目 次 エグゼクティブサマリー... 3 情 報 開 示... 5 TEI の 枠 組 みと 方 法... 6 分 析 結 果... 7 費 用 便 益 分 析 結 果 の 要 約 Google Apps For Work の 概 要 付 録 A:モデル 組 織 について..

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 エグゼクティブサマリー... 3 情 報 開 示... 5 TEI の 枠 組 みと 方 法... 6 分 析 結 果... 7 費 用 便 益 分 析 結 果 の 要 約... 20 Google Apps For Work の 概 要... 21 付 録 A:モデル 組 織 について.."

Transcription

1 Forrester Total Economic Impact 調 査 委 託 元 : Google プロジェクトディレクター: Sean McCormick Reggie Lau 2015 年 6 月 Google Apps For Work 導 入 による Total Economic Impact ( 総 合 的 経 済 効 果 )

2 目 次 エグゼクティブサマリー... 3 情 報 開 示... 5 TEI の 枠 組 みと 方 法... 6 分 析 結 果... 7 費 用 便 益 分 析 結 果 の 要 約 Google Apps For Work の 概 要 付 録 A:モデル 組 織 について 付 録 B:Total Economic Impact の 概 要 付 録 C: 用 語 解 説 FORRESTER CONSULTING について Forrester Consulting は 組 織 からの 委 託 により 第 三 者 機 関 として 客 観 的 な 調 査 を 行 い これに 基 づくコンサルティングを 提 供 することで 事 業 の 成 功 を 支 援 してい ます 短 い 戦 略 セッションからお 客 様 のご 要 望 に 応 じた 個 別 プロジェクトまで 専 門 知 識 と 経 験 が 豊 富 な Forrester Consulting のリサーチアナリストが 直 接 お 客 様 に 対 応 し お 客 様 の 事 業 に 関 わる 課 題 について 専 門 的 な 知 見 を 提 供 いたします 詳 細 については forrester.com/consulting をご 覧 ください 2015, Forrester Research, Inc. All rights reserved. 無 断 複 製 厳 禁 本 報 告 書 は 調 査 時 に 入 手 可 能 な 最 も 信 頼 できる 情 報 に 基 づいて 作 成 されました 本 報 告 書 の 提 案 内 容 は 調 査 時 の 判 断 に 基 づくものであり 変 更 されることがあります Forrester Technographics Forrester Wave RoleView TechRadar および Total Economic Impact は Forrester Research, Inc. の 商 標 です その 他 の 商 標 はすべて それぞれの 所 有 者 に 帰 属 します 詳 細 については をご 覧 ください

3 3 エグゼクティブサマリー Forrester Consulting は Google の 委 託 を 受 け Google Apps for Work の 導 入 により 組 織 にもたらされる 投 資 対 効 果 ( 投 資 利 益 率 ROI) に 関 する Total Economic Impact ( 総 合 的 経 済 効 果 TEI) の 調 査 を 実 施 しました 本 調 査 の 目 的 は Google Apps for Work の 導 入 によって 組 織 にもたらされる 経 済 効 果 を 評 価 す るための 枠 組 みを 提 供 することです Google Apps for Work の 導 入 による 便 益 費 用 リスク 等 につ いて 十 分 に 把 握 するために Forrester は 既 に Google Apps for Work を 導 入 し 数 年 にわたって 利 用 しているユーザー 企 業 数 社 に 対 して 面 接 調 査 を 実 施 しました Google Apps for Work は Gmail Google ドライブ (ファイルの 保 管 と 共 有 ) ハングアウ ト (ビデオ 会 議 とチャット) ドキュメント スプレッドシート プレゼンテーション (スライド 作 成 ) フォーム カレンダー Google Apps for Work によりコラボレーションと コミュニケーションを 促 進 し モバイル 端 末 の 業 務 利 用 を 推 進 することでコスト 削 減 につなげる ユーザー 企 業 に 対 する 面 接 調 査 の 結 果 に 基 づいて 作 成 したモデル 企 業 ( 従 業 員 12,000 人 ) における 費 用 と 便 益 ソフトウェア 利 用 料 金 :1 ユーザーあたり 月 額 10 ドル 初 期 費 用 と 保 守 費 用 :$1,163,395 コスト 削 減 額 と 便 益 額 の 総 額 :$17,083,603 サイト そして 情 報 セキュリティ 対 策 や 管 理 コンソール (アドミン) を 含 むアプリケーションスイートです 既 に 世 界 中 の 多 くの 組 織 が Google Apps for Work を 利 用 し コラボレーションを 促 進 し 顧 客 エンゲージメントと 生 産 性 を 高 めるため に 業 務 改 革 の 推 進 顧 客 経 験 価 値 の 向 上 および 業 務 プロセスの 合 理 化 に 取 り 組 んでいます また 従 業 員 がどこでも どんな 端 末 からでも 情 報 や 業 務 環 境 にアクセスできるため 従 業 員 エンゲージメントの 向 上 にもつながります ユーザー 企 業 では Google Apps for Work 導 入 前 にオンプレミスの 電 子 メール ストレージ コミュニケーションツール を 使 っていましたが 全 社 的 なコミュニケーションとコラボレーションの 環 境 を 作 り 出 すことができませんでした 従 業 員 にとっても 離 れた 場 所 からドキュメントにアクセスできない 効 果 的 なコラボレーションを 実 現 できない 等 の 問 題 があ りました このような 限 界 があると 従 来 の IT システムでは 費 用 がかさむ 上 に 従 業 員 のニーズに 対 応 できず 従 業 員 は 不 満 を 募 らせ 生 産 性 も 低 下 します 面 接 調 査 を 実 施 した 某 組 織 では 国 内 のすべての 従 業 員 に HDD を 送 り 情 報 を 連 携 させなければなりませんでした Google Apps for Work を 利 用 することで 従 業 員 は 複 数 のステークホルダーからの 情 報 提 供 が 必 要 なプロセスを 合 理 化 し Google ドキュメントを 使 ったリアルタイムのコラボレーションが 可 能 になり どこか らでも どんな 端 末 でも 仕 事 ができるようになります 某 企 業 の IT 部 門 の 上 級 管 理 者 は コストを 削 減 でき 生 産 性 が 飛 躍 的 に 向 上 したばかりでなく 企 業 文 化 がすっかり 変 わりました 実 際 今 までに 考 えたこともないような 場 所 他 人 の 2 倍 の 速 さで 行 かなければならない 場 所 へ 行 くことができるようになりました すべての 人 との あらゆる 場 所 からの コラボレーションを 実 現 する 必 要 があります こういうことすべてについて 考 え 方 が 変 わったのです GOOGLE APPS FOR WORK でコラボレーションとコミュニケーションを 促 進 する 既 存 のユーザー 企 業 6 社 に 対 して 実 施 した 面 接 調 査 およびその 後 の 費 用 便 益 分 析 の 結 果 モデル 組 織 ( 従 業 員 12,000 人 Google Apps for Work ユーザー 10,000 人 ) を 作 成 し この 組 織 における ROI と 便 益 (いずれもリスク 調 整 後 の 値 ) を 算 定 しました ( 図 1 参 照 ) モデル 組 織 では 導 入 にかかる 費 用 約 420 万 ドルに 対 して 便 益 は 約 1,710 万 ドル 便 益 の 正 味 現 在 価 値 (NPV) は 約 1,290 万 ドルとなります また この 3 年 間 の 便 益 をユーザー 100 人 あたりに 換 算 すると 170,836 ドルになります Google Apps for Work を 導 入 した 組 織 では 特 にハングアウトによりコミュニケーションのあり 方 や 会 議 の 進 め 方 が 大 き く 変 わりました 役 職 者 はもはや 従 業 員 の 研 修 職 務 評 価 指 導 等 のために 現 場 に 足 を 運 ぶ 必 要 はありません モデル 組 織 では 役 職 者 の 年 間 の 出 張 回 数 が 12 回 減 り 年 に 約 240 ドルの 経 費 削 減 につながります

4 4 図 1 費 用 便 益 分 析 の 結 果 (3 年 間 リスク 調 整 後 ) ROI: 304% NPV (ユーザー 100 人 あたり): $128,513 総 便 益 : $17,083,603 コラボレーショ ンの 効 率 化 : 約 $8,000,000 便 益 :モデル 組 織 では 以 下 のような 便 益 ( 面 接 調 査 を 実 施 したユーザー 企 業 に 実 際 にもたらされた 便 益 に 基 づいて 算 定 リスク 調 整 後 ) が 期 待 できることが 明 らかになりました コラボレーションの 効 率 化 により 8,013,311 ドルのコスト 削 減 :Google ドキュメント スプレッドシート プレ ゼンテーション (スライド 作 成 ) によりリアルタイムのコラボレーションを 実 現 し Google サイトにより 社 内 プロ ジェクトチーム 専 用 のサイト (コラボレーションの 場 ) を 作 成 し Google ドライブにより 外 出 先 からでも 簡 単 に ファイルにアクセスし 共 有 できます この 結 果 組 織 全 体 にわたる 業 務 プロセスの 合 理 化 とコラボレーション の 効 率 化 により 従 業 員 1 人 あたり 15 分 から 2 時 間 の 時 間 短 縮 につながります モバイル 端 末 の 業 務 利 用 を 推 進 することで 出 張 旅 費 を 5,371,600 ドル 削 減 : 従 業 員 がモバイル 端 末 を 使 うことで どこにいてもその 場 で 仕 事 ができます 出 勤 途 中 でも 取 引 先 からでも 迅 速 に 対 応 でき 時 間 を 有 効 に 使 うことが できます iphone ipad Android 等 の 私 物 モバイル 端 末 を 業 務 に 使 うことで 従 業 員 エンゲージメントを 高 め 業 務 全 体 の 迅 速 化 を 図 ることができます また 従 業 員 が 自 宅 本 社 や 支 社 等 の 離 れた 場 所 または 外 出 先 にいても 顔 を 合 わせた 会 議 ができるため 研 修 や 年 次 の 人 事 考 課 等 のために 現 場 に 足 を 運 ぶ 必 要 がありません 要 は モバ イル 端 末 の 業 務 利 用 を 推 進 することで 従 業 員 が 物 理 的 な 場 所 に 縛 られることなく 一 緒 に 仕 事 をし 意 見 を 交 換 し イノベーションを 図 り 意 思 決 定 について 評 価 し 企 業 業 績 の 向 上 に 貢 献 できる 環 境 が 生 まれるのです クラウド 型 ソリューションによりレガシーシステムにかかる 費 用 を 502,979 ドル 削 減 :Google のクラウド 型 スト レージと 電 子 メールソリューションにより オンプレミスのレガシーシステム (サーバーやストレージ) にかかる 費 用 特 にサーバーの 保 守 運 用 にかかる 費 用 を 削 減 し IT 部 門 がより 重 要 な 活 動 に 注 力 できるようになります 従 来 型 の 電 話 ビデオ 会 議 サービスの 代 わりに 新 しいビデオ 会 議 機 能 を 利 用 することで 通 信 費 を 3,195,713 ド ル 削 減 :Google のハングアウトはビデオ 会 議 電 話 等 のコミュニケーションの 基 盤 となるため 従 来 の 電 話 サー ビスやビデオ 会 議 サービスにかかる 費 用 を 削 減 できます 費 用 :モデル 組 織 が 負 担 する 費 用 (リスク 調 整 後 ) は 次 のとおりです 3 年 間 のソフトウェア 利 用 料 金 3,068,881 ドル (1 ユーザーあたり 月 額 10 ドル):Google Apps for Work のソフト ウェア 利 用 料 金 は 月 ごとに 発 生 します 専 門 サービス 料 金 231,000 ドル (1 ユーザーあたり 6 か 月 間 に 23 ドル):Google Apps for Work を 中 規 模 大 規 模 組 織 で 導 入 展 開 する 場 合 は サードパーティ 統 合 サービスを 利 用 することが 推 奨 されます サードパーティ チェンジ マネジメント サービス 料 金 231,818 ドル (1 ユーザーあたり 23 ドル): 利 用 率 を 高 め 最 大 規 模 のコラボレーションを 実 現 し 可 能 な 限 りの 改 善 を 図 るためには チェンジ マネジメントが 極 めて 重 要 にな ります モデル 組 織 では 導 入 時 に 5 か 月 にわたる 移 行 作 業 中 に Google のサポートと 併 せてサードパーティ チェ ンジ マネジメント サービスを 利 用 します 組 織 内 研 修 にかかる 費 用 700,576 ドル (1 ユーザーあたり 3 年 間 で 70 ドル): 多 くの 従 業 員 が 個 人 的 に Google Apps を 利 用 しているため 組 織 規 模 で 導 入 する 場 合 も 比 較 的 簡 単 で 直 感 的 に 使 いこなすことができます ただ し 最 大 規 模 のコラボレーションを 実 現 し 生 産 性 を 最 大 限 に 高 めるためには 組 織 内 研 修 を 行 うことが 推 奨 さ れます この 費 用 は 従 業 員 が 研 修 や e-ラーニングセッションに 費 やした 時 間 に 基 づいて 算 定 されます

5 5 情 報 開 示 本 報 告 書 を 読 むときには 次 の 事 項 に 注 意 してください 本 調 査 は Google からの 委 託 により Forrester Consulting が 実 施 しました 本 調 査 は 比 較 分 析 を 目 的 としたものではあ りません Forrester が 本 報 告 書 で 提 供 する ROI の 予 測 値 は 他 の 組 織 には 一 切 適 用 されません 各 組 織 は 本 報 告 書 で 提 供 される 枠 組 みに 基 づいて 独 自 に 数 値 を 予 測 し Google Apps for Work への 投 資 の 妥 当 性 を 判 断 してください Google は 本 報 告 書 の 内 容 を 確 認 し Forrester にフィードバックを 提 供 しましたが 本 調 査 および 調 査 結 果 については Forrester がこれを 編 集 管 理 する 権 限 を 有 し 調 査 結 果 と 矛 盾 する 変 更 や 調 査 の 趣 旨 が 曖 昧 になるような 変 更 は 一 切 行 っておりません 面 接 調 査 は Google が 紹 介 するユーザー 企 業 に 対 して 行 いましたが Google は 面 接 調 査 に 一 切 関 与 していません

6 6 TEI の 枠 組 みと 方 法 概 要 Forrester は 面 接 調 査 により 得 られた 情 報 に 基 づき Google Apps for Work の 導 入 による Total Economic Impact ( 総 合 的 経 済 効 果 TEI) を 評 価 するための 枠 組 みを 構 築 しました 枠 組 みの 構 築 は 投 資 に 関 する 意 思 決 定 に 影 響 を 与 える 費 用 便 益 柔 軟 性 およびリスクを 明 らかにすることで 各 組 織 が 特 定 の 便 益 を 確 保 し 費 用 を 削 減 し 顧 客 獲 得 維 持 顧 客 サービスの 向 上 を 含 む 企 業 の 目 標 を 達 成 するための 一 助 となることを 目 的 としています 調 査 方 法 Forrester は Google Apps for Work の 導 入 による 経 済 効 果 を 評 価 するために 次 のような 段 階 を 踏 んで 調 査 を 行 いました ( 図 2 参 照 ) Google Apps for Work と Google Apps for Work 市 場 全 体 に 関 する 情 報 を 収 集 するため Forrester のアナリストの 協 力 を 得 て Google の 営 業 担 当 者 と 製 品 開 発 担 当 者 に 対 して 面 接 調 査 を 実 施 しました Google Apps for Work を 導 入 した 企 業 6 社 に 対 する 面 接 調 査 では 費 用 便 益 およびリスクに 関 するデータを 収 集 し ました 面 接 調 査 対 象 のユーザー 企 業 の 特 性 に 基 づいてモデル 組 織 を 作 成 しました ( 付 録 A 参 照 ) 面 接 調 査 により 収 集 したデータに 基 づき TEI 法 による 財 務 モデルを 構 築 しました この 財 務 モデルに 面 接 調 査 によ り 得 られた 費 用 と 便 益 に 関 するデータを 追 加 し モデル 組 織 に 適 用 しました 財 務 モデルでは 面 接 調 査 でユーザー 企 業 が 指 摘 した 問 題 点 や 懸 念 事 項 に 基 づいてリスク 調 整 を 行 いました TEI 法 で はリスク 調 整 が 非 常 に 重 要 になります ユーザー 企 業 には 費 用 や 便 益 の 見 積 もりを 出 してもらいましたが 項 目 によっ ては 回 答 にばらつきがあり 結 果 に 影 響 する 外 的 要 因 も 多 いため 費 用 と 便 益 の 総 額 についてリスク 調 整 を 行 う 必 要 が あります リスク 調 整 の 詳 細 については 各 項 で 説 明 しています TEI 法 による Google Apps for Work サービスの 財 務 モデルは 便 益 費 用 柔 軟 性 リスク の 4 項 目 に 基 づいて 作 成 されました IT 投 資 の 費 用 便 益 分 析 /ROI 分 析 については 企 業 内 でも 高 度 なテクニックを 駆 使 するようになってきましたが Forrester の TEI 法 は 導 入 の 意 思 決 定 がどのような 経 済 効 果 につながるかを 総 合 的 に 把 握 することを 目 的 とした 非 常 に 有 効 な 方 法 です TEI 法 の 詳 細 については 付 録 B をご 覧 ください 図 2 TEI 法 デューディリ ジェンスを 実 施 する ユーザー 企 業 に 対 する 面 接 調 査 を 実 施 する モデル 組 織 を 作 成 する TEI の 枠 組 みに よる 財 務 モデル を 構 築 する 調 査 報 告 書 を 作 成 する

