12 佐 藤 慶 明 入 口 豊 西 島 吉 典 2012シーズンにはJクラブが40クラブに 増 加 し,J2リーグと 日 本 フットボールリーグ(JFL)の 入 替 戦 が 実 施 されるまでに 拡 大 した 現 在 のJFLにはアマチュアクラブも 在 籍 しており, 今 後 は 優 良 クラブに

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "12 佐 藤 慶 明 入 口 豊 西 島 吉 典 2012シーズンにはJクラブが40クラブに 増 加 し,J2リーグと 日 本 フットボールリーグ(JFL)の 入 替 戦 が 実 施 されるまでに 拡 大 した 現 在 のJFLにはアマチュアクラブも 在 籍 しており, 今 後 は 優 良 クラブに"

Transcription

1 大 阪 教 育 大 学 紀 要 第 Ⅳ 部 門 第 62 巻 第 2 号 頁 (2014 年 2 月 ) 我 が 国 のプロサッカークラブの 経 営 に 関 する 事 例 的 研 究 (Ⅰ) J1 浦 和 レッドダイヤモンズ を 中 心 に さ 佐 とう 藤 よし あき いり ぐち 慶 明 * 入 口 ゆたか にし じま 豊 ** 西 島 よし のり 吉 典 *** * 大 阪 産 業 大 学 ** 保 健 体 育 講 座 *** スポーツ 講 座 ( 平 成 25 年 8 月 31 日 受 付 ) 1993 年 に10クラブからスタートしたプロサッカー JリーグもJ1 J2を 合 わせて40クラブに 増 加 し, 現 在 はJ3リーグ 結 成 が 計 画 されるまでに 発 展 した Jリーグの 誕 生 が, 日 本 選 手 のレベルを 格 段 に 引 き 上 げ, 日 本 代 表 チームの4 大 会 連 続 のワールド カップ 出 場 と 世 界 ランキング 上 位 に 躍 進 させる 原 動 力 となったことは 疑 う 余 地 がない しかし, 順 調 に 発 展 してきたかに 見 えるJ リーグ クラブ 各 チームにおいては, 個 別 には 経 営 上 の 様 々な 問 題 を 抱 えていることも 事 実 であり,それらの 問 題 の 克 服 なくして 今 後 の 大 きな 飛 躍 を 望 むことは 困 難 な 情 勢 にある 本 研 究 は,Jリーグ 所 属 全 チームの 中 でも 親 会 社 を 持 つクラブの 順 位 浮 上 のた めのマネジメント 上 の 問 題 点 を,J1 J2 各 1チームのクラブ 経 営 のトップであった 元 社 長,GMへのヒアリングを 中 心 に 事 例 的 に 明 らかにすることを 目 的 とする. 特 に 本 稿 では,J1チームの 中 でもトップクラスの 人 気 と 観 客 動 員 数 を 誇 る 浦 和 レッドダ イヤモンズ の 元 GMへのインタビューを 基 に,クラブ 経 営 トップから 見 た 経 営 上 の 実 情, 問 題 点,GMの 現 状 とあるべき 将 来 像 を 明 らかにする キーワード:プロサッカー,Jリーグ,クラブ 経 営, 浦 和 レッドダイヤモンズ Ⅰ 研 究 の 背 景 2010 年 のサッカー ワールドカップ 南 アフリカ 大 会 に, 日 本 代 表 チームは4 大 会 連 続 の 出 場 を 果 たした 決 勝 トーナメント1 回 戦 ではパラグアイにPK 戦 で 敗 れたものの,ベスト16という 好 成 績 を 残 した 2002 年 の 日 韓 共 催 大 会 においてもベスト16には 進 出 したが, 自 国 開 催 という 地 の 利 を 生 かしての 成 績 と 考 えれば, 今 回 の 結 果 が 日 本 代 表 の 真 の 実 力 と 言 えるだろう Jリーグ 創 設 初 年 度 の 日 本 代 表 チームのFIFAランキングは 43 位 であったが,2010ワールドカップ 後 では30 位 に 位 置 されている そして2011 年 11 月 時 点 で19 位 まで 上 昇 し ていることを 考 えると,Jリーグが 誕 生 して20 年 足 らずで 大 きな 進 歩 を 遂 げた 1993 年 にJリーグが 誕 生 したことは, 日 本 サッカー 界 に 多 大 なる 影 響 をもたらした それまでは 選 手 は 企 業 に 勤 めながらサッカーとの 両 立 を 図 っていたが,プロ 選 手 として 社 業 を 気 にすることなくサッカー 中 心 の 生 活 を 過 ごせる 環 境 に 整 備 されたことが, 日 本 選 手 のレベルを 格 段 に 引 き 上 げた 要 因 といえる また 芝 生 のグラウ ンドなどハード 面 での 充 実 や 指 導 システムの 確 立 など,サッカーを 取 り 巻 く 環 境 が 発 展 した 成 果 が 日 本 代 表 の 活 躍 に 結 び 付 いていると 言 えよう 日 本 サッカー 協 会 が 発 表 した JFA2005 年 宣 言 では, アクションプラン2015 と 題 して,2015 年 には 日 本 代 表 チームが 世 界 のトップ10のチームとなることを 宣 言 している そのためには 代 表 チーム 強 化 のため に, 選 手 強 化 の 根 本 をなす 国 内 最 高 リーグであるJリーグを 世 界 レベルに 発 展 させ 常 日 頃 の 試 合 を 通 じ, 選 手 の 能 力 を 高 める と 説 明 している 日 本 代 表 選 手 が 所 属 しているクラブで,リーグ 戦 を 戦 って 成 長 していくこ とが 日 本 代 表 の 強 化 に 直 結 する すなわちJリーグの 充 実 が 強 化 にとって 重 要 であると, 日 本 サッカー 協 会 は 考 えている Jリーグが 誕 生 して 早 や20 年 目 のシーズンを 迎 えている 1993 年 に10クラブからスタートしたJリーグも

2 12 佐 藤 慶 明 入 口 豊 西 島 吉 典 2012シーズンにはJクラブが40クラブに 増 加 し,J2リーグと 日 本 フットボールリーグ(JFL)の 入 替 戦 が 実 施 されるまでに 拡 大 した 現 在 のJFLにはアマチュアクラブも 在 籍 しており, 今 後 は 優 良 クラブによるプ レミアリーグ 化 やJ3リーグの 設 置 など, 新 たな 展 開 も 考 えられている 図 1 日 本 サッカーリーグの 構 造 2012シーズンからFC 町 田 ゼルビアと 松 本 山 雅 FCが,J2リーグに 加 入 することが 決 定 した 両 クラブ 共 に 市 民 クラブから 発 展 したプロサッカークラブである これでJ2リーグが22クラブとなり, 日 本 サッカー 界 のピラミッド 構 造 が 完 成 したこととなる J1リーグを 頂 点 として,J2リーグ,JFL, 各 地 域 サッカーリーグ, 底 辺 に 各 都 道 府 県 リーグが 構 成 さ れている 日 本 サッカー 界 そのピラミッドには 様 々なクラブが 存 在 し, 一 つずつステージを 駆 け 上 っていけ ば,やがてJリーグ 参 入 も 可 能 となる ただJリーグへの 資 格 を 獲 得 するには,クラブの 法 人 化 を 図 り, 準 加 盟 が 承 認 されることが 前 提 である このFC 町 田 ゼルビア 松 本 山 雅 FCも, 市 民 クラブとして 各 リーグを 戦 い 抜 き, 準 加 盟 申 請 などプロ 化 を 目 指 して 努 力 した 末 のJ2リーグ 参 入 であった この2クラブの 他 にも 準 加 盟 申 請 しているクラブは 全 国 に3クラブ 存 在 (2011 年 12 月 現 在 )し,Jリーグ 参 入 へのチャンスを 狙 っている 2012シーズンからの 入 替 戦 の 実 施 により,さらにJリーグへの 窓 口 が 開 くことになる このピラミッド 構 造 は, 日 本 のスポーツ 界 ではサッカー 界 独 特 のスタイルといって 良 いだろう 元 来, 日 本 のスポーツ 文 化 を 支 えてきたのは,プロ,アマを 問 わず 企 業 スポーツであった プロ 野 球 を 筆 頭 にバレーボー ルのVリーグのチーム 名 にも 企 業 名 が 使 用 されている またバスケットボールには 日 本 リーグとbjリーグと いう 二 つのリーグに 分 裂 している 複 雑 な 状 況 にある また 各 リーグと 下 部 リーグとの 入 替 制 度 など 整 備 しなけ ればならない 点 が 多 い 日 本 における 他 の 競 技 スポーツ 団 体 の 背 景 を 考 えると,Jリーグは 成 功 している 好 例 と 言 えよう 今 後 のリーグ 構 想 については 日 本 サッカーの 進 化 を 期 待 できる 可 能 性 を 感 じるが,クラブを 経 営 する 側 から すれば 下 部 リーグへの 降 格 は 死 活 問 題 であることは 間 違 いない J1リーグからJ2リーグへの 降 格 であって も,メディア 露 出 の 減 少 によるスポンサーの 撤 退 や 観 客 動 員 数 の 減 少 という 経 営 の 根 幹 をなす 収 益 へのダメー ジは 計 り 知 れない ましてやJFLというプロとアマチュアの 混 在 するリーグへの 降 格 は, 選 手 の 流 出 や 収 入 面 の 激 減 によりクラブ 自 体 が 存 続 の 危 機 に 直 面 する 可 能 性 も 出 てくるであろう 現 状 に 甘 んじることなく, 変 革 し 続 けることによって 発 展 を 目 指 すことは 常 套 手 段 ではある しかしリーグ 創 設 20 年 足 らずで4 倍 のクラブ 数 となる 拡 大 路 線 を 採 っているJリーグに 対 して,Jクラブの 経 営 は 対 応 できているのであろうか? 最 終 的 に

3 我 が 国 のプロサッカークラブの 経 営 に 関 する 事 例 的 研 究 (Ⅰ) 13 Jリーグ 参 加 クラブを40クラブと 設 定 したことで,これからJリーグを 目 指 すクラブや 降 格 する 危 険 性 のある クラブ 経 営 に 更 なる 負 担 がのしかかっていくことが 予 想 される Jリーグ 創 設 直 後 におけるバブルの 功 罪 はある しかし,そのバブルが 去 ったことにより 日 本 サッカー 界 が 進 むべき 方 向 性 は, 地 域 密 着 というJリーグ 創 設 当 初 の 理 念 に 戻 ろうとしている サッカーだけではなく, 様 々なスポーツを 楽 しむことのできる 総 合 型 地 域 スポーツクラブ として 活 動 していく そしてクラブの 旗 頭 として,Jリーグで 活 動 していくことがJクラブの 理 想 である しかし 企 業 スポーツありきの 日 本 的 スポー ツ 風 土 に 総 合 型 地 域 スポーツクラブ が 定 着 していない 状 況 では, 未 だにJリーグ 中 心 の 経 営 に 頼 らなけれ ばならないのが 現 状 である Jリーグ 創 設 当 初 はヴェルディ 川 崎 という 人 気 クラブがあった 93 94シーズンと2 年 連 続 でリーグ チャ ンピオンとなり, 人 気, 実 力 ともにトップクラスのクラブであった しかし, 川 崎 市 から 東 京 への 本 拠 地 移 転 や 親 会 社 ともいうべき 読 売 グループの 撤 退 など, 強 さゆえの 企 業 の 都 合 による 地 域 を 軽 視 した 活 動 を 行 ってい た その 結 果, 東 京 ヴェルディへの 名 称 変 更 後 に2 度 の 経 営 不 振 に 陥 る 一 時 はJリーグの 管 轄 下 におかれ, JFLへの 降 格 の 噂 やクラブ 自 体 の 存 続 が 危 ぶまれるなど, 危 機 的 状 況 に 追 い 込 まれた 現 在 は, 当 時 のJ リーグ 事 務 局 長 が 社 長 に 就 任 し,J2クラブとして 健 全 経 営 を 目 指 している チームが 強 いに 越 したことはな いが, 地 域 を 無 視 した 活 動 を 続 けていればこのようにいつかはサポーターとの 関 係 に 大 きな 溝 を 作 ってしまう ことになる また 大 分 トリニータのように,2002ワールドカップ 誘 致 ありき,プロチーム 誕 生 を 渇 望 する 民 意 ではなく 行 政 による 立 ち 上 げもある ワールドカップ 誘 致 のために 作 られたクラブチームとスタジアムが 大 分 トリニータ の 原 点 である サポーターの 存 在 しないゼロからの 出 発 で,3 年 目 の1996 年 からJFLに 参 加 する そして 1999 年 のJ2リーグ 発 足 時 の10クラブに 入 った そして 大 分 でのワールドカップ 開 催 を 成 し 遂 げたその 年 に, J2リーグで 優 勝 しJ1リーグに 昇 格 する 2002 年 ワールドカップまでの 我 慢 と 思 っていた 協 賛 企 業 も, 官 か らのスポンサー 依 頼 に 対 して 不 満 を 積 もらせていくようになる そして2008 年 のナビスコカップで 優 勝 した 翌 年 にJ2リーグへ 降 格 した 降 格 の 決 まった2009 年 当 初 に 大 手 スポンサーの 撤 退 による 経 営 問 題 が 表 面 化 し, 社 長 が 引 責 辞 任 するなどクラブとしては 破 たんに 近 い 状 態 となった その 後,Jリーグの 公 式 試 合 安 定 開 催 基 金 などを 借 入 し, 債 務 超 過 の 解 消 に 務 めている 大 分 トリニータは, 設 立 当 初 は トリニティ と 名 乗 ってい た 語 意 は 県 民, 企 業, 自 治 体 が 連 環 する 三 位 一 体 である しかし 県 民 も 企 業 もクラブ 設 立 を 熱 望 してい なかったことが, 現 在 のクラブ 経 営 に 大 きな 影 響 を 及 ぼしている Jリーグを 目 指 してクラブを 立 ち 上 げ, 準 加 盟 登 録 したが 昇 格 できずに 解 散 したクラブもある 浜 松 市 を 本 拠 地 に 活 動 していたPJMフューチャーズが,1994 年 に 佐 賀 県 鳥 栖 市 に 移 転 した 同 時 に 準 加 盟 申 請 が 承 認 さ れ, 鳥 栖 フューチャーズとしてJリーグ 入 りを 目 指 した だがJリーグ 入 りにあと 一 歩 及 ばず,1996 年 末 にメ インスポンサーのPJMが 撤 退 を 表 明 したことにより 解 散 が 決 定 した これも 親 会 社 の 撤 退 によるクラブ 消 滅 の 一 例 だろう だがチーム 存 続 を 求 める 多 くの 署 名 が 集 まった 事 により, 新 たなクラブ サガン 鳥 栖 として 新 会 社 を 設 立 し,1999 年 のJ2リーグ 発 足 時 の10クラブとして 参 加 する そして2011 年 シーズンではJ2リー グで2 位 という 好 成 績 を 挙 げ, 念 願 のJ1 昇 格 を 果 たした クラブ 解 散 の 危 機 からサポーターの 後 ろ 盾 による 再 建 に 至 るサガン 鳥 栖 のようなケースは,Jリーグにとっての 好 例 と 言 えるであろう 一 方,クラブの 危 機 的 状 況 を 経 験 するまでには 至 らないが,いつまでもJ2リーグ 下 位 に 甘 んじていたり, 強 くなる 気 配 すら 感 じられないチームマネジメントを 行 っていれば,これもサポーターに 見 放 される 可 能 性 が ある 弱 くても 地 域 に 愛 されているクラブもあるが, 地 域 の 誇 れるビッグクラブ となることが 経 営 の 理 想 と 言 えよう このように, 欧 米 諸 国 に 比 肩 できる 組 織 化 を 図 り, 順 調 に 発 展 してきたかに 見 えるJリーグであるが,J1, J2 所 属 の 各 チームが 抱 えるチーム 経 営 上 の 問 題 点 は 山 積 しているのが 現 状 である そこで, 本 研 究 では,J リーグ 所 属 全 チームの 中 でも 親 会 社 を 持 つクラブの 順 位 浮 上 のためのマネジメント 上 の 問 題 点 に 焦 点 をあてて, Jリーグチームの 企 業 スポーツからの 自 立 に 着 目 して,チーム 経 営 のトップである 元 社 長,GMへのヒアリン グを 中 心 に 研 究 を 進 めることにした Jクラブのマネジメントの 研 究 ( 山 田,2009)は 複 数 存 在 するが, 社 長 やGMが 実 際 に 行 うマネジメントの 詳 細 に 関 する 研 究 ( 宮 崎,2007, 松 橋,2007など)は 少 ない

