2 国 際 看 護 No.493/ Activity Report 看 護 管 理 に 関 する 帰 国 後 の 行 動 計 画 の 立 案 平 成 27 年 度 JICA 看 護 管 理 研 修 /その2 q 多 彩 なプログラム 9か 国 12 名 の 研 修 員 は 10 月 2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2 国 際 看 護 No.493/2016.1 Activity Report 看 護 管 理 に 関 する 帰 国 後 の 行 動 計 画 の 立 案 平 成 27 年 度 JICA 看 護 管 理 研 修 /その2 q 多 彩 なプログラム 9か 国 12 名 の 研 修 員 は 10 月 2 "

Transcription

1 2016( 平 成 28) 年 1 月 10 日 発 行 隔 月 (10 日 ) 発 行 The International Nursing Report by The International Nursing Foundation of Japan No. 493 January 年 頭 の 辞 困 難 な 国 際 情 勢 のなかでも 希 望 は 捨 てない 清 水 嘉 与 子 2 Activity Report 看 護 管 理 に 関 する 帰 国 後 の 行 動 計 画 の 立 案 平 成 27 年 度 JICA 看 護 管 理 研 修 /その2 5 特 別 寄 稿 中 国 寧 夏 地 域 衛 生 サービスステーションの 視 察 報 告 小 倉 奨 学 基 金 奨 学 生 からのレポート<その1> 楊 玉 麗 < 監 修 校 閲 > 呉 小 玉 8 公 益 財 団 法 人 国 際 看 護 交 流 協 会 小 倉 一 春 記 念 国 際 看 護 奨 学 基 金 平 成 28 年 度 奨 学 生 募 集 要 項 年 頭 の 辞 困 難 な 国 際 情 勢 のなかでも 希 望 は 捨 てない 清 水 嘉 与 子 ( 公 益 財 団 法 人 国 際 看 護 交 流 協 会 理 事 長 ) あけましておめでとうございます 新 たな 年 を 迎 えましたが 国 際 社 会 では 昨 年 来 テロが 続 き また シリアの 多 くの 難 民 がこの 寒 い 季 節 をどのようにす ごしているのかということに 思 いを 致 すと ふと 困 惑 が 胸 をよぎります 2015 年 以 後 の 開 発 アジェンダとなる 持 続 可 能 な 開 発 のための2030アジェンダ が2015 年 9 月 に 国 連 で 採 択 されました 人 々と 地 球 と 繁 栄 のための 行 動 計 画 として17 項 目 にわたる 目 標 とターゲットが 策 定 されています これらの 目 標 や 提 言 は 大 変 重 要 な 意 義 を 有 しており 日 本 を 含 め 各 国 政 府 や 民 間 部 門 市 民 社 会 国 連 システム 等 は これらのターゲット を 手 掛 かりとして 様 々な 政 策 を 立 案 し 実 行 していく ことが 求 められています ところが 一 方 ではシリア から 流 出 している 厖 大 な 数 の 難 民 多 発 するテロ 等 々 昨 年 12 月 の 第 7 回 国 際 看 護 を 考 える 集 い で 講 師 のグスタフ ストランデル 氏 と 筆 者 の 問 題 が 目 の 前 に 横 たわっていることは 厳 然 たる 事 実 です 国 連 の 持 続 可 能 な 開 発 のためのアジェンダ を 行 動 に 移 していくに 際 しても 政 治 的 な 安 定 が 確 保 されなければ その 工 程 を 踏 み 出 すこともできま せん 私 どもINFJが 関 わりをもつ 多 くの 国 々でも 政 治 的 な 不 安 定 や 内 戦 テロへの 恐 怖 によって 技 術 協 力 のステップが 踏 み 出 せない 要 員 の 撤 収 を 余 儀 なくされる 調 査 や 研 究 を 中 止 せざるを 得 ないと いった 事 象 が 出 てきています 国 際 社 会 で 何 を 優 先 して 解 決 していくべきなのか 問 題 が 大 きな 壁 のよ うに 立 ちふさがっていることを 痛 感 しています し かしそれでもなお 私 たちは 希 望 を 捨 てず 前 に 進 ま なければなりません さて 私 どもが 平 成 23 年 度 から 実 施 してきた 小 倉 奨 学 基 金 の 奨 学 生 募 集 事 業 も5 年 を 経 過 し 奨 学 金 を 受 給 した 奨 学 生 も100 名 を 超 えました 修 学 中 の 奨 学 生 に 対 しては 修 学 状 況 報 告 書 を 毎 年 1 回 提 出 すること を 義 務 づけているのですが これを 見 ると 実 に 多 く の 奨 学 生 がこの 奨 学 金 を 有 効 に 利 用 して 海 外 に 出 て 調 査 研 究 等 をしていることに 気 づかされます 上 に 記 したように 国 際 社 会 は 現 在 も 大 変 困 難 な 問 題 を 抱 えているのですが 一 方 ではこうした 奨 学 生 が 将 来 看 護 職 として 国 際 社 会 で 活 躍 する 人 材 として 育 ち 有 意 な 活 動 をする 日 が 近 いことを 確 信 しています このことは 奨 学 基 金 を 創 設 した 小 倉 啓 子 理 事 や 私 ど もの 希 望 でもあります これからもこのような 有 意 な 人 材 が 多 く 育 つことで 少 しでも 平 和 で 安 定 した 国 際 社 会 が 来 る 日 を 願 ってやみません この 奨 学 金 事 業 も 永 続 的 な 事 業 ではありませんが 本 年 度 も 募 集 を 開 始 しました 国 際 社 会 で 活 躍 する 優 れた 資 質 をもつ 意 欲 的 な 方 々の 応 募 を 期 待 したい と 思 います

2 2 国 際 看 護 No.493/ Activity Report 看 護 管 理 に 関 する 帰 国 後 の 行 動 計 画 の 立 案 平 成 27 年 度 JICA 看 護 管 理 研 修 /その2 q 多 彩 なプログラム 9か 国 12 名 の 研 修 員 は 10 月 2 日 のJICAでのオリエ ンテーション インセプションレポートの 発 表 を 終 えると 直 ちに 本 格 的 な 研 修 に 入 りました 誌 面 の 関 係 で 詳 細 は 紹 介 できませんので 日 程 を 追 って 講 義 演 習 見 学 等 の 主 題 及 び 講 師 名 施 設 名 のみ 紹 介 します 日 本 の 保 健 医 療 制 度 ( 渡 辺 良 久 東 海 大 学 ) 病 院 における 業 務 改 善 活 動 の 実 際 ( 海 老 名 総 合 病 院 ) 日 本 の 看 護 行 政 ( 松 野 文 恵 厚 生 労 働 省 ) 看 護 管 理 者 のマネジメントとリーダーシップ ( 縣 美 恵 子 日 大 板 橋 病 院 ) マネジメントのフレームワーク TQM&5S Kaizen ( 半 田 祐 二 朗 脳 神 経 疾 患 研 究 所 ) 日 本 看 護 協 会 の 概 要 活 動 ( 輪 湖 史 子 他 日 本 看 護 協 会 ) 患 者 満 足 とコミュニケーションスキル ( 相 部 博 子 ビーフォーシ ) MaINでみる 看 護 管 理 指 標 ( 太 田 加 世 C-FEN) 日 本 の 看 護 教 育 基 礎 教 育 ( 東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 ) 山 梨 県 笹 本 会 にお ける 地 域 の 保 健 医 療 サービス デーサービス/ 訪 問 看 護 / 訪 問 リハの 見 学 実 習 ( 笹 本 憲 男 望 月 弘 子 他 医 療 法 人 笹 本 会 ) 組 織 とコミュニケーション; ティーチングとコーチング / 組 織 効 率 を 高 めるス キル ( 諏 訪 茂 樹 東 京 女 子 医 科 大 学 ) 質 の 高 い 看 護 提 供 のスキルと 根 拠 ( 宮 原 多 枝 子 INFJ 技 術 参 与 ) 地 震 都 市 型 水 害 体 験 学 習 ( 本 所 防 災 館 ) 災 害 医 療 訓 練 参 加 ( 武 蔵 野 市 防 災 課 ) 災 害 看 護 ; 看 護 の 役 割 拡 大 と 責 務 ( 小 原 真 理 子 他 日 本 赤 十 字 看 護 大 学 ) 日 本 の 職 場 改 善 ;Fish Philosophy ( 高 橋 則 子 他 東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 付 属 病 院 ) カウン セリングとストレスマネジメント ( 朴 順 禮 慶 応 義 塾 大 学 ) TE-ARTE 手 から 始 まる 看 護 ハウス て あーて 東 松 島 の 創 設 と 活 動 ( 川 嶋 みどり/ 日 本 て あーてTE ARTE 推 進 協 会 ) 東 京 ディズニーラン ドの 顧 客 満 足 度 とは ( 渡 辺 良 久 ) 病 院 組 織 に 活 か すディズニーマネジメント ( 坂 本 嗣 郎 他 彩 の 国 東 大 宮 メディカルセンター) 組 織 開 発 看 護 の 質 向 上 のためのスキル;ネゴシエーション ( 齋 藤 由 利 子 上 都 賀 総 合 病 院 ) 看 護 管 理 能 力 の 向 上 ; 根 拠 に 基 づく 実 践 とデータの 活 用 / 看 護 管 理 過 程 と 目 標 管 理 ( 木 村 チヅ 子 INFJ 技 術 参 与 ) その 他 病 院 実 習 後 には 次 のような 講 義 演 習 も 行 われました 現 任 教 育 における 院 内 教 育 策 定 の 方 法 1 2 ( 猪 又 克 子 谷 口 陽 子 北 里 大 学 病 院 ) アクションラー ニング ( 清 宮 普 美 代 小 森 谷 祐 司 日 本 アクション ラーニング 協 会 ) q 病 院 実 習 /フィールドラーニング 以 上 のような 講 義 演 習 見 学 を 終 えた 後 今 次 研 修 の 大 きな 核 心 でもある6 日 間 にわたる 病 院 実 習 に 入 りました 各 病 院 の 病 院 実 習 をご 担 当 いただく 教 育 担 当 師 長 や 担 当 者 には 研 修 冒 頭 のインセプショ ンレポートで 各 国 の 保 健 医 療 状 況 や 看 護 事 情 につい て 研 修 員 から 予 備 知 識 をあらかじめ 報 告 してもらっ た 上 で 研 修 担 当 者 と 研 修 員 が 顔 を 合 わせ 研 修 内 容 の 説 明 や 研 修 への 期 待 要 望 等 を 交 え 情 報 交 換 を 行 いました 今 回 の 病 院 実 習 を 実 施 していただいた 病 院 は 慶 応 義 塾 大 学 病 院 東 京 女 子 医 科 大 学 病 院 日 本 大 学 医 学 部 付 属 病 院 東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 附 属 病 院 東 京 医 科 大 学 病 院 の5 施 設 でした 病 院 実 習 の 基 本 的 な 要 点 のみ 上 げれば 次 のようなことになりま すが 実 習 病 院 の 特 性 に 応 じて 様 々なプログラムを 策 定 し 実 施 していただきました 病 院 概 要 看 護 部 の 概 要 看 護 の 質 向 上 : 安 全 管 理 の 実 際 医 療 事 故 防 止 対 策 の 実 際 感 染 管 理 対 ディスカッションも 真 剣 でした 北 里 大 学 病 院 での 研 修 を 終 えて

