Abstract A tab browser has several tab windows in which users can temporally save their favorite web pages and revisit them after a while. There are m

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Abstract A tab browser has several tab windows in which users can temporally save their favorite web pages and revisit them after a while. There are m"

Transcription

1 2011 年 度 修 士 論 文 タブブラウザ 上 のウェブアクセス 履 歴 の 分 析 Analyzing web access history on tab browser 指 導 教 員 藤 田 悟 教 授 法 政 大 学 大 学 院 情 報 科 学 研 究 科 情 報 科 学 専 攻 学 籍 番 号 10T0025 ほしか たくと 星 加 拓 人

2 Abstract A tab browser has several tab windows in which users can temporally save their favorite web pages and revisit them after a while. There are many use cases for effectively use the tab browser, and in another word, access history of tab windows might have hidden information about the visited web pages. For example, a web page from which a user creates new tab windows might be a news site. This paper analyzes web access history on the tab browser. First, the author manually examined a large set of the access history and found users' behavior patterns, such as page comparison, consecutive tab creation, permanent base page, and so on. Second, the patterns are represented in a sort of automata. The automata involve states with variables and links tagged with tab actions, such as tab creation, tab deletion, change focus, and move-to new pages. Finally, an automatic detection engine for access patterns is proposed. Streaming data of access history can be efficiently analyzed and categorized into the patterns. The examination shows that there are so many pieces of small patterns found in the access history. i

3 目 次 1. 序 論 関 連 研 究 閲 覧 時 間 ページ 間 のリンク 関 係 ページ 内 の 単 語 の 重 み 閲 覧 鮮 度 ページのレイアウト 構 造 実 データを 用 いたタブ 操 作 履 歴 の 分 析 閲 覧 履 歴 の 収 集 タブ 状 態 履 歴 履 歴 の 分 析 マクロな 行 動 分 析 ミクロな 行 動 分 析 タブ 操 作 シーケンスのモデル 化 と 自 動 化 起 点 タブ 保 持 のパターン 比 較 のパターン 密 集 するリンクのパターン 永 続 ページのパターン タブ 操 作 の 自 動 分 析 ストリーム 型 分 析 エンジン 実 証 実 験 起 点 タブ 保 持 のパターン ii

4 比 較 のパターン 密 集 するリンクのパターン 永 続 ページのパターン 処 理 速 度 可 視 化 ツールによる 抽 出 とオートマトンによる 自 動 抽 出 について 考 察 実 験 手 法 の 妥 当 性 各 パターン 抽 出 の 活 用 閲 覧 時 間 との 組 み 合 わせ 結 論 謝 辞 参 考 文 献 iii

5 1. 序 論 ウェブブラウザの 本 来 の 用 途 は,インターネット 上 に 提 供 されるウェブページを 閲 覧 する ことであった.しかし, 近 年,ウェブの 利 用 目 的 が 多 様 化 しつつあり,ブラウザの 利 用 形 態 が 徐 々に 変 化 しつつある.ウェブの 新 しい 利 用 方 法 の 例 として,Gmail,twitter や SNS が ある.この 利 用 方 法 では,ブラウザは 情 報 閲 覧 ツールというよりは, 別 ユーザーとのコミ ュニケーションを 図 るためのツールと 言 う 位 置 づけになる.また,Gmail, Google Maps や Google Docs などは,Ajax を 利 用 したウェブアプリケーションであり, 従 来 であれば PC に インストールしたクライアントアプリケーションで 実 行 していた 作 業 を,ブラウザ 上 で 行 うことができるようになっている.このように, 一 般 的 な 情 報 収 集 に 留 まらない 様 々な 利 用 方 法 がブラウザ 上 に 実 現 されつつあり,ブラウザ 上 で 出 来 る 作 業 が 増 えることで,ユー ザーが 閲 覧 するページ 数 も 飛 躍 的 に 増 加 しているのが 現 状 である. 増 加 する 閲 覧 ページに 対 してユーザーの 使 いやすさを 向 上 させるために, 現 在 では,ほと んどのウェブブラウザがタブ 機 能 を 備 えるようになった.タブによってブラウザ 上 に 複 数 のページを 残 すことができ,これらを 簡 単 に 切 り 替 えることができるため,ユーザーは 状 況 に 応 じて, 様 々な 工 夫 を 持 ってタブを 利 用 している. 例 えば, 新 規 のタブを 作 成 すると いう 操 作 においても, 閲 覧 したいページへのリンクが 多 数 あって,リンク 先 から 戻 ること を 考 えて 一 時 的 なタブを 作 成 する 場 合 や,ページ 同 士 の 比 較 を 行 うために 比 較 対 象 のペー ジを 新 規 タブ 上 に 作 成 する 場 合 など, 様 々な 状 況 が 考 えられる.また,メールクライアン トのような 動 的 に 内 容 が 変 化 する Ajax タイプのページの 場 合,そのページをタブに 残 して おき, 他 のタブで 作 業 を 続 けながら, 定 期 的 にメールクライアントのタブを 確 認 するとい った 使 用 方 法 も 考 えられる.これらタブブラウザの 使 用 方 法 は, 閲 覧 するユーザーによっ ても 異 なるが, 表 示 しているページコンテンツにも 依 存 しているのではないかと 予 想 され る. ウェブブラウザの 重 要 な 機 能 として 検 索 機 能 がある.Google や Yahoo の 検 索 エンジン を 使 って 未 知 のページを 検 索 することも 重 要 であるが, 過 去 に 閲 覧 したページを 再 度 閲 覧 したいときに, 閲 覧 履 歴 を 用 いた 検 索 が 行 えることも 重 要 な 機 能 のひとつである.すなわ ち,ユーザーが 過 去 に 閲 覧 した 情 報 に 関 してもう 一 度 調 べたいと 考 えた 時 に, 大 量 の 閲 覧 履 歴 からユーザーが 興 味 を 持 っていた 対 象 を 効 率 的 に 抽 出 し,ページ 同 士 に 関 連 性 を 定 義 して 履 歴 検 索 支 援 する 機 能 の 提 供 などが 考 えられる. 一 般 に 普 及 しているタブブラウザで はあるが, 履 歴 の 分 析 においてはタブの 操 作 や,あるいは 複 数 のタブの 状 態 について 考 慮 しているブラウザは 著 者 の 知 るところでは 存 在 しない. 貴 重 な 閲 覧 履 歴 ではあるが,タブ の 操 作 情 報 を 無 視 して, 時 間 軸 上 に 閲 覧 履 歴 を 蓄 積 して,のちの 履 歴 検 索 に 利 用 している のが 現 状 である.すでに 述 べたように,タブの 利 用 方 法 を 分 析 できれば,ユーザーが 過 去 1

6 に 比 較 に 利 用 したウェブページや, 新 しいタブを 大 量 に 生 成 したニュースページなど,ペ ージのコンテンツに 関 する 補 助 情 報 や,タブ 利 用 パターンとしての 履 歴 検 索 方 法 など, 従 来 にない 新 しい 履 歴 検 索 が 可 能 になるのではないかと 考 える. そこで 本 研 究 では, 複 数 のタブをユーザーがどのように 扱 っているのかについての 分 析 を 行 い,タブ 利 用 パターンの 中 に 特 徴 を 抽 出 することを 研 究 目 標 とする. 実 際 に,ブラウ ザの 拡 張 機 能 を 用 いて 閲 覧 履 歴 とタブの 状 態 を 蓄 積 して, 一 連 の 状 態 から 履 歴 検 索 に 有 効 なページの 特 性 や 他 のページとの 関 連 性 を 定 義 することを 試 みる.さらに,タブの 利 用 パ ターンを 論 じるためのモデルを 提 案 することを 目 標 として 掲 げる. 第 2 節 では,これまでどのような 要 素 を 利 用 してユーザーに 対 してページの 情 報 提 供 が 行 われてきたのか, 関 連 研 究 を 例 に 紹 介 する. 第 3 節 ではタブブラウザにおける 履 歴 の 収 集 方 法 とその 分 析 結 果 について 述 べる. 第 4 節 では 前 節 の 分 析 手 法 から 発 展 させたタブ 操 作 シーケンスと,それを 用 いたパターンを 定 義 する. 第 5 節 ではタブ 操 作 履 歴 に 対 して 行 った 自 動 分 析 の 結 果 とパラメータに 対 する 評 価 について 述 べる.そして, 第 6 節 では 前 節 までの 考 察 を 行 い, 第 7 節 で 本 論 文 のまとめを 行 う. 2

7 2. 関 連 研 究 ウェブページの 閲 覧 履 歴 の 分 析 や,ページ 同 士 の 関 係 性 を 定 義 する 研 究 は 多 数 行 われて きた. 本 節 ではページ 閲 覧 履 歴 の 分 析 において, 重 要 指 標 として 用 いられてきた 閲 覧 時 間, ページ 間 のリンク 関 係,ページ 内 の 文 書, 閲 覧 鮮 度 についての 研 究 を 解 説 する 閲 覧 時 間 伊 藤 らの 研 究 では, 閲 覧 時 間 はユーザーの 興 味 の 度 合 いや,ページの 閲 覧 しやすさに 関 連 があるとしている[1]. 彼 らの 実 験 では, 被 験 者 に 対 して 予 め 指 定 されたページを 閲 覧 さ せ, 同 時 に 閲 覧 時 間 の 計 測 を 行 う. 閲 覧 終 了 後 にアンケートを 記 入 させた 結 果, 閲 覧 時 間 とユーザーの 興 味 の 度 合 いの 間 に,ある 程 度 の 相 関 性 が 確 認 された.しかし, 履 歴 検 索 支 援 において, 閲 覧 時 間 をユーザーの 興 味 の 度 合 いとして 扱 うには 幾 つか 問 題 点 がある. 一 点 目 は,ページの 表 示 時 間 を 閲 覧 時 間 と 定 めた 時 に, 実 際 はユーザーがページを 閲 覧 して いない 時 間 が 存 在 することである. 実 験 では, 観 測 者 が 直 接 計 測 を 行 なっているため,ペ ージの 表 示 時 間 と 閲 覧 時 間 は 同 一 と 見 なせる.しかし, 実 際 の 利 用 の 場 で 閲 覧 時 間 を 自 動 的 に 正 しく 計 測 する 方 法 は 困 難 であり, 応 用 上 の 問 題 点 となる. 二 点 目 は,ページに 掲 載 されているコンテンツの 量 によって 基 準 とするべき 閲 覧 時 間 が 変 化 することである.コン テンツの 量 に 依 存 してしまうことによって, 閲 覧 時 間 が 長 いからと 言 って, 一 概 に 興 味 あ るページとは 言 えず,ページ 間 での 比 較 を 難 しくしてしまう. 更 に, 文 章, 画 像, 動 画 と いったコンテンツの 種 類 が 違 う 場 合, 単 純 な 比 較 はますます 難 しくなると 言 えよう.この ように,コンテンツの 種 類 やページ 内 の 情 報 量 などの 影 響 を 排 除 して, 閲 覧 時 間 を 正 規 化 することは 簡 単 ではないと 言 える ページ 間 のリンク 関 係 小 澤 らは,ユーザーがリンクで 辿 ったウェブページをスレッドという 概 念 でまとめ, 曖 昧 な 入 力 に 対 応 可 能 な 閲 覧 履 歴 検 索 のインタフェースを 提 供 するという 研 究 を 行 った[2]. ここで,スレッドとは, 直 前 に 閲 覧 したページからリンクが 繋 がっているか, 既 に 閲 覧 し たことのあるページあるか,と 言 った 一 定 のルールに 従 って 分 類 されたウェブページの 集 合 である. 閲 覧 時 間 に 関 しては, 閲 覧 回 数 と 合 わせてユーザーの 興 味 の 度 合 いの 指 標 とし て 用 いられているが, 閲 覧 時 間 が 1 時 間 を 超 えた 場 合 にはユーザーがページを 閲 覧 せずに 放 置 していると 見 なして,そのページの 閲 覧 時 間 を 全 体 の 平 均 値 に 置 き 換 えるといった 後 処 置 を 行 なっている. この 他, 山 本 らはリンクと 文 章 からウェブ 空 間 の 視 覚 化 を 試 みた 事 例 を 報 告 している[3]. 3

