Dell DR Series システム バージョン 用リリースノート

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Dell DR Series システム バージョン 3.2.6 用リリースノート"

Transcription

1 Dell DR Series システム バージョン 用 リリースノート

2 メモ 注 意 警 告 メモ: メモでは コンピュータを 使 いやすくするための 重 要 な 情 報 を 説 明 しています 注 意 : 注 意 では ハードウェアの 損 傷 やデータの 損 失 の 可 能 性 を 示 し その 問 題 を 回 避 するための 方 法 を 説 明 しています 警 告 : 警 告 では 物 的 損 害 けが または 死 亡 の 原 因 となる 可 能 性 があることを 示 しています 著 作 権 2015 Dell Inc. 無 断 転 載 を 禁 じます この 製 品 は 米 国 および 国 際 著 作 権 法 ならびに 米 国 および 国 際 知 的 財 産 法 で 保 護 されています Dell および Dell のロゴは 米 国 および / またはその 他 管 轄 区 域 における Dell Inc. の 商 標 です 本 書 で 使 用 されているその 他 すべての 商 標 および 名 称 は 各 社 の 商 標 である 場 合 があります Rev. A15

3 目 次 1 リリースノート... 4 システム 情 報 のチェック...4 ドライブとシステムの 容 量...4 外 付 けのドライブ 容 量... 5 対 応 ソフトウェアおよびハードウェア... 6 本 リリースの 新 機 能...6 未 解 決 の 問 題...6 既 知 の 問 題 と 解 決 方 法 サードパーティ 製 のコンポーネント...12 GPL(GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 ) GNU( 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 ) GPL (Lesser 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 ) OpenSSL ライセンス MIT ライセンス(MIT) 著 作 権 情 報 困 ったときは...33 その 他 の 情 報...33 デルへのお 問 い 合 わせ...34 お 使 いのシステムのサービスタグの 位 置 マニュアルのフィードバック

4 リリースノート 1 これらのリリースノートは Dell DR Series システムマニュアルの 補 足 を 目 的 とし DR Series システムの DR4300e DR4300 および DR6300DR 向 けの DR Series システムソフトウェア 最 新 リリースに 対 する 利 用 可 能 な 最 新 情 報 を 提 供 します これらのリリースノートには 最 新 アップデート 既 知 の 問 題 解 決 方 法 および その 他 の 情 報 が 含 まれます 利 用 可 能 な DR Series システムマニュアルの 完 全 なリストについては このリリ ースノートの 末 尾 にある その 他 の 情 報 を 参 照 してください メモ: DR Rapid デバイスの 設 定 についての 手 順 は Dell DR Series System Administrator Guide (Dell DR Series システム 管 理 者 ガイド)を 参 照 してください このガイドは dell.com/support/home でお 使 いの DR Series システムを 選 択 することによってご 利 用 いただけます メモ: dell.com/support/home で デルからの DR Series システムマニュアルの 最 新 バージョンをチェック していただくことをお 勧 めします システム 情 報 のチェック DR Series システムで 問 題 をトラブルシューティングする 場 合 は 常 にインストールされた DR Series システム ソフトウェアが 最 新 であることを 確 認 してください 関 連 ドライバ ソフトウェア およびファームウェア は dell.com/support でご 利 用 いただけます お 使 いのシステムに 最 新 ドライバとファームウェアをダウンロードするには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. dell.com/support にアクセスし サービスタグを 入 力 またはお 使 いの 製 品 を 参 照 します 2. ドライバおよびダウンロード をクリックします 3. View All Drivers(すべてのドライバを 表 示 )をクリックします 4. すべての 関 連 ドライバ ソフトウェア およびファームウェアの 検 索 を 開 始 するために 適 切 な 製 品 があ ることを 確 認 します 現 在 インストールされている DR Series システムソフトウェアバージョンをチェックする 方 法 については dell.comsupport/home で Dell DR Series System Administrator Guide (Dell DR Series システム 管 理 者 ガイド)ま たは Dell DR Series System Command Line Reference Guide (Dell DR Series システムコマンドラインリファレン スガイド)を 参 照 してください ドライブとシステムの 容 量 DR Series システムは DR Series システムソフトウェア を 実 行 する 次 のモデルでのご 利 用 が 可 能 です DR4300e システム DR4300 システム 改 変 済 み Dell PowerEdge R730xd アプライアンスプラットフォーム 上 に 事 前 インストー ルされた DR Series システムソフトウェアで 構 成 されています 改 変 済 み Dell PowerEdge R730xd アプライアンスプラットフォーム 上 に 事 前 インストー ルされた DR Series システムソフトウェアで 構 成 されています 4

5 DR6300 システム 改 変 済 み Dell PowerEdge R730xd アプライアンスプラットフォーム 上 に 事 前 インストー ルされた DR Series システムソフトウェアで 構 成 されており DR4300 よりも 多 くのベ ース 容 量 を 提 供 します 次 の 表 は 物 理 DR Series システムハードウェアアプライアンスに 対 する 内 蔵 システムドライブ 容 量 と 使 用 可 能 な 物 理 的 容 量 を 10 進 値 と 2 進 値 で 定 義 したものです リストされている 容 量 の 値 は DR Series システムリ リースにおける 関 連 オーバーヘッドに 対 して 調 整 された 内 蔵 ドライブ 容 量 と 使 用 可 能 な 物 理 容 量 を 示 してい ます メモ: TB と GB は 10 進 値 のテラバイトおよびギガバイトを 表 しており TiB は 2 進 値 のテビバイトを 表 しています テビバイトは 標 準 に 基 づいたバイトの 2 進 の 倍 数 であり デジタル 情 報 ストレージの 単 位 です 表 1. DR 4300e DR4300 DR6300 のドライブ 容 量 と 使 用 可 能 な 物 理 容 量 システムドライブ 容 量 1 TB(DR4300e システ ムのみ) 1 TB(DR4300e システ ムのみ) ドライブ 9 台 の 容 量 (ホットスペア 付 き で 12 台 の DRV RAID 6)(10 進 数 ) ドライブ 9 台 の 容 量 (ホットスペア 付 き で 12 台 の DRV RAID 6)(2 進 値 ) 15:1 節 約 率 での 論 理 容 量 合 計 (10 進 値 ) 4.5 TB 4.09 TiB 67.5 TB TiB 9 TB 8.18 TiB 135 TB TiB 2 TB 18 TB TiB 270 TiB TB 4 TB 36 TB TiB 540 TB TiB 6 TB(DR6300 システ ムのみ) 8 TB(DR6300 システ ムのみ) 54 TB TiB 810 TB TiB 72 TB TiB 1080 TB TiB 15:1 節 約 率 での 論 理 容 量 合 計 (2 進 値 ) 拡 張 シェルフエンクロージャ 内 の 外 付 けデータストレージ 容 量 についての 情 報 は dell.com/support/home で Dell DR Series System Administrator Guide (Dell DR Series システム 管 理 者 ガイド)のトピック 外 付 けドライ ブの 容 量 と DR Series 拡 張 シェルフ を 参 照 してください 外 付 けのドライブ 容 量 追 加 のデータストレージは 次 の 容 量 の 拡 張 シェルフエンクロージャを 使 用 して 追 加 することができます 次 の 表 にリストされている 容 量 の 値 は DR Series システムアプライアンスにサポートされている 拡 張 シェル フエンクロージャを 追 加 したときに 使 用 可 能 となる 外 付 けドライブ 内 の 追 加 ストレージ 容 量 を 示 していま す 拡 張 シェルフエンクロージャの 詳 細 については Dell DR Series System Interoperability Guide (Dell DR Series システム 相 互 運 用 性 ガイド)の 拡 張 ユニット 制 限 を 参 照 してください 表 2. DR4300e DR4300 DR6300 の 外 付 けドライブ 容 量 と 使 用 可 能 な 物 理 容 量 DR Series システム のドライブ 容 量 使 用 可 能 な 物 理 容 量 (10 進 数 ) 使 用 可 能 な 物 理 容 量 (2 進 数 ) 15:1 節 約 率 での 論 理 容 量 合 計 (10 進 値 ) 15:1 節 約 率 での 論 理 容 量 合 計 (2 進 値 ) 1 TB(DR4300e シス テムのみ) 9 TB 8.18 TiB 135 TB TiB 2 TB 18 TB TiB 270 TB TiB 4 TB(DR4300 およ び DR6300 のみ) 36 TB TiB 540 TB TiB 5

6 6 TB(DR6300 シス テムのみ) 8 TB(DR6300 シス テムのみ) 54 TB TiB 810 TB TiB 72 TB TiB 1080 TB TiB 対 応 ソフトウェアおよびハードウェア Dell DR Series システムでサポートされているハードウェアとソフトウェアの 完 全 なリストについては Dell DR Series System Interoperability Guide (Dell DR Series システム 相 互 運 用 性 ガイド)を 参 照 してください dell.com/support/home にアクセスして このガイドをダウンロードすることも 可 能 です お 使 いの DR Series システムを 選 択 し 製 品 のサポートページを 開 いて お 使 いのシステムの 製 品 マニュアルを 参 照 してくださ い 本 リリースの 新 機 能 本 リリースには DR Series システムソフトウェアの 新 機 能 と 拡 張 機 能 の 他 メンテナンスフィックスも 含 ま れています (メンテナンスフィックスの 詳 細 情 報 については 既 知 の 問 題 と 解 決 方 法 を 参 照 してくださ い ) 次 のリストは 現 在 の リリースに 含 まれる 主 な 機 能 と 拡 張 機 能 について 説 明 しています DR Series システムハードウェアの 新 モデルのサポート - DR Series システムソフトウェアのこのリリース では 新 しいハードウェアアプライアンスモデルである DR4300e DR4300 および DR6300 がサポートされ ています メモ: DR Series システムソフトウェアのリリース は 新 しい DR Series システムハードウェアモ デル(DR4300e DR4300 および DR6300)のみでサポートされます 8 TB ドライブのサポート - 本 リリースでは 新 しい DR Series システムハードウェアが 使 用 可 能 になったた め 8 TB ドライブがサポートされるようになりました 未 解 決 の 問 題 ID 問 題 説 明 / 回 避 策 DR4300e で RM リセットを 実 行 していると き RM イメージの 起 動 中 に RM リセット が 失 敗 する 場 合 がある 大 量 のデータを 持 つ CommVault Simpana を 使 ってバックアップを 再 開 すると NDMP 復 元 が 失 敗 する RHEL 7 クライアントで RDNFS バイナリア ップグレードが 失 敗 する GUI でのソフトウェアアップグレード 中 Software Upgrade(ソフトウェアアップグ レード)ページで 問 題 が 発 生 し アクセス 不 可 の Global View(グローバルビュー)リ ンクが 表 示 され idrac アドレスが N/A と 表 示 される GUI が 適 切 に 更 新 されてい ない RM インストールがハングアップしているようなら idrac コンソールから DR Series システムをリセット します システムがハードディスクから 起 動 し RM インストールが 続 行 されます RM インストールが 完 了 したら DR Series システムを 再 起 動 します NDMP Backup Restartable Extensions(BRE)は このリ リースではサポートされていません 既 存 の RDNFS パッケージをすべてアンインストール してから 新 しいパッケージをインストールします アップグレード 中 にメニュー 上 の Global View(グロー バルビュー)をクリックすることはサポートされてい ません これにはアクセスできないため GUI 上 で 無 視 してもかまいません GUI で Global View(グローバ ルビュー)とソフトウェアアップグレードオプション を 切 り 替 えなかった 場 合 は idrac アドレスが 表 示 さ れます 6

7 ID 問 題 説 明 / 回 避 策 CIFS 使 用 状 況 グラフに CIFS I/O のみを 実 行 しているのに CIFS 書 き 込 みが 存 在 する と 表 示 される マシンのホスト 名 を 変 更 しても すべての コンポーネントで 適 切 にアップデートさ れない 特 定 のアンマウントオプションが 高 速 NFS で 正 しく 機 能 しない 割 り 当 てられたボンドを 通 過 するように 設 定 されたレプリケーショントラフィッ クが 引 き 続 きデフォルトのボンド(bond 0)を 通 過 する iscsi グラフ 上 で 報 告 される 統 計 は 正 確 です バグ 障 害 のため CIFS グラフには 誤 った 統 計 が 報 告 されます が これは 無 視 してかまいません この 問 題 は 将 来 の リリースで 修 正 される 予 定 です この 問 題 は DR Series システムの 正 常 な 動 作 に 既 知 の 障 害 を 発 生 させないため 無 視 してもかまいません これは 将 来 のリリースで 修 正 される 予 定 です -l および -f オプションは rdnfs アンマウント 手 順 でサ ポートされていません レプリケーショントラフィックが 別 のボンドインタ フェースを 通 過 するようにする 場 合 は ルートをアッ プデートするようにテクニカルサポートに 連 絡 しま す 高 速 NFS rdnfs.cfg ファイルに 行 った 手 動 での 変 更 がプラグインのアップデート 間 で 保 持 されない アップグレード 後 にもう 一 度 rdnfs.cfg を 手 動 で 変 更 します DR Series システムがメンテナンスモード に 移 行 すると それが 読 み 取 り 専 用 状 態 に なるため NetVault Backup データコピーま たはデュプリケーションが 停 止 する 詳 細 ネットワーク 設 定 で レプリケーショ ンリンクの 一 部 であるインターフェイス の IP が 変 更 可 能 になっている レプリケーション 統 計 の 取 得 を 試 行 する と システムが Software error: Use of uninitialized value in division(/)at helper.pl line 3548 エラーを 表 示 する 9433 スロット 0 でホットスペアドライブを 交 換 した 後 専 用 ホットスペアが 自 動 的 に 設 定 されない 既 知 の 問 題 と 解 決 方 法 DR Series システムが 操 作 モードに 入 ってからデータ コピー 操 作 を 再 開 してください 新 しい 詳 細 ネットワーク 設 定 の 追 加 は 現 行 システム 設 定 に 影 響 を 与 えないように 現 行 の 設 定 を 把 握 した 上 で 行 ってください これは レプリケーションターゲットが 操 作 可 能 状 態 になっていないために 発 生 します レプリケーショ ンターゲットを 修 正 して 更 新 するか CLI を 使 用 して ください この 情 報 は コマンドラインを 使 用 して 確 認 することができます デルでは 将 来 のリリースで このエラーを 修 正 する 予 定 です ホットスペアが 交 換 された 場 合 は --make_standby コマンドを 使 ってメンテナンスを 実 行 してください この 処 置 については Dell テクニカルサポートにお 問 い 合 わせください 次 の 表 は 本 DR Series システムリリースで 対 処 された 既 知 の 問 題 と 関 連 する 解 決 方 法 のリストです ID 問 題 解 決 方 法 Microsoft DPM に 10 GB テープを 使 用 する と 複 数 テープにまたがるバックアップが 失 敗 する 複 数 のテープにまたがるバックアップに 関 する 推 奨 事 項 は dell.com/support/home で お 使 いの DR Series システム 用 に 提 供 されている 7

8 ID 問 題 解 決 方 法 DR Series システムを 複 数 の OU に 追 加 し てドメインに 参 加 することができない ソース DR Series システムからターゲット DR Series システムへの 複 製 中 に RPC レプ リケーションエラーが 発 生 する 場 合 があ る 高 速 CIFS フィルタドライバのインストー ル 後 誤 ったドライバのバージョンが 表 示 される Remote Desktop の 使 用 時 Internet Explorer (IE)の GUI での SSL 証 明 書 ファイルのイ ンストールに 失 敗 した 容 量 が 残 っている 場 合 でも vx_nospace... というメッセージがコンソ ールに 表 示 される 場 合 がある Microsoft DPM のための DR Series システムベス トプラクティスガイドに 記 載 されています authenticate コマンドで 次 のフォーマット:-- ou toplevelou/middlelevelou/ LowerLevelOU/TargetOU を 入 力 します OU を 追 加 するためのこのフォーマットは 現 在 最 新 の Dell DR Series System CLI Guide (Dell DR Series システム CLI ガイド)に 記 載 されていま す プライマリおよびセカンダリレプリケーション ターゲットの MTU 設 定 は 同 一 である 必 要 があ ります レプリケーションは MTU がレプリカ ターゲットと 同 一 に 設 定 されるまで 開 始 されま せん この 推 奨 事 項 は 最 新 の Dell DR Series System Administrator s Guide (Dell DR Series シス テム 管 理 者 ガイド)の レプリケーション 操 作 の 管 理 に 追 加 されています 正 常 なインストールの 完 了 時 ロードされたド ライバのバージョン(rdcifsctl.exe driver -q を 使 用 して 確 認 可 能 )がインストールされたパッケ ージのバージョン(コントロールパネル > イン ストール 済 み 製 品 に 一 覧 表 示 )より 古 い 場 合 は マシンを 再 起 動 する 必 要 があります この 問 題 は システムがシステムフォルダにあるドライ バファイルの 名 前 変 更 / 削 除 に 失 敗 した 場 合 に 発 生 する 可 能 性 があります 証 明 書 ファイルのアップロード 時 GUI は 完 全 パスを 持 つファイル 名 を 使 用 します(これは ローカルシステム 上 でのアップロード 時 には 機 能 します) RDP を 使 用 しているときは Internet Explorer ブラウザの 設 定 で 次 のように ローカルディレクトリパスを 含 める 設 定 を 無 効 にする 必 要 があります 1. インターネットオプション > セキュリテ ィにある インターネット または イン トラネット エリアで レベルのカスタマ イズ をクリックします 2. セキュリティの 設 定 で サーバーにファイ ルをアップロードするときにローカルデ ィレクトリのパスを 含 める までスクロー ルダウンして それが 選 択 されていないこ とを 確 認 します 3. OK をクリックし ブラウザを 更 新 します このメッセージは 大 きな 隣 接 ブロックを 割 り 当 てようとした 結 果 として 表 示 されます 隣 接 ブロックの 割 り 当 ては 失 敗 する 可 能 性 があり 失 敗 すると ファイルの 隣 接 を 維 持 せずに 割 り 当 てが 続 行 されます vx_nospace エラーが 表 示 8

