以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことは できません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことは できません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を"

Transcription

1 Oracle Coherence インメモリ データグリッドの 仕 組 みと 活 用 日 本 オラクル 株 式 会 社 Fusion Middleware 事 業 統 括 本 部 - ソリューション 本 部 Application Gridソリューション 部 シニアセールスコンサルタント 二 條 智 文

2 以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことは できません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を 提 供 することをコミットメン ト( 確 約 )するものではないため 購 買 決 定 を 行 う 際 の 判 断 材 料 になさらないで 下 さ い オラクル 製 品 に 関 して 記 載 されている 機 能 の 開 発 リリースおよび 時 期 につい ては 弊 社 の 裁 量 により 決 定 されます OracleとJavaは Oracle Corporation 及 びその 子 会 社 関 連 会 社 の 米 国 及 びその 他 の 国 における 登 録 商 標 です 文 中 の 社 名 商 品 名 等 は 各 社 の 商 標 または 登 録 商 標 である 場 合 があります 2

3 Agenda インメモリ データグリッドとは Oracle Coherence 概 要 Coherenceとは Partitioned Cache In-Place Processing データ アフィニティ データストア 連 携 イベント 適 用 パターンと 事 例 まとめ 3

4 Agenda インメモリ データグリッドとは Oracle Coherence 概 要 Coherenceとは Partitioned Cache In-Place Processing データ アフィニティ データストア 連 携 イベント 適 用 パターンと 事 例 まとめ 4

5 データグリッドとは 大 量 データを 効 率 的 に 扱 うためのアーキテクチャ 3つの 特 長 分 散 データ 管 理 複 数 マシン 上 で 大 量 データを 分 散 管 理 する 分 散 データ 管 理 機 能 分 散 データ 処 理 分 散 された 大 量 データを 効 率 的 に 処 理 するためのデータ 処 理 機 能 クラスタ 管 理 複 数 マシンを 管 理 するためのクラスタ 機 能 5

6 Coherenceのインメモリ データグリッド 分 散 データ 管 理 分 散 データ 処 理 クラスタ 管 理 インメモリ 分 散 Key-Value Store(KVS) インメモリ データ 可 用 性 拡 張 縮 退 時 の 自 律 的 なデータ リバランス + データアフィニティ In-Place Processing データストア 連 携 イベント 処 理 + etc 専 用 のクラスタ 管 理 プロトコル(TCMP) 動 的 な 拡 張 縮 退 自 律 分 散 型 でSPOF/SPOBなし 高 速 な 障 害 検 知 6

7 Coherence インメモリ データグリッド > 分 散 KVS 7

8 Key-Value Store(KVS)とは KVS: Key(キー)とValue( 値 )をセットにしたシンプルなデータ 構 造 をストアする 仕 組 み 連 想 配 列 やMapなどで 表 現 されるデータ 型 KeyとValueは1 対 1で 管 理 し Valueに 対 するアクセスは 必 ずKeyを 指 定 する Key Value 例 ) 従 業 員 従 業 員 番 号 従 業 員 名 前 年 齢 タイトル etc Mapの 例 ) Javaのjava.util.Mapインタフェース java.util.map public Object put(object key, Object value); public Object get(object key); public Object remove (Object key); 8

9 Key-Value Store(KVS)とは メリット Keyを 起 点 にするシンプルなデータアクセスのためデータ 分 散 が 容 易 = 分 散 KVS スケールアウト 型 のアーキテクチャと 親 和 性 が 高 い デメリット 一 般 的 にはデータモデルがシンプルなため RDBが 得 意 とするデ ータの 正 規 表 現 や 多 角 的 な 検 索 複 雑 なトランザクション 処 理 に は 向 いていない 一 般 的 なKVSを 利 用 する 際 の 考 慮 点!KVSに 合 わせたデータ 設 計 アプリケーション 設 計 が 必 要 CoherenceにはKVSのこのようなデメリットを 払 拭 するためのデー タ 処 理 機 能 が 付 属 (アフィニティ+In-Place Processing ) 9

10 Agenda インメモリ データグリッドとは Oracle Coherence 概 要 Coherenceとは Partitioned Cache In-Place Processing データ アフィニティ データストア 連 携 イベント 適 用 パターンと 事 例 まとめ 10

11 Oracle Coherenceとは インメモリ データグリッド 製 品 複 数 サーバに 渡 る 分 散 KVS 分 散 データの 可 用 性 動 的 な 追 加 縮 退 に 対 する 自 動 リバランス 機 能 さまざまなデータ 処 理 機 能 アフィニティ/In-Place Processing/デー タストア 連 携 /イベント 機 能 etc 高 度 なクラスタ 管 理 機 能 Coherenceアーキテクチャ サーバを 跨 る 分 散 KVS In-Place Processing クライアント(Java,.NET, C++) イベント 通 知 Javaベース データストア 連 携 実 体 はJavaクラスライブラリ(100% Pure Java) 3rd Partyライブラリなし クライアントライブラリはJava/C++/.NET DB Web サービス データストア REST API 経 由 で さまざまな 言 語 からHTTP によるアクセスが 可 能 JavaScript/Python/Ruby/PHP etc WAN 他 サイトの クラスタ 11

12 Partitioned Cache Partitioned Cache 複 数 JVMにデータを 分 散 して 配 置 Key 単 位 で 論 理 的 なPartitionに 紐 付 けてデ ータを 分 散 (= 分 散 KVS) 透 過 的 なデータアクセス 物 理 的 な 配 置 はCoherence 内 に 隠 蔽 動 的 なノードの 増 減 自 動 的 なデータをリバランス データアクセスとパラレルに 実 施 Partitioned Cache 位 置 を 意 識 しない 透 過 的 なアクセス A B C D アプリケーション Map(Key-Value) 型 インタフェース NamedCache cache = CacheFactory.getCache( orders ); A B C D Order o1 = (Order)cache.get(key1); JVM JVM JVM JVM cache.put(key2, o2); Coherence Coherenceは 他 のキャッシュタイプも 提 供 Replicated Cache/Near Cache etc 12

13 Partitioned Cacheのデータ 分 散 方 式 Coherenceは 内 部 で 論 理 的 なパーティションを 保 持 パーティションとメンバー(JVM 単 位 )の 割 り 当 て 表 を 各 メンバーが 保 持 パーティション 数 が 均 等 になるように 各 メンバーに 割 り 当 てられる メンバー 情 報 は 専 用 のクラスタ 用 プロトコル(TCMP)にて 整 合 性 を 担 保 Keyのハッシュ 値 からパーティションにマッピング Key Value Key Value Key Value キャッシュデータ 1 Key パーティションID Keyのシリアライス 化 したハッシ ュ 値 からパーティションIDを 算 出 パーティション 算 出 ロジック N 論 理 的 なパーティション (デフォルト257 変 更 可 能 ) 2 パーティションID メンバID パーティション 割 り 当 て 表 から 対 象 のメンバIDを 取 得 Member ID=1 Member ID=2 Member ID=3 Member ID=4 CoherenceクラスタメンバJVM (メンバIDによって 区 別 される) 13

14 データアクセス 時 の 動 作 Coherence APIがKeyから 対 象 データ を 持 つメンバーを 特 定 Key パーティションIDの 計 算 ロジック パーティションID メンバIDのマッピング メンバが 特 定 し P2Pの 通 信 によりデ ータを 取 得 (1Hopのデータ 取 得 ) これにより Coherenceクラスタ アプリケーションJVM Application Coherence API get(a) アプリケーションJVM Application Coherence API get(c) クラスタメンバー 数 が 増 えてもレイテ ンシは 一 定 A B C D サーバ 数 が 増 えるとスループットは 向 上 JVM 1 JVM 2 JVM 3 JVM 4 Coherence 14

15 インメモリデータの 可 用 性 プライマリに 対 してバックアップを 持 つことで 可 用 性 を 担 保 パーティション 単 位 で 配 置 を 決 定 バックアップは 物 理 的 に 異 なるマシン 上 に 作 成 される(Machine-Safe) データ 配 置 イメージ Machine 1 Machine 2 P: プライマリ P 1 P 2 P 3 P 4 B: バックアップ B 3 B 5 B 1 B 7 JVM 1 JVM 2 JVM 3 JVM 4 Machine 3 Machine 4 P 5 P 6 P 7 P 8 B 2 B 8 B 6 B 4 JVM 5 JVM 6 JVM 6 JVM 8 15

16 インメモリデータの 可 用 性 クライアントからのアクセス Get 操 作 はプライマリに 対 して 実 行 Put 操 作 はプライマリに 対 して 実 行 プライマリ メンバーがバックアップを 作 成 バックアップ 作 成 まで 同 期 処 理 get P データ 配 置 イメージ Machine 1 Machine 2 A 1 P 2 P 3 P 4 P: プライマリ B: バックアップ Application Client JVM Coherence API put B JVM 1 3 B 5 B JVM 2 Machine 3 B JVM 3 1 B 7 JVM 4 Machine 4 P B B 5 P 6 2 B 8 P B 7 P 8 6 B 4 JVM 5 JVM 6 JVM 6 JVM 8 16

17 インメモリデータの 可 用 性 障 害 時 はバックアップからデータを 復 旧 させる 障 害 復 旧 の 最 小 単 位 はパーティション 単 位 1 1 無 くなったプライマリをバックアップから 復 旧 (インメモリで 昇 格 ) 22 マシンセーフのためのプライマリの 均 等 化 (ネットワーク 経 由 で 移 動 ) 33 バックアップの 再 作 成 (ネットワーク 経 由 でコピー) Machine Machine 2 P: プライマリ B: バックアップ P B 1 P B 8 5 B B 5 P 2 3 P JVM 1 JVM 2 Machine JVM 3 3 JVM 4 Machine 4 P B 5 P 6 2 B 8 P B 7 6 P B 4 JVM 5 JVM 6 JVM 6 JVM 8 17

18 インメモリデータの 可 用 性 データ 復 旧 時 のデータアクセス 障 害 に 関 連 しないパーティションに 含 まれるデータは 継 続 してアクセス が 可 能 障 害 対 象 のデータは パーティションがバックアップからプライマリに 復 旧 したタイミングでアクセス 可 能 それまでは 待 機 (アクセス 中 のリクエ ストは 自 動 的 にフェールオーバーしクライアントにエラーは 返 らず) プライマリの 移 動 /バックアップの 再 作 成 中 は そのパーティションに 含 まれるデータへのアクセスは 待 機 クライアントのデータアクセスへの 影 響 は 局 所 的 サーバ 台 数 が 多 いほど 対 象 データも 尐 なくなるため データ 復 旧 作 業 は 早 く 終 わる 18

19 Coherenceのクラスタ 管 理 独 自 のクラスタ 管 理 プロトコルを 使 用 Tangosol Cluster Management Protocol ( 略 してTCMP) TCMPの 機 能 クラスタ 内 のデータ 送 受 信 自 律 分 散 的 なクラスタの 障 害 検 知 /メンバシップ 管 理 集 中 管 理 するマスタを 持 たないのでSPOF/SPOBがない 特 長 スケーラビリティを 考 慮 したコネクションレスのUDPを 主 に 使 用 UDPユニキャストをベースとし 以 下 の 機 能 を 付 加 到 達 保 証 (ACK/NACK) Flow Control データの 分 割 / 復 元 Packet Bundling 19

20 Coherenceのクラスタ 管 理 TCMPが 使 用 するトランスポート データ 送 受 信 P2Pメンバー 監 視 UDPユニキャスト メンバシップ 管 理 多 数 メンバーへの 同 一 データ 送 信 UDPマルチキャスト プロセスレベル 障 害 検 知 TCP: プロセス 間 でRing 状 にコネクションを 維 持 (TCP Ring) マシンネット/ワークレベルの 障 害 検 知 ICMP: マシンレベルのハートビート(IP Monitor) 20

21 プロセスレベルの 監 視 TCP Ring クラスタメンバー(JVMプロセス) 間 でTCPコネクションをRing 上 に 構 築 TCP Ring 接 続 が 切 れた 場 合 障 害 とみなす 障 害 検 出 時 間 はネットワークのラ ウンドトリップタイムとなる (ミリ 秒 単 位 ) 21

22 マシン/ネットワークレベルの 監 視 IP Monitor リモートマシンへの 定 期 的 なping (コネクションレス) 連 続 するpingの 失 敗 をマシンの 障 害 と みなす デフォルトでタイムアウト5 秒 3 回 = 15 秒 22

23 In-Place Processing データの 存 在 する 場 所 (JVM)で 処 理 を 実 行 する 無 駄 なデータ 送 受 信 を 行 わない In-Place Processing 例 : 10 万 件 のデータを 一 括 更 新 10 万 件 のデータの 集 計 処 理 Partitioned Cacheではデータの 分 散 に 沿 ったパラレル 処 理 が 可 能 に Logic 2 データ 操 作 1 データを 取 得 3 結 果 を 格 納 JVM 2 キャッシュサーバのJVMで 1 処 理 のInvoke データ 処 理 Logic 3 結 果 をリターン JVM 23