7 7 分 析 結 果 モデル 組 織 本 調 査 の 一 環 として Google の 顧 客 であるグローバル 企 業 6 社 の 担 当 責 任 者 を 対 象 とした 面 接 調 査 を 行 いました 従 業 員 1,400 人 を 擁 するメディア 関 連 のグローバル 企 業 デジタルメディアにより 全 世 界 で 月 に 平 均 2 億 7,500 万 人 の 消 費 者 にリーチ 米 国 に 本 社 を 構 え 英 国 や 中 国 にも 拠 点 を 置 く ロンドンに 本 社 を 置 く Rentokil Initial 社 従 業 員 28,000 人 のうち Google Apps for Work ユーザーは 14,000 人 国 内 外 に 多 くの 支 店 営 業 所 を 構 え 従 業 員 の 80% が 現 場 勤 務 過 去 5 年 間 に 米 国 内 で 多 くの 企 業 を 買 収 この 作 業 を 進 める 上 で Google Apps for Work が 非 常 に 重 要 であった Google Apps を 利 用 して 買 収 した 企 業 を 迅 速 に 統 合 し 共 通 のコミュニケーション コラボレーション 基 盤 を 構 築 この 結 果 従 業 員 間 の 意 見 交 換 や 共 同 作 業 が 迅 速 化 され 買 収 を 成 功 裡 に 実 行 Imagination 社 はロンドンに 本 社 を 置 き 国 内 外 に 22 の 支 店 営 業 所 を 構 える クリエイティブ 専 門 の 企 業 世 界 73 か 国 1,150 都 市 に 従 業 員 を 派 遣 Google Apps for Work の 利 用 率 を 高 め ユーザーは 現 在 1,200 人 コンテンツ 管 理 システムとして Google ドライブとサイトを 活 用 し 画 像 処 理 ビデオ 事 例 研 究 等 のターゲットを 絞 ったプロジェク トを 500,000 件 以 上 もサポート 欧 州 のオンライン 旅 行 会 社 従 業 員 1,900 人 全 員 が Google Apps for Work ユーザー 数 十 億 ユーロ 規 模 の 化 学 製 品 製 造 業 者 欧 州 とアジアの 各 地 に 支 店 営 業 所 工 場 を 構 え 従 業 員 30,000 人 のうち Google Apps for Work ユーザーは 20,000 人 米 国 に 拠 点 を 置 く 製 造 業 者 で Google Apps for Work ユーザーは 12,000 人 企 業 間 取 引 (B2B) の 促 進 のため 英 国 中 国 オーストラリアにも 支 店 営 業 所 を 設 置 面 接 調 査 の 結 果 に 基 づいて TEI の 枠 組 みとモデル 組 織 を 作 成 した 後 費 用 便 益 分 析 /ROI 分 析 を 行 いました これにより 経 済 的 に 影 響 を 受 ける 分 野 が 明 らかになります このような 結 果 に 基 づいて 構 築 したモデル 組 織 は 以 下 の 特 性 を 備 えて います 国 内 外 に 支 店 営 業 所 を 構 える B2B 多 国 籍 企 業 従 業 員 12,000 人 うち Google Apps for Work ユーザーは 10,000 人 年 間 売 上 高 40 億 ドル 従 業 員 が 多 くの 支 店 営 業 所 や 現 場 に 派 遣 されており このような 従 業 員 を 管 理 する 役 職 者 は 400 人 モデル 組 織 では 提 案 依 頼 書 (RFP) やビジネスケース ( 投 資 対 効 果 検 討 書 ) を 数 多 く 作 成 し 様 々なベンダーについて 検 討 し た 結 果 Google を 導 入 することになり 以 下 のとおり 導 入 の 準 備 を 進 めました モデル 組 織 の 目 標 は コラボレーションとコミュニケーションを 促 進 すること 迅 速 な 意 思 決 定 と 意 見 交 換 のためにモ バイル 端 末 の 業 務 利 用 を 促 進 すること 業 務 の 効 率 化 を 図 ること 生 産 性 を 高 めること そして 従 業 員 エンゲージメン トを 高 めることにより 企 業 業 績 の 向 上 と 顧 客 満 足 度 の 向 上 を 図 ること オンプレミスのレガシーシステムからクラウド 環 境 へ 移 行 することで IT 費 用 特 にサーバーの 購 入 や 保 守 運 用 にかか る 費 用 を 削 減 6 か 月 間 にわたり 設 計 試 運 転 実 装 を 含 むサードパーティ 統 合 サービスを 利 用

8 8 Google Apps for Work は 従 業 員 10,000 人 全 員 が 使 用 ただし 実 際 に Google Apps を 業 務 に 利 用 する 従 業 員 の 割 合 を 利 用 率 として 3 年 間 で 段 階 的 に 増 やす (1 年 目 に 60% 2 年 目 に 75% 3 年 目 に 100%) 研 修 には e-ラーニングガイドを 使 用 し 全 従 業 員 に 対 して 実 施 各 部 署 の 従 業 員 チャンピオン がリアルタイムで 指 導 にあた り e-ラーニングを 支 援 5 か 月 間 にわたるチェンジ マネジメントにより 利 用 率 を 高 め コラボレーションを 促 進 Google サイトは 思 いがけな い 発 見 でした 既 に 社 内 プロ ジェクトチーム 専 用 のサイト を 300 以 上 作 成 しました 某 メディア 関 連 グローバル 企 業 の 上 級 管 理 者 面 接 調 査 の 要 点 顧 客 の 時 代 と 呼 ばれる 現 代 において 企 業 は 競 争 力 を 維 持 しつつ 顧 客 ニーズに 対 応 しなければならず 日 々 大 きな プレッシャーを 感 じています 適 切 なツールを 備 えた Google Apps for Work を 利 用 することで 働 き 方 (ワークスタイル) を 変 え 従 業 員 エンゲージメントを 高 めることができます また 従 業 員 にとっては 離 れた 場 所 にいながら 意 見 交 換 や 会 議 ができ これまでは 難 しかった 内 容 領 域 専 門 家 (SME) との 共 同 作 業 も 可 能 になります この 結 果 業 務 改 革 を 推 進 し サービスの 改 善 顧 客 満 足 度 の 向 上 へとつなげることができます また 多 くの IT 部 門 がコスト 削 減 を 求 めるプレッ シャーを 受 けながら 最 終 的 には 収 益 の 向 上 に 結 びつけていく 必 要 があり 今 回 面 接 調 査 を 実 施 した 某 ユーザー 企 業 の IT 責 任 者 も 特 に IT の 活 用 により IT 部 門 内 のコラボレーションを 推 進 し 従 業 員 エンゲージメントを 高 めるという 重 要 な 任 務 を 負 っていると 話 していました Google Apps for Work を 導 入 する 理 由 は 組 織 によって 異 なりますが 共 通 点 もあります 実 際 面 接 調 査 を 実 施 したユー ザー 企 業 のほとんどが コラボレーション モバイル 端 末 の 業 務 利 用 そして 業 務 改 革 を 推 進 することで 組 織 全 体 の ワークスタイルを 変 えたいと 考 えていました このような 理 由 に 加 え 通 信 システムも 時 代 遅 れになっていたため Google Apps for Work 導 入 の 必 要 性 が 高 まりました モデル 組 織 でもこのような 状 況 を 想 定 しています 面 接 調 査 の 結 果 Google Apps for Work 導 入 により 次 のような 便 益 がもたらされることが 明 らかになりました モバイル 端 末 の 業 務 利 用 :Google Apps for Work のアプリはモバイル 端 末 (ios Android) で 利 用 できるため どこから でもファイルにアクセスでき メールを 送 信 する ビデオ 会 議 に 参 加 する 一 つのドキュメントを 複 数 のユーザーが 同 時 に 編 集 する 等 リアルタイムのコラボレーションが 可 能 にな ります このような 機 能 により イノベーションを 図 り 従 業 員 の 意 欲 を 高 めることができるため 組 織 全 体 にわたる 従 業 員 エンゲージメントの 向 上 につながります 面 接 調 査 を 実 施 した ユーザー 企 業 では 多 くの 役 職 者 が 部 署 の 職 場 環 境 に 柔 軟 に 対 応 できるようになったと 話 していました 具 体 的 には 交 通 渋 滞 を 避 けるために 時 間 帯 に 応 じて 在 宅 勤 務 を 許 可 する 本 社 や 支 社 等 の 離 れた 場 所 への 移 動 時 間 を 短 縮 するために 直 接 会 って 会 議 をするよりハングアウト (ビデオ 会 議 ) を 利 用 する 等 の 対 応 が 可 能 になったのです また 従 来 は 会 議 のためにわざわざ 足 を 運 んでいたのが Google ハングアウトにより 離 れた 場 所 にい ても 顔 を 合 わせた 会 議 が 可 能 になったため 年 次 の 人 事 考 課 や 四 半 期 ごとの 研 修 等 にかかる 交 通 費 ( 役 職 者 の 出 張 旅 費 ) が 大 幅 に 削 減 されました 顔 を 合 わせて 話 し 合 う 必 要 があるときに Google ハングア ウトを 使 うと お 互 いの 画 面 を 見 ながら 作 業 ができます 新 しい 情 報 も 同 時 に 共 有 でき ます これはとてつもなく 重 要 なことです 某 製 造 業 グローバル 企 業 の 戦 略 的 インフラ 計 画 策 定 担 当 者

9 9 コラボレーション:Google Apps for Work の 大 きな 魅 力 は リア ルタイムのコラボレーション バージョン 管 理 そして 時 間 短 縮 が 可 能 になることです 従 来 はプレゼンテーションの 準 備 に 1 週 間 ほどかけ 多 くの 従 業 員 が 電 子 メールで 連 絡 窓 口 にスライドを 送 り 連 絡 窓 口 でこれを 整 理 確 認 するという 作 業 が 必 要 でした が Google プレゼンテーション (スライド 作 成 ) を 使 うとこのよう な 作 業 がほんの 数 分 で 完 了 し リアルタイムで 確 認 できます ま た Google ハングアウトとドキュメントを 使 うと ビデオ 会 議 を しながら 共 同 で 書 類 を 編 集 できるので 会 議 にかかる 時 間 を 短 縮 し 会 議 の 回 数 を 減 らすことができ 組 織 全 体 にわたるコラボ レーションの 促 進 につながります 某 IT 責 任 者 は Google ド キュメントを 使 って 従 業 員 20 人 と 話 し 合 いながら 同 時 に 作 業 を 進 めたところ 会 議 にかかる 時 間 が 数 時 間 から 数 分 に 短 縮 され コ ラボレーションの 効 果 を 身 をもって 体 験 することになったと 話 し ハングアウトを 取 り 入 れた ら 役 職 者 の 出 張 旅 費 を 40% 削 減 できました Keith Chisholm Rentokil Initial 社 プログラム ディレクター ていました この 会 議 はブレーンストーミングによる 問 題 解 決 のために 行 われました 自 由 な 発 想 によりアイディアを 引 き 出 すという 目 標 のためには 作 業 や 話 し 合 いを 効 率 的 に 進 める 必 要 があり このために 会 議 の 進 行 役 が 一 定 のルール や 手 順 を 定 めました また 別 の 組 織 では Google ドキュメントを 使 うことで 経 営 幹 部 ( 中 間 ) 管 理 職 間 の 調 整 を 図 る ことができ 30% の 時 間 短 縮 につながりました さらに 某 企 業 では 予 測 精 度 を 高 めるために 著 名 な 科 学 者 に 研 究 を 委 託 しました これは 大 規 模 なプロジェクトで 全 国 3 か 所 の 研 究 拠 点 のコラボレーションが 必 要 でした これについて IT 責 任 者 は チームが 全 国 に 分 散 しているので Google Apps なしでは 実 現 できなかったと 思 います ハングアウト で 何 度 もビデオ 会 議 を 行 い ドキュメントを 共 有 できたからこそ 実 現 したのです (そして コラボレーションを 生 む 企 業 文 化 がなければ 成 功 できなかっただろうと 思 います) と 話 していました 最 新 の 電 子 メールソリューションでパワフルなコミュニケーション:クラウド 型 のコミュニケーション コラボレー ション 基 盤 を 取 り 入 れることで 従 来 型 の 電 子 メールサーバーやストレージサーバーは 不 要 になり サーバーの 保 守 運 用 容 量 拡 張 や 交 換 にかかる 費 用 を 削 減 できます また クラウド 環 境 ならスマートフォン タブレット またはノー トパソコンでシームレスにドキュメント メール その 他 のファイルにアクセスできます 顧 客 やクライアントにより 迅 速 に 対 応 できるため 最 終 的 に 顧 客 満 足 度 の 向 上 につながります ハングアウトを 使 うことで いつでも どこでも 同 僚 とのコミュニケーションが 可 能 になり 外 出 先 で 問 い 合 わせに 応 じることができ ワークスタイルを 変 え パワフ ルなコミュニケーションを 実 現 します 某 企 業 の IT 責 任 者 は (ハングアウトで) 私 の 生 活 が 変 わりました もう 電 話 は 使 っていません と 話 していました

10 10 便 益 本 調 査 のモデル 組 織 にもたらされる 便 益 は 以 下 のとおりです ( 定 量 的 に 評 価 した 便 益 のみ) コラボレーションの 効 率 化 により 世 界 中 の 様 々な 場 所 にいながら 意 見 を 交 換 し ドキュメント スプレッドシート プレゼンテーションを 共 有 できるため 製 品 の 改 善 業 務 プロセスの 改 善 生 産 性 の 向 上 につながる モバイル 端 末 の 業 務 利 用 により 職 場 環 境 における 従 業 員 の 柔 軟 性 が 高 まり 交 通 費 を 削 減 できる 従 業 員 の 意 欲 やエ ンゲージメントが 高 まる 新 しいサーバーやストレージを 購 入 する 必 要 がないため レガシーシステムにかかる 費 用 を 削 減 できる 従 来 型 の 電 話 ビデオ 会 議 サービスの 利 用 を 控 えることで 通 信 費 を 削 減 できる コラボレーションの 効 率 化 Google Apps for Work の 導 入 によりモデル 組 織 にもたらされる 主 な 便 益 は Google ドライブ ドキュメント スプレッドシート プレゼンテーション (スライド 作 成 ) ハングアウト (ビデオ 会 議 ) を 使 用 することで 従 業 員 間 のコラボレーションが 促 進 されることです 複 数 の 従 業 員 が 同 じドキュメント プレゼンテーション また はスプレッドシートで 同 時 に 仕 事 を 進 めることができます また ハングアウトを 使 うと 地 理 的 に 離 れた 場 所 にいる 同 僚 とビデオ 会 議 を 行 い 共 同 で 作 業 を 行 うことができます モデル 組 織 では Google Apps for Work ユーザーの 約 半 数 がこのようなコラボレーションに 積 極 的 に 取 り 組 み コラボレーションツールを 最 大 限 に 活 用 していますが この 結 果 様 々な 業 務 プロセスにおいて 労 働 時 間 が 1 週 間 に 1 ~ 2 時 間 短 縮 されます コラ ボレーションツールをあまり 使 用 しない 残 りの 半 数 については 1 週 間 に 15 ~ 30 分 (25%) の 短 縮 になります 業 務 プロセスの 改 善 について 以 下 に 一 例 を 挙 げます 会 議 開 始 時 にドキュメントを 最 新 の 状 態 で 共 有 できるので 全 員 が 最 新 の 情 報 を 共 有 し 作 業 の 効 率 化 につ ながる ビデオ 会 議 により 参 加 者 が 同 時 に 作 業 を 進 めることで 会 議 終 了 後 の 作 業 やメールのやり 取 りを 減 らし ドキュメント 完 成 までの 時 間 が 短 縮 される 添 付 ファイルをスキャンし 自 動 的 に 整 理 される 情 報 やドキュメントにどこからでもアクセスできるため 生 産 性 の 向 上 につながる モデル 組 織 では Google Apps for Work 導 入 後 の 効 率 化 により 労 働 時 間 が 32.5 時 間 短 縮 されます 年 ごとの 利 用 率 (Google Apps を 業 務 に 利 用 する 従 業 員 の 割 合 ) は 1 年 目 に 60% で 3 年 間 で 100% に 達 するものとし ます この 結 果 1 年 目 に 39,000 時 間 2 年 目 に 75,319 時 間 3 年 目 に 137,917 時 間 短 縮 されます Google Apps ユーザー 1 人 あたりの 時 間 給 を 45 ドルとして 計 算 すると コラボレーションの 効 率 化 による 総 便 益 は 3 年 間 で 9,427,425 ドル ユーザー 1 人 あたりでは 943 ドルとなります コラボレーションの 効 率 化 による 便 益 については 様 々な 外 的 要 因 が 影 響 するため ユーザー 企 業 によりかな りの 違 いがありました このような 違 いを 考 慮 して この 便 益 についてはリスク 調 整 率 15% で 計 算 しました この 結 果 コラボレーションの 効 率 化 によるリスク 調 整 後 の 総 便 益 額 は 3 年 間 で 8,013,311 ドル (1 ユーザー あたり 801 ドル) に 達 します 詳 細 については リスク の 項 をご 覧 ください

