2 (5) L,C 成 分 検 出 機 能 被 測 定 対 象 にインダクタンス 成 分 またはキャパシタ ンス 成 分 が 多 く 含 まれる 場 合 は,L または C マークを 点 灯 して 作 業 者 に 注 意 喚 起 する.L マークの 場 合 は 配 線 の 短 絡,C マークの 場

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2 (5) L,C 成 分 検 出 機 能 被 測 定 対 象 にインダクタンス 成 分 またはキャパシタ ンス 成 分 が 多 く 含 まれる 場 合 は,L または C マークを 点 灯 して 作 業 者 に 注 意 喚 起 する.L マークの 場 合 は 配 線 の 短 絡,C マークの 場 "

Transcription

1 1 要 旨 今 泉 憲 *1 は, 接 地 線 をクランプするだけで 接 地 抵 抗 を 測 定 することができる 多 重 接 地 専 用 の 接 地 抵 抗 計 である. 狭 小 箇 所 の 測 定 を 容 易 にすることを 目 的 に, 従 来 のクランプ 接 地 抵 抗 計 と 比 べ センサ 体 積 比 約 50%の 小 型 クランプセンサを 開 発 した.ここに 製 品 の 概 要, 構 成, 特 性 例 について 解 説 する. 1. はじめに 近 年, 落 雷 や 漏 電 などによる 感 電 事 故 防 止 の 観 点 から 接 地 の 重 要 性 が 再 認 識 され, 接 地 不 良 が 生 じ た 場 合 の 危 険 性 を 低 減 するために 多 重 接 地 される 場 面 が 多 く 見 られるようになってきた.このような 多 重 接 地 の 場 合, 補 助 接 地 極 を 用 いる 必 要 のないクラン プ 式 接 地 抵 抗 測 定 方 式 を 使 用 できることが 知 られて おり, 再 び 注 目 されている 1). 2. 概 要 は, 配 線 を 切 断 することなくループ 抵 抗 を 測 定 できる 測 定 器 で, この 原 理 を 応 用 することにより, 多 重 接 地 の 接 地 抵 抗 測 定 を 実 現 している. 構 造 としては, 被 測 定 抵 抗 に 対 して 定 電 圧 注 入 を 行 う 注 入 コイルと,オームの 法 則 に 従 って 流 れる 測 定 電 流 を 検 出 する 検 出 コイル を1つのクランプセンサ 内 に 備 えていることが 特 長 で ある.また, 片 方 の 検 出 コイルのみを 用 いて 交 流 電 流 測 定 を 行 うことも 可 能 である. クランプ 式 接 地 抵 抗 計 は 2 つのコイルを 近 接 配 置 するため, 注 入 コイルから 検 出 コイルへ 直 接 回 り 込 む 漏 れ 磁 束 が 大 きく, 繰 り 返 し 測 定 精 度 へ 与 える 影 響 が 大 きい.この 影 響 を 低 減 するには 上 記 コイル 間 隔 を 広 げる 必 要 があるため,センササイズが 大 きくなる. このため 構 造 物 などに 密 着 した 接 地 線 にセンサを 挿 し 込 めず, 測 定 できない 場 面 が 多 くなる. 現 在 主 流 のセンサ 嵌 合 構 造 の 一 つである, 平 面 突 合 せ 型 の センサは 漏 れ 磁 束 が 大 きく,この 影 響 が 顕 著 である. FT6380/FT6381 では, 小 型 化 への 課 題 であった 嵌 合 構 造 をくし 型 に 改 め,シールド 構 造 を 見 直 すこと により 漏 れ 磁 束 の 低 減 を 図 り,センサの 小 型 化 と 繰 り 返 し 測 定 精 度 向 上 の 両 立 を 実 現 した.ここでは 小 型, 軽 量 化 で 作 業 者 の 負 担 を 軽 減 することをコンセプト に 開 発 された 本 器 の 主 な 特 長 について 解 説 する. FT6380 の 外 観 3. 機 能 特 長 3.1 接 地 抵 抗 測 定 機 能 (1) 小 型 薄 型 センサ 小 型 かつ 薄 型 に 形 成 されたセンサ 形 状 により, 従 来 接 地 線 をクランプするのが 難 しかった 狭 小 箇 所 に おいても, 接 地 線 を 引 き 出 すなどの 追 加 作 業 なく, 容 易 に 測 定 することが 可 能 となった. (2) 広 範 囲 の 接 地 抵 抗 測 定 に 対 応 0.02 Ω~1600 Ωまでの 接 地 抵 抗 をオートレンジ で 測 定 が 可 能 である. (3) ノイズチェック 機 能 接 地 抵 抗 測 定 に 影 響 のあるノイズを 検 出 すると NOISE マークが 点 灯 し, 作 業 者 に 注 意 喚 起 する. (4) 真 の 実 抵 抗 成 分 表 示 直 交 同 期 検 波 方 式 を 採 用 することで, 接 地 線 など の 配 線 インダクタンス 成 分 による 誤 差 要 因 を 排 除.イ ンピーダンスの 絶 対 値 を 測 定 していた 従 来 方 式 に 比 べ,より 正 確 な 接 地 抵 抗 の 測 定 が 可 能 となった. *1 技 術 部 技 術 4 課

2 2 (5) L,C 成 分 検 出 機 能 被 測 定 対 象 にインダクタンス 成 分 またはキャパシタ ンス 成 分 が 多 く 含 まれる 場 合 は,L または C マークを 点 灯 して 作 業 者 に 注 意 喚 起 する.L マークの 場 合 は 配 線 の 短 絡,C マークの 場 合 は 配 線 の 断 線 の 疑 いを 示 しており, 誤 測 定 の 未 然 防 止 に 寄 与 する. (6) クランプオープン 検 出 機 能 クランプが 完 全 に 閉 じていないときに,LCD に OPEn を 表 示 し, 作 業 者 に 注 意 喚 起 する. (7) フィルタ 機 能 測 定 値 が 安 定 しづらい 高 抵 抗 測 定 時 などで 使 用 すると 移 動 平 均 時 間 が 通 常 時 の 3 倍 に 延 長 され, 測 定 値 表 示 が 安 定 する. 3.2 交 流 電 流 測 定 機 能 (1) 漏 れ 電 流 から 負 荷 電 流 まで 測 定 可 能 1.00 ma の 漏 れ 電 流 から 60.0 A の 負 荷 電 流 までを 広 範 囲 にカバー.オートレンジで 測 定 が 可 能 である. (2) 真 の 実 効 値 表 示 真 の 実 効 値 演 算 により,クレストファクタ 最 大 5 まで の 歪 んだ 電 流 波 形 でも 正 確 に 測 定 可 能 である. (3) フィルタ 機 能 スイッチング 電 源 やインバータ 機 器 の 普 及 に 伴 い, 漏 れ 電 流 波 形 に 高 調 波 成 分 が 重 畳 するような 場 面 が 多 く 見 られるようになった.フィルタ 機 能 を 有 効 に することで, 一 般 的 な 漏 電 ブレーカの 周 波 数 特 性 に 相 当 する 約 180 Hz(-3 db)に 帯 域 制 限 され, 高 調 波 成 分 を 除 去 した 後 の 電 流 値 を 表 示 することができる. 3.3 その 他 の 機 能 特 長 (1) バックライト 機 能 視 認 性 の 良 い 白 色 LED を 採 用 し, 暗 いところでも はっきりと 表 示 値 を 読 み 取 ることが 可 能 である. 無 用 な 電 池 消 耗 を 防 ぐために,バックライト 点 灯 後, 約 2 分 間 操 作 がない 場 合 は 自 動 的 に 消 灯 する. (2) データホールド 機 能 押 しやすい 大 きな HOLD ボタンで, 測 定 値 をホー ルド( 保 持 )することができる.ホールド 中 はボタンが 点 滅 することでホールド 状 態 を 通 知 し, 誤 操 作 を 防 止 する.またブザー 鳴 動 回 数 を 変 えることでホールド 実 行 時 (2 回 )と 解 除 時 (1 回 )の 状 態 を 音 で 判 断 すること ができ, 接 地 箱 などの LCD 表 示 が 見 えづらい 箇 所 でもブザー 音 でホールド 状 態 が 判 別 可 能 である. (3) アラーム 機 能 設 定 した,しきい 値 をもとに 合 否 判 定 を 行 い,ブザ ーで 通 知 する.しきい 値 は 接 地 抵 抗, 交 流 電 流 に 対 し 独 立 して 設 定 でき, 判 定 基 準 も,しきい 値 を 超 えた 場 合 (High)と 下 回 った 場 合 (Low)から 選 択 が 可 能 で ある.また,High の 場 合 は 高 音 ( 約 4 khz),low の 場 合 は 低 音 ( 約 1 khz)でブザーが 鳴 動 するため,どちら の 基 準 で 動 作 しているかを 判 別 することができる. (4) 省 電 力 (オートパワーセーブ) 機 能 電 源 を 切 り 忘 れた 場 合 でも 無 用 な 電 池 消 耗 を 防 ぐ ために, 約 5 分 間 操 作 がない 場 合 は 自 動 的 に 電 源 が OFF となる.この 機 能 は HOLD ボタンを 押 しながら 電 源 を 投 入 することで 一 時 的 に 解 除 ができるうえに, 設 定 によって 恒 久 的 に 解 除 することも 可 能 である. (5) レンジ 表 示 機 能 より 厳 密 な 測 定 確 度 を 求 める 必 要 がある 場 合 は, 設 定 によって 現 在 のレンジを 表 示 することができる. 特 にレンジ 境 界 の 確 度 を 求 めるときに 有 効 である. (6) 低 消 費 電 力 設 計 回 路 設 計 の 最 適 化 を 図 り, 従 来 比 およそ 1/3 とい う 低 消 費 電 力 化 を 実 現 した.これにより,アルカリ 単 3 乾 電 池 2 本 使 用 で, 連 続 使 用 時 間 35 時 間 という 長 時 間 使 用 を 達 成 している.また 電 池 本 数 削 減 によ り, 本 体 の 小 型, 軽 量 化 にも 大 きく 寄 与 している. (7) CAT Ⅳ 600 V の 高 い 安 全 性 EN61010 CAT Ⅳ 600 V を 満 たしており,クランプ 接 地 抵 抗 計 カテゴリにおいて 世 界 最 高 クラスの 安 全 性 を 確 保 している. (8) 内 部 メモリ 本 体 内 部 に 大 容 量 の EEPROM を 搭 載 し, 接 地 抵 抗 測 定, 交 流 電 流 測 定 合 わせて 最 大 2000 個 までの 測 定 データを 記 憶 することができる.このメモリは Bluetooth 経 由 でスマートフォンなどに CSV 形 式 で 出 力 が 可 能 である( 出 力 機 能 は FT6381 のみ). (9) Bluetooth 通 信 機 能 (FT6381 のみ) Bluetooth 無 線 技 術 を 搭 載 しており,Android ス マートフォンと 連 携 して 測 定 レポートを 作 成 できる. CSV 形 式 のデータリストに 加 え,GPS による 位 置 情 報 および Google Maps の 地 図 情 報 や LCD 表 示 を 画 像 として PDF レポートに 保 存 が 可 能 である.このとき アラーム 機 能 を 使 用 していると, 地 図 上 で 合 否 判 定 結 果 に 応 じてポインタの 色 が 変 化 し, 測 定 箇 所 ごと の 合 否 識 別 が 容 易 に 行 える.

