学園だより128号.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "学園だより128号.indd"

Transcription

1 Vol.128 ( ) 就 職 2~6 最 新 シューカツ 事 情 2016 年 卒 ( 現 3 年 生 M1 学 生 )の 就 職 活 動 時 期 が 変 わります 採 用 内 定 者 の 声 就 職 支 援 室 から 学 生 保 護 者 の 皆 様 へ ピア サポート 7 ピア サポーターから 研 究 室 だより 8~9 情 報 システム 工 学 科 医 療 情 報 医 用 画 像 工 学 研 究 室 プログラミングコンテストに 挑 戦 中 のチーム LGY+α 留 学 10~11 留 学 研 修 体 験 記 異 文 化 交 流 してみよう! 教 員 紹 介 12~13 新 任 教 員 紹 介 電 気 電 子 工 学 科 教 授 黒 河 賢 二 電 気 電 子 工 学 科 助 教 酒 井 大 輔 トピックス 14~16 第 52 回 北 見 工 業 大 学 大 学 祭 奨 学 奨 励 賞 授 与 式 父 母 懇 談 会 各 体 育 大 会 サークル 紹 介 17 カーリング 部 奇 術 部 お 知 らせ 18~21 保 健 管 理 センターから 北 見 工 大 生 協 から 水 抜 きの5 原 則 学 事 日 程 22 北 見 工 業 大 学 KITAMI INSTITUTE OF TECHNOLOGY

2 最 新 シューカツ 事 情 2016 年 卒 ( 現 3 年 生 M1 学 生 )から 就 職 問 題 懇 談 会 の 申 合 せにより 就 職 活 動 時 期 が 後 ろ 倒 しになることは 周 知 の とおりです 企 業 の 広 報 活 動 の 開 始 時 期 を 大 学 3 年 生 の12 月 から 翌 年 3 月 へ 選 考 は4 年 生 の8 月 へと 開 始 が 遅 くなりま す とは 言 っても 後 ろ 倒 し という 言 葉 に 惑 わされず これまでの4 年 生 と 同 様 に 自 己 分 析 や 業 界 企 業 研 究 を 怠 らず 絶 えずアンテナを 張 り 巡 らせ 準 備 を 進 めましょう! 変 更 前 ( 現 4 年 生 M 2 ) 変 更 後 ( 現 3 年 生 M 1 ) 3 年 次 4 年 次 7 月 12 月 4 月 10 月 インタ ー ンシップ 自 己 分 析 業 界 研 究 インタ ー ンシップ 自 己 分 析 業 界 研 究 広 報 活 動 解 禁 ( 企 業 説 明 会 など) 学 内 合 同 企 業 研 究 セミナー 企 業 へのエントリー 3か 月 後 に! 選 考 活 動 解 禁 ( 試 験 面 接 など) 3 月 8 月 広 報 活 動 解 禁 ( 企 業 説 明 会 など) 学 内 合 同 企 業 研 究 セミナー 4か 月 後 に! 企 業 へのエントリー 内 定 選 考 活 動 解 禁 ( 試 験 面 接 など) 内 定 後 ろ 倒 し という 言 葉 で じゃあ3 年 生 の3 月 まで 何 もしなくていいんだな とのんびり 構 えていると 完 全 に 出 遅 れてしまいます では 何 から 始 めればよいでしょう? 第 一 に 自 己 分 析 や 業 界 研 究 をしっかり 行 い 企 業 のインターンシップに 参 加 するのがお 勧 め インターンシップは 企 業 風 土 や 現 場 の 空 気 を 肌 で 実 感 できるだけでなく 自 分 の 得 手 不 得 手 の 再 認 識 や 就 職 へのモチベーションアップのきっ かけになります 並 行 して 志 望 企 業 のOBの 話 を 聞 くというのも 有 効 な 手 段 です 第 二 には 大 学 主 催 の 就 職 支 援 行 事 に 必 ず 出 席 して 情 報 を 収 集 することです 常 に 就 職 への 意 識 と 行 動 が 伴 っていれば きっとあなたにも 内 定 の 吉 報 が 届 くはず!がんばれ シューカツ 生! 今 後 の 就 職 支 援 行 事 ( 日 程 内 容 は 変 更 することがあります) H26 年 10 月 24 日 ( 金 ) 第 3 回 就 職 ガイダンス エントリーシート 対 策 講 座 Part1 11 月 7 日 ( 金 ) 第 4 回 就 職 ガイダンス エントリーシート 対 策 講 座 Part2 11 月 21 日 ( 金 ) 第 5 回 就 職 ガイダンス 履 歴 書 作 成 講 座 12 月 中 SPI 模 擬 試 験 H27 年 1 月 23 日 ( 金 ) 第 7 回 就 職 ガイダンス 実 践 面 接 対 策 2 月 6 日 ( 金 ) 第 8 回 就 職 ガイダンス ブラック 企 業 の 見 分 け 方 ( 仮 ) 12 月 2 日 ( 金 ) 女 性 のための 就 職 ガイダンス 3 月 3 日 ( 火 ),4 日 ( 水 ),5 日 ( 木 ),6 日 ( 金 ),9 日 ( 月 ),10 日 ( 火 ) 12 月 5 日 ( 金 ) 第 6 回 就 職 ガイダンス SPI 対 策 講 座 スーツ 着 こなしセミナー 合 同 企 業 研 究 セミナー(OB OGの 在 籍 企 業 教 員 が 選 んだ 優 良 企 業 等 180 社 参 加 予 定 ) 2 Vol.128 学 園 便 り

3 就 採 用 内 定 者 の 声 職 1 所 属 : 機 械 工 学 専 攻 / 業 種 :プラスチック 製 品 製 造 業 会 社 選 びや 選 考 で 意 識 したことは? 人 々の 生 活 に 役 立 つモノづくりがしたいと 考 えていました 内 定 をいただいた 企 業 では 飲 料 コップや 食 品 容 器 を 製 造 しているので 人 々の 生 活 を 支 えるモノづくりが 出 来 ると 考 えて 会 社 を 選 びました 面 接 試 験 を 受 けるにあたっての 対 策 や 心 構 えについて 教 えてください 私 が 受 けた 会 社 は 人 物 重 視 の 会 社 だったので 企 業 研 究 と 自 己 分 析 を 重 点 的 に 行 いました また 就 職 支 援 室 に 過 去 の 先 輩 方 の 報 告 書 があるのでそちらも 参 考 にすると 良 いでしょう 就 職 での 失 敗 談 を 教 えてください 一 回 目 に 本 命 の 会 社 を 受 け 緊 張 してしまい 練 習 の 成 果 が 全 然 生 かせなかったです まず 本 命 の 会 社 を 受 ける 前 にほかの 会 社 の 面 接 で 雰 囲 気 をつかんでおくと 良 いでしょう 就 職 活 動 にかかった 期 間 金 額 を 教 えてください 期 間 :およそ3 月 7 月 推 薦 応 募 だと1 社 の 選 考 期 間 がおよそ1か 月 程 度 です 金 額 :10 万 円 程 度 推 薦 応 募 の 企 業 でも 最 初 の 面 接 は 交 通 費 を 支 給 しない 会 社 もあります 後 輩 へのメッセージ 自 己 分 析 と 企 業 研 究 は 早 めにじっくりやった 方 がいいでしょう 企 業 選 びの 参 考 や 面 接 対 策 になります 面 接 の 練 習 をたくさん 行 い 本 番 では 自 信 を 持 って 面 接 に 挑 みましょう 2 所 属 : 社 会 環 境 工 学 科 / 業 種 : 地 方 公 務 会 社 選 びや 選 考 で 意 識 したことは? 私 は 会 社 選 びで 大 学 で 学 んだことが 活 かせる 仕 事 福 利 厚 生 給 与 休 日 などのことを 意 識 しました そ の 中 で 公 務 員 という 職 種 は 私 の 求 めていた 条 件 に 一 番 合 っていると 思 い 選 びました 面 接 試 験 を 受 けるにあたっての 対 策 や 心 構 えについて 教 えてください 何 よりもまず 明 るく 元 気 に 振 る 舞 うことが 大 切 です また 面 接 先 について 下 調 べしておくといいと 思 います 時 事 や 専 門 用 語 について 問 われることがあるので 面 接 先 に 関 わりそうなニュースや 言 葉 はチェッ クしておきましょう 就 職 活 動 での 失 敗 談 を 教 えてください 私 は 公 務 員 試 験 を7つ 受 けたのですが 多 く 受 け 過 ぎたため 二 次 試 験 の 日 程 が 被 り いくつか 辞 退 するこ とになりました 公 務 員 試 験 を 受 ける 方 は 3つくらい 受 けるのがちょうどいいと 思 います 就 職 活 動 にかかった 期 間 金 額 を 教 えてください 私 の 場 合 公 務 員 試 験 の 勉 強 期 間 を 合 わせると 約 1 年 かかり ました また 道 外 での 就 活 でしたので 交 通 費 宿 泊 費 等 を 合 わせると 約 30 万 使 いました 後 輩 へのメッセージ 公 務 員 は 準 備 期 間 も 長 く 採 用 される 時 期 も 遅 いです そのた め 絶 対 に 公 務 員 になるんだ! という 強 い 気 持 ちを 持 つこ とが 大 事 です あきらめなければ 絶 対 になれるので 最 後 まで 頑 張 ってください Vol.128 学 園 便 り 3

4 就 職 採 用 内 定 者 の 声 3 所 属 : 電 気 電 子 工 学 専 攻 / 業 種 : 電 気 機 械 器 具 製 造 業 会 社 選 びや 選 考 で 意 識 したことは? 会 社 選 びは 自 分 のやりたいことを 明 確 にしました 私 はそれが 軸 となり 会 社 選 びには 苦 労 しませんでし た また 選 考 の 際 に 実 際 に 働 いている 人 とお 会 いして この 人 と 働 きたいと 思 ったところ 自 然 と 志 望 度 も 上 がりました 面 接 試 験 を 受 けるにあたっての 対 策 や 心 構 えについて 教 えてください 気 をつけていたことは ごくごく 当 たり 前 で 元 気 に 挨 拶 をすること 笑 顔 で 受 け 答 えすること 相 手 の 目 を 見 て 誠 意 を 持 って 話 をすることを 意 識 していました あとは 面 接 は 必 ず 緊 張 するので 自 分 を 大 きく 見 せようとしないようにするといいと 思 います 就 職 活 動 での 失 敗 談 を 教 えてください 研 究 が 忙 しく SPI 等 の 筆 記 試 験 の 対 策 があまりできなかったことは 悔 いが 残 っています 大 学 院 生 は 特 に 研 究 に 追 われて 対 策 が 遅 れがちになると 思 います 1 日 10 分 でもいいので 早 め 対 策 をおすすめします 就 職 活 動 にかかった 期 間 金 額 を 教 えてください 就 職 活 動 の 期 間 :3 月 上 旬 から4 月 下 旬 まで( 説 明 会 は12 月 から 参 加 ) 就 職 活 動 にかかった 金 額 : 約 20 万 円 後 輩 へのメッセージ ひとりの 力 で 就 職 活 動 を 成 功 させることは 非 常 に 難 しいと 感 じます 私 は 両 親 や 先 生 さらには 先 輩 や 友 達 など 数 多 くの 人 に 助 けてもらいながら 内 定 を 得 ることができました これから 就 職 活 動 を 行 うみなさ んも 周 りをよく 見 て 協 力 してくれる 人 達 を 見 つけてほしいと 思 います そして その 人 達 への 感 謝 の 気 持 ちを 忘 れなければ 必 ずいい 結 果 が 残 せると 信 じています 4 所 属 : 情 報 システム 工 学 科 / 業 種 : 情 報 サービス 業 会 社 選 びや 選 考 で 意 識 したことは? 私 が 会 社 選 びの 時 に 意 識 したのはその 会 社 の 社 風 に 自 分 が 合 っているかという 事 です またその 業 界 や 会 社 に 興 味 を 持 ち 十 分 に 調 べて 知 識 を 豊 富 にしておくことが 必 要 だと 思 います 面 接 試 験 を 受 けるにあたっての 対 策 や 心 構 えについて 教 えてください 普 段 の 自 分 を 見 てもらうつもりで 特 別 な 対 策 は 準 備 しませんでした ただし 面 接 試 験 の 経 験 を 通 して 雰 囲 気 に 慣 れることと 良 くない 点 を 改 善 していこうとは 考 えていました 面 接 試 験 では 面 接 官 に 自 分 の 気 持 ちを 一 所 懸 命 に 伝 えることを 意 識 して 臨 みました 就 職 活 動 での 失 敗 談 を 教 えてください 私 は 沢 山 の 説 明 会 や 企 業 の 選 考 会 を 集 中 して 受 けていました しかし 時 間 調 整 が 難 しく 参 加 したかった 説 明 会 をキャンセルしたこともありました 無 理 がないようにスケジュール 調 整 する 事 の 大 切 さを 身 をもっ て 体 感 しました 就 職 活 動 にかかった 期 間 金 額 を 教 えてください 期 間 は12 月 1 日 から5 月 のゴールデンウイーク 前 までです しかし 本 格 的 に 活 動 していたのは 春 休 み 期 間 からゴールデンウイーク 前 までの2ヶ 月 から3ヶ 月 くらいです 短 期 集 中 でした 金 額 ははっきりとは 覚 えていませんが 10 万 円 から20 万 円 くらいだと 思 います その 中 で 一 番 金 額 がかか ったのは 交 通 費 です 後 輩 へのメッセージ 就 職 活 動 期 間 は 自 分 の 人 生 を 決 める 大 切 な 期 間 ですが 気 負 いすぎず ありのままの 自 分 でいる 事 が 大 切 だと 思 いました 事 前 に 企 業 研 究 と 業 界 研 究 を 進 めておくことも 必 要 だと 思 います 皆 さん 頑 張 ってください 4 Vol.128 学 園 便 り