11 11 表 1 コラボレーションの 効 率 化 参 照 番 号 評 価 項 目 計 算 式 導 入 時 1 年 目 2 年 目 3 年 目 A1 Google Apps for Work ユーザー 数 10,000 10,300 10,609 A2 利 用 率 60% 75% 100% A3 A4 A5 A6 A7 従 業 員 1 人 につき 1 時 間 あたり コラボレーションに 積 極 的 に 取 り 組 む 従 業 員 による 年 間 の 労 働 時 間 短 縮 コラボレーションツー ルをあまり 使 用 しない 従 業 員 による 年 間 の 労 働 時 間 短 縮 Google Apps for Work ユーザーのうち コラ ボレーションに 積 極 的 に 取 り 組 む 従 業 員 の 割 合 Google Apps for Work ユーザーのうち コラ ボレーションツールを あまり 使 用 しない 従 業 員 の 割 合 $45.00 $46.35 $47.74 週 あたり 1 ~ 2 時 間 コラボレーションに 積 極 的 に 取 り 組 む 従 業 員 による 年 間 の 労 働 時 間 短 縮 の 25% % 50% 50% 1 - A6 50% 50% 50% A8 生 産 性 に 換 算 20% 20% 20% At コラボレーションの 効 率 化 (A1*A2*A3*A4*A6*A8)+ (A1*A2*A3*A5*(1-A6)*A8) $0 $1,755,000 $3,491,024 $6,584,227 Atr リスク 調 整 15% コラボレーションの 効 率 化 (リスク 調 整 後 ) $0 $1,491,750 $2,967,370 $5,596,593

12 12 モバイル 端 末 の 業 務 利 用 を 推 進 モバイル 端 末 の 業 務 利 用 とは 従 業 員 が Android タブレット iphone ipad パソコン 等 の 私 物 モバイル 端 末 を 使 って どこからでも Google Apps for Work にアクセスできるということです これにより モデル 組 織 全 体 にわたり 従 業 員 エンゲージメントが 高 まり 生 産 性 の 向 上 につながり ひいては 組 織 文 化 を 変 えること ができるのです VPN サービスを 利 用 することなくファイルにアクセスする メールにファイルを 添 付 して 離 れた 場 所 へ 送 る 実 際 に 足 を 運 ぶことなく 会 議 を 行 う 等 要 は 国 境 を 越 えたワークスタイルが 可 能 になります モデル 組 織 では ハングアウトを 使 うことで 直 接 会 って 会 議 をする 必 要 がないため 旅 費 規 程 を 見 直 し 研 修 や 人 事 考 課 のための 役 職 者 の 出 張 旅 費 を 大 幅 に 抑 えることができます モデル 組 織 では 役 職 者 400 人 が 年 に 3 か 所 へそれぞれ 4 回 ( 計 12 回 ) 出 張 していたと 仮 定 すると 組 織 全 体 の 出 張 回 数 を 年 に 4,800 回 減 らすこと ができます 1 回 の 出 張 にかかる 旅 費 を 500 ドルで 計 算 すると 年 間 2,400,000 ドル ( 役 職 者 1 人 あたり 6,000 ドル) の 削 減 になります 出 張 旅 費 をどの 程 度 削 減 できるかについては 様 々な 内 的 外 的 要 因 が 影 響 するため ユーザー 企 業 によりか なりの 違 いがありました このような 違 いを 考 慮 して この 便 益 についてはリスク 調 整 率 10% で 計 算 しまし た この 結 果 出 張 旅 費 の 削 減 によるリスク 調 整 後 の 総 便 益 額 は 3 年 間 で 5,371,600 ドル ( 役 職 者 1 人 あたり 5,400 ドル) に 達 します 詳 細 については リスク の 項 をご 覧 ください 表 2 モバイル 端 末 の 業 務 利 用 を 推 進 役 職 者 の 出 張 旅 費 の 削 減 参 照 番 号 評 価 項 目 計 算 式 導 入 時 1 年 目 2 年 目 3 年 目 B1 出 張 する 役 職 者 の 数 ( 年 間 ) B2 出 張 先 の 数 ( 役 職 者 1 人 あたり) B3 出 張 旅 費 ( 平 均 ) $500 $500 $500 B4 各 出 張 先 への 出 張 回 数 ( 年 間 ) Bt モバイル 端 末 の 業 務 利 用 を 推 進 役 職 者 の 出 張 旅 費 の 削 減 B1*B2*B3*B4 $0 $2,400,000 $2,400,000 $2,400,000 Btr リスク 調 整 10% モバイル 端 末 の 業 務 利 用 を 推 進 役 職 者 の 出 張 旅 費 の 削 減 (リスク 調 整 後 ) $0 $2,160,000 $2,160,000 $2,160,000 レガシーシステムにかかる 費 用 の 削 減 モデル 組 織 では Google Apps for Work 環 境 への 移 行 に 伴 い オンプレミスのレガシーサーバーを 撤 去 するため サーバー 1 台 につき 約 3,000 ドルの 費 用 が 不 要 になります また サーバーの 保 守 運 用 にかかる 年 ごとの 費 用 も 1 台 につき 1,500 ドル 削 減 されます サーバーは 3 年 間 で 100 台 撤 去 するため 計 558,866 ドルのコスト 削 減 になります

13 13 ユーザー 企 業 では 主 に 社 内 事 情 により 1 年 間 に 撤 去 するサーバーの 数 にかなりの 違 いがあるため この 便 益 に ついてはリスク 調 整 率 10% で 計 算 しました この 結 果 レガシーシステムにかかる 費 用 の 削 減 によるリスク 調 整 後 の 総 便 益 額 は 3 年 間 で 502,979 ドルになります 本 TEI 調 査 でこの 便 益 を 考 慮 しない 場 合 は 3 年 間 の ROI が 292% NPV は 12,300,000 ドルになります 詳 細 については リスク の 項 をご 覧 ください 表 3 レガシーシステムにかかる 費 用 の 削 減 参 照 番 号 評 価 項 目 計 算 式 導 入 時 1 年 目 2 年 目 3 年 目 C1 3 年 間 にわたって 撤 去 するサーバー の 数 C2 利 用 率 60% 75% 100% C3 1 年 間 に 撤 去 するサーバーの 数 C1*C2 - 前 年 までの 合 計 C4 サーバー 1 台 あたりの 費 用 ( 平 均 ) $3,000 $3,090 $3,183 C5 サーバー 1 台 あたりの 保 守 運 用 に かかる 費 用 ( 平 均 ) $1,500 $1,545 $1,591 Ct レガシーシステムにかかる 費 用 の 削 減 C3*C4+(C3+ 前 年 までの 合 計 )*C5 $0 $270,000 $162,225 $238,703 Ctr リスク 調 整 10% レガシーシステムにかかる 費 用 の 削 減 (リスク 調 整 後 ) $0 $243,000 $146,003 $214,832 従 来 型 の 電 話 ビデオ 会 議 サービスにかかる 費 用 の 削 減 モデル 企 業 では 従 来 型 の 電 話 サービスやビデオ 会 議 サービスの 利 用 を 控 えることで 通 信 費 を 削 減 できます まず 電 話 サービスについては Google ハングアウトを 使 うことで 3 年 間 に 7,800 台 の 電 話 が 不 要 になり 3,378,590 ドル ( 現 在 価 値 ) 削 減 できます ビデオ 会 議 サービスについては 従 来 型 のビデオ 会 議 の 代 わりに Google ハングアウトを 使 うことで 3 年 間 で 616,051 ドル ( 現 在 価 値 ) の 削 減 になります ( 表 4 参 照 ) このような 通 信 費 をどの 程 度 削 減 できるかについては 様 々な 内 的 外 的 要 因 が 影 響 するため ユーザー 企 業 によりかなりの 違 いがありました このような 違 いを 考 慮 して この 便 益 についてはリスク 調 整 率 20% で 計 算 しました この 結 果 従 来 型 の 電 話 ビデオ 会 議 サービスにかかる 費 用 の 削 減 によるリスク 調 整 後 の 総 便 益 額 は 3 年 間 で 3,195,713 ドルになります 詳 細 については リスク の 項 をご 覧 ください

14 14 表 4 従 来 型 の 電 話 ビデオ 会 議 サービスにかかる 費 用 の 削 減 参 照 番 号 評 価 項 目 計 算 式 導 入 時 1 年 目 2 年 目 3 年 目 D1 3 年 間 で 撤 去 する 電 話 機 の 台 数 3 年 間 で 7,800 台 7,800 7,800 7,800 D2 利 用 率 60% 75% 100% D3 1 年 間 に 撤 去 する 電 話 機 の 台 数 D1*D2 4,680 5,850 7,800 D4 電 話 サービス 料 金 (1 台 あた り 年 間 ) $226 $226 $226 D5 ビデオ 会 議 サービス 料 金 ( 年 間 ) $321,429 $321,429 $321,429 D6 Dt ビデオ 会 議 サービスにかかる 費 用 の 削 減 電 話 サービスにかかる 費 用 の 削 減 リスク 調 整 20% D5*D2 $192,857 $241,071 $321,429 D3*D4+D6 $0 $1,250,537 $1,563,171 $2,084,229 Dtr 電 話 ビデオ 会 議 サービスにか かる 費 用 の 削 減 (リスク 調 整 後 ) $0 $1,000,430 $1,250,537 $1,667,383 総 便 益 表 5 に 上 記 の 4 つの 便 益 の 総 額 と 10% のリスク 調 整 後 の 現 在 価 値 (PV) を 示 します 3 年 間 にモデル 企 業 にもたらされ る 総 便 益 のリスク 調 整 後 の 現 在 価 値 は 17,083,603 ドル (ユーザー 100 人 あたり 170,836 ドル) になります 表 5 総 便 益 (リスク 調 整 後 ) 参 照 番 号 便 益 の 種 類 導 入 時 1 年 目 2 年 目 3 年 目 合 計 現 在 価 値 Atr コラボレーションの 効 率 化 $0 $1,491,750 $2,967,370 $5,596,593 $10,055,713 $8,013,311 Btr モバイル 端 末 の 業 務 利 用 を 推 進 役 職 者 の $0 $2,160,000 $2,160,000 $2,160,000 $6,480,000 $5,371,600 出 張 旅 費 の 削 減 Ctr サーバーにかかる 費 用 の 削 減 $0 $243,000 $145,003 $214,832 $603,835 $502,979 Dtr 電 話 サービスにかかる 費 用 の 削 減 $0 $1,000,430 $1,250,537 $1,667,383 $3,918,350 $3,195,713 総 便 益 (リスク 調 整 後 ) $0 $4,895,180 $6,523,910 $9,638,808 $21,057,897 $17,083,603

15 15 費 用 モデル 組 織 では Google Apps for Work ソリューションの 導 入 に 伴 い 様 々な 費 用 が 発 生 します ソフトウェア 利 用 料 金 専 門 サービス 料 金 チェンジ マネジメント サービス 料 金 組 織 内 研 修 にかかる 費 用 これらは モデル 組 織 において 本 ソリューションに 関 する 最 初 の 計 画 策 定 導 入 および 継 続 的 な 保 守 のために 発 生 す る 内 部 費 用 と 外 部 費 用 に 相 当 します ソフトウェア 利 用 料 金 Google Apps for Work の 料 金 体 系 は 非 常 にシンプルです モデル 組 織 では 1 ユーザーあたり 月 額 10 ドルの 料 金 がかかります 1 年 目 のユーザー 数 は 10,000 人 で 年 ごとに 3% 増 加 すると 3 年 間 のソフトウェア 利 用 料 金 は 計 3,068,881 ドル (ユーザー 100 人 あたり 約 12,000 ドル) になります 表 6 ソフトウェア 利 用 料 金 参 照 番 号 評 価 項 目 計 算 式 導 入 時 1 年 目 2 年 目 3 年 目 E1 1 ユーザーあたりの 利 用 料 金 ( 年 間 ) $10/ユーザー/ 月 $120 $120 $120 E2 Google Apps for Work ユーザー 数 10,000 10,300 10,609 Etr ソフトウェア 利 用 料 金 E1*E2 $0 $1,200,000 $1,236,000 $1,273,080 専 門 サービス 料 金 モデル 組 織 では Google Apps for Work の 導 入 時 に Google が 推 薦 するサードパーティ 統 合 サービスを 利 用 しま す 専 門 サービスの 平 均 月 額 料 金 は 35,000 ドルで 6 か 月 かけて 設 計 からデプロイまでの 作 業 を 行 います こ の 結 果 モデル 組 織 では 最 初 の 6 か 月 間 に 210,000 ドルを 負 担 することになります 導 入 時 の 作 業 は 複 雑 であり 専 門 サービスの 種 類 や 日 程 も 組 織 によって 異 なります このような 違 いを 考 慮 し て この 費 用 についてはリスク 調 整 率 を 最 大 10% として 計 算 しました この 結 果 リスク 調 整 後 の 専 門 サー ビス 料 金 は 3 年 間 で 231,000 ドルになります 詳 細 については リスク の 項 をご 覧 ください

16 16 表 7 専 門 サービス 料 金 参 照 番 号 評 価 項 目 計 算 式 導 入 時 1 年 目 2 年 目 3 年 目 F1 デプロイにかかる 時 間 ( 月 数 ) 6 F2 専 門 サービス 料 金 ( 月 額 ) $35,000 Ft 専 門 サービス 料 金 (サードパー ティ 統 合 サービス) F1*F2 $210,000 $0 $0 $0 Ftr リスク 調 整 10% 専 門 サービス 料 金 (サードパー ティ 統 合 サービス) (リスク 調 整 後 ) $231,000 $0 $0 $0 チェンジ マネジメントにかかる 費 用 モデル 組 織 内 の 従 業 員 の 利 用 率 を 高 めるためには チェンジ マネジメントが 極 めて 重 要 になります サード パーティのチェンジ マネジメント サービスを 利 用 すると 研 修 のためのウェビナー e-ラーニングツール 講 習 会 等 の 準 備 およびチェンジ マネジメントに 関 する 連 絡 調 整 に 役 立 ちます 併 せて 組 織 内 の 各 部 署 の 従 業 員 チャンピオン が 指 導 にあたり Google のサポートを 受 けながらチェンジ マネジメントを 進 めることで Google Apps for Work 導 入 によりモデル 組 織 にもたらされる 価 値 を 最 大 化 することができます チェンジ マネ ジメント サービス 料 金 は 5 か 月 で 212,500 ドルになります ( 詳 細 については 表 8 のチェンジ マネジメント サービス 料 金 を 参 照 のこと) チェンジ マネジメントにかかる 費 用 は 利 用 状 況 予 算 その 他 の 内 的 外 的 要 因 により 組 織 によって 違 い があります このような 違 いを 考 慮 して この 費 用 についてはリスク 調 整 率 を 最 大 20% として 計 算 しました この 結 果 チェンジ マネジメントにかかるリスク 調 整 後 の 費 用 は 255,000 ドル (ユーザー 100 人 あたり 2,550 ドル) になります (1 年 目 にのみ 発 生 ) 詳 細 については リスク の 項 をご 覧 ください システム 導 入 は 組 織 全 体 に 影 響 を 及 ぼすため 従 業 員 に 対 する 適 切 な 研 修 が 重 要 になります 既 に 多 くの 従 業 員 が 個 人 的 に Google ドライブ や Gmail を 利 用 し Google アプリケーションを 組 み 合 わせて 使 っているため Google Apps for Work について 短 期 間 で 習 得 できることが 一 つのメリットになります しかし Google Apps の 導 入 による 便 益 を 最 大 化 するためには 従 業 員 全 員 が 使 い 方 を 知 っているわけではいと 考 え 研 修 を 行 うこ とが 重 要 になります また Google Apps を 業 務 に 利 用 する 場 合 には 通 常 生 産 性 向 上 に 役 立 つ 機 能 (Gmail の 優 先 トレイ や 検 索 等 ) やサポートされる 作 業 (Google ドキュメントでファイルの 共 有 範 囲 や 共 有 相 手 ご とに 作 業 権 限 を 設 定 できること 等 ) について 一 つひとつきちんと 理 解 しておく 必 要 があります 従 業 員 が 研 修 会 や e-ラーニングセッションに 費 やす 時 間 に 基 づいて 算 定 した 費 用 を 表 9 に 示 しています モデル 組 織 では コラボレーションに 積 極 的 に 取 り 組 むユーザーに 対 して 1 年 目 に 2 時 間 の 研 修 を 行 うものと します 2 年 目 には コラボレーションに 積 極 的 に 取 り 組 むユーザーの 半 数 に 対 してさらに 1 時 間 の 自 習 時 間 を 与 えます 3 年 目 には 同 じくコラボレーションに 積 極 的 に 取 り 組 むユーザーの 10% に 対 してさらに 1 時 間 の 自 習 時 間 を 与 えます 一 方 コラボレーションツールをあまり 使 用 しないユーザーに 対 しては 1 年 目 に 1 時 間 の 自 習 時 間 を 与 えます この 場 合 はウェビナーと e-ラーニングツールを 利 用 します 研 修 費 用 は 1 時 間 あたり 平 均 45 ドルで 年 ごとに 3% 増 加 します この 結 果 組 織 内 研 修 にかかる 費 用 は 636,888 ドル ( 現 在 価 値 ) になります ( 詳 細 については 表 9 の 組 織 内 研 修 にかかる 時 間 と 費 用 を 参 照 のこと) 組 織 内 研 修 にかかる 費 用 は 導 入 前 に 従 業 員 がどの 程 度 Google Apps を 利 用 しているかによって 違 いがあり また 外 的 要 因 も 影 響 するため 組 織 によって 違 いがあります このような 違 いを 考 慮 して この 費 用 について はリスク 調 整 率 を 最 大 10% として 計 算 しました この 結 果 組 織 内 研 修 にかかるリスク 調 整 後 の 費 用 は 3 年 間 で 計 700,576 ドル (ユーザー 100 人 あたり 7,006 ドル) になります 詳 細 については リスク の 項 をご 覧 ください

