写 真 1 雪 の Google Zurich Office 入 口 にて( 内 部 は 写 真 撮 影 禁 止 ) 写 真 2 Mountain View の Google 本 社 にて( 左 は 分 散 コン ピューティングを 担 当 している Googler の 金 田 憲 二 さんで 右 が

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "写 真 1 雪 の Google Zurich Office 入 口 にて( 内 部 は 写 真 撮 影 禁 止 ) 写 真 2 Mountain View の Google 本 社 にて( 左 は 分 散 コン ピューティングを 担 当 している Googler の 金 田 憲 二 さんで 右 が"

Transcription

1 Google の 破 壊 的 創 造 力 の 内 側 を 垣 間 見 る 東 京 大 学 情 報 理 工 学 系 研 究 科 副 研 究 科 長 教 授 石 塚 満 PROFILE 1971 東 大 工 電 子 卒 1976 同 博 士 課 程 修 了 同 年 NTT 横 須 賀 研 究 所 1978 東 大 生 産 技 術 研 究 所 助 教 授 1992 工 学 部 電 子 情 報 教 授 現 在 情 報 理 工 学 系 研 究 科 副 研 究 科 長 専 門 は 人 工 知 能 Web インテリジェンス 意 味 計 算 マルチモー ダルメディア 人 工 知 能 学 会 会 長 回 のGoogle Faculty Summitに 出 席 Google は 情 報 世 界 変 革 の 中 心 的 存 在 で 幾 つかの 面 でこれまでとは 異 なる 普 通 でない 型 破 りの 風 雲 児 企 業 で ある 次 々とグローバルに 新 しい 情 報 サービスを 創 出 し しかも( 大 部 分 ) 無 料 で 提 供 している これは 情 報 産 業 のビジネスモデルにも 構 造 変 革 をもたらしている 日 本 の 企 業 とはかなり 異 なる 体 制 の 情 報 企 業 であるが シリコンバレーにおいてもこれまでとは 異 なり 異 質 と 見 なされている 主 にジャーナリストによる 紹 介 本 は 幾 つか 出 版 されて いるが( 最 近 では [1]) Google の 外 部 に 対 する 秘 密 主 義 もあり 研 究 開 発 に 関 する 様 態 どこが 他 の 企 業 と は 違 うのかに 関 しては 十 分 伝 えられていなかったと 思 う Google の 外 部 に 対 する 秘 密 主 義 は 創 業 当 時 に 検 索 エンジンのアクセス 数 が 急 速 に 増 大 していた 時 期 に この 事 実 が 明 らかになると 他 社 が 敵 対 してくることを 避 けるために 取 られたようで その 後 も 継 続 している Google 社 員 (Googler という)は 内 部 情 報 の 口 外 を かなり 厳 しく 制 限 されている また 学 生 が 就 職 活 動 時 ( 面 接 など)に 得 た 情 報 を 口 外 することも 禁 止 されてい る (Google の 外 部 に 対 する 秘 密 主 義 は 別 の 側 面 が あることを 後 述 する ) 大 変 関 心 はあるのだが Google の 破 壊 的 創 造 力 の 内 側 は 十 分 に 或 いは 体 系 立 って 伺 い 知 ることがなかなか できなかった 訳 である そのような 中 で 下 記 2 回 の Google Faculty Summit に 参 加 することができ 計 5 日 間 Google 内 部 に 滞 在 した 勿 論 全 貌 という 訳 ではなく 特 に 経 営 戦 略 レベルの 話 は 殆 ど 聞 くことはなかったが 研 究 開 発 の 内 容 や 様 子 をかなり 垣 間 見 る 機 会 があった (1)Google EMEA Faculty Summit ( 第 3 回 ) ([2] に 簡 単 な 紹 介 がある ) 日 時 :2010 年 2 月 8 10 日 場 所 :Google チューリッヒ EMEA は Europe, Middle East and Africa の 略 で Google の 営 業 地 域 区 分 で もある 27 ヶ 国 63 大 学 から 約 100 名 が 招 待 され 出 席 世 界 の Google から 約 70 名 の Googler も 参 加 (Google の 欧 州 オ フィスで 大 きいのはロンドンとチューリッ ヒであるが ロンドンはビジネス 機 能 が 中 心 なので チューリッヒは 欧 州 で 最 大 の 研 究 開 発 拠 点 になっている ) (2)Google (North American) Faculty Summit ( 第 6 回 ) ([3] に 簡 単 な 紹 介 がある ) 日 時 :2010 年 7 月 29, 30 日 場 所 :カリフォルニア 州 マウンテンビュー Google 本 社 ( 別 名 Googleplex) 北 米 の 大 学 から 90 名 が 招 待 され 出 席 各 々 年 1 回 開 催 されており 3 回 目 6 回 目 となる のだが 日 本 から 招 待 されたのは 2010 年 が 初 めて である 漏 れ 聞 いたところによると アジア 地 域 でも Faculty Summit の 計 画 があったのだが 2010 年 初 76 25th ANNIVERSARY

2 写 真 1 雪 の Google Zurich Office 入 口 にて( 内 部 は 写 真 撮 影 禁 止 ) 写 真 2 Mountain View の Google 本 社 にて( 左 は 分 散 コン ピューティングを 担 当 している Googler の 金 田 憲 二 さんで 右 が 筆 者 ) 後 ろは 40 号 棟 のメインレストランであり ここで 毎 週 金 曜 午 後 4 時 半 から 創 業 者 や CEO 等 の 幹 部 が 状 況 報 告 し 質 問 を 受 ける TGIF(Thank God! It s Friday) 集 会 がある めに Google の 中 国 からの 撤 退 騒 ぎがあり 中 止 になっ たので 大 事 な 日 本 を 欧 州 の 方 に 含 めたとのことであっ た (その 後 北 米 にまで 含 めたのは 日 本 重 視 の 表 れか?) 日 本 では 東 大 と 東 工 大 が 招 待 を 受 け 東 大 か らは 筆 者 が 両 方 に 参 加 し( 写 真 1 2) 東 工 大 からは チューリッヒの 方 に 村 田 剛 志 先 生 マウンテンビューの 方 に 藤 井 敦 先 生 が 参 加 された Faculty Summit は Tech Talk と 称 し 新 技 術 の 話 が 中 心 であるが ここでは 筆 者 が 研 究 者 の 眼 で 見 聞 し た Google の 十 分 知 られていなかった 他 企 業 組 織 と は 違 う 創 造 力 の 構 造 といったものを 中 心 に 記 してみよう と 思 う なぜ Japio 年 報 に 記 事 を 依 頼 されたかという と Google は 特 許 分 野 にも 進 出 してきており 2006 年 末 公 開 の Google Patents (http://www.google. com/patents) サービスでは 米 国 特 許 を 対 象 に 任 意 の 語 や 特 許 番 号 発 明 者 名 等 で 検 索 が 行 えるようになっ ている 2010 年 6 月 からは 米 国 特 許 庁 と 協 力 し 従 前 は 販 売 されていた 米 国 特 許 庁 が 持 つ 各 種 データの 無 料 ダウンロードサービスを 始 めた 特 許 の 翻 訳 サービス 等 世 界 の 特 許 情 報 インフラでも 大 きな 役 割 を 果 たす 勢 いが 感 じられるようになってきたことによる 2 Google 発 展 の 経 緯 と 基 礎 データ 他 企 業 組 織 とは 異 なる 創 造 力 を 生 む 構 造 要 因 を 考 え る 前 に まず 発 展 の 経 緯 と 基 礎 データを 記 しておきたい 良 く 知 られているように Google は 1996 年 ス タンフォード 大 の 大 学 院 生 であった Larry Page と Sergey Brin による Web 検 索 エンジンの 開 発 に 始 ま る PageRank ア ル ゴ リ ズ ム( こ の Page は Larry Page に 由 来 )によるランキング 機 能 と 広 告 のないクー ルで 機 能 的 なインタフェースで 人 気 を 得 て アクセス 数 が 増 大 した ベンチャキャピタリストからの 資 金 を 得 て 1998 年 に Google 社 が 設 立 された 当 初 はガレー ジオフィスからのスタートだった Google 検 索 エンジ ンの 人 気 は 上 昇 を 続 けたが 2000 年 までは 収 入 は 僅 かであった 2000 年 に 検 索 結 果 連 動 型 で ク リ ッ ク 課 金 広 告 AdWords が 始 ま り ( 注 1) 2003 年 に Web ペ ー ジ 運 用 者 とのアフィリエイト 広 告 でクリック 報 酬 型 の AdSense が 始 まる ( 注 2) と 広 告 収 入 が 伸 び Google 大 躍 進 を 支 える 財 務 基 盤 となった 現 在 でも Google 収 入 の 96%は 広 告 収 入 である (ネット 広 告 の 伸 びで 新 聞 テレビの 広 告 収 入 は 減 少 を 続 けており 広 告 依 存 の ( 注 1) 検 索 結 果 連 動 型 広 告 は Overture( 後 に Yahoo が 買 収 )のが 早 く Google に 対 して 特 許 侵 害 の 訴 訟 が 起 こされたが 2004 年 に Google が 自 社 株 を Yahoo に 提 供 することで 和 解 している ( 注 2) Applied Semantics 社 ( 以 前 の 名 称 は Oingo 社 ) の 買 収 による 寄 稿 集 1 特 許 情 報 施 策 お よ び 事 業 YEAR BOOK 2O1O 77