5 就 採 用 内 定 者 の 声 職 5 所 属 :バイオ 環 境 化 学 専 攻 / 業 種 : 医 薬 品 製 造 業 会 社 選 びや 選 考 で 意 識 したことは? 自 分 のやりたい 事 や 自 分 の 強 みを 生 かせる 職 業 は 何 か 考 えを 定 めてから 就 職 活 動 を 始 めました 興 味 を 持 った 企 業 のイベントには 積 極 的 に 参 加 し 選 考 の 際 の 話 題 に 活 用 していました 面 接 試 験 を 受 けるにあたっての 対 策 や 心 構 えについて 教 えてください 原 稿 を 暗 記 せずに 自 分 が 相 手 の 企 業 に 伝 えたいことを 面 接 前 に 確 認 し 面 接 に 臨 んでいました 姿 勢 をよ くする 事 会 話 の 内 容 によっては 笑 顔 で 楽 しむ 事 を 意 識 することで 自 信 をもって 発 言 できていたと 思 います 就 職 活 動 での 失 敗 談 を 教 えてください 第 一 志 望 を 定 めた 企 業 の 選 考 で 落 ちてしまった 時 に 気 持 ちの 切 り 替 えが 上 手 くできなく 落 ち 込 んでいた ことがありました しかし 同 じように 就 職 活 動 をしている 友 人 に 話 を 聞 いてもらい 気 持 ちを 切 り 替 えるこ とができました 就 職 活 動 にかかった 期 間 金 額 を 教 えてください 12 月 に 就 職 セミナーや 合 同 説 明 会 には 参 加 していましたが 本 格 的 に 活 動 を 始 めたのは3 月 からでした 東 京 を 拠 点 として2 回 3か 月 間 ルームシェアをしていたので 約 20 万 かかりました 後 輩 へのメッセージ 就 職 活 動 をする 中 で 実 感 したことは 同 じように 就 職 活 動 をしている 仲 間 の 大 切 さでした 自 己 PRを 考 える 時 にも 就 職 活 動 が 行 き 詰 まった 時 にも 頼 れる 仲 間 がいたからこそ 頑 張 りきれたと 思 っています 就 職 活 動 は 一 人 の 戦 いですが 困 ったときは 仲 間 に 頼 ってみてください 6 所 属 :マテリアル 工 学 科 / 業 種 : 食 料 品 製 造 業 会 社 選 びや 選 考 で 意 識 したことは? 私 は 道 外 出 身 者 ですが 北 海 道 に 残 りたく 道 内 に 地 盤 を 置 く 企 業 を 選 び その 中 から 自 分 が 何 をしたい のか をポイントにして 企 業 を 選 びました 面 接 試 験 を 受 けるにあたっての 対 策 や 心 構 えについて 教 えてください 大 学 に 来 たハローワークの 職 員 の 方 に 面 接 指 導 を 何 度 もしていただきました 面 接 が 一 番 大 事 なので 模 擬 面 接 等 の 練 習 は 必 ずやるべきであり 時 間 に 余 裕 がある 時 に 自 問 自 答 して 回 答 を 考 えておく 事 が 大 事 だと 思 います 色 々なパターンを 準 備 しておけば 不 意 を 衝 く 質 問 にも 答 えられると 思 います 就 職 活 動 での 失 敗 談 を 教 えてください 面 接 当 日 に 夜 行 バスで 試 験 に 臨 んでいたため まぶたや 顔 がむくんだり 腫 れぼったくなってしまったこ とです 就 職 活 動 にかかった 期 間 金 額 を 教 えてください 今 年 の3 月 から 始 め 内 定 が 出 たのが6 月 なので4ヶ 月 弱 ぐらいです 費 用 は 札 幌 の 企 業 2 社 で4 万 弱 ほどでした 後 輩 へのメッセージ 就 活 に 対 して 特 に 身 構 えることはないですが 甘 く 見 ないほうが 良 いと 思 います 希 望 の 企 業 に 行 きた いのなら しっかりとした 準 備 は 必 要 です また 今 の 時 代 サークル アルバイトをやっている 学 生 がほと んどで 海 外 旅 行 の 話 を 面 接 に 出 してくる 人 が 多 いので 他 と 差 別 化 したいのなら それなりの 経 験 であっ たり 話 のネタとなるものが 必 要 だと 思 います 時 間 のある 今 のうちに 色 々なことに 挑 戦 しておくと 就 活 が 有 利 になるのではないかと 思 います Vol.128 学 園 便 り 5

6 就 職 就 職 支 援 室 から 学 生 保 護 者 の 皆 様 へ 皆 さんが 日 頃 就 職 活 動 について 感 じているだろう 疑 問 点 と 保 護 者 の 皆 様 へ 向 けたアドバ イスを 本 学 就 職 支 援 室 長 に 伺 いました 就 職 支 援 室 長 菅 野 亨 (バイオ 環 境 化 学 科 准 教 授 ) 新 聞 やテレビ 報 道 等 では 景 気 回 復 により 大 学 生 の 求 人 倍 率 は 上 向 きの 傾 向 があるようですが 実 際 のと ころはどのように 感 じていますか? 民 間 機 関 の 調 査 によると 2015 年 3 月 卒 業 予 定 の 全 国 大 学 生 大 学 院 生 対 象 の 大 卒 求 人 倍 率 ( 求 人 総 数 / 民 間 企 業 就 職 希 望 者 数 )は1.61 倍 と 昨 年 度 の1.28 倍 より 大 きく 上 昇 しており いわゆるアベノミクス 効 果 が 見 られるようです ただしこの 数 値 は リーマンショックの 次 年 度 (2010 年 3 月 卒 )の1.62 倍 とほぼ 同 じ 水 準 です さらに 業 種 や 従 業 員 数 の 規 模 によって 大 きく 異 なっていますので 今 後 の 経 済 状 況 の 推 移 を 注 意 深 く 見 守 る 必 要 があります 現 在 の 就 職 内 定 率 はどうでしょうか? 2014 年 3 月 31 日 における 民 間 及 び 公 務 員 を 合 わせた 本 学 の 就 職 決 定 率 は 学 部 生 は95.2%( 前 年 度 94.7%) 大 学 院 博 士 前 期 課 程 ( 修 士 ) 学 生 は97.4%( 同 97.4%)と 前 年 度 並 みでした 2014 年 10 月 1 日 現 在 の 内 定 率 に 関 しては 明 確 な 数 値 は 把 握 しきれていない 状 況 ですが 学 科 によるばらつきが 見 られるものの 昨 年 度 より 上 がっていると 思 われます 3 年 生 は 就 職 についてまだあまり 知 識 がないと 思 います 北 見 工 大 の 就 職 支 援 の 体 制 について 教 えて 下 さい 本 学 には 各 学 科 に 就 職 担 当 教 員 がおり 個 別 の 就 職 指 導 を 行 っています 卒 業 までの 約 1 年 半 個 別 面 談 就 職 相 談 や 企 業 への 推 薦 などを 通 じて 学 生 がより 良 い 就 職 ができるよう 支 援 してまいりますので 気 軽 に 相 談 してほしいと 思 います また 学 生 支 援 課 の 就 職 支 援 担 当 の 職 員 や 就 職 支 援 室 担 当 教 員 に 加 え ハローワーク ジョブカフェ 職 員 による 就 職 相 談 支 援 も 行 っています このような 支 援 体 制 を 有 効 に 活 用 して 自 分 のキ ャリア 形 成 に 活 かしてほしいと 思 います 2016 年 4 月 採 用 ( 現 3 年 生 M1 学 生 )から 就 職 活 動 時 期 が 後 ろ 倒 しになるに 伴 い これから 就 職 活 動 を 始 める 学 生 が 気 をつけなければいけないことは 何 ですか? 前 年 度 までは 12 月 就 職 活 動 解 禁 4 月 選 考 開 始 というスケジュールでしたが 現 3 年 生 M1 学 生 の 皆 さんからは3 月 就 職 活 動 解 禁 8 月 選 考 開 始 となります この 変 更 に 合 わせ 12 月 から2 月 の3か 月 間 に 計 5 回 開 催 されていた 本 学 の 合 同 企 業 研 究 セミナーは 3 月 に 集 中 して 開 催 されます 3か 月 の 後 ろ 倒 しとい うことになりますが 決 して 安 心 せず 常 日 頃 より 多 くの 情 報 を 収 集 し 可 能 な 限 り 早 く 自 分 の 進 路 を 明 確 に 定 めることが 重 要 であると 思 います << 保 護 者 の 皆 様 へ>> お 子 様 は 卒 業 論 文 あるいは 修 士 論 文 研 究 と 就 職 活 動 を 並 行 して 行 わなければならず 心 身 ともに 非 常 に ハードな 状 況 になります 自 信 を 失 ってやる 気 をなくしたり 時 には 自 暴 自 棄 になることもあるかと 存 じ ます 私 ども 就 職 支 援 室 員 もお 子 様 のメンタル 面 には 極 力 配 慮 いたしますが 保 護 者 の 皆 様 におかれまし ても 良 き 相 談 相 手 となり 温 かく 見 守 ってくださるようお 願 い 申 し 上 げます 6 Vol.128 学 園 便 り

7 ピアサポーターとは ピア サポーターから マテリアル 工 学 科 2 年 原 田 匠 ピアサポーターを 初 めてこの 記 事 で 知 ったという 方 も 多 いと 思 います ピアサポーターは 文 字 通 り 仲 間 を 助 ける 者 です ここで 言 っている 仲 間 とは 大 学 生 だけではなく 地 域 の 住 民 の 方 々も 含 んでいます ピ ア サ ポ ー ト 私 たちはこの 大 きな 括 りの 中 で 活 動 していて 現 在 では 全 国 の 大 学 に 広 がっている 組 織 になります 定 義 があまりはっきりとしていないので それぞれの 大 学 でやっている 活 動 は 少 しずつ 異 なりますが その 多 くが 相 談 室 のような 役 割 を 担 っています 北 見 工 業 大 学 のピアサポーターは 北 見 工 業 大 学 図 書 館 の 一 角 にあるピアサポートルームを 拠 点 にし て 履 修 相 談 道 案 内 小 学 生 サポートなどを 行 っています 現 在 私 たちの 活 動 の 中 心 となりつつあるのが 俺 とお 前 の 人 生 相 談 box です こちらは 投 稿 型 の 相 談 システムで 相 談 内 容 は 様 々です 恋 愛 相 談 のような 真 面 目 な 相 談 からゲームの 攻 略 法 のような 些 細 な 相 談 事 まで 様 々な 相 談 を 受 けています また 北 見 工 業 大 学 のピアサポーターは 組 織 ではありま すが メンバーは 様 々な 人 がいます そのため アルバイトのこと 趣 味 のこと サークルのことなど 様 々 なことを 相 談 できます 私 事 になってしまいますが 私 は 高 校 時 代 相 談 室 を 利 用 していたことがありました しかし 重 た い 問 題 を 抱 えていたわけではなく 生 活 の 中 で 生 まれた 些 細 な 相 談 事 を 相 談 しに 行 ったり 相 談 内 容 が なくとも 精 神 の 休 憩 場 所 として 利 用 してました ピアサポーターは 相 談 室 とは 少 し 違 いますが このように 気 軽 に 利 用 して 頂 きたいと 私 は 考 えています 今 後 皆 様 に 安 心 して 気 軽 にピアサポートルームを 利 用 できるような 環 境 づくりを 行 っていこうと 思 っています 是 非 ピアサポートルームに 来 てください Vol.128 学 園 便 り 7