4 14 佐 藤 慶 明 入 口 豊 西 島 吉 典 Ⅱ 研 究 の 目 的 方 法 1. 研 究 の 目 的 方 法 本 研 究 は,Jリーグ 所 属 全 チームの 中 でも 親 会 社 を 持 つクラブの 順 位 浮 上 のためのマネジメント 上 の 問 題 点 を,J1,J2 各 1チームのクラブ 経 営 のトップであった 元 社 長,GMへのヒアリングを 中 心 に 事 例 的 に 明 ら かにすることを 目 的 とする 1999 年 にJ2 降 格 という 危 機 的 状 況 を 経 験 し,その 後 アジアチャンピオン クラブワールドカップ3 位 に まで 上 り 詰 め,J1チームの 中 でもトップクラスの 人 気 と 観 客 動 員 数 を 誇 る 浦 和 レッドダイヤモンズ と, J2 昇 格 後 に3 年 連 続 最 下 位 を 経 験 して,2011 年 にJ1 昇 格 圏 内 にまで 成 績 を 上 げるも, 四 国 という 地 域 性 と チーム 運 営 面 や 観 客 動 員 数 にも 課 題 を 残 す 徳 島 ヴォルティス の 事 例 を 中 心 に 取 り 上 げる 当 時 の 強 化 責 任 者 であった2 名 の 方 にヒアリングを 行 い,それぞれの 問 題 点 を 肉 声 から 検 証 する 2.ヒアリング 対 象 者 (1) 浦 和 レッドダイヤモンズ 元 GM 中 村 修 三 氏 ( 現 日 本 サッカー 協 会 女 子 部 部 長 ) 経 歴 紹 介 2002 年 シーズンから2005 年 シーズンまで,ゼネラル マネジャーを 担 当 した 森 孝 慈 氏 のアシスタントとして 強 化 部 長 を 務 めた 森 氏 退 任 後 にGMに 就 任 し,クラブワールドカップで3 位 になったチームのマネジメント に 関 わった 現 在 は 日 本 サッカー 協 会 の 女 子 部 部 長 として,2011FIFA 女 子 ワールドカップ ドイツ 大 会 の 優 勝 に 貢 献 した なお, 浦 和 レッドダイヤモンズのGMを 務 めた 森 孝 慈 氏 には2011 年 3 月 にインタビューの 快 諾 を 得 たが, 東 日 本 大 震 災 のため 延 期 となった その 後, 森 氏 が 急 逝 されたので,その 当 時 森 氏 のアシスタントを 務 めた 後, 自 身 もゼネラル マネジャーに 就 任 した 中 村 修 三 氏 にヒアリングを 依 頼 した (2) 徳 島 ヴォルティス 前 社 長 高 本 浩 司 氏 経 歴 紹 介 同 志 社 大 学 サッカー 部 OBであり, 大 塚 製 薬 サッカー 部 でもキャプテンを 務 めた 徳 島 ヴォルティス 立 ち 上 げの 際 に 社 長 に 就 任 し,2004 年 9 月 から2008 年 まで 務 めた 3. 調 査 時 期 2011 年 2 月 から2011 年 8 月 にかけてヒアリングを 実 施 した 4.ヒアリング 内 容 チーム 強 化 のマネジメントを 中 心 に, 定 型 の 質 問 票 を 用 いず,その 場 の 話 の 流 れや 状 況 に 応 じて 臨 機 応 変 に 質 問 を 変 えて 収 集 していく 自 由 面 接 法 を 用 いて,ヒアリングを 進 めた 強 化 面 地 域 との 関 係 性 親 会 社 との 関 係 性 を 中 心 に 包 括 的 な 内 容 とした なお,ヒアリングの 内 容 に 関 しては 本 人 の 了 承 を 得 ている 本 稿 ( 第 Ⅰ 報 )では, J1 浦 和 レッドダイヤモンズ を 中 心 に 報 告 する Ⅲ J1 浦 和 レッドダイヤモンズ の 概 要 ここでは, 浦 和 レッドダイヤモンズのクラブホームページを 中 心 に, 概 略 を 説 明 する 1.クラブの 概 要 浦 和 レッドダイヤモンズは1993 年 から 加 盟 しており, 人 口 120 万 人 の 埼 玉 県 さいたま 市 をホームタウンとし, ホームスタジアムはワールドカップ 使 用 のためにサッカー 専 用 として 作 られた63,700 人 収 容 の 埼 玉 スタジアム と21,500 人 収 容 の 駒 場 スタジアムを 使 用 している 浦 和 レッドダイヤモンズ( 略 称 : 浦 和 レッズ)はクラブ 名 であり,もともとの 法 人 名 は 株 式 会 社 三 菱 自 動 車 フットボールクラブである 資 本 金 は16,000 万 円 (2011 年 現 在 )で, 株 主 は 三 菱 自 動 車 株 式 会 社 8,100 万 円 (50.63%), 埼 玉 県 800 万 円 (5.00%)さいたま 市 800 万 円 (5.00%)スポンサー 等 6,300 万 円 (39.37%)となって いる さいたま 市 は, 浦 和 市 と 大 宮 市 と 与 野 市 の 合 併 により,2001 年 5 月 に 成 立 した 政 令 指 定 都 市 である クラブ 名 に 都 市 の 名 称 を 付 けることがJリーグの 規 約 に 定 められているが, 大 宮 市 にもJクラブが 存 在 するために,

5 我 が 国 のプロサッカークラブの 経 営 に 関 する 事 例 的 研 究 (Ⅰ) 15 現 在 でも 浦 和 の 名 称 を 残 している クラブの 経 営 理 念 は 以 下 の 通 りである (1) 社 会 の 一 員 として 青 少 年 の 健 全 な 発 育 に 寄 与 する (2) 地 域 社 会 に 健 全 なレクリエーションの 場 を 提 供 する (3) 浦 和 から 世 界 に 向 けて 開 かれた 窓 となる また 浦 和 レッズにはJリーグ 屈 指 の 熱 狂 的 なサポーターが 存 在 する 元 来,サッカーが 盛 んな 土 地 柄 で, 高 校 サッカーでは 数 々のタイトルを 獲 得 していたこともあって,Jリーグ 発 足 が 決 定 するとJクラブの 誘 致 に 乗 り 出 すほどのサッカー 熱 が 高 い 街 であった ホームゲームでは 多 くのサポーターがスタジアムに 押 しかけ,スタンドを 真 っ 赤 に 染 めながら 熱 い 応 援 を 繰 り 広 げる 観 客 動 員 数 も 常 にリーグのトップを 走 っており,アウェイゲームでも 多 くのサポーターが 駆 け 付 け て, 時 にはホームチームのサポーターよりも 多 くの 人 員 を 動 員 してクラブを 応 援 する Jリーグ 開 幕 当 初 はサ ポーターという 耳 に 馴 染 まない 言 葉 を 概 念 として 植 え 付 け, 浦 和 レッズと 言 えば 強 烈 なサポーターという 印 象 を 与 えた J2リーグが 創 設 された99 年 に 降 格 してしまったが,それでもサポーターはJ1リーグ 同 様 に 応 援 し 続 けた J1からJ2に 降 格 すれば 観 客 数 は 大 幅 に 減 少 すると 予 想 されたが,1 試 合 平 均 で2 万 1000 人 から4000 人 程 度 減 の1 万 6923 人 の 観 客 を 動 員 した J1のクラブは 首 都 圏 に 多 く 存 在 するためサポーターの 移 動 は 比 較 的 短 距 離 で 済 むが,J2のクラブは 全 国 各 地 に 存 在 するためにアウェイで 応 援 するには 相 当 の 移 動 距 離 となる だが, サポーターはアウェイのスタジアムでもJ1 時 代 と 変 わることなく 声 援 を 送 り 続 けた J1の 施 設 に 比 べれば 貧 弱 なJ2のスタジアムに,アウェイ 側 スタンドを 多 くの 真 っ 赤 なサポーターで 埋 めつくす そしてホームサ ポーターを 圧 倒 するほどの 後 押 しを 行 い,クラブが1 年 でJ1に 復 帰 できるように 応 援 し 続 けた J1リーグ 復 帰 と 時 を 同 じくして,2002ワールドカップ 開 催 のために 埼 玉 スタジアムが 建 設 された 事 もあり, 駒 場 スタジ アムと 併 用 してホームゲームが 開 催 できるようになった この 頃 から 成 績 も 上 向 きになり,6 万 3000 人 収 容 の スタジアムも 満 杯 になっていった リーグ 優 勝 した2006 年 頃 からリーグ 戦 の 入 場 者 数 も1 試 合 平 均 で4 万 5000 人 を 超 え,2008 年 には4 万 7609 人 と 歴 代 最 高 平 均 観 客 動 員 数 を 記 録 した だが,2010 年 は3 万 9941 人 と 減 少 傾 向 にある ここ 数 年 は 減 少 傾 向 にあるといっても, 平 均 観 客 動 員 数 は4 万 人 弱 である 2 位 の 新 潟 が 約 3 万 人, 3 位 4 位 の 横 浜 FMとFC 東 京 が2 万 5000 人,そして 鹿 島 が2 万 1000 人 と2 万 人 を 超 えたクラブの 数 字 を 見 ても, 浦 和 レッズの 動 員 数 は 群 を 抜 いている 5 年 連 続 で 観 客 動 員 数 が1 位 となっている 事 でも, 浦 和 レッズ のサポーター 人 気 の 高 さを 表 している 2.クラブの 歴 史 クラブの 歴 史 については 表 1で 示 す 表 1 浦 和 レッズの 歴 史 年 内 容 1950 年 中 日 本 重 工 業 ( 本 社 神 戸 )サッカー 部 創 設 1952 年 新 三 菱 重 工 業 神 戸 サッカー 部 となる 1958 年 東 京 本 社 にサッカー 部 移 転 1964 年 三 菱 重 工 業 サッカー 部 となる 1990 年 三 菱 自 動 車 工 業 サッカー 部 となる 1992 年 三 菱 浦 和 フットボールクラブとなる 1996 年 浦 和 レッドダイヤモンズとなる 1965 年 から 参 加 している 日 本 リーグにおいての 成 績 は,2 部 降 格 の1シーズン(1990 年 )を 除 いて, 日 本 リーグ 優 勝 4 回,JSLカップ2 回, 天 皇 杯 4 回 という 素 晴 らしい 成 績 を 残 した 1978 年 には 日 本 リーグ JSLカップ 天 皇 杯 のすべてに 優 勝 し, 史 上 初 の 三 冠 を 達 成 した また 多 くの 日 本 代 表 選 手 も 輩 出 しており, 名 門 クラブの 一 つである