3 国 際 看 護 No.493/ 策 の 実 際 質 評 価 と 看 護 記 録 等 看 護 提 供 方 式 と その 実 際 物 品 薬 剤 管 理 現 任 ( 継 続 ) 教 育 プ ログラム(クリニカルラダー) 入 退 院 管 理 研 修 員 によるプレゼンテーション 病 院 実 習 を 終 えてから 研 修 員 たちは 川 嶋 みどり 先 生 たちが 東 日 本 大 震 災 の 被 災 地 の 仮 設 住 宅 で 展 開 している 活 動 を 視 察 しました て あーて 東 松 島 では 川 嶋 みどり 先 生 たち 看 護 職 が 中 心 となって 被 災 者 への 支 援 を 行 ってきました なでしこ 茶 論 で は 手 を 用 いたケアも 実 践 されています とかく 不 安 と 孤 独 に 打 ちひしがれがちな 被 災 者 の 心 に 寄 り 添 う ようなケアとして 私 たちは 注 目 してきましたが 研 修 員 たちに 看 護 職 としての 活 動 の 意 義 が 深 く 胸 に 伝 わったことは 言 うまでもありません q 帰 国 後 の 行 動 計 画 研 修 期 間 中 に 研 修 員 は 日 本 での 研 修 期 間 中 に 学 んだことを 手 掛 かりとして 帰 国 後 の 行 動 計 画 (ア クションプラン)を 立 案 することが 求 められていま した 研 修 期 間 中 には 適 時 に 行 動 計 画 立 案 のため の 指 導 が 実 施 され アクションプラン 発 表 会 の 直 前 の 数 日 間 は INFJの 運 営 委 員 や 関 係 者 の 指 導 によっ て 質 疑 応 答 を 繰 り 返 しながらアクションプランを 完 成 させました 研 修 員 は 今 回 の 研 修 で 何 を 学 び それを 自 国 に 持 ち 帰 ってどのような 改 善 を 試 みよう としているのか これを 知 ることはINFJにとっても 次 年 度 のプログラム 策 定 に 役 立 つことにもなります 研 修 員 が 日 本 の 研 修 で 何 をどのように 学 び それを 自 国 でどのように 生 かそうと 考 えているのか 興 味 深 い 事 柄 です 着 眼 点 も 大 きく 異 なっています アク ションプラン 発 表 会 では 発 表 者 ( 研 修 員 )に 対 し て 参 加 者 から 様 々な 意 見 が 出 されましたが ここで は 発 表 者 の 原 案 を 要 点 のみ 記 します ( 複 数 の 研 修 員 による 協 働 作 成 もあります 個 人 名 等 は 省 略 しまし た ) アクションプランの 構 成 1メインテーマ/ 帰 国 後 に 職 場 などで 取 り 入 れたい 普 及 したい もの こ と 2 目 標 / 期 待 できる 成 果 3 目 標 の 評 価 方 法 と 評 価 指 標 4 小 目 標 5 取 り 組 もうとしているテー マや 問 題 に 関 連 する 状 況 背 景 情 報 6 対 象 者 ( 人 グループ) 7その 他 このアクションプランの 実 施 ス ケジュール(7については 省 略 ) バングラデシュ 15Sの 実 践 2 安 全 な 環 境 で 生 産 性 を 向 上 させる 3 時 間 管 理 : 手 術 の 時 間 を 短 縮 させる チーム 内 で 会 話 促 進 4 ユニット 内 で5Sを 取 り 入 れる 5S 導 入 による 手 術 室 での 安 全 環 境 5 看 護 師 が 必 要 な 機 材 を 探 すのに 手 間 取 っているので 患 者 にかけるべ き 時 間 が 無 駄 にされている 手 術 医 や 麻 酔 医 との 関 係 も 悪 くなる これらによって 支 障 をきたしている 6 看 護 師 とスタッフ ミャンマー 1 感 染 管 理 手 指 衛 生 活 動 2 感 染 管 理 特 に 手 指 衛 生 により 看 護 の 質 が 改 善 される 3 手 指 衛 生 プ ログラム 実 施 前 後 の 看 護 師 の 手 指 衛 生 遵 守 率 を 比 較 する 手 指 衛 生 遵 守 率 が20% 向 上 する 4 現 在 の 看 護 師 手 指 衛 生 遵 守 率 を 評 価 する 手 指 衛 生 術 が 良 くできるようにする 教 育 後 に 看 護 師 の 手 指 衛 生 遵 守 率 を 再 評 価 する 5 手 指 衛 生 は 感 染 に 起 因 する 医 療 過 誤 を 防 ぐ 効 果 的 な 方 法 であり 手 指 衛 生 は 単 純 であり 費 用 対 効 果 が 高 い しかしわが 病 院 では 十 分 な 設 備 がないこと 看 護 師 の 不 足 仕 事 量 が 多 く 多 忙 といった 点 から 看 護 師 は 手 指 衛 生 が 苦 手 医 師 や 看 護 師 の 手 指 衛 生 に 関 する 研 究 調 査 や 研 修 事 業 は 存 在 しない ゆえに 上 記 を 起 案 6415 名 の 看 護 職 員 のうち 看 護 師 100 名 ( 準 ) 看 護 師 100 名 バングラデシュ 1 看 護 師 のコミュニケーション 2 大 学 病 院 の 内 科 外 来 受 診 患 者 の 満 足 度 が 上 がる 3 観 察 と 外 来 サー ビス 調 査 4 コミュニケーションスキルと 患 者 対 応 に 対 する 看 護 師 の 意 識 を 高 める 外 来 受 診 者 の 満 足 度 調 査 を 行 う ( 調 査 は 定 期 的 に 行 いスタッフのモ チベーションを 上 げ 評 価 のためのデータとする) 研 修 修 了 証 書 を 手 にJICAでの 閉 講 式