8 情 報 システム 工 学 科 医 療 情 報 医 用 画 像 工 学 研 究 室 医 用 画 像 工 学 研 究 では,X 線 CT(Computed Tomography) 画 像 の 処 理 として, 図 の 左 側 に 示 しましたよ うに, 市 中 病 院 で 撮 影 されたCT 像 を 使 ってこれまで 見 たこともなかったような3 次 元 構 築 を 行 ったり, 生 体 内 金 属 によるアーチファクトの 軽 減 に 統 計 的 画 像 再 構 成 法 の 応 用 で 取 り 組 んだりしています また, 多 様 な 医 用 画 像 表 示 をどのように 動 かすかとの 観 点 から,タッチレス インタフェースに 取 り 組 んでいます ここでは, 視 線 や 手 の 検 出 のアルゴリズムについて 紹 介 します( 図 の 右 側 ) これらの 研 究 成 果 を, 第 99 回 北 米 放 射 線 医 学 会 年 次 大 会 (シカゴ,2013 年 12 月 )で 発 表 している 様 子 を 写 真 で 紹 介 します なお,2014 年 10 月,このような 画 像 処 理 技 術 の 基 本 を 解 説 した 本 画 像 処 理 が 共 立 出 版 より 上 梓 されました 共 著 者 として 早 川 吉 彦 が, 特 徴 抽 出, 画 像 認 識 及 び 画 像 処 理 の 応 用 について 執 筆 しました 医 療 情 報 工 学 研 究 では,ふたつのことに 取 り 組 んできました まず, 北 見 市 医 療 福 祉 情 報 連 携 協 議 会 が 構 築 し た 医 療 と 介 護 の 情 報 共 有 ネットーワーク 北 まるnet は, 救 急 医 療 や 医 薬 の 連 携 を 含 むシステムに 発 展 しよう としています 全 国 的 にも 注 目 される 地 域 連 携 となっています もうひとつ, 医 療 情 報 の 国 際 共 通 規 格 DICOM(ダ イコム)に 新 しい 識 別 タグを 加 える 活 動 も 継 続 しています その 重 要 性 から,2014 年 度 には 日 本 歯 科 医 学 会 のプ ロジェクト 研 究 に 採 択 されました 医 療 用 エックス 線 CT 画 像 の 処 理 タッチレスインタフェース 北 見 赤 十 字 病 院 で 撮 影 されたX 線 CT 像 です. 頸 部 の 石 灰 化 像 に 注 目 しています.このような 新 しい 3 次 元 画 像 表 示 法 を 考 えています. 金 属 修 復 物 補 綴 物 による アーチファクトを 軽 減 する 画 像 処 理 アルゴリズムを 研 究 しています. 直 接 機 器 に 触 れることなくパソコンやスマホなどを 動 かす 方 法. 視 線 ジェスチャー 音 声 脳 波 などが 研 究 されています. 視 線 の 検 出 のアルゴリズム 顔 の 検 出 眼 領 域 の 画 像 を 作 成 黒 目 の 位 置 を 算 出 2 値 画 像 を 作 成 手 の 検 出 のアルゴリズム 現 在 の 画 像 背 景 除 去 2 次 元 スライス 像 肌 色 検 出 及 び 顔 領 域 の 除 去 輪 郭 抽 出 3 次 元 像 X 線 CT 画 像 処 理 とタッチレス インタフェース 第 99 回 北 米 放 射 線 医 学 会 年 次 大 会 における 研 究 成 果 の 発 表 8 Vol.128 学 園 便 り

9 情 報 システム 工 学 科 LGY+α ( 情 報 システム 工 学 科 ) 2014 年 10 月 1 日, チ ー ム LGY+α の7 名 のもとに, プログラミングコンテスト RICOH & Java TM Developer Challenge Plus 2014( devchallenge/)の 一 次 予 選 を 通 過 したという 通 知 が 届 きまし た 4ヶ 月 余 りの 作 品 製 作 がま ず 報 われました チームのメン バーは 情 報 システム 工 学 科 4 年 生 7 名 で,リーダーの 渡 邊 寛 謙 君 ( 写 真 の 右 から3 番 目 )と, 川 村 友 悟 君, 神 成 邦 弘 君, 鈴 川 礼 将 君, 鈴 木 施 哉 君, 長 内 勇 亮 チーム LGY+α 君 および 古 谷 俊 悟 君 です このプログラミングコンテストは,リコー 製 品 サービスを 組 み 入 れて,Javaプラットホーム 上 でビジネス アプリケーションの 発 想 と 開 発 を 競 うものです 直 近 の2 回 の 開 催 には 早 川 吉 彦 研 究 室 の 学 生 を 中 心 に 参 加 して, アイデアと 高 いプログラミング 技 術 力 を 認 められた 先 輩 方 が 連 続 で オラクル 賞 を 受 賞 しています このこと は 大 学 ホームページのキャンパスミニニュース, 北 海 道 新 聞 等 に 掲 載 されています その 後, 先 輩 受 賞 者 たちは, イベント Java Day Tokyo 2013 でのプレゼンテーション 等 の 機 会 を 得 たり, 北 見 市 役 所 のIT 企 業 誘 致 事 業 に 協 力 したりしています 渡 邊 君 と 川 村 君 は2 年 目 の 受 賞 メンバーでしたが, 今 回 は 同 級 生 仲 間 を 誘 って,より 高 い 目 標 つまりグランプ リを 目 指 しています オラクル 賞 の 連 続 受 賞 はJavaの 新 しい 技 術 の 果 敢 な 活 用 が 評 価 されたものでした 今 回 もいいチームワークでこの 実 績 を 超 えようとしています なお, 最 終 選 考 会 は12 月 7 日 ( 日 )に 東 京 お 台 場 の 日 本 科 学 未 来 館 で 行 われます 2012 年 のチーム 2013 年 のチーム Vol.128 学 園 便 り 9

10 留 学 研 修 体 験 記 アラスカ 短 期 交 換 留 学 機 械 工 学 科 3 年 白 鳥 良 子 私 は2013 年 9 月 から 一 年 間 アメリカのアラスカ 州 に 短 期 交 換 留 学 に 行 ってきました いろんな 人 と 出 会 い 話 し 一 生 記 憶 に 残 る 濃 密 な 時 間 をすごせたと 思 います ャンプやカヌーをしたこともありました 同 じ 時 期 に 日 本 からの 英 語 科 の 学 生 も 数 名 留 学 していましたが あまり 接 触 しない 環 境 でもあったし ルームメイト 達 は 英 語 が 堪 能 であったこともあり いつも 楽 しくおしゃべりしているう ちに 英 語 がわかるようになってきたし 常 に 必 要 に 迫 られ た 環 境 にいたので 自 然 と 英 語 が 話 せるようになっていまし た 留 学 Grand Canyon National Park 留 学 を 決 めたのは 留 学 する1 年 も 前 のことでした 私 は 英 語 力 の 向 上 はもちろんのこと 日 常 の 生 活 から 飛 び 出 し て もっと 遠 くに 行 ってみたい 気 持 ちがあり アラスカ 州 のフェアバンクスに 留 学 することを 決 めました 留 学 した ばかりの2 3ヶ 月 は 右 も 左 もわからず 買 い 物 したく てもお 店 もわからず 行 き 方 も 知 らず 英 語 も 聞 き 取 れな かったので 初 めはとにかく 辛 かったです Alaska Road 私 は 学 内 の 学 生 寮 に 住 んでいて 3 人 のルームメイトが いました 2 人 のアメリカ 人 と1 人 のブルガリア 人 留 学 生 です いつも 彼 女 らと 食 事 をしたり 週 末 に 遊 んだり キ Hockey Game 授 業 に 関 しては 実 習 もありましたし 熱 力 学 や 材 料 力 学 など 日 本 とまったく 変 わらない 科 目 を 受 講 していまし た 講 義 での 進 むペースがものすごく 速 く 予 習 復 習 は 欠 かせませんでした ですが 教 授 や 学 生 が 理 解 できなかっ たところなど 熱 心 に 教 えてくださって 留 学 生 活 は 本 当 に 辛 かったし 自 分 を 見 つめ 直 すいい 時 間 でした でも 北 極 圏 に 近 いということもあり 白 夜 極 夜 が 体 験 できたこと 冬 はほぼ 毎 日 オーロラを 観 て 過 ごし たこと 33 の 中 ビキニではしゃいだこと 世 界 中 に 友 達 ができたことなど 思 い 出 はたくさんありますが 一 生 忘 れないと 思 います 留 学 中 にはコロラドやアリゾナにも 行 ってきました 一 人 で 行 った 留 学 でしたが 数 え 切 れな い 友 達 や 知 り 合 いが 出 来 最 後 にはフェアバンクスを 離 れ たくないと 思 うくらい 愛 着 が 湧 いていました 留 学 して 本 当 に 良 かったです Vol.128 学 園 便 り

11 異 文 化 交 流 してみよう! 本 学 には 短 期 留 学 や 語 学 研 修 といった 制 度 があります 生 の 英 語 に 触 れ てみたい 異 文 化 を 体 験 してみたい 語 学 力 をつけたい etc. 海 外 で 学 ぶことに 興 味 のある 方 は 一 度 国 際 交 流 センターに 来 てください 短 期 留 学 について 中 国 韓 国 モ ン ゴ ル 台 湾 フィンランド ポ ーランド バングラデシュ ア メ リ カ パ ナ マ 語 学 研 修 について ドイツ 語 研 修 英 語 研 修 中 国 語 研 修 Vol.128 学 園 便 り 11

12 新 任 教 員 紹 介 電 気 電 子 工 学 科 教 授 黒 河 賢 二 北 見 に 来 てからもうすぐ1 年 1 年 前 の9 月 の 終 わり 僕 は 茨 城 県 の 大 洗 港 を 夕 方 出 航 し 苫 小 牧 に 向 かうフェリーの 中 にいた いよいよ 北 の 大 地 での 新 たな 生 活 が 始 まる 第 2の 人 生 の 始 ま りだ と 緊 張 感 を 伴 った 希 望 に 胸 を 膨 らませて といきたいと ころだが 現 実 は 厳 しく 着 任 翌 日 からスタートする 講 義 の 準 備 も 不 十 分 なまま 不 安 と 疲 労 感 に 包 まれての 出 航 だった とはいうも のの 久 々の 大 好 きな 船 旅 とあってちょっと 心 躍 る 講 義 の 準 備 も あったのでこじんまりとした 個 室 を 予 約 してあったのだが まあ 悪 くない 荷 物 を 置 いてから 食 堂 に 向 かった バイキング 形 式 の 夕 食 をゆっくりいただこうかと 思 っていたのだが 港 を 出 てしばらくす ると ギーッという 音 とともに きれいに 並 べてあるバイキング 料 理 のお 皿 が 滑 り 落 ちてしまうのでないかと 心 配 するほど 大 きく 船 が 傾 いた さすがは 太 平 洋 台 風 以 外 は 湖 のように 静 かな 瀬 戸 内 で 育 った 僕 には やはり 太 平 洋 の 荒 波 は 脅 威 だ 想 像 以 上 の 揺 れのた め とてもじゃないがパソコン 仕 事 はできない あきらめて 沿 岸 の 京 都 ぎをん 小 森 にて 明 かりを 眺 めつつ 床 についた 翌 朝 早 く 起 きてデッキに 出 た 風 が 実 に 心 地 よい デッキから 眺 める 海 と 空 の 景 色 が 大 好 きだ 新 しい 人 生 の 幸 運 を 祈 った 苫 小 牧 からは 雄 大 な 北 海 道 の 風 景 に 目 をまん 丸 くし そして どこまでも 信 号 のない 一 般 道 に 感 激 しつつ 北 見 に 入 った こうして 僕 の 北 見 ライフが 始 まった その 後 は 右 も 左 もわからない 状 態 の 中 無 我 夢 中 でここまで 辿 り 着 いたという 感 じだ なんとかここまで 辿 り 着 けたのは とても 親 切 に 助 けてくださった 周 りの 先 生 方 や 職 員 の 方 々のおかげと とても 柔 軟 で 可 能 性 に 満 ちた 素 敵 な 学 生 のみんなのおかげだ この 秋 ついに 道 東 をドライブした 美 幌 峠 の 絶 景 人 生 2 度 目 の 澄 み 渡 った 摩 周 湖 硫 黄 山 阿 寒 湖 雄 阿 寒 雌 阿 寒 岳 オンネトー 美 しい 大 自 然 に 感 動 楽 しみにしていたアイヌコタンでは アイヌシアター イコ ロ ( 写 真 参 照 )で 古 式 舞 踊 クマ 送 り 儀 礼 を 題 材 にした 人 形 劇 イオマンテの 火 まつりを 観 劇 芸 術 的 身 体 的 能 力 に 優 れた 民 族 と 聞 き 及 んではいたが 実 際 に 間 近 で 体 感 し アイヌ 民 族 の 芸 術 性 と 精 神 性 の 高 さに 深 く 感 動 した このエネルギーに 満 ちた 北 の 大 地 で 自 分 の 後 半 人 生 を 深 めていきたい アイヌシアター イコロ 12 Vol.128 学 園 便 り

