岡 野 2 判 断 する データセットにみられる 内 戦 の 質 的 な 側 面 に 注 目 して 分 類 整 理 することで 1960 年 から 2011 年 にアフリカで 見 られた 内 戦 の 動 向 を 把 握 する 3. 分 析 1 グラフ1.アフリカにおける 内 戦 の 発 生 件 数

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "岡 野 2 判 断 する データセットにみられる 内 戦 の 質 的 な 側 面 に 注 目 して 分 類 整 理 することで 1960 年 から 2011 年 にアフリカで 見 られた 内 戦 の 動 向 を 把 握 する 3. 分 析 1 グラフ1.アフリカにおける 内 戦 の 発 生 件 数 "

Transcription

1 岡 野 1 * 本 資 料 はウェブに 公 開 しているため 発 表 時 に 配 布 した 資 料 に 若 干 の 修 正 を 加 えてあります ご 了 承 ください 日 本 アフリカ 学 会 第 50 回 学 術 大 会 口 頭 発 表 2013 年 5 月 26 日 ( 日 ) 於 東 京 大 学 サブ サハラ アフリカの 武 力 紛 争 定 量 的 研 究 に 隠 れる 1960 年 代 から 2000 年 代 までの 傾 向 岡 野 英 之 日 本 学 術 振 興 会 特 別 研 究 員 (PD) 大 阪 大 学 大 学 院 国 際 公 共 政 策 研 究 科 okano.hideyuki[at]gmail.com はじめに 目 的 本 発 表 の 目 的 は 1960 年 代 から 2000 年 代 にサブ サハラ アフリカ( 以 降 アフリカ と 表 記 )で 見 られた 内 戦 の 動 向 を 明 らかにすること リサーチクエスチョン 本 研 究 では 量 的 分 析 で 最 も 頻 繁 に 用 いられているデータセットのひとつである PRIO (オスロ 平 和 研 究 所 )と UCPD(ウプサラ 紛 争 データプログラム)が 公 開 している 武 力 紛 争 データセット(Armed Conflict Dataset)を 検 討 する( 以 下 このデータセットを PRIO のデータセット と 呼 ぶことに する) データセットとは 統 計 分 析 に 用 いられるために 公 開 された 調 査 資 料 である PRIO のデー タセットは 第 二 次 世 界 大 戦 以 降 に 世 界 で 見 られた 武 力 紛 争 の 発 生 件 数 を 示 した 資 料 である 本 発 表 では このデータセットで 定 義 される 内 戦 とはいかなる 性 質 をもち どのような 傾 向 が 読 み 取 れるのかを アフリカに 限 定 して 明 らかにする 1. PRIO のデータセットにおける 内 戦 の 定 義 量 的 研 究 で 用 いるデータセットでは 武 力 紛 争 および 内 戦 に 対 して 数 値 として 計 測 できる 客 観 的 で 明 確 な 定 義 を 設 定 している PRIO のデータセットでは 武 力 紛 争 を 以 下 のように 定 義 す る 政 府 および 領 域 についての 争 いで 二 者 間 で 武 力 を 用 いて 争 われるもの そのうち 一 つの 主 体 は 政 府 でなければならず 戦 闘 に 関 する 死 者 数 が 25 名 以 上 のものとする (UCDP/PRIO Armed Conflict Dataset Codebook, 2009: 1-2) * この 定 義 は 武 力 紛 争 (armed conflict)の 定 義 であり その 中 には1システム 外 紛 争 (extrasystemic conflict) ( 植 民 地 解 放 闘 争 など) 2 国 家 間 紛 争 (interstate conflict) 3 内 戦 (internal conflict) 4 国 際 化 した 内 戦 (internationalized internal conflict)の 4 つが 含 まれる そのうち 本 発 表 では 34を 扱 う データセットでの 定 義 は 明 確 である 一 方 この 定 義 の 問 題 点 として 紛 争 期 間 が 個 々の 国 で 紛 争 期 間 とされている 時 期 と 必 ずしも 一 致 していないことがあげられる 活 動 休 止 期 間 や 和 平 交 渉 期 には 必 ずしも 戦 闘 が 起 きているとは 限 らないからである この 問 題 点 は 定 義 の 厳 密 性 を 考 えるとやむを 得 ない 2. 分 析 の 方 法 PRIO のデータセットにおける 武 力 紛 争 (armed conflict)のうち 内 戦 (internal conflict)およ び 国 際 化 した 内 戦 (internationalized internal conflict)を 考 察 の 対 象 とする 以 降 両 者 をま とめて 内 戦 と 呼 ぶ 独 立 以 前 の 紛 争 は 扱 わない 独 立 後 国 内 がまとまらずにそのまま 内 戦 に 突 入 した 場 合 も 独 立 から 内 戦 が 始 まったと 考 える 国 単 位 の 分 析 とする PRIO のデータセットでは 一 国 内 で 複 数 の 内 戦 が 戦 われている 場 合 そ れを 別 個 の 内 戦 と 見 なしている 一 方 本 分 析 では その 区 別 を 設 けずに 国 単 位 で 内 戦 の 有 無 を

2 岡 野 2 判 断 する データセットにみられる 内 戦 の 質 的 な 側 面 に 注 目 して 分 類 整 理 することで 1960 年 から 2011 年 にアフリカで 見 られた 内 戦 の 動 向 を 把 握 する 3. 分 析 1 グラフ1.アフリカにおける 内 戦 の 発 生 件 数 このグラフは アフリカの 内 戦 の 件 数 を 表 したグラフである 1990 年 代 に 紛 争 が 多 発 したことを 主 張 するためにしばしば 用 いられている しかし このグラフの 内 訳 についてはほとんど 論 じら れません グラフ1.アフリカにおける 内 戦 の 発 生 件 数 (UCDP/PRIO Armed Conflict Dataset に 基 づき 発 表 者 が 作 成 ) グラフ 2. 国 別 にみる 紛 争 の 経 験 1 ハンドアウトにはグラフ2の 一 部 を 示 した パワーポイントを 見 てほしい このグラフは 一 国 一 国 の 内 戦 の 有 無 を 示 している 横 軸 は 西 暦 縦 にアルファベット 順 で 国 名 を 記 した 灰 色 の 部 分 が その 国 が 内 戦 を 経 験 した 年 であることを 示 している 黒 塗 りはまだ 独 立 していないことを 示 す このグラフの 始 まりは 1960 年 ですが もちろん それより 以 前 に 独 立 した 地 域 もあります ただし このデータセ ットにおいてアフリカで 内 戦 が 見 られるようになるのは 1960 年 からである そのため 1960 年 を 起 点 としたグラフとした Angola Burukina Faso Brundi Cameroon CAR Chad Comoros Congo(Brazaville) Djibouti このグラフでは サブ サハラ アフリカ 計 49 カ 国 のうち 38 カ 国 が 内 戦 を 経 験 している( 内 戦 を 経 験