3 メディア 産 業 の 大 変 革 が 進 行 している )2001 年 には Eric Shumdt( 前 職 は Sun Microsystems と Novell (CEO 職 ))を CEO に 迎 え 以 後 創 業 者 2 名 と 共 に 3 名 が 最 高 意 思 決 定 を 行 い 運 営 されてきている (3 名 の 人 柄 役 割 関 係 は [1] によく 記 されている ) 2004 年 には IPO( 株 式 公 開 )を 行 い ストックオ プションを 得 ていた 多 数 の 社 員 が 億 万 長 者 となった (この 中 には 給 与 を 主 としてストックオプションで 得 た マッサージ 師 もいた )この IPO の 際 に 創 業 者 は 普 通 の 株 式 会 社 ( 株 主 の 利 益 意 向 に 配 慮 する)になろう とは 思 わない と 表 明 した そして 議 決 権 の 異 なる 2 種 の 株 式 AとBを 導 入 し 一 般 株 主 向 けのクラスA 株 は 議 決 権 が1 株 あたり1 票 なのに 対 し 創 業 者 と 一 部 幹 部 が 持 つクラスB 株 は1 株 あたり 10 票 とした これに より 株 式 会 社 であっても 創 業 者 は 意 思 決 定 権 を 持 つ 仕 組 みとなっている 株 式 公 開 時 に1 株 約 100 ドルで あった 株 価 は 2007 年 末 に 700 ドルに 達 したのが 最 高 で 現 在 は ドル 辺 りとなっている 現 在 の 時 価 総 額 は 約 18 兆 円 (マイクロソフトは 約 25 兆 円 トヨタは 13.4 兆 円 である) 創 業 者 2 名 の 資 産 ( 大 部 分 が 株 )は 各 々 17.5 億 ドル( 約 1.5 兆 円 )で 世 界 で 位 の 資 産 家 になっている オフィス 移 転 を2 度 行 った 後 マウンテンビューの 現 在 の 本 社 拠 点 (の 一 部 )を Silicon Graphics(SGI) 社 より 借 りて 2004 年 に 移 転 し 2006 年 には 買 い 取 っ ている その 後 も 社 員 数 の 増 大 に 対 応 して 西 側 南 側 も 購 入 して 敷 地 (キャンパス)を 広 げ 現 在 は 図 1に 示 すように マウンテンビュー 市 北 側 一 帯 を 占 めるように なっている 戦 略 的 に 多 くの 企 業 買 収 を 行 ってきている が この 買 収 企 業 社 員 の 受 け 入 れの 点 でもオフィス 面 積 の 拡 大 は 必 要 なのであろう 評 判 の 良 い Google の 環 境 は 買 収 企 業 社 員 が 喜 んで Google に 加 わることに 寄 与 している ( 但 し YouTube(2006 年 Google が 買 収 )は 元 のサンフランシスコ 空 港 近 くのサンブルノ に 留 まっているように 移 動 しないケースもある ) Google 社 員 数 は 2008 年 に 2 万 人 を 超 え た の で 今 はもう 少 し 多 いはずである 年 間 収 入 は 約 250 億 ドル 年 間 純 利 益 は 約 65 億 ドル(2009 年 )で ある 先 にも 記 したように 収 入 の 96%は 広 告 から であり 世 界 に 100 万 超 えの AdWords 広 告 主 と 100 万 超 えの AdSense アフィリエイトを 有 する 最 近 では YouTube にも 広 告 が 入 るようになった 当 初 の Google 検 索 エンジンは 広 告 無 しだった 頃 の 思 想 が 踏 襲 され 広 告 がユーザの 邪 魔 になり 気 に 入 られなくな 図 1 Mountain View 北 側 一 帯 に 広 がる Googleplex. 上 部 中 央 が 元 の 本 社 拠 点 キャンパスで その 後 に 西 側 ( 左 )と 南 側 ( 下 )に 拡 大 している 78 25th ANNIVERSARY

4 ることのないよう 配 慮 し 控 え 目 な 提 示 法 としている Google Maps, Street View 等 は 潜 在 的 に 大 きな 広 告 プラットフォームであるが 慎 重 に 在 り 方 を 探 っている ようである 世 界 に 展 開 しているデータセンタ 数 は 36 ここで 約 50 万 台 のサーバを 運 用 している 設 立 当 初 から Google はミッションを Organizing the world s information and make it universally accessible and useful. に 設 定 している 最 近 では 周 辺 領 域 にも 進 出 しているが このミッションは 一 貫 し ており これが 人 類 の 生 活 の 向 上 に 繋 がるとして 社 員 に 広 く 浸 透 している 無 料 の 情 報 サービスにより IT 分 野 の 破 壊 的 創 造 を 行 っていると 見 なされるが 収 益 構 造 の 違 いが 大 きな 要 因 であり 上 記 のミッションに 沿 う 行 為 を 行 っている 結 果 で 破 壊 を 目 的 にしているのではないと 考 えているよ うである このミッションは Google Book Search に おける 著 作 権 問 題 Street View におけるプライバシー 問 題 などのように 必 ずしも 無 条 件 に 正 しい 行 為 とは 言 い 難 いケースも 生 じている Google の 意 思 決 定 の 指 針 として Don t be evil.( 邪 悪 になるな) がある これは 個 人 情 報 も 含 めて 大 量 の 情 報 が 集 まるので それを 邪 悪 な 目 的 にも 使 用 しようと すれば 出 来 てしまうので 決 してそうしないという 戒 め である お 金 を 得 て 検 索 結 果 のランキングを 操 作 するこ とも 典 型 的 な 邪 悪 なこととされる この 指 針 はユーザ 本 位 のサービスであるべきとのことも 含 意 するが 判 断 が 難 しい 状 況 も 生 まれつつある つまり ユーザ 本 位 と 共 に 広 告 主 の 利 益 への 配 慮 も 欠 かせないとなると こ れらは 相 反 する 場 合 もあり 複 雑 化 する 新 情 報 サービス において 難 しい 舵 取 りが 必 要 とされてきている 3 創 造 力 を 生 む 構 造 と 要 因 2 回 の Faculty Summit で 研 究 者 としての 眼 で 見 聞 した Google の 破 壊 的 創 造 性 を 生 む 構 造 と 要 因 につい て 多 少 の 誤 解 もあるかもしれないが 順 不 同 で 項 目 を 挙 げて 記 してみる a) 収 益 のことは 考 えなくて 良 い Google の 採 用 は 厳 しく 採 用 された 研 究 者 技 術 者 は 大 変 能 力 が 高 い 博 士 も 大 変 多 く 研 究 者 技 術 者 の 学 士 修 士 博 士 の 比 率 は 各 々 1/3 ずつとなっている 企 業 における 新 技 術 新 サービスの 研 究 開 発 において は それらが 何 年 後 にどのくらいの 収 益 に 結 びつくのが 問 われるのが 普 通 である Google ではこの 収 益 のこと は( 少 なくとも 大 規 模 事 業 となる 場 合 以 外 は) 問 われな い では 何 が 問 われるかというと 新 サービスの 場 合 で あったら β 版 として 無 料 で 公 開 し 多 くのユーザに 喜 んで 使 ってもらえるものであることが 重 要 となる 収 益 を 考 えなくても 良 いことは Google のミッションの 下 で 発 想 の 範 囲 を 広 げ チャレンジを 生 んでいる 収 益 を 考 えなくて 良 いことの 背 景 には 広 告 収 入 の 順 調 な 伸 びがある この 伸 びが 停 滞 すれば 転 機 となるであろう b)ボトムアップ アプローチ 先 述 したように Google の 最 高 意 思 決 定 は 創 業 者 2 名 と CEO の 3 名 が 行 っている しかし 新 技 術 新 サービスの 種 は 研 究 者 技 術 者 の 興 味 とアイディ アに 基 づきボトムアップに 生 み 出 す 構 造 になってい る Google は 技 術 指 向 の 企 業 であり その 新 技 術 を 生 み 出 す 技 術 者 は The engineer is king. とされ Google 成 長 の 源 として 尊 重 重 視 されてきている 20%ルールは ボトムアップの 新 技 術 開 発 を 促 進 する 制 度 である 20%ルールとは 週 5 日 勤 務 日 の 1 日 相 当 分 は 本 務 と 関 係 のない 自 由 なテーマの 仕 事 を して 良 いという 制 度 である 実 はこれは 権 利 ではなく 義 務 であり 本 務 以 外 のことで 時 間 を 使 い 何 かを 生 み 出 すことが 期 待 されている 意 図 して 制 御 されたカ オス 状 態 を 作 り 出 している 20%ルールからの 良 い 技 術 やサービスは 本 プロジェクトに 採 用 され チーム も 組 織 され 本 務 での 仕 事 となる Google の 新 技 術 新 サービスの 内 で 20%ルールから 生 まれたものは 半 寄 稿 集 1 特 許 情 報 施 策 お よ び 事 業 YEAR BOOK 2O1O 79

