P27-36_④山本広志.ec8

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "P27-36_④山本広志.ec8"

Transcription

1 山 形 大 学 紀 要 ( 工 学 ) 第 32 巻 平 成 山 22 本 年 :MTAから 2 月 見 たSPAMメールの 特 徴 27 Bul.YamagataUniv.(Eng.)Vol.32Feb.2010 MTAから 見 たSPAMメールの 特 徴 山 本 広 志 地 域 教 育 文 化 学 部 TheFeaturesoftheSpam sfrom theviewpointofmta YAMAMOTOHiroshi FacultyofEducation,ArtandScience ( 平 成 21 年 9 月 30 日 受 理 ) Abstract Inanatempttoinvestigatethefeaturesofspam sfrom theviewpointofmta,experimentswere madein2009withfiverealserversinstaledinjapanandadomainnameunder.jp.ithasbeenfoundthat notonlydidagroupofspam sariveattheserverwithahighmx priorityinthedns,butalso anotherdidattheonewithalowmx priorityincomparablenumbersandtheremainingmailsattheother witha recordinonefewernumberofdigits.99.99% ofthesespam scameviaipv4whereasonly 0.01% viaipv6.thecountriesoforiginwheretheiripaddreseswereasignedtomostwerebrazil,korea, Vietnam,ChinaandIndiaindescendingorder.Thesefivecountriesmadeup42% ofal.19% ofenvelope from domainsinthespam swereidentifiedasthedestinationdomain.51% ofthem hadtheirexistent domains,butwerenotreachable addreses.reachableaddreseswere27% ofal.althoughspfand SenderIDwereregisteredin31% and35% ofdomainsrespectively,domainkeysanddkim werelesthan 0.05%.Inoneoftheexperimentsinwhichgreetpausewasset,about50% connectionsweredisconnected within10seconds.afterthat,thefrequencyofaccumulateddisconnectionsincreasedinastair-stepfashion untilalmostalwereeventualydisconnectedwithin120seconds. 1. 序 インターネットの 商 業 利 用 が 解 禁 されて 以 降, SPAMメール( 迷 惑 メール)は 人 々を 悩 ませ 続 け ている. 年 々 増 大 するSPAMメールはインター ネットに 関 連 する 資 源 を 浪 費 し, 人 々の 時 間 を 浪 費 し 人 々を 不 愉 快 にし,さらには 莫 大 な 経 済 的 損 失 をもたらしている.そのためSPAMメールを 排 除 する 目 的 で 様 々な 対 策 の 提 案 や 実 行 がなされて きた. 初 期 には 単 純 な 方 法, 例 えばIPアドレスや メールアドレスのブラックリストとホワイトリス ト, Viagra のようなキーワードで 排 除 する 方 法 が 有 効 だった.しかし 対 策 が 普 及 するとSPAM メール 送 信 者 は 対 策 をかいくぐる 方 法 を 考 え,イ タチごっこになっている. 1) SPAMメール 対 策 はサーバ 管 理 者 がMTAで 行 うもの,ネットワーク 管 理 者 がパケットフィルタ や 帯 域 制 限 で 行 うもの, 利 用 者 がMUAで 行 うもの に 大 別 される.ネットワーク 管 理 者 が 行 う 対 策 と しては25/tcpのフィルタ(OP25B)が 普 及 しつつ ある.これはMTAを 持 つネットワーク 利 用 者 に 著 しい 不 便 を 強 いることになるが,SPAMやワーム の 被 害 があまりにひどいためにやむを 得 ないと 考 えられている.MUAでの 対 策 としては 学 習 機 能 付 SPAMフィルタが 普 及 しつつあり, 一 定 の 効 果 を 上 げている.そして 本 稿 ではMTAで 行 う 対 策 を 詳 しく 取 り 上 げる.

2 28 山 形 大 学 紀 要 ( 工 学 ) 第 32 巻 平 成 22 年 2 月 近 年 普 及 しつつあり 今 のところ 一 定 の 有 効 性 が 期 待 できるMTAでの 主 なSPAMメール 対 策 には, 送 信 ドメイン 認 証,Greylisting,GreetPause, 送 信 者 アドレス 検 証 が 挙 げられる. まず, 送 信 ドメイン 認 証 はIPアドレスによる 方 法 と 電 子 署 名 による 方 法 に 大 別 される.IPアドレ スによる 方 法 にはSPFとSenderIDがある.SPF (SenderPolicyFramework) 2) では 各 ドメイン 管 理 者 が, 自 分 のドメイン 発 のメールを 発 信 するIP アドレスを 予 めDNSに 登 録 しておく. 受 信 側 MTA はその 登 録 情 報 とSMTPの 接 続 元 IPアドレスをリ アルタイムで 比 較 することによって, 送 信 者 メー ルアドレスが 詐 称 かどうかを 判 定 する. SenderID 3) はSPFと 互 換 性 があり, 違 いは 少 な い. 主 な 違 いはSPFが 発 信 者 ドメインとしてエン ベロープfromを 利 用 するのに 対 し,SenderIDは 発 信 者 ドメインをヘッダから 取 得 することである. IPアドレスによる 送 信 ドメイン 認 証 は 送 信 側 の 設 定 が 極 めて 簡 単 という 利 点 がある 一 方,メール 転 送 に 対 応 できないという 弱 点 がある. 各 利 用 者 のメール 転 送 設 定 全 体 をMTA 管 理 者 が 把 握 する ことは 極 めて 困 難 と 言 える. 一 方, 電 子 署 名 による 送 信 ドメイン 認 証 は 接 続 元 IPアドレスを 用 いないため, 転 送 による 影 響 を 受 けない. 各 ドメイン 管 理 者 は 予 め 電 子 署 名 に 必 要 な 秘 密 鍵 と 公 開 鍵 を 作 成 し, 公 開 鍵 をDNSに 登 録 しておく.そしてメールの 送 信 時 にMTAから 呼 び 出 されたプログラムがメールの 内 容 と 秘 密 鍵 を 使 って 自 動 的 に 署 名 をヘッダに 付 加 する. 受 信 側 ではヘッダの 署 名 と 公 開 鍵 を 使 って 送 信 者 メールアドレスが 詐 称 かどうかを 判 定 する. メールの 内 容 が 変 更 されれば 当 然 署 名 も 変 わるた め,SPAM 送 信 者 が 正 当 な 署 名 を 流 用 しても 詐 称 と 判 定 できる. 電 子 署 名 による 送 信 ドメイン 認 証 のうち DomainKeys 4) は 署 名 のないメールへの 対 応 が 規 定 されていなかった.この 弱 点 を 改 良 したのが DKIM(DomainKeysIdentifiedMail) 5) で,DKIM は 署 名 のないメールについても 公 開 鍵 と 共 に 予 め 登 録 されたポリシを 参 照 することによって 詐 称 と 判 定 することが 可 能 になった.しかし, 電 子 署 名 による 送 信 ドメイン 認 証 はIPアドレスによる 方 法 に 比 べて 送 信 側 ドメインの 設 定 が 簡 単 ではなく, 普 及 しにくいという 欠 点 がある. 送 信 側 ドメイン の 設 定 がなければ 受 信 側 で 苦 労 して 設 定 しても 全 く 効 力 がない. 次 のGreylisting 6) は 認 証 とは 全 く 異 なる 視 点 に 基 づいている.SPAMメール 送 信 者 は 短 時 間 に 大 量 のメールを 送 り 付 けることを 重 視 するため, 通 常 のMTAとは 異 なり 一 時 的 エラー(4.x.x)で 送 れなくても 再 送 しない 場 合 が 多 い.この 習 性 を 利 用 し, 最 初 の 何 回 かの 接 続 では 必 ず 一 時 的 エラー (4.x.x)を 返 すように 受 信 側 MTAを 設 定 し, 相 手 に 再 送 を 促 す. 相 手 が 通 常 のMTAであれば 一 定 時 間 後 に 再 送 されるため, 一 定 の 遅 延 でメールを 受 け 取 ることができる. 欠 点 としては 遅 延 の 他 に, 善 良 な 相 手 にも 負 荷 をかけるということと, 障 害 等 の 際 にメールを 受 け 取 れない 確 率 が 高 まるとい うことが 挙 げられる. また,GreetPause 7) もSPAMメール 送 信 者 の 性 質 を 利 用 している.SMTP 接 続 の 冒 頭 で 応 答 (Greeting)を 送 るまでに 受 信 側 MTAがわざと 遅 延 を 挿 入 する.SPAMメール 送 信 者 は 短 時 間 に 大 量 のメールを 送 り 付 けることを 重 視 するため, 比 較 的 短 い 時 間 であきらめてしまう 場 合 が 多 い.こ れに 対 して 通 常 のMTAは 数 分 間 待 つことができ, 若 干 の 遅 延 でメールを 受 け 取 ることができる. 欠 点 としては, 善 良 な 相 手 にも 負 荷 をかけるという ことと,SPAMメール 以 外 でも 短 時 間 しか 待 てな いSMTP 接 続 が 現 実 には 来 るということが 挙 げら れる. 最 後 に 送 信 者 アドレス 検 証 8) は,SMTP 接 続 を 受 けた 際 にリアルタイムでMAILFROM:アドレ スにSMTP 接 続 を 行 い, 送 信 者 メールアドレスの 有 効 性 を 確 認 する 方 法 である.メールアドレスの 詐 称 を 判 定 することは 原 理 的 にできないが, 無 効 なメールアドレスを 検 出 することはできる. 欠 点 としては,ドメインを 詐 称 された 相 手 に 執 拗 なプ ローブを 行 う 結 果 となりがちであることが 挙 げら れる. 以 上 のようにSPAMメール 対 策 の 技 術 にはそれ ぞれ 一 長 一 短 があり, 複 数 の 方 法 を 組 み 合 わせて 試 行 錯 誤 を 重 ねているのが 現 状 である. 9) SPAM フィルタリングの 研 究 は 多 くある 1) が,MTAから の 視 点 で 見 たSPAMメールの 特 徴 を 分 析 した 研 究 は 数 少 ない. 10)

