される 40 年 を 迎 える 関 電 はさらに 最 大 20 年 の 運 転 延 長 を 目 指 しているが そのためには 来 年 11 月 末 までに 安 全 審 査 と 老 朽 化 対 策 の 審 査 を 終 える 必 要 がある 規 制 委 は 原 子 炉 建 屋 などの 耐 震 基 準 の

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "される 40 年 を 迎 える 関 電 はさらに 最 大 20 年 の 運 転 延 長 を 目 指 しているが そのためには 来 年 11 月 末 までに 安 全 審 査 と 老 朽 化 対 策 の 審 査 を 終 える 必 要 がある 規 制 委 は 原 子 炉 建 屋 などの 耐 震 基 準 の"

Transcription

1 美 浜 原 発 3 号 機 審 査 打 ち 切 りを 示 唆 原 子 力 規 制 委 朝 日 新 聞 デジタル 2015 年 7 月 1 日 ( 水 ) 14 時 2 分 関 西 電 力 が 運 転 期 間 の 延 長 を 目 指 している 美 浜 原 発 3 号 機 ( 福 井 県 )の 審 査 をめぐり 原 子 力 規 制 委 員 会 の 田 中 俊 一 委 員 長 は1 日 の 定 例 会 で 8 月 末 までに 地 震 想 定 が 固 まらなければ 審 査 の 打 ち 切 りを 含 めた 判 断 をする 考 えを 示 した 運 転 開 始 から40 年 を 迎 える 前 の 来 年 11 月 が 延 長 認 可 の 期 限 で それまでに 必 要 な 手 続 きを 考 慮 すると 間 に 合 わない 可 能 性 があるという 原 発 の 運 転 期 間 は 原 則 40 年 間 で 1 回 に 限 り20 年 間 の 延 長 を 認 めている その 場 合 運 転 延 長 の 認 可 に 加 え 地 震 想 定 など 安 全 対 策 の 新 規 制 基 準 にもとづく 審 査 を 通 り 想 定 を 踏 まえて 詳 細 な 設 計 を 記 した 工 事 計 画 の 認 可 も 得 る 必 要 がある 審 査 は4 月 に 始 まったが 地 震 想 定 は 規 制 委 と 関 電 の 間 で 意 見 が 食 い 違 ったままの 状 況 が 続 いている 規 制 委 によると 先 行 する 原 発 では 地 震 の 揺 れの 想 定 基 準 地 震 動 が 固 まってから 工 事 計 画 の 認 可 まで 約 12カ 月 かかっている 運 転 延 長 の 認 可 手 続 きも 踏 まえると 期 限 の15カ 月 前 までに 基 準 地 震 動 を 大 筋 で 決 める 必 要 があるという 田 中 委 員 長 は8 月 末 までに 基 準 地 震 動 が 決 まらない 場 合 先 の 見 えない 審 査 をいつまで 続 けるか 様 子 を 見 て 最 終 的 な 判 断 をする 時 期 もあ る と 話 した 規 制 委 は 美 浜 の 審 査 を 集 中 して 進 める 構 えだが 先 行 する 原 発 も 地 震 想 定 の 議 論 に 時 間 がかかっており 関 電 の 対 応 次 第 では 時 間 切 れになる 可 能 性 もある ( 川 田 俊 男 ) 東 電 に2720 万 円 賠 償 命 令 浪 江 遺 族 訴 訟 原 発 避 難 で 自 殺 認 定 福 島 地 裁 判 決 福 島 民 報 2015 年 7 月 1 日 ( 水 ) 13 時 36 分 東 京 電 力 福 島 第 一 原 発 事 故 による 避 難 生 活 を 苦 に 自 殺 したとして 福 島 県 浪 江 町 の 五 十 崎 (いそざき) 喜 一 さん= 当 時 (67)=の 遺 族 が 東 電 に 約 8690 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた 訴 訟 の 判 決 公 判 が6 月 30 日 福 島 地 裁 であり 潮 見 直 之 裁 判 長 ( 西 村 康 夫 裁 判 長 代 読 )は 自 殺 と 原 発 事 故 に 因 果 関 係 を 認 め 東 電 に 約 2720 万 円 の 賠 償 を 命 じた 自 殺 と 原 発 事 故 との 因 果 関 係 を 認 めた 原 告 勝 訴 の 判 決 は 昨 年 8 月 の 福 島 地 裁 判 決 に 次 いで2 例 目 となった 裁 判 は うつ 病 を 患 っていた 五 十 崎 さんの 自 殺 が 原 発 事 故 の 避 難 生 活 に 起 因 するかが 最 大 の 争 点 となった 潮 見 裁 判 長 は 五 十 崎 さ んが 事 故 前 から 患 っていた 糖 尿 病 がうつ 病 発 症 の 一 因 と 認 める 一 方 避 難 生 活 での 過 酷 な 経 験 が 耐 え 難 い 精 神 的 負 担 を 強 いた と 原 発 事 故 がうつ 病 発 症 の 最 大 の 原 因 と 認 定 した 原 発 事 故 が 自 殺 の 要 因 に 占 める 割 合 を60%とし 昨 年 8 月 の 福 島 地 裁 判 決 の80%より 低 い 割 合 とした 潮 見 裁 判 長 は 糖 尿 病 を 患 っていた 点 と うつ 病 以 外 の 要 因 が 自 殺 に 関 係 し た 可 能 性 を 考 慮 し 原 発 事 故 が 自 殺 に 関 与 した 度 合 いを 算 定 したとみられる 昨 年 8 月 の 福 島 地 裁 判 決 に 続 いて 原 発 事 故 に 伴 う 自 殺 者 発 生 の 予 見 可 能 性 も 指 摘 し 東 電 の 結 果 責 任 を 厳 しく 断 じた 訴 状 によると 五 十 崎 さんは 避 難 先 の 二 本 松 市 などで 不 眠 などの 症 状 を 訴 えた 平 成 23 年 7 月 24 日 飯 舘 村 のダム 付 近 で 亡 くなっているのを 発 見 された 判 決 骨 子 一 東 電 に 約 2720 万 円 の 賠 償 を 命 令 一 自 殺 と 原 発 事 故 には 相 当 因 果 関 係 がある 一 事 故 による 過 酷 な 経 験 が 耐 え 難 い 精 神 的 苦 痛 を 強 いたため うつ 状 態 になった 一 浪 江 への 帰 還 の 見 通 しも 持 てなくなったことが 非 常 に 強 いストレスを 与 えた 一 東 電 は 原 発 が 事 故 を 起 こせば 避 難 者 がさまざまなストレスを 受 け 自 死 に 至 る 者 が 現 れると 予 見 することが 可 能 だった 一 自 殺 の 要 因 は 糖 尿 病 などの 既 往 症 を 考 慮 すると 原 発 事 故 が 寄 与 した 割 合 は6 割 事 故 30 年 後 線 量 4 分 の1か JAEA 予 測 地 図 を 公 開 第 一 原 発 周 辺 福 島 民 報 2015 年 7 月 1 日 ( 水 ) 13 時 35 分 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 (JAEA)は6 月 30 日 原 発 事 故 から30 年 後 の 東 京 電 力 福 島 第 一 原 発 周 辺 の 空 間 放 射 線 量 を 予 測 した 地 図 を 公 開 した 自 然 減 衰 などで 現 在 の4 分 の1 程 度 になると 推 測 している 第 一 原 発 周 辺 の 事 故 から5 年 後 と30 年 後 の 状 況 は 走 行 サーベイでの 過 去 の 調 査 結 果 と 減 衰 傾 向 などから 線 量 を 予 測 した JAEAはマップ 作 成 の 根 拠 となった 線 量 の 数 値 などは 公 表 していない 富 岡 メガソーラー 発 電 開 始 原 発 20キロ 圏 内 で 初 整 備 福 島 民 報 2015 年 7 月 1 日 ( 水 ) 13 時 34 分 東 京 電 力 福 島 第 一 原 発 事 故 で 全 町 避 難 が 続 く 福 島 県 富 岡 町 で 東 日 本 大 震 災 後 初 めての 企 業 進 出 となったシャープ( 本 社 大 阪 市 )の 富 岡 太 陽 光 発 電 所 が 完 成 し 6 月 30 日 発 電 を 開 始 した 第 一 原 発 事 故 から20キロ 圏 内 で 初 めて 整 備 されたメガソーラー 発 電 所 で13 日 に 現 地 でセレモニーを 行 う 発 電 所 は 同 町 本 岡 の 富 岡 工 業 団 地 内 に 建 設 された 出 力 は2.2メガワット 年 間 発 電 量 は 一 般 家 庭 663 世 帯 分 に 相 当 する238 万 キロワット 時 東 北 電 力 に 全 量 売 電 する 発 電 事 業 期 間 は20 年 間 用 地 の 借 地 料 や 固 定 資 産 税 売 電 益 の 一 部 を 町 に 還 元 する 20 年 間 で 町 の 収 入 は 総 額 約 1 億 1200 万 円 に 上 る 見 込 み シャー プと 芙 蓉 総 合 リースが 共 同 出 資 する 合 同 会 社 クリスタル クリア ソーラーが 発 電 所 を 運 営 している 住 宅 除 染 進 捗 57.9% 市 町 村 別 5 月 末 時 点 前 月 比 2.6ポイント 上 昇 福 島 民 報 2015 年 7 月 1 日 ( 水 ) 13 時 34 分 東 京 電 力 福 島 第 一 原 発 事 故 に 伴 い 国 の 財 源 で 実 施 する 市 町 村 除 染 で 5 月 末 時 点 での 住 宅 除 染 の 進 捗 (しんちょく) 率 は 全 体 計 画 の57.9%で 前 月 から2.6ポイント 上 昇 した 福 島 県 が6 月 30 日 発 表 した 住 宅 除 染 の 計 画 戸 数 43 万 戸 のうち 21 万 2909 戸 で 除 染 を 実 施 した 調 査 の 結 果 除 染 の 必 要 がなかったのは 3 万 7256 戸 この 他 全 体 計 画 に 対 する 公 共 施 設 などの 除 染 の 進 捗 率 は84.9% 道 路 は33.2%となっている < 原 子 力 規 制 委 員 長 > 美 浜 3 号 機 廃 炉 も 地 震 想 定 遅 れれば 毎 日 新 聞 2015 年 7 月 1 日 ( 水 ) 13 時 18 分 原 子 力 規 制 委 員 会 の 田 中 俊 一 委 員 長 は1 日 の 定 例 会 で 運 転 開 始 から40 年 超 の 運 転 を 目 指 す 関 西 電 力 美 浜 原 発 3 号 機 ( 福 井 県 )について 今 年 8 月 末 までに 想 定 する 最 大 の 揺 れ 基 準 地 震 動 が 決 まらない 場 合 再 稼 働 に 向 けた 安 全 審 査 を 打 ち 切 る 可 能 性 を 示 唆 した 美 浜 3 号 機 の 運 転 継 続 のためには 8 月 までに 基 準 地 震 動 を 確 定 する 必 要 があり 間 に 合 わなけ れば 廃 炉 に 追 い 込 まれる 可 能 性 が 高 まる 美 浜 3 号 機 は1976 年 12 月 に 運 転 を 開 始 し 来 年 11 月 末 で 原 発 の 運 転 制 限 と - 1 -

2 される 40 年 を 迎 える 関 電 はさらに 最 大 20 年 の 運 転 延 長 を 目 指 しているが そのためには 来 年 11 月 末 までに 安 全 審 査 と 老 朽 化 対 策 の 審 査 を 終 える 必 要 がある 規 制 委 は 原 子 炉 建 屋 などの 耐 震 基 準 の 根 拠 となる 基 準 地 震 動 が 確 定 してから その 他 の 審 査 が 終 了 するまでを 15カ 月 程 度 と 見 積 もっており 来 年 11 月 から 逆 算 して 今 年 8 月 末 までに 基 準 地 震 動 が 確 定 できなければ 審 査 継 続 は 難 しいと 判 断 した 定 例 会 で 地 震 対 策 の 安 全 審 査 を 担 当 する 石 渡 明 委 員 は 8 月 までに 基 準 地 震 動 を 確 定 することを 目 指 すが 関 電 側 の 努 力 が 必 要 だ と 指 摘 田 中 委 員 長 は 美 浜 3 号 機 だけにかかり 切 りになるわ けにはいかない と 述 べた 鳥 井 真 平 勝 ったが 納 得 できず 原 発 自 殺 訴 訟 判 決 で 謝 罪 を 要 望 福 島 民 友 新 聞 2015 年 7 月 1 日 ( 水 ) 11 時 46 分 東 京 電 力 福 島 第 1 原 発 事 故 と 五 十 崎 喜 一 さん= 当 時 (67)=の 自 殺 との 因 果 関 係 を 認 めた30 日 の 福 島 地 裁 判 決 判 決 後 福 島 市 で 記 者 会 見 した 喜 一 さんの 妻 栄 子 さん(66)は 厳 しい 表 情 を 崩 さず 判 決 や 東 電 に 対 する 思 いを 語 った お 父 さん 勝 ち 取 ることができました だけど 私 たちが 納 得 できるものではありませんでした と 家 に 帰 ったら 伝 えたい 栄 子 さんは 感 想 を 話 した 判 決 は 原 発 事 故 と 自 殺 の 因 果 関 係 を 認 めた 一 方 喜 一 さんの 持 病 の 糖 尿 病 などを 考 慮 して 原 発 事 故 が 自 殺 に 与 えた 影 響 を6 割 と 認 定 喜 一 さんに 対 する 慰 謝 料 と 死 亡 で 失 われた 利 益 は4 割 減 額 された 原 告 側 は 控 訴 しないこと を 決 めたが 弁 護 団 の 広 田 次 男 弁 護 士 は 減 額 の 理 由 が 具 体 的 に 示 されておらず 乱 暴 な 判 断 と 言 わざるを 得 ない と 批 判 した ただ 原 発 事 故 と 自 殺 の 因 果 関 係 を 認 める2 例 目 の 判 決 が 出 たことで 原 発 事 故 が 原 因 で 自 殺 するとの 判 断 が 確 立 された と 述 べた 栄 子 さんら 遺 族 は 一 番 求 めているのは 東 電 からの 謝 罪 とし 弁 護 団 は9 日 に 東 電 本 店 を 訪 れて 謝 罪 を 求 めるとともに 控 訴 しないよう 要 望 する 予 定 だ 幸 せはお 金 では 買 えない 原 発 事 故 さえなければ 夫 も 元 気 でいられた 幸 せってなんだったんだろう 栄 子 さんは 涙 ながらに 訴 えた 8 月 中 に 地 震 想 定 必 要 = 美 浜 3 号 機 の 延 長 審 査 規 制 委 時 事 通 信 2015 年 7 月 1 日 ( 水 ) 11 時 46 分 原 子 力 規 制 委 員 会 の 田 中 俊 一 委 員 長 は1 日 運 転 開 始 から 約 40 年 を 迎 え 20 年 の 延 長 を 検 討 している 関 西 電 力 美 浜 原 発 3 号 機 ( 福 井 県 )について 耐 震 設 計 の 基 本 となる 地 震 想 定 ( 基 準 地 震 動 )が8 月 末 までに 大 筋 で 確 定 しなければ 来 年 11 月 の 期 限 まで に 認 可 が 下 りなくなる 可 能 性 を 示 唆 した 3 月 に 審 査 を 申 請 した 美 浜 3 号 機 は 来 年 11 月 までに 再 稼 働 に 必 要 な 許 認 可 と 運 転 延 長 の 認 可 が 下 りなければ 運 転 が 不 可 能 になる 田 中 委 員 長 は1 日 の 定 例 会 合 で 九 州 電 力 川 内 原 発 ( 鹿 児 島 県 )など 先 行 する 原 発 が 基 準 地 震 動 策 定 から 許 認 可 まで 約 1 年 かかっていると 指 摘 美 浜 3 号 機 は 運 転 延 長 審 査 にも 時 間 が 必 要 で 意 見 の 違 いも 目 立 っているようだが このくらい(8 月 末 )で 結 論 が 出 るのかどうか と 疑 問 を 呈 した これに 対 し 担 当 の 石 渡 明 委 員 は 8 月 終 わりまでに 基 準 地 震 動 が 決 まらないと 後 が 厳 しくなるのは 理 解 したが 実 現 には 事 業 者 側 の 特 段 の 努 力 が 必 要 時 間 が 限 られていても 審 査 は 厳 格 に 行 う と 述 べ 関 電 側 に 努 力 を 求 めた 自 然 減 衰 より 早 期 減 少 JAEA 80キロ 圏 空 間 線 量 予 測 福 島 民 友 新 聞 2015 年 7 月 1 日 ( 水 ) 11 時 42 分 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 (JAEA)は30 日 東 京 電 力 福 島 第 1 原 発 から 半 径 80キロ 圏 の 空 間 線 量 予 測 を 発 表 した 予 測 では 放 射 性 セシ ウムの 自 然 減 衰 に 都 市 や 水 田 など 地 理 的 条 件 ごとの 減 衰 の 特 徴 を 加 味 し 自 然 減 衰 よりも 早 いペースで 線 量 が 下 がると 分 析 した 避 難 区 域 の 予 測 では 今 年 3 月 の 線 量 と 原 発 事 故 から30 年 後 の2041 年 3 月 との 比 較 で 自 然 減 衰 の 理 論 値 では 約 69% 下 がるのに 対 し 地 理 的 条 件 を 加 えると 約 75% 低 下 するとしている 例 えば 都 市 は 道 路 を 車 が 走 ることで 路 上 にたまっている 放 射 性 物 質 が 分 散 され 結 果 的 に 濃 度 が 薄 まると 予 測 する 帰 還 困 難 区 域 では 除 染 が 本 格 的 に 始 ま っていないことから JAEAは 除 染 が 進 めばさらに 自 然 減 衰 よりも 下 がる 可 能 性 がある としている 車 載 型 放 射 線 量 測 定 装 置 を 利 用 した 自 動 車 走 行 サーベイで 収 集 した 情 報 をまとめ 都 市 など8 項 目 の 地 理 的 条 件 ごとに 減 衰 傾 向 を 分 析 10 0メートル 四 方 ごとに 測 った 線 量 を 傾 向 を 反 映 させた 計 算 式 に 当 てはめ 将 来 の 線 量 を 予 測 した 同 じ 地 理 的 条 件 でも 減 衰 率 に 幅 があることなどから JAEAは 予 測 には 不 確 かさがある とし それらも 考 慮 した 予 測 図 も 作 成 するなど 分 析 を 進 めて いる 原 子 力 規 制 委 が 九 電 の 保 安 規 定 承 認 川 内 原 発 は 二 枚 舌 審 査 [ 写 真 ] 週 刊 金 曜 日 2015 年 7 月 1 日 ( 水 ) 11 時 2 1 分 鹿 児 島 県 口 永 良 部 島 新 岳 の 噴 火 2 日 前 の5 月 27 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 九 州 電 力 川 内 原 子 力 発 電 所 の 保 安 規 定 の 審 査 を 終 え 火 山 活 動 のモニタリング( 監 視 )を 含 む 保 安 規 定 変 更 申 請 を 了 承 した 審 査 基 準 である 火 山 影 響 評 価 ガ イド( 火 山 ガイド)は 核 燃 料 搬 出 の 余 裕 をもって 巨 大 噴 火 の 予 測 を 行 なうことを 要 求 している しかし 審 査 から 締 め 出 され た 形 の 火 山 学 者 から 巨 大 噴 火 の 予 測 はできないとの 指 摘 が 相 次 ぎ 規 制 委 は 昨 年 6 月 に 巨 大 噴 火 の 予 測 は 困 難 と 認 めざるをえなかった 規 制 委 はそれでも 火 山 ガイドの 改 訂 は 行 なわず 代 わりに 監 視 の 方 法 と 前 兆 の 対 応 について 規 制 委 側 の 対 応 方 針 を 検 討 するとし 火 山 学 者 を 集 め 昨 年 8 月 に 火 山 活 動 のモニタリングに 関 する 検 討 チームを 設 置 した 検 討 チームは 九 電 側 の 対 応 方 針 にかかわる 川 内 原 発 の 審 査 とは 別 との 位 置 づけだったが 内 実 は 既 存 の 観 測 データ の 監 視 だけで 巨 大 噴 火 の 数 十 年 前 に 予 測 は 可 能 だとする 九 電 の 川 内 原 発 における 対 応 方 針 への 批 判 が 噴 出 した 規 制 委 は 規 制 委 側 の 対 応 方 針 について 検 討 チームでの 議 論 を 基 本 的 考 え 方 にまとめたが 空 振 り 覚 悟 で 対 処 させる と 大 みえを 切 るだけで 監 視 の 方 法 についても 原 子 炉 停 止 指 示 の 判 断 基 準 についても 決 められず 今 後 の 課 題 としている その 一 方 で 九 電 の 火 山 審 査 は 火 山 ガイドに 従 い 火 山 学 者 抜 きで 密 室 で 粛 々と 行 なわれていた 今 回 保 安 規 定 及 び 社 内 規 定 に 記 されたのは 既 存 の 観 測 データの 監 視 と 数 十 年 前 に 予 測 ができることを 前 提 とした 判 断 基 準 であり 火 山 学 - 2 -