5 数 程 と 言 われている 確 かに 創 造 の 源 泉 になっている が 一 方 で 最 近 の Google の 大 きな 新 技 術 新 サー ビスは 企 業 買 収 により 外 部 から 得 るものが 多 くなっ てきているとの 指 摘 もある c) 豊 富 な 自 前 のプラットフォーム Google はオープンソースソフトウェアの 支 持 者 で あり 積 極 的 に 貢 献 また 利 用 する 立 場 を 採 っている 一 方 で 自 前 のソフトやサービスのプラットフォー ムも 非 常 に 充 実 してきている 表 1に 個 々の 説 明 は しないが 主 なものを 挙 げてみた この 他 に Google Labs で β 版 として 公 開 中 のサービスが 40 程 ある 社 内 にはその 何 倍 かがあるはずである Cloud Computing / Large Data Centers / Distributed Computing Google File System (GFS) / BigTable Google App. Engine / MapReduce Google Search Engine / Image Search / Google Suggest AdWords / AdSense Google Products Search (Froogle) Google Desktop Google News Google Trends Huge Data Google Scholar Google Book Search Google Machine Translation YouTube Google Maps / Google Earth StreetView Gmail / Google Calendar Google Docs Google Dashboard Android OS (for mobile) Chrome Bowser / Chrome OS Google Voice Search Picasa (web album) Google Health (a lot more) 表 1 Google の 主 なプラットフォーム( 個 々の 内 容 説 明 は 省 略 ) この 強 みは 大 きい 研 究 者 技 術 者 は 自 由 にこれら を 土 台 として 使 い 新 機 能 新 サービスを 考 案 開 発 することができる しかも 世 界 レベルのサービスへ の 展 開 する 環 境 も 整 っている (この 点 は 特 に 日 本 企 業 は 太 刀 打 ちできないレベルである ) d) 社 内 での 情 報 共 有 外 部 に 対 する 秘 密 主 義 とは 裏 腹 に 社 内 での 情 報 共 有 は 大 変 進 んでいる 部 門 間 を 越 え プログラム ソー スコードのレベルまで 各 研 究 者 技 術 者 からアクセス できるようになっているようである ( 但 し プライ バシーに 関 わるデータ 類 については かなり 上 の 責 任 者 の 許 諾 がないとアクセスできない )この 社 内 での 情 報 共 有 が 外 部 に 対 する 秘 密 主 義 にも 繋 がっている 面 がある 即 ち 一 ヶ 所 から 情 報 漏 洩 があると 全 社 の 多 くの 情 報 の 漏 洩 となってしまうので 慎 重 にならざる を 得 ない ( 部 門 内 での 情 報 共 有 の 企 業 では 漏 洩 の 範 囲 は 狭 い ) 20%ルールは 自 分 の 創 意 で 始 めないとすると 全 て の 研 究 者 技 術 者 には 荷 が 重 いものになってしまう が 社 内 の 情 報 共 有 システム 上 で 多 数 の 協 力 研 究 開 発 の 誘 いがあるので その 中 から 自 分 の 興 味 に 従 い 選 択 する 人 も 多 いようである このようにして 融 合 による 創 造 が 進 行 し 易 いようになっている e)エンジニアリング サイエンス ビジネ スが co-locate 研 究 者 技 術 者 は engineer scientist の 肩 書 き を 持 っ て い る が The engineer is king. と い わ れ る よ う に engineer の 肩 書 き の 方 がかなり 多 く (ディレクタクラスを 除 外 して) 90%ほどではないかと 思 われる この engineer と scientist の 仕 事 の 区 別 は 必 ずしも 明 確 でなく 重 なっている 純 粋 な 科 学 基 礎 研 究 は 僅 かなようで 例 えば 学 習 の 基 礎 研 究 であっても 大 規 模 な 分 散 コン ピューティング 環 境 で 大 量 データの 扱 いを 研 究 してい るといったようである 会 議 や 学 会 誌 での 論 文 発 表 は 80 25th ANNIVERSARY

6 必 ずしも 抑 制 されている 訳 ではないが それよりも 稼 働 して 人 に 使 ってもらえるツールやシステムを 作 成 す る 方 が 重 視 されている (Google からの 論 文 発 表 は Microsoft や Yahoo よりも 少 ないと 思 われる ) 基 礎 研 究 等 で 足 らない 部 分 は 大 学 との 連 携 を 活 用 しよ うとする 姿 勢 も 示 している Google 研 究 開 発 の 環 境 として 特 徴 的 なものは ビ ジネスとの 距 離 が 近 いということである 事 実 筆 者 が 訪 れたマウンテンビューの 本 社 オフィスとチュー リッヒ オフィスは 研 究 開 発 部 門 とビジネス 部 門 は 同 じオフィスを 使 用 している 研 究 所 とか 研 究 開 発 セ ンタとかの 組 織 名 称 も 特 に 持 たない 研 究 開 発 の 死 の 谷 といって 実 用 になるまでの 困 難 に 遭 遇 して 時 間 がかかり 死 んでしまう 技 術 が 多 い 体 制 とは 対 極 的 ( 注 である 西 村 吉 雄 氏 3) が 1998 年 に 中 央 研 究 所 の 時 代 の 終 焉 の 訳 書 を 出 版 して 警 告 を 発 したが 日 本 の 大 企 業 の 研 究 所 の 体 制 は 大 きく 変 わってはいな い 特 に 情 報 分 野 ではビジネスと 距 離 を 置 いた 研 究 開 発 体 制 では 変 化 に 迅 速 に 対 応 することが 難 しくなっ ている Google においては 研 究 者 が 開 発 (そして β 版 として 公 開 )したシステムが 実 用 やビジネス に 繋 がる 距 離 は 近 い ビジネス 部 門 と 距 離 が 近 いこと は 必 要 とされている 機 能 サービス ユーザの 要 望 を 研 究 開 発 に 取 り 入 れる 上 でも 重 要 である f)チームの 創 造 性 米 国 の 研 究 機 関 や 企 業 研 究 所 でも 創 造 性 の 源 は 個 人 の 能 力 及 び 創 意 によるという 考 えが 強 かった それ を 十 分 発 揮 する 研 究 環 境 として 研 究 所 は 個 人 オフィ スとするところも 多 かった Google は 能 力 の 高 い 人 を 採 用 しているが 個 人 の 創 造 性 と 共 に 或 いはそれ 以 上 にチームの 創 造 性 を 重 視 している オフィス 形 態 も 個 人 オフィスはなく 3 5 名 のチームメンバーに よる 共 用 オフィスとしている チューリッヒ オフィ スではこれを puddle room と 呼 んでいた ( 但 し ( 注 3) 元 日 経 エレクトロニクス 編 集 長 その 後 東 大 教 授 等 を 経 て 現 在 東 工 大 監 事 他 人 に 煩 わされることなく 仕 事 をする 場 合 のスペース は 別 に 用 意 されている ) い く ら 能 力 が 高 く て も 変 わ り 者 で チ ー ム で 協 調 できないような 人 は 採 用 されないようである Googliness とは 人 と 協 力 することを 楽 しむ 上 下 関 係 を 意 識 させない 態 度 親 しみやすさ を 備 えた 性 格 で Googler として 求 められる 性 格 を 表 している 今 はどうか 知 らないが かつては 採 用 時 に 飛 行 機 テ スト なるものが 行 われた これは 飛 行 機 で 数 時 間 隣 り 合 わせに 座 ったらどう 思 うか を 判 断 するもの で このテストにパスしないとチームメンバー 或 いは パートナーとして 不 適 格 とされた チームの 重 視 は 創 業 者 2 名 の 協 力 により 始 まり 発 展 してきたこと こ の2 名 はその 後 も 大 変 気 が 合 う 間 柄 であることも 反 映 しているのかもしれない 日 本 産 業 の 強 みは チーム 力 とされてきた し かし Google では 一 段 高 いレベルで チームの 創 造 性 を 生 む 体 制 を 整 えてきている g)empiricism 及 び Holistic アプローチ Empiricism は 訳 すと 経 験 主 義 Holistic は 全 体 的 となるが 訳 すとニュアンスが 失 われる 感 じが するので 英 語 のままとした Google の 情 報 サービ ス プロダクト 開 発 方 法 論 の 特 徴 として よくこれら の 単 語 を 聞 いた 十 分 に 理 解 した 訳 ではないが 具 体 的 には 以 下 の ようなアプローチを 指 す ユーザに 便 利 で 良 い 使 用 体 験 を 持 ってもらうためには 個 別 的 な 技 術 の 優 秀 さを アピールするのでなく 目 的 に 沿 うようシステム 全 体 としてまとめられていることが 大 切 そして β 版 と して 公 開 し 外 部 ユーザの 使 用 経 験 の 意 見 を 取 り 入 れ て 完 成 を 目 指 すアプローチである これは 内 部 であ れこれ 考 えるよりも 良 いシステムを 開 発 する 上 で 効 果 的 であるとする 詳 しくは 分 からないが プライバ シーの 課 題 に 対 しても Holistic Model of Privacy でアプローチしていると 言 っていた Google Book Search や Street View で 批 判 を 寄 稿 集 1 特 許 情 報 施 策 お よ び 事 業 YEAR BOOK 2O1O 81