3 山 本 :MTAから 見 たSPAMメールの 特 徴 実 験 方 法 序 で 述 べた 幾 つかのSPAMメール 防 止 技 術 を 意 識 しつつ,SPAMメールの 特 徴 を 分 析 するため, 以 下 の 実 験 を 行 った. PCを5 台 用 い,Linux2.6をOSとする 実 験 用 サーバを 構 築 した. 実 験 用 サーバはIPv4および IPv6インターネットの 双 方 に 日 本 国 内 で 接 続 し, 5 台 がそれぞれ 異 なるパブリックIPアドレスを 有 する. SPAMメールを 受 信 する 実 験 用 ドメイン 名 は, 末 尾 が.jpで10 年 以 上 前 に 使 用 停 止 されたものを 再 利 用 した.ドメインが 使 用 されていた 当 時 は 多 数 の 利 用 者 がいて, 使 用 停 止 後 1 年 間 はメール 転 送 の 措 置 が 講 じられた.その 後 は 全 利 用 者 宛 メー ルが userunknown で 拒 否 される 状 態 のまま 放 置 されていた.この 実 験 用 ドメイン 宛 には 現 在 も 世 界 から 毎 日 数 千 通 のメールが 届 くが,そのほぼ 全 てがSPAMと 考 えられる. 届 いたメールのうち 1,000 通 を 抽 出 して 目 視 検 査 したところ,1,000 通 全 てがSPAMであった. 今 回 の 実 験 にあたって SPAMを 誘 引 するための 新 たな 行 為 は 何 も 行 って いない. 5 台 のサーバには,それぞれ NS1 NS2 A MX10 MX20 という 名 前 を 付 けた.こ れは 実 験 用 ドメイン 名 のDNS 設 定 で,それぞれの サーバが 登 録 されたレコードに 由 来 する. 実 験 用 ドメイン 名 のネームサーバは NS1 サーバと NS2 サーバとし,NSレコードに 登 録 した. A サーバは,AレコードとAAAAレコードの 双 方 に 登 録 した. MX10 サーバと MX20 サーバは MXレコードに 登 録 し, 優 先 順 位 の 値 をそれぞれ 10および20とした.どのサーバもDNSでIPv4アド レスおよびIPv6アドレスの 両 方 が 参 照 できるよ うになっている. 実 験 は2009 年 8 月 ~9 月 に 行 った. 2.1 実 験 1 sendmail8.14.3,sid-milter1.0.0お よびdkimmilter2.8.3を 用 いて5 台 のサーバでSPAMメール を14 日 間 受 信 し,SPAMメールそのものと 伝 送 上 の 特 徴 を 記 録 した. 通 常 のMTAの 設 定 とは 異 なり, 5 台 とも 実 験 用 ドメインを 自 己 宛 と 認 識 しメール を 中 継 せず 自 己 のメールスプールに 格 納 するよう 設 定 した.また,ユーザ 名 と 無 関 係 に 実 験 用 ドメ イン 宛 のメールは 全 て1つのメールボックスに 格 納 されるよう 設 定 した. 従 って userunknown は 発 生 せず,それぞれのサーバで 到 達 した 実 験 用 ド メイン 宛 メール 全 てが 宛 先 ユーザ 名 と 関 係 なく 同 じメールボックスに 格 納 される. この 際,sid-milterがSenderIDとSPFを 確 認 し ログに 記 録 する.ただし, 受 信 拒 否 は 行 わない. さらにdkim-milterがDomainKeysとDKIMの 検 証 結 果 を 記 録 する.こちらも 受 信 拒 否 は 行 わない. なお,dkim-milterはdk-milter1.0.2のライブラリ を 組 み 込 んでコンパイルした. 実 験 用 ドメイン 自 身 では, 全 てのIPアドレスでSPFにfailを 設 定 した. ("v=spf1-al") 実 験 用 ドメインからメールの 発 信 は 行 わない. 実 験 用 ドメイン 自 身 のDomainKeys とDKIMには 何 も 設 定 しなかった. また, 自 己 認 証 の 電 子 証 明 書 を 作 成 し, STARTTLSを 受 け 付 けるようにもした. 2.2 実 験 2 postfix2.6.3を 用 いてGreetingを 出 す 前 に240 秒 のGreetPauseをかけ, 接 続 の 様 子 を7 日 間 ログ に 記 録 した.postfixはpostfix-sleep.patchを 当 てて コンパイルしたので, 接 続 が 切 断 されるまでの 時 間 を 記 録 することができる. 切 断 されるまでの 時 間 が 正 しく 記 録 されることはtelnetlocalhost25 を 使 って 手 動 で 確 認 した. 2.3 実 験 3 postfix2.6.3を 用 いて7 日 間 SPAMメールを 受 信 し, 送 信 者 アドレス 検 証 を 行 った.postfixはエ ンベロープfromのメールアドレスが 到 達 可 能 か どうかを 自 動 的 に 検 証 し,ログに 記 録 する. user unknown 等 の 理 由 でエンベロープfromが 到 達 不 能 の 場 合 でも 受 信 拒 否 は 行 わなかった. 3. 結 果 および 検 討 3.1 SPAMメールの 数 と 大 きさ 実 験 1で 到 達 したSPAMメールの 数 と 大 きさを Table1にまとめた. 通 常 の 電 子 メールであれば MX10 サーバに 集 中 して 到 達 するはずであるが, 実 際 には MX10 サーバに 匹 敵 する 数 が MX20 サーバにも 到 達 していた.これはMXで 優 先 度 の 低 いメールサーバはSPMA 対 策 の 遅 れている 場 合 があり,その 弱 点 を 狙 っていると 考 えられる.ま た,MTAの 通 常 の 振 る 舞 いとは 異 なり A サー

4 30 山 形 大 学 紀 要 ( 工 学 ) 第 32 巻 平 成 22 年 2 月 Table 1 Quantitative data ofreceived spams (Experiment1) 1 1 [ ] [ ] [ ] [ ] [ ] NS1 0 0 NS2 0 0 A 2,295 5,803,399 2, , MX10 18, ,365,068 6, , MX20 17,817 79,672,785 4, , , ,841,252 5, , バに 到 達 したSPAMメールもあった. 敢 えてAレ コードに 登 録 されたIPアドレスに 送 る 理 由 は DNS 検 索 の 時 間 を 節 約 するためであろうか. SPAMメール 送 信 は 短 時 間 に 如 何 に 大 量 のメール を 送 り 付 けるかが 勝 負 であり, 送 信 者 がDNS 検 索 の 時 間 を 少 しでも 節 約 したいと 考 えたとしても 不 思 議 ではない.Aレコードに 登 録 されているアド レスにメールを 送 っても 正 しく 届 くとは 限 らない が, 実 際 には 届 く 場 合 が 多 いということを 反 映 し た 結 果 と 考 えられる.それに 対 して NS1 サー バと NS2 サーバに 到 達 したSPAMメールは 皆 無 であった.これは,ネームサーバはメールサー バと 分 離 されている 例 が 多 いため,わざわざネー ムサーバにSPAMメールを 送 り 付 けるのは 効 率 が 悪 いことの 現 れと 考 えられる. SPAMメールの 大 きさに 着 目 すると, MX10 サーバに 到 達 したSPAMメールの1 通 の 平 均 の 分 量 (ヘ ッ ダ を 含 む)が6.4kBであるのに 対 し, MX20 サーバは4.5kB, A サーバは2.5kBと 差 が 出 た.MXで 優 先 度 の 低 いメールサーバは 弱 点 が 狙 える 一 方, 大 きすぎるメールの 中 継 が 拒 否 される 場 合 がある. 従 って 大 きなSPAMメールは MXで 優 先 度 の 高 いメールサーバに 直 接 送 り 付 け た 方 が 有 利 であるということの 現 れと 考 えられる. 事 実 1 通 の 最 大 分 量 を 見 ると, MX10 サーバに 到 達 したSPAMメールは 最 大 で580kBもあり, 他 のサーバの 最 大 値 より1 桁 大 きい. A サーバに 到 達 したSPAMメールは 前 述 のように 時 間 の 節 約 を 強 く 意 識 した 送 信 者 によるものと 推 測 されるの で,その 結 果 として1 通 当 たりの 分 量 が 最 も 小 さ くなっていると 考 えられる.なお, 全 体 の 平 均 は 5.3kBだった. 到 達 したメールのうちMAILER-DAEMONから のものが 全 部 で5 通 あった.これらを 目 視 で 確 認 したところ,4 通 はバックスキャッタと 判 断 でき たが, 残 り1 通 は 発 信 元 メールアドレスを 詐 称 し たSPAMメールだった. また,DATA 部 が 空 のSPAMメールが MX10 サーバに387 通, MX20 サーバに368 通 到 達 した. DATAコマンドが 完 了 しないとメール 送 信 が 有 効 にならないことから, 空 のDATA 部 が 送 られて 来 ていることになる.わざわざ 広 告 効 果 のない SPAMメールを 送 る 意 図 は 明 らかではないが, メールアドレスの 有 効 性 を 確 かめている 可 能 性 が ある. 3.2 IPのバージョン 実 験 1でSPAMメールに 使 用 されたIPのバー ジョンは,ほとんど 全 て(99.99%)がIPv4で,IPv6 は4 通 (0.01%)しかなかった.IPv6で 到 達 でき る 宛 先 がまだ 少 数 派 である 現 状 から 考 えれば 当 然 の 結 果 と 言 える.IPv6で 到 達 した4 通 のヘッダを 目 視 で 確 かめたところ, 欧 州 のインターネット 接 続 業 者 と 北 米 の 大 学 のメールサーバが 接 続 元 だっ た.SPAMメール 送 信 者 が 自 らIPv6を 使 用 した 訳 ではなく,IPv6に 対 応 した 善 意 のMTAが 悪 用 され た 結 果 と 考 えられる.4 通 は 全 て MX10 サー バに 到 達 しており, 他 のサーバにIPv6で 到 達 した SPAMメールはなかった. ただ, 今 まではIPv6がほとんど 悪 用 されていな いためIPv6に 対 するセキュリティの 甘 いサーバ があり, 今 後 IPv6が 普 及 する 過 程 でIPv6を 使 用 し たSPAMメールや 攻 撃 が 一 気 に 流 行 する 可 能 性 が ある. 3.3 接 続 元 IPアドレス 実 験 1で 接 続 元 IPアドレスの 配 布 先 を 国 別 に 集 計 した.その 結 果 をTable2に 示 す.この 集 計 はド メイン 名 とは 無 関 係 に, 各 RIRが 公 表 している 割 当 国 を 元 にした. 接 続 件 数 上 位 5ヶ 国 のブラジル, 韓 国,ベトナ ム, 中 国,インドで 全 体 の42%を 占 めている. 日 本 は36 位 で 全 体 の0.5%に 過 ぎなかった. 3.4 HELO 実 験 1でSPAMメール 送 信 者 (クライアント) からHELOまたはEHLOで 送 られて 来 た SMTPク ライアントのFQDN を 分 析 した. 結 果 をTable 3に 示 す. 規 則 通 りにクライアントFQDNが 送 信 さ

5 山 本 :MTAから 見 たSPAMメールの 特 徴 31 Table2 Connectionorigins(Experiment1) [%] 1 4, , , , , , , , れて 来 たのは 半 数 以 下 に 過 ぎず,SPAMメールに 特 徴 的 な 傾 向 が 現 れた. MX10 サーバと MX20 サーバの 傾 向 は 比 較 的 似 通 っていて, 規 則 通 りのクライアント FQDNはそれぞれ36%と42%だった. 次 に 多 いの が. (ドット)のない 名 前 で,それぞれ26%と 32%あった.この 中 には localhost が 全 体 の2% 前 後 含 まれる.3 番 目 に 多 いのがクライアントIP アドレスで,それぞれ11%と5%あった.4 番 目 に 多 いのはサーバIPアドレスの4%で,これは 明 らかに 趣 旨 に 反 する. 送 信 者 メールアドレスや 宛 先 メールアドレスのドメイン 部 分 の 流 用 は 少 なく, どれも1% 未 満 だった. 一 方, A サーバに 到 達 した 分 は 大 きく 傾 向 が 異 なり,クライアントIPアドレスが 実 に81%を 占 めた.2 番 目 に 多 いのが 規 則 通 りのクライアント FQDNで,11%だった. 敢 えて 通 常 と 異 なる 動 作 でAレコードのアドレスにメールを 送 るシステム は 種 類 が 限 られ, 特 定 のものが 高 頻 度 で 使 用 され Table 3 Clientnames by means ofhelo or EHLO (Experiment1) HELO/EHLO MX10 MX20 A FQDN ( ) 6,612 (35.8%) 7,480 (42.0%) 254 (11.1%) 14,346 (37.2%) IP 2,099 (11.4%) 825 (4.6%) 1,862 (81.1%) 4,786 (12.4%) from 158 (0.9%) 5 (0.0%) 0 (0.0%) 163 (0.4%) From 58 (0.3%) 5 (0.0%) 0 (0.0%) 63 (0.2%). 4,883 (26.4%) 5,604 (31.5%) 29 (1.3%) 10,516 (27.3%) localhost 332 (1.8%) 444 (2.5%) 11 (0.5%) 787 (2.0%) FQDN 0 (0.0%) 1 (0.0%) 0 (0.0%) 1 (0.0%) IP 795 (4.3%) 775 (4.3%) 0 (0.0%) 1,570 (4.1%) 8 (0.0%) 8 (0.0%) 71 (3.1%) 87 (0.2%) ているのではないかと 推 測 される. 一 般 にはHELO EHLOで 名 乗 られるクライア ントFQDNが 真 正 でないからと 言 ってメール 受 信 を 拒 否 してしまうことは 勧 められないが, 組 織 の 外 部 からサーバIPアドレスを 名 乗 るような 接 続 は SPAMメールと 断 定 して 差 し 支 えないと 思 われる. これに 対 して localhost やその 他 の. (ドッ ト)のない 名 前 は, 善 意 のMTAの 設 定 誤 りという 可 能 性 を 排 除 できない. 3.5 TLS 実 験 1で 到 達 時 にTLSが 使 用 されたSPAMメー ルは67 通 (0.2%)に 過 ぎず,ほとんど(99.8%) はTLSが 使 用 されなかった.TLSを 使 用 したこと が 点 数 化 されSPAMメールフィルタにおいて 有 利 に 働 く 可 能 性 はあるものの, 実 際 にはTLSがほと んど 使 用 されないことから, 有 利 な 効 果 はほとん どないと 推 測 される. なお,TLSの 使 用 された67 通 全 てがMXで 優 先 度 の 高 い MX10 サーバに 到 達 していた.ヘッ ダを 目 視 して 確 認 するとTLSに 対 応 した 善 意 の MTAが 悪 用 されたと 判 断 できる 例 もあったが, SPAMメール 送 信 者 が 自 ら 設 置 したMTAではな いかと 疑 われる 例 も 多 かった. 現 時 点 でSPAM メール 送 信 プログラム(いわゆるSPAM ボットを 含 む)にTLSを 実 装 する 利 点 はほとんどないと 考 えられる. 3.6 送 信 者 メールアドレス 実 験 3で 行 った 送 信 者 アドレス 検 証 の 結 果 を Table4に 示 す.まず,エンベロープfromが 宛 先 ドメインである 実 験 用 ドメインを 詐 称 している SPAMメールが 全 体 の19%あった.バウンスが 出 ないためSPAM 送 信 者 にとっては 面 倒 がない.た