9 ID 問 題 解 決 方 法 されることはありますが このメッセージは 無 視 しても 安 全 です 多 数 のファイル(1M 以 上 )に 対 してカス セカンダリターゲットへのデータの 転 送 が 開 始 ケードレプリケーションを 使 用 するとき される 前 に ソースとプライマリターゲットで セカンダリターゲット 上 にある 実 際 のフ ァイルの 認 識 に 多 少 時 間 がかかる 場 合 が ある 名 前 空 間 の 再 同 期 化 が 完 了 し それら 両 方 でデ ータ 転 送 が 開 始 される 必 要 があります 名 前 空 間 の 再 同 期 化 が 最 初 のレプリケーションペアで 完 了 したら 2 つ 目 のレプリケーションペアで の 再 同 期 化 が 開 始 されます 2 つ 目 のペアで 名 前 空 間 の 再 同 期 化 が 完 了 するまでは データ 転 送 は 行 われません これにより 名 前 空 間 の 再 同 期 化 完 了 の 迅 速 化 が 確 保 され スナップショ ットを 素 早 く 削 除 することができます ユーザーに 共 有 上 での 読 み 取 り 権 限 (ファ 特 定 のドメインユーザーに 対 して Deny イルレベル / セキュリティレベル)しかな write acl を 追 加 することによって そのユー いにも 関 わらず そのユーザーが 共 有 / コ ンテナでファイル / ディレクトリの 作 成 / 書 き 込 みができる ザーに 対 する 書 き 込 み / 作 成 操 作 をブロックす ることができます (この 問 題 は Windows 2008 クライアント 上 で 発 生 します ) プラグインログサービス delldrlogsvc.exe がデフォルトでインストールされていな いため vranger によって 保 護 されている 物 理 ホストで RDA プラグインロギングが デフォルトで 生 成 されない 複 製 するデータがないとき( 例 :レプリケ ーション 状 態 が INSYNC) ターゲットに 十 分 な 空 き 容 量 があるにも 関 わらず レプリ ケーション 統 計 にターゲットのディスク 容 量 が 無 くなりつつあると 示 される 場 合 がある FQDN を 使 用 しており ホスト 名 に 文 字 が 使 用 されている 場 合 ホスト 名 の 追 加 が 機 能 しない 物 理 ホストで RDA プラグインロギングを 有 効 にするには 次 の 手 順 を 実 行 します 1. vranger サーバーから %INSTALLDIR\Dell \RDA\dynlib\delldrlogsvc.exe を 物 理 ホスト 上 の %INSTALLDIR\Dell\vRangerPhysicalClient \<timestamp>rofs ディレクトリにコピーし ます 2. ディレクトリを %INSTALLDIR\Dell \vrangerphysicalclient\<timestamp>rofs に 変 更 します 3. 次 のコマンドを 実 行 します: delldrlogsvc.exe install 4. 次 のコマンドを 実 行 します: delldrlogsvc.exe start これは 複 製 される 保 留 データがあるときに レプリケーションプロセスがターゲットの 容 量 が 満 杯 状 態 であることを 検 出 したが その 後 保 留 データが 削 除 され レプリケーションが 同 期 状 態 となったために 発 生 します レプリケー ションがアイドル 状 態 のときは ターゲットデ ィスク 状 態 はクエリされません 同 様 に レプ リケーションするデータがない 場 合 も ターゲ ット 容 量 が 満 杯 状 態 であることが 表 示 されない 場 合 があります レプリケーション 統 計 におけ るエラー 状 態 は レプリケーションが 同 期 して いない 場 合 以 外 は 意 味 をなしません 名 前 は 数 字 のみが 使 用 されており 名 前 文 字 列 にピリオドが 使 用 される FQDN ではない 場 合 にのみ 追 加 できます 9

10 ID 問 題 解 決 方 法 DR Rapid プラグインのセットアップ 後 に この 情 報 が 正 しく 設 定 されるようにするには ホスト 名 またはドメイン 名 を 変 更 すると DR Rapid プラグインをアンインストールしてか 間 違 ったバックアップモードパススルー ら 再 度 インストールします または 重 複 排 除 になることがある システム 環 境 設 定 の 日 付 と 時 刻 が 過 去 の 日 付 と 時 刻 に 変 更 された 場 合 イベント 情 報 が GUI でキャプチャされない Internet Explorer 9 および 10 のブラウザで Global View(グローバルビュー) 内 から DR Series システムに 移 動 した 後 そのシステ ムからログアウトして Global View(グロー バルビュー)に 戻 ると Global View(グロ ーバルビュー)を 実 行 しているマシンから ログアウトされてしまう 高 速 NFS の 使 用 時 に AIO ストレスツール が 失 敗 する 同 じクライアントからの 並 行 NFS 取 り 込 みで 高 速 NFS のパフォーマンスが 大 幅 に 低 下 する ディレクトリが 522 を 超 えるディレクト リ 構 造 を 作 成 しようとすると File name too long(ファイル 名 が 長 すぎま す)というエラーが 表 示 される Windows 2008 以 降 の 新 しいサーバーがロ ーカルユーザー(システム 管 理 者 以 外 )を アクセス 制 御 リスト(ACL)に 割 り 当 てる ことができない Windows 2008 以 降 のサ ーバーは DR Series プラットフォームでロ ーカルユーザーをクエリしない このタイプのイベント 情 報 は show alerts more コマンドを 使 用 することによって CLI でキ ャプチャされます この 問 題 は 他 の 対 応 ブラウザでは 発 生 しませ ん ブラウザの 情 報 については Dell DR Series System Interoperability Guide (Dell DR Series シス テム 互 換 性 ガイド)を 参 照 してください FUSE を 使 用 する 高 速 NFS は AIO をサポートし ません クライアント 上 で 高 速 NFS を 使 用 するときは 全 体 的 なパフォーマンスに 影 響 することから DR Series システムに 対 し NFS を 同 一 クライア ントから 並 行 して 実 行 しないことをお 勧 めしま す マウントポイント 内 のパスの 制 限 は 4096 バイ トです Windows 2008 以 降 のサーバーを 使 用 している 場 合 は DR Series プラットフォーム 上 で ACL をビ ルトインシステム 管 理 者 ユーザーに 割 り 当 てま す ネットワークインターフェイスからケー ブルを 取 り 外 してからネットワークを 起 動 した 場 合 インターフェイスが IP を 取 Advanced Networking( 詳 細 ネットワーク)に 変 更 を 行 うときは 追 加 または 変 更 するインタフ ェースが 接 続 されていることを 確 認 してくださ 得 しない 次 にケーブルを 再 挿 入 すると い ネットワークを 再 起 動 するには CLI コマ IP を 取 得 するにはネットワークを 再 起 動 する 必 要 がある ンドラインに network --restart と 入 力 し ます DR Rapid の 重 要 メッセージ Alert RDS Restore failed(アラート RDS 復 元 失 敗 )が DR4x00 システムで 報 告 される こ のエラーに 加 えて 読 み 取 り 操 作 に 失 敗 す ると DR Rapid プラグイン 内 部 でイベント が 生 成 される OST と RDS 操 作 のクライアントが 同 じで あり クライアント 接 続 を 手 動 でアップデ DR Rapid プラグインは どのような 種 類 の 読 み 取 り 障 害 に 対 してもイベントを 生 成 します この 問 題 を 回 避 するには OST と RDS プロトコ ルの 両 方 に 共 通 のマシンを 使 うのではなく そ 10

11 ID 問 題 解 決 方 法 ートすると 次 のような 予 期 しないメッセ ージが 表 示 される: ~]# stats -- clients --type RDA RDA Client(s) Type plug-in OS Backup Software Last Access Connection(s) Mode r310-sys-39 RDS Default ~]# ost -- update_client --name r310- sys-39 --mode auto Client is connected with default values. Please update to non-default values. Linux システムでは OST プラグインがす でにシステムにインストールされている 場 合 に RDS プラグインのインストールが 失 敗 する BE にサーバーへの 接 続 問 題 があるとき OST プラグインに 詳 細 なエラーを 返 さな い 場 合 がある idrac を 使 ったシステムのアップグレー ド 時 アップグレードパッケージに 新 しい idrac ファームウェアが 同 時 に 含 まれて いると アップグレードが 完 了 しない 高 速 CIFS プラグインをインストールして レプリケーションの 操 作 を 実 行 すると ブ ルースクリーンにエラー STOP 0x (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4) RDR_FILE_SYSTEM が 表 示 される れぞれに 異 なるクライアントを 使 用 してくださ い 接 続 障 害 についての 詳 しい 情 報 については ク ライアントログファイルを 参 照 してください CLI を 使 用 するか idrac ではなく 通 常 のネット ワークインタフェースを 使 用 する GUI で DR コ ードをアップグレードしてください これは Windows Server 2008 R2 または Windows 7 を 実 行 しているコンピュータ 上 の 共 有 ネット ワークリソースで 発 生 する Microsoft 製 品 のバ グです この 問 題 を 解 決 するには MS KB を 参 照 してください 11

12 サードパーティ 製 のコンポーネント 2 本 製 品 には 次 にリストするサードパーティ 製 コンポーネントが 含 まれています サードパーティライセン スの 詳 細 については を 参 照 してください 一 部 のコンポーネントのソースコードは に 記 載 されています 著 作 権 情 報 については 著 作 権 情 報 を 参 照 してください コンポーネント ライセンス メモ keyutils utility el5 GPL(GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 ) 2.0 libtalloc GPL(GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 ) 3.0 libsigc el6 GPL(GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 ) 2.0 libxml el6 GPL(GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 ) 2.0 Linux SCSI ターゲットフレー ムワーク GPL(GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 ) 2.0 mhvtl GPL(GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 ) 2.0 ライセンスのコピーについては GPL (Lesser 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 ) 3.0 を 参 照 してください ライセンスのコピーについては GPL (Lesser 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 ) 3.0 を 参 照 してください ライセンスのコピーについては GPL (Lesser 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 ) 3.0 を 参 照 してください ライセンスのコピーについては GPL(GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 )2.0 を 参 照 してください ライセンスのコピーについては GPL(GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 )2.0 を 参 照 してください ライセンスのコピーについては GPL(GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 )2.0 を 参 照 してください OpenSSL 1.0.1e OpenSSL ライセンス 本 製 品 には OpenSSL Toolkit での 使 用 のために OpenSSL Project(http:// 開 発 され たソフトウェアが 含 まれています ライセンスのコピーについては OpenSSL ライセンス を 参 照 してく ださい Samba 3.5 GPL(GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 ) 3.0 ライセンスのコピーについては GNU( 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 )3.0 を 参 照 してください Xmlsec el6 MIT ライセンスのコピーについては MIT ライセンス(MIT) を 参 照 し てください 12

13 コンポーネント ライセンス メモ xmlsec1-openssl el6 OpenSSL ライセンス ライセンスのコピーについては OpenSSL ライセンス を 参 照 してく ださい GPL(GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 )2.0 GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 バージョン 2 バージョン 年 6 月 Copyright(C)1989, 1991 Free Software Foundation, Inc., 51 Franklin Street, Fifth Floor, Boston, MA USA この 利 用 許 諾 書 を 一 字 一 句 そのまま 複 製 し 頒 布 することはできますが 変 更 は 許 可 されません Preamble ほとんどのソフトウェアのライセンスは 共 有 したり 変 更 することが 禁 止 されています それに 対 して GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 は フリーソフトウェアを 共 有 および 変 更 する 自 由 を 保 証 する すなわちすべてのユー ザーがソフトウェアを 自 由 に 使 用 できることを 確 認 することを 意 図 しています 本 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 は フリーソフトウェア 財 団 のソフトウェアのほとんどに 適 用 され それを 使 用 する 作 成 者 によるその 他 のプロ グラムにも 適 用 されます ( 他 の Free Software Foundation ソフトウェアには GNU 劣 等 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 が 適 用 されているものがあります )あなたのプログラムにも 適 用 することができます フリーソフトウェアのフリーとは 代 価 ではなく 使 用 が 自 由 であることを 意 味 しています 当 財 団 の 一 般 公 衆 利 用 許 諾 は フリーソフトウェアの 複 製 を 頒 布 する 自 由 (また 必 要 に 応 じてその 頒 布 サービスに 課 金 する 自 由 ) ソースコードを 受 け 取 ることや 希 望 すれば 入 手 が 可 能 であること ソフトウェアを 変 更 してその 一 部 を 新 規 のフリープログラムに 使 用 できること そして これらのことができることを 知 らされているこ とを 確 保 することを 目 的 としています これらの 権 利 を 守 るためには 頒 布 者 がこれらの 権 利 を 否 定 することやこれらの 権 利 の 放 棄 を 要 求 すること を 禁 じる 制 限 を 加 える 必 要 があります ソフトウェアの 複 製 をしたりソフトウェアを 変 更 したりした 場 合 に は これらの 制 限 に 基 づいて 行 為 者 に 一 定 の 責 任 が 発 生 します たとえば あなたがフリーなプログラムの 複 製 物 を 頒 布 する 場 合 有 料 か 無 料 かに 関 わらず あなたは 自 身 が 受 け 取 ったのと 同 じ 権 利 をすべて 受 領 者 に 渡 す 必 要 がある 場 合 があります 受 領 者 がソースコードを 受 領 できるか 後 で 入 手 できることを 保 証 しなければなりません そして 本 許 諾 書 の 条 項 を 示 し 受 領 者 に 自 らの 持 つ 権 利 について 知 らしめなければなりません 当 財 団 は あなたの 権 利 を 2 段 階 で 保 護 します (1) まずソフトウェアに 対 して 著 作 権 を 主 張 し そして (2) あ なたに 本 利 用 許 諾 の 複 製 や 頒 布 または 改 変 についての 法 的 な 許 可 を 与 えます フリーソフトウェアにはいかなる 保 証 もありません したがって 個 々の 頒 布 者 がフリーソフトウェアにつ いて 責 任 を 負 わされることはありません ソフトウェアが 何 者 かによって 改 変 され 頒 布 された 場 合 その ソフトウェアがオリジナルでないことは 受 領 者 にとって 明 白 であるため 他 人 によって 持 ち 込 まれた 問 題 で オリジナルの 作 者 の 評 価 が 傷 つけられることはありません 最 後 に ソフトウェア 特 許 は フリープログラムの 存 続 に 絶 えず 脅 威 を 与 えています フリープログラムの 頒 布 者 が 個 別 に 特 許 使 用 許 諾 権 を 取 得 し そのプログラムを 実 質 的 にプロプライエタリーのソフトウェアに 変 形 してしまう 危 険 は 回 避 しなければなりません そのために 当 財 団 はいかなる 特 許 もすべての 利 用 者 に 無 償 でライセンスされなければならなず そうでない 場 合 はまったくライセンスされるべきではないことを 明 確 にしています 複 製 や 頒 布 改 変 についての 正 確 な 条 項 と 条 件 を 以 下 で 説 明 します GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 複 製 頒 布 および 改 変 に 関 する 諸 条 件 0. 本 利 用 許 諾 は 本 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 の 条 件 の 下 で 頒 布 可 能 であるとする 告 知 が 著 作 権 者 によって 挿 入 さ れているプログラムまたはその 他 の 著 作 物 に 適 用 されます 以 下 プログラム とは このようなプログラ ムまたは 著 作 物 全 般 を 示 し プログラムに 基 づいた 著 作 物 とは 著 作 権 法 におけるプログラムまたは 派 生 著 作 物 を 意 味 します つまり プログラムかその 一 部 を 全 く 同 一 のままか 改 変 を 加 えたか あるいは 他 13

14 の 言 語 に 翻 訳 された 物 を 含 む 著 作 物 を 指 し 示 します ( 以 下 翻 訳 も 無 条 件 で 改 変 に 含 まれます) 利 用 許 諾 の 各 実 施 権 者 を あなた と 呼 びます 複 製 や 頒 布 改 変 以 外 の 活 動 は 本 利 用 許 諾 で 規 定 されていません それらは 対 象 範 囲 ではありません プロ グラムを 実 行 する 行 為 は 制 限 されず プログラムからの 生 産 物 は その 内 容 が プログラムに 基 づく 著 作 物 を 構 成 する 場 合 にのみ 対 象 となります(プログラムの 実 行 によって 作 成 されたという 事 実 とは 関 係 ありませ ん) これは プログラムが 何 をするのかに 応 じて 異 なります 1. あなたはプログラムのソースコードの 一 字 一 句 違 わない 複 製 物 を 媒 体 に 関 係 なく 受 け 取 った 通 りの 形 で 複 製 または 頒 布 することができます ただし 個 々の 複 製 物 に 適 切 な 著 作 権 表 示 と 保 証 の 免 責 条 項 を 目 立 つよう 適 切 に 付 記 すること 本 利 用 許 諾 および 一 切 の 保 証 の 不 在 に 関 するすべての 通 知 をそのま ま 維 持 すること また 本 利 用 許 諾 の 複 製 物 をプログラムとともに 頒 布 することが 条 件 になります あなたは 複 製 物 を 譲 渡 するという 物 理 的 な 行 為 に 対 して 手 数 料 を 課 すことができます また あなたの 判 断 で 手 数 料 を 受 け 取 る 代 わりに 保 証 を 提 供 することもできます 2. あなたは プログラムの 複 製 物 またはその 一 部 を 改 変 してプログラムに 基 づく 著 作 物 を 作 成 し かかる 改 変 物 または 著 作 物 を 上 記 第 1 項 の 定 める 条 件 下 で 複 製 または 頒 布 することができます ただし 以 下 の 条 件 をすべて 満 たす 必 要 があります a. 改 変 したファイルに あなたがファイルを 変 更 したこと および 変 更 日 をよく 分 かるように 記 載 し なければなりません b. すべてまたは 一 部 がプログラムを 含 む 著 作 物 あるいはプログラムまたはその 一 部 から 派 生 した 著 作 物 をしたり 公 開 する 場 合 は その 著 作 物 は 本 利 用 許 諾 の 条 件 下 ですべての 第 三 者 に 対 して 無 償 で ライセンス 付 与 されなければなりません c. 改 変 されたプログラムが 実 行 時 に 通 常 インタラクティブにコマンドを 読 み 取 る 場 合 通 常 の 方 法 で インタラクティブに 使 用 するために 実 行 を 開 始 したときに 適 切 な 著 作 権 通 知 と 保 証 がないことを 示 す 告 知 を 印 刷 するか 表 示 しなければなりません( 別 途 保 証 が 提 供 されている 場 合 は 除 く) この 告 知 には ユーザーがこれらの 条 件 下 でプログラムを 再 できることと 本 利 用 許 諾 のコピーを 見 る 方 法 について 記 載 する 必 要 があります( 例 外 :プログラムそのものはインタラクティブであっても 通 常 そのような 告 知 を 印 刷 しない 場 合 プログラムに 基 づいた 著 作 物 に 告 知 を 印 刷 させる 必 要 はありません) これらの 必 要 条 件 は 改 変 した 著 作 物 全 体 に 適 用 されます 著 作 物 の 特 定 可 能 な 部 分 がプログラム の 派 生 物 ではなく その 部 分 が 独 立 した 別 個 の 著 作 物 であると 合 理 的 に 考 えられる 場 合 あなたが かかる 部 分 を 別 の 著 作 物 として 頒 布 すると その 部 分 には 本 利 用 許 諾 とその 条 件 は 適 用 されませ ん しかし あなたがプログラムに 基 づく 著 作 物 全 体 の 一 部 としてかかる 部 分 を 頒 布 すると 頒 布 物 全 体 が 本 利 用 許 諾 の 条 件 に 従 わなければなりません 本 利 用 許 諾 が 他 の 被 許 諾 者 に 与 える 許 可 は 著 作 物 全 体 に 及 び 著 作 者 に 関 係 なく 各 部 分 のすべてが 保 護 されます 本 項 の 意 図 は そのすべてをあなたが 作 成 した 著 作 物 に 対 して 権 利 を 主 張 したり あなたの 権 利 に 異 議 を 唱 えたりすることではありません 本 項 の 意 図 は プログラムに 基 づく 派 生 物 または 集 合 著 作 物 の 頒 布 を 管 理 する 権 利 を 行 使 することにあります さらに プログラムに 基 づかないその 他 の 著 作 物 をプログラム(またはプログラムに 基 づく 著 作 物 )とともに 1 つのストレージまたは 頒 布 媒 体 に 集 めただけでは その 他 の 著 作 物 は 本 利 用 許 諾 の 対 象 にはなりません 3. 上 記 第 1 節 および 第 2 節 の 条 件 に 従 い あなたはプログラム(または 第 2 節 で 定 められる プログラム に 基 づく 著 作 物 )をオブジェクトコードないし 実 行 可 能 な 形 式 で 複 製 または 頒 布 することができます ただし 次 のいずれかを 合 わせて 実 行 する 必 要 があります a. プログラムに 対 応 した 完 全 かつ 機 械 で 読 み 取 り 可 能 なソースコードを 物 に 添 付 し ソースコードは 上 記 第 1 節 および 2 節 の 条 件 に 従 いソフトウェアの 交 換 で 習 慣 的 に 使 われる 媒 体 で 頒 布 しなけれ ばならない あるいは b. プログラムコードの 頒 布 に 要 する 物 理 的 コストを 上 回 らない 程 度 の 手 数 料 で 第 三 者 に 対 して 完 全 かつ 機 械 で 読 み 取 り 可 能 なソースコードを 頒 布 するという 最 低 3 年 間 有 効 な 書 面 の 申 し 出 を 添 付 し 上 記 第 1 節 および 2 節 の 条 件 に 従 いソフトウェアの 交 換 に 使 われる 記 憶 媒 体 で 頒 布 しなければ ならない あるいは 14