8 2.3. ページ 内 の 単 語 の 重 み ページ 内 の 文 書 に 対 して TF-IDF を 使 用 して 単 語 の 重 みを 計 算 し,ページの 特 徴 を 表 す 単 語 を 決 定 するという 手 法 が 存 在 する. 前 述 の 小 澤 らの 研 究 では, 文 書 中 の 名 詞 と 未 知 語 に 対 して 重 み 付 けを 行 い,ページ 毎 に 文 書 ベクトルを 作 成 している[2]. 文 書 ベクトルに 対 し てクラスタリングを 行 うことでページを 特 徴 ごとに 纏 め, 前 述 のスレッド 内 でページの 特 徴 がどのように 遷 移 しているかを 記 録 し, 検 索 に 使 用 されるクエリの 遷 移 と 一 致 するスレ ッドをユーザーに 提 示 している. この 単 語 の 重 みを 用 いた 分 析 手 法 では, 表 記 揺 れの 単 語 がある 場 合,それらを 同 一 の 単 語 と 見 なすことができないと 重 み 付 けに 影 響 が 出 ると 言 った 問 題 があげられる 閲 覧 鮮 度 菱 木 らは 類 似 文 書 の 検 索 において, 指 定 文 書 だけでは 情 報 が 不 十 分 な 場 合 でも 閲 覧 履 歴 から 単 語 を 補 うことで 情 報 量 を 増 やすという 研 究 を 行 った[4]. 単 語 を 選 択 するのに TF-IDF 法 によって 単 語 の 重 み 付 けを 行 うが,ページ 自 体 にも 鮮 度 に 基 づいた 重 みを 持 たせる.こ れは 最 近 閲 覧 した 文 書 ほど 指 定 文 書 との 類 似 度 が 高 いという 仮 定 に 基 づいた 処 置 である. この 処 置 によって, 閲 覧 履 歴 から 指 定 文 書 と 無 関 係 なページから 抽 出 される 単 語 の 影 響 を 抑 えることが 出 来 ることを 明 らかにした ページのレイアウト 構 造 三 橋 らはデザインが 類 似 しているページでは, 提 供 する 情 報 も 類 似 しているという 仮 定 に 基 づき,レイアウトの 類 似 性 によって 検 索 を 行 う 手 法 を 提 案 している[5].レイアウトの 解 析 には 表 示 ページを 画 像 化 したものを 用 い, 画 像 のエッジを 検 出 しブロックを 定 め,そ のブロックが 文 字, 画 像 の 何 れかであるか 求 める. 4

9 3. 実 データを 用 いたタブ 操 作 履 歴 の 分 析 本 節 ではブラウザの 拡 張 機 能 を 用 いた 閲 覧 履 歴 とタブ 操 作 履 歴 の 収 集 方 法 と, 収 集 する データの 内 容, 分 析 結 果 について 詳 細 に 述 べる[6] 閲 覧 履 歴 の 収 集 タブ 操 作 履 歴 収 集 のために,Opera ブラウザの 拡 張 機 能 を 利 用 した 履 歴 収 集 ツールを 作 成 した. 履 歴 収 集 ツールは, 新 しいウェブページの 閲 覧,タブの 生 成,タブ 間 のフォーカス の 変 更,タブの 消 去 などを,その 時 刻 と 共 に 保 存 する 機 能 を 持 つ.データ 構 造 の 詳 細 につ いては,3.2 節 に 述 べる.そして, 適 用 した Opera ブラウザを 3 名 の 被 験 者 に 対 して,50 日 間 使 用 してもらい, 拡 張 機 能 が 生 成 したタブ 状 態 履 歴 を 各 クライアントの 各 ユーザーのロ ーカルデータとして 保 存 した.このローカルデータを 回 収 し,オフラインにて 分 析 を 行 う タブ 状 態 履 歴 履 歴 収 集 ツールでは,タブの 生 成 (Create),フォーカスの 変 更 (Focus),タブの 消 去 (Close), ページの 移 動 (Move)を 監 視 し,いずれかのイベントが 発 生 した 時 にブラウザ 上 に 存 在 する 全 てのタブに 対 して, 以 下 の 情 報 を 取 得 し,データとして 保 存 する. 1. URL 2. ページのタイトル 3. タブ 名 URL とページタイトルは,ウェブページに 固 有 の URL と,そのページタイトルである. 一 方,タブ 名 とは,ページ 側 のスクリプトによってタブに 指 定 されている 名 前 か,あるいは それが 存 在 しない 場 合 には, 拡 張 機 能 が 自 動 的 に 付 与 した 名 前 を 表 す.これらのデータを タブの 配 置 ( 相 対 位 置 )が 判 別 できるように 配 列 の 形 で 格 納 する. 同 時 に,イベントの 発 生 時 刻 と, 各 時 刻 におけるアクティブなタブを 取 得 して 格 納 する.そして,これらのデータを 時 系 列 的 に 見 ることで 被 験 者 がどのようなタブ 操 作 を 行 ったかを 分 析 できる 履 歴 の 分 析 実 際 に 収 集 したタブ 状 態 履 歴 について, 可 視 化 ツールを 用 いて 被 験 者 間 の 行 動 比 較 を 行 った. 履 歴 データの 分 析 は,マクロとミクロの 2 つの 視 点 から 行 った.マクロ 分 析 とは, 閲 覧 履 歴 全 体 から 各 被 験 者 のブラウザやタブの 利 用 傾 向 を 分 析 することである.ミクロ 分 析 とは, 閲 覧 履 歴 に 現 れる 行 動 の 小 片 から, 個 別 の 状 況 における 特 徴 的 なタブの 利 用 方 法 を 分 析 することである. 両 者 のそれぞれの 観 点 から 分 析 することで,より 多 くの 特 徴 を 抽 出 できるようになる. 5

10 図 1 履 歴 への 可 視 化 ツール 使 用 例 行 動 分 析 に 入 る 前 に, 可 視 化 ツールについて 説 明 する. 利 用 した 可 視 化 ツールでは, 横 軸 は 時 間 軸 であり, 縦 軸 はタブの 開 かれた 数 とその 位 置 を 表 す. 模 式 化 したものを 図 1 に 示 す.タブの 位 置 はブラウザ 上 では 一 番 左 のタブを 0 と 見 なしている. 丸 いプロットはフ ォーカスされているアクティブなタブを 示 し, 塗 りつぶされているプロットはページが 変 更 された 事 を 示 す. 実 線 が 他 のタブから 伸 びているタブは, 開 始 地 点 に 存 在 するタブから 生 成 されたことを 表 す マクロな 行 動 分 析 図 2 は 被 験 者 A,B,C の 操 作 履 歴 を 可 視 化 したグラフである. 被 験 者 A は 5 日 間, 被 験 者 B,C は 10 日 間 分 のデータを 載 せている. 被 験 者 A はブラウザ 起 動 時 にタブを 復 元 する 機 能 を 利 用 しており, 閲 覧 するかどうかに 関 わらず 自 身 の 研 究 のテーマに 関 連 す るページを 常 に 残 している. 被 験 者 B は 閲 覧 が 終 了 したタブを 直 ぐに 閉 じ, 常 に 新 しいタ ブで 閲 覧 を 行 うことが 多 かった. 図 1 の(1)と(2)を 比 較 しても, 被 験 者 A に 比 べて 被 験 者 B は 全 体 的 に 残 しているタブの 数 が 少 ないのが 分 かる. 被 験 者 C は PC をシャットダウン させることなく,サスペンドとリジュームを 用 いて 利 用 している. 各 種 アプリケーション も 起 動 させた 状 態 のままでサスペンドしており,ブラウザもほとんど 起 動 させたままで 停 止 させることがない.よって, 長 寿 命 のタブが 多 く 存 在 している.しかし,タブの 操 作 と いう 観 点 では, 他 のアプリケーションからウェブページを 開 く 要 求 がでた 時 に 新 しいタブ を 作 成 することが 多 く, 特 定 のタブから 別 のタブを 意 図 的 に 作 成 するといった 操 作 が 一 切 記 録 されていなかった. 閲 覧 しないタブを 長 期 間 残 したままにしてあることもあり, 余 り タブブラウザの 機 能 を 意 識 していないように 思 える. 以 上 のように 操 作 履 歴 を 可 視 化 することで, 被 験 者 ごとのタブの 扱 いの 違 いを 把 握 する ことができた. 6