24 In-Place Processingによるパラレル 処 理 Partitioned Cacheでは 対 象 データ を 持 つキャッシュサーバ 全 体 で 実 行 される 各 JVMでパラレルに 実 行 In-Place Processing 例 : 10 万 件 のデータを 一 括 更 新 10 万 件 のデータの 集 計 処 理 集 計 処 理 などの 場 合 結 果 は 呼 出 し 側 で 自 動 的 にマージされる Logic JVM 10 万 件 パラレル 処 理 の 種 類 クエリ(データ 検 索 ) EntryProcessor(データ 操 作 ) EntryAggregator(データ 集 計 ) 結 果 は 自 動 的 に マージ Logic JVM 5 万 件 Logic 5 万 件 JVM 24

25 Partitioned Cacheによるスケーラビリティ Partitioned Cache データを 分 散 してキャッシュ データの 分 散 によりサーバ 間 で 処 理 の 負 荷 を 分 散 サーバ 追 加 による 性 能 の 向 上 アプリケーション 動 的 拡 張 処 理 性 能 の 拡 張 サーバ 追 加 により 処 理 可 能 な リクエスト 数 を 向 上 パラレル 実 行 可 能 な 処 理 の 性 能 を 向 上 メモリ 領 域 の 拡 張 サーバ 追 加 により 分 散 キャッシュの 容 量 を 拡 張 パラレル 処 理 JVM JVM JVM JVM JVM Coherenceデータグリッド サーバ 追 加 25

26 データアフィニティ 関 連 するデータを 同 一 のパーティションに 格 納 する 機 能 同 一 パーティションに 存 在 = 同 一 Coherenceノード 上 に 存 在 関 連 するデータの 例 注 文 ヘッダと 注 文 明 細 / 顧 客 と 顧 客 請 求 データなどの 親 子 関 係 同 一 銘 柄 通 貨 ペアなどの 取 引 情 報 データアフィニティのメリット 関 連 データを 寄 せることで ネットワークをまたいだデータ 送 受 信 をなくしインメモリによる 高 速 なデータ 処 理 が 可 能 実 際 の 利 用 例 ) 顧 客 ごとの 請 求 金 額 の 月 次 計 算 同 一 カテゴリデータを 最 小 のネットワーク 通 信 で 一 括 して 取 得 関 連 データの 高 速 マッチング(FXの 同 一 通 貨 ペアなど) 26

27 データアフィニティの 仕 組 み Keyの 中 に 関 連 を 特 定 するための 情 報 を 含 めておく パーティション 化 に 利 用 する 関 連 Keyを 抽 出 する( 拡 張 ポイント) 関 連 を 抽 出 するロジックは 任 意 に 作 成 可 能 実 装 例 ) ハイフン 区 切 りのKey の 文 字 列 の 前 方 を 関 連 Keyとして 同 一 パー ティションに 格 納 する Key1-1 Value Key1-2 Value Key2-1 Value 関 連 Key 抽 出 実 装 例 ) return key.split( - )[0]; Key2-2 Value Key1 Key2 パーティション 算 出 ロジック N 論 理 的 なパーティション Member Member Member Member ID=1 ID=2 ID=3 ID=4 27

28 データアフィニティとEntryProcessor EntryProcessorを 利 用 すると 複 数 Entryの 操 作 をAtomicに 操 作 することが 可 能 データアフィニティにより 関 連 データを 同 一 ノード 上 に 格 納 し EntryProcessorを 利 用 して 関 連 データの 一 括 操 作 を Atomicに 実 現 可 能 関 連 データであれば RDBのJoin 相 当 の 操 作 も 可 能 (ただしSQL による 表 現 は 不 可 ) 通 常 はEntry 単 位 の 操 作 のAtomic 性 を 複 数 Entry 操 作 のAtomic 性 に 拡 張 可 能 関 連 データを 寄 せることでKVSのデ メリットの 払 拭 が 可 能 に 28

29 データアフィニティとEntryProcessor 動 作 イメージ 注 文 ヘッダ 明 細 Coherence Client JVM API invoke( 注 文 番 号 ) 注 文 番 号 注 文 番 号 - 枝 番 注 文 番 号 - 枝 番 注 文 番 号 - 枝 番 注 文 ヘッダ 明 細 をJoinし た 結 果 として 返 却 JVM Partitioned Cache Service EntryProcessor public Object process(entry entry) { // 注 文 ヘッダ 取 得 / 更 新 // 注 文 明 細 取 得 / 更 新 } return 注 文 注 文 番 号 注 文 番 号 - 枝 番 注 文 番 号 - 枝 番 注 文 番 号 - 枝 番 EntryProcessor 内 はトラン ザクショナル 複 数 更 新 のAtomic 操 作 暗 黙 的 な 排 他 制 御 注 文 ヘッダ BackingMap 注 文 番 号 注 文 明 細 BackingMap 注 文 番 号 - 枝 番 注 文 番 号 - 枝 番 注 文 番 号 - 枝 番 注 文 番 号 でアフィニ ティ 注 文 ヘッダと 明 細 を 取 得 してJoin 29

30 データソース 連 携 外 部 データソースとキャッシュデータの 自 動 的 な 連 携 キャッシュデータの 変 更 をDBに 反 映 キャッシュへの 読 取 時 にDBからデータを 取 得 してキャッシュに 格 納 CacheStoreの 実 装 クラスを 作 成 して キャッシュに 対 して 設 定 外 部 データソースとの 連 携 put アプリケーション get Object load(object key) void store(object key, Object value) void erase(object key) A CacheStore B CacheStore CacheStore D CacheStore JVM JVM JVM JVM 更 新 時 同 期 書 き 込 み/ 非 同 期 書 き 込 み insert update A C select DB 30

31 Write-Behind 外 部 データソースへの 非 同 期 書 込 み デフォルトでは 同 期 書 込 み 変 更 データをキューで 管 理 し 指 定 した 間 隔 で 書 出 しを 行 う メリット 同 一 データに 対 する 複 数 更 新 を 一 括 実 行 発 行 されるSQLの 減 尐 外 部 データソースの 障 害 からアプリを 隔 離 書 込 み 失 敗 リキュー 次 回 以 降 のタイミングでリトライ UserA 例 :UserAを2 回 更 新 age=10, money=100 age=11, money=100 age=11, money=300 update user set age = 11, money = 300 where id = A 31

32 イベント イベントを 受 け 取 るためのリスナーを 登 録 データの 変 更 時 にリスナーにイベントが 通 知 される イベントリスナー アプリケーション insert/update/deleteイベントを 通 知 イベント 受 取 り 時 に 実 行 したい 処 理 をリス ナーに 記 述 Listener 1 リスナー 登 録 Listener 3 イベント 通 知 2 データ 変 更 フィルタによる 条 件 指 定 でリスンする 対 象 データの 絞 込 み Filter Event Event データ 操 作 の 種 類 Key/Valueの 比 較 条 件 A B C D Event イベントオブジェクトに 格 納 される 情 報 JVM JVM JVM JVM データ 操 作 の 種 類 変 更 の 前 後 データ Coherenceデータグリッド 32

33 リスナーの 実 装 NamedCache cache = CacheFactory.getCache( stocks ); cache.addmaplistener(new MapListener() { public void oninsert(mapevent mapevent) { } public void onupdate(mapevent mapevent) { } public void ondelete(mapevent mapevent) { } }, filter, islite); 33

34 Agenda インメモリ データグリッドとは Oracle Coherence 概 要 Coherenceとは Partitioned Cache In-Place Processing データ アフィニティ データストア 連 携 イベント 適 用 パターンと 事 例 まとめ 34

35 Coherence 適 用 パターン 1 性 能 向 上 (レスポンス スループット) DBボトルネックの 解 消 メインフレームの 負 荷 軽 減 2 サービスの 継 続 性 向 上 DB 定 期 メンテナンス/ 障 害 中 のサービス 継 続 性 3 バッチ 処 理 の 高 速 化 バッチ 処 理 のインメモリ 並 列 化 による 高 速 化 4 システム 間 データ 連 携 複 数 サイト 間 のセッション 共 有 複 数 システム 間 の 高 速 データ 連 携 5 イベント 駆 動 処 理 イベントによるリレー 型 の 並 列 処 理 データ 投 入 時 の 高 速 マッチング 処 理 35

36 ヨドバシカメラ 様 ( プロジェクトの 背 景 と 目 的 ECサイトのレスポンス 劣 化 データグリッドによるレスポンス 改 善 プロジェクト 1 性 能 向 上 (レスポンス スループット) ビジネス 側 のニーズ ユーザー レスポンス 改 善 リアルタイムに 情 報 を 提 供 したい 1ページでより 多 くの 情 報 を 提 供 したい システム 側 のニーズ 高 速 化 のためにキャッシュ 機 能 は 必 須 膨 大 なコンテンツを 格 納 できる 大 容 量 を 実 現 したい リクエスト 数 の 増 加 に 依 存 しない 安 定 したレスポンス 性 能 障 害 時 の 復 旧 コストを 下 げたい オラクル 選 定 理 由 オラクル 導 入 範 囲 コンテンツ 管 理 システム のデータソースから サイトに 必 要 なデータを 高 速 収 集 する 機 能 を 実 現 - 透 過 的 にDBとも 連 携 性 能 と 共 に 可 用 性 を 両 立 (オープンソースの キャッシュでは 実 現 不 可 ) アクセス 数 が 増 えても DBの 負 荷 に 直 結 しない パフォーマンス 約 10 倍 の 速 度 向 上 省 リソース: 従 来 の 半 分 程 度 での 実 現 短 期 実 装 (3ヶ 月 弱 ) コンテンツ 管 理 システム 最 低 限 の 通 信 回 数 で 多 種 大 量 の データを 取 得 し 画 面 を 構 築 障 害 時 にもインメモリ 上 のデータは 自 動 復 旧 - データロストしない - アプリ 側 でエラー 制 御 不 要 ノード 追 加 により バッファ 量 を 拡 張 可 能 将 来 の 商 品 増 加 に 対 応 可 能 キャッシュ 内 に 存 在 しないデータを データベースから 透 過 的 に 取 得 36

37 プロジェクトの 背 景 と 目 的 1 性 能 向 上 (レスポンス スループット) 全 日 空 様 ANA SKY WEB ( 突 発 的 な 大 量 アクセスによるバックエンド 負 荷 対 策 データグリッドによる 確 実 かつ 安 定 したレスポンスの 維 持 システム 上 のニーズ バックエンド ホストへのアクセス 負 荷 を 軽 減 したい (ホストの 増 強 はもうストップしたい) メンテナンス 時 もサービス 影 響 を 最 小 化 したい 今 後 のビジネスを 支 え 続 けられるシステム 基 盤 を 確 立 したい オラクル 選 定 理 由 オラクル 導 入 範 囲 インメモリグリッドの 国 内 外 の 豊 富 な 実 績 単 一 ボトルネック 点 の ないアーキテクチャ (アクセス 増 加 に 対 し 安 定 した 性 能 を 確 保 ) 応 答 性 能 約 10 倍 の 改 善 ピーク 時 処 理 の 安 定 化 (バーゲン 時 の 空 席 照 会 リクエストに 十 分 に 対 応 ) 単 なる 性 能 改 善 だけで なく 今 後 のサービス 拡 充 に 活 用 可 能 な 柔 軟 性 無 停 止 アプリ 入 れ 替 え (WebLogicプロダクション 再 デプロイメント 機 能 ) 空 席 情 報 をホスト からロード WebLogic セッション 管 理 層 - 大 量 アクセスに 対 処 可 能 な キャパシティ - セッションの 信 頼 性 向 上 ホスト 37

38 国 内 某 ショッピングサイト プロジェクトの 背 景 と 目 的 2 サービス 継 続 性 向 上 データベースの 定 期 メンテナンス 時 にも システムを 止 めず オンラインの 受 注 を 継 続 して 受 け 付 けられる 仕 組 みを 構 築 また カート 情 報 を 長 期 間 保 持 することで 購 入 機 会 を 向 上 ビジネス 側 のニーズ 無 停 止 運 用 により 売 上 を 確 保 する システム 無 停 止 による 顧 客 の 満 足 度 を 向 上 カート 情 報 の 長 期 間 保 持 により 購 入 機 会 を 向 上 オラクル 選 定 理 由 システム 側 のニーズ DBの 定 期 メンテナンスが 必 須 であるが その 間 もシステムを 稼 動 させたい カートへのアクセスをインメモリで 高 速 化 しつつ 長 期 間 保 持 + 障 害 時 にもロストしないようにしたい オラクル 導 入 範 囲 DBメンテナンス 時 にも イン メモリをバッファとして 使 用 で きる 仕 組 みを 簡 単 に 構 築 で きた 注 文 データの 受 付 ショッピング カート グリッド 上 にカート 情 報 を 長 期 間 保 持 データ 容 量 可 用 性 向 上 DBメンテナンス 時 にも 注 文 データを 継 続 的 に 受 付 可 能 バッファ 領 域 を 拡 張 できるた め 停 止 時 間 を 長 く 取 れる DBへの 書 き 込 みデータは グリッド 内 のキュー 領 域 に 格 納 インメモリにカート 情 報 を 長 時 間 保 持 していても 障 害 に 対 して 可 用 性 があるため デ ータロスとしない ノード 追 加 により バッファ 量 を 拡 張 可 能 メンテナンス 時 間 の 増 加 障 害 時 にも インメモリ 上 のキューは バックアップから 復 元 しデータロストし ない 38