15 c. 対 応 するソースコード 頒 布 に 関 して 受 け 取 った 情 報 を 添 付 する(この 選 択 肢 は 非 営 利 的 なに 限 り 上 記 第 b 節 に 従 ってオブジェクトコードあるいは 実 行 可 能 な 形 式 でプログラムを 受 け 取 った 場 合 にのみ 可 能 です) 著 作 物 のソースコードとは 改 変 を 行 うために 望 ましい 形 式 を 意 味 します 実 行 可 能 な 形 式 の 場 合 完 全 なソースコードとは 著 作 物 が 含 むモジュールすべてのソースコード 全 部 に 加 え 関 連 す るインタフェース 定 義 ファイル および 実 行 可 能 ファイルのコンパイルとインストールを 制 御 する スクリプトを 意 味 します ただし 特 別 な 例 外 として されたソースコードは コンポーネント 自 体 に 実 行 可 能 ファイルが 付 随 しない 限 り 実 行 可 能 ファイルが 実 行 されるオペレーティングシステム の 主 要 なコンポーネント(コンパイラやカーネル 等 )と 一 緒 に 通 常 されるもの(ソースまたはバイ ナリ 形 式 のいずれか)を 含 む 必 要 はありません 指 定 された 場 所 から 複 製 できるようアクセスを 許 可 することで 実 行 可 能 なファイルまたはオブジ ェクトコードが 頒 布 される 場 合 ソースコードもそれと 同 じ 場 所 から 複 製 できるよう 同 等 のアクセ スを 許 可 すれば 第 三 者 がオブジェクトコードとともにソースを 複 製 することを 強 制 されていなく ても ソースコード 頒 布 とみなされます 4. あなたは 本 利 用 許 諾 において 明 確 に 提 示 された 以 外 の 方 法 でプログラムの 複 製 改 変 サブライセン ス または 頒 布 を 行 ってはなりません 提 示 された 以 外 の 方 法 でプログラムの 複 製 改 変 サブライセ ンス または 頒 布 をする 行 為 はいずれも 無 効 であり このような 行 為 があった 場 合 本 利 用 許 諾 に 基 づ くあなたの 権 利 はただちに 停 止 されます しかし 本 利 用 許 諾 に 基 づいて 複 製 物 または 権 利 をあなたか ら 取 得 した 当 事 者 については 本 利 用 許 諾 に 完 全 に 従 っている 限 り 利 用 許 諾 が 終 了 することはありませ ん 5. あなたは 本 利 用 許 諾 を 承 認 する 必 要 はありません なぜなら 本 利 用 許 諾 に 署 名 していないからです しかし あなたに 対 してプログラムまたはその 派 生 著 作 物 の 改 変 または 頒 布 を 許 可 するものは 本 利 用 許 諾 以 外 にありません あなたが 本 利 用 許 諾 を 承 認 しない 場 合 これらの 行 為 は 法 によって 禁 じられま す したがって あなたがプログラム(またはプログラムに 基 づく 著 作 物 )を 改 変 または 頒 布 すること により あなたはそれを 行 うために 本 利 用 許 諾 を 承 認 し プログラムまたはプログラムに 基 づく 著 作 物 の 複 製 頒 布 改 変 に 関 する 諸 条 件 をすべて 受 け 入 れたことを 示 したものと 見 なされます 6. あなたがプログラム(またはプログラムに 基 づく 著 作 物 )を 再 頒 布 するたびに その 受 領 者 は 元 の 利 用 許 諾 者 から 本 利 用 許 諾 の 条 件 の 対 象 となっているプログラムを 複 製 頒 布 または 改 変 するための 利 用 許 諾 を 自 動 的 に 取 得 するものとします あなたは 受 領 者 がここで 認 められた 権 利 を 行 使 することに 関 して これ 以 上 のいかなる 制 限 も 課 してはなりません あなたには 第 三 者 が 本 利 用 許 諾 に 従 うことを 強 制 する 責 任 はありません 7. 裁 判 所 の 判 決 特 許 侵 害 あるいはその 他 の 理 由 ( 特 許 関 係 に 限 らない)による 申 し 立 ての 結 果 あな たに 本 利 用 許 諾 の 条 件 と 矛 盾 する 制 約 が 課 されたとしても( 裁 判 所 命 令 や 契 約 などのいずれによるかは 問 わない) それによってあなたが 本 利 用 許 諾 の 条 件 を 免 除 されることはありません あなたが 本 利 用 許 諾 に 基 づく 義 務 と 関 係 するその 他 の 義 務 を 同 時 に 満 たす 形 でプログラムを 頒 布 できない 場 合 結 果 としてあなたはプログラムを 一 切 頒 布 できなくなります たとえば あなたから 直 接 または 間 接 的 に 複 製 物 を 受 け 取 ったすべての 人 が プログラムを 使 用 料 無 料 で 再 頒 布 することを 特 許 使 用 許 諾 によって 禁 じられている 場 合 あなたがその 制 約 と 本 利 用 許 諾 の 両 方 を 満 たすには プログラムの 頒 布 を 完 全 に 中 止 するしかありません 本 項 の 一 部 が 特 定 の 状 況 下 で 無 効 または 適 用 不 可 能 な 場 合 でも 残 りの 部 分 の 効 力 に 影 響 はなく ま た その 他 の 状 況 では 本 項 全 体 が 適 用 されるものとします 本 項 の 目 的 は 特 許 やその 他 の 財 産 権 を 侵 害 したり このような 権 利 の 主 張 の 効 力 に 異 議 を 唱 えたりす るようあなたに 勧 めることではありません 本 項 の 唯 一 の 目 的 は 公 衆 利 用 許 諾 によって 実 現 されてい るフリーソフトウェア 頒 布 システムの 完 全 性 を 維 持 することです 多 くの 人 々が フリーソフトウェア 頒 布 システムが 一 貫 性 をもって 適 用 されているという 信 頼 に 基 づき このシステムを 介 して 頒 布 される さまざまなソフトウェアに 多 大 な 貢 献 をしてきました しかし どのようなシステムを 介 してソフトウ ェアを 頒 布 するかを 決 めるのは 著 作 者 / 提 供 者 であり 利 用 許 諾 者 が 選 択 を 押 しつけることはできませ ん 本 項 は 本 利 用 許 諾 のその 他 の 部 分 が 帰 結 するところを 徹 底 的 に 明 確 にすることを 意 図 しています 8. プログラムの 頒 布 または 使 用 が ある 国 において 特 許 または 著 作 権 で 保 護 されたインタフェースによっ て 制 限 されている 場 合 そのプログラムに 本 利 用 許 諾 を 適 用 した 元 の 著 作 権 所 有 者 は それらの 国 を 排 15

16 除 した 明 確 な 地 理 的 頒 布 制 限 を 追 加 し 排 除 されていない 国 の 中 やそれらの 国 々の 間 でのみ 頒 布 が 許 可 されるようにすることができます その 場 合 その 地 理 的 頒 布 制 限 は 本 利 用 許 諾 の 本 文 に 記 載 されて いるのと 同 様 に 適 用 されます 9. フリーソフトウェア 財 団 は 改 訂 バージョンまたは 新 バージョンの 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 を 随 時 発 行 します 新 バージョンは その 精 神 においては 現 行 バージョンと 同 じですが 新 たな 問 題 や 懸 念 を 解 決 するために 細 部 は 異 なる 可 能 性 があります 各 バージョンには 区 別 するためのバージョン 番 号 が 付 けられています プログラムで 適 用 される 本 利 用 許 諾 のバージョン 番 号 と それ 以 降 の 任 意 のバージョン が 指 定 されている 場 合 あなたは 指 定 され たバージョンまたはフリーソフトウェア 財 団 が 発 行 したそれ 以 降 の 任 意 のバージョンを 選 択 できます プログラムで 本 利 用 許 諾 のバージョン 番 号 が 指 定 されていない 場 合 は これまでにフリーソフトウェア 財 団 が 発 行 したバージョンの 中 から 任 意 に 選 択 してかまいません 10. プログラムの 一 部 を 頒 布 条 件 が 異 なる 他 のフリープログラムに 統 合 したい 場 合 は 著 作 者 に 連 絡 をし て 許 可 を 求 めてください フリーソフトウェア 財 団 が 著 作 権 を 保 有 するソフトウェアについてはフリ ーソフトウェア 財 団 にご 連 絡 ください 当 財 団 はこのような 場 合 に 例 外 を 設 けることがあります 当 財 団 は フリーソフトウェア 財 団 のフリーソフトウェアのすべての 派 生 物 がフリーな 状 態 で 保 たれるこ と およびソフトウェアの 共 有 と 再 利 用 が 幅 広 く 促 進 されることの 2 つの 目 標 を 指 針 にして 決 定 を 下 し ます 無 保 証 11. プログラムは 対 価 なしに 使 用 が 許 可 されるため 適 用 法 が 認 める 限 りにおいて プログラムに 関 するい かなる 保 証 も 存 在 しません 書 面 で 別 途 指 定 されない 限 り 著 作 権 所 有 者 またはその 他 の 当 事 者 はプロ グラムを 現 状 のまま 提 供 し 明 示 または 黙 示 を 問 わず 商 品 性 特 定 目 的 への 適 合 性 を 含 む(ただ しこれらに 限 定 されない) 一 切 の 保 証 を 伴 いません プログラムの 品 質 と 性 能 に 関 するすべてのリスク はあなたに 帰 属 します プログラムに 欠 陥 があると 判 明 した 場 合 あなたは 必 要 な 修 理 交 換 または 補 修 に 要 するすべてのコストを 負 担 するものとします 12. 適 用 法 で 義 務 付 けられている 場 合 または 書 面 による 合 意 がある 場 合 を 除 き 著 作 権 所 有 者 または 上 記 で 許 可 されたとおりに 本 プログラムを 改 変 または 再 頒 布 もしくはその 両 方 を 行 うその 他 のすべての 当 時 者 は 本 プログラムの 使 用 または 使 用 できないことに 起 因 する 付 随 的 特 殊 的 偶 発 的 または 結 果 的 に 生 じるあらゆる 損 害 (データの 紛 失 データの 不 正 確 なレンダリング あなたもしくは 第 三 者 が 被 る 損 失 またはその 他 のプログラムとの 併 用 時 における 本 プログラムの 動 作 不 全 を 含 むが これらに 限 定 されない)について かかる 著 作 権 所 有 者 またはその 他 当 事 者 がこのような 損 害 の 可 能 性 を 知 らさ れていた 場 合 でも 一 切 責 任 を 負 わないものとします 許 諾 条 件 の 終 了 上 記 の 条 件 をあなたの 新 しいプログラムに 適 用 する 方 法 新 しいプログラムを 開 発 し 可 能 な 限 り 最 大 限 一 般 ユーザーに 利 用 してもらうことを 希 望 する 場 合 最 良 の 方 法 は 本 契 約 書 の 条 項 に 従 って 誰 でも 再 頒 布 あるいは 改 変 できるフリーソフトウェアにすることです これを 行 うには プログラムに 以 下 の 告 知 を 添 付 します 告 知 は 各 ソースファイルの 冒 頭 に 添 付 するのが 保 証 の 除 外 を 効 果 的 に 伝 えるために 最 も 安 全 な 方 法 です 各 ファイルには 少 なくとも 著 作 権 の 行 と 全 文 がある 場 所 を 示 すポインタを 配 置 すべきです [プログラム 名 と 簡 単 な 内 容 の 説 明 を 1 行 に 記 した 文 ] Copyright(C)[ 西 暦 年 ][ 作 者 の 名 前 ] このプログラムはフリーソフトウェアです あなたはこれをフリーソフトウェア 財 団 によって 発 行 された 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 のバージョン 2 または(あなたの 選 択 で) 以 降 の 任 意 のバージョンの 条 件 のもとで 再 頒 布 および/または 改 変 することができます このプログラムは 有 用 であることを 期 待 して 頒 布 されますが いかなる 保 証 もなく 商 品 性 特 定 目 的 に 対 する 適 合 性 への 黙 示 の 保 証 もありません 詳 細 については GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 を 参 照 してくださ い あなたはこのプログラムと 共 に GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 のコピーを 受 け 取 っているはずです 受 け 取 っていない 場 合 は Free Software Foundation, Inc., 51 Franklin Street, Fifth Floor, Boston, MA USA まで 書 面 にてお 問 い 合 わせください 電 子 メールおよび 通 常 の 郵 便 であなたに 問 い 合 わせる 方 法 についての 情 報 も 書 き 加 えてください 16

17 プログラムがインタラクティブ 形 式 の 場 合 は インタラクティブモードで 起 動 した 際 に 以 下 のような 短 い 告 知 を 出 力 するようにします Gnomovision バージョン 69 Copyright(C) 西 暦 年 作 者 の 名 前 Gnomovision は 一 切 の 保 証 なしに 提 供 されます 詳 細 については show w と 入 力 してください これはフリーソフトウェアであり 一 定 の 条 件 に 従 って 再 頒 布 することができます 詳 細 については show c と 入 力 してください ここで 示 した 仮 のコマンド show w および show c は 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 の 該 当 する 箇 所 を 表 示 する ようにしておく 必 要 があります もちろん あなたが 実 際 に 使 うコマンドは show w や show c 以 外 の ものでかまいません マウスのクリックやメニューのアイテムなど あなたのプログラムに 適 したものを 使 用 できます あなたは 必 要 に 応 じて 雇 用 主 (あなたがプログラマーとして 雇 用 されている 場 合 )または 学 校 に 対 し プ ログラムに 関 する 著 作 権 放 棄 声 明 への 署 名 を 要 請 する 必 要 があります 例 を 次 に 示 します 名 称 は 変 更 してください Yoyodyne, Inc. は James Hacker が 作 成 したプログラム Gnomovision (コンパイラへ 通 すプログラム)に 関 する 著 作 権 法 上 のすべての 権 利 を 放 棄 します [ 署 名 1989 年 4 月 1 日 Ty Coon] Ty Coon 副 社 長 この 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 では 独 占 権 のあるプログラムにあなたのプログラムを 組 み 込 むことは 許 可 さ れません あなたのプログラムがサブルーチンライブラリの 場 合 あなたは 独 占 的 アプリケーションとその ライブラリとのリンクを 可 能 にする 方 がより 便 利 であると 判 断 するかもしれません これを 希 望 する 場 合 本 許 諾 契 約 書 の 代 わりに GNU 劣 等 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 を 使 用 してください GNU( 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 )3.0 バージョン 年 6 月 29 日 Copyright (C) 2007 Free Software Foundation, Inc. [http://fsf.org/] 本 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 の 複 製 および 逐 語 的 な 複 製 の 頒 布 は 許 可 されますが 本 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 の 変 更 は 許 可 されません 背 景 GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 は ソフトウェアおよびその 他 の 著 作 物 に 対 する 無 料 のコピーレフトライセンスで す 大 半 のソフトウェア およびその 他 実 用 可 能 な 著 作 物 のライセンスは 著 作 物 を 共 有 し 変 更 する 自 由 を 剥 奪 するために 設 計 されたものです これに 反 し GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 は プログラムのあらゆるバージョ ンを 共 有 し 変 更 する 自 由 を 保 証 すること すなわちそのソフトウェアがすべてのユーザーに 対 して 無 料 で あり 続 けることを 確 実 にすることを 意 図 するものです 当 フリーソフトウェア 財 団 では 財 団 提 供 のソフト ウェアの 大 半 に GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 を 使 用 しており これは その 著 作 者 によってこの 方 法 でリリースさ れたその 他 一 切 の 著 作 物 にも 適 用 され あなた 自 身 のプログラムに 適 用 することも 可 能 です フリーソフトウェアのフリーとは 代 価 ではなく 使 用 が 自 由 であることを 意 味 しています 当 財 団 の 一 般 公 衆 利 用 許 諾 は フリーソフトウェアの 複 製 を 頒 布 する 自 由 (また 必 要 に 応 じてその 頒 布 サービスに 課 金 する 自 由 ) ソースコードを 受 け 取 ることや 希 望 すれば 入 手 が 可 能 であること ソフトウェアを 変 更 してその 一 部 を 新 規 のフリープログラムに 使 用 できること そして これらのことができることを 知 らされているこ とを 確 保 することを 目 的 としています あなたの 権 利 を 保 護 するため 当 財 団 は 他 人 があなたのこれらの 権 利 を 否 定 したり 権 利 を 放 棄 するよう に 求 めたりすることを 防 ぐ 必 要 があります 従 って あなたが 本 ソフトウェアの 複 製 を 頒 布 または 変 更 す る 場 合 に あなたには 特 定 の 責 任 つまり 他 者 の 自 由 を 尊 重 する 責 任 が 生 じます たとえば かかるプログラムの 複 製 を 頒 布 する 場 合 有 償 または 無 償 に 関 わらず 受 領 者 にはあなたが 受 け たものと 同 じ 自 由 を 提 供 する 必 要 があります あなたは 受 領 者 も 同 様 にソースコードを 受 領 する または 取 得 することができることを 確 認 しなければなりません また 受 領 者 が 自 らの 権 利 を 知 ることができるよ うに にこれらの 条 項 を 提 示 することも 必 要 です 17