17 17 表 8 チェンジ マネジメント サービス 料 金 参 照 番 号 評 価 項 目 計 算 式 導 入 時 1 年 目 2 年 目 3 年 目 G1 G2 Gt チェンジ マネジメントに 必 要 な 時 間 ( 月 数 ) チェンジ マネジメントにかか る 費 用 ( 月 額 ) チェンジ マネジメント サービ ス 料 金 リスク 調 整 20% $42,500 $42,500 $42,500 G1*G2 $0 $212,500 $0 $0 Gtr チェンジ マネジメント サービ ス 料 金 (リスク 調 整 後 ) $0 $255,000 $0 $0 表 9 組 織 内 研 修 にかかる 費 用 参 照 番 号 評 価 項 目 計 算 式 導 入 時 1 年 目 2 年 目 3 年 目 H1 研 修 を 受 ける 従 業 員 の 数 ユーザー 総 数 に 基 づい て 計 算 10,000 5,300 1,339 H2 従 業 員 1 人 につき 1 時 間 あたり $45 $46 $48 H3 コラボレーションに 積 極 的 に 取 り 組 む 従 業 員 の 研 修 時 間 H4 コラボレーションツールをあまり 使 用 しない 従 業 員 の 研 修 時 間 H5 Google Apps for Work ユーザー のうち コラボレーションに 積 極 的 に 取 り 組 む 従 業 員 の 割 合 50% 50% 50% Ht 組 織 内 研 修 にかかる 費 用 (H1*H2*H3*H5)+ (H1*H2*H4*(1-H5)) $0 $562,500 $122,828 $31,962 Htr リスク 調 整 10% 組 織 内 研 修 にかかる 費 用 (リスク 調 整 後 ) $0 $618,750 $135,110 $35,158

18 18 総 費 用 表 10 に 総 費 用 と 現 在 価 値 ( 割 引 率 10%) を 示 しています 3 年 間 にモデル 組 織 が 負 担 する 総 費 用 のリスク 調 整 後 の 現 在 価 値 は 4,200,000 ドル 強 (ユーザー 100 人 あたり 41,314 ドル) になります 表 10 総 費 用 (リスク 調 整 後 ) 参 照 番 号 費 用 の 種 類 導 入 時 1 年 目 2 年 目 3 年 目 合 計 現 在 価 値 Etr ソフトウェア 利 用 料 金 $0 $1,200,000 $1,236,000 $1,273,080 $3,709,080 $3,068,881 Ftr Gtr 専 門 サービス 料 金 (サード パーティ 統 合 サービス) チェンジ マネジメント サービス 料 金 $231,000 $0 $0 $0 $231,000 $231,000 $0 $255,000 $0 $0 $255,000 $231,818 Htr 組 織 内 研 修 にかかる 費 用 $0 $618,750 $135,110 $35,158 $789,019 $700,576 総 費 用 (リスク 調 整 後 ) $231,000 $2,073,750 $1,371,110 $1,308,238 $4,984,099 $4,232,275 柔 軟 性 TEI 法 における 柔 軟 性 とは 今 後 特 定 の 機 能 やツールが 追 加 されると これがさらなる 業 務 上 の 便 益 につながる 可 能 性 があるため 先 行 投 資 を 検 討 する 余 地 があるということです 組 織 は 将 来 の 取 り 組 みに 先 行 投 資 できる または 先 行 投 資 の 妥 当 性 が 確 保 できるものの 必 ずしも 先 行 投 資 する 必 要 はありませんので 柔 軟 に 対 応 できます Google Apps for Work を 導 入 し 今 後 活 用 事 例 や 事 業 機 会 を 拡 大 する 場 合 には いくつかのシナリオが 考 えられます 柔 軟 性 は 特 定 のプロジェクトの 一 部 として 定 量 的 に 評 価 することも 可 能 です( 詳 細 は 付 録 B で 説 明 ) Google Apps Marketplace では Google Apps for Work ソフトウェアに 追 加 で 組 み 込 むことができる 機 能 をすべて (または 場 合 により) 無 償 で 提 供 しています これらはサードパーティソフトウェアの 機 能 で Google Apps と 組 み 合 わせて 使 用 す るためにのみ 開 発 されているため 柔 軟 性 のオプションと 見 なされます 本 調 査 では サードパーティのアプリケーショ ンマーケットプレイスの 利 用 状 況 はユーザー 企 業 によりかなりの 違 いがあったため これを 柔 軟 性 のオプションとして 検 討 しないことにしました リスク Forrester は 本 費 用 便 益 分 析 について 2 種 類 のリスクを 想 定 しています 導 入 に 関 するリスク と 導 入 効 果 に 関 する リスク です 導 入 に 関 するリスク とは Google Apps for Work への 投 資 に 伴 うリスクであり 当 初 予 想 された 投 資 の 枠 組 みから 逸 脱 し 結 果 的 に 予 想 以 上 に 費 用 がかかるリスクのことです 導 入 効 果 に 関 するリスク とは Google Apps for Work への 投 資 により 業 務 部 門 または IT 部 門 のニーズに 対 応 できなかった 場 合 に 結 果 的 に 総 便 益 が 減 少 するリ スクのことです このような 不 確 かさが 高 いほど 費 用 と 便 益 の 見 積 りに 対 する 影 響 範 囲 が 大 きくなります

19 19 表 11 便 益 と 費 用 のリスク 調 整 便 益 リスク 調 整 コラボレーションの 効 率 化 15% モバイル 端 末 の 業 務 利 用 を 推 進 役 職 者 の 出 張 旅 費 の 削 減 10% レガシーシステムにかかる 費 用 の 削 減 10% 電 話 ビデオ 会 議 サービスにかかる 費 用 の 削 減 20% 費 用 リスク 調 整 専 門 サービス 料 金 10% チェンジ マネジメント サービス 料 金 20% 組 織 内 研 修 にかかる 費 用 10% 費 用 や 便 益 の 見 積 もりを 直 接 調 整 することで 導 入 に 関 するリスク と 導 入 効 果 に 関 するリスク を 定 量 的 に 評 価 する と より 正 確 で 実 用 的 な 見 積 もりになり この 結 果 ROI をより 正 確 に 把 握 できます 一 般 に リスクを 当 初 より 高 めに 見 積 もると 費 用 に 影 響 し 低 めに 見 積 もると 便 益 に 影 響 します リスク 調 整 後 の 値 はリスクを 考 慮 した 現 実 的 な 予 測 値 と 考 えてください 今 回 の 分 析 で 便 益 に 影 響 する 導 入 効 果 に 関 するリスク は 次 のとおりです コラボレーションの 効 率 化 : 効 率 化 の 程 度 コラボレーションツールの 利 用 に 伴 うリスクの 程 度 に 応 じて リスク 調 整 率 を 15% としました モバイル 端 末 の 業 務 利 用 を 推 進 役 職 者 の 出 張 旅 費 の 削 減 : 組 織 ごとに 必 要 な 出 張 の 回 数 に 応 じて リスク 調 整 率 を 10% としました レガシーシステムにかかる 費 用 の 削 減 : 従 来 型 の 電 子 メールサーバーやストレージサーバーの 台 数 は 組 織 によって 異 な るため リスク 調 整 率 を 10% としました 従 来 型 の 電 話 ビデオ 会 議 サービスにかかる 費 用 の 削 減 : 電 話 機 を 交 換 する 頻 度 やビデオ 会 議 の 回 数 は 組 織 によって 異 なるため 削 減 額 にもばらつきが 生 じます このような 違 いを 考 慮 して リスク 調 整 率 を 20% としました 今 回 の 分 析 で 費 用 に 影 響 する 導 入 に 関 するリスク は 次 のとおりです 専 門 サービス 料 金 : 組 織 によっては 導 入 作 業 の 複 雑 さや 利 用 するサードパーティベンダーにより 時 間 や 費 用 が 余 計 にか かることがあります このような 違 いを 考 慮 して リスク 調 整 率 を 10% としました チェンジ マネジメントにかかる 費 用 : 変 更 への 取 り 組 みや 新 しいソフトウェアやベストプラクティスを 取 り 入 れるか どうかについては 組 織 文 化 によってかなりの 違 いがあります このため チェンジ マネジメントにかかる 費 用 につい ては リスク 調 整 率 を 20% としました 組 織 内 研 修 にかかる 費 用 : 学 習 速 度 は 従 業 員 によって 異 なるため リスク 調 整 率 を 10% としました

20 20 モデル 組 織 では 導 入 に 伴 い 従 来 のソリューションが 不 要 になります たとえば 従 来 のドキュメントやスプレッド シートのライセンス バックアップ 災 害 復 旧 サービス ファイル 共 有 監 査 管 理 ソリューション 機 密 文 書 の 管 理 ( 情 報 セキュリティ) 等 のソリューションですが この 便 益 についてはリスク 調 整 を 行 っていません また 面 接 調 査 を 実 施 したユーザー 企 業 の 一 部 においては 従 来 のサードパーティソリューションにかかる 費 用 以 外 にも 費 用 が 発 生 していまし たが すべてのユーザー 企 業 に 共 通 する 費 用 ではないため 本 調 査 では 検 討 していません 表 11 に リスク 調 整 率 を 示 しています これは モデル 組 織 における 費 用 と 便 益 の 見 積 もりの 不 確 かさを 反 映 させたも のです 実 際 にリスク 調 整 を 加 える 場 合 は 費 用 と 便 益 の 見 積 もりがどの 程 度 信 頼 できるかを 判 断 したうえで リスク 範 囲 を 適 用 してください 費 用 便 益 分 析 結 果 の 要 約 便 益 と 費 用 の 各 項 で 計 算 した 数 値 に 基 づき モデル 組 織 が Google Apps for Work を 導 入 した 場 合 の ROI NPV および 回 収 期 間 を 算 出 しました 表 12 に リスク 調 整 後 の ROI NPV および 回 収 期 間 を 示 しています これらの 値 は 費 用 と 便 益 の 各 項 に 示 すリスク 未 調 整 の 値 に リスク の 項 の 表 11 に 示 すリスク 調 整 の 割 合 を 適 用 したものです 図 3 キャッシュフローチャート (リスク 調 整 後 ) キャッシュフロー 費 用 便 益 分 析 (リスク 調 整 後 ) $20,000,000 $15,000,000 $10,000,000 $5,000,000 $0 ($5,000,000) 導 Initial 入 時 1 Year 年 目 1 Year 2 年 目 2 Year 3 年 目 3 Total 総 費 用 costs Total 総 便 益 benefits Cumulative 累 計 total 表 12 キャッシュフロー (リスク 調 整 後 ) 項 目 導 入 時 1 年 目 2 年 目 3 年 目 合 計 現 在 価 値 総 費 用 ($231,000) ($2,073,750) ($1,371,110) ($1,308,238) ($4,984,099) ($4,232,275) 総 便 益 $0 $4,895,180 $6,523,910 $9,638,808 $21,057,897 $17,083,603 合 計 ($231,000) $2,821,430 $5,152,800 $8,330,569 $16,073,799 $12,851,328 ROI 304% 回 収 期 間 1 か 月

21 21 Google Apps For Work の 概 要 以 下 の 情 報 は Google により 提 供 されたものであり Forrester はいかなる 申 し 立 ても 一 切 受 け 付 けず また Google また は 同 社 の 製 品 を 推 薦 しているわけでもありません Google Apps for Work は Gmail Google ドライブ (ファイルの 保 管 と 共 有 ) ハングアウト (ビデオ 会 議 とチャット) ド キュメント スプレッドシート プレゼンテーション (スライド 作 成 ) フォーム カレンダー サイト そして 管 理 コン ソール (アドミン) を 含 む 企 業 向 けのアプリケーションスイートです Google のアプリケーションは Web ブラウザ 上 で 実 行 されます 追 加 のソフトウェアをインストールする 必 要 はなく iphone ipad および Android のモバイル 端 末 とタ ブレットでも 利 用 できます また Google は 拡 張 性 信 頼 性 および 安 全 性 が 高 いデータセンターでバックエンドイン フラストラクチャを 管 理 しているため 顧 客 がサーバーの 購 入 構 成 パッチ 適 用 継 続 的 なアップグレード 等 を 行 う 必 要 はありません GOOGLE APPS FOR WORK には 以 下 のツールが 含 まれています Gmail (ビジネスメール) は 高 精 度 な 迷 惑 メールフィルタ 瞬 時 のメール 検 索 テキスト 音 声 複 数 のユーザーによ るビデオ 会 議 やチャットを 組 み 合 わせた 機 能 のほか 優 先 トレイ 等 の 生 産 性 向 上 に 役 立 つ 機 能 も 備 えています Gmail は 標 準 的 な 電 子 メールソフトでどんなモバイル 端 末 からもアクセスできるほか ios や Android 端 末 向 けの 専 用 アプリケーションも 用 意 されています Google ドライブ はファイルの 同 期 共 有 サービスであり どこでも どんな 端 末 からでも 最 新 のファイルにアクセス できます パソコンはもちろん スマートフォンやタブレットにも 対 応 しています ドライブの 保 存 容 量 は 最 大 5TB で Web ブラウザ 上 でも モバイル 端 末 でも ドキュメント PDF 画 像 ファイル そして HD ビデオを 含 む 一 般 的 な 形 式 のファイルが 即 座 に 閲 覧 できます チームメンバーや 取 引 先 とのファイルやフォルダの 共 有 も 簡 単 で ファイルごとに 閲 覧 のみ コメント 可 編 集 可 等 のアクセス 権 限 を 指 定 するだけです Google ドライブの 容 量 は 無 制 限 で ios や Android 端 末 向 けの 専 用 アプリケーションも 用 意 されているほか Windows や Mac のパソコンに Google ドライ ブをダウンロードすると パソコンと Web のファイルを 同 期 することもできます Google ハングアウト は 最 大 15 人 までのオンラインビデオ 会 議 が 可 能 です ノートパソコン タブレット 電 話 会 議 室 の 機 器 で 参 加 でき HD 動 画 を 送 受 信 できます また お 互 いの 画 面 を 見 ながら 共 同 作 業 を 進 めることができ 迅 速 な 連 絡 にはボイスメールやテキストメッセージが 役 立 ちます ios や Android 端 末 向 けの 専 用 アプリケーションも 用 意 されています Google ドキュメント は リアルタイムのコラボレーションを 可 能 にする 文 書 作 成 ツールです 複 数 のチームが 一 つの 文 書 で 同 時 に 作 業 ができ プロジェクトをより 短 期 間 に 完 了 させることができます Google ドキュメントでは 画 像 表 計 算 式 図 リンクなどを 使 用 して 文 書 を 作 成 できます また コメント 機 能 により 権 限 を 割 り 当 てた 相 手 から フィードバックや 承 認 を 迅 速 に 受 けることができます 他 の 主 な 文 書 作 成 ソフトで 作 成 した 文 書 を Google ドキュメン トで 編 集 したり Google ドライブにアップロードした.doc.docx.rtf 等 の 一 般 的 な 形 式 のファイルを Google ドキュメ ント 形 式 に 変 換 したりすることも 可 能 です Google ドキュメントの 一 部 の 作 業 はインターネットに 接 続 していなくても 実 行 できます ios や Android 端 末 向 けの 専 用 アプリケーションも 用 意 されています Google スプレッドシートは パワフルな 表 計 算 ツールで 複 数 のユーザーが 同 時 に 編 集 することができます 高 度 な 数 式 埋 め 込 みグラフ フィルタ ピボットテーブルなどのツールを 使 用 して データを 様 々な 視 点 から 検 討 できます また スプレッドシートエディタでリスト 共 有 プロジェクト 管 理 データ 分 析 と 結 果 の 追 跡 を 行 うことができます 他 の 主 な 表 計 算 ソフトで 作 成 した 文 書 を Google スプレッドシートで 編 集 したり Google ドライブにアップロードした xls.xlsx.csv 等 の 一 般 的 な 形 式 のファイルを Google スプレッドシート 形 式 に 変 換 したりすることも 可 能 です Google スプレッドシートの 一 部 の 作 業 はインターネットに 接 続 していなくても 実 行 できます ios や Android 端 末 向 け の 専 用 アプリケーションも 用 意 されています

