年 度 世 界 エイズデーイベントの 舞 台 裏 対 象 の 選 択 や 性 に 関 連 する 行 動 傾 向 )の 人 々や,HIV 陽 性 の 人 々, 陰 性 の 人 々が 一 緒 に 生 きている 現 実 をありの ままに 受 け 止 め,エイズのまん 延 防 止 や 差

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "258 2006 年 度 世 界 エイズデーイベントの 舞 台 裏 対 象 の 選 択 や 性 に 関 連 する 行 動 傾 向 )の 人 々や,HIV 陽 性 の 人 々, 陰 性 の 人 々が 一 緒 に 生 きている 現 実 をありの ままに 受 け 止 め,エイズのまん 延 防 止 や 差 "

Transcription

1 257 特 集 : 新 しいエイズ 対 策 の 展 望 第 二 部 : 地 域 における 先 駆 的 エイズ 対 策 の 取 り 組 み 2006 年 度 世 界 エイズデーイベントの 舞 台 裏 橋 本 康 昭 東 京 都 総 務 局 行 政 部 区 政 課 課 務 担 当 係 長 ( 荒 川 区 福 祉 部 介 護 保 険 課 介 護 給 付 係 長 ) World AIDS Day Event 2006 Yasuaki HASHIMOTO Department of General Affairs, Tokyo 抄 録 厚 生 労 働 省 では2006 年 の 世 界 エイズデーイベントとして, 街 頭 キャンペーン,HIV 検 査,RED RIBBON LIVE 2006を 開 催 した. これらのイベントは, 行 政, 民 間 企 業, 医 療 関 係 者,NGO など,HIV エイズのまん 延 防 止 と 差 別 偏 見 の 解 消 を 願 う さまざまな 主 体 の 連 携 により 行 われた. 中 でも,RED RIBBON LIVE 2006は,ラジオ DJ の 山 本 シュウさんを 総 合 プロデューサーに 迎 え,Mr.Children の 桜 井 和 寿 さんやアンジェラ アキさん, 絢 香 さんなどのライブと,エイズ 動 向 委 員 会 からの 呼 びかけや 陽 性 者 の 手 記 紹 介 な どで 構 成 された 啓 発 ライブであり,メディアを 通 じた 啓 発 や 保 健 所 等 における HIV 検 査 相 談 の 実 績 に 大 きな 成 果 を 残 した. RED RIBBON LIVE 2006は 実 質 2 ヶ 月 という 短 期 間 で 準 備 されたが,その 背 景 には, 関 係 者 の HIV エイズのまん 延 に 対 する 危 機 意 識 と, 実 現 に 向 けた 強 い 意 思 があった. 本 文 では,RED RIBBON LIVE 2006 実 現 までの 経 過 について, 一 担 当 者 の 所 感 を 交 えて 紹 介 する. キーワード: できることを,できる 範 囲 で,あきらめないで! 1 はじめに 2006 年, 私 は 東 京 都 から 厚 生 労 働 省 健 康 局 疾 病 対 策 課 に 派 遣 されエイズ 対 策 の 普 及 啓 発 事 業 を 担 当 した.エイズ 予 防 指 針 における 普 及 啓 発 の 位 置 づけや 厚 生 労 働 省 が 実 施 する 事 業 の 内 容 については, 第 一 部 エイズ 予 防 指 針 改 正 後 のエイズ 対 策 について で 述 べられているところである ので 割 愛 し, 本 稿 では 特 に, 私 が 担 当 した 世 界 エイズデー イベントの 実 現 までの 経 過 報 告 を 通 じて,エイズ 対 策 にお ける 普 及 啓 発 のあり 方 についての 所 感 を 述 べたい. 拙 稿 の 上, 他 の 執 筆 者 とやや 趣 が 異 なり 情 緒 的 な 表 現 が 多 分 にあるが, 何 卒,ご 容 赦 いただきたい. 2 世 界 エイズデーとは WHO( 世 界 保 健 機 関 )は,1988 年 に 世 界 的 レベルのエ イズのまん 延 防 止 と HIV 感 染 者 エイズ 患 者 に 対 する 差 別 偏 見 の 解 消 を 図 ることを 目 的 として,12 月 1 日 を World AIDS Day ( 世 界 エイズデー)と 定 め,エイズに 関 する 啓 発 活 動 等 の 実 施 を 提 唱 した. 日 本 においても,そ の 趣 旨 に 賛 同 し, 毎 年 12 月 1 日 を 中 心 にエイズに 関 する 正 しい 知 識 等 についての 啓 発 活 動 を 推 進 している. 厚 生 労 働 省 では, 毎 年, 世 界 エイズデーのキャンペーン テーマを 定 めている( 表 1 ).2006 年 は 初 めてテーマの 公 募 を 行 い, Living Together ~ 私 に 今 できること~ を 選 定 した.その 趣 旨 は, 様 々なセクシャリティ( 性 行 動 の 東 京 都 荒 川 区 荒 川 Arakawa, Arakawa-ku, Tokyo, , Japan.

