ヴィジュアル系の誕生とネオ・ヴィジュアル系:ヴィジュアル系バンドは何故生まれたのか

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ヴィジュアル系の誕生とネオ・ヴィジュアル系:ヴィジュアル系バンドは何故生まれたのか"

Transcription

1 大 阪 府 立 大 学 人 間 社 会 学 部 人 間 科 学 科 森 岡 研 究 室 学 生 レポート 2011 年 度 ヴィジュアル 系 の 誕 生 とネオ ヴィジュアル 系 :ヴィジュアル 系 バンドは 何 故 生 まれたのか 藤 塚 千 智 1 はじめに 私 は L Arc~en~Ciel MALICE MIZER 黒 夢 GLAY など 世 間 一 般 的 に ヴィジュアル 系 と 呼 ばれる 音 楽 が 大 好 きである しかし 私 が 好 きなのは 昔 から 活 躍 しているヴィジュアル 系 であり 最 近 活 躍 し 始 めた いわゆる ネオ ヴィジュアル 系 の 音 楽 は 好 みではない 一 見 どちらも 化 粧 をして 同 じように 見 えるが 両 者 の 違 いは 一 体 どこにあるのだろうか?とずっと 疑 問 に 思 っていたので 私 が 好 きなヴィジュアル 系 と ネオ ビジュアル 系 との 違 いを 明 らかにす ることを 目 的 として これから 論 述 する また その 上 で ヴィジュアル 系 が 出 来 た 歴 史 や そ の 社 会 的 背 景 はどういうものであったのか さらに 人 々はヴィジュアル 系 のどのようなところ に 魅 かれるのか ということも ヴィジュアル 系 のファンの 特 徴 と 照 らし 合 わせながら 論 述 して いく このレポートの 構 成 は 下 記 の 通 りである 1 はじめに 2 初 期 ヴィジュアル 系 ~ネオ ヴィジュアル 系 までの 歴 史 3 初 期 ヴィジュアル 系 とネオ ヴィジュアル 系 の 違 いの 分 析 4 まとめ 5 おわりに 2 初 期 ヴィジュアル 系 ~ネオ ヴィジュアル 系 までの 歴 史 ヴィジュアル ロックとは 派 手 な 化 粧 や 衣 装 髪 型 が 最 大 の 特 徴 であるロック 系 バンドのことであり 一 般 にヴィジュア ル 系 と 呼 ばれる ヴィジュアル ロックという 言 葉 の 語 源 には いくつかの 説 があるが YOSHIKI(X JAPAN)が 自 らのバンドのキャッチコピーに 用 いた PYHCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK に 由 来 するという 説 が 一 般 的 である また どのバンドも 基 本 的 にはロックであり ハードロッ クを 基 本 としたヘヴィメタル 及 びポップロックが 主 流 である 全 体 的 に 暗 く 激 しい 曲 調 にマイナ ー 調 の 流 麗 なメロディーを 乗 せたものが ヴィジュアル ロックには 多 いとされる しかし そ の 音 楽 性 音 楽 表 現 はさまざまであり 統 一 性 には 欠 ける ただ 歌 詞 の 世 界 観 や 歌 い 方 などは ある 程 度 共 通 していると 思 われる 今 回 は 基 本 的 に 元 祖 ヴィジュアル ロックと 呼 ばれる X JAPAN 以 降 をヴィジュアル ロック として 定 義 して 述 べていく ( 主 に 90 年 代 ~) 1

2 ここでは 主 に 参 考 文 献 を 参 考 にし 考 察 も 入 れながら ヴィジュアル ロックの 歴 史 につい て 述 べていく ヴィジュアル ロックの 誕 生 ヴィジュアル ロックは もともとロックから 発 展 したものである ヴィジュアル 系 の 時 代 には 下 記 のように 書 かれてある ロック はアメリカで 生 まれ アメリカとイギリスで 発 展 し 日 本 でも アメリカやイ ギリスの 影 響 で 人 気 となった ロックは 主 にアンプとスピーカーに 依 存 しているため 科 学 技 術 と 密 接 に 結 びついているといえる また この 時 代 科 学 技 術 = 男 の 領 域 である と 考 えられていたため ロック= 男 らしさ で 基 本 的 に 女 性 はバンドから 排 除 されてい た また もしもバンドメンバーの 一 員 であったとしても たいてい 女 性 はボーカルか キ ーボードであった ロックは 科 学 技 術 と 密 接 に 結 びついているために 近 代 化 の 産 物 であ るといえるが ミュージシャンはしばしば 反 近 代 的 な 言 説 や 歌 詞 をパフォーマンスで 使 用 す る ((1)p15~17) 1980 年 代 以 前 英 米 のロックバンドが 日 本 で 人 気 があった 反 面 日 本 のロックバンドは 一 部 を 除 いて マイナーな 存 在 であった このころ 日 本 にとっての 欧 米 (とくにアメリカ) は 若 者 に 新 たな 文 化 や 勝 ちを 次 々と 生 み 出 す 流 行 の 発 信 地 であり 憧 れ であった そ のため 日 本 では 近 代 化 = 西 洋 化 であった しかし 1980 年 代 のバブル 時 代 になり ジャパン アズ ナンバーワン と 謳 われ 西 洋 はもはや 日 本 の 目 標 では 無 くなった 時 代 に バンドブームが 巻 き 起 こった この 時 代 次 々とロックバンドが 結 成 され ヴィジ ュアル 系 ロックバンドもヒットチャートに 登 場 するようになった ((1)p25) 参 考 :(1) ヴィジュアル 系 の 時 代 p15~17 p25 このバンドブームは 人 々のアイデンティティと 深 い 関 係 があったと 考 えられる この 頃 から いわゆる 消 費 中 心 主 義 が 進 んだが クラマーによると 消 費 活 動 とは 人 々がアイデンティティ を 構 成 するためのひとつの 手 段 である アイデンティティとは 本 来 個 体 性 確 実 性 継 続 性 が あるもので 心 理 上 の 概 念 であるが 大 量 消 費 社 会 において それらを 失 い 自 己 が 消 費 するも のによって 自 己 が 構 築 されるようになったと 考 えられる これは 消 費 社 会 における 社 会 的 な 関 係 がものによってとりもたれているためである 人 々は 消 費 するものによってその 人 の 性 別 地 位 職 業 など さまざまな 社 会 的 な 属 性 が 決 定 され それは 同 時 にそのような 属 性 のグループ に 自 己 を 帰 属 させることを 意 味 するのである このことを 踏 まえると ヴィジュアル 系 の 時 代 に 書 かれてある 下 記 のことがよくわかる 消 費 中 心 主 義 によって 生 み 出 される 些 細 な 外 見 的 表 面 的 違 いが 個 性 の 中 身 を 決 定 づけ 2

3 些 細 な 個 性 にとらわれた 自 己 は 市 場 経 済 既 存 の 社 会 システムによって 操 られ 管 理 さ れるのである そのため もはや 若 者 は 国 家 によって 制 度 化 された 学 校 家 族 地 域 社 会 な どの 既 存 の 共 同 体 店 に 陳 列 された モノ など 社 会 に 存 在 するいずれの 価 値 にもアイデ ンティティを 求 めることができなかった ((1)p25~26) しかし このころから 登 場 したヴィジュアル ロックバンドは 一 方 で ロック= 極 端 な 男 性 性 誇 示 をし また 一 方 では 化 粧 = 極 端 な 女 性 性 を 誇 示 することによって 逆 方 向 にジェンダー 化 されたシンボルを 同 時 に 使 い 社 会 から 逸 脱 反 抗 してみせた それゆえ ヴィジュアル ロックバンドは 既 存 のものとは 反 対 の 価 値 新 しい 価 値 を 体 現 するものと して 若 者 に 受 け 止 められた これらのバンドは 若 者 にとって 既 存 の 共 同 体 の 外 に 新 たに 形 成 された 自 ら 選 びとり 自 ら 構 築 した 共 同 体 であり 現 存 する 社 会 システムに 組 み 込 まれ ず 自 己 を 再 帰 的 に 構 築 することが 可 能 に 思 われたのである ((1)p30~31) 参 考 :(1) ヴィジュアル 系 の 時 代 p25~26 p30~p31 大 量 消 費 社 会 で 消 費 物 に 自 己 を 求 める ということは ここで 作 られたアイデンティティは 絶 えず 変 化 し 流 動 性 を 持 っている 消 費 物 で 構 成 された 自 己 は また 新 たな 消 費 物 を 求 め 満 足 安 定 することはないだろうと 考 えられるからだ このように ヴィジュアル ロックは 既 存 の 共 同 体 の 中 に もはや 安 定 した 自 己 を 見 出 せず 不 安 感 が 募 っていた 若 者 に ロックと 化 粧 とい う 極 端 な 男 性 性 女 性 性 を 誇 示 することにより 既 存 の 社 会 の 中 にはない 価 値 を 提 示 してみせた 若 者 は この 大 量 消 費 社 会 といえる 既 存 の 社 会 とは 別 の 場 所 に 安 定 した 自 己 を 求 めようとした のであると 考 えられる だからこそ ヴィジュアル ロックブームは バブル 時 代 が 巻 き 起 こっ た 1980 年 代 末 から 1990 年 代 に 一 気 に 巻 き 起 こったのである ヴィジュアル ロックの 原 点 ではなぜ 化 粧 をしながらロック という 形 が 生 まれたのか ヴィジュアル 系 の 時 代 より ヴィジュアル ロックの 原 点 が 下 記 のように 書 かれてある ヴィジュアル ロックの 原 点 として よくイギリスのグラムロックが 出 されるが これは 1970 年 代 前 後 であり 90 年 代 のヴィジュアル ロック 世 代 がこれに 直 接 影 響 された という のには 時 間 的 に 少 し 無 理 があるといえ むしろ 70 年 代 後 半 の NOVELA や JULIE が 影 響 を 受 け たといえる JULIE( 沢 田 研 二 )は 70 年 代 後 半 ~80 年 代 にかけて 音 楽 表 現 だけでなく 外 観 も 派 手 な 化 粧 や 衣 装 小 道 具 での 演 出 など 外 観 の 美 的 表 現 もした 忌 野 清 志 朗 なども 派 手 な 外 観 をするなど 男 の 化 粧 や 衣 装 大 胆 な 行 動 はこうしてお 茶 の 間 に 受 容 されていっ た これは 後 にヴィジュアル ロックバンドの 派 手 な 衣 装 や 化 粧 が 受 容 されるきっかけに なったといえる また この 頃 歌 謡 曲 は 自 分 で 作 曲 作 詞 歌 い 演 奏 するという 自 己 音 楽 表 現 へと 変 わっていった また 70 年 代 後 半 のキッスの 派 手 な 外 観 とパフォーマンスは 若 者 に 影 響 を 与 え X JAPAN 3