6 16 佐 藤 慶 明 入 口 豊 西 島 吉 典 3.クラブの 戦 績 クラブの 戦 績 については 表 2で 示 す 表 2 浦 和 レッズ 戦 績 一 覧 監 督 年 間 順 位 1stステージ 2ndステージ ナビスコ 天 皇 杯 92 森 孝 慈 横 山 謙 三 オジェック ケッペル 原 博 実 原 /ア デモス 斎 藤 和 夫 (J2) 2 01 チッタ/ピッタ オフト ブッフバルト オジェック 2 08 オジェック/ゲルト 7 09 フィンケ ペトロビッチ 15 2 Jリーグ 創 設 当 初 は, 絶 大 なるサポーター 人 気 に 支 えられつつも 最 下 位 が 定 位 置 であった ワールドカップ を 経 験 した 元 ドイツ 代 表 など 多 くの 外 国 人 選 手 を 獲 得 するが,チームとして 機 能 せず2 期 連 続 で 最 下 位 となっ た その 後, 外 国 人 監 督 の 招 へいによって 順 位 を 中 位 に 上 げるまでに 至 った しかしチーム 力 の 安 定 感 が 無 く 上 位 に 食 い 込 むことが 出 来 ず,J2が 設 立 された7シーズン 目 にはとうとうJ2に 降 格 してしまった 翌 シー ズンのJ2リーグでは2 位 となり,1 年 でJ1に 復 帰 を 果 たす J1 復 帰 1 年 目 の2001 年 シーズンでは,J2 での 勢 いに 乗 って 上 位 進 出 を 目 指 したが, 成 績 が 振 るわずに10 位 となった 当 時 の 塚 本 社 長 はクラブを 改 革 する 必 要 性 を 感 じ,2002 年 シーズンを 迎 えるにあたり, 森 氏 にゼネラル マ ネジャーを 要 請 した ここから 浦 和 レッズの 黄 金 期 を 迎 えることになる 森 ゼネラル マネジャーは 浦 和 レッ ズの 将 来 を 見 据 え, 何 人 かの 監 督 候 補 者 から 日 本 の 複 数 クラブや 日 本 代 表 で 指 揮 を 執 った 経 験 をもつハンス オフト 氏 を 監 督 に 招 いた 基 本 の 反 復 を 重 視 するオフトは 就 任 1 年 目 でチームをナビスコカップの 決 勝 に 導 い た 初 進 出 した 決 勝 では 敗 れてしまい, 初 のタイトルを 獲 得 には 至 らなかったものの, 若 手 の 台 頭 もありチー ムは 着 実 に 成 長 を 遂 げた 翌 2003 年 シーズンにはJリーグで 中 位 にランクが 上 がり, 前 年 に 続 いて 決 勝 進 出 を 果 たしたナビスコカップではクラブ 創 設 初 となるタイトルを 獲 得 した 2004 年 シーズンに 元 ドイツ 代 表 でクラブOBでもあるギド ブッフバルト 氏 が 監 督 に 就 任 すると, 在 籍 中 の 3 年 間 でJリーグは2 位 2 位 優 勝,ナビスコカップは2 位 3 位, 天 皇 杯 は2 連 覇 と 常 に 優 勝 争 いをする チームに 成 長 した そして2007 年 シーズンにはAFCアジアチャンピオンリーグで 優 勝 を 飾 り,FIFAクラブワールドカップ に 日 本 のクラブとして 初 めて 出 場 し,3 位 を 獲 得 した そのシーズンではJリーグも2 位 となり, 熱 狂 的 なサ ポーターと 共 に 浦 和 レッズは 名 実 ともに 日 本 のビッグクラブに 成 長 していった その 後, 監 督 やゼネラル マネジャーの 交 代 などチーム 首 脳 陣 の 交 代 劇 が 続 き,チーム 成 績 が 下 降 気 味 にな

7 我 が 国 のプロサッカークラブの 経 営 に 関 する 事 例 的 研 究 (Ⅰ) 17 り 観 客 動 員 の 減 少 傾 向 も 見 られる それに 伴 い,Jクラブ 内 では 常 に 興 業 収 入 のトップを 走 っていたが,2010 年 シーズンは 赤 字 に 転 落 してしまった 2011 年 シーズンではシーズン 途 中 の9 月 にGMが 解 任 され, 残 り5 試 合 を 残 して 監 督 を 交 代 させた 最 終 的 に15 位 で 残 留 したものの, 降 格 ラインぎりぎりの 成 績 でシーズンを 終 えた この 最 大 の 原 因 は5 年 間 で 監 督 が 5 人, 強 化 担 当 者 も4 人 と,チームの 根 幹 をなすグラウンドレベルの 舵 取 り 役 が 変 わる 状 況 にあったと 言 えよ う Ⅳ J1 浦 和 レッズ 元 GMのヒアリング 内 容 アジア チャンピオン,クラブワールドカップ3 位 という 時 代 を 頂 点 と 考 えれば, 現 在 の 浦 和 レッズのチー ム 状 況 は 下 降 線 にあると 言 える ここでは,その 頂 点 に 向 かうまでのマネジメントについて 元 GMの 中 村 修 三 氏 のヒアリングを 基 に 検 討 していく 1. 責 任 者 (マネジャー)について Q1 : 前 GM 森 さんはどういう 経 緯 でGMに 就 任 されたのですか? 今 までのレッズの 強 化 策 は 行 き 当 たりばったりでした その 時 だけ, 目 先 だけっていう 判 断 をされていたと 思 います 後 から 森 さんに 聞 いたのですが レッズの 憲 法 を 作 ってくれ と 塚 本 社 長 ( 当 時 )に 言 われたそう です 3 年 間 という 時 間 を 与 えるから, 土 台 となるベースを 構 築 して 優 勝 するようなチームを 作 ってくれ と そして 塚 本 社 長 が 3カ 年 計 画 をサポーターに 向 けて 発 信 しました それを 森 さんが 当 てはめていった ということです このようなメッセージをクラブとしては 初 めて 出 しました サポーターもそれを 良 いように 受 け 取 ってくれて, 3 年 かけてチームを 作 るのであれば, 俺 たちも 我 慢 しよう と 一 緒 になって 同 じ 方 向 に 向 かって 行 きました 全 員 がと 言 う 訳 ではないでしょうが, 同 じ 方 向 に 向 かえたことが 良 かったと 思 います 2. 人 事 関 係 (フロント スタッフ 選 手 )について Q2 : 監 督 人 事 はどのようにされたのですか? それに 関 しては 森 さんが 担 当 されていました 強 化 部 の 会 議 で 山 道 ( 現 強 化 部 長 代 行 兼 GM 代 行 )も 同 席 し ていましたが,オフトと 名 前 は 忘 れましたが 実 績 のある 人 のどちらが 監 督 として 良 いかを 森 さんに 聞 かれまし た そこでみんなはオフトが 良 いと 言 ったと 思 います 私 自 身 も 良 く 知 りませんでしたが, 代 表 監 督 時 代 も アイコンタクト や トライアングル など 基 本 的 なことを 繰 り 返 していたと 思 います ですからベースを 作 るという 点 では, 育 成 型 の 監 督 がレッズには 合 っていたと 感 じました その 場 で 森 さんはオフトに 携 帯 電 話 で 直 接 連 絡 を 取 り,オフトも 非 常 に 興 味 がある と 伝 えてきました その 日 から 一 日 二 日 はあったと 思 い ますが, 彼 が 一 つだけ 要 求 してきたことは 一 人 だけ 自 分 が 選 んだコーチを 連 れていきたい それがヨンセ ンでした そこでクラブの 方 向 性 が 明 確 になりました オフト 氏 が 来 た 時 は,そのシーズンの 選 手 が 先 に 決 まっていましたから,オフトが 選 んだ 選 手 は 翌 年 からで したね 日 本 人 は 都 築 と 山 瀬 の 二 人 だったかな その 選 手 たちがフィットして03 年 のナビスコカップで 優 勝 し ました 02 年 に 決 勝 で 敗 れて 翌 年 に 優 勝 出 来 た タイトルを 取 ったのが 初 めてでしたね Q3 : 観 客 動 員 数 など 経 営 面 を 背 景 にして, 監 督 を 選 ぶということはあるのですか? ギド(ブッフバルト)なんかはその 典 型 だと 思 いますね またタイミングが 良 かったのは,ワールドカップ で 埼 玉 スタジアムができてレッズが 強 くなってと,ちょうどリンクしていましたね 駒 場 では 観 れないから 埼 玉 スタジアムに 行 きましょうという 流 れを 作 ることができました 観 客 動 員 が 増 えたのは 埼 玉 スタジアムのお かげですね 駒 場 では 二 万 人 ですから,レッズが 大 きくなっていったのは, 埼 玉 スタジアムが 大 きいですね ですから 犬 飼 ( 元 社 長, 前 日 本 サッカー 協 会 会 長 )さんはそこを 見 据 えていたと 思 いますよ Q4 : 前 GM 森 さんは 契 約 更 改 の 現 場 に 顔 を 出 されていましたか? そこは 強 化 部 の 人 間 の 仕 事 でした クラブの 考 え 方 としてGMである 森 さんは 担 当 しませんでした 私 が

8 18 佐 藤 慶 明 入 口 豊 西 島 吉 典 GMになった 時 も 山 道 など 強 化 部 の 人 間 が 担 当 していました 契 約 に 関 する 会 議 にGMは 出 席 します また 契 約 交 渉 の1 回 目 はねぎらいの 意 味 もあって 顔 を 出 しますね 今 年 はおつかれさん という 感 じで 来 年 度 は このように 考 えている という 説 明 したり, 契 約 更 新 しない 選 手 も 居 ますからね そして あとは 契 約 の 中 身 になるので,そこは 担 当 者 に 話 してくれ と そういう 部 分 を 森 さんは 非 常 に 大 事 にされていたと 思 います また 現 場 への 関 わり 方 として, 当 時 は 選 手 を 補 強 することでチームが 強 くなるという 考 え 方 が 強 かったので, 外 国 人 選 手 に 関 しては 森 さんが 担 当 されていました オフトも 顔 が 広 いので,オフトがリストアップした 選 手 をリサーチして, 実 際 に 脚 を 運 んで 見 に 行 ってということを 森 さんが 全 て 行 っていました 地 味 な 選 手 ばかり でしたが, 外 れた 選 手 は 居 なかったように 思 います 日 本 人 に 関 しては 我 々やスカウトを 含 めて 強 化 部 が 行 っ ていました 当 然, 森 さんも 絡 んでくるんですが, 国 内 に 関 しては 我 々 強 化 部 が 担 当 です 大 事 な 時 は 森 さん にも 来 てもらいましたね ですから 海 外 に 関 しては 森 さんが 中 心 で, 国 内 は 強 化 部 とスカウトという 構 図 でし た 3.マネジャーの 業 務 について (1) 現 場 との 関 係 Q5 :マネジャーとして 現 場 への 関 与 は? 森 さんは 現 場 に 口 を 出 すことは 絶 対 に 無 かったと 思 います その 分 だけ 監 督 であるオフトとのコミュニケー ションを 緊 密 に 行 っていました お 互 いタバコが 好 きだったから,タバコ 会 談 みたいなことをされていました よ 監 督 がギドに 代 わったときも,クラブとしては 積 極 的 に 補 強 をしていましたから,その 先 陣 として 森 さんは 活 躍 されていましたね 森 さんはオフトの 時 も 関 係 は 良 好 でしたし,ギドとも 同 様 でした (2) 経 営 との 関 係 Q6 :GMとして 現 場 以 外 の 経 営 面 との 関 係 は? 森 さんはGMということではなくて,ああいう 人 柄 だから 地 元 の 方 々に 顔 を 出 してもらうといったことや サッカー 関 係 者 や 行 政 だとかスポンサーなど,そういう 部 分 のお 付 き 合 いにも 入 っていただきました 結 果 的 には 直 接 のお 金 の 対 応 では 無 いにせよ,そういう 部 分 に 繋 がっていきましたね 森 さんは 代 表 監 督 やレッズの 監 督 だったということで 顔 も 知 れ 渡 っていましたし,そういう 方 々とのお 付 き 合 いも 相 当 広 かったですね 私 のGM 時 代 とは 比 較 にならないほどですね 年 齢 も 年 齢 でしたし 森 さんのキャラクターを 活 かして,クラブ の 色 々なところに 顔 を 出 していただきました Q7 :オフト 体 制 2 年 目 の 時 に 犬 飼 氏 が 社 長 に 就 任 され,3 年 計 画 の 途 中 でありながら 社 長 自 らギドにオ ファーを 出 したと 伺 ったのですが そうですね そのことを 聞 いた 森 さんは 辞 任 するつもりだったと 思 います オフトと 心 中 する 覚 悟 だった んでしょう 森 さんは 辞 めるって 口 には 出 されていませんでしたが, 身 近 にいた 私 たちには 分 かりましたね ちょっとした 発 言 で いろんな 人 たちが 止 めたと 思 うんですが, 森 さんは 辞 めるつもりだったんでしょうね そのようになった 経 緯 であったり,オフトに 対 しての 思 いやりであったり オフトもおそらく 辞 めたらだ めだよ って 言 ったと 思 います Q8 : 観 客 動 員 数 などGMは 気 にされるのですか? 経 営 としては 気 にするでしょうね しかし 現 場 のトップチームが 輝 くことが 観 客 動 員 数 やスポンサー 獲 得 に つながるという 考 え 方 でしたので, 優 勝 することで 連 動 していくと 考 えていました (3) 親 会 社 との 関 係 Q9 : 前 GM 森 さんが2005 年 に 退 任 されて 後 任 に 中 村 さんが 就 任 されていますが, 成 績 が 良 かったので 2006 年 も 担 当 されることは 無 かったんですか? 森 さんはGMという 立 場 で 契 約 されていましたが, 実 は 役 員 もされていました 三 菱 自 工 の 役 員 のルールで 辞 めなければならなかった ですから 犬 飼 さんや 横 山 謙 三 さん( 元 監 督, 当 時 役 員 ), 森 さんが 一 緒 にお 辞 め になりましたね