13 新 任 教 員 紹 介 電 気 電 子 工 学 科 助 教 酒 井 大 輔 3 度 目 の 北 見 工 業 大 学 私 はこれまでに3 回 北 見 工 大 に 迎 えていただきました 初 めは 学 生 として 2000 年 に 入 学 しました 皆 さんと 同 じ 工 大 生 として 学 生 生 活 を 送 る 中 で 道 東 の 自 然 に 囲 まれ 焼 肉 が 美 味 しく 穏 やかに 時 間 が 過 ぎていくこの 街 と 大 学 が 大 好 きになってい きました 同 期 や 研 究 室 の 仲 間 達 尊 敬 する 先 生 方 と 一 緒 に 全 力 で 遊 び 真 剣 に 研 究 するというメリハリのある 毎 日 にやりがいを 感 じ 自 分 もこの 大 学 の 先 生 になりた いという 目 標 が 出 来 ました それからは 博 士 後 期 課 程 に 進 学 し 研 究 漬 けの 毎 日 を 乗 り 越 えて 博 士 号 を 得 ることが 出 来 ました 2 度 目 に 北 見 工 大 に 訪 れたのは その 数 年 後 非 常 勤 研 究 員 としてでした 実 は 博 士 号 を 取 得 してすぐに 教 員 になれる 人 は 少 なく 多 くは 年 契 約 の 研 究 員 ポスドク として 色 々な 機 関 で 研 究 しながら 就 活 し 続 けるとい う 武 者 修 行 の 期 間 に 入 ります 私 はつくばの 研 究 所 で 研 究 員 を した 後 北 見 工 大 に 戻 ってきました しかし ポスドクとして 北 見 工 大 にいられる 期 間 は 限 られており 息 をつく 間 もなく 北 海 道 大 学 のポスドクに 移 りました そんな 中 研 究 と 共 に 進 めていた 就 活 が 功 を 奏 し 今 年 4 月 から 北 見 工 大 の 教 職 員 になることが 出 来 ました これが3 度 目 の 北 見 工 大 であり 10 年 間 目 指 した 目 標 に 向 けて ようやく 一 歩 進 むことが 出 来 ました 私 の 主 な 研 究 のテーマは 光 と 放 電 を 用 いたナノパターニング です これは 大 学 院 生 時 代 の 実 験 中 に 自 分 で 偶 然 発 見 した 現 象 を 進 化 したものです 例 えば 身 の 回 りにあるガラスは 光 を 透 過 させてしまうから 透 明 に 見 えます ここで 光 と 放 電 によるパ ターニングを 行 うと ある 角 度 でだけキラキラと 光 るホログラム をガラスに 記 録 することが 出 来 ます 透 明 なガラスなのにキラキ ラ 光 るホログラムは 見 た 目 にも 綺 麗 で 面 白 いです! 現 在 は 実 験 環 境 を 整 えながら この 技 術 を 応 用 した 新 しい 研 究 テーマも 模 索 中 です 駆 け 出 しですが 皆 さんと 一 緒 に 成 長 し この 大 学 で 良 かった と 思 ってもらえるような 研 究 教 育 が 出 来 る 先 生 になることが 私 の 目 標 です 研 究 も 遊 びも 全 力 で 挑 んで 楽 しみ 充 実 した 工 大 ライフを 送 りましょう! Vol.128 学 園 便 り 13

14 各 種 行 事 等 第 52 回 北 見 工 業 大 学 大 学 祭 日 時 平 成 26 年 6 月 21 日 ( 土 ) 22 日 ( 日 ) テーマ 例 年 同 様 大 勢 の 市 民 に 来 場 していただくことがで き 大 い に 盛 り 上 が り が 見 ら れ ま し た 2 1 日 に は 奨 学 奨 励 賞 授 与 式 父 母 懇 談 会 ( 北 見 会 場 )が 開 催 され ました ステージ 企 画 オープニング 模 擬 店 PR 表 彰 式 尺 八 コンサート We are ACE!! GRACE ダンスショーケース 合 唱 部 スペンサーとリックス 軽 音 楽 学 祭 ライブ なる'sブル ースバンド 模 擬 店 PR グリーンコンサート ジャグる DJ Live 薄 荷 童 子 ス タ ン プ ラリー 結 果 発 表 BINGO ステージ 外 企 画 写 真 部 総 美 研 会 合 同 展 示 写 真 展 示 模 型 運 転 会 及 び 写 真 展 示 パネル 展 示 およびビデオ 上 映 Ohotech 処 理 研 合 同 展 示 DDIBooks 模 型 展 示 会 ぷよぷよ 大 会 プラネタリウム 国 際 交 流 お 茶 会 フットサル 大 会 3on3 北 見 工 業 大 学 図 書 館 ブックリユース 手 品 来 る?(マジクル) ソフトボール 大 会 学 祭 ライブ 研 究 室 公 開 14 Vol.128 学 園 便 り

15 各 種 行 事 等 平 成 26 年 度 奨 学 奨 励 賞 授 与 式 学 業 の 奨 励 を 目 的 に 設 けられた 奨 学 奨 励 賞 授 与 式 が 6 月 21 日 ( 土 ) 開 催 され 学 業 成 績 人 物 ともに 優 れた 学 部 及 び 大 学 院 の 学 生 24 名 が 受 賞 しました( 写 真 ) 授 与 式 では 大 学 祭 特 設 ステージを 会 場 に 多 くの 来 場 者 が 見 守 る 中 髙 橋 学 長 から 賞 状 と 副 賞 が 一 人 ひとりに 授 与 されました 受 賞 者 は 以 下 のとおりです 学 部 系 1 年 次 学 科 2 年 次 3 年 次 機 械 社 会 環 境 系 高 田 大 慈 機 械 工 学 科 田 村 優 治 安 藤 恭 平 小 笠 原 明 信 社 会 環 境 工 学 科 畠 山 潔 芽 竹 内 友 彦 情 報 電 気 エレクトロニクス 系 岡 田 勉 電 気 電 子 工 学 科 宮 嵜 航 佐 藤 克 彰 栗 山 菜 摘 情 報 システム 工 学 科 下 岡 嘉 隆 神 成 邦 弘 バイオ 環 境 マテリアル 系 山 下 慎 平 バイオ 環 境 化 学 科 山 崎 茜 金 田 一 巌 鈴 木 雄 太 マテリアル 工 学 科 橋 本 和 孝 齊 藤 陽 大 学 院 博 士 前 期 課 程 専 攻 1 年 次 機 械 工 学 専 攻 古 賀 歩 社 会 環 境 工 学 専 攻 畑 中 将 志 電 気 電 子 工 学 専 攻 佐 々 木 大 地 情 報 システム 工 学 専 攻 宮 中 大 バイオ 環 境 化 学 専 攻 推 薦 者 なし マテリアル 工 学 専 攻 岡 田 真 育 大 学 院 博 士 後 期 課 程 専 攻 1 年 次 2 年 次 生 産 基 盤 工 学 専 攻 推 薦 者 なし 推 薦 者 なし 寒 冷 地 環 境 エネルギー 工 学 専 攻 佐 藤 之 信 推 薦 者 なし 医 療 工 学 専 攻 推 薦 者 なし 推 薦 者 なし 平 成 26 年 度 父 母 懇 談 会 ( 春 季 北 見 )を 実 施 本 学 は 父 母 懇 談 会 を 平 成 8 年 度 から 実 施 しており 主 に 保 護 者 からの 修 学 進 学 就 職 相 談 や 大 学 からの メッセージ 発 信 等 の 場 として 位 置 付 けています 開 始 当 初 は 札 幌 北 見 の2カ 所 で 実 施 していましたが 平 成 16 年 の 法 人 化 以 降 道 外 地 区 でも 実 施 してい ます 特 に 道 外 の 会 場 にはその 地 区 の 本 学 同 窓 会 役 員 などの 協 力 を 得 て 最 近 の 就 職 情 報 を 伝 えていただき 大 変 好 評 を 得 ています 今 回 は 春 季 北 見 ( 今 年 度 は 秋 季 の 札 幌 地 区 東 京 地 区 を 含 め3 回 実 施 予 定 )の 実 施 概 要 を 報 告 します 平 成 26 年 6 月 21 日 ( 土 ) 本 学 講 堂 を 全 体 説 明 会 の 会 場 として 172 組 233 人 の 保 護 者 が 参 加 し 実 施 されまし た 全 体 説 明 会 において 髙 橋 学 長 近 藤 学 生 後 援 会 会 長 からの 挨 拶 があった 後 田 村 副 学 長 から 本 学 の 教 育 及 び 就 職 状 況 等 について 説 明 がありま した その 後 各 学 科 専 攻 に 分 かれた 個 別 面 談 では 各 学 科 の 教 員 が 対 応 し 保 護 者 からは 修 学 状 況 就 職 問 題 等 について 質 問 が 出 され 熱 心 にやりとり が 交 わされました 毎 年 恒 例 となっている 大 学 祭 に 併 せた 開 催 によ り 参 加 した 保 護 者 は 研 究 室 公 開 など 他 のイベン 全 体 説 明 会 の 様 子 トも 見 学 できるため 好 評 を 博 しました ト ピ ッ ク ス Vol.128 学 園 便 り 15

16 各 種 行 事 等 第 46 回 東 北 海 道 国 立 三 大 学 体 育 大 会 5 月 24 日 ( 土 ) 25 日 ( 日 )の 両 日 本 学 を 会 場 として 東 北 海 道 国 立 三 大 学 体 育 大 会 ( 通 称 道 三 )が 開 催 されました 道 三 は 道 東 に 立 地 する 本 学 北 海 道 教 育 大 学 釧 路 校 帯 広 畜 産 大 学 の 国 立 三 大 学 の 間 で 毎 年 実 施 されてい ます 総 合 成 績 優 勝 北 海 道 教 育 大 学 釧 路 校 準 優 勝 帯 広 畜 産 大 学 3 位 北 見 工 業 大 学 本 学 の 種 目 別 成 績 バドミントン( 男 )= 優 勝 バドミントン( 女 )=3 位 バスケットボール( 男 )= 準 優 勝 バスケットボール( 女 子 )=3 位 剣 道 は 北 教 大 釧 路 校 が 棄 権 したためオープン 競 技 として 実 施 バスケットボール 部 ( 男 子 ) バドミントン 部 ( 男 子 ) 第 61 回 北 海 道 地 区 大 学 体 育 大 会 第 61 回 北 海 道 地 区 大 学 体 育 大 会 が 下 記 の 日 程 により 本 学 が 当 番 大 学 となって 実 施 されました 本 学 では 陸 上 競 技 ( 東 陵 公 園 陸 上 競 技 場 ) 弓 道 ( 留 辺 蘂 町 弓 道 場 ) バドミントン( 本 学 体 育 館 )を 実 施 しました 日 程 :7 月 4 日 ( 金 ) 7 月 21 日 ( 月 ) 総 合 成 績 男 子 の 部 12 位 (21 大 学 中 ) 女 子 の 部 18 位 (18 大 学 中 ) 弓 道 部 陸 上 競 技 部 ( 男 子 ) バドミントン 部 ( 男 子 ) 第 50 回 全 国 国 立 工 業 大 学 柔 剣 道 大 会 種 目 別 成 績 陸 上 競 技 =9 位 (10 大 学 中 ) 硬 式 野 球 =1 回 戦 敗 退 バスケットボール( 男 子 )=2 回 戦 敗 退 バドミン トン( 男 子 )= 第 3 位 弓 道 ( 男 子 )=4 位 弓 道 ( 女 子 )= 10 位 第 50 回 全 国 国 立 工 業 大 学 柔 剣 道 大 会 が 下 記 の 日 程 により 九 州 工 業 大 学 が 当 番 大 学 となって 開 催 されました 日 程 :8 月 30 日 ( 土 ) 総 合 優 勝 ( 同 点 優 勝 ) 東 京 工 業 大 学 九 州 工 業 大 学 柔 道 ( 団 体 戦 ) 第 3 位 北 見 工 業 大 学 16 Vol.128 学 園 便 り