4 4 国 際 看 護 No.493/ 大 学 病 院 には5つの 診 察 室 があり 外 来 診 療 時 間 は 午 前 8 時 から 午 後 2 時 1 日 約 500~700 名 の 患 者 が 受 診 する 看 護 師 は 各 診 察 室 に1 名 が 配 属 され 受 付 バ イタルサインをとったり 医 師 の 診 察 介 助 をする そ の 際 看 護 師 がきちんと 対 応 しない 説 明 が 不 十 分 と いった 苦 情 が 来 る 6 大 学 病 院 の 内 科 外 来 の 看 護 師 5 名 スーパーバイザー1 名 フィジー 1 患 者 の 満 足 度 を5% 上 げる( 現 在 の 平 均 88%より) 2 病 院 で 患 者 に 最 もフレンドリーな 部 署 になる 3 患 者 満 足 度 の 調 査 クエスチョネア フォローアッ プ 4 患 者 の 満 足 度 を 維 持 する 患 者 とスタッ フ 間 で 良 いパートナーシップを 築 き 関 係 を 維 持 する 5 所 属 する 部 署 が 患 者 からの 苦 情 を 受 けている( 待 ち 時 間 が 長 い 医 療 サービスが 遅 い 看 護 師 は 患 者 の 問 題 に 対 応 してくれない など) 例 えばバスの 便 が 悪 く 朝 5:30に 病 院 に 着 いて 看 護 師 がトリアージ を 開 始 する7:30~8:00まで 待 つこともある 以 前 は 予 約 制 でも1 日 300~400 人 の 患 者 を 受 け 入 れてきた が 現 在 は 診 療 科 毎 に1 日 100 人 に 限 定 しようと 試 み ている 医 師 も 状 態 の 安 定 してきた 患 者 を 退 院 させ てコミュニティ 保 健 センターまたは 診 療 所 でフォ ローアップしてもらうようにしている 6 患 者 看 護 スタッフ 全 ての 病 院 スタッフ サモア 1 報 告 システム:インシデント/アクシデント 報 告 書 の 活 用 2インシデント/アクシデントを 適 切 に 報 告 することによって 患 者 の 安 全 性 を 高 める 3 イ ンシデント/アクシデント 報 告 書 が 活 用 されている かをモニタリングする インシデント/アクシデン ト 報 告 書 を 活 用 することにより 医 療 ミスを 把 握 でき 大 きなアクシデントを 防 止 できるようになる 4 ICUにおけるインシデント/アクシデントの 報 告 の 重 要 性 に 関 する 知 識 を 与 えて 理 解 してもらう ICU スタッフ 全 員 がインシデント/アクシデントを 報 告 することができる ICUにおいてインシデント/ア クシデント 報 告 のシステムを 実 施 する 5 病 院 には 既 にインシデント/アクシデント 報 告 書 のフォー マットが 存 在 するが 積 極 的 に 活 用 されていないとい うのが 問 題 患 者 の 転 倒 打 撲 といった 事 故 が 多 い 看 護 師 による 誤 薬 も 多 く 輸 血 時 のミスもある イン シデント/アクシデントが 発 生 した 場 合 関 係 する 看 護 師 師 長 及 び 患 者 ( 家 族 )と 医 師 が 口 頭 で 状 況 説 明 をして 対 処 してきた 患 者 ( 家 族 )が 納 得 した 場 合 には 医 師 がカルテに 記 載 するのみであった 納 得 しない 場 合 に 病 院 長 や 保 健 大 臣 にまで 訴 えが 及 ぶ 場 合 もある 6 副 看 護 部 長 安 全 管 理 委 員 会 看 護 師 医 師 ラオス 1 病 院 救 急 室 の 看 護 業 務 の 調 整 2 看 護 師 の 業 務 が 整 理 されて( 効 率 的 になり) 看 護 師 の 満 足 度 ととも に 時 間 的 余 裕 をもって 質 の 高 いケアが 実 践 できる 3 個 別 インタビュー(ポジティブな 意 見 が75% 以 上 得 られることが 目 標 値 ) チェックリスト 事 前 事 後 のテスト 4 救 急 室 の 時 間 管 理 予 期 せぬ 緊 急 事 態 に 対 応 するためのチームシステムを 立 ち 上 げる 救 急 室 の 看 護 の 質 を 向 上 させる 5 病 院 の ERは 内 科 外 科 小 児 科 を 対 象 としており 準 救 急 ケースや 外 来 で 待 てない 患 者 と 救 急 ケースを 扱 って いる 看 護 師 は2 名 の 師 長 を 含 む15 名 と 事 務 3 名 勤 務 体 制 は3 交 替 で 日 勤 は5 名 準 夜 勤 3 名 夜 勤 3 名 一 日 の 患 者 は 約 60 名 ERのピークは16:00-22:00 ラオスには 緊 急 通 報 システムはなく 緊 急 時 には NGOの 救 急 サービス(レスキューチーム)に 電 話 す るが レスキューチームは 事 前 に 病 院 に 連 絡 を 入 れ ることなく 患 者 を 搬 送 してくる よって 看 護 師 の 勤 務 体 制 は 不 安 定 である 規 定 どおりの 業 務 体 制 では なく 緊 急 時 の 業 務 に 対 応 しなければならない 場 合 も 多 い 政 府 による 会 議 などに 医 師 や 看 護 師 が 救 護 チームとして 時 間 外 勤 務 を 余 儀 なくされる 場 合 も 多 い 自 治 体 からの 依 頼 でサーベイランスや 統 計 への 協 力 処 方 箋 の 請 求 書 作 成 といった 業 務 もある 6 15 名 のERの 看 護 師 ミクロネシア 1 評 価 システムと 人 材 開 発 2 看 護 評 価 を 通 じて 看 護 師 が 看 護 ケアサービスにおいてモチベーションが 上 がり 情 熱 をもつようになる 3 チェックリスト により 看 護 師 が 強 み 弱 みを 基 に 評 価 されるように なる OSCE/OSPEにより 看 護 師 が 自 分 のコンピテ ンシーを 明 確 にし 向 上 するためのフィードバック アドバイスを 受 けられるようになる アンケートに より 看 護 師 は 自 己 評 価 することができる 4 各 看 護 師 の 目 標 を 基 に 具 体 的 な 学 びのニーズを 把 握 しさ らなる 学 びの 必 要 な 場 合 には それを 認 識 する 各 看 護 師 に 成 長 満 足 できる 機 会 が 提 供 される 5 看 護 師 のスキル 能 力 を 評 価 する 評 価 システムがない 職 務 規 定 はあるが レベル( 看 護 師 < 準 > 看 護 師 アドバンスプラクティカル 看 護 師 )に 基 づいた 各 々 の 看 護 ケアが 提 供 されることはない この 評 価 シス テムを 作 成 することによって 看 護 師 はより 多 くの ことを 学 ぶことができ 看 護 ケアが 改 善 することに より 満 足 度 モチベーションが 上 がり 患 者 の 満 足 度 も 上 がるものと 確 信 している 6 看 護 師 看 護 管 理 者 看 護 協 会 / 医 師 会 共 同 委 員 会 のメンバー インドネシア 1 人 材 開 発 2レベル3の 看 護 師 の 能 力 調 整 3 書 面 による 質 問 票 :8 割 の 正 解 率 口 頭 による 質 問 :8 割 の 正 解 率 チェックリスト: 全 ての 評 価 対 象 にお いてよい 評 価 が 得 られていること ポートフォリオ 評 価 : 標 準 基 準 に 達 していること 4 看 護 レベル 3 能 力 に 適 しているか 評 価 する 看 護 レベル3に 求 め られている 能 力 と 実 際 との 差 を 分 析 する 5スキル 及 び 能 力 に 基 づかない 看 護 スタッフの 評 価 システム は 看 護 業 務 を 遂 行 する 際 看 護 の 質 や 業 務 の 質 を 下 げることになる ( 弱 点 : 新 人 看 護 師 のモチベーショ ンの 欠 如 等 強 み:スキルと 能 力 に 基 づく 新 しい 評