2 年 度 世 界 エイズデーイベントの 舞 台 裏 対 象 の 選 択 や 性 に 関 連 する 行 動 傾 向 )の 人 々や,HIV 陽 性 の 人 々, 陰 性 の 人 々が 一 緒 に 生 きている 現 実 をありの ままに 受 け 止 め,エイズのまん 延 防 止 や 差 別 偏 見 の 解 消 のために,ひとりひとりに 何 ができるかを 国 民 全 体 で 考 え ていく 契 機 とする というものであった. HIV 感 染 者 エイズ 患 者 の 年 間 新 規 報 告 数 が 過 去 最 高 を 更 新 し 続 ける 中,2006 年 は, 感 染 者 患 者 への 理 解 と 支 援 を 示 す レッドリボン と,このキャンペーンテーマ の 下 で, 国 や 地 方 自 治 体,NGO などによる 様 々なイベン トが 開 催 された. 表 1 世 界 エイズデー キャンペーンテーマ 一 覧 ( 過 去 10ヵ 年 ) 年 度 テーマ 2006 Living Together ~ 私 に 今 できること~ 2005 エイズ あなたは 関 係 ない と 思 っていませんか? 2004 HIV と エイズ の 違 い, 知 っていますか? 2003 エイズ 知 ろう, 話 そう, 予 防 しよう 2002 エイズ 目 をそらさないで 考 えてみよう! 2001 I care Do You? 2000 エイズを 知 って あなたが 変 わる わたしも 変 わる 1999 若 い 命 のためにも, 聞 いて 学 んで,エイズのことを 1998 時 代 が 変 わる, 君 が 変 える ~ 大 切 な 人 と 生 きるために~ 1997 子 どもたちの 未 来 のために! 今,エイズを 考 えよう 3 国 の2006 年 世 界 エイズデーイベント 厚 生 労 働 省 と 財 団 法 人 エイズ 予 防 財 団 が 主 催 した2006 年 世 界 エイズデーのメインイベントは,11 月 28 日 に 渋 谷 で 行 われた 街 頭 キャンペーン,HIV 検 査,RED RIBBON LIVE 2006の 3 つである. 街 頭 キャンペーンは 学 生 を 含 む NGO やボランティアを 中 心 にハチ 公 前 で 啓 発 グッズや 予 防 に 有 効 なコンドームを 配 布 した. 特 に, 後 述 する RED RIBBON LIVE 2006の 準 備 の 過 程 でイベントに 参 画 した 松 竹 芸 能 株 式 会 社 のマネージャーのご 尽 力 があり, 所 属 タ レントのアメリカザリガニさんや T K O さんをはじめ とする 若 手 芸 人 20 名 あまりの 皆 様 にもボランティアで 参 加 していただき, 街 行 く 渋 谷 の 若 者 にエイズ 予 防 を PR し た.また HIV 検 査 は, 渋 谷 区 保 健 所 の 出 張 検 査 として, 国 立 国 際 医 療 センターエイズ 治 療 研 究 開 発 センター (ACC)を 中 心 に, 神 奈 川 県 衛 生 研 究 所 のご 協 力 を 得 なが ら 約 100 名 の 即 日 検 査 を 実 施 した. 特 設 会 場 での 検 査 は, 会 場 設 営 をはじめ,プレカウンセリングから 結 果 返 しまで の 導 線 づくり, 偽 陽 性 が 出 た 場 合 の 対 応 など, 非 常 にきめ 細 かな 準 備 が 必 要 となる. 世 界 エイズデーの HIV 検 査 は 2004 年 から 3 回 目 を 数 えるが, 毎 年 ACC の 医 師, 看 護 師 の 皆 様, 神 奈 川 県 衛 生 研 究 所 の 皆 様 の 多 大 なるご 協 力 の 下 で 行 われ, 当 日 検 査 を 受 診 された 方 々だけでなく, 報 道 等 を 通 じて 多 くの 国 民 への 検 査 受 診 の PR を 図 るイベントと して 成 功 を 収 めている.2006 年 度 は, 代 々 木 体 育 館 に 隣 接 するイベント 会 場 で 渋 谷 駅 から 距 離 があったが, 街 頭 キャンペーンを 行 っている 渋 谷 駅 周 辺 で 勧 誘 を 行 い 検 査 に 誘 導 した. 街 頭 キャンペーンと 検 査 の 模 様 は NHK などで も 報 道 され,12 月 1 日 に 先 駆 けて 全 国 の 地 方 自 治 体 の 取 組 みを 後 押 しすることができた. 街 頭 キャンペーンと HIV 検 査 は,それぞれ, 感 染 予 防 と 検 査 受 診 を 訴 える 国 のエイズデーイベントとして,ま た,エイズ 対 策 に 関 わる 各 主 体 の 連 携 を 示 す 場 として 欠 か せないものとなっている. さらにこの 年, 厚 生 労 働 省 の 主 催 としてはおそらく 過 去 に 類 を み な い 大 イ ベ ン ト が 誕 生 し た. そ れ が RED RIBBON LIVE 2006である. 4 RED RIBBON LIVE 2006 (1) 官 民 協 働 の 一 大 プロジェクト SHIBUYA-AX で 開 催 された RED RIBBON LIVE 2006 は,プロデューサー 兼 MCにラジオ DJ の 山 本 シュウさん, 出 演 は Mr.Children の 桜 井 和 寿 さん,GLAY の TERU さ んと TAKURO さん(ビデオ 出 演 ),アンジェラ アキさ ん, 絢 香 さん, 一 青 窈 さんなどのアーティスト, 在 京 FM AM ラジオ 局 の DJ,スポーツ 選 手,お 笑 い 芸 人, 俳 優, 厚 生 労 働 大 臣 (ビデオ 出 演 )も 出 演 し,まさに 組 織 や 立 場 を 超 えて 心 から HIV エイズのまん 延 防 止 を 願 う 方 々 が 集 結 した. 出 演 者 全 員 とスタッフの 大 半 はボランティア で 参 加 し, 無 料 招 待 された 観 覧 者,スタッフなどを 合 わせ て1,600 人 あまりが 参 加 する 歴 史 的 なイベントとなった. ( 図 1, 表 2 ) 今 回 のライブの 特 徴 のひとつは,エイズ 予 防 啓 発 ライブ としての 構 成 を 徹 底 した 点 にある. 陽 性 者 の 手 記 をラジオ DJ に 朗 読 していただいたり, 厚 生 労 働 省 エイズ 動 向 委 員 図 1 RED RIBBON LIVE 2006 AMUSE INC.

3 橋 本 康 昭 259 表 2 RED RIBBON LIVE 2006 開 催 概 要 主 催 厚 生 労 働 省, 財 団 法 人 エイズ 予 防 財 団 開 催 日 平 成 18 年 11 月 28 日 ( 火 ) 18:30 ~ 開 催 場 所 SHIBUYA-AX 総 合 プロデュース 司 会 山 本 シュウ(ラジオ DJ) 実 施 内 容 1 エイズ 予 防 啓 発 ライブ 絢 香, ア ン ジ ェ ラ ア キ, 桜 井 和 寿 (Mr.Children), SHAKALABBITS, 一 青 窈, 山 田 耕 平 with アフリカンバ ンドほか 2 日 本 の HIV エイズの 発 生 動 向 と 予 防 対 策 等 について(エイ ズ 動 向 委 員 会 委 員 長 ) 3 シンポジウム(ラジオDJ,スポーツ 選 手,お 笑 い 芸 人, 俳 優 ほか) 4 ラジオ DJ による HIV 感 染 者 等 の 手 記 紹 介 5 著 名 人 によるビデオコメントの 紹 介 ( 厚 生 労 働 大 臣,GLAY (TERU,TAKURO)ほか) 6 著 名 人 によるメッセージパネルの 展 示 7( 財 )エイズ 予 防 財 団 NGO による 啓 発 ブースの 設 置 図 2 Yahoo! JAPAN 12 月 1 日 のトップページとレッドリボン キャンペーン 図 3 エイズ 予 防 情 報 ネットの 訪 問 者 数 図 4 Yahoo!JAPAN における エイズ を 含 むブログ 件 数 の 推 移 会 委 員 長 に 動 向 委 員 会 として 国 民 に 訴 えるべく 舞 台 に 上 がっていただくなど, 事 実 や 正 確 な 情 報 を 伝 える 演 出 を 重 視 した.また, 出 演 される 方 には, 正 しい 知 識 を 持 った 上 でご 自 身 のことばでメッセージを 発 信 していただくため に, 事 前 に 発 生 動 向 や 国 の 施 策 に 関 する 資 料, 啓 発 用 映 像 などを 提 供 してご 準 備 いただいた. も う ひ と つ の 特 徴 は, メ デ ィ ア と の 連 携 で あ る. Yahoo! JAPAN の 啓 発 特 集 であるレッドリボンキャン ペーンと 連 動 し, 感 染 経 路 などの 知 識 に 関 する 情 報 や 地 方 自 治 体 の 検 査 相 談 案 内 などとともに, 多 くの 著 名 人 の 啓 発 メッセージやライブの 映 像, 陽 性 者 の 手 記 などをイン ターネット 上 で 公 開 した.Yahoo! JAPAN はレッドリボ ンキャンペーンをトップページで 告 知 し,12 月 1 日 には Yahoo! JAPAN のロゴの 直 下 に 12 月 1 日 は 世 界 エ イズデー を 掲 げて, 特 集 にダイレクトに 誘 導 した( 図 2 ).さらにエイズ 予 防 情 報 ネット( 厚 生 労 働 省 がエイズ 予 防 財 団 に 委 託 する 情 報 サイト)には,GLAY が 公 式 サ イトにリンクを 貼 ってくださったり, 他 の 何 人 ものライブ 出 演 者 が 自 身 のサイトで 紹 介 したりしてくださったことも あり,2006 年 12 月 の 訪 問 者 数 は 前 年 の 約 5 倍 となった( 図 3 ).また,ラジオでは, 在 京 FM AM10 局 でのライブの 事 前 告 知 と 同 時 に 感 染 予 防 や 検 査 受 診 のメッセージを 発 信 してリスナーへの 啓 発 を 行 ったほか, 各 局 DJ のイベント への 参 加 を 通 じてラジオメディアに 関 わる 方 々への 啓 発 を 展 開 した.さらに, 記 者 会 見 とライブは, 新 聞,テレビ, 雑 誌, 音 楽 系 のインターネットメディア 等 に 多 数 取 り 上 げ ていただいたほか,インターネット 上 では 感 染 予 防 などに 関 する 任 意 のブログが 行 き 交 った( 図 4 ). メディアと 連 携 することにより, 国 民 に 対 して 相 乗 的 に 認 知 の 機 会 が 提 供 された 結 果,2006 年 第 4 四 半 期 の 保 健 所 等 における 検 査 件 数 は 前 年 比 約 26%, 相 談 件 数 は 前 年 比 約 21%の 増 となり, 年 間 の 検 査 件 数 は 前 年 比 約 16% 増