11 (1) 被 験 者 A の 操 作 履 歴 (2) 被 験 者 B の 操 作 履 歴 (3) 被 験 者 C の 操 作 履 歴 図 2 タブ 操 作 履 歴 の 可 視 化 ミクロな 行 動 分 析 図 3 は 被 験 者 の 操 作 履 歴 から 特 徴 的 なタブ 操 作 について, 微 視 的 に 可 視 化 したものであ る. 図 3 (1)は, 後 々 何 度 も 閲 覧 するであろう 起 点 タブを 残 しておき,その 後 の 閲 覧 行 動 に 関 わらず 残 したページに 即 座 に 戻 れるようにするパターンである.ウェブ 上 の 学 習 教 材 を 利 用 している 時 の 記 録 であり, 教 材 一 覧 を 載 せているページのタブを 残 して 閲 覧 を 行 ってい る. 教 材 は JavaScript によるページ 遷 移 を 多 用 しており, 同 じタブで 教 材 の 最 後 まで 閲 覧 を 行 うと 教 材 一 覧 のページまで 戻 るのにかなりの 手 数 が 必 要 になるので, 別 のタブを 作 成 したと 考 えられる. 図 3 (2)は 特 定 のタブ 間 でフォーカスが 頻 繁 に 移 り 変 わっており,ページ 間 の 比 較 を 行 っ ていることが 分 かる. 被 験 者 はこのページ 間 に 何 らかの 関 連 性 を 見 出 していると 考 えられる. 実 際 には 論 文 の 比 較 を 行 っている 時 の 履 歴 であるが, 途 中 から 新 たな 論 文 を 検 索 しており,3 つのタブの 間 でフォーカスが 移 り 変 わるようになる. 図 3 (3)は 特 定 のタブから 別 のタブを 一 度 に 作 成 し,その 後 タブを 順 次 閲 覧 するという 操 作 がグラフの 左 上 に 見 られる.これはリンクが 多 数 存 在 するページにおいて,リンク 先 の ページを 一 度 にバックグラウンドに 開 いてしまいコンテンツの 閲 覧 に 集 中 したいといった 7

12 (1) 起 点 ページの 保 持 (2)ページ 同 士 の 比 較 (3) 密 集 するリンク 図 3 タブ 操 作 の 特 徴 的 なパターン 被 験 者 の 意 図 が 読 み 取 れる. 図 はニュースサイトを 閲 覧 している 時 の 操 作 を 示 しているが, 別 の 時 間 帯 に 同 じサイトを 閲 覧 している 時 にもこのパターンが 出 現 した. 以 上 のように 操 作 履 歴 をミクロに 分 析 することで, 状 況 に 応 じたタブ 操 作 の 特 徴 的 なパ ターンが 抽 出 できた. 8

13 Close A 4. タブ 操 作 シーケンスのモデル 化 と 自 動 化 前 節 に 示 した 通 り, 目 視 によって 特 徴 的 なタブ 操 作 を 確 認 することができた.しかし, この 手 法 ではパターンに 属 するかの 判 断 が 曖 昧 になり, 大 量 のログから 特 徴 的 な 操 作 を 抽 出 していくにも 限 界 がある.そこで,オートマトンを 用 いて,タブ 操 作 のパターンを 体 系 化 し, 明 確 な 定 義 を 与 えた.オートマトンの 状 態 は,あるウェブページの 閲 覧 状 態 を 示 す. 状 態 にはその 状 態 にたどり 着 くまでの 状 況 を 保 存 するための 変 数 が 割 り 当 てられる. 例 え ば, 訪 問 時 刻,ある 特 定 のタブを 繰 り 返 し 閲 覧 した 回 数 (フォーカスが 対 象 タブに 移 動 した 回 数 ), 渡 り 歩 いたタブの 種 類 などを 変 数 に 保 存 する. 状 態 間 のリンクには,タブの 操 作 ア クションが 割 り 当 てられる.タブ 操 作 アクションとしては, 既 に 3.2 節 で 取 り 上 げた Create, Focus,Close,Move がある.リンクを 通 して 次 の 状 態 に 遷 移 できる 条 件 は 前 記 のタブ 操 作 アクションが 実 行 されること,それに 加 えて 状 態 変 数 にかかる 条 件 式 がある. 例 えば,タ ブ 閲 覧 数, 訪 問 時 間 間 隔 などに 対 する 制 約 条 件 を, 条 件 式 として 与 える. 最 終 状 態 に 達 して 受 理 された 履 歴 が,パターンを 満 たしていることになる. 以 下 に4つ のパターンについて 具 体 的 なオートマトンを 示 し 詳 細 な 説 明 を 加 える 起 点 タブ 保 持 のパターン 起 点 タブ 保 持 のパターンとは, 後 々 何 度 でも 閲 覧 するであろうページを 残 しておき, 将 来 即 座 にそのページに 戻 れるようにするパターンである. 図 4 に 起 点 タブ 保 持 のパターン のオートマトンを 示 す. 開 始 状 態 1 から Create のメッセージを 受 け 取 る 事 で 遷 移 する.こ Create * From A Count++ if current T 1 >= 5 min Count >= 3 2Focus ^A any Focus A 4 1 Create A Close A T 1 = current Count = 0 3 any 図 4 起 点 タブ 保 持 のパターン. 9

14 の 時 の 操 作 対 象 のタブを A とし, 変 数 T 1 に 現 在 時 刻 current を 代 入 する. 状 態 2 はタブ A をフォーカスしている 状 態 を 表 す.この 状 態 から 変 数 Count を 増 加 させる. 状 態 3 はタブ A がフォーカスされていない 状 態 を 表 す.Focus A か Close A を 受 け 取 らない 限 り, 別 の 状 態 に 遷 移 せず 変 数 も 変 化 しない. 状 態 2,3 の 何 れの 場 合 でも Close A を 受 け 取 ると 受 理 状 態 4 に 遷 移 しようとする.この 時, 状 態 1 から 遷 移 してからの 経 過 時 間 current - T 1 と Count を 遷 移 条 件 に 用 いる. 条 件 を 満 たして 受 理 状 態 4 に 遷 移 することが 出 来 れば,タブ A を 起 点 タブとした 操 作 パターンであ ると 見 なす. 図 の 条 件 では, 対 象 タブを 3 回 以 上 訪 問 し, 最 初 の 訪 問 から 最 後 の 訪 問 まで に 5 分 以 上 経 過 しているものを 受 理 する 比 較 のパターン 比 較 のパターンとは, 特 定 のタブ 間 でフォーカスを 切 り 替 え,タブの 内 容 を 比 較 するパ ターンである. 図 5 にオートマトンを 示 す. 開 始 状 態 1 から Focus 以 外 のメッセージを 受 け 取 る 事 で 状 態 2 に 遷 移 する. 状 態 2 から Focus メッセージを 受 け 取 った 場 合, 変 数 Count を 増 加 させ 操 作 対 象 のタブ 名 を Set に 格 納 する. 状 態 2 の 時 に Count の 値 と Set に 格 納 さ れているタブの 個 数 を 受 理 状 態 3 への 遷 移 条 件 に 用 いる. 条 件 を 満 たして 受 理 状 態 3 に 遷 移 することが 出 来 れば,Set に 格 納 されているタブ 同 士 で 比 較 を 行 なっていたと 見 なす. 図 の 条 件 では, 繰 り 返 し 訪 問 したタブが 2 ないし 3 種 類 であり, 訪 問 の 累 計 が 5 を 超 えた 時 に 受 理 する 密 集 するリンクのパターン 密 集 するリンクのパターンとは, 多 数 のリンクが 存 在 するページにおいて, 複 数 のリン ク 先 を 先 にバックグラウンドで 開 いてから 閲 覧 を 行 うパターンである. 図 6 にオートマト Set taba,tabb, Set.put(*) Count++ Focus * 1 ^Focus 2 ^Focus 3 Set = [] Count = 0 if Set.size == 2, 3 Count > 5 図 5 比 較 のパターン. 10

15 Count++ Create * From A 1 ^Create 2 any 3 Count = 0 if Count >= 3 図 6 密 集 するリンクのパターン. ンを 示 す. 開 始 状 態 1 から Create 以 外 のメッセージを 受 け 取 る 事 で 状 態 2 に 遷 移 する. 状 態 2 から Create を 受 け 取 った 時 に Count を 増 加 させ, 生 成 元 のタブを A とする. 以 降 タブ A からバックグラウンドにタブが 生 成 される 度 に Count が 増 加 する.この 時,フォアグラウ ンドにタブを 生 成 した 場 合,Create で 遷 移 した 直 後 に Focus のメッセージを 受 け 取 るのでル ープから 抜 け 出 すことになる.Count の 値 を 条 件 に 受 理 状 態 3 への 遷 移 条 件 に 用 いる. 条 件 を 満 たして 受 理 状 態 3 に 遷 移 することが 出 来 ればタブ A のページに 密 集 するリンクが 存 在 していると 見 なす. 図 の 条 件 では,タブ A から 3 回 以 上 連 続 してバックグラウンドにタブ を 生 成 していた 時 に 受 理 する 永 続 ページのパターン 永 続 ページのパターンとは, 定 期 的 に 閲 覧 するページを 長 時 間 タブに 残 しておくパター any 2 if current T 1 >= 120 min Count > =3 1 Create A Focus ^A Move A Focus A Close A Count++ Close A Move A 4 T 1 = current Count = 0 3 Create * From ^A 図 7 永 続 ページのパターン. 11

16 ンである. 図 7 にオートマトンを 示 す. 開 始 状 態 1 から Close 以 外 のメッセージを 受 け 取 る 事 で 遷 移 する.この 時 の 操 作 対 象 のタブを A とし, 変 数 T 1 に 現 在 時 刻 current を 代 入 する. 状 態 2 はタブ A をフォーカスしていない 状 態 を 表 す.Focus A か Close A を 受 け 取 らない 限 り, 別 の 状 態 に 遷 移 せず 変 数 も 変 化 しない.Focus A を 受 け 取 った 場 合, 変 数 Count を 増 加 させつつ 状 態 3 に 遷 移 する. 状 態 3 はタブ A をフォーカスしている 状 態 を 表 す. 起 点 タブ のパターンと 違 い,タブ A でのページの 移 動,タブ A からのタブの 生 成 は 認 めていない. 状 態 2 で Close A を 受 け 取 るか, 状 態 3 で Close A か Move A を 受 け 取 ると 受 理 状 態 4 に 遷 移 しようとする.この 時, 状 態 1 から 遷 移 してからの 経 過 時 間 current - T 1 と Count を 遷 移 条 件 に 用 いる. 条 件 を 満 たして 受 理 状 態 4 に 遷 移 することが 出 来 れば,タブ A は 特 定 のペー ジを 残 して 定 期 的 に 閲 覧 するためのタブであると 見 なす. 図 の 条 件 では,タブ A からのタ ブの 生 成 やページの 移 動 を 一 切 行 わない 状 態 を 120 分 以 上 保 ち,タブ A に 対 してフォーカ スを 3 回 以 上 戻 すことで 受 理 する. 12