6 32 山 形 大 学 紀 要 ( 工 学 ) 第 32 巻 平 成 22 年 2 月 Table4 Sendermailadresses(Experiment3) Table5 Senderdomains(Experiment3) from MX10 MX20 A user unknown 17,476 (100.0%) 15,136 (100.0%) 26 (100.0%) 32,638 (100.0%) 3,866 (22.1%) 2,388 (15.7%) 2 (7.7%) 6,256 (19.2%) 695 (4.0%) 233 (1.5%) 2 (7.7%) 930 (2.8%) 7,437 (42.6%) 9,201 (60.8%) 22 (84.6%) 16,660 (51.0%) 5,478 (31.3%) 3,314 (21.9%) 0 (0.0%) 8,792 (26.9%) From: 15,739 (90.1%) 12,536 (82.8%) 22 (84.6%) 28,297 (86.7%) From: 1,737 (9.9%) 2,600 (17.2%) 4 (15.4%) 4,341 (13.3%) [%] 1 gmail.com yahoo.com hotmail.com yahoo.co.jp yahoo.cn nifty.com msn.com odn.ne.jp excite.co.jp so-net.ne.jp , , だ, 以 前 はエンベロープfromのドメインが 宛 先 ド メインと 同 一 の 場 合 は 拒 否 されにくい 可 能 性 が あったが, 最 近 は 逆 に 外 部 からのそうしたメール を 拒 否 する 設 定 が 増 えている 可 能 性 はある. 最 も 多 いのは,ドメインは 実 在 するものの userunknown 等 の 理 由 で 到 達 不 能 のアドレス で, 全 体 の51%だった.これもバウンスが 宛 先 か 詐 称 したドメインのpostmasterに 落 ちるので SPAMメール 送 信 者 にとっては 面 倒 がない. 送 信 者 アドレス 検 証 を 実 施 すればSPAMメールを 半 減 できることになるが, 実 運 用 での 送 信 者 アドレス 検 証 には 弊 害 があり, 簡 単 には 実 施 できない.し ばしば 詐 称 される 特 定 のドメインに 対 して 数 多 く の 検 証 を 行 うと, 不 正 なアクセスとみなされる 可 能 性 がある.また,SPAM 以 外 で 送 信 専 用 メール アドレスが 利 用 される 場 合 もある.そのため 実 運 用 で 送 信 者 アドレス 検 証 を 行 っている 例 はあまり 多 くないと 思 われる. 次 に 多 いのはエンベロープfromメールアドレ スが 到 達 可 能 なもので, 全 体 の27%だった.SPAM 送 信 者 がわざわざ 自 分 の 身 元 を 明 らかにする 手 掛 かりを 増 やしたりバウンスを 処 理 する 資 源 を 割 く とは 考 えにくいので, 無 関 係 な 第 三 者 のメールア ドレスを 詐 称 しているか,あるいはフリーメール のアドレスを 使 い 捨 てにしている 可 能 性 がある. どちらの 場 合 も1つのアドレスを 多 用 すればバッ クスキャッタでバウンスメールが 殺 到 することに なる.バウンスでメールボックスが 溢 れ, 短 時 間 で ドメインが 実 在 するものの 到 達 不 能 のアドレ ス になる 可 能 性 が 高 い. 実 際, 実 験 3で 到 達 不 能 だったアドレスには,かつて 有 効 だったものの バウンスによって 無 効 になったアドレスが 含 まれ ると 考 えられる. 最 も 少 なかったのはドメイン 自 体 が 存 在 しない 場 合 で, 全 体 の3%だった.エンベロープfromの ドメインが 存 在 しない 場 合 は 簡 単 に 受 信 拒 否 の 設 定 ができるため,SPAM 送 信 者 が 存 在 しないドメ インを 詐 称 する 割 合 が 低 くなっていると 考 えられ る. 次 に, 使 用 されたエンベロープfromのドメイン をTable5にまとめた. 宛 先 ドメインである 実 験 用 ドメインが 詐 称 された19%を 除 けば 最 も 多 い gmail.comでも0.5%に 過 ぎず, 使 われたドメイン が 広 く 分 散 していることが 分 かる.gmail.comの ように 世 界 で 広 く 使 われているドメインの 他,10 位 までに 日 本 のドメインが5つ 含 まれている. 簡 単 に 受 信 拒 否 されないよう,SPAM 送 信 者 が 宛 先 国 に 応 じて 工 夫 している 様 子 が 伺 える. なお,Table4に 示 したようにエンベロープ from 全 体 の87%はヘッダFrom:と 一 致 していた. 3.7 送 信 ドメイン 認 証 3.6で 述 べたように, 送 信 元 メールアドレスを 実 験 用 ドメインに 偽 装 したメールがかなり 多 かった. そこで 実 験 1の 結 果 から 送 信 元 メールアドレスが 実 験 用 ドメインのものを 除 外 した 後, 各 送 信 ドメ イン 認 証 の 結 果 を 分 析 した. まずSPFの 判 定 結 果 をTable6に 示 す.SPFは 送 信 元 メールアドレスとしてエンベロープfromを 判 定 に 使 用 する.SPFはDNSへの 設 定 が 手 軽 なた め, 送 信 側 設 定 はかなり 普 及 が 進 んでいるという ことが 分 かった. 送 信 元 メールアドレスのドメイ ンにSPF 設 定 のあった, 判 定 結 果 がnone 以 外 の SPAMメールは 全 体 の31%あった.そしてfailと なったのが 全 体 の5%,softfailとなったのが 全 体 の7%だった. 今 回 の 実 験 ではfailとsoftfailは 送 信 ドメイン 詐 称 と 判 断 して 差 し 支 えないと 考 えられ

7 山 本 :MTAから 見 たSPAMメールの 特 徴 33 Table6 SPFresults(Experiment1) Table7 SenderIDresults(Experiment1) SPF MX10 MX20 A fail 829 (8.1%) 466 (3.4%) 120 (5.2%) 1,415 (5.4%) softfail 882 (8.7%) 768 (5.7%) 234 (10.2%) 1,884 (7.2%) neutral 2,035 (20.0%) 1,660 (12.3%) 222 (9.7%) 3,917 (15.1%) pass 586 (5.7%) 171 (1.3%) 0 (0.0%) 757 (2.9%) permerror 52 (0.5%) 70 (0.5%) 0 (0.0%) 122 (0.5%) none 5,811 (57.0%) 10,376 (76.8%) 1,719 (74.9%) 17,906 (68.9%) 10,195 (100.0%) 13,511 (100.0%) 2,295 (100.0%) 26,001 (100.0%) Sender ID MX10 MX20 A fail 545 (5.6%) 641 (5.1%) 121 (5.3%) 1,307 (5.3%) softfail 1,053 (10.8%) 1,274 (10.2%) 235 (10.3%) 2,562 (10.5%) neutral 2,040 (21.0%) 1,598 (12.8%) 222 (9.7%) 3,860 (15.8%) pass 573 (5.9%) 157 (1.3%) 0 (0.0%) 730 (3.0%) permerror 53 (0.5%) 51 (0.4%) 0 (0.0%) 104 (0.4%) none 5,473 (56.2%) 8,744 (70.1%) 1,708 (74.7%) 15,925 (65.0%) 9,737 (100.0%) 12,465 (100.0%) 2,286 (100.0%) 24,488 (100.0%) るが, 一 般 には 利 用 者 がメール 転 送 を 行 っている 場 合 が 多 々あり, 直 ちに 受 信 拒 否 する 訳 にも 行 か ない.MTA 段 階 で 受 信 拒 否 するのではなく,ヘッ ダAuthentication-Results:を 付 加 して 判 定 結 果 の 活 用 を 利 用 者 に 委 ねるのが 適 切 だろう. SPFの 判 定 結 果 がneutralとなったものが 全 体 の15%もあり,SPAM 判 定 に 活 用 したい 立 場 から 見 るとかなり 物 足 りない 設 定 が 多 いと 言 える. 各 ドメイン 管 理 者 も 利 用 者 の 動 向 全 体 はなかなか 掴 みきれず,まずは 無 難 な 設 定 を 行 った 結 果 と 考 え られる.また,SPAMメールであるにも 関 わらず passとなったものが MX10 サーバで6%もあっ た.これは 善 意 のMTAが 悪 用 されている 場 合 と, SPAMメール 送 信 者 自 身 が 送 信 元 メールアドレス のドメインを 管 理 している 場 合 が 考 えられる. 近 年 はレジストラ 間 の 競 争 が 促 進 される 制 度 になり, ドメイン1つあたり 年 間 千 円 以 下 で 手 軽 に 利 用 で きる.SPAMメール 送 信 者 が 安 価 なドメインを 次 々と 使 い 捨 てにして 送 信 ドメイン 認 証 を 正 しく 設 定 すれば, 送 信 ドメイン 認 証 はSPAMメール 排 除 の 役 には 立 たなくなる. SPFがpassと 判 定 されたSPAMメールは MX10 サーバが6%であるのに 対 し, MX20 サーバは1%, A サーバは0%と 差 が 大 きい. 善 意 のMTAが 悪 用 されている 場 合 は 当 然 MXが 最 優 先 のサーバに 到 達 する.SPAMメール 送 信 者 自 身 が 送 信 元 メールアドレスのドメインを 管 理 して いる 場 合 は,SPAM 判 定 を 回 避 する 自 信 があるた めわざわざ 通 常 のMTAと 異 なるサーバに 送 りは しない,ということがあるかも 知 れない. 次 にSenderIDの 判 定 結 果 をTable7に 示 す. SenderIDは 送 信 元 メールアドレスとしてヘッダ のFrom: 等 を 利 用 する. 序 で 述 べたようにSPFと SenderIDは 互 換 性 があり, 違 いは 判 定 対 象 とする ドメイン 名 の 検 出 方 法 程 度 で 大 きな 差 はないこと から,SenderIDの 判 定 結 果 もSPFと 類 似 している. 一 方,DomainKeysとDKIMはヘッダに 電 子 署 名 を 埋 め 込 む 方 式 で,IPアドレスで 認 証 するSPF やSenderIDと は 異 なる. 実 験 1における DomainKeysの 判 定 結 果 はpassが11とfailが2の みで, 合 わせて 全 体 の0.05%だった. 序 で 述 べた ようにDomainKeysは 電 子 署 名 のないメールにつ いては 判 定 を 行 わないという 欠 点 がある.その 欠 点 を 改 良 したのがDKIMであるが, 実 験 1におけ るDKIMの 判 定 結 果 はpassが3とneutralが2のみ で, 合 わせて 全 体 の0.02%に 過 ぎない.DKIMと 言 えども 各 ドメインのDNSに 設 定 がなければどう にもならない.DomainKeysとDKIMは 現 状 では ほとんど 全 く 普 及 していないということが 分 かっ た. DKIMが 普 及 すれば 発 信 元 メールアドレスが 詐 称 かどうか 判 定 できるようになるはずであるが, 前 述 したようにSPAMメール 送 信 者 が 安 価 なドメ インを 次 々と 使 い 捨 てにしてDKIMを 正 しく 設 定 すれば,DKIMもSPAMメール 排 除 の 役 には 立 た なくなる. 3.8 GreetPause 実 験 2の 結 果 をFig.1に 示 す. 横 軸 は 接 続 開 始 からの 時 間, 縦 軸 はGreetingを 待 ち 切 れずに 切 断 された 接 続 およびGreeting 以 前 にコマンドが 送 ら れて 来 た 接 続 の 累 計 割 合 を 表 す. 最 初 の10 秒 で 50% 前 後 まで 急 峻 に 立 ち 上 がり,その 後 は20 秒, 30 秒,50 秒,60 秒,80 秒,120 秒 と 階 段 状 に 累 計 割 合 が 上 がって 行 く 様 子 がはっきりと 読 み 取 れる. 120 秒 で 累 計 割 合 はほとんど100%に 達 する. MX10 サーバと MX20 サーバでは MX10