5 国 際 看 護 No.493/ 価 システムは 看 護 部 長 らの 後 押 しがある パフォー マンスに 基 づく 評 価 は 看 護 師 長 から 後 押 しがある 等 ) 6630 名 の 看 護 師 ( 看 護 レベル3) パラオ 1 人 事 評 価 システム 2 看 護 師 の 評 価 が 年 に3 回 行 わ れるようになる 3 評 価 システムの 実 施 スタッ フと 管 理 職 との 相 互 コミュニケーション オープン で 自 由 な 流 れのコミュニケーション スタッフの 満 足 度 の 増 加 4 看 護 管 理 における 人 事 評 価 システ ムの 価 値 の 認 識 評 価 基 準 の 作 成 人 事 評 価 シス テムの 開 始 5 中 央 政 府 の 評 価 は 昇 給 と 昇 進 / 降 格 のためであり 看 護 師 は 年 に 一 度 しか 評 価 されない 新 たな 人 事 評 価 システムでは 自 分 のキャリアパス やプランを 聞 かれる また 何 が 期 待 されるかも 伝 え られ 上 司 に 何 を 期 待 するかを 伝 える 機 会 ともなる 年 度 途 中 の 評 価 には 目 標 が 示 される 等 6 看 護 師 7 名 モンゴル 1 感 染 管 理 ポケットマニュアル 2 感 染 管 理 の 知 識 スキル 態 度 を 得 て 看 護 職 員 のリスクを 減 らす 3PDCAサイクル 4 感 染 管 理 の 看 護 を 標 準 化 す る 看 護 スキルが 向 上 する リスクが 減 る 5 病 院 にはマニュアルはあるが 大 きくて 使 われていない 病 院 の 環 境 は 感 染 に 関 して 不 十 分 である 新 生 児 の 静 脈 炎 尿 路 感 染 など 明 らかに 感 染 管 理 の 不 徹 底 が 原 因 の 感 染 が 生 じている ポケットマニュアルが 必 要 とされる 所 以 である 6スタッフ 看 護 師 及 び 助 産 師 100 名 インドネシア 1 病 院 での 質 の 高 い 看 護 サービスの 提 供 2シニア 看 護 師 の 行 動 変 化 3 評 価 指 標 として 他 の 医 療 職 種 の 満 足 度 調 査 やシニア 看 護 師 のチェックリスト 目 標 評 価 として70%のシニア 看 護 師 の 研 修 修 了 後 の 満 足 度 及 び 行 動 変 化 のレビュー 4 職 業 人 としての 行 動 と 態 度 の 標 準 化 専 門 職 業 人 の 意 識 を 身 に 付 け たシニア 看 護 師 の 増 大 5 病 院 はJCIの 承 認 を 得 た にもかかわらず とりわけシニア 看 護 師 は 他 職 種 か ら 不 評 を 買 っている その 理 由 は シニア 看 護 師 が 適 切 な 業 務 手 順 を 守 らず コミュニケーションが 悪 く 協 働 意 識 が 薄 いために 患 者 にも 不 評 である そこで 看 護 部 門 では 全 ての 看 護 師 に 対 して 専 門 職 業 人 としての 意 識 をもつようなプログラムを 策 定 する 必 要 に 迫 られている 6283 名 の 臨 床 看 護 師 (レベル 3=263 名 レベル4=20 名 ) 研 修 員 は 研 修 最 終 日 の11 月 26 日 ( 木 )アクション プランを 発 表 しました 研 修 病 院 の 研 修 担 当 者 の 他 関 係 者 の 方 々からの 質 問 を 受 けたり 意 見 交 換 が 行 わ れました その 後 閉 講 式 が 行 われ JICA 及 び INFJ 清 水 理 事 長 から 修 了 証 書 が 手 渡 されました 特 別 寄 稿 中 国 寧 夏 地 域 衛 生 サービスステーションの 視 察 報 告 小 倉 奨 学 基 金 奨 学 生 からのレポート<その1> 楊 玉 麗 < 監 修 校 閲 > 呉 小 玉 筆 者 は 中 国 では 過 去 14 年 間 看 護 師 の 仕 事 をしてい ました その 後 日 本 の 大 学 に 留 学 し 2011 年 からは1 年 間 の 看 護 研 究 員 その 後 2 年 間 の 修 士 課 程 に 在 籍 し て 看 護 学 修 士 を 取 得 し 帰 国 しました 現 在 は 寧 夏 医 科 大 学 付 属 腫 瘍 病 院 に 勤 務 しています 私 は 修 士 論 文 を 執 筆 するために 中 国 の 寧 夏 地 域 サービスステーションに 赴 き 研 究 のために 様 々な 経 験 を 積 みました 今 回 はINFJの 国 際 看 護 編 集 室 の 依 頼 に 基 づき 日 本 との 比 較 も 交 えてこの 経 験 を 記 しました なおこの 原 稿 内 容 は あくまで 私 個 人 の 見 解 に 基 づくものであることをお 断 りしておきます また 本 稿 は 呉 小 玉 先 生 ( 兵 庫 県 立 大 学 教 授 )の 監 修 校 閲 をいただきましたので タイトル 頁 にお 名 前 を 併 記 させていただきました 中 国 には 制 度 としての 訪 問 看 護 や 在 宅 看 護 はなく この 地 域 衛 生 サービスステーションが 地 域 を 視 野 に 入 れた 唯 一 の 医 療 機 関 であり 強 いて 言 えば 日 本 の 市 町 村 保 健 センターに 相 当 すると 考 えていいと 思 います ( 編 集 室 注 1: 中 国 寧 夏 は 中 国 の 寧 夏 回 族 自 治 区 黄 河 中 域 に あり 東 は 陝 西 省 北 は 内 蒙 古 自 治 区 南 は 甘 粛 省 と 隣 接 している 首 都 は 銀 川 人 口 約 7800 万 人 人 口 の 三 分 の 一 をイスラム 教 徒 回 族 が 占 め その 他 満 州 族 等 の 少 数 民 族 が 居 住 する 注 2: 執 筆 者 の 楊 玉 麗 さんは 平 成 25 年 度 小 倉 一 春 記 念 国 際 看 護 奨 学 基 金 奨 学 生 である ) q 視 察 施 設 の 概 要 視 察 期 間 :2013 年 8 月 19 日 ~2013 年 8 月 30 日 視 察 場 所 : 中 国 寧 夏 の 天 盛 衛 生 サービスステーショ ン 景 墨 衛 生 サービスステーション 視 察 時 の 指 導 者 : 各 ステーション 長 張 氏 ( 天 盛 ) 王 氏 ( 景 墨 ) 1 天 盛 衛 生 サービスステーション: 2006 年 に 設 立 職 員 は 医 師 4 名 ( 老 人 科 中 医 科 小 児 科 全 科 医 者 1 名 ) 看 護 師 4 名 (ステーション 長 小 児 科 1 名 外 科 1 名 内 科 1 名 ) 全 部 で8 名 で 所 属 のエリアは5つである 所 属 の 住 民 は20,159 人 男 性 は10,098 人 女 子 10,061 人 0-6 歳 児 2,156 人 65 歳 以 上 老 人 は2,392 人 障 害 者 96 人 高 血 圧 症 500 人 糖 尿

6 6 国 際 看 護 No.493/ 病 94 人 精 神 疾 患 11 人 である 学 校 : 小 学 校 1 校, 中 学 校 1 校, 大 学 校 1 校 幼 稚 園 5つである 医 療 機 関 : 病 院 3 クリニック6 薬 店 11 特 徴 は 石 油 老 人 エリア と 軍 人 老 人 エリア が あり 集 団 なので 健 康 管 理 しやすい ( 編 集 室 注 : 石 油 老 人 エリア 軍 人 老 人 エリア とは かつて 石 油 関 係 の 工 場 もしくは 軍 人 として 勤 務 した 人 たちが 定 年 退 職 後 に 居 住 しているエリアのこと ) 2 景 墨 衛 生 サービスステーション: 2009 年 に 設 立 職 員 は 医 師 3 名 ( 新 任 医 師 2 名 持 病 1 名 ) 看 護 師 4 名 であり 所 属 のエリアは9つである 所 属 の 住 民 は34,260 人, 男 性 16,760 人 女 性 17,500 人 0-6 歳 児 3,118 人 65 歳 以 上 老 人 は7,000 人 障 害 者 68 人 高 血 圧 症 242 人 糖 尿 病 40 人 精 神 疾 患 9 人 である 学 校 : 小 学 校 4 校, 中 学 校 5 校, 幼 稚 園 7つである 医 療 機 関 : 病 院 2 クリニック8 薬 店 10 特 徴 は 人 口 の 異 動 が 多 く 健 康 管 理 指 導 が 実 施 しにくいこと である 上 記 2つのステーションは 寧 夏 医 科 大 学 付 属 病 院 と 寧 夏 疾 病 コントロールセンターの2 箇 所 に 所 属 して いる 職 員 は 寧 夏 医 科 大 学 付 属 病 院 から 派 遣 されて おり その 業 務 は 寧 夏 疾 病 コントロールセンターで 管 理 されている これは 公 務 員 が 配 置 されている 日 本 の 保 健 所 とは 異 なる 点 である 3 衛 生 サービスステーションの 職 務 内 容 : 住 民 健 康 台 帳 管 理 健 康 教 育 予 防 接 種 小 児 健 康 母 性 保 健 結 婚 前 の 健 康 管 理 老 人 管 理 慢 性 病 管 理 精 神 病 管 理 リハビリテーション 疾 病 コントロール その 他 学 校 レストラン 美 容 院 などに 対 する 衛 生 監 督 を 行 うことである q 視 察 の 概 要 主 な 視 察 の 内 容 は 以 下 のとおりである 1 天 盛 衛 生 サービスステーションの 視 察 来 室 者 の 大 半 は 血 圧 を 測 るための 老 人 である 1 日 平 均 人 数 は15 人 であり 点 滴 目 的 の 来 室 者 は2~3 人 ぐらいで 抗 菌 点 滴 とカルシウム 点 滴 の 人 が 多 い 感 染 とカルシウム 検 査 データを 確 認 する 必 要 がなく 病 院 で 医 師 の 処 方 があればだれでも 点 滴 できる 風 邪 薬 を 買 いに 来 る 来 室 者 が3~4 人 健 康 諮 問 8~10 人 薬 に 関 する 指 導 を 受 ける 住 民 が3~5 人 幼 稚 園 や 小 学 校 に 入 園 入 学 するためには 小 児 予 防 接 種 カード が 必 須 であり カード 紛 失 に 伴 う 再 発 行 手 続 に 来 室 する 親 が 多 い 2 景 墨 衛 生 サービスステーションの 視 察 観 察 内 容 は 天 盛 とほぼ 同 じである 天 盛 との 違 い の1つは 時 々 各 エリアからの 乳 児 を 担 当 している 職 員 がステーションの 乳 児 情 報 を 写 しに 来 ることで ある 王 ステーション 長 によると この 情 報 共 有 が 各 エリアの 母 子 保 健 の 基 礎 になる もう1つの 違 い は 景 墨 ステーションでは 点 滴 ができないことである 看 護 師 は 予 防 接 種 以 外 の 時 間 に 産 婦 家 庭 を 訪 問 し たり 学 校 幼 稚 園 へ 出 かけて 健 康 指 導 をするため 点 滴 をする 時 間 がないことが 理 由 である 3 2つの 衛 生 サービスステーションの 特 徴 2つの 地 域 では 火 水 曜 日 が 小 児 予 防 接 種 の 日 と 決 められている 天 盛 で8 月 20 日 の 午 前 中 には120 名 の 小 児 に 8 月 22 日 には80 名 の 小 児 に 予 防 接 種 が 行 われた この 予 防 接 種 活 動 ( 記 録 と 接 種 )は4 人 の 看 護 師 で 行 われた 3 人 が 記 録 を 担 当 し 1 人 が 接 種 を 担 当 した 予 防 接 種 を 担 当 した 看 護 師 は20 年 間 小 児 科 での 経 験 があり 大 変 優 れた 技 術 を 持 っている 接 種 を 終 えると 家 族 に 水 をたくさん 飲 ませ よく 観 察 してください など 注 意 事 項 を 詳 しく 説 明 していた 景 墨 では 8 月 27 日 には 約 400 名 の 小 児 に 8 月 29 日 には200 名 の 小 児 に 予 防 接 種 が 行 われた この 予 防 接 種 活 動 ( 記 録 と 接 種 )は 職 員 全 員 で 行 っていた 看 護 師 2 人 が 接 種 を 担 当 した この 程 度 の 予 防 接 種 件 数 は 通 常 の 現 象 であるとステーション 長 は 説 明 してい る 朝 から 夕 方 までステーションの 外 まで 接 種 対 象 者 が 長 く 並 んで 順 番 を 待 っていた 中 国 の 接 種 ワクチンには 無 料 接 種 のワクチンと 自 費 接 種 ワクチンがある 無 料 接 種 ワクチンは 以 前 6 種 類 であったが 現 在 は13 種 類 に 増 加 している これ は 国 家 が 強 制 的 に 接 種 させるワクチンである 具 体 的 な 内 容 はBCG OPV DPT MV HBV MR MM MMRなどである このうちHBVは 日 本 では 行 われていない 赤 ちゃんの 予 防 接 種 の 様 子