3 者 が 散 々 批 判 した 内 容 そのままだ 核 燃 料 搬 出 計 画 に 至 っては 前 兆 が 出 てからでよいという 表 向 きは 火 山 学 者 に 同 調 しながら 裏 で 真 逆 の 審 査 を 通 す 二 枚 舌 直 ちに 審 査 合 格 を 取 り 消 すべきだ ( 阪 上 武 原 子 力 規 制 監 視 市 民 の 会 6 月 19 日 号 ) 節 電 目 標 3 年 連 続 で 見 送 り 電 力 各 社 火 力 発 電 フル 稼 働 へ SankeiBiz 2015 年 7 月 1 日 ( 水 ) 8 時 15 分 夏 の 節 電 期 間 が1 日 始 まる 政 府 は3 年 連 続 で 節 電 目 標 を 求 めることを 見 送 り 家 庭 や 企 業 に 対 して 自 主 的 な 節 電 を 呼 び 掛 けて いる 前 年 に 続 き 全 ての 原 発 が 停 止 した 原 発 ゼロの 夏 だが 電 力 各 社 は 火 力 発 電 をフル 稼 働 させて 乗 り 切 る 方 針 た だ 老 朽 火 力 が 不 測 の 事 態 で 止 まる 恐 れもあり 電 力 供 給 は 今 夏 も 綱 渡 り だ 節 電 期 間 は9 月 30 日 まで 8 月 の 電 力 需 要 に 対 する 供 給 余 力 を 示 す 予 備 率 は 沖 縄 電 力 を 除 く 電 力 9 社 とも 安 定 供 給 に 最 低 限 必 要 な 3% を 確 保 できる 見 通 し のため 政 府 は 節 電 目 標 を 見 送 った このため 電 力 業 界 は 節 電 を 動 機 づけるサービスを 提 供 していく 東 電 は1 日 から スマートメーターの 導 入 客 に 対 し 30 分 ごとの 電 力 使 用 量 をグラフ 化 して 会 員 サイトに 表 示 し 一 目 で 把 握 できるサービス を 始 める ただ 原 発 停 止 が 長 引 き 電 力 需 給 は 厳 しいままだ 原 発 依 存 の 高 い 関 西 電 力 や 九 州 電 力 は 他 社 からの 応 援 融 通 も 受 けて 予 備 率 3%を 確 保 する 電 力 各 社 の 火 力 は 老 朽 化 したものも 多 く トラブルで 停 止 するリスクが 高 い 経 済 産 業 省 の 調 べでは 2014 年 度 冬 に 停 止 した 火 力 の 約 2 割 が 建 設 から40 年 以 上 たったものだった 政 府 の 懸 念 も 強 く 菅 義 偉 官 房 長 官 は30 日 の 会 見 で 老 朽 火 力 の 最 大 限 の 活 用 を 前 提 とするなど 引 き 続 き 電 力 事 情 は 厳 しい と 改 めて 警 戒 感 を 示 した 北 陸 電 力 社 長 日 本 一 安 い 料 金 維 持 志 賀 原 発 の 早 期 再 稼 働 に 意 欲 [ 写 真 ] 福 井 新 聞 ONLINE 2015 年 7 月 1 日 ( 水 ) 7 時 56 分 北 陸 電 力 の 金 井 豊 社 長 と 久 和 進 会 長 は30 日 就 任 あいさつのため 福 井 新 聞 社 を 訪 れて 吉 田 真 士 社 長 ら と 懇 談 した 来 年 4 月 に 電 力 小 売 りが 全 面 自 由 化 されることを 踏 まえた 上 で 今 後 の 経 営 について 金 井 社 長 は 燃 料 費 が 安 い 原 子 力 は 競 争 力 の 向 上 につながる と 述 べ 志 賀 原 発 の 早 期 再 稼 働 に 強 い 意 欲 を 見 せた 競 争 力 の 最 大 の 強 みとする 日 本 一 安 い 電 気 料 金 に 関 しては 地 域 経 済 や 生 活 への 影 響 が 大 きい とし 現 時 点 では 原 価 を 抜 本 的 に 見 直 しての 値 上 げはしない 考 えを 示 した 志 賀 原 発 をめぐっては 原 子 力 規 制 委 員 会 の 有 識 者 調 査 団 が5 月 に 敷 地 内 断 層 の 活 動 性 を 否 定 できない との 見 解 を 示 し 再 稼 働 の 時 期 を 見 通 せなくなっている 金 井 社 長 は 今 後 の 原 子 力 規 制 委 員 会 の 審 査 に 向 けて 解 析 の 追 加 や 再 分 析 補 足 など 技 術 的 に 考 えられるあらゆることを 行 い 当 社 調 査 の 客 観 性 確 実 性 を 高 めてい く と 強 調 現 在 進 めている 同 原 発 の 安 全 性 向 上 工 事 も 鋭 意 計 画 的 に 取 り 組 んでいく と 述 べた さらに 電 力 小 売 りの 全 面 自 由 化 を 見 据 えた 対 応 で 金 井 社 長 は 当 社 の 電 気 料 金 が 一 番 安 いということを 訴 えていくことが 最 も 大 事 と 指 摘 東 京 電 力 や 関 西 電 力 が 進 めている 携 帯 電 話 ガス 事 業 者 などと 提 携 したセット 販 売 に 関 しては 現 段 階 で 具 体 的 な 話 はない が あらゆる 可 能 性 を 検 討 して 営 業 戦 略 を 練 っていく と 話 した また 北 陸 地 域 外 での 顧 客 発 掘 について 金 井 社 長 は 志 賀 原 発 が 停 止 したままの 現 状 では 年 間 を 通 して 安 定 的 に 地 域 外 に 供 給 できる 量 は 非 常 に 限 られている と 説 明 久 和 会 長 も 原 子 力 が 動 きだせば 石 炭 火 力 に 余 力 が 出 て 卸 売 りも 含 め 域 外 への 供 給 を 増 やせるが 今 はそういうカードの 切 りよう がない と 述 べ 志 賀 原 発 の 早 期 再 稼 働 の 必 要 性 を 訴 えた 新 ロボ 溶 けた 燃 料 に 迫 れるか 福 島 2 号 機 調 査 に 投 入 へ[ 写 真 ] 朝 日 新 聞 デジタル 2015 年 6 月 30 日 ( 火 ) 20 時 42 分 東 京 電 力 福 島 第 一 原 発 2 号 機 の 原 子 炉 格 納 容 器 内 部 を 探 る 調 査 ロボットが30 日 横 浜 市 の 東 芝 京 浜 事 業 所 で 報 道 陣 に 公 開 された 炉 心 直 下 の 中 央 部 に 初 めて 入 る 計 画 で 事 故 で 溶 け 落 ちた 燃 料 をとらえられる 可 能 性 がある 順 調 に 準 備 が 進 めば8 月 に 投 入 する 電 力 会 社 と 原 子 炉 メーカーなどでつくる 国 際 廃 炉 研 究 開 発 機 構 (IRID アイリッド )が 手 がけ 東 芝 が 開 発 を 担 った 狭 い 場 所 を 通 るときは 幅 9センチ 高 さ9センチ 長 さ54センチの 棒 状 で 調 査 時 は 後 ろ 半 分 を 前 に 起 こす LEDライトと2 台 のカメラを 備 え 転 倒 しても 自 力 で 復 帰 する 機 能 もある ロボットは 中 心 部 につながるレールを 通 り 炉 心 の 下 にある 鉄 の 格 子 状 の 床 に 降 りて 内 部 の 状 況 を 確 認 する 蒸 気 が 立 ちこめていても3メートルほど 先 の 物 体 を 判 別 できるという 担 当 者 は 2 台 のカメラを 駆 使 して 内 部 の 情 報 を 少 しでも 多 くつかみたい と 話 す 格 納 容 器 内 部 の 調 査 ロボ ットは4 月 別 のメーカー 製 のものが1 号 機 に 初 めて 投 入 されたが 炉 心 直 下 には 入 っていない 床 の 段 差 に 挟 まれて 動 け なくなったり 調 査 を 終 えて 戻 る 際 に 使 うカメラが 劣 化 したりするトラブルも 起 きた ( 熊 井 洋 美 ) < 中 国 電 力 > 島 根 原 発 の 放 射 性 廃 棄 物 点 検 書 類 を 偽 造 毎 日 新 聞 2015 年 6 月 30 日 ( 火 ) 20 時 27 分 中 国 電 力 は30 日 島 根 原 発 ( 松 江 市 )の 低 レベル 放 射 性 廃 棄 物 をセメントで 固 めてドラム 缶 に 詰 める 際 に 使 う 水 やモルタルの 流 量 計 の 点 検 を2013 年 11 月 以 降 怠 るミスがあったと 発 表 した 担 当 社 員 は 点 検 したと 装 うため 書 類 を 偽 造 していた 缶 外 への 放 射 能 漏 れなど 外 部 への 影 響 はないというが 中 国 電 は 廃 棄 物 を 詰 めたドラム 缶 1240 本 の 日 本 原 燃 低 レベル 放 射 性 廃 棄 物 埋 設 センター( 青 森 県 )への 搬 出 を 取 りやめた 中 国 電 によると 点 検 を 怠 っていたのは 水 やモルタルの 量 を 測 る3 台 で 水 を 測 る 機 器 は 半 年 ごと モルタルの 流 量 計 は1 年 ごとの 点 検 ( 校 正 )が 必 要 だった 廃 棄 物 を 受 け 取 る 側 の 日 本 原 燃 の 監 査 でミスが 発 覚 中 国 電 では30 代 の 社 員 が1 人 で 担 当 しており 委 託 業 者 に 点 検 を 依 頼 するのを 忘 れた と 話 しているという 中 国 電 が 昨 年 10 月 この 社 員 に 点 検 記 録 の 提 出 を 求 めた 際 には 過 去 の 点 検 記 録 のコピーで 書 類 を 偽 装 したり 検 査 日 を 改 ざんしたりしていた 決 裁 のための 上 司 の 印 影 を 偽 造 した 形 跡 もあった 島 根 原 発 を 巡 っては10 年 3 月 に 機 器 の 点 検 交 換 漏 れが 発 覚 している 中 国 電 の 苅 田 知 英 社 長 は 島 根 県 庁 で 記 者 会 見 し 失 った 信 頼 を 取 り 戻 すために 取 り 組 んでき - 3 -

4 た このような 事 案 が 起 き 重 く 受 け 止 めている と 謝 罪 した 島 根 県 と 松 江 市 は30 日 夕 中 国 電 と 結 んでいる 安 全 協 定 に 基 づき 島 根 原 発 を 立 ち 入 り 調 査 した 曽 根 田 和 久 < 鹿 児 島 県 > 川 内 原 発 事 故 時 に 住 民 輸 送 バス33 社 と 協 定 毎 日 新 聞 2015 年 6 月 30 日 ( 火 ) 19 時 38 分 鹿 児 島 県 は 九 州 電 力 川 内 原 発 ( 同 県 薩 摩 川 内 市 )で 重 大 事 故 が 起 きた 際 の 住 民 らの 緊 急 輸 送 協 定 を 県 バス 協 会 や 原 発 30キロ 圏 の 9 市 町 にあるバス 事 業 者 33 社 と 結 んだ バス 運 転 手 への 補 償 規 定 も 設 け 死 亡 や 負 傷 車 両 汚 染 時 は 国 の 賠 償 を 受 けら れる 場 合 を 除 き 県 が 補 償 する 原 発 事 故 対 応 のため 自 治 体 とバス 会 社 が 協 定 を 結 ぶのは 全 国 で 初 めて 締 結 は6 月 26 日 付 原 発 5キロ 圏 の 住 民 約 4900 人 のうち 自 家 用 車 で 避 難 できない 子 供 や 高 齢 者 らは 約 3000 人 と 想 定 され 緊 急 輸 送 のバス 約 80 台 が 必 要 協 定 を 結 んだ33 社 で 約 1500 台 を 保 有 しており 必 要 台 数 を 確 保 できる 見 込 みとなった ただし バス 事 業 者 に 協 力 を 求 めるのは 一 般 人 の 放 射 線 被 ばく 限 度 ( 年 間 1ミリシーベルト)を 下 回 る 場 合 に 限 ると 確 認 した 鹿 児 島 県 の 岩 田 俊 郎 原 子 力 安 全 対 策 課 長 は 原 子 力 災 害 時 の 対 応 がより 具 体 化 され 避 難 の 実 効 性 が 高 くなった と 話 してい る 杣 谷 健 太 機 器 の 検 査 報 告 書 偽 造 = 低 レベル 廃 棄 物 処 理 で 中 国 電 時 事 通 信 2015 年 6 月 30 日 ( 火 ) 19 時 11 分 中 国 電 力 は30 日 島 根 原 発 ( 松 江 市 )で 低 レベル 放 射 性 廃 棄 物 を 固 める 際 使 用 する 水 量 を 量 る 機 器 の 検 査 記 録 報 告 書 に 偽 造 があっ たと 発 表 した 外 部 への 放 射 能 漏 れはないという 中 国 電 によると 偽 造 が 見 つかったのは4 回 分 の 検 査 記 録 報 告 書 2013 年 11 月 ~14 年 10 月 にメーカーに 検 査 を 依 頼 し 検 査 記 録 に 基 づいて 報 告 書 を 作 成 するはずだったが 担 当 した 保 修 部 の 男 性 社 員 は 依 頼 をしていなかった この 社 員 は13 年 11 月 以 前 の 記 録 の 日 付 を 書 き 換 えるなどして 報 告 書 を 偽 造 同 社 は 組 織 的 な 関 与 はないとしている 悪 路 に 強 い サソリ 型 調 査 ロボ 東 芝 などが 開 発 し 公 開 福 島 第 1 原 発 の 格 納 容 器 に 投 入 [ 写 真 ] SankeiBiz 2015 年 6 月 30 日 ( 火 ) 17 時 43 分 報 道 陣 に 公 開 された 原 子 炉 格 納 器 内 部 調 査 ロボット 東 芝 と 技 術 研 究 組 合 国 際 廃 炉 研 究 開 発 機 構 が 開 発 した カメラの 向 きを 調 整 することができる=30 日 横 浜 市 鶴 見 区 ( 荻 窪 佳 撮 影 ) 東 芝 と 国 際 廃 炉 研 究 開 発 機 構 (IRID)は30 日 東 芝 京 浜 事 業 所 ( 横 浜 市 鶴 見 区 ) で 東 京 電 力 福 島 第 1 原 発 2 号 機 の 格 納 容 器 の 内 部 調 査 を 行 う 小 型 ロボットを 報 道 陣 に 公 開 した 7 月 に 操 作 訓 練 を 行 い 8 月 中 をめどに 現 場 に 投 入 する 予 定 だ ロボットは 約 1 年 半 かけて 開 発 前 方 と 後 方 に 調 査 用 カメラがあり LED( 発 光 ダイオード)ライトなどを 搭 載 する 2 号 機 は 溶 融 した 燃 料 の 一 部 が 格 納 容 器 の 底 に 落 ちているとみられる 圧 力 容 器 の 真 下 にある 足 場 を 走 行 用 ベルトで 移 動 し 落 下 物 や 損 傷 の 有 無 などを 調 べる 長 さ54センチ 幅 9センチ 高 さ9センチの 細 長 い 形 だが 格 納 容 器 内 に 入 ると 後 部 がせり 上 がってサソリのような 形 となり カメラで 広 範 囲 が 撮 影 できるほか 転 倒 しても 起 き 上 がる ことができる 1 千 シーベルト 以 上 の 被 爆 に 耐 えられ 毎 時 100シーベルト 程 度 の 放 射 線 量 でも10 時 間 の 作 業 が 可 能 だと いう 柏 崎 刈 羽 の 調 査 開 始 = 安 全 性 向 上 促 す IAEA 時 事 通 信 2015 年 6 月 30 日 ( 火 ) 16 時 39 分 東 京 電 力 の 要 請 で 来 日 した 国 際 原 子 力 機 関 (IAEA)の 調 査 団 が30 日 東 電 柏 崎 刈 羽 原 発 6 7 号 機 ( 新 潟 県 )の 安 全 性 を 評 価 する 調 査 を 開 始 した 団 長 のピーター タレンIAEA 運 転 安 全 課 長 は 記 者 団 に 対 し 改 善 の 余 地 がある 部 分 を 特 定 し 安 全 性 向 上 を 促 す と 調 査 の 狙 いを 説 明 した 調 査 は7 月 13 日 まで 行 い 約 3カ 月 後 に 報 告 書 を 経 済 産 業 省 と 東 電 に 提 出 する 調 査 団 は 外 部 の 専 門 家 を 含 む12 人 で 構 成 原 発 の 運 転 管 理 や 過 酷 事 故 への 対 応 などのソフト 面 と 福 島 第 1 原 発 事 故 を 受 けて 柏 崎 刈 羽 原 発 で 東 電 が 構 築 してきた 地 震 津 波 対 策 の 機 器 施 設 などのハード 面 を 調 べる 夏 の 節 電 1 日 開 始 = 原 発 ゼロで2 年 目 政 府 時 事 通 信 2015 年 6 月 30 日 ( 火 ) 15 時 26 分 政 府 による 夏 の 節 電 要 請 期 間 が1 日 沖 縄 電 力 管 内 を 除 く 全 国 で 始 まる 稼 働 中 の 原 発 がゼロの 状 態 で 電 力 使 用 がピークとなる 夏 場 を 迎 えるのは2 年 連 続 電 力 各 社 は 火 力 発 電 所 をフル 稼 働 させて 電 力 の 安 定 供 給 を 確 保 する 計 画 で 節 電 の 数 値 目 標 設 定 を3 年 連 続 で 回 避 した 節 電 期 間 は9 月 30 日 までの 平 日 午 前 9 時 から 午 後 8 時 家 庭 や 企 業 に 対 し 小 まめな 消 灯 や 家 電 の 省 エネ 設 定 など 無 理 のない 範 囲 で 節 電 への 協 力 を 呼 び 掛 ける 電 力 需 要 に 対 する 供 給 余 力 を 示 す 予 備 率 は 暑 さが 最 も 厳 し い8 月 に 関 西 九 州 両 電 力 で 最 低 限 必 要 な3%ぎりぎりまで 落 ち 込 む 見 通 し 事 故 や 故 障 による 発 電 所 停 止 が 相 次 げば 電 力 供 給 に 支 障 が 出 る 恐 れもある < 原 発 自 殺 訴 訟 > 東 電 に2700 万 円 賠 償 命 令 河 北 新 報 2015 年 6 月 30 日 ( 火 ) 12 時 20 分 東 京 電 力 福 島 第 1 原 発 事 故 で 避 難 を 余 儀 なくされた 福 島 県 浪 江 町 の 無 職 五 十 崎 喜 一 さん= 当 時 (67)=が 自 殺 したのは 避 難 生 活 による 精 神 的 苦 痛 でうつ 病 を 患 ったためだ として 妻 の 栄 子 さん(66)ら 遺 族 3 人 が 東 電 に 約 8700 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた 訴 訟 の 判 決 で 福 島 地 裁 ( 潮 見 直 之 裁 判 長 )は30 日 自 殺 と 原 発 事 故 の 因 果 関 係 を 認 め 約 2700 万 円 の 支 払 いを 命 じた 原 発 事 故 後 に 自 殺 し 遺 族 が 東 電 に 慰 謝 料 などを 求 めた 訴 訟 は2 例 目 昨 年 8 月 の 福 島 地 裁 判 決 に 続 き 東 電 の 責 任 を 認 めた 判 決 は 避 難 によるストレスでうつ 状 態 に 陥 り 自 殺 に 至 った と 認 定 一 方 で 事 故 前 から 患 っていた 糖 尿 病 による 精 神 的 負 担 が 大 きいと 指 摘 し 慰 謝 料 などを4 割 減 額 した 原 告 側 は 自 殺 したのは 避 難 生 活 でうつ 病 になったためだ と 主 張 東 電 側 は 持 病 の 糖 尿 病 も 一 因 と 訴 え 自 殺 と 原 発 事 故 の 因 果 関 係 が 認 められた 場 合 でも 相 応 の 減 額 を 求 めていた 訴 状 による - 4 -