8 34 山 形 大 学 紀 要 ( 工 学 ) 第 32 巻 平 成 22 年 2 月 Table8 Content-type (Experiment1) Content-type MX10 MX20 A text/plain 1,206 (6.7%) 1,028 (5.9%) 131 (5.7%) 2,365 (6.3%) text/html 10,620 (58.8%) 6,165 (35.3%) 0 (0.0%) 16,785 (44.4%) multipart 6,248 (34.8%) 10,253 (58.8%) 2,154 (94.3%) 18,655 (49.3%) 18,074 (100.0%) 17,446 (100.0%) 2,285 (100.0%) 37,805 (100.0%) Table9 Charset(Experiment1) Fig.1 GreetPause(Experiment2) サーバの 方 が 立 ち 上 がりが 早 いが,80 秒 の 時 点 で MX20 サーバに 逆 転 されている.これらのパ ターンは 使 用 されているSPAMメール 送 信 プログ ラムの 設 定 が 色 濃 く 反 映 していると 考 えられる. Fig.1から,GreetPauseを120 秒 以 上 に 設 定 す ればSPAMメールを100% 近 く 排 除 できることが 分 かる.しかし 通 常 のMTAでは 問 題 ないとは 言 え, 実 際 には 顧 客 の 承 諾 に 基 づいて 大 量 のメールを 送 信 するプログラムが120 秒 のGreetPauseを 待 て ない 例 が 多 々あり, 実 運 用 でそこまで 長 いGreet Pauseを 設 定 することは 難 しい. 3.9 Content-typeとcharset MTAの 動 作 と 直 接 の 関 係 はないが,SPAMメー ルの 性 格 を 知 る 上 で 実 験 1によって 到 達 した SPAMメールのヘッダからContent-typeとcharset を 分 析 した.まずContent-typeの 集 計 結 果 を Table8に 示 す.Content-typeはヘッダ 中 のものだ けを 集 計 し,htmlタグに 記 述 されたものや multipartの 一 部 分 に 記 述 されたものは 除 外 した. MX10 サーバではtext/htmlが59%と 過 半 数 を 占 めたのに 対 し, MX20 サーバではmultipartが 59%と 過 半 数 だった.さらに A サーバでは multipartが94%でtext/htmlが0という 際 立 った 特 徴 が 現 れた.SPAMメール 送 信 プログラムは multipartを 好 むという 可 能 性 が 考 えられる. 次 にcharsetの 集 計 結 果 をTable9に 示 す. charsetはヘッダ 中 のものとmultipartの 一 部 分 の ものを 集 計 し,htmlタグに 記 述 されたものは 除 外 した. MX10 サーバと MX20 サーバの 結 果 charset MX10 MX20 A ISO ,816 (41.9%) 10,547 (42.4%) 44 (1.0%) 19,407 (38.6%) ISO (1.8%) 287 (0.0%) 0 (0.0%) 667 (1.3%) ISO (0.1%) 0 (0.0%) 0 (0.0%) 21 (0.0%) ISO (0.2%) 1 (0.0%) 0 (0.0%) 37 (0.1%) ISO (0.2%) 0 (0.0%) 0 (0.0%) 34 (0.1%) ISO (0.1%) 0 (0.0%) 0 (0.0%) 28 (0.1%) ISO (0.2%) 0 (0.0%) 0 (0.0%) 35 (0.1%) ISO (0.1%) 1 (0.0%) 0 (0.0%) 30 (0.1%) ISO (0.2%) 0 (0.0%) 0 (0.0%) 39 (0.1%) ISO (0.1%) 0 (0.0%) 0 (0.0%) 26 (0.1%) ISO (0.2%) 0 (0.0%) 0 (0.0%) 35 (0.1%) ISO (0.1%) 0 (0.0%) 0 (0.0%) 27 (0.1%) ISO (0.1%) 0 (0.0%) 0 (0.0%) 19 (0.0%) ISO (0.1%) 0 (0.0%) 12 (0.3%) 43 (0.1%) ISO-2022-JP 124 (0.6%) 83 (0.3%) 0 (0.0%) 207 (0.4%) UTF-8 3,263 (15.5%) 2,845 (11.4%) 0 (0.0%) 6,108 (12.2%) us-ascii 3,945 (18.7%) 1,803 (7.3%) 2 (0.0%) 5,750 (11.4%) SJIS 34 (0.2%) 20 (0.1%) 0 (0.0%) 54 (0.1%) Windows (3.1%) 266 (1.1%) 2,144 (49.3%) 3,063 (6.0%) Windows (1.2%) 106 (0.4%) 6 (0.1%) 371 (0.7%) Windows ,476 (11.8%) 8,118 (32.7%) 2,133 (49.1%) 12,727 (25.3%) koi8-r 718 (3.4%) 774 (3.1%) 5 (0.1%) 1,497 (3.0%) koi8-u 1 (0.0%) 0 (0.0%) 0 (0.0%) 1 (0.0%) GB (0.0%) 1 (0.0%) 0 (0.0%) 1 (0.0%) 21,065 (100.0%) 24,852 (100.0%) 4,346 (100.0%) 50,263 (100.0%) は,ラテン 文 字 であるISO とus-asciと Windows-1252の 合 計 がそれぞれ72%および82% と 半 数 を 大 きく 超 えて 圧 倒 的 に 多 く, 日 本 語 (ISO JP,SJIS)は1% 未 満 だった.そして 各 々は 少 数 ながら 様 々な 言 語 があった.また,ユニコー ド(UTF-8)はそれぞれ 全 体 の16%と11%を 占 め ていた. これに 対 して A サーバはcharsetでも 際 立 っ た 特 徴 を 見 せた.windows-1250とwindows-1252 の 両 者 が 合 計 98% 以 上 を 占 め, 極 めて 限 定 された SPAMメール 送 信 プログラムが 用 いられているこ とを 示 唆 している.しかしながら 接 続 元 IPアドレ スは 世 界 の 広 範 囲 に 拡 がっており,いわゆる SPAMボットが 存 在 するか,あるいは 極 少 ない 種 類 のプログラムが 広 く 使 用 されている 可 能 性 があ る 今 後 の 動 向 序 で 述 べたSPAMメール 対 策 のうち, 送 信 ドメ イン 認 証 が 今 後 5 年 程 度 のうちに 普 及 するのか, SPF/SenderIDとDKIMのどちらが,あるいは 両 方 が 普 及 するのかに 注 目 したい.Greylisting, GreetPause, 送 信 者 アドレス 検 証 は 判 別 条 件 が 確

9 山 本 :MTAから 見 たSPAMメールの 特 徴 35 定 的 ではなく, 意 図 せずに 必 要 なメールを 排 除 し てしまう 可 能 性 が 残 る.それに 対 して 送 信 ドメイ ン 認 証 は, 送 信 ドメイン 管 理 者 と 受 信 側 MTA 管 理 者 が 規 格 に 基 づいて 明 確 に 条 件 を 定 めることがで きる.その 意 味 で 送 信 ドメイン 認 証 はMTAでの SPAM 対 策 の 王 道 と 言 える. ただ,3.7で 述 べたように 送 信 ドメイン 認 証 も 万 能 ではなく,SPAM 送 信 者 の 使 い 捨 てドメインに 対 しても 認 証 が 通 ってしまう. 送 信 ドメイン 認 証 が 普 及 した 後 には,この 使 い 捨 てドメインの 扱 い が 焦 点 になろう. 今 後 5 年 というと,IPv4アドレス 枯 渇 の 影 響 で インターネット 変 革 期 になると 考 えられている. IPv6 対 応 のために 多 くの 機 器 が 更 新 されると,そ れに 連 られてMTAのSPAMに 関 連 する 設 定 変 更 が 急 激 に 進 む 可 能 性 もある. 管 理 者 にとって 多 忙 な5 年 間 となりそうである. 4.まとめ MTAから 見 たSPAMメールの 特 徴 を 分 析 する ため, 日 本 国 内 に 設 置 した5 台 の 実 サーバと 末 尾 が.jpの 実 験 用 ドメインを 使 ってSPAMメールの 受 信 実 験 を 行 った.5 台 のサーバにはDNSレコー ドの 登 録 に 由 来 する 名 称 MX10 MX20 A NS1 NS2 を 名 付 けた. 実 験 の 結 果, 以 下 の ことが 分 かった. 敢 SPAMメールは MX10 サーバの 他, MX10 に 匹 敵 する 数 が MX20 に,1 桁 少 ない 数 が A に 到 達 した. NS1 と NS2 には1 通 も 到 達 しなかった. 柑 SPAMメールの99.99%はIPv4で 届 いた.IPv6 は0.01%に 過 ぎなかった. 桓 接 続 元 IPアドレスの 割 当 国 は,ブラジル, 韓 国, ベトナム, 中 国,インドの 順 に 多 かった.これ ら 上 位 5ヶ 国 で 全 体 の42%を 占 めた. 日 本 は 0.5%に 過 ぎなかった. 棺 SPAMメールのエンベロープfromは19%が 宛 先 ドメインと 同 一,51%がドメインが 存 在 する ものの 到 達 できないメールアドレスで,メール が 到 達 できるアドレスは27%だった. 款 送 信 者 ドメインのSPFとSenderIDはそれぞ れ31%と35%が 登 録 済 だったものの,failや softfailと 判 定 されたのはそれぞれ 全 体 の13%と 16%だった. 一 方,DomainKeysやDKIMが 登 録 されていたのは0.05% 以 下 に 過 ぎなかった. 歓 GreetPauseの 実 験 からはSPAMメールの 接 続 が 待 機 できる 最 大 時 間 が 分 かった. 最 初 の10 秒 で50% 前 後 が 切 断 し,その 後 は 階 段 状 に 切 断 の 累 計 割 合 が 上 がっていった.120 秒 でほぼ 100%が 切 断 した. 汗 Content-typeはtext/htmlとmultipartが 匹 敵 する 割 合 で, 最 も 多 かった.charsetはラテン 文 字 (ISO ,us-asci,Windows-1252)が 75%と 半 数 を 大 きく 超 え, 圧 倒 的 に 多 かった. 謝 辞 英 文 に 関 する 桑 村 昭 国 際 化 主 幹 の 有 益 な 助 言 に 感 謝 する. 本 研 究 は 山 形 大 学 教 育 研 究 基 盤 校 費 に よって 行 われた. 文 献 1)Enrique PuertasSanz,Jose Maria Gomez Hidalgo and Jose Carlo Cortizo Perez : Spam Filtering, Advances in Computers,74,pp (2008) 2)StefanGorling:Anoverview ofthesender PolcyFramework(SPF)asananti-phishing mechanism, Internet Research,17-2,pp (2007) 3)J. Lyon and M. Wong : Sender ID: Authenticating ,RFC4406(2006). 4)M. Delany : Domain-Based Authentication Using Public Keys Advertised in the DNS(DomainKeys), RFC4870(2007) 5)Stephen Farel: DomainKeys Identified MailDemonstrates Good Reasons to Re- inventthewheel,europki2006,pp (2006) 6)Guilermo Gonzalez-Talavan : A simple, configurable SMTP anti-spam filter: Greylists,Computers & Security,25,pp (2006) 7)EricA lman,clausassmannandgregory NeilShapir:SENDMAIL TM INSTALLATION AND OPERATION GUIDE Version 8.708

10 36 山 形 大 学 紀 要 ( 工 学 ) 第 32 巻 平 成 22 年 2 月 (Sendmail,Inc.,2008)Chapt )Postfix Address Verification Howto, htp:/ ADDRESS_VERIFICATION_README.html 9) 久 保 田 浩 特 集 無 料 ソフトからクラウドまで 迷 惑 メール 対 策 最 新 事 情 日 経 NETWORK, (112),pp.45-57(2009) 10) 長 谷 川 明 生, 山 口 榮 作, 鈴 木 常 彦 迷 惑 メー ルの 解 析 FIT2007( 第 6 回 情 報 科 学 技 術 フォーラム),pp (2007) 附 録 用 語 説 明 AAAA DNSに 登 録 するレコードの 種 別.IPv6アドレス を 登 録 するのに 使 用 する.これによってドメイン 名 をIPv6アドレスに 変 換 できる. DKIM DomainKeysIdentifiedMailの 略.メールに 電 子 署 名 を 埋 め 込 む 規 格. 電 子 署 名 と 公 開 鍵 によっ て 送 信 者 メールアドレスが 真 正 かどうかを 検 証 で きる. EHLO SMTPコマンド.SMTP 接 続 後, 最 初 にクライ アントがEHLOコマンドで 自 己 のFQDNを 名 乗 る と,サーバは 使 用 できる 拡 張 SMTPコマンドを 返 答 する. FQDN FulyQualifiedDomainNameの 略. 一 切 省 略 しない 完 全 なドメイン 名 のこと. 末 尾 にも. を 付 けると 上 位 側 が 略 されていないことを 明 示 でき る. HELO SMTPコマンド.SMTP 接 続 後, 最 初 にクライ アントがHELOコマンドで 自 己 のFQDNを 名 乗 る ことになっていた.しかし 今 ではHELOの 代 わり にEHLOを 優 先 して 使 用 することが 定 められ, HELOはあまり 使 われなくなった. MTA MailTransferAgentの 略. 電 子 メールの 配 送 を 行 うデーモン. 電 子 メール 利 用 者 が 直 接 触 れるも のではないが,MTAが 作 動 していないと 電 子 メー ルの 配 送 は 行 われない. MUA MailUserAgentの 略. 利 用 者 が 電 子 メール 読 み 書 きのために 直 接 操 作 するプログラム. MX DNSに 登 録 するレコードの 種 別 で,Mail Exchangerの 略. 電 子 メールの 宛 先 ドメイン 名 を IPアドレスに 変 換 する 際 に 使 用 される. RIR RegionalInternetRegistryの 略. 世 界 を5つの 地 域 に 分 け,それぞれの 地 域 内 へIPアドレスを 割 り 当 て 管 理 する5つの 組 織. SPF SenderPolicyFrameworkの 略. 発 信 元 IPアド レスによって 送 信 者 メールアドレスが 真 正 かどう かを 検 証 する 規 格. TLS TransportLayerSecurityの 略. 暗 号 化 認 証 改 竄 検 出 の 機 能 を 有 する 通 信 規 格 で, 通 常 はTCP 上 で 使 用 される. 以 前 はSSL(SecureSockets Layer)と 呼 ばれていた.