4 年 度 世 界 エイズデーイベントの 舞 台 裏 の116,550 件 となった. 行 政 だけでは 到 底 なしえないこのようなイベントがどの ような 経 緯 で 開 催 されたのか,そこに 至 るまでの 舞 台 裏 を ご 紹 介 したい. キーワードはただ 一 つ, 今 回 のライブを 通 じて 山 本 シュ ウさんに 教 えられたことば, できることを,できる 範 囲 で,あきらめないで! である. (2)それは Yahoo! JAPAN から 始 まった Yahoo! JAPAN は,1 日 約 12 億 ページビューの 閲 覧 を 有 する, 日 本 のインターネットメディアを 代 表 する 企 業 であ る.Yahoo! JAPAN が 企 業 の 社 会 的 責 任 (CSR)に 関 す る 取 組 みのひとつとしてエイズ 予 防 の 啓 発 特 集 を 始 めたの は,2004 年 の 世 界 エイズデーのときであった.レッドリ ボンキャンペーンと 銘 打 って 始 まったこの 特 集 の 中 で, 2005 年, 長 年 自 身 のトークライブなどでエイズ 予 防 の 啓 発 を 続 けていた 山 本 シュウさんのライブトーク 企 画 日 本 緊 急 事 態 宣 言 が 立 ち 上 がった.そしてそのゲストとして 招 かれたのが GLAY の TERU さんであった. 一 方, 厚 生 労 働 省 では,2006 年 の 4 月 に 改 正 エイズ 予 防 指 針 を 施 行 し,6 月 1 日 から 7 日 の HIV 検 査 普 及 週 間 が 創 設 された. 第 一 回 の 検 査 普 及 週 間 は, 東 京 都 南 新 宿 検 査 相 談 室 をお 借 りして, 厚 生 労 働 副 大 臣 と 日 本 エイズス トップ 基 金 の 運 営 委 員 である 女 優 の 田 中 好 子 さんの 記 者 会 見 を 行 い, 感 染 予 防 と 検 査 受 診 を 呼 びかけた.このときも Yahoo! JAPAN ではレッドリボンキャンペーンが 展 開 さ れ, 前 回 同 様 にホストを 山 本 シュウさんとし,アーティス トのアンジェラ アキさん,NBA の 田 臥 勇 太 さんなどが ゲ ス ト と し て 啓 発 ト ー ク を 行 っ た. こ の と き 私 は Yahoo! JAPAN の 担 当 者 からのご 相 談 をいただき, 誤 っ た 情 報 を 流 したり 不 適 切 な 表 現 を 使 ったりしないよう 助 言 させていただく 立 場 で,エイズ 予 防 財 団 の 担 当 者 とともに 収 録 に 立 ち 合 った. RED RIBBON LIVE 2006の 実 現 は,このときのシュウ さんとアンジェラさんのトークが 直 接 のきっかけである. お 二 人 ともアメリカでの 生 活 を 経 験 しており, 日 本 とアメ リカのエイズに 対 する 国 民 の 意 識 の 違 いに 大 きな 危 機 感 を 感 じていた. 国 の 責 任 に 言 及 しながらも,アーティストの ように 社 会 にメッセージを 発 信 することができる 立 場 の 人 々が 立 ち 上 がり, 曲 やライブを 通 じて 本 気 で 啓 発 してい かなければ,エイズがまん 延 して 取 り 返 しのつかないこと になる, 国 なんかに 任 せてはいられない,まずは 自 分 たち が 立 ち 上 がらなければならない,という 趣 旨 のトークが 展 開 された. 私 は 近 くでトークを 聴 いていて,お 二 人 の 社 会 的 意 識 の 高 さに 敬 服 すると 同 時 に,その 政 策 としての 効 果 を 想 像 した. 若 年 層 に 影 響 力 のあるアーティストからライ ブという 形 式 で 発 信 されるメッセージが 生 む 啓 発 効 果 は 絶 大 である.しかもそれは 民 間 の 自 発 的 な 意 思 だけで 行 われ るのではなく, 官 民 が 協 働 して 少 しでも 多 くの 組 織 や 個 人 を 巻 き 込 み,エンターテインメントを 超 えて 政 策 としての 啓 発 ライブを 開 催 することに 大 きな 意 義 があった. 厚 生 労 働 省 内 でも, 限 られた 予 算 の 中 でも 何 とかして 大 きなイベ ントを 開 催 し, 国 民 ひとりひとりの 意 識 に 届 く 啓 発 をした いという 思 いが 常 にあったため, 私 は,シュウさんやアン ジェラさん,Yahoo! JAPAN の 担 当 者 の 熱 い 思 いに 突 き 動 かされながら, 省 内 外 の 皆 様 のご 意 見 をいただきつつ 国 が 主 催 する 啓 発 ライブの 実 現 に 向 けてシュウさんへのご 相 談 を 続 けた. (3)シュウさんとの 約 束 相 談 の 過 程 でシュウさんに 言 われたこと,それは, 丸 投 げは 許 さない だった. 国 民 に 啓 発 が 行 き 届 いてない 責 任 は 国 にある,それなのに 予 算 だけ 用 意 してあとはよろし くということであれば, 自 発 的 な 意 思 で 出 演 してもらう 方 々に 申 し 訳 が 立 たない,ライブの 成 功 に 向 けて 厚 生 労 働 省 として 本 気 で 関 わらなければ,この 企 画 には 絶 対 に 乗 ら ないし,いつでも 降 りる,というのがその 趣 旨 だった. 行 政 には 委 託 の 予 算 が 組 まれており, 今 回 のようなイベント はノウハウを 有 する 企 画 会 社 に 一 括 して 事 業 委 託 される 場 合 が 圧 倒 的 に 多 い. 委 託 の 場 合, 企 画 書 の 作 成 からイベン トの 開 催 に 至 るまですべて 受 託 業 者 が 行 い, 行 政 はそのク ライアントとして 政 策 目 的 に 合 致 したイベントになるよう 受 託 業 者 に 指 示 を 出 す.これが 一 般 的 な 方 法 である.しか しシュウさんはそのような 方 法 を 許 さなかった.もちろん 契 約 上 は 事 業 委 託 の 形 式 になるが, 形 式 ではなく 実 質 にお いて, 組 織 としてではなく 同 じ 人 間 として 心 を 通 わせて 必 死 になってやる 覚 悟 がない 人 たちとは 仲 間 になれないしそ んな 啓 発 は 誰 にも 届 かない,それがシュウさんの 考 え 方 で あり,やり 方 であった. 私 個 人 としては,シュウさんにお 願 いした 時 点 で,ライ ブが 実 現 するまではしがみついて 離 すまいと 心 に 決 めてい た. 啓 発 効 果 を 一 過 性 で 終 わらせないためには, 人 々の 心 に 強 く 残 り 翌 年 の 世 界 エイズデーを 心 待 ちにするようなイ ベント, 普 及 啓 発 事 業 の 基 盤 としてのネットワークができ て 自 然 に 啓 発 が 普 及 していく 契 機 となるようなイベントを 開 催 しなければならないと 感 じていた.シュウさんとの 話 し 合 いの 段 階 で, 何 名 かの 著 名 な 方 々への 打 診 や 相 談 が 進 められていることを 伺 っており,その 錚 々たる 方 々が, 国 が 主 催 する 啓 発 ライブでエイズ 予 防 のメッセージを 発 信 し ている 映 像 を 思 い 浮 かべるにつき, 余 力 を 残 して 関 わるよ うなレベルの 話 ではないことを 私 は 強 く 認 識 していた. 水 面 下 での 調 整 を 厚 生 労 働 省 内 に 逐 次 報 告 していたが, 国 と しても 意 思 は 同 じであった. こうして, 数 回 にわたるやりとりを 通 じて 意 識 確 認 を 経 たのち,RED RIBBON LIVE の 種 がシュウさんのマネー ジャーの 来 省 というかたちで 確 実 な 芽 を 出 したのは,シュ ウさんとアンジェラさんのトークから 4 ヶ 月 あまりを 過 ぎた 頃 であった. 著 名 な 方 々にとって, 特 にメディアに 関 わる 方 にとって, 国 の 政 策 の 真 ん 中 に 立 って 采 配 を 振 るう ことに 伴 うリスクがどれだけのものかは 想 像 に 難 くない.