5 と 2011 年 3 月 の 原 発 事 故 で 喜 一 さんが 住 んでいた 浪 江 町 幾 世 橋 地 区 は 警 戒 区 域 となり その 後 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 に 指 定 された 喜 一 さんは 家 族 と 共 に 郡 山 市 の 体 育 館 や 二 本 松 市 のアパートなどで 避 難 生 活 を 送 っていたが 同 年 7 月 23 日 同 県 飯 舘 村 の 真 野 ダム 付 近 の 橋 から 飛 び 降 り 翌 日 遺 体 で 発 見 された 東 電 に2700 万 円 賠 償 命 令 = 原 発 避 難 者 自 殺 訴 訟 福 島 地 裁 時 事 通 信 2015 年 6 月 30 日 ( 火 ) 11 時 28 分 東 京 電 力 福 島 第 1 原 発 事 故 後 の 避 難 生 活 によるストレスでうつ 状 態 となり 自 殺 したとして 福 島 県 浪 江 町 の 五 十 崎 喜 一 さん= 当 時 (6 7)=の 遺 族 3 人 が 東 電 を 相 手 に 計 約 8700 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた 訴 訟 の 判 決 が30 日 福 島 地 裁 であり 潮 見 直 之 裁 判 長 ( 西 村 康 夫 裁 判 長 代 読 )は 約 2700 万 円 の 支 払 いを 命 じた 潮 見 裁 判 長 は 避 難 生 活 によるストレスなどでうつ 状 態 になっ たとして 原 発 事 故 と 自 殺 の 因 果 関 係 を 認 定 東 電 は 避 難 者 の 中 に 自 殺 者 が 出 ることについても 予 見 可 能 だったと 指 摘 し た 一 方 事 故 以 前 から 罹 患 (りかん)していた 糖 尿 病 に 起 因 する 精 神 的 負 荷 は 相 当 程 度 あったと 認 めざるを 得 ない と 述 べるとともに 精 神 障 害 以 外 の 要 因 が 関 与 した 可 能 性 を 適 切 に 斟 酌 (しんしゃく) し 賠 償 額 を 減 額 した 判 決 によると 五 十 崎 さんは2011 年 7 月 23 日 避 難 先 の 二 本 松 市 のアパートを 出 て 24 日 に 飯 舘 村 の 真 野 ダム 近 くで 投 身 自 殺 しているの が 見 つかった 避 難 後 に 睡 眠 障 害 や 食 欲 衰 退 に 悩 まされ 浪 江 に 帰 りたい と 繰 り 返 していた 原 発 事 故 後 に 自 殺 東 電 に2700 万 円 賠 償 命 令 福 島 朝 日 新 聞 デジタル 2015 年 6 月 30 日 ( 火 ) 11 時 22 分 東 京 電 力 福 島 第 一 原 発 事 故 で 福 島 県 浪 江 町 から 避 難 を 強 いられた 後 自 殺 した 男 性 の 遺 族 3 人 が 東 電 に 約 8700 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた 訴 訟 で 福 島 地 裁 ( 潮 見 直 之 裁 判 長 )は30 日 男 性 の 自 殺 の 原 因 を 事 故 に 起 因 する 複 数 の 強 いストレス だっ たとし 東 電 に 約 2700 万 円 の 支 払 いを 命 じる 判 決 を 言 い 渡 した 遺 族 側 の 弁 護 団 によると 同 原 発 の 事 故 と 自 殺 の 因 果 関 係 を 認 めた 判 決 は2 例 目 という 訴 えていたのは 五 十 (いそ) 崎 (ざき) 喜 一 さん( 当 時 67)の 妻 栄 子 さん(66)ら 遺 族 3 人 喜 一 さんは 原 発 事 故 が 起 きた 翌 日 の2011 年 3 月 13 日 から1カ 月 間 自 宅 から 約 60キロの 同 県 郡 山 市 の 体 育 館 に 避 難 不 眠 や 食 欲 不 振 を 訴 えた 約 1カ 月 後 に 同 県 二 本 松 市 のアパートに 移 り 住 んだが 体 調 が 再 び 悪 化 早 く 浪 江 に 帰 りた い と 言 うようになり 7 月 に 同 県 飯 舘 村 の 川 に 飛 び 込 み 遺 体 で 見 つかった 判 決 は 喜 一 さんが 人 生 の 大 半 を 過 ごし 退 職 後 も 釣 りや 家 庭 菜 園 などを 楽 しんでいた 故 郷 を 原 発 事 故 で 追 われ 人 生 そのものの 基 盤 を 失 った とした さらに 避 難 生 活 の 長 期 化 や 経 済 的 負 担 への 不 安 なども 加 わってうつ 状 態 となり 自 殺 した とした その 上 で 原 発 事 故 を 起 こせば 地 域 住 民 が 避 難 を 余 儀 なくされる 可 能 性 があり 避 難 者 が 様 々なストレスを 受 け 精 神 障 害 の 発 症 や 自 殺 する 人 が 出 る と 東 電 が 予 見 できた と 指 摘 した 原 発 事 故 避 難 者 の 自 殺 をめぐっては 福 島 県 川 俣 町 山 木 屋 から 避 難 させられ 一 時 帰 宅 中 の 11 年 7 月 焼 身 自 殺 した 女 性 ( 当 時 58)の 遺 族 による 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 で 同 地 裁 が 昨 年 8 月 事 故 と 自 殺 の 因 果 関 係 を 認 め 約 9100 万 円 の 請 求 に 対 し 東 電 に 約 4900 万 円 の 賠 償 を 命 じた 東 電 は 控 訴 を 断 念 し 幹 部 が 遺 族 に 謝 罪 してい る ( 小 島 泰 生 ) < 被 ばく 線 量 > 避 難 誘 導 者 上 限 引 き 上 げ 再 稼 働 に 備 え 検 討 [ 写 真 ] 毎 日 新 聞 年 6 月 30 日 ( 火 ) 9 時 0 分 政 府 は 原 発 事 故 時 に 周 辺 住 民 の 避 難 誘 導 や 物 資 の 輸 送 などに 当 たる 地 方 自 治 体 職 員 やバス 運 転 手 らの 被 ばく 線 量 の 上 限 を 現 行 の 年 1ミリシー ベルトから 引 き 上 げる 方 針 を 決 めた 東 京 電 力 福 島 第 1 原 発 事 故 では 現 地 対 策 本 部 に 必 要 な 職 員 らが 集 まらず 避 難 や 物 流 に 支 障 が 出 た 原 発 の 再 稼 働 に 備 え 住 民 の 着 実 な 避 難 を 進 めるため 上 限 の 新 たな 基 準 を 設 定 するものだが 原 発 周 辺 自 治 体 では 人 員 確 保 への 懸 念 が 広 がりそうだ 来 月 にも 内 閣 府 に 作 業 部 会 を 設 置 し 新 基 準 の 検 討 を 始 め る 引 き 上 げの 対 象 は 警 察 や 消 防 以 外 の 地 方 公 務 員 のほか 地 元 のバス トラック 運 転 手 ら 原 発 事 故 時 に 住 民 避 難 の 誘 導 などに 当 たる 人 員 は 旧 原 子 力 安 全 委 員 会 がまとめた 見 解 (1999 年 )で 原 発 事 故 時 の 防 災 業 務 関 係 者 と 位 置 付 けられた このうち 警 察 消 防 国 家 公 務 員 などは 省 令 などによって 一 般 住 民 の 被 ばく 上 限 ( 年 1ミリシーベルト)を 超 える 上 限 ( 緊 急 時 100ミリシーベルト)が 設 定 されている 一 方 地 方 公 務 員 や 運 転 手 らに は 現 在 は 被 ばく 上 限 の 特 別 な 基 準 はなく 緊 急 時 も 一 般 住 民 と 同 じ 基 準 が 適 用 される 作 業 部 会 は 山 下 俊 一 長 崎 大 理 事 ら 有 識 者 7 人 で 構 成 内 閣 府 や 厚 生 労 働 省 原 子 力 規 制 庁 のほか 日 本 バス 協 会 などの 業 界 団 体 も 加 わる 福 島 事 故 時 に 敷 地 外 で 活 動 した 自 治 体 職 員 らがどの 程 度 被 ばくしたかなどを 検 証 それを 踏 まえて 内 閣 府 と 厚 労 省 が 具 体 的 な 数 値 を 決 める 被 ばく 上 限 の 基 準 は 他 に 緊 急 時 の 原 発 作 業 員 が100ミリシーベルト 除 染 作 業 員 が 年 50ミリシーベルトな どと 定 められている 旧 安 全 委 の 見 解 では 緊 急 時 の 防 災 業 務 関 係 者 の 上 限 を 50ミリシーベルトが 適 当 としていたが 基 準 決 定 前 に 福 島 事 故 が 発 生 した 内 閣 府 の 担 当 者 は 汚 染 が 比 較 的 高 い 場 所 で 活 動 する 可 能 性 があり 効 率 的 な 避 難 誘 導 のためにも 新 たな 基 準 が 必 要 だ と 説 明 する 鹿 児 島 県 のバス 会 社 変 更 なら 協 力 見 直 す 政 府 は 九 州 電 力 川 内 (せんだい) 原 発 ( 鹿 児 島 県 )など 原 子 力 規 制 委 員 会 の 安 全 審 査 に 合 格 した 原 発 の 再 稼 働 を 進 める 方 針 だ 川 内 原 発 の 避 難 計 画 は 昨 年 9 月 政 府 の 了 承 を 受 けたが 避 難 バスの 手 配 や 避 難 住 民 の 除 染 態 勢 を 巡 って 地 元 との 調 整 が 続 いて いる 被 ばく 上 限 の 引 き 上 げは これらの 調 整 に 影 響 を 与 える 可 能 性 がある 原 発 の 避 難 計 画 は 国 の 審 査 の 対 象 外 だ こ のため 政 府 は 策 定 を 支 援 するだけで 地 元 自 治 体 が 責 任 を 負 う 安 全 審 査 を 申 請 した 川 内 原 発 以 外 の 各 原 発 では 各 自 - 5 -

6 治 体 が 避 難 計 画 をまだ 策 定 中 で 審 査 に 合 格 した 関 西 電 力 高 浜 原 発 ( 福 井 県 )も 完 成 していない 以 前 から 原 発 事 故 時 に 大 量 の 住 民 が 避 難 する 移 動 手 段 の 確 保 は 避 難 計 画 のカギを 握 るとされてきた 職 員 の 被 ばく 防 護 対 策 の 充 実 という 課 題 もある 難 題 が 山 積 する 中 避 難 住 民 の 誘 導 を 担 う 地 方 公 務 員 らの 被 ばく 上 限 が 引 き 上 げられることになれば 地 元 の 反 発 を 招 きかねない 今 夏 の 再 稼 働 を 目 指 す 川 内 原 発 で 調 整 が 難 航 すると 避 難 計 画 自 体 の 見 直 しを 迫 られる 可 能 性 もある 政 府 は 現 在 上 限 を 年 1ミリシーベルトとする 前 提 で 地 元 のバス 会 社 などに 協 力 を 要 請 している 鹿 児 島 県 のバス 会 社 は 毎 日 新 聞 の 取 材 に 1ミリシーベルト が 引 き 上 げられるなら 協 力 するかどうかゼロベースで 見 直 す と 話 す 酒 造 唯 エコエナジー エネコスト 削 減 は 利 益 の 源 泉 省 エネコンサル SankeiBiz 2015 年 6 月 30 日 ( 火 ) 8 時 15 分 2011 年 度 は 前 年 度 の44.5% 12 年 度 は 同 82.2% 13 年 度 も 同 82.2%- 病 院 介 護 施 設 向 け 給 食 会 社 大 手 日 清 医 療 食 品 のホ ームページに こんな 数 字 がアップされている 省 エネ 効 率 を 表 す エネルギー 使 用 原 単 位 の 前 年 度 比 率 だ 同 社 全 事 業 所 が1 年 間 に 使 ったエネルギー 使 用 量 を 1 年 間 の 工 場 での 製 造 食 数 で 割 った 原 単 位 の 推 移 を 示 している 11 年 度 は1 0 年 度 の44.5%と 半 分 以 下 3 年 で3 分 の1 以 下 に 激 減 した 同 社 広 報 課 の 神 戸 修 氏 は 給 食 容 器 や 調 理 器 具 の 乾 燥 機 は 電 力 使 用 量 が 多 く その 使 用 回 数 を40% 程 度 減 らしたことなどが 効 果 を 上 げた と 説 明 する 改 善 提 案 したのは エコ エナジーの 伊 藤 智 教 代 表 原 単 位 の 劇 的 な 改 善 は 大 幅 な 電 気 代 の 削 減 収 益 改 善 につながる と 力 説 する 同 社 の 省 エネコンサルは (1) 省 エネによる 利 益 の 創 出 (コスト 削 減 )(2) 二 酸 化 炭 素 (CO2)の 排 出 削 減 (3) 法 定 義 務 の 履 行 - そ の 手 法 は 電 気 など 顧 客 のエネルギー 使 用 量 を 機 材 を 使 いリアルタイムで 把 握 問 題 点 を 抽 出 し 消 費 電 力 の 多 い 空 調 や 設 備 機 器 の 運 転 方 法 の 改 善 など 細 かな 対 策 を 積 み 上 げていくものだ 過 剰 なエネルギーを 使 っているところが 多 く これを 減 らすことで 原 則 10%のエネルギー 使 用 総 量 削 減 の 最 低 保 証 をしているが 実 績 ベースでは30~50% 減 ( 同 ) という その 伊 藤 代 表 の 持 論 は 省 エネによるエネルギーコストの 削 減 は 利 益 の 源 泉 ことに 東 日 本 大 震 災 後 の 原 発 稼 働 停 止 に 伴 う 相 次 ぐ 電 力 料 金 の 値 上 げ さらに 同 料 金 に 転 嫁 される 再 生 可 能 エネルギー 賦 課 金 の 毎 年 の 増 額 加 えて 将 来 見 込 まれる 原 発 廃 炉 や 送 電 網 利 用 の 負 担 金 など エネルギーコストの 上 昇 要 因 はめじろ 押 しだ それだけに 省 エ ネは 利 益 の 源 泉 という 言 葉 が 重 みを 増 す 電 気 料 金 の 値 上 げは 原 発 再 稼 働 で 元 に 戻 るかもしれない しかし 再 生 エ ネ 賦 課 金 は 14 年 度 の1キロワット 時 当 たり0.75 円 が 15 年 度 は1.58 円 に 倍 増 その 国 民 負 担 額 は1 兆 3200 億 円 こ れが4 兆 円 まで 拡 大 する 見 通 しのため 5 円 になるのは 確 実 で 現 在 の 電 力 料 金 は5 年 以 内 に30% 程 度 上 がるだろう ( 伊 藤 代 表 ) 一 方 エネルギー 使 用 量 への 規 制 も 強 まっている 政 府 が 決 めた30 年 の 温 室 効 果 ガスの 排 出 量 は 13 年 比 2 6% 減 で その 前 提 の 一 つが 徹 底 した 省 エネだからだ 例 えば 政 府 は16 年 度 から 企 業 の 省 エネ 活 動 を4つにランク 付 け する 仕 組 みを 導 入 する コスト 増 要 因 の 温 暖 化 対 策 と コスト 削 減 で 利 益 を 生 む 省 エネ 対 策 はコインの 裏 表 の 関 係 省 エ ネ 法 の 法 定 事 務 代 行 を 通 じ このことを 訴 えていきたい ( 同 )( 松 田 宗 弘 ) 東 電 賠 償 想 定 より1 兆 円 増 加 総 額 7 兆 753 億 円 の 見 通 し SankeiBiz 2015 年 6 月 30 日 ( 火 ) 8 時 15 分 東 京 電 力 は 29 日 福 島 第 1 原 発 事 故 の 賠 償 総 額 が 従 来 の 想 定 より 約 1 兆 円 多 い 約 7 兆 753 億 円 になるとの 見 通 しを 発 表 した 近 く 改 定 する 新 総 合 特 別 事 業 計 画 ( 再 建 計 画 )に 盛 り 込 む 政 府 による 支 払 い 終 了 時 期 の 明 示 を 受 けて 算 定 し 直 したもので 想 定 される 賠 償 額 の 全 体 像 がほぼ 見 えてきた 東 電 は 今 後 国 が 肩 代 わりしている 賠 償 資 金 を 着 実 に 返 済 するため 一 層 の 収 益 力 強 化 が 求 められる 東 電 は 国 や 電 力 各 社 が 出 資 する 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 を 通 じ 国 から 賠 償 資 金 の 支 援 を 受 けている 東 電 は29 日 支 援 額 の 増 額 を 機 構 に 申 請 した これを 反 映 させた 再 建 計 画 の 改 定 を 近 く 機 構 と 連 名 で 経 済 産 業 相 に 申 請 し 認 定 を 受 ける 東 電 は 4 月 に 一 部 改 定 した 再 建 計 画 で 賠 償 総 額 を 約 6 兆 1252 億 円 と 見 込 ん でいた だが 今 月 12 日 政 府 が 復 興 指 針 を 改 定 し 商 工 業 者 への 営 業 損 害 の 賠 償 は2016 年 度 分 避 難 者 への 慰 謝 料 の 支 払 いは17 年 度 分 までで 終 えると 決 めたことを 受 け 改 めて 賠 償 額 を 計 算 除 染 費 用 の 増 額 分 も 含 め 計 9500 億 円 膨 らん だ 東 電 は 国 からの 支 援 資 金 について 機 構 に 特 別 負 担 金 を 支 払 うなどの 形 で 返 済 を 続 けている 特 別 負 担 金 は 東 電 の 経 常 利 益 から 出 すため 返 済 を 確 実 に 進 めるには サステナブル( 持 続 可 能 )な 黒 字 化 が 必 要 ( 東 電 関 係 者 )だ ただ1 6 年 4 月 から 電 力 小 売 りが 全 面 自 由 化 され ほかの 電 力 やガス 大 手 などとの 競 争 が 激 しくなる 柏 崎 刈 羽 原 発 ( 新 潟 県 )の 再 稼 働 も 見 通 せないまま 電 気 料 金 の 価 格 競 争 に 突 入 すれば 赤 字 に 転 落 し 返 済 原 資 を 捻 出 できないことも 危 惧 される 東 電 は 携 帯 大 手 ソフトバンクといった 異 業 種 との 連 携 を 進 めるなどしているが 今 後 どこまで 収 益 基 盤 を 強 化 できるか 課 題 を 突 きつけられている 指 定 廃 棄 物 処 分 場 問 題 環 境 省 が 初 の 住 民 説 明 会 批 判 噴 出 自 治 会 長 堂 々 巡 り 千 葉 産 経 新 聞 2015 年 6 月 3 0 日 ( 火 ) 7 時 55 分 環 境 省 が 東 京 電 力 福 島 第 1 原 発 事 故 で 発 生 した 県 内 の 指 定 廃 棄 物 の 処 分 場 候 補 地 に 東 電 千 葉 火 力 発 電 所 ( 千 葉 市 中 央 区 )を 選 定 した 問 題 で 同 省 は29 日 市 内 の 自 治 会 長 らを 対 象 とした 初 の 住 民 説 明 会 を 同 市 美 浜 区 で 実 施 した 出 席 者 からは 批 判 的 な 質 問 や 意 見 が 噴 出 し 住 民 の 理 解 を 得 る 難 しさが 浮 き 彫 りとなった こうした 現 状 を 受 け 同 省 の 担 当 者 は 今 後 説 明 会 を 追 加 で 実 施 する 方 針 を 明 らかにした 説 明 会 は 非 公 開 で 行 われ 担 当 者 が 市 内 の 自 治 会 長 ら 約 30 人 の 出 席 者 に 対 し 選 定 経 過 や 設 置 が 予 定 されている 施 設 の 安 全 性 などについて 説 明 した 出 席 した 若 葉 区 内 の 自 治 会 長 の 男 性 (73)は 環 境 省 の 担 当 者 は 設 置 する 施 設 は 堅 固 で100 年 持 つ と 言 っていたが 結 局 心 配 し ているから 住 宅 地 や 水 源 から 遠 い 場 所 を 選 んだのではないか と 疑 念 を 示 した 上 で 安 全 性 などを 問 う 質 問 に 環 境 省 側 は - 6 -