4 の YOSHIKI もキッスから 直 接 的 なインパクトを 受 けたと 話 している そして 80 年 代 に 女 子 高 生 などを 中 心 に 熱 烈 な 人 気 を 誇 ったイギリスのジャパンにより 妖 艶 な 外 観 がいかに 若 い 女 性 を 熱 狂 させるか ということを 世 間 に 知 らしめた これも 後 のヴィジュアル ロックバン ドのヒントになったといえる さらに パンクロックのストレートな 音 楽 表 現 が 若 者 の 行 き 場 の 無 い 焦 燥 感 に 共 感 を 生 み 出 したこと 高 い 技 術 表 現 能 力 が 求 められていた 時 代 に 大 声 でがなりたてるパンクロッ クバンドのパフォーマンスが 誰 でもやりたいように 音 楽 をやればいい という 認 識 を 若 者 に 与 えたことにより YOSHIKI などの 同 世 代 メンバーはパンクロックから 大 きな 影 響 を 受 けた よって 90 年 代 のヴィジュアル ロックの 原 点 は 歌 謡 曲 の 音 楽 的 かつ 外 観 的 変 質 を 下 敷 き にして キッスのパフォーマンス ジャパンの 妖 艶 な 外 観 パンクロックの 直 裁 なスピリッ トの3つである ((1)p52~61) その 上 で ヴィジュアル ロックバンドを 語 る 上 で 欠 かせないバンドが X JAPAN である 伝 説 のバンド と 呼 ばれる X JAPAN は 従 来 の 音 楽 業 界 の 常 識 を 次 々に 覆 した 彼 らのような 濃 い 化 粧 をしたロックバンドは 80 年 代 のインディーズシーンに 数 多 く 存 在 し たが このようなバンドは 音 楽 業 界 から 相 手 にされていなかった しかし X JAPAN は 化 粧 や 衣 装 だけでなく その 行 動 も 目 立 っており サウンドはメタル 系 だが 行 動 ではパンクで 出 演 したライブハウスで 物 をことごとく 壊 していった また ロックバンドはそれまで イ メージがくずれるためにテレビ 出 演 (テレビ= 商 業 主 義 )はほとんどしなかったが X は 喜 ん でテレビに 頻 繁 に 出 演 した こうした 活 動 により X の 出 演 するライブハウスは 常 に 満 員 で 音 楽 業 界 もその 存 在 を 無 視 することができなくなり X は 見 せかけのバンドではなく 実 力 を 兼 ね 備 えたバンドであることに 気 付 き 始 めた また その 後 CBS ソニーと 契 約 したが その 内 部 には X JAPAN のレコード 制 作 宣 伝 マネージメント 機 能 をすべて 兼 ね 備 えた 独 立 した 集 団 を 作 ってメジャーデビューを 果 たした また X JAPAN は 自 らのインディーレーベル EXTASY を 設 立 し 様 々なアマチュアバンドを 育 てた(LUNA SEA や GLAY は EXTASY レコード 出 身 である) そのほかにも 当 時 の 音 楽 業 界 のロックに 対 する 常 識 に 次 々と 挑 戦 していった たとえば テレビ 出 演 以 外 にも 東 京 ド ームでの 3 日 間 連 続 公 演 ( 日 本 のバンドで 初 ) 写 真 集 凝 った 作 りのプロモーションヴィ デオの 制 作 自 らの 人 形 やキャラクターグッズの 制 作 など このような 宣 伝 スタイルは 現 在 では 当 たり 前 であるが これらは 全 て X JAPAN が 最 初 だったのである X JAPAN に 続 いてメジ ャーデビューしたロックバンドは 多 かれ 少 なかれこの X JAPAN が 切 り 開 いた 道 を 歩 んでい る ((1)p115~119) 参 考 :(1) ヴィジュアル 系 の 時 代 p52~61 p115~p119 上 記 のように 書 かれてあるように ヴィジュアル ロックの 先 駆 けとなったのは X JAPAN で あるといえる X JAPAN は 自 分 たちで 宣 伝 制 作 などの 作 業 を 行 ったり インディーレーベル を 自 ら 立 ち 上 げたりなど それまでの 音 楽 業 界 が 売 れる 商 品 を 輩 出 する というシステムと は 逆 に 音 楽 業 界 を 利 用 した 既 存 のシステムからはかけ 離 れたバンドであったといえる だか 4

5 らこそ 人 々は X JAPAN やこの 道 を 歩 んでいったヴィジュアル ロックバンドに 魅 了 されたので はないか と 考 えられる ネオ ヴィジュアル 系 の 登 場 このように X JAPAN をはじめとするヴィジュアル ロックは 若 者 に 既 存 のものとは 反 対 の 価 値 異 なる 価 値 新 しい 価 値 を 体 現 するものとして 受 け 止 められ 既 存 の 共 同 体 の 外 に 新 たに 形 成 された 共 同 体 であり 自 己 を 再 帰 的 に 構 築 することが 可 能 であるかのように 提 示 してくれた いわば 若 者 に 新 たな 居 場 所 を 与 えてくれたといえる しかし そんなヴィジュアル 系 ロックバンドもまた 高 度 資 本 主 義 社 会 に 逆 らえず 売 れる 商 品 として 市 場 に 広 範 に 流 通 するようになると 既 存 の 社 会 に 組 み 込 まれたものとして 消 費 さ れるほかなくなっていってしまう 参 考 :(1) ヴィジュアル 系 の 時 代 この 頃 消 費 物 として 様 々なヴィジュアル 系 バンドが 登 場 し 飽 和 状 態 になっていた 既 存 の 社 会 システムに 組 み 込 まれてしまったヴィジュアル 系 は 人 気 が 除 々に 低 下 していった そして ここで 登 場 するのが ネオ ヴィジュアル 系 である なお このレポートでは ネオ ヴィジュアル 系 以 前 を 初 期 ヴィジュアル 系 として 区 別 する (2) ヴィジュアル 系 の 歴 史 にネオ ヴィジュアル 系 について 下 記 のように 述 べられている 2002 年 ごろにはそれまでブームを 担 ってきたヴィジュアル 系 ロックバンドはほとんど 解 散 し また 解 散 しなかったバンド(L Arc~en~Ciel や GLAY など)は 既 に 脱 ヴィジュアル 化 し 自 らがヴィジュアル 系 バンドであることを 認 めなくなった しかし 21 世 紀 に 入 って 以 降 音 楽 のダウンロードが 主 流 となって CD の 売 り 上 げ 枚 数 が 減 少 していく 中 レコード 会 社 がヴィジュアル 系 のファンの 女 性 (バンギャ)に 注 目 をする バンギャは CD を 全 部 持 っている ということにステイタスのようなものを 感 じるコレクタ ー 魂 を 持 っているので 好 きなバンドの CD は 手 にいれようとする 傾 向 がある そこにレコー ド 会 社 が 目 をつけ ヴィジュアル 系 のバンドたちを 盛 り 上 げ 音 楽 業 界 を 活 性 化 させようと 考 えた 参 考 :(2) ヴィジュアル 系 の 歴 史 これは それまでの XJAPAN を 中 心 とするヴィジュアル 系 が 様 々に 音 楽 業 界 の 常 識 を 覆 し い わば 音 楽 業 界 を 利 用 して 伸 し 上 がったのに 対 し ネオ ヴィジュアル 系 は 最 初 から 音 楽 業 界 に 商 品 として 売 り 出 された といえる 主 に ネオ ヴィジュアル 系 は 2000 年 ごろから 公 に 登 場 し 出 したヴィジュアル ロックバン ドのことで ナイトメア The Gazette シドなどが 代 表 としてあげられる この 頃 これらの バンドが 新 たな 若 いファンを 獲 得 したり 新 たなネオ ヴィジュアル 系 バンドが 登 場 したり 2005 年 にはお 笑 い 芸 人 の 田 村 淳 が jealkb というヴィジュアル 系 バンドを 結 成 したことによりヴィジ ュアル 系 を 広 く 宣 伝 するきっかけになるなど ヴィジュアル 系 ブームの 再 来 の 兆 しが 見 られた 5

6 また これらのバンドを ネオ ヴィジュアル 系 と 定 義 したオリコンは ネオ ヴィジュア ル 系 について 2006 年 6 月 専 門 誌 SHOXX へ 取 材 し 下 記 のように 報 道 している こういった 昨 今 のネオ ヴィジュアル 系 ともいうべき 新 たなアーティストの 台 頭 は 雑 誌 CD ショップ ライヴハウスそれぞれの 専 門 店 で 活 況 を 呈 している ここにあげたネオ ヴィジュアル 系 のアーティストをいち 早 く 取 り 上 げ 最 新 号 ではガゼットを 表 紙 に 迎 えてい る 月 刊 誌 SHOXX の 編 集 部 に 話 をきくと ルックスの 良 さがまず 先 にあって ある 意 味 で アイドル 的 な 盛 り 上 がり 方 に 似 ています とのことだ ライヴも よりエンターテインメ ント 性 が 強 く 芝 居 の 要 素 を 取 り 入 れるバンドも 目 立 っていて そんなライヴの 雰 囲 気 をフ ァンは 楽 しんでいるようです なお 肝 心 の 音 については ハードなものからキャッチーなものまで 一 言 では 括 れないほ ど 細 分 化 されていて そんなサウンド 面 も 重 要 な 要 素 ではあるものの ヴィジュアル 的 な 点 で 気 に 入 るかどうかの 方 がファンには 重 視 されているらしい 参 考 :(3)2006 年 6 月 オリコン 報 道 より このように ネオ ヴィジュアル 系 は ルックスの 良 さ をかなり 重 視 していると 考 えられる これらのバンドは アイドル 的 な 盛 り 上 がりを 見 せるようなカラフルだったり 雑 誌 などで 載 っ ているような ファンにうけるようなファッショナブルな 衣 装 化 粧 をしている また 物 品 販 売 などでは ポラロイド 写 真 も 売 られ 物 品 販 売 開 場 で 写 真 の 方 が CD よりも 売 れる というよ うな 状 況 もあった このようなことからも ネオ ヴィジュアル 系 がヴィジュアル 面 を 重 視 して いることがわかる 3 ネオ ヴィジュアル 系 と 初 期 ヴィジュアル 系 の 違 い それでは 具 体 的 に 初 期 ヴィジュアル 系 とネオ ヴィジュアル 系 の 違 いはどのようなところに あるのか まずは 歌 詞 や 曲 調 ライブ 外 見 ファンなどから 実 際 に 分 析 してみた 歌 詞 や 曲 調 分 析 ネオ ヴィジュアル 系 シド 曲 調 は ポップで 明 るめである また サビでの 盛 り 上 がりが 強 く キャッチーである 歌 詞 は 下 記 の 嘘 のように ~ですか のような 語 りかけや ~ました のような 丁 寧 語 がよく 使 われる また で 表 されているようなセリフがよく 使 われる また 歌 詞 の 終 わり 方 は まるで 物 語 のオチのようになっており 歌 詞 が1つの 物 語 のように 描 かれている 下 記 の アリバイ も 同 様 である また アリバイ では 1 人 の 女 性 が 恋 人 と 別 れるときを 描 いた 6