目 次 第 1 章 はじめに 1 1.1 メールの 普 及 と 送 信 者 情 報 偽 装 の 問 題 2 1.2 送 信 ドメイン 認 証 技 術 による 対 応 2 1.3 本 マニュアルの 目 的 2 第 2 章 メールの 仕 組 みと 課 題 5 2.1 メールシステムの 概 要 6 2.2 メール 配 送 の 手 順 8 2.3 メール 本 体 の 構 造 9 2.4 メールの 送 信 者

More information

antispam_conf_1402214.pptx

antispam_conf_1402214.pptx Agenda 送 信 ドメイン 認 証 技 術 迷 惑 メールの 動 向 SPF DKIM 送 信 ドメイン 認 証 技 術 の 利 用 DMARC 課 題 送 信 ドメイン 認 証 技 術 (1) 基 本 的 な 仕 組 み 送 り 手 は 送 信 元 を 明 確 に 表 明 (ごまかしがきかない 情 報 を 利 用 ) 受 け 手 は 送 信 元 情 報 が 正 しく 表 明 されているか 確

More information

夏合宿発表

夏合宿発表 DNSレコードおよびプレフィックス の 特 徴 を 用 いたスパム 検 知 法 早 稲 田 大 学 大 学 院 基 幹 理 工 学 研 究 科 情 報 理 工 学 専 攻 後 藤 研 究 室 修 士 2 年 5108B008-8 1 Agenda 1. 研 究 背 景 2. 提 案 手 法 3. 実 証 実 験 4. まとめ 2 研 究 背 景 電 子 メールはビジネス 日 常 生 活 に 欠 かせない

More information

Microsoft PowerPoint - SafetyAnswer 20150414.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - SafetyAnswer 20150414.ppt [互換モード] 自 分 のアドレスを 相 手 に 知 られずにメールに 返 信 できたり 届 くメールの 送 信 者 のメールアドレスを 匿 名 化 することで 個 人 情 報 を 守 ることを 目 的 としたシステムです (セイフティ アンサー) Inter-Individual Mail Solution System XES/IIMS 株 式 会 社 エクセス. 1. Safety Answer で 何 ができる?(1)

More information

Y!mobile メールアドレスの 設 定 の 際 に 同 時 に 利 用 者 が 登 録 する ヤフーが 発 行 する Yahoo! JAPAN ID( 以 下 利 用 者 Yahoo! JAPAN ID といいます) または 回 線 契 約 に 基 づき 付 与 される 電 話 番 号 ( 回

Y!mobile メールアドレスの 設 定 の 際 に 同 時 に 利 用 者 が 登 録 する ヤフーが 発 行 する Yahoo! JAPAN ID( 以 下 利 用 者 Yahoo! JAPAN ID といいます) または 回 線 契 約 に 基 づき 付 与 される 電 話 番 号 ( 回 Y!mobile メール 利 用 規 約 ソフトバンク 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )の 提 供 する Y!mobile メール( 以 下 本 メールサービス といいます )の 利 用 にあたっては この Y!mobile メール 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )が 適 用 されます 第 1 条 ( 本 メールサービスの 概 要 ) 本 メールサービスは パソコン

More information

News Release ( 参 考 ) (1)インターネットをめぐる 消 費 者 トラブルの 主 な 例 利 用 した 覚 えのないオークションサイトから 出 品 手 数 料 を 請 求 された 子 供 が 親 の 携 帯 電 話 を 無 断 で 使 用 してインターネットにアクセスし 高 額 の

News Release ( 参 考 ) (1)インターネットをめぐる 消 費 者 トラブルの 主 な 例 利 用 した 覚 えのないオークションサイトから 出 品 手 数 料 を 請 求 された 子 供 が 親 の 携 帯 電 話 を 無 断 で 使 用 してインターネットにアクセスし 高 額 の News Release 平 成 21 年 12 月 3 日 消 費 者 庁 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター インターネットをめぐる 消 費 者 トラブルについて (#1 ワンクリック 請 求 ) 消 費 者 庁 の 情 報 ダイヤルや PIO-NET での 情 報 においては インターネットをめぐる 消 費 者 トラ ブルが 多 く 見 られるところです こうしたトラブルは 多

More information

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401

CEAS/Sakai 困ったときのヘルプ集20150401 CEAS/Sakai 連 携 システム 困 ったときのヘルプ 集 (version 1.1) 2015.4.1. 本 書 では 問 い 合 わせ 口 に 寄 せられる 問 い 合 わせの 内 頻 度 の 高 い 物 を 中 心 にリスト アップし 主 な 対 処 法 をまとめて 掲 載 しています エラー 画 面 が 表 示 されたり 問 題 が 発 生 した 際 に 参 考 にしてください なお

More information

インターネット コンピューター ウィ ルス エラーメール エンベロープ オプトイン オプトアウト オープンリレー 架 空 請 求 携 帯 電 話 不 正 利 防 止 法 経 路 情 報 公 開 鍵 暗 号 技 術 スロットリング 送 信 者 情 報 ダブルオプトイン チェーンメール IP プロトコル

インターネット コンピューター ウィ ルス エラーメール エンベロープ オプトイン オプトアウト オープンリレー 架 空 請 求 携 帯 電 話 不 正 利 防 止 法 経 路 情 報 公 開 鍵 暗 号 技 術 スロットリング 送 信 者 情 報 ダブルオプトイン チェーンメール IP プロトコル インターネット コンピューター ウィ ルス エラーメール エンベロープ オプトイン オプトアウト オープンリレー 架 空 請 求 携 帯 電 話 不 正 利 防 止 法 経 路 情 報 公 開 鍵 暗 号 技 術 スロットリング 送 信 者 情 報 ダブルオプトイン チェーンメール IP プロトコルを いて 全 世 界 のコンピューターネットワークを 相 互 接 続 し たもの 分 散 管 理 されている

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル

迷惑メールフィルタリングコントロールパネル利用者マニュアル 迷 惑 メールフィルタリングサービス コントロールパネル 利 用 者 マニュアル( 一 般 ユーザ 向 け) 第 1.6 版 目 次 1. 本 マニュアルについて... 1 2. はじめに... 1 3. 使 用 方 法... 2 3.1. ご 使 用 の 前 に... 2 3.2. ログイン / ログアウト 操 作... 2 3.2.1. ログイン 操 作... 2 3.2.2. ログアウト 操

More information

戦略法の提案

戦略法の提案 迷 惑 メールの 現 状 と 対 策 有 限 会 社 ジーワークス 佐 藤 潔 自 己 紹 介 targrey/rgrey/starpit 有 限 会 社 ジーワークス 長 野 県 白 馬 村 スキーしたかったから 今 やってる 仕 事 8 年 ほど 前 から 地 方 ISP 様 から 外 注 サーバの 管 理 やユーザサポート 業 務 なぜスパム 対 策 を 考 え 始 めたか ユーザの 苦 情

More information

android 版 ユーザ 用 安 危 情 報 送 信 アプリの 利 用 法 1.アプリのインストール Google Play にアクセスして HYO-GO と 検 索 すると HYO-GO 安 否 確 認 アプリ が 表 示 される ので これをダウンロードしてインストールして 下 さい 図 1

android 版 ユーザ 用 安 危 情 報 送 信 アプリの 利 用 法 1.アプリのインストール Google Play にアクセスして HYO-GO と 検 索 すると HYO-GO 安 否 確 認 アプリ が 表 示 される ので これをダウンロードしてインストールして 下 さい 図 1 防 災 アプリ HYO-GO (hazard(ハザード)と Yukue( 行 方 )の Oshirase(お 知 らせ)へ Go) (Hazard and Your Own safety or danger information notifying application - GO) 利 用 の 手 引 き 兵 庫 県 立 大 学 応 用 情 報 科 学 研 究 科 有 馬 昌 宏 川 向 肇 力

More information

(Microsoft PowerPoint - 2009nendosotsuken.ppt [\214\335\212\267\203\202\201[\203h])

(Microsoft PowerPoint - 2009nendosotsuken.ppt [\214\335\212\267\203\202\201[\203h]) 2009 年 度 卒 業 研 究 発 表 会 国 内 外 からのスパムメールの 調 査 分 析 に 関 する 研 究 指 導 教 員 石 井 啓 之 情 報 理 工 学 部 情 報 通 信 電 子 工 学 科 6ADJ2209 藤 田 聡 美 2010 年 2 月 19 日 1 発 表 の 流 れ 1. 研 究 背 景 2. 研 究 目 的 3. 実 験 方 法 4. 実 験 結 果 5. 今 後

More information

Post.Office 4.1 Additional Manual

Post.Office 4.1 Additional Manual マニュアル バージョン4.2 2011 年 8 月 Open Technologies 目 次 1. 新 機 能 について... 1 2. 送 信 ドメイン 認 証 (SPF) 機 能... 2 2.1. SPF 認 証 とは... 2 2.2. SPF 認 証 の 仕 組 み... 2 2.3. 送 信 ドメイン 認 証 (SPF) 機 能 の 設 定 方 法... 3 2.4. 送 信 ドメイン

More information

改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の 内 容 は 下 記 の 新 ガイドラインで 包 括 的 に 解 説 電 気 通 信 事

改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の 内 容 は 下 記 の 新 ガイドラインで 包 括 的 に 解 説 電 気 通 信 事 電 気 通 信 事 業 法 改 正 後 の 消 費 者 保 護 ルール 平 成 28 年 3 月 総 務 省 総 合 通 信 基 盤 局 電 気 通 信 事 業 部 消 費 者 行 政 課 改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の

More information

DNS設定ツールご利用マニュアル

DNS設定ツールご利用マニュアル DNS 設 定 ツール 操 作 マニュアル 平 成 26 年 5 月 12 日 第 1.3 版 アルテリア ネットワークス 株 式 会 社 目 次 1. はじめに... 3 2. 動 作 環 境 と 操 作 上 の 注 意 事 項... 3 2.1. 動 作 環 境... 3 2.2. 操 作 上 の 注 意 事 項... 3 3. 開 始 と 終 了... 4 3.1. 開 始... 4 3.2.