17 カーリング 部 こんにちは 北 見 工 業 大 学 カーリ ング 部 です カーリング 部 は 常 呂 町 アドヴィッ クスカーリングホールでの 氷 上 練 習 と 火 木 土 曜 日 の 週 三 回 体 育 館 で のトレーニングを 主 に 行 っています 部 員 は 約 40 人 で 全 国 大 会 等 にも 出 場 し 現 役 の 選 手 として 活 躍 していま す また カーリング 部 は 大 学 からの 初 心 者 がほとんどで 初 めてでも 先 輩 が 丁 寧 に 教 えてくれます 私 たちの 活 動 に 興 味 のある 方 は 上 記 の 体 育 館 練 習 に 見 学 に 来 ていただくか カーリング 部 HPに 記 載 されてい るカーリング 部 のメールアドレスまでご 連 絡 ください HP( 検 索 ページで 北 見 工 大 カーリング 部 と 検 索 するか 北 見 工 業 大 学 HP 内 のURLから 閲 覧 できます 奇 術 部 こんにちは 奇 術 部 です 奇 術 部 ではマジック ジャグリング バルーンアートなどのパフォーマンスを 日 々 練 習 しています 練 習 は 毎 週 水 曜 日 土 曜 日 に? 棟 にて 行 っています 練 習 した 成 果 は 学 校 祭 や 校 外 での 施 設 やイベントにてステージ 形 式 で 発 表 しています 部 員 はみんな 大 学 からのスタートなので 初 心 者 の 方 でも 安 心 して 始 められます 新 しいことに 挑 戦 してみたい 人 やパフォーマンスに 興 味 がある 人 はぜひ 来 てください! Vol.128 学 園 便 り 17

18 お 知 ら せ 保 健 管 理 センターから 保 健 管 理 センターの 学 生 相 談 室 では カウンセラーが 皆 さんの こころ の 健 康 をサポートしています カウンセ リングは 予 約 優 先 となっておりますので 当 日 対 応 もしま すが できるだけ 事 前 に 担 当 へご 予 約 ください 担 当 学 生 支 援 課 生 活 支 援 担 当 TEL : 月 火 水 木 金 時 間 13:00 17:00 13:00 17:00 14:00 17:00 13:00 17:00 13:00 17:00 担 当 カウンセラー カウンセラー 医 師 カウンセラー カウンセラー 白 川 先 生 中 野 先 生 本 田 先 生 中 野 先 生 白 川 先 生 水 曜 日 は 主 に 健 康 相 談 となります 学 生 相 談 室 から 学 生 相 談 室 カウンセラー 白 川 純 子 ここ 北 見 でも ナナカマドが 赤 く 色 づ き 秋 の 深 まりを 感 じる 頃 となりました 秋 の 季 節 は 一 般 的 に 芸 術 の 秋 とも いわれ 芸 術 文 化 活 動 に 適 している 時 期 とされています ひるがえって 心 理 療 法 やカウンセリングの 世 界 でも アートセラピーや 音 楽 療 法 といって 芸 術 活 動 を 取 り 入 れた 芸 術 療 法 というものがよく 知 られています カウンセリングの 一 般 的 なイメージとしては 相 談 者 が カウンセラーと 対 面 し 言 葉 を 使 って 悩 みを 伝 え 相 談 す るというものが 思 い 浮 かぶかもしれません しかし なか には 小 さな 子 どもなど 上 手 に 言 葉 で 自 分 自 身 の 思 いにつ いて 表 現 できない 相 談 者 もいることは 事 実 です そんなときに 絵 を 描 いたり 歌 を 歌 ったり ダンスを 踊 ったりといった 言 葉 以 外 の 表 現 方 法 を 使 って 自 分 の 気 持 ちや 感 情 を 表 現 してもらい カウンセラー 側 はそれを 相 談 者 を 理 解 する 手 段 として 利 用 するのが 芸 術 療 法 のひと つの 特 徴 です また 言 葉 以 外 の 方 法 で 自 分 自 身 の 心 を 表 現 し 解 放 すること 自 体 に 一 種 の 治 療 的 効 果 があるといわれま す それが いわゆる 癒 し と 呼 べるものなのかもしれ ません 言 葉 であっても 絵 画 や 音 楽 演 奏 という 手 段 を 用 いても 自 分 の 思 いを 表 現 し そのことが 相 手 に 受 け 止 めてもらえ たと 感 じることが われわれにとっていわゆる 心 の 糧 になっていくように 思 います みなさんも 学 生 生 活 の 中 で 仲 間 や 先 生 方 と 気 持 ちを 多 く 分 かち 合 える 体 験 ができるとよいですね 学 生 相 談 室 も そのような 機 会 をみなさんに 与 えられるよう 門 戸 を 開 い ています どうぞご 利 用 ください 先 輩 年 配 者 とのコミュニケーションは 可 能 ですか? 学 生 相 談 室 カウンセラー 中 野 武 房 昨 今 新 規 学 卒 者 の 離 職 率 増 大 が 問 題 になっています 厚 生 労 働 省 の 平 成 25 年 度 の 調 査 によれば 新 規 学 卒 者 の 就 職 後 3 年 以 内 の 離 職 が 新 規 高 卒 者 で39.2% 新 規 大 卒 者 で31.0%とな っています なぜ 難 関 を 乗 り 越 えて 就 職 した 学 生 の3 分 の1もが 離 職 して 閉 じこもり フリーター ニートなど の 状 態 になるのでしょうか? いろいろな 原 因 が 挙 げられる 中 で 人 間 関 係 の 在 り 方 が 大 きな 要 因 として 指 摘 されています すなわち 周 りの 人 たちとのコミュニケーションがうまく 取 れず 良 好 な 人 間 関 係 が 築 けないことが 課 題 として 挙 げられているのです 新 しい 職 場 では 先 輩 方 から 歓 迎 され 仕 事 の 内 容 方 法 留 意 点 など 細 かな 指 導 を 受 け 面 倒 も 見 てくれます この ように 勤 めて1 2 年 間 は 職 場 に 慣 れるように 皆 さんか ら 気 配 りもして 貰 えます しかし 3 年 目 にもなると 自 立 を 促 され 自 分 で 問 題 を 解 決 し 効 率 の 高 い 仕 事 を 期 待 されます 時 には 他 の 部 署 に 配 置 転 換 されることもある でしょう そこでは 受 け 身 的 就 業 からの 脱 却 積 極 的 仲 間 関 係 づ くりをしていかなければ 孤 立 し 職 場 に 順 応 できなくな ってしまうのです 自 分 の 後 に 入 ってきた 後 輩 が その 面 で 積 極 的 であれば 尚 更 のこと 落 ち 込 み 職 場 から 遊 離 してしまうのです 良 好 な 人 間 関 係 を 作 っていくためのキーポイントは 積 極 的 にコミュニケーションの 能 力 を 高 めることです 大 学 生 活 は 学 問 にはげむことが 最 大 の 目 標 ですが 加 えて サ ークル 活 動 の 仲 間 研 究 室 の 仲 間 先 生 方 との 相 互 交 流 の 機 会 を 増 やし 分 からないところは 素 直 に 聞 き 自 分 の 考 えをハッキリと 伝 えるなどして 人 間 関 係 を 深 めていく 経 験 も 大 きな 学 習 目 標 と 言 えます 自 分 の 性 格 コミュニケーション 能 力 その 他 について 考 える 機 会 がありましたら 一 度 学 生 相 談 室 を 訪 ねてくだ さい 一 緒 に 話 し 合 い 考 えてみましょう 18 Vol.128 学 園 便 り

19 保 健 管 理 センターから 保 健 管 理 センター 所 長 本 田 明 今 春 は 活 動 性 結 核 の 事 案 が 生 じ 罹 患 学 生 はもちろん 一 般 の 学 生 諸 君 も 心 配 されたこととは 思 いますが その 後 の 療 養 でご 本 人 は 快 方 に 向 かい 現 在 では 感 染 力 がないことが 病 院 の 検 査 で 確 認 されております また 集 団 感 染 には 至 らなかった ことが 保 健 所 による 接 触 者 健 診 で 示 されました 肺 結 核 Lung tuberculosis においては 2 週 間 以 上 続 く 咳 嗽 がある 場 合 には 考 慮 する 必 要 があり 医 療 機 関 等 の 受 診 が 必 要 であることは 今 春 の 学 内 講 演 会 でお 話 ししたところです しかし 実 際 には 稀 であり 以 下 のいくつかの 鑑 別 すべき 疾 患 があることも お 示 しいたしました つまり 長 期 にわたる 咳 嗽 としては 感 冒 後 咳 嗽 慢 性 気 管 支 炎 咳 喘 息 アトピー 咳 嗽 非 定 型 肺 炎 百 日 咳 肺 癌 逆 流 性 食 道 炎 等 です 今 回 は 結 核 と 鑑 別 を 要 する 咳 嗽 につき 考 えてみましょう かぜを 引 いたあと い つまでも 咳 が 残 ることがあります( 感 冒 後 咳 嗽 )が 通 常 のかぜであれば2 週 間 程 度 でおさまるはずなので それ 以 上 続 く 場 合 には 他 疾 患 を 検 討 する 必 要 がありま す 胸 部 レントゲンの 異 常 がなく 一 般 的 な 喘 息 でもない 場 合 の 長 引 く 咳 の 原 因 として 考 えられるのは 咳 喘 息 慢 性 気 管 支 炎 に 関 係 があるとされる 副 鼻 腔 気 管 支 症 候 群 マイコプラズマ 感 染 症 ( 非 定 型 肺 炎 ) 百 日 咳 などに 引 き 続 く 感 染 後 咳 などがあります また 喫 煙 の 影 響 があるとされる 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 (COPD) 肺 癌 等 にも 加 齢 現 象 と 合 わせ 注 意 が 必 要 です また 長 引 く 咳 は 必 ずしも 呼 吸 器 疾 患 によるものだけではなく 逆 流 性 食 道 炎 等 の 消 化 器 疾 患 でもきた す 場 合 があります なお 百 日 咳 については 道 内 学 生 の 調 査 を 北 海 道 教 育 大 学 で 行 っており 市 中 病 院 等 で 百 日 咳 との 診 断 を 受 けた 学 生 諸 君 は 本 学 保 健 管 理 センターにお 知 らせください 間 質 性 肺 炎 1.2 アトピー 咳 2.4 ACE 阻 害 薬 による 咳 1.2 咳 喘 息 副 鼻 腔 気 管 支 症 候 群 慢 性 気 管 支 炎 5 5 胃 食 道 逆 流 症 4 2 感 染 後 咳 3 6 そ の 他 疾 患 の 合 併 12 1 不 明 7 9 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 京 都 大 学 呼 吸 器 内 科 喘 息 慢 性 咳 嗽 外 来 における 慢 性 咳 嗽 の 原 因 疾 患 2004 年 1 月 ~2006 年 3 月 の165 例 出 典 :アレルギー 免 疫 vol より 改 変 Vol.128 学 園 便 り 19