7 一 種 の 物 語 になっている その 他 直 接 的 な 感 情 表 現 や 具 体 的 な 表 現 が 多 いことも 特 徴 である 嘘 あの 日 みた 空 茜 色 の 空 を ねえ 君 は 覚 えていますか 上 手 に 騙 してね 嘘 は 嫌 いで 好 き 君 の 言 葉 果 たせなかった 約 束 抱 いて 二 人 歩 き 出 す アリバイ 待 ち 合 わせには 決 まって 遅 れて 到 着 の 彼 が なのに 先 に 待 ってるの 最 後 まで 冷 たい 人 処 方 箋 代 わりにくれたタバコ 最 後 まで 効 くの? ( 中 略 ) 仕 方 なく 愛 した 人 と 忘 れることは 容 易 い 引 きとめてくれるのを 期 待 したのも 事 実 で 全 部 がわからなくなる 嘘 みたいに 晴 れた 空 1 つだけわかるのは もうすぐ 泣 くでしょう ドラマティックさにかけてる 別 れもよしとしてバイバイ 濡 れたショーウィンドウに 光 る 痩 せた 笑 顔 1 つ The Gazette 曲 調 は キャッチーなものが 多 い 歌 詞 は 下 記 の 貴 方 ノ 為 ノ 此 ノ 命 や 東 京 心 中 のように シドと 同 様 に 直 接 的 具 体 的 な 表 現 特 定 の 相 手 に 語 りかけるような 手 紙 もしくは1つの 物 語 のような 歌 詞 である また この 他 にも 紅 蓮 など 独 特 な 漢 字 を 使 ったり 英 語 と 難 しい 漢 字 だけの 歌 詞 絶 望 にまみ れた 歌 詞 など 異 質 な 雰 囲 気 のものもある また 自 らが 作 曲 しているであろうにも 関 わらず 作 曲 者 が 大 日 本 異 端 芸 者 の 皆 様 という 曲 が 多 くみられる シドと 比 べると 歌 詞 はより 暗 い 病 んでいる 雰 囲 気 がある 貴 方 ノ 為 ノ 此 ノ 命 独 り 歩 きの 届 かずの 想 い 理 解 っているのに 止 まらぬが 恋 貴 方 が 僕 に 気 付 く 日 は 来 ない 理 解 っていました 諦 めてました 東 京 心 中 この 街 を 出 て 東 京 で 一 緒 に 暮 らしてくれないか? 私 は 少 し 戸 惑 いながらも 嬉 しかった ナイトメア 7

8 歌 詞 は 直 接 的 な 表 現 多 く 物 語 調 であるなど シドとガゼットと 共 通 する また ガゼットのように 独 特 の 難 しい 漢 字 を 使 った 歌 詞 も 見 られた SuG 曲 調 は 底 抜 けに 明 るいポップな 曲 調 である 下 記 の ギミギミ のように などの 記 号 を 使 ったり 失 恋 の 悲 しい 歌 詞 も 中 にはあるが 底 抜 けに 明 るい 歌 詞 があったり 今 までのヴィジュアル 系 とは 違 った 特 徴 をもつといえる また 歌 詞 は 直 接 的 な 表 現 が 多 い ギミギミ 心 のままに 叫 べば 悩 みなんて 吹 っ 飛 んでくのさ GiMME GiMME Yes! GiMME GiMME Yes! ViViD 曲 調 は 明 るい 歌 詞 は 下 記 の PRECIOUS のように 直 接 的 な 表 現 が 多 く 語 りかけ 口 調 も 見 られたり 物 語 や 手 紙 風 もあるので 他 のネオ ヴィジュアル 系 と 同 様 である PRECIOUS 会 いたくて 会 いたくて 会 いたくて 君 がいない 寂 しくて 寂 しくて 君 を 呼 んだ ずっとずっと 君 に 届 くように 僕 は 歌 うから 立 ち 止 まらないで 顔 あげなよ? 雨 のち 晴 れでいいから 本 当 は 弱 くて1 人 じゃ 歩 けない でも 戻 らない 初 期 ヴィジュアル 系 X JAPAN 曲 調 は ヘヴィ メタル 色 が 強 いが 美 しいバラードの 曲 もある 歌 詞 は 下 記 のように 自 分 の 感 情 を 描 いているイメージで 相 手 への 語 りかけはほとんどない 物 語 調 も 見 受 けられない 紅 紅 に 染 まったこの 俺 を 慰 めるやつなどもういない もう 二 度 と 届 かないこの 想 い 閉 ざされた 愛 に 向 かい 叫 び 続 ける LUNA SEA 曲 調 はロック 色 が 強 く X よりはポップともいえるので 聞 きやすいといえる 歌 詞 は 自 分 の 感 8

9 情 を 描 いていて X JAPAN と 同 様 である SHAZNA ポップな 曲 調 が 多 い Melty Love の 歌 詞 は 比 較 的 直 接 的 な 表 現 が 使 われた 歌 詞 ではあるが 物 語 調 というよりは 自 分 の 感 情 中 心 に 描 いている MALICE MIZER 曲 調 はロックというよりも オーケストラなどを 想 像 させる 美 しい 曲 調 である 歌 詞 は 下 記 の 死 の 舞 踏 ように 別 世 界 のお 伽 話 のような 歌 詞 である そして 1つの 曲 を まるで1つの 物 語 のように 作 っている そのため 物 語 調 であるところは ネオ ヴィジュアル 系 に 共 通 する しかし MALICE MIZELR 歌 詞 の 方 がもっと 抽 象 的 であることや 1つの 曲 ( 物 語 ) に 対 する 彼 らの 衣 装 やライブでの 演 出 の 徹 底 さが 違 う 死 の 舞 踏 一 夜 限 りの 恋 と 夢 と 憧 れの 未 来 と 誰 のものでもない aurora の 服 をまとい 舞 踏 会 へ 硝 子 の 靴 を 履 いたら この 夜 が 終 わらぬよう 硝 子 の 靴 の 片 方 を あの 夜 に 忘 れてこよう 黒 夢 初 期 の 方 はポップな 曲 調 が 多 く サビでの 盛 り 上 がりは 少 ない 歌 詞 は たまに ~? は 使 われているが 相 手 に 語 りかけているというより 自 分 に 語 りかけ ている 具 体 的 な 内 容 の 物 語 や 手 紙 ではなく 自 分 の 中 でのぐるぐるした 感 情 を 描 いている 昔 M ステに 出 演 した 際 に 清 春 は 本 当 にあった( 自 分 が 経 験 した)ことを 書 いています と 発 言 し ていた SEE YOU 愛 しさに サヨナラ 言 うよ 微 かな 戸 惑 い 消 して 両 手 でも 数 えきれない 記 憶 が 君 を 運 ぶから 上 記 のように 諦 める 別 れる という 表 現 を 愛 しさにサヨナラ と 表 現 しているように 抽 象 的 な 表 現 が 多 い PENICILLINE 曲 調 は サビでかなり 盛 り 上 がり 耳 につきやすくキャッチーなものが 多 い 9

10 歌 詞 は 下 記 の ロマンス のように ~ください など 相 手 に 語 りかける 表 現 が 使 われた り 抱 きしめる など 具 体 的 でわかりやすい 表 現 が 使 われている どちらかといえば ネオよりであるといえるが 歌 詞 に 物 語 性 は 見 られない ロマンス 愛 に 気 付 いてください 僕 が 抱 きしめてあげる 夢 も 涙 も 忘 れて 君 を 求 めていた 誰 も 知 らない 世 界 で 僕 がささやいてあげる 全 て 君 だけのために 生 まれ 変 わるメロディー 愛 は 幻 の 中 へ 僕 は 君 を 見 失 う 愛 に 気 付 いてください 強 く 強 く 抱 きしめたい 生 まれ 変 わる 天 使 上 記 のように ネオ ヴィジュアル 系 と 初 期 ヴィジュアル 系 の 歌 詞 曲 調 分 析 した 結 果 を 下 記 に まとめた 曲 調 は ネオ ヴィジュアル 系 では キャッチーで サビの 部 分 の 盛 り 上 がりが 強 いため 聴 きやすい 曲 ( 耳 につきやすい 曲 )が 多 い しかし 初 期 ヴィジュアル 系 では サビの 盛 り 上 がり はあまり 強 くは 無 いものが 多 く キャッチーなものも 少 ない 歌 詞 は ネオ ヴィジュアル 系 では 特 定 の 相 手 への ~ですか のような 語 りかけや ~ま した のような 丁 寧 語 がよく 使 われる また その 構 成 は 物 語 手 紙 風 で 直 接 的 で 具 体 的 な 感 情 表 現 が 多 い それに 対 して 初 期 ヴィジュアル 系 では 歌 詞 ではその 時 の 自 分 の 中 の 感 情 をひ たすら 描 いているイメージであり 物 語 性 などは MALICE MIZER を 除 き ほとんど 見 受 けられな い また 抽 象 的 な 表 現 が 多 い さらに ネオ ヴィジュアル 系 でも 新 人 になればなるほど 歌 詞 は 比 喩 表 現 が 少 なくなり 歌 詞 はより 直 接 的 に 明 るくなっていく 傾 向 がある(SUG などはある 意 味 アイドル 的 盛 り 上 がり) 最 近 では ラップなど 様 々なジャンルを 曲 に 入 れるバンドもいる また 初 期 ヴィジュアル 系 で も 後 期 になればなるほど だんだんと 曲 はキャッチーなものに 歌 詞 も 直 接 的 で 具 体 的 な 表 現 になっていることが 見 受 けられる 外 見 ( 髪 型 化 粧 衣 装 ) 分 析 ネオ ヴィジュアル 系 では 衣 装 や 化 粧 髪 型 などの 外 見 は 雑 誌 MEN S EGG などで 出 て くるモデルのような 感 じで かなりファッショナブルである 化 粧 も 初 期 ヴィジュアル 系 に 比 べ て 薄 くなっている また 髪 もほとんどが 短 く 肩 より 長 いロングヘアはほぼ 見 られない 衣 装 も 白 や 赤 黄 色 などカラフルな 衣 装 を 自 由 に 着 ている そのため 以 前 のように 女 性 を 連 想 さ 10