39 NTTぷらら 様 ひかりTV : 課 金 処 理 プロジェクトの 背 景 と 目 的 3 バッチ 処 理 の 高 速 化 ひかりTV 契 約 数 が 順 調 に 増 加 万 を 超 え 月 次 の 課 金 バッチ 処 理 の 時 間 が 課 題 に 今 後 の 契 約 数 増 加 を 見 据 えた コスト 適 正 かつスケーラブルな 仕 組 みの 検 討 ビジネス 側 のニーズ 1 年 で 契 約 数 が 倍 増 今 後 も 増 加 が 予 想 されるが 一 定 時 間 で 課 金 のバッチ 処 理 を 完 了 させたい サービス 体 系 やキャンペーンによる 料 金 構 造 の 変 化 のスピード に 追 従 できるメンテナンス 性 が 必 要 システム 側 のニーズ すでに 課 金 処 理 の 完 了 が 夜 間 では 終 わらなくなっている 日 中 業 務 にも 影 響 契 約 数 増 加 傾 向 に 合 わせた 適 正 なコスト 想 定 が 望 ましい 既 存 のDBにアクセスする 他 アプリへの 負 荷 影 響 を 抑 えたい オラクル 選 定 理 由 インメモリ 処 理 で 大 幅 な 高 速 化 が 期 待 できる 今 後 の 契 約 数 増 加 に 対 応 しやすく コスト 的 にも リーズナブルなアーキ テクチャ 劇 的 な 性 能 向 上 を 実 証 - 従 来 方 式 の 数 倍 の 処 理 性 能 向 上 (15 時 間 2 時 間 弱 ) 課 金 処 理 のための データ 構 造 として 一 括 ロー ド DBアクセスを 効 率 化 顧 客 情 報 契 約 情 報 など 契 約 数 やサービス 体 系 パターンの 増 加 に 対 応 させ てノード 増 加 でリーズナブ ルにスケール 可 能 オラクル 導 入 範 囲 課 金 計 算 に 必 要 な 情 報 を 適 切 にインメモリ 保 持 計 算 処 理 およびファイル 生 成 作 業 をパラレル 化 処 理 能 力 に 余 力 ができた ロジック 記 述 柔 軟 性 が 高 い これまでは 後 続 の 運 用 で ( 人 手 で) 実 施 していた 課 金 処 理 も 組 み 込 み - 作 業 コスト 削 減 - 人 為 ミス 削 減 39

40 プロジェクトの 背 景 と 目 的 4 システム 間 データ 連 携 グローバル 衣 料 品 企 業 のオンラインストア 大 手 衣 料 品 企 業 のオンラインストア : 複 数 の 衣 料 品 ブランドをグローバルに 展 開 それぞれのブランドのサイトのパフォーマンス 劣 化 ショッピングカートの 信 頼 性 が 低 いことで 顧 客 満 足 度 が 低 下 していた ビジネス 側 のニーズ ユーザーが 商 品 選 択 中 に 接 続 が 切 れるとカート 情 報 が 消 滅 し 再 度 選 択 してもらう 必 要 があった 顧 客 満 足 度 低 下 の 要 因 になっていた 各 サイトの 個 別 運 用 になっていて 相 乗 効 果 が 出 せていない システム 側 のニーズ オンラインストアのショッピングカートの 信 頼 性 を 上 げたい オンラインストアのパフォーマンスも 低 下 していた 改 善 が 必 須 オラクル 選 定 理 由 オラクル 導 入 範 囲 ソリューション 適 用 ( 異 なるAPサーバー 間 の HTTPセッション 共 有 の 実 現 )が 容 易 だった (Coherence*Webを インストールするだけ) ユーザー 視 点 での オンラインストアの 高 い 可 用 性 を 実 現 できた (バックエンド システ ムとの 接 続 が 切 れても カート 情 報 を 維 持 可 能 ) オンラインストア ( 一 般 向 け) ピーク 時 25 万 同 時 アクセス 個 別 に 構 築 されたサイトのカート 情 報 をインメモリ 共 有 (グローバル キャッシュ クラウド) オンラインストア ( 高 級 層 ) オンラインストア ( 廉 価 品 ) カートの 信 頼 性 の 向 上 サイトのレスポンス 向 上 150+ ノードのサーバーに Coherence*Web を 導 入 スケーラビリティの 確 保 + セッションデータの 統 合 異 なるブランドのサイトを 横 断 して チェックアウト せずにカートを 共 有 可 能 に 40

41 フロント 処 理 バック 処 理 5 イベント 駆 動 処 理 ヒロセ 通 商 様 LION FX - フラクタルシステムズ 株 式 会 社 様 U-Forex1 - プロジェクトの 背 景 と 目 的 増 加 する 外 国 為 替 取 引 に 追 従 するシステムの 拡 張 性 IT 監 査 に 対 応 する 運 用 システムモデル LION FX (ヒロセ 通 商 様 のFXサービス) として U-Forex1 を 採 用 ビジネス 側 のニーズ 顧 客 サービスの 拡 充 並 びに 顧 客 ディーリング 収 益 の 追 求 約 定 性 能 向 上 リスク 管 理 の 徹 底 (ロスカット 値 洗 処 理 の 短 縮 ) ポジションの 高 速 集 計 と 敏 速 なカバー 取 引 の 実 行 システム 側 のニーズ データベースに 依 存 した 設 計 によるボトルネック 解 消 大 量 トランザクションへの 対 応 高 拡 張 性 と 高 可 用 性 システムの 安 定 化 を 実 現 計 算 処 理 の 高 速 化 オラクル 選 定 理 由 オラクル 導 入 範 囲 高 い 更 新 性 能 (0.5ms/ 件 ) をリニアに 拡 張 できる スケーラビリティを 検 証 フェーズで 実 証 ユーザー 数 の 増 加 や 市 況 変 化 に 対 して 対 応 計 画 を 描 きやすい DBやディスクに 永 続 化 せずに 高 可 用 性 を 実 現 国 内 外 での 稼 動 実 績 と コンサルティング 実 績 Coherence WebLogic JRockit Mission Control Oracle RAC を 活 用 レート 配 信 2000レート/ 秒 RAC 注 文 管 理 RAC 注 文 管 理 発 注 イベントリスナー マッチング エンジン WebLogic Server を 経 由 して 注 文 を 受 付 (1000TPS) Coherenceのデータパーティ ショニングにより 注 文 リクエスト 受 付 を 負 荷 分 散 ノード 追 加 でスループット 向 上 データをインメモリ 保 持 して 高 速 性 を 維 持 しながら 高 信 頼 性 も 担 保 - フロント :レート 注 文 データ - バック :ポジション 注 文 データ Coherenceのイベントリスナーで 注 文 のマッチング 処 理 を 呼 び 出 し マッチング ポジション 更 新 を 高 速 化 ポジション 集 計 を 秒 間 100 回 で 実 行 41

42 Agenda インメモリ データグリッドとは Oracle Coherence 概 要 Coherenceとは Partitioned Cache In-Place Processing データ アフィニティ データストア 連 携 イベント 適 用 パターンと 事 例 まとめ 42

43 まとめ Coherenceの 提 供 するインメモリ データグリッドとは 高 度 な 分 散 データ 管 理 分 散 KVSアーキテクチャによるスケーラビリティのみならず データ 可 用 性 の 担 保 データの 自 律 的 な 動 的 再 配 置 高 度 な 分 散 データ 処 理 関 連 データのアフィニティ 機 能 によりKVSのデメリットを 払 拭 In-Place Processingによる 大 量 データの 効 率 的 な 処 理 データソース 連 携 イベント 処 理 高 度 なクラスタ 管 理 自 律 分 散 的 なSPOF/SPOBの 存 在 しないクラスタ 管 理 プロトコルを 実 装 プロトコルレベルでスケーラビリティを 考 慮 (UDPベース) 高 速 な 障 害 検 知 機 能 単 なるキャッシュ 用 途 だけではなくさまざま 活 用 パターンと 多 数 の 事 例 43

44 Appendix) Oracle Coherence を 試 したいなら OTN のCoherence 製 品 ページから 入 手 できます まずは 製 品 ドキュメント 付 属 のチュートリアルから ソフトウェア ダウンロード 製 品 ドキュメント 44

45 Appendix) もう 一 歩 進 んだ 情 報 は 書 籍 : Oracle Coherence 入 門 トレーニング コース Oracle University Oracle Coherence: Share and Manage Data In Clusters 3 日 間 の 充 実 コース キャッシュの 設 計 ドメイン オブジェクトの 実 装 データグリッドの 照 会 並 行 インプレース 処 理 データグリッド イベント 処 理 永 続 化 層 の 実 装 プラットフォーム 間 接 続 とネットワーク 境 界.NETからのアクセス C++からのアクセス 適 切 なツールの 選 択 チーム メンバー 全 体 でのレベル 向 上 にお 勧 め 合 わせて こちらもどうぞ Oracle WebLogic Server 構 築 運 用 ガイド どちらも Amazon 楽 天 ブックス はじめ 各 書 店 で 予 約 購 入 できます 45

46 Appendix) スペシャル サイトのご 案 内 アプリケーション グリッド / Coherence - 業 種 や 課 題 別 の 解 決 策 のご 紹 介 - 効 果 をわかりやすくアニメーションで 紹 介 - 事 例 動 画 ( 字 幕 付 き) - その 他 関 連 ライブラリ Oracle WebLogic Server マニアックス CIO for Tomorrow 3つの 迷 信 クラウド 特 集 製 品 情 報 他 - SOA/BPM - セキュリティ - コンテンツ 管 理 / ポータル 46

47 OTNセミナーオンデマンド コンテンツに 対 する ご 意 見 ご 感 想 を 是 非 お 寄 せください OTNオンデマンド 感 想 上 記 に 簡 単 なアンケート 入 力 フォームをご 用 意 しております セミナー 講 師 / 資 料 作 成 者 にフィードバックし コンテンツのより 一 層 の 改 善 に 役 立 てさせていただきます 是 非 ご 協 力 をよろしくお 願 いいたします 47

48 OTNセミナーオンデマンド 日 本 オラクルのエンジニアが 作 成 したセミナー 資 料 動 画 ダウンロードサイト 掲 載 コンテンツカテゴリ( 一 部 抜 粋 ) Database 基 礎 Database 現 場 テクニック Database スペシャリストが 語 る Java WebLogic Server/アプリケーション グリッド EPM/BI 技 術 情 報 サーバー ストレージ 100 以 上 のコンテンツをログイン 不 要 でダウンロードし 放 題 データベースからハードウェアまで 充 実 のラインナップ 毎 月 旬 なトピックの 新 作 コンテンツが 続 々 登 場 例 えばこんな 使 い 方 製 品 概 要 を 効 率 的 につかむ 基 礎 を 体 系 的 に 学 ぶ/ 学 ばせる 時 間 や 場 所 を 選 ばず(オンデマンド)に 受 講 スマートフォンで 通 勤 中 にも 受 講 可 能 毎 月 チェック! コンテンツ 一 覧 はこちら 新 作 &おすすめコンテンツ 情 報 はこちら OTNオンデマンド 48

49 オラクルエンジニア 通 信 オラクル 製 品 に 関 わるエンジニアの 方 のための 技 術 情 報 サイト 技 術 資 料 インストールガイド 設 定 チ ュートリアルetc. 欲 しい 資 料 への 最 短 ルート アクセス ランキング 他 のエンジニアは 何 を 見 て いるのか? 人 気 資 料 のラン キングは 毎 月 更 新 特 集 テーマ Pick UP 性 能 管 理 やチューニングな ど 月 間 テーマを 掘 り 下 げて 詳 細 にご 説 明 技 術 コラム SQLスクリプト 索 引 メンテ ナンスetc. 当 たり 前 の 運 用 / 機 能 が 見 違 える!? オラクルエンジニア 通 信 49