5 橋 本 康 昭 261 しかしシュウさんは, 覚 悟 を 決 めてくださった. (4)ライブへの 始 動 シュウさんのマネージャーが 厚 生 労 働 省 を 訪 れたのは 9 月 半 ばであった.この 日 を 境 に, 実 質 2 ヶ 月 という 短 期 間 でライブを 実 現 すべく 本 格 的 に 動 き 出 すこととなる. シュウさんの 所 属 事 務 所 である 株 式 会 社 アミューズで 週 一 回 行 われることになった 会 議 には,シュウさんを 信 頼 する 様 々な 立 場 の 有 志 が 集 まった. 主 要 メンバーは, 山 本 シュ ウさん,シュウさんのマネージャー,Yahoo! JAPAN の レッドリボンキャンペーン 担 当 者, 松 竹 芸 能 のマネー ジャー,ライブ 運 営 会 社 のスタッフ,デザイナー,フリー アナウンサー, 厚 生 労 働 省 とエイズ 予 防 財 団 の 職 員 等 々で ある.このメンバーを 中 心 として, 厚 生 労 働 省 が 作 成 した 企 画 書 をベースに 検 討 を 重 ね, 週 一 回 の 会 議 と 不 定 期 かつ 頻 繁 に 行 われる 分 科 会 において,メンバーが 所 属 する 組 織 の 事 情 に 配 慮 しつつ,それぞれの 価 値 観 や 方 法 論 の 違 いを 競 合 させながら, 浮 かんでは 消 えるいくつものアイデアを 収 斂 させていった. 最 終 的 に 決 まったライブの 方 向 性 は,1 完 全 無 料 招 待 制 とし, 各 ラジオ 局,Yahoo! JAPAN,エイズ 予 防 情 報 ネットで 招 待 枠 を 配 分 しそれぞれで 募 集 を 行 う,2ラジオ 局 とラジオ DJ にご 協 力 いただき, 公 開 ラジオ 番 組 風 にす る3 音 楽 アーティストだけでなく, 様 々なジャンルから 本 気 で 啓 発 する 意 思 のある 方 だけに 出 演 していただく,4 トークとライブを 組 み 合 わせ, 正 しい 知 識 と 情 報 を 発 信 す る5 陽 性 者 の 声 を 届 ける,6 厚 生 労 働 省 で 記 者 会 見 を 行 い マスコミに 協 力 を 呼 びかける,などであった.これらの 方 向 性 を 踏 まえながら, 多 岐 にわたる 懸 案 をひとつずつ 検 討 し,ライブの 全 体 像 を 固 めていった. 事 前 準 備 は 時 間 との 闘 いであった. 関 係 者 用 の 啓 発 映 像 やパンフレットの 作 成, 当 日 参 加 できない 多 数 の 著 名 人 の ビデオコメントと 写 真 の 撮 影, 後 述 するオリジナルソング の CD やジャケット 作 り, 会 場 に 展 示 するメッセージボー ドのデザインなどもすべて,シュウさんの 相 談 を 受 けて 協 力 を 買 って 出 たプロフェッショナルの 手 によって 進 められ た. 開 催 まで 1 ヶ 月 を 切 る 頃 には 舞 台 演 出 や 音 響 関 係 の 方 々も 加 わるようになり, 連 日 連 夜, 試 行 錯 誤 を 繰 り 返 し ながら 作 業 が 進 められていった.エンターテインメントの 演 出 をされている 方 々の 創 造 性 や 集 中 力 やこだわりの 強 さ には, 本 当 に 敬 服 させられた. 彼 らは,ライブとしての 娯 楽 性 と 啓 発 事 業 としての 社 会 性 の 微 妙 なバランスを 均 衡 さ せながら,それぞれが 持 ちうるプロの 能 力 をそれぞれの 部 分 で 発 揮 された.ライブ 実 現 の 裏 には,プロの 方 々の 仕 事 に 対 するプライドや, 商 業 主 義 だけに 偏 らない 公 的 な 使 命 感 があった.その 意 識 がシュウさんへの 信 頼 という 共 通 項 で 結 ばれ, 短 期 間 のうちに 成 熟 したプロジェクト チーム に 発 展 していった. また, 私 はこれらの 作 業 と 併 行 して, 事 前 にシュウさん から 協 力 を 打 診 した 在 京 AM FM ラジオ 局 にシュウさん のマネージャーとともに 伺 い, 厚 生 労 働 省 として 協 力 を 要 請 した.シュウさんからの 説 明 を 受 けていた 各 局 の 編 成 責 任 者 の 方 々も 強 い 問 題 意 識 を 持 っており, 積 極 的 に 要 請 に 応 じてくださった. こうして,それまで 関 わりのなかった 人 々が 集 まり,と きには 激 しく 議 論 しながらも 目 的 をひとつにして 密 度 の 濃 い 時 間 を 過 ごしていくうちに, 雲 をつかむような 話 が 徐 々 に 現 実 味 を 帯 び,やがて 私 たちは 啓 発 ライブとしての 成 功 を 確 信 していった. (5) 1 日 3 人 時 期 が 前 後 するが,イベントの 約 1 ヶ 月 前 に 厚 生 労 働 省 でライブの 告 知 を 兼 ねた 記 者 会 見 が 行 われた.シュウさ ん,アンジェラさん, 疾 病 対 策 課 長,エイズ 予 防 財 団 専 務 理 事 が 出 席 した 会 見 では,シュウさんから, 日 本 の HIV 感 染 者 が 毎 日 3 人 ずつ 増 え 続 けていること,その 事 実 を 85%の 人 が 知 らないこと(Yahoo! JAPAN による 調 査 ) などが 説 明 された.また,アンジェラさんからも, 国 民 に 現 状 を 知 り 予 防 してもらうために 自 分 ができることとして ライブに 参 加 する 旨 が 表 明 された.シュウさんとアンジェ ラさんは 会 見 の 後 に 厚 生 労 働 大 臣 を 訪 問 してライブへの 参 加 とエイズ 対 策 の 充 実 を 要 請 し, 大 臣 は 公 務 のためライブ に 出 席 できない 代 わりにビデオコメントを 寄 せる 約 束 を 交 わした( 図 5 ). なお,ここに 述 べたように, 今 回 のイベントでは 1 日 3 人 という 表 現 を 多 用 した.ただし, 厳 密 に 言 えば 日 本 の HIV 感 染 者 の 新 規 報 告 数 は 1 日 あたり 約 2 人,エ イズ 患 者 の 新 規 報 告 数 は 1 日 あたり 約 1 人,あわせて 1 日 あたり 約 3 人 ということになる.しかも HIV は 潜 伏 期 間 で 平 均 10 年 から15 年,エイズに 至 っては 発 症 してか ら 初 めて 分 かる 症 例 が 新 規 報 告 であがるためいつ 感 染 した かはほとんど 分 からない.つまり, 現 在 1 日 3 人 が 感 染 し 続 けているということを 事 実 としては 証 明 できないので ある.しかし, 人 の 意 識 や 行 動 を 変 えようとする 政 策 目 的 を 優 先 する 普 及 啓 発 事 業 においては, 耳 に 残 るインパクト のある 簡 潔 明 瞭 なキャッチフレーズをいかに 有 効 に 使 うか 図 5 記 者 会 見 後 の 大 臣 訪 問 の 様 子 ( 左 から アンジェラ アキさん 柳 沢 前 厚 生 労 働 大 臣 山 本 シュウさん)