11 せるような 化 粧 髪 型 そして 黒 中 心 とした 衣 装 はほぼ 見 られない しかし 初 期 ヴィジュアル 系 では 化 粧 はネオ ヴィジュアル 系 より 濃 く 例 えば IZAM のよ うに 女 の 人 を 連 想 させるような 髪 や 衣 装 を 着 用 している 人 も 多 かった 髪 は 各 バンドに1 人 と 言 っていいほどロングヘアの 人 がいた 衣 装 も ほとんど 黒 などを 基 調 としており カラフルでは ないものが 多 い 昔 は 黒 =ヴィジュアル 系 というイメージも 多 かったと 思 うが 今 はそうでは ない ライブ ライブの 様 子 では 初 期 ヴィジュアル 系 とネオ ヴィジュアル 系 とでは あまり 差 は 見 られな かった 観 せることをメインとして 演 奏 を 止 めてまで 演 技 をしていた MALICE MIZER を 除 くと ほとんどが 大 きな 演 出 などがあっても 演 奏 メインのライブである しかし ライブのタイトルを 特 にネオ ヴィジュアル 系 で 独 特 の 名 前 にしているところがあ る 例 えば The Gazette では 斑 蠡 MADARA や ナイトメアでは サマーツアー2003" 鳴 カヌナラ 殺 シテシマエ ホトトギス " など 難 しい 漢 字 を 使 ったり ほとんどカタカナ など 独 特 であるといえる また ヴィジュアル 系 のライブ 特 有 である といえるのが 観 客 が(もしくはボーカルと) 一 緒 に 踊 るような 振 り である ヴィジュアル 系 のライブでは 曲 ごとに 違 う 振 りがあり ボー カルの 動 きに 合 わせる 場 合 もあれば 大 きなバンギャのグループが 振 りを 考 えてライブ 中 に 踊 り その 他 の 観 客 も 自 然 とそれに 合 わせる というような 観 客 が 一 体 になるところが 特 徴 である ヴィジュアル 系 の 歴 史 (2)によると 主 にこの 振 りの 文 化 は PIERROT が 生 み 出 したらしい PIERROT が 生 み 出 して 以 降 振 り の 文 化 は 今 まで 受 け 継 がれている ファンの 変 化 ヴィジュアル 系 のファンを 一 般 的 に バンギャ と 呼 ぶが ヴィジュアル 系 の 歴 史 (2)に よると かつて 初 期 ヴィジュアル 系 の 頃 には バンギャ 社 会 には 確 固 とした 社 会 的 階 級 構 造 があ った 年 齢 そのバンドのライブに 通 っている 年 数 ファン 主 催 のイベントへの 参 加 率 バンド への 投 資 額 など バンドに 関 連 するものすべてが 階 級 に 反 映 していた また そのバンギャの 社 会 の 中 でも 総 長 というリーダー 的 存 在 が 必 ずあった この 総 長 の 命 令 は 絶 対 であり 総 長 は バンギャ 社 会 の 秩 序 を 保 つ 人 物 であった 例 えば 極 端 にマナーが 悪 い 問 題 のファンがい れば 全 員 で 潰 しにかかったり ライブ 後 のゴミ 拾 いを 行 うことを 指 示 したりなどである しか しながら ネオ ヴィジュアル 系 ブームが 起 こったときにはこの 階 級 社 会 はほぼ 存 在 しなくなっ た これは 一 部 の 熱 狂 的 なマニアを 除 いて ほとんどのファンが 新 しく 付 いた 新 規 のファ ンであったからである そのため 新 しいファンは 元 々あったバンギャ 社 会 を 知 らないため 上 記 のような 総 長 的 存 在 もいなくなり ライブ 会 場 でのマナーもだんだんと 悪 くなっている 例 えば 最 近 では ライブにピンヒールを 履 いてくる 迷 惑 行 為 をするなどがある このように 初 期 ヴィジュアル 系 とネオ ヴィジュアル 系 では ファンの 変 化 もあるのである 11

12 3 まとめ このように 初 期 のヴィジュアル 系 は 既 存 の 社 会 システムには 無 い 新 しい 価 値 観 を 人 々に 提 示 したからこそ 人 気 を 獲 得 した といえる それまでは 音 楽 業 界 が 売 れる 商 品 を 作 ってい く という 仕 組 みであったが 初 期 ヴィジュアル 系 は X JAPAN を 筆 頭 にし むしろ 音 楽 業 界 を 利 用 して 自 らで 自 らを 売 っていった しかし 皮 肉 なことに 新 しい 価 値 観 を 提 示 したからこそ 人 気 を 獲 得 したヴィジュアル 系 も 除 々に 売 れる 商 品 として 注 目 されるようになった これ により ヴィジュアル 系 バンドを 音 楽 業 界 が 売 れる 商 品 として 売 り 出 す 状 況 となり 既 存 の 社 会 システムへ 組 み 込 まれてしまうようになった 2000 年 頃 までに 大 人 気 を 博 していた 初 期 ヴィ ジュアル 系 バンドが 相 次 いで 解 散 したのは このように 既 存 の 社 会 システムに 組 み 込 まれるよう になったからではないか と 考 えられる そして 除 々にヴィジュアル 系 ブームは 終 焉 を 迎 えて いった しかし 2002 年 頃 からは 新 たに 登 場 したネオ ヴィジュアル 系 が 再 びブームに 火 を つける 兆 しが 見 られた だが 公 に 登 場 するようになったネオ ヴィジュアル 系 は 音 楽 業 界 が 売 れる 商 品 として 世 に 送 り 出 されたものであり これらのバンドは 初 期 ヴィジュアル 系 とは 違 って 初 めから 既 存 の 社 会 システムに 組 み 込 まれたものであった これが そもそも 私 が 感 じて いた 初 期 ヴィジュアル 系 とネオ ヴィジュアル 系 の 違 いの 原 因 なのではないか と 考 えられる 2 章 で 分 析 したように ヴィジュアル ロックバンドは 初 期 ヴィジュアル 系 から 現 在 のネオ ヴィジュアル 系 に 至 るまでに ファッションのカジュアル 化 化 粧 や 髪 の 色 のナチュラル 化 楽 曲 をキャッチーでポップなサウンドへ 変 化 していった そのため 今 のネオ ヴィジュアル 系 は まだパンクロックの 影 響 が 強 かった 初 期 の X JAPAN などとはかなり 違 うといえる ネオ ヴィジ ュアル 系 といえる Janne Da Arc は SHOXX でかつて わかりやすく 言 うとお 伽 話 です と 語 っていること また その 歌 詞 が 物 語 性 を 帯 びているところから ネオ ヴィジュアル 系 のバン ドに 共 通 するものは 空 想 あるいは 非 現 実 世 界 の 物 語 化 である しかし 初 期 ヴィジュアル 系 で ある 黒 夢 は かつて 音 楽 番 組 で 本 当 にあったことを( 歌 詞 に) 書 いています と 語 っていた ネオ ヴィジュアル 系 の 歌 は アニメなどの 主 題 歌 として 最 近 使 われていることが 多 いが 物 語 であるからこそ アニメなどによく 使 われるようになったのではないかと 考 えられる また 曲 調 は 初 期 ヴィジュアル 系 も ネオ ヴィジュアル 系 の 時 代 に 近 づくほど 比 較 的 キャッチーでポ ップなものになっている これは キャッチーな 曲 調 である 方 が 聴 き 手 の 耳 に 残 りやすく 売 れ やすいためにこのように 変 化 していったのではないか といえる この 曲 調 の 変 化 も 初 期 ヴィジ ュアル 系 が 売 れる 商 品 として 既 存 の 社 会 システムに 組 み 込 まれるようになったことに 共 通 するのではないかと 考 えられる このように 初 期 ヴィジュアル 系 とネオ ヴィジュアル 系 の 間 にはかなり 違 いがあるのではあ るが どちらもかなり 熱 狂 的 なファンがいることは 共 通 しているといえる ヴィジュアル 系 ネ オヴィジュアル 系 どちらも 含 め ファンがヴィジュアル 系 にはまる 要 素 はどこにあるのか まずは 化 粧 である 濃 さや 化 粧 の 仕 方 などは 初 期 ヴィジュアル 系 ~ネオ ヴィジュアル 系 で 変 化 しているが 化 粧 によって 普 通 の 人 間 の 顔 とかけ 離 れた 美 しさ があり 現 実 とは 別 世 界 12

13 に 住 んでいる 人 のような 印 象 を 与 える そして 歌 詞 である 孤 独 死 愛 ( 悲 恋 )などテーマ にし 病 んでいるイメージの 歌 詞 が 多 い 他 アーティストであれば 聴 く 人 が 元 気 になれるよう な 救 いのある 歌 詞 であったりするが ヴィジュアル 系 バンドでは 孤 独 をテーマにした 歌 詞 なら 孤 独 だけを 全 面 に 押 し 出 すような 歌 詞 を 作 る(ただ ネオ ヴィジュアル 系 でも 最 近 のもの は 明 るさを 前 面 に 押 し 出 す 歌 詞 を 作 るバンドもある) これについては ヴィジュアル 系 の 歴 史 でも 下 記 のように 述 べられている ヴィジュアル 系 の 歌 詞 は 一 見 明 るく 思 えるものも 実 はその 根 底 には 孤 独 があり 退 廃 的 な 世 界 観 を 持 っているのが 特 徴 である ヴィジュアル 系 の 中 で 明 るいと 言 われがちな 曲 について 考 えてみる 例 えばメロディの 明 るい cali gari の ブルーフィルム という 曲 だが 青 春 が 死 んで 言 葉 もなく 打 ちのめされて 等 と 歌 っているように 内 容 は 悲 哀 に 満 ちている PIERROT の HUMAN GATE にしても 誰 もが 同 じだけの 苦 しみ 背 負 いながらそ れでも 笑 顔 見 せている と 聞 き 手 が" 自 分 は 他 人 より 大 きな 苦 しみを 抱 えている"と 考 えて いることを 前 提 として 歌 われている 最 近 のもの(ネオ ヴィジュアル 系 )では ムックの 謡 声 -ウタゴエ- も 生 きる 価 値 もないようなこの 世 界 汚 れを 知 らぬ 純 粋 無 垢 が 尊 い だなんて 嘘 だろ と 痛 烈 な 社 会 批 判 を 浴 びせている GLAY の サバイバル のように 底 抜 け に 明 るいように 思 える 曲 も 実 は 現 代 社 会 の 混 迷 と そこで 生 きる 若 者 の 健 気 さを 歌 ってい る 参 考 :(2) ヴィジュアル 系 の 歴 史 このように ヴィジュアル 系 の 歌 詞 は 退 廃 的 な 世 界 観 を 持 っているものが 多 く ヴィジュ アル 系 の 曲 を 聴 く 人 は 何 かしらの 孤 独 を 抱 えていて 自 分 の 病 んでいる 部 分 をそのま ま 代 弁 してくれるような 歌 詞 を 歌 っているからこそはまっていくのではないか と 考 えられ る また 聴 き 手 は この 歌 詞 は 自 分 の 気 持 ちを 代 弁 してくれている と 思 うことにより この 人 (バンド)は 自 分 のことをわかってくれている という 感 情 に 至 る ヴィジュアル 系 のファンの 特 徴 として 以 上 にそのバンドを 愛 したり 執 着 することが 挙 げられるが 自 分 のことをわかってくれるバンド で さらに 見 た 目 は 周 りの 人 間 とは 違 った 別 世 界 に 住 む ような 美 しさ であることが 熱 狂 的 になる 理 由 なのではないかと 考 えられる ちなみに 実 際 に 私 は 中 学 生 の 頃 からずっと GACKT のファンであるが 当 時 は 思 春 期 の 色 んな 心 理 的 な 問 題 と 重 なってか GACKT の 描 く 少 し 孤 独 な 世 界 観 のある 曲 をひたすら 聴 いていた 当 時 は 自 分 の 気 持 ちと 重 なったことを 歌 ってくれるので 聴 くと 気 持 ちが 楽 になれるような 気 がし た 今 から 思 えば 異 常 に 執 着 していて GACKT が 出 ているテレビ 番 組 を 見 逃 したら 大 泣 き したりしていた 今 でも GACKT 自 体 は 特 別 な 存 在 であるが 思 春 期 が 終 わったこともあり 精 神 的 に 安 定 したことなどことによって 今 ではそこまで 執 着 してはいない しかし たま に 嫌 なことや 悲 しいことなどがあると GACKT や その 他 のヴィジュアル 系 の 歌 をひたすら 聴 くことがある このように 自 分 の 気 持 ちを 代 弁 してくれる と 思 うからこそヴィジュア 13