3 3 図 1 ブロック 図 (ハードウェア) 4. 構 成 4.1 ハードウェア 図 1 にブロック 図 を 示 す. (1) 接 地 抵 抗 測 定 DDS(Direct Digital Synthesizer) 方 式 を 用 いて 測 定 信 号 の 波 形 生 成 を 行 い,D 級 アンプで 増 幅 後, 注 入 コイルに 電 圧 を 印 加 する.これが 巻 数 比 に 応 じて 降 圧 されて 被 測 定 抵 抗 に 印 加 されると,オームの 法 則 に 従 った 測 定 電 流 が 流 れる.さらにこの 電 流 を 検 出 コイルで 検 出 し I/V 変 換 後 に 直 交 同 期 検 波 を 行 い, A/D サンプリング 後, 演 算 して 抵 抗 値 を 求 めている. 波 形 生 成 約 2.4 khz の 階 段 波 を DDS 方 式 で 生 成 後,バンド パスフィルタ(BPF)を 通 すことで 正 弦 波 状 の 測 定 信 号 を 生 成 している.また,このとき 同 期 検 波 用 のクロック も 同 時 に 生 成 している. 信 号 注 入 生 成 された 測 定 信 号 を D 級 アンプで 増 幅 し, 注 入 コイルに 電 圧 を 印 加 することで, 被 測 定 抵 抗 に 約 9 mvrmsの 定 電 圧 を 注 入 する.なお 注 入 コイルは 励 磁 巻 線 と 帰 還 巻 線 の 2 本 で 構 成 されており, 注 入 され た 信 号 を 帰 還 巻 線 で D 級 アンプに 負 帰 還 をかけるこ とで 振 幅 レベルの 安 定 性 を 確 保 している 2). 電 流 検 出 被 測 定 抵 抗 に 注 入 された 定 電 圧 と 抵 抗 値 の 関 係 からオームの 法 則 に 従 った 測 定 電 流 が 流 れる.これ を 検 出 コイルで 検 出 した 後 I/V 変 換 回 路 で 電 圧 に 変 換 し, 扱 いやすい 電 圧 レベルまで 増 幅 する. 直 交 同 期 検 波 電 圧 信 号 に 変 換 された 測 定 電 流 を 直 交 同 期 検 波 し, 測 定 電 流 の 実 部 成 分 と 虚 部 成 分 を 独 立 した 2 系 統 の 測 定 回 路 で 別 々に 測 定 した 後,それぞれマル チプレクサを 用 いて 交 互 に CPU 内 蔵 の 14 ビットΔΣ A/D コンバータに 入 力, 抵 抗 値 演 算 を 行 う. (2) 交 流 電 流 測 定 検 出 コイルのみを 用 いて 電 流 を 検 出,I/V 変 換 後 に 扱 いやすい 電 圧 レベルまで 増 幅 し,A/D サンプリ ングを 行 うことで 真 の 実 効 値 演 算 を 行 っている. 電 流 測 定 検 出 コイルで 被 測 定 電 流 を 検 出 し,I/V 変 換 を 行 い, 扱 いやすい 電 圧 レベルまで 増 幅 した 後 に CPU 内 蔵 の 14 ビットΔΣA/D コンバータに 入 力,A/D サ ンプリングで 実 効 値 を 求 める.なお A/D コンバータは 接 地 抵 抗 測 定 と 共 用 である. ローパスフィルタ(LPF) フィルタ 機 能 の 有 効, 無 効 に 応 じてローパスフィル タの 使 用 有 無 を 決 定 する.フィルタ 機 能 が 無 効 の 場 合 の 確 度 保 証 周 波 数 は 30 Hz~400 Hz であるが,フ ィルタ 機 能 が 有 効 の 場 合 は 約 180 Hz(-3 db)に 帯 域 制 限 され,45 Hz~66 Hz が 確 度 保 証 周 波 数 となる. ゼロクロス 測 定 用 クロック 生 成 A/D サンプリングによる 実 効 値 測 定 精 度 を 向 上 さ せるために 電 流 のゼロクロスを 検 出 している.また 被 測 定 電 流 の 周 波 数 を 測 定 し, 厳 密 にサンプリングポ イント 数 を 決 めている.このため,コンパレータを 用 い て 電 流 を 矩 形 波 に 変 換 し,ゼロクロス 検 出 および 周 波 数 測 定 に 利 用 している.

4 4 4.2 ファームウェア 以 下 に, 測 定 値 演 算 の 流 れを 示 す. 接 地 抵 抗 測 定, 交 流 電 流 測 定 共 に 測 定 周 期 は 約 500 ms,サン プリング 周 波 数 は 約 4 khz である.なお 上 記 測 定 周 期 の 内, 演 算 処 理 中,メインルーチン 処 理 中 などは A/D サンプリングは 行 っていない( 図 2, 図 3). (1) 接 地 抵 抗 測 定 以 下 に, 接 地 抵 抗 測 定 の 流 れを 示 す. A/D 変 換 ( 実 部 および 虚 部 ) 直 交 同 期 検 波 で 得 られた 実 部 および 虚 部 の 信 号 をマルチプレクサで 切 り 替 えながら A/D 変 換 を 行 う. サンプリングポイント 数 は 実 部, 虚 部 共 に 約 400 ポイ ント( 約 100 ms)で,それぞれ A/D 値 を 取 得, 平 均 化 を 行 い, 実 部 の A/D 値 Rおよび 虚 部 の A/D 値 X を 求 める. インピーダンスの 絶 対 値 演 算 ( Z ) 求 めた 実 部 および 虚 部 の A/D 値 R および X からインピーダンスの A/D 値 Z を 式 (1)の 計 算 で 求 め,さらに 測 定 レンジに 応 じた 既 知 の 定 数 Const.お よび Offset からインピーダンスの 絶 対 値 Z を 算 出 す る( 式 (2)). Z R + X Z =...(1) 2 2 Const. + Offset Z =...(2) 位 相 差 演 算 (θ ) アークタンジェント 関 数 を 用 い, 注 入 電 圧 に 対 する 測 定 電 流 の 位 相 差 θを 求 める( 式 (3)). = tan X R 1 θ...(3) 実 抵 抗 演 算 (R ) 求 めた Z およびθより, 実 抵 抗 R を 求 める( 式 (4)). R = Z cosθ...(4) 移 動 平 均 (6 回 または 18 回 ) 測 定 値 を 安 定 化 させるために, 求 めた 実 抵 抗 R を 移 動 平 均 バッファに 入 れ 平 均 化 を 行 う.なお,フィル タ 機 能 が 無 効 の 場 合 は 移 動 平 均 回 数 6 回 ( 約 3 秒 ), 有 効 の 場 合 は 移 動 平 均 回 数 18 回 ( 約 9 秒 )である. なお, 移 動 平 均 バッファはクランプ 開 閉 時 やレンジ 切 り 替 え 時 に 自 動 的 にクリアされ,バッファが 満 たされ るまでは 測 定 済 みの 測 定 値 のみで 平 均 化 が 行 われ るため, 完 全 にバッファが 満 たされるまで 待 たなくて も, 測 定 値 を 読 み 取 ることが 可 能 である. 図 2 タイムテーブル( 接 地 抵 抗 測 定 ) 図 3 タイムテーブル( 交 流 電 流 測 定 ) 測 定 値 LCD 表 示 移 動 平 均 後 の 測 定 値 を LCD に 表 示 する. (2) 交 流 電 流 測 定 以 下 に, 交 流 電 流 測 定 の 流 れを 示 す. 周 波 数 測 定 約 100 ms 間 に 被 測 定 電 流 の 周 波 数 を 測 定 する. サンプリングポイント 数 算 出 被 測 定 電 流 の 1 周 期 の 整 数 倍 で,およそ 200 ms のサンプリング 時 間 となるようにサンプリングポイント 数 を 算 出 する.なお 30 Hz~400 Hz の 範 囲 外 の 場 合 は, 強 制 的 に 約 800 ポイント( 約 200 ms)に 固 定 する. ゼロクロス 検 出 サンプリングポイント 数 算 出 後, 初 めの 立 ち 上 がり ゼロクロス 検 出 で A/D サンプリングを 開 始 する. A/D 変 換 および 二 乗 和 演 算 算 出 されたサンプリングポイント 数 の A/D サンプリ ングを 行 いながら, 得 られた A/D 値 s を 二 乗 して 二 乗 和 バッファに 加 算 していく. RMS 演 算 二 乗 和 バッファをサンプリングポイント 数 M で 除 算 した 後 に 開 平 し,A/D 値 の 実 効 値 rms を 求 める( 式 (5)).ここで S はサンプルポイント 番 号 である. 1 1 M 2 rms = S M S = 0... (5) 電 流 演 算 (Irms ) 求 まった A/D 値 の 実 効 値 rms と, 測 定 レンジに 応 じた 既 知 の 定 数 Const.および Offset から 電 流 実 効 値 Irms を 算 出 する( 式 (6)). I = Const. Offset... (6) rms rms + 移 動 平 均 (2 回 ) 測 定 値 を 安 定 化 させるために, 求 めた 電 流 実 効 値 Irms を 移 動 平 均 バッファに 入 れ 平 均 化 を 行 う.なお, フィルタ 機 能 の 有 無 に 関 わらず, 移 動 平 均 回 数 は 2 回 ( 約 1 秒 ) 固 定 である. 測 定 値 LCD 表 示 移 動 平 均 後 の 測 定 値 を LCD に 表 示 する.

5 5 4.3 携 帯 端 末 用 アプリケーション 3.3.(9) 項 で 述 べた Bluetooth 通 信 機 能 を 用 い, FT6381 と 携 帯 端 末 (Android 2.1 以 降 の OS を 搭 載 したスマートフォンおよびタブレット)との 間 で 通 信 を 行 うアプリケーションを 開 発 した. (1) 外 観 図 4 にアプリケーションの 外 観 を 示 す. アプリケー ションのメイン 画 面 は, 本 体 LCD 表 示 状 態 および 通 信 状 態 などの 表 示 部,データ 保 存, 参 照 の 操 作 ボタ ンとで 構 成 される. (2) 機 能 測 定 画 面 表 示 本 体 LCD 画 面 の 設 計 データに 即 した 形 状 や 位 置 でセグメントを 表 示 することで,FT6381 本 体 の LCD 画 面 に 限 りなく 近 い 画 面 表 示 を 再 現 した.また FT6381 本 体 と 同 間 隔 で 同 期 を 取 り, 表 示 更 新 を 行 う ことで, 測 定 値 表 示 のリアルタイム 性 も 損 なわれずに 表 示 することが 可 能 となっている. Alarm(アラーム 設 定 状 態 および 判 定 表 示 ) FT6381 本 体 のアラーム 機 能 の 有 効, 無 効 状 態 の 表 示 およびアラーム 機 能 が 有 効 の 場 合 にはアラーム の 判 定 状 態 (PASS または FAIL)を 示 す. Bluetooth (Bluetooth 接 続 状 態 表 示 ) Bluetooth 接 続 が 行 われているか 否 かを 示 す. 通 常,FT6381 と 携 帯 端 末 は Bluetooth 接 続 された 状 態 で 使 用 するが,データの 閲 覧 や 携 帯 端 末 から 外 部 へのデータ 転 送 のみを 行 う 場 合 には FT6381 本 体 と Bluetooth 接 続 が 行 われていない 状 態 でも,アプリ ケーションを 使 用 することが 可 能 となっている. GPS(GPS 受 信 状 態 および 位 置 データ 精 度 表 示 ) GPS の 受 信 状 態 を 示 す.ここには 位 置 情 報 の 受 信 元 の 情 報 (GPS または 通 信 網 ),および 位 置 データの 精 度 が 表 示 される.GPS からの 位 置 データが 捕 捉 で きた 場 合 は 数 十 メートル 以 内, 通 信 網 から 得 られた 位 置 データの 場 合 は 数 十 メートル~ 数 キロメートル 程 度 の 位 置 精 度 となるが, 地 図 画 面 にて 位 置 の 微 調 整 が 可 能 である.また GPS などの 生 データも 合 わせ て 保 存 することで, 改 ざん 防 止 にも 配 慮 している. データ 保 存 ボタン 測 定 データの 保 存 を 行 い, 続 けて PDF レポートの 作 成 を 行 う. 測 定 データリストボタン CSV 形 式 で 保 存 された 測 定 データの 一 覧 表 示, 閲 覧 および 外 部 へのデータ 転 送 を 行 う. 図 4 アプリケーション 外 観 および 概 要 図 5 携 帯 端 末 ペアリング 画 面 PDF レポートリストボタン 生 成 した PDF 形 式 レポートの 一 覧 表 示, 閲 覧 およ び 携 帯 端 末 に 登 録 された Gmail などのアプリを 使 用 して 外 部 へのデータ 転 送 を 行 う. (3) ペアリング 時 の 本 体 識 別 方 法 携 帯 端 末 と Bluetooth 機 器 との 通 信 を 行 う 場 合, 事 前 にペアリング 操 作 を 必 ず 行 う 必 要 がある.ペアリ ングとは, 携 帯 端 末 の 周 辺 にある Bluetooth 機 器 の 検 索 を 行 い, 該 当 する 端 末 との 接 続 認 証 を 行 う 操 作 である. 一 般 的 な 周 辺 機 器 (マウスやキーボード)は, 端 末 と 1 対 1 で 接 続 するため,フレンドリネームと 呼 ばれる 表 示 名 は 単 純 に 形 名 や 型 式 で 表 記 される. 一 方 FT6381 は,1 台 の 携 帯 端 末 に 対 して, 複 数 の FT6381 を 切 り 替 えて 接 続 する 場 合 が 想 定 されるた め, 形 名 + # + 製 造 番 号 の 書 式 で 表 記 するこ とで 個 体 識 別 を 可 能 としている( 図 5). (4) マップ 付 き PDF レポート 生 成 機 能 取 得 した 位 置 情 報 と Google Maps とを 連 携 して, 測 定 ポイントのマップを 組 み 込 んだ PDF 形 式 のレポ ートファイルを 生 成 する 機 能 を 搭 載 した.