7 国 際 看 護 No.493/ 自 費 ワクチンの 内 容 は 肺 炎 やインフルエンザなど である 値 段 は 自 国 製 と 外 国 製 によって 異 なる 通 常 は 外 国 製 のワクチンの 方 が 高 い 家 庭 の 経 済 状 況 により 自 費 のワクチンを 接 種 するか 否 かを 選 択 して いる 場 合 が 多 い q 筆 者 自 身 が 参 加 した 内 容 1 所 属 石 油 エリアでは 高 血 圧 と 糖 尿 病 について の 健 康 講 座 に 参 加 した この 講 座 は 天 盛 衛 生 サービ スステーションが 主 催 したものである 講 師 は 寧 夏 医 科 大 学 付 属 病 院 の 薬 剤 師 であり 参 加 した 住 民 は 72 人 の 老 人 であり 講 座 が 終 わった 後 52 人 の 老 人 に 無 料 で 血 圧 と 血 糖 を 測 り 66 人 の 老 人 にはコレステ ロール 値 を 測 っていた 筆 者 は 老 人 たちに 講 座 の 場 所 を 案 内 し 健 康 指 導 をしたり 活 動 場 面 の 秩 序 を 維 持 したり 健 康 パン フレットを 配 布 した このエリアの 管 理 者 の 話 によ ると このエリアの 住 民 は280 世 帯 であり そのうち 老 人 世 帯 は220である また 独 居 老 人 たちの 世 話 につ いての 話 では 最 近 ある 独 居 老 人 が 生 活 困 難 で 親 戚 の 家 に 移 動 したとの 話 が 出 ていた またある 老 人 が 孤 独 死 したが 発 見 は 相 当 の 日 数 がたってからであっ たとのことである 私 は 日 本 における 地 域 の 独 居 老 人 対 策 も 紹 介 した 例 えば 日 本 の 老 人 たちはグループとして 互 いに 協 力 して 見 守 っていることを 紹 介 した この 地 域 の 管 理 者 は 自 分 のエリアでそのような 老 人 がお 互 いに 支 援 しあうなど 少 なくとも 孤 独 死 に 対 応 する 方 法 を 検 討 する 必 要 がある その 場 所 で ある73 歳 の 女 性 老 人 と 日 常 生 活 につ いての 話 をすることができた 自 分 の 家 は 天 盛 衛 生 サービスステーションに 近 いので いつでも 血 圧 を 測 定 したり 健 康 指 導 をしてもらうことができ 重 い 病 気 でなければ 病 院 へ 行 く 必 要 がない 病 院 より 便 利 で 安 いという 利 点 があると 話 していた また ある79 歳 の 男 性 老 人 は 元 気 ですね と 筆 者 が 挨 拶 をしたら そうですか と 嬉 しそうな 顔 で 応 え 健 康 飲 料 品 を 飲 んでいるよ と 言 った そ の 飲 料 品 の 名 前 は 知 っていますか? と 聞 くと わ からない と 答 え どこで 買 ったのか と 聞 くと 薬 品 店 で 買 った 尿 を 検 査 した 後 尿 の 中 にがん 細 胞 があると 言 われてその 健 康 飲 料 品 を 勧 められ 3 年 間 ずっと 飲 み 続 けている と 答 えた 筆 者 は がん 細 胞 があるかどうか 病 院 で 検 査 したほうがいい と 提 案 した 活 動 の 後 ステーション 長 にその 男 性 のことを 話 したら がんの 予 防 について 住 民 たちの 知 識 が 足 り ないと 言 っていた がんについての 健 康 講 座 の 強 化 や がんの 予 防 健 康 教 育 が 将 来 の 課 題 であると 認 識 した 2 天 盛 での 予 防 接 種 日 には 子 供 を 連 れてきた 両 親 家 族 を 支 援 して 子 供 の 接 種 する 姿 勢 を 調 整 した 接 種 の 対 象 者 は 生 後 1か 月 から6 歳 までの 子 供 である 小 児 科 の 看 護 師 は 家 庭 訪 問 を 通 して 家 族 と 信 頼 関 係 を 作 った 上 で 育 児 指 導 し 予 防 接 種 をし ている 小 児 科 医 が 子 供 の 検 査 をする 時 筆 者 もで きるだけ 手 伝 った 例 えば 検 査 データの 記 録 とか 子 供 の 姿 勢 を 調 整 したりした 筆 者 は 育 児 について のいろいろな 話 を 聞 いて 大 変 いい 勉 強 になった 景 墨 では 予 防 接 種 日 には 注 射 担 当 の 看 護 師 が 行 うワクチンの 注 射 の 準 備 を 手 伝 い ワクチンをアイ ス 台 の 上 に 用 意 した ワクチンの 管 理 については 厳 しい 要 求 があることがわかった 小 児 を 連 れてきた 家 族 にプロセスを 説 明 したり 記 録 をとったりして 予 防 接 種 の 忙 しさを 体 験 した 3 天 盛 では 中 医 の 専 門 医 と 高 血 圧 患 者 の 健 康 相 談 の 場 面 に 参 加 した 患 者 が 使 っている 薬 は 北 京 降 圧 片 という 漢 方 薬 で 高 血 圧 によく 効 くとのエビ デンスがある 高 血 圧 症 の 罹 患 率 に 基 づき このス テーションが 管 理 している 高 血 圧 の 住 民 は2,000 人 と 決 められているが 職 員 不 足 のため 現 在 管 理 してい る 高 血 圧 の 住 民 は500 人 である この500 人 の 健 康 台 帳 を 作 って 定 期 に 家 庭 訪 問 あるいは 電 話 でフォロー アップすることにより 高 血 圧 住 民 の 健 康 を 守 ってい る 4 8 月 22 日 午 後 翌 日 の 講 座 のために 張 ステー ション 長 と 一 緒 に 隣 の 石 油 エリアに 入 って 石 油 エ リアの 管 理 者 と 講 座 について 相 談 した 7 8 人 の 老 人 が 元 気 そうな 顔 で 大 きな 声 で 歌 っていた 張 ス テーション 長 は 住 民 に 会 うと 親 切 に 挨 拶 をしていた Aさん 最 近 の 血 糖 はどう? Bさん 血 圧 のコ ントロールはどう? と 尋 ねると 住 民 たちも 笑 顔 で 挨 拶 して 家 族 同 士 のような 感 じであり これは 最 高 の 信 頼 関 係 だと 思 われた 市 民 館 に 老 人 食 堂 が あり 自 分 で 料 理 のできない 老 人 は 便 利 にここを 利 用 できる このエリアにはいろいろな 便 民 施 設 がある 例 えば 美 容 院 商 店 家 事 代 理 店 などがあり ど れも 訪 問 サービスが 可 能 である 値 段 も 安 いし 老 人 たちが 利 用 しやすいのだと 館 長 は 言 っていた 娯 楽 室 では 老 人 たちが 碁 を 打 ったり マージャンをし たりしている 姿 が 見 られた みんな 楽 しそうな 表 情 が 見 られた このエリアの 管 理 者 は 老 人 たちの 生 活 に 工 夫 をし てきたのだ 館 長 は 天 盛 衛 生 サービスステーショ ンは 定 期 にエリアの 住 民 に 健 康 講 座 を 行 い 月 に2 回 ぐらい 住 民 にありがちな 病 気 ( 例 えば 高 血 圧 糖 尿 病 風 邪 四 季 性 疾 患 など)の 予 防 治 療 療 養 上 の 健 康 講 座 を 開 催 して 住 民 を 支 援 している と 言 っていた (つづく)