14 ル 系 の 曲 を 聴 くのである また 去 年 私 が 雅 -miyavi-のライブに 行 った 時 ファンの 女 の 子 がライブを 見 終 わった 後 に うち ほんまに 雅 じゃないとだめやねん どうしよう と 泣 いてるところを 目 撃 した この 女 の 子 の 例 からも ファンの 異 常 な 執 着 がわかる 5 おわりに 1~4 章 で 見 てきたように ヴィジュアル 系 は 結 局 は 売 れる 商 品 として 既 存 の 社 会 システム に 組 み 込 まれてしまったが ヴィジュアル 系 バンドが 世 間 に 与 えた 影 響 はかなり 大 きい 2 章 で 説 明 したように 積 極 的 にテレビ 出 演 自 らのグッズを 作 成 など 今 では 当 たり 前 の 宣 伝 スタイ ルは X JAPAN が 始 めた また 音 楽 業 界 以 外 にも ヴィジュアル 系 は 人 々の 文 化 にも 影 響 を 及 ぼ した それは 現 在 では 当 たり 前 であるが 髪 を 染 めたり 眉 を 整 えたり ピアスをしたりなど 女 性 だけではなく 男 性 までかなり 外 見 に 気 を 使 うようになったことである 実 際 に ヴィジュ アル 系 バンドをしてるわけでは 無 いが アイラインを 引 いたり 軽 く 化 粧 をしている という 男 性 も 中 には 存 在 する また 今 では 海 外 に 進 出 し ライブハウスでは 外 人 のファンを 見 かけること もかなり 多 く 海 外 の 文 化 にも 影 響 を 与 えるのでは というほどである ヴィジュアル 系 は 今 や 日 本 で 生 まれた 日 本 独 自 の 文 化 であるといえるだろう また ヴィジュアル 系 バンドと 言 えば どうしても その 外 見 が 目 立 ってしまうために 見 かけだけのバンド というような 認 識 を 世 間 に 与 えてしまう それが 原 因 なのかはわからないが かつて L Arc~en~Ciel など 一 部 のバンドはヴィジュアル 系 であることを 否 定 した だが ヴ ィジュアル 系 は 美 しい 見 た 目 も 魅 力 の1つではあるが 何 よりも 美 しいメロディーと 退 廃 的 な 世 界 観 を 持 つ 歌 詞 が1 番 の 魅 力 であると 私 は 考 える また 見 かけ 倒 しではなく 確 かな 実 力 を 兼 ね 備 えたバンドも 本 当 に 多 く 存 在 する 見 た 目 だけではなく 彼 らが 作 る 独 特 の 歌 があってこ その ヴィジュアル 系 であると 思 うので このレポートを 読 んでくださった 皆 さんには ヴィ ジュアル 系 の 歌 を 聞 く 機 会 があれば 他 のジャンルには 無 いであろうその 世 界 観 や 歌 にも 注 目 し て 頂 きたい と 思 う 参 考 文 献 (1) 井 上 貴 子 森 川 卓 夫 室 田 尚 子 小 泉 恭 子 ヴィジュアル 系 の 時 代 ロック 化 粧 ジェン ダー 青 弓 社 (2)メメ ヴィジュアル 系 の 歴 史 (3)2006 年 6 月 オリコン 報 道 14

誰 もがハゲを 避 けられるに 越 したことはないと 考 えるだろう ではいったいど こからがハゲなのだろうか ハゲを 明 確 に 定 義 づけすることは 難 しい 須 永 (1999)は その 人 がハゲだと 認 識 しているものをハゲと 呼 ぶ という 規 定 に 行 き 着 く と 述 べてい

誰 もがハゲを 避 けられるに 越 したことはないと 考 えるだろう ではいったいど こからがハゲなのだろうか ハゲを 明 確 に 定 義 づけすることは 難 しい 須 永 (1999)は その 人 がハゲだと 認 識 しているものをハゲと 呼 ぶ という 規 定 に 行 き 着 く と 述 べてい 成 人 男 性 なら 頭 髪 を 意 識 しないことは 少 ないだろう ( 髪 が) 薄 くなった? と 指 摘 されることもあれば 入 浴 時 に 自 ら 気 づくなどきっかけは 様 々である 一 度 意 識 してしまえば 常 に 頭 髪 を 失 うことの 不 安 に 悩 まされる 生 理 的 特 徴 上 頭 髪 は 男 性 にとっては 非 常 に 重 要 なテーマといえよう そこで 今 回 は

More information

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専 MITA-HYORON 2014.5 40 ビ 斎 藤 典 塾 平 5 政 昨 9 月 第 2 Black Sea Conducting Competition 2 2003 ソェ 開 発 長 務 宏 ひ 樹 株 式 表 取 締 長 刀 流 海 外 昨 最 近 簡 単 探 見 齢 制 応 募 D V D 審 査 呼 第 権 威 南 米 北 米 西 ヨ 各 来 実 際 む 次 五 四 ポ 練 習 八

More information

《印刷用》ためしてガッテン:胃腸の悲鳴!胃もたれ大解剖

《印刷用》ためしてガッテン:胃腸の悲鳴!胃もたれ大解剖 NHK 総 合 テレビ 毎 週 水 曜 日 午 後 8 時 から 放 送 中 http://www.nhk.or.jp/gatten/ 胃 腸 の 悲 鳴! 胃 もたれ 大 解 剖 2007 年 12 月 19 日 放 送 今 回 の 番 組 について 今 日 のテーマは 胃 もたれ ささいなことのように 思 えるかもしれませんが 場 合 によっては お 腹 全 体 が 腐 る と 感 じるほどに

More information

Microsoft Word - 卒論要項.doc

Microsoft Word - 卒論要項.doc タイトル: 男 性 解 放 ドラマ アットホーム ダッド - 悩 める 現 代 日 本 男 性 に 救 済 を- 小 林 めぐみ 序 論 I 研 究 目 的 II 対 象 の 選 定 III 構 成 と 分 析 方 法 私 は アットホーム ダッド を 見 て 男 性 も 主 夫 になりたい と 思 うのだろうか 男 性 も 男 性 中 心 の 社 会 で 苦 しんでいるのだろうか と 男 性 側

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編)

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編) Kei 式 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 ) 第 1~2 話 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 - 全 14 話 ) 前 書 き: この 物 語 は 行 政 法 の 中 でも 行 政 手 続 法 行 政 不 服 審 査 法 行 政 事 件 訴 訟 法 を 中 心 に 行 政 争 訟 の 流 れを 楽 し んでお 読 みになれるようつくられた 物 です 問 題 集 を

More information

48 4 第 章 隅 々 楽 む 西 保 志 千 建 築 家 街 ァ 建 築? 百 千 ゃ? 風 刺 珍 系 西 素 晴 プ 誕 彼 氏 欲 諭 界 観 切 教 Q ホ & 黄 期 界 権 盛 代 同 Q 詞 確 6 黒 摩 季 黒 摩 季 期 長 距 離 走 ョ 無 訴 渡 辺 v v 亮 渡 辺

48 4 第 章 隅 々 楽 む 西 保 志 千 建 築 家 街 ァ 建 築? 百 千 ゃ? 風 刺 珍 系 西 素 晴 プ 誕 彼 氏 欲 諭 界 観 切 教 Q ホ & 黄 期 界 権 盛 代 同 Q 詞 確 6 黒 摩 季 黒 摩 季 期 長 距 離 走 ョ 無 訴 渡 辺 v v 亮 渡 辺 46 47 第 章 隅 々 楽 む 架 昔 耳 自 分 青 春 恋 色 鮮 同 心 刻 耳 技 栄 挫 折 脳 裏 浮 ぶ 電 話 号 乗 語 呂 C ゼ ヨ ノ ほ 着 同 技 十 話 物 悪 方 意 識 的 ょ 例 夏 季 主 以 下 8 8 浜 麻 n d 高 音 域 強 魅 的 ハ 部 分 ピ 勇 げ べ 兼 備 史 屈 指 ハ V 界 陸 使 亀 毅 試 寺 恵 寺 = 太 陽 = 刷 込

More information

Microsoft Word - 土谷要旨.doc

Microsoft Word - 土谷要旨.doc 少 年 誌 ラブコメマンガにみる 恋 愛 構 造 分 析 男 性 がハマる 女 性 像 土 谷 頼 子 目 次 第 1 章 序 論 第 1 節 問 題 の 所 在 第 2 節 研 究 の 対 象 第 3 節 少 年 誌 第 2 章 マンガ 論 少 年 マンガにおける 恋 愛 の 肥 大 そしてラブコメへ 第 1 節 少 年 マンガ 戦 前 のマンガ 媒 体 について 秩 序 回 復

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

質 問 1 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? ここでいう 規 模 とは 取 得 物 件 数 や 物 件 評 価 額 CF や 借

質 問 1 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? ここでいう 規 模 とは 取 得 物 件 数 や 物 件 評 価 額 CF や 借 ご 注 意 この 回 答 はライフデザイン 実 践 会 の 会 員 にのみ 提 供 しているものです お 取 扱 いには 十 分 注 意 して 頂 き 事 前 許 可 無 く 本 レポートの 一 部 または 全 部 をあらゆる データ 蓄 積 手 段 ( 印 刷 物 電 子 ファイルなど)により 複 製 流 用 をしないようにご 協 力 をお 願 いします また 回 答 に 記 載 した 内 容 は

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

2 宅 建 業 法 難 易 度 としては やはり 昨 年 に 比 べて Aランクの 問 題 が 13 問 から 11 問 に 減 り 逆 にCラ ンクの 問 題 が2 問 から4 問 に 増 えました(この4 問 とも 個 数 問 題 であり 個 数 問 題 対 策 が 決 定 的 に 重 要 とい