18 GNU GPL を 使 用 する 開 発 者 は (1) 本 ソフトウェアにおける 著 作 権 を 行 使 する ならびに(2) 本 ソフトウェ アを 複 製 頒 布 もしくは 改 変 する(またはこれらの 組 み 合 わせを 行 う)ための 法 的 許 可 をあなたに 付 与 す る 本 許 諾 書 を 提 供 するという 2 つの 手 順 を 持 ってあなたの 権 利 を 保 護 します 開 発 者 および 作 成 者 の 保 護 のため 本 GPL には 本 フリーソフトウェアに 一 切 の 保 証 が 伴 わないことが 明 確 に 説 明 されています 本 GPL では ユーザーおよび 著 作 者 の 便 宜 のため 改 変 されたバージョンには 変 更 済 みとして 表 記 することを 義 務 付 けることによって 改 変 されたバージョンの 問 題 が 誤 って 前 バージョンの 著 作 者 に 帰 責 されることがないようにされています デバイスには その 内 部 に 改 変 された 本 ソフトウェアのバージョンをインストールまたは 実 行 することがメ ーカーには 可 能 であっても ユーザーのアクセスは 拒 否 するように 設 計 されているものもあります これは ソフトウェアを 変 更 するユーザーの 自 由 を 保 護 する 目 的 と 根 本 的 に 矛 盾 するものです かかる 濫 用 の 系 統 的 パターンは 個 人 的 な 使 用 が 意 図 された 製 品 の 分 野 で 生 じていますが これこそがまさに 最 も 容 認 しがたい 分 野 です かかる 問 題 が 他 の 領 域 で 大 幅 に 生 じることとなった 場 合 は ユーザーの 自 由 を 保 護 する 必 要 に 応 じ 当 財 団 は 将 来 の GPL のバージョンで 本 条 項 の 対 象 範 囲 をこれらの 領 域 に 拡 大 すべく 準 備 を 整 えていま す 最 後 に すべてのプログラムは ソフトウェア 特 許 によって 絶 えず 脅 かされています 行 政 府 は 汎 用 コン ピュータでのソフトウェアの 開 発 および 使 用 を 制 限 する 特 許 を 認 めるべきではありませんが それが 認 めら れている 行 政 府 では 無 償 プログラムに 適 用 された 特 許 がそのプログラムを 事 実 上 専 有 化 するという 特 別 な 脅 威 を 回 避 することを 当 財 団 は 願 っています これを 阻 止 するため 本 GPL は 特 許 を 使 用 してプログラム を 有 償 にすることができないことを 保 証 しています 複 製 頒 布 および 改 変 についての 諸 条 件 の 詳 細 は 以 下 のとおりです 利 用 規 約 0. 定 義 本 許 諾 書 とは GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 のバージョン 3 を 指 します 著 作 権 は 半 導 体 マスクなど その 他 の 種 類 の 著 作 物 に 適 用 される 著 作 権 のような 法 律 を 意 味 します プログラム とは 本 許 諾 書 に 基 づいてライセンス 付 与 された 著 作 権 適 用 可 能 なあらゆる 著 作 物 を 指 しま す 各 ライセンシーは あなた と 呼 ばれます ライセンシー および 受 領 者 は 個 人 または 組 織 のい ずれかになり 得 ます 著 作 物 の 改 変 とは 厳 密 なコピーの 作 成 を 除 き 著 作 権 許 諾 を 必 要 とする 方 法 で 著 作 物 の 全 て または 一 部 を 複 製 する または 適 合 させることを 意 味 します その 結 果 として 生 成 された 著 作 物 は 以 前 の 著 作 物 の 改 変 バージョン または 以 前 の 著 作 物 に 基 づいた 著 作 物 と 呼 ばれます 対 象 著 作 物 とは 改 変 されていない 本 プログラム または 本 プログラムに 基 づいた 著 作 物 のいずれかを 意 味 します 著 作 物 の 伝 播 とは コンピュータ 上 での 実 行 または 私 用 コピーの 改 変 を 除 き 適 用 される 著 作 権 法 に より あなたが 直 接 的 または 二 次 的 に 侵 害 の 責 任 を 負 うことになる 行 為 を 無 断 で 行 うことを 意 味 します 伝 播 には 複 製 頒 布 ( 改 変 の 有 無 は 問 わない) および 一 般 的 に 利 用 可 能 にすることが 含 まれ 一 部 の 国 では その 他 の 行 為 も 含 まれる 場 合 があります 著 作 物 の 伝 達 とは 他 の 当 事 者 が 複 製 物 を 作 成 または 受 領 することを 可 能 にする あらゆる 種 類 の 伝 播 を 意 味 します 複 製 物 の 伝 送 を 伴 わない コンピュータネットワークを 介 したユーザーとの 単 なるやりとり は 伝 達 ではありません 対 話 型 ユーザーインタフェースは (1) 適 切 な 著 作 権 通 知 を 表 示 する ならびに(2)その 著 作 物 に 一 切 の 保 証 がないこと( 別 途 保 証 が 提 供 されている 場 合 は 除 く) このライセンスに 基 づいてライセンシーがその 著 作 物 を 伝 達 することができること および 本 ライセンスの 内 容 を 表 示 する 方 法 をユーザーに 伝 える 容 易 かつ 明 瞭 に 表 示 する 機 能 を 含 む 範 囲 で 適 切 な 法 的 通 知 を 表 示 します インタフェースにメニューなどのユー ザーコマンドやオプションのリストが 表 示 される 場 合 リスト 内 の 主 要 項 目 がこの 基 準 を 満 たすものとしま す 1. ソースコード 著 作 物 の ソースコード とは それに 対 して 改 変 を 加 える 上 で 好 ましい 著 作 物 の 形 式 を 意 味 します オブジェクトコード とは 著 作 物 のソース 以 外 の 形 式 を 意 味 します 18

19 標 準 インタフェース とは 認 知 された 標 準 化 団 体 によって 定 義 された 公 式 標 準 のインタフェース または 特 定 のプログラミング 言 語 に 指 定 されているインタフェースの 場 合 は その 言 語 で 作 業 する 開 発 者 の 間 で 広 く 使 用 されているインタフェースのいずれかを 意 味 します 実 行 可 能 著 作 物 の システムライブラリ には 全 体 としての 著 作 物 自 体 を 除 き (a) 主 要 コンポーネ ントの 一 部 ではないが 通 常 の 主 要 コンポーネントのパッケージに 含 まれているもの および(b)そ の 主 要 コンポーネントとの 著 作 物 の 使 用 を 可 能 にするため または 実 装 がソースコード 形 式 で 一 般 に 利 用 可 能 となっている 標 準 インタフェースを 実 装 するためにのみに 機 能 するものが 含 まれます ここで 言 う 主 要 コンポーネント とは 実 行 可 能 著 作 物 が 実 行 される 特 定 のオペレーティングシステム( 存 在 する 場 合 )の 主 要 な 必 須 コンポーネント(カーネル ウィンドウシステムなど) または 著 作 物 の 作 成 に 使 用 されたコンパイラー または 著 作 物 の 実 行 に 使 用 されるオブジェクトコードインタプリタを 意 味 します オブジェクトコード 形 式 の 著 作 物 の 対 応 ソース とは オブジェクトコードの 生 成 インストール および 実 行 ( 実 行 可 能 著 作 物 の 場 合 ) ならびにそれらのアクティビティを 制 御 するスクリプトを 含 む 著 作 物 の 改 変 に 必 要 なすべてのソースコードを 意 味 します ただし これには 著 作 物 のシステムライ ブラリ もしくはこれらのアクティビティの 実 行 において 改 変 されない 形 で 使 用 されるものの 著 作 物 の 一 部 ではない 汎 用 ツールまたは 一 般 に 使 用 可 能 な 無 償 プログラムは 含 まれません たとえば 対 応 ソ ースには 著 作 物 のソースファイルに 関 連 付 けられたインターフェース 定 義 ファイル ならびに 共 有 ラ イブラリおよび 動 的 リンクされるサブプログラムで この 著 作 物 が(これらのサブプログラムと 著 作 物 のその 他 部 分 の 間 における 緊 密 なデータ 通 信 もしくは 制 御 フローなどによって) 必 要 とするように 特 に 設 計 されているものが 含 まれる 対 応 ソースには ユーザーが 対 応 ソースの 他 の 部 分 から 自 動 的 に 再 生 成 することができるものを 含 める 必 要 はありません ソースコード 形 式 の 著 作 物 の 対 応 ソースとは その 著 作 物 自 体 です 2. 基 本 的 な 許 諾 事 項 本 許 諾 書 に 基 づいて 付 与 されたすべての 権 利 は 本 プログラムにおける 著 作 権 の 有 効 期 間 に 対 して 付 与 され 規 定 された 条 件 が 満 たされていることを 条 件 として 取 消 し 不 能 となります 本 許 諾 書 は 改 変 されていない 本 プログラムを 実 行 するための 無 制 限 の 許 可 を 明 示 的 に 証 明 するものです 対 象 著 作 物 の 実 行 による 出 力 は 出 力 された 内 容 が 対 象 著 作 物 を 構 成 する 場 合 にのみ 本 許 諾 書 の 対 象 となりま す 本 許 諾 書 は 著 作 権 法 によって 規 定 されているとおり あなたの 公 正 な 使 用 の 権 利 または 他 の 同 等 の 権 利 を 承 認 します あなたのライセンスが 有 効 である 限 り, 伝 達 されることのない 対 象 著 作 物 の 作 成 実 行 および 伝 播 を 無 条 件 で 行 うことができます あなたは あなた 専 用 の 改 変 を 行 わせる またはこれらの 著 作 物 を 実 行 するための 機 能 を 提 供 させることのみを 目 的 として 対 象 著 作 権 を 他 人 に 伝 達 することができますが こ れは あなたが 管 理 しない 著 作 権 を 持 つすべての 素 材 を 伝 達 することに 対 してあなたが 本 許 諾 書 の 規 定 に 従 うことを 条 件 とします 従 って あなたのために 対 象 著 作 物 を 作 成 または 実 行 する 者 は あなたの 指 示 および 管 理 の 下 あなたとの 関 係 以 外 での 著 作 権 で 保 護 された 素 材 の 複 製 の 作 成 が 禁 止 されること を 条 件 として 専 らあなたのためのみに 対 象 著 作 物 を 作 成 し 実 行 しなければなりません これ 以 外 の 状 況 下 における 伝 達 は 以 下 に 規 定 される 条 件 に 基 づく 場 合 にのみ 許 可 されます サブライ センスは 認 められておらず 第 10 条 で 不 要 とされています 3. 迂 回 禁 止 に 関 する 法 律 からのユーザーの 法 的 権 利 の 保 護 いかなる 対 象 著 作 物 も 1996 年 12 月 20 日 に 採 択 された WIPO 著 作 権 条 約 の 第 11 条 に 基 づく 義 務 を 履 行 する 一 切 の 準 拠 法 に 準 じた 効 力 のある 技 術 的 手 段 の 一 部 とは 見 なされず またはかかる 技 術 的 手 段 の 回 避 を 禁 ずる もしくは 制 限 する 同 様 の 法 律 の 一 部 とも 見 なされません あなたが 対 象 著 作 物 を 伝 達 するときは 対 象 著 作 物 に 関 する 本 許 諾 書 に 基 づく 行 使 権 によって 技 術 的 手 段 の 迂 回 が 影 響 される 範 囲 において かかる 迂 回 を 禁 止 する 法 的 権 力 を 放 棄 し 著 作 物 のユーザーに 対 して 技 術 的 手 段 の 迂 回 を 禁 止 するあなた または 第 三 者 の 法 的 権 利 を 施 行 する 手 段 として 著 作 物 の 操 作 または 改 変 を 制 限 する 意 図 を 放 棄 します 4. 逐 語 的 複 製 の 伝 達 本 プログラムのソースコードは あなたが 受 領 した 状 態 とおりの 逐 語 的 な 複 製 をあらゆる 媒 体 で 伝 達 す ることができますが これは 各 複 製 に 顕 著 かつ 適 切 な 形 で 著 作 権 通 知 を 表 示 する; 本 許 諾 書 および 第 7 条 を 踏 まえて 追 加 された 非 許 容 条 件 がコードに 適 用 されることを 規 定 するすべての 通 知 を 維 持 する; 19

20 一 切 の 保 証 が 適 用 されないことの 通 知 をすべて 維 持 すること; ならびに 受 領 者 には 本 プログラムと 共 に 本 許 諾 書 の 写 しを 提 供 することを 条 件 とします あなたは 伝 達 する 各 複 製 物 について 任 意 の 対 価 を 課 する または 無 償 にすることができ 有 償 でサ ポートまたは 保 証 を 提 供 することもできます 5. 改 変 されたソースバージョンの 伝 達 あなたは 以 下 の 条 件 のすべてを 満 たすことを 条 件 として 本 プログラムに 基 づく 著 作 物 又 は 本 プロ グラムから 著 作 物 を 作 成 するための 改 変 を 第 4 条 の 条 件 に 基 づいて 伝 達 することができます a. 著 作 物 には あなたが 改 変 したことを 示 す 顕 著 な 通 知 を 表 示 し 該 当 する 日 付 を 示 す 必 要 がありま す b. 著 作 物 には その 著 作 物 が 本 許 諾 書 および 第 7 条 踏 まえて 追 加 された 条 件 に 従 ってリリースされた ことを 示 す 顕 著 な 通 知 を 表 示 する 必 要 があります この 要 件 は 第 4 条 の すべての 通 知 を 維 持 す る という 要 件 を 修 正 します c. あなたは 著 作 物 の 複 製 を 所 有 するすべての 人 物 に 対 し 著 作 物 を 本 許 諾 書 に 基 づき 全 体 を 1 体 として ライセンス 付 与 する 必 要 があります したがって 本 許 諾 書 は 該 当 する 第 7 条 の 追 加 条 件 と 共 に 著 作 物 のパッケージ 方 法 を 問 わず 著 作 権 全 体 およびその 部 分 すべてに 対 して 適 用 さ れます 本 許 諾 書 は これ 以 外 の 方 法 でライセンス 付 与 する 許 可 を 一 切 提 供 しませんが あなたが その 許 可 を 別 途 受 け 取 った 場 合 は かかる 許 可 を 無 効 化 しません d. 著 作 物 に 対 話 型 ユーザーインタフェースが 含 まれる 場 合 各 インタフェースには 適 切 な 法 的 通 知 を 表 示 する 必 要 がありますが 本 プログラムに 適 切 な 法 的 通 知 を 表 示 しない 対 話 型 インタフェースが ある 場 合 あなたの 著 作 物 のインタフェースで 通 知 を 表 示 させる 必 要 はありません ストレージまたは 配 布 媒 体 内 またはそれらの 上 にある 本 質 的 に 対 象 著 作 物 を 拡 張 したものでは ない およびより 大 型 のプログラムを 形 成 するために 組 み 合 わされたものではない 配 布 対 象 著 作 物 とその 他 別 途 の 独 立 した 著 作 物 とのコンパイルは そのコンパイルと 結 果 として 生 じる 著 作 権 が 個 々の 著 作 物 で 許 可 される 範 囲 を 超 えて コンパイルのユーザーのアクセス 権 と 法 的 権 利 を 制 限 するために 使 用 されない 場 合 集 約 物 と 呼 ばれます 集 約 物 への 対 象 著 作 物 の 包 含 によって その 集 約 物 のその 他 部 分 に 本 許 諾 書 が 適 用 されることにはなりません 6. ソース 形 式 以 外 での 伝 達 あなたは 本 許 諾 書 の 条 件 に 基 づいて 次 の 方 法 のいずれかで 機 械 読 み 取 り 可 能 な 対 応 ソースを 共 に 伝 達 することを 条 件 に 第 4 条 及 び 第 5 条 の 条 件 に 従 って 対 象 著 作 物 をオブジェクトコード 形 式 で 伝 達 す ることができます a. 物 理 的 な 製 品 ( 物 理 的 な 配 布 媒 体 を 含 む)に 格 納 又 は 組 み 込 まれたオブジェクトコードを ソフト ウェア 交 換 に 一 般 的 に 使 用 される 耐 久 性 のある 物 理 的 な 媒 体 に 固 定 された 対 応 ソースと 共 に 伝 達 する b. 物 理 的 な 製 品 ( 物 理 的 な 配 布 媒 体 を 含 む)に 格 納 又 は 組 み 込 まれたオブジェクトコードを オブジ ェクトコードを 所 有 する 一 切 の 人 物 に (1)ソースの 伝 達 を 物 理 的 に 実 行 するための 妥 当 な 費 用 を 超 えない 料 金 が 設 定 された ソフトウェア 交 換 に 一 般 的 に 使 用 される 耐 久 性 のある 物 理 的 媒 体 上 の 本 許 諾 書 の 対 象 となる 製 品 に 含 まれるすべてのソフトウェアの 対 応 ソースの 複 製 または(2)ネ ットワークサーバーから 無 償 で 対 応 ソースを 複 製 するためのアクセスのいずれかを 提 供 する 少 な くとも 3 年 間 およびあなたがその 製 品 モデルに 対 して 交 換 用 部 品 もしくはカスタマーサポートを 提 供 する 限 り 有 効 の 書 面 によるオファーと 共 に 伝 達 する c. 対 応 ソースを 提 供 する 書 面 によるオファーと 共 にオブジェクトコードの 個 々の 複 製 を 伝 達 する この 代 替 方 法 は 予 備 的 および 非 商 業 的 な 場 合 かつあなたが 第 6 条 b 項 に 従 って オブジェクトコ ード 共 にかかるオファーを 受 け 取 った 場 合 にのみ 許 可 されます d. オブジェクトコードを 所 定 の 場 所 からのアクセスを 提 供 することによって 伝 達 し 追 加 料 金 を 課 す ことなく 同 じ 場 所 から 同 じ 方 法 で 対 応 ソースへの 同 等 のアクセスを 提 供 する 受 領 者 に 対 して 対 応 ソースをオブジェクトコードと 一 緒 に 複 製 することを 義 務 づける 必 要 はありません オブジ ェクトコードを 複 製 する 場 所 がネットワークサーバーである 場 合 は 対 応 ソースを 同 等 の 複 製 機 能 をサポートする 他 のサーバー(あなた 又 は 第 三 者 が 運 用 するもの) 上 に 設 置 することもできます が これは 対 応 ソースの 取 得 場 所 を 説 明 する 明 確 な 手 順 をオブジェクトコードの 横 に 維 持 すること を 条 件 とします あなたは どのサーバーが 対 応 ソースをホストするかに 関 わらず これらの 条 件 20