17 5. タブ 操 作 の 自 動 分 析 被 験 者 のタブ 状 態 履 歴 からタブ 操 作 シーケンスによるメッセージを 生 成 し,4 節 で 取 り 上 げたオートマトンに 対 して 送 信 し,パターンに 属 する 操 作 が 存 在 するか 検 証 した. 本 節 で は 分 析 エンジンの 詳 細 と 実 証 実 験 の 結 果 について 述 べる ストリーム 型 分 析 エンジン 図 8 に, 本 研 究 で 開 発 したタブ 分 析 エンジンの 仕 組 みについて 示 す. 本 エンジンでは, タブの 履 歴 が, 次 々に 分 析 エンジンに 送 り 込 まれることを 想 定 し,ストリーム 型 の 分 析 を 行 えるよう 設 計 した. 図 8 の 左 側 では, 履 歴 データを 小 さな 黒 丸 で 表 現 している. 履 歴 デ ータは,エンジンに 取 り 込 まれるとトークンと 呼 ばれる 状 態 オブジェクトを 生 成 する. 分 析 エンジンの 中 には,あらかじめ 複 数 のタブ 操 作 シーケンスのパターンがオートマト ンの 形 で 定 義 され, 準 備 されている. 各 オートマトンは, 入 力 状 態, 遷 移 状 態, 終 了 状 態 を 持 つ.エンジンに 取 り 込 まれたトークンは,まず, 入 力 状 態 に 割 り 当 てられる. 各 オー トマトンの 初 期 状 態 に 割 り 当 てられるため, 図 8 の 例 では,3 個 の 初 期 状 態 に 割 り 当 てられ る( 図 中 の(1) 参 照 ). 本 研 究 の 実 験 では,4 種 類 のオートマトンを 作 成 したため, 実 際 には 4 個 の 初 期 状 態 に 割 り 当 てられる( 図 中 の(2) 参 照 ). 続 いて, 全 てのトークンに 対 して, 履 歴 デ ータに 従 って, 状 態 間 の 遷 移 リンクの 条 件 を 満 たすかどうかを 判 定 する. 判 定 に 従 って, 遷 移 可 能 なトークンは, 遷 移 先 の 状 態 に 移 動 する. 一 方, 遷 移 候 補 が 存 在 しないトークン は,その 時 点 で 消 滅 する. 以 降, 閲 覧 履 歴 が 届 くたびに,この 操 作 を 繰 り 返 す.したがって, 分 析 エンジン 中 には, 複 数 のトークンが 複 数 の 状 態 に 割 り 当 てられた 状 態 になり, 閲 覧 履 歴 データごとに,トー クンが 並 列 的 に 状 態 間 を 遷 移 するモデルとなる. 適 当 な 時 刻 において, 終 了 状 態 に 届 いた トークンがあれば, 該 当 するオートマトンを 受 理 したことになり, 初 期 状 態 から 終 了 状 態 履 歴 1 1 (2) 1 1 (1) 1 1 受 理 図 8 ストリーム 型 分 析 エンジン 13

18 までの 閲 覧 履 歴 のシーケンスを 出 力 することになる. 以 上 のように, 履 歴 データ 入 力 を 連 続 的 に 処 理 して, 受 理 シーケンスを 効 率 的 に 検 出 で きるエンジンにより, 高 速 なタブ 閲 覧 分 析 を 可 能 にしている 実 証 実 験 実 験 では 4 節 で 定 義 したそれぞれのパターンに 関 して 検 出 件 数 と 正 解 件 数 を 示 し,ペー ジの 内 訳 や 誤 検 出 の 判 断 基 準 について 分 析 する 起 点 タブ 保 持 のパターン 表 2 は 履 歴 から 起 点 タブ 保 持 のパターンを 検 出 した 結 果 である.Count はタブ A からタブ が 生 成 された 回 数,Past はタブ A が 生 成 されてから 消 滅 するまでの 経 過 時 間 (current - T 1 )を 表 す. 検 出 された 事 例 の 中 でパターンに 属 していたのは, 情 報 ポータルサイトが 7 件,Google ニュース,アンテナサイトが 5 件 ずつ, 通 常 の Google 検 索 が 4 件, 論 文 検 索 サイト,Kinect の 情 報 をまとめたサイトが 3 件 ずつ, 学 習 教 材 のページが 2 件, 価 格 比 較, 旅 行 予 約 のサ イトが 1 件 ずつである.これらサイトには 周 辺 のページに 多 数 アクセスするような 起 点 と なるページが 存 在 する. 検 索 結 果 のページはその 典 型 例 であり,それ 以 外 にもコンテンツ が 複 数 階 層 に 分 かれているサイトは 途 中 の 階 層 を 起 点 ページとすることが 多 い. 以 上 の 結 果 から おおむね 目 的 のページを 抽 出 できていると 言 える. ユーザーの 意 思 で 作 成 されたタブではなく,かつページ 内 のコンテンツを 単 独 で 表 示 さ せるために 生 成 された 事 例 を 誤 検 出 と 判 断 した. 実 験 ではこの 時 生 成 されたタブをユーザ ーは 必 ず 15 秒 以 内 という 短 い 時 間 で 閉 じている. 受 理 条 件 の 設 定 に 関 して, 表 2 の 結 果 からタブ A 消 滅 までの 時 間 を 1 分 以 上 とすれば 起 点 となり 得 るページを 検 出 できるが,それを 保 持 するというユーザーの 操 作 を 検 出 するこ とを 目 的 としているので 最 低 でも 5 分 以 上 を 条 件 とするのが 望 ましい.タブ 生 成 数 に 関 し ては 2 個 以 上 とする. 強 制 的 に 生 成 されたタブを 正 しく 認 識 することが 可 能 になれば, 更 表 2 起 点 タブの 保 持 のパターン 検 出 結 果 正 解 件 数 / 検 出 件 数 Past(min) ~1 1~5 5~9 9~13 13~17 17~21 21~ 2 0/0 4/4 1/2 2/2 1/1 0/0 5/5 3~5 0/1 3/3 1/2 0/0 0/0 0/0 6/6 Count 6~8 0/0 2/2 1/1 1/1 0/0 0/0 2/2 9~11 0/0 0/0 0/0 0/0 0/0 0/0 1/1 12~ 0/0 0/0 0/0 0/0 0/0 0/0 0/0 14

19 に 正 確 な 検 出 が 出 来 ると 推 測 する 比 較 のパターン 表 3 は 履 歴 から 比 較 のパターンを 検 出 した 結 果 である.Count はフォーカスを 変 更 した 回 数,Set.size はフォーカスされたタブの 個 数 を 表 す. 検 出 された 事 例 の 中 でパターンに 属 し ていたのは,Kinect, 位 相 数 学,HDD,その 他 研 究 やレポートのための 調 査 が 合 計 で 32 件, 宿 泊 先 の 地 理 情 報 の 調 査 が 8 件,マニュアルや 参 考 にしながらの wiki の 編 集 が 3 件, 商 品 の 比 較 が 5 件,プログラムのサンプルが 3 件,その 他 の 比 較 が 8 件 と 言 った 内 訳 になって いる. 取 り 扱 われている 内 容 が 似 ているページ 同 士 での 比 較 が 多 いが, 宿 泊 地 の 情 報 ペー ジと 経 由 地 までの 経 路 を 探 索 するといった 事 例 や,ページのレイアウトを 参 考 にするため に HTML コーディングの 手 法 のページを 参 考 にするといった 事 例 等,ページ 内 容 の 比 較 か らでは 判 別 出 来 ない 事 例 も 検 出 することができた. 比 較 を 行 なっているタブとは 関 連 性 のないタブが 紛 れ 込 んだ 場 合 は 誤 検 出 としているが, タブの 個 数 に 関 して 上 限 を 大 きく 設 定 するとその 可 能 性 が 高 くなるということが 考 えられ る.しかし, 表 の 結 果 では Set.size の 条 件 を 8~11 と 定 めた 場 合 のほうが 2~3 と 定 めた 場 合 と 比 較 して 正 解 率 が 高 い. 検 出 された 事 例 は 被 験 者 がレポートの 制 作 のためにそれに 関 連 する 項 目 のタブだけ 生 成 していたという 特 殊 な 事 例 である. 極 端 にフォーカスを 変 更 する 間 隔 が 短 い 場 合 も 誤 検 出 とした.これはマウスジェスチャ ーによるタブの 切 り 替 えによって 閲 覧 したいタブとは 別 のタブをフォーカスした 場 合 等 が 考 えられる. タブ 毎 のフォーカス 回 数 の 偏 りによる 問 題 も 挙 げられる. 最 初 に 一 度 だけ 閲 覧 したタブ とそれ 以 降 何 度 も 閲 覧 した 複 数 のタブを 関 連 付 けてしまう 誤 検 出 も 確 認 された.Set.size が 2~3,Count が 12 以 上 の 事 例 に 確 認 された. 起 点 タブのパターンで 検 出 されるような,サイトのインデックスとコンテンツのページ を 比 較 のパターンとして 検 出 されたので, 誤 検 出 としている.この 事 例 はタブの 個 数 を 2 個 までと 設 定 しても 検 出 されてしまい, 単 独 のオートマトンでの 判 別 が 困 難 である. 起 点 ページのパターンの 検 出 結 果 と 比 較 して, 除 外 するような 工 夫 が 求 められる. 表 3 比 較 のパターン 検 出 結 果 正 解 件 数 / 検 出 件 数 Count Set.size 2~3 4~7 8~11 12~ 5 9/19 5/ ~8 22/32 4/8 0/0-9~11 9/11 3/5 0/0-12~ 2/6 3/5 3/4 0/0 15