6 年 度 世 界 エイズデーイベントの 舞 台 裏 が 大 きなポイントになる. 実 際 に, 1 日 3 人 に 衝 撃 を 受 けて 啓 発 に 参 加 してくださる 方 々は 非 常 に 多 かった.ち なみに, 平 成 18 年 5 月 にエイズ 動 向 委 員 会 が 発 表 した 平 成 18 年 の 発 生 動 向 に 関 する 委 員 長 コメントでも 1 日 あた り3.7 件 という 表 現 が 使 われた. (6) 生 まれ 来 る 子 供 たちのために ライブへの 準 備 が 始 まってすぐにメッセージソングを 制 作 する 話 が 持 ち 上 がった.シュウさんと 出 演 アーティスト の 強 い 思 いから 選 ばれた 曲 は,この 国 と,この 国 の 子 ども たちの 将 来 を 思 い, 愛 する 人 を 守 ることの 大 切 さを 伝 える 曲 生 まれ 来 る 子 供 たちのために であった.1980 年 に 小 田 和 正 さんが 作 詞 作 曲 したこの 曲 をケツメイシのプロ デ ュ ー サ ー で あ る YANAGIMAN さ ん が ア レ ン ジ し, TERU さ ん, 桜 井 和 寿 さ ん, 絢 香 さ ん な ど に よ っ て, RED RIBBON LIVE 2006 スピリチュアルソング 生 まれ 来 る 子 供 たちのために に 生 まれ 変 わり,TERU さ んのレコーディングを 皮 切 りに,まさに 曲 が 成 長 するかの ごとく 次 々とアーティストの 本 気 の 思 いが 吹 き 込 まれて いった. 記 者 会 見 を 経 てライブの 開 催 が 公 表 されてから は, 各 ラジオ 局 でライブの 告 知 に 合 わせてこの 曲 がオンエ アされた. 私 は,シュウさんに 同 行 していくつかの 局 のオ ンエアに 立 ち 合 わせていただいたが,オンエアそのものが 啓 発 となってリスナーの 意 識 に 伝 わった.もちろんすべて がシュウさんに 共 鳴 したアーティストの 方 々, 各 ラジオ 局 の 方 々の 本 気 の 思 いから 実 現 したことである. こうして,シュウさんを 慕 い,HIV エイズのまん 延 防 止 を 願 う 多 くの 人 々が 寝 食 を 忘 れ, 汗 と 涙 にまみれた2 ヶ 月 間 を 経 て,RED RIBBON LIVE 2006は 開 催 された. 厚 生 労 働 大 臣 のビデオコメントで 幕 を 開 け,ライブとトーク が 交 互 に 展 開 されたのち,サプライズゲストとして 登 場 し た 桜 井 和 寿 さんのライブに 続 いてフィナーレとして 用 意 さ れた 生 まれ 来 る 子 供 たちのために は, 出 演 者 全 員 と, 無 料 招 待 された 一 般 の 方 々, 街 頭 キャンペーンや HIV 検 査 にご 協 力 くださった 皆 様,ボランティアで 関 わった 多 く のスタッフなど, 会 場 にいるすべての 方 々の 思 いを 乗 せた 大 合 唱 となった.シュウさんのはからいで 厚 生 労 働 省 の 主 要 なスタッフもステージに 上 げていただいた. 私 は, 愛 する 人 を 守 りたまえ と 繰 り 返 すたくさんの 温 かい 歌 声 に 向 かって 大 きく 手 を 振 りながら, 夢 と 現 実 の 間 にいるよう な 朧 げな 眼 差 しでその 光 景 を 見 つめていた. 5 できることを,できる 範 囲 で,あきらめな いで! 行 動 変 容 を 促 すことを 目 的 とする 普 及 啓 発 は,ひとりひ とりの 意 識 に 伝 わってはじめて 政 策 として 実 行 したことに なる.しかしながら 行 政 だけでは 人 の 心 に 伝 える 強 いメッ セージを 発 信 できないのも 事 実 である.だからこそ 行 政 は,メッセージを 伝 える 力 を 持 つ 民 間 の 組 織 や 個 人 と 協 働 し,その 方 々が 有 している 公 の 意 識 をお 借 りしながら, 人 々の 心 に 届 く 普 及 啓 発 事 業 を 政 策 としてコーディネート していかなければならない. 啓 発 された 結 果 として 保 健 所 や 医 療 機 関 で 検 査 を 受 診 し, 陽 性 であることが 判 明 した 方 々は,ACC, 中 核 拠 点 病 院, 拠 点 病 院 を 中 心 とした HIV 医 療 従 事 者 によって 適 切 な 医 療 を 受 け,ケア サポートを 行 う 多 くの NGO やボ ランティアの 支 援 を 受 ける. 同 時 に,たくさんの 組 織 や 個 人 によって, 様 々なセクシャリティの 方 々や HIV 陽 性 の 方 々が 一 緒 に 生 きている 現 実 をありのままに 受 け 止 める 社 会 を 築 くための 啓 発 が 繰 り 返 される.すなわち, 世 界 エイ ズデーイベントをはじめとする 普 及 啓 発 は,まさにレッド リボンの 交 差 する 部 分 に 位 置 するかのごとく, 予 防, 検 査 受 診 の 奨 励 と 検 査 体 制 の 整 備, 適 切 な 医 療 の 提 供, 差 別 偏 見 の 解 消 というエイズ 対 策 の 一 連 の 施 策 目 標 をつなぐも のであり,そのリボンを 形 成 するのは, 国, 地 方 自 治 体, 民 間 の 組 織 や 個 人, 医 療 機 関,NGO など,すべてのエイ ズ 対 策 関 係 者 の できることを,できる 範 囲 で,あきらめ ないで! 取 り 組 もうとする 真 摯 な 思 い 以 外 の 何 物 でもな い. 人 が 何 かを 憂 いて 本 気 になったとき, 組 織 の 壁 はた やすく 越 えることができる.すべてひとりでやる 必 要 はな い. 組 織 が 有 する 沈 黙 の 傘 の 下 に 隠 れるのではなく, 社 会 を 構 成 する 人 が 与 えられた 役 割 に 正 面 から 向 き 合 うこ とこそ 大 切 なのである. 私 はそのことを,シュウさんや 出 演 者 の 方 々,Yahoo! JAPAN の 担 当 者, 松 竹 芸 能 のマ ネージャーなど,たくさんの 有 志 の 方 々に 教 えられた.も ちろん 行 政 として 関 与 する 以 上 は 自 己 満 足 に 終 わってはい けない. 著 名 な 方 々に 対 しても, 参 加 していただく 以 上 は HIV エイズに 関 する 正 しい 知 識 をきちんと 伝 え, 差 別 や 偏 見, 私 利 私 欲 を 持 たずに 関 わっていただかなければなら ない.その 上 で, 今 回 のようなイベントが,HIV エイズ のまん 延 防 止 に 寄 与 する 政 策 として 有 効 でなければならな いし,その 評 価 は 一 義 的 には 厚 生 労 働 省 に 設 置 するエイズ 施 策 評 価 検 討 会 においてなされ,さらにはマスコミを 通 じ た 世 論 の 動 きによって 測 られ, 医 療 関 係 者 をはじめとする 現 場 の 方 々の 声 によって 伝 えられ, 地 方 自 治 体 の 検 査 相 談 件 数 の 実 績 として 現 れる. 今 回 のライブは, 公 費 を 投 じて 事 業 を 実 施 する 行 政 が 関 わることで,エンターテイメントの 枠 を 超 えて 大 きな 社 会 性 を 帯 び,その 運 営 には 今 回 ご 紹 介 できない 部 分 も 含 めて 様 々な 制 約 や 障 害 が 伴 った.しかし, 国 民 を HIV 感 染 か ら 守 り 陽 性 者 を 差 別 や 偏 見 から 守 る 責 任 が 行 政 にある 以 上,より 効 果 的 な 政 策 を 模 索 し, できることを,できる 範 囲 で,あきらめないで! その 政 策 を 実 現 させていくた めに 前 進 する 以 外 に 何 ら 近 道 は 存 在 しない. 私 は,RED RIBBON LIVE がわが 国 の 世 界 エイズデー の 象 徴 として,また, 生 まれ 来 る 子 どもたちのために 将 来 を 憂 う 人 たちの 立 場 を 超 えた 本 気 の 結 晶 として,これから も 真 冬 の 空 の 下 で 人 々の 心 を 赤 く 染 め 上 げる 奇 跡 であり 続