9 我 が 国 のプロサッカークラブの 経 営 に 関 する 事 例 的 研 究 (Ⅰ) 19 Q10 : 現 在, 浦 和 レッズは 潤 っている 方 ですよね 現 在, 三 菱 自 工 から 橋 本 氏 が 社 長 に 就 任 されていますが, 三 菱 自 工 の 介 入 はどれくらいあるのでしょうか? 以 前 Jクラブの 強 化 の 方 から, 親 会 社 から 補 てんしてもらっ ているという 話 を 聞 きました 三 菱 自 工 はあるのですか? 年 間 3 億 円 程 度 でした 損 失 補 てん 方 式 というやり 方 がありますね おそらく 他 のJクラブは 赤 字 が 出 れば 親 会 社 が 補 てんするという 方 法 を 採 っているんだと 思 います 浦 和 レッズも2005 年 までその 方 式 を 行 っていま した そこで 犬 飼 さんが 社 長 に 就 任 して,その 方 式 を 辞 めました そしてユニフォームに 広 告 を 出 す 費 用 対 効 果 として3 億 円 程 度 と 決 めました それぐらいの 価 値 だろうと 判 断 した 結 果 です それは 三 菱 自 工 の 介 入 を 少 しでも 減 らすための 措 置 でした, 独 立 するために しかし 結 果 的 にはそうならなかった お 金 は3 億 円 程 度 で すが, 株 を50% 以 上 三 菱 自 工 が 保 持 しているので 人 事 権 を 握 っています ですから 三 菱 自 工 の 介 入 はあります ね Q11 : 犬 飼 さんは 独 立 したビッグクラブを 目 指 そうとしたのですね 変 えきれなかったということでしょうね 私 も 含 めて 藤 口 さん( 前 社 長 )も 森 さんも 横 山 さんも 犬 飼 さんも 三 菱 自 工 ではありますが,サッカーOBですよね 今 レッズに 出 向 しているのはサッカーを 知 らない 人 ばかり ですね 私 は 役 員 では 無 かったけれど, 藤 口 さんや 森 さんなど 経 験 者 が 役 員 になっていました しかし3 年 前 から 誰 もいなくなりましたからね ですから 経 験 者 が 役 員 に 入 っていればいいのですが,この3 年 間 は 三 菱 自 工 のサッカーを 知 らない 人 が 来 て, 任 期 が 終 わればまた 新 しい 人 が 来 るんです (4) 地 域 との 関 係 Q12 : 地 域 に 対 する 活 動 については? 基 本 的 に 選 手 は 出 さなかった そこはクラブ 事 情 もあると 思 いますね 一 番 の 貢 献 は 地 元 で 試 合 を 行 い, 良 い 試 合 をする そして 勝 つということが 一 番 の 地 域 貢 献 だと 考 えていました 私 たちの 時 はそういう 認 識 で 活 動 していましたし, 絶 対 に 出 さないってわけじゃないですけれどその 様 にしていましたね それが 今 になって, 観 客 が 少 ないからレッドボルテージに 選 手 を 店 員 で 出 すっていうのもねえ でも 少 しでもお 客 さんに 来 てもら う,グッズを 少 しでも 売 ると 言 うのなら 私 もそうした 方 が 良 いと 思 います でももっと 先 を 見 据 えた 強 化 をす る 方 が 大 事 なんじゃないかなと 思 います でもお 客 さんあってのことですから,お 客 さんを 呼 ぶための 地 道 な 活 動 が 大 事 ですよね 昔 はチケットが 売 れているけれどスタジアムに 来 ないお 客 さんに 連 絡 を 取 って 他 へ 回 す 活 動 をしていました それを 行 っていた 人 がJFAハウスの9 階 にいる 佐 藤 ( 仁 司 )さん サポーターズクラブを 作 ったのも 佐 藤 さん ああいう 人 が 居 なくなって 寂 しいですね,サポーターの 前 に 行 って 色 々と 説 得 したり, 夜 な 夜 な 足 を 運 んで 話 したりしてい たのはあの 人 でしたね 4.GMの 現 在 像 と 将 来 像 (1)GMの 現 在 像 Q13 :ゼネラルという 名 称 ですから, 基 本 的 に 社 長 が 行 うべきだと 思 いますが? 日 本 のGMと 世 界 のGMとの 違 いは, 日 本 はお 金 を 稼 ぐという 面 はあまり 気 にしませんね 本 当 の 意 味 での GMは,ゼネラルですからお 金 を 儲 けることも 含 めて 選 手 の 獲 得 などにいくら 使 えるという, 全 体 を 把 握 した うえで 強 化 を 図 るということですよね だから 日 本 のGMは 強 化 のみですね Q14 :ということはビジネス 面 のマネジャーがいて, 強 化 担 当 のマネジャーがいてというスタイルが 日 本 流 ですね? その 通 りですね 日 本 のサッカー 文 化 がそういうカタチで 進 んできたから,そういう 流 れになっていますね 最 近 はJFAのGM 講 座 などがありますから, 少 しは 変 化 してきているとは 思 いますが Q15 :ではビジネス 面 と 強 化 面 はどのようにリンクしているのでしょうか? 難 しい 質 問 ですね 私 が 古 いからかも 知 れませんが,サッカーに 精 通 していて 経 営 にも 嗅 覚 のある 人 が 担 当 するべきだと 思 いますね 森 さんはそうだったと 思 いますよ 三 菱 重 工 などで,そういう 経 験 をされていまし たから Q16 : 日 本 代 表 のマネジメントもされてましたね

10 20 佐 藤 慶 明 入 口 豊 西 島 吉 典 そうですね,そういう 発 想 をお 持 ちでしたよね 今 は 過 渡 期 と 言 いますか,そういう 講 座 も 開 講 されている ので, 将 来 的 にはそういった 人 材 が 増 えてくるとは 思 いますけれど これまではそういうものも 無 かったし, GMという 役 職 もとりあえずは 名 前 だけという 感 じでしたね 今 はチームによってもバラバラですし,GMだ けじゃなくて 強 化 部 長 や 本 部 長 という 役 職 もありますから いずれそういったGMという 名 の 付 く 人 はクラブ ライセンス 制 度 に 入 ってくるでしょうね (2)GMの 将 来 像 Q17 : 日 本 のサッカー 界 では,GMという 名 前 の 方 が 現 場 に 顔 を 出 しやすいイメージがあるのですが 介 入 と 言 うと 語 弊 がありますが, 強 化 部 長 という 肩 書 よりも 現 場 に 近 いようなイメージがあります そういうこともあるかも 知 れませんね ただ 強 化 部 長 がグラウンドに 立 とうがGMが 立 とうがやっているこ とは 同 じなんですよ ただ 選 手 獲 得 とかにおいては 強 化 部 の 方 が 動 くんです ですから 責 任 を 取 るためにGM を 置 いている 可 能 性 はあります また 育 成 や 普 及 があるので, 全 てを 見 るうえでGMが 必 要 になるんだと 思 い ます 統 括 ということで 強 化 する 部 長 がいてスカウト 部 長 がいるのなら,GMという 名 前 はともかくとして, 統 括 する 人 が 組 織 には 必 要 になるでしょうね ですから 強 化 だけに 関 して 言 えばGMとかぶってしまいますね Q18 :そうなりますと,トップチームをメインとする 強 化 があって,そこに 育 成 とスカウトがリンクする それを 統 括 する 人 がGMということでしょうか? そうなりますね そこに 関 しての 責 任 者 がGMで, 一 方 で 事 業 を 統 括 する 人 がいて 社 長 の 下 につくというこ とですね それが 日 本 のスタイルだと 思 います Q19 :では 海 外 は 違 うのですか? 違 うんじゃないですか? 私 は 知 りませんが, 海 外 は 事 業 も 含 めてマネジメントしていくんじゃないですか Q20 : 海 外 のGMは 社 長 のイメージが 強 いと 思 っているのですが, 日 本 スタイルはあってもいいと 思 います 言 い 方 は 良 くないのですが, 社 長 を 切 るよりもとりあえずはGMを 先 に 切 った 方 が 対 面 的 にもいいとは 思 うの ですが それはありますね 全 部 のクラブではありませんが 親 会 社 というものがあって, 社 長 のポジションに 出 向 が ありますから そこが 日 本 オリジナルになるんですよ Q21 : 現 在 違 うところの 空 気 を 吸 われていますが,もう 一 度 GMを 担 当 するとしたら,どういう 施 策 を 行 い ますか? やはりトップチームが 輝 かなければ,お 客 さんも 来 ないしスポンサーも 集 まらないと 思 っているので, 現 場 の 強 化 と 華 のある 選 手 を 取 るという 作 業 をしますね 並 行 して 育 成 普 及 をやらなければなりませんが,トッ プチームが 輝 かなければ 駄 目 だと 思 います 私 が 意 を 強 くしたのも, 今 回 のなでしこジャパンの 活 躍 があって, 女 性 で 日 本 国 民 がこれだけ 盛 り 上 がるっていうことを 見 たので,その 思 いが 更 に 強 くなりました 女 子 でもこ んなに 盛 り 上 がるんですから, 普 及 はこれからですけれど やっぱり2 位 じゃ 駄 目 なんですよ 1 位 にならな いと 2 位 ではここまでにならないですよ 優 勝 してプラスαのことが 出 てきますよ,あとは 内 部 の 問 題 です が, 同 じ 方 向 性 を 持 った 集 団 で 戦 わないといけない 方 向 性 というのは, 優 勝 という 目 標 をみんなで 共 有 して いくことですね 今 のレッズにはレッズ 愛 みたいなものが 感 じられませんね そこが 一 番 大 事 です さきほどお 話 しした 三 菱 自 工 から 来 た 社 長 とかにはレッズ 愛 が 感 じられにくい レッズのサポーターはそういう 部 分 を 大 事 にしますか ら Q22 :そこでGMのような 人 が 強 烈 なレッズ 愛 を 出 せば,クラブは 変 わってくるってことですか? 間 違 いなく 変 わるでしょうね そういうリーダーがいないんですよ リーダーがスタッフとかを 同 じ 方 向 に 持 っていくんですよ 本 来 なら 社 長 がすればいいんですが, 社 長 はそこまで 強 化 の 事 は 分 かっていないから だからGMなんでしょうね 1 年 後 2 年 後 はこういうチームになるから 一 緒 にやろうよ, 今 は 厳 しいけ ど って 言 う 一 言 が 大 事 になるんですよ 以 上 のことから, 今 回 研 究 対 象 とした 浦 和 レッズのような 首 都 圏 クラブにおいては,マーケットの 規 模 が 大 きいため, 社 長 の 下 にGMを 置 いてチームマネジメントを 行 う 手 法 が 適 切 であることが 分 かった また,クラ