6 6 4.4 機 構 (1) 外 観 および 構 成 図 6 に の 外 観 図 を 示 す. 本 器 はクランプセンサ 部 分 だけでなく, 本 体 そのものを 小 型 化 するというコンセプトがある. それを 実 現 するにあたり, 内 部 の 回 路 基 板 や 厚 みの あるクランプセンサ 部 分 の 開 閉 レバーをどのように 配 置 するかが 課 題 であった. 最 終 的 には,クランプセン サ 開 閉 レバーを 前 面 パネルと 背 面 ケースの 嵌 合 面 から, 背 面 ケース 側 にオフセットして 配 置 することによ り 回 路 基 板 スペースの 確 保 ができ, 全 体 的 にコンパ クトにまとまった.また,レバーをオフセットしたことに よりクランプ 開 閉 の 操 作 性 も 向 上 している. (2) 分 解 図 図 7 に 本 体 部 分 の 分 解 図 を 示 す. 背 面 ケースにク ランプセンサ, 回 路 基 板,ラバースイッチ,パネルの ように, 一 方 向 から 組 み 立 てができる 構 造 をとってい る.センサ 部 の 結 合 にはホルダと 呼 ばれる 真 鍮 プレ ートを 用 いており,これにより 左 右 のねじれを 極 力 抑 えている. 安 全 の 関 係 では, 金 属 を 露 出 した 外 部 出 力 をなくすため,FT6381 は Bluetooth による 無 線 通 信 を 採 用 した.また, 手 持 ち 部 分 のパネルとケースの 嵌 合 で 必 要 な 沿 面 距 離 を 確 保 している. 図 6 外 観 図 (3) クランプセンサ 構 造 図 8 に 代 表 として,レバー 側 クランプセンサの 内 部 構 造 の 分 解 図 を 示 す.センサ 嵌 合 部 に,くし 型 形 状 を 採 用 することで, 多 少 の 空 隙 が 生 じた 場 合 であっ ても 安 定 した 測 定 が 可 能 となっている. ウェルダ( 超 音 波 ) 溶 着 クランプセンサはコアカバーが 超 音 波 振 動 を 用 い たウェルダ 溶 着 により 結 合 されており, 内 部 には 注 入 コイルと 検 出 コイルがある.2 つのセンサコイルを 入 れたウェルダ 溶 着 というのは,これまでに 実 績 がなく, クランプ 接 地 抵 抗 計 が 初 の 試 みとなった. 内 部 構 造 中 心 のコアカバーに 注 入 および 検 出 コイルをしっ かりと 固 定 できる 構 造 をとっている. 注 入 コイルと 検 出 コイルの 嵌 合 位 置 がクランプ 開 閉 動 作 のたびにず れてしまうと, 測 定 される 抵 抗 値 もその 都 度 変 化 して 繰 り 返 し 測 定 精 度 が 悪 化 してしまう.このように 注 入 コイルと 検 出 コイルがコアカバー 内 でしっかりと 位 置 決 めされていることにより, 注 入 コイルから 検 出 コイル へ 直 接 回 り 込 む 磁 束 の 変 動 を 抑 え,より 繰 り 返 し 精 度 が 良 好 で 信 頼 性 の 高 い 製 品 に 仕 上 がっている. 図 7 分 解 図 図 8 クランプセンサ 内 部 構 造 (レバー 側 )

7 7 5. 参 考 特 性 例 5.1 接 地 抵 抗 測 定 特 性 (1) 直 線 性 図 9 にオートレンジにおける 抵 抗 測 定 の 直 線 性 を 示 す. 一 般 的 に,クランプ 接 地 抵 抗 計 は 注 入 コイル から 検 出 コイルへの 磁 束 の 回 り 込 みの 影 響 で,100 Ωを 超 えるような 高 抵 抗 測 定 において, 高 確 度 を 満 たすことが 難 しいことが 知 られている.しかし 本 器 で は,0.20 Ωレンジの 低 抵 抗 から 1600 Ωレンジの 高 抵 抗 にわたって 非 常 に 良 好 な 直 線 性 となっている. 図 9 抵 抗 測 定 直 線 性 (オートレンジ) (2) 繰 り 返 し 測 定 精 度 図 10 に 開 閉 を 20 回 繰 り 返 して 測 定 した 場 合 の, 繰 り 返 し 測 定 精 度 を 示 す. 開 閉 強 度 を 弱, 中, 強 と 変 えることで 厳 しい 測 定 条 件 としているが,すべての レンジ 境 界 においてばらつき 幅 ±3σで 確 度 仕 様 を 満 たしている. 直 線 性 と 同 様, 高 抵 抗 における 繰 り 返 し 精 度 の 向 上 は 従 来 困 難 であったが, 本 器 では 非 常 に 良 好 な 繰 り 返 し 測 定 精 度 を 示 している. (3) 温 度 特 性 図 11 に 代 表 として, 温 度 による 影 響 が 顕 著 な 15 Ω 測 定 時 の 温 度 特 性 を 示 す. 温 度 が 上 昇 するにし たがって 測 定 値 がやや 小 さくなる 傾 向 がうかがえるが, 全 温 度 範 囲 で 確 度 仕 様 に 対 して 十 分 余 裕 があり 安 定 性 は 高 い.また, 自 己 発 熱 による 変 化 も 小 さいた め, 測 定 前 のウォーミングアップ 時 間 も 不 要 である. (4) クランプ 空 隙 特 性 ( 参 考 ) 図 12 に 代 表 として, 空 隙 特 性 の 影 響 が 顕 著 な 90 Ω 測 定 時 において,クランプが 徐 々に 開 いていった 場 合 の 測 定 値 の 変 化 (クランプ 空 隙 特 性 )を 示 す. 緻 密 に 設 計 された,くし 型 のセンサ 嵌 合 構 造 によって, 多 少 の 空 隙 では 測 定 値 は 変 動 しにくくなっている. 図 10 抵 抗 測 定 繰 り 返 し 測 定 精 度 図 11 抵 抗 測 定 温 度 特 性 (15 Ω) 5.2 交 流 電 流 測 定 特 性 (1) 直 線 性 図 13 に 55 Hz のオートレンジにおける 電 流 測 定 の 直 線 性 を 示 す ma レンジの 漏 れ 電 流 から 60.0 A レンジの 負 荷 電 流 まで 良 好 な 直 線 性 である. (2) 周 波 数 特 性 図 14 に 代 表 として,20 ma 入 力 時 の 周 波 数 特 性 を 示 す.フィルタ 機 能 無 効 時 では 30 Hz~400 Hz,フ ィルタ 機 能 有 効 時 では 45 Hz~66 Hz で 平 坦 な 特 性 となっている. 図 12 抵 抗 測 定 クランプ 空 隙 特 性 (90 Ω)

8 8 (3) 温 度 特 性 図 15 に 代 表 として,55 Hz,17 ma 入 力 時 の 温 度 特 性 を 示 す. 極 めて 良 好 な 温 度 特 性 を 示 しており, 全 温 度 範 囲 で 確 度 仕 様 に 対 して 十 分 余 裕 があり 安 定 性 は 高 い.また, 自 己 発 熱 による 変 化 も 小 さいた め, 測 定 前 のウォーミングアップ 時 間 も 不 要 である. (4) 外 部 磁 界 特 性 図 16 に 無 入 力 時 に 60 Hz,400 A/m の 外 部 磁 界 を 印 加 した 場 合 の 測 定 値 への 影 響 を 示 す(100 A が 流 れている 電 線 から 約 4 cm 離 れた 位 置 における 磁 界 に 相 当 ). 当 社 製 クランプオンリークハイテスタ 3283 同 等 の 特 性 を 有 しており,3283 では 対 応 しきれなか った CAT Ⅳ 600 V までのより 高 い 安 全 性 を 要 求 さ れる 箇 所 の 漏 れ 電 流 測 定 に 有 効 である. 図 13 電 流 測 定 直 線 性 (55 Hz,オートレンジ) 6. おわりに くし 型 センサを 採 用 することによる 漏 れ 磁 束 の 影 響 低 減 および 繰 り 返 し 測 定 精 度 向 上 と,クランプセンサ の 小 型, 軽 量 化 の 両 立 をコンセプトとする FT6380/ FT6381 を 紹 介 した.クランプの 開 閉 の 軽 さと 狭 小 箇 所 の 測 定 において, 作 業 者 の 負 担 軽 減 に 寄 与 でき ることを 期 待 する. 図 14 電 流 測 定 周 波 数 特 性 (20 ma) 高 橋 博 之 *2, 永 井 明 博 *2, 姫 野 秀 徳 *2, 大 沢 丈 明 *3, 清 水 久 志 *4 *5, 降 旗 佳 範 参 考 文 献 今 泉 憲, 高 橋 博 之, 永 井 明 博, 降 旗 佳 範, 姫 野 秀 徳 : 小 型 クランプ 接 地 抵 抗 計, 計 測 自 動 制 御 学 会 中 部 支 部 シンポジウム2012 講 演 論 文 集, 27/28(2012) 今 泉 憲, 柳 沢 浩 一 : 回 路 に 対 する 非 接 触 信 号 注 入 法 の 検 討, 計 測 自 動 制 御 学 会 中 部 支 部 シンポ ジウム2008 講 演 論 文 集,24/27(2008) 図 15 電 流 測 定 温 度 特 性 (55 Hz,17 ma) ( 注 ) Bluetooth は Bluetooth SIG,INC.の 登 録 商 標 で す. Android,Google Maps,Gmail は Google,INC. の 登 録 商 標 です. *2 技 術 部 技 術 4 課 *3 技 術 部 長 付 *4 経 営 企 画 室 *5 HIOKI USA CORPORATION 図 16 電 流 測 定 外 部 磁 界 の 影 響 (60 Hz,400 A/m)

T8200UD

T8200UD T8200UD 共 振 周 波 数 検 査 機 製 品 仕 様 書 Ver.1.04 平 成 25 年 08 月 20 日 第 1.04 版 販 売 元 株 式 会 社 テ ス ト ラ ム 製 造 元 株 式 会 社 V-SAT 年 月 日 版 作 成 者 説 明 2012 年 10 月 19 日 1.0 宮 田 新 規 作 成 2012 年 12 月 12 日 1.01 宮 田 機 能 仕 様 追

More information

Microsoft PowerPoint - 説明用_2016_ver2.6.pptx

Microsoft PowerPoint - 説明用_2016_ver2.6.pptx 電 気 電 子 工 学 実 験 III 時 間 領 域 周 波 数 領 域 での 伝 達 関 数 計 測 担 当 三 輪 目 的 サンプリング 定 理 周 波 数 スペクトル 伝 達 関 数 等 の 信 号 処 理 の 基 礎 となる 事 項 を 実 験 的 に 確 認 し より 直 観 的 に 理 解 できること 1 回 目 1-1 サンプリングとは 1-2 ナイキスト 条 件 1-3 離 散 フーリエ

More information

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線) 平 成 26 年 度 航 海 用 無 線 設 備 整 備 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 法 規 編 問 1. 次 の 表 は 漁 船 の 漁 業 形 態 を 述 べたものである 表 中 の の 中 に 適 切 な 用 語 を 記 入 し それぞれの 漁 業 形 態 に 応 じた 従 業 制 限 の 種 類 を( )に 記 入 せよ (6 点 ) 漁 船 の 種 類 漁 業 形 態 従

More information

d_meterrelay_catalog.pdf

d_meterrelay_catalog.pdf デ ィ ジ ル メ リ レ 直 流 電 圧 計 電 流 計 受 信 計 特 長 高 輝 度 大 形 オリジナルLED 採 用 比 較 判 定 状 態 が 一 目 でわかる2 色 発 光 複 数 の 情 報 を 表 示 するサブ 表 示 LED 付 よく 使 う 設 定 項 目 を 優 先 グルプ 化 上 下 限 判 定 ゾン 判 定 が 出 来 る4 点 比 較 判 定 出 力 付 スケリング 平