22 22 Google プレゼンテーションでは 複 数 のチームが 同 時 にプレゼンテーション 資 料 を 作 成 できます プレゼンテーショ ンエディタでは 動 画 の 埋 め 込 み アニメーション 動 的 なスライド 切 り 替 え 等 がサポートされています プレゼン テーション 資 料 は 顧 客 向 けに Web 上 で 公 開 することも 同 僚 や 取 引 先 のみに 限 定 して 共 有 することもできます 他 の 主 なプレゼンテーションソフトで 作 成 した 文 書 を Google プレゼンテーションで 編 集 したり Google ドライブにアップ ロードした.ppt.pptx 等 の 一 般 的 な 形 式 のファイルを Google プレゼンテーション 形 式 に 変 換 したりすることも 可 能 で す Google プレゼンテーションの 一 部 の 作 業 はインターネットに 接 続 していなくても 実 行 できます ios や Android 端 末 向 けの 専 用 アプリケーションも 用 意 されています Google フォームでは アンケート 等 の 入 力 フォームを 文 書 作 成 と 同 じように 簡 単 に 作 成 し Web 上 で 公 開 することが できます Google フォームは メールやソーシャルメディアで 共 有 したり Web サイトに 埋 め 込 んだりすることがで きます フォームを 他 のユーザーへ 送 信 し 収 集 した 回 答 を Google スプレッドシートで 直 接 分 析 できます Google カレンダーでは 従 業 員 が 個 人 のスケジュールを 管 理 するだけでなく プロジェクトごとに 同 僚 と 共 有 のカレ ンダーを 作 成 することで スケジュールを 調 整 し 会 議 室 等 をリソースとして 登 録 することもできます また 複 数 の 従 業 員 のスケジュールをまとめて 表 示 する 場 合 は 複 数 のカレンダーを 重 ねるだけで 瞬 時 に 表 示 できます Google カレ ンダーは 標 準 的 なカレンダーソフトに 対 応 し どんなモバイル 端 末 からもアクセスできるほか ios や Android 端 末 向 けの 専 用 アプリケーションも 用 意 されています Google サイトでは プロジェクトの Web サイトやイントラネットを 作 成 および 共 有 できます プログラミングやテク ニカルサポートは 一 切 必 要 ありません Google サイトを 使 うと チームの 書 類 カレンダー 動 画 等 を 簡 単 に 1 つの 場 所 にまとめて 共 有 できるため 全 員 が 文 字 通 り 同 じ 画 面 で 作 業 をすることになります また スマートフォンやタ ブレットに 表 示 する 場 合 も ごく 簡 単 な 操 作 でサイトを 最 適 化 できます Google Apps Vault は Google Apps 上 のデータの 保 持 アーカイブ および e-ディスカバリ 機 能 であり IT 管 理 者 が 業 務 上 重 要 な 情 報 を 管 理 し 訴 訟 や 従 業 員 の 離 職 等 の 不 測 の 事 態 に 備 えることができます また 法 律 に 基 づく 情 報 開 示 請 求 監 査 内 部 調 査 等 への 対 応 にかかる 時 間 を 短 縮 し コストを 削 減 できます さらに 従 業 員 の 離 職 時 にも 従 業 員 が 担 当 していたプロジェクトや 連 絡 について 進 捗 状 況 を 確 認 するのに 役 立 ちます Google Apps Marketplace から 入 手 できる 数 百 ものサードパーティ 製 アプリケーションにより Google Apps の 機 能 が 強 化 され CRM ( 顧 客 関 係 管 理 ) プロジェクト 管 理 会 計 経 理 営 業 ( 販 売 マーケティング) 等 のツールも 追 加 され ました これらは 簡 単 にアクセスできるシングルサインオン (SSO) 等 により Google Apps とシームレスに 連 携 されて います 最 先 端 のセキュリティ Google のインフラストラクチャは 非 常 に 重 要 な 企 業 情 報 を 安 全 に 保 存 できるため 何 百 万 もの 組 織 (Google Inc. を 含 む) に 信 頼 されています Google データセンターは 安 全 性 信 頼 性 冗 長 性 を 確 保 するためにネットワークを 構 築 し 世 界 屈 指 の 情 報 セキュリティ 専 門 家 がこれをサポートしています Google のデータセンターでは 物 理 的 なセキュリティとして 独 自 にカスタマイズされた 電 子 カードアクセス 制 御 システム 警 報 システム 車 両 侵 入 防 止 機 構 敷 地 の 境 界 フェンス 金 属 探 知 機 生 体 認 証 を 含 む 多 層 セキュリティモデルを 採 用 しています データセンターの 床 にはレーザーによる 侵 入 検 知 システムを 使 用 しています Google のデータセンターは 侵 入 者 を 検 知 して 追 跡 できる 高 解 像 度 の 屋 内 カメラと 屋 外 カ メラにより 24 時 間 365 日 監 視 されています インシデントが 発 生 した 場 合 には アクセスログ アクティビティ 記 録 カメラの 録 画 データを 使 って 対 応 します また データセンターでは 厳 正 な 身 元 調 査 とトレーニングを 受 けた 経 験 豊 富 な 警 備 員 が 定 期 的 にパトロールを 行 っています Google は 情 報 セキュリティチームとして ソフトウェアエンジニアリ ングとオペレーション 担 当 部 門 に 情 報 セキュリティとプライバシーを 専 門 とする 500 名 以 上 の 常 勤 社 員 を 配 置 し ネット ワークとアプリケーションを 監 視 し 脅 威 に 対 応 しています

23 23 Google はセキュリティ 対 策 について 独 立 した 第 三 者 による 監 査 を 受 けています また 業 界 のセキュリティ 基 準 に 準 拠 し コンプライアンスを 実 現 するために ISO の 認 証 を 取 得 し SOC 2 SOC 3 Type II の 監 査 を 受 けています Google Apps はお 客 様 の 米 国 HIPAA ( 医 療 保 険 の 相 互 運 用 性 と 説 明 責 任 に 関 する 法 律 ) への 準 拠 をサポートしています Google はまた 米 国 と EU 間 のセーフハーバーフレームワークの 原 則 を 遵 守 し EU データ 保 護 指 令 の 要 件 に 準 拠 する 手 段 としてのモデル 契 約 条 項 を 採 用 しています 信 頼 性 稼 働 率 保 証 サポート Google のサービス レベル 契 約 (SLA) では Google Apps について 99.9% の 稼 働 率 を 保 証 しており 実 際 これまでの 稼 働 率 はこのしきい 値 をはるかに 上 回 っています Google は 顧 客 企 業 向 けのサポートはもちろん 管 理 上 の 重 大 な 問 題 に ついては 電 話 により 24 時 間 365 日 サポートいたします Google Apps for Work の 詳 細 については google.com/apps をご 覧 ください

24 24 付 録 A:モデル 組 織 について 本 TEI 調 査 ではモデル 組 織 を 想 定 し この 組 織 が Google Apps for Work を 導 入 した 場 合 の 定 量 的 な 評 価 が 可 能 な 便 益 と 費 用 を 見 積 もりました モデル 組 織 は 面 接 調 査 を 実 施 したユーザー 企 業 の 特 性 に 基 づいて 作 成 され 年 間 売 上 高 40 億 ド ルの B2B 多 国 籍 企 業 という 想 定 です 従 業 員 は 12,000 人 で 国 内 外 の 多 くの 支 店 営 業 所 や 現 場 に 派 遣 されています モデル 組 織 ではコラボレーションとイノベーションの 促 進 に 重 点 的 に 取 り 組 んでおり 全 従 業 員 が 一 丸 となって 製 品 の 改 善 と 顧 客 経 験 価 値 の 向 上 に 努 める 必 要 があります モデル 組 織 における Google Apps for Work ユーザー 数 は 10,000 人 です モデル 組 織 が Google Apps for Work の 導 入 を 決 定 した 理 由 は 以 下 のとおりです 組 織 内 のコラボレーションとコミュニケーションを 促 進 する モバイル 端 末 の 業 務 利 用 を 促 進 し 従 業 員 の 生 産 性 を 高 める IT コストを 削 減 する 本 調 査 では 現 在 オンプレミスのレガシーシステムで 電 子 メールサーバーとストレージサーバーを 計 100 台 使 用 していま すが Google Apps のクラウド 環 境 への 移 行 に 伴 い これらのサーバーを 撤 去 します また モデル 組 織 では 役 職 者 400 人 が 出 張 で 電 車 を 利 用 していると 想 定 し 人 件 費 削 減 についても 検 討 しました 枠 組 み 構 築 の 前 提 条 件 表 13 に Forrester が 今 回 の 分 析 に 使 用 したモデルの 前 提 条 件 を 示 しています 現 在 価 値 (PV) 及 び 正 味 現 在 価 値 (NPV) の 計 算 に 適 用 される 割 引 率 は 10% 検 討 期 間 は 3 年 として 財 務 モデルを 作 成 しま した 組 織 は 通 常 現 時 点 の 事 業 環 境 に 基 づき 割 引 率 を 8 ~ 16% の 範 囲 で 設 定 しています これを 適 用 する 場 合 は 各 組 織 の 経 理 部 と 相 談 の 上 組 織 内 で 使 用 する 適 正 な 割 引 率 を 設 定 することをお 勧 めします 表 13 モデルの 前 提 条 件 参 照 番 号 評 価 項 目 計 算 式 値 I1 出 張 する 役 職 者 の 数 400 I2 電 子 メールサーバーとストレージサーバーの 台 数 100 I3 撤 去 する 電 話 機 の 台 数 7,800 I4 電 話 サービス 料 金 (1 台 あたり 年 平 均 ) $226 I5 Google App ユーザーの 平 均 年 収 $93,600 I6 時 間 給 $45

25 25 付 録 B:Total Economic Impact の 概 要 Total Economic Impact (TEI) 法 は Forrester Research が 開 発 した 評 価 方 法 です 組 織 の 意 思 決 定 プロセスの 構 築 に 役 立 ち ベンダーは 評 価 結 果 に 基 づいて 自 社 の 製 品 やサービスの 価 値 を 顧 客 に 紹 介 することができます また TEI 手 法 を 使 用 することで 経 営 陣 や 重 要 な 利 害 関 係 者 に 対 して IT プロジェクトの 実 質 的 な 価 値 を 実 証 正 当 化 および 実 現 するこ とができます TEI 法 は IT ベンダーによる 顧 客 獲 得 維 持 および 顧 客 サービスの 向 上 に 役 立 ちます TEI 法 では 便 益 費 用 リスク 柔 軟 性 の 4 項 目 により 投 資 対 効 果 を 評 価 します 便 益 便 益 とは 提 案 された 製 品 やプロジェクトによってユーザー 組 織 (IT 部 門 や 業 務 部 門 ) にもたらされる 価 値 のことです 通 常 製 品 やプロジェクトの 価 値 を 評 価 するときには IT 関 連 の 経 費 や 経 費 削 減 のみが 強 調 されがちで IT 投 資 が 組 織 全 体 に 与 える 影 響 の 分 析 は 後 回 しにされてしまいます TEI 法 および 調 査 結 果 に 基 づいて 作 成 される 財 務 モデルでは 便 益 の 測 定 と 費 用 の 測 定 に 同 じ 重 みを 与 えることで IT 投 資 が 組 織 全 体 に 与 える 影 響 を 徹 底 的 に 評 価 することができます また 便 益 を 分 析 する 前 に ユーザー 組 織 と 率 直 な 話 し 合 いを 行 い 実 際 にどのような 価 値 創 出 につながるのかを 理 解 する 必 要 があります さらに Forrester では プロジェクト 完 了 後 の 便 益 の 見 積 もりに 関 する 説 明 責 任 と 見 積 もりの 根 拠 に 関 する 説 明 責 任 を 明 確 に 区 別 しています これにより 便 益 の 見 積 もりを 直 接 最 終 的 な 収 益 へとつなげることができるのです 費 用 費 用 とは 提 案 されたプロジェクトから 価 値 ( 便 益 ) を 得 るために 必 要 な 投 資 のことです IT 部 門 や 業 務 部 門 は 人 件 費 材 料 費 外 注 費 等 の 経 費 を 費 用 として 実 質 的 に 負 担 することになります 提 案 された 価 値 を 実 現 するために 必 要 な 投 資 と 経 費 すべてが 費 用 として 考 慮 されます さらに TEI 法 の 費 用 区 分 では ソリューションに 関 連 して 既 存 の 環 境 で 継 続 的 に 発 生 する 追 加 費 用 もすべて 考 慮 されます 費 用 はすべて プロジェクトから 得 られる 便 益 に 結 びつくはずです 柔 軟 性 TEI 法 では 直 接 的 な 便 益 は 投 資 価 値 の 一 部 にすぎません 一 般 に プロジェクトを 正 当 化 するためには 直 接 的 な 便 益 が 非 常 に 重 要 になりますが Forrester は 企 業 は 投 資 の 戦 略 的 価 値 も 測 定 する 必 要 があると 考 えています 柔 軟 性 とは 既 に 行 われた 初 期 投 資 に 加 えて 今 後 予 定 している 投 資 を 前 倒 しで 行 ったときに 得 られる 価 値 のことです たとえば オ フィス 製 品 一 式 を 企 業 全 体 でアップグレードするための 投 資 を 行 った 場 合 標 準 化 の 推 進 ( 効 率 性 の 向 上 ) とライセンス 料 の 削 減 につながる 可 能 性 があります 一 方 組 み 込 みのコラボレーション 機 能 を 使 用 すると 従 業 員 の 生 産 性 向 上 につな がる 可 能 性 がありますが この 機 能 を 実 際 に 使 用 できるようになるのは 将 来 のある 時 点 で 社 員 研 修 に 追 加 投 資 をした 後 のことです しかし このような 便 益 が 得 られるという 可 能 性 自 体 に 見 積 もり 可 能 な 現 在 価 値 があるのです TEI 法 の 柔 軟 性 とは このような 価 値 を 把 握 することです リスク リスクとは 投 資 における 便 益 と 費 用 の 見 積 もりの 不 確 かさを 測 定 したものです 不 確 かさを 測 定 するときには 1) 便 益 と 費 用 の 見 積 もりが 当 初 の 期 待 値 に 一 致 する 可 能 性 および 2) 見 積 もりを 長 期 間 にわたって 確 認 し 追 跡 できる 可 能 性 を 検 討 します TEI 法 では 入 力 値 に 三 角 分 布 の 確 率 密 度 関 数 を 適 用 します 各 費 用 および 便 益 のリスクを 見 積 もるとき には 少 なくとも 3 つの 値 を 計 算 します

26 26 付 録 C: 用 語 解 説 回 収 期 間 : 投 資 金 額 が 回 収 され 損 益 分 岐 点 に 到 達 するまでの 期 間 損 益 分 岐 点 とは 純 便 益 ( 便 益 から 費 用 を 差 し 引 い た 値 ) が 初 期 投 資 金 額 に 等 しくなる 時 点 のことです 割 引 率 :キャッシュフロー 分 析 で 貨 幣 の 時 間 的 価 値 を 考 慮 するために 使 用 する 利 率 各 組 織 は 通 常 自 社 の 事 業 環 境 や 投 資 環 境 に 基 づいて 独 自 の 割 引 率 を 設 定 します Forrester はこの 分 析 において 年 間 割 引 率 を 10% に 設 定 しています 組 織 は 通 常 現 時 点 の 事 業 環 境 に 基 づき 割 引 率 を 8 ~ 16% の 範 囲 で 設 定 しています これを 適 用 する 場 合 は 各 組 織 の 経 理 部 と 相 談 の 上 組 織 内 で 使 用 する 適 正 な 割 引 率 を 設 定 することをお 勧 めします 現 在 価 値 (PV): 利 率 ( 割 引 率 ) が 設 定 されている 場 合 の ( 割 引 後 の) 見 積 もり 費 用 および 便 益 の 現 時 点 での 価 値 費 用 およ び 便 益 の 現 在 価 値 からキャッシュフローの 正 味 現 在 価 値 の 合 計 を 計 算 します 正 味 現 在 価 値 (NPV): 利 率 ( 割 引 率 ) が 設 定 されている 場 合 の ( 割 引 後 の) 将 来 の 正 味 キャッシュフローの 現 時 点 での 価 値 あるプロジェクトの 正 味 現 在 価 値 が 正 であれば 通 常 は 投 資 すべきであることを 意 味 します ただし 他 のプロジェク トの 正 味 現 在 価 値 の 方 が 高 い 場 合 は 別 です 投 資 利 益 率 (ROI):プロジェクトに 投 資 した 金 額 に 対 する 期 待 される 利 益 の 割 合 ROI は 正 味 利 益 ( 利 用 価 値 から 費 用 を 引 いた 値 ) を 費 用 で 割 ることによって 求 められます キャッシュフロー 表 に 関 する 注 意 事 項 本 調 査 で 使 用 したキャッシュフロー 表 に 関 する 注 意 事 項 を 以 下 に 示 します ( 以 下 のサンプル 表 を 参 照 ) 初 期 投 資 の 欄 には 時 間 0 ( 導 入 時 ) または 1 年 目 の 開 始 時 に 発 生 した 費 用 が 記 載 されます この 費 用 には 割 引 率 が 適 用 されません 1 年 目 から 3 年 目 までのキャッシュフローはすべて 各 年 の 末 日 における 割 引 率 が 適 用 されます ( 枠 組 み 構 築 の 前 提 条 件 参 照 ) 見 積 もりの 総 費 用 および 総 便 益 の 各 値 について 現 在 価 値 (PV) を 計 算 しています 正 味 現 在 価 値 (NPV) は 初 期 投 資 と 各 年 の 割 引 後 キャッシュフローの 現 在 価 値 の 合 計 であり 要 約 表 にのみ 記 載 されます 総 便 益 総 費 用 キャッシュフロー の 各 表 の 合 計 金 額 及 び 現 在 価 値 については 四 捨 五 入 のため 合 計 値 が 合 わないことがあります 表 (サンプル) サンプル 表 参 照 番 号 評 価 項 目 計 算 式 1 年 目 2 年 目 3 年 目

4 業 務 概 要 及 び 委 託 期 間 (1)ウェブサイトの 企 画 設 計 及 び 構 築 業 務 契 約 の 日 から 平 成 26 年 9 月 30 日 まで (2)ウェブサイトの 運 用 保 守 更 新 平 成 26 年 10 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 平 成

4 業 務 概 要 及 び 委 託 期 間 (1)ウェブサイトの 企 画 設 計 及 び 構 築 業 務 契 約 の 日 から 平 成 26 年 9 月 30 日 まで (2)ウェブサイトの 運 用 保 守 更 新 平 成 26 年 10 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 平 成 横 浜 美 術 館 ウェブサイト リニューアル 及 び 運 用 業 務 委 託 業 務 説 明 資 料 1 章 一 般 事 項 本 業 務 説 明 資 料 ( 以 下 本 資 料 という)は 公 益 財 団 法 人 横 浜 市 芸 術 文 化 振 興 財 団 ( 以 下 財 団 という)が 発 注 する 横 浜 美 術 館 ウェブサイト リニューアル 及 び 運 用 業 務 ( 以 下 本 業 務