More information

Microsoft PowerPoint - [JA]STEP2_メール訓練_事前教育資料_150731a-gsx.pptx

Microsoft PowerPoint - [JA]STEP2_メール訓練_事前教育資料_150731a-gsx.pptx 不 審 なメールの 取 扱 法 について アジェンダ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 標 的 型 メールとは? 標 的 型 攻 撃 (サイバー 攻 撃 )の 発 端 不 審 なメールの 添 付 ファイルやURLをクリックすると? ウイルス 対 策 ソフトを 導 しているから 丈 夫!? 誰 が 狙 われてメールを 送 りつけられるの? 実 際 にどんなメールが 送 られてくるの? 不 審 なメールの

More information

会員規約(バニラVisaオンライン会員用)

会員規約(バニラVisaオンライン会員用) 会 員 規 約 (バニラ Visa オンライン 会 員 用 ) 第 1 条 ( 目 的 ) (1) 本 規 約 は インターネット 上 の 加 盟 店 で 代 金 決 済 に 利 用 する ことができるインターネット 決 済 専 用 プリペイドカードであって SBI カード 株 式 会 社 ( 以 下 SBI カード 又 は 当 社 という ) が 発 行 するもの( 名 称 :バニラ Visa オンライン(

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

(Microsoft PowerPoint - janog25-eai [\214\335\212\267\203\202\201[\203h])

(Microsoft PowerPoint - janog25-eai [\214\335\212\267\203\202\201[\203h]) メールアドレスの 国 際 化 ASCIIではないメールアドレスがやってくる ~かもしれない~ 藤 原 和 典 株 式 会 社 日 本 レジストリサービス 2009/1/21 JANOG25 国 際 化 メールアドレスのニーズ アルファベットになじみのない 人 々 中 国 では 非 常 に 必 要 とされているとのこと アラビア 語 圏 など 非 英 語 圏

More information

29条の2

29条の2 電 磁 的 方 法 による 交 付 に 係 るQ&A( 平 成 26 年 11 月 版 ) 平 成 26 年 11 月 21 日 日 本 証 券 業 協 会 法 律 施 行 令 関 係 1 書 面 を 電 磁 的 に 交 付 することについての 顧 客 の 承 諾 ( 目 論 見 書 にあっては 同 意 以 下 承 諾 等 という )は 書 面 の 交 付 毎 ではなく 包 括 的 に 得 る ことも

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

Microsoft Word - Gmailユーザ向け利用マニュアル_20131105v6.docx

Microsoft Word - Gmailユーザ向け利用マニュアル_20131105v6.docx 目 次 1. Gmail のログイン ログアウト 方 法... 1 1.1. ログイン 方 法... 1 1.2. ログアウト 方 法... 4 2. Gmail 作 成 方 法... 5 2.1. 新 規 メールの 作 成... 5 3. メールデータの 移 行... 8 3.1. GraceMail のデータをバックアップ( 保 存 )する... 8 3.2. Thunderbird の 入 手

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

第1回 ネットワークとは

第1回 ネットワークとは 1 電 子 メール 計 算 機 ネットワーク 2 電 子 メール TCP/IP 上 でのメッセージ 送 受 信 TCP/IP 初 期 から 存 在 メッセージ (Message) テキストデータ(ASCII)を 想 定 それ 以 外 はファイル 転 送 相 手 の 存 在 不 必 要, 確 認 不 可 受 信 側 必 要 な 場 合 に 受 信 メールアドレスのみで 誰 でも 送 信 可 能 MIME

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

<95B68F912035>

<95B68F912035> ポイント 子 会 社 等 の 債 務 を 肩 代 わりした 場 合 の 税 務 上 のポイントは 以 下 のように 整 理 される 1 一 般 的 には 寄 付 金 として 認 定 される 2 子 会 社 支 援 損 として 損 金 に 算 入 するためには 下 記 の 項 目 を 総 合 的 に 検 討 することになる 以 上 ポイント ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

More information

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案)

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案) 別 添 (2) 機 構 からの 指 示 により 端 末 の 設 置 異 動 又 は 廃 止 等 ( 人 事 異 動 端 末 の 増 設 又 は 廃 止 等 )を 行 う 場 合 には 端 末 のセットアップ 設 定 変 更 等 の 作 業 を 行 う また 機 器 管 理 台 帳 をその 都 度 更 新 すること (3) 代 替 機 ( 予 備 機 )についても 台 数 及 び 保 管 場 所 を

More information

( 過 剰 な 贈 答 接 待 等 の 禁 止 ) 第 8 条 従 業 員 は 直 接 の 取 引 関 係 がなくとも 常 識 の 範 囲 を 超 えるような 贈 答 や 接 待 を 慎 まなければならない 意 図 せず 問 題 あると 思 われるような 事 態 に 陥 った 場 合 そ の 事 実

( 過 剰 な 贈 答 接 待 等 の 禁 止 ) 第 8 条 従 業 員 は 直 接 の 取 引 関 係 がなくとも 常 識 の 範 囲 を 超 えるような 贈 答 や 接 待 を 慎 まなければならない 意 図 せず 問 題 あると 思 われるような 事 態 に 陥 った 場 合 そ の 事 実 グループ 従 業 員 行 動 規 範 ( 総 則 ) 第 1 条 本 行 動 規 範 は 当 社 及 び 当 社 グループの 従 業 員 が 職 務 上 の 義 務 として 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 就 業 規 則 等 服 務 に 係 わる 規 程 と 併 せて 運 用 し 会 社 の 社 会 的 信 頼 の 維 持 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 従 業 員 の 定 義 )

More information

A2Zサーバ設定マニュアル110330.doc

A2Zサーバ設定マニュアル110330.doc 設 定 マニュ ア ル [ 2011.10.21 ] 目 次 管 理 ツール Integration-Panel へのログイン 方 法 2 DNS 設 定 手 順 3 サイト 設 定 手 順 11 メール 設 定 手 順 35 1 管 理 ツール Integration-Panel のログイン 方 法 A2Z サーバの DNS 設 定 ウェブサイト 設 定 メール 設 定 は 管 理 ツール AIntegration-

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

(1) SNS 間 のサービス 連 携 例 SNS 間 における 典 型 的 なサービス 連 携 の 例 を 示 します Twitpic と Twitter の 連 携 Twitpic によってアップロードした 画 像 を Twitter のツイートを 通 じて 簡 単 に 共 有 することが でき

(1) SNS 間 のサービス 連 携 例 SNS 間 における 典 型 的 なサービス 連 携 の 例 を 示 します Twitpic と Twitter の 連 携 Twitpic によってアップロードした 画 像 を Twitter のツイートを 通 じて 簡 単 に 共 有 することが でき 第 12-26-261 号 2012 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 今 月 の 呼 びかけ SNS におけるサービス 連 携 に 注 意! ~ あなたの 名 前 で 勝 手 に 使 われてしまいます ~ はじめに (ご 案 内 ) 2012 年 9 月 まで 毎 月 公 表 しておりました コンピュータウイルス 不 正 アクセスの 届 出 状 況 につ

More information

日本システムウエア株式会社

日本システムウエア株式会社 ファイル 共 有 サービス AppNow! AppNow! 以 下 の 試 用 の 流 れ および 試 用 条 件 AppNow!サービス 試 用 規 約 をご 確 認 の 上 お 申 込 みください お 申 込 みをもって 試 用 条 件 および 試 用 規 約 に 同 意 いただいたものとみなし 試 用 環 境 のご 用 意 を 行 います 急 遽 キャンセル 等 が 必 要 になりましたら お

More information

Microsoft Word - 仕様書

Microsoft Word - 仕様書 住 まいの 情 報 一 元 化 ホームページ 制 作 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 住 まいの 情 報 一 元 化 ホームページ 制 作 等 業 務 2 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 ホームページ 公 開 時 期 平 成 28 年 1 月 予 定 4 目 的 北 陸 新 幹 線 の 金 沢 開 業 により 交 流 人 口 が 増 え

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

BossCheck Server追加機能補足マニュアルRev1.5

BossCheck Server追加機能補足マニュアルRev1.5 E-Post BossCheck Server 追 加 機 能 補 足 マニュアル 2008 年 7 月 Rev1.1 2009 年 8 月 Rev1.2 2010 年 1 月 Rev1.3 2014 年 7 月 Rev1.4A 2014 年 7 月 Rev1.4B 2015 年 2 月 Rev1.5 株 式 会 社 イー ポスト E-Post およびイー ポストは 株 式 会 社 イー ポストの

More information

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思 平 成 28 年 度 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 公 募 プロポーザル 募 集 要 領 1. 事 業 名 称 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 2. 事 業 目 的 別 紙 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 仕 様 書 のとおり 3. 業 務 内 容 嘉 手 納 町 の 観 光 資 源 や 観 光 ガイドとして

More information

WebARENA Suite2

WebARENA Suite2 WebARENA 共 通 利 用 規 約 2015 年 5 月 13 日 改 定 株 式 会 社 NTTPCコミュニケーションズ WebARENA 共 通 利 用 規 約 2015 年 5 月 13 日 改 定 株 式 会 社 NTTPC コミュニケーションズ 第 1 章 総 則... 3 第 1 条 ( 利 用 規 約 の 適 用 )... 3 第 2 条 ( 利 用 規 約 の 変 更 )...

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

Microsoft PowerPoint - mobailmail_setup.ppt

Microsoft PowerPoint - mobailmail_setup.ppt beat モバイルメール サービス 設 定 手 順 書 富 士 ゼロックス 株 式 会 社 2010 年 12 月 はじめに beatモバイルメールサービスをご 利 用 のお 客 様 へ beatモバイルメールサービス をご 契 約 いただき 誠 にありがとうございます beatモバイルメールサービスは 携 帯 電 話 で 社 内 のメールを 送 受 信 したり 着 信 通 知 を 受 信 できるようにす

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Ver...5 ZEHビルダー ポータルサイト マニュアル はじめにお 読 みください 公 募 要 領 およびSIIホームページの よくあるご 質 問 をご 確 認 ください ID 取 得 申 込 を 行 う 前 に 公 募 要 領 (P6~) およびSIIホームページの よくあるご 質 問 を 必 ずご 確 認 ください 支 社 支 店 フランチャイズ 等 登 録 単 位 や 地 域 による 区

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 国 内 ISPメールサービス 事 情 ~レガシーシステムをなんとかしよう~ 自 己 紹 介 氏 名 : 伊 藤 隼 人 所 属 : ニフティ 株 式 会 社 (ISP) クラウド 本 部 クラウド 事 業 部 クラウドプラットフォーム 部 経 歴 : 2008 年 4 月 ニフティ 入 社 2008 年 10 月 コンシューマ 向 けメールシステムの 開 発 運 用 に 従 事 2011 年 11

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

項 目 設 定 設 置 可 能 項 目 数 100 項 目 投 票 フォームの 設 置 可 能 投 票 項 目 数 1 項 目 (10 選 択 肢 ) 必 須 項 目 設 定 条 件 項 目 設 定 添 付 ファイル 合 計 容 量 入 力 項 目 を 必 須 項 目 に 設 定 できます フォーム

項 目 設 定 設 置 可 能 項 目 数 100 項 目 投 票 フォームの 設 置 可 能 投 票 項 目 数 1 項 目 (10 選 択 肢 ) 必 須 項 目 設 定 条 件 項 目 設 定 添 付 ファイル 合 計 容 量 入 力 項 目 を 必 須 項 目 に 設 定 できます フォーム 更 新 日 :2015 年 4 月 14 日 料 金 初 期 費 用 月 額 料 金 無 料 サーバーの 初 期 セットアップ 時 以 外 または 複 数 フォームメーラーを インストールする 場 合 には 別 途 費 用 が 必 要 となります 無 料 スペック 100 個 作 成 可 能 フォーム 数 一 般 投 票 注 文 フォームに 対 応 設 置 可 能 項 目 数 100 項 目 添 付

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

システム設計書

システム設計書 二 松 學 舍 大 学 二 松 メール(Gmail) 利 用 マニュアル バージョン 2.00 発 効 日 改 訂 日 2016 年 04 月 06 日 二 松 学 舎 大 学 情 報 センター i 目 次 1. はじめに...1 2. 二 松 メール(Gmail)ログイン ログアウト 方 法...1 2.1. 二 松 メール(Gmail)ログイン 方 法... 1 2.2. 二 松 メール(Gmail)ログアウト

More information

目 的 このマニュアルは Google Apps を 利 用 する 方 法 について 記 述 します 前 提 Google アカウントを 保 有 している 人 を 前 提 とします 対 象 者 Google Apps の 利 用 者 を 対 象 としています 2 / 18

目 的 このマニュアルは Google Apps を 利 用 する 方 法 について 記 述 します 前 提 Google アカウントを 保 有 している 人 を 前 提 とします 対 象 者 Google Apps の 利 用 者 を 対 象 としています 2 / 18 Google Apps ユーザマニュアル Gmail 編 株 式 会 社 IST アイエスティ 1 / 18 目 的 このマニュアルは Google Apps を 利 用 する 方 法 について 記 述 します 前 提 Google アカウントを 保 有 している 人 を 前 提 とします 対 象 者 Google Apps の 利 用 者 を 対 象 としています 2 / 18 目 次 1. Gmail...