More information

抵 抗 値 [Ω] 04.0 累 積 数 頻 度 数 頻 度 分 布 表 市 販 の 00Ωの 抵 抗 の 抵 抗 値 の 分 布 00 00 300 03.5 03.0 0.5 0.0 正 正 正 0.5 0.0 正 正 正 正 正 正 00.5 正 正 正 正 正 正 正 正 00.0 99.5

抵 抗 値 [Ω] 04.0 累 積 数 頻 度 数 頻 度 分 布 表 市 販 の 00Ωの 抵 抗 の 抵 抗 値 の 分 布 00 00 300 03.5 03.0 0.5 0.0 正 正 正 0.5 0.0 正 正 正 正 正 正 00.5 正 正 正 正 正 正 正 正 00.0 99.5 機 械 システム 応 用 実 験 ~データの 統 計 的 処 理 とデータの 考 察 について~ I. データの 統 計 的 処 理 まず データの 統 計 的 処 理 について 学 ぶ ある 物 理 量 を 測 定 する 場 合 測 定 値 の 誤 差 を 考 慮 する 必 要 がある 測 定 値 の 誤 差 には 間 違 い(mistake)や 系 統 的 誤 差 (systematic error)などがあるが

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

Microsoft Word - 247サンプル1.DOC

Microsoft Word - 247サンプル1.DOC 第 3 章 ハイブリッド 自 動 車 の 永 久 磁 石 モータ 制 御 技 術 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 佐 々 木 正 一 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 佐 藤 栄 次 トヨタ 自 動 車 株 式 会 社 岡 村 賢 樹 株 式 会 社 豊 田 中 央 研 究 所 稲 熊 幸 雄 3.1 まえがき 自 動 車 の 排 出 ガスによる 環 境 問 題 は 以 前 から 叫 ばれ 電

More information

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例

目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 目 次 1. 総 則 2. 機 能 3. 性 能 4. 外 形 寸 法 5. 端 子 構 造 6. 電 線 接 続 図 7. 表 示 例 1. 総 則 1.1 適 用 範 囲 この 規 格 は 計 器 用 変 成 器 または 計 器 用 変 圧 器 および 計 器 用 変 流 器 ( 二 次 側 三 相 3 線 式 110V 5A)とともに 取 付 ける 電 子 式 複 合 計 器 ( 以 下 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8292B29467936497AC977D90A791CE8DF45F8EC08E7B977697CC288DC58F4994C529>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8292B29467936497AC977D90A791CE8DF45F8EC08E7B977697CC288DC58F4994C529> 24JEITA- 知 基 安 第 190 号 平 成 25 年 3 月 1 日 一 般 社 団 法 人 電 子 情 報 技 術 産 業 協 会 EMC 委 員 会 委 員 長 柳 沢 孝 雄 高 調 波 電 流 抑 制 対 策 実 施 要 領 1. はじめに JEITA 会 員 各 社 が 製 造 または 販 売 する 製 品 ( 電 圧 300 V 以 下 の 商 用 電 源 系 統 に 接 続

More information

2 30セル 直 列 300 V CH1とCH30の 間 に DC300 Vかかる チャネル 間 最 大 電 圧 DC300 Vが 必 要 LR8400シリーズ CH30 CH29 CH28 単 セル 10 V アースとCH30の 間 に DC300 Vかかる 対 地 間 最 大 電 圧 DC300

2 30セル 直 列 300 V CH1とCH30の 間 に DC300 Vかかる チャネル 間 最 大 電 圧 DC300 Vが 必 要 LR8400シリーズ CH30 CH29 CH28 単 セル 10 V アースとCH30の 間 に DC300 Vかかる 対 地 間 最 大 電 圧 DC300 1 要 旨 *1 倉 島 孝 行 近 年, 家 庭 用 燃 料 電 池 や 車 両 用 バッテリの 性 能 向 上 に 向 けた 開 発 が 進 み, 多 点 の 電 圧 温 度 測 定 の 必 要 性 が 高 まっている.メモリハイロガーLR8400/LR8401/LR8402は,これらのニーズに 応 えるべく, 高 耐 圧, 高 速 スキャ ン, 持 ち 運 べる 多 チャネルのロガーをコンセプトに

More information

Dアプリ取扱説明書(確定版WORD)

Dアプリ取扱説明書(確定版WORD) スマ 保 災 害 時 ナビ アプリ 取 扱 説 明 書 2016 年 6 月 10 日 改 定 1-1 目 次 1. 注 意 事 項 と 制 限 事 項... 1-3 1.1 1.2 注 意 事 項... 1-3 制 限 事 項... 1-3 2. スマ 保 災 害 時 ナビアプリについて... 2-4 2.1 端 末 ホームキー 押 下 時 のアプリ 動 作... 2-4 3. 災 害 時 ナビの

More information

取 扱 説 明 書 LANケーブルハイテスタ 0 年 月 発 行 改 訂 版 A90-0 -0H i 目 次 はじめに... 梱 包 内 容 の 確 認... 安 全 について... ご 使 用 にあたっての 注 意... 第 章 概 要. 製 品 概 要.... 特 長.... 各 部 の 名 称 と 機 能... 第 章 検 査 前 の 準 備. 電 池 を 入 れる.... 電 源 を 入

More information

TC74HCT4053AF/AFT

TC74HCT4053AF/AFT 東 芝 MOSデジタル 集 積 回 路 シリコン モノリシック T74HT4053AF/AFT T74HT4053AF, T74HT4053AFT Triple 2-hannel Analog Multiplexer/Demultiplexer T74HT4053A は シリコンゲート MOS 技 術 を 用 いた 高 速 MOS アナログマルチプレクサ/デマルチプレクサです MOS の 特 長 である

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

アナログ入力モジュール AI 4xI 2-/4- 線式 ST (6ES7134-6GD00-0BA1)

アナログ入力モジュール AI 4xI 2-/4- 線式 ST (6ES7134-6GD00-0BA1) アナログ 入 力 モジュール AI 4xI 2-/4- 線 式 ST (6ES7134-6GD00-0BA1) SIMATIC ET 200SP アナログ 入 力 モジュール AI 4xI 2-/4- 線 式 ST (6ES7134-6GD00-0BA1) マニュアル はじめに 文 書 へのご 案 内 1 製 品 概 要 2 接 続 3 パラメータ 割 り 付 け/アドレ 4 ス 指 定 割 り 込

More information

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

MSA500技術資料1(和文)

MSA500技術資料1(和文) 技 術 資 料 シグナルアナライザMSA500 シリーズ リアルタイム 方 式 の 基 礎 知 識 1 リアルタイム 方 式 とは MSA500 シリーズは 掃 引 方 式 とリアルタイム 方 式 の2 方 式 を 搭 載 しています 掃 引 方 式 は 従 来 のスペクトラムアナライザの 方 式 です 掃 引 方 式 時 間 軸 波 形 RBW フィルタが 移 動 移 動 速 度 = 掃 引 時

More information

Microsoft PowerPoint - 医用工学概論実習1203.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 医用工学概論実習1203.ppt [互換モード] CR 結 合 回 路 の 抵 抗 電 圧 ER は 微 分 回 路 になる 低 域 遮 断 フィルタ コンデンサ 電 圧 Ec は 積 分 回 路 になる 高 域 遮 断 フィルタ センサ sensor (トランスデューサ)の 実 験 温 度 や 明 るさの 情 報 を 抵 抗 値 や 電 圧 などの 電 気 信 号 情 報 に 変 換 するセンサの 動 作 を 確 かめる サーミスタ Thermistor

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション かんたんマニュアル. 日 々の 業 務 の 流 れ P.. 店 舗 スケジュール 登 録 P.~. スタッフ 休 日 登 録 P.5~7. 予 約 の 確 認 と 登 録 P.8 5. 顧 客 来 店 から 精 算 までの 流 れ P.9 6. 予 約 顧 客 来 店 時 の 精 算 方 法 P.0~ 7. 未 登 録 顧 客 来 店 時 の 精 算 方 法 P.~ 8. 登 録 済 顧 客 来 店

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 電 気 回 路 学 I 秋 田 県 立 大 学 システム 科 学 技 術 学 部 電 子 情 報 システム 学 科 徐 粒 第 1 回 基 本 概 念 : 電 気 回 路 電 気 回 路 解 析 とは? 電 流 電 圧 とは? オームの 法 則 抵 抗 とコンダクタンス その 物 理 的 な 意 味 電 気 回 路 とは? 抵 抗 (R) キャパシタ(C) インダクタ(L) 直 流 電 圧 源 直

More information

エラー!目次項目が見つかりません。

エラー!目次項目が見つかりません。 KINGSOFT Office for Android Premium 使 説 明 書 目 次... 3 動 作 環 境... 3 主 機 能...5 認 証 手 順... 6 接 続... 8 画 面 説 明... 10 画 面 構 成...11 共 通 機 能... 14 使 方... 15 使 方... 19 使 方...23 作 成 行 総 合 文 書 作 成 表 計 算 作 成 構 成 端

More information

項 目 分 類 機 能 分 類 機 能 名 説 明 4 妊 娠 中 の 心 得 閲 覧 配 信 食 事 情 報 閲 覧 妊 娠 中 の 食 事 栄 養 目 標 サンプルメニュー の 提 供 ( 画 像 ) 情 報 閲 覧 妊 婦 特 有 のケア 方 法 たばこ アルコール 等 の 影 響 について

項 目 分 類 機 能 分 類 機 能 名 説 明 4 妊 娠 中 の 心 得 閲 覧 配 信 食 事 情 報 閲 覧 妊 娠 中 の 食 事 栄 養 目 標 サンプルメニュー の 提 供 ( 画 像 ) 情 報 閲 覧 妊 婦 特 有 のケア 方 法 たばこ アルコール 等 の 影 響 について ( 別 紙 1) 上 越 市 電 子 母 子 手 帳 アプリ 開 発 業 務 委 託 に 係 る 仕 様 書 1 件 名 上 越 市 電 子 母 子 手 帳 アプリ 開 発 業 務 委 託 2 目 的 妊 娠 中 または 子 育 て 世 代 を 対 象 とし 妊 娠 出 産 子 育 て 支 援 に 関 する 情 報 子 育 て 関 連 イベ ント 情 報 等 をリアルタイムに 発 信 するアプリを

More information

事 前 確 認 2 1 事 前 確 認 1-1.ノート/メモパッドを 取 り 付 ける ノートブックタイプ 1 本 体 左 側 のはくりフィルムをはがす 2ノートの 表 紙 を 透 明 ポケットに 挿 入 する 3 表 紙 を 本 体 のへこみに 合 わせ 貼 り 付 ける 1 2 3 4 本 体

事 前 確 認 2 1 事 前 確 認 1-1.ノート/メモパッドを 取 り 付 ける ノートブックタイプ 1 本 体 左 側 のはくりフィルムをはがす 2ノートの 表 紙 を 透 明 ポケットに 挿 入 する 3 表 紙 を 本 体 のへこみに 合 わせ 貼 り 付 ける 1 2 3 4 本 体 事 前 確 認 1 CamiApp S 設 定 マニュアル (Android 版 ) 目 次 1 事 前 確 認... 2 2 アプリをインストールする... 4 3 本 体 を 準 備 する... 4 4 かんたん 設 定 を 行 う... 5 5 データの 取 得 編 集 ( 合 成 機 能 )... 11 6 クラウド 連 携... 15 7 Google カレンダー 連 携... 19 8

More information

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし

新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 福 井 県 若 狭 町 における 就 農 の 魅 力 や 就 農 支 援 を 広 くPRし 平 成 27 年 度 次 世 代 就 農 リーダー 育 成 事 業 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 平 成 27 年 11 月 福 井 県 若 狭 町 1 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 新 規 就 農 支 援 Webサイト 制 作 業 務

More information

入 力 画 面 説 明 2013 年 1 月 建 物 気 象 データ 入 力 画 面 1 2 3 4 5 6 1 建 物 気 象 データ 入 力 説 明 (1/1) 1 [ 建 物 データ] 建 物 名 称 建 物 名 称 を 入 力 してください 所 在 地 所 在 地 を 入 力 してください 延 床 面 積 延 床 面 積 を 入 力 してください ( 半 角 数 字 ) 地 上 階 数 地