7 受 けたら 修 正 をすれば 良 いといった Google の 対 処 法 も empiricism アプローチなのかもしれない 基 盤 ソフトウェアである 検 索 エンジンの 転 置 インデッ クス 作 成 なども 含 め 多 くの 処 理 で 使 われているが 得 意 な 処 理 ばかりではないことも 事 実 である 関 係 DB の 4 社 員 用 福 利 施 設 よくマスコミで 取 り 上 げられる 無 料 の 食 事 などにつ いて 簡 単 に 記 しておく 本 題 に 関 係 なくもなく The engineer is king. として その 能 力 を 発 揮 できる 環 境 として 重 視 されている 評 判 の 無 料 の 食 事 は 高 級 ホテルのビュッフェ 並 みで 味 は 良 い 朝 から 夜 まで 提 供 されるので 独 身 者 は 三 食 食 べるという 人 が 多 いようである 洗 濯 機 もあるので 独 身 者 は 洗 濯 物 を 持 って 来 る 人 もいる ジムなど 運 動 施 設 はある マッサージ 機 器 とマッサージ 師 付 きマッサー ジム 室 もあるが これは 創 業 者 2 名 が 愛 用 者 であること から 備 えられたようである チューリッヒ オフィスの 方 には 熱 帯 魚 水 槽 を 見 ながら 心 を 休 める 瞑 想 室 もあった 5 幾 つかのTech Talks の 内 容 新 技 術 内 容 紹 介 のこれが Faculty Summit の 中 心 だったのであるが ここでは 興 味 ある 幾 つかについて 紹 介 することにしたい ( 技 術 的 内 容 なので 関 心 のない 方 は 飛 ばして 下 さい ) 分 散 ファイルシステムと 分 散 コンピュー ティング GFS(Google File System) は 2001 年 から 運 用 し 分 散 して3 重 の 記 録 を 保 持 する 次 世 代 のクラスタ レ ベルのファイルシステムとしては Colossus を 開 発 して いる 分 散 key-value-store である BigTable は 2003 年 から 運 用 している Fusion Table というクラウド 用 の 新 データ 構 造 の 開 発 も 行 っている 継 続 的 に 改 良 を 行 っ ており planet-scale storage を 目 指 している MapReduce は Google 分 散 コンピューティングの 結 合 演 算 などは 不 得 意 な 部 類 だが 不 可 能 ではないとい う 1 段 の MapReduce 処 理 ではできない 時 はパイプ ライン 化 して 利 用 するが 数 10 段 のパイプラインにも なる MapReduce での 分 散 コンピューティングでは 2,000 個 の workers を 用 い 200,000 個 の map tasks 5,000 個 の reduce tasks を 行 うなどが 典 型 的 な 使 用 例 という 性 能 は 1PB のデータソートが 6 時 間 とのことであった MapReduce より 抽 象 度 が 高 い レベルで 分 散 処 理 を 指 定 する Dremel や FlameJava といったものも 研 究 開 発 されている Hadoop は MapReduce と 類 似 機 能 を 実 現 し た オ ー プ ン ソ ー ス ソ フ ト ウ ェ ア で あ り Yahoo Microsoft Amazon(Elastic MapReduce) IBM を 始 め 日 本 企 業 もクラウドで 多 く 採 用 している Google は Hadoop に 関 しては 論 評 を 差 し 控 えたが 本 家 である MapReduce の 優 位 性 を 信 じているようで あった Google Goggles モバイルフォン 向 けビジュアル 探 索 で モバイルフォ ン カメラで 撮 影 した 画 像 からランドマーク 等 を 認 識 し 関 連 情 報 を 提 示 する この 場 合 GPS 位 置 情 報 も 使 うので 認 識 対 象 の 絞 込 みが 可 能 である OCR 機 能 も 持 ち 看 板 とかの 文 字 も 認 識 する Google システム の 特 徴 はそのスケールにあり 現 状 で 認 識 対 象 は 5 億 枚 の 画 像 3,000 万 の 物 体 とのこと 挑 戦 しているこ とはロゴマークの 認 識 である ロゴマークは 世 界 で 1 億 個 あるとのことで 現 在 は 6 万 まで 認 識 対 象 になっ ているとのこと Street View の 拡 張 Street View にユーザ 撮 影 の 写 真 を 位 置 合 わせしては め 込 むのが Visual Map with Photos ビルの 建 物 内 に も 空 間 を 広 げることはまだ 行 っていないが 面 白 いとの 82 25th ANNIVERSARY

8 こと これができると Street View から 美 術 館 の 中 に 進 み 絵 画 を 鑑 賞 するといった 仮 想 空 間 も 生 まれる Google Transit Google Maps の 運 用 開 始 は 2005 年 そ の 後 の 2006 年 に Google Transit が 始 まった 世 界 の 公 共 交 通 情 報 を 組 織 化 して 誰 からもアクセスできるように することを 目 指 す 時 刻 表 も 考 慮 した 経 路 案 内 で 既 に 一 部 は Google Maps と 連 携 したサービスとして 提 供 されている 日 本 の 駅 すぱあと も 乗 換 案 内 機 能 については こ れに 近 い しかし Google のものは world-wide であ ること 及 び 各 交 通 機 関 から Google が 定 めたフォー マ ッ ト(General Transit Feed Specification) に 従 って 時 刻 表 を 提 出 すれば 案 内 サービスに 組 み 込 むと している 世 界 の 交 通 情 報 組 織 化 でもリーダーシップを 執 ろうとしているようである Google Wave 2009 年 5 月 に Google は これまで 長 年 使 用 さ れてきた 電 子 メールに 代 わる 新 しいコミュニケーショ ン ツール コラボレーション ツールとして Google Wave を 発 表 した これを 開 発 していたのは シド ニ ー オ フ ィ ス の Lars と Jens の Rasmussen 兄 弟 である 彼 らは Google Maps の 基 になるシステム を 開 発 し 彼 らの 会 社 を Google が 2004 年 に 買 収 し 今 日 の Google Maps になっていることからも Google に 対 する 貢 献 は 大 変 大 きい 有 名 人 である その Lars Rasmussen が 2010 年 2 月 のチューリッヒで の Faculty Summit で Wave についての Tech Talk を(シドニーからのインターネット 中 継 で)デモ 付 き で 行 った Google 幹 部 も 期 待 が 大 きい 雰 囲 気 であり Gmail の 次 期 拡 張 版 としてインパクトのあるシステム が 登 場 しそうだと 感 じた 次 第 であった と こ ろ が 7 月 末 の マ ウ ン テ ン ビ ュ ー の Faculty Summit か ら 帰 国 し た 直 後 の 8 月 5 日 に こ の Google Wave の 開 発 中 止 が 発 表 された 機 能 が 複 雑 で 期 待 した 程 にはユーザに 受 け 入 れられなかったようで ある Empiricism に 従 いユーザからの 反 応 を 判 断 し 果 敢 にトップレベルで 決 定 したようであった クリーン IT の 先 Google は 低 電 力 化 クリーン IT に 熱 心 である デー タセンタの 省 電 力 化 も 自 前 の 技 術 で 熱 心 に 進 めている し データセンタをオレゴン 州 の 水 力 発 電 所 の 近 くに 設 置 したりしている 創 業 者 2 名 はプリウスに 乗 ってい ると 共 に 電 気 自 動 車 のテスラモータ 社 (シリコンバ レー)にも 投 資 している これに 関 連 して 次 のようなことも 考 えているとの 話 が あった 電 力 を 移 すよりも 現 在 は 情 報 を 移 動 させる 方 が 遥 かに 容 易 で 安 い ならば 電 力 のある 所 にデータを 送 り そこで 処 理 するのが 良 く データセンタのグローバル 配 置 もこのことを 考 慮 する 必 要 がある 太 陽 光 発 電 がある 時 間 と 場 所 ( 晴 れの 日 が 続 く 砂 漠 が 好 都 合 になる) 安 い 夜 間 電 力 が 使 える 時 間 と 場 所 にデータセンタを 配 置 し そこに データを 送 って 処 理 すれば 良 いとの 考 えである 日 本 企 業 はそこまでグローバルな 視 点 はないと 思 われる People oriented search の Aardvark Damon Horowitz は Aardvark 社 の 創 業 者 であり 買 収 されて Google に 入 社 している 彼 が 考 える 今 の 検 索 に 欠 けていて 新 検 索 パラダイムで 必 要 とされる 事 項 は 以 下 とのことである 主 観 的 な 質 問 への 対 応 自 然 言 語 での 質 問 への 対 応 Web に 答 えがない 質 問 これらに 対 応 するのが People oriented search( 或 い は Village paradigm) と い う こ と で Aardvark の 開 発 を 続 け て い る People oriented search と いうと 日 本 では Yahoo 知 恵 袋 ( 米 国 で 対 応 するのは Yahoo Answers)などであるが これらは 不 特 定 多 数 の 人 に 質 問 を 投 げかけ(Web へ 掲 示 し) 回 答 を 得 る これに 対 し Aardvark はある 人 数 の 質 問 について 良 く 知 っている 人 にだけ(メールで) 質 問 を 投 げかける 良 寄 稿 集 1 特 許 情 報 施 策 お よ び 事 業 YEAR BOOK 2O1O 83