More information

Microsoft Word - Active.doc

Microsoft Word - Active.doc 利 マニュアル 梅 校 メールサーバをご 利 されていた 教 員 の 皆 さまへ 2009 年 1 7 のメールサーバ 移 に 伴 い 学 外 からの 電 メールの 送 受 信 はウェブメール(Active!mail) からのみ 可 能 となりました Active!mail の 利 法 については 本 マニュアルをご 確 認 ください 次 Active!mail にログインする...2 Active!mail

More information

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領 宮 古 島 市 ふるさと 納 税 寄 附 金 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1. 趣 旨 宮 古 島 市 ( 以 下 本 市 という )では ふるさと 納 税 制 度 を 活 用 し ふるさと 宮 古 島 市 の 役 に 立 ちたい 宮 古 島 市 に 関 心 があり 応 援 したい と 考 えてくださる 方 々 に 対 し 本 市 の PRやふるさと 納 税 寄 附 金

More information

ては 最 小 限 の 周 知 とする 4. ホームページの 構 成 について 学 校 園 のホームページは 公 共 のものとして 誰 でもがアクセスできるように 留 意 す る また 内 容 についても 定 期 的 に 更 新 するように 心 がける (1) 画 面 表 示 1 パソコン 画 面 8

ては 最 小 限 の 周 知 とする 4. ホームページの 構 成 について 学 校 園 のホームページは 公 共 のものとして 誰 でもがアクセスできるように 留 意 す る また 内 容 についても 定 期 的 に 更 新 するように 心 がける (1) 画 面 表 示 1 パソコン 画 面 8 稲 美 町 立 学 校 園 ホームページ 作 成 ガイドライン 1. 本 ガイドラインについて 本 ガイドラインは 学 校 園 ホームページの 運 用 管 理 に 関 する 基 準 となるものとする (1) 適 用 範 囲 稲 美 町 立 小 中 学 校 及 び 幼 稚 園 に 適 用 する (2) 目 的 ホームページの 適 正 かつ 円 滑 な 運 用 を 図 ることを 目 的 とする ホームページの

More information

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に 吹 田 市 における 障 がいを 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 の 留 意 事 項 平 成 28 年 (2016 年 )4 月 に 施 行 された 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 差 別 解 消 法 という )は 国 地 方 公 共 団 体 及 び 国 民 が 障 がいを 理 由

More information

ando20160201

ando20160201 平 成 27 年 度 研 究 所 奨 学 論 文 応 募 研 究 所 政 治 経 済 研 究 所 Facebook と 投 票 論 文 作 品 テーマ 都 会 と 田 舎 における 影 響 の 差 フリガナ アンドウ ユウスケ 氏 名 安 藤 雄 祐 ( 代 表 者 ) ( 共 同 執 筆 の 場 合 は 上 記 者 が 代 表 者 となる 代 表 者 他 名 ) 所 属 研 究 科 専 攻 または

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 ~ 被 害 に 遭 わないために 実 施 すべき 対 策 は?~ Copyright 2015 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 (IPA) 技 術 本 部 セキュリティセンター 2015 年 3 月 本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF

More information

本 日 の 講 演 内 容 ウェブ 改 ざんの 事 例 改 ざんの 原 因 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 防 ぐための 管 理 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 気 づくための 管 理 改 ざん 被 害 発 生 時 の 対 処 1

本 日 の 講 演 内 容 ウェブ 改 ざんの 事 例 改 ざんの 原 因 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 防 ぐための 管 理 (サーバ 側 ftpクライアント 側 ) 気 づくための 管 理 改 ざん 被 害 発 生 時 の 対 処 1 ISOG-J 主 催 セミナー 事 例 から 学 ぶ!ウェブ 改 ざんの 実 態 と 対 策 ウェブ 改 ざんによる 被 害 とその 対 策 2013 年 12 月 12 日 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 技 術 本 部 セキュリティセンター 岡 野 裕 樹 本 日 の 講 演 内 容 ウェブ 改 ざんの 事 例 改 ざんの 原 因 (サーバ 側 ftpクライアント 側 )

More information

屋外広告物管理システム システムフロー

屋外広告物管理システム システムフロー 屋 外 広 告 物 管 理 システムASPサービス 提 供 業 務 仕 様 書 目 次 1 屋 外 広 告 物 システムフロー 1 2 屋 外 広 告 物 管 理 システム 機 能 要 件 3 1 屋 外 広 告 物 管 理 3 (1) 屋 外 広 告 物 許 可 申 請 等 処 理 3 (2) 屋 外 広 告 物 データ 管 理 4 (3) 屋 外 広 告 物 催 促 管 理 5 (4) 屋 外

More information

1

1 EnterpriseMail AS Filter 操 作 マ ニ ュ ア ル 一 般 ユーザ 用 ver.1.1 株 式 会 社 サイバーウェイブジャパン 目 次 1. 本 書 について... 4 2. 画 面 操 作... 5 2.1. ログイン 画 面 の 表 示 方 法... 5 2.2. ログイン 画 面... 5 2.3. ログアウト... 6 3. メニューの 使 い 方... 7 3.1.

More information

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲.

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲. いわて 若 者 交 流 ポータルサイト 構 築 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 26 年 8 月 岩 手 県 環 境 生 活 部 若 者 女 性 協 働 推 進 室 目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して 1 英 国 競 争 法 の 執 行 手 続 日 本 の 独 占 禁 止 法 改 正 に 関 連 して 千 葉 大 学 大 学 院 専 門 法 務 研 究 科 教 授 栗 田 誠 氏 Ⅰ はじめに 本 報 告 の 対 象 は 1998 年 競 争 法 違 反 行 為 ( 日 本 の 独 占 禁 止 法 ( 以 下 独 禁 法 と 略 す )でいう 不 当 な 取 引 制 限 私 的 独 占 及 び 不

More information

そして 観 光 だけに 限 らず 地 域 における 人 々を 守 る 安 全 防 災 情 報 の 発 信 手 段 として 最 も 適 したインフラとして 公 衆 Wi-Fi の 活 用 へとつながることが 望 ましい 3. 地 域 が 主 体 となる 公 衆 Wi-Fi サービス 我 が 国 には

そして 観 光 だけに 限 らず 地 域 における 人 々を 守 る 安 全 防 災 情 報 の 発 信 手 段 として 最 も 適 したインフラとして 公 衆 Wi-Fi の 活 用 へとつながることが 望 ましい 3. 地 域 が 主 体 となる 公 衆 Wi-Fi サービス 我 が 国 には インバウンド 観 光 と 未 来 に 向 けた 公 衆 Wi-Fi のありかた 北 海 商 科 大 学 細 野 昌 和 はじめに 我 が 国 では 一 時 滞 在 の 海 外 旅 行 者 は 原 則 モバイル 通 信 が 禁 止 されている これを 解 決 する 手 段 としては 公 衆 Wi-Fi が 有 望 であるが 海 外 と 比 較 して 日 本 にはそうしたサービス が 絶 対 的 に 不

More information

Microsoft Word - Gmail利用マニュアル_ver9.doc

Microsoft Word - Gmail利用マニュアル_ver9.doc Gmail 利 用 の 手 引 き -2015.9.1( 第 0 版 )- 東 北 学 院 大 学 情 報 処 理 センター i 目 次 1 Gmail について... 1 2 Gmail へのアクセス... 1 3 Gmail のメールアドレス... 1 4 ログイン(ID とパスワード)... 1 5 メールホーム 画 面... 2 6 受 信 メールの 参 照... 3 7 メールの 作 成

More information

ファンクラブでは 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 3. 当 社 は 当 会 への 入 会 申 込 を 行 った 者 が 次 のいずれかに 該 当 すると 判 断 した 場 合 当 会 への 入 会 を 承 認 しない 場 合 があります 1 柱 の 会 入 会 時 に 規 約 の 違 反 等

ファンクラブでは 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 3. 当 社 は 当 会 への 入 会 申 込 を 行 った 者 が 次 のいずれかに 該 当 すると 判 断 した 場 合 当 会 への 入 会 を 承 認 しない 場 合 があります 1 柱 の 会 入 会 時 に 規 約 の 違 反 等 会 員 規 約 チケット 予 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) AKB48オフィシャルファンクラブ 二 本 柱 の 会 ( 以 下 当 会 といいます )は A KB48を 応 援 する 会 員 によって 構 成 され AKB48を 応 援 することを 目 的 としていま す 第 2 条 ( 会 員 規 約 ) 1. この 会 員 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )は

More information

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1

(3) サービスプランの 内 容 本 サービスプランの 基 本 内 容 は, 以 下 の 通 りとする 主 要 機 能 Web 入 稿 (シラバス 登 録 編 集 管 理, 教 員 情 報 登 録 編 集 管 理, 全 体 設 定 ) 自 動 組 版 (PDF 生 成 ) 最 低 利 用 期 間 1 クラウド 型 シラバスシステム クラシラ 利 用 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 基 本 機 能 に 関 する 定 義 ) 本 規 約 において 用 いられる 語 の 定 義 は, 次 号 の 通 りとする Web 入 稿 シラバス 登 録 編 集 管 理 シラバスの 科 目 情 報 講 義 内 容 および 教 員 情 報 の 登 録 編 集 管 理 を Web 上 でおこな うサービス

More information

目 次 はじめに 2 1.ネットワーク 認 証 3 2.メール 環 境 の 変 更 5 2-1.Gmail へのログイン 6 2-2.メール 受 信 7 2-3.メール 作 成 と 送 信 8 2-4. 連 絡 先 の 管 理 9 2-5.スパム 対 策 (11 月 より 開 始 予 定 ) 10

目 次 はじめに 2 1.ネットワーク 認 証 3 2.メール 環 境 の 変 更 5 2-1.Gmail へのログイン 6 2-2.メール 受 信 7 2-3.メール 作 成 と 送 信 8 2-4. 連 絡 先 の 管 理 9 2-5.スパム 対 策 (11 月 より 開 始 予 定 ) 10 EDO-NET ユーザマニュアル 認 証 方 式 の 変 更 と Gmail 基 本 操 作 Edogawa University Powered by Google ネットワーク 利 用 運 営 委 員 会 目 次 はじめに 2 1.ネットワーク 認 証 3 2.メール 環 境 の 変 更 5 2-1.Gmail へのログイン 6 2-2.メール 受 信 7 2-3.メール 作 成 と 送 信 8

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

別添2             入札説明書例                      (電子入札用)

別添2             入札説明書例                      (電子入札用) 平 成 26 年 度 地 域 企 業 の 輸 出 促 進 に 関 する 調 査 業 務 委 託 説 明 書 静 岡 県 発 注 の 平 成 26 年 度 地 域 企 業 の 輸 出 促 進 に 関 する 調 査 業 務 委 託 に 係 る 企 画 提 案 方 式 の 手 続 開 始 の 公 告 に 基 づく 契 約 予 定 者 を 特 定 するための 企 画 提 案 書 等 の 提 出 については

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

(Microsoft PowerPoint - No.1 20151029\203}\203C\203i\203\223\203o\201[\202\311\221\316\211\236\202\265\202\275\203Z\203L\203\205\203\212\203e\203B.pptx)

(Microsoft PowerPoint - No.1 20151029\203}\203C\203i\203\223\203o\201[\202\311\221\316\211\236\202\265\202\275\203Z\203L\203\205\203\212\203e\203B.pptx) マイナンバーに 対 応 した 情 報 システム 設 計 と セキュリティ 対 策 立 命 館 大 学 情 報 理 工 学 部 上 原 哲 太 郎 情 報 システムと 法 情 報 システムが 法 的 義 務 を 満 たす 必 要 がある 例 が 増 えてきている 特 定 電 子 メール 法 や 特 定 商 取 引 法 における 表 示 義 務 割 賦 販 売 法 におけるクレジット 番 号 の 安 全

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 等 に 基 づく 公 安 委 員 会 による 援 助 等 の 措 置 に 関 する 訓 令 平 成 12 年 7 月 1 日 警 察 本 部 訓 令 第 25 号 改 正 平 成 14 年 11 月 22 日 本 部 訓 令 第 29 号 平 成 16 年 3 月 25 日 本 部 訓 令 第 6 号 平 成 24 年 5 月 1 日

More information

page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお

page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお page. 1 シマツ 株 式 会 社 page. 1 page. 2 現 行 名 新 注 文 システム にご 理 解 ご 協 力 頂 きましてありがとうございます 2004 年 に 開 始 し 6 年 が 経 過 いたしました 2007 年 弊 社 基 幹 システムを 変 更 したことで データに 不 整 合 を 発 生 し 大 変 ご 迷 惑 をお 掛 けし 続 けてきました 申 し 訳 けございません

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思 第 4 章 電 子 商 取 引 (10 月 10 日 ) 1 授 業 のねらい 電 子 商 取 引 において 事 業 者 がどのような 事 柄 について 情 報 提 供 を 行 うべきであるか について 理 解 する 電 子 商 取 引 には どのような 法 令 が 適 用 されるのか? 事 業 者 はどの 範 囲 のものをさすのか ネットオークションで 私 人 が 出 品 する 場 合 はどう か?