3 岡 野 3 していないのは ボツワナ ナミビア スワジランド ザンビア カーボヴェルデ ベナン タンザニ ア モーリシャス マラウィ セーシェル サントメプリンシペ) グラフ 3. 国 別 にみる 紛 争 の 経 験 2 グラフ3 最 後 のページに 掲 載 グラフ 3 は 内 戦 の 性 質 に 基 づいて 各 国 を 分 類 したグラフである 同 じ 国 でも 複 数 の 異 なる 性 質 の 紛 争 が 起 こっているため 完 全 な 分 類 とはいえない ゆえに この 分 類 はおおまかなものと 考 えてほしい 4. 分 析 2: 紛 争 の 分 類 グラフ 3 基 づく グラフ 3 から PRIO のデータにはいかなる 内 戦 が 含 まれているのかを 見 ていくこととする < 分 類 1> 独 立 直 後 の 政 変 ひとつめの 分 類 が 独 立 直 後 の 政 変 である 分 類 1 は グラフ3の 中 に 分 類 として 作 ってはいない グラフ 3 の 全 体 に で 囲 まれた 内 戦 がある それが 分 類 1 である これらの 内 戦 は 独 立 直 後 国 家 の 制 度 が 未 熟 であったために 発 生 したものである 1 独 立 直 後 アフリカでは 複 数 政 党 制 が 見 られたが 国 内 のアクターを 統 括 するため 多 くの 国 で 専 制 的 な 統 治 形 態 や 長 期 政 権 への 移 行 が 見 られた 本 分 類 の 内 戦 はそのことを 示 すもの といえる < 分 類 2>1980 年 代 までに 内 戦 が 慢 性 化 している 国 ( 慢 性 内 戦 国 と 名 付 ける) エチオピア スーダン チャドでは 独 立 直 後 から 内 戦 が 長 期 化 している 独 立 後 全 国 の 統 治 を 達 成 できず その 状 態 がそのまま 継 続 しているといえます そこに 70 年 代 にはウガンダ 80 年 代 に はソマリアが 加 わっている これらの 地 域 では 2011 年 までほぼ 継 続 的 に 内 戦 が 継 続 している 地 図 1. 北 東 アフリカにみられる 武 装 勢 力 と 隣 国 の 支 援 の 関 係 ( 出 典 :Reno 2012: 123) 1 この 中 には 1 独 立 しても 国 内 のアクターをまとめきらないまま 独 立 した 場 合 (つまり 中 央 政 府 がひとつにならなか った 場 合 ) 2 中 央 政 府 が 成 立 したものの 内 部 の 権 力 闘 争 によってクーデタが 発 生 した 場 合 3 一 度 は 中 央 政 府 が 国 を まとめたものの 国 内 で 反 乱 組 織 が 台 頭 した 場 合 を 含 む( 個 々の 事 例 は 付 録 資 料 を 参 照 )

4 岡 野 4 地 図 1 は ある 政 府 が 隣 国 の 武 装 勢 力 を 支 援 するということをお 互 いしていることを 示 しています 70 年 代 80 年 代 を 通 じて この 構 図 が 紛 争 を 拡 大 していくことになる これらの 国 は 数 か 国 の まとまりとなって 存 在 しており 相 互 に 影 響 を 与 え 合 うことで 内 戦 が 長 期 化 している 内 戦 連 鎖 地 帯 を 形 成 していることがわかる < 分 類 3> 白 人 支 配 に 対 する 闘 争 ジンバブエ 南 アフリカ < 分 類 4>ポルトガルからの 独 立 以 降 安 定 しなかった 国 アンゴラ モザンビーク < 分 類 5>80 年 代 のクーデタ PRIO のデータを 見 ると 80 年 代 に 短 期 間 の 内 戦 が 確 認 できます この 内 戦 はクーデタである こ れらのクーデタは 1970 年 代 から 続 く 経 済 悪 化 の 結 果 中 央 政 府 が 分 裂 することで 発 生 したと 考 え ることができる ブルキナファソ カメルーン ガンビア ガーナ ケニア トーゴ コモロ(*) リベリア(*) * 1990 年 代 に 入 り 紛 争 を 経 験 したコモロ リベリアはそれぞれ 分 類 6 分 類 7 に 記 載 して ある コモロでは 分 類 5 に 該 当 するのは 1989 年 であり 1997 年 の 内 戦 は 分 類 6 に 該 当 する リベリアで 分 類 5 に 該 当 するのは 1980 年 の 内 戦 であり 年 年 の 内 戦 は 分 類 7 に 該 当 する ============================================= 以 降 に 提 示 する 分 類 6 と 7 は 1990 年 代 以 降 の 内 戦 である 1990 年 代 には 内 戦 が 頻 発 したといわれてい る その 要 因 は 経 済 悪 化 と 政 治 的 自 由 化 ( 複 数 政 党 制 の 導 入 )が 重 なることだった 本 発 表 は そう して 発 生 した 1990 年 代 の 内 戦 を 隣 国 への 影 響 の 有 無 に 基 づいて 二 つに 分 類 した ============================================= < 分 類 6> 1990 年 代 の 内 戦 ( 独 立 型 ) 経 済 悪 化 と 政 治 的 自 由 化 によって 誘 発 された 内 戦 で 隣 国 の 内 戦 との 関 連 が 薄 いと 思 われるもの (コモロ コンゴ 共 和 国 [ブラザビル] ジブチ ギニアビサウ レソト セネガル) グラフ 3 を 見 ると 大 半 の 紛 争 は 1990 年 代 で 終 わっていることがわかる < 分 類 7> 1990 年 代 の 内 戦 ( 連 鎖 型 ) 経 済 悪 化 と 政 治 的 自 由 化 によって 誘 発 された 内 戦 で 隣 国 の 内 戦 との 関 わりが 強 いと 思 われるもの これらの 国 では 国 家 が 弱 体 化 している 中 で さらに 隣 国 からの 影 響 を 受 けることで 内 戦 に 陥 ってい る また 隣 国 へと 内 戦 を 波 及 させる 場 合 もある これらの 国 は 数 か 国 のまとまりとなって 存 在 している すなわち 1990 年 代 以 降 は 新 たな 内 戦 連 鎖 地 帯 が 形 成 されていったのである( 地 図 2)

5 岡 野 5 地 図 年 代 の 3 つの 内 戦 連 鎖 地 帯 西 アフリカ 大 西 洋 中 央 地 域 チャド ダルフ ール 中 央 アフ リカ 大 湖 地 域 連 鎖 地 域 1: 太 湖 地 域 (ウガンダ~ルワンダ ブルンジ コンゴ 民 ) この 地 域 ではウガンダからルワンダへと 内 戦 が 波 及 し ルワンダがコンゴ 民 主 共 和 国 およびブル ンジへと 内 戦 を 波 及 させた 連 鎖 地 域 2: 西 アフリカ 大 西 洋 中 央 地 域 (リベリア シエラレオネ ギニア コートディヴォ ワール) この 地 域 では リベリアで 始 まった 内 戦 がきっかけとなり リベリアが 周 辺 国 (シエラレオネ ギニア コートディヴォワール)に 内 戦 を 輸 出 した 連 鎖 地 域 3:チャド ダルフール(スーダン) 中 央 アフリカ この 地 域 は 2000 年 代 に 入 り 内 戦 が 顕 著 となった 地 域 である ダルフールの 武 装 勢 力 は チャド 領 内 を 後 方 基 地 として 利 用 した( 白 戸, 2009, 214 頁 ) チャドや 中 央 アフリカにも 複 数 の 武 装 勢 力 が 存 在 しており(Prunier, 2008) 互 いに 隣 国 を 後 方 基 地 としている(Debos, 2008) * マリ ニジェール トゥアレグ 人 がマリ ニジェール(およびリビア アルジェリア)に 分 布 している マリ および ニジェールで 反 政 府 活 動 を 展 開 している 1990 年 代 に 新 たに 内 戦 を 経 験 した 国 ( 分 類 6 と 7)を 見 ると 70 年 代 80 年 代 に 内 戦 を 経 験 した 国 は 少 ない 結 論 アフリカの 内 戦 の 動 向 はいかなる 傾 向 があったのか それを 考 えるために 白 人 からの 解 放 闘 争 である 分 類 3 と ポルトガルから 独 立 し 内 戦 に 陥 った 国 で ( 分 類 4)を 除 いて 考 えてみる そのうえで 改 めてグラフを 描 いてみるとグラフ4のようになる ( 次 ページへ)