More information

ProVariManual_pall1

ProVariManual_pall1 ProVari オーナーズ マニュアル ProVari 電 子 タバコを 購 入 してくださって ありがとうございます! あなたの 電 子 タバコを 使 う 前 に このマニュアルをお 読 みください www.provape.com 1 電 子 タバコ(あるいはpersonal vaporizerとして 知 られている)はバッテリーを 動 力 とする 蒸 気 化 された 溶 液 によりニコチンを 吸

More information

情 報 ホーム 安 全 対 策 車 両 等 触 知 板 で 男 女 を 一 緒 に 表 示 してあるとわかりにくいため 改 善 が 望 まれてい る 視 覚 障 がい 者 には ICOCA 専 用 の 改 札 機 の 見 分 けができないので 改 札 機 は 全 国 統 一 にすることが 望 わかり

情 報 ホーム 安 全 対 策 車 両 等 触 知 板 で 男 女 を 一 緒 に 表 示 してあるとわかりにくいため 改 善 が 望 まれてい る 視 覚 障 がい 者 には ICOCA 専 用 の 改 札 機 の 見 分 けができないので 改 札 機 は 全 国 統 一 にすることが 望 わかり 第 5 章 バリアフリー 化 の 現 況 把 握 と 主 な の 整 理 3. 重 点 整 備 地 区 におけるバリアフリー 上 の (1) 旅 客 施 設 移 動 経 路 視 覚 障 が い 者 誘 導 等 階 段 の 両 側 に2 段 手 すりを 設 けるとともに 段 を 見 えやすくするなど 利 用 者 の 安 全 性 を 高 めることが 必 要 また 階 段 幅 が 広 い 場 合 は 中

More information

2005研究報告様式

2005研究報告様式 岐 阜 県 機 械 材 料 研 究 所 研 究 報 告 No.4 ( ) 精 密 切 削 加 工 の 高 効 率 化 に 関 する 研 究 ( 第 報 ) 振 動 型 3 次 元 接 触 センサの 開 発 西 嶋 隆 Study on a technology to enlarge the efficiency of precision machining processes ( nd report)

More information

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 2 履 行 期 間 システム 運 用 構 築 導 入 業 務 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 2 月 28 日 まで システム 利 用 にかかる 業 務 平 成 29 年 3 月 1 日 から

More information

科 目 名 : 情 報 数 学 a 担 当 者 : 本 田 康 子 工 学 科 : 総 合 システム 学 年 : 3 コース: 情 報 コミュニケーション 開 講 期 : 前 期 第 1 週 ガイダンス 場 合 の 数 と 確 率 第 2 週 場 合 の 数 と 確 率 ( 集 合, 集 合 の 要

科 目 名 : 情 報 数 学 a 担 当 者 : 本 田 康 子 工 学 科 : 総 合 システム 学 年 : 3 コース: 情 報 コミュニケーション 開 講 期 : 前 期 第 1 週 ガイダンス 場 合 の 数 と 確 率 第 2 週 場 合 の 数 と 確 率 ( 集 合, 集 合 の 要 科 目 名 : 電 気 回 路 Ⅰa 担 当 者 : 岸 純 男 工 学 科 : 総 合 システム 学 年 : 3 コース: 情 報 コミュニケーション 開 講 期 : 前 期 第 1 週 電 気 回 路 とオームの 法 則 第 2 週 抵 抗 の 直 列 接 続 と 並 列 接 続 第 3 週 直 流 回 路 の 簡 単 な 計 算 第 4 週 電 気 抵 抗 と 抵 抗 の 温 度 による 変

More information

表題

表題 1 え 技 術 紹 介 5 レゾルバーデジタル(R/D)コンバータの 開 発 Development of Resolver-Digital (R/D) Converter 中 里 憲 一 Kenichi Nakazato 航 機 事 業 部 第 一 技 術 部 主 任 渡 邊 真 之 Masayuki Watanabe 航 機 事 業 部 第 一 技 術 部 主 任 西 村 央 志 Hisashi

More information

このたびは ポケットFP をお 買 い 上 げいただき まことに ありがとうございました ポケットFP を 正 しくお 使 いいただくために この 操 作 説 明 書 をよくお 読 みください この 操 作 説 明 書 は 同 梱 のシャープ 取 扱 説 明 書 [ 保 証 書 付 ]とい っしょに

このたびは ポケットFP をお 買 い 上 げいただき まことに ありがとうございました ポケットFP を 正 しくお 使 いいただくために この 操 作 説 明 書 をよくお 読 みください この 操 作 説 明 書 は 同 梱 のシャープ 取 扱 説 明 書 [ 保 証 書 付 ]とい っしょに 金 融 計 算 機 操 作 説 明 書 A5 に 縮 小 印 刷 のこと ( 監 修 ) 株 式 会 社 近 代 セールス 社 ( 開 発 ) 株 式 会 社 テクノリード このたびは ポケットFP をお 買 い 上 げいただき まことに ありがとうございました ポケットFP を 正 しくお 使 いいただくために この 操 作 説 明 書 をよくお 読 みください この 操 作 説 明 書 は 同

More information

端末堅牢化ガイドライン

端末堅牢化ガイドライン スマートデバイスの 堅 牢 化 ガイド β 版 2012 年 6 月 5 日 日 本 スマートフォンセキュリティ 協 会 技 術 部 会 デバイスワークグループ デバイス 堅 牢 化 タスクフォース 本 書 では OS の 設 計 方 針 に 反 する 不 正 なアプリケーションが 実 行 された 場 合 において も OS やアプリケーションが 設 計 意 図 通 りに 動 作 するために 配 慮

More information

920MHz帯テレメータ用、テレコントロール用及びデータ伝送用無線設備標準規格

920MHz帯テレメータ用、テレコントロール用及びデータ伝送用無線設備標準規格 920MHz 帯 テレメータ 用 テレコントロール 用 及 びデータ 伝 送 用 無 線 設 備 920MHz-BAND TELEMETER, TELECONTROL AND DATA TRANSMISSION RADIO EQUIPMENT 標 準 規 格 ARIB STANDARD ARIB STD-T108 1.0 版 平 成 24 年 2 月 14 日 策 定 一 般 社 団 法 人 電 波

More information

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線) 平 成 27 年 度 船 舶 電 装 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 - 電 気 工 学 の 基 礎 編 - 問 1. 下 の 文 は 半 導 体 について 述 べた 文 章 である 語 句 を 選 び 記 入 せよ (3 点 ) の 部 分 に 下 記 の 用 語 より 適 切 な 半 導 体 は 通 常 の 状 態 では 導 体 と 不 導 体 との 中 間 的 な 電 気 抵 抗

More information

目 次 目 次 2 1. 画 面 (メニューボタン) 3 1-1.ボタン 配 置 と 基 本 操 作 4 2. タップスライド 6 2-1.タッチパネルの 操 作 方 法 7 3. かんたんメニューforBizの 電 話 / 電 話 帳 8 3-1. 電 話 をかける 9 3-2. 電 話 を 取

目 次 目 次 2 1. 画 面 (メニューボタン) 3 1-1.ボタン 配 置 と 基 本 操 作 4 2. タップスライド 6 2-1.タッチパネルの 操 作 方 法 7 3. かんたんメニューforBizの 電 話 / 電 話 帳 8 3-1. 電 話 をかける 9 3-2. 電 話 を 取 かんたんメニューforBizの 使 い 方 目 次 目 次 2 1. 画 面 (メニューボタン) 3 1-1.ボタン 配 置 と 基 本 操 作 4 2. タップスライド 6 2-1.タッチパネルの 操 作 方 法 7 3. かんたんメニューforBizの 電 話 / 電 話 帳 8 3-1. 電 話 をかける 9 3-2. 電 話 を 取 る 12 3-3. 履 歴 から 電 話 をかける 13

More information

[ 体 脂 肪 率 等 測 定 にかかる 主 な 仕 様 ] データ 設 定 項 目 測 定 器 A 測 定 器 B 測 定 器 C 測 定 器 D 測 定 器 E 測 定 器 F 測 定 器 G 測 定 器 H 性 別 ( 男 女 ) 年 齢 ( 才 ) 身 長 (cm) モード ( 標 準 アス

[ 体 脂 肪 率 等 測 定 にかかる 主 な 仕 様 ] データ 設 定 項 目 測 定 器 A 測 定 器 B 測 定 器 C 測 定 器 D 測 定 器 E 測 定 器 F 測 定 器 G 測 定 器 H 性 別 ( 男 女 ) 年 齢 ( 才 ) 身 長 (cm) モード ( 標 準 アス 家 庭 用 体 脂 肪 計 1 目 的 近 年 ダイエットや 健 康 管 理 等 で 身 体 の 状 態 を 測 定 するアイテムとして 家 庭 用 体 脂 肪 計 がよく 使 用 されている 市 販 されている 体 脂 肪 計 の 形 状 種 類 も 多 彩 になっており 体 脂 肪 率 のみならず 筋 肉 骨 水 分 などの 体 組 成 まで 表 示 する 体 組 成 計 なる 機 器 や 体

More information

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時

2 2-1 HTMLの 構 造 等 公 開 URLが 静 的 なHTMLであること 判 読 不 可 能 な 文 字 を 含 むものや 文 字 数 が 多 すぎるURL(いわゆる 動 的 なHTML)は 原 則 として 不 可 とする 2-2 任 意 なURLが 使 用 でき コンテンツ 作 成 時 1 1-1 サイト 全 般 デザイン 等 サイト 全 体 が 標 準 化 統 一 化 されたページデザインとすること ただし サイトで 異 なるデザインで 作 成 表 示 することができること 1-2 ヘッダー フッターは 原 則 すべてのページで 統 一 したデザインとすること 1-3 ロゴ イラスト バナーなどサイトに 応 じたデザインで 作 成 すること 1-4 スマートフォンやタブレット 端

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション レポートの 書 き 方 電 気 電 子 工 学 科 年 次 クラス 担 任 辻 寧 英 理 科 系 文 書 特 徴 読 者 に 伝 えるべき 内 容 が 事 実 と 意 見 に 限 られる 心 情 的 要 素 を 含 まない 心 得 事 実 : 証 拠 をあげて 裏 づけすることができるもの 意 見 : 何 事 かについてある 人 が 下 す 判 断 必 要 なことはもれなく 記 述 し, 不 要

More information

Microsoft Word - ⑩飯島・脇島.doc

Microsoft Word - ⑩飯島・脇島.doc 電 磁 波 や 超 音 波 を 使 った 速 度 測 定 装 置 の 製 作 飯 島 昌 * ** 脇 島 修 1.はじめに 物 体 の2 点 間 の 平 均 の 速 さは,その 距 離 を 進 むの に 要 した 時 間 で 割 ることにより 求 められる.そして, 進 む 距 離 を 微 小 にし,その 区 間 と, 進 むのに 要 した 時 間 で 割 ったものを 瞬 間 の 速 さとみなすことができ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AEB8CAF89D38F8A434845434B4552416E64726F696494C52091808DEC837D836A83858341838B2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AEB8CAF89D38F8A434845434B4552416E64726F696494C52091808DEC837D836A83858341838B2E646F6378> 平 成 26 年 度 危 険 箇 所 アプリケーション Android 版 操 作 マニュアル 平 成 26 年 5 月 8 日 箕 面 市 青 少 年 指 導 員 連 絡 協 議 会 Android 版 1. 危 険 箇 所 CHECKER アプリケーションを 起 動 するには?... 3 2. ユーザ 情 報 を 登 録 するには?... 4 3. 危 険 箇 所 情 報 を 作 成 するには?...