20 表 4 密 集 するリンクのパターン 検 出 結 果 Count 正 解 件 数 / 検 出 件 数 2 2/2 3 1/1 4 3/3 5~ 0/ 密 集 するリンクのパターン 表 4 は 履 歴 から 密 集 するリンクのパターンを 検 出 した 結 果 である.Count はタブ A からバ ックグラウンドにタブが 生 成 された 回 数 である. 内 訳 は, 情 報 ポータルサイトが 4 件, 掲 示 板 のログをまとめたサイトが 2 件 である. 何 れの 場 合 でもページ 内 のリンクが 集 まって いる 箇 所 が 存 在 し,その 箇 所 からリンクを 選 択 してタブを 生 成 していることが, 作 成 され たタブの 内 容 から 判 断 できた.そのため, 目 的 の 操 作 を 検 出 できていると 言 える. このパターンは 非 常 に 特 徴 的 な 操 作 を 検 出 している. 起 点 ページのパターンとの 違 いは, タブ 内 でのページの 移 動 が 認 められておらず,タブをバックグラウンドに 生 成 することに ある.ページ 側 の 制 御 による 強 制 的 なタブの 生 成 はフォアグラウンドで 行 われることが 殆 どであり,バックグラウンドに 生 成 されるのはまれである.そのため, 今 回 の 検 出 では 被 験 者 の 意 思 でタブが 生 成 された 場 合 を 検 出 している. 検 出 件 数 は 少 ないものの,ページの 性 質 に 密 接 した 検 出 が 行 えたと 考 えている. 今 回, 誤 検 出 は 存 在 しなかったが 万 全 を 期 す のであれば, 状 態 2 のループに 対 して 時 間 による 制 限 を 設 けることも 考 えられる 永 続 ページのパターン 表 5 は 履 歴 から 永 続 ページのパターンを 検 出 した 結 果 である.Count はタブ A にフォーカ スが 変 更 された 回 数,Past はタブ A が 同 じページのまま 存 在 していた 時 間 を 表 す. 内 訳 は, Kinect に 関 するページが 12 件,Kinect の 論 文 が 8 件,Google カレンダーが 2 件, 他 に 翻 訳 ツールや 天 気 予 報 に 関 するページが 検 出 された. 永 続 ページは 長 期 間 定 期 的 に 閲 覧 を 行 う タブを 検 出 することを 目 的 としている. 検 出 された 事 例 に,タブを 生 成 した 直 後 や 消 去 する 直 前 にフォーカスの 移 動 が 集 中 して 正 解 件 数 / 検 出 件 数 Count 表 5 永 続 ページのパターン 検 出 結 果 Past(min) 120~ ~ ~ ~ 3~5 3/10 2/4 2/8 7/16 6~8 4/9 1/1 2/3 2/2 9~11 2/3 0/1 0/1 1/2 12~14 0/1 0/0 0/0 1/1 15~ 0/0 0/0 0/0 0/0 16

21 いるものが 検 出 されたが,これは 長 期 間 定 期 的 に 閲 覧 を 行 なっていないので 誤 検 出 と 判 断 した.しかし,フォーカスの 移 動 が 長 時 間 ない 場 合 でも,ある 時 間 帯 で 2 時 間 以 上 定 期 的 にフォーカスを 移 動 させていれば 永 続 ページとみなした.Past が 300 分 以 上,Count が 3~5 で 正 しく 検 出 されたものにそういった 事 例 が 多 く 含 まれる.タブ A の 存 在 時 間 を 条 件 とし たために, 最 後 にフォーカスされてからタブが 消 滅 するまでの 時 間 も 含 まれており,タブ を 放 置 するだけで 条 件 を 簡 単 に 満 たしてしまい, 誤 検 出 の 原 因 になっていると 考 えられる. Count の 条 件 を Past/20min 以 上 のように 時 間 辺 りのフォーカス 移 動 回 数 を 設 定 して,Past に よって 変 動 させる 手 法 も 考 えられる.しかし,それでは 前 述 のある 時 間 帯 だけ 定 期 的 にフ ォーカスを 移 しているタブを 検 出 できなくなってしまう. 基 準 となる 時 間 を 最 初 にフォー カスをされてから 最 後 にフォーカスされた 時 間 に 変 更 するという 処 置 が 妥 当 と 考 えられる. ただし, 閉 じる 直 前 にフォーカスされると, 基 準 となる 時 間 が 長 くなるので Count の 条 件 に 時 間 辺 りのフォーカス 回 数 を 設 定 していると 検 出 が 難 しくなる.オートマトンの 設 計 を 根 本 的 に 見 直 すのであれば,フォーカスされている 間 隔 を 監 視 し, 一 定 の 間 隔 を 超 えた 時 点 でパターンに 属 するか 判 定 を 行 い, 定 期 的 に 閲 覧 されている 時 間 帯 が 存 在 したかを 確 認 す る.そして,タブが 一 定 時 間 以 上 存 在 していた 場 合 は 永 続 タブと 見 なすといった 手 法 も 考 えられる. 別 の 問 題 として,ブラウザには 起 動 時 にブラウザ 終 了 時 のタブを 復 元 する 機 能 が 備 えら れているが, 拡 張 機 能 上 では 両 者 は 別 のタブとして 認 識 される.そのため, 最 長 でもブラ ウザを 起 動 から 終 了 までを 1 件 として 扱 って 永 続 タブの 判 定 を 行 うことになる. 両 者 を 目 視 で 確 認 して 同 一 のものと 見 なした 場 合, 誤 検 出 と 判 断 された 事 例 のうち 4 件 を 2 件 のパ ターンに 属 する 事 例 と 見 なすことが 出 来 た. 起 動 と 終 了 に 伴 うタブの 認 識 に 関 して 対 応 す ることが 出 来 れば, 更 に 長 期 的 な 視 点 で 永 続 ページの 分 析 を 行 うことが 出 来 るだろう 処 理 速 度 実 際 に 自 動 抽 出 を 行 った 実 験 環 境 を 下 記 に 示 す. PC 名 :パナソニック Let's note CF-S9 CPU:Intel Core i5 CPU M GHz OS:Windows 7 Enterprise Service Pack 1 メモリ 量 :4GB 使 用 プログラミング 言 語 :Java 17

22 表 6 被 験 者 毎 の 分 析 処 理 時 間 処 理 時 間 [sec]( 検 出 数 ) 被 験 者 A(50 日 ) 被 験 者 B(50 日 ) 被 験 者 C(20 日 ) 全 履 歴 数 起 点 タブの 保 持 0.120(9) 0.313(25) 0.015(0) 比 較 0.467(34) 0.906(65) 0.031(2) 密 集 するリンク 0.067(2) 0.141(4) 0.016(0) 永 続 ページ 0.593(56) 0.037(0) 0.063(6) 同 時 分 析 1.352(101) 1.595(94) 0.082(8) 被 験 者 3 名 に 対 するそれぞれの 実 行 処 理 時 間 を 表 6 に 示 す.いずれのケースにおいても, 1-2 秒 といった 非 常 に 短 い 時 間 で 分 析 を 終 えることができた.4 種 類 のオートマトンを 同 時 に 処 理 するモデルであることを 考 えると, 十 分 な 性 能 であると 言 える 可 視 化 ツールによる 抽 出 とオートマトンによる 自 動 抽 出 について 表 7 に, 可 視 化 ツールによる 目 視 のパターン 抽 出 数 と,オートマトンをベースにしたス トリーム 型 検 出 エンジンによるパターン 抽 出 数 の 比 較 を 示 す. 初 期 実 験 として 行 った 目 視 による 確 認 手 法 では,それぞれのパターンについて 数 個 の 具 体 例 だけしか 検 出 できなかっ たが, 自 動 化 により, 隠 れたパターンが 多 数 検 出 できたことがわかる. 特 に, 起 点 タブの 保 持, 比 較 のパターンについては, 多 数 の 具 体 例 を 検 出 できた. 比 較 のパターンはプロッ トからパターンに 属 するか 判 断 するため, 視 覚 的 な 判 別 が 困 難 であった. 特 徴 的 なグラフ になる 起 点 ページの 保 持 のパターンは 目 視 でもある 程 度 の 件 数 を 抽 出 できているが, 大 量 のデータから 全 ての 該 当 する 事 例 を 検 出 するまでには 至 っていなかった. 永 続 タブに 関 し ては, 長 期 的 な 視 点 で 判 断 する 必 要 があるため 目 視 での 確 認 は 困 難 と 判 断 して 抽 出 を 行 な っていない.これらのパターンでは 自 動 抽 出 恩 恵 を 受 けていると 言 える. 表 7 分 析 手 法 によるパターン 抽 出 数 の 比 較 起 点 タブ 比 較 密 集 するリンク 永 続 ページ 保 持 目 視 ストリーム 型 分 析 エンジン

23 6. 考 察 本 研 究 の 当 初 の 目 的 は,タブ 操 作 履 歴 を 収 集 しそれを 分 析 することによって,ウェブ 閲 覧 履 歴 履 検 索 に 活 用 することである.タブ 状 態 履 歴 から 4 つの 操 作 パターン, 起 点 タブの 保 持, 比 較, 密 集 するリンク, 永 続 ページを 発 見 することができた. 実 験 手 法 に 対 する 考 察 とこれらのパターンが 閲 覧 履 歴 検 索 やそれ 以 外 の 分 野 でどのような 活 用 方 法 があるか 述 べる. 更 に, 既 存 研 究 で 用 いられた 基 準 を 併 用 した 場 合 について,その 結 果 と 得 られる 情 報 についての 考 察 を 行 う 実 験 手 法 の 妥 当 性 今 回 使 用 したタブ 操 作 シーケンスの 利 点 は, 一 つのメッセージの 流 れを 追 うことで, 複 数 のタブの 状 態 を 表 現 できることにある.タブブラウザではパターンで 定 義 したような 操 作 をするタブだけではなく,それらとは 全 く 関 係 のないタブも 同 時 に 存 在 する.またタブ だけでなく, 今 回 定 義 したパターンが 同 時 に 存 在 するようなこともありうる. 状 態 として 扱 うと 全 てのタブを 並 列 に 見 る 必 要 が 出 てくるが,その 状 態 に 至 るまでの 操 作 を 追 うこと で 解 析 に 適 したデータにすることができた 言 える. タブ 操 作 シーケンスの 解 析 に 変 数 を 拡 張 したオートマトンを 使 用 した. 各 パターンの 判 定 に 必 要 な 状 態 を 定 めることで, 特 定 の 状 況 下 での 操 作 を 抽 出 することが 出 来 るようにな った. 各 パターンに 何 らかの 繰 り 返 しの 操 作 が 含 まれているため, 変 数 を 使 用 した 監 視 が 必 要 であった. 以 上 のことから, 実 証 実 験 に 変 数 を 拡 張 したオートマトンを 選 択 したこと は 妥 当 であると 言 える 各 パターン 抽 出 の 活 用 閲 覧 履 歴 の 分 析 では, 重 要 なページを 特 定 することが 必 要 である.この 重 要 なページと いうのは, 観 点 の 違 いから, 客 観 的 に 見 て 重 要 なページとユーザー 個 人 に 対 して 重 要 なペ ージの 2 種 類 が 存 在 する. 前 者 はサイトの 構 造 的 に 重 要 なインデックスページ, 後 者 はユ ーザーの 興 味 の 対 象 を 含 んだページが 例 に 挙 げられる. 今 回 定 義 した 4 つのタブ 操 作 パタ ーンに 関 しても, 各 々どちらの 観 点 で 重 要 なページを 抽 出 しようとしたか 違 い,それによ って 活 用 できる 分 野 が 違 ってくる. 起 点 タブ 保 持 のパターンと 密 集 するリンクのパターンと 永 続 ページのパターンは,ペー ジの 特 性 に 密 接 な 関 係 を 持 った 検 出 を 行 なっており, 客 観 的 な 重 要 性 を 持 つページを 検 出 するためのパターンだと 言 える.そのため,これらの 抽 出 情 報 は 別 のユーザーに 対 しても, 有 益 な 情 報 となる 可 能 性 がある. 例 えば,あるユーザーが 前 述 の 操 作 パターンをどのよう なサイトで 行 なっているかを 記 録 し,それを 元 にタブブラウザに 対 して 不 慣 れな 別 のユー 19