6 岡 野 6 グラフ 3. 国 別 にみる 紛 争 の 経 験 2 ( 再 掲 載 ) 分 類 <1> 独 立 直 後 の 政 変 (グラフ 全 体 に 点 在 ) 分 類 <2> 慢 性 内 戦 国 (エチオピア スーダン チャドでは1960 年 代 から 紛 争 に 陥 っている 70 年 代 には それにウガンダ 80 年 代 にはソマリアが 加 わっている ) Ethiopia Sudan Chad Uganda Somalia 分 類 <3> 白 人 支 配 に 対 する 闘 争 ( 南 部 アフリカの 二 国 1990 年 までには 紛 争 が 終 結 している) South Africa Zimbabwe 分 類 <4> ポルトガルからの 独 立 して 以 降 安 定 を 見 せなかった 国 Mozambique Angola 分 類 <5> 80 年 代 にクーデターを 経 験 した 国 ( 軍 の 離 反 が 政 府 の 勢 力 を 分 割 する 内 戦 に 発 展 する 場 合 もあるが これらの 国 では 短 期 に 混 乱 が 終 結 している) Burukina Faso 分 類 <1> 解 放 闘 争 勢 力 がまとまら Cameroon ないまま 独 立 し そのまま 内 戦 へ Gambia Ghana 分 類 1. クーデター(エンクルマの 追 放 ) Kenya Togo * その 他 にも リベリア コモロもここに 該 当 ( 分 類 の 重 複 ) 分 類 <6> 1990 年 代 の 内 戦 ( 独 立 型 ): 1990 年 の 力 学 で 紛 争 が 起 こった 国 で その 不 安 定 化 と 隣 国 の 紛 争 との 関 連 が 弱 いと 思 われる 国 Comoros Congo(Brazaville) 分 類 <5>5 Djibouti Guine-Bissau Lesotho Senegal 分 類 <7> 1990 年 代 の 内 戦 ( 連 鎖 型 ): 1990 年 代 の 力 学 で 紛 争 が 起 こった 国 で その 不 安 定 化 と 隣 国 の 紛 争 との 関 わりが 強 いと 思 われる 国 Rwanda Brundi 分 類 <1>クーデター DR Congo Liberia 分 類 <1> カタンガ 西 カサイ CNL Sierra Leone 分 類 <5>5 Ivory Coast Guinea CAR Mali Niger 例 外 Gabon 分 類 <1>MOININAの 反 乱 西 サハラ( 例 外 ) Madagascar 分 類 <1> クーデター 分 類 <1>ビアフラ 戦 争 Mauritania Niegeria ( Eritrea(91 年 独 立 ) South Sudan

7 岡 野 7 分 析 結 果 グラフ 3 から 1960 年 代 から 2000 年 代 までにアフリカで 見 られた 内 戦 の 動 向 は 以 下 の ように 説 明 できる 1960 年 代 には 新 生 国 家 で 政 変 が 発 生 した( 分 類 1) その 一 方 独 立 から 継 続 的 に 内 戦 を 経 験 している 慢 性 内 戦 国 ( 分 類 2)が 存 在 していた 1980 年 代 には 経 済 悪 化 の 結 果 クーデタが 頻 発 した( 分 類 5) しかし それは 大 規 模 なもの にならなかった 1990 年 代 にはこれまで 内 戦 を 経 験 していない 多 くの 国 で 内 戦 が 発 生 した( 単 独 型 および 連 鎖 型 ) しかし 1990 年 に 内 戦 が 多 発 したという 傾 向 は 1980 年 代 までの 内 戦 に 隠 されていた すなわち 白 人 からの 解 放 闘 争 ( 分 類 3) ポルトガルから 独 立 した 国 の 内 戦 ( 分 類 4) そして 1980 年 代 のクーデタ( 分 類 5)に 隠 れて 見 えなかったのである それらを 除 外 して 考 えると 独 立 直 後 の 政 変 以 降 これまで 内 戦 を 経 験 したことのない 国 が 1990 年 代 には 多 数 内 戦 に 巻 き 込 まれたことを 物 語 っている また 1990 年 代 の 内 戦 ( 単 独 型 ) は 2000 年 代 に 入 ると 収 束 傾 向 を 見 せ 2003 年 に 見 られなく なっている 一 方 1990 年 代 の 内 戦 ( 連 鎖 型 ) および 慢 性 内 戦 国 (チャド スーダン エチオピア ソマリア ウガンダ)は 2011 年 まで 依 然 として 続 いている * こうした 傾 向 に 白 人 政 権 からの 解 放 闘 争 を 経 験 したジンバブエ 南 アフリカ( 分 類 3) および ポルトガルからの 独 立 を 遂 げたアンゴラ モザンビーク( 分 類 4)を 加 えると アフリカの 大 まかの 内 戦 の 傾 向 がつかめるのではないか つまり 定 量 的 研 究 に 隠 れる 1960 年 代 から 2000 年 代 までの 動 向 が 見 えてくるのではないか(グラフ 5) 結 論 で 述 べた 内 戦 の 傾 向 は あくまでも PRIO のデータから 言 えることです これまで 量 的 データの 中 に 見 られる 内 戦 の 分 析 は 十 分 にしてこられませんでした 内 戦 という 現 象 は 複 雑 なため 捉 え 方 が さまざまである あえずのところ 本 発 表 は アフリカの 内 戦 を 理 解 するための 数 ある 解 釈 のうちの ひとつとしてこの 結 論 を 提 示 する

8 岡 野 8 付 録 資 料 個 々の 内 戦 の 概 要 ( 特 に 断 りがない 場 合 UCPD Conflict Encyclopedia に 依 拠 している) < 分 類 1> 独 立 直 後 の 内 戦 ブルンジ 1965 年 選 挙 後 の 混 乱 をきっかけに 軍 部 のフトゥ 派 閥 がクーデタ コンゴ 民 主 共 和 国 年 カタンガ/60-62 年 南 カサイ 鉱 山 国 /64-65 年 CNL[ 国 民 解 放 委 員 会 ]/1967 年 ルワンダから 反 乱 軍 の 侵 攻 ガボン 1964 年 クーデタ ガーナ 1966 年 コトカ 大 佐 らによるクーデタ[エンクルマ 大 統 領 の 追 放 ] マダガスカル 1971 年 MOININA[マダガスカル 国 家 独 立 運 動 ]による 反 乱 ナイジェリア 1966 年 クーデタ/67-70 年 ビアフラ 紛 争 カメルーン 1960 年 独 立 国 内 がまとまらず UPC の 活 動 < 分 類 2>1980 年 代 までに 内 戦 が 慢 性 化 している 国 ( 慢 性 内 戦 国 ) スーダン 1956 年 独 立 第 一 次 スーダン 内 戦 ( 年 ) 第 二 次 スーダン 内 戦 ( 年 ) エチオピア 地 方 や 民 族 を 基 盤 とした 反 政 府 運 動 が 続 く 1974 年 の 革 命 を 契 機 としたメン ギスツによる 軍 事 社 会 主 義 体 制 への 移 行 後 も 同 様 に 反 政 府 運 動 が 継 続 した エ リトリアの 分 離 独 立 運 動 を 含 む チャド 1960 年 に 独 立 1962 年 南 部 出 身 の 初 代 大 統 領 トンバルバエによる 一 党 制 導 入 以 降 北 部 の 反 乱 が 続 く ウガンダ 1970 年 代 より 内 戦 が 慢 性 化 (1971 年 アミン 政 権 の 成 立 となったクーデタ 1972 年 Kikosi Maalum その 後 複 数 の 武 装 勢 力 が 台 頭 ) 1981 年 には NRA による 蜂 起 ソマリア 1980 年 代 より 内 戦 状 態 1991 年 のバーレ 政 権 崩 壊 以 降 内 戦 状 態 エチオピ アによる 反 政 府 勢 力 SNM の 支 援 が 紛 争 を 激 化 させる < 分 類 3> 白 人 支 配 に 対 する 闘 争 ジンバブエ 白 人 政 権 による 独 立 以 降 解 放 闘 争 ( 年 ) 南 アフリカ 1960 年 代 から 80 年 代 ANC (African National Congress) PAC (Pan African Congress) SACP (South African Communist Party)による 反 アパルトヘイ ト 運 動 < 分 類 4>ポルトガルからの 独 立 以 降 安 定 しなかった 国 モザンビーク 独 立 (1975 年 ) 1977 年 中 央 政 権 である FRELIMO に 対 して 武 装 勢 力 RENAMO が 蜂 起 白 人 政 権 下 のローデシアおよび 南 アフリカからの 支 援 を 受 ける モザンビークの 内 戦 は 南 アによる RENAMO の 支 援 がなくなったため 終 結 したともいえる アンゴラ 国 内 の 反 植 民 地 闘 争 勢 力 がまとまらないまま 独 立 し そのまま 内 戦 に 南 アフ リカの 支 援 のほかにも 米 ソ 両 陣 営 からの 支 援 を 受 けていた 冷 戦 の 周 縁 によ り 国 外 からの 支 援 がなくなったものの 支 配 地 域 で 産 出 するダイヤモンドや 石 油 の 採 掘 を 原 資 に 紛 争 は 継 続 された < 分 類 5>80 年 代 のクーデタ ブルキナファソ 1987 年 クーデタ サンカラの 失 脚 とコンパオレの 就 任 カメルーン 1984 年 クーデタ 未 遂 事 件 配 置 換 えを 拒 否 した 大 統 領 官 邸 警 護 隊 の 抵 抗 に より 数 日 間 にわたる 銃 撃 戦 に 発 展 後 鎮 圧 される ガンビア ジャワラ 大 統 領 に 対 するクーデタ 未 遂 事 件 ガーナ 1981 年 ローリングスによるクーデタ 1983 年 クーデタ 未 遂 事 件 一 日 の 間 に 鎮 圧 される