21 を 充 足 する 必 要 が 存 続 する 限 り 引 き 続 き 対 応 ソースを 確 実 に 使 用 可 能 にしておく 義 務 を 負 いま す e. オブジェクトコードをピア ツー ピア 伝 送 を 用 いて 伝 達 する これは 第 6 条 d 項 に 基 づいて オブジェクトコードおよび 対 応 ソースが 無 償 で 公 開 されている 場 所 を 他 のピアに 対 して 通 知 する ことを 条 件 とします 7. 追 加 条 項 ソースコードがシステムライブラリとして 対 応 ソースから 除 外 されているオブジェクトコードの 分 離 可 能 な 部 分 は オブジェクトコード 著 作 物 の 伝 達 に 含 める 必 要 はありません ユーザ 製 品 とは (1) 消 費 者 製 品 すなわち 通 常 個 人 家 族 家 庭 用 目 的 で 使 用 されるあら ゆる 有 形 の 個 人 財 産 または(2) 住 宅 に 組 み 込 むために 設 計 または 販 売 される 一 切 の 物 のいずれ かを 指 します ある 製 品 が 消 費 者 製 品 に 該 当 するかどうかを 判 断 するにあたり 確 信 のないケース については 消 費 者 製 品 に 該 当 するものとします 特 定 のユーザーによって 受 領 された 特 定 の 製 品 について 通 常 の 用 途 とは その 製 品 分 類 の 典 型 的 または 一 般 的 な 用 途 を 意 味 し 特 定 のユ ーザーが 置 かれた 状 況 もしくは 特 定 のユーザーが 製 品 を 実 際 に 使 用 する 方 法 または 特 定 のユー ザーが 期 待 する 製 品 の 用 途 もしくは 特 定 のユーザーによって 期 待 された 用 途 を 問 いません 製 品 は 実 質 的 な 業 務 用 工 業 用 または 非 消 費 者 的 な 用 途 の 有 無 を 問 わず かかる 用 途 がその 製 品 の 用 途 の 唯 一 有 意 義 な 様 式 を 示 す 場 合 を 除 き 消 費 者 製 品 となります ユーザー 製 品 の インストール 情 報 とは 対 象 著 作 物 の 対 応 ソースの 改 変 バージョンから 作 成 さ れたこのユーザー 製 品 内 の 対 象 著 作 物 の 改 変 バージョンをインストールし 実 行 するために 必 要 な 手 法 手 順 認 証 キー またはその 他 の 情 報 を 意 味 します この 情 報 は 改 変 されたオブジェ クトコードの 継 続 的 な 動 作 が 改 変 が 為 されたという 理 由 のみで 阻 止 されたり 中 断 されることが 一 切 ないことを 保 証 するために 十 分 なものである 必 要 があります 本 条 のオブジェクトコード 著 作 物 をユーザー 製 品 内 またはそれと 共 に 伝 達 する 場 合 具 体 的 にはユ ーザー 製 品 での 使 用 のために 伝 達 する 場 合 で その 伝 達 がユーザー 製 品 の 所 有 権 および 使 用 権 が 永 続 的 または 一 定 の 期 間 譲 渡 される 取 引 の 一 部 として 行 われる 場 合 は 取 引 方 法 の 特 徴 に 関 わら ず 本 条 に 基 づいて 伝 達 される 対 応 ソースは インストール 情 報 と 共 に 伝 達 される 必 要 がありま す ただし あなた またはいずれの 第 三 者 も オブジェクトコードの 修 正 版 をユーザー 製 品 にイ ンストールする 機 能 を 維 持 しない 場 合 ( 例 えば, 著 作 物 が ROM にインストールされている 場 合 ) は この 条 件 は 適 用 されません インストール 用 情 報 の 提 供 に 関 する 要 件 には 受 領 者 によって 改 変 もしくはインストールされた 著 作 物 または 著 作 物 が 改 変 もしくはインストールされたユーザー 製 品 に 対 して 引 き 続 きサポート サービス 保 証 又 はアップデートを 提 供 し 続 けることは 含 まれません 改 変 自 体 がネットワーク の 運 用 に 重 大 かつ 有 害 な 影 響 をもたらす 場 合 またはネットワーク 全 体 での 通 信 に 関 するルール 又 はプロトコルに 違 反 する 場 合 は ネットワークへのアクセスを 拒 否 することができます 本 条 に 基 いて 伝 達 された 対 応 ソース および 提 供 されたインストール 情 報 は 公 的 に 文 書 化 された 形 式 (かつソースコード 形 式 で 実 装 が 一 般 に 利 用 可 能 )である 必 要 があります この 場 合 これら の 圧 縮 展 読 み 込 み 又 は 複 製 には 特 別 なパスワードやキーを 必 要 としてはなりません 追 加 条 項 とは 本 許 諾 書 の 定 める 条 項 の 例 外 を 定 めることにより 本 許 諾 書 の 条 項 を 補 足 する 条 項 を 意 味 します 本 プログラムの 全 体 に 適 用 される 追 加 許 諾 は 準 拠 法 に 準 じて 有 効 とされる 範 囲 内 にお いて 本 許 諾 書 に 含 まれていると 見 なされるものとします 追 加 条 項 が 本 プログラムの 一 部 分 にのみ 適 用 される 場 合 は その 箇 所 をこれらの 許 諾 に 基 づいて 別 途 使 用 することができますが 本 プログラム 全 体 については 追 加 条 項 の 内 容 の 如 何 を 問 わず 引 き 続 き 本 許 諾 書 に 準 拠 します 対 象 著 作 物 の 複 製 を 伝 達 するときは 独 自 の 選 択 でその 複 製 または 複 製 の 一 部 から 追 加 の 許 諾 を 削 除 することができます (あなたが 著 作 物 を 改 変 するときは 特 定 の 状 況 において 伝 達 先 自 体 による 削 除 を 必 須 とする 追 加 の 許 諾 を 規 定 することもできます )あなたは あなたが 対 象 著 作 物 に 加 えた 部 分 で あなたが 適 切 な 著 作 権 を 持 つ または 付 与 できる 部 分 について 追 加 の 許 諾 を 定 めることができま す 本 許 諾 書 の 他 の 規 定 に 関 わらず 対 象 著 作 物 にあなたが 加 えた 素 材 については (その 素 材 の 著 作 権 所 有 者 によって 承 認 される 場 合 ) 本 許 諾 書 の 条 項 を 以 下 の 条 項 で 補 完 することができます a. 本 許 諾 書 の 第 15 条 および 第 16 条 の 条 項 とは 異 なる 形 での 保 証 の 放 棄 または 責 任 の 限 定 ; または 21

22 b. その 素 材 における もしくはそれを 含 む 著 作 権 物 によって 表 示 される 適 切 な 法 的 通 知 における 特 定 の 合 理 的 な 法 的 通 知 もしくは 作 成 者 の 記 載 の 維 持 の 義 務 付 け; または c. その 素 材 の 由 来 の 虚 偽 表 示 の 禁 止 もしくはかかる 素 材 の 改 変 バージョンを 元 のバージョンとは 異 なる 妥 当 な 方 法 での 表 示 の 義 務 化 ; または d. その 素 材 のライセンサーもしくは 著 作 者 の 名 前 の 宣 伝 目 的 での 使 用 の 制 限 ; または e. 一 部 の 商 品 名 商 標 もしくはサービスマークの 使 用 に 対 する 商 標 法 に 基 いた 権 利 の 付 与 の 拒 否 ; または f. 受 領 者 に 対 する 責 任 の 契 約 上 の 前 提 を 想 定 してその 素 材 (もしくはその 改 変 済 みバージョン)を 伝 達 する 人 物 による これらの 契 約 上 の 前 提 によってライセンサーおよび 著 作 者 に 直 接 的 に 課 される 一 切 の 責 任 からのライセンサー 及 び 著 作 者 の 免 責 の 義 務 化 8. 終 了 上 記 以 外 の 非 許 容 の 追 加 条 項 は 第 10 条 が 意 味 するところの 追 加 的 制 限 とみなされます あ なたが 受 領 した 本 プログラム 又 はその 部 分 に それが 本 許 諾 書 に 加 えて 追 加 の 制 限 となる 条 項 に 準 じることが 記 載 された 通 知 が 含 まれる 場 合 あなたはそれらの 条 項 を 削 除 することができます ライセンス 文 書 に 追 加 の 制 限 が 含 まれているが 本 許 諾 書 に 基 づく 再 許 諾 または 伝 達 を 認 めている 場 合 そのライセンス 文 書 の 条 項 に 準 拠 する 対 象 著 作 物 素 材 にそれを 追 加 することができます ただし 追 加 の 制 限 は かかる 再 許 諾 または 伝 達 においては 無 効 とされます 本 条 に 基 づいて 条 項 を 対 象 著 作 物 に 追 加 する 場 合 あなたは 関 連 するソースファイルに これら のファイルに 適 用 される 追 加 条 項 の 声 明 または 適 用 される 条 項 を 参 照 できる 場 所 を 示 す 記 載 を 含 めなければなりません 追 加 条 項 は それが 許 諾 非 許 諾 であるかを 問 わず 本 許 諾 書 とは 独 立 したライセンス 文 書 の 形 式 で または 本 許 諾 書 の 例 外 として 記 述 することができます 上 記 要 件 は いずれの 場 合 にも 適 用 さ れます あなたは 本 許 諾 書 で 明 示 的 に 定 められている 場 合 を 除 き 対 象 著 作 物 を 伝 播 または 改 変 することはで きません 対 象 著 作 物 を 伝 播 または 改 変 しようとするその 他 の 試 みはいずれも 無 効 となり 本 許 諾 書 に 基 づくあなたの 権 利 ( 第 11 条 3 項 に 基 づいて 付 与 された 特 許 ライセンスを 含 む)は 自 動 的 に 終 了 され ます ただし 本 許 諾 書 の 違 反 行 為 をすべて 停 止 した 場 合 は 特 定 の 著 作 権 所 有 者 からのライセンスが(a) 著 作 権 所 有 者 があなたのライセンスを 明 示 的 かつ 最 終 的 に 終 了 するまで 暫 定 的 に 回 復 され (b) 停 止 後 60 日 以 内 に 著 作 権 所 有 者 があなたに 対 して 合 理 的 な 何 らかの 手 段 で 違 反 についてあなたに 通 知 しなか った 場 合 は 恒 久 的 に 回 復 されます さらに 特 定 の 著 作 権 所 有 者 からのライセンスは 著 作 権 所 有 者 があなたに 対 して 合 理 的 な 何 らかの 手 段 で 違 反 についてあなたに 通 知 した これまでに 著 作 権 所 有 者 から(あらゆる 著 作 物 に 対 する) 本 許 諾 書 の 違 反 についての 通 知 を 受 け 取 ったことがない かつその 通 知 の 受 領 後 30 日 以 内 に 違 反 を 是 正 した 場 合 恒 久 的 に 回 復 されます 本 条 に 基 づいたあなたの 権 利 の 終 了 は 本 許 諾 書 に 基 づいてあなたから 複 製 物 又 は 権 利 を 受 けた 当 事 者 のライセンスを 終 了 するものではありません あなたの 権 利 が 終 了 され 恒 久 的 に 回 復 されなかった 場 合 第 10 条 に 基 づいて 同 じ 素 材 の 新 しいライセンスを 取 得 する 資 格 を 失 います 9. 複 製 物 の 所 持 に 対 する 同 意 の 不 要 本 プログラムを 受 領 または 実 行 するために 本 許 諾 書 に 同 意 する 必 要 はありません 単 にピア ツ ー ピア 伝 送 を 使 用 した 本 プログラムの 受 領 の 結 果 として 生 じた 対 象 著 作 物 の 付 随 的 な 伝 播 について も 同 様 に 同 意 は 必 要 とされません ただし 任 意 の 対 象 著 作 物 を 伝 播 または 改 変 する 許 可 を 付 与 する ライセンスは 本 許 諾 書 以 外 にはないため 本 許 諾 書 に 同 意 しない 場 合 これらの 行 為 は 著 作 権 を 侵 害 することになります 従 って 対 象 著 作 物 の 改 変 または 伝 播 によって あなたはそれらを 行 うために 本 許 諾 書 に 対 する 同 意 を 表 明 します 10. ダウンストリーム 受 領 者 に 対 する 自 動 許 諾 受 領 者 は あなたが 対 象 著 作 物 を 伝 達 する 都 度 本 許 諾 書 を 条 件 として その 対 象 著 作 物 を 実 行 改 変 または 伝 播 するためのライセンスを 元 のライセンサーから 自 動 的 に 受 け 取 ります あなたは 第 三 者 による 本 許 諾 書 の 順 守 を 強 制 する 義 務 は 負 いません 22

23 企 業 体 取 引 とは 組 織 もしくは 組 織 の 実 質 的 にすべての 資 産 の 移 管 組 織 の 分 割 または 組 織 の 合 併 の 取 引 を 言 います 企 業 体 取 引 の 結 果 として 対 象 著 作 物 の 伝 播 が 生 じた 場 合 その 著 作 物 の 複 製 を 受 領 するその 取 引 の 各 当 事 者 は 譲 渡 当 事 者 が 本 条 前 項 に 基 づいて 保 有 していた または 付 与 できた 著 作 物 に 対 する 一 切 のライセンスも 受 領 します また 譲 渡 当 事 者 が 著 作 物 の 対 応 ソースを 保 有 している 場 合 または 合 理 的 な 努 力 により 入 手 できる 場 合 は 譲 渡 当 事 者 から 対 応 ソースを 保 有 する 権 利 も 受 領 します あなたは 本 許 諾 書 に 基 づいて 付 与 または 確 約 された 権 利 の 行 使 に 対 して 本 許 諾 書 が 規 定 する 以 上 の さらなる 制 限 を 課 すことはできません 例 えば あなたは 本 許 諾 書 に 基 いて 付 与 されたく 権 利 の 行 使 に 対 してライセンス 料 ロイヤルティ またはその 他 料 金 を 課 すことはできず 本 プログラム または その 一 部 の 作 成 使 用 販 売 販 売 の 申 し 出 もしくは 輸 入 により 特 許 クレームが 侵 害 されたとする 訴 訟 ( 訴 訟 における 交 差 請 求 または 反 訴 を 含 む)を 提 起 することはできません 11. 特 許 貢 献 者 とは 本 プログラム 又 は 本 プログラムに 基 づく 著 作 物 の 使 用 を 本 許 諾 書 に 基 づいて 許 可 する 著 作 権 所 有 者 を 意 味 します このようにライセンス 付 与 された 著 作 物 は 貢 献 者 の 貢 献 者 バージョ ン と 呼 ばれます 貢 献 者 の 必 須 特 許 クレーム とは すでに 取 得 済 みであるか 今 後 取 得 されるかを 問 わず 貢 献 者 バー ジョンを 作 成 使 用 または 販 売 するといった 本 許 諾 書 によって 許 可 されている 何 らかの 方 法 によっ て 侵 害 されることになる 貢 献 者 によって 所 有 または 支 配 されている 特 許 クレームのすべてを 指 しま すが これには 貢 献 者 バージョンのさらなる 改 変 の 単 なる 結 果 として 侵 害 されるクレームは 含 まれま せん 本 定 義 において 支 配 とは 本 許 諾 書 の 要 件 に 準 じた 方 法 で 特 許 の 再 許 諾 を 付 与 する 権 利 も 含 まれます 各 貢 献 者 は あなたに 貢 献 者 バージョンの 内 容 を 作 成 使 用 販 売 販 売 の 申 し 出 輸 入 ならびにそ の 他 実 行 改 変 および 伝 播 するための 貢 献 者 の 必 須 特 許 クレームに 基 づく 非 排 他 的 世 界 的 かつ ロイヤルティフリーの 特 許 ライセンスを 付 与 します 次 の 3 項 では 特 許 ライセンス とは 名 称 を 問 わず 特 許 権 を 行 使 しないという 一 切 の 明 示 的 な 契 約 又 は 誓 約 ( 特 許 を 実 施 するための 明 示 的 な 許 可 または 特 許 侵 害 訴 訟 を 提 起 しないことに 合 意 する 捺 印 証 書 など)を 指 します このような 特 許 ライセンスを 当 事 者 に 付 与 する とは その 当 事 者 に 対 して 特 許 権 を 行 使 しないという 契 約 をまたは 誓 約 を 締 結 することを 言 います あなたが 特 許 ライセンスに 故 意 に 依 拠 して 対 象 著 作 物 を 伝 達 し その 著 作 物 の 対 応 ソースが 一 般 的 に 利 用 可 能 なネットワークサーバー またはその 他 容 易 にアクセス 可 能 な 手 段 を 介 し 無 償 で かつ 本 許 諾 書 に 基 づいて 誰 もが 複 製 できるようになっていない 場 合 あなたは (1) 対 応 ソースを 上 記 の 方 法 で 利 用 可 能 とする または(2)この 特 定 の 著 作 物 に 関 する 特 許 ライセンスの 利 益 をあなた 自 身 から 剥 奪 する 措 置 を 行 う または(3) 本 許 諾 書 の 要 件 に 一 致 する 方 法 で ダウンストリーム 受 領 者 に 特 許 ライ センスを 提 供 する 措 置 を 行 うことのいずれかを 実 行 しなくてはなりません ここで 故 意 に 依 拠 してい る とは 特 許 ライセンスに 関 し ある 国 における 対 象 著 作 物 の 伝 達 またはある 国 における 対 象 著 作 物 の 受 領 者 による 使 用 が その 国 において 有 効 であると 考 えるに 十 分 な 根 拠 がある 特 定 可 能 な 特 許 の 1 つ または 複 数 を 侵 害 することになるという 実 際 の 知 識 をあなたが 持 っていることを 意 味 します 単 一 の 取 引 または 取 り 決 めに 準 じて またはそれらに 関 連 して あなたが 対 象 著 作 物 を 伝 達 またはそ の 伝 達 を 調 達 することによって 伝 播 し その 対 象 著 作 物 を 受 け 取 る 当 事 者 の 一 部 に 特 許 ライセンスを 付 与 して その 対 象 著 作 物 を 使 用 伝 播 改 変 または 伝 達 することを 認 めた 場 合 あなたが 付 与 した 特 許 ライセンスは 対 象 著 作 物 およびそれに 基 づいた 著 作 物 のすべての 受 領 者 に 自 動 的 に 拡 大 提 供 され ます 特 許 ライセンスは その 適 用 範 囲 に 含 まれない 場 合 差 別 的 であり 本 許 諾 書 に 基 づいて 明 示 的 に 付 与 されている 1 つ もしくは 複 数 の 権 利 行 使 を 禁 止 する または 被 権 利 行 使 を 条 件 とします あなたは あなたがソフトウェアを 流 通 する 業 務 を 行 う 第 三 者 との 取 り 決 めにおける 当 事 者 である 場 合 2007 年 3 月 28 日 より 前 にその 取 り 決 めを 行 った またはその 特 許 ライセンスが 付 与 された 場 合 を 除 き 対 象 著 作 物 の 伝 達 における 活 動 範 囲 に 基 づいてあなたが 第 三 者 に 支 払 いを 行 い あなたから 対 象 著 作 物 を 受 け 取 る 当 事 者 に 対 して その 第 三 者 が (a)あなたが 伝 達 した 対 象 著 作 物 の 複 製 (もしくはこれらの 複 製 か ら 作 成 された 複 製 )に 関 連 する または(b) 主 に 対 象 著 作 物 が 含 まれる 特 定 の 製 品 もしくはコンパイ ル 向 け もしくはそれらに 関 連 する 差 別 的 な 特 許 ライセンス 付 与 する 場 合 あなたは 対 象 著 作 物 の 伝 達 を 行 うことはできません 23