9 く 知 っている 人 は 誰 かを 同 定 するためには 候 補 者 のプ ロファイルを 知 る 必 要 があり それはその 人 の Web Blog LinkedIn などから 得 ているとのこと (プライ バシーを 問 題 にされそうであるが Google の 思 考 法 は 役 に 立 てば 許 される 或 いは 指 摘 されてから 対 策 を 取 れ ば 良 いとのことか ) 面 倒 臭 がって 回 答 者 は 少 ないと 思 われるのだが な 関 係 を 続 けてきたのであるが 2009 年 4 月 に 辞 任 するに 至 った Microsoft や Apple に 対 しては Google は 挑 戦 者 的 立 場 なのであるが 新 興 企 業 の 脅 威 の 方 が 心 配 事 であ ろう Facebook と Twitter が 顕 在 化 したその 代 表 で ある Facebook のような SNS の 仲 間 内 で 情 報 検 索 など Everybody loves an invitation to a party. で が 済 んでしまうようになれば Google へのアクセスは 60% 以 上 の 返 信 が 得 られ 57% 以 上 の 質 問 について 10 分 以 内 に 回 答 が 得 られるとのこと 特 にモバイル ユーザは 良 く 応 答 してくれるとのこと デモもあり サ ンフランシスコの 特 別 なレストランについて 質 問 を 発 す ると 確 かに 10 分 以 内 に 回 答 が 届 いた 過 去 の 質 問 回 答 をアーカイブ 化 して 利 用 すべき (Yahoo 知 恵 袋 や Answers はこのタイプ)との 指 摘 もあったが 開 発 者 はそれはしないと 言 っていた 時 間 的 な 情 報 への 対 応 もあるのだが conversational paradigm を 大 切 にするとの 主 張 であった Web だけでなく 将 来 は 人 間 の 頭 にある 知 識 のイン デックス 化 へ 進 むことを 暗 示 していると 感 じた 減 少 してしまう 脅 威 に 感 じた Google は Facebook の 買 収 を 試 み た が 失 敗 し て い る Shery Sandberg は 2001 年 に Google に 入 社 し ( 注 4) AdWords AdSense のセールスチャネルを 作 り いわば Google 収 益 の 屋 台 骨 を 作 った 有 能 な 功 労 者 だが 2008 年 に Google を 去 り Facebook COO( 最 高 執 行 責 任 者 ) に 就 任 している 全 世 界 で5 億 人 のユーザを 獲 得 するよ うに 成 長 した Facebook は 独 自 の 情 報 サービスの 機 能 の 開 発 を 行 っており Google に 対 抗 する 場 面 も 現 れ 始 めている Twitter も 急 拡 大 しているが Google との 関 係 はま だ 流 動 的 で 微 妙 である Google は Twitter データを 買 い 取 り Twitter つぶやきの 時 事 的 事 項 の 検 索 も 可 能 に 6 脅 威 しているが これは 現 在 の Twitter の 大 きな 収 入 になっ ているようである しかし Twitter も 独 自 の 広 告 機 能 を 整 えつつある 情 報 世 界 変 革 の 先 頭 に 立 ち 順 調 な 広 告 収 入 の 伸 びに 支 えられて 順 風 満 帆 の Google であるが 心 配 事 もな い 訳 ではない Microsoft と は ま と も に 衝 突 し て い る が こ れ 7 I am excited in changing the world. は Microsoft の 方 が 脅 威 に 感 じているはずである Google が Chrome(ブラウザと OS とがあり)を 開 発 したのは ブラウザで 支 配 的 な Microsoft Internet Explore(IE) で 妨 害 行 為 をされた 場 合 の 回 避 手 段 を 用 意 しておくためだったとも 言 われている モバイル 用 OS の Android(これは 買 収 企 業 の OS が 基 になっている) を 開 発 し モバイル 端 末 まで 委 託 製 造 するようになり Apple とも 対 立 するようになった Google CEO の Eric Shmudt は Apple の 取 締 会 メンバーを 務 め 良 好 大 き な 視 点 で 見 る と 情 報 処 理 の フ ロ ン テ ィ ア は IBM に 代 表 さ れ る enterprise computing Microsoft に 代 表 さ れ る personal computing そ し て Google に 代 表 さ れ る information service computing へと 変 遷 してきているように 思 う 古 い computing がなくなるという 意 味 ではなく 技 術 革 新 が 起 こる 中 心 的 領 域 の 移 動 を 意 味 している 昨 今 のクラ ( 注 4) 彼 女 は Google の 前 はクリントン 政 権 下 のサマーズ 財 務 長 官 の 首 席 補 佐 官 であった 84 25th ANNIVERSARY

10 ウドコンピューティングも Google や Amazon の 情 報 サービスインフラが 引 き 金 になったと 理 解 できる マウンテンビューでの Faculty Summit 会 合 に 予 定 もなく Larry Page が 現 れ 促 されて 短 い 挨 拶 をし た 彼 と Sergey Brin は 出 席 予 定 になくとも 興 味 ある 会 合 にはフラッと 顔 を 出 すとあったが 真 にそのよう であった 短 い 挨 拶 の 中 で 何 度 か I am excited in changing the world. と 言 っていたのが 印 象 的 で あった お 金 よりも 自 分 達 が 情 報 世 界 を 変 革 しつつある ことに excite しているように 感 じられた 日 本 の 情 報 産 業 は 特 に 国 際 競 争 力 の 点 で 低 迷 が 続 いているが それ とは 対 照 的 であった 率 直 な 印 象 として 自 前 のプラットフォームを 活 用 寄 稿 集 1 特 許 情 報 施 策 お よ び 事 業 して 新 情 報 サービスを 生 み 出 し それをグローバルに スケールアウトするスピード 力 量 の 点 で 日 本 は 太 刀 打 ちできないレベルになってしまっていると 感 じた Google と 同 じ 目 線 の 課 題 設 定 では 国 際 的 に 太 刀 打 ちで きないので 日 本 国 内 の 研 究 開 発 体 制 の 自 己 変 革 と 合 わ せて 異 なる 目 線 からの 成 長 戦 略 が 必 要 とされると 思 う [ 参 考 文 献 ] [1] ケン オーレッタ( 土 方 奈 美 ( 訳 )):グーグル 秘 録 ー 完 全 なる 破 壊 文 藝 春 秋 社 (2010.5) [2] meeting-of-minds-googles-2010-emea.html [ 3 ] h t t p : / / g o o g l e r e s e a r c h. b l o g s p o t. com/2010/08/google-north-americanfaculty-summit.html YEAR BOOK 2O1O 85

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

55558 8 款 七 五 方 違 利 義 差 投 票 立 候 届 締 切 立 候 超 無 投 票 最 思 機 関 次 織 投 票 得 八 口 但 五 超 納 必 要 八 属 設 趣 旨 場 種 態 偏 恐 設 へ 割 額 勘 案 割 得 改 程 八 立 候 六 七 五 口 関 知 役 八 満 了

55558 8 款 七 五 方 違 利 義 差 投 票 立 候 届 締 切 立 候 超 無 投 票 最 思 機 関 次 織 投 票 得 八 口 但 五 超 納 必 要 八 属 設 趣 旨 場 種 態 偏 恐 設 へ 割 額 勘 案 割 得 改 程 八 立 候 六 七 五 口 関 知 役 八 満 了 No.484 :, 4 席 田 順 株 式 田 自 動 車 代 表 取 締 役 褒 賞 佐 坂 秀 俊 前 東 旅 客 鉄 道 株 式 信 濃 川 発 電 改 善 前 謝 丸 山 秀 授 与 948-88 潟 駅 番 TE55-5 FAX55-44 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UR http:www.tokamachi-cci.or.jp P P P4 P5 P8