2 宅 建 業 法 難 易 度 としては やはり 昨 年 に 比 べて Aランクの 問 題 が 13 問 から 11 問 に 減 り 逆 にCラ ンクの 問 題 が2 問 から4 問 に 増 えました(この4 問 とも 個 数 問 題 であり 個 数 問 題 対 策 が 決 定 的 に 重 要 とい 宅 建 士 初 年 度 試 験 から 見 えた 傾 向 と 平 成 28 年 度 宅 建 士 試 験 の 効 果 的 な 対 策 TAC 宅 建 士 講 座 主 任 講 師 木 曽 計 行 Ⅰ 平 成 27 年 度 宅 建 士 本 試 験 の 傾 向 分 析 と 今 後 の 方 向 性 1. 数 字 で 見 る 本 試 験 ( 最 近 5 年 間 の 本 試 験 の 受 験 者 数 合 格 率 合

More information

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~ あなたのカルマ 鑑 定 書 ~ 前 世 の 課 題 を 今 生 で 昇 華 するには? より 幸 せな 人 生 にシフトする 方 法 ~ Ms. Nxxxx.Txxxx N さん こんにちは N さんに 対 する 私 の 印 象 は すごいエネルギッシュな 女 性 だなと 思 いました でもちょっと 疲 れていらっしゃる 感 じで シルバージョーでお 話 を 聞 いていたら そりゃ 疲 れるわと ^^

More information

kaiin-kakunin_sho

kaiin-kakunin_sho ラッピングトラック ラッピングトラック 懸 賞 アンケート 調 査 報 告 書 1. 調 査 目 的 会 津 若 松 商 工 会 議 所 卸 物 流 部 会 では 会 津 ナンバー 支 援 協 議 会 の 関 連 事 業 として 平 成 18 年 10 月 の 会 津 ナンバー 発 給 開 始 時 期 にあわせて 全 国 を 走 行 する 大 型 貨 物 の 荷 台 をキャンパスに 見 立 てて 会

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

1 調 査 概 要 調 査 目 的 : 東 日 本 大 震 災 から2 年 が 経 過 した 時 点 の 生 活 者 の 行 動 消 費 意 識 の 動 向 を 把 握 する 調 査 方 法 :Web 調 査 調 査 エリア: 関 東 : 一 都 六 県 ( 東 京 都 神 奈 川 県 埼 玉 県

1 調 査 概 要 調 査 目 的 : 東 日 本 大 震 災 から2 年 が 経 過 した 時 点 の 生 活 者 の 行 動 消 費 意 識 の 動 向 を 把 握 する 調 査 方 法 :Web 調 査 調 査 エリア: 関 東 : 一 都 六 県 ( 東 京 都 神 奈 川 県 埼 玉 県 震 災 後 生 活 意 識 調 査 報 告 書 抜 粋 1 調 査 概 要 調 査 目 的 : 東 日 本 大 震 災 から2 年 が 経 過 した 時 点 の 生 活 者 の 行 動 消 費 意 識 の 動 向 を 把 握 する 調 査 方 法 :Web 調 査 調 査 エリア: 関 東 : 一 都 六 県 ( 東 京 都 神 奈 川 県 埼 玉 県 千 葉 県 群 馬 県 栃 木 県 茨 城 県

More information

働く女性の「口内環境」に関する意識調査

働く女性の「口内環境」に関する意識調査 報 道 関 係 各 位 2014 年 5 月 働 く 女 性 の 口 内 環 境 に 関 する 意 識 調 査 長 瀬 産 業 株 式 会 社 / 株 式 会 社 ナガセ ビューティケァ 長 瀬 産 業 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 中 央 区 / 代 表 取 締 役 社 長 : 長 瀬 洋 )の 100% 子 会 社 である 株 式 会 社 ナガセ ビューティケァ( 東 京 都 中

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ 実 施 日 20130827 20130828 20130829 職 員 向 け 自 治 基 本 条 例 ワークショップ 手 法 ワールドカフェ 参 加 人 数 60 人 ワークショップ 結 果 住 民 の 皆 さんにお 伝 えしたいこと 隣 近 所 の 付 き 合 いを 大 切 にしてほしい 限 られた 財 源 の 中 では 住 民 の 皆 さんに 負 担 をお 願 いすることもある 親 と 一

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 540-8586 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 1-5-44) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

<91538366815B835E91E6338D862E707562>

<91538366815B835E91E6338D862E707562> 1 カバニュ 第 3 号 発 2014/1/10 発 :NPO 法 ダク TEL:0155 67 0911 FX:0155 67 0912 HP:h p://tokachi dar.org NDEX P1:あ P2: P3: 裏 話 P4 5 6 P7:ダクフォム 知 8: 寄 付 願 編 集 後 記 皆 様 あ ご ざ 今 年 願 知 セ フ 12 月 12 像 以 上 来 盛 況 無 事 終 了

More information

論文タイトル(MS明朝12pt太字)

論文タイトル(MS明朝12pt太字) 国 際 交 流 基 金 バンコク 日 本 文 化 センター 日 本 語 教 育 紀 要 第 12 号 (2015 年 ) やさしい 日 本 語 ニュースの やさしさ を 考 える 近 藤 めぐみ 1. はじめに 初 級 授 業 を 受 け 持 つ 中 で 社 会 人 の 学 習 者 から 時 折 ニュースを 読 みたい という 声 を 受 けて きた しかし 初 級 でニュース 読 解 を 行 おうにも

More information

新 学 習 指 導 要 領 って?? 2011 年 度 から 学 習 指 導 要 領 が 変 わり 今 までの ゆとり 教 育 から 生 きる 力 へと 変 更 をしました ではいったい 何 が1 番 変 わったかと 言 うと 学 校 での 指 導 方 法 が 変 わりました ゆとり 教 育 上 限

新 学 習 指 導 要 領 って?? 2011 年 度 から 学 習 指 導 要 領 が 変 わり 今 までの ゆとり 教 育 から 生 きる 力 へと 変 更 をしました ではいったい 何 が1 番 変 わったかと 言 うと 学 校 での 指 導 方 法 が 変 わりました ゆとり 教 育 上 限 IB 早 稲 田 六 高 台 校 小 学 生 を 持 つ 親 子 さん 向 け お 悩 み 解 決 団 お 悩 み 相 談 mail: ib-rokkodai@ib-group.jp 担 当 伊 藤 実 はどうなの? いまさら 聞 けない?? 初 めてだから 不 安?? 実 は 塾 ってどうなの?? 実 は 学 校 の 授 業 ってどうなの?? 誰 にも 聞 けない 悩 みなどを 簡 単 にまとめてみました

More information

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の 外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 町 会 活 動 を 利 用 した 活 動 地 域 情 報 の 把 握 困 りごと 相 談 町 会 自 治 会 ( 地 区 ) 鷺 宮 (D-1) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 自 治 会 では 高 齢 者 の 問 題 に 対 応 するために 平 成 10 年 4 月 に 助 け 合 いネットワー

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

冨 田 伸 明 さん のみならず アメリカ 中 国 欧 州 などで KIMONO Show を 開 かれるなど また 各 国 で 日 本 文 化 を 学 ぶ 若 者 に 向 けた 着 物 講 座 を 展 開 され 和 服 文 化 を 世 界 に 広 められる 活 動 にも 力 を 注 が れています

冨 田 伸 明 さん のみならず アメリカ 中 国 欧 州 などで KIMONO Show を 開 かれるなど また 各 国 で 日 本 文 化 を 学 ぶ 若 者 に 向 けた 着 物 講 座 を 展 開 され 和 服 文 化 を 世 界 に 広 められる 活 動 にも 力 を 注 が れています 読 者 の 皆 様 に 好 評 をいただいています シリーズ ものづくり- 数 珠 つなぎ それは まるで 数 珠 玉 が 一 つ 一 つ つながるが 如 く 脈 々と 祖 父 母 から 親 親 から 子 へと 叡 智 が 受 け 継 がれていく 様 弊 研 究 所 が 尊 ぶ 匠 の 技 の 次 世 代 への 継 承 に 取 り 組 み そして 現 代 社 会 に 対 峙 した ものづくり ひとづくり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378> 東 日 本 大 震 災 前 後 のコミュニティに 対 する 考 え 方 の 変 化 1. 目 的 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 地 域 ではこれまであった 地 域 ごとのコミュニティが 崩 壊 し 被 災 者 は 新 しい 生 活 を 余 儀 なくされた 自 宅 を 再 建 する 者 や 避 難 していく 者 など そ れぞれが 意 志 決 定 を 行 い 新 しい 環 境 でのコミュニティの

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで 2011 年 10 月 20 日 ロイヤリング 講 義 講 師 : 弁 護 士 室 谷 光 一 郎 先 生 文 責 須 藤 勇 人 ジェンダー セクシュアリティの 法 律 問 題 世 の 中 は 法 律 だけで 動 いている 訳 ではないので 色 々なものに 目 を 向 けなけれ ばいけないと 考 えています 法 律 馬 鹿 になってしまうと 経 済 や 社 会 の 状 況 が 読 めなくなってしまいます

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

P.1 新 歓 期 団 体 企 画 について P.2 企 画 実 施 までの 流 れ P.4 受 付 について P.5 ヒアリングについて P.6 企 画 書 の 書 き 方 P.8 施 設 備 品 について P.9 施 設 の 利 用 について P.11 備 品 の 利 用 について P.12 車

P.1 新 歓 期 団 体 企 画 について P.2 企 画 実 施 までの 流 れ P.4 受 付 について P.5 ヒアリングについて P.6 企 画 書 の 書 き 方 P.8 施 設 備 品 について P.9 施 設 の 利 用 について P.11 備 品 の 利 用 について P.12 車 2016 4 月 7 日 木 4 月 29 日 金 P.1 新 歓 期 団 体 企 画 について P.2 企 画 実 施 までの 流 れ P.4 受 付 について P.5 ヒアリングについて P.6 企 画 書 の 書 き 方 P.8 施 設 備 品 について P.9 施 設 の 利 用 について P.11 備 品 の 利 用 について P.12 車 両 入 構 電 力 について P.13 予 算

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208365815B837D81778372835783858341838B8C6E836F8393836882C682BB82CC83748340839382C982C282A282C482CC8D6C8E408178955C8E862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208365815B837D81778372835783858341838B8C6E836F8393836882C682BB82CC83748340839382C982C282A282C482CC8D6C8E408178955C8E862E646F63> 提 出 年 月 日 :2002 年 1 月 学 部 : 経 営 情 報 学 部 指 導 教 員 : 草 薙 信 照 学 籍 番 号 :98-5083 クラス :4 年 N 組 41 番 氏 名 : 吉 田 春 香 ビジュアル 系 バンドとそのファンについての 考 察 目 次 はじめに 第 1 章 ビジュアル 系 バンドとは 1-1 ビジュアル 系 バンドの 分 類 1 1-2 ビジュアル 系 バンドの

More information

秋田県 能代市 東雲中学校区

秋田県 能代市 東雲中学校区 秋 田 県 能 代 市 東 雲 中 学 校 区 学 校 名 在 籍 者 数 学 級 数 東 雲 中 学 校 251 名 10(1) 向 能 代 小 学 校 401 名 17(4) 朴 瀬 小 学 校 22 名 3( 0 ) 竹 生 小 学 校 28 名 5( 1 ) 学 級 数 の( )は 特 別 支 援 学 級 数 を 内 数 として 記 入 実 態 把 握 課 題 目 標 取 組 点 検 見 直