24 ザーに 対 して 特 定 サイトでのタブの 操 作 を 自 動 的 に 補 助 するようなシステムを 構 築 するこ とが 考 えられる. 比 較 のパターンは,ユーザー 個 人 の 重 要 なページを 検 出 するためのパターンだと 言 える. 操 作 対 象 となったタブにはユーザーの 興 味 の 対 象 となる 項 目 が 含 まれていたと 考 えられる. タブに 表 示 されていたページに 対 する 重 み 付 けを 大 きくして, 単 語 を 重 点 的 に 抽 出 してユ ーザーの 興 味 対 象 を 特 定 することが 可 能 である.また, 論 文 の 比 較 を 多 数 行 なっているユ ーザーは 学 生 や 教 員 であるといった, 比 較 ページの 種 類 からユーザーの 推 定 も 行 える. 実 験 では, 宿 泊 地 周 辺 の 情 報 と 経 由 地 までの 経 路 探 索 の 比 較 が 抽 出 されたが,これは 文 書 の 内 容 からでは 関 係 性 を 定 義 することが 難 しく,ユーザーの 出 発 地 と 宿 泊 地 の 位 置 関 係 に 依 存 するので 客 観 的 な 関 係 とは 言 えない.このような 文 書 の 内 容 に 関 係 なく,ユーザー 独 自 のページ 同 士 の 関 係 を 抽 出 することができる. 閲 覧 履 歴 検 索 の 際 には 比 較 されたページ 同 士 を 関 連 ページとして 推 薦 するような 使 用 方 法 が 考 えられる 閲 覧 時 間 との 組 み 合 わせ 閲 覧 履 歴 検 索 支 援 の 活 用 例 とその 可 能 性 について 述 べたが, 実 際 に 検 索 支 援 を 行 うシス テムを 作 成 する 場 合, 他 の 手 法 を 組 み 合 わせた 分 析 が 行 われることが 考 えられる.ここで は 既 存 研 究 の 用 いられた 指 標 の 中 で, 閲 覧 時 間 を 組 み 合 わせて 分 析 を 行 った 結 果 について 述 べる. 図 9 は 起 点 タブ 保 持 のパターンのオートマトンにタブ A の 閲 覧 時 間 を 加 味 して 分 析 を 行 い, 閲 覧 時 間 毎 に 分 けたものである.この 中 でアンテナサイトと Google ニュースは,1 件 の 事 例 を 除 いてタブ A の 閲 覧 時 間 が 5 分 未 満 となっている. 表 8 に 両 者 の 抽 出 されたパタ 図 9 閲 覧 時 間 を 加 味 した 起 点 ページの 保 持. 20

25 表 8 パターン 全 体 の 時 間 とタブ A の 閲 覧 時 間 との 比 較 パターン 全 体 の タブ A の 平 均 時 間 ( 分 ) 平 均 閲 覧 時 間 ( 分 ) アンテナサイト 40 7 Google ニュース 17 2 ーン 全 体 の 平 均 時 間 とタブ A の 平 均 閲 覧 時 間 を 示 す. 表 からパターン 全 体 に 対 して 起 点 タ ブを 閲 覧 している 時 間 が 極 端 に 短 いことが 分 かる. アンテナサイト,Google ニュースは 両 者 共 に 一 定 時 間 毎 に 他 サイトの 新 しい 記 事 の 情 報 を 収 集 して,それらの 記 事 へのリンクをページの 先 頭 に 羅 列 するという 性 質 がある.ユー ザーは 新 しく 追 加 された 記 事 から 興 味 のあるものを 選 択 して 閲 覧 すし,ある 程 度 の 場 所 で 起 点 タブを 閉 じる. Google 検 索 結 果 のページも 別 サイトへのリンクが 羅 列 されているが,ユーザーが 毎 回 違 う 検 索 クエリを 決 定 する 事 が 多 いため, 羅 列 されるサイトが 毎 回 代 わり 要 約 からサイトを 吟 味 する 時 間 が 必 要 となる.また,サイトは 情 報 の 鮮 度 で 並 んでいる 訳 ではないので,ペ ージの 下 部 にもユーザーが 訪 問 したことのないサイトが 存 在 する 可 能 性 は 十 分 あり,それ らを 求 めてある 程 度 起 点 タブの 閲 覧 に 時 間 を 掛 ける 事 が 考 えられる.これらの 要 素 がアン テナサイトと Google ニュースに 比 べて 起 点 タブの 閲 覧 時 間 が 長 い 原 因 である. このように, 起 点 タブ 保 持 のパターンを 閲 覧 時 間 と 組 み 合 わせて 分 析 することで,ペー ジの 特 性 に 関 する 付 加 的 な 情 報 を 抽 出 することができる. 21

26 結 論 本 論 文 はタブブラウザにおけるタブ 操 作 履 歴 を 分 析 することの 有 効 性 を 示 すために, 操 作 履 歴 を 収 集 し,タブ 操 作 をグラフ 上 に 可 視 化 するツールを 作 成 した. 可 視 化 したグラフ からユーザーごとのタブ 操 作 の 特 徴 を 分 析 することができた.また,ミクロ 分 析 を 行 うこ とで 特 徴 的 なタブの 操 作 を 抽 出 できることが 分 かった. 更 に, 分 析 進 めるためにタブ 操 作 シーケンスを 用 意 し,タブ 操 作 のパターンに 対 して 明 確 な 定 義 を 行 った. 実 証 実 験 の 結 果 から, 受 理 条 件 とオートマトンの 構 造 に 対 する 評 価 を 行 った. 定 義 したパターンに 対 して, 閲 覧 履 歴 検 索 支 援 への 活 用 方 法 を 提 示 し,タブブラウザにおいてタブ 操 作 履 歴 を 記 録 し, 分 析 することに 有 意 性 があることを 証 明 した. 謝 辞 本 研 究 と 修 士 論 文 の 作 成 において,ご 指 導,ご 教 授 を 賜 りました 主 査 の 藤 田 教 授, 並 び に 副 査 の 廣 津 教 授 に 心 から 御 礼 申 し 上 げます. 22

27 参 考 文 献 [1] 伊 藤 亘 介, 澤 井 政 宏, 久 保 洋, Web ページの 閲 覧 時 間 による 興 味 度 と 見 やすさの 評 価,SVBL 年 報, Vol.8, pp.87-88, Mar [2] 小 澤 崇 記, スレッドに 基 づく Web 閲 覧 履 歴 検 索 インタフェース, 修 士 論 文, 筑 波 大 学 大 学 院, [3] 山 本 仁 志, 石 田 和 成, 岡 田 勇, 太 田 敏 澄, リンク 構 造 と 共 起 関 係 を 用 いた Web 空 間 の 視 覚 化, 情 報 処 理 学 会 研 究 報 告, Vol.2004, No.36, pp , Mar [4] 菱 木 祐 介, ユーザの 閲 覧 履 歴 を 用 いた 類 似 文 書 検 索, 卒 業 論 文, 法 政 大 学, [5] 三 橋 憲 晃, 山 口 亨, 高 間 康 史, 視 覚 的 類 似 性 に 基 づく Web ページ 検 索 手 法 の 提 案, 第 17 回 人 工 知 能 学 会 全 国 大 会, [6] 星 加 拓 人, 藤 田 悟, タブブラウザ 上 のウェブアクセス 履 歴 の 分 析, 情 報 科 学 技 術 フ ォーラム, FIT 2011, 講 演 論 文 集, pp , Aug

(3) 小 単 元 の 指 導 と 評 価 の 計 画 小 単 元 第 11 章 税 のあらまし の 指 導 と 評 価 の 計 画 ( 四 次 確 定 申 告 制 度 抜 粋 ) 関 心 意 欲 態 度 思 考 判 断 技 能 表 現 知 識 理 解 小 単 元 の 評 価 規 準 税 に 関 す

(3) 小 単 元 の 指 導 と 評 価 の 計 画 小 単 元 第 11 章 税 のあらまし の 指 導 と 評 価 の 計 画 ( 四 次 確 定 申 告 制 度 抜 粋 ) 関 心 意 欲 態 度 思 考 判 断 技 能 表 現 知 識 理 解 小 単 元 の 評 価 規 準 税 に 関 す (1) 単 元 の 評 価 規 準 と 小 単 元 の 評 価 規 準 科 目 名 会 計 実 務 単 位 数 4 単 位 研 究 事 例 国 税 庁 Webサイトを 利 用 した 授 業 展 開 例 単 元 名 第 4 編 税 と 会 計 第 11 章 税 のあらまし 第 12 章 法 人 税 の 計 算 第 13 章 法 人 税 の 申 告 と 納 付 税 の 意 義 種 類 体 系 のあらましを

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 目 次 動 作 環 境 特 長 方 法 方 法 起 動 終 了 方 法 方 法 操 作 方 法 使 方 使 方 使 方 詳 細 設 定 使 方 KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 KINGSOFT Office 2016 特 長 主 特 長 以

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

別記

別記 富 山 大 学 における 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 9 月 21 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

答申第585号

答申第585号 別 紙 諮 問 第 722 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 平 成 23 年 月 日 区 営 業 所 で 起 きた 物 損 事 故 に 関 する 全 ての 内 容 の 文 書 の 開 示 請 求 に 対 し 終 業 点 呼 記 録 簿 ほか7 件 を 対 象 公 文 書 として 特 定 し 一 部 開 示 と した 決 定 は 妥 当 である 2 審 査 請 求 の 内 容 (1) 審 査

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則 第 323 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (5)-4 2015 年 11 月 6 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 - 合 理 的 な 説 明 に 関 する 取 扱 い 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 公 開 草 案 第 54 号 繰

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図 平 成 2 8 年 3 月 25 日 NACSIS-CAT 検 討 作 業 部 会 NACSIS-CAT/ILL の 軽 量 化 合 理 化 について( 基 本 方 針 )( 案 ) これからの 学 術 情 報 システム 構 築 検 討 委 員 会 ( 以 下, これから 委 員 会 ) は これか らの 学 術 情 報 システムの 在 り 方 について ( 平 成 27 年 5 月 29 日 )