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

Dropbox Businessのご 紹 介

Dropbox Businessのご 紹 介 Dropbox Business ご 紹 介 Dropbox Businessのご 紹 介 クラウドストレージでワーク 環 境 の 変 化 へ 対 応 ワークスタイル ワークスタイルの 変 化 在 宅 勤 務 グローバル 化 スマートデバイス 複 数 端 末 所 持 クラウド データ 保 存 量 増 加 複 数 ユーザーでの コラボレーション マルチデバイス からのアクセス セキュアな 大 容 量

More information

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 2 履 行 期 間 システム 運 用 構 築 導 入 業 務 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 2 月 28 日 まで システム 利 用 にかかる 業 務 平 成 29 年 3 月 1 日 から

More information

第26回国民文化祭京都府実行委員会

第26回国民文化祭京都府実行委員会 別 添 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020 ウェブサイト 作 成 指 針 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 開 催 を 契 機 として 世 界 に 向 けて 日 本 及 び 京 都 の 文 化 芸 術 等 を 発 信 し 体 感 してもらう 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020( 以 下 京 都 文 化 力 プロジェクト という )を 国 内 外

More information

(1) 多 言 語 においては 日 本 語 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 簡 体 字 )の4 言 語 以 上 に 対 応 し て 選 択 表 示 選 択 音 声 を 可 能 とすること 音 声 ガイダンス 用 のデータは 発 注 者 より 提 供 する (2)PC スマートフォン

(1) 多 言 語 においては 日 本 語 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 簡 体 字 )の4 言 語 以 上 に 対 応 し て 選 択 表 示 選 択 音 声 を 可 能 とすること 音 声 ガイダンス 用 のデータは 発 注 者 より 提 供 する (2)PC スマートフォン 宇 城 市 観 光 情 報 WEB アプリケーション 設 計 構 築 保 守 運 用 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザルに 係 る 仕 様 書 1 業 務 名 宇 城 市 観 光 情 報 WEB アプリケーション 設 計 構 築 保 守 運 用 委 託 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 2 業 務 の 目 的 世 界 遺 産 三 角 西 港 をはじめとした 宇 城 市 の 魅 力 をPRして

More information

03 CMS機能審査表.xls

03 CMS機能審査表.xls 厚 真 町 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 ( 別 紙 ) 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1 1.システム 基 本 要 件 Windows

More information

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 仕 様 書 第 1 委 託 業 務 名 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 第 2 委 託 業 務 の 目 的 出 水 市 の 観 光 情 報 サイト( 以 下 観 光 情 報 サイト という )の 日 本 語 サイトを 構 築 するとともに 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 のみ

More information

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社 各 位 2009 年 1 月 28 日 会 社 名 伊 藤 忠 商 事 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 社 長 小 林 栄 三 (コード 番 号 8001 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 広 報 部 長 中 山 勇 (TEL. 03-3497-7291) 三 国 間 貿 易 取 引 に 係 る 債 権 の 回 収 遅 延 及 び 物 流 を 伴 わない 金 融 支 援 取 引 について

More information

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基 ( 別 紙 ) 志 摩 市 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1-1 1.システム 基 本 要 件

More information

(Microsoft Word - \202Q.\216d\227l\217\221 .doc)

(Microsoft Word - \202Q.\216d\227l\217\221 .doc) 犬 山 市 ホームページ 再 構 築 及 び 保 守 運 用 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 年 月 犬 山 市 (1) 背 景 と 目 目 () 基 本 方 針 次 () 安 定 した 稼 働 を 実 現 する いつでも 使 うことができる サイトの 構 築 1. (4) 親 しみやすく 効 果 的 な 広 報 広 聴 媒 体 としての 活 用. () 高 齢 者 障 害 者 を 含 めたすべての

More information

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から

1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高 等 教 育 機 関 の 質 保 証 の 観 点 から 教 材 共 有 システム 開 発 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 9 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 - 1 - 1. 件 名 教 材 共 有 システム( 以 下 システム という ) 開 発 業 務 2. 目 的 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 ( 以 下 機 構 という)では 社 会 から 期 待 される 人 材 養 成 像 の 高 度 化 高

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 説 明 会 用 - 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 - 経 営 力 向 上 計 画 策 定 活 用 の 手 引 き 案 目 次 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 経 営 力 向 上 計 画 の 概 要 (1) 制 度 の 概 要 2 (2) 制 度 利 用 のポイント 2 (3) 中 小 企 業 中 小 企 業 者 等 の 範 囲 3 (4) 制 度 活

More information

Google AppsFAQ_r2

Google AppsFAQ_r2 サイオス コンシェルジュ Google Apps FAQ (2010/01/06 版 ) サイオステクノロジー 株 式 会 社 目 次 全 般 的 な 質 問 質 問 1-1. Google Apps とはどのようなツールですか? 質 問 1-2. Google Apps を 導 入 するメリットは 何 ですか? 質 問 1-3. Standard Edition と Premier Edition

More information

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情 参 考 資 料 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 の 在 り 方 について 平 成 20 年 12 月 知 的 財 産 戦 略 本 部 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 専 門 調 査 会 デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技

More information

<4D F736F F D208B9E91A B838B B E646F6378>

<4D F736F F D208B9E91A B838B B E646F6378> 京 造 メール 利 用 ガイド 京 都 造 形 芸 術 大 学 情 報 システム 課 2016/1/25 更 新 目 次 1. はじめに... 3 2. 初 期 設 定... 3 2-1. スマートフォンでメールを 受 信 する 設 定... 3 2-2. パソコンでメールを 受 信 する 設 定... 5 2-3. 携 帯 電 話 へメールを 転 送 する 設 定... 6 3. メール 送 信

More information

クラウド導入とBYOD導入のポイントとは? Google Appsなどのクラウド導入におけるセキュリティ対策

クラウド導入とBYOD導入のポイントとは?  Google Appsなどのクラウド導入におけるセキュリティ対策 クラウト サービスのセキュリティ 強 化 SSO / アクセス 制 御 を 実 現 するクラウドサービス Gluegent Gate for Office365 のご 紹 介 情 報 基 盤 に 対 する 環 境 変 化 情 報 基 盤 に 対 する 要 件 の 変 化 BCP コンプライアンス 強 化 社 外 利 用 の 推 進 コスト 削 減 生 産 性 向 上 業 務 効 率 化 システム 運

More information

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし 平 成 27 年 度 次 世 代 就 農 リーダー 育 成 事 業 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 平 成 27 年 11 月 福 井 県 若 狭 町 1 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務

More information

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記 Tap Style Cloud サービス 仕 様 書 Ver2.0.0 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲.

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲. いわて 若 者 交 流 ポータルサイト 構 築 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 26 年 8 月 岩 手 県 環 境 生 活 部 若 者 女 性 協 働 推 進 室 目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5

More information

Microsoft PowerPoint - IBM LotusLive 活用ガイド.ppt

Microsoft PowerPoint - IBM LotusLive 活用ガイド.ppt ~クラウドで 組 織 外 とソーシャル コラボレーション~ IBM SmarterCloud for Social Business(SCSB) で 変 わるパートナー 様 お 客 様 との 情 報 共 有 http://www.ibm.com/cloud-computing/social/jp/ja/ 日 本 アイ ビー エム 株 式 会 社 Inside Sales はじめに 1ビジネスを 取

More information

1. 目 的 本 業 務 は 第 2 期 みどりの 里 づくり 基 本 計 画 に 基 づく 久 留 米 市 世 界 のつばき 館 整 備 に 伴 い 集 客 交 流 及 び 耳 納 北 麓 の 回 遊 性 向 上 を 図 るため 当 該 施 設 情 報 や 耳 納 北 麓 の 花 の 開 花 や

1. 目 的 本 業 務 は 第 2 期 みどりの 里 づくり 基 本 計 画 に 基 づく 久 留 米 市 世 界 のつばき 館 整 備 に 伴 い 集 客 交 流 及 び 耳 納 北 麓 の 回 遊 性 向 上 を 図 るため 当 該 施 設 情 報 や 耳 納 北 麓 の 花 の 開 花 や みどりの 里 ウェブサイト 構 築 業 務 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 方 式 実 施 要 領 1 1. 目 的 本 業 務 は 第 2 期 みどりの 里 づくり 基 本 計 画 に 基 づく 久 留 米 市 世 界 のつばき 館 整 備 に 伴 い 集 客 交 流 及 び 耳 納 北 麓 の 回 遊 性 向 上 を 図 るため 当 該 施 設 情 報 や 耳 納 北 麓 の 花 の 開

More information

ホームページリニューアル業務委託

ホームページリニューアル業務委託 平 成 25 年 度 総 務 委 1 号 ホームページリニューアル 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 山 元 町 総 務 課 1. 業 務 の 目 的 山 元 町 公 式 ホームページは 平 成 13 年 度 に 開 設 以 来 町 の 重 要 施 策 や 住 民 等 の 身 近 な 生 活 情 報 などを 掲 載 し 町 内 外 に 行 政 情 報 を 始 めとした 各 種 の 情 報 を 発

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 12 評 価 書 名 岐 阜 市 国 民 年 金 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 岐 阜 市 は 国 民 年 金 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあた り 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

Microsoft PowerPoint - 20131125講演資料(宮崎)_配布資料.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 20131125講演資料(宮崎)_配布資料.ppt [互換モード] 企 業 におけるスマホ タブレット 利 用 動 向 とBYOD BYODの 実 態 2013 年 11 月 22 日 スマートモバイル 活 用 委 員 会 調 査 WG 主 査 三 菱 総 合 研 究 所 経 営 コンサルティング 本 部 宮 崎 要 Copyright Mobile Computing Promotion Consortium. All rights reserved. MCPCの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 ジャストプランニング 個 人 投 資 家 説 明 会 2012 年 12 月 1 日 株 式 会 社 ジャストプランニング(JQ:4287) 1 2 会 社 概 要 商 号 : 株 式 会 社 ジャストプランニング (JUST PLANNING, Inc.) 設 立 : 1994 年 3 月 8 日 資 本 金 : 381,299 千 円 事 業 目 的 : 外 食 業 界 向 け

More information

目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的 背 景 目 的 実 証 事 業 の 内 容 実 施 業 務 検 証 対 象 及 び 項 目 実 施 主 体 実

目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的 背 景 目 的 実 証 事 業 の 内 容 実 施 業 務 検 証 対 象 及 び 項 目 実 施 主 体 実 平 成 27 年 度 新 たなワークスタイルの 実 現 に 資 するテレワークモデルの 実 証 事 業 応 募 要 領 平 成 27 年 9 月 株 式 会 社 エヌ ティ ティ データ 経 営 研 究 所 目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的... 1 1.1. 背 景... 1 1.2. 目 的... 1 2. 実 証 事 業 の 内 容... 2 2.1. 実 施 業 務...

More information

参加表明書・企画提案書様式

参加表明書・企画提案書様式 秋 田 市 道 路 除 排 雪 車 両 運 行 管 理 システム( 仮 称 ) 導 入 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 参 加 表 明 書 企 画 提 案 書 様 式 平 成 25 年 7 月 秋 田 市 建 設 部 道 路 維 持 課 ( 様 式 1) 参 加 表 明 書 業 務 の 名 称 秋 田 市 除 排 雪 車 両 運 行 管 理 システム( 仮 称 ) 導 入 業 務 委 託

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

FORRESTER CONSULTING

FORRESTER CONSULTING Adobe 様 向 け Total Economic Impact 調 査 調 査 プロジェクト ディレクター: Sadaf Roshan Bellord 2012 年 1 月 目 次 要 旨... 2 IT および エンドユーザーの 生 産 性 によるコスト 削 減... 2 ベネフィットとコストに 影 響 を 及 ぼす 要 素... 5 情 報 開 示... 5 TEI のフレームワーク と 方

More information

ChatLuck の 特 長 グループチャット ルーム 複 数 メンバー 間 でチャットを 行 う ルーム 機 能 では テキストや 画 像 によるリアルタイムチャット に 加 え ファイルの 共 有 タスク スケジュール 管 理 アンケートの 収 集 集 計 など 多 数 の 機 能 を 搭 載

ChatLuck の 特 長 グループチャット ルーム 複 数 メンバー 間 でチャットを 行 う ルーム 機 能 では テキストや 画 像 によるリアルタイムチャット に 加 え ファイルの 共 有 タスク スケジュール 管 理 アンケートの 収 集 集 計 など 多 数 の 機 能 を 搭 載 報 道 関 係 者 各 位 プレスリリース 2015 年 12 月 03 日 株 式 会 社 ネオジャパン ネオジャパン グループウェアの 開 発 ノウハウを 活 かした オンプレミス 型 ビジネスチャットシステム ChatLuck を12 月 3 日 提 供 開 始 ~ 仕 事 のスピードを 上 げる 新 コミュニケーション 基 盤 を 提 案 ~ 株 式 会 社 ネオジャパン( 本 社 : 神

More information

大津市 情報システム調達ガイドライン(案)

大津市 情報システム調達ガイドライン(案) Ⅲ. 将 来 に 向 けた 調 査 研 究 項 目 38 (1) 個 人 番 号 (マイナンバー)カードの 活 用 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 実 現 のため 平 成 25 年 5 月 に 番 号 制 度 の 関 連 法 が 国 会 で 成 立 しました 平 成 27 年 10 月 には12 桁 の 個 人 番 号 が 記 載 された 個 人 番 号 カード を 交 付 平 成 28 年

More information

参 考 : こうちプレマ net など (4) 市 町 民 間 団 体 等 の 取 組 投 稿 機 能 子 育 て 支 援 に 関 して 市 町 や 民 間 団 体 等 が 取 組 事 例 を 投 稿 するためのエントリーフォームを 作 成 すること また 投 稿 情 報 について 登 録 修 正

参 考 : こうちプレマ net など (4) 市 町 民 間 団 体 等 の 取 組 投 稿 機 能 子 育 て 支 援 に 関 して 市 町 や 民 間 団 体 等 が 取 組 事 例 を 投 稿 するためのエントリーフォームを 作 成 すること また 投 稿 情 報 について 登 録 修 正 資 料 3 静 岡 県 子 育 て 支 援 ポータルサイト( 仮 称 ) 構 築 業 務 委 託 仕 様 書 1 名 称 静 岡 県 子 育 て 支 援 ポータルサイト( 仮 称 ) 構 築 業 務 2 ホームページの 構 成 ( 別 紙 2 サイト 構 成 案 参 照 ) 今 回 のサイト 構 成 については 別 紙 2 サイト 構 成 案 を 参 考 に 静 岡 県 子 育 て 支 援 ポータルサ

More information

Google Appsマニュアル

Google Appsマニュアル Google Apps マニュアル 学 生 教 員 用 平 成 27 年 12 月 武 庫 川 女 子 大 学 情 報 教 育 研 究 センター 目 次 1. Google Appsとは? 1 1.1 ログイン ログアウト 2 1.2 Google Apps for Education 利 用 のガイドライン 5 2. Gmailとは? 6 3. ドライブとは? 7 3.1 アップロード 閲 覧 ダウンロード

More information

スライド 0

スライド 0 クラウドサービスのご 紹 介 ~クラウドサービスを 利 用 した 新 しいビジネスシーン~ 0 Copyright Digitalio Co.,Ltd. All Right Reserved それは は 国 内 データセンターが 提 供 するクラウドサービスとしての 利 用 が 可 能 です = + + + 企 業 向 けセキュリティ 機 能 : 法 人 向 けプライベートクラウドサービス ユーザーの

More information

これ からのマンション 管 理 はC O R V U S へ 各 マンションに 常 駐 している の 勤 怠 報 告 や 日 報 入 居 状 況 の 把 握 の 修 繕 履 歴 の 確 認 に 対 する さまざまな 情 報 管 理 や 提 供 など マンション 管 理 には 幅 広 い 業 務 内

これ からのマンション 管 理 はC O R V U S へ 各 マンションに 常 駐 している の 勤 怠 報 告 や 日 報 入 居 状 況 の 把 握 の 修 繕 履 歴 の 確 認 に 対 する さまざまな 情 報 管 理 や 提 供 など マンション 管 理 には 幅 広 い 業 務 内 S E R V I C E I N F O R M A T I O N http://www.ddr8.co.jp これ からのマンション 管 理 はC O R V U S へ 各 マンションに 常 駐 している の 勤 怠 報 告 や 日 報 入 居 状 況 の 把 握 の 修 繕 履 歴 の 確 認 に 対 する さまざまな 情 報 管 理 や 提 供 など マンション 管 理 には 幅 広 い

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 10 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 徳 島 市 は 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの

More information

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度 ASP SaaS 安 全 信 頼 性 に 係 る 情 報 開 示 認 定 制 度 認 定 の (1/7) 認 定 番 号 : 01321107, 名 称 :isearch(アイサーチ), 事 業 者 名 称 : デジアナコミュニケーションズ 株 式 会 社 / 1 開 示 情 報 の 時 点 開 示 情 報 の 日 付 開 示 情 報 の 年 月 日 ( 西 暦 ) 2015/6/17 事 業 所