More information

Microsoft Word - 8 雪下ろし.doc

Microsoft Word - 8 雪下ろし.doc ( 社 ) 北 陸 建 設 弘 済 会 第 16 回 北 陸 地 域 の 活 性 化 に 関 する 研 究 助 成 事 業 新 たな 屋 根 雪 下 ろし 装 置 の 開 発 およびその 性 能 評 価 に 関 する 事 業 工 博 福 井 大 学 研 究 機 関 研 究 員 寺 崎 寛 章 1. 事 業 背 景 近 年, 世 界 各 地 で 発 生 している 自 然 災 害 が 人 々に 大 き

More information

5. 履 行 内 容 ( 1 ) 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 本 事 業 の 受 託 者 は 別 紙 1 : 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 で 指 示 する 内 容 に 基 づき Android 及 び iphone のスマートフォンで 動 作 するアプリを 構

5. 履 行 内 容 ( 1 ) 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 本 事 業 の 受 託 者 は 別 紙 1 : 子 育 て 支 援 アプリ システムの 構 築 で 指 示 する 内 容 に 基 づき Android 及 び iphone のスマートフォンで 動 作 するアプリを 構 平 成 27 年 度 駒 ヶ 根 市 子 育 て 支 援 アプリ 開 発 事 業 仕 様 書 仕 様 書 1. 件 名 平 成 27 年 度 駒 ヶ 根 市 子 育 て 支 援 アプリ 開 発 事 業 業 務 委 託 2. 目 的 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 てに 関 する 情 報 について 親 しみやすいスマートフォンアプリケ ーションを 開 発 活 用 し 結 婚 から 子 育 てまでの 情

More information

Microsoft Word - douko.doc

Microsoft Word - douko.doc 住 まいの 売 却 で 4 件 中 3 件 が 売 却 損 発 生 不 動 産 売 買 に 当 たりインターネットの 利 用 者 が5 割 不 動 産 流 通 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 結 果 ( 社 ) 不 動 産 流 通 経 営 協 会 住 まいの 売 却 のうち 4 件 中 3 件 で 売 却 損 が 発 生 不 動 産 価 格 の 下 落 により 不 動 産 の 購 入 に

More information

必 要 に 応 じて,システムのチューニング,リソースの 追 加 等 の 提 案 及 び 対 策 の 実 施 を 行 う テレビ 等 の 影 響 によりアクセスが 急 激 に 集 中 した 場 合 でも,サーバがダウンすることのな いよう 留 意 する 6バグフィクス,セキュリティパッチ 等 の 適

必 要 に 応 じて,システムのチューニング,リソースの 追 加 等 の 提 案 及 び 対 策 の 実 施 を 行 う テレビ 等 の 影 響 によりアクセスが 急 激 に 集 中 した 場 合 でも,サーバがダウンすることのな いよう 留 意 する 6バグフィクス,セキュリティパッチ 等 の 適 平 成 28 年 度 観 光 いばらき ホームページ 保 守 等 に 関 する 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 の 名 称 平 成 28 年 度 観 光 いばらき ホームページ 保 守 等 に 関 する 業 務 委 託 2 業 務 の 目 的 インターネットによる 情 報 発 信 の 重 要 性 に 鑑 み, 本 県 の 豊 かな 観 光 資 源 や 県 産 品 を 広 く 県 内 外 に

More information

携帯電話登録ツールの使用方法

携帯電話登録ツールの使用方法 防 災 情 報 リポーター 情 報 送 信 マニュアル ~ 岐 阜 県 防 災 リポートchへの 情 報 送 信 方 法 ~ 平 成 26 年 3 月 岐 阜 県 作 成 目 次 1. 概 要 P2 (1) 防 災 リポートchとは P2 (2) 災 害 情 報 登 録 の 流 れ P2 (3) 防 災 情 報 リポーターの 役 割 P3 2. 情 報 送 信 P4 (1) 携 帯 電 話 (スマートフォン

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63> 抗 菌 加 工 クリーン 空 調 システム 新 晃 工 業 ( 株 ) 技 術 本 部 朝 田 満 1.はじめに MRSA(メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 )やレジオネラ 菌 などによる 院 内 感 染 O-157 や 大 腸 菌 などによる 集 団 食 中 毒 など ウィルス 細 菌 による 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるため 徹 底 した 抗 菌 対 策 が 望 まれています

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

音 声 検 索 機 能 の 追 加 同 梱 のハンズフリー 用 マイクを 使 った 音 声 検 索 機 能 が 追 加 されました 1 現 在 地 地 図 画 面 の または メニュー 目 的 地 音 声 で 探 す スマートフォンの4Carアプリケーションと 連 携 することで 音 声 入 力 で

音 声 検 索 機 能 の 追 加 同 梱 のハンズフリー 用 マイクを 使 った 音 声 検 索 機 能 が 追 加 されました 1 現 在 地 地 図 画 面 の または メニュー 目 的 地 音 声 で 探 す スマートフォンの4Carアプリケーションと 連 携 することで 音 声 入 力 で 280-9285-00 2013/10 機能説明書 追補 目的地の音声検索機能とスマートフォン連携4Carアプリケーションについて説明しています 本機をバージョンアップいただきますと 以下の動作仕様が変更となります 一部の機種は バージョンアップをした後に出荷しています タッチキーの一部変更 以下の画面に表示されるタッチキーが変更となります 音声検索キー NaviConキーをタッチすると スマートフォン内のアプリケーションを利用して

More information

中山間地域ってなあに?

中山間地域ってなあに? 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 発 電 等 発 電 施 設 導 入 のポイント 農 村 振 興 課 環 境 対 策 担 当 平 成 27 年 3 月 6 日 目 次 1 農 業 農 村 の 概 況 1 2 再 生 可 能 エネルギーの 利 用 可 能 量 2 3 農 村 地 域 における 太 陽 光 発 電 の 手 引 ( 抜 粋 ) 5 4 農 業 用 水 を 活 用 した

More information

1998( 平 成 10) 年 に 岡 場 ~ 田 尾 寺 間 が 完 成 したのみで その 他 の 区 間 については 沿 線 開 発 による 地 価 高 騰 から 複 線 化 用 地 の 買 収 が 進 まず また 神 戸 電 鉄 の 経 営 状 態 から 総 事 業 費 400 億 円 (19

1998( 平 成 10) 年 に 岡 場 ~ 田 尾 寺 間 が 完 成 したのみで その 他 の 区 間 については 沿 線 開 発 による 地 価 高 騰 から 複 線 化 用 地 の 買 収 が 進 まず また 神 戸 電 鉄 の 経 営 状 態 から 総 事 業 費 400 億 円 (19 神 戸 電 鉄 1. 路 線 概 要 神 戸 電 鉄 線 は 有 馬 線 ( 湊 川 ~ 有 馬 温 泉 間 22.5km) 三 田 線 ( 有 馬 口 ~ 三 田 間 12.0km) 公 園 都 市 線 ( 横 山 ~ウッデ ィタウン 中 央 間 5.5km) 粟 生 線 ( 鈴 蘭 台 ~ 粟 生 間 29.2km) 神 戸 高 速 線 ( 湊 川 ~ 新 開 地 間 0.4km)の 計 69.6km

More information

[TWCU]LitII10

[TWCU]LitII10 情 報 処 理 技 法 (リテラシ)II Excelでのデータ 集 計 Excelでのデータ 集 計 の 基 本 データの 入 力 1 行 に1 試 行 分 のデータを 書 く アンケートの 結 果 なども1 人 分 のデータを1 行 に する 入 力 している 時 間 がもったいないのでデータを 用 意 しました サンプルデータをダウンロード 単 純 集 計 とクロス 集 計 単 純 集 計 一

More information

Microsoft PowerPoint - DMMセレクション.ppt

Microsoft PowerPoint - DMMセレクション.ppt ハンドヘルドデジタルマルチメーターを 選 択 するとき 機 能 確 度 が 一 般 的 に 検 討 されるポイントとなっていますが それ 以 外 にも 使 用 する 環 境 に 対 する 安 全 性 などが 重 要 になります 以 下 の4つのポイントを 検 討 されることをお 勧 めします 1 安 全 性 P2 DMMの 使 用 環 境 にあった 安 全 性 の 担 保 されたDMM IECやJIS

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

< 目 次 > はじめに... - 適 用 基 準... -2 作 業 の 流 れ... 2 動 作 条 件... 2 3 フォルダ 構 成... 3 4 システム(シート) 構 成... 4 5 システム 操 作 方 法... 5 5- システム 基 本 操 作... 5 5-- 起 動 方 法.

< 目 次 > はじめに... - 適 用 基 準... -2 作 業 の 流 れ... 2 動 作 条 件... 2 3 フォルダ 構 成... 3 4 システム(シート) 構 成... 4 5 システム 操 作 方 法... 5 5- システム 基 本 操 作... 5 5-- 起 動 方 法. 道 路 巡 視 業 務 支 援 ツール 操 作 マニュアル 平 成 28 年 月 < 目 次 > はじめに... - 適 用 基 準... -2 作 業 の 流 れ... 2 動 作 条 件... 2 3 フォルダ 構 成... 3 4 システム(シート) 構 成... 4 5 システム 操 作 方 法... 5 5- システム 基 本 操 作... 5 5-- 起 動 方 法... 5 5--2

More information

NEI

NEI 操 作 マニュアル 明 星 電 気 株 式 会 社 ML 1.3622(2) 1 お 知 らせ POTEKA Lab.は2013 年 10 月 20 日 よりPOTEKA Sta.2に 対 応 した 機 能 を 実 装 しました 次 頁 以 降 (P2~P6) POTEKA Sta.2 及 びPOTEKA Lab. 対 応 機 能 に ついて 記 載 します 2 お 知 らせ POTEKA Sta.2について

More information

改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の 内 容 は 下 記 の 新 ガイドラインで 包 括 的 に 解 説 電 気 通 信 事

改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の 内 容 は 下 記 の 新 ガイドラインで 包 括 的 に 解 説 電 気 通 信 事 電 気 通 信 事 業 法 改 正 後 の 消 費 者 保 護 ルール 平 成 28 年 3 月 総 務 省 総 合 通 信 基 盤 局 電 気 通 信 事 業 部 消 費 者 行 政 課 改 正 電 気 通 信 事 業 法 施 行 に 伴 う 消 費 者 保 護 ルールの 全 体 像 1 改 正 法 の 施 行 は 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 21 日 改 正 後 の 法 令 の

More information

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中 第 44 回 全 国 トラックドライバー コンテスト 学 科 競 技 問 題 用 紙 ( 制 限 時 間 :60 分 間 ) 平 成 24 年 10 月 27 日 実 施 注 意 事 項 1 2 3 解 答 はすべて 別 紙 の 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )に 記 入 すること 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )は 鉛 筆 を 使 用 して 必 要 な 箇 所 にマークし 誤

More information

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま 文 書 管 理 業 務 の 業 務 システム 最 適 化 計 画 2007 年 ( 平 成 19 年 ) 4 月 13 日 2008 年 ( 平 成 20 年 )2 月 13 日 改 定 2009 年 ( 平 成 21 年 ) 8 月 28 日 改 定 2011 年 ( 平 成 23 年 )9 月 1 4 日 改 定 各 府 省 情 報 化 統 括 責 任 者 ( CIO) 連 絡 会 議 決 定

More information

鉛フリーはんだ実用化ロードマップ

鉛フリーはんだ実用化ロードマップ ヒューズの 安 全 な 使 い 方 ~ヒューズ 選 定 と チップヒューズの 端 子 部 温 度 による ディレーティング 提 案 ~ 部 品 安 全 専 門 委 員 会 ヒューズアプリケーションガイド 改 訂 TF 有 賀 善 紀 (KOA 株 式 会 社 ) 014.10.0 大 手 センタービル 1 目 次 1.ヒューズの 安 全 な 使 い 方 電 気 電 子 機 器 用 電 流 ヒューズの

More information

1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可 変 することで 検 体 サイズによらず 精 度 を 確 保 できる 点 が 特 徴 1

1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可 変 することで 検 体 サイズによらず 精 度 を 確 保 できる 点 が 特 徴 1 開 放 特 許 有 効 活 融 機 関 向 けセミナー 技 術 のご 紹 介 2016 年 8 月 26 日 富 士 通 株 式 会 社 法 務 コンプライアンス 知 的 財 産 本 部 知 的 財 産 イノベーション 統 括 部 ビジネス 開 発 部 1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可

More information

Microsoft PowerPoint - せん断強さ

Microsoft PowerPoint - せん断強さ 土 の 強 さ 土 が 外 力 を 受 けると 土 の 中 にせん 断 応 力 ([kn/m 2 ]) が 生 じて,その 中 でせん 断 抵 抗 を 越 える 箇 所 があると, 図 に 示 したようなせん 断 破 壊 が 起 こる 破 壊 する 面 をす べり 面 といい,せん 断 応 力 に 抵 抗 する 最 大 のせん 断 抵 抗 をせん 断 強 さ(s[kN/m 2 ])という せん 断

More information

3.2. 画 像 表 示 部 の 取 付 け 位 置 について 画 像 表 示 部 の 取 付 け 位 置 は 画 面 を 視 認 しているときに 視 野 内 に 前 方 の 交 通 状 況 を 捕 捉 できる 位 置 でなければならない 詳 細 は 附 則 1 による また 画 像 表 示 部 の