7 橋 本 康 昭 263 けることを 願 ってやまない. 6 おわりに PPP(パブリック プライベート パートナーシップ) という 考 え 方 がある. 行 財 政 運 営 の 制 度 論 であるが,その 底 流 にある 理 念 は, 官 民 の 対 等 な 協 働 関 係 の 下 で,できる ことをできる 範 囲 で 分 担 し 合 いながら 効 率 的 に 社 会 的 資 源 を 活 用 していくことであり,その 恩 恵 を 受 けるべき 対 象 は, 納 税 者 たる 国 民 や 住 民 であり, 消 費 者 である. 今 や 行 政 には 成 果 主 義 や 顧 客 主 義 に 基 づく 戦 略 的 経 営 が 求 められ, 民 間 企 業 は 社 会 的 責 任 の 遂 行 なくしては 市 場 の 信 頼 を 勝 ち 得 ることができなくなった.つまり,もはや 官 ( 公 )か 民 かではなく, 資 源 配 分 の 最 適 化 に 向 けて 両 者 の 連 携 のかたちをいかに 確 立 していくか, 更 に 言 えばそれぞ れの 組 織 を 構 成 する 人 が,いかに 国 民 本 位, 消 費 者 本 位 の 認 識 を 共 有 し 理 解 を 深 め 合 っていくかが 重 要 であり, それは 永 続 的 な 社 会 を 築 くために 私 たちが 解 決 すべき 命 題 でもある. 本 当 に 小 さな 一 歩 かもしれないが,2006 年 の 世 界 エイ ズデーイベントは,その 認 識 共 有 と 相 互 理 解 を 最 後 まで 貫 いて 具 現 化 されたものであったと 確 信 している. 最 後 にあらためて,イベントの 実 現 にご 尽 力 くださった 山 本 シュウさん,たくさんの 出 演 者 の 皆 様,アミューズを 始 めとするライブスタッフの 皆 様,Yahoo! JAPAN の 皆 様, 松 竹 芸 能 の 皆 様,ACC ほか 医 療 関 係 者 の 皆 様 や 多 く の NGO,ボランティアの 皆 様, 今 回 寄 稿 の 機 会 を 与 えて くださった 国 立 保 健 医 療 科 学 院 の 皆 様,そして,2006 年 の 1 年 間 を 通 じて 数 々の 得 がたい 貴 重 な 経 験 をさせてい ただいた 厚 生 労 働 省 に,この 場 をお 借 りして 心 から 感 謝 を 申 し 上 げたい. ( 参 考 ) 山 本 シュウ 1964 年 大 阪 府 門 真 市 出 身.アミューズ 所 属.ニックネー ムはレモンさん. 主 にラジオ 番 組 の DJ や,テレビ 番 組 の 司 会 などで 登 場.また, 毎 日 小 学 生 新 聞 や, 教 育 技 術 の 本 な ど で コ ラ ム を 執 筆. 現 在 は FM-FUJI SATURDAY STORM FM 大 阪 SHOO POWER REQUEST SHOO POWER CAMP の DJ や, 日 本 テ レ ビ 系 全 国 ネ ッ ト カートゥン KAT-TUN のナレーションを 担 当. 山 梨 英 和 大 学 や 大 阪 大 学 での 講 師 なども 務 める.PTA 活 動 のド キュメントとコラムをまとめた レモンさんの PTA 爆 談 が 小 学 館 から 発 売 され 話 題 となっている.

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

様式1

様式1 岩 手 県 エイズ 対 策 推 進 プラン 平 成 26 年 2 月 岩 手 県 目 次 1 推 進 プランの 基 本 的 考 え 方 1 2 HIV 感 染 者 及 びエイズ 患 者 の 現 状 と 本 県 の 課 題 3 3 目 標 及 び 重 点 施 策 15 4 具 体 的 な 取 組 17 5 プランを 推 進 するための 各 実 施 主 体 の 役 割 25 1 推 進 プランの 基 本

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖 吉 崎 復 興 計 画 策 定 と 具 体 化 の 方 途 1 はじめに 昨 年 11 月 19 日 に 本 堂 緊 急 営 繕 工 事 完 了 御 本 尊 御 移 し 法 要 を 執 行 以 来 5 月 の 御 忌 法 要 までに 数 千 人 規 模 のご 参 詣 をお 迎 えできたことは 吉 崎 復 興 のスタートを 切 るに 相 応 しい 環 境 確 保 のための 柱 の 一 つを 立 て ることができたと

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 2. 目 的 こ の 業 務 は 越 前 お お の 雇 用 創 造 推 進 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 と い う )が 実 施 す る 実 践

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

<8B408AD68E868169338D863139944E398C8E816A2E786C73>

<8B408AD68E868169338D863139944E398C8E816A2E786C73> 私 ふ 大 切 ひろ 笑 顔 輪 心 輪 安 心 幸 福 温 思 心 ほほ 共 未 来 育 健 医 法 社 団 豊 寿 会 成 9 健 開 迎 関 係 各 位 理 解 温 至 深 感 謝 申 げ 振 返 へ 医 看 常 営 へ 腐 心 連 共 心 身 粉 削 っ 汗 力 培 っ 心 強 想 後 役 割 考 積 極 担 尊 厳 守 維 ざ 力 基 本 根 ざ 社 会 う 環 境 育 更 使 命 考 昨

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 12 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 はる ラ ン まん づつみ 春 RUN 漫 しばたジョギング 大 会 in 加 治 川 桜 堤 得 する 街 のゼミナール まちゼミ 紫 雲 寺 支 所 移 転 しゅんじょう かくいち 講 演 会 市 島

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

Microsoft Word - 20111004『テレビ視聴実態トラッキング調査』1004Fix.doc

Microsoft Word - 20111004『テレビ視聴実態トラッキング調査』1004Fix.doc 報 道 関 係 各 位 ニュースリリース 211 年 月 4 日 ( 東 証 1 部 :コード 4326) テレビ 視 聴 実 態 トラッキング 調 査 レポート 地 デジ 対 応 後 のテレビ 視 聴 は 録 画 して 視 る タイムシフト 視 聴 が 増 加 傾 向 VOD や 有 料 動 画 サイトの 有 料 視 聴 には 消 極 的 で 6 割 以 上 がしたくない BS デジタル 放 送

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再

暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再 広 報 暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再 除 与 訳 男 性 下 女 性 現 在 現 在 そ 他 件 新 規 報 酬 末 万 万 副 万

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc)

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc) S D B(SchoolDataBase)に よ る データ( 教 務 事 務 保 健 ) 処 理 の 一 元 化 宇 部 市 立 黒 石 中 学 校 教 諭 小 柴 成 吾 1 は じ め に S D B (SchoolDataBase) 構 想 の 最 初 の 芽 生 え は お よ そ 1 9 8 0 年 代 前 半 で 第 一 世 代 S D B 1 は 生 徒 氏 名 住 所 定 期 テ

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

国際観光振興促進事業業務委託実施要領(案1)

国際観光振興促進事業業務委託実施要領(案1) 多 言 語 による 観 光 情 報 発 信 事 業 八 代 市 観 光 ポータルサイト 制 作 等 業 務 委 託 仕 様 書 別 紙 1 1 概 要 本 市 に お け る 観 光 ポ ー タ ル サ イ ト を 構 築 し 外 国 語 ( 英 語 中 国 語 ( 簡 体 字 繁 体 字 ) 韓 国 語 ) 観 光 情 報 ペ ー ジ の 機 能 を 構 築 す る と と も に 市 内 観 光

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 我 が 国 においては 少 子 高 齢 化 が 進 展 し 65 歳 以 上 の 高 齢 者 化 率 は 2 0 6 0 年 に は 4 0 % 近 い 水 準 と な る 事 が 推 計 さ れ て おります 本 道 に お い て も 6 5 歳 以 上 の 高 齢 者 人 口 は 2 7 年 1 月 1 日 現 在 で は 1 5 1 万 人 を 超 え

More information

じ 日 厳 状 況 立 ち 対 象 8 歳 口 9 9 第 二 次 ベ ビ ブ マ ピ ク 万 々 減 少 続 万 ピ ク 時 4パ セ 減 少 子 化 行 間 率 5パ セ 5パ セ 急 上 昇 4 8 7 7 へ 48パ セ 増 結 果 間 奪 合 競 争 熾 烈 長 引 不 況 意 識 択 傾 向 強 企 社 集 中 首 都 圏 お よ び 関 西 圏 以 外 地 方 集 ず 経 営 困 難