7 しっかりと 答 えず 堂 々 巡 りのようだった と 話 した 同 省 はこれまで 7 月 7 日 に 発 電 所 に 最 も 近 い 自 治 会 関 係 者 らへの 説 明 会 を 開 き 同 20 日 には 市 民 向 けの 大 規 模 の 説 明 会 を 行 う 予 定 としてきた 説 明 会 終 了 後 報 道 陣 の 取 材 に 応 じた 同 省 指 定 廃 棄 物 担 当 の 室 石 泰 宏 参 事 官 は 非 常 にたくさんの 質 問 や 意 見 を 頂 いたということは 説 明 が 不 十 分 だったということ だ として 今 後 7 月 の2 回 の 他 にも 説 明 会 を 実 施 する 意 向 を 表 明 した 市 や 市 議 会 が 県 内 で 廃 棄 物 を 保 管 している 各 自 治 体 が 現 状 のまま 分 散 保 管 するべきだとして 同 省 に 再 協 議 を 求 めていることについては 省 内 で 検 討 中 だ とした コマツ 社 長 : 中 国 市 場 の 悪 化 は 想 定 以 上 - 鉱 山 事 業 含 め 改 革 を 実 施 Bloomberg 2015 年 6 月 30 日 ( 火 ) 6 時 0 分 (ブル ームバーグ):コマツは 需 要 の 減 少 に 対 応 するため 中 国 の 拠 点 や 資 源 国 の 鉱 山 機 械 事 業 で 人 員 削 減 などを 含 む 構 造 改 革 に 踏 み 切 っている 建 設 機 械 の 世 界 最 大 市 場 である 中 国 で 需 要 減 に 歯 止 めがかからず 4-6 月 期 の 建 機 需 要 は 前 年 同 期 と 比 べほぼ 半 減 のペースで 推 移 しているという お 客 さん 自 身 今 は 工 事 が 始 まるかどうかわからず 様 子 見 の 状 況 で 実 際 に 工 事 が 始 まったら 買 うという 印 象 が 強 い コマツの 大 橋 徹 二 社 長 は25 日 ブルームバーグのインタビューで 中 国 市 場 の 現 在 の 状 況 についてこう 話 した 4 月 の 決 算 発 表 で 説 明 したときよりも 中 国 はもっと 厳 しい と 指 摘 した 中 国 で 需 要 の 冷 え 込 みに 拍 車 がかかる 背 景 には 経 済 成 長 の 減 速 に 加 え 習 近 平 国 家 主 席 が 展 開 する 腐 敗 撲 滅 運 動 などが 建 設 計 画 の 遅 れにつながっている 大 橋 氏 によると 主 に 都 市 土 木 の 細 かな 工 事 に 使 われるミニショベルの 需 要 はあるものの よ り 大 型 のショベルの 販 売 が 不 振 だという 大 橋 氏 は 大 きなものを 使 う 本 格 的 な 工 事 が 動 いていない と 話 した コマツの 予 測 によると 中 国 の 建 機 需 要 は14 年 度 に 前 年 度 比 38% 減 少 15 年 度 はさらに20-25% 減 少 すると 予 想 している 10 万 台 を 超 えて 過 去 最 高 となった10 年 度 の4 分 の1 近 い 水 準 まで 減 少 することが 見 込 まれている コマツは 需 要 低 迷 の 対 応 策 として 中 国 やタイのほか 南 半 球 の 資 源 国 の 事 業 でもコスト 改 善 を 急 いでいる 余 剰 人 員 の 削 減 に 加 え 節 電 や 生 産 効 率 の 改 善 で 生 産 拠 点 の 電 力 コストを 削 減 するといった 国 内 で 原 発 事 故 以 降 に 始 めた 取 り 組 みを 応 用 したり 補 給 部 品 用 の 倉 庫 を 減 らすなどの 努 力 を 行 っているという 反 発 時 期 は 不 透 明 中 国 需 要 の 大 幅 な 縮 小 に 伴 い 売 上 高 全 体 に 占 める 比 率 も6%と 同 社 の 中 国 依 存 度 は 下 落 傾 向 しかし 中 国 の 景 気 減 速 が 資 源 需 要 に 影 響 を 及 ぼしており 鉄 鉱 石 や 石 炭 など 商 品 価 格 が 下 落 したことで 資 源 開 発 会 社 の 投 資 意 欲 が 減 退 し 鉱 山 機 械 の 需 要 が 反 発 するタイミングに 不 透 明 感 が 強 まっている 大 橋 氏 によると 昨 年 時 点 では 資 源 会 社 の 経 営 者 との 会 談 などを 通 じて16 年 に 設 備 投 資 を 再 開 すると 聞 いていたものが 最 近 では17 年 から18 年 に 後 ろ 倒 しになってきているという このため16 年 も 状 況 は 依 然 厳 しいとみているものの 銅 や 石 炭 については 需 要 が 伸 びていることなどから 来 年 に 一 部 回 復 の 兆 しが 出 る 可 能 性 があると 予 想 する 大 橋 氏 は 鉄 鉱 石 が 状 況 としては 一 番 厳 しい と 指 摘 した 大 橋 社 長 は 鉱 山 業 界 で1つだけ 間 違 いないのは みんな 右 向 け 右 落 ちるときは 一 気 に 落 ち 上 がる 時 には 一 気 に 上 がる と 述 べ 鉱 山 機 械 は 中 長 期 的 には 成 長 市 場 であるため 回 復 のタイミングを 引 き 続 き 注 視 していく 考 えを 示 した < 福 島 原 発 事 故 > 賠 償 見 積 総 額 が7 兆 753 億 円 に 東 電 毎 日 新 聞 2015 年 6 月 29 日 ( 月 ) 19 時 55 分 東 京 電 力 は2 9 日 福 島 第 1 原 発 事 故 における 損 害 賠 償 の 見 積 総 額 が 約 7 兆 753 億 円 に 達 したと 発 表 した 近 く 改 定 する 新 総 合 特 別 事 業 計 画 ( 再 建 計 画 )に 盛 り 込 む 商 工 業 者 や 避 難 者 への 賠 償 除 染 費 用 がふくらみ 4 月 に 示 した 再 建 計 画 の 改 定 からさら に 約 1 兆 円 の 増 額 となった 賠 償 額 は 今 後 も 増 加 する 見 通 しだ 政 府 は 今 月 12 日 福 島 復 興 指 針 を 改 定 これを 受 け 東 電 は 商 工 業 者 の 営 業 損 害 や 風 評 被 害 への 賠 償 として 新 たに2 年 分 を 支 払 い 避 難 者 への 精 神 的 賠 償 は2018 年 3 月 まで 継 続 するなどの 方 針 を 決 定 追 加 の 賠 償 額 見 積 もりは3140 億 円 となった また 環 境 省 が 立 て 替 えている 除 染 費 用 のうち 増 加 分 約 5230 億 円 を 新 たに 見 積 もった 農 林 水 産 業 者 への 出 荷 制 限 や 風 評 被 害 などの 見 積 額 も 約 1130 億 円 増 加 した 東 電 は 近 く 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 と 政 府 に 追 加 支 援 を 申 請 する 7 月 中 にも 認 定 を 受 ける 見 通 し 安 藤 大 介 原 発 賠 償 7 兆 円 強 へ= 国 に9500 億 円 追 加 申 請 東 電 時 事 通 信 2015 年 6 月 29 日 ( 月 ) 18 時 0 分 東 京 電 力 は29 日 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 に 対 し 福 島 第 1 原 発 事 故 の 賠 償 費 用 などとして 約 9500 億 円 の 追 加 支 援 を 申 請 した 今 回 の 追 加 で 原 発 事 故 に 伴 う 賠 償 費 用 の 見 込 み 額 は7 兆 円 強 に 膨 らむ 原 賠 機 構 と 調 整 し 近 く 賠 償 費 用 などの 変 更 を 含 めた 新 総 合 特 別 事 業 計 画 ( 再 建 計 画 )の 改 定 案 を 国 に 提 出 する 見 通 し 追 加 支 援 の 申 請 は 今 年 3 月 以 来 今 回 は 原 発 事 故 で 被 害 を 受 けた 商 工 業 者 の 営 業 損 害 や 精 神 的 損 害 に 対 する 賠 償 の 仕 組 みを 変 更 したことによる 措 置 福 島 県 外 での 除 染 作 業 の 進 展 に 伴 う 追 加 負 担 分 も 盛 り 込 んだ 処 分 場 に 反 対 相 次 ぐ= 環 境 省 が 千 葉 市 で 自 治 会 説 明 会 時 事 通 信 2015 年 6 月 29 日 ( 月 ) 16 時 51 分 東 京 電 力 福 島 第 1 原 発 事 故 で 発 生 した 放 射 性 物 質 を 含 む 指 定 廃 棄 物 の 千 葉 県 内 の 処 分 場 建 設 をめぐり 環 境 省 は29 日 候 補 地 に 選 んだ 千 葉 市 の 町 内 自 治 会 連 絡 協 議 会 向 けに 説 明 会 を 開 いた 同 省 の 室 石 泰 弘 参 事 官 が 同 市 中 央 区 の 東 電 千 葉 火 力 発 電 所 の 敷 地 に 建 設 する 方 針 に 理 解 を 求 めたのに 対 し 出 席 者 から 反 対 が 相 次 いだ 同 省 は 宮 城 茨 城 栃 木 群 馬 千 葉 の 5 県 で 処 分 場 を 建 設 する 方 針 だが 市 町 村 などの 基 礎 自 治 体 で 説 明 会 を 開 くのは 初 めて 市 内 全 49 地 区 の 自 治 会 長 のう ち 約 30 人 が 参 加 した 連 絡 協 議 会 は 説 明 会 後 選 定 に 反 対 する 要 望 書 を 同 省 に 提 出 することを 決 めた 中 央 区 の 自 治 会 長 は 記 者 団 に ( 候 補 地 は) 海 や 民 家 に 近 くて 心 配 だ と 反 対 の 考 えを 強 調 稲 毛 区 の 会 長 は 賛 成 できるわけがない 安 全 と 言 われた 福 島 第 1 原 発 で 起 きた 事 故 が 証 明 している と 指 摘 した - 7 -

8 楢 葉 町 の 長 期 宿 泊 延 長 = 避 難 指 示 解 除 まで 政 府 時 事 通 信 2015 年 6 月 29 日 ( 月 ) 16 時 32 分 東 京 電 力 福 島 第 1 原 発 事 故 の 影 響 で ほぼ 全 域 が 避 難 指 示 区 域 に 指 定 されている 福 島 県 楢 葉 町 について 政 府 は29 日 7 月 5 日 で 期 限 が 切 れる 帰 還 準 備 のための 長 期 宿 泊 を 避 難 指 示 が 解 除 されるまで 当 分 の 間 延 長 すると 発 表 した 政 府 は 避 難 指 示 を8 月 の お 盆 前 に 解 除 する 考 えを 示 しており 今 後 具 体 的 な 日 程 を 決 める 長 期 宿 泊 は4 月 6 日 から3カ 月 の 予 定 で 行 われ 326 世 帯 688 人 (6 月 28 日 時 点 )が 申 し 込 んでいる 平 和 都 市 宣 言 制 定 浜 岡 原 発 立 地 の 御 前 崎 市 議 by 静 岡 新 聞 2015 年 6 月 29 日 ( 月 ) 12 時 26 分 御 前 崎 市 議 会 は29 日 6 月 定 例 会 最 終 日 で 市 当 局 から 提 案 された 御 前 崎 市 平 和 都 市 宣 言 の 制 定 を 全 会 一 致 で 可 決 した 同 市 には 中 部 電 力 浜 岡 原 発 が 立 地 し 核 物 質 が 存 在 するという 事 情 から 長 年 宣 言 を 見 送 っていた 戦 後 7 0 年 の 節 目 ( 同 市 )に 方 針 を 変 えて 提 案 し 同 日 付 で 宣 言 した 宣 言 では 核 兵 器 廃 絶 と 世 界 平 和 実 現 のために 不 断 の 努 力 をすることが 明 記 されている 原 子 力 の 平 和 利 用 については 触 れられていない 質 疑 で 長 年 制 定 を 求 めてきた 清 水 澄 夫 氏 ( 共 産 )は 市 当 局 から 提 案 されたことはうれしいが 表 題 に 非 核 や 核 兵 器 廃 絶 の 文 言 を 入 れるべき とただした 石 原 茂 雄 市 長 は 宣 言 文 の 中 にあるので それでどうかと 思 っている と 述 べた 市 によると 20 日 まで 約 1カ 月 間 行 った 平 和 都 市 宣 言 のパブリックコメント( 意 見 公 募 )では1 人 から3 件 の 意 見 が 寄 せられた 宣 言 の 看 板 や 碑 を 掲 示 することは 考 え ていない 説 明 会 全 日 程 を 終 了 富 岡 の 指 定 廃 棄 物 最 終 処 分 計 画 福 島 民 報 2015 年 6 月 29 日 ( 月 ) 11 時 41 分 東 京 電 力 福 島 第 一 原 発 事 故 で 発 生 した 指 定 廃 棄 物 などを 福 島 県 富 岡 町 の 民 間 管 理 型 処 分 場 フクシマエコテッククリーンセンター に 埋 め 立 てる 最 終 処 分 計 画 をめぐる 環 境 省 の 住 民 説 明 会 最 終 日 は28 日 郡 山 市 の 奥 羽 大 といわき 市 のいわき 明 星 大 で 開 か れた 前 日 の 説 明 会 と 同 様 安 全 性 や 町 内 で 比 較 的 空 間 放 射 線 量 が 低 い 地 域 の 施 設 利 用 への 疑 問 の 声 が 相 次 いだ 郡 山 会 場 に40 人 いわき 会 場 に74 人 が 出 席 した いわき 会 場 では 無 職 男 性 (70)が 交 付 金 をいくらもらっても 帰 還 の 妨 げとなり 受 け 入 れられない と 発 言 町 内 の 高 線 量 地 域 への 処 分 場 建 設 を 求 める 意 見 も 出 た この 日 で 説 明 会 の 全 日 程 を 終 えた 環 境 省 の 川 又 孝 太 郎 指 定 廃 棄 物 対 策 担 当 参 事 官 室 長 は 説 明 会 で 出 たさまざまな 意 見 を 一 つ 一 つ 検 討 し どう 対 応 できるか 考 えていきたい と 述 べた 宮 本 皓 一 町 長 は 説 明 会 を 受 けた 国 の 対 応 を 見 極 める とした 上 で 町 内 で 最 終 処 分 をした 場 合 に 懸 念 される 風 評 や 町 民 の 帰 還 意 識 低 下 などの 回 避 に 必 要 な 具 体 的 な 地 域 振 興 策 の 提 示 を 国 に 求 めて いく 考 えを 示 した 交 渉 決 裂 なら 核 開 発 を 再 開 強 気 のイラン 大 統 領 テレビ 朝 日 系 (ANN) 7 月 1 日 ( 水 )13 時 40 分 配 信 イランの 核 問 題 を 巡 る 欧 米 などとの 協 議 が 大 詰 めを 迎 えるなか イランのロウハニ 大 統 領 は 交 渉 が 決 裂 すれば これまで 以 上 の 核 開 発 を 再 開 する と 述 べ 強 く 牽 制 (けんせい)しました イランと 欧 米 など6カ 国 の 核 問 題 を 巡 る 協 議 は 先 月 30 日 までだった 期 限 を 今 月 7 日 まで 延 長 することが 決 まりました ロウハニ 大 統 領 は メディアとの 懇 談 で 合 意 できれば 確 実 に 履 行 するが 交 渉 が 決 裂 すれば 即 座 にこれまで 以 上 の 核 開 発 を 再 開 する 用 意 がある などと 述 べ 強 気 の 姿 勢 を 示 しました IAEA( 国 際 原 子 力 機 関 )による 軍 事 施 設 を 含 む 査 察 などを 巡 ってイラン 国 内 の 指 導 者 から 強 い 反 発 が 出 ていて 合 意 への 道 筋 は 不 透 明 なままです イラン 核 協 議 悪 い 取 引 なら 離 脱 と 米 大 統 領 7 日 まで 期 限 延 長 産 経 新 聞 7 月 1 日 ( 水 )10 時 44 分 配 信 カイロ = 大 内 清 ワシントン= 加 納 宏 幸 イラン 核 問 題 の 包 括 的 解 決 を 目 指 す 欧 米 など6カ 国 とイランの 協 議 は6 月 30 日 最 終 合 意 の 期 限 を 迎 えたが 欧 米 とイラン 双 方 の 主 張 に 隔 たりがあり 交 渉 は7 日 までの 延 長 が 決 まった オバマ 米 大 統 領 は30 日 イランの 核 兵 器 開 発 を 不 可 能 にできる 合 意 でなければ 交 渉 を 離 脱 すると 語 り 最 終 合 意 への 強 い 決 意 を 示 した オバマ 氏 は 記 者 会 見 で 悪 い 取 引 なら 交 渉 から 離 脱 する イランが 核 兵 器 を 取 得 する 道 を 閉 ざす 保 証 が 得 られなければ 合 意 しな い と 述 べた ウィーンでの 協 議 は30 日 ケリー 米 国 務 長 官 がイランのザリフ ロシアのラブロフ 両 外 相 と 個 別 に 会 談 イラン が 早 期 実 現 を 求 める 制 裁 解 除 の 手 順 や 国 際 原 子 力 機 関 (IAEA)による 核 査 察 の 範 囲 で 隔 たりがあるためとみられる 米 国 務 省 のカービー 報 道 官 は 記 者 会 見 で 期 限 延 長 を 単 純 な 技 術 的 延 長 とし 隔 たりはあるものの 長 期 的 解 決 に 向 け て 進 められていると 強 調 した 米 議 会 は 法 律 で7 月 9 日 までに 合 意 を 送 付 しなければ 承 認 に 関 する 審 査 期 間 を30 日 間 から 60 日 間 に 延 ばすと 規 定 審 査 期 間 中 は 制 裁 を 解 除 できないため 9 日 までに 合 意 できるかがカギとなる 日 本 のインフラ コストはなぜ 世 界 一 高 いのか? 原 発 事 故 だけではない!? 東 電 のお 家 事 情 BizCOLLEGE 7 月 1 日 ( 水 )10 時 22 分 配 信 インフラ コスト 世 界 最 高 水 準 の 日 本 東 京 電 力 福 島 第 1 原 子 力 発 電 所 の 原 発 事 故 以 来 およそ2 割 上 がった 電 気 料 金 の 計 算 書 を 見 て 溜 息 をついている 人 が 多 いことだろう 事 故 以 前 から 電 気 料 金 をはじめとする 日 本 のインフラ コストは 世 界 一 高 い と 言 われ 続 けてきた 前 提 条 件 に 為 替 や 税 なども 関 わるので 単 純 な 比 較 は 難 しいが 先 進 国 の 中 では 火 力 発 電 比 率 の 高 いイタリアなどを 除 けば 世 界 最 高 水 準 の 料 金 であることに 間 違 いはない ちなみに 筆 者 の 卑 近 な 例 で 恐 縮 だが 東 京 の 筆 者 宅 と 米 カリフォルニアに 住 む 息 子 家 族 宅 を 平 均 的 に 比 較 すると ドル 高 の 今 日 でも 東 京 の 方 が 電 気 料 金 でおよそ2 倍 近 く ガス 代 では3 倍 近 く 高 い 我 が 家 は 二 人 家 族 のマンション 息 子 宅 は 四 人 家 族 の 戸 建 で あり 歴 然 とした 差 を 実 感 している 今 年 の 東 京 電 力 の 決 算 を 見 てみよう < 図 4-1>の2015 年 3 月 期 連 結 損 益 計 算 書 を 見 ると 経 常 収 益 ( 売 上 高 ほか)が 約 2% 増 え 経 常 利 益 は 前 年 比 2 倍 強 の2,080 億 円 当 期 純 利 益 は3% 増 の4,516 憶 円 と - 8 -