More information

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ 井 原 市 発 注 工 事 における 一 次 下 請 人 の 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 の 限 定 について 平 成 27 年 9 月 28 日 井 原 市 では 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 井 原 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF332E8EA98CC8955D89BF82CC95FB9640939982C982C282A282C4816995BD90AC8251824F944E93788EC08E7B95AA814191E6825194C5816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF332E8EA98CC8955D89BF82CC95FB9640939982C982C282A282C4816995BD90AC8251824F944E93788EC08E7B95AA814191E6825194C5816A2E707074> ( 平 成 20 年 度 実 施 分 ) 自 己 評 価 の 方 法 等 について 高 等 専 門 学 校 機 関 別 認 証 評 価 に 関 する 自 己 評 価 担 当 者 等 に 対 する 研 修 会 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 自 己 評 価 書 の 作 成 自 己 評 価 書 の 作 成 高 等 専 門 学 校 機 関 別 認 証 評 価 と 選 択 的

More information

経験発表

経験発表 共 通 性 を 持 つ 製 品 群 への USDMの 適 用 と 拡 張 アジェンダ 1. 表 現 を 拡 張 したUSDM 導 入 の 背 景 と 課 題 要 望 2. 表 現 を 拡 張 したUSDM 導 入 の 取 り 組 み 3. 表 現 を 拡 張 したUSDM 4. 表 現 を 拡 張 したUSDM 導 入 による 効 果 5. 表 現 を 拡 張 したUSDM 導 入 後 の 課 題

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご 平 成 27 年 度 固 定 資 産 ( 土 地 ) 評 価 替 えについて - 県 内 市 町 の 基 準 宅 地 の 評 価 額 - 市 町 名 区 分 所 在 地 ( 参 考 ) 27 年 度 27 年 度 24 年 度 修 正 率 評 価 額 評 価 額 評 価 額 変 動 率 H26.1.1~ H26.1.1 基 準 H26.7.1 修 正 H23.7.1 修 正 B/C-1 H26.7.1

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に ニッセイ 基 礎 研 究 所 No.2011-02 Aug 2011 見 直 しによる 家 への 影 響 ~ 高 所 得 者 層 の 可 処 分 所 得 は 大 幅 減 少 に 経 済 調 査 部 門 研 究 員 桑 畠 滋 (くわはた しげる) (03)3512-1838 kuwahata@nli-research.co.jp [ 要 旨 ] 民 主 自 民 公 明 3 党 は を 見 直 し 2012

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 Up Newsletter 養 老 保 険 の 減 額 逓 増 定 期 保 険 の 取 扱 い 変 更 介 護 費 用 保 険 の 導 入 企 業 の 保 険 のポイント http://www.up-firm.com 1 養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

異 議 申 立 人 が 主 張 する 異 議 申 立 ての 理 由 は 異 議 申 立 書 の 記 載 によると おおむね 次 のとおりである 1 処 分 庁 の 名 称 の 非 公 開 について 本 件 審 査 請 求 書 等 について 処 分 庁 を 非 公 開 とする 処 分 は 秋 田 県

異 議 申 立 人 が 主 張 する 異 議 申 立 ての 理 由 は 異 議 申 立 書 の 記 載 によると おおむね 次 のとおりである 1 処 分 庁 の 名 称 の 非 公 開 について 本 件 審 査 請 求 書 等 について 処 分 庁 を 非 公 開 とする 処 分 は 秋 田 県 諮 問 庁 : 秋 田 県 知 事 諮 問 日 : 平 成 19 年 5 月 17 日 ( 諮 問 第 89 号 ) 答 申 日 : 平 成 19 年 11 月 16 日 ( 答 申 第 51 号 ) 事 件 名 : 国 民 健 康 保 険 審 査 会 に 係 る 文 書 の 部 分 公 開 決 定 処 分 に 対 する 異 議 申 立 てに 関 する 件 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 秋

More information

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会 平 成 24 年 3 月 期 から 会 計 上 の 変 更 及 び 誤 謬 の 訂 正 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 過 年 度 遡 及 会 計 基 準 ) ( 企 業 会 計 基 準 第 24 号 平 成 21 年 12 月 4 日 )が 新 たに 適 用 されます また 平 成 23 年 3 月 期 から 導 入 された 資 産 除 去 債 務 に 関 する 会 計 基 準 ( 企

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 固 定 資 産 税 本 解 答 は 平 成 28 年 8 月 12 日 16 時 に 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 に 作 成 したもので 予 告 なしに 内 容 を 変 更 する 場 合 が あります また 本 解 答 は 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 の 見 解 で 作 成 / 提 供 しており 試 験 機 関 による

More information

総論

総論 就 職 氷 河 期 世 代 の 老 後 に 関 するシミュレーション 総 合 研 究 開 発 機 構 リサーチフェロー 辻 明 子 就 職 氷 河 期 と 呼 ばれる 期 に 初 職 の 就 職 活 動 を 行 った 人 々たちの き 方 に 関 する 変 化 の 特 徴 として 非 規 雇 用 と 家 事 も 通 学 も 行 っていない 無 業 の 割 合 の 増 加 がある こうした 非 規 雇

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの)

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの) 平 成 24 年 度 開 設 予 定 大 学 院 等 一 覧 ( 判 定 を 不 可 とするもの) 1 研 究 科 を 設 置 するもの 1 校 平 成 23 年 12 月 区 分 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 入 学 定 員 位 置 設 置 者 理 由 備 考 人 私 立 東 京 福 祉 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 群 馬 県 伊 勢 崎 市 学 校 法 人 ( 別

More information

SNSとLMSの強みと弱み 統合環境を目指して (教育学部紀要投稿用)

SNSとLMSの強みと弱み 統合環境を目指して (教育学部紀要投稿用) 学 習 活 動 ごとにみたSNSとLMSの 比 較 - 最 適 な 学 習 支 援 環 境 の 提 供 を 目 指 して- 長 岡 千 香 子 *, 平 岡 斉 士 * *, 喜 多 敏 博 * *, * * * * 熊 本 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 附 属 減 災 型 社 会 システム 実 践 研 究 教 育 センター * * 熊 本 大 学 大 学 院 社 会 文 化 科

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

2 出 願 資 格 審 査 前 記 1の 出 願 資 格 (5) 又 は(6) により 出 願 を 希 望 する 者 には, 出 願 に 先 立 ち 出 願 資 格 審 査 を 行 いますので, 次 の 書 類 を 以 下 の 期 間 に 岡 山 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 等

2 出 願 資 格 審 査 前 記 1の 出 願 資 格 (5) 又 は(6) により 出 願 を 希 望 する 者 には, 出 願 に 先 立 ち 出 願 資 格 審 査 を 行 いますので, 次 の 書 類 を 以 下 の 期 間 に 岡 山 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 等 Ⅱ 入 学 者 選 抜 試 験 学 生 募 集 要 項 ( 自 然 科 学 研 究 科 環 境 学 研 究 科 共 通 ) ( 入 学 時 期 : 平 成 18 年 10 月 又 は 平 成 19 年 4 月 ) 1 出 願 資 格 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 です (1) 修 士 の 学 位 若 しくは 専 門 職 学 位 を 有 する 者 又 は 平 成 19 年 3 月 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

Ⅰ 元 請 負 人 を 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 に 限 定 平 成 28 年 10 月 1 日 以 降 に 入 札 公 告 指 名 通 知 随 意 契 約 のための 見 積 依 頼 を 行 う 工 事 から 以 下 に 定 める 届 出 の 義 務 ( 以 下 届 出 義 務 と

Ⅰ 元 請 負 人 を 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 に 限 定 平 成 28 年 10 月 1 日 以 降 に 入 札 公 告 指 名 通 知 随 意 契 約 のための 見 積 依 頼 を 行 う 工 事 から 以 下 に 定 める 届 出 の 義 務 ( 以 下 届 出 義 務 と 平 成 28 年 5 月 30 日 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 について お 知 らせ 瀬 戸 内 市 契 約 管 財 課 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 市 発 注 工 事 におけ る 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ) 未 加 入 対

More information

2 県 公 立 高 校 の 合 格 者 は このように 決 まる (1) 選 抜 の 仕 組 み 選 抜 の 資 料 選 抜 の 資 料 は 主 に 下 記 の3つがあり 全 高 校 で 使 用 する 共 通 の ものと 高 校 ごとに 決 めるものとがあります 1 学 力 検 査 ( 国 語 数

2 県 公 立 高 校 の 合 格 者 は このように 決 まる (1) 選 抜 の 仕 組 み 選 抜 の 資 料 選 抜 の 資 料 は 主 に 下 記 の3つがあり 全 高 校 で 使 用 する 共 通 の ものと 高 校 ごとに 決 めるものとがあります 1 学 力 検 査 ( 国 語 数 2 県 公 立 高 校 の 合 格 者 は このように 決 まる (1) 選 抜 の 仕 組 み 選 抜 の 資 料 選 抜 の 資 料 は 主 に 下 記 の3つがあり 全 高 校 で 使 用 する 共 通 の ものと 高 校 ごとに 決 めるものとがあります 1 学 力 検 査 ( 国 語 数 学 社 会 理 科 英 語 の5 教 科 ) すべての 高 校 で 資 料 とする 2 調 査 書 (

More information

よりメンバーに 配 布 した 第 2 期 は 第 1 期 に 開 発 した 大 気 時 間 値 集 計 解 析 ツールをベースに 機 能 改 良 を 行 った 国 立 環 境 研 究 所 では メンバーから 寄 せられる 要 望 使 い 勝 手 に 関 する 意 見 感 想 不 具 合 発 生 など

よりメンバーに 配 布 した 第 2 期 は 第 1 期 に 開 発 した 大 気 時 間 値 集 計 解 析 ツールをベースに 機 能 改 良 を 行 った 国 立 環 境 研 究 所 では メンバーから 寄 せられる 要 望 使 い 勝 手 に 関 する 意 見 感 想 不 具 合 発 生 など 大 気 時 間 値 集 計 解 析 プログラム の 概 要 本 共 同 研 究 では 大 気 時 間 値 データベースの 整 備 を 行 うとともに 共 通 の 解 析 手 法 により Ox や SPM 濃 度 の 長 期 変 動 や 地 域 特 性 を 比 較 検 討 するため 大 気 時 間 値 集 計 解 析 プログラム の 開 発 を 進 めてきた 本 稿 では 大 気 時 間 値 集 計

More information

者 が 在 学 した 期 間 の 年 数 を 乗 じて 得 た 額 から 当 該 者 が 在 学 した 期 間 に 納 付 すべき 授 業 料 の 総 額 を 控 除 した 額 を 徴 収 するものとする 3 在 学 生 が 長 期 履 修 学 生 として 認 められた 場 合 の 授 業 料 の

