勧 誘 によ る 掲 載 は 行 わないこと (オ) 既 存 のコンテンツ 同 様 に 新 規 コンテンツについてもスマートフォン タブレ ット 対 応 とすること なお 現 行 のページでは ひとつ

(エ) 民 間 のコンテンツに 関 しては お 店 の 売 り 込 みや 広 告 といった 営 業 勧 誘 によ る 掲 載 は 行 わないこと (オ) 既 存 のコンテンツ 同 様 に 新 規 コンテンツについてもスマートフォン タブレ ット 対 応 とすること なお 現 行 のページでは ひとつ サッポロスマイルウェブサイト 等 運 営 等 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 サッポロスマイルウェブサイト 等 運 営 等 業 務 2 業 務 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 業 務 目 的 人 口 減 少 社 会 の 突 入 等 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 が 生 まれている 中 行 政 においては 観 光 産 業 文 化

More information

ITパスポート用語集(補足資料)

ITパスポート用語集(補足資料) リスクへの 対 応 対 処 の 方 法 (1) リスクの 低 減 リスクの 低 減 とは 脆 弱 性 に 対 して 情 報 セキュリティ 対 策 を 講 じることにより 脅 威 発 生 の 可 能 性 を 下 げること (2) リスクの 保 有 リスク 保 有 とは そのリスクのもつ 影 響 力 が 小 さいため 特 にリスクを 低 減 するためのセキュリティ 対 策 を 行 わず 許 容 範 囲

More information