50 oracletech.jp ITエンジニアの 皆 様 に 向 けて 旬 な 情 報 を 楽 しくお 届 け 製 品 / 技 術 情 報 Oracle Databaseっていく ら?オプション 機 能 も 見 積 れる 簡 単 ツールが 大 活 躍 セミナー 基 礎 から 最 新 技 術 まで お 勧 めセミナーで 自 分 にあ った 学 習 方 法 が 見 つかる スキルアップ ORACLE MASTER! 試 験 頻 出 分 野 の 模 擬 問 題 と 解 説 を 好 評 連 載 中 Viva! Developer 全 国 で 活 躍 しているエンジ ニアにスポットライト きらり と 輝 くスキルと 視 点 を 盗 もう oracletech 50

51 あなたにいちばん 近 いオラクル Oracle Direct まずはお 問 合 せください Oracle Direct システムの 検 討 構 築 から 運 用 まで ITプロジェクト 全 般 の 相 談 窓 口 としてご 支 援 いたします ステム 構 成 やライセンス/ 購 入 方 法 などお 気 軽 にお 問 い 合 わせ 下 さい Web 問 い 合 わせフォーム 専 用 お 問 い 合 わせフォームにてご 相 談 内 容 を 承 ります フリーダイヤル フォームの 入 力 にはログインが 必 要 となります こちらから 詳 細 確 認 のお 電 話 を 差 し 上 げる 場 合 がありますので ご 登 録 の 連 絡 先 が 最 新 のものになっているかご 確 認 下 さい 月 曜 ~ 金 曜 9:00~12:00 13:00~18:00 ( 祝 日 および 年 末 年 始 除 く) 51

52

53 53

以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 する ものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことはできません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を

以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 する ものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことはできません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を モバイルファースト 実 現 のための アプリケーション 開 発 と バックエンドサービスクラウド 日 本 オラクル 株 式 会 社 Fusion Middleware 事 業 統 括 ビジネス 推 進 本 部 製 品 戦 略 部 マネジャー 井 上 憲 ソリューション 本 部 インテグレーション 部 シニアセールスコンサルタント 智 野 潤 子 Copyright 2014, Oracle and/or

More information

How to Use the PowerPoint Template

How to Use the PowerPoint Template ワークフローからプロセス 統 合 まで SaaSとつないですぐに 展 開 できるPaaSソリューション Oracle Process Cloud Service 日 本 オラクル 株 式 会 社 Fusion Middleware 事 業 統 括 ビジネス 推 進 本 部 マネージャ 山 田 祐 子 Copyright 2014 Oracle and/or its affiliates. All rights

More information

以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことは できません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を

以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことは できません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を Oracle SQL Developerの 使 い 方 および 最 新 機 能 ご 紹 介 日 本 オラクル テクノロジー 製 品 事 業 統 括 本 部 井 上 克 己 以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことは

More information

以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことは できません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を

以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことは できません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を 津 島 博 士 のパフォーマンス 講 座 パフォーマンス 問 題 はなぜ 起 きるのか 日 本 オラクル 株 式 会 社 製 品 事 業 統 括 本 部 ディレクター 津 島 浩 樹 以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み

More information

8.5 操 作 に 関 するユーザからの 問 合 せへの 対 応 - - - 8.6 操 作 に 関 する 管 理 者 様 からの 問 合 せへの 対 応 - - 8.7 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解 除 依 頼 - - 8.8 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解

8.5 操 作 に 関 するユーザからの 問 合 せへの 対 応 - - - 8.6 操 作 に 関 する 管 理 者 様 からの 問 合 せへの 対 応 - - 8.7 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解 除 依 頼 - - 8.8 管 理 者 アカウント 閉 塞 時 のロック 解 ケータイ 快 作! ASPサービス 仕 様 書 本 サービスは ケータイ 快 作!ASP 利 用 契 約 の 規 約 条 項 に 従 い 提 供 いたします 1. サービスの 対 象 株 式 会 社 日 立 ソリューションズ クリエイトは お 客 様 に 対 し 以 下 のサービス 対 象 について 次 項 以 降 に 記 した 内 容 のサービスを 提 供 します サービス 名 ケータイ 快 作!

More information

Oracle BI Publisher 11gの新機能

Oracle BI Publisher 11gの新機能 Oracle BI Publisher 11gの 新 機 能 Mike Donohue Director, BI Product Management 以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組

More information

Untitled

Untitled サイボウズ Office 9 for SaaS サービス 概 要 説 明 資 料 サイボウズ Office 9 for SaaS とは? 37,000 部 門 が 利 用 する 人 気 グループウェアを 沖 縄 クロス ヘッドが サーバが 要 らないSaaSサービス としてご 提 供 します SaaSを 利 用 する3つのメリット SaaS(Software as a Service) とは ソフトウェアの

More information

Oracle Text 概要

Oracle Text 概要 Oracle Text 概 要 日 本 オラクル 株 式 会 社 検 索 機 能 ~ テキスト 検 索 と 部 分 一 致 検 索 の 違 い 部 分 一 致 検 索 パターン マッチング 全 角 半 角 大 文 字 小 文 字 の 区 別 あり CHAR/VARCHAR2 型 のみ 検 索 対 象 となる 部 分 一 致 検 索 SELECT * FROM

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation Oracle Coherence 3.6 登場 日本オラクル株式会社 2010 年 10 月 Fusion Middleware 事業統括本部 以下の事項は 弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです また 情報提供を唯一の目的とするものであり いかなる契約にも組み込むことはできません 以下の事項は マテリアルやコード 機能を提供することをコミットメント

More information

0.はじめに NEC 情 報 システムズ(NIS)は NECグループのシステム 開 発 運 用 で 培 ったノウハウと 研 究 所 の 先 端 技 術 を 取 り 入 れたソリューション 提 供 により 数 多 くのお 客 様 の 課 題 解 決 をご 支 援 させて 頂 いております 設 計 段

0.はじめに NEC 情 報 システムズ(NIS)は NECグループのシステム 開 発 運 用 で 培 ったノウハウと 研 究 所 の 先 端 技 術 を 取 り 入 れたソリューション 提 供 により 数 多 くのお 客 様 の 課 題 解 決 をご 支 援 させて 頂 いております 設 計 段 企 業 間 部 門 間 情 報 共 有 プラットフォーム PROCENTER/C ご 紹 介 資 料 日 本 電 気 株 式 会 社 株 式 会 社 NEC 情 報 システムズ 0.はじめに NEC 情 報 システムズ(NIS)は NECグループのシステム 開 発 運 用 で 培 ったノウハウと 研 究 所 の 先 端 技 術 を 取 り 入 れたソリューション 提 供 により 数 多 くのお 客

More information

Microsoft AccessからOracle Application Expressへの移行の概要

Microsoft AccessからOracle Application Expressへの移行の概要 Microsoft Access から Oracle Application Express への 移 行 の 概 要 Oracle ホワイト ペーパー 2009 年 5 月 Microsoft Access から Oracle Application Express への 移 行 の 概 要 はじめに... 3 Oracle Application Express へ 移 行 する 理 由...

More information

稼働率100%を目指す、OracleDB予兆監視

稼働率100%を目指す、OracleDB予兆監視 稼 働 率 100%を 目 指 す Oacl OracleDB 予 兆 監 視 日 本 エクセム 株 式 会 社 1 始 めに 提 案 の 背 景 予 兆 監 視 運 用 予 兆 監 視 の 概 要 と 効 果 トラブル 事 例 と 兆 候 分 析 予 兆 監 視 運 用 の 実 践 予 兆 監 視 運 用 の 導 入 事 例 + 安. 定. 運. 用. 2 提 案 の 背 景 : 現 状 の 運

More information

第 2 章 開 発 と 運 用 の 効 率 化 6 Q. 例 題 3 で 本 番 用 のパスを 設 定 しないとどうなりますか A. 実 行 ボタンのプロパティ 設 定 時 に 本 番 用 プロジェクトのプロシジャが 参 照 できません 7 Q. 例 題 3 の 最 後 にパスを 削 除 する 手

第 2 章 開 発 と 運 用 の 効 率 化 6 Q. 例 題 3 で 本 番 用 のパスを 設 定 しないとどうなりますか A. 実 行 ボタンのプロパティ 設 定 時 に 本 番 用 プロジェクトのプロシジャが 参 照 できません 7 Q. 例 題 3 の 最 後 にパスを 削 除 する 手 WebFOCUS 管 理 者 コース ~ 研 修 受 講 後 のスキルアップサポート~ 対 応 バージョン:WebFOCUS 8.0.01 本 資 料 は アシスト WebFOCUS 研 修 をご 受 講 いただいたお 客 様 からのご 質 問 や 研 修 ではご 案 内 できなかった 情 報 などを FAQ にまとめたものです 研 修 受 講 後 のスキルアップの 一 助 として 是 非 お 役

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 運 用 管 理 のプロが 教 えるHinemos 活 用 法 ~JBossやPostgreSQLを 対 象 としたミドルウェア 監 視 オプションやクラウド 型 Hinemosを 使 って~ 2015 年 2 月 27 日 株 式 会 社 アトミテック Copyright (c) 2015 Atomitech CORPORATION 1 内 容 会 社 概 要 JBoss 及 びPostgreSQLなどのミドルウエア

More information

M-PESA ユーザーは 銀 行 の 窓 口 を 一 度 も 訪 れることなく 口 座 開 設 預 貯 金 ローンなどすべてのオンライン バン キングのサービスを 利 用 できます 面 倒 な 申 込 書 の 記 入 や 書 類 の 提 出 は 不 要 で ただサファリコム 社 の M-PESA に

M-PESA ユーザーは 銀 行 の 窓 口 を 一 度 も 訪 れることなく 口 座 開 設 預 貯 金 ローンなどすべてのオンライン バン キングのサービスを 利 用 できます 面 倒 な 申 込 書 の 記 入 や 書 類 の 提 出 は 不 要 で ただサファリコム 社 の M-PESA に Fiorano SOA Platform お 客 様 導 入 事 例 (2015 年 1 月 28 日 改 定 ) モバイル ネットワークへの Web サービス 公 開 コア バンキング 統 合 フレームワークとの 連 携 金 融 サービス : アフリカ 商 業 銀 行 行 (Commercial Bank of Africa) キーポイント モバイル バンキング サファリコム (Vodafone)

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 三 島 市 は 個 人 住 民 税 賦 課 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり

More information

(Microsoft Word - SLA_\227\232\227\360\202\310\202\265_.doc)

(Microsoft Word - SLA_\227\232\227\360\202\310\202\265_.doc) 別 紙 A 別 表 1 サービス サービスの 内 容 本 サービスの 種 類 及 び 内 容 は 以 下 のとおりとし 機 能 の 詳 細 は 当 社 が 契 約 者 に 提 供 する 操 作 解 説 書 によるものとします 基 本 サービス Bizca サービス(グループウェア) の 内 容 サービス 概 要 基 本 サービスで 提 供 されるサービス 設 備 監 視 Ping による 死 活 監

More information

取 引 先 様 向 けオプションの 概 要 1 自 動 送 受 信 オプション Web-EDIサーバからのデータ 受 信 (ダウンロード) 及 びWebサー バへのデータ 送 信 (アップロード)を 自 動 化 します スケジュール 機 能 により 指 定 時 刻 ( 例 / 毎 日 8:00)での

取 引 先 様 向 けオプションの 概 要 1 自 動 送 受 信 オプション Web-EDIサーバからのデータ 受 信 (ダウンロード) 及 びWebサー バへのデータ 送 信 (アップロード)を 自 動 化 します スケジュール 機 能 により 指 定 時 刻 ( 例 / 毎 日 8:00)での 主 婦 の 店 鶴 岡 店 様 Web-EDI 取 引 先 様 向 けオプションのご 紹 介 2010 年 11 月 19 日 キヤノンITソリューションズ 株 式 会 社 商 品 事 業 本 部 EDIソリューション 事 業 部 取 引 先 様 向 けオプションの 概 要 1 自 動 送 受 信 オプション Web-EDIサーバからのデータ 受 信 (ダウンロード) 及 びWebサー バへのデータ

More information

Microsoft Word - 全婦連システム委託開発仕様書(募集用)

Microsoft Word - 全婦連システム委託開発仕様書(募集用) システム 委 託 開 発 仕 様 書 全 日 本 婦 人 子 供 服 工 業 組 合 連 合 会 1. 事 業 のテーマ クラウド 技 術 を 活 用 した 営 業 力 向 上 ツール 2. 開 発 の 目 的 とターゲット 組 合 員 企 業 の 業 務 効 率 化 と 販 売 戦 略 ツールとして 売 上 拡 大 3.システム 開 発 にかかわる 前 提 条 件 (1) 従 来 の 事 務 系