11 我 が 国 のプロサッカークラブの 経 営 に 関 する 事 例 的 研 究 (Ⅰ) 21 ブに 対 して 親 会 社 が 経 営 に 関 与 している 場 合, 親 会 社 から 社 長 として 出 向 してくるケースが 多 く,サッカーに 関 しての 造 詣 の 薄 い 人 物 が 社 長 のポジションに 就 く 場 合 は,サッカー 経 験 者 をGM 職 に 配 置 することでフロン トと 現 場 の 橋 渡 しがしやすい 事 実 も 明 らかとなった 最 終 の 決 定 権 は 社 長 にあるが, 現 場 を 預 かる 監 督 の 言 い 分 をGMがクラブの 考 えと 照 らし 合 わせて 協 議 した 結 果 について 社 長 が 判 断 し,そして 社 長 自 らがクラブ 全 体 の 最 終 責 任 をとる 形 が 理 想 的 と 言 えよう 引 用 参 考 文 献 アルフレッド ヴァール: 遠 藤 ゆかり 訳, 大 住 良 之 監 修 (2002)サッカーの 歴 史. 創 元 社. 祖 母 井 秀 隆 (2010) 監 督 を 決 める 仕 事.ダイヤモンド 社. 浦 和 レッドダイヤモンズHP. 季 刊 サッカー 批 評 18(2003) 大 分 トリニータ, 官 主 導 の 結 実 と 今 後. 双 葉 社. 木 村 元 彦 (2010) 大 分 トリニータの15 年 社 長 溝 畑 宏 の 天 国 と 地 獄. 集 英 社. 後 藤 健 生 (2002) 日 本 サッカー 史 代 表 編. 双 葉 社. 妹 尾 陽 子 (2005) 地 域 のJクラブという 起 爆 剤.Training Journal March 2005:3. 玉 木 正 之 (1999)スポーツとは 何 か. 講 談 社 現 代 新 書. 忠 鉢 信 一 (2001) 進 化 する 日 本 サッカー. 集 英 社 新 書. 徳 島 ヴォルティスHP. 西 野 努 (2008)なぜ, 浦 和 レッズだけが 世 界 に 認 められるのか. 東 邦 出 版. 日 本 オリンピック 委 員 会 HP.オリンピックメモリアルvol.3. 日 本 サッカー 協 会 HP. 広 瀬 一 郎 (2004) Jリーグ のマネジメント. 東 洋 経 済 新 聞 社. 松 橋 崇 史 (2007) スポーツ 組 織 マネジメントにおける 地 域 コミュニティ 戦 略.スポーツ 産 業 学 研 究. Vol.17,No.2: 宮 崎 純 一 (2008) 日 本 企 業 による 欧 州 サッカークラブ 経 営 の 事 例 研 究. 青 山 経 営 論 集. 第 42 巻. 第 4 号 : 山 田 耕 生 (2009) プロサッカークラブの 本 拠 地 におけるサッカーのまちづくり: 浦 和 レッズとさいたま 市 浦 和 地 域 の 事 例. 共 栄 大 学 経 営 論 集, 第 7 号 : 吉 田 誠 一 (2011) クラブ 経 営 厳 しく 審 査. 日 本 経 済 新 聞 2011 年 5 月 31 日 ( 火 ) 朝 刊. 米 田 豊 彦 (2005) 官 主 導 で 立 ち 上 げJ2 参 戦 を 実 現. 月 刊 体 育 施 設 FIFA. HP. J GOALオフィシャルニュース. Jリーグ 公 式 サイト. Jリーグ 将 来 構 想 委 員 会 第 一 回 報 告 J2リーグの 将 来 像. JリーグニュースVol J.LEAGUE PROFILE. 社 団 法 人 日 本 プロサッカーリーグ.

12 22 佐 藤 慶 明 入 口 豊 西 島 吉 典 A Case Study of Management of a Professional Football Club in Japan(Ⅰ) Focus on a Case of the Urawa Red Diamonds (J1) SATO Yoshiaki * IRIGUCHI Yutaka ** and NISHIJIMA Yoshinori *** * Osaka Sangyo University, Dito City, Osaka , Japan ** Department of Health and Physical Education, Osaka Kyoiku University, Kashiwara, , Japan *** Department of Sports, Osaka Kyoiku University, Kashiwara, , Japan The purpose of this study is to make the actual conditions of management of a professional football club in Japan (J- league)clear through having an interview with the general manager of the J1- league and the J2- league clubs. Especially, the present study is to examine the actual conditions of management of the Urawa Red Diamonds (J1)through having an interview with the former general manager of the Urawa Red Diamonds. The finding and discussions on the following topics are presented in this paper: 1. An outline of the Urawa Red Diamonds 2. Contents of an interview with the former general manager of the Urawa Reds (1)about a management of the general manager (2)the relationship among the front, the staff, and the players (3)the duties of the general manager (4)the present state and the future of the general manager of the J- league Key Words: J- League, general manager, Urawa Red Diamonds

46 佐 藤 慶 明 入 口 豊 西 島 吉 典 自 身 もゼネラル マネジャーに 就 任 した 中 村 修 三 氏 にヒアリングを 依 頼 した ( 2 ) 徳 島 ヴォルティス 前 社 長 高 本 浩 司 氏 経 歴 紹 介 同 志 社 大 学 サッカー 部 OBであり, 大 塚 製 薬 サッカ

46 佐 藤 慶 明 入 口 豊 西 島 吉 典 自 身 もゼネラル マネジャーに 就 任 した 中 村 修 三 氏 にヒアリングを 依 頼 した ( 2 ) 徳 島 ヴォルティス 前 社 長 高 本 浩 司 氏 経 歴 紹 介 同 志 社 大 学 サッカー 部 OBであり, 大 塚 製 薬 サッカ 大 阪 教 育 大 学 紀 要 第 Ⅳ 部 門 第 63 巻 第 1 号 45 54 頁 (2014 年 9 月 ) 我 が 国 のプロサッカークラブの 経 営 に 関 する 事 例 的 研 究 (Ⅱ) J2 徳 島 ヴォルティス を 中 心 に さ 佐 とう 藤 よし あき いり ぐち 慶 明 * 入 口 ゆたか にし じま 豊 ** 西 島 よし のり 吉 典 *** * 大 阪 産 業 大 学

More information

第4部門_02_輪田真理.indd

第4部門_02_輪田真理.indd 大 阪 教 育 大 学 紀 要 第 Ⅳ 部 門 第 60 巻 第 2 号 15 28 頁 (2012 年 2 月 ) 日 本 女 子 サッカーリーグ 所 属 クラブの 現 状 と 展 望 (Ⅰ) 日 本 女 子 サッカー(なでしこ)リーグの 歴 史 と 現 状 わ だ 輪 田 ま 真 り 理 いり ぐち * 入 口 ゆたか 豊 いの うえ ** 井 上 こう いち やま しな 功 一 ** 山 科

More information

Jリーグの現状分析

Jリーグの現状分析 KPMG Insight Vol. 14 / Sep. 215 1 Jリーグの 現 状 分 析 有 限 責 任 あずさ 監 査 法 人 スポーツアドバイザリー 室 室 長 パートナー 大 塚 敏 弘 得 田 進 介 スポーツ 科 学 修 士 1993 年 に 開 幕 した 日 本 プロサッカーリーグ 以 下 Jリーグ というは 順 調 に 市 場 規 模 を 広 げ 一 時 期 低 迷 したものの

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

年 度 加 盟 クラブ 大 会 実 績 クラブ 会 員 数 市 内 大 オープ 参 加 者 数 会 回 数 ン 大 会 数 合 計 回 数 S54 5 3 1 S55 8 220 3 1 S56 8 3 1 900 S57 9 4 1 1000 S58 10 4 1 1100 S59 12 6 1

年 度 加 盟 クラブ 大 会 実 績 クラブ 会 員 数 市 内 大 オープ 参 加 者 数 会 回 数 ン 大 会 数 合 計 回 数 S54 5 3 1 S55 8 220 3 1 S56 8 3 1 900 S57 9 4 1 1000 S58 10 4 1 1100 S59 12 6 1 我 孫 子 市 卓 球 連 盟 創 立 昭 和 54 年 ( 現 行 規 約 による 組 織 の 開 始 ) 加 盟 昭 和 40 年 1. 沿 革 昭 和 40 年 初 期 に 近 県 大 会 の 開 催 実 績 があるこ とから 市 民 大 会 近 県 大 会 を 運 営 する 有 志 の 会 が 卓 球 連 盟 として 活 動 していたと 思 われます 筆 者 が 卓 球 連 盟 に 役 員

More information

The paper(澎湃)(日本語訳)

The paper(澎湃)(日本語訳) 上 海 ジャーナリスト 招 聘 事 業 = 掲 載 記 事 訳 文 掲 載 先 : 東 方 早 報 APP 版 ( 中 文 : 澎 湃 英 文 :The Paper) 題 : 訪 日 随 筆 恒 大 は 勝 ったものの 我 々は J リーグから 何 を 学 ぶ 必 要 があるのか? 東 方 早 報 - 澎 湃 新 闻 记 者 黄 翱 写 真 説 明 : 横 浜 日 産 スタジアム 内 に 展 示 されているブラジルサッカースターロナルドのユニフォーム

More information

しなければならない 第 6 条 審 査 (1) Jリーグは 前 条 に 基 づき 提 出 された 書 類 および 申 請 クラブからのヒアリングその 他 J リーグが 必 要 と 認 める 方 法 により 次 項 の 審 査 を 行 う (2) Jリーグは 申 請 クラブに 対 し 次 の 審 査

しなければならない 第 6 条 審 査 (1) Jリーグは 前 条 に 基 づき 提 出 された 書 類 および 申 請 クラブからのヒアリングその 他 J リーグが 必 要 と 認 める 方 法 により 次 項 の 審 査 を 行 う (2) Jリーグは 申 請 クラブに 対 し 次 の 審 査 J3リーグへ 参 加 するJ1およびJ2クラブが 編 成 するU-23チームに 関 する 特 則 第 1 条 目 的 Jリーグは 日 本 サッカーの 将 来 を 担 う 若 手 選 手 により 多 くの 実 戦 経 験 を 積 む 機 会 を 提 供 し もって 若 手 選 手 の 育 成 強 化 および 日 本 サッカーの 発 展 に 資 すること ならびに J 3リーグの 競 技 力 および 価

More information

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の 税 制 改 正 法 案 が 成 立 スタートした 教 育 資 金 贈 与 税 非 課 税 制 度 その 目 的 と 運 用 方 法 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 目 玉 政 策 の 一 つである 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 制 度 が4 月 にスタートした 信 託 銀 行 などが 本 制 度 対 応 の 商 品 を 発 売 し 始 め 孫 の 教 育 費 を 援 助 したい

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

Microsoft Word - 第1回総会議事録.doc

Microsoft Word - 第1回総会議事録.doc 社 団 法 人 日 本 新 体 操 連 盟 平 成 24 年 度 第 1 回 総 会 議 事 録 1. 会 議 名 : 平 成 24 年 度 第 1 回 総 会 2. 日 時 : 平 成 24 年 6 月 28 日 ( 木 )18 時 15 分 ~19 時 00 分 3. 場 所 : 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-7-12 東 京 ステーションコンファレンス サピアタワー602B 4.

More information

1973 ( 昭 和 48) 年 1 月 24 日 プロ 野 球 退 団 者 による 技 術 指 導 を 条 件 付 きで 認 める 決 議 を 行 った 1974 ( 昭 和 49) 年 1974 ( 昭 和 49) 年 1975 ( 昭 和 50) 年 1976 ( 昭 和 51) 年 7 月

1973 ( 昭 和 48) 年 1 月 24 日 プロ 野 球 退 団 者 による 技 術 指 導 を 条 件 付 きで 認 める 決 議 を 行 った 1974 ( 昭 和 49) 年 1974 ( 昭 和 49) 年 1975 ( 昭 和 50) 年 1976 ( 昭 和 51) 年 7 月 公 益 財 団 法 人 日 本 野 球 連 盟 年 表 (1949-2013) 西 暦 年 号 月 日 出 来 事 1949 ( 昭 和 24) 年 1950 ( 昭 和 25) 年 1951 ( 昭 和 26) 年 1952 ( 昭 和 27) 年 1953 ( 昭 和 28) 年 1954 ( 昭 和 29) 年 1954 ( 昭 和 29) 年 1957 ( 昭 和 33) 年 16 日 1

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

貸借対照表

貸借対照表 1. 会 社 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 成 果 わが 国 経 済 は 消 費 で 弱 い 動 きも 見 られましたが 総 じて 緩 やかな 回 復 基 調 を 維 持 しました 北 海 道 経 済 においても 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられました サッカー 界 においては カナダで 行 われた 女 子 W 杯

More information

10 機 関 紙 の 発 行 等 を 通 じたプロバスケットボールに 関 する 広 報 普 及 11 その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 (2) 前 項 各 号 の 事 業 は 本 邦 および 海 外 において 行 うものとする 第 3 章 会 員 第 5 条 法 人 の

10 機 関 紙 の 発 行 等 を 通 じたプロバスケットボールに 関 する 広 報 普 及 11 その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 (2) 前 項 各 号 の 事 業 は 本 邦 および 海 外 において 行 うものとする 第 3 章 会 員 第 5 条 法 人 の 公 益 社 団 法 人 ジャパン プロフェッショナル バスケットボールリーグ 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 名 称 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 シ ャハ ン フ ロフェッショナル ハ スケットホ ールリーク ( 略 称 B リーグ)といい 英 文 で は Japan Professional Basketball League( 略 称 B.LEAGUE)と 表 示 する 第

More information

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1 私 の 意 見 政 治 家 への 期 待 碇 本 岩 男 1 まえがき 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 約 3 年 が 経 過 し 多 くの 科 学 的 客 観 的 事 実 が 明 らか になっているにも 関 わらず 相 変 わらず 恣 意 的 ( 間 違 った) 情 報 を 鵜 呑 みにし 脱 原 発 を 安 易 に 口 にする 政 治 家 がいる エネルギ 政 策 原

More information

平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 ふりがな よしだ ゆみこ 学 部 法 学 部 国 際 学 年 3 年 氏 名 吉 田 有 美 子 学 科 公 共 政 策 学 科 ふりがな かいぬま しゅうへい 学 部 法 学 部 国 際 学

平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 ふりがな よしだ ゆみこ 学 部 法 学 部 国 際 学 年 3 年 氏 名 吉 田 有 美 子 学 科 公 共 政 策 学 科 ふりがな かいぬま しゅうへい 学 部 法 学 部 国 際 学 Title 組 織 マネジメントの 理 論 と 実 践 Author(s) 吉 田, 由 美 子 Citation 平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 Issue 2016-03 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/54689 DOI Rights

More information

3 招集通知(事業概要)