3.2. 画 像 表 示 部 の 取 付 け 位 置 について 画 像 表 示 部 の 取 付 け 位 置 は 画 面 を 視 認 しているときに 視 野 内 に 前 方 の 交 通 状 況 を 捕 捉 できる 位 置 でなければならない 詳 細 は 附 則 1 による また 画 像 表 示 部 の 平 成 16 年 8 月 18 日 ( 社 ) 日 本 自 動 車 工 業 会 画 像 表 示 装 置 の 取 り 扱 いについて 改 訂 第 3.0 版 1. 基 本 的 考 え 方 車 載 画 像 表 示 装 置 が 有 する 渋 滞 情 報 表 示 機 能 やナビゲーション 機 能 は 道 路 交 通 の 安 全 円 滑 化 並 びに 環 境 保 全 等 に 役 立 つ 機 能 であるが 一

More information

コンビネーション 波 形 パルス 1.2/50-8/20 µs (ハイブリッドサージパルス) パルスはIEC/EN 61000-4-5に 適 合 パルス 電 圧 ( 開 回 路 ): パルス 電 流 ( 短 回 路 ): インピーダンス: パルス 繰 返 し: 結 合 : ±200 V ~ 4.4

コンビネーション 波 形 パルス 1.2/50-8/20 µs (ハイブリッドサージパルス) パルスはIEC/EN 61000-4-5に 適 合 パルス 電 圧 ( 開 回 路 ): パルス 電 流 ( 短 回 路 ): インピーダンス: パルス 繰 返 し: 結 合 : ±200 V ~ 4.4 CEアプリケーション 向 け スマートな4 kvシステム Teseqの 新 しいNSG3040は 国 際 国 内 および 社 内 規 格 また 最 新 のIEC/EN 規 格 に 適 合 した 電 磁 妨 害 をシミュレー トする 使 いやすく 便 利 な 多 機 能 試 験 機 です NSG 3040 が 製 品 ラインアップに 追 加 されることによってTeseqの 新 デザイン 理 念 に 基

More information

目 次 1. 概 要...1 2. 作 成 できる 帳 票...1 3. 年 調 法 定 調 書 の 達 人 の 起 動 方 法...2 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動... 2 3-2. 過 年 度 版 の 起 動... 2 4. 関 与 先 データ 作 成 方 法...3 4-1. 前

目 次 1. 概 要...1 2. 作 成 できる 帳 票...1 3. 年 調 法 定 調 書 の 達 人 の 起 動 方 法...2 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動... 2 3-2. 過 年 度 版 の 起 動... 2 4. 関 与 先 データ 作 成 方 法...3 4-1. 前 達 人 シ ス テ ム 年 調 法 定 調 書 の 達 人 平 成 27 年 分 版 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 2015/12/08 目 次 1. 概 要...1 2. 作 成 できる 帳 票...1 3. 年 調 法 定 調 書 の 達 人 の 起 動 方 法...2 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動... 2 3-2. 過 年 度 版 の 起 動...

More information

地図表示アプリ取扱い説明書

地図表示アプリ取扱い説明書 表 紙 地 図 表 示 アプリ 取 扱 説 明 書 第 1.00 版 2012 年 06 月 18 日 東 朋 エンジニアリング 株 式 会 社 1 / 21 ページ 概 要 概 要 主 な 機 能 No. 機 能 1 地 図 表 示 地 図 の 縮 小 拡 大 2 点 間 直 線 距 離 の 表 示 緯 度 経 度, 住 所, 天 気 情 報 の 表 示 GPS/ネットワーク 基 地 局 より 取

More information

はじめに 平 成 16 年 1 月 に e-tax が 運 用 を 開 始 し その 翌 年 の 平 成 17 年 1 月 に eltax は 運 用 を 開 始 した e-tax の 利 用 率 が 年 々 増 加 する 中 eltaxにおいても 参 加 する 地 方 公 共 団 体 の 数 が

はじめに 平 成 16 年 1 月 に e-tax が 運 用 を 開 始 し その 翌 年 の 平 成 17 年 1 月 に eltax は 運 用 を 開 始 した e-tax の 利 用 率 が 年 々 増 加 する 中 eltaxにおいても 参 加 する 地 方 公 共 団 体 の 数 が 電 子 申 告 に 関 する 要 望 事 項 (eltax 編 ) 平 成 28 年 6 月 22 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 情 報 システム 委 員 会 はじめに 平 成 16 年 1 月 に e-tax が 運 用 を 開 始 し その 翌 年 の 平 成 17 年 1 月 に eltax は 運 用 を 開 始 した e-tax の 利 用 率 が 年 々 増 加 する 中 eltaxにおいても

More information

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書

返還金同意書作成支援ツール_操作説明書 20131101_ 東 北 厚 生 局 返 還 金 同 意 書 等 作 成 支 援 ツール 操 作 説 明 書 平 成 25 年 12 月 東 北 厚 生 局 1. はじめに 返 還 金 同 意 書 作 成 支 援 ツールは 保 険 医 療 機 関 及 び 保 険 薬 局 において 診 療 報 酬 を 誤 って 請 求 したこと 等 により 保 険 者 に 診 療 報 酬 を 返 還 する 場 合

More information

Microsoft Word - 21 別添(表紙カラー).doc

Microsoft Word - 21 別添(表紙カラー).doc 諮 問 第 2014 号 5GHz 帯 の 無 線 アクセスシステムの 技 術 的 条 件 のうち 高 速 無 線 LAN の 技 術 的 条 件 諮 問 第 2014 号 5GHz 帯 の 無 線 アクセスシステムの 技 術 的 条 件 のうち 高 速 無 線 LAN の 技 術 的 条 件 に 対 する 答 申 1 技 術 的 条 件 の 適 用 範 囲 送 受 信 装 置 及 び 制 御 装

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CF68A4A97705F8D8296A79378834E8389834583688C5E926E906B835A83938354815B836C83628367838F815B834E8D5C927A82C98CFC82AF82BD8EE682E8916782DD2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CF68A4A97705F8D8296A79378834E8389834583688C5E926E906B835A83938354815B836C83628367838F815B834E8D5C927A82C98CFC82AF82BD8EE682E8916782DD2E70707478> 高 密 度 クラウド 型 地 震 センサーネットワーク 構 築 に 向 けた 取 り 組 み 内 藤 昌 平 ( 防 災 科 研 ) 2015/1/18 名 古 屋 大 学 - 防 災 科 研 研 究 交 流 会 本 日 の 発 表 内 容 研 究 の 背 景 と 目 的 気 象 庁 や 自 治 体 防 災 科 研 が 管 理 する 震 度 計 等 を 合 わせる と 日 本 全 国 に4,000

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

2 実 験 結 果 1 枚 2 枚 3 枚 4 枚 6 枚 羽 の 枚 数 30 秒 間 の 回 転 数 3 考 察 32 回 54 回 52 回 47 回 34 回 羽 の 枚 数 は 少 ないほど 回 転 数 が 上 昇 するといえる しかし 1 枚 では 回 転 数 が 最 も 少 なくなる

2 実 験 結 果 1 枚 2 枚 3 枚 4 枚 6 枚 羽 の 枚 数 30 秒 間 の 回 転 数 3 考 察 32 回 54 回 52 回 47 回 34 回 羽 の 枚 数 は 少 ないほど 回 転 数 が 上 昇 するといえる しかし 1 枚 では 回 転 数 が 最 も 少 なくなる 研 究 結 果 報 告 書 公 益 財 団 法 人 長 野 県 学 校 科 学 教 育 奨 励 基 金 理 事 長 田 幸 淳 男 様 1 研 究 テーマ 風 力 発 電 平 成 25 年 1 月 10 日 学 校 名 飯 綱 町 立 飯 綱 中 学 校 学 校 長 名 小 林 久 夫 印 2 研 究 グループ 名 飯 綱 中 学 校 科 学 クラブ 3 指 導 者 大 日 方 正 壽 4 研 究

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

平成27年度 119番通報の多様化に係る調査研究等 第1回資料 これまでの検討経緯

平成27年度 119番通報の多様化に係る調査研究等  第1回資料 これまでの検討経緯 実 証 実 験 結 果 資 料 2-1 目 次 1. 実 証 実 験 概 要 2. 実 証 実 験 結 果 2 実 証 実 験 概 要 日 時 場 所 1 平 成 28 年 1 月 19 日 ( 火 )@ 豊 洲 ( 東 京 ) 2 平 成 28 年 1 月 21 日 ( 木 )@ 所 沢 ( 埼 玉 ) 被 験 者 < 通 報 者 > 聴 覚 障 がい 者 :8 名 ( 内 訳 ) スマートフォンの

More information

やさしく名刺ファイリング PRO v.7.0 簡易操作マニュアル

やさしく名刺ファイリング PRO v.7.0 簡易操作マニュアル 簡 単 操 作 マニュアル -スマートフォン 連 携 - 1 やさしく 名 刺 ファイリング PRO v.13.0 簡 単 操 作 マニュアル -スマートフォン 連 携 - 目 次 ページ 1.はじめに... 3 2.スマートフォン タブレットとの 連 携... 4 3. やさしく 名 刺 ファイリング Mobile (LE) を 利 用 する... 5 3-1. Gmail 連 絡 先 同 期 方

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

Fロッド製品仕様書

Fロッド製品仕様書 EDGE 201 MECHANICAL GAMING KEYBOARD ソフトウェアの 機 能 説 明 書 1/18 目 次 ソフトウェアの 機 能 について 3 ご 使 用 可 能 な 機 能 について 4 1.MAIN 設 定 について 5 2.MACRO 設 定 について 10 3.LIGHT 設 定 について 13 4.TEST 機 能 について 15 2/18 ソフトウェア 機 能 について

More information

会社案内 ‐ 社内プレゼンテーション資料 ‐

会社案内 ‐ 社内プレゼンテーション資料 ‐ egis.web 汎 用 型 W e b G I S 株 式 会 社 エストラウム CONTENTS はじめ 製 品 紹 介 だれでも かんたん システム 主 要 機 能 操 作 画 面 機 能 一 覧 株 式 会 社 エストラウムは 様 々なソフトウェア 開 発 事 業 中 心 お 客 様 のニーズ 合 わせて 最 新 かつ 最 適 なサービス 提 供 いたします IT 社 会 と 言 われて 久

More information

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) 2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel Word

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) 2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel Word 広 域 機 関 システム 操 作 マニュアル 系 統 情 報 公 表 ( 一 般 用 ) 2016-01-00 前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) 2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel

More information

e.Typist v.12.0 操作マニュアル 基本操作編

e.Typist v.12.0 操作マニュアル  基本操作編 e.typist v.12.0 簡 易 操 作 マニュアル 基 本 操 作 編 1 e.typist v.12.0 簡 易 操 作 マニュアル 基 本 操 作 編 目 次 ページ 1.e.Typistの 起 動...3 2.スキャナの 設 定...5 3. 原 稿 の 読 み 込 み...6 3-1.スキャナから...6 3-2.ファイルから...8 4. 画 像 の 修 正... 10 5. 認

More information

Microsoft PowerPoint - 技術発表会2009保全?ver0825

Microsoft PowerPoint - 技術発表会2009保全?ver0825 鋼 橋 の 維 持 管 理 に 配 慮 した 設 計 施 工 の 留 意 点 ~ 過 去 の 補 修 補 強 事 例 からのフィードバック ~ 日 本 橋 梁 建 設 協 会 保 全 委 員 会 保 全 技 術 小 委 員 会 1 目 次 (1/2) 弱 点 を 知 って 設 計 施 工 に 留 意 しよう! 最 も 損 傷 事 例 が 多 いのはここだ! 昔 の 橋 はこんなところに 注 意! 今

More information

目 次 章 ポータル 画 面.... ポータル 画 面 のレイアウト....2 地 図 を 選 択 する...2 2 章 基 本 操 作...3 2. 画 面 構 成...3 2.2 ヘルプを 表 示 する...4 2.3 地 図 を 移 動 する...4 2.4 地 図 を 拡 大 / 縮 小 す

目 次 章 ポータル 画 面.... ポータル 画 面 のレイアウト....2 地 図 を 選 択 する...2 2 章 基 本 操 作...3 2. 画 面 構 成...3 2.2 ヘルプを 表 示 する...4 2.3 地 図 を 移 動 する...4 2.4 地 図 を 拡 大 / 縮 小 す 地 図 情 報 とよなか 操 作 手 順 書 Copyright (C) Toyonaka City, All rights reserved. 目 次 章 ポータル 画 面.... ポータル 画 面 のレイアウト....2 地 図 を 選 択 する...2 2 章 基 本 操 作...3 2. 画 面 構 成...3 2.2 ヘルプを 表 示 する...4 2.3 地 図 を 移 動 する...4