者 が 在 学 した 期 間 の 年 数 を 乗 じて 得 た 額 から 当 該 者 が 在 学 した 期 間 に 納 付 すべき 授 業 料 の 総 額 を 控 除 した 額 を 徴 収 するものとする 3 在 学 生 が 長 期 履 修 学 生 として 認 められた 場 合 の 授 業 料 の 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 の 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 43 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 ( 以 下 法 人 という )が 徴 収 する 授 業 料 その 他 の 料 金 について 定 めることを 目 的 とする ( 料 金 ) 第 2 条 法 人 の

More information

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 等 に 基 づく 公 安 委 員 会 による 援 助 等 の 措 置 に 関 する 訓 令 平 成 12 年 7 月 1 日 警 察 本 部 訓 令 第 25 号 改 正 平 成 14 年 11 月 22 日 本 部 訓 令 第 29 号 平 成 16 年 3 月 25 日 本 部 訓 令 第 6 号 平 成 24 年 5 月 1 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874182508D86816995CF8D5882C882B5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874182508D86816995CF8D5882C882B5816A2E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 1 号 [ 平 成 23 年 5 月 改 訂 ] 代 行 保 険 料 率 の 計 算 に 関 する 細 目 実 務 基 準 1 号 -1 (1) 財 政 方 式 計 算 基 準 日 以 降 の 将 来 期 間 を 対 象 に 開 放 基 金 方 式 により 算 定 す 計 算 は 男 女 のみの 区 分 で 行 う ( 男 女 を 一 本 化 して 計 算

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

職務発明等の申請に関する手続要領について(通達)

職務発明等の申請に関する手続要領について(通達) 装 技 振 第 31 号 27.10.1 防 衛 大 学 校 教 務 部 長 防 衛 医 科 大 学 校 教 務 部 長 防 衛 研 究 所 企 画 部 長 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 長 陸 上 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 海 上 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 航 空 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 情 報 本 部 総 務 部 長 防 衛 装 備 庁 長 官

More information

参加表明書・企画提案書様式

参加表明書・企画提案書様式 秋 田 市 道 路 除 排 雪 車 両 運 行 管 理 システム( 仮 称 ) 導 入 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 参 加 表 明 書 企 画 提 案 書 様 式 平 成 25 年 7 月 秋 田 市 建 設 部 道 路 維 持 課 ( 様 式 1) 参 加 表 明 書 業 務 の 名 称 秋 田 市 除 排 雪 車 両 運 行 管 理 システム( 仮 称 ) 導 入 業 務 委 託

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

設 問 4(5) 主 として 知 識 に 関 する 問 題 地 球 自 然 事 象 についての 知 識 理 解 ( 短 答 式 ) (6) 主 として 活 用 に 関 する 問 題 地 球 科 学 的 な 思 考 表 現 ( 選 択 式 ) 水 が 水 蒸 気 になる 現 象 について 科 学 的

設 問 4(5) 主 として 知 識 に 関 する 問 題 地 球 自 然 事 象 についての 知 識 理 解 ( 短 答 式 ) (6) 主 として 活 用 に 関 する 問 題 地 球 科 学 的 な 思 考 表 現 ( 選 択 式 ) 水 が 水 蒸 気 になる 現 象 について 科 学 的 (4) 理 科 の 設 問 別 考 察 ( 特 徴 のある 設 問 について) 小 学 校 理 科 全 国 と 比 較 し 平 均 正 答 率 を 上 回 った 設 問 例 設 問 3(4) 主 として 知 識 に 関 する 問 題 物 質 観 察 実 験 の 技 能 ( 短 答 式 ) (5) 主 として 知 識 に 関 する 問 題 物 質 観 察 実 験 の 技 能 ( 選 択 式 ) メスシリンダーの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション インターネット 出 願 手 引 き (システムWAKABA 継 続 入 学 申 請 手 引 き) 目 次 1.システムWAKABAトップ 画 面 2 2. 学 生 種 選 択 画 面 3 3. 出 願 申 請 画 面 (1) 全 科 履 修 生 の 場 合 4 (2) 全 科 履 修 生 以 外 の 場 合 6 4.オンライン 授 業 8 5. 科 目 登 録 申 請 画 面 (1) 授 業 種 別

More information

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 19 年 9 月 6 日 ( 平 成 19 年 ( 行 個 ) 諮 問 第 86 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 30 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 個 ) 答 申 第 94 号 ) 事 件 名 : 本 人 に 係 る 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否

More information

【 新 車 】 新聞・チラシ広告における規約遵守状況調査結果

【 新 車 】 新聞・チラシ広告における規約遵守状況調査結果 平 成 27 年 度 新 聞 チラシ 広 告 の 表 示 に 関 する 規 約 遵 守 状 況 調 査 結 果 報 告 書 平 成 28 年 4 月 一 般 社 団 法 人 自 動 車 公 正 取 引 協 議 会 目 次 Ⅰ. 新 車 新 聞 チラシ 広 告 に 関 する 規 約 遵 守 状 況 調 査 結 果 1. 調 査 の 概 要 2. 調 査 結 果 3. 調 査 結 果 への 対 応 表

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改)

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改) よ う せ い 養 生 学 研 究 投 稿 規 定 2000 年 3 月 11 日 施 行 2006 年 5 月 01 日 改 正 1. 養 生 学 研 究 ( 以 下 本 誌 と い う ) の 編 集 及 び 発 行 に 関 し て は こ の 規 定 の 定 め る と こ ろ に よ る. 2. 投 稿 資 格 本 誌 に 原 稿 を 投 稿 で き る 筆 頭 著 者 は, 原 則 と し

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ 各 位 平 成 28 年 6 月 24 日 会 社 名 株 式 会 社 モバイルファクトリー 代 表 者 名 代 表 取 締 役 宮 嶌 裕 二 (コード 番 号 3912 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 計 数 管 理 部 長 谷 本 洋 (TEL. 03-3447-1181) 募 集 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストック オプション)の 発 行 に 関 するお 知 らせ

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

第1回

第1回 やすだ 社 会 学 研 究 法 a( 2015 年 度 春 学 期 担 当 : 保 田 ) 基 礎 分 析 ( 1): 一 変 量 / 二 変 量 の 分 析 SPSSの 基 礎 テ キ ス ト pp.1-29 pp.255-257 デ ー タ の 入 力 [ デ ー タ ビ ュ ー ] で Excelの よ う に 直 接 入 力 で き る [ 変 数 ビ ュ ー ] で 変 数 の 情 報 を

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改 平 成 2 9 年 度 ( 学 生 募 集 要 項 ) 畜 産 経 営 学 科 畑 作 園 芸 経 営 学 科 農 業 経 営 研 究 科 稲 作 経 営 専 攻 コ ー ス 本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大

More information

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 募 集 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 当 該 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 者 を 公 募 して 選 定 する 手 続 等 当 該 事 業 の 円 滑 な 実 施 を 図 るために 必 要 な 事 項 を 定

More information

報酬規定(25年4月)

報酬規定(25年4月) 報 酬 規 定 木 寅 税 務 会 計 事 務 所 電 話 03-5774-9207 メール:kitora-zeimukaikei@oboe.ocn.ne.jp 平 成 25 年 4 月 1 日 改 定 本 報 酬 規 定 はあくまで 目 安 であり 相 談 の 内 容 ( 複 雑 性 など)やその 頻 度 その 他 様 々な 点 を 考 慮 して 報 酬 を 決 定 するものとする [ 法 人 パックの

More information

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73>

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73> 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 資 料 6 保 護 観 察 新 規 受 理 人 員 の 推 移 資 料 7 ( 千 人 ) ( 昭 和 24 年 ~ 平 成 17 年 ) 80 70 60 保 護 観 察 処 分 少 年 50 40 30 20 10 保 護 観 察 付 執 行 猶 予 者 仮 釈 放 者 0 少 年 院 仮 退 院 者 24 年 30 35 40 45

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す 第 332 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (6)-3 2016 年 3 月 23 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 税 効 果 会 計 に 関 する 開 示 の 検 討 - 合 理 的 な 説 明 に 関 連 する 開 示 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 税 効 果 会 計 に 係 る 開 示 に 関 する 論 点 のうち

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

k_setumeikai_siryo

k_setumeikai_siryo 入 札 契 約 制 度 説 明 会 日 時 : 平 成 28 年 3 月 28 日 ( 月 ) 1 午 前 10 時 30 分 ~ 場 所 : 金 沢 歌 劇 座 (2F) 大 集 会 室 2 午 後 1 時 30 分 ~ 次 第 1 平 成 28 年 度 入 札 契 約 制 度 の 改 正 について 1P (1) 最 低 制 限 価 格 及 び 低 入 札 価 格 調 査 基 準 価 格 の 算

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

財政再計算結果_色変更.indd

財政再計算結果_色変更.indd 私 たちの 共 済 年 金 財 政 再 計 算 結 果 と 新 保 険 料 率 について 組 合 員 の 皆 さまに これまでリーフレットなどでお 知 らせしてきましたように 本 年 は 組 合 員 の 皆 さまが 加 入 している 共 済 年 金 で5 年 に 一 度 の 財 政 再 計 算 を 行 う 年 になっています 去 る5 月 27 日 に 財 務 省 から 財 政 再 計 算 に 関

More information

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全 はははは 平 成 25 年 12 月 3 日 平 成 26 年 2 月 26 日 改 訂 統 計 トピックスNo.75 経 済 センサスでみる12 大 都 市 の 産 業 特 性 と 主 要 産 業 - 平 成 24 年 経 済 センサス 活 動 調 査 の 分 析 事 例 2 地 域 分 析 - 経 済 センサスは 我 が 国 の 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 状 態 を 全

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

返還同意書作成支援 操作説明書

返還同意書作成支援 操作説明書 返 還 金 同 意 書 等 作 成 支 援 操 作 説 明 書 当 EXCELを 使 用 することにより 以 下 のものを 作 成 できます 返 還 同 意 書 保 険 者 別 返 還 金 額 一 覧 表 返 還 内 訳 表 返 還 集 計 表 1 返 還 金 同 意 書 等 作 成 支 援 (EXCEL 形 式 )を 開 きます 2 タイトル 画 面 が 数 秒 間 表 示 されますので 注 意

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc)

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc) 南 丹 市 建 設 業 新 分 野 進 出 支 援 事 業 補 助 金 申 請 用 紙 記 入 説 明 書 様 式 第 1 号 ( 第 7 条 関 係 )の 記 入 方 法 南 丹 市 長 様 市 長 名 を 記 入 元 号 年 月 日 を 記 入 平 成 年 月 日 申 請 者 情 報 を 記 入 ( 代 表 企 業 ) ( 申 請 者 ) 所 在 地 南 丹 市 園 部 町 小 桜 町 47 番

More information