20 北 見 工 大 生 協 から こんにちは 北 見 工 業 大 学 生 協 学 生 委 員 会 です 私 たちは 組 合 員 の 皆 さんにより 良 い 生 活 を 送 ってもらえることを 目 的 に 1 年 生 18 人 2 年 生 8 人 3 年 生 12 人 の 合 計 38 人 で 日 々 活 動 しています 今 回 は 私 たちが1 年 間 主 にどんな 活 動 を 行 っているの かを 紹 介 していきたいと 思 います 新 入 生 活 動 ご 入 学 いただいた 新 入 生 の 不 安 を 解 消 や 新 入 生 同 士 の 交 流 を 目 的 に 新 入 生 歓 迎 会 を 入 学 式 前 に 行 なったり また LifeSketch という 新 入 生 向 けの 情 報 冊 子 の 制 作 を 行 っています 今 年 は 保 護 者 の 方 に 向 けた 説 明 会 も 行 い 学 生 目 線 から 見 た 北 見 工 業 大 学 の 特 徴 や 住 居 などの 紹 介 を 行 いました 総 代 会 組 合 員 の 皆 さんが 意 見 を 言 う 場 である 総 代 会 という 会 の 運 営 に 参 加 しています また 総 代 会 内 に 出 てくる 言 葉 の 解 説 用 紙 も 作 っています 6 月 ₁₁ 月 祭 活 動 6 月 と11 月 に 生 協 で 行 われる6 月 祭 というイベントと 合 わせ 私 たち 学 生 委 員 も 出 店 を 出 したり 購 買 のフェアー 商 品 のポップを 作 ったりしています また 今 年 はお 酒 の 怖 さを 知 ってもらうことを 目 的 に アルコールパッチテストも 実 施 しました オープンキャンパス 活 動 オープンキャンパスに 来 てくれた 高 校 生 と 保 護 者 の 方 に 向 けて 談 話 や 大 学 の 施 設 の 案 内 を 行 っています かぼちゃの 重 さあて 10 月 のハロウィンと 合 わせて かぼちゃの 重 さあてを 行 って います 前 年 は250 人 近 い 人 が 参 加 していただきました 冬 休 み 前 の 凍 結 防 止 企 画 北 見 では 冬 にとても 寒 くなり 冬 休 みの 帰 省 中 に 水 道 管 凍 結 によっての 被 害 が 多 くなります そのため 冬 休 み 前 に 水 道 管 凍 結 予 防 用 の 不 凍 液 を 無 料 で 配 布 をおこなったり 水 落 しの 方 法 の 説 明 を 行 っています このほかにも 今 年 から 推 薦 生 向 けの 活 動 として 今 まではなかったPC 紹 介 もおこなっていきます ぜひご 利 用 ください 今 後 も 充 実 した 大 学 生 活 を 目 指 すために 皆 さんの 声 を 取 り 入 れて 活 動 していきますので よろしく おねがいします 北 見 工 業 大 学 生 協 学 生 委 員 会 庄 司 琢 真 20 Vol.128 学 園 便 り

21 北 見 工 大 生 協 から 水 道 の トラブル いよいよ 寒 い 冬 が 来 ますが 寒 冷 地 で 一 人 暮 らしをしている 皆 さんへアドバイ スしましょう 毎 年 生 協 のサービスカウンターに 何 件 も 水 回 りのトラブルによる 問 い 合 わせ が 多 く 殆 どが 朝 起 きたら 外 出 先 から 翌 日 部 屋 に 帰 ったら 水 が 出 ない 水 が 漏 れている などがあげられます ここで 水 回 りのトラブルを 防 ぐ 為 に 水 抜 きの5 原 則 をお 教 えしましょう 1 最 低 気 温 が-4 以 下 のときは 必 ず 水 抜 きすること 2 最 高 気 温 が 氷 点 下 のときは 必 ず 水 抜 きすること 3 長 期 間 留 守 にするときは 必 ず 水 抜 きすること 4 日 中 に 冷 え 込 みそうなら 外 出 前 も 水 抜 きすること 5 帰 りが 遅 くなりそうなときは 外 出 前 も 水 抜 きすること 北 見 工 大 生 の 水 漏 れ 事 故 の 紹 介 学 生 さんの 部 屋 の 洗 濯 機 のホースから 水 漏 れが 発 生 し 部 屋 が2 階 だったので1 階 の 部 屋 や 両 隣 の 部 屋 まで 水 が 浸 透 し 被 害 額 180 万 円 も 弁 償 する 事 になった 事 故 がありました この 事 故 は 水 道 の 凍 結 事 故 ではありませ んが 考 えてみてください! 冬 でもこのような 事 故 に 繋 がることはあります 皆 さん 注 意 してくださいね 生 協 では 学 生 総 合 共 済 という 制 度 がございます その 中 の 火 災 共 済 では 賠 償 保 障 が1 千 万 円 までと 大 きな 安 心 がついております 一 人 暮 らしの 学 生 の 方 へ 是 非 おすすめします 学 生 の 皆 様 へ 大 学 生 協 だからこそ 出 来 る 少 ない 掛 金 で 多 きな 保 障 ( 生 命 火 災 110 番 ) 生 命 共 済 ( 病 気 事 故 けが) 火 災 共 済 ( 賠 償 家 財 の 保 障 ) 学 生 生 活 110 番 ( 緊 急 駆 けつけ) い ざ と 言 う 時 の 準 備 は 万 全 で す か 詳 しくは 生 協 サービスカウンターへ 寒 い 季 節 も 皆 で 集 まろう! これからいよいよ 寒 くなって 来 ます 学 内 で みんなで 盛 り 上 がろうよ!! 食 堂 スタッフに 声 をかけて 下 さい! 温 まると 言 えば 鍋 画 像 はイメージです 大 学 生 協 なら お 一 人 1000 円 で 具 材 鍋 コンロ 箸 取 皿 何 でも 揃 っちゃう! オードブル(おかず 盛 合 せ)やサンドイッチも 用 意 できます ( 御 予 算 に 合 わせて 応 相 談 ) 内 線 番 号 :9704 ( 食 堂 部 )まで Vol.128 学 園 便 り 21

22 学 事 日 程 日 ( 水 ) 後 期 授 業 開 始 秋 季 入 学 式 ₁₆ 日 ( 木 ) 月 曜 日 授 業 振 替 ₁₁ 月 5 日 ( 水 ) 月 曜 日 授 業 振 替 ₁₁ 月 ₂₈ 日 ( 金 ) 休 講 推 薦 入 学 試 験 ₁₈ 日 ( 木 )~1 月 4 日 ( 日 ) 冬 季 休 業 日 ₁₈ 日 ( 木 )~₁₉ 日 ( 金 ) 4 年 次 再 試 験 ( 卒 業 予 定 者 ) 日 ( 月 )~8 日 ( 木 ) 集 中 講 義 期 間 ₁₃ 日 ( 火 ) 月 曜 日 授 業 振 替 ₁₆ 日 ( 金 ) 休 講 大 学 入 試 センター 試 験 準 備 ₁₇ 日 ( 土 )~₁₈ 日 ( 日 ) 大 学 入 試 センター 試 験 ₁₆ 日 ( 月 )~₂₄ 日 ( 火 ) 後 期 定 期 試 験 ( 卒 業 研 究 審 査 を 含 む) ₂₅ 日 ( 水 )~3 月 ₃₁ 日 ( 火 ) 学 年 末 休 業 日 ₁₂ 日 ( 木 ) ₂₀ 日 ( 金 ) 後 期 日 程 入 学 試 験 学 位 記 授 与 式 平 成 26 年 10 月 発 行 北 見 工 業 大 学 学 園 便 り 編 集 委 員 電 気 電 子 工 学 科 平 山 浩 一 教 授 情 報 システム 工 学 科 早 川 吉 彦 准 教 授 バイオ 環 境 化 学 科 新 井 博 文 准 教 授 マテリアル 工 学 科 阿 部 良 夫 教 授 ご 意 見 ご 感 想 掲 載 して 欲 しい 記 事 イラスト 写 真 等 を 募 集 しています ( 学 生 支 援 課 ) 下 記 URLにて 学 園 便 り のバックナンバー(VOL.89~)がご 覧 になれます 学 生 支 援 課 は あ な た! を 支 援 します

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

「にちぎん」NO.47 2016年秋号

「にちぎん」NO.47 2016年秋号 4 取 材 文 小 堂 敏 郎 写 谷 山 實 Yoshiharu Habu 治 小 宇 宙 深 広 治 氏 々 記 録 打 立 君 緊 迫 進 氏 原 頂 極 飾 柄 垣 5 破 竹 勢 進 第 者 座 君 俊 英 ぞ 役 毎 引 退 谷 川 浩 司 佐 藤 康 光 永 聖 内 俊 之 公 式 ぞ 以 事 異 転 職 基 競 争 山 康 晴 仲 切 仲 格 付 悪 深 疑 心 暗 鬼 有 利 働

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際

左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際 左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際 発 展 員 つ 担 当 村 世 話 ろ 結 婚 員 ち げ ご ざ 梓 語 統 括 員 よ 二 最 初

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6 Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり -ⅰあなたの 健 康 づくり- 自 分 の 健 康 状 態 に 関 する 認 識 問 1 あなたは 現 在 のご 自 分 の 健 康 状 態 をどのように 感 じていますか 次 の 中 か ら あてはまるものに1つ をつけてください 全 体 (N=1372) 健 康 ではない 3.4% 0.5% 非 常 に 健 康 である 15.3% あまり 健 康 ではない 12.9%

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 2 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 渡 仏 90 周 年 記 念 蕗 谷 虹 児 の 描 く ド ラ マ チ ッ ク 絵 本 原 画 展 婚 活 イ ベ ン ト 和 ス イ ー ツ を 囲 ん で 楽 し い ひ と 時 を 新 庁 舎 駅 前

More information

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条 / 公 益 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 働 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 笑 福 引 々 写 真 ォ 告 他 詳 細 副 祝 辞 職 群 班 設 準 備 ポ 訪 問 記 ポ ユ 紹 ゆぞ 紹 筋 回 紙 館 白 鳳 広 貢 献 験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人 第 3 章 弟 子 屈 町 の 健 康 づくりの 推 進 第 1 節 健 康 づくりの 目 標 町 民 一 人 ひとりが 主 体 的 に 健 康 づくりに 取 り 組 み 健 康 的 な 生 活 習 慣 について 考 えることができるよう 行 動 指 針 として 食 育 栄 養 食 生 活 をはじめ8つの 生 活 習 慣 について わかりやすい 健 康 づくりの 目 標 を 設 定 しています また

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

Microsoft Word - 記者会見要旨

Microsoft Word - 記者会見要旨 会 見 要 旨 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 1 日 時 平 成 26 年 5 月 29 日 ( 木 曜 日 ) 午 前 11 時 ~ 2 場 所 市 役 所 東 庁 舎 2 階 大 会 議 室 3 内 容 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 4 調 印 5 出 席 者 岡 崎 市 長 内 田 康 宏 学 校 法 人 藤 田 学 園 理 事

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014.8.9 懇 親 会 にて 第 4 号 朝 日 塾 中 学 高 等 学 校 / 朝 日 塾 中 等 教 育 学 校 同 窓 生 父 母 の 会 お 問 い 合 わせ 先 709-2136 岡 山 市 北 区 御 津 紙 工 2590 電 話 0867-26-01111 ( 担 当 : 山 内 ) - 1 - 誇 れる 母 校 に 副 校 長 鳥 海 望 美 4 月 の 高 等 部 の 学 習

More information

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空 第 116 号 平 26 4 20 発 発 保 広 報 委 939-0633 富 県 下 郡 町 浦 2208 TEL076578 1131 http://www.mutsumien.com/ 浦 区 桜 並 木 散 歩 写 真 富 県 央 植 物 外 写 真 右 桜 げ 春 訪 2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ 1 7 号 2014.10 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 会 報 誌 1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 2. 学 会 参 加 報 告 第 49 回 日 本 理 学 療 法 学 術 大 会 in 横 浜 の 学 会 発 表

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照 丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 物 各 5 ズ 7 短 投 票 発 表 8 ダ 9 丸 彦 渡 辺 建 設 職 市 豊 平 区 豊 平 条 丁 5 8 T E L F A X8 URL:http://homepage.nifty. com/mwcsu 編 集 発 教 宣 度 全 9 サ 色 美 酒 酔 酒 酔 相 非 常 交 流 深 模 管 理 職 連 結 若 模 9 数 去 減 km / h

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

産婦人科 転職ガイド

産婦人科 転職ガイド 転 職 をお 考 えの 先 生 へ 産 婦 人 科 転 職 ガイド 株 式 会 社 プライオネット ( 本 社 ) 愛 知 県 豊 橋 市 藤 沢 町 141 ロワジールホテル 豊 橋 8F 求 人 フリーダイヤル:0120-480-501 求 人 専 用 メール:sdr info@priornet.info 産 婦 人 科 医 師 求 人 サイト 産 婦 人 科 ドクターズバンク http://www.priornet.info/sanfujinkdr/