9 岡 野 9 ケニア 1982 年 モイ 大 統 領 に 対 するクーデタ 未 遂 事 件 トーゴ 1986 年 エデヤマ 大 統 領 に 対 するクーデタ 未 遂 事 件 *コモロ 1989 年 ボブ ディナール 配 下 の 大 統 領 警 護 隊 によるクーデタ フランスと 南 アの 圧 力 によるディナールとその 兵 士 は 国 外 退 去 となる その 後 モハメ ド ジョハルが 大 統 領 に 就 任 *リベリア 1980 年 ドーによるクーデタ ドーの 大 統 領 への 就 任 * 1990 年 代 に 入 り 紛 争 を 経 験 したコモロ リベリアはそれぞれ 分 類 6 分 類 7 に 記 載 してある コモロでは 分 類 5 に 該 当 するのは 1989 年 であり 1997 年 の 内 戦 は 分 類 6 に 該 当 する リベリアで 分 類 5 に 該 当 するの は 1980 年 の 内 戦 であり 年 年 の 内 戦 は 分 類 7 に 該 当 する < 分 類 6> 隣 国 の 内 戦 との 関 連 が 弱 いと 思 われる 内 戦 コモロ 1996 年 二 つの 島 の 自 治 権 が 奪 われたことにより それに 抗 した 武 力 紛 争 が 勃 発 コンゴ 共 和 国 総 選 挙 をきっかけに 政 治 エリートの 対 立 ジブチ 政 府 での 代 表 割 り 当 てが 十 分 でなかったことを 契 機 とし アファール 人 が 主 体 となる 反 政 府 勢 力 FRUD( 統 一 と 民 主 主 義 回 復 のための 戦 線 )が 蜂 起 ギニアビサウ 1998 年 軍 の 一 部 が 離 反 し 反 政 府 勢 力 となる レソト 1998 年 9 月 軍 部 の 一 部 が 離 反 し 反 政 府 勢 力 となるも レソト 政 府 がボ ツワナと 南 アの 支 援 を 受 け 11 月 には 鎮 圧 される セネガル カザマンス 紛 争 < 分 類 7> 1990 年 代 の 内 戦 ( 連 鎖 型 ) 連 鎖 地 帯 1: 太 湖 地 域 (ウガンダ~ルワンダ ブルンジ コンゴ 民 ) この 地 位 ではウガンダからルワンダへと 紛 争 が 波 及 し ルワンダが DRC およびブルンジへと 紛 争 を 波 及 する 形 で 広 がった 1990 年 ウガンダからルワンダへと 反 政 府 組 織 RPF(ルワンダ 愛 国 戦 線 )が 侵 攻 1996 年 にはハ ビャリマナ 政 権 と RPF の 間 でアルーシャ 協 定 が 結 ばれる しかし 内 戦 で 創 られた 緊 張 は ジェ ノサイドへとつながる RPF は 首 都 へと 進 行 し 虐 殺 の 主 体 となった 政 府 系 勢 力 を 放 逐 する 政 府 系 勢 力 はコンゴ 民 主 共 和 国 へと 逃 亡 した( 元 ルワンダ 政 権 勢 力 と 表 記 ) ルワンダを 掌 握 した RPF( 以 降 RPF 政 権 と 表 記 )は コンゴ 民 において 元 ルワンダ 政 権 勢 力 を 支 援 しているモブ ツ 大 統 領 を 放 逐 するため ADFL(コンゴ ザイール 解 放 民 主 勢 力 連 合 )を 支 援 し モブツを 追 放 し た( 第 一 次 コンゴ 内 戦 年 ) ADFL の 議 長 であったカビラが 大 統 領 に 就 任 するも 政 府 内 の 分 裂 が 第 二 次 コンゴ 内 戦 ( 年 )を 招 く その 混 乱 は 現 在 まで 継 続 している 一 方 ブルンジでは 1996 年 以 降 中 央 地 方 の 有 力 政 治 家 や 政 党 による 民 兵 が 割 拠 する 状 態 に ルワン ダで RPF 政 権 成 立 後 こうした 民 兵 に 旧 ルワンダ 政 権 勢 力 の 戦 闘 員 が 流 入 した 連 鎖 地 帯 2: 西 アフリカ 大 西 洋 中 央 地 域 (リベリア シエラレオネ ギニア コートディヴォ ワール) この 地 域 では リベリアで 始 まった 内 戦 がきっかけとなり リベリアが 周 辺 国 に 紛 争 を 輸 出 する 形 で 展 開 している 1989 年 コートディヴォワールから 反 政 府 勢 力 NPFL(リベリア 愛 国 戦 線 )が 侵 攻 し リベリ アが 内 戦 に 突 入 する( 第 一 次 リベリア 内 戦 年 ) NPFL が 隣 国 シエラレオネの 反 政 府 勢 力 RUF( 革 命 統 一 戦 線 )に 支 援 を 与 えることにより シエラレオネでも 内 戦 が 勃 発 した(1991 年 ) 第 一 次 リベリア 内 戦 は 終 結 したものの その 後 シエラレオネにて 反 政 府 勢 力 LURD(リベリア 民 主 和 解 運 動 )が 形 成 され リベリアへと 侵 攻 した( 第 二 次 リベリア 内 戦 年 ) ギニアでは 2000 年 9 月 以 降 隣 接 するシエラレオネおよびリベリアからの 武 装 集 団 RFDG (ギニア 民 主 勢 力 連 合 )による 襲 撃 事 件 が 発 生 している RFDG はシエラレオネの 反 政 府 勢 力 RUF とチャールズ テイ ラー 大 統 領 のリベリア 政 府 からの 支 援 を 受 けていたとみられる 一 方 コートディヴォワールでは バボ 大 統 領 の 軍 機 構 改 革 で 退 役 を 迫 られたことなどを 不 服 とする 軍 人 ら 約 750 人 による 武 装 勢 力