More information

はじめに このたびは フリーウェイ 顧 客 管 理 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 顧 客 管 理 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお

はじめに このたびは フリーウェイ 顧 客 管 理 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 顧 客 管 理 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお フリーウェイ 顧 客 管 理 操 作 マニュアル はじめに このたびは フリーウェイ 顧 客 管 理 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます 本 書 は フリーウェイ 顧 客 管 理 の 操 作 方 法 について 説 明 しています 本 システムをご 使 用 になる 前 また 必 要 に 応 じて 本 書 を 参 照 してください なお 本 書 の 内 容 は 本 システムの 操 作 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E58A778BA493AF979897708B408AD69640906C8EA9915289C88A778B408D5C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E58A778BA493AF979897708B408AD69640906C8EA9915289C88A778B408D5C2E646F6378> 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 自 然 科 学 機 構 国 立 天 文 台 殿 超 広 視 野 初 期 宇 宙 探 査 ミッション (WISH) フリップ 式 フィルター 交 換 機 構 設 計 設 計 検 討 書 及 び 図 面 有 限 会 社 オービタルエンジニアリング 1. 設 計 の 目 的 国 立 天 文 台 ハワイ 観 測 所 では JAXA 宇 宙 科 学 研 究 本 部 の

More information

目 次 動 作 環 境 について... 2 土 砂 災 害 情 報 マップとは... 3 更 新 情 報 を 見 る... 4 熊 本 県 の 防 災 災 害 情 報 を 見 る... 5 関 連 サイトのリンク 情 報 を 見 る... 6 用 語 を 調 べる... 7 利 用 上 の 留 意

目 次 動 作 環 境 について... 2 土 砂 災 害 情 報 マップとは... 3 更 新 情 報 を 見 る... 4 熊 本 県 の 防 災 災 害 情 報 を 見 る... 5 関 連 サイトのリンク 情 報 を 見 る... 6 用 語 を 調 べる... 7 利 用 上 の 留 意 熊 本 県 土 砂 災 害 情 報 マップ 操 作 ガイド 平 成 27 年 3 月 目 次 動 作 環 境 について... 2 土 砂 災 害 情 報 マップとは... 3 更 新 情 報 を 見 る... 4 熊 本 県 の 防 災 災 害 情 報 を 見 る... 5 関 連 サイトのリンク 情 報 を 見 る... 6 用 語 を 調 べる... 7 利 用 上 の 留 意 事 項 を 確

More information

掲 載 するテキストについては 概 ね 当 財 団 が 作 成 したものを 使 用 するが 協 議 の 上 一 部 は 委 託 業 務 に 含 む 場 合 がある (ア) トップページコーディング (イ) 下 位 ページコーディング (ウ) コンテンツに 必 要 な 素 材 の 加 工 5CMS の

掲 載 するテキストについては 概 ね 当 財 団 が 作 成 したものを 使 用 するが 協 議 の 上 一 部 は 委 託 業 務 に 含 む 場 合 がある (ア) トップページコーディング (イ) 下 位 ページコーディング (ウ) コンテンツに 必 要 な 素 材 の 加 工 5CMS の 高 知 城 歴 史 博 物 館 ホームページ 制 作 業 務 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 名 高 知 城 歴 史 博 物 館 ホームページ 制 作 業 務 2 業 務 の 目 的 平 成 29 年 3 に 開 館 する 高 知 県 立 高 知 城 歴 史 博 物 館 ( 以 下 博 物 館 という )について ホ ームページを 活 用 した 情 報 発 信 により 多 くの 人

More information

検 索 文 字 列 が 住 所 にマッチするならば 地 図 画 面 を 表 示 します 検 索 文 字 列 が 住 所 の 一 部 ならば キーワードを 含 む 検 索 結 果 画 面 を 表 示 します

検 索 文 字 列 が 住 所 にマッチするならば 地 図 画 面 を 表 示 します 検 索 文 字 列 が 住 所 の 一 部 ならば キーワードを 含 む 検 索 結 果 画 面 を 表 示 します 名 古 屋 市 都 市 計 画 情 報 提 供 システム 操 作 方 法 検 索 方 法 キーワードから 探 す 住 所 または 住 所 の 一 部 から 地 図 を 検 索 する 事 が 出 来 ます [ 名 古 屋 市 ] 以 降 の 住 所 施 設 名 またはその 一 部 を 入 力 し 検 索 をクリックします 検 索 文 字 列 が 住 所 にマッチするならば 地 図 画 面 を 表 示

More information

お 問 い 合 わせ 先 パナソニック システムお 客 様 ご 相 談 センター 電 話 0120-878-410( 受 付 :9 時 ~17 時 30 分 < 土 日 祝 日 は 受 付 のみ>) 開 発 の 背 景 屋 外 や 店 舗 での 広 告 情 報 表 示 媒 体 として 需 要 が 拡

お 問 い 合 わせ 先 パナソニック システムお 客 様 ご 相 談 センター 電 話 0120-878-410( 受 付 :9 時 ~17 時 30 分 < 土 日 祝 日 は 受 付 のみ>) 開 発 の 背 景 屋 外 や 店 舗 での 広 告 情 報 表 示 媒 体 として 需 要 が 拡 2016 年 04 月 22 日 表 示 コンテンツと 連 動 して 詳 細 情 報 をスマートフォン*1に 表 示 可 視 光 通 信 技 術 光 ID 送 信 機 能 内 蔵 ディスプレイを 発 売 品 名 光 ID 送 信 機 能 内 蔵 液 晶 ディスプレイ 品 番 TH-55SF1HJ (55v 型 )/ TH-49SF1HJ (49v 型 )/ TH-42SF1HJ (42v 型 ) 本

More information

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 日 立 受 配 電 機 器 リニューアルの ご 提 案 アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 熱 劣 化 により 電 磁 機 械 力 に

More information

Microsoft Word - 設計概要.docx

Microsoft Word - 設計概要.docx 第 22 回 衛 星 設 計 コンテスト アイデア 概 要 説 明 書 事 務 局 使 用 欄 受 付 番 号 年 月 日 応 募 区 分 ジュニアの 部 1. 作 品 情 報 応 募 者 情 報 作 品 名 (20 文 字 以 内 ) 次 世 代 の 新 構 想 膨 張 性 流 体 防 御 シールド 作 品 名 副 題 (これは 公 式 文 書 では 省 略 する 場 合 があります) 固 いのに

More information

1. 基 本 事 項 現 行 職 員 ポータルシステムが 平 成 28 年 1 月 末 で 契 約 満 了 を 迎 えるにあたり 近 年 の 技 術 革 新 と 外 部 環 境 や 宮 崎 県 における 情 報 システム 環 境 の 現 状 を 踏 まえ 将 来 的 な 宮 崎 県 の 情 報 シス

1. 基 本 事 項 現 行 職 員 ポータルシステムが 平 成 28 年 1 月 末 で 契 約 満 了 を 迎 えるにあたり 近 年 の 技 術 革 新 と 外 部 環 境 や 宮 崎 県 における 情 報 システム 環 境 の 現 状 を 踏 まえ 将 来 的 な 宮 崎 県 の 情 報 シス 宮 崎 県 グループウェアシステム 賃 貸 借 等 要 求 仕 様 書 宮 崎 県 総 合 政 策 部 情 報 政 策 課 1. 基 本 事 項 現 行 職 員 ポータルシステムが 平 成 28 年 1 月 末 で 契 約 満 了 を 迎 えるにあたり 近 年 の 技 術 革 新 と 外 部 環 境 や 宮 崎 県 における 情 報 システム 環 境 の 現 状 を 踏 まえ 将 来 的 な 宮 崎

More information

Microsoft Word - No9_word3_lit_r.doc

Microsoft Word - No9_word3_lit_r.doc コンピュータ リテラシー (R クラス) 2011 年 度 第 9 回 : Word の 基 本 (3) 担 当 : 千 葉 庄 寿 (schiba@reitaku-u.ac.jp) http://www.fl.reitaku-u.ac.jp/~schiba/lit_r/ 1. 表 (テーブル table) 表 は 次 の 手 順 で 作 成 する 挿 入 タブの 表 ボタンを 押 してマウスで 表

More information

02 【HP公開用】議事概要(第4回検討委員会)

02 【HP公開用】議事概要(第4回検討委員会) 第 4 回 厚 木 愛 甲 環 境 施 設 組 合 ごみ 中 間 処 理 施 設 整 備 検 討 委 員 会 議 事 概 要 日 時 平 成 26 年 9 月 19 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 4 時 06 分 場 所 厚 木 商 工 会 議 所 3 階 303 中 会 議 室 出 席 者 1 委 員 (15 名 / 定 数 15 名 ) 横 田 委 員 長 髙 澤 副 委

More information

Taro-H26-10○ 村山(P2点)

Taro-H26-10○ 村山(P2点) 母 豚 のボディコンディションの 適 正 化 による 生 産 性 向 上 への 取 り 組 み 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 村 山 修 吾 権 田 寛 子 堀 江 香 会 丸 山 幹 夫 石 田 秀 史 はじめに これまで 家 畜 保 健 衛 生 所 が 行 う 生 産 性 向 上 対 策 は 疾 病 コントロールが 主 体 であったが そも そも 繁 殖 成 績 が 悪 く 生 産 頭 数

More information

スライド 1

スライド 1 CONTENTS メディアデータ ユーザーデータ 性 別 / 年 齢 / 家 族 構 成 / 居 住 地 職 業 / 役 職 / 世 帯 年 収 / 住 居 環 境 接 触 状 況 1 接 触 状 況 2 使 用 状 況 広 告 への 意 識 接 触 行 動 ユーザーのペルソナ フルスクリーン 広 告 プレミアパネル 連 絡 用 フォーム 注 意 事 項 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

More information

13 Ⅰ. 基 本 仕 様 回 答 欄 備 考 本 市 が 要 望 する 項 目 を 台 帳 画 面 に 設 定 でき 台 帳 ファ イルに 登 録 できるこ 14 15 家 屋 評 価 業 務 で 発 生 する 図 面 を 含 むデータを 一 元 管 理 できるこ 図 面 を 含 む 評 価 調

13 Ⅰ. 基 本 仕 様 回 答 欄 備 考 本 市 が 要 望 する 項 目 を 台 帳 画 面 に 設 定 でき 台 帳 ファ イルに 登 録 できるこ 14 15 家 屋 評 価 業 務 で 発 生 する 図 面 を 含 むデータを 一 元 管 理 できるこ 図 面 を 含 む 評 価 調 福 知 山 市 固 定 資 産 税 家 屋 評 価 システム 導 入 業 務 仕 様 書 兼 回 答 書 回 答 企 業 様 名 項 目 1 2 回 答 欄 には 下 記 の で 回 答 して 下 さい ( 必 要 に 応 じて 補 足 事 項 を 備 考 へご 記 入 下 さい ) 回 答 欄 記 入 内 容 1.パッケージ 標 準 装 備 2.カスタマイズ 等 有 償 にて 対 応 可 3. 対

More information

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40 公 共 工 事 等 事 故 情 報 事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 11 時 40 分 工 事 関 係 者 区 分 一 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 業 種 区 分 設 備 被 災 程 度 汚 水 管 の 破 損 事 故 レベル Ⅱ 休 業 見 込 日 数 照 明 灯 の 建 替 え 照 明

More information

テスト設計コンテスト フロア展示資料

テスト設計コンテスト フロア展示資料 (ID1320006) 三 浦 マグロ 部 -システムテスト 計 画 書 _ 掲 示 用.docx マスターテスト 計 画 書 一 部 4.システムテスト 機 能 間 およびシステム 全 体 が 仕 様 要 求 の 通 りであることを 機 能 面 非 機 能 面 から 確 認 するテストである 本 テストの 終 了 は リリース 準 備 開 始 の 条 件 となる 単 位 : 機 能 機 能 の 組

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

eコミマップ印刷アプリケーション操作マニュアル 1_7版

eコミマップ印刷アプリケーション操作マニュアル 1_7版 e コミマップ 印 刷 アプリケーション 操 作 マニュアル 第 1.7 版 2015.10.28 防 災 科 学 技 術 研 究 所 1 目 次 1. 印 刷 アプリケーションとは... 4 2. 印 刷 アプリケーションの 動 作 環 境... 4 3. サポートしている e コミマップのバージョン... 4 4. サポートしている 背 景 地 図... 5 5. 印 刷 アプリケーションのインストール...

More information