More information

Oracle WebCenter Contentの卓越したパフォーマンスとスケーラビリティ

Oracle WebCenter Contentの卓越したパフォーマンスとスケーラビリティ Oracleホワイト ペーパー 2011 年 7 月 Oracle WebCenter Contentの 卓 越 したパ フォーマンスとスケーラビリティ はじめに Oracle WebCenter Contentは スケーラビリティとパフォーマンスに 優 れたエンタープライズ コン テ ン ツ 管 理 シ ス テ ム で す Document Management Content Publishing

More information

外 部 委 託 業 務 の 削 減 を 含 む 経 費 の 削 減 及 び 安 全 性 信 頼 性 の 強 化 を 行 い 更 なる 最 適 化 の 推 進 を 図 るため 政 府 全 体 で 利 用 可 能 な 府 省 共 通 システムの 基 盤 ( 以 下 共 同 利 用 システム 基 盤 とい

外 部 委 託 業 務 の 削 減 を 含 む 経 費 の 削 減 及 び 安 全 性 信 頼 性 の 強 化 を 行 い 更 なる 最 適 化 の 推 進 を 図 るため 政 府 全 体 で 利 用 可 能 な 府 省 共 通 システムの 基 盤 ( 以 下 共 同 利 用 システム 基 盤 とい 共 同 利 用 システム 基 盤 の 業 務 システム 最 適 化 計 画 2008 年 ( 平 成 20 年 )2 月 13 日 2009 年 ( 平 成 21 年 )8 月 28 日 改 定 2011 年 ( 平 成 23 年 )9 月 14 日 改 定 2012 年 ( 平 成 24 年 )9 月 7 日 改 定 各 府 省 情 報 化 統 括 責 任 者 (CIO) 連 絡 会 議 決 定

More information

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま 文 書 管 理 業 務 の 業 務 システム 最 適 化 計 画 2007 年 ( 平 成 19 年 ) 4 月 13 日 2008 年 ( 平 成 20 年 )2 月 13 日 改 定 2009 年 ( 平 成 21 年 ) 8 月 28 日 改 定 2011 年 ( 平 成 23 年 )9 月 1 4 日 改 定 各 府 省 情 報 化 統 括 責 任 者 ( CIO) 連 絡 会 議 決 定

More information

スライド 1

スライド 1 KeySQL 使 い 慣 れたExcelやCalcへ 簡 単 にデータを 取 り 込 める データベース 検 索 / 更 新 ツール Microsoft Excel や OpenOffice.org Calc から データベースのデータを 気 軽 に 参 照 / 更 新 マウスで 検 索 条 件 を 設 定 するだけで ExcelやCalcのワークシートにデータベースのデータを 取 り 込 め 難

More information

Contents 1. SOAの 概 要 と 過 去 のSOA 的 な 事 例 2. ユーザ 事 例 (SOA 適 用 方 針 )) 3. ユーザ 事 例 ( 販 売 管 理 購 買 管 理 でのSOA 設 計 )

Contents 1. SOAの 概 要 と 過 去 のSOA 的 な 事 例 2. ユーザ 事 例 (SOA 適 用 方 針 )) 3. ユーザ 事 例 ( 販 売 管 理 購 買 管 理 でのSOA 設 計 ) 既 存 資 産 を 活 かす 再 構 築 のポイント ~ SOA 事 例 の 現 場 から ~ 2007/11/19 株 式 会 社 日 立 製 作 所 ソフトウェア 事 業 部 第 2ネットワークソフト 設 計 部 チーフアーキテクト 桐 越 信 一 Contents 1. SOAの 概 要 と 過 去 のSOA 的 な 事 例 2. ユーザ 事 例 (SOA 適 用 方 針 )) 3. ユーザ

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし a2media マネージドクラウドサーバー 株 式 会 社 a2media a2media マネージドクラウドサーバーの 強 み コスト パフォーマンス 合 理 的 な 投 資 価 値 セキュア 堅 牢 な 情 報 保 護 3つの 課 題 を 同 時 に 解 決 フレキシビリティ 柔 軟 性 と 拡 張 スピード Managed マネージド Server サーバー Cloud クラウド - 1 -

More information

Oracle Enterprise ManagerとNetApp FlexCloneを使用した短時間でのデータベース・プロビジョニング

Oracle Enterprise ManagerとNetApp FlexCloneを使用した短時間でのデータベース・プロビジョニング Oracle/NetAppホワイト ペーパー 2010 年 12 月 Oracle Enterprise ManagerとNetApp FlexCloneを 使 用 した 短 時 間 でのデータベース プロビジョニング 免 責 事 項 以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし pgpool-ii 2.0について SRA OSS, Inc. 日 本 支 社 石 井 達 夫 pgpool-iiとは? pgpool Global Development Groupが 開 発 BSDライセンスで 配 布 される 多 彩 な 機 能 コネクションプーリング,レプリケーション, 負 荷 分 散, パラレルクエリ 設 定 が 容 易.GUI 管 理 ツールも 附 属 PostgreSQLに

More information

WebコアCMSご紹介資料

WebコアCMSご紹介資料 FUJITSU Enterprise Application WebコアCMS:Webコンテンツ 管 理 システム 株 式 会 社 富 士 通 ソーシアルサイエンスラボラトリ WebコアCMSとは WebコアCMSの 概 要 WebコアCMSの 優 位 性 1 WebコアCMSの 概 要 WebコアCMS( 1) は 散 在 するWebコンテンツを 一 元 管 理 し 簡 単 編 集 承 認 フロー

More information

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基 ( 別 紙 ) 志 摩 市 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1-1 1.システム 基 本 要 件

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20428199575F8341835783838343838B82C6834E83898345836882C982E682E95F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20428199575F8341835783838343838B82C6834E83898345836882C982E682E95F947A957A97702E70707478> アジャイルとクラウドによる 電 子 書 籍 元 年 へのチャレンジ 株 式 会 社 角 川 コンテンツゲート 様 における BOOK WALKER WALKERプロジェクト 1 Android 端 末 をお 持 ちの 方 マーケットにいき BOOK WALKERを 検 索 して 下 さい これで 貴 方 の 端 末 にBOOK WALKERが インストールされました 2 1 章 プロジェクト 概 要

More information

Microsoft PowerPoint - 商品紹介(HP用)

Microsoft PowerPoint - 商品紹介(HP用) 勤 怠 旅 費 申 請 業 務 人 事 を 全 てWebで 実 現 します! 業 務 の 迅 速 化 とコスト 削 減 のためのパッケージシリーズです 勤 怠 管 理 システム 旅 費 管 理 システム EX 申 請 システム 人 事 管 理 システム 今 を 越 え る 効 率 化 へ の 第 一 歩 勤 怠 管 理 EX 申 請 旅 費 管 理 人 事 管 理 総 務 事 務 ソリューションが

More information

プロフィール 執 役 員 IT 本 部 (CIO) 出 口 剛 也 1989 年 住 友 銀 ( 現 三 井 住 友 銀 ) 第 四 次 総 合 オンラインシステムの 企 画 開 発 さくら 銀 との 合 併 に 伴 うシステム 統 合 SMFGグループIT 会 社 の 設 等 2008 年 三 井

プロフィール 執 役 員 IT 本 部 (CIO) 出 口 剛 也 1989 年 住 友 銀 ( 現 三 井 住 友 銀 ) 第 四 次 総 合 オンラインシステムの 企 画 開 発 さくら 銀 との 合 併 に 伴 うシステム 統 合 SMFGグループIT 会 社 の 設 等 2008 年 三 井 ジャパンネット 銀 における パブリッククラウド 活 用 の 取 組 について 2016 年 6 月 1 日 執 役 員 IT 本 部 (CIO) 出 口 剛 也 IT 統 括 部 部 二 宮 賢 治 注 意 事 項 本 資 料 はジャパンネット 銀 および 関 係 社 以 外 の 第 三 者 への 提 供 開 は 禁 記 載 内 容 の 転 載 は 禁 します 1 プロフィール 執 役 員 IT

More information

品質定義

品質定義 e Builder Ver.7.2 Application Producer チュートリアル 導 入 編 アーキテクチャとその 使 い 方 初 版 2010/06/30 2009 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 2010/6/30 2010 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 更 新 履 歴 変 更 年 月 日 2010/06/30 初 版 変

More information

Oracle Forms 11g についてのよくある質問

Oracle Forms 11g についてのよくある質問 Oracle ホワイト ペーパー 2009 年 10 月 Oracle Forms 11g についての よくある 質 問 免 責 事 項 本 書 は オラクルの 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 を 示 すことが 目 的 です 情 報 を 提 供 することだけが 目 的 であり 契 約 と は 一 切 関 係 がありません 商 品 コード または 機 能 を 提 供 するものではなく 購 入

More information

Oracle 製 品 の 使 い 分 け 2016 年 4 月 日 本 電 気 株 式 会 社 クラウドプラットフォーム 事 業 部 CLUSTERPROグループ 目 次 CLUSTERPRO X と Database Agent を 使 用 するメリット CLUSTERPRO X と を 使 用 するメリット Database Agent と の 差 異 のみが 有 する 機 能 と 特 徴 製

More information

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力 平 成 25 年 12 月 佐 賀 県 が 進 める 先 進 的 ICT 利 活 用 教 育 推 進 事 業 の 取 組 状 況 と 学 習 用 パソコン 導 入 の 背 景 (VOL.3) 佐 賀 県 教 育 委 員 会 1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の

More information

Webアプリケーション脆弱性診断 ~WebSiteScan Pro~

Webアプリケーション脆弱性診断 ~WebSiteScan Pro~ エヌシーアイ Webアプリケーション 脆 弱 性 診 断 について ~WebSiteScan~ エヌシーアイ 株 式 会 社 の Webアプリケーション 脆 弱 性 診 断 とは? エヌシーアイ 株 式 会 社 のWebアプリケーション 診 断 とは WEBサイト 新 設 もしくはリニューア ル 時 のセキュリティ 診 断 として 広 くご 利 用 頂 いております SaaS 型 サービスの 為 お

More information

FusionPlace をセットアップする > 02.セットアップ 手 続 き > 04. FusionPlace をバージョンアップする 際 の 手 続 き 今 まで 1.6.0 以 前 のバージョンをお 使 いの 場 合 インストール 後 ユーザが FusionPlace にログインする 最 初

FusionPlace をセットアップする > 02.セットアップ 手 続 き > 04. FusionPlace をバージョンアップする 際 の 手 続 き 今 まで 1.6.0 以 前 のバージョンをお 使 いの 場 合 インストール 後 ユーザが FusionPlace にログインする 最 初 お 客 様 各 位 FusionPlace 1.7.0 リリースのご 案 内 2012 年 8 月 22 日 有 限 会 社 ウォーターマーク アプリケーションズ 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 くお 礼 を 申 し 上 げます 本 日 FusionPlace の 新 バージョン 1.7.0 をリリース 致 しましたことをお 知 らせ 申 し 上 げます 記 1. ご 提 供 方

More information

スライド 1

スライド 1 戦 略 的 採 用 システム 中 途 採 用 向 けサービス 紹 介 資 料 2 戦 略 的 採 用 システムとは 戦 略 的 採 用 システムは 中 途 採 用 に 関 わる 情 報 の 管 理 だけでなく 採 用 活 動 の 集 計 分 析 及 び 採 用 予 算 の 管 理 までもカバーする 応 募 者 管 理 システムです 情 報 の 一 元 管 理 による 採 用 活 動 の 効 率 化

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 目 次 EC 店 長 画 面 操 作 マニュアル 初 期 画 面 申 込 管 理 基 本 情 報 契 約 情 報 店 舗 管 理 カテゴリ 管 理 商 品 管 理 商 品 管 理 在 庫 管 理 商 品 編 集 履 歴 在 庫 送 信 履 歴 設 定 管 理 基 本 設 定 管 理 商 品 複 製 時 紐 づけ 商 品 テンプレート CSVテンプレート メールテンプレート 受 注 ステータス 売 上

More information

屋外広告物管理システム システムフロー

屋外広告物管理システム システムフロー 屋 外 広 告 物 管 理 システムASPサービス 提 供 業 務 仕 様 書 目 次 1 屋 外 広 告 物 システムフロー 1 2 屋 外 広 告 物 管 理 システム 機 能 要 件 3 1 屋 外 広 告 物 管 理 3 (1) 屋 外 広 告 物 許 可 申 請 等 処 理 3 (2) 屋 外 広 告 物 データ 管 理 4 (3) 屋 外 広 告 物 催 促 管 理 5 (4) 屋 外

More information

PPTX002_ご紹介資料

PPTX002_ご紹介資料 太 陽 光 モニタリングサービスへの 採 用 事 例 アジェンダ 太 陽 光 発 モニタリングサービスsolamame のリニューアルに 伴 い 計 測 データの 記 録 管 理 にPI Serverを 採 用 しました その 採 用 前 評 価 とその 結 果 を 中 心 に PI Serverの 採 用 事 例 として ご 紹 介 します 会 社 及 び 事 業 の 紹 介 フィールドロジックのご

More information

03 CMS機能審査表.xls

03 CMS機能審査表.xls 厚 真 町 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 ( 別 紙 ) 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1 1.システム 基 本 要 件 Windows

More information

アジェンダ データベース 表 の 準 備 表 の 設 計 表 の 作 成 データのローディング Demonstration:やってみよう!データベース 表 の 作 成 アプリケーションの 作 成 アプリケーションの 作 成 レポートの 作 成 グラフの 作 成 Demonstration:やってみよ

アジェンダ データベース 表 の 準 備 表 の 設 計 表 の 作 成 データのローディング Demonstration:やってみよう!データベース 表 の 作 成 アプリケーションの 作 成 アプリケーションの 作 成 レポートの 作 成 グラフの 作 成 Demonstration:やってみよ Oracle Direct Seminar 60 分 で 見 て 分 かる! テーブル 設 計 とデータベース アプリ 開 発 の 基 礎 日 本 オラクル 株 式 会 社 アジェンダ データベース 表 の 準 備 表 の 設 計 表 の 作 成 データのローディング Demonstration:やってみよう!データベース 表 の 作 成 アプリケーションの

More information

目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入 の 基 本 方 針... 2 2.3 用 語 の 定 義... 3 2.4 業 務 の 概 要... 7 2.5 作 業 内 容 納 入 成 果 物...