24 本 許 諾 書 のいかなる 内 容 も 黙 示 的 ライセンス または 該 当 する 特 許 法 に 基 づいてあなたに 認 められる 場 合 のある 侵 害 に 対 するその 他 防 御 策 を 除 外 または 制 限 するとは 解 釈 されないものとします 12. 他 者 の 自 由 の 放 棄 の 禁 止 本 許 諾 書 と 矛 盾 する 条 件 があなたに 課 せられた 場 合 ( 裁 判 所 命 令 契 約 またはその 他 を 問 わない) こ れらが 本 許 諾 書 の 条 件 からあなたを 免 除 することはありません 本 許 諾 書 に 基 づく 義 務 と その 他 関 連 する 義 務 の 両 方 を 同 時 に 満 たすために 対 象 著 作 物 を 伝 達 することができない 場 合 その 結 果 として あ なたは 著 作 物 を 一 切 伝 達 できなくなります 例 えば あなたが 本 プログラムを 伝 達 する 人 からさらに 伝 達 するためのロイヤルティを 収 集 する 義 務 を 負 わせる 契 約 に 同 意 した 場 合 これらの 条 件 と 本 許 諾 書 の 両 方 を 満 たす 唯 一 の 方 法 は 本 プログラムの 伝 達 の 一 切 を 完 全 に 中 止 することとなります 13. GNU Affero 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 との 使 用 本 許 諾 書 のその 他 条 項 に 関 わらず あなたは 対 象 著 作 物 を GNU Affero 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 バージョン 3 に 基 づいて 許 諾 された 著 作 物 とリンクまたは 結 合 させて 単 一 の 結 合 された 著 作 物 とすること および その 結 果 として 作 成 された 著 作 物 を 伝 達 することができます 本 許 諾 書 の 条 項 は 対 象 著 作 物 の 部 分 に 引 き 続 き 適 用 されますが 結 合 された 著 作 物 には ネットワークを 介 した 相 互 作 用 に 関 する GNU Affero 一 般 公 衆 利 用 許 諾 書 第 13 条 の 特 別 な 要 件 が 適 用 されます 14. 本 許 諾 書 の 改 訂 バージョン Free Software Foundation は 改 訂 バージョンまたは 新 バージョンの 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 を 随 時 発 行 します 新 バージョンは その 精 神 においては 現 行 バージョンと 同 じですが 新 たな 問 題 や 懸 念 を 解 決 するために 細 部 は 異 なる 可 能 性 があります 各 バージョンには 区 別 するためのバージョン 番 号 が 付 けられています 本 プログラムが GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 の 特 定 バージョン 番 号 またはそれ 以 降 の 任 意 のバージョン が 適 用 される と 指 定 す る 場 合 あなたはその 番 号 のバージョンまたは Free Software Foundation が 発 行 したそれ 以 降 の 任 意 のバ ージョンの 諸 条 件 に 従 うことができます あなたがライブラリを 受 け 取 ったとき そのライブラリに GNU 劣 等 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 のバージョン 番 号 が 指 定 されていない 場 合 は これまでに Free Software Foundation が 発 行 したバージョンの 中 から 任 意 に 選 択 することができます 本 プログラムで 今 後 の GNU 一 般 公 衆 利 用 許 諾 契 約 書 バージョンのどれを 使 用 できるかを 代 理 人 が 判 断 できると 指 定 されている 場 合 は その 代 理 人 による 任 意 の 番 号 を 承 認 するという 公 式 声 明 によって あ なたは 本 プログラムに 対 してそのバージョンを 選 択 するための 永 続 的 な 権 限 を 得 ます 今 後 のライセンスバージョンは 追 加 の 許 可 または 異 なる 許 可 をあなたに 提 供 する 場 合 があります が あなたが 今 後 のバージョンを 選 択 することによって 著 作 者 または 著 作 権 所 有 者 に 追 加 の 義 務 が 課 せられることはありません 15. 保 証 の 放 棄 適 用 法 が 認 める 範 囲 において 本 プログラムにはいかなる 保 証 も 存 在 しません 書 面 で 別 途 指 定 されな い 限 り 著 作 権 所 有 者 またはその 他 の 当 事 者 は 本 プログラムを 現 状 のまま 提 供 し 明 示 または 黙 示 を 問 わず 商 品 性 特 定 目 的 への 適 合 性 を 含 む(ただしこれらに 限 定 されない) 一 切 の 保 証 を 伴 いませ ん 本 プログラムの 品 質 と 性 能 に 関 するすべてのリスクはあなたに 帰 属 します 本 プログラムに 欠 陥 があると 判 明 した 場 合 あなたは 必 要 な 修 理 交 換 または 補 修 に 要 するすべての 費 用 を 負 担 するもの とします 16. 責 任 の 限 定 適 用 法 で 義 務 付 けられている 場 合 または 書 面 による 合 意 がある 場 合 を 除 き 著 作 権 所 有 者 または 上 記 で 許 可 されたとおりに 本 プログラムを 改 変 または 伝 播 もしくはその 両 方 を 行 うその 他 のすべての 当 時 者 は 本 プログラムの 使 用 または 使 用 できないことに 起 因 する 付 随 的 特 殊 的 偶 発 的 または 結 果 的 に 生 じるあらゆる 損 害 (データの 紛 失 データの 不 正 確 なレンダリング あなたもしくは 第 三 者 が 被 る 損 失 またはその 他 のプログラムとの 併 用 時 における 本 プログラムの 動 作 不 全 を 含 むが これらに 限 定 されない)について かかる 著 作 権 所 有 者 またはその 他 当 事 者 がこのような 損 害 の 可 能 性 を 知 らされ ていた 場 合 でも 一 切 責 任 を 負 わないものとします 17. セクション 15 および 16 の 解 釈 プログラムのコピーと 引 き 換 えに 保 証 または 法 的 責 任 の 引 き 受 けが 伴 う 場 合 を 除 き 上 記 の 保 証 免 責 事 項 および 責 任 制 限 が 地 域 の 法 律 の 規 則 により 法 律 上 の 影 響 が 与 えられない 場 合 審 査 法 廷 がこのプログ ラムに 関 連 したすべての 民 事 責 任 を 絶 対 的 な 放 棄 にもっとも 近 い 地 域 の 法 律 を 適 用 するべきです 24

日本システムウエア株式会社

日本システムウエア株式会社 ファイル 共 有 サービス AppNow! AppNow! 以 下 の 試 用 の 流 れ および 試 用 条 件 AppNow!サービス 試 用 規 約 をご 確 認 の 上 お 申 込 みください お 申 込 みをもって 試 用 条 件 および 試 用 規 約 に 同 意 いただいたものとみなし 試 用 環 境 のご 用 意 を 行 います 急 遽 キャンセル 等 が 必 要 になりましたら お

More information

Microsoft Word - L505-0010-02 Lenovo Limited Warranty _Final_ 8.2011.doc

Microsoft Word - L505-0010-02 Lenovo Limited Warranty _Final_ 8.2011.doc Lenovo 保 証 規 定 L505-0010-02 08/2011 Lenovo 保 証 規 定 は 以 下 の 部 分 で 構 成 されます 第 1 章 共 通 条 項 第 2 章 各 国 固 有 の 条 項 第 3 章 保 証 サービス 情 報 第 2 章 には 特 定 の 国 について 第 1 章 の 条 項 を 変 更 または 置 き 換 える 条 項 が 明 記 されている 場 合 があります

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

会員規約(バニラVisaオンライン会員用)

会員規約(バニラVisaオンライン会員用) 会 員 規 約 (バニラ Visa オンライン 会 員 用 ) 第 1 条 ( 目 的 ) (1) 本 規 約 は インターネット 上 の 加 盟 店 で 代 金 決 済 に 利 用 する ことができるインターネット 決 済 専 用 プリペイドカードであって SBI カード 株 式 会 社 ( 以 下 SBI カード 又 は 当 社 という ) が 発 行 するもの( 名 称 :バニラ Visa オンライン(

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは

はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7 インストールマニュアル 第 4 版 2016/8/16 はじめに でんでん 記 録 Win10/8.1/8/7( 以 下 でんでん 記 録 とする)をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 マニュアルを 参 照 して インストールを 行 ってください セキュリティについて 本 システムのデータを 保 存 する 共 有 データファイルは

More information

Microsoft Word - CLOMO_Agreement_AntiV.doc

Microsoft Word - CLOMO_Agreement_AntiV.doc CLOMO MDM アンチウィルスオプション 利 用 規 約 CLOMO MDM アンチウィルスオプション 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 とします)は 株 式 会 社 アイキューブドシステムズ( 以 下 当 社 とします)が 提 供 する SaaS サービス CLOMO ( 以 下 CLOMO とします) 及 びマカフィー 株 式 会 社 が 提 供 する Virus Scan Mobile

More information

(11)その 他 弊 社 が 不 適 切 と 判 断 する 行 為 6.アカウントの 停 止 弊 社 は 次 の 各 号 の 事 由 により 本 ソフトウェアのアカウントの 一 部 または 全 部 を 停 止 することで 会 員 の 本 ソフトウェアの 利 用 停 止 ができるものとし 当 該 停

(11)その 他 弊 社 が 不 適 切 と 判 断 する 行 為 6.アカウントの 停 止 弊 社 は 次 の 各 号 の 事 由 により 本 ソフトウェアのアカウントの 一 部 または 全 部 を 停 止 することで 会 員 の 本 ソフトウェアの 利 用 停 止 ができるものとし 当 該 停 スタネット 一 般 利 用 規 約 株 式 会 社 スタンダード 家 庭 教 師 サービス( 以 下 弊 社 )は 弊 社 が 運 営 するスタネット( 以 下 本 ソフトウェア )の 利 用 について 以 下 のとおり 利 用 規 約 ( 以 下 本 利 用 規 約 )を 定 めます 利 用 者 の 皆 様 ( 以 下 会 員 )が 本 ソフトウェアを 利 用 するためには 本 利 用 規 約 の

More information

第 6 条 ( 利 用 停 止 ) 1. 当 組 合 は 会 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 何 ら 責 任 を 負 うことなく 当 該 会 員 による 本 サービスの 利 用 を 停 止 することがあります 1 会 員 契 約 の 申 込 時 もしくは 変 更 の

第 6 条 ( 利 用 停 止 ) 1. 当 組 合 は 会 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 には 何 ら 責 任 を 負 うことなく 当 該 会 員 による 本 サービスの 利 用 を 停 止 することがあります 1 会 員 契 約 の 申 込 時 もしくは 変 更 の サンロード 青 森 Web 会 員 規 約 第 1 条 ( 本 規 約 の 目 的 ) 1.この 規 約 は 協 同 組 合 サンロード 青 森 ( 以 下 当 組 合 と 称 します)の 運 営 する website( 以 下 ウェブサイト と 称 します)を 利 用 する Web 会 員 ( 以 下 会 員 と 称 します)へ 提 供 す るサービス( 以 下 本 サービス と 称 します)の

More information

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル

サイボウズ Office 8 ファイル管理マニュアル ファイル 管 理 マニュアル Copyright (C) 20 10 Cybozu, Inc. 目 次 管 理 者 マニュアル はじめに 1 ファイル 管 理 のシステム 管 理 について 2 システム 管 理 の 設 定 ファイル 管 理 の 一 般 設 定 を 変 更 する 3 フォルダにアクセス 権 を 設 定 する 5 ファイルサイズの 制 限 を 設 定 する 6 ファイルを 一 括 削

More information

Microsoft Word - SQL_Server_2014_Standard_jp.docx

Microsoft Word - SQL_Server_2014_Standard_jp.docx ロイヤリティ プログラム 専 コア (ISV サーバー ユーザー デバイス クライアント ライセンス アクセス ライセンス: ユーザーライセンス: 0 ライセンス: 0 以 ョンまたはアプリケーション 使 下 用 のライセンス 許 諾 契 約 書 条 項 は お スイートの 客 様 が 取 許 得 したマイクロソフト ソフトウェアが 付 随 するソフトウェア アプリケーシ ライセンス: 諾 以 下

More information

BizHo利用規約

BizHo利用規約 スマートユニオン 利 用 規 約 SGS 株 式 会 社 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 規 約 の 適 用 ) 1.SGS 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいま)は 本 スマートユニオン 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 と いいま)に 従 い 本 サービス( 後 記 第 2 条 第 4 号 に 定 義 しま)を 提 供 しま 2. 当 社 は 本 規 約 に 関 する 個 別

More information

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に

のとする 第 6 条 (ポイントの 取 消 消 減 ) 1. 当 社 がポイントを 付 与 した 後 に 対 象 取 引 について 返 品 キャンセルその 他 当 社 がポイン トの 付 与 を 取 り 消 すことが 適 当 と 判 断 する 事 由 があった 場 合 当 社 は 対 象 取 引 に ライフティポイント 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) ライフティ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)は ライフティポイント 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という)に 基 づき 当 社 指 定 の 方 法 により 当 社 に 対 して 登 録 を 行 ったお 客 様 ( 以 下 会 員 と いう)に 対 して 当 社 が 発 行 するポイントである ライフティポイント に

More information

ソフトウェアについてのよくあるご質問

ソフトウェアについてのよくあるご質問 ソフトウェアについてのよくあるご 質 問 (FAQ) ご 質 問 一 覧 ( ご 質 問 内 容 をクリックすると 回 答 に 移 動 します) ライセンスに 関 すること No. ご 質 問 内 容 該 当 するソフトウェア 1 Q. ソフトウェア 1 枚 で 複 数 台 のパソコンにインストールすることは 可 能 ですか インストールに 関 すること No. ご 質 問 内 容 該 当 するソフトウェア

More information

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i -

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - ( 事 業 者 向 け) 1.0 版 2015 年 3 月 31 日 改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - 目 次 1. はじめに... 1 2. システム 動 作 環 境... 1 2.1. 動 作 の 条 件 注 意 事 項... 1 2.1.1. JAVA スクリプトの 設 定... 1 2.1.2.

More information

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル

ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル ワンタッチプライバシー ユーザーズマニュアル B5FW-0341-01 Z0 目 次 マニュアルの 表 記... 3 1.ワンタッチプライバシーへようこそ... 4.ワンタッチプライバシーを 使 うための 準 備... 5-1. 初 回 起 動 時 の 設 定... 5 -. 起 動 時 のパスワード 入 力... 8 3.データを 登 録 する... 9 3-1. データを 登 録 するうえでの

More information

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書 20131101_ 東 北 厚 生 局 返 還 金 同 意 書 等 作 成 支 援 ツール 操 作 説 明 書 平 成 25 年 12 月 東 北 厚 生 局 1. はじめに 返 還 金 同 意 書 作 成 支 援 ツールは 保 険 医 療 機 関 及 び 保 険 薬 局 において 診 療 報 酬 を 誤 って 請 求 したこと 等 により 保 険 者 に 診 療 報 酬 を 返 還 する 場 合

More information

サポート技術方法

サポート技術方法 キャッシュと 同 期 の 推 奨 設 定 イントロダクション このドキュメントでは Curl RTE のパフォーマンスを 最 大 限 に 活 用 できるように Curl RTE の 設 定 と Web ブラウザのキャッシュの 特 徴 について 説 明 します この 設 定 を 採 用 することで 正 確 なプログラムの 動 作 を 維 持 しながら Curl アプリケー ションにおいて 最 も 効

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

<『みずほ e-ビジネスサイト』操作マニュアル>

<『みずほ e-ビジネスサイト』操作マニュアル> みずほ e-ビジネスサイト 操 作 マニュアル 個 人 住 民 税 一 括 納 付 編 Copyright 2016 Mizuho Bank, Ltd. この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 項 目 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックしてください

More information

ホームページ作成サービス利用契約約款

ホームページ作成サービス利用契約約款 ホームページ 作 成 サービス 利 用 契 約 約 款 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. ファーストサーバ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は このホームページ 作 成 サービス 利 用 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )に 定 めるところにより 本 サービス( 第 3 条 第 1 号 に 定 義 )を 提 供 しま す 本 約 款 は 当 社 とお

More information

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス 第 1 条 ( 本 サービスの 内 容 ) いつでも 書 店 ( 以 下 本 サービス といいます )は いつでも 書 店 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )がお 客 様 に 対 し いつでも 書 店 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 提 供 するサービスをいいます 第 2 条 ( 本 サービスの 利 用 ) 1. 本 サービスの 利 用 を 希 望

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Ver...5 ZEHビルダー ポータルサイト マニュアル はじめにお 読 みください 公 募 要 領 およびSIIホームページの よくあるご 質 問 をご 確 認 ください ID 取 得 申 込 を 行 う 前 に 公 募 要 領 (P6~) およびSIIホームページの よくあるご 質 問 を 必 ずご 確 認 ください 支 社 支 店 フランチャイズ 等 登 録 単 位 や 地 域 による 区

More information

<8250814493648E7190BF8B818EF39574835683588365838082C98AD682B782E94641512E786C73>

<8250814493648E7190BF8B818EF39574835683588365838082C98AD682B782E94641512E786C73> 障 害 者 自 立 支 援 給 付 支 払 等 システム に 関 するFAQ に 関 するFAQ 1 簡 易 入 力 システム 導 入 作 業 環 境 以 前 簡 易 入 力 ソフトの 仕 様 はMicrosoft Office Excel 2003(Service Pack2 以 降 )となっ ていましたが この 点 について 現 状 でも 変 更 はないのでしょうか Excel 2007 2002

More information

Microsoft Word - FiNCダイエット家庭教師利用規約151127.docx

Microsoft Word - FiNCダイエット家庭教師利用規約151127.docx FiNC ダイエット 家 庭 教 師 利 用 規 約 FiNC ダイエット 家 庭 教 師 は 株 式 会 社 FiNC が 運 営 しているダイエットの 専 門 家 によるウェルネスサポートサー ビスです FiNC ダイエット 家 庭 教 師 が 食 事 や 運 動 をはじめとした 生 活 習 慣 を 改 善 するきっかけとなり 皆 様 の 美 容 やダイエット 健 康 づくりにお 役 立 ていただけることを

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス)

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス) IBM SPSS Statistics for Linux のイ ンストール 手 順 (ネットワーク ライ センス) 以 下 に 示 すのは ネットワーク ライセンス を 使 用 したIBM SPSS Statistics バー ジョン 21 のインストール 手 順 です この 文 書 は デスクトップ コンピュータに SPSS Statistics をインストールするエンド ユーザーが 対 象 です

More information

Microsoft Word - ○マニュアル表紙(v4.0_.doc

Microsoft Word - ○マニュアル表紙(v4.0_.doc 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 事 務 マニュアル V4.0 ( 平 成 21 年 4 月 及 び 10 月 からの 上 限 額 管 理 事 務 に 関 する 一 部 制 度 変 更 の 内 容 が 盛 り 込 まれています) 平 成 21 年 10 月 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 このマニュアルは 神 奈 川 県 における 標 準 的 な 事 務 手 続 きを

More information

CarrityNW電話帳編集ソフトマニュアル

CarrityNW電話帳編集ソフトマニュアル Carrity-NW 用 電 話 帳 編 集 ソフトウェア マニュアル 1/38 2015.01(1.1 版 ) 目 次 1 概 要... 3 1.1 はじめに... 3 1.2 動 作 環 境... 3 1.3 ご 利 用 時 の 注 意 点... 3 2 ソフトウェアのインストール... 4 2.1 インストール... 4 2.2 アンインストール... 7 3 電 話 帳 データの 編 集...