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20428199575F8341835783838343838B82C6834E83898345836882C982E682E95F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20428199575F8341835783838343838B82C6834E83898345836882C982E682E95F947A957A97702E70707478> アジャイルとクラウドによる 電 子 書 籍 元 年 へのチャレンジ 株 式 会 社 角 川 コンテンツゲート 様 における BOOK WALKER WALKERプロジェクト 1 Android 端 末 をお 持 ちの 方 マーケットにいき BOOK WALKERを 検 索 して 下 さい これで 貴 方 の 端 末 にBOOK WALKERが インストールされました 2 1 章 プロジェクト 概 要

More information

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1 クラウド 型 シラバスシステム クラシラ 利 用 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 基 本 機 能 に 関 する 定 義 ) 本 規 約 において 用 いられる 語 の 定 義 は, 次 号 の 通 りとする Web 入 稿 シラバス 登 録 編 集 管 理 シラバスの 科 目 情 報 講 義 内 容 および 教 員 情 報 の 登 録 編 集 管 理 を Web 上 でおこな うサービス

More information

ソフトウェア取引の収益の会計処理に関する実務上の取扱い

ソフトウェア取引の収益の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 17 号 ソフトウェア 取 引 の 収 益 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 18 年 3 月 30 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 ソフトウェア 取 引 を 事 業 の 中 心 とした 情 報 サービス 産 業 においては 無 形 の 資 産 である ソフトウェアの 内 容 及 び 状 況 の 確 認 の 困 難 さや その

More information

支 配 株 主 名 該 当 なし 親 会 社 名 親 会 社 の 上 場 取 引 所 該 当 なし 該 当 なし 補 足 説 明 - 3. 企 業 属 性 上 場 予 定 市 場 区 分 決 算 期 業 種 直 前 事 業 年 度 末 における( 連 結 ) 従 業 員 数 直 前 事 業 年 度

支 配 株 主 名 該 当 なし 親 会 社 名 親 会 社 の 上 場 取 引 所 該 当 なし 該 当 なし 補 足 説 明 - 3. 企 業 属 性 上 場 予 定 市 場 区 分 決 算 期 業 種 直 前 事 業 年 度 末 における( 連 結 ) 従 業 員 数 直 前 事 業 年 度 平 成 27 年 7 月 29 日 ベステラ 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 吉 野 佳 秀 問 合 せ 先 : 03-3630-5555 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Ⅰ.コーポレート ガバナンスに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 及 び 資 本 構 成 企 業 属 性 その 他 の 基 本 情 報 1. 基 本 的 な 考 え 方 当

More information

が 互 いに 関 連 付 けられます VLSC の [アクセス 権 限 詳 細 ] ページに 登 録 されたお 客 様 の 勤 務 先 電 子 メール アドレスが 表 示 されます お 客 様 自 身 が 管 理 者 であり 登 録 時 にエラー メッセージが 表 示 された 場 合 は 署 名 済

が 互 いに 関 連 付 けられます VLSC の [アクセス 権 限 詳 細 ] ページに 登 録 されたお 客 様 の 勤 務 先 電 子 メール アドレスが 表 示 されます お 客 様 自 身 が 管 理 者 であり 登 録 時 にエラー メッセージが 表 示 された 場 合 は 署 名 済 ボリューム ライセンス サービス センター シナリオ 形 式 よくある 質 問 ボリューム ライセンス サービス センターについて ボリューム ライセンス サービス センターは 管 理 機 能 の 強 化 登 録 手 続 きの 簡 素 化 アクセス 権 限 管 理 の 簡 素 化 により 優 れた 柔 軟 性 とセルフサービス 機 能 を 提 供 いたします マイクロソフトは ご 購 入 いただいたソフトウェアとサービスのライセンスの

More information

事 業 規 模 金 11,000 千 円 ( 消 費 税, 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む 金 額 ) 構 築 時 から 本 稼 働 までに 必 要 な 費 用 この 金 額 は, 本 業 務 に 係 る 契 約 時 の 予 定 価 格 を 示 すものでは 無 く, 事 業 規 模 を 示

事 業 規 模 金 11,000 千 円 ( 消 費 税, 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む 金 額 ) 構 築 時 から 本 稼 働 までに 必 要 な 費 用 この 金 額 は, 本 業 務 に 係 る 契 約 時 の 予 定 価 格 を 示 すものでは 無 く, 事 業 規 模 を 示 気 仙 沼 市 ホームページ 作 成 システム 構 築 業 務 プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 要 領 は, 気 仙 沼 市 ホームページ 作 成 システム 構 築 業 務 に 係 る 委 託 事 業 者 を 選 定 するにあたり, 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 2 プロポーザル 方 式 を 採 用 する 理 由 本 市 では, 現 在 運 用 しているホームページ 作

More information

目 次 1. 背 景 目 的 1 2. 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 1 (1) 番 号 制 度 の 導 入 趣 旨 1 (2) 個 人 番 号 の 利 用 範 囲 2 (3) 番 号 制 度 の 導 入 スケジュール 3 3. 行 動 計 画 の 策 定 にあたっての 視 点 4

目 次 1. 背 景 目 的 1 2. 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 1 (1) 番 号 制 度 の 導 入 趣 旨 1 (2) 個 人 番 号 の 利 用 範 囲 2 (3) 番 号 制 度 の 導 入 スケジュール 3 3. 行 動 計 画 の 策 定 にあたっての 視 点 4 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 円 滑 な 導 入 及 び 活 用 に 向 けた 行 動 計 画 八 王 子 市 平 成 26 年 4 月 目 次 1. 背 景 目 的 1 2. 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 1 (1) 番 号 制 度 の 導 入 趣 旨 1 (2) 個 人 番 号 の 利 用 範 囲 2 (3) 番 号 制 度 の 導 入 スケジュール 3 3. 行 動

More information

FORRESTER CONSULTING

FORRESTER CONSULTING Forrester Total Economic Impact 調 査 RSA Archer IT GRC に 関 する Total Economic Impact プロジェクト ディレクター: 主 任 コンサルタント Jeffrey North 2012 年 4 月 目 次 要 旨... 2 IT GRC は 強 力 な ROI と 迅 速 な 資 本 回 収 をもたらします... 2 開 示 事

More information

スライド 1

スライド 1 株 式 会 社 TCSI 本 資 料 記 載 の 情 報 は 本 資 料 が 作 成 された 時 点 の 情 報 に 基 づいております 変 更 される 可 能 性 がございますので 予 めご 理 解 ご 了 承 の 程 お 願 い 申 し 上 げます 情 報 漏 洩 事 故 の 企 業 が 何 らかの 情 報 セキュリティ 事 故 を 経 験 (IPAの2015 年 の 実 態 調 査 ) 大 手

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ 会 計 監 査 人 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 説 明 書 ( 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 会 計 監 査 人 業 務 ( 平 成 28 年 度 から 平 成 32 年 度 )) 平 成 28 年 9 月 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に

More information

項 目 設 定 設 置 可 能 項 目 数 100 項 目 投 票 フォームの 設 置 可 能 投 票 項 目 数 1 項 目 (10 選 択 肢 ) 必 須 項 目 設 定 条 件 項 目 設 定 添 付 ファイル 合 計 容 量 入 力 項 目 を 必 須 項 目 に 設 定 できます フォーム

項 目 設 定 設 置 可 能 項 目 数 100 項 目 投 票 フォームの 設 置 可 能 投 票 項 目 数 1 項 目 (10 選 択 肢 ) 必 須 項 目 設 定 条 件 項 目 設 定 添 付 ファイル 合 計 容 量 入 力 項 目 を 必 須 項 目 に 設 定 できます フォーム 更 新 日 :2015 年 4 月 14 日 料 金 初 期 費 用 月 額 料 金 無 料 サーバーの 初 期 セットアップ 時 以 外 または 複 数 フォームメーラーを インストールする 場 合 には 別 途 費 用 が 必 要 となります 無 料 スペック 100 個 作 成 可 能 フォーム 数 一 般 投 票 注 文 フォームに 対 応 設 置 可 能 項 目 数 100 項 目 添 付

More information

れたテキストデータとスキャン 時 の 画 像 データは 名 刺 データベースに 格 納 される ユーザーは 企 業 ごとの アカウントを 使 ってリンクナレッジのWebアプリにログインし クラウドに 登 録 された 自 社 の 名 刺 データ をパソコンやスマートフォン タブレット 端 末 携 帯

れたテキストデータとスキャン 時 の 画 像 データは 名 刺 データベースに 格 納 される ユーザーは 企 業 ごとの アカウントを 使 ってリンクナレッジのWebアプリにログインし クラウドに 登 録 された 自 社 の 名 刺 データ をパソコンやスマートフォン タブレット 端 末 携 帯 (123) 名 刺 管 理 ソリューションと iphone/ipad の 活 用 で 商 談 機 会 を 創 出 商 談 が 予 定 よりも 早 く 終 わったときに 同 じ 会 社 の 別 部 署 の 方 に 電 話 を 入 れ あいさつだけでもしてお くのは 営 業 担 当 者 の 常 とう 手 段 だ とりわけ 遠 方 の 顧 客 を 訪 問 する 際 は 一 回 の 訪 問 で 可 能 な

More information

5. 履 行 内 容 ( 1 ) 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 本 事 業 の 受 託 者 は 別 紙 1 : 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 で 指 示 する 内 容 に 基 づき Android 及 び iphone のスマートフォンで 動 作 するアプリを 構

5. 履 行 内 容 ( 1 ) 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 本 事 業 の 受 託 者 は 別 紙 1 : 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 で 指 示 する 内 容 に 基 づき Android 及 び iphone のスマートフォンで 動 作 するアプリを 構 平 成 27 年 度 駒 ヶ 根 市 子 育 て 支 援 アプリ 開 発 事 業 仕 様 書 仕 様 書 1. 件 名 平 成 27 年 度 駒 ヶ 根 市 子 育 て 支 援 アプリ 開 発 事 業 業 務 委 託 2. 目 的 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 てに 関 する 情 報 について 親 しみやすいスマートフォンアプリケ ーションを 開 発 活 用 し 結 婚 から 子 育 てまでの 情

More information

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力 平 成 25 年 12 月 佐 賀 県 が 進 める 先 進 的 ICT 利 活 用 教 育 推 進 事 業 の 取 組 状 況 と 学 習 用 パソコン 導 入 の 背 景 (VOL.3) 佐 賀 県 教 育 委 員 会 1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の

More information

Microsoft PowerPoint - Server_機能集.pptx

Microsoft PowerPoint - Server_機能集.pptx Visible & Smart Office 可 視 化 で 仕 事 をスマートに 本 デジタルオフィス 全 11ページ( 表 紙 含 む) DO!Cat Server 機 能 ご 紹 介 日 本 デジタルオフィス 株 式 会 社 P1 DO!Cat Server のご 紹 介 ファイルが 見 える! 活 かせる! Microsoft SharePoint Server 2007に 対 応! INDEX

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082C782B182C582E0834C83838372836C836283678FD089EE8E9197BF3230313630352E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082C782B182C582E0834C83838372836C836283678FD089EE8E9197BF3230313630352E70707478> 企 業 向 けオンラインストレージサービス どこでもキャビネット ご 紹 介 資 料 平 成 28 年 5 月 サービスの 概 要 マルチデバイスに 対 応 した 法 向 けオンラインストレージサービス Windowsアプリケーションのご 利 により ブラウザを 利 しなくてもファイル 共 有 が 可 能! iosアプリケーションのご 利 により ipad iphoneにデータの 保 存 が 可 能!

More information

はじめに 平 成 16 年 1 月 に e-tax が 運 用 を 開 始 し その 翌 年 の 平 成 17 年 1 月 に eltax は 運 用 を 開 始 した e-tax の 利 用 率 が 年 々 増 加 する 中 eltaxにおいても 参 加 する 地 方 公 共 団 体 の 数 が

はじめに 平 成 16 年 1 月 に e-tax が 運 用 を 開 始 し その 翌 年 の 平 成 17 年 1 月 に eltax は 運 用 を 開 始 した e-tax の 利 用 率 が 年 々 増 加 する 中 eltaxにおいても 参 加 する 地 方 公 共 団 体 の 数 が 電 子 申 告 に 関 する 要 望 事 項 (eltax 編 ) 平 成 28 年 6 月 22 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 情 報 システム 委 員 会 はじめに 平 成 16 年 1 月 に e-tax が 運 用 を 開 始 し その 翌 年 の 平 成 17 年 1 月 に eltax は 運 用 を 開 始 した e-tax の 利 用 率 が 年 々 増 加 する 中 eltaxにおいても

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

Microsoft Word - ☆06-0資料3:表紙.doc

Microsoft Word - ☆06-0資料3:表紙.doc 資 料 -3 鉄 道 プロジェクトの 評 価 手 法 マニュアル 2012 ( 案 ) 国 土 交 通 省 鉄 道 局 2012 年 3 月 目 次 第 1 編 総 説 第 1 章 本 マニュアルの 目 的 と 改 訂 の 経 緯... 1 1.1 本 マニュアルの 対 象 と 目 的... 1 1.2 マニュアル 改 訂 の 経 緯... 2 第 2 章 鉄 道 プロジェクト 評 価 の 基 本

More information

目 次 調 査 概 要 調 査 サマリー 母 集 団 ( 回 答 者 )の 特 徴 について 回 答 者 の 特 徴 調 査 結 果 タブレット 端 末 /スマートフォンの 法 人 営 業 への 導 入 段 階 タブレット 端 末 /スマートフォンの 法 人 営 業 への 導 入 目 的 タブレット

目 次 調 査 概 要 調 査 サマリー 母 集 団 ( 回 答 者 )の 特 徴 について 回 答 者 の 特 徴 調 査 結 果 タブレット 端 末 /スマートフォンの 法 人 営 業 への 導 入 段 階 タブレット 端 末 /スマートフォンの 法 人 営 業 への 導 入 目 的 タブレット 法 人 営 業 における タブレット 端 末 /スマートフォンの 利 用 実 態 調 査 2012 年 8 月 6 日 ( 月 ) PDCAコンサルティングで 顧 客 育 成 を 実 現 する 株 式 会 社 パワー インタラクティブ http://www.powerweb.co.jp/ 目 次 調 査 概 要 調 査 サマリー 母 集 団 ( 回 答 者 )の 特 徴 について 回 答 者 の 特

More information

設 置 工 事 完 了 の 翌 月 より 会 費 がかかります 会 費 は 施 設 単 位 で 年 度 初 めに 1 年 分 を 前 払 いとなります ( 年 度 途 中 の 利 用 開 始 については 個 別 に 対 応 します ) 利 用 を 中 止 する 場 合 は 退 会 届 [ 様 式 第

設 置 工 事 完 了 の 翌 月 より 会 費 がかかります 会 費 は 施 設 単 位 で 年 度 初 めに 1 年 分 を 前 払 いとなります ( 年 度 途 中 の 利 用 開 始 については 個 別 に 対 応 します ) 利 用 を 中 止 する 場 合 は 退 会 届 [ 様 式 第 晴 れやかネット 運 用 マニュアル ver.4.00 はじめに 晴 れやかネット とは 各 医 療 機 関 に 保 管 されている 患 者 さんの 医 療 情 報 を 専 用 の 回 線 で 結 び 相 互 に 共 有 することにより 診 療 などに 役 立 てるためのシステムです 患 者 さんの 同 意 のもと 複 数 の 医 療 機 関 の 医 療 情 報 を 共 有 し 診 察 や 検 査

More information

Microsoft Word - ToyoNetメール[1].doc

Microsoft Word - ToyoNetメール[1].doc Ⅴ ToyoNet ToyoNet とは 東 洋 大 学 が 提 供 する 情 報 ネットワーク 基 盤 の 総 称 で ToyoNet メール と ToyoNet-ACE からなります ToyoNet-ACE を 利 用 し 自 宅 から 授 業 の 講 義 ノート コンテンツを 参 照 した 予 習 復 習 教 員 からの 小 テ ストやレポート 提 出 などができます また ToyoNet メール

More information

<92868AFA8BC696B1895E896395FB906A2E786C73>

<92868AFA8BC696B1895E896395FB906A2E786C73> 中 期 務 運 営 方 針 ( 平 成 6 度 - 平 成 8 度 ) 平 成 6 3 月 制 定 平 成 7 3 月 改 定 . 中 期 務 運 営 方 針 策 定 趣 旨 中 期 務 運 営 方 針 ( 平 成 6 度 平 成 8 度 ) これまで 総 括 平 成 4 月 設 立 ( 設 立 5 経 過 ) 認 定 割 賦 販 売 協 会 認 定 個 人 情 報 保 護 団 界 団 として 活

More information

仕 様 書 1. 業 務 の 名 称 平 成 27 年 度 四 国 地 域 知 的 財 産 戦 略 本 部 ホームページ 等 リニューアル 業 務 2. 背 景 及 び 目 的 四 国 経 済 産 業 局 ( 以 下 当 局 という)では 四 国 地 域 における 経 済 産 業 の 発 展 に 知

仕 様 書 1. 業 務 の 名 称 平 成 27 年 度 四 国 地 域 知 的 財 産 戦 略 本 部 ホームページ 等 リニューアル 業 務 2. 背 景 及 び 目 的 四 国 経 済 産 業 局 ( 以 下 当 局 という)では 四 国 地 域 における 経 済 産 業 の 発 展 に 知 平 成 27 年 度 四 国 地 域 知 的 財 産 戦 略 本 部 ホームページ 等 リニューアル 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 四 国 経 済 産 業 局 地 域 経 済 部 産 業 技 術 課 特 許 室 仕 様 書 1. 業 務 の 名 称 平 成 27 年 度 四 国 地 域 知 的 財 産 戦 略 本 部 ホームページ 等 リニューアル 業 務 2. 背 景 及 び 目