More information

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~ 第 119 回 NRIメディアフォーラム 地 震 防 災 対 策 の 現 状 と 課 題 ~ 住 宅 の 耐 震 化 と 地 震 保 険 ~ 2009 年 11 月 13 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 上 級 コンサルタント 主 任 コンサルタント 浅 野 憲 周 野 崎 洋 之 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5

More information

Microsoft Word ヒヤリング結果.doc

Microsoft Word ヒヤリング結果.doc 自 動 車 整 備 士 へのヒヤリング 結 果 1. 対 象 者 所 属 性 別 役 職 整 備 士 資 格 勤 続 年 数 ディーラ 女 性 主 任 2 級 ガソリン 2 級 ジーゼル 19 年 男 性 主 任 検 査 員 2 級 ガソリン 2 級 ジーゼル 14 年 専 業 A 女 性 2 級 ガソリン 20 年 男 性 2 級 ガソリン 9 年 専 業 B 女 性 2 級 ガソリン 3 年 男

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

スマートフォン 読 書 調 査 スマホ 等 での 電 子 書 籍 コミック 雑 誌 の 利 用 率 は1 割 強 スマートフォン 等 (スマートフォン ipod touch タブレット 端 末 )の 利 用 者 にその 用 途 を 尋 ねたところ 投 稿 動 画 音 楽 ゲーム などのコンテンツが

スマートフォン 読 書 調 査 スマホ 等 での 電 子 書 籍 コミック 雑 誌 の 利 用 率 は1 割 強 スマートフォン 等 (スマートフォン ipod touch タブレット 端 末 )の 利 用 者 にその 用 途 を 尋 ねたところ 投 稿 動 画 音 楽 ゲーム などのコンテンツが NEWS RELEASE 報 道 関 係 各 位 2013 年 6 月 27 日 スマートフォン 読 書 調 査 結 果 のお 知 らせ 求 められる 電 子 書 籍 はより 短 時 間 で 読 めるもの 電 子 書 籍 の1 回 の 平 均 読 書 時 間 は18 分 株 式 会 社 角 川 アスキー 総 合 研 究 所 ( 本 社 : 東 京 都 文 京 区 代 表 取 締 役 社 長 : 角

More information

アンケート

アンケート 0 年 度 恵 庭 市 英 語 教 育 アンケート( 中 学 生 用 ) このアンケートは 恵 庭 市 の 協 力 を 得 て 北 海 道 文 教 大 学 が 行 うもので 小 中 学 校 の 英 語 教 育 に 少 しでも 役 立 てたいと 考 えています 英 語 についてのみなさんの 正 直 な 思 いや 考 えを 聞 かせてください ご 協 力 をよろしくお 願 いします 0 年 月 0 日

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

Microsoft Word - 新社会人2014調査レポート_FIX.docx

Microsoft Word - 新社会人2014調査レポート_FIX.docx 2014 年 新 社 会 人 の 意 識 調 査 今 年 4 月 入 社 の 新 社 会 人 7 割 弱 が 就 職 先 に 満 足 一 方 で 仕 事 がきつい 面 白 くないなどの 理 由 ですでに 3 割 は 辞 めたいと 思 ったことがあるという 先 行 き 不 安 な 結 果 に 理 想 の 職 場 を 再 現 すると 社 長 :タモリ 上 司 : 天 海 祐 希 先 輩 :ベッキー 2014

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

1993 年 ~26 年 この 時 期 は 住 居 としてのマンションの 安 定 拡 大 期 と 言 える バブル 崩 壊 後 に 始 まった 平 均 価 格 の 下 落 も 収 束 し 1 年 以 上 にわたり 安 定 している また { 図 2}の 年 間 契 約 率 も4 年 までのデータでは

1993 年 ~26 年 この 時 期 は 住 居 としてのマンションの 安 定 拡 大 期 と 言 える バブル 崩 壊 後 に 始 まった 平 均 価 格 の 下 落 も 収 束 し 1 年 以 上 にわたり 安 定 している また { 図 2}の 年 間 契 約 率 も4 年 までのデータでは 都 市 と 不 動 産 経 済 の 基 礎 最 終 レポート 駒 井 正 晶 研 究 会 1 首 都 圏 マンション 市 場 のダイナミズム 総 合 政 策 学 部 3 年 江 藤 文 昭 学 籍 番 号 :741114 今 回 首 都 圏 におけるマンション 市 場 について 分 析 し 考 察 を 試 みた マンション:3 階 建 て 以 上 の 民 間 分 譲 マンション 供 給 戸 数 :

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

Microsoft Word - 文書 1

Microsoft Word - 文書 1 若 は 出 世 願 望 がない? の 謎 を 解 く 東 洋 経 済 オンライン 城 幸 司 出 世 という 葉 を 最 近 に 出 したことはありますか? 出 世 して 親 を 喜 ばせたい いい 家 を 買 って 供 を 学 に かせる 分 だけでなく 家 族 も 望 んでいる 希 望 出 世 には 昔 も 今 も 変 わらず そういう 響 きがあります 本 における 出 世 の 歴 史 体 は

More information

Microsoft PowerPoint - 140616.pptx

Microsoft PowerPoint - 140616.pptx 日 本 交 通 政 策 研 究 会 記 念 講 演 機 会 費 用 からみる 交 通 と 社 会 2014 年 6 月 16 日 東 京 女 子 大 学 現 代 教 養 学 部 国 際 社 会 学 科 経 済 学 専 攻 竹 内 健 蔵 1 2 費 用 (cost)とは 何 か? 果 物 店 に 行 って 1 個 100 円 のリンゴを3 個 買 い ました 全 部 で300 円 を 払 いました

More information

どうやら 違 ったみたいなんだ 物 件 を 勧 められて その 人 を 信 用 していたの であまり 考 えずに 購 入 を 決 めたら 銀 行 融 資 の 段 取 りなども 全 部 やってくれた みたいだよ そしてさあ 契 約 という 時 に 仲 介 会 社 を 名 乗 る 人 がやってきて 重

どうやら 違 ったみたいなんだ 物 件 を 勧 められて その 人 を 信 用 していたの であまり 考 えずに 購 入 を 決 めたら 銀 行 融 資 の 段 取 りなども 全 部 やってくれた みたいだよ そしてさあ 契 約 という 時 に 仲 介 会 社 を 名 乗 る 人 がやってきて 重 第 28 回 宅 建 業 の 免 許 が 必 要 な 取 引 について 掲 載 している 記 事 写 真 イラスト 動 画 などのコンテンツの 著 作 権 は ( 一 社 ) 大 阪 府 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 ま たは 正 当 な 権 利 を 有 する 第 三 者 に 帰 属 しておりますので 無 断 転 載 について 禁 止 しております こんにちは 今 回 は 収 益 不 動 産

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

成徳44号_01宮下先生.indd

成徳44号_01宮下先生.indd 東 京 成 徳 短 期 大 学 紀 要 第 44 号 2011 年 学 生 のダンスや 身 体 表 現 についての 意 識 や 自 己 評 価 に 関 する 研 究 宮 下 恭 子 研 究 目 的 ダンスの 教 育 は 知 的 活 動 を 伴 った 創 造 的 な 表 現 活 動 であり 身 体 運 動 によって 自 己 を 表 す 自 己 表 現 としての 表 現 教 育 でもある 1) 幼 児

More information

調 査 結 果 Press Release 産 休 ママのパートナーの 育 休 取 得 率 1 割 以 下 出 産 1か 月 前 まで 仕 事 をしていた 3 割 弱 4 人 に1 人 は 育 休 取 得 期 間 が 1 年 に 満 たず 産 休 育 休 を 取 得 して 良 かったと 思 うこと

調 査 結 果 Press Release 産 休 ママのパートナーの 育 休 取 得 率 1 割 以 下 出 産 1か 月 前 まで 仕 事 をしていた 3 割 弱 4 人 に1 人 は 育 休 取 得 期 間 が 1 年 に 満 たず 産 休 育 休 を 取 得 して 良 かったと 思 うこと 報 道 関 係 者 各 位 2016 年 5 月 11 日 ゲンナイ 製 薬 調 べ 産 休 育 休 に 関 する 実 態 調 査 出 産 1 か 月 前 まで 仕 事 をしていた 3 割 弱 4 人 に 1 人 は 育 休 取 得 期 間 が 1 年 に 満 たず 産 休 取 得 者 の 4 人 に 1 人 がマタハラ 被 害 を 経 験 妊 活 サプリメントを 展 開 するゲンナイ 製 薬 株

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

Microsoft PowerPoint - TextVoiceニュースリリース_ハロウィン

Microsoft PowerPoint - TextVoiceニュースリリース_ハロウィン ニュースリリース 報 道 関 係 者 各 位 2015 年 11 月 17 日 マイボイスコム 株 式 会 社 5 年 分 1 万 9 千 件 のテキストマイニング 分 析 から 見 えてきたハロウィンの 変 遷 とは? マイボイスコム 株 式 会 社 ( 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役 社 長 : 高 井 和 久 )は 独 自 開 発 した テキストマイニング ツール TextVoice(テキストボイス)を

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

キェルケゴール研究

キェルケゴール研究 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 109 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 米 沢 一 孝 今 年 2015 年 は セーレン キルケゴール *1 の 没 後 160 年 である 彼 は 近 現 代 の 思 想 家 に 分 類 されるが もはや 現 代 の 思 想 家 ではない 彼 の 生 きた 現 代 すなわち19 世 紀 前 半 から 中 葉 と 我 々が 生 きる21

More information

市 の 人 口 密 度 は 5,000 人 を 超 え 図 4 人 口 密 度 ( 単 位 : 人 /k m2) に 次 いで 高 くなっている 0 5,000 10,000 15,000 首 都 圏 に 立 地 する 政 令 指 定 都 市 では 都 内 に 通 勤 通 学 する 人 口 が 多

市 の 人 口 密 度 は 5,000 人 を 超 え 図 4 人 口 密 度 ( 単 位 : 人 /k m2) に 次 いで 高 くなっている 0 5,000 10,000 15,000 首 都 圏 に 立 地 する 政 令 指 定 都 市 では 都 内 に 通 勤 通 学 する 人 口 が 多 政 令 指 定 都 市 市 の 特 徴 ~ 他 都 市 等 との 比 較 と 政 策 の 方 向 性 市 が 政 令 指 定 都 市 となって 4 年 経 過 した 2007( 平 成 19) 年 4 月 に 市 と 市 が 加 わり 政 令 指 定 都 市 は 全 国 で 17 市 となった そこで 改 めて 他 の 政 令 指 定 都 市 と 比 較 分 析 を 実 施 した 図 1 政 令 指

More information

Microsoft Word - 研修報告書(0324)