8 8 国 際 看 護 No.493/ 公 益 財 団 法 人 国 際 看 護 交 流 協 会 小 倉 一 春 記 念 国 際 看 護 奨 学 基 金 平 成 28 年 度 奨 学 生 募 集 要 項 ( 応 募 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 ~5 月 15 日 ) 公 益 財 団 法 人 国 際 看 護 交 流 協 会 小 倉 一 春 記 念 国 際 看 護 奨 学 基 金 は 次 の 要 領 により 平 成 28 年 度 奨 学 生 を 募 集 します 1. 奨 学 金 給 付 の 目 的 と 性 格 本 基 金 は 保 健 医 療 看 護 は 国 籍 や 人 種 の 別 なく 全 人 類 の 共 通 の 課 題 であるとの 考 え 方 を 基 本 に 昭 和 46 年 に 設 立 された 財 団 法 人 国 際 看 護 交 流 協 会 の 創 設 者 故 小 倉 一 春 氏 の 遺 志 を 継 承 した 小 倉 啓 子 氏 の 寄 附 に よって 平 成 23 年 4 月 に 設 けられました 国 際 看 護 を 学 ぶ 優 秀 な 大 学 院 生 で 経 済 的 な 理 由 により 修 学 困 難 な 者 に 対 して 奨 学 金 の 給 付 を 行 い 国 際 社 会 に 貢 献 する 有 用 な 人 材 を 育 成 することを 目 的 としています 奨 学 金 は 給 付 であり 返 済 の 必 要 はありません 2. 奨 学 生 の 資 格 1 奨 学 生 は 日 本 国 内 の 大 学 院 ( 修 士 課 程 博 士 課 程 専 門 職 大 学 院 )に 在 学 する 者 で 国 際 看 護 を 専 攻 履 修 する 者 この 場 合 国 際 看 護 とは 国 際 保 健 国 際 協 力 国 際 交 流 など 広 い 考 え 方 を 含 めます 2 平 成 28 年 4 月 に 入 学 を 許 可 された 者 及 び 平 成 27 年 秋 期 に 入 学 した1 年 次 在 籍 者 3 他 の 奨 学 金 の 貸 与 給 付 を 受 けていても 受 給 資 格 はあります 3. 奨 学 金 の 給 付 期 間 及 び 給 付 額 給 付 時 期 1 奨 学 金 を 給 付 する 期 間 は 大 学 院 ( 修 士 課 程 博 士 課 程 専 門 職 大 学 院 ) 在 籍 開 始 から2 年 間 を 限 度 と します 但 し 同 じ 者 が 両 課 程 を 通 して 給 付 を 受 ける ことはできません 2 奨 学 金 の 額 は 月 額 6 万 円 ( 年 間 72 万 円 )です 平 成 28 年 4 月 入 学 者 は 奨 学 生 となることが 決 定 後 (6 月 下 旬 の 予 定 ) 4 月 に 遡 って 給 付 します 平 成 27 年 秋 期 入 学 者 は 平 成 28 年 4 月 からの 給 付 開 始 にな りますので 給 付 期 間 は1 年 6か 月 間 です 1 年 課 程 の 大 学 院 の 場 合 の 給 付 期 間 は1 年 間 です 3 奨 学 生 となることが 決 定 次 第 必 要 書 類 を 提 出 して いただきます その 上 で 奨 学 金 年 額 を2 回 (7 月 10 月 )に 分 けて 奨 学 生 指 定 の 振 込 先 口 座 に 振 込 みます 4. 平 成 28 年 度 募 集 人 数 20 名 5. 願 書 提 出 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から5 月 15 日 ( 消 印 有 効 ) 6. 奨 学 金 申 請 時 の 提 出 書 類 奨 学 金 志 望 者 は 次 の 書 類 を 下 記 事 務 局 まで 郵 便 にて 送 付 してください なお 応 募 書 類 は 返 却 しません 1 奨 学 生 願 書 ( 様 式 1) 2 履 歴 書 ( 様 式 2) 3 研 究 計 画 書 ( 様 式 3) 4 推 薦 書 ( 様 式 4) 5 当 該 課 程 の 在 学 証 明 書 上 記 4の 推 薦 者 は 在 籍 していた 大 学 の 教 官 勤 務 していた 施 設 の 上 司 大 学 院 の 教 官 など 志 望 者 の 進 学 に 理 解 を 示 している 者 1 名 推 薦 書 は 推 薦 者 記 入 後 封 印 ( 厳 守 )したものを 願 書 等 と 一 緒 に 提 出 してください 7. 奨 学 生 の 選 考 通 知 1 奨 学 生 選 考 委 員 会 の 選 考 を 経 て 決 定 します 2 選 考 結 果 は 本 人 に 直 接 通 知 します( 平 成 28 年 6 月 下 旬 予 定 ) 3 選 考 結 果 に 関 するお 問 合 せには 応 じられません 8. 奨 学 生 願 書 等 の 取 得 方 法 応 募 方 法 1 下 記 公 益 財 団 法 人 国 際 看 護 交 流 協 会 のホームページ の 小 倉 一 春 記 念 国 際 看 護 奨 学 基 金 から 平 成 28 年 度 募 集 要 項 をご 覧 いただき 応 募 書 類 ( 様 式 1 ~4)をA 4 用 紙 にプリントアウトしてください 公 益 財 団 法 人 国 際 看 護 交 流 協 会 ホームページ URL:http://www.infj.or.jp 2 応 募 書 類 は 黒 インキ 黒 ボールペンによる 手 書 きと します 但 し 研 究 計 画 書 はワープロ 使 用 可 とし ます 3 必 要 事 項 を 記 入 して 必 要 書 類 を 一 括 して 角 2 封 筒 に 同 封 の 上 郵 便 にて 下 記 までお 送 りください 応 募 書 類 の 送 付 先 東 京 都 千 代 田 区 九 段 南 九 段 宝 生 ビル201 公 益 財 団 法 人 国 際 看 護 交 流 協 会 小 倉 一 春 記 念 国 際 看 護 奨 学 基 金 奨 学 生 募 集 係 9.お 問 合 せ 先 ( 事 務 局 ) 下 記 メールアドレスあてお 問 合 せください 公 益 財 団 法 人 国 際 看 護 交 流 協 会 小 倉 一 春 記 念 国 際 看 護 奨 学 基 金 / 奨 学 生 募 集 担 当 粕 川 継 廣 電 話 FAX 個 人 情 報 保 護 について 小 倉 一 春 記 念 国 際 看 護 奨 学 基 金 の 事 業 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 は 当 基 金 の 奨 学 生 選 考 奨 学 事 業 に 限 定 して 使 用 します また 奨 学 生 に 関 する 情 報 は 厳 重 に 管 理 し 個 人 情 報 の 保 護 には 万 全 を 期 します

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準

公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準 2016 年 度 認 定 看 護 師 教 育 課 程 募 集 要 項 認 知 症 看 護 慢 性 心 不 全 看 護 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において

More information

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 細 則 (2011 年 9 月 ) 目 次 1. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 2. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 3. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 会 費 規 則 ( 定

More information

DPCデータの 経営戦略への応用

DPCデータの 経営戦略への応用 DPCデータの 経 営 戦 略 への 応 用 産 業 医 科 大 学 公 衆 衛 生 学 教 室 松 田 晋 哉 医 療 の 質 とは 改 善 への インセンティブ 臨 床 の 質 治 療 成 果 に 関 連 する 指 標 安 全 性 に 関 連 する 指 標 経 営 の 質 経 営 の 効 率 性 に 関 連 する 指 標 経 営 の 安 全 性 に 関 連 する 指 標 制 度 の 質 公 平

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

研究の計画・方法

研究の計画・方法 外 来 患 者 を 対 象 とした 緩 和 ケアに 関 するニーズ 調 査 報 告 書 大 友 宣 1) 佐 野 かず 江 2) 橋 本 勉 3) 1) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 内 科 医 長 / 湘 南 国 際 村 クリニック 所 長 2) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 ケアセンター 所 長 3) 社 会 福 祉 法

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

はじめに 市 立 室 蘭 総 合 病 院 ( 以 下 市 立 病 院 という )は 平 成 9 年 6 月 に 現 在 地 へ 移 転 新 築 以 来 非 常 に 厳 しい 経 営 状 況 が 続 き 平 成 19 年 12 月 24 日 に 総 務 省 が 策 定 した 公 立 病 院 改 革 ガ

はじめに 市 立 室 蘭 総 合 病 院 ( 以 下 市 立 病 院 という )は 平 成 9 年 6 月 に 現 在 地 へ 移 転 新 築 以 来 非 常 に 厳 しい 経 営 状 況 が 続 き 平 成 19 年 12 月 24 日 に 総 務 省 が 策 定 した 公 立 病 院 改 革 ガ 市 立 室 蘭 総 合 病 院 新 経 営 改 革 プラン 点 検 評 価 報 告 書 ( 平 成 26 年 度 決 算 ) 平 成 27 年 8 月 市 立 室 蘭 総 合 病 院 経 営 改 革 評 価 委 員 会 はじめに 市 立 室 蘭 総 合 病 院 ( 以 下 市 立 病 院 という )は 平 成 9 年 6 月 に 現 在 地 へ 移 転 新 築 以 来 非 常 に 厳 しい 経 営