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

(3)Web2.0 の 特 徴 Web2.0 を 最 初 に 提 唱 したティム オライリーの 論 文 What is Web2.0 によれば Web2.0 を 特 徴 付 けているのは 以 下 のような 事 項 である a.ユーザ 自 身 の 情 報 発 信 の 進 展 b. 性 善 説 c.ユー

(3)Web2.0 の 特 徴 Web2.0 を 最 初 に 提 唱 したティム オライリーの 論 文 What is Web2.0 によれば Web2.0 を 特 徴 付 けているのは 以 下 のような 事 項 である a.ユーザ 自 身 の 情 報 発 信 の 進 展 b. 性 善 説 c.ユー はじめに 本 稿 は Web2.0 と 呼 ばれる Web 技 術 の 新 しい 概 念 が 企 業 にどのような 影 響 を 与 えているかを 概 観 し 企 業 のインターネット 活 用 の 未 来 について 考 える 電 子 メールや 社 内 コミュニティの 利 用 現 状 から 概 観 するに 企 業 は インターネットが 起 こし た 変 革 の 波 に もっと 乗 って 行 くべきであり

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

国際観光振興促進事業業務委託実施要領(案1)

国際観光振興促進事業業務委託実施要領(案1) 多 言 語 による 観 光 情 報 発 信 事 業 八 代 市 観 光 ポータルサイト 制 作 等 業 務 委 託 仕 様 書 別 紙 1 1 概 要 本 市 に お け る 観 光 ポ ー タ ル サ イ ト を 構 築 し 外 国 語 ( 英 語 中 国 語 ( 簡 体 字 繁 体 字 ) 韓 国 語 ) 観 光 情 報 ペ ー ジ の 機 能 を 構 築 す る と と も に 市 内 観 光

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N 2013 年 2 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 環 境 教 育 フ ォ ー ラ ム 外 務 省 主 催 セ ミ ナ ー 平 成 24 年 度 NGO 研 究 会 国 際 協 力 NGO の フ ァ ン ド レ イ ジ ン グ ~ 資 金 調 達 の 真 髄 を 探 る!~ 1. 日 時 : 2013 年 2 月 1 日 12 時 00 分 ~ 17 時 00 分 2. 場 所 : TKP

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

2 青 コ 催 工 青 高 橋 昇 男 4 25 午 5 時 ラ ポ 催 題 及 び 収 支 決 算 件 28 計 画 案 及 び 収 支 算 案 承 認 件 等 上 程 致 承 認 卒 油 品 登 美 シ ョ ッ み み 阿 正 義 結 建 築 設 計 室 古 澤 郁 夫 朝 堂 宮 徳 村 尾

2 青 コ 催 工 青 高 橋 昇 男 4 25 午 5 時 ラ ポ 催 題 及 び 収 支 決 算 件 28 計 画 案 及 び 収 支 算 案 承 認 件 等 上 程 致 承 認 卒 油 品 登 美 シ ョ ッ み み 阿 正 義 結 建 築 設 計 室 古 澤 郁 夫 朝 堂 宮 徳 村 尾 Tokamachi 工 4-5 2016 No.482 市 ちテ 市 民 流 市 民 動 竣 工 市 街 化 拠 点 施 設 市 民 流 分 じろ 旧 市 本 分 庁 舎 市 民 動 じろ 旧 西 脇 様 4 23 竣 工 両 施 設 5 30 オ 準 備 間 様 々イベ 催 6 1 グ ラドオ :1,328 工 948-0088 市 駅 17 番 TEL025757-5111 FAX025752-6044

More information

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 2. 目 的 こ の 業 務 は 越 前 お お の 雇 用 創 造 推 進 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 と い う )が 実 施 す る 実 践

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

57 世 界 拡 与 状 況 概 観 御 説 明 類 今 回 げ 相 伸 鈍 由 影 響 検 索 多 ヒ 幾 限 保 護 避 仲 介 昇 結 果 端 望 枠 組 収 キ 作 長 図 緩 和 自 由 良 ょ 保 護 別 生 避 へ 応 考 保 護 バ 共 政 策 課 世 界 拡 地 域 別 長 mas

57 世 界 拡 与 状 況 概 観 御 説 明 類 今 回 げ 相 伸 鈍 由 影 響 検 索 多 ヒ 幾 限 保 護 避 仲 介 昇 結 果 端 望 枠 組 収 キ 作 長 図 緩 和 自 由 良 ょ 保 護 別 生 避 へ 応 考 保 護 バ 共 政 策 課 世 界 拡 地 域 別 長 mas 56 ビ 第 55 巻 第 12 号 世 界 拡 与 松 尾 順 介 御 紹 介 ざ 設 ざ 今 世 界 拡 与 話 ぐ 前 ピ 語 違 ペ 綴 状 況 最 近 等 げ 多 耳 実 際 聞 検 索 頻 繁 げ 今 2 ペ 最 初 世 界 伸 話 世 界 拡 絶 最 近 急 速 伸 指 解 57 世 界 拡 与 状 況 概 観 御 説 明 類 今 回 げ 相 伸 鈍 由 影 響 検 索 多 ヒ 幾 限

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道 File.18< 判 決 原 文 > 固 定 資 産 税 4 事 件 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 1 2 年 ( 行 ウ) 第 3 32 号 平 成 1 4 年 1 月 2 2 日 判 決 (TAINS 判 例 検 索 Z999-8099) 控 訴 審 : 東 京 高 裁 平 成 1 4 年 ( 行 コ) 第 4 4 号 平 成 1 6 年 5 月 27 日 判 決 (TAINS 判 例

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

ぐ だ 7 05 8 号 識 別 番 号 律 番 号 扱 マ ナ 始 東 久 統 ば 8 東 0 久 敷 建 8 型 貫 完 旧 滝 井 名 称 ば 久 5 丁 番 8 号 春 番 6 号 初 型 貫 6 貫 ゆ ギ ャ プ 構 築 鋭 6 9 7 件 件 7 名 6 扱 国 オ 昨 国 流 題 為

ぐ だ 7 05 8 号 識 別 番 号 律 番 号 扱 マ ナ 始 東 久 統 ば 8 東 0 久 敷 建 8 型 貫 完 旧 滝 井 名 称 ば 久 5 丁 番 8 号 春 番 6 号 初 型 貫 6 貫 ゆ ギ ャ プ 構 築 鋭 6 9 7 件 件 7 名 6 扱 国 オ 昨 国 流 題 為 発 先 局庶課 06-699-78 ホムペ http://www.city.moriguchi.osaka.jp/contents/gikai/menu.html 28 ば 東久統 304完 セミ楽 2 ペ 件 7 ペ 覧 8 ペ ぐ だ 7 05 8 号 識 別 番 号 律 番 号 扱 マ ナ 始 東 久 統 ば 8 東 0 久 敷 建 8 型 貫 完 旧 滝 井 名 称 ば 久 5 丁 番 8

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は

の 実 施 目 的 プログラムの 内 容 方 法 を 整 理 し 中 国 における 教 員 の 課 題 を 示 す 2 中 国 に お け る 教 員 政 策 の 変 容 (1) 1 9 8 0 年 代 に お け る 教 員 の 政 策 1980 年 代 小 中 高 等 学 校 に お い て は 教 員 の 資 質 向 上 に 関 す る 国 際 動 向 中 国 に お け る 教 員 の 現 状 と 課 題 張 揚 ( 北 海 道 大 学 ) 1 はじめに 1980 年 代 に 入 っ て 以 降 中 国 政 府 は 教 育 の 拡 充 発 展 に 努 め た が 教 育 水 準 は 低 迷 し 続 けた 1983 年 教 育 部 は 小 中 高 等 学 校 教 員 陣 の 調 整 整 理

More information

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ よくある 質 問 管 理 組 合 会 計 一 覧 表 01 発 生 主 義 31 修 繕 積 立 金 が 不 足 02 区 分 経 理 32 予 算 の 作 成 03 修 繕 積 立 基 金 と は 33 管 理 費 の 使 い 道 04 自 治 会 費 の 徴 収 34 滞 納 管 理 費 等 の 督 促 方 法 05 決 算 報 告 書 35 内 容 証 明 郵 便 06 管 理 費 の 余 剰

More information

じ 成 功 必 ず 勘 4 ポ ツ ビ ネ 流 大 切 本 書 手 取 ご ざ 本 運 命 大 変 日 常 活 私 ち 無 意 ち 多 選 択 強 パ 混 み 合 時 列 並 ぶ 初 訪 土 地 食 事 ラ 選 ぶ 夜 番 観 テ ビ 番 組 選 択 論 理 頼 習 慣 身 選 択 正 後 チ ェ ク 5 じ ち 選 択 違 気 違 働 決 断 機 会 増 ば 然 精 度 高 天 才 先 天 鋭 神

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ 無 料 レポート 懸 賞 プレゼント 超 効 率 的 で 安 全 な 応 募 の 裏 ワザ 懸 賞 プレゼント 当 選 研 究 会 Copyright (C) 2006 Interface All Rights Reserved 許 可 な く 本 書 の 一 部 ま た は 全 部 を 複 製 転 載 す る こ と を 禁 じ ま す - 1 - は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ

More information

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の 税 制 改 正 法 案 が 成 立 スタートした 教 育 資 金 贈 与 税 非 課 税 制 度 その 目 的 と 運 用 方 法 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 目 玉 政 策 の 一 つである 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 制 度 が4 月 にスタートした 信 託 銀 行 などが 本 制 度 対 応 の 商 品 を 発 売 し 始 め 孫 の 教 育 費 を 援 助 したい

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

Microsoft Word - 05.doc

Microsoft Word - 05.doc DEIM2009 E3-2 地 理 的 情 報 を 考 慮 したウェブ 画 像 検 索 方 法 の 提 案 和 田 修 平 井 上 潮 東 京 電 機 大 学 工 学 部 情 報 通 信 工 学 科 101-8457 東 京 都 千 代 田 区 神 田 錦 町 2-2 E-mail: 05kc116@ed.cck.dendai.ac.jp, inoue@c.dendai.ac.jp あらまし 近 年,ウェブ

More information

暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再

暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再 広 報 暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再 除 与 訳 男 性 下 女 性 現 在 現 在 そ 他 件 新 規 報 酬 末 万 万 副 万

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

1 LINE31.1 28.010.3 37.4 24.9 10 9 8 7 6 5 3 1 88.9 77.7 66.7 64.1 62.9 61.3 56.5 56.4 42.2 31.7 28.0 31.1 31.5 30.4 28.6 20.7 16.8 15.9 13.5 10.3 7.9

1 LINE31.1 28.010.3 37.4 24.9 10 9 8 7 6 5 3 1 88.9 77.7 66.7 64.1 62.9 61.3 56.5 56.4 42.2 31.7 28.0 31.1 31.5 30.4 28.6 20.7 16.8 15.9 13.5 10.3 7.9 2014 SNSFacebook Twitter SNS 2014 4 52.8 20 ~ 1 ~ 1 LINE31.1 28.010.3 37.4 24.9 10 9 8 7 6 5 3 1 88.9 77.7 66.7 64.1 62.9 61.3 56.5 56.4 42.2 31.7 28.0 31.1 31.5 30.4 28.6 20.7 16.8 15.9 13.5 10.3 7.9

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

ア CMS によるホームページであること イ ページ 内 に Twitter や Facebook のアイコンを 作 成 し リンクを 張 れるように すること ウ サイト 内 検 索 ができること エ ページ 内 に Google マップなどの 地 図 情 報 が 掲 載 できること オ ページ

ア CMS によるホームページであること イ ページ 内 に Twitter や Facebook のアイコンを 作 成 し リンクを 張 れるように すること ウ サイト 内 検 索 ができること エ ページ 内 に Google マップなどの 地 図 情 報 が 掲 載 できること オ ページ 足 利 市 創 業 支 援 ホームページ 作 成 業 務 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 名 足 利 市 創 業 支 援 ホームページ 作 成 業 務 2 業 務 の 目 的 本 業 務 は 主 に 市 内 外 の 創 業 希 望 者 をターゲットに 必 要 な 情 報 を 網 羅 的 に 取 得 可 能 なホームページを 開 設 し かつ 元 々 本 市 へ 関 心

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 井 神 議 長 通 告 1 番 7 番 山 本 重 信 議 員 発 言 席 か ら 一 問 一 答 方 式 で 質 問 を お 願 い し ま す 山 本 重 信 議 員 山 本 議 員 7 番 議 席 の 山 本 で す 議 長 の お 許 し を 得 ま し た の で た だ い ま か ら 一 般 質 問 を 2 点 に わ た っ て さ せ て い た だ き ま す 1 点 目 が 岩

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲.

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲. いわて 若 者 交 流 ポータルサイト 構 築 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 26 年 8 月 岩 手 県 環 境 生 活 部 若 者 女 性 協 働 推 進 室 目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

個人会員規約

個人会員規約 九 州 しんきんカード 会 員 規 約 第 1 部 一 般 条 項 第 1 章 会 員 の 資 格 第 1 条 ( 本 会 員 ) 株 式 会 社 九 州 し ん き ん カ ー ド ( 以 下 当 社 と い う ) に 対 し 本 規 約 を 承 認 の う え 入 会 申 込 み を し た 個 人 の う ち 当 社 が 適 格 と 認 め た 方 を 本 会 員 と し ま す 第 2 条

More information

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多 本 郷 台 の 歴 史 軍 用 地 の 返 還 と 再 開 発 神 奈 川 県 立 柏 陽 高 等 学 校 矢 野 慎 一 は じ め に 2011 年 秋 に 栄 区 役 所 地 域 振 興 課 か ら 栄 の 歴 史 ( 2013 年 3 月 刊 )の 原 稿 執 筆 を 依 頼 さ れ た 与 え ら れ た テ ー マ は 旧 第 一 海 軍 燃 料 廠 の 返 還 で あ っ た 以 前

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先 会 議 録 平 成 26 年 7 月 30 日 作 成 平 成 30 年 3 月 末 日 廃 棄 会 議 名 京 都 府 東 山 警 察 署 協 議 会 ( 第 1 回 ) 開 催 日 平 成 26 年 6 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 時 間 午 後 2 時 から 午 後 4 時 05 分 までの 間 (125 分 ) 場 所 京 都 府 東 山 警 察 署 出 席 者 宮 野 会 長 加 藤

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

柏市防犯灯LED化事業

柏市防犯灯LED化事業 柏 市 防 犯 灯 LED 化 リース 事 業 募 集 要 領 平 成 27 年 4 柏 市 1 募 集 目 的 本 市 の 防 犯 灯 は, 町 会 自 治 会 区 等 ( 以 下 町 会 等 と い う ) が 維 持 管 理 を し て お り, 平 成 2 6 年 度 末 時 点 で は, 約 3 3, 0 0 0 灯 設 置 さ れ て い る 本 市 は, 省 エ ネ 対 策 や 電 気

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察 与 歌 劇 役 比 較 試 傍 数 対 傾 係 及 国 各 地 巻 起 追 運 動 連 焦 モ チ セ 入 七 並 名 詞 存 提 示 焦 部 t F 連 週 刊 レ ッ 他 げ 言 及 反

80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察 与 歌 劇 役 比 較 試 傍 数 対 傾 係 及 国 各 地 巻 起 追 運 動 連 焦 モ チ セ 入 七 並 名 詞 存 提 示 焦 部 t F 連 週 刊 レ ッ 他 げ 言 及 反 79 博 要 旨 審 報 告 押 美 位 請 求 Ⅰ 要 旨 押 美 切 口 探 要 月 付 与 設 定 読 支 持 受 今 至 繰 返 定 番 対 設 定 バ シ ョ 彩 ワ 言 過 言 言 換 機 能 7 始 せ 専 攻 研 究 数 限 絵 姿 着 L t 組 合 せ 重 置 試 個 々 80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 10 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 徳 島 市 は 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

第26回国民文化祭京都府実行委員会

第26回国民文化祭京都府実行委員会 別 添 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020 ウェブサイト 作 成 指 針 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 開 催 を 契 機 として 世 界 に 向 けて 日 本 及 び 京 都 の 文 化 芸 術 等 を 発 信 し 体 感 してもらう 京 都 文 化 力 プロジェクト 2016-2020( 以 下 京 都 文 化 力 プロジェクト という )を 国 内 外

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF34817A92C596BC8D5C90AC88F58376838C835B83938365815B8356838783938E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF34817A92C596BC8D5C90AC88F58376838C835B83938365815B8356838783938E9197BF2E70707478> 資 料 4 2012( 平 成 24) 年 4 月 5 日 情 報 通 信 審 議 会 情 報 通 信 政 策 部 会 デジタル コンテンツの 流 通 の 促 進 等 に 関 する 検 討 委 員 会 クラウド コンピューティング について 公 益 社 団 法 人 日 本 芸 能 実 演 家 団 体 協 議 会 実 演 家 著 作 隣 接 権 センター(CPRA) 運 営 委 員 椎 名 和 夫 1.クラウドコンピューティングに

More information

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果 茅 ヶ 崎 市 景 気 動 向 調 査 (3 月 ) 結 果 1. 調 査 期 間 平 成 27 年 3 月 現 在 2. 調 査 対 象 茅 ヶ 崎 商 工 会 議 所 会 員 より 無 作 為 抽 出 大 型 店 については 茅 ヶ 崎 市 大 型 店 連 絡 協 議 会 加 盟 店 舗 調 査 用 紙 を 郵 送 しファックスで 回 収 3. 回 収 状 況 業 種 調 査 対 象 数 回 答

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

untitled

untitled 高 収 益 企 業 を 実 現 する 体 質 改 善 と 構 造 改 革 2013 年 11 月 20 日 キヤノン 電 子 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 酒 巻 久 2013 年 11 月 20 日 高 収 益 企 業 を 実 現 する 体 質 改 善 と 構 造 改 革 1. はじめに 2. 低 成 長 下 での 発 展 を 目 指 して 3. 経 営 革 新 とリーダーシップ 4.