9 なっている 数 字 だけ 見 ると 超 優 良 企 業 のようであり 経 常 利 益 は 申 し 分 のない 収 益 力 を 示 しているかのようである また 当 期 純 利 益 が 経 常 利 益 の2 倍 強 になっているのは 特 別 利 益 が 大 きいことによる 東 京 電 力 が 実 質 的 に 国 家 管 理 下 にあり 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 から 交 付 金 が 支 給 され 実 際 の 損 害 賠 償 金 支 払 額 などと 差 額 が 純 利 益 に 加 算 され 膨 らんでいるの だ 電 力 会 社 の 最 大 資 産 は 送 変 電 設 備 損 害 賠 償 金 が 支 援 機 構 からの 交 付 金 でカバーされるのはわかるとしても 健 全 企 業 のような 経 常 利 益 が 出 るのはなぜなのか 事 故 以 来 国 民 に 広 く 知 られることになったが それは10 電 力 会 社 に 確 実 に 儲 かる 仕 組 み が 認 められてきたからである それは 発 送 配 電 の 一 体 事 業 地 域 独 占 そして 総 括 原 価 方 式 による 料 金 設 定 の 三 位 一 体 制 である この 制 度 のおかげで 各 電 力 会 社 は 国 家 的 な 全 体 最 適 とはほぼ 関 係 なく 地 域 最 適 の 経 営 を 進 めてきたといわれている お 互 い 干 渉 せずに 競 争 することも なく 高 い 自 由 度 の 下 で 料 金 を 決 め その 収 益 を 元 にして 積 極 的 に 設 備 投 資 を 行 うことができた その 結 果 世 界 最 高 品 質 の 電 力 を 豊 富 に 提 供 し 日 本 の 高 度 成 長 を 強 力 にバックアップ することができた 日 本 の 停 電 時 間 は 一 軒 当 たりに 平 均 すると 年 間 20 分 に 満 たず 諸 外 国 と 比 べて 品 質 レベルは 最 高 であ る そしてこの 高 品 質 もあって 電 気 代 も 最 高 となったのであ る 東 京 電 力 の 連 結 貸 借 対 照 表 を 見 ると 最 大 の 資 産 は 電 力 事 業 固 定 資 産 である 大 規 模 装 置 型 インフラ サービス 業 な ので 当 然 である しかしさらにその 内 訳 を 見 ていくと 2014 年 度 末 で 発 電 設 備 2.4 兆 円 送 変 電 設 備 2.5 兆 円 配 電 設 備 2 兆 円 となっていて 最 大 の 資 産 は 実 は 送 変 電 設 備 であるこ とがわかる 重 複 投 資 で 国 家 的 に 莫 大 な 無 駄 が 発 生 < 図 4-2>は 福 島 の 事 故 が 起 こる 直 前 期 2010 年 3 月 末 の 電 力 事 業 固 定 資 産 を 東 京 電 力 だけでなく 中 部 電 力 関 西 電 力 と 共 に 並 べてある 3 社 分 を 合 計 すると 発 電 設 備 4.6 兆 円 送 変 電 5.9 兆 円 配 電 3.9 兆 円 となって 送 変 電 設 備 がやはり 電 力 の 最 大 資 産 である なぜ 送 変 電 にこれほどの 投 資 がか かるのか? 投 資 が 大 きければ それだけ 維 持 コストもかかるはずである 最 も 大 きな 理 由 は 発 電 所 が 遠 隔 地 にあるから である 例 えば 東 電 の 原 発 は 福 島 や 新 潟 にあり 関 電 は 福 井 にあり 中 電 は 静 岡 にある どの 会 社 も 最 大 の 電 力 需 要 地 で ある 東 京 大 阪 名 古 屋 から 遠 く 離 れているのだ しかも 東 電 と 関 電 の 原 発 は 他 の 電 力 会 社 のテリトリーに 立 地 している 長 い 距 離 を 送 電 すれば 電 力 ロスが 多 く 発 生 する したがって 理 想 をいえば 需 要 地 の 近 隣 に 発 電 所 がある 方 が 望 ましい しかし 遠 く 離 れて 他 社 エリアに 発 電 所 が 立 地 し その 結 果 送 変 電 に 莫 大 な 投 資 額 がかかり しかもそれが 各 社 の 相 互 融 通 の 少 ない 重 複 投 資 だとしたら 国 家 的 に 莫 大 な 無 駄 が 生 まれていることになる 投 資 関 連 コストが 総 括 原 価 の 高 さにつなが り 料 金 に 反 映 されているのはいうまでもない ここでは 挙 げないが 事 故 後 に 電 力 ムラ のコスト 意 識 の 低 さを 象 徴 する 事 実 が 次 々と 明 るみに 出 た なぜこんなムダの 多 い 電 力 インフラができてしまったのだろうか 電 力 の 鬼 松 永 安 佐 エ 門 が 描 いた 理 想 のシステム 現 在 の 電 力 の 基 本 となる 三 位 一 体 制 の 仕 組 みを 作 ったのは 電 力 の 鬼 と 呼 ばれ 東 京 電 力 の 基 礎 も 作 った 松 永 安 佐 エ 門 である 昭 和 初 期 の 日 本 では 小 規 模 な 電 力 を 供 給 する 電 力 事 業 者 が800 社 も 乱 立 し 入 り 乱 れ て 競 争 していた 松 永 もその 経 営 者 の 一 人 だった しかし 戦 時 体 制 の 下 軍 部 はエネルギーを 国 家 の 統 制 下 に 置 くため 電 力 会 社 の 資 産 を 強 制 買 収 して 国 有 化 を 進 める こうして 発 送 電 事 業 が 一 本 化 され 日 本 最 大 の 資 本 金 をもつ 国 策 会 社 と して 日 本 発 送 電 株 式 会 社 が 誕 生 した さらに1941 年 には おびただしい 数 の 配 電 業 者 も 国 家 主 導 で 全 国 9 社 にまとめられ ることになり( 一 発 送 電 九 配 電 体 制 ) 電 力 の 経 営 はすべて 政 府 のコントロール 下 に 置 かれる 松 永 は 民 の 力 なくして 民 主 主 義 は 根 付 かない 官 僚 は 人 間 のクズ と 言 ってはばからない 官 を 毛 嫌 いする 人 物 だったが 激 しい 抵 抗 むなしく 隠 居 に 追 い 込 まれた しかし 日 本 が 戦 争 に 負 けると 松 永 はリベンジを 果 たすことになる 戦 後 GHQは 日 本 の 民 主 化 政 策 を 進 め るに 当 たって あらゆる 産 業 分 野 で 独 占 は 認 めない 方 針 だった 日 本 発 送 電 の 解 体 はもちろん 発 電 と 送 電 を 分 離 した 上 で 発 電 をブロックごとに 分 け 送 電 は 一 体 運 営 する 考 えだった そこに 切 り 込 んだのが 松 永 で 松 永 は 発 送 電 を 全 国 9 社 に 分 割 民 営 化 し それに 配 電 も 一 体 化 させる 地 域 独 占 案 を 提 案 した 国 家 を 介 入 させない という 強 い 一 念 で 私 企 業 が 高 い 自 由 度 で 経 営 できるようにしたかったのである 今 の9 電 力 体 制 は 松 永 の 理 想 とは 真 逆 の 姿 当 時 の 世 論 は 総 じて 松 永 案 に 否 定 的 だった 例 えばある 新 聞 は 次 のように 批 判 していた 9ブロックに 分 かれて 民 営 の 発 送 配 電 会 社 が 運 営 され - 9 -

10 る 姿 は ブロック 間 の 電 力 の 融 通 がどれほど 困 難 になるか 誰 にも 想 像 できるであろう ( 佐 高 信 著 電 力 と 国 家 集 英 社 新 書 より) つまり 地 域 独 占 による 重 複 とムダ 不 均 衡 が 生 じると 懸 念 したのである それはまさに 現 在 起 こっている 構 図 であ る しかし 冷 戦 の 勃 発 とGHQの 政 策 転 換 によって 松 永 案 が 承 認 された 1951 年 5 月 電 力 の 国 家 管 理 が 終 わり 現 在 の9 電 力 会 社 体 制 ( 沖 縄 除 く)がスタートした 松 永 はすぐに 設 備 投 資 資 金 を 得 るために 大 幅 な 値 上 げを 画 策 する 松 永 は9 電 力 トップを 集 め 適 正 原 価 に 基 づく 採 算 可 能 な 電 気 料 金 の 算 定 を 命 じた 減 価 償 却 費 も 定 率 法 を 採 用 して 目 一 杯 算 入 し こうして 集 まった 値 上 げ 率 の 案 は 当 初 平 均 76%にも 及 んだという 世 論 は 松 永 のやり 方 に 非 難 ゴウゴウだったが 松 永 は こう 言 い 放 った 電 力 再 編 成 で 九 匹 の 乳 牛 が 生 まれた 適 正 な 料 金 を 払 うというのは 餌 を 与 えることだ 飼 料 を 与 えず 三 度 のものを 二 度 にするというのでは 国 民 を 養 ってくれるお 乳 が 出 ない 子 供 がかわいいのであれば 飼 料 代 をけちるのは 間 違 いである 松 永 の 薫 陶 を 受 けた 東 京 電 力 トップは その 後 も 何 かと 国 家 管 理 を 強 めようとする 通 産 省 ( 現 経 産 省 )と 対 立 する 国 と 電 力 会 社 との 間 には 緊 張 関 係 が 続 き 電 力 会 社 同 士 もお 互 いに 料 金 や 経 営 の 効 率 化 をめぐってパフォー マンス 競 争 があったといわれている しかしこの 緊 張 が 一 気 に 緩 んだのが 1973 年 の 石 油 ショックである 田 中 角 栄 首 相 ( 当 時 )は 石 油 供 給 の 先 細 り 懸 念 から 原 発 が 必 要 であることは 議 論 するまでもない として いわゆる 電 源 三 法 を 制 定 し 国 家 主 導 で 原 発 建 設 に 乗 り 出 す これに 呼 応 して 自 治 体 は 原 発 誘 致 に 積 極 的 になる 電 力 会 社 も 発 電 所 建 設 が 困 難 になりつ つあり これを 歓 迎 した こうして 電 力 会 社 と 国 自 治 体 は 利 害 が 一 致 し 擦 り 寄 る 結 果 となった 当 時 東 京 目 白 の 田 中 邸 には 電 力 会 社 の 社 長 を 紹 介 してほしい と 原 発 を 誘 致 したい 自 治 体 の 長 が 列 をなしたという 石 油 ショック 前 に 稼 働 して いた 原 発 は5 基 その 後 20 年 間 に 東 電 柏 崎 刈 羽 原 発 ( 新 潟 県 )など40 基 が 運 転 開 始 した こうして 電 力 会 社 は 利 権 に 安 住 す る 役 所 のような 存 在 になり 私 企 業 としてのリスク 感 覚 も 失 われた その 姿 が 松 永 安 佐 エ 門 の 理 想 と 真 逆 だったのは まさに 歴 史 の 皮 肉 といえよう 65 年 を 経 て 電 力 改 革 が 始 まる わが 国 の 電 力 体 制 は65 年 の 歴 史 を 経 て やっと 変 わろうとしている 電 力 事 業 法 の 改 正 によって 来 年 から 電 気 の 小 売 り 自 由 化 が 始 まる また2020 年 には 電 力 会 社 の 発 電 部 門 と 送 配 電 部 門 が 分 離 されることになっている 料 金 規 制 も 撤 廃 される 予 定 である 今 年 4 月 時 点 で 経 産 省 に 新 規 参 入 を 届 け 出 た 事 業 者 は600を 超 えた これから 昭 和 初 期 のような 入 り 乱 れた 競 争 が 始 まろうとしている 現 実 にeコマース 関 連 のネット 企 業 は 電 力 料 金 を 即 座 に 価 格 比 較 できるサービス 開 始 を 計 画 しているし 通 信 やガスとのセット 販 売 ポイント 加 算 また 再 生 エネ ルギーだけの 会 社 を 選 べるサービスなど 消 費 者 の 選 択 肢 は 飛 躍 的 に 増 えそうだ さらに2020 年 に 送 配 電 部 門 が 分 離 され て 統 合 が 進 めば 送 電 線 や 電 柱 が 共 同 利 用 されて 従 来 のような 重 複 投 資 が 解 消 し 効 率 化 が 急 速 に 進 む 可 能 性 がある 日 本 には 北 から 南 まで 実 質 的 に 約 1.5 時 間 の 時 差 がある 例 えば 夏 場 の 電 気 消 費 量 のピークは 午 後 2~3 時 だが 発 電 会 社 が 蓄 電 も 含 めて 融 通 し 合 うことができると 省 エネに 大 いに 貢 献 できるという 次 回 は スマート 住 宅 を 巡 る 日 米 企 業 の 攻 防 を 見 ていくことにしよう ( 山 根 節 : 若 手 ビジネスパーソンのためのMBA 講 座 ) TOKAI 東 電 と 組 み 首 都 圏 へ 本 格 進 出 東 洋 経 済 オンライン 7 月 1 日 ( 水 )6 時 0 分 配 信 家 庭 法 人 向 け 電 力 販 売 にお ける 業 務 提 携 で 東 京 電 力 と5 月 に 基 本 合 意 したTOKAIホールディングス 同 社 は 本 社 を 置 く 静 岡 県 や 首 都 圏 を 中 心 にL Pガス 都 市 ガスや 情 報 通 信 CATV(ケーブルテレビ) 宅 配 水 セキュリティ 介 護 サービスなど 多 様 な 生 活 関 連 事 業 を 展 開 2015 年 3 月 末 現 在 一 般 家 庭 中 心 に 全 国 で254 万 件 の 顧 客 を 抱 える 来 年 4 月 からの 家 庭 向 けを 含 めた 電 力 小 売 り 全 面 自 由 化 に 向 け 東 電 との 提 携 をどう 事 業 拡 大 につなげていくのか 静 岡 市 の 本 社 で 鴇 田 勝 彦 (ときた かつひこ) 社 長 兼 C EOに 聞 いた 東 電 との 提 携 合 意 に 至 った 経 緯 は 当 社 のほうから 私 自 ら 提 携 を 持 ちかけた 最 初 に 話 をしたのが 昨 年 の 春 東 電 に 限 らず 当 社 と 営 業 エリアが 重 なる 他 の 大 手 電 力 ( 中 部 電 力 )や 新 電 力 大 手 にも 声 を 掛 けた TLC(トータル ライフコンシェルジュ) を 標 榜 し 多 様 な 住 生 活 関 連 インフラを 提 供 している 当 社 にない 唯 一 の 商 材 が 電 力 電 力 会 社 にと っては 当 社 の 営 業 力 が 役 に 立 つはずだと 提 携 のメリットを 申 し 上 げた 東 電 とは 嶋 田 君 ( 嶋 田 隆 前 取 締 役 経 済 産 業 省 での 後 輩 )の 紹 介 で 山 崎 さん( 山 崎 剛 常 務 執 行 役 小 売 り 部 門 トップ)と 話 をした 東 電 が 当 社 と 組 む 気 になったのは ( 電 力 周 波 数 の 境 界 線 である) 富 士 川 以 東 の 東 電 管 内 に 当 社 の 約 160 万 件 の 顧 客 がいるため 当 社 はLPガスや 都 市 ガスだけ でなく インターネットやCATV アクア( 宅 配 水 )もやっている ガス 専 業 との 連 携 とは 異 なる 多 様 な 組 み 方 ができそうだとい うことで 合 意 に 至 ったものだ 自 分 のブランドで 電 気 を 売 る 今 後 提 携 内 容 をどう 詰 めていくか 来 年 4 月 に 電 力 小 売 りが 完 全 自 由 化 される 来 年 1 月 ごろには 顧 客 が 電 力 会 社 を 切 り 替 えるための 予 約 受 付 が 始 まる 当 社 のように 電 力 を 新 たにパッケージとして 売 ろうとしている 会 社 にとっては その 準 備 に2~3カ 月 は 必 要 だ 今 年 10 月 ぐらいには 商 品 ができ ていないとまずい そのため 今 後 数 カ 月 はもっぱら 値 段 ( 電 気 料 金 )などの 商 品 メニューを 詰 める 作 業 を 行 う われわれは 自 分 のブランドで 電 力 を 売 りたいと 思 っている 値 付 けも 自 分 たちでやりたい ブランドは 決 まっていないが ドラえもんパ ワー や TLCパワー など 今 後 考 えたい(ドラえもんは 宅 配 水 事 業 のイメージキャラクター) 供 給 する 電 気 は サポーテッド バイ TEPCO( 東 電 の 支 援 を 受 けて)という 形 だ 電 気 をつくることは 専 門 家 に 任 せ 大 手 電 力 や 新 電 力 卸 電 力 取 引 所 か ら 電 気 を 調 達 する 当 社 は 小 売 り 事 業 者 ( 新 電 力 )として 自 社 ブランドで 電 力 の 販 売 代 金 回 収 を 行 うというのが 基 本 的 な 電 力 提 供 の 考 え 方 だ 今 のところ 電 力 の 供 給 力 や 安 定 性 は 大 手 電 力 が 勝 る 東 電 の 場 合 柏 崎 刈 羽 原 子 力 発 電 所 が 再 稼 働 すれば さらに 競 争 力 が 増 すだろう 調 達 する 電 気 の100%が 東 電 からになるかもしれない 東 電 とすれば 小 売 りから 卸 売 りに 替 わるだけで 販 売 量 自 体 は 変 わらない 管 内 ではそうなる 他 社 に 獲 られずに 済 む 放 っておくと 虫 食 いに