10 岡 野 10 MPCI(コートディヴォワール 愛 国 運 動 )が アビジャンやブアケなど 主 要 都 市 で 蜂 起 した この 内 戦 にはリベリアから 戦 闘 員 が 流 入 したと 言 われている 連 鎖 地 帯 3:チャド ダルフール(スーダン) 中 央 アフリカ この 地 域 は 2000 年 代 に 入 り 紛 争 が 顕 著 となった 地 域 である ダルフールでは ザガワ 人 が 中 心 と なった JEM( 正 義 と 平 等 運 動 )やフール 人 が 中 心 となった SLA(スーダン 解 放 軍 )といった 反 政 府 勢 力 が 台 頭 したが 彼 らはチャド 領 内 を 後 方 基 地 として 利 用 した( 白 戸, 2009, 214 頁 ) 一 方 チ ャドは 複 数 の 武 装 勢 力 が 存 在 しており その 中 にはスーダンや 中 央 アフリカを 後 方 基 地 として 使 用 している 勢 力 もある 同 様 に 中 央 アフリカにも 複 数 の 武 装 勢 力 がおり チャドを 後 方 基 地 として 利 用 している(Prunier, 2008) チャド ダルフール 中 央 アフリカ 共 和 国 の 間 では 戦 闘 員 が 行 き 来 し 武 装 勢 力 を 渡 り 歩 いている(Debos, 2008) 連 鎖 地 帯? マリ ニジェール トゥアレグ 人 がマリ ニジェール(およびリビア アルジェリア)に 分 布 している マリでは 1990 年 代 から MPA(アワザド 人 民 運 動 ) FIAA(アザワド アラブ イスラーム 戦 線 )といったトゥ アレグ 人 の 武 装 勢 力 の 活 動 が 見 られる 2007 年 からは 新 しい 勢 力 ATNMC( 変 革 のための 北 部 マ リトゥアレグ 連 合 )の 活 動 が 見 られる 一 方 ニジェールでも 複 数 の 武 装 勢 力 の 活 動 が 見 られる なお 2012 年 以 降 に 見 られたマリでの 新 しい 展 開 については 本 発 表 の 考 察 対 象 外 となる 参 考 文 献 Debos, Marielle (2008) Fluid Loyalties in a Regional Crisis: Chadian Ex-Liberators in the Central African Republic, African Affairs. 107 (427): Prunier, Génard (2008) Armed Movements in Sudan, Chad, CAR, Somalia, Eritrea and Ethiopia, Center for International Peace Operations (Berlin/Germany). Reno, William (2011) Warfare in Independent Africa. Cambridge, New York, Melbourne, Madrid, Cape Town, Singapore, Sao Paulo, Delhi, Tokyo, Mexico City: Cambridge University Press. 白 戸 圭 一 (2010) ルポ 資 源 大 陸 アフリカ 暴 力 が 結 ぶ 貧 困 と 繁 栄 東 京 : 東 洋 経 済 新 報 社 武 内 進 一 (2005) 冷 戦 後 アフリカにおける 政 治 変 動 政 治 的 自 由 化 と 紛 争 日 本 国 際 政 治 学 会 編 国 際 政 治 第 140 号 : 頁 (2009) 現 代 アフリカの 紛 争 と 国 家 ポストコロニアル 家 産 制 とルワンダ ジェノサイド 東 京 : 明 石 書 店

11 岡 野 11 日 本 アフリカ 学 会 第 50 回 学 術 大 会 口 頭 発 表 2013 年 5 月 26 日 ( 日 ) 於 東 京 大 学 サブ サハラ アフリカの 武 力 紛 争 定 量 的 研 究 に 隠 れる 1960 年 代 から 2000 年 代 までの 傾 向 岡 野 英 之 グラフ3. 国 別 にみる 紛 争 の 経 験 2 分 類 <1> 独 立 直 後 の 政 変 (グラフ 全 体 に 点 在 ) 分 類 <2> 慢 性 内 戦 国 (エチオピア スーダン チャドでは1960 年 代 から 紛 争 に 陥 っている 70 年 代 には それにウガンダ 80 年 代 にはソマリアが 加 わっている ) Ethiopia Sudan Chad Uganda Somalia 分 類 <3> 白 人 支 配 に 対 する 闘 争 ( 南 部 アフリカの 二 国 1990 年 までには 紛 争 が 終 結 している) South Africa Zimbabwe 分 類 <4> ポルトガルからの 独 立 して 以 降 安 定 を 見 せなかった 国 Mozambique Angola 分 類 <5> 80 年 代 にクーデターを 経 験 した 国 ( 軍 の 離 反 が 政 府 の 勢 力 を 分 割 する 内 戦 に 発 展 する 場 合 もあるが これらの 国 では 短 期 に 混 乱 が 終 結 している) Burukina Faso Cameroon Gambia Ghana Kenya Togo * その 他 にも リベリア コモロもここに 該 当 ( 分 類 の 重 複 ) 分 類 <6> 1990 年 代 の 内 戦 ( 独 立 型 ): 1990 年 の 力 学 で 紛 争 が 起 こった 国 で その 不 安 定 化 と 隣 国 の 紛 争 との 関 連 が 弱 いと 思 われる 国 Comoros Congo(Brazaville) Djibouti Guine-Bissau Lesotho Senegal 分 類 <7> 1990 年 代 の 内 戦 ( 連 鎖 型 ): 1990 年 代 の 力 学 で 紛 争 が 起 こった 国 で その 不 安 定 化 と 隣 国 の 紛 争 との 関 わりが 強 いと 思 われる 国 Rwanda Brundi DR Congo Liberia Sierra Leone Ivory Coast Guinea CAR Mali Niger 分 類 <1> 解 放 闘 争 勢 力 がまとまら ないまま 独 立 し そのまま 内 戦 へ 分 類 <1> カタンガ 西 カサイ CNL 分 類 1. クーデター(エンクルマの 追 放 ) 分 類 <1>クーデター 分 類 <5>5 分 類 <5>5 例 外 Gabon Madagascar Mauritania Niegeria Eritrea(91 年 独 立 ) South Sudan 分 類 <1> クーデター 分 類 <1>ビアフラ 戦 争 分 類 <1>MOININAの 反 乱 西 サハラ( 例 外 ) ( ((UCDP/PRIO Armed Conflict Dataset 2011 に 基 づき 発 表 者 が 作 成 )

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

所定用紙 様式 1 様式 2 様式 3 様式 4 様式 5 様式 6 同志社大学学部外国人留学生入学試験志望理由書推薦状 神学部出願者のみ 宛名シート書類チェックシート 2018 年度同志社大学入学検定料免除措置申請書 2018 年度特定国からの外国人留学生に対する支援奨学金願書 同志社大学学部外国人留学生入学試験志望理由書 大学記入欄 受験番号 様式 1 記入上の注意 : 出願者本人が日本語で自筆で記入してください

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698A6D92E894C5816A3232944E93788E788B8B8E9696B1977697CC2E646F6378> 平 成 22 年 2 月 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 研 究 協 力 第 二 課 際 学 会 等 派 遣 事 業 平 成 22 年 度 支 給 事 務 取 扱 要 領 標 記 事 業 にかかる 経 費 請 求 等 の 手 続 きについては 下 記 の 事 項 にご 留 意 のうえ 所 属 機 関 事 務 局 においては 本 要 領 に 従 って 採 用 者 の 必 要 書 類

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

Microsoft Word - RM最前線2013-49-2.docx

Microsoft Word - RM最前線2013-49-2.docx 2013 No.49 ニジェールにおける 仏 企 業 の 人 質 解 放 と 企 業 の 対 応 ニジェール 北 部 アルリット(Arlit)で 2013 年 10 月 29 日 イスラム 過 激 派 組 織 イスラム マグ レブ 諸 国 のアルカイダ(Al-Qaida in the Islamic Maghreb:AQIM) 1 に 誘 拐 され 3 年 間 にわたっ て 人 質 となっていたフランス

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63> 地 域 戦 略 安 全 保 障 特 集 : 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 武 器 貿 易 漢 和 防 務 評 論 20150805 ( 抄 訳 ) ( 訳 者 コメント) 阿 部 信 行 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 中 国 が 最 近 提 唱 した アジアインフラ 投 資 銀 行 は 表 裏 一 体 のものであると 見 られています 中 国 は 必 要 な 資 源 を 獲 得