目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入 の 基 本 方 針... 2 2.3 用 語 の 定 義... 3 2.4 業 務 の 概 要... 7 2.5 作 業 内 容 納 入 成 果 物... 高 専 学 生 情 報 統 合 システム 入 試 教 務 業 務 機 能 の 設 計 開 発 業 務 委 託 基 本 設 計 書 ( 調 達 仕 様 書 )( 案 ) 平 成 27 年 4 月 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 目 次 1. 件 名... 1 2. 作 業 の 概 要... 1 2.1 背 景 と 目 的... 1 2.2 新 統 合 システム 導 入

More information

以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことは できません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を

以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 とするものであり いかなる 契 約 にも 組 み 込 むことは できません 以 下 の 事 項 は マテリアルやコード 機 能 を インメモリ DB による 高 速 化 がシステム 設 計 を 変 える - Oracle TimesTen 最 新 情 報 - 日 本 オラクル 株 式 会 社 テクノロジー 製 品 事 業 統 括 本 部 ソリューション 本 部 シニアエンジニア 塩 崎 崇 以 下 の 事 項 は 弊 社 の 一 般 的 な 製 品 の 方 向 性 に 関 する 概 要 を 説 明 するものです また 情 報 提

More information

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度

ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度 ASP SaaS 安 全 信 頼 性 に 係 る 情 報 開 示 認 定 制 度 認 定 の (1/7) 認 定 番 号 : 01321107, 名 称 :isearch(アイサーチ), 事 業 者 名 称 : デジアナコミュニケーションズ 株 式 会 社 / 1 開 示 情 報 の 時 点 開 示 情 報 の 日 付 開 示 情 報 の 年 月 日 ( 西 暦 ) 2015/6/17 事 業 所

More information

Imperva_page01_B52

Imperva_page01_B52 一 般 ユーザ ブロック リスト 型 アカウントハッキング ブルートフォースアタック Apache struts 脆 弱 性 OpenSSL 脆 弱 性 サイトスクレイピング アプリケーションDDos 攻 撃 インジェクション OSコマンドインジェクション バッファ オーバーフロー ディレクトリトラバーサル セッションハイジャック ヘッダインジェクション クロスサイトスクリプティング(XSS) クロスサイトリクエストフォージェリー(CFRF)

More information

目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS ナビゲータへのログイン 15 3. ActiveX コントロールのインストール 17 4. Internet Explorer 以 外 の 設 定 18 1

目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS ナビゲータへのログイン 15 3. ActiveX コントロールのインストール 17 4. Internet Explorer 以 外 の 設 定 18 1 NetISMS システム 端 末 設 定 ガイド 注 意 事 項 各 社 各 部 門 等 でのセキュリティ 上 の 規 定 と 相 反 する 場 合 があります 必 ずご 自 身 の 使 用 する PC 端 末 のセキュリティ 管 理 者 等 にご 確 認 願 います 第 4.0 版 2016 年 7 月 1 日 目 次 1. Internet Explorer の 設 定 3 2. NetISMS

More information

Microsoft PowerPoint - Server_機能集.pptx

Microsoft PowerPoint - Server_機能集.pptx Visible & Smart Office 可 視 化 で 仕 事 をスマートに 本 デジタルオフィス 全 11ページ( 表 紙 含 む) DO!Cat Server 機 能 ご 紹 介 日 本 デジタルオフィス 株 式 会 社 P1 DO!Cat Server のご 紹 介 ファイルが 見 える! 活 かせる! Microsoft SharePoint Server 2007に 対 応! INDEX

More information

Exadata MAAベスト・プラクティス

Exadata MAAベスト・プラクティス Exadata MAAベスト プラクティス Oracle Databaseの 移 行 Doug Utzig ExadataおよびMAAベスト プラクティス 2012 年 8 月 おもなポイント 2 Exadataへの 移 行 1. 移 行 の 準 備 が 重 要 2. 正 しい 移 行 方 法 を 選 択 3. 高 速 ネットワークによる 移 行 時 間 の 削 減 3 おもなポイント 1 移 行

More information

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC ReadyNAS OS6(6.x.x) 簡 易 使 用 方 法 前 提 条 件 : 初 期 設 定 (RAIDar インストール NAS 管 理 画 面 へのアクセス)が 完 了 していること 完 了 していない 方 はこちらを 参 照 願 います Windows での 操 作 方 法 となります ブラウザアクセス 以 降 は 他 の OS でも 共 通 です データ 保 存 方 法 ( 最 も 簡

More information

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01  

intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring — リリースノート   初版 2016-04-01   intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 Copyright 2016 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel GroupMail 2016 Spring リリースノート 初 版 2016-04-01 1. 改 訂 情 報 2. はじめに 3.

More information

挑 戦! 大 規 模 システムをRubyで 構 築 Contents 1. 日 立 ソリューションズのRubyへの 取 組 み 2. 大 規 模 システム 開 発 事 例 紹 介

挑 戦! 大 規 模 システムをRubyで 構 築 Contents 1. 日 立 ソリューションズのRubyへの 取 組 み 2. 大 規 模 システム 開 発 事 例 紹 介 挑 戦! 大 規 模 システムをRubyで 構 築 2013/1/23 株 式 会 社 日 立 ソリューションズ 技 術 開 発 本 部 Rubyセンタ 堀 江 謙 一 挑 戦! 大 規 模 システムをRubyで 構 築 Contents 1. 日 立 ソリューションズのRubyへの 取 組 み 2. 大 規 模 システム 開 発 事 例 紹 介 挑 戦! 大 規 模 システムをRubyで 構 築

More information

日経電子版におけるAWSとその周辺サービスの活用事例

日経電子版におけるAWSとその周辺サービスの活用事例 AWS Cloud Storage & DB Day 2014 2014/9/9 日 経 電 子 版 におけるAWSと その 周 辺 サービスの 活 用 事 例 日 本 経 済 新 聞 社 デジタル 編 成 局 白 銀 傑 (システム サービス 開 発 担 当 ) Agenda 日 経 とウェブサービス 日 経 電 子 版 のご 紹 介 電 子 版 モバイルでAWSを 採 用 AWSを 採 用 した

More information

KeySQL R8.0 Release Note

KeySQL R8.0 Release Note KeySQL R8.0リリース ノート 2014 年 05 月 1 目 次 動 作 環 境... 3 インストール アンインストールに 関 して... 5 インストール... 5 ライセンスキーの 登 録... 5 修 正 パッチのインストール... 6 アンインストール... 6 KeySQL R7.0 からの 変 更 点 および 互 換 性 について... 7 新 機 能 と 変 更 点...

More information

Agenda こんなことはありませんか? Accessを 使 用 する 上 での 考 慮 すべき 点 Access to Oracle 移 行 のケーススタディ Access to Oracle with APEX 移 行 手 順 Appendix 2

Agenda こんなことはありませんか? Accessを 使 用 する 上 での 考 慮 すべき 点 Access to Oracle 移 行 のケーススタディ Access to Oracle with APEX 移 行 手 順 Appendix 2 Oracle Direct Seminar Accessに 限 界?WEB 化 データ 量 増 加 セキュアにするならオラクルで 日 本 オラクル 株 式 会 社 Agenda こんなことはありませんか? Accessを 使 用 する 上 での 考 慮 すべき 点 Access to Oracle 移 行 のケーススタディ Access to Oracle

More information

分散キャッシュ技術の大規模システムへの運用事例について

分散キャッシュ技術の大規模システムへの運用事例について 1.は じ め に 2. 分 散 キ ャ ッ シ ュ 技 術 の 概 要 3. 実 シ ス テ ム へ の 適 用 4.まとめ 要 旨 近 年 大 量 のデータを 扱 う 大 規 模 システムでは データのアクセス 性 能 を 向 上 させるために 分 散 キ ャッシュ 技 術 が 必 須 の ものとなってきている キャッシ ュとは 頻 繁 に 使 われるデータをメモリ 内 に 保 持 し 処 理

More information

Microsoft Word - 成田市保全情報システム仕様書(案)

Microsoft Word - 成田市保全情報システム仕様書(案) 成 田 市 公 共 施 設 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 仕 様 書 ( 案 ) 成 田 市 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 の 主 な 業 務 内 容 及 びその 範 囲 は 本 仕 様 書 に 定 めるも のとする 1 件 名 成 田 市 公 共 施 設 保 全 情 報 システム 構 築 業 務 委 託 2 委 託 期 間 委 託 業 務 契 約 を 締 結

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 ( 別 添 1) 事 務 の 内 容 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 2) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いプロセスにおけるリスク 対 策 Ⅳ その 他 のリスク 対 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 12 評 価 書 名 岐 阜 市 国 民 年 金 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 岐 阜 市 は 国 民 年 金 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあた り 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影

機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連 携 機 能 院 内 で 撮 影 厚 生 労 働 省 シームレスな 健 康 情 報 活 用 基 盤 実 証 事 業 地 域 連 携 システム システム 仕 様 書 1 機 能 概 要 概 要 平 成 24 年 度 シームレスな 地 域 連 携 医 療 の 実 現 実 証 事 業 に 対 応 するため 地 域 連 携 システム( 能 登 北 部 版 )を 構 築 する 機 能 < 機 能 追 加 変 更 一 覧 > 1. 画 像 連

More information

Microsoft Word - QW3A_Product_OP.doc

Microsoft Word - QW3A_Product_OP.doc 商 品 説 明 書 第 1.12 版 目 次 目 次 改 訂 履 歴... 3 第 1 章... 4 1.1 Quick-Webについて... 4 1.2 Quick-Web( 住 所 )について... 6 1.3 導 入 メリット... 7 1.4 機 能 説 明... 8 1.4.1 郵 便 番 号 検 索... 8 1.4.2 住 所 文 字 列 検 索... 11 1.4.3 階 層 検 索...

More information

法 人 番 号 の 概 要 ~ 法 人 番 号 の 指 定 通 知 公 表 ~ 1 法 人 番 号 (13 桁 )の 指 定 指 定 対 象 1 設 立 登 記 法 人 ( ) 2 国 の 機 関 3 地 方 公 共 団 体 4これら 以 外 の 法 人 又 は 人 格 のない 社 団 等 で 法

法 人 番 号 の 概 要 ~ 法 人 番 号 の 指 定 通 知 公 表 ~ 1 法 人 番 号 (13 桁 )の 指 定 指 定 対 象 1 設 立 登 記 法 人 ( ) 2 国 の 機 関 3 地 方 公 共 団 体 4これら 以 外 の 法 人 又 は 人 格 のない 社 団 等 で 法 法 人 番 号 の 概 要 ~ 法 人 番 号 の 指 定 通 知 公 表 ~ 1 法 人 番 号 (13 桁 )の 指 定 指 定 対 象 1 設 立 登 記 法 人 ( ) 2 国 の 機 関 3 地 方 公 共 団 体 4これら 以 外 の 法 人 又 は 人 格 のない 社 団 等 で 法 人 税 消 費 税 の 申 告 納 税 義 務 又 は 給 与 等 に 係 る 所 得 税 の 源 泉

More information

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲.