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 プログラム 15:00~15:10 開 会 挨 拶 人 間 環 境 大 学 副 学 長 片 山 幸 士 15:10~15:40 成 果 発 表 1. 人 間 環 境 大 学 生 によるカイゼン 実 践 と 成 果 発 表

平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 プログラム 15:00~15:10 開 会 挨 拶 人 間 環 境 大 学 副 学 長 片 山 幸 士 15:10~15:40 成 果 発 表 1. 人 間 環 境 大 学 生 によるカイゼン 実 践 と 成 果 発 表 平 成 22 年 11 月 10 日 各 位 人 間 環 境 大 学 学 長 服 部 良 男 ( 公 印 省 略 ) 平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 ならびに 特 別 講 演 会 開 催 のご 案 内 謹 啓 深 冷 の 候 皆 様 におかれましては 益 々ご 盛 栄 のこととお 喜 び 申 し 上 げます 平 素 は 本 学 の 教 育 研 究 に

More information

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次 平 成 26 年 度 第 1 回 八 千 代 市 公 立 小 中 学 校 暑 さ 対 策 検 討 委 員 会 会 議 録 期 日 平 成 26 年 7 月 30 日 ( 水 ) 開 会 午 後 2 時 閉 会 午 後 3 時 35 分 場 所 八 千 代 市 市 民 会 館 2 階 第 6 会 議 室 出 席 者 八 千 代 市 長 秋 葉 就 一 委 員 長 小 林 伸 夫 ( 教 育 次 長 )

More information

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 No. ろ 亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 告 収 穫 面 積 ha 量 干 号 接 近 影 響 策 幸 助 近 田 伸 ハ ベ タ

More information

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在 市 民 活 動 のはじめ 方 ~ 地 域 のためになにから 始 める? ~ 開 催 日 時 1 平 成 24 年 9 月 2 日 ( 日 ) 10:00~ 12:00 2 平 成 24 年 9 月 16 日 ( 日 ) 13:30~16:30 3 平 成 24 年 10 月 14 日 ( 日 ) 10:00~11:30 開 催 場 所 1 3 東 村 山 市 役 所 北 庁 舎 第 2 会 議 室

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部 兵 庫 県 マスコット はばタン 兵 庫 県 立 加 古 川 北 高 等 学 校 公 共 推 進 室 はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被 福 島 県 原 子 力 損 害 対 策 協 議 会 原 子 力 損 害 賠 償 の 完 全 実 施 に 関 する 緊 急 要 望 要 求 活 動 結 果 概 要 < 関 係 省 庁 政 党 > 日 時 平 成 24 年 11 月 19 日 ( 月 )13:00~15:30 要 望 者 会 長 代 理 村 田 文 雄 ( 福 島 県 副 知 事 代 表 者 会 議 議 長 ) 副 会 長 佐 藤 正

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

Taro-学年便り4月8日号

Taro-学年便り4月8日号 那 須 塩 原 市 立 三 島 中 学 校 第 3 学 年 だより Step by Step 2016.4.8 号 文 責 : 小 森 平 成 28 年 度 が 始 まりました 3 年 生 にとっては 中 学 校 生 活 最 後 の 年 になります 今 年 度 が 生 徒 たちにとって 充 実 した 中 身 の 濃 い1 年 になるよう 3 学 年 職 員 一 同 最 善 を 尽 くしてがんばりますので

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

2 入 学 試 験 について (1) 筆 記 用 具 は 何 を 使 用 しますか 新 1 年 生 入 学 試 験 用 の 筆 記 具 はクーピーを 学 校 で 用 意 いたします 転 編 入 学 試 験 は 2B の 鉛 筆 5 本 と 消 しゴム 1 個 を 持 参 してください (2) 行 動

2 入 学 試 験 について (1) 筆 記 用 具 は 何 を 使 用 しますか 新 1 年 生 入 学 試 験 用 の 筆 記 具 はクーピーを 学 校 で 用 意 いたします 転 編 入 学 試 験 は 2B の 鉛 筆 5 本 と 消 しゴム 1 個 を 持 参 してください (2) 行 動 これまでの 本 校 での 学 校 説 明 会 や 各 所 開 催 の 説 明 会 での 質 疑 応 答 個 別 相 談 会 での 相 談 内 容 を Q&A の 形 式 でまとめました 学 校 理 解 のご 参 考 になれば 幸 いです 平 成 27 年 10 月 平 成 28 年 度 江 戸 川 学 園 取 手 小 学 校 説 明 会 Q&A 1 年 間 の 学 費 アフタースクール 代 (1)

More information

スライド 1

スライド 1 2014 香 川 県 庁 インターンシップ レポート 目 的 香 川 県 庁 でのインターンシップを 通 して 職 業 観 や 就 労 意 識 の 向 上 を 図 り 自 らの 適 性 適 職 を 考 えるとともに 県 職 員 の 仕 事 の 魅 力 に 触 れ 県 政 への 理 解 の 促 進 を 図 ることを 目 的 として 実 施 しました 参 加 者 36 校 (35 大 学 ( 大 学 院

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

10 月 11 日 恒 例 となりました 交 流 会 を 根 室 市 で 開 催 しました 当 支 部 の 総 会 は 釧 路 市 を 会 場 としていることから この 交 流 会 は 釧 路 市 以 外 に 会 員 がお 住 まいの 所 で 会 員 の 相 互 交 流 を 行 っております 根 室

10 月 11 日 恒 例 となりました 交 流 会 を 根 室 市 で 開 催 しました 当 支 部 の 総 会 は 釧 路 市 を 会 場 としていることから この 交 流 会 は 釧 路 市 以 外 に 会 員 がお 住 まいの 所 で 会 員 の 相 互 交 流 を 行 っております 根 室 北 海 道 釧 路 根 室 支 部 支 部 長 : 大 道 光 肇 おおみち こうちょう(S44 仏 仏 教 ) 事 務 局 長 : 戸 田 恭 司 とだ きょうじ (S60 文 歴 史 ) 支 部 内 同 窓 生 数 212 人 平 成 28 年 度 釧 路 根 室 支 部 総 会 のお 知 らせ 日 時 平 成 28 年 7 月 2 日 ( 土 ) 会 場 釧 路 プリンスホテル 釧 路 市 幸

More information

苦 情 件 数 では 自 動 車 共 済 が566 件 で 全 体 の43%を 占 めており 生 命 系 共 済 が473 件 (36%) 火 災 共 済 が219 件 (17%)とつづき 3 共 済 で 苦 情 件 数 全 体 の96%を 占 めています 特 に 火 災 共 済 については 前 年

苦 情 件 数 では 自 動 車 共 済 が566 件 で 全 体 の43%を 占 めており 生 命 系 共 済 が473 件 (36%) 火 災 共 済 が219 件 (17%)とつづき 3 共 済 で 苦 情 件 数 全 体 の96%を 占 めています 特 に 火 災 共 済 については 前 年 平 成 24 年 度 共 済 相 談 所 活 動 状 況 について Ⅰ. 相 談 苦 情 の 状 況 1. 受 付 の 状 況 共 済 相 談 所 における 平 成 24 年 度 の 相 談 苦 情 受 付 件 数 は2,381 件 ( 前 年 度 2,786 件 対 前 年 度 比 85%)と 前 年 度 から 大 幅 に 減 少 しました 要 因 は 東 日 本 大 震 災 に 関 する 相 談

More information

仕事が楽しい人File

仕事が楽しい人File 仕 事 が 楽 しい 人 File.53: 渡 辺 美 紀 さん( 診 療 放 射 線 技 師 ) 疑 いを 確 信 に 変 えるのが 放 射 線 技 師 の 仕 事 今 回 ご 紹 介 する53 人 目 の 仕 事 が 楽 しい 人 は 診 療 放 射 線 技 師 の 渡 辺 美 紀 さんです レントゲン 検 査 で 息 を 吸 って はい 止 めて そのままで チッチッチッチと 数 秒 経 過

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 )

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 専 願 入 学 手 続 締 切 併 願 入 学 手 続 締 切 平 成 28 年 1 月 27 日 (

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

日程第3号・一般質問・一覧表

日程第3号・一般質問・一覧表 3 月 定 例 会 一 般 質 問 予 定 者 一 覧 平 成 28 年 3 月 4 日 ( 金 ) 午 前 10 時 開 議 日 程 第 1. 一 般 質 問 質 問 順 位 1 藤 村 郁 人 議 員 1. 火 葬 場 共 同 整 備 方 針 の 町 民 説 明 会 の 開 催 を (1) 火 葬 炉 の 必 要 数 が 予 備 を 含 め て 4 基 と し た 根 拠 は (2) 平 成 25

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

12. 議 事 録 署 名 者 及 び 作 成 者 の 指 名 署 名 人 赤 堀 辰 也 君 大 竹 元 弘 君 尾 崎 正 憲 君 作 成 者 総 務 委 員 会 13. 前 回 議 事 録 の 署 名 署 名 人 赤 堀 辰 也 君 黒 邊 一 彦 君 尾 崎 正 憲 君 14. 審 議 事

12. 議 事 録 署 名 者 及 び 作 成 者 の 指 名 署 名 人 赤 堀 辰 也 君 大 竹 元 弘 君 尾 崎 正 憲 君 作 成 者 総 務 委 員 会 13. 前 回 議 事 録 の 署 名 署 名 人 赤 堀 辰 也 君 黒 邊 一 彦 君 尾 崎 正 憲 君 14. 審 議 事 一 般 社 団 法 人 西 尾 青 年 会 議 所 2015 年 度 第 13 回 理 事 会 議 事 録 日 時 : 場 所 : 2015 年 10 月 13 日 ( 月 )18:00~19:30 西 尾 商 工 会 議 所 3F 303 会 議 室 1. 開 会 宣 言 2. 国 歌 斉 唱 3. JCソング 斉 唱 4. JCI CREED 唱 和 5. JCI Mission 並 びにJCI

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

商工連会報5月号-PDF納品用データ.indd

商工連会報5月号-PDF納品用データ.indd 65 0 甲 荘 先 ち 副 生 捐 拠 織 面 確 ペ 05000 井 知 ₁ 0 0 円 聞 ガ 被 謹 見 舞 申 被 皆 刻 早 復 旧 復 祈 申 ば 並 ₁₀ 審 写 真 右 捐 願 南 Leer ~ 頁 副 閉 副 副 ミ ウ 祭 推 頁 異 Leer 5~6 頁 婚 iny 芦 養 父 増 告 南 各 状 況 各 GO ェ 冒 頭 南 捐 限 ご 願 要 局 補 助 括 付 引 要

More information

大学通信VOL197号

大学通信VOL197号 2 AICHI UNIVERSITY 3 4 AICHI UNIVERSITY 5 6 AICHI UNIVERSITY 7 8 AICHI UNIVERSITY 9 キャリア 支 援 課 案 内 ~ 望 ましい 未 来 を 獲 得 するために~ 2012 年 度 卒 業 生 の 就 職 状 況 文 部 科 学 省 によると 2013 年 3 月 卒 業 生 の 就 職 決 定 率 は93.9%と

More information

untitled

untitled Special Feature Part T.U. T.U. Masato Kato Special Feature T.U. Special Feature Column Special Feature 週 刊 ダイヤモド // T.U. 特 集 徹 底 比 較 週 刊 ダイヤモド // Special Feature 留 目 分 身 将 来 実 現 話 口 ご 少 留 目 手 段 分 将 来 げ

More information

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類 平 成 28(2016) 年 度 10 月 入 学 平 成 29(2017) 年 度 4 月 入 学 産 業 技 術 大 学 院 大 学 産 業 技 術 研 究 科 ( 専 門 職 学 位 課 程 ) 情 報 アーキテクチャ 専 攻 創 造 技 術 専 攻 AIIT 単 位 バンク 登 録 生 ( 科 目 等 履 修 生 ) 向 け 入 試 学 生 募 集 要 項 第 2 期 AIIT 単 位 バンク

More information

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の 外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 町 会 活 動 を 利 用 した 活 動 地 域 情 報 の 把 握 困 りごと 相 談 町 会 自 治 会 ( 地 区 ) 鷺 宮 (D-1) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 自 治 会 では 高 齢 者 の 問 題 に 対 応 するために 平 成 10 年 4 月 に 助 け 合 いネットワー