3 招集通知(事業概要) 健 康 づくり スポーツ 推 進 特 別 委 員 会 行 政 視 察 概 要 1 視 察 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 ( 水 )~11 月 13 日 ( 木 ) 2 視 察 先 及 び 視 察 事 項 ( 1) 株 式 会 社 アルビレックス 新 潟 ( 新 潟 県 新 潟 市 ) アルビレックス 新 潟 におけるスポーツ 振 興 の 取 り 組 みについて (2) 新 潟 県 長

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

№93.indd

№93.indd Japan Society of Sports Industry 2015.3.31 日 本 スポーツ 産 業 学 会 学 会 ニュース 93 第 24 回 学 会 大 会 開 催 予 告 第 24 回 学 会 大 会 が 下 記 のように 開 催 されますので ご 準 備 の 程 よろしくお 願 い 申 し 上 げます 1. 会 期 :2015 年 7 月 25 日 ~ 26 日 2. 会 場 :

More information

5 本 リーグへの 選 手 登 録 には 人 数 に 制 限 を 設 けない 6 帰 国 子 女 海 外 子 女 に 関 しては 2000 年 4 月 2 日 以 降 の 出 生 者 まで 出 場 できる 但 し 事 前 に 三 種 委 員 会 に 出 場 許 可 申 請 書 を 提 出 し 承 諾

5 本 リーグへの 選 手 登 録 には 人 数 に 制 限 を 設 けない 6 帰 国 子 女 海 外 子 女 に 関 しては 2000 年 4 月 2 日 以 降 の 出 生 者 まで 出 場 できる 但 し 事 前 に 三 種 委 員 会 に 出 場 許 可 申 請 書 を 提 出 し 承 諾 高 円 宮 杯 2015 年 度 第 8 回 東 京 都 ユース(U-15)サッカーリーグ 1 月 開 幕 中 学 生 交 流 リーグ 実 施 要 項 1. 名 称 : 高 円 宮 杯 2015 年 度 第 8 回 東 京 都 ユース(U15)サッカーリーグ ( 略 称 : Tリーグ U15 1 月 交 流 リーグ) 2. 主 催 : ( 公 財 )

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 と 称 する 2 この 法 人 の 英 語 名 表 記 を JAPAN SPORTS FACILITIES A SSOCIATION(JSFA)とする ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

課題整理と要望(修正版) (3)

課題整理と要望(修正版) (3) 社 保 審 - 介 護 給 付 費 分 科 会 第 108 回 (H26.9.10) ヒアリング 資 料 6 第 108 回 社 会 保 障 審 議 会 介 護 給 付 費 分 科 会 事 業 者 団 体 ヒアリング 資 料 一 般 社 団 法 人 全 国 軽 費 老 人 ホーム 協 議 会 理 事 長 川 西 基 雄 課 題 整 理 と 要 望 平 成 25 年 度 養 護 老 人 ホーム 軽 費

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 アビスパ 福 岡 というチームを ご 存 知 ですか? 2 アビスパ 福 岡 とは Jリーグのプロサッカークラブ 現 在 は 2 部 リーグ(J2)に 所 属 日 本 経 済 新 聞 2013/10/16 西 部 夕 刊 昨 年 度 に 続 き 今 年 度 も 大 幅 赤 字 の 見 通 し 他 チームも 含 めJ2は 厳 しい 状 況 下 にある 日 経 ビジネス 2009/01/12 号 3

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

1953 年 ( 昭 和 28 年 )11 月 第 1 回 関 東 ろう 学 校 陸 上 競 技 大 会 を 開 催 1955 年 ( 昭 和 30 年 )9 月 24 日 第 1 回 全 国 聾 唖 優 勝 野 球 大 会 を 京 都 で 開 催 同 大 会 は 1968 年 ( 昭 和 42 年

1953 年 ( 昭 和 28 年 )11 月 第 1 回 関 東 ろう 学 校 陸 上 競 技 大 会 を 開 催 1955 年 ( 昭 和 30 年 )9 月 24 日 第 1 回 全 国 聾 唖 優 勝 野 球 大 会 を 京 都 で 開 催 同 大 会 は 1968 年 ( 昭 和 42 年 第 1 部 日 本 のろうあ 者 スポーツの 歴 史 ( 概 説 ) 1918 年 ( 大 正 7 年 )7 月 7 日 日 本 聾 唖 協 会 東 京 部 会 の 東 京 野 球 大 会 が 開 かれる ( 小 石 川 官 立 東 京 聾 唖 学 校 ) 1926 年 ( 大 正 15 年 )11 月 社 団 法 人 日 本 ろうあ 協 会 が 第 1 回 ろうあ 者 体 育 競 技 大 会 の

More information

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会 平 成 23 年 度 第 5 回 北 広 島 市 水 道 事 業 経 営 審 議 会 日 時 平 成 24 年 2 月 3 日 ( 金 ) 午 後 6 時 00 分 場 所 本 庁 舎 2 階 会 議 室 審 議 会 出 席 者 審 議 委 員 伊 藤 委 員 秋 穂 委 員 野 部 委 員 橋 本 委 員 三 好 委 員 和 田 委 員 金 子 委 員 10 名 中 8 名 出 席 事 務 局 深

More information

第 12 回 野 田 ライオンズカップ 開 催 にあたり 野 田 ライオンズクラブ 輪 和 絆 会 長 L 長 谷 川 健 登 第 11 回 ライオンズカップ 開 催 にあたり 野 田 市 及 び 近 隣 の 少 年 サッカークラブの 皆 様 多 数 のご 参 加 頂 きまして 誠 にありがとうござ

第 12 回 野 田 ライオンズカップ 開 催 にあたり 野 田 ライオンズクラブ 輪 和 絆 会 長 L 長 谷 川 健 登 第 11 回 ライオンズカップ 開 催 にあたり 野 田 市 及 び 近 隣 の 少 年 サッカークラブの 皆 様 多 数 のご 参 加 頂 きまして 誠 にありがとうござ 1. 大 会 名 : 第 12 回 野 田 ライオンズカップ ( 野 田 市 近 隣 市 町 招 待 少 年 サッカー 大 会 ) 2. 主 旨 : 本 大 会 は 少 年 サッカーを 通 してサッカー 技 術 の 向 上 を 図 りながら 心 身 を 鍛 えフェアー プレーの 精 神 を 養 う 事 により 青 少 年 の 健 全 な 育 成 と 地 域 スポーツの 振 興 を 目 指 すもの である

More information

なぜ 日 本 人 はメジャーリーグを 目 指 すのか 第 一 章 初 めに 2 年 6 組 14 番 櫻 井 稔 希 第 一 節 テーマ 設 定 の 理 由 今 年 2013 年 第 3 回 ワールドベースボールクラシックが 開 催 された 第 1 回 第 2 回 と 日 本 は 2 連 覇 してい

なぜ 日 本 人 はメジャーリーグを 目 指 すのか 第 一 章 初 めに 2 年 6 組 14 番 櫻 井 稔 希 第 一 節 テーマ 設 定 の 理 由 今 年 2013 年 第 3 回 ワールドベースボールクラシックが 開 催 された 第 1 回 第 2 回 と 日 本 は 2 連 覇 してい なぜ 日 本 人 はメジャーリーグを 目 指 すのか SN 序 論 国 際 大 会 で 日 本 代 表 は 良 い 成 績 をおさめているのも 関 わらず メジャーリーグを 目 指 す 選 手 が 増 えていくことに 疑 問 を 感 じたから 日 本 における 野 球 人 気 回 復 のため これからの 日 本 プロ 野 球 の 在 り 方 について 考 察 しよ うと 考 えたから 本 論 1 資

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

在 を 忘 れることはできません 先 のロンドンオリンピック 大 会 で 日 本 水 泳 チームは 古 橋 さんの 思 いを 胸 に 刻 み センターポールに 日 の 丸 を をスローガンとして 臨 みました 1964 年 の 自 国 開 催 を 実 体 験 として 記 憶 されている 方 も 大

在 を 忘 れることはできません 先 のロンドンオリンピック 大 会 で 日 本 水 泳 チームは 古 橋 さんの 思 いを 胸 に 刻 み センターポールに 日 の 丸 を をスローガンとして 臨 みました 1964 年 の 自 国 開 催 を 実 体 験 として 記 憶 されている 方 も 大 オリンピックの 現 状 と 課 題 本 日 は 東 京 オリンピック パラリンピックに 向 けて ということでお 話 をさせてい ただきます 今 回 開 催 権 を 得 たということで 色 んな 期 待 が 芽 生 えているかと 思 います が その 期 待 に 応 えていくために 国 や 地 域 教 育 機 関 あるいは 競 技 連 盟 といったと ころが いかに 前 へ 進 めるかが 鍵 だと

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

vol.8 no.1 p.1-7

vol.8 no.1 p.1-7 上 武 大 学 ビジネス 情 報 学 部 紀 要 第 8 巻 第 1 号 (2009 年 12 月 ) 寄 稿 上 武 大 学 駅 伝 部 箱 根 駅 伝 出 場 までの 歩 み 花 田 勝 彦 HANADA Katsuhiko 2004 年 に 創 部 された 上 武 大 学 駅 伝 部 は 2008 年 10 月 に 行 われた 第 85 回 箱 根 駅 伝 予 選 会 で 総 合 3 位 となり

More information

2 基 本 財 産 は 評 議 員 会 において 別 に 定 めるところにより この 法 人 の 目 的 を 達 成 するために 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければならず 基 本 財 産 の 一 部 を 処 分 しようとするとき 及 び 基 本 財 産 から 除 外 し

2 基 本 財 産 は 評 議 員 会 において 別 に 定 めるところにより この 法 人 の 目 的 を 達 成 するために 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 しなければならず 基 本 財 産 の 一 部 を 処 分 しようとするとき 及 び 基 本 財 産 から 除 外 し 一 般 財 団 法 人 東 京 六 大 学 野 球 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 東 京 六 大 学 野 球 連 盟 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は

More information

Ⅰ. 平 成 28 年 度 組 織 機 構 改 正 平 成 28 年 度 組 織 機 構 改 正 の 基 本 的 な 考 え 方 中 期 経 営 計 画 SHINKA( 新 化 進 化 真 価 )~ 未 来 に 挑 む~ で 掲 げる お 客 様 サービス 品 質 の 向 上 や 代 理 店 事 業

Ⅰ. 平 成 28 年 度 組 織 機 構 改 正 平 成 28 年 度 組 織 機 構 改 正 の 基 本 的 な 考 え 方 中 期 経 営 計 画 SHINKA( 新 化 進 化 真 価 )~ 未 来 に 挑 む~ で 掲 げる お 客 様 サービス 品 質 の 向 上 や 代 理 店 事 業 平 成 28 年 3 月 9 日 組 織 機 構 改 正 および 役 員 人 事 異 動 ならびに 人 事 異 動 について ( 社 長 佐 藤 美 樹 )では 4 月 1 日 付 にて Ⅰ. 組 織 機 構 改 正 1~ 2 頁 Ⅱ. 役 員 人 事 異 動 3~ 9 頁 Ⅲ. 人 事 異 動 10~ 11 頁 を 実 施 いたします Ⅰ. 平 成 28 年 度 組 織 機 構 改 正 平 成 28

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

国会ニュースNo19.indd

国会ニュースNo19.indd The Diet News ニュ ゆ 参 院 9 広 非 核 則 広 島 祈 念 式 典 非 核 則 触 宣 主 党 代 表 ジ 非 核 則 触 長 崎 式 典 触 何 故 真 伺 併 不 戦 誓 思 尋 ね 広 島 祈 念 式 典 挨 拶 非 核 則 堅 持 当 然 前 我 界 唯 戦 争 被 爆 核 兵 器 界 際 主 導 表 明 我 是 非 核 則 揺 ぎ 戦 争 惨 禍 二 繰 返 ア ノ

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

「にちぎん」NO.47 2016年秋号

「にちぎん」NO.47 2016年秋号 4 取 材 文 小 堂 敏 郎 写 谷 山 實 Yoshiharu Habu 治 小 宇 宙 深 広 治 氏 々 記 録 打 立 君 緊 迫 進 氏 原 頂 極 飾 柄 垣 5 破 竹 勢 進 第 者 座 君 俊 英 ぞ 役 毎 引 退 谷 川 浩 司 佐 藤 康 光 永 聖 内 俊 之 公 式 ぞ 以 事 異 転 職 基 競 争 山 康 晴 仲 切 仲 格 付 悪 深 疑 心 暗 鬼 有 利 働

More information

Microsoft Word - 表紙1.doc

Microsoft Word - 表紙1.doc ( 財 ) 日 本 少 年 野 球 連 盟 大 阪 阪 南 支 部 所 属 2005 年 11 月 1 日 現 在 組 織 図 代 表 顧 問 幹 事 長 副 代 表 審 判 部 会 計 総 監 督 監 督 コーチ マネージャー 広 報 父 母 会 選 手 OB 会 役 員 名 簿 指 導 者 名 簿 代 表 臼 田 勉 総 監 督 北 池 利 雄 副 代 表 高 原 均 監 督 黒 田 浩 生 野

More information

...z8..051005

...z8..051005 2005 ホーム カミング デー B 特 別 授 業 特 別 授 業 特 別 授 業 特 別 授 業 クラブ! クラブ! 武 道 文 がんばる 両 14 合 格 状 況 季 冬 季 補 習 へ 出 席 も 良 好 で し 例 年 に 比 べ 非 常 に 少 な く ま た 夏 学 年 は 三 年 に な っ て も 遅 刻 欠 席 が し た 頑 張 り が あ げ ら れ ま す こ