Microsoft Word - 研修報告書(0324) 学 校 における 再 登 校 支 援 について 校 内 における 別 室 登 校 の 在 り 方 の 一 考 察 ー 1 問 題 意 識 と 研 究 目 的 文 部 科 学 省 の 今 後 の 不 登 校 への 対 応 の 在 り 方 について( 報 告 ) (2009)によると 不 登 校 の 問 題 が 教 育 の 課 題 として 認 識 されて 以 来 行 政 や 学 校 は スクールカウンセラーの

More information

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際 部 員 各 位 平 成 27 年 6 月 6 日 岩 田 弘 雪 ( 法 2) 日 本 の 奨 学 金 制 度 目 次 一 初 めに 二 奨 学 金 とは 三 奨 学 金 の 歴 史 四 日 本 における 奨 学 金 制 度 の 変 遷 五 現 状 の 奨 学 金 制 度 の 問 題 六 まとめ 七 参 考 文 献 一 初 めに ここにいる 皆 さんは 大 学 生 だ 四 年 目 に 突 入 して

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

どが 思 い 浮 かぶ もちろん これらの 歌 は メロディの 良 さで 幅 広 く 聞 かれた 面 はあるが 同 時 にそれらの 歌 詞 に 共 感 し その 歌 詞 に 自 らの 体 験 を 重 ねて 聞 かれた 部 分 も 相 当 に 大 き いように 思 う 歌 詞 の 時 代 は おおむね

どが 思 い 浮 かぶ もちろん これらの 歌 は メロディの 良 さで 幅 広 く 聞 かれた 面 はあるが 同 時 にそれらの 歌 詞 に 共 感 し その 歌 詞 に 自 らの 体 験 を 重 ねて 聞 かれた 部 分 も 相 当 に 大 き いように 思 う 歌 詞 の 時 代 は おおむね 歌 詞 の 時 代 メロディの 時 代 サウンドの 時 代 橋 本 武 ( 一 般 財 団 法 人 日 本 開 発 構 想 研 究 所 研 究 主 幹 ) 音 楽 は 時 代 とともに 変 化 する そして 音 楽 の 聞 き 方 も 時 代 とともに 変 わる われわれ 日 本 人 は 日 本 のポピュラー 音 楽 をどのように 聞 いてきたのだろうか 音 楽 には 作 り 手 と 聞 き 手 がいるが

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

Microsoft Word - Report_2.doc

Microsoft Word - Report_2.doc Reasons for the decline number of Japanese language learners in Hong Kong - Survey report - 宇 田 川 洋 子 李 夢 娟 李 澤 森 劉 礪 志 香 港 日 本 語 教 育 研 究 会 要 旨 本 報 告 は 過 去 数 年 香 港 の 日 本 語 教 育 機 関 で 問 題 となっている 日 本 語 学

More information

document

document 満 足 度 調 査 集 計 表 特 別 養 護 老 人 ホーム 仙 人 の 里 長 期 入 所 家 族 回 答 人 数 30 名 調 査 期 間 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ~6 月 30 日 問 1. 施 設 内 は 清 潔 ですか?( 玄 関 居 室 ホール 廊 下 トイレなど) 清 潔 27 名 普 通 3 名 汚 い0 名 どちらとも 言 えない0 名 未 記 入 0 名 新 しい

More information

Microsoft Word - 04黄金比 原稿.doc

Microsoft Word - 04黄金比 原稿.doc 黄 金 比 は 本 当 に 美 しいものなのか 1. 研 究 の 動 機 なぜ 黄 金 比 は 美 しいと 言 われているのか 知 りたかったから 黄 金 比 を 美 しいと 思 う 人 はどのくらいいるのか 知 りたかったから 身 の 回 りにどのくらいの 黄 金 比 が 存 在 しているのか 興 味 があったから. 黄 金 比 とは 研 究 者 氏 名 角 間 洋 平 島 雅 彦 長 谷 川 瞳

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

國學院紀要_丸岡先生.indd

國學院紀要_丸岡先生.indd 37 3 年 女 子 体 育 祭 ダンス 1 年 生 からの 授 業 での 取 り 組 みについて 丸 岡 初 枝 Hatsue MARUOKA 1.これまでの 流 れ 平 成 元 年 より 体 育 祭 のプログラムに 加 わった 団 体 演 技 は 全 生 徒 が 日 頃 の 体 育 授 業 の 成 果 を 発 表 するという 目 的 で 実 施 されていた しかし 体 育 祭 で 団 体 演 技

More information

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳 4 結 策 4 爆 乗 ホ 4 屋 栄 陸 彩 団 劇 毎 結 初 伸 び 悩 握 道 6 投 票 露 9 声 ヤ V ヒ 枚 e g i n n e r ミ 達 数 唱 鍛 努 側 幅 広 支 由 姉 妹 ユ 屋 栄 4 誕 珠 玲 ヒ 動 4 H 天 神 札 幌 H 函 館 三 宮 ざ 憶 測 飛 類 似 ネ❶ 北 区 赤 羽 赤 羽 資 ゼ 所 属 ゼ 専 劇 北 区 赤 羽 館 垢 抜 赤

More information

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁 宮 城 県 土 地 利 用 審 査 会 Ⅰ 日 時 : 平 成 26 年 11 月 19 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 から 午 前 11 時 40 分 まで Ⅱ 場 所 : 宮 城 県 行 政 庁 舎 第 二 会 議 室 (11 階 ) Ⅲ 次 第 1 開 会 2 あいさつ 3 議 事 ( 報 告 事 項 ) (1) 最 近 の 土 地 取 引 動 向 について (2) 最 近 の

More information

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊 日 韓 における 自 尊 心 競 争 心 見 栄 の 度 合 いによる 親 の 子 供 に 対 する 教 育 熱 の 度 合 い 著 者 朝 緑 明 子 井 本 拓 希 宋 熹 允 山 下 裕 一 朗 所 属 先 慶 應 義 塾 大 学 経 済 学 部 1 要 約 日 本 では 昨 今 熾 烈 な 大 学 受 験 戦 争 が 起 きている しかし その 戦 争 に 勝 利 して 有 名 大 学 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20834183938350815B8367814631393381408D4482AB82C88358837C815B836391498EE82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20834183938350815B8367814631393381408D4482AB82C88358837C815B836391498EE82E646F63> PRESS RELEASE 報 道 関 係 者 各 位 2011 年 9 月 ~お 子 様 の 好 きなスポーツ 選 手 は 誰 ですか?~ 可 愛 らしさが 好 きな 理 由!こどもたちの 一 番 好 きなスポーツ 選 手 は 浅 田 真 央! ~ 昨 年 の 大 活 躍 の 影 響 で 長 友 佑 都 本 田 圭 佑 といった サッカー 選

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

總統選舉選情分析 (一)

總統選舉選情分析 (一) 総 統 選 挙 をめぐる 民 進 党 の 選 挙 情 勢 葉 高 華 ( 一 ) 支 持 基 盤 の 拡 大 こそが 進 む 道 多 くの 有 権 者 の 投 票 傾 向 は 選 挙 戦 が 始 まる 前 から 決 まっている 有 権 者 の 投 票 傾 向 を 変 えるには 少 なくとも 数 年 の 時 間 が 必 要 で たった 数 ヶ 月 の 選 挙 活 動 において 有 権 者 の 意 向

More information

図 1-2 就 職 先 は 第 何 希 望 か Q. あなたが 今 年 新 社 会 人 として 入 社 入 職 したお 勤 め 先 は 第 何 希 望 でしたか 50.5 6.5 49.5 16.5 7.0 44.0 21.0 8.5 26.5 2013 年 (n=500) 46.2 19.2 26

図 1-2 就 職 先 は 第 何 希 望 か Q. あなたが 今 年 新 社 会 人 として 入 社 入 職 したお 勤 め 先 は 第 何 希 望 でしたか 50.5 6.5 49.5 16.5 7.0 44.0 21.0 8.5 26.5 2013 年 (n=500) 46.2 19.2 26 報 道 関 係 各 位 2016 年 新 社 会 人 の 意 識 調 査 ~ 職 場 の 飲 みにケーションには 積 極 的!でも プライベートでは 繋 がりたくない ~ 2016 年 6 月 3 日 株 式 会 社 マクロミル 株 式 会 社 マクロミル( 本 社 : 東 京 都 港 区 代 表 執 行 役 グローバル CEO:スコット アーンスト 以 下 マクロミル)は 今 年 4 月 から 働

More information

加 齢 黄 斑 変 性 症 2 週 目 (10 月 9 日 放 送 分 ) まだあまり 聞 きなれない 病 名 であるかもしれませんが 欧 米 では 失 明 原 因 の 第 1 位 となっている 疾 患 であり 日 本 でもこの 20 年 の 間 に 2 倍 以 上 の 速 さで 増 加 しているこ

加 齢 黄 斑 変 性 症 2 週 目 (10 月 9 日 放 送 分 ) まだあまり 聞 きなれない 病 名 であるかもしれませんが 欧 米 では 失 明 原 因 の 第 1 位 となっている 疾 患 であり 日 本 でもこの 20 年 の 間 に 2 倍 以 上 の 速 さで 増 加 しているこ 眼 圧 と 正 常 ( 低 ) 眼 圧 緑 内 障 について 1 週 目 (10 月 2 日 放 送 分 ) 眼 の 圧 力 と 書 いて 眼 圧 と 読 んでいますが 正 常 な 眼 圧 は 20mmHg 前 後 ま でと 一 般 的 には 考 えられてきました そして かつてはその 眼 圧 が 高 くな る 病 気 が 緑 内 障 と 理 解 されていました しかし 眼 科 においては 以 前

More information

Microsoft Word - …v…„…X.doc

Microsoft Word - …v…„…X.doc 平 成 23 年 3 月 12 日 の 九 州 新 幹 線 鹿 児 島 ルートの 全 線 開 業 から 早 くも4ヶ 月 が 経 過 した 開 業 前 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 の 影 響 で 各 種 イベントも 中 止 されるなど 静 かな 滑 り 出 しで あった 九 州 新 幹 線 だが 7 月 を 迎 えた 現 在 震 災 後 の 自 粛 ムードも 沈 静 化 した 中

More information

スクールガード養成講習会資料

スクールガード養成講習会資料 平 成 20 年 度 札 幌 市 スクールガード 養 成 講 習 会 資 料 札 幌 市 教 育 委 員 会 1 スクールガード 事 業 とは 近 年 は 学 校 の 管 理 下 における 事 件 や 事 故 が 大 きな 問 題 となっています 札 幌 市 教 育 委 員 会 では このような 状 況 を 踏 まえ 子 どもたちが 安 心 して 学 校 に 通 えるよう 地 域 での 子 どもの

More information

<95B68F912035>

<95B68F912035> ポイント 子 会 社 等 の 債 務 を 肩 代 わりした 場 合 の 税 務 上 のポイントは 以 下 のように 整 理 される 1 一 般 的 には 寄 付 金 として 認 定 される 2 子 会 社 支 援 損 として 損 金 に 算 入 するためには 下 記 の 項 目 を 総 合 的 に 検 討 することになる 以 上 ポイント ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

More information