More information

Taro-学校だより学力調査号.jtd

Taro-学校だより学力調査号.jtd 第 5 号 ( H2 7. 1 1. 1 7 ) 舞 鶴 小 学 校 ま い づ る 発 行 人 大 澤 正 史 本 校 の 学 習 状 況 に つ い て ( 今 年 度 6 年 生 が 実 施 し た 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 ) 今 年 度 の 全 国 学 A1 2007 年 よ り 日 本 全 国 の 小 中 学 校 の 最 高 学 年 ( 小 学 6 年 力 学

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

untitled

untitled Special Feature Part T.U. T.U. Masato Kato Special Feature T.U. Special Feature Column Special Feature 週 刊 ダイヤモド // T.U. 特 集 徹 底 比 較 週 刊 ダイヤモド // Special Feature 留 目 分 身 将 来 実 現 話 口 ご 少 留 目 手 段 分 将 来 げ

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

じ 成 功 必 ず 勘 4 ポ ツ ビ ネ 流 大 切 本 書 手 取 ご ざ 本 運 命 大 変 日 常 活 私 ち 無 意 ち 多 選 択 強 パ 混 み 合 時 列 並 ぶ 初 訪 土 地 食 事 ラ 選 ぶ 夜 番 観 テ ビ 番 組 選 択 論 理 頼 習 慣 身 選 択 正 後 チ ェ ク 5 じ ち 選 択 違 気 違 働 決 断 機 会 増 ば 然 精 度 高 天 才 先 天 鋭 神

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

ソニー幼児教育支援プログラム 2016年度 論文募集要項

ソニー幼児教育支援プログラム 2016年度 論文募集要項 2016 年 度 論 募 集 要 項 求 む 情 熱 のこもった 取 り 組 み 夢 のある 計 画 ソニー 幼 児 教 育 支 援 プログラム 幼 稚 園 保 育 所 認 定 こども 園 への 教 育 助 成 科 学 する 心 を 育 てる 子 どもたちの 豊 かな 感 性 と 創 造 性 の 芽 生 え を 育 んでいくための 保 育 実 践 の 論 を 募 集 します ソニーの 幼 児 教 育

More information

28

28 日 本 赤 十 字 社 27 28 日 本 赤 十 字 社 との 活 動 について 明 治 学 院 が 横 浜 にヘボン 塾 を 開 いてから 150 年 に 当 たる 2013 年 は 赤 十 字 の 歴 史 においても 五 人 委 員 会 が 誕 生 し 赤 十 字 規 約 赤 十 字 の 標 章 が 決 められた 節 目 の 年 でもあった 4 月 5 日 には 日 本 赤 十 字 社 明 治

More information

5 影 響 義 初 背 筋 伸 前 霧 晴 公 益 団 ( 下 ) 圧 倒 嫌 眠 刺 激 漠 葉 爽 快 湧 完 魅 了 登 録 5 在 就 約 半 数 7 万 遠 数 頂 ル 軸 物 壮 組 織 牽 引 取 材 席 員 腑 落 振 返 世 界 ダ 物 名 前 即 答 疑 少 影 響 及 ぼ ダ

5 影 響 義 初 背 筋 伸 前 霧 晴 公 益 団 ( 下 ) 圧 倒 嫌 眠 刺 激 漠 葉 爽 快 湧 完 魅 了 登 録 5 在 就 約 半 数 7 万 遠 数 頂 ル 軸 物 壮 組 織 牽 引 取 材 席 員 腑 落 振 返 世 界 ダ 物 名 前 即 答 疑 少 影 響 及 ぼ ダ MY OPIIO 公 益 団 取 材 / 武 田 宏 文 / 及 川 佐 枝 撮 影 / 木 内 博 4 5 影 響 義 初 背 筋 伸 前 霧 晴 公 益 団 ( 下 ) 圧 倒 嫌 眠 刺 激 漠 葉 爽 快 湧 完 魅 了 登 録 5 在 就 約 半 数 7 万 遠 数 頂 ル 軸 物 壮 組 織 牽 引 取 材 席 員 腑 落 振 返 世 界 ダ 物 名 前 即 答 疑 少 影 響 及 ぼ

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

Taro-【222】H23表紙.jtd

Taro-【222】H23表紙.jtd 律 ま 律 律 律 百 号 ま 左 記 ま 記 経 緯 律 以 麻 原 彰 晃 智 津 夫 教 祖 創 始 者 オ ウ ム 真 教 教 義 広 現 目 主 宰 教 義 従 者 以 付 以 ぞ 号 掲 ず 引 続 継 続 聴 上 後 段 付 以 予 根 拠 令 由 陳 述 先 限 陳 述 機 付 与 陳 述 ど 遂 由 示 効 力 1 加 え 中 計 わ 有 管 土 建 延 べ 箇 箇 ち 備 帳 簿

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月)

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月) 第 11 章 税 務 協 力 体 制 第 1 節 関 係 民 間 団 体 1 日 本 税 理 士 会 連 合 会 (1) 組 織 等 の 状 況 日 本 税 理 士 会 連 合 会 ( 以 下 この 節 において 日 税 連 という )は 原 則 として 国 税 局 ( 沖 縄 国 税 事 務 所 を 含 む 以 下 この 章 において 国 税 局 ( 所 ) という )の 管 轄 区 域 ごとに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63> 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 研 究 平 成 20 年 6 月 政 策 研 究 大 学 院 大 学 目 次 1. 政 策 研 究 科 1-1 政 策 研 究 大 学 院 大 学 政 策 研 究 科 1. 政 策 研 究 科 Ⅰ 政 策 研 究 科 の 研 究 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-3 分 析 項 目 Ⅰ 研 究 活 動 の

More information

~ 声 現 向 ~ 7 産 振 興 施 策 対 要 望 書 提 出 11 7 丸 山 頭 樋 口 馬 場 村 山 副 頭 池 専 訪 問 7 産 振 興 施 策 対 要 望 書 関 口 提 出 意 見 集 約 各 任 下 記 要 望 書 皆 声 集 約 政 施 策 対 提 言 要 望 活 動 1.

~ 声 現 向 ~ 7 産 振 興 施 策 対 要 望 書 提 出 11 7 丸 山 頭 樋 口 馬 場 村 山 副 頭 池 専 訪 問 7 産 振 興 施 策 対 要 望 書 関 口 提 出 意 見 集 約 各 任 下 記 要 望 書 皆 声 集 約 政 施 策 対 提 言 要 望 活 動 1. 1.1 数 :1,37 1 ゼ 1 1 ~1 期 間 得 街 ゼ ゼ 店 師 知 識 情 無 料 教 え 座 専 門 店 裏 ザ 豆 知 識 学 べ 貴 重 ゼ デコショケキ 切 座 駅 : 木 村 屋 98-88 新 潟 県 駅 17 番 TEL5757-5111 FAX575- E-mail info@tokamachi-cci.or.jp URL http:www.tokamachi-cci.or.jp

More information

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 検 討 結 果 報 告 書 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 平 成 26 年 3 月 1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

INFORMATION 公 益 社 団 法 日 鍼 師 会 公 式 サイト マガ 登 録 無 料 毎 月 2 回 予 定 東 洋 医 学 関 ざ 話 題 届 日 鍼 師 会 ホムペ 簡 単 登 録 ぜ 利 用 No.24 2016.3 頃 宿 不 議 ッセ : 貴 久 恵 氏 取 材 終 若 イ タ ビ ュ ア 顔 問 貴 久 恵 事 成 長 番 筆 振 純 真 無 垢 彼 女 紡 話 ふ 幼 日

More information

掲 将 像 然 笑 寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君 戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 --

掲 将 像 然 笑  寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君  戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 -- 標 準 減 村 免 許 盆 環 境 算 己 直 滞 納 康 孫 標 常 欠 努 己 診 越 康 振 存 敬 老 祝 敬 老 祝,,,,, 敬 老 祝 歳 昭 和 米 寿 昭 和 歳 白 寿 歳 密 ュ ニ 拠 点 増 注 緊 率 著 影 響 緊 則 頃 維 持 努 況 オ cc 白 乙 cc 黄 色 甲 cc 従 型 希 望 諸 線 告 皆 移 末 屋 般 執 候 候 案 田 井 砂 宮 馬 己 食