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条 御 意 見 の 要 旨 と 1 総 括 的 意 見 (18 件 ) 個 人 情 報 の 保 護 をより 厳 しく 徹 底 する 内 容 になっており, 見 直 しに より 良 い 条 例 になることを 期 待 し ている 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 しては, 引 条 例 では, 個 人 情 報 の 収 集 の 制 限, 利 用, き 続 き 慎 重 にしてほしい 提 供 の 制 限, 電

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度 ASP SaaS 安 全 信 頼 性 に 係 る 情 報 開 示 認 定 制 度 認 定 の (1/7) 認 定 番 号 : 00070805, 名 称 :ネットde 会 計, 事 業 者 名 称 : 株 式 会 社 パイプドビッツ / 1 開 示 情 報 の 時 点 開 示 情 報 の 日 付 開 示 情 報 の 年 月 日 ( 西 暦 ) 2016/4/8 事 業 所 事 業 2 事 業 者 名

More information

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ

More information

エ シラバスの 公 開 サイトはレスポンシブ 対 応 ( 様 々な 種 類 の 機 器 や 画 面 サイズに 単 一 のファイルで 対 応 )しているこ オ 教 員, 職 員 の 利 用 グループを 作 成 し,グループ 毎 に 予 め 設 定 した 権 限 ( 利 用 メニューやマスタメンテナンス

エ シラバスの 公 開 サイトはレスポンシブ 対 応 ( 様 々な 種 類 の 機 器 や 画 面 サイズに 単 一 のファイルで 対 応 )しているこ オ 教 員, 職 員 の 利 用 グループを 作 成 し,グループ 毎 に 予 め 設 定 した 権 限 ( 利 用 メニューやマスタメンテナンス 仕 様 書 件 名 契 約 期 間 契 約 条 件 公 立 大 学 本 学 京 都 市 立 芸 術 大 学 ( 教 務 学 生 課 ) WEBシラバスシステムに 係 るソフトウェアのリース 契 約 締 結 日 から 平 成 32 年 9 月 30 日 1 目 的 京 都 市 立 芸 術 大 学 ( 以 下, 本 学 という )は, 従 来 実 施 していたシラバ ス 冊 子 の 作 成 を 取 り

More information

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 2. 業 務 目 的 平 成 29(2017) 年 5 月 25 日 から6 月 4 日 にかけて 神 戸 文 化 ホールにおいて 開 催 される 第 9 回 神 戸 国 際 フルートコンクール を 核

More information

Microsoft PowerPoint - 【那須野】セキュリティ問題について

Microsoft PowerPoint - 【那須野】セキュリティ問題について 平 成 26 年 度 森 林 情 報 高 度 利 活 用 開 発 事 業 報 告 会 1 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 ~ 情 報 セキュリティ 検 討 ワーキンググループ 活 動 報 告 ~ 2015 年 3 月 20 日 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 情 報 セキュリティ 検 討 WG 1. 目 的 2 森 林 の 有 する 多 面 的 機 能 を 将 来 にわたって

More information

業 員 と それ 以 外 を 区 別 し て 資 格 等 によ り 区 分 し た 職 種 別 にその 職 務 内 容 と 常 勤 非 常 勤 別 の 人 数 ( 非 常 勤 については 常 勤 換 算 人 数 も 併 記 する こ と ) を 記 載 する こ と 訪 問 介 護 介 護 予 防

業 員 と それ 以 外 を 区 別 し て 資 格 等 によ り 区 分 し た 職 種 別 にその 職 務 内 容 と 常 勤 非 常 勤 別 の 人 数 ( 非 常 勤 については 常 勤 換 算 人 数 も 併 記 する こ と ) を 記 載 する こ と 訪 問 介 護 介 護 予 防 2012 事 業 者 の 法 人 格 及 び 法 人 名 称 代 表 者 の 役 職 名 及 び 氏 名 法 人 登 記 簿 記 載 の 所 在 地 連 絡 先 部 署 名 法 人 が 行 っ ている 他 の 業 務 電 話 番 号 設 立 年 月 について 記 載 する こ と F A X 番 号 やイ ン タ ーネッ ト のア ド レ スがあ る 場 合 には 合 わせて 記 載 する こ と

More information

<8250814493648E7190BF8B818EF39574835683588365838082C98AD682B782E94641512E786C73>

<8250814493648E7190BF8B818EF39574835683588365838082C98AD682B782E94641512E786C73> 障 害 者 自 立 支 援 給 付 支 払 等 システム に 関 するFAQ に 関 するFAQ 1 簡 易 入 力 システム 導 入 作 業 環 境 以 前 簡 易 入 力 ソフトの 仕 様 はMicrosoft Office Excel 2003(Service Pack2 以 降 )となっ ていましたが この 点 について 現 状 でも 変 更 はないのでしょうか Excel 2007 2002

More information

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者 事 務 連 絡 平 成 25 年 2 月 14 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 ( 以 下 治 験 に 係 る 文 書 等 という )については 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について ( 平 成

More information

❶ 個 人 情 報 ってなんだろう? 個 人 情 報 保 護 法 では 保 護 が 必 要 な 情 報 を 個 人 情 報 個 人 データ 保 有 個 人 データ の3つの 概 念 に 分 けています 3つの 概 念 ごとに 実 施 しなくてはならない 義 務 が 定 められています 個 人 情 報

❶ 個 人 情 報 ってなんだろう? 個 人 情 報 保 護 法 では 保 護 が 必 要 な 情 報 を 個 人 情 報 個 人 データ 保 有 個 人 データ の3つの 概 念 に 分 けています 3つの 概 念 ごとに 実 施 しなくてはならない 義 務 が 定 められています 個 人 情 報 事業者の皆さん その取り扱いで大丈夫 個人情報 こんな時 どうしたらいい?? 携帯電話を 落とした アンケートを とるときに 気をつけることは 個人情報って 取引先に 渡していいの これを読んで 考えよう!! 私の個人情報が 知らないうちに 使われているという 苦情が入った 本パンフレットは 事業者の皆さんに 個人情報保護法を遵守し 大切な個人情報を適切に活用するために 最低限知っていていただきたいことを

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 活 動 報 告 WEB 投 稿 マニュアル 活 動 報 告 WEB 概 要 活 動 報 告 用 のメールをつくる WEBを 確 認 する その 他 の 注 意 事 項 最 後 に 1 活 動 報 告 WEBの 仕 組 み1 2015 年 1 月 1 日 リリース スマートフォンやパソ コンからテキストと 画 像 のメールを 投 稿 する だけでWeb 化 されるシ ステムを 採 用 2 ご 注 意

More information

Microsoft Word - 全婦連システム委託開発仕様書(募集用)

Microsoft Word - 全婦連システム委託開発仕様書(募集用) システム 委 託 開 発 仕 様 書 全 日 本 婦 人 子 供 服 工 業 組 合 連 合 会 1. 事 業 のテーマ クラウド 技 術 を 活 用 した 営 業 力 向 上 ツール 2. 開 発 の 目 的 とターゲット 組 合 員 企 業 の 業 務 効 率 化 と 販 売 戦 略 ツールとして 売 上 拡 大 3.システム 開 発 にかかわる 前 提 条 件 (1) 従 来 の 事 務 系

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

1 EC サイトの 構 築 (ア) 基 本 要 件 サイト 全 体 を CMS で 管 理 できること 商 品 登 録 数 を 100 以 上 可 能 とし 拡 張 できること 会 員 登 録 したユーザーにメールマガジンを 送 ることが 出 来 るようにすること Facebook や twitte

1 EC サイトの 構 築 (ア) 基 本 要 件 サイト 全 体 を CMS で 管 理 できること 商 品 登 録 数 を 100 以 上 可 能 とし 拡 張 できること 会 員 登 録 したユーザーにメールマガジンを 送 ることが 出 来 るようにすること Facebook や twitte 次 のとおり 公 募 により 企 画 提 案 を 募 集 し その 内 容 を 審 査 して 最 良 の 提 案 をした 者 を 選 定 し 随 意 契 約 の 相 手 方 の 候 補 者 とする 手 続 ( 以 下 公 募 型 プロポーザル 方 式 という ) を 実 施 する 平 成 27 年 9 月 1 日 由 仁 町 長 松 村 諭 1 公 募 型 プロポーザル 方 式 に 付 する 事 項

More information

目 次 1.メールの 概 要... 3 1.1 利 用 するクラウドメールサービス(Gmail)... 3 Gmail とは... 3 Gmail の 主 な 特 徴... 3 1.2. 利 用 イメージ... 3 2. ログイン 初 期 設 定... 4 2.1 アクセス 方 法... 4 2.2

目 次 1.メールの 概 要... 3 1.1 利 用 するクラウドメールサービス(Gmail)... 3 Gmail とは... 3 Gmail の 主 な 特 徴... 3 1.2. 利 用 イメージ... 3 2. ログイン 初 期 設 定... 4 2.1 アクセス 方 法... 4 2.2 メールシステム 基 本 操 作 マニュアル 帝 京 大 学 宇 都 宮 キャンパス 本 マニュアルに 記 載 されていない 設 定 やデザインの 違 い 等 は 最 新 の Gmail のヘルプを 参 照 してください なお 帝 京 大 学 の Gmail 使 用 環 境 は 特 別 なものであり 使 用 できる 機 能 が 限 られております [ 参 照 ] Google Gmail ヘルプ http://support.google.com/mail/

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E8B8E4095F18D908F91817A8B6389EF895E896388CF88F589EF>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E8B8E4095F18D908F91817A8B6389EF895E896388CF88F589EF> 平 成 28 年 2 月 20 日 長 与 町 議 会 議 長 内 村 博 法 様 議 会 運 営 委 員 会 委 員 長 饗 庭 敦 子 委 員 会 調 査 報 告 書 平 成 28 年 1 月 12 日 派 遣 承 認 された 調 査 事 件 について 別 紙 のとおり 会 議 規 則 第 77 条 の 規 定 により 報 告 します 1 調 査 月 日 平 成 28 年 2 月 10 日 (1

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

ご 提 供 価 格 1 配 信 数 無 制 限 月 額 2,000 円 圧 倒 的 な 低 価 格 プラン 名 登 録 アドレス 数 月 額 料 金 初 期 費 用 ( 初 回 のみ) 3,000 3,000 2,000 円 5,000 5,000 3,000 円 7,000 7,000 4,000

ご 提 供 価 格 1 配 信 数 無 制 限 月 額 2,000 円 圧 倒 的 な 低 価 格 プラン 名 登 録 アドレス 数 月 額 料 金 初 期 費 用 ( 初 回 のみ) 3,000 3,000 2,000 円 5,000 5,000 3,000 円 7,000 7,000 4,000 メール 配 信 システムのご 案 内 ご 提 供 価 格 1 配 信 数 無 制 限 月 額 2,000 円 圧 倒 的 な 低 価 格 プラン 名 登 録 アドレス 数 月 額 料 金 初 期 費 用 ( 初 回 のみ) 3,000 3,000 2,000 円 5,000 5,000 3,000 円 7,000 7,000 4,000 円 10,000 10,000 5,000 円 ご 契 約 期

More information

About ESOMAR

About ESOMAR ICC/ESOMAR 市 場 および 社 会 調 査 における 国 際 行 動 規 範 はじめに マーケティングおよび 社 会 調 査 実 施 の 行 動 規 範 は 1948 年 に ESOMAR が 初 めて 発 行 した その 後 国 内 規 制 当 局 および 国 際 商 業 会 議 所 (ICC)により 数 々の 行 動 規 範 が 作 成 された 1976 年 ICC と ESOMAR

More information

利用規約(プラットフォーム経由型)

利用規約(プラットフォーム経由型) NHKオンデマンド 利 用 規 約 in U-NEXT 日 本 放 送 協 会 ( 以 下 NHK といいます )が 株 式 会 社 U-NEXT( 以 下 動 画 配 信 サービス 事 業 者 といいます )が 実 施 するプラットフォーム 機 能 を 介 して 提 供 する NHKオンデマンドサービスの 利 用 規 約 については 以 下 に 定 めるとおりとします 第 1 章 総 則 第 1

More information

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです All About,Inc. 最 終 更 新 日 :2016 年 6 月 30 日 株 式 会 社 オールアバウト 代 表 取 締 役 社 長 江 幡 哲 也 問 合 せ 先 :03-6362-1300 証 券 コード:2454 http://corp.allabout.co.jp/

More information

(Microsoft Word - 2015.11.27\207C\213\306\226\261\216d\227l\217\221R.docx)

(Microsoft Word - 2015.11.27\207C\213\306\226\261\216d\227l\217\221R.docx) 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 直 方 市 ホームページ 再 構 築 業 務 2. 再 構 築 の 背 景 直 方 市 のホームページは 平 成 22 年 にリニューアルし 市 政 や 市 の 魅 力 等 の 広 報 媒 体 とし て 活 用 してきた しかし リニューアルから 5 年 を 経 た 現 在 では ICT( 情 報 通 信 技 術 )の 発 達 や 通 信 機 器 の 発 達 などユーザーニーズの

More information

ユーザー論文の書き方(雛形)

ユーザー論文の書き方(雛形) IT を 利 活 用 した 仲 間 運 営 管 理 システム 池 田 勇 介 1.はじめに 近 年 わが 国 ではいわゆる 団 塊 の 世 代 が 定 年 となりシルバー 世 代 が 増 加 したことなどから 余 暇 を 楽 しむ 人 たちが 様 々 形 でコミュニティを 作 っている 会 員 が 10 名 前 後 と 少 数 のコミュニティであれ ば 招 集 案 内 や 資 料 の 配 布 などの

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

はじめに このたびは フリーウェイ 顧 客 管 理 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 顧 客 管 理 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお

はじめに このたびは フリーウェイ 顧 客 管 理 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 顧 客 管 理 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお フリーウェイ 顧 客 管 理 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイ 顧 客 管 理 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 顧 客 管 理 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお 本 書 の 内 容 は 本 システムの 操 作 に

More information

改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の 内 容 は 下 記 の 新 ガイドラインで 包 括 的 に 解 説 電 気 通 信 事

改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の 内 容 は 下 記 の 新 ガイドラインで 包 括 的 に 解 説 電 気 通 信 事 電 気 通 信 事 業 法 改 正 後 の 消 費 者 保 護 ルール 平 成 28 年 3 月 総 務 省 総 合 通 信 基 盤 局 電 気 通 信 事 業 部 消 費 者 行 政 課 改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の

More information

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す 第 332 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (6)-3 2016 年 3 月 23 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 税 効 果 会 計 に 関 する 開 示 の 検 討 - 合 理 的 な 説 明 に 関 連 する 開 示 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 税 効 果 会 計 に 係 る 開 示 に 関 する 論 点 のうち

More information

歌 山 フリーWi-Fi 設 置 事 業 者 の 情 報 を 組 み 込 むこと また 上 記 現 在 の 和 歌 山 県 多 言 語 観 光 サイトにある Attraction of Wakayama の 各 カテゴリー 別 情 報 ページ とリンクした 仕 組 みを 構 築 すること 項 目 1

歌 山 フリーWi-Fi 設 置 事 業 者 の 情 報 を 組 み 込 むこと また 上 記 現 在 の 和 歌 山 県 多 言 語 観 光 サイトにある Attraction of Wakayama の 各 カテゴリー 別 情 報 ページ とリンクした 仕 組 みを 構 築 すること 項 目 1 和 歌 山 県 多 言 語 観 光 サイトリニューアルの 制 作 保 守 管 理 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 和 歌 山 県 多 言 語 観 光 サイトリニューアルの 制 作 保 守 管 理 等 業 務 委 託 2 委 託 期 間 本 業 務 の 委 託 契 約 期 間 は 契 約 締 結 の 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までとし 本 業 務 に よる 和 歌

More information

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス 第 1 条 ( 本 サービスの 内 容 ) いつでも 書 店 ( 以 下 本 サービス といいます )は いつでも 書 店 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )がお 客 様 に 対 し いつでも 書 店 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 提 供 するサービスをいいます 第 2 条 ( 本 サービスの 利 用 ) 1. 本 サービスの 利 用 を 希 望

More information

目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要 件 確 認 書 作 成

目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要 件 確 認 書 作 成 砥 部 町 財 務 会 計 システム 更 新 事 業 仕 様 書 平 成 25 年 10 月 砥 部 町 企 画 財 政 課 目 次 第 1 業 務 名 1 第 2 業 務 の 目 的 1 第 3 全 体 仕 様 1 第 4 財 務 会 計 システム 導 入 業 務 仕 様 3 第 5 財 務 会 計 システム 保 守 業 務 仕 様 6 第 6 提 案 書 作 成 要 領 7 第 7 機 能 要

More information

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc No.10-001 No.13-063 2014.1 CSR トピックス CSR トピックスは CSR( 企 業 の 社 会 的 責 任 )およびこれに 関 連 する 内 部 統 制 コンプライアンス ( 法 令 等 遵 守 ) リスクマネジメント 環 境 品 質 CS( 顧 客 満 足 ) 労 働 安 全 衛 生 従 業 員 満 足 人 権 社 会 貢 献 CSR 調 達

More information

改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10

改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10 導 入 ガイドライン Ver.1.1 平 成 26 年 6 月 改 訂 履 歴 Ver 変 更 内 容 改 訂 日 1.0 初 版 H26.3.31 1.1 公 共 情 報 コモンズに 関 する 注 意 事 項 の 追 記 H26.6.10 - 目 次 - 1. はじめに... 3 2. 概 要... 3 2.1. 開 発 コンセプト... 3 (1) 人 命 にかかわる 初 動 の 災 害 対 応

More information