目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5 委 託 予 定 額... 2 1.6 委 託 業 務 の 範 囲. いわて 若 者 交 流 ポータルサイト 構 築 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 26 年 8 月 岩 手 県 環 境 生 活 部 若 者 女 性 協 働 推 進 室 目 次 1 本 業 務 の 概 要... 1 1.1 業 務 の 名 前... 1 1.2 業 務 の 背 景 と 目 的... 1 1.3 本 書 の 位 置 づけ... 1 1.4 業 務 への 取 組 状 況... 1 1.5

More information

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記

1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での 記 Tap Style Cloud サービス 仕 様 書 Ver2.0.0 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 1 本 書 の 目 的 及 び 用 語 1.1 本 書 は Tap Style Cloud 利 用 約 款 ( 以 下 本 利 用 約 款 という )に 規 定 される サービスの 詳 細 を 定 めるものです なお 本 書 に 使 用 される 用 語 は 以 下 の 1.1 用 語 集 での

More information

【Cosminexus V9】クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus

【Cosminexus V9】クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus http://www.hitachi.co.jp/soft/ask/ http://www.hitachi.co.jp/cosminexus/ Printed in Japan(H) 2014.2 CA-884R データ管 タ管理 理 ノンストップデータベース データ管 タ管理 理 インメモリデータグリッド HiRDB Version 9 ucosminexus Elastic Application

More information

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 目 次 2 目 次 第 1 章 : 製 品 を 使 用 するには...3 1.1 インストールした 後 に...4 1.1.1 ライセンスの 管 理...4 1.1.2 本 製 品 を 起 動 する...4 1.2 コンピュータの 保 護 状 況 を 確 認 するには...4 1.2.1 全 体 の 保 護 ステータスを 表 示 する...4

More information

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案)

「機構内情報共有システム(Withシステム)の運用業務の調達」の実施要項(案) 別 添 (2) 機 構 からの 指 示 により 端 末 の 設 置 異 動 又 は 廃 止 等 ( 人 事 異 動 端 末 の 増 設 又 は 廃 止 等 )を 行 う 場 合 には 端 末 のセットアップ 設 定 変 更 等 の 作 業 を 行 う また 機 器 管 理 台 帳 をその 都 度 更 新 すること (3) 代 替 機 ( 予 備 機 )についても 台 数 及 び 保 管 場 所 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20325F49524D2082CC82B28FD089EE2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20325F49524D2082CC82B28FD089EE2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D> EMC Documentum IRM の ご 紹 介 EMCジャパン 株 式 会 社 インフォメーションインテリジェンス 事 業 本 部 1 EMCのアプローチ(1/2) 場 所 で 制 御 する 従 来 型 方 式 にプラスし, ファイルで 制 御 する 鍵 方 式 (Documentum IRM)を 採 用 することにより さらに 堅 牢 なセキュリティシステム を 実 現 場 所 で 制 御

More information

スライド 1

スライド 1 院 内 IT 情 報 セキュリティの ご 提 案 株 式 会 社 プロアス 1 弊 社 のご 紹 介 名 称 設 立 代 表 取 締 役 所 在 地 : 株 式 会 社 プロアス :1978 年 10 月 : 伊 藤 泰 充 : 大 阪 市 淀 川 区 西 宮 原 1-5-33 新 大 阪 飯 田 ビル 医 療 機 関 様 向 け 主 な 事 業 案 内 医 事 会 計 システム Ultima-HP/CL

More information

KinQサービス概要資料

KinQサービス概要資料 たよれーる 携 帯 連 絡 網 サービスのご 紹 介 2016 年 6 月 8 日 版 サービス 概 要 説 明 たよれーる 携 帯 連 絡 網 サービス とは 災 害 緊 急 時 を 含 めた 一 斉 連 絡 確 認 において 携 帯 PCから 対 象 者 に 対 して メール 配 信 と 情 報 収 集 を 行 うサービスです 株 式 会 社 NHKメディアテクノロジー KinQ.jp のOEMサービス

More information

目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的 背 景 目 的 実 証 事 業 の 内 容 実 施 業 務 検 証 対 象 及 び 項 目 実 施 主 体 実

目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的 背 景 目 的 実 証 事 業 の 内 容 実 施 業 務 検 証 対 象 及 び 項 目 実 施 主 体 実 平 成 27 年 度 新 たなワークスタイルの 実 現 に 資 するテレワークモデルの 実 証 事 業 応 募 要 領 平 成 27 年 9 月 株 式 会 社 エヌ ティ ティ データ 経 営 研 究 所 目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的... 1 1.1. 背 景... 1 1.2. 目 的... 1 2. 実 証 事 業 の 内 容... 2 2.1. 実 施 業 務...

More information

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 2 履 行 期 間 システム 運 用 構 築 導 入 業 務 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 2 月 28 日 まで システム 利 用 にかかる 業 務 平 成 29 年 3 月 1 日 から

More information

タイトルを1~2行で入力 (長文の場合はフォントサイズを縮小)

タイトルを1~2行で入力 (長文の場合はフォントサイズを縮小) 開 発 者 向 けセキュリティ トレーニング ご 案 内 資 料 ver.20111214 2011 年 NTTデータ 先 端 技 術 株 式 会 社 プラットフォーム 事 業 部 Copyright 2012 NTT DATA INTELLILINK CORPORATION 1 INDEX 0. 本 トレーニングの 概 要 1. ステップ1 - サイバーセキュリティ 概 論 2. ステップ2 -

More information

IMA&Cシステムの概要

IMA&Cシステムの概要 DC Visor v.2.0 システムの 概 要 2013/06/01 基 準 DC VISOR(デシ バイザー)は Data Center と advisor 又 は supervisor の 合 成 語 で IT 機 器 の 導 入 から 移 動 変 更 廃 棄 など 一 連 の 管 理 をデータとビジュアル 情 報 が 連 動 した( 常 に 整 合 性 を 取 った) 分 かりやすい 管 理

More information

Amazon Web Services+ ARCserveシリーズで行う データ保護と災害対策

Amazon Web Services+ ARCserveシリーズで行う データ保護と災害対策 Amazon Web Services+ ARCserveシリーズで 行 う データ 保 護 と 災 害 対 策 CA Technologies データマネジメント 事 業 部 Rev.1.1 目 的 と 活 用 ソリューション バックアップデー タの2 次 保 管 業 務 継 続 災 害 対 策 EC2 仮 想 マシン のデータ 保 護 ソリューション1 重 要 データファイルをクラウドに 保 管

More information

Microsoft PowerPoint - catalog_next_110131.ppt[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint - catalog_next_110131.ppt[読み取り専用] お お 客 様 と 向 き 合 って をコンセプトにした 自 信 満 々のパッケージシステム システム 概 要 通 信 販 売 が 多 様 化 する 中 販 売 する 事 業 者 へのお 客 様 からの 要 望 もどんどん 高 度 化 しています それに 比 例 するかのように 事 務 処 理 が 多 様 化 し 様 々な 業 務 効 率 化 を 考 えて 営 業 していかなくてこの 先 勝 ち 残

More information

これ からのマンション 管 理 はC O R V U S へ 各 マンションに 常 駐 している の 勤 怠 報 告 や 日 報 入 居 状 況 の 把 握 の 修 繕 履 歴 の 確 認 に 対 する さまざまな 情 報 管 理 や 提 供 など マンション 管 理 には 幅 広 い 業 務 内

これ からのマンション 管 理 はC O R V U S へ 各 マンションに 常 駐 している の 勤 怠 報 告 や 日 報 入 居 状 況 の 把 握 の 修 繕 履 歴 の 確 認 に 対 する さまざまな 情 報 管 理 や 提 供 など マンション 管 理 には 幅 広 い 業 務 内 S E R V I C E I N F O R M A T I O N http://www.ddr8.co.jp これ からのマンション 管 理 はC O R V U S へ 各 マンションに 常 駐 している の 勤 怠 報 告 や 日 報 入 居 状 況 の 把 握 の 修 繕 履 歴 の 確 認 に 対 する さまざまな 情 報 管 理 や 提 供 など マンション 管 理 には 幅 広 い

More information

システムテスト自動化プログラムにおける「操作技術」と「シナリオ」の分割

システムテスト自動化プログラムにおける「操作技術」と「シナリオ」の分割 システムテスト 自 動 化 プログラムにおける 操 作 技 術 と シナリオ の 分 割 発 表 者 石 川 達 也 ( 株 式 会 社 Codeer) e-mail:ishikawa-tatsuya@codeer.co.jp 共 同 執 筆 者 堅 田 成 洋 ( 株 式 会 社 ベリサーブ) e-mail:naruhiro.katada@veriserve.co.jp 2 自 己 紹 介 石 川

More information

(Microsoft PowerPoint - \224z\225z\227p_CLC\213\244\215\303\203Z\203~\203i\201[_BRS_120424_Fin.pptx)

(Microsoft PowerPoint - \224z\225z\227p_CLC\213\244\215\303\203Z\203~\203i\201[_BRS_120424_Fin.pptx) EMC DISK LIBRARY for mainframe(dlm) 1 台 で 実 現 するメインフレーム 仮 想 テープソリューション ~ 業 界 最 速 メインフレーム 用 仮 想 テープ 装 置 EMCジャパン 株 式 会 社 BRS 事 業 本 部 2012/4/24 1 アジェンダ メインフレーム 物 理 テープ 装 置 の 課 題 メインフレームにおけるテープ 装 置 様 々な 使

More information

目 次 1. 概 要 1ページ 2. 主 な 仕 様 2ページ 3. 各 実 績 の 入 力 について 8ページ 4. 動 作 環 境 8ページ 5. 注 意 事 項 8ページ 6. 処 理 フロー 9ページ 7. 共 通 操 作 10ページ 8. 各 画 面 の 説 明 11ページ ログイン 11

目 次 1. 概 要 1ページ 2. 主 な 仕 様 2ページ 3. 各 実 績 の 入 力 について 8ページ 4. 動 作 環 境 8ページ 5. 注 意 事 項 8ページ 6. 処 理 フロー 9ページ 7. 共 通 操 作 10ページ 8. 各 画 面 の 説 明 11ページ ログイン 11 部 品 在 庫 管 理 Core-Small Ver 2.1.0.0 以 降 第 1.00 版 仕 様 兼 操 作 説 明 書 SHAO SOFT http://shao-soft.main.jp 目 次 1. 概 要 1ページ 2. 主 な 仕 様 2ページ 3. 各 実 績 の 入 力 について 8ページ 4. 動 作 環 境 8ページ 5. 注 意 事 項 8ページ 6. 処 理 フロー 9ページ

More information

などが 挙 げられます マクロ 活 用 の 事 例 でご 紹 介 した 例 は マクロで 出 来 ない3つのこと に 影 響 を 受 けない 処 理 の 自 動 化 だったため 有 効 活 用 が 行 えたと 言 えるでしょう Excel データ 編 集 や 加 工 集 計 などの 自 動 処 理

などが 挙 げられます マクロ 活 用 の 事 例 でご 紹 介 した 例 は マクロで 出 来 ない3つのこと に 影 響 を 受 けない 処 理 の 自 動 化 だったため 有 効 活 用 が 行 えたと 言 えるでしょう Excel データ 編 集 や 加 工 集 計 などの 自 動 処 理 マクロ(Macro)って 何? マクロ とは マイクロソフト 社 の Office 製 品 にもともと 含 まれる 操 作 手 順 の 自 動 記 録 機 能 のことです 操 作 の 自 動 記 録 といっても 実 際 にこの 機 能 を 実 践 活 用 されている 方 がどれだけいるでしょうか? とても 便 利 な 機 能 ではありますが 私 の 知 る 限 り あまり 活 用 されていないのが

More information

株 式 会 社 ワールドの 紹 介 (1) 本 社 : 兵 庫 県 尼 崎 市 御 園 町 24 尼 崎 第 一 ビル6F 主 な 営 業 エリア: 近 畿 中 国 四 国 中 部 北 陸 主 な 営 業 品 目 測 量 ( 航 空 写 真 測 量 GIS 地 上 測 量 文 化 財 測 量 ) 建

株 式 会 社 ワールドの 紹 介 (1) 本 社 : 兵 庫 県 尼 崎 市 御 園 町 24 尼 崎 第 一 ビル6F 主 な 営 業 エリア: 近 畿 中 国 四 国 中 部 北 陸 主 な 営 業 品 目 測 量 ( 航 空 写 真 測 量 GIS 地 上 測 量 文 化 財 測 量 ) 建 WebGIS 導 入 事 例 Ajaxによるノンプラグイン 型 WebGISのさらなる 飛 躍 平 成 18 年 7 月 ワールド 株 式 会 社 ワールドの 紹 介 (1) 本 社 : 兵 庫 県 尼 崎 市 御 園 町 24 尼 崎 第 一 ビル6F 主 な 営 業 エリア: 近 畿 中 国 四 国 中 部 北 陸 主 な 営 業 品 目 測 量 ( 航 空 写 真 測 量 GIS 地 上 測

More information

本 文 書 は 仮 想 分 散 ストレージ 環 境 において Fusion-io 社 ioscale を 利 した 際 のストレージ IO 性 能 を 評 価 したも のである 本 検 証 は 付 録 1 にある 検 証 環 境 で 実 施 したものである 当 該 環 境 における 性 能 評 価