More information

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と 達 人 シ ス テ ム 所 得 税 の 達 人 平 成 26 年 版 東 京 地 方 税 理 士 会 デ ー タ 通 信 協 同 組 合 2015/1/30 もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

ぐ だ 7 05 8 号 識 別 番 号 律 番 号 扱 マ ナ 始 東 久 統 ば 8 東 0 久 敷 建 8 型 貫 完 旧 滝 井 名 称 ば 久 5 丁 番 8 号 春 番 6 号 初 型 貫 6 貫 ゆ ギ ャ プ 構 築 鋭 6 9 7 件 件 7 名 6 扱 国 オ 昨 国 流 題 為

ぐ だ 7 05 8 号 識 別 番 号 律 番 号 扱 マ ナ 始 東 久 統 ば 8 東 0 久 敷 建 8 型 貫 完 旧 滝 井 名 称 ば 久 5 丁 番 8 号 春 番 6 号 初 型 貫 6 貫 ゆ ギ ャ プ 構 築 鋭 6 9 7 件 件 7 名 6 扱 国 オ 昨 国 流 題 為 発 先 局庶課 06-699-78 ホムペ http://www.city.moriguchi.osaka.jp/contents/gikai/menu.html 28 ば 東久統 304完 セミ楽 2 ペ 件 7 ペ 覧 8 ペ ぐ だ 7 05 8 号 識 別 番 号 律 番 号 扱 マ ナ 始 東 久 統 ば 8 東 0 久 敷 建 8 型 貫 完 旧 滝 井 名 称 ば 久 5 丁 番 8

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73>

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73> 資 料 2-5 岩 手 県 地 域 防 災 対 策 見 直 し 素 案 に 係 るパブリック コメント 意 見 件 数 及 び 対 応 状 況 1 意 見 件 数 受 付 方 法 人 数 ( 人 機 ) 意 見 件 数 ( 件 ) 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 郵 便 ( 持 参 を 含 む) 0 0 ファクシミリ 1 2 2 5 1 4 2 7 電

More information

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット)

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット) 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 あなたが 和 歌 山 の 未 来 を 創 る! 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 人 事 委 員 会 事 務 局 和 歌 山 県 PRキャラクター きいちゃん 配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ)

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 紀 要 No.3 2013 1-2 公 共 施 設 の 規 模 に 関 する 評 価 公 共 施 設 の 現 状 について 評 価 した まず 国 立 市 の 人 口 一 人 当 たりの 公 共 施 設 規 模 は 同 規 模 自 治 体 31 市 町 村

東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 紀 要 No.3 2013 1-2 公 共 施 設 の 規 模 に 関 する 評 価 公 共 施 設 の 現 状 について 評 価 した まず 国 立 市 の 人 口 一 人 当 たりの 公 共 施 設 規 模 は 同 規 模 自 治 体 31 市 町 村 事 例 研 究 国 立 市 公 共 施 設 等 のあり 方 に 関 する 研 究 について 1 鶴 園 卓 也 東 洋 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 公 民 連 携 専 攻 国 立 市 公 共 施 設 等 のあり 方 研 究 チーム 序 章 研 究 の 経 緯 と 目 的 本 研 究 は 東 京 都 国 立 市 からの 依 頼 により 同 市 の 公 共 施 設 等 のあり 方 について

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

退職互助だより第138号/第138号

退職互助だより第138号/第138号 部 だ よ 水分補給ヤシノ実 移 動 す ワ ゴ 車 六 溺 考 え せ 勿 論 熱 帯 本 違 う 石 油 文 明 若 連 婦 大 阪 今 回 利 用 社 設 定 コ ロ 若 姿 目 立 列 サ ー フ ィ ボ ー ド 携 帯 笑 顔 農 園 拓 く 居 周 樹 木 繁 せ 水 引 涼 く 啼 戒 キ 社 種 ア 現 ゲ 心 通 共 圧 地 グ 過 存 ヒ 倒 運 サ す つ 的 転 く 道 長

More information

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号 社 A K A S H I A 発 社 岸 美 惠 子 連 絡 先 - 00 東 京 都 区 青 井 -0- 電 話 08988 FAX 089700 印 刷 区 谷 就 労 ニュ 隔 発 催 7 評 午 0 時 時 午 時 0 時 場 階 室 項 空 調 備 改 修 号 算 監 査 号 そ 他 目 評 催 算 熱 心 審 全 原 通 承 認 ハ ウ 0 節 目 迎 続 青 井 ハ ウ 棟 予 永

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 11 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 2 月 5 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 まちの 顔 愛 称 決 定 赤 谷 どんつき 祭 り しばたん 観 光 バス 赤 谷 どんつき 祭 り 見 学 ツアー 月 岡 温 泉 どんど 祭 り たけつね 堀 部 安 兵 衛 武 庸 縁 結 びスイーツ

More information

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 3テーマ Dブロック 中 小 企 業 における 資 金 調 達 について 1 2 30 大 阪 経 済 大 学 樋 口 ゼミナール 野 田 班 1 1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実 施 体 制 について( 想 定 Ⅰ Ⅱ Ⅲ) 3 実 施 のフロー( 概 要 ) ( 省 略 ) Ⅳ 判 定 コーディ

愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実 施 体 制 について( 想 定 Ⅰ Ⅱ Ⅲ) 3 実 施 のフロー( 概 要 ) ( 省 略 ) Ⅳ 判 定 コーディ 愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 判 定 士 用 ) 愛 媛 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 連 絡 協 議 会 平 成 17 年 11 月 愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 フ ォ ガ プ 期 会 開 み ョ コ 箱 秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 多 ビ ネ ソ ふ ざ ハ グ ぶ 多 簡 単 ふ 書 籍 時 代 多 哲

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

環境保全活動と組織マネジメント

環境保全活動と組織マネジメント 環 境 保 全 活 動 と 組 織 マネジメント Environmental Preservation Activity and Organizational Management 拓 殖 大 学 Takushoku University 角 田 光 弘 KAKUTA Mitsuhiro 1. は じ め に 地 球 環 境 保 全 に 対 す る 企 業 や 消 費 者 の 関 心 が か つ て

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N 2013 年 2 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 環 境 教 育 フ ォ ー ラ ム 外 務 省 主 催 セ ミ ナ ー 平 成 24 年 度 NGO 研 究 会 国 際 協 力 NGO の フ ァ ン ド レ イ ジ ン グ ~ 資 金 調 達 の 真 髄 を 探 る!~ 1. 日 時 : 2013 年 2 月 1 日 12 時 00 分 ~ 17 時 00 分 2. 場 所 : TKP

More information

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

目 次 Ⅰ.メインテーマと 宣 言 事 項 の 実 践 -------------------------------------------- 1 Ⅱ. 全 国 的 な 取 り 組 みの 重 点 --------------------------------------------------

目 次 Ⅰ.メインテーマと 宣 言 事 項 の 実 践 -------------------------------------------- 1 Ⅱ. 全 国 的 な 取 り 組 みの 重 点 -------------------------------------------------- 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 全 国 老 人 クラブ 連 合 会 目 次 Ⅰ.メインテーマと 宣 言 事 項 の 実 践 -------------------------------------------- 1 Ⅱ. 全 国 的 な 取 り 組 みの 重 点 --------------------------------------------------

More information

がん専門病院における薬剤師養成のあり方に関する調査研究

がん専門病院における薬剤師養成のあり方に関する調査研究 平 成 27 年 度 HIV 感 染 症 薬 物 療 法 認 定 薬 剤 師 養 成 研 修 実 施 要 綱 1. 基 本 的 事 項 (1) 研 修 の 目 的 本 研 修 は HIV 感 染 症 の 薬 物 療 法 に 必 要 な 高 度 な 知 識 技 能 情 報 の 収 集 評 価 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ス キ ル 臨 床 経 験 を 修 得 さ せ 各 地 域 に お い て

More information