More information

4 当 社 は 申 し 込 み 内 容 または 契 約 者 が 次 の 事 項 のいずれかに 該 当 すると 判 断 した 場 合 には 申 し 込 みを 承 諾 した 後 であっても 申 し 込 みの 解 除 をすることがあります (1) 契 約 者 が 約 款 および 本 約 款 に 違 反 す

4 当 社 は 申 し 込 み 内 容 または 契 約 者 が 次 の 事 項 のいずれかに 該 当 すると 判 断 した 場 合 には 申 し 込 みを 承 諾 した 後 であっても 申 し 込 みの 解 除 をすることがあります (1) 契 約 者 が 約 款 および 本 約 款 に 違 反 す すこう IP-VOD サービス 契 約 約 款 milplus(みるプラス) 第 1 条 ( 総 則 ) 須 高 ケーブルテレビ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )は 当 社 が 別 に 定 めるテレビサービス 契 約 約 款 ( 以 下 ケーブルテレビ 約 款 という ) 及 び インターネット 接 続 サービス 契 約 約 款 ( 以 下 イ ンターネット 約 款 という ) 並 びにこの

More information

fusion_place は 株 式 会 社 フュージョンズの 商 標 です Oracle, Java は 米 国 Oracle Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標 です Microsoft, Windows, Windows Vis

fusion_place は 株 式 会 社 フュージョンズの 商 標 です Oracle, Java は 米 国 Oracle Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標 です Microsoft, Windows, Windows Vis fusion_place インストールマニュアル スタンドアロン 編 対 応 製 品 バージョン:3.0 第 3.0 版 :2014 年 10 月 15 日 Copyright 2014- fusions corporation fusion_place は 株 式 会 社 フュージョンズの 商 標 です Oracle, Java は 米 国 Oracle Corporation の 米 国 およびその

More information

Microsoft Word - らくらく給与7.docx

Microsoft Word - らくらく給与7.docx WINDOWS 7,2000,XP,vista( 画 面 1024 786 以 上 ) 電 卓 感 覚 で 使 える!! ら く ら く 給 与 7 有 限 会 社 シンシステムデザイン 721-0907 広 島 県 福 山 市 春 日 町 6-6-5 エバーシャインビル4F TEL 084-946-5253 FAX 084-946-5254 らくらく 給 与 7の 運 用 について (1) 本 ソフトおよびマニュアルは

More information

Windows Server リモート デスクトップ サービスを 使 用 した Microsoft デスクトップ アプリケーションのライセンス マイクロソフトは デスクトップ アプリケーションのライセンスをデバイス 単 位 で 供 与 します デバイス 単 位 のライセンス 供 与 とは 製 品 を

Windows Server リモート デスクトップ サービスを 使 用 した Microsoft デスクトップ アプリケーションのライセンス マイクロソフトは デスクトップ アプリケーションのライセンスをデバイス 単 位 で 供 与 します デバイス 単 位 のライセンス 供 与 とは 製 品 を ボリューム ライセンス 簡 易 ガイド Windows Server リモート デスクトップ サービスを 使 用 した Microsoft デスクトップ アプリケーション ソフトウェアのライセンス 目 次 この 簡 易 ガイドは すべてのマイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムに 適 用 されます 概 要... 1 この 簡 易 ガイドの 更 新 内 容... 1 詳 細... 1 変 更

More information

WebARENA Suite2

WebARENA Suite2 WebARENA 共 通 利 用 規 約 2015 年 5 月 13 日 改 定 株 式 会 社 NTTPCコミュニケーションズ WebARENA 共 通 利 用 規 約 2015 年 5 月 13 日 改 定 株 式 会 社 NTTPC コミュニケーションズ 第 1 章 総 則... 3 第 1 条 ( 利 用 規 約 の 適 用 )... 3 第 2 条 ( 利 用 規 約 の 変 更 )...

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

4 登 録 内 容 の 修 正 等 (1) 事 業 者 は 登 録 した 事 項 又 はシステム 利 用 者 を 変 更 する 場 合 には 様 式 3によ り 変 更 内 容 を 届 け 出 るものとする (2) 事 業 者 は 輸 出 業 務 を 止 める 等 により 今 後 システムを 利 用

4 登 録 内 容 の 修 正 等 (1) 事 業 者 は 登 録 した 事 項 又 はシステム 利 用 者 を 変 更 する 場 合 には 様 式 3によ り 変 更 内 容 を 届 け 出 るものとする (2) 事 業 者 は 輸 出 業 務 を 止 める 等 により 今 後 システムを 利 用 ( 別 紙 3) 輸 出 証 明 書 発 行 システムの 使 用 について 農 林 水 産 省 が 運 用 する 輸 出 証 明 書 発 行 システム( 以 下 システム という )を 利 用 して 食 品 等 を 輸 出 する 際 に 必 要 な 証 明 書 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 別 添 の 輸 出 証 明 書 発 行 システム 利 用 規 約 ( 以 下 利 用 規 約 という

More information

岡三RSSマニュアル

岡三RSSマニュアル 導 入 操 作 マニュアル 2013 年 7 月 版 当 サービスは 当 社 または 情 報 提 供 元 が 信 頼 できると 判 断 した 情 報 に 基 づき 構 成 されておりま すが その 情 報 の 正 確 性 完 全 性 適 時 性 を 当 社 および 情 報 提 供 元 が 保 証 するものではありま せん 岡 三 RSS 利 用 規 約 に 従 ってご 利 用 ください これらの 情

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 10 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 徳 島 市 は 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

安否確認サービスユーザーマニュアル

安否確認サービスユーザーマニュアル ユーザーマニュアル Ver.6.6.1 目 次 1 章 はじめに... 1 1.1 本 書 の 利 用 について... 1 1.2 ユーザーの 役 割 別 名 称 について... 1 1.3 ユーザーが 利 用 できる 機 能 について... 1 1.4 WEB ブラウザーについて... 2 1.4.1 Internet Explorer のセキュリティ 設 定 について... 2 1.5 携 帯

More information

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法

SciFinder (Web 版) エラーへの対処法 SciFinder (Web 版 ) のエラーへの 対 処 法 化 学 情 報 協 会 2012 年 4 月 改 訂 ケース1:SciFinder (Web 版 ) にアクセスできない 症 状 : ブラウザの お 気 に 入 り から SciFinder (Web 版 ) にアクセ スしている 場 合, 左 記 のエラ ー (HTTP 500 内 部 サーバー エラー)によりアクセスできな い. 解

More information

(シン クライアントなど) については VDA サブスクリプションを 通 じて 仮 想 マシン (VM) を 使 用 するためのライ センスを 別 途 取 得 し これらの 特 典 を 利 用 することができます この 簡 易 ガイドでは マイクロソフト ボリューム ライセンスのお 客 様 に 提

(シン クライアントなど) については VDA サブスクリプションを 通 じて 仮 想 マシン (VM) を 使 用 するためのライ センスを 別 途 取 得 し これらの 特 典 を 利 用 することができます この 簡 易 ガイドでは マイクロソフト ボリューム ライセンスのお 客 様 に 提 ボリューム ライセンス 簡 易 ガイド 仮 想 マシンを 使 用 した Windows デスクトップ オペレーティング システムのライセンス この 簡 易 ガイドは すべてのマイクロソフト ボリューム ライセンス プログラムに 適 用 されます 目 次 概 要... 1 詳 細... 1 Windows VDA の 権 利 を 取 得 する 方 法... 2 Windows VDA の 権 利 の

More information



 スタートアップガイド Ver. 3.0 管 理 者 編 株 式 会 社 アバンセシステム クラウド コンピューティング 事 業 部 JECC E-mail jecc_support@avancesys.co.jp URL http://www.avancesys.co.jp/ ANPIC スタートアップガイド 管 理 者 編 2 ごあいさつ このたびは 安 否 情 報 システム ANPIC をご 導

More information

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は

Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 又 は 書 類 閲 覧 用 端 末 要 件 平 成 25 年 4 月 金 融 庁 総 務 企 画 局 企 業 開 示 課 Microsoft Corporation のガイドラインに 従 って 画 面 写 真 を 使 用 しています Microsoft Windows Windows Vista は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商

More information

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1

目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3 ディスプレイ 解 像 度 要 件...9 1 商 工 中 金 外 為 Web 為 替 予 約 サービス ご 利 用 マニュアル 1ログイン 編 Ver.1.2 2015 年 3 月 - 1 - 目 次 1 はじめに...4 1.1 本 マニュアルで 記 載 する 内 容...4 1.2 システム 要 件...4 1.2.1 対 応 OS(オペレーティングシステム) 要 件...4 1.2.2 対 応 Web ブラウザ 要 件...7 1.2.3

More information

PDFとは 【Portable Document Format】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words

PDFとは 【Portable Document Format】 ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words 1 / 18 NAA 福 岡 WEBマニュアル インターネット 不 在 応 札 サービス インターネット 不 在 応 札 サービスに 入 会 することで 次 のようなサービスを 利 用 することがで きます 1.インターネットからの 不 在 応 札 受 付 インターネットを 利 用 して 不 在 応 札 を 登 録 することができます 出 品 車 輌 を 検 索 し 指 値 を 入 力 することで

More information

2012 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された FileMaker, Inc. の 商 標 です その 他 の 商 標 はすべて それぞ

2012 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された FileMaker, Inc. の 商 標 です その 他 の 商 標 はすべて それぞ FileMaker Pro 10 以 前 の バージョンから FileMaker Pro 11 に バージョンアップするときの 注 意 点 FileMaker Customer Support 2012 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker ファイルメーカー 及 びファイルフォルダロゴは 米 国 及 び その 他 の 国 において 登 録 された

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

Microsoft Word - Japanese_Windows_XPE_License_Terms.doc

Microsoft Word - Japanese_Windows_XPE_License_Terms.doc マイクロソフト ソフトウェア ライセンス 条 項 : Windows XP Embedded Runtime 本 ライセンス 条 項 は お 客 様 と 株 式 会 社 コナミデジタルエンタテインメント( 以 下 コナミデジタルエンタテ インメント といいます) との 契 約 を 構 成 します 以 下 のライセンス 条 項 を 注 意 してお 読 みください これら のライセンス 条 項 は 本

More information

教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程 について 5 4. ログイン 6 5. トップページ 7 6. 学 部 -

教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程 について 5 4. ログイン 6 5. トップページ 7 6. 学 部 - 教 務 Webシステム ( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 修 正 版 更 新 日 :204//07 表 紙 国 立 大 学 法 人 東 京 工 業 大 学 204 年 月 教 務 Webシステム( 学 生 用 ) 操 作 説 明 書 目 次. 概 要 2 2. 注 意 事 項 3 2-. 利 用 全 般 の 注 意 事 項 3 2-2. 学 習 申 告 上 の 注 意 事 項 4 3. 日 程

More information

Apple Mac オペレーティング システムは 対 象 オペレーティング システムであると 見 なされています したがって ライセンス 取 得 済 みの Mac オペレーティング システムがインストールされた Mac に 対 して Windows 10 Pro アップグレード ライセンスま たは

Apple Mac オペレーティング システムは 対 象 オペレーティング システムであると 見 なされています したがって ライセンス 取 得 済 みの Mac オペレーティング システムがインストールされた Mac に 対 して Windows 10 Pro アップグレード ライセンスま たは ボリューム ライセンス 簡 易 ガイド Windows および Microsoft Office を Mac で 使 用 するためのライセンス この 簡 易 ガイドはすべてのボリューム ライセンス プログラムを 対 象 とします 目 次 概 要... 1 この 簡 易 ガイドの 更 新 内 容... 1 詳 細... 1 Mac 用 Windows オペレーティング システムのライセンス... 1

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認...

目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項... 11 3 利 用 環 境 の 確 認... 関 西 学 院 大 学 教 育 研 究 システム リモート PC 利 用 マニュアル (Windows 版 ) 2.1 版 2016 年 6 月 1 日 目 次 1 はじめに... 2 1.1 概 要... 2 1.2 利 用 環 境... 2 2 リモート PC の 利 用... 3 2.1 利 用 手 順... 3 2.2 Firefox での 利 用 手 順... 11 2.3 注 意 事 項...

More information

接続機器レンタル規約(Yahoo! BB 光 with フレッツ/Yahoo! BB 光 フレッツコース用)

接続機器レンタル規約(Yahoo! BB 光 with フレッツ/Yahoo! BB 光 フレッツコース用) 接 続 機 器 レンタル 規 約 (Yahoo! BB 光 with フレッツ/Yahoo! BB 光 フレッツコース 用 ) ソフトバンク 株 式 会 社 第 1 条 ( 規 約 の 適 用 ) 1. 本 規 約 は ソフトバンク 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )が 提 供 する Yahoo! BB 光 with フレッツサービスまたは Yahoo! BB 光 フレッツコースサービス(

More information

目 次 はじめに... 3 サービス 内 容... 3 許 諾 事 項... 3 免 責... 3 使 用 上 の 注 意... 3 動 作 環 境... 4 インストール... 4 準 備... 6 税 率 や 保 険 料 率 等 の 変 更... 8 メインメニュー... 8 給 与 明 細 登

目 次 はじめに... 3 サービス 内 容... 3 許 諾 事 項... 3 免 責... 3 使 用 上 の 注 意... 3 動 作 環 境... 4 インストール... 4 準 備... 6 税 率 や 保 険 料 率 等 の 変 更... 8 メインメニュー... 8 給 与 明 細 登 給 与 管 理 システム 2016 for Microsoft Access 2002/2003/2007/2010/2013 マニュアル 2015 年 12 月 版 データプロ 1 目 次 はじめに... 3 サービス 内 容... 3 許 諾 事 項... 3 免 責... 3 使 用 上 の 注 意... 3 動 作 環 境... 4 インストール... 4 準 備... 6 税 率 や 保

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 に 基 づく 固 定 資 産 税 特 例 措 置 の 手 引 き < 第 1 版 > この 手 引 きは 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 認 定 経 営 力 向 上 計 画 に 基 づき 中 小 事 業 者 等 がファイナンス リース 取 引 により 設 備 を 導 入 した 場 合 に 適 用 が 受 けられる 固 定 資 産 税 特 例 措 置

More information

DIACERTサービス利用規約

DIACERTサービス利用規約 DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 利 用 者 同 意 書 ) 2015 年 12 月 8 日 版 第 1 条 ( 総 則 ) 1. DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という )は ジャパンネット 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する DIACERT サービス ( 以 下 本 サービス という )の 利 用 に 関 し て 定 めたものです

More information

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC ReadyNAS OS6(6.x.x) 簡 易 使 用 方 法 前 提 条 件 : 初 期 設 定 (RAIDar インストール NAS 管 理 画 面 へのアクセス)が 完 了 していること 完 了 していない 方 はこちらを 参 照 願 います Windows での 操 作 方 法 となります ブラウザアクセス 以 降 は 他 の OS でも 共 通 です データ 保 存 方 法 ( 最 も 簡

More information

ネットワークの中立性に関する マイクロソフトの考え方

ネットワークの中立性に関する マイクロソフトの考え方 資 料 3-7 ネットワークの 中 立 性 に 関 する マイクロソフトの 考 え 方 マイクロソフト 株 式 会 社 最 高 技 術 責 任 者 補 佐 楠 正 憲 ネットの 中 立 性 を 巡 る 論 点 垂 直 統 合 型 サービス 通 信 事 業 者 による 垂 直 統 合 型 サービスを 認 めるべきか 寡 占 的 通 信 事 業 者 によるインターネット 接 続 サービス 等 を 引 き

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

レノボ・クリスタル・パートナー

レノボ・クリスタル・パートナー lenovo レジスタード リセラー 規 約 (Rev2) lenovo レジスタード リセラー 規 約 ( 以 下 本 規 約 とします)は レノボ ジャパン 株 式 会 社 ( 以 下 両 社 を 総 称 して 当 社 とします)が 販 売 パートナーに 提 供 するサポートプ ログラム lenovo レジスタード リセラー に 関 する 諸 条 件 を 定 めるものです 同 プログ ラム 登