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 森 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 割 合 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 %

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D622991E58A77894093FC8E8E95E58F5797768D80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D622991E58A77894093FC8E8E95E58F5797768D80> 聖 心 女 子 大 学 University of the Sacred Heart, Tokyo 2017( 平 成 29) 年 度 大 学 院 文 学 研 究 科 学 生 募 集 要 項 ( 9 月 期 入 試 / 2 月 期 入 試 ) < 修 士 課 程 博 士 前 期 課 程 > 英 語 英 文 学 専 攻 日 本 語 日 本 文 学 専 攻 哲 学 専 攻 史 学 専 攻 社 会 文 化

More information

№ 平 成 24 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 スケジュール( 東 京 ) 平 成 24 年 4 月 報 告 者 報 告 予 定 月 項 目 判 決 言 渡 日 内 容 1 平 成 24 年 5 月 9 日 ( 水 ) 弁 護 士 天 野 康 弘 氏 不 慮 の 事 故 の 該 否 ( 睡 眠 剤 中 毒 によ る 死 亡 は 外 来 の 事 故 か) 東 京 地 判 平 23.5.30

More information

001平成28年度後期授業料免除について

001平成28年度後期授業料免除について 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 について * 授 業 料 免 除 申 請 と 同 時 に 受 付 ける 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度 ( 在 学 生 のみ)もあります * 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 入 学 料 免 除 入 学 料 徴 収 猶 予 及 び 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478> 総 合 診 療 専 門 プログラムについて 北 海 道 第 2 回 新 専 門 医 制 度 説 明 会 北 海 道 家 庭 医 療 学 センター 草 場 鉄 周 ( 日 本 専 門 医 機 構 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループ メンバー) 総 合 診 療 専 門 医 養 成 の 背 景 ( 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 より) 1. 特

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を 平 成 27 度 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 要 領 1. 提 出 書 類 平 成 27 度 免 除 ( 猶 予 ) 申 請 書 類 確 認 票 の1~25 項 目 中 の1~6 項 目 は 必 ず 提 出 し,7~25 項 目 は 該 当 する 全 ての 書 類 を 提 出 してください 2. 提 出 期 限 授 業 料 免 除, 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 の

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

1. 平 成 26 年 度 授 業 料 免 除 の 取 扱 いについて 今 年 度 の 主 な 変 更 点 1. 博 士 枠 の 設 置 について 現 行 の 免 除 選 考 枠 を 留 学 生 枠 留 学 生 以 外 枠 から 学 群 博 士 前 期 課 程 相 当 ( 留 学 生 ) 枠 学 群

1. 平 成 26 年 度 授 業 料 免 除 の 取 扱 いについて 今 年 度 の 主 な 変 更 点 1. 博 士 枠 の 設 置 について 現 行 の 免 除 選 考 枠 を 留 学 生 枠 留 学 生 以 外 枠 から 学 群 博 士 前 期 課 程 相 当 ( 留 学 生 ) 枠 学 群 平 成 26 年 度 版 授 業 料 免 除 申 請 書 類 学 群 大 学 院 共 通 申 請 期 限 : 第 1 期 分 平 成 26 年 5 月 30 日 ( 金 )( 厳 守 ) 第 2 期 分 掲 示 及 び 本 学 ホームページにてお 知 らせします (8 月 上 旬 頃 ) 申 請 場 所 : 対 応 支 援 室 学 生 支 援 教 務 へ 持 参 してください 1 平 成 26 年

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

北海道臨床工学技士会ニュース

北海道臨床工学技士会ニュース 2015-(1) 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース 2015 年 2 月 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース No.121 ホームページ http://hcea.umin.ac.jp 事 務 局 へのお 問 い 合 わせは 上 記 Homepage お 問 い 合 わせフォームより 発 行 人 : 室 橋 高 男 060-8543

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 学 手 続 等 8 12 ホームページ 10 13 問 い 合 わせ 先 10 願 書 等 の 記 入

More information

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ 第 4 部 施 策 の 展 開 1 妊 産 婦 乳 幼 児 への 保 健 対 策 の 充 実 < 現 状 と 課 題 > 地 域 で 母 子 が 安 心 して 生 活 するためには 妊 娠 出 産 産 後 における 地 域 での 切 れ 目 の ない 支 援 が 必 要 となります そのためには 医 療 機 関 行 政 NPO 関 係 団 体 等 が 密 接 に 関 わりながら 産 前 から の 相

More information

20141113(滋賀県)都道府県計画

20141113(滋賀県)都道府県計画 医 療 保 促 進 法 に 基 づく 滋 賀 県 計 画 平 成 26 年 10 月 滋 賀 県 - 2 - 1. 計 画 の 基 本 的 事 項 (1) 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 本 県 の 人 口 は 現 在 約 141 万 人 であり 全 国 でも 数 少 ない 人 口 増 加 県 であるが 平 成 27 年 (2015 年 )をピークとして 減 少 に 転 じると 見 込 まれている

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261 津 幡 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 人 件 費 率 23 年 度 人 37,549 12,760,557 199,134 2,173,562

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

2. 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 23 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 一 般 職 員 に 支 給 される 給 与 と 市 長 や 議 員 など 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 手 当 の 他 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 の 事 業 主 負 担

2. 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 23 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 一 般 職 員 に 支 給 される 給 与 と 市 長 や 議 員 など 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 手 当 の 他 共 済 費 ( 社 会 保 険 料 の 事 業 主 負 担 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1. 職 員 の 構 成 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 に 在 職 する 職 員 は 3,290 人 で 市 民 生 活 にかかわるさまざまな 仕 事 に 携 わっています 市 行 政 の 部 門 別 職 員 構 成 はグラフ1 職 種 別 の 職 員 構 成 はグラフ2のとおりです 部 門 別 職 員 構 成 3,290 3,421 3,374

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

3 実務研修内容【分野別】

3 実務研修内容【分野別】 6) 地 域 栄 養 分 野 地 域 栄 養 ( 項 目 番 号 :T21-101 T21-201) 科 目 名 生 活 習 慣 病 の 発 症 予 防 と 重 症 化 予 防 単 位 数 講 義 3 単 位 がん 循 環 器 疾 患 糖 尿 病 及 び COPD( 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 対 処 するため 一 次 予 防 に 重 点 を 置 いた 対 策 を 推 進 するとともに 合

More information

学生用マニュアル

学生用マニュアル 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム~ 奨 学 金 等 受 給 のための 手 引 き 派 遣 留 学 生 用 本 手 引 きは 全 国 コースを 基 準 に 作 成 しています 地 域 人 材 コースの 派 遣 留 学 生 は 地 域 協 議 会 在 籍 大 学 等 を 通 じてさらに 追 加 の 手 続 き 等 が 必 要 となる

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221)

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221) 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 仕 様 書 ( 委 託 業 務 の 名 称 ) 1 委 託 業 務 の 名 称 は 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 とする ( 趣 旨 ) 2 この 仕 様 書 は 志 摩 市 ( 以 下 市 という )における 水 道 事 業 の 検 針 及 び 徴 収 等 の 業 務 ( 以 下 本

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

program_0410.docx

program_0410.docx 太 田 総 合 病 院 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 特 徴 3. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 目 標 4. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 方 法 5. 専 門 研 修 の 評 価 について 6. 研 修

More information

<5461726F2D87403234303331328BA697CD88CB978A92CA926D2E6A7464>

<5461726F2D87403234303331328BA697CD88CB978A92CA926D2E6A7464> 柔 道 整 復 師 の 施 術 の 療 養 費 の 適 正 化 への 取 組 について 柔 道 整 復 師 の 施 術 の 療 養 費 ( 以 下 柔 整 療 養 費 という )については 平 成 21 年 11 月 の 行 政 刷 新 会 議 や 会 計 検 査 院 の 平 成 21 年 度 決 算 検 査 報 告 ( 平 成 22 年 11 月 )の 指 摘 ( 別 添 1 参 照 )を 踏 まえ

More information

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 事 業 計 画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 ( 以 下 慶 福 苑 という )は 利 用 定 100 床 の 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 及 び 利 用 定 4 床 の 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 所 としての 認 可 を 受 け 施 設 運 営 を 行 っています 平 成 27 年 度 国 の 介

More information

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル Contents 年 金 相 談 マニュアル 入 門 編 目 次 ( 入 門 編 ) 第 1 章 年 金 相 談 の 心 得... 1 1 相 談 担 当 職 員 としての 心 構 え... 3 2 一 般 的 な 相 談 の 対 応... 7 3 お 客 様 の 声 への 対 応... 17 4 個 人 情 報 保 護... 22 5 相 談 対 象 者 の 確 認...