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 2011 年 3 月 7 日 主 催 ( 財 )ミズノスポーツ 振 興 財 団 共 催 ( 財 ) 日 本 体 育 協 会 ( 財 ) 日 本 オリンピック 委 員 会 2010 年 度 ミズノ スポーツメントール 賞 受 賞 者 決 定 ( 財 )ミズノスポーツ 振 興 財 団 では ( 財 ) 日 本 体 育 協 会 ( 財 ) 日 本 オリンピック 委 員 会 と 共 催 で 1990 年 度

More information

目 次 1. 序 論... 3 2. 研 究 手 法... 6 2.1. 経 済 的 要 因... 7 2.2. 試 合 要 因... 8 2.3. 観 戦 要 因... 9 2.4. 人 気 要 因... 9 2.5. J リーグ 要 因... 10 2.6. プロ 野 球 要 因... 10 3

目 次 1. 序 論... 3 2. 研 究 手 法... 6 2.1. 経 済 的 要 因... 7 2.2. 試 合 要 因... 8 2.3. 観 戦 要 因... 9 2.4. 人 気 要 因... 9 2.5. J リーグ 要 因... 10 2.6. プロ 野 球 要 因... 10 3 2011 年 度 修 士 論 文 J リーグクラブ 所 在 地 域 への プロ 野 球 チーム 新 規 フランチャイズが J リーグクラブの 観 客 数 に 与 える 影 響 Effect of Professional Baseball Team on the Attendance of J.League Club 早 稲 田 大 学 大 学 院 スポーツ 科 学 研 究 科 スポーツ 科 学 専

More information

1. 最 も 好 きなスポーツ 選 手 イチロー が3 年 連 続 ダントツの1 位 続 く2 位 の 松 井 秀 喜 も3 年 連 続 同 順 位 をキープ イチロー は 性 別 年 代 別 すべてにおいて1 位 と 圧 倒 的 な 人 気 振 りであるが これも3 年 間 同 様 の 結 果 で

1. 最 も 好 きなスポーツ 選 手 イチロー が3 年 連 続 ダントツの1 位 続 く2 位 の 松 井 秀 喜 も3 年 連 続 同 順 位 をキープ イチロー は 性 別 年 代 別 すべてにおいて1 位 と 圧 倒 的 な 人 気 振 りであるが これも3 年 間 同 様 の 結 果 で ( 第 15 回 ) 人 気 スポーツ 調 査 ( 調 査 結 果 の 概 要 ) 世 論 調 査 市 場 調 査 の 専 門 機 関 の 社 団 法 人 中 央 調 査 社 ( 会 長 若 林 清 造 )は 5 月 1 日 から 2 日 にかけて 人 気 スポーツ に 関 する 全 国 意 識 調 査 を 実 施 しました 調 査 は 無 作 為 に 選 んだ 全 国 の 2 歳 以 上 の 男

More information

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部 2015 年 度 事 業 計 画 ( 2 0 1 5. 4. 1 ~ 2016. 3.31) 一 般 財 団 法 人 少 林 寺 拳 法 連 盟 目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する

More information

No.1 議 事 事 務 局 1. 開 会 ( 司 会 進 行 : 恩 田 参 事 兼 スポーツ 推 進 課 長 ) 2. 任 命 書 交 付 榎 本 教 育 長 より 新 規 委 員 2 名 へ 任 命 書 を 交 付 3. 会 長 あいさつ 4. 教 育 長 あいさつ 委 員 自 己 紹 介 事

No.1 議 事 事 務 局 1. 開 会 ( 司 会 進 行 : 恩 田 参 事 兼 スポーツ 推 進 課 長 ) 2. 任 命 書 交 付 榎 本 教 育 長 より 新 規 委 員 2 名 へ 任 命 書 を 交 付 3. 会 長 あいさつ 4. 教 育 長 あいさつ 委 員 自 己 紹 介 事 平 成 27 年 度 第 1 回 三 郷 市 スポーツ 推 進 審 議 会 会 議 録 開 催 の 期 日 閉 会 の 日 時 平 成 27 年 8 月 24 日 ( 月 ) 午 後 1 時 00 分 平 成 27 年 8 月 24 日 ( 月 ) 午 後 3 時 10 分 開 催 場 所 市 役 所 6 階 全 員 協 議 会 室 出 席 状 況 委 員 15 名 中 13 名 事 務 局 10

More information

Microsoft Word - 02.定款(最終①)

Microsoft Word - 02.定款(最終①) 公 益 財 団 法 人 日 本 スケート 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 スケート 連 盟 といい 外 国 に 対 しては JAPAN SKATING FEDERATION( 略 称 JSF)という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 第 2

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微 News Release 2014 年 12 月 5 日 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 の 観 光 政 策 に 関 するアンケート 調 査 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 横 浜 商 科 大 学 高 崎 経 済 大 学 株 式 会 社 JTB 総 合 研 究 所 は 共 同 研 究 により 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 における 観 光 の 位 置

More information

第10回 農地部会 議事録

第10回 農地部会 議事録 第 22 回 小 山 市 農 業 委 員 会 農 業 振 興 部 会 議 事 録 第 22 回 小 山 市 農 業 委 員 会 農 業 振 興 部 会 は 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 小 山 市 役 所 3 階 会 議 室 4にて 開 催 された 議 事 議 案 第 1 号 農 政 講 演 会 の 講 演 テーマについて 本 日 の 出 席 委 員 は

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

第 5 回 野 田 ライオンズカップ 大 会 実 施 要 項. 大 会 名 第 5 回 野 田 ライオンズカップ 野 田 市 近 隣 市 町 招 待 少 年 サッカー 大 会. 主 旨 本 大 会 は 少 年 サッカーを 通 してサッカー 技 術 の 向 上 を 図 りながら 心 身 を 鍛 えフェ

第 5 回 野 田 ライオンズカップ 大 会 実 施 要 項. 大 会 名 第 5 回 野 田 ライオンズカップ 野 田 市 近 隣 市 町 招 待 少 年 サッカー 大 会. 主 旨 本 大 会 は 少 年 サッカーを 通 してサッカー 技 術 の 向 上 を 図 りながら 心 身 を 鍛 えフェ 第 5 回 野 田 ライオンズカップ 野 田 市 近 隣 市 町 招 待 少 年 サッカー 大 会 主 催 野 田 市 少 年 サッカー 連 盟 後 援 野 田 ライオンズクラブ 野 田 市 教 育 委 員 会 野 田 市 サッカー 協 会 第 5 回 野 田 ライオンズカップ 大 会 実 施 要 項. 大 会 名 第 5 回 野 田 ライオンズカップ 野 田 市 近 隣 市 町 招 待 少 年 サッカー

More information

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被 福 島 県 原 子 力 損 害 対 策 協 議 会 原 子 力 損 害 賠 償 の 完 全 実 施 に 関 する 緊 急 要 望 要 求 活 動 結 果 概 要 < 関 係 省 庁 政 党 > 日 時 平 成 24 年 11 月 19 日 ( 月 )13:00~15:30 要 望 者 会 長 代 理 村 田 文 雄 ( 福 島 県 副 知 事 代 表 者 会 議 議 長 ) 副 会 長 佐 藤 正

More information

平成27年度事業報告

平成27年度事業報告 平 成 27 年 度 事 業 報 告 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 一 般 財 団 法 人 東 都 大 学 野 球 連 盟 平 成 27 年 度 事 業 報 告 平 成 27 年 度 は 当 連 盟 結 成 84 周 年 の 年 であり 一 般 財 団 法 人 として 設 立 1 年 目 であっ た これまでの 諸 先 輩 方 が 築 き 上 げた

More information

補 正 予 算 手 順 は 各 部 見 積 もり 政 策 経 営 部 調 整 理 事 者 査 定 議 案 ( 予 算 書 ) 作 成 議 決 後 公 表 現 状 把 握 の 部 (DO) () 事 務 事 業 の 目 的 と 指 標 手 段 ( 主 な 活 動 ) 4 年 度 実 績 (4 年 度 に 行 った 主 な 活 動 ) 当 初 予 算 に 関 しては 行 政 システムにより 策 定 した

More information

欧州4大プロサッカーリーグと比較した際の日本サッカー界の経営課題

欧州4大プロサッカーリーグと比較した際の日本サッカー界の経営課題 KPMG Insight Vol. 15 / Nov. 2015 1 欧 州 4 大 プロサッカーリーグと 比 較 した 際 の 日 本 サッカー 界 の 経 営 課 題 室 長 パートナー 大 塚 敏 弘 スポーツ 科 学 修 士 得 田 進 介 日 本 プロサッカーリーグ 以 下 J リーグ というとイングランド プレミア リーグ ドイツ ブンデスリーガ スペイン リーガエスパニョーラ イタリア

More information

2050年までにサッカー日本代表が W杯で優勝するために ~大学サッカー改造計画~

2050年までにサッカー日本代表が W杯で優勝するために ~大学サッカー改造計画~ 2050 年 までにサッカー 日 本 代 表 が W 杯 で 優 勝 するために ~ 大 学 サッカー 改 造 計 画 ~ 尚 美 学 園 大 学 江 頭 ゼミ JFA 2005 年 宣 言 JFAの 約 束 2050 1 サッカーを 愛 する 仲 間 =サッカーファミリーが 1000 万 人 になる 2 FIFA W 杯 を 日 本 で 開 催 し その 大 会 で 日 本 代 表 は 優 勝 する

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518257944E9378208E968BC68C7689E6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518257944E9378208E968BC68C7689E6> 第 2 号 議 案 平 成 28 年 度 岩 手 県 野 球 協 会 事 業 計 画 ( 案 ) 及 び 収 支 予 算 ( 案 )の 承 認 を 求 めることについて Ⅰ. 平 成 28 年 度 事 業 計 画 ( 案 )について 1. 各 種 会 議 開 催 開 催 期 日 開 催 会 議 名 開 催 場 所 平 成 28 年 01 月 10 日 ( 日 ) 監 査 会 平 成 28 年 01

More information

別 紙 1 抽 出 案 件 について 委 員 長 入 札 番 号 12 番 環 境 清 美 工 場 の 各 種 測 定 分 析 の 案 件 ですが 計 量 業 務 は 全 て 予 定 価 格 を 事 後 公 表 し ているのですか 事 務 局 非 公 表 です 委 員 長 今 回 と 同 じ 測 定

別 紙 1 抽 出 案 件 について 委 員 長 入 札 番 号 12 番 環 境 清 美 工 場 の 各 種 測 定 分 析 の 案 件 ですが 計 量 業 務 は 全 て 予 定 価 格 を 事 後 公 表 し ているのですか 事 務 局 非 公 表 です 委 員 長 今 回 と 同 じ 測 定 様 式 第 4 号 ( 第 6 条 関 係 ) 平 成 26 年 度 第 2 回 奈 良 市 入 札 監 視 委 員 会 定 例 会 議 審 議 概 要 開 催 日 平 成 26 年 8 月 28 日 ( 木 ) 開 催 場 所 奈 良 市 役 所 北 棟 6 階 第 17 会 議 室 出 席 委 員 審 議 対 象 期 間 委 員 長 森 裕 之 委 員 小 島 幸 保 委 員 中 川 雅 晴 平

More information

スポーツ 医 学 委 員 会 1 委 員 長 池 田 浩 理 事 / 順 天 堂 大 学 2 委 員 加 藤 晴 康 立 教 大 学 3 委 員 島 田 和 典 順 天 堂 大 学 4 委 員 谷 論 東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 5 委 員 土 肥 美 智 子 独 立 行 政 法 人 日 本

スポーツ 医 学 委 員 会 1 委 員 長 池 田 浩 理 事 / 順 天 堂 大 学 2 委 員 加 藤 晴 康 立 教 大 学 3 委 員 島 田 和 典 順 天 堂 大 学 4 委 員 谷 論 東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 5 委 員 土 肥 美 智 子 独 立 行 政 法 人 日 本 ( 協 議 ) 資 料 2 下 線 は 新 任 公 益 財 団 法 人 日 本 サッカー 協 会 各 種 委 員 会 1. 専 門 委 員 会 法 務 委 員 会 1 委 員 長 三 好 豊 理 事 / 弁 護 士 2014 年 4 月 10 日 現 在 審 判 委 員 会 1 委 員 長 上 川 徹 理 事 2 副 委 員 長 小 幡 真 一 郎 S 級 審 判 インストラクター/JFAチーフレフェリーインストラクター/

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財

1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財 相 続 税 ハンドブック 読 んでトクする 相 続 の 基 本 と 相 続 税 の 話 ご 相 談 は 下 記 電 話 番 号 までご 連 絡 ください 初 回 の 相 談 は 無 料 とさせて 頂 きます TEL 03-5217-2288 FAX 03-5217-2289 千 代 田 税 理 士 法 人 1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医 第 46 期 第 3 回 常 任 幹 事 会 報 告 日 時 2016 年 6 月 23 日 ( 木 )13:30~ 会 場 東 京 労 働 会 館 5 階 地 評 会 議 室 出 欠 : 竹 崎 井 手 口 丸 山 岡 村 椎 橋 福 井 西 川 寺 川 相 川 阿 久 津 石 上 小 形 深 沢 西 銘 ( 代 稲 垣 ) 星 杉 山 伊 藤 植 松 佐 々 木 中 村 佐 田 酒 井 水 上