More information

セキュリティに 考 慮 したクラウドサーバの 構 築 太 田 諭 之 静 岡 大 学 技 術 部 情 報 支 援 部 門 1. はじめに クラウドコンピューティングを 用 いた 技 術 の 進 歩 により 手 元 にサーバが 無 くてもクラウドサーバを 用 い て 手 軽 に 情 報 発 信 が 容

セキュリティに 考 慮 したクラウドサーバの 構 築 太 田 諭 之 静 岡 大 学 技 術 部 情 報 支 援 部 門 1. はじめに クラウドコンピューティングを 用 いた 技 術 の 進 歩 により 手 元 にサーバが 無 くてもクラウドサーバを 用 い て 手 軽 に 情 報 発 信 が 容 SURE: Shizuoka University REp http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/ Title セキュリティに 考 慮 したクラウドサーバの 構 築 Author(s) 太 田, 諭 之 Citation 技 術 報 告. 19, p. 83-86 Issue Date 2014-03-10 URL http://doi.org/10.14945/00008050

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

Microsoft Word - 様式34号 更新申請のご説明

Microsoft Word - 様式34号 更新申請のご説明 様 式 34 号 申 請 者 各 位 (20120723) 一 般 財 団 法 人 建 設 業 振 興 基 金 建 設 産 業 情 報 化 推 進 センター CI-NET 更 新 手 続 きのご 説 明 CI-NETを 利 用 したEDIを 実 施 するための 企 業 識 別 コードおよび 電 子 証 明 書 の 更 新 手 続 きについてご 説 明 いたします 1. 企 業 識 別 コードおよび

More information

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の 定 款 中 の 変 更 しようとする 箇 所 を 記 載 した 書 面 ( 定 款 変 更 条 文 新 旧 対 照 表 ) 第 1 章 総 変 更 後 の 新 条 文 則 第 1 章 総 変 更 前 の 旧 条 文 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

目 次 1.イーヴァーのメール 機 能 とメールアドレス 管 理... 3 1-1イーヴァーのメール 機 能 について... 3 1-2 メールアドレス 管 理 とはどんなことを 行 うのですか... 3 1-3 メールアドレス 管 理 画 面 を 開 くには... 4 1-4メールアドレス 管 理

目 次 1.イーヴァーのメール 機 能 とメールアドレス 管 理... 3 1-1イーヴァーのメール 機 能 について... 3 1-2 メールアドレス 管 理 とはどんなことを 行 うのですか... 3 1-3 メールアドレス 管 理 画 面 を 開 くには... 4 1-4メールアドレス 管 理 イーヴァー 導 入 マニュアル メールアドレス を 管 理 する http://edesk.jp/ 契 約 者 パネル 利 用 環 境 OS Microsoft Windows 98SE,Me,2000,XP MacOS 10.1.x,10.2.x 以 降 ブラウザ Microsoft Windows の 場 合 Microsoft InternetExplorer 5.5SP2 以 上 Mozila

More information

さっそくですが あなたがメディアを 発 信 していくためのブログを 構 築 していきましょう 僕 は Wordpress というブログ 運 営 ツールをお 勧 めしています これはアメブロや FC2 ブログのように 会 社 側 からスペースを 借 りて 運 営 するブログではなく あなたが 契 約

さっそくですが あなたがメディアを 発 信 していくためのブログを 構 築 していきましょう 僕 は Wordpress というブログ 運 営 ツールをお 勧 めしています これはアメブロや FC2 ブログのように 会 社 側 からスペースを 借 りて 運 営 するブログではなく あなたが 契 約 クズフリーター(25)だった 僕 が 始 めて 3 ヶ 月 で 脱 フリーターして 週 休 7 日 生 活 を 手 に 入 れた 方 法 を 完 全 公 開! 初 心 者 用 ブログ メルマガアフィリエイト 手 順 書 3 ブログ 準 備 編 しょうくん さっそくですが あなたがメディアを 発 信 していくためのブログを 構 築 していきましょう 僕 は Wordpress というブログ 運 営 ツールをお

More information

ソフトウェア、プロトコル、ウェブサイトをめぐる動向

ソフトウェア、プロトコル、ウェブサイトをめぐる動向 Internet Week 2009 - H1 インターネットセキュリティ2009 - 脅 威 のトレンド2009 ~ソフトウェア プロトコル ウェブサイトをめぐる ウ 動 向 ~ 一 般 社 団 法 人 JPCERTコーディネーションセンター 2009 年 11 月 24 日 真 鍋 敬 士 最 近 気 になっていること 90 90 ある 公 開 アドレスに 届 いたメールのうち 実 行 ファイルが

More information

CWJホームページ提供サービス利用規約

CWJホームページ提供サービス利用規約 CWJ ホームページ 制 作 運 用 サービス(WEB-MATE) 契 約 約 款 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 株 式 会 社 サイバーウェイブジャパン( 以 下 当 社 という )は CWJ ホームページ 制 作 運 用 サービス (WEB-MATE) ( 以 下 本 サービス という )の 利 用 に 関 し 以 下 の 通 り 契 約 約 款 ( 以 下 本 約

More information

「独禁法事例研究」第1回(平成25年4月22日)

「独禁法事例研究」第1回(平成25年4月22日) 独 禁 法 事 例 研 究 第 7 回 ( 平 成 25 年 10 月 21 日 ) 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 論 点 等 の 発 表 が 行 われた 大 建 工 業 によるC&Hの 株 式 取 得 1. 当 事 者 の 概 要 大 建 : 中 密 度 繊 維 板 (MDF) 等 の 木 質 材 料 の 製 造 販 売 業 及 び 木 質 材 料 等 を 部 材 とす る 内 装

More information

1. 本 事 案 の 概 要 1. 遠 隔 ウィルスによるトラブル 発 生 概 要 2012 年 ( 平 成 24 年 )の 初 夏 から 秋 にかけて 日 本 において 犯 人 がネットの 掲 示 板 を 介 して 他 者 のパソコンを 遠 隔 操 作 し これを 踏 み 台 としてウェブサイ ト

1. 本 事 案 の 概 要 1. 遠 隔 ウィルスによるトラブル 発 生 概 要 2012 年 ( 平 成 24 年 )の 初 夏 から 秋 にかけて 日 本 において 犯 人 がネットの 掲 示 板 を 介 して 他 者 のパソコンを 遠 隔 操 作 し これを 踏 み 台 としてウェブサイ ト D-Case 適 用 事 例 2 2012 年 のPC 遠 隔 操 作 による 誤 認 逮 捕 DEOSプロジェクト 2013 年 7 月 19 日 DEOS 研 究 開 発 センター JST-CREST 1. 本 事 案 の 概 要 1. 遠 隔 ウィルスによるトラブル 発 生 概 要 2012 年 ( 平 成 24 年 )の 初 夏 から 秋 にかけて 日 本 において 犯 人 がネットの 掲

More information

AWS からのメール配信の選択肢 1. EC2 上に Mail Transfer Agent (MTA) を構築して配信 2. Amazon Simple Service (SES) の利利 用 3. 外部 配信サービスの利利 用 3. については AWS 特有の 手順はない

AWS からのメール配信の選択肢 1. EC2 上に Mail Transfer Agent (MTA) を構築して配信 2. Amazon Simple  Service (SES) の利利 用 3. 外部  配信サービスの利利 用 3. については AWS 特有の 手順はない AWS からの Email 送信 Amazon Data Services Japan AWS からのメール配信の選択肢 1. EC2 上に Mail Transfer Agent (MTA) を構築して配信 2. Amazon Simple Email Service (SES) の利利 用 3. 外部 Email 配信サービスの利利 用 3. については AWS 特有の 手順はないため省省略略して以降降では

More information

目 次 1. サービス 概 要... 1 2. 提 供 機 能... 2 DNS ゾーン... 2 正 引 き 逆 引 き... 2 レコードタイプ... 2 初 期 ゾーン... 3 コントロールパネル 操 作 メニュー 一 覧... 3 3. コントロールパネル... 4 3-1 ユーザ 認 証

目 次 1. サービス 概 要... 1 2. 提 供 機 能... 2 DNS ゾーン... 2 正 引 き 逆 引 き... 2 レコードタイプ... 2 初 期 ゾーン... 3 コントロールパネル 操 作 メニュー 一 覧... 3 3. コントロールパネル... 4 3-1 ユーザ 認 証 DNS アウトソーシング コントロールパネル 操 作 マニュアル Version 1.0 NTTPC コミュニケーションズ 2015/2/17 1 目 次 1. サービス 概 要... 1 2. 提 供 機 能... 2 DNS ゾーン... 2 正 引 き 逆 引 き... 2 レコードタイプ... 2 初 期 ゾーン... 3 コントロールパネル 操 作 メニュー 一 覧... 3 3. コントロールパネル...

More information

Microsoft PowerPoint - BYODのリスク分析(KDDI研)

Microsoft PowerPoint - BYODのリスク分析(KDDI研) BYODのリスク 分 析 ~ 個 人 スマホを 社 則 で 縛 るのはナンセンス~ KDDI 研 究 所 竹 森 敬 祐 (Ph.D) BYODって リスク 分 析 の 積 み 上 げです リスク 低 減 の 施 策 と 許 容 レベルを 考 慮 し 何 を 何 処 まで 許 可 すべきか 考 えます 本 音 はコスト 削 減 でも 安 全 も 維 持 したい 1: はじめに 2: リスクの 具 体

More information

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし)

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし) 外 務 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 第 1 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 ( 昭 和 45

More information

目 次 基 本 知 識 について ~ 管 理 サ イ ト 編 ~ Q1. フィーチャーフォンとはなんですか? P3 メールアドレスについて Q2. 携 帯 電 話 のショートメールアドレスは 登 録 できますか? P3 Q3. 一 般 ユーザーに NPIC からのメールが 届 きません P3 メール

目 次 基 本 知 識 について ~ 管 理 サ イ ト 編 ~ Q1. フィーチャーフォンとはなんですか? P3 メールアドレスについて Q2. 携 帯 電 話 のショートメールアドレスは 登 録 できますか? P3 Q3. 一 般 ユーザーに NPIC からのメールが 届 きません P3 メール こまったときはこちらから & ブック ver 2.2 学 校 向 け 管 理 者 編 2014.12 目 次 基 本 知 識 について ~ 管 理 サ イ ト 編 ~ Q1. フィーチャーフォンとはなんですか? P3 メールアドレスについて Q2. 携 帯 電 話 のショートメールアドレスは 登 録 できますか? P3 Q3. 一 般 ユーザーに NPIC からのメールが 届 きません P3 メールについて

More information

法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 を 確 保 するため, 特 定 事 業 者 による 消 費 税 の 転 嫁 拒 否 等 の

法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 を 確 保 するため, 特 定 事 業 者 による 消 費 税 の 転 嫁 拒 否 等 の 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 の 確 保 のための 消 費 税 の 転 嫁 を 阻 害 する 行 為 の 是 正 等 に 関 す る 特 別 措 置 法 及 びガイドライン 等 について 法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

1 店 長 アドレスと 店 舗 スタッフアドレスを 確 認 する メールアドレスとパスワードを 確 認 します 1 店 長 アドレス を 確 認 します 店 長 アドレスは 管 理 者 権 限 を 持 っているメールアドレスです 環 境 設 定 ( 店 長 アドレス)にログインし すべてのメールアド

1 店 長 アドレスと 店 舗 スタッフアドレスを 確 認 する メールアドレスとパスワードを 確 認 します 1 店 長 アドレス を 確 認 します 店 長 アドレスは 管 理 者 権 限 を 持 っているメールアドレスです 環 境 設 定 ( 店 長 アドレス)にログインし すべてのメールアド 店 舗 メールアドレスの 環 境 設 定 メニューの 表 示 変 更 < 目 次 > 1 店 長 アドレスと 店 舗 スタッフアドレスを 確 認 する 2 2 環 境 設 定 ( 店 長 アドレス)のメニューを 確 認 変 更 する 3 2-1 トップページの 項 目 を 確 認 する 2-2 全 てのメールアドレス 共 通 で 迷 惑 メール 対 策 を 設 定 する 2-3 メールアドレスを 作

More information