More information

士業2012_社労士_h1h4

士業2012_社労士_h1h4 ❶ 社 会 保 険 労 務 士 とは 社 会 保 険 労 務 士 ( 以 下 社 労 士 )とは 厚 生 労 働 省 が 所 管 する 国 家 資 格 であり 企 業 の 人 事 労 務 管 理 の 支 援 等 に 携 わる 専 門 職 です 根 拠 法 令 は 1968 年 ( 昭 和 43 年 )に 制 定 された 社 会 保 険 労 務 士 法 ( 以 下 社 労 士 法 )で その 冒 頭

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

環境保全活動と組織マネジメント

環境保全活動と組織マネジメント 環 境 保 全 活 動 と 組 織 マネジメント Environmental Preservation Activity and Organizational Management 拓 殖 大 学 Takushoku University 角 田 光 弘 KAKUTA Mitsuhiro 1. は じ め に 地 球 環 境 保 全 に 対 す る 企 業 や 消 費 者 の 関 心 が か つ て

More information

目 次 1 アマゾンから 収 入 を 得 る 方 法... 3 1 FBA(フィルフラメンド by アマゾン)... 3 2 e 託 販 売 サービス... 4 3 アマゾンマーケットプレース... 4 2 なぜ e 託 で 起 業 するのか?... 5 1 集 客 力... 5 2 アマゾンのブラ

目 次 1 アマゾンから 収 入 を 得 る 方 法... 3 1 FBA(フィルフラメンド by アマゾン)... 3 2 e 託 販 売 サービス... 4 3 アマゾンマーケットプレース... 4 2 なぜ e 託 で 起 業 するのか?... 5 1 集 客 力... 5 2 アマゾンのブラ 第 1 章 なぜアマゾンで 起 業 するのか? Copyright c 2012 ROOT 出 版 All Rights Reserved 1 目 次 1 アマゾンから 収 入 を 得 る 方 法... 3 1 FBA(フィルフラメンド by アマゾン)... 3 2 e 託 販 売 サービス... 4 3 アマゾンマーケットプレース... 4 2 なぜ e 託 で 起 業 するのか?... 5 1

More information

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 3テーマ Dブロック 中 小 企 業 における 資 金 調 達 について 1 2 30 大 阪 経 済 大 学 樋 口 ゼミナール 野 田 班 1 1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4

More information

表 1. 技 術 と 技 能 特 性 技 術 技 能 依 存 性 習 熟 性 スキル 性 格 知 識 依 存 性 強 弱 五 感 依 存 性 弱 強 習 熟 体 制 組 織 中 心 個 人 中 心 習 熟 方 法 経 験 中 心 頭 で 覚 える 体 験 中 心 体 で 覚 える 所 要 期 間 中

表 1. 技 術 と 技 能 特 性 技 術 技 能 依 存 性 習 熟 性 スキル 性 格 知 識 依 存 性 強 弱 五 感 依 存 性 弱 強 習 熟 体 制 組 織 中 心 個 人 中 心 習 熟 方 法 経 験 中 心 頭 で 覚 える 体 験 中 心 体 で 覚 える 所 要 期 間 中 化 学 装 置 2008 年 1 月 号 掲 載 プラントエンジニアリング 産 業 の 技 術 伝 承 (その 1) (はじめに) 環 境 企 画 松 村 眞 昭 和 22 年 から 昭 和 24 年 生 まれの 団 塊 世 代 が 60 歳 で 定 年 退 職 を 迎 える 時 期 になっ た 2007 年 から 3 年 間 は 退 職 者 の 大 量 発 生 により 三 つの 社 会 現 象 が

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

N E W S H I G A S H I K A G A W A Nice Shot 同 暴 力 団 資 格 現 在 同 同 親 族 決 カ 婚 姻 届 提 出 含 む 離 婚 前 提 別 せ 収 基 準 世 帯 全 体 得 算 諸 控 除 差 収 営 万 千 下 裁 量 万 千 下 特 万 千 超 え 万 千 下 そ 他 東 わ 営 住 宅 条 例 等 規 条 件 備 え 必 書 類 書 住 票

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63> 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 研 究 平 成 20 年 6 月 政 策 研 究 大 学 院 大 学 目 次 1. 政 策 研 究 科 1-1 政 策 研 究 大 学 院 大 学 政 策 研 究 科 1. 政 策 研 究 科 Ⅰ 政 策 研 究 科 の 研 究 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-3 分 析 項 目 Ⅰ 研 究 活 動 の

More information

講 演 1 等 の 一 部 を 改 正 する 律 ( 関 係 ) 講 師 : 総 務 省 情 報 通 信 国 際 戦 略 局 情 報 通 信 政 策 課 課 長 補 佐 影 井 敬 義 様

講 演 1 等 の 一 部 を 改 正 する 律 ( 関 係 ) 講 師 : 総 務 省 情 報 通 信 国 際 戦 略 局 情 報 通 信 政 策 課 課 長 補 佐 影 井 敬 義 様 第 80 回 電 波 利 用 懇 話 会 等 の 律 改 正 について 日 時 : 2011 年 1 月 31 日 ( 月 ) 午 後 2 時 ~3 時 30 分 場 所 : 社 団 人 電 波 産 業 会 会 議 室 ( 日 土 地 ビル 11 階 ) 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1-4-1 TEL: 03-5510-8592 主 催 社 団 人 電 波 産 業 会 講 演 1 等 の

More information

ブ じ じ 失 言 続 間 I T ブ 景 気 浮 揚 チ ャ 波 何 話 各 傾 向 全 体 繁 栄 謳 歌 先 進 景 気 後 退 実 感 数 過 ご 戦 後 数 十 続 党 長 期 権 終 焉 迎 主 党 権 担 東 震 災 機 再 度 党 へ 権 戻 権 劇 的 変 化 見 中 内 口 見 不 況 4 東 震 災 影 響 福 島 原 子 力 発 電 所 放 射 能 汚 染 問 題 み 各

More information

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版)

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版) 産 物 部 経 営 ビジョン 横 浜 化 の 丁 番 地 へ < 概 要 版 > 平 成 27 年 5 横 浜 市 中 央 卸 売 市 場 本 場 産 物 部 次 ページ はじめに 2 Ⅰ 基 本 理 念 6 Ⅰ-1. 経 営 理 念 7 Ⅰ-2. 行 動 規 範 8 Ⅰ-3.スローガン 9 Ⅱ 内 外 部 環 境 概 要 10 Ⅱ-1. 外 部 環 境 概 要 11 Ⅱ-2. 内 部 環 境 概

More information

目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行 動 経 済 学 者 ス ポ ー ツ

目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行 動 経 済 学 者 ス ポ ー ツ 2012 年 同 志 社 大 学 スポーツ 健 康 科 学 部 二 宮 ゼミ 3 期 生 スポーツ マネジメント 関 連 図 書 書 評 目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行

More information

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各 平 成 27 年 度 証 券 ゼ ミ ナ ー ル 大 会 第 1 テ ー マ A ブ ロ ッ ク 日 本 において 今 後 必 要 とされる 金 融 リテラシーについて 1 2 和 歌 山 大 学 簗 田 ゼ ミ ナ ー ル ( A 班 ) 1 目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必

More information

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 についての 意 見 募 集 の 結 果 平 成 28 年 3 月 29 日 総 務 省 行 政 評 価 局 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 について 平 成 28 年 2 月 2 日 ( 火 )から 同 年 3 月 2 日 ( 水 )までの 間 国 民 の 皆 様 から 広 く

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と 達 人 シ ス テ ム 所 得 税 の 達 人 平 成 26 年 版 東 京 地 方 税 理 士 会 デ ー タ 通 信 協 同 組 合 2015/1/30 もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関

More information

業 績 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 戸 建 を 中 心 に 堅 調 に 推 移 経 営 環 境 解 説 16 年 度 1Q(4 月 ~6 月 )の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 ( 総 計 )は 前 年 同 期 比 5% 増 となり 堅 調 に 推 移 している 消 費 税 増 税 (14

業 績 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 戸 建 を 中 心 に 堅 調 に 推 移 経 営 環 境 解 説 16 年 度 1Q(4 月 ~6 月 )の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 ( 総 計 )は 前 年 同 期 比 5% 増 となり 堅 調 に 推 移 している 消 費 税 増 税 (14 三 栄 建 築 設 計 (3228 東 証 1 部 ) 2016 年 9 月 30 日 17/8 期 は 7% 営 業 増 益 を 予 想 需 要 は 底 堅 いとみる アップデートレポート ( 株 )QUICK 主 要 指 標 2016/09/28 現 在 株 価 1,151 円 年 初 来 高 値 年 初 来 安 値 発 行 済 株 式 数 1,392 円 (01/04) 996 円 (02/12)

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information