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

(3) 職 員 の 昇 任 及 び 降 任 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 2 日 ~ 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 昇 任 部 長 級 課 長 級 主 幹 級 係 長 級 主 任 級 降 任 1 人 3 人 6 人 5 人 5 人 - (4) 職 員 数 の 状 況 職 種 別

(3) 職 員 の 昇 任 及 び 降 任 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 2 日 ~ 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 昇 任 部 長 級 課 長 級 主 幹 級 係 長 級 主 任 級 降 任 1 人 3 人 6 人 5 人 5 人 - (4) 職 員 数 の 状 況 職 種 別 岩 倉 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 岩 倉 市 の 人 事 行 政 を 運 営 していく 上 で より 公 正 で 透 明 性 を 高 めていくために 岩 倉 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 平 成 23 年 度 の 職 員 の 任 用 給 与 勤 務 時 間 そ の 他 の 勤 務 条 件 などについてお

More information

1) 保 育 所 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 とは 保 育 所 共 働 きなど 家 庭 で 保 育 ができない 保 護 者 に 代 わって 保 育 を 行 なう 児 童 福 祉 施 設 * 利 用 時 間 : 朝 ~ 夕 (0 歳 ~ 満 3 歳 未 満 ) 3 号 認 定 が 必 要

1) 保 育 所 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 とは 保 育 所 共 働 きなど 家 庭 で 保 育 ができない 保 護 者 に 代 わって 保 育 を 行 なう 児 童 福 祉 施 設 * 利 用 時 間 : 朝 ~ 夕 (0 歳 ~ 満 3 歳 未 満 ) 3 号 認 定 が 必 要 ~ 保 育 所 認 定 こども 園 (2 3 号 認 定 子 ども) 地 域 型 保 育 の 入 園 向 け~ 平 成 28 年 度 保 育 利 用 のご 案 内 利 根 町 役 場 子 育 て 支 援 課 子 ども 福 祉 係 新 制 度 では 幼 稚 園 や 認 定 こども 園 保 育 所 等 を 利 用 するために 子 どものための 教 育 保 育 給 付 にかかる 認 定 を 受 けていただく

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

<87508CF6955C8CB48D652E786C73>

<87508CF6955C8CB48D652E786C73> 1 総 括 吹 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 16 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 平 成 15 年 度 の 人 件 費 率 平 成 16 年 度 345,51 人 1,2,449 千 268,4 千

More information

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 4 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 135,60 185,80,90 61,90 89,0 30,60 給 料 月 額 最 高 号 給 の 43,70 307,80 354,70 38

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 4 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 135,60 185,80,90 61,90 89,0 30,60 給 料 月 額 最 高 号 給 の 43,70 307,80 354,70 38 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 3 年 度 (3 年 度 末 ) 美 里 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 5,1 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 A 1,381,30 B B/A ( 参 考 ) 年 度 の 件 費 率 8,831 1,96,4 15.85 17.40 () 職 員 給 与 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F976C8EAE8F4390B38DCF82DD5F8B8B975E814592E888F58AC7979D82C982C282A282C4817995BD90AC3232944E937894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F976C8EAE8F4390B38DCF82DD5F8B8B975E814592E888F58AC7979D82C982C282A282C4817995BD90AC3232944E937894C5817A2E646F63> 京 丹 後 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (20 年 度 末 ) 61,661 歳 出 額 A 34,956,333 実 質 収 支 737,422 件 費 B 5,484,627 件 費 率 B/A 15.7 ( 注 )1 平 成 21 年 度 決 算 ( 一 般 会

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477>

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477> 静 情 審 第 2 1 号 平 成 26 年 9 月 30 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 付 け 医 疾 第 1330 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

産婦人科 転職ガイド

産婦人科 転職ガイド 転 職 をお 考 えの 先 生 へ 産 婦 人 科 転 職 ガイド 株 式 会 社 プライオネット ( 本 社 ) 愛 知 県 豊 橋 市 藤 沢 町 141 ロワジールホテル 豊 橋 8F 求 人 フリーダイヤル:0120-480-501 求 人 専 用 メール:sdr info@priornet.info 産 婦 人 科 医 師 求 人 サイト 産 婦 人 科 ドクターズバンク http://www.priornet.info/sanfujinkdr/

More information

平 成 27 年 度 版 ( 第 1 期 分 ( 春 学 期 )) 授 業 料 免 除 申 請 書 類 学 群 大 学 院 共 通 申 請 期 限 : 第 1 期 分 平 成 27 年 5 月 26 日 ( 火 )( 厳 守 ) 5 月 19 日 ( 火 )までに 申 請 書 類 の 確 認 を 受 けてください 第 2 期 分 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 )( 厳 守 ) 掲 示

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

日本医師会ニュース「平成28年熊本地震」:情報提供第九報

日本医師会ニュース「平成28年熊本地震」:情報提供第九報 日 本 医 師 会 ニュース 平 成 28 年 熊 本 地 震 : 情 報 提 供 第 九 報 都 道 府 県 医 師 会 御 中 郡 市 区 医 師 会 御 中 平 成 28 年 4 月 26 日 20:00 日 本 医 師 会 災 害 対 策 本 部 熊 本 県 内 における 日 本 医 師 会 災 害 医 療 チーム(JMAT)の 活 動 が 本 格 化 し 多 数 の チームが 現 地 入

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル リウマチ 膠 原 病 内 科 (2) 概 要 リウマチ 膠 原 病 内 科 (2)では, 関 節 リウマチ,その 他 の 膠 原 病 疾 患 を 通 して, 全 人 的 医 療 を 目 標 と して 日 々の 診 療 に 当 たっております 関 節 リウマチ, 全 身 性 エリテマトーデスといった 膠 原 病 は 全 身 に 多 彩 な 合 併 症 を 来 すことが 特 徴 です 当 科 はこのような

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

”ƒ.pdf

”ƒ.pdf 24. 脳 卒 中 退 院 患 者 からみた 在 宅 療 養 生 活 開 始 時 の 課 題 退 院 支 援 および 退 院 後 の 困 りごと キーワード: 脳 卒 中 在 宅 療 養 者 退 院 時 の 心 身 の 状 況 退 院 指 導 退 院 前 後 の 困 りごと 藤 野 美 代 子 ( 旧 所 属 公 立 高 島 総 合 病 院 現 所 属 大 阪 保 健 福 祉 専 門 学 校 ) 松

More information

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録 平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会 議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会  議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般 山 形 県 議 決 算 特 別 議 録 ( 平 成 二 十 五 年 度 決 算 ) 平 成 二 十 六 年 十 月 八 日 ( 水 曜 日 ) 午 後 三 時 四 十 六 分 開 出 席 ( 四 十 名 ) 草 島 進 一 金 子 敏 明 菊 池 文 昭 石 黒 覚 矢 吹 栄 修 山 科 朝 則 小 松 伸 也 佐 藤 昇 島 津 良 平 渡 辺 ゆ り 子 吉 村 和 武 楳 津 博 士 髙 橋

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必 平 成 27 年 度 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 とは 保 護 者 が 働 いていたり 病 気 の 状 態 にあるなどの 理 由 により 保 育 が 必 要 な 乳 幼 児 を 家 庭 の 保 護 者 に 代 わって 保 育 することを 目 的 とする 児 童 福 祉 施 設 です 保 育 所 の 利 用 を 希 望 する 場 合 には 保 護 者 が 法 律 に 定 める 要 件 に

More information

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療 主 な 制 度 仕 組 み( 概 説 ) * 地 域 医 療 計 画 に 関 連 する 主 な 制 度 や 仕 組 みの 現 状 と 課 題 を 概 説 した 趣 旨 と 基 本 的 考 え 方 機 能 分 化 と 連 携 と 併 読 されることを 想 定 している 44 1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保

More information

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 人 事 行 政 のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 は 特 別 区 の 権 限 に 属 する 事 務 の 一 部 を 共 同 して 処 理 するため 地 方 自 治 法 の 規 定 により 設 立 された 特 別 地 方 公 共 団 体 ( 一 部 事 務 組 合 )です 本 組 合 に 勤 務 する 職 員 の 任 用 給 与 及 び

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終)

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終) 亀 岡 市 公 告 第 60 号 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 ) の 規 定 に 基 づき 平 成 24 年 度 における 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 次 のと おり 公 表 する 平

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

水戸市公告

水戸市公告 笠 間 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 公 表 内 容 は, 総 務 省 の 公 表 様 式 に 基 づくものです (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 79,227 歳 出 額 A 29,869,854 実 質 収 支 666,702 件 費 B 5,808,980 件 費 率

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案)

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案) 平 成 27 年 度 ( 後 期 入 学 ) 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 学 生 募 集 要 項 < 一 般 選 抜 > < 社 会 人 選 抜 > < 外 国 人 選 抜 > < 科 目 等 履 修 生 > 目 次 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 概 要 1 博 士 課 程 募 集 要 項 4 埼 玉 医 科 大

More information

赤 城 教 習 所 グループ 合 宿 教 習 参 加 規 程 赤 城 教 習 所 グループ

赤 城 教 習 所 グループ 合 宿 教 習 参 加 規 程 赤 城 教 習 所 グループ 入 校 申 込 書 赤 城 グループ 合 宿 免 許 センター お 申 込 日 平 成 年 月 日 入 校 申 込 手 続 きのキャンセルにおいては 予 約 申 込 金 はお 返 しできません 教 習 料 金 を 全 額 ご 入 金 頂 きませんと 教 習 を 開 始 できません 該 当 項 目 を で 囲 んで 下 さい 希 望 車 種 MT 車 AT 車 希 望 入 校 日 平 成 年 月 日

More information