11 遭 うが 当 社 と 組 んでガスや 通 信 などとのパッケージ 商 品 に 電 力 を 組 み 入 れることで それを 防 げる 虫 除 けの パラゾー ル みたいなものだろう( 笑 ) 当 社 としても 電 力 とのパッケージ 商 品 によってガスや 通 信 などの 既 存 の 顧 客 基 盤 を 守 れる お 互 いにそうしたメリットがある 商 材 が 多 様 な 分 さまざまなセット 割 引 商 品 が 作 れそうだが 専 業 の 通 信 会 社 やガス 会 社 と 組 む 場 合 とはそこが 違 う 当 社 と 組 めば いろいろな 商 品 があるので 顧 客 によって 組 み 合 わせ 方 も 多 様 にできる よ り 多 くの 商 品 をまとめて 契 約 された 顧 客 の 割 引 率 を 高 めるのは 当 たり 前 取 引 関 係 がより 強 固 になるのだから それだけの 対 価 を 払 う 価 値 がある すでに 自 由 化 されている 高 圧 の 分 野 では 大 手 電 力 より 料 金 を 数 % 程 度 割 り 引 く 新 電 力 もあ るが 家 庭 向 けなど 低 圧 の 分 野 ではどれぐらいの 割 引 率 を 提 示 できそうか 東 電 さん 次 第 だ 虫 食 いに 遭 った 時 に 想 定 さ れる 損 害 額 の 何 割 かを 出 そうと 思 っているのではないか まだ 託 送 料 金 ( 新 電 力 が 大 手 電 力 の 送 電 線 網 を 利 用 する 際 に 負 担 する 料 金 )が 決 まっていないので 判 断 しづらいと 思 うが 託 送 料 金 が 今 夏 中 に 決 まれば 具 体 的 な 収 支 計 算 が 可 能 にな る その 後 に 割 引 率 も 決 まっていくだろう ( 電 気 使 用 量 の 多 寡 など) 顧 客 のパターンに 応 じて 何 種 類 かを 用 意 することにな るのではないか 仮 に1 割 割 り 引 けば かなり 切 り 替 えが 起 こるのは 確 実 だろう 当 社 はいろいろな 商 材 との 組 み 合 わせが 可 能 な 分 ( 価 格 戦 略 上 も) 有 利 なポジションにあると 思 っている 割 引 原 資 は 当 然 TOKAI 側 も 出 す? それはプラス アルファで 出 さないと 価 格 の 優 位 性 が 出 てこない 当 社 にとり 電 力 を 商 材 に 加 えることは 既 存 顧 客 の 囲 い 込 みとともに 新 規 顧 客 の 獲 得 にも 役 立 つ 当 社 は 現 状 年 間 の 新 規 顧 客 件 数 ( 今 期 目 標 )が31 万 件 の 一 方 解 約 が24 万 件 で 約 7 万 件 の 純 増 電 力 とのセット 販 売 で 解 約 が 半 減 するだけでも 大 幅 な 純 増 となる それが 割 引 原 資 となり 新 たな 顧 客 獲 得 につな げられる 新 規 顧 客 獲 得 で 電 力 は 大 変 な 武 器 に 東 電 の 顧 客 基 盤 ( 家 庭 向 けだけで 約 2000 万 件 )が 膨 大 な 分 TO KAIにとっては 攻 める 余 地 が 大 きい そうだ 関 東 のLPガスだけで700 万 件 の 利 用 者 があるが 当 社 の 顧 客 はそのうちの50 万 件 しかない それだけ 当 社 にとっての 未 開 拓 地 は 大 きい 電 力 を 手 に 入 れて 守 るだけでなく 攻 めるほうに 使 えれば 大 変 な 武 器 になる 電 気 は 家 庭 の100%が 契 約 しているだけに 商 材 としてものすごいパワーを 持 っている 現 在 の 顧 客 件 数 が254 万 件 自 由 化 後 の 拡 大 目 標 は おそらく 相 当 増 やせるだろう 提 携 効 果 はまだ 中 期 計 画 にも 入 れていないが 少 なくとも 年 間 の 純 増 ペースを10 万 件 以 上 にはしたい 営 業 手 法 はどう 工 夫 していくか 賢 い 消 費 者 にどうやって 売 る か 今 までのようなドブ 板 商 法 だけで 契 約 を 取 れる 時 代 ではない ただ 安 いからではなく もう 少 しスマートに 知 恵 を 使 って 説 得 にいかないとダメだと 思 っている たとえばO to O(Online to Offline) ウエブで 顧 客 を 引 き 付 け アウトバウンド( 見 込 み 顧 客 への 営 業 )で 電 話 をし それからコンサルタンシー( 専 門 的 助 言 )を 行 う 形 で 売 りに 行 く 当 社 は 商 材 がたくさんあるの で 顧 客 がガスに 関 心 がなければ 水 やCATVなども 提 案 できる 今 は 約 800 人 の 営 業 マンがそれぞれ 商 材 のテリトリーを 持 って 営 業 しているが アイパッド(iPad)に 情 報 を 送 り 込 むことで 各 自 がいろいろな 商 材 を 売 れるようになる 今 後 はそうい う 方 向 へ 持 っていくことを 考 えている 欧 米 の 電 力 ガス 業 界 では 住 宅 リフォームとのセット 販 売 も 多 い 住 宅 リフォー ム 事 業 は 当 社 も 強 化 している 同 事 業 を 通 じて 顧 客 の 家 庭 内 の 事 情 が 自 然 とわかり 奥 様 方 から 直 接 ニーズを 聞 くことで 当 社 のさまざまな 商 材 を 提 案 できる 東 電 の 立 場 からすると 東 電 管 内 を 守 るとともに 管 外 も 攻 めたいはず 中 部 電 力 の 管 内 である 富 士 川 以 西 の 静 岡 県 内 など 東 電 管 外 での 協 力 はどうするか それも 東 電 がやりたいと 言 えば 考 える た だ 2つの 条 件 がある 1つは( 東 電 が 供 給 する 電 力 の) 価 格 中 部 電 力 も 最 近 はかなり 安 いので 東 電 がそれに 対 抗 できる 価 格 を 出 す 必 要 がある 柏 崎 刈 羽 原 発 が 動 けば 下 げ 余 地 がかなり 生 まれるのではないか もう1つの 条 件 は ( 富 士 川 を 境 界 として) 電 源 周 波 数 の 異 なる 東 西 間 の 融 通 が120 万 キロワットに 限 られている 中 ( 富 士 川 以 西 で 使 う)60ヘルツの 電 気 を 東 電 がどこまで 用 意 できるか 彼 らは 十 分 に 用 意 できると 言 っている そうであれば 富 士 川 以 西 の 当 社 の 顧 客 80 万 件 を 東 電 の 電 力 でコーティングすることで 守 ることができる 上 流 ( 燃 料 調 達 発 電 )で 提 携 した 東 電 と 中 部 電 が 下 流 ( 小 売 り)で どこまで 競 争 すると 見 るか 私 は 昔 の 大 手 電 力 の 幹 部 を 知 っているが 彼 らを 見 ている 限 りでは 相 手 をノックアウトするよう な 激 しい 争 いはしそうもない ジャブの 打 ち 合 いだろう ただ 激 しい 打 ち 合 いをする 可 能 性 もある それに 備 えて 当 社 の 顧 客 254 万 件 を 守 らなければならないので 水 面 下 で 対 策 を 考 えてきた 東 電 は 福 島 事 故 を 起 こし 実 質 国 有 化 された 会 社 被 災 地 の 東 北 電 力 管 内 はもちろん 他 の 電 力 管 内 を 攻 めにくいようにも 思 える 東 北 を 攻 めることはしないだろう 打 ち 合 いをするとすれば 大 手 の 中 部 電 力 関 西 電 力 との 間 ではないか 当 社 としては 打 ち 合 いが 始 まっても 電 力 をち ゃんと 手 に 入 れられるようにし 生 き 残 れるようにしたい M&Aは 積 極 的 にやっていく 2017 年 4 月 からは 都 市 ガスの 小 売 りが 全 面 自 由 化 されるが これに 向 けての 対 応 は 当 社 グループ 内 には 東 海 ガスという 顧 客 数 約 5 万 件 の 小 さな 都 市 ガス 会 社 がある ただ より 商 機 が 広 がると 考 えているのは 都 市 ガス 小 売 り 自 由 化 と 同 時 に 実 施 される 簡 易 ガス 事 業 (70 戸 以 上 の 団 地 にLPガスを 導 管 で 供 給 する 事 業 )の 自 由 化 料 金 規 制 撤 廃 だ 都 市 ガスの 供 給 区 域 だった 団 地 やマンション に われわれLPガス 業 者 も 参 入 できるようになる 都 市 ガスの 導 管 整 備 に 比 べ 簡 易 ガスはバルクを 置 いて 簡 易 な 導 管 で 流 すだけなのでコストが 安 い 震 災 にも 強 いので 今 後 はそういう 住 宅 が 増 えてくるとみている LPガス 価 格 もシェールガス のおかげでどんどん 安 くなっており 都 市 ガスより 有 利 に 納 入 できるはずだ 企 業 買 収 (M&A)に 対 する 考 えは LPガス など スケールメリットが 効 いてくる 事 業 では 当 然 ある 今 後 は 自 由 化 で 企 業 間 の 優 劣 がはっきりついてくる 今 でも 廃 業 す る 業 者 は 多 いが これからは 加 速 度 的 に 増 えるだろう 中 小 のプロパンガス 屋 を 直 営 にすることもあるが 大 手 もだんだんや っていけなくなるだろう 今 回 資 金 調 達 した100 億 円 (2020 年 満 期 円 貨 建 転 換 社 債 型 新 株 予 約 権 付 社 債 )の 一 部 はその

12 ために 使 うことになる 借 金 は 近 年 半 分 以 下 に 減 らしたので 必 要 があれば 新 たに 数 百 億 円 借 りることだってできる M& Aは 積 極 的 にやっていくつもりだ 本 格 的 に 都 市 部 首 都 圏 に 攻 め 込 むことで 5 年 後 にはかなりイメージが 変 わって いるかもしれない 東 京 で 当 社 を 知 らない 方 が 少 しずつ 減 ってくるだろう 社 名 も 変 えなければならないかもしれない トー カイ という 社 名 は 何 十 何 百 社 とあるのではないか もっとわかりやすい 名 前 がいいと 思 うが まだ 誰 にも 相 談 はしていない ( 笑 ) 社 長 はまだまだ 辞 めるわけにはいかない? なかなか 客 観 情 勢 がね 自 由 化 とかなければ 別 だが ただ この1 年 間 の 水 かきで 自 由 化 対 策 はかなり 進 んではきた いちばん 怖 いのは どこの 電 力 会 社 とも 組 めないで 敵 がらんら んと 狙 っている 状 況 だが 大 手 と 組 める 体 制 になり 地 合 は 作 れた これから 実 施 導 入 することで 早 期 に 仕 上 げたいと 考 え ている 中 村 稔 配 管 トンネル 汚 染 水 を 除 去 福 島 第 一 原 発 2 号 機 読 売 新 聞 6 月 30 日 ( 火 )20 時 11 分 配 信 東 京 電 力 は30 日 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 2 号 機 の 配 管 用 トンネルにたまった 高 濃 度 の 汚 染 水 約 4500トンの 抜 き 取 り 作 業 が 終 わったと 発 表 した トンネルの 高 濃 度 汚 染 水 は 海 に 流 出 する 恐 れがあり 東 電 は 当 初 トンネルの 出 入 り 口 を 凍 結 させて 止 水 し 汚 染 水 をくみ 上 げる 計 画 だったが 十 分 に 凍 らず 昨 年 11 月 からは 特 殊 なセメントを 注 入 してトンネルを 埋 める 作 業 を 進 めていた 3 号 機 のトンネルにも 汚 染 水 5800トンがたまっているが 7 月 中 に 除 去 できる 見 込 みだという 東 電 福 島 第 一 原 発 の 廃 炉 工 程 表 2 年 ぶり 改 定 燃 料 取 出 しは 最 大 3 年 遅 れ 予 定 通 り 進 むのか J-CASTニュース 6 月 30 日 ( 火 )11 時 49 分 配 信 東 京 電 力 福 島 第 1 原 発 の 廃 炉 に 向 けた 中 長 期 ロードマップ ( 廃 炉 工 程 表 )が 改 訂 された 政 府 の 廃 炉 汚 染 水 対 策 関 係 閣 僚 等 会 議 ( 議 長 菅 義 偉 官 房 長 官 )が2015 年 6 月 12 日 に 決 定 した 1~3 号 機 の 核 燃 料 プ ールからの 燃 料 取 り 出 し 開 始 時 期 は これまでより 最 大 3 年 遅 れ 最 も 早 い3 号 機 でも2017 年 度 中 にずれこみ 原 子 炉 格 納 容 器 内 で 溶 け 落 ちた 核 燃 料 ( 燃 料 デブリ)の 回 収 は 2021 年 中 に1~3 号 機 のいずれかで 開 始 するとしている 汚 染 水 やが れきなどに 阻 まれ 廃 炉 作 業 は 出 だしからつまずいた 格 好 だ 国 と 東 電 は 全 体 で30~40 年 かかるとされる 廃 炉 工 程 の 大 枠 は 変 更 しなかったが 改 訂 後 の 工 程 通 りに 進 むか 懐 疑 的 な 見 方 が 強 い 最 難 関 が 燃 料 デブリの 回 収 工 程 表 は 事 故 収 束 を 宣 言 した2011 年 末 に 最 初 に 策 定 され 大 幅 な 改 定 は2013 年 6 月 以 来 2 年 ぶり 当 面 の 優 先 順 位 が 高 い 課 題 と して 核 燃 料 プールからの 燃 料 回 収 と 汚 染 水 対 策 を 挙 げた 現 在 1~3 号 機 のプール 内 に 計 1573 体 の 燃 料 が 残 っている この 回 収 開 始 時 期 は これまで3 号 機 が 最 も 早 くて 2015 年 度 上 期 だったのを 2017 年 度 に 延 期 1 号 機 (2017 年 度 上 期 ) 2 号 機 (2017 年 度 下 期 )も ともに 2020 年 度 に 変 更 した 放 射 性 物 質 を 含 む 汚 染 水 対 策 については 汚 染 水 を 処 理 した 後 のトリチウムを 含 む 水 について 2016 年 度 上 期 から 処 理 方 法 の 検 討 を 開 始 することを 明 記 原 子 炉 建 屋 に 流 入 する 地 下 水 の 量 を 2016 年 度 中 に 現 状 の1 日 約 300トンから100トン 未 満 に 減 らす 新 目 標 を 掲 げ 凍 土 壁 の 建 設 などを 急 ぐ 考 え を 示 した そして 廃 炉 工 程 で 最 難 関 が 燃 料 デブリの 回 収 だ 格 納 容 器 内 には1496 体 分 の 燃 料 が 残 り その 多 くが 格 納 容 器 下 に 溶 け 出 している これまで 損 傷 した 格 納 容 器 を 修 理 したうえで 水 を 満 たし 放 射 線 を 遮 蔽 (しゃへい)しながら 回 収 する 冠 水 ( 水 棺 ) 方 式 で 行 う 方 針 だった しかし 格 納 容 器 の 損 傷 箇 所 の 特 定 が 困 難 で それをふさいで 水 を 満 たすのは 現 実 的 でないと 判 断 水 を 使 わず 空 気 中 での 回 収 を 目 指 す 気 中 工 法 の 可 能 性 を 検 討 することを 含 め 2018 年 度 前 半 の 工 法 確 定 を 見 込 む これに 伴 い 従 来 計 画 で 回 収 開 始 の 目 標 時 期 を1 2 号 機 は 2020 年 度 上 期 3 号 機 が 2021 年 度 下 期 としてきたが 2021 年 中 に1~3 号 機 のうち 条 件 が 整 ったいずれかで 取 り 出 しを 始 めると 改 めた 労 災 事 故 も 増 える 今 回 の 改 定 は 準 備 段 階 のがれき 撤 去 に 時 間 がかかって 工 程 が 遅 延 した 上 汚 染 水 漏 れや 放 射 性 物 質 の 飛 散 などのトラ ブルが 相 次 ぎ 作 業 員 の 労 災 事 故 も 頻 発 したことを 受 けてのもの スピード 重 視 の 無 理 のある 工 程 を 優 先 した 結 果 現 場 に 負 担 をかけ 逆 に 遅 れを 招 いたとの 反 省 がある だが 地 下 水 流 入 の 抑 制 一 つとっても 試 験 している 凍 土 壁 がうまく 機 能 し くみ 上 げた 地 下 水 を 処 理 して 海 に 放 出 する 計 画 が 実 現 するかは 不 透 明 だ 膨 大 なタンク 群 にたまっていた 汚 染 水 の 処 理 は 東 電 が5 月 に 完 了 と 宣 言 したが 今 の 処 理 装 置 では 除 去 しきれないトリチウム( 三 重 水 素 )に 汚 染 されたまま 今 後 もタ ンクにたまっていく 燃 料 デブリに 至 っては 格 納 容 器 がどこにあるかさえ 未 だはっきりしない 引 き 続 き 調 査 ロボットなどで 情 報 を 集 めることになるが 新 工 程 表 の2018 年 度 工 法 確 定 という 日 程 は 決 して 簡 単 ではない ( 経 済 産 業 省 関 係 者 ) 廃 炉 作 業 の 技 術 開 発 は 国 の 認 可 法 人 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 が 司 令 塔 になるが その 技 術 系 スタッフは35 人 程 度 しかいないなど 体 制 の 心 もとなさを 心 配 する 向 きもある 作 業 員 の 確 保 という 課 題 も 重 くのしかかる 現 在 1 日 平 均 で 2 年 前 の2 倍 を 上 回 る7000 人 規 模 の 作 業 員 が 働 くが その 分 経 験 や 技 量 の 乏 しい 者 が 増 えている 東 電 によると 2014 年 度 に 福 島 第 1で 労 災 事 故 に 遭 ったのは64 人 と 前 年 度 から 倍 増 し 作 業 経 験 半 年 未 満 が 半 数 を 占 めたという 作 業 員 の 被 曝 線 量 は5 年 で100ミリシーベルト 以 下 と 定 められているが ベテランになるほど 高 くなる 傾 向 があり 現 場 をまとめるリーダー や 熟 練 作 業 員 が 足 りなくなるおそれも 指 摘 されている 東 芝 不 適 切 会 計 事 件 の 真 相 これから 逮 捕 者 が 出 る 現 代 ビジネス 6 月 30 日 ( 火 )11 時 1 分 配 信 巨 大 企 業 を 揺 るがす 一 大 不 祥 事 当 初 はすぐに 鎮 静 化 すると 思 われたが 次 々と 明 らかになる 新 事 実 に 騒 動 は 拡 大 するばかりだ 真 相 を 追 うと 問 題 の 根 は 深 く 経 営 の 根 幹 に 突 き 刺 さっていた 内 通 から 始 まった 時 々の 経 営 トップが 自 らのビジョンを 強 烈 に 打 ち 出 し 海 外 の 大 型 M&Aなども 果 敢 に 仕 掛 ける 野 武 士 集 団 巨 大 企 業 ながら 事 業 再 編 や 選 択 と 集 中 を 実 行 する スピード 感 とダイナミズムは ライバルの 日 立 製 作 所 とは 雲 泥 の 差 個 人 や 所 属 部 門 の 業 績 次 第 でボーナスが 大 きく 変 動 す

13 る 実 力 主 義 が 浸 透 し 我 こそはという 腕 自 慢 が 競 い 合 っている サムスンなど 韓 国 勢 を 相 手 に 互 角 の 戦 いを 挑 める 数 少 な い 日 本 のエレクトロニクスメーカー 東 芝 という 会 社 のイメージを 業 界 関 係 者 に 挙 げてもらうと こんな 答 えが 返 ってくる ただし いずれも かつては という 留 保 付 きで ではいまはどうなのかと 聞 き 返 すと 様 子 が 大 きく 変 わる 顔 が 浮 かばない ような 経 営 陣 が 失 敗 をしない 無 難 な 経 営 につとめるつまらない 会 社 上 司 の 顔 色 をうかがう ヒラメ 社 員 が 増 えて なぜこ の 人 が という 人 物 が 昇 進 するようになった 経 営 のスピード 感 もダイナミズムもライバルたちの 後 塵 を 拝 する 出 遅 れ 企 業 キラキラと 輝 いていた 会 社 が 気 づけば 腐 臭 を 放 つような ダメ 会 社 に 堕 ちている 経 営 史 をひも 解 けば そうした 事 例 はいくらでも 見 つかる きっかけはほんの 些 細 なものでも 大 きく 膨 らんだ 風 船 が 一 刺 しで 急 速 に 萎 んでいくように 会 社 と いう 生 き 物 は 瞬 間 的 にその 形 を 変 えてしまう 一 度 その 罠 にはまった 会 社 の 末 路 は 往 々にして 哀 れなものだ 電 機 業 界 の 雄 として 名 を 馳 せていた 東 芝 がいま その 失 敗 の 経 営 史 に 名 を 連 ねようとしている 500 億 円 以 上 という 巨 額 の 不 適 切 な 会 計 処 理 が 発 覚 創 業 140 年 で 最 大 の 危 機 に 直 面 しているのである しかも 背 景 には 東 芝 の 根 幹 を 揺 るがす 重 大 問 題 が 横 たわっており 単 なる 会 計 問 題 では 済 みそうにもないから ただ 事 とはいえない その 問 題 については 後 述 するとして ま ずは 不 適 切 会 計 問 題 の 全 舞 台 裏 を 明 かそう 発 端 は 内 通 だった 証 券 取 引 等 監 視 委 員 会 に 東 芝 関 係 者 が 内 部 通 報 し たのです これがきっかけとなり 東 芝 は4 月 3 日 にインフラ 関 連 事 業 での 会 計 処 理 に 問 題 があった 可 能 性 があり 特 別 委 員 会 を 設 置 して 調 べると 発 表 した しかし 特 別 委 員 会 が 調 査 をしてみると 当 初 想 定 していた 案 件 以 外 にも 調 査 が 必 要 な 事 案 が 判 明 5 月 8 日 には 業 績 予 想 を 出 せない 状 況 で 期 末 の 配 当 を 無 配 とする 苦 渋 の 決 断 を 迫 られた 同 時 に 第 三 者 委 員 会 を 設 置 してさらに 調 査 を 拡 大 せざるを 得 ない 一 大 事 に 発 展 していきました ( 監 視 委 関 係 者 ) 一 部 事 業 の 些 細 な 会 計 問 題 で 済 むはずだったのが ここから 一 気 に 会 社 全 体 を 揺 るがす 騒 動 へとエスカレートしていく 東 証 からの 苦 情 まず 動 いたのは 投 資 家 たちだった 東 芝 の 不 十 分 な 情 報 開 示 に 投 資 家 たちが 不 満 を 爆 発 させ 東 芝 株 の 投 げ 売 りを 開 始 5 月 11 日 には 東 芝 株 がストップ 安 まで 売 り 込 まれると 翌 12 日 には 上 場 廃 止 の 懸 念 まで 浮 上 3 月 末 に500 円 台 だった 株 価 は 一 時 300 円 台 まで 急 降 下 した ここへきて 東 京 証 券 取 引 所 が 業 を 煮 やして 東 芝 に 情 報 開 示 が 不 十 分 だと 苦 情 を 入 れました すると 東 芝 は 慌 てて5 月 13 日 の 夜 になって '12 年 3 月 期 から'14 年 3 月 期 の3 年 間 で 累 計 500 億 円 強 の 営 業 損 益 の 下 方 修 正 が 見 込 まれると 開 示 したのです 500 億 円 という 巨 額 にマーケット 関 係 者 の 間 に 動 揺 が 広 がりましたが これもあくまで 現 時 点 での 修 正 額 で どこまで 膨 れ 上 がるかが 見 通 せなかった そこでやっと5 月 15 日 夜 に 田 中 久 雄 社 長 が 緊 急 会 見 を 行 い 第 三 者 委 員 会 が 中 心 となって 全 社 的 に 調 査 するまでに 追 い 込 まれたのです ( 大 手 証 券 会 社 幹 部 ) それでも 事 態 は 一 向 に 収 まらない 当 初 は500 億 円 強 としていた 利 益 修 正 額 は 最 新 情 報 が 発 表 されると 膨 れ 上 がり いまだ 予 断 を 許 さない 事 態 が 続 いている 米 国 で 有 名 法 律 事 務 所 などが 損 害 賠 償 を 求 める 株 主 訴 訟 に 踏 み 切 る 準 備 を 始 めたとの 報 道 も 出 てお り 第 二 のオリンパス 事 件 にならないか ( 証 券 アナリスト)との 危 惧 すら 出 ているのだ 社 員 にも 動 揺 が 広 がっています 決 算 が 確 定 できないので 今 夏 のボーナスは 大 幅 カットされ モチベーションを 失 っている 社 員 も 目 につくようになってきた 人 望 品 格 に 優 れ 高 い 倫 理 観 を 有 していること 遵 法 精 神 に 富 んでいること これは 東 芝 の 取 締 役 選 任 規 定 です 不 適 切 会 計 が 明 るみに 出 たいま 社 内 では 役 員 室 にいる 誰 も 該 当 しないではないか と 自 嘲 気 味 に 語 られています ( 東 芝 の 取 引 先 業 者 ) そもそも 今 回 の 不 適 切 会 計 問 題 とは 簡 単 にいえば 損 失 の 可 能 性 を 認 識 していながらその 分 の 引 当 金 を 計 上 していなかったというものである 電 機 業 界 の 優 等 生 も 一 皮 むけば 作 った 数 字 で 化 粧 された 張 りぼてだったと いうわけだ 東 京 浜 松 町 の 東 芝 本 社 で 会 見 した 田 中 社 長 は 予 算 達 成 の 位 置 づけが 高 かった と 語 った 背 景 にあるの は ノルマ 問 題 という 説 明 だが それだけではないというのが 多 くの 関 係 者 たちの 見 方 である トップ 二 人 の 確 執 やはり 大 きかったのは '13 年 のあの 事 件 です 東 芝 社 員 は 言 う 当 時 の 会 長 だった 西 田 さんが 社 長 だった 佐 々 木 さんを 切 った 西 田 vs. 佐 々 木 の 人 事 抗 争 が 勃 発 してから 社 内 の 空 気 が 以 前 とは 変 わったものになった 説 明 が 必 要 だろう 西 田 とは 現 在 相 談 役 を 務 める 西 田 厚 聰 氏 佐 々 木 とは 副 会 長 の 佐 々 木 則 夫 氏 のことである 西 田 氏 は'05~'09 年 に 東 芝 社 長 を 務 め みずからの 後 継 に 指 名 したのが 佐 々 木 氏 だった 米 大 手 原 子 力 発 電 会 社 ウェスティングハウスの 買 収 という 一 大 プロジェクトを 二 人 三 脚 で 成 し 遂 げ ともに 親 分 肌 として 性 格 も 似 ている 盟 友 ともいわれたそんな 二 人 の 確 執 が 表 面 化 したのは '13 年 2 月 の 社 長 交 代 会 見 でのことだった 佐 々 木 氏 から 現 社 長 の 田 中 氏 へのバトンタッチを 発 表 する 会 見 の 場 で 西 田 氏 と 佐 々 木 氏 は 互 いを 批 判 するような 言 葉 を 口 にしたのだ 西 田 ( 新 社 長 には)もう 一 度 東 芝 を 成 長 軌 道 に 乗 せてほしい 佐 々 木 成 長 軌 道 に 乗 せる 私 の 役 割 は 果 たした 売 上 高 6 兆 円 従 業 員 20 万 人 という 巨 大 企 業 の ツートップが 公 の 場 ですれ 違 いを 見 せつけるのは 異 例 のことで これがいまも 業 界 内 で '13 年 の 東 芝 事 件 として 語 り 草 とな っている 実 は 本 誌 は 当 時 西 田 氏 の 独 占 インタビューに 成 功 西 田 氏 は 赤 裸 々な 佐 々 木 批 判 を 次 のようにぶちまけた 売 り 上 げが 落 ち 込 んできたのなら 自 ら 前 線 に 出 て お 客 さんのところに 行 かなければダメなんです それを 一 切 ( 佐 々 木 氏 は)やらなかった トップは 現 場 や 海 外 などに 積 極 的 に 出 向 いて 行 かなければいけないのに ( 佐 々 木 氏 は) 社 内 で 会 議 ばかりやっている 有 言 不 実 行 ばかりを 繰 り 返 している それでいて トップダウンで 権 力 を 振 り 回 していて 従 業 員 がついてこない それで 来 年 は( 社 長 を) 代 わってもらうよ と 言 ったら 本 人 が あと1 年 やりたい とバカなことを 言 っ てきた 東 芝 の 内 情 に 詳 しい 関 係 者 は 言 う 佐 々 木 氏 にしてみれば 西 田 社 長 時 代 の 最 後 に 出 した 大 赤 字 から 業 績 を V 字 回 復 させたとの 自 負 があり 西 田 氏 に 批 判 される 筋 合 いはないとの 想 いが 強 い 二 人 はいまだに 不 仲 で 互 いのことを