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

<4D F736F F D A834A8CA48B8695F18D908F915F8F898D5A312E646F63>

<4D F736F F D A834A8CA48B8695F18D908F915F8F898D5A312E646F63> グローバリゼーションと国際開発研究 アフリカ開発戦略 研究報告書 サハラ以南アフリカへの新しい開発援助を求めて 目次 はしがき...1 序章... 2 秋山孝允 ( 日本大学教授 FASID 国際開発研究センター参与 ) 第 1 章アフリカ経済の展望... 9 秋山孝允 ( 日本大学教授 FASID 国際開発研究センター参与 ) 髙橋えり子 (FASID 国際開発研究センタージュニアプログラムオフィサー

More information

シリア内戦とレバノン

シリア内戦とレバノン シリア 内 戦 とレバノン 小 副 川 琢 ( 東 京 外 国 語 大 学 アジア アフリカ 言 語 文 化 研 究 所 機 関 研 究 員 ) はじめに 2011 年 3 月 に 本 格 化 したシリアにおける 反 体 制 の 動 きはその 後 政 権 側 の 強 硬 な 対 応 も あって 武 装 闘 争 が 大 きな 比 重 を 占 めるようになっている こうした 中 で 国 際 社 会 はこれ

More information

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064 天 災 彼 地 斯 戦 巻 雲 注 意 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 物 語 英 霊 程 度 篠 之 G A T E 世 界 元 般 話 ア チ ヘ 念 主 公 崩 壊 口 調 コ ロ コ ロ 変 次 第 0 話 プ ロ ロ

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx 最 近 の 中 東 情 勢 について 外 務 省 中 東 アフリカ 局 長 上 村 司 中 東 北 アフリカ 情 勢 平 成 26 年 8 月 中 東 アフリカ 局 中 東 地 域 の 特 質 と 重 要 性 (1) 異 なる 帰 属 意 識 ( 宗 教 宗 派 民 族 )の 混 在 と 人 為 的 国 境 線 により 国 家 統 治 が 脆 弱 (2)5つの 主 要 勢 力 (サウジ(GCC),エジプト,イラン,イスラエル,トルコ)が

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

幼 児 教 育 は 幼 児 やその 親 へのアプローチにより 栄 養 失 調 や 予 防 可 能 な 病 気 の 危 険 に 直 面 する 子 どもを 守 り 精 神 的 身 体 的 社 会 的 発 達 の 基 礎 を 築 く 役 割 を 果 たす これは まさに 発 展 途 上 国 が 直 面 す

幼 児 教 育 は 幼 児 やその 親 へのアプローチにより 栄 養 失 調 や 予 防 可 能 な 病 気 の 危 険 に 直 面 する 子 どもを 守 り 精 神 的 身 体 的 社 会 的 発 達 の 基 礎 を 築 く 役 割 を 果 たす これは まさに 発 展 途 上 国 が 直 面 す 東 京 女 子 大 学 経 済 研 究 第 1 号 2013 年 3 月 卒 業 論 文 要 約 発 展 途 上 国 における 幼 児 教 育 の 意 義 と 課 題 池 田 知 歌 子 序 論 幼 児 i 教 育 とは 0 歳 から 6 歳 ( 国 によっては 8 歳 )の 就 学 前 児 童 に 対 する 教 育 と ケア( 保 育 ) の 双 方 をさす 幼 児 に 対 する 教 育 とは 語

More information

NO.2 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 1. 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 2009 年 の 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 ( 推 計 値 ) 先 進 諸 国 15 (1.5) (100 万 人 ) 近 東 北 アフリカ 42 (4.1) ラテンアメリカ カリブ 海 53 (5

NO.2 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 1. 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 2009 年 の 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 ( 推 計 値 ) 先 進 諸 国 15 (1.5) (100 万 人 ) 近 東 北 アフリカ 42 (4.1) ラテンアメリカ カリブ 海 53 (5 NO.1 2 食 料 不 足 と 食 料 問 題 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 (2) 世 界 の 食 料 問 題 (3) 人 口 爆 発 (4) 食 料 生 産 の 増 大 (5) 不 平 等 な 食 料 分 配 (6) 食 料 自 給 率 NO.2 (1) 途 上 国 の 食 料 不 足 1. 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 2009 年 の 地 域 別 栄 養 不 足 人 口 (

More information

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争 第 31 回 高 畠 ゼミOB OG 会 読 書 会 松 本 健 一 著 日 本 のナショナリズム 2011.3.19 報 告 : 櫛 野 幸 孝 島 嶼 国 家 の 日 本 は 海 洋 によって 囲 まれ 守 られてきた そのため 島 国 の 内 部 を 平 和 で 豊 かで 安 定 した 状 態 に 保 つことが 巧 みである 外 の 世 界 が 秩 序 を 変 えたときには それに 応 じて

More information

水環境に関する政策

水環境に関する政策 論 文 アフリカにおける 開 発 経 済 学 はじめに 内 田 しのぶ 開 発 途 上 国 に 分 類 される 国 はさまざまある その 中 で 現 在 貧 困 の 除 去 が 最 も 必 要 とされて いるのはアフリカではないか なぜなら 現 在 アフリカは 48 カ 国 の 後 発 開 発 途 上 国 (LLDC) の 33 ヶ 国 を 占 め 42 カ 国 の 重 債 務 貧 困 国 (HIPCs)のうち

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

本 保 証 の 適 用 除 外 本 保 証 は 以 下 のものに 適 用 されません a. 誤 用 (Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えた 使 用 を 含 みますが これに 限 るものではありません) 事 故 改 変 Lenovo 所 定 の 設 備 条 件

本 保 証 の 適 用 除 外 本 保 証 は 以 下 のものに 適 用 されません a. 誤 用 (Lenovo が 文 書 にて 認 めた 容 量 および 能 力 を 超 えた 使 用 を 含 みますが これに 限 るものではありません) 事 故 改 変 Lenovo 所 定 の 設 備 条 件 Lenovo 保 証 の 内 容 と 制 限 L814-0010-00 8/2014 第 1 章 共 通 条 項 本 保 証 の 内 容 と 制 限 ( 以 下 本 書 といいます) は 第 1 章 - 共 通 条 項 第 2 章 - 各 国 固 有 の 条 項 および 第 3 章 - 保 証 情 報 により 構 成 されています 第 2 章 には 第 1 章 記 載 の 条 項 を 置 き 換 えた

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

1994年 海外労働情勢

1994年 海外労働情勢 タイは 1986 年 から91 年 までの5ヵ 年 間 ( 第 6 次 経 済 社 会 開 発 計 画 期 間 )に 実 質 経 済 成 長 率 年 平 均 10% 以 上 を 記 録 する 高 度 経 済 成 長 を 達 成 し 92 年 の 実 質 成 長 率 も7.4%( 暫 定 値 )が 見 込 まれており 現 在 も 好 調 な 成 長 を 続 けている しかし 急 速 な 経 済 成 長

More information

イ ワルドプレミアム Vol.32 cover story 改 ロズアップ 安 よ 新 与 要 員 一 方 遣 続 南 ダ 治 安 悪 化 歯 止 状 況 続 平 和 構 築 実 写 真 アフリカ マリ 行 わ2014 年 5 月 29 デ セレモ ニ 様 子 (EA= ) remium Vol.3

イ ワルドプレミアム Vol.32 cover story 改 ロズアップ 安 よ 新 与 要 員 一 方 遣 続 南 ダ 治 安 悪 化 歯 止 状 況 続 平 和 構 築 実 写 真 アフリカ マリ 行 わ2014 年 5 月 29 デ セレモ ニ 様 子 (EA= ) remium Vol.3 新 代 新 読 む 代 読 む 情 報 情 報 説 説 Vol.32 平 和 構 築 状 課 題 2016/9 400 イ ワルドプレミアム Vol.32 cover story 改 ロズアップ 安 よ 新 与 要 員 一 方 遣 続 南 ダ 治 安 悪 化 歯 止 状 況 続 平 和 構 築 実 写 真 アフリカ マリ 行 わ2014 年 5 月 29 デ セレモ ニ 様 子 (EA= ) remium