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

練 習 艦 しまゆき しらゆき 入 港!! ~ 豊 橋 みなとフェスティバル プレ~ 7 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ) 豊 橋 みなとフェス ティバルのプレイベントとして 豊 橋 市 に 入 港 した 練 習 艦 しまゆき しらゆき を 支 援 しました 豊 橋 市 に 護 衛 艦

練 習 艦 しまゆき しらゆき 入 港!! ~ 豊 橋 みなとフェスティバル プレ~ 7 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ) 豊 橋 みなとフェス ティバルのプレイベントとして 豊 橋 市 に 入 港 した 練 習 艦 しまゆき しらゆき を 支 援 しました 豊 橋 市 に 護 衛 艦 発 行 元 愛 知 地 方 協 力 本 部 募 集 課 454-0003 名 古 屋 市 中 川 区 松 重 町 3-41 TEL 052-331-6266 URL http://www.mod.go.jp/pco/aichi/ Twitter @AICHI_PCO 愛 地 本 something 砕 氷 艦 しらせ 入 港!! ~ 名 古 屋 港 ガーデンふ 頭 ~ 10 月 3 日 ( 金 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

かしわぎ Vol.43

かしわぎ Vol.43 東 京 医 科 大 学 病 院 総 合 相 談 支 援 センターだより 平 成 25 年 7 月 1 日 43 Vol. CONTENTS 小 児 科 就 任 挨 拶 2 脳 神 経 外 科 就 任 挨 拶 2 腎 臓 内 科 就 任 挨 拶 3 高 齢 診 療 科 就 任 挨 拶 3 神 経 内 科 就 任 挨 拶 4 2013 年 ( 平 成 25 年 ) 東 京 医 科 大 学 病 院 市 民

More information

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ 実 施 日 20130827 20130828 20130829 職 員 向 け 自 治 基 本 条 例 ワークショップ 手 法 ワールドカフェ 参 加 人 数 60 人 ワークショップ 結 果 住 民 の 皆 さんにお 伝 えしたいこと 隣 近 所 の 付 き 合 いを 大 切 にしてほしい 限 られた 財 源 の 中 では 住 民 の 皆 さんに 負 担 をお 願 いすることもある 親 と 一

More information

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機 告 収 算 評 理 致 承 認 施 域 緊 密 携 係 機 得 着 執 努 初 針 効 果 げ 基 基 差 別 禁 止 仮 称 ざ 向 態 求 反 映 べ 携 革 望 受 託 精 代 表 資 拡 充 展 浜 崎 情 交 換 売 店 財 貴 重 財 源 確 保 引 続 効 率 発 財 人 戸 井 田 愛 2210844 浜 区 沢 渡 42 電 話 0453118736 FAX 0453166860

More information

青葉酒

青葉酒 ゅ ふ 懐 忘 不 意 過 ぎ 去 間 切 押 寄 居 屋 夜 受 現 実 世 界 へ 引 戻 酔 忘 頭 理 不 尽 司 笑 来 間 解 決 待 抱 夜 街 歩 軒 寄 帰 探 路 地 少 看 板 掲 げ B a r 字 面 涼 身 体 々 茂 初 夏 吹 抜 吹 足 踏 扉 開 途 端 爽 鼻 び 腔 抜 ふ 甘 酸 ぱ 回 ゃ 席 脚 長 拭 ふ 促 飴 色 カ ウ タ 席 腰 決 声 メ ニ

More information

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 )

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 ) 2014 年 5 月 大 東 文 化 大 学 ギタークラブ&OB 会 ホームページ http://www.ic.daito.ac.jp/~ishizaki/ ギタークラブ 創 立 50 周 年 記 念 祝 賀 会 50 周 年 記 念 祝 賀 会 参 加 者 ( 平 成 25 年 6 月 15 日 於 板 橋 キャンパス) 多 数 のOBの 皆 さまとそのご 家 族 にご 出 席 いただきました 太

More information

Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作 向 明 言 語 配 A B 脳 神 経 整 形 便 始 改 築 工 ほ 完 旬 旬 順 次 稼 働 以 回 稼 働 門 移 玄 近 命 横 右 む 察 隣

Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作 向 明 言 語 配 A B 脳 神 経 整 形 便 始 改 築 工 ほ 完 旬 旬 順 次 稼 働 以 回 稼 働 門 移 玄 近 命 横 右 む 察 隣 Vol. 特 集 ムペ 念 私 倫 見 据 質 高 提 供 守 信 頼 築 権 責 務. 良 質 権. 選 択 権. 為 選 択 決 権. 情 報 説 明 権. バ 保 権. 人 的 尊 厳 求 権. 加 責 務 ヘポ ドヘ 離 着 陸 訓 練 8 9 0 Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

ICレコーダー

ICレコーダー 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 26 年 度 第 3 回 港 区 指 定 管 理 者 選 定 委 員 会 平 成 26 年 7 月 28 日 ( 月 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 から 午 前 11 時 まで 区 役 所 4 階 庁 議 室 ( 出 席 者 ) 委 員 田 中 副 区 長 ( ) 杉 本 企 画 経 営 部 長 ( 副 ) 渡 邊 総 務 部 長 ( 副

More information

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 540-8586 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 1-5-44) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金

More information

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要 市 民 の 健 康 ~ が ん の 予 防 と 体 操 で 健 康 づ く り ~ 1 挨 拶 こ ん に ち は 長 久 手 市 役 所 健 康 推 進 課 の 伊 藤 と 申 し ま す 本 日 は よ ろ し く お 願 い し ま す 座 っ た ま ま で 説 明 さ せ て い た だ き ま す 今 回 の タ イ ト ル は 市 民 の 健 康 が ん の 予 防 と 体 操 で 健

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

クルー 紹 介 男 子 舵 手 付 きフォア 蒼 龍 男 子 ダブルスカル 橘 花 シー シー 名 前 学 部 / 学 年 ト ト 名 前 学 部 / 学 年 S 堀 野 直 樹 工 Ⅱ/2 S 細 川 大 吉 工 Ⅳ/2 3 松 浦 航 工 Ⅰ/3 B 吉 川 基 教 Ⅴ/2 2 五 重 目 賢

クルー 紹 介 男 子 舵 手 付 きフォア 蒼 龍 男 子 ダブルスカル 橘 花 シー シー 名 前 学 部 / 学 年 ト ト 名 前 学 部 / 学 年 S 堀 野 直 樹 工 Ⅱ/2 S 細 川 大 吉 工 Ⅳ/2 3 松 浦 航 工 Ⅰ/3 B 吉 川 基 教 Ⅴ/2 2 五 重 目 賢 みささ 会 報 *** 漕 艇 部 編 *** 平 成 25 年 夏 号 編 集 発 行 広 島 大 学 体 育 会 漕 艇 部 http://hurc.blue.coocan.jp/ hiroshima_rowing@yahoo.co.jp TOPICS 1. 主 将 挨 拶 2. 関 西 選 手 権 レース 案 内 3.クルー 紹 介 4. 朝 日 レガッタ 結 果 5. 新 入 生 勧 誘 結

More information

ニュ 6 春 号 19 1 3 第 3 種 郵 便 認 可 毎 18 1356 発 SSKP 通 巻 5691 号 014 4 10 発 特 集 ト 規 希 望 状 況 環 境 踏 適 選 定 付 調 必 支 護 認 定 般 相 談 不 明 点 ざ 軽 ポ 問 合 規 組 待 社 公 益 ポ 貸 与

ニュ 6 春 号 19 1 3 第 3 種 郵 便 認 可 毎 18 1356 発 SSKP 通 巻 5691 号 014 4 10 発 特 集 ト 規 希 望 状 況 環 境 踏 適 選 定 付 調 必 支 護 認 定 般 相 談 不 明 点 ざ 軽 ポ 問 合 規 組 待 社 公 益 ポ 貸 与 ニュ 6 春 号 19 1 3 第 3 種 郵 便 認 可 毎 18 1356 発 1014 4 10 発 SSKP 通 巻 5691 号 常 務 理 山 田 雅 巻 頭 www.meguminosono.jp/ www.meguminosono.jp/ URL URL 早 私 仕 就 起 公 私 順 風 満 帆 修 羅 体 験 乗 ぁ 柄 振 返 反 省 私 甘 限 社 ず 数 ~ 予 想 制 含

More information

院 内 で さんだリハビリテーション 病 院 の 開 設 がキックオフされ はや 半 年 が 過 ぎようとしています 建 築 会 議 が 始 まり 各 部 署 の 希 望 想 いなどを 一 つずつ 積 み 上 げていき 理 想 に 近 づけていった 会 議 また 近 隣 病 院 連 携 病 院 への

院 内 で さんだリハビリテーション 病 院 の 開 設 がキックオフされ はや 半 年 が 過 ぎようとしています 建 築 会 議 が 始 まり 各 部 署 の 希 望 想 いなどを 一 つずつ 積 み 上 げていき 理 想 に 近 づけていった 会 議 また 近 隣 病 院 連 携 病 院 への この 度 2 月 号 を 発 行 するにあたり 当 院 のスタッフの 中 から 2 月 生 まれの 皆 さんで 人 文 字 を 作 っていただきました(@^^)/ 文 字 は 和 です! 因 みに 人 文 字 の 上 のペアは です!( 分 かるかな?) 理 由 は 和 敬 会 の 和 サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 三 木 ヒルズ 和 (なごみ)の 和 でもあり 私 たち 和 敬 会

More information

13.pub

13.pub -- 008 9 0 NO.3 発 : 身 障 害 定 期 刊 協 細 川 久 市 西 区 八 軒 八 条 東 5 丁 目 4-8 TEL0736-74 編 : 特 定 非 営 利 活 法 060-003 市 央 区 条 東 6 丁 目 0 番 TEL0-099 FX0-090 Email:darc@taupe.plala.or.jp HP: http://h-darc.com P ィ P3 福 祉

More information

《放課後児童クラブとは》

《放課後児童クラブとは》 クレヨンしんちゃん 臼 井 儀 人 / 双 葉 社 シンエイ テレビ 朝 日 ADK 春 日 部 市 役 所 保 育 課 保 育 担 当 344-8577 春 日 部 市 中 央 六 丁 目 2 番 地 736-1111 内 線 2597 2598 目 次 放 課 後 児 童 クラブとは 1 市 の 部 1 保 育 方 針 2 2 保 育 内 容 2 3 対 象 児 童 2 4 保 育 時 間 等

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

脈 管 診 療 充 実 のお 知 らせ いつも 医 師 会 病 院 をご 支 援 ご 利 用 頂 き 誠 にありがとうございます 循 環 器 を 担 当 しております 渡 邉 寛 でございます 近 年 は 生 活 の 欧 米 化 ( 食 生 活 や 移 動 手 段 多 様 化 による 運 動 不 足

脈 管 診 療 充 実 のお 知 らせ いつも 医 師 会 病 院 をご 支 援 ご 利 用 頂 き 誠 にありがとうございます 循 環 器 を 担 当 しております 渡 邉 寛 でございます 近 年 は 生 活 の 欧 米 化 ( 食 生 活 や 移 動 手 段 多 様 化 による 運 動 不 足 連 携 室 便 り 15 発 行 日 :25 年 7 月 取 手 北 相 馬 保 健 医 療 センター 医 師 会 病 院 医 療 連 携 室 便 り 第 29 号 猛 暑 の 候 連 日 厳 しい 暑 さが 続 いており ますが 諸 先 生 方 関 係 機 関 の 皆 様 におか れましては ますますご 健 勝 のこととお 喜 び 申 しあげます 日 頃 より 当 院 に 対 しま しては 何 かとご

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処

< 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 火 災 被 災 者 の 支 援 について 宇 城 市 平 成 27 年 4 月 < 火 災 被 災 者 の 支 援 について 目 次 > 1 災 害 見 舞 い 社 会 福 祉 課 1 ヘ ーシ 2 生 活 資 金 の 貸 付 社 会 福 祉 協 議 会 3 3 市 営 住 宅 の 特 定 入 居 ( 一 時 使 用 ) 都 市 整 備 課 4 4 火 災 廃 棄 物 の 処 理 衛 生 環 境 課

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選 www.a-crafts.co.jp 家 庭 訪 問 住 大 阪 R 不 動 産 業 務 日 誌 / 物 件 連 載 住 輪 街! O S A K A W O W!! 1 6 家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 家 @ 大 阪 市 西 区 住

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information