14 言 えば 悪 口 が 出 る 二 人 のそんな 確 執 を 社 内 は 敏 感 に 察 知 して 動 くようになった 現 幹 部 の 面 々を 見 ても 西 田 氏 の 信 頼 の 厚 い 人 たちは 西 田 氏 の 出 身 母 体 であるパソコン 事 業 をもじって パソコンマフィア と 揶 揄 されているほどです 風 通 し がよくて 実 力 主 義 が 徹 底 していた 東 芝 の 社 風 がこのあたりから 変 容 し 普 通 のつまらない 会 社 になってしまった 気 がしま す 東 芝 を 長 く 取 材 するジャーナリストも 言 う ある 時 社 員 の 一 人 はこう 嘆 いていました 西 田 さんに 会 ったら 佐 々 木 の 言 うことはまともに 取 り 合 わなくていいからと 言 われた 上 層 部 がそんないがみあいをしていたら 現 場 はどこを 向 いて 仕 事 をすればいいのかわからない と 本 来 であれば 佐 々 木 氏 の 後 を 継 いだ 田 中 現 社 長 が 新 しいリーダーシップを 示 すべき でした しかし 傍 流 とされてきた 調 達 畑 出 身 の 田 中 社 長 は 西 田 - 佐 々 木 抗 争 があったから たまたま 社 長 になれた 人 物 と 軽 んじられがちで 求 心 力 が 弱 い 独 自 色 を 前 面 に 出 した 経 営 で 成 果 を 出 せば 周 囲 の 雑 音 はかき 消 せる それなのに 西 田 佐 々 木 両 氏 に 遠 慮 しているのか あるいはどの 派 閥 にも 肩 入 れしないという 意 思 表 示 なのか 田 中 社 長 が 打 ち 出 す 中 期 計 画 は 全 方 面 に 気 を 遣 ったような 総 花 的 なものでしかない このままでは 済 まない 石 坂 泰 三 土 光 敏 夫 西 室 泰 三 東 芝 の 歴 代 社 長 の 名 を 並 べれば 強 烈 な 個 性 で 会 社 全 体 を 牽 引 してきたカリスマばかりである 西 田 佐 々 木 両 氏 もい ずれ 劣 らぬ 人 物 であったが その 個 性 がひとたびぶつかりあった 時 東 芝 は 方 向 を 見 失 った 巨 艦 となり 迷 走 を 始 めた そうした 中 で 発 覚 したのが 今 回 の 不 適 切 会 計 問 題 なのである 東 芝 は6 月 25 日 に 株 主 総 会 を 開 催 その 後 は 第 三 者 委 員 会 による 調 査 報 告 を 受 けてから 経 営 責 任 を 明 確 にし 9 月 に 改 めて 開 く 臨 時 株 主 総 会 をもって 事 態 を 収 束 させようとして いるが それで 済 むだろうか 前 出 とは 別 の 東 芝 社 員 は 言 う 今 回 の 不 適 切 会 計 問 題 が 明 るみに 出 た 際 に 反 佐 々 木 派 の 幹 部 が 色 めき 立 ったように 語 っていました 現 在 までに 発 覚 している 不 適 切 会 計 500 億 円 超 の 過 半 を 占 めるのが 佐 々 木 氏 の 出 身 母 体 である 電 力 などのインフラ 関 係 の 案 件 だったため 佐 々 木 氏 の 責 任 問 題 を 追 及 すべきだ と しかし い ま 第 三 者 委 員 会 は 西 田 氏 の 出 身 母 体 であるパソコン 事 業 で 不 適 切 な 会 計 処 理 がなかったかも 調 べている ここで 何 かが 出 てきた 時 最 悪 の 形 での 泥 仕 合 が 幕 開 けしないか 心 配 です 会 計 問 題 に 詳 しい 弁 護 士 も 指 摘 する 第 三 者 委 員 会 の 調 査 で 大 規 模 かつ 悪 質 な 会 計 操 作 があったとわかれば 最 悪 の 場 合 は 経 営 陣 が 刑 事 責 任 を 問 われ 逮 捕 者 が 出 る 可 能 性 がある そこまでいかなくても 投 資 家 に 誤 った 情 報 を 与 えたとして 損 害 賠 償 の 株 主 訴 訟 に 発 展 することは 考 えられる 過 去 に 粉 飾 決 算 に 手 を 染 めたオリンパスの 事 例 では 国 内 外 の 機 関 投 資 家 から 巨 額 の 訴 訟 を 申 し 立 てられたうえ 会 社 側 が 現 旧 経 営 陣 などに 粉 飾 を 見 抜 けなかった 責 任 を 追 及 し 損 害 賠 償 を 請 求 した 東 芝 の 場 合 はどうなるか 第 三 者 委 員 会 の 調 査 結 果 は 8 月 までにはまとまる 予 定 で しばらくは 目 が 離 せそうにない 週 刊 現 代 2015 年 7 月 4 日 号 より 放 射 線 量 公 表 システム 運 用 開 始 規 制 委 鹿 児 島 で 原 子 力 規 制 委 員 会 は30 日 原 子 力 施 設 で 事 故 が 起 きた 際 国 や 自 治 体 が 緊 急 時 モニタリングで 測 定 した 放 射 線 量 のデータを 関 係 機 関 で 共 有 し 国 民 に 速 やかに 公 表 するシステムの 試 験 運 用 を 鹿 児 島 県 で 始 めた 再 稼 働 が 迫 る 九 州 電 力 川 内 原 発 を 抱 える 鹿 児 島 を 皮 切 りに 今 後 原 発 30キロ 圏 にかかる 計 21 道 府 県 に 対 象 を 拡 大 する 原 発 の 全 交 流 電 源 喪 失 など 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 10 条 に 該 当 する 事 故 が 発 生 す ると 規 制 委 のホームページにデータ 公 表 用 のサイトが 立 ち 上 がり 原 発 周 辺 の 地 図 に 測 定 地 点 と 線 量 などが 図 示 される 2015/06/30 20:34 共 同 通 信 福 島 2 号 機 貫 通 口 で 溶 けた 物 質 千 ミリシーベルト 超 東 京 電 力 が 事 前 調 査 した 福 島 第 1 原 発 2 号 機 格 納 容 器 の 貫 通 口 ふたの 隙 間 から 黒 っぽい 物 質 が 溶 け 出 した 形 跡 ( 矢 印 )がある=6 月 26 日 ( 東 電 提 供 ) 東 京 電 力 は29 日 福 島 第 1 原 発 2 号 機 で 溶 け 落 ちた 核 燃 料 のロボットによる 調 査 に 向 け 格 納 容 器 の 貫 通 口 を 事 前 調 査 した 結 果 貫 通 口 のふたの 隙 間 から 何 らかの 物 質 が 溶 け 出 た 形 跡 があることを 確 認 したと 発 表 した 8 月 に 予 定 している 本 調 査 に 影 響 はないとして いる ふたのパッキンや 貫 通 口 内 部 にあるケーブルの 被 覆 材 の 可 能 性 があり 周 辺 で 毎 時 千 ミリシーベルトを 超 える 放 射 線 量 を 計 測 した 事 前 調 査 に 使 用 した ロボットでは 千 ミリシーベルト 以 上 は 計 測 不 能 という 東 電 が26 日 カメラの 付 いたロボットで 貫 通 口 付 近 を 調 べたところ ふ たの 隙 間 から 黒 っぽい 物 質 が 溶 け 出 た 跡 があった 2015/06/29 21:16 共 同 通 信 川 内 原 発 差 し 止 め 抗 告 審 始 まる 高 裁 宮 崎 支 部 九 州 電 力 川 内 原 発 1 2 号 機 ( 鹿 児 島 県 薩 摩 川 内 市 )の 周 辺 住 民 らが 再 稼 働 差 し 止 めを 求 めた 仮 処 分 申 し 立 ての 即 時 抗 告 審 が 福 岡 高 裁 宮 崎 支 部 で 始 まった 29 日 住 民 側 と 九 電 側 裁 判 所 による 非 公 開 の 協 議 があり 住 民 側 弁 護 団 によると 九 電 側 が7 月 中 に 住 民 側 の 主 張 に 対 する 反 論 を 提 出 すると 決 まった 4 月 の 鹿 児 島 地 裁 決 定 は 原 発 の 新 規 制 基 準 は 合 理 的 で 安 全 性 は 確 保 されている として 申 し 立 てを 却 下 した 住 民 側 が 即 時 抗 告 していた 仮 処 分 は 川 内 原 発 の 運 転 差 し 止 めを 求 める 訴 訟 の 原 告 団 の 一 部 が 昨 年 5 月 訴 訟 は 時 間 がかか るため 暫 定 的 な 判 断 を 求 めて 申 し 立 てた 2015/06/29 12:04 共 同 通 信 美 浜 原 発 3 号 機 早 急 に 地 震 想 定 見 直 しを 規 制 委 日 経 新 聞 2015/7/1 12:53 原 子 力 規 制 委 員 会 は1 日 の 定 例 会 合 で 運 転 開 始 から38 年 がたつ 関 西 電 力 美 浜 原 子 力 発 電 所 3 号 機 ( 福 井 県 )について 地 震 想 定 の 見 直 しを 急 ぐよう 関 電 に 求 めた 2016 年 11 月 までに 延 長 の 可 否 を 判 断 する 審 査 が 終 わらないと 廃 炉 が 濃 厚 になるが 作 業 は 遅 れている 8 月 中 に 焦 点 である 地 震 想 定 が 固 まらなければ 審 査 打 ち 切 りの 可 能 性 もあると 示 唆 した 現 行 の 規 制 では 原 発 の 運 転 期 間 は

15 原 則 として40 年 となっており 例 外 的 に1 度 だけ 最 長 20 年 延 長 できる そのためには 新 規 制 基 準 に 基 づく 安 全 審 査 と 延 長 審 査 の 両 方 で 合 格 する 必 要 がある 美 浜 3 号 機 の 審 査 は4 月 に 始 まったが 地 震 想 定 などを 巡 って 規 制 委 と 関 電 の 見 解 の 相 違 が 表 面 化 している 規 制 委 は 現 在 約 20 基 の 原 発 の 安 全 審 査 を 同 時 並 行 で 進 めている 田 中 俊 一 委 員 長 は 美 浜 3 号 機 だけにかかりきりになるわけにはいかない と 指 摘 今 後 も 進 捗 が 見 られない 場 合 は 打 ち 切 りも 含 めた 見 極 めが 必 要 に なるとの 認 識 を 示 した 定 例 会 合 では 東 京 電 力 柏 崎 刈 羽 原 発 ( 新 潟 県 )など 沸 騰 水 型 軽 水 炉 (BWR)と 呼 ぶ 形 式 の4 原 発 について 議 論 の 進 捗 に 応 じ 審 査 を 優 先 的 に 進 める 対 象 を 絞 る 方 針 も 確 認 した 改 正 電 事 法 16 年 4 月 1 日 施 行 が 正 式 決 定 - 経 産 相 検 証 速 やかに 電 気 新 聞 2015/07/01 NEW 政 府 は6 月 3 0 日 電 力 小 売 り 全 面 自 由 化 を2016 年 4 月 1 日 から 実 施 することを 正 式 に 決 めた 同 日 の 閣 議 で 第 2 弾 改 正 電 気 事 業 法 の 施 行 期 日 を 定 める 政 令 を 決 定 した 一 般 電 気 事 業 者 による 託 送 供 給 約 款 の 認 可 申 請 期 限 を7 月 31 日 とし 小 売 り 電 気 事 業 の 事 前 登 録 は8 月 3 日 から 最 終 保 障 供 給 約 款 と 離 島 供 給 約 款 の 届 け 出 は12 月 28 日 を 期 限 と 定 めた 宮 沢 洋 一 経 済 産 業 相 は 閣 議 後 の 会 見 で 検 証 作 業 を 速 やかに 進 め 準 備 状 況 なども 見 極 めた 上 で 万 全 な 施 行 に 備 えたい と 述 べた 第 2 弾 の 改 正 電 事 法 は14 年 6 月 に 成 立 施 行 は 公 布 日 ( 同 18 日 )から2 年 6カ 月 を 超 えない 範 囲 で 政 令 で 定 める 日 とし 経 産 省 資 源 エネルギー 庁 は16 年 4 月 1 日 の 施 行 を 念 頭 に 検 討 してきた 同 法 の 施 行 により 地 域 独 占 を 認 めてきた 一 般 電 気 事 業 者 の 概 念 がなくなり 発 電 送 配 電 小 売 り の 各 事 業 区 分 に 再 編 発 電 事 業 は 届 け 出 制 送 配 電 事 業 は 許 可 制 小 売 り 電 気 事 業 は 登 録 制 に 移 行 する 最 終 的 な 供 給 責 任 は 一 般 送 配 電 事 業 者 が 負 い 小 売 電 気 事 業 者 には 供 給 力 確 保 義 務 が 課 せられる 中 国 社 会 科 学 院 が 一 帯 一 路 研 究 の 成 果 を 発 表 ユーラシア 陸 海 立 体 大 ルート 構 築 を 提 言 (15/06/26)2015/07/0 1 中 国 社 会 科 学 院 は6 月 25 日 一 帯 一 路 研 究 の 成 果 を 発 表 した この 一 連 の 報 告 は 次 のような 提 言 を 行 っている 一 帯 一 路 の 目 標 は 利 益 共 同 体 責 任 共 同 体 並 びに 運 命 共 同 体 の 創 出 にある 中 国 は 戦 略 推 進 過 程 において 一 帯 一 路 対 象 国 を 細 分 化 して 対 象 国 毎 に 設 計 作 業 を 進 め 一 国 一 モデル を 確 立 すべきである 総 じて 言 えば 一 帯 一 路 を 契 機 として 東 西 を 貫 き 南 北 をつなぐユーラシア 陸 海 立 体 大 ルートを 構 築 し ユーラシア 交 通 ネットワーク 汎 アジア 鉄 道 ネ ットワーク 東 南 アジア 回 廊 及 び 汎 アジアエネルギーネットワークを 構 築 しなければならない 中 でも 中 国 とASEANの 連 携 を 強 化 することが 極 めて 重 要 であり 短 期 的 には 中 国 ASEAN 自 由 貿 易 エリアのアップバージョンを 創 出 し 東 アジア 地 域 包 括 的 経 済 連 携 (RCEP)の 実 現 に 努 力 しなければならない ( 人 民 網 6 月 26 日 ) 中 露 天 然 ガスパイプライン 東 ルート 中 国 国 内 区 間 が 着 工 2015/07/01 中 露 東 ルート 天 然 ガスパイプラインの 中 国 国 内 区 間 が6 月 29 日 黒 龍 江 省 黒 河 市 において 正 式 に 着 工 された 中 露 両 国 を 結 ぶ 陸 上 エネルギールートの 建 設 が 全 面 的 に 始 動 したことを 意 味 する 中 露 東 ルート 天 然 ガスパイプラインの 中 国 国 内 区 間 は 黒 河 市 の 中 露 国 境 から 上 海 市 までであり 黒 龍 江 吉 林 内 蒙 古 遼 寧 河 北 天 津 山 東 江 蘇 上 海 の9 省 自 治 区 を 経 由 する 3,170キロのパイプラインを 新 たに 敷 設 するとともに 既 存 のパイプライン1,800キロも 利 用 する また 地 下 ガス 貯 蔵 タンクも 付 設 する なお 中 露 東 ルート 天 然 ガスパイプラインのロシア 国 内 区 間 に 当 たる シベリアの 力 パイプラインは2014 年 9 月 1 日 に 着 工 された ( 新 華 社 6 月 29 日 ) ロシアが 中 露 西 ルートガスパイプラインを シベリアの 力 2 号 と 命 名 へ 3 本 に 増 設 の 可 能 性 も (15/06/26)2015/07/0 1 スプートニクニュース6 月 26 日 モスクワ 電 によると ロシア 天 然 ガス 大 手 Gazpromのミレル 社 長 は 株 主 総 会 において ロシ アの 中 国 向 け 西 ルートガスパイプラインが シベリアの 力 2 号 と 命 名 されることになると 表 明 した ミレル 社 長 は 西 ルートパ イプラインの30 年 間 の 天 然 ガス 輸 送 量 は 年 間 300 億 m3になる 天 然 ガス 輸 送 地 点 はすでに 確 定 している つまり パイプラ インの 路 線 の 実 際 のアウトラインはすでに 存 在 しているということだ 名 称 は シベリアの 力 2 号 になる と 述 べた また ミレ ル 社 長 は 西 ルートパイプラインに 関 する 合 意 に 基 づき まず1 本 のパイプラインを 建 設 するが その 後 は3 本 に 増 やす 可 能 性 もあると 表 明 した ミレル 社 長 は そうなれば 西 ルートの 年 間 ガス 輸 送 量 を1,000 億 m3に 増 やすことも 可 能 になる と 指 摘 した 5 月 8 日 Gazpromと 中 国 石 油 天 然 ガス 集 団 (CNPC)は 西 ルートからの 対 中 天 然 ガス 供 給 の 基 本 条 項 に 関 して 合 意 文 書 に 調 印 した このパイプラインは 西 シベリアのガス 田 から 中 国 へ 年 間 300 億 m3の 天 然 ガスを 輸 送 することになる ガスは アルタイパイプライン 経 由 でも 輸 送 される 見 通 しである (スプートニクニュース 中 国 版 6 月 26 日 ) ロシアが2018 年 までに シベリアの 力 パイプラインへ 総 額 約 90 億 ドルの 投 資 を 計 画 (15/06/25)2015/07/01 ロシ アスプートニクニュース6 月 25 日 モスクワ 電 によると ロシア 天 然 ガス 企 業 Gazprom 管 理 委 員 会 のAndrey Kruglov 副 議 長 は Gazpromが2015 年 に シベリアの 力 パイプラインの 建 設 に 約 300 億 ルーブル( 約 5.5 億 ドル)を 投 資 し 2016 年 には2,000 億 ルーブル( 約 億 ドル) 2017 年 には2,500 億 ルーブル( 約 45.8 億 ドル)を 投 資 する 計 画 であると 表 明 した 一 方 Gazpro mのミレル 社 長 は Gazpromが 中 国 と 契 約 した 東 ルートパイプラインによるガス 供 給 契 約 に 従 って シベリアの 力 パイプラ インを4~6 年 で 完 成 させなければならないと 表 明 した 2014 年 5 月 Gazpromは 中 国 石 油 天 然 ガス 集 団 (CNPC)と30 年 間 の 天 然 ガス 供 給 契 約 に 調 印 し 東 ルートパイプライン( シベリアの 力 パイプライン)によって 中 国 へ 天 然 ガスを 輸 出 すること になった Gazpromは2018 年 に 中 国 への 天 然 ガス 供 給 を 開 始 し 当 初 のガス 供 給 量 は 年 間 50 億 m3であるが その 後 は 年 間 380 億 m3に 拡 大 する 契 約 額 は4,000 億 ドルに 上 る 見 込 みである (スプートニクニュース 中 国 版 6 月 25 日 )