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

大 会 趣 旨 本 大 会 を 通 じて 選 手 相 互 の 親 睦 と 友 好 を 深 め 健 全 な 心 身 の 育 成 と スポーツ 技 術 の 向 上 を 図 る ご 挨 拶 2015 年 度 第 10 回 山 崎 整 骨 院 カップ 開 催 に 寄 せて 一 言 ご 挨 拶 申 し 上 げ

大 会 趣 旨 本 大 会 を 通 じて 選 手 相 互 の 親 睦 と 友 好 を 深 め 健 全 な 心 身 の 育 成 と スポーツ 技 術 の 向 上 を 図 る ご 挨 拶 2015 年 度 第 10 回 山 崎 整 骨 院 カップ 開 催 に 寄 せて 一 言 ご 挨 拶 申 し 上 げ 第 11 回 彦 根 みずほライオンズクラブカップ ( 前 山 崎 整 骨 院 カップ) 開 催 日 平 成 2 8 年 6 月 1 1 日 ( 土 ) 1 2 日 ( 日 ) 会 場 彦 根 市 荒 神 山 グ ラ ン ド 主 催 山 彦 根 み ず ほ ラ イ オ ン ズ ク ラ ブ 主 管 彦 根 市 少 年 サ ッ カ ー 委 員 会 大 会 趣 旨 本 大 会 を 通 じて 選 手 相 互

More information

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月 定 例 記 者 会 見 の 概 要 1. 日 時 平 成 28 年 6 月 9 日 ( 木 )10 時 30 分 ~11 時 40 分 2. 場 所 本 庁 舎 3 階 第 一 会 議 室 3. 出 席 者 < 報 道 機 関 > 1 朝 日 新 聞 社 南 相 馬 支 局 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会 員 ) 2 福 島 民 友 新 聞 社 相 双 支 社 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 会 議 録 深 谷 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 日 時 平 成 28 年 7 月 12 日 ( 火 ) 開 会 午 後 3 時 00 分 閉 会 午 後 3 時 55 分 場 所 教 育 庁 舎 3 階 大 会 議 室 出 席 委 員 教 育 長 小 栁 光

More information

Microsoft Word - 2016 4 13常任理事会議事録 (003)

Microsoft Word - 2016 4 13常任理事会議事録 (003) 1. 日 中 成 人 スポーツ 交 流 大 会 の 件 日 程 6 月 3 日 から 7 日 まで 6 月 2 日 前 泊 の 予 定 である 訪 問 先 は 寧 夏 銀 川 市 であり メンバーは 今 回 理 事 を 中 心 に 人 選 したい 理 事 であり また 選 手 として 訪 問 可 能 性 がある 理 事 から 順 次 人 選 を 行 う 女 子 についても 理 事 を 中 心 に 進

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日 Title < 書 評 > 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 Author(s) 白 波 瀬, 達 也 Citation 宗 教 と 社 会 貢 献. 5(1) P.103-P.108 Issue 2015-04 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/51350

More information

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会 日 本 小 児 アレルギー 学 会 会 則 第 一 章 総 則 本 会 は 日 本 小 児 アレルギー 学 会 (Japanese Society of Pediatric Allergy and Clinical Immunology )と 称 す る 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 台 東 区 上 野 1-13-3MYビル4 階 におく 第 二 章 目 的 および 事 業 本

More information

別紙4

別紙4 事 業 報 告 及 び 収 支 決 算 報 告 書 Ⅰ. 事 業 報 告 ( 平 成 20 年 10 月 1 日 ~ 平 成 21 年 9 月 30 日 ) 1 世 界 少 年 野 球 フレンドシップ 東 京 大 会 の 開 催 (1) 大 会 趣 旨 正 しい 野 球 を 全 世 界 に 普 及 発 展 させる という 財 団 設 立 の 趣 旨 を 実 現 させると 同 時 に 第 31 回 オリンピッ

More information

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ 実 施 日 20130827 20130828 20130829 職 員 向 け 自 治 基 本 条 例 ワークショップ 手 法 ワールドカフェ 参 加 人 数 60 人 ワークショップ 結 果 住 民 の 皆 さんにお 伝 えしたいこと 隣 近 所 の 付 き 合 いを 大 切 にしてほしい 限 られた 財 源 の 中 では 住 民 の 皆 さんに 負 担 をお 願 いすることもある 親 と 一

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

Microsoft Word - 【年表】9.硬式野球部.doc

Microsoft Word - 【年表】9.硬式野球部.doc 硬 式 野 球 部 年 表 1872 年 第 一 大 学 第 一 番 中 学 でホーレス ウィルソンが 野 球 を 伝 える 1886 年 第 一 高 等 中 学 校 ( 旧 制 一 高 の 前 身 )に べーすぼーる 会 創 設 1915 年 第 1 回 全 国 中 等 学 校 優 勝 野 球 大 会 ( 通 称 : 夏 の 甲 子 園 大 会 )が 開 催 1917 年 東 京 帝 大 チームと

More information

第 回 湖 南 市 杯 少 年 サッカー 大 会 要 綱. 大 会 趣 旨 湖 南 市 スポーツ 少 年 団 サッカー 団 員 が 県 内 外 のサッカー 少 年 とサッカーを 通 じて 親 睦 を 図 るとともに あわせて 技 術 の 向 上 をねらい たくましい 少 年 の 育 成 を 図 る.

第 回 湖 南 市 杯 少 年 サッカー 大 会 要 綱. 大 会 趣 旨 湖 南 市 スポーツ 少 年 団 サッカー 団 員 が 県 内 外 のサッカー 少 年 とサッカーを 通 じて 親 睦 を 図 るとともに あわせて 技 術 の 向 上 をねらい たくましい 少 年 の 育 成 を 図 る. 第 回 湖 南 市 杯 少 年 サッカー 大 会 平 成 年 (0 年 ) 月 0 日 ( 土 ) 月 日 ( 日 ) 主 催 湖 南 市 スポーツ 少 年 団 サッカー 団 共 催 湖 南 市 教 育 委 員 会 後 援 京 都 新 聞 協 賛 モルテン 株 式 会 社 谷 忠 スポーツ 第 回 湖 南 市 杯 少 年 サッカー 大 会 要 綱. 大 会 趣 旨 湖 南 市 スポーツ 少 年 団

More information

相模原市都市計画審議会 会議録

相模原市都市計画審議会 会議録 様 式 3 会 議 名 ( 審 議 会 等 名 ) 第 196 回 会 議 録 相 模 原 市 都 市 計 画 審 議 会 事 務 局 ( 担 当 課 ) まちづくり 計 画 部 都 市 計 画 課 電 話 042-769-8247( 直 通 ) 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 18 日 ( 月 ) 14 時 ~15 時 45 分 開 催 場 所 相 模 原 市 役 所 本 庁 舎 第 2

More information

スライド 1

スライド 1 一 般 社 団 法 人 全 女 子 連 盟 1 はじめに これまで 女 性 にとって というスポーツは するスポーツ よりも 見 るスポーツ という 意 味 合 いが 強 いものでした しかしここ 数 年 の 夢 をあきらめられなかった 女 子 選 手 たちが 自 ら ができる 環 境 を 見 つけ 出 し そしてその 想 いに 動 かされた 多 くの 人 達 がサポートを 始 め 徐 々に 競 技

More information

出 資 のしくみ 会 員 募 集 分 配 金 銭 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) 愛 馬 会 法 人 キャロットクラブ 競 走 馬 の 購 入 分 配 現 物 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) クラブ 法 人 キャロットファー ム 馬 主 登 録 馬 名 手 続 き 入 厩 手 続 き

出 資 のしくみ 会 員 募 集 分 配 金 銭 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) 愛 馬 会 法 人 キャロットクラブ 競 走 馬 の 購 入 分 配 現 物 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) クラブ 法 人 キャロットファー ム 馬 主 登 録 馬 名 手 続 き 入 厩 手 続 き [ 愛 馬 会 法 人 ] [クラブ 法 人 ] 株 式 会 社 キャロットクラブ 東 京 都 中 央 区 銀 座 4 丁 目 14 番 6 号 代 表 取 締 役 会 長 手 嶋 龍 一 登 録 番 号 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 1583 号 有 限 会 社 キャロットファーム 東 京 都 中 央 区 銀 座 4 丁 目 14 番 6 号 代 表 取 締 役 社 長 髙 橋 二

More information

98年5月 人気スポーツ報告書_

98年5月 人気スポーツ報告書_ ( 第 21 回 ) 人 気 スポーツ 調 査 ( 調 査 結 果 の 概 要 ) 世 論 調 査 市 場 調 査 の 専 門 機 関 の 一 般 社 団 法 人 中 央 調 査 社 ( 会 長 西 澤 豊 )は 7 月 5 日 から 15 日 にかけて 人 気 スポーツ に 関 する 全 国 意 識 調 査 を 実 施 しました 調 査 は 無 作 為 に 選 んだ 全 国 の 20 歳 以 上

More information

<819A8F4390B394C58179957393AE8E598C6F8DCF20837D83938356838783938366815B835E8145836A8385815B8358817A81698F5A91EE837D83938356838783938B9F8B8B92B28DB832303136944E94C5816A2E786C7378>

<819A8F4390B394C58179957393AE8E598C6F8DCF20837D83938356838783938366815B835E8145836A8385815B8358817A81698F5A91EE837D83938356838783938B9F8B8B92B28DB832303136944E94C5816A2E786C7378> 報 道 関 係 各 位 2015 年 7 月 27 日 株 式 会 社 市 場 経 済 研 究 所 株 式 会 社 不 動 産 経 済 研 究 所 の 全 国 戸 建 供 給 は35.2 万 戸 大 東 建 託 が 首 位 堅 持 マンションは7.6 万 戸 供 給 トップは 野 村 不 動 産 株 式 会 社 不 動 産 経 済 研 究 所 と 株 式 会 社 市 場 経 済 研 究 所 は7 月

More information

第4部門_02_入口 豊.indd

第4部門_02_入口 豊.indd 大 阪 教 育 大 学 紀 要 第 Ⅳ 部 門 第 61 巻 第 1 号 19 32 頁 (2012 年 9 月 ) 日 本 女 子 サッカーリーグ 所 属 クラブの 現 状 と 展 望 (Ⅱ) 浦 和 レッドダイヤモンズ レディース に 焦 点 を 当 てて わ だ 輪 田 ま 真 り 理 いり ぐち * 入 口 ゆたか 豊 いの うえ ** 井 上 こう いち やま しな 功 一 ** 山 科

More information

三 和 シヤッター 工 業 株 式 会 社 ( 中 核 事 業 会 社 ) 人 事 異 動 [ 取 締 役 監 査 役 執 行 役 員 ] 長 野 敏 文 代 表 取 締 役 社 長 取 締 役 専 務 執 行 役 員 ビル 建 材 事 業 本 部 長 髙 山 盟 司 取 締 役 専 務 執 行 役

三 和 シヤッター 工 業 株 式 会 社 ( 中 核 事 業 会 社 ) 人 事 異 動 [ 取 締 役 監 査 役 執 行 役 員 ] 長 野 敏 文 代 表 取 締 役 社 長 取 締 役 専 務 執 行 役 員 ビル 建 材 事 業 本 部 長 髙 山 盟 司 取 締 役 専 務 執 行 役 SANWA HOLDINGS CORPORATION http://www.sanwa-hldgs.co.jp TEL: 03-3346-3331 FAX: 03-3346-3177 163-0478 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 2-1-1 新 宿 三 井 ビル 52F 2014 年 3 月 19 日 人 事 異 動 機 構 改 革 のお 知 らせ 三 和 ホールディングス 株 式 会 社

More information

2. 第 1 項 の 会 員 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 6 条 この 法 人 に 入 会 しようとする 者 は 加 入 金 を 支 払 い 理 事 会 の 定 めるところに より 書 面 をもってその

2. 第 1 項 の 会 員 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 6 条 この 法 人 に 入 会 しようとする 者 は 加 入 金 を 支 払 い 理 事 会 の 定 めるところに より 書 面 をもってその 公 益 社 団 法 人 和 歌 山 県 トラック 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 和 歌 山 県 トラック 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 和 歌 山 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 貨 物 自

More information

Taro-class2F(A).jtd

Taro-class2F(A).jtd 第 8 章 その 他 の 論 点 1. 銀 行 勘 定 調 整 表 企 業 では 決 算 期 末 に 自 己 の 預 金 残 高 を 銀 行 に 問 い 合 わせて 残 高 証 明 書 を 発 行 してもらいま す そして この 残 高 証 明 書 と 帳 簿 上 の 預 金 残 高 とに 差 異 があれば 銀 行 勘 定 調 整 表 を 作 成 し 必 要 に 応 じて 決 算 整 理 仕 訳 を

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

5 予 選 方 法 (1) 都 道 府 県 大 会 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 各 都 道 府 県 支 部 ごとに 細 目 を 定 めて 実 施 する (2) ブロック 大 会 ア 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 の 各 ブロック 支 部

5 予 選 方 法 (1) 都 道 府 県 大 会 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 各 都 道 府 県 支 部 ごとに 細 目 を 定 めて 実 施 する (2) ブロック 大 会 ア 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 の 各 ブロック 支 部 18 軟 式 野 球 競 技 1 期 日 平 成 28 年 10 月 2 日 ( 日 )から 10 月 5 日 ( 水 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 日 ) 10 月 3 日 ( 月 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 5 日 ( 水 ) 成 年 男 子 1 回 戦 2 回 戦 準 々 決 勝 準 決 勝 5~8 位 決 定 戦 決 勝 3 4 位 決 定 戦 2 会

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information