本 文 書 は 仮 想 分 散 ストレージ 環 境 において Fusion-io 社 ioscale を 利 した 際 のストレージ IO 性 能 を 評 価 したも のである 本 検 証 は 付 録 1 にある 検 証 環 境 で 実 施 したものである 当 該 環 境 における 性 能 評 価 株 式 会 社 ビットアイル:Fusion-io を 利 した 仮 想 分 散 ストレージ 性 能 評 価 1 本 文 書 は 仮 想 分 散 ストレージ 環 境 において Fusion-io 社 ioscale を 利 した 際 のストレージ IO 性 能 を 評 価 したも のである 本 検 証 は 付 録 1 にある 検 証 環 境 で 実 施 したものである 当 該 環 境 における 性 能

More information

Microsoft PowerPoint - 100515日本Android協会プレゼン(NTT高橋公開版).ppt

Microsoft PowerPoint - 100515日本Android協会プレゼン(NTT高橋公開版).ppt 音 声 認 識 応 用 アプリ の 現 状 と 未 来 2010 年 3 月 8 日 NTTサイバースペース 研 究 所 高 橋 敏 0 0 本 講 演 の 目 的 長 年 の 音 声 認 識 の 研 究 開 発 により, 技 術 レベルは 着 実 に 進 歩 し, 応 用 アプリも 広 がってきた.しかし 現 状, できるようになったこと, まだできないこと の 境 界 線 は, 一 般 に, 正

More information

(4) 受 託 者 は, 契 約 締 結 後 速 やかに 次 の 書 類 を 作 成 し, 協 議 会 に 提 出 1 スケジュール 表 ( 行 程 表 ) 2 実 施 管 理 責 任 者, 連 絡 事 務 担 当 者 及 び 各 業 務 担 当 者 一 覧 表 3 外 部 の 協 力 者 がある

(4) 受 託 者 は, 契 約 締 結 後 速 やかに 次 の 書 類 を 作 成 し, 協 議 会 に 提 出 1 スケジュール 表 ( 行 程 表 ) 2 実 施 管 理 責 任 者, 連 絡 事 務 担 当 者 及 び 各 業 務 担 当 者 一 覧 表 3 外 部 の 協 力 者 がある 平 成 28 年 度 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 情 報 発 信 アプリ 開 発 等 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 平 成 28 年 度 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 情 報 発 信 アプリ 開 発 等 業 務 2. 目 的 2015 年 7 月 に 世 界 文 化 遺 産 に 登 録 された 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 ( 以 下, 当 資 産

More information

2 超 簡 単 イメージバックアップ Arcserve UDP イメージバックアップとは イメージバックアップとはファイル 単 位 ではなく ハードディスク 全 体 を 丸 ごとバックアップし ファイルに 保 存 するデータ 保 護 手 段 OSを 含 め 一 気 にリカバリできるのでシステム 全

2 超 簡 単 イメージバックアップ Arcserve UDP イメージバックアップとは イメージバックアップとはファイル 単 位 ではなく ハードディスク 全 体 を 丸 ごとバックアップし ファイルに 保 存 するデータ 保 護 手 段 OSを 含 め 一 気 にリカバリできるのでシステム 全 V1.0 1 バックアップアプライアンス Arcserve UDP 7300 のご 紹 介 Arcserve Japan 2 超 簡 単 イメージバックアップ Arcserve UDP イメージバックアップとは イメージバックアップとはファイル 単 位 ではなく ハードディスク 全 体 を 丸 ごとバックアップし ファイルに 保 存 するデータ 保 護 手 段 OSを 含 め 一 気 にリカバリできるのでシステム

More information

3. システム 要 件 IM- 社 内 便 Ver.7.2 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します サーバ 要 件 Windows Server 2003 R2 Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2 Red Hat Enterprise Lin

3. システム 要 件 IM- 社 内 便 Ver.7.2 は 以 下 の 製 品 上 で 動 作 します サーバ 要 件 Windows Server 2003 R2 Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2 Red Hat Enterprise Lin IM- 社 内 便 ver7.2 リリース ノート 第 2 版 2016/06/02 1. はじめに (1) IM- 社 内 便 が 動 作 するには intra-mart WebPlatform / AppFramework Ver.7.2(パッチ 3) 以 上 ワークフロー 連 携 を 行 うには intra-mart WebPlatform / AppFramework advanced 以

More information

<8250814493648E7190BF8B818EF39574835683588365838082C98AD682B782E94641512E786C73>

<8250814493648E7190BF8B818EF39574835683588365838082C98AD682B782E94641512E786C73> 障 害 者 自 立 支 援 給 付 支 払 等 システム に 関 するFAQ に 関 するFAQ 1 簡 易 入 力 システム 導 入 作 業 環 境 以 前 簡 易 入 力 ソフトの 仕 様 はMicrosoft Office Excel 2003(Service Pack2 以 降 )となっ ていましたが この 点 について 現 状 でも 変 更 はないのでしょうか Excel 2007 2002

More information

CSS,EU,SMP,MPP Client Server SystemEnd User Symmetry Multi Processor Massive Parallel Processor

CSS,EU,SMP,MPP Client Server SystemEnd User Symmetry Multi Processor Massive Parallel Processor CSS,EU,SMP,MPP Client Server SystemEnd User Symmetry Multi Processor Massive Parallel Processor 1 100~ 300~ 1000~ 299 名 999 名 4999 名 5000 名 以 上! DWHの 言 葉 を 知 っている 程 度 2 情 報 収 集 中 3 全 く 興 味 なし 既 に

More information

Microsoft PowerPoint - ADD_CaseStudy04.ppt

Microsoft PowerPoint - ADD_CaseStudy04.ppt KT 異 常 トラフィック 検 知 / 分 析 / 制 御 システム(KAPS) DMX Korea KAPS(KORNET Abnormal Traffic Audit & Provisioning System) の 概 要 ㅇ 1/25 大 乱 (2003 年 1 月 25 日 のDDoS 攻 撃 によるISP 無 力 化 ) 対 応 システム ㅇ 網 事 業 者 レベルでの 対 応 戦 略

More information

p2 企 業 にとってデータは 最 も 重 要 な 戦 略 的 資 産 です Tableau はお 客 様 のデータのセキュリティとプライバシー の 保 護 を 最 優 先 しています Tableau のエンタープライズ レベルのセキュリティ 機 能 は 運 用 上 のセキュリティ ユーザー セキュ

p2 企 業 にとってデータは 最 も 重 要 な 戦 略 的 資 産 です Tableau はお 客 様 のデータのセキュリティとプライバシー の 保 護 を 最 優 先 しています Tableau のエンタープライズ レベルのセキュリティ 機 能 は 運 用 上 のセキュリティ ユーザー セキュ Tableau Online クラウドにおけ るセキュリティ 著 者 :Ellie Fields Tableau Software マーケティング 部 門 上 級 責 任 者 2013 年 6 月 p2 企 業 にとってデータは 最 も 重 要 な 戦 略 的 資 産 です Tableau はお 客 様 のデータのセキュリティとプライバシー の 保 護 を 最 優 先 しています Tableau のエンタープライズ

More information

TOMMS ウェブ 管 理 者 ガイド Version 1.1 目 次 TOMMS ウェブ 管 理 者 ガイド... 1 目 次... 3 ユーザーメニュー... 7 基 本 画 面... 7 会 議 リスト... 8 会 議 情 報... 8 会 議 開 設 / 修 正... 8 自 分 の 情 報... 8 管 理 者 メニュー... 9 サーバー 設 定... 9 サーバーの 種 類 と 説

More information

ワイズシステムの 未 来 予 測 分 析 知 財 コンサル システム 開 発 のすべてのノウハウを 活 かした 利 益 をあげるための 未 来 予 測 特 許 情 報 を さまざまなビッグデータとともに 分 析 することで データ が 意 味 のある 情 報 になります 特 許 戦 略 技 術 開

ワイズシステムの 未 来 予 測 分 析 知 財 コンサル システム 開 発 のすべてのノウハウを 活 かした 利 益 をあげるための 未 来 予 測 特 許 情 報 を さまざまなビッグデータとともに 分 析 することで データ が 意 味 のある 情 報 になります 特 許 戦 略 技 術 開 これからの 貴 社 に 必 要 なのは 現 在 過 去 そして 未 来 予 測 です 特 許 情 報 と 実 績 ソーシャル 情 報 を 融 合 した 分 析 解 析 業 務 のご 案 内 C 2014 株 式 会 社 ワイズシステム ワイズシステムの 未 来 予 測 分 析 知 財 コンサル システム 開 発 のすべてのノウハウを 活 かした 利 益 をあげるための 未 来 予 測 特 許 情 報

More information

以下の事項は 弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです また 情報提供を唯一の目的とするものであり いかなる契約にも組み込むことはできません 以下の事項は マテリアルやコード 機能を提供することをコミットメント ( 確約 ) するものではないため 購買決定を行う際の判断材料になさらな

以下の事項は 弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです また 情報提供を唯一の目的とするものであり いかなる契約にも組み込むことはできません 以下の事項は マテリアルやコード 機能を提供することをコミットメント ( 確約 ) するものではないため 購買決定を行う際の判断材料になさらな 20 分で理解する Oracle Exadata 日本オラクル株式会社 以下の事項は 弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです また 情報提供を唯一の目的とするものであり いかなる契約にも組み込むことはできません 以下の事項は マテリアルやコード 機能を提供することをコミットメント ( 確約 ) するものではないため 購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい

More information

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者

ウ 既 存 のホームページからのデータの 移 行 の 際 は 最 新 の 情 報 へ 更 新 なお 既 存 の 観 光 情 報 等 に 不 足 する 項 目 があれば 収 集 したうえで 移 行 すること エ 写 真 その 他 のコンテンツ 及 びその 利 用 に 必 要 な 権 利 は 受 託 者 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 仕 様 書 第 1 委 託 業 務 名 出 水 市 観 光 情 報 サイト 構 築 業 務 ( 以 下 本 業 務 という ) 第 2 委 託 業 務 の 目 的 出 水 市 の 観 光 情 報 サイト( 以 下 観 光 情 報 サイト という )の 日 本 語 サイトを 構 築 するとともに 英 語 韓 国 語 中 国 語 ( 繁 体 字 のみ

More information

スライド 1

スライド 1 SkyVisualEditorオンラインセミナー ~ 第 5 回 基 本 編 ~ Salesforceで 見 積 作 成 画 面 を 作 成 しよう 2014 年 9 月 16 日 ( 火 ) はじめに 本 セミナーの 目 的 SkyVisualEditorの 機 能 および 設 定 方 法 の 紹 介 を 目 的 としています 本 日 のセミナーのご 対 象 者 Salesforceで 見 積 画

More information

8 顧 問 料 管 理 支 援 ソフト 報 酬 名 人 操 作 マニュアル 第 1 版 報 酬 名 人 操 作 の 流 れ 報 酬 名 人 では 煩 雑 になりがちな 顧 問 料 の 請 求 処 理 入 金 処 理 を 一 括 管 理 顧 問 先 の 様 々な 請 求 形 態 ( 毎 月 請 求 各 月 請 求 等 )にも 対 応 しています 請 求 書 領 収 書 はもちろん 支 払 調 書 や 所

More information

Microsoft Word - 20130314チェック反映済み_Privacy Policy_日本語.docx

Microsoft Word - 20130314チェック反映済み_Privacy Policy_日本語.docx プライバシーポリシー( 和 訳 参 考 資 料 ) GoodData は 個 人 情 報 の 保 護 に 努 めています 本 プライバシーポリシーは 当 社 web サ イトにおいてどのようにお 客 様 の 個 人 情 報 を 取 り 扱 うかについて 説 明 します 本 プライバシー ポリシーは GoodData Corporation とその 子 会 社 が 運 営 するウェブサイトを 通 じて

More information

1 パソコン 周 辺 機 器 のドライバ 2 業 務 用 システムのソフトウェア 1 オンラインソフト 及 びオフラインソフトの 両 方 が 存 在 している 2 業 務 用 システムによって JAVA のバージョンが 異 なるソフトウェアが 混 在 してい る 3 USB 接 続 機 器 をユーザ

1 パソコン 周 辺 機 器 のドライバ 2 業 務 用 システムのソフトウェア 1 オンラインソフト 及 びオフラインソフトの 両 方 が 存 在 している 2 業 務 用 システムによって JAVA のバージョンが 異 なるソフトウェアが 混 在 してい る 3 USB 接 続 機 器 をユーザ ファイル 共 有 システムの 構 築 に 関 する 情 報 提 供 依 頼 RFI(Request For Information) 現 在 市 川 市 では 職 員 が 日 々の 業 務 で 作 成 する 電 子 文 書 の 情 報 改 ざんや 情 報 漏 洩 を 未 然 に 防 止 するた め アクセス 管 理 によるセキュリティ 面 が 強 化 できるファイル 共 有 システムの 構 築 を

More information