16 カナダ: 英 国 と 民 生 用 原 子 力 協 力 強 化 で 覚 書 英 国 の 新 設 計 画 と 余 剰 プル 処 分 に 協 力 へ 原 産 新 聞 2015 年 6 月 30 日 カナダ 政 府 は6 月 29 日 同 国 の 天 然 資 源 省 (NRCan)が 英 国 のエネルギー 気 候 変 動 省 (DECC)と 民 生 用 原 子 力 分 野 の 協 力 を 強 化 する 了 解 覚 書 に 調 印 したと 発 表 した 2014 年 に 両 国 首 相 が 改 定 共 同 宣 言 で 誓 約 した 両 国 間 の 原 子 力 協 力 強 化 を 継 承 するもので 英 国 で 成 長 しつつある 原 子 力 市 場 においてカナダの 原 子 力 産 業 も 事 業 チャンスを 得 られるよう 支 援 するのが 目 的 また 英 国 の 余 剰 プルトニウム(PU) 燃 焼 処 分 にカナダ 型 加 圧 重 水 炉 (CANDU 炉 )を 使 用 する 選 択 肢 に ついて 英 原 子 力 デコミッショニング 機 構 (NDA)が 実 施 中 のフィージビリティ スタディに 関 しても 同 覚 書 を 通 じて 作 業 が 促 進 されるとともに 代 替 核 燃 料 による 発 電 を 評 価 する 枠 組 が 構 築 されるとしている 英 国 では16 基 の 原 子 炉 で 総 発 電 電 力 量 の 約 18%を 賄 っているが このうち15 基 までが2023 年 までに 設 計 寿 命 を 終 えるため 政 府 はエネルギー 供 給 保 証 とC O2 排 出 量 削 減 の 一 手 段 として 原 子 力 発 電 を 優 先 的 に 開 発 既 存 炉 をリプレースする1,600 万 kwの 発 電 設 備 として 年 までに 少 なくとも12 基 の 建 設 が 必 要 と 原 子 力 産 業 戦 略 に 明 記 している 今 回 の 覚 書 はこのような 市 場 から 中 小 企 業 を 含 めて 両 国 の 原 子 力 産 業 界 の 様 々な 関 係 者 が 恩 恵 を 得 ることを 狙 ったもので 産 業 界 同 士 の 連 携 強 化 に 資 するだけで なく 研 究 所 や 大 学 の 研 究 ネットワーク 間 で 共 同 作 業 が 促 進 されると 説 明 した CANDUエナジー 社 は 覚 書 を 歓 迎 ちょ うど 同 じ 日 カナダ 原 子 力 産 業 機 構 (OCI)がロンドンで 英 国 の 原 子 力 サプライヤー チェーンに 対 し CANDU 炉 で 英 国 の 余 剰 PUと 回 収 ウランを 燃 焼 する CANMOXアプローチ を 提 案 していたことから CANDUエナジー 社 は 今 回 の 覚 書 が こうしたアプローチの 採 用 に 道 を 拓 くとして 歓 迎 NDAが2014 年 1 月 に 国 内 PUの 管 理 計 画 に 関 する 状 況 報 告 書 を 公 表 し た 際 PUはMOX 燃 料 に 転 換 して 軽 水 炉 での 再 利 用 が 望 ましいとした 一 方 同 社 製 改 良 型 CANDU6(EC6) および GE 日 立 ニュークリア エナジー 社 製 PRISM 高 速 炉 で 再 利 用 する 代 替 案 についても 技 術 的 調 査 を 進 めるとしていた 点 に 言 及 した CANDUエナジー 社 によると 今 回 の 覚 書 で 両 国 が 関 係 強 化 を 目 指 している 分 野 は (1)ウラン 供 給 (2) 原 子 炉 の 設 計 建 設 運 転 廃 止 措 置 (3) 余 剰 核 物 質 を 安 全 かつ 適 切 に 処 分 する 代 替 燃 料 サイクルや 新 型 燃 料 サイクルの 構 築 --など これらの 分 野 で 両 国 の 共 同 研 究 開 発 や 規 制 協 力 英 国 原 子 力 部 門 への 技 術 移 転 と 投 資 が 活 性 化 される こ れに 対 してカナダのCANMOXアプローチでは 出 力 70 万 kwの 第 3 世 代 設 計 であるEC6を4 基 建 設 することや これらに 装 荷 するMOX 燃 料 の 製 造 工 場 建 設 を 盛 り 込 んでおり 余 剰 PUをすべて 燃 焼 した 後 は 運 転 寿 命 の60 年 に 達 するまで 英 国 の50 万 世 帯 に 約 300 万 kwの 低 炭 素 電 力 を 供 給 する 発 電 炉 として 役 立 つと 強 調 している トルコ:エネ 市 場 規 制 庁 がアックユ 計 画 に 発 電 予 備 認 可 発 給 原 産 新 聞 2015 年 6 月 29 日 トルコのアックユ 原 子 力 発 電 所 建 設 プロジェクトを 請 け 負 ったロシアのロスアトム 社 は6 月 26 日 同 社 がトルコで 設 立 したプロジェクト 会 社 のアックユ 原 子 力 発 電 会 社 に 対 し トルコのエネルギー 市 場 規 制 庁 (EPDK)が25 日 付 けで 発 電 予 備 認 可 を 発 給 したと 発 表 した これに より アックユ 会 社 は 同 認 可 の 有 効 期 間 である36か 月 の 間 に スケジュールに 沿 った 投 資 活 動 を 始 めるとともに 建 設 工 事 の 開 始 に 必 要 な 細 かい 不 動 産 関 連 の 権 利 や 認 証 地 元 当 局 の 承 認 などを 得 るための 手 続 が 可 能 になる 同 社 がそれらの 義 務 事 項 を 期 間 内 に 完 全 に 果 たせば EPDKが 発 電 認 可 を 発 給 することになると 説 明 している この 予 備 認 可 制 度 は201 3 年 施 行 の 新 しい 電 気 市 場 法 に 盛 り 込 まれており 投 資 環 境 の 自 由 化 や 競 争 力 の 増 強 を 目 的 に 発 電 認 可 を 申 請 した 者 に 一 定 の 条 件 下 で 原 則 24か 月 有 効 な 予 備 的 許 可 を 与 えるのが 主 旨 120 万 kwのロシア 型 PWR(VVER)を4 基 建 設 するというアックユ 計 画 については トルコの 環 境 都 市 計 画 省 が 昨 年 12 月 に 環 境 影 響 評 価 (EIA) 報 告 書 を 承 認 しており アックユ 会 社 は 今 年 4 月 に 起 工 式 を 開 催 した 発 電 予 備 認 可 はこうした 状 況 から 発 給 されたもので 通 常 は 地 元 当 局 などか ら 様 々な 認 可 を 得 る 手 続 も 容 易 になるが 原 子 力 発 電 設 備 に 対 する 発 給 は 同 国 初 であるため 通 常 よりは 時 間 を 要 すると の 見 方 もある トルコ 初 の 原 子 力 発 電 施 設 となるアックユ 発 電 所 は 選 定 された 事 業 者 が 対 象 施 設 を 設 計 建 設 所 有 操 業 するという BOO 契 約 で 初 めて 建 設 される 採 用 設 計 はロシアの 最 新 式 VVERの AES-2006 で 稼 働 期 間 は60 年 を 予 定 アックユ 会 社 では2019 年 ~2020 年 頃 の 初 号 機 完 成 を 目 指 して 2016 年 にも 本 格 的 な 建 設 工 事 を 開 始 したい 考 えだ

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

( 震 災 復 旧 のための 公 共 投 資 の 出 動 ) 震 災 以 降 被 災 3 県 における 公 共 投 資 は 震 災 復 旧 関 連 を 中 心 に 大 きく 増 加 している 公 共 工 事 請 負 金 額 の 前 年 同 期 比 の 推 移 を 第 2-3-2 図 でみると 被 災

( 震 災 復 旧 のための 公 共 投 資 の 出 動 ) 震 災 以 降 被 災 3 県 における 公 共 投 資 は 震 災 復 旧 関 連 を 中 心 に 大 きく 増 加 している 公 共 工 事 請 負 金 額 の 前 年 同 期 比 の 推 移 を 第 2-3-2 図 でみると 被 災 第 3 節 復 旧 復 興 に 向 けた 動 き 1. 復 旧 に 向 けた 取 組 ( 被 災 地 における 復 旧 の 進 展 ) 震 災 により 甚 大 な 被 害 を 被 った 各 地 域 では 官 民 一 体 となって 復 旧 作 業 に 懸 命 の 努 力 が 傾 けら れている 52 被 災 3 県 の 沿 岸 市 町 村 における 瓦 礫 撤 去 作 業 は 2011 年 度 末 までに

More information

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお 参 議 院 選 挙 に 向 けた 政 策 アンケート 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 の 結 果 の 公 開 CASAは7 月 の 参 議 院 選 挙 に 向 け 各 党 に 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 を 行 い ました アンケートは 公 明 党 おおさか 維 新 の 会 新 党 改 革 日 本 のこころを 大 切 にする 党 に 送 付 し

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用 ステップ2の 完 了 を 受 けた 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 の 見 直 し に 関 する 基 本 的 考 え 方 及 び 今 後 の 検 討 課 題 について 1. はじめに 平 成 23 年 12 月 26 日 原 子 力 災 害 対 策 本 部 ( 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 に 関 する 経 緯 及 び 現 状 ) (1) 本 年 3 月 11 日

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 資 料 2 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) と 原 子 力 発 電 について 平 成 26 年 10 月 資 源 エネルギー 庁 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 電 力 システム 改 革 の 目 的 2 1. 安 定 供 給 を 確 保 する 震 災 以 降 多 様 な 電 源 の 活 用 が 不 可 避 な 中 で 送 配 電 部 門 の 中 立 化

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の

2 市 町 村 分 都 道 府 県 名 山 形 県 千 葉 県 山 形 市 市 原 市 の 無 福 祉 推 進 部 生 活 福 祉 課 地 域 福 祉 係 主 幹 保 健 福 祉 部 生 活 福 祉 課 主 任 36 22 当 該 職 員 が 公 用 パソ コンを 使 用 し 業 務 に 関 係 の 5. 財 務 関 係 (3) 職 員 の に 関 する 調 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) ア 法 第 243 条 の2によるもの 1 都 道 府 県 分 所 属 部 課 名 等 事 実 関 係 監 査 委 員 による 監 査 関 係 都 道 府 県 名 名 及 び 職 名 し を た 日 又 は 事 実 知 った の 無 の 存 し 団 体

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被 福 島 県 原 子 力 損 害 対 策 協 議 会 原 子 力 損 害 賠 償 の 完 全 実 施 に 関 する 緊 急 要 望 要 求 活 動 結 果 概 要 < 関 係 省 庁 政 党 > 日 時 平 成 24 年 11 月 19 日 ( 月 )13:00~15:30 要 望 者 会 長 代 理 村 田 文 雄 ( 福 島 県 副 知 事 代 表 者 会 議 議 長 ) 副 会 長 佐 藤 正

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

会社再生サンプル資料

会社再生サンプル資料 経 営 調 査 研 究 会 セミナー 成 功 する 会 社 再 生 スキームと 税 務 上 の 注 意 点 ~ 法 的 な 整 理 のみならず 銀 行 交 渉 や 私 的 な 方 法 による 成 功 実 例 も 紹 介 ~ 平 成 21 年 6 月 19 日 株 式 会 社 日 本 中 央 会 計 事 務 所 / 日 本 中 央 税 理 士 法 人 代 表 取 締 役 / 代 表 社 員 公 認 会

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

講 演 1 等 の 一 部 を 改 正 する 律 ( 関 係 ) 講 師 : 総 務 省 情 報 通 信 国 際 戦 略 局 情 報 通 信 政 策 課 課 長 補 佐 影 井 敬 義 様

講 演 1 等 の 一 部 を 改 正 する 律 ( 関 係 ) 講 師 : 総 務 省 情 報 通 信 国 際 戦 略 局 情 報 通 信 政 策 課 課 長 補 佐 影 井 敬 義 様 第 80 回 電 波 利 用 懇 話 会 等 の 律 改 正 について 日 時 : 2011 年 1 月 31 日 ( 月 ) 午 後 2 時 ~3 時 30 分 場 所 : 社 団 人 電 波 産 業 会 会 議 室 ( 日 土 地 ビル 11 階 ) 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1-4-1 TEL: 03-5510-8592 主 催 社 団 人 電 波 産 業 会 講 演 1 等 の

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の 税 制 改 正 法 案 が 成 立 スタートした 教 育 資 金 贈 与 税 非 課 税 制 度 その 目 的 と 運 用 方 法 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 目 玉 政 策 の 一 つである 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 制 度 が4 月 にスタートした 信 託 銀 行 などが 本 制 度 対 応 の 商 品 を 発 売 し 始 め 孫 の 教 育 費 を 援 助 したい

More information

情報公開事務処理状況(2001年4月分)

情報公開事務処理状況(2001年4月分) 平 成 25 年 度 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 の 報 告 について 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 第 17 条 の 規 定 により 運 営 状 況 を 報 告 する 中 野 区 長 田 中 大 輔 目 次 平 成 25 年 度 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 1 公 開 状 況 及 び 公 開 非

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

今 後 調 査 担 当 委 員 の 私 の 下 に 九 州 電 力 第 三 者 委 員 会 でも 調 査 チームの 総 括 を 務 めた 赤 松 幸 夫 弁 護 士 梅 林 啓 弁 護 士 を 中 心 とする 弁 護 士 調 査 チームを 組 織 し 委 員 長 や 他 の 委 員 の 意 見 も

今 後 調 査 担 当 委 員 の 私 の 下 に 九 州 電 力 第 三 者 委 員 会 でも 調 査 チームの 総 括 を 務 めた 赤 松 幸 夫 弁 護 士 梅 林 啓 弁 護 士 を 中 心 とする 弁 護 士 調 査 チームを 組 織 し 委 員 長 や 他 の 委 員 の 意 見 も 激 変 する 環 境 思 考 停 止 する 組 織 ~ 郷 原 信 郎 が 斬 る 2011.12.14 オリンパス 監 査 検 証 委 員 会 設 置 の 目 的 と 今 後 の 課 題 12 月 12 日 午 前 10 時 から 新 日 本 監 査 法 人 の オリンパス 監 査 検 証 委 員 会 の 初 会 合 が 開 かれ 終 了 後 記 者 会 見 が 行 われた 委

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい 長 野 県 における 熱 中 症 の 発 生 状 況 熱 中 症 の 発 生 件 数 の 推 移 ( 休 業 4 日 以 上 単 位 : 人 ) 長 野 労 働 局 8 9(1) 5 5 1 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 ( ) 内 は 死 亡 者 で 内 数 熱 中 症 の 業 種 別 年 別 発 生 状 況 ( 休 業 4 日 以 上

More information

国会ニュースNo19.indd

国会ニュースNo19.indd The Diet News ニュ ゆ 参 院 9 広 非 核 則 広 島 祈 念 式 典 非 核 則 触 宣 主 党 代 表 ジ 非 核 則 触 長 崎 式 典 触 何 故 真 伺 併 不 戦 誓 思 尋 ね 広 島 祈 念 式 典 挨 拶 非 核 則 堅 持 当 然 前 我 界 唯 戦 争 被 爆 核 兵 器 界 際 主 導 表 明 我 是 非 核 則 揺 ぎ 戦 争 惨 禍 二 繰 返 ア ノ

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復 資 料 2 平 成 25 年 2 月 17 日 復 興 庁 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 主 な 予 算 について ( 平 成 24 年 度 補 正 予 算 平 成 25 年 度 予 算 案 ) 復 興 庁 が 司 令 塔 となって 原 子 力 災 害 からの 福 島 の 復 興 及 び 再 生 を 加 速 的 に 推 進 する さらに 福 島 の 深 刻 な 諸 問 題 に 対 応 できるよう

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿 観 光 特 産 品 等 における 福 島 ブランド 活 性 化 方 策 調 査 概 要 本 調 査 では 東 日 本 大 震 災 影 響 により 下 落 した 福 島 県 観 光 客 入 込 客 数 や 県 産 品 売 上 高 を 回 復 させるため 施 策 を 提 言 として 取 りまとめるため 検 討 に 必 要 な 調 査 等 を 実 施 した また 施 策 実 施 によって 福 島 ブランド

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文)

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文) 2014 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 に 関 する 機 関 投 資 家 アナリスト 向 け 説 明 会 ご 説 明 内 容 開 催 日 :2013 年 10 月 31 日 スピーカー: 常 務 執 行 役 村 松 衛 はじめに 当 社 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 2 年 7 ヵ 月 余 りが 経 過 いたしましたが 汚 染 水 問 題 をはじめ 今 なお 発 電 所 周

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの 電 力 システム 革 について - 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 は 電 力 システム 革 の 一 部 と して 位 置 づけられています ここでは 自 由 化 の 背 景 としての 電 力 システム 革 について 概 要 をご 説 明 します 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

日本学生支援機構入札説明会資料

日本学生支援機構入札説明会資料 日 本 学 生 支 援 機 構 について 平 成 28 年 3 月 概 要 政 策 上 の 重 要 性 国 との 関 係 事 業 の 概 況 極 めて 高 い 社 会 的 意 義 政 策 的 重 要 性 日 本 国 憲 法 や 教 育 基 本 法 に 定 められた 教 育 の 機 会 均 等 を 制 度 的 に 支 える 教 育 の セーフティネット と 位 置 づけられる 役 割 国 の 強 い

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information