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D375F6F6E746865487562979897708ED2837D836A83858341838B32303136303833305F8D8296D882A282EB82A282EB8F4390B32E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D375F6F6E746865487562979897708ED2837D836A83858341838B32303136303833305F8D8296D882A282EB82A282EB8F4390B32E646F6378> 学 向 け onthehub 利 者 マニュアル 次 概 要 利 条 件 3 2 近 畿 学 学 向 け 専 サイトでのアカウント 登 録 について 3 3 プロダクトキーの 発 について 4 4 インストール 5 4. 事 前 確 認 5 4.2 インストールメディア 作 成 6 4.2. 7 4.2.2 8 4.2.3

More information

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期 東 北 工 業 大 学 ( 注 ) 各 種 問 い 合 わせ 窓 口 統 合 認 証 システムのパスワードを 忘 れた 場 合 の 再 発 行 について 情 報 サービスセンター 演 習 システム 管 理 室 八 木 山 ( 八 木 山 キャンパス8 号 館 1 階 ) 長 町 ( 長 町 キャンパス2 号 館 3 階 ) 統 合 認 証 システムのユーザID パスワードとは 本 学 情 報 サービスセンターが

More information

本 書 は 電 子 証 明 書 に 関 する 資 料 となります ます 本 書 で サービスにログインした 後 は 改 めて 各 サービスのマニュアルのご 参 照 をお 願 いいたし 重 要 動 作 環 境 により マニュアルの 記 載 内 容 と 差 異 が 発 生 する 場 合 がございます

本 書 は 電 子 証 明 書 に 関 する 資 料 となります ます 本 書 で サービスにログインした 後 は 改 めて 各 サービスのマニュアルのご 参 照 をお 願 いいたし 重 要 動 作 環 境 により マニュアルの 記 載 内 容 と 差 異 が 発 生 する 場 合 がございます 本 書 は 電 子 証 明 書 に 関 する 資 料 となります ます 本 書 で サービスにログインした 後 は 改 めて 各 サービスのマニュアルのご 参 照 をお 願 いいたし 重 要 動 作 環 境 により マニュアルの 記 載 内 容 と 差 異 が 発 生 する 場 合 がございます 1. 動 作 確 認 状 況... 1 2. 事 前 準 備... 2 2.1. OS 共 通 設 定...2

More information

百 五 でんさいサービス 承 認 編 この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックして

百 五 でんさいサービス 承 認 編 この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例 )[OK]ボタンをクリックして 百 五 でんさいサービス 操 作 マニュアル 承 認 編 第 3.1 版 平 成 27 年 4 月 株 式 会 社 百 五 銀 行 百 五 でんさいサービス 承 認 編 この 操 作 マニュアルについて 表 記 について このマニュアルでは 操 作 方 法 を 説 明 するために 以 下 の 表 記 を 使 用 しています メニュー 名 アイコン 名 ボタン 名 は[ ]で 囲 んでいます ( 例

More information

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1 クラウド 型 シラバスシステム クラシラ 利 用 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 基 本 機 能 に 関 する 定 義 ) 本 規 約 において 用 いられる 語 の 定 義 は, 次 号 の 通 りとする Web 入 稿 シラバス 登 録 編 集 管 理 シラバスの 科 目 情 報 講 義 内 容 および 教 員 情 報 の 登 録 編 集 管 理 を Web 上 でおこな うサービス

More information

第 4 条 ( 当 社 の 責 任 ) 1. 当 社 は 本 サービスにおいて 信 頼 できるサービスや 情 報 を 利 用 者 へお 届 けすべく 努 力 し ていますが 次 の 各 号 に 定 める 事 項 については 一 切 保 証 しないものとします 本 サービ スの 利 用 に 際 しては

第 4 条 ( 当 社 の 責 任 ) 1. 当 社 は 本 サービスにおいて 信 頼 できるサービスや 情 報 を 利 用 者 へお 届 けすべく 努 力 し ていますが 次 の 各 号 に 定 める 事 項 については 一 切 保 証 しないものとします 本 サービ スの 利 用 に 際 しては EPARK 携 帯 ショップ 予 約 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 規 約 の 適 用 ) 1. 本 規 約 は 株 式 会 社 ベストクリエイト( 以 下 当 社 といいます)が 管 理 運 営 するインタ ーネット 上 (PC 向 け モバイル 向 けの 双 方 を 含 むものとします)の 情 報 提 供 サービス 総 合 サイト EPARK 携 帯 ショップ WEB 予 約 システム

More information

個人情報保護方針

個人情報保護方針 個 人 情 報 保 護 方 針 エフ アイ ティー パシフィック 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいま)は 車 両 安 全 関 連 事 業 ICT 事 業 介 護 福 祉 事 業 を 柱 とし こ れに 新 素 材 関 連 事 業 や 環 境 対 策 事 業 を 加 え さまざまな 事 業 を 展 開 していまそのような 環 境 下 において 当 社 では 個 人 情 報 を 保 護 することは

More information

Microsoft PowerPoint - 04_H26material_practice_No3-3.pptx

Microsoft PowerPoint - 04_H26material_practice_No3-3.pptx 参 考 : 届 書 作 成 プログラムによる 届 出 データの 作 成 方 法 (1) 事 前 準 備 1 被 保 険 者 データの 入 手 (ターンアラウンドCDを 利 用 する 場 合 ) 当 プログラムでは 提 出 先 の 年 金 事 務 所 が 保 有 している 被 保 険 者 のデータを 利 用 して 電 子 申 請 用 データを 作 成 することができます(これを ターンアラウンドCD

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション CSVインポート 機 能 マニュアル 目 次 0. 目 次 1 1.CSVインポート 機 能 の 概 要 2 2.CSVファイルのアップロード 方 法 基 本 操 作 3 取 りこんだファイルの 確 認 方 法 6 2 度 目 以 降 のデータ 取 込 みについて 7 エラーが 発 生 した 場 合 8 3.CSVファイルの 作 成 方 法 ファイルの 作 成 方 法 11 各 項 目 の 入 力

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817989E6919C8EE68D9E817A979897708ED2837D836A83858341838B2E646F63> 住 My Note お 客 様 マ ニ ュ ア ル ID パスワード 情 報 お 名 前 お 客 様 I D パスワード1 パスワード2 更 新 日 ID パスワード 情 報 を 忘 れないよう システム 利 用 時 に 記 入 してください ID パスワード 情 報 は 紛 失 しないよう 管 理 してください 平 成 27 年 6 月 住 宅 金 融 支 援 機 構 目 次 1.ご 利 用 案

More information

0000

0000 詳 しい 操 作 方 法 はオンラインマニュアルでご 案 内 しています オンラインマニュアルには 詳 しい 操 作 方 法 ソフトの 画 面 各 部 の 説 明 よくあるお 問 い 合 わせ を 掲 載 しておりますので 本 書 とあわせてご 覧 ください シリアルナンバーは 大 切 に 保 管 してください IRT0389 ソフトインストール 時 や 最 新 版 アップデートの 際 に 必 要

More information

ところが 今 回 の 方 針 変 更 によって Windows 10 へのアップグレードを 行 う 更 新 プロ グラムが 推 奨 される 更 新 プログラム へと 格 上 げされたことで 上 記 の 設 定 をしてい る 場 合 Windows Update で 自 動 的 にインストールされるよ

ところが 今 回 の 方 針 変 更 によって Windows 10 へのアップグレードを 行 う 更 新 プロ グラムが 推 奨 される 更 新 プログラム へと 格 上 げされたことで 上 記 の 設 定 をしてい る 場 合 Windows Update で 自 動 的 にインストールされるよ Windows 10 のアップグレードは 強 制 になったわけではない ただし Windows 7/8.1 ユーザーは 要 注 意 米 Microsoft は 2 月 1 日 ( 米 国 時 間 ) Windows 7/8.1 における Windows 10 アップ グレード 用 の 更 新 プログラム を Windows Update における オプションの 更 新 プログ ラム から 推 奨 される

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

3G Watcher の 終 了 3G Watcher を 終 了 するには 次 の 手 順 に 従 ってください 1. 3G Watcher ツールバーから [3G Watcher] > [3G Watcher を 終 了 ] を 選 択 します 3G Watcherに 表 示 されるアイコン と

3G Watcher の 終 了 3G Watcher を 終 了 するには 次 の 手 順 に 従 ってください 1. 3G Watcher ツールバーから [3G Watcher] > [3G Watcher を 終 了 ] を 選 択 します 3G Watcherに 表 示 されるアイコン と SoftBank 3G Watcherのヘルプ (Mac OS X 用 ) 3G Watcher は 以 下 のような C01SW USB モデムとネット ワーク 間 の 接 続 状 態 を 確 認 できます 電 波 の 強 さ ローミングサービス 3G 無 線 通 信 サービス その 他 のネットワークサービスの 状 態 ネットワークへの 接 続 および 切 断 3G Watcher のアンインストール

More information

利用規約(プラットフォーム経由型)

利用規約(プラットフォーム経由型) NHKオンデマンド 利 用 規 約 in U-NEXT 日 本 放 送 協 会 ( 以 下 NHK といいます )が 株 式 会 社 U-NEXT( 以 下 動 画 配 信 サービス 事 業 者 といいます )が 実 施 するプラットフォーム 機 能 を 介 して 提 供 する NHKオンデマンドサービスの 利 用 規 約 については 以 下 に 定 めるとおりとします 第 1 章 総 則 第 1

More information

あんしん住宅情報提供システム 住宅情報等登録 システム利用マニュアル

あんしん住宅情報提供システム 住宅情報等登録 システム利用マニュアル あんしん 住 宅 情 報 提 供 システム 住 宅 情 報 等 登 録 システム システム 利 用 マニュアル 2015 年 9 月 16 日 版 住 宅 確 保 要 配 慮 者 あんしん 居 住 推 進 事 業 実 施 支 援 室 目 次 1. はじめに... 2 1.1. はじめに... 2 1.2. 使 用 環 境 について... 2 1.3. 入 力 制 限 について... 3 1.4. 登

More information

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー)

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー) IBMSPSSStatisticsforMacOSの インストール 手 順 (シングル ユー ザー) 以 下 に 示 すのは シングル ユーザー ライセンス を 使 用 した IBM SPSS Statistics バージョン 20 のインストール 手 順 です シングルユーザー ライセンス を 使 用 すると 最 大 2 台 のコンピュータに SPSS Statistics をインストールできま

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル 迷 惑 メールフィルタリングサービス コントロールパネル 利 用 者 マニュアル( 一 般 ユーザ 向 け) 第 1.6 版 目 次 1. 本 マニュアルについて... 1 2. はじめに... 1 3. 使 用 方 法... 2 3.1. ご 使 用 の 前 に... 2 3.2. ログイン / ログアウト 操 作... 2 3.2.1. ログイン 操 作... 2 3.2.2. ログアウト 操

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3. 面 接 の 要 請 と 受

目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3. 面 接 の 要 請 と 受 面 接 ガイドライン 特 許 審 査 編 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 26 年 10 月 特 許 庁 目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3.

More information

Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 です HP 製 品 およびサービスに 関 する 保

Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 です HP 製 品 およびサービスに 関 する 保 バックアップおよび 復 元 ユーザー ガイド Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は 米 国 Microsoft Corporation の 米 国 およびその 他 の 国 における 登 録 商 標 です HP 製 品 およびサービスに 関 する 保 証 は 当 該 製 品 およびサービスに 付 属 の 保

More information

管理者ガイド

管理者ガイド 用 紙 とお 気 に 入 り バージョン 5.1 管 理 者 ガイド 2016 年 7 月 www.lexmark.com 内 容 2 内 容 変 更 履 歴... 3 概 要... 4 アプリケーションの 設 定... 5 内 蔵 Web サーバーにアクセスする... 5 ブックマークの 設 定... 5 アプリケーションアイコンをカスタマイズする... 5 設 定 ファイルをインポートまたはエクスポートする...

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 2.doc

Microsoft Word - 2.doc 政 治 資 金 業 務 システム 訂 正 補 正 用 収 支 報 告 書 作 成 ソフト 操 作 説 明 書 目 次 第 1 章 概 要... 3 1. 目 的... 3 2. 機 能 概 要... 4 3. 動 作 前 提... 5 4. 報 告 書 様 式 一 覧... 5 5. 操 作 の 流 れ... 6 第 2 章 詳 細... 8 第 1 節 初 期 設 定 処 理... 8 1.マクロの

More information

ACL GRC Terms of Use

ACL GRC Terms of Use ACL 優 れたサービス:コミュニティ リソース 利 用 規 約 本 ACL 優 れたサービス:コミュニティ リソース 利 用 規 約 ( 以 下 本 契 約 )は お 客 様 ( 単 独 の 個 人 事 業 体 または 政 府 機 関 以 下 お 客 様 といいます)と ACL SERVICES LTD. ( 以 下 ACL ) との 間 で 締 結 され る 契 約 であり お 客 様 が 優

More information

Taro-委託マニュアル【H27

Taro-委託マニュアル【H27 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に

More information

はじめに 製 品 のは 本 書 をよくお 読 みの 上 ご 利 用 ください 商 品 構 成 インストールディスク(CD1 枚 ) ハードウェアキー(USB タイプまたは microsd カードタイプのいずれか 1 個 ) ユーザー 情 報 カード( 紙 ) ユーザー 登 録 用 紙 ( 紙 ) お

はじめに 製 品 のは 本 書 をよくお 読 みの 上 ご 利 用 ください 商 品 構 成 インストールディスク(CD1 枚 ) ハードウェアキー(USB タイプまたは microsd カードタイプのいずれか 1 個 ) ユーザー 情 報 カード( 紙 ) ユーザー 登 録 用 紙 ( 紙 ) お 初 版 平 成 27 年 9 月 30 日 日 本 総 合 システム 株 式 会 社 はじめに 製 品 のは 本 書 をよくお 読 みの 上 ご 利 用 ください 商 品 構 成 インストールディスク(CD1 枚 ) ハードウェアキー(USB タイプまたは microsd カードタイプのいずれか 1 個 ) ユーザー 情 報 カード( 紙 ) ユーザー 登 録 用 紙 ( 紙 ) お 願 い 本 製

More information

スライド 1

スライド 1 電 子 調 査 票 (PDF ファイル)を 直 接 送 信 ( 提 出 )いただく 方 法 工 業 統 計 調 査 政 府 統 計 オンライン 調 査 システム 操 作 マニュアル - Ver.1.0 平 成 24 年 経 済 産 業 省 大 臣 官 房 調 査 統 計 グループ - お 願 い - 本 書 とログイン 情 報 は 厳 重 に 保 管 してくださ い ご 担 当 者 が 代 わられても

More information

改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 -

改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 - BIGLOBE クラウドストレージ ios アプリ 操 作 マニュアル 2014 年 4 月 15 日 ビッグローブ 株 式 会 社 - 1 - 改 版 履 歴 版 発 行 年 月 日 改 版 内 容 作 成 者 1.0 2014/04/15 初 版 ビッグローブ - 2 - 目 次 目 次... 3 はじめに... 4 1. ログイン... 5 1.1 新 規 ログイン( 初 めて ios アプリをご

More information

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー)

IBM SPSS Statistics for Mac OS のインストール手順 (シングル ユーザー) IBM SPSS Statistics for Mac OS の インストール 手 順 (シングル ユー ザー) 以 下 に 示 すのは シングル ユーザー ライセンス を 使 用 した IBM SPSS Statistics バージョン 19 のインストール 手 順 です シングルユーザー ライセンスを 使 用 すると 最 大 2 台 のコンピュータに SPSS Statistics をインストールできます

More information

変 更 履 歴 変 更 履 歴 No. 日 付 ページ 対 象 箇 所 変 更 箇 所 変 更 前 変 更 後 1 2012/7/31 1 1.1 インターネッ トブラウザの 設 定 について 記 述 朝 日 外 為 WEB を 利 用 する にあたり インターネットブ ラウザに 設 定 作 業 が

変 更 履 歴 変 更 履 歴 No. 日 付 ページ 対 象 箇 所 変 更 箇 所 変 更 前 変 更 後 1 2012/7/31 1 1.1 インターネッ トブラウザの 設 定 について 記 述 朝 日 外 為 WEB を 利 用 する にあたり インターネットブ ラウザに 設 定 作 業 が 朝 日 外 為 WEB 操 作 マニュアル ブラウザ 設 定 編 最 終 更 新 日 :2013 年 1 月 31 日 変 更 履 歴 変 更 履 歴 No. 日 付 ページ 対 象 箇 所 変 更 箇 所 変 更 前 変 更 後 1 2012/7/31 1 1.1 インターネッ トブラウザの 設 定 について 記 述 朝 日 外 為 WEB を 利 用 する にあたり インターネットブ ラウザに

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

Microsoft Word - 3) NaviCon_API利用規約_20121217(暫定版).doc

Microsoft Word - 3) NaviCon_API利用規約_20121217(暫定版).doc NaviCon-API 利 用 規 約 NaviCon-API は 株 式 会 社 デンソー( 以 下 弊 社 といいます)が 提 供 するスマートフォンアプリ NaviCon に 対 し 他 のアプリケーション( 以 下 アプリ といいます )やウェブサイトが 連 携 するためのイン タフェースです NaviCon-API のご 利 用 にあたっては 本 利 用 規 約 の 内 容 をご 確 認

More information

第 3 条 ( 法 令 等 の 遵 守 ) お 客 さまおよび 当 社 は 本 取 引 を 行 うにあたり 本 約 款 金 融 商 品 取 引 法 外 国 為 替 および 外 国 貿 易 法 その 他 の 法 令 諸 規 則 を 遵 守 するものとします 第 4 条 (リスクおよび 自 己 責 任

第 3 条 ( 法 令 等 の 遵 守 ) お 客 さまおよび 当 社 は 本 取 引 を 行 うにあたり 本 約 款 金 融 商 品 取 引 法 外 国 為 替 および 外 国 貿 易 法 その 他 の 法 令 諸 規 則 を 遵 守 するものとします 第 4 条 (リスクおよび 自 己 責 任 JNB-FX PLUS( 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ) 約 款 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 本 約 款 は ジャパンネット 銀 行 ( 以 下 当 社 といいます)の 提 供 する JNB-FX PLUS( 一 般 タイ プ) および JNB-FX PLUS( 初 級 タイプ) と 称 するサービス( 以 下 両 サービスを 総 称 して 本 サ ービス とし 個 別 に

More information

キャッシュワン会員規約

キャッシュワン会員規約 キャッシュワン 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 のうえ 株 式 会 社 じぶん 銀 行 ( 以 下 当 行 という )に 当 行 所 定 の 申 込 書 によりキャッ シュワンカードの 入 会 申 込 をされ 当 行 が 審 査 のうえ 入 会 を 認 めた 方 をいいます 第 2 条 (カードの 貸 与 有 効 期 限 等 ) 1. 本 規 約 に

More information