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

Microsoft Word - 20130115013.docx

Microsoft Word - 20130115013.docx 参 議 院 選 挙 制 度 の 改 革 1 票 の 較 差 定 数 是 正 問 題 を 中 心 として 総 務 委 員 会 調 査 室 さとう 佐 藤 けんすけ 研 資 1.はじめに 平 成 24 年 11 月 ( 第 181 回 国 会 ) 参 議 院 の 選 挙 区 選 出 議 員 の 定 数 を4 増 4 減 して1 票 の 較 差 を 是 正 する 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正

More information

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 調 査 対 象 全 国 0 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数,680 人 ( 回 収 率 56.0%) 平 成 7 3 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 時 期 平 成 7 8 日 ~ 8 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 自 衛 隊

More information

PDF用.indd

PDF用.indd フィンランド Greenland (DNK) スウェーデン Murmansk IICELAND CELAND vik Reykjavik NORWAY NORW O ORWAY Oslo Stockholm フランス CANADA LITHUANIA Kobenhavn Dublin Berlin Moscow Minsk Warszawa BELARUS IRELAND IRELAN AND Calgary

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

国際ダイヤル通話料金(KDDI-IP電話(050番号サービス)) | KDDI 国際電話は001

国際ダイヤル通話料金(KDDI-IP電話(050番号サービス)) | KDDI 国際電話は001 アフガニスタン AFGHANISTAN 93 213-4:30 アラブ首長国連邦 UAE 971 113-5 イエメン YEMEN 967 159-6 イスラエル ISRAEL 972 113-7 イラク IRAQ 964 227-6 イラン IRAN, ISLAMIC REPUBLIC OF 98 227-5:30 インド INDIA 91 105-3:30 インドネシア INDONESIA 62

More information

政 府 運 営 施 設 のネットワークにおける 数 千 のシリア 人 の 継 続 的 拘 禁 を 非 難 しまた 六 項 目 提 案 の 第 4 および6 項 に 反 して 集 会 の 自 由 がないことを 憂 慮 し そして 恣 意 的 に 拘 留 した 人 々の 解 放 の 歩 調 と 規 模

政 府 運 営 施 設 のネットワークにおける 数 千 のシリア 人 の 継 続 的 拘 禁 を 非 難 しまた 六 項 目 提 案 の 第 4 および6 項 に 反 して 集 会 の 自 由 がないことを 憂 慮 し そして 恣 意 的 に 拘 留 した 人 々の 解 放 の 歩 調 と 規 模 安 全 保 障 理 事 会 S/2012/538 配 布 : 一 般 2012 年 7 月 19 日 原 文 : 英 語 フランス ドイツ ポルトガル グレートブリテン 及 び 北 アイルランド 連 合 王 国 およびアメリカ 合 衆 国 : 決 議 案 安 全 保 障 理 事 会 は 安 保 理 決 議 2043(2012)および 2042(2012) 並 びに 2011 年 8 月 3 日 2012

More information

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生 職 人 生 と 労 働 時 間 をめぐる 諸 課 題 はじめに 井 戸 和 男 いわゆるバブル 経 済 が 崩 壊 し 極 めて 厳 しいグローバルな 競 争 下 において 企 は 生 き 残 りをかけて リ ストラクチャリングを 行 ってきた その 主 な 方 法 の 一 つが 人 件 費 の 抜 本 的 削 減 であった これまで 日 本 型 経 営 といわれた 経 営 のあり 方 を 根 本

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション アフリカへの 新 しい 視 座 平 成 27 年 5 月 経 済 産 業 省 通 商 政 策 局 中 東 アフリカ 課 0.アフリカ 関 連 施 策 実 施 状 況 1 外 務 省 作 成 資 料 2 外 務 省 作 成 資 料 3 TICADVのコミットメントの 具 体 化 として モザンビークの 北 中 西 部 の 資 源 ( 天 然 ガス 石 炭 )を 背 景 とした 発 展 可 能 性 に

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

アフリカビジネスに 関 する 基 礎 的 調 査 報 告 書 平 成 25 年 3 月 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 アフリカビジネスに 関 する 基 礎 的 調 査 報 告 書 目 次 1.はじめに... 1 2. 事 業 実 施 方 法... 2 3.アフリカ 市 場... 4 3.1. 人 口 の 推 移 予 測... 4 3.2.GDPの 推 移 見 通 し(アフリカは 今

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

目次

目次 目 次 会 長 あい.2P What is TRPG~TRPG あ?~..3~4P TRPG 紹 記...4~12P 現 代 術 RPG 神 4P ョ RPG...5P RPG 6P ワ 2.0 8P SW SW2.0 方 法...10P 永 い 日 談...11P 編 記...13P 1 会 長 あい 文 書 電 気 通 信 大 学 非 電 源 研 究 会 会 長 S 最 物 私 書 3 間 前

More information

Microsoft Word - 博論要旨3.doc

Microsoft Word - 博論要旨3.doc 戦 時 経 済 体 制 の 構 想 と 展 開 -アジア 太 平 洋 戦 争 の 経 済 思 想 史 的 分 析 - ( 要 旨 ) 荒 川 憲 一 序 章 問 題 意 識 と 視 角 - 戦 時 経 済 体 制 と 合 理 性 - 本 研 究 の 目 的 は 戦 時 経 済 思 想 を 考 えることである ここでいう 戦 時 経 済 とは 政 府 が 戦 争 を 遂 行 するために 市 場 に 統

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

2 頁 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 際 段 階 - 附 属 書 K 標 準 ST.3 国 家,その 他 の 組 織 及 び 政 府 間 機 関 を 表 示 するための2 文 字 コードの 標 準 に 関 する 勧 告 2015 年 2 月 21 日 の 通 信 による WIPO 標 準

2 頁 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 際 段 階 - 附 属 書 K 標 準 ST.3 国 家,その 他 の 組 織 及 び 政 府 間 機 関 を 表 示 するための2 文 字 コードの 標 準 に 関 する 勧 告 2015 年 2 月 21 日 の 通 信 による WIPO 標 準 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 際 段 階 - 附 属 書 K 1 頁 K K 附 属 書 Kは,PCTに 基 づく 国 際 出 願 に 関 する 書 類 中 において, 国 家,その 他 の 組 織 及 び 政 府 間 機 関 ( 及 びその 官 庁 )を 表 示 するため 使 用 が 認 められている 略 称 及 び2 文 字 コー ドのリストを 含 む このリストはWIPO 標 準 ST.3で

More information

POPL PL 58 4 5 小 集 1 局 圧 倒 歴 史 遍 掲 延 超 依 然 未 未 死 恩 着 護 公 財 供 役 割 調 迫 調 映 没 捉 歴 史 局 遷 没 例 徴 限 英 質 名 位 疑 巨 位 明 蓄 積 圏 遠 望 押 奪 始 捉 妥 過 去 冷 然 注 述 ざ 仕 害 和 害

POPL PL 58 4 5 小 集 1 局 圧 倒 歴 史 遍 掲 延 超 依 然 未 未 死 恩 着 護 公 財 供 役 割 調 迫 調 映 没 捉 歴 史 局 遷 没 例 徴 限 英 質 名 位 疑 巨 位 明 蓄 積 圏 遠 望 押 奪 始 捉 妥 過 去 冷 然 注 述 ざ 仕 害 和 害 POPL PL 58 2 3 小 集 1 局 藤 羊 宣 昨 号 ォ ポ 誌 稿 merica s Pacific Century ホ ハ ウ 序 針 維 優 課 ustaining U.. global leadership: priorities for 21 st century defense 呼 貫 章 正 繁 栄 熟 造 小 集 1 局 小 集 1 局 絶 造 助 導 ょ 括 度 挟 倍

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警 ご 異 議 なしと 認 め よって 本 案 は 原 案 の 通 り 可 決 する 事 に 決 定 いたしました 日 程 第 19 請 願 第 1 号 日 本 を 海 外 で 戦 争 する 国 にする 立 法 案 の 廃 案 へ の 意 見 書 の 提 出 を 求 める 請 願 書 を 議 題 といたし これより 先 ほどの 委 員 長 報 告 に 対 する 質 疑 を 開 始 いたし ( 質 疑 なし

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9B964082A982E795BD986182C688C0915395DB8FE182F08D6C82A682E9> 憲 法 から 平 和 と 安 全 保 障 を 考 える 日 本 の 未 来 はどうなるか? 関 西 学 院 大 学 法 学 部 長 岡 徹 一 統 幕 内 部 文 書 の 衝 撃 1 ガイドラインこそが 防 衛 当 局 にとっての 最 高 法 規 4.27 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 第 3 次 ガイドライン 合 意 4.29 安 倍 首 相 米 議 会 演 説 安 保 法 制 の

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

2010-14表紙横.eps

2010-14表紙横.eps 本 報 告 言 について 本 報 告 書 は 東 京 財 団 地 方 議 会 改 革 研 究 における 研 究 成 果 である プロジェクトのメン バーは 以 下 の 通 り リーダー 中 尾 修 東 京 財 団 研 究 員 メンバー 大 沼 瑞 穂 東 京 財 団 研 究 員 兼 政 策 プロデューサー 協 力 本 田 正 美 東 京 大 学 大 学 院 学 際 情 報 学 府 博 士 課 程

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

子 どもたちの ための 前 進 第 8 号 子 どもの 保 護 に 関 する 報 告 2009 年 9 月 子 どもたちの ための 前 進 第 8 号 子 どもの 保 護 に 関 する 報 告 2009 年 9 月 目 次 はじめに 1 序 2 世 界 の 概 観 4 出 生 登 録 5 子 どもに 対 する 暴 力 7 児 童 婚 10 FGM/C( 女 性 器 切 除 ) 12 児 童 労 働

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健 都 道 府 県 各 保 健 所 設 置 市 特 別 区 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 健 感 発 0 9 1 8 第 9 号 平 成 27 年 9 月 18 日 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 ( 公 印 省 略 ) エボラ 出 血 熱 の 国 内 発 生 を 想 定 した 対 応 について エボラ 出 血 熱 については 平 成 26 年 11 月 21 日

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

フェスティバル 想定問答集

フェスティバル 想定問答集 採 用 についての FAQ(よくある 質 問 ) 目 次 1 JICS の 組 織 1 (1) 一 般 財 団 法 人 1 (2)JICS の 設 立 1 (3)JICS の 組 織 構 成 2 2 JICS の 職 員 2 3 職 員 の 待 遇 勤 務 状 況 3 4 JICS 職 員 募 集 4 (1) 求 める 人 材 像 および 入 団 後 のキャリア 4 (2) 職 員 の 募 集 (

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

32 証 券 ビュ 56 巻 4 号 東 断 ベ 展 望 挙 げ 月 投 票 流 ウ 半 破 綻 銀 財 策 巡 周 縁 諸 立 ハ ズ 昇 七 ペ ガ 治 不 安 ォ ワ ゲ 事 件 ミ ュ ウ 論 ハ ガ 反 反 東 拡 付 能 不 全 ゆ 私 裂 不 和 廃 棄 べ 脅 威 捉 べ 会 ぐ 崩

32 証 券 ビュ 56 巻 4 号 東 断 ベ 展 望 挙 げ 月 投 票 流 ウ 半 破 綻 銀 財 策 巡 周 縁 諸 立 ハ ズ 昇 七 ペ ガ 治 不 安 ォ ワ ゲ 事 件 ミ ュ ウ 論 ハ ガ 反 反 東 拡 付 能 不 全 ゆ 私 裂 不 和 廃 棄 べ 脅 威 捉 べ 会 ぐ 崩 31 : 型 田 素 香 講 演 依 頼 受 際 催 者 状 将 来 展 望 骨 太 話 ほ 梓 反 乱 内 容 沿 話 骨 太 話 果 型 話 手 元 ュ 配 最 初 月 ィ ナ ズ ニ ヴ ォ ガ ミ ュ ウ 書 概 要 げ 又 断 べ 南 北 断 ケ ィ 懐 疑 者 ァ 推 者 断 社 会 ベ 裁 32 証 券 ビュ 56 巻 4 号 東 断 ベ 展 望 挙 げ 月 投 票 流 ウ 半 破 綻

More information

聞 催 始 講 演 側 京 久 文 冒 調 講 演 険 水 感 摘 後 ガ 険 摘 取 巻 難 山 積 踏 改 宜 稿 概 紹 介 ピ 歴 敬 称 順 Strobe Talbott 卒 ォ 奨 誌 入 ワ 局 兼 編 副 幹 無 任 使 兼 振 興 独 I S 担 務 官 特 別 顧 務 副 官 職

聞 催 始 講 演 側 京 久 文 冒 調 講 演 険 水 感 摘 後 ガ 険 摘 取 巻 難 山 積 踏 改 宜 稿 概 紹 介 ピ 歴 敬 称 順 Strobe Talbott 卒 ォ 奨 誌 入 ワ 局 兼 編 副 幹 無 任 使 兼 振 興 独 I S 担 務 官 特 別 顧 務 副 官 職 聞 催 始 講 演 側 京 久 文 冒 調 講 演 険 水 感 摘 後 ガ 険 摘 取 巻 難 山 積 踏 改 宜 稿 概 紹 介 ピ 歴 敬 称 順 Strobe Talbott 卒 ォ 奨 誌 入 ワ 局 兼 編 副 幹 無 任 使 兼 振 興 独 I S 担 務 官 特 別 顧 務 副 官 職 専 門 欧 州 The Great Experiment: The Story of Ancient

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション IPCCシンポジウム, 兵 庫 県 神 戸 市, 平 成 28 年 1 月 28 日 気 候 変 動 適 応 策 の 最 近 の 動 向 について 環 境 省 地 球 環 境 局 研 究 調 査 室 長 竹 本 明 生 - 目 次 - 1. 地 球 温 暖 化 ( 削 減 ) 対 策 について 2. 気 候 変 動 の 影 響 への 適 応 について COP21におけるパリ 協 定 の 採 択 COP21(11

More information

建 設 の 背 景 ベルリンは 全 域 が 東 ドイツの 中 に 含 まれており 西 ドイツとは 完 全 に 離 れていた そしてベルリン 東 側 はドイツ 国 第 三 帝 国 当 時 から 分 断 後 も 引 き 続 いて 東 ドイツの 首 都 であったのである つま り 東 ドイツに 囲 まれて

建 設 の 背 景 ベルリンは 全 域 が 東 ドイツの 中 に 含 まれており 西 ドイツとは 完 全 に 離 れていた そしてベルリン 東 側 はドイツ 国 第 三 帝 国 当 時 から 分 断 後 も 引 き 続 いて 東 ドイツの 首 都 であったのである つま り 東 ドイツに 囲 まれて ベルリンの 壁 第 二 次 世 界 大 戦 後 に ドイツは 米 英 仏 占 領 地 域 を 資 本 主 義 を 名 目 とした 西 ドイツと ソ 連 占 領 地 域 を 共 産 主 義 を 名 目 とした 東 ドイツ に 分 断 された ベルリ ンは 都 市 自 体 が 米 英 仏 ソ 連 によって 分 割 占 領 されたが 米 英 仏 の 占 領 地 域 である 西 ベルリンは 周 囲 を 全

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information